Page 1

© 2010 船井メディア 発行:木の花ファミリー

定価 100 円 ( 税込)


古田偉佐美のブログ「いさどんブログ∼おやじの館」 http://isadon.konohana-family.org 「いさどん」こと古田偉佐美が「語らずして語る」言葉は、 その体を通して湧き出る神様の知恵の泉。 その一滴が、あなたの心を潤おしてくれますように!

・本書は「ザ・フナイ」2010 年 4 月号(船井メディア刊)に掲載さ れた記事を、編集部のご厚意により複製、頒布させていただいてい るものです。 ・本書に掲載された記事の著作権は株式会社フナイメディアに属しま す。無断での複製、配布を固くお断りいたします。 発行: 木の花ファミリー 住所: 〒419-0302 静岡県富士宮猫沢 238-1 おひさまハウスひまわり 電話: 0544-66-0250 ファクシミリ:0544-66-0810 ホームページ:http://www.konohana-family.org メールアドレス:info@konohana-family.org

konohana family


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

し て 、 地 球 の い の ち と し て 家 族 で し た 。 で も 、 こ の

間 だ け で は な く 、 地 球 上 の す べ て の 人 た ち の こ と だ 富 士 山 の 麓 で 、 日 々 淡 々 と 役 割 を 果 た し て い き た い

23

が り ま す 。

大 切 な こ と で は な い だ ろ う か ﹂ と い う 言 葉 に も つ な

そ ん な 希 望 の も と に 、 そ れ ぞ れ に 託 さ れ た 役 割 を 、

こ そ 地 球 の 命 を つ な ぐ た め に 私 た ち に で き る 、 最 も を 託 さ れ て い る の で す 。

て い ま す 。 そ れ が 地 球 の 意 志 で あ り 、 私 た ち は そ れ

互 い を 慈 し む 優 し さ を 持 ち 、 大 事 な こ と を 常 に 意 識

ら わ れ る だ ろ う 。 そ れ は 他 者 を 理 解 し よ う と 努 め 、

地 球 の 未 来 を 自 ら の 手 で つ く り あ げ て い く 時 代 が 来

が 、 自 分 た ち の 未 来 を 、 国 や 人 類 の 未 来 を 、 そ し て

る 時 代 で あ る 。 一 人 一 人 が 万 物 と し て 目 覚 め 、 こ の

で あ る ﹂ と 。

こ れ か ら は 一 人 一 人 が 目 覚 め て 、 み ん な で 世 の 中

も あ り ま す 。

た ち の 行 く 末 を 託 し て き ま し た 。 そ れ は 、 私 た ち 一

え 。 集 い 、 語 り 合 え 。 語 り 合 う 中 か ら 真 理 が 生 ま れ


が ひ と つ ら な り で あ り 、 兄 弟 で あ る と い う こ と に 気 れ か ら の 時 代 は 、 組 織 を つ く る の で は な い 。 皆 で 集

か さ れ て い る こ と に 気 づ く こ と で す 。 す べ て の も の

う か 。 そ れ は 、 私 た ち が こ の 世 界 の 仕 組 み の 中 で 生

通 し て 自 分 と い う 存 在 を 知 る こ と が で き ま す 。 痛 み

希 望 の 種 な の で す 。

富 士 山 麓 に 移 住 す る 前 、 仲 間 た ち と 心 の 勉 強 会 を

い う こ と で は あ り ま せ ん 。 私 た ち 人 間 は 、 問 題 事 を

ま て た か け す そ し 。 れ 。 の た エ 結 も ゴ ど 果 の を も 、 が 満 、 地 社 た そ 球 会 す れ か の こ は ら 成 と 私 た N 功 を ち O 者 豊 が と か 間 呼 さ 違 ば だ い れ と を て 思 犯 い い し ま 、 て す そ き 。 れ た そ を と し 果

の た め だ け に 生 き て い ま す 。 そ ろ そ ろ 私 た ち も 、 次

う 人 た ち か ら 教 え を も ら い な が ら 、 相 変 わ ら ず 自 分

生 き て き た 人 た ち で す 。 し か し 、 人 間 た ち は そ う い

の よ う な 優 れ た 人 も 、 皆 、 自 分 を 忘 れ て 人 の た め に

の い の ち の 星 を 構 成 し て い ま す 。

り ま す 。

単 ち 独 で で あ は り 存 、 在 私 し た て ち い も ま そ せ の ん 一 。 部 す で べ す て 。 が ど 連つら ん な い の ち も 、

さ れ て い ま す 。 そ し て 、 地 球 そ の も の が 一 つ の い の

生 き 方 が で き る よ う に な り ま す 。 皆 が そ の こ と に 気

づ け ば 、 自 分 を 想 う よ う に 他 の こ と を 想 え る よ う に

な り 、 そ の つ な が り の 中 で 絆 が 生 ま れ て 、 調 和 し た

22


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

世 界 観 や 運 営 の ノ ウ ハ ウ 、 さ ま ざ ま な 生 活 の ス キ ル い ま す 。 こ の 星 は 、 あ ら ゆ る と こ ろ が い の ち で 満 た

21

ム ﹂ ︵ E

私 た ち は こ の 地 球 と い う い の ち の 星 に 暮 ら し て

こ の 星 の 上 で

2010年 4月号

て い ま す 。

ま た 、 E D E の 実 績 を 踏 ま え た 独 自 の 教 育 プ ロ グ

︵ E D E

力 し ま し た 。

G E N が 国 連 の 認 証 を 受 け て 世 界 中 で 開 催 し て い

E D E

が た く さ ん い ま す し 、 近 い 将 来 、 世 界 中 に た く さ ん

て い ま し た 。 そ れ が 今 、 全 国 に 広 が り つ つ あ り ま す 。

私 た ち は も と も と 血 縁 を 超 え た 家 族 、 開 か れ た

は の 充 実 し た 学 び を 楽 し ん で い ま す 。

わ る 4 人 の 人 た ち が 住 み 込 ん で 、 生 活 の 現 場 な ら で

方 法 論 を 教 え た り す る 教 育 の 場 が 欠 か せ ま せ ん 。


え て い ま す 。

ど 、 国 内 外 で 活 躍 し て い ま す 。

す し 、 こ れ か ら の 社 会 の た め に 広 め て い き た い と 考

E J N ︶ の 共 同 代 表 も 務 め る な

こ う し た 観 点 か ら 私 た ち は 菜 食 を 大 切 に し て い ま

が 長 い 分 、 悪 玉 菌 の 増 殖 を 招 き や す い そ う で す 。

考 え ら れ て い ま す が 、 肉 食 を す る と 腸 へ の 滞 留 時 間 古 橋 道 代 が そ の 理 事 と ア ジ ア ・ オ セ ア ニ ア 地 区 の 副

い ま す 。 こ れ は 穀 類 の 消 化 に 時 間 が か か る た め だ と

た た め 、 欧 米 人 に 比 べ る と 腸 が 長 い こ と が 知 ら れ て

G E N

大 腸 ガ ン な ど の リ ス ク を 上 げ る そ う で す 。 ま た 、 農

腸 内 の 細 菌 バ ラ ン ス を 崩 し て ﹁ 悪 玉 菌 ﹂ を 増 殖 さ せ 、

ガ ン 物 質 を 作 り 出 す 腐 敗 菌 が 存 在 し ま す が 、 肉 食 は

立 つ ﹁ 善 玉 菌 ﹂ と 、 ﹁ 悪 玉 菌 ﹂ と 呼 ば れ 腐 敗 物 質 や 発

い ま す 。 た と え ば 、 人 間 の 腸 の 中 に は 健 康 維 持 に 役

う 肉 で 食 す に 。 は 健 康 面 の リ ス ク も た く さ ん 報 告 さ れ て

8 0 0 億 人 が 暮 ら し て い け る と い う 試 算 も あ る そ

人 々 が 肉 食 を や め れ ば 、 現 在 生 産 さ れ て い る 食 糧 で

そ 4 割 が 食 肉 の 生 産 に 使 わ れ て い ま す 。 世 界 中 の

く の 人 が い な が ら 、 世 界 中 で 生 産 さ れ る 穀 物 の お よ

と い う 言 葉 も 考 え 方 も 知 ら ず 、 た だ 、 こ の 生 き 方 を

20


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

た ち は 木 の 花 菌 の お か げ で 、 こ う し た も の を 一 切 使 ㎏ の 穀 物 が 必 要 と 言 わ れ て い ま す 。 飢 餓 に 苦 し む 多

19

予 防 や 対 策 に 抗 生 物 質 や 殺 虫 剤 を 使 用 し ま す が 、 私

て い ま す 。 一 般 的 な 養 鶏 や 養 蜂 で は 病 気 や 寄 生 虫 の

利 用 す る こ と で 、 悪 臭 の ほ と ん ど な い 環 境 を 実 現 し

1 ㎏ の 牛 肉 を 作 る の に 13

貧 富 の 差 を 助 長 し て い ま す 。 肉 食 は 非 常 に エ ネ ル

ま た 、 肉 食 は 環 境 に 大 き な 負 荷 を か け 、 世 界 中 で

2010年 4月号

散 布 に 使 用 し て い ま す 。 さ ら に 家 畜 の 飼 料 や 飲 料 に

独 自 に 培 養 し た ﹁ 木 の 花 菌 ﹂ を 肥 料 の 発 酵 や 作 物 へ の

E M ︵ 有 用 微 生 物 群 ︶ を も と に

界 中 の さ ま ざ ま な 宗 派 や 宗 教 の 聖 職 者 た ち が 菜 食 主

す 食 る は 僧 霊 侶 的 を な ﹁ 成 生なま 長 臭ぐさ を 坊ぼう 促 主ず し ﹂ ま と す 呼 。 ん か だ つ よ て う 日 に 本 、 で 昔 も か 肉 ら 食 世 を

が 、 私 た ち は 生 活 習 慣 病 や ガ ン な ど の 大 病 と は ほ と

健 康 を 保 つ の に 大 切 な 働 き を す る の が 、 免 疫 力 で

菜 食 に は 非 常 に 大 き な 意 味 が あ り ま す 。 ま ず 、 菜

低 限 で す み ま す 。 ﹁ 医 食 同 源 ﹂ と い う 言 葉 が あ り ま す

ふ れ た 健 康 な 食 べ 物 を い た だ い て い れ ば 、 医 療 は 最

卵 や 乳 製 品 も い た だ く ﹁ ラ ク ト ・ オ ボ ・ ベ ジ タ リ ア

魚 を 一 切 食 べ 物 に し ま せ ん 。 玄 米 菜 食 を 基 本 と し て 、

こ う し た 食 べ 物 は お い し い だ け で な く 、 心 身 の 薬

私 た ち は 商 品 と し て 提 供 す る も の も 含 め て 、 肉 や

こ と で 健 康 づ く り に 役 立 て て い ま す 。

て い ま す 。

り ま す が 、 そ れ を 覆 す よ う な 彩 り 豊 か な 食 が 実 現 し

と は す べ て 私 た ち が 栽 培 し た 旬 の 作 物 か ら 手 作 り し

糖 、 塩 な ど 、 自 給 が 難 し い も の は 購 入 し ま す が 、 あ

く れ ま す 。 私 た ち も 木 の 花 菌 を 飲 料 と し て い た だ く

化 力 を 持 つ 食 べ 物 は 免 疫 力 を 高 め 、 生 命 力 を 強 め て

木 の 花 菌 を 培 養 す る 際 は 、 抗 酸 化 力 の 強 い ビ ワ や

わ ず に 健 康 な 飼 育 環 境 を つ く る こ と が で き て い ま す 。


の 販 売 で す か ら 、 生 産 や 収 益 の 効 率 を 考 え れ ば 作 物 る の は 、 私 た ち の 食 の 豊 か さ で す 。 油 の 大 部 分 や 砂

し て い ま す 。 多 品 種 少 量 生 産 で 、 八 百 屋 さ ん で 見 か

や 珍 し い 野 菜 も 手 が け て い ま す 。 小 麦 や 大 豆 、 そ ば

﹁ 木 の 花 菌 ﹂ と 菜 食

野 菜 や 穀 類 は 約 1 1 0 品 目 、 2 5 0 品 種 を 栽 培

か か り ま す の で 、 耕 作 面 積 は 自 然 に 増 え て い き ま す 。

あ ち こ ち の 地 主 さ ん か ら ﹁ 借 り て く だ さ い ﹂ と 声 が

い て い は 無 料 で す 。 地 域 の 遊 休 農 地 は 増 え る 一 方 で 、

ほ と ん ど が 遊 休 農 地 を 借 り 入 れ た も の で 、 地 代 も た

穀 類 な ど の 畑 作 が 約 8 ha 、 稲 作 が 8 ha で す 。 農 地 は し て い ま す し 、 お 茶 や 玄 米 を 焙ばい 煎せん

法 を 採 用 し て い ま す 。 耕 作 面 積 は 約 16 ha で 、 野 菜 や

な が ら 、 資 源 の 循 環 に 配 慮 し た 環 境 負 荷 の 少 な い 農

す 。 自 給 自 足 が 可 能 な 生 産 性 と の バ ラ ン ス を 考 慮 し

羊 か ら ミ ル ク を い た だ い て い ま す 。 味 噌 や 醤 油 、 漬

か ら 卵 を 、 20 群 の 蜜 蜂 か ら 蜂 蜜 を 、 そ し て 7 頭 の 山

伝 子 組 み 換 え 技 術 な ど を 一 切 使 用 し な い 有 機 農 業 で

有 機 農 業

私 た ち の 暮 ら し の 基 盤 は 化 学 肥 料 や 化 学 農 薬 、 遺 古 代 米 や 餅 米 、 そ し て 家 畜 の 餌 に 使 う 飼 料 米 ま で 13

ど た く さ ん の 作 物 を 作 る よ う に な り ま し た 。 お 米 も

な く 、 生 活 の 豊 か さ を 大 切 に し て き た 結 果 、 こ れ ほ

の 種 類 は 少 な い 方 が い い の で す が 、 お 金 の た め で は

18


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

の で す が 、 私 た ち の 暮 ら し は 0 ・ 8 個 で し た 。 こ れ

4 と い う 数 値 が 出 る の で す が 、 日 本 人 の 平 5 均 ・ 値 3 は 個 2 な ・

な の で す 。

17

2010年 4月号

そ の 暮 ら し を し た ら 、 地 球 が い く つ 必 要 に な る か ﹂ の 課 題 で す 。 た だ 、 ふ つ う 環 境 に や さ し い 暮 ら し と

が 私 た ち の 生 活 を 測 定 し て く れ ま し た 。 ﹁ み ん な が

ト ﹂ と い う 指 標 が あ る の で す が 、 以 前 、 そ の 専 門 家

あ る 生 活 が ど の く ら い 環 境 に 負 荷 を か け て い る か 、 農 地 が 細 か く 分 散 し て い る た め に 移 動 に 必 要 な 車

い わ ば 当 た り 前 の こ と と し て 私 た ち の 中 に あ り ま す 。 反 対 に 、 環 境 に 負 荷 を か け て い る 要 因 と し て は 、

た 暮 ら し で す か ら 、 環 境 に 負 荷 を か け な い 暮 ら し は 、 ま せ ん し 、 多 く の 人 が 共 に 暮 ら す こ と で 生 活 に 必 要

の が 、 環 境 に 配 慮 し た 暮 ら し で す 。 い の ち が つ な が

支 え 合 う 暮 ら し と と も に 私 た ち が 大 切 に し て い る

運 ん で き ま せ ん か ら 、 当 然 そ の 分 の 石 油 が 必 要 あ り

暮 ら し て い る こ と だ と 思 い ま す 。 食 べ 物 を よ そ か ら

環 境 を 壊 さ な い 暮 ら し

ほ と ん ど の 食 べ 物 を 自 給 し て い る こ と と 、 み ん な で

私 た ち の 暮 ら し が 環 境 に や さ し い 一 番 の 要 因 は 、

て い ま す 。

負 荷 の 少 な い 生 活 を し て い る か が わ か る と 思 い ま す 。


免 疫 力 ﹂ を つ け る こ と で す 。 問 題 事 か ら 自 分 の 心 を

は あ り ま せ ん 。 大 切 な こ と は 、 そ の 人 自 身 が ﹁ 心 の

を 提 供 す る こ と で す 。 決 し て 、 私 た ち が 治 す わ け で

心 の あ り 方 を 落 ち 着 い て 見 つ め 、 改 め て い け る 環 境

医 療 に 頼 ら な い 健 全 な 世 界 が 実 現 し ま す 。 そ の 一 つ

め 、 病 気 に な ら な い 心 の あ り 方 を 身 に つ け て い け ば 、

を 言 い ま す 。 い た だ い た 問 題 事 か ら 自 分 の 心 を 見 つ

﹁ 病 気 ﹂ は ﹁ 気 が 病 む ﹂ と 書 き 、 心 が 不 健 全 な 状 態

自 然 療 法 に は 三 つ の 大 切 な 柱 が あ り ま す 。

間 苦 し み 続 け た う つ 病 が 1

も た く さ ん 経 験 し て い ま す 。

10 年 や 20 年 も の 私 た ち は ほ と ん ど す べ て の 食 材 を 自 ら の 手 で 、 自 然

そ し て 三 つ 目 は 、 生 命 力 豊 か で 健 全 な 食 生 活 で す 。

と で 、 そ の リ ズ ム を 取 り 戻 し て い く こ と が で き ま す 。

い る の が 今 の 競 争 社 会 で す 。 自 然 の 中 で 生 活 す る こ

医 療 機 関 で は あ り ま せ ん し 、 専 門 の 医 師 や カ ウ ン セ

﹁ 自 然 療 法 プ ロ グ ラ ム ﹂ を 提 供 し て い ま す 。 私 た ち は ム を 取 り 戻 す こ と で す 。 私 た ち は 地 球 と 太 陽 と 月 の

こ う し た 営 み の 中 で 生 ま れ る 人 間 関 係 は 、 人 の 心 く こ と が で き る よ う に な る の で す 。

自 分 の 心 を き ち ん と 保 ち 、 健 康 な 日 々 に つ な げ て い

そ う ぐ う

遇 し て も 、

自 然 療 法 プ ロ グ ラ ム

た ち は 、 問 題 事 に 振 り 回 さ れ る 生 き 方 か ら 脱 皮 し 、 16


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

子 供 、 誰 か の 子 供 と い う 区 別 を し な い 平 等 な 心 を 大

く れ ま す 。 血 縁 は 大 切 な 縁 で す が 、 こ こ で は 自 分 の

畑 に 出 て い れ ば 、 誰 か が 代 わ り に 子 供 の 面 倒 を 見 て

子 育 て も 、 み ん な で 分 担 し て い ま す 。 お 母 さ ん が る の で す が 、 た く さ ん の 大 人 の 愛 情 に 囲 ま れ て 、 ど

15

み ん な の 子 育 て

2010年 4月号

よ く 冗 談 で ﹁ 子 供 た ち も 有 機 栽 培 で す ﹂ と 紹 介 す

で く そ す 、 の 。 た 仕 だ 事 世 を の す 中 る の 人 た た め ち を は 考 収 え 入 て の 働 心 く 配 こ を と す が る で こ き と る も の な 供 た ち が 能 力 に 応 じ た 多 様 な 進 路 を 選 択 で き る よ う

師 を し て い る の で 、 塾 に 行 く 必 要 も あ り ま せ ん 。 子

英 語 を 話 せ る 人 が 何 人 も い て 、 そ の 人 た ち が 家 庭 教

有 物 で は な く て 、 社 会 の 子 供 だ と 考 え て い る か ら で

と を 強 制 し た り は 一 切 し ま せ ん 。 子 供 は 私 た ち の 所

も い い の で す 。 女 性 で も 家 事 や 子 育 て に 追 わ れ る こ

必 要 は な い の で す 。 そ れ に 、 自 分 が で き な い こ と は 、

私 た ち が 大 切 に し て い る こ と は 伝 え て い ま す が 、 何

い き ま す 。

に は 競 争 が あ り ま せ ん か ら 、 無 理 を し て 仕 事 を す る

獲 得 し よ う と い う 気 持 ち か ら で は あ り ま せ ん 。 そ こ す し 、 大 人 た ち は ど の 子 供 に も 平 等 に 接 し て い ま す 。


せ ん 。 お 金 に 振 り 回 さ れ た り 、 縛 ら れ る こ と も な く 、

少 な い お 金 で 暮 ら せ れ ば 、 競 争 の 必 要 も あ り ま

ん な よ く 働 き ま す が 、 そ れ は 自 分 の た め 、 他 人 の た

そ こ に は ノ ル マ も な け れ ば 、 定 年 も あ り ま せ ん 。 み

活 が 本 当 に 実 現 で き る の で す 。

た め に 、 社 会 の た め に や る べ き こ と が あ る か ら や る 。

多 く の 人 が 豊 か さ を 分 か ち 合 う こ と で 、 こ う し た 生 仕 事 で す 。 お 金 の た め に 働 く の で は な く 、 み ん な の

し 、 さ ま ざ ま な 事 業 を 営 ん で い ま す の で 、 ふ つ う の た く 優 劣 は あ り ま せ ん 。 み ん な 同 じ よ う に 、 大 切 な

が 、 本 当 に 必 要 な も の に は 惜 し ま ず お 金 を 使 い ま す

私 た ち の 中 に も 農 業 な ど 直 接 の 収 入 に つ な が る 仕

ら れ な い こ と で す 。 私 た ち は 余 分 な 贅 沢 は し ま せ ん

で 豊 か な 生 活 を 送 れ る と い う こ と は 、 普 通 で は 考 え

人 当 た り 70 万 円 の 収 入 と 、 そ こ か ら 30 万 円 の 生 活 費

こ ろ で 力 を 発 揮 し て い ま す 。

動 や 芸 術 ま で 、 皆 が 自 分 の 個 性 や 能 力 の 一 番 光 る と

子 育 て 、 経 理 や 事 務 、 N P O

自 給 自 足 で 食 費 が ほ と ん ど 必 要 な い と は い え 、 一 の よ う で す 。 農 作 業 は も ち ろ ん 、 家 事 や 食 事 づ く り 、

す の で 、 小 遣 い と い う 制 度 は あ り ま せ ん 。

支 払 わ れ ま す 。 個 人 的 な 出 費 も こ こ か ら 支 払 わ れ ま

消 耗 品 ま で 、 生 活 に 関 わ る す べ て の 費 用 は こ こ か ら

り ま す 。 税 や 年 金 、 子 供 の 教 育 費 、 光 熱 費 や 日 常 の

ま す 。 大 人 が 40 人 で あ れ ば 1 2 0 0 万 円 と い う こ と

多 彩 な 能 力 と 全 体 の た め の 役 割

そ こ か ら 、 全 員 が 30 万 円 を 生 活 費 と し て 出 し 合 い の 平 和 の も と を つ く り ま す 。

70 万 円 で し た 。

安 心 し て 暮 ら し て い け ま す 。 そ れ が 、 一 番 大 切 な 心

14


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

こ の よ う に み ん な が 安 心 し て 生 き て い け る 仕 組

も ち ろ ん 、 職 種 や 能 力 も 一 切 関 係 な く 、 全 員 が 平 等

13

分 け 合 い ま す 。 金 額 は 完 全 に 一 律 で 、 性 別 や 年 齢 は

2010年 4月号

全 体 で 得 た 利 益 は 、 年 に 一 回 、 大 人 全 員 で 平 等 に

員 も い ま せ ん 。

立 し た 個 人 事 業 主 で あ り 、 経 営 者 も い な け れ ば 従 業

て い ま す が 、 組 織 と し て は 法 人 で は な く 、 全 員 が 独

分 か ち 合 う 安 心 と と も に

識 や 能 力 な ど 、 す べ て の も の を み ん な で 共 有 し て い

か れ 夫 の す み も た 婦 力 。 ん の お し ら 2 だ 自 な と 金 て け 分 の 考 や い 、 奥 で の 病 え 能 き さ 生 も 気 ま 力 ま ん き の で す だ す が て だ す 。 け 。 働 い け か つ で け か で ら ま な な な 生 み り く い い き ん 、 、 間 と て な 自 自 、 い い が 分 分 家 け る 支 が の 族 ま 人 え 病 健 を せ は て 気 康 支 ん 、 く を え 。 人 れ し も る た 生 る た み 人 と を わ と ん は え 自 け き な 夫 ば 分 で も の 、

が あ れ ば 、 安 心 し て 生 き て い く こ と が で き ま す 。

み ん な で 一 つ の 財 布

ら せ る 世 の 中 に な り ま す 。

助 け 合 う 仕 組 み を つ く れ ば 、 皆 が 本 当 に 安 心 し て 暮

自 分 だ け の も の と 考 え て い る か ら で す 。 分 か ち 合 い 、

現 す る の で す 。

老 後 を 迎 え ら れ な い 社 会 で す 。 そ れ は 、 お 金 や 物 を

み が 一 番 大 切 で す 。 今 の 日 本 は お 年 寄 り が 安 心 し て


を 引 き 起 こ す こ と も あ り ま す 。 け れ ど も 、 私 た ち は

せ ん 。 す べ て の 問 題 事 は 、 学 び の た め に 与 え ら れ た ま で 分 か り 合 い 、 深 い 絆 と 信 頼 で 結 ば れ た 世 界 が 実

人 で 抱 え 込 ま ず に 共 有 す れ ば 、 皆 が 互 い の 心 の 奥 底

り の 中 に 表 現 さ れ た 世 界 で す 。 ど ん な 問 題 事 も 、 一

で す か ら 、 問 題 事 は そ の 種 を 教 え て く れ る あ り が る 自 然 の 姿 、 す な わ ち い の ち の 仕 組 み が 人 の つ な が

に な り ま す 。

な 問 題 事 が 姿 を 変 え て 目 の 前 に あ ら わ れ 続 け る こ と

そ れ を 引 き 起 こ し た 種 を 見 つ け な け れ ば 、 さ ま ざ ま

あ ら わ れ た 現 象 を 解 決 し て も 、 自 分 の 心 を 見 つ め て

ま す が 、 生 活 の 中 で そ れ ぞ れ が 自 分 の 心 を 見 つ め る

﹁ 畑 を 耕 す 前 に 心 を 耕 せ ﹂ と い う 言 葉 で 表 現 し て い

し か し 、 あ ら ゆ る 問 題 事 は も と も と そ の 人 の 心 に ベ ル に 浸 透 し て い る こ と で す 。 こ の こ と を 私 た ち は

は 日 常 の 生 き 方 そ の も の で あ り 、 生 活 の あ ら ゆ る レ

と か そ れ を 解 決 し よ う と す る こ と が 多 い も の で す 。

私 た ち の 目 の 前 に は 、 日 々 さ ま ざ ま な 問 題 事 が あ し て 生 き て い け る 世 界 で す 。

員 で 選 択 し て い く よ う に し て い ま す 。

ま す 。 そ し て 、 常 に 全 体 の た め に 最 も 善 い こ と を 全

自 分 の こ と と し て 受 け と め て 考 え る よ う に 努 め て い

さ せ る 心 か ら 生 ま れ ま す 。 私 た ち は 、 他 人 の こ と も

の 心 を 見 つ め 、 問 題 事 の 種 を 見 つ け て 手 放 す こ と が

12


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

と で も み ん な で 共 有 し 、 掛 け 値 の な い 本 音 で 語 り 合 す 。 そ れ は 、 自 分 と 他 人 、 自 分 と 全 体 を 分 け て 対 立

11

良 く も 悪 く も 、 自 己 主 張 が ぶ つ か る 場 に な り が ち で

こ と も あ り ま し た 。 こ う し た 試 練 を 経 て 、 ど ん な こ て い ま す 。

2010年 4月号

ま す 。 そ こ で 、 あ る 人 は 相 手 が 夫 婦 間 だ け の つ も り

こ と が 重 な る と 、 み ん な の 中 に 亀 裂 が で き て し ま い

た の で す が 、 あ る 人 た ち は そ こ で は 何 も 言 わ ず 、 夫

い 合 う 、 と い う よ う な こ と が あ り ま し た 。 こ う し た 翌 日 の 作 業 分 担 を 決 め た り 、 全 体 に 関 わ る こ と を み

ど こ の 家 に 誰 が い く の か を 決 め て 生 活 し て い た こ と

ま た 、 こ の 生 活 を 始 め た 当 初 か ら 、 毎 晩 夕 食 後 に に し て い る こ と で す 。

欠 か し た こ と が あ り ま せ ん 。 そ れ ほ ど み ん な が 大 切

16 年 間 、 文 字 通 り 一 日 も

16 年 間 維 持 さ れ て き た 大 き な

そ こ で 、 毎 週 土 曜 日 の 晩 に 全 員 で く じ 引 き を し て 、

ん ﹁ 誰 々 の 家 ﹂ と い う 意 識 が 出 て き た り す る の で す 。


う 想 い が あ り ま し た 。 人 が つ な が り を 取 り 戻 し 、 お

題 を 解 決 す る 代 替 的 な 生 活 を 提 示 し な け れ ば 、 と い は 皆 が 3 軒 の 借 家 に 分 か れ て 暮 ら し て い た の で す が 、

で す 。 そ し て 、 競 争 社 会 の 中 で 優 れ た も の と 落 ち こ 区 別 す る 心 が あ ら わ れ て き ま し た 。 た と え ば 、 最 初

家 族 に 近 い も の と 遠 い も の 、 自 分 の 物 と 他 人 の 物 を

た 。 た と え ば 、 家 族 関 係 が ど ん ど ん 崩 壊 し て い く の

血 縁 を 超 え た 家 族 を 目 指 し て

あ る こ と だ け は 確 信 し て い ま し た 。

そ の 中 で 社 会 の 変 化 を 肌 で 感 じ 取 る こ と が で き ま し 家 と 他 人 の 家 、 自 分 の 物 と 他 人 の 物 を 区 別 し な い よ

に 3 度 も 4

富 士 山 の 麓 に 移 住 す る 前 の 数 年 間 、 多 い と き に は 週

し に た 助 。 け 合 い 、 支 え 合 う 暮 ら し を つ く ろ う 、 と 考 え ま

ら わ れ て い て は 難 し い も の で す 。 な ら ば 、 血 縁 の な

し か し 、 そ う し た 生 活 は 一 つ の 家 族 と い う 枠 に と

を 覆 う い の ち の 仕 組 み で す 。 そ れ こ そ が 、 私 た ち の

さ れ て い ま す 。 そ の モ デ ル は 自 然 で あ り 、し 森ん 羅ら 万ばん 象

だ と 考 え た の で す 。

金 に 頼 ら ず に 絆 の 中 で 不 安 な く 暮 ら せ る 生 活 が 必 要

10


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

食 の よ う に も 見 え ま す し 、 植 物 は 土 か ら 栄 養 を 一 方

自 然 の 中 で は す べ て の も の が ひ と つ ら な り で す 。 か な 生 活 が 実 現 し ま す 。

9

ア か ら 大 き な 動 物 ま で 、 さ ま ざ ま な い の ち が あ り ま

絆 が で き 、 愛 と 善 意 が 生 ま れ 、 そ こ に 安 心 で き る 豊

き ず な

2010年 4月号

同 じ も の と し て 見 る 概 念 を 持 た な け れ ば な り ま せ ん 。

い ま す 。 自 分 と い う も の を 超 え 、 他 の も の を 自 分 と

そ ろ そ ろ 、 こ の 世 界 や 宇 宙 全 体 を 一 つ の も の 、 ひ と

自 然 界 に は 草 や 木 が あ り 、 目 に 見 え な い バ ク テ リ

人 間 の 世 界 に は 色 々 な 宗 教 や 思 想 が あ り ま す が 、

よ う 、 と い う こ と で す 。

存 在 と し て 、 自 然 の 世 界 を お 手 本 と し た 暮 ら し を し

大 切 に し て き た こ と は 、 自 然 の 中 に 生 か さ れ て い る

な く 、 モ デ ル も あ り ま せ ん で し た 。 た だ 、 私 た ち が

に 生 き て い る の で す 。

こ の 世 界 に 死 は あ り ま せ ん 。 私 た ち は 死 の な い 世 界

く 、 新 た な も の に 姿 を 変 え て 生 き て い ま す 。 つ ま り 、

す 。 食 べ ら れ た 植 物 や 動 物 は 殺 さ れ て い る の で は な

﹁ ひ と つ ら な り ﹂ の い の ち

た 関 係 か ら す る と 、 自 然 の 世 界 に 一 方 的 な 関 係 は な

の 人 間 に あ ら わ れ た 結 果 と し て 、 私 た ち は 共 通 し た は 土 を つ く り 、 土 は 植 物 を 育 て 、 動 物 た ち が そ の 植

的 に 搾 取 し て い る よ う に も 見 え ま す 。 し か し 、 植 物


含 め る と 70 人 を 超 え る 人 が 共 に 暮 ら し て い ま す 。 近 そ の 地 球 の 思 考 が 一 つ 一 つ の 細 胞 、 つ ま り 一 人 一 人

ま す 。 地 球 が そ う い う 思 考 を 持 ち 始 め て い る の で す 。

び 掛 け て 、 20 人 が 移 住 を 決 意 し ま し た 。 そ れ が 、 木

60 人 、 長 期 の 滞 在 者 を 人 類 の 歩 み も 地 球 の 意 志 の 表 れ だ と 思 う の で す 。

そ れ も 地 球 の 歴 史 の 一 部 で す 。 そ う で あ る な ら ば 、

ね ら れ 、 一 つ 一 つ の い の ち と し て 生 き て い ま す 。 同

て い こ う 。 そ ん な 暮 ら し を み ん な で 始 め よ う ﹂ と 呼

ち に ﹁ 富 士 山 を ア ン テ ナ に 、 世 界 に こ の 心 を 発 信 し

こ れ は 、 一 人 一 人 が 考 え た こ と が た ま た ま 共 通 し

士 山 に 登 る よ う に な り ま し た 。 そ し て 、 そ の 仲 間 た 何 か 新 し い も の を 求 め る 心 が あ る の で す 。

生 き て い ま す ﹂ と も 思 い ま し た 。 な ら ば 、 そ れ を 信 対 し て も ﹁ こ の ま ま の 生 き 方 で い い ん だ ろ う か ﹂ と 、

そ の と き 、 私 は ﹁ 名 も な く 力 も な い 私 に 、 そ ん な も 、 み ん な の 中 に 一 つ の 共 通 点 が あ り ま す 。 そ れ は 、

は そ れ ぞ れ 別 々 の 人 生 を 歩 ん で き た わ け で す 。 で

今 は 一 つ の 家 族 と し て 暮 ら し て い る 人 た ち も 、 元

い か 、 と 皆 で 話 し て い ま す 。

8


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

そ れ で も 、 そ の う ち に 自 分 の 問 題 を 解 決 す る だ け を 世 界 中 に 広 め な さ い 、 と い う の で す 。

7

こ と だ と わ か り ま し た 。 つ ま り 、 こ れ ま で 学 ん だ 心

決 し よ う と し ま せ ん 。 そ う し て 、 産 業 と し て の 高 度

症 状 だ け を 治 し て 、 病 気 を 生 み だ し た 心 の 問 題 を 解

わ れ ま し た 。 そ し て 、 日 の 本 の 国 と い う の は 世 界 の

心 、 こ れ か ら は 日 の 本 の 国 全 体 に 説 く が よ い ﹂ と 言

2010年 4月号

る 。 医 療 も 同 じ 構 造 を 抱 え て い ま す 。 お 医 者 さ ん は

れ は 、 ま さ し く 今 の 宗 教 の 姿 で す 。 根 本 の 問 題 を 解 と 言 わ れ ま し た 。

と こ ろ が 、 人 々 は 自 分 の 問 題 事 だ け を 解 決 し た は 最 初 に 太 陽 が 昇 る 国 、 だ か ら 日 の 本 な ん で す 。 そ

の 種 を 解 決 す れ ば 、 問 題 事 そ の も の が 起 こ ら な く

そ の 人 の 前 に は 新 し い 世 界 が 開 け る の で す 。

点 に 立 て ﹂ と 。 日 の 本 と い う の は 、 太 陽 の 本 と 書 き

ジ を い た だ き ま し た 。 ﹁ 日 の 出 前 に 日 の 本 の 国 の 頂

す 。 だ か ら 、 表 面 的 な 事 柄 を い く ら 解 決 し て も 、 種

自 分 の 中 に あ る 種 が 芽 を 出 し て 、 実 を 結 ん だ 結 果 で

日 のも 本と の 国 に 向 け て

ま す 。 私 に は そ れ が 残 念 で し た 。 問 題 事 と い う の は 、

人 は 問 題 事 が 解 決 す る と そ の ま ま 縁 が 切 れ て い き

人 生 相 談 だ か ら 当 た り 前 な の で す が 、 た い て い の

ち が 集 ま る よ う に な り ま し た 。 そ の 仲 間 た ち が 木 の

で は な く 、 心 の 学 び を 続 け て い き た い 、 と い う 人 た


よ ろ ず 人 生 相 談 か ら 心 の 勉 強 会 へ

婦 間 の 問 題 、 病 気 の 悩 み 、 果 て は 会 社 経 営 の 相 談 ま

あ と 10 年 、 40

……

く る ﹁ よ ろ ず 人 生 相 談 ﹂ が 始 ま り ま し た 。

た 心 を 実 践 す る 生 活 に 入 ろ う こ う し て 、 木 の 花

ま し た 。 昼 間 は 仕 事 を し て 、 夜 に な る と 子 育 て や 夫

ま し た 。

う と し て い る 。 そ う い う 時 代 が こ れ か ら の 時 代 な ん

べ て の 人 が 聖 者 で あ る 、 そ う い う 時 代 が 幕 を 開 け よ

く 新 た な 聖 者 た る 資 格 が あ る 。 そ れ が 今 の 時 代 。 す

し た 時 に 、 す べ て の 人 の 中 に 、 こ れ ま で の 聖 者 に 続

効 果 は あ り ま せ ん よ 。 そ れ よ り も 夫 婦 関 係 を 見 直 さ

だ と 言 い ま す 。 そ こ で 私 は ﹁ 部 屋 の 内 装 を 変 え て も

代 で す 。 模 様 替 え の 目 的 を 聞 く と 、 子 供 の 情 緒 安 定

宇 宙 の 根 源 か ら す べ て が 派 生 し て き た こ と を 思 い 出

す べ て の 人 々 の 中 に あ る 仏 性 、 神 と し て の 精 神 。 れ て い る よ う な こ と も あ り ま し た 。 今 か ら 30 年 ぐ ら

想 の 世 界 に な る 。

部 屋 に 案 内 さ れ る と 、 壁 に 穴 が 開 い て ガ ラ ス が 割

え る こ と が で き る 。 そ し て 、 こ の 精 神 、 想 い が 、 人 と

と た び 解 き 放 た れ れ ば 、 そ れ が 連 鎖 し て 、 こ の 世 界 て く る よ う に な り ま し た 。 内 装 屋 さ ん と し て 色 々 な

う ち に 何 が 起 き た か と い う と 、 ま ず 、 人 の 心 が 見 え

6


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

の 種 を 開 花 さ せ て 、 自 分 の 中 か ら 光 を 外 に ほ と ば

そ し て 、 こ の 尊 い 仕 組 み 、 尊 い 心 を 両 隣 の 人 に 伝

5

れ が 、 い の ち の 仕 組 み で あ る 。

自 分 の 中 に あ る 、 宇 宙 の 中 心 か ら く る 神 性 、 真 理 仕 組 み と し て 、 こ の 世 界 す べ て を つ な げ て い る 。 そ

れ ま し た 。

両 隣 の た め に 生 き て い る 。 そ の 仕 組 み が 、 い の ち の

2010年 4月号

た だ し 、 そ の 道 を 歩 ん だ も の に だ け で あ る ﹂ と 言 わ

で あ る 。 誰 も が 尊 い 平 等 な 社 会 が く る ん で あ る ぞ 。 こ の い た だ い た 心 を 自 分 の 隣 の 人 に 伝 え る こ と は

こ れ か ら は 、 一 人 一 人 が 主 役 の 時 代 で あ る 。 一 人 一

の に な ろ う と せ ず 、 尊 い も の を 見 つ け て そ こ に 行 き 、

の 中 に な る た め の 始 ま り で あ る 。 こ れ ま で は 、 自 分

ど ん が 一 人 で そ れ を す る こ と は で き な い 。 け れ ど 、

た し 。 か し 、 や が て 思 う よ う に な り ま し た 。 人 間 い さ

け が あ り ま せ ん 。 私 に ど う し て 、 そ ん な 能 力 が あ り

を 見 つ け 、 そ こ に 行 き 、 救 わ れ る こ と よ り も 、 自 ら

﹁ こ れ か ら 始 ま る 、 私 た ち が 歩 も う と し て い る 旅 な る 。 し か し ﹁ 私 に そ ん な 大 そ れ た こ と が で き る わ

る も の も な く 、 そ れ こ そ が 理 想 の 世 界 、 地 上 天 国 に

そ れ が 連 鎖 し て い け ば 、 誰 も 救 わ れ る 必 要 が な い 。

救 え る よ う な も の に な れ 。 自 分 で 自 分 を 救 え る も の 。

て 生 き る の で は な く 、 自 分 の 中 か ら 光 を 出 し て 他 を


は い け な い 、 自 分 も 社 会 も 健 全 に し て い く よ う な 生

た 。 そ し て そ の た め に 、 社 会 が 汚 れ て い く 。 そ れ で

が 降 ろ さ れ て い る が 、 そ の 道 一 つ 一 つ は 、 す べ て 同

も の で し た 。 た く さ ん の 聖 者 を 通 し て た く さ ん の 道

て み る の で す 。 ﹁ あ な た の 人 生 は 合 格 で し た か 。 胸

思 え ば 、 私 の 職 業 は 自 分 の 利 益 の た め の も の で し ば ら く 続 き ま し た 。

の で 、 自 分 の 想 い を 否 定 さ れ た よ う な 辛 い 時 期 が し

人 間 と し て の そ う し た 欲 望 や 願 い と 反 し て い ま し た

自 分 が こ の 世 界 を 離 れ る 時 に 、 自 分 自 身 に 問 い か け 分 の 家 族 の た め に お 金 を か せ い で 、 豊 か な 生 活 を 実

う よ う に な り ま し た 。

両 親 の こ と も 非 常 に 大 切 に し て い ま し た 。 両 親 や 自

と 、 そ れ は 汚 れ な の か も し れ な い 。 そ ん な こ と を 思

そ れ が 社 会 に 何 を も た ら し て い る の か と 考 え て み る

つ う に 考 え れ ば 何 の 問 題 も な い こ と で す 。 し か し 、

建 物 の 見 た 目 を き れ い に す る こ と を 生なり 業わい に し て 、 験 を し ま し た 。 心 の 眼 で 上 を 見 る と 、 何 者 か が そ こ

い た の で す 。

30 歳 の と き 、

情 が 言 え な い で い る 、 と い う こ と を 風 の た よ り に 聞

こ う し た 思 い は 突 然 に 湧 い た こ と で は な く 、 あ る

が そ れ で 迷 惑 し て い ま し た 。 な の に 、 社 長 の 私 に 苦 き 方 を し な け れ ば 、 と 気 づ き ま し た 。

4


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

宇 宙 が 創 ら れ て 、 銀 河 や 太 陽 系 が 生 ま れ 、 そ こ に ま そ の 駐 車 場 の そ ば に 住 ん で い た 私 の 会 社 の 従 業 員

3

つ め て い ま す 。 こ の 宇 宙 が 果 た そ う と し て い る 目 的

生 き 方 で す 。

車 場 で 燃 や し て い ま し た 。 当 時 は 、 そ れ を 悪 い こ と

が 積 ま れ て く る の で す 。 そ れ を 休 み の 日 に な る と 駐

2010年 4月号

ね て い る 意 志 の ま ま に 生 き て い こ う と 、 日 々 心 を 見

そ れ は 、 自 分 の 願 い と か 自 分 が 何 か を 叶 え た い と い ま し た 。 お 客 さ ん の 家 や 店 舗 の 見 た 目 を 美 し く す る

私 は 25 歳 頃 か ら 、 建 築 の 内 装 の 会 社 を 経 営 し て い

願 い を 叶 え る 生 活 か ら 心 の 道 へ

る 愛 な る 調 和 の 心 そ の ま ま に あ り 続 け る こ と で す 。 い る 姿 だ と 思 う の で す 。

大 切 な の は 、 こ の 世 界 の ま ま に 、 も と に あ る 善 な 然 、 い の ち の 仕 組 み が 人 間 に 対 し て N O を 表 現 し て

こ う と 思 う よ う に な り ま し た 。

今 の 社 会 の さ ま ざ ま な 問 題 は 、 永 遠 な る 宇 宙 や 自

こ う し て 、 た だ た だ 自 分 の 側 か ら 観 た 想 い を 捨 て 、 で あ る は ず な の に 、 自 分 た ち の 欲 望 で そ れ を 歪 め て

す 。 だ か ら 、 光 と 闇 は 、 そ の ど ち ら も 尊 い の で す 。

く る の が 、 ﹁ 世 の た め 、 人 の た め ﹂ と い う 想 い な の で

で で き て い ま す 。 つ ま り 、 そ の 前 の 愚 か し い 時 代 が 地 球 が で き て 、 い の ち の 世 界 が 誕 生 し ま し た 。 私 た


社 会 に 、 地 球 に 何 を も た ら す の か 。 こ れ は 非 常 に 大

こ こ で 言 わ れ て い る ﹁ 自 分 の 想 い ﹂ に は 、 単 な る す る も の が つ く ら れ 、 そ れ は ど ち ら も す べ て 善 意

こ の 世 界 に は 光 と 闇 、 善 と 悪 、 平 和 と 戦 い な ど 相 反

て 都 合 が 良 い こ と も 悪 い こ と も 全 て 含 む こ と で す 。

結 果 的 に 自 分 に 何 を も た ら す の か 。 そ し て 、 家 族 に 、

て い る と 思 い ま す 。 ﹁ 自 分 の 想 い ﹂ を 実 現 す る こ と が 、

の た め に も な り ま せ ん 。

な る し 、 健 康 も 損 い や す く 、 自 分 の た め に も 、 社 会

が 体 に い い わ け で す 。 食 べ 過 ぎ た ら 思 考 が 働 か な く

な の で す 。 世 の た め 人 の た め と い う の は 、 人 々 に 都

い も そ 、 う 宇 な 宙 る 的 と な 、 視 世 野 の か た ら め 見 人 る の と た ﹁ め 自 に 分 な の ろ 側がわ う の と 想 す い る 想 ﹂

す 。 私 は あ な た な の で あ り 、 あ な た は 私 な の で す 。

意 志 は 天 の 意 志 で あ り 、 天 の 意 志 は 私 の 意 志 な の で

自 分 の 中 か ら 湧 き 出 て く る 欲 望 を 健 全 な 形 で コ 究 極 的 に は 、 ﹁ 天 の 意 志 ﹂ ﹁ 私 ﹂ ﹁ あ な た ﹂ な ど と 分 け

は 不 可 分 の 存 在 で あ る ﹂ と い う こ と か ら 考 え る と 、

き て い る の が 今 の 社 会 だ と 思 い ま す 。

人 が 自 由 な よ う で い て 、 実 は 非 常 に 窮 屈 な 人 生 を 生 働 き ま す 。

大 き な 自 由 を 手 に し た よ う に 見 え ま す 。 で も 、 勝 ち り か け る 時 に は 必 ず 、 そ の こ と に 対 し て 修 正 の 心 が

そ の 中 で た く さ ん の お 金 や 物 を 獲 得 し た 人 は 、 一 見 、

く さ ん あ る の で す が 、 そ こ に は 必 ず 競 争 が あ り ま す 。

今 の 時 代 に は 自 分 の 希 望 を 叶 え て い く 仕 組 み が た

が あ る か も し れ ま せ ん が 、 私 の 場 合 は 、 月 や 星 や 太

欲 望 も あ れ ば 、 世 の た め 人 の た め と い う 想 い の 両 方

2


特集 自給自足の共同体 古田偉佐美

ち の 歩 み と 生 活 、 そ し て 何 よ り も 大 切 に し て い る 心 う 生 き も の の 特 徴 で す 。

1

私 は 16 年 前 、 19 人 の 仲 間 た ち と と も に こ の 暮 ら し を

事 例 と し て 国 内 外 で 注 目 を 集 め る よ う に な り ま し た 。 の 生 き 物 の 中 で 、 特 異 な 存 在 だ と 思 い ま す 。 自 分 と

2010年 4月号

え 合 い な が ら 生 き 、 有 機 農 業 に よ る 自 給 自 足 を 基 盤

同 体 で す 。 子 供 か ら お 年 寄 り ま で が 生 か し 合 い 、 支

﹁ 自 分 の 想 い ﹂ と は 何 か

市 で 木こ 60 の 人 花はな が ﹁ 血 縁 を 超 え た 大 家 族 ﹂ と し て 暮 ら す 共 に つ い て お 話 し し た い と 思 い ま す 。

地 球 意 識 へ

人 間 意 識 か ら

1951(昭和26)年、岐阜県生まれ、58 歳。木の花ファミリー創設者、NPO法人青 草の会理事。通称「いさどん」。40歳の誕 生日に事業を整理、1994(平成6)年春、 19人の仲間とともに富士山の麓に移住、 「木の花農園」を創立。以来16年以上にわ たり、農業や養蜂、大工仕事などに多彩な 能力を発揮、頼れるみんなの兄貴分としてフ ァミリーの「大黒柱」をつとめてきた。さまざま な問題や悩みを抱えてファミリーを訪れる 人々のアドバイザーとしても活躍中。 【木の花ファミリー】

〒418-0114 静岡県富士宮市下条923-1 TEL 0544-58-7568 FAX 0544-58-8015 メールアドレス info@konohana-family.org ホームページ http://www.konohana-family.org 木の花ファミリーブログ http://blog.konohana-family.org いさどんブログ「おやじの館」 http://isadon.konohana-family.org


人間意識から

地球意識へ 木の花ファミリー   古田   偉佐美

人間意識から地球意識へ  

月刊「ザ・フナイ」2010年4月号に掲載された記事