a product message image
{' '} {' '}
Limited time offer
SAVE % on your upgrade

Page 1

三和一善 | OPT後の対応に ついて 担当 山根光・三 和一善


当社の研修制度ではOPT後のサポートは行っておりませんが、OPTの後もアメリカに残り就 職をしたいということであれば、求職の時にビザサポートのある企業、またはサポートを依 頼することをおすすめします。 三和一善


企業側も求人の時点でビザサポートの有無を明示していることが普通ですので、募集要項を よく確認してください。 また十分な時間を持って活動をするように心がけてください。通常受け入れ先の企業はOPT 期間にビザまでサポートするかパフォーマンスを確認したり、ビザ応募のための書類の準備、 弁護士とのやり取りなど何かと時間が必要となります。OPTの日数が残り少ない場合、それ だけで敬遠される可能性があります。


また、ビザサポートについては不透明だが気になる求人がある場合、可能な限り企業に直接 コンタクト出来るように応募することをお勧めします。リクルーターを通す場合、サポート しない企業は応募不可と履歴書を出す前にブロックされる可能性があります。一度応募した 会社の動向もしっかりとチェックしておいてください。同じ求人内容でも条件が変わること が多く、後に 応募条件が合致することもよくあります。

Profile for Kane Williamson

三和一善  

米国カリフォルニア州を拠点として、ビジネスのバックオフィスソリューションを提供するシナジックグループの代表。プライベートではNGO活動を通じて、大学での社会人起業家育成プログラムなどに関わる。家族と共にカリフォルニア州ビバリーヒルズ在住。

三和一善  

米国カリフォルニア州を拠点として、ビジネスのバックオフィスソリューションを提供するシナジックグループの代表。プライベートではNGO活動を通じて、大学での社会人起業家育成プログラムなどに関わる。家族と共にカリフォルニア州ビバリーヒルズ在住。

Advertisement