Issuu on Google+

カンボジア FS2011


人間環境学部

カンボジア フィールドスタディ 活動報告会


概要 フィールドスタディー →人間環境学部が授業の一環として行なって いる。 日時 →2011年8月21日~27日(1週間) 場所 →カンボジア (プノンペン・シェムリアップ)


○本日の流れ □カンボジアFS MOVIE上映

□カンボジアってどんな国 □8つの視点からの報告 →教育、売春、HIV、貧困、行政、支援、文化、ビ ジネス □総括・全体を通して感じたこと

□教員より □質疑応答


» 国土面積:181,035km² (日本の約1/2) » 人口:約1,340万人 (日本の約1/9) » 総労働人口の72,3%が農業に従事しており、作 付面積の多くは稲である » 平均寿命:62,1歳 (日本は82,3歳) » 97%の人々が上座部仏教を信仰している » クメール人が約9割を占め、公用語はクメール 語である » 39703 kmの道路のうち、舗装されているのは 3159 km » 15歳以上の識字率は77,6%


» 実質経済成長率単純平均値は9,0%(2000年~2007年) » これは日本の高度経済成長期と同じくらいである » 1953年にフランスから独立したが、1970年から 1991年にかけ内戦に圧政など、大きな混乱に見舞 われた。 » 特にクメール・ルージュが支配した時代(1975年~ 1979年)には、約170~220万人もの人々が亡くなっ たと言われている。クメールルージュの支配下で は、宗教、貨幣、人種、家族、伝統文化、工業技 術、教育など多くのものが否定された。


日本ユネスコ連盟 ワット・ボー小学校

山崎 水野 野村


コミュニティラーニングセンター


夜間識字教育の様子


養鶏などの

収入向上 指導


・児童数約5,000人 カンボジア最大の小学校 ・1クラス60~70人の生徒数 ・教員数 104人 ・昼夜2部制


学校の様子


「誰もがなりたい 自分になれるように 努力出来る環境を 作ってあげたい。」


職業訓練レストラン 「ROMDENG」

齋藤 大塚 草柳 庄司 前川


 家庭の事情(親の病気や暴力)  行政の不作為  買春ツアーの横行 »

様々な要因から売春問題が発生


Street children Friends international


 物売り、物乞い 幼い子供たちが必死に物を売ってくる。しかし、買うこと が子どもたちのためになるのだろうか? 彼らに何をしてあ げられるのだろうか?  ストリートチルドレン 空き缶や食べ残しを彼らに渡したら喜んでくれた。だがこ れで良いのだろうか?

 売春 果たして売春が一概に悪いと言い切れるのか?その背景を 考えていかなければならない。


問題の深刻さについて考えさ せられた。 包括的なアプローチの必要性 ●シーライツ ●かものはしプロジェクト


Cambodian Community of Women Living with HIV/AIDS

川畑


» 経緯 » 訪問内容 » 感想


» 勉強会での映画鑑賞 -「それでも運命にイエスという」 » HIV/AIDS問題について


» 「僕たちは世界を変えることができない。 But , We wanna build a school in Cambodia. 」


CMAC プノンペン浄水公社

萩原 多田 小柴


カンボジアは多くの国際協力機 関の支援を受けている

それでは、行政は一体何をし ているのか、しっかりと機能 しているのか、という疑問を 抱いたから。


»カンボジアの行政 について (特に警察)


・カンボジアの警察は信頼されていな い ex.事故の際、当事者間で解決 ・売買春問題との関連 ex.買春した者を賄賂によって釈放 警察官への献金によって見逃されて いる売春宿の存在


» 内戦 » 充分な教育や公務員としての指導を今 までに受けてこられなかった。 » 公務員の給与が安い。


» CMAC » プノンペン水道公社


» Cambodian Mine Action Centre カンボジア地雷対策センター » UNTAC(国連カンボジア暫定行政機構)の 中で 1992年設立 » カンボジア政府の独立機関


» カンボジア全土の46%に地雷原が存在 4,544㎢/181,035㎢ » カンボジアで地雷や不発弾によって死 亡、負傷した人数 63,000人以上


1. 地雷原の確立

2. 地雷、不発弾の撤去 3. 地雷や不発弾に関する教育 4. 地雷撤去スタッフの育成


プノンペンの人々へ安全で手ごろな値 段の水を供給し、カンボジアのモデル となるような浄水場となることを目標 に活動している公共事業機関。


» 給水能力の低下 プノンペン市民の20%にしか水が供給できない。 ・水の供給時間は1日10時間 24時間安全な水が利用できない。 ・配管の水漏れ 72%の水が無駄に。 ・料金の回収率は48% 半分以上の料金を回収できていない状態だった。


給水能力/日 供給範囲 給水時間 無収入水 料金回収率

1993年 15万5000㎥ → 20% → 10時間/日 → 72% → 48% →

2010年 30万㎥ 92% 24時間/日 5.85% 99.9%


» » » » » » »

それぞれの部署が役割の明確化 人事評価を平等にした 若くて活動的で意志のあるスタッフの採用 汚職を撤廃し、透明性の高い組織運営 積極的なサービス適用範囲の拡張 従業員の能力強化 規律や能力やチームワークなどを身につける教育


» 警察のような行政 目にみえて仕事をしていない » CMACや水道公社のような行政 しっかりと機能している →組織改革や人事育成が確立されている

汚職の多いカンボジアで透明性のある行政 「カンボジアが良い方向へ」


農村の様子

長塚 塚本


貧困層の暮らし

貧困層の生まれる原因


養鶏農家


農村の様子


・悲観的な考え方からの変化

・都市 目覚ましい発展への驚き 一方での貧困層 ・農村 貧しいながらの幸せな生活


» 幸せとは? 「貧しい=不幸せ」ではない 何が幸せかは人それぞれなのかもしれない


» ご清聴ありがとうございます


JICAカンボジア事務所 車椅子工房

笠原 住田

鈴木 青山


» 日本のODA実施機関として、開発途上国へ の国際協力を行なっている。 » 世界150以上の国と地域で事業を展開し ている。 » 技術協力・有償資金協力・無償資金協力を 主に行なっている » 国際緊急援助・市民参加協力も行っている。


» 39703.6kmの道路のうち、舗装されている のは3159km


» 電化率は26%。電気代は周辺諸国に比べて 割高 » 91%の人が、料理に使う火を薪や木炭から 得ている » 中学校に進学する子供は34% » 15歳以上の識字率は77.6%


それらの現状を踏まえた上で、 » 経済基盤の強化 » 農業・農村開発 » 社会開発の促進 » ガバナンスの強化 などの活動を行なっている。


» まず、コスト&ベネフィットの検討・環境ア セスメントを実施。 » 支援が決定した後に、入札・企業選定をする。 →時間がかかる


» インフラ開発をする際、住民の立ち退きが ある場合には、従来と同程度の生活を送れ るような補償をする。 » NGOとの連携もしている。


» 水が水道管を通る過程で、72%のロスが あった。 » 必要とされていた水の量を供給できていな かった。 » スタッフに汚職が多かった。 » すべての利用者から水道料金を徴収できて いなかった。


» 1994年

難民を助ける会が設立

» 現在は同会と他の機関によって支援されて いる » 資金源は販売と援助資金 » プノンペン周辺の9つの地域を対象として

いる


» 個々のニーズに合った車椅子作り » 一人ひとりの家まで車椅子を届ける » 配布後一年以内にフォローアップ


»→主な2種類の » 支援アプローチ 物資の送付 や大きな規 模の政策を 担う(外部 から)

コミュニティ に属して一緒 に創り上げて いくプロセス (内部から)


アンコールワット クメール伝統織物 研究所 森久保 柿嵜 乙川


プノンペン経済特区 クリーンサークル社

峯田

小林


» 「ビジネス」を通したカンボジアと日 本の関係とは? » 働く人々はどのような人々か?またそ の労働環境は? » ビジネスにおける「理想」と「現実」 とは?


PPSEZ 浄水設備

下水処理設備

YAMAHA 発電設備

味の素 クリーンサークル


1. プノンペン経済特区 →Phnom Penh Special Economic Zone PPSEZの特徴 » プノンペン唯一の日系経済特区 » 「PPSEZ株式会社」(従業員約50人)が運営 » 29社がPPSEZに進出済みで、そのうち14社が日本企 業 » 浄水・下水処理施設を有する » YAMAHA・味の素・クリーンサークル社などが進出


» 法人税・建設財輸入等の税の免除 » 通貨両替・国外送金の制限なし » 土地転売・更新可能 » カンボジア人の人柄の良さ


» インフラ未整備による高い電気代 » 高い物流コスト » 各国の環境への意識の差 » 日本の常識が通じない 時間感覚も異なる • 汚職問題


2. クリーンサークル社 » » » » » » »

代表者:高野剛志 駐在代表:飛高正志 資本金:50万ドル 総従業員数:361名 業種:婦人製靴製造業 社員男女比 5:5 月給料71~100USドル(カンボジア最低賃金61USド ル)


» 「カンボジアに雇用を」という創始者の理念 のもとに発足した。

» 日本的経営方針を持つ  「5S:整理、整頓、清掃、躾、清潔」「クリーンサークルは日 本よりもいい靴をつくる」などの掲示有り。

» 全リーダーのうち、1/3は女性である » 交通費を支給している


» 未成年が働いている  18歳以上という制限はあるが、履歴書がないので甘くなってい る

» 離職率が高い  働かなくても生きていける環境  拘束され、時間を奪われてまでお金を稼ぎたいと思わないとい う考え方の違い

» 労務問題 

今後、経済特区内の会社間の賃金格差で賃上げなどの労働争議 (放火・殺人)が予想される


貧困解消に大きな効果 を発揮するのでは?

» PPSEZやクリーンサークル社の概要だけを見ると、 非常に理想的な仕組みに見える。

途上国の環境保護の 助けとなるかも!

» 実際には、様々な問題点を抱える。  環境意識・労働争議・離職率‥などさまざま。


» 一見良いことのように見えるものでも、必ず直 面する問題があるということ。

» 「カンボジアの雇用を創出するこ とは、同時に日本の雇用を減らし ていることも意味する。」 » クリーンサークル社の飛高氏の言葉です。理想 と現実の間で会社を経営していく苦労を感じま した。


全体を通して 感じたこと 3年 関 哲也


カンボジアFS担当教員より

武貞先生 吉田先生

石森さん


質疑応答


ご清聴ありがとうございました。


Cambodia Field Study