Page 1


Contents


Gradation


[Gradation]   財 団 法 人 建 築 環 境・ 省 エ ネ ル ギ ー 機 構 ( I B E C ) の 主 催 す る 、「 第 2 回 健 康 維 持 増 進 住 宅設計コンペティション」   住 空 間 が 健 康 の た め に 貢 献 で き る こ と は 何 か を 目 的 で 、 新 し い 視 点 か ら健康維持増進 の あり方を提案するというものです。   住 空 間 が 健 康 の た め に で き る こ と を 考 え 、「 た だ い ま 」 か ら「 お や す み 」 ま で の 生 活 に お け る「 あ い だ 」 を デ ザ イ ン す る こ と を 考 え ま し た 。  家に帰ると明るい玄関に迎えられ、あかりの下で夕食を食べる。少し落ち着いたら 暗がりのリビングでテレビを観る。そして就寝へ。  この生活の流れを、あかりのグラデーションによって表現することで就寝までの気 持ちの落ち着く環境をデザインを提案しました。電気のスイッチのように切り替えの きかない人の気持ちを、[ON]から [OFF]へ。そのグラデーションを提案しています。 It think about the living space is made for health, and in life from "I'm home" to "Good night" was designed. It is received in a bright door when returning to the house, and it eats supper under lighting. The television is seen in living in darkness when a little settling down. And, it will go to bed. It proposed the environment where it settled down feelings until going to bed because the flow of this life was expressed by the gradation of lighting and it proposed designing. Feelings of the person in whom the switch is not effective like the electric switch will be turned off from turning on. It proposes the gradation.


[PLAN]


眠りにつく数十分∼数時間前か ら室内の照明を暗くすると ,脳か らメラトニンという人の気持ちを リラックスさせ眠りにつきやすく するホルモンの分泌を促すことが でき、睡眠促進につながります。  またベッドのすぐそばには東に 向けて開けられた窓があり、朝目 覚めた時にさわやかな朝日を浴び ることができます。


ProямБle


嘉成 龍 1988年 2011年

横浜生まれ

ICSカレッジオブアーツ卒業

2 0 1 1 年 - 株 式 会 社 フ ラ ン ク・ラ・リ ヴ ィ エ レ ア ー キ テ ク ツ

Ryu Kanari 1988 2011

Born in Yokohama

Graduated ICS College of Arts

2011- Frank la Riviere Architects inc.


Portfolio Ryu Kanari  

Ryu Kanari1988 Born in Yokohama2011 Graduated ICS College of Arts2011- Frank la Riviere Architects inc.