Issuu on Google+


2012


INDEX

06-37

loftwork の明日

2020年のロフトワーク

08 10 12 14 16 18

「こうなりたい」を描く No.01 天空のロフトワークドットコム No.02 闘え ! スーパーロフトワーカーロボ No.03 Growing No.04 Creative Chains of loftwork クリエイター紹介

20 対談「予想できない未来を語ってみよう」 ( 林 千晶× 伊藤 穰一) New Project

30 FabCafeはじめます 32 FAB♥Love ? 34 FabCafeメニューをちょっとご紹介


38-85

loftwork の今日

40 Concept ロフトワーク 5 つのキーワード

44 46 48 50 52

1. MVP 2. Diversity 3. Open 4. FAB 5. Hack Dialogue

56 「絶対、成功するで」  一丸となって進めた健康管理サービスの開発

60 「自治体サイトを使いやすく」    立ち上がった 13 社標準メニューの普及へ   Service

64 66 68 70 72 74 76 78

プロジェクトデザイン オウンドメディア エンゲージメントメディア グローバルサイト スマートフォンサイト / アプリケーション デジタルコンテンツ ビジネスセミナー クリエイターコラボレーション Workshop

80 共に学ぶ「場」を作る 86 106 112 118

ロフトワーク 88 大ニュース ロフトワークへのメッセージ Hope for the future 会社概要


Drawing Future 2020 年のロフトワーク

8


「こうなりたい」を描く

2012年、ロフトワークロゴのタイプフェイスが新しくなりました。 今度のロゴは「手書き」です。 手書きのロゴに完成はありません。正しさもありません。厳密な ルールもありません。ふと気がつくと、ちょっと変わっていると思 います。もしかしたらオフィスに来てもらったゲストに書いてもら うかもしれません。粘土でつくってみてもいいかもしれないし、ク リスマスの時期にはリボンでつくってもいいかもしれません。 そ れ ま で の ロ ゴ は、Web 初 期 に 一 般 的 だ っ た タ イ プ フ ェ イ ス “Courier”をベースにしていました。2000年の創業当初、未熟な Web環境でもきちんと世界観を表現したいという気持ち、そしてこ れからWeb的世界が大きく成長することへの期待を込めたのです。 そして10年強が経ち、さらなるスピードと柔軟性が求められる時代 を迎えました。企業が厳密なCIを行い、ブランドイメージを堅持し、 統制がとれた情報と製品を出す……それはもう昔のこと。今は、ス タッフひとりひとりのTweetやブログがブランドでありFacebook を通じてクライアントとクリエイターと「パートナー」になれる、そ してならなければいけない時代です。わたしたちも、これからもっ と変化に対応し、多様性を受け入れ、偶然性を大切にしなくてはい けません。 さらばCourier、ロフトワークは新しい“loftwork”と一緒にもっと自 由に活動を広げます。 そして今回は、同じように次の10年を見据えた、ロフトワークの 「こうありたい」という気持ちをクリエイターに描きおこしてもら いました。


10


N o. 01 「天空のロフトワークドットコム」 例えば、天空に浮かぶ巨大な国のように。 世界中のクリエイターが登録し、ほとばしるようなクリエイティビ ティを地球上の様々な場所ではじけさせ、経験やナレッジを自由に 共有し、貨幣ではなくポイント単位のインセンティブ…。既存の境 界線が無くなり、もっともっと刺激的でゾクゾクする毎日。 国家レベルのビッグプロジェクトから数時間のマイクロワークまで が登録されている、あたらしいクリエイティブプラットフォーム 「ロフトワークドットコム」 。 「2020 年のワクワクする働きかた」を実 現する、巨大なクラウドサービスを想像しました。

loftwork.com in the Sky Imagine a huge world floating up in the sky. Imagine what it would be like if all the creators in the world were to register with loftwork, causing a surge of creativity to spark up in many places around the world, promoting the sharing of knowledge with an incentive based on points rather than money. It would cause existing boundaries to disappear, giving way to a much more stimulating and exciting daily existence. A new creative platform “loftwork.com”, receiving registrations from big projects at a national level to micro works that take only a few hours. This design is based on the image of a huge cloud service, implementing an exciting mode of working towards the year 2020.


12


N o. 0 2 「闘え! スーパーロフトワーカーロボ」 例えば、境界を越え、人と人、モノ、コトをつないでいくような、得 意分野を備えたスーパープロフェッショナル。 アイディアを生み出すクリエイティブ・ブレインを持ち、時代の最 先端を読み取るリサーチライトで未来を照らす。必殺・ボーダーク ラッシャーであらゆる境界線を打ち砕き、ワールドワイドジェット で世界中どこへでも駆けつけ、興味を持ったことをオタクドリルで とことん掘り下げる。 そんな理想の社員を、 「スーパーロフトワーカーロボ」として表現し ました。彼らが働く会社では、宇宙で一番高いモチベーションで仕 事をしているでしょう!

Fight! Super Loftworker Robot Imagine a super professional with a wide range of expertise, crossing boundaries, linking people with each other, and joining things and actions together. With a creative brain that can generate ideas, and a research light that can foresee all things leading edge, shining a light towards the future. With precise killing and border crushing techniques, boundaries are knocked down. Rushing around the world in a World Wide Jet, using an Otaku Drill to investigate thoroughly anything that may look interesting. We have represented this type of ideal employee as the “Super Loftworker Robot”. In the company where they work, these robots must have the highest motivation in the whole universe! adjoining facets: people, objects, and actions.


loftwork company profile2012