Page 1

マガジン! ル タ ジ デ 報 かる! 最新情 わ と っ も が ー imaルア

0

vol.63

2 0 11 .10

干潟へ行こう! 「装備編」 今回は干潟でのウエーディングゲームの装備品についてお話したいと思います。腕時計と ケータイは必需品。事前に必ず干潮時間と潮位は調べておきましょう。岸まで帰れなくなる 危険もあります。馴れないうちは単独釣行を避ける事。携帯電話などはしっかり防水をして 持ち込みましょう。ナイトゲームの場合は他のアングラーに位置を知らせるための点滅ライト 着用がマナーです。私は前が通常のライト、後ろの電池ボックスに点滅ライト機能がついた ものを愛用しています。簡易にケミホタルをぶらさげておくので もOK! 安全対策をしっかり施して、自然と一体になれるタイドラ ンドのウエーディングゲームを楽しんでいただきたいと思います。

海の「もしも」は118番 海上における事件・事故の緊急通報用電話番号。加入電話、 公衆 電話、 携帯電話、 PHS、 船舶電話などから利用できます。

携帯、 小物などを入れる 防滴ケース

エイガード 対人地雷と言われ恐れられるアカエイ。尾には鋭い毒針を持って おり、 不用意に踏みつけると足首をバチンと刺されてしまいます。 刺されると立っていられないほどの痛みに襲われ、 特にアレルギー 体質のアングラーは要注意。 ショック症状を起こし死に至るケー スも。現在もっとも有効と言われるのがソックスタイプのエイガード を着用するということ。 アカエイの針が貫通しにくい特殊素材を使 用しているで少々厚手ですが、 背に腹は変えられません。

策! 地雷対

プライヤー 干潟で釣りをしている最中に陸地は近くにありません。 ランディングか ら、 ハリ外し、 リリースそして、 ノッ トの組み換えなど一連の動作は全てウエ ーディングしながらの作業となります。imaオリジナルプライヤーは曲がりに くいステンレス製のノーズにサビを防ぐチタンコートを施し、 PEラインもスパ スパ切れるタングステンカッターを標準装備。 そして、 軽量アルミボディで 重量はなんと120g。対応スプリッ トリングもimaオリジナルの#1∼#4まで と正にこれさえあれば万事OKというスバラシイ仕様になっております。

い! 強 に ビ サ タンコート チ

フィッシンググリップ ランディングギアとして欠かせないのがフィ シンググリップです。現在、 ライラクス社と調整中のグラスパーグ リップ。中でも魚を挟んで保持する強度は他に類をみません。磯で 120cmオーバーの暴れ狂うシイラをランディングしても決して外れませんでしたし、 20kgオーバーのアカメをランディングしたときもビクともせず、 1mの段差のある護岸の上へグリップ を持って引き上げました。 これだけ負荷が掛っても決して外れないのは稀有な能力だと思います。調整 も最終段階まで来ています。発売まで今しばらくおまちください。

®

株式会社アムズデザイン 〒289-2516 千葉県旭市ロ404番1 tel 0479-62-8505 fax 0479-62-7880 info@ima-ams.co.jp


干潟へ行こう! 「実釣編」    ススキの花穂が実る頃、夏の暑い日差しも和らぎ海に秋の訪れが

聞こえてくる。春から夏には日中に大きく潮が動き、逆に冬は日没後に 潮が動く。秋はその代わり目にあるので毎回ではないが昼、夜共に大 きく動く時がくる。 そうなると干潟のゲームが俄然面白くなりデイゲーム でスピーディーな釣りを楽しみ、 ナイトゲームではゆったりと回遊待ちの 釣りと欲張りな干潟のゲームを楽しめるシーズンを迎える。楽しい仲間 と共に干潟へ行こう ! !

回遊固体を狙い撃つナイトゲーム  通い慣れたポイントでも暗い闇夜に腰まで浸かり彷徨歩くのはなかなか 大変なものだ。 水深が深い場所に行けば釣れると考えがちだがシーバスは思いの他浅瀬 へ入ってベイトを捕食している。 そこで潮時表を確認し、 狙ったポイントが最 適の潮位になるまで後方で釣りをして潮が下がるにつれて前へ出るか、 潮 が引いてから入水するかを先ずは選ぼう。 そこで高低差は小さいが必ずブレ イクに添ってシーバスは入ってくる。 そこを的を絞り狙い撃つのである。 また

テクニカルに釣るデイゲーム

秋の回遊固体は群れが大きくサイズも良い。私がお勧めするのは仲の良い

 広大な盤洲干潟などではヨブやスリッ ト・馬の背に、 ある程度の回遊があ

友人と数人でポイントに入り誰かが一尾釣ったら次の人が釣るまで寄せず

ると思う場所に目星を付け目当てのポイントに入り魚の回遊ルートやベイト

に待ち掛かればランディングする。 すると群れが止まり釣れ続くのであっと言

の動きを見て広い干潟で食い気の高いシーバスを拾い釣りし数を伸ばす。

う間に爆釣となるときがある。 なにより楽しい仲間と爆釣を分かち合うので良

また日中のシーバスはベイトを探してウロウロしており、 活性は高いがルアー

い想い出となる。  釣り方は至って簡単。 スローリ トリーブのみ。 あとはその日の活性に合わせ

を動かすスピードが遅いと見切られる場合が多々ある。 そこでトゥイッチやジャークを駆使しルアーだと気づかれない様にして口を使

巻くスピードをミディアムからミディアムスローと当たりを探るだけである。  上記が秋の干潟の楽しみ方をご紹介しました。秋のシーバスが捕食して

わせる。  初心者の方はトゥイッチやジャークはある程度のリズムが必要で実際に

いると思われるベイトも大きく使うルアーも大きい物を使う為、 ロングキャスト

釣りをしている方のお手本が無いと難しい。 そこでお勧めするのが高速リト

もでき気分も爽快。当たりも大きく ドスッと手応え十分。気候も気分も爽快な

リーブ。 ミノーでもバイブレーションでも 「コレでもか! !」 というくらい速巻きす

釣りが出来るでしょう。皆さんも心の許せる友と秋の干潟でロッドを振ってみ

る。 それも何もせずに我武者羅に巻くだけ。 コレがとても釣れるのだ。 また中

ては如何ですか?

級者には数が釣れるので腕を磨くにはとても良いシーズンだと言える。

干潟攻略ルアーとレンジ表

表層直下をバタバタとしたアクションでシーバスにアピール。 引き抵抗も強く流れを掴むのに役立つ。

20cm 30cm 40cm 50cm

ミオ筋などの流れの強い場所をドリフトさせて使用。 komomo125より深いレンジを探る。

干潟の定番パイロットルアー。 飛距離を稼ぎシャローレンジを 広範囲に探れる万能ルアー。

60cm

sasukeの飛距離はそのままに40cm∼60cmのミドルレンジを引ける。 ハイフロートにした為にデッドスローやわずかな流れでも泳ぐ。 兎に角飛ぶ! !ルアーの重さは20gこのボディーで78mの飛距離を叩き出した。 ショートリップとロングリップの2種類があり、 ショートリップの2本フックと 3本フック。 ロングリップでも2本と3本があり、合計4タイプの味がある。

海底(約1∼1.5m) ®

株式会社アムズデザイン 〒289-2516 千葉県旭市ロ404番1 tel 0479-62-8505 fax 0479-62-7880 info@ima-ams.co.jp


IMA - Magazine Octubre 2011  

IMA - Magazine Octubre 2011

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you