Page 1

L E D O U X ラ・ヴィレット通りの市門

電車が少なくて不便だが、ルドゥーの建築の実物を見たくて、ブザンソン近くのアルケスナン

へ行った。理想都市ショーの町の王立製塩工場は塀の外とはまったくの別世界、アッと息を呑

JIA 近畿支部住宅部会 代表世話人 八木康行 委員長 星野康彦 編集長代理 星野康彦

は、図面だけで見ていたルドゥーが模型となって所狭しと並んでいた。ルドゥー好きにはたま

平成22年4月22日

むほどだ。その中の一棟は博物館としてルドゥーの多くの計画の模型を展示している。そこに

) yh

SPRING 2010 NO.45

らない。現存する入市税取立ての関所としての市門の模型もあった。パリに着いてから、早速

サンマルタン運河まで行ってみると、模型通りのルドゥーの関所が建っているのだった。 (

T A L K A B O U T

Microsoft の Word というソフト、最初に使ったのは 97 だったが、今のは 2003 だ。少 しずつ進化しているようだが、何かわけの分からない部分もある。作業中に、安全の ために時々上書き保存をしているのだが、あるとき突然、警告が出て、 「領域が違うの で保存できません、マイクをはずしてください」とかいったような画面が現れた。マ イクなんか初めから付けてはいないが、その後上書きボタンを押すたびにこの警告が 出る。とてもうっとうしい。そのうち何かのはずみでこの邪魔者は出てこなくなった。 ある文章を取り込んでいるとき、編集の形式にどうしてもなじまないのがあった。仕 方なしに、センテンスごとに打ち直していったのだが、これは疲れるし時間がかかる。 貼り付けたときの文末に出るアイコンを無視してきたが、それを開いてみた。 「貼り付 け先の書式に合わせる」というのをクリックしたら、一瞬にしてピタリ納まった(yh)

執筆者連絡先 市居 博 榎 秀夫 所 千夏 星野康彦 森田 進

(株)市居総合計画事務所・・・・・・・・・・〒659-0093 芦屋市船戸町 9-7・TEL0797-32-8554 たぶ・ふぇろーず・・・・・・・・・・・・〒565-0854 吹田市桃山台 3-6-4・TEL06-6831-1154 アトリエCK・・・・・・・・・・〒530-0035 大阪市北区同心 2-3-23-1405・ TEL06-4800-2092 星野康彦建築研究所・・・・・・・・〒573-1121 枚方市楠葉花園町 5-5-1313・TEL072-867-3720 進研究室・・・・・・・・・・・〒540-0012 大阪市中央区谷町 3-1-24-806 ・ TEL06-6942-0891

好川忠延

好川忠延建築設計事務所・・・・・・・・〒630-0213 生駒市東生駒 3-398-62・TEL0743-89-0162

45

SPRING

2010 TALKABOUT-16


009年8月22日、飲食ブース、愛称「フ

てくださった企業の皆様に支えられて、2

った。だから、トロペー ヘリオイオは太陽

太陽、トロピオンは方向転換の意味だとい

ヘリオイオということばがある。ヘリオが

どうしてそれが熱帯になるのだろう。

ックスという。方向転換というわけだが、

ところで、英語で熱帯のことをザ トロピ

のだ。

レーム&フレーム」は、無事に皆の前にお

自体がおこなう「方向転換」ということに

北回帰線というものがある。

目見えとなった。 なる。

日の閉幕後、既に撤去されて、あとかたも

動する。この軌道は夏至の時が一番北。そ

太陽の見かけの軌道は、毎日北へ北へと移

に方向転換する限界線だ。その線まで太陽

向きに寄せていた軌道を、逆転して南向き

27分を通る緯線がそれだ。太陽が毎日北

北半球で、夏至の時の太陽の位置23度

ないが、ここを訪れてくれた大勢の人たち

こに至ると、太陽は、今度は軌道を南へと

が来ると今度は逆転して南に軌道を向ける。

季節が春から夏に向かっているあいだは、

の、水都大阪2009の思い出の片隅に、

方向転換する。それがトロペー ヘリオイオ

こ の 線 の こ と を 英 語で は ト ロ ピ ッ ク と い い 、

この飲食 ブースは、残念ながら 10月12

片鱗でもいいから、飲食ブース「フレーム

=太陽の方向転換である。

紀元二世紀のアッリアノスというギリシ ア人が書いた「アレクサンドロス大王東征

北の方向転換線と、その反対側の南の方

向転換線 という二つのト ロ ピッ クとのあ い

だに挟まれた部分が熱帯なのであった。熱

日が夏のところ」だ、ぐらいに思っていた。

「…その時期インドの河川はどの川も、

記」にはこんな記述がある。

日本語で回帰線という。

&フレーム」の姿が残っていてくれるとい いなと思う。

ギリシア語知ろうと語源学

かった。季節的には太陽がおおよそ夏の転

ちなみに、北回帰線はトロピック・オブ・

帯の範囲は厳密なものだった。漠然と「毎

回にさしかかって方向を転じようとしてい

キャンサー(かに座の回帰線) 。南回帰線は

すべて水嵩が増して濁流を成し、流れも速

る時期だったからだ。…」この太陽の転回

トロピック オブ カプリコーン(山羊座の

「北回帰線」

前回、 ヘリオトロープということばは

がいわゆる夏至なのだ。当時のギリシア人

回帰線)という。

星野康彦

「太陽の方を向く」という意味だといった。

には、この夏至という概念が明確にあった

このことばの順序を反対にしたトロペー

2010 TALKABOUT-15

SPRING

45 ・


永田さんに、飲食ブ

力することになった。

もあり、この計画に協

ていた八木さんの英断

住宅部会代表に決まっ

いうことで、当時次期

ャンスかもしれないと

に名を連 ね る最後のチ

ないし、このイベント

転…何度も途中であきらめざるを得な

山あり、谷あり。二転三転、四転、五

略するが、大げさに言えば波乱万丈。

書き始めると長くなるのでここでは省

都大阪2009の開幕までの数カ月は、

を繰り返す。その後、8月22日の水

ら、とにかく毎回スピード勝負で提案

様々な厳しい条件を突き付けられなが

れから数日後には最初の案を提出。

山企画委員長と共に、八木代表を始め、

いかと思う場面に出くわしながら、小

いた2日後には、公園整備工事の真っ

ースの話を詳しく聞 して作り上げる会場に、既製のテントを建

住宅部会メンバーの強力な力添えと、

協賛

最中だった計画地へすぐ足を運び、そ

畿支部として腕をふるってくれないかとい

てるのでは浮いてしまう。そこにJIA近

う話だった。 水都大阪2009は8月にスタート予定だ というのに、その話を聞いたのは3月。と にかく時間がないうえに、内容が煮詰まっ ていない状態での打診だったが、やはりデ ザインを志す身として、アーティストの集 う会場の中心に、違和感のある建築を建て てしまうのをみすみす見過ごすこともでき

2010 TALKABOUT-14

SPRING

45


HAT神戸で毎年行われる震災の日の催し

ン ト をや りた い と 思 い 、 今 度 は 1 月 例 会 で 、

ぜひ永田さんと一緒に何か外部向けのイベ

その後、せっかく話をしてもらったのだから、

なった。

ということについて話をしてもらうことに

どを紹介してもらい、建築家が外へ発信する

一般向けに行われている様々なイベントな

信する!」というテーマを掲げ、永田さんが

昨年の住宅部会7月例会で、「建築家から発

さんと 再会す る こ と にな っ た こ と も あ っ て 、

つくろうというワークショップがあり、永田

い。ちょうどとある夏祭りに建築士と屋台を

色んなタイミングがよかったのかもしれな

出始めていたころだった。

ながら進んでおり、船着き場の話は、各々の

都大阪2009の企画は、日々内容が変化し

討することになっていた。が、そのころの水

きると面白いと思い、とりあえず前向きに検

築家がデザインするようなストーリーがで

るという話だった。船着き場ごとに、違う建

のイベントに合わせて整備しようとしてい

船着き場があり、それらを水都大阪2009

回廊が形成されているが、その川に数か所の

津川と、ロの字形に川が繋がっていて、水の

かには、土佐堀川~東横堀川~道頓堀川~木

ザインという話から始まった。大阪のまちな

れていたころ。最初は、船着き場の舟屋のデ

のシェルター・フェスティバルの準備に追わ

の参加の話が浮上してきたのは、ちょうどそ

(仮称)飲食ブースだった。当初から予

こで急遽計画されたのが、この仮設屋台、

画されないまま、進んでいたらしい。そ

として、飲食を提供する場がほとんど計

実 際 集 ま って き た 市 民 ら へ の サ ー ビ ス

が、アートの企画は進んでいたものの、

展 開 して い く 場と して 企 画 されて い た

れ市民を巻き込んだパフォ ーマンスを

多くのアーティストたちが集い、それぞ

ち上がってきた。 「水辺の文化座」は、

飲食物を提供する仮設屋台 の計画が持

中之島公園会場「水辺の文化座」内で、

個人的に非常に残念に思っていた矢先、

ことができずに終わってしまうのかと、

の中に、JIA近畿支部の名前を連ねる

飲食ブースは既製のテントをリースす

算化されていなかったこともあってか、 まとめていた事務局側の意向と、こちらの思

るということで計画されていた。だが、

地元の住民たちや船着き場プロジェクトを

惑がどうもうまくかみ合いそうになく、あき

飲食ブースが建つ予定の場所は、水辺の

のひとつとして「シェルター・フェスティバ ル in HAT神戸」を企画。ロープを使

らめざるをえなかった。

くるワークショップを行った。

チマットやベニヤを使ったシェルターをつ

ントである水 都大阪2009の参加 者

このまま、滅多にないオール大阪のイベ

ーティストたちが全力投球

文化座の中心。全国から集まってくるア

った

mを超えるシンボルタワーと、ビー 10

前置きが長くなったが、水都大阪2009へ

2010 TALKABOUT-13

SPRING

45


て落選したやつがいる」といって会場

い、私の知り合いの代議士は三億掛け

の建築が二億で出来たなんてすばらし

できない。(

員さんの温かい配慮を今も忘れる事が

事を思い出した。その中でも、長老議

することができないか、という打診があっ

阪2009へ、JIAとして参加をお願い

化創造研究所の永田宏和さんより、水都大

いたころだった。

たのがちょうど昨年12月に入ろうとして

) 2009/12/1

を笑わせた。その後、建物内外を市議 会議員さんを連れて案内する事となり、

飲食ブース「フレー

9 0 0 2

である事に気づいた。 「なんとまあ、金

役所の広場の木が、クヌギやナラの木

は、2007年の年末だったと記憶してい

水都大阪2009の話を初めて耳にしたの

所 千夏

ベントやワークショップの紹介をされてい

その時は、子供たちを巻き込んだ様々なイ

そ の お 話 を お聞 き し た の が す べて の始 ま り 。

とあるイベントで講師として来られていて、

水都大阪

がないとはいえ、クヌギとはなあ」と

る。今から2年ほど前になる。2009年

たと思う。

市役所玄関を出た所で、市会議員の一

不満めいた声が上がった。そのとき、

夏、水辺を舞台に、大阪あげて「水都大阪

一方、ちょうどその頃JIA近畿支部

永 田 さ ん に 初 め て お会 い し た の は 昨年 の 春 。

長老議員らしき老人が、「枯れ木も山の

2009」というイベントをやるらしいと

住宅部会で、関東甲信越支部住宅部会

ム&フレーム」誕生物語

賑わいとはこの事だ。結構、結構」と

いう話を初めて聞いたときには、自分がま

団は立ち止まった。議員さんたちは、

云った。皆が「そうか、枯れ木も山の

との交流を通じ、「関東甲信越支部では

れて行っている」という話が近畿支部

さかここまでドップリつかって参加するこ

実際、2009年は私にとって、水都に始

に聞こえてきたころで、やはり近畿支

賑わいか」と、先生はうまい事を言う

まり水都に終わったと言っても過言ではな

部も内部勉強会だけではなくて、外部

一般向けのイベントを、かなり力を入

そのクヌギが四十五年経って大木に

いかもしれない。水都大阪2009にJI

に向けてもっとオープンになっていか

とになろうとは思ってもみなかった。

なって、もうクヌギなんてとは言わせ

Aとして参加するという話が浮上してきた

ないといけないのでは、という意見が

と口々に言って納得しその場は収まっ

ない堂々とした存在感だった。見事に

のは、昨年のちょうど今頃。iop都市文

た。

紅葉しているのをみて、当時の様々な

2010 TALKABOUT-12

SPRING

45


学校に至りその後城山公園の休憩所な

手が付かず、新たに要望の出て来た中

の後、小学校を造るが市役所にはまだ

を最初に選んで実施設計に進んだ。そ

財政難だった市は、一番小さい公民館

大勢の観客で多いに盛り上がった会場

ま記憶をたよりに話した。会も終わり

ジュームに誘われて、何か思いつくま

れた地元の建築家たちが開いたシンポ

た。十一月の終わり頃、公民館で行わ

の柴山のクヌギなら木はただであげる

屋はびっくりして「クヌギは、私の所

ヌギはいくらするの」と聞いた。植木

葉しているクヌギ林を眺めながら「ク

巡る道を走っていた。私は、美しく紅

なものはないという。車は里山の裾を

掛け合って、寂しいよりは沢山木があ

を後にして公民館を出た時はもう夕方

四十五年前、竣工間際、外構工事に

る方がいい、その内予算がついたら上

ど回り道し、市役所の設計が始まる事

は少しばかりの植栽が当てられていた。

等の木を植える事にしたらどうでしょ

よ。手間はいるけど」と言う。 「しかし

広い敷地に、クス四、五本である。予

うかと持ちかけてなんとか設計変更の

になっていた。公民館の近くのクヌギ

構を含めて坪十万円だった事など、

算を切り詰めて本数を決めているから

了解を得た。クヌギは植木屋の職人た

となったのは四年すぎの1963年だ

徐々に記憶が蘇って来た。

だが、そのままでは寂しい植栽である。

ちと里山に出かけて、形のいいクヌギ、

市役所の前庭にクヌギを植えたらおこ

伊賀鉄道の車窓に開ける里山と田園風

なんとか賑やかに出来ないものかとあ

ナラなどの雑木をトラックに積んで持

の大木が夕日に映えて紅葉が美しかっ

景は四十五年前、現場の行き帰りに眺

れこれ思案していた。クスは枝振りや

ち帰った。活着率が低いからと少し余

った。設計はその年の年末入札、 翌年 、

めた風景そのもので、時間が止まった

幹周りから値段が張る。クスの植木サ

分に持ち帰った。

られるで」ともいう。そこで、役所に

ようだった。そして久しぶりに上野市

ンプルを近くの苗田に見に行った帰り

竣工式は暮れの押し詰まった頃だっ

た。

駅に到着したのは、もう午後を回って

の車の中で、このクス一本の値段で十

た。竣工式にはお歴々の代表で、国会

一月から着工となった。しかし、予算

いた。

本ほど植えられる木はないかと植木屋

議員の川崎秀二氏が祝辞を述べた。「こ

は大変な金額だった。建築、家具、外

これ以降、伊賀市役所の保存に関す

に相談した。若い植木屋の主人はそん

近鉄電車で四回乗り換えて、最後の

る会合などで上野には行く機会が増え

2010 TALKABOUT-11

SPRING

45


設計者とコンサーバティブ(保守的)な施

私は自分の心の中にリベラル(革新的)な していきたいものである。

ある。今後も住宅の仕事を通じて日々精進

ける。そう言われても、私は坂倉事務

う思いますか」と電話の向こうでは続

工管理者 を同居 さ せる、つまり二重人格 を

賀上野には十年位前、芭蕉の史跡を訊

所はもう三十年も前に退社したし、伊

ねるような小旅行をしたが、それも休

日で市役所は閉まっていたし、外観の

ように見えるが、いずれも底流で繋がって

今までの展開は表面上激しく変化してきた

からである。

すね」と云う 。伊賀市役所とは聞いた

「伊賀市役所の設計担当は好川さんで

には縁がないので何事かと出てみると、

支局から電話があった。日頃、新聞社

今年の夏の事である。朝日新聞伊賀

共建築を手がけた、今から考えると大

上野市は立て続けに坂倉事務所が公

現状を見に行きます」と答えた。

ているのではないかと思いつつ「一度

うし、市町村合併など色々問題を抱え

経つと、当然手狭になっている事だろ

クヌギの木 好川忠延

演じることによって矛盾を昇華させている ようである。困難なようだがいずれ近い将 来、住宅でのCMは建築家にとって確立さ

いるもので あ る。住宅、木造、伝統工法、

事もなく戸惑っていると先方から、「あ

遠望以外に見た事がない。四十五年も

CM、全国、IT、 ・・・。さてさて、この

あ、元の上野市役所です」 と訂正した。

れねばならない仕事となるだろう。厳しい

先終着点はどのあたりで現れるであろうか。

変珍しいケースだった。 1959 年、当時 の市長は東大哲学科美学出身の僧侶だ

経済情勢の中では全国展開が不可欠である

最近の住宅建築を巡る情勢では、やはり温

すます住宅の性能化が求められているよう

熱材を充填すると、税制上有利になる。ま

いように思う。屋根に太陽熱電池を載せ断

建て替えになるようで、市民の中には

前の夏がまざまざと蘇った。「市役所が

を思い出した。そして次々と四十六年

この市役所の設計に汗を流していたの

小学校を含めた 1959 年 月 3 の日付の ある計画案が今も残っている。しかし、

れたと聞いている。市役所と公民館、

で市長が市役所の設計を依頼してこら

と云う関係で、ある美術関係者の紹介

った。坂倉準三氏の大学での数年後輩

私は 1963 年夏、勤めていた坂倉準三 建築研究所大阪支所で、二人の同僚と

だ。しかし私はそのような産業主導の家作

残したい人たちがいるようですが、ど

暖化対策としてのエコハウスの話題が大き

りとは違うものを授かりたいと願うもので

2010 TALKABOUT-10

SPRING

45


会の会員数の多さがその悩ましさを示して

くづく思う。単なる親睦会ではない住宅部

たところで あ る。

か余裕なき職人の日々が続いているといっ

の住宅に追われっぱなし。恵まれたという

スポット的なもので、実際は年間4件前後

住宅建築で特集を組んで頂いた。これらは

員会での勉強会講師、2008年には雑誌

で講演、2007年には兵庫会やCM小委

2004年にはINAXの風の建築展東京

けでも、意欲が萎えているわけでもない。

その間建築家としての活動を疎んでいるわ

て改めてお礼の気持ちをお伝えしたい。

く恐縮するばかりであり、この機会を借り

先は見えるだろうか。逃げも隠れもできな

建築家はデべロッパーや紹介業に頼っても

集中と分散を巧みに操っているではないか。

担当を変えて臨むことによりエネルギーの

ョールーム)、営業、設計、施工、メンテ各々

り一流の方策を持っている。企画、広報(シ

に位置する資本主義ハウスメーカーはやは

いから広報に頼るしかない。その点正反対

ってもらうにはどうするか。営業はできな

ら滲み出てくるセンスや知恵を相手にわか

行錯誤しかない 。 何年何十年と いう修行か

の巡り合いからしてどうすればよいかは試

が大いなる挑戦ではないだろうか。施主と

そもそも建築家が住宅に取り組むこと自体

いだろう。

なれば、多分これからも気が緩むことはな

進んだことが大きな節目であった。建

ネージメント

中でもCM(コンストラクション・マ

た。

場と本拠事務所の役割などの経験を経てき

国への展開、さらにIT化された遠隔地現

き現代でのCM工事への転換。地域から全

を目指していった。棟梁というシンボルな

み、さらに伝統工法を採り入れた型の住宅

私は木造住宅という保守的な構造にとりく

し か し 自 分 な り にそ の 進 路 を 見 据 え た 結 果 、

らないはずである。

コンサーバティブ(保守的)であってはな

リベラル(革新的)な存在であり、決して

あると言うしかない。建築家とはそもそも

これらは近代建築の原理であるから当然で

倣、無駄、手仕事などの言葉は敬遠された。

たす一方暗澹とした気分に苛まれることも

スを受け継ぎながら近代建築の申し子のよ

私の師

とが多い。施工管理の実態は建築家の

設計監理者としての建築家を論ずるこ

築家においては設計と施工を分離し、

住宅の仕事は並大抵のことではないとつ

いること だろう。ここ 数年の仕 事の体 験 か

い正面突破しかないかもしれない。

多々あった。1件当たり金額や規模が比較

うな方であった。斬新、創造、合理性能、

人格と相反するからである。

施工管理業務)工事に

らもその果てしなき手強さに、気を奮いた

的小さいにもかかわらず要望が画一的でな

工業等の言葉が尊重され、反対に旧式、模

菊竹清訓氏は日本建築のエッセン

く、トラブル覚悟で瑕疵への覚悟もいると

2010 TALKABOUT-9

SPRING

45


て再び黒い闇が舞い降りる。距離感が

ってくる。松明の炎とお香が道を清め

の松明の炎のみだ。それがこっちにや

る。完全なる闇の中にあって灯りはこ

で生き物のようだ。こっちにやってく

杜の隙間を動き始めた。うわぁ、まる

り声のような音が聞こえる。赤い塊が

うが微かに赤く蠢いている。小さな唸

音が。雅楽が聞こえる。闇の遥か向こ

沈黙の中、遠くで何かが砕けるような

れが回ってきた。いよいよだ。突然、

程好く遠い。照明と撮影を禁じる御触

社殿はその右手でそう遠くない、が

てしまった。

な構成と演出にぼくは完全に圧倒され

闇、光、音、そして時間を使った見事

が立っている。畏れとはこのことか。

再び闇。髪の毛が総毛立ち全身に鳥肌

の生き物となって近づき去ってゆく。

も囲まれて見えない。これらがひとつ

ところだし若宮のちの持つ榊で幾重に

まれた若宮は神官た本殿は真っ直ぐの

既にこの世のものではない。白布に包

明のように不思議な丸みと振動を齎す。

数の神官が発するものだから読経の声

声とおなじだ。ただ、人数が違う。多

で神主が降臨昇天の儀のときに発する

ら来年で10年となる。活動自体は3年間

2000年1月「風の路」活動の始まりか

終をもう一度味わうかな。

市居 博

立ち止まりこの壮大なドラマの一部始

てみたいものだ。いや、やはり手前で

バリバリという音をあの闇の中で聞い

なかった。次の機会には、その瞬間の

深夜に見た「遷幸の儀」ほどの衝撃は

な芸能が奉納され其々に素晴らしいが

都の時代祭みたいなもので他にも様々

お通りだ。唸るような低いその声は神

らが徐々に大きくなってくる。若宮の

音曲。それに「オオ」という声。それ

る。多くの人が踏み締める玉砂利の音。

地上に目を戻すと、何かが近づいてく

僅かに裂いて満天の星が瞬いている。

途につくことにした。 「お渡り式」は京

きて午後からの「お渡り式」を見て帰

その日は興奮してよく眠れず朝遅く起

の心は人間界に戻ったような気がした。

向けて移動するようになって漸くぼく

始まり、外灯が点され人々もそちらに

若宮がお旅所に入られて「暁祭」が

っている。住宅部会員としては大変心苦し

バウトの編集もお世話いただくまま今に至

終えてからは会合に足が遠のき、トークア

表世話人を務めさせていただいた。任期を

を得ることができた。その後住宅部会の代

様の暖かい援助あったからこそ貴重な経験

で終了することになったが、住宅部会の皆

2010年の想い

分からない。空を見上げると杜の闇を

官たち発するもので、地鎮祭や上棟式

2010 TALKABOUT-8

SPRING

45


合な場所とは思えない。また、そこに

地勢的にみても烽火を上げるのに好都

所として説明されるのが一般的だが、

とらしく、飛火野は烽火台のあった場

「飛火」とは「飛ぶ火」で烽火のこ

知らなかった自らの不明を恥じた。

深い祭が地元奈良であったことを全く

いということだった。こんなにも興味

の儀」に参加してそれを体感して欲し

が断然面白く、今回午前零時の「遷幸

ような一点の曇りも無い星空が広がっ

ように寒く、放射冷却を約束するかの

こと。外は既に深々と冷えて凍てつく

とももの凄くハイライトのひとつとの

て起こす(?)バリバリという音が何

ではなかったのか。いずれにせよ、華

飛ぶ火とは果して死体から発する燐火

たのか、死者を弔う場所であったのか。

る場所である由。それが古戦場であっ

この辺りがどうやら死と深い関係のあ

守(ノモリ) 」に出てくる鬼の話に至り、

(ノモリ)の鏡」という池から能の「野

ある「雪消(ユキゲ)の沢」と「野守

想いを馳せることで目の前に見える事

はないが、昔の人の死生観や宇宙観に

た。ここに書いた飛火野の話は定説で

スモロジーに華が咲き夜は更けていっ

北軸や東西軸の話に波及して古代のコ

神神社(オオミワジンジャ)の話や南

邪馬台国の存在で喧しい桜井周辺の大

で体を温め、更に話はこの周辺から今

場所を料理屋に移し地鶏鍋と日本酒

ンクあたりまできたところで案内が回

早に歩いたが、二の鳥居の手前のクラ

してゆく。玉砂利を踏み締めながら足

気と漆黒の闇が徐々にその行為を拒絶

照らして歩く人もいるが張り詰めた空

らない。懐中電灯やケータイで足元を

写真は禁じられていて歩くのもままな

遷幸の儀に際しては、一切の照明や

ていた。

やか平城京とは別にその下に築かれた

出ましの音は間近に聞けないようだ。

ってきて静止を求められた。残念なが

ふと時計を見たら午前零時まで三十

しかし、これが結果的には最高に良か

物もまた活き活きとしてくるのが何と

ら、その地にある春日大社の祭が生命

分もない。急がなければ若宮のお出ま

った。遷幸の儀の卓越した空間性とド

ネクロポリスが御蓋山(ミカサヤマ)

誕生に関わるというのは誠に気宇壮大

し(誕生?)の瞬間に立ち会えない。

ラマ性はこの場所にいて初めて完璧に

ら闇を切り裂くバリバリという若宮お

な話ではないか。

半井さんの話では、そのとき神官たち

味わうことができたのだ。

も嬉しい。

半井さんによれば、おん祭はその背

が手にした榊の枝葉で社の四周を叩い

の足元の飛火野で連環しているとした

景もさることながら祭の行事それ自体

2010 TALKABOUT-7

SPRING

45


ーや写真家或いは会社員と皆見事にバ

らの人もいるし、職業も工業デザイナ

参加者は東京からの人もあれば山梨か

ンコウ)の儀に参列という三部構成。

の晩餐会、そして午前零時の遷幸(セ

があって、次に場所を代えて郷土料理

ーは、まずギャラリーでこの祭の解説

かという程度の動機だった。そのツア

ツアーの仕立てが面白いから参加する

特段の知識も興味もあった訳ではなく、

ー」があって参加した。当初この祭に

奈良のギャラリー ”OUT of PLACE” の オーナーの主催する「若宮おん祭ツア

もう二年前のことになるだろうか、

い。この兆候と同時に人々は、赤い童

物体が夫婦神の社殿の間に現れたらし

何かスライムのようなゼリー状をした

粘菌のようなものであったのだろうか、

古文書によれば、今でいえば地衣類か

から始まった祭である。

「若宮おん祭」はこの社殿建立の翌年

方に社殿を建ててそこにお遷しした。

おられたが、1135年には本殿の南

初は社殿を持たず後に本殿内の仮殿に

間に生まれたとされるのが若宮で、最

祀られている。そして、この夫婦神の

ガミ)の夫婦神の四神が東西に並んで

メノコヤネノミコト)と比売神(ヒメ

(フツヌシノミコト)、天児屋根命(ア

命(タケミカヅチノミコト)、経津主命

として768年に創建された。武甕槌

春日大社は藤原氏の氏神を祀る神社

アーに引かれた理由のひとつだった。

で有名な「飛火野(トブヒノ) 」の地名

持つ不思議な関係に及ぶ。鹿の角切り

半井さんの話は春日大社とその周辺が

から。

このあと昼は再び長くなって行くのだ

トーリーなのかもしれない。なにしろ、

い生命を吹き込み還って行くというス

しくは覚醒)させることで太陽に新し

生命力の化身としての若宮を誕生(若

まりは生命力が最も弱まるこの時期に

太陽が地上にある時間が最も短い、つ

が後ろに控えていることを考えると、

る祭事行為ではない感じがする。冬至

なら祭の構成も特異だ。単なる神を祀

ある。新しい神の出現というのも特異

再び社殿に還るという不思議なもので

日一日様々な芸能を楽しみ同日の深夜

所に設えられた「お旅所」に移りその

の午前零時に自らの社殿を出て別の場

おん祭は、この若宮が12月17日

春日若宮おん祭、その空間とド

ラバラなのも良かった。解説役はこの

子の出現を見るようになり「若宮の誕

の持つ妖しい雰囲気が説明される。

ラマ

ギャラリーで知り合った半井さんとい

生」を認識したようだ。

森田 進

う人であり、彼の話を聞くのもこのツ

2010 TALKABOUT-6

SPRING

45


大な資産価値が潜んでいますが、今例

来ます。 将来を生か

指導力、更に云

えば、記念建物の南千里市民センター

文化的価値がある住宅群にも失って えば、市民に選

すも殺すも、市

はならない建物が数多く存在していま れた首長の思い

(村野藤吾氏の作品)などが撤去の対

す。これらを含めての資産価値です。 でなければと考

民の期待に応え

これらの記念的要素を失う事は、千里

えます。が、皆

象になるなど、多くの記念すべき建造

の価値を著しく損じます。が現実には

さん!ご意見を

る行政の手腕と

「今日の銭」のために、未来を忘れた

ください。

物などが失われようとしています。

大掛かりな破壊と殺戮が進んでいます。

「Lost 千里」を防ぎたい! 「失われた千里」が続出では、輝け る千里ニュータウンが世界から消滅し ます。 開発時の意識の高揚を維持し、世に伝 えてこそ、資産であり千里ニュータウ ン文化の価値です。それでこそ世界か ら人々を呼べる千里ニュータウンが出

2010 TALKABOUT-5

SPRING

45


民・市民の土地です。が塀の向うの作

当てられているようですが、それは府

足などです。資金には公有地の売却が

化、一部施設のユニバーサル水準の不

す。理由は人口の高齢化、建物の老朽

完成から略30年。はや再生計画で

ょうか。

るのが、解りやすい道理ではないでし

売却の前に無条件で地元行政に移管す

資産の部分です。管理に重荷の資産は、

これらは分譲・売却の利益で生れた

撤去する愚を繰返そうとしています。

ます。底地を売るために文化的資産を

係を地元市民が模索し始めました。

や建築協定で考えようと、行政との連

ると共に、急遽まちの将来を地区計画

では、行政の権限による指導を期待す

ら50年間、社会環境の変化に対応し

資産」です。世界にただ一つ、開発か

千里ニュータウンは「遺産ではなく

世界に唯一つ

業で一般の市民には理解できません。 再生計画で都市として継承しなけれ

特に環境破壊が危惧される区域

たまちの歴史を持っています。開発の

ばならない数々の文化資産の壊失に、

対象は企業向け分譲宅地です。此処

企業局後継のタウン管理財団が自ら関

世界に希有の実績です

過程、規模、時代背景、企画、研究開

います。10年間の「新住法」の期限

に民間分譲マンションが林立し始めま

目的は単なる資産換金ではないかと

が切れて後、豊中市域は慣用的に制度

そして DOCOMOMO japan100 の 65に選ばれています。全てを次世代

与しています。

噂されています。公と考えられている

を維持、吹田市域は法令通り都市計画

に引継ぐだけでなく、世界の人々にも

発、事業手法などの何れを取上げても、

土地の第一の目的は、都市基盤整備の

法と建築基準法を適用しました。その

貴重な体験を顕示できる重要な価値の

した。千里計画の環境理念は失われて

用地です。次いで府有地と呼ばれる企

結果は街の姿に顕著に表れています。

文化資産の行方

業局が管理運用のための庁舎用地・駐

ある「文化資産」です。 近年は、さらに転売などで資産の流

単に経済的に見ると地価は一兆円で

で す。

面・河川などの保全用地です。そして

動化が進み、急速に住環境が悪化、将

す。だが総合的に見ると、此処には膨

車場・近隣センターの一部、それに法

千里ニュータウンに必要だった筈の土

来のスラム化が憂慮されています。今

消滅する文化資産

地が民間へ売却されるのが目立ってい

2010 TALKABOUT-4

SPRING

45


昭和53年(1978)

開発システムと成果

限の需要が見込まれた勤労者向けの宅

民選初代の大阪府知事赤間文三の決断

イツマルク債発行が軌道に乗りました。

こうして可能な返済計画がたち、ド

地債券に託されました。

が大きく、まず理想を求めて始めまし

一方では千里ニュータウン計画に、国

不足住宅の供給に事業化を読んだ、

た。同じく2代佐藤義詮の実行力も欠

は新住宅市街地開発法を可決、後押し

3.千里保健医療会館と千里保健医療 センター

かせません。事業化は企業局設立の構

しました。これらの成果を基に、泉北

昭和54年(1979)

4.北千里市民体育館

想に始り、資金は起債に求めるなど当

ニュータウン計画を推進するなど、企

昭和55年(1980)

5.北千里公民館

昭和55年(1980)

時としては革新的でした。

等をそれぞれ完成しました。

完成を期に著名人等による審査会を

宅都市建設を目指して、優れた職員を

大見得もきりました。そして理想の住

携わり、これを誇りにする多くの人た

ここには、精魂込めて計画・建設に

業局に活気が満ちていました。

設置して、作品を選び、大きいモニュ

配置、更に多数の学識を起用して調査

ちが育ちました。此処には千里を愛し、

「血税は一円たりとも使わない」と

メント¥1500万~3000万/基

研究を行ない、これをもとに構想の実

二世代三世代と千里に住み続ける人々

記念碑など

を5基、千里ニュータウンの地域公園

現を期しました。これらの事は、今後

がいます。こうして千里ニュータウン

得で地主とのせめぎ合いがあり、苦労

が全てが初の体験、当初から土地取

えのない文化資産です。そして行政へ

のパワーとその背景、これこそが掛替

た文化資産に育てたと言えます。人々

事業と居住者が文化資産

や広場の要所に設けました。

にも欠かせない姿勢の筈です。

そのものを、これら市民の手が、優れ

また開発中の乾いた雰囲気を和らげ

事業の経過

コンクリート彫刻(50万円/基)を

を重ねた人たちが企業局職員や地元の

の移管以来29年が経過しています。

るため、彫刻家協会やメーカーの協力

数十基、各所の公園等に設置していま

首長にいました。また不振を予測され

曖昧な再生計画

を得て

す。

た造成宅地の売り先には、零細だが無

2010 TALKABOUT-3

SPRING

45


9 0 0 2 千里ニュータウン消滅の危機

(村野藤吾の作品が撤去の危機に)

¥72億)でした。完成の内訳は、分

工1971年、様々な記念事業を行な

タープラン発表1960年、一応の完

3000人の地主から 2000 円/坪、 70億円で買収又は収容しました。部

用地取得費の概算

価平均15万円/坪とすれば売却面積

公園や緑地を設けましたが、仮に、売

計23年の歳月を要しました。

い地元行政へ移管引継ぎは1980年。

落有財産などの入手に伴う補償費に1

榎 秀夫

譲地43%で ( 坪)、 498.8ha 1,505,000 公共公益用地は57%で 661.2ha で す。

遺産になりうるか」と言うシンポジュ

27億円を支出、合計約200億円を

坪で売上高は 2,257.5 億円 1,505,000 と概算できます。そしてとにかく計画

が、千里は50年、現状を考えてみま

ちの歴史は数百年の単位で語られます

里に住み歩くものとして実感です。ま

心の持ち方が違うようです。以下は千

「タウン管理財団」とでは、どうも関

す。売却地価と建設費の高騰で需要者

した。用地取得費のざっと100倍で

を経て20万円/坪まで引上げられま

万円/坪、その後の売価は、15万円

約不履行の買戻し後の再分譲価格10

当初分譲売却価格は6万円/坪、契

記念の事業

み稔ったものです。

券による零細な購入者などの負担も含

これらは関係者の努力と共に、宅地債

念事業に50億円を支出しています。

その結果、完成時には余剰金から記

将来を見越して、十分な道路・緑道・

ームが関西大学で催されました。出席 要しました。

通り完成しました。

千里ニュータウンの値打ち?

できませんでしたが、世間ではかなり

分譲・売却の価格

(注.山地英雄著「千里ニュ

10月に「千里ニュータウンは世界

関心が高いようです。が開発者の後身

した。

層の関係から、やむなくタウンハウス やコーポラティブハウスが試行されま

内訳は

2.南千里市民センター

昭和53年(1978)

1.千里中央文化センター

地元首長への説明1957年、マス

事業の経過と果実

した。

一部は既に失われていますが、その

ータウンの20年」ほかを参照)

規模と内容 規模は1160ha(約350万坪) 計画予算は¥247億(内公共事業

2010 TALKABOUT-2

SPRING

45


TALKABOUT SPRING 2010

45

ARCHITECTS ESSAY MAGAZINE

・・・・・榎 秀夫・・2

千里ニュータウン消滅の危機 春日若宮おん祭、その空間とドラマ

・・・・森田 進・・6

2010 年の想い

・・・・市居 博・・8

クヌギの木

・・・・・好川忠延・・10

水都大阪 2009 飲食ブース「フレーム&フレーム」誕生物語 ギリシア語知ろうと語源学(43)「北回帰線」

千里ニュータウン

45

SPRING

・・・・所 千夏・・12 ・・・・星野康彦・・15

南センター/村野藤吾

2010 TALKABOUT-1

TALKABOUT 45  

千里ニュータウン消滅の危機 榎 秀夫 春日若宮おん祭、その空間とドラマ 森田 進 2010年の想い 市居 博 クヌギの木 好川忠延 水都大阪2009飲食ブース「フレーム&フレーム」誕生物語 所 千夏 ギリシア語知ろうと語源学(43)「北回帰線」 ・・・...

TALKABOUT 45  

千里ニュータウン消滅の危機 榎 秀夫 春日若宮おん祭、その空間とドラマ 森田 進 2010年の想い 市居 博 クヌギの木 好川忠延 水都大阪2009飲食ブース「フレーム&フレーム」誕生物語 所 千夏 ギリシア語知ろうと語源学(43)「北回帰線」 ・・・...

Advertisement