Page 1

トヨタ FCHV-adv

TOYOTA FCHV-adv

FCV開発に対する取り組み

トヨタ FCHV-adv TOYOTA FCHV-adv

トヨタでは、燃料電池自動車の心臓部であるFCスタックはもちろんの ことモーター、高圧水素タンクなど主要部品を開発し、システム全体の開 発を自社で行っております。 この自社開発した燃料電池システムを、乗用車やバス・軽自動車に搭載 している他、家庭用コジェネシステムや燃料電池フォークリフトなど、様 々な用途での実用化に向けて、トヨタグループ各社と連携して、取り組ん でいます。 「トヨタFCHV-adv」は、進化した燃料電池システムを搭載し、極低温 下(−30℃)でも始動・走行が可能となりました。また、燃費を約25%向 上、さらに自社開発の70MPa高圧水素タンクを搭載し、1回の水素充填 による航続距離、約830km(10・15モード、社内測定値)を実現しまし た。このようにトヨタは実用化に向けて着実に前進しています。

■ システム概要

TOYOTA develops not only a fuel cell, as the heart of a fuel cell vehicle, but also the core technology such as a motor and high pressure hydrogen tank. TOYOTA also develops the entire FC system in-house. Besides passenger cars, TOYOTA is deploying in-house FC Stack in city buses and mini cars and also co-developing a variety of FC products such as a residential fuel-cell cogeneration system and an industrial vehicle with TOYOTA group companies, with a view toward commercialization. The TOYOTA FCHV-adv, with an enhanced fuel cell system, can start and operate at temperatures as low as -30℃ . The improved FC system realizes 25% better fuel economy, and the TOYOTA FCHV-adv, with TOYOTA-developed 70MPa high-pressure hydrogen tanks, achieves a single-fueling cruising range of approximately 830km (in the Japanese 10-15 test cycle, TOYOTA test data). The TOYOTA FCHV-adv is steadily making strides toward commercialization.

System Description

パワーコントロールユニット(自社開発)

バッテリー

Power control unit ( In-house development )

Battery

種類 : ニッケル水素電池

トヨタFCスタック(自社開発)

Type : Nickel-metalhydride

Toyota FC Stack ( In-house development )

種類 : 固体高分子形 Type : Polymer electrolyte

最大出力 : 90kW

高圧水素タンク(自社開発)

Max.output : 90kW

モーター(自社開発)

High pressure hydrogen tank ( In-house development )

最大出力 : 90kW

Max.pressure :70MPa

Motor ( In-house development )

最高充填圧力 :70MPa

Max.output : 90kW

最大トルク: 260N-m Max.torque : 260N・m

2002年12月に世界に先駆け、日米で「トヨタFCHV」の限定リース

す。

In December 2002, TOYOTA began limited leasing of the TOYOTA FCHV, the first-ever market-ready fuel cell vehicle, in Japan and the U.S. In June 2005, the TOYOTA FCHV became the first fuel-cell vehicle in Japan to acquire vehicle type certification under the amended Road Vehicles Act. In September 2008, TOYOTA began limited leasing of the TOYOTA FCHV-adv, with an enhanced fuel cell system.

■ 主要諸元

■ Specifications

販売を開始し、2005年6月には燃料電池自動車としては、国内で初めて 型式認証を取得しました。そして2008年9月より、さらに進化した燃料 電池システムを搭載した「トヨタFCHV-adv」を限定リース販売していま

トヨタ自動車株式会社

Company

車名

トヨタ FCHV-adv

Vehicle

Toyota Motor Corporation TOYOTA FCHV - adv

発表年月

2008 年 6 月

Year shown

June 2008

全長×全幅×全高

4,735 ×1,815 × 1,685mm

Size(L×W×H )

4,735 × 1,815 × 1,685mm

空車重量

1,880kg

Curb mass

1,880kg

5名

Passenger capacity

性能

電動機

最高速度

155km/h

航続距離

830km(10・15 モード )/ 760km(JC08 モード)

種類

交流同期電動機

最大出力

90kW(122PS)

最大トルク

260N-m(26.5kg・m)

駆動方式 燃料電池

燃料 バッテリー

前輪駆動 名称

トヨタFCスタック

形式

固体高分子形

最大出力

90kW

種類

純水素

貯蔵方式

高圧水素タンク(70MPa) ニッケル水素電池

Performance

Motor

5 persons

Max. speed

155km/h

Range

830km(Japanese 10 - 15 mode)/ 760km(JC08 mode)

Type

Permanent magnet

Max. power 90kW(122PS) Max. torque 260N-m(26.5kg・m)

1997 2001

燃料電池自動車の開発を開始。Starts development of fuel-cell vehicles. 水素を燃料とするFCHVを発表。Announces the FCHV, which runs on hydrogen.

Name

Toyota FC Stack

Type

Polymer electrolyte fuel cell

世界初、メタノール改質器搭載FCHVを発表。Announces the world’s first FCHV with an onboard methanol reformer. 水素吸蔵合金タンクを搭載した『FCHV-3』を発表。Announces the FCHV-3, equipped with a hydrogen-absorbing alloy tank. 高圧水素タンクを搭載した『FCHV-4』を開発し、日米で公道テストを実施。 Develops the FCHV-4, equipped with high-pressure hydrogen tanks. Begins tests on public roads in Japan and the U.S. CHF改質器を搭載した『FCHV-5』を発表。Announces the FCHV-5, equipped with a CHF reformer.

2002

FCHV-4をベースにした『トヨタFCHV』の限定リース販売を開始。 Begins limited leasing of the TOYOTA FCHV, a refinement of the FCHV-4.

2005

型式認証を取得した新型『トヨタFCHV』の限定リース販売を開始。 Begins limited leasing of the TOYOTA FCHV, after acquiring vehicle type certification.

2006 2007

−30° Cまで始動・走行できることを発表。Announces confirmation of startup and operation at -30 degrees centigrade.

2008

さらに進化した燃料電池システムを搭載した『FCHV-adv』の限定リース販売を開始。 Begins limited leasing of the FCHV-adv, with an enhanced fuel cell system.

Front wheel driving system

Driving system Fuel cell

1992 1996

EVS13パレードに参加。Demonstrates FCHV at the EVS13 parade.

会社名

乗車定員

FCV開発の歴史 History of FCV development

改良を加えた燃料電池システムを搭載し、大阪−東京間約560kmを途中水素充填なしに走行。 Succeeded in carrying out an Osaka-Tokyo test run (approx. 560km) with the improved FC system on a single fueling of hydrogen.

Max. output 90kW Fuel Battery

Type

Pure hydrogen

Storage

High pressure hydrogen tank(70MPa) Nickel-metal hydride battery

水素・燃料電池実証プロジェクト Japan Hydrogen & Fuel Cell Demonstration Project

http://www.jhfc.jp

お問い合わせ先

For more information, please contact

トヨタ自動車株式会社

Toyota Motor Corporation

お客様相談センター

Customer Assistance Center

〒450-0002 愛知県名古屋市名駅4-10-27 第2豊田ビル 西館7階

Dai-ni Toyota Bldg. Nishi-kan 7F 4-10-27 Meieki, Nagoya City, Aichi Pref. 450-0002 Japan

電話 : 0800-700-7700

Tel : 0800-700-7700

2009.10


最新モデルでは、2003年モデルで実施してきた国内外での公道走行 実験を通して得られたデータを活用するとともに、自社開発の燃料電池 スタックなどの新技術を搭載し、2003年モデルに比べ各種性能を大幅 に向上させています。 最新モデルでは、燃料電池スタックを自社で開発することにより、スタ ックのサイズを2003年モデル搭載のスタックに比べ約60%に小型化し ながらも、発電能力(スタック最高出力 )を90kWと大幅に向上させるこ とが可能となり、最高速度が150km/hまで向上しました。また、高圧水 素容器の容量を従来比15%小型化しながらも、燃料電池システムの効率 を向上させることで、370km以上の航続距離を達成しています。

The latest sport utility FCV is powered by a NISSAN-developed fuel cell stack that is about 60% smaller compared with the previous stack on the 2003 FCV model. Despite its compact size, the new stack has a power generation capacity of 90kW, an improvement of more than 40% compared with the 2003 stack, giving the all-new FCV a top speed of 150km/h. The 2003 model has a top speed of 145km/h. The FCV is also equipped with a compact, 35MPa high-pressure hydrogen storage cylinder whose capacity has been reduced by 15%. However, thanks to a more improved fuel cell system, the FCV’s cruising range has been expanded to more than 370km compared with about 350km in the previous model.

さらに、最新モデルでは、高圧水素容器、燃料電池スタックの小型化を 図るとともに、各種ユニットのレイアウトを見直すことで、ラゲッジスペー スを荷室長で400mm以上拡大するなど、居住性においても、より実用 性を向上させています。 日産は、燃料電池車の更なる実用化に向け、今後も積極的に開発に取 り組んでいきます。

■ システム概要

System Description

インバーター

コンパクト リチウムイオンバッテリー

Inverter

Compact Lithium-ion Battery

高圧水素容器 Hydrogen Tank

日産の高圧水素式燃料電池車「X-TRAIL FCV」は、2002年11月に国 土交通大臣認定を取得し、この2002年モデルをベースに更なる改良を 加えた2003年モデルで限定リース販売を開始しました。さらに、自社開発 の燃料電池スタックを初搭載した最新モデルを2005年12月に発表しま した。

■ 主要諸元

減速機一体型同軸モーター

The NISSAN X-TRAIL FCV high-pressure hydrogen-powered fuel cell vehicle delivers plenty of clean power, without harmful emissions. After being approved by the Japanese Minister of Land, Infrastructure and Transport in November 2002, NISSAN has made further improvements to this base vehicle and developed the 2003 model, unveiled in December 2003. Additionally, latest model that mounts the self developed fuel cell stack has been introduced in December 2005.

■ Specifications

会社名

日産自動車株式会社

Company

Nissan Motor Co., Ltd.

車名

X-TRAIL FCV

Vehicle

X-TRAIL FCV

発表年月

2005 年 12 月

Year shown

December 2005

全長×全幅×全高

4,485 × 1,770 × 1,745mm

Size (L×W×H)

4,485 × 1,770 × 1,745mm

空車重量

1,790 kg

Curb mass

1,790kg

乗車定員

5名

Passenger capacity

5 persons

性能

電動機

燃料電池

燃料 バッテリー

最高速度

150km / h

航続距離

370km 以上

種類

減速機一体型同軸モーター

最大出力

90kW

最大トルク

280N-m

Max. torque 280N-m

形式

固体高分子型

Type

最大出力

90kW

Performance

Motor

Fuel cell

Max. speed

150km/h

Range

Over 370km

Type

Coaxial motor integrated with reduction gear

Max. power 90kW

Supplier

Developed by Nissan

圧縮水素ガス

Type

Compressed hydrogen gas

貯蔵方式

高圧水素容器(35MPa )

Storage

Hydrogen tank(35MPa)

Battery

Compact Lithium-ion Battery(Laminate type)

水素・燃料電池実証プロジェクト Japan Hydrogen & Fuel Cell Demonstration Project

http://www.jhfc.jp

FCV開発の歴史 History of FCV development

1996 1999.05 2000.03 2001.04 2002.07 2002.12 2003.12 2005.12 2006.04 2007.02

FCV技術開発に本格的に着手。Started FCV technology development. 車両実験を開始。Started driving tests of FCV. CaFCPに参加。Joined the CaFCP. 北米で公道実験を開始。Started public road tests in California. JHFCに参加。Joined the JHFC. 国内公道実験を開始。Started public road tests in Japan. 限定リース販売を開始。Announced the leasing of X-TRAIL FCV. X-TRAIL FCV 最新モデルを発表。Announced the latest model X-TRAIL FCV. 運転体験試乗会を本社ギャラリーで開始。Started FCV driving experience program. ハイヤー仕様車を神奈川都市交通(株)に納車。世界で初めて燃料電池車がハイヤーとして営業を開始。 Delivered Kanagawa Toshi Kotsu Ltd. the latest model and it started world’s first fuel-cell limousine service.

Polymer electrolyte type

種類

コンパクトリチウムイオンバッテリー

Fuel Cell Stack

Max. output 90kW

サプライヤー 自社開発

Fuel

燃料電池

Motor

お問い合わせ先

For more information, please contact

日産自動車株式会社

Nissan Motor Co., Ltd.

〒104-8023 東京都中央区銀座6-17-1

6-17-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo 104-8023 Japan

電話(お客さま相談室): 0120-315-232 受付時間 : 9:00∼17:00

http://www.nissan-global.com/EN/ENVIRONMENT/

http://www.nissan-global.com/JP/ENVIRONMENT/

2009.10


FCXクラリティ FCV開発に対する取り組み

FCXクラリティ FCX Clarity

FCX Clarity

Approach on FCV development

Hondaでは、燃料電池自動車が地球温暖化とエネルギー問題両方に対 応する究極かつ必須の技術であると考え、将来の普及に向けて、着実に研 究開発を進めています。 FCXクラリティは2008年より、日米でリース販 売を開始しました。 FCXクラリティは環境性能だけでなく、Hondaらしい、走って楽しいクル マとなっています。 また、将来の循環型水素社会を見据え、家庭でも水素が充填できる太陽

Honda has always believed that Fuel Cell vehicle may hold the ultimate promise for a clean and sustainable transportation future. In 2008 Honda started to delivery “FCX Clarity” in Japan and USA. In addition to its environmental performance, the new vehicle will be as fun to drive as any Honda. Also Honda has long been conducting research into hydrogen production and supplying system, including, Solar Powered Hydrogen Refueling Station that produce the hydrogen with water-electrolyzing for a hydrogen-based society to the future.

電池式水素供給ステーションの研究も行っています。

■ システム概要

System Description

同軸型駆動 モーターギアボックス Co-axial Type Traction Motor and Gear Box

高圧水素タンク Hydrogen Tank

リチウムイオン バッテリー  V Flow FCスタック (センタートンネルレイアウト)

Hondaの燃料電池FCXは、クリーンカーという領域を超えて、新たなス テージへ。 FCXクラリティ。燃料電池車だからこそ創造することができたフォルムに は、その走りには、クルマの未来が広がっています。

■ 主要諸元

Fuel Cell Vehicle; Honda FCX is exceed the category of clean car, and step into new stage. FCX Clarity; the fuel cell specialty design and its distinctive driving experience open the future of automobile.

■ Specifications

会社名

本田技研工業株式会社

Company

Honda Motor Co. Ltd..

車名

FCX クラリティ

Vehicle

FCX Clarity

発表年月

2007 年 11 月

Year shown

November 2007

全長×全幅×全高

4,845 x 1,845 x 1,470mm

Size (L×W×H)

4,845 x 1,845 x 1,470mm

空車重量

1,630kg

Curb mass

1,630kg

4名

Passenger capacity

乗車定員 性能

電動機

最高速度

160km/h

航続距離

620km(10 -15モード )

種類

交流同期電動機(永久磁石型)

最大出力

100kW(136PS)

最大トルク

256N-m(26.1kg・m)

駆動方式 燃料電池

燃料 蓄電装置

Performance

Motor

前輪駆動 名称

V Flow FC スタック

形式

固体高分子型

最大出力

100 kW

種類

圧縮水素ガス

貯蔵方式

高圧水素タンク

容量

171 L Li イオンバッテリー

Max. speed

4 persons 160km/h

Range

620km (Driving 10 -15 mode)

Type

AC synchronous electric motor (permanent magnet)

Max. power 100kW (136PS) Max. torque 256N -m (26.1kg・m ) Front wheel driving

Driving system Fuel cell

Name

V Flow FC Stack

Type

PEMFC

Max. output 100kW Fuel

Type

Compressed Hydrogen Gas

Storage

High-pressure Hydrogen Tank

Capacity

171 L

Energy storage

Lithium-Ion Battery

Lithium-Ion Battery

 V Flow FC Stack (Center tunnel layout )

FCV開発の歴史 History of FCV development

1999 2000 2001

燃料電池実験車 FCX-V1、FCX-V2を公開。Prototype vehicles FCX-V1, FCX-V2 introduced. 燃料電池実験車 FCX-V3を発表。Prototype vehicle FCX-V3 introduced. FCX-V3日本での公道実験を開始。Public road testing of the FCX-V3 begins in Japan. 燃料電池実験車 FCX-V4を発表。Prototype vehicle FCX-V4 introduced.

2002.07 2002.12 2003 2004 2005

FCX世界初の米国政府販売許可を取得。 Becomes the first fuel cell vehicle to receive US government certification for commercial use. FCXを日米同日納車。FCX delivered on the same day in Japan and US. 氷点下での始動が可能なHonda FC Stackを発表。 Release of the Honda FC Stack, a next-generation FC stack capable of power generation at temperatures as low as -20 degrees. Honda FC Stack搭載FCXをニューヨーク州に納車。Honda FC Stack equipped FCX leased to New York Sate. Honda FC Stack搭載FCXを北海道に納車。Honda FC Stack equipped FCX leased to Hokkaido Prefectural Government. 世界で初めて個人客にFCXを納車。Honda Delivers FCX Fuel Cell Vehicle to World’s First Individual Customer.

2007.11 2008.11

FCXクラリティを発表。FCX Clarity world debut. FCXクラリティを国内リース販売を開始。FCX Clarity is start to lease in Japan.

お問い合わせ先 Hondaお客様相談センター 全国共通フリーダイヤル : 0120-112010

水素・燃料電池実証プロジェクト Japan Hydrogen & Fuel Cell Demonstration Project

(受付時間 : 9時∼12時,13時∼17時)

http://www.jhfc.jp

2009.10


エフ・セル

F-Cell

FCV開発に対する取り組み

エフ・セル F-Cell

ダイムラーは、水素貯蔵方式の燃料電池車NECAR1を1994年に発表して以来、燃料電池技術の研究、開 発、試験を精力的に進め、数多くのコンセプトカーを発表することで、静かで環境にやさしい駆動方式の技術的 な現実性を証明してきました。 現在では、燃料電池乗用車 F-Cellをはじめ、燃料電池バス、燃料電池トランスポーター等を通じ、ヨーロッパ、 アメリカ、日本、オーストラリア、シンガポール、中国など、世界各地で様々なプロジェクトに参画し、持続可能な モビリティの実現を推進するために、 100台以上の燃料電池車を世界中の路上で走らせ、日常使用における実績 を重ねています。

実証実験への取り組み

今後のFCV開発について

ダイムラーは、2003年3月から首都圏で行われているJHFCプロジェクトにメル セデス・ベンツAクラス「 F-Cell(エフ・セル)」で参加しています。

2005年5月、ダイムラーは次世代の燃料電池乗用車メルセデス・ベンツBクラス 「F- Cell( エフ・セル)」を発表しました。高トルク電動モーターは従来のF-Cellを

また、2003年から世界規模で合計60台以上のF- Cellの実走行テストを行う

上回る出力、100kW(136PS)となり、燃費の改善と水素貯蔵量の向上によって、

F-Cellグローバルプログラムがスタートしました。その一環として、日本では

航続距離は約400kmを達成しました。また、2005年の東京モーターショーでは、

(株)ブリヂストン、昭和シェル石油(株)、ディー・エイチ・エル・ジ 東京ガス(株)、

メルセデス・ベンツが開発し、次世代の燃料電池技術を搭載した、未来志向のリサ

ャパン(株) に車両を提供し、多くの走行実績を重ねてきました。

ーチカー「F600 HYGENIUS」を発表しました。 F600 HYGENIUSに搭載されている新設計の燃料電池はコールドスタート Cの低温でもシステムの起動が可能となるなど 特性が大幅に改善され、零下25° 新技術を搭載しているだけでなく、家族に優しいデザインを採用しています。ダイ ムラーは、2010年の限定的市場導入を実現するという目標に向けて、燃料電 池 の技術を確実に進化させ続けており、その開発を通して未来のクルマへのエネル ギー供給のための新しい基礎を築き、環境適合性を持続的に進めて参ります。

2002年10月に発表されたダイムラーの燃料電池自動車です。メルセ デス・ベンツAクラスをベースにしたF-Cellは、従来のコンパクトなボディ ーはそのままに、車内の広さはもちろん、ラゲッジスペースまで同サイズ を実現しました。 ダイムラーでは60台のF-Cellのほか、バス、バンを合わせ合計100台 以上の燃料電池自動車を世界各国で走行させており,その総走行距離は 400万kmに達しようとしています。

■ 主要諸元

The F-Cell is DAIMLER's F-Cell vehicle introduced in October 2002. The F-Cell is built based on the Mercedes-Benz A-Class compact body, and the space for passengers and luggage is kept as large as those of Mercedes models. Daimler has already delivered total 100 fuel cell vehicles including bus, van and 60 F-Cells worldwide. The total mileage will reach 4 million km in near future. The collected data while driving are used for fuel cell vehicle and infrastructure development.

1994 1996 1997

■ Specifications

会社名

ダイムラー AG

Company

Daimler AG

車名

エフ・セル

Vehicle

F-Cell

発表年月

2002 年 10月

Year shown

October 2002

全長×全幅×全高

3,785 ×1,720 ×1,615 mm

Size (L×W×H)

3,785 × 1,720 × 1,615mm

性能

電動機

燃料電池 燃料

最高速度

140km/h( 電子制御 )

航続距離

160km

種類

誘導式

最大出力

65kW

最大トルク

210N-m

Max. torque 210N-m

名称

ニッケル水素電池

Name

最大出力

20kW

種類

圧縮水素(350bar )

Performance

Motor

Fuel cell Fuel

FCV開発の歴史 History of FCV development

Max. speed

140km/h(Electronically limited)

Range

160km

Type

Induction Motor

Max. power 65kW

1999 2000 2001 2002 2005

NECAR1 (高圧水素) を発表。NECAR1( Compressed hydrogen ) introduced. NECAR2 (高圧水素) を発表。NECAR2 ( Compressed hydrogen ) introduced. NEBUS(高圧水素)/ NECAR3(メタノール改質)を発表。 NEBUS(Compressed hydrogen) / NECAR3 ( Methanol reforming ) introduced. NECAR4(液体水素)を発表。NECAR4 (Liquid hydrogen) introduced. Citaro ( 高圧水素)/ NECAR4 advanced(高圧水素)/ NECAR5(メタノール改質)を発表。 Citaro (Compressed hydrogen) / NECAR4 advanced (Compressed hydrogen) / NECAR5 ( Methanol reforming ) introduced. Sprinter( 高圧水素 )を発表。Sprinter (Compressed hydrogen) introduced. F-Cell( 高圧水素 ) を発表。F-Cell (Compressed hydrogen ) introduced. B-Classをベースとした新型F-Cell( 高圧水素 ) を発表。New F-Cell based B-Class (Compressed hydrogen) was announced. ※()は燃料タイプ  ※( ) Fuel type

NiMh

Max. output 20kW Type

Compressed Hydrogen( 350bar )

お問い合わせ先 メルセデス・ベンツ日本株式会社 水素・燃料電池実証プロジェクト Japan Hydrogen & Fuel Cell Demonstration Project

http://www.mercedes-benz.co.jp/

http://www.jhfc.jp

2009.10


シボレー・エクイノックス FCV開発に対する取り組み

シボレー・エクイノックス Equinox Fuel Cell

GMは世界に先駆けて燃料電池自動車の研究と開発をスタートさせ、 1968年に燃料電池自動車を誕生させました。その後、研究開発を続け、 自社製の固体分子形燃料電池(PEM)を開発、内製し、それをベースにさ まざまな燃料電池自動車を生み出してきました。2006年、GM は第4世 代燃料電池を搭載したエクイノックスを発表しました。2007年の秋より 100台以上のエクイノックスを生産し、顧客への提供を開始しました。 これは、「プロジェクト・ドライブウェイ」と呼ばれる市場テストであり、 現在、アメリカ、ヨーロッパ、アジア地区にて 、 一般ドライバー、著名人、 政治家と、さまざまな立場の人にエクイノックスを日常利用してもらい、 使 用者から、利用経 験を幅 広くフィードバックしてもらうことで開発に 役立てています。そして2009年9月11日、エクイノックスの走破距離は

Equinox Fuel Cell

Approach on FCV development

GM is the world's first automaker to start R&D on fuel cell vehicles and presented the world's first drivable FCV in 1968. GM intensified its fuel cell R&D efforts over 10 years ago and has since been developing new generations of FCVs based on in-house developed polymer electrolyte membrane (PEM) FC technology. In September 2006, GM presented the Equinox Fuel Cell vehicle powered by GM's 4th generation stack. GM has deployed more than 100 Equinox Fuel Cell vehicles in the U.S.,Europe and Asia, making it the largest fuel cell electric vehicle fleet to date. Vehicles are being driven by a wide range of customers, businesses, government agencies, celebrities and media as part of Project Driveway. On 11th in September 2009, Equinox Fuel Cell vehicles passed 1 million miles with no gasoline and tailpipe pollution. It means more than 50,000 gallons of gasoline have been saved by this project.

100万マイル(約160万km)を突破。その結果、およそ19万リットルのガ ソリンが節約された計算になります。

2006年、GMは第4世代燃料電池を搭載したシボレー・エクイノック スを発表しました。フルファンクションのクロスオーバー車で、運転席、助 手席、および ルーフレールのエアバッグ、ABS、スタビリトラックおよび、 オンスター・システムといった標準的な安全機能を備えているほか、氷点 下での始動・運転が可 能になっています。

■ 主要諸元

■ Specifications ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ ジャパン株式会社

会社名

In 2006, GM presented the Equinox Fuel Cell vehicle powered by GM’s 4th generation stack. The Equinox Fuel Cell is equipped with a long list of standard safety features including driver and passenger frontal airbags and roof rail side-impact airbags; anti-lock braking system (ABS), StabiliTrak stability enhancement technology and OnStar, while providing all of the environmental benefits of hydrogen fuel cell technology. The stack will operate in temperatures ranging from -25° C to +45° C.

Company

General Motors Aisa Pacific Japan Ltd.

Vehicle

Equinox Fuel Cell

車名

エクイノックス

Year shown

September, 2006

発表年月

2006 年 9 月

Size(L×W×H)

4,796×1,814×1,760mm

全長×全幅×全高

4,796 × 1,814 × 1,760mm

Curb weight

2,010kg

空車重量

2,010kg

Passenger capacity

4 persons

乗車定員 性能

電動機

4名 最高速度

160km/h

航続距離

320km

種類

三相非同期電気モーター

最大出力

94kW

最大トルク

320N-m

駆動方式 燃料電池 燃料 バッテリー

前輪駆動

Performance

Motor

Max. speed

160km/h

Range

320km

Type

3-phase asynchronous electric motor, FWD

Max. power

94kW

Max. Torque 320N -m Front wheel drive

Driving system Fuel cell

形式

固体高分子型

最大出力

93kW

種類

圧縮水素ガス

Fuel

貯蔵方式

高圧水素タンク(70MPa)

Battery

Type

1968 1997 2001

Max. output

93kW

Type

Compressd hydrogen gas

Storage

High pressure hyfrogen tank (70MPa) Nickel metal hydride

水素・燃料電池実証プロジェクト Japan Hydrogen & Fuel Cell Demonstration Project

自動車産業初の走行可能な燃料電池自動車を試作・テストを実施。Produced auto industry’s first operational fuel cell-powered vehicle. 国際モーターショーでオペルの燃料電池自動車の試作車を公開。Unveiled Opel experimental fuel cell vehicle at International Motor Show. コンセプト・カー「オートノミー」を発表。Unveiled AUTOnomy concept combining fuel cells and by-wire technology. 東京モーターショーで、 「ハイドロジェン3」を展示。Unveiled Hydrogen3 at Tokyo Motor Show. 燃料電池開発協力に関し、スズキ株式会社と合意。 Announced agreement with Suzuki Motor Corporation to collaborate on fuel cell vehicle.

2002

世界初のドライブ・バイ・ワイヤー技術搭載の実走行可能な燃料電池自動車、 「ハイ・ワイヤー」を発表。 Unveiled Hy-wire, the world first drivable vehicle to combine a hydrogen fuel cell with by-wire technology.

2003

東京都内でフェデラル・エクスプレス社とハイドロジェン3を使用した共同商用テストを開始。 GM and Federal Express announced a partnership where the Hydrogen3 fuel cell vehicle will be used by Federal Express in the first commercial used of a fuel cell vehicle in Japan.

2005

燃料電池自動車「シークエル」を発表。 Unveiled Sequel, GM’s next generation AUTOnomy based FCV.

2006

燃料電池自動車「エクイノックス」を公開。2007年秋より開始される「プロジェクト・ドライブウェイ」と呼ばれる世界最大規模の 市場テストに、100台以上の投入を発表。 Unveiled the Equinox Fuel Cell and announced “Project Driveway”, placing over 100 Equinox Fuel Cell vehicles to customers around the globe starting in fall 2007 in the largest FCV market test to date.

2007

燃料電池コンセプトカー「ボルト FC」を発表。 Unveiled Volt FC E-flex concept.

2008

燃料電池コンセプトカー「プロボック」を発表。 Unveiled Provoq fuel cell SUV concept.

PFMFC

ニッケル水素

http://www.jhfc.jp

FCV開発の歴史 History of FCV development

お問い合わせ先

For more information, please contact

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパン株式会社

General Motors Asia Pacific Japan Ltd.

〒140-8687 東京都品川区東品川4-12-8 品川シーサイドタワー8階

Shinagawa Seaside East Tower 8th Floor 4-12-8 Higashi-Shinagawa, Shinagawa-ku, Tokyo 140-8687 Japan

電話 : 03-6711-5640 FAX : 03-6711-5678

Tel : +81 (0) 3-6711-5640 Fax : +81 (0) 3-6711-5678

2009.10


FCHV-BUS FCV開発に対する取り組み

FCHV-BUS

Approach on FCV development

■ トヨタの燃料電池技術 TOYOTA Fuel Cell Technology

■ システム概要

System Description バッテリー

高圧水素タンク High pressure hydrogen tank

Battery

最高充填圧力 : 35MPa

種類 : ニッケル水素電池 Type : Nickel-metal hydride

Max.pressure : 35MPa

パワーコントロールユニット Power control unit

トヨタFCスタック Toyota FC Stack

トヨタ自動車(株)と日野自動車(株)が共同で開発しました。 高圧水素タンクをルーフに装備し、 「トヨタFCスタック」を2基搭載する ことによって優れた性能を確保しました。クリーンで騒音が少なく、都市 環境の改善に大きく貢献します。 2005年 愛・地 球 博では会 場間のシャトルバスとして8台 のFCHVBUSが運行。100万人の方にご利用いただきました。 さらに、FCHV-BUSは、2006年3月より、中部国際空港周辺で営業 運行しています。

■ 主要諸元

The FCHV-BUS is co-developed by TOYOTA and HINO MOTORS. Since it is equipped with high-pressure hydrogen tanks on the roof and two Toyota FC Stacks, the bus assures excellent performance. The bus is clean and silent, contributing much to the improvement of air quality in urban areas. At EXPO AICHI 2005, 8 buses were used as a shuttle bus between the sites, serving 1 million people in total. After that, the buses started to serve in the vicinity of the Central Japan international Airport from March 2006.

トヨタ自動車株式会社 日野自動車 株式会社

Company

Toyota Motor Corporation Hino Motors, Ltd.

車名

FCHV-BUS

Vehicle

FCHV-BUS

発表年月

2005 年1月

Year shown

January 2005

全長×全幅×全高

10,515 × 2,490 × 3,360mm

Size (L×W×H)

10,515 × 2,490 × 3,360mm

乗車定員

62 名(路線バス)63 名 (ランプバス)

Passenger capacity

62 persons (to and from airport) 63 persons (within airport)

電動機

最高速度

80Km/h

種類

交流同期電動機

最大出力

160 kW(80kW×2 )

最大トルク

520 N-m(260N・m×2)

名称

トヨタ F C スタック

形式

固体高分子形

最大出力

180kW(90kW×2)

種類

純水素

Max. output 180kW(90kW×2 )

貯蔵方式

高圧水素タンク (35MPa)

Type

Pure hydrogen

Storage

High pressure hydrogen tank(35MPa)

駆動方式 燃料電池

燃料 バッテリー

Performance Max. speed Type Motor

後輪駆動

ニッケル水素電池

モーター

FCV開発の歴史 History of FCV development

2002

Max. power 160kW(80kW×2 )

燃料電池ハイブリッドバスの開発を開始。Starts development of fuel-cell hybrid bus. 高圧水素を燃料とするノンステップ大型路線バス『FCHV-BUS1』を発表。 Announces the FCHV-BUS1, a large, low floor city bus, which runs on compressed hydrogen. 改良を加えた『FCHV-BUS2』を開発し、公道テストを開始。 Develops the FCHV-BUS2, an improved version of the FCHV-BUS1. Begins tests on public roads.

2003 2005

『FCHV-BUS2』が都バスとして営業運行を実施。Begins service of the FCHV-BUS2 as a Tokyo commuter bus.

2006

『FCHV-BUS』が中部国際空港周辺で営業運行を開始。 Begins service of the FCHV-BUS in the vicinity of the Central Japan International Airport.

80km/h Permanent magnet

Type : Polymer electrolyte Max.output : 90kW×2

Motor

1999 2001

■ Specifications

会社名

性能

種類 : 固体高分子形 最大出力 : 90kW×2

FCHV-BUS2に改良を加えた『FCHV-BUS』を「愛・地球博」の会場間シャトルバスとして8台運行。 Develops the FCHV-BUS, an improved version of the FCHV-BUS2. Uses 8 buses to transport visitors between the sites at EXPO AICHI.

Max. torque 520N-m(260N・m×2 ) Driving system Fuel cell

Fuel Battery

Rear wheel driving system Name

Toyota FC Stack

Type

Polymer electrolyte fuel cell

Nickel-meral hydride battery

水素・燃料電池実証プロジェクト Japan Hydrogen & Fuel Cell Demonstration Project

http://www.jhfc.jp

お問い合わせ先

For more information, please contact

トヨタ自動車株式会社

Toyota Motor Corporation

お客様相談センター 〒450-0002 愛知県名古屋市名駅4-10-27 第2豊田ビル 西館7階

電話 : 0800-700-7700

日野自動車株式会社

http://www.hino.co.jp

Customer Assistance Center

Dai-ni Toyota Bldg. Nishi-kan 7F 4-10-27 Meieki, Nagoya City, Aichi Pref. 450-0002 Japan

Tel : 0800-700-7700 Hino Motors, Ltd. http://www.hino-global.com/

2009.10


スズキ SX4-FCV

Suzuki SX4-FCV

FCV開発に対する取り組み

スズキ SX4-FCV Suzuki SX4-FCV

スズキは、次世代の省エネルギー・クリーンエネルギー車の有力な候補として、GM(ゼネラルモーターズ・ コーポレーション)との相互協力のもと、燃料電池自動車の開発を行っています。 また、2003年からはJHFC実証試験へ参加しており、FCVの省エネルギー効果の確認、規格・基準作成の ためのデータ取得、広報活動等に取り組んでいます。 これまでガソリン自動車と同等な性能を目指し開発を進めてきましたが、航続距離の延長、耐久性の向上、 低価格化、低温性能の向上、軽量化、等、さまざまな課題が残っています。引き続きこれらの問題解決に取り 組み、近い将来の量産化を目指します。

■ システム概要

System Description

水素タンクからの水素と空気中の酸素を燃料電池スタックで反応させ、得られた電力によりモーターを駆動します。 キャパシターは、モーター駆動をアシストするとともに、モーターからの回生電力を蓄え、車両効率向上に貢献します。

燃料電池 スタック

インバーター

キャパシター

モーター

電力

空気

水素

水素タンク

■ 今後のFCV開発について スズキの燃料電池自動車SX4-FCVは従来型に対し一層の耐久性、走

シターを搭載しています。

Suzuki's new FCV, SX4-FCV, has made a remarkable progress over current models in durability, driving performance, and driving range. The main features of SX4-FCV are high-performance fuel cell stack made by GM, 70MPa high-pressure hydrogen tank, and lightweight capacitor, which contributes to braking energy regeneration and the acceleration assist.

■ 主要諸元

■ Specifications

行性能、航続距離の向上を実現。 主な特徴は、高性能なGM製燃料電池、70MPa高圧水素タンク、制動 時のエネルギー回収や加速時のアシストに威力を発揮する軽量なキャパ

スズキ株式会社

Company

Suzuki Motor Corporation

車名

SX4-FCV

Vehicle

SX4-FCV

発表年月

2008 年 6 月

Year shown

June 2008

全長×全幅×全高

4,190 × 1,730 × 1,585mm

Size (L×W×H)

4,190×1,730×1,585mm

5名

Passenger capacity

性能

電動機

燃料電池 燃料 蓄電装置

150km/h

航続距離

250km(10・15)

種類

交流同期電動機

最大出力

68kW

最大トルク

230N-m

Max. torque 230N-m

形式

固体高分子型(GM製)

Type

最大出力

80kW

種類

圧縮水素ガス

貯蔵方式

圧縮水素タンク( 70MPa / 700 気圧) キャパシター

Motor

Fuel cell Fuel

エネルギー効率

耐久性

航続距離

低温性能

軽量化 FCVコンセプトカー「IONIS」

5 persons

最高速度

Performance

Next Generation! SUZUKI-FCV

低価格

会社名

乗車定員

これまでガソリン車と同等な性能を目指し開発してきましたが、まだ次のような課題が残っており、 引き続き量産化に向けこれらの課題解決に取り組んでいきます。

Max. speed

150km/h

Range

250km (10 - 15)

Type

AC synchronous electric motor

FCV開発の歴史 History of FCV development

Max. power 68kW PEFC(manufactured by GM)

Max. output 80kW Type

Compressed hydrogen gas

Storage

High-pressure hydrogen tank ( 70MPa )

Energy storage

Capacitor

2003 2004 2005 2008

ワゴンR-FCV、MRワゴン-FCV、大臣認定取得、公道試験開始。  MRワゴン-FCV、70MPa圧縮水素貯蔵システム認可取得。 「東京モーターショー」にFCVコンセプトカー「イオニス」を出展。 SX4-FCV、大臣認定取得、公道試験開始。

お問い合わせ先 スズキ株式会社 お客様相談室 フリーダイヤル : 0120-402-253 水素・燃料電池実証プロジェクト Japan Hydrogen & Fuel Cell Demonstration Project

〒432-8611 静岡県浜松市南区高塚町300

http://www.jhfc.jp

2009.10


マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド 開発に対する取り組み

マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド Mazda Premacy Hydrogen RE Hybrid

クルマ社会とエネルギーの未来を見つめたクルマの開発。それはメーカー にとっての責務です。マツダは、この領域でも「マツダらしい価値」とは何か を考え、来るべき環境社会にむけ確実に前進しています。 水素を燃料とするクルマの開発も積極的に行っており、1991年の水素 REエンジン車「HR-X」の開発をはじめとし、1995年には水素REエンジン 車で日本初の公道走行を行いました。また、燃料電池車では2001年に「プ レマシー FC-EV」で日本初の公道試験走行を実施しています。2004年10月 には「RX-8 ハイドロジェンRE」が国土交通省の大臣認定を受け、水素とガソ リンの両方で走行できるクルマとして世界初の公道走行を行い、2006年に 日本国内でのリース販売を開始しました。 2009年にはハイブリッドシステムを搭載した「プレマシー ハイドロジェン REハイブリッド」の日本国内でのリース販売を開始、実用化へ向けての着実 な歩みを続けています。

■ システム概要

Mazda Premacy Hydrogen RE Hybrid

Approach on development

At Mazda, we are serious about our responsibility to develop cars aimed at an eco-friendly future society and energy network. As we work to advance the establishment of such a society, we remain dedicated to managing Mazda’s characteristic values. Consequently, we are moving for ward with the development of hydrogen-fuelled vehicles. In 1991, Mazda developed its first hydrogenfuelled rotary engine vehicle, the HR-X. In 1995, we conducted Japan’ s first public-road tests of a car powered by a hydrogen rotary engine, and in 2001, we conducted Japan’s first public-road tests of a fuel cell vehicle, the Premacy FC-EV. In October 2004, the RX-8 Hydrogen RE attained approval from the Japanese government to begin road trials, when it became the world’s first vehicle that can run on either gasoline or hydrogen fuel to be driven on public roads. In Japan, the RX-8 Hydrogen RE commercial lease plan was launched in 2006. Mazda’s hydrogen fuel program surely took steps forward with launch of Premacy Hydrogen RE Hybrid in Japan under a commercial lease plan in 2009..

System Description

水素ロータリーエンジン

高圧水素燃料タンク

Hydrogen rotary engine

High Pressure Hydrogen Fuel Tank

交流同期電動機 Alternating current synchronous motor

交流同期電動機 Alternating current synchronous generator

ガソリン燃料タンク Gasoline Tank

リチウムイオンバッテリー Li-ion Battery

開発の歴史 History of development 『マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド』は、水素ロータリ

The Premacy Hydrogen RE Hybrid features a series-type hybrid drivetrain, which combines Mazda’s hydrogen rotary engine with an electric motor. The engine output is converted to electricity, which then powers the motor that drives the wheels. This hybrid system boosts the hydrogen fuel range of the Premacy Hydrogen RE Hybrid to 200 kilometers, twice the range of the RX-8 Hydrogen RE, and increases the maximum output by approximately 40 percent, to 110 kilowatts. Mazda’ s latest eco-car features many other forward-looking environmental technologies, including Mazda’s proprietary dual-fuel system, which enables the car to run on gasoline if hydrogen is unavailable, and interior parts made from Mazda’s plant-derived Biotechmaterials.

■ 主要諸元

■ Specifications

ーエンジンと電気モーターを組み合わせたシリーズ式ハイブリッドシステ 『マツダ RX-8 ハイドロジェンRE』と比べて水素で ム*を搭載することで、 の航続距離を2倍の200kmに、最高出力を約40%増の110kwに改善し ています。また、水素燃料がなくなった場合にガソリン走行に切り替える ことができる「デュアルフューエルシステム」や植物由来の内装素材であ る「マツダバイオテックマテリアル」など、将来を見据えた独自の環境技 術を多数採用しています。 エンジンで発電機を作動させ、得られた電力でモーターを駆動して走行するハイブリ ッドシステム方式の一種。

マツダ株式会社

Company

Mazda Motor Corporation

車名

マツダ プレマシー ハイドロジェンREハイブ リッド

Vehicle

Mazda Premacy Hydrogen RE Hybrid

発表年月

2009 年 3月

Year shown

March 2009

全長×全幅×全高

4,565 x 1,745 x 1,620 mm

Size (L×W×H)

4,565 x 1,745 x 1,620mm

乗車定員

5名

Passenger capacity

Five

Engine

Mazda’s hydrogen rotary engine (with dual-fuel system)

Motor

Alternating current synchronous motor

Maximum output

110kW

Generator

Alternating current synchronous generator

マツダ 水素ロータリーエンジン ( デュアルフューエルシステム )

モーター

交流同期電動機

最高出力

110kW

ジェネレーター

交流同期電動機

バッテリー

リチウムイオン( Li-ion)

使用燃料

水素及びガソリン

燃料タンク

水素:150L/35MPa( 350気圧) ガソリン:25L

Battery

Lithium-ion (Li-ion)

Fuel

Hydrogen and gasoline

Fuel tank

Hydrogen:150L/35MPa Gasoline 25L

水素ロータリーエンジン第1号車「HR-X」を開発。Developed first hydrogen rotary engine vehicle, HR-X. 燃料電池搭載ゴルフカートの実験走行。Conducted test drive of golf cart equipped with fuel cell. 水素ロータリーエンジン「HR-X2」を開発。Developed second hydrogen rotary engine vehicle, HR-X2. 水素ロータリーエンジン搭載のロードスター実験車を開発。 Developed MX-5 test vehicle equipped with hydrogen rotary engine.

1995

水素ロータリーエンジン搭載のカペラカーゴで、日本初の公道試験走行を実施。 Conducted Japan’s first public road tests of a hydrogen rotary engine vehicle, Capella Cargo.

1997 2001

燃料電池車「デミオ FC-EV」を開発。Developed Demio FC-EV.

2003 2004

会社名

エンジン

1991 1992 1993

2006 2007

燃料電池車「プレマシー FC-EV」を開発、日本初の公道試験走行を実施。 Developed Premacy FC-EV, conducted first public road test in Japan. RX-8水素ロータリーエンジン開発車を発表。Announced RX-8 hydrogen rotary engine development. 「RX-8 ハイドロジェンRE」が大臣認定を取得し、公道走行を開始。 Received MLIT approval for public road testing of RX-8 Hydrogen RE. 「RX-8 ハイドロジェンRE」の国内リース販売開始。Started commercial leasing of RX-8 Hydrogen RE in Japan ノルウェーの国家プロジェクト『HyNor』と「RX-8 ハイドロジェンRE」への協力に合意。 Agreement for support RX-8 Hydrogen REs to HyNor, a Norwegian national project.

2008

ノルウェーにて「RX-8 ハイドロジェンRE」モニター車の公道走行を開始。 Commenced public road tests in Norway with RX-8 Hydrogen RE validation vehicle.

2009

「プレマシー ハイドロジェンREハイブリッド」リース販売開始。 Commenced commercial leasing of Premacy Hydrogen RE Hybrid in Japan

お問い合わせ先

For more information, please contact

マツダ株式会社

Mazda Motor Corporation

マツダコールセンター

Call Center

〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3-1

3-1 Shinchi, Fuchu-cho, Aki-gun, Hiroshima Pref. 730-8670 Japan

全国共通フリーダイヤル:0120-386-919 水素・燃料電池実証プロジェクト Japan Hydrogen & Fuel Cell Demonstration Project

http://www.jhfc.jp

受付時間 :(平日)9:00∼17:00   

     (土・日・祝祭日)9:00∼12:00, 13:00∼17:00 

Free dial : 0120-386-919 Open from : 9:00∼17:00 Week days       9:00∼12:00,13:00∼17:00       Saturdays, Sundays, National Holidays

2009.10

JHFCプロジェクト参加車両  

jhfc,hydrogen,fcv,station

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you