Issuu on Google+


植物が 生む色

この 3 枚

日本には,桜色,桃色,紫色,紅色などの植 物に由来する色名が,古くから多くあります (58 ページ参照) .しかし近年,こうした色名 の由来となった植物を取り巻く環境に変化が 起きています.たとえば,紫色の由来である ムラサキ(上の 2 枚の写真)は,絶滅危惧 IB 類に指定されており,絶滅の危機に してい ます.また,紅色に関して,ベニバナ(下の 写真)の伝統的染法では,発色の際に烏 梅 (完熟した梅の実を燻蒸し天日で乾燥させた もの)が用いられてきましたが,今ではこの 技術を伝える人は 1 名となってしまいました. (増田絹子:千葉大学環境健康フィールド科学 センター非常勤研究員)


サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)は,東京大学,京都大学, 大阪大学,北海道大学, 城大学の参加 5 大学と,東洋大学, 国立環境研究所,東北大学,千葉大学,早稲田大学,立命館大学の 協力 6 機関が連携して,サステイナビリティ学分野における 世界トップクラスのネットワーク型研究拠点を構築するものです. 『サステナ』第 8 号の特集では,千葉大学の取り組みを紹介します. 人間社会のサステイナビリティは,人の健康と豊かさを保証する 地域コミュニティーの確立なくしてはもらせないとの視点に立ち, 食資源と健康と人の関わりにおけるサステイナビリティを 研究しています.

話 題 の 中 心 に な る か と 思 い ま す 。

︵ 本 文 に 続 く  ︶

に よ る 地 域 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 目 指 す 実 験 や 活 動 が

に 加 え て 千 葉 大 学 の 取 り 組 み の 特 徴 で あ る 、 公 民 学 連 携

食 上 と  野 健 康 千 で 葉 す 大 。 学 今 の 日 サ の ス 座 テ 談 イ 会 ナ で ビ は リ 、 テ こ ィ れ 学 ら 研 の 究 研 の 究 テ テ ー ー マ マ は

地食 特 集 域と サ健 千 ス康 葉 テの 大イ 学 ナ ビ リ テ ィ 学


巻頭エッセイ

今、大学が面白い 古在豊樹

千葉大学教授 (生物環境工学)

重 素 六 O て 国 献 献 グ 推 断 と あ ﹁ 地 そ 学 油 排 年 学 千 解 際 す し ロ 進 人 る の は 今 学 ︶ 出 度 生 葉 決 社 る 、 ー さ 材 。 域 キ ﹁ 、

を 二 〇 一 二 年 度 ま で 続 け れ ば 、 そ の 削 減 率 は

削 減 し た 。 同 様 な 二 酸 化 炭 素 排 出 量 削 減 活 動

光 熱 水 料 を 一 四 %

、 そ れ ぞ れ

消 費 量 を 一 三 % 、 水 消 費 量 を 三 四 % 、

献 し よ う と し て い る 。 今 、 大 学 が 面 白 い 。

的 / 実 証 的 に 貢 献 し 、 同 時 に 、 国 や 地 球 に 貢

の 質 の 向 上 に グ ロ ー ナ カ ル な 視 点 か ら 実 践

の 科 学 研 究 を 推 進 し て い る 。 地 域 住 民 の 生 活

酸 化 炭 素 正 味 排 出 量 ゼ ロ キ ャ ン パ ス 、 市 民 気

東 洋 医 学 と 園 芸 療 法 の 融 合 、 医 食 農 同 源 、 二

ジ ェ ク ト 担 当 機 関 と し て 、 ケ ミ レ ス タ ウ ン 、

え て I R 3 S の 協 力 機 関 お よ び 上 記 協 働 プ ロ

ド 科 学 セ ン タ ー は 、 セ ン タ ー 独 自 の 活 動 に 加

込 み で あ る 。 同 地 区 に あ る 環 境 健 康 フ ィ ー ル

注 目 さ れ る ﹁ 地 域 の 未 来 モ デ ル ﹂ に す る 意 気

成 果 を 出 し つ つ あ る 。 こ の 地 区 を 、 世 界 か ら

・ ガ ス

間 企 業 が 、 ﹁ 環 境 健 康

・ ・ 造 交 流 ﹂ を キ ー ワ

﹁ 公 ー ド 学 に 民 千 の 葉 協 県 働 柏 に 市 よ 柏 る の ま 葉 ち 地 づ 区 く で り 推 ﹂ 進 プ 中 ロ の ジ 、

ェ ク ト は 、 日 本 だ け で な く 世 界 に 発 信 し 得 る

知 と 教 育 の 拠 点 ﹂ と し て だ け で な く 、

大 学 ︵ 特 に 、 地 方 大 学 ︶ が 面 白 い 。 大

ン 見 パ 東 え ス 大 る 柏 ﹁ 柏 国 地 市 際 域 千 キ の 葉 ャ 未 県 ン 来 パ モ 地 ス デ ル 域 住 千 ﹂ 民 葉 に ・ 大 な N 柏 り P の 得 O 葉 る キ 。 民 ャ

キ ャ ン パ ス は 排 出 量 削 減 の 方 法 と 成 果 が 目 に

発 信 拠 点 ﹂ に な り つ つ

ャ ン パ ス が ﹁ 地 域 の 未 来 モ デ ル ﹂

業 象 台 出 、 、 生 地 涯 域 学 密 習 着 、 型 ﹁ 予 農 防 的 医 ﹂ 学 都 な 市 ど 、 の 環 モ 境 ー 健 ド 康 2 産

︵ 電 気

に お け る 協 働

ナ れ 生 ﹂ 地 カ て 参 の 域 ル い 加 蓄 問 ︵ る 型 積 題 七 。 の を の ペ 大 ﹁ 活 解 ー 学 モ か 決 ジ は ー し に 参 地 ド た 向 照 域 2 市 け ︶ 問 の て な 題 科 民 、 参 視 の 学 大 点 解 ﹂ 加 学 か 決 研 領 の ら に 究 域 ﹁ 貢 、 が 横 知

地 域 問 題 の 解 決 を 通 し て 国 や 地 球 に 貢

。 地 球 温 暖 化 へ の 対 応 は 、 地 域 ・ 国 ・

会 が グ ロ ー ナ カ ル な 視 点 の も と 協 働 し

大 の 西 千 葉 キ ャ ン パ ス で は 、 環 境 I S

委 員 会 等 の 活 躍 の も と 、 二 〇 〇 五 ∼ 〇

量 を 二 二 % 、 エ ネ ル ギ ー

の 二 年 間 で 、 〇 四 年 度 比 で 、 二 酸 化 炭

す べ き 代 表 例 で あ る 。

︵ 六 七 〇 〇 万 円 ︶

五 〇 % 程 度 に 達 す る 。 そ う す れ ば 、 こ の 大 学




持 続 性 科 学 と も い わ れ 、 こ れ と 対 に な

  サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 は 日 本 語 で は

か ? ﹂ と 聞 い た ら 、 恐 ら く 九 割 の ︵ 人 笑 ︶ は 。

ナ ビ リ テ ィ っ て 何 だ か わ か り ま す

て い な い よ う で す 。 街 頭 で ﹁ サ ス テ イ

葉 古 は  在 、 社 サ 会 ス で テ は イ な ナ か ビ な リ か テ ま ィ だ 学 認 と 知 い さ う れ 言

わ か ら な い の で は な い で し ょ う か

で 、 こ れ が 二 〇 世 紀 の 主 流 で し た 。 こ

次 々 に 開 拓 し て い く フ ロ ン テ ィ ア 科 学

小 な も の を つ く る と 、 未 知 の 領 域 を

深 海 に 潜 る 、 巨 大 な も の を つ く る 、 微

す 。 開 発 性 科 学 と い う の は 、 月 に 行 く 、

ス 、 開 発 性 科 学 で あ る と 言 わ れ て い ま

る の は 、 デ ィ ベ ロ ッ プ メ ン ト サ イ エ ン

物 質 や エ ネ ル ギ ー や 最 先 端 が キ ー ワ ー

た の だ と 思 い ま す 。 開 発 性 科 学 で は 、

か と の 思 い か ら 、 持 続 性 科 学 が 出 て き

規 模 で 長 く 続 い た 方 が い い の で は な い

る の だ ろ う か と の 反 省 が あ っ て 、 適 正

そ れ に よ っ て 、 今 後 、 人 類 は 幸 福 に な

れ に よ り 経 済 的 成 長 が あ り ま し た が 、



千グ 葉ロ 大ー 学ナ カ ル を 目 指 す

学 長 か ら お 願 い し ま す 。

で は 、 研 究 や 教 育 の 枠 組 み に つ い て 前

か ら の 課 題 を 展 望 で き た ら と 思 い ま す 。

と こ ろ へ も 話 題 を 広 げ て 、 最 後 に こ れ

ど の よ う な 役 目 を 果 た す の か と い っ た

と き に 、 地 域 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 が

の か 、 さ ら に 、 広 く ア ジ ア を 見 据 え た

を ど の よ う に 組 み 合 わ せ て い け ば い い

は 、 こ こ で 行 わ れ て い る プ ロ ジ ェ ク ト

い ま す 。 持 続 型 の 社 会 を つ く る た め に

目 指 す さ ま ざ ま な 取 り 組 み が 行 わ れ て

特集 食と健康の地域サステイナビリティ学 司会

上野 武 千葉大学教授 (建築計画学/都市計画学)

森 千里 千葉大学教授 (環境生命医学/発生学/解剖学)


携 に よ る 地 域 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を

す 。 柏 の 葉 キ ャ ン パ ス で は 、 公 民 学 連

ト の 紹 介 へ と 進 ん で い き た い と 思 い ま

い た だ い て か ら 、 具 体 的 な プ ロ ジ ェ ク

ィ 学 の フ レ ー ム ワ ー ク に つ い て お 話 し

  今 日 は ま ず 、 地 域 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

学 セ ン タ ー を 中 心 に 行 っ て い ま す 。

葉 キ ャ ン パ ス の 環 境 健 康 フ ィ ー ル ド 科

つ の 観 点 か ら 、 千 葉 県 柏 市 に あ る 柏 の

ま す 。 具 体 的 な 研 究 は 、 食 と 健 康 の 二

S ビ 関 学 上 S リ と 連  野 ︶ テ し 携

を 組 織 し て 連 携 研 究 を 進 め て い

ィ 学 ア ソ シ エ ー シ ョ ン ︵ C A R

て 参 加 し 、 千 葉 大 学 サ ス テ イ ナ

研 究 機 構 ︵ I R 3 S ︶

に 協 力 機

千 葉 大 学 は サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

千葉大学 出席

天野 洋 千葉大学教授 (応用昆虫学/天敵学)

地公 域民 サ学 ス連 テ携 イに ナよ ビる リ テ ィ の 実 現

座 談 会

古在豊樹 千葉大学教授 (生物環境工学)




コラム 1

グローナカル グローナカル(glonacal)は,global+national+local の合成語で,グ ロ ー カ ル(glocal=global+local) にナショナル(national)が加えら れています.グローナカルな視点と は,地球,国民・国家,地域・市民 の自律性,多様性,共通性および相 互依存性を重層的かつ双方的に理解 し,配慮する視点です.「重層的か つ双方向的」とは,地域を基点とし て国と地球を貫いている共通性と多 様性に注意し,同時に,地球を基点 として国と地域を貫いている共通性 と多様性に注意すること,さらには, 国および国際(国境を隔てた国々) を基点として地域と地球の共通性と 多様性を配慮することを意味してい ます.地球温暖化は,典型的な,グ ローナカルな問題です.(古在豊樹)

イ ナ ビ リ テ ィ 学 で あ る と も い え 、 健 康 

地 球 が 健 康 に な る た め の 科 学 が サ ス テ

あ り ま す 。 地 球 を 人 間 に 見 立 て る と 、

の 方 た ち が 一 緒 に や っ て い る と こ ろ に

る 点 は 、 園 芸 学 、 教 育 学 、 薬 学 、 医 学

ド 科 学 セ ン タ ー が 他 の 研 究 機 関 と 異 な

る わ け で す が 、 こ の 環 境 健 康 フ ィ ー ル

て の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 研 究 し て い

根 上 源  野 的 な 食 と と こ 健 ろ 康 で と 保 い 障 う す 、 る 人 も 間 の の に 生 つ 活 い を

環 境 と 健 康 と 多 様 性

概 が あ ふ れ た キ ャ ン パ ス づ く り を し て

集 ま っ て 、 新 し い 波 を お こ そ う と の 気

薬 学 系 、 看 護 系 、 教 育 学 部 の 研 究 者 が

農 学 系 の 園 芸 学 部 付 属 農 場 、 医 学 系 、

ー ル ド 科 学 セ ン タ ー が 発 足 し ま し た 。

う と 、 二 〇 〇 三 年 四 月 に 環 境 健 康 フ ィ

ス で す 。 特 色 あ る キ ャ ン パ ス を つ く ろ

ス 天 で  野 、 一 千 番 葉 新 大 し 学 い に の あ が る 柏 四 の つ 葉 の キ キ ャ ャ ン ン パ パ

全 体 と の 関 連 性 を 認 め 合 い な が ら 、 そ

間 の 生 活 を 環 境 の な か に 関 連 づ け て 、

者 を 包 含 す る の が 環 境 で す 。 人 間 と 人

二 つ の 大 き な テ ー マ を も っ て い て 、 両

こ の キ ャ ン パ ス で は 、 食 と 健 康 と い う

学 問 は そ れ を 部 分 ご と に み て き ま し た 。

わ れ る よ う に 地 球 は 複 雑 系 で 、 従 来 の

性 と い っ た 表 現 を し て い ま す 。 よ く い

さ れ ま し た が 、 私 は 、 関 係 性 と か 関 連

テ ム の 研 究 な ど が あ り ま す 。

の 柏 の 葉 診 療 所 、 閉 鎖 系 生 物 生 産 シ ス

ス タ ウ ン ・ プ ロ ジ ェ ク ト 、 漢 方 ・ 鍼 灸

元 し て い き ま す 。 具 体 的 に は 、 ケ ミ レ

ト ー タ ル に 支 え て い く も の を 社 会 に 還

い ま す 。 実 証 を し た 上 で 、 人 間 生 活 を

し て は 、 実 証 と い う 姿 勢 を 強 く 出 し て

で す 。 コ ン ポ ー ネ ン ト の 研 究 の 仕 方 と

た だ け ま す か 。

で の 活 動 を セ ン タ ー 長 か ら 紹 介 し て い

い い ま ま す 、 。 グ ロ ー ナ カ ル と い う 言 葉 が 示 こ う と い う の が こ の キ ャ ン パ ス の 特 色

れ ぞ れ の コ ン ポ ー ネ ン ト を 研 究 し て い


は あ り ま せ ん 。 グ ロ ー バ ル を 見 据 え つ

ら れ て い ま す 。 そ れ ら を 提 示 し て い く

く 、 新 た な 方 法 を 提 示 す る こ と が 求 め

地 域 の 問 題 と 双 方 向 的 に 結 び つ け て い

い に 対 し て 、 地 球 の 問 題 、 国 の 問 題 を 、

私 た ち が 何 を す れ ば い い の か と い う 問

が あ る こ と は わ か っ て い て も 、 実 際 に

が あ り ま す 。 グ ロ ー バ ル に 深 刻 な 問 題

球 温 暖 化 に 象 徴 さ れ る 地 球 全 体 の 問 題

は い ま だ 十 分 に は 見 え て い ま せ ん 。 地

れ ば い い の か と 問 わ れ る と 、 そ の 答 え

て き ま し た が 、 そ れ で 私 た ち は 何 を す

が 千 葉 大 学 の 取 り 組 み で す 。

が 対 等 な 関 係 で 進 め て い こ う と い う の

業 ・ N P O ・ N G O ・ 市 民 と 、 大 学 と

公 民 学 の 連 携 で 、 つ ま り 、 行 政 と 、 産

う な 地 域 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 実 践 を 、

が で き て い く の だ と 思 い ま す 。 そ の よ

グ ロ ー バ ル に も サ ス テ イ ナ ブ ル な 社 会

形 成 を 目 指 し て 積 み 重 ね て い く 先 に 、

地 域 に お い て サ ス テ イ ナ ブ ル な 社 会 の

も の が ロ ー カ ル に も あ る と 思 い ま す 。

ま す 。 こ の 三 つ の シ ス テ ム に 対 応 す る

シ ス テ ム の 相 互 作 用 の 検 討 を 進 め て い

社 会 シ ス テ ム 、 人 間 シ ス テ ム の 三 つ の

リ テ ィ を 目 指 す た め に 、 地 球 シ ス テ ム 、

機 構 で は 、 グ ロ ー バ ル な サ ス テ イ ナ ビ

で す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究

目 標 と し て あ り ま す 。 い わ ゆ る 衣 食 住

カ ル に は 生 活 の 質

地 球 温 暖 化 を 止 め る 目 標 が あ り 、 ロ ー

つ ロ ー カ ル を 考 え る 。 グ ロ ー バ ル に は

の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 研 究 の 一 つ の

し 上 い  野 た だ 全 い 体 た の と 枠 お 組 り み で と す し が て 、 は 千 い 葉 ま 大 お 学 話

と 思 い ま す 。

バ ル と ロ ー カ ル は つ な が っ て い く の だ

で き ま す 。 ナ シ ョ ナ ル を 通 し て グ ロ ー

ル な も の が あ っ て 現 実 を 動 か す こ と が

味 と 国 民 と い う 意 味 も あ り 、 ナ シ ョ ナ

せ ま す 。 ナ シ ョ ナ ル に は 、 国 と い う 意

ど を 定 め て 、 あ る 意 味 で 強 制 力 を も た

た こ と を 実 現 す る た め に 国 で は 法 律 な

定 書 の 取 り 決 め が あ り 、 そ こ で 約 束 し

ば 、 地 球 温 暖 化 で は 国 際 的 に は 京 都 議

き に は ル ー ル が 必 要 に な り ま す 。 例 え

難 で す 。 何 か 行 動 を お こ そ う と す る と

に ロ ー カ ル な 活 動 に も っ て い く の は 困

︵ コ ラ ム 1 ︶

ナ 古 シ  在 ョ ナ グ ル ロ 、 ー ロ ナ ー カ カ ル は ル 、 の グ 合 ロ 成 ー 語 バ で ル す 、

を つ く ら れ て い ま す が ⋮ ⋮ 。

域 ﹂ を う た っ て い て 、 グ ロ ー バ ル は 考

と 上 し  野 て ロ 、 ﹁ ー グ カ ロ ル ー と ナ グ カ ロ ル ー ﹂ バ と ル い の う 結 言 び 葉 方 康 フ ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー で す 。 こ こ

拠 点 が 柏 の 葉 キ ャ ン パ ス に あ る 環 境 健

す ス の 地 。 テ が イ 、 域 ナ 千 サ ビ 葉 ス リ 大 テ テ 学 イ ィ の ナ 学 分 ビ の 担 リ 課 し テ 題 て ィ だ い 学 と る で 思 地 ﹁ い 域 地 ま サ

え な く て い い か と い う と 決 し て そ う で

ま は ド 持 す 、 と 続 。 豊 さ か れ 性 な た が 時 の 大 間 に 事 や 対 だ 豊 し と か て い な 、 う 心 持 こ が 続 と 重 性 は 視 科 わ さ 学 か れ で っ

。 グ ロ ー バ ル な 視 点 を す ぐ

︵ Q O L ︶

の 向 上 が




天 る が  野 と 悪 い く こ う な の 話 っ 環 が て 境 あ も 健 り 、 康 ま 逆 フ す に ィ 。 建 ー 物 ル が ド 長 科 持 学 ち セ す

の  森 場 所 こ で こ あ は る 環 と 境 い 改 い 善 ま 型 し 予 た 防 が 医 、 学 そ の の 実 実 践 づ く り を す る の が ケ ミ レ ス タ ウ ン ・ プ 

力 減 ら し た 環 境 を つ く っ て 新 し い ま ち

問 同 士 が お 互 い に 他 を 尊 重 し 合 い な が

葉 で 表 現 し て い ま す が 、 分 野 が 違 う 学

に お い て も 、 私 は 領 域 横 断 型 と い う 言

そ う い う こ と が い わ れ て い ま す 。 学 問

ス ロ ー フ ー ド と か 、 ス ロ ー ラ イ フ と か 、

時 間 を 過 ご せ る よ う に な る と 思 い ま す 。

こ と で 持 続 性 が 増 し 、 さ ら に 心 豊 か な

歩 引 い て 、 非 効 率 で も 多 様 性 を 認 め る

る と 効 率 が い い わ け で す 。 そ こ か ら 一

ま れ も で す が の 、 。 大 を 持 学 串 続 の 刺 可 役 し 能 割 に な で す 地 は る 域 な 何 づ い か く か が り と 必 に 考 要 は え で 多 て 、 層 い そ な

の よ う に 多 層 で あ る の が コ ミ ュ ニ テ ィ

き る の が コ ミ ュ ニ テ ィ で す 。 本 来 、 そ

そ う い う い ろ い ろ な 人 々 が 集 ま っ て で

も い る し 、 同 時 に 不 健 康 な 人 も い る 。

い ま す 。 健 康 な 人 も い る し 、 病 気 の 人

は 不 健 康 で 、 そ れ は 病 気 と は 違 う と 思

病 気 と と ら え が ち で す が 、 健 康 の 反 対

し た こ と が あ り ま す 。 健 康 の 反 対 語 は

ン タ ー で 、 健 康 の 反 対 は 何 だ ろ か と 話

ま 来 て 〇 時 と は の り ば 環 要 化 物 要 る こ す 世 、 〇 間 を 時 で し 、 境 因 的 理 因 二 の 。 代 一 年 軸 学 間 は た そ 要 が 要 的 で つ 二 の 〇 前 の ぶ 軸 な ら の 因 健 因 要 す の つ 健 〇 か ス こ で い 健 環 に 康 の 因 。 因 の 康 年 ら パ と す か 康 境 よ に 四 、 環 子 因 を 先 い ン で 。 と が 要 っ ど つ 生 境 が 子 考 ま ま を 未 過 考 維 因 て う が 物 要 あ か え で ま 一 来 去 え 持 を 疾 影 あ 的 因 り ら て を で 〇 が か ま さ 変 患 響 り 要 に ま い 視 の 〇 考 ら す れ え が し ま 因 は す 、 化 こ 野 状 年 え い 。 る た お て す 、 、 。 学 う に 況 に ら ろ 第 よ り こ い 。 生 化 一 物 と 入 を し れ い 二 う 削 る る こ 活 学 つ 質 し れ 見 て ま ろ の に 減 の の れ 習 的 は を て た 直 、 す な 因 な し な か ら 慣 要 環 極 い 未 し 一 。 こ 子 る た ら 。 の 文 因 境 、

ェ ク ト が あ り ま す 。 こ の 両 者 で 軸 と な

ウ ン ・ プ ロ ジ ェ ク ト と 予 防 医 学 プ ロ ジ

際 の プ ロ ジ ェ ク ト と し て 、 ケ ミ レ ス タ

す 。 と こ ろ が 、 実 は 、 人 間 が 掃 除 を し

ち る と か 、 つ い 技 術 的 な 方 向 に い き ま

ン ・ プ ロ ジ ェ ク ト か ら 紹 介 し て い た だ

い き た い と 思 い ま す が 、 ケ ミ レ ス タ ウ

究 上 プ  野 ロ ジ で ェ は ク 、 ト 千 の 葉 具 大 体 学 的 で な 進 話 め に て 入 い っ る て 研

を 上 長  野 持 ち 私 さ の せ 専 る 門 に の は 建 ど 築 う の す 世 る 界 か で 、 、 建 建 物 物

ら 、 全 体 と し て 問 題 解 決 の た め に 進 ん

け ま す か 。

た り 手 を 加 え た り し た 方 が 、 多 少 効 率

間 が か か ら な い と か 、 汚 れ が 自 然 に 落

の 持 続 可 能 性 を 考 え ま す と 、 掃 除 に 手

健 康 に よ い 環 境 と は

を 認 め る こ と が す ご く 重 要 で す 。

で い こ う と 。 そ う い う 意 味 で の 多 様 性


で ナ う 健 そ 活 し す 気 り 事  森 こ す ビ に 康 の 習 て 。 を 健 な こ 。 リ す で な 慣 、 健 さ 康 の 人 で テ べ あ か を 遺 康 れ だ か 間 健 ィ き る で 含 伝 に た っ と が 康 学 か た 、 め 的 関 方 た い 生 と の を め 環 た な わ か と う き い な 考 の 境 行 も る ら 、 と て う か え 環 の 動 の 要 必 僕 、 い の で る 境 要 の 、 因 ず ら な く に も の を 因 三 環 で そ 医 く 上 は 大 は 、 に つ 境 大 う 学 し で き 、 今 目 が 、 き 聞 関 て 何 、 個 な サ 後 を あ そ な か 係 み が 人 テ ス ど 向 り し も さ 者 て 一 の ー テ の け ま て の れ は や 番 も マ イ よ て す 生 と ま 病 は 大 、 。

個 人 の レ ベ ル の 予 防 と 、 社 会 全 体 の レ

た の が 予 防 医 学 で す 。 病 気 の 予 防 で は 、

き た の が 二 一 世 紀 で 、 そ こ か ら 生 ま れ

全 体 で 健 康 を 考 え る と い う 流 れ が 出 て

の と 社 会 全 体 の も の が あ り ま す 。 社 会

予 防 よ り も 前 の 段 階 の 〇 次 予 防 に あ た

の が 、 環 境 改 善 型 予 防 医 学 で す 。 一 次

社 会 全 体 で 変 え る 。 こ の よ う に 考 え る

う な 環 境 が 必 要 か を 考 え 、 そ の 環 境 を

の な ら 、 健 康 を 維 持 す る た め に ど の よ

環 境 に よ っ て い ろ い ろ な 疾 患 が お こ る

あ る い は 地 球 環 境 も 含 め て 、 現 在 あ る

境 が 問 題 で あ る 場 合 で す 。 生 活 環 境 、

が 守 れ な い と い う こ と も あ り ま す 。 環

た い み た い な と こ ろ が あ っ て 、 そ う す

み ん な 同 じ で あ り た い 、 そ ろ っ て や り

を お ろ そ か に し て い ま し た 。 日 本 人 は

の 開 発 性 科 学 は 効 率 を 求 め て 、 多 様 性

け れ ど も 、 効 率 は 悪 く な り ま す 。 従 来

多 様 性 を 受 け 入 れ る と 、 安 定 性 は 増 す

る こ と の 良 さ を 理 解 す る の が 大 切 で す 。

人 間 社 会 で も 、 多 様 な 人 間 を 受 け 入 れ

様 性 が 重 要 で あ る と よ く い わ れ ま す が 、

  と こ ろ が 、 個 人 の 努 力 だ け で は 健 康 続 性 科 学 と い う 観 点 か ら み て 、 生 物 多

長 か ら お 願 い し ま す 。

康 と 環 境 に つ い て 、 予 防 医 学 セ ン タ ー

と へ と つ な が っ て い く 気 が し ま す 。 健

に つ い て 考 え る こ と が グ ロ ー バ ル な こ

し ま し ょ う と 。

リ を し た り し て 、 再 発 を し な い よ う に

病 気 が お こ っ て 症 状 が 出 て も 、 リ ハ ビ

状 態 に 戻 し ま し ょ う と 。 三 次 予 防 は 、

く 早 期 に 発 見 し 、 早 期 に 治 療 し 、 い い

し ょ う と 。 二 次 予 防 は 、 病 気 を な る べ

を 増 進 し て 病 気 に な ら な い よ う に し ま

う と い う も の で す 。 一 次 予 防 は 、 健 康

一 次 予 防 、 二 次 予 防 、 三 次 予 防 で 防 ご

の は 、 ま ず 病 気 が 先 に あ っ て 、 そ れ を

の 予 防 で こ れ ま で の 医 学 が や っ て き た

ベ ル の 予 防 が あ り ま す 。 個 人 の レ ベ ル

普 通 だ っ た り も し ま す 。 自 然 環 境 を 持

者 で あ れ ば 病 気 を 持 っ て い る 人 の 方 が

と し て 自 然 で は な い で し ょ う か 。 高 齢

気 の 人 や 障 害 が あ る 人 も い る の が 社 会

く あ り ま せ ん か 。 健 康 な 人 も い て 、 病

な 古 人  在 ば か 変 り な の 話 社 を 会 し が ま あ す っ と た 、 ら も 気 し 持 も ち 健 悪 康

よ う と 試 み て い ま す 。

健 康 フ ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー で 実 証 し

実 に ど う い う も の で あ る の か を 、 環 境

本 で は い ろ い ろ い わ れ て い ま す が 、 現

り ま す 。 環 境 改 善 型 予 防 医 学 は 論 文 や 


図 1 ケミレスタウン.全景と ケミレスタウン実証実験棟 4.

コラム 2

環境ユニバーサルデザイン 「ユニバーサルデザイン」とは,身体 の不自由な人にも健常な人にも使いや すいデザインのものづくりや施設づく りをすること.全人口に占める割合は ごく少なくても,身体の不自由な人に 合わせた施設やモノは,健常者にとっ ても使いやすいものであることから, デザインの段階から誰でも快適に使え るものをつくろう,と考える.「環境 ユニバーサルデザイン」とは,化学物 質暴露から影響を受けやすい体質の人 や,子供,さらに胎児を基準に環境づ くりをすること.もっとも健康影響を 受けやすい集団を基準にして街をデザ インすることで,シックハウス症候群 など環境中の化学物質によって発症す る病気の予防も可能になります. (戸髙恵美子)



エ ネ ル ギ ー 換 算 で 四 〇 % を 切 り 、 ま た 、

あ 古 り  在 ま す 食 。 料 日 問 本 題 の に 場 は 合 、 は 質 食 と 料 量 自 の 給 二 率 つ が が

い と い う 人 も い ま す 。 多 様 性 を 認 め る

と を 信 奉 し て そ れ 以 外 の 意 見 を 認 め な

し ら い え る と こ ろ が あ る の で 、 あ る こ

介 し ま す 。

的 に は 、 こ の 特 集 号 の 別 の と こ ろ で 紹

で き る か ど う か と い う こ と で す 。 具 体

ト も 含 め て お 話 し い た だ け ま す か 。   食 料 の 問 題 は 、 自 分 の 経 験 か ら 何 か と か 肥 料 の 残 な ど を 出 さ な い 農 業 が

閉 鎖 型 食 物 生 産 シ ス テ ム の プ ロ ジ ェ ク

マ で あ る 食 と 地 域 環 境 の 問 題 に つ い て 、

リ 上 テ  野 ィ 学 次 研 に 究 、 の 千 も 葉 う 大 一 学 つ の の サ メ ス イ テ ン イ テ ナ ー ビ

確食 保の す量 ると 安 全 を

も し れ な い 緊 急 で 深 刻 な 問 題 で す 。

あ る い は そ れ よ り も 先 に 重 大 に な る か

わ り ま す と 、 地 球 温 暖 化 問 題 と 同 等 か 、

す 。 そ こ に 安 全 性 と い う 質 の 問 題 も 加

い ま す か ら 、 量 は 相 当 に 重 大 な 問 題 で

地 球 全 体 で 食 料 が 足 り な く な っ て き て

で 、 基 本 的 に は 、 そ の 空 間 か ら 、 農 薬

産 シ ス テ ム と い う の は そ の う ち の 一 つ

が あ る の だ と 思 い ま す 。 閉 鎖 型 植 物 生

づ く に は 、 ロ ー カ ル に い ろ い ろ な 方 法

と 質 を 確 保 す る と い う 両 者 の 目 標 に 近

こ と が こ こ で も 大 事 だ と 思 い ま す 。 量


Sickness

環 境 を つ く っ て 実 証 的 に や っ て み ま し

で あ る の な ら 、 そ う い う も の が 出 な い

ど う し た ら い い の か 。 原 因 が 化 学 物 質

し て い ま す 。

会 に 還 元 し て い く こ と を 大 き な 目 標 と

ど う し て い っ た ら い い の か 研 究 し 、 社

患 を ﹂ 、 医 者 が み て で 診 す 断 。 す 三 る 番 レ 目 ベ は ル 社 で 会 、 ﹁ が 疾

は 本 語 で は で こ れ す を 。 ﹁ 二 病 番 ﹂ 目 と は い 、 い そ 、 の 英 状 語 況 で

気 が あ る と 人 が 感 じ る レ ベ ル で す 。 日

三 つ の レ ベ ル が あ り ま す 。 第 一 は 、 病

で し た 。 病 気 の と ら え 方 に 、 医 学 で は

も が 何 か お か し い と 気 づ い た の が 最 初

て い た 住 民 が 、 何 か 変 だ 、 う ち の 子 ど

て き た の で す 。 水 俣 病 で は 、 魚 を 食 べ

で き た と こ ろ で 、 深 刻 な 健 康 被 害 が 出

が 生 じ ま し た 。 開 発 型 で ど ん ど ん 進 ん

質 で は 、 過 去 に 公 害 と い う 大 き な 問 題

し 説 明 し ま す 。 環 境 要 因 、 特 に 化 学 物

め ら れ て い ま せ ん 。

め ら れ て い ま せ ん 。 社 会 で は も っ と 認

し た が 、 医 療 と し て は ま だ き ち ん と 認

ー ル と い う 疾 患 名 が 付 く よ う に な り ま

数 年 前 か ら シ ッ ク ハ ウ ス 、 シ ッ ク ス ク

か な か 疾 患 と は と ら え ま せ ん で し た 。

の で は な い か と 疑 わ れ も し 、 医 者 も な

わ か ら な く て 、 そ の 人 た ち が お か し い

感 じ て い ま す 。 し か し 、 多 く の 人 に は

た と か 、 一 部 の 人 た ち は 明 ら か に 病 を

く 建 て た 家 に 入 っ た ら 調 子 が 悪 く な っ

に 入 っ た ら 具 合 が 悪 く な る と か 、 新 し

ー ル の 問 題 が あ り ま す 。 ど こ か の 部 屋

こ の よ う な ﹁ 病 ﹂ を 未 然 に 防 ぐ に は 〇 〇 年 先 の 未 来 世 代 の こ と も 考 え て 、

方 に 関 係 し て 、 健 康 に 良 い 環 境 を 、 一

ン タ ー で は 、 体 の 健 康 、 心 の 健 康 の 両

で は 、 心 の 病 も あ り ま す 。 予 防 医 学 セ

わ か り に く く ズ レ が あ る 典 型 的 な も の

感  森 じ る 患 も 者 の さ 、 ん 社 が 会 感 が じ 感 る じ も る の も と の 、 と 医 で 者 、 が

影 響 を 及 ぼ し て い る と い う こ と で す ね 。

い 上 間  野 に 変 化 わ 学 っ 物 て 質 し に ま よ い っ 、 て 人 環 間 境 の が 健 知 康 ら に な

︵ コ ラ ム 2 ︶

会 に 発 信 し 。 て い き た い と 考 え て い ま す

ル デ ザ イ ン と い う も の を 将 来 的 に は 社

も 弱 者 を 中 心 に 考 え た 環 境 ユ ニ バ ー サ

Illness

に な る 段 階 で す 。 こ の 三 つ

そ れ を 認 め て 、 い わ ゆ る ﹁ ��� 気 ﹂ 、

Disease

は 社 会 に お い て か な り 乖 離 し て い て 、

  こ う し た 研 究 が 必 要 で あ る 理 由 を 少

ク ト で す 。

つ く ろ う と す る の が 予 防 医 学 プ ロ ジ ェ

た め の サ ス テ イ ナ ブ ル 環 境 健 康 科 学 を

ロ ジ ェ ク ト で 、 未 来 世 代 の 健 康 を 守 る

い 会 疾 水 現 ま が 患 俣 在 す 認 で 病 、 。 め あ で シ る る は ッ ま と 、 ク で い 医 ハ に っ 者 ウ 一 て が ス 〇 か 何 と 年 ら か か 近 、 の シ く 最 中 ッ か 終 毒 ク か 的 に ス っ に よ ク て 社 る ザ イ ン を 考 え る よ う に 、 環 境 に 関 し て

ィ が あ る 人 に も 合 っ た ユ ニ バ ー サ ル デ

は 化 学 物 質 に 限 っ て い ま す が 、 ハ ン デ

ジ ェ ク ト で す ︵ 図 1 ︶

。 い ま の 段 階 で

ょ う と い う の が ケ ミ レ ス タ ウ ン ・ プ ロ




コラム 3

モード 2 の科学 モード 2 の科学とは,社会に開放 された科学研究,すなわち,市民, 産業界,政府の専門家などが対等な 立場で参加して,地球温暖化,広域 感染症,飢餓・貧困・戦争,少子高 齢化などの社会的,公共的または産 業的な複合的問題を領域横断的・領 域統合的,超学的に解決する,新 しい知識生産方法・科学方法論の ことです.マイケル・ギボンズら (1997)に よ り,そ の 呼 び 名 が 提 唱されました.モード 2 による持 続性科学技術の進展には,グローナ カルな視点および市民科学的視点が 必 須 と な り ま す.な お,モ ー ド 2 の科学に対して,モード 1 の科学と は,ディシプリン(個別学問分野) の内的論理で研究の方向や進め方を 決める従来の知識生産の方法論を意 味します. (古在豊樹)

国 際 性 豊 か な キ ャ ン パ ス に し て い く こ

な コ ン セ プ ト に 基 づ い て 、 ま ち 全 体 を



す る 環 境 健 康 都 市 を つ く る と い う 大 き

れ て い ま す ︵ コ ラ ム 6 ︶

。 自 然 と 共 生

国 際 キ ャ ン パ ス タ ウ ン 構 想 ﹂ が 進 め ら

︵ コ ラ ム 3 ︶

な い 科 学 で す 。 で き た 結 果 が 市 民 に 返

加 の 科 学 で 、 市 民 が 参 加 し な い と で き

量 を 減 ら そ う と い う カ ー ボ ン ・ オ フ セ

業 古 界  在 も 入 そ り こ ま に す は ね 市 。 民 二 が 酸 入 化 り 炭 、 素 行 の 政 排 も 出 産

。 地 域 を つ く る と は 市 民 参

2 古 ﹂  在 の 科 本 学 キ は ャ す ン ご パ い ス と 実 に 感 き し て て ﹁ い モ ま ー す ド

思 い ま す 。

学 問 を 横 に 通 す こ と が 非 常 に 大 事 だ と

摘 さ れ ま す が 、 地 域 を つ く る こ と で も 、

い ま す 。 学 問 の 縦 割 り の 弊 害 が よ く 指

れ な い か と い う こ と が 始 ま っ て い ま す 。

で デ ー タ を 集 め 、 地 域 の 微 気 象 を 分 析

も ら い 、 そ れ を イ ン タ ー ネ ッ ト で 結 ん

レ ベ ル で 小 さ な 気 象 観 測 装 置 を 置 い て

す 上 っ ね  野 て い ︵ コ 市 き ラ 民 ま ム 気 す 4 象 。 ︶ 。 台 柏 の 市 試 み の は 市 そ 民 の に 一 個 例 人 で

し て 、 農 業 や 予 防 医 学 に も 結 び 付 け ら

さ れ る プ ロ ジ ェ ク ト と し て 重 要 だ と 思

く の か の 問 題 で あ る こ と が 、 こ こ で な

東 上 ま わ い 地 も 天 よ ス 人 ポ こ 要 う 市 ッ 京  野 す っ な が と  野 う テ が ン と な と 民 ト 大 な イ 入 ス で の い と ・ 。 て が あ は 学 こ い ら り 農 柏 中 ナ っ が す は う と キ く 、 ま 地 の か ビ て 出 。 、 も も ャ 、 の 千 地 の 地 す で 葉 ら リ き て そ 市 の に ン 葉 区 か 域 。 し キ 生 テ て き う 民 で 排 パ 大 で が づ 地 た ャ ま ィ 、 ま す に す 出 ス 学 は 問 く 域 。 ン れ 学 前 す る 情 。 量 構 が 、 わ り の 周 パ て の 進 し こ 報 こ を 想 共 千 れ に 多 辺 ス き 方 し 、 と を う 少 ︵ 同 葉 て ど 様 に が つ 法 ま 新 で 発 し な コ で 県 い う 性 は あ つ 論 す た 多 信 た く ラ ﹁ 、 る 大 を い る あ が 。 に 様 し 試 し ム 柏 柏 と 学 認 ま 地 り 、 地 多 な て み て 5 の 市 思 が め も 域 ま そ 域 様 レ い で い ︶ 葉 、 い 加 合 農 は す の サ な ス く 重 こ も 、 。 、


い く に は 、 エ ネ ル ギ ー や 資 源 の 投 入 が

世 界 の 食 生 産 を サ ス テ イ ナ ブ ル に し て

増 天 産  野 す る 昔 こ は と 何 が か 考 単 え 一 ら 的 れ な て 方 い 法 ま で し 食 た 料 が を 、

そ こ で 育 て ら れ て い く と い う こ と は 、

て い ま す 。 地 域 で と れ た も の を 食 べ 、

ど こ か ら き た か わ か ら な い も の を 食 べ

な い も の が あ り ま す 。 い ま 多 く の 人 は

か ら 生 ま れ る 安 心 感 は ほ か で は 得 ら れ

の は 、 昔 は 普 通 に あ っ た こ と で 、 そ こ

が 、 見 え る 範 囲 で と れ た も の を 食 べ る

す 。 地 産 地 消 と 一 般 に い わ れ て い ま す

が 食 べ る も の と し て 選 ん で い る わ け で

て い る プ ロ セ ス を 全 部 見 た 上 で 、 自 分

買 い に こ ら れ る 方 は 、 こ こ で つ く ら れ

と 市 民 の 方 が 列 を つ く り ま す

勢 の 人 が 関 わ る 地 域 を ど う つ く っ て い

う 家 を 建 て る の か の 問 題 で は な く 、 大

の で は あ り ま せ ん か 。 あ る 人 が ど う い

い て 、 本 セ ン タ ー が や ら な く て も い い

し ょ う か 。 か な り ニ ュ ア ン ス が 違 っ て

ハ ウ ス プ ロ ジ ェ ク ト だ っ た ら 、 ど う で

ウ 天 ン  野 ・ プ 例 ロ え ジ ば ェ の ク 話 ト で が す も が し 、 も ケ ケ ミ ミ レ レ ス ス タ

そ の あ た り は い か が で し ょ う か 。

み え て き た こ と も あ る か と 思 い ま す 。

ら 二 年 が た ち 、 研 究 の 方 向 性 で 新 た に

図 2 環境健康フィールド科学センターにおける作物の販売.

ー 天 で  野 は 、 環 こ 境 こ 健 の 康 農 フ 場 ィ で ー そ ル の ド 日 科 の 学 朝 セ に ン と タ

︵ 図 2 ︶

す 。 そ れ を 求 め て 、 一 二 時 ご ろ に な る

れ た 作 物 を 午 後 一 時 か ら 販 売 し て い ま

生 産 を 両 輪 と し た わ け で す が 、 そ れ か

ス タ ウ ン ・ プ ロ ジ ェ ク ト と 閉 鎖 系 植 物

機 上 構  野 の 協 サ 力 ス 機 テ 関 イ と ナ な ビ る リ と テ き ィ に 学 、 連 ケ 携 ミ 研 レ 究

地 域 づ く り を 目 指 す 科 学

こ 古 と  在 が 、 そ す う ご い く う 重 方 要 法 だ 論 と を 思 開 い 発 ま し す て 。 い く

考 え た い で す ね 。

う な 、 そ れ ぞ れ の 場 所 に 合 っ た 農 法 を

耕 に は 不 利 な 土 地 に も も っ て い け る よ

非 常 に 少 な く て す み 、 砂 漠 の よ う に 農

テ イ ナ ブ ル な 生 活 は で き な い で し ょ う 。

シ ン プ ル な 部 分 を 大 切 に し な い と サ ス

が し ま す 。 そ う い う 地 産 地 消 の よ う な

健 康 と 食 の 基 本 は こ こ に あ る よ う な 気

非 常 に 贅 沢 な こ と に さ え な っ て い ま す 。




コラム 5

カーボン・オフセット・キャンパス カーボン・オフセットとは,日常生活や経済活動で 排出される CO2(カーボン)等の地球温暖化ガス の量を,可能な限り削減し,それでも排出される量 を見積り,その量に見合った削減活動に投資するこ

と で し ょ う か 。

関 係 性 / 関 連 性 を 再 構 築 す る と い う こ

る と 思 い ま す 。 先 ほ ど の 話 に あ っ た 、

紀 型 の 共 同 体 を つ く っ て い く 必 要 が あ

す 。 個 人 と 自 然 を 結 ぶ 、 新 た な 二 一 世

の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 脅 か し て い ま

て い ま す 。 こ の ご ろ 気 に な っ て い る の

に も 関 係 し て い る の で は な い か と 感 じ

く な り ま し た 。 そ の あ た り が 心 の 問 題

人 間 の 生 活 の な か に 自 然 が 入 っ て こ な

の 手 で 食 べ 物 を つ く ら な く な っ て か ら 、

あ 古 り  在 、 田 従 畑 来 が は あ 、 り 生 ま 活 し の た ま 。 わ 最 り 近 に 、 自 自 然 分 が

く て 、 自 然 と の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 能

は 一 番 足 り な い の は 、 人 間 と の で は な

そ れ は そ れ で と て も い い の で す が 、 実

ュ ラ ム が た く さ ん で き て い る こ と で す 。

そ の 能 力 を 高 め ま し ょ う と い う カ リ キ

ニ ケ ー シ ョ ン 能 力 が 不 足 し て い る か ら 、

となどで,地球温暖化ガスの排出を埋め合わせる (オフセットする)ことです.カーボン・オフセッ ト・キャンパスとは,地球温暖化ガスの排出を最小 化し,キャンパス内での植物光合成による CO2 吸 収量を最大化することでカーボン・オフセットを目 指し,それでも埋め合わせられない排出量に見合っ た金額を削減活動に投資するキャンパスを意味し, 千葉大学の柏の葉キャンパスで取り組みが行われて います. (古在豊樹)

コラム 6

柏の葉国際キャンパスタウン構想 千葉県・柏市・東京大学・千葉大学が 2006 年度 から共同研究で策定したつくばエクスプレス柏の葉 キャンパス駅周辺地域の将来構想.「環境・健康・ 造・交流の街」の基本コンセプトに基づく公民学 連携のまちづくりに取り組むため,①環境と共生す る田園都市づくり,② 造的な産業空間と文化空間 の醸成,③国際的な学術空間と教育空間の形成,④ サステイナブルな移動交通システム,⑤キャンパス リンクによる柏の葉スタイルの 出,⑥エリアマネ ジメントの実施,⑦質の高い都市空間のデザイン, ⑧イノベーション・フィールド都市,の 8 つの目 標を定めています.構想策定にあたっては UDCK (コラム 7 参照)が大きな役割を果たしています. 構想の概要は下記 URL からダウンロードすること ができます. (上野 武) http://www.pref.chiba.lg.jp/syozoku/b_soukei/kikakuchousa/campustown/index.html



と の 関 わ り も 希 薄 に な り 、 そ れ が 地 域

は 、 千 葉 大 学 で も そ う で す が 、 コ ミ ュ


で す 。 大 学 の も つ 知 識 や 多 様 な 技 術 と 、

レ 天 で い 市 プ て 古 仕 と ッ  野 す ま 民 ラ く  在 組 を ジ み 、 。 す は ス る リ そ 。 大 に 市 市 づ 市 そ 学 な 民 民 く 民 ン こ れ や る の 気 り も ク で を 行 も 意 象 が 一 型 考 生 政 の 見 台 な 緒 の え か と が に や さ に コ ら せ 対 た は そ れ な ミ れ る 等 く 、 の て っ ュ て か な さ 大 よ い て ニ い ど 力 ん 学 う ま 考 テ る う を あ に な す え ィ の か も り と 場 。 て づ が く 、 な っ ま っ で い く り カ の て す て 出 。

上 て 学  野 い と ま 関 二 す わ 一 。 っ 世 て 紀 い C た O だ E け プ た ロ ら グ い ラ い ム と と 思 し っ

あ っ た 共 同 体 が 崩 壊 し て 、 人 間 と 自 然

と い わ れ て い ま す 。 自 然 と 人 間 の 間 に

り 、 福 祉 が 必 要 と さ れ る よ う に な っ た

ら れ た と 受 け 止 め て 、 市 民 の 方 に は 大

新 た な 価 値 観 を 育 て て い く 機 会 が 与 え

と い う よ り も 、 こ の 地 域 に 住 む こ と で 、

だ か ら 大 学 と 関 係 を も つ よ う に な っ た

の 考 え で す 。 た ま た ま こ の 地 域 に 住 ん

を つ く っ て い く の が カ レ ッ ジ リ ン ク 型

が 、 互 い に 関 連 性 を も っ て 新 し い 価 値

地 域 の コ ミ ュ ニ テ ィ が も つ 知 恵 や 経 験

し 、 そ の 結 果 と し て 、 社 会 問 題 が 起 こ

る に つ れ て 、 共 同 体 か ら 個 人 が 飛 び 出

い た の が 、 技 術 が 発 展 し て 効 率 を 考 え

人 ・ 共 同 体 ・ 自 然 が ほ ぼ 一 体 に な っ て

典 教 授 が 、 原 始 共 同 体 社 会 で は 、 個

ジ ェ ク ト の 拠 点 リ ー ダ ー で あ る 広 井 良

福 祉 社 会 に 向 け た 公 共 研 究 拠 点 ﹂ プ ロ

て 千 葉 大 学 で 進 め て い る ﹁ 持 続 可 能 な

コラム 4

市民気象台 現在,千葉大学環境健康フィールド 科学センター,かしわ環境ステーシ ョンならびに㈱ウェザーニューズの 協力によって,柏市およびその近隣 の気象(気温,気圧,湿度,風向, 風速および雨量)を点ではなく面で とらえようとしています.その際, 柏市民の方々に簡易気象観測装置 (図 3)を配布・設置して,市民の 方々に気象台の役割を担っていただ くという新しい試みを行っています. 現在は,気象観測装置を設置してい ただける市民の方々を募集している 段階です.他方で,市民の皆さんが 閲覧できるよう,データを公開する ホームページを作成しています.こ の取り組みが,詳細な局地気象デー タの取得やそれにもとづく自助・共 助・減災へと発展していくことを期 待しています. (大山克己・野田勝二)

図 3 柏市民の希 望者に配布予定の 簡易気象装置.




け で な く 、 中 国 や バ ン グ ラ デ シ ュ か ら

と い う 大 学 は か な り あ り 、 日 本 国 内 だ

か ﹃ 女 性 の 品 格 ﹄ と か 本 が た く さ ん 出

よ く 使 う の で す が 、 ﹃ 国 家 の 品 格 ﹄ と

そ 上 れ  野 も 含 い め ま て 教 こ 育 れ の か こ ら と の が 課 出 題 ま と し い た う が と 、 

ま し た 。 環 境 I S O の 認 定 を 取 り た い   こ の ご ろ 私 は ﹁ 品 格 ﹂ と い う 言 葉 を

地 域 の 力 を 引 き 出 す

取 得 し 、 そ の ノ ウ ハ ウ を 蓄 積 さ せ て き

パ 古 ス  在 す べ 千 て 葉 で 大 環 学 境 は I 主 S 要 O な 1 四 4 つ 0 の 0 キ 1 ャ を ン

話 を 始 め て い る と こ ろ で す 。

ケ ミ レ ス タ ウ ン を 海 外 で も つ く ろ う と 、

を 見 せ る も の が な い と い け ま せ ん か ら 、

考 え て い ま す 。 そ こ で も や は り 実 践 例

を つ く っ て 、 世 界 に 広 げ て い く こ と を

せ ん か ら 、 台 湾 や 韓 国 に も 研 究 の 拠 点

ル  森 な 課 日 題 本 へ だ の け 発 で 展 や 性 っ は て そ い れ て ほ も ど グ あ ロ り ー ま バ

世 界 に 発 信 し て い け れ ば 最 高 で し ょ う 。

つ の モ デ ル 、 方 法 論 を こ こ で ��� く っ て 、

あ る と 思 い ま す 。 そ う い う 意 味 で 、 一

先 ん じ た 対 処 を し て い る と い う こ と は

こ 古 と  在 が 、 日 ア 本 ジ の ア 柏 で の の 葉 こ 地 れ 区 か で ら や の っ 問 て 題 い に る

れ て 議 論 し て い た だ け れ ば と 思 い ま す 。

話 を し て き ま し た が 、 海 外 も 視 野 に 入

思 い ま す 。

近 な と こ ろ 、 つ ま り 食 と 健 康 に あ る と

イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 教 育 の 基 本 も ご く 身

な い と わ か っ て き た よ う で す 。 サ ス テ

い な か っ た ら 、 英 語 で 発 信 す る も の が

の ご ろ は 、 も と も と の 母 国 語 が で き て

い 天 い  野 み た 大 い 学 な の 風 教 潮 育 が で あ 、 り 英 ま 語 し が た で が き 、 れ こ ば

と 思 い ま す 。

と な っ て 、 ア ジ ア に も 発 信 し て い け る

も つ く れ れ ば 、 こ れ も 相 当 の 知 的 財 産

ウ ハ ウ が 生 み 出 さ れ 、 教 育 プ ロ グ ラ ム

思 い ま す 。 市 民 参 加 型 の 研 究 で も 、 ノ

っ て い た だ く と い う 展 開 は あ り 得 る と

の 国 に 帰 っ て そ の 国 の 問 題 解 決 に 関 わ

ん で 、 研 修 を 受 け て も ら い 、 そ れ ぞ れ

を つ く っ て 、 東 南 ア ジ ア の 人 た ち を 呼

修 士 や 博 士 課 程 向 け の 教 育 プ ロ グ ラ ム

も 千 葉 大 学 に 問 い 合 わ せ が き て い ま す 。

う こ と を 意 識 す べ き で す 。

は な い か と 思 い ま す 。 大 学 人 は そ う い

カ リ キ ュ ラ ム を 立 て て い く の が 大 切 で

み 出 す の だ と い う 考 え を 採 り 入 れ て 、

と き に は 、 習 慣 が 将 来 の よ い 品 格 を 生

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 を 身 に つ け さ せ る

も の に サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 が な っ て

て 五 〇 年 、 一 〇 〇 年 先 ま で 続 け ら れ る

も 通 じ 、 ま た 目 先 の こ と だ け で は な く

日 本 だ け で は な く て ア ジ ア に も 世 界 に

い て あ り ま す 。 こ れ は 貴 重 な 言 葉 で す 。

す と 、 良 い 習 慣 が 品 格 を も た ら す と 書

原 正 彦 さ ん の ﹃ 国 家 の 品 格 ﹄ を 読 み ま

品 格 が な い と 普 遍 性 が あ り ま せ ん 。 藤

コ ミ ュ ニ テ ィ に 大 切 な も の は 品 格 で す 。

す が 、 大 学 が 軸 に な っ て つ く っ て い く

て い て は や り 言 葉 の よ う に な っ て い ま

い く に は 、 品 格 が 必 要 で す 。 学 生 に サ


﹁ 最 近 の 変 化 は 腹 立 た し い 。 そ こ ら じ

の あ た り に 住 ん で い る 人 が 発 言 し て 、

か で す 。 極 端 に 走 る と 非 常 に ぎ く し ゃ

ま 古 な  在 条 件 そ を れ い も か や に は う り ま 多 く 様 ま 性 と で め 、 て さ い ま く ざ

考 え ら れ ま す 。 こ こ ま で 身 近 な 地 域 の

こ と に つ な が っ て い く の で は な い か と

た 古 シ  在 ン ポ こ ジ の ウ 前 ム の で 柏 、 の 何 葉 十 地 年 区 も で 前 開 か 催 ら さ こ れ

と が グ ロ ー バ ル な 持 続 可 能 性 を 高 め る

何 か 矛 盾 の よ う な も の を 感 じ ま す 。

っ て し ま う 現 実 は ど う な の で し ょ う か 。

に い っ て 、 私 は 自 然 が 大 好 き で す と 思

せ い ぜ い 月 に 一 回 、 そ の よ う な と こ ろ

っ ぱ り 自 然 は い い ﹂ と い う 。 だ け ど 、

た く さ ん の 人 が で か け て い ま す 。 ﹁ や

し か な か っ た の が 、 筑 波 山 が 増 え て 、

い け る と こ ろ と し て こ れ ま で は 高 尾 山

方 で 満 杯 で す 。 東 京 の 人 に は 、 気 軽 に

に 天 乗  野 り ま 休 す 日 と の 、 朝 筑 に 波 つ 山 く に ば い エ く ク 中 ス 高 プ 年 レ の ス

生 活 者 の ﹁ 農 的 生 活 ﹂ で す 。

が 、 私 が イ メ ー ジ す る こ れ か ら の 都 市

自 然 と の 触 れ あ い を 取 り 入 れ て い く の

ー シ ョ ン が で き る よ う に 、 生 活 の 中 に

シ ョ ン に 加 え て 、 自 然 と の コ ミ ュ ニ ケ

で し ょ う か 。 人 間 同 士 の コ ミ ュ ニ ケ ー

力 、 特 に 自 然 の 声 を 聴 く 能 力 で は な い

会 制 度 の 面 も 考 え て い き ま せ ん と 。

縛 り が あ っ て 容 易 で は あ り ま せ ん 。 社

わ せ て く だ さ い と い っ て も 、 農 地 法 の

く き た 人 た ち が 、 あ い て い る 農 地 を 使

ど で 、 遊 休 農 地 が 増 え て い ま す 。 新 し

た 上 地  野 域 で こ は れ 、 ま 後 で 継 農 者 業 不 が 足 お や こ 生 な 産 わ 調 れ 整 て な き

思 っ て い ま す 。

を 生 み 出 し て い け る 場 所 で は な い か と

観 点 か ら も 、 こ の 周 辺 は 一 つ の モ デ ル

住 宅 街 で ﹁ 農 的 生 活 ﹂ を 楽 し む と い う

ま す が 、 昔 の 共 同 社 会 に 戻 れ と い っ て

る で は な い か ﹂ と 。 そ の 通 り で は あ り

た た ち 新 住 民 は 実 は 環 境 を 破 壊 し て い

と 、 の ほ ほ ん と し て い る け れ ど 、 あ な

自 然 が ま わ り に あ っ て こ こ は い い な ど

高 い 建 物 を 建 て て 、 そ こ に 住 む 人 が 、

ゅ う を ブ ル ド ー ザ ー で ひ っ く り 返 し 、

こ っ て く る 問 題 で 、 こ れ を 解 決 す る こ

て き て い ま す が 、 ア ジ ア で は 次 々 に お

柏 の 葉 の よ う な 例 は む し ろ 少 な く な っ

日 本 で は 成 長 が 少 し 緩 や か に な っ て 、

か ら の 田 園 を ど う 共 生 さ せ て い く の か 。

そ の よ う な 開 発 型 の 新 し い ま ち と 古 く

口 が 増 え て 新 し い ま ち が で き て 、 そ の

い な く こ れ か ら 直 面 す る 課 題 で す 。 人

り 上 で  野 な く そ 、 れ ア は ジ 日 ア 本 の 的 他 な の 課 地 題 域 で で あ も る 間 ば 違 か

さ る よ う に 願 っ て い ま す 。

社 会 制 度 に 関 し て 柔 軟 な 対 応 を し て 下

す 。 行 政 ・ 政 治 が 、 将 来 を 見 つ め て 、

い う 、 き わ め て 現 代 の 日 本 的 な 課 題 で

く し ま す 。 ど う 折 り 合 い を つ け る か と

周 囲 に は ま だ 田 園 風 景 が 広 が っ て い る 、

も そ れ は で き る こ と で は あ り ま せ ん 。

解ア 決ジ すア るの た課 め題 にを




し ま っ て そ の 先 が な い の だ っ た ら 、 こ

目 標 が 掲 げ ら れ て も 、 数 年 で 終 わ っ て

I R 3 S の よ う な 組 織 が で き て 大 き な

取 れ な か っ た ら 生 き 残 れ ま せ ん か ら 。

仕 組 み が な い と 続 き ま せ ん 。 研 究 費 が

究 者 と し て プ ロ モ ー シ ョ ン し て い け る

け る の が 実 際 に は 難 し い で す 。 要 は 研

り ま し ょ う と 思 っ て も 、 長 く 頑 張 り 続

し 評 価 も さ れ に く い の で 、 一 所 懸 命 や

と い っ て も ゴ ー ル が 非 常 に 見 え に く い

て の 若 手 で す と 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

た ち が 多 い で し ょ う 。 研 究 者 に な り た

ゃ ん と し た ポ ジ シ ョ ン に つ い て い る 人

て い る の は 、 す で に ひ と 仕 事 し て 、 ち

し  森 い 分 サ 野 ス の テ 開 イ 拓 ナ が ビ 必 リ 要 テ だ ィ と が 熱 大 心 切 に で 訴 、 え 新

実 績 と し て 示 し て い く 必 要 が あ り ま す 。

私 た ち は 、 モ ー ド 2 の 科 学 の 有 用 性 を

い う 問 題 が あ り ま す 。 こ れ に 対 し て 、

分 野 か ら の 声 に ど う 対 抗 で き る の か と

な い と 駄 目 だ よ ﹂ と い う 、 確 立 さ れ た

き 場 が な い よ 。 こ れ を 身 に 付 け て お か

現 象 が 結 構 あ る の で す 。 新 し い 分 野 を

し て も 行 き 先 が あ り ま せ ん 。 そ う い う

学 生 た ち が い ざ 卒 業 し て 就 職 し よ う と

教 育 カ リ キ ュ ラ ム を つ く っ た の で は 、

く る こ と だ と 思 い ま す 。 そ れ が な く て

こ う い う 職 種 に な れ ま す と い う の を つ

こ 天 う  野 い う 私 カ た リ ち キ 大 ュ 学 ラ 人 ム と を し 卒 て 業 の し 目 た 標 人 は は 、

か と い う こ と を セ ッ ト で 考 え た い 。

の 積 み 上 げ を ど う や っ て つ く っ て い く

し て 発 展 す る で し ょ う 。 そ う い う 先 へ

ば 、 そ れ が 一 つ の 研 究 や 仕 事 の 分 野 と

ン パ ス で も 、 会 社 で も や る よ う に な れ

得 た 方 法 論 を 発 信 し 、 そ れ が 他 の キ ャ

っ た の で は 何 に も な り ま せ ん 。 こ こ で

を 半 分 に で き た と し て も 、 そ れ で 終 わ

パ ス を 実 施 し て 、 二 酸 化 炭 素 の 排 出 量

ま す 。 カ ー ボ ン ・ オ フ セ ッ ト ・ キ ャ ン

に 古 提  在 示 す さ る き こ ほ と ど が い 大 っ 切 た だ 方 と 法 、 論 私 を は 具 思 体 い 的

一 歩 先 を 見 据 え た 何 か が な い と ⋮ ⋮ 。

こ に 入 っ て き た 若 手 に は 厳 し い で す 。

ま う 。 と こ ろ が 、 新 し い 発 想 も 何 も な

卒 業 す る と 大 体 フ リ ー タ ー に な っ て し

人 か い る 。 み て い る と 、 そ の 人 た ち は 、

想 力 ・ 企 画 力 ・ 統 率 力 が 抜 群 の 人 が 何

ト で 使 っ て い て 、 学 生 の な か に は 、 発

葉 大 学 の 学 生 を 一 五 〇 人 ほ ど ア ル バ イ

を 古 聞  在 い た こ と の こ 前 ろ 、 で 二 は 〇 、 代 そ の の 社 会 長 社 さ で ん は の 千 話

て い っ た ら い い の か 。

か い ま せ ん 。 ど の よ う に 人 材 育 成 を し

い と だ め で す 。 そ の よ う な 人 は な か な

た 上 で 、 全 体 も み ら れ る よ う な 人 で な

で は な く て 、 あ る 分 野 は 深 く 掘 り 下 げ

っ て い れ ば い い か と い う と 、 実 は そ う

そ う い う 役 目 を 担 う 人 は 、 広 く 浅 く 知

う 人 が い な い と 、 実 際 に は 動 き ま せ ん 。

る 人 、 フ ァ シ リ テ ー タ ー 的 な 役 割 を 担

っ 上 て  野 い ま ま す ち が づ 、 く 誰 り か で コ 公 ー 民 デ 学 ィ 連 ネ 携 ー を ト う す た

な い と 、 優 秀 な 人 た ち が 研 究 者 と し て

つ く る と き に は 、 そ こ ま で 考 え て お か



入 っ て き ま せ ん 。


重 要 で す 。 社 会 に 発 信 す る と き の 第 一

文 に す る だ け で は な く 、 発 表 の 仕 方 が

研 究 に 関 し て は 、 成 果 を 出 し て 単 に 論

つ が 人 材 育 成 、 一 つ が 社 会 貢 献 で す 。

性  森 す こ が 。 ろ に あ 将 話 る 来 題 と を を 思 考 移 い え し ま る て す と い 。 き 一 に き つ 、 た が 三 い 研 つ と 究 の 思 い 、 方 一 向 ま

で す が 、 人 間 は 最 後 は 自 分 の 感 性 で

を 見 て な る ほ ど と 思 う こ と も 必 要 な の

の 個 人 的 な 意 見 で す が 、 数 値 や デ ー タ

も っ と 重 要 で 効 果 的 だ と 思 い ま す 。 私

実 践 の 場 を 設 け て 、 体 験 さ せ る こ と は

心 を も た せ る の も 大 事 で す が 、 実 習 や

ー ポ イ ン ト や ビ デ オ を 見 せ て 学 生 に 関

の か ど う か 。 ﹁ そ ん な こ と や っ て も 行

マ が あ っ て 、 そ れ を 学 ん で 就 職 で き る

を 古 望  在 ん で 学 い 生 る も で そ し の ょ よ う う 。 な た カ だ リ 、 キ ジ ュ レ ラ ン ム

て い ま す 。

い う よ う な も の を や っ て み た い と 考 え

断 的 に 、 サ ス テ イ ナ ブ ル 環 境 健 康 学 と

て 大 事 だ と 思 い ま す 。

ス テ ッ プ を 考 え て お く の が 研 究 に と っ

の が 第 三 の ス テ ッ プ で す 。 そ こ ま で の

わ せ た 上 で 、 実 際 の 行 動 に 結 び 付 け る

事 に 注 意 し た り す る で し ょ う 。 そ う 思

る と い わ れ る と 、 途 端 に 運 動 し た り 食

せ ん 。 生 活 習 慣 病 に も う な り か け て い

に  森 と い 私 う の キ と ー こ ワ ろ ー で ド は を 、 付 未 け 来 て 世 、 代 学 の 部 た 横 め

ま す ね 。

と い っ た も の を つ く ろ う と 準 備 し て い

わ ず に 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 研 究 科

的 に は 、 ど の 学 部 の 出 身 で あ る か を 問

全 学 部 を 対 象 に 開 講 し て い ま す 。 将 来

で 上 い ら と れ よ ﹁ は  野 。 飛 次 は う こ び に い で れ 、 環 教 出 つ い す は 境 育 し な ﹂ 。 い と マ て が と 食 い ネ い 社 り 自 べ ﹂ ジ う 会 ま 分 物 と メ こ に す で で 思 ン と 貢 。 思 も う ト で 献 そ え 健 こ 実 は し し る 康 と 習 、 て て 体 で が Ⅰ 千 も 、 験 も 最 と 葉 ら 教 が 、 も Ⅱ 大 い 室 あ ﹁ き を 学 た か る こ く

人 材 育 成 で は 、 講 義 を 工 夫 し て パ ワ

デ ー タ を 示 し た だ け で は 何 も お こ り ま

わ せ る こ と で す 。 予 防 医 学 で は 、 検 査

白 い 、 賛 同 で き る 、 や っ て み た い と 思

ま せ ん 。 第 二 の ス テ ッ プ は 、 こ れ は 面

に と ど ま っ た の で は 、 社 会 は 全 然 動 き

し か し 、 そ れ が 知 っ て お く だ け の 情 報

の ス テ ッ プ は 、 ま ず は 認 知 し て も ら う 。




コラム 7

柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK) 地域(柏市,柏商工会議所,田中地域ふるさと協議会)と 大学(東京大学,千葉大学),民間企業(三井不動産,首 都圏新都市鉄道株式会社)や関係機関,市民が協働する新 しいタイプの公民学連携まちづくり拠点.柏の葉キャンパ ス駅前に位置し,展示用ギャラリー,図書ラウンジ,イン フォーメーションコーナー,屋外テラスなどを使って,教 育・実験・環境・芸術・交流の視点から,大学院演習課題 の都市デザインスタジオ,市民を対象にしたまちづくりス クール,ベロタクシー試験走行等のまちづくりに関する 様々な新しい試みが行なわれている.センター長は東京大 学新領域 成科学研究科・北沢猛教授が務めている. (上野 武) http://www.udck.jp/

多 様 な 世 代 が 集 ま っ て 地 域 サ ス テ イ ナ

ー を も ら っ た り と 、 こ の キ ャ ン パ ス に

え た り 、 高 齢 者 が 若 い 人 か ら エ ネ ル ギ

い ま す 。 地 域 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 展

今 後 の 取 り 組 み を 進 め て い き た い と 思

地 域 と の 連 携 を さ ら に 強 化 す る 方 向 で 、

た ら 、 嬉 し い こ と だ と 思 い ま す 。

り に 参 画 さ れ る よ う に な っ て い た だ け

の 地 域 で 何 ら か の か た ち で 、 地 域 づ く

図 4 駅前に建つ UDCK.

門馬由紀さんの作品



り 上 、  野 高 齢 若 者 い が 人 若 と い 高 人 齢 に 者 地 が 域 一 の 緒 知 に 恵 学 を ん 教 だ   本 日 の 議 論 を 踏 ま え て 、 千 葉 大 学 は

ビ リ テ ィ を 実 践 し て い き た い で す ね 。

こ の 座 談 会 を 読 ま れ た 方 が 、 そ れ ぞ れ

開 に は 、 市 民 の 方 々 の 力 が 重 要 で す 。


し 上 て  野 い る 一 柏 つ 市 象 で 徴 、 的 ま な ち の づ は く 、 り こ 本 こ 部 で と 連 い 携

お か し く な っ て し ま い ま す 。

け ら れ な い よ う だ と 、 世 の 中 、 本 当 に

受 け 入 れ て も ら え な い 、 働 き 口 を 見 つ

は 熱 心 な の で す 。 そ の 人 た ち が 社 会 に

的 な 仕 事 、 N P O 活 動 、 N G O 活 動 に

損 失 で す 。 そ う い う 学 生 は 、 社 会 貢 献

だ け で な く 、 日 本 に と っ て も の す ご い

る な ︵ す 笑 よ ︶ 。 う こ な れ 学 は 生 、 は 学 一 流 生 企 に 業 と に っ 入 て っ 損 て な い

そ 古 す そ 天 な 齢 古 り い 古 れ  在 。 れ  野 く 者 く で わ  在 な も か 集 れ を を ど だ 発 そ っ 多 ら ま ま 地 う か 揮 う て く こ っ す 域 吸 ら す で い て こ て け の い も る す な 、 で く れ 力 上 う 場 。 い そ 農 る ど が げ ウ が パ と の 業 方 、 失 て ズ な ワ 感 人 を 々 柏 わ 爆 ウ い ー じ た し を の れ 発 ズ の は ま ち て み 葉 て さ し だ あ す の こ て の い せ て と る 。 パ ら い 地 る ワ れ る 域 と る い 思 の ー た と づ よ の る い で は 高 、 く く か 。 ま す 。 、

け ま せ ん 。

っ か り さ せ な い と 、 人 間 は な か な か 動

し て い く こ と が で き ま せ ん 。 地 域 を し

て い な い と 、 ロ ー カ ル の と こ ろ に 落 と

は わ か っ て い て も 、 地 域 が し っ か り し

地 球 温 暖 化 は グ ロ ー バ ル な こ と と し て

で い ろ い ろ な 問 題 が お こ っ て い ま す 。

り ま し た け れ ど 、 地 域 が 崩 れ た と こ ろ

か 天 り  野 し て 昔 い は ま 日 し 本 た で 。 も そ 地 こ 域 に の 嫌 社 な 会 面 が も し あ っ

大 学 の 柏 の 葉 キ ャ ン パ ス の 果 樹 園 を 、

す 由 ︵ に コ 入 ラ っ ム て 7 こ ︶ 。 ら そ れ れ る に 場 所 加 と え し て て 、 あ 千 り 葉 ま

ン ン 天 タ パ  野 ー ス ︵ シ い U テ ま D ィ 柏 C ー の K ・ 葉 ︶ ア 駅 が ー の 、 バ 前 地 ン に 域 デ 柏 の ザ の 人 イ 葉 が ン キ 自 セ ャ

す ご い 力 が 出 て く る ん で す よ 。

た い に み え て も 、 い っ た ん 火 が つ け ば 、

揮 す る 場 所 が な い 。 無 気 力 ・ 無 感 動 み

す に う 。 は か そ 。 の 地 よ 域 う サ な ス 可 テ 能 イ 性 ナ が ビ あ リ る テ と ィ 思 の い 実 ま 践 そ こ に 大 学 の 役 回 り が あ る と 思 い ま す 。

ば 、 活 躍 の 場 は あ る の で は な い で し ょ

ま と 者 学 す 柔 を 生 。 軟 結 と 性 ぶ 普 を こ 段 与 と は え が な る で か こ き な と て か が 、 接 で 地 点 き 域 の る に な と 安 い 思 定 高 い 性 齢

反 応 し て 、 必 要 な 人 材 を 育 成 し て い け

ニ テ ィ で す 。 大 学 が 入 る こ と で 、 若 い

社 会 が ど う 動 い て い る か と い う こ と に

つ の 表 現 型 が カ レ ッ ジ リ ン ク 型 コ ミ ュ

は 、 い ま ま で と は 違 う よ う に 思 い ま す 。

感 じ て い る か ら で す 。 地 域 づ く り の 一

と で す 。 そ う い う と こ ろ で 必 要 な 人 材

て こ れ か ら す ご く 大 事 に な っ て い く と

ら 外 に 出 た 発 想 が 生 ま れ て き て い る こ

う な 場 を 提 供 す る こ と が 、 大 学 に と っ

う も の が つ く ら れ て 、 従 来 の 縦 割 り か

え て い ま す 。 地 域 づ く り の 核 と な る よ

ち が 集 ま れ る 場 所 に し て い き た い と 考

四 年 ぐ ら い か け て 、 地 域 の 多 様 な 人 た

い け れ ど 、 い わ れ た 仕 事 は サ サ ッ と こ

学 生 も 同 じ で 、 も っ て い る パ ワ ー を 発




し て い ま す 。

基 礎 か ら 応 用 ま で の 幅 広 い 研 究 を 展 開

業 ︵ 園 芸 療 法 ︶ と 食 療 法 の 融 合 な ど 、

対 応 用 に で き て い る の で す 。 ま た 、 テ

下 で 過 ご し て き ま し た 。 人 の 体 は 自 然

し 、 そ の 九 九 ・ 九 九 % 以 上 を 自 然 環 境

人 は ヒ ト と な っ て 五 〇 〇 万 年 が 経 過

基 盤 と し て 、 人 と 自 然 の シ ン ク ロ 状 態

理 的 リ ラ ッ ク ス 効 果 に 関 す る デ ー タ を

標 が 重 要 な 役 割 を 果 た し ま す 。 そ の 生

程 は 言 葉 で は 表 現 で き ま せ ん 。 生 理 指

食 と 環 境 を 支 え つ な ぐ ﹁ 農 ﹂ を 、 そ



循 環 型 都 市 園 芸 の 構 築 、 療 法 的 園 芸 作

る 研 究 、 さ ら に は 環 境 保 全 と 地 域 資 源

高 品 質 な 薬 草 の 園 芸 的 安 定 生 産 に 関 す

性 野 菜 の ﹁ 性 味 ﹂ 評 価 に 関 す る 研 究 、

特 殊 野 菜 の 作 出 ・ 生 産 と い う 健 康 機 能

具 体 的 に は 、 薬 膳 素 材 、 低 カ リ ウ ム

質 ︵ Q O L ︶ の 向 上 を 目 指 し て い ま す 。

人 々 が ﹁ 健 康 に 生 き る ﹂ と い う 生 活 の

用 す る さ ま ざ ま な 研 究 活 動 を 通 し て 、

な ど 、 そ の 起 源 と な っ て い る 植 物 を 活

進 め 、 伝 承 薬 や 身 近 な 食 材 、 伝 統 食 品

ピ ー ﹂ へ と 移 行 し つ つ あ る の で す 。

盤 と し エ ビ デ ン ス に 基 づ く ﹁ 自 然 セ ラ

浴 ﹂ ﹁ 自 然 浴 ﹂ か ら 、 生 理 デ ー タ を 基

ま で の 感 覚 的 な 経 験 則 に 基 づ く ﹁ 森 林

デ ー タ が 蓄 積 さ れ つ つ あ り ま す 。 こ れ

ス 効 果 の 評 価 法 の 進 歩 を 受 け 、 科 学 的

す 。 と こ ろ が 、 最 近 の 生 理 的 リ ラ ッ ク

十 分 で は あ る と は 言 い 難 い の が 現 状 で

説 明 す る こ と は 難 し く 、 科 学 的 説 明 も

感 じ ま す 。 し か し 、 こ の 感 覚 を 言 葉 で

我 々 は 自 然 に 触 れ た と き 、 快 適 感 を

に 、 非 論 理 的 に 感 じ と る の で 、 そ の 過

理 的 な 思 考 を 介 す る こ と な く 、 直 観 的

を 快 適 さ と し て 感 じ る の で し ょ う 。 論

べ き 姿 に 近 づ き 、 リ ラ ッ ク ス し 、 そ れ

を 受 け た と き 、 本 来 の 人 と し て の あ る

セ ラ ピ ー に 代 表 さ れ る 自 然 由 来 の 刺 激

ま す 。 こ の よ う な 状 況 下 、 我 々 は 自 然

強 い ら れ る ス ト レ ス 状 態 に 置 か れ て い

り 、 気 付 き に く い の で す が 常 に 緊 張 を

よ う に 、 人 工 化 は 今 も 急 速 に 進 ん で お

ク ノ ス ト レ ス と い う 言 葉 に 代 表 さ れ る

﹁ 医 食 農 同 源 の サ イ エ ン ス ﹂ の 構 築 を

環 境 と 健 康 を 連 携 し た 学 問 体 系 で あ る

︵千 森葉 林大 医学 学環 ︶境 健 康 フ ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー 教 授

ト ﹂ チ ー ム は 、 こ の よ う な 観 点 か ら 、

宮 崎 良 文

セ ン タ ー の ﹁ 医 食 農 同 源 プ ロ ジ ェ ク

自 然 セ ラ ピ ー

た 側 面 を も っ て い る と 思 わ れ ま す 。

点 か ら 東 洋 医 学 の さ ま ざ ま な 領 域 と 似

園 芸 療 法 は ﹁ 自 然 を 活 か す ﹂ と い う 視

ス タ イ ル を 認 識 す る こ と は 、 人 類 の 英

し て ﹁ 農 ﹂ と の 触 れ 合 い の あ る ラ イ フ

思 い ま す 。

知 で あ る ﹁ 健 康 ﹂ 社 会 の 伝 承 で あ る と


特集 食と健康の地域サステイナビリティ学

千葉大学

サステイナブルな 社会を目指す

医 学 の 基 本 概 念 が 、 そ の 内 実 を 伴 っ て

一 如 ﹂ な ど 、 日 本 人 に 馴 染 み 深 い 東 洋

そ の よ う な と き 、 ﹁ 医 食 同 源 ﹂ ﹁ 心 身

代 替 医 療 あ る い は 補 完 医 療 で す か ら 、

西 洋 医 学 で は 補 え な い 部 分 に 対 応 す る

も と よ り 園 芸 療 法 の 目 指 す も の は 、

性 が 再 認 識 さ れ て い ま す 。

来 の 姿 で あ る ﹁ 自 然 と の 共 生 ﹂ の 重 要

と に よ る 健 康 推 進 、 す な わ ち 、 人 類 本

然 環 境 や 社 会 環 境 の 変 化 に 対 応 す る こ

紀 を 迎 え た 現 在 、 我 々 の 身 の 回 り の 自

関 係 を も 維 持 し て き ま し た 。 二 十 一 世

結 果 、 よ り よ い ﹁ 自 然 環 境 ﹂ と の 共 生

間 が 、 健 康 な ﹁ 食 ﹂ を も た ら し 、 そ の

全 な ﹁ 農 ﹂ と ﹁ 農 ﹂ 的 生 き 方 を す る 人

進 を 最 重 要 視 し て い ま す 。 そ し て 、 健

る 料 理 、 す な わ ち 薬 膳 を 介 し た 健 康 推

食 療 法 に 基 づ き 健 康 の た め に 調 理 さ れ

い う 薬 ︵ 医 ︶ 食 同 源 の 観 点 か ら 捉 え 、

学 で は 、 健 康 を 、 食 と 薬 の 源 は 同 じ と

自 然 観 や 全 体 観 を 背 景 に し た 東 洋 医

こ と と な り ま し た 。

な が ら 園 芸 療 法 研 究 の 基 盤 を 構 成 す る

の 園 芸 的 生 産 に 関 す る 研 究 も さ る こ と

一 如 と あ い ま っ て 、 私 ど も の セ ン タ ー

を も 提 唱 す る ﹁ 医 食 農 同 源 ﹂ は 、 心 身

す る 健 康 機 能 性 植 物 の 生 産 お よ び 育 成

は 自 然 環 境 を 豊 か に し て 心 身 を 健 康 に

て 農 作 業 や 園 芸 療 法 の 有 用 性 、 さ ら に

も し れ ま せ ん 。 ﹁ 農 ﹂ と い う 字 を も っ

の は 、 日 本 人 の 伝 統 的 な 健 康 観 な の か

﹁ 農 ﹂ と い う 行 為 に 健 康 源 を 認 め る

が 誕 生 し 、 健 康 観 が 育 ま れ て き ま し た 。

り 込 ん だ ﹁ 医 食 農 同 源 ﹂ と い う 考 え 方

と し て 環 境 や 作 業 と し て の ﹁ 農 ﹂ を 取

展 開 す る な か で 、 医 食 同 源 の 上 位 概 念

︵千 薬葉 用大 資学 源環 植境 物健 学康 ︶フ ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー 教 授 / 副 セ ン タ ー 長

池 上 文 雄

医 食 農 同 源 の サ イ エ ン ス




図 2 千葉大学柏の葉診療所では,東洋医学にもとづいた 診療が行われている.

流 れ に よ ど み が 生 じ た 結 果 で あ る と 考

で は 気 ・ 血 ・ 水 の 量 が 不 足 、 あ る い は

療 の 対 象 と は な り ま せ ん が 、 東 洋 医 学

学 で は 病 気 で は な い た め に 未 病 者 は 治 努 め て い き た い と 思 い ま す 。



に 見 て 、 外 か ら 見 て も わ か ら な い 部 分

西 洋 医 学 で は 、 局 所 的 な 疾 患 を 分 析 的

す る 考 え 方 に 大 き な 違 い が あ り ま す 。

西 洋 医 学 と 東 洋 医 学 で は 、 疾 患 に 対

り ま す 。

検 査 結 果 の ほ う が 重 視 さ れ る 傾 向 が あ

そ の 結 果 、 受 診 者 の 訴 え や 症 状 よ り も 、

じ て エ ビ デ ン ス ︵ 臨 床 疫 学 的 根 拠 ︶ を

ス ﹂ を 提 供 し て い ま す 。 こ の 活 動 を 通

﹁ 東 洋 医 学 の 未 病 ・ 健 康 診 断 サ ー ビ

東 洋 医 学 で は 未 病 と 呼 び ま す 。 西 洋 医

べ き Q O L が 低 下 し た 状 態 の こ と を 、

も い え な い 、 病 気 の 一 歩 手 前 と も 言 う

ま の す 善 く ど 能 を 他 す 質 。 し 環 ︶ ︵ と 一 方 。 ︵ こ 、 境 を 例 ら 方 Q こ 自 と 賦 え え 、 、 O で 然 し 活 ば 、 東 病 L は 治 て す 、 生 洋 気 で ︶ 、 癒 の る 自 体 医 を 患 力 気 た 律 の 学 は 重 者 の ・ め 神 恒 で な 視 の 活 血 に い 常 は し 自 性 ・ 、 経 性 、 け た 覚 化 水 細 系 を 総 れ 治 症 を の 胞 、 維 合 ど 療 状 目 循 を 免 持 的 も を や 指 環 取 疫 す に 健 行 生 し を り 系 る 疾 康 い 活 ま 改 巻 な 機 患 と

﹁ 予 防 医 学 の メ ッ カ ﹂ と な れ る よ う 、

続 可 能 性 を 高 め る と と も に 、 わ が 国 の

ち づ く り を 実 証 的 に 推 進 し て 地 域 の 持

携 し な が ら 、 柏 の 葉 エ リ ア の 健 康 な ま

葉 大 学 予 防 医 学 セ ン タ ー や 柏 市 と も 連

に 、 二 〇 〇 七 年 六 月 一 日 開 設 さ れ た 千

︵ 二 〇 〇 六 年 一 一 月 二 〇 日 開 院 ︶

れ た 環 境 健 康 オ フ ィ ス ・ 柏 の 葉 と 鍼 と 灸 も 院

所 や ﹁ ら ら ぽ ー と 柏 の 葉 ﹂ 内 に 設 置 さ

現 在 診 療 を 行 な っ て い る 柏 の 葉 診 療

た い と 考 え て い ま す 。

会 的 要 請 の 高 い 医 療 費 の 低 減 に つ な げ

確 立 し 、 未 病 者 数 の 低 減 、 ひ い て は 社

も の と 考 え て い ま す 。

療 ︵

care

は 臓 器 レ ベ ル か ら 、 と き と し て 遺 伝 子

︶ に 対 す る 人 々 の 信 頼 を 示 す

使 し て 診 断 お よ び 治 療 を 行 な い ま す 。

レ ベ ル ま で 、 さ ま ざ ま な 検 査 技 術 を 駆

セ ン タ ー で は 一 般 地 域 住 民 を 対 象 に

え 、 未 病 者 も 治 療 の 対 象 と な り ま す 。


そ の 内 の 二 四 ヶ 所 を ま と め た と こ ろ 、 現 在 、 一 ヶ 月 あ た り 約 八 五 〇 名 前 後

森 林 に お い て 、 四 二 〇 名 の 被 験 者 の 協

こ れ ま で の 三 年 間 、 全 国 三 五 ヶ 所 の

ま 然 を す セ 科 ︵ ラ 学 図 ピ 的 1 ー に ︶ 。 ﹂ 明 が ら 、 か 今 に 、 し 話 よ 題 う を と 集 す め る て ﹁ い 自

し に 和 た 、 し ︵ 二 た 図 〇 医 2 〇 療 ︶ 。 四 を 年 実 六 現 月 す 一 る 五 と 日 い に う 開 理 所 念 し の ま 下

千 葉 大 学 柏 の 葉 診 療 所 は 、 自 然 と 調

約 待 ち が 発 生 し て い る 状 況 で す 。 こ れ

の 受 診 者 が あ り 、 常 時 二 ∼ 三 ヶ 月 の 予

医 学 に も と づ く 診 療 ︵

cure

く 、 東 洋 医 学 の 考 え 方 に も と づ い た 診

力 の 下 、 生 理 実 験 を 行 っ て き ま し た 。

︶ で は な

は 、 わ が 国 で 一 般 的 と な っ て い る 西 洋

︵千 東葉 洋大 医学 学環 ・境 漢健 方康 ︶フ ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー 准 教 授

喜 多 敏 明

図 1 森林セラピー実験風景.

東地 洋域 医に 学根 ・ざ 予し 防た 医 学 の 実 践

脳 も リ ラ ッ ク ス し て い る こ と を 示 し ま

分 光 法 を 用 い た 脳 前 頭 前 野 の 計 測 は 、

こ と が 分 か り ま し た 。 近 赤 外 時 間 分 解

進 を 示 し 、 生 体 が リ ラ ッ ク ス し て い る

活 動 ︵ 心 拍 の ゆ ら ぎ 計 測 ︶ は 五 六 の 昂

和 さ れ て い ま し た 。 一 方 、 副 交 感 神 経

六 % の 低 下 を 示 し 、 ス ト レ ス 状 態 が 緩

測 ︶ は 一 八 % 、 血 圧 は 二 % 、 心 拍 数 も

三 % 、 交 感 神 経 活 動 ︵ 心 拍 の ゆ ら ぎ 計

ホ ル モ ン で あ る コ ル チ ゾ ー ル 濃 度 は 一

森 林 部 で は 、 都 市 部 に 比 べ 、 ス ト レ ス

待 さ れ て い ま す 。

観 点 か ら 医 療 費 の 削 減 に 寄 与 す る と 期

し て 活 用 す る こ と に よ り 、 予 防 医 学 の

る 都 市 居 住 者 が 有 用 な リ ラ ッ ク ス 法 と

す 。 さ ら に 、 ス ト レ ス 環 境 下 で 生 活 す

日 本 の 森 林 全 体 の 再 生 に 貢 献 す る の で

用 を 促 進 し 、 森 の 手 入 れ に 繫 が り ま す 。

す 。 一 〇 〇 ヶ 所 の 基 地 認 定 は 、 森 林 利

林 セ ラ ピ ー 基 地 の 認 定 を 目 指 し て い ま

し 我 た 々 。 は 、 一 〇 年 間 で 一 〇 〇 ヶ 所 の 森 


グ ロ ー バ ル ・ タ ッ ク ス と は 何 か ?

バ ル な モ ノ や 活 動 に グ ロ ー バ ル に 課 税

グ ロ ー バ ル ・ タ ッ ク ス と は 、 グ ロ ー

現 し や す く し た 通 貨 取 引 開 発 税 ︵ あ る

得 る 目 的 に 特 化 し 、 低 い 税 率 に し て 実

ま す 。 ま た 、 通 貨 取 引 税 を 開 発 資 金 を

税 す る 地 球 炭 素 税 な ど が 構 想 さ れ て い

マ ラ リ ア 、 結 核 と い う 三 大 感 染 症 で 苦

豊 か な 人 か ら 徴 税 し 、 税 収 を 、 エ イ ズ 、

さ れ ま し た 。 こ れ は 、 飛 行 機 に 乗 れ る

二 〇 〇 六 年 七 月 に 航 空 券 連 帯 税 が 開 始



究 を 行 っ て い ま す 。

つ と し て 、 グ ロ ー バ ル ・ タ ッ ク ス の 研

的 ﹂ な 構 想 と 政 策 が 必 要 で す 。 そ の 一

な 状 況 を 打 破 す る た め に は 、 ﹁ 革 新

ぐ た め に グ ロ ー バ ル に 二 酸 化 炭 素 に 課

税 収 を 上 げ る 通 貨 取 引 税 、 温 暖 化 を 防

け 、 投 機 を お さ え 込 み な が ら 、 多 額 の

巨 大 化 す る 外 国 為 替 取 引 に 税 金 を か

最 初 の グ ロ ー バ ル ・ タ ッ ク ス と し て 、

史 上 初 の グ ロ ー バ ル ・ タ ッ ク ス

な り ま す 。

は ほ ど 遠 い 状 態 に あ り ま す 。 こ の よ う

持 続 可 能 性 ︵ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ︶ と

地 球 社 会 は 深 刻 な 問 題 に 覆 い つ く さ れ 、

地 球 環 境 破 壊 、 貧 困 問 題 、 紛 争 な ど 、

る メ カ ニ ズ ム の こ と を い い ま す 。

共 財 の 供 給 や 公 共 善 の 実 現 に 再 分 配 す

抑 制 し な が ら 、 税 収 を グ ロ ー バ ル な 公

し て 、 グ ロ ー バ ル な 活 動 の 負 の 影 響 を

に よ っ て 、 必 要 資 金 が 得 ら れ る 計 算 に

す か ら 、 グ ロ ー バ ル ・ タ ッ ク ス の 実 現

の 達 成 に 必 要 な 資 金 が 五 〇 〇 億 ド ル で

国 が 設 定 し た 国 連 ミ レ ニ ア ム 開 発 目 標

︵ 地千 球葉 社大 会学 論大 ・学 地院 球人 公文 共社 政会 策科 論学 ︶研 究 科 准 教 授

三 四 億 ド ル で す 。 二 〇 〇 〇 年 に 世 界 各

上 村 雄 彦

す べ て の 通 貨 取 引 で 実 施 し た 場 合 は 三

取 引 で 実 現 し た 場 合 は 五 五 ・ 九 億 ド ル 、

サグ スロ テー イバ ナル ビ・ リタ テッ ィク ス が 切 り 開 く

一 二 五 〇 億 ド ル 、 通 過 取 引 開 発 税 を 円

引 税 が 一 〇 〇 〇 億 ド ル 、 地 球 炭 素 税 が

予 想 さ れ る 税 収 ︵ 年 間 ︶

は 、 通 貨 取

ジ ェ ク ト は 、 フ リ ー ク ラ イ ミ ン グ と い

柏 市 健 康 推 進 課 と も 連 携 し た 本 プ ロ

の 育 成 に も 力 を 入 れ 始 め て い ま す 。

す し く み ︶ も 議 論 さ れ て い ま す 。

い の が 現 実 で す 。

に あ た る 部 分 に 関 心 が む く こ と は 少 な

拡 大 す る と と も に 、 そ れ を 担 え る 人 材

齢 層 に わ た る 地 域 住 民 の 交 流 を 促 進 ・

う 遊 び ・ ス ポ ー ツ を 通 じ て 、 幅 広 い 年

て い よ う と も 、 〇 ・ 〇 〇 五 % の 税 を 課

替 取 引 に 、 そ れ が 世 界 の ど こ で 行 わ れ

特 定 の 通 貨 に か か わ る す べ て の 外 国 為


に 設 置 さ れ た ク ラ イ ミ ン グ ウ ォ ー ル に

ス 駅 ﹂ 前 に あ る ﹁ ら ら ぽ ー と 柏 の 葉 ﹂

つ く ば エ ク ス プ レ ス ﹁ 柏 の 葉 キ ャ ン パ

回 ︶ や 講 習 会 ︵ 毎 週 金 曜 日 午 前 中 ︶ を 、

こ と を 目 的 と し た 体 験 会 ︵ 一 ヶ 月 に 一

幅 広 い 楽 し さ 、 教 育 的 効 果 を 共 有 す る

か ら の 学 び ﹂ ﹁ 共 感 か ら の 連 帯 ﹂ な ど

ャ レ ン ジ す る こ と か ら の 学 び ﹂ ﹁ 失 敗

テ ィ ー 形 成 を 目 指 し て い ま す 。

と も に 、 ス ポ ー ツ を 核 と し た コ ミ ュ ニ

シ ョ ン の 改 善 や そ の 方 法 を 学 習 す る と

ツ ︶ や 冒 険 教 育 に よ っ て コ ミ ュ ニ ケ ー

ク ト で は 、 体 験 学 習 ︵ 遊 び ・ ス ポ ー

た コ ミ ュ ニ テ ィ ー ス ポ ー ツ ・ プ ロ ジ ェ

フ リ ー ク ラ イ ミ ン グ を 介 し て 、 ﹁ チ

現 在 、 柏 の 葉 キ ャ ン パ ス を 中 心 と し

だ な ﹂ な ど 、 そ れ ぞ れ の 感 想 を 持 ち な

う だ な ﹂ ﹁ や っ て み た い な ﹂ ﹁ 難 し そ う

﹁ 何 を や っ て い る の だ ろ う ? ﹂ ﹁ 面 白 そ

習 会 を 開 い て い る と 、 様 々 な 人 々 が 、

ク ラ イ ミ ン グ ウ ォ ー ル で 体 験 会 や 講

大 学 の 学 生 の 方 々 の 利 用 も あ り ま す 。

れ る 平 日 の 日 中 に は 、 近 隣 住 民 や 東 京

だ け で は な く 、 キ ャ ン パ ス 内 が 解 放 さ

ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー の 教 職 員 、 学 生

ォ ー ル が 設 置 さ れ て い て 、 環 境 健 康 フ

ャ ン パ ス 内 に も 木 製 の ク ラ イ ミ ン グ ウ

す る 機 会 も あ り ま す 。 他 方 、 柏 の 葉 キ

集 ま り 、 ク ラ イ ミ ン グ ウ ォ ー ル を 利 用

い た だ い て い る ボ ラ ン テ ィ ア の 方 々 が

夕 方 に は 、 体 験 会 や 講 習 会 を お 手 伝 い

お い て 開 催 し て い ま す 。 毎 週 金 曜 日 の

域 住 民 間 の 交 流 と い っ た ソ フ ト ウ ェ ア

点 が 当 て ら れ る も の の 、 そ こ に い る 地

観 の 整 備 と い っ た ハ ー ド ウ ェ ア に は 焦

り と い う と 、 建 築 物 、 道 路 の 整 備 、 景

轢 が 生 じ る 場 合 も あ り ま す 。 ま ち づ く

ら の 住 民 間 の 交 流 は 乏 し く 、 時 に は 軋

入 し た 新 し い 住 民 と 鉄 道 の 開 通 以 前 か

よ う な 地 域 で は 、 鉄 道 の 開 通 に よ り 流

最 近 に な っ て 都 市 開 発 が 進 み つ つ あ る

つ く ば エ ク ス プ レ ス 沿 線 の よ う な 、

流 が 始 ま っ て い き ま す 。

す か ? ﹂ と い っ た 一 声 か ら 、 多 様 な 交

だ ろ う ﹂ ﹁ ど う や っ て 降 り て く る ん で

た 人 々 の 間 で 、 ﹁ 落 ち た ら ど う な る ん

ミ ン グ を し て い る う ち に 、 集 ま っ て き

が ら 集 ま っ て き ま す 。 や が て 、 ク ラ イ

︵ ス千 ポ葉 ー大 ツ学 教環 育境 学健 ︶康 フ ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー 教 授

徳 山 郁 夫

地コ 域ミ 住ュ ニ 民テ のィ 交ー 流ス 促ポ 進ー ツ に よ る

図 3 ららぽーと柏の葉 (つくばエクスプレス「柏 の葉キャンパス駅」徒歩 1 分)内にあるクライミ ングウォール.




エネルギー消費量(TJ)

300

200

100

CO2 排出量(kt CO2)

0 15

10

を 使 用 し な い よ う な 工 夫 ︵ た と え ば 、

導 入 す る と と も に 、 無 駄 に エ ネ ル ギ ー

建 物 改 修 時 に は 積 極 的 に 省 エ ネ 機 器 を

り ま し た 。 あ わ せ て 、 キ ャ ン パ ス 内 の

が 迅 速 に で き る よ う な 体 制 の 強 化 を 図

故 な ど ︶ の 早 期 発 見 と と も に そ の 対 処

に よ っ て 、 問 題 点 ︵ た と え ば 、 漏 水 事

水 料 に か か わ る デ ー タ を 解 析 す る こ と

電 気 や 、 ガ ス 、 水 、 重 油 と い っ た 光 熱

り 組 み も 行 な っ て き ま し た 。

い 電 気 ま た は ガ ス へ 転 換 す る よ う な 取

原 単 位 の 大 き い A 重 油 か ら そ れ の 小 さ

器 の エ ネ ル ギ ー 源 を 、 二 酸 化 炭 素 排 出

ギ ー 源 へ の 転 換 、 具 体 的 に は 、 空 調 機

酸 化 炭 素 排 出 原 単 位 の 小 さ い ︶ エ ネ ル

環 と し て 、 二 酸 化 炭 素 量 の 少 な い ︵ 二

削 減 に 代 表 さ れ る 地 球 温 暖 化 対 策 の 一

き ま し た 。 さ ら に 、 二 酸 化 炭 素 排 出 量

消 え る よ う な 装 置 の 導 入 な ど ︶ を し て

二 〇 〇 四 年 度 の そ れ ︵ 一 三 ・ 二 億 円 ︶ と

〇 六 年 度 の 光 熱 水 料 は 一 二 ・ 二 億 円 と 、

た 三 ︵ ・ 図 六 5 % ︶ 。 と な 大 お 幅 、 な 大 低 学 減 全 を 体 達 で 成 は で 、 き 二 ま 〇 し

と が で き ま し た 。 ま た 、 水 消 費 量 も 三

一 二 ・ 八 お よ び 二 二 ・ 〇 % 低 減 す る こ

お よ び 二 酸 化 炭 素 排 出 量 は 、 そ れ ぞ れ

ン パ ス の エ ネ ル ギ ー 消 費 量 ︵ 熱 量 換 算 ︶

れ る 前 の 二 〇 〇 四 年 度 と 比 べ て 、 キ ャ

こ れ ら の 結 果 、 取 り 組 み が 本 格 化 さ

5

0 300

水消費量(km3)

照 明 の 消 し 忘 れ が あ っ て も 、 自 動 的 に

200

100

0

2004

2005

2006

図 5 千葉大学西千葉キャンパスにおける エネルギー消費量,CO2 排出量および水 消費量の推移(2004∼2006 年度).

ま デ な 減 す ル く を 。 と 、 目 な 周 指 れ 辺 し る 地 、 よ 域 大 う の 学 努 地 キ め 球 ャ た 温 ン い 暖 パ と 化 ス 考 対 だ え 策 け て の で い モ は 

を 続 け る こ と に よ っ て 、 い っ そ う の 低

い た だ い た よ う な 地 に 足 の つ い た 活 動

を 公 表 す る と と も に 、 今 回 紹 介 さ せ て

ネ ル ギ ー 、 水 お よ び 二 酸 化 炭 素 排 出 量

る ﹁ 千 葉 大 学 環 境 報 告 書 ﹂ に お い て エ

の 作 成 し た 原 案 を も と に 大 学 が 発 行 す

今 後 も 、 毎 年 環 境 I S O 学 生 委 員 会

比 べ る と 、 一 億 円 節 減 で き て い ま す 。


こ れ ま で 日 本 は グ ロ ー バ ル ・ タ ッ ク

日 本 へ の 期 待

ジ ェ ー ル 、 マ リ が 航 空 券 連 帯 税 を 実 施

ス 、 コ ン ゴ 、 韓 国 、 マ ダ ガ ス カ ル 、 ニ

チ リ 、 コ ー ト ジ ボ ワ ー ル 、 モ ー リ シ ャ

す る と い う も の で す 。 現 在 、 フ ラ ン ス 、

れ る 、 学 長 を ト ッ プ と し た 光 熱 水 料 節

よ り 選 出 さ れ た リ ー ダ ー に よ り 構 成 さ

O 1 4 0 0 1 の 取 得 と と も に 、 各 学 部

境 I S O 学 生 委 員 会 の 活 動 に よ る I S

市 稲 毛 区 ︶

た 点 に 特 徴 が あ り ま す 。

ま で 踏 み 込 ん だ ア ド バ イ ス を 行 っ て き

さ ら に は 、 実 験 機 器 の 適 切 な 使 用 法 に

照 明 器 具 や 空 調 器 具 の 適 切 な 使 用 法 、

し て い ま す 。

減 の た め の 啓 蒙 活 動 に 努 め て き ま し た 。

ン パ ス 内 で の エ ネ ル ギ ー や 水 消 費 量 節

減 プ ロ ジ ェ ク ト の 活 動 に よ っ て 、 キ ャ

施 設 環 境 部 で は 、 毎 月 検 針 さ れ て い る

ン パ ス 内 の 施 設 や イ ン フ ラ を 管 理 す る

こ の よ う な 活 動 だ け で は な く 、 キ ャ

I T A I D と い う 国 際 機 関 の 資 金 源 に

千 葉 大 学 の 西 千 葉 キ ャ ン パ ス

で は 、 学 生 を 主 体 と し ︵ た 千 環 葉 な ど の 一 般 的 な O A 機 器 だ け で は な く 、

こ こ で は 、 コ ン ピ ュ ー タ ー や コ ピ ー 機

や す い よ う に す る 目 的 で 作 ら れ た U N

し ん で い る 貧 し い 人 た ち が 治 療 を 受 け

︵千 環葉 境大 工学 学環 ︶境 健 康 フ ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー 准 教 授

大 山 克 己

図 4 国際連帯税議員連盟設立総会の様子.

エ大 ネ学 ルキ ギャ ーン おパ よス びに 水お 管け 理る

D 貨 始 A 取 し ︵ 引 て 二 開 い 〇 発 ま 〇 税 す 七 を ︵ 年 実 図 ︶ 現 4 の す ︶ 七 れ 。 二 ば も ・ 、 し 七 日 日 % 本 本 に の が 当 O 通

税 を 推 進 す る こ と を め ざ し て 活 動 を 開

が 設 立 さ れ 、 特 に 日 本 が 通 貨 取 引 開 発

年 二 月 に 超 党 派 で 国 際 連 帯 税 議 員 連 盟

ス に 消 極 的 で し た 。 し か し 、 二 〇 〇 八

う 偉 業 を 達 成 す る こ と と な る で し ょ う 。

ル ・ ガ ヴ ァ ナ ン ス ︵ 地 球 的 統 治 、 地 球

ル す る 手 掛 か り を つ か み 、 グ ロ ー バ

み な ら ず 、 無 規 制 な 投 機 を コ ン ト ロ ー

た る 税 収 ︵ 約 五 六 〇 〇 億 円 ︶ を 得 る の

社 会 の 運 営 ︶ に 大 き く 関 与 で き る と い




図 1 空から見た千葉大学柏の葉キャンパス.

﹁ ケ ミ レ ス タ ウ ン ・ プ ロ ジ ェ ク ト ﹂ で

限 り 低 減 し た 実 験 住 宅 を 作 り 、 健 康 に

は 、 室 内 で 揮 発 す る 化 学 物 質 を 可 能 な

製 品 な ど か ら 揮 発 す る 化 学 物 質 が 大 き

ま す 。 そ の 多 く は 、 建 材 や 家 具 、 電 化

ッ ク ハ ウ ス 症 候 群 ﹂ が 問 題 と な っ て い

発 熱 、 だ る さ な ど の 症 状 を 呈 す る ﹁ シ

屋 に 住 む こ と に よ り 、 頭 痛 、 め ま い 、

近 年 、 新 築 住 宅 や リ フ ォ ー ム し た 部

ー が 建 設 し た ﹁ 実 験 棟 ﹂ は 、 シ ッ ク ハ

し ー の ま マ 葉 こ す 棟 キ の ︵ ﹂ ャ プ 図 か ン ロ 2 ら パ ジ ︶ 。 な ス ェ 複 る 内 ク に ト 数 モ デ 、 で の ル ﹁ は 実 ハ タ 、 ウ ウ 験 千 棟 ス ン 葉 メ を ﹂ と 大 ー 構 ﹁ 学 カ 築 テ 柏

実 証 実 験 を 行 っ て い ま す 。

の 健 康 に も 配 慮 し た 街 づ く り を 目 指 し 、

な く 、 こ れ か ら 生 ま れ て く る 未 来 世 代

実 証 実 験 を 行 い 、 現 在 の 住 人 だ け で は

悪 影 響 を 与 え な い 環 境 を 整 え る た め の



な 原 因 の 一 つ と な っ て い ま す 。 そ こ で 、

ケ ミ レ ス タ ウ ン ・ プ ロ ジ ェ ク ト

実 践 や 、 コ ミ ュ ニ テ ィ ー ス ポ ー ツ に よ

鍼 灸 院 に お け る 東 洋 医 学 ・ 予 防 医 学 の

︵ タ千 ー葉 長 大 天学 野環 洋境 /健 准康 教フ 授ィ 大ー 山ル 克ド 己科 ︶学 セ ン

た め に 、 室 内 で 揮 発 す る 化 学 物 質 を 可

は ﹁ シ ッ ク ハ ウ ス 症 候 群 ﹂ を 軽 減 す る

ス テ ム ﹂ の 研 究 が あ げ ら れ ま す 。 前 者

当 セ ン タ ー で は 柏 の 葉 診 療 所 と 柏 の 葉

を 目 指 し ま す 。 こ れ ら の 研 究 に 加 え 、

境 内 で 環 境 保 全 ・ 省 資 源 型 の 植 物 生 産

プ の よ う な 人 工 光 源 を 利 用 し た 閉 鎖 環

を 行 う も の で す 。 後 者 で は 、 蛍 光 ラ ン

設 し 、 そ の 症 状 緩 和 に 関 す る 実 証 実 験

能 な 限 り 低 減 し た モ デ ル ハ ウ ス 群 を 建

ご 紹 介 し て い き ま す 。

降 で は 、 そ れ ぞ れ の 取 り 組 み の 概 要 を

に 配 慮 し た 活 動 も 行 な っ て い ま す 。 以

得 や 、 省 エ ネ ル ギ ー の 推 進 な ど 、 環 境

ま た 、 大 学 全 体 で も 、 環 境 I S O の 取

ざ し た 研 究 教 育 活 動 を 行 な っ て い ま す 。

る 地 域 住 民 の 交 流 促 進 な ど 、 地 域 に 根


特集 食と健康の地域サステイナビリティ学

千葉大学

「食」と「健康」を キーワードに

紹介

︵ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 ア ソ シ エ ー シ ョ ン

る 学 る 法 こ 題 化 は を を の ワ ﹁ 論 の を に な 得 も 発 ー 二 必 サ に よ 解 代 り る た 達 ク 〇 要 ス も う 決 表 ま 上 ら は 技 世 性 テ と な す さ せ で し 、 術 紀 が イ づ 状 る れ ん は た 私 、 後 高 ナ き 況 方 る で 、 も た ナ 半 ま ビ 、 か 策 よ し そ の ち ノ の り リ 時 ら と う た れ の の 技 バ ま テ 代 、 し な 。 ほ 、 生 術 イ し ィ の 新 て 、 ま ど 真 活 な オ た 。 ︶ 学 精 た は 地 た 有 の に ど 技 ﹂ ︵ 神 な 力 球 、 効 心 大 の 術 を 持 を 概 不 規 地 な の き 科 、 構 続 牽 念 足 模 球 利 豊 な 学 ネ 築 性 引 と で の 温 器 か 変 技 ッ す 科 す 方 す 問 暖 と さ 化 術 ト 。 ナ ビ リ テ ィ 学 の 研 究 を 開 始 す る と と も

の 周 辺 地 域 を 実 証 の 場 と し た サ ス テ イ

葉 キ ャ ン パ ス 駅

﹂ 徒 歩 五 分 ︶ ︵ 図 1

︶ と そ

キ ャ ン パ ス ︵ つ く ば エ ク ス プ レ ス ﹁ 柏 の

フ ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー の あ る 柏 の 葉

ー ド と し て 分 担 し て い ま す 。 環 境 健 康

け て 、 ﹁ 食 ﹂ お よ び ﹁ 健 康 ﹂ を キ ー ワ

﹁ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 ﹂ の 樹 立 に 向

︶ の 協 力 機 関 の 一 つ と し て 、

テ ィ 学 連 携 研 究 機 構 ︵

協サ 力ス 機テ 関イ とナ しビ てリ のテ 千ィ 葉学 大連 学携 の研 取究 り機 組構 みの

Integrated Re-

に 、 二 〇 〇 六 年 八 月 に は ﹁ 千 葉 大 学 サ

search System for Sustainability Sci-

︶ ﹂ を 設 立 し ま し た 。

千 葉 大 学 環 境 健 康 フ ィ ー ル ド 科 学 セ

ence, IR3S

上 記 研 究 機 構 の 協 力 機 関 と し て の 分

ン タ ー で は 、 産 学 官 の 連 携 に よ る ﹁ 柏 ・

sustainability science

担 内 容 と し て は 、 ﹁ ケ ミ レ ス タ ウ ン ・

流 山 国 際 学 術 都 市 構 想 ﹂ の 対 象 地 域 を

Chiba University Association for

プ ロ ジ ェ ク ト ﹂ と ﹁ 閉 鎖 型 植 物 生 産 シ

モ デ ル と し た 領 域 横 断 型 の さ ま ざ ま な

Research in Sustainability Science,

取 り 組 み が 行 な わ れ て い ま す 。 ま た 、

CARSS

東 京 大 学 を 中 心 と し た サ ス テ イ ナ ビ リ




図 3 閉鎖型植物生産システム内の一例(トマト苗生産).

目 的 と し て 、 発 光 効 率 ︵ = 全 光 束 / エ

費 量 ︵ 消 費 電 力 量 ︶ を 低 減 す る こ と を

︵ タ千 ー葉 准大 教学 授環 大境 山健 克康 己フ ︶ィ ー ル ド 科 学 セ ン 

植 物 生 産 シ ス テ ム で は 、 エ ネ ル ギ ー 消

葉 キ ャ ン パ ス に 導 入 さ れ て い る 閉 鎖 型

と が 多 い と 考 え ら れ ま す 。 な お 、 柏 の

自 然 光 を 利 用 す る 場 合 よ り も 有 利 な こ

用 し た 方 が 、 天 候 の 影 響 を 受 け や す い

比 較 的 低 く 、 そ の た め に 、 人 工 光 を 利

を 育 て る 場 合 、 必 要 と さ れ る 光 強 度 は

こ こ で 、 苗 な ど の 比 較 的 小 さ な 植 物 体

光 源 を 用 い る 、 と い う 特 徴 が あ り ま す 。

を 育 て る た め に 蛍 光 ラ ン プ な ど の 人 工

く は コ ン ト ロ ー ル さ れ て い る 、 ③ 植 物

二 酸 化 炭 素 な ど の 物 質 輸 送 は 制 限 も し

鎖 さ れ て い る 、 ② シ ス テ ム 内 外 の 水 や

透 さ な い 断 熱 パ ネ ル な ど の 構 造 物 で 閉

こ た え ら れ る と 考 え ま す 。

の 食 に か か わ る 安 心 、 安 全 の 要 求 に も

す る こ と が で き 、 結 果 と し て 、 消 費 者

薬 の 使 用 を 回 避 も し く は 必 要 最 小 限 と

の シ ス テ ム と 比 べ て 低 い こ と か ら 、 農

の 持 込 の 可 能 性 は 温 室 の よ う な 開 放 型

い れ ば 、 閉 鎖 型 シ ス テ ム 内 へ の 病 害 虫

す 。 あ わ せ て 、 十 分 な 管 理 が な さ れ て

出 量 を 低 減 で き る こ と に も つ な が り ま

き る だ け で は な く 、 環 境 負 荷 物 質 の 排

炭 素 、 肥 料 な ど の 資 源 量 を 最 小 限 に で

い う こ と は 、 必 要 と さ れ る 水 や 二 酸 化

限 も し く は コ ン ト ロ ー ル さ れ て い る と

他 方 、 シ ス テ ム 内 外 の 物 質 輸 送 が 制

閉 鎖 型 植 物 生 産 シ ス テ ム は 、 ① 光 を ー 量 の 低 減 も 図 ら れ て い ま す 。

ハ ー ブ 三 〇 種 類 を 用 い て 、 そ の 発 芽 促

発 芽 が 均 一 で な い と い う 問 題 点 を 持 つ

昨 年 度 は 、 機 能 性 を 有 す る が 、 種 子 の

で き る 、 と の 研 究 結 果 も 得 ら れ ま し た 。

植 物 体 内 の 機 能 性 成 分 を 高 め る こ と が

の 質 ︵ 波 長 ︶ を か え る こ と に よ っ て 、

ま た 、 植 物 を 育 て る た め の ラ ン プ の 光

進 技 術 に 関 す る 研 究 を 行 な い ま し た 。

植 物 を 育 て る 際 に 使 用 さ れ る エ ネ ル ギ

高 い 空 調 器 具 を 導 入 し て い る こ と か ら 、

取 り 去 る 際 の エ ネ ル ギ ー 消 費 速 度 ︶ の

お よ び 成 績 係 数 ︵ = 冷 房 負 荷 / 負 荷 を

ネ ル ギ ー 消 費 速 度 ︶ の 高 い 蛍 光 ラ ン プ


の 影 響 を う け や す い 子 供 や 胎 児 に と っ

の 一 〇 分 の 一 と い う 数 字 は 、 化 学 物 質

標 と し て い ま す 。 こ こ で 、 現 在 の 基 準

準 ︵ 指 針 値 ︶ の 一 〇 分 の 一 を 当 面 の 目

濃 度 は 、 国 土 交 通 省 や 厚 生 労 働 省 の 基

予 定 で す 。 な お 、 建 物 の 室 内 化 学 物 質

る こ と も 目 的 と し て い ま す 。 ﹁ 苗 ﹂ と

か つ 安 心 、 安 全 な 高 品 質 植 物 を 生 産 す

も に 、 柏 の 葉 キ ャ ン パ ス に お け る 大 量

こ れ は 、 農 業 ・ 園 芸 教 育 の 高 度 化 と と

置 お よ び 運 用 さ れ て い ま す

は 小 型 の 閉 鎖 型 植 物 生 産 シ ス テ ム が 設

現 在 、 千 葉 大 学 柏 の 葉 キ ャ ン パ ス に

性 向 上 に も 貢 献 す る と 考 え て い ま す 。

も 寄 与 す る こ と か ら 、 地 域 の 持 続 可 能

投 入 型 で あ り 、 か つ 食 の 安 心 、 安 全 に

た 。 閉 鎖 型 植 物 生 産 シ ス テ ム は 低 資 源

の 生 産 に 関 す る 実 証 研 究 を 開 始 し ま し

健 康 機 能 性 を 有 す る ハ ー ブ や 薬 草 な ど

い う 小 さ な 植 物 体 の 生 産 だ け で は な く 、

︵ 図 3 ︶

一 ∼ 数 週 間 滞 在 し 、 症 状 の 改 善 を 図 る

が 疑 わ れ る 子 供 と そ の 家 族 の 希 望 者 が

閉 鎖 型 植 物 生 産 シ ス テ ム

し ま し た 。 今 後 、 シ ッ ク ハ ウ ス 症 候 群

と の で き る 戸 建 住 宅 や 集 合 住 宅 を 想 定

ウ ス 症 候 群 の 人 々 が 安 全 に 生 活 す る こ

影 響 を お よ ぼ す 恐 れ の あ る 環 境 汚 染 物

定 で す 。 他 方 、 小 児 の 成 長 ・ 発 育 に 悪

図 2 柏の葉キャンパスケミレスタウン 内の実証実験棟(千葉大学キャンパス整備 企画長室上野武教授撮影) .

室 内 空 気 質 基 準 値 を 新 た に 提 案 す る 予

て 、 シ ッ ク ハ ウ ス 症 候 群 予 防 の た め の

人 ケ ミ レ ス タ ウ ン 推 進 協 会 を 中 心 と し

ま る ス 上 生 た プ す ﹁ や さ 活 係 ロ 。 環 、 せ の 数 境 希 る 質 で ジ 医 望 暮 ︵ す ェ 学 者 ら ク 。 診 の し ト 他 療 血 を 終 方 科 中 提 了 、 ﹁ 時 ﹂ 汚 案 テ な 染 す に ー ど 物 る は マ が 質 展 、 棟 N 設 を 示 P 置 測 ス ︶ ﹂ O さ 定 ペ を に れ す ー 向 は 法 、

︵ ィセ大千 ーン学葉 ルタ環大 ドー境学 科長健大 学森康学 セ千フ院 ン里ィ医 タ/ー学 ー千ル研 助葉ド究 教大科院 教 戸学学 授 髙環セ ン 境 恵 タ、 健 美 ー千 葉 子康 ︶フ副

指 し ま す 。

世 代 も 健 康 に 暮 ら せ る 環 境 の 実 現 を 目

高 め 、 現 在 の 世 代 だ け で は な く 未 来 の

Quality of Life, QOL

て も 安 全 な 環 境 を 提 供 す る た め に 設 け

連 の 活 動 に よ り 、 社 会 の 持 続 可 能 性 を

ム な ど も 計 画 さ れ て い ま す 。 こ れ ら 一

に 還 元 さ せ る た め の 情 報 発 信 プ ロ グ ラ

育 プ ロ グ ラ ム や 、 得 ら れ た 成 果 を 社 会

指 導 の で き る 人 材 を 育 成 す る た め の 教

質 に 関 す る 正 し い 情 報 を 伝 え 、 市 民 に




と 。 第 五 は 、 修 行 の 成 就 と い う 目 的 の た め に

体 を 養 う 良 薬 と し て い た だ く べ き だ と い う こ

う こ と 。 第 四 は 、 食 事 は 味 覚 を 楽 し む よ り 身

守 り 貪 り 等 を 離 れ る た め が 主 目 的 で あ る と い

い う こ と 。 第 三 は 、 食 事 を い た だ く の は 心 を

れ て い る よ う に 思 わ れ て な り ま せ ん 。

飽 食 の 時 代 に は 、 あ ら た め て 再 認 識 を 要 請 さ

く こ と は 、 や や 重 い と は い え 、 今 日 の よ う な

そ の こ と を 実 現 で き て い る か 省 み る こ と を 置

食 事 の 根 本 に 、 何 の た め に 生 き 、 ど れ だ け

竹村牧男 東洋大学教授 (仏教学)



い た だ く の に 適 格 か ど う か 考 え て み な さ い と

こ と で す 。 第 二 は 、 自 分 の 日 常 が こ の 食 事 を

た か を 想 像 し 、 感 謝 す る こ と が 大 切 だ と い う

れ だ け の 他 人 の 労 力 と 時 間 が か か り 、 運 ば れ

第 一 は 、 こ の 食 事 が 用 意 さ れ た の に は 、 ど

謝 せ ざ る を え な い こ と で し ょ う 。

で し た 。 初 心 の 雲 水 さ ん た ち は 、 ま す ま す 感

行 わ れ 、 そ の こ と 自 身 、 よ り 高 度 な 修 行 な の

修 行 が あ る 程 度 成 っ た 先 輩 僧 の 心 配 り と し て

を 作 り 出 し 修 行 僧 に 提 供 す る こ と は 、 す で に

に こ の 食 を 受 く べ し 。

捨 て ず に 、 素 材 を 活 か し た 滋 味 あ ふ れ る 食 事

  五 つ に は 、 道 業 を 成 ぜ ん が 為 に 、 ま さ ん 。 精 進 料 理 と い う 制 約 の 中 で ほ と ん ど 何 も

枯 を 療 ぜ ん が 為 な り 。

い う と 、 け っ し て そ の よ う な こ と も あ り ま せ

  四 つ に は 、 正 に 良 薬 を 事 と す る は 、 形 お い て 、 味 覚 や 他 の 五 感 等 が 無 視 さ れ た か と

る を 宗 と す 。

こ の よ う な 偈 文 を 食 事 ご と に 唱 え る 禅 寺 に

  三 つ に は 、 心 を 防 ぎ 、 過 貪 等 を 離 る 摯 な 問 い と 自 覚 が あ り ま す 。

て 供 に 応 ず 。

根 本 に 、 何 を め ざ し て 生 き て い る の か へ の 真

  二 つ に は 、 己 が 徳 行 の 全 欠 を は か っ 他 者 の 苦 労 へ の 感 謝 が あ り ま す 。 さ ら に そ の

処 を 量 る 。

が あ り 、 ま た 自 己 の あ り よ う へ の 深 い 反 省 と

  一 つ に は 、 功 の 多 少 を 計 り 、 彼 の 来 身 体 そ の も の を 養 う た め に 食 べ る と い う 了 解

ら れ る も の が あ り ま す 。

の 偈 ﹂ に は 、 我 々 の 食 事 に つ い て も 考 え さ せ

こ こ に は 、 味 覚 と い う 感 覚 を 満 た す 以 上 に 、

そ の 食 事 を い た だ き な さ い と い う こ と で す 。


に も ふ れ る 美 意 識 こ そ を 味 わ わ さ せ る 総 合 芸

だ け で な く 、 五 感 の す べ て を 、 さ ら に は 聖 性

あ る 工 芸 品 が 見 ら れ ま す 。 食 事 は 味 覚 の 世 界

欄 間 は も と よ り ふ す ま ・ 障 子 の 細 部 に も 雅 趣

が あ っ て 日 本 画 の 軸 が か か り 花 も 活 け ら れ 、

ん で 数 寄 屋 造 り の 家 が 建 ち 、 部 屋 に は 床 の 間

が あ り ま し た 。 そ の 料 亭 で は 、 日 本 庭 園 を 囲

に 奥 深 く 豊 か な も の な の か と 教 え ら れ た こ と

を 食 べ に 行 っ て 、 日 本 の 食 文 化 と は こ の よ う

す ず 感 り し し と 生 あ 。 、 の 出 、 か に き 人 そ 演 し さ も 貪 る 間 る の 出 て ら 人 欲 こ あ 地 文 や き に 間 で と る 方 化 器 ま 見 は あ そ い 都 は と し た お る の は 市 芸 盛 た 目 い こ も 生 の 術 り 。 に し と の 物 古 の 付 特 も く も で に び た 域 け に 美 食 当 す と 老 に の 日 し べ 然 か っ 舗 ま 妙 本 い る の ら て の で を 料 よ こ こ 、 、 料 達 追 理 う と と そ 食 亭 す 求 に な を で の べ に る し は 料 常 し 食 る ほ て 、 理 に ょ べ こ ラ ど や 季 を 追 う る と ン 求 。 こ は で ま 節 チ

あ る 雲 水 さ ん た ち が 食 事 の 前 に 唱 え る ﹁ 五 観

鉢 に よ る 生 活 は 無 理 で す が 、 禅 宗 の 修 行 僧 で

会 と も な る の で し た 。 も ち ろ ん 一 般 の 人 に 托

す 。 そ の 托 鉢 は 、 人 々 と 仏 縁 を 結 ぶ 大 事 な 機

余 り も の を 頂 戴 し て 修 行 に 励 も う と し た の で

ず さ わ ら な い 身 で あ る こ と を 承 知 し 、 人 様 の

は 托 鉢 に よ っ て 食 を 得 ま し た 。 生 産 活 動 に た

イ ン ド に 発 し た 仏 教 で は 、 出 家 の お 坊 さ ん

本 か ら 考 え 直 す 必 要 が あ る よ う に 思 い ま す 。

課 題 で す が 、 同 時 に 我 々 の 食 べ る こ と を も 根

い か に 確 保 し 流 通 さ せ る か は 社 会 の 最 重 要 の

も の さ え あ り ま す 。 安 全 な 食 料 を 必 要 な 分 、

ル メ や 大 食 を 追 う ば か ��� の 状 況 は 、 目 に 余 る

は 無 理 で し ょ う 。 現 代 の 日 本 で い た ず ら に グ

日 常 に ま で こ の よ う な 様 式 を 貫 徹 さ せ る こ と

う し た 食 事 は あ く ま で も ハ レ の こ と で あ っ て 、

展 さ せ て い く こ と が 望 ま れ る で し ょ う が 、 こ

こ れ ら の 食 文 化 は 、 大 切 に 守 り 、 さ ら に 発

食 べ る こ と と 生 き る こ と

術 な の で し た 。

連載 エッセイ 


私 に と っ て 、 こ の 問 い に 答 え る ヒ ン ト は 、

で は 、 そ れ は ど の よ う な 状 態 か 。

と 思 え る の だ が 。

び ﹂ と 言 っ て も 、 あ な が ち 言 い 過 ぎ で は な い

の も の の よ う に 思 わ れ る 。

﹁ 生 存 ﹂ と い う こ と と 結 び つ け て 、 ﹁ 生 き る 喜

テ ィ と い う 考 え を 深 め 、 鍛 え て い く の に 必 須

具 体 的 な 実 践 の 中 で 生 じ て く る こ の 魅 力 を

木村 競 城大学教授 (哲学・倫理学)



だ ろ う か 。 こ の 問 い も ま た 、 サ ス テ イ ナ ビ リ

要 な こ と 、 も っ と 言 え ば 重 要 な こ と で は な い

て い る の か 、 な り 得 る の か と 問 う こ と も 、 必

る こ と で 、 ま さ に 今 、 ど の よ う な 状 態 に な っ

我 々 が サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と い う 考 え 方 を と

テ ィ を め ざ し て い る の か と 問 う だ け で な く 、

こ う 考 え る と 、 我 々 は 何 の サ ス テ イ ナ ビ リ

化 し て い る の で あ る 。

そ こ で は 、 ま さ に 今 、 素 晴 ら し い 何 か が 現 実

も や っ て み た い と い う 思 い が 引 き 出 さ れ る 。

け れ ば と い う 脅 迫 性 も 強 迫 性 も な い の に 、 私

を 越 え て 広 が っ て い く 。 何 か よ い こ と を し な

が り が 生 み 出 さ れ 、 そ の つ な が り は 組 織 の 枠

喜 び に 満 ち て い る 。 活 動 の 中 で 人 と 人 の つ な

い と 思 う 。

で も 言 え る も の で あ る な ら 、 自 分 も そ う し た

れ に 強 い 魅 力 を 感 じ る 。 そ れ が ﹁ 生 き 方 ﹂ と

状 態 を 現 実 化 し て い る と い う 場 合 、 我 々 は そ

素 晴 ら し い も の を 生 み 出 し て い る 、 ﹁ よ い ﹂

ら と い う 場 合 だ け で は な い 。 そ れ が ま さ に 今 、

を 将 来 に お い て 実 現 す る の に 役 立 ち そ う だ か

を 生 み 出 し そ う だ か ら 、 そ れ が ﹁ よ い ﹂ 状 態

力 を 感 じ る の は 、 そ れ が 何 か 価 値 の あ る も の

に 転 換 し て い く 。 そ の 活 動 を 行 う こ と 自 体 が

ま で に は な か っ た 、 で き な か っ た 新 た な も の

の 流 通 も 、 児 童 た ち の 学 習 の 進 め 方 も 、 こ れ

工 会 青 年 部 の 地 域 お こ し も 、 企 業 に よ る 商 品

ナ ビ リ テ ィ に つ な が る 活 動 を す る こ と で 、 商

︵ 本 号 の ﹁ サ ス テ ナ 情 報 室 ﹂ 参 照 ︶ 。 サ ス テ イ

グ ル ー プ 、 企 業 、 学 校 等 の 実 践 が 報 告 さ れ た

県 内 で 積 極 的 な 環 境 活 動 を 展 開 し て い る 市 民

ク シ ョ ッ プ ﹂ で 見 い だ さ れ た 。 そ こ で は

一 般 的 に 言 っ て 、 我 々 が 何 か に 引 か れ 、 魅

部 等 が 開 催 し た ﹁ い ば ら き 地 域 サ ス テ ナ ワ 城 ー

ら と い う だ け で は な い 。

こ の 三 月 に 城 大 学 の I C A S 、 地 域 連 携 本


な 生 き 方 を す る に せ よ 、 そ れ に よ っ て め ざ さ

る 。 我 々 が ど の よ う な 社 会 を 築 き 、 ど の よ う

存 ﹂ は 二 重 の 意 味 で か け が え の な い 価 値 で あ

は 、 そ れ が 単 に ﹁ 人 間 の 生 存 ﹂ に つ な が る か

と も 私 に と っ て の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 魅 力

の も の が あ る の で は と 言 い た く な る 。 少 な く

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 魅 力 に は 、 も う 一 つ 別

す る 主 体 も 対 象 も 存 在 し な い 。 ﹁ 人 間 の 生

し か し 、 こ の よ う な 言 い 方 を す る と 途 端 に 、

に し て も 、 人 間 が 生 き て い な け れ ば sustain

れ る 究 極 の 目 的 で あ る と 同 時 に 、 我 々 が ど の

に つ な が る か ら な の だ 。

と で あ る 。 何 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を め ざ す

一 つ の 確 実 な 答 え は 、 人 間 が 生 き 延 び る こ

な 生 き 方 ﹂ の 魅 力 は 、 そ れ が ﹁ 人 間 の 生 存 ﹂

ィ と い う 考 え 方 、 あ る い は ﹁ サ ス テ イ ナ ブ ル

テ ィ を め ざ し て い る の だ ろ う か 。

あ 界 と 直 ナ る 球 を で る と い し ビ わ 社 め 第 は 。 と う が リ け 会 ざ 七 い ら 概 必 テ に ﹂ す 号 っ え 念 要 ィ は と の で た る を だ の い い か 、 い こ 可 が 実 か う は 我 と 能 、 現 な よ 自 々 、 我 を に 近 の い う 明 が 々 可 し 代 た こ な で 何 は 能 、 文 め と も は の 何 に ﹁ 明 に を の な サ の し 地 化 は 述 を く ス サ た 球 こ 近 べ 無 、 テ ス も ﹂ そ 代 た 条 ﹁ イ テ の を が 文 。 件 人 ナ イ だ 一 ﹁ 明 サ に 類 ビ ナ リ か つ 人 化 ス 想 ﹂ ﹁ テ ビ ら の 類 の テ 定 、 リ で 世 ﹂ 見 イ す 地 ィ

る 。 逆 の 言 い 方 を す れ ば 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

と し て い る 最 大 の 理 由 が お そ ら く は こ こ に あ

と い う 考 え 方 が 広 く 社 会 に 受 け 入 れ ら れ よ う

っ て も 心 に 響 い て い る 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

の ﹁ 人 間 の 生 存 ﹂ と い う こ と が 、 微 か で は あ

よ う な 言 い 回 し に 引 か れ る 時 、 お そ ら く は こ

あ る い は ﹁ サ ス テ イ ナ ブ ル な 生 き 方 ﹂ と い う

我 々 が サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と い う 考 え 方 、

条 件 で あ る 。

に せ よ 、 そ れ を 可 能 に す る も っ と も 基 礎 的 な

生 き る 喜 び

よ う な 社 会 を 築 き 、 ど の よ う な 生 き 方 を す る

連載 エッセイ 


た け ど 、 私 は さ な が ら 田 舎 の 純 朴 な 女 ね 。 で

の ネ オ ン に 染 ま ら な い で 帰 っ て ﹂ と 訴 え て い

な 女 の 子 が 、 都 会 に 出 て 行 っ た 恋 人 に ﹁ 都 会

た の 知 っ て い る か し ら 。 田 舎 に 残 さ れ た 素 朴

い 願 死 い な ロ 一 て な し 私 を ア 昔 で い の る っ か 枚 し た て に す ッ あ 、 ﹁ 。 だ 私 ん て ら 一 ま を い は べ プ な か は で い の 枚 っ 前 る わ て し た 木 ら 自 し る ス 剝 た に の か 消 て に 綿 も 分 ょ 私 タ い わ 、 ね ら し 戻 は の う で う の ー で 。 私 。 な 去 っ 翻 ハ バ も ? 姿 ト い ま は す い っ て 弄 ン ー 滑 を 。 く た お っ ミ て き さ カ ジ 稽 あ あ そ の あ 地 か ス し た れ チ ョ で な な の ね な 蔵 り テ ま あ っ ー ン 笑 た た た 。 た さ 変 リ っ な ぱ フ ア っ に は び 思 の ん わ ア た た な ﹂ ッ て 合 笑 に い 秘 の っ ス う は し と プ し わ い 発 出 密 よ て な え 私 。 い な ま せ な 狂 づ の う し 部 、 と バ う ん う よ が し く ベ に ま 分 ま の ー 歌 て わ う ら そ り ー 固 っ を た 思 ジ が し 。 と 見 う も ル ま た 満 も い ョ あ っ な お 必 て に ゼ を っ あ 載 や 出 ン

な た の 名 前 は 、 パ ・ ソ ・ コ ・ ン !

﹁ タ チ の 悪 い 男 み た い な あ な た ﹂ そ う 、 あ

い な い 生 活 は や っ ぱ り 考 え ら れ な い 。

生 き て い き た い と 思 っ て い る の に 、 あ な た の

お 別 れ の 手 紙 を た た き つ け て 、 あ な た な し で

に ひ ど い あ な た に ﹁ 永 遠 に さ よ な ら よ ! ﹂ と

ら れ な い の じ ゃ な い か し ら 。 い つ か は こ ん な

戸髙恵美子 千葉大学助教 (リスクコミュニケーション)



つ い て い け な い 焦 り に 、 ゆ っ く り 老 い て も い

感 は ま す ま す 世 界 中 で 増 し て い て 、 あ な た に

れ る の か し ら 。 で も そ の 頃 に は あ な た の 存 在

い つ か 、 仕 事 を 辞 め た ら あ な た と は 縁 が 切

て い い な る ん の の か た と め 疑 に 心  ? 暗 鬼 た に だ な 単 る に 自 嫌 分 が に ら 疲 せ れ を る さ わ れ 。

さ れ て い な か っ た り す る じ ゃ な い の 。 い っ た

ま っ た り 、 普 段 頻 繁 に 使 う 機 能 が な ぜ か 表 示

書 い て い る 最 中 に 突 然 シ ャ ッ ト ダ ウ ン し て し

せ よ 。 最 新 バ ー ジ ョ ン の あ な た は 私 が 原 稿 を

の の に ひ 最 が 低 み 限 な 必 の 要  ? な 機 も 能 っ だ と け 単 あ 純 れ に ば 、 私 原 は 稿 十 を 分 書 幸 く

ジ ョ ン ア ッ プ の 速 度 は 速 い 。

力 で は ど う し よ う も な い ほ ど 、 あ な た の バ ー

な た に 追 い つ こ う と し た の に 。 今 は そ ん な 努

機 能 ば か り が 増 え て い る よ う に 感 じ る の は 私

な た に 戻 っ て ほ し い 。 一 見 新 し い け ど 無 駄 な

き る こ と な ら も う 一 度 、 素 朴 だ っ た こ ろ の あ


私 の 心 臓 が バ ク バ ク 鳴 り 出 し た 。 仕 事 で は 決

前 に 、 ﹁ 剛 毛 が 生 え て い る ﹂ と さ れ て い る

も 、 ゆ す っ て も 何 も 言 っ て く れ な い あ な た を

前 触 れ も な く 黙 り 込 ん で し ま っ た わ 。 叩 い て

わ な く な る の 。 こ の あ い だ も 、 あ な た は 突 然

ご 機 嫌 な な め に な っ て 、 う ん と も ス ン と も 言

で も あ な た は と っ て も 気 ま ぐ れ よ ね 。 突 然

な い 。 昔 の 私 な ら 、 一 生 懸 命 自 分 を 磨 い て あ

て 時 代 の 先 端 を 行 く あ な た 。 も う つ い て い け

次 か ら 次 へ と ﹁ バ ー ジ ョ ン ア ッ プ ﹂ と 称 し

も う 誰 も い な い 。 み ん な 知 っ て い る く せ に 。

い る 人 た ち も 、 あ な た な し で 生 き ら れ る 人 は

か っ た み た い だ ね ﹂ っ て 。 で も 、 そ う 言 っ て

り の 人 は 言 っ た わ 。 ﹁ タ チ の 悪 い 男 に ひ っ か

あ な た も そ う だ っ た で し ょ ?

ね 。 仕 事 も 一 緒 。 あ な た が い た か ら 私 が い た 。

の 。 あ な た と 一 緒 に い ろ い ろ な 勉 強 を し た わ

﹁ お や す み ﹂ の あ い さ つ を し て 一 日 が 終 わ る

な 当 る 然 。 。 あ い な な た い と と 共 大 に 変 一  ! 日 が な 始 に ま も り 手 、 に あ つ な か た な に く

て い て 、 私 を も て あ そ ん で い る の か し ら 。 周

い 体 に な っ て い る の よ 。 あ な た は そ れ を 知 っ

し ら 。 で も も う あ な た な し で は 生 き て い け な

す ‼ ﹂ そ う 言 っ て し ま え た ら ど ん な に い い か

な ん て 大 嫌 い ! あ な た な し で 生 き て い き ま

空 気 み た い な 存 在 、 て い う の か な 。 い る の が

普 段 は あ な た と 一 心 同 体 だ と 思 っ て い る の 。

い ま だ に あ な た の こ と が よ く わ か ら な い わ 。

る か し ら 。 こ ん な に 長 い こ と 付 き 合 っ て も 、

あ な た と 知 り 合 っ て も う 一 五 年 く ら い に な

ひ ど い あ な た

ゃ ん お っ し こ な で 願 て て ん い も い し 流 な ? あ だ ま し な か っ た こ た ら た こ と は も わ と も 知 う 。 の う ら 一 私 な 二 ん 度 が い 度 ぷ 目 な 涙 と り を に が ご 。 開 を 眼 め ひ け し い ん ど て た っ よ い ! の ぱ 。 ﹁ 裏 か い あ 切 そ し に な り う ら た た じ 叫 ? ま

連載 エッセイ 


︵ ス イ ス の 山 奥 の 村 で 眠 る 二 人 の た め に ︶

の 瞳 の 優 し さ を 撮 し 込 ん だ よ う に 思 わ れ ま す 。 所 に 逝 っ て し ま い ま し た 。

に は 共 通 し た も の が 感 じ ら れ 、 ま る で 、 大 石   こ の 早 春 、 メ ヒ チ ル は と う と う ジ ョ セ フ の

に    も そ 大 ベ の 石 ト 感 芳 ナ じ 野 ム が の の 出 瞳 子 て は ら い 凛 の ま 凛 瞳 す と 凛 と 。 撮 大 し 石 た の る 瞳 の 写 真

て 、 鶴 見 和 子 が 詠 ん だ 、

つ ら い も の を 感 じ さ せ ま し た 。

の 写 真 は と て も 澄 ん で す ば ら し く 、 思 わ ず ジ

か し 、 こ の 写 真 と 一 〇 年 間 つ き あ う と す る と 、

ョ セ フ の 瞳 を 見 た よ う な 気 に さ せ ま し た 。 し

大崎 満 北海道大学大学院教授 (根圏環境制御学/植物栄養学)



賞 受 賞 を 祝 っ

が 撮 る の は 、 戦 場 で の 凛 と し た 瞳 で す が 、 優

し て い て い ま す 。 こ れ に 比 べ る と 、 大 石 芳 野

名 で す 。 眼 は 、 恐 怖 と 緊 張 で 異 常 に ぎ ら ぎ ら

グ ラ フ ス ﹄ の 表 紙 を 飾 っ て い る 写 真 と し て 有

﹃ ナ シ ョ ナ ル ジ オ グ ラ フ ィ ッ ク ザ ・ フ ォ ト

と う ア フ ガ ニ ス タ ン 難 民 少 女 の 眼 を と ら え 、

見 ま し た 。 そ の 一 枚 は 、 ぼ ろ ぼ ろ の 衣 服 を ま

タ ン ・ ア フ ガ ニ ス タ ン と の 国 境 ﹂ の 写 真 展 を

で 、 ス テ ィ ー ブ ・ マ ッ カ リ が 撮 っ た ﹁ パ キ ス

べ て 二 人 で 撮 っ た も の に 違 い あ り ま せ ん 。 瞳

を 務 め て い た も の で す 。 こ の 部 屋 の 写 真 も す

い て 、 メ ヒ チ ル は 反 射 板 を 持 っ た り し て 助 手

シ コ で 一 緒 に 働 い て い た 頃 か ら 写 真 に 凝 っ て

心 に 据 え ら れ て い た の で す 。 ジ ョ セ フ は メ キ

か 草 花 で す が 、 一 枚 だ け 瞳 を 撮 っ た 写 真 が 中

り ま し た 。 ジ ョ セ フ の 写 真 は ほ と ん ど 風 景 と

た と き に 、 彼 女 の 部 屋 に そ の 写 真 が か け て あ

去 年 、 ス イ ス の ベ ル ン に メ ヒ チ ル を 妻 と 尋 ね

し て い ま し た 。 一 〇 年 前 に 亡 く な り ま し た が 、

し さ が あ り ま す 。 大 石 の 土 門

ド イ ツ の 平 和 村 と 称 す る

は 輝 い て い ま す 。

ち ゃ ん と 成 り 立 ち 、 自 立 し て い る 社 会 ほ ど 目

す 。 つ ま り 、 統 計 的 に 貧 し い が 日 々 の 生 活 が

あ ら ゆ る 指 標 ﹂ と は 、 逆 相 関 の 関 係 に あ り ま

フ は 不 治 の 病 で 入 退 院 を 繰 り 返 し な が ら 、 国

と 同 じ よ う な 瞳 を み た こ と か ら で す 。 ジ ョ セ

が 撮 っ た ニ ジ ェ ー ル の 少 女 に も 、 大 石 の 写 真

そ う 強 く 感 じ る ��� う に な っ た の は 、 ジ ョ セ フ

Sievershausen

自 分 の 気 持 ち が 、 他 人 の 瞳 に 撮 し 込 ま れ る 。

際 半 乾 燥 地 研 究 所 の ニ ジ ェ ー ル 支 所 で 仕 事 を


な い ﹁ 意 識 ﹂ や ﹁ 主 観 ﹂ を 扱 う の は 科 学 で な

の 動 物 行 動 主 義 に よ る と 、 外 部 か ら 観 察 で き

気 が 通 じ た の も 確 か ら し く 思 わ れ ま す 。 当 時

﹁ 心 ﹂ が あ る の で し ょ う か 。 目 線 が 合 っ て 、

た 雀 。 に 雀 も が 愛 捨 情 て が 身 あ の る 覚 悟 の を で す し る ょ  ? う か 。 つ ま り

る れ と と 、 い 二 う 羽 の は か 頭  ? 上 に 脚 弧 の を 網 描 を い ほ て ど 飛 い び て 去 放 り し ま て し や

に 気 づ き ま し た 。 我 が 身 を 捨 て で も 助 け て く

少 し 離 れ た 所 に 、 網 に 脚 を 絡 め た 雀 が い る の

リ と も 動 か ず 、 鋭 い 眼 光 で 凝 視 し て い ま す 。

上 げ て 打 ち 下 ろ す そ ぶ り を し ま し た が 、 ピ ク

じ っ と 凝 視 し て い る 雀 が い ま し た 。 棒 を 振 り

し て 、 追 っ 払 っ て い た と こ ろ 、 柱 に 止 ま り 、

か ら 雀 が 入 っ て き ま す 。 あ る 日 、 棒 を 振 り 回

雀 網 が 張 っ て あ り ま す が 、 ち ょ っ と し た 隙 間

あ る 水 田 で 研 究 を 続 け て い ま し た 。 水 田 に 防

学 生 の 頃 、 北 海 道 大 学 の ポ プ ラ 並 木 の 脇 に

代 に わ た る 目 の 輝 き 度 ﹂ と ﹁ 経 済 的 豊 か さ の

な こ と に 、 私 の 頭 の 中 で の 計 算 で は 、 ﹁ 全 世

も 都 市 で は む し ろ 目 が 死 ん で い ま す 。 不 思 議

ン グ ラ デ シ ュ 、 ベ ト ナ ム の 田 舎 で す 。 ど の 国

会 が 確 か に あ り ま す 。 例 え ば 、 モ ン ゴ ル 、 バ

﹁ 目 の 輝 き ﹂ も 科 学 に な り に く い の で す が 、

ン が 潜 ん で い る よ う に 思 わ れ ま す 。

の 中 に 目 に よ る か な り 共 通 の 情 報 発 信 パ タ ー

驚 き で し た 。 雀 ま で 含 め う る と す る と 、 動 物

う 器 官 で あ る と 認 識 さ せ ら れ た こ と は 大 き な

報 セ ン サ ー ば か り で な く 、 情 報 発 信 を お こ な

心 と 同 様 に ま だ 限 定 的 で す 。 私 に は 、 目 は 情

認 知 の 問 題 と し て 研 究 が 深 め ら れ て い ま す が 、

相 互 凝 視 ︵ ア イ コ ン タ ク ト ︶ も 、 対 人 知 覚 ・

依 然 と し て 霊 長 類 ま で に 限 定 さ れ て い ま す 。

研 究 も タ ブ ー で は な く な り つ つ あ り ま す が 、

い と さ れ て い ま し た 。 最 近 で は 、 動 物 の 心 の

子 供 か ら 老 人 ま で 目 が キ ラ キ ラ 輝 い て い る 社

凛 と し た 瞳

連載 エッセイ 


﹁ お あ が り ﹂ を 着 る に は 、 ル ー ル も 必 要 だ 。

若 く な る 。 い い こ と だ 。

思 う 。 そ う な る と 心 も 若 く な り 、 着 る も の も

な と こ ろ だ け を 確 認 し 、 認 識 し て い る の だ と

て い る の で は な く 、 若 か っ た 頃 の 顔 の 特 徴 的

て い る 。 互 い に 、 現 在 の 顔 を 認 識 し て 話 を し

持 ち た い 。 ﹁ し か ぞ す む ﹂ で あ る 。

食 べ 物 を 大 切 に 、 清 貧 に 暮 ら す こ と に 誇 り を

な 量 の エ ネ ル ギ ー が 消 費 さ れ て い る 。 衣 服 や

が 出 来 る ま で 、 食 糧 が 食 卓 に 並 ぶ ま で 、 膨 大

の 節 約 ば か り が 取 り 上 げ ら れ て い る が 、 衣 服

電 気 ・ ガ ス ・ ガ ソ リ ン な ど エ ネ ル ギ ー 消 費

物 に 行 く の だ ろ う 。 二 人 の 間 で 時 間 が 止 ま っ

は そ ん な 年 で あ る こ と を す っ か り 忘 れ 、 買 い

の カ ッ プ ル は 微 笑 ま し い 。 多 分 、 当 人 ど う し

と 思 っ て み た り す る 。 若 者 の 服 を 着 た 老 夫 妻

服 を 着 て い る の を 見 る と 、 ﹁ お あ が り ﹂ か な

電 車 で 年 配 の 人 が ジ ー ン ズ を は い て 若 者 の

で ﹁ お あ が り ﹂ を 食 べ る と 考 え た ら い い 。

が 家 の 場 合 ︶ 一 度 に 大 量 に 作 る の で 、 み ん な

あ る か ら い い じ ゃ な い か 。 煮 物 ・ 鍋 物 は ︵ わ

の 可 能 性 が 高 い が 、 黙 っ て 食 べ る 。 ビ ー ル が

み 醬 油 が か か っ て い た り す る 。 ﹁ お あ が り ﹂

も 、 例 え ば ホ ウ レ ン 草 の お ひ た し の 一 部 に の

教 員 た ち は 治 ま ら な か っ た 。

わ れ た 本 部 キ ャ ン パ ス 、 と く に 農 学 部 の 男 性

て く れ た 。 し か し 、 た く さ ん の 女 子 学 生 を 奪

に な る 。 お か ず が 皿 に き ち ん と 盛 ら れ て い て

な る 。 夕 食 は 家 族 の 中 で 一 番 最 後 に と る こ と

仕 事 の 都 合 上 、 ど う し て も 帰 宅 時 間 が 遅 く

ャ ン パ ス を 大 学 院 の 進 学 先 と し て 希 望 し て 来

が 、 な ぜ か そ の 年 、 多 く の 女 子 学 生 が 宇 治 キ

こ と が あ る 。 そ の 言 葉 が 原 因 で は な い と 思 う

だ か ら 、 宇 治 に 来 た ら ﹁ モ テ る ぞ ﹂ と 言 っ た

義 の 中 で 、 宇 治 キ ャ ン パ ス は 田 舎 で 男 ば か り

の で 、 ﹁ お あ が り ﹂ と い っ た 感 じ で や る 。 講

母 屋 ︵ 農 学 部 ︶ の 二 階 で 講 義 を さ せ て も ら う

身 体 つ く り に 結 び つ く メ リ ッ ト も あ る 。

が り ﹂ を 着 る た め に ト レ ー ニ ン グ し 、 健 康 な

間 違 え る 、 そ ん な 着 方 が 礼 儀 だ ろ う 。 ﹁ お あ

後 ろ か ら 見 た ら 、 青 年 あ る い は お 嬢 さ ん と 見

思 う 。 若 者 の 服 を 着 る 以 上 、 背 筋 も 伸 び て 、

タ ボ の 肥 満 体 で ジ ー ン ズ を は く の は ど う か と

T シ ャ ツ を 着 て も 五 十 肩 で 猫 背 だ っ た り 、 メ

林 隆久 京都大学生存基盤科学研究ユニット研究フェロー(生存圏研究所准教授) (樹木分子生物学)




い る 。 キ ャ ン パ ス の 周 り も 、 カ ジ ュ ア ル な 服

あ る 。 み ん な 普 段 着 で 自 身 の 研 究 に 没 頭 し て

物 学 ﹂ の 講 義 を 担 当 し て い た 時 期 が あ っ た 。

農 学 部 の 非 常 勤 講 師 と な っ て ﹁ 樹 木 分 子 生

ネ ク タ イ ・ ス ー ツ が 似 合 わ な い キ ャ ン パ ス で

学 生 は い な い 。 静 か な 大 人 の 雰 囲 気 で あ る が 、

る 。 附 置 研 究 所 が 主 体 で あ る た め 、 若 い 学 部

は 、 京 都 と い っ て も 南 の は ず れ 、 宇 治 市 に あ

私 が 勤 務 し て い る 京 都 大 学 宇 治 キ ャ ン パ ス

教 員 ら し き 人 が 。 心 が な ご む 。

の だ 。 ﹁ お あ が り ﹂ を 着 て 歩 い て い る 老 年 の

の 富 の 格 差 に 愕 然 と し な が ら も 、 や は り い る

が 多 い た め 、 な お さ ら で あ る 。 キ ャ ン パ ス 間

っ き り し て い る 。 ネ ク タ イ ・ ス ー ツ 姿 の 職 員

リ ラ ッ ク ス し て 仕 事 が で き る 。

が す る 。 ワ イ シ ャ ツ と ネ ク タ イ か ら 解 放 さ れ 、

ば ら く す る と 服 の 方 か ら 私 に な じ ん で く る 気

日 は 若 い ね ﹂ と 女 房 は 冷 や か す け れ ど も 、 し

い 。 息 子 の ﹁ お あ が り ﹂ を 着 る と ﹁ お ー 、 今

人 と 男 の 子 一 人 な の で 服 の や り 取 り が で き な

こ こ で は 、 若 い 学 生 た ち と 大 人 と の 対 比 が は

で 食 べ ら れ る イ タ リ ア ン カ フ ェ テ リ ア が あ る 。

あ り 、 庭 を は さ ん で 向 か い に は 手 ご ろ な 価 格

台 記 念 館 の 中 に は 高 級 フ レ ン チ レ ス ト ラ ン が

外 国 に 来 た よ う な 雰 囲 気 に な る 。 荘 厳 な 時 計

大 学 本 部 の あ る 吉 田 キ ャ ン パ ス に 行 く と 、

一 人 っ 子 の 場 合 は む ろ ん 、 わ が 家 は 女 の 子 一

姉 妹 間 で の ﹁ お さ が り ﹂ が な く な っ て き た 。

う 。 子 ど も の 数 が 減 っ て き た た め か 、 兄 弟 ・

親 が も ら っ て 着 る 。 こ れ を ﹁ お あ が り ﹂ と い

っ た 。 年 頃 な の で 服 が た ま る ば か り 、 そ れ を

娘 と 息 子 が 成 長 し 、 親 を 追 い 越 す 背 丈 に な

か つ 開 き 直 っ て 生 き て い る 。

ん で い る 人 た ち は 、 ﹁ こ の よ う に ﹂ の ど か に 、

︵ こ の よ う に 住 む ︶ ﹂ の よ う な 感 じ で あ る 。 住

な り ﹂ ︵ 喜

た つ み し か ぞ す む 世 を う ぢ 山 と 人 は い ふ

装 で 道 を 歩 け る 気 楽 な 街 だ 。 ﹁ 我 が 庵 は 都 の

法 師 ・ 百 人 一 首 ︶ の ﹁ 然 ぞ 住 む

お あ が り

連載 エッセイ 


に 書 か れ て い て 、 人 の 鎖 は 単 に 手 紙 を 届 け る

ミ ル グ ラ ム の 実 験 で は 、 メ ッ セ ー ジ は 手 紙

は 四 三 人 で あ る 必 要 が あ り ま す 。

互 い に 結 び 付 く た め に は 、 ﹁ 知 り 合 い ﹂ の 数

人 に 相 当 す る の で 、 六 人 の 鎖 で 世 界 の 人 々 が

因 み に 、 四 三 の 六 乗 は 、 世 界 の 総 人 口 六 五 億

示 さ れ ま し た 。 意 外 と 小 さ な 数 だ っ た の で す 。

六 人 の 鎖 で つ な ぎ 合 う こ と が で き る ﹂ こ と が

し て 有 名 で す 。 そ の 結 果 、 ﹁ 世 界 中 の 人 間 は

グ ラ ム が 行 っ た ﹁ ス モ ー ル ワ ー ル ド 実 験 ﹂ と

九 六 七 年 、 米 国 の 心 理 学 者 ス タ ン レ ー ・ ミ ル

段 階 の 鎖 が 必 要 で し ょ う か 。 こ の 問 題 は 、 一

大 統 領 に メ ッ セ ー ジ を 伝 え 得 る た め に は 、 何

と し ま す 。 さ て 、 こ の 方 法 で 、 あ る 一 般 人 が

ァ ー ス ト ネ ー ム で 呼 び 合 う こ と が で き る 間 柄

形 成 し ま す 。 こ こ で ﹁ 知 り 合 い ﹂ の 定 義 は フ

い ﹂ へ と 何 段 階 も の 伝 達 の チ ェ イ ン ︵ 鎖 ︶ を

い で は な い の で 、 ﹁ 知 り 合 い ﹂ か ら ﹁ 知 り 合

を 考 え ま す 。 我 々 は 大 統 領 の 直 接 的 な 知 り 合

を 手 紙 に 書 い て 、 米 国 の 大 統 領 に 届 け る こ と

つ な が り を 研 究 し ま す 。 例 え ば 、 メ ッ セ ー ジ

の テ ー マ で も あ り ま す 。 こ の 理 論 は 人 と 人 の

2004 年 12 月スリランカ 西海岸を襲った津波. (Proposal for usage of ICT method for risk management for future natural disasters, G. Dassanayake, V. Patu, S. Ozawa, et al., Proc. Vietnam-Japan Symposium on Mitigation and Adaptation of ClimateChange-Induced Natural Disasters, 2007 より)

グ ラ ノ ヴ ェ ッ タ ー は 、 あ ま り 良 く 知 ら な い 人

け て い た こ と が 分 か り ま し た 。 こ の 例 か ら 、



良 く 知 ら な い 人 か ら の 情 報 に よ っ て 職 を 見 つ

な ど の 紹 介 に よ っ て で は な く 、 む し ろ あ ま り

ま し た 。 そ の 結 果 、 被 検 者 の 多 く は 、 近 親 者

彼 ら が 、 如 何 に し て 職 を 見 つ け た か を 調 査 し

ホ ワ イ ト カ ラ ー 労 働 者 を 無 作 為 に 選 択 し て 、

者 マ ー ク ・ グ ラ ノ ヴ ェ ッ タ ー は 、 一 九 七 〇 年 、

強 み ﹂ と い う 話 を し ま し ょ う 。 米 国 の 社 会 学

ミ ル グ ラ ム の 実 験 と 並 ん で 有 名 な ﹁ 弱 い 絆 の

次 に 、 ソ ー シ ャ ル ・ ネ ッ ト ワ ー ク 理 論 で 、

素 社 会 の 構 築 ﹂ を 呼 び か け る こ と が で き ま す 。

人 以 上 で あ れ ば 、 世 界 の 総 て の 人 々 に ﹁ 脱 炭

皆 さ ん は 何 人 持 っ て い ま す か 。 そ れ が 、 四 三

し 、 そ れ を ﹁ 知 り 合 い ﹂ に 伝 え て く れ る 人 を 、

う ﹂ と い う メ ッ セ ー ジ を 理 解 し 、 そ れ に 賛 同

の で す 。 例 え ば 、 ﹁ 脱 炭 素 社 会 を 構 築 し よ

メ ッ セ ー ジ を 完 全 に 理 解 し な け れ ば な ら な い

せ ね ば な り ま せ ん 。 従 っ て 、 鎖 と な る 人 々 は

学 で は 、 メ ッ セ ー ジ の 内 容 を 全 世 界 に 周 知 さ

ろ う と 構 わ な い の で す 。 し か し 、 持 続 可 能 性

役 割 だ け の も の で し た 。 手 紙 の 中 身 は 何 で あ


る の で し ょ う か 。 拡 大 写 真 に 写 っ て い る 人 々

の 表 情 か ら は 、 恐 怖 感 が 読 み と れ ま せ ん 。 彼

な ぜ こ う も 沢 山 の 人 々 が 大 き な 波 の 直 前 に い

こ れ を 見 る と 、 何 か 不 思 議 な 感 じ が し ま す 。

西 海 岸 に 到 達 し た と き に 撮 影 さ れ た も の で す 。

し た 。 こ の 写 真 は 、 そ の 津 波 が ス リ ラ ン カ の

ー ド 九 ・ 三 の 地 震 が 起 こ り 、 津 波 が 発 生 し ま

四 年 十 二 月 二 六 日 、 ス マ ト ラ 沖 で マ グ ニ チ ュ

一 枚 の 写 真 か ら 話 を 始 め ま し ょ う 。 二 〇 〇

い う 危 機 感 が そ の 背 景 に あ り ま す 。

っ て 、 災 害 に 対 す る リ ス ク が 今 後 急 増 す る と

生 じ る 様 々 な 現 象 と 自 然 災 害 の 相 乗 効 果 に よ

し て い ま す 。 こ れ は 、 地 球 の 温 暖 化 に よ っ て

適 応 学 を 生 す る こ と ﹂ に 興 味 を 抱 い て 活 動

特 に ﹁ 過 去 の 自 然 災 害 か ら 学 び 、 将 来 の 自 然

● 連載講座 ●  

関 ︶ の メ ン バ ー と し て 、 気 候 変 動 と 自 然 災 害 、

A り 達 を S た ﹂ 紹 ︵ い に 介 と つ し 城 思 い な 大 い て が 学 ま 議 ら ・ す 論 、 地 。 し ﹁ 球 筆 、 メ 変 者 こ ッ の セ 動 の グ シ ー 適 ル リ 応 ー ー ジ 科 プ ズ の 学 は を 研 、 締 成 究 I め と 機 C 括 伝

の 最 終 回 で す 。 筆 者 の グ ル ー プ の 最 近 の 仕 事

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と I T に つ い て の 連 載

サステイナビリティと IT

(最終回)

メッセージの 成と伝達 小澤 哲 城大学大学院理工学研究科教授 (リスク情報科学)

の 基 礎 と な る ソ ー シ ャ ル ・ ネ ッ ト ワ ー ク 理 論

ル ・ ネ ッ ト ワ ー キ ン グ ・ サ ー ビ ス ︵ S N S ︶

分 野 で 共 通 的 な 問 題 で 、 い ま 流 行 の ソ ー シ ャ

え ま し ょ う 。 こ れ は 、 持 続 可 能 性 学 の 様 々 な

と き に 、 ど の よ う に す れ ば よ い か に つ い て 考

﹁ 分 か っ た こ と を 人 に 伝 え た い ﹂ と 思 っ た

バ ル な 教 育 シ ス テ ム が 必 要 に な り ま す 。

え ら れ 、 共 有 さ れ る べ き で す 。 即 ち 、 グ ロ ー

ん 。 ス リ ラ ン カ で の 教 訓 は 他 国 の 人 々 に も 伝

世 代 の ス リ ラ ン カ 人 に 伝 え な け れ ば な り ま せ

め に は 、 こ の 災 害 で 学 ん だ 多 く の こ と を 、 次

す 。 こ の よ う な 悲 し い 経 験 を 繰 り 返 さ な い た

か を 伝 え る 写 真 や ビ デ オ が 数 多 く 残 っ て い ま

し た 。 こ の 被 災 が い か に 悲 惨 な も の で あ っ た

〇 〇 〇 人 、 行 方 不 明 一 万 八 〇 〇 〇 人 の 被 害 で

リ ラ ン カ の 各 地 で 起 こ り ま し た 。 死 者 三 万 一

の 犠 牲 に な り ま し た 。 こ れ に 似 た こ と が 、 ス

写 真 を 撮 る 人 、 こ の 写 真 の 全 て の 人 々 が 津 波

子 供 を 肩 車 に し て 走 る 人 、 車 の 屋 根 に 立 っ て

津 波 が 近 づ い て く る の を 観 望 し て い た の で す 。

な か っ た の で す 。 彼 ら は 逃 げ る こ と を 考 え ず 、

ら は 、 津 波 と は 如 何 な る も の で あ る か を 知 ら




ル ・ セ ク タ ー に コ ピ ー し ま す 。 こ の セ ク タ ー

る コ ン テ ン ツ は 、 英 訳 し て イ ン タ ー ナ シ ョ ナ

し ま す 。 そ の 中 で 特 に 他 国 と 共 有 す る に 値 す

使 い 、 母 国 語 に よ る 様 々 な コ ン テ ン ツ を 蓄 積

お り 、 後 者 は 、 現 地 の 教 師 グ ル ー プ が 自 由 に

メ ス テ ィ ク の 二 つ の セ ク タ ー か ら 構 成 さ れ て

サ ー バ の 中 身 は 、 イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル と ド

バ ン グ ラ デ シ ュ 等 へ の 展 開 を 計 画 し て い ま す 。

っ て い ま す が 、 さ ら に 、 フ ィ ジ ー 、 ベ ト ナ ム 、

は 、 サ モ ア 、 ス リ ラ ン カ 、 ハ ワ イ 、 日 本 で 行

全 く 新 し い シ ス テ ム で す 。 サ ー バ の 設 置 作 業

サ ー バ が 協 調 的 に コ ン テ ン ツ を 開 発 す る 点 で

を 開 発 で き る 環 境 を 準 備 し て い ま す 。 複 数 の

助 ・ 互 恵 の 関 係 で 連 携 し な が ら 、 コ ン テ ン ツ

て 、 こ れ ら の 国 の 教 師 グ ル ー プ が 、 相 互 扶

る 協 調 的 サ ー バ 群 ︵ K I S S E L ︶ を 設 置 し

太 平 洋 諸 国 の 大 学 に E ラ ー ニ ン グ を 実 施 す

つ つ あ り ま す 。 我 々 の グ ル ー プ で は 、 ア ジ ア

が あ り 、 ア ジ ア 太 平 洋 諸 国 で も 急 速 に 広 ま り

ィ ア 教 材 が 容 易 に 利 用 で き る こ と な ど の 利 点

育 プ ロ グ ラ ム を 構 築 で き る こ と 、 マ ル チ メ デ

の カ リ キ ュ ラ ム と 並 列 的 に オ プ シ ョ ン 的 な 教

る の で 、 コ ン テ ン ツ の 共 有 が 図 ら れ る と い う

の 中 身 は 総 て の サ ー バ 群 に ミ ラ ー リ ン グ さ れ

2008 年 2 月、筆者のグループ とハワイ大学の太平洋地域衛星通 信ネットワーク研究チームとの打 ち合わせ.

ま し た 。



世 界 を と 考 え た の が 、 す べ て の 出 発 点 で あ り

極 め て 印 象 的 で し た 。 そ れ が 永 遠 に 続 き う る

目 に し た 子 供 た ち の 多 感 で 澄 ん だ ま な ざ し が

時 の こ と で し た 。 サ バ イ ィ 島 の あ る 小 学 校 で

の は 、 二 〇 〇 五 年 、 初 め て サ モ ア を 訪 問 し た

で も あ り ま す 。 筆 者 が こ の ア イ デ ィ ア を 得 た

L ︶ は 、 新 し い タ イ プ の ネ ッ ト ワ ー ク の 提 案

み と い う 点 で 協 調 的 サ ー バ 群 ︵ K I S S E

識 ま プ を す ラ 。 ッ 成 ﹁ ト す 異 ホ る な ー こ る ム と 国 に ﹂ の 成 を 人 長 可 々 す 能 が れ に 協 ば す 調 よ る 的 い 組 に と 織 新 考 的 し え な い て 試 知 い

持 続 可 能 性 学 ﹂ を 構 築 す る 一 つ の ネ ッ ト 上 の

S S E L ︶ が 、 ﹁ ア ジ ア 太 平 洋 諸 国 の た め の

り ま す が 、 近 い 将 来 、 協 調 的 サ ー バ 群 ︵ K I

こ の プ ロ ジ ェ ク ト は 始 ま っ た ば か り で は あ

め の 工 夫 で す 。

活 動 と グ ロ ー バ ル な 知 識 共 有 を 両 立 さ せ る た

仕 組 み で す 。 二 つ の セ ク タ ー は 、 母 国 語 で の


既 存 の 人 的 ネ ッ ト ワ ー ク の 間 に ﹁ 弱 い 絆 ﹂ を

全 体 に ネ ッ ト ワ ー ク を 開 放 す る の で は な く 、

ネ ッ ト ワ ー ク を 結 ぶ 方 法 で す 。 い き な り 世 界

つ い て 説 明 し ま し ょ う 。 そ れ は 、 既 存 の 人 的

そ こ で 、 我 々 の グ ル ー プ が 考 案 し た 方 法 に

い う 点 で 物 足 り な い も の を 感 じ ま す 。

式 は 魅 力 的 で す が 、 一 方 、 組 織 的 な 展 開 力 と

に 行 う も の で す 。 そ の 開 放 的 で 自 由 な 伝 達 方

基 本 で す 。 そ の 活 動 は 不 特 定 の 人 々 が 自 発 的

の ネ ッ ト ワ ー ク は 、 ﹁ こ の 指 と ま れ ﹂ 方 式 が

十 分 と い う こ と に な る の で し ょ う か 。 S N S

普 及 は 単 に S N S 上 に メ ッ セ ー ジ を 置 け ば 、

大 変 な 流 行 で す 。 そ れ で は 、 持 続 可 能 性 学 の

絆 ﹂ を ネ ッ ト 上 に 形 成 し ま す 。 今 や S N S は

行 う シ ス テ ム が S N S で す 。 そ れ は ﹁ 弱 い

社 会 で の 人 的 な ネ ッ ト ワ ー ク の 形 成 支 援 を

の で あ り ま し た 。

り 良 く 知 ら な い 人 ﹂ の 中 に い る こ と を 示 す も

の 実 験 で の ﹁ 知 り 合 い ﹂ の 中 よ り も 、 ﹁ あ ま

そ れ に 適 切 に 対 応 し て く れ る 人 は ミ ル グ ラ ム

ま し た 。 こ れ は 、 メ ッ セ ー ジ の 内 容 を 理 解 し 、

と の ネ ッ ト ワ ー ク ﹁ 弱 い 絆 ﹂ の 重 要 性 を 説 き

個人を結ぶ強い絆

個人を結ぶ強い絆

個人を結ぶ弱い絆

マーク・グラノヴェッターの 「弱い絆」の強み.

性 格 に 注 目 し ま す 。 E ラ ー ニ ン グ は 、 既 存

そ こ で 、 E ラ ー ニ ン グ の 持 つ 自 由 学 習 的 な

い 教 科 や テ ー マ を 挿 入 す る 余 裕 は あ り ま せ ん 。

ど こ の 国 で も 、 き ち ん と 決 ま っ て い て 、 新 し

で す 。 し か し 、 学 校 教 育 の カ リ キ ュ ラ ム は 、

育 の プ ロ グ ラ ム に 取 り 上 げ て も ら う の が 狙 い

プ と 一 緒 に な っ て 考 え 、 こ の テ ー マ を 学 校 教

絆 ﹂ を 作 る こ と に し ま す 。 現 地 の 教 師 グ ル ー

し て い る 現 地 の 既 存 の 教 師 グ ル ー プ と ﹁ 弱 い

い の で す が 、 差 し 当 た っ て 、 彼 ら と 日 々 接 触

い 世 代 に 対 し て 、 我 々 の メ ッ セ ー ジ を 伝 え た

最 終 的 に は ア ジ ア 太 平 洋 諸 国 の 未 来 を 担 う 若

学 の 発 想 を 定 着 す る こ と ﹂ を 問 題 に し ま す 。

ム を 構 築 し 、 こ の 地 域 に サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

る ア ジ ア 太 平 洋 諸 国 の た め の 防 災 教 育 シ ス テ

津 波 災 害 を 教 訓 と し て 、 自 然 災 害 一 般 に 関 す

例 え ば 、 冒 頭 で 述 べ た 話 題 ﹁ ス リ ラ ン カ で の

す る 母 体 に な っ て い る 点 で さ ら に 重 要 で す 。

デ ル に 似 て い ま す が 、 メ ッ セ ー ジ 自 体 を 生 成

ゆ く と い う 方 法 で す 。 グ ラ ノ ヴ ェ ッ タ ー の モ

っ て 、 メ ッ セ ー ジ の 内 容 そ の も の を 形 成 し て

形 成 し 、 そ れ ら が 協 調 的 に 活 動 す る こ と に よ




と 高 温 ・ 高 塩 分 な 暖 流 の 流 入 、 過 剰 漁 獲 に よ

陸 域 か ら の 東 シ ナ 海 や 黄 海 へ の 河 川 水 の 減 少

が あ げ ら れ ま す 。 こ の 増 加 に つ い て は 、 中 国

近 日 本 海 な ど で 増 加 し て い る エ チ ゼ ン ク ラ ゲ

な 増 加 を も た ら し ま す 。 そ の 例 と し て は 、 最

カ タ ク チ イ ワ シ 類 な ど 寿 命 の 短 い 生 物 の 急 激

プ ラ ン ク ト ン を と す る ク ラ ゲ 類 や イ カ 類 、

与 え ま す 。 例 え ば 、 高 次 捕 食 者 の 減 少 は 動 物

ト ッ プ ダ ウ ン 効 果 と し て 海 洋 生 態 系 に 影 響 を

剰 な 漁 獲 は 、 高 次 捕 食 者 の 減 少 と 言 う 形 で 、

ど の よ り 栄 養 階 層 の 高 い 大 型 魚 類 に 対 す る 過

ぼ し ま す 。 こ れ に 加 え て 、 マ グ ロ や タ ラ 類 な

生 物 量 の 減 少 と い う ボ ト ム ア ッ プ 的 影 響 を 及

に つ な が る 食 物 連 鎖 を 通 し て 、 各 栄 養 階 層 の

型 ・ 大 型 魚 類 、 そ し て 海 獣 類 、 ク ジ ラ 類 な ど

少 は 、 そ れ を と す る 動 物 プ ラ ン ク ト ン 、 小

引 き 起 こ し ま す 。 こ の 植 物 プ ラ ン ク ト ン の 減

へ の 到 達 を 妨 げ て 植 物 プ ラ ン ク ト ン の 減 少 を

海 面 水 温 の 上 昇 は 深 層 か ら の 栄 養 塩 類 の 表 層

息 場 所 を 北 上 さ せ る こ と に な り ま す 。 ま た 、

物 の 北 上 を 促 し 、 逆 に 寒 海 性 生 物 の 激 減 や 生

え ば 、 地 球 温 暖 化 は 、 暖 流 を 強 め て 暖 海 性 生

海の食物連鎖を通して有機物塊(生物体そのもの) が順番に大きくなる(これが,海洋生態系の特徴) . (谷口旭東京農大教授作成に微生物ループを加筆)

物 を 研 究 す る 友 人 は 、 ﹁ つ い に 、 こ の イ カ も

増 加 は な か っ た は ず で す 。 メ キ シ コ で 海 洋 生



前 く の に さ 格 ん 好 と い の し れ て ば で 食 、 す べ 一 。 ら 年 も れ で し 、 一 、 こ 気 大 の に き よ 大 な う き マ に く グ 爆 成 ロ 発 長 類 的 す が な る た

り ま せ ん 。 小 さ な イ カ 類 は マ グ ロ 類 や タ ラ 類

し て イ カ が 好 き 好 ん で 増 え て い る わ け で は あ

の イ カ が 犯 人 と 疑 わ れ て い ま す 。 し か し 、 決

類 や チ リ 沖 の ア ジ 、 タ ラ の 仲 間 の 激 減 は 、 こ

の 魚 類 を と し て い ま す 。 北 米 西 岸 の マ グ ロ

イ カ は 、 自 分 の 胴 体 の 長 さ と 同 じ サ イ ズ ま で

獲 さ れ る ほ ど 、 爆 発 的 な 増 加 が 起 き て い ま す 。

オ ア カ イ カ が 二 〇 〇 五 年 に は 八 〇 万 ト ン も 漁

〇 ∼ 四 〇 キ ロ に も 成 長 す る 大 型 の ア メ リ カ オ

ま た 、 中 南 米 の 太 平 洋 沿 岸 で は 、 一 年 で 二

栄 養 塩 類 と し て 還 元 さ れ て 行 き ま す 。

す 。 こ の 場 合 も 、 再 び 海 の 物 質 循 環 系 に 無 機

ま い 、 跡 形 も な く な る こ と が 報 告 さ れ て い ま

ゲ の 死 骸 は 、 カ ニ 類 や ク モ ヒ ト デ が 食 べ て し

す 。 最 近 、 日 本 海 の 海 底 に 沈 ん で い っ た ク ラ

ま す 。 し か し 、 こ の ク ラ ゲ も い つ か は 死 に ま

る 大 型 魚 類 の 減 少 な ど が 原 因 と 推 定 さ れ て い


持 し な が ら 、 た く さ ん の 生 命 体 と 海 流 や 湧 昇

え て い ま す 。 海 は 、 地 球 生 態 系 の 恒 常 性 を 維

な ど の 気 体 を 吸 収 し 、 再 び 放 出 す る 機 能 も 備

ま た 、 海 は 大 気 と の バ ラ ン ス の 中 で 炭 酸 ガ ス

機 ・ 無 機 物 質 と し て 陸 か ら 再 び 海 に 戻 り ま す 。

ヒ ト が 漁 獲 し て 消 費 し た あ と も 、 い ず れ は 有

そ の 死 骸 は い つ の ま に か 消 え て し ま い ま す 。

● 連載講座 ●  

シ な ど が 大 量 に 死 ん で 海 底 に 沈 ん だ と し て も 、

微 生 物 ル ー プ も 存 在 し ま す 。 例 え ば 、 マ イ ワ

養 塩 類 を 再 生 し 、 再 び 食 物 連 鎖 へ 回 帰 さ せ る

に 加 え て 、 生 物 の 死 骸 や 排 泄 物 を 分 解 し て 栄

る の 複 雑 な 食 物 連 鎖 ︵ 網 ︶ が あ り ま す 。 こ れ

て い ま す 。 そ し て 、 生 物 間 に は 食 う

生 、 競 争 、 繁 殖 ︶ を 含 む 生 物 環 境 で 構 食 成 わ さ れ れ

境 と 、 多 種 多 様 な 生 物 の 相 互 作 用 ︵ 捕 食 、 寄

や 栄 養 塩 濃 度 な ど の 非 生 物 ︵ 物 理 ・ 化 学 ︶ 環

と な っ て い ま す 。 海 洋 生 態 系 は 、 水 温 、 塩 分

光 の 届 か な い 深 海 は 栄 養 塩 類 の 巨 大 な 貯 蔵 庫

支 え 、 生 命 の み な も と で あ る 大 量 の 水 を 蓄 え 、

ト が 消 費 す る 動 物 性 タ ン パ ク 質 の 約 二 〇 % を

物 資 源 供 給 の 場 と す れ ば か 数 % で す が 、 ヒ

地 球 表 面 の 七 一 % を 占 め る 海 、 全 人 類 の 食

サステイナビリティと生態学

3

海洋生態系とサステイナビリティ 桜井泰憲 北海道大学大学院水産科学研究院教授 (海洋生態学)

物 の 生 存 条 件 と し て 働 く ば か り で は な く 、 例

水 温 な ど の 海 の 環 境 変 化 は 、 直 接 個 々 の 生

生 活 に 大 き な 影 響 を 与 え る こ と が あ り ま す 。

ラ ン ク ト ン か ら 大 型 の 海 産 哺 乳 類 ま で 、 そ の

は 、 こ の か な 温 度 変 化 が 、 小 さ な 動 植 物 プ

こ と は 少 な い よ う で す 。 海 の 生 き 物 に と っ て

私 た ち は た っ た 一 ∼ 二 度 の 気 温 変 化 に 気 づ く

冷 房 、 寒 け れ ば 暖 房 と い う 近 代 生 活 の 中 で 、

暑 日 ﹂ も で き て い ま す 。 と こ ろ が 、 暑 け れ ば

﹁ 真 夏 日 ﹂ な ど に 加 え て 、 三 五 度 以 上 の ﹁ 猛

ン ド 現 象 も あ っ て 、 二 〇 〇 七 年 か ら は つ い に

ま た 身 近 な と こ ろ で は 、 都 会 の ヒ ー ト ア イ ラ

る ホ ッ キ ョ ク グ マ の 生 存 が 危 ぶ ま れ て い ま す 。

の 海 氷 が 二 一 世 紀 中 に 消 滅 し 、 氷 上 で 生 活 す

不 安 を 抱 い て い ま す 。 世 界 で は 、 北 極 海 の 夏

の 早 さ や 真 夏 日 の 多 さ か ら 、 地 球 温 暖 化 へ の

生 活 に お い て も 桜 前 線 に 代 表 さ れ る 春 の 訪 れ

よ う に 地 球 温 暖 化 と い う 言 葉 を 耳 に し 、 日 常

し か し 、 二 一 世 紀 に 入 り 、 私 た ち は 毎 日 の

て い ま す 。

で サ ス テ イ ナ ブ ル な 物 質 循 環 系 を 維 持 し 続 け

な ど の 三 次 元 的 な 水 の 動 き に よ っ て 再 生 可 能




ば 、 日 本 周 辺 や 世 界 中 の 浮 魚 類 の 魚 種 交 替 や 、

魚 の 生 存 可 能 な 水 温 な ど の 環 境 条 件 が わ か れ

研 究 が 進 み 、 加 え て 飼 育 実 験 に よ る 卵 、 稚 仔

明 で き ま す 。 さ ら に 、 ア ジ や サ バ 類 の 同 様 の

ク チ イ ワ シ や ス ル メ イ カ が 増 加 す る 現 象 が 説

に マ イ ワ シ が 爆 発 的 に 増 加 し 、 温 暖 期 に カ タ

と を 発 見 し て い ま す 。 こ れ に よ っ て 、 寒 冷 期

四 ℃ ︵ 最 適 は 、 一 九 ・ 五 ∼ 二 三 ℃ ︶ で あ る こ

卵 発 生 と ふ 化 幼 生 に 適 し た 水 温 が 、 一 八 ∼ 二

て い ま す 。 ま た 、 筆 者 ら も ス ル メ イ カ の 産 卵 、

約 二 二 ℃ で 最 も 良 く 成 長 す る こ と が 報 告 さ れ

ワ シ の 仔 稚 魚 は 約 一 六 ℃ 、 カ タ ク チ イ ワ シ は

え る こ と に な り ま す 。 最 近 の 研 究 か ら 、 マ イ

境 変 化 は 、 そ の 生 き 残 り に 致 命 的 な 打 撃 を 与

択 で き る 成 魚 と は 違 っ て 、 生 ま れ た 卵 か や な 仔 環 稚 魚 は 環 境 変 化 に 受 身 で す 。 そ の た め

自 分 に 適 し た 水 温 な ど の 環 境 を 能 動 的 に 選

さ に ﹁ 不 都 合 な 真 実 ﹂ と 言 え ま す 。

リ オ を 描 か な け れ ば な り ま せ ん 。 こ れ は 、 ま

し た 、 温 暖 化 を 軸 と す る 海 洋 生 物 資 源 の シ ナ

つ ま り 、 マ イ ワ シ が 復 活 し な い こ と を も 想 定

究 に 踏 み 込 ま ざ る を え な い 状 況 に 来 て い ま す 。

マッコウクジラと闘うダイオウイカでは なく,イカを とするクジラ.



て 行 く か を 予 測 し 、 そ れ に 応 じ た 水 産 資 源 の

に な り ま す 。 海 洋 生 態 系 が ど の よ う に 変 わ っ

れ に 応 じ た 漁 業 の 転 換 が 必 然 的 に 生 ず る こ と

マ グ ロ 類 が こ の 海 域 に 来 遊 す る と す れ ば 、 そ

し か し 、 こ れ に 替 わ っ て ス ル メ イ カ 、 サ バ 類 、

は 確 実 に そ の 漁 業 の 衰 退 が 予 測 さ れ て い ま す 。

漁 業 が 行 わ れ て い ま す が 、 温 暖 化 シ ナ リ オ で

ま す 。 例 え ば 、 北 海 道 沿 岸 で は ス ケ ト ウ ダ ラ

︶ が 求 め ら れ て い

予 防 的 原 則 に 基 づ く 順 応 的 漁 業 ︵ 資 源 ︶ 管 理

理 図 を ︵ る 、 な 増 ど 加 、 す 生 る 態 資 系 源 の に 多 は 様 持 性 続 を 可 考 能 慮 な し 資 た 源 ︶ 資 利 や 源 用 、 管 を

Ecosystem-based Management

サ ス テ イ ナ ブ ル な 利 用 を 私 た ち は め ざ す 必 要

Adaptive Management

が あ り ま す 。

え ば 減 る と 予 測 す る 魚 種 に は 厳 し い 資 源 管 理

様 性 の 保 全 を 考 慮 し た 複 数 種 の 資 源 管 理 、 例

の 水 産 資 源 の 管 理 で は な く 、 生 態 系 全 体 の 多

ま 資 温 し す 源 暖 か 。 変 化 し 動 に メ 伴 、 温 カ う 暖 ニ 海 化 ズ 洋 を ム 生 軸 の 態 と 解 系 し 明 を た に 構 場 迫 成 合 る す も こ る と 生 、 単 が 物 一 で 種 種 き の


変 化 が 過 去 か ら 現 在 ま で の 海 洋 生 態 系 の 構 成

し な け れ ば な り ま せ ん 。 そ の た め に は 、 気 候

そ し て 持 続 的 な 生 命 を 生 み 出 す 力 ︶ ﹂ を 維 持

回 復 力 ︵ 自 ら の 生 態 系 の 構 造 と 機 能 を 治 す 力 、

る た め に は 、 海 洋 生 態 系 の ﹁ 再 生 可 能 な 自 然

か ら タ ン パ ク 資 源 を サ ス テ イ ナ ブ ル に 利 用 す

と 飽 和 状 態 も し く は 減 少 に 転 じ て い ま す 。 海

の 養 殖 を 除 く 漁 獲 量 は 、 す で に 約 一 億 ト ン 弱

定 な 系 へ と 変 貌 さ せ る こ と に な り ま す 。 世 界

暖 ・ 寒 冷 な ど の 気 候 変 化 に 、 よ り 敏 感 で 不 安

洋 生 態 系 の 構 造 と 機 能 を 大 き く 変 化 さ せ 、 温

は 、 ク ラ ゲ や イ カ で 紹 介 し ま し た よ う に 、 海

な シ ス テ ム で す 。 急 激 な 気 候 変 化 や 乱 獲 な ど

な シ ス テ ム で は な く 、 極 め て 不 安 定 で 非 定 常

し 続 け て い る は ず で す 。 し か し 、 こ れ は 定 常

て お り 、 サ ス テ イ ナ ブ ル な 物 質 循 環 系 を 維 持

そ れ ぞ れ の 種 は 再 生 産 と 世 代 交 代 を 繰 り 返 し

海 洋 生 態 系 は 、 多 様 な 生 物 種 で 構 成 さ れ 、

ば 、 こ の よ う な 現 象 は な く な る は ず で す 。

大 型 魚 類 が 増 え る 生 態 系 に 戻 す こ と が で き れ

し か 見 ら れ な い ﹂ と 嘆 い て い ま し た 。 も し 、

食 べ る も の が な い の か 、 イ カ の 胃 か ら は イ カ

資 源 の 持 続 的 利 用 に 積 極 的 に 取 り 組 む 必 要 が

来 予 測 へ と 踏 み 込 み 、 漁 業 活 動 を 含 め た 水 産

に 地 球 温 暖 化 な ど に 反 応 す る 海 洋 生 態 系 の 将

種 の 生 物 資 源 変 動 に 与 え た 影 響 を 調 べ 、 さ ら

スルメイカによるマイワシの捕食. イシナギ(大魚・オヨ)と漁師(青森県竜飛岬,撮影:金澤 哲夫氏).「漁師は,まずイカを釣り,それでヒラメを釣り, 最後にオヨを釣った(漁師は海の食物連鎖を知っている) .

視 野 に 入 れ た 海 洋 生 態 系 の 変 化 を 予 測 す る 研

れ ま す 。 し か し 、 私 た ち は 否 応 な く 温 暖 化 を

で あ れ ば 、 マ イ ワ シ が 卓 越 す る 時 代 が 再 び 訪

シ フ ト が 数 十 年 の 周 期 性 を 持 っ て 再 現 す る の

ど が 増 加 し て い ま す 。 こ の 海 水 温 の レ ジ ー ム

っ て カ タ ク チ イ ワ シ 、 マ ア ジ 、 ス ル メ イ カ な

た 温 暖 期 に は マ イ ワ シ は 激 減 し 、 そ れ に 替 わ

年 代 か ら 現 在 も 続 い て い る 水 温 が 数 度 上 昇 し

シ が 爆 発 的 に 増 え ま し た 。 し か し 、 一 九 九 〇

〇 年 半 ば か ら 一 九 八 〇 年 代 の 寒 冷 期 に マ イ ワ

本 周 辺 の 海 面 水 温 が か 数 度 下 が っ た 一 九 七

替 ﹂ と 呼 ば れ る 現 象 が あ り ま す 。 例 え ば 、 日

期 が 数 十 年 間 隔 の 変 化 ︶ に 反 応 し た ﹁ 魚 種 交

温 暖 の レ ジ ー ム シ フ ト ︵ 海 水 温 の 低 温 、 高 温

年 間 隔 の 気 象 変 化 と 連 動 す る 海 水 温 の 寒 冷 ・

も 多 く 漁 獲 さ れ る イ カ 類 ・ 浮 魚 類 に は 、 数 十

身 近 な 例 で 紹 介 し ま す 。 日 本 周 辺 海 域 で 最

あ り ま す 。




そ れ と は 別 に 昨 年 度 か ら 実 習 Ⅲ を 始

的 ・ 目 標 ・ 実 施 計 画 の 作 成 と 実 施 な ど

ほ か 、 環 境 報 告 書 の 原 案 作 成 、 環 境 目

部 分 に 当 た っ て い て 、 基 礎 研 修 講 師 の

環 境 マ ネ ジ メ ン ト の 構 築 と 運 用 の 根 幹

習 Ⅱ を 取 る こ と が で き ま す 。 実 習 Ⅱ は

Ⅰ を 終 え る と 、 や は り 通 年 二 単 位 の 実

は 二 〇 〇 四 年 四 月 に ス タ ー ト し 、 実 習

単 位 が 取 れ る よ う に し た の で す 。 実 習

長 続 き し ま せ ん 。 そ れ で 、 実 習 と し て

ボ ラ ン テ ィ ア で や っ て も ら っ た の で は

い 状 況 で し た が 、 熱 心 な 学 生 を 集 め て

難 し く 、 学 生 の 力 を 借 り な い と で き な

〇 月 で す 。 教 職 員 に 負 担 を 求 め る の は

取 倉 り  阪 組 み 千 が 葉 始 大 ま 学 っ で た 環 の 境 は マ 二 ネ 〇 ジ 〇 メ 三 ン 年 ト 一 の

を お こ な い 、 内 部 監 査 の チ ー ム に も 参

証 が 学 長 か ら 授 与 さ れ ま す 。

部 で 一 年 間 活 動 し た 学 生 に は 、 ﹁ 千 葉

な る と 部 長 以 上 の 執 行 部 に 入 り 、 執 行

班 の 活 動 の 中 心 と な り ま す 。 三 年 生 に

校 で の 環 境 教 育 、 省 エ ネ 、 自 転 車 な ど

は 、 班 長 ク ラ ス と し て 、 堆 肥 化 、 小 学

が あ り 、 実 習 Ⅱ を 履 修 し て い る 二 年 生

原 案 作 成 と い っ た 年 間 の ス ケ ジ ュ ー ル

て の 次 年 度 の 目 的 ・ 目 標 ・ 実 施 計 画 の

か ら 十 二 月 に か け て の 外 部 審 査 、 そ し

告 書 の 作 成 、 九 月 の 内 部 監 査 、 十 一 月

で す 。 四 月 の 基 礎 研 修 、 七 月 の 環 境 報

Ⅰ と Ⅱ を 履 修 し て い る か 履 修 し た 学 生

の 一 人 で す 。 学 生 委 員 会 の 会 員 は 実 習

学 生 委 員 会 委 員 長 は そ の 構 成 メ ン バ ー

委 員 会 が 大 学 の マ ネ ジ メ ン ト の 中 核 で 、

学 の 大 き な 特 徴 で す 。 環 境 I S O 企 画

位 置 づ け ら れ て い ま す 。 そ れ が 千 葉 大

手 広 く な り 、 人 数 の 確 保 が 課 題 で す 。

い ま 増 や す 努 力 を し て い ま す 。 活 動 が

い の で す が 、 今 年 度 は 初 回 が 五 四 名 で

り ま す か ら 、 一 年 生 は そ れ く ら い ほ し

は 倉 そ  阪 の 半 例 分 年 、 は 執 七 行 〇 部 人 に ほ な ど る で と す さ 。 ら 実 に 習 減 Ⅱ

め て い ま す 。 こ れ は 学 外 に 学 生 を 送 り

加 し ま 環 す 境 。 I S O 学 生 委 員 会 と 実 習 は

出 す イ ン タ ー ン シ ッ プ で 、 夏 休 み 中 の

ど の よ う な 関 係 な の で し ょ う か 。

ま す 。 昨 年 は 一 三 人 が 履 修 し ま し た 。

連 す る 仕 事 を 体 験 し て レ ポ ー ト を 書 き

業 な ど で 環 境 マ ネ ジ メ ン ト の 実 務 に 関

五 日 間 、 県 庁 や 審 査 登 録 機 関 、 民 間 企

メ 倉 ン  阪 ト シ 学 ス 生 テ 委 ム 員 の 会 組 は 織 大 図 学 の の 中 環 に 境 明 マ 確 ネ に ジ

大 学 環 境 マ ネ ジ メ ン ト 実 務 士 ﹂ の 認 定

これまでの活動をまとめた「千葉大 学方式」の冊子,基礎研修で配られ る環境カード,パンフレット.



倉 こ  阪 と で 環 も 境 あ I り S ま O す の ね 認 。 証 取 得 は 、 二 〇

順 調 に 発 展 し て き て い る と い う

実 習 Ⅰ は 何 人 く ら い で す か 。

ど う い う こ と で し ょ う か 。


研・究・室・探・訪(番外編)

千葉大学環境ISO 学生委員会の巻

生 委 員 会 の 活 用 な ど を 書 い た ﹁ 学 生 が

ド ﹂ と 、 環 境 マ ネ ジ メ ン ト の 概 要 や 学

ち に で き る こ と ﹂ を 記 し た ﹁ 環 境 カ ー

の 学 生 、 教 職 員 が 対 象 で 、 ﹁ わ た し た

す 。 こ れ は 一 年 生 だ け で は な く す べ て

メ 倉 ン  阪 ト シ ま ス ず テ 基 ム 礎 に 研 関 修 す と る い 説 う 明 環 を 境 受 マ け ネ ま ジ

ト に ど こ か ら 触 れ 始 め る の で し ょ う か 。

せ る 仕 組 み と し て 重 要 で す 。

な る と い う こ と が 学 生 の 活 動 を 継 続 さ

通 年 の 隔 週 開 講 で 二 単 位 で す 。 単 位 に

う や る の か と い っ た 基 礎 を 学 び ま す 。

ン ト 規 格 の 内 容 は 何 か 、 内 部 監 査 は ど

環 境 マ ネ ジ メ ン ト と は 何 か 、 マ ネ ジ メ

の 学 部 ・ 学 科 の 学 生 が 受 講 で き ま す 。

て い ま す 。 一 年 生 は 語 学 を 履 修 す る た

養 年 生 ン ま に 倉 の ︶ 生 で ト す 、  阪 で

め に 必 ず 西 千 葉 に き ま す か ら 、 す べ て

四 月 の 新 入 生 は 環 境 マ ネ ジ メ ン

と し て 西 千 葉 キ ャ ン パ ス で 開 講 し

み の 親 で あ る 倉 阪 秀 史 教 授 に 伺 っ た 。

を 対 象 に 、 普 遍 教 育 科 目 ︵ 一 般 教

O 学 生 委 員 会 室 で 、 千 葉 大 学 方 式 の 生

す 。 こ の 実 習 Ⅰ は 、 お も に 学 部 一

い る 。 学 生 活 動 の 拠 点 で あ る 環 境 I S

シ ス テ ム 実 習 Ⅰ を 履 修 し 終 え た 学

大 学 方 式 ﹂ と し て 全 国 的 に 注 目 さ れ て

。 講 師 に な る の は 、 環 境 マ ネ ジ メ

ト の 中 心 的 役 割 は 学 生 が 担 い 、 ﹁ 千 葉

学 内 一 二 〇 箇 所 ほ ど で お こ な わ れ

を 認 証 取 得 し て い る 。 環 境 マ ネ ジ メ ン

ム の 国 際 規 格 で あ る I S O 1 4 0 0 1

そ の す べ て が 環 境 マ ネ ジ メ ン ト シ ス テ

亥 鼻 の 四 つ の 主 要 キ ャ ン パ ス が あ り 、

千 葉 大 学 に は 西 千 葉 、 松 戸 、 柏 の 葉 、

つ く る エ コ キ ャ ン パ ス ﹂ と い う パ ン フ

つ く っ た も の で 、 講 師 役 も 学 生 で す 。

レ ッ ト が 渡 さ れ ま す 。 ど ち ら も 学 生 が

す ガ か 基 イ 。 礎 ダ 研 ン 修 ス は や ど 教 こ 授 で 会 お な こ ど な の わ 機 れ 会 る

学 生 の 力 で 進 め る 環 境 マ ネ ジ メ ン ト




左から,赤石澤みさと氏,杉原崇之氏,倉阪秀史教授.

っ 赤 て 石 構  澤 わ な 自 い 分 よ た と ち い の う や ス り タ た ン い ス こ で と い を て や

の で す が 、 そ こ に い る 第 四 代 の 委 員 長

し 杉 な  原 く て 自 、 分 先 は 々 一 代 年 の の こ と と き は は わ あ か ま ら り な 活 い 動

が い な く て 、 や る よ う に な り ま し た 。

︵ 笑 出 杉 て 原 い ︶ て 

れ 赤 か 石 ら  澤 活 動 大 も き 活 な 発 イ に ベ な ン っ ト て を 、 や 委 る 員 と 長 、 と そ

彼 倉 は  阪 ち ゃ そ ん の と と で き き に る 挨 な 拶 と す 思 る い の ま を し 見 た て 。 、

で 赤 頑 石 張  澤 っ た 去 の 年 が の 大 六 き 月 か の っ 省 た エ で ネ し イ ょ ベ う ン 。 ト

が や り た い と い っ た こ と に 対 し て 、 だ

先 杉 生  原 も そ 自 う 由 で に す や し ら 、 せ 千 て 葉 く 大 れ 学 て も い 、 ま 学 す 生 。

す い 環 境 に し て い る つ も り で す 。

め だ と い う こ と は あ ま り あ り ま せ ん 。

倉 阪 先 生 の 印 象 は ど う で す か 。

。 二 年 に な っ た ら 、 自 分 の 班 に 人

い 赤 ま 石 す  澤 ね ︵ 講 笑 義 ︶ が 。 あ い る ろ 時 い 間 ろ で な も 人 誰 が か き し や ら

い な く て 。 そ れ ほ ど 興 味 が な く て

歴 代 委 員 長 は 、 ど ん な 人 で す か 。

昼 休 み の 班 会 議 も 半 分 く ら し か

ま し た 学 。 生 は い り び た り で す か 。

一 緒 に 乗 り 越 え る と 代 替 わ り で す 。

な か っ た の は ど う し て で す か 。

要 だ と 考 え て 、 ま ず こ の 部 屋 を 確 保 し

査 倉 の  阪 前 に 委 次 員 期 長 委 の 員 任 長 期 が は 決 一 ま 年 り で 、 、 審 外 査 部 を 審

っ た か ら に は 頑 張 る つ も り で す 。

熱 赤 で 石 す 澤 一 よ み 年 ︵ さ 生 笑  と ︶ の 。 成 と 績 き は に 関 は 係 あ な ま く り 活 て 動 、 情 し

学 生 に そ の よ う に い わ れ た ら 、

く れ て 、 私 た ち が 困 る と 手 を さ し の べ

は 、 ま ず 勉 強 が で き て 、 そ れ が 活 動 に

て く れ る 、 あ り が た い 先 生 で す 。

い ま と く に や り た い こ と は ?

し て の 道 を 歩 む よ う に な る の で す 。



忙 し く て も や め ら れ な い で す ね 。

い 杉 な  原 く な 設 り 立 、 当 最 初 初 か の ら モ い チ た ベ 人 ー が シ 昨 ョ 年 ン 度 も で

張 倉 っ  阪 て く い だ や さ い い や 。 、 学 生 の み な さ ん 、 頑

全 ��� は 引 き 継 げ て い な い の で 、 規 約 と ―

倉 よ か  阪 う 決 立 め 学 て て 生 直 、 の し 学 活 て 生 動 い 委 が き 員 継 た 会 続 い が す と し る 思 っ よ い か う ま り に す す と 。 る

︵ 笑 ︶

活 か さ れ て い る と い う 印 象 で す 。 そ の

点 、 自 分 は 勉 強 が で き な い の で

ま せ ん 。 そ れ と 、 学 生 の た ま り 場 が 必

単 位 で あ が な え る よ う な も の で は あ り

単 位 化 し ま し た が 、 実 際 の 労 働 量 は 二


会 杉 議 原 の 崇 数  之 日 前 去 ま 年 で の は 一 そ 二 の 月 気 で は す な 。 く 決 て ま 、 る

︵ 笑 ︶

。 な

セ ン ト 減 り ま し た 。 社 会 的 効 果 と し て 、

年 間 で 二 酸 化 炭 素 の 排 出 量 が 二 一 パ ー

減 り ま し た 。 環 境 的 効 果 と し て は 、 三

果 で 、 光 熱 費 が 三 年 間 で 一 億 四 千 万 円

が 実 務 教 育 に な り ま す 。 次 に 経 営 的 効

ン が 出 て 実 行 で す 。 こ れ ら 一 連 の こ と

書 を 書 き 、 委 員 会 で も ま れ 、 ゴ ー サ イ

I S O 企 画 委 員 会 に 提 案 し ま す 。 企 画

が 予 算 を 使 っ て 活 動 す る と き は 、 環 境

す 。 実 務 教 育 の 側 面 が 強 い で す 。 学 生

パ ー セ ン ト で す 。 四 月 に 新 入 生 が 入 っ

は そ の 年 は 四 パ ー セ ン ト 、 昨 年 度 は 二

袋 を 有 料 化 ︵ 五 円 ︶ し 、 レ ジ 袋 使 用 率

の 大 学 生 協 で は 二 〇 〇 六 年 五 月 に レ ジ

な く な っ て い ま す 。 西 千 葉 キ ャ ン パ ス

て 、 ほ と ん ど の 人 が 二 階 分 ま で は 使 わ

用 し ま し ょ う と ス テ ッ カ ー を 貼 っ て い

ー タ ー に は 、 上 下 二 階 ま で は 階 段 を 利

っ て き て い る と 感 じ ら れ ま す 。 エ レ ベ

と 倉 っ  阪 て い 四 て 月 、 の そ 基 れ 礎 を 研 見 修 ま で す ア と ン 良 ケ 好 ー に ト な を

は 変 化 が み え ま す か 。

な い ま 学 し 生 た 全 。 体 の 環 境 に 対 す る 意 識 に

こ こ に 第 五 代 の 委 員 長 が き て い ま す 。

へ と 成 長 す る の を 見 る の が 楽 し い で す 。

生 か ら 二 年 生 の 班 長 に 、 さ ら に 執 行 部

気 倉 に  阪 な れ 学 ば 生 い は ろ 能 い 力 ろ を と も で っ き て ま い す て 。 、 一 や 年 る

く の が 上 手 な の で す ね 。

必 要 で 先 す 生 。 は 学 生 の 力 を 引 き 出 し て い

う な 新 し い 課 題 を 常 に 見 つ け る こ と が

え ば 安 定 的 な 資 金 が 得 ら れ ま す 。 モ チ

告 書 ﹄ の 作 成 な ど を 仕 事 と し て 請 け 負

N P O 法 人 に な り 、 ﹃ 千 葉 大 学 環 境 報

い つ 委 員 長 に な っ た の で す か 。

ベ ー シ ョ ン の 継 続 の た め に も 、 こ の よ

の か と い い ま す と 、 ま ず 教 育 的 効 果 で

取 り 終 わ り 、 二 〇 〇 七 年 一 二 月 に 三 年

め 、 附 属 病 院 を 除 く 主 要 キ ャ ン パ ス で

〇 五 年 一 月 の 西 千 葉 キ ャ ン パ ス か ら 始

境 報 告 書 の 読 み 合 わ せ 会 を 合 同 で お こ

委 倉 員  阪 会 を 例 立 え ち ば 上 、 げ 三 て 重 い 大 ま 学 す は 。 同 今 様 年 の は 学 環 生

に も 影 響 を 与 え て い ま す か 。

流 れ で な っ て し ま い ま し た

成 果 が す で に 上 が っ て き た い ま

対 外 的 に 高 い 評 価 を 得 て い ま す 。 ﹁ 日

さ れ 、 ﹃ 千 葉 大 学 環 境 報 告 書

て き た と き だ け は 使 用 率 が 上 が り ま す 。

と 、 立 ち 上 げ の こ ろ と で は 、 学 生 さ ん

本 環 境 経 営 大 賞 ﹂ の 優 秀 賞 と し て ﹄ 表 は 彰

﹁ 環 境 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 大 賞 ﹂ の 環

境 報 告 書 部 門 優 秀 賞 、 東 洋 経 済 新 報 社

2007

の ﹁ 環 境 報 告 書 賞 ﹂ を 受 け て い ま す 。

と 学 生 に い っ て い ま す 。 学 生 委 員 会 が

に は 、 N P O 法 人 化 と い う 課 題 が あ る

ま 倉 し  阪 た 。 最 新 初 し の い 学 課 生 題 は と つ し く て る 、 喜 今 び の が 学 あ 生 り

の モ チ ベ ー シ ョ ン は 異 な る で し ょ う か 。

ど の よ う な 成 果 が あ が っ て き て い る

間 延 長 の 更 新 審 査 を 受 け ま し た 。

千 葉 大 学 の や り 方 は 、 他 の 大 学




hbelladonnav

図 1 ハシリドコロ (ナス科) .

が 名 前 の 由 来 と な っ て

せ 恩 さ 〇 用 剤 医 ま ん 恵 れ 年 い や 薬 最 た 。 な た 代 ら ア 品 近 し も に れ ト の で 、 漢 で の 筑 て ピ 原 は 方 は で 波 い ー 料 、 に 人 す 山 る 性 を 海 関 間 。 近 タ 皮 求 洋 わ の こ 郊 ク 膚 め 産 る 医 の の ロ 炎 て 物 も 療 よ 土 リ の お や の も う 壌 ム 治 り 菌 に 成 に 菌 ス 療 、 類 と り 、 か は 薬 免 な り 立 自 ら 一 と 疫 ど ち 然 発 九 し 抑 に 、 空 ま の 見 八 て 制 も

れ ま し た 。

九 世 紀 末 頃 ま で に 多 く の 成 分 が 発 見 さ

タ リ ス か ら 発 見 さ れ た も の で あ り 、 一

た も の 、 強 心 剤 の ジ ギ ト キ シ ン は ジ ギ

鎮 痛 薬 の モ ル ヒ ネ は ケ シ か ら 分 離 さ れ

さ れ た も の 、 緩 和 ケ ア で は 欠 か せ な い

ま れ ま す 。

り 、 中 国 に お い て も こ こ 一 〇 年 で 自 国

は 生 薬 の 約 八 割 を 中 国 か ら 輸 入 し て お

が 枯 渇 し つ つ あ り ま す 。 日 本 に お い て

乱 獲 や 先 進 国 の 需 要 増 に 相 ま っ て 資 源

が 占 め て い ま す が 、 生 態 系 を 無 視 し た

治 療 に 用 い る 生 薬 原 料 の 大 半 を 植 物

い と 思 っ て い ま す 。

と し て 、 何 が で き る の か 考 え て い き た



山 々 に 思 い を 馳 せ 、 一 薬 剤 師 、 研 究 者

日 々 の 調 剤 業 務 に 追 わ れ つ つ も 、

と 有 効 成 分 の 減 少 や 性 質 の 変 化 も 危 ぶ

気 温 や 湿 度 、 土 壌 の 条 件 が 適 合 し な い

で す 。 薬 草 栽 培 も 行 わ れ て い ま す が 、

の 需 要 が 三 倍 に 膨 れ 上 が っ て い る 現 状

タ リ ア 語 で 美 し い 女 性 を 意 味 す る

の を 点 眼 し て い た と か 。 そ の た め 、 イ

は ヤ ナ ギ に 含 ま れ る サ リ シ ン か ら 誘 導

ょ 頭 う 痛 か や  ? 発 熱 時 な ど に 飲 む ア ス ピ リ ン

の 天 然 物 由 来 で あ る こ と を ご 存 知 で し

医 薬 品 が 、 か な り の 割 合 で 植 物 な ど

白 い で す ね 。 余 談 に な り ま し た が ⋮ ⋮ 。

い る の で す 。 植 物 の 名 前 の 由 来 っ て 面

い か ら で す 。

あ り 、 自 然 の 恩 恵 な く し て は 成 立 し な

る 感 性 が 大 切 だ と 感 じ ま す 。 漢 方 が 陰

自 然 の 美 し さ や エ ネ ル ギ ー を 享 受 で き

憐 さ や た く ま し さ 、 景 色 の 荘 厳 さ な ど 、

気 の お い し さ 、 水 の 美 し さ 、 植 物 の 可

陽 五 行 論 な ど 自 然 哲 学 に 基 づ く 医 学 で


ジ の 花 が 咲 き 、 春 の 訪 れ を 告 げ て い ま

に は ミ ヤ マ ツ ツ ジ の ピ ン ク 色 の 花 や フ

て 新 葉 が 芽 吹 き 、 冬 の 面 影 の 残 る 山 肌

環 境 を 好 む 植 物 で す 。 名 前 の 通 り 、 そ

多 年 草 で 、 沢 沿 い の 森 に 多 く 、 湿 っ た

リ ド コ ︶ は ロ ナ ︵ ス 科 ハ シ リ ド コ ロ 属 の

mowicz

き く 見 せ よ う と 、 植 物 の 汁 を 薄 め た も

ま す 。 ヨ ー ロ ッ パ の 貴 婦 人 達 は 目 を 大

︵ 西 洋 ハ シ リ ド コ ロ 、 ナ ス 科 ︶ が あ り

西 沢 渓 谷 。 ふ も と で は 桃 の 花 が 終 わ っ

た や や J 。 二 漢 R 〇 方 塩 人 特 山 を 集 駅 超 の に え 記 降 る 者 り メ ま 立 ン で バ 仲 ち ー 間 向 と が か な 増 っ り え た ま 、 先 し 今 は

Maxi-

リ ド コ ロ の 群 生 で し た

。 ハ シ

何 と い っ て も 圧 巻 だ っ た の が 、 ハ シ

ッ パ や 西 ア ジ ア に 分 布 す る ベ ラ ド ン ナ

同 じ 成 分 を 含 む 植 物 と し て 、 ヨ ー ロ

療 の 目 薬 と し て 用 い ら れ た り し ま す 。

︵ 図 1 ︶

ー ト し た 恒 例 行 事 も 、 他 施 設 の 先 生 方

か け て き ま し た 。 最 初 は 四 人 か ら ス タ

末 う に 夏 毎 山 年 の 恒 シ 例 ー と ズ な ン っ で た し ハ ょ イ う キ か ? ン  グ に 四 出 月

﹃ サ ス テ ナ ﹄ 第 8 号 が 出 る 頃 は 、 も

グ を 満 喫 し ま し た 。

は 渓 流 で 足 元 を 濡 ら し な が ら ハ イ キ ン

に は つ り 橋 を 恐 々 と 渡 り な が ら 、 時 に

時 に は 苔 む し た 岩 肌 を 触 り な が ら 、 時

見 、 渓 流 の 音 や 鳥 の さ え ず り を 聞 き 、

滝 や 渓 流 に 点 在 す る 岩 々 の オ ブ ジ ェ を

し た 。 七 ツ 釜 五 段 の 滝 な ど 大 小 様 々 な

孔 を 散 大 さ せ る 作 用 を 利 用 し て 眼 科 治

を 利 用 し て 胃 腸 薬 に 配 合 さ れ た り 、 瞳

強 し た も の で す 。 鎮 痛 作 用 や 鎮 痙 作 用

と な っ た 代 表 例 と し て 、 学 生 時 代 に 勉

こ と か ら 、 ま た 、 植 物 が 医 薬 品 の 原 料

ン と い っ た 有 名 な ア ル カ ロ イ ド を 含 む

ン ︵ ア ト ロ ピ ン の 原 料 ︶ 、 ス コ ポ ラ ミ

︵ 漢 方 薬 学 ︶

ロ ー ト コ ン と い い ま す 。 ヒ ヨ ス チ ア ミ

千 葉 大 学 環 境 健 康 フ ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー 助 教

角 野 め ぐ み

自 然 は 大 き な 薬 箱

若手の 部屋 ア千 ソ葉 シ大 エ学 ーサ シス ョテ ン のイ 巻ナ ビ リ テ ィ 学

ま シ は る 広 か れ ほ す に フ の 鐘 ら を ん 。 似 キ で 形 付 誤 の て ノ す の い 食 少 い ト が 花 た す 量 て ウ 、 を 名 る で 春 に 立 つ 前 と は 先 、 派 け で 所 薬 に 芽 な 、 す 構 に し 生 毒 か 。 わ な ば え 草 わ 暗 ず り し の で い 赤 走 ば 頃 、 い 紫 り 、 生 誤 は 若 感 色 回 薬 食 ギ 芽 じ を る 名 さ ボ の も し こ を れ ウ 頃 す た と 


図 2 ムラサキ( Zucc.) .

け て は み ま せ ん か ?



め に 、 ま ず は 身 近 な 自 然 の 色 に 目 を 向

か に し 、 彩 ら れ た 未 来 へ の 絵 を 残 す た

Sieb. et

心 の パ レ ッ ト を 、 た く さ ん の 色 で 豊

な い の で し ょ う か 。

色 と い う の は 、 自 然 が 織 り 成 す 色 で は

美 し い と 感 じ 、 心 の 奥 深 く に 刻 み 込 む

ま し た 。 し か し 、 私 た ち が 心 の 底 か ら

に よ り 、 あ ら ゆ る 色 が 再 現 可 能 と な り

現 代 、 色 彩 伝 達 媒 体 が 発 達 し た こ と

た こ と で し ょ う 。

な に 喜 び を 感 じ て 、 そ の 布 を 大 切 に し

の 色 を 生 産 ・ 消 費 し て い ま す 。 大 量 の

私 た ち は 思 い 通 り の 色 を 合 成 し 、 大 量

画 面 の 光 源 色 の 例 に み ら れ る よ う に 、

ま 色 し 手 て 近 し の 、 工 い 年 た 規 機 業 た 、 。 格 械 に 植 合 品 化 よ 物 成 が の る 染 染 大 進 生 料 料 量 展 産 は や に に は 合 テ 出 よ 機 成 レ 回 り 械 染 ビ る 、 生 料 や よ さ 産 へ パ う ま へ 、 ソ に ざ と そ コ な ま 転 し ン り な 換 て

て は い な い で し ょ う か 。

と が で き る 永 久 に 変 わ ら ぬ 色 と し て 見

視 点 、 つ ま り 、 い つ で も 手 に 入 れ る こ

に 対 し て も 、 人 工 的 な 色 と 同 じ よ う な

い っ た 自 然 界 に み ら れ る さ ま ざ ま な 色

い な い で し ょ う か 。 植 物 や 動 物 の 色 と

通 り に 得 る こ と が で き る と 錯 覚 し て は

た 状 態 に あ る た め 、 あ ら ゆ る 色 を 思 い

色 が 合 成 さ れ 続 け 、 色 の 氾 濫 に 麻 痺 し

の 手 間 を か け て 染 め 上 げ た 色 に 、 ど ん

を し て 染 料 と な る 植 物 を 栽 培 し 、 多 く

や 淋 し さ を 覚 え た こ と で し ょ う 。 苦 労

そ し て 花 が 散 っ て し ま う こ と に 悲 し み

た 花 に 対 し て 、 そ の 美 し さ に 感 嘆 し 、

ち に し て い た の で し ょ う 。 や っ と 咲 い

人 々 は 季 節 に 応 じ て 咲 く 花 を 毎 年 心 待

目 に す る こ と が で き な か っ た こ ろ 、

今 の よ う に 一 年 中 色 と り ど り の 花 を


と が 多 い で す 。

値 観 や 特 別 な イ メ ー ジ を 表 し て い る こ

く 、 そ れ ぞ れ の 色 に 対 す る あ る 種 の 価

こ れ ら は 単 に 色 の 区 別 を 表 す だ け で な

紅 、 退 紅 、 一 斤 染 、 聴 色 な ど な ど 、

上 位 の 人 に 限 ら れ ま し た 。 濃 紅 、 中

る こ と か ら 、 そ の 価 値 は 増 し 、 着 用 は

を 必 要 と し 、 ま た 、 手 間 も か か っ て い

紫 色 や 紅 色 は 濃 い ほ ど 、 大 量 の 植 物

る と 、 国 内 で 生 産 さ れ る よ う に な り ま

な り 、 第 一 次 大 戦 に よ り 輸 入 が 途 絶 え

料 が 次 々 と 発 明 さ れ 輸 入 さ れ る よ う に

た の は 、 明 治 時 代 で す 。 西 欧 で 合 成 染

然 の 美 し い 色 を 自 分 の 身 に 付 け た い と

古 代 の 日 本 人 は 、 目 に 映 る 豊 富 な 自

紅 色 に 関 す る 色 名 は 多 く 生 ま れ 、 当 時 し た 。 こ れ を 受 け 、 そ れ ま で 用 い ら れ

こ う し た 色 へ の あ こ が れ が 薄 れ 始 め

め 、 多 く の 色 を さ ま ざ ま な 目 的 で 使 用

て い ま す 。 微 妙 な 色 の 違 い に 意 味 を 認

を 伝 達 す る 手 段 と し て 色 名 が 利 用 さ れ

ン が 豊 富 に あ る 場 合 、 商 品 の イ メ ー ジ

う に 、 一 つ の 商 品 で 色 の バ リ エ ー シ ョ

口 紅 に 限 ら ず 、 た と え ば 携 帯 電 話 の よ

分 で あ る こ と の 。 象 徴 で し た ︵ 表 紙 裏 カ

の 色 の 衣 服 を 身 に 付 け る こ と は 高 い 身

た こ と か ら 、 大 変 貴 重 な 色 と さ れ 、 こ

た り 、 染 め る の に 手 間 が か か っ た り し

は 、 染 料 と な る 植 物 の 栽 培 が 難 し か っ

の た 葉 な 願 根 の や 工 い で 根 夫 、 ︶ ︵ 図 す 、 を 衣 2 が 花 こ 服 ︶ 、 を ら に や な 材 し 表 紅 か 料 ま 現 色 で と し す ︵ も し た る ベ 紫 て 。 た ニ 色 布 主 め バ ︵ を に に ナ ム 染 植 さ の ラ め 物 ま て の ざ 花 サ キ い 茎 ま ︶

の 美 を 愛 し た と さ れ ま す 。

裾 さ ば き で 鮮 や か な 紅 色 が の ぞ く 対 照

し 、 裏 地 に は 鮮 や か な 紅 絹 を 使 用 し 、

物 な ど 表 向 き は 目 立 た な い ��� の を 着 用

地 味 な 色 合 い の 縞 や 格 子 、 小 紋 染 の 着

し た 禁 令 に 対 し て 、 茶 、 黒 、 鼠 系 統 の

た び 出 さ れ ま し た 。 町 人 た ち は 、 こ う

し て き た 社 会 で は 多 く の 色 名 が 存 在 し 、 ラ ー ペ ー ジ 参 照 ︶

が 、 こ れ ら は す べ て 口 紅 の 名 前 で す 。

止 し た 奢 侈 禁 止 令 が 幕 府 に よ っ て た び

一 見 、 共 通 点 が な い よ う に み え ま す

戸 時 代 ま で 続 き 、 紅 染 の 衣 服 着 用 を 禁

梅 霞 、 伽 羅 、 唐 紅 花 ⋮ ⋮

紅 色 へ の あ こ が れ は 、 時 代 を 超 え 江

雛 罌 粟 、 金 魚 草 、 蜜 柑 茶 、 土 筆 、

と も 呼 ば れ ま し た 。

︵ 環 境 健 康 学 ︶

な ら ば 誰 で も 着 用 が 認 め ら れ 、 聴 色

千 葉 大 学 環 境 健 康 フ ィ ー ル ド 科 学 セ ン タ ー 非 常 勤 研 究 員

増 田 絹 子

を 染 め た 色 で 、 こ の 色 よ り 薄 い 染 め 色

︵ 約 六 〇 〇 グ ラ ム ︶ で 布 一 疋 ︵ 二 反 ︶

自 然 の 色 は 無 限 色

ま す 。 た と え ば 、 一 斤 染 は 紅 花 一 斤

の 人 々 の 紅 色 へ の あ こ が れ が う か が え




図 1 タイ・ナコンチャイシー川のエンサイ栽培.

図 2 エンサイのてんぷら(タイ語でヤム・パッブン・クローブ).

﹁ す 深 縁 界 。 化 ﹂ を と を め 拡 ぐ 大 大 る 切 を こ 目 に と し 指 し て に た 、 な い さ り と ら ま 思 な し っ る た て 研 。 い 究 こ ま の の 

山 諸 島 、 東 南 ア ジ ア か ら ア フ リ カ と 世

手 賀 沼 か ら 始 ま っ た ﹁ 縁 ﹂ は 、 八 重

多 面 的 な 利 用 を 広 め よ う と 計 画 中 で す 。

か ら 東 ア フ リ カ に 出 か け る こ と に な り 、

あ る と 思 わ れ ま す 。 私 も 二 〇 〇 七 年 度

ア フ リ カ に 導 入 す る メ リ ッ ト は 十 分 に

可 能 、 と い う こ と は 、 エ ン サ イ 栽 培 を

用 に さ れ て い ま し た 。 野 菜 と し て 利 用

落 が 確 認 さ れ 、 ブ ル キ ナ フ ァ ソ で は 食

の 結 果 、 訪 問 し た 全 て の 国 で 野 生 の 群

イ 情 報 を 収 集 し て 来 て く れ ま し た 。 そ

肥 料 の 溶 脱 に よ る 淡 水 の 富 栄 養 化 、 畑

し れ 野 れ エ 八 ょ て 菜 て ン 重 う い が い サ 山 。 る こ ま イ 諸 の の し は 島 は よ た 、 の 、 う 。 水 非 に 世 田 石 常 、 界 も 垣 に 多 的 土 島 め 様 に の は ず な 見 上 、 ら 形 て で 家 し で も も 畜 い 栽 一 栽 糞 例 培 つ 培 尿 で さ の さ と

み ら れ た 土 壌 流 出 防 止 対 策 の 一 つ で す 。

ま し た 。 草 生 水 路 と は 、 沖 縄 地 方 に 昔

事 業 に 関 わ っ て お り 、 現 地 で の エ ン サ

以 前 か ら ア フ リ カ 各 国 の 農 業 援 助 開 発

と い う 大 規 模 な 試 験 を 行 う こ と に な り

雄 大 な 大 陸 ア フ リ カ 。 仲 間 の 一 人 は 、

土 流 出 や 肥 料 成 分 の 表 面 流 出 を 防 ぐ 、

と 相 談 し た 結 果 、 草 生 水 路 に よ り 、 赤

な 問 題 に な っ て い ま す 。 研 究 所 の 先 輩

か ら の 赤 土 流 出 に よ る 海 洋 汚 染 が 大 き

の 水 路 を 作 っ て 試 験 を 行 っ て い ま す 。

に な る 、 と 言 う わ け で 、 数 十 メ ー ト ル

物 に し か な ら な い 、 エ ン サ イ な ら 野 菜

た だ の 雑 草 を 生 や し て も 畑 に 返 す 有 機


高 垣 美 智 子

﹁エ 縁ン 菜サ ﹂イ だは っ た ⋮ ⋮

菜 を 育 て る プ ロ ジ ェ ク ト ﹂ に 参 加 し た

よ う に な っ た の は 、 ﹁ 手 賀 沼 の 水 で 野

ま す 。 私 が こ の 野 菜 と 親 し く 付 き 合 う

で 、 東 南 ア ジ ア ∼ 沖 縄 で 常 食 さ れ て い

convolvulus

︵ 熱千 帯葉 農大 学学 ︶園 芸 学 研 究 科 准 教 授

頃 か ら で す 。 こ の プ ロ ジ ェ ク ト の た め と は 違 う 新 し い 発 見 が あ り 、 異 な る 方

違 っ て い る せ い か 、 陸 の 上 に い た と き

の は 新 し い 体 験 で し た 。 目 線 の 高 さ が

調 査 す る 。 水 の 上 か ら 陸 を 見 る と い う

浮 畑 ま で 手 漕 ぎ の ボ ー ト で 乗 り 付 け て

ト で 通 う 。 タ イ の 農 家 で は 、 川 の 中 の

で エ ン サ イ を 栽 培 し 、 そ の 管 理 に ボ ー

な え 許 手 り て と 賀 ま ﹁ は 沼 し 川 ⋮ ︵ た や ⋮ 千 。 運 。 葉 河 と 県 ﹂ い ︶ も う に 私 わ 浮 の け か フ で べ ィ 、 た ー 地 イ ル 上 カ ド に ダ に 加

る エ ン サ イ を 探 し 回 り ま し た

ン コ ク 周 辺 の 川 や 運 河 で 栽 培 さ れ て い

ニ ス 、 水 の 都 と し て 有 名 で あ っ た 、 バ

タ イ で は 数 年 間 、 か つ て は 東 洋 の ベ

ん ど ん 広 が っ て い き ま し た 。

東 南 ア ジ ア ∼ 八 重 山 ∼ ア フ リ カ と 、 ど

そ の 結 果 、 手 賀 沼 か ら 始 ま っ た 研 究 が 、

め て 、 研 究 グ ル ー プ を 広 げ て き ま し た 。

Water

Water spinach

︵ 図 1 ︶

と い う ヒ ル ガ オ 科 の 葉 菜

名 は エ ン サ イ と は 、 別 名 ま ﹁ た 空 は 芯 菜 ﹂ 、 英

輩 に 対 し て 、 エ ン サ イ の 宣 伝 広 報 に 努

ま し た 。 野 菜 の 研 究 を す る の に 船 舶 免

便フ りィ ー ル ド

に 、 私 た ち は 小 型 船 舶 免 許 ま で 取 得 し

で 育 か に イ か 要 に め 以 す て っ 生 は ら と 含 に 川 来 。 れ て 育 ﹁ 、 な ま は や ば き す 汚 温 り れ 、 沼 、 研 、 ま る れ 度 ま る 汚 の 沼 し こ た さ す 窒 染 水 究 の た と ﹂ え 。 素 源 を 仲 水 。 が 川 確 こ や を き 間 は つ 可 や 保 れ リ 減 れ や き ま 能 沼 で ま ン ら い 国 れ り で の き で を す に 内 い 、 あ 水 れ の 除 こ す 外 に エ る だ ば 一 く と る の な ン こ け 、 連 こ 、 、 先 る サ と で エ の と 水 そ 輩 わ イ が 十 ン 試 が の の 、 後 け を 分 分 サ 験 必 中 た

さ を 実 感 し ま し た 。

向 か ら 、 物 事 を 見 る と い う こ と の 大 切




図 3 ハ イ イ ロ ク ス ク ス ( ).ク スクスは山地民が捕獲・採取している動物性蛋白質の約 5 割を占める.国の法律で「保護動物」に指定され捕 獲は全面的に禁止されている(2004 年,筆者撮影).

図 4 オ オ バ タ ン ( ).山 地 民 の一部は,ドリアンの樹に罠を仕掛けてオオバタンを生 け捕りし,販売している.クスクスと同様,国内法で 「保護動物」に指定されておりその捕獲・飼育・販売が 禁じられている。また、 「ワシントン条約(CITES)」 の「付属書Ⅰ」記載種 ( 国際取引が原則的に禁止される 種 ) でもある(2005 年,筆者撮影).

護 ﹂ の 方 策 に つ い て 探 っ て ゆ き た い 。

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 高 い ﹁ 自 然 保



域 の 人 び と に 受 苦 を 強 い る こ と の な い 、

ー ク ﹂ を 実 践 す る こ と の な か か ら 、 地

そ う し た ﹁ 越 境 と 躍 動 の フ ィ ー ル ド ワ

っ れ 地 民 た ま 民 社 。 で の 会 ほ 歴 が と 史 僻 ん 的 地 ど 周 に 光 縁 位 が 性 置 当 を し て 背 て ら 景 い れ に る て し こ こ て と な 、 や か こ 山

現 行 の 政 策 の な か で ﹁ 希 少 ﹂ と さ れ

の で は な い は ず だ 。

な ﹁ 自 然 保 護 ﹂ は サ ス テ イ ナ ブ ル な も

改 め て 指 摘 す る ま で も な く 、 こ の よ う

い る と み ら れ る そ う し た 営 為 は 、 山 地

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 向 上 に 寄 与 し て

し か し な が ら 、 野 生 動 物 と の 関 係 の

価 値 観 の 否 定 な ど の 受 苦 を 強 い て き た 。

地 域 の 人 び と に 、 暮 ら し 向 き の 悪 化 や

ス と し て の ﹁ 自 然 保 護 ﹂ は 、 し ば し ば

を 構 築 し た り も し て い る 。

じ め と す る 狩 猟 獣 の 利 用 に 一 定 の 秩 序

コ ン ト ロ ー ル を 通 じ て 、 ク ス ク ス を は

ロ ー カ ル な 価 値 に 介 入 し て ゆ く プ ロ セ

物 保 護 ﹂ と い っ た グ ロ ー バ ル な 価 値 が

﹁ 生 物 多 様 性 保 全 ﹂ や ﹁ 希 少 野 生 生

は び う を み 能 方 域 影 物 来 味 人 れ 地 保 今 ず 越 し 探 な な を の 響 と 知 や び 、 域 護 後 だ え た っ が 限 模 実 を 人 に 重 と ま の の も 。 た 作 て ら り 索 情 与 の 基 要 の た 人 対 、 業 ゆ 、 、 ・ に え 関 づ 性 暮 、 び 象 、 躍 は く そ 人 推 即 て 係 く を ら そ と と 熱 動 、 こ う び 進 し い の 人 持 し う に な 帯 感 既 と し と し た る 持 び っ に し ど っ の あ 存 が た の て ﹁ の 続 と て お た の て 僻 ふ の 必 問 生 ゆ 自 か 可 の い い 野 よ い 地 れ 学 要 い 活 く 然 。 能 営 る て 生 う る 農 る 問 で に 世 た 保 そ 性 為 の ど 動 に 野 山 営 の あ 対 界 め 護 れ に は か の 物 価 生 村 み 境 ろ す に に ﹂ ぞ い 、 、 よ の 値 動 を で 界 う る 入 は の れ か 野 ま う 利 づ 物 舞 あ を 。 答 り 、 あ の な 生 た な 用 け は 台 る 飛 そ え 込 可 り 地 る 動 在 意 は ら 、 に 、


与 え て い る か ﹂ と い う 二 つ の 観 点 か ら 、

の 関 係 の 持 続 可 能 性 に い か な る 影 響 を

お い て ど の よ う な 意 味 を 持 っ て い る

に 、 ﹁ 保 護 の 対 象 と な っ て い る 野 生 動

こ こ 数 年 来 、 筆 者 は そ こ を フ ィ ー ル ド

支 え る 上 で 重 要 な 役 割 を 果 た し て い る 。

少 ﹂ 野 生 動 物 の 利 用 が 地 域 の 暮 ら し を

で は 、 国 に よ っ て 保 護 さ れ て い る ﹁ 希

生 動 物 の か か わ り あ い を 詳 細 に 描 き 出

ロ ー カ ル な 文 脈 に 埋 め 込 ま れ た 人 と 野

の 法 令 に よ り ﹁ 保 護 動 物 ﹂ と さ れ 、 少

オ バ タ ン を は じ め と す る オ ウ ム も 、 国

4 し の ド 希 い え と に イ 山 ラ ︶ 、 な ネ 少 た る す 生 ン 村 ム 筆 ク 。 現 か シ 野 ︵ 上 る 息 ド で 島 者 ス ク 金 に ア 生 図 で 狩 す ネ あ 中 が ス を は 国 オ 3 極 猟 る シ る 部 調 ︶ め 獣 樹 ア 。 の 査 を 得 そ 内 ウ 。 は て れ 外 ム ま て が 上 東 そ 内 を じ い を で は た 重 地 棲 部 こ 陸 お め る 生 需 、 、 要 域 有 島 で 山 こ と 村 け 要 ペ オ な 住 袋 嶼 は 地 な す び 捕 が ッ オ 役 民 類 部 、 部 っ る 、 ク に て と り あ ト バ 割 の メ ス 位 き 狩 も に り と タ を ﹁ 猟 い し 、 し ン 果 食 を ラ ク 置 た 獣 た て 山 て な た ﹂ は ネ ス す の も る は ︵ 販 地 イ ど し を じ シ オ 一 セ 図 売 民 ン の て 支 め ア

と 密 接 に 結 び つ い た 森 へ の ア ク セ ス ・

を す る り 野 出 生 し 動 て 物 い と た ﹁ り 緩 、 や ま か た な 、 共 超 生 自 関 然 係 観 ﹂

び と の 営 為 は 、 そ う し た 野 生 動 物 と 人

か ﹂ 、 ま た 、 ﹁ ﹃ 在 来 知 ﹄ に 基 づ く ひ と

物 の 利 用 が 、 地 域 の 人 び と の 暮 ら し に

す 民 族 誌 的 研 究 を 進 め て き た 。

島 。 こ の 島 の 内 陸 部 に 点 在 す る 農 山 村

イ ン ド ネ シ ア 東 部 マ ル ク 諸 島 セ ラ ム

財 団 法 人 自 然 環 境 研 究 セ ン タ ー 研 究 員 ︵ 環 境 人 類 学 、 イ ン ド ネ シ ア 地 域 研 究 ︶

笹 岡 正 俊

業 ﹂ を 通 じ て 、 オ オ バ タ ン を は じ め と

に 特 徴 づ け ら れ る こ の 地 域 の ﹁ 在 来 農

植 生 へ の 多 様 な 半 栽 培 的 は た ら き か け

山 地 民 は 高 い サ ゴ ヤ シ 依 存 と 土 地 ・

け で は な い 。

る よ う な 営 為 が ま っ た く 存 在 し な い わ

テ イ ナ ビ リ テ ィ を 高 め る こ と に 寄 与 す

ン な ど の 野 生 動 物 と 人 と の 関 係 の サ ス

山 地 民 社 会 に は 、 ク ス ク ス や オ オ バ タ

い て 生 計 維 持 を 図 っ て い る 。 と は い え 、

さ れ た フ ォ ー マ ル な 自 然 保 護 政 策 に 背

然 を ま も る ﹂ と い う 目 的 の た め に 整 備

こ の よ う に セ ラ ム 島 山 地 民 は 、 ﹁ 自

ば 公 園 内 で ﹁ 違 法 ﹂ に お こ な っ て い る 。

猟 獣 や オ ウ ム を 対 象 と し た 猟 を し ば し

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 高 い ﹁ 自 然 保 護 ﹂ の 方 策 を 探 る

の 国 立 公 園 の 周 辺 に 暮 ら し て お り 、 狩

越 境 と 躍 動 の フ ィ ー ル ド ワ ー ク ⑧

山 地 民 は マ ル ク 諸 島 に 設 定 さ れ た 唯 一

リ レ ー 連 載

止 と な っ て い る 。 ま た 、 中 央 セ ラ ム の

な く と も 法 規 上 は 、 そ の 利 用 が 全 面 禁




コラム 1

京都議定書の約束期間と ポスト京都議定書 京都議定書第 3 条は「温室効果ガ スの全体の量を 2008 年から 2012 年までの約束期間中に 1990 年の 水準より少なくとも 5 パーセント 削 減 す る」と 定 め,こ の 5 年 間 が 「第 1 約束期間」と呼ばれる.削減 対象となっている温室効果ガスは 6 種(二 酸 化 炭 素(CO2),メ タ ン (CH4),亜 酸 化 窒 素(N2O),ハ イ ドロフルオロカーボン類(HFCS), パーフルオロカーボン類(PFCS), 六 フ ッ 化 硫 黄(SF6))で あ る.日 本に関していうと,基準年(CO2, CH4, N2O は 1990 年,HFC, PFC, SF6 は 1995 年)から 6% 削減する ことが義務づけられている(欧州連 合(EU)は 8%).第 1 約束期間は 世 界 的 に は 2008 年 1 月 1 日 に 始 まった.日本でも代替フロンなどで は 1 月 か ら 算 入 さ れ た が,CO2, CH4, N2O は,排出量の計算が年度 ごとの統計に基づくため 4 月から となっている.第 1 約束期間に続 く 2013∼18 年 は「第 2 約 束 期 間」と呼ばれ,この期間の数値目標 の枠組み(通称「ポスト京都議定 書」)は ま だ 定 ま っ て い な い. 2007 月 12 月にバリ島で行われた 気候変動枠組条約第 13 回締約国会 議(COP13)・京 都 議 定 書 第 3 回 締約国会合(COP/MOP3)におい て,2009 年末までに決めることが 合意された.



い ま す 。 ま ず 、 植 田 さ ん か ら ﹁ 地 球 温

由 に 活 発 に 発 言 し て い た だ き た い と 思

要 で あ る と 考 え て い ま す 。 単 な る 環 境

本 植 の  田 戦 略 今 ﹂ 日 と の あ 討 り 論 ま 会 す の 。 タ 私 イ は ト 戦 ル 略 に が ﹁ 必 日

全社 般会 的経 な済 改構 革造 がの 必 要

真 剣 に 検 討 す る と の 方 向 性 が 出 さ れ ま

室 効 果 ガ ス を 半 減 さ せ る こ と に つ い て

へ の 誘 い ・ ク ー ル ア ー ス 五 〇 ﹂ を 提 案

本 日 は 公 開 討 論 会 で あ り ま す が 、 自

し 、 サ ミ ッ ト で は 二 〇 五 〇 年 ま で に 温

置 は ど う あ る べ き か 。

可 能 な の か 、 そ の と き の 日 本 の 立 ち 位

ン ダ ム の サ ミ ッ ト の 直 前 に ﹁ 美 し い 星

欠 だ と 思 い ま す が 、 そ れ が ど の よ う に

  安 倍 前 首 相 が 二 〇 〇 七 年 の ハ イ リ ゲ

イ ン ド な ど の 発 展 途 上 国 の 関 与 が 不 可

都 議 定 書 の 枠 組 み づ く り で す 。 中 国 、

告 し て い た だ き ま す 。

暖 化 防 止 の 環 境 経 済 戦 略 ﹂ に つ い て 報

環 境 経 済 戦 略 で あ る こ と が 重 要 で す 。

戦 略 で も 、 単 な る 経 済 戦 略 で も な く 、

導 入 す べ き な の か 。 第 三 は 、 ポ ス ト 京

に 排 出 権 取 引 や 炭 素 税 の よ う な 制 度 を

テ東 ィ京 ブ大 統学 括地 デ球 ィ持 レ続 ク戦 タ略 ー研 ・究 教イ 授ニ シ ア

そ れ が で き る の か 。 第 二 は 、 そ の た め

住 明 正

モ デ レ ー タ ー


い ま す 。 第 一 の ポ イ ン ト は 、 具 体 的 に

地 球 環 境 戦 略 研 究 機 関 特 別 研 究 顧 問

九 九 〇 年 比 で 六 % 削 減 す る と 約 束 し て

森 嶌 昭 夫

︵ コ ラ ム 1 ︶

。 日 本 は 温 室 効 果 ガ ス を 一

で 定 め た 第 一 約 束 期 間 が 始 ま り ま し た

機 関城 長大 ・学 教地 授球 変 動 適 応 科 学 研 究 機 関

思  住 っ て ポ い イ ま ン す ト 。 を 今 絞 年 っ 度 て か 議 ら 論 京 を 都 し 議 た 定 い 書 と

三 村 信 男

教東 授京 大 学 大 学 院 新 領 域 成 学 研 究 科

討 論 終 了 後 の メ ッ セ ー ジ を 掲 載 し ま す 。

次 号 に は 、 小 宮 山 宏 I R 3 S 機 構 長 ︵ 東 京 大 学 総 長 ︶ の

松 橋 隆 治

東 京 電 力 株 式 会 社 顧 問

こ こ で は 、 続 い て 行 わ れ た パ ネ ル 討 論 の 様 子 を 紹 介 し ま す 。

三 村 信 男 、 西 岡 秀 三 、 荒 川 博 人 各 氏 に よ っ て な さ れ ま し た 。

桝 本 晃 章

東 京 大 学 安 田 講 堂 で 行 い ま し た ︵ 協 賛 ・ 日 本 経 済 新 聞 社 ︶ 。

温 暖 化 問 題 の 徹 底 討 論 会 を 二 〇 〇 八 年 二 月 一 六 日 に

西 岡 秀 三

大 阪 大 学 社 会 経 済 研 究 所 教 授

当 日 は 、 初 め に 、 討 論 の 前 提 と な る 事 柄 に つ い て の 解 説 が 、

国 立 環 境 研 究 所 参 与

途 上 国 の 現 場 を 知 る 国 際 協 力 銀 行 ︵ J B I C ︶ と の 共 催 で 、

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構 ︵ I R 3 S ︶ は 、

西 條 辰 義

サステナ の 眼 日ポ 温 徹 本ス 底 のト 暖 討 戦京 化 論 略都 ︵議 問 前定 編書 題 ︶を 見 据 え た

京 都 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授

植 田 和 弘

国 際 協 力 銀 行 開 発 金 融 研 究 所 所 長

荒 川 博 人

出 席




コラム 3

京都メカニズムと 排出権取引 京都議定書の目標を達成するた めに,排出権取引,クリーン開 発メカニズム,共同実施などの 仕組みが導入され京都メカニズ ムと呼ばれる.排出権取引は, 温室効果ガスの削減目標から超 過した分や不足する分を,排出 権として国や企業の間で取引す ること.EU は排出権取引を実 施する方法として,キャップ・ アンド・トレード方式を採用し た.これは,温室効果ガスの排 出枠の上限(これをキャップと いう)をあらかじめ各事業体に 割り当て,事業体はそれを自由 に売買(トレード)できる方式 である.

よ う と し て 、 電 気 の 使 用 量 が 削 減 さ れ

ど と 思 わ な く て も 、 ホ テ ル 代 を 安 く し



る と し ま す 。 環 境 に や さ し く し よ う な

と は 別 に 、 使 っ た 分 を 払 う し く み が あ

し ょ う 。 電 気 な ど の 光 熱 費 は 、 宿 泊 費

  ホ テ ル の 料 金 に た と え て 考 え て み ま

と な る の で す 。

出 権 取 引 に よ っ て さ ら な る 削 減 が 可 能

考 え て い ま せ ん 。 供 給 者 の 方 で は 、 排

か り を み て 、 排 出 権 の 供 給 者 の こ と を

で で 先 す 調 進 ︵ 整 各 コ す 国 ラ る の ム 仕 排 3 ︶ 組 出 。 み 総 欧 、 量 州 つ を 連 ま 固 合 り 定 ︵ 排 し E 出 て U 権 、 ︶ 取 価 は 引 格

書 の 精 神 に 合 っ た 制 度 は 何 か と い う と 、

大 ざ っ ぱ に ま と め て み ま す 。 京 都 議 定

度 西 設  條 計 と 京 、 都 ポ 議 ス 定 ト 書 京 を 都 遵 議 守 定 す 書 る に た つ め い の て 制

制  住 度 設 次 計 に に 、 つ 西 い 條 て さ お ん 話 に し 、 い 温 た 暖 だ 化 き 対 ま 策 す の 。

ま す 。 私 は そ う で は な い と 考 え て い ま

制 度 だ と い わ れ 続 け て き た こ と が あ り

で お 金 を 払 っ て す ま せ る と ん で も な い

背 景 に は 、 排 出 権 取 引 は 削 減 を し な い

い て 無 策 の 一 〇 年 で し た 。 そ う な っ た

答 案 で す 。 極 端 に い う と 、 温 暖 化 に つ

の 試 験 だ っ た ら い い 点 が つ け ら れ な い

動 で や ろ う と し て い ま す 。 環 境 経 済 学

権 取 引 で も な く 、 規 制 な い し は 自 主 行

う だ け と の 批 判 は 、 排 出 権 を 買 う 方 ば

た だ け れ ば い い と 思 い ま す 。 お 金 を 払

排 出 権 を 融 通 し 合 う 制 度 だ と 考 え て い

よ う に す る 仕 組 み が 排 出 権 取 引 で す 。

ら い 、 総 量 と し て の 目 標 が 達 成 で き る

業 に お 金 を 払 っ て 、 さ ら に 削 減 し て も

せ ん 。 困 難 な 企 業 が 楽 に 達 成 で き た 企

て し ま え ば 、 全 体 と し て 目 標 に 届 き ま

で 満 足 し 、 困 難 な 企 業 が そ こ で 止 ま っ

炭 素 に 価 格 を つ け る こ と が 大 切

  一 方 、 日 本 は 炭 素 税 で も な く 、 排 出 ろ も あ り ま す 。 達 成 で き た 企 業 が そ れ

造 的 な 取 り 組 み で す 。

取 引 を 始 め て い ま す 。

二 〇 〇 五 年 か ら 実 際 に 域 内 で の 排 出 権

成 で き る と こ ろ も あ れ ば 、 困 難 な と こ

す 。 企 業 の な か に は 削 減 目 標 が 楽 に 達


全 般 的 な 改 革 へ 進 ん で い く 内 容 を 含 む

数 字 で は あ り ま せ ん 。 社 会 経 済 構 造 の

ま に し て 、 多 少 節 約 す れ ば す む よ う な

れ は 、 い ま の 社 会 経 済 の 構 造 を そ の ま

セ ン ト と か 大 幅 な 削 減 が 必 要 で す 。 こ

ロ は 無 理 で も 、 五 〇 % 以 上 、 七 〇 パ ー

い ま す 。 そ こ で 温 暖 化 抑 止 の 機 能 が 働

市 場 か ら い ろ い ろ な シ グ ナ ル を 受 け て

り ま す 。 市 民 や 企 業 が 活 動 す る と き 、

が 働 く 機 能 を 市 場 に も た せ る 必 要 が あ

温 暖 化 に 対 し て よ く し て い く 動 機 づ け

営 の 中 心 的 メ カ ニ ズ ム は 市 場 で す か ら 、

で す か ら 、 地 球 温 暖 化 防 止 と は 大 変 に

経 済 、 地 域 社 会 の 形 成 に 貢 献 す る わ け

明 確 に し て い く 必 要 が あ り ま す 。 地 域

ど の よ う に し て で き あ が っ て く る の か

ジ ー に 適 合 し た 地 域 経 済 と 地 域 社 会 が

温 暖 化 防 止 を 実 現 す る 過 程 で 、 エ コ ロ

首 相 は そ う い う 提 案 を し た の で す 。 ゼ   簡 潔 に 申 し 上 げ る と 、 日 本 経 済 の 運 ﹁ 対 策 ﹂ で は な く ﹁ 戦 略 ﹂ な の で す 。

ょ う か 。 排 出 量 は ゼ ロ で す ね 。 安 倍 前

減 さ せ る に は 先 進 国 は ど う す べ き で し

場 合 に 、 地 球 全 体 で 温 室 効 果 ガ ス を 半

排 出 量 は 増 え な か っ た と し ま す 。 そ の

努 力 を し て 、 途 上 国 の 温 室 効 果 ガ ス の

さ れ ま す が 、 二 〇 五 〇 年 ま で に 大 変 な

状 を 克 服 し な い と い け ま せ ん 。

境 と 経 済 の ト レ ー ド オ フ と い わ れ る 現

経 済 政 策 の 革 新 的 な 統 合 に よ っ て 、 環

よ う な 話 を し て い ま せ ん 。 環 境 政 策 と

い ま あ る 削 減 策 は 、 残 念 な が ら 、 そ の

も の と い わ ざ る を え ま せ ん 。 し か し 、

く こ と が 重 要 で す 。 そ の よ う な 意 味 で 、

経 済 の 統 合 型 の ス タ イ ル を つ く っ て い

ら し と い っ た さ ま ざ ま な 局 面 で 環 境 と

の 上 で 、 も の づ く り 、 ま ち づ く り 、 暮

つ け る こ と だ と 私 は 考 え て い ま す 。 そ

く に は 、 一 番 の 基 本 は 、 炭 素 に 価 格 を

と も に 排 出 量 が 増 え て い く こ と が 予 想

に は 中 国 も 含 ま れ 、 今 後 、 経 済 発 展 と

と 途 上 国 が ほ ぼ 半 々 ず つ で す 。 途 上 国

現 在 の 温 室 効 果 ガ ス の 排 出 量 は 先 進 国

  世 界 を 先 進 国 と 途 上 国 に 分 け ま す と 、

は 必 ず し も い え な い と 思 い ま す 。

こ ろ を 、 国 民 が 正 確 に 認 識 し て い た と

も 歓 迎 さ れ ま し た が 、 こ の 意 味 す る と

し た ︵ コ ラ ム 2 ︶

。 こ の 提 言 は 日 本 で

コラム 2

美しい星への誘い・ クールアース 50 安 倍 晋 三 前 総 理 が 2007 年 5 月に行ったポスト京 都議定書の枠組みづくりに 向 け て の 提 案.(1)温 室 効 果 ガ ス の 排 出 量 を, 2050 年までに,世界全体 で現状から半減することを 世 界 共 通 目 標 と す る, (2)枠 組 み を 設 計 す る た め の 3 原 則(主 要 排 出 国 全ての参加,各国の事情に 配慮した柔軟性と多様性, 環境保全と経済発展の両 立) ,(3)京都議定書の目 標達成に向けた国民運動の 展 開,の 3 点 が そ の お も な内容である.




た 運 輸 部 門 や 家 庭 で ど れ く ら い 削 減 で

後 は 、 エ ネ ル ギ ー 消 費 が 増 え て し ま っ

き な 課 題 に 取 り 組 ん で い き ま す が 、 今

績 が あ り ま す 。 産 業 界 は こ れ か ら も 大

と な く 、 実 質 国 民 所 得 を 二 倍 に し た 実

三 〇 年 間 に エ ネ ル ギ ー 消 費 を 増 や す こ

述 べ た よ う に 、 日 本 の 産 業 界 は 、 過 去

年 次 総 会 ︵ ダ ボ ス 会 議 ︶ で 福 田 総 理 が

し た 。 本 年 一 月 の 世 界 経 済 フ ォ ー ラ ム

公 約 し 、 自 ら を 律 し て 取 り 組 ん で き ま

産 業 界 は 自 主 的 な 取 り 組 み を 世 の 中 に

的 に 発 展 し 、 地 球 が 健 全 な 形 で 保 た れ

そ の ま た 将 来 に わ た っ て 日 本 国 が 持 続

と な る と 、 わ れ わ れ の 子 供 や 孫 の 世 代 、

り う る と 思 い ま す 。 ポ ス ト 京 都 議 定 書

国 際 社 会 に お け る リ ー ダ ー シ ッ プ を と

り 、 日 本 の 技 術 と 知 恵 を 結 集 す れ ば 、

た 。 地 球 温 暖 化 は 国 際 交 渉 の 問 題 と な

ー 松 と  橋 地 球 私 環 は 境 二 の 〇 問 年 題 ほ に ど 携 前 わ か っ ら て エ き ネ ま ル し ギ

た だ き ま す 。

値 目 標 の 比 較 分 析 に つ い て 報 告 し て い

み  住 と し 松 て 橋 の さ セ ん ク に タ は ー 、 別 ポ ア ス プ ト ロ 京 ー 都 チ の と 枠 数 組

セ汎 ク用 タ性 ーの 別高 アい プ ロ ー チ

る の が 容 易 で な い 場 合 に 、 代 表 的 な 省

タ イ プ 2 は 、 一 番 い い と こ ろ に 合 わ せ

れ ぐ ら い 削 減 で き る か を 評 価 し ま す 。

え ば 日 本 の 産 業 に 世 界 が 合 わ せ た ら ど

原 単 位 を 調 査 し 、 一 番 い い と こ ろ 、 例

ま す 。 タ イ プ 1 は 、 各 地 域 、 各 部 門 の

評 価 し て い ま す 。

炭 素 を 出 す か ︶ を 評 価 し 、 将 来 的 に ど

鉄 一 ト ン を つ く る の に ど れ だ け 二 酸 化

と 、 二 酸 化 炭 素 排 出 の 原 単 位 ︵ 例 え ば

部 分 が I P C C の 報 告 書 に も あ り ま す 。



  セ ク タ ー 別 ア プ ロ ー チ に は 二 つ あ り

れ だ け 減 ら せ る か 削 減 ポ テ ン シ ャ ル を

で は 、 日 本 は ど う す る の か 。 日 本 の

間 違 い な く 高 価 格 化 す る で し ょ う 。

各 地 域 、 各 部 門 ご と の エ ネ ル ギ ー 効 率

構 え で 取 り 組 ん で い て 、 エ ネ ル ギ ー は

E U は 経 済 活 動 が 縮 小 し て も 、 雇 用 問

の よ う な 形 で 二 七 カ 国 に 割 り 当 て ま す 。

割 当 で す 。 E U は 最 終 的 に は 競 争 入 札

ッ プ と は 、 ど れ だ け 排 出 し て い い か の

と し て も 、 問 題 は キ ャ ッ プ で す 。 キ ャ

排 出 権 を 取 り 引 き す る ト レ ー ド は よ い

キ ャ ッ プ ・ ア ン ド ・ ト レ ー ド で し ょ う 。

献 し て い く 必 要 が あ る と 考 え て い ま す 。

ジ ア に お い て つ く る こ と に 、 日 本 は 貢

技 術 を 使 っ た 、 環 境 対 応 グ ル ー プ を ア

時 に 、 わ れ わ れ の 進 ん だ 省 エ ネ ル ギ ー

U に 見 習 う と こ ろ が た く さ ん あ る と 同

き る か が 問 わ れ て い る と 思 い ま す 。 E

ま で 合 策 し セ わ 、 た ク れ 排 ︵ タ ま 出 コ ー し 削 ラ 別 た 減 ム ア 。 に 4 プ 福 つ ︶ 。 ロ 田 い そ ー 総 て 理 い れ チ に は ろ に つ ダ い 関 い ボ ろ 係 て ス に す 話 会 話 る し 議 し

で お 手 伝 い を し 、 そ こ で は 温 暖 化 の 対

︵  I P 私 は C 気 C 候 ︶ 変 の 動 ワ に ー 関 キ す ン る グ 政 グ 府 ル 間 ー パ プ ネ 3 ル

る こ と を 考 え な け れ ば い け ま せ ん 。

題 が 発 生 し て も い い と い う ほ ど の 強 い


は 三 単 位 出 し て い る の で 、 そ の 数 字 に   二 酸 化 炭 素 を 中 心 に し た 温 室 効 果 ガ こ こ で 最 も 議 論 を 呼 ぶ で あ ろ う 言 葉 は

量 を み れ ば 、 A 国 は 八 単 位 出 し 、 B 国

で た し と し て い い の で し ょ う か 。 排 出

国 は B 国 に 一 単 位 販 売 し て 、 そ れ で め

三 単 位 に な り ま し た 。 排 出 権 取 引 で A

B 国 は 経 済 成 長 に よ っ て 一 単 位 増 え て

し さ せ て い た だ き ま す 。

負 っ て い る こ と は 十 分 に 踏 ま え て お 話

に 温 室 効 果 ガ ス を 排 出 し て い る 重 荷 を

会 社 の 立 場 か ら は 離 れ 、 し か し 、 実 際

わ 桝 せ  本 て い こ た の だ な く か の で は 産 私 業 だ 界 け か の ら よ も う の で を す い 。

る 高 い 削 減 目 標 を 掲 げ て い ま す 。 今 日

��� い 炭 素 税 を 導 入 し て 法 的 拘 束 力 の あ

ト ッ プ ダ ウ ン の エ リ ー ト リ ー ド 型 で 、

最 も 厳 し く 対 応 し て い る の は E U で す 。

  私 の 理 解 で は 、 温 室 効 果 ガ ス 削 減 に

そ れ 以 上 に 果 た し て 八 単 位 に し ま し た 。

を い う こ と が 重 要 だ か ら で す 。

議 定 書 で A 国 は 一 割 削 減 を 約 束 し て 、

の B 国 は 二 単 位 出 し て い た と し ま す 。

先 進 国 の A 国 は 一 〇 単 位 出 し 、 途 上 国

桝  住 本 さ そ ん れ に で お は 願 、 い 産 し 業 ま 界 す に 。 い ら っ し ゃ る

産 業 界 の 実 績 を 踏 ま え て 次 へ

に 主 体 的 に 取 り 組 む 産 業 や 市 民 が も の

や 企 業 の 意 見 も 聞 こ う と い う の が 一 つ

の 軸 と な り ま し た 。 責 任 を も っ て 削 減

く 排 出 量 で す 。 簡 単 な 例 で 、 基 準 年 に

サ ミ ッ ト か ら 、 実 際 に 削 減 を す る 市 民

し 、 本 当 に 問 題 な の は 、 削 減 率 で は な

ち の 頭 に は こ び り つ い て い ま す 。 し か

す と 、 何 % 減 ら す と い う 削 減 率 が 私 た

て い か な い と 成 功 し な い と 思 い ま す 。

の か と い う 話 の 二 つ を 上 手 に ペ ア に し

量 の 話 と 、 そ れ を ど う 再 分 配 し て い く

る 人 た ち の 議 論 で し た 。 二 〇 〇 五 年 の

は 研 究 者 と い っ た い わ ば 高 い 立 場 に あ

が あ り 、 始 め は 、 政 府 や 行 政 、 あ る い

強 権 的 に 見 守 る 必 要 が あ り ま す 。

が 、 本 当 に 減 ら し た の か 、 あ る 意 味 で 、

環 境 に や さ し い 人 は 使 わ な い で し ょ う

と ホ テ ル が お 願 い す る の と 同 様 で す 。

産 要 素 に す る と い う こ と で す 。 排 出 総

ま す 。 あ る 意 味 で 、 排 出 権 を 普 通 の 生

そ れ を 達 成 す る た め に 排 出 権 を 売 買 し

が ど の よ う な 経 路 を と る の か を 考 え 、

い う パ ス を 策 定 し ま す 。 そ れ ぞ れ の 国

書 が で き た 九 七 年 か ら さ ま ざ ま な 議 論

つ い て ご 批 判 が あ り ま し た 。 京 都 議 定

な い で し ょ う 。 こ れ ま で の 一 〇 年 間 に

転 換 さ せ 、 大 き な 痛 み も 伴 わ ざ る を え

造 を 変 え 、 エ ネ ル ギ ー 大 量 消 費 生 活 を

次 に ポ ス ト 京 都 議 定 書 の 話 に 移 り ま

に 電 気 を な る べ く 使 わ な い で く だ さ い   将 来 の 世 界 の 排 出 総 量 は こ う な る と て は な ら な い 大 き な 挑 戦 で す 。 産 業 構

減 ら し ま し ょ う と い う の は 、 お 客 さ ん

る で し ょ う 。 自 主 行 動 で 二 酸 化 炭 素 を

よ う な 制 度 を 提 案 し て い ま す 。

責 任 を と る 必 要 が あ り ま す 。 私 は そ の

文 明 を 深 い と こ ろ か ら 変 え て い か な く

ス の 削 減 は 簡 単 で は な く 、 わ れ わ れ の




コラム 5

日本の削減実績 2005 年 度 の 温 室 効 果 ガ ス排出量は 13 億 5900 万 ト ン(二 酸 化 炭 素 換 算) で,基準年である 1990 年 よ り 7. 7% 増 加 し て い る (2006 年度は速報値で 13 億 4100 万 ト ン(基 準 年 度 比 6. 4% 増)).部 門 別 にみると,産業部門(基準 年 に全体に占める割合は 38%)は 6. 1% 減 少 し た が,運輸部門(全体に占め る割合 17%)は 18. 1% 増, 業務その他部門(全体に占 める割合 13%)は 45. 4% 増,家庭部門(全体に占め る割合 10%)は 36. 4% 増, エネルギー転換部門(全体 に占める割合 5%)は 17% 増と,軒並み増加している.

コラム 6

クリーン開発メカニズム (CDM) 京都メカニズムの一つ.先 進国が資金や技術を提供し て,途上国において温室効 果ガスの排出削減事業を実 施すると,その事業で生じ た削減量を先進国が排出枠 として獲得できる仕組みで ある.



と 逆 に 増 え て い ま す 。 二 〇 〇 六 年 の 暫

の 一 九 九 〇 年 と 比 べ て プ ラ ス 七 ・ 七 %

し ま し た 。 二 〇 〇 五 年 の 実 績 は 基 準 年

審 議 会 の 地 球 環 境 小 委 員 会 で チ ェ ッ ク

い る の か 、 中 央 環 境 審 議 会 と 産 業 構 造

ば な り ま せ ん 。 で は 実 際 に ど う な っ て

れ わ れ は 努 力 し て 実 現 し て い か な け れ

家 の 責 任 で あ り 、 国 家 の 一 員 で あ る わ

批 森 准  嶌 し た 京 も 都 の 議 で 定 、 書 そ の れ 六 を % 果 削 た 減 す は の 国 は 家 国 が

の 上 で は 、 国 民 一 人 ひ と り が シ ャ ワ ー

る 経 済 的 手 法 は 入 っ て い ま せ ん 。 数 字

化 す る こ と に な っ て い て 、 決 め 手 と な

い っ て い ま す 。 自 主 的 な 取 り 組 み を 強

引 や 環 境 税 な ど を 負 担 す る の は 困 る と

や く 回 復 し て き た と こ ろ で 、 排 出 権 取

業 界 は バ ブ ル 崩 壊 後 の 不 景 気 か ら よ う

で す 。 追 加 的 な 方 策 が 必 要 で す が 、 産

家 庭 が 三 六 ・ 四 % 増 、 運 輸 が 一 八 % 増

業 と か サ ー ビ ス で 四 五 ・ 四 % も 増 え 、

い る 産 業 界 は マ イ ナ ス 六 % で す が 、 商

れ は 困 る と か い っ て い ら れ る 状 態 で な

ら 、 日 本 が 六 % は あ や う い だ と か 、 あ

ま で に 二 〇 % 下 げ る と い っ て い ま す か

を 説 得 で き ま せ ん 。 E U は 二 〇 二 〇 年

け れ ば 、 ポ ス ト 京 都 議 定 書 で よ そ の 国

に な り ま す と い う こ と で す 。

吸 収 で 三 ・ 八 % を 削 減 し 、 こ れ で 六 %

6 開 少 開 ︶ 発 な し

下 げ て い か な け れ ば い け な い の で す 。

増 え て し ま っ た 分 も 含 め て 、 こ れ か ら

定 値 で は 六 ・ 四 % で す

を 一 分 間 節 約 す る な ど の 国 民 運 動 を 展 い の で す 。 排 出 権 取 引 か 、 セ ク タ ー 別

︵ コ ラ ム 5 ︶

  京 都 議 定 書 が 実 現 で き る 見 込 み が な

な ど で 一 ・ 六 % を 削 減 し 、 森 林 の

く し 、 京 都 メ カ ニ ズ ム の ク コ リ ラ ー ム ン

メ カ ニ ズ ム ︵ C D M ︶ ︵

日 本 全 体 の 排 出 量 の 約 四 〇 % を 占 め て

て 家 庭 か ら の 排 出 を 一 〇 〇 万 ト ン


費 産 業 を 評 価 し て 進 め て い く や り 方 、

セ メ ン ト 、 電 気 な ど の エ ネ ル ギ ー 多 消

価 す る の は 難 し い の で 、 部 分 的 に 鉄 、

と い う や り 方 も あ り ま す 。 す べ て を 評

分 け て 効 率 を 計 算 す る 完 全 セ ク タ ー 別

ク タ ー 別 の 評 価 点 が 高 く 、 京 都 議 定 書

し ま し た 。 完 全 セ ク タ ー 別 、 部 分 的 セ

層 化 し 、 重 み を つ け て 、 総 合 的 に 評 価

と い け ま せ ん 。 わ れ わ れ は そ れ ら を 階 日 本 の 持 続 的 発 展 も か な い ま せ ん 。

 住 ま で は 、 報 告 の 最 後 は 森 嶌 さ ん で す 。

ず 自 分 か ら 始 め よ

  日 本 に お い て は 、 す べ て を 部 門 別 に

う 産 業 で か な り の 削 減 が 見 込 ま れ ま す 。

ル プ の よ う な エ ネ ル ギ ー を た く さ ん 使

ブ ラ ジ ル な ど で 、 鉄 、 ア ル ミ 、 紙 ・ パ

で も 、 途 上 国 の な か の 中 国 、 イ ン ド 、

ざ ま な こ と を バ ラ ン ス よ く 評 価 し な い

う イ ニ シ ア テ ィ ブ を と れ る か な ど さ ま

排 出 責 任 を ど う と る か 、 日 本 が ど う い

途 上 国 が 参 加 す る か 、 先 進 国 が 過 去 の

さ 、 信 頼 で き る デ ー タ が 集 め ら れ る か 、

る に は 、 経 済 へ の 影 響 、 合 意 の し や す

業 が 逃 げ て い く こ と に も な り か ね ず 、

め て い き ま せ ん と 、 規 制 の 緩 い 国 に 産

り ま せ ん 。 世 界 全 体 で 公 平 に 削 減 を 進

上 国 が 参 加 し な い 枠 組 み で は 意 味 が あ

常 に 近 い こ と で す 。 い ず れ に し て も 途

議 で 福 田 総 理 が い わ れ た の は そ れ に 非

で き る か 評 価 し ま す 。 い ず れ の タ イ プ   ポ ス ト 京 都 議 定 書 の 枠 組 み を 評 価 す 標 を つ く る こ と も 可 能 で す 。 ダ ボ ス 会

エ ネ 技 術 の 普 及 に よ っ て ど れ だ け 削 減

コラム 4

ダボス会議での 福田康夫首相の提案 2008 年 1 月の世界経済フォー ラム年次総会(ダボス会議)で, 福田首相はクールアース推進構 想 を 発 表 し た.「美 し い 星 50 (クールアース 50) 」を実現す るための手段として,7 月の北 海道洞爺湖サミット(主要国首 脳会議)に向けた提案である. 削減数値を国ごとに定める「国 別総量目標」を設定する; 産業 や家庭,運輸など部門(セクタ ー)ごとに削減可能量を算定し て,その合計を積み上げて国の 目標とする「セクター別アプロ ーチ」を実施する; 技術革新に よ っ て 2020 年 ま で に エ ネ ル ギー効率を 30% 高める; 100 億ドル規模の新たな資金メカニ ズム(クールアース・パートナ

部 分 的 セ ク タ ー 別 も あ り ま す 。

位 を 積 み 上 げ て 京 都 議 定 書 型 の 数 値 目

ーシップ)を構築する,などが おもな内容である.

の 枠 組 は 汎 用 性 が 高 く 、 部 門 別 の 原 単

可 能 性 が 高 い と 出 ま し た 。 セ ク タ ー 別

途 上 国 は セ ク タ ー 別 ア プ ロ ー チ を と る

は 数 値 目 標 を と る 可 能 性 が 非 常 に 高 く 、

に 基 づ く 将 来 予 測 を し ま し た 。 先 進 国

ト と い う 手 法 で 、 専 門 家 の ア ン ケ ー ト

景 に あ り ま す 。 ま た 、 ク ロ ス イ ン パ ク

く 、 ア メ リ カ も 離 脱 し て い る こ と が 背

は 低 い 評 価 で す 。 途 上 国 の 参 加 が 難 し

型 の 国 ご と の 数 値 目 標 を 立 て る や り 方




桝 っ も  本 た 、 ら 共 目 い 通 標 い の を の 目 共 か 標 有 。 を 化 ど す の れ よ ば う 取 つ り く 組 っ み て も い

な け れ ば い け ま せ ん 。 違 い を 認 め つ つ

す る と い う よ う な 目 標 は 共 通 の も の で

世 界 全 体 で は 二 〇 五 〇 年 に 五 〇 % 削 減

ま す 。 た だ 、 違 い を 認 め る に し て も 、

到 達 で き れ ば 、 そ れ が 理 想 的 だ と 思 い

ま え て 、 一 番 効 率 の い い 方 法 で 目 標 に

文 化 や 社 会 的 な バ ッ ク グ ラ ウ ン ド を 踏

い 三 の  村 で す 私 が は 、 こ 各 う 国 い の う 経 分 済 野 力 は 、 専 あ 門 る で い は は な

ク は 非 常 に 高 い と 思 わ れ ま す 。

だ の 買 い 主 に な っ て し ま う と い う リ ス

目 が 覚 め た ら 日 本 は 残 さ れ て い て 、 た

ら い で 、 日 本 が 対 応 を 怠 る と 、 あ る 日 、

そ れ を ど う リ ン ク す る か と い う こ と く

き る と し て も 、 米 欧 で 違 い が あ っ て 、

が 始 ま っ て い ま す 。 こ こ で 多 様 性 が で

ー バ ル マ ー ケ ッ ト を 獲 得 す る の か 競 争

象 と し た 市 場 で 、 米 欧 の ど ち ら が グ ロ

先 物 取 引 と 同 じ よ う な 二 酸 化 炭 素 を 対

っ た ん 始 ま り ま す と 厳 し く な る 一 方 で

輪 で は あ り ま せ ん け れ ど も 、 割 当 が い

て き て い ま す 。 孫 悟 空 の 頭 に は め た 金

設 か ら の 訴 訟 が あ っ て も 、 割 当 を 進 め

ー ダ ー シ ッ プ で 、 八 〇 〇 に 及 ぶ 民 間 施

ア が 出 さ れ て い ま す 。 E U は 強 力 な リ

は 排 出 権 の オ ー ク シ ョ ン と い う ア イ デ

を 購 入 す る よ う に し ま し た 。 将 来 的 に

に 割 り 当 て 、 枠 を 超 え る 場 合 は 排 出 権

な 温 室 効 果 ガ ス の 上 限 枠 を 事 業 所 ご と

フ ェ ー ズ で 割 当 を し ま し た 。 排 出 可 能

E U は 二 〇 〇 五 年 か ら 七 年 ま で の 第 一

ー シ ョ ン 、 割 当 を ど う 理 解 す る の か 。

ド ・ ト レ ー ド の お お も と で あ る ア ロ ケ

違 っ て き ま す 。 E U の キ ャ ッ プ ・ ア ン

配 給 と は 意 味 合 い が 全 く 違 い ま す 。

外 で 削 減 す れ ば よ い の で 、 戦 中 戦 後 の

九 八 % で し た ら 、 足 り な い 四 % 分 を 海

% 分 の 排 出 権 を 海 外 に 販 売 で き ま す 。

九 〇 % に し て も よ く て 、 そ の と き は 四

常 の 割 当 で は あ り ま せ ん 。 九 〇 年 比 で

し れ ま せ ん が 、 京 都 議 定 書 の 意 味 は 通

九 西 四  條 % の 京 割 都 当 議 が 定 あ 書 る で と 日 お 本 考 は え 九 な 〇 の 年 か 比 も で

よ し と し な い の で す が ⋮ ⋮ 。

験 し た の で 、 割 当 と い う も の を あ ま り

し ょ う ゆ も み ん な 配 給 と い う 時 代 を 経

で 終 戦 を 迎 え 、 お 米 も お 塩 も 砂 糖 も お

な く て は い け ま せ ん 。 私 は 小 学 校 一 年

ら 公 平 ・ 公 正 に 割 当 が 行 わ れ る か 考 え

産 業 界 、 国 会 が 議 論 を し て 、 ど う し た

議 論 に な り ま す 。 日 本 国 内 で も 、 国 民 、

日 本 の 三 地 域 に ど う 割 り 当 て る の か 大

や る と す れ ば 、 ヨ ー ロ ッ パ 、 ア メ リ カ 、

一 つ の 大 き な 分 か れ 目 で す 。 国 際 的 に

す 。 そ う い う も の を 始 め る か ど う か が

す 。 理 論 的 に 優 れ た 制 度 を ト ッ プ ダ ウ

ク シ ョ ン 制 度 に 移 行 し よ う と し て い ま

出 し た 分 だ け の 排 出 権 を 確 保 す る オ ー

設 計 を す れ ば い い の で す 。 E U は 、 排

で 、 国 際 制 度 に ド ッ キ ン グ で き る 制 度

り ま せ ん 。 日 本 は 日 本 流 の 排 出 権 取 引

当 て る 方 法 を 日 本 が ま ね す る 必 要 も あ



  E U の よ う に 事 業 者 に 排 出 権 を 割 り


こ と を 全 部 並 べ て 、 彼 ら を 説 得 で き る

よ く と い う の で も な く 、 日 本 が で き る

て こ い と い う の で も な く 、 み ん な で 仲

ッ パ の よ う に 自 分 た ち の や り 方 に つ い

提 供 や C D M は 歓 迎 さ れ ま す 。 ヨ ー ロ

提 案 し た 五 年 間 で 一 兆 二 五 〇 〇 億 円 の

協 力 は あ り う る こ と で す 。 福 田 首 相 が

率 を 上 げ る の な ら 、 セ ク タ ー 別 の 技 術

炭 素 の 削 減 が 可 能 で す 。 エ ネ ル ギ ー 効

す 。 成 長 に プ ラ ス に な る の な ら 二 酸 化

を も っ て い ��� せ ん 。 関 心 は 経 済 成 長 で

と 、 彼 ら は 二 酸 化 炭 素 の 問 題 に は 関 心

し 桝 て  本 い る 世 と 界 き が に 一 、 つ 日 の 本 仕 が 組 遅 み れ に て な は ろ い う け と

考 え て お く べ き で し ょ う か 。

あ が り ま す 。 そ れ に 対 し て ど の よ う に

か わ ら ず 、 グ ロ ー バ ル な 枠 組 み が で き

と か 、 合 理 性 が あ る と か な い と か に か

ロ ッ パ が 一 つ に な れ ば 、 好 き と か 嫌 い

を 言 い 出 し て い ま す 。 ア メ リ カ と ヨ ー

た ち の 市 場 に は 入 れ な い み た い な こ と

排 出 権 の ル ー ル を 守 れ な い 企 業 は 自 分

ら れ ま し た 。 E U は 、 温 室 効 果 ガ ス の

行 は 基 準 達 成 の た め 厳 し い 努 力 を 強 い

り 決 め ︶ で す 。 対 応 の 遅 れ た 日 本 の 銀

越 え な い 銀 行 は 国 際 業 務 が で き な い 取

の 森 異  嶌 な る ア 炭 メ 素 リ 市 カ 場 と が ヨ 考 ー え ロ ら ッ れ パ て で い は ま 性 す 質 。

で す 。 甘 い 考 え で し ょ う か 。

体 と し て 大 き な 力 に な れ ば と い う こ と

れ に 合 っ た 取 り 組 み を す る こ と で 、 全

す 。 私 の 希 望 は 、 違 い を 認 め 、 そ れ ぞ

途 上 国 を 入 れ た ら も っ と も っ と 違 い ま

米 日 の 三 つ だ け で も 違 う の で す か ら 、

め ら れ る 余 地 を な く し て よ い の か 。 欧

強 い 理 屈 が あ る と き に 、 違 う も の が 認

一 つ の 仕 組 み で い い の か 、 そ の 一 つ に

ー ・ フ ィ ッ ツ ・ オ ー ル ︵

日 本 で 違 い ま す 。 ワ ン ・ サ イ ズ ・ ネ バ

︶ と い う 言 葉 が あ り ま す 。

one size nev-

論 理 を 用 意 し 、 自 分 た ち が 実 際 に で き

er fits all

る こ と を 示 し て い く の が 重 要 で す 。

な い 状 態 で す 。

ろ な 審 議 会 で も 議 論 が な か な か で き て

I S 基 準 ︵ 自 己 資 本 比 率 が 一 定 水 準 を

す 。 す ぐ に 思 い 浮 か ぶ の は 、 銀 行 の B

と き の 影 響 を 検 討 し て み た い と 思 い ま

る べ き 社 会 は 、 ヨ ー ロ ッ パ 、 ア メ リ カ 、

変 え よ う と す る 大 構 造 改 革 で す 。 変 え

取 り 組 ん で い る の は 、 社 会 を 根 本 的 に

中 国 や イ ン ド の 高 官 の 話 を 聞 き ま す

こ ろ は 思 考 停 止 と い い ま す か 、 い ろ い  

私 は 考 え て い ま す 。 残 念 な が ら 今 の と

る も の 入 れ て い か な け れ ば な ら な い と

で は な く 、 総 力 を 挙 げ て あ り と あ ら ゆ

に 積 み 上 げ か 、 そ の ど ち ら か と い う 話

ま ず 、 国 際 的 な 枠 組 み が 決 め ら れ た

き  住 た い こ と こ 思 か い ら ま は す お 。 互 い に 議 論 を し て い

で多 き様 な性 いを のい かか す こ と は

る と い う 議 論 が あ り ま す 。 わ れ わ れ が

れ ば 関 税 を か け る な ど 、 障 壁 を 高 く す

は た く さ ん い た だ い て い ま す 。 E U や

ア メ リ カ で は 、 同 じ や り 方 を と ら な け

な い と い う ご 忠 告 を 、 産 業 界 の 私 ど も




問 題 あ り ま せ ん 。 た っ た 一 つ の 政 策 で

も 、 自 由 行 動 を し て い た だ く の も 全 く

で 、 セ ク タ ー 別 の ア プ ロ ー チ を 使 う の

え て い る の で は な く 、 排 出 権 取 引 の 中

た が 、 わ れ わ れ も 排 出 権 取 引 だ け を 考

の 西 は  條 若 干 松 問 橋 題 さ が ん あ は る 、 と 排 い 出 う 権 ご 取 意 引 見 で で い し く

た め の 制 度 づ く り で す 。

さ に や ら な け れ ば い け な い こ と を す る

ア メ リ カ に 近 い か で は な く 、 日 本 が ま

ら な い の で す 。 ヨ ー ロ ッ パ に 近 い か 、

国 際 的 な 枠 組 み 交 渉 に 臨 ま な け れ ば な

と し て 削 減 で き る 枠 組 み を 早 く 決 め て 、

す と か い っ て い ら れ な い 状 況 で 、 日 本

り ま せ ん 。 日 本 に は 別 の 文 化 が あ り ま

て 、 よ り 多 く 削 減 し て い か な け れ ば な

も 、 二 〇 % か 三 〇 % か は と も か く と し

い て 、 ヨ ー ロ ッ パ も ア メ リ カ も 途 上 国

し ゃ っ た ど ん ど ん 厳 し く な る こ と に つ

す 。 そ れ か ら 、 先 ほ ど 桝 本 さ ん の お っ

も ツ ー ル と し て 使 っ て み た ら い い の で

本 で 動 く 仕 組 み を つ く っ て 、 あ く ま で

ば す る ほ ど 値 段 が 上 が っ て 、 国 の 歳 入

九 〇 に 、 九 〇 を 八 〇 に と 、 厳 し く す れ

国 が オ ー ク シ ョ ン を や っ て 、 一 〇 〇 を

が 成 り 立 た な く な る 可 能 性 が あ り ま す 。

う こ と で す が 、 厳 し く し な い と 、 取 引

る の か 。 枠 組 み は 必 ず 厳 し く な る と い

の お 金 は ど こ か ら き て 、 だ れ が も う け

こ と に も 、 若 干 の 懸 念 が 伴 い ま す 。 そ

し ょ う か 。 排 出 権 の 取 引 市 場 が で き る

百 幾 つ か あ る 国 で 現 実 的 に 可 能 な の で

の キ ャ ッ プ 、 あ る い は 割 当 が 世 界 に 二

の 桝 お  本 話 に E 異 U 論 の は 理 あ 解 り に ま つ せ い ん て 。 は た 植 だ 田 、 先 こ 生

な け れ ば だ め だ と 思 い ま す 。

い の で 、 国 際 市 場 に 当 然 対 処 し て い か

ろ と わ れ わ れ は 勝 負 し な け れ ば な ら な

し よ う と い う 考 え で す 。 そ う い う と こ

背 後 に あ る の は 炭 素 排 出 を 生 産 要 素 に

け る こ と が 重 要 な テ ー マ と な り ま し た 。

て 失 敗 し 、 炭 素 排 出 に 共 通 の 価 格 を つ

は 九 〇 年 代 に 炭 素 税 を 導 入 し よ う と し

世 界 を 縛 る も の で は あ り ま せ ん 。 E U

ベ ー シ ョ ン が 進 む か 、 そ れ が ど れ だ け

な り ま す 。 研 究 開 発 で ど れ く ら い イ ノ

素 に 値 段 が つ く 形 で エ ネ ル ギ ー が 高 く

取 引 か 、 直 接 的 か 間 接 的 か 、 二 酸 化 炭

い 場 合 に は 、 炭 素 税 か あ る い は 排 出 量

減 で き ま す 。 研 究 開 発 が う ま く い か な

痛 め る こ と な く 二 酸 化 炭 素 を か な り 削

が っ た 場 合 に は 、 国 民 の 懐 を そ れ ほ ど

技 術 の 研 究 開 発 が 進 み 、 そ の 価 格 が 下

電 池 、 L E D 照 明 と い っ た い ろ い ろ な

こ と が あ り ま す 。 ヒ ー ト ポ ン プ 、 太 陽

大 き く し た と き の 経 済 影 響 を 分 析 し た

変 え て い い ま す 。 二 〇 五 〇 年 に 半 減 と

は 松 本  橋 質 で 繰 は り な 返 い し と に い な う り こ ま と す を が 、 キ 角 ャ 度 ッ を プ

ら ざ る を え な い の が 現 状 で す 。

業 を 背 に し て い る と 、 非 常 に 心 配 に な

入 っ て く る と ど う な る の か 。 大 排 出 産

と に な り ま す 。 そ こ に 投 機 的 な お 金 が

れ だ け 二 酸 化 炭 素 に 高 い お 金 を 払 う こ

は 増 え る か も わ か り ま せ ん 。 企 業 は そ



い う 話 が あ り ま す が 、 日 本 で 削 減 量 を


世 界 全 体 で 、 少 し ず つ 削 減 を 進 め て い   い ま は 温 暖 化 対 策 で E U が ヘ ゲ モ ニ に な っ て き て い る わ け で す 。 日 本 も 日

が 集 約 し て し ま う の は 残 念 な こ と で す 。

た れ る で し ょ う が 、 そ こ に ば か り 議 論

枠 が は め ら れ る こ と に 重 大 な 懸 念 を 持

で 、 産 業 界 と し て は 、 自 分 の と こ ろ に

の 一 つ が キ ャ ッ プ ・ ア ン ド ・ ト レ ー ド

削 減 し て い く た め に 数 多 く あ る ツ ー ル

に 本 質 が あ る と は 必 ず し も 思 え ま せ ん 。

論 に な っ て い る の か 大 変 疑 問 で 、 そ こ

い ま す 。 そ れ が 国 民 に 訴 え る か け る 議

画 な の か 、 二 元 論 的 な 比 較 が 好 ま れ て

ー 松 ド  橋 の 排 最 出 近 権 、 取 キ 引 ャ な ッ の プ か ・ 、 ア 自 ン 主 ド 行 ・ 動 ト 計 レ

何 が 本 質 的 に 大 切 な の か

と 理 解 し て お く べ き で す 。

戦 略 と 背 景 が あ っ て 制 度 を 選 ん で い る

面 が あ り ま す 。 E U に は E U と し て の

と と 排 出 権 取 引 制 度 は 合 致 し て い る 側

と 思 い ま す 。 E U を 単 一 市 場 に す る こ

の は 環 境 で あ る と 戦 略 的 に 考 え て い る

ア メ リ カ と は 違 う メ ッ セ ー ジ を 出 せ る

E U は 軍 事 力 を 持 っ て い ま せ ん か ら 、

と と 結 合 さ せ て い こ う と し て い ま す 。

持 続 可 能 な 発 展 の パ タ ー ン を つ く る こ

だ け で は な く 、 将 来 の 世 代 に わ た っ て

成 功 し て い ま す 。 し か し 、 競 争 力 強 化

す る 大 き な 市 場 を つ く る 戦 略 は か な り

っ て い て 、 だ ん だ ん と E U 全 体 の 戦 略

ト レ ー ニ ン グ に 入 れ る か 国 に よ っ て 違

た も の で す 。 ど の 業 種 を エ ミ ッ シ ョ ン

業 界 が い ろ い ろ な 条 件 を 交 渉 し て 始 め

で は な く 、 ボ ラ ン タ リ ー と い う か 、 各

ヨ 森 ー  嶌 ロ ッ キ パ ャ で ッ も プ 最 ・ 初 ア は ン 上 ド か ・ ら ト 進 レ め ー た ド の は 、

す る の だ と い う 発 想 が 要 り ま す 。

や は り 、 世 界 的 に 通 用 す る 制 度 を 構 築

本 の 移 動 が 自 由 化 さ れ て い る 状 況 で は 、

る と は 思 い ま す が 、 こ れ だ け の 国 際 資

つ く る こ と に は そ れ な り の 正 当 性 も あ

が あ り ま す 。 日 本 が 日 本 な り の 制 度 を

手 に 利 用 し た 制 度 設 計 が で き る の で す 。

て き て い ま す か ら 、 そ う い う 状 況 を 上

は 化 石 燃 料 の ほ と ん ど を 海 外 か ら 買 っ

た ち 流 の や り 方 が あ る は ず で す 。 日 本

域 に 対 抗 す る た め に は 、 私 た ち に は 私

ぱ れ だ と 思 い ま す 。 そ う い う 国 々 、 地

ン 型 で ま と め て い く E U の 姿 勢 は あ っ

ユ ー ロ を 統 合 し て ア メ リ カ 経 済 に 対 抗

化 の た め の ﹁ リ ス ボ ン 戦 略 ﹂ を 出 し 、

ま せ ん 。 E U は 二 〇 〇 一 年 に 競 争 力 強

桝 植 本  田 さ ん E と U は の 少 戦 し 略 意 を 見 ど が う 違 評 う 価 か す も る し か れ で 、

質 な ん だ ろ う と 思 い ま す 。

方 々 の 努 力 も あ っ て 進 め て い く の が 本

く い ろ い ろ な 仕 組 み を つ く り 、 一 般 の

を も ち つ つ あ る 点 は 理 解 し て お く 必 要

素 市 場 が 一 つ の ア ク タ ー と し て の 意 味

ろ に 非 常 に 問 題 が あ る と 思 い ま す 。 炭

の か 、 そ れ が は っ き り し て い な い と こ

え ま す 。 日 本 に は ど う い う 戦 略 が あ る

ア テ ィ ブ を 発 揮 す る こ と も 大 い に あ り

る 日 、 突 然 、 ア メ リ カ が す ご い イ ニ シ

ー を 握 っ て い る よ う に み え ま す が 、 あ




き て な い 国 が 多 い の で す 。 そ れ ら の 国

い ろ い ろ な と こ ろ の 整 備 が ま だ ま だ で

ま す と 、 資 金 、 技 術 、 キ ャ パ シ テ ィ 、

と も 必 要 で す 。 途 上 国 で 仕 事 を し て い

の モ デ ル を つ く っ て 早 急 に 取 り 組 む こ

る 影 響 に 真 剣 に 取 り 組 む 包 括 的 な 適 応

ぞ と い う わ け に は い き ま せ ん 。 迫 り く

げ し て 、 温 暖 化 へ の 適 応 は 各 自 で ど う

過 去 の 温 暖 化 ガ ス の 排 出 の 問 題 を 棚 上

国 の 責 任 は 極 め て 重 い も の に な り ま す 。

国 と 途 上 国 が 五 〇 % ず つ な の で 、 途 上

て い く こ と に な り ま す 。 排 出 量 は 先 進

化 ガ ス の 長 期 的 な 削 減 を 並 行 し て 進 め

が 削 減 で き る と い う 試 算 が あ り ま す 。

ン ス す る と 、 一 三 億 ト ン の 二 酸 化 炭 素

様 ど お り の 能 力 を 出 せ る よ う メ ン テ ナ

た く さ ん あ り ま す 。 そ れ ら が 最 初 の 仕

は 石 炭 火 力 が 多 く 、 設 備 が 古 い も の が

と を し て い ま す 。 中 国 も イ ン ド も 電 気

ュ ー を し 、 い い と こ ろ を 学 ぶ と い う こ

の 人 た ち が 意 見 交 換 し 、 専 門 家 が レ ビ

や メ ン テ ナ ン ス の 方 法 に つ い て 、 現 場

ン ト 、 電 力 、 機 械 ・ 設 備 な ど で 、 運 転

国 ︶ で 、 大 排 出 産 業 で あ る 鉄 鋼 、 セ メ

ア 、 ア メ リ カ 、 韓 国 、 カ ナ ダ の 七 カ

︵ 桝 日 本   本 、 ア 中 ジ 国 ア 、 太 イ 平 ン 洋 ド パ 、 ー オ ト ー ナ ス ー ト シ ラ ッ リ プ

だ け で は な く 、 荒 川 さ ん の 指 摘 さ れ た

を 入 れ て ほ し い と 考 え て い ま す 。 削 減

が あ り 、 ポ ス ト 京 都 で は ア ジ ア の 意 見

の 意 見 が 反 映 さ れ て い な い と い う 不 満

い ま ま で の 国 際 的 な 枠 組 み に 自 分 た ち

係 が あ り ま す 。 ア ジ ア の 途 上 国 に は 、

イ ン ド 、 イ ン ド ネ シ ア な ど と 密 接 な 関

研 森 究  嶌 機 関 私 は の C 所 D 属 M し な て ど い を る 通 地 じ 球 て 環 中 境 国 戦 や 略

よ う に な れ ば と 期 待 を し て い ま す 。

移 転 す る 際 の お 金 を 賄 う こ と が で き る

の が 整 備 さ れ て 、 日 本 の 技 術 を 世 界 に

国 際 的 な 技 術 移 転 フ ァ ン ド の よ う な も



確 実 に 迫 り く る 影 響 へ の 対 応 と 、 温 暖

る つ も り で す 。 一 つ の 可 能 性 と し て は 、

果 ガ ス に よ る 影 響 が 出 て き ま す 。 こ の

お 荒 お  川 む ね こ 先 れ 進 か 国 ら が の 出 一 し 〇 た 年 過 、 去 二 の 〇 温 年 室 で 効 、

議 論 を 移 し て い き た い と 思 い ま す 。

問  住 題 が 次 あ に り 、 ま 途 す 上 の 国 で 、 、 特 そ に ち 中 ら 国 の 、 ほ イ う ン に ド

途 上 国 と 日 本 の 立 ち 位 置

り 、 絶 対 的 に 不 利 な 気 が し ま す 。

ア ジ ア の 地 域 で 広 く や っ て い か な い 限

か と い う 感 じ が 私 に は あ り ま す 。 日 本

日  住 本 が 欧 こ 米 の 日 小 の さ 三 な 極 国 構 で 造 三 と 極 い の い 一 ま つ す な が の 、

れ ば な り ま せ ん 。

も 巻 き 込 ん で 信 頼 を 醸 成 し て い か な け

三 業 種 に 限 っ て い え ば 、 た だ で 提 供 す

で 桝 す  本 。 日 知 本 的 の 財 鉄 産 鋼 権 、 と セ い メ う ン 意 ト 味 、 で 電 は 力 問 の 題

術 に ま で 進 め る よ う 、 部 門 別 に ボ ト ム

そ こ か ら さ ら に 世 界 レ ベ ル の 省 エ ネ 技

は 東 ア ジ ア 、 も し く は イ ン ド を 含 め た

き 西 の  岡 コ ス メ ト ン は テ ど ナ う ン な ス る の の 方 で 法 し を ょ 教 う え か る 。 と

ア ッ プ し て い く や り 方 を 始 め て い ま す 。


入 れ て 、 日 本 も 入 れ な い と 仲 間 外 れ に

  ア メ リ カ も ヨ ー ロ ッ パ も キ ャ ッ プ を

い の で す 。

選 択 を し て く こ と が 大 切 だ と 強 調 し た

な い 技 術 が 開 発 さ れ る 方 向 性 を も っ た

こ こ に お 集 ま り の 方 が 、 炭 素 排 出 の 少

本 質 で は な く 、 一 般 の 消 費 者 、 ま さ に

は 理 解 で き ま す 。 だ か ら こ そ 、 そ れ が

は な く て も 、 企 業 の 方 が 心 配 さ れ る の

の 方 に と っ て は そ れ ほ ど の イ ン パ ク ト

し て い ま す 。 キ ャ ッ プ も 炭 素 税 も 一 般

鋼 会 社 の 人 が い っ た の を い ま で も 記 憶

っ た ら 私 た ち は 死 に ま す と 、 有 数 の 鉄

炭 素 税 で 炭 素 一 ト ン が 一 〇 〇 ド ル に な

題 で す 。 か な り 以 前 に 、 ヨ ー ロ ッ パ で 、

は 松 す  住 進 ま 普 め す 及 め  橋 か ら 。 キ ら 。 す ャ れ そ る れ 産 ッ て う か る 業 プ い し 、 の 界 は く た 人 は の い こ こ 々 生 方 ら と と の 死 に な が が 選 に と い 本 国 択 関 っ と 質 際 に わ て い な 的 関 る キ う の に わ 重 ャ こ で 公 っ 要 ッ と す 平 て な プ で 。 に き 問 を

き ま す と 、 需 要 側 で 減 ら す 技 術 を 開 発

大 き く な り ま す 。 ヨ ー ロ ッ パ で 話 を 聞

イ ン セ ン テ ィ ブ が 働 く 可 能 性 は さ ら に

ま す 。 あ る 程 度 の 炭 素 価 格 が つ け ば 、

術 に は 大 き な ビ ジ ネ ス チ ャ ン ス が あ り

ス ト で す 。 つ ま り 、 需 要 側 の 省 エ ネ 技

が あ り ま す 。 そ の 分 が い っ て み れ ば コ

テ ィ ブ が な い と 入 っ て い か な い と こ ろ

〇 四 〇 年 近 く に な る と 価 格 的 イ ン セ ン

ら で す 。 最 後 の も う 少 し の と こ ろ 、 二

省 エ ネ に よ る プ ラ ス の ほ う が 大 き い か

と ん ど 今 の 価 格 で も い け ま す 。 当 面 は

て 、 四 〇 % ぐ ら い ま で の と こ ろ は 、 ほ

二 〇 五 〇 年 ま で に 七 〇 % 削 減 す る と し

で か な り 減 ら し て い く こ と が で き ま す 。

い る 技 術 を 入 れ て い き ま す と 、 需 要 側

る 西 技  岡 術 、 私 あ ど る も い の は モ 大 デ 体 ル 見 の 通 試 し 算 が で つ 、 い 今 て あ

ほ ど 難 し く な い と 思 っ て い ま す 。

た だ き た い と 思 い ま す 。

い う こ と を 出 し て 、 議 論 に 提 供 し て い

か の 研 究 機 関 で も こ う や れ ば こ う だ と

を 見 き わ め よ う と し て い ま す 。 ぜ ひ ほ

た ち が ど れ だ け 減 ら せ る か と い う こ と

私 ど も は 日 本 の シ ナ リ オ 研 究 で 、 自 分

組 み を 早 く 提 案 し な け れ ば な り ま せ ん 。

な 時 期 で す 。 自 分 た ち が い い と 思 う 枠

す 。 そ う い う 面 で 、 い ま は 非 常 に 重 要

に こ う し て お け ば と い う こ と が あ り ま

こ ろ が あ っ て 、 い ま に な っ て あ の と き

話 が な い ま ま に 、 決 ま っ て し ま っ た と

ど う い う 手 段 を 提 案 で き る の か と い う

と 、 自 分 た ち が ど こ ま で 減 ら せ る の か 、

で す 。 京 都 議 定 書 の 前 を 思 い 出 し ま す

と し た 戦 略 を 立 て ま し ょ う と い う こ と

そ う で は な く て 、 い ま の 時 点 で き ち ん

炭 素 税 は だ め だ 、 こ れ は だ め だ と 、 だ

め だ と い う 話 ば か り を 聞 く の で す が 、

日 本 の 行 政 官 の 力 を も っ て す れ ば そ れ   で す か ら 、 私 が 申 し 上 げ た い の は 、

れ ほ ど 変 わ ら な い 形 で 入 れ る こ と は 、

な る 状 況 に な れ ば 、 産 業 界 の 負 担 が そ

技 術 戦 略 の 中 に 入 れ 込 ん で い ま す 。

す れ ば 世 界 で 売 れ る の で 、 自 分 た ち の




可 欠 で す 。 大 き く い え ば 、 持 続 可 能 な

技 術 を 開 発 す る 能 力 を つ け る こ と が 不

ま す 。 ア ジ ア の 途 上 国 が 、 自 分 た ち で

で は だ め で す 。 日 本 の 技 術 は 高 く つ き

思 い ま す 。 日 本 の 技 術 を 移 転 す る だ け

こ ろ か ら 始 め て い く べ き で は な い か と

交 流 を 推 進 し て 信 頼 を 醸 成 し て い く と

基 盤 を つ く っ て い く に は 、 人 と 技 術 の

地 域 に 何 ら か の 形 で 低 炭 素 社 会 の 共 通

さ せ て い く こ と は 大 事 で す が 、 ア ジ ア

し ょ う 。 東 ア ジ ア 共 同 体 の 議 論 を 進 展

ア ジ ア で は そ の よ う な こ と は 難 し い で

つ い て の 要 求 が は っ き り し て い ま し た 。

り ま す 。 目 に 見 え る と 、 明 日 は も う 少

二 酸 化 炭 素 の 排 出 量 を 測 っ た こ と が あ

も あ ら ず で す が 、 も う 一 つ 、 そ の 日 の

と 、 テ レ ビ だ か ら と い う の も な き に し

が で き ま し た 。 な ぜ 減 ら せ た か と い う

ぐ ら い の 実 験 で 、 平 均 し て 二 割 の 削 減

そ う と い う 番 組 を や り ま し た 。 一 カ 月

世 帯 で エ ネ ル ギ ー と 二 酸 化 炭 素 を 減 ら

の お 手 伝 い で 、 東 京 都 の あ る 市 の 五 〇

し し た い と 思 い ま す 。 あ る 民 放 の 番 組

う 松 視  橋 点 か 若 ら 干 ど 話 う 題 や を っ 変 て え 減 て ら 、 す 消 か 費 、 者 お と 話 い

消 費 者 の 選 択 、 政 府 の 役 割

り 西 の  條 マ ン 大 シ 阪 ョ の ン 摂 群 津 が 市 で に き 一 て 二 い 〇 て 〇 、 世 す 帯 べ 余

部 分 が 大 き い の で す 。

る か 消 費 者 の 選 択 に ゆ だ ね ら れ て い る

調 べ て い ま す 。 長 期 的 に 削 減 し て い け

に 減 ら し て い く こ と の マ ー ケ ッ ト 性 を

車 か ら 出 る 二 酸 化 炭 素 の 一 部 を 間 接 的

に カ ー ボ ン オ フ セ ッ ト を 絡 め て 、 自 動

る で し ょ う

セ ッ ト 商 品 は こ れ か ら い ろ い ろ 出 て く

て い る か と 思 い ま す が 、 カ ー ボ ン オ フ

ボ ン オ フ セ ッ ト の 年 賀 状 は ご 記 憶 さ れ

で し ょ う 。 ま た 、 昨 年 発 売 さ れ た カ ー



︵ コ ラ ム 7 ︶

。 自 動 車 保 険

欧 が 入 っ て く る と き 、 環 境 的 な 基 準 に

で 成 功 例 が 出 る と 全 国 に 広 が っ て い く

と 植 、  田 E U ア は ジ 最 ア 初 と に ヨ 統 ー 合 ロ あ ッ り パ き を で 比 す べ 。 ま 東 す

ら ず と い う こ と で は な い か と 思 い ま す 。

に 資 金 を 回 す の は 、 情 け は 人 の た め な

い 。 途 上 国 が 低 炭 素 の 社 会 に な る こ と

で 、 途 上 国 が 同 じ 轍 を 踏 ん で は い け な

費 型 に 走 っ た 途 端 に も た な く な っ た の

す 。 わ れ わ れ の 文 明 が エ ネ ル ギ ー 多 消

発 想 も 要 る の で は な い か と 思 い ま す 。

人 材 育 成 も 含 め て 共 同 し て や っ て い く

人 と 一 緒 に や っ て 適 地 技 術 に し て い く 。

日 本 に 経 験 が あ る こ と な ら 、 途 上 国 の

る の が い い の で は な い か と 思 い ま す 。

で 、 一 種 の 共 同 事 業 の よ う な こ と を す

力 を ど う つ け る か で す 。 そ の よ う な 点

発 展 を 自 分 た ち の 地 域 で つ く っ て い く

装 備 に し よ う と 検 討 し て い ま す 。 そ れ

ま す 。 あ る 住 宅 メ ー カ ー は こ れ を 標 準

の 計 測 装 置 は 三 万 五 〇 〇 〇 円 ぐ ら い し

え る と か い う 動 き が あ り ま す 。 省 エ ネ

に 、 冷 蔵 庫 を 新 し い 省 エ ネ 型 に 買 い か

か 節 約 を し ま す 。 そ の よ う な 節 約 の 次

か ず に 自 転 車 で い く と か 歩 い て い く と

し 減 ら そ う と な り ま す 。 駅 ま で 車 で い


る い は 二 一 〇 〇 年 の 生 活 の ビ ジ ョ ン は

ま す 。 途 上 国 の 人 々 の 二 〇 五 〇 年 、 あ

ズ 西 ム  條 に よ 途 る 上 方 国 法 を で み は ま か す な と り 、 無 市 理 場 が メ あ カ り ニ

よ う に 取 り 組 ん で い る と こ ろ で す 。

い ま す 。 具 体 的 な 行 動 計 画 ま で 移 せ る

議 論 し て 政 策 マ ト リ ッ ク ス を つ く っ て

ど う し て い っ た ら い い の か 、 具 体 的 に

始 ま っ て 具 体 的 な 行 動 ま で 時 系 列 的 に

と し て 何 を し た ら い い の か 、 法 律 か ら

も は 、 現 在 イ ン ド ネ シ ア で 、 国 の 政 策

の 醸 成 ま で な か な か い き ま せ ん 。 私 ど

て い か な い と 、 途 上 国 と の 間 で の 信 頼

こ と ま で も 含 め て ど う す る の か 議 論 し

具 荒 体  川 的 な 目 や 標 り を 方 ど か う ら 達 最 成 終 す 的 る に の は か 資 、 金 そ の の

日 本 の 出 る 場 は な く な り か ね ま せ ん 。

あ り ま す 。 こ こ で 努 力 し て い か な い と 、

に 対 し て 働 き か け て ほ し い と の 期 待 が

ィ ブ を と っ て 、 ヨ ー ロ ッ パ や ア メ リ カ

の 資 金 の 問 題 で は 、 日 本 が イ ニ シ ア テ

適 応 も 入 れ て ほ し い し 、 技 術 移 転 と そ

適 応 策 の 考 え 方 だ と 思 い ま す 。

い う 観 点 か ら 協 力 を し て い く 。 そ れ が

続 可 能 な 発 展 を ど う 保 障 し て い く か と

う な 国 に 対 し て は 、 そ の 国 の 安 全 と 持

に 大 き な 部 分 を 引 き 受 け ま す 。 そ の よ

い な い け れ ど も 、 温 暖 化 の 影 響 の 非 常

特 に 南 太 平 洋 の 島 国 は ほ と ん ど 出 し て

二 酸 化 炭 素 の 排 出 量 は 非 常 に 小 さ く て 、

で 途 上 国 と い わ れ る 国 の ほ と ん ど は 、

た め に 協 力 し て い く 。 一 方 、 世 界 の 中

や い ろ い ろ な も の を 通 し て 排 出 削 減 の

し れ ま せ ん が 、 排 出 大 国 に は 技 術 協 力

国 や イ ン ド は な か な か 微 妙 な 立 場 か も

国 対 被 害 国 と い う 構 図 も あ り ま す 。 中

上 国 と い う 対 立 だ け で は な く 、 排 出 大

能 な 発 展 を 保 障 し て い く と い う こ と だ

う 、 世 界 の 安 全 を 図 り な が ら 、 持 続 可

化 三 が  村 危 険 温 な 暖 水 化 準 対 を 策 超 の え 最 る 終 こ 目 と 標 の は な 、 い 温 よ 暖

な い と い け ま せ ん 。

何 だ ろ う か 、 そ の よ う な こ と も 考 え て

当 た り の 排 出 量 よ り も 多 く 出 す わ け で

〇 % 減 ら し て も 、 い ま の 途 上 国 の 一 人

に し て い き た い と 思 い ま す 。 日 本 が 八

っ て 、 そ し て 適 応 を 考 え る と い う こ と

の で は あ り ま せ ん 。 常 に 抑 制 が ま ず あ

れ ば な ら ず 、 本 当 は 適 応 な ど で き る も

と に 相 当 し 、 い つ も い つ も 移 動 し な け

候 帯 が 一 年 間 で 五 キ ロ ず つ 北 上 す る こ

  す 西 ま ら い ェ き 能 候 き の 議 海 。  岡 す は ま ク 、 な 変 ま 国 論 外 こ 温 。 変 す ト そ 発 動 し が さ 政 こ 暖 適 わ 。 を こ 展 に た い れ 策 の 化 応 っ 日 進 か を 対 が っ て で と の と て 本 め ら 目 す 、 て い の こ ペ 抑 い の る 出 指 る こ き ま 気 ろ ー 制 く 援 と て す 対 れ た す 候 、 ス の の 助 い く と 応 か 問 。 変 外 を バ で の う る い 力 ら 題 い 動 務 考 ラ は あ 考 具 う を は に ま 問 省 え ン な り え 体 大 強 、 個 ま 題 で ま ス い 方 が 的 き め そ 別 で の も す が か も 出 な な 、 の に は 扱 O と 大 と こ さ プ 絵 持 国 答 向 い D 思 れ れ ロ を 続 の え こ 方 A 、 切 気 で い か て ジ 描 可 気 て う が や

と 思 い ま す 。 緩 和 策 で は 、 先 進 国 対 途




る に は 五 〇 年 以 上 か か り ま す 。 環 境 に

が 、 三 三 〇 万 円 か か り ま し た 。 回 収 す

で 五 、 五 、 三 、 と い う 軍 縮 が お こ な わ

約 で 主 力 艦 の 保 有 ト ン 数 が 米 、 英 、 日

ご ざ い ま し た 。

ざ い ま し た 。 長 い 間 ご 清 聴 あ り が と う



も 太 陽 光 パ ネ ル を 屋 根 に 上 げ て い ま す   歴 史 を 見 る と 、 戦 前 に ワ シ ン ト ン 条   今 日 は 貴 重 な ご 意 見 を あ り が と う ご

を 追 い 抜 こ う と し て い ま す 。 私 の 家 で

触 し な い も の を 開 発 し 、 生 産 量 も 日 本

技 術 で も 、 日 本 の メ ー カ ー の 特 許 に 抵

日 本 よ り は る か に 多 く な っ て い ま す 。

年 前 に 設 置 量 で 日 本 を 抜 き 、 い ま で は

そ の 結 果 、 ド イ ツ の 太 陽 光 発 電 は 、 四

倍 の 価 格 で 買 い 上 げ る こ と に し ま し た 。

太 陽 光 発 電 を 設 置 し た 人 か ら 電 気 を 三

ツ は 五 、 六 年 前 に 固 定 価 格 制 度 を 入 れ 、

っ て い ま せ ん で し た 。 と こ ろ が 、 ド イ

量 的 に も 最 大 で し た 。 ド イ ツ は ま だ や

電 森 で  嶌 一 〇 一 年 つ 前 例 に を は 挙 日 げ 本 ま が す 技 と 術 、 的 太 に 陽 最 光 高 発 、

と に 日 本 が 貢 献 す る の で す 。

が 自 分 た ち の モ デ ル を つ く っ て い く こ

輸 出 す る の で は な く て 、 そ れ ぞ れ の 国

た ら ど う で し ょ う 。 日 本 と 同 じ も の を

よ う な も の を 、 ぜ ひ つ く り 上 げ て い っ

い で し ょ う か 。 ア ジ ア 省 エ ネ 共 同 体 の

の か ど う か が い ま 問 わ れ て い ま す 。

の シ ス テ ム を 自 分 た ち で 変 え て い け る

か ら の 新 し い 時 代 に 向 け て 、 自 分 た ち

の 大 き な 変 化 を 経 験 し ま し た が 、 こ れ

日 本 で は 明 治 維 新 と 太 平 洋 戦 争 で 二 度

た  住 よ う 最 に 初 、 に い 植 ま 田 は 先 あ 生 る が 種 お の 話 革 に 命 な 期 り で ま す し 。

府 が 動 か な い と な ら な い の で す 。

の 二 ��� 化 炭 素 の 削 減 は で き ま せ ん 。 政

ん の 善 意 だ け で は 年 間 七 〇 〇 〇 万 ト ン

ど こ か が 反 対 す る と 動 き ま せ ん 。 皆 さ

ま す 。 い ま 役 人 は 自 信 を 失 っ て い て 、

を 取 る と 、 新 し い も の は ぐ ん ぐ ん 伸 び

能 が あ り ま せ ん 。 政 府 が 政 策 的 な 手 段

酸 化 炭 素 削 減 で 排 出 権 を い う だ け で は

政 府 が つ く る こ と が 大 切 な の で す 。 二

ん な が 使 え る よ う に し て い く 仕 組 み を

補 助 金 で あ っ た り 、 税 で あ っ た り 、 み

い い 技 術 で あ っ て も 最 初 は 高 い の で 、

テ ッ プ を 進 め て い く と き で す 。

さ ま ざ ま な と こ ろ で 新 し い 時 代 へ の ス

選 挙 で 自 分 も 考 え を 反 映 さ せ る も よ し 、

と し て 行 動 す る も よ し 、 有 権 者 と し て

て 行 動 を お こ す べ き 時 期 で す 。 消 費 者

か っ て も ら え る 努 力 を し て き て い る の

ら れ る 努 力 が 必 要 で す 。 世 界 の 人 に わ

と 思 い ま す が 、 そ れ が 世 界 の 中 で 認 め

ま す 。 日 本 独 自 の 案 を つ く る の は い い

受 け 止 め 方 に な り か ね な い と 危 惧 さ れ

ん と な い と 、 ワ シ ン ト ン 条 約 の よ う な

ョ ン が ど う で あ る か と い う こ と が き ち

ち 位 置 が ど こ に あ っ て 、 将 来 へ の ビ ジ

う 議 論 が あ り ま し た 。 今 日 、 日 本 の 立

し か 認 め ら れ な か っ た の は 国 辱 だ と い

米 英 の 六 割 な ら い い と い う 一 方 、 六 割

れ ま し た 。 日 本 の 国 内 は 大 騒 動 に な り 、

  問 題 は 非 常 に 複 雑 で す が 、 腹 を 決 め

か 真 剣 に 考 え な け れ ば い け ま せ ん 。


ま す 。 消 費 者 の 方 に 判 断 し て い た だ け

う い う も の を 希 望 す る か に か か っ て い

も よ り ま す が 、 最 終 的 に は 消 費 者 が ど

及 す る か ど う か 、 値 段 や 売 る 仕 組 み に

の 社 会 的 責 任 で も あ り ま す 。 実 際 に 普

つ 桝 く  本 る 努 メ 力 ー を カ し ー て で い は ま 省 す エ 。 ネ そ 型 れ の は 製 企 品 業 を

題 で は な い か と 思 っ て い ま す 。

き ま せ ん 。 我 が 家 で は 古 い 冷 蔵 庫 が 問

て い る の か わ か ら な い と 次 の 削 減 が で

と こ ろ で す 。 ど の 器 具 で ど の 程 度 使 っ

や っ と 二 〇 五 〇 年 の 目 標 を 達 成 で き た

ぜ ひ 考 え て い た だ き た い で す 。

る と 思 い ま す が 、 環 境 を 整 え る こ と を

地 方 自 治 体 に は 、 三 〇 年 、 四 〇 年 か か

い で す 。 も ち ろ ん 我 々 も 努 力 し ま す 。

境 を 整 え て い く こ と を ぜ ひ お 願 い し た

て 、 効 率 の 良 さ が フ ル に 発 揮 で き る 環

性 、 都 市 の 緑 、 水 、 風 の 流 れ を 整 備 し

要 で す 。 道 路 や 、 建 造 物 の 断 熱 ・ 気 密

の 性 能 を 発 揮 さ せ る に は 条 件 整 備 が 必

せ ん 。 効 率 の い い 機 械 、 シ ス テ ム も そ

渋 滞 が あ っ た の で は そ の 性 能 が 出 せ ま

な に 燃 費 の い い 車 を つ く っ て も 、 交 通

ら 、 そ れ が 一 番 の 貢 献 に な る の で は な

る と 思 い ま す 。 日 本 モ デ ル が つ く れ た

ル を つ く れ る だ け の も の が 日 本 に は あ

に お け る 五 〇 年 後 に お け る 一 つ の モ デ

暖 化 対 策 だ け で な く 、 持 続 可 能 な 社 会

ギ ー は ア メ リ カ の 半 分 ぐ ら い で す 。 温

こ ろ が あ り ま す 。 一 人 当 た り の エ ネ ル

本 の 技 術 、 ノ ウ ハ ウ に は 非 常 に い い と

は ほ と ん ど で き て い る と 思 い ま す 。 日

方 向 は こ っ ち だ と 示 せ ば 、 動 け る 用 意

テ 西 ィ  岡 カ ル 政 ウ 府 ィ に ル 一 だ 番 と 欠 思 け い て ま い す る 。 の 政 は 府 ポ が リ

め る と 、 半 分 に し か な っ て い な く て 、   一 つ 申 し 上 げ て お き た い の は 、 ど ん

に 違 い な い と 思 っ て 電 気 の 使 用 料 を 眺 る 情 報 を 出 し て い く こ と も 重 要 で す 。

の  住 役 割 自 に 治 つ 体 い の て 役 は 割 、 が ど 出 う ま で し し た ょ が う 、 か 政 。 府

団 だ け で す 。 こ れ で 相 当 電 気 が 減 っ た

〇 セ ン チ か け る 四 〇 セ ン チ の 電 気 座 布

は 家 で エ ア コ ン を 使 わ ず に 、 暖 房 は 四

ま っ て い く だ ろ う と 思 い ま す 。 私 自 身

そ の よ う な 動 き が 日 本 に も 世 界 に も 広

ン テ ィ ブ を も た せ よ う と し て い ま す 。

い る の か 計 測 し 、 排 出 削 減 へ の イ ン セ

て の 電 気 機 器 で ど の 程 度 電 気 を 使 っ て

コラム 7

カーボンオフセット 温室効果ガスを排出した ときに,その分の量をほ かの場所で吸収させたり, 何らかの方法で削減した りして,実質的な排出量 をゼロにしようとするこ と.日本郵政グループは, 2007 年にカーボンオフ セット年賀葉書を販売し た.これは寄附の目的を 温室効果ガス削減への貢 献に限定した寄附金付年 賀葉書で,年賀葉書の作 成・配達によって発生す る温室効果ガスを相殺し ようとするものでない.




せ す る 前 に 、 I P C C の 活 動 に つ い て

れ 録 に ま メ 筆 な で す は ま ま と し す ン 者 る す 。 、 そ た す な て 。 ト が も 。 外 す し 最 。 り お 不 や 同 の 査 部 べ て 終 、 き 同 修 意 で 読 の て 報 一 ま 意 正 し あ の 第 の 告 原 定 す の の な れ コ 三 原 書 稿 期 。 理 示 い 逐 メ 者 稿 作 は 間 こ 由 唆 内 一 ン レ が 成 各 ウ れ も は 容 記 ト ビ 慎 の 国 ェ ら 、 す で 録 や ュ 重 過 政 ブ の お べ あ さ 批 ー に 程 府 上 情 の て っ れ 判 に 査 で の に 報 お 記 て ま は か 読 は チ 公 は の 録 も す 、 け さ 、 ェ 開 公 明 さ 、 。 い る れ ま ッ さ 記 確 れ コ 執 か の ま ず ク

を 踏 ま え た 上 で す 。

も ち ろ ん 行 う 評 価 に 必 要 な 専 門 的 知 識

告 書 の 意 義 が 増 す の で す 。 気 温 変 動 に

す が 、 そ れ だ け の 価 値 が あ り ま す 。 報

評 価 の 内 容 と 照 合 し 、 見 合 う 人 材 を 絞

に 吟 味 す る こ と か ら 始 ま り ま す 。 行 う

た 優 秀 な 科 学 者 や 専 門 家 の 経 歴 を 慎 重

ん で 誕 生 し ま し た 。 政 府 か ら 推 薦 さ れ

﹁ 第 四 次 評 価 報 告 ﹂ も 、 こ の 過 程 を 踏

お 話 し さ せ て く だ さ い 。 報 告 書 作 成 ま

り 込 み ま す 。 そ れ に 基 づ き I P C C が

さ に ノ き い 行 ー ま 。 っ ベ せ て ル ん い 平 で た 和 し た 賞 た め を 。 で 受 I す け P 。 取 C で る C は た を ご め 代 覧 オ 表 く ス し だ ロ て 

だ き ま す 。 私 は バ リ の 会 議 に は 出 席 で

筆 者 の 人 選 か ら 始 ま り ま す 。 今 回 の

O P 1 3 で 紹 介 し た ビ デ オ を ご 覧 い た

の だ と 思 う の で す 。 ま ず は 報 告 書 の 執

前 置 き は こ の 程 度 に し て 、 バ リ の C

と 信 頼 性 は 作 業 過 程 の 透 明 性 に よ る も

頼 性 が 生 ま れ る の で す 。

I P C C の 報 告 書 が 持 つ 強 い 影 響 力

で 、 こ の よ う な 過 程 を 経 る か ら こ そ 信

で の 過 程 を ご 説 明 い た し ま す 。

ら ず 、 す べ て の 政 府 の 同 意 を 得 る わ け

関 す る 最 新 の 知 見 を 提 示 す る に と ど ま

な 集 ま り で し た 。

く の 質 問 や コ メ ン ト を い た だ き 有 意 義

会 で は 強 い 手 ご た え を 感 じ ま し た 。 多

を し ま し た が 、 中 で も 経 団 連 で の 懇 談

ま し た 。 さ ま ざ ま な 人 々 や 団 体 と 対 話

日 本 に 数 日 滞 在 し 多 く の 講 演 を い た し

の 地 域 に 偏 ら な い よ う 配 慮 す る の で す 。

な 分 布 も 考 慮 に 入 れ て 行 い ま す 。 特 定

〇 人 が 厳 選 さ れ ま し た 。 人 選 は 地 理 的

な 人 材 ば か り で す 。 そ の 中 か ら 約 四 五

界 中 か ら 選 り 抜 か れ た 経 験 豊 富 で 優 秀

は 約 二 〇 〇 〇 人 が 推 薦 さ れ ま し た 。 世

を 挙 げ ま す と 、 ﹁ 第 四 次 評 価 報 告 ﹂ で

最 終 的 な 人 選 を 行 い ま す 。 具 体 的 な 数

さ れ ま す 。 も ち ろ ん 骨 の 折 れ る 仕 事 で

者 向 け 要 約 ﹂ が 文 字 通 り 一 字 一 句 吟 味

最 後 に 各 国 政 府 に よ っ て ﹁ 政 策 決 定

誰 も が チ ェ ッ ク で き る の で す 。

程 が 完 全 に 公 開 さ れ て い ま す 。 世 界 の

す 。 こ の よ う に 報 告 書 完 成 ま で の 全 過

れ ば 査 読 者 に 委 任 さ れ る こ と も あ り ま

を 受 け ま す 。 政 府 が 直 接 行 う 場 合 も あ

さ て 、 バ リ で 紹 介 し た ビ デ オ を お 見

一 つ 付 け 加 え ま す と バ リ 会 議 の 直 後 、


別 の 国 に 行 く の で 残 念 な が ら そ の 時 間

お 話 し し た い と こ ろ で す が 、 こ の 後 、

話 し で き て 光 栄 で す 。 本 来 な ら ば 直 接

告 ﹂ の 結 果 で す 。 最 近 行 っ た 講 演 を 振

P C C の 最 新 レ ポ ー ト ﹁ 第 四 次 評 価 報

今 回 、 皆 さ ま に お 伝 え し た い の は I

界 会 議 C O P 1 3 で の 講 演 で す 。

リ で 開 催 さ れ た 温 暖 化 防 止 の た め の 世

オ を ご 用 意 し ま し た 。 昨 年 一 二 月 、 バ

私 の 大 好 き な 街 、 東 京 の 皆 さ ま に お が あ り ま せ ん 。

ラ不 ジ安 ェの ンな ドい ラ未 ・来 Kを ・目 パ指 チす ャた ウめ リ   に I P C C 議 長

︵ ビ デ オ メ ッ セ ー ジ ︶

そ れ に 続 く 各 作 業 部 会 か ら の 報 告 は 次 号 に 掲 載 す る 予 定 で す 。

今 号 で は 、 二 つ の 基 調 報 告 を 掲 載 し ま す 。

公 開 シ ン ポ ジ ウ ム を 本 年 四 月 一 七 日 に 東 京 大 学 安 田 講 堂 に お い て 開 催 し ま し た 。

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構 ︵ I R 3 S ︶ は I P C C と 共 同 で

そ の 報 告 書 が 意 味 す る と こ ろ を 明 ら か に す る た め に 、

﹁ 第 四 次 評 価 報 告 書 ﹂ は 世 界 に 大 き な 影 響 を 与 え て い ま す 。

気 候 変 動 に 関 す る 政 府 間 パ ネ ル ︵ I P C C ︶ が 二 〇 〇 七 年 に 発 表 し た

サステナ の 眼 前 編

第科 I P 四学 C 次者 C 評が I R 価語 3 報る S サ 告 イ エ 書 ン の ス メ シ ッ ン ポ セ ジ ー ウ ム ジ

り 返 り 、 そ の 中 か ら お 見 せ し た い ビ デ 


〇 ∼ 三 〇 % に 及 び ま す 。 図 2 複数のシナリオによる地上気温の予測. 数値は 1980∼1999 年の平均からの差.予測 のうち一番下側の線は温室効果ガスが 2000 年 の濃度で一定の場合.

り じ 被 こ 上 帯 タ の 最 ま ゅ 害 の 昇 へ 、 浸 ア 後 す う を 地 に の 上 水 ジ に 。 に 受 図 よ 影 海 リ ア 小 広 け 上 る 響 、 ス の く る に 被 が ダ ク い 島 分 可 示 害 特 ッ が く 嶼 布 能 さ を に カ 高 つ 国 し 性 れ 受 危 な く か の て の て け 惧 ど な の 状 い あ い や さ の り 地 況 る る ま す れ メ ま 域 を こ 地 す い ま ガ す で お と 域 ︵ 地 す デ 。 は 話 が が 図 域 。 ル コ 沿 し わ 世 4 が 海 タ ル 岸 し ︶ 、 面 地 カ 部 か 界 。 ま 0

1

可 能 性 が あ り ま す 。

2

れ ま す 。 そ れ は 我 々 が 調 査 し た 種 の 二

多 く の 動 植 物 種 が 絶 滅 の 危 機 に さ ら さ

∼ 二 ・ 五 ℃ 気 温 が 上 昇 し た だ け で も 、

影 響 も 無 視 で き ま せ ん 。 例 え ば 一 ・ 五

水 不 足 が 発 生 し て い ま す 。 生 態 系 へ の

で す 。 世 界 の 一 部 で は 気 温 上 昇 に よ る

水 資 源 に 関 し て は 、 す で に 深 刻 な 状 況

い て 農 業 生 産 量 が 最 大 五 〇 % 減 少 す る

〇 年 ま で に 、 ア フ リ カ の 天 水 地 域 に お

刻 な 影 響 を 与 え て い ま す 。 ま た 二 〇 二

は 、 す で に 水 不 足 が 社 会 経 済 状 況 に 深

れ ま す 。 ア フ リ カ 大 陸 の 複 数 の 地 域 で

万 人 が 、 水 ス ト レ ス を 受 け る と 推 定 さ

〇 年 に は 七 五 〇 〇 万 人 ∼ 二 億 五 〇 〇 〇

3

水 資 源 や 生 態 系 へ の 影 響 で す ︵ 図 3 ︶

ア フ リ カ を 例 に と り ま す と 、 二 〇 二

次 の 図 表 が 示 す の は 気 温 上 昇 に よ る 告 結 果 を 地 域 別 に 見 て い き ま す 。

4

湿潤熱帯地域と高緯度地域での水利用可能性の増加 中緯度地域と反乾燥低緯度地域での水利用可能性の減少及び干ばつの増加

数億人が水不足の深刻化に直面する 最大30%の種で絶滅 リスクの増加

生態系

サンゴの白化の増加

ほとんどのサンゴが白化

地球規模での 重大な絶滅

広範囲に及ぶサンゴの死滅

生態系への影響による陸域生物圏の正味炭素放出源化が進行 ∼15%の生態系影響        ∼40%の生態系影響 種の分布範囲の変化と森林火災リスクの増加 海洋の深層循環が弱まることによる生態系の変化

図 3 気温の上昇に対して予測される影響.



定 さ れ る の で す 。 危 惧 す べ き 数 値 で す 。

ま で に 最 低 で も 二 ・ 五 ℃ 上 昇 す る と 推

次 に 、 気 候 変 化 が 及 ぼ す 諸 影 響 の 報

5℃


変 動 は 過 去 の 地 球 に も 存 在 し 、 冷 却 と

グ ラ フ を ご 覧 く だ さ い

。 気 候

氷 河 、 海 氷 に 顕 著 に 見 ら れ ま す 。 次 の

温 暖 化 の 影 響 は 海 面 上 昇 や 北 半 球 の

ま た 干 ば つ の 影 響 を 受 け る 地 域 が 七 〇

ア ジ ア の 一 部 で は 逆 に 減 少 し ま し た 。

ヘ ル 地 域 、 地 中 海 、 ア フ リ カ 南 部 、 南

ル に よ る と 、 前 世 紀 始 め か ら 今 世 紀 末

と 〇 ・ 七 四 ℃ 加 算 さ れ ま す 。 こ の モ デ

二 〇 世 紀 中 の 気 温 上 昇 も 考 慮 に 入 れ る

︵ 図 1 ︶

地 が な い ﹂

﹁ 気 候 シ ス テ ム の 温 暖 化 に は 疑 う 余

よ う に 報 告 し て い ま す 。

た い と 思 い ま す 。 第 一 作 業 部 会 は 次 の

書 ﹂ の 主 な 結 論 を 、 こ れ か ら ご 紹 介 し

﹁ 第 四 次 評 価 報 告 書 ﹂ と ﹁ 統 合 報 告

欧 州 、 北 ア ジ ア 、 中 央 ア ジ ア で す 。 サ

急 増 し ま し た 。 ア メ リ カ 大 陸 東 部 、 北

二 〇 〇 五 年 に 、 以 下 の 地 域 で 降 水 量 が

け ら れ た 明 確 な 事 実 で す 。 一 九 〇 〇 ∼

行 が 観 測 さ れ て い ま す 。 デ ー タ に 裏 付

こ こ 四 〇 ∼ 五 〇 年 で 温 暖 化 の 急 激 な 進

温 暖 が 繰 り 返 さ れ て き ま し た 。 し か し

基 づ く と 四 ℃ の 上 昇 が 予 想 さ れ ま す 。

一 ・ 八 ℃ で す 。 ま た 最 悪 の シ ナ リ オ に

シ ナ リ オ で は 今 世 紀 末 ま で の 上 昇 は

し 数 た 検 我 ︵ 討 々 図 し は 2 、 社 ︶ 。 今 会 最 後 経 小 の 済 変 の 気 温 化 気 変 の 温 化 シ 上 を ナ 昇 推 リ と 定 オ な し を る ま 複

年 代 以 降 、 拡 大 し ま し た 。

ご 覧 い た だ け る と 幸 い で す 。

へ の 示 唆 に 富 む 内 容 と な っ て い ま す 。

系 的 に ま と め た も の で す 。 政 策 決 定 者

三 つ の 作 業 部 会 が 行 っ た 評 価 結 果 を 体

書 ﹂ が 発 表 さ れ ま し た 。 こ の 報 告 書 は

月 一 六 日 に は ス ペ イ ン で ﹁ 統 合 報 告

が 完 成 い た し ま し た 。 二 〇 〇 七 年 一 一

す 。 先 日 、 我 々 の ﹁ 第 四 次 評 価 報 告 ﹂

議 長 と し て こ の 場 を お 借 り で き 光 栄 で

バ リ 島 で の メ ッ セ ー ジ

ビ デ オ を ご 覧 の 皆 さ ま 、 I P C C の

図1 世界平均気温,世界平均海面水位, 北半球の積雪面積の変化.左側の数値は, 1961∼1990 年の平均からの差.陰影 部は不確実性の幅.




欠 で す 。 ラ イ フ ス タ イ ル や 行 動 様 式 も

あ り が と う ご ざ い ま し た 。

わ れ ま す 。 緩 和 策 に は 政 策 転 換 が 不 可

和 策 を 採 用 す る 必 要 性 は 明 ら か だ と 思

慎 重 か つ 賢 明 に 考 慮 す れ ば 、 早 急 に 緩

し 、 不 安 の な い 未 来 を 目 指 し ま し ょ う 。

ち 皆 が 許 容 で き る レ ベ ル の 生 活 を 維 持

早 急 に 地 球 の 気 候 を 安 定 さ せ 、 私 た



悟 を す る こ と で す 。 人 類 社 会 の 未 来 を に 取 る と い う 決 意 で す 。

も う 一 方 は 緩 和 策 の コ ス ト を 払 う 覚 未 来 を 守 る た め に 確 固 た る 措 置 を 緊 急

被 害 の 程 度 は 測 り 知 れ ま せ ん 。

て 世 界 の 人 々 に 決 意 表 明 す る こ と で す 。

状 態 に 達 す る の は 、 恐 ら く 二 一 世 紀 よ

海 面 上 昇 に さ ら さ れ る こ と で す 。 平 衡

温 が 上 昇 し 深 刻 な 諸 影 響 が 発 生 し ま す 。

て い ま す 。 一 つ は 何 も せ ず 、 従 っ て 気

い ま 私 た ち は 選 択 の 岐 路 に 立 た さ れ

各 政 府 が な す べ き こ と は 、 国 民 そ し

さ ま に 知 っ て い た だ く 必 要 が あ り ま す 。

リ ス ク を し っ か り 把 握 し て い る と 、 皆

け で 世 界 は 〇 ・ 四 ∼ 一 ・ 四 メ ー ト ル の

か っ て い ま す 。 そ し て 気 候 変 動 に 伴 う

海 面 上 昇 は し ば ら く 続 き 、 そ の 影 響 だ

め ら れ ま せ ん 。 海 洋 水 の 熱 膨 張 に よ る

は 残 念 な が ら 海 水 温 度 上 昇 の 勢 い は 止

上 げ て お き ま す 。 こ の 安 定 化 レ ベ ル で

き が そ を 我 の こ ま 急 の 遅 々 達 の す 激 後 く が 成 シ 。 な 減 と 目 に ほ ら も 指 は ナ ど す 二 す ほ リ オ 、 こ 〇 べ ど そ と 一 き 遠 に の で 五 目 い つ 後 す 年 標 と い の 。 ま は い て 影 排 で 、 う も 響 出 に 排 こ う を 量 食 出 と 一 緩 の い 量 で つ 和 減 止 増 す 申 で 少 め 加 。 し 、

ら に 恐 ろ し い も の と な る で し ょ う 。

の こ と を 考 え 合 わ せ る と 、 未 来 像 は さ

ド 氷 床 の 急 速 な 融 解 や 崩 壊 で す 。 以 上

ま り 西 南 極 氷 床 の 融 解 や グ リ ー ン ラ ン

こ こ に 氷 河 の 影 響 も 加 わ り ま す 。 つ

の よ う に 活 か し て い く か は 皆 さ ま に か

提 示 し ま し た 。 こ れ ら の 報 告 結 果 を ど

我 々 は I P C C の 報 告 書 を 皆 さ ま に

世 界 の 諸 国 を 救 え る か も し れ ま せ ん 。

技 術 に よ り 、 深 刻 な 温 暖 化 の 危 機 か ら

岸 低 地 に と っ て は 深 刻 な 変 化 で す 。

さ れ る こ と で す 。 こ れ は 小 島 嶼 国 や 沿

四 ∼ 一 ・ 四 メ ー ト ル の 海 面 上 昇 に さ ら

シ ナ リ オ で す ら 最 終 的 に 、 世 界 は 〇 ・

諸 技 術 の 普 及 に も つ な が り ま す 。 そ の

の 導 入 に よ っ て 技 術 開 発 が 促 さ れ ま す 。

さ れ る の は 炭 素 税 の 導 入 で す 。 炭 素 税

そ の 中 で も 効 果 的 な 政 策 と し て 期 待

し か し 肝 に 銘 じ る べ き こ と は 、 こ の の 手 段 を 講 じ る 必 要 が あ り ま す 。

り も 後 に な る で し ょ う 。

変 化 を 迫 ら れ ま す 。 政 策 転 換 に は 複 数


可 能 な の で す 。 必 要 な の は 温 室 効 果 ガ

上 げ て お き ま す 。 ま ず 、 こ れ で は 目 標

こ の シ ナ リ オ に 関 し て も う 二 点 申 し

必 要 で す 。

し か し こ れ ら の 被 害 の 軽 減 や 回 避 は も 可 能 で し ょ う 。

し い 政 策 が 取 ら れ れ ば 、 コ ス ト の 激 減

る 程 度 で す 。 し か も 新 技 術 を 用 い た 新

ま す 。 そ う な る と 大 量 の 海 水 淡 水 化 が

能 な 淡 水 が 全 く 失 わ れ る 可 能 性 も あ り

水 が 減 少 し 、 地 域 に よ っ て は 、 利 用 可

﹁ 淡 水 レ ン ズ ﹂ と し て 貯 蔵 さ れ る 飲 料

上 昇 は 深 刻 な 問 題 で す 。 島 の 中 心 部 に

す 。 い く つ か の 小 島 嶼 国 に と っ て 海 面

込 み の 経 済 成 長 が 、 た か だ か 一 年 遅 れ

で は あ り ま せ ん 。 二 〇 三 〇 年 に 達 成 見

% 減 速 に 相 当 し ま す 。 決 し て 高 コ ス ト

こ れ は 年 平 均 G D P 成 長 率 の 〇 ・ 一 二

世 界 G D P の 三 % 以 下 に と ど ま り ま す 。

三 〇 年 ま で の 削 減 コ ス ト は こ の 年 の 全

図 4 海面上昇による被害を受けやすい地域.

ま す 。 こ の シ ナ リ オ に 基 づ く と 、 二 〇

五 ∼ 四 九 〇 ppm

ス の 効 果 的 な 排 出 削 減 で す 。 ま た 削 減

に 抑 え る 必 要 が あ り

果 ガ ス の 濃 度 を 二 酸 化 炭 素 換 算 で 四 四

最 大 で も 二 ∼ 二 ・ 。 四 そ ℃ の に 場 抑 合 え 、 安 温 定 室 ︵ さ 効 表 せ 1 の カ テ ゴ リ ー Ⅰ ︶

る た め の モ デ ル を 見 て み ま し ょ う

の 最 大 値 を 推 定 し ま し た 。 気 温 上 昇 を

シ ナ リ オ を 複 数 立 て 、 各 々 の 気 温 上 昇

我 々 は 温 室 効 果 ガ ス 濃 度 の 安 定 化 の

し て お き ま す 。

コ ス ト は そ れ ほ ど 高 く な い こ と も 強 調

表 1 複数の安定化シナリオにもとづく気温上昇,海面上昇の予測.

温室効果ガス平均 CO2 排 出 が ピ ー 2050 年における 気候感度の h最良 濃 度 (CO2 換 算) クを迎える年 CO2 排出量 の推定値v を用い (エーロゾル含む) (2000 年比) た産業革命からの (200 年=375 ppm) 世界平均気温上昇 (ppm) (西暦) (%) (℃)

熱膨張のみに由来 する産業革命前の 値と比較した世界 平均海面上昇 (m)

445 4900

2000 2015

−85∼−500

2. 0 2. 4

0. 4 1. 4

490 5350

2000 2020

−60∼−300

2. 4 2. 8

0. 5 1. 7

535 5900

2010 2030

−30∼+050

2. 8 3. 2

0. 6 1. 9

590 7100

2020 2060

+10∼+600

3. 2 4. 0

0. 6 2. 4

710 8550

2050 2080

+25∼+850

4. 0 4. 9

0. 8 2. 9

855 1130

2060 2090

+90∼+140

4. 9 6. 1

1. 0 3. 7




で が 時 き す で 代 で 。 て を な き つ い ま く 、 し る 人 た べ 間 。 き の そ で 理 れ あ 性 が る を 二 、 使 つ と っ 目 い て の う 新 選 見 し 択 方 い

返 し た 結 果 、 そ う い う こ と は も う す べ

し か し 、 二 〇 世 紀 に 大 き な 戦 争 を 繰 り

し か な い と い う 皮 肉 な 見 方 が あ り ま す 。

こ と で す 。 人 間 は そ う す る だ け の 知 恵

的 な 争 い を し て ア ジ ャ ス ト す る と い う

ん ど ん 温 め て 、 都 合 が 悪 く な れ ば 破 局

み ん な 勝 手 な こ と を や っ て 、 地 球 を ど

ス ︵ 暴 走 し て 崩 壊 ︶ と い う 選 択 で す 。

は オ ー バ ー シ ュ ー ト ・ ア ン ド ・ コ ラ プ

こ こ で 二 つ の 選 択 が あ り ま す 。 一 つ

イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構 ︵ I R 3

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 私 ど も サ ス テ

綻 が く る の で す 。 腹 八 分 目 、 欲 望 は 八

供 給 は 無 限 に 続 き ま せ ん か ら 、 必 ず 破

と い い ま す が 、 欲 望 を 全 開 さ せ れ ば 、

の 知 恵 で 、 ﹁ 腹 八 分 目 に 医 者 い ら ず ﹂

う 限 界 が 必 ず あ り ま す 。 伝 統 的 な 日 本

ま す 。 こ こ ま で な ら 取 っ て も よ い と い

ら 、 そ れ か ら 先 は 食 っ て い け な く な り

資 源 を 根 こ そ ぎ 取 り つ く し て し ま っ た

業 や 水 産 業 か ら 出 て き た 考 え 方 で す 。

源 ・ 廃 棄 物 な ど に 対 応 し た 循 環 型 社 会 、

て 、 温 暖 化 に 対 応 し た 低 炭 素 社 会 、 資

え る 上 で 欠 か せ な い と 思 い ま す 。

人 間 の 視 点 は サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 考

る 社 会 は ど こ か お か し い わ け で す か ら 、

ば 、 高 齢 者 が 不 安 に 駆 ら れ て 生 き て い

せ に 関 わ る 問 題 も 考 え る の で す 。 例 え

ス タ イ ル 、 健 康 、 価 値 観 な ど 個 人 の 幸

も 入 れ て い ま す 。 安 全 ・ 安 心 、 ラ イ フ

I R 3 S で は も う 一 つ 人 間 と い う 要 素



う こ と で す 。

こ れ か ら の 新 し い 社 会 の あ り 方 と し

割 ぐ ら い で 手 を 打 っ て お き な さ い と い

新 し い 日 本 社 会 を 造 す る

や っ と わ か っ た の で す 。

い か な け れ ば な ら な い と い う こ と が 、

か で サ ス テ イ ナ ブ ル な 社 会 を つ く っ て

地 球 に は あ る 種 の 容 量 が あ り 、 そ の な

と し て は 異 常 な 時 代 で 、 そ れ を 経 て 、

ー は 使 い 放 題 と い う の は 、 人 類 の 歴 史

後 の 五 〇 年 間 の 成 長 一 本 槍 で エ ネ ル ギ

こ と に な る で し ょ う 。 第 二 次 世 界 大 戦

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ は 、 も と も と 林

夢 と 希 望 を も て る 社 会 に す る こ と で す 。

せ る よ う に な る こ と で す 。 多 く の 人 が

な 目 標 は 、 世 界 中 の 人 々 が 幸 せ に 暮 ら

れ ば と い う こ と は 通 り ま せ ん 。 究 極 的

ョ ン が 必 要 で す 。 自 分 た ち だ け が 良 け

境 を 広 く 見 渡 し て 、 適 応 し て い く ビ ジ

は で き ま せ ん か ら 、 我 々 を 取 り 巻 く 環

指 数 関 数 的 に 無 限 に 伸 び て い く こ と

を 考 え る の が 欧 米 で は 普 通 な の で す が 、

社 会 の 二 つ か ら 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

い る と こ ろ の 社 会 の な か で す 。 自 然 と

然 の 上 で は な く 、 自 然 も 人 工 化 さ れ て

て い る の は 、 ほ と ん ど の 場 合 に 生 の 自

ム の 上 に 乗 っ て い ま す 。 実 際 に 生 活 し

で す 。 人 間 は 地 球 と い う 自 然 の シ ス テ

我 々 が よ っ て 立 つ と こ ろ の 基 盤 は 自 然

S ︶ で は 次 の よ う に 考 え て い ま す 。


あ り 方 を 考 え る 非 常 に 具 体 的 な 問 題 提

球 温 暖 化 問 題 と は 、 二 一 世 紀 の 社 会 の

て 大 変 だ と い う 話 に な る の で す が 、 地

地 球 温 暖 化 と い い ま す と 、 暑 く な っ

イ ト ル で す 。

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ へ ﹂ と い う 今 日 の タ

そ れ が ﹁ 気 候 変 動 か ら グ ロ ー バ ル ・ サ

り ま す 。 何 を 目 指 し て 行 動 す る の か 。

総 合 的 に も の ご と を み て い く 必 要 が あ

ま す 。 行 動 の フ ェ ー ズ に 入 っ た な ら ば 、

続 く で し ょ う 。 し か し 、 政 権 が 無 能 で

切 に 対 応 で き る の な ら ば 、 そ の 政 権 は

の 変 化 で 飢 饉 が 生 じ た と き な ど に 、 適

が 、 さ ま ざ ま な 変 動 、 例 え ば 自 然 環 境

命 と い う 言 葉 が あ り ま す 。 現 在 の 政 権

て い く こ と は で き ま す 。 中 国 に 易 姓 革

ボ ロ 隠 し を す る こ と で 、 ま あ ま あ 続 い

す 。 非 常 に 悪 い シ ス テ ム が あ っ て も 、

味 で 、 我 々 の 社 会 の シ ス テ ム の 可 否 で

気 候 変 動 が 問 う て い る の は 、 あ る 意

か で は む し ろ ま れ な 時 期 だ っ た と い う

が 普 通 だ っ た 時 代 は 、 人 類 の 歴 史 の な

入 り 、 大 量 生 産 ・ 大 量 消 費 ・ 大 量 廃 棄

ン グ に な り 、 炭 素 に 価 格 が 付 く 時 代 に

の 大 統 領 選 挙 が 一 つ の エ ポ ッ ク メ イ キ

大 き な 転 換 点 に い る の で す 。 ア メ リ カ

が 、 歴 史 の 流 れ で 見 れ ば 、 実 は 非 常 に

ま 淡 々 と し た 日 常 生 活 を 送 っ て い ま す

あ っ た と 記 述 す る で し ょ う 。 我 々 は い

れ ば 、 二 〇 〇 八 年 は 時 代 の 変 わ り 目 で

時 代 の 転 換 点

は な い か ? ﹂ と い う 意 見 が 必 ず 出 て き

れ ば い い の か 、 ほ か に も 問 題 が あ る で

そ う 言 う と 、 ﹁ 温 暖 化 だ け 考 え て い

今 や 行 動 す る 時 代 で す 。

い く こ と が 大 事 で す 。

も 含 め て 、 将 来 を 見 通 し た 対 策 を し て

題 、 例 え ば 、 貧 困 や 高 齢 化 な ど の 問 題

す 。 現 代 の 我 々 が 抱 え て い る 多 く の 問

起 で あ る と 捉 え る べ き だ と 思 っ て い ま

姓 革 命 の 考 え 方 で す 。

し い 政 権 に 変 わ る べ き だ と い う の が 易

変 化 に 対 応 で き な い の な ら 、 当 然 、 新

史 家 が 二 一 世 紀 初 頭 の 歴 史 を 書 く と す

い ま は 時 代 の 転 換 点 で す 。 後 世 の 歴

サステナの 眼

グ気 ロ候 ー変 バ ル動 ・か サ スら テ イ ナ ビ リ テ ィ へ 住 明正 東京大学教授 地球持続戦略研究 イニシアティブ 統括ディレクター




へ の 責 任 と い い ま す か 、 道 徳 的 な こ と

一 〇 〇 年 と か に な り ま す と 、 未 来 世 代

な り 客 観 的 ・ 合 理 的 な 判 断 が 可 能 で す 。

い 先 な ら 、 気 候 モ デ ル も よ く な り 、 か

ケ ー ル を ど う 取 る か で す 。 三 〇 年 ぐ ら

を 予 測 す る 場 合 に 、 大 事 な の は 時 間 ス

だ と 、 こ こ ま で 述 べ て き ま し た 。 未 来

研 究 は 、 い ろ い ろ な 側 面 に 気 を 配 る 必

る べ く 努 力 を し て い ま す 。 そ の よ う な

却 す る こ と が 同 時 に で き る 方 式 を 考 え

温 暖 化 対 策 を 進 め る こ と と 貧 困 か ら 脱

展 途 上 国 に 対 し て 行 い 、 発 展 途 上 国 が

し て 、 温 暖 化 の 具 体 的 な 影 響 評 価 を 発

I R 3 S で は 、 そ の よ う な 物 差 し と

た い と 思 い ま す 。

は 何 か 、 一 人 ひ と り に 考 え て い た だ き

す る と 同 時 に 、 世 界 と 連 帯 し て い く 道

め て 判 断 し 、 日 本 と い う 独 自 性 を 主 張

は 力 な り ﹂ で す 。 い ろ い ろ な 情 報 を 集

り ま せ ん 。 そ の た め に は 、 や は り ﹁ 知



合 理 的 な 物 差 し を も つ

く 、 新 し い 社 会 を つ く る 契 機 に な る の

そ れ が 悲 惨 な こ と を 意 味 す る の で は な

だ と 明 ら か に い え る よ う に な り ま し た 。

知 見 に 基 づ い て 、 暖 か い 気 候 は 不 可 避

温 暖 化 に 関 す る 知 見 が 深 ま り 、 科 学 的

勝 つ こ と に な っ て し ま い ま す 。

い 数 字 を も っ て き た 、 声 の 大 き な 者 が

的 な 物 差 し が な い と 、 自 分 の 都 合 の い

客 観 的 に 効 果 を 測 る こ と の で き る 合 理

が 温 暖 化 対 策 に 照 ら し て 必 要 な の か 、

に な り か ね ま せ ん 。 ど の プ ロ ジ ェ ク ト

何 も 変 わ ら な い 無 駄 だ っ た と い う こ と

皆 さ ん が 自 分 で 考 え て い か な け れ ば な

が 教 え て く れ る も の で は あ り ま せ ん 。

ン を 出 す 必 要 が あ り ま す 。 そ れ は 誰 か

界 の 人 々 に 対 し て 責 任 を も て る ビ ジ ョ

が 良 け れ ば い い と い う の で は な い 、 世

っ た こ と を 踏 ま え て 、 我 々 は 自 分 だ け

将 来 の 世 界 像 を ど う 描 く の か 、 そ う い

今 日 こ れ か ら 発 表 が あ り ま す よ う に 、

く こ と が 大 切 で す 。

ト で 考 え 、 ア ジ ア や 世 界 と 共 存 し て い

す に し て も 、 グ ロ ー バ ル な コ ン テ キ ス

う こ と で す 。 ど の よ う な モ デ ル を 目 指

な か で 孤 立 し て い る わ け で は な い と い

忘 れ て な ら な い の は 、 日 本 は 世 界 の

ト に 対 し て も お 金 を ば ら ま い た の で は 、

が 要 求 を し て き ま す 。 ど の プ ロ ジ ェ ク

こ と は そ れ ほ ど 難 し く は な い の で 、 皆

策 に つ な が り ま す と い う 理 屈 を つ け る

に お 金 の ぶ ん ど り 合 戦 で す 。 温 暖 化 対

資 源 の 割 り 当 て が 行 わ れ ま す 。 要 す る

実 際 の 対 策 を 立 て る と な り ま す と 、

て き た の か 、 昔 は 何 を 思 っ て い た の か 、

現 代 が ど う い う 時 代 か 、 日 本 は 何 を し

我 々 は 常 に 歴 史 の 上 に 立 っ て い ま す 。

歴 史 的 な 認 識 が 必 要 だ と い う こ と で す 。

最 後 に 、 も う 一 度 、 強 調 し た い の は

し て い ま す 。

と 連 携 し て い く ネ ッ ト ワ ー ク づ く り も

え た の で す 。

が 必 要 に な っ て く る で し ょ う 。

要 が あ り ま す か ら 、 我 々 は 世 界 の 大 学


こ れ ま で た い し て 考 え て こ な か っ た の

で な か っ た の で 、 自 然 生 態 系 に つ い て 、

私 は 個 人 的 に は 生 物 系 が あ ま り 好 き

を 人 類 に 与 え て く れ て い ま す 。

存 在 し て い る の で は な く 、 多 く の 恩 恵

す 。 生 態 系 は 単 に エ ネ ル ギ ー 源 と し て

オ エ ネ ル ギ ー は 生 態 系 か ら 得 る も の で

ば い い と な る で し ょ う 。 し か し 、 バ イ

の 収 支 が ゼ ロ で す か ら 、 ど ん ど ん や れ

は 、 そ れ だ け を 考 え れ ば 、 二 酸 化 炭 素

題 で は あ り ま せ ん 。 バ イ オ エ ネ ル ギ ー

例 え ば 、 エ ネ ル ギ ー と 資 源 は 別 々 の 問

統 合 的 に 考 え る 姿 勢 が 常 に 大 事 で 、

こ と を 目 指 す べ き で し ょ う 。

で 循 環 し 、 都 市 も 農 村 も 繁 栄 し て い く

と 高 度 な 産 業 で 国 を 建 て る べ き だ と 考

提 起 で 、 ス イ ス を 見 習 っ て 、 い い 環 境

な く て は な り ま せ ん 。

本 社 会 を

る よ う に 、 も の や 水 が そ れ ぞ れ の 地 域

な い と い け ま せ ん 。 地 産 地 消 と い わ れ

地 域 で 生 活 を エ ン ジ ョ イ で き る よ う で

い く い ま の 社 会 は 異 常 で す 。 す べ て の

大 都 会 だ け が 繁 栄 し 、 地 方 が 疲 弊 し て

良 に つ な が る で し ょ う 。 東 京 の よ う な

ギ ー の 面 か ら も 、 福 祉 の 面 か ら も 、 改

し や す い ま ち を つ く る こ と は 、 エ ネ ル

が よ い で し ょ う 。 高 齢 者 が 歩 い て 生 活

か ら だ け で な く 、 広 い 視 野 で 考 え る の

我 々 の 住 環 境 も 省 エ ネ と い う 一 つ の 面

省 エ ネ 効 果 が あ る と い わ れ ま す が 、

温 暖 化 対 策 で 、 断 熱 性 の 高 い 建 物 は

で ど う や っ た ら い い か と い う の が 問 題

国 で 、 軍 備 は な い 、 資 源 は な い 、 そ れ

い う も の が あ り ま し た 。 日 本 は 小 さ な

掲 げ た ス ロ ー ガ ン に 、 東 洋 の ス イ ス と

戦 争 に 負 け た 数 十 年 前 、 当 時 の 日 本 が

業 に 転 換 し て 非 常 に 成 功 し て い ま す 。

の よ う な 軽 薄 短 小 型 の 負 荷 の 少 な い 産

な 国 と い わ れ て い ま し た が 、 I T 産 業

例 え ば ア イ ル ラ ン ド で す 。 か つ て 貧 乏

ン ド ン の モ デ ル で す 。 小 国 モ デ ル は 、

多 い 。 重 厚 長 大 型 の 産 業 で い け い け ド

メ リ カ や 中 国 で す 。 土 地 は 広 く て 人 も

デ ル か 小 国 モ デ ル か 。 大 国 モ デ ル は ア

造 す る こ と に つ な げ て い か

ん 。 社 会 を 根 本 的 に 変 え て 、 新 し い 日

を 手 直 し し て で き る も の で は あ り ま せ

し て も 、 パ ッ チ ワ ー ク 的 に 社 会 の 一 部

す 。 低 炭 素 社 会 に し て も 循 環 型 社 会 に

は そ れ ら を 統 合 す る こ と を 考 え て い ま

な ど が 提 示 さ れ て い ま す 。 I R 3 S で

自 然 と の 共 生 を う た っ た 自 然 共 生 社 会

社 会 で あ る と い う の で す 。

優 し い 社 会 で あ る と 。 そ れ が 自 然 共 生

会 は 、 実 は 自 分 に も 優 し く 、 他 人 に も

と し 生 け る も の に 対 し て 愛 情 が あ る 社

り ま す 。 植 物 に で も 動 物 に で も 、 生 き

の を 聞 い て な る ほ ど と 思 っ た こ と が あ

で す が 、 東 洋 大 学 の 先 生 が お 話 さ れ る

ら ど う い う モ デ ル で い く の か 。 大 国 モ

い け る は ず で す 。 で は 、 日 本 は こ れ か

あ り ま す か ら 、 新 し い 日 本 を つ く っ て

幸 い に し て 、 日 本 に は ま だ お 金 が 結 構

機 に 温 暖 化 問 題 は な る と 思 っ て い ま す 。

直 し て 、 新 し い 社 会 を つ く っ て い く 契

そ の よ う な さ ま ざ ま な 問 題 を 全 部 見




や 南 米 な ど に お け る 比 較 的 自 然 環 境 に

サ イ エ ン ス の 研 究 と し て は 、 ア フ リ カ

欧 米 に お け る サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・

フ ・ サ イ ク ル ・ ア セ ス メ ン ト ︵ L C A ︶

ル ギ ー ・ フ ロ ー の 分 析 に つ い て 、 ラ イ

の ダ イ ナ ミ ッ ク ス を 包 括 的 に 解 明 し て

産 業 組 織 論 を 組 み 合 わ せ て 、 産 業 成 長



析 が 行 わ れ て い な い 。

な メ カ ニ ズ ム に 関 し て は 、 ま だ よ く 分

で 、 複 合 シ ス テ ム の 相 互 作 用 の 具 体 的

の 構 造 的 な 特 徴 を 見 出 し て い る 。 一 方

レ ガ シ ー 効 果 、 非 均 一 性 、 強

ド バ ッ ク ・ ル ー プ 、 非 線 形 性 、 性 閾 な 値 ど 、

相 互 作 用 を 検 討 し 、 相 互 効 果 、 フ ィ ー

シ ス テ ム と 人 間 シ ス テ ム の 間 の 複 雑 な

関 し て は 、 マ テ リ ア ル ・ フ ロ ー 、 エ ネ

ど が 考 え ら れ る 。 物 質 ・ エ ネ ル ギ ー に

エ ネ ル ギ ー 、 人 、 金 融 、 情 報 ・ 知 識 な

換 ・ 循 環 さ れ る も の と し て は 、 物 質 ・

れ る か が 問 題 と な る 。 シ ス テ ム 間 で 交

互 い の シ ス テ ム の 間 で 何 が や り 取 り さ

間 の 複 雑 な 相 互 作 用 の 解 明 と し た 場 合 、

対 象 を 、 自 然 ・ 人 間 ・ 社 会 シ ス テ ム の

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス の

ロ ジ ー と 、 市 場 構 造 や 企 業 行 動 を 扱 う

性 と し て 、 環 境 負 荷 に 関 す る 産 業 エ コ

て い か な け れ ば な ら な い 。 一 つ の 可 能

学 融 合 的 に 取 り 入 れ る 方 法 論 を 開 発 し

会 科 学 に お い て 蓄 積 さ れ て き た 知 見 を 、

の 際 に は 、 既 存 の 自 然 科 学 、 工 学 、 社

合 的 に 理 解 す る こ と が 考 え ら れ る 。 そ

生 産 ・ 伝 達 ・ 利 用 さ れ る プ ロ セ ス を 統

エ ネ ル ギ ー 、 金 融 、 人 、 情 報 ・ 知 識 が

ら 、 世 界 の 具 体 的 な 地 域 に お け る 自 然

学 問 分 野 の 概 念 ・ 方 法 論 を 活 用 し な が

共 同 で 論 文 を 書 い て い る 。 そ れ ぞ れ の

人 間 ・ 自 然 シ ス テ ム ﹂ と い う 観 点 か ら

テ フ ァ ン ・ シ ュ ナ イ ダ ー ら は 、 ﹁ 複 合

コ 、 ス タ ン フ ォ ー ド 大 学 の 気 候 学 者 ス

の 海 洋 生 物 学 者 ジ ェ ー ン ・ ル ブ チ ェ ン

ノ ー ・ オ ス ト ロ ム 、 オ レ ゴ ン 州 立 大 学

ば 、 イ ン デ ィ ア ナ 大 学 の 政 治 学 者 エ リ

な テ ー マ と し て 捉 え ら れ て い る 。 例 え

相 互 作 用 の 解 明 と い う こ と が そ の 主 要

い か と 思 わ れ る 。

常 に 興 味 深 い 知 見 が 得 ら れ る の で は な

既 存 研 究 に 対 す る 相 補 的 な 観 点 か ら 非

作 用 を 対 象 と し て 考 え て み る こ と で 、

ス に お け る 自 然 ・ 社 会 シ ス テ ム の 相 互

は 産 業 を 境 界 条 件 に 取 り 、 そ の プ ロ セ

例 え ば あ る 具 体 的 な 科 学 技 術 、 も し く

デ ィ ー が 比 較 的 多 い 。 日 本 に お い て は 、

互 作 用 を 詳 細 に 分 析 し た ケ ー ス ・ ス タ

し 、 そ こ で の 自 然 ・ 社 会 シ ス テ ム の 相

近 い 状 態 の 地 域 を 境 界 条 件 と し て 設 定

を 絞 り 、 シ ス テ ム 的 な 観 点 か ら 物 質 ・

一 つ の 技 術 領 域 や 産 業 セ ク タ ー に 対 象

と し て 分 析 が な さ れ つ つ あ る 。 そ こ で 、

ト ワ ー ク を 通 じ た 研 究 開 発 な ど を 対 象

識 の 流 れ に 関 し て は 、 産 学 官 連 携 ネ ッ

ク に 関 す る 研 究 が あ り 、 ま た 情 報 ・ 知

り に 関 し て は 、 例 え ば 政 策 ネ ッ ト ワ ー

が 進 め ら れ て い る 。 一 方 、 人 の つ な が

て は 、 経 済 学 ・ 経 営 学 の 分 野 で の 研 究

さ れ て い る 。 ま た 、 金 融 の 流 れ に 関 し

の 観 点 か ら 主 に 工 学 の 分 野 で 研 究 が な


と で 解 明 を 進 め て い く こ と と と も に 、

新 た な 概 念 や 方 法 論 な ど を 活 用 す る こ

扱 う こ と が で き な か っ た 現 象 に 対 し て 、

従 来 か ら あ る 学 問 体 系 で は う ま く 取 り

リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス が 提 唱 さ れ て い る 。

問 的 ア プ ロ ー チ と し て 、 サ ス テ イ ナ ビ

本 的 な 性 質 を 理 解 す る た め の 新 し い 学

人 間 、 社 会 の 間 の 相 互 作 用 に 関 す る 基

質 的 に 必 要 と さ れ て い る 。 そ こ で 自 然 、

特 徴 か ら 、 異 な る 分 野 間 で の 共

し て 機 能 し 、 研 究 の 目 的 ・ 対 象 を 明 確

と い う 概 念 が 、 い わ ば ﹁ 焦 点 装 置 ﹂ と

み 合 わ せ と し て 理 解 す る ﹁ 単 位 操 作 ﹂

蒸 留 、 抽 出 、 乾 燥 な ど の 個 別 操 作 の 組

い て は 、 化 学 プ ロ セ ス を 反 応 、 分 離 、

思 わ れ る 。 か つ て 化 学 工 学 の 分 野 に お

後 の 発 展 に と っ て 極 め て 重 要 で あ る と

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス の 今

と 実 証 的 な 研 究 を 進 め て い く こ と は 、

方 法 論 を 精 緻 化 し 、 理 論 的 な モ デ ル 化

る け め 社 特 。 て の 会 に 貢 具 に 献 体 お 、 学 し 的 け 術 て な る 的 い 解 様 な く 決 々 意 こ 策 な 味 と の 問 に が 提 題 お 求 示 に い め ・ 対 て ら 実 応 概 れ 行 す 念 て へ る や い 向 た

間 ・ 社 会 の 間 の 複 雑 で ダ イ ナ ミ ッ ク な

主 に シ ス テ ム 的 な 観 点 か ら 、 自 然 ・ 人

イ エ ン ス に 関 す る 学 問 的 な 議 論 で は 、

こ れ ま で の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ

論 を 積 み 重 ね て い く 必 要 が あ る 。

要 で は な い か と い う 観 点 も 含 め て 、 議

る 概 念 化 ・ 方 法 論 と は 異 な る も の が 必

で い く の か 、 伝 統 的 な 学 問 分 野 に お け

産産 業業 ダエ イコ ナロ ミジ ッー クと ス産 の業 包組 括織 的論 解に 明よ る

そ し て 不 確 実 性 が 極 め て 大 き い と が い 本 う

要 素 間 の 相 互 依 存 関 係 が 複 雑 で あ る 、

ど の よ う な 問 題 を 対 象 と し て 取 り 組 ん

亘 る 、 次 世 代 を 含 む 長 期 間 に 関 わ る 、

て 、 ど う い う 概 念 ・ 方 法 論 を 提 起 し 、

お い て は 、 対 象 と す る 空 間 が 広 範 囲 に

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス に お い

地 球 レ ベ ル で の 持 続 可 能 性 の 追 求 に

に す る 上 で 大 き な 役 割 を 果 た し た 。 サ

サステナ の 眼 可サ 能ス 性テ とイ 課ナ ビ 題リ I テ R 3 ィ S ・ 、 サ A A イ A エ S ン 、 G ス P の  

S S

鎗目 雅 東京大学大学院新領域 成科学研究科准教授 (イノベーション研究) E-mail: yarime@k.u-tokyo.ac.jp




を 予 定 し て い た が 、 ケ ニ ア の 政 情 不 安

事 務 局 長 の ケ ビ ン ・ ウ ラ マ 博 士 の 参 加

技 術 政 策 研 究 ネ ッ ト ワ ー ク ︵ A T P S ︶

︵ 当 初 は ケ ニ ア に 本 部 を 置 ��� ア フ リ カ

ス ・ ジ ュ マ 教 授 に 参 加 し て い た だ い た

ニ 博 士 、 ハ ー バ ー ド 大 学 の カ レ ス タ

ア 大 学 の ア イ リ ー ン ・ ロ ー レ ン ツ ォ ー

ド 教 授 、 イ ギ リ ス ・ イ ー ス ト ア ン グ リ

ツ 工 科 大 学 の ロ ー レ ン ス ・ サ ス カ イ ン

ス ピ ー カ ー と し て 、 マ サ チ ュ ー セ ッ

採 択 の 可 否 が 決 定 さ れ る が 、 A A A S

ロ ポ ー ザ ル は ピ ア ・ レ ビ ュ ー に よ っ て

ポ ー ザ ル を 提 出 し た と こ ろ で あ る ︵ プ

ッ シ ョ ン を 企 画 す る た め の 詳 細 な プ ロ

議 論 す る 予 定 で あ る 。 筆 者 も 独 自 の セ

望 ま し い の か 、 な ど の テ ー マ に 関 し て

要 か 、 ど の よ う な 産 学 連 携 の 在 り 方 が

加 者 を 得 て 、 ど の よ う な 人 材 育 成 が 必

る こ と に な っ て お り 、 産 業 界 か ら も 参

て お り 、 今 後 の 活 動 の 進 め 方 を 含 め て

カ イ プ で つ な い で ミ ー テ ィ ン グ を 行 っ

一 度 の 頻 度 で 、 日 本 ・ 米 国 ・ 欧 州 を ス

ゼ ク テ ィ ブ ・ エ デ ィ タ ー は 約 二 か 月 に

す る 予 定 と 聞 い て い る 。 他 に も 、 エ グ

ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス の 教 科 書 を 出 版

る 。 そ の 一 環 と し て 、 近 く サ ス テ イ ナ

き る か 、 非 常 に 努 力 し て い る よ う で あ

テ ィ ー の 中 で 認 知 を 得 て い く こ と が で



ナ イ ズ し た 。

モ ン ズ ﹂ に 関 す る セ ッ シ ョ ン を オ ー ガ

ョ ン へ 向 け た グ ロ ー バ ル 知 識 ・ 情 報 コ

ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス と イ ノ ベ ー シ

一 郎 氏 な ど の 協 力 を 得 て 、 ﹁ サ ス テ イ

武 内 和 彦 教 授 、 木 内 真 理 子 氏 、 浅 尾 修

ッ シ ョ ン が 行 わ れ 、 筆 者 も 東 京 大 学 の

に も 各 大 学 ・ 組 織 が 主 催 し て 様 々 な セ

ル ・ デ ィ ス カ ッ シ ョ ン が 行 わ れ た 。 他

て 参 加 者 に よ る 活 発 な ラ ウ ン ド テ ー ブ

授 ン ︶ ・ に ル 関 ン す ト る 大 報 学 告 レ が ナ 行 ー わ ト れ ・ 、 オ 引 ル き ソ 続 ン い 教

フ ォ ー ラ ム が 再 び セ ッ シ ョ ン を 開 催 す

ゴ で 開 催 さ れ る A A A S 年 次 総 会 で は 、

ら れ た 。 来 年 二 月 一 二 ∼ 一 六 日 に シ カ

な 認 識 を 得 ら れ て い な い よ う に も 感 じ

る の か 、 国 際 的 な レ ベ ル で は ま だ 十 分

動 を 行 い 、 ど の よ う な 成 果 を 上 げ て い

び 実 践 的 な 面 で 具 体 的 に ど の よ う な 活

そ の 一 方 で 、 I R 3 S が 学 問 的 、 及

3 S に 対 す る 関 心 の 高 さ が 伺 わ れ た 。

関 係 の 資 料 も 全 て な く な る な ど 、 I R

問 が あ り 、 ま た 用 意 し て い た I R 3 S

会 場 に 来 た 多 く の 参 加 者 か ら 活 発 な 質

の た め 出 席 す る こ と が で き な か っ た ︶ 。

ス を 構 築 し 、 ア カ デ ミ ッ ク ・ コ ミ ュ ニ

し て の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン

ー バ ー ド 大 学 で は 、 如 何 に し て 学 問 と

率 直 な 意 見 交 換 が 行 わ れ た 。 例 え ば ハ

に は ど の よ う な 戦 略 と 活 動 が 必 要 か 、

コ ミ ュ ニ テ ィ ー の 拡 大 を し て い く た め

テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス の 確 立 と

ン グ も 開 か れ 、 国 際 的 な 観 点 か ら サ ス

グ ゼ ク テ ィ ブ ・ エ デ ィ タ ー の ミ ー テ ィ

こ の 機 会 を 利 用 し て フ ォ ー ラ ム の エ

よ う で あ る ︶ 。

る 例 も あ り 、 そ の 競 争 率 は 結 構 厳 し い

内 部 か ら の も の で も 不 採 択 に な っ て い


ハ ブ と し て 機 能 す る こ と に よ っ て 、 自

る ネ ッ ト ワ ー ク を 形 成 し て い く た め の

G O な ど 関 係 す る 個 人 ・ 組 織 が 参 加 す

︵ I R 3 S ︶ が 、 大 学 ・ 企 業 ・ 政 府 ・ N

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構

ィ ・ サ イ エ ン ス に 関 す る 研 究 者 、 教 育

org/

。 こ こ で は 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

る ち ︵ 上 げ 、 ウ ェ ブ ・ サ イ ト を 運 営 し て い

http://www.sustainabilityscience.

学 イ ノ ベ ー シ ョ ン ・ フ ォ ー ラ ム ﹂ を 立

A S ︶ は 、 ﹁ 持 続 可 能 な 開 発 へ 向 け た 科

出 版 し て い る 全 米 科 学 振 興 協 会 ︵ A A

合 で は 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ

っ て い る 。 今 年 二 月 の ボ ス ト ン で の 会

学 研 究 者 や 専 門 家 が 参 加 す る よ う に な

に 関 わ る セ ッ シ ョ ン を 開 催 し て お り 、

て 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス

が 毎 年 二 月 頃 に 開 催 さ れ る の に 合 わ せ

す る こ と が 可 能 と な り 、 そ う し た 知 的

な デ ー タ ・ 情 報 を 効 率 的 に 収 集 し 活 用

策 、 制 度 設 計 に 関 わ る 定 性 的 ・ 定 量 的

ン ト 、 ポ ジ シ ョ ン な ど に 関 す る デ ー タ

文 ・ 書 籍 、 フ ェ ロ ー シ ッ プ 、 研 究 グ ラ

プ ロ グ ラ ム 、 研 究 プ ロ ジ ェ ク ト 、 論

デ ィ ク ソ ン 氏 ︶

ロ ー シ ッ プ

ン ス に お け る 国 際 協 力

、 方 法 論 ︵ ス ウ ェ ー デ

︵ ハ ー バ ー ド 大 学 ナ ン シ ー ・

︵ 筆 者 ︶

、 フ ェ

米 国 を 中 心 と し て 海 外 か ら も 多 く の 大

し て い く こ と は 非 常 に 重 要 で あ る 。

米 国 の 科 学 ジ ャ ー ナ ル hSciencev

然 科 学 、 技 術 開 発 、 企 業 戦 略 、 公 共 政

基 盤 に 基 づ く 詳 細 な 分 析 か ら の 知 見 を

広 い 意 味 で の ビ ジ ネ ス ・ モ デ ル を 構 築

流 通 ・ 分 配 す る よ う な 仕 組 み 、 つ ま り

具 体 的 な 技 術 ・ 産 業 を 対 象 と し て 成 、 し 科 、

と い う こ と で あ る 。 そ う し た 観 点 か ら 、

存 在 し て い る 諸 問 題 に 対 応 し て い く か

ど の よ う に デ ザ イ ン し 、 社 会 に 現 実 に

ョ ン を 実 現 す る た め の 制 度 ・ 仕 組 み を

お け る も う 一 つ の 課 題 は 、 イ ノ ベ ー シ

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス に

と を 期 待 し て い る 。

ス テ ム 全 体 の 転 換 に も 寄 与 し て い く こ

く こ と で 、 長 期 的 に 科 学 技 術 ・ 産 業 シ

分 野 ・ セ ク タ ー に お い て 積 み 重 ね て い

が で き る 。 こ う し た プ ロ セ ス を 多 く の

て よ り 効 果 的 に 連 携 を 深 め て い く こ と

ク タ ー が イ ノ ベ ー シ ョ ン の 実 現 に 向 け

フ ィ ー ド バ ッ ク す る こ と で 、 多 様 な ア

を 移 行 す る と と も に コ ミ ュ ニ テ ィ ー の

運 営 し て い た が 、 近 年 A A A S に 管 理

の ビ ル ・ ク ラ ー ク 教 授 が 中 心 と な っ て

ハ ー バ ー ド 大 学 ・ ケ ネ デ ィ ー ス ク ー ル

を 始 め て い る 。 こ の サ イ ト は も と も と

設 し 、 参 加 者 の 間 で の オ ー プ ン な 議 論

あ る 。 デ ィ ス カ ッ シ ョ ン ・ ボ ー ド も 開

を 収 集 し 、 デ ー タ ベ ー ス を 構 築 し つ つ

学 的 ・ 経 済 的 ・ 社 会 的 な 価 値 を

情A 報A 発A 信S とを ネ通 ッじ トた ワ ー キ ン グ

フ ォ ー ラ ム で は 、 A A A S 年 次 総 会

参 加 し て い る 。

ゼ ク テ ィ ブ ・ エ デ ィ タ ー の 一 人 と し て

国 際 化 を 図 っ て お り 、 筆 者 も そ の エ グ

い く こ と が 考 え ら れ る 。




州 、 米 国 、 中 国 な ど の ベ ン チ ャ ー 企 業

ド イ ツ に お け る 市 場 が 立 ち 上 が り 、 欧

実 な 成 果 を 上 げ て き た が 、 近 年 は 特 に

ア ム を 通 じ て 研 究 開 発 が 進 め ら れ 、 着

︵ N E D O ︶ を 中 心 と し た コ ン ソ ー シ

て 、 特 に 欧 州 が 積 極 的 に 提 案 を 打 ち 出

制 ・ ル ー ル の 枠 組 み の 設 定 の 場 に お い

に 関 す る 様 々 な 領 域 に お け る 国 際 規

球 温 暖 化 問 題 を 始 め と し て 、 環 境 問 題

国 際 的 な プ レ ゼ ン ス に 関 し て は 、 地

ネ ッ ト ワ ー ク を 十 分 に 活 用 し な が ら 、

後 は I R 3 S 、 A A A S を 通 じ た 国 際

て 、 非 常 に 重 要 に な る と 思 わ れ る 。 今

サ イ エ ン ス を 作 り 上 げ て い く に あ た っ

想 は 、 こ れ か ら サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・



エ ネ ル ギ ー ・ 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構

日 本 に お け る 太 陽 電 池 の 開 発 で は 、 新

が 急 激 に 増 え て い る 状 況 が あ る 。 従 来

ク リ ー ン ・ テ ク ノ ロ ジ ー へ の 民 間 投 資

米 国 に お い て 、 太 陽 電 池 を 始 め と し て

う 意 域 長 能 さ 同 く 会 象 た 民 か 見 ・ 期 で れ 時 作 に と め 間 。 を セ 的 あ る に 業 お し に 活 伺 ク な る 余 、 が け て 、 力 っ タ 可 。 地 将 必 る 想 非 の て ー 能 い が 来 要 ニ 定 常 活 み で 性 ず 大 的 不 ー さ に れ き な 可 ズ れ 広 用 る 活 に の 躍 に に い キ 欠 を う 範 関 も す 関 し と ャ と よ る な し 有 る し ろ 考 リ な り 。 産 て 効 個 て 何 え ア る 明 そ 業 で 人 、 ら る パ が 確 れ 、 、 近 は ・ 様 か こ ス 、 化 ゆ 組 年 な 組 々 の と が そ し え 織 特 か 織 な 形 も 開 れ て に が に ろ に 領 で 可 拓 は い 社 対 、

大 き な 課 題 で あ る 。

効 に 活 用 し て い く こ と が で き る の か も

ー 型 の イ ニ シ ア テ ィ ブ を ど の よ う に 有

産 業 に み ら れ る よ う な 新 た な ベ ン チ ャ

が 大 き な 影 響 力 を 持 っ て き た が 、 I T

究 開 発 体 制 、 プ レ ー ヤ ー 、 規 制 ・ 制 度

イ ン し 、 実 行 に 移 し て い く か と い う 発

対 応 す る た め の ﹁ 仕 組 み ﹂ を ど う デ ザ

関 わ る 様 々 な 問 題 に 対 し て 、 効 果 的 に

る し 社 基 適 響 る 望 期 案 な ス し 環 。 て 会 づ 切 を 基 ま 的 を さ ト て 境 い に い に 与 盤 し な 単 れ 京 き く お て 考 え と い 観 に て 都 て 、 安 た け デ 慮 る な タ 点 受 い 議 い 全 め る ザ し イ る ー か け る 定 る の 交 イ た ン 個 ゲ ら 入 が 書 。 、 健 実 渉 ン 提 セ 別 ッ 見 れ 、 に 現 康 行 を す 案 ン ア ト て る 他 関 在 な 力 通 る を テ ク と 地 だ 国 し 日 ど が じ 構 、 ィ タ 、 球 け ・ て 本 持 求 て 想 自 ブ ー そ 全 で 地 様 に 続 め 着 力 ら の の れ 体 は 域 々 お 可 ら 実 と の 整 行 を に な か な い 能 れ に 、 戦 合 動 達 と く ら 議 て 性 て 実 国 略 性 に 成 っ 、 の 論 も に い 現 際 に を 影 す て 長 提 が ポ

フ ラ の 供 給 と い う 観 点 か ら 、 既 存 の 研

ー 産 業 に お い て は 、 安 定 的 な 社 会 イ ン

ー ズ に 入 っ て き て い る 。 従 来 エ ネ ル ギ

へ の 普 及 段 階 へ と 質 的 に 異 な っ た フ ェ

に よ る 積 極 的 な 投 資 を 通 じ た 社 会 一 般

ー ト が 重 要 な 初 期 段 階 か ら 、 民 間 部 門

公 的 機 関 に よ る 研 究 開 発 の 着 実 な サ ポ

る 。 イ ノ ベ ー シ ョ ン ・ プ ロ セ ス と し て 、

池 の 生 産 量 を 急 増 さ せ て い る 状 況 で あ

じ た 大 規 模 な 投 資 を 基 に し て 、 太 陽 電

が 、 多 く の 出 資 者 に よ る フ ァ ン ド を 通


地 球 温 暖 化 問 題 を 中 心 と し た サ ス テ

国産 際学 的官 な連 仕携 組に みよ づる くキ りャ リ ア パ ス 開 拓 と

で あ る 。

に 関 し て は 積 極 的 に 対 応 し て い く 考 え

ト リ ー チ の 観 点 か ら 、 公 開 で き る 情 報

介 し て い く 予 定 で あ る 。 国 際 的 な ア ウ

教 科 書 な ど を フ ォ ー ラ ム 上 で 詳 細 に 紹

げ 、 カ リ キ ュ ラ ム 、 シ ラ バ ス 、 教 材 、

教 育 プ ロ グ ラ ム ︵ G P S S ︶ を 取 り 上

成 す る 場 を 提 供 す る こ と で 、 多 様 な 専

習 機 会 や 幅 広 い 人 脈 ネ ッ ト ワ ー ク を 形

て 、 大 学 が 産 業 界 に 対 し て 実 践 的 な 学

特 に I R 3 S の よ う な 枠 組 み を 通 じ

え を 聞 い て 回 っ た よ う で あ る 。

が 求 め ら れ る か 、 企 業 の 立 場 か ら の 考

そ の た め に は ど の よ う な 能 力 ・ ス キ ル

な 領 域 ・ 場 面 で 活 躍 す る こ と が 可 能 か 、

経 営 部 門 な ど で 活 躍 す る こ と も 期 待 さ

企 業 の 環 境 担 当 部 門 に 留 ま ら ず 企 画 ・

対 応 し た 人 材 の 育 成 が 行 わ れ る こ と で 、

す る こ と を 通 じ て 、 産 業 界 の ニ ー ズ に

大 学 に お い て 課 題 解 決 型 の 研 究 を 実 践

積 を 進 め る こ と が 可 能 と な る 。 ま た 、

門 ・ バ ッ ク グ ラ ウ ン ド を 持 つ 人 材 の 集

対 的 に 抽 象 的 な 概 念 を 基 盤 と し て い る

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス は 相

が 具 体 的 に 同 定 し や す い の に 対 し て 、

象 と す る 産 業 や 関 係 す る ア ク タ ー な ど

と 比 較 し た 場 合 、 こ う し た 分 野 で は 対

領 域 と し て 、 農 業 科 学 や 健 康 科 学 な ど

同 様 に 問 題 志 向 的 な 側 面 を 持 つ 学 問

成 科 学 研 究 科 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学

た 、 東 京 大 学 柏 キ ャ ン パ ス ・ 新 領 域

S の 協 力 を 得 て 昨 年 一 〇 月 か ら 開 始 し

ス ・ サ セ ッ ク ス 大 学 と と も に 、 I R 3

ラ ン ダ ・ マ ー ス ト リ ヒ ト 大 学 、 イ ギ リ

学 、 コ ロ ン ビ ア 大 学 、 ル ン ト 大 学 、 オ

デ ル ・ ケ ー ス と し て 、 ア リ ゾ ナ 州 立 大

の 情 報 を 世 界 中 か ら 収 集 し て い る 。 モ

テ ィ ・ サ イ エ ン ス に 関 す る プ ロ グ ラ ム

そ の 手 始 め と し て 、 サ ス テ イ ナ ビ リ

げ ら れ て い る 。

共 同 研 究 ネ ッ ト ワ ー ク の 構 築 な ど が 挙

ー ド す る 途 上 国 の ベ ン チ マ ー ク 、 国 際

ー で の プ レ ゼ ン ス 向 上 、 国 際 世 論 を リ

ア パ ス の 確 保 、 国 際 研 究 コ ミ ュ ニ テ ィ

積 化 、 民 間 活 力 の 活 用 、 多 様 な キ ャ リ

大 学 を 中 心 と す る 課 題 解 決 型 の 知 の 集

と 、 今 後 に お け る 重 要 な 課 題 と し て 、

究 所 ・ 前 田 征 児 氏 ら の レ ポ ー ト に よ る

を 分 析 し た 文 部 科 学 省 科 学 技 術 政 策 研

イ エ ン ス を 学 ん だ 学 生 が 将 来 ど の よ う

ビ ��� ー し て 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ

お け る 企 業 の C E O な ど に 直 接 イ ン タ

ラ ム を 立 ち 上 げ る 際 に 、 様 々 な 産 業 に

で は 、 学 部 ・ 修 士 ・ 博 士 の 教 育 プ ロ グ

し い 学 部 を 設 立 し た ア リ ゾ ナ 州 立 大 学

ら キ を れ 最 れ ャ 学 、 近 る リ ん サ サ 。 ア だ ス ス パ 学 テ テ ス 生 イ イ の や ナ ナ 形 若 ビ ビ 成 手 リ リ に 研 テ テ つ 究 ィ ィ な 者 ・ に が の サ 関 る 将 イ す と 来 エ る 考 的 ン 新 え な ス

議 論 し て い る 。

イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス の 研 究 動 向




サステナ ファミリー

カニ光線

第5回

な ぁ 、 あ た し の ア イ ス ク リ ー ム 食 べ た で し ょ

ご う と 、 地 球 を 冷 や し て た ん だ よ 。 お か し い

﹁ 男 の く せ に 、 細 か い よ 。 地 球 温 暖 化 を 防

﹁ 働 か な い 人 、 こ れ 。 え へ ん 、 え へ ん ﹂

顔 を う か が う と 、 サ ス 太 郎 は が ば っ と 立 ち 、

カ ク ン と 首 を 落 と し て 目 を 閉 じ る 。 サ ス ヨ が



庫 あ け た ま ま だ よ 。 も っ た い な い よ ﹂

サ ス 太 郎 は そ う い っ て 、 急 に ぐ っ た り し 、

﹁ お ね え ち ゃ ん 、 ず う っ と さ っ き か ら 冷 蔵

ず う っ と こ の ま ん ま じ ゃ あ ﹂

﹁ 日 本 の 国 、 駄 目 。 働 く 人 、 こ れ ﹂

り っ と 目 を 妹 に 向 け 、 に た り と 笑 う 。

ら い い の に 。 兄 貴 の や つ 、 か わ い そ う だ よ 、

サ ス ヨ は 本 を つ ま み 上 げ る 。 サ ス 太 郎 は ぐ

こ ろ に テ キ ト ー に 、 息 子 を 押 し 込 ん で や っ た

か い い コ ネ と か な い の か な ぁ 。 知 り 合 い の と

﹁ げ っ 、 字 ば か り じ ゃ ん ﹂

り 、 本 を の ぞ き こ む 。

っ ﹁ ち ま ふ ら た ? ふ  ら し 兄 て 貴 さ も 。 大 親 変 父 だ も よ 、 な ど ぁ っ 。 か あ に っ な ち ん こ

﹁ ハ ケ ン の 契 約 が 切 れ ち ゃ っ た ら し い よ ﹂

を 読 む し か な い っ て ほ ど ヒ マ っ て こ と か ﹂

﹁ ふ ∼ ん 。 今 日 は バ イ ト な い の か な ぁ 。 本

と き か ら 、 あ ん な 感 じ だ よ ﹂

っ て 、 お 手 上 げ だ も の ね ﹂

兄 貴 の こ と は 、 温 暖 化 を 防 ぐ よ り む ず か し い

そ ん な の 読 ん だ っ て む だ だ よ 。 親 父 だ っ て 、

何 を 読 ん で ん だ 。 彼 女 を つ く る 方 法 と か ⋮ ⋮ 。

﹁ ち ぇ っ 、 都 合 が 悪 い こ と は 知 ら ん 顔 か 。

サ ス ヨ は サ ス 太 郎 の 頭 の 横 に ど っ か と す わ

﹁ な ん か 知 ん な い け ど 、 ぼ く が 帰 っ て き た

サ ス 太 郎 は 本 に 見 入 っ て 反 応 し な い 。

生 の サ ス オ に い う 。

り な が ら 、 テ ー ブ ル に 宿 題 を 広 げ て い る 小 学

高 校 か ら 帰 っ て き た サ ス ヨ は 冷 蔵 庫 を さ ぐ

ん ゃ で な る い け の ど  ? さ ぁ む 、 ず 大 か 丈 し 夫 い な 顔 の し か て ぁ 、 ﹂ 本 な ん か 読

﹁ 兄 貴 の や つ 、 お か し く な っ ち ゃ っ た ん じ

﹁ こ れ 、 あ た し の よ 。 な ん で 食 べ た の ? ﹂

ち て い る ア イ ス ク リ ー ム の 袋 を つ ま み 上 げ る 。

郎 が 横 た わ っ て い る ソ フ ァ へ と 歩 き 、 床 に 落

サ ス ヨ は バ タ ン と ド ア を 閉 め 、 兄 の サ ス 太

﹁ 兄 ち ゃ ん だ よ 。 ほ ら 、 あ そ こ ﹂

う 。 奥 の ほ う に 隠 し て お い た の に ﹂


し て 書 い て い る ︶ 。

グ ・ リ ス ト を 通 じ て 行 っ た 議 論 を 基 に

化 し て い く こ と は で き な い で あ ろ う か 。

出 を 、 ウ ェ ブ ・ サ イ ト の 構 築 と 同 期

こ う し た 様 々 な 活 動 を 通 じ た 知 識 の

件 ・ レ ベ ル を 明 確 化 し 、 関 連 す る 知 識

す る 問 題 に 関 わ る シ ス テ ム の 境 界 条

も の が 存 在 す る と 考 え ら れ る 。 対 象 と

関 わ る デ ー タ ・ 情 報 ・ 知 識 に は 膨 大 な

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス に

目 指 し て い き た い 。

び 実 践 的 な 発 展 に つ な げ て い く こ と を

イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス の 学 問 的 及

テ ム を 構 築 す る こ と で 、 今 後 の サ ス テ

国 際 的 な レ ベ ル で 知 識 ・ 人 材 循 環 シ ス

︵ 実 は こ の 文 章 も 、 そ う し た メ ー リ ン

お り 、 大 き な 刺 激 を 受 け る こ と も 多 い

な 観 点 か ら 自 由 闊 達 な 議 論 が 行 わ れ て

た メ ー リ ン グ ・ リ ス ト を 通 じ て 、 様 々

る 文 献 の 輪 読 な ど も 行 わ れ て い る 。 ま

強 会 が 頻 繁 に 開 催 さ れ て お り 、 関 連 す

テ ィ ・ サ イ エ ン ス に 関 す る 研 究 会 や 勉

究 者 が 中 心 と な っ て 、 サ ス テ イ ナ ビ リ

最 造識 近 化内 I 容 R と 3 S 出 に ・ 関 活 わ 用 っ て プ い ロ る セ 若 ス 手 の 研

で 行 っ た り す る こ と も 考 え ら れ る 。

ス ト を 通 じ た 議 論 な ど を オ ー プ ン な 場

う な 形 で 発 表 し た り 、 メ ー リ ン グ ・ リ

を 、 デ ィ ス カ ッ シ ョ ン ・ ペ ー パ ー の よ

る 研 究 発 表 ・ 実 践 報 告 ・ 政 策 提 言 な ど

性 が あ る 。 学 生 ・ 研 究 者 ・ 実 務 家 に よ

ツ ー ル と し て 同 期 的 に 活 用 で き る 可 能

の 思 考 と 実 践 を 発 展 さ せ て い く た め の

ま で 得 ら れ た 知 識 を 整 理 し 、 こ れ か ら

る 研 究 者 ・ 関 係 者 自 身 に と っ て も こ れ

に つ な げ て い く と 同 時 に 、 そ こ に 関 わ

ー と し て の ﹁ 情 報 コ モ ン ズ ﹂ を 形 成 し 、

を 通 じ て 、 知 的 イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ

め た ネ ッ ト ワ ー ク 間 で の 有 機 的 な 連 携

し て い く こ と が 重 要 と な る 。

か ら 包 括 的 に 捉 え 、 戦 略 的 に デ ザ イ ン

﹁ オ ー プ ン ・ イ ノ ベ ー シ ョ ン ﹂ の 観 点

や 制 度 設 計 に つ な げ て い く プ ロ セ ス を 、

籍 な ど の 形 で 発 表 し 、 実 際 に 公 共 政 策

ら 、 協 働 作 業 を 通 じ た 成 果 を 論 文 ・ 書

球 持 続 可 能 性 に 関 す る ビ ジ ョ ン 形 成 か

I R 3 S 、 A A A S 、 G P S S を 含

構知

合 的 に 考 え て い き た い 。

業 戦 略 、 公 共 政 策 、 制 度 設 計 な ど を 統

動 に お い て 、 科 学 認 識 、 技 術 開 発 、 企

ら と と も に 、 G P S S の 教 育 ・ 研 究 活

東 京 大 学 の 味 埜 俊 教 授 、 小 貫 元 治 講 師

国 際 社 会 に 情 報 発 信 し て ア ウ ト リ ー チ

で 公 開 す る と い う 作 業 を 通 じ て 、 広 く

て き て い る が 、 そ れ を ウ ェ ブ ・ サ イ ト

重 な 知 見 が 個 別 の 情 報 と し て 蓄 積 さ れ

は 数 多 く の 資 料 や 文 書 が 作 成 さ れ 、 貴

こ れ ま で I R 3 S の 教 育 ・ 研 究 活 動 で

を 促 進 し て い く こ と が 期 待 さ れ る 。 地

イ ン タ ラ ク テ ィ ブ な コ ラ ボ レ ー シ ョ ン

る こ と で 、 関 係 す る ア ク タ ー の 間 で の

お す を け る 効 る と 率 と 的 出 も に ・ に 収 活 、 集 用 そ し プ う て ロ し そ セ た の ス 知 内 を 識 容 構 の を 造 社 構 化 会 造 す に 化 


サステナ 情報室

『環境健康都市宣言!! キャンパスからのまちづくり』

書籍紹介

『へその緒が語る体内汚染 未来世代を守るために』 森千里・戸髙恵美子著

桐の箱におさめられたへその緒を持ってい ますか.母と子のきずなを示すものとして  千葉県柏市といえば,J リーグの柏レイ 大切にされるへその緒を冷凍保存し,次世 ソル.そのホームスタジアムの一つが柏の 代の子どもたちの健康に役立てようとする 葉公園総合競技場.その東隣に, 『サステ プロジェクトが動き出しています. ナ』本号の舞台である千葉大学柏の葉キャ  ぜん息やアトピーで苦しむ子どもが身近 ンパスがあります.つくばエクスプレスの に増え,子どもたちのからだに異変がおこ 柏の葉キャンパス駅からなら西に直線道路 っているのではないかと心配されます.本 で 200 m です.道路の南側には大型商業 書は,そのような子どもたちを守る方法を, 施設があるものの,北側は建物のない茫洋 へその緒を通して考えます. とした風景.鉄道が敷かれて新駅ができる  小児アレルギーの原因は環境の変化にあ と,土地の値上がりをひたすら待つかのよ るといわれています.日本人の住環境や食 うに,駅の近くにはいつまでも空き地が残 べ物はすっかり様変わりし,そこに生活習 る奇妙な現象がおこりますが,ここでは, 慣などの要因もからんでアレルギーが発症 お金の論理で無秩序に街ができていくのと するようです.胎児が 10 か月間過ごす は異なるかたちで,まちづくりが進められ 母胎内の環境が影響している可能性もあり ています.千葉県・柏市・東京大学・千葉 ます.胎盤は有害な物質を遮断して胎児を 大学による「柏の葉国際キャンパスタウン 守る役割をしていると考えられていました 構想」です. が,胎児性水俣病で明らかになったように,  本書は,ここのまちづくりがどのように 有害物質が胎盤を通り抜けてしまうことも 展開してきたのか,著者が千葉大学学長に あります.母親が取り込んだ有害物質がへ 「柏のキャンパスを見てほしい」と依頼さ その緒から胎児に運ばれ,胎児の健康を脅 れた 2003 年 5 月から書き起こします. かし,先天異常を起こし,あるいは 10 年 ときすでに 1 年遅かったと著者は感じま 後,20 年後にがんを発症させるのです. すが,環境と健康を最優先にしたキャンパ  子どもの健康に何か異変が生じたとき, スのマスタープランをつくり,大学内にと 冷凍保存していたへその緒を調べ,汚染と どまらない大きな構想を描いていきます. 健康影響の関係を調べようというのが冒頭 「永遠に明日の夕日が美しくある」ことを のプロジェクトです.未来世代のためにい 願って書かれた本書から,まちづくりのさ まわれわれに何ができるのか,本書は多く まざまな可能性を読み取ることができます. のことを訴えかけます.

栗生明

年刊 (鹿島出版会 2007 132 頁 本体 2600 円 )



年刊 (技術評論社 2008 208 頁 本体 1580 円 )


中川浩子さんの作品

﹁ 不 安 定 な と い う プ レ カ リ ア ス と 、 労 働 者

﹁ そ れ っ て 、 何 の こ と な の よ ﹂

者 に も な れ な い プ レ カ リ ア ー ト さ ﹂

く 使 い 捨 て に す る 。 ぼ く な ん か は 、 そ の 労 働

方 法 で 、 労 働 者 を 入 れ 代 り 立 ち 代 り 、 雑 作 な

で は な く 、 カ ニ 光 線 で 焼 か れ る し か な い の か 。

者 に 夢 を 与 え ら れ な い 社 会 は サ ス テ イ ナ ブ ル

に 読 ま れ 出 し た プ ロ レ タ リ ア 文 学 の 古 典 。 若

れ は 小 林 多 喜 二 の ﹃ 蟹 工 船 ﹄ 、 に わ か に 若 者

あ き れ て サ ス ヨ は 本 を ソ フ ァ に 投 げ る 。 そ

む も の で は な い 。 乃 木 軍 神 が や っ た の と 同 じ

﹁ 資 本 家 の 収 奪 は ア イ ス ク リ ー ム 一 つ で す

﹁ こ の 家 は 、 と う と う 怪 獣 屋 敷 か ぁ ﹂

開 い て 、 カ ニ の 格 好 で 、 ど し ど し 歩 き ま わ る 。

食 べ た の 、 ご ま か す つ も り だ ろ う ﹂

サ ス 太 郎 も 両 腕 を 上 げ 、 両 股 を 横 に 大 き く

﹁ 変 な カ タ カ ナ 使 っ て 、 ア イ ス ク リ ー ム を

今 日 、 初 め て 読 ん だ の だ け ど ね ﹂

ー ト に は 必 読 書 な ん だ 。 と い っ て も 、 ぼ く も

ピ ッ ピ ピ ッ 、 ピ ッ ピ ピ ッ 、 ガ オ ー ッ ﹂

尽 く し て 、 こ ん な 世 の 中 、 全 部 チ ャ ラ だ !  

﹁ お っ 、 そ れ っ て い い ぞ 。 カ ニ 光 線 で 焼 き

な い さ 。 こ れ は 、 ぼ く ら の よ う な プ レ カ リ ア

サ ス オ は 叫 ぶ 。

ち ゃ ん 、 お 坊 ち ゃ ん は 、 知 ら な く て も 無 理 は

﹁ ま あ 、 諸 君 ら の よ う な 苦 労 知 ら ず の お 嬢

﹁ カ ニ 光 線 で 、 大 暴 れ だ ぞ ! ﹂

け て 、 の し の し と 歩 き 出 す 。

サ ス 太 郎 は 胸 を 張 っ た ま ま で 、

と い い な が ら 、 指 の 先 を あ ち ら こ ち ら に 向

﹁ そ う な ん だ 。 兄 貴 、 何 の 本 な の 、 こ れ ? ﹂

同 じ こ と を 、 ぼ く に し た も の ﹂

﹁ ピ ッ ピ ピ ッ 、 ピ ッ ピ ピ ッ 、 ガ オ ー ッ ﹂

頭 の 上 に 両 腕 を か か げ 、 二 本 の 指 を 立 て 、

﹁ そ の 本 に 書 い て あ る ら し い よ 。 さ っ き も 、 こ こ で サ ス オ が す っ と イ ス か ら 立 ち あ が る 。

サ ス ヨ は 視 線 を 弟 に 送 っ て 肩 を す く め る 。 ﹁ ふ ∼ ん 。 で 、 何 が 書 い て あ る の ? ﹂

に も 、 心 の 病 っ て 結 構 あ る み た い だ し ﹂

﹁ や っ ぱ 、 兄 貴 の や つ こ わ れ て る よ 。 若 者

共 感 で き る の は こ の 本 し か な い ん だ ﹂

く ら の よ う な 新 た に 作 ら れ た 貧 困 層 に と っ て 、

ぐ っ と 威 張 っ た 格 好 で ふ ん ぞ り 返 る 。

階 級 、 プ ロ レ タ リ ア ー ト の 語 呂 合 わ せ さ 。 ぼ




サステナ 情報室 報 告

いばらき地域 サステナワークショップ 原口弥生 ( 城大学人文学部)

 2008 年 3 月 14 日, 城 大 学 で『い ばらき地 域サステナワークショップ』(主 催: 城大学(ICAS ・地域総合研究所・地 域連携本部・研究協力地域連携課) )が開 催されました.短い準備期間で,基本的に 口コミでの呼びかけだったにもかかわらず 学内外から,50 人超の方に参加いただき ました.その報告に入る前に CO2 排出から みた 城県の特徴について紹介します.

CO2 排出からみた

城の特徴

 北関東に位置する 城県の二酸化炭素排 出の特徴は,県内の産業構造と密接に関連 しています.図1のように, 城県の CO2 排出量の構成は,産業部門のみで全体の 7 割近くを占めていて,全国と比較すると,産

廃棄物部門 ()

その他 ( )

エネルギー転換部門 ( )

業部門の CO2 排出割合が 30 ポイント以 上高いことが注目されます.  これは鉄鋼,石油化学産業が県内に立地 しているためで,産業部門の約 5 割が鹿島 臨海工業地域での発生で, 城県の CO2 排出量は,数社の大企業,それも県外資本 の経営活動に非常に影響されることを意味 します.  私たちのライフスタイルも大いに問題ア リ,です.国立環境研究所の計算によると, 1 人当たりの運輸旅客部門の CO2 排出量 では,全国の都道府県庁所在地のなかで 1. 4トンの水戸市がワースト1でした.自動 車依存を脱し公共交通の拡大を図るか,コ ンパクトシティの構築を目指すか,バイオ燃 料の普及を目指すか,いずれにせよ汚名返 上といきたいものです.

個の活動から地域へ  ワークショップ第 1 部では, 城県内で 先進的な環境活動を展開している組織・団 体に,その活動内容・意義・成果について 報告していただきました.行政からは 城県, 産業界からは 城中小企業団体中央会と県 内にスーパーマーケットをもつ株式会社カ スミ,地域での活動を展開する明野商工会, つくば 3E フォーラム関係者,教育部門から は笠間市箱田小学校, 城大学という多彩 な顔ぶれです.その中から,マスコミ等であ まり情報発信されていないけれども注目度 が高い活動を 2 つ紹介したいと思います.  まず,ご自身もメタン発酵を実践されて

廃棄物部門 ( )

その他 ()

エネルギー 転換部門 ()

民生部門 ( ) 民生部門 ()

運輸部門 ()

図1 全国と 城県の CO2 排出割合. ( 『平 成 19 年 度 城 県環境白書』より)

産業部門 ()

産業部門 ( ) 茨城県の  排出 ( 年度) 割合 資料:生活環境部



運輸部門 ()

全国の  排出 割合( 年度) 資料:環境省


いる筑西市明野商工会・島田敏氏の発表か らは,商工会が地域を盛り上げている様子 がよく伝わってきました. 「日本の雇用の 7 割を支える中小企業が変われば日本も変わ る」「中小零細だからできる蛙飛び」と地 域経済を支える商工会ならではの視点でした (ちなみに島田さんのブログを紹介しておき ます. 「僕のメタン発酵」http://bokumeta.blogspot.com/) .  会 場 の 注 目 を 集 め た の が,全 校 児 童 152 人の自然に恵まれた箱田小学校で, 2005 年度から継続されている環境学習の 取り組みについての報告です.ネイチャー ゲームに始まる第 1 段階,河川や大気など の自然調査を行う第 2 段階,環境保全のた めの第 3 段階,学んだことを広げる発表活 動という第 4 段階で構成されています.圧 巻は小学生による節水・節電を訴える CM 作りでした.子どもが訴えるエコライフを無 視する親は少ないでしょう.各家庭の子ども が本気になれば親が変わり,地域社会も大 きく変わる可能性を感じました.低炭素社会 に向けた取り組みでは大人より正義感が強 く,妥協を許さない子どもがリーダーシップ を取るべきなのかもしれません.

城らしい環境戦略  第 2 部では,まず第 1 部の議論を ICAS (地球変動適応科学機関)機関長の三村信 男教授がホワイトボードにまとめました.縦 軸に行政,企業・商業,地域団体,教育・大 学といったステークホルダーを並べ,横軸に 法律・制度,排出削減(省エネ) ,地域づく り,思想・環境教育,組織化・ネットワーク という項目があって,それぞれが交差する箇 所にキーワードが入りました.それをもとに した自由討論が行われ,フードマイレージが テーマとして挙がり, 城における環境戦略 としてフードマイレージを活かした活動が展 開できないか議論されました. 城県は北 海道に次いで,千葉県と並ぶ有数の農業県 ですので,地産地消をベースとした低炭素 社会構築においてその優位性を発揮するこ

とができます.低炭素社会の実現には,も ちろん技術的革新や社会システム,ライフ スタイルの転換が不可欠ですが,地域特有 の自然資源,産業,文化,人材といういわゆ る地域資源を基盤として,それらの潜在的 能力を引き出していくことが重要です.その 意味では,低炭素社会の実現への第一歩は, 地域社会の理解から始まりますし,その取り 組みは地域の固有性をとらえながら展開す る必要があります.

ワークショップ開催を通して  率直な議論が交された今回のワークショ ップは,主に 2 つのことが関連しています.  第 1 は, 城の地域シンクタンク的存在 として研究活動を行っている研究機関「常 陽 ARC」( (財)常陽地域研究センター)の 月刊誌『JOYO ARC』で,2008 年新年 号企画として特集された「持続可能な地域 社会と環境」です.この特集では,先の「ス ーパー・カスミ」や「箱田小学校」のよう な県内の各分野で先進的な取り組みを行っ ている 12 の団体が紹介されていますが, 個別に活動している主体が有機的に連携・ 連帯することで新たな展開を生み出したい, というのが大きな狙いでした.1 回のワーク ショップで具体的な成果を挙げることはでき ませんが,継続的なワークショップ開催によ り,情報の共有と地域ネットワークの構築と いう低炭素社会の基盤づくりを進めていく 予定です.  もう一つの契機は, 「地域に根ざした総合 大学」を標榜する 城大学に,ICAS とい う地球温暖化・気候変動問題に対する学問 横断的な研究機関が発足したことにより,環 境問題に関心をもつ自治体や経済界,市民 活動家などからの期待が高まっていること があります. 城県南部では,つくば市や筑 波大学を中心に「つくば 3E フォーラム」 が展開中ですので, 「いばらき地域サステナ ワークショップ」では,これらの取り組みと も連携しながら「 城らしい環境戦略」を ❷ 実現していきたいと考えています.




日本のカブトムシ・クワガタ 37 種

2種

ミヤマクワガタ カブトムシ

外国のカブトムシ・クワガタ ゴホンヅノ カブトムシ ヘラクレス オオカブト メタリフェルホソ アカクワガタ なつ    ごう

2008

︵ こ ど も サ ス テ  ナ 文 ・ 構 成 平 松 あ い ︶

た 。 み ん な は 大おと 人な に 何なに を 言い い た い か な ?

せ 、 地ちき 球ゆう を 守まも る こ と を 世せ 界かい に 発はつ 信しん し ま し

境きよ にう つ い て 学まな び 、 国こく 境きよ をう 越こ え て 力ちか をら 合あ わ

ト 札さつ 幌ぽろ ︵ 六 月 ︶ で は 、 世せ 界かい の こ ど も た ち が 自し 然ぜん と 環かん

夏の号 サ ミ ッ ト が 各かく 地ち で 行おこ わな れ ま し た 。 こ ど も 環かん 境きよ サう ミ ッ

大おと 人な の Gジー 8エイ サト ミ ッ ト に 先さき 駆が け て 、 こ ど も た ち に よ る

北ほつ 海かい 道どう 洞とう 爺や 湖こ サ ミ ッ ト に こ ど も た ち が 提てい 言げん !

サ ス テ ナ け い じ ば ん

ニジイロ クワガタ

ジージー ジリジリ ジリ…

シャー シャー クマゼミ

アブラゼミ

写真:環境省、小学館の図鑑『昆虫』

の い ち に ち 。

だ す 。 大おと 人な に は な つ か し い 夏なつ

で 自じ 分ぶん が 主しゆ 人じん 公こう に な っ て 走はし り


が し た り し な い よ う に ね 。

行い っ て み よ う ! も し 飼か う な ら 、 捨す て た り 逃に

都うと 多た 摩ま 市し ︶ や 昆こん 虫ちゆ 館うか ︵ん 兵ひよ 庫うご 県けん 伊い 丹たみ 市し ︶ な ど に

「Yahoo! きっず 図鑑」では、 虫の鳴き声がきけ るよ↓ http://contents. kids.yahoo.co.jp/ zukan/

ら ぎ ⋮ ⋮ 鮮あざ や か な ペ ー ジ の 中なか

み の 声こえ 、 草くさ の 匂にお い 、 川かわ の せ せ

ム シ 。 ﹂ 照て り つ け る 太たい 陽よう 、 せ

て ろ よ ! で っ か い ク ワ ガ タ

外 国 の 虫むし を 見み た い と き に は 、 昆こん 虫ちゆ 園うえ ︵ん 東とう 京きよ が い こ く

の 種しゆ 類るい が い な く な っ て し ま う 恐おそ れ も あ り ま す 。

と 考かん えが ら れ て い ま す 。

と な ど が 影えい 響きよ しう て い る

も っ て 家いえ を と び だ す 。 ﹁ 待ま っ

す 。 日に 本ほん の 種しゆ と の 間あい にだ こ ど も が 生う ま れ 、 も と

暑あつ い 夏なつ の 日ひ 、 虫むし と り あ み を

か を う ば っ た り 、 新あた しら い 病びよ 気うき を 広ひろ め た り し ま

れ て し ま う と 、 も と も と い た 種しゆ の エ サ や す み

遠とお く か ら も っ て く る こ

こ れ は 、 温おん 暖だん 化か や 木き を

︵ 作偕 ・成  絵 社 ・ は一 た〇 こ五 う〇 し円 ろ︶ う

﹃ な つ の い ち に ち ﹄

つ つ あ り ま す 。

ま た 、 外がい 国こく か ら や っ て き た 種しゆ 類るい が 、 は な さ

て し ま う こ と が あ り ま す 。

分ぶん 布ぷ が 北きた の 方ほう に 広ひろ が り

た め 、 そ の 生せい 息そく 地ち で 取と り つ く し て 、 絶ぜつ 滅めつ さ せ

で も 最さい 近きん 、 ク マ ゼ ミ の

手しゆ 段だん を 家か 族ぞく と 確かく 認にん し て お こ う 。

マ ゼ ミ が 多おお い で す 。

料りよ 水うす ない ど 準じゆ 備んび ■ 避ひ 難なん 場ば 所しよ や 連れん 絡らく

そ れ ら は 珍めず しら く て か っ こ い い と 高たか く 売う れ る

州しゆ なう ど 南みな のみ 方ほう で は 、 ク

製せい 品ひん は 高たか い 所とこ へろ ■ 懐かい 中ちゆ 電うで 灯んと やう 飲いん

ワ ガ タ ム シ が 、 日に 本ほん に 持も ち こ ま れ ま し た 。

〇 五 年 に は 、 二 〇 〇 万まん 匹びき 近ちか い カ ブ ト ム シ や ク

っ て 、 外がい 国こく か ら の 輸ゆに 入ゆう が 増ふ え て い ま す 。 二 〇

本ほん の 夏なつ カ の ブ 楽たの ト し ム み シ の や 一ひと ク つ ワ は ガ 、 タ 虫むし ム と シ り ☆ は   、 少すく で な も く 、 な 日に

お な じ み で す が 、き 九ゆう

本ほん 土ど で は ア ブ ラ ゼ ミ が

虫むし と り で 、 身み 近ぢか な セ ミ 。

ひ っ こ し ゼ ミ

の を お か な い ■ 浸しん 水すい に 備そな え 電でん 気き

■ 家いえ の 周まわ り に 飛と ば さ れ や す い も

日ひ ご ろ か ら 準じゆ 備んび を 。

﹁ 備そな え あ れ ば 憂うれ い な し ﹂

は 台たい 風ふう が 強つよ ま り ま す 。

温おん 暖だん 化か が 進すす む と 、 地ち 域いき に よ っ て

カ ブ ト ム シ も 国 際 化 ?

台た い 風ふ う に ご 注ち ゆ 意う い





第8号