Page 1


アジアの 水百景

この 3 枚

広大なアジアでは,実に多彩な水風景を見る ことができる.中段の写真はオマーンの涸れ 川(ワジ) .上流にある水源地に雨が降った ときには,この涸れた大地が一瞬にして濁流 に沈むというから驚きである.下段はウズベ キスタンの灌漑水路.旧ソ連の遺産であるこ の水路が,今も綿花栽培を支えている.上段 はカンボジアのトンレサップ湖に浮かぶ水上 家屋.湖は,生活に必要な水や,栄養源かつ 収入源である魚をもたらしてくれる一方で, 彼らのゴミ捨て場やトイレでもある.水のあ る風景には,そこに暮らす人々の生活のにお いが感じられる. (渡部徹:東北大学大学院工学研究科, 撮影も)


特集

サステイナビリティ学連携研究機構 (IR3S)は,東京大学, 京都大学, 大阪大学, 北海道大学, 城大学の参加 5 大学と,東洋大学, 国立環境研究所, 東北大学, 千葉大学, 早稲田大学,立命館大学の 協力 6 機関が連携して, サステイナビリティ学分野における 世界トップクラスのネットワーク型研究拠点を構築するものです. 『サステナ』第 7 号の特集では, 東北大学の取り組みを紹介します. 東北大学では, 人の健康の視点から サステイナビリティ学の樹立に貢献することを目標に, 地域の環境リスクマネジメントの研究を進めています.

健康リスクの低減と 生活の質の向上         東北大学

︵ 本 文 に 続  く ︶

し て い た だ き た い と 考 え て い ま す 。

に 関 わ る 二 酸 化 炭 素 と い っ た あ た り を 議 論

有 害 物 質 、 病 原 微 生 物 、 そ れ に 地 球 温 暖 化

こ こ で は 、 大 ま か に い っ て 、 無 機 ・ 有 機 の

リ 大 ス  村 ク に 本 も 日 い の ろ 座 い 談 ろ 会 な の も テ の ー が マ あ は り リ ま ス す ク が で 、 す 。


巻頭エッセイ

地域に受け入れられる 健康リスク低減技術の開発 庄子哲雄

東北大学理事(研究・国際交流担当) (機械工学,破壊物理化学,原子力長期信頼性)

用 を 地 域 に 定 着 さ せ る こ と が 最 も 肝 要 で あ る 。

す る に は 、 健 全 な 水 循 環 と 安 心 ・ 安 全 な 水 利

る 。 病 原 微 生 物 に よ る 感 染 症 の リ ス ク を 低 減

の 九 〇 % が 発 展 途 上 国 の 五 歳 未 満 の 子 供 で あ

る 重 篤 な 下 痢 症 で 亡 く な っ て い る 。 そ の う ち

に よ り 、 年 間 一 八 〇 万 人 も の 人 が 感 染 症 に よ

係 で あ る 。 現 世 界 に お い て 、 不 衛 生 な 水 利 用

含 む 環 境 リ ス ク と 持 続 可 能 な 発 展 と の 相 互 関

こ こ で 重 要 な 課 題 の 一 つ は 、 健 康 リ ス ク を

済 、 環 境 の あ り 方 が 国 際 的 に 議 論 さ れ て い る 。

続 可 能 な 発 展 ﹂ を キ ー ワ ー ド と し て 社 会 、 経

さ れ て き た 。 こ の 難 題 を 解 決 す る た め 、 ﹁ 持

ど の 環 境 問 題 が 、 二 〇 世 紀 中 頃 か ら 引 き 起 こ

有 害 化 学 物 質 に よ る 水 、 大 気 、 土 壌 の 汚 染 な

活 動 が そ の 構 築 に 貢 献 す る こ と を 願 っ て い る 。

い な い 。 サ ス テ イ ナ ビ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構 の

る た め の 学 問 体 系 は ま だ 社 会 の 中 に 備 わ っ て

術 を 地 域 に 定 着 さ せ る 手 法 を バ ッ ク ア ッ プ す

こ こ に 述 べ た 技 術 の 開 発 や 、 開 発 さ れ た 技

る 健 康 リ ス ク 低 減 技 術 の 開 発 が 重 要 で あ る 。

こ れ ら の 観 点 を 考 慮 し た 地 域 に 受 け 入 れ ら れ

固 有 の 要 素 の 上 に 成 り 立 っ て い る こ と か ら 、

の 文 化 、 伝 統 、 宗 教 、 経 済 、 社 会 制 度 な ど の

に 変 わ り は な い 。 た だ 、 社 会 基 盤 は 地 域 や 国

な 発 展 を 保 障 す る 社 会 基 盤 の

途 上 国 だ け で な く 先 進 国 に お い て も 持 続 可 能

水 循 環 と 安 心 ・ 安 全 な 水 利 用 の 定 着 は 、 発 展

そ れ で も 、 健 康 リ ス ク を 低 減 化 し た 健 全 な

造 で あ る こ と

な い ま ま 地 球 温 暖 化 、 新 た な 感 染 症 の 流 行 、

両 者 を ウ イ ン ウ イ ン へ 導 く 解 決 策 は 見 出 さ れ

際 は 環 境 と 経 済 は ト レ ー ド オ フ の 関 係 に あ り 、

と の 調 和 の 中 で 成 立 し う る と 考 え て き た 。 実

し 、 そ れ を 可 能 と す る 世 界 経 済 の 発 展 は 環 境

費 に よ り 物 と 質 の 両 面 か ら 生 活 の 向 上 を 希 求

か け て 、 人 々 は 大 量 の 物 質 や エ ネ ル ギ ー の 消

産 業 革 命 後 の 一 九 世 紀 後 半 か ら 二 〇 世 紀 に

ジ ス 川 の 水 こ そ が 神 聖 な の で あ る 。

て い る 。 社 会 の 栅 を 集 め て 滔 々 と 流 れ る ガ ン

っ て も 、 宗 教 上 の 伝 統 、 文 化 を 背 景 に 行 わ れ

国 の 人 に は 受 け 入 れ ら れ な い よ う な 水 質 で あ

な は だ 疑 問 で あ る 。 ガ ン ジ ス 川 の 沐 浴 は 、 他

毒 の 臭 い が す る 水 を 好 ん で 使 っ て く れ る か は

発 さ れ て い る が 、 発 展 途 上 国 の 人 々 が 塩 素 消

そ の た め の 技 術 は 、 先 進 国 に お い て す で に 開 


特集

健康リスクの低減と生活の質の向上

司会

大村達夫 東北大学教授 (環境リスク評価)

原田秀樹 東北大学教授 (廃棄物のリスク)

押谷 仁 東北大学教授 (感染症のリスク)

コラム 1

リスクとは リスクとは「ある悪い出来事がおこる確率」と「その出来事の重 大さ」を組み合わせた概念であり,その出来事をエンドポイン トと呼ぶ.例えばガンのリスクは,人体にガンが発生すること をエンドポイントとし,一生涯にガンが発生する確率として定 義される.一方,感染症のリスクは,感染または発症をエンド ポイントとするが,多くの場合,発病者の健康が回復(発ガン 物質のような蓄積性がない)することから,より短い時間(一 般に 1 年間)を単位として考える.複数のリスクを比較するよ うな場合には,この時間単位に注意を払う必要がある.リスク と似た概念にハザードがあるが,ハザードは物事の性質であり 潜在的な危険性(ポテンシャル)を意味する.毒物が存在すれば 必然的にハザードも存在するが,その毒物と人間との接触がな ければリスクはゼロである. (大村)



世 界 の な か で ア ジ ア は ま す ま す 重 要 に な っ て き て い ま

増 え 、 経 済 が も の す ご く 発 展 し 、 非 常 に ア ク テ ィ ブ で 、

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ﹂ と し ま し た 。 ア ジ ア で は 人 口 が

  本 日 の 座 談 会 の タ イ ト ル は ﹁ ア ジ ア の 環 境 リ ス ク と


東北大学 出席者

鈴木 聡

谷津龍太郎

愛 大学教授 (化学物質のリスク)

し て い き た い と 考 え て い ま す 。

リ テ ィ を 実 現 す る た め の 学 問 を 生 す る と こ ろ に 寄 与

の あ た り の と こ ろ を 明 確 に し て 、 地 域 の サ ス テ イ ナ ビ

で 影 響 し て い く の か は ま だ よ く わ か っ て い ま せ ん 。 そ

環境省審議官 (国際環境行政)

る と 危 惧 さ れ ま す が 、 そ れ が 実 際 に ど の よ う な か た ち

ム と ま R ッ で 大 学 大 1 サ す 3 ト 私 学 連 村 ︶ ス 。 S ︵ た に 携

が そ こ の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 悪 い 影 響 を 与 え

私 た ち が 掲 げ て い る 研 究 テ ー マ は 、 環 境 ︵ リ コ ス ラ ク

テ イ ナ ビ リ テ ィ で す 。 地 域 の 環 境 リ ス ク

の 研 究 に 参 加 し て い る と い う か た ち に な っ て い

C A S T ︶ を 構 成 し て お り 、 こ の ユ ニ ッ ト が I

ち の グ ル ー プ は 健 康 ・ 安 全 ル ネ サ ン ス 研 究 ユ ニ

は 先 端 学 術 融 合 工 学 研 究 機 構 が あ り 、 そ の な か

研 究 機 構 ︵ I R 3 S ︶ に 加 わ っ て い ま す 。 東 北

東 北 大 学 は 協 力 機 関 と し て サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

座 ア サ 談会 スジ テア イの ナ環 ビ境 リリ テス ィク と




ュ で 、 ヒ 素 が 原 因 で 皮 膚 が ん が 発 生 し

社 会 的 に 一 番 有 名 な の は バ ン グ ラ デ シ

題 に 取 り 組 ん で き ま し た ︵ コ ラ ム 2 ︶

ン タ ー な ど で は ア ジ ア の ヒ 素 汚 染 の 問

か ら 、 愛 大 学 の 沿 岸 環 境 科 学 研 究 セ

問 題 で す 。 文 科 省 の プ ロ ジ ェ ク ト の 前

谷 津 さ ん が 指 摘 さ れ た 地 域 の 持 続 性 の

広 が っ て い く こ と は ま ず あ り ま せ ん 。

素 は 天 然 で 、 地 域 に 限 定 さ れ 、 世 界 に

然 の も の と 人 工 の も の が あ り ま す 。 ヒ

鈴 状 の 木 を 調 ど 査 化 の を 学 よ か 汚 う な 染 に り に み さ は て れ 、 お て 大 ら き き れ ま く ま し 分 す た け か が て 。 、 天 現

ェ ク ト ﹂ で 、 ヒ 素 を 含 む 有 害 化 学 物 質

は 文 部 科 学 省 の ﹁ R R 2 0 0 2 プ ロ ジ

コラム 2

RR2002 プロジェクトにおける ヒ素調査 文部科学省が 2002 年度から 5 年間行った委託研究 「人・自然・地球共生プロジェクト(通称 RR2002) 」 の中の水循環予測ミッションでは,2003 年度から 4 年間,東北大学と愛 大学が水環境の感染症リスクと 化学汚染リスクについて研究を行った.そのなかで, 愛 大学岩田久人教授のグループが中心となり,イン ドシナ半島で地下水,食用生物,ヒトの尿・血液など の試料におけるヒ素濃度測定を行った.その結果,カ ンボジアとベトナムでは地下水脈によって高濃度のヒ 素汚染のある井戸が多数見出され,周辺住民は飲料水 からヒ素暴露を受けていることも明らかになった.ま た,愛 大学の本田克久教授と山下正純助教授は鉄剤 を使った簡易ヒ素除去装置を開発した.ハノイ周辺で この装置の実地試験をしたところ,容易に十分安全な 飲料水を確保できることが明らかになった.さらに, 愛 大学三浦猛教授のグループはインドシナに広く棲 息するサワガニの一種で,ヒ素汚染地域の個体には生 殖腺異常が多いことを発見し,これがヒ素に起因する ことを飼育実験でも確認した. (鈴木)



汚 染 と い う 言 葉 が 出 ま し た 。 鈴 木 さ ん

大 で 壊 村 は し な て 具 い い 体 か く 的 と と な 思 い 問 い う 題 ま こ と す と し 。 も て お い こ ま り 、 う ヒ る 素 の

流 入 す る こ と で 広 範 な 地 域 の 基 盤 が 崩

な 集 団 が 発 生 し て 、 そ れ が 周 辺 地 域 に

が 脅 か さ れ 、 あ る 種 の 環 境 難 民 の よ う

緑 の マ ー ク を 、 危 険 な 井 戸 に は 赤 い ×

ネ ス コ が ヒ 素 を 測 っ て 安 全 な 井 戸 に は

か り ま し た 。 カ ン ボ ジ ア は 、 以 前 に ユ

ホ ッ ト ス ポ ッ ト 的 に 出 て く る こ と が わ

査 で は 、 ヒ 素 汚 染 は 特 定 の 狭 い 地 域 に

て い ま す 。 イ ン ド シ ナ で の 四 年 間 の 調

ー プ で 精 密 に 測 定 し た と こ ろ 、 安 全 な

き て い ま せ ん で し た 。 愛

度 が 悪 く て あ ま り 正 確 な 見 積 も り が で

1 ス を ︶ 。 ク 付

大 学 の グ ル

し か し 、 ユ ネ ス コ の デ ー タ は 感

け る と い う こ と を 行 い 、 地 域 ︵ の 図 リ

を あ る 程 度 回 避 し て い ま す


半 分 を ア ジ ア が 占 め て い ま す 。 と り わ

展 し て い る 地 域 で す 。 世 界 の 総 人 口 の

地 域 で 問 題 が 出 て い ま す 。 イ ン ド 亜 大

ベ ト ナ ム な ど 工 業 化 が 進 展 し つ つ あ る

S E A N 諸 国 も 、 イ ン ド ネ シ ア 、 タ イ 、

環 境 リ ス ク が 原 因 で 地 域 の 持 続 可 能 性

る 事 実 が あ り ま す 。 地 域 的 に み る と 、

康 被 害 と い う 新 た な リ ス ク を 生 じ て い

た よ う に 、 都 市 化 ・ 工 業 化 が 急 速 に 進   と か く 中 国 が 目 立 つ わ け で す が 、 A 発 し た ら 、 そ れ が 重 金 属 汚 染 に よ る 健

谷 を ア 津 お ジ 話 ア ア し の ジ い 環 ア た 境 は だ リ 、 き ス い た ク ま い の お と 全 話 思 般 が い 的 あ ま な り す と ま 。 こ し ろ

大 村

ま ず 、 環 境 省 の 谷 津 さ ん か ら 、

リ地 ス域 クの 基 盤 を 脅 か す

ナ ビ リ テ ィ に つ な が っ て く る わ け で す 。

る こ と は 、 日 本 や 世 界 全 体 の サ ス テ イ

れ ま せ ん 。 ア ジ ア の 環 境 リ ス ク を 考 え

ま す 。 日 本 に も 悪 い 影 響 が 及 ぶ か も し

て い く 恐 れ が あ る と い う こ と で も あ り

地 域 に と ど ま ら ず に 地 球 規 模 に 広 が っ

取 り も 直 さ ず 、 そ こ に 生 じ る リ ス ク が

す 。 ア ク テ ィ ブ に 動 く と い う こ と は 、

さ ま ざ ま な と こ ろ で 顕 在 化 し て い ま す 。

ー ト ﹂ と い う 言 い 方 も さ れ ま す 。

に 経 験 し つ つ あ り ま す 。 ﹁ 公 害 の デ パ

紀 に わ た る 長 い 時 間 の な か で 経 験 し て

で 、 わ れ わ れ 先 進 国 が 十 数 年 と か 一 世

大 気 の 問 題 、 あ る い は 土 壌 の 問 題 な ど

環 境 リ ス ク と い う 側 面 で は 、 水 の 問 題 、

あ る こ と か ら 、 経 済 成 長 の 負 の 側 面 が 、

い こ と に 加 え 、 そ の ス ピ ー ド が 急 速 で

び て い ま す 。 人 口 や 経 済 の 規 模 が 大 き

資 源 ・ エ ネ ル ギ ー の 使 用 量 が 著 し く 伸

国 は 、 近 年 の 急 速 な 工 業 化 に よ っ て 、

き な 位 置 を 占 め て い ま す 。 な か で も 中

す る 中 国 ・ イ ン ド と い う 二 つ の 国 が 大

の た め に 細 菌 汚 染 の 少 な い 地 下 水 を 開

谷 い 負 津 う の こ 連 そ と 鎖 う で の で し よ す ょ う ね う な 。 か こ 安 。 と 全 が な お 飲 き 料 て 水 い 供 る 給 と

リ ス ク が 生 じ て し ま う と い う こ と で 、

そ こ で ま た 別 の 環 境 汚 染 の よ う な 環 境

大 面 が 村 に 、 も 皮 環 着 肉 境 目 に の す も あ る 環 る 必 境 側 要 リ 面 が ス を あ ク 改 る を 善 と 広 す 思 め る い て と ま い 、 す る 。

活 環 境 を 向 上 さ せ よ う と す る 取 り 組 み

し て 、 工 業 化 、 産 業 化 と あ わ せ て 、 生

の 側 面 が 生 じ て い ま す 。 ア ジ ア 全 体 と

起 因 の ヒ 素 汚 染 を 拡 大 さ せ る と い う 負

し て 地 下 水 の 開 発 が 進 み 、 そ れ が 自 然

陸 で も 、 安 全 な 飲 料 水 を 確 保 し よ う と

き た こ と を 、 き わ め て 短 期 間 に 集 中 的

谷 津

け 、 と も に 一 〇 億 人 を 超 え る 人 口 を 擁

広環 範境 なリ 地ス 域ク のが 基原 盤因 がで 崩地 壊域 しの て持 い続 く可 こ能 と性 もが お脅 こか りさ うれ る、 の で は な い か 。 


図 2 ダイオキシンなどが発生する東南アジアのゴミ集積場. (撮影 = 鈴木 )

コラム 3

e-waste

イー・ウェイスト, (電気電子機器廃棄物 ) 電気製品,とくにテレビやパソコンが中古 使用されずに廃棄されるものを指す.越境 移動による再利用,再資源化が増加してお り,適切な 3R とともに,国際的資源循環 からも重要な問題になっている.先進国か ら発展途上国へ輸出される e-waste は,現 地の作業員によって解体,部品仕分けが行 われ,稀少金属などが抽出されて再資源化 される.しかし,作業過程で鉛などの重金 属や臭素系難燃材への暴露による健康被害 が懸念されている. (鈴木)



ま す 。 学 生 に 講 義 す る と き に 、 感 染 症

押 お 重 谷 聞 要 き な 感 し 問 染 た 題 症 い だ は と と 常 思 思 に い い 環 ま ま 境 す す と 。 。 関 押 係 谷 し さ て ん い に

感 染 症 は サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 対 し て

わ れ て い る と い う 話 が あ り ま し た が 、

大 村

感 染 症 対 策 の た め に D D T が 使

い る 生 活 習 慣 病 な ど も 増 え て き て い ま

し て 抱 え つ つ 、 先 進 国 で 問 題 に さ れ て

況 に あ り ま す 。 感 染 症 の 問 題 を 依 然 と

﹁ ダ ブ ル バ ー デ ン ﹂ ︵ 二 重 の 重 荷 ︶ の 状

途 上 国 と い わ れ る 国 で は 、 い わ ゆ る

っ て も 違 い ま す 。 ア ジ ア の 多 く の 発 展

は 、 感 染 症 の 種 類 に よ っ て も 場 所 に よ

危 険 性 が 高 い の は 貧 困 層 で 、 住 環 境 や

が 大 き な 問 題 で す 。 感 染 症 で 死 亡 す る

ま す 。 そ れ に 結 核 、 マ ラ リ ア 、 H I V

ア ジ ア の 発 展 途 上 国 に は ま だ ま だ あ り

た く さ ん の 乳 幼 児 が 死 ぬ と い う 状 況 が

原 因 が 感 染 症 で す 。 肺 炎 や 下 痢 な ど で

の 死 亡 率 の 高 さ で す 。 そ の ほ と ん ど の

感世 染界 症に の広 リが スる ク

で 決 ま る と 話 し て い ま す 。 環 境 の 関 与  

の 問 題 は 、 ホ ス ト と 微 生 物 と 環 境 因 子

す 感 。 染 症 で 一 番 大 き な 問 題 は 、 乳 幼 児


は リ ス ク だ が あ る 人 に と っ て は 何 で も

が 流 れ 出 し て い ま す 。 ご み 捨 て 場 で は

い ま ま 野 積 み さ れ 、 雨 が 降 る と P C B

コ ン デ ン サ ー が 都 市 近 郊 で 処 理 さ れ な

で す 。 今 後 大 き な 問 題 に な る で し ょ う 。

物 リ ス ク と も 強 く リ ン ク し た 化 学 汚 染

よ り 、 薬 剤 耐 性 菌 を 増 や す の で 、 微 生

り ま す 。 そ の た め に 、 あ る 人 に と っ て   P C B も あ り ま す 。 P C B の 入 っ た れ は 化 学 物 質 そ の も の の リ ス ク と い う

水 脈 が 違 っ て 全 然 問 題 の な い 地 域 も あ

れ て い る 地 域 も あ れ ば 、 少 し 離 れ る と

言 し ま し た 。 明 ら か に リ ス ク に さ ら さ

か り 、 あ ら た め て カ ン ボ ジ ア 政 府 に 提

井 戸 と 危 険 な 井 戸 が 非 常 に ク リ ア に わ

質 が い ま も 使 わ れ て い る の で す 。

の 方 が 重 要 だ と い う こ と で 、 危 険 な 物

テ ィ を 置 く か で 、 こ こ で は 感 染 症 対 策

O P s の 危 険 性 の ど ち ら に プ ラ イ オ リ

と が わ か り ま す 。 感 染 症 の 危 険 性 と P

た D D T が メ コ ン 川 に 流 れ 出 て い る こ

市 に 近 い ほ ど 高 く て 、 市 内 で 使 用 さ れ

ホ ー チ ミ ン 市 の 周 辺 で 濃 度 を 測 る と 都

い ま で も と く に 都 会 で 使 わ れ て い ま す 。

し て マ ラ リ ア を 抑 え た い と い う こ と で 、

え ば D D T で す 。 D D T は 、 蚊 を 撲 滅

残 s 鈴 こ 大 て と 留 ︵ 木 と 村 い し が ま て 性 明 あ 人 す は 有 ら り 工 。 非 機 か ま の 汚 常 に す も 染 に 人 か の 物 や 工 。 と 質 り の し に ︶ 汚 て が く 染 は あ い で ど り 状 は の ま 況 P よ す に O う な 。 P な 例 っ

か っ て き ま し た 。

し て い る の で は な い か と い う こ と が わ

内 分 泌 攪 乱 の よ う な 健 康 リ ス ク を お こ

ル ︵ P B B ︶ が 、 作 業 を す る 人 た ち に

ル ︵ P B D E ︶ や ポ リ ブ ロ モ ビ フ ェ ニ

材 で あ る ポ リ ブ ロ モ ジ フ ェ ニ ル エ ー テ

ま す 。 金 属 だ け で な く 、 臭 素 系 の 難 燃

体 し 再 生 す る 過 程 で 汚 染 が 発 生 し て い

ド や イ ン ド シ ナ 半 島 に 流 れ 、 そ れ を 解

染 で す 。 I T の ゴ ミ が 先 進 国 か ら イ ン

品 に 含 ま れ て い る 重 金 属 な ど に よ る 汚

  抗 生 物 質 汚 染 の 問 題 も あ り ま す 。 こ

図 1 ヒ素濃度を測定した結果,安全とわかった井戸 (カンボジア).(撮影 = 愛 大学)

e-waste

な い と い う こ と で 、 リ ス ク に 対 す る 考

Persistent Organic Pollutants

え 方 に 、 地 域 差 ・ 温 度 差 が あ り 、 行 政

で す ︵ コ ラ ム 3 ︶

。 I T 製

最 近 新 た に 問 題 に な っ て き て い る の

て い ま す 。

る 人 た ち が 直 接 的 な リ ス ク に さ ら さ れ

ま ダ す イ ︵ オ 図 キ 2 シ ︶ 。 ン ご が み 非 を 意 図 拾 的 っ に て 発 生 生 き し て て い い 


押 谷

アグ ジロ アー のバ 状リ 況ゼ がー 、シ ョ 感ン 染の 症進 の行 世と 界、 規そ 模れ でに の対 リ応 スで クき をて 高い めな てい い ま す 。 

化 学 物 質 も 、 地 域 の な か で 最 初 か ら 存

病 原 微 生 物 も 、 自 然 の な か に あ る 有 害

人 の 命 が 奪 わ れ て い ま す 。 人 口 が 膨 れ

て い ま す

て い る 下 水 処 理 の 活 性 汚 泥 法 を 、 カ ン

大 村

い ま い わ れ た 感 染 症 に か か わ る

解地 決域 すで る適 に正 はに

。 水 の 感 染 症 で

流 域 で 下 水 処 理 の 新 し い 技 術 を 開 発 し

げ て い ま す 。 イ ン ド で は 、 ガ ン ジ ス 川

と マ レ ー シ ア で プ ロ ジ ェ ク ト を 立 ち 上

要 素 は 経 済 で す 。 例 え ば 、 日 本 で 行 っ

用 し て い け る も の で す 。 と く に 大 き な

が 自 分 た ち で つ く れ て 、 自 分 た ち で 運

技 術 の 現 状 に 合 わ せ て 、 地 域 の 人 た ち

︵ コ ラ ム 5 ︶

そ の よ う な 考 え 方 で 、 私 た ち は イ ン ド   適 正 技 術 と い う の は 、 地 域 の 経 済 、

を 高 め て い ま す 。

グ ロ ー バ ル 化 さ せ 世 界 規 模 で の リ ス ク

状 況 が 、 こ の よ う な 感 染 症 を 生 み 出 し

ず で す 。 グ ロ ー バ リ ゼ ー シ ョ ン の 進 行

省 か ら 世 界 に 広 が る 要 素 は な か っ た は

ン の 影 響 で す 。 二 〇 年 前 だ っ た ら 広 東

っ て し ま っ た の は グ ロ ー バ リ ゼ ー シ ョ

が そ の 地 域 に と ど ま ら ず に 世 界 に 広 が

た の だ ろ う と 思 い ま す 。 そ の ウ イ ル ス

R S の よ う な 感 染 症 は 実 は 昔 か ら あ っ

が あ る の は こ こ の 地 域 の 特 性 で 、 S A

と 考 え ら れ て い ま す 。 そ の よ う な 市 場

時 に 、 地 球 全 体 の リ ス ク で も あ り ま す 。

人 の 健 康 に か か わ る リ ス ク で あ り 、 同

原 田 水 田 さ 系 ん な ア は ど ジ ど 水 ア う の の お 循 環 考 環 境 え を リ で 研 ス し 究 ク ょ さ は う れ 、 か て 地 。 い 域 る の 原

が 重 要 で は な い か と 思 う の で す が 、 排

化 学 物 質 が 出 て い か な い よ う に す る の

の 循 環 を 見 直 し て 、 病 原 微 生 物 や 有 害

い く 。 そ の よ う に と ら え る と 、 地 域 で

し 、 場 合 に よ っ て は 世 界 中 に 広 が っ て

変 化 を お こ し 、 あ る と き 問 題 が 顕 在 化

循 環 し て い た の で し ょ う 。 社 会 が あ る

在 し て い て 、 か つ て は そ こ で あ る 程 度

ら い い の か 取 り 組 ん で い ま す 。

て 、 善 循 環 に も っ て い く に は ど う し た

術 を 導 入 し 、 悪 循 環 の 針 を 逆 に ま わ し

循 環 利 用 シ ス テ ム に か か わ る 悪 循 環 が

公 衆 衛 生 リ ス ク が 増 大 す る と い う 、 水

て 水 環 境 が ど ん ど ん 劣 化 し 、 水 起 因 の

合 わ な い の で す 。 未 処 理 の 下 水 に よ っ

の 変 化 に 対 し て イ ン フ ラ の 整 備 が 間 に

ち ん と な さ れ て い な い か ら で す 。 社 会

に 、 安 全 な 水 の 供 給 と 排 水 の 処 理 が き

上 が り 水 の 汚 染 が ひ ど く な っ て い る の

と 、 そ れ に 対 応 で き て い な い ア ジ ア の

き る 適 正 な 下 水 処 理 ・ 廃 棄 物 処 理 の 技

生 じ て い ま す 。 こ こ に 、 地 域 が 適 用 で


に 大 き な 関 心 を 集 め て い る の が 、 新 興

  さ ら に 、 ア ジ ア を 中 心 と し て 世 界 的

え て い ま す 。

S A R S は 中 国 の 広 東 省 で 発 生 し 、 世

鳥 イ ン フ ル エ ン ザ で す

で あ り 、 二 〇 〇 三 年 の 末 か ら 始 ま っ た

人 に 感 染 す る よ う に 変 化 し た の だ ろ う

こ ろ で 、 動 物 が も っ て い た ウ イ ル ス が

場 が あ り ま す 。 S A R S は そ う い う と

︵ コ ラ ム 4 ︶

な フ ァ ク タ ー と し て 感 染 症 に 影 響 を 与

急 速 な 都 市 化 に 伴 う 環 境 の 問 題 が 大 き

衛 生 状 態 の 悪 さ が 原 因 と し て あ り ま す 。

か け て 流 行 し た S A R S ︵ 新 型 肺 炎 ︶

で す 。 例 え ば 、 二 〇 〇 二 年 か ら 翌 年 に

感 染 症 、 新 し く 出 て く る 感 染 症 の 問 題

動 物 を 一 緒 に し て 売 る 衛 生 的 で な い 市

広 東 省 に い く と 、 鳥 も 獣 も い ろ い ろ な

界 中 に あ っ と い う 間 に 広 が り ま し た 。

コラム 4

インフルエンザパンデミック 2003 年末に始まった,インフルエンザ A(H5N1)に よる鳥インフルエンザの流行は世界の 60 カ国以上の 国を巻き込み 4 年以上経った現在も続いている.こ の間に 300 名を越える人での感染も報告されている. 現時点では人での感染の大半は,感染した鳥に直接接 触することでおきていると考えられているが,今後こ のウイルスが人から人に効率的に感染するようになり, 人での世界的な大流行(パンデミック)がおきること が危惧されている.パンデミックがおきると世界で 20 億人にも及ぶ感染者が発生し,少なくとも世界で 数百万人の人が死亡すると想定されている.今回の鳥 インフルエンザ流行はアジアから発生し,現在もアジ アを中心として流行が続いている.この背景には,ア ジアの多くの国でニワトリなどが他の動物と一緒に多 くの家の裏庭で飼われていたり,市場で生きたまま売 られていたりする現状がある.パンデミックがおきれ ば日本を含めすべての国が大きな影響を受けるのは避 けられない.国際社会が協力してこの問題に対応する 必要がある. (押谷)

図 3 カンボジア・プノンペンの市場で売られている 生きたニワトリ.(撮影 = 押谷 )




図 5 パームオイルの廃水処理のラグーン.(撮影 = 原田 )

ダ ー レ ス 化 し 、 問 題 は 地 域 に 限 定 さ れ

谷 か ら 津 。 れ て 環 い 境 る に の 国 か 境 説 は 明 な し く て 、 い 経 た 済 だ は け ボ ま ー す

し て 、 行 政 と し て ど の よ う な 政 策 が 採

術 的 な 対 応 に つ い て は 後 で ま た 伺 う と

る と い う こ と が よ く わ か り ま し た 。 技

ル な サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 影 響 し て い

ア ジ ア の 地 域 の 問 題 が グ ロ ー バ

解 決 を め ざ し て い た だ き た い と 思 っ て

環 境 問 題 も で き る だ け 地 域 で 自 律 的 な

こ と に つ い て は 、 や は り ま ず そ れ ぞ れ

に 政 策 的 に ど う 対 応 し て い く か と い う

大 に 広 が っ て い き ま す 。 こ う し た 問 題

流 や 食 物 連 鎖 を 通 じ て ア ジ ア 大 、 地 球

環 境 中 で 安 定 的 な 物 質 ほ ど 、 大 気 の 対



が 原 則 で す 。 地 産 地 消 と い い ま す が 、

の 地 域 で 問 題 を で き る 限 り 解 決 す る の

大 村

地 域 に 合 っ た 協 力 を

を 立 ち 上 げ て い ま す ︵ コ ラ ム 6 ︶

る 物 質 の 環 境 中 の 寿 命 に 依 存 し ま す 。

境 リ ス ク の 空 間 的 広 が り は 、 原 因 と な

プ ロ ー チ が 必 要 だ ろ う と 思 い ま す 。 環

こ の 廃 水 の 九 五 % 以 上 を ラ グ ー ン と い

ま す 。 マ レ ー シ ア や イ ン ド ネ シ ア で は 、

産 の 過 程 で は 、 濃 厚 な 有 機 性 排 水 が 出

︵ 図 う 5 た ︶ だ

ー シ ョ ン を つ く り 、 パ ー ム オ イ ル の 生

ム オ イ ル 廃 水 処 理 の 研 究 プ ロ ジ ェ ク ト

究 機 関 と 共 同 で 、 新 し い 効 率 的 な パ ー

ま す 。 い ま 、 私 た ち は マ レ ー シ ア の 研

ロ ー バ ル な 環 境 リ ス ク に つ な が っ て い

リ ス ク が そ の ま ま 地 球 温 暖 化 と い う グ

が あ り ま す 。 や は り 、 地 域 の 環 境 汚 染

二 酸 化 炭 素 の 二 一 倍 の 地 球 温 暖 化 効 果

タ ン ガ ス が 発 生 し ま す 。 メ タ ン ガ ス は

。 そ こ で は 濃 厚 な 有 機 物 か ら メ

の 素 掘 り の 池 で 処 理 し て い ま す

全 体 と し て の リ ス ク を 低 減 し て い く ア

か の ぼ っ て 、 こ れ を 抜 本 的 に 見 直 し て 、

物 や 汚 染 物 質 の 処 理 の あ り 方 に ま で さ

き て い ま す か ら 、 生 産 の あ り 方 、 廃 棄

モ ノ の 生 産 、 モ ノ の 消 費 を 通 じ て 出 て

と に も な り ま す 。 環 境 リ ス ク の 問 題 は 、

地 球 規 模 で の 環 境 リ ス ク を 低 減 す る こ

続 可 能 性 を 追 求 す る こ と が 、 ア ジ ア や

い き ま す 。 逆 に 、 そ れ ぞ れ の 地 域 で 持

ず 容 易 に ア ジ ア 大 、 地 球 大 で 広 が っ て


ー 使 用 量 は 膨 大 な も の に な り 、 取 り も

で 下 水 処 理 を や り 始 め た ら 、 エ ネ ル ギ

し も 世 界 中 で 日 本 や 先 進 国 と 同 じ 技 術

用 量 で い う と 一 〇 〇 % を 超 し ま す 。 こ

∼ 四 〇 % も 使 っ て し ま い ま す 。 電 気 使

一 人 あ た り の エ ネ ル ギ ー 使 用 量 の 三 〇

水 処 理 装 置 を 動 か す だ け で 、 そ の 国 の

ボ ジ ア や ネ パ ー ル に も っ て い く と 、 下

果 ガ ス の 排 出 を 増 大 さ せ 、 地 球 温 暖 化

う こ と が 、 二 酸 化 炭 素 の よ う な 温 室 効

大 こ ム 村 ろ を で イ エ す ン ネ 。 ド ル 政 ギ 府 ー と を 共 た 同 く 研 さ 究 ん し 使 て う い と る い と

ギ ー 使 用 の 非 常 に 少 な い 水 処 理 シ ス テ

に な り ま す 。 そ こ で 、 私 た ち は エ ネ ル

地 球 環 境 リ ス ク に つ な が っ て い く こ と

直 さ ず 、 地 域 の 環 境 リ ス ク が そ の ま ま

す 。 森 林 を 伐 採 し て 大 規 模 な プ ラ ン テ

九 割 弱 の パ ー ム オ イ ル を 生 産 し て い ま

イ ン ド ネ シ ア が 第 二 位 で 、 こ の 二 国 で

存 じ の よ う に 、 ア ブ ラ ヤ シ か ら と る パ

ク ト を 紹 介 し ま す と 、 マ レ ー シ ア は ご

原 く と 田 わ い け う 次 で グ に す ロ 、 ね ー マ 。 バ レ ル ー な シ リ ア ス で ク の に プ な ロ っ ジ て ェ い

ん な 技 術 は 途 上 国 で は 使 え ま せ ん 。 も

ー ム オ イ ル の 世 界 最 大 の 産 出 国 で す 。

コラム 5

インドでの 下水処理プロジェクト アジアの開発途上国では,生活廃水,都市 下水はほとんど無処理のまま(あるいはほ んの一部あったとしても簡単な 1 次処理 のみ)たれ流しの状況にあり,表層水の汚 染による環境リスクの増大が大きな問題と なっている.途上国で下水処理を普及させ ていくためには,今ある日本の「技術」を そのまま移転すれば事足りるのではなく, 地域で適用可能な 「適正技術」 ((Appropriate Technology)=低コスト・簡易型の処 理技術)の 成・移転こそ求められている. このような背景から,われわれの研究グル ープでは,新規の無曝気・超省エネ方式の 新規下水処理技術をインド政府機関,イン ド工科大学と国際共同研究体制で研究開発 している.図 4 は,われわれが開発した DHS という無曝気・好気性生物処理技術 の実証試験プラント.インド政府環境森林 省河川環境保全局が 2002 年にデリー郊 外に建設し,以来足かけ 6 年間にわたっ て長期実証試験が実施中である. (原田)

図 4 インドの下水処理プロジェクトの 実証プラント. (撮影 = 原田 )




鈴 木

途先 上進 国国 のの 文や 化り にか 合た わそ せの たま こま とで をは やう らま なく けい れき ばま 根せ づん き。 ま せ ん 。



大 と に 村 思 ア い プ 国 ま ロ 際 す ー 協 。 チ 力 し で て は い 複 く 数 仕 の 掛 機 け 関 が で 重 同 要 じ だ

っ て 、 各 地 域 で の リ ス ク 低 減 に 総 合 的

に な り ま す 。 官 と 民 が う ま く 連 携 を 取

と 、 資 金 は 援 助 で は な く て 投 資 、 技 術

に な っ て ま い り ま す 。 民 間 の 場 合 で す

な ど 民 間 セ ク タ ー の 役 割 が 非 常 に 重 要

メ カ ニ ズ ム だ け で は 限 界 が あ り 、 企 業

に 広 が っ て く る と 、 政 府 に よ る 公 的 な

こ れ だ け 問 題 が 複 雑 化 し 地 球 社 会 全 体

の で す 。 経 済 の グ ロ ー バ ル 化 を 背 景 に 、

ナ ム 、 日 本 と イ ン ド ネ シ ア と い う 特 定

の 協 力 で す 。 日 本 と 中 国 、 日 本 と ベ ト

機 関 が 関 わ り ま す 。 も う 一 つ は 二 国 間

行 や ア ジ ア 開 発 銀 行 な ど の 多 国 間 援 助

の 専 門 機 関 が 協 力 し 、 資 金 面 で 世 界 銀

駄 を 生 じ て い る 可 能 性 は 否 定 で き ま せ

い る わ け で す が 、 い ろ い ろ な 意 味 で 無

そ れ ぞ れ の 主 体 が 良 か れ と し て や っ て

谷 が 駄 津 。 な こ 当 と 然 を な や が っ ら て 調 い 整 る が 気 必 が 要 す で る す の ね で す 。

プ ロ ジ ェ ク ト が 動 い て い ま す 。 何 か 無

川 の 水 資 源 の 問 題 に つ い て い く つ も の

の で は な い で し ょ う か 。 黄 河 や メ コ ン

よ う な こ と を や っ て い る ケ ー ス も あ る

は 無 償 で は な く 、 商 業 ベ ー ス で の 移 転

と 、 ﹁ 何 を や っ て い る ん だ ﹂ と い う の

か で す 。 と こ ろ が 、 現 地 に 行 っ て み る

本 の 行 政 は 良 心 的 に や っ て い る の は 確

の は 、 非 常 に い い キ ー ワ ー ド で す 。 日

鈴 ロ 対 木 ー 応 チ 方 良 が 策 か 必 を れ 要 考 と で え し す る て 。 ボ や ト っ ム て ア い ッ る プ と の い ア う プ

う こ と を 、 現 場 で 見 出 し て 、 効 率 的 な

ん 。 そ の 地 域 の ニ ー ズ が 何 な の か と い

な ら 、 お 金 に な る も の を 示 す 。 ご み は

こ う の 文 化 を 理 解 し 、 相 手 が 経 済 第 一

り 利 口 な 方 法 で は な い と 思 い ま す 。 向

か れ と し て 援 助 し ま す が 、 そ れ は あ ま

を い か に 伸 ば す か と い う こ と 考 え 、 良

な い よ う 、 リ ス ク を い か に 少 な く 産 業

な い と 無 理 で す 。 ア ジ ア の 国 々 が わ れ

常 に 強 い で す 。 そ れ と 結 び 付 け て い か

わ れ の 二 の 舞 で 公 害 を 発 生 さ せ た り し

の 二 国 間 で 技 術 と 資 金 の 協 力 を 行 う も

せ 合 化 分 で に な 術 が 途 ん わ で 別 は つ い を あ 上 。 せ は か う い と も り 国 た な ら ま て い っ ま は こ い し く も う て す と か て い 、 話 い 。 、 経 を ら で き 先 を っ 原 済 や で き ま 進 さ て 田 第 ら す ま せ 国 れ も さ 一 な 。 せ ん の ま エ ん と け 向 ん 。 や し ネ が い れ こ 。 ま り た ル 、 う ば う そ ず 方 が ギ 先 考 根 の う 、 そ 、 ー 進 え づ 文 い ご の 廃 が 国 が き 化 う み ま 棄 足 の 非 ま に 文 の ま 物 り 技


に つ い て は 、 日

策 を 考 え て い く と い う 仕 組 み が 必 要 で

な い も の は 、 外 に 持 ち 出 し て 別 の 解 決

い ま す 。 ど う し て も 地 域 で は 解 決 で き

思 い ま す 。 ア ジ ア の 大 部 分 は 開 発 途 上

い 形 で か つ 効 率 的 に 対 処 で き る の だ と

管 理 レ ベ ル の と こ ろ で こ そ 、 問 題 の な

本 の よ う な し っ か り し た 技 術 レ ベ ル 、

国 連 環 境 計 画 ︵ U N E P ︶ な ど の 国 連

術 面 で は 、 国 連 開 発 計 画 ︵ U N D P ︶ 、

の 対 策 実 施 の 支 援 を 行 う も の で す 。 技

関 す る 国 際 的 な ル ー ル づ く り と 途 上 国

す 。 例 え ば

コラム 6

パームオイルとメタン

e-waste

現在,マレーシアとインドネシアは,世界ナンバー1(世界シ ェア 46%)とナンバー2(同 40%)のパームオイル生産国で あり,この 2 カ国だけで年間 6600 万トンもの濃厚なパーム オイル廃液(POME)を排出している.このパームオイル廃液 は,COD 濃度 4 万∼7 万 ppm の濃厚有機物を含んでいるが, 全排出量の 95% 以上が,ラグーン(安定化池)という素掘り の池で不適切に処理され,表層水・地下水汚染や悪臭問題を引 き起こしているだけでなく,大量のメタンガス(炭酸ガスの 21 倍の温暖化効果をもっている)を大気中に放出している. われわれは,マレーシア 380 カ所,インドネシア 350 カ所の パームオイル工場に CDM(クリーン開発メカニズム)適用の ための技術として,パームオイルからの新規の高速のメタン発 酵技術をマレーシアの政府研究機関と共同研究開発している (図 6). (原田)

図 6 パームオイル廃液の 新規メタン発酵技術開発の 試験プラント. (撮影 = 原田 )

条 約 事 務 局 の よ う に 、 地 球 環 境 問 題 に

国 間 の 枠 組 み で す 。 国 連 気 候 変 動 枠 組

に 分 か れ ま す 。 一 つ は 国 連 の よ う な 多

谷 が く 津 あ 機 り 構 た ま と く す か さ か 機 ん 。 関 あ に り は ま ど す の 。 よ 大 う き な く と 二 こ つ ろ

大 く を 村 り 進 が め 実 大 る 際 き た に な め 国 課 の 際 題 国 協 と 際 力 な 的 を っ な 引 て メ っ い カ 張 ま ニ っ す ズ て 。 ム い づ

途 上 国 の キ ャ パ シ テ ィ ・ ビ ル デ ィ ン グ

り ま す 。 資 金 や 技 術 の 協 力 と あ わ せ 、

き る 能 力 を 身 に つ け て も ら う 必 要 が あ

す 。 各 国 が 独 自 に 環 境 リ ス ク を 低 減 で

技 術 的 な 援 助 、 資 金 面 の 協 力 が 必 要 で

い く べ き な の で し ょ う が 、 そ れ で も 、

か ら は 通 常 の 途 上 国 と は 別 に 議 論 し て

グ ・ エ コ ノ ミ イ ズ 、 新 興 国 と し て こ れ

国 で す 。 中 国 と イ ン ド は 、 エ マ ー ジ ン




原 田

い技 け術 まが せ途 ん上 。国 箱で 物定 を着 つす く っる てに もは 捨セ てル フ らサ れス てテ しイ まナ いブ まル すで 。な け れ ば



炎 に は そ う い う こ と が 大 切 で す が 、 新

な さ れ て い ま し た 。 い ま も 下 痢 と か 肺

た 、 途 上 国 に と っ て は 受 け 身 の 対 策 が

る と か ワ ク チ ン を 接 種 す る と か と い っ

押 論 感 谷 さ 染 れ 症 以 て に 前 い 対 の ま し 感 す て 染 か は 症 。 ど 対 の 策 よ で う は な 、 対 薬 策 を が 配 議

施 設 に し な い と い け な い わ け で す ね 。

大 う 〇 村 シ 〇 ス ド や テ ル は ム の り は 時 、 こ 代 省 の に 資 先 、 源 動 電 で く 気 高 と を 効 思 た 率 い く の ま さ 処 す ん 理 か 使 。

原 育 技 田 て 術 て 者 人 送 い が っ な い た い て ら と も ど い 、 う う 原 で こ 油 す と が か で 一 。 す バ か レ 。 ル 人 一 を

大 ン 水 村 ス を の つ そ 企 く れ 業 る は が と 現 利 い 地 益 く に を ら 設 出 と 備 し い を て う 運 い ふ 用 ま う で す に き 。 フ る ラ

る の は フ ラ ン ス の 企 業 で す 。 一 ト ン の

て 引 き 渡 し ま し た が 、 い ま 運 営 し て い

一 地 域 、 一 国 の 問 題 で は な く 、 世 界 が

ん と 検 査 が で き る シ ス テ ム が 必 要 で す 。

イ ン フ ル エ ン ザ が 発 生 し た と き に き ち

ジ ア の 途 上 国 に 力 が な い か ら で す 。 鳥

も こ こ ま で 広 が っ て し ま っ た の は 、 ア

た か ら で す 。 鳥 イ ン フ ル エ ン ザ の 問 題

点 で 、 中 国 に 対 応 が で き る 力 が な か っ

遅 れ て 広 が っ て し ま っ た の は 、 あ の 時

く さ ん あ り ま す 。 S A R S へ の 対 応 が

積 極 的 に し な け れ ば い け な い こ と が た

い ま す 。 対 策 と し て は 、 途 上 国 が 自 ら

ら い が 死 ぬ か も し れ な い と 危 惧 さ れ て

ア ジ ア の 途 上 国 を 中 心 と し て 一 億 人 く

い わ れ る 世 界 規 模 の 大 流 行 が お こ り 、

わ ゆ る イ ン フ ル エ ン ザ パ ン デ ミ ッ ク と

例 え ば 、 も し も 鳥 イ ン フ ル エ ン ザ が 、

ス ク に は そ れ だ け で は 対 応 で き ま せ ん 。

興 感 染 症 の よ う に グ ロ ー バ ル 化 す る リ

る も の は 、 国 際 的 な 規 制 を つ く り 、 未

デ ー タ を 交 換 し 合 い 、 本 当 に 問 題 が あ

の 状 況 に つ い て の デ ー タ 、 原 因 物 質 の

く っ て い く 方 向 に な っ て い ま す 。 環 境

つ い て の 情 報 を 共 有 す る シ ス テ ム も つ

た 環 境 リ ス ク を も た ら す よ う な 物 質 に

で き あ が っ て い ま す

れ の 国 の 行 政 当 局 が 確 認 す る 仕 組 み が

の ル ー ル を つ く っ て 、 輸 出 入 を そ れ ぞ

た 移 動 に つ い て 、 国 際 的 な 規 制 の た め

谷 っ ア 津 て や 対 地 例 応 球 え し 規 ば て 模 、 い で 有 く の 害 必 ネ 廃 要 ッ 棄 が ト 物 あ ワ の り ー 国 ま ク を す を 越 ね つ え 。 く

大 村

ネ人 ッと ト技 ワ術 ーの ク を つ く る

な く て は い け な い と 思 い ま す 。

協 力 し て シ ス テ ム を つ く り あ げ て い か

︵ コ ラ ム 7 ︶

。 ま

広 範 囲 に 及 ぶ リ ス ク で は 、 ア ジ

人 か ら 人 に 感 染 す る よ う に な る と 、 い


こ だ け を 何 と か す れ ば い い 。 四 年 間 の

戸 が ヒ 素 で 汚 染 さ れ て い る 場 合 は 、 そ

の 問 題 で す 。 あ る 家 族 が 使 っ て い る 井

い ま し た が 、 極 端 な 場 合 は 家 族 レ ベ ル

鈴 で え 木 し る ょ 技 先 う 術 ほ か に ど 。 は ヒ 、 素 ど は の 地 よ 域 う の な 問 も 題 の だ が と あ い る

で す 。 途 上 国 で 実 際 に リ ス ク 低 減 に 使

く 。 そ の よ う な こ と に な れ ば い い わ け

境 技 術 が 地 域 の 経 済 を 回 し 、 そ れ が 地

す 拡 大 し て い く と い わ れ て い ま す 。 環

で す が 、 環 境 技 術 の 市 場 は 今 後 ま す ま

そ こ で 、 産 業 化 す る た め の 技 術

こ ん な 電 気 の い る 施 設 は と て も 運 転 で

ん で 使 い ま す 。 し か し 、 一 年 も た つ と 、

き あ が っ た も の を 与 え れ ば 、 最 初 は 喜

て し ま い ま す 。 O D A の 無 償 供 与 で で

ュ ア ル に 則 っ た 下 水 処 理 施 設 を つ く っ

が 途 上 国 に い く と 、 活 性 汚 泥 法 の マ ニ

せ ん 。 日 本 で 例 え ば J I C A の 専 門 家

ル フ サ ス テ イ ナ ブ ル で な け れ ば い け ま

原 で 大 田 す 村 か 技 。 原 田 術 さ が ん 途 上 、 廃 国 水 で の 定 技 着 術 す で る は に ど は う セ

の か か ら な い シ ス テ ム の 一 例 で す 。

の 問 題 で す 。 こ れ は 安 く て エ ネ ル ギ ー

て 定 着 さ せ て い く か と い う 現 地 の 行 政

ェ ー ル に は J I C A が 浄 水 場 を つ く っ

い う 間 に 捨 て ら れ て し ま い ま す 。 ニ ジ

い の で 、 箱 物 だ け を つ く っ て 、 あ っ と

フ サ ス テ イ ナ ブ ル な 技 術 を 考 え て い な

す 。 日 本 は お 金 は 出 す け れ ど も 、 セ ル

う な 下 水 処 理 場 を つ く ろ う と し て い ま

I C A は ま た 四 〇 億 円 も か け て 同 じ よ

つ も 動 い て い ま せ ん 。 そ れ な の に 、 J

二 三 の 下 水 処 理 場 を つ く り ま し た 。 一

く な っ た 施 設 を い く つ も 見 ま し た 。 ド

は 故 障 す る と 修 理 で き ま せ ん 。 動 か な

き な い と い っ て や め て し ま う 。 あ る い

域 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を よ く し て い

ミ ニ カ で は 、 日 本 も 含 め た 先 進 諸 国 が

大 村

対省 応資 す源 る、 高 効 率 の 技 術 で

ば 、 あ と は ど う や っ て 地 域 に 普 及 さ せ

間 で 二 〇 〇 円 く ら い で す 。 技 術 が あ れ

て き ま す 。 そ の 後 の メ ン テ ナ ン ス も 年

な い か と 思 い ま す 。

せ る の が 、 先 進 国 の や る べ き こ と で は

り 金 に な る と い う こ と を 見 せ て 根 づ か

え ま す 。 そ の ご み が 資 源 で 、 産 業 に な

産 業 の 規 模 が 大 き く な れ ば ど ん ど ん 増

て 、 生 の 水 を 入 れ る と ヒ 素 が 取 れ て 出

の 一 ∼ 二 年 は メ ン テ ナ ン ス が い ら な く

ス テ ム を つ く り ま し た

使 っ て ヒ 素 を 除 去 す る ポ ー タ ブ ル な シ

プ ロ ジ ェ ク ト の な か で 、 鉄 の 廃 棄 物 を

︵ 図 7 ︶

。 最 初

図 7 鉄剤を使ったポータブルヒ素 除去装置試作品. (撮影 = 愛 大学 )




大 村

リ生 ス活 クの 低質 減を の最 プ大 ロ ト化 コし ルて がい でく きよ るう とな 非 常 に い い と 思 っ て い ま す 。



り ま す 。 一 つ は 世 代 間 の 不 公 平 で 、 前

の 根 底 に は 二 つ の 方 面 で の 不 公 平 が あ

き る よ う な 人 材 が 大 事 で す 。 環 境 問 題

原 興 し 田 す ょ と う 環 い か 境 う 。 全 の そ 体 が の を 一 産 み つ 業 て の 人 マ 手 が ネ だ 現 ジ と 地 メ 思 で ン い 産 ト ま 業 で す を 。

レ ベ ル の 産 業 人 を 育 て る よ う な こ と で

る の は 日 本 の 官 や 民 が 協 力 し て 、 高 い

が 変 え る こ と は で き ま せ ん か ら 、 や れ

鈴 っ 術 木 て を い も 途 き っ 上 ま た 国 せ 環 の ん 境 教 と 人 育 。 材 の を あ 育 り て 方 る ま こ で と 日 も 本 や

コラム 8

クオリティ・オブ・ライフ

(生活の質,QOL)とは

WHO(1993)の 定 義 に よ れ ば, QOL とは,ある人が生活している 文化や価値観システムの状況におい て,生活の中での自分の位置に関す る認識であり,それはその人の目標, 期待,基準,関心事に関係がある. Costansa ら(2007)は,QOL を 主 観 的 な QOL と 客 観 的 な QOL に 分け,前者は人々が経験している生 活の満足度や幸福度などの指標によ り評価され,後者は経済力,識字率, 平均余命などの主観を排除した指標 により評価されるとしている.後者 については,国連の「人間開発」の 概念を指標として用いる場合もある. いずれにしても,QOL は定まった 概念ではない.サステイナビテリテ ィを考えるときの QOL の概念を新 たに考えてみませんか?

(大村)

活 性 汚 泥 法 と 同 じ に な っ て し ま う 可 能

を 動 か せ る 人 材 が い な か っ た ら 、 ま た

新 し い 環 境 技 術 と い っ て も 、 そ の 技 術

方 向 の も の か も し れ ま せ ん ね 。 た だ 、

た と き に は 、 ど ち ら か と い え ば 捨 て る

題 は 貧 困 と 非 常 に か ら ん で い ま す 。 一

大 き ど 村 問 う 題 す 途 で る 上 、 の 国 視 か に 野 地 お の 球 け 広 全 る さ 体 環 が で 境 求 考 リ め え ス ら て ク れ い の ま く 問 す べ 。

す 。 究 極 的 に は 、 こ の 二 つ の 不 公 平 を

い る 先 進 国 と 途 上 国 の 間 で の 不 公 平 で

う 問 題 。 も う 一 つ は 、 こ こ で 話 に 出 て

の 世 代 か ら 後 の 世 代 に ツ ケ を 残 す と い

見 方 が 大 切 で す

オ ブ ・ ラ イ フ が 向 上 し て い る か と い う

が あ り ま す 。 生 活 の 質 、 ク オ リ テ ィ ・

て 、 そ れ で 生 活 が 豊 か に な る の か と い

境 リ ス ク の 低 減 を は か る 政 策 を 実 施 し

先 進 国 に も 不 幸 な 生 活 が あ り ま す 。 環

方 で 、 途 上 国 に も 豊 か な 生 活 が あ り 、

︵ コ ラ ム 8 ︶

。 ク オ リ

を 根 づ か せ 、 環 境 リ ス ク を 低 減 す る 技

性 だ っ て あ る わ け で し ょ う 。 環 境 教 育

う こ と を 、 違 っ た 側 面 か ら も 見 る 必 要


を 抑 え る に は 、 ウ イ ル ス を 共 有 し て 迅

り ま せ ん 。 鳥 イ ン フ ル エ ン ザ の 大 流 行

や は り 国 の 思 惑 と か あ っ て 容 易 で は あ

メ カ ニ ズ ム を つ く ろ う と し て い ま す が 、

が 中 心 に な っ て ネ ッ ト ワ ー ク の よ う な

押 い も 谷 状 中 況 に 感 で は 染 す あ 症 。 り に 、 関 ま し だ て ま も だ 、 理 W 想 H 型 O に な は ど 遠

自 国 の デ ー タ を 外 に 出 そ う と し な い 国

で す が 、 現 実 に は な か な か 難 し い で す 。

然 に 防 止 し て い こ う と い う 考 え 方 な の

め と す る 途 上 国 は 何 の 利 益 を 受 け る こ

の は 先 進 国 の み で 、 イ ン ド ネ シ ア を 始

O に 出 し て も 、 そ の 利 益 を 受 け ら れ る

た 鳥 イ ン フ ル エ ン ザ の ウ イ ル ス を W H

な 能 力 は あ り ま せ ん 。 自 分 の 国 で お き

け で 、 イ ン ド ネ シ ア に は 現 在 そ の よ う

を 製 造 し て 国 民 に 配 れ る の は 先 進 国 だ

て い ま す 。 な ぜ か と い う と 、 ワ ク チ ン

イ ル ス を W H O に 提 出 す る の を 拒 否 し

重 要 で す 。 し か し 、 イ ン ド ネ シ ア は ウ

速 に ワ ク チ ン を 開 発 す る こ と が 非 常 に

よ う な も の は 、 二 一 世 紀 の 環 境 を 考 え

大 で 原 村 き 田 る と こ や す と は る が り と 基 そ 、 本 の 活 だ 地 性 と 域 汚 思 の 泥 い た 法 ま め の す に 技 。 地 術 域 の で

に な っ て し ま い ま す 。

で 、 特 許 の 問 題 と か あ っ て 、 高 い も の

製 薬 会 社 は 元 を 取 ら な い と な ら な い の

技 術 が 必 要 で す し お 金 も か か り ま す 。

押 な の 谷 い す 。 ご 薬 く や 高 ワ い ク の チ で ン 先 の 進 開 国 発 の に 人 は し 新 か し 買 い え

コラム 7

バーゼル条約 有害廃棄物の国境を越える移動を規 制する国際的枠組と手続きを規定し た条約.有害廃棄物の国境を越える 移動およびその処分によって生じる 人の健康または環境に関わる被害を 防止することが目的.1989 年にス イスのバーゼルにおいて採択され, 1992 年 5 月に発効した.条約事務 局は,スイスのジュネーブ. 2006 年 5 月現在の締約国数は 170 カ国. なお,日本は 1993 年に加盟してい る.国内では,同条約を実施するた めの「特定有害廃棄物等の輸出入等 の規制に関する法律」および関連す る法律として「廃棄物の処理及び清 掃に関する法律の一部を改正する法 律」 が 1993 年に制定された. (谷津)

カ が ワ ク チ ン を つ く っ た け れ ど も 、 も

原 資 押 田 金 谷 が H あ W I り H V ま O で せ に も ん は そ 。 そ う れ で を す 配 ね れ る 。 ア だ メ け リ の

な い の で す か 。

鈴 と 限 木 い り っ は W て ウ H い イ O ま ル は す ス ワ 。 を W ク H チ O ン を に 配 提 っ 供 た し り な し い

配 布 す る よ う な メ カ ニ ズ ム が で き な い

の 言 い 分 で す 。 ワ ク チ ン を 途 上 国 に も

と も で き な い と い う の が イ ン ド ネ シ ア




檻 を か ぶ せ る の は い わ ば 法 律 の 課 題 で 、

鈴 な 常 木 ら に で 難 そ き し こ る い が で で 科 し し 学 ょ ょ と う う 技 が 。 術 ⋮ 檻 の ⋮ を 課 。 か 題 ぶ で せ す る の 。

を 除 け 、 リ ス ク を な く せ と い う の は 非

大 が て 村 逆 、 の 地 そ よ 球 れ う の は に 温 わ 思 暖 か い 化 り ま が ま す 先 す 。 に が く 、 る ラ の イ は オ 順 ン 番

い と い け ま せ ん 。 問 題 設 定 の 仕 方 と し

何 と か し て 除 く こ と を 根 源 的 に 考 え な

球 を 温 め ま す 。 地 域 の な か で リ ス ク を

っ て 世 界 中 の 食 卓 へ と 運 ば れ ま す 。 温

は 生 物 濃 縮 さ れ て 食 物 と し て 流 通 に 乗

水 に 乗 り 地 球 に 広 が り 、 有 害 化 学 物 資

域 の 外 に 出 て い け ば 、 感 染 症 は 世 界 規

ナ ビ リ テ ィ も あ り ま せ ん 。 リ ス ク が 地

テ ィ な し に は 、 グ ロ ー バ ル な サ ス テ イ

り 立 ち ま せ ん 。 地 域 の サ ス テ イ ナ ビ リ

原 め し 田 の く 解 反 環 答 す 境 と る 問 は 技 題 い 術 は え は も な 環 ぐ い 境 ら わ リ 叩 け ス き で ク の す 改 よ 。 善 う の な た

谷 が れ 津 な で く グ つ な ロ ま っ ー り て バ 、 は ル 温 だ な 暖 め サ 化 で ス 対 す テ 策 。 イ の ナ 方 ビ 向 リ に テ 著 ィ

テ ィ を 最 初 に 考 え よ う と い っ て も 、 そ

ス ク が 膨 ら む 。 地 域 の サ ス テ イ ナ ビ リ

る と 地 球 温 暖 化 を 早 め 、 地 球 全 体 の リ

と 行 う の が よ く て 、 そ の た め に エ ネ ル

減 し よ う と し た ら 、 下 水 処 理 を き ち ん

原 ょ が 田 う 生 。 ま 途 れ 上 て 国 く の る 水 よ 感 う 染 な 症 こ の と リ も ス あ ク る を で 低 し

す た め に し た こ と で 、 ま た 別 の リ ス ク

大 と 新 村 思 た い な と ま 産 こ す 業 ろ 。 が が 生 、 ま 一 れ つ 出 の れ リ ば ス も ク っ を と な い く い

し ま う と い う こ と で す 。 こ の 過 程 で 、

よ う に 、 地 域 の 循 環 の な か に お さ め て

に あ っ て 、 最 初 に 大 村 さ ん が い わ れ た

か け る と い う こ と で す 。 技 術 は そ の 前

ラ イ オ ン が 出 て い か な い よ う に 規 制 を



ギ ー を 使 い 、 エ ネ ル ギ ー 使 用 量 が 増 え

室 効 果 気 体 も 地 域 で 出 さ れ た も の が 地

模 の 流 行 と な り 、 P O P s は 風 に 乗 り


谷 津

議 漬 け に な り ま し た 。 世 界 全 体 の 温 室

会 議 ︶ の た め に 、 バ リ 島 で 一 五 日 間 会

13 ︵ 第 一 三 回 気 候 変 動 枠 組 条 約 締 約 国

温 暖 化 対 策 で す 。 昨 年 暮 れ に は C O P

私 の い ま の メ イ ン の 仕 事 は 地 球

ル ギ ー 効 率 の 最 大 化 を は か る と い う こ

可 能 な エ ネ ル ギ ー を ベ ー ス に し て エ ネ

つ 必 要 が あ り ま す 。 具 体 的 に は 、 再 生

域 で ど う 確 保 す る の か と い う 視 点 を も

部 に 依 存 し な い で す む エ ネ ル ギ ー を 地

は 、 エ ネ ル ギ ー の 地 産 地 消 、 つ ま り 外

の 実 現 が 打 ち 出 さ れ て い ま す 。 そ れ に

温 暖 化 対 策 の 方 向 と し て 、 低 炭 素 社 会

な い と 地 域 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ は 成

を な く す こ と で す 。 そ れ を や っ て い か

は 、 こ の ラ イ オ ン を 除 く こ と 、 リ ス ク

ま せ ん 。 地 域 に お い て ま ず 考 え る べ き

の 安 全 性 は 保 た れ て も 、 リ ス ク は 消 え

う に と 檻 を か ぶ せ る の は 、 と り あ え ず

除 け ば い い 。 ラ イ オ ン に 食 わ れ な い よ

に は ど う す れ ば い い の か 。 ラ イ オ ン を

い け る よ う に な る の で は な い か と 思 っ

さ を 享 受 で き る よ う な 環 境 を つ く っ て

視 す る こ と で 、 地 域 の 人 々 が 日 々 豊 か

オ ブ ・ ラ イ フ に あ っ て 、 そ の 観 点 を 重

リ テ ィ 学 の 重 要 な キ ー が ク オ リ テ ィ ・

I R 3 S が 目 指 し て い る サ ス テ イ ナ ビ

る と す ご く い い と 私 は 思 っ て い ま す 。

よ う な リ ス ク 低 減 の プ ロ ト コ ル が で き

し い の で す が 、 そ れ を 最 大 化 し て い く

テ ィ ・ オ ブ ・ ラ イ フ の 評 価 は 非 常 に 難

日 本 に お け る 健 康 リ ス ク が 高 ま り ま す 。

今 日 話 題 に な っ て い る 感 染 症 も 拡 大 し 、

な け れ ば な り ま せ ん 。 温 暖 化 が 進 め ば 、

全 体 を 脅 か す こ の リ ス ク を ま ず 認 識 し

ス ク は 多 方 面 に 及 び 、 わ れ わ れ は 地 球

れ は 実 現 で き ま せ ん 。 地 球 温 暖 化 の リ

て 対 策 を 立 て 実 行 し て い か な い と 、 そ

会 活 動 を 温 暖 化 と の つ な が り で 議 論 し

え ら れ る と い う 話 で 、 あ ら ゆ る 経 済 社

命 前 か ら の 気 温 上 昇 が 二 ℃ く ら い に 抑

在 の 半 分 以 下 に し て 、 よ う や く 産 業 革

っ て リ ス ク で す 。 こ の リ ス ク を な く す

る と し ま す 。 ラ イ オ ン は わ れ わ れ に と

で す が 、 こ こ に 人 を 食 う ラ イ オ ン が い

本 を 考 え る と 、 よ く 出 さ れ る た と え 話

す 。 リ ス ク に ど う 対 処 す る か と い う 基

え て い ま す 。 結 果 と し て お こ る こ と で

鈴 の 組 木 が ん 非 で 私 常 、 は に 両 温 重 者 暖 要 の 化 で 最 の は 適 問 な 化 題 い を は か は 末 と か 端 思 っ だ い て と ま い 考 す く 。

に 、 地 域 の 環 境 リ ス ク の 問 題 に も 取 り

と で す 。 こ の よ う な 温 暖 化 対 策 と と も

て い ま す 。

谷 津

リ ス ク を 閉 じ 込 め る ?

効 果 ガ ス 排 出 量 を 二 〇 五 〇 年 ま で に 現

両温 者暖 の化 最対 適策 化と をと はも かに っ、 て い地 く域 のの が環 非境 常リ にス 重ク 要の で問 す題 。に も 取 り 組 ん で 、 


押 谷



い っ た ら い い の か 、 谷 津 さ ん に い ま ま

て い ま す 。 日 本 が そ こ に ど う 関 わ っ て

で 安 心 な い い 社 会 を つ く ろ う と 努 力 し

大 図 テ 村 に イ な ナ ア っ ビ ジ て リ ア い テ の る ィ 人 と の も 思 脅 、 い 威 そ ま に れ す な ぞ 。 る れ と に い 安 う 全 構

ま ざ ま な リ ス ク が 生 ま れ 、 そ れ が サ ス

環 境 負 荷 に よ っ て 乱 さ れ る こ と か ら さ

物 質 循 環 が 、 人 間 活 動 に よ っ て 生 じ る

谷 う 時 津 か 代 。 に や あ は っ り た 自 物 然 質 界 循 に 環 お で け い る け 持 る 続 の 的 か な ど

の 人 口 を 養 っ て い こ う と す る と 、 江 戸

大 の れ 村 な る か で 当 に し 時 い ょ と る う は わ ね 人 け 。 口 で わ が す れ 違 か わ い ら れ ま 。 は す 物 。 質 い 文 ま 明

ン ト な ど で 、 経 済 的 な イ ン セ ン テ ィ ブ

ま た 、 カ ー ボ ン オ フ セ ッ ト や エ コ ポ イ

ン ト が 計 算 さ れ 、 二 酸 化 炭 素 の 可 視 化

て い る の か と い う カ ー ボ ン フ ッ ト プ リ

る の に ど れ く ら い の 二 酸 化 炭 素 を 使 っ

て い て 、 例 え ば 、 あ る 製 品 を 運 ん で く

の 理 解 を 得 る 努 力 が さ ま ざ ま に な さ れ

支 持 さ れ ま す 。 温 暖 化 の 問 題 で は 人 々

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 向 け て の 政 策 が

要 な の だ と 、 国 民 の 認 識 が 深 ま れ ば 、

ク の 低 減 が わ れ わ れ の 生 活 に と っ て 重

が 大 き な 目 標 で す 。 ア ジ ア の 環 境 リ ス

策 は 極 め て 密 接 に 政 策 に 関 連 し ま す 。

う か 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 議 論 、 対

を 国 民 に 提 供 す る こ と で は な い で し ょ

で す が 、 ま ず 大 切 な の は 、 十 分 な 情 報

の よ う に 関 わ っ て い く の か と い う こ と

う で な い も の が あ り ま す 。 い ま は 見 え

押 よ の 谷 う で に か 感 思 な 染 い り 症 ま リ で す ス も が ク 見 。 と え し や て す 浸 い 透 も し の て と き そ た

症 の 場 合 は ド ラ ス チ ッ ク に ボ ン と 出 る

で ア ピ ー ル を し て い き た い で す 。 感 染

す 。 そ れ が す ぐ に わ か る よ う な か た ち

ま す 。 日 本 と ア ジ ア は つ な が っ て い ま

が 、 知 ら な い あ い だ に 日 本 に 戻 っ て き

出 し て い ま す 。 そ こ か ら 出 る 有 害 物 質

わ れ わ れ は

直 接 的 、 間 接 的 に 大 き く 影 響 し ま す 。

鈴 す と 木 。 が 大 ア 切 ジ な ア 課 の 題 環 に 境 な リ っ ス て ク い は る 、 と 日 思 本 い に ま

お 見 せ す る 道 具 を つ く り 出 し て い く こ

れ の 生 活 と の つ な が り を わ か り や す く

環 境 リ ス ク に つ い て も 、 人 々 に わ れ わ

も 提 供 さ れ る よ う に な っ て き ま し た 。

が わ か り や す く 工 夫 さ れ て き て い ま す 。

e-waste

突感 然染 大症 きで ない 問ま 題は と見 なえ って てい 出な てく くて るも も、 のあ もる あ一 定 りの ま閾 す値 。を 超 え た と き に

谷 だ で 津 け の ま 議 日 す 論 本 か を が 。 踏 ア ま ジ え ア て の 、 環 何 境 か リ ご ス 提 ク 言 と い ど た

を ア ジ ア に 送 り

政 策 は 国 民 の 安 全 、 安 心 を 確 保 す る の


適 化 と い う 言 葉 が 出 て い ま す が 、 最 適

う ま く い く の か ど う か 。 先 ほ ど か ら 最

ま す か ら 、 な く し ま し ょ う と い う 話 で

取 り 出 し て 、 こ れ だ け の リ ス ク が あ り

て し ま い ま す 。 例 え ば 環 境 ホ ル モ ン を

け を 議 論 を し て も よ く わ か ら な く な っ

う こ と を 踏 ま え ず に 、 従 属 変 数 の 方 だ

対 し て ど う い う 影 響 を 与 え る の か と い

し て の 環 境 リ ス ク 対 策 が 、 目 的 変 数 に

イ ナ ビ リ テ ィ で し ょ う か 。 従 属 変 数 と

ら な い に し て も 、 あ の よ う な サ ス テ イ

ま し た 。 現 在 に そ の ま ま で は あ て は ま

こ と な く 安 定 し た 社 会 が 成 り 立 っ て い

し た 。 そ ん な に 金 も エ ネ ル ギ ー も 使 う

業 が あ っ て 、 循 環 を 回 す 人 た ち が い ま

社 会 は 衛 生 状 態 も よ く 、 汚 物 を 扱 う 産

る の で す が 、 ど う で し ょ う か 。 江 戸 の

日 本 は 非 常 に い い 例 に な る と 思 っ て い

ビ リ テ ィ を 考 え る と き に 、 江 戸 時 代 の

鈴 木

日ア 本ジ のア リの スリ クス ク と

う に し な さ い と い っ た ら 、 そ れ は 怒 ら

原 い う 田 死 。 者 チ ア が フ ジ 出 ス ア る が の 。 は 人 や た っ ち た に ら 江 た 戸 ち 時 ま 代 ち の す よ ご

江 戸 時 代 は 感 染 症 が す ご か っ た で し ょ

レ ベ ル ま で 生 活 の 仕 方 を 戻 せ ま す か 。

生 で 刺 し 身 は ま ず 食 べ ら れ な い よ う な

大 せ 結 村 ん 局 。 の し と か こ し ろ 、 サ 江 ス 戸 テ 時 イ 代 ナ の ブ 、 ル 例 で え あ ば り ま 、

と こ ろ で 、 ア ジ ア の サ ス テ イ ナ

て く る 化 石 燃 料 を 使 っ て い ま す か ら 、

が し ま す 。 目 的 変 数 と な る の は サ ス テ

て い ま し た 。 い ま は 地 下 か ら 掘 り 出 し

何 か に 対 す る 従 属 的 な 変 数 の よ う な 気

し て も 、 太 陽 の 一 年 の サ イ ク ル に 従 っ

大 最 か 村 適 る 化 だ 環 が け 境 必 で リ 要 は ス で な ク す く へ 。 、 の 全 対 体 応 の は シ 、 ス た テ ぶ ム ん の

す 。 個 々 の サ ブ シ ス テ ム の 最 適 化 を は

別 の も ぐ ら が 出 て き た ら ま ず い わ け で

も の で 、 こ こ を 叩 い て も 、 こ ち ら か ら

域 が 閉 じ て い れ ば 境 界 を 設 定 す る の は

に 難 し い で す 。

と 境 な く つ な が っ て い く 問 題 で は 非 常

簡 単 で す が 、 地 域 か ら ア ジ ア 、 地 球 へ

最 適 化 で き る の か 評 価 で き ま せ ん 。 地

な り ま せ ん 。 そ れ な し で は 、 何 を ど う

ギ ー で し た 。 森 林 資 源 に し て も 食 糧 に

基 本 的 に 一 年 間 で サ イ ク ル す る エ ネ ル

原 も の 田 ら 発 う 展 江 の し 戸 も つ 時 い つ 代 い あ を の る 動 で 国 か は の し な 人 て い 々 い で に た し 見 の ょ 直 は う し 、 か て 。

ナ ブ ル な 時 代 が あ っ た の だ と 、 ア ジ ア

原 田

化 す る に は 境 界 条 件 を 決 め て お か ね ば

そ地 れ域 での グサ ロス ーテ バイ ルナ なビ サリ ステ ティ イを ナ考 ビえ リ テよ ィう がと ない っ くて なも っ、 て は だ め で す 。 


鈴 木

社モ 会ニ タ にリ 訴ン えグ るの 力よ もう もな つ地 よ道 うな に作 な業 るの こ積 とみ を重 理ね 解が しあ てっ いて た、 だ き た い 。 

た だ き た い で す 。

つ よ う に な る と い う こ と を 理 解 し て い

ト も 可 能 に な り 、 社 会 に 訴 え る 力 も も

作 業 の 積 み 重 ね が あ っ て 、 ア セ ス メ ン

り ま す 。 モ ニ タ リ ン グ の よ う な 地 道 な

り に く く 、 し か も コ ス ト も 時 間 も か か

た い 。 論 文 に な ら な い し 、 研 究 費 も 取

者 と し て は も っ と 頭 を 使 っ た こ と を し

て は あ ま り 面 白 く な い も の で す 。 科 学

が あ り ま す 。 モ ニ タ リ ン グ は 研 究 と し

た め の モ ニ タ リ ン グ と い う 地 味 な 作 業

く さ ん の デ ー タ を 必 要 と し ま す 。 そ の

た だ 、 環 境 リ ス ク を 定 量 化 す る に は た

評 価 は ぜ ひ や ら な け れ ば い け ま せ ん 。

鈴 る と 木 の 、 で 政 環 は 策 境 な と リ い の ス で つ ク し な の ょ が 体 う り 系 か が 的 。 見 、 え 学 や 術 す 的 く な な

よ う な 総 合 的 な ア セ ス メ ン ト が で き る

テ ー マ に し て 、 国 際 連 携 の も と で そ の

と 考 え ま す 。

か 、 国 民 の 理 解 を 得 て 進 め て い き た い

世 界 の 一 員 と し て の 日 本 が 何 を す べ き

超 え て 広 が っ て い ま す 。 ア ジ ア の 一 員 、

国 境 が な く 、 経 済 も 人 の 動 き も 国 境 を

せ る 責 務 が あ る と 思 い ま す 。 環 境 に は

民 に 関 わ る 問 題 で あ っ て 、 先 生 方 の 研

谷 津

が と う ご ざ い ま し た 。

き た い と 思 い ま す 。 本 日 は ど う も あ り

動 の な か で 、 今 日 の 議 論 を 活 用 し て い

と 思 い ま す 。 わ れ わ れ の I R 3 S の 活

ん が 、 い ろ い ろ な 議 論 の 糸 口 が 出 せ た

大 っ す 村 て か い ら な き 、 か た 世 な い 界 か で に ま す 誇 と ね れ ま 。 る り 環 き 境 れ 技 て 術 い を ま つ せ く

究 が い か に 重 要 で あ る か を 国 民 に 知 ら

行 政 と し て は 、 環 境 リ ス ク が 国 原 田

日 本 は ア ジ ア の リ ー ダ ー な の で


暖 化 問 題 に つ い て は か な り 社 会 に 浸 透

力 が 社 会 の な か に 生 ま れ ま す 。 地 球 温

回 避 し よ う と か 、 低 減 し よ う と か の 努

も ら う こ と で す 。 人 々 が 知 る こ と で 、

大 と 康 村 こ に ろ ど 問 は の 題 ま よ の だ う 所 わ に 在 か 影 を っ 響 ま て す ず い る 人 ま の 々 せ か に ん 、 知 。 本 っ 当 て の

非 常 に 難 し い で す 。 温 暖 化 が 人 間 の 健

ま す 。 そ の 辺 の リ ス ク ア セ ス メ ン ト は

点 で 大 き な 流 行 が お こ る 可 能 性 が あ り

わ け で は あ り ま せ ん 。 し か し 、 あ る 時

蚊 で す 。 デ ン グ 熱 が は や る 潜 在 的 な 危

広 が っ て い ま す 。 デ ン グ 熱 を 媒 介 す る

響 で 、 日 本 で も ハ マ ダ ラ カ の 分 布 域 が

く る も の も あ り ま す 。 地 球 温 暖 化 の 影

た と き に 突 然 大 き な 問 題 と な っ て 出 て

て い な く て も 、 あ る 一 定 の 閾 値 を 超 え

た 、 一 九 九 二 年 の 地 球 サ ミ ッ ト で 合 意

境 政 策 の 立 案 や 実 施 は 不 可 能 で す 。 ま

開 発 な ど で 、 科 学 的 な 成 果 な く し て 環

術 の 開 発 、 規 制 的 手 法 や 経 済 的 手 法 の

球 温 暖 化 の メ カ ニ ズ ム の 解 明 、 対 策 技

築 さ れ て き ま し た 。 公 害 健 康 被 害 や 地

に 科 学 と 政 策 と の 間 に 密 接 な 関 係 が 構

き ま す 。 環 境 政 策 の 分 野 で は 、 歴 史 的

の 科 学 を 支 援 す る 声 も 強 ま る と 期 待 で

の だ と い う 理 解 が 広 が れ ば 、 こ の 分 野

リ ス ク 研 究 が 国 民 生 活 に と っ て 重 要 な

谷 が の 津 あ よ る う リ と に ス 思 先 ク い 駆 に ま 的 対 す な す 。 警 る 告 認 を 識 し が て 深 い ま く り 役 目 、

し て の 感 受 性 を も っ て 、 ﹃ 沈 黙 の 春 ﹄

わ れ わ れ 研 究 者 は 、 潜 在 的 な も の に 対

し て 出 て き そ う な も の に も 目 を 向 け る 。

る リ ス ク ば か り で な く 、 将 来 リ ス ク と

会 の 理 解 を 広 め て い く 。 い ま す で に あ

ー チ が な さ れ て い ま す 。 環 境 リ ス ク を

価 し 政 策 に つ な げ て い く と い う ア プ ロ

モ ノ と サ ー ビ ス を 経 済 学 的 な 尺 度 で 評

球 の 生 態 系 に つ い て 、 そ れ が 提 供 す る

セ ス メ ン ト と い う も の が あ り ま す 。 地

ま す 。 生 態 系 に つ い て は ミ レ ニ ア ム ア

に 反 映 し て い く と い う 流 れ が で き て い

ー ル を つ く り 、 さ ら に そ れ を 国 内 対 策

提 供 し 、 そ れ を ベ ー ス に し て 国 際 的 ル

︵ I P C C ︶ が 科 学 的 な 最 新 の 知 見 を

で す 。 気 候 変 動 に 関 す る 政 府 間 パ ネ ル

す 。 う ま く い っ て い る の が 温 暖 化 問 題

が 後 手 に ま わ っ て し ま う 場 合 が あ り ま

く し よ う と 努 め る わ け で す が 、 そ れ が

は で き ま せ ん 。 科 学 は 不 確 実 性 を 小 さ

由 に 費 用 効 果 的 な 対 策 を 遅 ら せ る こ と

原 則 が あ り ま す 。 科 学 的 不 確 実 性 を 理

さ れ た リ オ 宣 言 に も 盛 り 込 ま れ た 予 防

険 性 が あ っ て も 、 日 本 で 急 に 流 行 す る

確 実 に な る の を 待 っ て い た の で は 政 策

大 村

し た よ う に 、 環 境 リ ス ク に つ い て も 社

先わ 駆れ 的わ なれ 警研 告究 を者 しは て、 い潜 く在 役的 割な がも あの るに と対 思し いて まも す感 。受 性 を も っ て 、 


河 口 が 塞 が る と 感 潮 域 に 流 入 す る 塩 分

分 環 境 に 及 ぼ す 影 響 を 無 視 で き な い 。

の 地 形 変 動 が 著 し い 場 合 は 、 そ れ が 塩

す る こ と が 予 想 さ れ る 。 一 方 、 河 口 部

う に 今 後 の 水 需 要 の 増 加 に 応 じ て 変 化

い る 。 こ の う ち 、 河 川 流 量 は 上 記 の よ

こ の 指 標 に よ り 現 象 の 分 類 が な さ れ て

に 応 じ て 感 潮 域 の 現 象 が 大 き く 変 化 し 、

者 ら の プ ロ ジ ェ ク ト で は 、 河 川 内 の 航

か ら そ の 入 手 が 困 難 な こ と が 多 い 。 筆

と え 計 測 さ れ て い て も さ ま ざ ま な 理 由

得 さ れ て い な い こ と が 多 く 、 ま た 、 た

モ デ ル の 検 証 目 的 に 適 し た デ ー タ が 取

し 、 途 上 国 に お い て は そ の よ う な 数 値

る に は 数 値 モ デ ル が 有 効 で あ る 。 し か

と で の 将 来 の 塩 分 環 境 の 変 化 を 予 測 す

こ の よ う な さ ま ざ ま な シ ナ リ オ の も

い る 。 過 去 の 研 究 に よ れ ば 、 そ の 比 率

河 口 現 象 を 表 す マ ク ロ な 指 標 と し て 用

の 二 つ を 流 量 の 形 で 表 現 し て 比 を 求 め 、

因 は 河 川 の 流 れ と 潮 汐 変 動 で あ る 。 こ

域 ︶ に お け る 塩 分 を 変 動 さ せ る 主 な 要

い 象 う 後 る は 上 感 る に 環 の 農 塩 が 潮 。 も 境 水 業 害 生 域 影 の 需 に が じ ︵ 響 変 要 と 著 る 海 を 化 の っ し 。 の 及 は 増 て く 現 干 ぼ こ 加 障 、 在 満 す の や 害 同 で の も よ 、 と 国 も 影 の う 地 な の 乾 響 と な 球 っ 主 期 を 危 塩 温 て 要 の 受 惧 水 暖 い 産 渇 け さ 化 る 業 水 る れ 上 に 。 で 期 地 て 現 伴 今 あ に

変 化 さ せ る 可 能 性 が あ る 。

の 変 化 の 双 方 が 、 河 口 感 潮 域 の 現 象 を

な 影 響 に よ る 流 量 の 変 化 と 、 自 然 環 境

が も た ら さ れ る 。 こ の よ う に 、 人 為 的

な 効 果 を 持 ち 、 潮 汐 に よ る 流 量 の 増 加

的 に 潮 位 の 振 幅 が 増 加 す る こ と と 等 価

上 昇 が 生 じ る 。 こ の 水 面 上 昇 は 、 現 象

測 値 と 良 好 な 一 致 を 示 し て い る 。

ま た 、 数 値 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン 結 果 は 実

河 口 よ り 約 五 〇 キ ロ に ま で 及 ん で い る 。

30

塩分濃度(ppt)

25

最大値(観測) 最大値(計算) 最小値(観測) 最小値(計算)

20 15 10 5 0 0

10

20 30 40 河口からの距離(km)

50

60

図2 メコン川における塩分の分布(2005 年 4 月 11 日測定).

る 前 堆 出 際 面 積 機 に の を 能 水 助 が 深 長 低 が す 下 浅 る し い で て と あ 、 と き ろ 河 呼 に う 口 は 。 部 ば 、 ま へ れ 波 た の る が 、 土 水 砕 河 砂 位 け 口 の

wave set-up

が 減 り 、 感 潮 域 生 物 環 境 に 大 き な イ ン

図 2 に よ れ ば 、 塩 水 が 上 す る 距 離 は

観 測 デ ー タ を 取 得 す る こ と が で き た 。

得 ら れ た お そ ら く も っ と も 詳 細 な 連 続

水 ︶ が 減 少 す る と 、 河 口 で の 土 砂 の 排

パ ク ト と な る 。 河 川 の 自 己 流 量 ︵ 淡

行 標 路 い に に ︵ 塩 沿 図 分 っ 1 水 て ︶ 、 温 ほ こ 計 ぼ の を 等 距 地 設 置 離 域 し に で て 設 こ 連 置 れ 続 さ ま 観 れ で 測 た に を 浮


特集 健康リスクの低減と生活の質の向上―東北大学 さ か の ぼ る 現 象 ︵ 塩 水 上 ︶ に 関 す る 相 ま っ て 、 河 川 の 上 流 へ 向 か う 塩 水

さ ら に 拍 車 を か け て い る 。 筆 者 の グ ル

転 換 と 農 業 技 術 の 近 代 化 は こ の 傾 向 に

見 ら れ る 。 紅 川 ︵ ベ ト ナ ム ︶ 、 珠 江

ル タ に 人 口 が 集 中 し て い る 事 例 が 多 く

こ の た め 、 河 口 付 近 の 緩 い 河 床 勾 配 と

四 メ ー ト ル 程 度 の 幅 で 振 幅 し て い る 。

メ コ ン 川 河 口 付 近 の 東 シ ナ 海 の 潮 位 は

る 大 の 川 化 経 ベ し 幾 メ 。 き 同 の は て ト 、 多 イ コ な 地 重 、 、 ナ 一 の ン ン 変 域 要 水 そ ム 九 紛 ド デ 化 の 性 資 の に 七 争 シ ル を 経 を 源 後 よ 五 が ナ タ も 済 高 と の る 年 繰 半 へ た 的 め し イ カ の り 島 目 ら 発 て て ン ン ベ 返 に を す 展 い の ド ボ ト さ お 向 と は る 国 シ ジ ナ れ い け 考 水 。 際 ナ ア ム て て て え 需 特 河 半 侵 戦 き は み ら 要 に 川 島 攻 争 た こ よ れ の 、 メ の な 終 。 れ う て 面 今 コ 安 ど 結 し ま い で 後 ン 定 を 、 か で 。

施 し て い る 。

米 に 限 定 す れ ば 約 五 〇 % の 生 産 量 を 誇

全 国 土 に お け る 食 物 生 産 量 の 約 四 〇 % 、

の よ う な 地 形 に 分 類 さ れ る 。 メ コ ン デ

な 事 例 で あ る 。 メ コ ン 川 の デ ル タ も こ

︵ 中 国 ︶ 、 チ ャ オ プ ラ ヤ 川 ︵ タ イ ︶ 、 イ

ー プ で は こ の よ う な ベ ト ナ ム ・ メ コ ン

っ て い る 。 ド イ モ イ に よ る 農 業 政 策 の

ル タ に お け る 農 業 生 産 は き わ め て 高 く 、

︵ バ ン グ ラ デ シ ュ ︶ な ど は そ の 代 表 的

デ ル タ を 対 象 と し て 、 河 口 か ら 塩 水 が

ラ ワ ジ 川 ︵ ミ ャ ン マ ー ︶ 、 ガ ン ジ ス 川

ア ジ ア に お い て は 大 河 川 河 口 部 の デ 現 地 調 査 ・ 数 値 シ ミ ュ レ ー シ ョ ン を 実

国 立 環 境 研 究 所 社 会 環 境 シ ス テ ム 研 究 領 域 ︵ 環 境 水 理 学 ︶

田 中 仁

現メ 状 とコ 未ン 来

デ ル タ に お け る 塩 分 環 境

図 1 メコン川航路浮標への 塩分計設置作業.




し て 実 施 し ま し た 。 図 3 は そ の 河 岸 の

ン 河 沿 い に あ る 寺 院 の 空 き 地 を お 借 り

ま 明 食 授 学 地 理 河 し 学 防 状 り 学 場 に 現 し を の ︶ 泉 盤 学 川 か の の で 、 で 合 あ 場 た 目 実 が 典 工 だ 水 し 専 問 す 十 は も り 観 。 的 態 連 洋 学 け 位 な 門 題 。 分 残 あ 、 測 と の 携 教 と で 低 が の は こ な 念 り 双 は し 把 し 授 水 は 下 ら よ 水 の 研 な ま 方 ビ て 握 て 、 理 対 時 、 う 理 た 究 が す の エ 、 と 、 東 学 応 の ビ に 学 め が ら が 研 今 そ 水 北 の で 河 エ 扱 を 、 進 マ 、 究 ン 回 の 位 チ 専 き 岸 ン わ 中 河 ん イ こ 者 の メ 低 大 門 ま 侵 チ れ 心 岸 で ナ れ の ャ 学 研 カ 下 ン 家 せ 食 ャ て と 侵 い ー ま 連 究 ニ 時 風 ︵ ん の ン き し 食 な な で 携 市 を ズ の 間 北 。 問 に て た や い 分 の が 内 実 ム 河 聡 海 そ 題 お い 河 河 の 野 地 必 の 施 の 岸 准 道 こ は け ま 川 川 が で 盤 要 メ し 解 侵 教 大 で 水 る す 工 堤 現 あ 工 な コ 、 。

図 3 河岸斜面の状況.

図 4 現地での土質試験.



の 問 題 は 水 理 学 と 地 盤 工 学 の 境 界 領 域

場 合 が あ り ま す 。 こ の よ う な 河 岸 侵 食

河 川 水 位 が 低 下 す る 時 期 に も 発 生 す る

は 大 き な 侵 食 は 発 生 し て い な い と の こ

っ た と の こ と で す 。 ま た 、 最 近 四 年 間

七 年 前 は 二 〇 メ ー ト ル 先 ま で 土 地 が あ

岸 侵 食 が 発 生 し て お り 、 少 な く と も 一

に 一 度 、 侵 食 幅 数 十 メ ー ト ル に 及 ぶ 河

ア リ ン グ に よ る と 、 こ の 地 域 は 数 十 年

あ る 程 度 低 下 し た 状 況 に あ り ま す 。 ヒ

の 始 ま り に あ た り 、 す で に 河 川 水 位 は

様 子 で す 。 撮 影 時 期 の 一 〇 月 末 は 乾 季

に 持 ち 込 む こ と に な る た め 、 土 中 の 水

ま し た 。 採 取 し た 土 は 熱 処 理 し て 日 本

ン プ リ ン グ や 物 理 ・ 力 学 試 験 も 実 施 し

特 性 や 力 学 特 性 を 調 べ る た め 、 土 の サ

計 測 し ま し た 。 ま た 、 河 岸 地 盤 の 物 理

地 盤 内 の 水 分 変 化 と 地 下 水 位 の 変 化 を

壌 水 分 計 と 呼 ば れ る 装 置 を 設 置 し て 、

に ボ ー リ ン グ で 穴 を 掘 り 、 そ の 中 に 土

と で す 。 現 場 観 測 で は 、 寺 院 の 空 き 地


コ ン 河 流 域 に お け る 河 岸 侵 食 が 挙 げ ら

河 流 域 各 国 が 抱 え る 問 題 の 一 つ に 、 メ

題 を 紹 介 さ せ て い た だ き ま す 。 メ コ ン

盤 工 学 が 専 門 の 筆 者 か ら み た 表 題 の 問

﹁ ア ジ ア の 環 境 リ ス ク ﹂ に 関 し て 地

め 、 そ の 対 策 に は 異 な っ た 方 法 が と ら

ス 間 の 技 術 力 ・ 経 済 力 の 格 差 な ど の た

に 護 岸 を 施 し て い ま す が 、 タ イ ・ ラ オ

い 曲 線 部 外 岸 側 な ど の 水 衝 部 に 重 点 的

ス 側 両 岸 と も に 強 く 、 侵 食 を 受 け や す

食 の 危 機 に 対 す る 関 心 は タ イ 側 、 ラ オ

で 侵 食 を 受 け て い ま す 。 こ の よ う な 侵

流 下 し て い ま す が 、 河 岸 は 至 る と こ ろ

メ コ ン 河 は 緩 や か な 蛇 行 を 描 き な が ら

位 置 し て い ま す 。 ビ エ ン チ ャ ン 周 辺 の

の 左 岸 側 、 す な わ ち 曲 線 部 の 外 岸 側 に

進 す る 流 れ が 南 へ と 向 き を 変 え る 地 点

傾 向 が あ り ま す が 、 雨 期 の 終 わ り 頃 の

は 河 川 水 位 の 上 昇 す る 雨 期 に 発 生 す る

一 〇 メ ー ト ル に も な り ま す 。 河 岸 侵 食

の 季 節 変 動 に よ る 河 川 水 位 差 は 最 大 約

る モ ン ス ー ン 地 域 で あ り 、 乾 期 と 雨 期

月 ︶ と 雨 期 ︵ 五 月 ∼ 一 〇 月 ︶ の 存 在 す

ビ エ ン チ ャ ン は 乾 期 ︵ 一 一 月 ∼ 四

い く こ と が 必 要 に な り ま す 。

後 、 こ れ ら の 対 策 工 の 効 果 を 検 証 し て

C A に よ る 援 助 も 行 わ れ て い ま す 。 今

床 、 植 生 護 岸 な ど を 用 い て お り 、 J I

に 対 し て ラ オ ス 側 で は 、 蛇 篭 や 粗 朶 沈

東 北 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 准 教 授 ︵ 地 盤 工 学 ︶

で 覆 っ た か な り 強 固 な も の で す 。 こ れ

渦 岡 良 介

根 固 め を し た 後 、 前 面 を コ ン ク リ ー ト

ビ エ ン チ ャ ン に お け る メ コ ン 河 の 河 岸 侵 食

れ て い ま す 。 タ イ 側 の 護 岸 は 、 捨 石 で

あ る 水 資 源 大 学 ︵

ず れ も 日 本 側 ・ ベ ト ナ ム 側 を 合 わ せ て

に と り ま と め ら れ て い る 。

を 鑑 み 、 研 究 の カ ウ ン タ ー パ ー ト で も

究 成 果 を も と に し た 技 術 交 流 の 必 要 性 市 ︶ の 二 度 に わ た り

を 開 催 し た 。 い

の 詳 細 は 、

さ れ た こ と と 、 わ が 国 お け る 調 査 ・ 研 ︵ ハ ノ イ ︶ 、 二 〇 〇 七 年 ︵ ホ ー チ ミ ン し 、 有 意 義 な 交 流 が 行 わ れ て い る 。 そ

以 上 の よ う な 有 益 な 研 究 成 果 が 蓄 積 University

れ ま す 。 近 年 は 地 球 温 暖 化 に よ る 沿 岸

http://donko.civil.tohoku.

低 地 ︵ デ ル タ 地 帯 な ど ︶ の 水 没 の 問 題

hJapan-Vietnam

が 顕 在 化 し て お り ま す が 、 河 岸 侵 食 も

ac.jp/estuary_Workshop_HP/main.

人 々 の 生 活 の 基 盤 で あ る 土 地 の 減 少 を

Estuary Workshopv

引 き 起 こ す 重 要 な 問 題 で す 。 ビ エ ン チ

htm

ャ ン は メ コ ン 河 が 山 岳 地 帯 か ら 平 原 地

Water Resources

帯 へ 出 た 後 、 タ イ と の 国 境 に 沿 っ て 東

︶ と 共 同 し て 二 〇 〇 六 年 一 〇 〇 名 ほ ど の 研 究 者 ・ 技 術 者 が 参 集




よ う や く 分 か る よ う に な っ て き ま し た 。

健 康 状 態 が ど の よ う な も の で あ る の か

し た 。 そ し て 、 そ こ で の 人 々 の 生 活 や

究 が 比 較 的 自 由 に で き る よ う に な り ま

加 盟 を 契 機 に 、 現 在 で は 観 光 や 調 査 研

路 線 を 進 み 、 一 九 九 七 年 の A S E A N

中 国 や ベ ト ナ ム 同 様 に 資 本 主 義 の 経 済

コ ミ と は ほ ぼ 無 縁 の 国 で し た 。 そ の 後 、

八 〇 年 代 の 後 半 ま で 資 本 主 義 国 の マ ス

五 年 以 降 社 会 主 義 の 体 制 を と り 、 一 九

五 五 〇 万 人 が 住 む 山 岳 国 で す 。 一 九 七

ラ オ ス は 日 本 の 本 州 ほ ど の 面 積 に 約

ま す 。 下 痢 症 は 、 ラ オ ス で は マ ラ リ ア

よ る 下 痢 症 に 罹 る リ ス ク が 高 い と い え

れ ら の 人 た ち は コ レ ラ や 赤 痢 、 原 虫 に

大 腸 菌 で 汚 染 さ れ て い た こ と か ら 、 こ

調 査 で は 、 そ れ ら 井 戸 水 の ほ と ん ど が

水 源 は 井 戸 に 頼 っ て い ま す 。 私 た ち の

の み で 、 地 方 に 住 む 八 割 の 人 々 の 飲 料

上 水 の 供 給 は 首 都 と 地 方 都 市 の 市 街 地

他 の 都 市 で は ま だ 処 理 場 は あ り ま せ ん 。

い メ コ ン に 放 流 さ れ て い る 状 態 で す 。

ー ン で 自 然 処 理 さ れ 、 雨 季 の 増 水 に 伴

や 酸 、 ア ル コ ー ル 、 紫 外 線 、 乾 燥 に 弱

い も の と 考 え ら れ ま す 。 コ レ ラ 菌 は 熱

コ レ ラ 伝 播 は 食 中 毒 の 様 式 が 比 較 的 多

れ ま で の フ ィ ー ル ド 調 査 結 果 か ら は 、

が 高 い も の と 思 わ れ ま す 。 私 た ち の こ

今 年 中 に 国 内 で 流 行 が 再 燃 す る 可 能 性

よ る コ レ ラ の 免 疫 は 四 年 ほ ど で す か ら 、

後 の 流 行 は 二 〇 〇 〇 年 で 、 自 然 感 染 に

さ れ て い ま す 。 ラ オ ス で の コ レ ラ の 最

起 き た こ と が 、 す で に 新 聞 な ど で 報 道

ル ト ー ル 小 川 型 コ レ ラ 菌 に よ る 流 行 が



て み た い と 思 い ま す 。

を 通 じ て 感 じ た こ と に つ い て 少 し 述 べ

を 行 っ て い ま す 。 こ こ で は 、 そ の 調 査

心 と し た 水 系 感 染 症 の フ ィ ー ル ド 調 査

こ の 一 五 年 ほ ど ラ オ ス の 下 痢 症 を 中

す が 、 市 中 の 下 水 は 市 街 地 北 部 の ラ グ

ェ ク ト と し て プ ラ ン ト が 稼 動 し て い ま

理 は 首 都 ビ エ ン チ ャ ン の 一 部 で プ ロ ジ

水 道 施 設 に つ い て 申 し ま す と 、 下 水 処

で は イ ン フ ラ の 整 備 が 遅 れ て い ま す 。

こ の よ う に 鎖 国 状 態 に あ っ た ラ オ ス

う 。 今 年 一 月 に 南 部 の ア タ プ ー 県 で エ

な く て は な ら な い も の は コ レ ラ で し ょ

ラ オ ス の 下 痢 症 で 、 今 最 も 気 を つ け

多 い 疾 患 で あ る と 推 計 さ れ て い ま す 。

の こ と か ら 、 下 痢 症 は 世 界 で も っ と も

症 に な ら な い 限 り 病 院 に き ま せ ん 。 こ

知 ら れ ざ る 国 ラ オ ス

国 立 国 際 医 療 セ ン タ ー 研 究 所 適 正 技 術 開 発 ・ 移 転 研 究 部 ︵ 公 衆 衛 生 学 ︶

ラ オ ス の 水 と 下 痢 症

で す が 、 多 く の 下 痢 症 患 者 は よ ほ ど 重

微 生 物 に よ る も の で す 。 日 本 で も そ う

水 ・ 哲 フ ィ ー ル ド ワ ー ク ・ 適 正 技 術 中 村

ル モ ネ ラ 、 原 虫 、 ウ イ ル ス な ど の 病 原

ほ と ん ど が 病 原 性 大 腸 菌 や 赤 痢 菌 、 サ

や 急 性 呼 吸 疾 患 に つ い で 多 い 病 気 で 、


得 ら れ た 現 場 計 測 デ ー タ の 補 間 や そ の

た 。 こ の 結 果 よ り 、 限 ら れ た 観 測 点 で

て 、 地 盤 内 の 浸 透 流 解 析 を 実 施 し ま し

性 や 河 川 の 水 位 な ど を 入 力 デ ー タ と し

施 し ま し た 。 ま ず 、 現 場 の 土 の 浸 透 特

現 場 計 測 以 外 に も さ ま ざ ま な 研 究 を 実

理 解 す る こ と は で き ま せ ん 。 そ こ で 、

だ け で は 河 川 水 位 低 下 時 の 河 岸 侵 食 を

特 性 を 調 べ る こ と が 目 的 で す が 、 こ れ

結 果 よ り 、 河 川 水 位 の 低 下 に 伴 い 発 生

い 影 響 を 及 ぼ し ま す 。 ︵ 2 ︶ 模 型 実 験

た 。 こ の こ と は 河 岸 地 盤 の 安 定 性 に 悪

位 は 高 く 維 持 さ れ る こ と が わ か り ま し

の 初 期 に お い て も 河 岸 地 盤 内 の 地 下 水

当 該 河 岸 で は 河 川 水 位 の 低 下 す る 乾 期

場 計 測 結 果 お よ び 浸 透 流 解 析 に よ り 、

っ た 事 項 は 以 下 の 通 り で す 。 ︵ 1 ︶ 現

現 時 点 で の 調 査 結 果 か ら 明 ら か に な

す 。 こ こ に 記 し て 感 謝 い た し ま す 。

∼ 二 〇 〇 五 年 ︶ の 補 助 で 行 っ た も の で

者 侵 食 東 ・ 北 土 大 砂 学 移 風 動 間 機 基 構 樹 の 教 解 授 明 、 、 二 研 〇 究 〇 代 三 表

費 ︵ 雨 季 乾 季 の あ る 大 陸 大 河 川 の 河 岸

な お 、 本 研 究 は 文 部 科 学 省 科 学 研 究

と 考 え て い ま す 。

や 対 策 に 寄 与 で き る 情 報 を 提 供 し た い

デ ー タ の 蓄 積 を 図 り 、 河 岸 侵 食 の 予 測

生 ま れ て く れ れ ば と 思 い ま す 。

木 や 環 境 に 係 わ る 将 来 の エ ン ジ ニ ア が

興 味 を 持 っ て み て お り 、 こ の 中 か ら 土

ま せ ん 。 特 に 無 邪 気 な 子 供 た ち は 大 変

人 が 多 い 日 本 の 都 市 部 で は こ う は な り

ト ラ と し て 参 加 し て い ま す 。 無 関 心 な

っ て い る ︶ や 近 所 の 住 民 が 多 数 エ キ ス

い っ て も 多 く は 子 供 達 で 昼 は 学 校 に 行

の 試 験 風 景 で す 。 寺 院 の お 坊 さ ん ︵ と

用 い て 試 験 を 実 施 し ま し た 。 図 4 は そ

は 現 地 に 持 ち 込 ん だ 簡 易 な 試 験 装 置 を

分 量 の 影 響 を 受 け る 土 の 強 度 特 性 な ど

で き ま す 。

の 解 析 結 果 の 妥 当 性 を 検 証 す る こ と が

き 起 こ す 現 象 を 実 際 に 観 察 し て 、 上 記

よ り 、 河 川 水 位 の 変 化 が 河 岸 地 盤 に 引

た 模 型 実 験 も 実 施 し ま し た 。 こ の 結 果

の 河 岸 地 盤 と 河 川 水 位 の 変 化 を 模 擬 し

握 す る こ と が で き ま す 。 さ ら に 、 現 場

性 に 与 え る 影 響 を あ る 程 度 定 量 的 に 把

り 、 河 川 水 位 の 変 化 が 河 岸 地 盤 の 安 定

安 定 解 析 を 実 施 し ま し た 。 こ の 結 果 よ

な ど を 入 力 デ ー タ と し て 、 河 岸 地 盤 の

こ の 浸 透 流 解 析 の 結 果 と 土 の 強 度 特 性

妥 当 性 の 検 証 が 可 能 と な り ま す 。 ま た 、

は 十 分 と は い え ま せ ん 。 今 後 は さ ら に

タ な ど が 限 ら れ て お り 、 定 量 的 な 予 測

だ し 、 今 回 の 現 場 調 査 で は 土 質 の デ ー

が 発 生 す る 可 能 性 が 指 摘 で き ま す 。 た

か ら 、 乾 季 の 初 期 に お い て も 河 岸 侵 食

な る こ と が わ か り ま し た 。 以 上 の こ と

に よ っ て は 河 岸 地 盤 の 斜 面 が 不 安 定 に

浸 透 力 が 発 生 し 、 用 い る 地 盤 物 性 の 値

水 位 が 低 下 す る と 背 後 地 盤 内 に 大 き な

現 地 河 岸 地 盤 の 安 定 解 析 に よ り 、 河 川

性 が あ る こ と が わ か り ま し た 。 ︵ 3 ︶

に よ り 、 河 岸 斜 面 が 不 安 定 と な る 可 能

す る 背 後 地 盤 か ら 河 川 方 向 へ の 浸 透 力

現 場 計 測 は 実 際 の 河 岸 地 盤 内 の 水 分




水 を 縦 半 分 に 裂 い た 竹 で 作 っ た

ら 数 百 メ ー ト ル 離 れ た 山 間 の 湧 水 を 源 組 の

常 に 興 味 深 い も の で す 。 彼 ら は 集 落 か

の ェ そ 竹 ン の ク 中 は ア で 伝 ン 、 統 高 首 的 原 都 な に の 給 住 東 水 む 北 の モ 部 方 ン に 法 族 位 と の 置 し 人 す て た る 非 ち シ

ま っ た 布 地 で こ れ ら の 担 体 を 濾 す こ と

い ま す 。 こ の こ と か ら 、 比 較 的 目 が 詰

ジ ン コ な ど の 甲 殻 類 や 藻 類 に 付 着 し て

す 。 コ レ ラ 菌 は 水 中 で は 多 く の 場 合 ミ

グ ラ デ シ ュ の 事 例 か ら 推 奨 さ れ て い ま

て 原 水 を 濾 し て 飲 料 水 を 得 る 事 が バ ン

例 と し て 、 洗 濯 し 着 古 し た 布 地 を 用 い

コ レ ラ の 予 防 に 関 す る 適 正 技 術 の 応 用

法 と し て 今 日 で も 重 要 と 思 わ れ ま す 。

人 々 が 自 主 的 に 生 計 を 支 え る 個 々 の 技

や 国 連 、 N G O の 支 援 で 作 ら れ た 管 井

ん で い ま す が 、 最 近 で は 集 落 内 に 政 府

て い ま す 。 人 々 の 多 く は そ の 川 水 を 飲

下 流 に か け て モ ザ イ ク の よ う に 分 布 し

民 族 が 、 谷 あ い を 流 れ る 川 の 上 流 か ら

ラ 正の オ 技中 ス 術の の 人 山 々 岳 の 部 水 で は 利 さ 用 ま と ざ ま な 少 数

グ ル ー プ ︵

︶ が 提 唱 し た 中 間 、 技 現

E ・ F ・ シ ュ ー マ ッ ハ ー ら が 結 成 し た

周 知 の よ う に こ の 用 語 は 一 九 六 五 年 に

っ た 技 術 を 適 性 技 術 と 呼 ん で い ま す 。

活 用 し 、 経 済 的 に も 地 域 環 境 に も 見 合

人 々 が 自 ら の 生 活 の 場 か ら 生 み 出 し て

は い え ま せ ん 。 と は い え 、 こ の よ う に

腸 菌 群 に 汚 染 さ れ 飲 み 水 と し て 適 切 と

な が ら こ の よ う な 給 水 の ほ と ん ど が 大

て 欲 し い の で す 。

安 全 な 飲 み 水 を 確 保 で き る よ う に な っ

ラ シ 粉 に よ る 消 毒 で 、 小 地 域 で も よ り

も で き ま す し 、 簡 易 浄 水 施 設 を 作 り サ

セ ラ ミ ッ ク の フ ィ ル タ ー を 用 い る こ と

お り ま す 。 水 源 が 湧 水 や 雨 水 で あ れ ば

て 再 開 発 す る 余 地 が ま だ あ る と 考 え て

ム を 、 運 営 管 理 を 含 め た 中 間 技 術 と し

地 に 安 価 に こ の 上 水 を 供 給 す る シ ス テ

︵ ク 筆 を 者 低 は 減 ラ し オ て ス い の る よ こ う と な は 途 明 上 ら 国 か の で 山 ︶ す 間 。

る か に 超 え て 、 下 痢 症 に よ る 死 亡 リ ス

消 毒 は 発 ガ ン に よ る 死 亡 の リ ス ク を は

設 の 維 持 で あ り ま す 。 こ の 塩 素 に よ る

て サ ラ シ 粉 ︵ 塩 素 ︶ を 用 い た 殺 菌 と 施

水 の 前 処 理 ︵ 沈 殿 ・ ろ 過 ︶ と 、 主 と し

な い で し ょ う か 。 こ の 技 術 の 要 点 は 原

水 道 技 術 は 適 正 技 術 の 最 た る も の で は

と こ ろ で 、 逆 説 的 で す が 、 先 進 国 の

で 、 コ レ ラ の リ ス ク が 低 下 す る の で す 。

術 と 同 義 で す 。 こ の 技 術 は 途 上 国 の

水 を 降 ろ し て 使 っ て い る 村 も あ り ま す 。

ITDG

み 合 わ せ 、 巧 み に 傾 斜 を つ け な が ら 集

sion of Certaintyv Springer, 2007



戸 の 水 を 飲 ん で い ま す 。 ま た 山 間 の 湧

Intermediate Technology

落 付 近 に 持 っ て く る の で す 。 お そ ら く

適山

水 を 貯 水 し 、 そ こ か ら ビ ニ ル パ イ プ で Development Group

探 せ ば 他 の 民 族 で も 独 自 の 水 供 給 の た

Rifkin E. & E. Bouwer, hThe Illu-

め の 技 術 や 、 水 脈 、 水 質 に 関 す る 知 識

Practical Action

を 持 っ て い る も の と 思 わ れ ま す 。 残 念


フ ィ ー ル ド ワ ー ク の 実 際

生 水 や 生 食 を 摂 取 し な い な ど 。 方 法 は

け な ら な い よ う に 努 力 し ま す 。 例 え ば 、

気 に な る こ と が あ り ま す が 、 で き る だ

す 。 保 険 も 必 要 で す 。 調 査 者 自 身 も 病

病 や 破 傷 風 ト キ ソ イ ド は 接 種 が 必 須 で

者 は 、 ﹁ ワ ク チ ン で 防 げ る 病 気 、 狂 犬

こ れ は も っ と も な 質 問 で あ り ま す 。 筆

で し ょ う か ? ﹂ と の 質 問 が あ り ま し た 。

い る 環 境 で は ど の よ う に 自 身 を 守 る の

講 生 か ら ﹁ そ の よ う な 病 気 が 蔓 延 し て

症 対 策 に つ い て 講 義 を し ま し た 時 、 受

筆 者 が 先 日 あ る 大 学 で 途 上 国 の 感 染

ま す 。 こ の 村 で は ﹁ ど ぶ ろ く ﹂ を 飲 み

味 で 皆 が 酔 っ 払 う ま で ず っ と 飲 ん で い

ん ど ん 足 し て 飲 む の で す 。 甘 酸 っ ぱ い

プ ラ ス チ ッ ク の バ ケ ツ に 入 れ た 水 を ど

と そ こ に 、 水 牛 の 角 で 作 っ た コ ッ プ で

飲 み 始 め る と 酒 が 減 っ て き ま す 。 す る

の 葬 儀 の と き で し た 。 何 人 か が 一 度 に

初 に 飲 ん だ の は マ ラ リ ア で 死 ん だ 村 人

刺 し て 、 お 互 い に 飲 み 合 う の で す 。 最

そ こ に ス ト ロ ー 代 わ り の 篠 竹 を 人 数 分

す 。 こ れ は 壷 に 入 っ た ﹁ ど ぶ ろ く ﹂ で 、

つ け て ラ オ ハ イ と 呼 ば れ る 酒 を 飲 み ま

プ ー 県 の 山 中 の 村 落 で は 何 か の 行 事 に

し 、 大 い に 反 省 す る 機 会 に な り ま し た 。

ま だ 腕 が あ が っ て い な い こ と を 再 認 識

事 帰 国 す る こ と が で き ま し た が 、 ま だ

ま い ま し た 。 そ の 時 は 周 囲 の 助 力 で 無

つ し て し ま い 、 多 大 な 迷 惑 を か け て し

オ ス の カ ウ ン タ ー パ ー ト へ も 風 邪 を う

主 体 で あ る 鈴 鹿 医 療 科 学 大 の 方 々 や ラ

ン ザ に 感 染 し た も の と 思 わ れ 、 調 査 の

過 ご し ま し た 。 バ ン コ ク で イ ン フ ル エ

の 滞 在 の ほ と ん ど を ホ テ ル の ベ ッ ド で

が で て 、 な か な か 下 が ら ず 、 約 一 週 間

そ し て 、 着 い た 翌 々 日 に 四 〇 度 近 い 熱

ス の 首 都 ビ エ ン チ ャ ン に 出 向 き ま し た 。

れ ま す 。

近 で 具 体 的 な コ レ ラ 感 染 予 防 が 推 奨 さ

加 熱 処 理 し た り し て 摂 取 す る な ど 、 身

十 分 な 乾 燥 あ る い は 天 日 干 し 、 食 品 を

ム の 一 種 ︶ 汁 で 手 を 洗 っ た り 、 食 器 の

ラ ー オ ︵ 蒸 留 酒 ︶ や マ ク ・ ナ オ ︵ ラ イ

カ ル に 入 手 可 能 な 消 毒 剤 と し て ラ オ ・

い こ と か ら 、 食 品 を 取 り 扱 う 際 に ロ ー

状 況 し だ い で す 。 最 近 通 い 始 め た ア タ

と が で き ま せ ん 。 全 部 頂 く か ど う か は

出 さ れ た 飲 料 や 食 事 は な か な か 拒 む こ

た ヒ ト が 調 査 対 象 と な る と き は 好 意 で

査 で は 水 を 味 わ う こ と も 必 要 で す 。 ま

染 リ ス ク の 知 識 は 必 須 で す が 、 水 の 調

は な か な か 困 難 な こ と で す 。 中 毒 や 感

し か し 、 病 気 に な ら な い よ う に す る の

人 に よ っ て 違 い ま す ﹂ と 答 え ま し た 。

が あ る の で す 。 筆 者 は 昨 年 九 月 、 ラ オ

勘 と に 支 え ら れ た 調 査 の 腕 の 良 し 悪 し

事 に 戻 る の に 重 要 で す 。 そ こ に 経 験 と

こ の よ う な 問 題 が 起 き た 後 の 判 断 が 無

の 予 期 し な い 不 調 や 事 故 は 付 き 物 で す 。

無 事 に 戻 る の が 理 想 で す が 、 あ る 程 度

た め の 酒 宴 が 開 か れ ま し た 。

続 け 、 四 年 目 に し て よ う や く 私 た ち の

野 外 調 査 は 万 全 の 装 備 と 体 調 で 臨 み 、




図 1 ヒューマン・セキュ リティ連携国際教育プログ ラムの修士課程の教育概念 図例(GS は Graduate School) .

で 学 位 を 取 得 で き る コ ー ス と な っ て い

上 国 の 学 生 、 社 会 人 を 対 象 と し 、 英 語

新 し い 試 み で あ る 。 学 生 は 主 と し て 途

共 同 ﹁ 大 学 院 教 育 プ ロ グ ラ ム ﹂ と い う

ー ス を 組 織 す る 大 学 内 の 組 織 横 断 的 な

い な が ら 、 そ れ ぞ れ の 研 究 科 で 学 位 コ

は 、 各 組 織 か ら 互 い に 授 業 を 提 供 し 合

こ こ で 実 施 す る 国 際 教 育 プ ロ グ ラ ム

人 ・ 研 究 者 へ の 育 成 を 目 指 し て い る 。

リ テ ィ の 実 現 に 貢 献 で き る 専 門 的 職 業

の リ ー ダ ー と し て ヒ ュ ー マ ン ・ セ キ ュ

た 複 合 的 な 視 点 を も つ 政 策 や 地 域 社 会

も の で あ り 、 従 来 の 専 門 知 の 壁 を 越 え

威 へ の 取 り 組 み を 重 視 し た 概 念 を 学 ぶ

グ ラ ム は 、 ﹁ 人 間 の 安 全 ﹂ に 対 す る 脅

留 学 生 の 比 率 は 七 割 を 超 え る 。 本 プ ロ



プ ロ グ ラ ム は 貢 献 で き る 。

材 を 育 成 す る た め に 、 知 的 側 面 か ら 本

に 対 し 、 こ れ を 予 防 し 対 処 し て い く 人

人 間 の 生 命 ・ 生 活 、 尊 厳 に 対 す る 脅 威

ュ ニ テ ィ の レ ベ ル で 現 在 直 面 し て い る

な く 、 さ ら に 個 々 の 人 間 や 家 族 、 コ ミ

に よ っ て 、 国 家 レ ベ ル で は 言 う ま で も

ル 化 の 進 展 な ど 国 際 社 会 の 急 激 な 変 化

プ ロ グ ラ ム は 提 供 し て い る 。 グ ロ ー バ

的 で 複 合 的 な 学 問 の 枠 組 み の 構 築 を 本

野 を 持 っ た 人 材 を 育 成 す る と い う 横 断

複 数 の 専 門 分 野 が 協 力 し て 複 眼 的 な 視

た め の 枠 組 み を 体 系 化 す る 必 要 が あ る 。

こ の 問 題 を 扱 い 、 こ れ に 対 処 し て い く

い る 。 講 義 は 全 て 英 語 で 行 わ れ て お り 、

知 を 結 合 し た 新 し い 方 法 論 を 習 得 し て

講 義 を 受 講 し 、 問 題 解 決 型 の 学 際 的 な

し て い る

国 際 文 化 研 究 科 が 担 当 し て 教 育 を 実 施

科 、 医 学 系 研 究 科 、 環 境 科 学 研 究 科 、

成 さ れ 、 そ れ ぞ れ の 大 学 院 、 農 学 研 究

プ ロ グ ラ ム の 四 つ の プ ロ グ ラ ム か ら 構

﹁ ヒ ュ ー マ ン ・ セ キ ュ リ テ ィ と 社 会 ﹂

ン ・ セ キ ュ リ テ ィ と 環 境 ﹂ プ ロ グ ラ ム 、

テ ィ と 健 康 ﹂ プ ロ グ ラ ム 、 ヒ ュ ー マ

プ ロ グ ラ ム 、 ﹁ ヒ ュ ー マ ン ・ セ キ ュ リ

ー マ ン ・ セ キ ュ リ テ ィ と 食 糧 ・ 農 業 ﹂

る 。 取 り 扱 う 専 門 領 域 に 応 じ て ﹁ ヒ ュ

︵ 図 1 ︶

。 学 生 は 、 各 研 究 科 の


特集 健康リスクの低減と生活の質の向上―東北大学

人間社会の 安全と安心のために 紹介

こ と を 目 的 と し て 二 〇 〇 五 年 四 月 に 設

育 ・ 研 究 と い う 知 的 側 面 か ら 貢 献 す る

が 、 こ の プ ロ グ ラ ム は こ の 要 請 に 教

門 家 等 の 人 材 育 成 が 急 務 と な っ て い る

環 境 等 の 分 野 で 活 躍 で き る 実 務 家 、 専

み の も と 、 食 糧 ・ 農 業 、 健 康 、 社 会 、

ュ ー マ ン ・ セ キ ュ リ テ ィ ﹂ と い う 枠 組

と く に ア ジ ア 等 の 発 展 途 上 国 で は ﹁ ヒ

て 重 要 な 課 題 と な っ て い る 。 国 際 社 会

テ ィ ﹂ が 国 際 社 会 の 繁 栄 と 安 定 に と っ

し て 登 場 し た ﹁ ヒ ュ ー マ ン ・ セ キ ュ リ

る 。 国 際 社 会 を 理 解 す る 新 し い 概 念 と

連 携 国 際 教 育 プ ロ グ ラ ム を 実 施 し て い

ム と し て 、 ヒ ュ ー マ ン ・ セ キ ュ リ テ ィ

般 を 取 り 扱 う 全 学 の 横 断 教 育 プ ロ グ ラ

対 象 で あ っ て 理 論 で は な い 。 し か し 、

そ の 意 味 で は 、 こ れ は 問 題 の テ ー マ 、

際 的 に 取 り 組 ま れ て い る 問 題 で あ る 。

ィ ﹂ は 、 世 界 的 に は 個 々 の 領 域 か ら 実

で あ る 。 ﹁ ヒ ュ ー マ ン ・ セ キ ュ リ テ

る た め 、 学 際 的 に 対 処 す る こ と が 必 要

複 雑 に 錯 綜 す る と い う 性 格 を も っ て い

の 上 、 こ の 問 題 は 複 数 の 領 域 が 相 互 に

急 に 対 策 を 講 じ る べ き 課 題 で あ る 。 そ

な ど 現 在 ま さ に 人 間 社 会 が 直 面 し 、 緊

A R S な ど の 感 染 症 、 環 境 破 壊 、 テ ロ

あ る 。 し か も 、 食 の 安 全 や エ イ ズ や S

き れ な い 幅 広 い 領 域 に ま た が る 課 題 で

題 は 、 一 つ の 研 究 分 野 だ け で は 対 処 し

﹁ ヒ ュ ー マ ン ・ セ キ ュ リ テ ィ ﹂ の 問

東 北 大 学 は 、 人 間 に 関 わ る リ ス ク 全

︵東 水北 文大 学学 ︶大 学 院 環 境 科 学 研 究 科 准 教 授

風 連ヒ 間 携ュ ー 聡 国マ

際ン 教・ 育セ プキ ロュ グリ ラテ ムィ

置 さ れ た 。




図 2 建築・社会環境工学科の建物.

星 ﹂ と 言 わ れ る よ う に 、 水 は 私 た ち の

図 3 水環境デザインコースの研究教 育活動.左上:阿武隈川河口の海水混合 調査,右上:都市の親水空間,左下:地 震により発生・来襲する津波,右下:都 市下水の浄化とエネルギー回収施設.

ベ ル の 研 究 成 果 を 発 表 し て い ま す 。

究 を 展 開 し 、 世 界 を リ ー ド す る 高 い レ



水 ・ 環 境 ・ 防 災 に 関 す る さ ま ざ ま な 研

害 ポ テ ン シ ャ ル ﹂ の 七 つ の 分 野 が あ り 、

学 ﹂ ﹁ 環 境 生 態 工 学 ﹂ ﹁ 津 波 工 学 ﹂ ﹁ 災

水 理 学 ﹂ ﹁ 環 境 保 全 工 学 ﹂ ﹁ 環 境 水 質 工

研 究 室 と し て ﹁ 水 環 境 シ ス テ ム ﹁ ﹂ 環 境

ス テ ム を 学 ぶ こ と が で き ま す 。 ま た 、

然 と の 共 生 を 図 る 社 会 開 発 の 技 術 ・ シ

な 生 態 系 を 保 全 し て 、 安 全 ・ 安 心 で 自

辺 、 潤 い の あ る 都 市 を り 、 さ ま ざ ま

が あ り ま す 。 こ の コ ー ス で は 快 適 な 水

地 球 環 境 学 、 水 環 境 デ ザ イ ン 演 習 な ど

工 学 、 水 道 工 学 、 沿 岸 海 洋 環 境 工 学 、

工 学 、 環 境 計 画 、 環 境 保 全 工 学 、 生 態

義 科 目 は 水 理 学 、 陸 水 の 運 動 学 、 水 質

本 コ ー ス で 提 供 し て い る 代 表 的 な 講

い て 活 躍 し て い ま す 。

ア フ リ カ 、 ヨ ー ロ ッ パ な ど 、 世 界 に お

中 国 の み な ら ず 、 東 南 ア ジ ア 、 南 米 、

こ と を ご 紹 介 し ま す 。 地 球 は ﹁ 水 の 惑

の で 、 こ の コ ー ス に つ い て 少 し 詳 し い

私 は 水 環 境 デ ザ イ ン コ ー ス の 教 員 な

育 ・ 研 究 活 動 を 行 っ て い ま す

い つ な が り と 未 来 を 考 え 、 以 下 の 教

人 ・ 水 ・ 環 境 、 そ し て 地 球 と の よ り よ

︵ 図 3 ︶

ま 近 す 年 。 、 留 学 生 が 増 え 、 卒 業 生 は 韓 国 、

何水 を環 極境 めデ るザ かイ ?ン コ ー ス で

資 源 で す 。 水 環 境 デ ザ イ ン コ ー ス で は 、

生 活 ・ 生 産 活 動 に と っ て 必 要 不 可 欠 な


築 学 ﹂ の 五 つ の コ ー ス を 設 け る こ と に

画 ﹂ ﹁ 都 市 ・ 建 築 デ ザ イ ン ﹂ ﹁ 都 市 ・ 建

﹁ 水 環 境 デ ザ イ ン ﹂ ﹁ 都 市 シ ス テ ム 計

本 学 科 で は 、 ﹁ 社 会 基 盤 デ ザ イ ン ﹂

材 育 成 を 行 っ て い ま す 。

け で な く 世 界 的 に み て も 特 徴 が あ る 人

で き る よ う に 設 計 さ れ て お り 、 国 内 だ

養 お よ び 高 度 な 専 門 知 識 の 両 方 を 習 得

本 学 科 の 教 育 プ ロ グ ラ ム は 幅 広 い 教

ど の 教 育 機 関 や 研 究 機 関 へ 就 職 し て い

に 博 士 課 程 へ 進 学 し 、 そ の 後 、 大 学 な

そ れ ぞ れ 活 躍 し て い ま す 。 六 % は さ ら

会 基 盤 づ く り ・ 社 会 環 境 管 理 の 分 野 で

二 割 弱 が 公 務 員 と な り 、 都 市 建 設 ・ 社

造 す る 人 材 を 育 成 し て い ま す 。

な 文 化 的 都 市 ・ 社 会 環 境 を デ ザ イ ン し

融 合 さ せ る こ と に よ り 持 続 可 能 で 豊 か

と な く 建 築 ・ 土 木 ・ 環 境 の 学 問 分 野 を

な が ら も 、 旧 来 の 枠 組 み に 執 着 す る こ

建 築 と い う 従 来 の 学 問 分 野 を 基 礎 と し

統 合 し て 誕 生 し ま し た

多 く 生 み 出 さ れ て い ま す 。

い 評 価 を 得 て い る 人 材 ・ 研 究 成 果 が 数

な ど 多 岐 に わ た っ て お り 、 国 内 外 で 高

用 技 術 、 地 震 ・ 津 波 の 防 災 ・ 減 災 技 術

運 輸 ・ 電 力 ・ 通 信 ・ 重 工 関 係 に 就 職 し 、

建 設 ・ 設 計 ・ 住 宅 環 境 、 二 割 ぐ ら い が

ま す 。 修 士 課 程 修 了 後 に は 、 四 割 強 が

社 に 就 職 し 、 三 % は 公 務 員 と な っ て い

環 境 工 学 科 は 、 二 一 世 紀 に お け る 社 会

す る 学 問 で す 。 東 北 大 学 の 建 築 ・ 社 会

市 ・ 建 築 や 社 会 環 境 を デ ザ イ ン し 整 備

化 的 な 生 活 空 間 を 造 す る た め に 都

建 築 ・ 社 会 環 境 工 学 と は 、 豊 か で 文

水 か ら 建 物 、 都 市 、 地 域 シ ス テ ム 、 さ

す 。 取 り 扱 う 対 象 は 、 建 設 材 料 ・ 構 造 、

り な ど 幅 広 い 教 育 ・ 研 究 を 行 っ て い ま

災 を 考 え た 都 市 ・ 地 域 ・ 生 活 空 間 づ く

都 市 計 画 ・ デ ザ イ ン の 理 解 、 環 境 ・ 防

よ り 、 自 然 ・ 社 会 シ ス テ ム の 勉 強 か ら

み な ら ず 高 度 な 工 学 専 門 教 育 が 要 望 さ

学 し ま す 。 現 在 の 社 会 に お い て 教 養 の

学 部 卒 業 生 の 九 〇 % 弱 は 大 学 院 へ 進

れ て 学 生 が 研 究 室 に 配 属 さ れ ま す 。

ま す 。 四 年 生 か ら さ ら に 分 野 別 に 分 か

コ ー ス に 分 か れ て 専 門 的 教 育 を 実 施 し

開 発 と 都 市 環 境

。 土 木 ・

〇 四 年 四 月 に 建 築 学 科 と 土 木 工 学 科 が

構 造 デ ザ イ ン 、 環 境 技 術 、 生 態 学 の 応

市 ・ 地 域 計 画 、 建 築 デ ザ イ ン 、 材 料 ・

ら に は 地 球 規 模 ま で と 広 く 、 内 容 も 都

生 の 六 % は 建 設 ・ 設 計 ・ 住 宅 環 境 の 会

率 と な っ て い ま す 。 そ の 他 、 学 部 卒 業

れ て い ま す の で 、 こ の よ う な 高 い 進 学

︵ 図 2 ︶

造 を 見 据 え て 、 二 〇

︵ 環東 境北 保大 全学 工大 学学 ︶院 工 学 研 究 科 准 教 授

科 の 一 体 教 育 を 行 い 、 そ れ か ら 五 つ の

李建 玉築 友・

け て 行 っ て い ま す 。 最 初 の 一 年 半 は 学

社 会 環 境 工 学 科 の 目 指 す も の

受 け 入 れ て い ま す 。 教 育 は 三 段 階 に 分

本 学 科 で は 毎 年 約 一 二 〇 名 の 学 生 を




ト レ を や り 過 ぎ な い こ と を 注 意 す る よ う に な

次 の 日 は ぐ っ た り が パ タ ー ン だ っ た 。 今 は 筋

い 、 長 生 き す る 。 ホ ン ト に 長 生 き す る ぞ 。

に 過 ご す 。 二 病 を 患 う と 、 更 に 健 康 に 気 を 使

一 病 を 患 っ て い る と 、 身 体 を 気 づ か っ て 無 事

に 酔 っ た 。 バ ー ベ ル 上 げ を ガ ン ガ ン 頑 張 っ て 、 一 病 息 災 、 二 病 長 命 と は よ く 言 っ た も の だ 。

と 、 酒 を 飲 む よ う に 、 筋 肉 を 磨 く ナ ル シ ズ ム 分 か ら な い こ と を 言 っ て 喜 ん で い る 。

に 気 が つ か な か っ た の は 、 老 い ゆ く こ と に 心

る ﹂ よ り も 深 く て 重 い 。 大 病 を 患 う ま で 老 い

で あ る 。 こ の ﹁ 識 る ﹂ と い う 言 葉 は 、 ﹁ 知

今 に な っ て ﹁ 老 い を 識 る ﹂ と い う の が 実 感

く が サ 統 と 連 ー 領 、 れ ジ の て の 筋 行 レ ト く ベ レ と ル も 大 は 有 喜 か 名 び な だ す り 。 る 低 た 。 く だ な 銭 、 し ど 湯 日 、 に 本 海 と 連 に 外 わ れ 来 の け て て マ の 行 私 ッ

ト レ ー ニ ン グ ジ ム に 通 っ て い る 。 ブ ッ シ ュ 大

っ た 。 聞 い て み る と 、 海 外 の 研 究 者 も 、 結 構

キ ロ を 超 え る よ う な 巨 漢 は 、 最 近 は 居 な く な

昔 は ト レ ー ニ ン グ ジ ム に 行 っ て 調 子 が い い

iEverybody is equalw

っ た 。 筋 肉 は 使 い 過 ぎ る と 疲 労 し て 痛 み を 発

認 め て 受 け 入 れ る こ と が 必 要 だ っ た 。

が 反 抗 し て い た た め で あ る 。 そ れ を す ば や く

を 何 度 も 経 験 し た 。

私 の 研 究 分 野 で も 、 欧 米 の 研 究 者 で 一 〇 〇

後 、 そ の ま ま 午 前 中 寝 て し ま っ た り と 、 失 敗

気 づ い た ら 夜 中 の 三 時 に な っ て い た り 、 朝 食

な い 。 そ の ま ま 寝 て し ま う か ら だ 。 夕 食 後 、

電 気 マ ッ サ ー ジ 機 は あ っ て も ほ と ん ど 使 わ

不 味 い と き は 、 必 ず 体 調 を 崩 し て い る 。

ル が 格 別 で あ る 。 不 思 議 な こ と に 、 ビ ー ル が

体 重 計 で 計 っ て 一 キ ロ 落 と す 。 そ の 後 の ビ ー

サ ウ ナ と 水 風 呂 、 こ れ を 何 度 も 繰 り 返 し て 、

林 隆久 京都大学生存基盤科学研究ユニット研究フェロー(生存圏研究所准教授) (樹木分子生物学)



で や っ て も ら う も の に は 気 を 使 う 。

見 な が ら や っ て も ら う 。 夫 婦 の 間 で も 、 タ ダ

言 い だ す の で 、 テ レ ビ の そ ば で ニ ュ ー ス な ど

な る 。 二 〇 分 間 以 上 に な る と 、 女 房 が 文 句 を

〇 代 の 頃 に 戻 っ た と 思 う く ら い に 身 体 が 軽 く

る 。 サ ウ ナ で 我 慢 し て ザ ブ ン と 水 風 呂 に 入 る 。

ど の 他 に 、 大 き い サ ウ ナ と 大 き な 水 風 呂 が あ

間 以 上 過 ご す 。 楽 し い 電 気 風 呂 、 露 天 風 呂 な

毎 週 の 筋 ト レ の 後 は 近 く の 銭 湯 に 行 っ て 一 時

す る が 、 逆 に 使 わ な い で い て も 痛 み が 生 じ る 。


き な が ら 、 合 間 に マ ッ サ ー ジ を す る 山 本 さ ん

れ で 見 つ け た の は 、 簡 素 な ア パ ー ト で 絵 を 書

人 づ て に 聞 い て 試 す の で 資 金 も 結 構 い る 。 そ

ー ト を 見 つ け る の は 容 易 で は な い こ と だ っ た 。

っ た の は 、 マ ッ サ ー ジ の 世 界 で 真 の エ キ ス パ

指 圧 、 整 体 、 針 、 灸 な ど を 試 し た 。 そ こ で 知

診 断 さ れ た 。 そ こ で 、 さ ま ざ ま な マ ッ サ ー ジ 、

で M R を 撮 っ て も ら っ た ら 、 筋 肉 痛 で あ る と

に 手 術 を し て く だ さ い と 言 わ れ た 。 京 大 病 院

腰 の レ ン ト ゲ ン を 撮 っ て ヘ ル ニ ア だ か ら 直 ぐ

ク リ 腰 に な っ た 。 近 く の 総 合 病 院 に 行 っ た ら 、

大 病 に も 懲 り な か っ た の か 、 数 年 後 に ギ ッ

で 数 例 し か な い そ の 病 気 を 的 確 に 診 療 し た 。

腫 れ た 。 診 て く れ た 医 者 が 名 医 だ っ た 。 日 本

患 に な っ た 。 ち ょ っ と カ ゼ を ひ く だ け で 耳 が

た 。 無 茶 を し 過 ぎ て 三 五 歳 で 耳 の 自 己 免 疫 疾

た し 、 酒 を 飲 み な が ら 論 文 を 書 く こ と も あ っ

信 が あ っ た 。 二 晩 徹 夜 で 実 験 す る こ と も あ っ

学 生 時 代 は 体 育 会 で 鍛 え た の で 身 体 に は 自

ハ イ ヒ ー ル の 踵 が ツ ボ に サ ク ッ と 入 る と 、 二

イ ヒ ー ル を 履 い て や っ て も ら っ た こ と も あ る 。

首 か ら 背 中 を 反 動 を つ け て 強 く 押 す 。 昔 は ハ

次 に 、 片 足 を 床 に つ け 、 も う 一 方 の 足 の 踵 で

っ て 、 足 、 腰 、 背 中 、 肩 、 腕 を 踏 ん で い く 。

と な っ て い る 。 う つ 伏 せ に な っ た 私 の 上 に 立

女 房 に 足 で 踏 ん で も ら う の は 、 毎 朝 の 日 課

異 な る が 、 終 わ っ た 後 は 本 当 に す っ き り す る 。

に ス ー ッ と 入 る 。 山 本 さ ん と は 治 療 の 仕 方 が

ら あ か ん ﹂ と 叱 る 。 細 い 指 が 痛 み の あ る ツ ボ

が ら 、 ﹁ も っ と 息 を 吐 い て ﹂ と か ﹁ 力 入 れ た

過 ぎ た 女 性 で 私 よ り 遥 か に 元 気 だ 。 指 圧 し な

ス ー パ ー の 中 で 店 を 開 く 忍 さ ん は 、 六 〇 を

全 て つ な が っ て い る ん よ ﹂ が 彼 の 口 癖 で あ る 。

で あ る 。 ﹁ 筋 肉 は 瀬 戸 大 橋 の ワ イ ヤ の よ う に

の ひ ず み で 痛 み が く る 、 と い う の が 彼 の 持 論

と い う も の は 、 痛 い 箇 所 と は 異 な っ た と こ ろ

り 、 別 の 部 位 を 押 し て 痛 み を な く す 。 筋 肉

で あ る 。 彼 は 患 部 に は 触 れ ず に 、 筋 肉 の 筋 を

一 病 息 災 、 二 病 長 命

連載 エッセイ 


の 秘 儀 で も あ り ま す 。

剣 に 尋 ね て い く べ き で は な い で し ょ う か 。

造 の 始 原 へ の 回 帰 で あ り 、 新 た な 活 性 化 へ

る の だ と 思 わ れ ま す 。 一 般 に 祖 型 の 反 復 は 、

る と き 、 と り わ け 大 き な 意 味 が あ る こ と に な

に と っ て も は や 祖 型 と し て 完 成 し た も の で あ

こ の こ と は 、 伝 承 さ れ る べ き も の が 、 当 事 者

え の な い メ リ ッ ト で あ る の か も し れ ま せ ん 。

う い う 時 代 で す か ら 、 私 た ち は そ れ こ そ を 真

畢 竟 、 何 を 目 指 し て 生 き て い く の か 。 今 、 こ

る の か も し れ ま せ ん 。 人 間 と し て 生 ま れ て 、

さ ら に 根 本 的 な ﹁ 人 間 と し て の 生 き 方 ﹂ も あ

れ る べ き も の の 中 に 、 物 や 技 術 だ け で は な く 、

そ う し た 世 代 の 更 新 の 中 で な お 反 復 伝 承 さ

竹村牧男 東洋大学教授 (仏教学)



も ま た 永 遠 に 伝 承 さ れ て い く こ と は 、 か け が

け で な く 、 そ れ ら の 物 を 作 り 出 す 貴 重 な 技 術

た だ 、 こ の こ と に よ っ て 、 建 物 や 調 度 品 だ

っ て も っ と も 大 切 な も の で す 。

を 表 現 し た も の な ど は 、 古 来 、 常 に 人 間 に と

に 違 い あ り ま せ ん 。 心 の 中 の ﹁ 聖 な る も の ﹂

と も 贅 沢 な こ と で す 。

方 を 生 み 出 し て い る の で し ょ う が 、 実 に な ん

が 、 こ う し た あ る 意 味 で の 無 駄 を 厭 わ な い 仕

変 ら ず に 複 製 さ れ ま す 。 永 遠 の 存 続 へ の 希 求

ら ゆ る 調 度 品 等 が 、 も う 一 度 、 ま っ た く 前 と

さ ら に 、 建 物 だ け で な く 、 儀 式 等 に 必 要 な あ

え 、 実 際 は ま だ ま だ 十 分 に 使 え る で し ょ う 。

建 物 も 、 白 木 と し て は や や 汚 く な っ た と は い

地 が 二 つ 用 意 さ れ て い な け れ ば な り ま せ ん 。

勢 の 神 宮 を 例 に と れ ば 、 ま ず そ っ く り 同 じ 敷

必 要 に な る こ と は 否 め な い こ と で し ょ う 。 伊

遷 宮 と い う 方 式 に は 、 多 く の 資 産 的 余 裕 が

復 さ せ て 伝 え つ づ け る べ き も の も な お 、 あ る

の と き し か も 、 い つ に な っ て も 変 わ ら ず に 反

真 の 持 続 性 は 実 現 す る よ う に 思 わ れ ま す 。 こ

代 謝 に よ る 持 続 や 更 新 の 中 で の 進 化 に こ そ 、

え て い く と い う こ と も あ り ま す 。 む し ろ 新 陳

の に 変 え て い く こ と が 、 あ る 事 物 の 存 続 を 支

新 た な 素 材 の 提 供 等 を ふ ま え 、 種 々 新 し い も

す 。 一 方 、 時 代 ・ 社 会 の 変 化 、 技 術 の 進 展 、

現 代 人 が 未 来 世 代 に 対 し て 負 う 重 要 な 使 命 で

か け が え の な い す ば ら し い 文 化 財 の 保 護 は 、

持 し 続 け る こ と は と て も 大 切 な こ と で し ょ う 。

古 来 存 在 し て い る も の を 、 そ の ま ま 護 り 維


し ょ う 。 そ こ に 、 人 間 の 永 遠 な る 存 在 へ の 祈

う る 恒 常 的 な 存 在 を 作 り 出 す こ と に よ っ て で

な 材 料 を 用 い 、 技 術 を 駆 使 し て 、 風 雪 に 耐 え

こ う し た 建 築 物 が 存 続 し て い る の は 、 頑 丈

も し れ ま せ ん 。

う に 組 み 上 げ る か が 、 一 つ の 焦 点 に な る の か

続 ・ 進 化 の 保 証 を 社 会 シ ス テ ム と し て ど の よ

ィ と い う 問 題 を 考 え る 時 、 こ の 更 新 に よ る 持

宇 に は 、 た だ た だ 圧 倒 さ れ て し ま い ま す 。

る 寸 法 と 高 さ と を 示 し て い て 、 そ の 広 大 な 気

寺 の 南 大 門 は 、 日 本 人 の ふ つ う の 感 覚 を 超 え

禪 寺 の そ れ な ど が 、 す ぐ 想 起 さ れ ま す 。 東 大

く あ り ま す 。 東 大 寺 の 南 大 門 や 、 知 恩 院 ・ 南

日 本 に も 、 寺 院 等 に は 古 く て 大 き な 門 が 多

可 能 性 が あ り ま す 。 地 球 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ

に よ っ て 種 は 存 続 し 、 か つ 進 化 さ え し て い く

の と 同 様 で す 。 個 体 は 死 ん で も 、 個 体 の 交 替

か も 生 命 が 新 陳 代 謝 に よ っ て 維 持 さ れ て い く

的 に は 永 遠 の 存 在 に な り え ま す 。 そ れ は あ た

し か し 更 新 に よ る 相 続 の 方 式 に よ れ ば 、 理 論

は 、 私 に は 理 解 で き ま せ ん 。

を 、 わ ざ わ ざ 無 く し て し ま い た い と い う 心 境

こ と と 思 わ れ ま す 。 せ っ か く の 貴 重 な 文 化 財

そ う し な け れ ば 永 遠 の 存 在 に は な り え ま せ ん 。

特 に 木 造 の 場 合 、 細 心 の 注 意 が 必 要 で あ り 、

頑 丈 で 恒 常 的 な 建 物 を 維 持 し て い く に は 、

ゆ る 人 々 が 、 何 と も や り き れ な い 思 い を し た

し た 。 韓 国 の 人 々 の み な ら ず 、 地 球 上 の あ ら

る も の で あ っ た だ け に 、 実 に 衝 撃 的 な 事 件 で

も 焼 け 落 ち て し ま っ た の は 、 そ れ も 放 火 に よ

て い た 南 大 門 ︵ 正 式 名 称 = 崇 礼 門 ︶ が 無 惨 に

先 ご ろ 、 韓 国 ソ ウ ル 市 の 中 心 部 に 座 を 占 め

建 造 物 の 永 遠 の 存 続 を は か っ て い ま す 。

神 宮 は 二 〇 年 ご と の 遷 宮 と い う こ の 方 式 で 、

の を 作 り な お す 方 法 で す 。 た と え ば 、 伊 勢 の

す 。 そ れ は 、 期 限 を 切 っ て 、 絶 え ず 同 一 の も

の 持 続 性 を 保 証 す る も う 一 つ の 方 法 が あ り ま

り が 表 現 さ れ て い ま す 。 し か し 一 方 、 建 造 物

文 化 の 伝 承 を め ぐ っ て

連載 エッセイ 


た 、 ﹁ 科 学 技 術 ﹂ と い う 文 化 が 形 成 さ れ た 一

ざ し 、 そ れ に 一 定 程 度 成 功 し た の で あ る 。 ま

り 強 く 言 え ば 普 遍 的 な ﹁ 知 ﹂ で あ る こ と を め

と い う 文 化 は 、 そ の よ う な 普 遍 的 な 方 法 、 よ

こ と は で き な い と い う こ と は 確 か で あ ろ う が 。

か つ 対 象 と し て い る 限 り 、 こ の 問 い に 答 え る

進 国 の 人 間 の み を サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 主 体

し て い る の か 。 実 は そ れ は 自 明 で は な い 。 先

て い る の か 、 何 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を め ざ

木村 競 城大学教授 (哲学・倫理学)



実 際 、 近 代 文 明 化 を 実 現 し た ﹁ 科 学 技 術 ﹂

で は 、 一 体 我 々 は 何 を sustain

八 世 紀 の ヨ ー ロ ッ パ は 、 ﹁ 理 性 ﹂ と い う 名 の

し よ う と し

じ よ う に 活 動 す る こ と が 可 能 に な る 。

地 域 で も 、 ど ん な 自 然 環 境 の と こ ろ で も 、 同

が で き た な ら ど う だ ろ う か 。 地 球 上 の ど ん な

じ 仕 方 で 利 用 す る た め の 方 法 を 確 立 す る こ と

し か し 、 も し 、 自 然 を 同 じ 仕 方 で 改 造 し 、 同

﹁ 人 類 ﹂ な ど と い う 概 念 が 生 じ る わ け も な い 。

な る 文 化 の も と で 生 活 す る 各 地 域 を 通 覧 し て

得 な い 。 こ の 対 応 を ﹁ 文 化 ﹂ と 呼 ぶ な ら 、 異

こ で 生 き る 人 々 の 対 応 は 各 々 に 異 な ら ざ る を

大 す る こ と に 他 な ら な い 。

文 明 化 と そ れ に 応 じ た 生 き 方 を 地 球 規 模 に 拡

透 す る こ と に よ っ て で あ ろ う が 、 そ れ は 近 代

れ ば 、 ま さ に グ ロ ー バ ル 経 済 化 が 世 界 中 に 浸

い 。 も し 、 こ の よ う な も の が 想 定 で き る と す

う な も の を 無 条 件 に 想 定 す る わ け に は い か な

で あ れ ば 、 ﹁ 人 類 ﹂ や ﹁ 地 球 社 会 ﹂ と い う よ

し 、 そ れ に 応 じ た 生 き 方 を 変 え よ う と い う の

だ か ら こ そ 、 そ の よ う な 近 代 文 明 化 を 見 直

地 球 上 の 各 地 域 の 自 然 環 境 は 各 々 異 な る 。 そ

と ら え る こ と を 可 能 に し た も の だ か ら で あ る 。

う 概 念 を 可 能 に し 、 ﹁ 地 球 ﹂ を 一 つ の 世 界 と

な ぜ な ら 、 近 代 文 明 化 こ そ が ﹁ 人 類 ﹂ と い

と な っ た 。

同 じ ﹁ 人 類 ﹂ で あ る と い う 意 識 を 支 え る こ と

れ が 浸 透 し た 地 域 の 人 々 の 生 活 を 共 通 化 し 、

提 と す る 産 業 と 生 活 ス タ イ ル へ の 変 化 は 、 そ

は 答 え に な ら な い の で あ る 。

き 方 を 変 え よ う と い う の で あ る な ら 、 こ れ で

か し 、 近 代 文 明 化 を 見 直 し 、 そ れ に 応 じ た 生

近 代 文 明 化 す な わ ち 大 量 生 産 ・ 大 量 消 費 を 前

等 を 高 ら か に 宣 言 し た 時 代 で あ っ た 。 そ し て 、

下 に ﹁ 人 間 ﹂ あ る い は ﹁ 人 類 ﹂ の 共 通 性 、 平


が 、 近 代 文 明 化 的 生 き 方 と は 異 な る 生 き 方 、

が ど の よ う な も の か は は っ き り と わ か ら な い

こ と は 自 明 で あ ろ う と い う 向 き も あ ろ う 。 し

環 境 ﹂ だ と 答 え た く な る と こ ろ で あ る 。 そ の

こ の 問 い に 対 し て は 、 そ れ は ﹁ 人 類 と 地 球

の 反 省 意 識 を も っ て い る 。 だ か ら こ そ 、 そ れ

大 量 消 費 ・ 大 量 廃 棄 に つ な が る 近 代 文 明 化 へ

か し 、 自 分 た ち の 価 値 観 、 つ ま り 大 量 生 産 ・

思 い が 十 分 に わ か っ て い る わ け で は な い 。 し

こ の 問 い は 必 然 的 に 生 じ て く る 。

化 を 見 直 し 、 生 き 方 を 変 え よ う と 言 う な ら ば 、

し か し 、 持 続 可 能 性 を 高 め る た め に 近 代 文 明

は な い 。 そ れ を 今 探 ろ う と し て い る の だ か ら 。

確 か に 、 我 々 は 開 発 途 上 国 の 人 々 の 価 値 観 、 と は ど の よ う な も の か を 答 え よ と い う 問 い で

は 反 論 が 可 能 だ ろ う 。

こ の 問 い は 、 近 代 文 明 社 会 と は 異 な る 社 会

こ れ を 、 ﹁ お ご り ﹂ と 言 っ て し ま う こ と に る の か と い う 問 い で あ る 。

い で は な い か 、 と い う 物 言 い に 対 し て で あ る 。

ば な ら な い 開 発 途 上 国 の 人 々 に 示 し が つ か な

消 費 の 近 代 文 明 化 を 思 い と ど ま っ て も ら わ ね

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の た め に 、 大 量 生 産 、 大 量

要 が あ る 。 そ れ な く し て は 、 人 類 と 環 境 の サ

我 々 は 何 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を め ざ し て い

て い る の か と い う 問 い で あ る 。 あ る い は 、

そ れ は 、 一 体 我 々 は 何 を

ら ば も う 一 度 問 わ れ る べ き 重 要 な 問 い が あ る 。

そ れ は そ の 通 り だ と 思 う 。 し か し 、 そ れ な

sustain

文 化 を 探 ろ う と し て い る の だ 。 人 類 と 環 境 の

し よ う と し

は 大 量 生 産 、 大 量 消 費 の 生 活 態 度 を 改 め る 必

種 の お ご り が あ る と い う こ と を 述 べ た 。 我 々

上 国 の 人 々 の 価 値 観 や 思 い へ の 無 知 と 、 あ る

第 六 号 で 、 次 の よ う な 考 え 方 に は 、 開 発 途

知 恵 を 見 直 そ う と し て い る の だ 、 と 。

前 の 社 会 の 、 自 然 と の 共 存 を 可 能 に し て い る

浸 透 し て い な い 地 域 、 あ る い は 近 代 文 明 化 以

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の た め に 、 近 代 文 明 化 が

人 類 ? 地 球 環 境 ?

連載 エッセイ 


の は 存 在 し な い の で は な か ろ う か 。 誰 も ﹁ う

に 。 思 う に 、 も は や 厳 し い 先 輩 な ど と い う も

話 す プ ロ な ら 徹 底 的 に 教 育 を 受 け る は ず な の

も 止 め な い の だ ろ う か 。 N H K で も 民 放 で も 、

な ぜ こ ん な 変 な 日 本 語 が 流 行 り 、 し か も 誰

す か ? ﹂ と 言 お う で は な い か 。

電 話 し て ﹁ 今 の 日 本 語 お か し い の で は な い で

失 わ れ て し ま う 。 心 あ る 日 本 人 よ 、 N H K に

二 度 と 元 に は も ど ら な い の と 同 じ く 、 永 遠 に

う 日 本 語 は 死 ん だ も 同 然 。 一 度 失 っ た 環 境 は

﹁ あ げ る ﹂ 流 行 で あ る 。

る 。 N H K で 日 本 語 が 乱 れ て し ま っ た ら 、 も

げ る と 、 き れ い に 混 ざ り ま す ﹂ な ど が あ る 。

し か し 、 い ま や 日 本 語 は 背 水 の 陣 と も 言 え

戸髙恵美子 千葉大学助教 (リスクコミュニケーション)



ほ か の 例 で は ﹁ サ ラ ダ を こ ん な 風 に 混 ぜ て あ

に 切 っ て く れ る と 幸 せ ﹂ と か 思 う の だ ろ う か 。

ん ﹂ と か 人 格 が あ る の だ ろ う か 。 ﹁ こ ん な 風

に 使 う 。 ス イ カ に は ﹁ 太 郎 君 ﹂ と か ﹁ 花 子 さ

あ げ る と 、 き れ い に 切 れ ま す ね ぇ ﹂ と い う 風

用 法 は 、 例 え ば ﹁ ス イ カ を こ ん な 風 に 切 っ て

る お か し な 日 本 語 に ﹁ あ げ る ﹂ が あ る 。 こ の

ほ か に も 最 近 テ レ ビ を 中 心 に は び こ っ て い

ビ を 見 な が ら 腕 組 み し て し ま う の で あ る 。

っ て し ま っ て い る の で は な い か 、 と 私 は テ レ

て ま す よ ﹂ と 言 わ れ る と 、 ﹁ あ 、 そ う ﹂ と 黙

っ た と こ ろ で 、 若 者 に ﹁ で も み ん な そ う 言 っ

﹁ そ の 使 い 方 、 お か し い ん じ ゃ な い の ﹂ と 言

と い う と 、 た ぶ ん し て い な い の で は な い か 。

ん が 、 う る さ く 若 手 に 日 本 語 を 正 し て い る か

て 説 明 し た り す る 。 し か し 、 こ の 言 葉 お じ さ

ナ ウ ン サ ー に 語 り か け た 。

私 は 静 か に お 茶 を 飲 み な が ら テ レ ビ の 中 の ア

う そ う 、 美 し い 日 本 語 が あ る じ ゃ な い の ﹂ と

ナ ウ ン サ ー が 最 近 の 日 本 語 の 傾 向 な ど に つ い

ば お じ さ ん ﹂ と い う 番 組 が あ り 、 ベ テ ラ ン ア

N H K に は 、 非 常 に マ イ ナ ー だ が 、 ﹁ こ と

す か ら ﹂ と 言 う よ う に な っ た の で あ る 。 ﹁ そ に し て お か な け れ ば な ら な い 。

﹁ な の で ェ ﹂ を 使 わ な く な り 、 代 わ り に ﹁ で

っ て く れ た 。 件 の ア ナ ウ ン サ ー 、 そ の 後 一 切

﹁ わ か り ま し た 。 今 す ぐ お 伝 え し ま す ﹂ と 言

て な っ て い る の で は な い こ と は こ こ で 明 ら か

は な り た く な い の で あ る 。 私 だ っ て な り た く

る さ い お じ さ ん ﹂ や ﹁ う る さ い お ば さ ん ﹂ に


あ っ と い う 間 に 日 本 国 中 に 広 が っ た 。 そ の 女

て い た 女 性 ア ナ ウ ン サ ー が 毎 回 頻 繁 に 使 い 、

ぎ に な り 、 打 ち 切 り に な っ た 番 組 で 司 会 を し

が 納 豆 が 健 康 に 良 い と い う 捏 造 デ ー タ で 大 騒

私 の 記 憶 で は 、 某 民 放 の 看 板 情 報 番 組 だ っ た

砦 な ん で す と 訴 え た 。 す る と そ の 担 当 者 、

名 乗 り 、 切 々 と N H K 様 だ け が 日 本 語 を 守 る

ー で は な い 。 き ち ん と 住 ん で い る 県 と 名 前 を

の で は な い で す か ﹂ と 尋 ね た 。 私 は ク レ ー マ

﹁ 今 出 て い る ア ナ ウ ン サ ー の 言 葉 は お か し い

﹁ な の で ェ ﹂ と 言 っ て い る 。 こ の ﹁ な の で ェ ﹂ 、

若 い ア ナ ウ ン サ ー が し き り に ﹁ な の で ェ ﹂

電 話 を つ か む と ﹁ 視 聴 者 セ ン タ ー ﹂ に 電 話 し 、

に 、 私 の ﹁ お ば さ ん ﹂ 魂 に 火 が つ い た 。 私 は

先 日 、 N H K の 朝 の 情 報 番 組 を 見 て い た ら 、 さ て 、 そ の N H K の 生 放 送 を 見 て い る う ち

り 言 葉 を 頻 繁 に 使 う の は な ぜ な の か 。

う と こ ろ が 、 ﹁ 語 尾 上 げ ﹂ は も ち ろ ん 、 流 行

と 思 っ て い る 。 そ れ な の に 、 N H K と も あ ろ

に し て も 、 N H K は 日 本 語 の ﹁ 最 後 の 砦 ﹂ だ

く 聞 け ︵ 読 め ︶ !

さ ん ﹂ に な っ て し 民 ま 放 う は 。 と 特 っ に く N に H あ K き よ ら  ! め る よ

抑 え よ う 、 抑 え よ う と し て も ﹁ う る さ い お ば

聞 い て い る の か 、 学 生 た ち よ !

う に ﹂ と 注 意 し た に も か か わ ら ず 、 で あ る 。

る 前 に 、 ﹁ 接 続 詞 に ﹃ な の で ﹄ は 使 わ な い よ

の で ﹂ が 出 て く る 。 し か も リ ポ ー ト を 書 か せ

使 う 。 A 4 一 枚 の リ ポ ー ト に 三 回 も こ の ﹁ な

今 で は 老 若 男 女 み な 使 う 。 大 学 生 を 教 え て

い る が 、 リ ポ ー ト を 書 か せ る と リ ポ ー ト に も

最 近 の 日 本 語 を 聞 く に つ け 、 読 む に つ け 、 残 り 、 雑 草 の ご と く は び こ っ て し ま っ た 。

と 、 最 初 に 謝 っ て お く 。

ど う し て も 敏 感 に な っ て し ま う 。 す み ま せ ん 。

私 は 元 新 聞 記 者 で あ る 。 だ か ら 、 言 葉 に は

な く な っ た の に 、 お か し な 日 本 語 だ け は 生 き

せ た と の 理 由 で テ レ ビ に 出 な く な り 、 番 組 も

性 ア ナ ウ ン サ ー は 未 成 年 の ア イ ド ル に 飲 酒 さ

N H K は 最 後 の 砦

連載 エッセイ 


も の に し よ う と し ま し た が 、 ア パ ル ト ヘ イ ト

を 当 初 、 ガ ン ジ ー の 原 理 に 沿 っ て 非 暴 力 的 な

に よ り ま す と 、 ア パ ル ト ヘ イ ト に 対 す る 闘 争

南 ア フ リ カ の ネ ル ソ ン ・ マ ン デ ラ は 、 自 伝

も 思 わ れ ま す 。

な 世 界 原 理 と な り う る 、 強 靱 な 思 想 の よ う に

ら の 独 立 の 過 程 で 紡 ぎ 出 し も ぎ 取 っ た 、 新 た

特 に イ ン ド ・ 南 ア フ リ カ の ラ イ ン が 、 西 欧 か

れ ま す 。 そ し て 、 そ れ は 二 〇 世 紀 の 非 西 欧 、

の 思 想 の 中 に も 色 濃 く 流 れ て い た よ う に 思 わ

大崎 満 北海道大学大学院教授 (根圏環境制御学/植物栄養学)



と し て 作 っ た よ う で す 。

デ リ ダ が 読 み 取 っ た ﹁ 共 苦 ﹂ は 、 ガ ン ジ ー

導 者 が 弟 子 や 共 同 者 と と も に 営 む 共 同 生 活 ︶

農 園 を 一 種 の ア シ ュ ラ ム ︵ イ ン ド で 精 神 的 指

の 実 践 の 場 と し て 、 ガ ン ジ ー は フ ェ ニ ッ ク ス

る と 、 デ リ ダ は 分 析 し て い ま す 。

史 に お い て ま だ 例 の な い イ ニ シ ア チ ィ ヴ が あ

﹁ 和 解 ﹂ を 中 心 に 据 え る と い う こ と で 、 人 類

を 深 め て い っ た よ う で す 。 そ し て こ れ ら 思 想

抗 主 義 を 説 く ト ル ス ト イ 等 の 書 物 が 内 面 生 活

方 、 工 芸 と 生 活 の 一 致 を 説 く ラ ス キ ン 、 無 抵

こ れ ら を 鍛 え て い く 原 動 力 と な り ま す が 、 一

黒 人 、 そ し て イ ン ド 人 に 対 す る 差 別 の 現 実 が

と い わ れ て い ま す が 、 ﹁

け る 憲 法 学 の あ ら ゆ る 進 歩 を 取 り 入 れ て い る

た 憲 法 は 二 〇 世 紀 の さ ま ざ ま な 民 主 主 義 に お

と 述 べ て い ま す 。 マ ン デ ラ 等 に よ り 草 起 さ れ

る よ う に 見 え る

﹂ に も と づ く

︵ 別 冊 ﹁ 環 ﹂ 13 、 藤 原 書 店 ︶

神 主 義 も 自 ら つ く り 、 鍛 え 上 げ て い き ま す 。

欲 も 非 暴 力 も 非 服 従 も 断 食 も 奉 仕 も 抽 象 的 精

で 形 成 さ れ た と 述 べ て い ま す 。 こ の 地 で 、 禁

﹁ 他 者 に お け る 人 間 性 の 認 知 ﹂ を 含 意 し て い

れ を ジ ャ ッ ク ・ デ リ ダ は ﹁ 同 情 ﹂ 、 ﹁ 共 苦 ﹂ 、

同 市 民 性 ︶ を 中 心 に 据 え て 構 成 し て お り 、 こ

で 、 思 想 も 闘 争 原 理 も 生 活 様 式 も す べ て こ こ

来 て 以 来 、 二 一 年 間 に わ た る 南 ア フ リ カ 生 活 和 解 の 概 念 を 固 有 言 語 ﹁

﹂ ︵ 兄 弟 的 な 仲 間 意 識 、 共 同 体 、 共

abantu

権 力 の あ ま り に も 過 酷 な 対 応 に 、 暴 力 に 訴 え

abantu

る 闘 争 を 余 儀 な く さ れ ま し た 。 約 三 〇 年 に も

ubunntu

わ た る 収 監 の 後 に 解 放 さ れ て 、 作 成 し た 、 憲

も し く は

ガ ン ジ ー は 弁 護 士 と し て ダ ー バ ン に や っ て 法 ﹁ 前 文 ﹂ は ﹁ 和 解 の 言 葉 ﹂ で 始 ま り ま す が 、


っ て い る こ と が 、 後 か ら 分 か り ま し た 。 シ ン

た く さ ん の 低 所 得 者 層 が 契 約 労 働 者 と し て 行

同 じ く イ ギ リ ス の 植 民 地 で あ っ た イ ン ド か ら

イ ギ リ ス の 植 民 地 で あ っ た 南 ア フ リ カ に は 、

と 思 う ほ ど の 不 思 議 な 光 景 も 、 そ の 一 つ で す 。

農 園 を 開 い た と あ り ま し た 。

一 〇 年 に ヨ ハ ネ ス ブ ル グ の 近 く に ト ル ス ト イ

に ダ ー バ ン 近 郊 に フ ェ ニ ッ ク ス 農 園 を 、 一 九

帰 っ て 自 伝 を 読 ん で み ま す と 、 一 九 〇 四 年

が 多 く 、 一 瞬 、 イ ン ド 行 き に 乗 り 間 違 え た か

ポ ー ル 航 空 の 乗 客 が 圧 倒 的 に イ ン ド 人 ︵ 系 ? ︶

ら 南 ア フ リ カ の ヨ ハ ネ ス ブ ル グ 行 き の シ ン ガ

く わ す こ と も 多 い の で す が 、 シ ン ガ ポ ー ル か

う 六 ム る 現 〇 二 日 い 。 〇 ン よ 在 日 〇 に マ ろ 年 バ う で に 〇 、 ハ い と イ で も イ 八 右 ト ろ は 沖 す イ ン 年 翼 マ 旅 イ の 。 ン ド は 過 ・ を ン ア 遺 ド で 六 激 ガ し ド ラ 族 国 は 〇 派 ン て で ビ に 内 各 年 の ジ い も ア よ で 地 目 銃 ー る 一 海 り 絶 で に 弾 が と つ に ガ 大 追 当 に 一 の 散 ン な 悼 た 倒 九 、 不 節 骨 ジ 尊 集 り れ 四 思 目 さ ー 敬 会 ま て 八 議 な れ の を が す か 年 な の た 遺 集 開 。 ら 一 事 で そ 灰 め か 一 、 月 に し う が て れ 月 本 三 出 ょ で 、 い 、 三 年 〇 、 、

鄙 な 所 に ?

疑 い ま し た 。 何 ? ガ ン ジ ー ? な ぜ こ ん な 辺

し て 使 わ れ て い る と 説 明 さ れ て 、 今 度 は 耳 を

れ は ガ ン ジ ー が た て た 建 物 で 、 現 在 は 学 校 と

て い る と き 、 サ ト ウ キ ビ 畑 地 帯 で 、 突 然 、 こ

れ た 地 形 だ と か 、 土 壌 断 面 だ と か を 見 て 歩 い

な と こ ろ で す 。 ダ ー バ ン 近 郊 で 、 氷 河 に 削 ら

絞 っ た よ う な 独 特 の 味 わ い が あ り 、 食 が 豊 か

が 絶 品 で 、 南 ア フ リ カ 産 ワ イ ン も 古 き 地 層 を

町 ダ ー バ ン は イ ン ド 洋 に 接 し て い て 、 魚 介 類

南 ア フ リ カ の ヨ ハ ネ ス ブ ル グ か ら 東 南 の 港

ン で 突 然 知 ら さ れ た わ け で す 。

リ カ が つ な が っ て い る 歴 史 を 飛 行 機 の キ ャ ビ

﹁ 共 苦 ﹂ の 思 想

ガ ポ ー ル に も イ ン ド 系 が 多 く 、 そ こ と 南 ア フ

連載 エッセイ 


こ の 相 補 性 に 基 づ く の が 、 ﹁ 全 種 表 現 組 み

せ な い ︶ と し て 話 を 進 め て ゆ き ま す 。

大 種 数 を 保 全 す る こ と ︵ 一 種 た り と も 絶 滅 さ

せ で す 。 以 下 、 保 全 と は 個 体 数 は 関 係 な く 最

の 組 み 合 わ せ が 最 大 種 数 を 保 全 す る 組 み 合 わ

例 で は 場 所 1 と 3 、 場 所 2 と 3 、 場 所 4 と 3

り の 個 体 数 は 考 え ら れ て い ま せ ん の で 、 今 の

性 が 重 要 と な り ま す 。 こ の 説 明 で は 一 種 当 た

場所1

い と い け ま せ ん 。 こ の よ う に 保 全 で は 、 相 補

﹁ 相 補 性 ﹂ の 高 い 場 所 と 呼 び ま す ︶ を 選 ば な

と な る べ く 重 複 し な い 種 を 持 つ 場 所 ︵ こ れ を

う に し な け れ ば な り ま せ ん 。 す な わ ち 場 所 1

べ く 多 く 含 ま れ る ︵ 理 想 は 全 種 類 含 ま れ る ︶ よ

場所2

1 と も う 一 カ 所 を 加 え て 地 域 全 体 の 種 が な る

で す 。 目 的 は 地 域 全 体 の 保 全 で す か ら 、 場 所

は 、 地 域 全 体 を 保 全 す る こ と を 忘 れ て い る の

て し ま い ま す 。 ど う し て で し ょ う か 。 私 た ち

の 地 域 に 住 ん で い る カ ブ ト ム シ が い な く な っ

場所3

を 保 全 す る と 決 断 し ま す 。 そ う し ま す と 、 こ

ち 、 こ の 地 域 全 体 の 代 表 と し て 、 場 所 1 と 2

個 体 数 も 次 に 多 い 場 所 2 を 選 ぶ と し ま す 。 即

た い 場 所 だ と 判 断 で き ま す 。 次 に 種 数 も 多 く

す 。 例 え ば 、 あ る 地 域 が 六 つ の 場 所 に 区 切 ら

合 わ せ ﹂ ︵

場所4

図 1 ある場所にどの昆虫がいるか.

の 要 素 に な る の で 、 場 所 6 に 1 を 与 え ま す 。



二 つ で す 。 場 所 6 は 必 ず 全 種 表 現 組 み 合 わ せ

述 べ た 、 ︵ 3 、 4 、 6 ︶ と ︵ 1 、 5 、 6 ︶ の

三 カ 所 の 場 合 の 全 種 表 現 組 み 合 わ せ は 上 に

場 所 6 に し か す ん で い な い か ら で す 。

合 わ せ に 入 っ て い ま す が 、 こ れ は 、 昆 虫 4 が

わ せ と な り ま す 。 場 所 6 が 必 ず 全 種 表 現 組 み

6 ︶ 、 ︵ 2 、 3 、 4 、 6 ︶ 等 が 全 種 表 現 組 み 合

も そ う で す 。 四 つ の 場 所 で は 、 ︵ 1 、 2 、 3 、

な る こ と が 判 り ま す 。 同 様 に ︵ 1 、 5 、 6 ︶

す ︶ を 組 み 合 わ せ る と 全 種 表 現 組 み 合 わ せ と

4 、 6 ︵ 以 下 簡 単 に ︵ 3 、 4 、 6 ︶ と 表 し ま

ま す 。 三 カ 所 の 組 み 合 わ せ 、 例 え ば 、 場 所 3 、

カ 所 や 二 カ 所 で は こ れ を 満 た さ な い 事 が 判 り

現 組 み 合 わ せ ﹂ と 呼 び ま す ︶ を 考 え ま す 。 一

含 む 組 み 合 わ せ に な る の か ︵ こ れ を ﹁ 全 種 表

組 み 合 わ せ る と こ の 地 域 に す む 全 て の 昆 虫 を

す 。 表 1 が こ れ を 表 し て い ま す 。 ど の 場 所 を

れ て い て 、 そ の 中 に 四 種 の 昆 虫 が す む と し ま

representative combination

場 所 1 は 二 つ の 全 種 表 現 組 み 合 わ せ の 内 で 一

︶ で


し て い ま す 。 こ の 指 標 に よ る と 、 二 〇 〇 五 年

す ︶ に わ た る 指 標 を 使 い 、 国 別 の 点 数 を 計 算

数 を 使 い 、 こ れ を 五 つ の 指 標 に ま と め て い ま

︵ た と え ば 二 〇 〇 五 年 の E S I は 七 六 個 の 変

の で 、 例 え ば 指 標 の 一 つ 、 E ︶ S は I 、 ︵ 広 い 分 野

Environ-

の 一 位 は フ ィ ン ラ ン ド 、 二 位 は ノ ル ウ ェ ー 、

mental Sustainability Index

三 位 は ウ ル グ ア イ で 、 上 位 に は 北 欧 の 国 が 多

ま す 。 た だ 、 持 続 可 能 性 は 大 変 広 い 概 念 で す

続 可 能 性 の 指 標 ﹂ に 関 す る 研 究 も 進 め て お り

バ ナ ン ス プ ロ ジ ェ ク ト ︵ S G P ︶ で は 、 ﹁ 持

私 た ち 、 北 海 道 大 学 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ガ

様 性 の 意 味 で 使 い ま す 。

ま す が 、 こ こ で は 一 番 良 く 使 わ れ る 、 種 の 多

﹁ 遺 伝 子 の 多 様 性 ﹂ の 三 つ の 階 層 に 分 け て い

多 様 性 を 、 ﹁ 景 観 の 多 様 性 ﹂ ﹁ 種 の 多 様 性 ﹂

目 に す る 言 葉 で す 。 生 態 学 に お い て は 、 生 物

で も 、 ﹁ 生 物 多 様 性 の 減 少 ﹂ は 近 頃 最 も よ く

● 連載講座 ●  

な ど 新 聞 を に ぎ わ せ て い る 言 葉 で す 。 そ の 中

ッ ド デ ー タ ブ ッ ク ﹂ ﹁ 絶 滅 危 惧 種 ﹂ ﹁ 固 有 種 ﹂ 、

ま り 、 生 物 種 数 の 減 少 が 起 き て い ま す 。 ﹁ レ

人 間 活 動 に よ り 生 物 が 生 息 で き る 場 所 が 狭

サステイナビリティと生態学

2

どの場所を保全すれば良いのか? 保全のための指標

辻 宣行 北海道大学サステイナビリティガバナンスプロジェクト特任准教授 (数理生態学)

て 、 お ま け に 個 体 数 も 多 い の で 、 是 非 保 全 し

る こ と を 考 え て み ま し ょ う 。 場 所 1 は 四 種 い

を 選 び 、 そ れ ら を こ の 地 域 の 保 全 地 に 指 定 す

ブ ト ム シ が い ま す 。 こ の 四 つ の 場 所 か ら 二 つ

三 匹 の ト ン ボ が す ん で い ま す 。 場 所 3 に は カ

セ ミ 、 五 匹 の テ ン ト ウ ム シ 、 三 匹 の チ ョ ウ 、

が す ん で い る と し ま す 。 場 所 1 に は 、 六 匹 の

切 ら れ て い て 、 そ の 地 域 全 体 に は 五 種 の 昆 虫

1 を 見 て 下 さ い 。 あ る 地 域 が 四 つ の 場 所 に 区

致 し な い こ と に 注 意 し て 下 さ い 。 例 え ば 、 図

全 し な け れ ば な ら な い 場 所 ﹂ と は 必 ず し も 一

ま ず は 、 ﹁ 生 物 多 様 性 が 高 い 場 所 ﹂ と ﹁ 保

考 え る た め の 指 標 を 考 え て み ま し ょ う 。

は 、 ど の 場 所 を 保 全 す る の か 、 と い う 問 題 を

指 標 も た く さ ん 研 究 さ れ て 来 ま し た 。 こ こ で

て い ま せ ん が 、 そ の 種 の 個 体 数 も 取 り 込 ん だ

は そ の 種 が い る か 、 い な い か の 情 報 し か 使 っ

目 し て い る 場 所 に い る 種 の 数 で す 。 こ の 種 数

標 が 考 え ら れ て い ま す 。 最 も 簡 単 な 指 標 は 注

が 高 い か ﹂ と い う こ と を 表 す た め に 種 々 の 指

一 方 、 生 態 学 で は 、 ﹁ ど の 程 度 生 物 多 様 性

い よ う で す 。 日 本 は 三 〇 位 で す 。




タ を 使 い 、 一 種 一 カ 所 で 計 算 し た 結 果 を 示 し

図 2 は 、 関 東 地 方 の 一 〇 一 種 の チ ョ ウ の デ ー

と り あ え ず 置 換 不 能 度 を 計 算 し て み ま し た 。

な ど 実 に 泥 臭 い 問 題 も 存 在 し ま す 。

場 所 と 調 べ に く い 場 所 を ど う す れ ば い い の か 、

に は 大 変 な 労 力 が 必 要 で す 。 ま た 、 調 べ 易 い

﹁ い な い ﹂ と い う こ と を は っ き り さ せ る た め

る ﹂ と 言 う 事 は 発 見 す れ ば い い の で す が 、

全 国 が 調 べ ら れ て い ま す 。 あ る 生 物 が ﹁ い

五 年 に 一 度 ﹁ 緑 の 国 勢 調 査 ﹂ が 行 わ れ て い て 、

題 が あ り ま す 。 デ ー タ の 精 度 で す 。 日 本 で も

れ も ま た 難 し い 問 題 で す 。 さ ら に 現 実 的 な 問

カ 所 の 場 所 の 広 さ を ど う と れ ば い い の か 、 こ

一 枚 で そ の 生 涯 を 終 え る 場 合 も あ り ま す 。 一

一 般 に 広 い 場 所 が 必 要 で す し 、 昆 虫 は 葉 っ ぱ

鷲 や 鷹 の よ う な 猛 禽 類 は 生 き て ゆ く た め に は

価 値 が あ る 、 な ど と い う 事 は な い で し ょ う 。

断 す れ ば い い の で し ょ う か 。 鳥 よ り も 昆 虫 が

め る と 同 じ 場 所 が ﹁ 0 ﹂ と な っ た 時 に ど う 判

所 が ﹁ 1 ﹂ に な り 、 次 に 鳥 で 置 換 不 能 度 を 求

に 、 例 え ば 昆 虫 で 置 換 不 能 度 を 求 め 、 そ の 場

で 指 標 が 簡 単 に な っ て い る と も 言 え ま す 。 次

の 置 換 不 能 度 は 0 で あ る 事 が 判 り ま す 。 灰 色

〇 キ ロ で 、 三 二 二 個 あ り ま す 。 大 部 分 の 場 所

て い ま す 。 四 角 一 つ の 大 き さ は 一 〇 キ ロ × 一

10km 10km

置換不能度 1.0 0.5 0.25 0.0 国立公園 図 2 101 種のチョウのデータで計算した 置換不能度.



な 場 所 を た く さ ん 保 全 す れ ば い い の か と い う

一 カ 所 を 大 き く 保 全 す る の が い い の か 、 小 さ

︶ と い う 事 が 議 論 さ れ て い ま す 。

態 学 で は 、 S L O S S ︵

single large or sev-

問 題 で す 。 そ れ ぞ れ 一 長 一 短 が あ る よ う で 、

eral small

決 着 は つ い て い な い よ う で す 。

っ て く る で し ょ う 。 こ れ に 関 連 し て 、 保 全 生

る べ く ま と め る ﹂ と い う 考 え が 更 に 必 要 に な

全 種 表 現 組 み 合 わ せ に さ ら に こ の 概 念 、 ﹁ な

っ た 方 が や り 易 い こ と も あ る か も 知 れ ま せ ん 。

保 全 す る よ り も 、 ま と め て 一 カ 所 に し て し ま

い と 言 わ れ て い ま す 。 離 れ た 三 カ 所 を 別 々 に

保 全 す る 場 所 が ま と ま っ て い た 方 が 保 全 し 易

﹁ 形 ﹂ の 概 念 で す 。 保 全 を 行 う 場 合 、 一 般 に

度 に 欠 け て い る 考 え が あ り ま す 。 そ れ は

こ の 全 種 表 現 組 み 合 わ せ に 基 づ く 置 換 不 能

も わ か り ま す 。

不 能 度 が 0 で は な い 場 所 と 重 な っ て い な い 事

の 部 分 は 国 立 公 園 な の で す が 、 思 っ た 程 置 換


た 。 そ の 理 由 は 全 種 表 現 組 み 合 わ せ を 求 め る

は ほ と ん ど 使 わ れ て い な い こ と が わ か り ま し

で す が 、 意 外 と 使 わ れ て い ま せ ん し 、 日 本 で

た ち は 世 界 中 で 広 く 使 わ れ る と 思 っ て い た の

う に 非 常 に シ ン プ ル で わ か り や す い の で 、 私

に よ っ て 考 え 出 さ れ ま し た 。 考 え 方 は こ の よ

不 能 度 を 指 数 と し た 保 護 区 選 び の 優 先 度 の ら 考 え は 、 オ ー ス ト ラ リ ア の 科 学 者 、

こ れ ら の 全 種 表 現 組 み 合 わ せ に 基 づ く 置 換

ど 知 ら れ て い ま せ ん 。

は 、 私 た ち が つ け た 日 本 語 訳 な の で 、 ほ と ん

﹁ 全 種 表 現 組 み 合 わ せ ﹂ と い う こ れ ら の 言 葉

︶ と 呼 び ま す 。 た だ し 、 ﹁ 置 換 不 能 度 ﹂ や

こ れ ら の 値 を ﹁ 置 換 不 能 度 ﹂ ︵

irreplaceabili-

の が 大 変 な こ と に あ る と 思 っ て い ま す 。 こ こ

ty

で の 例 の よ う に 場 所 が 六 つ 程 度 な ら ば 、 な に

Pressey

も 計 算 機 を 使 う 事 な し に 簡 単 に 求 め ら れ ま す

え た 0 、 1 2 、 1 を そ の 場 所 の 重 要 性 と 考 え 、

一 回 な の で 、 全 て 1 2 を 与 え ま す 。 こ こ で 与

4 、 5 は 二 つ の 全 種 表 現 組 み 合 わ せ の う ち で

組 み 合 わ せ の 要 素 で は な い の で 0 、 場 所 3 、

回 含 ま れ て い る の で 1 2 、 場 所 2 は 全 種 表 現

表 1 4 種の昆虫が 6 地域のどこにいるのか.

(“0”は「いない」,“1”は「いる」を表す)

が 一 〇 〇 匹 い よ う が 場 所 の 価 値 は 全 く 同 じ と

ら れ る の で 、 あ る 場 所 に は 昆 虫 が 一 匹 い よ う

ず は 、 種 が い る か 、 い な い か の み の 情 報 で 作

的 な 指 標 な の で す が 、 問 題 点 も あ り ま す 。 ま

置 換 不 能 度 は 前 に も 触 れ た よ う に 大 変 直 感

て な さ れ て い ま す 。

へ と 拡 張 し て ゆ く 考 え も Pressey

判 断 さ れ ま す 。 し か し 、 こ の 取 り 扱 い の お 陰

ら に よ っ

で の 考 え を 拡 張 し て 一 種 二 ヵ 所 、 一 種 三 カ 所

一 種 一 カ 所 で は 不 安 か も 知 れ ま せ ん 。 こ れ ま

昆虫 1

昆虫 2

昆虫 3

昆虫 4

場所 1

1

0

0

0

場所 2

0

1

0

0

場所 3

0

0

1

0

場所 4

1

1

0

0

場所 5

0

1

1

0

場所 6

0

0

0

1

絶 滅 さ せ て は な ら な い と い う 考 え か ら す る と 、

と い う 考 え に よ る も の で し た 。 一 種 た り と も

え は 生 物 一 種 を 最 低 一 カ 所 で 保 全 す れ ば 良 い 、

の か の 研 究 が す す め ら れ て い ま す 。 以 上 の 考

め ら れ る の か 、 も し く は 近 似 す る 事 が で き る

ど う す れ ば 効 率 よ く 全 種 表 現 組 み 合 わ せ を 求

大 変 だ と 想 像 が つ く で し ょ う 。 し た が っ て 、

こ の 中 か ら 全 種 表 現 組 み 合 わ せ を 求 め る の は

す 全 て の 組 み 合 わ せ は 一 七 ・ 三 兆 程 度 あ り 、

カ 所 と し ま し ょ う 。 一 〇 〇 か ら 一 〇 を 選 び 出

わ ざ る を え ま せ ん 。 最 小 の 組 み 合 わ せ が 一 〇

が 、 場 所 が 一 〇 〇 カ 所 に も な る と 計 算 機 を 使




す 。 ま た 、 こ の 連 載 の 第 二 回 で 述 べ た ﹁ 経 済

が 家 族 な の で す か ら 、 賄 賂 が な い の は 当 然 で

に な り ま す 。 サ モ ア で は 社 会 の 構 成 員 の 全 て

ー ダ ー シ ッ プ に よ る 大 家 族 関 係 ﹂ と い う こ と

の 人 間 関 係 を 一 言 で 表 現 す れ ば 、 ﹁ 家 長 の リ

家 族 制 度 ︶ に 立 脚 し て い ま す 。 サ モ ア 人 社 会

イ ・ シ ス テ ム ︵ 首 領 シ ス テ ム ︶ と ア イ ガ ︵ 大

て き ま し た 。 サ モ ア 人 の 人 間 関 係 は 、 マ タ

相 手 に 対 し て 失 礼 だ か ら だ ﹂ と の 答 え が 返 っ

由 を 訊 ね た と こ ろ 、 ﹁ 賄 賂 を 要 求 す る こ と は

ま せ ん 。 私 の 研 究 室 に い る サ モ ア 人 に そ の 理

モ ア の 社 会 シ ス テ ム で は 、 賄 賂 の 習 慣 は あ り

こ の 連 載 の 第 一 回 目 と 第 二 回 目 で 紹 介 し た サ

と い う 習 慣 が 社 会 に 入 り 込 ん だ の で し ょ う か 。

状 況 が 社 会 シ ス テ ム に 内 在 し ま す 。 な ぜ 賄 賂

の よ う に 、 こ の 悪 習 を 排 除 す る こ と が 困 難 な

法 律 で 禁 じ ら れ て い る に も 拘 わ ら ず 、 こ の 例

と る 習 慣 は 多 く の 国 で 見 ら れ ま す 。 贈 収 賄 は

い な り に な っ た と い う 話 で す 。 役 人 が 賄 賂 を

還 付 を 受 け ら れ る か わ か ら な い ﹂ と 考 え て 言

け れ ば 、 嫌 が ら せ で 手 続 き を 遅 ら さ れ 、 い つ

は 、 賄 賂 だ と す ぐ に わ か っ た け れ ど 、 払 わ な

る こ と は あ り 得 な い の で す 。

断 絶 の 犠 牲 を 払 っ て ま で 、 人 に 賄 賂 を 要 求 す

い サ モ ア 人 ﹂ が 、 最 も 大 切 に す る 人 間 関 係 の

働 け れ ば そ れ で 満 足 し 、 稼 ぎ を 争 う こ と の な

の 競 争 原 理 の 発 想 を 持 た ず 、 日 々 皆 で 楽 し く

現金で買い物

加盟店

消費者

内容 取引

申告

税控

課税

所得

確定

通知

現金領収証の発行

韓国の現金領収書システムの 概念図

国税局

ッ ト 上 で 不 特 定 多 数 の 人 々 が 対 等 な 立 場 で 著

取 っ て 説 明 し ま し ょ う 。 ウ ィ キ ペ デ ィ ア は ネ



の 特 徴 を 示 す た め に 、 ウ ィ キ ペ デ ィ ア を 例 に

次 に 、 I T コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の も う 一 つ

段 と な り 得 る こ と に 注 目 し た い と 思 い ま す 。

ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 性 格 が こ れ を 切 り 崩 す 手

立 ち 向 か う こ と が 困 難 で す 。 I T の 新 し い コ

束 力 な ど が あ り 、 個 人 で は そ れ ら に 正 面 か ら

企 業 の 管 理 力 ・ 資 金 力 、 各 種 組 織 の 権 威 ・ 拘

に 諸 悪 が 横 行 す る 背 景 に 、 役 人 の 権 威 ・ 権 力 、

性 格 が あ る こ と を 示 す 一 例 で す 。 一 般 に 社 会

こ れ も 、 I T に は 人 間 社 会 の 悪 弊 を 排 除 す る

結 果 的 に 税 務 署 窓 口 の 汚 職 対 策 に な り ま し た 。

対 し て そ の 実 施 を 義 務 化 し て い ま す 。 こ れ は

申 告 が 開 始 さ れ 、 二 〇 〇 六 年 か ら は 、 法 人 に

や 法 人 税 に つ い て イ ン タ ー ネ ッ ト に よ る 電 子

さ て 、 イ ン ド で は 、 二 〇 〇 三 年 か ら 所 得 税


証 カ ー ド ﹂ を 提 示 す る か 、 レ ジ と 連 動 す る 入

力 機 か ら 携 帯 電 話 の 番 号 な ど の 個 人 情 報 を 入

買 物 を し た 場 合 に 、 国 税 庁 発 行 の ﹁ 現 金 領 収

盟 を 義 務 化 し て い ま す 。 客 が 小 売 店 で 現 金 で

七 月 か ら 全 て の 小 売 店 に こ の シ ス テ ム へ の 加

〇 〇 五 年 に 世 界 で 初 め て 導 入 し 、 二 〇 〇 七 年

で 正 確 に モ ニ タ す る 現 金 領 収 証 シ ス テ ム を 二

で は 、 小 売 店 で の 現 金 に よ る 売 買 を I T 技 術

子 申 告 、 売 り 上 げ 丸 裸 ﹂ と あ り ま し た 。 韓 国

に あ っ た 話 か ら 始 め ま し ょ う 。 見 出 し は ﹁ 電

二 〇 〇 七 年 十 月 九 日 付 け の 朝 日 新 聞 の 記 事

テ ィ の 役 割 に つ い て 考 え ま す 。

せ る 能 力 や 、 ネ ッ ト 上 に 形 成 さ れ る コ ミ ュ ニ

I T コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 持 つ 社 会 を 変 化 さ

今 回 の 話 題 は 、 ﹁ I T コ ミ ュ ニ テ ィ ﹂ で す 。

● 連載講座 ●  

と し て の イ ン タ ー ネ ッ ト 技 術 を 解 説 し ま し た 。

ン ﹂ で は 、 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 新 し い 形 態

し た 。 第 三 回 目 の ﹁ I T コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ

の 群 島 国 家 サ モ ア の 社 会 シ ス テ ム を 紹 介 し ま

二 回 目 の ﹁ マ タ イ ・ シ ス テ ム ﹂ で 、 南 太 平 洋

で す が 、 そ の 第 一 回 目 の ﹁ サ モ ア の 話 ﹂ と 第

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と I T に つ い て の 連 載

サステイナビリティと IT

4

IT コミュニティ 小澤 哲 城大学大学院理工学研究科教授 (リスク情報科学)

下 さ い ﹂ と 言 わ れ て 、 ﹁ そ の 一 〇 パ ー セ ン ト

で す 。 そ の 一 〇 パ ー セ ン ト を こ こ で お 支 払 い

﹁ 還 付 金 は 四 万 ル ピ ー ︵ 約 一 一 万 六 〇 〇 〇 円 ︶

い 戻 し を 税 務 署 の 窓 口 で 申 請 し た と こ ろ 、

に 関 す る 以 下 の 話 が あ り ま し た 。 所 得 税 の 払

同 じ 記 事 の 中 に イ ン ド の 税 金 の 還 付 金 制 度

さ が 浮 か び 上 が り ま す 。

て み る と 、 後 者 に よ る 問 題 解 決 の 切 れ 味 の 良

般 的 で す が 、 こ れ を 今 回 の I T の 方 法 と 比 べ

と か 、 脱 税 を 暴 い て 処 罰 す る と い う 方 法 が 一

を 人 々 に 理 解 さ せ 、 積 極 的 な 納 税 を 勧 奨 す る

威 力 で す 。 税 金 を 納 め さ せ る に は 、 そ の 意 義

解 説 し た ク ラ イ ア ン ト ・ サ ー バ ・ シ ス テ ム の

し た 。 前 回 の ﹁ I T コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ﹂ で

に な り 、 脱 税 が で き な い シ ス テ ム が 確 立 し ま

小 売 商 店 レ ベ ル で の 現 金 の 流 れ が ガ ラ ス 張 り

受 け ら れ る も の で す 。 こ の シ ス テ ム に よ り 、

〇 〇 万 ウ ォ ン ︵ 約 六 三 万 円 ︶

を 上 限 に 控 除 が

ペ ー ジ に ア ク セ ス し 、 年 末 調 整 を 行 う と 、 五

必 要 が あ り ま せ ん 。 年 度 末 に 国 税 庁 の ホ ー ム

で 発 行 さ れ ま す 。 客 は 紙 の 領 収 書 を 保 管 す る

力 す る と 、 現 金 領 収 証 が 電 子 的 に オ ン ラ イ ン




で 展 開 す る 基 盤 を 与 え る も の で す 。 こ

実 施 す る 全 て の 活 動 を ネ ッ ト ワ ー ク 上

わ ち 、 S N S は 、 人 の 繫 が り に よ っ て

活 動 、 経 済 活 動 な ど が 可 能 で す 。 す な

同 人 活 動 、 教 育 活 動 、 政 治 活 動 、 芸 術

機 能 が あ り 、 そ の 使 い 方 次 第 で 、 各 種

支 援 、 コ ン テ ン ツ 作 成 支 援 な ど 様 々 な

S N S に は 、 コ ミ ュ ニ テ ィ 形 成 ・ 運 用

築 す る サ ー ビ ス を 行 う シ ス テ ム で す 。

ネ ッ ト ワ ー ク を イ ン タ ー ネ ッ ト 上 に 構

ワ ー キ ン グ ・ シ ス テ ム の 略 で 、 社 会 的

し ょ う 。 S N S は ソ ー シ ャ ル ・ ネ ッ ト

れ て い る S N S に つ い て の 話 を 致 し ま

そ こ で 、 最 後 に 、 最 近 、 特 に 注 目 さ

し つ つ あ り ま す 。

世 界 と 現 実 世 界 の 距 離 は 、 急 速 に 接 近

で き る よ う に な る な ど 、 バ ー チ ャ ル の

チ ャ ル 貨 幣 が 現 実 の 貨 幣 と 相 互 に 交 換

際 、 バ ー チ ャ ル な 世 界 で 流 通 す る バ ー

い る 事 実 を 直 視 し た い と 思 い ま す 。 実

上 ︶ の 充 実 感 を 感 じ る 若 者 が 増 加 し て

で 過 ご す 時 間 と 同 等 ︵ 時 に は 、 そ れ 以

S N S の 中 で 過 ご す 時 間 に 現 実 の 世 界

頭 脳 の 硬 直 し た 大 学 教 授 の 存 在 の 陰 で 、

め つ け 、 そ の 意 義 を 認 め よ う と し な い

ャ ル で あ る か ら ナ ン セ ン ス で あ る と 決

す 。 ネ ッ ト 上 の コ ミ ュ ニ テ ィ は バ ー チ

て 報 告 し ま す 。

テ ィ 学 を 構 築 す る 具 体 的 な 行 動 に つ い

終 回 ︶ は 、 ネ ッ ト 上 に サ ス テ イ ナ ビ リ

り ま す 。 そ こ で 、 次 回 ︵ こ の 連 載 の 最

多 少 、 机 上 の 議 論 に な っ た き ら い が あ

で す 。 以 上 が こ の 連 載 の 結 論 で す が 、

上 で 考 え た い と い う の が 、 筆 者 の 主 張

社 会 で 見 た 家 族 間 の 結 び つ き の 延 長 線

I T コ ミ ュ ニ テ ィ の 倫 理 を 、 サ モ ア 人

で 行 わ れ る こ と が そ の 前 提 と な り ま す 。

ネ ッ ト 上 で の 人 の 結 び つ き が 正 し い 形



き も あ ろ う か と 思 い ま す 。

学 問 探 求 の 場 に は な ら な い と 考 え る 向

な い こ と を 明 言 し て い ま す 。 こ れ で は 、

ま た 、 ウ ィ キ ペ デ ィ ア は 議 論 の 場 で は

可 能 性 、 独 自 研 究 は 載 せ な い ﹂ が あ り 、

そ の 編 集 方 針 に ﹁ 中 立 的 な 観 点 、 検 証

動 を 行 う セ カ ン ド ラ イ フ な ど が あ り ま

イ 、 バ ー チ ャ ル 空 間 で コ ミ ュ ニ テ ィ 活

し て い る サ イ ワ ー ル ド 、 日 本 の ミ ク シ

し て 、 韓 国 の 総 人 口 の 三 分 の 一 が 参 加

ッ ト 上 に 展 開 さ れ ま す 。 S N S の 例 と

ま れ ﹂ の ス タ イ ル で 、 様 々 な 活 動 が ネ

め て 重 要 で あ る と 思 い ま す 。 た だ し 、

る I T コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 役 割 は 極

体 で 考 え ・ 行 動 す る ﹂ こ と を 可 能 に す

れ に 正 し く 行 動 す る た め も 、 ﹁ 世 界 全

距 離 を お い た 立 場 で 問 題 を 認 識 し 、 そ

ま た 、 現 実 社 会 の 様 々 の し が ら み か ら

ウ ィ キ ペ デ ィ ア は 百 科 事 典 で す か ら 、

ペ デ ィ ア の 発 想 は 生 ま れ 得 な い の で す 。

基 本 に な っ て い る 点 で す 。 ﹁ こ の 指 と

ト ッ プ ダ ウ ン で は な く ボ ト ム ア ッ プ が

れ ら の 活 動 に 共 通 す る 重 要 な 特 色 は 、

国 に 押 し つ け る こ と を 避 け る た め に も 、

国 側 の 論 理 で 展 開 し 、 そ れ を 発 展 途 上

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 生 を 先 進


人 に よ っ て 勝 手 に 書 き 変 え ら れ る の で

ペ デ ィ ア の 場 合 も 、 そ の 内 容 は 多 く の

の 考 え が 基 礎 に な っ て い ま す 。 ウ ィ キ

れ ば な ら な い と す る ﹁ コ ピ ー レ フ ト ﹂

い 方 を す れ ば 、 学 問 が で き る の は 、 学

人 々 に 限 ら れ て お り ま し た 。 極 端 な 言

世 間 に 公 開 で き る の は 、 従 来 は 特 定 の

書 物 に 自 分 の 知 識 ・ 思 想 を 記 述 し 、

権 が 付 き ま と い 、 そ れ か ら は 、 ウ ィ キ

や 出 版 の シ ス テ ム に は 、 常 に 権 威 や 特

も 関 連 し て い ま す 。 中 央 集 権 的 な 放 送

報 伝 達 シ ス テ ム で す ﹂ と 書 い た こ と と

作 物 の 利 用 ・ 再 配 布 ・ 改 変 が で き な け

二 次 的 著 作 物 も 含 め て 、 全 て の 人 が 著

ま す 。 そ れ は 著 作 権 を 保 持 し た ま ま 、

う な 状 態 に あ る 著 作 物 を 指 す ﹂ と あ り

つ い て 制 約 が な い こ と 、 ま た 、 そ の よ

こ と が で き 、 複 製 ・ 配 布 ・ 改 変 な ど に

は 法 律 的 に 保 護 さ れ た 共 有 状 態 と 見 る

著 作 物 を 共 有 の 状 態 に 置 く こ と 。 そ れ

れ た 概 念 で 、 文 章 ・ 画 像 ・ 音 楽 な ど の

ソ ー ス か ら の ア ナ ロ ジ ー に よ っ て 生 ま

を ウ ィ キ ペ デ ィ ア で 引 く と ﹁ オ ー プ ン

の 一 種 で す 。 ﹁ オ ー プ ン コ ン テ ン ト ﹂

ペ デ ィ ア は 、 所 謂 オ ー プ ン コ ン テ ン ト

よ っ て 実 現 し た 知 識 集 積 で す 。 ウ ィ キ

考 え 方 を 極 め て 柔 軟 に 運 用 す る こ と に

は 、 従 来 の 著 作 物 に 付 随 す る 著 作 権 の

せ つ つ あ る ︶ 電 子 百 科 事 典 で す 。 そ れ

作 ・ 編 集 ・ 改 訂 を 行 っ て 完 成 さ せ た ︵ さ

の サ モ ア び い き の た め で し ょ う か 。

こ と に 映 る で あ ろ う と 思 う の は 、 筆 者

仰 な こ と を 言 わ な く と も 、 至 極 当 然 の

人 の 社 会 で あ れ ば 、 倫 理 規 定 な ど と 大

が 、 人 と の 繫 が り を 大 切 に す る サ モ ア

で 守 る べ き ル ー ル を ま と め た も の で す

ト と 呼 ば れ て い ま す 。 要 は ネ ッ ト 社 会

の 編 集 作 業 の エ チ ケ ッ ト は ウ ィ キ ケ ッ

て 興 味 深 い も の で す 。 ウ ィ キ ペ デ ィ ア

一 種 の 倫 理 規 定 で す 。 そ の 内 容 は 極 め

て い ま す 。 基 本 方 針 と ガ イ ド ラ イ ン は

戦 に 陥 っ た 場 合 の 対 処 法 な ど が 示 さ れ

が あ る 内 容 に 関 す る 項 目 で 書 き 変 え 合

詳 細 に 定 め ら れ て お り 、 例 え ば 、 論 争

の 基 本 方 針 と ガ イ ド ラ イ ン が 明 確 か つ

ま す 。 ウ ィ キ ペ デ ィ ア の 運 用 に は 、 そ

去 の 状 態 も 閲 覧 で き る よ う に な っ て い

す が 、 そ の 履 歴 が 完 全 に 保 存 さ れ 、 過

従 来 の 放 送 シ ス テ ム は 中 央 集 権 的 な 情

ワ ー ク で あ る こ と で す 。 こ れ に 対 し て 、

特 徴 は 、 自 律 分 散 型 の 民 主 的 な ネ ッ ト

ー ネ ッ ト の 情 報 伝 達 の 仕 組 み の 重 要 な

意 味 し て お り ま し た 。 こ れ は ﹁ イ ン タ

ン ト ﹂ や ﹁ コ ピ ー レ フ ト ﹂ の 考 え 方 を

た の は 、 実 は 、 こ の ﹁ オ ー プ ン コ ン テ

学 問 す る こ と が で き る の で す ﹂ と 書 い

を 使 う と 、 い わ ば 世 界 が 考 え 、 世 界 が

の 連 載 の 第 三 回 目 で ﹁ イ ン タ ー ネ ッ ト

公 正 ・ 明 快 な 話 で は あ り ま せ ん か 。 こ

う こ と に な っ た の で す か ら 、 た い そ う

例 で 見 た よ う に 、 内 容 だ け が 勝 負 と い

た の で す 。 そ れ が 、 ウ ィ キ ペ デ ィ ア の

的 に 彼 ら の 特 権 や 権 威 が 確 保 さ れ て き

作 権 で 保 護 さ れ 、 そ れ に よ っ て 、 結 果

た の で す 。 そ し て 彼 ら の 著 作 物 は 、 著

者 や 特 別 の 環 境 に い る 人 に 限 ら れ て き




の 予 測 モ デ ル が 飛 躍 的 に よ く な り モ デ

で が 人 間 活 動 に よ る も の な の か 。 気 候

疑 い よ う の な い 事 実 で も 、 そ の ど こ ま

方 向 に 向 か っ て い て 、 地 球 の 温 暖 化 は

〇 ・ 四 ∼ 一 ・ 四 メ ー ト ル の 海 面 上 昇 が

の 気 温 上 昇 を 二 度 に 抑 え た と し て も 、

な ど の 氷 が 融 け る こ と で す 。 も し 今 後

が 熱 を 吸 収 し て 膨 張 す る こ と と 、 北 極

パ で ま 熱 と 二 チ す や を い 倍 ャ 。 そ 吸 っ に ウ れ 収 て な リ が す い れ 海 る ま ば 海 面 だ し 地 面 上 ろ た 球 上 昇 う よ の 昇 を と ね 気 の 招 。 。 温 原 い と た は 因 て こ だ 五 は い ろ し 度 る が 、 上 、 海 わ 、 海 が 水 け い が る 、

そ の 難 し さ と い っ た ら 大 変 な も の で す 。

と い う プ ロ セ ス を 経 て で き た も の で す 。

一 言 一 句 検 討 さ れ 、 承 認 さ れ て い く 、

﹁ 政 策 決 定 者 向 け 要 約 ﹂ ︵ S P M ︶ は 、

織 は な い で し ょ う 。 I P C C の 出 し た



た 。 問 題 は 、 気 候 シ ス テ ム が 温 暖 化 の

果 が 世 界 中 の 政 府 に 支 持 さ れ て い る 組

な 役 割 は 、 こ の 二 つ を 分 け る こ と で し

パ チ ャ ウ リ

ル の 信 頼 度 が 高 ま り ま し た 。 す べ て の

の 科 学 者 や 専 門 家 を 多 数 集 め 、 そ の 結

と 自 然 的 要 因 が あ り ま す 。 科 学 の 重 要

て も 、 I P C C の よ う に ト ッ プ レ ベ ル

あ り ま す 。 気 候 変 動 に は 、 人 為 的 要 因

る 必 要 が あ り ま す 。 世 界 の ど こ を 探 し

ま ず 膨 大 な 観 測 デ ー タ が

ら の 報 告 は 、 各 国 政 府 か ら 承 認 を 受 け

た の で す か 。

ー ジ で す 。 こ の 数 字 は ど う や っ て 決 め

や す く 、 か つ 状 況 を 端 的 に 表 す メ ッ セ

% の 確 率 で 正 し い 、 と 。 と て も わ か り

に よ る も の で 、 こ の こ と は 九 〇 ∼ 九 五

し た 。 そ し て そ の 六 割 は 人 為 的 な 原 因

平 均 気 温 は 二 〇 世 紀 に 〇 ・ 七 四 度 上 昇

の 結 論 は 非 常 に シ ン プ ル で す 。 地 球 の

っ て い ま す 。 I P C C の 第 四 次 報 告 書

と 、 知 識 を 構 造 化 し た こ と に あ る と 思

ひ と つ の 報 告 書 に ま と め て 提 示 し た こ

候 変 動 に 関 す る 膨 大 な 科 学 的 知 見 を 、

ス は 、 一 〇 〇 年 も 前 に 、 二 酸 化 炭 素 が

ま し た 。 ノ ー ベ ル 賞 受 賞 者 の ア レ ニ ウ

非 常 に 重 要 な イ ッ シ ュ ー だ と 思 っ て い

告 し ま し た 。 そ れ 以 来 、 私 は 温 暖 化 は

セ 小 ン 宮 博  山 士 が 一 地 九 球 八 は 八 温 年 暖 に 化 ア し メ て リ い カ る の と ハ 警 ン

の で す 。

果 を 専 門 家 グ ル ー プ が 分 析 し 判 断 し た

う 結 果 を 出 し ま し た 。 さ ら に 、 そ の 結

ほ と ん ど が 人 為 的 要 因 に よ る も の と い

% 以 上 の モ デ ル が 、 気 候 変 動 の 要 因 の

モ デ ル を 走 ら せ 分 析 し た と こ ろ 、 九 〇

る こ と が で き た こ と で す 。 I P C C か

中 か ら 最 高 レ ベ ル の 科 学 者 を 多 く 集 め

パ チ ャ ウ リ

っ た で し ょ う I 。 P C C の 功 績 は 、 世 界

プ 小 ル 宮 な  山 結 論 膨 に 大 ま な と 研 め 究 る か の ら は ひ さ と ぞ つ 大 の 変 シ だ ン

知サ 識ス でテ あイ るナ ビ リ テ ィ の 鍵 は

問 題 で す 。

グ ラ デ シ ュ な ど の 国 々 に と っ て は 死 活

起 き ま す 。 モ ル デ ィ ブ 、 ツ バ ル 、 バ ン


し 小 た 宮 の  山 は 、 I 今 P 日 C の C 世 が 界 ノ を ー ﹁ ベ 知 ル 識 賞 ﹂ を が 受 引 賞

パ チ ャ ウ リ

常 に シ ン ボ リ ッ ク な こ と で す ね 。

っ 張 っ て い る と い う 意 味 に お い て 、 非

小 多 と で 宮 く っ す  山 の て か 人 深 ら I が 刻 。 P 認 な 温 C め 脅 暖 C た 威 化 の 結 に が 最 果 な 、 大 で り 私 の し 得 た 功 ょ る ち 績 う こ の は 。 と 将 を 来 、 気 、 に

と 思 っ て い ま す 。 受 賞 し た の が 平 和 賞

ベ ル 財 団 委 員 会 が 認 め た 証 左 で も あ る

脅 か す 存 在 で あ る と い う こ と を 、 ノ ー

シI ンP プC ルC な報 メ告 ッ書 セの ー ジ

気 候 変 動 は 世 界 の 平 和 を

ま さ に 超 人 的 な 日 々 を 過 ご す な か で の 東 大 訪 問 で あ っ た 。

連 携 研 究 機 構 ︵ I R 3 S ︶ ・ 日 本 経 済 新 聞 社 ︶ で 基 調 講 演 を す る な ど 、

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 研 究 セ ン タ ー ︵ R C S ︶ 、 共 催 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学

﹁ 低 炭 素 社 会 シ ナ リ オ 二 〇 五 〇 と 日 中 印 の 役 割 ﹂ ︵ 主 催

日 本 で は 、 京 都 議 定 書 採 択 一 〇 周 年 記 念 公 開 シ ン ポ ジ ウ 立 ム 命 館 大 学

気 候 変 動 枠 組 条 約 締 約 国 会 議 ︵ C O P 1 3 ︶ で 重 要 な 演 説 を 行 い 、

小宮山 宏 東京大学総長 (IR3S 機構長)

ノ ー ベ ル 平 和 賞 授 賞 式 に 出 席 し た 後 、 バ リ 島 で 開 催 中 の

パ チ ャ ウ リ 議 長 は 同 月 十 日 に ノ ル ウ ェ ー の オ ス ロ 市 庁 舎 で 行 わ れ た

の ラ ジ ェ ン ド ラ ・ パ チ ャ ウ リ 議 長 と 東 京 大 学 の 小 宮 山 宏 総 長 が 対 談 し た 。

二 〇 〇 七 年 一 二 月 一 八 日 、 I P C C ︵ 気 候 変 動 に 関 す る 政 府 間 パ ネ ル ︶

サステナ の 眼 のグ 対 たロ 談 めー のバ 知ル のサ 連ス テ 携イ ナ ビ リ テ ィ

ラジェンドラ・ パチャウリ IPCC 議長




︶ が 重 要 で あ る と 思 っ て い

Network of

す が 、 私 は 近 ご ろ 、 ネ ッ ト ワ ー ク 同 士

を 小 結 宮 ぶ  山 ネ ッ い ト ま ワ 世 ー 界 ク に が は た 大 く 学 さ や ん 研 あ 究 り 機 ま 関

に 思 い 、 期 待 し て い ま す 。

も っ と 中 心 的 な 役 割 を 担 う べ き だ と 常

に 感 じ て い て 、 日 本 が ア ジ ア に お い て

本 シ ン パ で す 。 日 本 を す ご く 近 い 存 在

と 思 い ま す 。 私 は 個 人 的 に は 非 常 に 日

で す が 、 連 携 さ せ て い た だ く 道 が あ る

ス し か な く 、 そ れ に 比 べ て 東 大 は 巨 人

ア メ リ カ 、 中 国 も 加 わ れ ば 非 常 に い い

I を 中 心 と し た ネ ッ ト ワ ー ク 。 こ れ に

が あ り ま す 。 そ し て イ ン ド に は T E R

と い う 一 一 大 学 か ら 成 る ネ ッ ト ワ ー ク

ロ ー マ 大 学 を 幹 事 校 に し た C I R P S

と 意 気 投 合 し ま し た 。 イ タ リ ア に は 、

ら は ネ ッ ト ワ ー ク 同 士 の 連 携 が 重 要 だ

リ ア 大 学 の マ ク ミ ラ ン 学 長 と 、 こ れ か

す 。 そ の 幹 事 校 で あ る イ ー ス ト ア ン グ

ー ク で あ る チ ン ダ ル セ ン タ ー が あ り ま

イ ギ リ ス に は 気 候 変 動 の 研 究 ネ ッ ト ワ

う な 多 分 野 間 の 相 互 連 関 が 不 可 欠 で す 。

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 研 究 に は そ の よ

究 者 を 対 象 に フ ェ ロ ー シ ッ プ プ ロ グ ラ

に 、 優 秀 な 研 究 者 、 と く に 途 上 国 の 研

〇 万 ド ル が 贈 ら れ ま し た 。 こ れ を 財 源

賞 を 受 賞 し た こ と で 、 I P C C に は 九

パ チ ャ ウ リ

と 思 い ま す 。

P C C は ま さ に そ れ を 成 し 遂 げ た の だ

発 信 す る こ と が 求 め ら れ て い ま す 。 I

再 構 築 し 、 構 造 化 し て リ ア ル タ イ ム で

動 き に 合 わ せ 、 膨 大 な 知 識 を 整 理 し 、

行 う 最 適 の 場 で す 。 大 学 は 、 世 の 中 の

ま し た 。 知 識 が 集 ま る 大 学 こ そ こ れ を

化 ﹂ が 重 要 で あ る 、 と い い つ づ け て き

探 す の は 容 易 で は あ り ま せ ん 。 外 国 の

ー で き な い 研 究 者 を 、 と く に 国 外 か ら

か り ま す 。 し か し 、 I R 3 S で は カ バ

れ ば 、 誰 が ど の 分 野 に 強 い か す ぐ に わ

ト ワ ー ク で す 。 I R 3 S の 研 究 者 で あ

ま す 。 I R 3 S は 日 本 国 内 の 大 学 ネ ッ

小 こ て 要 宮 れ 、 で  山 ま 共 す で 通 。 私 以 の 世 は 上 解 界 こ に 決 の れ 重 策 人 ま 要 を 々 で に 見 の な つ 相 、 ﹁ っ け 互 知 て 出 理 識 い す 解 の ま こ を 構 す と 深 造 。 が め 、

は 、 知 識 と 、 そ れ か ら 知 識 の 普 及 が 必

私 た ち の 将 来 に あ る 問 題 を 解 決 す る に

今 後 の 世 界 に 大 き く 貢 献 す る で し ょ う 。

パ チ ャ ウ リ

連 携 が で き る と 思 い ま す 。

候 変 動 に 関 す る 研 究 者 が ま だ と て も 少

パ 小 チ 宮 ャ  山 ウ リ そ れ た は と す え ば ば ら ア し フ い リ 考 カ え に で は す 気 。

ム を 始 め た ら ど う か 、 と 検 討 し て い る

遣 し た い 。 そ の 際 、 研 究 面 に 加 え 財 務

ク 同 士 を 結 べ ば 、 カ ウ ン タ ー パ ー ト と

東 京 大 学 に も ぜ ひ 、 何 人 か 研 究 者 を 派



た い 場 合 も 同 じ で し ょ う 。 ネ ッ ト ワ ー

を つ な ぐ ネ ッ ト ワ ー ク ︵

研 究 者 が 日 本 の 研 究 者 と 共 同 研 究 を し

networks

簡 単 に 出 会 え る よ う に な る で し ょ う 。

プ ロ グ ラ ム の 実 施 を 決 定 し た 暁 に は 、

な い 。 I P C C が こ の フ ェ ロ ー シ ッ プ

そ の よ う な 連 携 や 協 調 は 、 と こ ろ で す 。

と こ ろ で 、 ノ ー ベ ル 平 和


小 す 者 あ 宮 。 に て と ら  山 っ れ パ て て チ 有 い ャ 効 て ウ な 、 リ 報 各 議 告 国 長 書 政 の に 府 よ な の う っ 政 な て 策 方 い 決 が ま 定

リ テ ィ の 鍵 は 知 識 が 握 っ て い ま す 。 バ パ チ ャ ウ リ

T E R I に は 大 学 院 コ ー

パ チ ャ ウ リ

グ ロ ー バ ル サ ス テ イ ナ ビ い ま す 。

連 性 の 高 い 記 述 な ど に は と く に 焦 点 が

か な 要 ら も 請 ︵ の し 笑 で ま ︶ 。 す し そ 。 た れ で 。 総 で な い 合 も と 報 政 誰 告 府 も 書 の 読 は 政 み 薄 策 ま っ に せ ぺ 関 ん ら

う 、 会 議 の 開 催 を 四 週 間 延 期 す る よ う

リ 島 で の C O P 1 3 で 発 表 が で き る よ

と め た 総 合 報 告 書 を 作 成 し ま し た 。 バ

れ ぞ れ の 報 告 書 を 出 し て 、 そ れ ら を ま

︵ 笑 パ た ︶ チ こ 。 ャ と 三 ウ だ つ リ と

の ワ ー キ ン グ グ ル ー プ が そ

あ り が と う ご ざ い ま す

思 い ま す 。

ウ 小 リ 宮 議  山 長 の タ 力 フ な ネ し ゴ で シ は エ 到 ー 底 タ で ー き の な パ か チ っ ャ

な 価 値 が あ り ま す よ 。

到 達 し た 報 告 書 で す か ら 、 そ れ は 大 き

す か ら ⋮ ⋮ 。 そ の 上 で 最 終 的 に 合 意 に

意 で き る か 否 か を 延 々 と 協 議 す る の で

そ れ ぞ れ の 国 益 を 背 景 に し た 国 々 が 合

の で す 。

実 現 に は コ ン セ ン サ ス の 形 成 が 重 要 な

冗 談 で は な く 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の

も 明 る く な る の で す が 。 そ れ は

あ と 一 〇 人 く ら い い る と 非 常 に 見 通 し

ベ ー ス と な っ て い ま し た 。 世 界 の サ ス

す べ て の 政 府 代 表 団 が 引 用 し 、 交 渉 の

ど の 議 論 に お い て も 非 常 に 注 目 さ れ 、

リ 会 議 で は 、 I P C C 第 四 次 報 告 書 は

く 必 要 が あ る の で は な い で し ょ う か 。

様 性 の 維 持 と い っ た 問 題 に も 広 げ て い

た と え ば 循 環 型 社 会 の 形 成 や 、 生 物 多

ナ ビ リ テ ィ に と っ て 重 要 な ほ か の 分 野 、

て 成 し 遂 げ た よ う な こ と を 、 サ ス テ イ

科 学 者 は 、 I P C C が 気 候 変 動 に つ い

い 小 ま 違 も つ す シ パ く 宮 す っ の 緻 が ン チ こ  山 。 た ご 密 、 プ ャ と 答 と で そ ル ウ が 科 え の あ れ で リ 非 学 を あ る に あ 常 の 出 る べ 至 っ 世 に 知 し 側 き る た の 大 識 て 面 で 分 ほ 中 切 を し を す 析 う に で 適 ま 見 。 は が 提 す 切 う 落 そ 非 よ 示 ね に こ と う 常 い す と し で に と る 。 発 私 信 も て な 広 思 結 た し あ 、 い 範 い 論 ち て り 間 と か ま は 、

関 と の 連 携 を 進 め て い き た い と 考 え て

E R I を 通 じ て イ ン ド の 大 学 や 研 究 機

立 さ せ て い た だ き ま し た 。 今 後 は 、 T

に 、 イ ン ド で の 拠 点 と な る 事 務 所 を 設

ド エ ネ ル ギ ー 資 源 研 究 所 ︵ T E R I ︶

ウ リ 議 長 が 理 事 を 勤 め て お ら れ る イ ン

た の を ご 存 知 で す よ ね 。 先 日 、 パ チ ャ

学 小 連 宮 携  山 研 究 私 機 た 構 ち ︵ が I サ R ス 3 テ S イ ︶ ナ を ビ 設 リ 立 テ し ィ

ネネ ッッ トト ワワ ーー クク 同 士 を つ な ぐ

し 知 世 テ た 識 代 イ 。 が の ナ 鍵 子 ビ と 供 リ な た テ る ち ィ と に を あ 引 求 ら き め た 継 、 め い 実 て で 現 確 い し 信 く て し に 、 ま は 次 、

︵ 笑 ︶




か っ た 、 言 い 聞 か せ る か ら 二 週 間 た っ

で 躾 け て ほ し い 、 と 。 ガ ン ジ ー は 、 わ

き ま し た 。 い う こ と を 聞 か ず 、 甘 い も

の も と に 、 あ る 日 母 親 が 子 供 を つ れ て

小 ョ ぜ あ 宮 ン ひ り  山 し 、 が て い と あ い ろ う り き い ご が た ろ ざ と い な い う と 分 ま ご 思 野 し ざ い で た い ま コ 。 ま す ラ こ し 。 ボ れ た レ か 。 ー ら シ も 、

話 を た く さ ん さ せ て い た だ き ま し た 。



の ば か り 食 べ て 他 の も の を 食 べ な い の

い 言 い 伝 え が あ り ま す 。 か の ガ ン ジ ー   今 日 は 非 常 に 知 的 刺 激 に あ ふ れ る お

パ チ ャ ウ リ

い ま す 。

イ ン ド に と て も お も し ろ は と て も 重 要 で す 。

え た そ う で す 。 総 長 の お っ し ゃ る こ と

り 、 身 を 持 っ て 示 す こ と が 大 切 だ と 思

あ あ し ろ と い う 前 に 、 わ が 身 を 振 り 返

実 現 に は 、 意 識 変 革 が 必 要 で す 。 人 に

進 め て い ま す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の

サ ス テ イ ナ ブ ル キ ャ ン パ ス は 東 大 で も

す 小 の 宮 で  山 、 ぜ 四 ひ 月 拝 に 見 T さ E せ R て I い に た 伺 だ う き 予 ま 定 す で 。

し て い ま す 。

と が で き る よ う に な っ た の だ よ ﹂ と 答

ば か り 食 べ て は い け な い よ 、 と い う こ

て 自 信 を も っ て 、 こ の 子 供 に 甘 い も の

甘 い も の を 絶 っ た 。 そ し て 今 日 、 初 め

い た 。 だ か ら こ の 二 週 間 、 ま ず 自 分 が

甘 い も の を 食 べ 過 ぎ て い る こ と に 気 づ

ジ ー は ﹁ 貴 女 が き た と き 、 自 分 自 身 が

ら な か っ た の で す か ﹂ と 聞 く と 、 ガ ン

。 私 自 身 の こ と で

こ と で す 。 海 を 泳 い で 渡 る わ け に も い

い え 、 い つ も 世 界 中 を 飛 び 回 っ て い る

ー は 、 母 親 が 迎 え に き た そ の 日 に 初 め

は 帰 っ た そ う で す 。 二 週 間 後 、 ガ ン ジ

た ら 迎 え に き て ほ し い 、 と い い 、 母 親

ネ の サ ス テ イ ナ ブ ル キ ャ ン パ ス を 目 指

い キ ャ ン パ ス は 最 新 鋭 の 技 術 で 、 省 エ

は あ り ま せ ん が 、 T E R I 大 学 の 新 し

き ま せ ん か ら

母 親 が ﹁ な ぜ 初 日 に そ う い っ て く だ さ

て は い け な い よ ﹂ と 諭 し た そ う で す 。

て 、 そ の 子 供 に ﹁ 砂 糖 ば か り 食 べ て い

︵ 笑 ︶


湖 で サ ミ ッ ト が 開 か れ ま す 。 そ の 直 前

い て メ す 、 も リ 。 と よ カ 私 ︵ い に は 笑 が い よ ︶ 。 、 っ く 二 日 た 学 〇 本 ら 生 〇 で ハ に は ン い 八 寿 バ う 年 司 ー の 七 を ガ で 月 食 ー す に べ を よ 洞 な 食 、 爺 さ べ ア

あ り ま す 。 気 候 変 動 で 降 雨 や 降 雪 の パ

も 河 川 の 流 量 が 減 少 し て い る と こ ろ が

汚 染 さ れ 干 上 が っ て い ま す 。 イ ン ド で

辺 の 生 命 を 支 え て き ま し た 。 そ れ が 、

い を し て い る の は 、 仕 事 上 の 責 務 と は

は あ り ま せ ん

ョ ッ ピ ン グ が 大 嫌 い な の で 浪 費 の 心 配

パ チ ャ ウ リ

︵ 笑 ︶

。 内 心 忸 怩 た る 思

リ 小 テ 宮 ィ  山 の 実 文 現 化 に の お 多 い 様 て 性 も は と サ て ス も テ 重 イ 要 ナ で ビ

い ま す 。

研 究 者 に は 学 ぶ べ き と こ ろ が 大 だ と 思

の ひ と つ で す 。 途 上 国 の 、 と く に 若 手

失 わ ず に 経 済 成 長 を 遂 げ た 数 少 な い 国

す 。 日 本 は 、 そ の 独 自 の 文 化 や 伝 統 を

シ ョ ン を お こ す 必 要 が あ る と 思 う の で

ま ず 自 分 自 身 か ら 始 め る

ル 海 の 水 は こ れ ま で 何 世 紀 も の 間 、 周

か ら 発 生 す る で し ょ う 。 例 え ば 、 ア ラ

ま す 。 水 を め ぐ る 争 い が 世 界 中 で こ れ

パ か ほ イ 小 チ 。 か ナ 宮 ャ に ビ  山 ウ ど リ リ の テ と 要 ィ こ 水 素 の ろ が が 実 で 非 重 現 、 常 要 に グ に だ は ロ 重 と 、 ー 要 お 気 バ だ 考 候 ル と え 変 サ 思 で 動 ス い す の テ

け て お ら れ ま シ す ン か プ 。 ル ラ イ フ で す 。 シ

し ま し た 。 パ チ ャ ウ リ 議 長 は 何 か 心 が

発 電 装 置 を つ け 、 冷 暖 房 の 効 率 も 高 く

の が 私 の 信 条 で す 。 我 が 家 に は 太 陽 光

の 足 元 か ら 取 り 組 む の が 大 事 だ と い う

地 小 球 宮 規  山 模 の 環 問 境 題 や で サ あ ス っ テ て イ も ナ 、 ビ ま リ ず テ 自 ィ 分 は

き ま せ ん 。

規 模 で 人 類 が 力 を 合 わ せ な い と 解 決 で

ィ ー ビ ル デ ィ ン グ の た め に 、 何 か ア ク

パ チ ャ ウ リ

そ の と お り で す 。 地 球 的

途 上 国 の 研 究 者 や 専 門 家 の キ ャ パ シ テ

財 源 が な い た め に 研 究 が 進 め ら れ な い

を 考 え な く て は な り ま せ ん 。 不 幸 に も

ん か ら 、 最 大 限 効 果 的 に 活 用 す る 方 法

蔵 に 研 究 者 を 派 遣 す る こ と は で き ま せ

を 与 え ら れ ま す 。 九 〇 万 ド ル で は 無 尽

と し て は よ り 多 く の 研 究 者 に チ ャ ン ス

面 で の 協 力 も い た だ け れ ば 、 I P C C

き る で し ょ う 。

ら 最 良 の 研 究 者 を 呼 び 寄 せ る こ と が で

パ チ ャ ウ リ

小 宮 山 総 長 な ら 各 大 学 か

に つ い て 協 議 し た い と 考 え て い ま す 。

い た だ き 、 大 学 間 の ネ ッ ト ワ ー ク 強 化

ン ド な ど の 途 上 国 の 大 学 に も 参 加 し て

G 8 諸 国 の 大 学 だ け で な く 、 中 国 、 イ

に 、 G 8 大 学 サ ミ ッ ト を 開 催 し ま す 。

貧 困 な ど す べ て の も の ご と に 通 じ ま す 。

れ る こ と も し ば し ば で す 。 水 は 健 康 や

水 の 枯 渇 は 食 糧 増 産 の た め に も た ら さ

係 小 も 宮 よ  山 く 考 食 え 糧 て 生 お 産 く と 必 の 要 ト が レ あ ー り ド ま オ す フ ね 関 。

問 題 は 深 刻 で す 。

生 活 様 式 も 変 わ っ て き て い ま す 。 水 の

タ ー ン が 変 化 し 、 一 方 で 、 人 口 が 増 え




︶ と い う 国 際 的 な 大 学 間

Alliance for Global Sus-

︵ 人 間 地 球 圏 の 存 続 を 求 め る 国 際 学

ラ ム に 参 加 し て い ま し た 。 A G S

ronmental Summit

の ア イ デ ン テ ィ テ ィ と は 何 か を み ん

の で す が 、 逆 が お こ り ま せ ん 。 自 分

の に 触 れ て 変 る 努 力 を す る の は い い

な り ま し た 。 日 本 の 学 生 が 違 っ た も

そ の や り 方 に 違 和 感 を 覚 え る よ う に

の ス イ ス 連 邦 工 科 大 学 、 ア メ リ カ の

の 研 究 連 携 組 織 ︵ 東 京 大 学 、 ス イ ス

し ま し た 。

を や っ て み た い と 、 黒 倉 さ ん と 相 談

い 、 日 本 や ア ジ ア で 似 た よ う な こ と

真 ん 中 に 据 え た 情 報 発 信 が 必 要 と 思

な が 意 識 し た 上 で 、 ア ジ ア の 感 性 を

員 の 有 志 で 、 Y E ︶ S と ︵ い う プ ロ グ

た 。 そ の 前 に 東 大 新 領 域 ・ 工 学 系 教

味 て 話 埜 、 を し そ て れ の 、 が 話 そ 二 が れ 〇 始 か 〇 ま ら 三 り 味 年 ま 埜 一 し さ 一 た ん 月 。 と で 会 し っ

生 も 行 か せ ら れ な い か と 福 士 さ ん に

と 聞 い て い ま し た の で 、 う ち の 卒 業

部 で A I T に 教 員 を 送 り 込 ん で い る

い う こ と も 意 識 し て い ま し た 。 工 学

プ ロ ジ ェ ク ト だ け で は 限 界 が あ る と

で き る 新 し い 学 生 を 育 て る に は 私 の

し て い ま す が 、 学 際 的 に 広 く カ バ ー

た の で す が 、 二 、 三 年 も す る う ち に 、

こ れ は な か な か す ご い こ と だ と 思 っ

に 目 に 見 え て 変 化 す る 学 生 が い ま す 。

ナ ビ リ テ ィ に つ い て 考 え る プ ロ グ ラ

た り 、 見 学 に 行 っ た り し て サ ス テ イ

合 宿 し 、 講 義 を 受 け た り 、 演 習 を し

バ ル ト と い う 山 村 の 小 さ な ホ テ ル に

を 異 に す る 人 が 、 ス イ ス の ブ ラ ウ ン

の で す 。 国 や 文 化 や 言 語 や 学 問 分 野

の 会 合 で ス イ ス の 提 案 で 始 ま っ た も

星越明日香 甘艸洋祐 東京大学サステイナビリ 東京大学大学院農学生命 ティ学連携研究機構特任 科学研究科修士 2 年 研究員 (国際植物材料科学) (サステイナビリティ教育, アウトリーチ活動実践)



IPoS

マ サ チ ュ ー セ ッ ツ 工 科 大 学 、 ス ウ ェ

Youth Envi-

ー デ ン の チ ャ ル マ ー ス 大 学 が 参 加 ︶

tainability

術 協 力 、

が あ っ て 、 二 〇 〇 〇 年 の ボ ス ト ン で

そ こ に 送 り 込 む と 、 二 週 間 ほ ど の 間

ム で す 。 国 際 経 験 の ま だ な い 学 生 を

阿部榮一 財団法人日産科学振興 財団常務理事 (元日産自動車(株) 常務 総合研究所長)

原田 昇 東京大学大学院工学系 研究科教授 (都市交通計画、都市圏 交通戦略、活動交通分 析、交通需要予測、交 通まちづくり)


小貫元治

れ を つ く っ た 方 が い い と い う 意 識 が

必 要 で 、 で き る だ け 早 い 時 期 か ら そ

い 人 た ち に は 独 自 の ネ ッ ト ワ ー ク が

ネ ッ ト ワ ー ク は 使 え ま せ ん か ら 、 若

イ ア し た ら 、 後 に 残 る 人 た ち は 私 の

実 感 し て い ま し た 。 も し も 私 が リ タ

味埜 俊

東京大学サステイナビリ 東京大学大学院新領域 ティ学連携研究機構特任 成科学研究科教授 講師 (環境微生物工学・サス (環境微生物学・環境工 テイナビリティ教育) 学・環境教育・サステイ ナビリティ教育)

ネ ッ ト ワ ー ク が 非 常 に 重 要 で あ る と

い て 、 研 究 を 進 め る に は ヒ ュ ー マ ン

こ ろ 、 私 は タ イ や フ ィ リ ピ ン な ど で

授 ︶ で 、 A I T で 会 い ま し た 。 そ の

い く つ か の プ ロ ジ ェ ク ト を 展 開 し て

﹃ サ ス テ ナ ﹄ で は 第 六 号 に

サステナ の 眼 サ ス のテ 四 年イ 間 のナ 経ビ 験リ テ ィ 教 育 の 実 践

IPoS

あ り ま し た 。 そ れ と 、 東 京 大 学 の 農

学 国 際 専 攻 で は 統 合 的 農 学 を 打 ち 出

IPoS

し て 、 水 産 で も 林 学 で も な い ト ー タ

た 。 今 年 で の 活 動 が 報 五 告 年 を 目 掲 を 載 迎 し え ま る し

IPoS2007

ル な 開 発 シ ス テ ム を 考 え て い こ う と

最 初 の キ ー マ ン は 福 士 ︵ 謙 A 介 I さ

ず 課 っ に は 題 て 当 、 を 活 り 考 動 、 え の の た 意 い 義 誕 と を の 生 思 再 こ の っ 確 れ こ て 認 ま ろ い し で か ま 、 を ら す 今 振 お 。 後 り 話 ま の 返

IPoS

当 時 、 ア ジ ア 工 科 大 学 院

し い た だ け ま す で し ょ う か 。

IPoS

助 教 授 、 現 在 、 東 京 大 学 サ ス テ

学 生 が 変 わ がる 始体 ま験 っを た! の は

――IPoS

T ん 黒 ︶ ︵ 倉

イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構 准 教

黒倉 壽 東京大学大学院農学生命 科学研究科教授 (国際水産開発学)




IPoS とは IPoS はアジアの持続可能性を考え,行動するためのトレーニングプログラム として東京大学とアジア工科大学院(AIT)が企画した短期合宿型教育プログ ラムです.2004 年から毎年 30 名程度の学生を受け入れ,およそ 10 日間程 度の集中講義形式のキャンプをタイならびに日本の各地において行っています. 東京大学とアジア工科大学院,AGS(Alliance for global sustainability)メン バー校(マサチューセッツ工科大学,スイス連邦工科大学,チャルマース大 学)および IR3S 連携校(北海道大学, 城大学,京都大学,大阪大学)から も広く学生と教員を募っています. IPoS2004∼2007 の概要 テーマ

参 加 学生数

タイ(チョンブリ)

26

IPoS2004

F o o d S a f e t y a n d 8月6日 Food Security ∼15日

IPoS2005

Food and Energy

6月28日 タイ(チョンブリ) ∼7月9日

24

IPoS2006

Food and Energy Production

8月1日 ∼12日

タイ(ナコンラチャ シマ,カオヤイ国立 公園周辺)

28

N I S S A N W o r k - Cars and Transpor- 12月14日 日本(神奈川県横須 shop in IPoS2006 tation in 2050 ∼21日 賀市,鎌倉市周辺)

20

Forest, Regional 9月10日 Development and ∼22日 Global Sustainability

日本(北海道,富良 野市周辺)

30

N I S S A N W o r k - Cities and Transport 12月10日 日本(神奈川県横須 shop in IPoS2007 in 2050 ∼17日 賀市,鎌倉市周辺)

29

IPoS2007



え 方 が 違 っ て い て 、 ゴ ー ン さ ん か ら 、

環 境 や サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 対 す る 考

り 組 ん で い ま し た 。 ル ノ ー と 日 産 で は 、

ま し て 、 エ ネ ル ギ ー や 環 境 の 問 題 に 取

り 方 が 変 わ り ま し た 。 私 は 研 究 所 に い

ス ・ ゴ ー ン さ ん が 社 長 と な り 仕 事 の や

九 年 に ル ノ ー の 資 本 が 入 っ て カ ル ロ

阿 な ポ 部 経 ー 緯 ト 日 か す 産 ら る は で よ ご し う 存 ょ に 知 う な の か っ よ 。 た う の に は 、 ど 一 の 九 よ 九 う

日 産 科 学 振 興 財 団 が

IPoS

自 動 車 だ け を 考 え て い て は だ め だ 、 い

ろ い ろ な 国 の 文 化 と か 歴 史 も 踏 ま え て

会 場

期 間

を サ

考 え て も ら お う と 思 い ま し た 。

い い か ら 、 違 う 文 化 を 持 っ た 人 た ち に

答 え は 直 接 す ぐ に は 見 つ か ら な く て も

車 を ど う 共 生 さ せ て い っ た ら い い の か 、

的 な 制 約 が あ る な か で 、 人 々 の 生 活 と

ら 若 者 も き ま す 。 歴 史 的 な 制 約 、 地 形

て 興 味 あ る 場 所 で す 。 海 が あ り ま す か

の 観 光 客 が く る と い う モ ビ リ テ ィ と し

人 口 一 七 万 の 都 市 に 年 間 一 七 〇 〇 万 人


タ イ の バ ン コ ク 郊 外 に あ る 国 際

異 動 し て 教 育 担 当 の 特 任 講 師 に な っ が た

が 、 そ の 後 二 〇 〇 五 年 秋 に I R 3 S へ

今 に い た っ て い ま す 。 ま た 、 こ の こ と

た が 、 そ の 難 し さ と 面 白 さ に は ま っ て

黒 し ち 倉 た 出 。 し 相 て 手 、 側 非 と 常 し に て 苦 A 労 I し T て の 立 存 ち 在 上 が げ 大 ま

成 科 学 研 究 科 の そ れ ぞ れ が お 金 を 持

味 で 埜 す ね 東 。 大 の 農 学 系 、 工 学 系 、 新 領 域

は 、 非 常 に 難 し い 作 業 だ と 実 感 し ま し

伝 え る と い う こ と の バ ラ ン ス を 取 る の

し て 伝 え る べ き メ ッ セ ー ジ は き ち ん と

こ と と 、 分 か り に く く と も 主 催 者 側 と

て 、 学 生 の 反 応 や 変 化 を 見 な が ら 、 学

参 加 し ま し た 。 二 週 間 学 生 と 一 緒 に い

か と い う お 誘 い を い た だ き 、 自 分 の 幅

A I T は ど の よ う な 大 学 で す か 。

生 に と っ て 分 か り や す く 伝 え る と い う

を 広 げ た い と 思 っ て い た こ と も あ っ て

が 行 わ れ た の が 二 〇 〇 四 年 の 夏

実 際 に 学 生 を 集 め て 最 初 の て い た と き に 環 境 教 育 を や っ て み な い

︵ 笑 私 い ら 原 す り ナ 交 の に シ め 夏 ︶ に る 味 田 る 、 ビ 通 希 な ョ て の

。 テ ー マ は モ ビ リ テ ィ で す か ら 、

回 っ て く る と は 思 っ て い な く て

な ﹂ と は 思 っ て い ま し た 。 ま さ か

埜 さ ん に 聞 か さ れ て 、 ﹁ 頑 張 っ て

こ と に な っ た わ け に で つ す い 。 て は 前 か Y E S や

都 市 工 学 専 攻 の 原 田 先 生 に ご 相 談

リ テ ィ を 考 え 直 し て み る こ と と な

や エ ネ ル ギ ー の 視 点 か ら サ ス テ イ

望 で 、 冬 の 日 産 ワ ー ク シ ョ ッ プ は 、

り ま し た 。 日 産 科 学 振 興 財 団 か ら

ッ プ と 呼 ん で い ま す ︶ を 行 う こ と

短 め の の 卒 業 ︵ 生 こ を れ 冬 を に 日 も 産 う ワ 一 ー 度 ク 集

IPoS

大 ま か に ア ジ ア の 将 来 を 議 論 す る の が

き か っ た で す ね 。

IPoS

い い の か 、 日 本 に く る の だ か ら 東 京 の

的 な 大 学 院 大 学 で 、 ア ジ ア 各 国 か ら 学

き っ か け だ っ た と 思 い ま す 。

将 来 を 検 討 す る の が い い の か と か い ろ

生 を 受 け 入 れ て い ま す 。 最 初 は ア メ リ

IPoS

い ろ 悩 み ま し た 。 セ ミ ナ ー の 場 所 は 三

I R 3 S か ら の 支 援 を 受 け る よ う に の な っ た こ と も あ り 、 異 動 後 も 、

味 埜

カ が 出 資 し て 作 っ た 大 学 で 、 ア メ リ カ

IPoS

浦 半 島 の 佐 島 と 決 ま っ て い て 、 鎌 倉 が

は 途 中 か ら 抜 け 、 私 が A I T に い た 八

近 い の で 、 具 体 的 に 鎌 倉 と い う 場 所 を

九 年 か ら 九 一 年 の こ ろ は 日 本 が 最 大 の

IPoS

設 定 し て み よ う と 思 い ま し た 。 鎌 倉 は 、

事 務 局 と し て 働 か せ て も ら っ て い ま す 。

出 資 国 の 一 つ で し た 。 東 大 と A I T が に

IPoS

日 本 的 ・ ア ジ ア 的 な も の が あ り ま す し 、

の 短 期 集 中 型 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

さ て そ の 後 、 日 産 科 学 振 興 財 団 が

小 貫 さ ん が 加 わ っ た の は 二 年 目

は 人 間 の 交 流 が 脈 々 と あ っ て

IPoS

ィ 教 育 に 賛 同 し て く だ さ る こ と に な り

実 現 し ま し た 。

IPoS

ま し た 。 こ れ に よ り 、 二 〇 〇 六 年 か ら

小 か 貫 ら で 二 し 〇 ょ 〇 う 五 か 年 。 に 新 領 域 の 助 手 を し




こ れ か ら も こ の ネ ッ ト ワ ー ク を 積 極 的

な が る ネ ッ ト ワ ー ク が 作 れ た こ と で す 。

平 と 感 じ る 人 間 が い る と 、 そ の シ ス テ

な か で 衡 平 に 分 配 す る こ と で す 。 不 衡

条 件 が あ り ま す 。 獲 れ た も の を 社 会 の

ム を 破 壊 し ま す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ



ャ リ ア を 歩 ん で い く か に 関 心 が あ る の

大 き い で す 。 僕 は こ れ か ら ど う い う キ

違 う 価 値 観 を も っ て い る の を 知 る の が

何 が 得 ら れ る の か と い う と 、 そ れ ぞ れ

外 国 の 学 生 と の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン で

や は り 一 番 大 き な 成 果 は 、 将 来 に つ

力 に つ い て 考 え る こ と が で き ま し た 。

と 取 り 組 む こ と で 、 自 分 の 総 合 的 な 能

車 と い う 今 ま で 触 れ た こ と の な い 問 題

日 産 ワ ー ク シ ョ ッ プ で は 、 交 通 や 自 動

わ か っ て い な い か と 気 づ か さ れ ま し た 。

そ れ を 見 直 す き っ か け に な り 、 い か に

リ テ ィ が 維 持 さ れ る に は 実 は も う 一 つ

で 漁 獲 が 維 持 で き ま す 。 サ ス テ イ ナ ビ

る け れ ど も 、 そ こ ま で は 獲 ら な い こ と

と い う 限 界 で す 。 獲 ろ う と 思 え ば 獲 れ

そ れ 以 上 獲 る と 資 源 が 枯 渇 し て し ま う

う 概 念 が あ り ま す 。 魚 を 獲 る と き に 、

で 、 水 産 に は 最 大 維 持 漁 獲 可 能 量 と い

で い こ う と 考 え て い ま し た 。

ま す 。 何 か チ ャ ン ス が あ っ た ら つ か ん

林 が テ ー マ で 、 自 分 の 専 門 に 近 く て 、

た と 思 い ま す 。 僕 の 場 合 は た ま た ま 森

ー マ が 設 定 さ れ て い る の が 効 果 的 だ っ

農 学 部 の 林 良 博 教 授 に よ る と 水 産 か ら

葉 が そ も そ も ど こ か ら 出 て き た の か 、

み ま す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と い う 言

実 際 に 参 加 し て 期 待 通 り だ っ た で す 。

と 、 人 と の ネ ッ ト ワ ー ク を こ の 時 期 に

が 、 よ り 長 期 的 に 自 分 の 人 生 を 考 え る

学 問 的 な 面 で は 、 は っ き り と し た テ

面 か ら さ ま ざ ま な 刺 激 を 受 け ま し た 。

食 事 と か 生 活 習 慣 と か 、 い ろ い ろ な 側

ィ と は 何 か と い う こ と に つ い て 考 え て

育 で す か ら 、 こ こ で サ ス テ イ ナ ビ リ テ

黒 話 役 倉 を 割 移 を し 果 て た は い し サ き て い ス た い く テ と の イ 思 か ナ い と ビ ま い リ す う テ 。 こ ィ と 教 に

広 げ る こ と に 大 き な 価 値 が あ る と 思 い  

自 分 の 責 任 で や り と げ る の が 第 一 で す

き こ と は 、 自 分 の 研 究 テ ー マ を 持 っ て 、

う に な っ て い ま し た 。 大 学 院 で や る べ

留 学 生 と の 交 流 が 大 事 だ と 認 識 す る よ

が 一 気 に 広 が っ て い く の を 経 験 し て 、

チ ャ ン ス が い っ ぱ い あ る と か

え る の が 好 き と か 、 海 外 に 楽 に い け る

と 、 後 輩 を 世 話 す る の が 好 き と か 、 教

え た こ と の な い 進 路 で 、 な ぜ か と 聞 く

大サ 切ス なテ もイ のナ ビ リ テ ィ 教 の育 意に 義

の 期 間 中 は 生 活 を と も に し て 、

︵ 笑 ︶

が 社 会 の 中 で ど の よ う な

――IPoS

に 維 持 し 発 展 さ せ て い き た い と 思 っ て

で 、 み ん な に 聞 き ま し た 。 い ろ い ろ な

―IPoS

い ま す 。

ど の よ う な 進 路 を 思 い 描 い て い

話 が 出 て き て す ご く 刺 激 を 受 け ま し た 。

IPoS

甘 る 艸 学 生 A が I い T ま の し 学 た 生 か は 。 教 授 に な り た い

IPoS

と い っ て い ま し た 。 僕 個 人 と し て は 考


う と い う こ と で 、 私 は 財 団 に 移 り ま し

団 が あ り ま し た か ら 、 そ れ を 活 用 し よ

は 一 九 七 四 年 に で き た 日 産 科 学 振 興 財

や ら な け れ ば と い わ れ ま し た 。 日 産 に

年 で 、 二 〇 〇 六 年 に 最 初 の 日 産 ワ ー ク

ど う だ ろ う か と お 話 し た の が 二 〇 〇 五

モ ビ リ テ ィ に つ い て 考 え て も ら っ た ら

だ き 、 日 本 の 現 状 を 目 の 当 た り に し て

あ る 日 本 に 、 学 生 さ ん た ち に き て い た

総 長 が お っ し ゃ っ て い る 課 題 先 進 国 で

ポ イ ン ト と し て あ り ま す 。 小 宮 山 東 大

う 概 念 が サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 大 き な

の 立 場 で 考 え ま す と 、 モ ビ リ テ ィ と い

け な い か と 提 案 し ま し た 。 自 動 車 会 社

そ の つ な が り か ら 自 分 の ネ ッ ト ワ ー ク

学 し て き て い る 学 生 と 友 だ ち に な り 、

参 加 し ま し た 。 そ の こ ろ 、 タ イ か ら 留

が き っ か け で 、 二 〇 〇 七 年 度 の 活 動 に

年 甘 し 度 艸 ょ う の 同 か じ 。 学 に 科 参 の 加 友 し だ た ち 話 か を ら 聞 二 い 〇 た 〇 の 六

大 き な 刺 激 にを 参経 加験 しす てる

の こ と を ど こ か ら 知 っ た の で

学 生 と し て 参 加 さ れ た 甘 艸 さ ん

ョ ッ プ と い う も の を ぶ ら さ げ て い た だ

か じ 問 糧 想 行 き と 、 題 と を っ ま を か も た し 考 議 リ ち 方 た え 、 に 論 サ ま が 。 対 し イ し い も ク た い う し て い ル 。 の 少 の て て と で し 下 何 わ か 一 は 具 に が か 汚 方 な 体 日 で り 染 、 い 的 産 き や と か な ワ る す か と テ ー だ い 実 で い ー ク ろ と 際 は う マ シ う 感 の 食 感 で IPoS

た 。 財 団 で は 、 科 学 の 基 礎 研 究 を 支 援

IPoS

し た り 、 教 育 で は 、 小 中 学 校 の 理 科 教

IPoS

育 に 教 材 等 の 購 入 の 支 援 を し た り し て

――IPoS

い ま し た 。 ゴ ー ン さ ん に は 一 年 の 猶 予

IPoS

を も ら い 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 関 連

IPoS

し て ど の よ う な 支 援 が で き る の か 、 世

サ ポ ー ト し て い け た ら と 考 え て い ま す 。

す か ら 、 財 団 と し て は ロ ン グ レ ン ジ で

阿 い 方 部 ま が す で 教 。 き 育 る は よ 長 う 年 に の な 積 っ み て 重 き ね て が い 大 る 切 と で 思

な い に し て も 、 だ ん だ ん と 長 期 的 な 見

が き ま し て 、 Y E S に つ い て も 私 も 聞 ほ し い と 要 望 し ま し た 。 ま だ 完 全 で は

  そ の こ ろ 、 東 大 か ら A G S 支 援 の 話 イ メ ー ジ し て 、 車 の あ り 方 を 議 論 し て

の か を 基 礎 か ら 考 え ま し た 。

の 中 の 進 歩 の た め に 財 団 が 何 が で き る

原 シ 田 ョ ッ 学 プ 生 が に 行 は わ 、 れ 二 ま 〇 し 五 た 〇 。 年 の 鎌 倉 を 


た わ け で す が 、 専 門 家 が や る よ う な 需

原 こ 働 田 と に が 必 私 要 は な 交 ス の 通 キ 意 の ル 専 義 を 門 だ 身 家 と に と 思 付 し い け て ま て 呼 す も ば 。 ら れ う

う こ と を 体 験 し て も ら っ て い ま す 。 協

も ら い 、 一 緒 に 議 論 し 、 協 働 す る と い

ネ ッ ト ワ ー ク が 、 今 後 、 実 践 の 場 で 生

で の 経 験 や 、 そ こ で つ く ら れ た

IPoS

社 会 を 改 善 し て い く こ と が 大 切 で す 。

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 実 現 に 向 け て 、

違 い 、 ロ ー カ ル な 条 件 が 違 う と こ ろ で 、

の 人 々 が 、 気 候 条 件 が 違 い 、 価 値 観 が

さ れ る も の だ と 思 い ま す 。 企 業 や 家 庭

物 足 り な さ を 感 じ て い ま し た 。

な ア イ デ ィ ア し か 生 ま れ て こ な く て 、

で 同 じ よ う な 方 向 で 議 論 し て 同 じ よ う

生 活 で は 、 同 じ 研 究 室 で 同 じ メ ン バ ー

も い い か も し れ ま せ ん 。 普 段 の 大 学 院

広 く コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 能 力 と い っ て

ョ ン 能 力 が 身 に つ く と い う こ と で す 。

と き に 何 が 役 に 立 つ の か と 考 え ま し て 、

値 観 み た い な も の が あ り そ う で す 。

ジ ア の 人 た ち と の 間 で な ら 、 共 通 の 価

な か な か 突 破 で き な い も の が あ り 、 ア

す 。 も う 一 つ 、 日 本 と 欧 米 と の 間 に は

き て い け ば 大 き な 意 義 が あ る と 思 い ま

識 体 系 を 構 築 し や す く な る の は 間 違 い

高 ま れ ば 、 吸 収 力 も 強 ま り 、 自 分 の 知

て い ま す 。 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 能 力 が

大 学 院 の な か も 変 え て い き た い と 考 え

に 参 加 し て 質 の 高 い 議 論 が で き た の で 、



で は 、 一

し 合 い 、 ど う 組 み 合 わ せ れ ば い い か 考

の 枠 を 超 え た と こ ろ で そ れ ら を 全 て 出

す が 、 そ れ だ け で は 不 十 分 で す 。 学 問

と に 将 来 像 や パ ス ウ ェ イ は 描 け る の で

こ と だ と 思 い ま す 。 そ れ ぞ れ の 学 問 ご

描 き 、 そ こ に 至 る パ ス ウ ェ イ を 見 出 す

に 自 分 た ち が 生 活 す る 場 に お い て 実 現

︵ 阿 笑 け 部 ︶ が 。 な サ い ス 、 テ と イ い ナ う ビ こ リ と テ も ィ あ と る は の 、 で 実 す 際 が

五 十 何 年 も 生 き て 、 い ま さ ら 変 わ る わ

ら れ て 、 変 わ っ た よ う な 気 が し ま す 。

側 も 、 何 が 根 本 的 な こ と か と 考 え さ せ

考 え て も ら う こ と に し ま し た 。 教 え る

と こ ろ を 伝 え て 、 あ と は 学 生 に 自 由 に

う こ と で す 。 こ の よ う な 一 番 基 本 的 な

は す ご く シ ン プ ル で す 。 デ ィ ス カ ッ シ

甘 で ま 艸 す す 。 。 学 財 団 生 が の そ 立 れ 場 に で 協 思 力 う で き れ の ば 意 本 義 望

い っ て い た だ け た ら す ば ら し い と 思 い

イ ル と か に つ い て 、 議 論 を 組 み 上 げ て

仕 方 と か 、 欧 米 と は 異 な る ラ イ フ ス タ

ー ス に し た エ ネ ル ギ ー 問 題 へ の 対 応 の

の 共 通 通 貨 と か 、 ア ジ ア の 価 値 観 を ベ

定 以 上 の 専 門 性 を も っ た 人 に 集 ま っ て

え る 必 要 が あ り ま す 。

IPoS

一 九 六 三 年 の ブ キ ャ ナ ン レ ポ ー ト に ま

IPoS

で さ か の ぼ り ま し た 。 車 を 最 優 先 し た

IPoS

形 で は 都 市 は 成 り 立 た な い と い っ て い

IPoS

要 予 測 と か で は な く て 、 都 市 と 車 の 共

ま す 。 歴 史 的 な 都 市 空 間 を 優 先 し つ つ 、

IPoS

生 の あ り 方 に つ い て み ん な が 議 論 す る

車 の ア ク セ ス ビ リ テ ィ を 確 保 す る と い

で は 、 ユ ー ロ に 対 応 す る ア ジ ア


に 関 わ る サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 議 論 を

め の ベ ー ス 作 り の 戦 略 が な く 、 鯨 資 源

ま し た 。 国 際 社 会 の な か で 議 論 す る た

論 し よ う と し 、 相 互 に 理 解 を 阻 ん で き

と し 、 捕 鯨 に 反 対 す る 人 は 価 値 観 で 議

問 題 で す 。 日 本 は 科 学 的 に 議 論 し よ う

せ ん 。 そ れ で 失 敗 し た 一 つ の 例 が 捕 鯨

ま す が 、 そ こ ま で 考 え な け れ ば い け ま

問 題 、 そ の な か に は 価 値 観 も 入 っ て き

る こ と が 求 め ら れ る わ け で す が 、 た く

し ま す 。 さ ま ざ ま な 問 題 を 俯 瞰 的 に 見

と 、 経 験 し た こ と の な い こ と に 出 く わ

リ テ ィ を 考 え る と 、 自 分 の 知 ら な い こ

き に ど う 反 応 す る の か 。 サ ス テ イ ナ ビ

そ れ と は 全 然 違 う も の に ぶ つ か っ た と

込 ん で い る こ と が 誰 に で も あ り ま す が 、

に は 大 切 で す 。 自 分 で は こ う だ と 思 い

性 に 対 す る 理 解 が サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

味 と す 埜 し 。 て い 意 ま 義 は の が そ 話 あ の る の 続 と よ き 思 う で い な い ま 先 う す 駆 と 。 的 な 、 試 多 み 様

そ れ ぞ れ の 幸 福 を 維 持 で き る 社 会 像 を

〇 〇 億 に な る 人 類 が 、 有 限 な 地 球 上 で 、

ィ 学 の 目 的 は 何 か と い う と 、 い ず れ 一

ム で は 不 可 能 で す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

と り わ け

す る 知 識 は 膨 大 で 、 そ れ を 教 え る の は 、

り ま せ ん 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 関 連

で き あ が っ た 知 識 を 伝 え る も の で は あ

思 い ま す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 教 育 は

将 来 像 を 描 け る 学 生 を 育 て る こ と だ と

う 問 題 な の か と 相 手 に 聞 け る の が 大 き

つ い て 知 識 が な く て も 、 こ れ は ど う い

い う セ ン ス を 育 て た い 。 当 該 の 問 題 に

す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 教 育 で は そ う

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 教 育 で 大 切 な の は 、

小 て や 貫 い り る 方 大 と は 学 思 、 教 い そ 育 ま の や す 点 大 。 で 学 大 院 き 教 な 育 意 に 義 お を け も る っ

し 、 具 体 的 な テ ー マ を 設 定 す る と い う

っ て い る 、 学 生 や 教 員 の 多 様 性 を 重 視

重 ね が 大 切 だ と 思 い ま す 。

い 。 大 事 な の は や は り ネ ッ ト ワ ー ク で

ダ ー シ ッ プ を 取 る と い う こ と が 重 要 で

を も っ た 人 が 、 政 治 や 研 究 の 場 で リ ー

化 や 価 値 観 も 含 め て 考 え ら れ る セ ン ス

題 が あ っ た と き に 、 そ の 背 景 に あ る 文

込 ん で く る の を 見 る と い う 経 験 の で 積 取 み

を 扱 う な か で 、 い ろ い ろ な 要 素 が 入 り

と 、 実 は 全 く 逆 で 、 非 常 に 具 体 的 な 例

的 な 見 方 が で き る よ う に な る か と い う

IPoS

の よ う な 短 期 プ ロ グ ラ

を 維 持 す る に は 、 分 配 と い っ た 経 済 の

IPoS

IPoS

難 し く し て し ま い ま し た 。

  で は 、 ど う し た ら い い の か 。 何 か 問 さ ん の 知 識 を 端 か ら 並 べ る こ と で 俯 瞰




ま で も っ て い か な い と 意 味 が な い の で 、

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ は 実 行 す る と こ ろ

を 置 い て い た だ い て い い と 思 い ま す 。

ま ず は 多 様 性 に 触 れ る こ と に ウ エ イ ト

ま で 求 め る の は 難 し い で し ょ う か ら 、

支 え て く れ た ら と 期 待 し て い ま す 。

業 生 が ス ポ ン サ ー に な っ て 、

な っ た こ ろ に 振 り 返 る 機 会 が つ く れ た

ょ う と 。 み な さ ん が ミ ッ ド キ ャ リ ア に

た か ら 、 二 〇 五 〇 年 に ま た 集 ま り ま し

産 セ ミ ナ ー の テ ー マ が 二 〇 五 〇 年 で し

を つ く ろ う と い う 話 が 出 て い ま す 。 日

よ り よ い

IPoS



IPoS

の 発 展 に 向 け て

ら い い で す 。 そ し て 、 企 業 に 入 っ た を 卒

阿 う 原 部 と 田 、 学 な つ 生 か か さ な ま ん か え の 思 る 集 い 方 ま つ 法 る か 論 な が い あ 。 る で か そ と こ い

の だ ろ う と 思 い ま す 。

き た り し ま す 。 新 し い も の を つ く り 出

る と 、 あ る 瞬 間 に あ る 方 向 に 流 れ が で

黒 集 も 倉 め の た を 集 だ 生 ま け み っ で 出 て は す ぐ だ 方 し め 法 ゃ だ 論 ぐ ろ が し う な ゃ と い や 。 と っ き て に い 、

生 方 は お っ し ゃ っ て い ま し た 。 新 し い

も そ の よ う な こ と を 、 と く に 文 系 の 先

は 盛 り 上 が っ て 、 卒 業 生 ネ ッ ト ワ ー ク

星 い で 越 と す 思 。 事 っ 僕 務 て も 局 い 卒 か ま 業 ら す 生 の 。 と 補 し 足 て で 広 、 め こ て れ い ま き で た

く の 人 に こ の 活 動 を 知 っ て も ら い た い

で は な い で し ょ う か 。 そ れ と 、 よ り 多

ラ ム を 実 行 す る と き に 、 先 生 方 の 思 い

よ か っ た か な と 感 じ て い ま す 。 プ ロ グ

た さ 上 ん で あ り ま し に た 参 。 加 そ し う て い い う た こ ら と も を っ 知 と っ

ざ い ま し た 。

た い と 思 い ま す 。 本 日 は あ り が と う ご

り と か し て き ま し た が 、 今 年 の 参 加 者

も 卒 業 生 に は 活 動 に 参 加 し て も ら っ た

す と は 、 そ の 瞬 間 を つ か ま え る こ と な

を 学 生 に 伝 え る 時 間 が あ っ て も い い の

小 貫

東 大 で 新 領 域 を つ く っ た と き に

IPoS

甘 し 社 艸 て 会 い 進 今 て 歩 日 ほ と こ し セ こ い ッ で で ト 先 す に 生 。 な 方 っ の た お 実 話 行 を は 伺 意 っ 識

IPoS

て 、 そ う だ っ た の か と 思 う こ と が た く

こ と を 期 待 し て 、 本 日 の 座 談 会 を 終 え

た く さ ん の ア イ デ ィ ア が 生 ま れ て く る


七 年 度 は 場 所 が 日 本 だ っ た こ と と 、 こ

原 き っ 田 た て い い プ と た ロ 思 だ グ っ け ラ て る ム い よ づ ま う く す 今 り 。 後 で も は 努 、 力 二 し 〇 て 〇 い

善 し 、 さ ま ざ ま な 分 野 の 研 究 者 に 加 わ

が 、 わ れ わ れ の 方 の ネ ッ ト ワ ー ク を 改

参 加 し て い た だ け る よ う に な り ま し た

な の か ⋮ ⋮ 。

型 の リ ー ダ ー シ ッ プ が 欠 け て い る か ら

な い と い わ れ て い ま す が 、 そ れ は 欧 米

得 意 で も 、 新 し い も の は な か な か 生 め

存 の も の を 組 み 合 わ せ て 改 良 す る の は

で す 。 専 門 家 が 集 ま る の は 、 新 し い も

が 求 め ら れ る の か 、 実 践 的 に 探 る 試 み

み 出 そ う す る と き に 、 リ ー ダ ー に は 何

十 分 条 件 で は あ り ま せ ん 。 日 本 人 は 既

の を 生 む た め の 必 要 条 件 で は あ っ て も 、

が や れ な い か と い

も っ て い る 学 術 研 究 船 の 白 鳳 丸 に 乗 っ

い の か 、 具 体 的 な 話 で は 、 東 京 大 学 が

黒 ら ら 倉 、 の お 課 願 題 い 、 は し あ こ ま る い れ す 。 は か 提 ら 言 ど が う あ し り た ま ら し い た

こ れ か で ら は の

な い と 思 い ま す 。

、 最 後 に は 、 の こ れ か

に 文 系 の 教 員 に も

の 方 に も 案 外 問 題 が あ る と 感 じ て い ま

小 て の 貫 ほ 二 し つ ネ い で ッ と ネ ト 思 ッ ワ い ト ー ま ワ ク す ー で 。 ク い を う 構 と 築 、 し 研 て 究 い 者 っ

は も う 遅 い け れ ど 、 若 い 人 た ち に は こ

役 割 が も て る と い わ れ て い ま す 。 僕 ら

と 、 イ ン タ ー ネ ッ ト の な か と 、 二 つ の

原 の 立 田 を ち 生 上 こ ん げ れ で 、 か い そ ら け れ の た を 人 ら ま に と と は ⋮ め 、 ⋮ て 現 。 、 実 新 の し 社 い 会 も

ネ ッ ト ワ ー ク を 活 か し て 、 何 か 組 織 を

+ 1 が 3 に な る よ う な 新 し い も の を 生

ム が あ り ま す 。 専 門 家 が 集 ま っ て 、 1

ン を 推 進 す る リ ー ダ ー の 育 成 プ ロ グ ラ

L P I E ︵

で は も っ た い な い で す 。 日 産 で は 日 産

﹁ 議 論 し て 楽 し か っ た ﹂ で 終 わ っ た の

阿 課 か 部 題 ら だ の 多 と 参 方 思 加 面 い 者 の ま を 人 す 増 々 。 や す が の 集 が ま こ っ れ て か も ら の 、

IPoS

れ ま で の 蓄 積 が あ っ た こ と と で 、 か な

て 、 洋 上 で の

IPoS

り う ま く 進 め ら れ た と 思 い ま す 。 手 間

の ス タ ー ト 時 の 私 の 思 い は 、

う の が あ り ま す 。

IPoS

や 時 間 が か か っ て も 準 備 は 大 切 で す 。

甘 艸 君 が 話 し て く れ た こ と で 、 半 分 く

す 。 最 近 で は

い う 、 技 術 を 基 に 社 会 の イ ノ ベ ー シ ︶ ョ と

Nissan Leadership Pro-

ら い は 達 成 で き た よ う な 気 が し ま す 。

IPoS

こ こ で 誕 生 し た ネ ッ ト ワ ー ク が こ れ か

gram for Innovative Engineers

ら ど う な っ て い く の か 、 ど の よ う な 知

恵 が そ こ か ら 生 ま れ て く る の か 、 私 の

IPoS

こ れ ま で の 経 験 に は な い こ と な の で 、

IPoS

将 来 を 描 く 想 像 力 が 働 き ま せ ん 。 そ う

IPoS

甘 と い 艸 い う う 意 僕 感 味 の じ で 夢 が 、 と あ 私 し り の て ま 役 は す 割 、 ︵ は こ 笑 終 ︶ わ こ 。 で っ で た き か た な

は ア ジ ア で 行 っ て い て も 、 欧 米




う 薬 品 を 入 れ 、 細 か い 粘 土 粒 子 を 集 合

貯 水 池 や 河 川 の 濁 っ た 水 に 凝 集 剤 と い

研 究 で す 。 水 道 の 浄 水 場 で は 、 一 般 に 、

感 染 性 胃 腸 炎 が 日 本 中 で 流 行 し ま す 。

毎 年 冬 に な る と 、 ノ ロ ウ イ ル ス に よ る

予 測 す る 数 値 モ デ ル を 開 発 し て い ま す 。

く ら い の 感 染 症 患 者 が 発 生 す る の か を

に 汚 染 さ れ た 水 を 利 用 し た と き 、 ど れ

活 性 汚 泥 か ら 、 ポ リ オ ウ イ ル ス と ア デ

い ま す が 、 こ れ ま で に 、 下 水 処 理 場 の

ス 吸 着 タ ン パ ク 質 ︵ V B P ︶ と 呼 ん で

ま す 。 こ の 機 能 性 タ ン パ ク 質 を ウ イ ル

用 い た ウ イ ル ス 検 出 技 術 を 開 発 し て い



  第 三 は 藻 類 に よ る 凝 集 阻 害 に 関 す る   リ ス ク 評 価 の 研 究 で は 、 病 原 微 生 物 着 す る 性 質 を も つ 機 能 性 タ ン パ ク 質 を

ズ ム を 研 究 し て い ま す 。

を 流 下 し 養 殖 域 ま で 運 搬 さ れ る メ カ ニ

と す る フ ミ ン 物 質 に 鉄 が 結 合 し 、 河 川

が 利 用 で き ま す 。 森 林 の 腐 葉 土 を 起 源

と が な い の で 、 養 殖 域 の プ ラ ン ク ト ン

と 、 鉄 は 酸 化 か ら 保 護 さ れ 沈 殿 す る こ

物 質 と 呼 ば れ る 有 機 物 に 結 合 し て い る

沈 殿 し て し ま い ま す 。 一 方 で 、 フ ミ ン

別 な 部 屋 で 実 験 を し て い ま す

す 。 病 原 微 生 物 を 取 り 扱 う 研 究 な の で 、

の 評 価 と 、 ウ イ ル ス 検 出 技 術 の 開 発 で

研 究 で 、 病 原 微 生 物 に よ る 感 染 リ ス ク

の あ る 病 原 微 生 物 を タ ー ゲ ッ ト に し た

息 し 、 人 間 に 病 気 を 引 き 起 こ す 危 険 性

渡 部

︵ 写 真 ︶

バ イ オ ハ ザ ー ド 実 験 設 備 と 呼 ば れ る 特

イ ル ス 表 面 の タ ン パ ク 質 と 特 異 的 に 吸

の た め に 、 わ れ わ れ の 研 究 室 で は 、 ウ

確 実 に 検 出 で き る 技 術 が 必 要 で す 。 そ

ご く 低 濃 度 で 存 在 し て い る ウ イ ル ス を

の 開 発 に い ま 取 り 組 ん で い ま す 。

警 報 を 出 す シ ス テ ム

  こ の シ ス テ ム 開 発 に は 、 流 行 初 期 に

残 り 二 つ の テ ー マ は 、 水 中 に 生 し 、 数 値 モ デ ル で そ の 流 行 を 予 測 し て

存 在 し て い る 鉄 は 、 す ぐ に 酸 化 さ れ て

で す 。 と こ ろ が 、 水 中 に 無 機 物 と し て

る プ ラ ン ク ト ン の 成 長 に は 鉄 が 不 可 欠

い ま す 。 養 殖 カ キ や ホ タ テ の 栄 養 と な

こ れ に は 鉄 が 関 わ っ て い る と い わ れ て

る 話 を 聞 い た こ と が あ る と 思 い ま す 。

営 ん で い る 人 た ち が 山 に 木 を 植 え て い

と フ ミ ン 物 質 の 挙 動 で す 。 海 で 養 殖 を

さ せ 沈 殿 さ せ る こ と で き れ い な 水 を 得

iWater Watchw

て い ま す 。 し か し 、 貯 水 池 で 藻 類 が 異

発 す る こ と を 目 標 に 研 究 し て い ま す 。

ズ ム に も と づ い た 有 効 な 対 策 技 術 を 開

っ て い る の か を 解 明 し 、 阻 害 の メ カ ニ

す る ど の 有 機 物 が こ の 凝 集 阻 害 に 関 わ

き を 妨 害 し て し ま い ま す 。 藻 類 が 産 生

類 が 産 生 し た 有 機 物 が こ の 凝 集 剤 の 働

常 繁 殖 す る と ︵ い わ ゆ る ア オ コ ︶ 、 藻

グ す る こ と で 感 染 症 流 行 の 兆 し を 検 知

普 段 か ら 下 水 の ウ イ ル ス を モ ニ タ リ ン

濃 度 が 上 昇 し ま す 。 こ れ を 逆 手 に と り 、

感 染 症 の 流 行 地 域 で は 下 水 の ウ イ ル ス

排 泄 時 に 下 水 に 流 れ 込 み ま す 。 よ っ て 、

し ︵ こ の と き に お 腹 を こ わ し ま す ︶ 、

ウ イ ル ス は 人 間 の 腸 で 莫 大 な 数 に 増 殖

ノ ロ ウ イ ル ス を は じ め と す る 腸 管 系 の

生 物 が 対 象 の 研 究 が 多 い で す ね 。


研・究・室・探・訪

東北大学大学院工学研究科 環境水質工学研究室の巻

第 二 の テ ー マ は 、 河 口 域 に お け る 鉄

い る ト ビ ケ ラ や カ ワ ゲ ラ な ど の 昆 虫 の

水 生 昆 虫 と は 川 底 の 石 に へ ば り つ い て

と し て 河 川 環 境 を 評 価 す る 研 究 で す 。

工 学 的 な 意 義 の あ る 研 究 な の で す 。

環 境 に 対 す る 影 響 を 調 べ る と い う 点 で 、

ム の 例 の よ う に 、 人 間 活 動 に よ る 河 川

渡 部

一 見 そ の よ う に 見 え ま す が 、 ダ

は 、 水 生 昆 虫 の 遺 伝 子 の 多 様 性 を 指 標

幼 虫 で 、 こ れ を 現 地 で 集 め 、 顕 微 鏡 で

生 態 学 の 研 究 み た い で す ね 。

研 究 テ ー マ は 五 つ あ り ま し て 、 第 一 性 が あ り ま す 。

ム の デ ザ イ ン ﹂ を 主 題 に 掲 げ て い ま す 。

ー プ で は ﹁ 安 心 ・ 安 全 な 水 利 用 シ ス テ

ち 大 村 達 夫 教 授 を 中 心 と す る 研 究 グ ル

の 研 究 は 別 の 研 究 室 の テ ー マ で 、 私 た

渡 水 部 の 質 水 が の 研 量 究 と の 関 主 係 題 す で る し 洪 ょ 水 う や か 渇 。 水 等

が 引 き 金 と な っ て 一 気 に 絶 滅 す る 危 険

様 性 の 低 い 集 団 は 、 何 ら か の 環 境 変 動

同 じ よ う な 応 答 を す る た め 、 遺 伝 子 多

子 配 列 を も つ 個 体 は 環 境 変 動 に 対 し て

の 多 様 性 が 低 下 し ま す 。 類 似 し た 遺 伝

た め に 、 近 親 交 配 が 繰 り 返 さ れ 遺 伝 子

種 の 同 定 を し ま す 。 種 の 多 様 性 を も と

渡 部 徹 助 教 を お 訪 ね し た 。

ら 風 で 飛 ば さ れ て き た 雪 が 舞 う な か 、

中 旬 の 午 後 、 晴 天 の も と 、 奥 羽 山 脈 か

青 葉 山 の 上 に あ る 。 訪 問 し た の は 一 月

約 二 〇 分 、 曲 が り く ね っ た 坂 を 登 っ た

下 流 か ら 新 し い 遺 伝 子 が 入 っ て こ な い

移 動 が 妨 げ ら れ ま す 。 ダ ム の 上 流 で は 、

川 に 大 き な ダ ム を 作 る と 、 水 生 昆 虫 の

多 様 性 に 注 目 し て い ま す 。 例 え ば 、 河

が 、 私 た ち は 同 じ 種 の 中 で の 遺 伝 子 の

す る 試 み は 古 く か ら 行 わ れ て き ま し た

環 境 水 質 工 学 と は 、 文 字 通 り 、

  東 北 大 学 工 学 部 は 仙 台 駅 か ら バ ス で に 河 川 環 境 の 善 し 悪 し を 評 価 し よ う と

安 心 で 安 全 な 水 利 用 の た め に




き っ か け と な り ま す 。 学 生 に と っ て も 、

れ わ れ に 何 が で き る の か を 考 え る 良 い

じ る こ と が 重 要 で 、 研 究 の 必 要 性 や わ

は 現 地 の 人 の 話 を 聞 き 生 活 の 臭 い を 感

渡 観 部 的 で ど し ち ょ ら う か か と 、 い 悲 う 観 と 的 楽 で 観 し 的 ょ で う す か 。 。

良 質 な 水 道 水 を 供 給 し て い ま す 。

入 し 、 以 前 と は 比 べ 物 に な ら な い ほ ど

東 京 の 金 町 浄 水 場 で は オ ゾ ン 処 理 を 導

す 。 味 や に お い に つ い て も 、 例 え ば 、

監 視 の 体 制 も 充 実 し て い て 十 分 安 全 で

日 本 の 水 道 は 、 処 理 シ ス テ ム も

を 得 ず ﹂ ボ ト ル 水 を 買 い ま す が

は あ ま り あ り ま せ ん 。 途 上 国 で は

が い す ら 感 じ て し ま い ま す ね

が 多 い ほ ど 、 私 た ち 工 学 研 究 者 が 活 躍

な 意 義 が あ る と 思 い ま す 。 将 来 に 問 題

ら 生 ま れ 、 そ れ ら の 問 題 解 決 に 本 質 的

題 あ る い は 将 来 予 測 さ れ る 問 題 の 中 か

い ま す 。 工 学 の 研 究 課 題 は 、 現 在 の 問

す 。 私 も そ の 一 人 で あ り た い と 思 っ て

は 、 無 理 な シ ナ リ オ で は な い と 思 い ま

境 対 応 技 術 が 生 み 出 さ れ る と 考 え る の

い も 寄 ら な い よ う な 斬 新 で 効 果 的 な 環

︵ 笑 ︶

安 全 ・ 安 心 な 水 利 用 シ ス テ ム の

で き る 場 が 増 え る わ け で す か ら 、 や り



最 後 の 質 問 で 、 人 類 の 未 来 に 楽

て い か な い と い け ま せ ん 。 そ の た め に

し 、 継 続 的 な 効 果 を 生 む 対 策 を 提 案 し

こ と の 繰 り 返 し で す 。 生 活 環 境 を 改 善

で す 。 で も 、 薬 が な く な れ ば ま た 同 じ

し ま せ ん 。 例 え ば 、 水 に よ る 感 染 症 で

地 の た め に な る こ と と は 必 ず し も 一 致

そ の 場 で 喜 ば れ る こ と と 、 長 い 目 で 現

対 策 と い う 意 味 で い う と 、 実 際 に す ぐ

す る こ と も 積 極 的 に 行 っ て き ま し た 。

事 務 所 を 訪 れ 、 調 査 で 得 た 情 報 を 提 供

す 。 ま た 、 J I C A や W H O 等 の 現 地

っ た こ と や 気 づ い た こ と を 伝 え て い ま

︵ ﹁ 笑 や こ 渡 ボ ︶ む と 部 ト

私 は 、 日 本 で ボ ト ル の 水 を 飲 む

ル の 水 を 買 う 人 が 増 え て い ま す が 。

途 上 国 で の 調 査 に は 大 き な 教 育 効 果 が

あ る よ う で す 。

デ ザ イ ン と い う 目 標 で 、 実 際 に 提 案 し

す ぐ に 効 果 が あ る の は 薬 を 与 え る こ と

広 く 発 表 し て い く つ も り で す 。

と も に 、 国 際 雑 誌 や 国 際 学 会 を 通 じ て

た 。 こ れ か ら 現 地 の 政 府 に 提 案 す る と

ク 低 減 効 果 が 高 い と い う 結 果 を 得 ま し

貯 め て 飲 む 方 が 、 圧 倒 的 に 安 価 で リ ス

さ せ る よ り も 、 農 村 で 雨 水 を き れ い に

渡 て 部 い る メ プ コ ラ ン ン の は 研 あ 究 り で ま は す 、 か 水 。 道 を 普 及

開 発 に 参 加 し て き ま す 。 現 時 点 で は 思

で 育 っ た 新 し い 世 代 も 、 こ れ か ら 技 術

す 。 環 境 問 題 に 対 す る 関 心 が 高 い 社 会

技 術 開 発 に 心 血 を 注 い で い る 人 が い ま

過 ぎ る と 思 い ま す 。 い ま の こ の 瞬 間 も

る 技 術 だ け で 未 来 を 考 え る の は 悲 観 的

ょ う し 、 環 境 対 応 技 術 に し て も 現 存 す

ー タ は 時 々 刻 々 と 更 新 さ れ て い く で し

れ て い ま す 。 で も 、 そ の 予 測 手 法 や デ

で き る 手 法 や デ ー タ に 基 づ い て 予 測 さ

最 近 は 水 道 水 を 飲 ま ず に ペ ッ ト

と の 共 同 作 業 で 、 調 査 デ ー タ か ら わ か

未 来 の 環 境 問 題 は 、 現 時 点 で 最 も 信 頼


ん で き た 私 に は 、 ま っ た く 違 う 切 り 口

そ れ ま で 道 路 や 橋 な ど の 土 木 工 学 を 学

が 研 究 対 象 で あ る こ と を 聞 き ま し た 。

た よ ︵ く 笑 知 ︶ 。 ら 研 な 究 い 室 ま ま に に 入 研 っ 究 た 室 後 に で 入 、 り 生 ま 物 し

ら れ て 二 期 目 の 学 生 で 、 先 生 の こ と を

渡 相 部 当 必 私 要 は そ 、 う 大 で 村 す 教 ね 授 。 が 東 北 大 学 に 移

て 調 査 に 出 か け て い ま し た 。

ア 、 ベ ト ナ ム の 四 カ 国 に 、 学 生 を 連 れ

の ペ ー ス で 、 タ イ 、 ラ オ ス 、 カ ン ボ ジ

わ っ て き ま し た 。 二 カ 月 に 一 度 く ら い

テ ム を 構 築 す る 研 究 プ ロ ジ ェ ク ト に 関

そ の リ ス ク が 小 さ い 安 全 な 水 利 用 シ ス

水 利 用 に よ る 感 染 症 の リ ス ク を 評 価 し 、

年 は 、 東 南 ア ジ ア の メ コ ン 川 の 流 域 で 、

渡 れ 部 に 取 リ り ス 組 ク ん 評 で 価 い の る 研 の 究 で で す す か 。 。 こ こ 数

体 力 が 消 耗 し て い く の が わ か り ま す 。

ド へ 出 か け る の で 、 寝 不 足 で 日 に 日 に

び ま す 。 翌 日 は ま た 早 朝 か ら フ ィ ー ル

ら ず 、 作 業 が 深 夜 の 二 時 や 三 時 ま で 及

の 仕 事 を 他 の 人 が カ バ ー し な け れ ば な

す る の で す が 、 一 人 が 倒 れ る と そ の 分

採 水 し た サ ン プ ル を 、 夜 ホ テ ル で 分 析

た 調 ︵ 査 笑 に ︶ 。 行 本 く 人 た も び か に わ 倒 い れ そ る う 学 で 生 す も が い 、 ま 周 し

渡 の 部 は あ 調 る 査 の は で 現 し 地 ょ の う カ か ウ 。 ン タ ー パ ー ト

調 査 を し て 現 地 へ の 還 元 と い う

精 製 し 人 工 的 に 大 量 合 成 す る こ と に 成

り の 人 も 大 変 で す 。 昼 間 フ ィ ー ル ド で

ノ ウ イ ル ス に 吸 着 す る V B P を 分 離 ・

五 つ の テ ー マ の な か で お も に ど

バイオハザード実験施設(P2 レベル)で 説明する渡部徹氏.

感 じ ま せ ん で し た 。

た 工 学 研 究 に 携 わ っ て い る と い う 意 識

安 心 な 社 会 基 盤 の デ ザ イ ン を 目 的 と し

れ ま す 。 中 に は 、 特 別 に 身 体 が 弱 く 、

初 の 一 回 か 二 回 は 下 痢 や 発 熱 に 見 舞 わ

︵ 笑 せ 以 ス と 渡 あ ︶ ん 降 ト き 部 っ

。 調 査 に 学 生 を 連 れ て い く と 、 最

物 か が 異 な る だ け で 、 最 終 的 に 安 全 ・

渡 部

が あ り ま し た の で 、 と ま ど い は さ ほ ど

。 人 間 の 免 疫 力 っ て す ご い で す ね

研 究 対 象 が ハ ー ド な 構 造 物 か 生

は 、 幸 い 危 な い 目 に は あ っ て い ま

海 外 調 査 で は 、 水 で 危 な い 目 に

こ こ で の 研 究 に は 生 物 の 知 識 が

功 し て い ま す 。

と ま ど い は な か っ た で す か 。

ハ ウ ス で 寝 て 過 ご し ま し た 。 そ れ

い う イ メ ー ジ が あ り ま し た し ︵ 笑 ︶

に お 腹 を こ わ し て 、 三 日 間 ほ ど ゲ

オ ﹂ と い う 言 葉 に は 、 最 先 端 の 研 究 と

私 自 身 、 初 め て ラ オ ス を 訪 れ た

が 新 鮮 に 感 じ ら れ ま し た 。 特 に ﹁ バ イ

た り は し ま せ ん で し た か 。




図 1 宮城県名取川で底生動物を 採取している様子.

当 た り 前 の よ う に こ の 新 し い 研 究 分 野

ら 応 用 生 態 工 学 が 既 に 確 立 さ れ て お り 、

は 、 幸 か 不 幸 か 、 研 究 を 始 め た 当 初 か

か し 、 私 の よ う な 新 米 研 究 者 に と っ て

労 ・ ご 尽 力 さ れ た と 伺 っ て い ま す 。 し

ち 上 げ の 際 に は 、 多 く の 先 生 方 が ご 苦

学 研 究 会 ︵ 現

お り ま す 。

を 少 し で も 発 展 さ せ る こ と だ と 考 え て

今 後 も 川 を 歩 き 続 け て 、 応 用 生 態 工 学

献 で き る こ と が あ る と す れ ば 、 そ れ は

今 後 、 私 が サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 に 貢

と 通 ず る も の が あ る と 信 じ て い ま す 。

ま さ し く サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の そ れ



応 用 生 態 工 学 会 ︶ の 立

九 九 七 年 に 日 本 で 発 足 し た 応 用 生 態 工

学 は 互 い に 相 容 れ る こ と が 難 し く 、 一

研 究 で す 。 一 昔 前 で は 土 木 工 学 と 生 態

生 態 学 を 融 合 さ せ た 新 し い 境 界 領 域 の

り 方 ﹂ を 模 索 す る た め に 、 土 木 工 学 と

類 と 自 然 の 双 方 に 利 す る 人 間 社 会 の あ

れ る と 思 い ま す 。 応 用 生 態 工 学 は ﹁ 人

容 は 応 用 生 態 工 学 と い う 学 問 に 分 類 さ

し て お り ま す が 、 行 っ て い る 研 究 の 内

私 は 東 北 大 学 で 土 木 工 学 専 攻 に 所 属

技 術 に 発 展 さ せ た い と 考 え て い ま す 。

た る 長 期 的 な 環 境 ス ト レ ス を 評 価 す る

え に く か っ た 地 域 間 交 流 や 数 世 代 に わ

な 対 象 と さ れ て き た 種 多 様 性 等 で は 見

と 自 然 の 双 方 に 利 す る ﹂ と い う 理 念 は 、

つ つ あ り ま す 。 応 用 生 態 工 学 の ﹁ 人 類

ジ ャ ー ナ ル を 選 ぶ と い う 状 況 も 生 ま れ

の 論 文 の 投 稿 先 の 一 部 と し て 生 態 学 の

見 分 け に く く な っ て い ま す 。 実 際 、 私

す 。 土 木 工 学 と 生 態 学 の 出 身 の 違 い を

と す る 姿 勢 を 強 め て い る よ う に 感 じ ま

果 を 土 木 工 学 や 人 間 社 会 に 役 立 て よ う

れ 以 上 に 、 あ ち ら ︵ 生 態 学 ︶ が 研 究 成

学 を 吸 収 し よ う と す る 姿 勢 と 同 じ か そ

て い ま す 。 こ ち ら ︵ 土 木 工 学 ︶ が 生 態

手 研 究 者 の 方 々 と 交 流 す る 機 会 が 増 え

生 態 学 分 野 の 博 士 課 程 の 学 生 さ ん や 若

最 近 、 応 用 生 態 工 学 会 等 を 通 じ て 、

研 究 で す が 、 従 来 の ア セ ス メ ン ト の 主 に 入 っ て い く こ と が で き ま し た 。


取 川 水 系 だ け で は な く 、 数 多 く の 近 自

す 川 ︵ 調 図 査 1 に ︶ 。 は ま う た っ 、 て み つ け ち の の 場 く 所 に に は あ 、 り 名 ま

脈 に あ る 名 取 川 水 系 の 源 流 に 行 け る 河

学 は 、 車 で 一 時 間 ほ ど 走 れ ば 、 奥 羽 山

激 的 な 空 気 を 与 え て く れ ま す 。 東 北 大

は 、 河 川 生 態 系 を 研 究 し て い る 私 に 刺

中 や 街 の す ぐ 近 く に 残 さ れ て い る こ と

川 や 青 葉 山 な ど の 豊 か な 自 然 景 観 が 街

す 。 仙 台 の シ ン ボ ル と な っ て い る 広 瀬

に わ た っ て こ こ 仙 台 で 生 活 を し て い ま

生 、 大 学 院 生 、 ポ ス ド ク と 一 一 年 以 上

幸 運 な こ と に ま だ ク マ に 遭 遇 し た こ と

シ カ 、 サ ル 、 タ ヌ キ に は 遭 遇 し ま す が 、

い る 気 が し ま す 。 ち な み に 、 山 の 中 で

は 体 育 会 系 育 ち の 自 分 の 性 分 に あ っ て

日 の 出 か ら 日 没 ま で 川 を 歩 き 回 る 一 日

あ り ま せ ん が 、 学 生 さ ん た ち と 一 緒 に

パ ソ コ ン を 前 に 論 文 を 書 く 時 間 も 悪 く

を 採 取 す る 毎 日 が 続 き ま す 。 研 究 室 で

検 家 の よ う に 川 を 歩 き 回 っ て 水 生 生 物

獣 避 け の 熊 ス ズ を 腰 に 着 け て 、 ミ ニ 探

プ ル 瓶 を 詰 め た リ ュ ッ ク を 背 負 っ て 、

調 査 シ ー ズ ン に は 、 調 査 道 具 と サ ン

価 に 関 す る 研 究 で す 。 ま だ 発 展 途 上 の

体 群 内 や 個 体 群 間 の 遺 伝 的 多 様 性 の 評

事 が 、 D N A 多 型 マ ー カ ー を 使 っ た 個

ま す 。 こ こ 数 年 特 に 力 を 入 れ て い る 仕

な る べ く 多 角 的 に 見 る よ う に 努 め て い

て 、 ス ト レ ス に 対 す る 生 態 系 の 応 答 を

群 動 態 モ デ ル な ど の 技 術 を 組 み 合 わ せ

炭 素 ・ 窒 素 安 定 同 位 体 マ ー カ ー 、 個 体

明 す る 研 究 で す 。 D N A 多 型 マ ー カ ー 、

体 群 に 及 ぼ す 生 態 学 的 メ カ ニ ズ ム を 解

工 事 濁 水 、 取 水 堰 等 ︶ が 生 物 群 集 や 個

さ ま ざ ま な ス ト レ ス ︵ ダ ム 、 鉱 山 廃 水 、

私 は 東 北 大 学 に 入 学 し て 以 来 、 学 部

日東 本北 学大 術学 振大 興学 会院 特工 別学 研研 究究 員科 ︵土 P木 D工 ︶学 専 攻

渡 辺 幸 三

歩応 き用 続生 け態 る工 学 を

然 河 川 が 残 さ れ て い ま す 。

に 焦 点 を あ て て 、 人 間 社 会 が 起 こ し た

ワ ゲ ラ 、 カ ゲ ロ ウ な ど の 河 川 底 生 動 物

し て 続 け て い る 研 究 は 、 ト ビ ケ ラ 、 カ

私 が 学 部 四 年 時 か ら 東 北 大 学 で 一 貫

若手の 部屋 環東 境北 科大 学学 研大 究学 科院 の工 巻学 研 究 科 ・

は あ り ま せ ん 。




確率(%)

図 2 再現期間 100 年の土砂崩壊発生確率分布.

足 に 対 応 で き る 適 応 策 に 反 映 さ せ る 意

響 を 評 価 し 、 将 来 危 惧 さ れ る 水 資 源 不



も 言 及 し た 地 球 温 暖 化 の 土 砂 崩 壊 の 影

災 へ の 適 応 策 だ け で は な く 、 水 資 源 に

の 濁 質 流 出 予 測 に 利 用 し て い ま す 。 防

進 行 、 土 砂 流 入 に よ る 河 川 お よ び 湖 沼

に 伴 う 流 域 内 の 土 砂 収 支 や ダ ム 堆 砂 の

に も 取 り 組 み 、 こ の 成 果 を 地 球 温 暖 化

ム 堆 砂 量 の 関 係 か ら 土 砂 生 産 量 の 予 測

ダ ム 上 流 域 の 土 砂 崩 壊 発 生 確 率 と ダ

投 資 配 分 の 計 画 に 有 効 で す 。

用 で き ま す 。 リ ス ク 変 化 は 今 後 の 対 策

よ び 対 策 を 優 先 す べ き 地 域 の 抽 出 に 利

地 利 用 の 誘 導 、 土 砂 崩 壊 の 詳 細 調 査 お

ッ プ は 被 害 を 最 小 限 に 留 め る た め の 土

ス ク 変 化 と し て 図 化 し ま す 。 リ ス ク マ

果 を 日 本 列 島 全 域 の リ ス ク マ ッ プ

済 損 失 額 や を 地 リ 球 ス 温 ク 暖 と 化 し の て 進 示 行 し に 、 伴 こ う ︵ の リ 図 成 2 参 照 ︶

崩 壊 の 発 生 確 率 と 人 的 な 被 害 に よ る 経

額 ﹂ を 導 き ま す 。 自 然 現 象 に よ る 土 砂

規 模 か ら ﹁ 土 砂 崩 壊 に よ る 経 済 損 失


際 的 視 点 か ら 学 ぶ こ と が で き る 絶 好 の

徴 で す 。 し た が っ て 、 水 環 境 分 野 を 学

境 の 分 野 に 幅 広 く 携 わ っ て い る の が 特

文 過 程 の 基 礎 的 な 研 究 等 で あ り 、 水 環

お よ び 海 域 の 環 境 に 関 す る 研 究 、 ④ 水

の 水 資 源 に 関 す る 研 究 、 ③ 河 川 、 湖 沼

お よ び 災 害 に 関 す る 研 究 、 ② 国 際 河 川

研 究 課 題 は 、 ① 気 候 変 動 に 伴 う 水 資 源

着 目 し て 調 査 、 解 析 を 行 っ て い ま す 。

山 と い っ た フ ィ ー ル ド を ﹁ 水 環 境 ﹂ に

教 授 、 風 間 准 教 授 の 指 導 の 下 、 川 、 海 、

る 複 雑 な 研 究 室 に 所 属 し ま す が 、 澤 本

学 研 究 科 ︵ 流 域 環 境 研 究 室 ︶ の 共 存 す

︵ 水 環 境 シ ス テ ム 学 研 究 室 ︶ と 環 境 科

究 科 に 勤 務 し て お り ま す 。 工 学 研 究 科

究 員 と し て 東 北 大 学 大 学 院 環 境 科 学 研

〇 〇 四 年 新 潟 福 島 豪 雨 や 、 長 野 県 を 中

の 発 生 が 指 摘 さ れ て い ま す 。 近 年 の 二

来 の 無 降 雨 期 間 の 長 期 化 や 甚 大 な 降 水

降 水 現 象 の 発 生 が 挙 げ ら れ て お り 、 将

変 動 の 及 ぼ す 一 つ の 現 象 と し て 極 端 な

う 気 候 変 動 が 予 測 さ れ て い ま す 。 気 候

と め ら れ て い る よ う に 地 球 温 暖 化 に 伴

府 間 パ ネ ル ︶ 第 四 次 評 価 報 告 書 等 に ま

ま す 。 I P C C ︵ 気 候 変 動 に 関 す る 政

よ る 影 響 評 価 ﹂ に つ い て 簡 単 に 紹 介 し

究 ﹂ で 取 り 組 ん で い る ﹁ 地 球 温 暖 化 に

温 暖 化 影 響 の 総 合 的 評 価 に 関 す る 研

室 効 果 ガ ス 安 定 化 レ ベ ル 検 討 の た め の

ジ ェ ク ト ﹁ 温 暖 化 の 危 険 な 水 準 及 び 温

地 球 環 境 研 究 総 合 推 進 費 戦 略 研 究 プ ロ

こ の 場 を お 借 り し て 、 今 回 は 環 境 省

確 率 を 利 用 し て 土 地 利 用 の 経 済 価 値 と

生 確 率 ﹂ を 導 き ま す 。 ま た 、 こ の 発 生

係 を 関 数 に す る こ と で ﹁ 土 砂 崩 壊 の 発

報 に よ り 整 理 す る こ と 、 さ ら に 因 果 関

発 生 、 非 発 生 を 地 形 、 地 質 、 水 文 の 情

び 融 雪 に よ る 災 害 に 関 す る 土 砂 崩 壊 の

土 砂 崩 壊 に つ い て は 、 過 去 の 豪 雨 お よ

る こ と で 水 害 の リ ス ク を 算 定 し ま す 。

地 質 デ ー タ と 土 地 利 用 デ ー タ を 利 用 す

を 導 き 、 数 値 地 理 情 報 に 含 ま れ る 地 形 、

い て 今 後 予 想 さ れ る 豪 雨 や 融 雪 の 状 態

既 往 の 気 象 お よ び 衛 星 画 像 デ ー タ を 用

じ た 将 来 気 候 予 測 モ デ ル の デ ー タ や 、

を 提 言 し て い ま す 。 気 候 シ ナ リ オ に 応

取 り 組 み 、 将 来 の 被 害 に 対 す る 適 応 策

や 洪 水 氾 濫 と い っ た 水 害 の 事 前 評 価 に

二 〇 〇 七 年 一 〇 月 よ り 産 学 官 連 携 研

産東 学北 官大 連学 携大 研学 究院 員環 境 科 学 研 究 科

川 越 清 樹

と地 の球 関温 わ暖 り化 影 響 評 価

研 究 の 場 と 捉 え て い ま す 。

私 ど も は 、 気 候 変 動 に よ る 土 砂 崩 壊

化 が 懸 念 さ れ ま す 。

こ の 事 例 に 示 さ れ る よ う な 水 害 の 常 態

し ま し た 。 今 後 の 温 暖 化 の 進 行 に よ り 、

な 降 水 の 発 生 は 多 く の 水 害 を 引 き 起 こ

心 と し た 二 〇 〇 六 年 七 月 豪 雨 等 の 甚 大




位 置 づ け が 重 要 な 食 料 源 か ら シ フ ト し

市 場 価 値 が 著 し く 上 昇 し た た め 、 そ の

ト ウ モ ロ コ シ は そ の 原 料 の 一 つ と し て

在 三 七 カ 国 で 食 料 が 完 全 に 不 足 し て い

︶ の 報 告 に よ る と 、 現

ネ パ ー ル へ の 米 の 輸 出 を 禁 止 す る と 決

入 し て い る の だ が 、 今 年 か ら イ ン ド は

内 で 消 費 す る 米 の 半 分 を イ ン ド か ら 輸

こ と が 書 か れ て い た 。 ネ パ ー ル で は 国

読 む こ と が で き た 。 そ こ に は 衝 撃 的 な

こ の 間 、 私 は 母 国 ネ パ ー ル の 新 聞 を

収 穫 量 が 前 年 を 大 幅 に 上 回 る こ と を F

う 。 皮 肉 な こ と に 二 〇 〇 八 年 の 穀 物 の

に な り う る の は 、 ほ ぼ 間 違 い な い だ ろ

す る 穀 物 価 格 を さ ら に 押 し 上 げ る 要 因

て い る 。 バ イ オ エ ネ ル ギ ー 産 業 が 高 騰

食 料 の 値 段 が 二 五 % 上 昇 し た と 報 告 し

不 足 し て い る 低 所 得 国 に お い て 、 輸 入

る 。 ま た F A O は 二 〇 〇 七 年 に 食 料 が

か 熟 テ 。 考 イ す ナ る ブ 必 ル 要 な が 解 あ 決 る 案 の な で の は か な 、 い も だ う ろ 一 う 度

を 考 え る と 、 本 当 に バ イ オ 燃 料 は サ ス

山 積 す る 問 題 が 影 に 隠 れ て い る こ と

実 で あ る 。

マ ゾ ン の 森 林 を 伐 採 し て い る こ と も 事

民 が ト ウ モ ロ コ シ の 畑 を 設 け る た め ア

え る こ と も 考 え ら れ る 。 ブ ラ ジ ル の 農



単 に 売 れ る こ と に 惹 か れ 、 国 の 戦 略 を

Food & Agriculture Or-

定 し た と い う の で あ る 。 そ れ 以 来 ネ パ

A O が 予 測 し て い る 一 方 で 、 二 〇 〇 八

変 え る こ と を 考 え て い る 。

ganizatio, 2008

ー ル で は 米 な ど の 穀 物 の 価 格 が 三 国 〇 民 ∼

五 〇 % 以 上 上 昇 し て お り 、 政 府

が こ の 問 題 に 悩 ま さ れ て い る 。 そ の 背

な 況 バ に F い は イ 石 A 。 ど オ 油 O こ デ の ︵ ま ィ 代 で ー わ 悪 ゼ り 化 ル に す の バ る 時 イ の 代 オ か に エ 想 な タ 像 っ ノ も た ー つ ら ル か 状

に 現 れ 始 め て い る 。 今 の ま ま で 本 格 的

も う す で に そ の 影 響 は 一 番 貧 し い 国 々

農 業 を 支 配 し 、 自 然 生 態 に 悪 影 響 を 与

る と 考 え ら れ る 。 ト ウ モ ロ コ シ は 世 界

と 、 穀 物 取 得 の 競 争 は も っ と 激 し く な

ル の 年 間 生 産 量 は 約 二 三 億 キ ロ リ ッ ト

現 在 、 米 国 に お け る バ イ オ エ タ ノ ー

イ オ エ タ ノ ー ル の 原 料 と し て 高 値 で 簡

で の バ イ オ 燃 料 生 産 の こ と を 考 慮 す る

進 国 以 外 の 途 上 国 も ト ウ モ ロ コ シ が バ

こ と が 予 測 さ れ て い る 。 同 時 に 他 の 国

て き て い る 。 こ の よ う な 背 景 の 中 、 先

ル で あ り 、 一 〇 年 後 に 二 倍 以 上 に な る

れ て い る 。

見 つ け た の が バ イ オ マ ス 燃 料 で あ る 。

バ イ オ 燃 料 は ま だ 初 期 の 段 階 な の に 、 と し て バ イ オ 燃 料 の 需 要 拡 大 が 挙 げ ら

な い 。 そ の 処 方 箋 と し て 研 究 者 た ち が

な エ ネ ル ギ ー 源 を 見 つ け な け れ ば な ら

す る た め に は 、 国 内 で サ ス テ イ ナ ブ ル

を 作 る 農 家 が 増 え て い る た め で あ る 。

イ ン ド 国 内 で も 、 米 よ り ト ウ モ ロ コ シ

景 に は ト ウ モ ロ コ シ の 商 売 が あ っ た 。

し も 発 表 さ れ て い る 。 こ の 理 由 の 一 つ

九 八 二 年 以 来 の 低 水 準 に な る と の 見 通

年 の 世 界 の 穀 物 在 庫 が 五 % 減 少 し 、 一


タ ン ド カ ー ル ・ マ ダ ン

値 段 が 三 〇 % も 跳 ね 上 が っ て い る と い

げ の 話 が 取 り 上 げ ら れ て い た 。 味

は 、 日 本 の 食 卓 に 不 可 欠 な 味

考 え さ せ る も の で あ っ た 。 ニ ュ の ー 値 ス の 上 で

そ の 内 容 は わ れ わ れ の 将 来 を も う 一 度

に ニ ュ ー ス が 見 ら れ て う れ し か っ た が 、

っ て ゆ っ く り す る こ と が で き た 。 久 々

先 日 い つ も よ り 早 い 時 間 に 家 に か え

が 崩 れ だ し て い た の で あ る 。 そ の 大 き

く な っ て お り 、 需 要 と 供 給 の バ ラ ン ス

ど の 手 間 の か か る も の に 魅 力 を 感 じ な

く る た め 、 農 業 経 営 者 の 多 く が 大 豆 な

高 価 格 で 大 量 の ト ウ モ ロ コ シ を 買 い ま

ル を 作 っ て い る 工 場 な ど が 、 無 差 別 に

ト ウ モ ロ コ シ だ っ た 。 バ イ オ エ タ ノ ー

う の で あ る 。 原 因 は 大 豆 の ラ イ バ ル 、

な ど を 経 験 し て い る ︶ 。 そ こ か ら 脱 出

見 て 取 れ る ︵ 日 本 で は オ イ ル シ ョ ッ ク

こ に 大 き な 弱 点 を 持 っ て い る こ と と も

ル ギ ー 源 を 第 二 の 国 に 頼 る こ と は 、 そ

大 き く 依 存 し て い る 。 国 家 と し て エ ネ

ー 源 と し て の 石 油 燃 料 を 中 東 の 国 々 に

る の な 日 。 結 影 本 果 響 ・ が は 米 値 ほ 国 段 か な に の ど 跳 食 の ね 料 先 返 に 進 っ も 国 て 出 は い て エ る お ネ の り ル で 、 ギ あ そ

土東 木北 工大 学学 専大 攻学 環院 境工 保学 全研 研究 究科 室

ト ウ モ ロ コ シ と の 戦 い

な 対 策 が 講 じ ら れ よ う と し て い ま す 。

球 温 暖 化 へ の 意 識 は 高 ま り 、 さ ま ざ ま

の 問 題 と な っ て い ま す 。 並 行 し て 、 地

の 上 昇 と い っ た 現 象 か ら も 着 実 に 現 実

の 頻 発 、 ま た 、 氷 河 の 融 解 や 海 面 水 位

で 認 め ら れ る 最 高 気 温 更 新 、 異 常 気 象

れ て き て い ま し た が 、 近 年 、 世 界 各 地

向 地 で 球 す 温 。 暖 化 は 将 来 的 な 問 題 と 捉 え ら

応 策 の 相 互 に よ っ て 対 応 し な け れ ば な

な が ら 、 地 球 温 暖 化 問 題 は 緩 和 策 と 適

分 野 か ら 影 響 を 評 価 し て い ま す 。 当 然

と は い い つ つ も 水 環 境 と い う 限 ら れ た

の 取 り 組 み は 後 者 で あ り 、 ま た 、 広 範

さ せ る 適 応 策 が 挙 げ ら れ ま す 。 私 ど も

と 、 事 前 に 影 響 を 把 握 し て 被 害 を 軽 減

室 効 果 ガ ス の 排 出 を 抑 制 さ せ る 緩 和 策

こ う し た 地 球 温 暖 化 の 対 策 と し て 、 温

掛 け て い ま す 。

ク シ ョ ッ プ に 積 極 的 に 参 加 す る よ う 心

い と 思 い つ つ 、 最 近 は 研 究 交 流 や ワ ー

市 民 と の 融 合 や 連 携 に な る か も し れ な

化 対 策 の 鍵 と な る の は 、 各 分 野 お よ び

講 じ て い か な け れ ば な り ま せ ん 。 温 暖

面 の 視 野 か ら 物 事 を 捉 え て 最 適 な 策 を

で な く 、 農 業 、 生 態 、 都 市 計 画 等 、 多

り ま せ ん 。 ま た 、 適 応 策 も 水 環 境 だ け




ゴ ソ 動 く や つ を 見 る こ と も ⋮ ⋮ 。

ロ ニ ョ ロ し た や つ や 、 黒 光 り し て ゴ ソ

を 空 け る と 、 足 が た く さ ん あ っ て ニ ョ

置 の 管 理 状 況 で あ る 。 ろ 過 装 置 の フ タ

は さ ま ざ ま で あ る が 、 重 要 な 要 素 は 装

の 複 雑 さ ︵ 価 格 ? ︶ に 応 じ て 処 理 効 果

な る 大 腸 菌 群 が 検 出 さ れ る 。 原 水 の 水

れ た ボ ト ル 水 か ら 、 糞 便 汚 染 の 指 標 と

い る 。 そ の よ う な 高 度 な 装 置 で 処 理 さ

で 施 し た 水 を ボ ト ル 水 と し て 販 売 し て

性 炭 処 理 と 膜 処 理 の 後 、 紫 外 線 消 毒 ま

造 会 社 で は 、 水 道 水 を 原 水 と し て 、 活

ス ・ ビ エ ン チ ャ ン 市 に あ る ボ ト ル 水 製

取 り 外 す こ と が で き る 。 と い う こ と は 、

く っ つ い た 状 態 ︶ で 、 ボ ト ル 本 体 か ら

ッ プ を 未 開 封 の ま ま ︵ つ ま り リ ン グ と

っ て い な い 。 一 部 の ボ ト ル で は 、 キ ャ

染 源 と 思 っ て い る が 、 検 証 す る に は 至

リ サ イ ク ル さ れ る ボ ト ル

道 水 か ら は 検 出 さ れ な い の に 、 で あ る 。

ボ ト ル 水 、 こ れ も 曲 者 で あ る 。 ラ オ

図 1 フィールド調査では,住民に水利用に関するインタビュー(上)を して,実際の飲み水を検査する(下).

図 2 高度な技術で処理された水は,手洗いされたボトルへ.



︵ 図 2 ︶

が 汚


︵ 環東 境北 リ大 ス学 ク大 評学 価院 ︶工 学 研 究 科 助 教

に 関 す る 研 究 に 携 わ っ て い る 。 流 域 の

流 域 に お け る 水 系 感 染 症 の リ ス ク 評 価

る 。 二 〇 〇 二 年 九 月 か ら 、 こ の メ コ ン

る 、 総 延 長 四 〇 〇 〇 余 キ ロ の 大 河 で あ

ベ ト ナ ム を 縦 断 し 南 シ ナ 海 へ と 流 れ 出

ス と タ イ の 国 境 を 下 り 、 カ ン ボ ジ ア と

流 を 発 し 、 ミ ャ ン マ ー を か す め 、 ラ オ

メ コ ン 川 は 中 国 ・ チ ベ ッ ト 高 原 に 源

る 。 特 に タ イ や ベ ト ナ ム で は 雨 水 の 飲

ス ー ン の 恵 み で あ る 雨 水 も 利 用 し て い

を 、 遠 く の 人 は 井 戸 の 水 を 飲 む 。 モ ン

域 ︶ で は 、 川 の 近 く に 住 む 人 は 川 の 水

ま れ て い る 。 そ れ 以 外 の 地 域 ︵ 農 村

る 都 市 域 で は 、 水 道 水 か ボ ト ル 水 が 飲

な 分 け 方 を す る と 、 水 道 水 が 利 用 で き

こ の 地 域 の 飲 み 水 に つ い て 少 々 乱 暴

性 ︵ リ ス ク ︶ を 算 出 す る 研 究 で あ る 。

で ろ 過 す る も の な ど 多 彩 で あ る 。 構 造

瓶 を 利 用 し た も の 、 ス ポ ン ジ 状 の 材 料

プ ル な も の 、 植 木 鉢 の よ う な 素 焼 き の

い る が 、 小 石 や 砂 を 詰 め た だ け の シ ン

の 多 く は ろ 過 に よ る 処 理 を 基 本 に し て

に 、 嬉 し そ う に 見 せ て く れ る 。 浄 水 器

れ を 一 種 の ス テ イ タ ス シ ン ボ ル の よ う

水 器 を し ば し ば 目 に す る 。 家 人 は 、 そ

調 査 で 家 庭 訪 問 を す る と 、 家 庭 用 浄

渡 部 徹

便フ りィ ー ル ド

見メ えコ るン この と水 か ら

れ ぞ れ の 土 地 で 感 染 症 が 流 行 す る 危 険

染 さ れ て い る の か 調 査 し

、 そ

い る か 、 そ の 水 が ど れ だ け 微 生 物 に 汚

各 地 を 訪 れ 、 住 民 が ど ん な 水 を 飲 ん で

済 的 な 格 差 が 現 れ て い る 。

の 調 査 結 果 で は あ る が 、 飲 み 水 に も 経

井 戸 水 を 飲 ん で い た 。 限 ら れ た 範 囲 で

は 雨 水 を 貯 め る 容 器 が な く 、 河 川 水 や

︵ 図 1 ︶

は 、 月 収 が 一 〇 米 ド ル を 下 回 る 世 帯 に

ベ ト ナ ム ・ カ ン ト ー 市 郊 外 で の 調 査 で

用 に は 、 雨 を 貯 め る 容 器 が 必 要 に な る 。

減 で き る こ と が 予 測 さ れ た 。 雨 水 の 飲

で 農 村 域 の 感 染 症 の リ ス ク を 大 幅 に 低

わ れ の 研 究 で は 、 雨 水 を 飲 用 す る こ と

水 に 比 べ て 微 生 物 汚 染 が 少 な い 。 わ れ

戸 ︵ 衛 生 管 理 さ れ た 深 井 戸 は 除 く ︶ の

用 が 進 ん で い る 。 雨 水 は 、 河 川 水 や 井




持 ち 悪 い も の を 食 べ て い る ん だ 。 そ れ

図 3 青年が捕まえてきた ト カ ゲ(2003 年 9 月, 古澤拓郎撮影) .

﹁ あ ん な も の を 食 べ る の は 、 わ れ わ れ

図 4 著者(中央)が博士号を取得したことを村人たちが祝ってくれた (2005 年 9 月,エドウィン・フティ撮影).

誰 に と っ て も 必 要 だ ろ う 。

た 考 え 方 が あ る こ と を 自 覚 す る こ と は



ぎ な い が 、 自 分 の 内 に は 文 化 的 に 偏 っ

れ は フ ィ ー ル ド で の 小 さ な 失 敗 談 に す

え っ て 出 て し ま う こ と が あ る の だ 。 こ

会 を 理 解 し よ う と 努 力 す る と き に 、 か

か ら 生 ま れ る 偏 見 は 、 異 な る 文 化 ・ 社

る こ と は 難 し い 。 厄 介 な こ と に 、 そ こ

自 ら が 育 っ た 文 化 的 思 想 か ら 自 由 に な

に 投 影 し て い た 自 分 に 気 が つ い た の だ 。

し ﹂ と い う イ メ ー ジ を 、 無 意 識 の う ち

レ オ タ イ プ な ﹁ 熱 帯 雨 林 住 民 の 暮 ら

だ 。 こ れ ま で に 刷 り 込 ま れ て い た ス テ

と い う 説 明 を 疑 う こ と な く 信 じ た こ と

か だ っ た の は 、 ト カ ゲ を 伝 統 的 に 食 す

な か っ た 。 し か し 、 自 ら を 省 み て 浅 は

珍 味 を 味 わ え た こ と は 悪 い 体 験 で は

言 葉 は 正 確 さ を 欠 い て い た よ う だ 。

そ う だ っ た が 、 少 な く と も 彼 の 最 初 の

だ 。 ﹁ ひ え え っ ! お 前 た ち な ん て 気

て き て 、 事 態 は 変 わ っ た 。 老 人 は 叫 ん

ろ 、 大 半 が ト カ ゲ は 食 べ な い と 答 え た 。

そ の 後 、 村 人 に 聞 い て ま わ っ た と こ

も い る か も ⋮ ⋮ ﹂ と 釈 明 し 悪 気 は 無 さ

た 。 青 年 は ﹁ と き ど き 気 持 ち 悪 が る 人

と こ ろ が そ こ に 、 一 人 の 老 人 が 入 っ ト カ ゲ だ ぞ っ ! ﹂ 。

の 伝 統 に は な い ﹂ と 言 い 切 っ た 人 も い


ゴ 礁 に 囲 ま れ た 村 で の 出 来 事 だ 。

ジ ョ ー ジ ア 島 に あ る 、 熱 帯 雨 林 と サ ン

そ の 青 年 は と て も 喜 ん で く れ た 。 私 自

が 美 味 だ っ た 。 ﹁ お い し い ﹂ と 言 う と 、

だ る か 材 丸 っ こ 。 を 焼 た と そ 前 き 。 に れ に に 興 と し さ 奮 も て れ す 、 逃 た る 異 げ ト だ 文 出 カ ろ 化 し ゲ う の た は か 食 く 、 。 事 な 肉 私 を る は は 体 だ 硬 後 験 ろ い 者 す う

る が 、 同 時 に よ そ 者 で あ る 私 が 人 々 と

て い る か を あ き ら か に す る 研 究 で も あ

て 生 命 と 健 康 の 維 持 に 必 要 な 栄 養 を 得

は ど う 反 応 す る だ ろ う か 。 慣 れ な い 食

こ う い う 状 況 に な っ た と き 、 あ な た

身 も 嬉 し か っ た 。 と い う の も 、 そ れ を 交 流 を 深 め て い く た め に も 役 立 つ の だ 。

ト カ ゲ だ っ た 。 ソ ロ モ ン 諸 島 の ニ ュ ー

は 、 人 々 が 環 境 や 資 源 を い か に 利 用 し

ん ﹂ と 、 青 年 が 突 き 出 し た の は 大 き な

じ た か ら だ 。 食 習 慣 を 知 る と い う こ と

て 伝 統 的 な 森 の 食 材 だ 。 食 べ て ご ら

さ ら に 仲 間 と し て 認 め て も ら え た と 感

﹁ こ れ は お い し い よ 。 僕 た ち に と っ

食 べ る こ と で 村 人 と 味 わ い を 共 有 し 、

東 京 大 学 特 任 講 師 ︵ 国 際 連 携 ・ 人 類 生 態 学 ︶

古 澤 拓 郎

ト カ ゲ を 食 べ る 異 文 化 理 解 と 偏 見

越 境 と 躍 動 の フ ィ ー ル ド ワ ー ク ⑦

リ レ ー 連 載

飲 ま さ れ て い る か 分 か ら な い 。

ボ ト ル 水 を 購 入 す る が 、 い っ た い 何 を

な い 筆 者 も 、 途 上 国 で は 用 心 の た め に

日 本 で は ボ ト ル の 水 は ほ と ん ど 口 に し

も と の 水 で あ る 保 証 は な い の だ 。 普 段 、

キ ャ ッ プ が 未 開 封 で あ っ て も 、 中 身 が

ー ス も 数 多 く 見 て き た 。

に よ っ て 、 ま っ た く 機 能 し て い な い ケ

水 道 施 設 が 、 資 金 や マ ン パ ワ ー の 不 足

な る 。 先 進 国 の 援 助 に よ り 建 設 さ れ た

渡 ら せ る に は 天 文 学 的 な 費 用 が 必 要 と

メ コ ン の 広 大 な 流 域 に 水 道 施 設 を 行 き

る が の 。 で サ き ス な テ い イ か ナ 、 ビ 少 リ な テ い ィ 知 を 恵 推 を し 絞 量 っ る て こ い と

水 か ら 、 大 河 が 悠 々 と 流 れ る こ の 地 域

あ る 。 目 の 前 に あ る コ ッ プ 一 杯 の 飲 み

民 の 生 活 ぶ り を 如 実 に 映 す 鏡 の よ う で

さ 、 そ し て モ ラ ル に 至 る ま で 、 地 域 住

な ら ず 、 個 人 の 経 済 力 や 嗜 好 、 几 帳 面

く 最 も 安 全 な 飲 み 水 で あ る 。 し か し 、

塩 素 で 消 毒 さ れ た 水 道 水 は 間 違 い な

や 質 は 、 地 理 や 気 候 等 の 自 然 条 件 の み

こ う し て 見 て く る と 、 飲 み 水 の 種 類




サステナ 情報室 企業の中から サステナへの接近

投 稿

石居天平 (株式会社フェリシモ) 私は大学院修了後,現企業に就職し,社内 の環境マネジメントシステム推進,環境経営 サポートのため設立された事務局に携わっ ています.企業での実践は,研究室の中で 考えていた以上に難しく,まだまだ未完のフ ロンティアだと感じています.近年は,まさ にサステイナビリティについて武者修行中 ですが,この場をお借りして少しつぶやきた いと思います.

「森を見て木を見ず」 森という全体を認識せずに,木々に注目して しまうこと,すなわち枝葉末節にこだわり, 全体を捉えられない えとして「木を見て 森を見ず」という言葉があります.数年前 の新入社員研修の折,CSR(企業の社会 的責任)として多くの企業で実践されてい る,緑化事業の話をしました. 「生物多様性 の人為的攪乱を防ぐため,近隣個体群の実 生により緑化を行う」「開発途上国では現 地社会との共存についても考える」という ような意見は,残念ながら『サステナ』の 読者のような方でないとなかなか出てきま せ ん. 「環 境 問 題」という言わば「森」に 対する意識は高まっているのですが,サス テイナビリティに対する妥当性を議論するま



でには至っておらず, 「森を見て木を見ず」 と言ったところかもしれません.環境に対す る意識やリテラシーには,当然さまざまなギ ャップがあり,合意形成という地拵えがまず 必要不可欠であると感じています.

企業とサステイナビリティ サステイナビリティという言葉自体は,近年 企業でも浸透してきました.GRI(Global Reporting Initiative)では,企 業 の サス テイナビリティは社会的,経済的,環境的側 面のトリプルボトムラインで評価すべきと定 めて います.また,ダウ・ジョーンズ 社 の Sustainability Index のように,具体的に 企業を SRI(社会的責任投資)として評価 する動きもあります.一昔前には, 「悪貨が 良貨を駆逐する」という事例が多くありまし た.悪徳企業が競争に勝ち世にはびこる,と いう現象です.しかし,近年粉飾決算が明る みになった企業はマーケットから排除され, 関与した監査法人が解体する事態になりま した.これはまさに経済的側面のサステイナ ビリティ崩壊で,今後社会・環境面でも企業 の姿勢が問われる時代になると思います. 企業のサステイナビリティは,ステークホル ダー(利害関係者)の信頼を得て, 「今後 も永続的にマーケットでお取引願う」ため に求められていますが,その結果として,サ ステイナブルな社会の構築に結びつくのだ と近年理解をしています. しかし,意識の高い企業でも,サステイナビ リティを実践するには多くの困難が伴います. 専門的知識の欠如も,その一つではないで しょうか.紙の使用を例にしますと,再生紙 偽装表示の事件が記憶に新しいところです が,一般の企業では流される情報に翻弄さ れ気味です.製造時の LCA(ライフサイク ルアセスメント)の結果では,フレッシュパ ルプよりも古紙を原料とした方が,より化石 燃料起源の二酸化炭素の排出量が多いと評 価されています.この情報は, 「古紙の利用 は環境に良くない」というように一方的に ❶ 伝わってきたこともありました.また,すべ


てをフレッシュパルプに転換すれば,持続可 能な森林資源利用が保障されるのか疑問で す.古紙のリサイクルは短期的な森林資源 利用圧の減少に寄与する可能性があり,生 物多様性の保全や森林生態系内の炭素を貯 留させるプラスの効果も考えられます. 視点を変えて考えると,必ずしも 1 つの政 策がベストの環境パフォーマンスを達成さ せる,とは言い切れません.難しいのですが, 光と影の存在に気づくことが大切で,つまり は「木も見て森も見る」必要があります. 情報に翻弄されずにより良い判断をするた めには,各分野で究められた情報を統合し, 検討を行うプロセスが必要不可欠だと思い ます.しかし,専門的な企業でない限り,専 門的知識は大いに不足しています.今後の 企業のサステイナビリティの実践力を左右 するのは,情報収集能力と言っても過言で はないと思います.

今後の課題 企業活動は法規制の範囲内であっても,公 共財である空気や水を汚し,資源を消費し ています.そのため,公共財の所有者たる 地球市民に対して,説明責任とサステイナ ビリティを実践する公共的な義務が生ずる, と考えています.しかし, 「なぜ企業が短期 的な収益に必ずしも直結しないサステイナ ビリティに取り組むの?」という意見は常に つきまとうかもしれません.企業という構造 では,トップの意識変革およびトップダウン での社内の意識統一を図らないと,なかな か難しいのかな,と思う部分もあります. 著者は学生時代,森林科学科に在籍してい ました. 「法正林(normal forest)では, 成長量に見合う立木だけ伐採し,伐採分は 再び造林する.これが保続(sustain)と いわれ, “持続可能”という言葉が拡がる前 から存在した思想である」と教わったもの です.永続的な経済社会のためには,従来 のように資源とエネルギーの投入により生 産を拡大するだけではなく,保続思想のよう に,各事業におけるサステイナビリティの確

立と実践が必要です.しかし,多くの企業の 環境活動が,紙・ゴミ・電気の節減の域から 脱しないという話も聞きます. まず,なかなかできていないのが定量的な 評価です.定性的な表現だけでは,文章表 現がうまければ環境パフォーマンスが高い, という評価になりかねません.理系出身者と しては, 「データこそ命」なのですが,実状 はなかなか悩ましい場合があります.今後 是非強化したいのが,サステイナブルな本 業への取り組みです.サプライチェーンマ ネージメント(SCM)を通じた環境管理と, ライフサイクルを通した環境効果を狙った スキームに,より多くの企業が積極的にアプ ローチすべきかと考えています.SCM につ いては,モーダルシフトの実践など当社で も実施されていますが,Greening Supply Chain という考え方で海外も含めて広がり つつあります.この分野では,従来あまり意 識されることのなかった生物多様性の保全 なども,原料生産時における環境配慮とし てテーマになってくると思います. ライフサイクルを通じた視点としては,環境 配慮設計(DfE)といわれる,上流工程に おける環境配慮を組み込んだ企画法があり ます.既存の業務方式との違いや,収益性 や事業性など課題は多いと思いますが,両 者を組み合わせて,多くのステークホルダ ーに無理なく受け入れられ,環境パフォーマ ンスが相乗的に高まる事業を目指すのが, 企業におけるサステイナビリティの王道だと 思います. サステイナビリティの実践には,専門外の分 野も多く,単独で行うには限界があります. より広く研究機関や専門技術を有する専門 家の方との,横方向のつながり,大連携が 大切だと思っています.さしあたっては,研 究者だけではなく,企業や市井の立場も交 えた,サステナ勉強会・研究会のようなこと ができないかな,と思っている今日この頃で す.




しゆん さかな

み わ

 旬の魚を見分けよう! 食べよう! はる

しよ か

しゆん

さかな

春から初夏にかけての旬の魚。 しやしん な まえ むす 写真と名前を結んでみよう

︵ こ ど も サ ス テ  ナ 文 ・ 構 成 平 松 あ い ︶

夏なつ に 移うつ る 境さか 目いめ と し て 農のう 業ぎよ でう 大たい 切せつ に さ れ て き ま し た 。

八はち 十じゆ 八うは 日ちに めち ︵ 今こ 年とし は 五ご 月がつ 一つい 日たち ︶ を さ し ま す 。 春はる か ら

  茶ちや  摘つ  み の あ 歌うた れ で に 知し 見み ら え れ る る は 八はち 茶ちや 十じゆ 摘つ 八うは み 夜ちや じ は ゃ 、 な 立りつ い 春しゆ か かん ♪ ら 数かぞ え て

夏なつ も 近ちか づ く 八はち 十じゆ 八うは 夜ちや ∼

サ ス テ ナ け い じ ば ん

こ の 時とき に 摘つ ん だ お 茶ちや の 新しん 芽め は 、 冬ふゆ の 間あい にだ 蓄たく えわ ら れ た

しよ

栄えい 養よう が 含ふく ま れ 、 香かお り 豊ゆた か で 上じよ 等うと のう 新しん 茶ちや と な り ま す 。

春の号

どちらもすてきな日本の風景 ゆ

2008

はる    ごう

肯こう 定てい 的てき に 考かん えが る 視し 点てん を 教おし え て く れ ま す 。


おお

大きさより かたち

も よう

形 や模様を み 見てね! ①マダイ ②サワラ ③サヨリ ④マイワシ ⑤メバル ⑥アジ こたえはすみっこ にあるよ

な ぜ っ て 、 そ れ ぞ れ い い こ と が あ

歩ある く の 、 ど っ ち が す き ? 答こた え は ⋮ ⋮ ど っ ち

速はや く 走はし る の と ゆ っ く り

ろ 、 暗くら い の と 明あか る い の 、

広ひろ い と こ ろ と 狭せま い と こ

︵さ 福く 音・ 館ま 書た 店き 四け 一い 〇こ 円 ︶

﹃ ど っ ち も

す き ﹄

  り 、 貝かい 画が を 用よう 食た 紙し べ に た は 後あと っ は て 、 絵え 貝かい を 殻がら 描か を い き た れ り い し に て 洗あら 遊あそ っ べ て る 、 よ 色いろ 。 を 塗ぬ っ た

http://www.gesui.metro.tokyo.jp/vrgame/caution.htm

も す き !

る か ら ☆

  し て 昔むか 、 はし 対つい ハ に マ な グ る リ 貝かい の を 貝かい 当あ 殻がら て の る 内うち ﹁ 側がわ 貝かい に あ 絵え わ を せ 描か ﹂ い と て い 、 う ば 遊あそ ら び ば も ら あ に

は 持も っ て 帰かえ ろ う ね 。

海うみ が 汚よご れ る と 生い き 物もの が 住す め な く な っ て し ま う の で 、 ご み

ゴ ー ル す る とし 修ゆう り 了よう 証しよ がう も ら え ま す 。 コ チ ラ ←

ー チ ャ ル 下げ 水すい 道どう ﹂ を 下げ 水すい の 気き 持も ち に な っ て 体たい 験けん !

小ちい い さ ろ な い 貝かい ろ は い 採と る ら よ な 。 い 特とく で 大だい 、 の 大おお バ き カ く ガ な イ る も ま 見み で つ 待ま か っ る て か あ も げ ね よ  ! う 。 な い よ う に 注ちゆ 意うい し ま し ょ う 。 イ ン タ ー ネ ッ ト で ﹁ バ

ま す が 、 家いえ で も 油あぶ やら 油あぶ をら 固かた め た も の を 下げ 水すい に 流なが さ

砂すな 浜はま を 掘ほ っ て み よ う 。 ア サ リ 、 ハ マ グ リ 、 マ テ ガ イ ⋮ ⋮

に 流なが れ て 汚お 染せん の 原げん 因いん に な り ま す 。 対たい 策さく も 進すす ん で い

  潮しお 干ひ 海うみ 狩が の り 満み に ち で 潮しお か 、 け 引ひ よ き う 潮しお 。 を 潮しお 調しら が べ ひ て い 、 た あ と の

道どう 路ろ の 汚よご れ や 下げ 水すい 道どう 管かん に つ い た 油あぶ のら 固かた ま り が 、 海うみ

に 流なが れ て い く の で 、 大おお 雨あめ に な る と 水みず が あ ふ れ て 、

雨あま 水みず は 、 家いえ か ら 出で る 生せい 活かつ 排はい 水すい と い っ し ょ に 下げ 水すい 道どう

潮おひ 干が 狩 り に で か け よ う し

下げ 水す い に も 思お も い や り を ! ︵ 都と 市し の 合ご う 流り ゆ 式う し 下き げ 水す い 道ど う ︶

こたえ:ア ⑥,イ ⑤,ウ ①,エ ④,オ ③,カ ②

っ た ん だ よ 。




第7号  

特集:健康リスクの低減と生活の質の向上ー東北大学

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you