Page 1





巻頭エッセイ

「サステナ」の持続性のために 松尾友矩

東洋大学学長,東京大学名誉教授 (都市環境論,環境学)

﹂ が ﹂ 流 も 通 ま す だ る ﹂ 採 よ は ﹁ 録 う さ れ に

な る の で あ ろ う 。 実 は 、 筆 者 の 利 用 す る 電 子

国 際 的 に 、 さ ら に 歴 史 的 に 認 知 さ れ る こ と に

コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ ﹂ の 出 番 で あ ろ う 。

観 、 自 然 観 、 地 球 観 、 世 代 観 に か か わ る ﹁ エ

必 要 な の だ と 思 わ れ る 。 そ こ で 人 間 観 、 国 家

存 在 に 対 す る 、 思 考 を 深 化 さ せ る こ と が 是 非

と は 何 か 、 自 然 と は 何 か 、 そ し て 地 球 自 体 の

と 、 非 常 に 単 純 化 さ れ た 議 論 の 中 で ﹁ サ ス テ

何 の た め で あ る の か 、 に つ い て の 議 論 が な い

辞 書 に は ﹁

恐 れ を 感 じ る の で あ る 。 人 間 と は 何 か 、 国 家

ナ ﹂ の 意 味 す る 概 念 ま で も が 風 化 し て し ま う

イ ナ ビ リ テ ィ 学 ︵

そ し て 、 そ う な る こ と で 、 日 本 発 の ﹁ サ ︶ ﹂ ス が テ

す な わ ち 、 ﹁ サ ス テ ナ ﹂ は 誰 の た め で あ り 、

と い う 反 問 が 容 易 に な さ れ る の で あ る 。

語 に な っ て い る の か も し れ な い 。

て 現 代 人 が サ ス テ イ ナ ブ ル で あ れ ば よ い の か

﹂ と な っ て 国 際

語 圏 で は 通 じ な い 。 し か し 、 あ と 何 年 か 後 に

由 来 す る 。 カ タ カ ナ で 表 現 さ れ て い る が 、 英

﹁ サ ス テ ナ ﹂ は 、 そ の ﹁ サ ス テ イ ナ ブ ル ﹂ に

と い う 用 語 が 流 通 し て い る 。 本 誌 の 表 題 の

だ ろ う か 。 日 本 が 、 先 進 国 が 、 人 間 が 、 そ し

﹁ 現 代 人 サ ス テ ナ ﹂ と い っ た 言 い 方 は あ る の

ス テ ナ ﹂ ﹁ 先 進 国 サ ス テ ナ ﹂ ﹁ 人 間 サ ス テ ナ ﹂

る 。 議 論 を 吹 っ か け る 形 で い え ば 、 ﹁ 日 本 サ

サ ス テ ナ ﹂ も あ る の か と い っ た こ だ わ り で あ

は ﹁ サ ス テ ナ ﹂ は ﹁

ベ ロ ッ プ メ ン ト ︵

現 代 社 会 に お い て ﹁ サ ス テ イ ナ ブ ル ・ デ ︶ ﹂ ィ

sustainable development

ま た 、 ﹁ デ ィ ベ ロ ッ プ メ ン ト ︵

て い な い 。 ど う も ﹁

sustena

な っ て か ら 、 使 わ れ 始 め た 概 念 で あ り 、 用 語

sustainability science

の よ う に 思 え る 。 東 洋 大 学 の ﹁ エ コ ・ フ ィ ロ

sus-

ソ フ ィ ﹂ の グ ル ー プ も こ の ﹁ サ ス テ ナ ﹂ の 普

sustainability

及 に 貢 献 す る こ と が 役 割 で あ り 、 ﹁ サ ス テ イ

develop-

︶ ﹂ の 内 容 に つ い て の 確 認 作 業 も 併 せ て

ナ ビ リ テ ィ 学 ﹂ の 形 成 に 参 加 で き る こ と の 歴

sustainability

ment

進 め る 必 要 が あ る こ と は 言 う ま で も な い 。

史 的 重 要 性 を 認 識 す る も の で あ る 。

tainable development

さ て 、 論 旨 は 少 し 異 な る が 、 ﹁ サ ス テ ナ ﹂

え ば ﹁ こ ど も サ ス テ ナ ﹂ が あ る な ら ﹁ お と な

の 使 い 方 に つ い て 少 し こ だ わ っ て み た い 。 例 


座談会

エコ・フィロソフィが 目指すもの て き た ﹁ 共 生 学 ﹂ が あ り ま す ︵ コ ラ ム

際 共 生 社 会 研 究 セ ン タ ー で 研 究 を 進 め

は 、 二 〇 〇 一 年 に 発 足 し た 東 洋 大 学 国

い ま す 。 一 方 で 、 T I E P h の 背 景 に

い と こ ろ で 貢 献 し て い く の だ ろ う と 思

が 、 東 洋 大 学 は 人 間 シ ス テ ム に 最 も 近

ィ 学 の 確 立 に 取 り 組 ん で い る わ け で す

を 修 復 す る た め に 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

テ ム と い う 三 つ の シ ス テ ム の 相 互 関 係

球 シ ス テ ム ・ 社 会 シ ス テ ム ・ 人 間 シ ス

を 進 め て き ま し た 。 I R 3 S で は 、 地

間 と 環 境 と の 共 生 、 そ れ ら の 全 体 を 統

な っ て い ま す 。 人 間 と 人 間 の 共 生 、 人

最 近 で は 至 る と こ ろ で 使 わ れ る よ う に

進 め て き ま し た が 、 共 生 と い う 言 葉 は

で い ま す 。 東 洋 大 学 は 共 生 学 の 研 究 を

の こ と に わ れ わ れ 東 洋 大 学 は 取 り 組 ん

の よ う な 重 要 性 を も っ て い る の か 、 そ

問 題 に 関 し ま し て 、 哲 学 的 な 方 面 は ど

境 問 題 あ る い は サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の

竹 村

エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ と は 何 か



い ま 緊 要 の 課 題 と な っ て い る 環

ッ ト の 三 つ の ユ ニ ッ ト に 分 か れ て 研 究

意 識 調 査 ユ ニ ッ ト 、 環 境 デ ザ イ ン ユ ニ

て 加 わ り 、 自 然 観 探 求 ユ ニ ッ ト 、 価 値

洋 大 学 は 二 〇 〇 六 年 か ら 協 力 機 関 と し

整 費 で I R 3 S が 設 立 さ れ ま し た 。 東

ま ず 、 二 〇 〇 五 年 度 の 科 学 技 術 振 興 調

始 め た い と 思 い ま す 。

か ら 、 最 初 に そ の 概 念 的 な と こ ろ か ら

の 方 々 に は 聞 き 慣 れ な い 言 葉 で し ょ う

エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ と い う 言 葉 は 一 般

共 生 学 か ら 展 開 し て き た も の で す が 、

今 井

こ れ ま で の 流 れ を 整 理 し ま す と 、 1 ︶

。 私 ど も の エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ は

わ り 方 を し て 、 ど の よ う に 研 究 を 展 開 し て い く の か 討 論 し た い と 考 え て い ま す 。

ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構 ︵ I R 3 S ︶ の プ ロ ジ ェ ク ト の 中 で 、 T I E P h が ど の よ う な 関


所 今 属  井 す る 本 四 日 人 は の 東 先 洋 生 大 に 学 お の 集 ﹁ ま エ り コ い ・ た フ だ ィ い ロ て ソ 、 フ サ ィ ス ﹂ テ 学 イ 際 ナ 研 ビ 究 リ イ テ ニ ィ シ 学 ア の テ 樹 ィ 立 ブ を ︵ 目 T 指 I す E サ P ス h テ ︶ イ に

提 唱 し よ う と し て い ま す 。

調 和 あ る 共 生 を 目 指 す エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ を

東 洋 大 学 で は 、 現 代 の 世 代 と 未 来 の 世 代 の

東 洋 大 学 の 取 り 組 み を 紹 介 し ま す 。

﹃ サ ス テ ナ ﹄ 第 5 号 の 特 集 で は 、

ネ ッ ト ワ ー ク 型 研 究 拠 点 を 構 築 す る も の で す 。

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 分 野 に お け る 世 界 ト ッ プ ク ラ ス の

早 稲 田 大 学 、 立 命 館 大 学 の 協 力 6 機 関 が 連 携 し て 、

東 洋 大 学 、 国 立 環 境 研 究 所 、 東 北 大 学 、 千 葉 大 学 、

北 海 道 大 学 、 城 大 学 の 参 加 5 大 学 と 、

東 京 大 学 、 京 都 大 学 、 大 阪 大 学 、

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構 ︵ I R 3 S ︶ は 、

東 洋 大 学 の 発 信

特 集   エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ を 提 唱 す る


コラム 2

司会

サステイナビリティ の定義 そもそも,サステイナビ リティの概念は,1987 年に発表された国連の 『ブルントラント委員会 報告書』によって確立さ れたとされる.また,ハ ーマン・デイリーの,再 生可能な資源・再生不可 能な資源それぞれの利用 速度と汚染物質の排出速 度との,あるべき限界を 明示した定義が,サステ イナビリティの概念に最 も影響力をもった初期の



河本英夫

東洋大学教授 東洋大学教授 (社会心理学) (哲学) (TIEPh 価値意識調査ユニット) (TIEPh 環境デザインユニット)

﹁ 自 然 ﹂ と い う 漢 語 を そ の ま ま 訓 に す る と ﹁ お の ず か ら し か

は 、 と も す る と 人 間 の 関 与 が 希 薄 に な り が ち な 気 が し ま す 。

に は あ り ま す 。 そ れ に 対 し て 、 日 本 語 の ﹁ 持 続 可 能 性 ﹂ の 訳 で

人 間 が い か に 関 与 し う る か と い う 視 点 が 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

っ て い く こ と 、 社 会 を よ り 良 い も の に 築 い て い く こ と 、 そ こ に

と が い か に 可 能 か 、 と い う こ と で は な い で し ょ う か 。 環 境 を 守

う 意 味 で す 。 で す か ら サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と は 、 支 え 続 け る こ

語 の サ ス テ イ ン ︵

sustain

考えとして有名である (ドネラ・H・メドウズ 『限界を超えて』,茅陽一 監訳,ダイヤモンド社, 1992 年 参 照).し ば し ば,サステイナブル・デ ヴェロップメントとして, 開発とともに用いられる が,今や地球そのものの サステイナビリティ(維 持可能性)自体が課題と なっているのではないだ ろうか.

今井芳昭

︶ は 、 支 え る と か 、 支 持 す る と か い

念 が 、 も と の 言 葉 の 意 味 と 同 じ で あ る の か 、 少 し 疑 問 で す 。 英

ム 会 た ィ 2 の サ と を ︶ 。 定 ス い 考

こ れ を 持 続 可 能 性 と 訳 し て 日 本 人 が 受 け 止 め て い る 概

テ イ ナ ビ リ テ ィ に つ い て は 、 国 連 の ブ ル ン ト ラ ン ︵ ト コ 委 ラ 員

義 や ハ ー マ ン ・ デ イ リ ー の 定 義 が 知 ら れ て い ま す

う こ と な の で す 。

え て い く 思 想 に 、 エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ と い う 名 前 を 与 え


出席者

大島 尚

山田利明

東洋大学教授 東洋大学教授 (社会心理学) (中国哲学) (TIEPh 価値意識調査ユニット) (TIEPh 自然観探求ユニット)

を 規 定 す る と い う よ り も 、 共 生 を 目 指 し つ つ サ ス テ イ ナ ビ リ テ

合 、 エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ と い う も の が 先 に あ っ て 、 そ れ が 内 容

よ い し 、 ま た 環 境 哲 学 と い っ て も よ い で し ょ う 。 た だ 我 々 の 場

命 圏 と か 生 圏 と 訳 さ れ る こ と が 多 い の で 、 生 圏 哲 学 と い っ て も

竹 か 今 エ て 村 。 井 コ 、 ・ サ エ フ ス ギ コ ィ テ リ ・ ロ イ シ フ ソ ナ ャ ィ フ ビ 語 ロ ィ リ の ソ と テ オ フ い ィ イ ィ う も コ ス を 名 含 に 強 前 め 由 い を て て つ 考 来 訳 け え す す た る る エ と わ 哲 コ 生 け 学 と 圏 で ・ い 哲 す 思 う 学 。 想 と 言 に な 葉 対 り は し ま 、 て 生 す 、

合 的 に 把 握 す る こ と を 共 生 学 で は 考 え て き ま し た 。 そ れ に 加 え

竹村牧男 東洋大学教授 (仏教学) (TIEPh 自然観探求ユニット)

コラム 1

共生学とは 「共生」という言葉は今日,主に異文化 間の共生とか,環境との共生とかいう文 脈で使われることが多いが,他に障害者 と健常者の共生,高齢者と若年者の共生 等々,多くの局面で用いられている.こ の言葉の意味は, 「他者たる存在との対 立緊張を引き受けつつ,そこから豊かな 関係性を 出しようとする営為である」 (『岩波哲学・思想事典』 )というのが適 切であろう. 「共生学」は,そうした多 様な共生全般に関して,問題の分析・理 論の解明・問題解決方法の提示等を包括 的・統合的に追究しようとする,学際的 な研究の試みである.




山 よ 今 田 う 井 な 例 も ら え の せ ば で ん 五 し 思 行 ょ 考 思 う と 想 。 は で 具 す 体 的 。 木 に 火 は 土 ど 金 の

考 え ら れ る の で は な い で し ょ う か 。

は 基 本 的 に は 上 昇 し て い く 構 図 と し て

に し て も 、 日 本 も 欧 米 も 、 文 明 の 発 展

山 真 今 田 っ 井 直 必 ぐ 現 ず に 在 し 行 の も く 日 そ 状 本 う 況 の だ で 社 と す 会 い か は い 。 や 切 は れ り な 上 い に

コラム 3

五行思想 五行とは,木・火・土・金・水 の 5 つ の 元 素 を い う.全 て の も の は,こ の 5 つ の 元 素 の い ずれかを母体として生まれると いう古代の中国思想.木は春, 火は夏,土は土用,金は秋,水 は冬とされ,季節はこの順序で 推移する.春に木は芽吹き,木 は燃えて火となり,火は灰とな って土を生む,土の中から金属 が生まれ,金属の冷気の中から 水が生まれ,水は木を生み…, というのが五行相生説.これに 対して紀元前 3 世紀頃に行わ れたのが,水は火に勝ち,土は 水に勝ち,木は土に勝ち,金は 木に勝ち,火は金に勝つという 五行相勝説.



は な い か と 考 え て い ま す 。

的 な 考 え 方 に い く ら か 貢 献 で き る の で

す こ と で 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 基 本

つ か あ り ま す 。 そ う い う も の を 掘 り 出

こ の ら せ ん に 当 た る よ う な も の が い く

う る と 思 い ま す 。 中 国 思 想 の 中 に は 、

う な も の も 、 発 展 の 仕 方 と し て は あ り

ず つ 上 に 向 か っ て い く ら せ ん 階 段 の よ

す が 、 ぐ る ぐ る と 円 を 描 き つ つ 、 少 し

サ イ ク ル と な り ま す 。 そ れ と 似 て い ま

ま す 。 も し も 矢 印 が 一 つ の 平 面 上 で 円

の 方 へ 伸 び て い く イ メ ー ジ が 当 然 あ り

ジ ア 型 の 循 環 的 な 社 会 を 作 っ て い け な

で は 、 京 都 大 学 の 一 方 井 誠 治 先 生 が ア

今 ら そ 井 え の ﹃ る 時 サ の 系 で 列 ス す 的 テ 。 な ナ 変 ﹄ 化 の を 第 物 一 事 号 の の 発 座 展 談 と 会 と

今 年 と 来 年 と で は 少 し 違 っ て き ま す 。

し か し 、 時 間 的 な 要 素 が 入 っ て く る と 、

の な ら 、 同 じ 平 面 上 を 回 る だ け で す 。

季 節 が 推 移 す る と い う 考 え 方 で す

て い て 、 。 木 季 火 節 土 が 金 巡 水 っ が て 順 ま に た 巡 元 る に こ 戻 ︵ と る コ で

水 と い う 五 つ の 元 素 で 自 然 は 成 り 立 っ

一 歩 距 離 を 置 い た 、 自 然 と の 調 和 の 中

ど ん な 社 会 な の か 。 西 洋 型 の 文 明 と は

し か し 、 そ の 豊 か な 社 会 と い う の は 、

で き る か も し れ ま せ ん 。 第 一 に 経 済 活

を 転 換 さ せ る と い う 面 で は 、 何 か 提 言

を 提 示 す る の は 難 し い の で す が 、 発 想

山 ょ ま 田 う の か 中 具 。 国 体 的 的 な な 発 経 想 済 は シ 何 ス か テ 活 ム か の せ あ る り で 方 し

い だ ろ う か と 提 唱 さ れ て い ま す が 、 い

目 指 す と い う こ と に な る と 思 い ま す 。

動 の 目 的 で す が 、 こ れ は 豊 か な 社 会 を

ラ ム 3 ︶

を 描 く の な ら 、 同 じ と こ ろ で 持 続 す る


な く て も 、 自 然 は 自 ず と 持 続 し て い く

は な い で し ょ う か 。 個 人 個 人 は 何 も し

し て 受 け 止 め ら れ て い る 面 が あ る の で

然 治 癒 力 を 回 復 で き る か 否 か の 問 題 と

う で す 。 持 続 可 能 性 の 問 題 は 、 そ の 自

決 で き る も の だ と 考 え る 傾 向 が あ り そ

ソ フ ィ や サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ は ど の よ

す 。 中 国 哲 学 の 観 点 か ら エ コ ・ フ ィ ロ

ッ ト の 山 田 さ ん は 中 国 哲 学 が ご 専 門 で

ト の 代 表 を さ れ て い ま す が 、 同 じ ユ ニ

今 井

発 展 の 概 念 を 見 直 す

発 展 を 矢 印 に た と え る と 、 直 線 的 に 上

発 展 の 概 念 が 問 わ れ る と 思 い ま す が 、

  サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 関 わ っ て は 、

が あ り ま す 。

竹 村 さ ん は 自 然 観 探 求 の ユ ニ ッ れ て き た と こ ろ に 、 中 国 の 一 つ の 特 質

ず な の に 、 矛 盾 と は と ら え ず に 容 認 さ

問 題 が あ っ て も 自 然 治 癒 力 で 自 ず と 解

ア ニ ミ ズ ム 的 自 然 観 と 一 種 矛 盾 す る は

は 自 動 的 に 展 開 し て い く も の で 、 何 か

り ﹂ で す 。 わ れ わ れ 日 本 人 は 、 自 然 と

い る と 思 い ま す 。

コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ の 提 唱 が 求 め ら れ て

思 想 が な け れ ば い け ま せ ん 。 そ こ に エ

う な 大 き な 問 題 を 考 え る に は 、 哲 学 ・

の シ ス テ ム 全 体 だ と 思 い ま す 。 そ の よ

か ら す れ ば 、 地 球 ・ 社 会 ・ 人 間 の 三 つ

竹 か 今 だ ど 村 。 井 と う 思 支 I 支 い え R え ま る 3 る す か S 対 。 、 が 象 が 問 は 今 題 地 、 に 球 問 し 環 わ て 境 れ い で て る し い こ ょ る と う の

あ り そ う で す 。 本 来 は 、 人 間 が 地 球 を

の 危 機 が 深 刻 化 し て い る と い う こ と が

に 甘 え て し ま っ て 、 い つ の 間 に か 環 境

平 気 で 自 然 に 手 を 入 れ て し ま う こ と は 、

河 で す 。 あ え て 破 壊 と は 申 し ま せ ん が 、

例 え ば 万 里 の 長 城 や 、 隋 の 煬 帝 の 大 運

き な 開 発 が 大 昔 か ら 行 わ れ て き ま し た 。

と は 矛 盾 す る よ う で す が 、 中 国 で は 大

め る こ と と 、 自 然 を 開 発 し て い く こ と

ま す 。 自 然 の 中 に そ の よ う な 霊 性 を 求

中 国 的 な 自 然 観 の 根 底 に は ア ニ ミ ズ ム

中 心 に し て み て い く こ と に な り ま す 。

山 う 田 に と 中 ら 国 え 思 ら 想 れ と る の で 関 し 係 ょ で う は か 自 。 然 論 を

の を と ら え る 考 え 方 が 非 常 に 強 く あ り

な 存 在 を 認 め 、 そ こ か ら 自 然 と い う も

て い ま す 。 自 然 の あ ら ゆ る も の に 霊 的

的 な 発 想 が 非 常 に 強 く あ る と 私 は 思 っ

と い う 考 え が 前 提 に あ っ て 、 結 局 そ れ




方 の 一 つ と し て 、 選 択 肢 を 増 や す と い

れ で 、 ど う し た ら い い の か と い う 考 え

れ を や っ て い か な け れ ば 仕 方 な い 。 そ

よ う な 議 論 し か で き な い け れ ど も 、 そ

わ け で す 。 い つ も ご ま め の 歯 ぎ し り の

ら 、 集 ま っ て 話 を す る 必 要 は 全 然 な い

河 今 る 本 井 の か そ ど 、 の の 考 答 よ え え う な が な い 簡 可 と 単 能 な に 性 ら み が な つ あ い か り わ る ま け の す で な か す 。 。

コラム 4

システム・デザイン 作動するシステムは自動的 に動いていく傾向をもつ. たとえば排出権売買システ ムも,通常の債券市場と同 様,ひとたび動き始めれば 自動的に動いていく.この システムでの売買利益に対 して,一定比率で環境税を 課すような仕組みを導入す れば,システムの自動的作 動に付加価値を導入するこ とができる.多様な価値観 を組み込みながらシステム の作動モードを構想・企画 することが,システム・デ ザインの課題となる.



︵ 笑 す て 理 ︶ 。 ﹁ 論

ま う 手 前 の と こ ろ で ど う や っ て と ど め

に 対 し て 、 問 題 が 大 き く 増 幅 さ れ て し

理 論 的 に は っ き り し ま し た 。 地 球 環 境

事 象 に な っ て し ま う の だ と い う こ と が

と こ ろ に 入 る と 、 予 測 で き な い 大 き な

ま す 。 小 さ な 事 象 が 増 幅 回 路 み た い な

リ ケ ー ン に な っ て し ま う こ と が あ り え

と 、 増 幅 さ れ て や が て は フ ロ リ ダ の ハ

た 大 気 の ゆ ら ぎ が 、 カ オ ス 理 論 に よ る

。 北 京 で チ ョ ウ が 羽 ば た い て で き

い わ ゆ る 夜 の 蝶 で は あ り ま せ ん

北 京 の チ ョ ウ ﹂ と い う 話 が あ り ま

で す 。 象 徴 的 に 語 ら れ る も の と し

は な く て 、 善 人 が 集 ま っ て 善 意 で 事 を

増 や す と い っ て も 、 何 で も い い わ け で

い の で は な い か と 思 い ま す 。 選 択 肢 を

で い く と い う 仕 組 み が 考 え ら れ た ら い

ら 、 結 果 と し て 持 続 可 能 な 方 向 に 進 ん

肢 を 増 や し て 、 そ ち ら を 求 め て い っ た

て 、 そ れ と 拮 抗 で き る よ う な 別 の 選 択

る の は や め ま し ょ う と い う の で は な く

利 潤 や 、 快 適 さ と か 便 利 さ と か を 求 め

間 の シ ス テ ム で は う ま く い き ま せ ん 。

か ら 強 制 を か け る よ う な や り 方 は 、 人

た め に み ん な で 我 慢 し ま し ょ う と 、 外

う こ と が あ る と 思 い ま す 。 地 球 環 境 の

環 境 も 良 く な る と い う よ う な こ と で す

術 を 開 発 す る こ と で 、 利 益 も 上 が る し 、

竹 ラ 構 村 ム 想 4 が ︶ 可 よ 。 く 能 い と わ な れ れ る ば よ い う い に わ 、 け 省 で エ す ネ ︵ 技 コ

す 。 そ の よ う な シ ス テ ム ・ デ ザ イ ン の

在 り 方 が 考 え ら れ な い か と 思 っ て い ま

時 に 環 境 に 貢 献 す る み た い な 選 択 肢 の

ょ う 。 自 分 の 欲 望 を 満 た す こ と が 、 同

の も 合 理 的 な 選 択 肢 に は な ら な い で し

ょ う 。 江 戸 時 代 に 戻 り ま し ょ う と い う

︵ 笑 行 ︶ っ

な ん て い う こ と は 結 構 あ る で し

た ら 、 実 際 に は 悪 の 効 果 が あ っ た


冷 戦 の 時 代 に 、 西 側 で は 公 害 を 解 決 す

な い 問 題 が 大 き く 浮 上 し ま し た 。 東 西

の も の が 少 な く な っ て く る と 、 国 境 の

運 動 と で 、 国 内 の 公 害 で は 目 立 っ た 形

ア セ ス メ ン ト を 進 め る と い う 社 会 的 な

題 提 起 が あ り ま し た 。 各 企 業 の 努 力 と 、

て 、 ど う 対 処 し た ら い い の か と い う 問

い 問 題 が あ っ て 、 一 体 誰 に 責 任 が あ っ

た 。 そ の 当 時 か ら 、 公 害 に は 国 境 の な

に 関 す る た く さ ん の 議 論 が な さ れ ま し

年 代 に か け て 公 害 問 題 と い う 形 で 環 境

の は 、 太 陽 の 熱 を 受 け て 海 か ら 水 蒸 気

て い な が ら 、 温 度 が 上 昇 し て い か な い

地 球 は 常 に 太 陽 か ら 膨 大 な 熱 を も ら っ

い う こ と で す 。 余 分 な 熱 も そ う で す 。

は 、 ご み は 地 球 の 外 に 捨 て ら れ な い と

わ り ま し た 。 一 番 は っ き り し て い る の

逆 に 地 球 は 閉 じ て い る と い う 認 識 に 変

き た 方 向 で す 。 一 九 九 〇 年 前 後 か ら 、

り ま し た 。 そ れ が 近 代 の 科 学 の 進 ん で

地 球 か ら 開 か れ た 宇 宙 へ と 発 想 が 広 が

か ら 地 動 説 へ の 転 換 に よ っ て 、 閉 じ た

河 ら た 本 れ 流 る れ 日 の に 本 で つ で し い は ょ て 一 う ど 九 か の 六 。 よ 〇 う 年 に 代 と か ら ら え 七 て 〇 お

  ヨ ー ロ ッ パ の 思 想 と し て は 、 天 動 説

明 ら か に な っ た の で す 。

に も 手 を 付 け な け れ ば な ら な い こ と が

今 井

地 球 環 境 問 題 へ と 人 類 の 目 が 向 い て き

ん は 科 学 シ ス テ ム 論 が ご 専 門 で す が 、

環 境 デ ザ イ ン ユ ニ ッ ト の 河 本 さ

関 係 の も と で は 解 け な い そ う し た 問 題

ル リ ン の 壁 が 壊 れ て か ら 、 各 国 の 利 害

の 報 告 も あ り ま し た 。 一 九 八 九 年 に ベ

増未 や来 しへ ての い選 く択 肢 を

を 海 に 沈 め る よ う な こ と も な さ れ た と

で は た と え ば 古 く な っ た 原 子 力 潜 水 艦

は す さ ま じ い 状 態 に な っ て い て 、 ソ 連

す る こ と は で き る と 考 え て い ま す 。

に 豊 か さ を 求 め る と い う 考 え 方 を 確 立

に 国 家 に よ っ て 保 証 さ れ て い た 分 野 で

る 努 力 が な さ れ た 一 方 で 、 東 側 の 、 特

す り と 出 状 で の 変 が も 。 、 、 し 態 す 熱 わ 上 熱 こ 、 に 。 が る が う が の 二 あ 地 大 と り 一 地 平 酸 っ 球 気 き 、 つ 球 衡 化 た の 圏 に 大 思 の 状 炭 の 温 外 大 気 想 中 態 素 で 度 に 量 の 的 に が を す は 捨 の 上 に 蓄 う 大 が そ て 潜 層 重 積 ま 気 、 れ ら 熱 で 要 し く に 人 に れ を 水 な て 働 出 間 よ て 放 蒸 の し か し が っ い 出 気 は ま な 続 熱 て る し が カ い く け を 平 か 、 雨 オ ま な る 放 衡 ら そ に ス 


山 田

未 来 の 世 代 は 生 ま れ て 、 そ し て 育 っ て

う し て つ く っ て き て い る 環 境 の 中 で 、

り 道 路 を 建 設 し た り す る わ け で す 。 そ

っ と っ て 、 な る べ く 安 く ビ ル を 建 て た

っ て 生 き て い て 、 し か も 経 済 原 理 に の

り た い と か 、 便 利 に 暮 ら し た い と か 思

大 が 下 島 あ げ る る 人 と 深 間 思 い は い 哲 そ ま 学 の す が 時 。 求 そ め の ら 時 れ で て 豊 い か る に 状 な 況

そ こ に 他 者 の 他 者 と し て の 自 己 を 掘 り

い う よ り 、 他 者 問 題 だ と 思 う の で す 。

ナ ビ リ テ ィ の 問 題 の 本 質 は 環 境 問 題 と

あ っ て 、 そ う い う 意 味 で は 、 サ ス テ イ

︵ 山 笑 欲 田 ︶ 望 。 の い 無 え 限 い 肯 え 定 、 で 派 き な る わ だ け け で 抑 し 制 ょ す べ う

河 の に 本 で 考 は え 山 な な 田 い い さ か と ん と 、 の 思 何 場 い か 合 ま 視 は す 点 、 。 が 個 ず 人 れ 的 て に い は く

す 。 人 間 と い う も の を や は り ト ー タ ル

代 か ら 、 価 値 観 が 変 わ っ て き た わ け で

は 美 徳 と し て 大 量 の 消 費 を 謳 歌 す る 時

と は 確 か で し ょ う 。 そ の 一 方 で 、 消 費

こ こ ま で 環 境 を 破 壊 し て き た と い う こ

よ り 良 い 生 活 を 求 め る 人 間 の 欲 望 が 、

を ど う と ら え る の か に 突 き 当 た り ま す 。

も 事 実 で す 。 価 値 観 を 考 え る と 、 欲 望

い 価 値 観 あ る い は 文 化 が 育 っ て き た の

れ を 克 服 し よ う と し た こ と か ら 、 新 し

験 し 、 負 の 遺 産 も 相 当 あ り ま す が 、 そ

に 限 定 し て も 、 日 本 で は 公 害 問 題 を 経

恩 恵 も 受 け ま し た 。 こ こ 四 〇 ∼ 五 〇 年

が あ っ て 、 結 局 は 他 人 事 の よ う に な っ

な い で し ょ う 。 環 境 倫 理 で は 、 ど ち ら

な い に し て も 、 先 ほ ど 河 本 さ ん が い わ

と い う こ と は 自 覚 し 直 さ な け れ ば な ら

竹 の 劫 村 で と は な 欲 な る 望 い 。 は で そ 無 し う 制 ょ い 限 う っ に か た は 。 考 追 え 求 方 で も き で な き い る

石 油 時 代 の 一 つ の 劫 が 終 わ っ て 、 次 の

と 私 は 思 っ て い ま す 。 仏 教 的 に い う と 、

と き に 、 次 の 新 し い 地 球 の 時 代 が く る

年 の う ち に は 終 わ り ま す 。 そ う な っ た

ま し た 。 し か し 、 石 油 文 明 は あ と 数 十

て 、 使 い 放 題 に な っ て い た 時 代 が あ り

資 源 は 無 限 で あ る か の よ う に 認 識 さ れ

け に は い か な い 。 歴 史 的 に は 、 地 球 の

の 発 展 に と も な っ て 環 境 破 壊 も 進 ん で

二 酸 化 炭 素 の 上 昇 が ス タ ー ト し 、 文 明

人 類 が 火 を 使 い 始 め た と き か ら

で す か ら 、 人 間 の 欲 望 も 無 限 と い う わ

わ れ た よ う に 、 地 球 は 閉 ざ さ れ た 世 界

き だ と 努 力 し て い ま す 。 河 本 さ ん が い

る か の 問 題 か ら 始 ま る よ う で す が 、 エ

で は む し ろ 個 人 の 尊 厳 を い か に 尊 重 す

て し ま う よ う な 気 が し ま す 。 生 命 倫 理



欲 望 は 肯 定 さ れ る の か

い き ま す 。 そ う し た 現 実 も 考 慮 に 入 れ

き ま し た 。 そ れ に よ っ て 人 類 は 大 き な

あ る べ き か と い う こ と を 導 き 出 す 傾 向

ば な ら な い と 感 じ て い ま す 。

か と い う と 全 体 を 考 え て そ こ か ら ど う

て 、 未 来 の 世 代 へ の 視 点 を 持 た な け れ

約 す る だ け で は 、 な か な か 実 が 上 が ら

れ た よ う に 、 外 か ら の 強 制 で 欲 望 を 制


な く 取 り 組 め た こ と が あ り ま す 。 と こ

て 、 社 会 心 理 学 も 哲 学 の 方 々 と 違 和 感

う 共 生 し て い く の か と い う 課 題 に 対 し

に 、 社 会 の な か の い ろ い ろ な 人 々 が ど

わ っ て い る の は 、 共 生 学 の 構 築 の と き

学 ・ 思 想 の 取 り 組 み に 社 会 心 理 学 が 加

大 島 る 島 さ こ ん と エ そ を コ の 課 ・ あ 題 フ た と ィ り し ロ に て ソ つ 掲 げ フ い て て ィ ⋮ い と ⋮ ま い 。 す う 。 哲 大

は 、 特 に ア ジ ア 地 域 の 価 値 観 を 解 明 す

れ て い ま す 。 価 値 意 識 調 査 ユ ニ ッ ト で

要 素 と し て 価 値 観 が あ る こ と を 指 摘 さ

内 和 彦 先 生 が 、 人 間 シ ス テ ム の 重 要 な

﹃ サ ス テ ナ ﹄ 第 0 号 で は 東 京 大 学 の 武

あ っ て 、 心 だ け を 独 立 し て は と ら え ら

と と ら え ま す が 、 人 間 と 自 然 は 一 体 で

的 な 考 え 方 で は 心 と 環 境 が 別 々 に あ る

ま だ ま だ 実 績 が と も な い ま せ ん 。 西 洋

論 を 探 っ て い く こ と に 興 味 は あ っ て も 、

こ と に つ い て 心 理 学 と し て 新 た な 方 法

野 に 入 れ て ど う 考 え て い く の か 、 そ の

て い く の か 、 そ れ を 未 来 の 世 代 ま で 視

し か し 、 自 然 と 人 間 の 関 係 を ど う 変 え

で あ れ ば 、 デ ー タ の 蓄 積 は あ り ま す 。

よ う な 影 響 を 及 ぼ す の か と い う テ ー マ

例 え ば 人 工 的 な 環 境 が 人 間 の 心 に ど の

ま し た 。 環 境 と 人 間 の 関 わ り で い え ば 、

り な が ら 、 実 証 的 な デ ー タ を 集 め て き

の 在 り 方 が 根 本 的 に 問 わ れ て い る の で

た 他 者 と の 関 係 の な か で 、 自 己 の 存 在

ら は 、 見 知 ら ぬ 未 来 の 他 者 ま で も 含 め

け で す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 問 題 か

築 き 直 し て い く の か が 問 わ れ て い る わ

ぬ 関 係 に な っ て い て 、 そ の 関 係 を ど う

来 に 向 け て 、 自 己 と 他 者 と は た だ な ら

て い ま す 。 そ の 意 味 で は 、 時 間 的 に 未

害 者 と な ら ざ る を 得 な い 状 況 に 置 か れ

そ の 未 来 の 見 知 ら ぬ 他 者 に 対 し て 、 加

地 球 環 境 問 題 で は 、 わ れ わ れ は 誰 も が

未 来 の 世 代 の こ と も 考 え に 入 れ る と き 、

竹 示 調 照 ︶ 村 唆 査 。 が し 自 大 得 て 然 島 ら 国 さ れ 際 観 ん な 比 、 が い 較 生 指 か す 活 摘 と る 観 さ 考 こ 、 れ え と 科 た て で 学 よ い 何 観 う ま ら な に す か ど 、 。 の を

今 井

価 値 観 と い う 言 葉 が 出 ま し た が 、 で す 。 心 を 科 学 的 に 探 求 す る 方 法 を 探

考他 え者 てと いの く関 わ り 方 を

と し て 哲 学 か ら 派 生 し て き た 学 問 分 野

  心 理 学 は 心 の 問 題 を 客 観 的 に 扱 お う 始 め つ つ あ り ま す ︵ 本 誌 二 四 ペ ー ジ 参

る と よ い の で し ょ う 。

い て も 、 多 様 な 選 択 肢 を 増 や し て い け

ス タ イ ル に 関 わ る 価 値 観 の と こ ろ に お

ね 。 そ れ と 同 時 に 、 個 人 個 人 の ラ イ フ

意 な 分 野 で あ る と 強 く 感 じ て い ま す 。

こ れ ま で の 社 会 心 理 学 に と っ て は 不 得

代 間 の 共 生 と い う 視 点 が 出 て き ま す と 、

け で は な く 、 人 間 と 自 然 と の 共 生 、 世

ろ が 、 社 会 を 構 成 し て い る 人 間 同 士 だ

題 に 関 わ る 価 値 観 を 調 査 す る こ と か ら

ま す 。 当 面 は 、 ア ジ ア の 人 々 の 環 境 問

い う こ と も や っ て し か る べ き か と 思 い

起 を し て 、 心 に 対 す る 見 方 を 変 え る と

れ な い と い う 東 洋 的 な 視 点 か ら 問 題 提




く る 。 そ れ が 文 化 と い う も の で す 。 地

意 味 が な く て 、 い ろ い ろ な 人 た ち が 集

え ば 、 同 一 の 個 人 が い く ら 集 ま っ て も

も の を み よ う と し て い ま す 。 極 端 に い

は 、 個 人 が 集 ま っ た 集 団 か ら 生 ま れ る

っ て い る と 思 い ま す が 、 社 会 心 理 学 で

各 人 が 勝 手 な こ と を や っ て い な が ら 、

の は 多 様 性 で す 。 い ろ い ろ な 人 が い て 、

全 部 が 滅 ん で し ま う 。 つ ま り 、 重 要 な

集 団 に な っ て し ま う と 、 下 手 を す る と 、

滅 ん だ の で し ょ う 。 人 類 が も し 一 つ の

き 延 び 、 う ま く や ら な か っ た と こ ろ は

た 世 界 が あ っ て 、 そ れ ぞ れ に 文 化 を つ

た こ ろ に は 、 い ろ い ろ な と こ ろ に 閉 じ

山 ナ 竹 田 リ 村 ズ そ ム あ れ で る で し 意 、 ょ 味 先 う で ほ か の ど 。 バ 江 イ 戸 オ 時 ・ 代 リ に ー は ジ 戻 ョ

っ て い る と い う こ と が あ り ま す よ ね 。

え て み る と 、 非 常 に 合 理 的 で う ま く い

信 行 動 の よ う に 見 え て も 、 よ く よ く 考

外 か ら 見 る と 何 だ か 変 わ っ て い て 、 迷

大 確 と 島 か い に う あ 簡 こ る 単 と 地 で を 域 は 私 の な は 昔 い 考 な で え が し て ら ょ い の う る や ね の り 。 で 方 す が が 、 。

よ り 普 遍 的 な 新 し い も の に 変 え て い く

ま る か ら 集 団 と し て の 何 か が 生 ま れ て

い う こ と で も な い で し ょ う 。 現 代 と い

て み ん な が 勝 手 な 考 え を 持 て ば よ い と

で も あ る の で す が 、 実 際 の 地 球 に お い

よ う に し て 実 現 し て い く か と い う 問 題

を 実 現 し て い く こ と で す 。 サ ス テ イ ナ

き な が ら 、 関 係 全 体 と し て 一 つ の 深 み

で は な く て 、 そ れ ぞ れ が そ れ ぞ れ に 生

一 元 化 し た り 、 同 一 化 し た り す る こ と

竹 究 あ 村 で る き 種 そ る の れ と 安 が い 定 共 い を 生 の 生 で で む す す と よ が い ね 。 う 。 在 共 り 生 方 と が は 追

望 め ば 、 江 戸 時 代 の よ う な 生 活 も で き

り は 、 現 在 の 社 会 の 中 で 、 仮 に 個 人 が

戻 る と い う こ と が で き ま す か 。 そ れ よ

な い ﹂ で 、 み ん な で 江 戸 時 代 に 一 斉 に

河 文 時 本 化 代 ﹁ 的 は 赤 な 江 生 戸 信 活 時 号 を 代 、 し な み て り ん い の な た レ で 。 ベ 渡 ル れ で ば 非 怖 常 く に

必 ず し も そ う で は な い で し ょ う 。 江 戸

感 じ な が ら 暮 ら し て い た の か と い う と 、

ま せ ん か 。 江 戸 時 代 の 人 た ち は 不 便 を

れ な い と い わ れ ま し た が 、 本 当 に 戻 れ



戻江 れ戸 な時 い代 のに かは

球 は 閉 じ た 空 間 だ と い う 話 が あ り ま し

う 時 代 を 覆 っ て い る 人 間 観 ・ 自 己 観 を 、

ビ リ テ ィ の 問 題 と は 共 生 の 原 理 を ど の

大 島

た が 、 昔 、 人 が そ れ ほ ど 移 動 し な か っ

割 と 個 人 レ ベ ル の 欲 望 の 話 に な

く っ て い た 。 う ま く や っ た と こ ろ は 生

方 で す け ど 。


変 換 を 人 類 は 何 回 も 経 験 し て い ま す 。

山 題 て 田 な い の く 歴 で よ 史 は う 的 な な に い こ み か と る と を と 思 考 、 い え 価 ま て 値 す い の 。 く 劇 の 的 が な 課

自 分 に と っ て の 確 か な 価 値 観 を 自 覚 し

コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ に お い て も 内 発 的 に

食 べ た い と か 、 き れ い な 女 の 子 と 遊 び

は 難 し い で し ょ う 。 お い し い マ グ ロ を

そ の 設 定 を が ら っ と 変 え る よ う な こ と

結 果 と し て い ま の 価 値 観 が あ る の で 、

と 変 化 し て き ま し た が 、 変 化 し て き た

河 て シ 本 い フ る ト 人 の に 間 で つ の す な 価 が が 値 。 る 観 の は で 確 は か な に い い か ろ と い 考 ろ え

ト が 、 さ ま ざ ま な 価 値 観 の パ ラ ダ イ ム

意 識 に 基 づ く 自 己 観 の パ ラ ダ イ ム シ フ

と こ ろ に 定 位 し た と き に は 、 ど う い う

中 で 存 在 し て い る も の な の か 。 後 者 の

か 、 そ れ と も 、 環 境 と 交 流 す る こ と の

は な い か と 思 っ て い ま す 。 自 己 と は 閉

自 己 存 在 の 了 解 の 転 換 が 鍵 に な る の で

ど の よ う に な さ れ う る か に 関 し ま し て 、

に 関 す る 価 値 観 の パ ラ ダ イ ム シ フ ト が

竹 換 わ 村 も れ そ わ 私 れ れ 自 ほ が 身 ど 考 は 困 え 、 難 て サ で い ス は る テ な よ イ い う ナ と な ビ 思 価 リ い 値 テ ま の ィ す 変 。

え て い る よ う な 気 が し ま す 。 変 な 言 い

い う の は 、 脳 の 使 い 方 と し て 何 か 間 違

何 で も か ん で も い っ ぱ い に 満 た そ う と

に 、 限 ら れ た 環 境 の 中 で 、 脳 の 欲 望 を

な 生 活 を 送 っ て い る の か と 考 え た と き

な も の ま で あ る で し ょ う 。 本 当 に 幸 せ

っ て 、 脳 の 使 い 方 で い う と 、 新 し い 大

大 て う 島 い け た れ 欲 の ど 望 か も に と 、 も も な い 思 ん ろ う で い 。 あ ろ ん な な レ 歌 ベ が ル は が や あ っ

聞 い て 、 ﹁ あ あ 、 懐 か し い な あ ﹂ と 思

山 に 車 田 消 で え 遊 懐 て ん か い で し く い の か た 歌 も な 声 し あ で れ ﹂ す ま と ね せ い 。 ん う 昔 。 追 の 憶 歌 の を 中

か れ ば 、 ﹁ 昔 は よ く あ ん な 燃 費 の 悪 い

は 、 別 の も っ と よ さ そ う な こ と が み つ

ば し た 方 が 格 好 い い と い う よ う な こ と

美 女 を 誘 う に は 大 き な 車 を ブ ン ブ ン 飛

か ら 、 古 い 脳 幹 が 関 わ る よ う な 原 始 的

脳 皮 質 の 知 的 な レ ベ ル を 刺 激 す る も の

世 界 が 見 え て く る の か 。 近 代 的 な 自 我

じ た 心 身 と し て 存 在 し て い る も の な の

な 価 値 観 の 転 換 は で き な い で し ょ う が 、

た い と か 、 そ う い う 欲 求 を 抑 え る よ う




個 人 が 何 か 行 動 し た と こ ろ で 何 も 変 え

ー ド が 一 体 化 し た も の に 呑 み 込 ま れ て 、



竹 し の 村 い 中 問 で I 題 ど T で う 技 す 持 術 。 つ と こ グ と ロ が ー で バ き ル る ス の タ か ン 、 ダ 難

の よ う な と き に 、 歴 史 的 な 展 望 を 個 人

け れ ど 、 こ う な っ て し ま っ て い る 。 そ

く て 、 何 で こ う な っ た の か わ か ら な い

う 設 計 図 が あ っ て こ う な っ た の で は な

う に な っ て い ま す 。 こ う 変 え よ う と い

こ ろ に ま で き て し ま っ た の か と い う よ

竹 村

立歴 ち史 会を う作 る 場 に

の 歴 史 に 関 わ る こ と だ と 思 う の で す が 、

イ ナ ビ リ テ ィ と い う の は 、 ま さ に 人 類

を 感 じ て い た よ う に 思 い ま す 。 サ ス テ

史 を 作 る と い う こ と に す ご く 生 き が い

あ の 頃 は 歴 史 に 参 与 す る と い う か 、 歴

非 常 に 強 く あ り ま し た 。 と こ ろ が 、 価

五 〇 年 代 や 六 〇 年 代 に は 両 者 の 影 響 が

が 歴 史 的 な 改 革 を 訴 え た こ と で 、 一 九

加 型 の 実 存 主 義 を 訴 え 、 マ ル ク ス 主 義

と が 一 つ あ る で し ょ う 。 サ ル ト ル が 参

河 で 覚 本 し が ょ 薄 地 う れ 球 か て が 。 い 閉 る 鎖 よ 系 う に な な の っ で た す と が い 、 う ど こ う

ど う も 最 近 で は 、 歴 史 を 作 る と い う 感

河 る 竹 本 と 村 い 気 う 個 が 実 人 つ 感 レ い が ベ た な ル と い で き で は に す 、 は よ 何 、 ね か こ 。 変 ん え な ら と れ

な っ て し ま っ て い ま す 。

い 、 普 通 の 人 は 歴 史 の 傍 観 者 の よ う に

に よ っ て 、 一 気 に 全 部 が 変 わ っ て し ま

ク ロ ソ フ ト 社 に 象 徴 さ れ る 情 報 化 社 会

ま た 、 ビ ル ・ ゲ イ ツ が 立 ち 上 げ た マ イ

値 の 多 様 化 が 進 み 、 自 分 な り の 価 値 を

私 が 学 生 の こ ろ は 全 共 闘 時 代 で 、

る と い う こ と と が 離 れ て い き ま し た 。

作 り 出 す と い う こ と と 、 歴 史 に 参 加 す


竹 の の 村 す 中 ご で 土 い 、 地 意 非 が 志 常 広 の に い 強 自 と さ 己 こ を 抑 ろ 感 制 で じ の な ま 利 ら す い や 。 た っ 、 て も

る と こ ろ が あ り ま す ね 。 こ の 現 代 社 会

開 拓 当 時 の 生 活 を い ま で も 維 持 し て い

山 き で 田 る あ シ る ア ス と メ テ い リ ム う カ を く に 開 ら ア 発 い ー す の ミ る 多 ッ 。 様 シ 性 ュ を と 許 い 容 う で 、

代 を 選 択 し て も 社 会 全 体 と し て 整 合 的

考 え た ほ う が い い 。 三 割 の 人 が 江 戸 時

る と い う 選 択 肢 を 組 み 込 む シ ス テ ム を

現 在 と は 違 う 価 値 観 を 体 験 す る 。 た だ 、

と い う の な ら 楽 し い で し ょ う 。 一 週 間

ツ ア ー み た い に し て 、 一 週 間 だ け 行 く

河 難 中 本 し で い 、 江 で 江 戸 し 戸 時 ょ 時 代 う 代 の 。 を よ 実 う 現 な す 生 る 活 の に は 、 や エ は コ り

ル 化 し た 国 際 社 会 に 組 み 込 ま れ て い る

本 で 、 こ れ だ け 人 口 が い て 、 グ ロ ー バ

い け る の か も し れ ま せ ん が 、 い ま の 日

こ れ を あ げ る か ら こ れ を く れ と い う 交

で は 贈 与 の 文 化 と い う の が あ り ま す 。

し た こ と で す が 、 ソ フ ト ウ ェ ア の 世 界

そ こ で の 生 活 の 感 じ が つ か み き れ る の

た っ た ら 戻 っ て き て し ま う の で す が 、

ま 文 そ る す 化 の と 。 と 時 い し で う て の こ 持 利 と て 益 を な 追 期 い 求 待 も を し の し な か な い と い 、 思 仕 そ っ 組 の て み 時 い を の 、

げ た ら 、 そ れ に 見 合 う 何 か で 返 っ て く

換 を 前 提 に し な い 関 係 で す 。 何 か を あ

コラム 5

『共生のかたち』 東洋大学では,学内の特別研究プロ ジ ェ ク ト と し て,〈「共 生 学」の 構 築〉を進めたが,『共生のかたち』 は,そのメンバーを主体に 1 つの 研究成果として発表した書物である. 執筆者の研究分野は,哲学・中国哲 学・仏教学・中東史学・認知科学・ 社会心理学・経済学・都市計画学・ 環境学にわたっている.さまざまな 共生の課題に対する多様な視点から の照射が交響している書物である.

竹村牧男・松尾友矩編著 『共生のかたち―「共生 学」の構築をめざして』, 誠 信 書 房,本 体 3000 円,2006 年 5 月

か た ち ﹄ ︵ コ ラ ム 5 ︶

と い う 本 に 紹 介

け で す 。 東 洋 大 学 で ま と め た ﹃ 共 生 の

利 益 で あ る み た い な 考 え も あ り 得 る わ

無 駄 話 を し て い ら れ る と い う の が 実 は

と こ ろ が 、 例 え ば 、 近 所 の 人 と 仲 良 く

得 る こ と だ と の 考 え 方 に な っ て い ま す 。

う 仕 組 み で す 。 金 を 得 る こ と が 利 益 を

で 多 く の も の が 買 え て 便 利 に な る と い

す る に 、 お 金 を 多 く 得 た ら 、 そ の お 金

大 か 島 ど う 現 か 代 は の わ 社 か 会 り は ま 利 せ 益 ん 追 が 求 。 型 で 、 要 


し て も 、 解 決 が で き ま せ ん か ら 。

た ち は こ ん な に し た で は な い か と 対 立



大 す 今 島 ね 井 。 や そ は う り い 共 う 生 状 だ 況 と に 思 し い た ま の す も 大 。 大 人 人 で

難 し い 。

う し た ら い い の か と い う と 、 な か な か

い て 、 そ れ を 自 覚 し た と き に 、 で は ど

害 者 に な ら ざ る を 得 な い 構 造 に な っ て

竹 思 う 村 う 。 ん こ 普 で れ 通 す を に 。 聞 生 で く 活 も と し そ 誰 て れ で い が も て 長 ﹁ も 続 そ 、 き う 実 し だ は な ﹂ 加 い と 。

真 剣 に 考 え た こ と が あ り ま す か ﹂ と い

し て も 、 全 部 壊 し て か ら 滅 び る の は 非

し ょ う か 。 人 間 が 滅 び る の は 勝 手 だ と

し ま っ た こ と と 、 ど ち ら が 深 刻 な の で

環 境 を 破 壊 し て も と に 戻 せ な く な っ て

わ れ が 使 っ て し ま っ た と い う こ と と 、

大 な セ 島 い ー と ジ 未 思 の 来 っ 出 に て し 使 い 方 え ま は る す よ エ 。 く ネ 考 ル え ギ な ー い を と わ い れ け

の せ い で す 。 そ う で あ る だ け に 、 メ ッ

し た 。 そ れ ぐ ら い 説 得 力 の あ る 演 説 で

ら 、 み ん な し ー ん と な っ て 聞 い て い ま

る の で 、 授 業 で そ の 映 像 を 流 し ま し た

が あ り ま す 。 イ ン タ ー ネ ッ ト で み ら れ

セ ヴ ァ ン ・ ス ズ キ が 行 っ た 有 名 な 演 説

ト で 、 当 時 一 二 歳 だ っ た カ ナ ダ の 少 女 、

二 年 の リ オ デ ジ ャ ネ イ ロ の 地 球 サ ミ ッ

て い く の が 重 要 だ と 思 い ま す 。 一 九 九

常 に ま ず い 。 未 来 の 自 然 の 在 り 方 も 見

聞 き し ま す が 、 私 た ち 子 ど も の 未 来 を

と が で き な く な っ て い る よ う で す 。 お

も う こ ん な な ぐ さ め の 言 葉 さ え 使 う こ

あ る ま い し ﹄ と か 。 し か し 大 人 た ち は

る か ら ﹄ と か 、 ﹃ こ の 世 の 終 わ り じ ゃ

あ る い は 、 ﹃ で き る だ け の こ と は し て

っ て 子 供 た ち を な ぐ さ め る も の で す 。

じ ょ う ぶ 。 す べ て う ま く い く よ ﹄ と い

す 。 最 後 の 方 で ﹁ 親 た ち は よ く ﹃ だ い


山 田

で世 き代 るを こ超 とえ はて あ る の か

な 役 割 を 果 た し ま す ね 。

竹 ま コ 村 す ア 。 に イ な ン る タ 可 ー 能 ネ 性 ッ が ト あ は る 教 よ 育 う に な も 気 大 が き し

が 学 生 の こ ろ の 公 害 問 題 な ら 、 汚 染 の

に も 広 い た め に 見 え に く い 。 わ れ わ れ

地 球 環 境 の 状 況 は 地 球 が あ ま り

じ さ ん が 叫 ん で い る と い う 感 じ で

ろ で す 。 ス ク リ ー ン の 上 で 、 何 だ か お

残 念 な の は 、 リ ア リ テ ィ に 乏 し い と こ

常 に 熱 心 な 学 生 が か な り い ま す 。 少 し

大 ど 参 島 う 照 で ︶ 環 す を 境 か 行 問 。 っ て 題 い へ ま の す 関 が 心 、 は そ 高 の く 印 て 象 、 非 は

ソ フ ィ に 関 す る 授 業 ︵ 本 誌 二 七 ペ ー ジ

の イ ン タ ー ネ ッ ト 授 業 で エ コ ・ フ ィ ロ

な る 。 大 気 が 汚 染 さ れ た の も 前 の 世 代

わ ず か な 残 り を 高 い 値 段 で 買 う こ と に

で 使 っ て し ま っ た 。 こ れ か ら の 人 々 は

て い る 石 油 の 大 半 を 、 こ こ 二 ∼ 三 世 代

し ま っ た わ け で し ょ う 。 地 球 に 埋 ま っ

て い ま す 。 し か し 、 若 い 人 に と っ て み

る と い う メ ッ セ ー ジ を 発 し た い と 思 っ

豊 か さ と は 違 う 別 の 豊 か さ も 設 定 で き

れ ば 、 前 の 世 代 が 問 題 を 引 き 起 こ し て

今 フ し 井 ィ て の い I 課 く T 題 の の で か 発 す 、 達 ね こ は 。 れ 、 も こ エ れ コ ま ・ で フ な ィ ら ロ 知 ソ

れ ば な り ま せ ん 。 そ の 意 欲 を ど う 形 成

人 が 主 体 的 に そ こ に 参 与 し て い か な け

る と か い う 意 味 を も っ た サ ス テ イ ナ ビ

ま し た よ う に 、 支 え る と か 持 ち こ た え

の で は な い か と 思 い ま す 。 最 初 に い い

ら れ な い と い う 挫 折 感 が 蔓 延 し て い る

竹 た る 村 せ と ら 思 東 れ い 洋 る ま 大 の す 学 か 。 で 。 危 は 機 四 感 キ を ャ ど ン う パ 学 ス 生 同 に 時 も

い ﹂ と 感 じ 取 る レ ベ ル と で は 違 い が あ

の 感 覚 が 呼 び 覚 ま さ れ て ﹁ こ れ は ま ず

う こ と か ﹂ と 了 解 す る レ ベ ル と 、 何 か

い て 、 環 境 問 題 を 言 葉 の 上 で ﹁ そ う い

大 い て 島 と 、 こ 環 人 ろ 境 間 が 問 は あ 題 い る に ろ 気 何 い が と ろ し な な ま く 感 す 燃 性 。 え を 上 持 が っ れ て な

の 物 理 的 な 距 離 に 、 生 活 感 の 差 も あ っ

で き ま し た 。 地 球 と い う 広 さ の な か で

現 場 も 、 被 害 の 症 状 も 目 で 見 る こ と が

な い の は 結 構 つ ら い 状 況 で 、 経 済 的 な

い 世 代 の 社 会 負 担 が ど ん ど ん 大 き く な

一 に な る と は 考 え に く く 、 一 方 で 、 若

本 の 経 済 力 が こ れ 以 上 強 く な っ て 世 界

も っ て い る の で は な い で し ょ う か 。 日

い と い う 感 じ を 若 い 世 代 は か な り 強 く

と い う こ と で 、 何 か し ら 大 き な 動 き の

生 活 は で き な い と 覚 悟 し な け れ ば い け

り 得 な か っ た 人 と も 情 報 交 換 が で き る

る の は 目 に 見 え て い ま す 。 親 よ り い い

リ テ ィ を 実 現 し て い く た め に は 、 個 々

張 っ て も 親 の 世 代 よ り は 豊 か に な れ な

や 複 雑 な 思 い が あ り ま す 。 ど ん な に 頑

︵ 河 る 笑 本 側 ︶ に 。 若 も 実 い 工 感 世 夫 を 代 が 持 に い っ 対 り て し ま 伝 て す え 、 ね る 私 。 に は に 、 は 教 、 え や 


竹 に き 村 持 か っ け 禁 て る 欲 い 、 的 く い な と わ 倫 い ゆ 理 う る を こ 心 考 と 理 え で 的 て す 方 い 。 略 く で と 解 決 、

に 生 ま れ て く る の で は な い で し ょ う か 。

す る の は 下 品 な 行 為 だ と の 認 識 が 次 第

い の に 飛 ば し た り 、 大 気 を 汚 染 し た り

て い ま す 。 今 後 は 、 自 動 車 を 用 事 も な

大 変 下 品 な 行 為 だ と わ れ わ れ は 認 識 し

と い う の は ま ま 見 ら れ ま し た 。 い ま は

り 、 た ん を 吐 い た り 、 ご み を 捨 て た り

山 せ の 田 ん が が あ か 。 る つ の て か 、 、 そ ま の だ 辺 ち に ょ つ っ ば と を わ 吐 か い り た ま

す ね 。 多 く の 人 の 共 感 を 呼 ぶ よ う な も

み 出 す よ う な 思 想 ・ 哲 学 を 考 え た い で

し ら ポ ジ テ ィ ブ に 主 体 性 ・ 内 発 性 を 生

大 人 が こ う し ろ あ あ し ろ と 説 教 し た の

た り し て 、 世 代 と と も に 変 わ っ て い く 。

あ る い は 自 分 な り に 変 え て い こ う と し

で す 。 自 ず と そ の 変 化 を 感 じ 取 っ た り 、

社 会 的 な 環 境 が 作 れ れ ば い い と 思 う の

識 し て 、 何 と な く 変 わ っ て い く よ う な

終 的 に は 環 境 問 題 の あ る 種 の 解 決 を 意

て 働 き か け ら れ る か も し れ ま せ ん 。 最

そ こ ら あ た り が わ か る と 、 世 代 を 超 え

に し て 形 成 さ れ て い く の で し ょ う か 。

な い と 思 っ た り す る 感 覚 は 、 ど の よ う

分 は そ ん な み っ と も な い こ と は し た く

大 ま 清 島 せ い ん ・ こ 。 汚 れ い は と 品 か が の な 方 い が と 通 感 じ じ る た か り も 、 し 自 れ

っ て い る よ り も 、 日 本 人 の 場 合 に は 、

の が 有 効 な の で し ょ う 。 正 し い ・ 間 違

し て い た だ け れ ば と 思 い ま す 。

機 に 、 今 後 の T I E P h の 研 究 に 注 目

に な る の だ と 思 い ま す 。 こ の 座 談 会 を

選 択 肢 を 見 つ け て い く 作 業 と い う こ と

を キ ー 造 ワ し ー つ ド つ に 、 し 各 て 人 、 が 自 取 ら り 新 う し る い 有 価 効 値 な 観

い え る で し ょ う 。 具 体 的 に は 、 共 生 を

新 し い シ ス テ ム 作 り を 目 指 し て い る と

の 解 明 や 変 容 を 目 指 し た り し な が ら 、

拠 し た り 、 ア ジ ア 地 域 の 人 々 の 価 値 観

せ ん 的 な 発 展 を 重 視 す る 中 国 哲 学 に 依

ィ は 、 時 系 列 的 な 変 化 を 組 み 入 れ 、 ら

自 然 環 境 の 問 題 だ け で な く 、 サ ス テ イ

と し て い る エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ と は 、

  本 日 は あ り が と う ご ざ い ま し た 。



悲 観 的 に な ら ざ る を え な い の で 、 何 か

と い う こ と で し た 。 エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ

ナ ビ リ テ ィ の 問 題 も 含 め て 考 え る 哲 学

る よ う に 仕 向 け る に は ど う 導 け ば よ い

つ ま り 、 自 分 か ら 進 ん で 環 境 に 配 慮 す

で は な く 自 ら コ ー ト を 脱 ぐ よ う に す る 、

竹 悪 こ 村 い と と を 伝 感 す 統 じ る 的 て の な い は 価 る お 値 よ じ 観 う さ と で ん つ す だ な 。 け が で っ 、 た 格 も 好

だ を ま い た り し な い ん で す ね 。 そ ん な

大 島

ち の な か に も あ る 好 奇 心 や 道 徳 心 に 働

の か を 考 え た い と こ ろ で す 。 誰 の 気 持

最 近 の 若 い 人 は 、 酔 っ 払 っ て く

で 今 思 で 東 す 井 い は 洋 。 ま 、 結 す 未 大 構 。 来 学 い 世 の い T 代 結 I と 論 E の P に 共 な h 生 っ は が て し 提 き に 唱 た く し よ い よ う と う


山 河 す 田 本 か 。 そ 基 れ 本 な 的 ら に 産 す 児 る 制 で 限 し を ょ す う る 。 し か な

ま せ ん 。 た だ し 、 環 境 問 題 の 原 因 は 単

的 ジ レ ン マ の 解 決 方 法 は な か な か あ り

え る と 環 境 問 題 に つ な が る 。 こ の 社 会

り ま す 。 そ れ で 人 口 が 増 え 、 人 口 が 増

合 に 、 子 ど も が 多 い 家 族 の 方 が 得 に な

大 生 配 島 ん し で て 共 い 、 有 る こ の こ っ も と そ の も り を あ と 社 る 二 会 ら 人 で し 目 分 い 、 け で 三 合 す 人 う ね 目 場 。 を

な く な り ま す し 、 そ う い っ た こ と を 心

気 で 亡 く な っ た 場 合 に 後 を 継 ぐ 子 が い

ま す し 、 子 ど も が 一 人 だ け だ と 仮 に 病

今 て い 井 い の な で 農 い す 村 。 が 部 、 で 中 は 国 人 で 手 そ 不 れ 足 は に う つ ま な く が い り っ

ま せ ん 。 国 が 定 め た 法 が 及 ぶ 範 囲 で 対

出 し て も 、 全 体 と し て の 解 決 に は な り

た く さ ん 動 か し て い る 。 一 国 で 答 え を

わ れ ま す 。 と こ ろ が フ ラ ン ス は 原 発 を

の で フ ラ ン ス か ら 買 う こ と に な る と 思

と に し 、 そ れ で は 電 力 が 足 り な く な る

い ま せ ん 。 ド イ ツ で は 原 発 を や め る こ

何 世 代 に も わ た っ て 管 理 し て い か な い

物 ︵ プ ル ト ニ ウ ム ︶ を ど う す る の か 。

て い る 原 子 力 発 電 で 、 燃 え 残 り の 廃 棄

ま す 。 例 え ば 、 温 暖 化 対 策 で 注 目 さ れ

も な ら な い 問 題 を わ れ わ れ は 抱 え て い

河 テ こ 本 ィ ん に な 当 な こ 面 ら と ど な を こ い い ろ で う か し と ら ょ 、 、 う サ 本 が ス 当 ︵ テ に 笑 イ ︶ ナ ど 。 う ビ に リ

い で き た 感 じ が し な い で も な い で す 。

も 当 面 ど う す る か と い う こ と で 、 し の

山 ら は 田 な 緩 い 和 人 で さ 類 し れ の ょ て 歴 う も 史 。 、 を 根 考 本 え 的 る な と 解 、 決 い に ず は れ な

ま す 。 人 口 を 減 ら す こ と で 当 面 の 事 態

無 理 矢 理 コ ー ト を 脱 が せ よ う と す る の

﹁ 北 風 と 太 陽 ﹂ の 話 で は な い け れ ど も 、

わ れ わ れ 心 理 学 の 立 場 か ら す る と 、

ど 、 そ れ に は 抜 け 穴 が あ っ た り し ま す 。

つ の 解 決 方 法 と し て あ る の で し ょ う け

テ ム を 変 え る と か い う 構 造 的 方 略 も 一

大 で る 島 は 関 な 係 法 い を 律 で 作 を し っ 変 ょ て え う い る か く と 。 と か い 、 う 社 こ 会 と の が シ 大 ス 切

る 場 と し て と ら え 、 多 く の 人 が 参 加 す

ロ ソ フ ィ は 、 自 分 の 可 能 性 を 広 げ ら れ

が た く さ ん あ る で し ょ う 。 エ コ ・ フ ィ

そ れ ぞ れ の 人 が 能 力 を 発 揮 で き る 場 面

に 関 わ れ ば 、 い ろ い ろ な 課 題 に 対 し て

考 え る 課 題 と し て は 面 白 く 、 環 境 問 題

待 た な い と い け な い

れ こ そ 黄 砂 が 飛 ば な く な る ぐ ら い ま で

る シ ス テ ム を も っ て い ま せ ん か ら 、 そ

応 を 考 え た の で は 、 地 球 全 体 の 問 題 に

と な ら な い の に 、 そ の 見 通 し は 立 っ て

こ か ら ど う 変 え て い っ た ら い い の か 、

︵ 笑 ︶

。 そ れ を ど

人 口 が 半 減 す れ ば 環 境 問 題 は 解 決 し ま

山 田

こ れ か ら の 道 筋 は ど こ に

純 に 人 口 だ け に あ る の で は な い と 思 い

こ こ で 暴 論 を 申 し 上 げ ま す と 、

と し て も 、 国 連 は 恒 常 的 に 法 を 設 定 す

は 対 応 で き な い 。 国 連 で 何 か 決 め よ う




「環境汚染はあなた自身の健康にどの程度影響を及ぼしていると 思いますか」 非常に影響がある

やや影響がある

影響はない

わからない

それほど影響はない

日本

中国 シンガ ポール 0%

20%

40%

60%

80%

100%

これは,人々が環境問題に対してどれくらいの危機感を持っているかを尋ねたも のです.結果を見ると,一様に危機感は高いようですが,特に中国の人々の危機 感の高さが目立ちます.

「私たちが生活をあまり変えなくても,現代科学が環境問題を 解決してくれるだろう」 賛成

どちらかといえば賛成

どちらともいえない

どちらかといえば反対

反対

わからない

日本

中国 シンガ ポール 0%

20%

40%

60%

80%

100%

科学の発展が環境問題を引き起こしているという見方がありますが,科学への期 待を尋ねたところ,日本人の「科学への不信感」が特に強いように見えます.

「私は,自分の子孫から尊ばれたい」 とてもそう思う

まあそう思う

そう思わない

わからない

あまりそう思わない

日本

中国 シンガ ポール 0%

20%

40%

60%

80%

100%

環境問題は,未来世代に対する配慮の問題とも言われます.「子孫」への意識は, 日本よりもシンガポールや中国の人々の方が強いようです.



接 法 と い っ て 、 調 査 員 が 調 査 対 象 者 の

問 を 行 い ま し た 。 調 査 方 法 は 、 訪 問 面

想 さ れ る さ ま ざ ま な 側 面 に つ い て の 質

調 査 で は 、 環 境 問 題 に 関 係 す る と 予

て 福 岡 市 で 四 〇 〇 人 の デ ー タ を と る こ

市 三 〇 〇 人 、 蘇 州 市 二 〇 〇 人 ︶ 、 そ し

で 一 〇 〇 〇 人 ︵ 上 海 市 五 〇 〇 人 、 杭 州

す 。 シ ン ガ ポ ー ル で 一 〇 三 七 人 、 中 国

家 を 訪 問 し て 、 直 接 回 答 を 聞 き 取 り ま

予 定 ︶ に 掲 載 し ま す 。

ィ ﹂ 研 究 第 二 号 ︵ 二 〇 〇 八 年 三 月 発 行

く は 、 東 洋 大 学 ﹁ エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ

ん の 一 部 だ け を 紹 介 し ま し ょ う 。 詳 し

と が で き ま し た 。 こ こ で は 、 結 果 の ほ

し て 日 本 ︵ 福 岡 市 ︶ で す 。


特集

エコ・フィロソフィを提唱する――東洋大学の発信

価値意識を調査する 大島 尚

東洋大学教授(社会心理学) (TIEPh 価値意識調査ユニット)

お そ ら く 、 環 境 問 題 の よ う な 国 や 文 上 海 都 市 圏 ︵ 上 海 、 杭 州 、 蘇 州 ︶ 、 そ

当 面 の 方 策 と 考 え ら れ ま す 。

国 や 文 化 の 違 い を 個 別 に 見 て い く の が

側 面 ﹂ と い う 部 分 的 な 問 題 設 定 を し て 、

る 価 値 観 ﹂ と か ﹁ 価 値 観 の こ れ こ れ の

を 研 究 す る に は 、 ま ず は ﹁ 何 々 に 対 す

自 体 も あ い ま い で す 。 そ こ で 、 価 値 観

で す 。 ま た 、 価 値 観 と い う 言 葉 の 定 義

て い る の か を 明 確 に 記 述 す る の は 困 難

メ リ カ 人 の 価 値 観 の ど こ が ど う 異 な っ

体 系 的 に と ら え 、 そ も そ も 日 本 人 と ア

す 。 で も 、 そ の よ う な 価 値 観 の 違 い を

を 見 る と 、 と て も 奇 異 に 感 じ る よ う で

グ ル ー プ が 皆 で 同 じ も の を 注 文 す る の

ア メ リ カ 人 は 、 レ ス ト ラ ン で 日 本 人 の

い と 考 え る 傾 向 が あ り ま す 。 そ の た め 、

メ リ カ 人 は 自 分 ら し く 振 舞 う こ と を よ

う こ と が よ い と 考 え る 傾 向 が あ り 、 ア

ば 、 日 本 人 は 他 の 人 と 同 じ よ う に 振 舞

ら れ る こ と が 多 い と 思 い ま す 。 た と え

な る こ と は 、 身 近 な 体 験 か ら も 裏 付 け

国 や 文 化 に よ っ て 人 々 の 価 値 観 が 異

か ら も 世 界 の 注 目 を 浴 び て い る 中 国 の

年 の 急 速 な 経 済 成 長 で 環 境 問 題 の 観 点

影 響 の 強 い 都 市 国 家 シ ン ガ ポ ー ル 、 近

組 み 、 歴 史 的 ・ 文 化 的 に ヨ ー ロ ッ パ の

行 い ま し た 。 環 境 政 策 に 早 く か ら 取 り

て 、 ア ジ ア の 三 つ の 地 域 で 意 識 調 査 を

に 、 二 〇 〇 六 年 か ら 二 〇 〇 七 年 に か け

ッ ト で は 、 そ の よ う な 問 題 設 定 の も と

で す 。 T I E P h の 価 値 意 識 調 査 ユ ニ

た め の 方 策 を 検 討 す る 必 要 が あ る は ず

人 々 の 価 値 観 を 理 解 し た 上 で 、 解 決 の

れ る 形 で は な く 、 自 国 や 周 辺 の 国 の

国 々 で は 、 西 欧 の 価 値 観 を 押 し 付 け ら

国 の 取 り 組 み 方 に あ り ま す 。 こ れ ら の

の 課 題 は 、 経 済 発 展 の 著 し い ア ジ ア 諸

そ し て 、 現 在 の 環 境 問 題 に お け る 当 面

う な 方 法 で は 解 決 は 望 め な い で し ょ う 。

定 の 国 や 文 化 の 価 値 観 を 押 し 付 け る よ

し て お く 必 要 が あ る と 思 わ れ ま す 。 特

何 ら か の 形 で 価 値 観 の 違 い を 明 ら か に

化 を 超 え た 共 通 課 題 に 取 り 組 む に は 、




全学総合科目 「エコ・フィロソフィ入門」 育 を 行 っ て い ま す が 、 総 合 大 学 の 利 点 を 生 か

こ の よ う な 状 況 の も と で 、 二 〇 〇 三 年 度 に

ら 四 年 生 ま で 、 お よ び 大 学 院 も 含 め た 一 貫 教

各 学 部 は そ れ ぞ れ の キ ャ ン パ ス で 、 一 年 生 か

イ ン 学 部 の 合 計 九 学 部 を 持 つ 総 合 大 学 で す 。

埼 玉 県 朝 霞 市 の 朝 霞 キ ャ ン パ ス に ラ イ フ デ ザ

倉 キ ャ ン パ ス に 国 際 地 域 学 部 と 生 命 科 学 部 、

川 越 キ ャ ン パ ス に 工 学 部 、 群 馬 県 板 倉 町 の 板

法 学 部 、 社 会 学 部 の 五 学 部 、 埼 玉 県 川 越 市 の

に 文 学 部 、 経 済 学 部 、 経 営 学 部 、

東 洋 大 学 は 、 東 京 都 文 京 区 の 白 山 キ ャ ン パ

さ れ な く な り ま し た 。

キ ャ ン パ ス 間 の 距 離 的 な 制 約 は ほ と ん ど 意 識

ッ ト ワ ー ク が 整 備 さ れ 、 情 報 通 信 に 関 し て は

〇 〇 年 度 に は 、 四 キ ャ ン パ ス を 結 ぶ 高 速 の ネ

れ な が ら 積 極 的 に 進 め ら れ て き ま し た 。 二 〇

報 ネ ッ ト ワ ー ク 構 築 は 、 最 新 の 設 備 を 取 り 入

約 が あ り ま し た 。 一 方 で 、 キ ャ ン パ ス 間 の 情

ン パ ス 間 の 距 離 が 離 れ て い る た め に 多 く の 制

す た め の 学 部 を 越 え た 教 育 の 実 現 に は 、 キ ャ



︵ 図 2 ︶

に お い て は 、 R ・ チ ャ ル デ ィ ー ニ 氏

月 に 開 催 さ れ た 日 本 心 理 学 会 第 七 一 ︵ 回 ア 大 リ 会

︵ 今 井 芳 昭 ・ 竹 村 牧 男 ︶

四 名 が 参 加 し て き ま し た 。 ま た 、 本 学 で 九

国 際 シ ン ポ ジ ウ ム に T I E P h の メ ン バ ー

大 学 の I C A S が ハ ワ イ に お い て 開 催 し た

本 年 二 月 に は 東 京 大 学 の T I G S 、

女 史 に よ る 公 開 講 演 会 も 開 き ま し た 。

ウ ル フ ・ マ イ ヤ ー 氏 、 ジ ビ ル ・ フ ァ ネ ル ザ

や さ し い 建 築 ﹂ と 題 し て 、 ド イ ツ 人 建 築 家

照 ︶ 。 十 一 月 に は 、 ﹁ ド イ ツ に お け る 環 境 に

コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ ﹂ 研 究 第 一 号 別 冊 を 参

も 交 え 、 ﹁ 地 球 環 境 と ア ジ ア の 価 値 観 ﹂ と

ル 国 立 大 学 ︶

開 講 演 会 、 V ・ サ ヴ ェ イ ジ 氏

す 説 得 的 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン ﹂ と 題 す る 公

ゾ ナ 州 立 大 学 ︶

テ エ 題 ム コ 今 す を ・ 後 る フ は 公 案 ィ こ 開 し ロ れ シ て ソ ら ン い フ の ポ く ィ 研 ジ 予 を 究 ウ 定 実 活 ム で 現 動 が す す を 開 。 る 踏 か た ま れ め え ま の な し シ が た ス ら 。 、

や Q ・ ツ ェ ン 氏 ︵ 浙 江 大 学 ︶

︵ シ ン ガ ポ ー

に よ る ﹁ 環 境 保 護 行 動 を 促

図 1 2006 年 10 月に行った国際シンポジウム 「『エコ・フィロソフィ』の構築をめざして」 .


特集

エコ・フィロソフィを提唱する――東洋大学の発信 紹介

ソ フ ィ ﹄ の 構 築 を め ざ し て ﹂ と 題 す る 国 際

加 わ っ て 、 本 学 に お い て ﹁ ﹃ エ コ ・ フ ィ ロ

大 学 大 学 院 教 授 に T I E P h の メ ン バ ー が

I R 3 S 副 機 構 長 、 カ ー ル ・ ベ ッ カ ー 京 都

し ま す と 、 二 〇 〇 六 年 十 月 に は 、 武 内 和 彦

フ ︶

︶ 。 エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ ︵ 環 境 哲 学 、

今 ま で の 社 会 に 向 け た 活 動 を 簡 単 に 紹 介

テ ム ・ デ ザ イ ン の 確 立 を 目 指 し て い ま す 。

ブ で す ︵

︵ テ ィ ー

コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ ﹂ 学 際 研 究 イ ニ シ ア テ ィ

側 の シ ス テ ム を 合 わ せ て 考 え る よ う な シ ス

の 変 容 、 人 間 の 人 工 的 な シ ス テ ム に 自 然 の

人 々 の 価 値 観 の 把 握 と 共 生 に 向 け た 価 値 観

、 略 称

東 洋 大 学 の 研 究 プ ロ ジ ェ ク ト 名 は 、 ﹁ エ い た 新 し い 発 想 と 価 値 観 の 造 、 ア ジ ア の

﹁ す ス て 人 点 を 、 。 テ ﹂ ︵ ム 具 文 挙 竹 体 ・ げ 村 を 的 社 る 、 考 に 会 こ 二 え ﹃ ・ と 〇 て 共 自 が 〇 然 六 い 生 の で き ﹄ く 、 様 東 、 を 々 ま す 洋 学 可 大 際 能 な 。 学 的 に 学 共 報 す 問 生 な る が 学 学 社 協 と 問 会 働 は ︶ 。 で シ し 、

ン タ ー に お い て 共 生 学 の 研 究 を 進 め て い た

〇 〇 一 年 か ら 東 洋 大 学 国 際 共 生 社 会 研 究 セ

協 力 機 関 と な り ま し た 。 そ の 背 景 に は 、 二

リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構 ︵ I R 3 S ︶ の 研 究

東 洋 大 学 は 二 〇 〇 六 年 か ら サ ス テ イ ナ ビ

︵ 社 会 学 部 教 授 ︶

竹 村 牧 男 代 表

友 矩 機 構 長

に 関 わ っ て い ま す 。 構 成 メ ン バ ー は 、 松 尾

い う 3 シ ス テ ム の う ち 、 主 に 人 間 シ ス テ ム

E P h は 、 I R 3 S の 地 球 、 社 会 、 人 間 と

No.203

生 圏 哲 学 ︶ は 、 ﹁ 個 人 を 自 然 な い し 環 境 と

TIEPh

﹁ エ

の 相 関 関 係 の な か で 捉 え 、 ま た 未 来 の 人 間

The Transdisciplinary Initiative

︵ 図 1 ︶ ︵

と の 関 係 に お い て も 考 察 し 、 現 在 の 人 間 の

for Eco-Philosophy

シ ン ポ ジ ウ ム を 開 催 し ま し た

あ る べ き 生 き 方 を 導 出 し よ う と す る も の ﹂

HP: http://tieph.toyo.ac.jp/home.

と 捉 え る こ と が で き ま す 。 T I

︵ 竹 村 、 二 〇 〇 七 、 ﹁ エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ ﹂ 研

html

究 第 一 号 ︶

東洋大学「エコ・フィロソフィ」 学際研究イニシアティブ

ン ユ ニ ッ ト で す 。 順 に 、 東 洋 的 な 知 に 基 づ

ッ ト 、 価 値 意 識 調 査 ユ ニ ッ ト 、 環 境 デ ザ イ

定 し て い ま す 。 す な わ ち 、 自 然 観 探 求 ユ ニ

T I E P h で は 三 つ の 研 究 ユ ニ ッ ト を 設

︵ 文 学 部 教 授 ︶

︵ 本 学 学 長 ︶

の ほ か 十 を 六 ヘ 名 で 、 ッ す 大 ド 。 島 に 尚 し 代 て 表 、




表 1 2007 年度全学総合 IA 「エコ・フィロソフィ入門∼共生と環境問題∼」 講義スケジュール 講義日

担当講師

第1回 大島 尚 4 月 12 日

所 属

講義のテーマ

社会学部社会 ガイダンス 心理学科教授

第2回 吉田公平 文学部中国哲 内なる環境の問題 4 月 19 日 学文学科教授 第3回 山田利明 文学部中国哲 中国思想とエコ・ 4 月 26 日 学文学科教授 フィロソフィ 第4回 竹村牧男 文学部インド 日本思想とエコ・ 5 月 10 日 哲学科教授 フィロソフィ 第5回 宮本久義 文学部インド イ ン ド 思 想 と エ 5 月 17 日 哲学科教授 コ・フィロソフィ 第6回 大島 尚 5 月 24 日

社会学部社会 社会心理学から見 心理学科教授 た環境問題

第7回 花井友美 TIEPh 研 究 員 自然をめぐる価値 5 月 31 日 (千葉大学) 観とその国際比較 第8回 6月7日

今井芳昭 社会学部社会 環境配慮行動を導 心理学科教授 く(1)

第9回 安藤清志 社会学部社会 環境配慮行動を導 6 月 14 日 心理学科教授 く(2) 第 10 回 稲垣 諭 TIEPh 研 究 員 サステイナビリティ 6 月 21 日 (東洋大学) の実現とその課題 第 11 回 永井 晋 6 月 28 日 第 12 回 7月5日

文学部哲学科 文化伝承の持続性 教授

河本英夫 文学部哲学科 作動を継続するシ 教授 ステム

第 13 回 村上勝三 文学部哲学科 持続可能な人間論 7 月 12 日 教授

図 3  「エコ・フィロソフィ入門∼共生と環境問題∼」の講義風景.



と い っ た 試 み が あ り ま し た が 、 そ れ な り に 有

し て も ら い 、 そ の 成 果 を も と に 授 業 を 進 め る

が 出 て き ま せ ん 。 授 業 の 中 で 受 講 生 に 作 業 を

か 手 を あ げ て 質 問 や 意 見 を 言 う と い う 積 極 性

一 般 的 な 特 徴 と 言 え る の で し ょ う が 、 な か な

か ? ﹂ と 投 げ か け て も 、 こ れ は 日 本 の 学 生 の

的 で す 。 た だ し 、 ﹁ 質 問 や 意 見 は あ り ま す

の で は な い か と 感 じ ま し た 。

て も ら う こ と も 、 方 法 と し て は か な り 共 通 な

洋 大 学 の 学 生 に 環 境 問 題 に 対 す る 意 識 を 高 め

重 要 で す 。 そ し て 、 全 学 総 合 科 目 を 通 し て 東

高 め る に は 、 テ レ ビ な ど の メ デ ィ ア の 効 果 は

こ と で す が 、 人 々 の 環 境 問 題 に 対 す る 意 識 を

今 回 の 講 義 の 中 で も た び た び 話 題 に な っ た

︵ 大 島 尚 ︶

識 を 持 っ て も ら う よ う な 工 夫 を す る の も 効 果 効 だ っ た の で は な い か と 思 い ま す 。

図2 (右頁)  東洋大学白山キャンパス に立つ井上円了像.井上円了は東洋大学 の 始者であり,その像は「甫水の森」 の奥の井上円了記念館の前にある.


プ ロ ー チ が 新 鮮 に 感 じ ら れ た よ う で 、 ﹁ 興 味

に 、 そ れ に 対 す る 哲 学 や 社 会 心 理 学 か ら の ア

も と 受 講 生 の 環 境 問 題 に 対 す る 関 心 が 高 い 上

ニ レ ポ ー ト を 書 い て も ら っ た の で す が 、 も と

学 生 の 評 判 は 上 々 で 、 毎 回 の 講 義 の 後 に ミ

双 方 向 性 を 利 用 し て 、 学 生 に 授 業 へ の 参 加 意

を 工 夫 し て い く 必 要 が あ る と 思 い ま す 。 ま た 、

ン テ ン ツ を 蓄 積 し て 、 よ り 実 体 感 の あ る 授 業

い ぜ い で し た が 、 さ ま ざ ま な 画 像 や 映 像 の コ

ト な ど の パ ソ コ ン 画 面 を 組 み 合 わ せ る の が せ

替 で 講 義 し ま し た 。

と 環 境 問 題 ∼ ﹂ を T I E P h の メ ン バ ー が 交

春 学 期 に は ﹁ エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ 入 門 ∼ 共 生

義 も 開 始 し ま し た 。 そ し て 、 二 〇 〇 七 年 度 の

の 学 際 的 な 研 究 テ ー マ で あ る ﹁ 共 生 学 ﹂ の 講

〇 〇 五 年 度 か ら は 四 科 目 に 拡 充 し 、 東 洋 大 学

め の 実 用 英 語 ﹂ の 二 科 目 を 開 講 し ま し た 。 二

使 う 実 践 的 な 英 語 を 講 義 す る ﹁ 国 際 理 解 の た

義 す る ﹁ 社 会 に 生 き る 知 恵 ﹂ と 、 ビ ジ ネ ス で

カ メ ラ に よ る カ メ ラ ワ ー ク と 、 パ ワ ー ポ イ ン

〇 分 を 持 た せ る の は 大 変 で す 。 今 回 は 、 専 用

す が 、 や は り 映 像 に 何 ら か の 変 化 が な い と 九

も ち ろ ん 、 講 師 の 話 し 方 の 技 術 に も よ る の で

学 生 の 注 意 や 興 味 を 保 た せ る の が 困 難 で す 。

像 の 質 が 重 要 で 、 講 師 の 顔 を 映 し た ま ま で は

要 で す 。 特 に 、 ス ク リ ー ン に 映 し 出 さ れ る 映

師 が い ま せ ん の で 、 授 業 の 進 め 方 に 工 夫 が 必

他 キ ャ ン パ ス や 他 教 室 の 学 生 の 目 の 前 に は 講

目 ﹂ と し て さ ま ざ ま な 学 部 の 教 員 が 交 替 で 講

テ レ ビ 会 議 シ ス テ ム を 使 っ た 遠 隔 授 業 で は 、

た の で す 。 初 め は 、 ﹁ 卒 業 後 に 役 立 つ 教 養 科

て の キ ャ ン パ ス で 講 義 を 受 け ら れ る よ う に し

ン パ ス に テ レ ビ 会 議 シ ス テ ム を 設 置 し 、 す べ

目 ﹂ が 開 講 さ れ る こ と に な り ま し た 。 四 キ ャ

が 計 画 さ れ 、 二 〇 〇 四 年 度 か ら ﹁ 全 学 総 合 科

利 用 し た 総 合 大 学 の 利 点 を 生 か す 教 育 の 実 施

松 尾 友 矩 学 長 が 就 任 し 、 情 報 ネ ッ ト ワ ー ク を

の タ イ ト ル と 担 当 講 師 を 紹 介 し ま す 。

う 感 想 が 目 立 ち ま し た 。 表 1 に 、 各 回 の 講 義

生 か ら は 、 ﹁ 普 段 聞 け な い 話 が 聞 け た ﹂ と い

板 倉 キ ャ ン パ ス な ど の 離 れ た キ ャ ン パ ス の 学

ャ ン パ ス の 学 部 の 教 員 に よ る 講 義 で す の で 、

い う 感 想 が 多 く 見 ら れ ま し た 。 特 に 、 白 山 キ

が 広 が っ た ﹂ と か ﹁ 新 し い 見 方 を 学 ん だ ﹂ と




つ ま で も 切 り 口 は 真 っ 白 で あ る 。 茄 子 ば か り

ア ピ ー ル し て い る 。 切 っ て 置 い て お い て も い

ー で 買 う 茄 子 は 、 袋 に ﹁ ア ク が 少 な い ! ﹂ と

ク が 出 て き た も の だ っ た 。 し か し 、 今 ス ー パ

子 の 切 り 口 が み る み る 黒 く な っ て い っ た 。 ア

子 を 切 る と 、 切 っ た と た ん に 真 っ 白 か っ た 茄

は ﹁ ア ク ﹂ が 少 な い 、 と い う こ と だ 。 昔 は 茄

考 え る の だ が 、 思 い 当 た る の は 最 近 の 茄 子 に

さ く な ら な い 。 消 え な い 。 な ん で だ ろ う 、 と

が 効 か な く な っ て し ま っ た 。 何 度 付 け て も 小

と こ ろ が 最 近 、 イ ボ を 取 ろ う と し て も 茄 子

い も の で あ る 。

み 出 る 力 強 い 茄 子 に も う 一 度 お 目 に か か り た

子 応 援 団 と し て は 、 切 っ た と た ん に ア ク が 染

か 種 を 持 っ て い る 人 は い な い で し ょ う か 。 茄

う 。 だ れ か 昔 の ア ク の し っ か り あ る 茄 子 の 苗

す っ か り 異 な っ た 植 物 に な っ て し ま っ た と 思

今 の 茄 子 と 、 数 十 年 前 ま で の 茄 子 と で は 、

日 本 人 の 身 体 に 変 化 が 生 じ る こ と は な い の か 。

た ア ク を 野 菜 か ら 駆 逐 し て し ま っ た こ と で 、

に 、 そ れ ま で の 数 千 年 間 少 し ず つ 摂 取 し て き

た 身 体 で あ る 。 こ の 数 十 年 と い う わ ず か な 間

戸髙恵美子 千葉大学助教 (リスクコミュニケーション)



た の で あ る 。

く 食 べ 続 け る わ け が な い 、 と 素 朴 に 信 じ て い

こ ん な に い ろ ん な 種 類 に 品 種 改 良 し な が ら 長

い た 。 第 一 、 何 の 栄 養 も な い も の を 、 人 類 が

る ! ﹂ と 一 人 で 憤 慨 し 愛 し い 茄 子 を 擁 護 し て

代 を 越 え て 食 べ 続 け 、 そ う や っ て 出 来 上 が っ

れ る も の を 選 び 、 改 良 に 改 良 を 重 ね な が ら 世

日 本 人 の 身 体 は 、 山 野 の 草 の 中 か ら 食 べ ら

ほ ど ま で に 叩 き の め す 必 要 が あ る の だ ろ う か 。

て れ 強 セ で し き ま い 野 ー は か た で ア 菜 ル な し 。 徹 ク の ス い 底 は ア ポ 。 、 野 的 体 ク イ ど 菜 に に は ン の の ア も 、 ト 野 ﹁ ク 良 食 で 菜 ア を く べ あ も ク な な る る 、 く い と 。 ア ﹂ と ク す と き い が 努 い に う 少 力 う エ の な が こ グ は い 続 と 味 こ け で を 、 そ と ら 、 感 れ が れ こ じ 、

が く る に 違 い な い 。 だ い い ち イ ボ が 取 れ

と い つ か 茄 子 に は 他 に な い 栄 養 が 見 つ か る 時

ど 何 の 栄 養 素 も あ り ま せ ん ﹂ と 書 い て あ き る っ の を 見 た と き は 、 ﹁ そ ん な こ と は な い !

法 が あ り 、 お い し い で す が 栄 養 的 に は ほ と ん

た の で 、 あ る 料 理 本 に ﹁ 茄 子 は い ろ ん な 調 理


の 目 に 目 を 留 め 、 母 に ﹁ お ま じ な い だ ﹂ と 言

私 は ひ そ か に ﹁ 茄 子 ﹂ 応 援 団 を 自 認 し て い

家 に 遊 び に 連 れ て 行 っ た と き 、 祖 母 が そ の 魚

く 何 の 効 き 目 も な い 。 あ る 日 、 父 方 の 祖 母 の

き た 。 母 は い ろ ん な 薬 を 付 け た の だ が ま っ た

わ い ら し い 手 の ひ ら に 、 み に く い 魚 の 目 が で

か れ こ れ 三 〇 年 以 上 も 前 の 話 で あ る 。 弟 の か

思 議 で あ っ た 。

ポ ロ リ と 取 れ そ の 後 は 跡 形 も な く な る の が 不

く 付 け て い る と 、 あ る 日 少 量 の 出 血 と と も に

一 回 付 け た だ け で は 取 れ な か っ た が 、 辛 抱 強

し て 茄 子 の へ た を こ す り つ け て 治 し て き た 。

そ の 昔 、 私 の 弟 が ま だ 幼 稚 園 児 の 頃 だ か ら 、 て 困 っ た の だ が 、 お ば あ ち ゃ ん の 知 恵 を 活 か

セ イ だ か ら で あ る 。

私 は 若 い 頃 に 何 度 か 大 き な イ ボ が 顔 に で き

と 損 を す る 。 実 は と て も 深 い 意 味 の あ る エ ッ

る が 、 こ こ で 読 む の を 止 め る と あ な た は き っ

﹃ サ ス テ ナ ﹄ 誌 に ふ さ わ し く な い テ ー マ で あ

が 、 み に く い ﹁ イ ボ ﹂ 。 本 当 に こ の 格 調 高 い

こ の と こ ろ 年 齢 を 重 ね た 私 が 困 っ て い る の

に も 効 く し 、 イ ボ に も 効 く 、 と 言 っ た と い う 。

も う 一 度 祖 母 に 聞 く と 、 茄 子 の ア ク が 魚 の 目

だ ん だ ん 小 さ く な り 、 完 全 に 消 え て し ま っ た 。

た っ た 一 度 茄 子 の へ た を す り つ け た 魚 の 目 は 、

や っ て み た と こ ろ が 、 驚 い た こ と に 、 本 当 に

つ の 例 で あ ろ う 。

い た こ と が な か っ た が 、 と に か く や っ て み た 。

ん あ る が 、 若 い 頃 の 肌 の 美 し さ な ど 、 そ の 一

都 会 っ 子 の 母 は 、 そ ん な お ま じ な い な ど 聞

て そ の 大 切 さ が わ か る も の が 人 生 に は た く さ

と を 、 最 近 つ く づ く 感 じ て い る 。 失 っ て 初 め

っ た 美 へ の 関 心 が 高 ま っ て い く も の で あ る こ

年 齢 と と も に 、 そ れ ま で 気 に も し て い な か

れ た と い う 。

茄 子 が 腐 っ た 頃 に 魚 の 目 が 治 る ﹂ と 教 え て く

を 魚 の 目 に こ す り つ け 、 土 に 埋 め る と 、 そ の

っ て 、 ﹁ 茄 子 の へ た を 切 っ て 、 そ の 切 っ た 面

茄 子 の ア ク

連載 エッセイ 


さ せ 、 自 然 の 解 体 と 再 構 成 に よ っ て ﹁ 盆 栽 ﹂

海 と 山 河 の す べ て を 縮 め る ﹁ 庭 文 化 ﹂ を 発 達

唱 え て い ま す 。 ﹁ ︵ ﹁ 縮 ﹃ み 縮 ﹂ み 志 ﹂ 向 志 は 向 、 の 日 広 本 大 人 な ﹄ 自 ︵ 然 講 、 談

盤 に ﹁ 縮 み ﹂ 志 向 が あ る と い う 興 味 深 い 説 を

て 捉 え て い た と し 、 日 本 人 の 思 考 、 嗜 好 の 基

小 さ な も の 、 細 か く 緻 密 な も の を ﹁ 美 ﹂ と し

﹁ 美 ﹂ を 表 す 日 本 語 の 語 源 を 調 べ て み る と 、

で あ る ﹁ 縮 み ﹂ 志 向 に 出 会 い ま す 。 た と え ば 、

﹁ 包 み 文 化 ﹂ を 掘 り 進 む と 、 日 本 独 特 の 美 学

も つ 多 記 号 文 化 を 象 徴 し ま す 。 さ ら に 日 本 の

面 ・ 多 視 点 ・ 多 機 能 で 、 中 心 の な い 志 向 性 を

う ﹂ ﹁ か け る ﹂ ﹁ 結 ぶ ﹂ ﹁ 拭 く ﹂ の ご と く 、 多

む ﹂ コ ー ド は ﹁ 包 む ﹂ ﹁ 敷 く ﹂ ﹁ か ぶ る ﹂ ﹁ 覆

を 象 徴 し ま す 。 一 方 、 風 呂 敷 に か か わ る ﹁ 包

さ せ て 、 他 の も の は み な 排 除 し て し ま う 文 化

能 を 最 大 に 生 か す た め に 、 一 つ に 目 的 を 集 中

機 能 で 、 そ の 作 用 は ﹁ 入 れ る ﹂ 一 つ で す 。 機

徴 と し て ふ さ わ し い も の と い え ま す 。

草 文 の 風 呂 敷 ﹂ は 来 た る べ き 持 続 的 社 会 の 象

対 称 性 を 象 徴 し て い ま す 。 し た が っ て 、 ﹁ 唐

繁 栄 と 永 遠 性 を 、 象 徴 し て い ま す 。 風 呂 敷 は 、

ミ ッ ク な 循 環 性 を 、 唐 草 文 の 連 続 性 は 持 続 的

え る か も し れ ま せ ん 。 唐 草 文 の 渦 は 、 ダ イ ナ

る こ と を 示 し た 世 界 で 唯 一 の 文 化 の 象 徴 と い

向 に よ り 、 む し ろ 豊 か な 精 神 世 界 が 確 立 で き

﹁ 唐 草 文 の 風 呂 敷 ﹂ は 、 空 間 の ﹁ 縮 み ﹂ 志

な い ﹁ 非 相 称 性 ﹂ の 美 を 確 立 し た と い い ま す 。

計 し 、 建 物 と 環 境 が 対 立 せ ず 、 時 間 に 抵 抗 し

り 、 利 休 は 建 物 と 環 境 を 一 つ の 空 間 と し て 設

茶 室 は 庭 に 対 す る も の で は な く 庭 の 一 部 で あ

ま り ﹁ 非 相 称 性 ﹂ の 好 み ︶ を あ げ て い ま す 。

︵ 上 下 ︶ 相 称 性 ︵ シ ン メ ト リ ー ︶ の 忌 避 ︵ つ

意 識 の 特 徴 は ﹁ 小 さ な 空 間 ﹂ の 嗜 好 と 、 左 右

と 学 素 を 空 ま と 化 生 間 た な で み 、 り 縮 、 ﹄ ﹁ ︵ 加 ま 岩 藤 し み 茶 の 波 周 た 室 書 一 。 空 ﹂ 間 の 店 は を 狭 ︶ 作 い で ﹃ り 空 、 日 出 間 日 本 文 し と 本 化 、 の に ﹁ 室 伝 お わ 内 統 け び 装 的 る ﹂ 飾 空 時 の の 間 間 美 簡

社 学 術 文 庫 ︶ ︶

あ ら ゆ る 具 象 を 包 む 、 中 心 の な い 志 向 性 と 非

大崎 満 北海道大学大学院教授 (根圏環境制御学/植物栄養学)



ダ ン ﹄ ︵ 中 央 公 論 ︶ ︶

。 カ バ ン は 単 一 目 的 の 単 一

来 る と い い ま す ︵ ﹃ ふ ろ し き 文 化 の ポ ス ト ・ モ

コ ー ド に よ っ て 、 文 化 の 差 異 を 読 む こ と が 出

人 の よ う に カ バ ン を 生 ん だ 文 化 は ﹁ 入 れ る ﹂


て ﹁ 生 命 の 樹 ﹂ と し て 神 聖 視 さ れ て き ま し た 。 文 化 は ﹁ 包 む ﹂ コ ー ド に よ っ て 、 西 洋 や 近 代

が 有 用 で 、 果 実 は 主 食 に さ れ 、 砂 漠 に あ っ

李 御 寧 は 、 日 本 の よ う に 風 呂 敷 を よ く 使 う

と 耐 塩 性 が 極 め て 強 く 、 実 、 葉 、 幹 の す べ て

年 ご ろ に は 栽 培 が 始 ま っ て い ま し た 。 耐 乾 性

ミ ア 付 近 の 原 産 と 推 定 さ れ 、 紀 元 前 三 〇 〇 〇

に し て い ま す 。 棕 櫚 、 ナ ツ メ ヤ シ は メ ソ ポ タ

棕 櫚 の 生 命 力 に よ っ て 、 心 の 渇 き を 浮 き 彫 り

文 化 の 中 に 息 づ い て い ま す 。

草 文 は 、 二 五 〇 〇 年 の 時 を 経 て 、 な お 日 本 の

れ ま し た 。 風 呂 敷 の 意 匠 と し て な じ み 深 い 唐

祥 文 と し て 手 工 芸 の 意 匠 の な か に 取 り 入 れ ら

﹁ 唐 草 文 ﹂ と よ ば れ 、 命 の 永 遠 を 象 徴 す る 吉

ポ ー ル ・ ヴ ァ レ リ ー の ﹁ 棕 櫚 ﹂ の 一 節 で す 。 経 由 し て 、 中 国 ・ 朝 鮮 か ら 日 本 へ も 伝 え ら れ 、

︵ 中 井 久 夫 訳 ﹃ ﹁ 若 き パ ル ク / 魅 惑 ﹂ ︵ み す ず 書 房 ︶ ︶

樹 の 頂 が 求 め る 水 を 。

止 ま な い で は な い か 、

水 を 探 り と ほ し て

地 の 深 い は ら わ た に ま で

時 間 に 好 か れ て 選 ば れ 、

根 の 寝 乱 れ 髪 は

砂 原 を 砕 き 耕 す 。

貪 る ひ げ 根 は

虚 空 に 消 え た と 見 え る 日 も

す 。 一 方 で 、 オ リ エ ン ト か ら シ ル ク ロ ー ド を

美 術 、 ゴ チ ッ ク 美 術 へ と 受 け 継 が れ て い き ま

ト 文 は 、 古 代 ロ ー マ 世 界 に 入 り 、 ロ マ ネ ス ク

そ の 歴 史 ﹄ ︵ ち く ま 学 芸 文 庫 ︶ ︶

な が っ た と い い ま す

考 え 出 し た こ と が 、 パ ル メ ッ ト 文 の 誕 生 に つ

文 様 帯 と し て 、 反 転 す る 曲 線 で つ な ぐ こ と を

世 紀 頃 、 ギ リ シ ア 人 が 、 陶 器 を 装 飾 す る 連 続

ナ ツ メ ヤ シ の 葉 文 ︶ の モ チ ー フ を 、 紀 元 前 五

ス 河 上 流 ︶ で

。 こ の パ ル メ ッ

︵ 樹 下 龍 児 ﹃ 日 本 の 文 様

案 さ れ た パ ル メ ッ ト ︵ 生 命 樹

き み に 虚 ろ に 映 る 日 も

唐 草 文 の 風 呂 敷

紀 元 前 九 世 紀 に ア ッ シ リ ア 帝 国 ︵ テ ィ グ リ

連載 エッセイ 


書 に は 消 化 で き る と 記 述 さ れ て い る も の で も 、

た 。 納 豆 は や は り 消 化 が 良 い の だ ろ う 。 教 科

来 の 納 豆 の 豆 片 は 見 つ け る こ と が 出 来 な か っ

そ の ま ま 出 て く る こ と が 多 い 。 同 じ ダ イ ズ 由

出 て く る 。 枝 豆 に つ い て は 豆 の 中 身 ま で も が

の 皮 、 刻 み ネ ギ 、 枝 豆 の 豆 の 皮 な ど そ の ま ま

き な い も の は 皮 で あ る 。 焼 き 魚 の 皮 、 ト マ ト

出 さ れ る も の 、 さ ま ざ ま で あ る 。 私 が 消 化 で

さ れ る も の 、 消 化 で き な く て も ゆ っ く り と 排

る こ と が あ る 。 消 化 で き な く て 超 特 急 で 排 出

べ た も の が 、 後 で 食 べ た も の よ り 遅 く 出 て く

に は 数 時 間 で 出 る 。 不 思 議 な こ と に 、 先 に 食

意 外 と 早 い 。 一 二 時 間 か ら 三 六 時 間 、 早 い 時

学 の 原 点 で あ る 。

消 化 物 の 自 由 研 究 は 、 私 の サ ス テ ナ ビ リ テ ィ

べ 物 を よ く 消 化 で き る 身 体 は 、 健 康 で あ る 。

食 事 を す る こ と が 大 切 で は な い だ ろ う か 。 食

楽 し み な が ら 、 よ く 嚙 み な が ら 、 ゆ っ く り と

各 人 が 消 化 を 考 え る 時 代 に 来 て い る と 思 う 。

食 物 を 食 べ ず に 廃 棄 す る こ と は 論 外 と し て 、

事 を し て も 、 人 に よ っ て 消 化 効 率 は 異 な る 。

い る 。 食 物 に し て も 同 じ で あ る 。 同 じ 量 の 食

に 、 効 率 の 良 い エ ネ ル ギ ー の 利 用 が 望 ま れ て

ら 、 で き る だ け エ ネ ル ギ ー を 節 約 す る と と も

最 近 、 地 球 温 暖 化 問 題 や 石 油 資 源 の 減 少 か

こ と が わ か っ た 。 排 出 さ れ る ま で の 時 間 は 、

し て 排 出 さ れ る ま で の 時 間 に ば ら つ き が あ る

た も の が 結 構 消 化 さ れ ず に 出 て く る こ と 、 そ

て 物 で は ど 実 い の あ 、 ︶ 験 た 残 る お の の 。 。 び 亡 結 を 私 た 骸 果 選 は だ 、 は り 、 し そ 素 分 自 い し 晴 け 分 量 て ら る の の 食 し 作 細 細 物 い 業 胞 菌 の も を と と 残 の し 細 共 だ よ 菌 生 と っ う の し な た と 亡 て る 考 骸 い 。 。 食 え と る 人 べ て 食 の 間

で 流 し 込 ん だ の か も し れ な い 。

物 は 見 つ か り 易 か っ た 。 ほ と ん ど 嚙 ま ず に 水

た か ら 、 急 い で 食 べ た か ら 、 そ ん な と き 固 形

見 ら れ る こ と が あ っ た 。 昨 日 は 食 欲 が な か っ

林 隆久 京都大学生存基盤科学研究ユニット研究フェロー(生存圏研究所准教授) (樹木分子生物学)



て く る こ と が あ っ た 。 そ れ も 、 多 く の 米 粒 が

必 ず 消 化 さ れ る 米 粒 が 、 そ の ま ま の 形 で 出

に よ っ て も か な り の 開 き が あ る に 違 い な い 。

も の 、 で き な い も の は 、 個 人 差 、 い や 人 種 間

消 化 で き な い も の が あ る 。 ヒ ト が 消 化 で き る


一 カ 月 間 、 朝 食 ・ 昼 食 ・ 夕 食 お よ び 間 食 を と

分 自 身 の 食 物 消 化 能 力 を 調 べ た こ と が あ る 。

私 は 中 学 生 の 時 、 夏 休 み の 自 由 研 究 で 、 自

い ね ー ﹂ と 娘 を ホ メ て 喜 ぶ 。 親 バ カ で あ る 。

を 集 め た 会 場 に 、 家 族 で 見 に 行 っ た 。 ﹁ え ら

ご と 金 賞 入 賞 。 学 区 内 全 て の 小 学 校 入 賞 作 品

と 全 く 伸 張 し な い こ と を 示 し た 。 そ し て 、 み

長 の レ ベ ル が 低 く な り 、 あ る と こ ろ ま で い く

結 果 は 、 茎 の 先 端 ほ ど よ く 伸 長 し 、 徐 々 に 伸

大 き く な る の は そ ん な 理 由 が あ る 。 娘 の 実 験

も う 一 個 の 方 は 水 を 吸 っ て 伸 張 す る 。 植 物 が

ち 一 個 は 、 新 た な 分 裂 に あ ず か る こ と に な り 、

の 細 胞 は 、 一 個 が 二 個 に 分 裂 す る 。 二 個 の う

た 。 植 物 の 茎 は 先 端 に 生 長 点 が あ り 、 生 長 点

そ れ ぞ れ の 区 間 の 長 さ を 測 っ て み た ら と 勧 め

端 か ら 五 ミ リ ず つ 小 刻 み に 印 を つ け 、 朝 夕 に

の 観 察 日 記 を つ け 始 め た 。 ど う せ な ら 芽 の 先

究 で あ る 。 娘 が 小 学 二 年 生 の と き 、 ア サ ガ オ

夏 の 思 い 出 と い う と 夏 休 み の 宿 題 、 自 由 研

骸 が 最 も 多 く 、 次 に 腸 内 の 細 菌 ︵ 大 腸 菌 な

固 形 物 と し て は 、 ま ず 腸 内 の 表 面 の 細 胞 の 亡

医 学 の 専 門 家 の 話 で あ る 。 大 便 の 大 半 は 水 分 。

デ ィ を し て い た 。 何 か の 新 聞 に 記 し て あ っ た

こ の 自 由 研 究 の 前 に 、 私 も そ れ な り の ス タ

う な る と 、 と こ と ん ま で 調 べ た く な る も の だ 。

っ た 。 し か し 、 三 日 も す る と 慣 れ て く る 。 そ

交 差 し て い た 。 と に か く 、 初 め の う ち は 辛 か

汚 い と い う 現 実 的 な 感 じ 、 期 待 と た め ら い が

実 験 だ 。 私 自 身 を 知 る と い う 神 秘 的 な 思 い 、

分 が 食 べ た 物 を 確 認 す る こ と は 、 自 分 発 見 の

さ の も の ま で 、 大 き さ も さ ま ざ ま で あ る 。 自

種 子 く ら い の も の か ら 、 五 セ ン チ く ら い の 長

形 物 を 探 す の が 私 の ア イ デ ア だ っ た 。 ゴ マ の

消 化 さ れ な か っ た 固 形 物 が 残 る 。 網 の 上 で 固

便 を 網 戸 に 使 う 網 の 上 に 載 せ 、 水 を か け る と

度 に 容 器 に 溜 め て 出 来 る だ け 早 く 分 析 し た 。

物 は 書 い て 記 録 し た 。 排 出 さ れ る 便 を 、 そ の

る 際 、 食 べ る も の 全 て の 写 真 を 撮 っ た 。 飲 み

自 由 研 究

連載 エッセイ 


っ し て 自 己 の 外 に 広 が る 自 然 の 美 し い 姿 を 映

べ き 場 所 に 提 示 す る の で す 。 そ の 山 水 は 、 け

描 き 出 し た も の を 、 家 の も っ と も 中 心 と な る

ま し た 。 外 な る 自 然 と は 別 に 、 自 然 の 本 質 を

そ の 掛 け 軸 に は 、 よ く 山 水 の 絵 も 掲 げ ら れ

く 問 い 直 す た め に も 。

か 。 人 間 と 地 球 環 境 と の 関 係 の あ り 方 を 、 深

呼 び 覚 ま す こ と が 必 要 な の で は な い で し ょ う

ち は 、 自 然 を そ の 中 に 抱 く 心 を 、 も う 一 度 、

れ 去 ら れ て い る よ う に 思 わ れ ま す 。 今 、 私 た

竹村牧男 東洋大学教授 (仏教学)



は 、 こ の よ う な 配 慮 が あ る で し ょ う か 。

る の で し た 。 今 日 の 集 合 住 宅 の 様 式 に お い て

ら れ て い る よ う に 、 日 本 の 家 は 配 慮 さ れ て い

世 界 が 、 自 己 の 心 の 奥 深 く に 絶 え ず た ず さ え

ち の 由 来 、 そ し て 自 己 の い の ち の 到 達 す べ き

出 さ れ た も の で あ る の が 常 で す 。 自 己 の い の

手 向 け て 礼 拝 す べ き 、 い わ ば 聖 な る も の が 表

掛 け ら れ て い る 軸 は 、 禅 僧 の 墨 蹟 な ど 、 香 を

掛 け ら れ 、 香 炉 が 置 か れ た り し ま す 。 そ こ に

に は ほ ぼ 必 ず 床 の 間 が 設 置 さ れ て 、 掛 け 軸 が

た め の 場 に 供 し た り さ れ る 座 敷 が あ り 、 そ こ

客 と の 面 談 に 供 し た り 、 自 己 の 修 養 に 努 め る

家 の も っ と も 中 心 に 位 置 す る と こ ろ に は 、

を 浮 か べ る よ う な そ の 心 の 探 求 は 、 も は や 忘

場 と し て の 家 の 概 念 や 、 自 己 の 心 の 中 に 自 然

い ま す 。 し か し そ こ に 本 来 あ っ た 心 の 修 養 の

や 築 庭 も さ か ん で す し 、 和 風 建 築 も 好 ま れ て

ど こ に 行 っ た の で し ょ う か 。 確 か に 今 も 盆 栽

然 を 通 し て 霊 性 に ま で ふ れ る あ り 方 は 、 今 、

日 本 の 文 化 の 伝 統 に 深 く 息 づ い て い た 、 自

愛 で る の も 、 同 じ 心 に 基 づ く も の で し ょ う 。

実 に 小 さ な 盆 栽 に 大 自 然 を 活 け て そ の 神 韻 を

そ こ に 宇 宙 を か た ど っ て そ の 天 涯 を 味 わ い 、

ね て い た の だ と 思 い ま す 。 狭 い 庭 で あ っ て も

性 を 自 己 の 外 に で は な く 、 自 己 の 心 の 奥 に 尋

掲 げ る こ と に お い て 、 日 本 人 は 自 然 の 持 つ 聖

れ て い た の で は な い で し ょ う か 。

し て い く べ き 道 場 に も 他 な ら な い 、 と 構 想 さ

の で し ょ う 。 こ の と き 、 家 は 人 間 と し て 成 長

そ 奥 深 い 心 の 領 域 が あ る こ と を 意 識 し て い た

た も の な の で し ょ う 。 そ の よ う な 山 水 の 軸 を

の 本 来 の い の ち が は た ら い て い る 姿 を 表 現 し

ぶ 山 水 を 描 い た も の で あ り 、 そ れ 自 身 、 自 己

し 出 し た も の で は な く 、 む し ろ 心 の 中 に 浮 か


呼 吸 す る い の ち を 感 じ さ せ る ぬ く も り が あ り

が 喜 ば れ る か ら で し ょ う 。 木 材 の 表 面 に は 、

生 活 の な か に 自 然 の ぬ く も り が あ る こ と こ そ

が か え っ て よ り 風 雪 に 耐 え る か ら と い う よ り 、

す る も の を 多 く 見 ま す 。 そ れ は 、 木 造 の ほ う

外 の 世 界 は 浅 い 世 間 と 見 て 、 内 な る 世 界 に こ

と は 、 ず い ぶ ん 大 仰 な 言 い 方 で す 。 そ れ だ け 、

玄 関 と 呼 ば れ ま す 。 考 え て み れ ば 、 玄 な る 関

容 が こ め ら れ て い ま し た 。 ま ず 、 出 入 り 口 は

伝 統 的 な 家 に は 、 き わ め て 精 神 的 に 深 い 内

家 の 広 告 を 見 て も 、 木 の 家 を う た い 文 句 と わ れ ま す 。

受 け ま す 。

の た め の 多 様 な 商 品 が あ ふ れ て い る よ う に 見

う 。 市 場 に は 抜 け 目 無 く 、 精 神 的 な ﹁ 癒 し ﹂

識 の う ち に も 心 の ﹁ 癒 し ﹂ を 求 め る の で し ょ

て い る と 思 い ま す 。 そ の せ い か 、 人 々 は 無 意

あ っ て 、 や は り 人 々 は 相 当 な 息 苦 し さ を 感 じ

な も の に な っ て き ま し た 。 そ の よ う な 社 会 に

親 密 な 絆 は 失 わ れ 、 競 争 を 基 本 と す る 無 機 的

し た 。 社 会 に お け る 人 間 関 係 自 体 に お い て も

然 と の 触 れ 合 い は ま こ と に 希 薄 に な っ て き ま

の 方 法 と し て 、 和 様 が 流 行 し て い る の だ と 思

配 が あ り ま す 。 お そ ら く 今 日 、 一 種 ﹁ 癒 し ﹂

い ま す 。 確 か に 、 和 風 に は 、 心 が 落 ち 着 く 気

醸 し 出 さ れ る 和 の 様 式 は 、 ﹁ 和 み ﹂ に 通 じ て

か 、 微 妙 な 陰 翳 を 映 し 出 す 装 置 と か に よ っ て

置 と か 、 あ い ま い で は っ き り し な い 色 合 い と

だ け で は な い よ う な 気 が し ま す 。 非 対 称 の 配

に あ き た 人 々 が 、 和 風 に 向 か っ て い る と い う

種 種 喧 伝 さ れ て い ま す 。 そ れ も 、 洋 風 の 調 度

さ ら に イ ン テ リ ア に 関 し て も 、 和 の 様 式 が

の 生 活 環 境 は 著 し く 人 工 的 な も の と な り 、 自

業 が 発 達 し 、 都 市 化 も 進 み 、 大 多 数 の 私 た ち

近 代 以 降 、 科 学 ・ 技 術 の 発 展 に 伴 っ て 、 産

に は い ら れ ま せ ん 。

や は り 生 の 自 然 に 触 れ て い た い の だ と 思 わ ず

ま す 。 自 然 か ら 切 り 離 さ れ て し ま っ た 人 間 は 、

和 の 伝 統 と は 何 か

連載 エッセイ 


ら サ ス テ イ ナ ブ ル な 生 活 へ の ﹁ 改 心 ﹂ あ る い

を 持 っ て く る の で あ る 。 ﹁ お ご っ た ﹂ 生 活 か

﹁ お ご っ た ﹂ 生 活 と い う 意 味 で の 贅 沢 な 生 活

サ ス テ イ ナ ブ ル な ﹁ 善 い ﹂ 生 活 の ﹁ 敵 役 ﹂ に 、

か に 強 力 な 自 己 肯 定 ア イ テ ム で あ る 。 つ ま り 、

そ の 時 、 ア ン チ ﹁ 贅 沢 ﹂ と い う の は な か な

ほ し い の で あ る 。

サ ス テ イ ナ ブ ル な 生 活 も 幸 せ な 生 活 で あ っ て

性 も 脅 迫 性 も 人 を 幸 せ に は し な い 。 や は り 、

性 、 ︵ 他 者 に 対 し て は ︶ 脅 迫 性 を 伴 う 。 強 迫

う の は 、 往 々 に し て ︵ 自 分 に 対 し て は ︶ 強 迫

﹁ 善 ﹂ へ の ﹁ 改 心 ﹂ あ る い は ﹁ 回 心 ﹂ と い

木村 競 城大学教授 (哲学・倫理学)



﹃ サ ス テ ナ ﹄ が 発 行 さ れ て い る の だ ろ う 。

法 を 探 る と い う 道 で は な い だ ろ う か 。

教 育 が ま す ま す 盛 ん と な り 、 そ も そ も こ の

い だ ろ う か 。 そ う だ か ら こ そ 、 学 校 で は 環 境

い 、 多 く の 人 に 広 め て 行 こ う と 思 う こ と は な

そ し て 、 皆 が 行 う べ き ﹁ 正 し い こ と ﹂ だ と 思

い こ と ﹂ を し て い る 気 分 に な ら な い だ ろ う か 。

よ う と 思 っ た 時 、 実 際 に 行 っ た 時 、 何 か ﹁ 善

し か し 、 我 々 は サ ス テ イ ナ ブ ル な 生 活 を し

イ ナ ビ リ テ ィ に 障 ら な い ム ダ で 幸 せ に な る 方

歩 む べ き な の は 、 よ り 少 な い ム ダ で 、 サ ス テ

の は 、 何 か 話 が 違 う よ う に 思 う 。 と り あ え ず

活 へ の ﹁ 改 心 ﹂ あ る い は ﹁ 回 心 ﹂ へ と 向 か う

ご っ た ﹂ 生 活 と と ら え て サ ス テ イ ナ ブ ル な 生

の た め の ム ダ で あ っ て 、 そ れ を ﹁ 贅 沢 ﹂ 、 ﹁ お

れ は さ さ や か な 幸 せ 、 さ さ や か な 蕩 尽 の 喜 び

い ﹂ と か と は 関 係 な い 戦 略 で あ る 。

︵ ﹁ べ き ﹂ ︶ は あ る に し て も 、 ﹁ 善 い ﹂ と か ﹁ 悪

な い か ら で あ る 。 た だ し 、 こ れ は 、 当 為 性

エ ネ ル ギ ー で 食 い つ な い で い か な く て は な ら

て こ な か っ た と は 言 え な い だ ろ う 。 で も 、 そ

う か 。 確 か に 、 資 源 や エ ネ ル ギ ー を ム ダ に し

れ ま で ﹁ お ご っ た ﹂ 生 活 を し て い た の で あ ろ

し か し 、 実 際 の と こ ろ 、 我 々 の 多 く は 、 こ

な い が 、 そ の 時 点 ま で は 今 利 用 で き る 資 源 や

で き る 資 源 や エ ネ ル ギ ー が 見 つ か る か も し れ

れ る べ き 戦 略 で あ る 。 将 来 的 に は 新 た に 利 用

ム ダ を な く そ う と い う の は 、 当 面 、 当 然 と ら

﹁ 今 か ら で も 遅 く は な い ! ﹂

く 際 に 用 い ら れ る 典 型 的 な ス ト ー リ ー で あ る 。

の 典 型 的 パ タ ー ン で あ り 、 他 者 を ﹁ 善 ﹂ に 導

は ﹁ 回 心 ﹂ 、 こ れ は 人 が ﹁ 善 ﹂ に 目 覚 め る 際


和 感 が ぐ っ と 強 ま る の で あ る 。

を 持 つ か ら だ 。 こ こ で 、 ﹁ 必 要 以 上 ﹂ つ ま り

﹁ 贅 沢 ﹂ と 結 び つ く と 、 こ の ニ ュ ア ン ス と 違

る 。 そ し て 、 サ ス テ イ ナ ブ ル な 生 活 が ア ン チ

ニ ュ ア ン ス を 持 つ こ と へ の 若 干 の 違 和 感 で あ

て ﹁ 正 し い ﹂ 、 ﹁ 善 い ﹂ 生 活 で あ る か の よ う な

こ と が 語 ら れ る 時 、 そ れ が 人 間 の 生 き 方 と し

な り そ う だ 、 と い う 予 想 が そ れ な り の 説 得 力

で 近 い 将 来 に 使 え る 資 源 や エ ネ ル ギ ー は な く

用 で き る 資 源 や エ ネ ル ギ ー に は 限 り が あ る の

心 を 持 た れ る の は 、 と り あ え ず は 、 人 類 が 利

と 、 あ る い は サ ス テ イ ナ ブ ル な 生 活 が 広 く 関

そ れ は 、 サ ス テ イ ナ ブ ル な 生 活 と い う よ う な

人 類 と 環 境 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と い う こ

こ の よ う な 思 い に は も う 一 つ の 理 由 が あ る 。 有 の 使 い 方 で あ る よ う だ 。 ︶

か ら だ っ た 。

し ま う の は お か し い の で は な い か と い う 思 い

を す る こ と は や め よ う 、 と い う こ と に な っ て

望 ・ 欲 求 を 抑 え る こ と 、 少 な く と も ﹁ 贅 沢 ﹂

ス テ イ ナ ブ ル な 生 活 と い う と 、 何 と な く 欲

の と こ ろ は よ く わ か ら な い 。 そ れ な の に 、 サ

し か し 、 ど の よ う に 転 換 す れ ば よ い の か 、 今

求 の あ り 方 を 変 え る 必 要 が あ る の は わ か る 。

保 す る た め に は 、 個 人 や 社 会 集 団 の 欲 望 ・ 欲

っ た 。 人 類 と 環 境 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 確

第 四 号 で ﹁ 贅 沢 は 素 敵 だ ﹂ と 宣 言 し て し ま

ご り ﹂ を 意 味 す る よ う な 使 い 方 は 日 本 語 に 特

に 転 じ た と あ る 。 ﹁ 贅 沢 ﹂ が ﹁ 分 に 過 ぎ た お

義 は ﹁ 質 草 ﹂ で あ り 、 そ れ が ﹁ 無 駄 な も の ﹂

︵ 角 川 漢 和 中 辞 典 ︶

ご り ﹂ と い う こ と 。 ︵ ち な み に 、 ﹃ 漢 和 辞 典 ﹄

以 上 ﹂ つ ま り ム ダ と い う こ と と 、 第 二 に ﹁ お

い 二 つ の 意 味 が 示 さ れ て い る 。 第 一 に ﹁ 必 要

ま ﹂ と あ る 。 こ こ に は 、 必 ず し も 同 じ で は な

分 に 過 ぎ た お ご り で あ る こ と 。 ま た 、 そ の さ

﹁ 贅 沢 ﹂ と は ﹁ 必 要 以 上 の 金 や 物 を 使 う こ と 。

国 語 辞 書 ︵ ネ ッ ト 版 大 辞 林 ︶ に よ る と 、

に よ る と 、 ﹁ 贅 ﹂ の 元 の 字

お ご っ た 生 活

連載 エッセイ 


乱 は あ っ た も の の 千 年 の 永 き に わ た っ て 王 城

る 深 。 い こ 森 う を し も た ち 土 、 地 南 に に 都みや 平 をこ 野 築 が い 開 た け か て ら 淀 こ 川 そ が 、 流 戦 れ

に 東 山 連 峰 、 西 に 嵐 山 か ら 愛 宕 山 、 い ず れ も

例 え ば 京 都 は 、 北 に 鞍 馬 山 か ら 比 叡 山 、 東

う 強 い 地 気 を も っ た と こ ろ で あ る 。

い う ツ ボ に 当 た る と こ ろ 、 風 水 説 で は 穴 と い

な 風 水 説 上 の 良 地 は 地 気 が 滞 溜 し て 、 人 体 で

に な る 。 規 模 の 大 小 は あ る も の の 、 こ の よ う

い わ ば 気 が 断 た れ た 山 で 死 ん だ 山 と い う こ と

な い 山 で あ っ て は な ら な い 。 こ う し た 山 は 、

地 。 北 側 の 山 は 、 岩 だ ら け の 山 、 樹 木 の 生 え

南 側 は 広 く 開 け た 平 野 で 河 川 や 湖 沼 が あ る 土

● 連載講座 ●  

崙ろん 景 自 山さん 色 ず か で と ら あ 表 発 る 情 す 。 に る 大 あ 地 ま ら 気 か わ の に れ る 動 い 。 脈 え そ を ば の う 、 表 け 北 情 る 側 が 比 に 地 較 は 形 的 昆こん や

じ よ う に 、 健 康 な 気 が 体 内 を 巡 っ て い れ ば 、

地 上 の 景 色 に も と づ い て 判 断 し た 。 人 体 と 同

代 末 ︵ 九 世 紀 ︶ 頃 か ら の こ と で 、 そ れ 以 前 は

込 ま れ た 器 具 ︵ 写 真 ︶ を 用 い る が 、 こ れ は 唐

盤 ︵ 羅 経 と も い う ︶ と い う 磁 石 が 中 央 に は め

サステイナビリティと東洋の知

羅盤.あるいは羅経とも称される.中央に磁石がはめ 込まれ,その周囲には,易の八卦を配し,さらに八方・ 二十四方など細かく方位を示し,主に家相を占う際に 用いるという.写真のものは,羅盤の蓋の中央に太極 が描かれ,その周囲に八卦が配されている.羅盤は, 時代や用途によって,少しずつその形や分類が異なる が,住宅や墓地の択地,家相の占いなどに用いられて きた.風水師が用いるものを,特に風水羅盤ともいう. 十干十二支による方位の表示など,複雑な内容をもつ.



高 い 山 が あ り 、 東 西 に は 丘 陵 や 森 林 が 配 さ れ 、

あ ま り に 狭 隘 な た め 、 盆 地 状 に な っ て 、 夏 の

だ 、 京 都 の 場 合 は 、 南 側 に 開 け る 山 崎 の 地 が

と が 一 見 し て わ か る よ う な と こ ろ で あ る 。 た

暖 か く 夏 は 涼 し く 、 平 穏 な 生 活 の 地 で あ る こ

生 活 環 境 を も っ た 地 域 で あ っ た 。 概 し て 冬 は

ら 開 け た 土 地 で 、 古 い 農 家 が 点 在 す る 整 っ た

こ と が で き た 。 こ の よ う な 土 地 は ほ ぼ 古 く か

4(最終回)

田 が 広 が り 、 東 西 に 林 や 藪 の あ る 集 落 を 見 る

北 側 に 小 高 い 山 を 背 景 と し 、 前 面 に 小 川 や 水

二 、 三 〇 年 前 ま で 、 地 方 の 農 村 に 行 け ば 、

の 地 と し て 君 臨 し た の だ と い う 。


と い う こ と な の で あ る が 、 実 は 風 水 説 は も

躊 躇 し な い わ け で は な い の で あ る 。

に 向 け て の 本 誌 の 役 割 を 考 え る と 、 い さ さ か

る か ら 、 新 し い サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 確 立

い た っ て 不 服 そ う で あ っ た 。 そ ん な 具 合 で あ

薬 で な い か ら 効 き ま せ ん 、 と 答 え た が 当 人 は

か 、 と い う 質 問 を う け た こ と が あ る 。 風 水 は

て い 何 る 人 よ か う の に 人 思 か わ ら れ 、 た 風 か 水 ら は で 本 あ 当 る に 。 効き 実 く 際 の 、 で か す つ

て い て 、 か な り 神 秘 的 要 素 を も っ て 流 布 し て

ん ど が 運 気 を 上 昇 さ せ る 方 法 と し て 理 解 さ れ

い 。 そ れ は 、 今 の 日 本 で 風 水 と い う と 、 ほ と

う と 思 っ た の か 、 そ の 言 い 訳 を 書 い て お き た

そ の 前 に 、 な ぜ 風 水 に 触 れ ず に 終 り に し よ

風 水 の こ と を 書 く 。

よ う で 、 何 と な く 後 味 が 悪 い 。 だ か ら 今 回 は

し ま う の も 出 か か っ た ア ク ビ を 止 め て し ま う

そ う ま で 期 待 ? さ れ る と 、 こ の ま ま 終 了 し て

き れ ば 風 水 に 触 れ ず に 終 ら せ た か っ た の だ が 、

の か 、 と 何 回 か 督 促 さ れ た 。 私 と し て は 、 で

周 り の 人 た ち か ら は 、 い つ 風 水 の こ と を 書 く

さ て 、 こ の 講 座 も 私 の 担 当 分 は 今 回 で 終 る 。

風水説の思想 山田利明 東洋大学教授 (中国哲学)

龍 脈 を ど の よ う に 発 見 す る の か 。 現 在 で は 羅

い う こ と に な る 。 で は 、 優 れ た 地 気 の 流 れ 、

け ば 、 家 門 は 繁 栄 し 、 あ る い は 国 家 は 安 泰 と

置 す る よ う に 都 市 や 宮 殿 、 あ る い は 邸 宅 を 築

地 気 の 流 れ を 龍 脈 と い う 。 優 れ た 龍 脈 に 位

宮 殿 の 建 設 に も 応 用 さ れ る よ う に な る 。

で は な く 、 宅 地 や 村 の 選 定 、 さ ら に は 都 市 や

水 説 が 形 成 さ れ る 。 そ れ は 、 墓 地 の 選 択 だ け

大 地 の 生 気 す な わ ち 地 気 の 流 れ を 重 視 す る 風

し た 。 そ し て 、 良 地 の 選 定 法 が 理 論 化 さ れ て 、

大 地 の 生 気 を 見 出 す 思 想 は 、 紀 元 前 か ら 存 在

て い た よ う で あ る 。 た だ し 、 そ の 基 礎 と な る

こ う し た 理 論 は 、 す で に 三 世 紀 頃 に は 作 ら れ

好 な 地 で あ り 、 生 気 の れ た 地 を 最 良 と す る 。

る 地 と は 、 お よ そ 生 存 す る も の に と っ て も 良

く こ と か ら 始 ま る 。 死 者 が 安 楽 な 生 活 を 営 め

望 の 達 成 は 、 祖 先 の 墓 を 良 好 な 環 境 の 地 に 築

い う の で あ る 。 生 活 に 直 結 し た 切 実 な こ の 願

作 も 一 門 の 繁 栄 も み な 祖 先 神 の 加 護 に よ る と

霊 の 加 護 を う け ら れ る と 考 え ら れ て い た 。 豊

は 、 先 祖 を 厚 く 葬 る こ と に よ っ て 、 先 祖 の 神

と も と 墓 地 の 選 定 か ら 起 っ た 。 古 代 の 中 国 で




し な か っ た 。 機 能 的 で 豊 か な 生 活 が み ん な の

象 、 二 酸 化 炭 素 問 題 な ど は 概 念 と し て も 存 在

も の 。 人 間 も 自 然 の 一 部 で あ る と い う こ と 。

大 地 を 流 れ る 気 も 人 の 体 を 流 れ る 気 も 同 じ



わ ら な い 。 そ の 頃 は 、 ヒ ー ト ・ ア イ ラ ン ド 現

S F 雑 誌 に 載 せ ら れ た 未 来 想 像 図 と あ ま り 変

る 。 今 の 東 京 や 大 阪 を 見 る と 、 当 時 の 絵 本 や

こ と を 最 後 に 言 え ば 、

に わ た っ て こ の 講 座 を 分 担 し た 。 結 論 め い た

東 洋 的 な 視 点 で 自 然 を 見 る 、 を 主 題 に 四 回

代 後 半 に 描 か れ た 未 来 都 市 を モ デ ル に し て い

建 設 さ れ た が 、 こ う し た 都 市 像 は 一 九 五 〇 年

は 出 来 る 。

確 か に 機 能 的 と い え ば 機 能 的 な 近 代 都 市 が

壮 大 な 実 験 の ま っ た だ 中 に あ る と い え よ う 。

然 は こ う し た 負 荷 に ど こ ま で 耐 え ら れ る の か 、

熱 帯 な み の 気 候 に さ ら さ れ て い る 。 都 市 の 自

大 な 発 熱 体 と な っ て 都 市 の 気 温 は 上 昇 し 、 亜

で き な く な っ て い る こ と を 示 す 。 そ の た め 巨

酸 化 炭 素 、 そ の 他 の 生 活 廃 棄 物 を 自 然 が 吸 収

る こ と に な る 。 そ れ は 人 間 が 排 出 す る 熱 や 二

ば 大 地 に 収 容 で き る 数 倍 の 人 口 が 居 住 し て い

十 数 戸 分 の 住 居 が 収 め ら れ て い る 。 換 言 す れ

層 化 に よ っ て 、 一 戸 分 の 土 地 の 上 に 数 戸 か ら

住 人 は 住 ん で い る の で あ る 。 し か も 住 宅 の 高

大 地 、 地 気 の 絶 た れ た 大 地 、 そ の 上 に 都 市 の

ん で い る の で あ る 。 風 も 通 ら ず 水 も 流 れ な い

歴 史 に I f は な い が 、 教 訓 を 採 り 入 れ る こ と

そ の ま ま 発 展 さ せ る と ど う な っ て い た の か 。

っ て い た 。 今 は 跡 形 も な く な っ た あ の 文 明 を 、

人 が 驚 嘆 す る ほ ど 機 能 的 で 豊 か な 生 活 を お く

れ ば 、 江 戸 時 代 の 日 本 人 は 、 幕 末 に 来 た 欧 米

こ と を 問 い 直 す 必 要 が あ る 。 極 端 な 例 を あ げ

い が 、 機 能 的 で 豊 か な 生 活 と は 何 か 、 と い う

来 て 明 ら か に な っ た 。 だ か ら と 言 う 訳 で は な

に と ん で も な い 盲 点 の あ っ た こ と が 、 こ こ に

精 華 で も あ る 。 と こ ろ が 、 そ の 近 代 科 学 技 術

明 治 以 来 、 営 々 と 築 い て き た 近 代 科 学 文 明 の

か さ は 欧 米 の そ れ と 何 ら 変 わ る と こ ろ が な い 。

を 手 に 入 れ る こ と が 出 来 た 。 そ の 機 能 性 、 豊

そ う 、 確 か に 私 た ち は 機 能 的 で 豊 か な 生 活

地 に 全 く 作 用 し な い 。 つ ま り 都 市 の 土 壌 は 死

夢 だ っ た の で あ る 。


こ と に よ っ て 、 穴 と 同 じ 地 形 を 作 り 、 や が て

う の で あ る 。 つ ま り 地 形 の 一 部 に 手 を 入 れ る

人 工 的 に 穴 を 作 る こ と で 、 龍 脈 を 通 そ う と い

り 良 い 地 気 を 得 よ う と す る 発 想 も 出 て く る 。

積 極 的 に 地 上 の 環 境 を 変 化 さ せ る こ と で 、 よ

諸 条 件 を 鑑 定 す る 方 法 で あ っ た 。 そ の 一 方 で 、

れ を 判 定 し た も の で は な く 、 あ く ま で 地 上 の

こ と が わ か る 。 そ れ は 必 ず し も 地 中 の 気 の 流

の 流 れ ︵ 風 ︶ と 適 度 の 降 雨 ︵ 水 ︶ を 重 視 し た

ば 、 こ う し た 森 林 を 育 ん だ 気 候 、 清 澄 な 大 気

す る 姿 勢 を 反 映 し た こ と に な る 。 さ ら に い え

る 暗 渠 と な っ た か 、 い ず れ に し て も 都 市 の 大

立 て ら れ た か 、 コ ン ク リ ー ト の 管 の 中 を 流 れ

岩 で 覆 わ れ た 土 地 と い え る 。 ま た 河 川 は 埋 め

か ら 地 上 に 至 る ま で コ ン ク リ ー ト と い う 名 の

コ ン ク リ ー ト で 固 め ら れ て い る 。 い わ ば 地 下

規 模 な 駐 車 場 が 設 け ら れ 、 そ の 四 周 は 強 固 に

路 。 地 下 に は 鉄 道 や 道 路 、 商 店 街 さ ら に は 大

し か も 建 物 の 間 を 縫 う よ う に し て 走 る 高 速 道

て 、 道 路 は ア ス フ ァ ル ト で 固 め ら れ て い る 。

リ ー ト の 高 層 建 築 が 当 た り 前 の よ う に 林 立 し

東 京 や 大 阪 な ど の 大 都 市 で は 、 今 や コ ン ク

裏 返 せ ば 、 森 林 や 肥 沃 な 土 壌 を 最 良 の も の と

岩 だ ら け の 山 を 気 の 断 れ た 山 と す る 指 摘 は 、

の 本 来 の 役 割 で あ っ た 。 樹 木 の 生 え な い 山 、

よ っ て 異 な る 。 そ れ を 見 定 め る の が 、 風 水 師

ち ろ ん 自 然 の 力 は 、 そ の 地 域 の 地 形 や 地 質 に

そ の 自 然 の 力 を 地 気 と 称 す る の で あ ろ う 。 も

す る 考 え 方 が あ る こ と が わ か る 。 要 す る に 、

盤 に は 、 自 然 の も つ 力 を 充 分 に 活 用 し よ う と

用 い な く て も 、 こ の よ う に 見 る と 風 水 説 の 基

さ て 、 地 気 と か 龍 脈 な ど と い っ た 考 え 方 を

風 水 的 な 観 点 か ら 考 え て み よ う 。

え る 。 そ こ で 、 現 代 の 都 市 の 持 つ 自 然 の 力 を

は 巧 み に そ の 良 否 を 感 じ と っ て 判 定 し た と い

囲 気 の 土 地 は 、 陰 気 が 横

気 を も っ た 大 地 は 、 良 気 に 恵 ま れ 、 陰 湿 な 雰

パ ワ ー で あ っ て 、 感 じ る も の 。 好 ま し い 雰 囲

の で は な い か 。 気 と は 、 い わ ば 目 に 見 え な い

も の で あ っ て 、 神 秘 的 な 択 地 法 で は な か っ た

力 を 得 る た め の グ ラ ン ド ・ デ ザ イ ン を 目 ざ す

結 局 、 も と も と の 風 水 説 は 、 良 好 な 自 然 の

し て い る 。 風 水 師

暑 さ は 格 別 な も の が あ る 。

は 良 好 な 地 気 を 得 よ う と す る わ け で あ る 。




ド や U S A へ の 移 民 、 及 び こ れ ら の 国 か ら の

首 都 ア ピ ア へ の 人 口 の 集 中 や ニ ュ ー ジ ー ラ ン

え ら れ た と い う 話 を 聞 い た こ と が あ り ま す 。

い 隊 員 に 、 そ の 功 績 に よ り マ タ イ の 称 号 が 与

I C A ︵ 国 際 協 力 機 構 ︶ 青 年 海 外 協 力 隊 の 若

ミ ッ ク ス に 対 応 し う る 制 度 で す 。 因 み に 、 J

マ タ イ ・ シ ス テ ム は そ の よ う な 歴 史 の ダ イ ナ

現 在 の サ モ ア 人 社 会 を 形 成 し て い る の で す 。

て き ま し た 。 様 々 の ア イ ガ が 混 ざ り 合 っ て 、

の 長 い 歴 史 の な か で 、 多 く の 民 族 を 受 け 入 れ

閉 鎖 的 と い う 訳 で は あ り ま せ ん 。 サ モ ア は そ

い う 意 味 で 保 守 的 で は あ り ま す が 、 必 ず し も

マ タ イ ・ シ ス テ ム は 、 因 習 的 性 格 が 強 い と

て い る 点 で す 。

マ タ イ ・ シ ス テ ム を 機 能 さ せ る 原 動 力 と な っ

と 村 の し き た り や 礼 儀 を 大 切 に す る 姿 勢 が 、

い て 、 経 験 ・ 判 断 力 の あ る 長 老 を 敬 う 気 持 ち

タ イ は 人 望 を 備 え て い る こ と が 条 件 に な っ て

と 同 義 で す 。 こ こ で 、 強 調 し た い こ と は 、 マ

居 ら れ な い と い う こ と で 、 生 き ら れ な い こ と

り ま す 。 マ タ イ の 決 定 に 反 す る こ と は 、 村 に

海 岸 の 絶 壁 ︵ 恋 人 岬 ︶ に 案 内 さ れ た こ と が あ

夕暮れのアピア湾.建物はサモア政府合同庁舎, 屋上のドームはファレサモア(前報参照)をデ ザイン.2005 年 3 月筆者撮影.

題 を 解 決 し よ う と 考 え る こ と は あ り ま せ ん 。

わ れ ま す 。 サ モ ア 人 は 一 般 に 暴 力 に よ っ て 問



サ モ ア で は 、 警 官 を 必 要 と し な い と よ く い

く シ ス テ ム に な っ て い る の で す 。

律 を 守 る 姿 勢 が 子 供 の こ ろ か ら 自 然 に 身 に 付

会 で 生 き て ゆ く こ と は で き ま せ ん 。 社 会 の 規

め ら れ て お り 、 そ れ を 果 た さ ず に サ モ ア の 社

そ の 役 割 ︵ 家 庭 や 村 落 で の 仕 事 ︶ が 明 確 に 定

こ と で す 。 サ モ ア の 社 会 で は 子 供 と い え ど も 、

動 作 す る サ モ ア で は 、 ま っ た く 考 え ら れ な い

ま す 。 こ れ は 、 ア イ ガ と マ タ イ ・ シ ス テ ム が

に 依 存 し よ う と す る 風 潮 が 強 く な っ て き て い

わ れ る べ き 躾 や 礼 儀 の 教 育 ま で も 、 学 校 教 育

成 の 場 と 捉 え る 考 え 方 が 一 般 的 で 、 家 庭 で 行

え る と 同 時 に 、 社 会 性 や 協 調 性 を 養 う 人 間 形

と い う 話 を よ く 耳 に し ま す 。 学 校 は 教 科 を 教

最 近 、 日 本 で は 、 家 庭 教 育 が 崩 壊 し て い る

に あ る と い え ま す 。

動 を 律 す る 基 盤 は ア イ ガ と マ タ イ ・ シ ス テ ム

ら ず 、 サ モ ア 人 の 心 の よ り ど こ ろ と 彼 ら の 行

近 年 ま す ま す 複 雑 に な っ て き て い る に も 拘 わ

人 口 の 流 入 に よ っ て ア イ ガ の 空 間 的 な 分 布 は


通 で す が ︵ 女 性 と な る 場 合 も あ る ︶ 、 選 出 に

は ア イ ガ 構 成 員 の 承 認 を 得 る こ と が 条 件 と な

イ は 、 父 系 の 長 男 に よ り 世 襲 さ れ る こ と が 普

さ れ 、 ア イ ガ の 長 を マ タ イ と い い ま す 。 マ タ

家 族 で す 。 一 つ の ア イ ガ は 通 常 十 数 人 で 構 成

ア イ ガ は 二 世 代 か ら 四 世 代 の 親 族 か ら な る 大

係 に あ る ア イ ガ の 集 合 体 ︶ に 分 類 さ れ ま す 。

ア イ ガ 、 マ タ ・ ア イ ガ ︵ 拡 張 ア イ ガ 、 血 縁 関

● 連載講座 ●  

の 範 囲 に よ っ て イ ト ゥ ・ ア イ ガ ︵ 最 小 単 位 ︶ 、

イ ガ と い う 概 念 は 単 純 な も の で は な く 、 関 係

族 ︶ と 呼 ば れ る 単 位 で 構 成 さ れ て い ま す 。 ア

人 口 は 百 数 十 人 で 、 い く つ か の ア イ ガ ︵ 家

ほ ど の 村 落 に 分 布 し て い ま す 。 一 つ の 村 落 の

し て い ま す が 、 残 り の 多 く は 地 方 に あ る 四 百

サ モ ア の 人 口 の 約 二 割 が 首 都 ア ピ ア に 集 中

ム ﹂ だ と 答 え る こ と で し ょ う 。

で あ れ ば 誰 で も 、 そ れ は ﹁ マ タ イ ・ シ ス テ

た い と 思 い ま す 。 サ モ ア を 良 く 知 っ て い る 人

ら し め て い る も の は 何 か と い う 問 い か ら 始 め

定 し て 話 を 進 め ま し ょ う 。 サ モ ア を サ モ ア た

で す が 、 前 回 に 引 き 続 き 、 場 所 を サ モ ア に 設

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と I T に つ い て の 連 載

サステイナビリティと IT

2

マタイ・システム 小澤 哲 城大学大学院理工学研究科教授 (リスク情報科学)

れ な い 若 い カ ッ プ ル が 心 中 す る こ と で 有 名 な

に サ バ イ ィ 島 を 訪 れ た と き に 、 婚 姻 が 認 め ら

に 従 わ な け れ ば な り ま せ ん 。 筆 者 は 二 年 程 前

の 決 定 は 絶 対 的 で あ り 、 総 て の 村 民 は 、 そ れ

こ れ を マ タ イ ・ シ ス テ ム と い い ま す 。 マ タ イ

向 を 確 認 し な が ら 、 村 落 の 運 営 に あ た り ま す 。

行 政 の 執 行 部 と な り 、 村 会 を 介 し て 村 民 の 意

令 で 行 わ れ ま す 。 村 落 長 と 代 弁 首 長 が 村 落 の

耕 地 は ア イ ガ が 所 有 し 、 農 作 業 は マ タ イ の 指

り な が ら 、 国 会 議 員 と な る こ と は で き ま せ ん 。

て 、 村 会 を 運 営 し ま す 。 村 落 長 は マ タ イ で あ

ば れ る ツ ラ フ ァ レ ︵ 代 弁 首 長 ︶ を 補 佐 役 と し

ハ イ チ ー フ ︶ と い い ま す 。 彼 は 、 首 長 か ら 選

す 。 首 長 の 長 を ア リ イ ィ ・ タ ウ ア ︵ 村 落 長 、

一 名 の ア リ イ ィ ︵ 首 長 、 チ ー フ ︶ が 選 ば れ ま

の 村 落 の マ タ イ の 中 か ら マ タ ・ ア イ ガ 当 た り

に フ ォ ノ ︵ 村 会 ︶ の 構 成 員 と な り ま す 。 一 つ

て い ま す 。 マ タ イ は ア イ ガ を 統 率 す る と 同 時

約 六 千 人 お り 、 国 会 議 員 の 被 選 挙 権 者 と な っ

ま す 。 サ モ ア に は マ タ イ の 称 号 を 有 す る 人 が

く マ タ イ が 選 ば れ る と 盛 大 な 就 任 式 が 行 わ れ

っ て お り 、 そ の 資 質 が 問 題 に さ れ ま す 。 新 し




験 し て か ら 既 に 百 余 年 を 経 過 し 、 サ モ ア 国 内

地 政 策 と い う 形 で 、 経 済 の グ ロ ー バ ル 化 を 経

か と 思 い ま す 。 し か し 、 サ モ ア が 欧 米 の 植 民

現 代 世 界 で は 通 用 し な い と 考 え る 向 き も あ る

ス テ ム は ﹁ ロ ー カ ル ﹂ で ﹁ 化 石 的 ﹂ で あ り 、

唆 を 含 ん で い る よ う に 思 え ま す 。 サ モ ア の シ

よ う と す る 場 合 、 サ モ ア の 例 は 実 に 多 く の 示

コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 形 態 と い う 断 面 か ら 見

で し ょ う か 。 こ の 問 題 を 人 と 人 の 結 び つ き 方 、

サ ス テ イ ナ ブ ル な 社 会 と は ど の よ う な も の

事 ク ー デ タ と な る の が 一 般 的 で す 。

話 で す 。 他 の 太 平 洋 諸 国 で は 、 流 血 事 件 や 軍

マ タ イ ・ シ ス テ ム を 有 す る サ モ ア な ら で は の

国 家 元 首 を 大 き な 混 乱 な し に 決 定 で き た の は 、

ア ・ タ ヌ マ フ ィ リ 二 世 が 他 界 し ま し た 。 次 期

ら れ て い ま す 。 最 近 、 国 家 元 首 の マ リ エ ト

た 、 ア イ ガ と マ タ イ ・ シ ス テ ム に よ っ て 支 え

タ イ ト ル を 持 つ こ と な ど 、 独 立 後 の 体 制 も ま

ば れ る こ と 、 国 会 議 員 は 原 則 と し て マ タ イ の

四 つ の 重 要 な マ タ ・ ア イ ガ か ら 国 家 元 首 が 選

の で す 。 独 立 後 の 体 制 は 、 立 憲 君 主 制 で す 。

イ ガ と マ タ イ ・ シ ス テ ム に よ る と こ ろ が 多 い

サモア警察本部.2005 年 3 月首都アピアにて 筆者撮影.

の 言 葉 と し た い と 思 い ま す 。

光 彦 氏 の ﹁ 査 読 ﹂ を 受 け た こ と を 記 し 、 お 礼



パ ト ゥ 氏 及 び 元 サ モ ア 国 立 大 学 学 長 顧 問 東 保

稿 及 び 前 報 は 、 サ モ ア 工 科 大 学 講 師 バ イ セ ・

で し ょ う か 。 さ て 、 末 尾 に な り ま し た が 、 本

と い う も の で す 。 皆 さ ん は ど の よ う に お 考 え

テ ム と し て 、 今 後 も 機 能 し 続 け る で あ ろ う ﹂

を 加 え て さ ら に 進 展 し 、 サ モ ア 人 の 社 会 シ ス

そ の 因 習 的 な 性 格 を 排 除 し つ つ 、 新 し い 要 素

な 経 験 と 視 点 を 共 有 し 、 マ タ イ ・ シ ス テ ム は 、

化 に よ っ て 、 国 内 外 の サ モ ア 人 が グ ロ ー バ ル

こ の 質 問 に 関 係 し て 、 筆 者 の 予 想 は 、 ﹁ I T

ィ を 否 定 す る こ と に ほ か な ら な い か ら で す 。

る こ と は 、 サ モ ア 人 と し て の ア イ デ ン テ ィ テ

そ れ は 、 ア イ ガ と マ タ イ ・ シ ス テ ム を 否 定 す

サ モ ア 人 か ら 否 定 的 な 答 え が 返 っ て き ま す 。

す る で あ ろ う か と い う 問 い に 対 し て 、 多 く の

T 化 の 進 行 に よ り 、 こ れ ら の シ ス テ ム は 瓦 解

ど の よ う に 解 釈 し た ら よ い の で し ょ う か 。 I

タ イ ・ シ ス テ ム が 動 作 し 続 け る と い う 現 実 を

う 形 で 国 外 活 動 を 行 う 状 況 下 で 、 ア イ ガ と マ

人 口 と 同 規 模 の 人 々 が 移 民 ・ 海 外 労 働 者 と い


受 け 入 れ ま し た 。 そ の よ う な サ モ ア 人 が 頑 と

サ モ ア 人 は 植 民 地 政 策 の 多 く を 抵 抗 感 な し に

は 国 際 連 合 ︶ 委 任 統 治 地 域 に な り ま し た が 、

ジ ー ラ ン ド に よ る 国 際 連 盟 ︵ 一 九 四 五 年 か ら

年 か ら は ド イ ツ 領 、 一 九 一 九 年 か ら は ニ ュ ー

を 争 う こ と は あ り ま せ ん 。 サ モ ア は 一 八 九 九

日 々 皆 で 楽 し く 働 け れ ば そ れ で 満 足 し 、 稼 ぎ

モ ア 人 は 経 済 の 競 争 原 理 の 発 想 を 持 ち ま せ ん 。

特 の 形 に な っ て い ま す 。 少 な く と も 旧 来 の サ

そ れ も 、 サ モ ア の 因 習 と 巧 み に 合 体 さ せ た 独

リ ス ト 教 も 全 面 的 に 受 け 入 れ ら れ て い ま す 。

奇 心 を 持 っ て 受 け 入 れ る 性 向 を 有 し ま す 。 キ

サ モ ア 人 は 外 来 の 事 物 に 大 い な る 興 味 と 好

え 始 め て い る こ と を 示 唆 し て い ま す 。

米 的 な 価 値 判 断 が サ モ ア 人 の 行 動 に 影 響 を 与

罪 が 少 し ず つ 増 加 す る 傾 向 に あ り 、 こ れ は 欧

さ な い の で す 。 最 近 で は 都 市 部 に お い て 、 犯

い ま せ ん 。 社 会 的 な 脱 落 者 の 存 在 を 社 会 が 許

こ と に な り ま す 。 ま た 、 サ モ ア に は 物 乞 い が

起 こ れ ば 、 土 地 マ タ イ 特 別 裁 判 所 に 提 訴 す る

能 を 有 す る か ら で す 。 マ タ イ 間 の 争 い ご と が

マ タ イ ・ シ ス テ ム が 総 て の 問 題 を 調 停 す る 機

何 を し よ う に も マ タ イ の 賛 同 が 必 要 と な る か

イ ・ シ ス テ ム ほ ど 厄 介 な も の は あ り ま せ ん 。

し た 。 植 民 地 を 統 治 す る 側 か ら す れ ば 、 マ タ

マ タ イ ・ シ ス テ ム と 相 容 れ な い も の で あ り ま

た カ イ ザ ー 制 度 が あ り ま す 。 こ れ は 明 ら か に

し て 許 容 し な か っ た こ と に 、 ド イ ツ が 強 要 し

恋 人 岬.2005 年 3 月 サバイィ島にて筆者撮影.

サモアの小学生.2005 年 3 月サバイィ島 にて筆者撮影.

た の は 、 サ モ ア 人 の 気 質 ・ 品 格 と 同 時 に 、 ア

が サ モ ア 人 の 美 点 だ と 思 い ま す 。 そ れ が で き

き ま し た 。 こ れ を 非 暴 力 的 に 成 し 遂 げ た こ と

一 九 六 二 年 に つ い に 独 立 を 勝 ち 取 る こ と が で

と に な り ま し た 。 そ し て 、 辛 抱 強 い 交 渉 の 末 、

ガ と マ タ イ ・ シ ス テ ム が マ ウ を 守 り 続 け る こ

の 検 挙 に 躍 起 に な り ま し た が 、 サ モ ア の ア イ

軍 隊 に よ る 発 砲 と 飛 行 艇 に よ る 山 狩 り で マ ウ

の 請 願 運 動 に 対 し 、 ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド 政 府 は

ー ガ ン に デ モ 行 進 を 行 い ま し た 。 こ の 非 暴 力

る サ モ ア 人 の た め の サ モ ア 人 の 政 府 ﹂ を ス ロ

は マ ウ 運 動 と し て 有 名 で す 。 ﹁ サ モ ア 人 に よ

か ら 、 猛 烈 な 抵 抗 運 動 を 開 始 し ま し た 。 そ れ

ド が マ タ イ ・ シ ス テ ム を 潰 し に か か っ た 時 点

協 力 的 で あ っ た サ モ ア 人 も 、 ニ ュ ー ジ ー ラ ン

ら で す 。 ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド の 統 治 政 策 に 概 ね




な 独 裁 政 治 が 終 焉 を 迎 え 、 は る か に 民

組 織 が 腐 敗 し て い る 場 合 、 た と え 強 権

の が 、 官 憲 で あ る 。 警 備 当 局 や 、 警 察

行 為 に 代 表 さ れ る 。 同 時 に 問 題 と な る

内 や 周 り の 者 に 、 適 当 に ど ん ど ん 渡 す

る 間 に 、 伐 採 に 関 す る 権 利 を 自 分 の 身

独 裁 者 が 独 裁 的 な 政 治 を 長 期 間 維 持 す

ス テ ム と は 、 あ る 国 に お い て 、 強 力 な

シ ス テ ム に 起 因 す る 。 腐 敗 し た 統 治 シ

く の 方 々 に 考 え 想 像 し て い た だ き た い

こ の 問 題 に つ い て は 以 上 と す る が 、 多

行 わ れ る よ う に な っ た 。 時 間 の 関 係 上 、

端 、 激 し い 伐 採 が 始 ま り 、 違 法 伐 採 が

た 。 し か し 共 産 主 義 体 制 が 崩 壊 し た 途

法 伐 採 な ど の 行 為 は 比 較 的 起 き な か っ

局 は し っ か り 仕 事 を し て い た の で 、 違

共 産 主 義 が 支 配 し て い た 時 代 、 警 備 当

ロ シ ア は 世 界 一 の 森 林 国 で あ る が 、

サ ス テ ナの眼 

刻 化 さ せ た 主 な 原 因 は 、 腐 敗 し た 統 治 面 し て い る 。

森 林 伐 採 ・ 違 法 伐 採 の 問 題 を よ り 深 際 は 、 現 実 が 伴 わ な い 厳 し い 状 況 に 直

を 理 解 し て い た だ き た い 。

き 、 ひ じ ょ う に 深 刻 な 問 題 で あ る こ と

掲 載 さ れ て い る の で 、 ぜ ひ ご 覧 い た だ

ジ ュ し て お り 、 現 在 も ウ エ ブ サ イ ト に

昨 年 、 い ろ い ろ な 側 面 か ら ル ポ ル タ ー

ン ポ ジ ウ ム の 後 援 者 で あ る 読 売 新 聞 が

森 林 伐 採 ・ 違 法 伐 採 の 問 題 は 、 当 シ

い ろ い ろ な 取 組 み を 行 っ て き た が 、 実

採 は な く な る と い う 前 提 で 、 私 た ち は

な 社 会 シ ス テ ム が で き れ ば 、 違 法 な 伐

主 主 義 が よ り 強 化 さ れ 、 公 平 で 開 放 的

ン タ ー で 研 究 を し て い た だ き た い 。 民

関 し て も サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 研 究 セ

こ う し た 統 治 シ ス テ ム 、 権 力 構 造 に

る 問 題 で あ る こ と が 再 確 認 さ れ た 。

め て 深 刻 な サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 関 わ

た る 議 論 の 中 で 、 違 法 伐 採 の 問 題 が 極

私 も 司 会 と し て 参 加 し た 。 二 日 間 に わ

と し て 起 こ っ て い る 。

ひ ど い 伐 採 が 行 わ れ る こ と が 現 実 問 題

も 、 民 主 的 な シ ス テ ム の 下 に 、 さ ら に

主 的 な シ ス テ ム が 出 来 上 が っ た と し て

国際協力で 持続可能な発展を


ほ と ん ど す べ て の 問 題 が サ ス テ イ ナ ビ

げ る 。 環 境 と い う カ テ ゴ リ ー の 中 で は 、

違 法 伐 採 に 関 す る 国 際 会 議 が 開 催 さ れ 、

今 週 、 外 務 省 に お い て 森 林 伐 採 及 び

主 と し て 、 温 暖 化 問 題 に つ い て 取 り 上

か ﹄ な 社 会 を ﹂ と い う テ ー マ を 受 け 、

当 シ ン ポ ジ ウ ム の ﹁ 持 続 可 能 で ﹃ 豊

リ テ ィ に 関 係 し て い る 。

て い る が 、 そ れ ら 全 て が サ ス テ イ ナ ビ

問 題 、 生 物 多 様 性 の 問 題 等 を 専 門 と し

社森 会林 シ伐 ス採 テを ム深 の刻 状化 況さ せ る

問 題 と 森 林 伐 採 の 問 題 、 地 球 温 暖 化 の

リ テ ィ に 関 係 し て い る 。 私 自 身 は 、 水

西村六善 前地球環境問題担当特命全権大使

西 村 氏 の 基 調 講 演 を 掲 載 す る 。

迫 力 あ る 議 論 に 熱 心 に 聞 き 入 っ た 。

持 続 可 能 で ﹁ 豊 か ﹂ な 社 会 の 構 築 へ 向 け て の 、

当 日 は 三 五 〇 人 の 市 民 が 会 場 を 埋 め 、

パ ネ ル 討 論 ︵ コ ー デ ィ ネ ー タ ー 仲 上 健 一 立 命 館 大 学 教 授 ︶ が 行 わ れ た 。

三 人 の 専 門 家 が 加 わ り 、 環 境 経 済 、 政 策 、 技 術 と い う 視 点 か ら の

水 戸 部 啓 一 本 田 技 研 工 業 株 式 会 社 環 境 安 全 企 画 室 長 の

佐 和 隆 光 立 命 館 大 学 特 別 招 聘 教 授 、 福 山 哲 郎 参 議 院 環 境 委 員 会 理 事 、

建 築 家 の 安 藤 忠 雄 氏 に よ る 基 調 講 演 を 受 け て 、

地 球 環 境 問 題 特 命 全 権 大 使 ︵ 当 時 ︶ の 西 村 六 善 氏 、

東 京 大 学 T I G S 、 後 援 読 売 新 聞 大 阪 本 社 ︶ が 開 催 さ れ た 。

︵ ﹁ 立 二 主 持 命 〇 催 続 館 〇 可 サ 能 サ 七 ス で ス 年 テ ﹃ テ 三 イ 豊 イ 月 ナ か ナ 一 ビ ﹄ ビ 〇 リ な リ 日 テ 社 テ 、 ィ 会 ィ 学 を 学 連 ﹂ 研 携 と 究 研 題 セ 究 す ン 機 る タ ー 構 ︵ 公 の I 開 設 R シ 立 3 ン を S ポ 記 ジ 念 ︶ 、 立 ウ し 命 ム て 館 大 学 R C S 、

(にしむら むつよし) 1940 年生まれ.外務省で,欧亜局長,経済協力開発機 構(OECD)駐在特命全権大使,特命全権大使(アフガ ニスタン支援調整担当,地球環境問題担当兼務) ,メキシ コ駐在特命全権大使,地球環境問題担当特命全権大使等の 要職を歴任し ,2006 年 4 月からは気候変動枠組条約及 び京都議定書関連交渉に参加するための政府代表も務めた (2007 年 9 月退職) .




っ た よ う な も の を 築 き 上 げ て 一 緒 に な

実 を 正 し く 認 め 、 人 類 的 な 連 帯 感 と い

う 行 動 を と る こ と と 同 時 に 、 世 界 の 現

よ り も 歴 史 的 な 責 任 を 認 め 、 そ れ に 伴

と だ と 言 わ れ て い る 。 日 本 は 、 ま ず 何

カ の 排 出 量 を 追 い 抜 く の は 数 年 先 の こ

ミ ズ ム を 前 提 に す る と 、 中 国 が ア メ リ

の 向 上 、 そ の 他 あ ら ゆ る 巨 大 な ダ イ ナ

し か も 経 済 開 発 や 産 業 振 興 、 生 活 水 準

町 、 そ れ か ら 州 に お い て 、 い ろ い ろ な

げ 始 め て お り 、 そ の こ と が 地 方 や 市 、

温 暖 化 へ の 取 組 み に つ い て 強 く 声 を 上

て は 著 し い 。 町 の 普 通 の 市 民 が 、 地 球

う こ と を 感 じ て お り 、 特 に 地 方 に お い

真 剣 に 取 り 組 ま な け れ ば い け な い と い

ア メ リ カ 人 は 徐 々 に こ の 問 題 に も っ と

二 五 % の 二 酸 化 炭 素 を 排 出 し て い る が 、

現 在 ア メ リ カ 自 身 は 、 地 球 全 体 の 約

い と い う こ と を 、 主 張 し て い る 。

の 下 で の 排 出 削 減 を し な け れ ば い け な

自 身 が 強 い 規 制 を 行 い 、 国 家 的 な 規 制

補 者 で あ り 、 そ の 三 人 と も が ア メ リ カ

れ も 、 国 民 の 幅 広 い 支 持 を 得 て い る 候

シ カ ゴ の バ ラ ッ ク ・ オ バ マ 議 員 の い ず

リ ー ・ ク リ ン ト ン 議 員 で あ る 。 ま た 、

議 員 で あ り 、 も う 一 人 は 民 主 党 の ヒ ラ

現 在 ア メ リ カ の 上 院 、 下 院 に お い て 、



な け れ ば な ら な い こ と は 明 ら か で あ る 。

出 国 で あ り 、 必 ず 何 ら か の 行 動 を と ら

リ カ に 次 ぐ 世 界 第 二 位 の 二 酸 化 炭 素 排

中 国 は 、 現 在 日 本 の 三 倍 以 上 、 ア メ

る が 、 最 も 大 き な 課 題 の 一 つ で あ る 。

と ら な け れ ば な ら な い こ と は 明 白 で あ

上 国 が 二 酸 化 炭 素 削 減 に 向 け た 行 動 を

べ き 傾 向 で あ る 。

て い る 大 き な 議 論 と い う も の は 歓 迎 す

の 中 間 選 挙 の 後 に 、 ア メ リ カ で 起 こ っ

て い る と 思 わ れ る 。 特 に 、 昨 年 一 一 月

ア メ リ カ 内 部 で 大 き な 変 化 が 生 じ て き

不 参 加 は と て も 重 大 な 問 題 で あ る が 、

一 方 、 先 進 国 に お い て も ア メ リ カ の

る の は 、 マ ケ イ ン 議 員 と い う 共 和 党 の

候 補 者 と し て 最 も 有 力 だ と 言 わ れ て い

で 方 主 空 中 ル た る と 規 現 あ 向 要 気 間 に 立 。 い 制 在 る 性 な が 選 お 法 実 う 的 、 。 を 政 出 挙 い を 際 方 な ア 強 治 て 以 て 制 に 向 措 メ く 家 き 来 も 定 議 で 置 リ 支 、 て 、 、 し 会 政 を カ 持 政 お ひ 先 始 に 策 と の し 治 り じ 述 め お を ら 次 て 的 、 ょ し て い 動 な 期 い 指 し う た い て か け 大 る 導 か に 昨 る 、 そ れ 統 よ 者 も 強 年 。 き う ば 領 う が 主 い 一 連 ち と い 選 な 、 だ 新 一 邦 ん し け 挙 状 そ っ た 月 レ と て な の 況 の た な の ベ し い い

向 け た 枠 組 み づ く り に お い て 、 開 発 途

一 方 、 二 〇 一 二 年 以 降 、 次 の 将 来 に

先ポ 進ス 国ト の議 役定 割書 とに 課お 題け る

ら な い 課 題 で あ る 。

減 へ の 取 組 み は 必 ず 果 た さ な け れ ば な

定 を さ れ て お り 、 日 本 の 二 酸 化 炭 素 削

は で き な い が 、 日 本 も 先 進 国 の 中 に 勘

い る 状 況 で あ る 。

こ と を 投 げ か け 、 話 し か け 、 説 得 し て

っ て 前 へ 進 ま な け れ ば い け な い と い う


う 状 況 が 世 界 の あ ち こ ち で 起 こ っ て お

り 上 げ ら れ た り す る が 、 ま さ に そ う い

顔 で 檻 に 閉 じ 込 め ら れ て い る 写 真 が 取

い オ ラ ン ウ ー タ ン が 捕 獲 さ れ 、 悲 し い

で あ る 。 ま た 、 生 活 の 場 を 奪 わ れ た 幼

人 は ゾ ウ を 殺 す と い う 状 況 に 至 る わ け

村 で 大 き な 被 害 を 与 え る 。 す る と 、 村

っ た ゾ ウ は 村 に 出 没 す る よ う に な り 、

げ る と 、 森 林 伐 採 に よ り 生 活 の 場 を 失

い ろ な 現 実 に 触 れ て い る が 、 一 例 を 挙

を 通 し て 、 日 本 に い る わ れ わ れ も い ろ

要 が あ る 。 す で に 写 真 や テ レ ビ ジ ョ ン

イ ナ ビ リ テ ィ の 破 壊 に 思 い を い た す 必

の 背 後 に あ る 深 刻 な 自 然 破 壊 、 サ ス テ

し く わ れ わ れ す べ て が 人 の 痛 み や 、 そ

な い が 、 京 都 議 定 書 の 後 に ど う い う 枠

い た 道 が 偉 大 な 道 で あ る こ と に 疑 い は

に 至 る わ け で は な い 。 京 都 議 定 書 が 開

と い う 程 度 で あ り 、 決 し て 大 き な 解 決

も 、 全 体 の 五 % を 削 減 で き る か ど う か

国 が 、 約 束 ど お り 削 減 に 努 め た と し て

ロ ッ パ 諸 国 及 び 日 本 、 カ ナ ダ そ の 他 の

年 の 間 に 、 三 〇 % を 受 け 持 つ 国 = ヨ ー

束 期 限 で あ る 二 〇 〇 八 年 か ら 二 〇 一 二

国 だ け で あ る 。 京 都 議 定 書 の 第 一 期 約

る 温 暖 化 ガ ス を 三 〇 % 受 け 持 っ て い る

担 っ て い る 国 は 、 世 界 で 排 出 さ れ て い

書 が 採 択 さ れ た が 、 あ の 条 約 で 役 割 を

の 問 題 で あ る 。 一 九 九 七 年 に 京 都 議 定

ひ じ ょ う に 深 刻 な サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

は 、 ヨ ー ロ ッ パ 諸 国 と 同 列 に 扱 う こ と

二 酸 化 炭 素 排 出 の 程 度 の 差 に お い て

及 し て い る 。

進 の 産 業 革 命 を 迎 え た 日 本 の 責 任 を 追

ー ロ ッ パ 諸 国 、 ア メ リ カ 、 さ ら に は 後

な く 産 業 化 を 進 め て き た 先 進 諸 国 、 ヨ

に わ た っ て フ リ ー ラ イ ド を 省 み る こ と

あ り 、 産 業 革 命 以 降 一 五 〇 ∼ 一 六 〇 年

化 が 地 球 温 暖 化 を も た ら し た 主 要 因 で

ド 、 す な わ ち 自 由 勝 手 ・ 気 ま ま な 産 業

い る と 、 一 五 〇 年 に わ た る フ リ ー ラ イ

ジ ル 、 イ ン ド で あ る 。 彼 ら の 用 語 を 用

い 立 場 を と っ て い る の が 、 中 国 や ブ ラ

特 に 、 こ の 点 に つ い て ひ じ ょ う に 強

は 、 ほ と ん ど 正 し い と 思 わ れ る 。

ろ ﹂ と い う 言 葉 を 引 用 さ れ た が 、 ま さ   地 球 温 暖 化 問 題 、 気 候 変 動 の 問 題 は タ ン ス を と っ て お り 、 こ の 点 に 関 し て

が 小 宮 山 総 長 の ﹁ 人 の 痛 み を 想 像 し

先 の 開 会 挨 拶 で 、 東 京 大 学 の 住 先 生

問サ わス れテ るイ 想ナ 像ビ 力リ テ ィ の 達 成 に

途ポ 上ス 国ト の議 役定 割書 とに 課お 題け る

務 で あ り 先 進 国 の 責 任 で あ る と い う ス

考 え 方 と し て 、 こ の 問 題 は 先 進 国 の 義

開 発 途 上 国 は か ね て か ら 、 基 本 的 な

問 題 で あ る 。

れ ば い け な い 。

わ れ わ れ は 想 像 力 を 働 か せ て い か な け

り 、 写 真 や テ レ ビ の 一 事 象 か ら で も 、

に 議 論 さ れ て い る と こ ろ で あ る 。

の 問 題 に 対 応 す べ き な の か が 、 今 盛 ん

組 み で 、 ど う い う 仕 組 み で 世 界 は 、 こ




ア メ リ カ ・ ヨ ー ロ ッ パ の 経 営 者 、 財 か ﹂ と 質 問 を 投 げ か け る ほ ど 、 こ の 問

リ ー ド し て 、 そ こ へ た ど り 着 き た い の

た ど り 着 き た い の か 、 そ れ と も 自 分 が

い の か 。 人 か ら リ ー ド さ れ て 、 そ こ へ

低 カ ー ボ ン 社 会 に ど う ア プ ロ ー チ し た

い こ と に は 、 新 し い 次 の 枠 組 み を 、 よ

こ と を わ れ わ れ 日 本 が は っ き り さ せ な

仕 事 で は な い の か も し れ な い が 、 こ の

必 要 性 を 訴 え て い る 。 従 来 は 外 交 官 の

い ろ い ろ な 場 で 低 カ ー ボ ン 社 会 構 築 の



向 か っ て 、 ﹁ あ な た た ち は 持 続 可 能 な

日 本 で も 同 じ こ と が 求 め ら れ て お り 、

氏 は 、 ヨ ー ロ ッ パ の 経 済 界 の 人 た ち に

ヨ ー ロ ッ パ 委 員 会 の 委 員 長 バ ロ ッ ソ

日問 本わ のれ 温る 暖 化 政 策

い と 表 明 し て い る 。

も な け れ ば ア メ リ カ の 経 済 的 成 長 も な

て い か な い 限 り 、 ア メ リ カ の 技 術 進 歩

ギ ー 転 換 、 化 石 エ ネ ル ギ ー 削 減 を 行 っ

G E の 会 長 イ ン メ ル ト 氏 は 、 エ ネ ル

る の が 現 実 で あ る 。

あ れ ア メ リ カ で あ れ 、 国 を 動 か し て い

う こ と を 自 覚 し な が ら 、 ヨ ー ロ ッ パ で

テ ム に し て い か な け れ ば い け な い と い

こ と が で き る 。

あ る こ と を 、 産 業 界 の 動 き か ら 察 す る

と い う 問 題 で は な く エ ネ ル ギ ー 問 題 で

じ で 、 温 暖 化 問 題 は 単 に 気 温 を 下 げ る

い る 。 ヨ ー ロ ッ パ に お い て も 状 況 は 同

削 減 し な け れ ば い け な い と 言 い 始 め て

て 、 何 と し て も 法 律 を も っ て 義 務 的 に

パ に お い て 生 じ て き て い る 。

と い う 強 い 意 識 が ア メ リ カ ・ ヨ ー ロ ッ

う な 方 向 性 を 模 索 し な け れ ば い け な い

依 存 を 減 ら し て 、 し か し 成 長 出 来 る よ

要 性 で あ る 。 何 と か し て 化 石 燃 料 へ の

問 題 や 、 化 石 燃 料 依 存 か ら の 脱 却 の 必

の こ と 、 同 時 に エ ネ ル ギ ー の 安 全 保 障

は 、 温 暖 化 問 題 へ の 取 組 み は も ち ろ ん

界 の 指 導 者 が 最 近 特 に 強 調 し て い る 点

の 体 質 を 低 カ ー ボ ン で 成 長 出 来 る シ ス

シ ス テ ム の 構 築 が 急 が れ て い る 。 経 済

た め に も 、 排 出 を 削 減 し 負 荷 の 少 な い

実 現 さ せ る た め の 青 写 真 を つ く り 出 す

存 を 減 ら し て 自 在 に 成 長 で き る 社 会 を

を 保 障 す る た め に も 、 化 石 燃 料 へ の 依

ヨ ー ロ ッ パ や ア メ リ カ に お い て 、 将 来

に 強 く 深 く 関 係 し て い る 問 題 で あ る 。

題 は 社 会 全 体 、 経 済 全 体 、 経 済 の 成 長


し て 、 あ ら ゆ る 対 策 ・ 政 策 を 一 生 懸 命

な い と い う こ と を 一 つ の 大 き な 目 標 と

比 較 し て 二 度 ま で に 抑 え な け れ ば い け

的 な 気 温 の 上 昇 を 、 産 業 革 命 以 前 か ら

人 々 は 何 と し て も 、 こ の 温 暖 化 の 世 界

じ て い る わ け で あ り 、 ヨ ー ロ ッ パ の

の 深 刻 さ を ヨ ー ロ ッ パ で は 、 す で に 感

ら い を 目 処 に 、 六 〇 % な い し 八 〇 % の

め た わ け で あ り 、 さ ら に 二 〇 五 〇 年 ぐ

〇 % の 排 出 を 削 減 す る と い う こ と を 決

て 、 ヨ ー ロ ッ パ は 二 〇 二 〇 年 ま で に 二

日 、 E U ︵ 欧 州 連 合 ︶ の 理 事 会 に お い

ひ じ ょ う に 強 く 感 じ て お り 、 ま さ に 昨

ヨ ー ロ ッ パ は 、 以 上 の よ う な 状 況 を

っ て ア メ リ カ の 二 酸 化 炭 素 排 出 に 対 し

導 的 な 経 営 者 、 財 界 人 が ほ と ん ど こ ぞ

内 に お い て も 、 ア メ リ カ 経 済 の 最 も 指

新 し い 事 象 が 生 じ て お り 、 ア メ リ カ 国

い 始 め て い る 点 で あ る 。 す で に 多 く の

二 酸 化 炭 素 排 出 削 減 の 重 要 性 を 強 く 言

展 は 、 い ず れ の 国 に お い て も 産 業 界 が 、

ヨ ー ロ ッ パ で の 取 組 み

前 に パ リ で 発 表 さ れ た 。 そ の 発 表 内 容

に わ た り 議 論 し 、 そ の 集 大 成 が 数 週 間

に 属 す る 世 界 数 千 人 の 科 学 者 が 長 い 間

C ︵ 気 候 変 動 に 関 す る 政 府 間 パ ネ ル ︶

問 題 へ の 関 心 が 高 ま っ て い る 。 I P C

ヨ ー ロ ッ パ に お い て も 同 様 に 、 こ の

理 解 い た だ き た い 。

こ と が 目 の 前 に 起 こ り つ つ あ る の か 、

れ だ け の 異 変 を 伴 い 、 ど れ ほ ど 深 刻 な

が あ る 。 〇 ・ 七 度 上 昇 し た だ け で 、 こ

六 度 と い う ふ う に 上 が っ て し ま う 危 険

止 め な い こ と に は 、 三 度 、 四 度 、 五 度 、

専 門 家 意 見 で あ り 、 何 と か そ こ で 食 い

の で は な い か と い う の が 現 在 の 科 学 者 、

程 度 の 上 昇 は 甘 受 し な け れ ば い け な い

従 っ て 、 さ ら に 一 ・ 三 度 、 一 ・ 四 度

広 範 な 問 題 で あ る 。

住 居 と 職 場 と の 関 係 な ど 、 ひ じ ょ う に

で も あ り 、 社 会 シ ス テ ム 、 都 市 問 題 、

れ わ れ の ラ イ フ ス タ イ ル に 関 わ る 問 題

い る と い っ て も 過 言 で は な い 。 ま た わ

の 半 分 を 削 減 し て い こ う と 決 心 を し て

地 球 温 暖 化 問 題 と の 関 係 で 大 き な 進

温エ 暖ネ 化ル 対ギ 策ー 問 題 と し て の

て い る わ け で あ る 。

領 候 補 は 、 い ず れ も そ の こ と を 支 持 し

す る 法 律 案 で あ る 。 先 述 の 三 人 の 大 統

ら い に す る と い う 大 き な 削 減 を 目 的 と

い ま で に は ア メ リ カ の 排 出 量 を 半 分 ぐ

あ り 、 そ の う ち 四 本 は 二 〇 五 〇 年 ぐ ら

上 程 さ れ て い る 関 連 法 律 案 は 七 ∼ 八 本

て い る よ う な 状 況 で あ る と い え る 。

昇 は 、 今 わ れ わ れ が 見 聞 き し 、 体 験 し

て い る に も か か わ ら ず 、 〇 ・ 七 度 の 上

産 業 革 命 以 降 〇 ・ 七 度 の 上 昇 で 留 ま っ

行 っ て い る と い う 状 況 で あ る 。 今 現 在 、

在 自 分 た ち が 排 出 し て い る 二 酸 化 炭 素

こ れ か ら 二 〇 五 〇 年 ま で に 、 お よ そ 現

従 っ て 、 ヨ ー ロ ッ パ も ア メ リ カ も 、

決 定 を 別 途 行 っ て い る 。

排 出 削 減 を し な け れ ば い け な い と い う




安藤忠雄氏の基調講演 『地球が危ない』骨子  世界人口は,今世紀半ばには 100 億人に達 するだろう.人口増のほとんどがアジア・アフ リカ地域に集中する.さらに,これまでは化石 燃料をさほど消費していなかった国々が,その 1 人当たり消費量を数倍化することになりかね ない.そうした未来を目前にして,この地球は 悲鳴を上げていることをまず強調したい.と同 時に,われわれは地球と共に,自然と共に生き ていることを認識し,自分が地球の持続可能性 のために何ができるのかを考えてもらいたい. 今後,地球持続を担う子供たちに,命あるもの への愛情,地球への愛情,地域への愛情などを 教えていく中で,地球の未来を担う子供たちと, 地球に悲鳴を上げさせた私たちとが,どうすれ ば共に分かち合える時代をつくれるのかを,真 剣に考えていこうではないか.  地球が悪い方向へと変化するからといって, われわれは地球に生き続けねばならず,地球か ら逃れることは決してできない.1 人ひとりが 自分に何ができるかを真剣に考え,そしてアジ アの人々と本当に心ある交流を積極的に推し進 めて欲しい.



温 暖 化 の た め の 国 際 的 な 協 力 、 世 界 的

実 行 し て い く こ と に よ っ て 、 お の ず と

を 描 き 出 す こ と で あ る 。 将 来 像 を 描 き

し な い で 生 き て い く こ と が で き る の か

わ た っ て 、 ど う や っ て 化 石 燃 料 に 依 存

と い う の は 、 今 後 の 三 〇 年 、 五 〇 年 に

つ ま り 、 日 本 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

い く こ と が 、 世 界 の た め に 日 本 が 最 も

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 青 写 真 を つ く っ て

の 達 成 こ そ が 日 本 を 救 う 鍵 で あ り 、 サ

で あ る 。 従 っ て 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

暖 化 ガ ス 排 出 を 減 ら す 確 実 な 道 だ か ら

じ る 。 な ぜ な ら 、 そ う し た 動 き が 、 温

な 行 動 に 最 も 積 極 的 に 貢 献 で き る と 信

と に 心 か ら お 祝 い 述 べ た い 。

リ テ ィ 学 研 究 セ ン タ ー を 開 設 さ れ た こ

点 で あ り 、 立 命 館 大 学 が サ ス テ イ ナ ビ

こ の 繫 が り こ そ が 、 最 も 強 調 し た い

い う こ と を 理 解 し て い た だ き た い 。

貢 献 で き る こ と 、 そ う し た 繫 が り だ と


投 資 を し な け れ ば い け な い の か と い う

の た め に わ れ わ れ は ど こ に 、 ど う い う

た め の 道 筋 は ど う あ る べ き な の か 、 そ

来 る 社 会 は ど う あ る べ き な の か 、 そ の

石 燃 料 に 依 存 し な く て も 自 在 に 成 長 出

石 燃 料 に 依 存 せ ず に 生 き て い け る 、 化

将 来 三 〇 年 、 五 〇 年 先 を 見 通 し て 、 化

が 現 状 で あ る 。 そ れ は ま さ し く 日 本 が

し て い く の か と い う 議 論 が 全 く な い の

今 後 三 〇 年 、 五 〇 年 か け て 、 ど う 削 減

ト ン の 炭 酸 ガ ス を 吐 き 出 し て い る が 、

感 じ て い る 。 日 本 は 毎 年 お よ そ 一 三 億

の が 主 流 で あ り 、 重 要 な 欠 落 が あ る と

て の 議 論 は 、 将 来 の 枠 組 み に 関 す る も

し か し 、 日 本 国 内 で の 温 暖 化 に つ い

こ と が 出 来 な い と 私 は 信 じ て い る 。

張 る と す れ ば 、 ひ じ ょ う に 大 き な エ ネ

っ て 、 低 カ ー ボ ン 社 会 実 現 の 方 向 で 頑

り の 国 民 で あ る 。 こ の 国 民 が 一 丸 と な

術 水 準 の 高 さ か ら 、 有 能 な 能 力 の 固 ま

だ と 信 じ て い る 。 教 育 水 準 の 高 さ 、 技

本 で も 、 そ う し た 動 き を 形 成 で き る 国

の 社 会 を 実 現 す る こ と に な る 。 今 の 日

会 を 実 現 す る こ と に な り 、 低 カ ー ボ ン

三 〇 年 後 、 五 〇 年 後 、 負 荷 の 少 な い 社

く 必 要 が あ る 。 そ う し た 動 き に よ り 、

う に し て い こ う と い う こ と を 決 め て い

人 が 集 ま っ て 議 論 し 、 ぜ ひ こ う い う ふ

か な け れ ば な ら ず 、 日 本 国 内 で 多 く の

日 常 生 活 を 負 荷 の 少 な い 形 に 変 え て い

い 国 民 的 運 動 を 開 始 す る 必 要 が あ る 。

一 人 で も 多 く の 人 を 巻 き 込 ん だ 新 し

ら れ て い る と い え る 。

て い け る の か 、 日 本 人 自 身 が 回 答 を 迫

生 き 方 の 転 換 な し に 今 の 水 準 を 維 持 し

で あ る 。 こ う い う 状 況 の 中 で 、 意 識 や

そ れ に 伴 い 値 段 が 高 く な る の は 明 ら か

明 ら か に エ ネ ル ギ ー は 枯 渇 し て お り 、

の で エ ネ ル ギ ー を 買 う こ と は で き る が 、

く 関 わ る 問 題 で あ る 。 日 本 は 金 が あ る

ど の よ う な 生 き 方 を 選 択 す る か に 大 き

向 き あ っ て い く か は 、 今 の 私 た ち が 、

ま る ア ジ ア の 中 で 、 温 暖 化 問 題 と ど う

み 、 経 済 的 水 準 と エ ネ ル ギ ー 需 要 が 高

か 。 し か も 強 烈 な 勢 い で 経 済 開 発 が 進

〇 億 の 隣 人 と ど う や っ て 生 き て い く の

が 三 〇 億 に な る こ と が 予 想 さ れ る 。 三

ジ ア の 国 々 を 合 わ せ る と 、 恐 ら く 人 口

止 め る こ と に 有 力 な 影 響 力 を 行 使 す る

ア チ ブ を と ら な い 限 り 、 温 暖 化 を 食 い

で 世 界 の 二 酸 化 炭 素 排 出 削 減 に イ ニ シ

考 え る 。 外 交 を 通 し て 日 本 が 大 き な 力

か え る こ と が で き な い の で は な い か と

り よ い も の 、 よ り 有 効 な も の に つ く り

論 が な さ れ て い な い 。

し て い か な れ ば い け な い の か と い う 議

学 技 術 の ど の 分 野 に 、 ど う い う 投 資 を

く の 部 分 が 解 決 す る と 思 わ れ る が 、 科

と に よ る 。 科 学 技 術 の 進 歩 に よ り 、 多

視 点 と 将 来 ビ ジ ョ ン が 欠 如 し て い る こ

と 確 信 す る 。

ス チ ャ ン ス が 生 ま れ て く る に 違 い な い

ビ ジ ネ ス と い う こ と で 、 新 し い ビ ジ ネ

い チ ャ ン ス が 生 じ る と 思 わ れ る 。 環 境

ル ギ ー が 生 じ 、 ひ じ ょ う に 大 き な 新 し

近 い 将 来 、 中 国 と イ ン ド 及 び 東 南 ア




呑 み 込 ん で し ま う の で す 。 そ の よ う な

し い も の が 入 っ て き て も 、 古 い も の が

く し て 消 え ま し た 。 バ ナ ー ラ ス に は 新

始 ま り 、 イ ン ド に 戻 れ な く な り 、 当 時

ン に 入 っ た と こ ろ で 第 三 次 印 パ 戦 争 が

行 っ て 、 パ キ ス タ ン か ら ア フ ガ ニ ス タ

命 中 の 中 国 に 行 っ て い ま す 。 イ ン ド に

九 七 一 年 で す 。 そ の 前 の 年 に 文 化 大 革

す 。 私 が イ ン ド に 初 め て 行 っ た の は 一

宮 本

外 国 人 に は 非 常 に 住 み や す い で

し い こ と が あ っ た と き に は 出 家 し て 出

主 義 は と も に イ ン ド で 続 い て い て 、 苦

た ち も い ま し た 。 家 長 主 義 と 出 家 遊 行

な ど の 伝 統 を 守 っ て い く 家 長 主 義 の 人

教 の 祖 師 も そ う で す 。 一 方 で 、 祖 霊 祭

次 々 に 現 れ ま し た 。 ブ ッ ダ も ジ ャ イ ナ

家 を 出 て 真 理 の 探 究 に か け る 哲 学 者 が

し か し 、 I T 産 業 を 中 心 に イ ン



。 そ こ を

バ ナ ー ラ ス は 、 一 週 間 に 九 日 お 祭 り が

宮 さ 本 ん あ 私 る が の 留 で 学 す し か て 。 い た 中 部 イ ン ド の

ン ペ ー ン が 始 ま っ た の は 約 三 〇 〇 〇 年

モ ン が 一 番 上 に 立 つ カ ー ス ト 制 の キ ャ

た と こ ろ は あ り ま せ ん 。 階 級 的 に バ ラ

宮 水 ド 本 準 の の 経 イ 差 済 ン が は ド 開 新 ほ い し ど て い 格 い 方 差 る 向 社 よ に 会 う 向 に で か 慣 す い れ が 、 き 。 生 っ 活

レ イ ス を 、 ソ 連 で モ ス ク ワ の 赤 の 広 場

イ ン ド で ニ ュ ー デ リ ー の コ ン ノ ー ト プ

り ま し た 。 中 国 で 北 京 の 天 安 門 広 場 を 、

経 由 で シ ベ リ ア 鉄 道 に 乗 っ て 日 本 に 帰

に で き て 少 し 流 行 り ま し た が 、 し ば ら

が 壊 れ た ら 閉 店 で す 。 デ ィ ス コ も 地 下

が 壊 れ る と 修 理 で き ま せ ん か ら 、 全 部

の 店 が 二 軒 で き ま し た 。 し か し 、 機 械

以 上 前 に 日 本 製 の イ ン ベ ー ダ ー ゲ ー ム

ッ ク ホ ー ル の よ う な と こ ろ で 、 二 〇 年

何 百 万 人 も の 巡 礼 者 が 訪 れ ま す 。 ブ ラ

む 宗 教 的 な 環 境 が 完 備 し て い て 、 年 間

と 呼 ん で い ま す 。 ヒ ン ド ゥ ー 教 徒 が 望

私 は ﹁ ヒ ン ド ゥ ー 教 の テ ー マ パ ー ク ﹂

あ る と い わ れ て い ま す

本 と は ま っ た く 違 っ て い ま す 。

意 識 が 分 断 さ れ て 、 市 民 社 会 の 姿 は 日

ス ト 制 は 簡 単 に は 抜 け な く て 、 職 業 や

千 年 か か か り ま し た 。 で す か ら 、 カ ー

ド 社 会 に カ ー ス ト 制 が 浸 透 す る の に 二

の は 紀 元 後 一 〇 世 紀 ご ろ か ら で 、 イ ン

す な わ ち 、 下 か ら の カ ー ス ト 化 が 進 む

前 で す 。 人 々 が そ れ を 認 知 し て ゆ く 、

な い の で は な い か と 感 じ ま し た 。

も あ っ て 、 い ろ い ろ な 意 味 で 自 由 で は

イ ン ド の 人 た ち 自 身 に は 宗 教 的 な 制 約

ま し た 。 実 際 に イ ン ド に 住 ん で み る と 、

が あ る と 、 イ ン ド を 研 究 す る こ と に し

と 考 え て 、 イ ン ド は カ オ ス 的 だ が 自 由

を 見 て 、 こ の 三 つ の 中 で ど こ が い い か

イ ン ド は 住 み に く い の で す か 。 が あ り ま す 。 紀 元 前 五 世 紀 く ら い か ら 、

  イ ン ド に は 出 家 遊 行 主 義 と い う 考 え

︵ 笑 ︶

シ ケ ン ト ま で 出 し て も ら い 、 モ ス ク ワ

環 境 で 、 伝 統 的 な お 祭 り は ま す ま す 盛

ん に な っ て い ま す 。 結 局 は 古 い も の を

選 ぶ 叡 智 み た い な も の を 感 じ ま す 。

ヒ ン ド ゥ ー 教 で は お 祭 り が た く

の ソ 連 大 使 館 に か け あ っ て 飛 行 機 を タ


研・究・室・探・訪

東洋大学文学部インド哲学科 宮本研究室の巻

ヒ ン ド ゥ ー 教 徒 は 基 本 的 に 毎 朝 沐 浴

の 間 に あ る 社 会 は 軽 視 さ れ が ち で す 。

己 と 宇 宙 が 連 動 し て い る の で す が 、 そ

い に す る こ と に 繫 が る と 考 え ま す 。 自

に 清 浄 に し て い く こ と が 、 世 界 を き れ

ー ユ ル ヴ ェ ー ダ で は 、 個 人 を 心 身 と も

あ り ま す 。 ヨ ー ガ や 伝 承 医 学 で あ る ア

個 人 と 世 界 を 同 一 視 す る と い う こ と が

ま で 、 ほ と ん ど わ か り あ え な い く ら い

し た 皮 膚 感 覚 か ら 始 ま っ て 自 然 の 見 方

足 の 裏 で タ バ コ の 火 を 消 し ま す 。 そ う

い ま す 。 は だ し で 歩 い て い る 農 民 は 、

の リ ア リ テ ィ ー は 私 た ち と は か な り 違

は リ ア リ テ ィ ー の 違 い で 、 イ ン ド の 人

宮 な 本 い の 感 で じ す て か は 。 い る よ う で す が 、 こ れ

い ま す 。 基 本 的 な 考 え 方 の 一 つ と し て 、

場 合 、 思 想 と 宗 教 は 密 接 に 結 び つ い て

教 の 二 つ が 研 究 の 柱 で す が 、 イ ン ド の

パ ー セ ン ト が 信 仰 し て い る ヒ ン ド ゥ ー

い ま す 。 イ ン ド の 思 想 と 、 国 民 の 八 〇

現 代 に 通 じ る 考 え が あ る の か 探 求 し て

宮 て ロ 本 お ソ ら フ 古 れ ィ 代 る と イ の は ン で ど ド し の 人 ょ よ の う う 自 か な 然 。 と 観 こ の ろ な で か 関 に っ

宗 教 だ と 伺 っ て い ま す が 、 エ コ ・ フ ィ

リ ア リ テ ィ ー の 違 い が あ り ま す 。

し て す ご く き れ い に し て い ま す 。 沐 浴

と い う す さ ま じ い こ と に な り ま す 。

集 ま り ま す 。 し か し 周 辺 は 人 糞 だ ら け

に 、 お 祭 り の と き に は 何 万 人 も の 人 が

態 調 査 に 行 き ま す と 、 山 奥 に あ る 聖 地

り で す 。 ヒ ン ド ゥ ー 教 の 聖 地 巡 礼 の 実

衛 生 に は 厳 格 だ が 、 公 衆 衛 生 は な お ざ

ら で な い と 朝 食 を 食 べ な い 人 さ え い ま

を し て 縫 い 目 の な い 衣 服 を ま と っ て か

そ れ は 汚 い と は 感 じ ら れ て は い

窓 か ら 外 に 捨 て る の で す ︵ 笑 ︶

。 個 人

す 。 と こ ろ が 、 家 の 中 の ゴ ミ を 平 気 で

先 生 の ご 専 門 は イ ン ド の 哲 学 ・

千 年 の ス パ ン で サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 考 え る




い か ら 。 こ れ は 極 端 で す が 、 一 般 の ジ

殺 す る こ と で す 。 地 球 に 迷 惑 を か け な

ジ ャ イ ナ 教 の 出 家 者 の 最 高 の 理 想 は 自

も 普 遍 的 な 考 え 方 を も っ て い る か ら で

い ま す 。 あ る 意 味 で は キ リ ス ト 教 よ り

教 の 果 た す 役 割 は 大 き い と 私 は 思 っ て

ィ を 考 え た と き に 、 ヒ ン ド ゥ ー 教 や 仏

I R 3 S は ぜ ひ 千 年 分 の 予 算 を と 笑 っ ︶ て 。

題 な ど た く さ ん あ り ま す 。 で す か ら 、

と し て 、 民 族 問 題 、 宗 教 問 題 、 南 北 問

ほ し い と い う の が 、 私 の 願 望 で す ︵



あ る か ら 食 べ て い け な い と し て い ま す 。   そ れ で も 、 地 球 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ が 克 服 す べ き 問 題 は 、 環 境 問 題 を 始 め

が 、 ニ ン ジ ン の よ う な 根 は そ こ に 命 が

髪 と 同 じ で 再 生 す る か ら 食 べ て も よ い

キ ャ ベ ツ の よ う な 葉 も の は 人 間 の 爪 や

徒 で 、 野 菜 を 蔬 菜 類 と 根 菜 類 に 分 け て 、

最 も 突 き 詰 め て 考 え た の は ジ ャ イ ナ 教

物 を 殺 さ な い 不 殺 生 の 考 え で す 。 命 を

り ま す 。 ヴ ェ ジ タ リ ア ン の 基 本 は 、 動

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 通 じ る も の が あ

そ の ま た 先 で し ょ う 。

エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ と い っ た こ と は 、

未 来 は 描 き に く い で す 。 共 生 思 想 と か

二 〇 五 〇 年 は 経 済 大 国 で バ ラ 色 と い う

権 の 問 題 を 真 剣 に 考 え て い か な い と 、

常 に 軽 視 さ れ て い ま す 。 こ れ か ら は 人

き た 国 で あ る の に 、 い ま だ に 人 権 が 非

き か 、 い か に 死 ぬ べ き か を 考 え 抜 い て

た わ け で し ょ う 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

価 値 観 と の 間 で 一 〇 〇 年 く ら い は も め

教 が 日 本 に 入 っ て き た と き に は 旧 来 の

年 ぐ ら い は か か る か も し れ ま せ ん 。 仏

う よ う に な る 。 そ こ ま で い く に は 、 千

と な ら 聞 い て み よ う か な 、 と 人 類 が 思

か 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 主 張 す る こ

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ で は な い で し ょ う

に は 浸 透 し て い か な い で し ょ う 。

そ れ を 取 り 出 し て き た だ け で は 、 人 々

ま す 。 イ ン ド は 古 来 、 い か に 生 き る べ

第 二 位 の 経 済 国 に な る と も い わ れ て い

宮 本

二 〇 五 〇 年 に は 中 国 に 次 ぐ 世 界

こ ろ に く る の は エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ や

て き ま し た 。 こ れ か ら は 、 最 も 上 の と

た 何 か を 設 定 し て 人 間 は 社 会 を 維 持 し

イ ン ド の ヴ ェ ジ タ リ ア ン の 考 え に も

非 常 に 重 要 で 崇 高 で す ら あ り ま す が 、

イ ン ド の 思 想 、 つ ま り ﹁ 梵 我 一 如 ﹂ も

し た 、 個 人 と 宇 宙 が 一 つ で あ る と す る

る 力 は な い と 思 い ま す 。 最 初 に 言 い ま

の 東 を 洋 思 み 想 出 の し 中 て か き ら て 共 も 生 、 思 も 想 う に 一 通 度 じ 訴 る え も

ャ イ ナ 教 徒 も 虫 を 殺 す 可 能 性 の あ る 農

が 同 居 し て し ま う の で す 。

い う 側 面 も あ り ま す 。 不 殺 生 と 搾 取 と

て 貧 乏 な ヒ ン ド ゥ ー 教 徒 を 搾 取 す る と

い ま す 。 ジ ャ イ ナ 教 徒 は 金 持 ち と な っ

業 に は 従 事 し な い で 、 商 業 で 暮 ら し て

ら 聞 こ う と か 、 い ろ い ろ な 対 立 を 超 え

と な ら 聞 こ う と か 、 王 様 の い う こ と な

う と 思 い ま す 。 か つ て は 神 様 の い う こ

ろ に サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ が あ る の だ ろ

だ 仏 教 だ と い う 違 い を 乗 り 超 え た と こ

す 。 た だ 、 キ リ ス ト 教 だ イ ス ラ ー ム 教

イ ン ド の 将 来 は ど う な り ま す か 。


れ ば た ま に 家 に 戻 っ て も い い が 、 食 事

林 の 中 で 暮 ら す 。 こ の 時 期 は 用 事 が あ

次 が 林 棲 期 で 、 家 督 を 子 ど も に 譲 っ て

家 に 帰 っ て 結 婚 を し て 家 族 を つ く る 。

書 生 と し て 勉 強 を す る 。 次 は 家 住 期 で 、

生 の 最 初 は 学 生 期 で 、 先 生 の と こ ろ で

﹁ 四 住 期 ﹂ と い う 考 え が あ り ま す 。 人

で す 。 紀 元 前 後 に で き た マ ヌ 法 典 に は

宮 し 本 ま う 行 の き で 先 す も か 告 。 げ な い の が 本 当 の 姿

う こ と で 藁 人 形 を 焼 き 、 カ ー ス ト を 捨

立 ち 会 い ま す 。 自 分 は こ れ で 死 ぬ と い

に 自 由 だ ﹂ と い う 。 出 家 す る 儀 式 に も

な い と わ か ら な い ﹂ ﹁ 出 家 し た ら 本 当

よ う な も の か 尋 ね る と 、 ﹁ 出 家 し て み

乗 り ま す 。 い ろ い ろ な 人 に 出 家 は ど の

必 ず 帰 っ て く る か ら と 約 束 し て 列 車 に

生 活 が ど の よ う な も の か 見 て く る が 、

の で す 。 銀 行 家 は 、 バ ナ ー ラ ス で 出 家

ん は 泣 き 出 し ま す 。 何 も 知 ら な か っ た

話 を 切 り 出 し た と た ん に 奥 さ ん と 娘 さ

で す が 、 銀 行 家 が 出 家 を 考 え て い る と

ん は 、 浮 き 浮 き し た 雰 囲 気 で 迎 え る の

さ れ て い な い の か を 精 査 し な け れ ば 、

っ て い ま す 。 そ の 思 想 が 現 在 な ぜ 重 視

た 。 し か し 、 そ れ は 今 で は 薄 れ て し ま

な 、 共 生 思 想 に 通 じ る 考 え が あ り ま し

に は 、 す べ て に 仏 性 が 宿 る と い う よ う

方 が 大 事 で は な い か と 思 い ま す 。 仏 教

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ で も そ の よ う な 見

で ﹁ 失 敗 学 ﹂ が 提 唱 さ れ て い ま す が 、

考 え 方 は 出 て こ な い の で す 。 工 学 の 方

い る た め に 、 共 に 生 き る と い う よ う な

あ り ま せ ん 。 カ ー ス ト 制 で 分 断 さ れ て

教 を 基 盤 と し た イ ン ド 哲 学 に は あ ま り

宮 ゥ 本 ー 教 仏 に 教 は に 見 は ら あ れ っ な て い も の 、 で ヒ す ン か ド 。 ゥ ー

出 家 す る と 本 当 に 家 か ら 離 れ て

ス が と ら れ て い ま す 。

レ ビ カ メ ラ が き た の で 、 奥 さ ん と 娘 さ

て 行 く と い う 道 が あ る こ と で 、 バ ラ ン

宮本久義教授.

を 連 れ て 家 に 入 る 場 面 が あ り ま す 。 テ

り ま し た 。 そ の 銀 行 家 が ビ デ オ ク ル ー

い 銀 行 家 を 取 材 し た テ レ ビ 番 組 を つ く

宮 ど 本 う な 私 の の で 友 し 人 ょ が う B か B 。 C で 、 出 家 し た

来 は 決 め ら れ て し ま う の で す か ら 。

な っ て も 、 男 性 に よ っ て 自 分 た ち の 未

た 後 の 財 産 は 残 さ れ た 家 族 の も の に は

共 生 思 想 の よ う な も の は ヒ ン ド

心 に で き て い る と 思 い ま し た 。 出 家 し

は 外 で す る 。 最 後 が 遊 行 期 で 、 奥 さ ん

か ら 離 れ て 一 所 不 住 で 、 最 終 的 に は ど

ー 教 徒 の 理 想 の 生 き 方 で す 。

こ か で 野 垂 れ 死 で す 。 こ れ が ヒ ン ド ゥ

ヒ ン ド ゥ ー 教 の 教 義 は 相 対 的 に 男 性 中

家 を 思 い と ど ま り ま す が 、 そ れ を 見 て 、

て る 儀 式 で す 。 結 局 、 そ の 銀 行 家 は 出

女 性 の 側 か ら 見 た ら 出 家 遊 行 は




図 1 コンクリートリングにより改善されたオーバーハングラトリン .

図 2 コンクリートリングメーカーにおける聞き取り調査 .

図 3 ヒ素分析のための地下水のサンプリング .



ス シ ン ボ ル に な っ た こ と と 衛 生 教 育 が

衛 生 的 な 問 題 に 取 り 組 ん で い る う ち の 供 給 を 進 め て き た 。 し か し 皮 肉 に も

導 入 し 始 め た 。 こ れ が 一 種 の ス テ イ タ

で 余 裕 の あ る 家 庭 が 衛 生 的 な ト イ レ を

ン グ を 製 造 し 始 め 、 そ の う ち 出 稼 ぎ 等

九 八 〇 年 代 か ら 住 民 組 織 や N G O が リ

1 拡 こ ︶ 。 散 と

最 初 は 政 府 か ら 補 助 金 が 出 て 一

を 防 ぐ と い う 仕 組 み で あ る

っ て い る

衛 生 設 備 や 水 供 給 実 態 の 調 査 研 究 を 行

究 室 で は 毎 年 学 生 を 伴 い 、 こ の よ う な

レ が 広 く 普 及 し 現 在 に 至 っ て い る 。 研

リ ン グ の 商 業 化 が 進 ん で 衛 生 的 な ト イ

も 住 民 が 進 ん で 導 入 し 、 コ ン ク リ ー ト

普 及 し た こ と に よ り 、 補 助 金 が な く て

ら 地 下 数 十 メ ー ト ル の 深 い と こ ろ ま で

グ ラ デ シ ュ で は 一 九 七 〇 年 代 く ら い か

尿 に よ る 汚 染 の 危 険 が あ る た め 、 バ ン

な っ て き た 。 池 の 水 や 浅 い 地 下 水 は し

素 に よ る 健 康 被 害 が 大 き な 社 会 問 題 に

に 一 九 九 〇 年 代 半 ば か ら 地 下 水 中 の ヒ

︵ 図 2 ︶

管 井 戸 を 国 中 に 掘 り 、 病 原 菌 の な い 水

に よ り 環 境 中 へ の し 尿 と 病 原 ︵ 菌 図 の


の 乾 期 に は 、 か ら し 菜 ︵ マ ス タ ー ド ︶

す る 。 川 が 運 ん で き た 肥 沃 な 土 壌 は 冬

ふ れ た 水 で 住 宅 の 庭 が 魚 釣 り 場 に 変 身

ー ト 、 さ と う き び な ど が 収 穫 さ れ 、 あ

没 す る 。 雨 期 に は 村 落 部 で 浮 稲 や ジ ュ

な る と 国 土 の 何 割 も が 一 ∼ 二 カ 月 間 水

あ る 。 毎 年 夏 の モ ン ス ー ン シ ー ズ ン に

バ ン グ ラ デ シ ュ は 水 と 共 生 す る 国 で

多 か っ た 。 そ の た め 小 学 校 高 学 年 の 女

舎 は あ る が ト イ レ が な い と い う 状 況 が

は 初 等 教 育 の 拡 大 期 で 、 小 学 校 で は 校

調 査 に 携 わ っ た 。 当 時 バ ン グ ラ デ シ ュ

に 小 学 校 に お け る ト イ レ の 普 及 活 動 の

一 九 九 〇 年 代 に は U N I C E F と と も

と 衛 生 の 問 題 に 取 り 組 ん で き た 。 当 初

ュ に 一 九 九 三 年 以 来 、 ほ ぼ 毎 年 通 い 水

イ レ の 下 に コ ン ク リ ー ト リ ン グ を 置 く

流 し に し て い た も の で あ っ た 。 そ の ト

に 張 り 出 し 、 た め 池 の 中 に し 尿 を 垂 れ

ト イ レ は そ れ ま で 伝 統 的 に た め 池 の 上

も の が コ ン ク リ ー ト 製 の リ ン グ で あ る 。

そ の ト イ レ の 改 善 に 用 い ら れ て き た

完 成 し て い な い 。

二 〇 年 を 要 す る た め 、 い ま だ に 研 究 は

フ 便ィ りー ル ド

バ ン グ ラ デ シ ュ と

北 脇 秀 敏

水 ・ 衛 生

要 因 に な る 。 筆 者 は そ の バ ン グ ラ デ シ

コ レ ラ や 赤 痢 等 の 水 系 感 染 症 を 広 め る

や 経 済 に 多 大 な 影 響 を 及 ぼ す と と も に

一 方 で 洪 水 は 、 道 路 を 水 没 さ せ 物 流

調 査 を 行 っ た 。 し か し そ の 証 明 に は 約

人 口 対 策 に も な る と い う 仮 説 を た て て

く な り 、 結 婚 年 齢 が 高 く な る と と も に

た 女 子 も 小 学 校 に 戻 っ て き て 学 歴 が 高

東 洋 大 学 国 際 地 域 学 部 教 授 ︵ 衛 生 工 学 ︶

な ど を 栽 培 す る 広 大 な 畑 に な る 。

学 校 に ト イ レ が で き れ ば 一 二 歳 を 過 ぎ

の 数 を 減 ら す こ と に も つ な が る 。 ま た

ト イ レ も 改 善 さ れ 、 下 痢 症 で 死 ぬ 子 供

ハ ン グ ラ ト リ ン と 呼 ば れ る 垂 れ 流 し の

の 衛 生 意 識 も 変 わ り 各 家 庭 の オ ー バ ー

作 り 衛 生 教 育 を 行 え ば 子 供 を 通 じ て 親

が る と 言 わ れ て い た 。 学 校 に ト イ レ を

産 む 子 供 の 数 が 増 え 、 人 口 増 加 に つ な

家 事 を 手 伝 う た め 早 婚 に な り 結 果 的 に

子 児 童 は 恥 ず か し く て 学 校 に 通 わ ず 、




図 4 天を仰ぐパラボラアンテナ(2006 年 8 月,筆者撮影).

図 5 お 世 話 に な っ た家族。たくさんの好 意に支えられている (2005 年 11 月, 右 から 2 人目が筆者) .

み 解 い て い き た い ︵ 図 5 ︶

の を 見 な が ら 、 人 々 の 行 動 の 背 景 を 読



地 域 の 人 々 と 同 じ も の を 食 べ 、 同 じ も

る 。 今 後 も 、 変 化 の 最 前 線 に 飛 び 込 み 、

と は 、 フ ィ ー ル ド ワ ー ク の 醍 醐 味 で あ

た ま だ 誰 も 知 ら な い 実 態 を 解 明 す る こ

因 が 複 雑 に 絡 ま り 合 っ て い る 。 こ う し

ル 化 、 企 業 の 進 出 な ど 、 さ ま ざ ま な 要

ラ ボ ラ だ け で は な い 。 政 策 、 グ ロ ー バ

い る 森 林 利 用 の 急 速 な 変 化 の 原 因 は パ

二 〇 〇 〇 年 の 地 方 分 権 化 以 降 、 西 ク

す る 、 な ん て ス ト ー リ ー は ど う だ ろ う 。

ボ ラ の 数 が 増 え る と 、 焼 畑 面 積 が 減 少

発 見 に 満 ち て い る 。 例 え ば 、 例 の パ ラ

を 聞 い て ま わ る 。 フ ィ ー ル ド ワ ー ク は

聞 も な か っ た 地 域 で 、 ジ ャ カ ル タ の ニ

関 先 に パ ラ ボ ラ が 立 て ら れ 、 今 ま で 新

レ ビ 、 と い う の は 世 界 共 通 ら し い 。 玄

ラ 整 備 が 進 ん だ 。 電 気 が 来 た ら ま ず テ

タ イ 県 で は 電 化 や 道 路 整 備 等 の イ ン フ

減 こ 焼 い し 的 の 後 テ に ュ も る う 畑 、 に で 二 。 レ は ー ち 。 し を と く 現 倍 こ ビ な ス ろ て や い い 金 以 れ と っ が ん 、 め う 。 収 上 は パ た 見 パ て 話 そ 入 。 現 ラ が ら 、 現 ラ ゴ が こ の 焼 地 ボ 、 れ ボ ム 村 へ 少 畑 の ラ 問 る 在 ラ を か 、 な 農 サ の 題 よ 西 が 植 ら ゴ い 民 ラ セ も う ク 増 え 村 ム 人 の リ ッ あ に タ え る へ が 々 よ ー ト る な イ る 人 と 県 に う マ で 。 っ と が 伝 か は な ン 四 高 た で 焼 現 わ る 手 、 の 万 い 。 起 畑 れ り ら が 自 月 円 の 便 き が る 、 し だ 給 収 前 だ 利 て 。 。


位 置 す る 。 し た が っ て こ の 地 で は 、 パ

ネ シ ア の カ リ マ ン タ ン 島 は 赤 道 直 下 に

あ る 。 一 方 、 私 の 研 究 対 象 地 、 イ ン ド

見 上 げ て い る 。 日 本 で は 普 通 の 光 景 で

ン ダ の 手 す り で 、 ツ ン と 澄 ま し て 空 を

﹁ 赤 道 直 下 ﹂ を 実 感 し た の だ っ た 。 そ

こ の 少 し 滑 稽 な パ ラ ボ ラ の 姿 に 一 番 、

本 と は 全 く 違 う 熱 帯 の 国 。 そ れ な の に 、

る 食 事 も 、 も ち ろ ん 道 行 く 人 々 も 、 日

る ラ ︵ ボ 図 ラ 4 は ︶ 。 ほ 気 ぼ 候 真 上 も を 、 見 植 上 生 げ も る 、 こ 出 と て に く な

先 に 腰 掛 け て は お じ さ ん お ば さ ん に 話

を か き 集 め る 一 方 で 、 農 村 を 訪 れ 、 軒

た め 、 役 所 回 り を し て 条 例 な ど の 文 書

う の が 私 の 研 究 テ ー マ だ 。 政 策 分 析 の

に ど の よ う な 影 響 を 与 え る の か 、 と い

テ レ ビ 用 の パ ラ ボ ラ ア ン テ ナ 。 ベ ラ

の 変 化 が 、 地 域 住 民 の 生 活 や 森 林 利 用

東 京 大 学 大 学 院 博 士 課 程 ︵ 国 際 森 林 環 境 学 ︶

ね よ う と し て い る 。 そ う し た 森 林 政 策

棚 橋 雄 平  

林 管 理 を 、 積 極 的 に 地 域 住 民 の 手 に 委

パ ラ ボ ラ ア ン テ ナ の 示 す も の

県 で は 、 今 ま で 中 央 集 権 的 で あ っ た 森

越 境 と 躍 動 の フ ィ ー ル ド ワ ー ク ⑤

カ リ マ ン タ ン 島 の 内 陸 部 、 西 ク タ イ

れ 以 来 、 な ん と な く 気 に な る 存 在 だ 。

リ レ ー 連 載

︵ ヒ 素 と 共 存 す る 鉄 に グ ア バ 葉 中 の タ

ヒ 素 除 去 の モ ニ タ リ ン グ を で き る 手 法

能 な グ ア バ の 葉 を 用 い て 住 民 が 自 身 で

っ て い る 。 研 究 で は 現 地 で 広 く 入 手 可

学 研 究 費 を 得 て そ の 対 策 の 研 究 に 携 わ

国 中 で 出 て い る 。 筆 者 は こ こ 数 年 、 科

グ メ ー カ ー の 収 入 向 上 と を 兼 ね 備 え た

住 民 の 健 康 向 上 と 、 商 業 化 に よ る リ ン

置 の 制 作 に 用 い よ う と い う も の で あ る 。

を そ の ま ま ヒ 素 除 去 の た め の 砂 濾 過 装

中 で 普 及 し て い る コ ン ク リ ー ト リ ン グ

。 装 置 の 構 造 は 、 す で に 述 べ た 国

て い る 。

開 発 モ デ ル を 提 案 し て 行 き た い と 考 え

業 化 し 、 現 地 の 自 立 的 発 展 に 寄 与 す る

ダ ッ カ に て ︶

︵ 二 〇 〇 七 年 八 月 、 バ ン グ ラ デ シ ュ ・

合 が 多 く 、 皮 膚 ガ ン な ど の 健 康 被 害 が

基 準 は そ の 五 分 の 一 ︶ を 超 え て い る 場

準 で あ る 〇 ・ 〇 五 m g / L ︵ 世 界 的 な

地 下 水 中 の ヒ 素 が バ ン グ ラ デ シ ュ の 基

3 去 な 用 ン ︶ 装 ど ︶ ニ

を 通 じ て 住 民 が 入 手 可 能 な ヒ ︵ 素 図 除

を 開 発 す る と と も に 、 現 地 N G O

ン が 反 応 し て 黒 く な る 反 応 を 利

あ る 。 今 後 は こ の よ う に 適 正 技 術 を 商

ラ デ シ ュ に 管 井 戸 や リ ン グ 式 ト イ レ が

も の で あ り 、 成 功 す れ ば か つ て バ ン グ

置 の 普 及 に 取 り 組 ん で い る

普 及 し た よ う に 国 中 に 広 が る 可 能 性 が




で は 自 然 に 対 す る ど の よ う な 価 値 意 識

探 求 し 、 第 二 ユ ニ ッ ト で は 今 の ア ジ ア

イ ン ド や 中 国 の 哲 学 に お け る 自 然 観 を

の ユ ニ ッ ト が あ り 、 第 一 ユ ニ ッ ト で は

ま せ ん 。

が あ る だ け で は よ く な る も の で は あ り

と つ な げ て い く の か 。 地 球 環 境 は 知 識

う の で す が 、 そ れ を ど う や っ て 実 践 へ



フ ッ サ ー ル の 問 題 意 識 と 、 わ れ

フ ィ と い う 環 境 問 題 と 哲 学 を 結 び 付 け

に 、 河 本 英 夫 先 生 か ら エ コ ・ フ ィ ロ ソ

書 い て 、 非 常 勤 と し て 働 い て い る と き

と が 研 究 テ ー マ で し た 。 そ れ で 博 論 を

う や っ て つ く ら れ て く る の か と い う こ

や 習 慣 に 根 付 い た そ の よ う な 行 動 が ど

識 し て と る も の で は あ り ま せ ん 。 文 化

で し ょ う 。 そ う い っ た 身 体 の 動 き は 意

入 っ て く れ ば ま た 別 の 身 体 体 勢 を と る

ま す し 、 も し も こ こ に 急 に 誰 か 教 授 が

と 部 屋 に 一 人 で い る と き の 体 勢 は 違 い

ば 、 今 こ う し て お 話 し て い る 身 体 体 勢

識 的 な 側 面 に 興 味 を も ち ま し た 。 例 え

人 間 の 身 体 行 動 も 含 め て 、 意 識 の 無 意

大 学 に 入 り 、 山 口 一 郎 先 生 に 出 会 い 、

勉 強 し た か も し れ ま せ ん

稲 う 垣 対 処 東 し 洋 た 大 ら 学 い の い T の I で E し P ょ h う に か は 。 三 つ

稲 じ わ 垣 る れ も が 第 の 地 一 が 球 次 あ 環 世 り 境 界 ま に 大 す 抱 戦 か く が 。 危 大 機 き 意 な 識 契 と 機 は と 通

で は な い か と 感 じ て い ま す 。

す で に 異 な る 局 面 に 進 ん で し ま っ た の

る 場 が な く な る と い う 危 機 で 、 こ れ は

そ も そ も 生 命 が 生 き る こ と を 可 能 と す

あ る と 思 い ま す が 、 地 球 環 境 問 題 は 、

ル の 危 機 意 識 で す 。 今 も こ の 延 長 上 に

失 っ て し ま っ た と い う の が 、 フ ッ サ ー

め 、 近 代 の 合 理 化 は 進 む べ く 目 標 を 見

す 。 人 間 の 生 の 意 味 に 照 ら さ れ な い た

領 域 と し て 置 き 去 り に さ れ て き た の で

化 で き な い も の は 、 科 学 で は 扱 え な い

間 が 生 き る 意 味 の よ う に 、 う ま く 数 値

う に な り ま し た 。 近 代 化 の な か で 、 人

と か 学 問 の 危 機 が さ か ん に い わ れ る よ

な っ て 、 ヨ ー ロ ッ パ で は 、 文 明 の 危 機

限 ら ず 有 効 な 思 想 は た く さ ん あ る と 思

の あ り 方 が 変 わ る と こ ろ ま で に は な か

見 た だ け で は 、 環 境 へ の 意 識 や 、 生 活

よ う と す る で し ょ う が 、 ﹁ 内 経 図 ﹂ を

ら れ れ ば 、 何 と か し て 環 境 を 回 復 さ せ

こ と を 自 ら の 身 体 が 傷 つ く よ う に 感 じ

し ょ う 。 確 か に 、 地 球 や 環 境 が 傷 つ く

こ れ を 読 ん で 感 銘 を 受 け る 人 は 多 い で

に 通 じ る と い う 思 想 を 紹 介 し て い ま す 。

自 然 を 汚 す こ と は 自 分 自 身 を 汚 す こ と

ス テ ナ ﹄ 第 2 号 に ﹁ 内 経 図 ﹂ を 出 し て 、

ト で は 、 例 え ば 、 山 田 利 明 先 生 が ﹃ サ

ユ ニ ッ ト に 属 し て い ま す 。 第 一 ユ ニ ッ

と を 考 え よ う と し て い ま す 。 私 は 第 三

境 デ ザ イ ン と し て 実 践 に 結 び つ け る こ

ッ ト で は 二 つ の ユ ニ ッ ト の 成 果 を 、 環

が も た れ て い る の か 調 査 し 、 第 三 ユ ニ

東 洋 大 学 の 公 募 に 応 じ た の で す 。

る 課 題 に 取 り 組 ん で み な い か と い わ れ 、

な か 至 ら な い は ず で す 。 ﹁ 内 経 図 ﹂ に

そ の よ う な 危 機 に わ れ わ れ は ど

︵ 笑 ︶

。 東 洋


献 で き る の か と い う こ と の 二 点 が あ る

が エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ に ど の よ う に 貢

に 関 わ れ る の か と い う こ と と 、 私 自 身

環 境 や サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と ど の よ う

稲 よ エ 垣 う コ な ・ そ と フ の こ ィ ご ろ ロ 質 に ソ 問 あ フ に る ィ は の と 、 で の 哲 し 関 学 ょ わ ・ う り 思 か は 想 。 ど が の

そ こ そ こ い い と こ ろ ま で は い き ま し た

一 筋 で し た 。 ラ イ ブ を 頻 繁 に や っ て 、

や り た か っ た の で す 。 大 学 生 活 は 音 楽

〇 年 代 の 黒 人 音 楽 が 大 好 き で 、 そ れ が

に 出 た く て 。 実 は 、 フ ァ ン ク と い う 七

稲 垣

か ら 始 め ま す と 、 も と も と 私 は 大 学 の

で 。 大 学 に 入 っ て か ら そ の と き が 一 番

語 と 哲 学 史 を 勉 強 し ま し た 。 全 部 独 学

を 卒 業 す る と 北 海 道 に 帰 っ て 、 ド イ ツ

つ と 哲 学 史 の 素 養 が 必 要 な た め 、 大 学

稲 垣

大 学 院 を 受 け る に は 外 国 語 が 二

北 海 道 で 育 っ て 、 と に か く 東 京

哲 学 の 大 学 院 を 受 け た の で す か 。

と 思 い ま す 。 ま ず 私 の 経 歴 的 な と こ ろ

法 律 家 を 目 指 し て い た の で す か 。

法 学 部 に い ま し た 。

T I E P h の 研 究 助 手 の 稲 垣 諭 さ ん に お 話 を 伺 っ た 。

現 象 学 が ご 専 門 と の こ と で す が 、

す て い 。 、 っ 現 て 象 い 学 る の の 道 だ に ろ 進 う も と う 非 と 常 考 に え 気 た に の な で っ

て よ く わ か ら な か っ た の で す が 、 何 を

い た ん で す 。 フ ッ サ ー ル の 本 は 難 し く

美 し く 整 備 さ れ た 東 洋 大 学 白 山 キ ャ ン パ ス の 文 学 部 で 、

い と 思 い 込 ん で い ま し た か ら 本 当 に 驚

そ こ か ら さ ら に 徒 歩 で 二 〇 分 余 り 。 大 学 の 正 門 の 奥 に 井 上 円 了 像 が あ る 。

書 い て あ っ て 、 私 は 科 学 の 進 歩 は す ご

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構 の 本 部 が あ る 。 現 在 の 東 洋 大 学 へ は

後 に 東 洋 大 学 へ と 発 展 し た 。 麟 祥 院 か ら 五 分 ほ ど 歩 い た 東 京 大 学 構 内 に

哲 学 と 宗 教 の 啓 発 の た め に こ の 境 内 で 開 い た 私 塾 ﹁ 哲 学 館 ﹂ が 、

そ の 山 門 脇 に ﹁ 東 洋 大 学 発 祥 之 地 ﹂ の 石 碑 が 立 つ 。 一 八 八 七 年 に 井 上 円 了 が

東 京 都 の 湯 島 に 春 日 局 の 菩 提 寺 と し て 知 ら れ る 麟 祥 院 が あ る 。

本 を 手 に し た の で す 。 科 学 が だ め だ と

諸 学 の 危 機 と 超 越 論 的 現 象 学 ﹄ と い う

と 、 偶 然 、 フ ッ サ ー ル の ﹃ ヨ ー ロ ッ パ

哲 学 的 な 要 素 も そ こ に 入 れ て み よ う か

バ ン ド で は 作 曲 を し 、 詞 も 書 い て い て 、

若手の 部屋 ︵﹁東 Tエ Iコ洋 E・大 Pフ学 hィ ロ ︶ のソ 巻フ ィ ﹂ 学 際 研 究 イ ニ シ ア テ ィ ブ バ ン ド が う ま く い か な く な り ま し て ⋮ 。

ま て か す い ら ︵ た 、 笑 ら も ︶ 。 、 し し こ も か こ そ に ち し は ら 、 い の 人 な 道 間 か が 関 っ も 係 た っ な と と ど 思 開 で い け 


民 農 園 が あ る か と 思 っ て い ま す 。 都 市

い い と 考 え て い て 、 一 つ の 例 と し て 市

っ て い な が ら 、 研 究 し た こ と が そ の 人

か た を と ら え る た め の 方 法 だ と 平 生 い

現 象 学 と は 日 常 生 き て い る 人 間 の あ り

確 か 日 本 で は 五 ○ ○ 人 く ら い い ま す 。

も の な の で す 。

の 課 題 は 私 に と っ て 、 や り が い の あ る



ら せ る よ う な 環 境 設 定 が 考 え ら れ た ら   私 の 属 し て い る 現 象 学 会 の 会 員 は 、 て い く の か と い う エ コ ・ フ ィ ロ ソ フ ィ

れ ま せ ん 。 日 本 は 四 季 が は っ き り し て

環 境 へ の 感 度 が 相 当 鈍 っ て い る か も し

稲 が 垣 風 土 日 の 本 違 の い 都 で 会 す で ね 生 。 活 し て い る 人 は

稲 気 の 垣 の よ い う 任 る な 期 こ 学 が と 際 決 で 的 ま は 研 っ あ 究 て り に い ま 踏 る せ み の ん 込 で か む 、 。 の 自 は 身 勇

選 択 肢 だ と 思 い ま す 。

味 を 持 つ 場 に な る た め の 一 つ の 身 近 な

ま せ ん 。 市 民 農 園 は 、 思 想 が 生 き た 意

研 究 会 の 中 で フ ッ サ ー ル を 研 究 す る だ

な っ て 、 自 分 の 研 究 成 果 を 学 生 に 伝 え

こ の 職 に 就 い て 講 義 を 受 け 持 つ よ う に

哲 学 を こ こ ろ ざ し た の で す 。 と こ ろ が 、

文 章 を 書 く の も 一 つ の 手 段 だ と 思 い 、

恐 れ が あ り ま す 。 そ の よ う な 感 度 を 蘇

す る 膨 大 な も の を 忘 れ て し ま っ て い る

な く て も 生 き て い け る の で 、 自 然 に 関

で は 、 自 然 の ダ イ ナ ミ ズ ム を 感 じ 取 ら

う な の か 実 は 疑 わ し い で す 。 特 に 都 会

と 強 く 思 っ て い ま す 。

領 域 で す か ら 、 研 究 は 続 け て い き た い

あ る の で す が 、 興 味 の つ き な い

の 研 究 や 生 活 の 持 続 性 と い っ た 問 題 も

そ の 意 味 で も 哲 学 を 現 実 と ど う つ な げ

で や り 直 す 必 要 が あ る と 感 じ て い ま す 。

だ 課 題 を も う 一 度 私 た ち が 現 実 の な か

け で は な く て 、 フ ッ サ ー ル が 取 り 組 ん

︵ 笑 ︶

に 敏 感 だ と よ く い わ れ ま す が 、 今 も そ

い う 現 実 に ぶ ち あ た り ま し た 。 小 さ な

い る た め 、 日 本 人 は 季 節 の 移 り 変 わ り

よ う と す る と 、 ま っ た く 伝 わ ら な い と

と こ ろ で 、 若 手 研 究 者 と し て こ

の 周 辺 で は 市 民 に 農 地 を 貸 し だ す 市 民

農 園 の 予 約 が 殺 到 し て い る ら し い で す 。

る で 違 う と い う 感 じ で す 。

ら わ に な る の で す 。 大 気 へ の 感 度 が ま

て い な い 部 屋 に 入 っ た だ け で 不 快 が あ

が 、 窓 を 開 け ま す 。 ド イ ツ 人 は 換 気 し

私 に し て み れ ば 寒 く て な ら な い の で す

味 が 実 感 と し て わ か っ て く る か も し れ

か ら 、 自 給 自 足 と い う こ と の 本 来 の 意

ば 、 そ れ で い い と 思 い ま す 。 そ の な か

ど も や 孫 に 食 べ さ せ 、 そ れ で 満 足 す れ

自 分 の つ く っ た 野 菜 を 自 分 で 食 べ 、 子

そ こ で は 、 あ え て 環 境 と い わ な く て も 、

れ な ら 一 人 で 何 か で き な い か と 考 え 、

す 。 バ ン ド が う ま く い か な く な り 、 そ

ら う と い う こ と に 興 味 が あ っ た か ら で

は 、 何 か を つ く っ て そ れ を 人 に 見 て も

で す 。 学 生 時 代 に 音 楽 を や っ て い た の

数 に し か 伝 わ ら な い の は お か し な こ と

そ の よ う な 感 度 の 違 い を 生 む の


う な 可 能 性 の 土 壌 を つ く る モ デ ル を 提

行 動 を と る よ う に な っ て い た と い う よ

づ く の で す 。 い つ の ま に か 環 境 に い い

初 め て 、 自 分 が 変 わ っ て い る こ と に 気

れ る と 、 ち ょ っ と 躊 躇 し ま す 。 そ の 時

と 、 逆 に 分 別 し な く て も い い 場 に 置 か

あ っ て も 、 分 別 し て い る こ と に 慣 れ る

な っ て い ま し た 。 最 初 は い や い や で は

一 緒 に ド ー ン と ゴ ミ 箱 に 捨 て る よ う に

ら 、 紙 コ ッ プ や プ ラ ス チ ッ ク 皿 な ど を

強 く あ る か ら だ と 思 い ま す 。 そ の よ う

的 な も の へ の 感 受 性 が 日 本 人 に は 特 に

て い ま す 。 宮 崎 作 品 に 潜 む ア ニ ミ ズ ム

駿 監 督 の 映 画 は 多 く の 人 々 に 歓 迎 さ れ

び つ け て い け る の か を 考 え た い 。 宮 崎

プ ロ ー チ を す れ ば 、 有 効 な 実 践 へ と 結

で す 。 そ の よ う な 人 々 に ど の よ う な ア

満 足 し て 、 普 通 の 生 活 に 戻 っ て い く の

う 。 し か し 大 半 の 人 は 、 楽 し か っ た と

覚 め 、 そ の 道 へ と 進 む 人 も い る で し ょ

歩 く こ と で 、 森 林 を 保 護 す る こ と に 目

と で す 。 冬 の 氷 点 下 の よ う な と き で も 、

は 、 授 業 が 終 わ る た び に 窓 を 開 け る こ

の で す 。 ま た ド イ ツ の 大 学 で 驚 い た の

は 比 べ も の に な ら な い く ら い 気 を 使 う

に 過 ご す か と い う こ と に は 、 日 本 人 と

よ う な と こ ろ は 許 し 、 余 暇 を ど う 有 効

レ ー ム 殺 到 で し ょ う 。 ド イ ツ 人 は そ の

と い う 感 じ が し ま す 。 で も 日 本 で は ク

が 割 れ た り し て い て も 、 ま あ い い か な

の 袋 が 破 れ て 少 し こ ぼ れ て い た り 、 卵

に い ま す と 、 ス ー パ ー で 売 っ て い る 塩

ハ ワ イ に 行 っ た と き に 食 事 を し ま し た

こ の 前 の T I G S の シ ン ポ ジ ウ ム で

稲垣諭氏(東洋大学研究助手) .

す が め と い る を 稲 例 。 あ て し い べ 整 垣 え る い て と き 理 ば の く は い だ し 哲 か の 、 う と て 学 、 エ と か 理 考 思 提 と コ い 、 想 え う 示 し ツ う 埋 と も 理 し て ア こ め 現 あ 想 た は ー と て 実 る を り 、 に に い の と 語 、 い 行 興 く 隙 思 っ 誰 ろ っ 味 有 間 い た も い て が 効 を ま り が ろ 森 あ な ど す す そ な 林 り 手 う 。 れ う 思 を ま 段 埋 私 ば あ 想 本 の こ と が わ か っ た り し ま す 。 ド イ ツ

な か 気 づ き ま せ ん 。 外 に 出 て 初 め て 日

  風 土 と い う の は 、 そ こ に い る と な か

要 に な っ て く る で し ょ う 。

っ た 風 土 的 な も の へ の ア プ ロ ー チ が 重

然 や 文 化 性 や 人 間 の 身 体 性 が 一 緒 に な

単 な る 気 候 や 資 源 の 問 題 で は な い 、 自

く 可 能 性 が 高 く な る か も し れ ま せ ん 。

あ ろ う と す る 行 動 へ と 人 々 を 変 え て い

こ と で す 哲 か 学 。 が 実 践 へ と 踏 み 出 す と い う

示 で き た ら い い の で は と 思 っ て い ま す 。

的 な も の を 提 示 す れ ば 、 自 然 と と も に

な 日 本 人 の 特 性 を よ く つ か ん で 、 思 想




書籍紹介

『地球持続学のすすめ』 武内和彦著

サステナ 情報室

サステナくんの 顔は?

楽しもう

本誌の表紙に毎号登場しているキャラクタ ー(サステナくん)は,何歳くらいで,ど んな顔をしているのでしょうか. 去る 6 月 16-17 日に行われた茅ヶ崎環境 フェアでは, 「サステナくんの顔を描こう!」 というコーナーが設けられました.サステナ くんの輪郭の中に,サステイナビリティのた めに日夜努力している人のイメージを自由 に描いてもらいました(参加者 475 人) . 下はその一例です. 近く,IR3S のホームページに「サステナ くんを描こう」のコーナーを設置する予定 です.皆様もすてきなサステナくんを描い てください.

川口まみさんの 作品



「大いばりする家主やその家の子どもたち に遠慮しながら,屈辱的な思いを抱きつつ, 後ろのほうでテレビをみせてもらった」. 近所の家に初めて入ったテレビ(もちろん 白黒)をみにいったときのこのエピソード から本書は始まります. 若い人にとって,テレビなどの電化製品は, 生まれたときから当たり前のように家に存 在していたことでしょう.高度経済成長期 以前に生まれた世代にとっては,テレビ, 洗濯機,電子レンジ,ステレオなどが家に 入ってきたときそれぞれに思い出がありま す.地球環境問題も,若い世代にとっては, 生まれたときから「問題」として存在してい たわけですが,昭和 30 年代までは,煙もく もくは繁栄の象徴とされ,地球環境問題は おろか,公害ということばも聞かれませんで した. 本書は,サステイナビリティ学連携研究機 構の副機構長である武内和彦教授が,岩波 ジュニア新書の 1 冊として中高生向けに, 研究者としての個人史をなぞりつつ,サス テイナビリティ学の誕生に向かっていくあ りさまを描いたものです. 遠慮しつつよその家でテレビを見ていた武 内少年が,高校・大学・研究者と成長して いくのと並行して,環境に関する社会の意 識は大きく変化し,海外でのフィールドワ ークに頑張る武内青年は「持続可能性」の 探求へと進んでいきます. ここにしか書かれていな い『サステナ』の裏話も あって,本誌の読者には 必見です.

2007 年刊 (岩波ジュニア新書 ) 222 頁 本体 740 円


サステナ ファミリー

ぐだぐだいわない

第3回

な る だ け 。 地 球 も お ん な じ ﹂ と い う わ け だ 。

い 訳 し て 何 も し な い で い る と 、 ど ん ど ん 悪 く

悟 っ た 。 ﹁ 痛 い の 、 か ゆ い の と 、 ぐ だ ぐ だ 言

も ち ゃ ん と リ ハ ビ リ す れ ば 元 気 に な る は ず と

で 骨 折 。 い ま は リ ハ ビ リ に 通 う 。 そ れ で 地 球

自 転 車 を 乗 り 回 し 、 こ の 間 は う っ か り こ ろ ん

サ ス テ ナ お ば あ は 八 十 歳 に な る と い う の に

娘 婿 の サ ス テ ナ 教 授 に ず け ず け と い う 。

り だ か ら 、 自 分 で や る し か な い よ う だ ね ﹂

﹁ あ た し は 、 あ ん た よ り は 長 生 き す る つ も

変 わ る 可 能 性 は あ る と 思 い ま す け ど ﹂

﹁ ど こ か で 成 功 例 が 出 て く れ ば 、 ガ ー ッ と

で き る の か 、 あ た し に は わ か ら な い ね ﹂

き な い こ と が 、 ど う し て 五 ○ 年 先 に な っ た ら

と う と う 店 を 潰 し て し ま っ た 。 い ま す ぐ に で

に 対 し て は 、 そ の う ち と か で ね 、 後 手 後 手 で 、

よ り は わ が 身 か わ い さ な ん だ ろ う ﹂

っ か り 世 間 並 み の セ ン セ ー だ ね 。 結 局 、 地 球

込 み が あ る か と 思 っ て い た け ど 、 今 じ ゃ あ す

﹁ あ ん た も 教 授 に な る ま で は 、 ち っ と は 見

と い う の が 、 サ ス テ ナ お ば あ の 説 で あ る 。

書 き に 安 心 を 求 め 、 ぐ だ ぐ だ と 偉 ぶ り た が る

男 は そ も そ も 己 に 自 信 が な い か ら 、 地 位 や 肩

ス オ だ け は ま だ わ ず か な 望 み を 残 し て い る ︶ 。

ば 大 し た も の だ っ た け ど 、 結 局 、 現 実 の 問 題

﹁ う ち の 隠 居 も 、 商 売 の 理 念 と か 語 ら せ れ

書 く と か 、 い ろ い ろ や っ て い る の で す ﹂

温 暖 化 の 影 響 を 小 さ く す る よ う な シ ナ リ オ を

ま せ ん よ 。 目 標 を 二 〇 五 〇 年 ご ろ に 置 い て 、

せ ん か ら 、 い き な り 一 発 で 効 く 処 方 箋 は 出 せ

﹁ 絶 対 的 な 権 力 を 持 っ た 政 治 家 で は あ り ま

辟 易 し な が ら も 一 応 答 え よ う と す る 。

気 地 な し の 文 句 た れ ﹂ ぞ ろ い だ ︵ 小 学 生 の サ

い つ も の お ば あ の 言 い 方 に サ ス テ ナ 教 授 は

代 の 男 は サ ス テ ナ お ば あ に い わ せ る と 、 ﹁ 意

サ ス テ ナ 隠 居 、 サ ス テ ナ 教 授 、 サ ス 太 郎 の 三

活 力 旺 盛 、 何 に 対 し て も が ん が ん ぶ つ か る 。

あ 、 サ ス テ ナ 母 、 サ ス ヨ の 直 系 三 代 の 女 性 は

サ ス テ ナ 一 家 は 女 系 家 族 だ 。 サ ス テ ナ お ば

実 の あ る こ と を し た ら ど う な ん だ い ﹂

研 究 費 が く る と か の さ も し い 了 見 は 捨 て て 、

守 的 に な る 。 あ ん た も 、 環 境 と い っ て い れ ば

っ た 連 中 に 限 っ て 、 年 を と る と だ ら し な く 保

﹁ 世 界 の 変 革 と か 、 若 い こ ろ に 威 勢 の よ か




サステナ 情報室

割 からの サステナの芽生え

投 稿

岡田 登(調布市サステナサポーター) 調布の森林資源 8 年前に東京の調布市で使用済み割 をリ サイクルするボランティア活動が始まりまし た.それが今では,行政を巻き込んだゴミ の減量,ゴミ処理費の節減,および市民に 環境問題を伝える社会教育に育つまでにな り,当事者として意外な結果にとまどいを感 じるほどです.汗をかいて実践し,活動の意 義を理論づけようとし,人に伝える努力をし てきた結果だと思っています.この間にサス テイナビリティ学の 設を知り,シンポジウ ムに参加して勉強させていただき, 『サステ ナ』の配布にもお手伝いをするようになりま した. 調布市は人口 21 万人で,年間 4200 万膳 (約 170トン)の割 を消費していると推 定されます.調布市では有料の袋を使って ゴミ収集をしていますが,割 はその袋を破 ってしまう悪いゴミと考えられていました. このゴミを資源に変えるきっかけとなったの は,使用済み割 を別にして貯めていた家 庭の主婦や飲食店のおかみさんたちの知恵 でした.最初は木の割 を紙へリサイクルす る活動を細々とやっていました.ところが, 竹の割 が増えるに従い紙には不向きとな り,パーティクルボードという家具の芯材な どに使われる板に仕向けることでその解決 策を見出しました.現在は年間約 13トンを 収集しています.たったこれだけでも市のゴ ミ処理費用を 50 万円近く節減できます. ゴミの焼却量が減れば二酸化炭素の量も減 少します.私 たちはこの 使 用 済 み 割 を 「調布の森林資源」と位置づけています.



割 の回収については,市役所の中の ISO 分別ゴミ箱に「わりばし」の区分を作るな ど行政も率先して協力してくださっています. 市内の飲食店,商店街,大学の学生食堂, 一般企業の食堂,名物の深大寺そば組合も, そして多くの市民の方々も応援してくれて います.そのようにして分別された使用済み 割 を回収し,整理して箱詰めにし,リサイ クル工場へと発送する作業は“わりばしリサ イクルグループ「くるりん」”という,主婦 や退職者などからなるボランティアグループ が行っています.リサイクル工場までの運賃 は行政が負担し,運送する会社が再使用の 箱を提供し,最終の引受け会社がチップ化し て製品を製造します.行政,企業,ボランテ

(上) 積上げられた出荷 前 の 割 (1 箱 15kg が 72 箱で 1ヶ月分) . (下) 割 回収ステーシ ョンにある回収箱 (一 般市民が利用) .


ィアの共同でこのような作業が成り立ってい ます.この活動は 2005 年には「リデュー ス・リユース・リサイクル推進協議会会長 賞」,2006 年には「東京都グリーンコンシ ューマー奨励賞」を受賞しました.

切ではないかと思います.私たちは,今は 割 のリサイクルをパーティクルボードに頼 っていますが,将来的には次の方策を模索し なければならないと考えています.また現 在のやり方はあくまでボランティアの活動で, 企業としては全く成り立たないものであるこ 小さな努力から地球の持続へ とも認識しております.木材資源の利用とし 私たちは使用済み割 と対話し,多くのこと て,建築廃材によるバイオエタノールの生 を学びました.たった一膳の割 にも,歴史, 産などの実用化が目指されていますが,割 経済,環境などの数多くの問題が関係して にも新たな利用方法をサステイナビリテ います. ィ学で考えていただき,実際の現場に応用 割 は日本全体で年間 250 億膳(10 万 できる日がくるのを夢見ています.そのため トン)が消費され,その 98 パーセントが中 にも,現在行っているボランティア活動や教 国で生産されています.国産割 は森林を 育活動を続けたいと考えておりますので学 育てるのに必要な間伐から出る材木を使っ 問的なご支援を是非ともお願い致します. ていますが,中国では奥地やシベリアで白 幼稚園や小学校の子供たちが一膳の割 を 樺等を切り倒して製造しています.中国自体 持って回収ステーションにきてくれる姿を見 でも割 を使用することが増え,すでに年間 ると,小さな努力が「サステナの芽生え」 150 億膳が使われていると言われ,生活水 を作り出している実感を強くします.調布市 準の向上とともに使用量が増える傾向にあ が日本で一番サステイナブルな街になるこ ります.その中国で木材の使用に規制が適 とを望みつつ, 『サステナ』の配布にお手伝 用されて割 も価格が上がってきています. いをしております. たった一度使っただけで捨てられ燃やされて しまう割 をもったいないと感じ,リサイク ルで生き返らせられないかという思いから, 「くるりん」の活動は始まりました.私たち は,課外授業や出前講座,イベント会場での 展示,回収箱設置等を通じて,市民や子供 たちに,割 について考えてもらえる機会 をつくる活動を進めています.小さな子供に とっても身近な存在である割 から,地球 環境を守ることを考えられるようになるのは 調布市の小学 5 年生に対する環境問題出前講座 すばらしいことです.地球環境をサステイナ (2006 年). ブルにしていこうとする気持ちを育てていき たいと考えています. 私たちは学者でも研究者でもありません. しかし,地球環境を守りたい気持ちは同じで す.サステイナビリティ学に興味を持ったの は,学問を横に繫げ相互に発展させるとい う考えにひかれてのことです.それと同時に, 学問が「象 の塔」に篭っているのではな くて,私たちの市民の間におりてくることが 調布市市民プラザあくろす内市民活動支援センター ❷ サステイナビリティの可能性を強めるのに大 「はばたき」で『サステナ』を配布中.




配はい 慮りよ が 必ひつ 要よう で す ね 。

あ り ま す 。 自し 然ぜん の 営いと みな を 壊こわ さ な い

  な ど 最さい で 近きん サ は ケ 、 が ダ 川かわ ム に の 帰かえ 建けん れ 設せつ な や い 水すい こ 質しつ と 汚お が 濁だく

秋の号

︵ こ ど も サ ス テ  ナ 文 ・ 構 成 平 松 あ い ︶

と さ れ て い ま す 。 い ろ ん な 文ぶん 化か が 日に 本ほん

族 伝 承 が あ わ さ っ た 、 お 盆ぼん の よ う な 日ひ

び 、 多おお く の 生せい 命めい を 支ささ え る サ ケ は 、

っ た り し ま す 。 海うみ の 栄えい 養よう を 森もり に 運はこ

た り 、 生う ま れ て く る 稚ち 魚ぎよ の

て 分ぶん 解かい さ れ て プ ラ ン ク ト ン え さ を と 育そだ な て

みかん か

に も 伝つた わ り 、 親した し ま れ て い る の で す 。

自し 然ぜん の 循じゆ 環んか のん 中なか で 大たい 切せつ な 役やく 割わり を 果は

あき    ごう

2007 ぞ く で ん し よ う

た し て い る の で す 。

ス ト 教きよ のう 行ぎよ 事うじ 、 ケ ル ト の 大おお み そ

日か 、 ア イ ル ラ ン ド の 民みん

ぞ ︶ ﹂ と 言い っ て 、 子こ 供ども た ち が 家いえ 々いえ を ね り 歩ある く 。 キ リ

ト リ ー ト ! ︵ お か し を く れ な い と い た ず ら す る

★ ハ ロ ウ ィ ン ︵ 十 月 三 十 一 日 ︶ ﹁ ト リ ッ ク ・ オ ア ・

よ ぼう

はだ

風邪予防、肌をきれいに。

サ ス テ ナ け い じ ば ん

かわ

かず

皮をむかずに数あて! と

うら

みかんのへたを取って裏の しろ

かぞ

なか

白いすじを数えると…中の おな

かず

る こ と を 伝つた え る 本ほん で す 。

こ と 、 い の ち の 循じゆ 環んか でん あ

みかんのふさと同じ数。

死し ん で い く こ と は 自し 然ぜん な

わ っ て い く こ と 、 生い き て


ク マ の 貴きち 重よう な え さ

と な っ た り 、 腐くさ っ

を 終お え た サ ケ は 、 ま も な く 死し を 迎むか

え ま す 。 そ し て 冬ふゆ の 間あい 、だ キ ツ ネ や

下か と い わ れ て い ま す 。 産さん 卵らん ・ 受じゆ 精せい

る の は 稚ち 魚ぎよ 1 0 0 匹ぴき の う ち 2 匹ひき 以い

す 。 途とち 中ゆう で 人にん 間げん や 動どう 物ぶつ に 捕と ら れ 、 帰かえ っ て く

  時とき に サ は ケ 時じ は 速そく 川かわ 数すう に 十じつ 戻もど キ っ ロ て の か 速はや ら さ は で 、 上のぼ 何なに っ も て 食た い べ き ず ま に 、

ら れ る の か 、 完かん 全ぜん に は わ か っ て い ま せ ん 。

な ぜ ち ゃ ん と 自じ 分ぶん の 生う ま れ た 川かわ に 帰かえ っ て こ

成せい 長ちよ しう て か ら 故ふる 郷さと の 川かわ へ と 戻もど っ て き ま す 。

ロ も 北きた 太たい 平へい 洋よう の 旅たび を し 、 6 0 セ ン チ ほ ど に

あか

い しや

しぶかわ

も そ ん な 葉は っ ぱ の 一 つ で

こう

働はた きら 、 秋あき に 色いろ づ い て 散ち っ

春はる に 生う ま れ 、 夏なつ に 成せい 長ちよ しう 、

︵ 童訳作 話・・ 屋みレ ・らオ 一い・ 五なバ 七なス 五 カ 円 ー ︶ リ ア

えいよう

さ よう

しぶかわ に

抗がん作用あり。渋皮煮にすると、

たか

て い く 木き の 葉は 。 フ レ デ ィ

サ ケ のい 一つし 生よう

渋皮にも栄養が! こう か

ごみもへってダブル効果。

﹃ 葉 っ ぱ の いフ のレ ちデ のィ 旅 ﹄  

――

す 。 自じ 分ぶん は ど こ か そ ら ん 来き な て

足腰をつよくする。

栄養価が高いんだよ。

ど こ に 行い く の ?

壮うだ 大い な るい 命のち のた 旅び

あしこし

あお

こんなことわざがあるくらい

疑ぎ 問もん を も っ て い ま す 。 変か

  川かわ に 秋あき 、 か 産さん ら 卵らん 冬ふゆ を に す か る け た 、 め サ に ケ 戻もど が っ 自じ て 分ぶん き の ま 生う す ま 。 れ サ た

ちようし

柿が赤くなれば医者が青くなる! えいよう か

ケ は 、 澄す ん だ 川かわ の 砂じや 利り の 下した で 生う ま れ 、 川かわ を

おなかの調子をととのえ、

ひ ろうかいふく

風邪予防、疲労回復によい。 かき

下くだ り 、 体たい 長ちよ 1う 0 セ ン チ ほ ど に な る ま で は 沿えん

栗 (くり)

柿 (かき)

よ ぼう

岸がん で 過す ご し ま す 。 そ れ か ら 数すう 年ねん 間かん 、 何なん 千ぜん キ

の イ ガ 対たい 策さく を し た 服ふく 装そう で

園えん を 荒あ ら さ な い ■ 虫むし や 栗くり

傷いた め な い よ う に ■ 畑はた やけ 農のう

■ 採と り す ぎ な い ■ 樹じゆ 木もく を

お い し く 、 楽たの し く 。

う 、 採と り 方かた に 注ちゆ 意うい し て 、

来らい 年ねん も 立りつ 派ぱ な 実み が な る よ

果く だ 物も の 狩が り の 心こ こ 得ろ え




第5号  

特集:エコフィロソフィを提唱するー東洋大学の発信

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you