Page 1


筆者作品「聖老人」 高さ 180 cm:陶

屋久島の 自然と作品

この 2 枚

作品「聖老人」 (上) :屋久島の森に入ると, 「倒 木更新」 「切株更新」と称される世代を乗り越え ていく力強い生命の姿に魅せられる.それは屋久 杉と銘打たれた千年を生きる巨木の森のほんの一 瞬間に立ち会うに過ぎない. 「聖老人」とは,屋 久島で活躍した詩人山尾三省が呼称した縄文杉. 天柱石(下) :森を抜けて山頂に立ってみれば, 露出した巨石群に圧倒される.特異な多雨地帯で ある屋久島では急速な侵食のため険しい谷が発達 するが,これを った先端頂上付近に巨大な奇石 が取り残された.実は屋久島は洋上の岩塊なのだ という.それは海底プレートの沈み込みの摩擦熱 から発生した巨大な 熱の雫がもとで,これがゆ 太忠岳にそびえる天柱石, 花崗岩:高さ 50 m

っくりと浮上して海底を突き破ったものだとされ ている.

(島剛: 城大学准教授)  


サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)は, 東京大学,京都大学,大阪大学,北海道大学, 城大学の 参加 5 大学と,東洋大学,国立環境研究所,東北大学,千葉大学, 早稲田大学,立命館大学の協力 6 機関が連携して, サステイナビリティ学分野における世界トップクラスの ネットワーク型研究拠点を構築するものです. 『サステナ』第 4 号の特集では, 城大学の取組みを紹介します. 城大学では,地球温暖化・気候変動問題を主な対象として, アジア・太平洋の地域性を生かした適応策について検討を進めています.

特集

城から

アジア・太平洋の地域性を生かした 気候変動への適応

︵ 本 文 に 続 く  ︶

議 論 し て い き た い と 考 え て い ま す 。

適 応 の た め の 科 学 の 課 題 に つ い て

城 大 学 が 進 め て い る 、 地 球 変 動 へ の

い い の か を 重 要 な 論 点 の 一 つ と し て 、

ロ 伊 ー  藤 カ ル 今 な 日 実 は 践 、 の グ 関 ロ 係 ー を バ ど ル う な と 視 ら 野 え と た ら


巻頭エッセイ

サステイナブルな 仲間を作ろう! 小峯秀雄

城大学工学部都市システム工学科准教授 (土木工学・地盤工学)

そ の 発 想 を 発 揮 し 教 育 や 研 究 に 活 か し て い る

て い て 、 各 自 が 対 象 と す る 具 体 的 研 究 課 題 に

し た 。 皆 さ ん 、 サ ス テ イ ナ ブ ル な 発 想 を 持 っ

究 ・ 教 育 者 の 皆 さ ん と 語 り 合 う こ と が で き ま

生 物 学 や 農 学 ・ 農 業 経 済 等 を 専 門 に す る 研

で 交 流 を 持 つ 機 会 が 少 な か っ た 心 理 学 や 哲 学 、

数 多 く 持 っ た こ と で す 。 学 内 だ け で も 、 今 ま

ま す 。 そ れ は 、 一 生 の 思 い 出 に な る 出 会 い を

も う 一 つ こ の 活 動 を 通 じ て 得 た こ と が あ り

加 わ り ま せ ん か !

読 者 の 皆 さ ん も ﹁ サ ス テ イ ナ ブ ル な 仲 間 ﹂ に

是 非 、 こ の ﹃ サ ス テ ナ ﹄ を ご 覧 い た だ き 、

の 連 携 事 業 ﹁ エ コ デ イ ﹂ な ど が そ の 例 で す 。

テ ィ 学 入 門 ﹂ や

協 力 し て 開 講 し た 教 養 科 目 ﹁ サ ス テ イ ナ ビ リ

活 動 も 紹 介 し ま す 。

拭 し た よ う な 新 し い 教 育 プ ロ グ ラ ム や 学 生 の

生 は 教 え ら れ る 人 ﹂ な ど と い う 固 定 観 念 も 払

城 大 学 ・ 鹿 島 ア ン ト ラ ー ズ

城 大 学 五 学 部 の 教 員 が

に 対 す る 一 つ の 解 答 で は な い で し ょ う か 。

心 が け て い ま す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 課 題

き る 程 度 の 目 標 タ イ ム を 設 定 し て 走 る こ と を

っ 払 っ て 紹 介 し ま す 。 ﹁ 教 員 は 教 え る 人 、 学

ブ ル な 仲 間 を 文 系 ・ 理 系 な ど と い う 垣 根 を 取

刺 激 し 合 え る 城 大 学 I C A S の サ ス テ イ ナ

り 力 を 入 れ る こ と な く 、 ワ ン ラ ン ク ア ッ プ で

さ て 今 回 の ﹃ サ ス テ ナ ﹄ で は 、 こ の よ う な

と 似 て い る よ う に 思 い ま す 。 私 の 場 合 、 あ ま し て い ま す 。

い ま す 。 こ れ は 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 課 題

長 く 走 り 続 け ら れ る か ﹂ を 考 え な が ら 走 っ て

毎 回 ﹁ ど う す れ ば 、 つ ら い 気 持 ち を 持 た ず に

私 の 趣 味 の 一 つ に ジ ョ ギ ン グ が あ り ま す 。

﹁ サ ス テ イ ナ ブ ル な 仲 間 ﹂ 作 り の 環 境 を 提 供

学 生 の 皆 さ ん は も ち ろ ん 、 教 員 に 対 し て も

作 る 活 動 と 言 え ま す 。 I R 3 S / I C A S は 、

ま し た 。 ま さ に ﹁ サ ス テ イ ナ ブ ル な 仲 間 ﹂ を

か と い う 意 識 を 持 つ よ う に な り ま し た 。

あ ら ゆ る も の に 対 し て サ ス テ イ ナ ブ ル か ど う

が 始 ま っ て 一 年 が 経 ち 、 身 近 な こ と も 含 め て

私 の 身 の 回 り で I R 3 S / I C A S の 活 動

頑 張 っ て い る 方 々 と も 、 知 り 合 う こ と が で き

想 を 持 っ て 研 究 を 展 開 し 、 社 会 貢 献 し よ う と

専 門 に 凝 り 固 ま る こ と な く 、 大 い に 自 由 な 発

こ と を 知 り ま し た 。 ま た 、 外 に 目 を 向 け て も 、 


特集 討論

地球変動への 適応のための科学

城から

司会

伊藤哲司

中村 勉

り で し た 。 気 候 変 動 問 題 の 重 要 な 課 題 

掲 げ ま し た 。 そ れ が 、 I C A S の 始 ま

る の か を 考 え て 、 気 候 変 動 へ の 適 応 を

ィ 学 の テ ー マ の 中 で 城 大 学 は 何 を す

木村 競

城新聞社記者

城大学教授 (社会心理学) (ICAS 兼務教員)

常 に 広 範 囲 に わ た る サ ス テ イ ナ ビ リ テ

ま し た が 、 そ れ に 応 募 す る と き に 、 非

テ 三 ィ  村 学 連 昨 携 年 研 の 究 四 機 月 構 に が 、 本 サ 格 ス ス テ タ イ ー ナ ト ビ し リ

け ま す か 。

各 部 門 の 動 き を 手 短 に 紹 介 し て い た だ

年 で す 。 こ の 間 の 取 り 組 み に つ い て 、

城大学教授 (哲学・倫理学) (ICAS 協力教員)

究 伊 機  藤 関 ︵ I 城 C 大 A 学 S の ︶ 地 が 球 動 変 き 動 出 適 し 応 て 科 約 学 一 研

こ れ ま で の 取 り 組 み は

ま て を と す 、 持 く 。 質 っ に 問 て や い 城 コ ま 大 メ す 学 ン 。 の ト 皆 活 を さ 動 さ ん に せ の は て お 非 い 話 常 た を に だ 伺 興 き っ 味

の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構 、

環 中 境  村 問 題 私 の は 取 本 材 当 を に し ロ て ー き カ ま ル し な た と 。 こ 今 ろ 回 で


アジア・太平洋の地域性を生かした気候変動への適応

グローバルとローカルな課題の接点を探る 出席

小柳武和 城大学教授 (都市システム工学) (ICAS 第三部門長)

と 思 っ て い ま す 。

っ て い る 中 村 さ ん の ご 意 見 を 伺 い た い

す 。 そ れ で 、 地 元 の 問 題 状 況 を よ く 知

こ と な の か 、 か え っ て 難 し い と 感 じ ま

太田寛行

三村信男

城大学教授 (資源生物科学) (ICAS 第二部門長)

ィ に 割 な と 戻 と け は っ 分 れ て か ば 城 考 り い の え や け ど る す な う と い い い 、 。 か う サ で と 問 ス も い 題 テ 、 う を イ 話 解 ナ 城 な 決 ビ の ど す リ 地 で る テ 元 、

酸 化 炭 素 の 排 出 量 を ど れ く ら い 減 ら さ

地 球 全 体 の 問 題 と し て は 、 例 え ば 、 二

境 三 の  村 持 続 サ 性 ス を テ 確 イ 保 ナ す ビ る リ た テ め ィ の 学 学 は 問 地 で 球 、 環

城大学教授 (地球環境工学) (ICAS 機関長)

も お 越 し い た だ き ま し た 。

長 く 取 材 を さ れ て こ ら れ た 中 村 さ ん に

す 。 今 日 は 、 城 新 聞 社 か ら 、 地 元 で

今 後 に つ い て 展 望 し て み た い と 思 い ま

考 え 、 そ し て サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の

ィ の 課 題 に ど の よ う な も の が あ る か を

城 と い う 地 域 で の サ ス テ イ ナ ビ リ テ

大 学 の 取 り 組 み に つ い て 触 れ 、 次 に 、

携 伊 研  藤 究 機 ま 構 ず ︵ 、 I サ R ス 3 テ S イ ︶ ナ の ビ 中 リ で テ の ィ 学 城 連 


伊  藤

全 体 の 前 提 に な っ て い る の が 地

ど気 う候 出変 る動 のの か影 響 は

第 三 部 門 で す 。

た 生 活 圏 の 適 応 策 を 提 案 し て い く の が

の 国 際 比 較 を 通 し て 、 地 域 性 を 生 か し

し て い き ま す 。 ア ジ ア ・ 太 平 洋 諸 国 と

こ れ か ら は 都 市 構 造 、 社 会 構 造 も 変 化

図 1 地球温暖化の状況(これまでの 温暖化と海面上昇などの傾向).(IPCC 第 4 次報告書から引用)



い っ た 場 合 に は 、 経 済 的 な 面 も 大 き く 、

の 両 面 で の 健 康 が あ り ま す 。 生 活 圏 と

す 。 次 に 健 康 の 保 持 。 こ れ は 体 と 精 神

に 対 す る 生 命 ・ 財 産 の 安 全 性 の 確 保 で

影 響 へ の 対 応 で ま ず 考 え る の は 、 災 害

幅 広 い 領 域 を 持 っ て い て 、 気 候 変 動 の

持 つ よ う に な っ た わ け で す 。 生 活 圏 の

に つ い て 研 究 し な け れ ば と い う 自 覚 を

の 影 響 を 受 け た 生 活 圏 の 快 適 性 の 保 持

け れ ば な ら な く な り ま し た 。 気 候 変 動

景 観 工 学 も 温 暖 化 と 結 び 付 け て 考 え な

三 た 暖  村 だ 化 け の 今 ま 科 年 す 学 の か 的 二 。 根 月 拠 か に ら つ I い P て C 補 C 足 ︵ し 気 て 候 い

な 声 を い ま も と き お り 耳 に し ま す 。 温

い て い る の か と 、 や や 疑 問 視 す る よ う

る と い う こ と が 確 か な デ ー タ に も と づ

球 の 気 候 変 動 で す が 、 地 球 が 温 暖 化 す

気 候 シ ス テ ム が 温 暖 化 し つ つ あ る の は

た 。 第 一 作 業 部 会 の 報 告 書 は 、 地 球 の

作 業 部 会 が 第 四 次 の 報 告 書 を 出 し ま し

変 動 に 関 す る 政 府 間 パ ネ ル ︶ の 三 つ の

い う 議 論 が 出 て き ま す 。 こ れ は 非 常 に

そ の 温 暖 化 の 原 因 は 、 人 間 が 排 出 す る

質 と い い ま し た が 、 そ の 質 と は 何 か と

ら い 上 昇 し た と い っ て い ま す ︵ 図 1 ︶

確 実 で 、 過 去 一 〇 〇 年 間 で 〇 ・ 七 度 ぐ


う 特 徴 が あ る か ら で す 。

た め に 温 暖 化 の 影 響 が 強 く 現 れ る と い

は 、 人 口 が 多 く て 途 上 国 も 多 い 、 そ の

と 少 し 広 め に 設 定 し て い ま す が 、 そ れ

具 体 的 な 対 象 は 、 ア ジ ア ・ 太 平 洋 地 域

分 か れ て 研 究 を 進 め て い ま す 。 研 究 の

部 門 で 、 I C A S は こ の 三 つ の 部 門 に

た め の 適 応 政 策 を 研 究 す る 分 野 が 第 三

ト ー タ ル に 人 間 の 生 活 環 境 を 維 持 す る

ま す 。 こ れ が 第 二 部 門 で す 。 三 番 目 に 、

保 持 し て い く か を 検 討 す る 分 野 が あ り

く の に 必 要 な 食 糧 生 産 や 生 態 系 を ど う

グ ル ー プ で す 。 次 に 、 人 間 が 生 き て い

に 取 り 組 む の が 第 一 部 門 と 呼 ん で い る

え る の か と い う 防 災 の 問 題 で す 。 そ れ

の 一 つ は 、 激 化 す る 自 然 災 害 に ど う 備

城 で す 。 テ ー

中 国 と 、 イ ン ド ネ シ ア を 中 心 と し た 周

ス ス タ デ ィ の 場 は 三 つ ほ ど あ り ま す 。

接 的 な 対 策 も 検 討 し ま す 。 実 際 の ケ ー

も っ と 長 い 時 間 ス ケ ー ル で 適 応 す る 間

な 対 策 が 出 せ る か を 検 討 し 、 さ ら に 、

次 に 、 短 い 時 間 で 適 応 し て い く 直 接 的

ぼ す 農 業 へ の 影 響 を モ ニ タ リ ン グ し 、

関 太 係  田 を 研 第 究 二 し 部 て 門 い で ま は す 農 。 業 気 と 候 気 変 候 動 変 が 動 及 の

技 術 を ど う 応 用 す る か の 研 究 で す 。

ま す 。 四 番 目 は 、 防 災 ・ 適 応 策 に I T

の 適 応 に つ い て 共 同 で 研 究 を 進 め て い

そ れ を き っ か け に し て 海 岸 侵 食 な ど へ

回 目 の シ ン ポ ジ ウ ム を 開 い た の で す が 、

な 研 究 を 行 い ま す 。 去 年 ベ ト ナ ム で 一

影 響 や 適 応 技 術 に つ い て 調 査 や 実 験 的

体 的 に ア ジ ア ・ 太 平 洋 地 域 の 現 場 で 、

球 温 暖 化 の 影 響 を 考 え ま す と 、 サ ク ラ

感 じ て い ま せ ん で し た 。 と こ ろ が 、 地

か 地 球 温 暖 化 と か と の 関 わ り は あ ま り

工 学 で 、 二 年 ほ ど 前 ま で は 気 候 変 動 と

く か と い う こ と で す 。 私 の 専 門 は 景 観

対 小 応  柳 し て 第 生 三 活 部 圏 門 の の 質 課 を 題 ど は う 、 確 気 保 候 し 変 て 動 い に

思 い ま す 。

で こ れ ま で の 蓄 積 が 生 か さ れ て い く と

て き ま し た 。 I C A S の テ ー マ に 展 開

汚 染 し て 影 響 を 与 え て き た か を 研 究 し

ヶ 浦 周 辺 の 農 業 が 湖 の 水 を ど の よ う に

て い る 霞 ヶ 浦 の 研 究 が 基 礎 で あ り 、 霞

目 の 取 組 み は 、 二 〇 年 以 上 前 か ら 続 い

れ に 対 す る 保 全 方 策 の 研 究 で す 。 三 つ

物 質 の 循 環 が ど う い う 影 響 を 受 け 、 そ

の 開 発 で す 。 三 つ 目 は 、 土 壌 な ど で の

す る 研 究 で す 。 二 番 目 と 三 番 目 は 、 具

タ ベ ー ス を 使 っ て 温 暖 化 の 影 響 を 予 測

こ れ は 現 場 で の 調 査 と い う よ り は デ ー

一 つ は 、 ア ジ ア 太 平 洋 の 広 域 評 価 で 、

す と 、 四 つ の 課 題 に 取 り 組 ん で い ま す 。

う こ と 。 二 つ 目 は 、 適 応 型 の 栽 培 技 術

が 気 候 変 動 の 影 響 を ど う 受 け る か と い

一 つ 目 は 、 土 地 利 用 ・ 農 牧 業 シ ス テ ム

マ と し て は 三 つ の チ ー ム で 進 め て い て 、

辺 の 国 々 、 そ れ に こ こ

市 の 植 生 も 違 っ て く る と い う こ と で 、

か と い う 話 も あ り ま す 。 そ う な る と 都

も 将 来 は ヤ シ の 並 木 に な る の で は な い

の 名 所 と し て 知 ら れ る 東 京 の 上 野 公 園

第 一 部 門 に つ い て ち ょ っ と 補 足 し ま

す る こ と で 、 ア ジ ア と い う 視 野 の な か




く の が よ く て 、 数 十 年 後 に は そ の 土 地

将 来 を 見 通 す と 別 の 樹 種 を 植 栽 し て お

す 。 今 な ら サ ク ラ に 適 し た 場 所 で も 、

く っ て い く と い う の は 一 つ の 考 え 方 で

変 化 に 少 し ず つ 対 応 し て い く も の を つ

い う 言 葉 が あ り ま す 。 初 期 コ ス ト は 減

も 小 の  柳 で す 温 。 暖 土 化 木 の 工 影 学 響 に は は 長 エ 期 イ 間 ジ に ン わ グ た と る

い 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 は 、 学 問 の

で 、 新 し い も の を 作 ら な け れ ば い け な

ろ な 分 野 が 単 に 協 力 す る だ け で は だ め

と い う こ と に 関 わ っ て い ま す 。 い ろ い

と つ で は 対 応 し き れ な い 大 き な 問 題 だ

題 が 、 細 分 化 さ れ た 学 問 分 野 の 一 つ ひ

第 木 か の テ に 伊 一  村 。 よ ィ 関  藤 は う が 連 な い し 社 、 サ サ ス 意 ま て 会 ス テ 義 注 、 の テ イ が 目 そ 健 イ ナ あ さ も 全 ナ ビ る れ そ 性 ビ リ と て も を リ テ お い サ 保 テ ィ 考 る ス つ ィ 学 え こ テ と と の で と イ い い 意 し に ナ う う 義 ょ は ビ こ 課 の う ど リ と

どグ うロ 結ー ぶバ のル かと ロ ー カ ル を

の 在 り 方 に 即 し た か た ち で し か 成 り 立

に つ い て 考 え ま す が 、 農 業 は そ の 地 域

易 で は あ り ま せ ん 。

ー カ ル な 実 践 に 結 び つ け る の は そ う 容

は あ り ま せ ん 。 グ ロ ー バ ル な 思 考 を ロ

カ ル に 持 っ て き て 行 動 に 移 せ る わ け で

例 え ば 、 わ れ わ れ は 第 二 部 門 で 農 業

ろ ん 大 切 で す が 、 そ れ を そ の ま ま ロ ー

暖 化 に よ っ て 数 十 年 ス ケ ー ル で 自 然 の

こ と を 考 え 、 対 処 法 を 考 え る の は も ち

の を 育 て て い こ う と い う 発 想 で す 。 温

せ ん 。 グ ロ ー バ ル な 視 点 で い ろ い ろ な

ト は 多 め に し て 、 時 間 と と も に い い も

い ま す が 、 し か し そ う 単 純 で は あ り ま

ら す け れ ど も 、 逆 に 、 ラ ン ニ ン グ コ ス

生 ま れ ま し た 。 そ れ は そ の 通 り だ と 思

︶ ﹂ と い う キ ャ ッ チ フ レ ー ズ が

に 行 動 し よ う ︵

Think globally, act



要 素 に 変 化 が 起 こ る の で あ れ ば 、 そ の

locally

に 合 っ た 風 格 の あ る 立 派 な 並 木 に な っ

て い る か も し れ ま せ ん 。

ぐ に 、 ﹁ グ ロ ー バ ル に 考 え て ロ ー カ ル

な い と 思 っ て い ま す 。

と で す 。 地 球 環 境 問 題 が 注 目 さ れ て す

が ど う 出 て く る の か 検 討 し な い と い け

う に い わ れ て い て も 、 気 候 変 動 の 影 響

が き た り し ま し た 。 今 は 災 害 が な い よ

こ れ ま で 見 た こ と が な い と こ ろ ま で 波

は 海 岸 侵 食 に 悩 ま さ れ て い る の で す が 、

的 な 面 で の 変 化 も 関 係 し ま す 。

る 経 済 的 な 効 果 と か 、 い ろ い ろ な 複 合

な 要 因 や 、 グ ロ ー バ リ ゼ ー シ ョ ン に よ

ほ か に も 、 人 口 の 変 化 と い っ た 社 会 的

っ 三 て  村 保 っ 社 て 会 い の こ 健 う 全 と 性 し を た 長 ら い 、 時 温 間 暖 に 化 わ の た

ら 両 者 の 関 係 を 考 え 直 さ せ る と い う こ

な も の と 個 別 的 ・ 特 殊 的 な も の 、 こ れ

と ロ ー カ ル 、 あ る い は 普 遍 的 ・ 一 般 的

  も う 一 つ の 大 事 な 点 は 、 グ ロ ー バ ル

と い う 意 義 を も っ て い ま す 。

い 潮 位 が 三 日 も 続 き 、 も と も と 城 県

細 分 化 に 抗 し て 、 新 た な 枠 組 み を 作 る


よ う で 、 温 暖 化 に 対 抗 し て 開 花 時 期 を

た る か ど う か で 経 済 効 果 も か な り 違 う

城 で は 開 花 が ゴ ー ル デ ン ウ ィ ー ク に 当

ラ の 開 花 は 日 本 中 の 関 心 事 で す 。 弘 前

か と い う こ と で す 。 春 の 時 期 に は サ ク

開 花 時 期 が ず れ て き て い る の で は な い

人 小 す 最 均 全 番 の い て 果 後 ト 定 と 二 々  柳 。 大 六 体 高 シ ま い ガ 半 以 ﹂ 、 酸 で ・ の い ナ す る ス 以 上 の ほ 化 の 五 四 平 温 リ 。 と の 降 だ 意 ぼ 炭 間 温 九 度 均 暖 オ 温 、 排 の と 味 断 素 で 暖 セ 上 気 化 に 暖 い 出 温 い は 定 な よ 化 く の ン 昇 温 が も 化 ろ に 暖 う 、 ど 話 日 チ し は 起 と の い よ 化 こ 確 し の 題 常 上 、 二 こ づ 将 ろ る は と 実 て 温 に 生 が 地 一 る い 来 な 効 、 で 度 い 室 な る 球 〇 も て 予 形 果 人 す が ま 効 る 活 と の 〇 の 計 測 で が 為 。 九 す 果 の へ な 平 年 で 算 は 確 一 的 二 〇 。 ガ は の っ 均 ま は さ い 認 番 な 〇 パ ﹁ ス て 海 で 、 れ く さ 卓 温 世 ー ほ で 、 影 桜 響 い 面 に 地 、 つ れ 越 室 紀 セ ぼ あ の で ま は 平 球 一 か て し 効 の ン 断 る

省 な ど と 共 同 で 防 災 ・ 減 災 の シ ン ポ ジ

し ま す 。 私 ど も の 新 聞 社 で 、 国 土 交 通

通 り 過 ぎ て そ れ ほ ど 影 響 が な か っ た り

外 の 雨 が 降 っ て も 、

こ と も あ り ま し た が 、 他 の 地 域 で 想 定

ま す 。 那 珂 川 が 氾 濫 し て 水 害 が 生 じ た

く 、 作 物 が 豊 富 で 結 構 の ん び り し て い

昔 か ら 災 害 が 少 な く 、 大 き な 地 震 も な

け 止 め 方 が 一 般 的 で し ょ う か 。

雪 が 少 な く な っ て い い と い う よ う 城 な は 受

非 中 常  村 に 楽 私 観 の 的 感 で 覚 す で 。 は 温 、 暖 化 城 に の し 県 て 民 も 性 、 は

の を 持 っ て き た よ う で す 。

な い か と 、 山 に 移 植 し て 遅 く 咲 か せ た

れ た と き に は 、 五 月 に 梅 が 咲 か せ ら れ

園 を 中 心 に ﹁ グ リ ー ン フ ェ ア ﹂ が 行 わ

る よ う に 思 い ま す 。 一 九 九 三 年 に 偕 楽

が 、 感 覚 的 に は 温 暖 化 に よ る ず れ が あ

ー タ を と っ て い る わ け で は あ り ま せ ん

期 が 重 要 で 、 私 自 身 は ウ メ の 開 花 の デ

ま す 。 水 戸 の 偕 楽 園 で は ウ メ の 開 花 時

遅 く さ せ る 研 究 も 行 わ れ て い る と 聞 き

日 ぐ ら い で 下 が る の に 、 こ の と き は 高

な り ま し た 。 台 風 に よ る 高 潮 は 大 体 半

達 と れ が し き る 発 、 、 と 生 北 い し 城 海 う 、 で 道 事 そ は の 故 の 今 北 が 後 ま で 起 、 で 低 こ 座 で 気 り 礁 に 圧 ま し な が し て い 異 た 船 高 常 。 体 潮 に こ が と 発 の 折

沖 で 錨 泊 中 の パ ナ マ 船 籍 貨 物 船 で 火 災

じ て い ま す 。 昨 年 一 〇 月 六 日 に 鹿 島 港

近 は 事 情 が 変 わ っ て き て い る よ う に 感

ど 、 歴 史 的 に 見 て 大 き な も の は 少 な か

県 ま で で 、

北 海 道 ・ 東 北 沖 の 地 震 に 関 し て は 福 島

東 海 地 震 な ど に よ る 津 波 は 千 葉 県 ま で 、

波 に つ い て の 中 央 防 災 会 議 の 予 測 で は 、

う 三 感  村 覚 が あ 城 る は の 災 で 害 し が ょ 比 う 較 ね 的 。 少 実 な 際 い 、 と 津 い

行 う 必 要 性 を 感 じ て い ま す 。

て と ら え て も ら え る よ う な 取 り 組 み を

な ど を テ ー マ に 市 民 が 身 近 な 問 題 と し

ウ ム を 開 い て い ま す が 、 今 後 は 温 暖 化

城 だ け は な ぜ か

っ た と い う こ と で し ょ う か 。 で も 、 最

て い ま せ ん 。 地 震 の 数 は 多 い の だ け れ

城 県 は 予 測 の 範 囲 に 入 っ




― ―

太木 田村 地ロ 域ー のカ 人ル のな 生も 活の のが リ別 ズの ム地 を域 つに か役 ま立 なつ い普 限遍 り性 いを いも 対つ 応か 策も はし なれ いな 。い 。



動 小 に  柳 つ い こ て の 少 前 し ベ ば ト か ナ り ム ア で ン 公 ケ 園 ー の ト 利 を 用 と 行

る と 思 い ま す 。

だ け を 刈 り 取 り ま す 。 そ の 土 地 に 固 有

械 は ま ず 入 れ な く て 、 手 で 穂 先 の 部 分

丈 ぐ ら い に 育 っ て い ま す

一 〇 年 に 一 キ ロ の 割 合 で 海 岸 線 が 伸 び

ま す 。 広 州 の あ た り の 珠 江 デ ル タ で は

し れ ま せ ん 。

影 響 評 価 や 対 応 策 の 検 討 に 役 立 つ か も

が 、 そ の や り 方 が 他 の 地 域 に つ い て の

に 置 い て 気 候 変 動 の 影 響 を 評 価 し ま す

で は ア ジ ア ・ 太 平 洋 と い う 地 域 を 念 頭

い ま す 。 例 え ば 、 わ れ わ れ の 第 一 部 門

向 で の 対 応 が 新 し い 流 れ に な っ て き て

遍 性 を 持 つ か も し れ な い 。 そ う い う 方

向 も 見 え て き て 、 こ れ か ら ど う あ る べ

え て い く と 、 何 か し ら 世 界 に 通 じ る 傾

そ こ に 温 暖 化 の 影 響 が ど う 出 る か を 考

も 世 界 と 共 通 す る も の が あ り そ う で 、

城 の 公 園 利 用 者 の 利 用 形 態 や 意 識 に

部 分 が あ る と 感 じ ま し た 。 と す る と 、

位 置 付 け に は 、 日 本 と か な り 共 通 し た

っ て み た と こ ろ 、 都 市 公 園 の 快 適 性 の

ビ リ テ ィ 学 に と っ て の 大 き な 寄 与 に な

っ た こ と が 提 出 で き れ ば 、 サ ス テ イ ナ

え る こ と が で き る で し ょ う か 。 こ う い

が あ る で し ょ う か 。 ま た 、 何 を 付 け 加

れ て き た こ と に 、 何 を 付 け 加 え る 必 要

ま で 環 境 や サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ で 語 ら

と い う 地 域 に 即 し て 考 え た と き に 、 今

い ま す 。 日 本 の 稲 は だ い た い 低 い も の

有 性 も 考 え な く て は な ら な い と 思 っ て

を 見 て き た 経 験 か ら す る と 、 地 域 の 固

で 太 、  田 去 年 そ イ う ン い ド う ネ 共 シ 通 ア 性 に も 行 見 っ 出 て せ 田 る ん 一 ぼ 方

も 出 て く る と 思 い ま す 。

。 機

ば か り で す が 、 向 こ う で は 子 ど も の 背

わ な い か と い う こ と が 問 題 に な っ て い

河 か ら 出 て く る 泥 で 港 が 埋 ま っ て し ま

の 現 象 で あ っ て も 、 中 国 の 天 津 で は 黄

で 海 面 が 上 昇 す る と い う の は 世 界 共 通

い る 知 恵 も 違 い ま す 。 気 候 変 動 の 影 響

え 三 し り 域 ド な え で わ 固 の ば  村 た い の へ 技 る 収 け 有 稲 。 い 人 の 術 の 量 で の で 、 伝 地 対 の 挑 導 で を す 生 、 統 域 応 生 戦 入 す 上 。 活 収 も と 策 活 と は が げ わ の 穫 価 い は の な 、 、 る れ リ の 値 う な リ る 文 そ よ わ ズ 仕 観 の い ズ 恐 化 う う れ ム 方 も は と ム れ 的 い な は な も 違 自 つ を が な っ こ 遺 り 含 く つ あ バ た と 伝 、 め え 然 づ か り ッ も を 子 文 て ば の く ま ま ク の す 組 化 、 、 要 思 な す グ の ぐ み が 地 持 素 い い 。 ラ 単 に 換 あ 域 っ も ま 限 地 ン 純 考 え る に て 違

︵ 図 3 ︶

そ こ で 、 私 か ら の 質 問 で す が 、 城 き か と い う こ と に 対 す る 何 ら か の 方 策


わ り 、 非 常 に 強 く 地 域 性 が 出 ま す 。 こ   そ こ で 逆 に 、 ロ ー カ ル な と こ ろ か ら の ロ ー カ ル な 地 域 に 役 立 つ 一 般 性 ・ 普

の 質 と な れ ば 、 価 値 観 や 生 活 習 慣 が 関

け に は い き ま せ ん 。 第 三 部 門 で の 生 活

れ た 結 論 を す ぐ に 当 て は め る と い う わ

ち ま せ ん 。 グ ロ ー バ ル な 視 点 か ら 得 ら

っ て き ま し た 。

こ と が 研 究 の 中 か ら 次 第 に 浮 か び 上 が

は ロ ー カ ル な 実 践 に は 不 十 分 だ と い う

の よ う に 、 グ ロ ー バ ル に 考 え た だ け で

行 か な く て も 、 ロ ー カ ル な も の が 、 別

き て い ま す 。 す ぐ に グ ロ ー バ ル ま で は

に 立 つ の で は な い か と い う 考 え が 出 て

出 発 し た も の が グ ロ ー バ ル な 対 策 に 役

図 2 憩いとコミュニケーションの場である水辺と緑陰は 増水の影響を受けやすい.(ホアンキエム湖畔,ハノイ市)

図 3 背の高い インドネシア の稲.




い い や り 方 だ と 思 い ま す 。

と い う の は 、

意 味 が あ る の で は な い で し ょ う か 。

自 覚 す る 一 つ の き っ か け と し て 大 き な

城 の 地 域 性 を 生 か し た

う 農 村 と 首 都 圏 の 交 流 を つ く っ て い く

元 の 人 た ち の 生 き が い に な る 。 そ う い

る 人 が い て 、 そ の 人 た ち と の 交 流 が 地

の が あ っ て 、 そ れ を 楽 し み に き て く れ

に こ れ を 支 え る 文 化 的 素 地 み た い な も

と し て 成 功 し て い る 例 で す 。 笠 間 の 中

ガ ル テ ン は 宿 泊 施 設 を も っ た 市 民 農 園

央 農 業 組 合 が 行 っ て い る 笠 間 ク ラ イ ン

ー マ に な る 地 域 だ と 思 い ま す 。

い る わ け で は な く て も 、

実 際 に は ま だ そ れ ほ ど 多 く の 人 が き て

よ う に な る 。 笠 間 ク ラ イ ン ガ ル テ ン も

い い と こ ろ な ん だ ﹂ と い う 自 覚 を 持 つ

こ で 学 び 、 地 元 の 人 は ﹁ や は り こ こ は

す ね 。 都 会 か ら き た 子 ど も も 大 人 も そ

践 小 す  柳 る の に 城 い は い 、 里 環 山 境 が 教 た 育 く の さ 面 ん で あ も り 、 ま 実

れ が で き る い い 場 所 か も し れ ま せ ん 。

城 の よ さ を

図 5 霞ヶ浦.



イ フ ス タ イ ル の 交 流 が 非 常 に 重 要 城 な 中 テ

都 小 市  柳 的 な ラ 城 イ は フ ま ス さ タ に イ 首 ル 都 と 圏 農 近 村 郊 的 の な 県 ラ で 、

の が 、 私 た ち の 仕 事 だ と 思 っ て い ま す 。

て い た だ く と い う と こ ろ ま で つ な げ る

す が 、 そ こ か ら 環 境 と 結 び つ け て 考 え

を 覚 え た い と い う 関 心 で こ ら れ る の で

集 ま っ て き ま す 。 ま ず は 作 物 の 作 り 方

の で し ょ う か 、 講 座 に た く さ ん の 人 が

る と 何 か 土 を い じ っ て 作 り た い と 思 う

ル を 保 存 し 広 め て い く の は 大 切 な こ と

す 三 る  村 と 、 サ 農 ス 村 テ 的 イ な ナ 価 ビ 値 リ 観 テ や ィ 生 の 活 観 ス 点 タ か イ ら

勤 者 も 多 く 、 そ う い う 方 々 が 定 年 に な

イ ル を 見 つ け て い か な い と な ら 城 な は い そ わ

い う も の に 対 抗 す る 考 え 方 、 生 活 ス タ

か ら 出 て き て い る わ け で す か ら 、 そ う

構 造 と 、 そ れ が 生 み 出 す 消 費 生 活 構 造

資 源 を 大 量 消 費 す る 二 〇 世 紀 型 の 産 業

題 は 、 経 済 性 を 重 視 し た エ ネ ル ギ ー ・

で す 。 温 暖 化 に 限 ら ず 今 の 地 球 環 境 問

ー チ と か い ろ い ろ な 面 か ら の と ら え 方

の 要 素 だ け で は な い と 思 い ま す 。 歴 史

か し 、 霞 ヶ 浦 の 環 境 は そ う い っ た 自 然

魚 や 植 物 に つ い て 調 べ て い き ま す 。 し

さ れ ま す 。 そ し て ど ん な 生 物 が い る か 、

が き れ い か ど う か と い う 水 質 が 問 題 に

5 す 科 中 ︶ 。 学  村 。

け で す 。 農 村 と 首 都 圏 を 結 ぶ

的 な ア プ ロ ー チ と か 、 文 学 的 な ア プ ロ

霞 ヶ 浦 の 環 境 と い う と 、 ま ず 水

的 な 面 ば か り が 強 す ぎ る と 思 ︵ い 図 ま

城 県 に は 霞 ヶ 浦 が あ り ま す

い ま の 環 境 教 育 の ア プ ロ ー チ は 、


た 少 し 高 ま っ た ら 水 田 に し 、 さ ら に 高

た ま っ て 陸 地 に な っ た ら 田 に し 、 ま

つ く り 、 次 の 洪 水 の と き に そ こ に 砂 が

人 々 は そ こ に 石 を 置 い て 少 し 高 い 垣 を

て い ま す 。 そ れ は 、 砂 州 が で き る と

違 う け れ ど も 、 ロ ー カ ル か ら グ ロ ー バ

そ れ へ の 対 策 は 地 域 ご と に も の す ご く

原 因 の メ カ ニ ズ ム に あ り ま す 。 影 響 や

も 、 そ の 効 果 が 世 界 全 体 に 及 ぶ と い う

ー 三 バ  村 ル 性 そ は う 、 で ど す こ ね で 。 炭 温 酸 暖 ガ 化 ス 問 を 題 出 の し グ て ロ

農 学 部 が あ る 阿 見 町 は 東 京 に 近 く て 通

庭 太 菜  田 園 講 私 座 が と 所 い 属 う し の て を い や る っ 農 て 学 い 部 ま で す は 。 家

域 性 を 加 味 し な い と 。

間 に 広 ま ら な い と い う こ と で す ね 。 地

図 4 サンゴ礁の島国ツバル.(共同通信社提供)

城 で 温 暖 化 に 対 し て ど

に も 適 用 で き る 可 能 性 が あ る の だ ろ う

実 は 、 そ の ロ ー カ ル な 知 識 が 別 の 地 域

性 に よ っ て 地 域 独 特 の よ う に 見 え て も 、

重 要 で 、 そ こ で の 適 応 は そ の 地 域 の 特

と い っ た ロ ー カ ル な エ リ ア で の 議 論 も

囲 小 、  柳 た と 一 え 人 ば の 村 生 と 活 か 者 、 に 都 と 市 っ の て あ 身 る 近 地 な 区 範

な い と 思 い ま す 。 取 材 を し な が ら そ ん

地 方 ご と に 違 っ て 、 対 応 策 は 一 つ で は

っ て 、 同 じ よ う な 問 題 で も 、 や り 方 は

な く て 、 地 方 に は 地 方 独 自 の も の が あ

が し ま す 。 そ れ は

ま え て い か な い と 浸 透 し て い か な い 気

や は り そ う い っ た 県 民 性 ・ 地 域 性 を 踏

な 意 味 を 持 つ 気 が し ま す 。

う す る の か 考 え る こ と が 、 グ ロ ー バ ル

と 思 い ま す 。

そ 伊 の  藤 ま ま 科 社 学 会 的 に に 出 正 し し た い だ と け さ で れ は る 人 知 々 識 の を

な こ と を 感 じ て い ま す 。

城 に 限 る こ と で は

バ ル な 問 題 を 城 に 落 と す と き に は 、

に な っ て い ま す ︵ 図 4 ︶

ま う か も し れ な い と い う 全 然 違 う 問 題

性 中 が  村 あ り さ ま き す ほ と ど 話 し 城 ま に し は た 楽 が 観 、 的 グ な ロ 県 ー 民

サ ン ゴ 礁 の 海 岸 が 海 面 上 昇 で 消 え て し

城 だ か ら で き る こ と は ?

ん で す ね 。 南 太 平 洋 の 島 国 に 行 け ば 、

う ま く 適 応 し て 、 陸 地 を 増 や し て い る

く な っ た ら 畑 に す る と い う 具 合 に 順 次

思 い ま す 。

ル へ と 結 び つ い て い く 方 向 性 は あ る と




ど の よ う な 価 値 判 断 を し て い く の か と

図 6 大洗海岸.

な か な か 難 し い で す 。 将 来 に 向 か っ て

に そ れ を 政 策 に 生 か す と こ ろ が 、 ま だ

そ れ に よ っ て あ る 数 字 が 出 ま す が 、 次

で 環 境 の 価 値 を 測 る よ う な こ と で す 。

と い っ た 質 問 を 多 く の 人 に し て 、 そ れ

を 保 全 す る の に い く ら な ら 出 し ま す か

て 小 計  柳 算 す 環 る 境 手 の 法 価 が 値 あ を り 経 ま 済 す 的 。 効 こ 果 の に 景 換 観 え

な い と 思 い ま す 。

源 の い い と こ ろ も 見 な い と 、 元 気 が 出

え る と き に 、 わ れ わ れ が 持 っ て い る 資

つ い て も 主 張 す る と い う 方 向 に 踏 み 城 出

学 は そ こ だ け に と ど ま ら ず 、 解 決 策 に

事 も あ り ま す 。 さ ら に 、 こ れ か ら の 大

て い る の か 、 そ れ を 分 析 す る と い う 仕

で 三 ね 教 伊 ま せ ど し ご 子 し 教 は 中 で い す  村 。 育  藤 す な も れ し ど す 育 、  村 す う が の 。 い た な て も ぎ で 中 。 の と ち い 、 た て 、 学 も い そ は 、 大 地 学 ろ れ 、 の が 学 ち い 大 生 う 、 域 の た や 、 ぶ は る 人 ・ 一 評 い は が 機 ぶ り 自 こ そ の が 高 つ 価 ろ 、 ど 能 ん た 主 と れ で あ 校 問 と な こ の と 長 い 性 は に は ま 生 題 は 問 の よ し 続 よ が た 乗 と り ・ だ ま 題 問 う て き う な く っ い に 大 と た に 題 な 、 し に い さ て う も 学 感 違 通 に 問 教 な あ ん ん 、 こ お 生 じ う じ 留 題 育 い る で あ 時 と 膳 へ て 問 て ま を も と 程 す る 間 で 立 の い 題 い ら 抱 重 思 度 。 か を す て 環 る な ま な え 要 い 任 子 も 過 。 を 境 の の す い 、

信 し て い れ ば い い と い う 時 代 は 終 わ り 、

す 。 科 学 者 が 知 識 を 独 占 し 、 あ る い は

っ て い く の が 大 切 だ ろ う と 思 え て き ま

ろ な 人 が 参 加 す る ﹁ 対 話 の 構 造 ﹂ を 作

し て い く と い う の で は な く て 、 い ろ い

し て も い い で は な い で し ょ う か 。

知 識 を 売 り 出 す 権 利 を 有 し て そ れ を 発



学 者 集 団 が 科 学 的 に 正 し い 知 を 生 み 出

ナ 伊 ビ  藤 リ テ こ ィ う 学 し の て あ み り て 方 く と る し と て 、 、 サ 単 ス に テ 科 イ

﹁ 対 話 の 構 造 ﹂ を つ く る

ィ に と っ て 重 要 な 問 題 で す 。

ま す 。 こ れ も 地 域 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ

い で す か と 、 大 学 に 相 談 が 持 ち 込 ま れ

な る 。 地 元 の 自 治 体 か ら ど う し た ら い

に 行 く 足 、 高 校 生 が 通 学 す る 足 が な く

の バ ス も な く な る と 、 お 年 寄 り が 病 院

鉄 道 が 閉 鎖 さ れ て バ ス に 代 替 さ れ 、 そ

少 な い か ら 交 通 が 不 便 に な っ て い く 。

が い な く な っ て 倒 木 で 荒 れ 、 利 用 者 が

の 問 題 が あ り ま す 。 山 を 手 入 れ す る 人

県 に は 南 北 問 題 と い う か 、 県 北 の 過 疎


ま 木 す  村 。 例 問 え 題 ば の 霞 立 ヶ て 浦 方 を と 対 い 象 う に こ し と た も 研 あ 究 り

に 物 事 を 考 え て い こ う と し て い ま す 。

と い う の が 私 の 立 場 で 、 そ こ を ベ ー ス

ー ル ド に 行 っ て た く さ ん 教 え て も ら う

ィ み た い な も の が 全 然 見 え な い 。 フ ィ

的 な の で す が 、 彼 ら の 生 活 の リ ア リ テ

の 統 計 の 数 字 が 並 ん で い て 、 一 見 科 学

ッ プ ダ ウ ン で 、 ど こ か ら 何 人 き た と か

市 が 作 っ た 報 告 書 が あ る の で す が 、 ト

て き ま し た 。 水 上 生 活 者 に つ い て フ エ

ム の フ エ で 水 上 生 活 者 た ち に 話 を 聞 い

事 を し て い ま す 。 つ い こ の 間 も ベ ト ナ

と い う 、 そ れ こ そ 新 聞 記 者 の よ う な 仕

人 ひ と り の 生 活 の 場 を 訪 ね て 話 を 聞 く

ル 伊 す え て が ド  藤 。 方 い あ ワ に か る ー 私 終 な は ク は わ い ず を 社 っ と で や 会 て 、 す っ 心 し 一 。 て 理 ま 面 そ い 学 う 的 う る の よ な し の 立 う 霞 た で 場 な ヶ 教 す で 気 浦 育 が フ が の を し と や 、 ィ 一 ー ま ら っ

三 と る  村 が と あ 、 私 る 一 は の つ 、 で の 最 は 反 近 な 面 非 い 教 常 で 師 に し と シ ょ し ョ う て ッ か 学 ク 。 べ な る 経 こ

が ら 、 な ぜ こ ん な 現 状 な の か を 検 証 す

て い る 。 湖 沼 会 議 か ら 一 〇 年 も た ち な

ら な の で す 。 特 定 の 人 の 間 に と ど ま っ

大 切 さ が 人 々 の 間 に 浸 透 し て い な い か

の で す 。 な ぜ な の か と 考 え る と 、 湖 の

な っ て い ま せ ん 。 北 浦 な ど は ひ ど い も

し か し 、 一 〇 年 た っ て も 湖 は き れ い に

市 民 の 関 心 が か な り 盛 り 上 が り ま し た 。

に 中 世  村 界 湖 霞 沼 ヶ 会 浦 議 に が つ 土 い 浦 て な は ど 、 で 一 開 九 か 九 れ 五 て 年 、

の で は 難 し い と 思 い ま す 。

と 思 っ た ら 、 数 値 だ け で と ら え て い た

ま せ ん 。 霞 ヶ 浦 の 現 状 を 何 か 変 え た い

だ け で 霞 ヶ 浦 を 見 て い る わ け で は あ り

い る 人 は 、 そ う い う 視 点 ・ ア プ ロ ー チ

ま す 。 し か し 、 霞 ヶ 浦 の 近 く に 住 ん で

チ で と ら え る と い う 問 題 の 立 て 方 を し

を 測 る と い う よ う な 数 値 的 な ア プ ロ ー

か と い う 視 点 で 、 し か も 化 学 物 質 の 量

あ る し 、 釣 り な ど の レ ジ ャ ー も い ろ い

が あ る の で は あ り ま せ ん 。 い い 風 景 も

指 摘 の 通 り 、 霞 ヶ 浦 の 環 境 は 水 質 だ け

よ う に な っ て し ま っ た 。 中 村 さ ん の ご

が 、 子 ど も た ち は ま ず ﹁ 汚 い ﹂ と 思 う

し ま し ょ う と い う 論 理 だ っ た 。 と こ ろ

霞 ヶ 浦 は 汚 れ て い る 、 だ か ら き れ い に

て き た の で は な い か と い う こ と で す 。

も し か し た ら 誤 っ た メ ッ セ ー ジ を 出 し

で 環 境 の 理 解 は で き ま せ ん 。 こ の 話 を

る か ら ﹂ と 。 実 際 に 水 に 触 れ も し な い

触 れ ま せ ん 。 ﹁ 霞 ヶ 浦 の 水 は 汚 れ て い

し ょ う ﹂ と い う と 、 子 ど も た ち は 手 を

が 霞 ヶ 浦 で す 。 さ あ み ん な で 水 を 見 ま

す 。 子 ど も た ち を 湖 畔 に 連 れ て ﹁ こ れ

が っ か り だ ﹂ み た い に お っ し ゃ る の で

く 努 力 し て こ ら れ た 方 が ﹁ 最 近 は も う

験 を し ま し た 。 霞 ヶ 浦 の 水 質 改 善 に 長

と い う 場 合 、 ま ず は 水 が き れ い か 汚 い

ょ う 。 地 域 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 考

価 で き る も の が た く さ ん あ る わ け で し

ろ 楽 し め ま す 。 霞 ヶ 浦 に は プ ラ ス に 評

聞 い て 思 っ た の は 、 わ れ わ れ も 行 政 も 、




図 7 収穫後の古代米の田圃.

す 。 で す か ら 、 そ の 地 域 の 問 題 に 、 大

ろ な 地 域 に 住 ん で い ら っ し ゃ る わ け で



の 先 生 方 も 一 人 の 生 活 者 と し て い ろ い

い と 思 っ て い る こ と が あ り ま す 。 大 学

私 中 が  村 個 人 口 的 幅 に っ 大 た 学 い の 言 先 い 生 方 方 に に な 要 り 望 ま し す た が 、

ょ う か 。

く こ と が あ っ て も い い の で は な い で し

の た め の ヒ ン ト を 外 の 人 々 が 示 し て い

ん で い る 人 が 判 断 す る に し て も 、 判 断

と 思 い ま す 。 最 終 的 に は そ の 地 域 に 住

交 流 の 場 を 持 て な い か 計 画 を 練 っ て い

本 の 現 場 の 先 生 と 海 外 の 研 究 者 の 間 の

構 造 ﹂ を ぜ ひ 作 っ て ほ し い と 思 い 、 日

る 人 た ち の 間 で 、 国 を 超 え た ﹁ 対 話 の

ざ ま な や り 方 が あ り ま し た 。 教 育 を す

リ ア の 先 住 民 の 知 識 を 語 る と か 、 さ ま

し て き た 歴 史 を 語 る と か 、 オ ー ス ト ラ

ら 始 め る と か 、 地 元 の 人 が 環 境 に 適 応

た 。 環 境 に つ い て 地 域 を 歩 く と こ ろ か

て い ま す 。 お 金 に な る 形 で の 産 業 化 を

価 値 を 見 出 さ な い よ う に な っ て し ま っ

の 知 恵 が 地 域 に あ っ て も 、 も う そ れ に

っ て 動 か さ れ て い ま す か ら 、 昔 な が ら

か な り 浸 透 し て い る と こ ろ は そ れ に よ

の 浸 透 具 合 は 地 域 に よ っ て 違 い ま す 。

産 ・ 大 量 消 費 の グ ロ ー バ ル エ コ ノ ミ ー

の 中 で も 違 い ま す 。 い わ ゆ る 大 量 生

状 木 ま 況  村 す は 。 、 そ 世 れ 界 ぞ の れ 中 の で 地 は 域 も の ち 置 ろ か ん れ 、 て 日 い 本 る

こ ろ に も ﹁ 対 話 の 構 造 ﹂ が 必 要 な の だ

と い う と 、 こ れ も 微 妙 で す 。 こ ん な と

ッ ト ・ デ メ リ ッ ト を 一 番 知 っ て い る か

で い る 人 た ち が 、 地 域 に と っ て の メ リ

反 応 が く る だ け で し ょ う 。 地 域 に 住 ん

そ れ で は 地 域 が 成 り 立 ち ま せ ん と い う

ら い い と い う メ ッ セ ー ジ を 送 っ て も 、

に 、 昔 な が ら の ス ロ ー ラ イ フ を 残 し た

進 め ら れ て い ま す 。 そ の よ う な と こ ろ

を 海 外 か ら 招 い て 講 義 や 討 論 を し ま し

と な の か 、 実 際 に は わ か ら な い ま ま に

科 教 育 ・ 環 境 教 育 の 実 践 を し て い る 人

進 め る の が 地 域 に と っ て 本 当 に い い こ


か ら 、 お 母 さ ん に 向 か っ て も っ と 宣 伝

ら 、 最 も 影 響 力 が あ る の は お 母 さ ん だ

家 庭 で の 省 エ ネ ・ 省 資 源 を 考 え る の な

や 、 そ れ で い い ん だ ﹂ と い う 話 が 出 て 、

で し ょ う か ? ﹂ と 発 言 し ま し た 。 ﹁ い

そ れ が で き な い と 、 研 究 者 が 知 っ て い

構 造 ﹂ を 成 り 立 た せ る こ と が で き ま す 。

方 と つ き あ わ せ れ ば 、 そ こ に ﹁ 対 話 の

て 、 自 分 た ち の 問 題 の 立 て 方 、 と ら え

し て い ま す 。 研 究 者 が そ れ を く み 取 っ

て い て 人 々 は そ れ を 使 っ て 実 際 に 生 活

三 ま っ  村 す て 。 広 去 が 年 っ 、 て 教 い 育 く 学 と 部 い の う 大 事 辻 例 先 だ 生 と が 思 理 い

な く て 、 重 層 的 な い ろ い ろ な 語 り に よ

お っ し ゃ っ た よ う に 、 科 学 一 辺 倒 で は

み を 込 め て 呼 ぶ ん で す ね 。 中 村 さ ん が

う と か 考 え て い る 。 そ れ で は 駄 目 な の   地 域 に は い ろ い ろ な 知 恵 が 蓄 積 さ れ の 人 た ち は み な 、 ﹁ 梧 陵 さ ん ﹂ と 親 し

リ ン が 高 く な っ た か ら 省 エ ネ 運 転 し よ

化 を 防 ご う と か 思 っ て い な く て 、 ガ ソ

学 生 が ﹁ う ち の お 父 さ ん は 、 別 に 温 暖

論 の セ ッ シ ョ ン で 、 最 初 に 手 を 挙 げ た

暖 化 に つ い て 議 論 し ま し た が 、 自 由 討

シ ン ポ ジ ウ ム で 、 専 門 家 が 集 ま っ て 温

非 常 に い い で す ね 。 去 年 、 I C A S の

な 三 か  村 っ た い の い で 言 す 葉 が が い 、 ﹁ ま 対 ま 話 で の 思 構 い 造 浮 ﹂ か は ば

シ フ ト し つ つ あ る よ う に 思 え ま す 。

な 動 き が 始 ま る 、 そ う い っ た 方 向 へ と

多 数 の 人 々 の 対 話 か ら 人 々 の い ろ い ろ

の で は な い で し ょ う か 。

そ こ か ら 得 ら れ る も の は た く さ ん あ る

も し 成 り 立 た せ る こ と が で き る な ら 、

の 構 造 ﹂ が 成 り 立 つ 可 能 性 が あ る し 、

知 と 、 専 門 家 の 知 と の 間 に は 、 ﹁ 対 話

る の は お 母 さ ん で す 。 生 活 に 根 ざ し た

を 持 っ て い て 能 動 的 に そ れ を 使 っ て い

ま 木 す  村 。 日 そ 常 れ 生 は 活 と の て 場 も 面 重 で 要 、 な 多 点 く だ の と 知 思 恵 い

っ た と い っ て い ま し た 。

声 を 聞 い た 経 験 が な く て と て も 新 鮮 だ

外 国 か ら き た 研 究 者 は 、 一 般 の 人 々 の

子 を 垣 間 見 る こ と が で き ま し た 。 地 元

る こ と で 、 防 災 意 識 が 高 ま っ て い る 様

話 が 耳 に タ コ が で き る ほ ど 語 り 継 が れ

話 の 舞 台 で す

﹃ 稲 む ら の 火 ﹄ の 物 語 も と に な っ た 実

に 火 を つ け て 村 人 に 警 告 し た と い う

い う 人 が 津 波 が く る と 予 想 し て 稲 む ら

五 四 年 の 安 政 地 震 の 際 に 、 濱 口 梧 陵 と

町 伊 に  藤 行 っ 今 て 年 現 二 地 月 調 下 査 旬 を に し 和 ま 歌 し 山 た 県 。 の 一 広 八 川

て く だ さ い と か で 終 わ っ て し ま う 。

る こ と を 教 え て あ げ ま す と か 、 生 か し

︵ 本 号 二 〇 ペ ー ジ ︶

。 こ の

伊三 藤村

― ―

し よ う と 議 論 が 展 開 し て い き ま し た 。

い大 ろ学 いは ろ な解 人決 が策 参も 加主 す張 るす ﹁る 対方 話向 のに 構踏 造み ﹂出 をし 作て っも てい いい くの ので がは 大。 切 。 


伊 ま 提 ー な が 二 人 持 す い 生 緩 に 二 な つ は 三  藤 す 案 バ い 目 つ 間 す る う 産 和 備 酸 り け 、  村 ﹁ 。 が ル か 指 が の る 安 こ や 策 え 化 ま る 結 地 で と と す う 安 と 全 と 消 は る 炭 し の 局 人 き ロ 思 ゴ ま 全 い 性 で 費 、 適 素 た と 、 球 間 る ー い ー く 保 う を す の 排 応 を 。 同 持 温 の よ カ ま ル 回 障 こ 高 。 シ 出 策 減 温 じ 続 暖 安 う ル す に る と と め 適 ス を の ら 暖 こ 可 化 全 に の 。 近 と い 、 て 応 テ 減 二 す 化 と 能 問 保 な 両 I づ 、 う 別 社 策 ム ら つ 緩 問 だ な 題 障 れ 方 C い 持 こ の 会 は を す が 和 題 と 開 に ﹂ ば で A て 続 と 言 の 、 変 よ あ 策 の 考 発 対 と い 、 S い 可 で 葉 連 悪 え う り と 解 え の す い い そ が く 能 す で 続 影 て に ま 、 決 る 答 る う と う 、 の な 。 い 性 響 い 、 す 悪 策 よ え 解 言 思 い グ で 開 こ う を に く 今 が 影 に う を 決 葉 い う ロ は 発 の と 維 対 と の 、 響 は に 見 策 、 、

と い う こ と で は な く て 、 内 容 は し っ か

う と 思 い ま す 。 そ れ は レ ベ ル を 落 と す



み 砕 い て く だ さ ら な い と 通 じ な い だ ろ

一 般 市 民 と の 対 話 の 中 で は 、 や は り か

う で は な く て 私 は ホ ッ と し た ん で す が 、

ら も 、 行 政 は 行 政 の 用 語 を 使 い 、 学 者

市 民 と の 交 流 が 大 切 と よ く い わ れ な が

﹁ 対 話 の 構 造 ﹂ と い う こ と で い う と 、

お 中 話  村 を 聞 今 か 日 せ は て 地 元 い の た 代 だ 表 き と ま い し う た こ が と 、 で 、

に 思 い ま す 。

し い 開 対 た ま け 話 。 す た へ 。 対 と 本 話 、 日 へ さ は と ら 、 つ に あ な は り げ 地 が て 元 と い に う き も ご た 世 ざ い 界 い と に ま 思 も

す ね 。 今 日 の こ の 対 話 を 、 ま た 次 な る

し 前 ま で そ れ が な か っ た と い う こ と で

で き ま し た が 、 私 た ち の 間 で す ら 、 少

っ た よ う に 思 い ま す 。 議 論 の 中 で ﹁ 対

と が よ く あ り ま す 。 今 日 の 座 談 会 は そ

に と っ て 非 常 に 分 か り に く い と い う こ

は 横 文 字 や 専 門 用 語 を 使 い 、 一 般 の 人

話 の 構 造 ﹂ と い う キ ー ワ ー ド が 浮 か ん

最 終 的 な 目 標 で す ね 。

な 適 応 科 学 の 構 築 、 そ れ が I C A S の

ま し た 。 変 化 に 対 応 す る ダ イ ナ ミ ッ ク

そ の あ た り も こ れ か ら 入 っ て く る よ う

す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 視 野 に は

セ ス も 非 常 に 大 き な 課 題 と し て あ り ま

域 を 見 れ ば 、 戦 争 や 紛 争 、 和 解 の プ ロ

私 も 少 し 調 査 に 入 り ま し た 。 世 界 の 地

外 国 出 身 の 人 が 多 く 住 む 地 域 が あ っ て 、

の 問 題 も 含 ま れ て き ま す 。 城 県 に も

が 出 て き ま す と 、 そ こ に は 多 文 化 共 生

い て も 、 こ の よ う な 話 を す る 場 が な か

I C A S が で き る ま で は 、 同 じ 学 内 に

の 伊 濃  藤 い 議 本 論 日 を は す 短 る い こ 時 と 間 が で で し き た ま が し 、 た 中 。 身

と 思 っ て い ま す 。

作 っ て い く 第 一 歩 と し て お 願 い し た い

だ ろ う と 思 い ま す 。 ﹁ 対 話 の 構 造 ﹂ を

り し た も の で あ っ て も 、 伝 え 方 の 工 夫


ド セ オ リ ー ア プ ロ ー チ と い う 、 デ ー タ

学 伊 の  藤 分 野 社 で 会 は 学 、 と い か わ 私 ゆ の る 専 グ 門 ラ の ウ 社 ン 会 デ 心 ッ 理

と 思 い ま す 。

の あ り 方 を も う 一 度 見 直 し て い き た い

に 関 わ っ て い く の か 、 ロ ー カ ル な 活 動

つ く っ て 、 大 学 の 先 生 が ど う い う ふ う

と 思 い ま す 。 組 織 間 の ネ ッ ト ワ ー ク を

確 か に ま だ ま だ 至 ら な い と こ ろ が あ る

を 持 つ の か と い う 点 で 、 教 員 の 役 割 は

て き ま す 。

び つ い て い く よ う に な れ ば 、 光 が 見 え

い く こ と が 最 終 的 に は グ ロ ー バ ル に 結

が 、 逆 に 地 域 の こ と を き ち ん と や っ て

な か 地 域 に は 結 び つ か な か っ た の で す

う な 気 が し ま す 。 グ ロ ー バ ル か ら な か

く 可 能 性 が 、 今 日 の 話 で 見 え て き た よ

く と グ ロ ー バ ル な 形 へ と 結 び つ い て い

が た く さ ん あ り 、 そ れ ら を つ な い で い

ま す 。 地 域 に は さ ま ざ ま な 知 恵 や 課 題

的 小 な  柳 部 分 生 の 活 重 の 要 質 性 を も 問 か う な に り は あ 、 る 人 と 文 思 科 い 学

物 小 も  柳 環 境 こ の れ 変 ま 化 で に 、 順 人 応 間 し 社 て 会 変 も 化 動 し 物 て も き 植

が 、 地 域 に と っ て そ れ が ど う い う 意 味

と 太 い  田 う こ 地 と 域 で を は 研 随 究 分 の と 場 進 と め し て て き と ま ら し え た る

い っ て も ら い た い と 思 い ま す 。

て お ら れ る の で 、 地 域 で も リ ー ド し て

て リ ー ダ ー 的 な 役 割 を 皆 さ ん は 果 た し

の で は な い の で し ょ う か 。 研 究 者 と し

学 と は 離 れ た 形 で 関 わ る こ と も 大 切 な

な る 、 そ う い う 発 想 が こ れ か ら 見 直 さ

こ う 、 そ う す る と イ ン タ ー ロ ー カ ル に

は な く て 、 他 の ロ ー カ ル と つ な い で い

そ れ を ロ ー カ ル に 閉 じ 込 め て お く の で

ー カ ル な 理 論 作 り を し て い く ん で す 。

論 が あ り ま す 。 ロ ー カ ル に 根 差 し た ロ

れ て い く の で は な い で し ょ う か 。

り 木 す な 伊 か 地 ら 知 地 る 当 イ る を り 木 ま  村 ね く  藤 ら 域 え 恵 域 べ 性 ナ 、 見 方  村 す 、 社 方 を 社 き は ビ と 出 は 。 て ね 試 、 最 動 会 を 生 会 も 、 リ 考 す 地 サ 常 適 的 も し か に の こ テ え 方 域 ス 。 行 錯 に 解 な ど な す 即 で う ィ る 法 ご テ 誤 探 が 適 ん い と し は い 学 こ に と イ を し ど 応 ど ほ か て な っ の と は に ナ 続 て こ を ん う い の い た 学 も 一 違 ブ け い か し 変 が っ 解 で レ 問 で 般 う ル て く に て わ よ て 決 し ベ と き 性 。 な い と あ い っ い も 策 ょ ル し ま ・ し 社 く い る か て と 、 と う で て す 普 か 会 こ う わ な い 思 静 か か 追 の 。 遍 し を と 感 け い き い 的 、 。 求 普 サ 性 、 作 に じ で と ま ま な 昔 ま さ 遍 ス が そ る な で は 。 す す と の た れ 妥 テ あ れ や 、 。

小中 柳村

― ―

か ら ボ ト ム ア ッ プ 的 に 作 っ て い く 方 法

地研 域究 の者 こは と地 を域 やで っ ても いリ くー こド とし がて グい ロっ ーて バも ルら にい 結た びい つ。 い て い く 。




し た の が ﹁ 燃 ゆ る 稲 む ら ︵ 津 波 美

材 を 募 集 し て い て そ れ に 応 募 し 、 入 選

一 九 三 四 年 、 文 部 省 が 道 徳 と 国 語 の 教

村 の 湯 浅 に い た 中 井 常 蔵 さ ん で し た 。

の で す 。

れ て い る の は 、 明 治 三 陸 地 震 の こ と な

な か っ た ﹂ と さ れ て い る 。 こ こ で 描 か

震 は 、 別 に 烈 し い と い ふ 程 の も の で は

﹁ 稲 む ら の 火 ﹂ で は 、 冒 頭 で ﹁ 今 の 地

  こ の 英 文 小 説 を 知 っ て い た の が 、 隣 ﹁ 激 烈 ﹂ と 書 い て い ま す 。 と こ ろ が 、

た の で す 。

ず 、 小 泉 八 雲 に よ っ て 世 界 に 紹 介 さ れ

小 説 を 英 語 で 書 き ま し た 。 梧 陵 は 、 ま

三 、 広 川 で 震 度 六 強 で し た 。 梧 陵 も

南 海 地 震 の 時 は 、 マ グ ニ チ ュ ー ド 八 ・

る ほ ど の 津 波 が 押 し 寄 せ ま し た 。 安 政

図 1 和歌山県広川町津浪祭の 1 シーン (2005 年 11 月 3 日,大辻撮影).



︵ 一 八 五 四 年 ︶ か ら 四 二 年 後 、 一 八 九

害 の 様 子 を フ ィ ク シ ョ ン に し て と 、 い 彼 う は 、

る の を 耳 に し ま す 。 こ の 二 つ の 津 波 災

と を 村 人 が ﹁ 生 き 神 様 ﹂ だ と 呼 ん で い

調 べ て い た 中 で 、 紀 州 の 濱 口 梧 陵 の こ

そ の 惨 状 を 聞 き 、 各 地 の 災 害 の 様 子 を

小 泉 八 雲 ︵ ラ フ カ デ ィ オ ・ ハ ー ン ︶ が

す 。 当 時 、 神 戸 で 新 聞 記 者 を し て い た

し た 。 津 波 災 害 で は 過 去 最 大 の も の で

六 年 に 明 治 三 陸 地 震 が 岩 手 で 発 生 し ま

八 ・ 二 メ ー ト ル の 記 録 ︵ 大 船 渡 ︶ に な

な か っ た の で す 。 そ し て 、 地 元 の 人 が

し た が 、 震 度 が 三 程 度 で そ れ ほ ど 揺 れ

震 は マ グ ニ チ ュ ー ド こ そ 八 以 上 あ り ま

さ れ て 構 成 さ れ て い ま す 。 明 治 三 陸 地

震 清 と  水 安 ﹁ 政 稲 南 海 む 地 ら 震 の で 火 の ﹂ 事 は 実 、 が 明 ミ 治 ッ 三 ク 陸 ス 地

な の で す ね 。

金 大 に  辻 な り も 、 っ い と わ 後 ば の 、 明 逆 治 輸 三 入 陸 さ 地 れ 震 た が も 引 の き

出 し は あ ま り な か っ た よ ﹂ と 自 慢 げ に

こ ろ 、 ﹁ こ の 当 時 は 、 こ の よ う な 書 き

前 、 中 井 常 蔵 先 生 に う か が い ま し た と

た 清 ヾ  水 事 で ﹁ な 稲 い む ﹂ ら と の い 火 う ﹂ 始 は ま 、 り ﹁ で こ す れ 。 は 生 、

に 大 書  辻 い た 中 の 井 で 常 し 蔵 ょ は う 、 ? ど う し て そ の よ う

一 八 九 七 年 、

hA Living Godv

談 ︶ ﹂ で す 。 そ れ が 一 九 三 七 年 、 ﹃ 小 學

油 断 し て い る と こ ろ に 、 本 州 最 高 三

特集

用 さ れ ま し た 。

﹁ 稲 む ら の 火 ﹂ の 背 景

國 語 讀 本 ﹄ に ﹁ 稲 む ら の 火 ﹂ と し て 採


城から―アジア・太平洋の地域性を生かした気候変動への適応

「心の防災」 、その故郷をたずねて

    

―「稲むらの火」のモデル濱口梧陵にみる適応策 清水 勳

和歌山県広川町 中央公民館館長

に な る の で は な い か と 考 え 、 ま た 、 堤

に 如 何 に 先 人 が 適 応 し た か 。 そ の 好 例

津 波 堤 防 を 建 造 し た 。 自 然 環 境 の 変 動

は 、 私 財 を 投 じ て 、 当 時 世 界 最 大 級 の

時 三 五 歳 で 醬 油 屋 の 頭 首 で あ っ た 梧 陵

の 復 興 策 に つ い て の も の で あ っ た 。 当

清 ま に  水 す つ 。 い 話 て の 、 も お と 話 に し な い っ た た だ 安 け 政 れ 南 ば 海 と 地 思 震 い

火 ﹂ の 物 語 が ど の よ う に で き て き た か

齢 者 の 方 々 の 記 憶 に 残 る ﹁ 稲 む ら の

ま 大 す  辻 。 ま 今 ず 日 は は 、 、 何 よ と ろ 言 し っ く て お も 願 多 い く い の た 高 し

ル で あ る 。 番 組 は 、 梧 陵 の そ の 後 の 村

﹁ 稲 む ら の 火 ﹂ の 成 立 過 程

国 語 の 教 科 書 に 掲 載 さ れ た 物 語 の モ デ

火 ﹂ と い う タ イ ト ル で 、 戦 中 、 小 学 校

口 梧 陵 と い う 男 が い た 。 ﹁ 稲 む ら の

て 高 台 を 示 し 、 多 数 の 命 を 救 っ た 濱

が ら 、 清 水 さ ん に お 話 を 伺 っ た 。

緒 に 巡 っ た あ と 、 宿 舎 で 夕 食 を 取 り な

︵ ︵ 図 を 川 り 二 町 の 〇 2 同 ︶ 僚 中 仕 〇 。 三 央 掛 七 広 名 公 け 年 民 人 二 村 堤 と 館 で 月 防 共 館 も ︶ な に 長 あ 取 ど 訪 ・ る 材 を ね 元 清 の 耐 清 る 久 水 た 水 機 中 勳 め さ 会 学 さ に ん を 校 ん 、 と 得 長 ︵ 火 一 た ︶ 広 祭

流 さ れ る 人 び と に 、 稲 む ら に 火 を つ け

安 政 南 海 地 震 の 時 、 夕 闇 の 中 を 津 波 で

和 歌 山 県 広 川 町 ︵ 旧 広 村 ︶

。 幕 末 期 の

地 震 ・ 奇 跡 の 復 興 劇 ﹂ で あ る 。 舞 台 は

た 。 ﹁ 百 世 の 安

インタビュアー

震 津 波 か ら 一 カ 月 も 経 た な い 二 〇 〇 五

り 図 は ︵ 1 珍 図 ︶ し 3 を い ︶ 、 。 を 二 二 見 〇 〇 に 〇 〇 行 六 五 き 年 年 、 一 一 そ 〇 一 月 し 月 に て に 津 今 火 浪 回 祭 祭

火 祭 り ﹂ が 催 さ れ て い る 。 ﹁ 津 浪 祭 ﹂ と

を は か れ

安 政 大

た ﹄ で 何 度 も 再 放 送 さ れ た 番 組 が あ っ

大辻 永

年 一 月 。 N H K ﹃ そ の 時 歴 史 は 動 い

防 の 実 物 を 見 た く な り 、 現 地 を 訪 れ て

×

中 越 地 震 か ら 三 カ 月 、 ス マ ト ラ 島 沖 地   広 川 町 で は ﹁ 津 浪 祭 ﹂ や ﹁ 稲 む ら の

  阪 神 淡 路 大 震 災 か ら 一 〇 年 、 新 潟 県 み る こ と に し た 。




す 。 中 で も 一 七 〇 七 年 の 宝 永 地 震 に よ

ま で 、 大 き な 津 波 に 五 回 襲 わ れ て い ま

ん の 堤 防 の 海 側 に 残 っ て い ま す 。 現 在

メ ー ト ル ほ ど 顔 を 出 し て い て 、 梧 陵 さ

九 〇 〇 メ ー ト ル ︶ の 広 村 堤 防 を 完 成 さ

ト ル 、 長 さ 六 七 〇 メ ー ト ル ︵ 計 画 時 は

間 か け て 、 幅 二 〇 メ ー ト ル 高 さ 五 メ ー

ん ﹂ と い う こ と で 、 梧 陵 は そ の 後 四 年

張 り を 立 た せ た り 、 持 ち 主 の わ か る 材

波 大 後  辻 、 ﹃ 盗 濱 難 が 口 予 梧 想 陵 さ 小 れ 傳 た ﹄ の を で 読 街 む 角 と に 、 見 津

は 大 き か っ た で す ね 。



が 造 ら れ て い ま し た 。 い ま 地 上 に は 一   し か し 、 ﹁ こ の 石 堤 で は 間 に 合 わ か っ た よ う な の で す 。 広 村 堤 防 の 役 割

〇 清 〇  水 メ ー 広 ト 川 ル 町 の に 長 は さ 、 か 一 ら 四 な 〇 る 〇 畠 年 山 頃 石 、 堤 七

梧 陵 の 適 応 策

九 割 以 上 の 人 が 助 か り ま し た 。

は 一 三 〇 〇 人 で し た が 、 梧 陵 の 機 転 で

こ れ に 遭 遇 し た わ け で す 。 当 時 の 村 人

っ た ら 津 波 ﹂ と い う 認 識 が で き て い な

村 の 外 か ら 来 た 人 が 多 く 、 ﹁ 地 震 と い

人 の う ち 一 八 人 は 日 東 紡 績 の 関 係 者 で 、

が い し た い と 思 い ま す 。

応 策 、 広 村 堤 防 の 建 設 に つ い て お う か

う ち 一 二 五 軒 が 流 出 し ま し た 。 梧 陵 は

波 は 、 波 高 が 八 メ ー ト ル 、 三 三 九 軒 の

宿 し て い た よ う で す 。 そ し て 翌 日 の 津

人 と 被 害 も 少 な く て 済 み ま し た 。 二 二

こ と な く 、 流 失 家 屋 は 二 軒 、 死 者 二 二

低 か っ た の で 、 広 村 堤 防 を 乗 り 越 え る

ま た そ の 重 要 性 が 感 じ ら れ ま す 。

は 、 人 び と の 心 に 残 す 工 夫 、 残 る 工 夫 。

違 大 い  辻 な い な の る で ほ す ど け 。 れ 地 ど 元 も の 、 ヒ こ ー の ロ 物 ー 語 に に 間

い ま し た 。 想 像 力 に 訴 え か け て い ま す 。

が な い よ う な 子 ど も も 当 時 は た く さ ん

た 。 大 人 に な る ま で 海 な ん て 見 た こ と

あ っ た の で 、 そ の 夜 、 多 く の 村 民 が 野

前 日 に 、 震 度 三 程 度 の 安 政 東 海 地 震 が

は あ り ま せ ん で し た 。 安 政 南 海 地 震 の

安 政 南 海 地 震

ま で 津 波

ょ う 。 し か し 、 そ れ か ら 一 四 七 年 後 の

構 え る よ う に な っ た と 考 え て 良 い で し

ら 津 波 が 来 る ぞ ﹂ と 広 村 の 人 た ち は 身

達 し ま し た 。 こ れ で 、 ﹁ 地 震 が あ っ た

明 は 一 〇 〇 人 、 波 高 は 一 四 メ ー ト ル に

〇 軒 が 流 出 。 一 九 二 人 が 死 亡 し 行 方 不

る 津 波 で は 、 八 五 〇 軒 あ っ た う ち 七 〇

震 で す 。 こ の 時 の 波 高 は 四 メ ー ト ル と

や っ ぱ り 津 波 が 来 ま し た 。 昭 和 南 海 地

お 金 を 郷 土 の た め に 費 や し て い ま す 。

り し て い ま す の で 、 実 際 は こ の 三 倍 の

実 は 、 他 に 橋 を か け た り 、 道 を 造 っ た

陵 さ ん が 堤 防 だ け に か け た お 金 で す 。

万 円 を 越 え ま す 。 し か し 、 こ れ は 、 梧

四 四 匁 。 日 当 を 最 低 千 円 と し て も 五 千

七 三 六 人 、 か か っ た 費 用 は 銀 九 四 貫 三

せ ま し た 。 携 わ っ た 村 民 は の べ 五 万 六

次 に 、 梧 陵 の 先 見 性 の あ る 復 興 ・ 適

  そ れ か ら 九 二 年 経 っ た 一 九 四 六 年 、

︵ 一 八 五 四 年 ︶

と を 海 で 救 が す っ 引 。 た け 。 人 る の と 命 い は う 大 表 切 現 だ に も 、 と 驚 い き う ま こ し


津 波 が 来 る と い う こ と は わ か ら な か っ

章 。 こ れ は 、 岩 手 の 状 況 で す 。 み ん な

い ふ 程 の も の で は な か っ た ﹂ と い う 文

そ し て 、 ﹁ 今 の 地 震 は 、 別 に 烈 し い と

﹁ む か し 、 む か し ﹂ で 始 ま る で し ょ う 。

お っ し ゃ っ て い ま し た 。 普 通 で し た ら 、

ま で 津 波 に 浸 か っ た 後 に 丘 に 登 っ て 行

る わ け で す 。 実 際 の 梧 陵 は 、 本 人 が 腰

助 の 精 神 で 、 村 人 は 高 台 に あ が っ て く

き た ら み ん な で 助 け に 行 き ま し た 。 共

を 示 し て い る の で す 。 昔 は 、 火 事 が 起

の 助 け 合 い の 精 神 が あ る 、 と い う こ と

こ こ で は 、 地 域 が 共 同 体 で あ り 、 地 域

分 で 火 事 を こ し ら え て 、 皆 を 助 け ま す 。

な 稲 穂 を 犠 牲 に し て ま で も 、 村 人 の 命

る 衝 撃 的 な こ と で し た 。 そ れ だ け 大 切

稲 む ら に 火 を つ け る こ と は 誰 に も わ か

を し て い た こ と で し ょ う 。 で す か ら 、

と い う わ け で す 。

何 と 立 派 な 人 か 、 や は り 格 が 違 う な 、

れ た 。 梧 陵 さ ん の 方 が ず っ と 上 に い て 、

  戦 中 は 、 多 く の 日 本 人 が 稲 刈 り 体 験

図 2 広村堤防にて説明する 清水勳氏(2007 年 2 月 20 日,伊藤撮影) .

︵ 清 文 水 中  で ﹁ は 稲 ﹁ む 五 ら 兵 の 衛 火 ﹂ ︶ ﹂ は の 、 中 丘 で の 梧 上 陵 で さ 自 ん が っ て き た ら 、 逆 に 梧 陵 さ ん に 助 け ら

の よ う な も の は あ り ま す で し ょ う か ?

﹁ 稲 む ら の 火 ﹂ に 隠 さ れ た 効 果 、 背 景

揺 れ ︶ と 表 現 さ れ て い ま す 。 そ の 他 に

つ い て も 、 原 作 ︵ か ゆ ら っ く り と し た 長 い

a long, slow,

た け れ ど も 、 梧 陵 は わ か っ て い た と い

spongy motion

う こ と に し て 、 梧 陵 の 存 在 価 値 を 高 め

と し て 描 か れ て い ま す 。 ま た 、 揺 れ に

  梧 陵 さ ん を 助 け て や ろ う と 思 っ て 上

ざ ま づ い て し ま つ た 。

と 、 無 言 の ま ヽ 五 兵 衛 の 前 に ひ

よ つ て 救 は れ た の だ と 氣 が つ く

我 に か へ つ た 村 人 は 、 此 の 火 に

あ た り を 明 か る く し た 。 始 め て

又 も え 上 り 、 夕 や み に 包 ま れ た

た 大 が  辻 、 小 梧 泉 陵 八 は 雲 被 の 災 原 し 作 た の と と き き 三 か 五 ら 歳 老 で 人 し       稲 む ら の 火 は 、 風 に あ ふ ら れ て

光 っ て い ま す 。

き 出 し が う ま い の で す 。

む の を や め ら れ ま せ ん 。 中 井 先 生 の 引

で な い ﹂ と 書 き 出 さ れ る と 、 途 中 で 読

て い る の で す 。 ま た 、 最 初 に ﹁ た ヾ 事

﹁ 稲 む ら の 火 ﹂ の 最 後 の 一 段 落 が ま た

比 し て 表 現 し て い る の で す 。 そ し て 、

い ま す ね 。 岩 手 と 広 の 津 波 の 状 況 を 対

動 し て い ま す か ら 、 状 況 は 少 し 違 っ て




図 3 稲 む ら の 火 祭 り (2006 年 10 月 14 日, 大辻撮影).

自 大 ら  辻 の 手 梧 で 陵 土 さ を ん 盛 が っ 私 て 財 造 を っ 投 た じ 広 、 村 村 堤 人 防 が

ひ と つ の 原 点 だ っ た 気 が し ま す 。

郷 土 を 思 う 心 、 故 郷 作 り と い う の が 、

陵 は 一 二 歳 の 時 に 銚 子 に 行 き ま し た 。

そ ん な に 郷 土 を 思 っ た の で し ょ う 。 梧

人 に 家 を 五 〇 軒 建 て ま し た 。 ど う し て 、

う 思 っ た の で し ょ う 。 梧 陵 は 被 災 し た

が と う ご ざ い ま し た 。

こ れ か ら の 適 応 策 の 在 り 方 の 一 つ が 見

印 象 的 で し た 。 先 達 の 適 応 策 の 中 に 、

け 継 が れ て い く の だ な 、 と い う こ と が

土 の 誇 り と し て 息 づ き 、 次 世 代 に も 受

砦 と な り 、 防 災 意 識 を 高 め 、 同 時 に 郷

は 、 そ の 後 ず っ と 地 元 の 人 た ち の 心 の

教 育 活 動 の 中 で 活 用 し て い き た い 。

じ め て 完 成 さ せ る こ と が で き た 。 今 後 、

C A S の 事 業 の 一 部 と し て 、 英 訳 を は

資 料 に 触 れ ら れ る 基 本 資 料 で あ る 。 I

﹃  濱 広 口 梧 川 陵 町 小 教 傳 育 ﹄ 委 は 員 手 会 軽 が に 頒 梧 布 陵 し の て 一 い 次 る

図 4 濱口梧陵像 (2005 年 11 月 3 日,大辻撮影).

研谷 究澤 員 ︶愛 ︵ 平 成 一 八 年 度



︵ 城 大 学 人 文 学 部 准 教 授 ︶

部 教 授 ︶

学 部 准 教 授 ︶

︵ 廣 八 幡 神 社 の 宮

で 見 る こ と が で き る 。

  ﹁ 稲 む ら の 火 ﹂ の 全 文 は 次 の サ イ ト

http://www.

城 大 学 I C A S 特 任

井 誠 一 郎

取 取 伊 材 司材 ・ 藤 協 哲大 元 耐力 司辻 久 ︵ 永 中佐 ︵ 学々 城 校 大 城 教木 学 大 師公 人 学 ︶平 文 教 氏 学 育

inamuranohi.jp/inamura/

   

は い か が だ ろ う か 。

地 で あ る 堤 防 を 散 歩 し つ つ 訪 ね て み て

祭 り 、 一 一 月 の 津 波 祭 に あ わ せ て 、 聖

四 月 に 広 川 町 に 開 館 し た 。 一 〇 月 の 火

津 波 防 災 教 育 セ ン タ ー ︶ が 二 〇 〇 七 年

え て き た よ う に 感 じ ま す 。 今 日 は あ り   稲 む ら の 火 の 館 ︵ 濱 口 梧 陵 記 念 館 ・


仕 手 な か 事 腕 っ ら を が た 、 優 。 他 っ れ 梧 の た て 陵 町 の い さ に で た ん 移 す ん は ろ 。 で 、 う す そ と ね う い 。 い う 失 う 人 業 行 も 対 政 な 策 的 く 。 ら 清 ﹁  水 堤 防 堤 の 防 上 を を 見 歩 学 く に 来 の ら は れ も た っ あ た る い 人 な か

仁 の 心 に よ る 堤 防 建 設

て い ま す か ら 、 何 か し な い と 、 今 ま で

い で し ょ う か 。 梧 陵 は 陽 明 学 を 勉 強 し

学 ん で き た も の が 意 味 を な さ な い 。 そ

す る の が 、 人 間 と し て 最 高 の 心 で は な

目 当 て に 、 多 く の 人 が 働 き ま し た 。 だ

っ て 帰 っ て こ ら れ た わ け で す 。 こ れ を

こ い ﹂ と 言 っ て 、 帰 る 時 に お 金 を も ら

と こ ろ 行 っ て 、 土 運 び さ せ て も ら っ て

祖 父 母 が 子 ど も に ﹁ お ま え 、 梧 陵 さ ん

堤 防 建 設 で は 日 当 で 支 払 わ れ ま し た 。

て い た の で す が 、 被 災 者 を 救 う た め に 、

て そ の 上 に 堤 防 を 築 い た の で す 。

む ﹂ と い う こ と で 、 こ の 田 圃 を つ ぶ し

し て お い た ら こ の 先 余 計 に 重 税 に 苦 し

せ ん 。 そ こ で ﹁ こ こ を こ の ま ま 田 圃 に

毎 年 同 じ よ う に 獲 れ る わ け で は あ り ま

い た の で す 。 と こ ろ が 、 漁 と い う の は 、

け て い た の で 、 税 金 を 高 く か け ら れ て

﹁ 仁 ﹂ の 心 で す 。 思 い や り の 心 を 発 揮

ま す 。 い ざ と い う 時 の 思 い や り 、

﹁  惻 梧 隠 の 陵 情 は ﹂ 、 を こ 持 う つ い べ う き と だ き と こ 言 そ っ 武 て 士 い は

教 え ま す 。

歩 け な い と こ ろ な ん よ と 子 ど も 達 に は

神 社 や 寺 院 と 同 じ で し ょ う 。 普 通 で は

に 背 を 向 け て 他 村 に 出 て 行 く 人 が い て 、

小 さ い 頃 か ら 教 え ら れ て い ま し た 。 村

作 り の 中 心 に な ら な け れ ば い け な い と 、

め て い く ん だ ぞ ﹂ と 言 わ れ て い て 、 町

い 清 ち  水 ゃ ん 梧 か 陵 ら さ ん 、 ﹁ は お 、 ま 尊 え 敬 は し こ て の い 村 た を お 治 じ

か け て い ま す 。

ら な い も の は 集 め て お い て 後 で 競 売 に

ら れ て い ま し た 。 広 村 の 漁 師 は 漁 で

圃 清 で  水 、 年 堤 貢 防 率 が が 造 高 ら い れ 加 た 子 場 米 所 を は 取 漁 り 師 立 の て 田

木 蠟 を と っ て 、 現 金 収 入 と し ま し た 。

え ま し た 。 堤 防 の 内 側 に は 櫨 を 植 え 、

を 強 く す る た め 、 よ く 根 の 張 る 松 を 植

は 、 流 れ て く る も の を 食 い 止 め 、 堤 防

て い た よ う に 感 じ ま す 。 堤 防 の 海 側 に

す ね 。 そ の 状 況 に あ っ た 経 済 を ま わ し

競 大 売  辻 に も 一 参 方 加 で で 日 き 当 る に よ よ う り に 購 し 買 た 力 わ を け つ で け 、

い わ ゆ る ﹁ 聖 地 ﹂ で す 。 聖 地 と い え ば

防 で す 。 こ れ は 広 村 の 宝 物 で あ る し 、

い な い と い う の は 、 こ う い う こ と と 違

で い る 。 普 通 の 土 と は 違 う な 。 も っ た

堤 防 造 り を し た 先 人 達 の 汗 が し み 込 ん

﹁ 土 ば っ か り だ ﹂ と 答 え ま す 。 ﹁ で も 、

ら 何 が 出 て く る か な ぁ ﹂ と 聞 く と 、

い た 私 は 、 子 ど も 達 に ﹁ こ れ を 掘 っ た

堤 防 脇 に あ る 耐 久 中 学 校 の 校 長 を し て

昔 は 、 盆 と 正 月 に 給 料 の 支 払 い を し

何 と か 食 い 止 め た か っ た の で す 。

う か ﹂ と 。 こ こ は 村 人 の 命 を 守 っ た 堤

木 は 元 の 持 ち 主 に 返 し 、 持 ち 主 の わ か

い ﹂ と 言 わ れ て 、 感 動 し ま し た 。 当 時 、




の ゆ か い な 仲 間 た ち ﹂ で あ る 。

っ て い る 。 筆 者 に と っ て の ﹁ I C A S

今 で は 全 員 I C A S の 主 要 構 成 員 と な

ー と は そ の 後 も 引 き 続 き 交 流 を 持 ち 、

う 。 結 局 、 こ の 調 査 に 参 加 し た メ ン バ

講 義 と な っ た 。 こ れ は 、 今 回 導 入 さ れ

加 し て 行 う ︵ お そ ら く ︶

部 ・ 農 学 部 と い う 五 つ の 学 部 が あ る が 、

人 文 学 部 ・ 教 育 学 部 ・ 理 学 部 ・ 工 学

に 開 講 し た

大 史 上 初 の

こ の 授 業 に は 全 学 部 か ら 専 任 教 員 が 参

な っ た 。

く 、 知 的 好 奇 心 を 刺 激 さ れ る 良 き 場 と

こ と 自 体 が 普 段 あ る よ う で な か な か な

に と っ て も 、 他 分 野 の 専 門 の 話 を 聞 く

た よ う で あ る 。 ま た 、 参 加 し た 各 教 員

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 は 範 囲 が 広 く 、



る 人 は 意 外 と 少 な い の で は な い か と 思

っ た 。 こ ん な こ と を 実 際 に 経 験 し て い

ず い ぶ ん 驚 き 、 そ し て 大 い に 勉 強 に な

城 大 学 に は 、

﹁ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 入 門 ﹂ を 新 た

度 、 主 に 学 部 一 年 生 向 け の 教 養 科 目

I C A S が 立 ち 上 が っ た 二 〇 〇 六 年

り 、 学 生 に は と て も そ れ が 新 鮮 に 映 っ

た か な り エ キ サ イ テ ィ ン グ な 場 面 も あ

員 が 反 論 し た り 批 判 し た り す る と い っ

ン を 行 っ た 。 あ る 教 員 の 発 言 に 他 の 教

︵ 図 1 ︶

の 考 察 過 程 が 全 然 違 う の に は 、 最 初 は

は ず な の に 、 問 題 点 の 抽 出 や 調 査 結 果

っ た 。 同 じ 場 所 で 同 じ 風 景 を 見 て い る

﹁教 サ養 ス科 テ イ目 ナ ビ リ テ ィ 学 入 門 ﹂

員 が 参 加 し て の パ ネ ル デ ィ ス カ ッ シ ョ

後 の 時 間 に は 、 そ の 日 登 壇 し た 教 員 全

集 中 講 義 の 形 を 取 っ た の だ が 、 毎 回 最

れ の 観 点 は 違 え ど も 同 じ 場 所 で 調 査 を

方 の 研 究 者 合 計 七 人 が 参 加 し 、 そ れ ぞ

そ し て 人 文 学 部 の ま さ に 理 系 ・ 文 系 両

あ る 。 こ の 調 査 で は 、 工 学 部 、 農 学 部 、

け る ス マ ト ラ 沖 地 震 津 波 の 被 害 調 査 で

た 年 三 城 月 大 に 学 約 有 一 志 週 に 間 よ に る わ タ た イ っ 西 て 海 実 岸 施 に さ お れ

︵ 准広 教 授域 ・水 横圏 木環 裕境 宗科 ︶学 教 育 研 究 セ ン タ ー

い き た い と 考 え て い る 。

育 を 行 う と い う 大 き な 課 題 に 貢 献 し て

す る さ ら に 広 範 な テ ー マ で の 研 究 と 教

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 形 成 、 そ れ に 関

や し 、 そ し て 、 地 球 変 動 適 応 科 学 と サ

の ﹁ ゆ か い な 仲 間 た ち ﹂ を 見 つ け 、 増

き 課 題 は 多 い 。 し か し 、 少 し で も 多 く

研 究 面 で も 教 育 面 で も 新 し く 検 討 す べ

も の と も な っ た 。

物 を 作 り 出 し て い け る こ と を 証 明 す る

し な が ら 縦 糸 を 紡 ぎ つ つ 、 ひ と つ の 織

者 を 横 糸 で 繫 ぎ 、 そ こ か ら 相 互 交 流 を

文 系 を 問 わ ず 、 さ ま ざ ま な 分 野 の 研 究

た ﹁ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 ﹂ が 、 理 系

行 い 、 そ の 結 果 に つ い て 毎 晩 議 論 を 行

こ の 授 業 は 、 土 曜 日 を 三 回 利 用 し て の

生 を 十 分 堪 能 さ せ る も の と は な ら な い 。

ラ で 好 き 勝 手 な こ と を 話 し て も 、 受 講

単 に 専 門 性 の 異 な る 各 教 員 が バ ラ バ

特集


城から―アジア・太平洋の地域性を生かした気候変動への適応 紹介

城大学地球変動適応科学研究機関 ―ICAS のゆかいな仲間たち   

      

融 合 の 研 究 活 動 を 経 験 し た 。 二 〇 〇 五

学 で I C A S が 設 立 さ れ る 前 か ら 文 理

域 性 を 生 か し た 気 候 変 動 へ の 適 応 ﹂ と

の 中 で も 、 ﹁ ア ジ ア ・ 太 平 洋 地 域 の 地

I C A S は 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学

て 成 果 を 広 く 社 会 に 紹 介 し て い る 城 。 大

ト や 研 究 報 告 書 を 作 成 す る こ と に よ っ

と こ ろ で 、 筆 者 は 幸 い に し て

よ び 事 務 補 佐 員 が 担 っ て い る 。

究 員 と 三 名 の ア カ デ ミ ッ ク ス タ ッ フ お

九 名 の 運 営 委 員 、 お よ び 二 名 の 特 任 研

ウ ム を 開 催 し 、 研 究 紹 介 の パ ン フ レ ッ

動 適 応 科 学 研 究 機 関 の 主 催 で シ ン ポ ジ

ら に 、 ア ウ ト リ ー チ 部 門 で は 、 地 球 変

水 圏 環 境 科 学 教 育 研 究 セ ン タ ー 教 授 ︶

三 村 信 男 機 関 長

育 成 を 行 お う と し て い る

平 洋 地 域 の 現 場 の 問 題 解 決 を 担 う 人 材

︵ 学 長 特 別 補 佐 ・ 広 と 域

︵ 後 述 ︶

。 さ

五 た セ 専 I 名 兼 ン 任 C ︶ 務 タ 教 A

Institute for

い う テ ー マ を 掲 げ て い る 。 そ し て 、 こ

城 大 学 に 地 球 変 動

︵ I R 3 S ︶ の 参 加 大 学 の 一 つ と し て 、

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構

門 ﹁ 適 応 の た め の 生 活 圏 計 画 ・ ︵ 適 詳 応 し 政

型 の 農 業 開 発 に 関 す る 研 究 ﹂ 、 第 3 部

す る 研 究 ﹂ 、 第 2 部 門 ﹁ 気 候 変 動 適 応

門 ﹁ 適 応 の た め の 工 学 的 手 法 開 発 に 関

Global Change Adaptation Science

の テ ー マ を 中 心 に 、 研 究 部 門 と 教 育 部

か ら 成 っ て い る 。 日 常 の 運 営 は 、

教 ー 員 員 か を ︵ ら 持 二 推 た 八 薦 ず 名 ︵ 、 ︶ 自 さ と 推 ま 協 ・ ざ 力 他 ま 教 推 な 員 ︶ 学 ︵ さ 部 二 れ ・

S ︶ が 設 立 さ れ た 。 I C A S は 、

学 研 究 の 成 果 を 生 か し て 、 ア ジ ア ・ 太

動 適 応 科 学 お よ び サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

策 に 関 す る 研 究 ﹂ 。 の 三 つ が あ る

し た 教 育 プ ロ グ ラ ム を 開 発 し 、 地 球 変

ま た 教 育 部 門 で は 、 大 学 院 を 中 心 に

く は 座 談 会 を 参 照 ︶

適 応 科 学 研 究 機 関 ︵

二 〇 〇 六 年 五 月 、

I C A S の 概 要

を 行 っ て い る 。 研 究 部 門 に は 、 第 1 部

門 、 ア ウ ト リ ー チ 部 門 に 分 か れ て 活 動




の 分 野 を 専 攻 し よ う と も 、 問 題 を 総 合

的 な 知 識 を 持 っ た 専 門 家 ︵ 文 理 い ず れ

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 関 す る 幅 広 い 俯 瞰

よ う な 人 材 養 成 を 目 指 し て い る 。 ① サ

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 専 攻 で は 、 次 の

る リ 性 そ 人 テ を こ 材 ィ 深 で 養 問 く 成 題 理 城 が の 解 大 必 解 し 学 要 決 、 大 で に 現 学 あ 当 実 院 る た の 理 。 る サ 工 こ ス 学 と テ 研 の イ 究 で ナ 科 き ビ

養 を 身 に 付 け た 上 で 学 生 は 自 分 の 専 門

育 も 重 視 す る 。 こ の よ う な 基 礎 的 な 教

用 意 し て い る 。 国 際 人 と し て の 英 語 教

ジ ア の 現 場 で の 国 際 実 践 プ ロ グ ラ ム も

こ の た め の ソ ー シ ャ ル ス キ ル 訓 練 や ア

団 の 合 意 形 成 能 力 も 身 に 付 け て も ら う 。

ン 能 力 や フ ァ シ リ テ ー タ ー と し て の 集

れ る よ う 関 係 者 と の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ

図 1  「サステイナビリティ学入門」の 講義風景.



洋 地 域 の 現 場 で 実 際 に 問 題 解 決 に 当 た

な い 。 俯 瞰 的 視 点 か ら 全 体 の 相 互 連 関

用 を 探 る ア プ ロ ー チ で は 十 分 対 応 で き

象 を 狭 く 設 定 し て 分 析 を 深 め 、 そ の 応

問 題 が あ り 、 こ れ ま で の よ う な 研 究 対

成 ス ロ 問 の テ ー 題 誤 イ チ の ナ で 解 ﹂ ビ の 決 や リ 人 に 生 テ 材 は 命 ィ 養 、 の 問 成 従 全 題 が 来 一 の 必 と 性 背 要 は の 景 で 異 分 に あ な 断 は る る 化 ﹁ 。 ア の 合 サ プ

な 視 点 を 持 っ て も ら う 。 ア ジ ア ・ 太 平

ロ ソ フ ィ ー な ど の 学 習 を 通 じ て 俯 瞰 的

ず 生 態 学 や 一 般 シ ス テ ム 論 、 エ コ フ ィ

参 加 し て 教 育 を 担 当 す る 。 学 生 に は ま

城 大 学 の 全 大 学 院 研 究 科 か ら 教 員 が

以 上 の よ う な 人 材 を 養 成 す る た め 、

心 待 ち に し て い る 。

目 指 す 学 生 諸 君 の 入 学 を 、 教 員 一 同 、

れ か ら の 私 た ち 地 球 の サ ス テ ナ プ ロ を

像 し な が ら 開 設 準 備 を 進 め て い る 。 こ

の 持 続 可 能 な 発 展 に 貢 献 す る 勇 姿 を 想

︵ 農 学 部 教 授 ・ 中 川 光 弘 ︶

諸 問 題 が 多 発 し て い る が 、 こ れ ら の 諸

イ ナ ビ リ テ ィ ︵ 持 続 可 能 性 ︶ を 脅 か す

な ど 二 〇 世 紀 末 か ら 人 類 社 会 の サ ス テ

諸 国 で の さ ま ざ ま な 社 会 的 不 適 応 問 題

進 展 に 伴 う 文 化 の 多 様 性 の 喪 失 、 先 進

門 知 識 を 持 っ た 専 門 家 。 ③ 我 が 国 を 含

に 関 連 す る 特 定 分 野 に お け る 高 度 な 専

っ た 専 門 家 ︶ 。 ② サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

的 に 把 握 で き る 文 理 融 合 的 な 視 点 を 持

国 際 性 を 持 っ た 専 門 家 。

リ テ ィ 問 題 を 解 決 し よ う と す る 意 欲 と

む ア ジ ア ・ 太 平 洋 地 域 の サ ス テ イ ナ ビ

平 洋 地 域 の 各 方 面 で 活 躍 し 、 人 類 社 会

多 く の 専 門 家 が 巣 立 っ て 、 ア ジ ア ・ 太

で 度 イ 分 こ あ な ナ 野 の る 専 ビ を サ 。 門 リ 選 ス 知 テ ん テ 識 ィ で イ を に 指 ナ 身 関 導 ビ に 連 教 リ 付 す 員 テ け る を ィ て 特 決 学 も 定 め 専 ら 分 、 攻 う 野 サ か 予 の ス ら 定 高 テ


第 勝 第 ︿ を パ 六 ・ 五 二 考 ネ ル  講 教  講 日 目 慮 育 し デ ﹀ 災 学 気 た ィ 害 部 候 防 ス の ︶ 変 災 カ 捉 ・ ッ 動 え 減 シ の ら 災 ョ 健 ン れ 康 方  ① 影 環 響 災 ︵ 境 害 上 変 発 地 動 生

に 応 じ た 持 続 可 能 性

経 済 格 差 、 地 域 紛 争 、 グ ロ ー バ ル 化 の

環 境 変 動

ち 第 ︵ 十 太 二 田  講 寛 行 地 ・ 球 農 環 学 境 部 を ︶ 支 え る 微 生 物 た

題 や 資 源 ・ エ ネ ル ギ ー 問 題 、 南 北 間 の

地 球 温 暖 化 に 代 表 さ れ る 地 球 環 境 問

パ ネ ル デ ィ ス カ ッ シ ョ ン  ③

進 め て い る と こ ろ で あ る 。

対 第 応 四 策  講 ︵ 小 エ 峯 ミ 秀 ッ 雄 シ ・ ョ 工 ン 学 コ 部 ン ︶ ト ロ ー ル と

域 第 へ 三 の  講 影 響 地 と 球 対 温 策 暖 ︵ 化 横 ・ 木 海 裕 面 宗 上 ︶ 昇 の 沿 岸

な 第 農 十 村 一 開  講 発 ︵ 世 中 界 川 の 光 食 弘 料 ・ 問 農 題 学 と 部 持 ︶ 続 可 能

誠 第 一 十 郎  講 ・ 人 開 文 発 学 と 部 人 ︶ 間 の 安 全 保 障 ︵

意 義 ︵ 堀 良 通 ・ 理 学 部 ︶

九 年 四 月 の 開 講 を 目 指 し て 現 在 準 備 を

院 修 士 課 程 ︶

全 学 的 な 大 学 院 改 組 に 合 わ せ て 二 〇 〇

井 て 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 専 攻

城 大 学 で の は 開 I 設 C を A 計 S 画 が し 中 て 心 い ︵ と る 大 な 。 学 っ

︵ 第 第 三 二 男 イ 一 村  講 ︶ ナ ビ  講 信 リ 男 地 テ イ ︶ 球 ィ ン 環 学 ト 境 の ロ 問 め ダ 題 ざ ク と す シ 温 も ョ 暖 の ン 化 ︵ の 三 サ 影 村 ス 響 信 テ

環 第 境 九 の  講 現 状 / 城 生 県 物 か 多 ら 様 世 性 界 を の 守 生 る 物 こ 的 と 自 の 然

サ ス城 テ大 イ学 ナ大 ビ学 リ院 テ理 ィ工 学 専学 攻研 の究 構科 想

︿ 三 日 目 ﹀

へ の 人 間 の 適 応

︵ 人 文 学 部 教 授 ・ 伊 藤 哲 司 ︶

︿ 初 日 ﹀

パ 学 ィ 第 ネ 部 ﹂ 八 ル ︶ が  講 デ 注 ィ 目 な ス さ ぜ カ れ い ッ る ま シ の ﹁ ョ か サ ン ︵ ス  ② 木 テ 村 イ 環 競 ナ 境 ・ ビ 変 教 リ 動 育 テ

あ る と 、 私 た ち は 考 え て い る 。

あ っ 一 る る た 学 。 。 。 年 受 講 の 講 義 約 登 予 一 録 定 割 し 内 に た 容 当 学 は た 生 、 る は 次 一 、 の 七 と 〇 城 お 人 大 り に 学 で 上 の 育 学 部 ︶

年 第 ね 七 た  講 ろ ﹁ う 稲 ﹂ の む 農 ら 業 の 用 火 水 ﹂ ︵ の 大 再 辻 考 永 / ・ ﹁ 教 三

︵ 伊 藤 哲 司 ・ 人 文 学 部 ︶

二 〇 〇 七 年 度 も 同 様 の 授 業 を 開 講 す が 人 々 の 心 身 と 共 同 体 に 与 え る 影 響

照 そ 始 の 門 心 ︶ れ め 出 ﹄ と こ

の 自 て 版 上 体 い も に が る 企 ﹁ 。 画 造 対 サ し さ 話 ス て れ テ い て の イ こ い 構 ナ う く 造 ビ と べ ﹂ ︵ リ い き 座 テ う も 談 ィ 相 の 会 学 談 で 参 は も 、

︵ 仮 題 ︶ な る 初 学 者 向 け テ キ ス ト

し て 、 ﹃ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 入

の 講 義 を 行 っ て い る メ ン バ ー を 中 


サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 確 保 の た め に は 、 先 進

評 ﹄ 一 九 八 〇 年 八 月 号 か ら 借 り た ︶ 。 ま た 、

集 団 の 活 動 の あ り 方 を 変 え よ う と し た 試 み は

東 西 、 欲 望 ・ 欲 求 を 抑 え る 方 向 で 個 人 や 社 会

﹁ 贅 沢 は 敵 だ ﹂ は 戦 時 中 の 標 語 だ が 、 古 今

し ま う こ と に し た い 。

あ れ 、 で も 、 ﹁ 蕩 尽 ﹂ と サ ス テ イ ナ ビ リ テ

の ﹁ 蕩 尽 の 快 感 ﹂ と は 縁 遠 い 感 じ が す る の で 。

い 一 方 、 オ シ ャ レ な 割 に は 、 贅 沢 に 付 き も の

境 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 確 保 で き そ う も な

れ た ﹁ 美 意 識 ﹂ で あ っ て 、 こ れ で は 人 類 と 環

源 ・ エ ネ ル ギ ー 消 費 を 行 っ て い る 社 会 に 生 ま

木村 競 城大学教授 (哲学・倫理学)



こ こ は あ え て ﹁ 贅 沢 は 素 敵 だ ﹂ と 宣 言 し て い わ ゆ る ロ ハ ス は 、 す で に ハ イ レ ベ ル の 資

の だ ろ う か 。 本 当 に 必 要 な こ と な の だ ろ う か 。

気 が 醸 し 出 さ れ て し ま う 。 そ れ は よ い こ と な

た だ し 、 L O H A ︶ S と ︵ は 違 う 方 向 で 。

Lifestyles Of

長 続 き し た こ と が な い ︵ ﹁ 贅 沢 は 素 敵 だ ﹂ と

Health And Sustainability

ィ っ て 両 立 す る ん だ ろ う か ?

い う 表 現 は 戦 争 中 の 宣 伝 を 特 集 し た ﹃ 広 告 批

﹁ 贅 沢 ﹂ を す る こ と は や め よ う 、 と い う 雰 囲

な く 欲 望 ・ 欲 求 を 抑 え る こ と 、 少 な く と も

ら ず 、 サ ス テ イ ナ ブ ル な 生 活 と い う と 、 何 と

と こ ろ が 、 よ く わ か っ て い な い に も か か わ

か ら ゆ っ く り と 考 え て い き た い 。

ル で 素 敵 な 贅 沢 っ て ど う い う こ と か を 、 こ れ

沢 で あ る こ と に 変 わ り は な い 。 サ ス テ イ ナ ブ

そ の 意 味 で は サ ス テ イ ナ ブ ル な 生 活 だ っ て 贅

実 際 に 転 換 し て い く の だ ろ う 。

少 し ず つ 少 し ず つ わ か っ て い く の だ ろ う し 、

れ か ら に し て も 、 さ ま ざ ま な 試 行 錯 誤 の 中 で

及 に よ っ て 、 人 間 は 人 間 で あ り 続 け て き た 。

れ ば 贅 沢 に 他 な ら な い 種 類 の 欲 望 ・ 欲 求 の 追

そ も そ も 、 た だ 生 存 す る と い う こ と か ら す

実 は 、 今 の と こ ろ は よ く わ か っ て い な い 。 こ

立 つ か 、 あ る い は 役 立 た な い か と い う こ と は 、

テ イ ナ ビ リ テ ィ を 確 保 し 高 め て い く こ と に 役

の か 、 ど の よ う な 質 や 量 の 欲 望 ・ 欲 求 が サ ス

必 要 で あ る 。

望 ・ 欲 求 追 及 の 自 由 の 確 保 に は 十 分 な 配 慮 が

不 可 欠 で あ る こ と を 考 え る と 、 個 々 人 の 欲

国 、 開 発 途 上 国 の 別 な く 、 国 家 単 位 の 施 策 が


新 し い 服 を 着 る と 気 分 も 変 わ る 。 で も 、 新 し

も 同 じ 服 を 着 て い る 人 っ て 、 や っ ぱ り ダ サ い 。

け れ ど 、 こ れ は 燃 費 が わ る い ん だ よ ね 。 い つ

ジ ン が 可 能 に す る ス ム ー ス な 加 速 に あ る ん だ

ラ イ ビ ン グ の 楽 し み は 余 裕 あ る 排 気 量 の エ ン

っ て 必 要 な カ ロ リ ー が 確 保 で き る そ う だ 。 ド

そ の 穀 物 を 人 間 が 食 べ れ ば 何 倍 も の 人 間 に と

の 牛 肉 は 穀 物 飼 料 を 食 べ さ せ て 育 て る ら し い 。

聞 く と こ ろ に よ る と 、 私 が 大 好 き な 霜 降 り

し か し 、 ど の よ う に 転 換 す る こ と が 必 要 な

望 ・ 欲 求 の あ り 方 を 転 換 し て い く 必 要 が あ る 。

め に は 、 結 局 の と こ ろ 、 個 人 や 社 会 集 団 の 欲

の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 確 保 し 高 め て い く た

活 動 の あ り 方 を 方 向 付 け て い く 。 人 類 と 環 境

欲 求 を 充 た す こ と が 、 そ の 個 人 や 社 会 集 団 の

す る さ ま ざ ま な 社 会 集 団 が も っ て い る 欲 望 ・

欲 求 に 左 右 さ れ る 。 個 人 と し て の 、 ま た 所 属

人 間 が ど の よ う な 生 活 を す る か は 、 欲 望 ・

ち の 生 活 を 変 え な く ち ゃ 。

代 は や っ て い け な く な る な 。 ま ず は 、 自 分 た

す 増 え る だ ろ う 。 う ー ん 、 こ れ で は 、 次 の 世

地 球 温 暖 化 も 進 む だ ろ う し 、 廃 棄 物 も ま す ま

費 の 生 活 ス タ イ ル が 世 界 中 に 広 が っ て い る 。

し み な ん て 過 去 の こ と に な る ん だ ろ う か 。

な く な っ て し ま い そ う だ 。 フ ァ ッ シ ョ ン の 楽

う 食 べ ら れ な い の か な 。 ス ポ ー ツ カ ー な ん て

で も 、 そ う す る と 、 お い し い す き 焼 き は も

化 炭 素 は 増 大 す る 。 加 え て 大 量 生 産 ・ 大 量 消

く な り そ う だ 。 人 口 が 増 え れ ば 排 出 す る 二 酸

る 。 近 い 将 来 に 使 え る 資 源 や エ ネ ル ギ ー は な

ん だ 。 人 類 の 未 来 の た め に は 贅 沢 は 敵 だ !

え る ぞ 。 こ ん な 贅 沢 を し て い る 時 代 じ ゃ な い

よ し 、 今 日 か ら 、 環 境 に や さ し い 生 活 に 変

り が あ る 。 そ れ な の に 世 界 の 人 口 は 増 え て い

人 類 が 利 用 で き る 資 源 や エ ネ ル ギ ー に は 限

ん た ま っ て い く 。 こ れ も も っ た い な い な 。

い 服 を 買 う と 、 ま だ 傷 ん で い な い 服 が ど ん ど

贅 沢 は 素 敵 だ

連載 エッセイ 


あ る 。 二 〇 〇 三 年 七 月 に 建 築 基 準 法 が 改 正 さ

環 境 健 康 学 セ ン タ ー の 登 録 商 標 ︶

レ ス ﹂ ﹁ ケ ミ レ ス タ ウ ン ﹂ は 、 N P O 次 世 代

対 策 が と ら れ て い ま す よ ﹂ と 言 わ れ た も の で

者 か ら は 、 ﹁ シ ッ ク ハ ウ ス な ん て 、 と っ く に

こ の プ ロ ジ ェ ク ト を 発 表 し た 頃 、 建 築 関 係

http://chemiless.hp.infoseek.co.jp/

れ 、 ホ ル ム ア ル デ ヒ ド に つ い て は 室 内 基 準 が

ホ ー ム ペ ー ジ を 訪 ね て ほ し い 。 ア ド レ ス は 、

て い く こ と を 目 指 し て い る 。 興 味 の あ る 方 は 、

。 ︵ ﹁ ケ ミ

め て い る 。

く り ﹁ ケ ミ レ ス タ ウ ン ・ プ ロ ジ ェ ク ト ﹂ を 進

頃 か ら 不 必 要 な 化 学 物 質 を 極 力 減 ら し た 街 づ

を 予 防 で き る 家 作 り 、 街 づ く り を 社 会 に 広 め

了 時 に は 認 証 制 度 を つ く っ て 、 シ ッ ク ハ ウ ス

プ ロ ジ ェ ク ト で は 、 五 年 の プ ロ ジ ェ ク ト 終

戸髙恵美子 千葉大学助教 (リスクコミュニケーション)



に か が な ぜ る が 的 え 害 な 私 な ら 、 い な 。 シ な て し い そ た る な 問 限 ら こ ッ 患 い て う ん ち 。 い 題 り 、 の ク 者 る い ち な 千 ま と 発 シ ﹁ ハ も 。 る に 経 葉 ま な 症 ッ 潜 ウ 含 厚 人 環 験 大 、 る す ク 在 ス め 生 は 境 が さ 家 る ハ 的 症 る 労 実 中 あ 学 ま に こ ウ な 候 と 働 は の る の ざ 住 と ス ﹂ 群 、 省 多 化 の グ ま ん が は と だ 日 の い 学 で ル な だ な そ い ろ 本 調 の 物 、 ー 症 ら い の う う の 査 で 質 自 プ 状 今 か よ の 、 人 に は に 分 は に 度 ら う が と 口 よ な よ で 、 二 苦 は だ な 重 の の る い っ は 〇 し 原 。 家 要 こ 約 と か て 気 〇 む 因 と に だ と 一 、 、 健 が 三 こ も こ 住 。 で 〇 潜 と 康 つ 年 と わ ろ ま な あ % 在 考 を か に 多 い の に 驚 い て い る 。

で き な い の で あ る が 、 困 っ て い る 方 が 予 想 外

き る 状 態 で は な い の で 、 来 て い た だ く こ と は

た 。 残 念 な が ら 、 現 在 ま だ 患 者 さ ん が 滞 在 で

ミ レ ス タ ウ ン に 住 み た い ﹂ と い う 相 談 が あ っ

よ う な 症 状 が 出 始 め 、 今 は 妻 も 発 症 し た 。 ケ

に 住 み 始 め た ら 、 そ の 日 か ら 子 供 に ぜ ん 息 の

日 も 、 あ る 大 学 の 方 か ら 、 ﹁ 新 築 マ ン シ ョ ン

ら な い か ﹂ と い う 問 い 合 わ せ が く る 。 つ い 先

ら ﹁ シ ッ ク ハ ウ ス で 困 っ て い る 。 な ん と か な

実 際 、 プ ロ ジ ェ ク ト 事 務 局 に は 日 本 全 国 か

て い な い 部 分 が 大 き い 。

か し 、 シ ッ ク ハ ウ ス 症 候 群 の 原 因 は 、 わ か っ

全 快 し た 。

決 め ら れ た か ら 、 と い う の が 理 由 で あ る 。 し


状 に 悩 ま さ れ る よ う に な っ た の で あ る 。 微 熱

と こ ろ が 、 し ば ら く す る と 風 邪 の よ う な 症

を 何 度 も 洗 濯 し た と こ ろ 、 ほ ん の 一 週 間 程 で

即 刻 家 具 を 処 分 し 、 中 に 入 れ て い た タ オ ル 類

干 し た り し て よ う や く 使 い 始 め た 。

で 、 す ぐ に は 使 う こ と が で き ず 、 ベ ラ ン ダ に

ン ボ ー ル を 開 け た と き 、 強 い 刺 激 臭 が し た の

の 二 つ だ け で あ る 。 そ の 家 具 が 家 に 届 き 、 ダ

奥 行 き が そ れ ぞ れ 三 〇 セ ン チ 程 度 の 小 さ な も

ス 家 具 を 購 入 し た 。 家 具 と い っ て も 縦 ・ 横 ・

た 家 具 が 欲 し く て 、 イ ン タ ー ネ ッ ト で ボ ッ ク

し か し 、 あ る と き 、 ど う し て も サ イ ズ の 合 っ

て よ う や く 、 あ の 家 具 の 臭 い に 気 が つ い た 。

確 信 し た 。 ﹁ こ の 家 に 何 か あ る ﹂ と 。 そ う し

ど が 痛 く な り 、 頭 痛 が 始 ま っ た 。 そ こ で 私 は

も つ か の 間 、 自 宅 に 戻 っ て 翌 朝 、 ま た も や の

﹁ あ あ 、 や っ と 風 邪 が 治 っ た ﹂ と 喜 ん だ の

分 が す っ き り し て い る の に 気 づ い た 。

家 を 離 れ た の で あ る 。 す る と 五 日 目 の 朝 、 気

そ し て あ る 日 、 地 方 で 学 会 が あ り 、 一 週 間

ン プ ー や 洗 剤 が あ り 、 生 活 に は 注 意 し て い る 。 返 し を 続 け て い た 。

私 は 元 来 化 学 物 質 に 敏 感 で 、 使 え な い シ ャ て く る 。 そ れ で ま た 風 邪 薬 を 飲 む 。 そ の 繰 り

物 質 だ と 疑 わ れ て い る 。

る 。 原 因 は 、 建 材 に 含 ま れ る さ ま ざ ま な 化 学

痛 が す る 、 な ど 人 に よ っ て 多 様 な 症 状 を 発 す

ー ム し た 建 物 の 中 に い る と 、 目 が し み る 、 頭

た こ と が あ る だ ろ う か 。 新 築 あ る い は リ フ ォ

﹁ シ ッ ク ハ ウ ス 症 候 群 ﹂ と い う 疾 患 を 聞 い

う ﹂ と 思 っ て 服 用 を 止 め る と 、 ま た 微 熱 が 出

続 け て 飲 ん で い た 。 し か し 、 ﹁ も う い い だ ろ

状 が 緩 和 す る の で ﹁ や っ ぱ り 風 邪 だ ﹂ と 思 い 、

販 の 風 邪 薬 を 飲 み 始 め た 。 す る と 、 確 か に 症

も 痛 く 、 ﹁ こ れ は 風 邪 だ ﹂ と 思 っ た 私 は 、 市

が 出 て 、 の ど が 痛 く な り 、 鼻 水 が 出 る 。 関 節

シ ッ ク ハ ウ ス 症 候 群

連載 エッセイ 


林 か ら 得 ら れ る 炭 が 必 要 で し た

年 間 操 業 す る に は 、 約 一 〇 〇 ヘ ク タ ー ル の 森

こ な わ れ 、 ま た 、 一 カ 所 の 鑪 ︵ 製 鉄 所 ︶ を 一

大 な 土 砂 を 水 路 に 流 す 鉄 穴 流 し が さ か ん に お

流 で は 、 砂 鉄 を と る た め に 山 を 切 り 崩 し て 膨

っ て 生 活 を 営 ん で き た 土 地 で す 。 斐 伊 川 の 上

地 方 は 、 古 代 よ り 出 雲 民 族 が 農 耕 と 鉄 工 に よ

木 次 町 か ら 斐 伊 川 の 上 流 に か け て の 奥 出 雲

服 さ れ た 三 つ の 民 族 じ ゃ と 思 う と り ま す ﹂ 。

﹁ ア イ ヌ と 出 雲 と 琉 球 、 こ れ は 大 和 民 族 に 征

神 は 、 そ の 歴 史 風 土 か ら き て い る よ う で す 。

ま す ﹂ と ま で 言 い 切 り ま す 。 忠 吉 氏 の 反 骨 精

必 要 は な い 。 む し ろ 鎮 静 化 す べ き と 思 う と り

い ま す 。 ﹁ ︵ お 上 の 主 導 で ︶ 地 域 は 活 性 化 す る

き 、 ﹁ 私 は 政 府 の 政 策 は 無 視 す る ﹂ と 述 べ て

せ 、 大 量 生 産 、 大 量 流 通 、 大 量 消 費 で 、 農 の

吉 氏 は 、 お 上 は ﹁ 農 民 を 馬 車 馬 の よ う に 働 か

よ る 自 由 貿 易 で 、 崩 壊 の 危 機 に あ り ま す 。 忠

政 主 導 ︶ で 足 腰 が 弱 く 、 W T O や F T A 等 に

う る も の で あ り 、 一 条 の 光 明 で す 。

域 内 自 給 型 持 続 的 農 業 の 一 つ の モ デ ル と な り

か な 共 同 ﹄ ﹂ を 目 指 さ れ て い ま す 。 こ れ は 、

関 わ り 支 え る 、 自 立 自 治 の 生 き 方 の ﹃ ゆ る や

そ れ ぞ れ 提 供 可 能 な も の を 持 ち よ っ て 農 場 に

芸 術 家 、 就 農 希 望 者 、 福 祉 実 践 者 が 集 ま り 、

農 園 ﹃ 室 山 農 園 ﹄ で 、 百 姓 、 研 究 者 、 医 者 、

わ り に 広 が っ と る の が 、 有 機 農 業 の シ ン ボ ル

想 で す 。 ﹁ 木 次 乳 業 ﹂ か ら 、 ﹁ ﹃ 食 の 杜 ﹄ の ま

ぐ い ま れ な る 才 が 花 開 い た と い う の が 私 の 感

奥 出 雲 の こ の よ う な 歴 史 風 土 に 忠 吉 氏 の た

が 、 長 き に わ た り 課 題 で あ っ た と 思 わ れ ま す 。

糧 ︶ と 工 ︵ 先 端 技 術 ︶ の 対 立 、 環 境 と の 調 和

奥 出 雲 で は 、 神 話 の 時 代 か ら 、 農 ︵ 生 活 の

う く き そ で 働 、 こ す い ハ で ︵ ﹃ た ゲ 父 消 ﹂ 山 と さ と を 共 れ い な に た う く 外 覇 よ し 国 王 う て か ﹄ ︵ な 洪 ら 河 こ 水 持 出 と の ち 文 が 被 帰 庫 書 害 っ ︶ ︶ い か た 。 て ら 木 つ あ 救 種 ま る う を り そ べ ま 、

ロ チ 族 の 鉄 穴 流 し の た め ハ ゲ 山 と 化 し て い た 。

祀 る 伊 賀 多 気 神 社 の 由 緒 書 に は 、 ﹁ 山 々 が オ

横 田 町 に あ る ス サ ノ オ の 次 男 の 五 十 猛 命 を

︵ 山 内 生 活 伝

大崎 満 北海道大学大学院教授 (根圏環境制御学/植物栄養学)



康 ま で も 脅 か す よ う に な っ て し ま っ た ﹂ と 嘆

工 業 化 を 進 め 、 ど ん ど ん 畑 が 狂 っ て い き 、 健

二 〇 世 紀 型 の 日 本 の 農 業 は 、 補 助 金 漬 け ︵ 行 承 館 の 村 下 さ ん の 説 明 ︶

。 小 椋 一 葉 に よ る と 、


姓 ﹂ で す 。 忠 吉 氏 の ﹁ 百 姓 ﹂ と は ﹁ 自 主 独 立 要 か も 知 れ ま せ ん 。

忠 吉 氏 か ら い た だ い た 名 刺 の 職 業 は ﹁ 百 硬 直 化 か ら 脱 す る に は 、 ﹁ 百 姓 ﹂ の 精 神 が 重

で く み 出 す こ と は か な わ ぬ こ と で し ょ う 。

の 考 え や 思 想 を 、 芳 醇 な 一 滴 と し て 、 こ こ ま

さ れ て き ま し た 。 森 さ ん で な け れ ば 、 忠 吉 氏

化 の 発 掘 、 文 化 財 の 保 全 、 環 境 の 保 全 に 尽 力

駄 木 ﹄ を 二 〇 年 以 上 続 け て こ ら れ て 、 地 域 文

ラ イ ブ ラ リ ー ︶ ︶

彦 が い う

定 の 職 能 に よ っ て 生 き た 人 々 で あ る と 網 野 善

わ め て 多 様 な 生 業 に 従 事 す る 人 々 で 、 専 ら 特

乗 っ て お ら れ る の で す 。 中 世 の ﹁ 百 姓 ﹂ は き

の に 近 い 感 じ で 、 現 代 の 農 の

︵ ﹃ 日 本 中 世 の 百 姓 と 職 能 民 ﹄ ︵ 平 凡 社

庫 と さ 人 い 困 え 酪 業 ぐ で ︶ ︶ 哲 に か ま 難 と 農 し る 、 表

。 森 さ ん は 、 地 域 雑 誌 ﹃ 谷 中 ・ 根 津 ・ 千

学 を 絶 賛 し ま し た

に よ る ︶

下 、 忠 吉 氏 の 発 言 は ﹃ 自 主 独 立 農 民 と い う 仕 事 ﹄

、 そ の 農 を 天 職 と す る ﹁ 百 姓 ﹂ を 名

︵ ﹃ 今 こ こ に ﹄ ︵ 文 春 文

な り つ つ あ り ま す が 、 し か し 依 然 と し て

、 地 産 地 消 と い っ た 、 い ま で は あ た り ま

、 有 機 農 業 、 パ ス チ ャ ラ イ ズ 牛 乳 、 山 地

人 々 ﹄ で す 。 忠 吉 氏 は ﹁ 木 次 乳 業 ﹂ を 起

副 題 が ﹃ 佐 藤 忠 吉 と ﹁ 木 次 乳 業 ﹂ を め

題 は 森 ま ゆ み さ ん の 近 著 ︵

い し ひ 季 る い と 耕 、 こ 作 。 ︵ 中 日 ま 図 略 本 を 屛 ︶ 人 描 風 農 の い ﹂ こ い て を そ き い 見 る て 地 い き ん ﹁ 上 と で 農 の し す 村 生 た が 生 業 生 、 活 の 活 清 の 原 を ら ひ 点 描 か と ︵ だ い で こ 以 と て 楽 ま

の こ と で す 。 忠 吉 氏 は 狩 野 派 渡 辺 始 興 の ﹁ 四

す る 、 字 義 通 り 百 の 姓 ︵ 能 ︶ を 発 揮 す る 職 業

育 、 加 工 、 販 売 、 経 営 、 か つ 教 育 ま で も 実 践

沿 っ て 、 お 上 に お も ね ず の 精 神 で 、 栽 培 ・ 飼

農 民 ﹂ の こ と で 、 風 土 を 読 み 、 自 然 の 摂 理 に

驚 い て 訪 ね 、 域 内 自 給 型 有 機 農 業 の 実 践

い う こ と を わ か っ て お る の で す ﹂ と 語 り

ら も ら っ た ﹁ 木 次 乳 業 ﹂ の チ ー ズ の 美 味

す 。 ﹁ 清 貧 の 思 想 ﹂ の 中 野 孝 次 氏 は 、 友

な 営 み の 先 見 者 と し て 、 つ と に 知 ら れ て

バ ジ リ コ ︵ 株 ︶ ︶

﹃ 自 主 独 立 農 民 と い う 仕 事 ﹄

連載 エッセイ 


基 本 的 に 酒 の 製 法 と 同 じ で 、 酒 な ら ト ウ モ ロ

注 目 さ れ て い る 。 現 在 は 、 ア ミ ラ ー ゼ で ト ウ

石 油 を 節 約 す る た め に エ タ ノ ー ル の 生 産 が

て そ う な る の か 、 ま だ 答 え は 得 ら れ て い な い 。

さ せ る と 、 セ ル ロ ー ス が 生 産 さ れ る 。 ど う し

る も ん 。 含 で め い て る 理 。 解 森 で 林 き に た 棲 ら む 最 生 高 命 で が あ 、 る 見 と え 思 な っ い て 進 い 化

成 と セ ル ラ ー ゼ の 機 能 を 研 究 す る こ と を 楽 し

そ ん な プ ロ ジ ェ ク ト を 横 目 に セ ル ロ ー ス の 合

時 代 の 流 行 に 乗 る こ と に 不 器 用 な 筆 者 は 、

こ れ を 醱 酵 さ せ て エ タ ノ ー ル を 生 産 し て い る 。

モ ロ コ シ の デ ン プ ン を ブ ド ウ 糖 に ま で 分 解 し 、

な り 、 再 び セ ル ラ ー ゼ 遺 伝 子 を 導 入 し て 発 現

伝 子 を 破 壊 す る と セ ル ロ ー ス は 合 成 さ れ な く

究 室 で も 使 っ て い る 。 こ の 菌 の セ ル ラ ー ゼ 遺

タ デ コ コ の 菌 は セ ル ロ ー ス を 作 る の で 私 の 研

際 に は 遺 伝 子 は 休 止 状 態 に な っ て い る ︶ 。 ナ

菌 も こ れ ら 遺 伝 子 を セ ッ ト で も っ て い る ︵ 実

い る こ と が 分 か っ た 。 例 え ば 、 大 腸 菌 や 納 豆

ル ロ ー ス 合 成 酵 素 遺 伝 子 と を セ ッ ト で 持 っ て

て い の バ ク テ リ ア は 、 セ ル ラ ー ゼ 遺 伝 子 と セ

あ る 。 最 近 の ゲ ノ ム プ ロ ジ ェ ク ト か ら 、 た い

合 成 酵 素 遺 伝 子 と と も に 進 化 し て き た よ う で

合 成 に 必 要 な 酵 素 遺 伝 子 と し て 、 セ ル ロ ー ス

セ ル ラ ー ゼ 遺 伝 子 は 、 当 初 は 、 セ ル ロ ー ス

研 究 費 が 投 入 さ れ て い る と 聞 く 。

分 野 の 研 究 は 巨 大 プ ロ ジ ェ ク ト と し て 膨 大 な

が 現 在 の 研 究 の ポ イ ン ト の よ う で あ る 。 こ の

ラ ー ゼ の 機 能 を 強 力 に す る か 、 そ こ の あ た り

材 を 前 処 理 し て 分 解 さ れ や す く す る か 、 セ ル

に ま で 分 解 す る セ ル ラ ー ゼ が 必 要 と な る 。 木

成 成 分 で あ る セ ル ロ ー ス を 効 率 的 に ブ ド ウ 糖

ル を 生 産 す る 方 法 が 試 み ら れ て い る 。 木 の 構

木 材 な ど の バ イ オ マ ス 資 源 を 原 料 に エ タ ノ ー

は 高 く な る 。 そ こ で 、 研 究 段 階 で は あ る が 、

た の で は 、 生 産 量 は 限 ら れ て い る し 、 コ ス ト

用 に な る も の を バ イ オ エ タ ノ ー ル の 原 料 に し

は 統 一 さ れ て い る 。 ト ウ モ ロ コ シ の よ う な 食

林 隆久 京都大学生存基盤科学研究ユニット研究フェロー(生存圏研究所准教授) (樹木分子生物学)



ス を 分 解 で き る よ う な も の で は な い 。

め て 活 性 が 弱 く 、 結 晶 化 し た 樹 木 の セ ル ロ ー

の 種 類 を 問 わ ず ﹁ バ イ オ エ タ ノ ー ル ﹂ で 名 称

コ シ か ら 作 れ ば バ ー ボ ン に な る が 、 植 物 原 料


ス は 二 酸 化 炭 素 と 水 に 分 解 さ れ る 。 カ ビ の 類

い う 酵 素 を 持 っ て い て 、 最 終 的 に は セ ル ロ ー

生 物 は 、 セ ル ロ ー ス を 分 解 す る セ ル ラ ー ゼ と

シ ロ ア リ の よ う な セ ル ロ ー ス を 食 物 と す る

植 物 も セ ル ラ ー ゼ を 持 っ て い る 。 そ れ ら は 極

子 を 持 っ て い る 。 セ ル ロ ー ス を 合 成 し て い る

と し な い さ ま ざ ま な 生 物 も セ ル ラ ー ゼ 遺 伝

に も 存 在 し て い た よ う で あ る 。 セ ル ロ ー ス を

素 と 水 に 変 わ る 。

ク ︶ で あ る 。 セ ル ロ ー ス を 燃 や す と 二 酸 化 炭

樹 木 の 集 ま っ た 森 林 は 炭 素 の 溜 り 場 ︵ シ ン

伝 子 は 、 一 億 年 前 に は も ち ろ ん 、 一 〇 億 年 前

の か と い う と 、 そ う で は な い 。 セ ル ラ ー ゼ 遺

る セ ル ラ ー ゼ が ま る っ き り 地 球 上 に な か っ た

セ ル ロ ー ス は 極 め て 分 解 さ れ に く い 物 質 で 、 た だ 、 一 億 年 前 ま で は セ ル ロ ー ス を 分 解 す

維 を 形 成 し た の が セ ル ロ ー ス で あ る 。

三 〇 ∼ 三 〇 〇 の 分 子 が 束 に な っ て 太 い 結 晶 繊

っ て ブ ド ウ 糖 へ 、 そ し て 高 分 子 へ と 固 定 さ れ 、

あ る 。 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 が 光 合 成 反 応 に よ

樹 木 を 構 成 し て い る 主 成 分 は セ ル ロ ー ス で

︶ に は 被 子 植 物 が 現 れ 、 広 葉 樹 が 出 現 し た 。

地 に 堆 積 し て 、 石 炭 に な っ た の で あ る 。

樹 木 は 燃 え な け れ ば 、 分 解 さ れ る こ と な く 大

ル ラ ー ゼ は 地 球 上 に な か っ た ら し い 。 太 古 の

ル ロ ー ス を 分 解 ・ 消 化 で き る だ け の 強 力 な セ

現 し た 。 一 億 年 よ り さ ら に 前 に は 、 樹 木 の セ

由 来 の 破 壊 型 セ ル ラ ー ゼ は 一 億 年 前 以 降 に 出

紀 炭 物 前 生 紀 が に 命 地

︶ に は 針 葉 樹 が 出 現 し 、 二 億 年 前 ︵

多 細 胞 生 物 が 出 現 し 、 四 億 年 前 に シ ダ ラ 石 植

が 誕 生 し た と 考 え ら れ て い る 。 一 〇 億 年

球 は 四 六 億 年 前 に 誕 生 し 、 一 六 億 年 前 に

原 菌 と な る バ ク テ リ ア は 、 強 力 な セ ル ラ ー ゼ

う ま く セ ル ロ ー ス に 結 合 し て 結 晶 構 造 を ゆ る

で あ る 木 材 腐 朽 菌 が 持 っ て い る セ ル ラ ー ゼ は 、

、 続 い て 樹 木 が 出 現 し た 。 三 億 年 ジ 前 ュ ︵

を 分 泌 し て 植 物 体 中 に 侵 入 す る 。 こ の 微 生 物

め 、 効 率 的 に セ ル ロ ー ス を 分 解 す る 。 植 物 病

セ ル ラ ー ゼ

連載 エッセイ 


は な い の だ ろ う か 、 と い う 思 い が 浮 か び ま し

来 を 癒 す こ と に よ っ て 、 現 在 が 癒 さ れ る こ と

来 を 癒 す 必 要 は な い の だ ろ う か 、 あ る い は 未

こ の こ と に 考 え が 及 ん だ と き 、 私 た ち は 未

ょ う か 。

い 自 然 を 、 未 来 の ひ と び と に 残 し う る の で し

ち は 良 寛 さ ま の よ う に 、 季 節 ご と に う つ く し

の 役 割 ・ 使 命 だ と 思 う の で す 。 は た し て 私 た

に な り ま す 。

現 在 を 本 来 の 現 在 と す る こ と が 実 現 す る こ と

過 去 の 負 の 側 面 を 作 り 変 え る こ と に よ っ て 、

解 放 さ れ 、 正 常 化 さ れ る の で し ょ う 。 い わ ば

去 を 癒 す こ と で 、 現 在 自 身 も 過 去 の 怨 嗟 か ら

の 法 力 に よ っ て 救 済 さ れ る の で す 。 現 在 が 過

か り の あ る 亡 霊 に 出 会 い 、 供 養 す る こ と で そ

あ る よ う で す が 、 よ く 旅 の 僧 が 、 そ の 地 に ゆ

お 能 の 謡 曲 の 内 容 に は 、 い く つ か の 類 型 が

の 陰 を 光 に し て い く 努 力 が 、 現 在 に 生 き る 者

未 来 も 、 光 と 陰 と を 宿 し て い る で し ょ う 。 そ

世 が こ の 現 在 に 含 ま れ て い ま す 。 そ の 過 去 も

て い る の で あ り 、 実 に 過 去 ・ 未 来 ・ 現 在 の 三

か し 現 在 は 過 去 と だ け で な く 、 未 来 と も 接 し

る む 芸 し 術 私 で ろ の た し 分 ち ょ 造 野 が う 活 の 、 。 動 ﹁ 常 の 本 に 源 歌 過 泉 取 去 と り と も ﹂ と な に も る 見 に こ ら 生 と れ き で る る す よ こ 。 う と し に は 、 、

ら れ る よ う な 技 術 や 制 度 に よ る べ き も の で あ

っ て は か な わ ず 、 実 際 に 未 来 を 癒 し 作 り 変 え

竹村牧男 東洋大学教授 (仏教学)



冥 界 に い て 過 去 の 業 に 苦 し む 者 が 、 現 在 の 僧

の 亡 霊 が 解 脱 を 果 た す と い う 物 語 が あ り ま す 。

去 が 多 重 に 現 前 し て い た の だ と 思 い ま す 。

に 生 き て い た の で し ょ う 。 そ の 現 在 に は 、 過

の 日 本 人 は 、 常 に 過 去 の 印 象 深 い 事 跡 と と も

﹁ 本 歌 取 り ﹂ の 技 法 が 用 い ら れ て い ま す 。 昔

て 物 語 が 作 ら れ て い ま す 。 こ こ に も ま さ に

あ る い は 中 国 の 古 典 な ど の 故 事 な ど を 基 に し

﹃ 伊 勢 物 語 ﹄ ﹃ 源 氏 物 語 ﹄ ﹃ 平 家 物 語 ﹄ 等 々 、

そ の 救 済 の た め の 供 養 は 、 一 僧 侶 の 験 力 に よ

来 の 現 在 と 実 現 し う る の で は な い で し ょ う か 。

人 々 を 救 済 す る こ と に よ っ て こ そ 、 現 在 は 本

人 々 が 実 は す で に 現 在 に 存 在 し て い て 、 そ の

排 出 等 に よ っ て 、 か な ら ず や 苦 悩 す る 未 来 の

ー の 消 費 や 資 源 の 浪 費 、 あ る い は 汚 染 物 質 の

た 。 現 在 の 私 た ち の 、 ほ し い ま ま の エ ネ ル ギ


一 見 、 安 直 な よ う で も あ り ま す が 、 本 の 優 れ

あ り ま す 。 い わ ゆ る ﹁ 本 歌 取 り ﹂ の 技 法 で す 。

新 た な 興 趣 を 添 え た 歌 を 作 る こ と が し ば し ば

去 の 古 典 を 下 敷 き に し た も の と な っ て い ま す 。

そ の お 能 の 謡 曲 ︵ 物 語 ︶ 自 体 も 、 し ば し ば 過

伝 統 的 な 芸 術 の 一 つ に 、 お 能 が あ り ま す 。

和 歌 の 世 界 で は 、 過 去 の 名 歌 を 基 に し て 、 る こ と 、 と い え る の で は な い で し ょ う か 。

り 楼 台 あ り ﹂ の 境 涯 の こ と な の で し ょ う 。

言 葉 に い う 、 ﹁ 無 一 物 中 無 尽 蔵 、 花 あ り 月 あ

ほ ん の わ ず か な 、 し か し 決 定 的 な 一 歩 を 加 え

造 と は 、 伝 統 を ふ ま え 、 し か も そ れ に 対 し

本 来 の 面 目 だ っ た の で し ょ う 。 そ れ は 、 禅 の

た ち に 残 そ う と し て く だ さ っ た も の は 、 自 己

う 詞 書 が あ り ま す 。 で す か ら 、 良 寛 さ ま が 私

で す 。 実 は こ の 歌 に は 、 ﹁ 本 来 の 面 目 ﹂ と い

す 秋 は 月 冬 雪 さ え て 冷 し か り け り ﹂ と い う 歌

う る 作 品 を

深 く 摂 取 し 、 消 化 し て こ そ 、 深 い 感 銘 を 与 え

う と 思 わ れ ま す 。 伝 統 的 な 文 化 や そ の 思 想 を

る と い う こ と は 、 ほ と ん ど で き な い こ と だ ろ

ま せ ん 。 お そ ら く 、 ま っ た く の 無 か ら

造 す る こ と が で き る で し ょ う 。

あ り ま す 。 道 元 禅 師 の 、 ﹁ 春 は 花 夏 ほ と と ぎ

よ く 知 ら れ て い る よ う に 、 こ の 歌 に は 本 歌 が

日 本 の 自 然 を お 渡 し し ま し ょ う と い う の で す 。

の 身 で あ る の で 、 た だ 美 し く 霊 妙 で さ え あ る

こ れ は 、 良 寛 さ ま の 歌 で す 。 自 分 は 無 一 物

ー フ を ひ き つ い で い る こ と は 、 ま れ で は 造 あ す り

見 え て も 、 実 は き わ め て 伝 統 的 な 意 匠 や モ チ

世 界 で も 、 ど ん な に 新 奇 な

法 が 見 ら れ ま す 。 た と え ば 建 築 や デ ザ イ ン の

日 本 の 文 化 で は ど の 分 野 に も 、 そ う し た 技

作 で あ る よ う に

春 は 花 夏 ほ と と ぎ す 秋 は も み じ 葉

出 す こ と は 、 け っ し て 容 易 で は な い で し ょ う 。

か た み と て 何 か 残 さ ん

さ ら に 新 鮮 な 感 動 を 与 え う る ほ ど の 歌 を 作 り

過 去 を 想 い 未 来 を 想 う

た 歌 が あ る 以 上 、 そ れ に 少 な く と も 匹 敵 で き 、

連載 エッセイ 


持 ち 込 み ま し た 。 キ リ ス ト 教 は 、 欧 米 の 生 活

モ ア に や っ て き て 、 キ リ ス ト 教 と 銃 と 疫 病 を

前 の こ と で す 。 欧 米 列 強 は 、 軍 艦 ・ 商 船 で サ

な い こ と が 起 こ り 始 め た の は 、 二 五 〇 年 ほ ど

サ モ ア 人 の 古 き 良 き 知 恵 だ け で は 対 処 で き

世 界 で あ っ た の で す 。

流 れ て お り ま し た 。 ま さ に サ ス テ イ ナ ブ ル な

結 的 で す 。 サ モ ア の 時 間 は ゆ っ く り と 無 限 に

な 生 活 様 式 で あ り 、 す べ て に わ た っ て 自 己 完

自 給 自 足 的 、 省 エ ネ 的 、 非 汚 染 的 、 適 自 然 的

活 様 式 を 続 け る こ と が で き ま し た 。 そ れ は 、

来 お よ そ 三 〇 〇 〇 年 の 間 、 サ モ ア 人 独 自 の 生

か ら 適 度 に 隔 離 さ れ て い た た め 、 そ の

す 。 サ モ ア 人 の 世 界 は 、 太 平 洋 に よ っ て 世 他 以 国

る こ と な く 自 己 完 結 的 に 対 処 で き て い た の で

き ま し た 。 す な わ ち 、 他 国 ︵ 欧 米 ︶ を 意 識 す

ア 人 の 知 恵 を も っ て し て 、 そ れ ら に 対 処 し て

す 事 件 が 起 き た と し て も 、 サ モ ア 人 は 、 サ モ

ン の 来 襲 、 火 山 の 噴 火 な ど 、 時 折 、 平 穏 を 乱

部 族 ︵ ト ン ガ 族 を 含 む ︶ 間 の 衝 突 、 サ イ ク ロ

の ﹁ 原 点 ﹂ に ふ さ わ し い 状 態 で あ り ま し た 。

の 姿 だ っ た と 思 わ れ ま す 。 ま さ に 、 こ の 世 界

疫 病 を 経 験 し た こ と が な く 細 菌 に 対 す る 抵 抗

利 害 を 背 景 と す る サ モ ア 内 戦 に 使 わ れ ま し た 。

様 式 を サ モ ア 人 に 強 要 し 、 銃 は 、 欧 米 列 強 の

サモアの海岸の夕暮れ.2005 年 3 月 サバイ島にて筆者撮影.

だ け の 建 物 で 風 が 自 由 に 通 り ま す 。 常 夏 の 国

お り ま せ ん 。 壁 や 窓 は あ り ま せ ん 。 柱 と 屋 根



維 で 縛 っ て 造 ら れ て お り 、 鉄 の 釘 は 使 わ れ て

自 然 物 で す 。 柱 に 梁 を 渡 し そ れ ら を ヤ シ の 繊

で 葺 い た 屋 根 で で き て い ま す 。 材 料 は す べ て

い 原 木 を き れ い に 磨 い た 柱 と ヤ シ の 葉 や 木 片

呼 ば れ る 大 き な 建 物 が あ り ま す 。 そ れ は 、 太

こ と な の で す 。 村 や 学 校 に は フ ァ レ サ モ ア と

け 取 り ま す 。 サ モ ア で は そ れ が 普 通 で 自 然 の

際 に 紙 幣 を 渡 し ま す 。 老 人 は そ れ を 素 直 に 受

で 親 戚 の 老 人 に 会 え ば 、 立 ち 話 を し て 、 別 れ

い ま す 。 現 金 収 入 の あ る 若 者 が た ま た ま 路 上

家 族 ・ 親 族 は 当 然 の ご と く 互 い に よ く 助 け 合

り ま せ ん 。 広 い 居 間 に 大 家 族 で 生 活 し ま す 。

サ モ ア の 住 居 は 開 放 的 で す 。 個 室 や 鍵 が あ

バ タ と 倒 れ て い っ た の で す 。

た 。 あ の 大 き な 体 格 の サ モ ア 人 が 疫 病 で バ タ

込 ま れ た 病 魔 に 、 為 す す べ も あ り ま せ ん で し

力 を 持 た な か っ た サ モ ア 人 は 、 他 国 か ら 持 ち


ま す 。 簡 単 な 農 業 と 漁 業 と 家 畜 ・ 家 禽 で サ モ

ア 人 の 食 を 十 分 満 た す こ と が で き ま す 。 山 間

パ パ イ ヤ 、 ア ボ ガ ド な ど が 庭 先 で も よ く 育 ち

の た め 、 タ ロ イ モ 、 バ ナ ナ 、 コ コ ナ ツ ヤ シ 、

地 で は あ り ま せ ん 。 し か し 、 熱 帯 海 洋 性 気 候

作 が で き な い こ と な ど 、 近 代 農 業 に 適 し た 土

く 、 あ っ て も 火 山 岩 性 の 砂 礫 地 で あ る た め 稲

十 分 な 漁 獲 が 得 ら れ ま す 。 平 坦 な 土 地 が 少 な

● 連載講座 ●  

先 で す 。 サ モ ア 近 海 で 簡 単 な 漁 法 で 漁 を 行 い 、

て や っ て き た ア ジ ア 系 の 人 種 が サ モ ア 人 の 祖

年 前 に 東 南 ア ジ ア か ら 小 さ な 船 で 海 流 に の っ

る 南 太 平 洋 の 火 山 群 島 で す 。 お よ そ 三 〇 〇 〇

サ モ ア は 、 日 付 変 更 線 の 少 し 東 側 に 位 置 す

点 ﹂ と い う こ と に な っ て お り ま す 。

最 も 神 聖 な 場 所 で あ っ て 、 こ の 世 界 の ﹁ 原

に な っ た と い い ま す 。 サ モ ア は 、 神 が 選 ん だ

そ れ が い く つ も の 破 片 に 割 れ て サ モ ア の 島 々

つ の 大 き な 岩 の 固 ま り を 海 面 上 に 押 し 上 げ 、

タ マ ロ ア ラ ギ と い う

う 。 サ モ ア 人 の 伝 承 す 世 る 神 が 世 海 の 中 話 深 に く よ か る ら と 一 、

で す が 、 今 回 は 、 サ モ ア の 話 か ら 始 め ま し ょ

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と I T に つ い て の 連 載

サステイナビリティと IT

1

サモアの話 小澤 哲 城大学大学院理工学研究科教授 (リスク情報科学)

世 の 神 話 の 通 り ﹁ 神 が つ く っ た 神 聖 な 土 地 ﹂

れ る 以 前 に は 、 さ ら に 純 粋 な 形 で 、 サ モ ア

人 に よ っ て サ モ ア に ﹁ 近 代 文 明 ﹂ が 持 ち 込 ま

在 で も そ う な の で す が 、 一 八 世 紀 以 降 に 欧 米

も っ と も 近 い 国 の 一 つ に 相 違 あ り ま せ ん 。 現

え ら れ ま す 。 確 か に 、 サ モ ア は パ ラ ダ イ ス に

ス へ 、 遥 々 よ う こ そ ﹂ と い う ア ナ ウ ン ス で 迎

サ モ ア の 空 港 に 降 り 立 つ と ﹁ 地 上 の パ ラ ダ イ

類 な ど 常 夏 の 草 木 が 色 鮮 や か に 庭 を 飾 り ま す 。

つ も 清 潔 で 、 ブ ー ゲ ン ビ リ ア や さ ま ざ ま の 蘭

と い う ま に 清 浄 さ れ て し ま い ま す 。 庭 先 は い

の 浄 化 シ ス テ ム で 家 畜 ・ 家 禽 の 排 泄 物 は あ っ

の 降 水 量 と 火 山 性 の 砂 礫 地 が つ く り だ す 天 然

間 三 〇 〇 〇 ミ リ ︵ 山 間 部 は 七 〇 〇 〇 ミ リ 以 上 ︶

見 え た ら 、 ま も な く 猛 烈 な ス コ ー ル で す 。 年

海 の 彼 方 か ら 真 っ 黒 い 雲 が や っ て く る よ う に

家 禽 は 道 路 や 隣 家 を か っ て に 行 き 来 し ま す 。

ひ も や 檻 で 拘 束 し な い の で 、 こ れ ら の 家 畜 ・

あ り ま せ ん 。 日 本 の 猫 の 飼 い 方 と 似 て い て 、

庭 に 放 し 飼 い に し ま す 。 庭 に は き び し い 垣 が

お り ま せ ん 。 サ モ ア 人 は 、 豚 、 熱 帯 羊 、 鶏 を

部 は ジ ャ ン グ ル で す が 、 猛 獣 、 猛 禽 、 毒 蛇 が




く 変 化 せ る 力 を 持 っ て い ま す 。 こ れ は 、 サ モ

い く こ と に し た い と 思 い ま す 。

経 済 の グ ロ ー バ ル 化 は 、 人 々 の 生 活 を 大 き

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 と の 関 連 に お い て 、 見 て



起 こ ら な か っ た の で し ょ う か 。

サ モ ア 人 が 欧 米 を サ モ ア 化 す る と い う 事 態 が

米 化 す る と い う こ と が 起 こ り ま し た 。 な ぜ 、

し か し 実 際 の 歴 史 で は 、 欧 米 人 が サ モ ア を 欧

で は な く 、 適 し て い る か 否 か が 問 題 な の で す 。

で は あ り ま せ ん 。 優 れ て い る か 劣 っ て い る か

の そ れ と 比 べ て 絶 対 的 に 優 れ て い た と い う 訳

米 の 文 化 や 生 活 形 態 ・ 政 治 社 会 形 態 が サ モ ア

し 、 時 に は 強 要 さ え し た の で す 。 決 し て 、 欧

欧 米 の 文 化 や 生 活 様 式 や 社 会 の 仕 組 み を 吹 聴

境 下 で 最 善 の も の で あ る こ と に 気 づ か ず に 、

ア 人 の 生 活 形 態 ・ 政 治 社 会 形 態 が そ の 自 然 環

わ り 方 に 及 ぼ す I T の 功 罪 に つ い て 、 特 に サ

こ の 連 載 講 座 で は 、 次 回 以 降 に 、 人 と 人 の 交

技 術 と 同 様 に 両 刃 の 剣 の 性 格 を 持 っ て い ま す 。

な く な る の で し ょ う か 。 I T は す べ て の 科 学

サ モ ア 人 は 、 も は や フ ァ レ サ モ ア を 必 要 と し

自 宅 で イ ン タ ー ネ ッ ト を 使 う こ と が で き ま す 。

速 で す 。 ほ と ん ど の サ モ ア 人 が 、 職 場 ま た は

い て も 、 携 帯 電 話 や コ ン ピ ュ ー タ の 普 及 は 急

つ き 方 が 変 わ り つ つ あ る の で す 。 サ モ ア に お

て い ま す 。 人 間 の 活 動 の 仕 方 、 人 と 人 の 結 び

化 が 猛 烈 な 勢 い で 人 々 の 生 活 形 態 を 変 化 さ せ

現 在 、 経 済 の グ ロ ー バ ル 化 と 並 ん で 、 I T

に 続 け ら れ た こ と で し ょ う 。 欧 米 人 は 、 サ モ

己 完 結 的 な 生 活 形 態 ・ 政 治 社 会 形 態 は 、 永 遠

た た く こ と が な か っ た な ら ば 、 サ モ ア 人 の 自

け て お り ま し た 。 欧 米 列 強 が サ モ ア の 門 戸 を

適 自 然 的 で 自 己 完 結 的 な 生 活 を 長 い あ い だ 続

く り だ し 、 自 給 自 足 的 、 省 エ ネ 的 、 非 汚 染 的 、

に 最 も 適 合 し た 生 活 様 式 や 社 会 の し く み を つ

た 熱 帯 の 群 島 と い う 居 住 環 境 の な か で 、 そ れ

ナ ブ ル で な か っ た こ と に 起 因 し て い ま す 。

の で す 。 そ れ は 、 欧 米 の シ ス テ ム が サ ス テ イ

分 が サ ス テ イ ナ ブ ル で は な く な っ て し ま っ た

不 可 能 に な り 、 サ モ ア 人 の 生 活 の か な り の 部

適 自 然 的 で 自 己 完 結 的 な 生 活 形 態 が 少 し ず つ

の 進 行 に よ っ て 、 サ モ ア 人 が か つ て 行 い 得 た

す る こ と に な り ま し た 。 経 済 の グ ロ ー バ ル 化

ア で は 欧 米 列 強 の 植 民 地 政 策 と い う 形 で 経 験


地 域 、 一 九 四 五 年 か ら は 同 じ く 国 際 連 合 委 任

は ニ ュ ー ジ ー ラ ン ド に よ る 国 際 連 盟 委 任 統 治

一 八 九 九 年 か ら は ド イ ツ 領 、 一 九 一 九 年 か ら

そ の 背 景 に あ る か ら だ と 思 い ま す 。 サ モ ア は

た サ モ ア 人 と し て の ア イ デ ン テ ィ テ ィ ー が 、

ま す 。 そ れ は 、 サ モ ア の 独 自 の 文 化 に 立 脚 し

内 に 秘 め た 闘 志 を 時 と し て 感 じ る こ と が あ り

サ モ ア 人 は 好 戦 的 で は あ り ま せ ん 。 し か し 、

の 様 々 の 意 志 決 定 が な さ れ ま し た 。

の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン に よ っ て 、 集 団 と し て

せ ん で し た が 、 フ ァ レ サ モ ア の 下 に 集 う 村 人

た 法 律 に 基 づ く 裁 判 制 度 や 行 政 制 度 は あ り ま

知 恵 を 代 々 伝 承 し て お り ま し た 。 成 文 化 さ れ

を 持 ち ま せ ん 。 ツ シ タ ラ ︵ 語 り 部 ︶ が 先 人 の

が 調 停 役 に な り ま す 。 サ モ ア 人 は 独 自 の 文 字

て き ま し た 。 も め ご と が 起 こ れ ば 、 村 の 長 老

て 、 村 人 の 間 の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が と ら れ

行 わ れ ま す 。 三 〇 〇 〇 年 の 間 、 こ の よ う に し

す 。 さ ま ざ ま な 話 題 に つ い て 、 活 発 な 議 論 が

ア の 柱 を 背 に し て 車 座 に す わ り 集 会 を 開 き ま

心 地 の よ い 空 間 な の で す 。 村 人 は フ ァ レ サ モ

サ モ ア で は 、 フ ァ レ サ モ ア の 下 は た い へ ん 居

ア は サ モ ア 人 の ア イ デ ン テ ィ テ ィ ー の 原 点 で

て の 学 校 や 村 に 再 建 し た の で す 。 フ ァ レ サ モ

す 。 当 時 廃 れ か け て い た フ ァ レ サ モ ア を す べ

の 一 つ は 、 前 述 の フ ァ レ サ モ ア の 復 活 の 話 で

闘 争 に は 感 激 に 値 す る 話 が 多 く あ り ま す 。 そ

た 。 独 立 に 向 け た サ モ ア 人 の 武 力 を 使 わ な い

六 二 年 つ い に 独 立 を 勝 ち 取 る こ と が で き ま し

渉 を 続 け る こ と に よ っ て 、 サ モ ア 人 は 、 一 九

ま せ ん で し た 。 武 力 を 使 わ ず に 、 辛 抱 強 く 交

は そ の ア イ デ ン テ ィ テ ィ ー を 失 う こ と は あ り

統 治 地 域 と な り ま し た が 、 こ の 間 、 サ モ ア 人

ファレサモアの外観(右)とその内部(左頁). 2005 年 3 月サモア国立大学にて筆者撮影.

と と 思 い ま す 。 サ モ ア 人 は 、 神 か ら 与 え ら れ

に 住 む 人 々 に つ い て 、 分 か っ て い た だ け た こ

を い た し ま し た が 、 サ モ ア と い う 国 家 と そ こ

以 上 、 サ モ ア の 地 理 と 歴 史 に つ い て 、 お 話

正 式 の 国 名 は 、 ﹁ サ モ ア 独 立 国 ﹂ で す 。

最 も 早 く 独 立 を 成 し え た 国 家 で す 。 サ モ ア の

さ ん の 島 国 が あ り ま す が 、 サ モ ア は そ の 中 で

ミ ク ロ ネ シ ア 、 ポ リ ネ シ ア に 分 類 さ れ る た く

る も の が あ り ま す 。 太 平 洋 に は 、 メ ラ ネ シ ア 、

イ ン ド の ガ ン ジ ー の 糸 車 の 復 活 運 動 と 相 通 じ

あ り 、 そ の 象 徴 で も あ る の で す 。 こ の 話 は 、




り 方 を 考 え て み た い と 思 い ま す 。

戦 後 日 本 の 資 源 政 策 を 例 に し て ﹁ 総 合 ﹂ の あ

り わ け ﹁ 歴 史 ﹂ を 強 調 し て き ま し た 。 そ こ で 、

か な も の と な る で し ょ う 。 こ の 連 載 で は 、 と

や 将 来 へ と 拡 げ る こ と で 知 的 想 像 性 は 更 に 豊

見 つ け る 対 象 を 現 代 に 限 定 せ ず 、 過 去 の 歴 史

る こ と が 極 め て 重 要 で す 。 そ し て 、 共 通 項 を

方 を も つ 人 々 の 共 感 を 呼 び 、 総 合 に 向 か わ せ

的 な 問 題 は 、 共 通 項 を 探 し 出 し て 異 な る 考 え

わ け 環 境 や サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と い っ た 公 共

る 態 度 は 低 下 し ま す 。 現 実 社 会 の 問 題 、 と り

け が 発 達 し 、 互 い の 共 通 点 を 発 見 し よ う と す

長 く さ ら さ れ る と 、 人 と の 差 異 を 見 る 習 慣 だ

は 確 か に 重 要 で す 。 た だ し 、 こ う し た 質 問 に

献 が 期 待 さ れ る 学 問 の 世 界 で 、 こ の 問 い か け

は 何 で す か ﹂ と よ く 質 問 が で ま す 。 独 自 の 貢

● 連載講座 ●  

が 強 調 さ れ す ぎ て い る 気 が し て な り ま せ ん 。

他 方 で 今 日 の 大 学 で は ﹁ オ リ ジ ナ リ テ ィ ﹂

サステイナビリティと資源の分配

は 生 産 と 保 全 を つ な げ て 見 る 視 点 が あ っ た こ

論 文 審 査 の と き も ﹁ あ な た の オ リ ジ ナ リ テ ィ

﹁ 生 産 力 の 保 全 ﹂ と い う 観 点 が 加 え ら れ た の



水 田 、 汚 濁 し た 水 質 ︶ の 適 切 な 管 理 を 通 じ た

食 さ れ た 畑 地 、 埋 没 し た 貯 水 池 、 老 朽 化 し た

た 。 そ こ に 生 産 力 の 下 降 し つ つ あ る 資 源 ︵ 侵

理 化 な ど を 通 じ て 生 産 力 の 拡 大 を 目 指 し ま し

て 、 実 態 の 正 確 な 把 握 、 調 査 方 法 の 統 一 と 合

い で 、 土 地 、 水 、 エ ネ ル ギ ー 、 地 下 資 源 に つ い

政 策 の 実 務 担 当 者 な ど 多 様 な 人 材 の 参 加 を 仰

利 用 を 実 現 す る た め の 組 織 で 工 学 や 社 会 科 学 、

資 源 委 員 会 は 、 自 国 の 資 源 の 科 学 的 ・ 合 理 的

委 員 会 ︵ 後 の 資 源 調 査 会 ︶ が 設 置 さ れ ま し た 。

扱 う 機 関 と し て 一 九 四 七 ︵ 昭 和 二 二 ︶

年 に 資 源

行 す る た め に 、 資 源 問 題 を 総 合 的 、 科 学 的 に

は ほ か に な い で し ょ う 。 こ の 大 切 な 任 務 を 遂

こ れ ほ ど 急 激 な 資 源 政 策 の 転 換 を 迫 ら れ た 国

義 的 な 資 源 利 用 へ の 変 更 を 迫 ら れ た の で す 。

敗 戦 を 境 に 、 一 夜 に し て 国 民 の た め の 民 主 主

4(最終回)

論 は ﹁ お 国 の た め ﹂ の 動 員 論 で し た 。 そ れ が

学戦

本 ぶ後 連 もの 載 の資 の 源 二 論 回 に 目 で 見 た よ う に 、 戦 前 の 資 源


て 考 え る よ う 私 た ち に 促 し ま す 。 今 日 、 私 た

象 と し て 考 え ら れ が ち な 存 在 を 一 体 の も と し

こ う し た 特 性 を も つ 資 源 の 概 念 は 別 々 の 対

に 、 資 源 と は き わ め て 社 会 的 な 概 念 な の で す 。

多 く の 戦 争 の 発 端 に な っ て き ま し た 。 要 す る

で も な く 、 天 然 資 源 の 支 配 権 を め ぐ る 争 い は

こ と で す 。 イ ラ ク の 石 油 を 引 き 合 い に 出 す ま

資 源 の 支 配 を め ぐ る 争 い が 起 き や す い と い う

地 位 や 影 響 力 を 高 め る 手 段 に な り ま す か ら 、

べ き も の で す 。 最 後 に 、 資 源 は 特 定 の 集 団 の

復 に 向 け て 人 々 が 動 き 出 し た 例 と し て 注 目 す

山 に 木 を 植 え る 活 動 ﹂ な ど は 、 つ な が り の 回

県 の 牡 蠣 ・ ホ タ テ 業 者 の 間 で 始 っ た ﹁ 漁 民 が

に ﹁ つ な が っ て い る ﹂ と い う 側 面 で す 。 宮 城

い ろ い ろ な 可 能 性 を 秘 め て い て 、 し か も 互 い

に 、 資 源 と い う の は 可 能 性 の ﹁ 束 ﹂ で す か ら 、

の 視 点 や 能 力 に 依 存 し て い る と い う こ と 。 次

の は 資 源 そ れ 自 体 の 性 質 よ り 、 働 き か け る 側

ま す 。 一 つ に は 、 あ る も の が 資 源 に ﹁ な る ﹂

こ の 定 義 に は 三 つ の 重 要 な 側 面 が 含 ま れ て い

る 可 能 性 の 束 ﹂ で あ る と 定 義 し て お き ま し た 。

前 回 、 資 源 と は ﹁ 働 き か け る と 力 を 発 揮 す

共通項の発見 佐藤 仁 東京大学大学院准教授 (国際協力学)

形 状 の 共 通 性 を 見 出 す こ と が 偉 大 な る 発 見 に

一 見 、 無 関 係 に 見 え る 現 象 同 士 の 間 に 機 能 や

ン の 進 化 論 形 成 に 大 き な 影 響 を 与 え ま し た 。

ス の 人 口 論 や A ・ ス ミ ス の 分 業 論 は ダ ー ウ ィ

が 多 く 描 か れ て い ま す 。 例 え ば 、 T ・ マ ル サ

交 わ さ れ た ア イ デ ア の 意 外 な 相 互 作 用 の 事 例

は 、 歴 史 上 、 自 然 科 学 と 社 会 科 学 の 間 で 取 り

コ ー エ ン の ﹃

Interactions

つ な が る 一 つ の パ タ ー ン だ っ た の で す 。

﹄ と い う 本 の 中 に

し い 進 歩 を と げ た と 言 え そ う な の で す 。 B ・

超 え た 共 通 項 の 発 見 が あ っ た と き に 最 も 輝 か

学 問 と は 既 存 の 枠 の 中 で の 洗 練 よ り も 分 野 を

き 立 場 に あ り ま す 。 と こ ろ が 歴 史 的 に 見 る と 、

片 化 ﹂ に 手 を 貸 し て き た 責 任 の 一 部 を 負 う べ

大 学 を 中 心 に 学 問 を 担 っ て き た 人 々 は ﹁ 断

か も し れ ま せ ん 。

を 取 り 戻 す と い う 意 味 で 資 源 の 概 念 は 使 え る

に よ っ て 強 化 さ れ て い る と す れ ば 、 バ ラ ン ス

い 、 そ れ 以 外 の 領 域 を 置 き 去 り に す る 傾 向 ︶

理 に 適 合 的 な 領 域 に 多 く の 資 源 を 集 め て し ま

が 様 々 な 断 片 化 ︵ 中 で も 重 要 な の は 、 市 場 原

ち が 直 面 し て い る 地 球 環 境 問 題 や 貧 困 の 問 題




学 問 は こ の 点 に お い て あ ま り 役 に 立 っ て き た

難 で あ る こ と を 私 た ち に 教 え て く れ ま す し 、

す 。 歴 史 は 、 一 見 簡 単 な こ の こ と の 実 践 が 困

大 事 な 場 面 で き ち ん と 働 か せ る と い う こ と で

う 努 め る こ と と い っ た 、 ご く 常 識 的 な 規 範 を

浪 費 を 慎 む こ と 、 極 端 な 貧 し さ を 軽 減 す る よ

少 し 異 な り ま す 。 戦 争 を し な い こ と 、 資 源 の

こ れ は 専 門 分 野 を 掘 り 下 げ る と い う 方 向 と は

を 考 え る こ と 、 と 言 い 換 え て も か ま い ま せ ん 。

る の に で き な い こ と ﹂ を 実 行 可 能 に す る 方 法

し て 強 調 し よ う と 思 い ま す 。 ﹁ み な 知 っ て い

と な く 一 般 常 識 と 結 び 付 け よ う と す る 努 力 と

い ま す 。

考 え さ せ る 、 大 き な 宿 題 だ と 私 は 受 け 止 め て

問 が 求 心 力 を ど こ に 求 め て 協 働 で き る の か を

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 研 究 に か か わ る 多 く の 学

い ﹂ と い う 一 つ の 確 信 に 到 達 し ま す 。 こ れ は 、

労 し て 仕 上 げ た 作 品 ほ ど の 完 成 度 が 見 ら れ な

っ て き た 作 品 は 、 多 く の 場 合 、 一 人 だ け で 苦

部 品 を 寄 せ 集 め て 作 り 、 多 く の 親 方 の 手 を 通

法 序 説 ﹄ の 中 で 、 旅 を し な が ら ﹁ た く さ ん の

に 考 え つ い た 方 法 で も あ り ま し た 。 彼 は ﹃ 方

と い う 書 物 ﹂ に 学 び 直 す た め に 旅 に 出 た と き

か つ て デ カ ル ト が 文 字 学 問 か ら 離 れ て ﹁ 世 界

と こ ろ で 、 い っ た ん 忘 れ る と い う 方 法 は 、



り と っ て 、 様 々 な 学 び を 専 門 性 の 枠 に 縛 る こ

増 や さ な く て は い け ま せ ん 。

私 は ﹁ ほ ぐ す ﹂ と い う 言 葉 の 意 味 を 文 字 通

に 学 問 を 合 わ せ て い こ う と す る 人 材 を 励 ま し 、

意 味 だ そ う で す 。

う に 学 問 に 問 題 を 合 わ せ る の で は な く 、 問 題

﹁ 知 識 や 考 え 方 を 自 分 の も の に す る ﹂ と い う

叫 ぶ こ と に も 一 定 の 意 味 が あ り ま す 。 こ の よ

﹂ す る と こ ろ を 出 発 点 と し て 、 逆 に

し い 〟 と 学 ん で き た も の を い っ た ん 忘 れ る =

︵ 二 〇 〇 七 年 一 月 二 三 日 付 ﹃ 朝 日 新 聞 ﹄ ︶

。 ﹁ 〝 正

こ の 作 業 を ﹁ 学 び ほ ぐ す ﹂ と 表 現 し て い ま す

は 必 要 な 作 業 か も し れ ま せ ん 。 大 江 健 三 郎 は 、

態 に な っ て い る 学 問 や 行 政 の 世 界 で は 、 そ う

で し ょ う が 、 資 源 を バ ラ バ ラ に 扱 う こ と が 常

張 は 、 自 然 の そ ば で 暮 ら す 人 に と っ て は 常 識

﹁ 資 源 は 一 つ に つ な が っ て い る ﹂ と い う 主

グ に お け る ﹁ 常 識 の リ マ イ ン ド ﹂ で す 。

unlearn

と は 思 え ま せ ん 。 必 要 な の は 正 し い タ イ ミ ン


間 が 生 活 を 豊 か に す る う え で 資 源 を 見 出 し 、

論 者 は 互 い に 分 離 し て い き ま す 。 し か し 、 人

わ れ る よ う に な り 、 資 源 の 開 発 と 環 境 保 全 の

住 民 や 開 発 に 反 対 す る 立 場 の 人 々 に よ っ て 行

在 化 し ま し た 。 環 境 問 題 の 告 発 は 、 主 に 被 害

し た 。 そ し て 、 富 裕 化 と と も に 環 境 問 題 が 顕

天 然 資 源 は 外 国 か ら 買 え ば 済 む も の に な り ま

そ の 後 、 経 済 的 に 豊 か に な っ た 日 本 で は 、

る 動 き が あ り ま し た 。

そ こ に は ﹁ 現 場 ﹂ を 求 心 力 に 諸 学 を 総 合 さ せ

戦 後 初 期 の 資 源 調 査 会 の 系 譜 を 見 て く る と 、

を モ デ ル と し た 総 合 開 発 が 企 画 さ れ ま し た 。

ち 一 人 一 人 が 学 ば な く て は い け な い こ と は 多

サ ス テ イ ナ ブ ル な 社 会 の 実 現 に 向 け て 私 た

れ た の で す 。 熊 野 川 や 琵 琶 湖 水 系 で は T V A

根 の 人 々 を 参 加 ・ 動 員 す る こ と に 重 点 が 置 か

こ で は 地 域 開 発 を 従 来 の セ ク タ ー 割 り で 考 え

河 流 域 総 合 開 発 計 画 ︵ T V A ︶ ﹂ で し た 。 そ

大 き な 役 割 を 果 た し た の が 米 国 の ﹁ テ ネ シ ー

に お け る ﹁ 総 合 ﹂ の イ メ ー ジ を 形 づ く る 上 で

資 源 の 総 合 的 利 用 を 目 的 と し た 資 源 調 査 会

か 会 し 。 の て 経 つ 験 な か が ら り 思 を い 見 出 出 す す べ 態 き 度 で を は 戦 な 後 い の で 資 し 源 ょ 調 う 査

の 精 緻 化 を 進 め て し ま う 前 に 、 一 つ の 構 造 と

表 裏 一 体 を な し て い ま す 。 両 者 を 分 け て 分 析

炭 素 な ど ︶ を 管 理 す る と い う 環 境 の 側 面 と は

の 過 程 で 生 み 出 さ れ る 負 荷 ︵ 廃 棄 物 、 二 酸 化

性 ﹂ を 強 調 し て 、 開 発 の あ ら ゆ る 段 階 で 草 の

る の で は な く 、 流 域 単 位 で の ﹁ 資 源 の 一 体

と を 示 す も の で 注 目 す べ き こ と で す 。

1949 (昭和 24) 年に日本橋三越で天皇皇 后両陛下をお招きして,GHQ と資源調査 会の協力で開催された展示会「日本の国土 開発と資源の最大利用――将来の日本」の 様子(出典:資源協会編『日本の復興と天 然資源政策』 (1985)).

を 模 索 す る う え で 、 い っ た ん 忘 れ る と い う の

そ う で は な い ﹁ オ ル タ ー ナ テ ィ ブ ﹂ の あ り 方

も の が ま さ に そ う し た 諸 制 度 で あ る と す れ ば 、

ん 。 し か し 、 今 日 の 諸 問 題 を 生 み 出 し て き た

り 巻 く 諸 制 度 を 全 否 定 し て も 意 味 が あ り ま せ

で す 。 も ち ろ ん 既 存 の 学 問 の 蓄 積 や 経 済 を 取

分 か っ て い る ﹁ 常 識 ﹂ を う ま く 働 か せ る こ と

た 前 提 を 一 度 忘 れ て み る こ と 、 そ し て 、 も う

加 ﹂ で は な く 、 こ れ ま で 当 た り 前 と 思 っ て い

く あ り ま す 。 し か し 、 重 要 な の は ﹁ 知 識 の 追

学 び ほ ぐ す こ と

取 り 出 し て 分 配 す る と い う 開 発 の 側 面 と 、 そ




政 府 代 表 は 、 E U と 並 ん で 報 告 書 を 援 護 す

出 た の は 驚 き だ っ た 。 こ う し た 中 で 、 日 本

度 ﹂ と 書 い て い た が 、 そ の 点 に ま で 意 見 が

大 な 研 究 成 果 に 基 づ い て ﹁ 非 常 に 高 い 確 信

が 続 い た 。 こ れ を ま と め た 執 筆 責 任 者 は 膨

確 信 度 ﹂ と す る か に つ い て 、 何 時 間 も 議 論

体 的 な 影 響 予 測 の 数 値 を 入 れ た も の で 、 総

と ア ジ ア 、 ア フ リ カ な ど 八 地 域 に 分 け て 具

値 と 共 に 、 水 資 源 、 食 料 、 海 岸 な ど 五 分 野

い た 。 表 は 、 二 一 世 紀 中 の 気 温 上 昇 の 予 測

後 半 の 十 数 ペ ー ジ と 表 と グ ラ フ が 残 さ れ て

し か し 、 四 月 五 日 ︵ 最 終 日 ︶ に は 、 ま だ

サ ス テ ナの眼 

に 温 暖 化 の 影 響 が 観 測 さ れ て い る と い う 結

を 続 け 、 五 ペ ー ジ が 承 認 さ れ た 。

返 と ず だ 誰 た 三 ス 方 し 四 っ も 。 〇 な 六 て 四 し い か 四 月 た 不 ぱ 〇 ど 時 や 月 で う 二 月 四 。 満 さ 人 の 三 っ 三 あ 事 〇 二 日 を ぱ が 簡 〇 と 日 る 実 行 日 ︵ 言 さ そ 単 分 一 ︵ 報 が だ ︵ 三 わ の れ な に ・ 二 告 、 っ 一 日 ず サ を 夕 は 五 日 書 こ た 日 目 議 ン 食 食 、 ペ 目 の の 。 目 場 ド べ が サ ー ︶ 重 会 一 ︶ ︶ は に イ て ロ ン ジ は 要 議 日 に 深 戻 ッ 、 ビ ド が 、 性 の か 承 夜 っ チ 議 ー イ 承 夜 を 厳 け 認 二 た を 事 に ッ 認 九 示 し て さ 時 の か が 準 チ さ 時 し さ 二 れ ま が じ 再 備 と れ ま て と 〇 た で 印 っ 開 さ ジ た で い そ 行 の 議 象 て さ れ ュ 。 延 た の 承 は 論 的 、 れ 、 ー 夕 長 。 裏 認 わ

か ら 厳 し い 状 況 に な っ た 。 た と え ば 、 す で

影 響 を 記 述 す る よ う に 求 め て 対 立 し 、 最 初

境 派 の E U 諸 国 が 、 い っ そ う 明 確 な 表 現 で

で 、 ド イ ツ 、 ス イ ス 、 オ ー ス ト リ ア な ど 環

か い 表 現 に つ い て 発 言 を 続 け た 。 そ の 一 方

に 同 調 す る ア メ リ カ が 、 科 学 的 な 根 拠 や 細

避 け る た め に 何 度 も 発 言 を 求 め 、 時 に そ れ

に 関 す る 数 量 的 な 表 現 や 排 出 抑 制 の 文 言 を

中 国 や イ ン ド で あ る 。 こ れ ら の 国 は 、 影 響

二 酸 化 炭 素 排 出 の 大 幅 な 伸 び が 予 想 さ れ る

量 生 産 国 の サ ウ ジ ア ラ ビ ア や ロ シ ア 、 今 後

な る 。 議 場 で 目 立 っ た の は 、 石 油 資 源 の 大

論 を ﹁ 非 常 に 高 い 確 信 度 ﹂ と す る か ﹁ 高 い

当 然 だ が 、 立 場 に よ っ て 各 国 の 意 見 は 異 強 か っ た 。

の 照 合 な ど 、 あ ら ゆ る 角 度 か ら 飛 ん で き た 。 る こ と が 多 く 、 執 筆 責 任 者 と し て は 大 変 心

IPCC 第 2 部会 ブリュッセル総会の 4 日間


た 。 ブ リ ュ ッ セ ル で 開 か れ た 第 二 部 会 総 会

ペ ー ジ の 政 策 向 要 約 草 案 を 作 成 し お え て い

か ら な る 一 〇 〇 〇 ペ ー ジ の 報 告 書 案 と 二 〇

学 者 が 参 加 し て 、 今 年 二 月 ま で に 、 二 〇 章

の ま と め を 担 当 し て お り 、 約 四 〇 〇 名 の 科

暖 化 の 影 響 予 測 と 対 応 策 に 関 す る 研 究 成 果

成 を 進 め て き た 。 そ の 中 の 第 二 部 会 は 、 温

部 会 に 分 か れ て 気 候 変 動 第 四 次 報 告 書 の 作

府 間 組 織 で 、 二 〇 〇 三 年 か ら 、 三 つ の 作 業

予 測 の 正 確 さ や 確 信 度 、 元 に な る 報 告 書 と

答 え 続 け た 。 そ の 質 問 も 、 気 候 変 動 の 影 響

上 が り 、 そ の 部 分 が 承 認 さ れ る ま で 質 問 に

は 、 担 当 部 分 の 執 筆 責 任 者 が 順 番 に 壇 上 に

と い う 厳 し い も の で あ っ た 。 実 際 の 会 議 で

国 で も 反 対 す る と そ の 文 章 は 承 認 さ れ な い

政 府 代 表 の 全 員 一 致 を 原 則 と し て お り 、 一

文 ず つ 承 認 す る と い う も の で あ る 。 し か も 、

会 議 の ル ー ル は 、 政 策 向 要 約 の 内 容 を 一

I P C C は 名 前 の 通 り 国 連 が 設 立 し た 政

そ の 様 子 を 紹 介 し た い 。

承意 認見 プを ロ聞 セき ス続 け た

こ の 会 議 で は 実 際 に 何 が 話 し 合 わ れ た の か 、

そ の た め 、 紛 糾 し た な ど と 報 道 さ れ た が 、

約 ﹂ を 承 認 す る と い う 異 例 の 展 開 に な っ た 。

五 日 ま で 四 日 間 の 予 定 だ っ た も の が 、 最 終

に 出 席 し た 。 今 回 の 総 会 は 、 四 月 二 日 か ら

変 動 に 関 す る 政 府 間 パ ネ ル ︶ 第 二 部 会 総 会

ブ リ ュ ッ セ ル で 開 か れ た I P C C ︵ 気 候

小 島 嶼 担 当 ︶

領 執 る 要 域 筆 予 約 長 責 定 草 ︵ 任 だ 案 一 者 っ に 〇 は た 対 章 、 ︵ す ア 国 図 る ジ 立 1 質 ア 環 ︶ 問 担 境 。 や 当 研 日 修 ︶ 究 本 正 と 所 か の 私 の ら 要 ︵ 原 参 求 一 沢 加 に 六 英 し 答 章 夫 た え

の 執 筆 責 任 者 が 参 加 し 、 四 日 間 に わ た っ て

め る の が 目 的 だ っ た 。 そ の た め に 、 四 〇 名

ッ セ ン ス を ま と め た 政 策 向 要 約 の 承 認 を 求

で あ る 。

や っ と 第 四 次 報 告 書 の ﹁ 政 策 担 当 者 向 要

日 は 徹 夜 で 議 論 が 続 き 、 六 日 午 後 に な っ て

温暖化影響報告書はどのように承認されたか

ブ リ ュ ッ セ ル 総 会 ま で

一 〇 カ 国 三 〇 〇 人 の 政 府 代 表 に 対 し て 、 エ

は 、 こ の 長 い プ ロ セ ス の 最 後 の 山 場 で 、 一

三村信男

城大学教授 (地球環境工学)(ICAS 機関長)




IPCC 第 1 作業部会の第 4 次評価 報告書による今後の温暖化の予測.

平均気温 上  昇

平均海面 水位上昇

シナリオA 1.1∼2.9℃

18∼38 cm

シナリオB 2.4∼6.4℃

26∼59 cm

1980∼1999 年 に 比 べ て 21 世 紀 末 (2090∼ 2099 年)での上昇. シナリオ A:環境の保全と経済の発展が 地球規模で両立する社会. シナリオ B:化石エネルギー源を重視し つつ高い経済成長を実現する社会.

と 感 じ て い る 。

暖 化 政 策 に と っ て 極 め て 大 き な 意 味 を 持 つ

き な 目 で 見 る と 、 報 告 書 の 承 認 が 今 後 の 温

切 り と ら れ て 残 念 な 気 持 ち が あ っ た が 、 大

会 議 が 終 わ っ た 直 後 に は 、 草 案 の 一 部 が

う に な る た め の 賢 い 仕 掛 け だ と 思 う 。

国 が 個 別 の 利 害 を 越 え て 地 球 益 を 考 え る よ

た 国 際 的 動 き を 促 す 上 で 大 き な 役 割 を 果 た

分 か る 。 今 回 の I P C C 報 告 書 は 、 こ う し

対 策 に と っ て 正 念 場 を 迎 え つ つ あ る こ と が

す る 大 き な イ ベ ン ト が 続 い て お り 、 温 暖 化

バ リ 島 で の C O P 会 議 と 、 温 暖 化 問 題 に 関

報 告 書 ︵ 三 部 会 の ま と め ︶ の 発 表 、 一 二 月

で の G 8 サ ミ ッ ト 、 一 一 月 の I P C C 統 合

P C C 第 三 部 会 報 告 書 の 承 認 、 六 月 ド イ ツ

の に な っ た 。 と こ ろ で 、 今 年 は 、 五 月 の I

を 入 れ る 必 要 が あ る こ と を 強 く 示 唆 す る も

の 報 告 書 は 、 世 界 規 模 で 温 暖 化 対 策 に 本 腰

ら か だ 。 I P C C の よ う な 組 織 は 、 多 く の

で 、 こ う し た 科 学 的 土 台 が 必 要 な こ と は 明

規 模 で 気 候 政 策 の 議 論 や 交 渉 を 加 速 す る 上

さ れ 、 政 策 選 択 の 共 通 の 土 台 に な る 。 世 界

り 込 ま れ た 知 見 は 、 各 国 の 政 府 の 間 で 共 有

プ ロ セ ス を 経 て 承 認 さ れ た 政 策 向 要 約 に 盛

と を 任 務 と し て い る 。 し か し 、 こ の よ う な

策 決 定 者 に 適 切 な 科 学 的 情 報 を 提 供 す る こ

体 が 特 定 の 政 策 を 推 奨 す る こ と は な く 、 政

は 大 変 な 知 恵 の 組 織 だ 。 本 来 、 I P C C 自

こ の よ う な 報 告 書 を 生 み 出 し た I P C C

図 2 4 月 5 日(4 日目)午後 8 時の 段階での承認達成度.



い 等 々 。 長 い 総 会 だ っ た が 、 承 認 さ れ た こ す も の に な る に 違 い な い 。


た く さ ん の テ レ ビ カ メ ラ や 記 者 が 待 っ て い

た 。 そ の 後 休 会 し た の で 会 議 場 を 出 る と 、

分 を 修 正 し て 翌 朝 一 〇 時 に 実 質 承 認 に 達 し

の 意 志 は 変 ら ず 、 長 い 議 論 の 末 、 多 く の 部

手 が わ い た 。 し か し 、 反 対 と 決 め て き た 国

者 が 報 告 書 を 支 持 し て 発 言 し 、 真 夜 中 に 拍

た 発 言 を し た 。 さ ら に 、 何 人 か の 執 筆 責 任

り 、 科 学 の 成 果 を 受 け 入 れ て ほ し い と い っ

の に 対 し て 科 学 者 が 四 年 間 努 力 し た 答 で あ

も 、 こ の 報 告 書 は I P C C 総 会 が 求 め た も

筆 責 任 者 の 意 見 を 求 め た 。 そ れ 応 え て 、 私

被 害 コ ス ト に 比 べ れ ば 対 策 の コ ス ト は 小 さ

同 時 並 行 で 行 う こ と が 必 要 で あ る 、 将 来 の

る の で 適 応 策 と 温 室 効 果 ガ ス の 削 減 対 策 を

の 実 施 が 必 要 だ 、 し か し 適 応 に は 限 界 が あ

酸 化 炭 素 削 減 策 の 効 果 が 出 る ま で は 適 応 策

的 に マ イ ナ ス の 影 響 が 生 じ る 、 長 期 的 な 二

上 昇 に よ っ て 世 界 中 の す べ て の 地 域 で 経 済

に 明 確 に 現 れ て い る 、 二 ∼ 三 ℃ 以 上 の 気 温

す で に 温 暖 化 の 影 響 が 世 界 の 生 態 系 や 海 岸

重 要 な メ ッ セ ー ジ が 詰 ま っ て い る 。 つ ま り 、

実 際 、 承 認 さ れ た 政 策 向 要 約 を 見 る と 、

︵ 認 域 に を 表 な 議 会 英 二 国 部 夜 さ や 、 残 現 か 論 の ︶ 会 中 れ 温 も し に っ を 会

は 、 こ れ ら の 国 の 主 張 に 対 す る 執

共 同 議 長 の マ ー チ ン ・ パ リ ー 博 士

の 三 時 に な っ て も 議 事 は 進 ま ず 、 第

ず 、 文 言 を 修 正 あ る い は 削 除 し た 。

暖 化 防 止 条 約 に 触 れ た 部 分 な ど は 承

っ と も 厳 し い 影 響 を 受 け る 分 野 ・ 地

て 削 除 と い う 結 果 に な っ た 。 そ の 他

告 書 が で き た と 報 告 し た 。

彼 は 、 一 部 の 内 容 を 失 っ た が 意 味 の あ る 報

を 主 導 し 、 つ い に 合 意 に 導 い た 立 役 者 だ 。

パ リ ー 博 士 は 、 四 日 間 六 五 時 間 に 及 ぶ 議 論

両 第 二 部 会 共 同 議 長 の 記 者 会 見 が 開 か れ た 。

ウ リ I P C C 議 長 と パ リ ー 、 カ ン ジ ア ー ニ

そ の 後 、 同 じ 会 議 場 を 公 開 し て 、 パ チ ャ

反 対 し 続 け 、 最 終 的 に 表 の 一 部 だ け

た 。 総 会 で も 、 一 部 の 国 が 具 体 的 な

第 四 次 報 告 書 の メ ッ セ ー ジ

続 け た が 、 そ こ で も 合 意 に 達 し て い

議 と は 別 に 関 係 者 グ ル ー プ を 作 っ て

て 、 ホ テ ル に 着 替 え に 戻 っ た 。

て び っ く り し た 。 私 は 、 そ の 間 を 通 り 抜 け

図 1 第 2 部会総会の会場.




図 1 排出資源の概念. 

図 2 エコステーション.

わ れ て お り ︵ B P 統 計 、 二 〇 〇 六 ︶

、 そ

年 数 は 二 〇 〇 五 年 時 点 で 約 四 一 年 と 言



必 要 と な り ま す 。 し か し 、 石 油 の 可 採

で す 。 ペ ッ ト ボ ト ル を 作 る に は 石 油 が

そ れ は 資 源 の 枯 渇 化 が 進 ん で い る た め

ル す る こ と が 望 ま し い の で し ょ う か 。

た め に 行 い ま す 。 で は 、 な ぜ リ サ イ ク

業 は 、 ペ ッ ト ボ ト ル を リ サ イ ク ル す る

ば 、 ペ ッ ト ボ ト ル の ラ ベ ル を 剝 が す 作

も に で き た こ と も 貴 重 な 体 験 で し た 。 効 率 よ く 行 う た め の 前 処 理 で す 。 例 え

分 別 作 業 は そ の 次 の 作 業 を 適 切 か つ

通 っ た 青 空 、 そ し て 、 海 か ら の 風 が 少

バ ス で 現 地 に 向 か い ま し た 。 高 く 透 き

に と し 城 て 大 本 学 活 日 動 立 に キ 参 ャ 加 ン し パ ま ス し に た 集 。 合 朝 し 八 、 時

ー で す 。 次 世 代 を 担 う 彼 ら と 活 動 を と

ー の 練 習 に 励 ん で い る 未 来 の J リ ー ガ

プ ロ に な る こ と を 目 指 し て 毎 日 サ ッ カ

と 高 校 生 か ら 成 る ジ ュ ニ ア ユ ー ス は 、

と と も に 活 動 に あ た り ま し た 。 中 学 生

ン ト ラ ー ズ の ジ ュ ニ ア ユ ー ス 約 三 〇 名

バ ッ ク ア ッ プ の も と 、 鹿 島 ア

A SEED

城 大 学 の 行 っ た 活

排 出 資 源 ︵ 廃 棄 物 ︶ の 分 別 回 収

し だ け 強 い 朝 で し た 。 ス タ ジ ア ム に 着

JAPAN

﹁ エ コ デ イ ﹂ に

い た の は キ ッ ク オ フ の 四 時 間 前 で す 。

す る こ と に 意 味 が あ る た め で す 。

る の で は な く 、 自 ら の 手 で 分 別 作 業 を

が ポ イ ン ト で す 。 そ れ は 、 誰 か に 任 せ

を 行 わ ず に 、 分 別 を 呼 び か け た と こ ろ

こ こ で 、 ボ ラ ン テ ィ ア が 自 ら 分 別 作 業

ト ボ ト ル ・ 割 り

す 。 分 別 項 目 は 可 燃 物 ・ 不 燃 物 ・ ペ ッ

ジ ア ム 内 に 設 置 さ れ た ゴ ミ 集 積 施 設 で

・ リ ユ ー ス 食 器 で す 。

ス タ ジ ア ム の 開 場 と 同 時 に

城 大 学 か ら は 二 七 名 が ボ ラ ン テ ィ ア ポ ー タ ー の 列 が で き て い ま し た 。

ュ ビ ロ 磐 田 の 試 合 が 行 わ れ た 日 で す 。

年 一 二 月 二 日 、 鹿 島 ア ン ト ラ ー ズ と ジ

ジ ア ム の 外 に は ユ ニ フ ォ ー ム を 着 た サ

開 場 ま で は 一 時 間 あ り ま し た が 、 ス タ

︵ 図 活 動 2 動 は ︶ は 主

。 エ コ ス テ ー シ ョ ン と は 、 ス タ

エ コ ス テ ー シ ョ ン で 行 い ま し た

に 分 別 回 収 の 呼 び か け で す 。 本


要 と し て 廃 棄 さ れ る も の ﹂ と あ り 、 ﹁ 汚

す 。 ﹃ 広 辞 苑 ﹄ で 廃 棄 物 の 定 義 は ﹁ 不

意 味 す る の で し ょ う か 。 答 え は ノ ー で

で は 、 本 当 に 廃 棄 物 と は 汚 い も の を

汚 染 物 ﹂ と い う 固 定 概 念 が 植 え つ け ら

ジ ア ム で の エ コ 活 動 ﹁ エ コ デ イ ﹂ で す 。

扱 う 活 動 、 そ れ が カ シ マ サ ッ カ ー ス タ

い 直 す こ と で 廃 棄 物 を 排 出 資 源 と し て

し て 排 出 さ れ て い た 物 の 利 用 価 値 を 問

な っ て し ま い ま す 。 こ れ ま で 廃 棄 物 と

ル で も 誰 も 欲 し が ら な け れ ば 廃 棄 物 と

参 と い て ま と ア 性 照 同 道 い し し ム 今 の ︶ 。 様 が る た て で 回 な

例 え ば 、 新 品 の サ ッ カ ー ボ ー

に 資 源 で あ る と 言 え ま す

あ る の で あ れ ば 、 そ れ は ︵ 水 図 や 1 木

廃 棄 物 の こ と で す 。 廃 棄 物 に 使

。 排 出 資 源 と は 使 い 道 の 残 さ れ

扱 う も の を ﹁ 排 出 資 源 ﹂ と 呼 び

の エ コ 活 動 で は 、 普 段 は 廃 棄 物

紹 介 す る カ シ マ サ ッ カ ー ス タ ジ

第 一 回 目 と な る エ コ デ イ は 二 〇 〇 六

動 は 上 記 項 目 の ② と ③ に あ た り ま す 。

入 、 の 五 つ で す 。 今 回 紹 介 す る エ コ 活

合 い ︶ 、 ⑤ チ ー ム マ イ ナ ス 六 % へ の 加

分 別 回 収 、 ④ エ コ ド ラ イ ブ ︵ 車 の 乗 り

用 、 ② リ ユ ー ス 食 器 の 使 用 、 ③ ご み の

ラ ム の 詳 細 は 、 ① 自 然 エ ネ ル ギ ー の 使

い 換 え る こ と も で き ま す 。 エ コ プ ロ グ

発 足 し た エ コ プ ロ グ ラ ム の 実 施 日 を 指

目 的 に 、 カ シ マ サ ッ カ ー ス タ ジ ア ム で

し て サ ッ カ ー を 楽 し め る 環 境 づ く り を

﹁ エ コ デ イ ﹂ と は 、 い つ ま で も 安 心

エカ コシ 活マ 動サ ッ カ ー ス タ ジ ア ム に お け る

す 。 お そ ら く 多 く の 人 に は ﹁ 廃 棄 物 =

も 同 じ 答 え だ っ た こ と を 記 憶 し て い ま

し ま す 。 環 境 に つ い て 考 え る 日 、 と 言

え は イ エ ス で し た 。 ク ラ ス の 半 数 以 上

た こ と が あ り ま す 。 そ の と き の 私 の 答

﹁ 廃 棄 物 ﹂ で は な く ﹁ 排 出 資 源 ﹂

れ て い る の で は な い か と 思 い ま す 。

同 じ 質 問 を 大 学 の 講 義 で 問 い か け ら れ

﹁ 廃 棄 物 ﹂ と は 汚 い も の で し ょ う か 。

サステナ の 眼

い 物 を 廃 棄 物 と 呼 ん で い ま す 。

排エ 出コ デ 資イ 源 を 考 えカ るシ マ サ ッ カ ー ス タ ジ ア ム の

い ﹂ と い う 言 葉 は 出 て き ま せ ん 。 必 要

渡邊保貴 城大学大学院 理工学研究科 都市システム工学専攻




い え 、 本 活 動 を 通 し て 得 た 形 の な い も

無 償 の 活 動 、 物 は 手 元 に 残 ら な い と は

切 り 取 っ て い た の は 全 員 の 笑 顔 で し た 。

送 ら れ て き ま し た

。 カ メ ラ が

後 日 、 解 散 間 際 に 撮 っ た 集 合 写 真 が

ょ う か 。 今 で き る こ と を 行 動 に 移 す こ

は 、 そ の た め に 何 を し た ら よ い の で し

い か に 緩 和 す る か と い う こ と で す 。 で

な い と 思 い ま す 。 大 切 な こ と は そ れ を

暖 化 や 環 境 悪 化 は 最 悪 の シ ナ リ オ で は

︵ 図 3 ︶

だ と 実 感 し ま し た 。

む こ と が 出 来 た こ と 、 そ れ が 大 切 な の

見 つ け ま し た 。 エ コ 活 動 を 通 し て 楽 し

に 適 応 す る こ と が で き ま す 。 だ か ら 温

を 持 っ て い る と 思 い ま す 。 環 境 の 変 化

そ こ で 楽 し み や 幸 せ を 見 つ け 出 す 才 能

図 3 解散間際の集合写真.



に 書 い て も ら っ た ア ン ケ ー ト 用 紙 に も

人 は 自 分 の 置 か れ た 環 境 を 受 け 入 れ 、

う 声 で す 。 同 じ 文 面 を ジ ュ ニ ア ユ ー ス

ど 楽 し か っ た 、 ま た 参 加 し た い ﹂ と い

感 想 も 聞 こ え て き ま し た 。 ﹁ 疲 れ た け

予 想 以 上 に 盛 り 上 が り 、 時 に そ の 日 の

の は 夜 の 八 時 で す 。 道 中 、 バ ス の 中 は

の で は な い か と 思 い ま す 。

お い て 、 心 理 的 な 作 用 こ そ 重 要 に な る

チ ベ ー シ ョ ン が 入 り 混 じ る エ コ 活 動 に

城 大 学 日 立 キ ャ ン パ ス に 到 着 し た

は 良 く な っ て い く と 考 え て い ま す 。

と は で き ま せ ん 。 そ れ で も 私 は 、 将 来

渇 も 現 存 す る 廃 棄 物 も リ セ ッ ト す る こ

な い 状 況 に あ る と 言 え ま す 。 資 源 の 枯

第 四 次 報 告 書 に よ れ ば 、 温 暖 化 は 免 れ

︵ 気 候 変 動 に 関 す る 政 府 間 パ ネ ル ︶ の

と も 悪 く な る の で し ょ う か 。 I P C C

ょ う か 。 良 く な る の で し ょ う か 、 そ れ

こ れ か ら 先 、 地 球 は ど う な る の で し

を 日 常 の 生 活 で 意 識 し て み て く だ さ い 。

と 考 え て い ま す 。 是 非 、 ﹁ 排 出 資 源 ﹂

私 は 、 き っ と 将 来 は 良 く な っ て い く

こ と が 大 切 な の で は な い で し ょ う か 。

と を 少 し ず つ 、 無 理 の な い 範 囲 で 行 う

う 負 担 を 減 ら せ る よ う に 、 今 で き る こ

は 可 能 な の で し ょ う か 。 多 く の 人 の モ

ィ ア 精 神 の み で エ コ 活 動 を 続 け る こ と

私 た ち の 将 来

次 世 代 の 人 達 が 生 ま れ た と き か ら 背 負

り ま す 。 決 し て 手 遅 れ で は あ り ま せ ん 。

た の は 事 実 で す 。 は た し て 、 ボ ラ ン テ

ラ ン テ ィ ア の 精 神 的 な 負 担 が 大 き か っ

と 、 そ う 思 わ せ て く れ る 一 枚 で し た 。

の は 全 員 の 心 に 刻 み 込 ま れ て い る の だ

出 資 源 の 取 り 扱 い は ま さ に そ れ に あ た

と だ と 思 い ま す 。 廃 棄 物 の 減 量 化 、 排


生 し た ﹁ 後 ﹂ に 行 う 活 動 で す 。 実 際 に

分 別 作 業 は 排 出 資 源 ︵ 廃 棄 物 ︶ が 発

リ ユ ー ス 食 器 に よ る 廃 棄 物 の 減 量 化

浄 す る こ と で 半 永 久 的 に 何 度 で も 使 用

ポ リ プ ロ ピ レ ン 製 の リ ユ ー ス 食 器 は 洗

わ り に リ ユ ー ス 食 器 を 使 用 し ま し た 。

ら な い か ら で す 。 そ う い っ た 状 況 で ボ

け れ ば 誰 も が 分 別 を し て く れ る と は 限

予 想 以 上 に 難 し い も の で し た 。 呼 び か

の だ と 、 ふ と 思 い ま し た 。

ュ ニ ア ユ ー ス の 将 来 の 安 心 に つ な が る

代 の 人 達 、 例 え ば 分 別 を 呼 び か け る ジ

ひ と り の 小 さ な 行 動 や 心 遣 い が 、 次 世

の 人 が 分 別 に ト ラ イ し ま し た 。 ひ と り

と を 実 感 し ま し た 。 エ コ デ イ に は 多 く

や っ て み る と 分 か ら な い こ と も 多 い こ

エ コ 活 動 で は 、 使 い 捨 て 発 泡 容 器 の 代

物 と し て 処 理 さ れ て い ま し た 。 今 回 の

に 発 生 す る 発 泡 容 器 は 、 こ れ ま で 可 燃

の ひ と つ で あ る モ ツ 煮 込 み を 食 べ た 後

し て い ま す 。 例 え ば 、 ス タ ジ ア ム 名 物

め 、 発 生 す る 廃 棄 物 の 量 と 種 類 は 増 大

側 に 火 を 使 っ た 調 理 を 許 可 し て い る た

カ シ マ サ ッ カ ー ス タ ジ ア ム で は 売 店

た こ と を 記 憶 し て い ま す 。 エ コ 活 動 は

す 。 外 は 暗 く 、 気 温 も 大 分 下 が っ て い

エ コ 活 動 が 終 了 し た の は 午 後 五 時 で

﹁﹁ 楽難 しし かか っっ たた ﹂﹂ ﹁ 疲 れ た ﹂

で し ょ う か 。

分 に 適 応 で き る と が 言 え る の で は な い

と し て 生 ま れ 変 わ る こ と を 意 味 し ま す 。

は 、 使 用 済 み ペ ッ ト ボ ト ル が 排 出 資 源

ペ ッ ト ボ ト ル の 処 理 を 適 切 に 行 う こ と

循 環 す る こ と に な り ま す 。 す な わ ち 、

る こ と で 、 石 油 は ペ ッ ト ボ ト ル と し て

こ と が 必 要 に な り ま す 。 リ サ イ ク ル す

そ こ で ペ ッ ト ボ ト ル を リ サ イ ク ル す る

ル の 使 用 を や め る こ と は で き ま せ ん 。

て い ま す 。 だ か ら と 言 っ て ペ ッ ト ボ ト

の 数 字 は 近 い 将 来 の 非 常 事 態 を 物 語 っ

れ は 社 会 の 縮 図 と も 言 え ま す 。

で も 同 様 の こ と が 指 摘 さ れ て お り 、 そ

当 然 で す 。 カ シ マ サ ッ カ ー ス タ ジ ア ム

必 要 な 社 会 構 造 に な っ て い る の だ か ら

よ う に は い か な い の が 現 状 で す 。 物 が

は す る も の の 、 実 際 に は な か な か 思 う

棄 型 の 社 会 シ ス テ ム か ら 脱 却 し よ う と

日 本 は 、 大 量 生 産 ・ 大 量 消 費 ・ 大 量 廃

ま す 。 そ れ が 廃 棄 物 の ﹁ 減 量 化 ﹂ で す 。

す る ﹁ 前 ﹂ の 活 動 も 非 常 に 重 要 と な り

廃 棄 物 問 題 を 解 決 し よ う と す る と 発 生

り 、 人 は 新 し い 環 境 や シ ス テ ム に も 十

る 意 識 の 高 さ を 実 感 し ま し た 。 こ れ よ

六 ・ 二 % と 非 常 に 高 く 、 再 利 用 に 対 す

ョ ン に て 行 い ま し た 。 回 収 率 は 約 九

リ ユ ー ス 食 器 の 回 収 も エ コ ス テ ー シ

と 考 え ら れ ま す 。

入 は 可 燃 物 の 減 量 化 に 大 き く 貢 献 す る

れ て い ま し た の で 、 リ ユ ー ス 食 器 の 導

る 割 合 が 大 き い こ と は 以 前 か ら 指 摘 さ

発 生 す る 廃 棄 物 の う ち 発 泡 容 器 の 占 め

す る こ と が で き ま す 。 ス タ ジ ア ム か ら

分 別 作 業 は 一 見 単 純 そ う で 、 実 際 に




す 日 本 語 が な い の で 共 生 と い う 言 葉 を

出 す の が 二 一 世 紀 だ と 。 そ れ を あ ら わ

つ 求 め 合 っ て い る と い う 状 況 を つ く り

立 し て い る 。 し か し 、 そ れ で も な お か

そ れ は 一 つ の 理 屈 が あ っ て 、 そ れ は 対

か 、 そ う い う 二 元 論 的 に 分 け る の は 、

る い は 芸 術 と 科 学 と か 、 理 性 と 感 性 と

は 自 然 と 人 間 と か 、 都 市 と 森 と か 、 あ

て い る 関 係 で す 。 男 と 女 と か 、 あ る い

て い な が ら お 互 い が お 互 い を 求 め 合 っ

対 立 し 、 お 互 い が 競 争 し 、 矛 盾 を 抱 え

は 意 味 が 違 う ん で す 。 共 生 と い う の は

あ る い は 融 合 と か あ り ま す が 、 そ れ と

日 本 語 に は 調 和 と い う の が あ り ま す ね 、

し て 、 私 が つ く っ た 言 葉 で す 。 定 義 は 、

い う 言 葉 と 語 呂 を 合 わ せ て 辞 書 に 登 録

し て 、 そ れ に 生 物 学 で 言 う ﹁ 共 棲 ﹂ と

い う 言 葉 を い た だ い て 、 そ れ を 漢 字 に

ま し た 。 イ ス ラ ム の 人 た ち が 仏 教 の 話

教 で あ る と 言 い 始 め た 途 端 に 会 場 が ざ

初 に そ れ は ル ー ツ が ﹁ と も い き ﹂ 、 仏

共 生 の 思 想 の 講 演 を 頼 ま れ ま し て 、 最

ム 黒 圏  川 で 仕 海 事 外 を で し 、 て ア お ブ り ダ ま ビ し と た い と う き イ に ス 、 ラ

そ う い う こ と で よ ろ し い で す ね 。

う 形 で 理 解 を し て い た ん で す け れ ど も 、

近 代 の 思 想 に な さ っ た と い う 、 そ う い

的 な 思 想 の 中 で 出 て き た も の を 一 つ の

思 想 が も と に な っ て い る と い う 。 仏 教

出 身 で 、 そ こ で の ﹁ と も い き ﹂ と い う

出 さ れ た 。 そ の 背 景 は 、 東 海 学 園 の ご

ね 。 先 生 は 日 本 で 共 生 を 非 常 に 強 固 に

そ れ が ま さ に 共 生 の 問 題 だ っ た ん で す

一 中 緒  西 さ せ 実 て は い 黒 た 川 だ 先 い 生 た と こ 前 と に が パ あ ネ っ ル て を 、 ご

わ か り ま せ ん の で 。

て お ら れ ま す が 、 こ れ で は 余 り 意 味 が

尾 先 生 は

佐 和 隆 光

コ ー デ ィ ネ ー タ ー

を 聞 き た い と 思 わ な い ん で す ね 。 私 の

わ ざ わ し ま し て 、 み ん な 帰 っ て し ま い

京 都 大 学 特 任 教 授 、 立 命 館 大 学 教 授



国 際 日 本 文 化 研 究 セ ン タ ー 教 授

Co-living

定 義 し た ん で す 。

Synbiosis

れ 黒 佐 ど  川  和 も 、 そ 英 そ う 語 れ で で が す は 一 。 番 生 近 物 い 学 だ の ろ 言 。 う 葉 と で 。 す 椎 け

と い う 英 語 を 当 て

安 田 喜 憲


佐 六 黒  和 〇  川 年 最 で 最 近 す 初 は か の 何 ら 小 事 、 冊 に ほ 子 つ ぼ を け 五 出 共 〇 し 生 年 た 、 前 の 共 で は 生 す 一 と ね 九 。

匡 先 生 で 、 椎 尾 先 生 の ﹁ と も い き ﹂ と

学 園 長 が 東 京 の 増 上 寺 の 管 長 の 椎 尾 弁

し ま し て 、 ち ょ う ど そ の と き の 校 長 、

何 佐 年  和 に ﹁ 出 共 さ れ 生 た ﹂ の の で 思 す 想 か に 。 つ い て の 本 は

共 生 と い う 言 葉

学 黒 園  川 と い そ う う と で こ す ろ ね で 。 中 私 学 が 、 名 高 古 校 屋 を の 過 東 ご 海

が ほ と ん ど な い こ ろ の こ と で す ね 。

今 回 は そ れ に 続 く 討 論 で あ る 。

言 っ て い ま す が 、 ま だ 共 生 と い う 言 葉

前 号 の ﹁ サ ス テ ナ の 眼 ﹂ で は 、 ﹁ 共 生 の 思 想 ﹂ を 基 調 と し た 、

黒 川 紀 章 氏 ︵ 黒 川 紀 章 建 築 都 市 設 計 事 務 所 ︶ を 囲 む 討 論 会 が 行 わ れ た 。

京 都 大 学 時 計 台 記 念 館 の 会 場 を 一 般 に 公 開 し て 、 三 つ の 講 演 に 続 い て 、

﹁ や さ し い サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 ﹂ を 行 っ た 。

二 〇 〇 六 年 一 二 月 一 六 日 に 、 公 開 シ ン ポ ジ ウ ム

京 都 大 学 K S I ︵ 京 都 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ イ ニ シ ア テ ィ ブ ︶ は 、

サステナ の 眼 ﹁黒 21 川 世紀 紀章 の 都氏 市を 像囲 ﹂む 討 論 会 第2回

中  西

京 都 市 立 芸 術 大 学 学 長

幅 広 い サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 関 す る 黒 川 氏 の 講 演 を 掲 載 し た が 、

日建 本築 芸家 術・ 院都 会市 員計 画 家 ・ 文 化 功 労 者

黒 川 紀 章

出 席 者




﹁ で も 、 つ く り 直 さ な く て は い け な

私 黒 は  川 一 〇 非 歳 常 の に と 生 き 意 に 気 名 な 古 言 屋 い の 方 郊 で 外 す に け 疎 ど 、

ょ っ と お 聞 か せ く だ さ い 。

始 し に す で 生 乏 本 頼 戦 味 し だ た 方 常 設 め て な ね す 意 で を ま 後 で か さ か が に 計 た み っ 。 か 気 も 数 れ の は ら っ が 残 意 を 。 ろ て た ら に そ 冊 る 貧 な れ た 建 る 識 し と 、 ま 、 一 れ 書 わ し く ま 施 築 と 的 ま 言 そ た ず 〇 で い け い て す 主 設 。 な す う の ま っ 歳 十 た が 日 、 け に 計 つ こ と 事 本 そ と の 分 だ な 本 ど ど 、 ⋮ ま と で を の 本 と 死 け い で う 、 何 ⋮ り で 、 こ 、 読 本 を き を で 、 私 せ そ を 、 思 、 れ 恐 ん が 書 に 迎 十 短 な わ う 言 設 想 建 は る だ ベ い 思 え 分 い ん れ い っ 計 は 築 固 恐 方 ス て い ら 、 人 か わ う て を 残 よ ま る が ト い ま れ ど 生 は れ 傲 い 頼 る り っ 設 設 セ た し る ん の 建 の 慢 る ん の も て 計 計 ラ ん て と な 中 築 世 な か で で 本 し を を ー で 。 、 貧 で を 代 意 と く す の 、 。

本 を 一 〇 〇 冊 書 い た と い う の も 実 は 非

そ こ か ら ス タ ー ト し て い ま す の で 、

ま っ て し ま っ て 、 そ れ は 自 分 の 思 う よ

た 途 端 に 固 ま っ て し ま う ん で す ね 。 固

り 直 さ な く て は い け な い 。 し か し 、 住

て ね 、 そ の と お り だ と 。 し か し 、 つ く

い ﹂ と 。 こ の 一 言 を 聞 い て 感 動 し ま し

安 サメ  田 スタ

僕 は 黒 川 先 生 の 話 を 初 め て 伺 っ

テボ イリ ナズ ビム リか テら ィ へ



け 野 原 に 立 っ て い た お や じ が 一 言 、

ま す ね 。

す が 、 す ご く 虚 脱 感 で し た 。 た だ 、 焼

あ ら わ れ て い る こ と だ と 嬉 し い と 思 い

で し た か ら 建 築 家 に な り た か っ た ん で

ン じ ゃ な い 。 そ れ が 私 の 作 品 を 通 じ て

中 の 最 高 の も の だ と 。 お や じ も 建 築 家

局 哲 学 だ ろ う と 思 う ん で す ね 。 デ ザ イ

れ ま で は 、 建 築 は 永 遠 な り と 、 芸 術 の

こ と を 考 え な い と い け な い 。 そ れ が 結

非 常 に 無 常 観 に と ら わ れ ま し た 。 そ

ブ ル な 都 市 に ど う し た ら い い か と い う

市 を つ く っ て も た か が 知 れ て い る と 。

う せ つ く る な ら ば 、 そ れ が サ ス テ イ ナ

建 築 を つ く っ た っ て ど う せ 燃 え る 、 都

間 が つ く る 環 境 を 必 要 と し て い る 。 ど

れ 以 来 、 不 信 感 を 持 っ て い る ん で す 。

し か し 、 ど う し て も 人 間 は つ く る 、 人

市 が 焼 け 落 ち る の を 見 た ん で す ね 。 そ

品 を お 見 せ す る の は 恥 ず か し い ん で す 。

開 し て お り ま し て 、 一 晩 に し て 名 古 屋

る と い う 毎 日 を 送 っ て い ま す の で 、 作

た 後 は 必 ず 自 分 の 作 品 の 前 を 避 け て 通

う に で き て い な い の で す か ら 、 完 成 し

よ う に 握 手 を し て い る か 、 そ の 辺 を ち

は 中 、  西 そ れ も が う 非 一 常 つ に 教 モ え ダ て ン い な た 建 だ 築 き と た ど い の の

あ る も の だ ろ う と 思 う ん で す ね 。

じ ゃ あ 、 ど う す る か 。

人 間 は 生 き て い か な く て は い け な い 。

ん で い か な く て は い け な い 。 し か し 、

か ら 人 へ 読 ま れ て い く 。 建 築 は つ く っ

ど の よ う に も 解 釈 で き る 。 で す か ら 人

ま う 。 思 想 と か 本 は 非 常 に あ い ま い で


哲 学 で す よ ね 。 今 の お 話 や 、 建 築 な ん

底 に あ っ て 、 そ こ か ら 発 信 さ れ て く る

と い う 、 と ど ま ら な い と い う 思 想 が 根

ょ う 。 と に か く 仏 教 と い う の は 無 常 住

に 中 あ  西 る ﹁ 仏 と 教 的 も な い も き の ﹂ と と い い う う の 発 は 想 何 の で 根 し 元

無 常 住 と モ ダ ン な 建 築

だ な と 、 そ し て 死 ぬ こ と も 大 切 だ な と

そ れ か ら 本 当 に 生 き て い く こ と が 大 事

い う こ と を よ く 考 え な さ い と 言 わ れ て 、

ほ か の 生 き と し 生 け る も の に 役 立 つ と

は だ れ で も 怖 い ん だ け れ ど も 、 死 ん で

い 、 サ バ イ バ ル で き な い の で 、 死 ぬ の

と 。 こ れ な く し て 人 間 は 生 き て い け な

生 が お っ し ゃ っ た 、 仏 教 の 思 想 の 中 に

れ た ん で す 。 ま さ に こ れ が 今 、 中 西 先

る と い う の を 私 は 椎 尾 先 生 か ら 教 え ら

人 間 が 死 ん で そ れ が 植 物 の た め に な

う こ と も ま た 真 な り と 。

け れ ば い い と い う も の で は な い ぞ と い

で す が 、 社 会 も そ う で す 。 し か し 、 若

わ な く し て お り ま す 。

れ 以 降 、 仏 教 が ル ー ツ と い う こ と を 言

途 端 に 帰 っ て し ま う の が つ ら く て 、 そ

で す か ら 、 仏 教 が ル ー ツ で す と 言 っ た

示 で き な い だ ろ う か と い う こ と で す 。

こ か ら ヒ ン ト を い た だ い て い る け れ ど

は わ ざ と 避 け る よ う に し て い ま す 。 そ

は な い の で 、 ﹁ と も い き ﹂ と い う 言 葉

目 指 し て い る の は 、 実 は 仏 教 の 思 想 で

が 食 べ て 、 そ の 動 物 を 人 間 が い た だ く

っ て 植 物 の 肥 や し に な る 、 植 物 を 動 物

す が 、 人 間 死 ん で 灰 に な る と 、 灰 に な

尾 先 生 に 教 え て い た だ い た こ と な ん で

と 皆 さ ん び っ く り す る と 思 い ま す 。 椎

に と っ ね 黒 私 な と そ て 。  川 は る も れ こ 常 死 。 に が そ に そ ぬ あ や 生 生 う の る は が が で が 、 り あ あ す 死 日 る っ ね 本 ん 本 と て 、 当 で 人 い 死 生 に ほ の う が と 怖 か 自 。 あ 死 く の 然 な る の 人 観 い 、 共 の 、 死 生 と た 自 が で 言 め 然 あ す う

想 で す ね 。

い と い う よ う な 、 永 遠 回 帰 の よ う な 思

か も 拝 見 し て お り ま し て 、 と ど ま ら な

生 か さ れ る 。 そ れ は 人 間 同 士 で も そ う

は り 死 ぬ こ と に よ っ て 大 勢 の 人 た ち が

じ ゃ な い か と 思 う ん で す ね

生 き た ら 、 私 も 相 当 な 邪 魔 者 に な る ん

わ れ の 世 代 が も し こ れ か ら 二 〇 〇 年 も

を ほ か の 生 命 が 必 要 と し て い る 。 わ れ

原 黒 中 始  川  西 仏 教 輪 輪 な 廻 廻 ん と と で い い す う う が の も 、 は の 輪 釈 で す 廻 と が か い 出 ね う る 。 教 前 え の

い う こ と を 学 び ま し た 。

︵ 笑 ︶

。 や

の 先 を 何 と か オ ル タ ナ テ ィ ブ と し て 明

だ と 。 終 わ り だ け れ ど も 、 し か し そ れ

合 理 主 義 精 神 だ け で は 行 き 詰 ま る は ず

そ う じ ゃ な い 、 死 ん だ ら そ れ で 終 わ り

を 越 え て 、 二 元 論 で は 行 き 詰 ま る は ず 、

そ れ を 否 定 し た の が 釈 な ん で す ね 。

た だ い て い る け れ ど も 、 あ く ま で 宗 教

生 き 返 っ て 永 遠 に あ る と い う 教 え で 、

も 、 あ る い は 唯 識 思 想 か ら ヒ ン ト を い

は 自 分 の 命 が 死 ん だ 後 も ほ か の も の に




と き に 生 物 多 様 性 条 約 と い う の が つ い

や め よ う と 。 ご 存 知 の 環 境 サ ミ ッ ト の

の は 人 間 中 心 主 義 で す か ら そ れ は も う

物 と の 共 生 へ 。 ヒ ュ ー マ ニ ズ ム と い う

け で 、 人 間 中 心 主 義 か ら 人 間 と 他 の 生

い 時 代 は や っ て こ な い と 言 っ て き た わ

〇 年 代 以 降 、 そ れ を 壊 さ な け れ ば 新 し

で あ り と い う 知 の 体 系 で す ね 。 私 は 六

間 中 心 主 義 で あ り 、 形 而 上 学 中 心 主 義

主 義 で あ り 、 理 性 中 心 主 義 で あ り 、 人

の は 、 や は り 私 か ら 見 ま す と 西 欧 中 心

そ こ で 彼 ら が 一 番 言 お う と し て い る

で す か ら 、 建 築 と い う の は た だ 独 立

全 体 で す 。 そ の 中 で 建 築 を 考 え て い く 。

じ を 切 っ て い る ん で す 。 ア カ デ ミ ズ ム

そ う い う 共 生 の 時 代 へ 六 〇 年 代 か ら か

論 に 学 問 的 に 変 わ っ て い く 。 す べ て が

物 学 会 の 会 長 の マ ー グ リ ス の 共 生 進 化

ダ ー ウ ィ ン の 進 化 論 が 、 ア メ リ カ の 生

の フ ラ ク タ ル の 時 代 に 入 り 、 生 物 学 も

物 理 学 も 、 数 学 も 今 は マ ン デ ル ブ ロ ー

あ っ て 、 哲 学 も 、 建 築 も 、 経 済 学 も 、

す ね 。 そ う い う ア カ デ ミ ッ ク な 流 れ が

ト 構 造 主 義 に 移 行 し て い る と 思 う ん で

と か デ リ ダ が 出 て 、 圧 倒 的 に 今 は ポ ス

あ る い は 都 市 は 農 村 の 中 あ る い は 山 村

う 佐 黒 も  和  川 の を で そ 持 す う 続 か で 的 ら す に 、 ね 維 こ 。 持 の す 都 べ 市 き の な 文 の 明 か と 、 い

す よ ね 。

最 先 端 を 走 っ て い る も の も 都 市 な ん で

こ と を 中 心 に し て き て 、 現 代 の 文 明 の

人 類 は 都 市 と い う も の に 暮 ら す と い う

が 六 〇 〇 〇 年 ぐ ら い 前 に 誕 生 し て 以 来 、

う ん で す け ど も 。 都 市 文 明 と い う も の

社 佐 都 ︶  和 市



を ぜ ひ 読 ま せ て い た だ き た い と 思

先 生 の ﹃ 都 市 革 命 ﹄ ︵ 中 央 公 論 新

を コ ン パ ク ト に

れ ま し た 。

間 、 ド ゥ ル ー ズ と か ガ タ リ と か バ ル ト

﹁ 共 生 の 思 想 ﹂ の ド イ ツ 語 版 が 出 版 さ

学 科 の 方 た ち を 集 め て 講 演 会 を し て 、

て 、 フ ン ボ ル ト 大 学 で 奇 し く も 哲 学 の

年 、 ド イ ツ 政 府 が 黒 川 イ ヤ ー を つ く っ

批 判 を 受 け て 、 や っ と 和 解 し た の が 去

と 。 五 〇 年 間 ヨ ー ロ ッ パ の 哲 学 会 か ら

っ て い る の か 、 非 常 に 後 ろ 向 き で あ る

が 始 ま っ て 、 六 〇 年 以 降 わ れ わ れ の 仲

の 発 見 が あ り 、 西 欧 の 二 元 論 の 相 対 化

か ら レ ヴ ィ ス ト ロ ー ス の よ う に 野 生

中 に や は り 西 欧 中 心 主 義 が あ る 。 そ れ

い ろ い ろ な 蓄 積 を 重 ね て 、 そ の 主 張 の

は 実 存 、 そ し て 構 造 主 義 、 記 号 論 と 、

哲 学 の 分 野 も 結 局 、 二 〇 世 紀 の 前 半

動 な ん で す ね 。

会 へ と な っ た 。 一 九 六 〇 年 に 始 め た 運

サ イ ク ル 、 そ し て サ ス テ イ ナ ブ ル な 社

言 い 、 そ れ が メ タ ボ リ ズ ム 、 循 環 と リ

八 年 に 機 械 の 原 理 か ら 生 命 の 原 理 へ と

換 期 が 六 〇 年 代 に あ っ て 、 私 は 一 九 五

ア カ デ ミ ズ ム と 社 会 と 経 済 と 思 想 の 転

=

に 調 印 さ れ た わ け で 、 時 代 は も う 大 き

始 ま っ て い る の に 、 一 体 黒 川 は 何 を 言 く 変 わ っ た 。

し た も の で は な い 。 そ う い う あ ら ゆ る


界 が 開 け て く る か も し れ な い と 思 い ま

提 示 し て い た だ く と 、 意 外 に 新 し い 世

そ の 新 し い 文 明 像 を 建 築 の 世 界 の 中 で

市 文 明 な の か 、 い や 、 農 村 文 明 な の か 、

か ら 、 二 一 世 紀 の 新 し い 文 明 像 と は 都

で わ れ わ れ が 見 て き ま し た ロ ー マ 文 明

く 同 感 で す 。 文 明 と い う も の は 、 今 ま

も の で あ っ て 何 も 怖 く な い と 、 私 も 全

う も の は 新 し い 生 命 を 生 み 出 す た め の

先 生 の お っ し ゃ っ た よ う に 、 死 と い

ス テ イ ナ ブ ル な 、 つ ま り よ り 長 も ち す

ル 建 築 と か そ う い う の が 社 会 全 体 の サ

循 環 、 リ サ イ ク ル の こ と で す 。 カ プ セ

っ て い る か と い い ま す と 、 新 陳 代 謝 と

ま お 最 と い 発 黒 こ す か も い ま 信  川 の が げ 重 い し し メ 。 さ 要 ま て た ち ま な す 、 一 ょ タ ボ で 日 。 そ つ う リ 歴 本 今 れ の ど ズ 史 発 、 は 思 一 ム に の 近 メ 想 九 と と 建 代 タ 、 六 い ど 築 建 ボ 理 〇 う め 運 築 リ 論 年 の ら 動 史 ズ 運 に は れ と の ム 動 私 何 て し 中 の が ど を お て で 運 ご も 言 り 、 は 動 ざ で

で す が 。

い て ご 説 明 い た だ け る と あ り が た い ん

の 都 市 の 循 環 的 な 機 能 と い う も の に つ

の 哲 学 を 打 ち 立 て た と こ ろ か ら 近 代 が

な い と 。 そ こ か ら 抜 け 出 し て 合 理 主 義

と い う の は 、 こ れ は そ も そ も 近 代 で は

性 と か 中 間 領 域 と い う も の を 設 定 す る

る 二 者 の 間 に あ る あ い ま い 性 と か 両 義

て 、 永 遠 な ら ば よ い と し 過 ぎ て き た の

家 が つ く っ て き た 建 築 は そ れ を 無 視 し

ム が あ る 。 そ れ な の に 、 こ れ ま で 建 築

い と 実 は 間 に 合 わ な い わ け で す 。 で す

が な い と 。 私 の 言 う 循 環 と か 、 対 立 す

造 を こ れ か ら 、 も う 早 々 に 着 手 し な

共 生 の 思 想 を 認 め な い 、 つ ま り 論 理 性

こ と を 前 提 に し て 、 新 し い 文 明 世 界 の

学 論 争 を 繰 り 広 げ て き ま し た 。 彼 ら は

す 。 現 代 文 明 に も 終 わ り が あ る と い う

中 心 と す る 哲 学 者 た ち の 間 で 激 し い 哲

ら 、 現 代 文 明 も 必 ず 死 ぬ と い う こ と で

五 〇 年 間 、 私 と 特 に フ ン ボ ル ト 大 学 を

で も 、 あ ら ゆ る 文 明 は 死 ぬ わ け で す か

は お 話 し し ま せ ん で し た が 、 実 は こ の

で は な い か 。 そ の 反 省 と 、 そ れ と 今 日

か り ま し た 。

み 直 さ な い と い け な い と 、 今 初 め て わ

う 一 度 先 生 の 本 を こ れ か ら 徹 底 的 に 読

て 知 り ま し た 。 不 勉 強 を 恥 じ ま す 。 も

上 に 成 り 立 っ て い る と い う こ と を 初 め

て 、 先 生 の 建 築 が こ れ ほ ど 深 い 哲 学 の

は 当 然 ご み も 出 て く る わ け で す が 、 そ

す け れ ど も 、 人 間 が 生 き る と い う こ と

ら れ て 、 下 に 人 間 が 住 ん で い る わ け で

す る 回 廊 と か 生 態 系 の 回 廊 を 上 に つ く

ん で す け ど 、 例 え ば 深 圳 の 動 物 の 移 動

す ぜ 。 ひ 黒 川 先 生 に 教 え て い た だ き た い

す べ て の 生 命 に は そ う い う 循 環 の リ ズ

た と き に 全 体 が 死 を 迎 え る わ け で す が 、

し て そ れ が 最 後 す べ て バ ラ ン ス を 失 っ

部 分 と 残 っ て い る 部 分 と が あ っ て 、 そ

こ と は あ り 得 な く て 、 毎 日 死 ん で い る

細 胞 が 一 気 に す べ て 同 時 に 死 ぬ と い う

る 環 境 を つ く る た め に は い い 。 人 間 の




〇 〇 年 ぐ ら い か け て な し 遂 げ た 経 済 発

を 見 て ほ し い と 言 い ま し た 。 欧 米 で 一

れ か ら は 調 和 社 会 の モ デ ル と し て 日 本

モ デ ル だ っ た か も し れ な い 、 し か し こ

は こ れ ま で は 中 国 に と っ て 成 長 経 済 の

け で ご ざ い ま す が 、 そ こ で 私 は 、 日 本

リ テ ィ ・ イ ニ シ ア テ ィ ブ が 主 催 し た わ

テ ー マ で 企 画 し て 、 京 都 サ ス テ イ ナ ビ

て 、 調 和 社 会 と 持 続 可 能 な 発 展 と い う

中 国 で あ る シ ン ポ ジ ウ ム を や り ま し

ち ょ う ど 時 間 も 定 刻 に な り ま し た 。

し で は な い か と い う ふ う に 思 い ま す 。

絶 え ず 心 が け て い る と い う こ と の あ か

い う よ う な こ と を 、 何 事 を す る に せ よ

に 共 生 と い い ま す か 、 あ る い は 均 衡 と

な っ て い ま す 。 だ か ら 、 日 本 人 が ま さ

い に も か か わ ら ず 問 題 と さ れ る よ う に

と い う の が そ れ ほ ど ま だ 顕 在 化 し て な

な こ と を 言 わ れ る よ う に な っ て 、 格 差

く な い 。 最 近 で は 格 差 社 会 と い う よ う

訂正とお詫び 『サステナ』第 3 号に下記のような誤りが ありました.お詫びして訂正いたします. 35 ページ図 3 において,2006 年 8 月 8 日 の International Symposium の 写 真は右側のみで,左側は 2007 年 2 月の 「北海道の自立型持続循環型社会の形成と 可能性」の模様でした.



で し た け ど 。

え ま す 。 こ れ ま で は 経 済 成 長 一 本 や り

共 生 の 思 想 が 芽 生 え た と い う ふ う に 言

融 和 さ せ よ う と い う こ と で す 。 中 国 で

こ と で 、 ま さ に 対 立 す る も の を い わ ば

界 の 調 和 、 特 に ア ジ ア と の 調 和 と い う

農 村 と 都 市 の 調 和 、 そ れ か ら 中 国 と 世

部 と 内 陸 部 の 調 和 、 工 業 と 農 業 の 調 和 、

申 し ま す と 、 自 然 と 人 間 の 調 和 、 沿 海

の 方 が 非 常 に 当 た っ て い る 。 具 体 的 に

な の か と い う と 、 む し ろ ﹁ 共 生 社 会 ﹂

す け ど 、 こ れ は 具 体 的 に ど う い う こ と

カ と 比 べ れ ば 所 得 の 差 は そ れ ほ ど 大 き

貧 富 の 格 差 と い う の も 、 例 え ば ア メ リ

は 見 た た め し が あ り ま せ ん 。 同 時 に 、

ろ を 、 そ う い う と こ ろ を 少 な く と も 私

こ は 貧 し い 町 だ な 、 村 だ な と い う と こ

れ る よ う に 、 全 国 ど こ へ 行 っ て も 、 こ

の 均 衡 あ る 発 展 ﹂ と い う 言 葉 に 象 徴 さ

で す 。 と こ ろ が 日 本 は 、 例 え ば ﹁ 国 土

け れ ど も 、 ﹁ 不 調 和 ﹂ が 生 ま れ る わ け

和 と い う 言 葉 は 必 ず し も 適 切 で は な い

本 も 韓 国 も 中 国 も 。 そ う す る と 、 不 調

展 を 二 、 三 〇 年 で や っ た わ け で す 、 日

ろ あ り が と う ご ざ い ま し た 。

て お き ま す 。 皆 様 本 日 は お 忙 し い と こ

け ど 、 そ う い う 余 計 な こ と は や め に し

最 後 に ま と め よ う か と 思 っ て い ま し た


わ れ わ れ は ぴ ょ ん ぴ ょ ん 外 へ は ね て 、

そ れ は 鉄 格 子 が な い ウ サ ギ 小 屋 だ と 。

い ま し て 、 先 月 号 の ア ー キ テ ク チ ャ ー

再 び 六 〇 年 代 の 議 論 へ 世 界 は 戻 っ て

社 会 ﹂ と い う ふ う に 訳 さ れ て い る ん で

う 言 葉 は な く て 、 マ ス コ ミ で は ﹁ 調 和

が 狭 い か ら ウ サ ギ 小 屋 と 批 判 さ れ て も 、

に し か 過 ぎ な く て 、 い く ら 日 本 人 の 家

い う の は 自 分 の 部 屋 の た だ 一 つ の 拠 点

ー ク 化 し て い く 。 だ か ら 、 カ プ セ ル と

り ま す 。 こ れ は 人 間 の 生 活 が ネ ッ ト ワ

た ﹃ ホ モ ・ モ ー ベ ン ス ﹄ と い う 本 が あ

同 時 に 私 が 中 央 公 論 新 社 か ら 出 し ま し

私 は 転 換 し て お り ま す 。

に 、 そ し て 森 を 残 そ う と い う 、 そ れ に

も 生 き 残 る た め に は 都 市 を コ ン パ ク ト

都 市 を コ ン パ ク ト に 、 ど ん な に 不 便 で

び 私 ど も の メ タ ボ リ ズ ム の 言 っ て い た 、

れ 、 自 然 が 破 壊 さ れ る 。 で す か ら 、 再

破 壊 さ れ る だ け で な く て 、 森 が 破 壊 さ

言 い ま し た 。 日 本 語 に は ﹁ 和 諧 ﹂ と い

錦 濤 主 席 が ﹁ 和 諧 社 会 ﹂ と い う ふ う に

二 〇 〇 六 年 三 月 の 中 国 の 全 人 代 で 、 胡

さ せ て い た だ き た い ん で す け れ ど も 、

そ れ は さ て お き 、 関 連 し て コ メ ン ト

ュ 佐 ー  和 テ ィ 経 フ 済 ル 学 ﹄ で と も い ﹃ う ス 本 モ が ー あ ル り イ ま ズ す 。 ビ

が 議 論 し て い る こ と で す 。

と 。 こ れ は も う 五 〇 年 間 通 し て 私 ど も

市 か ら 新 し い 都 市 像 が 必 要 で は な い か

放 射 状 の 、 そ う い う 固 ま り と し て の 都

構 造 と い う の が 主 体 で 、 中 心 を 持 っ た

学 的 に も そ う で す が 、 今 圧 倒 的 に 散 逸

市 に な っ て し ま う 。 そ れ で は 、 農 村 が

人 口 を 抑 制 し な い 限 り 地 球 上 全 体 が 都

没 し て い く よ う な 都 市 を 考 え て い く 。

ル ・ イ ズ ・ ビ ュ ー テ ィ フ ル 。 農 村 へ 埋

が 直 面 し て い る 大 き な 課 題 は 、 ス モ ー

な い と い う の が 私 の 反 省 で 、 今 私 ど も

と こ ろ が 、 そ れ だ け で は う ま く い か

っ て お り ま す 。

私 の こ の ﹃ 都 市 革 命 ﹄ の 中 の 主 張 に な

て 周 り を 残 し な さ い と 。 そ う い う の が

密 度 に し て 、 ま さ に 京 都 で す ね 、 そ し

周 り は 空 地 で す か ら 。 で す か ら 低 層 高

超 高 層 は コ ン パ ク ト で は な い ん で す 、

と 。 コ ン パ ク ト に 小 さ い エ リ ア で 住 む 。

メ タ ボ リ ズ ム と い う の も そ う で し て 、

が 建 築 だ け で は な く て 哲 学 的 に も 、 数

と 黒 思  川 い ま 非 す 常 ね に 。 大 私 き ど な も 問 の 題 中 提 で 起 も を 、 さ こ れ れ た

れ る ん で し ょ う か 。

そ の 辺 を 建 築 家 の 方 は ど う 考 え て お ら

の 中 に 埋 没 し て い く べ き も の な の か 、

わ け で す ね 。

じ ゃ な い の と い う 議 論 を 展 開 し て き た

斎 と し て 使 っ た り す る 。 こ の 方 が 高 級

ル を 買 っ て 、 そ こ で 着 が え を し た り 書

来 れ ば 外 で 接 待 す る し 、 そ し て カ プ セ

カ ラ オ ケ は や っ て い る し 、 お 客 さ ん が

な ら ば 、 自 分 た ち も 少 し 不 便 し な さ い

〇 〇 億 ま で ふ や し て で も 生 き 残 り た い

ト ラ ク チ ャ ー で 、 人 間 が も し 人 数 を 一

違 っ て い た と 。 だ か ら 再 び ス ー パ ー ス

ス モ ー ル ・ イ ズ ・ ビ ュ ー テ ィ フ ル は 間

デ ザ イ ン も 私 の 特 集 を や っ て い ま す が 、




う す  井 る の 人 か 類 と の い サ う ス の テ は イ 、 ナ そ ビ れ リ こ テ そ ィ 手 を に ど

に い る 間 に 、 自 分 が 資 本 主 義 と い う 大



。 間 違

境 の 本 を 読 も う と し て も 、 原 子 記 号 だ

な か な か 手 に 負 え な い も の で し た 。 環

学 や 法 学 の 教 育 を 受 け て き た 人 間 に は

し よ う と 始 め ま し た 。 と こ ろ が 、 政 治

れ て い る く ら い で す か ら ︵ 笑 ︶

環 境 問 題 を 安 全 保 障 論 の 立 場 か ら 研 究

ん い  井 ま し 重 た 要 。 だ 私 と も 考 大 え 学 て 院 い 生 る の 人 こ は ろ た か く ら さ

組 織 が で き ま し た 。

け ら れ 、 こ う し た 問 題 を 専 門 的 に 扱 う

の な か で も 昨 年 の 秋 に 環 境 分 科 会 が 設

に あ る と い う こ と で す 。 国 際 政 治 学 会

と し て 危 機 感 を 持 た ざ る を え な い 状 況

以 前 は 関 心 が 低 か っ た の で す か 。

を 出 す よ う 心 が け て い ま す 。

に 何 が あ る の か 、 あ の 手 こ の 手 で 話 題

生 き て い け る の で 、 見 え な い 向 こ う 側

ナ ビ リ テ ィ と か も あ ま り 意 識 し な い で

す 。 日 本 で 生 活 し て い る と 、 サ ス テ イ

題 の つ な が り を 見 つ け て も ら っ て い ま

皆 で 対 話 し な が ら 、 日 常 の な か か ら 問

い は 楽 し く や り た い と 思 っ て い ま し て 、

な り  井 が ち 国 な 際 内 政 容 治 が 学 多 と い い の う で と 、 深 ゼ 刻 ミ で く 暗 ら く

ゼ ミ を な さ っ て い る の で す か 。

席 さ れ て い ま す が 、 先 生 は ど の よ う な

る の は す ご く 難 し い こ と で す が 、 大 学

き い 経 済 シ ス テ ム の 中 の ど う い う 位 置

い ま は 手 に 負 え そ う だ と い う 感

っ て 高 校 時 代 の 授 業 で 習 っ た き り で 忘

っ た 方 に 踏 み 出 し た か な と 思 い ま し た 。

篠 こ の  原 と 接 を 点 例 思 と え っ し ば て て 、 い 、 川 ま 篠 を す 原 き 。 さ れ ん い は に ど し の よ よ う う と な

触 が あ り ま す か 。

負 え な い 問 題 で す が 、 何 と か し て 手 を

つ け な い と い け ま せ ん 。 こ れ は 明 ら か

の 状 況 今 で 日 す は 。 学 部 三 年 の 篠 原 さ ん も 同

の デ ッ ド ロ ッ ク が あ る と い う の が い ま

も 平 和 と 環 境 の 両 立 の 前 に 、 た く さ ん

政 治 学 者 も 取 り 組 む べ き 課 題 で す 。 で

に 国 際 政 治 上 の 問 題 で も あ っ て 、 国 際

き る で し ょ う 。 現 実 の 社 会 を 転 換 さ せ

て も 長 く や っ て き た し 、 こ れ か ら も で

は こ れ ま で 経 済 開 発 を 最 優 先 に し な く

意 味 で 、 自 分 の 生 活 が 脅 か さ る 。 人 類

し よ う と す る と 、 食 え な く な る と い う

利 害 に 支 配 さ れ な い 別 の 価 値 観 で 活 動

て い る だ け 。 そ れ に 対 抗 し て 、 経 済 的

で 、 環 境 が ど ん ど ん 壊 れ て い く の を 見

は い い こ と だ と い う 経 済 シ ス テ ム の 中

こ と に な っ て し ま い か ね ま せ ん 。 開 発

れ は  井 下 手 そ を れ す は る 大 と 切 、 な 経 視 済 点 シ で ス す テ 。 ム わ の れ 取 わ

こ と が あ り ま す 。

か お 金 を も ら っ て 働 く 時 間 が と れ な く

れ を 頑 張 っ て し ま う と 、 ア ル バ イ ト と

で や ら な い と な り ま せ ん 。 だ け ど 、 そ

考 え る と 、 ボ ラ ン テ ィ ア 活 動 と か 進 ん

日 常 生 活 と サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

替 え 可 能 な 部 品 と し て 生 か さ れ て い く

て 、 経 済 的 に 困 っ て し ま う 、 み た い な


研・究・室・探・訪

城大学人文学部人文社会科学野 井研究室の巻

際 政 治 の 枠 組 み が 、 人 類 の サ ス テ イ ナ

が 、 戦 争 を 防 ぐ た め に つ く っ て き た 国

っ て 絶 た れ る 恐 れ は 小 さ く な り ま し た

戦 が 終 結 し て 、 人 類 の 存 続 が 戦 争 に よ

は 、 人 類 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ は 依 然

ま わ れ わ れ が 直 視 し な い と な ら な い の

技 術 の 開 発 が な さ れ て き ま し た が 、 い

能 な 開 発 が 議 論 さ れ 、 環 境 負 荷 の 低 い

そ れ を 環 境 と 両 立 さ せ よ う と 、 持 続 可

統 的 な 安 全 保 障 が 実 現 さ れ た 状 態 で す 。

ま で  井 も 戦 こ 争 こ が で な 平 い 和 と と い い う っ 意 た 味 の で は の 、 、 あ 伝 く

ど う い う こ と で し ょ う か 。

世 界 大 戦 を 防 ぐ こ と に あ り ま し た 。 冷

全 保 障 の 課 題 は 、 基 本 的 に は 、 第 三 次

保 障  井 を 研 私 究 は テ 国 ー 際 マ 政 に 治 し 学 て の き な ま か し で た も 。 安 安 全

た り に あ る の で し ょ う か 。

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 と の 接 点 は ど の あ

な い と い う わ け で す 。

平 和 の た め の 必 要 悪 だ と さ れ て 、 平 和

ロ セ ス で 出 て く る 環 境 へ の 負 の 面 は 、

平 和 と 環 境 の 両 立 は 難 し い ?

の 実 現 に は 開 発 を や め る わ け に は い か

ビ リ テ ィ に 脅 威 を も た ら し て い る と い

う 皮 肉 な 状 況 が あ り ま す 。

篠 原 綾 花 さ ん を ま じ え て 行 わ れ た 。

と な く 続 く 。 イ ン タ ビ ュ ー は ゼ ミ 生 の

分 。 道 の 左 右 に は 商 業 地 が 途 切 れ る こ

キ ャ ン パ ス は 水 戸 駅 か ら バ ス で 約 三 〇

に 分 散 し て い る 。 人 文 学 部 の あ る 水 戸

長 を 追 求 し て い か ね ば な ら ず 、 そ の プ

技 術 力 が 必 要 で す 。 そ の た め 、 経 済 成

で 、 そ れ を 持 つ に は 強 い 経 済 力 と 高 い

テ ク 兵 器 で 装 備 さ れ た 強 い 軍 隊 が 必 要

て い る こ と で す 。 戦 争 を 防 ぐ に は ハ イ

現 す  井 る に ひ は と 経 つ 済 は 成 、 長 現 が 在 絶 の 対 安 条 全 件 保 に 障 な を っ 実

先 生 の ご 専 門 の 国 際 政 治 学 と サ

城 大 学 は 水 戸 、 日 立 、 阿 見 の 三 カ 所

不 可 視 化 さ れ て い る 問 題 を 可 視 化 す る こ と か ら




て い ま し た し 、 そ れ を 一 つ の 参 考 と し

た ち は 、 こ れ と は 異 な る 価 値 観 を 持 っ

し よ う と す る 存 在 で 、 快 楽 と は 物 の 豊

人 間 は 苦 痛 を 最 小 化 し て 快 楽 を 最 大 化

を 展 開 し て 、 ベ ン サ ム の 快 楽 主 義 以 来 、

幸 福 追 求 や 利 益 追 求 を 重 視 し た 自 由 論

は 何 に 重 き を 置 く か で す 。 い ま ま で は

こ そ 実 現 で き る 自 由 が あ る の で 、 問 題

い の で す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ だ か ら

る と 、 た い し た 自 由 は 実 現 さ れ て い な

う 構 造 に な っ て い ま す 。 世 界 全 体 で み

た な 調 整 の し く み を つ く っ て い く の が

の 価 値 観 を 人 々 に 広 め 、 価 値 対 立 の 新

テ ィ に も と づ い た ﹁ じ ゃ な か し ゃ ば ﹂

値 観 の 学 問 で す か ら 、 サ ス テ イ ナ ビ リ

か ﹂ シ ャ バ ︵ 娑 婆 ︶ で す 。 政 治 学 は 価

か し ゃ ば ﹂ 、 今 で は な い ﹁ そ う じ ゃ な

ず で す 。 九 州 の 言 葉 で い う と ﹁ じ ゃ な

タ ー ナ テ ィ ブ ソ サ エ テ ィ を つ く れ る は

い 篠 と  原  井 思 っ 九 何 て 〇 歳 い く ま ま ら で す い 生 ︵ ま き 笑 で る ︶ 。 は つ 頑 も 張 り っ で て す み か た 。

は い い 方 向 に い く で し ょ う か 。

る と い う も の で す 。

ま っ た く 違 っ た も の が で き あ が っ て い

が て あ る と き 振 り 返 っ て み る と 昔 と は

を も く ろ ん で 少 し ず つ 改 良 を し て 、 や

よ う と い う の で は な く 、 将 来 的 な 転 換

と こ ろ で 提 唱 し ま し た 。 一 気 に 改 良 し

﹁ 非 改 良 主 義 的 改 良 ﹂ と い う の を あ る

指 導 教 官 で あ っ た 武 者 小 路 公 秀 先 生 が

や が て は 大 き な 変 化 に な り ま す 。 私 の

も 、 小 さ い 変 化 を 少 し ず つ 積 み 重 ね て 、

突 然 別 人 格 に な る わ け で は な い け れ ど

人 間 は 知 る こ と で 内 面 が 変 わ り ま す 。

化 し  井 て い 不 く 可 こ 視 と 化 か さ ら れ 始 て ま い る る と 問 思 題 い を ま 可 す 視 。

か さ だ と さ れ て き ま し た 。 前 近 代 の 人

井誠一郎准教授とゼミ生の 篠原綾花さん.

て 今 と は 違 う 世 の 中 、 英 語 で い う オ ル

こ れ か ら の 課 題 だ ろ う と 思 い ま す 。

か っ た と い う の が 一 番 よ い の で す 。

活 者 と し て は た い し た こ と を し て こ な

う こ と で す 。 同 時 代 的 に 生 き て い る 生

あ ん な に 騒 い だ の は 何 だ っ た の ﹂ と 思

は い い 世 の 中 に な っ て い る じ ゃ な い の 、

て い た け れ ど も 、 結 局 の と こ ろ 、 い ま

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ だ の 何 だ の と 議 論 し

い え ば 、 篠 原 さ ん が ﹁ 昔 の 先 生 方 は サ

感 動 的 な 変 化 が あ る は ず で す 。 理 想 を

も 現 在 の 記 憶 が は っ き り し て い れ ば 、

テ ィ に 関 し て は 、 も し も 九 〇 に な っ て

昇 に よ っ て 砂 浜 が 消 え る と か 深 刻 化 す

で し  井 ょ う 七 。 〇 温 年 暖 あ 化 れ の ば 進 大 行 き に な よ 変 る 化 海 が 面 あ 上 る



る 問 題 が あ る 一 方 で 、 サ ス テ イ ナ ビ リ

そ の よ う な 転 換 は 可 能 で す か ?

篠 原 さ ん が 生 き て い る 間 に 世 界


現 在 で は さ ら に 格 差 が 広 が り 、 ト ッ プ

シ ャ ン ペ ン グ ラ ス の よ う な 形 に な っ て 、

細 々 と 分 け 合 っ て い ま す 。 絵 に す る と

ン ト の 人 々 は 一 七 ・ 三 パ ー セ ン ト を

ト の 人 々 の 手 に あ り 、 残 り 八 〇 パ ー セ

ン ト の G N P は ト ッ プ の 二 〇 パ ー セ ン

階 の デ ー タ で 、 世 界 の 八 二 ・ 七 パ ー セ

て い る か を 示 し た も の で す 。 九 二 年 段

界 の 総 G N P の 何 パ ー セ ン ト を 手 に し

篠 世 界  井  原 の 人 国 シ 口 連 ャ を 開 ン 五 発 ペ 分 計 ン 割 画 グ し が ラ 、 出 ス そ し の れ た 図 ぞ 図 で れ で す が す 。 世 ね 。

と で 印 象 的 だ っ た の は 何 か あ り ま す か 。

て し ま い ま す 。 だ か ら と い っ て 、 一 〇

か さ を ど ん ど ん 追 求 で き る と 勘 違 い し

み な い と 、 環 境 を 壊 さ ず に 物 質 的 な 豊

が 成 り 立 っ て い ま す 。 そ う い う こ と を

る か ら で す 。 そ れ で 一 〇 〇 円 シ ョ ッ プ

な が ら つ く っ た も の を 安 く 輸 入 し て い

で は な く て 、 外 国 で そ こ の 環 境 を 壊 し

で き た か ら で も あ り ま す が 、 そ れ だ け

な っ て い ま す 。 環 境 に や さ し い 技 術 が

ど ん き れ い に な り 、 物 資 的 に も 豊 か に

こ と で す が 、 日 本 は 最 近 は 環 境 が ど ん

い ら れ な く な り ま す 。 授 業 で よ く い う

し ま う と も は や 今 ま で 通 り の 自 分 で は

裕 福 な 人 の 自 由 を 実 現 す る た め に た く

シ ャ ン ペ ン グ ラ ス に 戻 る と 、 一 部 の

自 由 だ と い っ て も 、 お か し い で す よ ね 。

ん い ま す 。 自 分 の お 金 を ど う 使 お う と

も 低 い 水 準 で 暮 ら し て い る 人 が た く さ

投 じ な が ら 、 そ の 横 で は 、 ペ ッ ト よ り

環 境 や ペ ッ ト や 食 べ 物 に 多 く の お 金 を

ま す 。 富 裕 層 は 、 自 分 の 身 の ま わ り の

一 着 五 〇 〇 〇 円 の 服 を 着 て い る 犬 が い

シ ャ ツ を 着 て い る 学 生 が い る 一 方 で 、

高 額 で 売 ら れ て い ま す 。 三 枚 千 円 の T

ま す  井 と 、 例 犬 え 用 ば の 、 健 ペ 康 ッ 食 ト 品 用 や 品 犬 の 用 広 の 告 服 を が 見

そ の よ う な 現 実 を 知 る と 真 面 目

禁 断  井 の 知 サ と ス い テ い イ ま ナ す ビ か リ 、 テ こ ィ れ 学 を は 知 あ っ る て 種 、 は 実 現 し に く い の で は な い で し ょ う か 。

っ て い た の で は 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

い る の と で は ぜ ん ぜ ん 違 い ま す 。

っ て い ま す 。 知 ら ず に い る の と 知 っ て

上 で ど う 生 き る か を 選 ん で ほ し い と 思

世 篠 界  原 を 変 死 え の て う や と ろ は う 思 と わ い な う く く て ら 、 い 生 で き 。 て

の 人 た ち が ほ と ん ど の 富 を 取 っ て し ま

が 死 ね ば 世 界 で 四 人 助 か る ﹂ と 。

う 学  井 生 が 生 毎 き 年 て 数 い 人 る く の ら が い 申 い し ま 訳 な す い 。 ﹁ と 私 い

う と 思 っ て く れ た ら い い の で す 。

大 量 消 費 に 少 し で も ブ レ ー キ を か け よ

れ ど 、 安 い も の を た く さ ん 買 う と い う

無 理 で 、 一 〇 〇 円 シ ョ ッ プ に は 行 く け

さ ん の 人 の 自 由 が 制 限 さ れ て い る と い

う T 字 に 近 く な っ て い ま す 。

何 を 買 う か は 個 人 の 自 由 だ と い

〇 円 シ ョ ッ プ で 買 う な と は い え ま せ ん 。

な 学 生 は 深 刻 に 考 え た り し な い で す か 。

篠 原 さ ん が こ れ ま で に 知 っ た こ

篠 原 さ ん も そ う 思 い ま し た か 。

に 組 み 込 ま れ て い る か を 知 っ て 、 そ の

行 く な と い う の は 多 く の 人 に と っ て は




け る 。 塩 害 で あ る 。 と こ ろ が こ の す さ

図 1 初夏の瀬切川本流, 標高 870 m 付近.

図 2 谷間に見られる倒木 のおびただしい堆積.



た く ま し さ は 自 然 ば か り で は な い 。 慌 て た 。 そ し て 七 月 、 梅 雨 が 明 け た 途

︵ 表 紙 裏 写 真 ︶

質 が 途 方 も な い も の に 思 え て い た 。

で は な い だ ろ う か 。 私 に は こ の 島 の 本

え て 、 人 間 の 尊 厳 を 揺 る が す に は 充 分

は 想 像 力 を ゆ う に 跳 び 越

一 年 中 い つ で も 若 葉 が 出 る よ う に な っ

眺 め る と こ ろ 、 山 に は 季 節 感 が 乏 し い 。

う か 。 改 め て よ く 見 渡 せ ば 、 集 落 か ら

新 緑 に 染 ま る 。 何 と い う 再 生 力 で あ ろ

ま じ い 死 の 光 景 も 数 日 後 に は 鮮 や か に

雨 ・ 雨 、 家 中 の 全 て が ビ シ ョ ビ シ ョ に

二 ∼ 三 週 間 は 雨 が 続 く 。 と に か く 雨 ・

わ せ 、 梅 雨 の 時 期 も 早 い 。 夏 至 を 境 に

応 力 も 物 凄 い 。 島 は 五 月 に は 真 夏 を 思

島 民 た ち の 環 境 に 対 す る 鍛 え ら れ た 順

に 渡 っ て 沿 岸 一 帯 の 樹 木 が 一 夜 で 赤 茶

れ る 。 潮 が 巻 き 上 げ ら れ れ ば 数 十 キ ロ

洋 上 の 島 に は 時 と し て 大 風 が 吹 き 荒

生 え て い た 。

て い る よ う だ っ た 。 足 元 の 雑 草 も 年 中

伸 び き っ て 機 械 が 回 ら な く な る 事 態 に

な り 亜 熱 帯 を 実 感 す る 。 コ ピ ー 用 紙 が


写 し 受 死 り 訪 を の 島 真 た け の 広 島 呈 制 に ﹁ 生 ︶ 、 制 取 情 げ し し 作 関

次 第 に 物 足 り な く な っ た 。 も

作 を 続 け て い た の だ が ︵ 表 紙 裏

る イ メ ー ジ を 私 の 彫 刻 観 に 付 加

景 に 感 じ 入 っ た り し て 、 そ こ で

ら れ る 生 命 の 循 環 や 赤 裸 々 な 生

て は 巨 木 群 を 眺 め た り 、 森 で 繰

は じ め た 頃 だ っ た 。 当 時 は 時 折

が い よ い よ 巨 樹 を 連 想 さ せ る 姿

心 が 奔 っ た の は 十 年 ほ ど 前 、 私

命 の 島 ﹂ の 異 称 で 知 ら れ る 屋 久

先 に 置 い た 決 意 で も あ っ た 。

の カ ミ に 出 会 え る の で は と い う 希 望 を

と 言 え ば 、 そ の 結 果 あ わ よ く ば 屋 久 島

摑 み 取 ろ う と い う こ と で あ っ て 、 も っ

い 換 え れ ば 、 生 命 の 姿 そ の も の を 体 で

と 信 じ て 真 剣 に 遂 行 し よ う と し た 。 言

よ っ て 屋 久 島 の 神 秘 を 体 に 納 め ら れ る

こ と で あ っ た 。 こ の 一 見 闇 雲 な 方 法 に

い う 情 熱 か ら 山 中 を と こ と ん 歩 き 回 る

研 究 方 法 は 屋 久 島 の 本 質 に 迫 り た い と

原 生 林 に 立 ち 入 っ た の だ が 、 こ こ で の

と に な っ た 。 私 は 待 ち か ね て 屋 久 島 の

機 会 を 得 、 ど っ ぷ り と 屋 久 島 に 入 る こ

て 、 二 〇 〇 三 年 度 に 内 地 研 究 員 と し て

山 の 頂 そ れ ぞ れ に 座 す る 巨 岩 の 奇 石 群

く 轟 音 を 聞 く 思 い が し た 。 と こ ろ で 、

砕 け 落 ち る 瞬 間 を 連 想 す れ ば 、 耳 を 劈

た だ し い 数 の 倒 木

の 跡 、 滝 口 に 幾 重 に も 折 重 な っ た お び

山 肌 を え ぐ り 落 と し た 岩 盤 層 の 大 崩 落

ら は 大 規 模 な 地 す べ り 、 巨 木 も ろ と も

や ど う で あ ろ う 、 脇 に 見 上 げ る 尾 根 か

度 を 示 し て い る よ う に 感 じ ら れ た 。 片

も の 全 て が 、 ひ た む き に 神 妙 な 生 の 態

つ も な い の だ ろ う か 。 生 き と し 生 け る

あ っ て は な に 故 に 騒 ぎ 立 て る も の が 一

に も 匹 敵 す る は ず な の だ が 、 そ の 懐 に

な ら ば こ そ 宿 り 在 る 生 命 の 総 数 は 宇 宙

︵ 図 2 ︶

、 そ れ ら が

剛  

城 大 学 准 教 授 ︵ 美 術 教 育 ︶

フ 便ィ りー ル ド

屋 久 島 体 験

っ と 本 質 的 な 取 り 組 み 方 が 必 要 に な っ

も の の け の 森 、 こ こ は 屋 久 島 で あ る 。

も 錯 覚 す る 巨 岩 を 刳 り 抜 い た 水 浴 場 と

が 心 地 よ い ︵ 図 1 ︶

。 こ の 世 の 楽 園 と

幹 を 吹 き 抜 け る 湿 度 を 帯 び た 冷 た い 風

谷 間 を 足 早 に 駆 け 落 ち る 清 水 た ち 、 樹

覆 わ れ て 視 界 一 面 が 緑 の 海 、 山 頂 か ら

ど 静 ま り 返 っ て い た 。 地 も 天 も 草 木 に

一 人 で 立 ち 入 る 原 生 の 森 は 意 外 な ほ




図 3 コ ウ ノ ト リ は翼を広げると 2 m にもなる大きな 鳥 で あ る(2006 年 2 月 8 日,小 谷 繁子氏撮影).

図 4 報 告 会 で 報 告 す る 筆 者 (2006 年 12 月 1 日,古 田 大 輔 氏 撮 影).

ら 生 ま れ た ヒ ナ 一 羽 を 含 め ず ︶ 。

羽 生 息 し て い る ︵ 放 鳥 コ ウ ノ ト リ か



在 、 放 鳥 コ ウ ノ ト リ は 自 然 下 で 一 三

で 行 わ れ て い る 。 二 〇 〇 七 年 五 月 現

が 二 〇 〇 五 年 九 月 か ら 兵 庫 県 豊 岡 市

ノ ト リ を 自 然 下 に 放 鳥 す る 野 生 復 帰

で 絶 滅 し た が 、 飼 育 さ れ て い た コ ウ

︵ 注 ︶ コ ウ ノ ト リ の 野 生 復 帰

ト リ は 日 本 で は 一 九 七 一 年 に 野 コ 生 ウ 下 ノ

っ て い ま す 。

民 の 方 々 に お 話 を 伺 っ て い き た い と 思

う 思 う に つ け て 、 こ れ か ら も 真 摯 に 住

な 関 係 性 が 抜 け 落 ち る と 感 じ ま す 。 そ

と い う と 、 コ ウ ノ ト リ と 住 民 と の 多 様

そ の よ う な 背 景 を 省 い て 単 に ﹁ 利 益 ﹂

て い る わ け で は な い こ と が わ か り ま す 。

住 民 の 生 活 圏 と 野 生 生 物 の 生 息 圏 が 重

せ ︶ パ ン ダ だ ﹂ と 言 わ れ ま す 。 し か し 、

い る ん だ ﹂ ﹁ 所 コ ウ ノ ト リ は ︵ 人 寄

益 が あ る か ら コ ウ ノ ト リ を 受 け 入 れ て

話 な ん て 聞 い て ど う な る ﹂ ﹁ 住 民 は 利

要 性 を 理 解 し な い 人 か ら は 、 ﹁ 住 民 の

一 方 、 住 民 の 方 々 へ の 聞 き 取 り の 必

分 自 身 を 振 り 返 っ て み る と ど う で し ょ

民 が 利 益 で 動 く と 思 う の で あ れ ば 、 自

に 組 み 込 む こ と が 必 要 な は ず で す 。 住

住 民 の 話 を 聞 き 、 そ の 思 い を 保 護 活 動

学 的 視 点 だ け で は な く 、 そ こ に 暮 ら す

け 入 れ ら れ る こ と は 必 要 で あ り 、 生 物

複 す る 以 上 、 野 生 生 物 保 護 が 住 民 に 受

﹁ 益 か 害 か ﹂ の ど ち ら か で 明 確 に 捉 え

関 係 し て い て 、 住 民 が コ ウ ノ ト リ を

ば 農 業 の 衰 退 や 過 疎 化 ・ 高 齢 化 等 ︶ が

歴 史 的 な つ な が り や 地 域 の 実 情 ︵ 例 え

を 伺 う と 、 コ ウ ノ ト リ と の 関 係 性 に は 、

的 な 利 益 だ け な の か 。 住 民 の 方 に お 話

う 。 利 益 の み で 動 く の か 、 利 益 は 金 銭


の 際 、 豊 岡 市 か ら ﹁ コ ウ ノ ト リ 野 生 復

に 聞 き 取 り 調 査 を 行 な っ て い ま す 。 そ

の よ う に 捉 え て い る の か 、 住 民 の 方 々

事 例 に 、 ﹁ コ ウ ノ ト リ と の 共 生 ﹂ を ど

ウ ノ 私 ト は リ 、 ︵ 兵 図 庫 3 県 ︶ 豊 の 岡 野 市 生 で 復 開 帰 始 ︵ さ 注 れ ︶ た を コ

4 ゼ た す 帰 ︶ ミ そ い 。 学

。 調 査 対 象 者 で あ る 住 民 の 方 々 に 、 緊 張 感 も 一 気 に 解 け ま す 。

の 制 度 で は 、 報 告 会 を 設 け て ︵ い 図 て 、

制 度 で す 。

交 通 費 ・ 宿 泊 費 補 助 が 出 る あ り が

術 奨 励 金 ﹂ を 受 け て 調 査 し て い ま

か っ た よ ﹂ と 声 を か け て い た だ く と 、

う に 思 っ て い る せ い か 、 視 線 も 暖 か く 、

は 、 私 の 研 究 を 夏 休 み の 自 由 研 究 の よ

安 に な り ま す 。 も っ と も 、 住 民 の 方 々

や 学 会 発 表 よ り 緊 張 し ま す

報 告 会 終 了 後 に ﹁ お つ か れ さ ま ﹂ ﹁ よ

本 田 裕 子  

東 京 大 学 大 学 院 博 士 課 程 ︵ 農 ・ 森 林 科 学 専 攻 ︶

と 言 っ て い な い ﹂ な ど 言 わ れ た ら と 不

住 民 の 方 々 を 調 査 す る こ と

﹁ そ ん な こ と は な い ﹂ ﹁ 自 分 は そ ん な こ

越 境 と 躍 動 の フ ィ ー ル ド ワ ー ク ④

彼 ら 自 身 の こ と を 報 告 す る わ け で 、

リ レ ー 連 載

め な 対 応 を 求 め ら れ る 。 決 定 的 な の は

気 候 の 変 化 は 生 活 の あ ら ゆ る 面 で 小 ま

何 度 も 洗 濯 物 を 出 し 入 れ す る 。 頻 繁 な

し ょ っ ち ゅ う だ 。 女 た ち は そ の た び に

こ と は 知 ら れ て い る 。 突 然 の 通 り 雨 は

加 す る こ と が で き た 。 そ の 時 期 環 境 問

が 開 催 さ れ 、 私 も 運 良 く い く つ か に 参

ッ ト や シ ン ポ ジ ウ ム 、 エ コ ツ ア ー な ど

周 年 を 迎 え 、 式 典 を は じ め 、 環 境 サ ミ

当 時 、 屋 久 島 は 世 界 自 然 遺 産 登 録 十

い て い る よ う に 思 え た 。

と は 他 愛 も な い こ と で 、 ち が う 方 を 向

が 受 け 止 め た 屋 久 島 の 本 性 は そ ん な こ

る よ う だ が 、 の 騒 動 は さ て 置 き 、 私

護 か の 問 題 は 相 変 わ ら ず 続 け ら れ て い

キ ー 状 態 に 陥 っ た 。 屋 久 島 に 雨 が 多 い

力 に 自 信 が あ っ た 私 だ が 、 遂 に グ ロ ッ

ボ ー ル 大 会 を 一 日 中 こ な し て い た 。 体

い 。 島 民 た ち は そ ん な 炎 天 下 、 ソ フ ト

降 り 注 ぐ 殺 人 的 な 太 陽 光 は 忘 れ も し な

端 、 今 度 は 熱 地 獄 で あ っ た 。 脳 天 か ら

と 感 じ ら れ た 。

な く 、 こ の 激 情 的 な 環 境 が 育 て て い る

み え る の は 漁 師 気 質 に よ っ て だ け で は

て い る 。 表 向 き の 島 民 の 気 性 が 過 敏 に

間 の 基 礎 地 に は あ き ら め の 心 境 が 宿 っ

こ こ が 台 風 の 通 り 道 で あ る こ と だ 。 人

降 も 観 光 客 は 増 え 続 け 、 開 発 か 環 境 保

概 念 を 知 っ た の が こ の 頃 だ っ た か 。 以

コ ミ ュ ー ジ ア ム ﹂ ﹁ ロ ハ ス ﹂ な ど の 新

﹁ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ﹂ を は じ め 、 ﹁ エ

て お き の 場 所 で あ っ た 。 そ う い え ば

題 を テ ー マ に し て み れ ば 、 こ こ は と っ




図 1 ICAS 本部の建物(環境 リサーチラボラトリー) .

概 念 も 多 く 、 そ の 経 験 は 適 応 策 に も 応

て い た も の の 、 当 然 の こ と な が ら 共 通

ど ち ら か と い え ば 緩 和 策 を 念 頭 に 置 い

持 っ て い る と 言 え ま す 。 従 来 の 研 究 は

り 離 す こ と は で き ず 、 補 完 的 な 役 割 を

た も の で す 。 実 際 に は 両 者 を 完 全 に 切

佐 城 藤 大 嘉 学 則

テ ム の 検 討 を 進 め て い ま す 。 特 に 、 私

た 気 候 変 動 適 応 型 の 農 地 土 壌 保 全 シ ス

目 指 し 、 温 室 効 果 ガ ス 発 生 を 指 標 と し

系 物 質 循 環 の 健 全 性 を 確 保 す る こ と を

気 候 変 動 へ の 適 応 基 盤 で あ る 土 壌 ・ 水

て い ま す 。 私 の 属 す る 研 究 部 門 で は 、

こ の 私 は 城 現 大 在 学 I 農 C 学 A 部 S で 特 研 任 究 研 業 究 務 員 を と 行 し っ て 、

ャ ン パ ス で す 。

種 の さ く ら が 楽 し め る と て も 綺 麗 な キ

ま す 。 春 に な る と み ご と な こ ぶ し と 多

で 一 〇 分 た ら ず の 距 離 に 霞 ヶ 浦 が あ り

市 よ り 南 約 五 〇 キ ロ に 位 置 し 、 自 転 車

あ る ア ン モ ニ ア や 硝 酸 は 、 農 作 物 が 同

て い ま す 。 化 学 合 成 窒 素 肥 料 の 成 分 で

化 学 合 成 窒 素 肥 料 の 増 加 が 重 要 視 さ れ

か で も 農 業 生 産 の た め に 使 わ れ て い る

て い ま す 。 そ の 背 景 に は 人 為 起 源 、 な

の 濃 度 が 上 昇 し て い る こ と が 報 告 さ れ

知 ら れ て い ま す 。 そ し て 、 年 々 大 気 中

約 一 二 〇 年 と 極 め て 安 定 な ガ ス と し て

ス で あ り 、 大 気 中 で は 平 均 滞 留 時 間 が

の 約 二 〇 〇 倍 と い う 強 力 な 温 室 効 果 ガ

一 分 子 当 た り の 温 室 効 果 が 二 酸 化 炭 素

馴 染 み が 無 い か も し れ ま せ ん 。 し か し 、

し て は 二 酸 化 炭 素 と 比 べ る と そ れ ほ ど



農 学 部 は 、 本 学 の あ る 水 戸

亜 酸 化 窒 素 ガ ス は 、 温 室 効 果 ガ ス と

別 は 国 際 交 渉 の た め 便 宜 的 に 定 義 さ れ

︵ I C A S 特 任 研 究 員 ︶

わ る 微 生 物 を 研 究 対 象 と し て い ま す 。

に な っ て き て い ま す 。 た だ し 、 こ の 区

対 応 と し て の 適 応 策 が 求 め ら れ る よ う

必 死 で 働 い て い る の は ? と つ で あ る 亜 酸 化 窒 素 ガ ス の 発 生 に 関

は 畑 地 土 壌 に お け る 温 室 効 果 ガ ス の ひ

策 だ け で は 不 十 分 で あ る た め 、 早 急 な

効 果 が 現 れ る ま で に 時 間 を 要 す る 緩 和

に は 気 候 変 動 が す で に 起 き つ つ あ り 、

に 議 論 さ れ て き ま し た 。 し か し 、 現 実

た め 、 予 防 的 な 観 点 か ら 緩 和 策 が 中 心

切 な 対 応 策 を と る こ と で す 。 以 上 の こ

性 的 か つ 定 量 的 に 把 握 し た う え で 、 適

よ り も 重 要 な の は 、 そ の 相 互 関 係 を 定

用 可 能 だ と 考 え ら れ ま す 。 そ し て 、 何

考 え て い ま す 。

た め の 判 断 材 料 を 提 供 し て い き た い と

と を 意 識 し な が ら 、 将 来 の 意 志 決 定 の


活 動 は 同 じ 大 学 に も か か わ ら ず 意 外 と

を 本 拠 地 と す る T I G S / I R 3 S の

ャ ン パ ス に い た の で 、 本 郷 キ ャ ン パ ス

い ま し た 。 こ れ ま で 東 京 大 学 の 駒 場 キ

か ら 約 三 年 間 に わ た り 、 助 手 を 務 め て

﹁ 人 間 の 安 全 保 障 ﹂ プ ロ グ ラ ム の 発 足

前 は 、 東 京 大 学 大 学 院 総 合 文 化 研 究 科

水 戸 市 に 来 ま し た 。 I C A S の 着 任 以

今 春 よ り I C A S 特 任 研 究 員 と し て

に 挙 げ れ ば 、 温 室 効 果 ガ ス の 排 出 削 減

る 場 合 が あ り ま す 。 気 候 変 動 問 題 を 例

の 対 応 策 に も 正 負 双 方 の 影 響 が 存 在 す

な の か 。 持 続 可 能 な 社 会 の 構 築 の た め

︵ 学 術 ︶ と 実 践 ︵ 現 場 ︶ 、 等 々 。 こ れ ら

ィ シ プ リ ン 型 と ミ ッ シ ョ ン 型 、 理 論

バ ル と ロ ー カ ル 、 専 門 性 と 学 際 性 、 デ

界 、 効 率 性 と 公 平 ︵ 衡 平 ︶ 性 、 グ ロ ー

環 境 と 経 済 、 技 術 と 政 策 、 可 能 性 と 限

ム を 俯 瞰 し よ う と す る 癖 が あ り ま す 。

念 、 あ る い は そ れ ら を 構 成 す る シ ス テ

あ る 事 象 に 対 す る 作 用 ・ 反 作 用 や 対 概

研 究 科 広 域 科 学 専 攻 ︶ の お か げ な の か 、

筆 者 は 出 身 学 科 ︵ 東 京 大 学 総 合 文 化

設 の プ ロ グ ラ ム に 縁 が あ る よ う で す 。

せ よ 、 比 較 的 歴 史 の 浅 い 学 問 領 域 や 新

度 将 来 的 な 問 題 と し て 捉 え ら れ て い た

ま す 。 こ れ ま で 気 候 変 動 問 題 は あ る 程

問 題 の 適 応 策 を 主 な 研 究 領 域 と し て い

荷 と の 相 互 関 係 を 探 る 研 究 な ど を 行 っ

経 済 活 動 と 温 室 効 果 ガ ス な ど の 環 境 負

︵ 奥 島 真 一 郎 先 生 と 共 同 で M C D A

て き ま し た 。 具 体 的 に は 、 筑 波 大 学 の

法 に 基 づ き 環 境 対 策 の 影 響 評 価 を 行 っ

う し た 問 題 意 識 か ら 、 主 に 経 済 学 的 手

の 違 い を 勘 案 す る こ と が 必 要 で す 。 こ

が 起 こ り え ま す 。 そ れ ゆ え 、 そ の 影 響

必 ず と い っ て よ い ほ ど 功 罪 両 面 の 影 響

対 策 に せ よ 、 あ る 種 の 革 新 や 変 化 に は

て い ま す 。

︶ と い う 分 析 手 法 を 開 発 し 、

田 村 誠 ︵ I C A S 特 任 研 究 員 ︶

若手の 部屋

緩適 和応 のと あ い だ

︵地 I C球城 A変大 S動学 ︶適 の応 巻科 学 研 究 機 関

間 の 安 全 保 障 ︵

human security

I C A S は そ の 名 の 通 り 、 気 候 変 動

は 二 律 背 反 な の か 、 そ れ と も 両 立 可 能

Multiple Calibration Decomposition

遠 い 存 在 で し た 。 I R 3 S の 連 城 携 大 大 学 学

Analysis

や 関 係 機 関 と の 交 流 が 増 え 、

sustainability science

学 に ︵ た 感 来 が て あ か り え ま っ す て 。 東 サ 京 ス 大 テ 学 イ と ︶ に ナ も せ ビ 近 よ リ く 、 テ な 人 ィ っ

︶ に

そ の 反 面 、 技 術 的 対 策 に せ よ 、 社 会 的

ま で 幅 広 い 方 策 が 提 案 さ れ て い ま す 。

策 か ら 環 境 税 の 導 入 な ど の 社 会 的 対 策

エ ネ ル ギ ー 技 術 の 開 発 な ど の 技 術 的 対

を 目 指 し て 、 省 エ ネ ル ギ ー ・ 再 生 可 能




的 な 材 料 、 7 持 続 的 農 業 に 関 連 す る ト

ロ ー バ ル な セ キ ュ リ テ ィ の た め の 革 新

術 ・ グ ロ ー バ ル な セ キ ュ リ テ ィ 、 6 グ

災 害 へ の 緩 和 と 適 合 、 5 高 度 な 情 報 技

都 市 計 画 と 政 策 、 3 文 化 構 造 、 4 自 然

と 地 方 の 視 点 か ら み た 環 境 持 続 性 、 2

い ま す 。 ト ピ ッ ク ス は 、 1 グ ロ ー バ ル

環 境 変 化 へ の 対 応 と 適 合 を 焦 点 に し て

で 、 昨 今 の 地 球

て 学 校 企 画 を 運 営 し て い ま す 。 ま た 本

で 、 学 部 な ど の 枠 を 越 え 、 力 を 合 わ せ

よ う な 学 生 同 士 の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン

ー シ ョ ン で 交 流 を 深 め て い ま す 。 こ の

っ た り と 、 学 生 な ら で は の コ ミ ュ ニ ケ

行 委 員 会 の 後 に ラ ン チ を 皆 で 食 べ に 行

期 的 に 行 わ れ て い る 学 生 ・ 教 員 合 同 実

と 称 し て 皆 で 食 事 を し に 行 っ た り 、 定

れ で も 、 学 生 実 行 委 員 同 士 で 顔 合 わ せ

メ ー ル で や り 取 り を し て い ま す ︶ 。 そ

り に く く 苦 労 し て い ま す ︵ 基 本 的 に は

互 い に 距 離 が あ り 、 な か な か 連 携 が 取

い ま す 。 し か し 、 三 つ の キ ャ ン パ ス は

委 員 と し て 学 生 ・ 教 員 と も に 参 加 し て

お 待 ち し て お り ま す 。

い た し ま す 。 学 生 の 皆 さ ん の ご 参 加 を

の U R L ︵

充 実 し た 日 々 を 送 っ て い ま す 。

の と で 、 I S C I U 3 の 成 功 に 向 け て

と に 大 変 な 意 義 と 可 能 性 が 感 じ ら れ る

目 標 に 向 か っ て 進 ん で い け る と い う こ

際 シ ン ポ ジ ウ ム ﹂ の 成 功 と い う 大 き な

い の と 、 さ ら に は ﹁ 学 校 企 画 で あ る 国

図 3 ISCIU3 の シンボルマーク.



︶ ま で お 願 い

︶ で 、 メ ー ル で の お 問 い 合 わ せ は

I S C I U 3 に 関 す る 情 報 は こ ち ら

実 行 委 員 を し て い ま す 。

す る 企 画 と な り ま し た 。 私 は そ の 学 生

共 同 開 催 、 つ ま り

hToward

ピ ッ ク ス と 他 の 関 連 分 野 、 で す 。 論 文

http://isciu.civil.ibaraki.ac.

の 投 稿 予 定 者 の 要 約 ︵ ア ブ ス ト ラ ク

isciu@mx.ibaraki.ac.jp

ト ︶ 提 出 は 六 月 一 六 日 で 締 め 切 り と な

Sustainability Science for Global

会 議 の よ う な 大 き な 企 画 を 運 営 す る 際 、

り ま し た が 、 当 日 の 幅 広 い 分 野 か ら の

Safety and Securityv

学 生 で は ど う に も な ら な い こ と が 多 々

城 大 学 は キ ャ ン パ ス が 三 つ に 分 か

参 加 を お 待 ち し て い ま す 。

jp

れ て い て 、 教 育 学 部 ・ 人 文 学 部 ・ 理 学

城 大 学 全 体 で 開 催

学 部 ・ 人 文 学 部 ・ 理 学 部 の 全 学 部 で の

U 3 で は 、 本 学 す べ て の 学 部 か ら 実 行

が 難 し い 状 況 で し た 。 今 回 の I S C I

I U 3 は 本 学 全 体 へ の ア ナ ウ ン ス な ど

今 ま で の 日 立 キ ャ ン パ ス 開 催 の I S C

学 部 は 阿 見 町 に あ り ま す 。 そ の た め 、

部 は 水 戸 市 に 、 工 学 部 は 日 立 市 に 、 農

催 を き っ か け に 知 り 合 い に な れ て 楽 し

学 生 、 先 生 方 と こ の I S C I U 3 の 開

先 生 方 の ご 協 力 を 得 て 進 め て い ま す 。

あ り ま す が 、 I S C I U 3 実 行 委 員 の

I S C I U 3 の テ ー マ は

私 は 、 こ れ ま で 関 連 の な か っ た 学 部 、


す 。 い わ ば 、 温 室 効 果 ガ ス を 多 く 発 生

亜 酸 化 窒 素 ガ ス 生 成 能 を 調 査 し て い ま

の 畑 地 土 壌 か ら 微 生 物 を 分 離 し 個 々 の

本 学 以 外 の 国 内 、 国 外 の 大 学 の 学 生 か

月 六 ∼ 七 日 に 城 大 学 で 開 か れ ま す 。

営 す る 国 際 学 生 シ ン ポ ジ ウ ム が 、 一 〇

目 標 に 、 学 生 が 主 体 と な っ て 企 画 を 運

国 際 社 会 で 活 躍 で き る 学 生 の 育 成 ﹄ を

﹃ グ ロ ー バ ル 化 の 進 む 社 会 に 向 け 、

越 え て 、 本 学 の 工 学 部 ・ 農 学 部 ・ 教 育

が 、 今 回 の I S C I U 3 で は そ の 枠 を

学 研 究 科 ︶ 単 独 で 行 っ て い た も の で す

は 、 も と も と は

学 生 シ ン ポ ジ ウ ム で す 。 I S C I U 3

れ 、 ま た 論 文 も 発 表 も 英 語 で 行 う 国 際

城 大 学 工 学 部 ︵ 理 工

私 は 、 実 験 室 に 持 ち 帰 っ た い く つ か

亜 酸 化 窒 素 ガ ス が 生 成 さ れ ま す 。

都 市城 シ大 ス学 テ大 ム学 工院 学理 専工 攻学 博研 士究 前科 期 課 程

外 を 問 わ ず 論 文 投 稿 者 は 学 生 に 限 定 さ

こ の 硝 化 と 脱 窒 と い う 二 つ の 過 程 か ら

鈴 木 崇 之 ︵ I S C I U 3 学 生 実 行 委 員 ︶

︶ は 、 内

ス へ ︵ 脱 窒 ︶ と 変 え ら れ ま す 。 そ し て 、

ニ ア は 硝 酸 へ ︵ 硝 化 ︶ 、 硝 酸 は 窒 素 ガ

化 す る 一 方 で 、 微 生 物 に よ っ て ア ン モ

国﹁ 際第 学3 生回 会 議城 ﹂大 学

学 国 際 学 生 会 議 I S C I U 3 ︵

The

し て い る ﹁ 犯 人 ﹂ 探 し を し て い る と い

3rd International Student Confer-

う 訳 で す 。 し か し 、 単 純 に ﹁ 犯 人 ﹂ を

ence at Ibaraki University

見 つ け て 抑 え て し ま お う で は 持 続 可 能

て い ま す 。 今 回 で 三 回 目 と な る

ら の 論 文 投 稿 、 ま た 当 日 参 加 を 募 城 集 大 し

図 2 土と、微生物と、明るい学生に囲まれて 研究を楽しんでいる筆者(右側) .

し ま し た 。 今 で は 工 業 的 な 窒 素 固 定 は

飛 躍 的 に 向 上 し 、 人 口 は 爆 発 的 に 増 加

合 成 で き る よ う に な る と 、 農 業 生 産 が

に よ り 窒 素 ガ ス か ら ア ン モ ニ ア が 化 学

末 に 発 見 さ れ た ハ ー バ ー ・ ボ ッ シ ュ 法

て 生 き て き ま し た 。 し か し 、 一 九 世 紀

は 、 微 生 物 が 固 定 し た 窒 素 に 支 え ら れ

か つ て 、 私 た ち を 含 め た 多 く の 生 物

で は な い か と 考 え て い ま す 。

ナ ブ ル な 農 業 技 術 の 開 発 に つ な が る の

恒 常 を と も に 満 た す よ う な 、 サ ス テ イ

こ と が 、 食 糧 生 産 の 向 上 と 地 球 環 境 の

こ の よ う な 微 生 物 の 働 き を 理 解 す る

先 ほ ど の ﹁ 犯 人 ﹂ な の か も し れ ま せ ん 。

持 す る た め に 必 死 で 働 い て い る の が 、

ま す 。 地 球 の 窒 素 循 環 の バ ラ ン ス を 維

な 農 業 と は 思 え ま せ ん 。

微 生 物 の そ れ に 匹 敵 す る と 言 わ れ て い




ラ ン ス の い い 使つか い 方かた で 、 夏なつ を 満まん 喫きつ し て ね ☆

さ あ 、 体から もだ う れ し い 地ちき 球ゆう も う れ し い 、 バ

  う 服ふく も で て い る よ 。

⑦ 見み た 目め に も 涼すず し く 、 着き て も 涼すず し い と い

  き な う ち わ や 扇せん 子す で あ お い で ね ☆

⑥ あ の 子こ と 仲なか 良よ く な る チ ャ ン ス !

  ん だ 後あと の ゴ ミ は も っ て 帰かえ ろ う 。

す て

  し て く れ る 。 食た べ す ぎ に 注ちゆ 意うい っ 。

夏なつ な ら で は の 遊あそ び ! 健けん 康こう に も ◎ 。 遊あそ

④ ア イ ス だ け で な く 夏なつ の 果くだ 物もの は 体から をだ 冷ひ や

なつ    ごう

2007

夏の号

すず

そ ざい

あせ

涼しい素材:汗をよく吸う あさ

めん

麻,綿などがオススメ.

︵ こ ど も サ ス テ   ナ 文 ・ 構 成 平 松 あ い ︶

な く し 平へ い 和わ な 世せ 界か い を つ く っ て い こ う 。

時とき の 話はな をし 聞き い て み よ う 。 そ し て 争あら いそ を

ゃ ん の お う ち に 遊あそ び に 行い っ た ら 戦せん 争そう の

の 環かん 境きよ 破うは 壊かい で   も あ る 戦せん 争そう 。   お じ い ち ゃ ん 、 お ば あ ち

★ 八 月 十 五 日

気き 温おん を 2 度ど さ げ 終しゆ よ 戦うせ う 記んき ! 念ねん 日び と い 大たい う 切せつ 活かつ な 動どう 命いの で をち す 奪うば 。 い 、 最さい 大だい

日 ︶ 全ぜん 国こく み ん な で い っ せ い に 打う ち 水みず を し て 、 真ま 夏なつ の

★ 打う ち 水みず 大だい 作さく 戦せん ! ︵ 七 月 二 十 三 日 か ら 八 月 二 十 三

くう ちよう ふく

サ ス テ ナ け い じ ば ん

ふく

!空 調 服!:服 かぜ

にあるファンが風 おく

すず

を送って涼しくす よう

出典:

るよ. (パパ用?)(株)空調服

絵本の紹介 ほ え ま し い 作さ く 品ひ ん 。

ち と の 交こ う 流り ゆ をう 描え が い た ほ


③ を は す わ だ せ れ る の と 効こう 、 果か お は ど 大おお ろ き き い の よ 涼すず 。 し そ さ こ ! にし 植よく 物ぶつ

 ② の 熱ねつ 昔むか を のし さ ク ま ー し ラ て ー 涼すず が し わ く り す 。 る 水みず の を だ ま 。 い て 地じ 面めん

使 っ て 温おん 暖だん 化か が さ ら に 進すす ん で し ま う ∼ 。 つ か

               ①              な っ ラ ⑦ ⑥ ⑤ ④ ③ ② ① て ク し だ 涼すず う プ 冷つめ 窓まど 打う ク ま け し ち ー た に ち ー う ど げ わ ル い す 水みず ラ よ 使つか な で 、 も だ を ー 。 い 格かつ あ 海うみ の れ す を エ す 好こう お に を を る ピ ネ ぎ を ぎ い た た ッ ル る す っ く べ て と ギ と る こ る か つ ー ク け す け も ー る る る た ラ く ー さ 病びよ ん にう

えんがわ

まど べ

あまみず

をたてかけます.風鈴もつけ

や っ て き ま す 。 自し 然ぜん の

次 々 と 小ちい さ な 虫むし た ち が

ウ 、 テ ン ト ウ ム シ な ど

る と 、 カ マ キ リ や チ ョ

ろ めん

おくじよう

にわさき

れば涼しさ 2 倍.

中 で の 小ちい さ な 生い き 物もの た

のこ

夏つ の ひ ん や りち 知え 恵 ぶ く ろ

ランダ,庭先に

ばい

つ ぎ つ ぎ

海うみ 、 花はな 火び 、 縁えん 日にち と 楽たの し い こ と が も り だ く

雨水などを路面や屋上,ベ

ふうりん

な か

さ ん の 夏なつ 。 で も 最さい 近きん は 温おん 暖だん 化か だ っ て ⋮ ⋮ 。

打ち水:お風呂の残り湯や

すだれ:縁側や窓辺にすだれ すず

みず

暑あつ い 夏なつ を か し こ く 涼すず し く す ご す に は ?

まきます.

う ち で 雨あま や ど り し て い

さ ち が 木き の 葉は っ ぱ の お

雨 が ふ っ て き た !

あ め

福作 音・ 館征 書矢  店  清 七絵 八・ 〇林 円明 ︵子 二 三 ペ ー ジ ︶

﹃ は っ ぱ の お う ち ﹄

か り と る よ う に し よ う 。

を ぬ っ て 、 水すい 分ぶん も し っ

ぶ っ た り 、 日ひ 焼や け 止ど め

い る と き は 、 帽ぼう 子し を か

晴は れ た 日ひ に 長ちよ 時うじ 間かん 外そと に

熱ね つ ち 中ゆ う 症し よ にう ご 注ち ゆ 意う い

ひ ど いひ 日 焼や け 、




第4号  

特集:茨城からーアジア・太平洋の地域性を活かした気候変動への適応