Issuu on Google+


白鳳丸と ウナギ研究 塚本勝巳

つかもと かつみ

東京大学大気海洋研究所教授 (専門は海洋生物学)

これまで 40 年にわたり,東京 大学・大気海洋研究所は研究船白 鳳丸を運用して全国の海洋研究に 貢献してきた.共同利用研究を進

図1 ウナギの文化(三島神社の絵馬) .

めて多くの成果が得られたが,そ のひとつにウナギ研究がある.ウ ナギは淡水魚のように思われてい るが,実は海で産卵し,川や湖で 成長する回遊魚なのである.した がってその生態の完全解明には, 外洋を調査できる大型研究船が不 可欠であった. ウナギは年間 10 万トンも蒲焼 きとして消費される身近な魚であ る.絵画や神社の絵馬の題材にも なっている(図1).しかし,つ

図2 大西洋の ウナギの産卵場 を発見したデン マークのヨハネ ス・シュミット 博士.

い最近までウナギがどこで産卵す るのかわかっておらず,産卵生態 は謎に包まれていた. 20 世紀初頭,大西洋のウナギ の産卵場はデンマークの海洋学者 ヨハネス・シュミットによってサ ルガッソー海であることが明らか にされた(図2).しかし太平洋 のニホンウナギの産卵場解明は, その後 70 年も遅れた.研究船白 鳳丸(当時)がウナギ産卵場調査 に乗り出したのは 1973 年のこと であるが(図3),小型のウナギ 仔魚が約 1000 匹も採集されて大 西洋の研究レベルに肩を並べたの は 1991 年であった(図4). 

図3 1973 年の白鳳丸ウナギ産卵場調査.


ニホンウナギの産卵場と回遊ルート

白鳳丸の夕暮れ

写真のページ

A


産卵場をさらに絞り込んで 産卵の現場を押さえようと, 白鳳丸の調査航海はその後も 続いた.多くの研究者と大学 院生が航海に参加した.ドイ ツ・マックスプランク研究所 の小型潜水艇“JAGO”も白 鳳丸に搭載され,調査に加わ った(図5).大型プランク トンネットの組み立てと曳網 作業,科学魚群探知機による 親魚の探索,卵・仔魚の選別 作業,CTD による海洋物理 環境の解析が黙々と続けられ た(図6). 2005 年 6 月,白 鳳 丸 は 西 マリアナ海嶺の海山域で孵化 後わずか 2 日目のウナギ仔 魚の採集に成功した(図7). その後,2009 年 5 月には海 嶺の南端部でウナギ卵を発見 し,ついにウナギの産卵現場 を押さえることに成功した. 世界初の成果である.1973 年に白鳳丸がウナギ調査を始 めて 38 年目のことであった. 今後白鳳丸の調査は産卵集団 の形成メカニズムの解明へと 進む.

図7 2005 年白鳳丸で採集されたニホン ウナギのプレレプトセファルス(前期仔魚). 上:目も口も未発達な孵化後 2 日の仔魚. 下:孵化後 5 日齢の仔魚.目は黒化し,柔 らかい歯が生えている.



図6 白鳳丸の船上作業(ネット組み立て (右頁上) ,後部甲板での曳網(右頁下) , ウナギ卵・仔魚の選別(左頁上) ) .


図4 1991 年白鳳丸がマリアナ諸島西方 海域で採集したニホンウナギの小型レプトセ ファルス.

図5 ドイツ・マックスプ ランク研究所の小型潜水艇 “JAGO”と白鳳丸.




巻頭エッセイ

「サステイナビリティに対する 権利」はありうるか 濱田純一 はまだ じゅんいち

東京大学総長 (専門は情報法、情報政策)

在 の 人 間 だ け で な く 、 将 来 の 人 類 や 自 然 界 全

テ ィ へ の 関 心 は 広 範 囲 に わ た り 、 当 事 者 は 現

え る こ と は 可 能 で し ょ う か 。 サ ス テ イ ナ ビ リ

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 権 利 の 対 象 と し て 考

開 い て い く と 思 い ま す 。

よ り レ ジ リ エ ン ト な 社 会 を も た ら す 可 能 性 を

利 の 新 し い 理 解 と 新 た な 適 用 の 仕 方 を 生 み 、

す る 権 利 に ア プ ロ ー チ す る 試 み が 、 種 々 の 権

い ま せ ん 。

権 は 法 律 の 世 界 で 確 か な 根 を 持 つ に は 至 っ て

も 明 確 で な い な ど い く つ か の 理 由 か ら 、 環 境

で す 。 し か し 、 権 利 の 主 体 も 保 護 さ れ る 対 象

こ と が 有 効 で は な い か と 考 え ら れ は じ め た の

て 、 そ れ を 守 る に は 環 境 権 の 存 在 を 主 張 す る

ん で し た 。 環 境 の 質 が 脅 か さ れ る よ う に な っ

受 す る 権 利 を あ え て 持 ち 出 す 必 要 は あ り ま せ

り 前 に 存 在 し て い た と き に は 、 良 い 環 境 を 享

の 議 論 が 始 ま り ま し た 。 質 の 良 い 環 境 が 当 た

害 問 題 ・ 環 境 破 壊 が 深 刻 化 し て か ら 、 環 境 権

う と 考 え ら れ ま す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 対

向 性 を 指 し 示 す マ ー カ ー の よ う な も の で あ ろ

治 の 大 き な プ ロ セ ス に お い て 、 問 題 解 決 の 方

多 く の 権 利 と 関 連 し て 、 司 法 だ け で は な く 政

ナ ビ リ テ ィ に 対 す る 権 利 は こ の 権 利 も 含 め た

し て 解 釈 さ れ る こ と も あ り ま し た 。 サ ス テ イ

て い ま す 。 こ の 権 利 は 環 境 権 の 源 と し て 拡 張

文 化 的 な 最 低 限 度 の 生 活 を 営 む 権 利 ﹂ を 定 め

そ う で は あ り ま せ ん 。 日 本 国 憲 法 は ﹁ 健 康 で

と し て 検 討 す る の は 意 味 が な い か と い う と 、

で あ る な ら ば 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 権 利

識 か ら 生 ま れ ま し た 。 一 九 六 〇 年 代 以 降 に 公 に 難 し い と い わ ざ る を え ま せ ん 。

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 概 念 は 我 々 の 危 機 意 権 利 の 定 義 の な か に 取 り 込 む の は 環 境 権 以 上

と ん ど な さ れ て い ま せ ん 。

あ る 法 学 の 分 野 で は 、 ま だ 包 括 的 な 議 論 は ほ

め ら れ て い ま す 。 た だ 、 私 自 身 の 専 門 領 域 で

題 と し て 、 広 く 様 々 な 分 野 に お い て 研 究 が 進

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ は 現 代 社 会 の 重 要 な 課

ロ セ ス も ま た 複 合 的 で あ る こ と か ら 、 一 つ の

ィ は 価 値 の 複 合 体 で あ り 、 そ れ を 実 現 す る プ

の は 恐 ら く 困 難 で し ょ う 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

の を 法 的 手 続 き で 保 護 す る 手 立 て を 確 立 す る

体 に も 及 び ま す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ そ の も 


座談会

サステイナビリティ学は 社会に何をもたらすのか?

大崎 満 おおさき みつる

北海道大学教授 (専門は根圏環境制御学、 植物栄養学)

の あ り 方 の 議 論 に 関 わ っ て い ま す 。 農 

る 生 物 多 様 性 を 尊 重 し た 地 域 の 活 性 化

り 、 私 は 、 日 本 の 農 山 漁 村 地 域 に お け

住 明正 すみ あきまさ

東京大学教授 (専門は気候システム学)

武内和彦 たけうち かずひこ

東京大学教授・国連大学副学長 (専門は緑地環境学)

第 武 ょ 実 け ど と 大 R で て て え 本 は を て 事 一  内 う 際 な う 思 勢 3 そ き 全 を の い こ い サ だ 〇 。 の い 進 い の S う て 体 入 と ろ れ か ス と 回 今 問 の め ま 人 が な い を れ こ い ま に テ い 締 年 題 は る す が 先 っ る 考 て ろ ろ で 集 イ う 約 は と 、 の 。 共 頭 た の え 、 に あ に め ナ こ 国 名 を サ か こ 鳴 に の は よ 個 サ り I る ビ と 会 古 つ ス 。 こ し 立 で 、 う 別 ス ま R か リ で 議 屋 な テ 今 か て っ は I と の テ す 3 が テ し ︵ で げ イ 度 ら く て な R す 問 イ 。 S こ ィ ょ C 生 て ナ や さ れ 提 い 3 る 題 ナ 個 が れ 学 う O 物 い ビ ら ら た 唱 に S 傾 だ ビ 別 果 か に 。 P 多 く リ な に の し し の 向 け リ の た ら 取 本 10 様 こ テ け 一 は た て 努 が で テ 研 し も り 気 と ィ れ 歩 事 こ も 力 強 は ィ 究 た 鍵 組 に ︶ 性 が 条 で 学 ば 先 実 と 、 だ ま な の の 役 で む な あ 約 し と い に だ に I け っ く 考 根 割 す 人 っ 。 、


花木啓祐 はなき けいすけ

東京大学教授 (専門は都市工学)

花 は 金 木 な が   い か そ で か れ す ら は か な 逆 。 い に と い い え う ば こ と 、 人 が が あ 一 る 番 の 大 で

て 、 人 件 費 や 旅 費 の ほ か に は あ ま り お

は 武 、  内 サ ス 続 テ け イ て ナ い ビ け リ る テ 要 ィ 因 学 の の 一 特 つ 徴 と と し し て

な げ て い く 道 が 開 け ま し た 。

の か 、 発 展 の 可 能 性 に つ い て 、 今 日 は 意 見 を 交 換

ナ ビ リ テ ィ 学 は ど の よ う な 次 の 世 代 を 生 ん で い く

こ で は 次 の 世 代 が 生 ま れ た わ け で す が 、 サ ス テ イ

ナ ﹄ の 表 紙 の キ ャ ラ ク タ ー に こ ど も が 誕 生 し 、 こ

終 了 し 、 次 の 第 二 段 階 に 入 り ま し た 。 ﹃ サ ス テ

的 研 究 拠 点 育 成 ﹂ プ ロ ジ ェ ク ト に よ る 育 成 期 間 が

S  住 ︶ は サ 、 ス 文 テ 部 イ 科 ナ 学 ビ 省 リ の テ 科 ィ 学 学 技 連 術 携 振 研 興 究 調 機 整 構 費 ︵ ﹁ I 戦 R 略 3

法 人 と し て つ く り 、 組 織 と し て 次 に つ

ス ・ コ ン ソ ー シ ア ム ︵ S S C ︶ を 一 般

す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン

す る 人 が 大 勢 い る の は 画 期 的 な こ と で

し て で も ネ ッ ト ワ ー ク を 維 持 し よ う と

な っ て し ま う な か で 、 自 腹 で お 金 を 出

の 多 く は 予 算 が な く な る と ば ら ば ら に

が 続 い た こ と で す 。 研 究 プ ロ ジ ェ ク ト

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 新 た な 機 運

ま ず 強 調 し て お き た い の は I R 3 S

し た い と 思 い ま す 。

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 可 能 性

特 集




大 崎  

そ の よ う に い え る 第 一 は 、 わ れ

人サ をス 生テ みイ 出ナ すビ リ テ ィ 学 は

ー ジ を 達 成 し た と 思 い ま す 。

た ぶ ん な く て 、 そ れ を 目 指 す 第 一 ス テ

テ ム は 、 日 本 だ け で な く て 世 界 的 に も

基 礎 的 な 研 究 を 地 域 に 根 付 か せ る シ ス

る も の で は な い か と 強 く 感 じ て い ま す 。

き て 、 こ れ は ま さ に デ ス バ レ ー を 埋 め

ま し た 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 が 出 て

ス バ レ ー ︵ 死 の 谷 ︶ と そ れ を 呼 ん で い

が 問 題 だ と い う こ と が あ り ま し た 。 デ

ン チ ャ ー の よ う な も の が 存 在 し な い の

大 学 と 企 業 を つ な ぐ 中 間 的 な も の 、 ベ

的 な 技 術 を 実 用 化 し よ う と す る と き に 、

そ の 議 論 で 面 白 い と 思 っ た の は 、 先 端

ち 出 さ れ 、 そ れ に 参 加 し て い ま し た 。

チ ・ ア ン ド ・ ビ ジ ネ ス パ ー ク 構 想 が 打

伸 ば し て い こ う と い う 発 想 で 、 リ サ ー

む 大 前  崎 に 、 サ 北 ス 海 テ 道 イ の ナ 産 ビ 業 リ を テ 新 ィ し 学 い に 技 取 術 り で 組

で き た こ と が あ る と 思 い ま す 。

五 大 学 が 一 緒 に な っ て 教 育 に 取 り 組 ん

わ れ た 組 織 が 残 っ た 大 き な 理 由 と し て 、

が あ り ま せ ん か ら 、 住 先 生 が 冒 頭 に い

り 方 で す 。 教 育 は 継 続 し な け れ ば 意 味

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 教 育 の 一 つ の あ

担 う 人 間 が 必 要 で 、 そ れ を 育 て る の が

な 研 究 を 社 会 に 還 元 す る に は 、 そ れ を

シ ス テ ム を つ く っ た こ と で す 。 基 礎 的

わ れ I R 3 S に 参 加 す る 五 大 学 が 教 育

で 大 サ  崎 ス テ 北 イ 大 ナ で ビ は リ 、 テ 昔 ィ で 学 い の う 講 教 義 養 を の 提 段 供 階

ら で き ま せ ん か 。

ナ ビ リ テ ィ の 話 を 入 れ る よ う な こ と な

の 間 に 、 例 え ば 〇 ・ 五 回 で も サ ス テ イ

理 花 や  木 化 学 大 の 学 よ で う 教 な え 講 る 義 基 の 本 な 的 か な で 科 、 目 半 、 年 物

ッ プ が あ る の で は な い で し ょ う か 。

ら ず に 、 横 に つ な げ る 話 を し て も ギ ャ

て い な い 現 状 で 、 エ ネ ル ギ ー 保 存 も 知

高 校 で 物 理 が 三 割 ぐ ら い し か 履 修 さ れ

も の を と ら え る の は 難 し い 気 も し ま す 。

教  住 育 を そ 受 う け な て の か で ら す で が な 、 い あ と る 、 程 総 度 合 の 的 専 に 門

が あ り ま す よ ね 。

で 必 修 と し て 入 れ て い き た い と の 思 い

理 系 ・ 文 系 共 通 に 、 教 育 課 程 の ど こ か

ィ 学 の よ う な い わ ば 理 念 的 な 学 問 は 、

し て き た の で す が 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

3 S で は 共 同 で 大 学 院 で の 教 育 を 開 拓

ら 学 部 の レ ベ ル ま で い ろ い ろ で 、 I R

修 花 士  木 や 博 サ 士 ス 号 テ を イ 出 ナ す ビ 専 リ 門 テ 的 ィ な 学 レ 教 ベ 育 ル に か は 、

い る よ う で す 。 た だ 、 サ ス テ イ ナ ビ リ

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 は 重 要 と 感 じ て

い と い っ て い ま す 。 学 生 は 、 現 在 の い

広 く つ な ぐ こ と を 学 ん で い っ て く だ さ

味 の あ る と こ ろ を 深 め つ つ 、 横 串 的 に

と こ ろ は ま だ な い の で 、 そ れ ぞ れ の 興

す 。 北 大 に は そ れ を 専 門 的 に 勉 強 す る

と を や り た い と 相 談 に く る 学 生 も い ま

て 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の よ う な こ

し て い ま す 。 非 常 に 興 味 を も っ て く れ



ろ い ろ な 行 き 詰 ま り を 打 破 す る に は 、


と な の で そ の 成 果 が み え に く い 。

学 の 場 合 に は 、 も の の 見 方 を 広 げ る こ

み せ ら れ ま す が 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

立 て る 目 標 は こ こ ま で 達 成 し ま し た と

ィ 学 ら し い と こ ろ で し ょ う か 。 工 学 で

的 花 ま に と み 意 い と 応 は ら に 野 農 す 山 に  木 す な の て 見 ま サ 用 、 を 考 庁 業 。 漁 み 。 っ 方 、 も す ス で ま つ え 、 農 こ 村 え そ て 向 問 あ 。 テ す さ な て 漁 村 れ の に の き 性 題 り 一 イ 。 し げ い 業 振 ま 置 く よ た は 全 ま 歩 ナ 具 く て て は 興 で か い う と 、 体 す 踏 ビ 体 サ 問 、 水 は は れ の な い 社 へ が み リ 的 ス 題 法 産 農 、 た が 進 う 会 の 、 出 テ な テ 解 律 庁 林 自 状 サ 展 感 的 解 横 す ィ 応 イ 決 も と 水 然 況 ス が 覚 に を つ の 学 用 ナ に 別 、 産 保 は テ 、 が 通 み な は は の ビ も で そ 省 護 す イ い 私 用 つ ぎ 難 入 フ リ っ し れ 、 は ご ナ わ に す け に し っ ェ テ て た ぞ 林 環 く ビ ば は る て 学 い て ー ィ い 。 れ 業 境 深 リ 数 あ よ い 問 と き ズ 学 く そ 別 は 省 刻 テ 値 り う く を の て へ の の れ 々 林 、 で

さ ま ざ ま な 恵 み を 生 態 系 サ ー ビ ス と し

ー ビ ス ﹂ で す 。 生 物 多 様 性 が も た ら す

使 わ れ て い る キ ー ワ ー ド が ﹁ 生 態 系 サ

せ ん で し た 。 そ の 反 省 に た っ て 、 い ま

て き た も の で 、 残 念 な が ら 達 成 で き ま

キ を か け る と い う 保 全 側 の 論 理 か ら 出

一 〇 年 目 標 は 、 生 物 種 の 減 少 に ブ レ ー

期 的 に は 二 〇 五 〇 年 の 目 標 で す 。 二 〇

る か で す 。 短 期 的 に は 二 〇 二 〇 年 、 長

い る の は 二 〇 一 〇 年 目 標 の 後 を ど う す

い ま す 。 C O P 10 で 議 論 し よ う と し て

論 が 主 流 化 し な い と い う 理 解 に な っ て

は 武 全  内 体 を こ 変 れ え ま な で い は 限 そ り う 生 で 物 し 多 た 様 が 性 、 の い 議 ま

ば 武 北  内 海 道 具 で 体 は 的 ど な う 取 で り す 組 か み 。 と し て 、 例 え

る の で は ⋮ ⋮ 。

に た だ お 金 を 動 か し て 利 を 得 よ う と す

境 経 済 学 な の で し ょ う 。 し か し 、 強 欲

も 花 結  木 び つ 強 く 欲 よ で う あ に る し こ よ と う が と 環 す 境 る の の 保 が 全 環 に

か と 思 い ま す け ど ⋮ ⋮ 。

間 は 懲 り な い と い う か 、 何 と 強 欲 な の

の ウ ォ ー ル 街 の 復 興 ぶ り を み る と 、 人

ク か ら 少 し し か 経 っ て い な い の に 昨 今

実 社 会 を み て み る と 、 リ ー マ ン シ ョ ッ

は な い こ と は わ か り ま す が 、 一 方 、 現

色 合 い は か な り 違 い ま す よ ね 。

リ テ ィ 学 が つ な ご う と し て も 、 両 者 の

も の が あ っ た 。 そ れ ら を サ ス テ イ ナ ビ

も う 一 方 の 極 に 経 済 至 上 主 義 の よ う な

護 を 唯 一 無 二 と す る 一 つ の 極 に い て 、

ま で 考 え て こ ら れ た 方 々 は 生 態 系 の 保

え て 申 し 上 げ る と 、 生 物 多 様 性 を こ れ

生 物 多 様 性 は 、 私 は 専 門 外 な の で あ

は  住 、 経 環 済 境 だ 経 け 済 を 学 狭 の く よ 考 う え な て 学 い 問 る に わ お け い で て

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 そ の も の で す 。

よ う と し て い る の で す 。 こ の 方 向 性 は

環 境 か 経 済 か で は な く 、 全 体 像 で 考 え

て 極 め て 重 要 で あ る と い う 認 識 の も と 、

ス を 維 持 す る こ と が 、 人 間 社 会 に と っ

密 接 に 絡 み 合 わ せ な が ら 生 態 系 サ ー ビ

て 評 価 し 、 経 済 活 動 や 経 済 外 の 活 動 と 


い 武 う  内 話 が そ あ の る 話 で の し 前 ょ 提 う に 。 、 日 何 本 が の 幸 農 せ 山 か 漁 と

り  住 、 そ 人 れ 間 か に ら は 切 生 り 物 離 の さ 種 れ と る し こ て と 制 を 約 一 が つ あ

く る か と 思 い ま す 。

ッ プ メ ン ト の 概 念 構 築 が 重 要 に な っ て

こ れ か ら は サ ス テ イ ナ ブ ル ・ エ ン ベ ロ

少 々 矛 盾 を 含 ん で い る 表 現 で す の で 、

を し て い る と 思 う の で す が 、 こ れ は

ル ・ デ ベ ロ ッ プ メ ン ト ︶ と い う 言 い 方

う 解 を 具 体 的 に 出 し て い く 実 践 を 進 め

ま 適 用 で き ま せ ん か ら 、 地 域 ご と に 違

ル  住 な 解 具 は 体 単 的 純 な 明 実 快 践 で で も し 現 ょ 場 う に 。 は グ そ ロ の ー ま バ

換 し て い く の か 。

も 花 ま 価 は 住 村 の  木 す 値 な む 地 で 。 観 か 人 域 は 価 の な 々 の な 値 転 か が 保 い 観 換 う 豊 全 で の が ま か を す 転 一 く さ 考 よ 換 番 い を え ね は の き 実 る 鍵 ま 感 と 。 無 自 理 に せ で き 然 矢 な ん き に に 理 る 。 な 、 ど で と 最 い そ う き 思 後 限 こ 転 る い は り に

い で し ょ う か 。

れ に く い よ う な と こ ろ が あ る の で は な

進 歩 が 止 ま る よ う な 気 が し て 、 受 け 入

ま す 。 い ま の ま ま 保 全 す る と い う と 、

そ れ を 進 歩 と し て き た の だ ろ う と 思 い

の 目 標 と し て 生 き て き た 人 た ち も 多 く 、

武 る こ 内 と と   思 で 日 う 特 本 の 徴 の で を 都 す 出 市 。 し で て は い く 、 こ よ れ う ま な で 話 は は 没 あ

よ り は 、 歴 史 的 な も の を 保 全 し て い く

な と こ ろ な ら 、 経 済 的 な 成 長 を 目 指 す

没 し て し ま い ま す 。 例 え ば 鎌 倉 の よ う

事 で す よ ね 。 都 市 も 特 徴 が な け れ ば 埋

様 花 性  木 だ け 地 で 域 は と な い く っ 、 た 地 と 域 き の に 多 、 様 生 性 物 も の 大 多

た ﹂ み た い な こ と が お こ り う る

﹁ あ 、 報 告 書 の 表 題 の 地 名 間 違 え ま し

全 国 に 出 張 し て 計 画 を つ く る か ら 、

と 武 か な 様 る 花 の を 退 の 高 た 景 再 個 ん  内 。 い 性 よ  木 方 い に 一 い 。 に 開 性 の を う ど 向 か つ 極 と 同 な 発 化 は 活 変 都 性 に な 集 こ じ っ 事 す が 都 東 市 、 か わ 市 で 作 が 中 ろ も て 業 る 人 し っ 計 あ り る 化 の の 、 で 方 京 計 材 た た 画 る 上 面 が 方 な 個 ど 向 に 画 の ま の 法 の げ も 進 が ら 性 の で い の 問 ち で も は て あ ん よ 、 が 都 ま ま コ 題 づ す ボ 明 い り で く 集 消 市 ち す ン も く が ト ら く ま 、 て 積 え も づ 。 サ あ り 、 ム か か し 地 、 度 て 同 く 東 ル る が 必 ア で が た 方 結 も し じ り 京 タ で で ず ッ す こ 。 都 局 経 ま よ が か ン し き し プ 。 れ 多 市 は 済 い う 行 ら ト か 様 の 東 性 ま な わ ょ て も で 日 は ら 性 衰 京 も し 風 れ う い 多 や 本 ほ 、

ン ト の も の で あ っ て 、 都 市 自 体 の も の

っ て も 、 そ の ユ ニ ー ク さ は コ ン サ ル タ



な か に は 個 性 的 な コ ン サ ル タ ン ト が あ

︵ 笑 ︶

て い く し か な い と 思 い ま す 。

れ わ れ は 持 続 的 開 発 ︵ サ ス テ イ ナ ブ

う と し て い る の で す 。 同 じ こ と を 、 わ

と で 生 活 が 成 り 立 つ シ ス テ ム を 考 え よ

と が あ る の で 、 包 み こ ん で 保 全 す る こ

壊 し 、 地 域 社 会 を 崩 壊 さ せ て し ま う こ

デ ベ ロ ッ プ メ ン ト だ け で は 、 環 境 を 破


環 境 や サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 学 生 を

は そ の あ た り が も っ と 連 続 的 な た め に 、

の す ご く 大 き い で し ょ う 。 ア メ リ カ で

興 武 か の す 気 花 じ 方 企 が 学 た ナ  住 て ビ 問 テ い リ 題 ィ の  内 。 流 。 が  木 の が 業 向 ん だ ビ ベ 動 ア あ よ き は こ で と リ ア な テ が 学 ン 日 性 メ っ 環 う ち 、 う き い テ リ い ィ あ だ チ 本 が リ て 境 で ん 昔 に た っ ィ ゾ よ 学 り け ャ で 高 カ も 関 す と か は 人 て 学 ナ う を 、 で ー は い で 仕 連 が し ら あ 材 い で 州 に 受 社 は 企 、 こ 需 事 全 ⋮ て あ る を ま 卒 立 感 け 会 就 業 既 と 要 が 体 ⋮ い る の 求 し 業 大 じ 入 の 職 と 存 も が 少 で 。 て 学 で め た し 学 ら れ 方 と の の あ あ な も 安 問 し る 。 た で れ る で い ギ 大 る る い 、 心 分 ょ 企 新 ら は ま 機 、 う ャ 手 の の の 学 だ 野 う 業 し 引 、 す が サ と ッ 企 で は が 生 と の 。 マ い く サ 。 ま ス こ プ 業 し 、 実 に い 学 日 イ 分 手 ス だ テ ろ が と ょ 仕 情 は う 生 本 ン 野 あ テ 熟 イ で も 新 う 事 で 人 感 の の ド を ま イ し ナ は

す く な る の で は な い か 。 従 来 の 経 済 学

て 、 そ の こ と で 、 他 の 学 問 と 融 合 し や

ナ ビ リ テ ィ の 色 合 い が 濃 く な っ て い っ

く 、 ど の 学 問 で も だ ん だ ん と サ ス テ イ

む ︶ だ と 聞 き 、 面 白 い と 思 い ま し た 。

発 ︶ の 反 対 は エ ン ベ ロ ッ プ メ ン ト ︵ 包

季 大 大  崎 会 が 六 あ 月 り に 、 北 デ 大 ベ で ロ 国 ッ 際 プ 開 メ 発 ン 学 ト 会 ︵ の 開 春

ィ の 色 に 全 面 的 に 塗 り 替 え る の で は な

私 の イ メ ー ジ で は 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

地サ 域ス のテ 可イ 能ナ 性ビ をリ 引テ きィ 出学 すは

て し ま う 恐 れ が な き に し も あ ら ず で す 。

て き た 従 来 の 考 え 方 と 似 た よ う に な っ

を 目 指 す と 、 学 問 の 細 分 化 を も た ら し

発 展 さ せ 、 学 生 を 社 会 に 送 り 出 す 方 向

を つ く っ て 、 新 た な 学 問 と し て 構 築 し

ょ 場 発 関 ス 一 ナ う 思 受 た う を 支 や テ 番 ビ と い け だ か 求 援 国 イ ス リ 、 ま 入 、 。 め を 際 ナ ム テ 開 す れ サ て し N ビ ー ィ 発 。 る ス い て G リ ズ の 協 国 土 テ く い O テ の 色 力 連 壌 イ と る 、 ィ よ で や 大 が ナ い と 企 学 う 染 国 学 あ ビ い こ 業 の な め 際 で る リ の ろ で 学 気 変 開 の の テ で な も 生 が え 発 私 で ィ は ど 途 は し て を の は 学 な に 上 、 ま い サ 経 な の い 活 国 国 す く ス 験 い 専 で 躍 の 際 。 の テ で か 攻 し の 開 機 サ が イ い と

時 点 で 染 ま っ た こ と に な る の で し ょ う 。

ィ 学 の フ ァ ン に な っ て く れ れ ば 、 そ の

だ っ た と 気 づ い て 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

が や っ て い る の も サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

念 を 出 す こ と で 、 そ う い え ば 自 分 た ち

わ れ わ れ が サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 理

っ た と い う ケ ー ス も 多 い と 思 う の で す 。

て み る と 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 で あ

同 の 試 み を し て い て 、 そ れ は よ く 考 え

ま す 。 そ れ ぞ れ の 分 野 が さ ま ざ ま な 協

学 花 が  木 ゼ ロ そ か の ら と 染 き め に る サ の ス で テ は イ な ナ い ビ と リ 思 テ い ィ

で 融 合 し や す く な る と 思 う の で す 。

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 色 に 染 ま る こ と

と 工 学 で は 融 合 は 難 し く て も 、 両 者 が




の 参 入 も 認 め 、 地 場 産 業 的 な 企 業 が 地

な が っ て い き ま せ ん 。 農 林 業 に も 企 業

れ ま せ ん が 、 次 の 世 代 の ビ ジ ネ ス に つ

が い わ れ ま す 。 そ れ は 当 面 有 効 か も し

払 い で 何 と か 維 持 し よ う と い っ た こ と

中 山 間 地 域 の 農 業 を 、 農 家 へ の 直 接 支

描 か れ て い な い の が 現 状 で す 。 例 え ば 、

処 療 法 に 終 始 し 、 長 期 的 な ビ ジ ョ ン が

緊 の 問 題 が 山 積 し て い て 、 短 期 的 な 対

林 業 の 現 実 は 、 過 疎 化 ・ 高 齢 化 な ど 喫

町 で わ れ わ れ は プ ロ ジ ェ ク ト を 始 め て

北 海 道 は 確 か に 恵 ま れ て い ま す 。 下 川

ル 大 ギ  崎 ー を 農 集 林 め 業 る は 産 基 業 本 で 的 す に 。 広 そ く の 薄 点 く で エ 、 ネ

の で し ょ う か 。

農 業 ・ 林 業 が 広 が っ て い く 兆 し は あ る

で は な い か と 思 う の で す が 、 北 海 道 で

る と 、 北 海 道 は 条 件 に 恵 ま れ て い る の

地 域 が 活 性 化 す る よ う な 姿 を 描 く と す

で は な く て 、 そ の 地 域 の 自 然 を 活 か し 、

場 花 に  木 な る 農 の 業 か の も 効 し 率 れ 化 な を い 求 け め れ れ ど ば 、 植 そ 物 う 工

い ま す 。

ー ル と し て 、 わ れ わ れ は 里 山 工 学 を 提

北 海 道 の 農 業 を 持 続 的 に し て い く ツ

な り つ つ あ り ま す 。

同 様 の 取 り 組 み が 北 海 道 の い ろ い ろ な

た 作 物 を 外 へ 売 れ る 可 能 性 が あ り ま す 。

し に 、 そ の 土 地 の 自 然 だ け か ら つ く っ

エ ネ ル ギ ー を 外 か ら も っ て く る こ と な

に も 活 性 化 さ せ つ つ あ り ま す 。 ま た 、

セ ッ ト は こ の 地 域 を 経 済 的 に も 文 化 的

き 始 め た 森 林 認 証 制 度 や カ ー ボ ン オ フ

て 有 利 な 経 済 活 動 が 可 能 と な っ て き ま



と こ ろ で 始 ま っ て い て 、 新 し い 流 れ に

上 前 か ら い っ て き ま し た 。 し か し 、 農

日 武 本  内 の 農 私 林 も 水 、 産 地 業 球 を 環 救 境 う 問 と 題 、 は 一 皮 〇 肉 年 に 以 も

域 に 対 し て 責 任 を も つ よ う な こ と を 、

す 。 実 際 、 二 酸 化 炭 素 削 減 の た め に 動

て い け る と 楽 観 的 に 考 え て い ま す 。

ャ ン ス 、 む し ろ サ ス テ イ ナ ブ ル に な っ

に 達 す る の は 、 日 本 に と っ て は い い チ

悲 観 し て い な く て 、 エ ネ ル ギ ー が 限 界

よ う に 誘 導 し て い く の か 。 私 は あ ま り

業 の シ ス テ ム を 、 ど の よ う に 成 り 立 つ

物 工 場 は 補 助 的 な も の で し か な い と 思

が 大 、  崎 穀 物 野 を 菜 つ を く つ る く の る は の 不 に 可 は 能 い で い す の 。 で 植 す

の 植 物 工 場 が 注 目 さ れ て い ま す よ ね 。

て 、 徹 底 的 な 省 資 源 ・ 省 エ ネ ル ギ ー 型

に 対 し て 、 工 学 的 な 解 の 出 し 方 も あ っ

も っ と も 、 一 方 で 、 こ れ か ら の 農 業

騰 と 二 酸 化 炭 素 削 減 義 務 に よ り 、 極 め

ギ ー 自 立 型 地 域 社 会 は 、 化 石 燃 料 の 高

る こ と が で き ま す 。 こ の よ う な エ ネ ル

る エ ネ ル ギ ー 自 立 型 地 域 社 会 を 構 想 す

ス エ ネ ル ギ ー 資 源 と 小 型 水 力 発 電 に よ

う と し て い ま す 。 こ こ で は 、 バ イ オ マ

に 必 要 な エ ネ ル ギ ー を 地 域 で 生 み 出 そ

経 済 的 に 成 り 立 な く な っ て し ま っ た 農

産 し な い と い け な く な り ま す 。 い ま は

し ょ う か 。

こ れ か ら は 考 え て い く べ き で は な い で

し て 、 ハ ウ ス 栽 培 な ど 農 業 や 地 域 暖 房

い ま す 。 町 が 豊 か な 森 林 資 源 を 利 活 用


し 花 ょ そ と い テ 中 ル て  住 に る 置 脆 を 個 ��� ょ  木 う れ な ろ イ で で い も と し 弱 提 性 は う 。 は る い ナ 同 わ け ブ そ 考 て 性 唱 を な け 全 他 と ろ ビ じ か ば ル う え い を し 浮 い ど 体 に 、 な リ こ り い ド い て く む て か こ は 一 場 テ と や い ー う い こ し い び と 、 の 個 枠 あ つ 所 ィ が す と ザ 工 ま と ろ ま 上 も 別 組 ま の で と 行 く い ー 夫 す で 活 す が あ の み り よ 違 い わ て う で を 。 、 か 。 ら り 部 は 適 い う う れ 、 の 一 し こ 都 し 都 せ ま 分 適 用 方 こ 視 た だ は 気 な れ 市 、 市 る す ま 用 で 法 と 点 の か 非 呵 さ ま の そ に 都 。 で で き が を で で ら 常 成 す で 個 こ あ 市 私 適 き な あ し 考 す こ に に ぎ は 性 に る の は 用 る い っ な え 。 そ シ 開 で あ が 緑 自 あ 自 し の で て さ て サ 日 ン 発 す ま 出 を 然 り 然 た で し も い 、 ス 本 プ し 。 り せ 配 の 方 の 、

四 角 形 や 円 形 と い っ た 自 然 と は 無 関 係

で 武 あ  内 っ た フ 庭 ラ 園 ン は ス 整 な 形 ど 式 ヨ 庭 ー 園 ロ と ッ い パ っ で て 主 、 流

ら や は り 個 性 が な く な っ て し ま う 。

制 / 国 際 的 調 和 / テ ク ノ ガ ー デ ン / 適

オ を 四 つ 挙 げ て い ま す 。 権 力 に よ る 統

ポ ー ト が あ り ま し て 、 環 境 政 策 シ ナ リ

コ 大 シ  崎 ス テ 国 ム 連 ・ が ア つ セ く ス っ メ た ン ミ ト レ の ニ 分 ア 厚 ム い ・ レ エ

可 能 性 を 引 き 出 し て い く の で す 。

れ と そ れ ぞ れ の 土 地 の 個 性 を つ な い で

に は 、 自 然 を 活 か す 原 理 が あ っ て 、 そ

ネ ー ム が つ け ら れ ま し た 。 彼 の 頭 の 中

イ パ ビ リ テ ィ ・ ブ ラ ウ ン と い う ニ ッ ク

か ら は 難 し く な っ て 、 日 本 の な か で 生

農 産 物 を 輸 入 に 頼 っ て き た の が 、 こ れ

ス ト が か か る よ う に な り ま す 。 日 本 は

動 か す の に も 運 搬 す る の に も 大 き な コ

き た か ら で し ょ う 。 農 業 で い う と 、 化

と に 基 づ い た 社 会 や 経 済 構 造 に 限 界 が

ギ ー は 無 尽 蔵 で 安 く 手 に 入 る と い う こ

う に な っ た の は 、 資 源 、 と く に エ ネ ル

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ が 考 え ら れ る よ

石 エ ネ ル ギ ー が 減 っ て く れ ば 、 機 械 を

可 能 性 ︶ が あ る と い う の が 口 癖 で 、 ケ

こ の 土 地 に は ケ イ パ ビ リ テ ィ ︵ 能 力 、

う 造 園 家 で し た 。 彼 は 、 現 地 を み て 、

一 人 が 、 ラ ン セ ロ ッ ト ・ ブ ラ ウ ン と い

風 景 式 庭 園 に あ り ま す 。 そ れ を 進 め た

も 、 現 在 の 都 市 公 園 の 原 型 は イ ギ リ ス

ュ ー ヨ ー ク の セ ン ト ラ ル パ ー ク に し て

嫌 う ﹂ と い う 有 名 な 言 葉 が あ っ て 、 ニ

庭 園 が 誕 生 し ま し た 。 ﹁ 自 然 は 直 線 を

あ る と き か ら 、 自 然 を 尊 重 す る 風 景 式

服 型 の 庭 園 で し た 。 そ れ が イ ギ リ ス で

な 造 景 を 施 し た も の で 、 い わ ば 自 然 征

要 が あ る と 思 い ま す 。

リ テ ィ 学 の 側 か ら は 強 く い っ て い く 必

え な け れ ば い け な い と 、 サ ス テ イ ナ ビ

く 、 統 合 し た も の と し て 生 態 管 理 を 考

別 々 の カ テ ゴ リ ー と し て み る の で は な

し か し 、 そ の よ う な 四 つ の シ ス テ ム を

態 系 を 安 定 化 さ せ よ う と い う 考 え で す 。

引 っ く る め て 複 合 的 シ ス テ ム と し て 生

な 生 態 系 で は な く 、 農 業 や 林 業 な ど も

と い う 発 想 で 、 適 応 的 モ ザ イ ク は 単 純

先 端 的 な 技 術 で 生 態 を 管 理 し ま し ょ う

応 的 モ ザ イ ク で す 。 テ ク ノ ガ ー デ ン は




い ま の 国 民 感 情 を み る と 、 誰 も 、 何

の 働 い て い る 人 が 文 句 を い う ︵ 笑 ︶

ば い い の で し ょ う け ど 、 そ れ で は 少 数

は  住 遊 ん 理 で 想 暮 は ら 、 せ 少 る 数 ぐ だ ら け い が の 働 社 い 会 て で 、 あ あ れ と

け な い で し ょ う 。

か の 貢 献 を し て い く 場 所 が な け れ ば い

高 花 齢  木 者 で 労 も 働 若 す 者 る で か も ど 、 う 社 か 会 は に 別 な に に し が て し も 、

で  住 し ょ 労 う 働 。 者 も そ ん な に は い ら な い わ け

で 花 ⋮  木 ⋮ 。 労 働 者 層 が 減 っ て い く の が 問 題

サステナクイズ① (クイズのジャンル:温暖化対策 レベル:初級)

く ら な く て い い ⋮ ⋮ 。

で し ょ う 。 道 路 の よ う な モ ノ は も う つ

い い と す る な ら 話 は 随 分 と 違 っ て く る

二  住 一 〇 日 〇 本 年 の に 将 人 来 口 の が 姿 四 を 〇 ど 〇 う 〇 描 万 く の の 国 か で 、

な い の で し ょ う か 。

ん の 仕 事 を 作 り 出 す よ う な こ と は で き

全 体 と し て 効 率 を よ く し 、 で も た く さ

く 人 は 最 大 限 ま で 働 か さ れ て い ま す 。

ター! コマス

エ 目指せ

問1 1988 年に設立された IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が行って いることとして,あてはまらないのはどれ? (1)温室効果ガスの大気中の濃度の予測 (2)気候変動を緩和する対策 (3)人間の平均年齢の調査 (4)「気候変動による自然システムへの影響」の研究 問 2 京都議定書に規定されている温暖化防止策のうち,CDM の D は 何という単語の略? (1)Decision (2)Destroying (3)Design (4)Development 問 3 毎年夏に話題になる「クールビズ」の目的は何? (1)エアコンの代わりに扇風機を使う (2)エアコンの温度を 28℃に設定 (3)ネクタイをつけない (4)床に氷を敷き詰める 問 4 京都議定書が発効されたのはいつ? (1)1997 年 (2)2005 年 (3)1965 年 (4)1989 年



(答えと解説は 19 ページ)  


め に 、 今 度 は 全 部 国 産 で 自 給 す べ き で

ま 武 は  内 あ ま 食 り 料 に や 輸 木 入 材 に の 頼 問 り 題 す に ぎ つ て い い て る 、 た い

日サ 本ス のテ 強イ みナ をビ 明リ らテ かィ に学 すは る

い く こ と が 可 能 と な る で し ょ う 。

に い っ そ う 農 業 や 林 業 を 活 性 化 さ せ て

て い け ば 、 北 海 道 と し て 赤 字 に な ら ず

で つ く っ て 機 械 類 の 自 己 調 達 率 を 高 め

中 小 企 業 で で き る シ ス テ ム を 里 山 工 学

大 論 済 崎 理 的   が ・ 食 必 地 料 要 域 自 で 的 給 す に に 。 活 関 性 し 化 て し い て う い と く と 、 ヨ い ー う

日 本 の 魅 力 を 高 め れ ば 高 め る ほ ど 、 経

て す べ て の 産 業 で 、 日 本 の 強 い と こ ろ 、

性 化 は 語 れ ま せ ん 。 農 林 水 産 業 も 含 め

国 と の 関 係 を 抜 き に こ れ か ら の 地 域 活

け ま せ ん 。 東 ア ジ ア 、 と く に 中 国 や 韓

活 性 化 し て い く イ メ ー ジ は な か な か 描

本 の 社 会 だ け を み て い た の で は 地 域 が

人 口 減 少 と 高 齢 化 が 進 む な か で 、 日

て す む よ う に し て き た た め に 、 仕 事 を

を 過 ぎ た 人 た ち が 増 え て き て き ま す 。

り 花 、  木 そ の 若 一 い 方 人 で た 、 ち 高 の 齢 就 社 職 会 難 で の 、 現 六 状 五 が 歳 あ

と が 戦 略 と し て 大 事 で す 。

う な 新 し い シ ス テ ム を つ く っ て い く こ

て い る 人 た ち を そ ち ら に 回 し て い く よ

を 変 え て 農 業 に 投 資 し 、 都 市 で 失 業 し

給 率 を 上 げ る の は 難 し い け れ ど 、 発 想

切 ら れ て 働 け な い 人 が い て 、 逆 に 、 働

日 本 の 社 会 は 、 効 率 化 し て 人 が 少 な く

入 す る た め に 生 じ て い る の で 、 地 域 の

構 造 に な っ て い ま す 。 赤 字 は 機 械 を 購

そ れ を 国 か ら の 補 助 で 補 っ て い る 経 済

実 は 収 支 を と る と 二 兆 円 ほ ど の 赤 字 で 、

に し て い く 必 要 が あ り ま す 。 北 海 道 は 、

な ど も 地 域 の な か で 物 質 循 環 す る よ う

ズ の プ ラ ン ト に し て 、 分 解 さ れ た 液 肥

は し な い で 、 そ こ の 地 域 に 合 っ た サ イ

く か ら も 原 料 を 集 め て く る よ う な こ と

ラ ン ト も 、 大 き な も の を つ く っ て 、 遠

唱 し て い ま す 。 例 え ば バ イ オ ガ ス の プ

の 体 質 強 化 に つ な が る と 思 い ま す 。

を 目 指 し て い け ば 、 日 本 の 農 林 水 産 業

売 れ て い ま す 。 そ の よ う な 価 値 の 向 上

日 本 の 木 材 は 中 国 の マ ー ケ ッ ト で 高 く

海 外 に 売 り 出 せ て い ま す 。 品 質 の よ い

で も 果 物 で も 品 質 の い い も の は い ま も

農 林 水 産 業 で 勝 負 す べ き で し ょ う 。 米

あ り え ま せ ん 。 日 本 は 高 付 加 価 値 型 の

経 済 社 会 で 鎖 国 に 向 か う よ う な こ と は

し か し 、 こ れ だ け グ ロ ー バ ル 化 さ れ た

あ る と い っ た 極 端 な 議 論 が 出 て き ま す 。

セ ン ト に ま で 下 が り ま し た 。 急 激 に 自

ぎ 込 み 、 そ の 結 果 、 自 給 率 が 四 〇 パ ー

す よ う な 農 業 を や め る 方 向 に お 金 を つ

で す 。 日 本 は 、 休 耕 す る と 補 助 金 を 出

し て い な い と い う 意 識 が 強 く あ る た め

そ れ は 、 食 料 を 自 給 で き な い 国 は 自 立

ろ い ろ な 政 策 を と っ て き た か ら で す 。

立 っ て い る の は 、 農 業 を 守 る 姿 勢 で い

半 分 ぐ ら い し か な い の に 経 済 的 に 成 り

し か し 、 本 来 の 土 地 生 産 力 で は 日 本 の

ロ ッ パ の 国 々 は 概 し て 自 給 し て い ま す 。




い 自 然 と の 付 き 合 い を 提 案 し て い く 工

ー ル し た 方 が い い と す る よ う な 、 新 し

す る よ り も 、 木 を 植 え て 水 を コ ン ト ロ

例 え ば ダ ム を 造 っ て 水 を コ ン ト ロ ー ル

組 み 込 む と い う の は 、 生 態 系 を 評 価 し 、

も 組 み 込 ん だ 工 学 が 大 事 で す 。 自 然 を

れ か ら は 社 会 も 組 み 込 ん だ 工 学 、 自 然

工 大 業  崎 部 品 今 だ ま け で で の 考 シ え ス て テ い ム た 工 け 学 れ は ど や 、 は こ り

観 点 は 欠 か せ な い は ず で す 。

ま せ ん 。 そ こ に サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の

ロ ー バ ル な 枠 組 み を 考 え な け れ ば な り

サステナクイズ② (クイズのジャンル:自然保護 レベル:初級)

は 目 指 し て き た の で す 。 こ れ か ら は グ

の 中 で 利 益 が 出 る よ う な 最 適 化 を 日 本

ど こ か 外 か ら 降 っ て き て 、 そ の 枠 組 み

先 生 が い う よ う に 、 大 き な デ ザ イ ン は

不 得 意 で す 。 前 の 東 大 総 長 の 小 宮 山 宏

グ ロ ー バ ル な 枠 組 み を 出 し て い く の が

占 め て い る 例 も あ り ま す 。 そ の 一 方 で 、

ー バ ル な シ ェ ア で 五 割 、 六 割 を 一 社 で

た  住 部 品 日 メ 本 ー に カ は ー 非 が 常 存 に 在 優 し 秀 て な い 技 て 術 、 を グ も ロ っ

ター! コマス

エ 目指せ

問 5 人里に近い集落周辺の低山地帯の雑木林や竹林,ため池,棚田なども 含めた生活エリアのことをなんという? (1)鬼山 (2)富士山 (3)里山 (4)険山 問 6 次のうち,2009 年時点でラムサール条約に登録されているものはどれ? (1)十和田湖 (2)阿寒湖 (3)猪苗代湖 (4)霞ヶ浦 問 7 絶滅が危惧されるツシマヤマネコの減少の理由の一つは,人と自然の距 離が離れたことで何が起こったから? (1)餌の人間が見つけにくくなったから (2)餌のニンジンが見つけにくくなったから (3)農地で繁殖する小動物が減ったから (4)水浴びする用水路が減ったから 問 8 1961 年に設立された世界最大の民間自然保護団体は次のうちどれ? (1)グリーンピース (2)日本野鳥の会 (3)世界自然保護基金(WWF) (4)国際自然保護連合(IUCN)



(答えと解説は 19 ページ) 


と 花 強  木 い の 何 だ か け ツ ど ー 、 ル サ み ス た テ い イ な ナ も ビ の リ が テ あ ィ る

イ ン を す る 技 術 の 体 系 で す 。

向 上 し て い け る よ う に す る た め の デ ザ

有 機 的 に 結 び つ け 、 か つ 人 間 の 福 利 を

を 、 よ り 循 環 的 、 省 資 源 的 に な る よ う

だ 武 と  内 思 っ キ て ー い ワ ま ー す ド 。 は 異 社 な 会 る シ 社 ス 会 テ の ム 要 技 素 術

は ま だ 必 ず し も で き て い な い で す よ ね 。

テ ィ 学 と し て 、 そ の あ た り の 理 論 づ け

か と い う 問 題 で す ね 。 サ ス テ イ ナ ビ リ

利 益 を 得 て 、 結 果 と し て 少 数 の 人 で も

を 武 大  内 量 に 従 生 来 産 の し 産 て 業 価 は 格 、 を あ 下 る げ 特 、 定 そ の れ 品 で 目

や っ て い け る 道 は な い の で し ょ う か ?

は な い の だ ろ う か ? ひ っ そ り と 長 く

る 。 こ れ で は 先 が な い 。 も っ と 別 の 道

で 、 安 く し て 拡 大 し て い こ う と し て い

拡 大 を 狙 っ て き た 。 い ま は 値 引 き 競 争

な い で し ょ う か 。 日 本 は こ れ ま で 量 的

を 立 て い く こ と に 日 本 が 弱 い か ら で は

る  住 の は 高 、 齢 グ 化 ロ に ー し バ て ル も な 、 経 そ 済 れ の が ビ 不 ジ 安 ョ で ン あ

産サ 業ス をテ 横イ にナ つビ なリ げテ てィ い学 くは

っ て い ま す 。

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 に 強 い 関 心 を も

丸 の 内 で 企 業 の 方 々 に こ の よ う な 話 を

え る の が サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 で す 。

す 。 そ の 設 計 原 理 の よ う な と こ ろ を 考

行 政 も 変 わ り 、 技 術 の 体 系 も 変 わ り ま

す 。 そ う す れ ば 、 産 業 の 形 態 が 変 わ り 、

そ う い う 仕 組 み を つ く っ て い く べ き で

す る と か 、 材 料 を 循 環 利 用 す る と か 、

つ な い で エ ネ ル ギ ー を カ ス ケ ー ド 利 用

い ま し た が 、 産 業 は こ れ か ら は 横 に つ

す る と 熱 心 に 聞 い て く れ ま す 。 企 業 も

ダ 花 す が い だ で だ る い も ー  木 。 な か と 得 、 人 ��� 信 い ら 、 す 温 は よ 用 間 と 、 疑 る 暖 そ う で で 利 思 裏 う よ 化 の に き ど 害 う に 。 う 対 裏 思 な の が よ 共 。 金 金 な 策 で え い こ も も こ を 商 ま と う 通 れ う う と 声 売 す い に で は け け を 高 を 。 う 合 な 不 の 至 考 に 考 食 感 意 い 健 話 上 え 語 え 料 じ 形 ス 全 が 主 て る て 危 が 成 テ な な 義 い 人 い 機 蔓 し ー こ い 者 る は る を 延 て ク と は が は そ は あ し い ホ で ず 多 ず れ ず お て く ル

な が っ て 、 あ る 企 業 と 別 の 企 業 が 手 を

地 域 の な か で 有 機 的 に つ な げ る と い

れ て き ま し た 。

ラ ウ ン ド を つ く る こ と で す 。

題 に チ ャ レ ン ジ し て い く 知 的 バ ッ ク グ

だ か ら 、 本 当 に 大 切 な の は 、 新 し い 課

問 題 に チ ャ レ ン ジ す る こ と で し ょ う 。

で  住 、 そ や こ は か り ら ケ 得 ー ら ス れ ス た タ ス デ キ ィ ル を で 積 、 み 次 重 の ね

学 は 何 を も て ま す か 。

一 つ の 産 業 に 特 化 し た 技 術 体 系 が 築 か

化 学 工 学 が 化 学 産 業 を 支 え る よ う に 、

す る 役 所 の 窓 口 も 分 か れ 、 学 問 の 方 も 、

産 業 が 分 か れ て い る か ら 、 そ れ に 対 応

の よ う な 合 理 化 を 図 っ て き た わ け で す 。

や っ て い け る 合 理 化 の 体 質 を 獲 得 し て

き ま し た 。 そ れ ぞ れ の 職 種 ご と に 、 そ




サステナクイズの答えと解説 これらの問題と解説は,東京大学サステイナビリティ学 連携研究機構(IR3S),地球持続戦略イニシアティブ (TIGS)が作成した『エコトレ』から選びました.『エ コトレ』には 10 ジャンル,3 種類の難易度で 4500 問 以上が収録されています. 問 1 正解は(3).IPCC は,各国の専門家が集まり,地球温暖化に関わる知見 の収集と整理を行い報告する.90 年に第一次報告書,95 年に第二次報告書, 2001 年に第三次報告書,2007 年に第四次報告書が発表された. 問 2 正解は(4).CDM は Clean Development Mechanism の略で,日本語で はクリーン開発メカニズムという.先進国が温室効果ガス削減プロジェクトを 開発途上国で実施し,そこで生じた削減分の一部を先進国が自国の削減分とし て得られる仕組みである. 問 3 正解は(2).温室効果ガス排出量削減のために,夏のエアコンの温度設定 を 28℃に.そんなオフィスで快適に過ごせるための夏のビジネススタイルが 「COOLBIZ(クールビズ)」である. 問 4 正解は(2).1997 年に議決したが,締約国数が 55 カ国以上,かつ締約 国の温室効果ガス排出量の合計が先進国全体の 55%以上という二つの発効条 件を満たしていなかったために効力はなかった.2004 年にロシア連邦が批准 したことにより,2005 年 2 月 16 日に発効された. 問 5 正解は(3).つまり里山とは,都市と自然の間にあって,人が利用してい る森林を含めた地域のことを指す.里山はかつて人間の生活と密着していて, 食料や薪,木材など生活に必要なものを供給してくれた. 問 6 正解は(2).ラムサール条約とは,水鳥の生息地として国際的に重要な湿 地を各国が登録して,その保護と賢明な利用をはかることを目的としている. 問 7 正解は(3).かつての農地が植林地になり,そこに繁殖していたねずみ等 の餌になる小動物が減少したことがツシマヤマネコ減少の理由の一つである. 地元有志による「ツシマヤマネコを守る会」では休耕地を農地に復活させる試 みを行っている. 問 8 正解は(3).100 を超える国々で活動する世界最大の自然保護 NGO(非 政府組織)である WWF は,主に絶滅の危機にさらされた動植物の保護に取り 組んできたが,最近では貴重な生物を含む生態系そのものの保全全般に力を入 れている.また,気候変動,地球温暖化,有害物資による汚染などを防止する 活動も行っている.




私 が い ま イ メ ー ジ し て い る の は 、 お

が 武 解  内 決 で う き ま る く ⋮ す ⋮ れ 。 ば 世 界 の 四 割 の 問 題

い る の で す 。

モ ン ス ー ン 地 域 に は 世 界 の 四 割 人 口 が

性 化 す る こ と に 役 立 っ て い ま す 。 日 本

っ て い ま す 。 ア フ リ カ な ど で 地 方 を 活

V O P と い う 運 動 に な っ て 世 界 に 広 が

て 、 ワ ン ビ レ ッ ジ ワ ン プ ロ ダ ク ト 、 O

J 大 I  崎 C A 一 ︵ 村 国 一 際 品 協 運 力 動 機 が 構 大 ︶ 分 が で 取 始 り ま 上 り げ 、

出 せ る シ ス テ ム を 組 ん で い く こ と で す 。

圧 大 倒  崎 的 な モ メ ン リ ス ッ ー ト ン で 地 、 域 そ に の 水 メ が リ 多 ッ い ト の が は

可 能 性 の 原 理 だ と い わ れ て い ま す 。

返 し が 何 千 年 も 水 田 が 続 い て き た 持 続

水 を 抜 く と 酸 化 状 態 に な り 、 そ の 繰 り

に あ る わ け で す が ⋮ ⋮ 。

で し ょ う か 。 な か に は 変 な 人 も い て 、

で き て い な い の が 日 本 の 問 題 で は な い

こ  住 に 投 地 資 方 し に て 潜 大 む き 可 く 能 す 性 る を よ 見 う 抜 な い こ て と 、 が そ

成 功 と 失 敗 の ポ テ ン シ ャ ル は 両 方 と も

み 武 で  内 す ね 水 。 田 水 は を 本 張 来 る 極 と め 還 て 元 循 状 環 態 型 に の な 仕 り 組 、 き る は ず で す 。

な る 可 能 性 が あ り ま す 。

ス ー ン 地 域 に 共 通 す る 生 産 シ ス テ ム に

も ア メ リ カ 型 で も な い 、 ア ジ ア の モ ン

が 提 唱 で き る な ら ば 、 ヨ ー ロ ッ パ 型 で

し い 工 学 に 基 づ く 生 産 シ ス テ ム を 日 本

里 山 工 学 の よ う な 自 然 を 組 み 込 ん だ 新

ア ジ ア の モ ン ス ー ン 地 域 に 共 通 で す 。

沃 で 、 降 水 量 が 多 く 、 こ の 自 然 条 件 は

学 で す 。 日 本 に は 山 が あ り 、 土 地 が 肥

大 学 は も っ と も っ と 大 き な 力 を 発 揮 で

い ま す 。 地 方 大 学 は 非 常 に 大 切 で す 。

原 理 で 、 当 て は め 方 は 地 域 に よ っ て 違

で は な く 、 そ れ は あ く ま で も デ ザ イ ン

て い く こ と で す 。 日 本 の 技 術 そ の ま ま

地 方 か ら ア ジ ア や ア フ リ カ へ と 展 開 し

ベ ン チ ャ ー ビ ジ ネ ス が 生 ま れ 、 日 本 の

本 の 地 方 大 学 か ら 発 信 さ れ 、 そ こ か ら

っ し ゃ る よ う な 里 山 工 学 的 な 技 術 が 日

い ま す 。

い く の が サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 だ と 思

根 幹 の 人 間 の 活 動 を 賢 い も の に 変 え て

の 社 会 を つ く っ て し ま い ま し た 。 そ の

根 幹 の 活 動 が 持 続 可 能 と は い え な い 今

動 花 の  木 根 幹 モ だ ノ と を 思 つ い く ま っ す て 。 い け く れ の ど は も 人 そ 間 の 活

性 は い ろ い ろ に あ る と 思 い ま す 。

の 地 方 発 で 、 世 界 に 広 げ て い け る 可 能




は 夜 間 電 力 を 使 え ば な ん と 一 円 。 ガ ソ

感 し た 。 一 キ ロ 走 る の に か か る 電 気 代

九 五 六 年 の フ ォ ー ド 以 来 の 快 挙 と な る 。

上 場 が 実 現 す れ ば 、 自 動 車 業 界 で は 一

証 券 取 引 委 員 会 ︵ S E C ︶ に 登 録 し た 。

立 七 年 目 に し て 新 規 株 式 上 場 計 画 を 米

ベ ン チ ャ ー の テ ス ラ ・ モ ー タ ー ズ は 設

二 〇 一 〇 年 一 月 二 九 日 、 電 気 自 動 車

続 距 離 は 実 に 四 八 〇 キ ロ に 達 す る 。

格 で 手 に 入 る の だ 。 最 上 級 モ デ ル の 航

ス の 電 気 自 動 車 が 五 〇 〇 万 円 を 切 る 価

る と 発 表 し て い る 。 ﹁ セ ル シ オ ﹂ ク ラ

ン ﹁ モ デ ル S ﹂ を 二 〇 一 二 年 に 発 売 す

二 番 手 と し て 、 本 格 的 な ス ポ ー ツ セ ダ

テ ス ラ は 、 ﹁ ロ ー ド ス タ ー ﹂ に 続 く

三 月 、 開 発 中 の ﹁

三 菱 自 動 車 は 二 〇 〇 九 年 七 月 、 ﹁

三 菱 ﹁

大 で 二 〇 % 近 い 削 減 が 可 能 に な る 。

﹂ に 試 乗 し

﹂ を 発 売 し た 。 私 は 二 〇 〇 八 年

﹂ と 日 産 ﹁ リ ー フ ﹂

レ ッ ド ﹂ 企 業 群 で あ る 。

の 推 進 役 は 新 興 の ﹁ ス モ ー ル ・ ハ ン ド

あ っ た が 、 二 一 世 紀 の 電 気 自 動 車 産 業

に 代 表 さ れ る 比 較 的 少 数 の 超 大 企 業 で

い 手 は 、 ﹁ ビ ッ グ ス リ ー ﹂ と い う 言 葉

二 〇 世 紀 の ガ ソ リ ン 自 動 車 産 業 の 担

は 、 正 に パ ソ コ ン 産 業 そ の も の だ 。

の 部 品 を 組 み 立 て る だ け で あ る 。 こ れ

ー は 台 湾 か ら 調 達 し 、 自 身 は 、 こ れ ら

ー は 日 本 の 大 手 電 池 メ ー カ ー 、 モ ー タ

ー ゼ ﹂ を ベ ー ス と し て 使 い 、 バ ッ テ リ

て し ま っ た 。 車 体 は ロ ー タ ス の ﹁ エ リ

風 力 発 電 な ど で 賄 う よ う に す れ ば 、 最

テ ス ラ ・ モ ー タ ー ズ

せ 型 ﹂ か ら ﹁ 単 純 組 み 立 て 型 ﹂ に 変 え

テ ス ラ は 、 自 動 車 産 業 を ﹁ す り 合 わ

量 の 一 三 % 程 度 、 さ ら に ソ ー ラ ー 発 電 、

力 発 電 に 頼 っ た 場 合 で も 日 本 の 総 排 出

動 車 を す べ て 電 気 化 す れ ば 、 充 電 を 火

減 す る ﹂ と い う 方 針 を 打 ち 出 し た 。 自

う 大 規 模 な 生 産 を 目 指 す 。

に な る 。 二 〇 一 三 年 に は 五 〇 万 台 と い

の 補 助 金 を 使 っ た 場 合 に は 二 九 九 万 円

ー カ ー 希 望 価 格 は 三 七 六 万 円 だ が 、 国

〇 万 円 の ス ー パ ー 電 気 自 動 車 で あ る 。

の 二 倍 以 上 の 三 九 〇 キ ロ 、 価 格 一 〇 〇

航 続 距 離 は ﹁

を 発 売 し た 。 加 速 は ポ ル シ ェ よ り 速 く 、

i-MiEV

テ ス ラ は 二 〇 〇 三 年 コ ン ピ ュ ー タ 技

﹁ ガ ソ リ ン 車 の 時 代 は 終 わ っ た ﹂ と 実

i-MiEV



リ ン 代 の 約 七 分 の 一 で あ る 。

i-

中 国 の 革 命 児 B Y D

の 試 験 車

日 産 も 、 二 〇 一 〇 年 末 に は ﹁ リ ー

MiEV

中 国 の ス モ ー ル ・ ハ ン ド レ ッ ド の 筆

術 者 な ど が 中 心 と な っ て 設 立 し た ベ ン

で ﹁ リ ー フ ﹂

フ ﹂ を 発 売 す る 。 私 は 二 〇 〇 九 年 八 月

i-MiEV

チ ャ ー ・ ビ ジ ネ ス だ が 、 わ ず か 五 年 後

﹂ に 試 乗 し た 。 サ イ ズ 的 に は

二 六 日 に 追 浜 工 場 に 隣 接 す る Gran-

の 二 〇 〇 八 年 初 頭 に ﹁ ロ ー ド ス タ ー ﹂

drive

﹁ プ リ ウ ス ﹂ と ほ ぼ 同 じ で あ る 。 航 続

EV-11

距 離 は ア メ リ カ 基 準 で 一 六 〇 キ ロ 。 メ

﹂ や ﹁ リ ー フ ﹂


特集

サステイナビリティ学の可能性

エッセイ

電気自動車がリードする 21 世紀の産業革命 村沢義久 むらさわ よしひさ

東京大学総長室アドバイザー (専門は低炭素社会対策)

ー カ ー で あ る 。 担 当 者 に 聞 い て み た と

て き た ガ ソ リ ン 自 動 車 か ら 電 気 自 動 車

起 こ っ て い る 。 過 去 一 〇 〇 年 間 君 臨 し

今 、 自 動 車 産 業 に 歴 史 的 な 大 転 換 が

の 小 型 車 ﹁ ナ ノ ﹂ を 発 売 し た 、 あ の メ

ー ︵ 発 売 当 時 の レ ー ト で 約 二 二 万 円 ︶

モ ー タ ー ズ 。 二 〇 〇 八 年 、 一 〇 万 ル ピ

は 、 イ ン ド の 自 動 車 メ ー カ ー 、 タ タ ・

﹁ イ ン デ ィ カ ・ ビ ス タ E V ﹂ 。 作 っ た の

大 き く 変 わ っ て い る 。

カ ー の 先 を 行 く 。 時 代 は い つ の 間 に か

新 興 自 動 車 メ ー カ ー が 日 本 の 老 舗 メ ー

早 く 発 売 さ れ る こ と に な る 。 イ ン ド の

通 り な ら 日 産 ﹁ リ ー フ ﹂ よ り 三 カ 月 も

﹂ と あ る ︵ 図 1 ︶

し て あ っ た 。 サ イ ン を 見 る と 、 ﹁

ョ ッ プ へ 行 っ て み た と こ ろ 、 車 が 展 示

二 日 目 の 夕 方 、 馴 染 み の コ ー ヒ ー シ

会 議 ﹂ に 参 加 し て い た 。

︶ の 年 次 総 会 、 通 称 ﹁ ダ ボ ス

経 済 フ ォ ー ラ ム ︵

私 は 、 東 京 大 学 総 長 に 随 行 し て 、 世 界

二 〇 一 〇 年 一 月 末 、 ス イ ス 、 ダ ボ ス 。

電 気 自 動 車

――

へ の シ フ ト で あ る 。

こ ろ 、 ﹁ 八 月 に は ノ ル ウ エ ー と イ ギ リ

World Economic

民 主 党 政 権 は 、 ﹁ 二 〇 二 〇 年 ま で に

ス で 発 売 す る ﹂ と い う こ と で あ っ た 。

Forum

二 酸 化 炭 素 を 一 九 九 〇 年 比 で 二 五 % 削

全 長 約 三 ・ 六 メ ー ト ル 。 日 産 の ﹁ マ

Tata

ー チ ﹂ と 同 じ ぐ ら い の サ イ ズ で あ る 。

Indica Vista EV

航 続 距 離 は 一 六 〇 キ ロ 。 担 当 者 の 言 う

﹁ 本 命 ﹂ 登 場

図 1 タタ「インディカ・ビスタ EV」 . (2010 年 1 月ダボスにて)




に 一 万 カ 所 準 備 す れ ば 、 合 計 で 年 産 一

く 振 れ る こ と だ 。 晴 れ た 昼 間 に は 電 力

電 気 自 動 車 と ソ ー ラ ー 発 電 の 相 乗 効

モ 創 を 〇 ー 出 一 〇 ル も 〇 万 夢 〇 台 ハ で 万 に ン は 円 な ド な と る レ い す 。 ッ 。 る 一 ド 全 と 台 企 国 、 当 業 に 一 た 群 展 兆 り を 開 円 の 育 す 産 改 成 る 業 造 し ス の 費

図 3  「目黒 1 号」モーターの取り付け. (2010 年 4 月 24 日東京都目黒区,筆者撮影)

気 自 動 車 に 搭 載 し た 大 容 量 電 池 が 使 え

ー を 確 保 す る こ と が 難 し か っ た が 、 電

る 。 こ れ ま で は 、 そ の よ う な バ ッ テ リ

に で き れ ば 電 力 会 社 の 負 担 を 軽 減 で き

テ リ ー か ら 電 気 を 取 出 し て 使 え る よ う

蓄 え て お き 、 逆 に 不 足 す る 時 に は バ ッ

し か し 、 余 剰 の 時 に は バ ッ テ リ ー に

担 に な る 。

に は 購 入 す る 。 こ れ が 、 電 力 会 社 の 負

ら い 、 夜 間 や 雨 の 日 に な ど 不 足 す る 時

が 余 剰 に な る た め 電 力 会 社 に 買 っ て も

ー 発 電 の 最 大 の 弱 点 は 、 発 電 量 が 大 き

リ ッ ド が 実 現 で き る ︵ 図 4 ︶

。 ソ ー ラ

果 を 追 求 す る こ と に よ り 、 ス マ ー ト グ

図 4 メガソーラーと電気自動車で実現するスマートグリッド.(筆者作成)



年 間 一 〇 〇 台 改 造 で き る 拠 点 を 全 国

〇 〇 台 程 度 は 不 可 能 で は な い 。

ー ン ブ ロ ッ ク も 可 ︶ さ え あ れ ば 年 産 一

ス電 マ気 ー自 ト動 グ車 リが ッ可 ド 能 に す る

産 業 革 命 ﹂ は す で に 始 ま っ て い る 。

電 気 自 動 車 が リ ー ド す る ﹁ 21 世 紀 の

可 能 に な る 。

天 井 か ら つ る す ク レ ー ン ︵ 手 動 の チ ェ

で や れ る か ら 、 車 一 台 分 の ス ペ ー ス と

作 業 員 二 ∼ 三 人 で 全 作 業 を 二 日 程 度

補 助 金 の 獲 得 を め ざ す 。

を 半 減 し 、 さ ら に 、 国 や 自 治 体 に よ る

地 方 経 済 を 活 性 化 す る 。 今 後 、 コ ス ト

集 積 し 地 域 の 蓄 電 所 を 整 備 す る こ と も

気 自 動 車 か ら 取 り 出 し た バ ッ テ リ ー を

る よ う に な る 。 今 後 は 、 廃 棄 さ れ た 電


の 電 気 自 動 車 へ の 改 造 で あ る 。

は 両 者 と も 日 本 円 換 算 で 三 〇 〇 万 円 台

る 予 定 で あ る 。 ア メ リ カ で の 販 売 価 格

年 末 に ﹁ リ ー フ ﹂ を 日 米 同 時 に 発 売 す

ド 型 の 産 業 構 造 を 構 成 し て き た 。 し か

メ ー カ ー を 頂 点 と す る 巨 大 な ピ ラ ミ ッ

デ ル の 作 業 が 進 行 中 で あ る 。

万 円 。 他 に 日 本 中 で 約 三 〇 台 の 同 型 モ

ー は 国 境 を 越 え た 対 等 な 水 平 分 業 を 行

が 崩 れ 、 完 成 車 メ ー カ ー と 部 品 メ ー カ

き る よ う に な る た め 、 ピ ラ ミ ッ ド 構 造

し か も 、 主 要 部 品 は 世 界 中 か ら 調 達 で

な る た め 、 小 企 業 の 参 入 が 容 易 に な る 。

き な プ ラ モ デ ル ﹂ と 言 え る ほ ど 簡 単 に

し 、 電 気 自 動 車 時 代 に は 、 構 造 が ﹁ 大

る の が 、 現 在 す で に 市 場 に 出 て い る 車

そ の ギ ャ ッ プ を 埋 め る た め に 考 え ら れ

炭 素 削 減 へ の 貢 献 は 微 々 た る も の だ 。

程 度 と 推 定 さ れ る 。 こ れ で は 、 二 酸 化

車 の 台 数 は 、 二 〇 一 一 年 末 で も 四 万 台

台 ︵ 二 輪 車 を 除 く ︶ 。 一 方 、 電 気 自 動

日 本 を 走 る 車 の 台 数 は 約 七 五 〇 〇 万

国 で 発 売 す る と 発 表 し て い る 。 日 産 も

な ト ル ク で 軽 快 に ﹂ 走 を る 二 。 〇 一 〇 年 に 米 B Y D は 、 ﹁

そ れ で も 、 二 台 の モ ー タ ー に よ る 強 力

体 重 量 の 三 五 % ︶ 以 上 に 達 し て い る 。

ロ 。 バ ッ テ リ ー 重 量 は 七 〇 〇 キ ロ ︵ 車

か わ ら ず 、 車 体 重 量 な ん と 二 〇 二 〇 キ

﹁ リ ー フ ﹂ と あ ま り 変 わ ら な い に も か

距 離 を 誇 る 。 車 体 全 長 は ﹁ プ リ ウ ス ﹂

﹁ る 。 ﹂ 二 は 〇 、 〇 三 九 〇 年 〇 に キ 発 ロ 表 以 し 上 た と 電 い 気 う 自 航 動 続 車

e6

︵ 図 2 ︶

で 六 に ﹁ 〇 な キ る ﹂ ロ と に の 予 勝 ﹁ 想 て リ さ る ー れ だ フ て ろ ﹂ い う は る か 広 。 。 い 航 ア 続 メ 距 リ 離 カ 一

e6

う よ う に な る

水ピ 平ラ 分ミ 業ッ へド 構 造 か ら

e6

二 〇 世 紀 型 の 自 動 車 産 業 は 、 完 成 車

頭 は B Y D オ ー ト ︵ 比 亜 迪 汽 車 ︶ で あ

図2 ピラミッド構造から水平分業へ. (筆者作成)

を 載 せ て 完 成 し た 。 改 造 費 は 約 一 〇 〇

さ ら に 後 部 座 席 を は ず し て バ ッ テ リ ー

り に 電 気 モ ー タ ー と 制 御 装 置 等 を 搭 載 、

リ ン ・ タ ン ク な ど を と り は ず し 、 代 わ

古 の 三 菱 ﹁ ミ ニ カ ﹂ 。 エ ン ジ ン 、 ガ ソ

る 車 は 、 九 万 八 〇 〇 〇 円 で 購 入 し た 中

号 ﹂ が 誕 生 し た ︵ 図 3 ︶

。 ベ ー ス に な

造 し た 手 づ く り の 電 気 自 動 車 ﹁ 目 黒 1

区 の 廃 業 し た 材 木 置 場 で 軽 自 動 車 を 改

二 〇 一 〇 年 四 月 二 九 日 、 東 京 都 目 黒

ス町 モ工 ー場 ルこ ・そ ハ日 ン本 ドの レ ッ ド




一 般 社 団 法 人 の 設 立 に 際 し て は 、 法

コサ ンス ソテ ーイ シナ アビ ムリ 設テ 立ィ の・ 経サ 緯イ エ ン ス ・

て き ま し た が 、 未 経 験 の こ と も あ り 思

ら 、 当 初 三 月 末 登 録 取 得 を 目 指 し 進 め

学 独 自 の プ ロ グ ラ ム な ど サ ス テ イ ナ ビ

﹁ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 最 前 線 ﹂ や 大



R 3 S 企 画 運 営 本 部 の よ う な 組 織 を 学

す る 新 た な プ ロ グ ラ ム が な い た め 、 I

文 部 科 学 省 な ど か ら の I R 3 S を 支 援

弁 護 士 、 行 政 書 士 な ど の 助 言 を 得 な が

し 務 た ン 団 が へ 設 や し な 人 五 ア ナ つ 一 た 局 。 ス 法 で 就 立 I た ど 登 月 ム ビ い 般 。 に 審 ・ 人 き 任 発 R 。 申 録 一 ﹂ リ て 社 お 査 コ ﹁ 、 い 起 3 I 請 に 二 と テ は 団 い も ン サ 五 た 人 S R に つ 日 い ィ 、 法 て 順 ソ ス 月 だ 、 と 3 必 い 付 う ・ 本 人 認 調 ー テ 一 く 設 関 S 要 て け 商 サ 年 の 可 に シ イ 九 な 立 係 の な は で 標 イ 一 登 登 進 ア ナ 日 ど 時 の 参 書 、 認 を エ 月 録 録 み ム ビ に 協 理 深 加 類 定 証 特 ン 一 申 が 、 ﹂ リ 法 力 事 い 大 の 款 さ 許 ス 五 請 完 五 を テ 務 い や 企 学 準 、 れ 庁 ・ 日 に 了 月 申 ィ 局 た 設 業 ・ 備 設 ま に コ ﹁ つ い 二 請 ・ に だ 立 な 協 を 立 し 申 ン サ い た 五 し サ 一 く 時 ど 力 急 趣 た 請 ソ ス て し 日 ま イ 般 こ 監 に 機 ぎ 意 。 し ー テ は ま 法 し エ 社 と 事 、 関 ま 書 法 、 シ イ 、

の 法 人 登 録 が 必 要 で し た 。 商 標 登 録 に

人 名 の 商 標 登 録 や 一 般 社 団 法 人 と し て

ま す 。 参 加 大 学 間 で は 共 通 講 義 で あ る

ム ﹂ の 維 持 と 運 営 に 関 す る 事 業 が あ り

し た 。 幸 い 申 請 後 は 法 務 局 か ら の ク レ

っ た 以 上 に 時 間 の か か る 作 業 と な り ま

し て 設 立 を 目 指 す こ と と な り ま し た 。

て 実 施 し て き た 、 ﹁ 共 同 教 育 プ ロ グ ラ

外 部 組 織 に つ い て は 、 一 般 社 団 法 人 と

京 大 学 の 五 大 学 の 大 学 院 生 を 対 象 と し

そ の 結 果 、 I R 3 S の 活 動 を 推 進 す る

大 阪 大 学 、 北 海 道 大 学 、 茨 城 大 学 と 東

最 も 適 切 な 組 織 形 態 を 検 討 し ま し た 。

I R 3 S の 参 加 大 学 で あ る 京 都 大 学 、

返 り 、 専 門 家 の 意 見 も 参 考 に し な が ら

す 。 先 ず 新 し い 人 材 育 成 に つ い て は 、

は ど の よ う な も の か と い う 基 本 に 立 ち

ゆ く 予 定 で す が 、 そ の 一 端 を 紹 介 し ま

開 を 図 る と い う 目 的 に 最 も 適 切 な 組 織

S S C は 各 種 幅 広 い 活 動 を 推 進 し て

果 を 踏 ま え て 社 会 に お い て 具 体 的 な 展

野 の 構 築 と 、 I R 3 S の こ れ ま で の 成

テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 と い う 新 し い 学 問 分

をコサ すンス るソテ のーイ かシナ アビ ムリ はテ どィ の・ よサ うイ なエ 活ン 動ス ・

立 に つ い て 調 査 し て ゆ く 過 程 で 、 サ ス

学 会 の 性 格 を 持 っ た N P O 法 人 の 設

〇 日 に 事 務 所 を 開 設 い た し ま し た 。

が あ っ た の で す 。

シ ア ム の 事 務 所 の 準 備 に 努 め 、 五 月 一

に 学 会 的 な 組 織 を 新 た に 設 立 す る 必 要

イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス ・ コ ン ソ ー

内 に 維 持 す る こ と は 難 し く 、 大 学 の 外

た 。 申 請 作 業 を 進 め る と 同 時 に サ ス テ

ー ム も な く 予 定 ど お り 認 可 を 受 け ま し


特集

サステイナビリティ学の可能性 報告

サステイナビリティ・サイエンス・ コンソーシアムの設立

浅尾修一郎

あさお しゅういちろう

東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任研究員

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス ・ 目 標 を 掲 げ ま し た 。 育 成 期 間 終 了 後 は 、

ソ ー シ ア ム で す 。

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス ・ コ ン

支 援 す る 外 部 組 織 が 、 一 般 社 団 法 人 サ

メ ン バ ー 大 学 ・ 研 究 機 関 の 連 携 活 動 を

ら な る 展 開 を 図 る た め に 、 I R 3 S の

で の 成 果 を 踏 ま え て 、 社 会 に お い て さ

構 築 を 推 進 し て き た I R 3 S の こ れ ま

ナ ビ リ テ ィ 学 と い う 新 し い 学 問 分 野 の

分 野 横 断 的 な 研 究 を 志 向 す る サ ス テ イ

広 が り を 持 ち 、 俯 瞰 的 な 視 野 に 基 づ く

リ テ ィ 学 連 合 ﹄ を 発 足 さ せ る ﹂ と い う

会 ・ N P O 法 人 と し て ﹃ サ ス テ イ ナ ビ

画 運 営 本 部 の 活 動 を 更 に 発 展 さ せ 、 学

の 目 標 の 一 つ と し て 、 ﹁ I R 3 S の 企

に 、 育 成 期 終 間 ︵ 了 二 後 〇 に 〇 お 五 け 年 る 四 組 月 織 ∼ 構 二 築 〇

し て 、 ミ ッ シ ョ ン ス テ ー ト メ ン ト の 中

連 携 研 究 機 構 ︵ I R 3 S ︶ の 設 立 に 際

二 〇 〇 五 年 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学

コな ンぜ ソサ ース シテ アイ ムナ をビ 設リ 立テ すィ る・ サ のイ かエ ン ス ・

一 〇 年 三 月 ︶

人 間 、 社 会 、 地 球 と い う ス ケ ー ル の

成 期 間 が 終 了 し ま し た 。

て き ま し た が 、 本 年 三 月 末 を も っ て 育

〇 大 学 と 一 研 究 機 関 が 協 力 し て 運 営 し

阪 大 学 、 北 海 道 大 学 や 茨 城 大 学 な ど 一

に 採 択 さ れ 、 東 京 大 学 、 京 都 大 学 、 大

術 振 興 調 整 費 ︵ 戦 略 的 研 究 拠 点 育 成 ︶

︵ I R 3 S ︶ は 、 二 〇 〇 五 年 度 科 学 技

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研 究 機 構

コサ ンス ソテ ーイ シナ アビ ムリ とテ はィ ・ サ イ エ ン ス ・

を 目 的 と し ま す 。

の 展 開 を 推 進 支 援 す る 学 術 、 科 学 振 興

ィ ・ サ イ エ ン ス の 啓 発 普 及 や 実 践 活 動

一 般 市 民 な ど へ の サ ス テ イ ナ ビ リ テ

企 業 、 地 方 自 治 体 な ど の 行 政 、 さ ら に

し た 教 育 に よ る 新 し い 人 材 の 育 成 や 、

ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス の 視 点 に 立 脚

持 続 可 能 な 社 会 形 成 に 役 立 つ サ ス テ イ

コ ン ソ ー シ ア ム ︵ S S C ︶ に お い て は 、




特集

サステイナビリティ学の可能性 ○○○○○○○○○○○○

インタビュー

新しくなった『サステナ』

『サステナ』編集長にきく

住 明正 すみ あきまさ

ず 、 研 究 者 が 知 見 を 共 有 す る 場 を 提 供 す る も

R 3 S は 実 践 を 行 う た め の 予 算 は も っ て お ら

こ れ か ら は 実 践 モ ー ド に 入 っ て い き ま す 。 I

く べ き だ と い う こ と は だ い ぶ 理 解 さ れ ま し た 。

の 重 要 性 と 、 そ れ に 向 け た 社 会 を つ く っ て い

念 を 提 唱 し て き ま し た 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 は 、 問 題 点 を 明 確 化 し 、 理

と く に 大 事 な の は 具 体 例 の 紹 介 で す 。 サ ス

い よ う な 気 が し て い ま す 。

従 来 の 古 典 的 な 学 問 の よ う な 体 系 化 は で き な

が 複 数 あ る こ と も 、 一 つ も な い こ と も あ っ て 、

ん が 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 問 題 に は 、 正 解

サ ス テ ナ く ん に は 依 然 と し て 目 鼻 が あ り ま せ

連 帯 し て い く よ う な イ メ ー ジ を も っ て い ま す 。

も 、 こ ど も が 大 き く な り 、 何 人 に も 増 え て 、

し い と 思 っ て い ま す 。 ﹃ サ ス テ ナ ﹄ の 表 紙 で

て い く 仲 間 意 識 の よ う な も の を も ち あ っ て ほ

考 え て い ま す 。 若 い 世 代 が と も に 研 究 を 進 め



と 思 い ま す 。

り や す く 発 信 す る こ と に 再 度 力 点 を 置 き た い

あ り ま し た の で 、 ま ず は 原 点 に 戻 っ て 、 わ か

研 究 者 や 学 生 か ら の 発 信 を 増 や し て い こ う と

と 移 っ て い き ま す 。 ﹃ サ ス テ ナ ﹄ で は 、 若 い

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 研 究 も 次 の 世 代 へ

い  住 る ﹃ 知 サ 識 を ス 学 テ 生 ナ や ﹄ 社 の 会 出 に 発 伝 点 え は る 、 こ 大 と 学 で の し も た っ 。 て

の 世 界 に 入 り 込 ん で 難 し く な り が ち な 傾 向 も

え た い と 思 い ま す 。 書 く 側 が 次 第 に 自 分 た ち

間 の 育 成 期 間 が 終 わ っ た の を 機 に 、 新 た に 変

マ ン ネ リ 化 す る と こ ろ が あ り ま す か ら 、 四 年

よ か っ た と 思 っ て い ま す 。 た だ 長 く 続 け る と

思 っ た 以 上 に 雑 誌 が 広 く 受 け 入 れ ら れ 非 常 に

が サ ス テ ナ く ん の こ ど も の 意 味 で す 。

う 。 未 来 が あ る と 自 覚 す る の が 大 事 で 、 そ れ

資 源 を 使 っ て や り た い 放 題 で い い わ け で し ょ

わ れ わ れ 限 り で 終 わ る の だ っ た ら 、 い ま あ る

未 来 に 対 し て 責 任 が あ り ま す 。 未 来 が な く て

過  住 去 ・ 未 現 来 在 が ・ あ 未 る 来 こ の と 時 を の い 流 い れ た の い な 。 か わ に れ い わ て れ 、 は

は ど の よ う な メ ッ セ ー ジ で し ょ う か ?

こ れ か ら の ﹃ サ ス テ ナ ﹄ が 目 指 す の は ?

――

の で す 。 ﹃ サ ス テ ナ ﹄ は I R 3 S に 集 め ら れ

――

た 知 識 を 社 会 に 向 け て 発 信 し て い く の で す 。

﹃ サ ス テ ナ ﹄ の 表 紙 に こ ど も が 登 場 し た の


普 及 や 実 践 活 動 の 展 開 が あ り 、 S S C

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス の 啓 発

ど の 行 政 、 さ ら に 一 般 市 民 な ど へ の サ

る 成 果 を 持 っ て 、 企 業 、 地 方 自 治 体 な

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス に 係 わ

振 興 調 整 費 の 育 成 期 間 に 培 っ て き た サ

ン ス の 社 会 へ の 展 開 と し て 、 科 学 技 術

次 に 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ

研 究 機 関 、 企 業 、 地 方 自 治 体 や 各 種 団

持 ち 、 協 力 を 希 望 す る 大 学 、 専 門 学 校 、

わ る I R 3 S と S S C の 活 動 に 興 味 を

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス に 係

く 会 員 を 募 集 す る こ と に な り ま し た 。

バ ー 大 学 ・ 研 究 機 関 だ け で な く 、 幅 広

展 開 し て 行 く こ と か ら 、 I R 3 S メ ン

し た 活 動 で あ っ た も の を 、 広 く 社 会 へ

研 究 機 関 な ��� 限 ら れ た 関 係 者 を 中 心 と

そ ち ら で ご 覧 に な っ て く だ さ い 。

ア ム の ウ エ ブ サ イ ト を 準 備 中 で す の で 、

ナ ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス ・ コ ン ソ ー シ

今 後 の 詳 し い 予 定 な ど は 、 サ ス テ イ

を 予 定 し て い ま す 。

究 発 表 会 と 第 二 回 シ ン ポ ジ ウ ム の 開 催

開 催 を 考 え て お り 、 本 年 度 は 二 月 に 研

て い ま す 。

適 切 な 体 制 を 検 討 し て ゆ く こ と に な っ

こ れ ま で の I R 3 S の メ ン バ ー 大 学 、 会 や 一 年 に 二 回 の 公 開 シ ン ポ ジ ウ ム の

参 加 を 希 望 す る 大 学 を 受 け 入 れ る た め 、

で 実 施 し て き ま し た が 、 今 後 は 新 た に

に な り ま す 。 こ れ ま で は 参 加 大 学 の み

コサ ンス ソテ ーイ シナ アビ ムリ のテ 会ィ 員・ 募サ 集イ エ ン ス ・ 則 と し て 、 総 会 は 毎 年 一 回 、 研 究 発 表

ウ ム を 開 催 す る 予 定 で す 。 今 後 は 、 原

設 立 の 総 会 、 お よ び 設 立 記 念 シ ン ポ ジ

必 要 で 、 S S C が そ の 役 割 を 担 う こ と

度 か ら は 、 共 同 修 了 認 定 を 行 う 組 織 が

ま し た が 、 育 成 評 価 期 間 終 了 後 の 本 年

グ ラ ム 責 任 者 の 共 同 名 義 で 授 与 し て き

は I R 3 S 機 構 長 と 各 大 学 の 教 育 プ ロ

共 同 修 了 認 定 証 は 二 〇 一 〇 年 三 月 ま で

に 共 同 修 了 認 定 証 を 授 与 し て き ま し た 。

で 参 加 で き る 仕 組 み を 構 築 し 、 修 了 者

リ テ ィ 学 に 係 わ る 講 義 に 大 学 を ま た い

提 供 す る 活 動 も 考 え て い ま す 。

各 種 団 体 と 大 学 の 間 で 検 討 を す る 場 を

課 題 に つ い て 、 産 業 界 、 地 方 自 治 体 、

紹 介 し て ま い り ま す 。 さ ら に 具 体 的 な

ビ リ テ ィ ・ サ イ エ ン ス に 関 す る 知 識 を

ム や 研 究 発 表 会 を 開 催 し 、 サ ス テ イ ナ

ー 大 学 ・ 研 究 機 関 と 共 同 で シ ン ポ ジ ウ

例 え ば 、 S S C で は I R 3 S の メ ン バ

が そ の 展 開 の 橋 渡 し の 場 に な り ま す 。

の 運 営 体 制 を 整 え 、 本 年 八 月 に S S C

た 。 ま ず 、 一 般 社 団 法 人 と し て の 日 常

を 開 所 し て 具 体 的 な 活 動 を 開 始 し ま し

S S C は 五 月 末 に 設 立 さ れ 、 事 務 所

コサ ンス ソテ ーイ シナ アビ ムリ のテ 本ィ 年・ 度サ のイ 予エ 定ン ス ・

て 参 加 を 募 り ま す 。

体 な ど の 会 員 と 、 個 人 に も 会 員 募 集 し




数 が あ ま り に 不 足 し て お り 、 探 査 で き る 試 行 人 類 自 身 の 持 続 可 能 を 考 え る 必 要 が あ る 。

A の 適 用 を 考 え た ら 、 最 適 探 査 す る に は 世 代

人 類 の 生 存 環 境 の 持 続 可 能 性 を 考 え る 前 に

る 。 日 本 の 国 の 社 会 や 経 済 を 考 え て も 一 世 代 、

れ て 一 〇 世 代 も 経 過 し て い な い よ う に 思 わ れ

普 及 し た の で あ ろ う か 。 そ の 多 く は ま だ 生 ま

こ れ ら の 概 念 は 、 何 世 代 前 に 生 ま れ て 人 類 に

基 会 本 制 的 度 人 権 、 自 由 と 平 等 、 民 主 主 義 ⋮ ⋮ 。

世 代 に お き た い 。

悲 し い 。 目 標 は 一 万 世 代 の 一 〇 〇 倍 、 数 百 万

し か し 終 焉 を 数 世 代 後 に 迎 え る の は あ ま り に

止 め る も の で は な い 。 過 剰 期 待 は 禁 物 で あ る 。

る 自 然 の 歯 車 を 減 速 さ せ る 術 で あ っ て こ れ を

可 能 は 、 終 焉 に 向 け て エ ン ト ロ ピ ー が 増 大 す

連載 エッセイ



二 世 代 の 時 間 で 信 じ が た い ほ ど 変 化 し た 。 G

不 老 不 死 の 努 力 が 人 の 寿 命 を 延 ば す 。 持 続

ル 、 寿 命 が あ る と 考 え た 方 が 現 実 的 で あ る 。

バ ー し な く て は ⋮ ⋮ 。

ま で 人 類 が 経 験 し て き た 一 万 世 代 ぐ ら い は カ

や 一 〇 〇 世 代 の オ ー ダ ー で は な か ろ う 。 こ れ

の は ど の 程 度 の も の な の か 。 ま さ か 一 〇 世 代

の 合 意 す る 、 持 続 可 能 の 時 間 ス ケ ー ル と い う

あ ろ う 。 人 類 の 持 続 可 能 に は 、 タ イ ム ス ケ ー

が あ り 得 る か も し れ な い と い う 思 い と 同 じ で

と い う こ と が あ り 得 る と 思 う の は 、 不 老 不 死

て い る 。 世 界 に 存 在 し な い 。 永 遠 に 持 続 可 能

永 久 機 関 や 不 老 不 死 は 、 自 然 の 摂 理 に 反 し

間 ス ケ ー ル を 持 ち 込 ん で 良 け れ ば 、 今 、 社 会

不 老 不 死 と 持 続 可 能

や っ た こ と が な い 。 持 続 可 能 と い う 概 念 に 時

⋮ ⋮ 。 今 ま で は せ い ぜ い 数 千 世 代 程 度 で し か

設 定 に い さ さ か 感 慨 を 覚 え る 。 一 万 世 代 か

︵ G A ︶ を 用 い て 行 う 時 、 こ う し た 世 代 数 の

で あ ろ う か 。 最 適 探 査 を 遺 伝 的 ア ル ゴ リ ズ ム

当 然 で 、 一 〇 〇 〇 万 世 代 程 度 が 目 標 に な る の

学 ・ 技 術 の 利 用 方 法 も ま た 変 わ る 。

か 。 人 類 の 社 会 や 経 済 の 制 度 が 変 わ れ ば 、 科

探 さ れ て 変 化 す る と 考 え る の が 自 然 で あ ろ う

と は 、 社 会 や 経 済 の 制 度 は 、 ま だ ま だ 最 適 が

回 数 の 絶 対 値 不 足 は 明 ら か で あ る 。 と い う こ


た 。 現 代 、 科 学 技 術 は 人 類 史 上 最 強 の 宗 教 と

の 浅 知 恵 、 お 釈 迦 様 と は 勝 負 に も な ら な か っ

ら 抜 け 出 す こ と な ど 容 易 い と 考 え た が 、 ゲ ス

我 が 身 の 力 を 過 信 し 、 お 釈 迦 様 の 手 の ひ ら か

来 事 で あ り 、 無 情 に 過 ぎ て ゆ く 。 孫 悟 空 は 、

滅 が あ る 。 す べ て は ﹁ 泡 沫 の 夢 ﹂ の よ う な 出

に 誕 生 と 終 焉 が あ る よ う に 種 に も 、 発 生 と 絶

始 ま り が あ る も の に は 終 わ り も あ る 。 個 体

の 良 い 高 等 生 物 な の で 、 一 〇 〇 万 世 代 な ど は

世 代 数 に 影 響 す る と す る な ら 、 人 類 は 適 応 性

あ ろ う か 。 環 境 へ の 適 応 性 の 良 し 悪 し が こ の

生 か ら 絶 滅 ま で 世 代 数 は 如 何 ほ ど が 一 般 的 で

程 度 の 時 間 が 過 ぎ た の で あ ろ う 。 生 物 種 の 発

え る と 人 類 が 数 十 万 年 前 に 誕 生 し て 一 万 世 代

イ ム ス ケ ー ル は 難 し い 。 一 世 代 が 三 〇 年 と 考

考 え て み る ほ ど に 人 類 の ﹁ 持 続 可 能 ﹂ の タ

種 の 始 ま り と 終 わ り

留 ま る と こ ろ が な い 。

思 想 、 科 学 技 術 、 す べ て が 発 展 し 、 増 大 し 、

こ と な く 増 大 し 続 け る 。 社 会 、 経 済 、 文 化 、

る 術 が 得 ら れ た 後 は 、 一 度 た り と も 縮 減 す る

な く 進 化 を 遂 げ て い る 。 人 類 の 英 知 も 記 録 す

球 上 の 生 命 活 動 も 始 ま り が あ り 、 絶 え る こ と

始 ま り が あ り 膨 張 ・ 発 展 し 続 け る よ う に 、 地

ー ジ を 知 ら な い 人 は 少 な い で あ ろ う 。 宇 宙 に

ビ ッ グ バ ン か ら 始 ま る 膨 張 す る 宇 宙 の イ メ

人 類 の 目 標 活 動 世 代 数

ど 不 自 然 で も な か ろ う 。

必 ず や 終 焉 が 待 っ て い る と 考 え る の は そ れ ほ

い の で は な か ろ う か 。 発 展 と 進 化 の そ の 先 に

同 様 、 世 代 を 重 ね る 人 の 営 み に 永 続 な ど は な

も 確 実 に 出 来 る 。 し か し 、 個 体 の 不 老 不 死 と

あ る 。 人 類 の 絶 滅 を 自 身 に よ っ て 加 速 も 減 速

こ と が 可 能 か に 見 え る 。 程 度 問 題 で は 可 能 で

に よ り 我 が 身 の み な ら ず 人 類 の 運 命 も 変 え る

な り 、 心 底 こ れ を 信 じ る 人 は 多 い 。 こ の 信 仰

人 類 持 続 可 能 性 の タ イ ム ス ケ ー ル

加藤信介

かとう しんすけ

東京大学生産技術研究所教授 (専門は都市・建築環境調整工学)




れ た こ と は 初 め て だ っ た の で 、 そ の 紙 は 今 で

る と は い え 、 自 分 の 名 前 を ﹁ ト バ カ ﹂ と 書 か

体 何 を 見 て い る の で し ょ う か 。 名 前 で 苦 労 す

ょ う か 、 コ ン ピ ュ ー タ ー の 画 面 を 見 な が ら 一

ュ ー タ ー に は 一 体 な ん と 入 力 し て あ る の で し

る と ﹁ ト バ カ ﹂ と 書 い て あ り ま し た 。 コ ン ピ

の 名 前 を 手 書 き で 入 れ て く れ た の で す が 、 見

か し ま し た 。 さ ら に 、 部 屋 番 号 を 書 く 紙 に 私

い た し ま し た 。 ご 二 泊 で す ね ﹂ と 笑 っ て ご ま

い う と 、 ま た キ ッ と 画 面 を 見 て 、 ﹁ あ 、 失 礼

二 泊 な の で す 。 そ れ で ﹁ い え 、 二 泊 で す ﹂ と

ね ﹂ と 断 言 し ま し た 。 し か し 一 泊 で は な い 、

だ ・ か 、 様 で す ね ﹂ と 言 い 、 ﹁ ご 一 泊 で す

う 一 度 見 て 確 認 し ﹁ あ 、 失 礼 し ま し た 。 と ・

と い う と 、 キ ッ と コ ン ピ ュ ー タ ー の 画 面 を も

様 で す ね ﹂ と い う の で 、 ﹁ い え 、 戸 髙 で す ﹂

い 、 と も 考 え る 今 日 こ の 頃 で す 。

き 合 う こ と を 覚 悟 す る 時 期 が き た か も し れ な

え ま す 。 し か し 、 そ ろ そ ろ 一 生 こ の 名 前 と 付

が な い ん だ ﹂ と ま っ た く 違 う 次 元 の こ と を 考

た く な い な ん て 。 き っ と 名 前 で 苦 労 し た こ と

な ど 聞 く と 、 ﹁ い い な あ 、 自 分 の 名 前 を 変 え

わ り た い 、 と 思 っ て お り ま す 。 夫 婦 別 姓 論 議

木 ﹂ な ど 、 誰 が 聞 い て も す ぐ わ か る 名 前 に 変

ん ど も あ る の で 、 結 婚 し て ﹁ 山 田 ﹂ と か ﹁ 鈴

な ど と 言 い 訳 し て い ま し た 。 そ ん な 経 験 が な

さ ん 、 て 書 い た ん だ け ど 、 手 が 勝 手 に ⋮ ⋮ ﹂

と い う と 、 ﹁ あ っ ご め ん ご め ん 。 頭 で は 戸 髙

﹁ も う そ ろ そ ろ 私 の 名 前 覚 え て く だ さ い よ ﹂

た の で す が 、 ﹁ 戸 田 さ ん へ ﹂ と 書 い て あ り 、

部 下 と し て 仕 え た 人 か ら メ モ 書 き が 回 っ て き

以 前 新 聞 社 で 働 い て い た こ ろ 、 四 年 近 く も

連載 エッセイ



コ ン ピ ュ ー タ ー の 画 面 を 確 認 し て ﹁ あ 、 戸 田

す ﹂ と い う と 、 愛 想 の い い 男 性 ス タ ッ フ が 、

ン カ ウ ン タ ー で 、 ﹁ 予 約 し て あ り ま す 戸 髙 で

わ れ る ホ テ ル に 泊 ま っ た の で す 。 チ ェ ッ ク イ

一 応 、 松 山 市 で は 一 流 ク ラ ス で は な い か と 思

分 の 失 敗 が 小 さ く 感 じ ら れ る の で す 。

こ ん な 間 違 い っ て あ る ん だ あ 、 と 思 う と 、 自

名 前 あ る わ け な い で し ょ ?

ま す 。 だ っ て ト バ カ で す よ 、 ト バ カ 。 そ ん な

と き ど き そ っ と 開 い て は ﹁ プ ッ ﹂ と 笑 っ て い

ホ テ ル マ ン で も

先 日 、 出 張 で 愛 媛 に 行 っ た と き の こ と で す 。 も 仕 事 場 の 机 の 引 き 出 し に 大 事 に 取 っ て あ り 、


さ ら に 、 直 接 会 っ た こ と は あ り ま せ ん が 、 な ど の 偽 名 を 使 い ま す 。

う い う 理 由 で こ の 名 前 を つ け た の で し ょ う か 。

名 前 を つ け た と き 、 脇 黒 丸 さ ん の ご 先 祖 は ど

っ た と い う こ と で す が 、 明 治 に な っ て 自 分 の

に な る ま で 、 日 本 人 の ほ と ん ど は 苗 字 が な か

ほ か に も 、 脇 黒 丸 さ ん も い ま し た 。 明 治

ク シ ー を 呼 ぶ と き に は ﹁ 鈴 木 ﹂ と か ﹁ 山 田 ﹂

叫 び そ う に な り ま す 。 そ れ が い や な の で 、 タ

わ か っ と か あ ! と だ か や が ! ﹂ と 宮 崎 弁 で

か れ た り す る と 、 電 話 口 で ﹁ 何 べ ん ゆ っ た ら

れ で も な お ﹁ 戸 口 の 戸 に 髙 い ⋮ ⋮ ﹂ と つ ぶ や

め か 、 下 の 名 前 は 漢 字 一 字 で し た 。

苗 字 の 男 の 子 が い ま し た 。 苗 字 が 長 す ぎ る た

ま す よ ね 。 昔 同 級 生 で ﹁ 東 椋 比 埜 ﹂ と い う

あ る の で す 。 県 知 事 の 東 国 原 も 変 わ っ て い

な い く ら い 変 わ っ た 名 前 が 宮 崎 に は た く さ ん

い ろ あ り ま す が 、 私 の 名 前 な ん て 比 較 に な ら

わ か る 、 と い う よ う な 。 珍 名 ・ 奇 名 に も い ろ

す 。 そ の 名 前 を 聞 け ば そ の 人 が ど こ の 出 身 か

と い う も の は 、 土 地 特 有 の も の が 多 く あ り ま

書 い て 戸 髙 で す ﹂ と 伝 え ね ば な り ま せ ん 。 そ

さ ん ? ﹂ な ど と 言 う の で ﹁ 戸 口 の 戸 に 髙 い と

﹁ と ・ だ ・ か で す ﹂ と 言 っ て も ま だ ﹁ と さ か

﹁ は ? ﹂ と か ﹁ え っ ? ﹂ と か 言 わ れ る の で 、

﹁ 戸 髙 で す ﹂ と い う と 、 電 話 の 向 こ う で

名 前 と 間 違 わ れ る こ と は し ょ っ ち ゅ う で す 。

前 で 苦 労 し て い ま す 。 戸 田 や 戸 坂 な ど と い う

す 。 残 念 な が ら 東 京 に 出 て き て か ら 何 度 も 名

さ て 、 繰 り 返 し ま す が 、 私 の 名 前 は 戸 髙 で

聴 く こ と の な い 名 前 だ と 思 い ま す 。 人 の 名 前

の 名 前 で す 。 し か し 、 九 州 以 外 で は ほ と ん ど

す 。 九 州 の 宮 崎 で は 電 話 帳 の 何 十 ペ ー ジ も こ

私 の 名 前 は 戸 髙 で す 。 ﹁ と だ か ﹂ と 読 み ま

な ど と い う 苗 字 が あ る そ う で す 。

衣 替 え の 日 だ か ら 、 と い う 理 由 だ そ う で す ︶

日 ﹂ と 書 い て ﹁ き ぬ が え ﹂ さ ん ︵ 六 月 一 日 が

妻 鶏 と 書 い て ﹁ め ん ど り ﹂ さ ん と か ﹁ 六 月 一

名 前

戸髙恵美子

とだか えみこ

千葉大学助教 (専門はリスクコミュニケーション)




口 六 五 億 の う ち 一 〇 億 く ら い が 栄 養 過 多 だ と

勢 い で 肉 食 依 存 を 高 め つ つ あ り ま す 。 世 界 人

す 。 新 興 国 ・ 途 上 国 で は 富 裕 層 が も の す ご い

問 題 が あ る こ と は 次 回 考 え た い と 思 い ま す 。

魚 が 中 心 に な り ま し た 。 実 は 魚 食 に も 大 き な

私 個 人 の 食 生 活 は 六 〇 歳 を 過 ぎ て 、 肉 よ り

連載 エッセイ



か で は あ り ま す が 肉 の 消 費 が 増 え 続 け て い ま

く の 肉 を 食 べ て い る に ��� か か わ ら ず 、 ゆ る や

ア メ リ カ や ヨ ー ロ ッ パ で は す で に 非 常 に 多

で は な い で し ょ う か 。

し た 節 度 あ る 食 の あ り 方 が あ っ て し か る べ き

思 議 で す 。 人 類 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 考 慮

多 く の 穀 物 を 消 費 し て い る の で す 。

人 よ り も 多 く の 肉 を 食 べ 、 肉 を つ く る た め に

い る の で は あ り ま せ ん 。 ア メ リ カ 人 は イ ン ド

ア メ リ カ 人 が イ ン ド 人 の 五 倍 の 穀 物 を 食 べ て

六 〇 キ ロ 、 ア メ リ カ 合 衆 国 で 九 〇 〇 キ ロ で す 。

ぱ に い っ て 、 イ ン ド で 一 八 〇 キ ロ 、 日 本 で 三

穀 物 の 一 人 当 た り の 年 間 消 費 量 は 、 大 ざ っ

い な い の に 、 食 欲 に 関 し て は 無 制 限 な の は 不

度 に 刺 激 す る 番 組 は 社 会 常 識 と し て 許 さ れ て

性 欲 は 人 間 の 基 本 的 な 欲 望 で す が 、 性 欲 を 過

レ ビ で 流 さ れ る 美 食 番 組 の 多 さ で す 。 食 欲 と

可 能 だ と 思 い ま す 。 そ れ で 気 に な る の は 、 テ

で し ょ う 。 今 後 は 三 〇 〇 キ ロ に 落 と す こ と も

健 康 に 悪 い と い う こ と が か な り 浸 透 し た た め

て ま わ す こ と が お こ り え ま す 。

穀 物 を 人 間 の 食 糧 と し て よ り も 家 畜 の 餌 と し

す か ら 、 よ り 利 潤 が あ る の な ら ば 、 限 ら れ た

に あ り ま す 。 市 場 は 利 益 の あ る 方 へ と 動 き ま

こ の と こ ろ 増 え て い ま せ ん 。 肉 の 食 べ 過 ぎ は

の 一 人 当 た り の 穀 物 消 費 量 は 三 六 〇 キ ロ で こ

っ て 実 践 し て い け る 可 能 性 が あ り ま す 。 日 本

こ の こ と に 関 し て 、 日 本 は 世 界 の 先 頭 に 立

増 産 へ の 圧 力 が か っ て も 、 応 え ら れ な い 状 況

て い ま す 。 増 え 続 け る 食 肉 生 産 の 側 か ら 穀 物

や し て き た か ら で 、 い ま で は そ の 限 界 が 見 え

と 逆 の 方 向 で 、 森 林 を 伐 採 し て 耕 地 面 積 を 増

え て き た 大 き な 要 因 は 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

に ま わ す べ き で し ょ う 。

ち は 肉 食 を 減 ら し て 、 十 分 に 得 ら れ な い 人 々

は た く さ ん い ま す 。 肉 を 食 べ す ぎ て い る 人 た

な が ら 食 べ ら れ ず に い る 子 ど も た ち が 世 界 に

い わ れ る 一 方 で 、 成 長 の た め に 肉 を 必 要 と し


た り の 生 産 量 も 増 え て き て い た の が 、 人 口 増

緑 の 革 命 の 影 響 で 、 総 生 産 量 と と も に 一 人 当

ば い な い し ゆ る や か な 減 少 傾 向 に あ り ま す 。

一 九 八 ○ 年 代 の な か ご ろ を ピ ー ク と し て 、 横

家 畜 飼 料 と の 競 合 で す 。 穀 物 の 総 生 産 量 が 増

懸 念 さ れ て い ま す が 、 も っ と 危 惧 す べ き は 、

る と 、 人 間 の 食 料 と 競 合 す る の で は な い か と

バ イ オ エ タ ノ ー ル の 原 料 と し て 穀 物 が 使 わ れ

ま も 増 え て い ま す が 、 一 人 当 た り の 生 産 量 は

一 人 当 た り の 穀 物 生 産 量 が 頭 打 ち の 状 況 で 、

世 界 の 穀 物 生 産 を み ま す と 、 総 生 産 量 は い れ 、 そ の 意 味 で 贅 沢 な 食 べ 物 で す 。

た な い と 私 は 考 え て い ま す 。

い 限 り 、 人 類 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ は 成 り 立

わ に な っ た 世 紀 で す 。 こ の こ と と 向 き 合 わ な

世 紀 は こ の 肉 好 き の サ ル の 本 性 が 極 め て あ ら

裕 が で き る と 肉 を 買 う と い っ て い ま す 。 二 一

質 的 な 欲 求 で す 。 デ カ ル ト も 、 人 は お 金 に 余

達 に も 影 響 し 、 肉 を 食 べ た が る の は 人 間 の 本

だ け が 残 り ま し た 。 肉 食 で あ る こ と は 脳 の 発

る よ う に し て 消 え 、 肉 を 食 べ る わ れ わ れ 人 間

く 硬 い 植 物 性 の 物 を 食 べ る 系 統 は 袋 小 路 に 入

モ サ ピ エ ン ス に 至 る 進 化 の 道 筋 で 、 歯 が 大 き

て い ま す 。 ヒ ト が 他 の 類 人 猿 か ら 分 か れ 、 ホ

れ る 牛 肉 は 鶏 肉 の 数 倍 の 穀 物 を 使 っ て つ く ら

本 、 オ ー ス ト ラ リ ア 、 ア メ リ カ な ど で 生 産 さ

ス で 遊 ん で い る よ う な ウ シ は 別 と し て も 、 日

は 七 ∼ 一 一 キ ロ で す 。 ア ル ゼ ン チ ン の パ ン パ

で 二 ∼ 三 キ ロ で す 。 ブ タ は 四 ∼ 五 キ ロ 、 ウ シ

る の に 食 べ さ せ る 飼 料 は 、 ト ウ モ ロ コ シ 換 算

ん 餌 を 食 べ ま す 。 ニ ワ ト リ の 肉 を 一 キ ロ つ く

頭 数 に な っ て い ま す 。 こ れ ら の 家 畜 は も ち ろ

に な る 家 畜 ︵ フ ー ド ア ニ マ ル ︶ は 史 上 最 大 の

ト リ 、 ウ シ 、 ブ タ 、 ヒ ツ ジ 、 ヤ ギ な ど の 食 用

人 当 た り の 生 産 量 も 増 え 続 け て い ま す 。 ニ ワ

そ の 一 方 で 、 食 肉 生 産 量 は 、 総 生 産 量 も 一

人 間 の 先 祖 は 肉 好 き の サ ル だ っ た と い わ れ

肉 好 き の サ ル

加 に 追 い つ か な く な っ た の で す 。

林 良博

はやし よしひろ

東京農業大学教授 (専門はバイオセラピー)




在 が 指 摘 さ れ る 。 こ れ に 従 う な ら 、 ﹁ 非 時 香

作 と 米 の 文 化 が あ げ ら れ 、 麹 の 利 用 や 餅 の 存

に い た る 照 葉 樹 林 帯 文 化 の 特 徴 の 一 つ に 、 稲

ら 、 イ ン ド シ ナ 半 島 ・ 中 国 南 部 、 琉 球 ・ 九 州

と い う 。 か つ て 話 題 に な っ た イ ン ド 北 東 部 か

橘 の よ う に 肉 厚 の 葉 を も つ 常 緑 樹 を 照 葉 樹

こ か で 民 俗 学 者 が 指 摘 し て い る か も し れ な い 。

あ る 。 お そ ら く 、 こ ん な こ と は 、 も う 既 に ど

で は な か っ た か と 想 像 を た く ま し く す る の で

る と 、 田 道 間 守 が 持 ち 帰 っ た 橘 と は 、 こ の 橙

ま さ し く 不 老 不 死 の 仙 菓 と い え る 。 も し か す

連載 エッセイ



滅 の 輝 き は 、 や は り 神 仙 世 界 を 象 徴 す る 。

よ る 人 工 の 黄 金 に 限 ら れ た が 、 黄 金 の 持 つ 不

う と し た の で あ る 。 た だ し そ れ は 、 錬 金 術 に

朽 の エ ッ セ ン ス を 摂 取 し 、 永 遠 の 寿 命 を 得 よ

き な 意 味 を も っ た 。 黄 金 を 服 用 し て 、 そ の 不

は 、 不 老 不 死 の 神 仙 を 目 指 す も の に と っ て 大

ら せ る の が 不 死 の 象 徴 と さ れ た 。 確 か に 黄 金

う 。 冬 に も 葉 を 落 と さ ず 、 黄 金 色 の 果 実 を 実

る の は 、 お そ ら く そ の 常 緑 性 に よ っ て で あ ろ

に も と づ く 。 橘 が 常 世 の 国 か ら の 伝 来 と さ れ

ン が 橘 の 花 に よ る の も 、 こ の 文 化 伝 承 の 神 話

し て 理 解 し た ほ う が よ い 。 文 化 勲 章 の デ ザ イ

措 い て お く 。 文 化 の 伝 来 を あ ら わ し た 神 話 と

ミ カ ン が 伝 わ っ た の か 、 と い う 歴 史 的 解 釈 は

ら 常 わ 世 す の 。 国 が 今 の ど の 国 で 、 ど こ を 経 由 し て

で は な い か 。 年 老 い た 実 が 青 く 若 返 る の も 、

中 実 が 生 っ て い る 状 態 を ﹁ 非 時 ﹂ と い っ た の

実 ﹂ と 解 す る こ と が 多 い が 、 橙 の よ う に 一 年

か ら ﹁ 非 時 香 菓 ﹂ を ﹁ つ ね に 香 り 高 い 木 の

で 、 い つ も ・ つ ね に と 解 釈 さ れ て い る 。 そ こ

﹁ 時 じ く ︵ 非 時 ︶ ﹂ と は 、 時 期 を 定 め ぬ こ と

ダ イ ︵ 代 々 ︶ と い う と 。

新 し い 実 と 古 い 実 が 同 時 に 生 る こ と か ら ダ イ

の 橙 色 に 変 わ る 。 こ れ を 二 、 三 年 繰 り 返 し 、

に 夏 に は 青 く な り 、 秋 に は 再 び そ の 名 の 通 り

と 、 橙 は そ の ま ま 採 ら ず に お け ば 、 落 果 せ ず

始 ま っ た と い わ れ る が 、 実 は よ く 調 べ て み る

る ﹂ と い う 家 の 永 続 を 願 っ た 語 呂 合 わ せ か ら

鏡 餅 の 上 に の せ る 橙 の こ と で あ る 。 ﹁ 代 々 譲

な ろ う 。 餅 と 書 い て 気 が つ い た の は 、 正 月 の

菓 ﹂ は 、 日 本 の 食 文 化 の 基 本 も 伝 え た こ と に


の 時 期 は 、 白 い 小 さ な 橘 の 花 が 甘 酸 っ ぱ い 香

お 節 句 の 話 で は な い 。 歌 に も あ る よ う に こ

れ ば 、 ﹁ 何 と か 温 泉 の 素 ﹂ 以 上 の 効 き 目 を あ

で 天 日 で 干 し て 、 布 の 袋 に 入 れ て 風 呂 に 入 れ

大 英 帝 国 が 成 立 し た 時 代 で あ る 。

朝 の 全 盛 期 、 イ ギ リ ス だ っ て ア ン 女 王 の も と

一 七 〇 〇 年 代 と い え ば 、 フ ラ ン ス で は ル イ 王

頃 に 出 た も の と い わ れ る 。 そ れ で も 三 〇 〇 年 。

る こ の 二 つ の 節 句 の か た ち は 、 江 戸 時 代 中 期

俗 を 伝 え て 健 在 で あ る 。 も っ と も 現 在 に 伝 わ

日 の 端 午 の 節 句 だ け は 、 い ま も な お 旧 来 の 風

れ て い く 中 で 、 三 月 三 日 の 桃 の 節 句 と 五 月 五

歌 も そ う で あ る が 、 伝 統 的 な 年 中 行 事 が 廃

食 べ た 後 の 皮 を 捨 て ず に 、 カ ラ カ ラ に な る ま

実 、 漢 方 薬 の 陳 皮 は ミ カ ン の 皮 を 干 し た も の 。

れ る が 、 一 八 〇 〇 年 も 前 に は 薬 で あ っ た 。 事

れ 、 風 邪 を 防 ぎ 免 疫 力 を 高 め る 、 な ど と い わ

ま 流 に 解 釈 す れ ば 、 ビ タ ミ ン C が 豊 富 に 含 ま

で あ る 。 橘 は そ こ の 仙 菓 と さ れ た 。 こ れ を い

び こ ろ り ん ﹂ の 地 底 世 界 、 い ず れ も 常 世 の 国

界 で あ る 。 ﹁ 浦 嶋 太 郎 ﹂ の 海 底 世 界 、 ﹁ お む す

常 世 の 国 と は 、 終 わ り の な い 不 老 不 死 の 世

ん 長 く 歌 わ れ た も の で あ る 。

年 の 間 歌 い 継 が れ て き た わ け で あ る 。 ず い ぶ

唱 歌 に 採 用 さ れ た 、 と あ る か ら お よ そ 一 〇 〇

調 べ 橘 甍 て か の み お 波 た る と ら 朝 雲 一 風 の に  波 九  一 三 高 重 ︵ く な 大 泳 る 正 ぐ 波 二 や の ︶ 鯉 中 年 の 空 に ぼ を 小 り 学

そ の 香 り は よ ほ ど 印 象 的 で あ っ た の で あ ろ う 。

う こ と に な っ て い る 。 ﹁ 香 菓 ﹂ と い う か ら 、

︵ 非 時 香 菓 ︶ を 持 ち 帰 っ た の が 始 ま り と い

垂 仁 天 皇 の 命 を 受 け て 、 常 世 の 国 か ら 橘 の 実

﹃ 古 事 記 ﹄ や ﹃ 日 本 書 紀 ﹄ で は 、 田 道 間 守 が

う も の の 、 要 す る に ミ カ ン の 原 種 で あ る 。

か ﹁ 鯉 の ぼ り ﹂ の 唱 歌 が 聞 こ え て く る 。

芳 香 に 歩 を 驚 か さ れ る こ と が あ る 。 橘 と は い

毎 年 五 月 の 連 休 が 近 づ く と 、 必 ず ど こ か ら

橘 薫 る

り を 漂 わ せ て 、 遅 い 帰 宅 の 夜 な ど 闇 に 流 れ る

山田利明

やまだ としあき

東洋大学教授 (専門は中国哲学)




て し ま お う ﹂ と す る 参 加 者 が 多 い 。 私

私 が 会 場 を 見 回 す と 、 途 上 国 の 代 表 が 、 そ れ が 会 議 開 始 時 間 を 過 ぎ て も 終

の ス キ を 突 い て 、 相 手 の 主 張 を つ ぶ し

い が 、 国 際 会 議 で は 逆 に ﹁ 相 手 の 一 瞬

げ ま し ょ う ﹂ と の 教 育 を 受 け た 人 が 多

に な っ て 、 相 手 の 立 場 を よ く 考 え て あ

禁 物 で あ る 。 日 本 で は ﹁ 相 手 の 気 持 ち

に 基 づ い た 視 点 で 国 際 会 議 を 見 る の は

多 い と 思 わ れ る が 、 日 本 国 内 で の 常 識

ま で し て い る の か 、 と 疑 問 を 抱 く 方 も

始 の り 票 不 め 盟 れ 票 国 引 お 環 め 定 崩 集 利 と 国 ば な 際 に そ 境 る 番 し め に な に 、 ど 取 関 れ を 。 と 、 の な る 対 留 で 引 す の 守 も 議 事 ら 。 し 保 決 規 る あ る 言 長 前 な こ 法 を 定 制 条 る た え の 根 い の 的 か す の 約 野 め る 懐 回 よ た 拘 け る 対 ︶ 生 の ゲ 柔 し う め 束 な 。 象 の 動 会 ー な 、 、 、 力 い い と C 植 合 ム ど 相 会 各 を 限 っ な O 物 で を 、 手 議 国 有 り た る P の 本 そ 国 方 の と す 、 ん 生 の 種 当 こ 際 勢 舞 も る そ 決 物 場 の に ら 会 力 台 自 取 れ 定 種 合 国 そ 中 議 の 裏 国 り は さ を は 際 こ で で 切 で が 決 加 れ 投 、 取 、

め 、 会 場 の 中 で ど よ め き が 起 き た 。

ろ が 、 こ の 予 想 に 反 し て 可 決 さ れ た た

決 さ れ る だ ろ う と 見 ら れ て い た 。 と こ

こ の 提 案 は 途 上 国 の 反 対 が 多 い た め 否

数 で 可 決 さ れ た 。 事 前 の 票 読 み で は 、

け 、 そ の 結 果 、 欧 米 側 の 提 案 が 賛 成 多

開 し た 際 、 そ の 提 案 を 直 ち に 投 票 に か

第 一 委 員 会 の 議 長 は 、 昼 食 後 会 議 を 再

の 反 発 を 招 い た と い う 対 立 構 造 で あ る 。

規 制 を 欧 米 先 進 国 が 提 出 し 、 途 上 国 側

上 国 の 領 域 内 に 生 息 す る 動 物 に 関 す る

上 国 側 と 欧 米 国 側 が 対 立 し て い た 。 途

締 約 国 会 合 で は 、 あ る 提 案 を 巡 っ て 途

私 が 出 席 し た 一 九 九 四 年 の C I T E S

一 つ 具 体 例 を 挙 げ る こ と と し よ う 。

概 ね 似 た り 寄 っ た り の 傾 向 を 感 じ た 。

会 合 で も 運 営 に 関 わ っ た 経 験 が あ る が 、

O E C D ︵ 経 済 協 力 開 発 機 構 ︶ な ど の

機 関 ︶ や F A O ︵ 国 連 食 糧 農 業 機 関 ︶ 、

委 員 会 議 長 を 始 め 、 W T O ︵ 世 界 貿 易

も 、 I W C ︵ 国 際 捕 鯨 委 員 会 ︶ で の 小

代 表 団 を 大 勢 招 い て 昼 食 会 を 開 催 し た

た 話 で は 、 先 進 国 側 の 誰 か が 途 上 国 の

も 出 席 し て い な か っ た 。 後 で 私 が 聞 い

し 、 そ の 場 面 で は 、 そ れ を 発 議 す る 国

が 国 際 会 議 で の 基 本 動 作 で あ る 。 し か

発 議 し 、 議 長 の モ ー シ ョ ン を 止 め る の

ダ ー ︵ 議 事 進 行 上 の 異 議 ︶ を 締 約 国 が

ろ う と す れ ば 、 ポ イ ン ト ・ オ ブ ・ オ ー

で 評 決 を 求 め る モ ー シ ョ ン に 議 長 が 入

一 方 の 陣 営 に 極 端 に 不 利 な タ イ ミ ン グ

加 で き な い 状 況 に な る 。 本 来 で あ れ ば 、

席 を 外 し て し ま え ば そ の 国 は 投 票 に 参

に 参 加 で き る が 、 途 上 国 は 代 表 一 ��� が

か が 席 を 外 し て も 残 っ て い る 者 で 投 票

い 。 つ ま り 、 先 進 国 は 代 表 団 員 の 何 人

代 表 が 一 名 し か 出 席 し て い な い 国 も 多

旅 費 工 面 な ど の 問 題 か ら 一 カ 国 に つ き

が い る の が 普 通 で あ る が 、 途 上 国 側 は

は 一 カ 国 に つ き 一 〇 人 以 上 の 代 表 団 員

投 票 に 参 加 で き て い な か っ た 。 先 進 国

団 は 明 ら か に 昼 食 か ら 戻 っ て お ら ず 、




1

載 講

サステイナビリティと生物多様性

生物多様性条約会合の舞台裏 八木信行 やぎ のぶゆき

東京大学大学院農学生命科学研究科特任准教授 (専門は資源保全学)

先 進 国 と 途 上 国 の 認 識 に 微 妙 な ワ シ ン ト ン 条 約 ︵ C I T E S

て い る た め で あ る ︵ 条 約 第 一 条 参

用 か ら 生 じ る 利 益 の 公 正 か つ 衡 平

け を 確 認 し て お き た い 。

定 で あ る が 、 ま ず は そ の 法 的 な 位 置 づ

の 多 様 性 の 保 全 ﹂ と 、 ﹁ 遺 伝 資 源

あ る と い え る 。 こ れ は 、 C B D が 、 性 に 関 す る 様 々 な ﹁ 決 定 ︵

︶ ﹂ が 締 約 国 の 間 で 合 意 さ れ る 予

deci-

同 じ 環 境 関 係 の 会 合 で も 、 例 絶 え 滅 ば の 、

分 ﹂ の 双 方 を 条 約 の 目 的 と し て 記

sion

照 載 な の ﹁ 当 に 分 あ 受 ち す が て さ D 会 多 の生 生 ︶ 。 し 配 利 物 で 照 協 り け で る C れ 、 れ の 合 様 二 対物

ら し て み れ ば 、 ど ち ら の 立 場 も 正

名 古 屋 で の C O P 10 で は 、 生 物 多 様

定 で あ る と 受 け 取 っ て い る 。 条 約

、 途 上 国 の 多 数 は C B D を 利 益 配

決C 定B 事D 項に のお 性け 格る

取 っ て い る の は 主 と し て 先 進 国 で

あ る 。 し か し 、 実 は 、 そ の よ う に

た め の 条 約 で あ る よ う に 解 釈 し が

B D と い え ば 、 生 物 や 環 境 を 保 全

る こ と に な ろ う 。

途 上 国 ・ 先 進 国 双 方 か ら 視 線 が 注

る 会 合 で あ る 。 日 本 の 対 応 に つ い

C O P と し て は 日 本 で 初 め て 開 催

︵ C O P 10 ︶ が 開 催 さ れ る 。 C B

性 条 約 ︵ C B D ︶ 第 一 〇 回 締 約 国

〇 立多 一 軸様 〇 性 年 条 一 約 〇 C 月 O に P 、 で 名 古 屋 で 生 物

て い る 。

に 若 干 掘 り 下 げ た 議 論 を 行 う 予 定 と し

は 、 私 の 専 門 で も あ る 海 洋 問 題 を 中 心

要 な 論 点 を 確 認 す る 。 特 に 後 半 部 分 で

て 、 名 古 屋 の C O P 10 で 議 論 さ れ る 主

し 、 後 半 部 分

掲 載 分 ︶

い る 。 具 体 的 に は 、 前 半 部 分

B D の 現 実 を レ ビ ュ ー す る 予 定 と し て

本 稿 は 、 二 回 連 続 で 、 こ の よ う な C

︵ 二 回 目 掲 載 分 ︶

に お い

に お い て C B D の 特 色 を 整 理

︵ 一 回 目

様 々 な 対 立 が 表 面 化 す る こ と が あ る 。

ズ レ が あ る こ と で 、 C B D の 会 合 で は




︵ 図 2 ︶

。 会

話 題 を 変 え て 、 ナ イ ロ ビ に お け る 会 場

こ こ ま で 堅 苦 し い 話 が 続 い た の で 、

ナ イ ロ ビ に つ い て

図 1 SBSTTA 会議の様子.

図 2 ナイロビの国連オフィス(上)と ナイロビ市内(下) .

次 号 で 詳 し く 見 て い き た い 。

そ の 様 子 や 、 議 論 の 内 容 に つ い て は 、

私 も こ の 会 合 に 出 席 す る 機 会 を 得 た 。 極 め て 良 好 な 部 類 と い え る 。

た こ と が な い 。 オ フ ィ ス 環 境 と し て は

が い る 場 所 か も し れ な い 。

い が 、 家 族 を 同 行 さ せ る に は 少 し 勇 気

︵ つ づ く ︶



︶ の 会 合 で あ る ︵ 図 1 ︶

Subsidiary Body

内 外 の 様 子 を 紹 介 し よ う

on Scientific, Technical and Techno-

合 は 、 ナ イ ロ ビ に あ る 国 連 の ビ ル で 開

logical Advise

催 さ れ た 。 ビ ル と は 言 っ て も 、 緑 が 豊

学 技 術 補 助 機 関 ︵

B D 第 二 五 条 に 基 づ い て 設 立 さ れ た 科

︵ サ ブ ス タ ︶ 第 一 四 回 会 合 と い い 、 C

こ の 会 合 の 正 式 名 称 は S B S T T A

開 催 さ れ た 準 備 会 合 で 終 わ っ て い る 。

二 〇 一 〇 年 五 月 に ケ ニ ア の ナ イ ロ ビ で

︵ 1 ︶ と ︵ 2 ︶ の 部 分 は 、 す で に 、

︵ 3 ︶ の 作 業 を 中 心 に 行 う の で あ る 。

時 間 的 に 無 理 で あ る 。 名 古 屋 で は

っ た 作 業 を 一 回 の 会 議 で 終 え る こ と は

と が で き 、 食 あ た り に な っ た 話 も 聞 い

設 内 で は 、 ラ ン チ は 数 百 円 で 食 べ る こ

原 特 有 の 清 々 し い 状 況 と な る 。 国 連 施

が 降 っ た 後 の 気 温 は 二 〇 度 を 切 り 、 高

雨 期 に 当 た っ て い る 。 夕 立 の よ う な 雨

に 会 合 が 開 催 さ れ た 時 期 は 五 月 で あ り 、

に し て は 気 温 が そ れ ほ ど 高 く な い 。 特

〇 〇 メ ー ト ル 程 度 あ る た め 、 赤 道 直 下

聞 こ え て く る 。 ナ イ ロ ビ は 標 高 が 一 七

り 、 会 議 の 最 中 で も 外 の 鳥 の 鳴 き 声 が

富 な 広 い 敷 地 内 に あ る 低 層 の 建 物 で あ

の ナ イ ロ ビ は 、 単 身 で あ れ ば 魅 力 が 多

方 々 も 多 い と 思 わ れ る 。 勤 務 先 と し て

若 い 読 者 に は 国 連 機 関 な ど を 目 指 す

優 秀 と は い え な い 。

ら 注 意 を 受 け る 。 生 活 環 境 は そ れ ほ ど

ホ テ ル の 外 を 出 歩 か な い よ う 大 使 館 か

面 で も 問 題 が あ り 、 出 張 者 は み だ り に

ま さ れ る よ う な 場 所 で あ る 。 町 は 治 安

渋 滞 が 続 き 、 排 ガ ス の 臭 い と 騒 音 に 悩

の ダ ウ ン タ ウ ン は 、 人 混 み の 中 で 車 の

た だ し 、 敷 地 を 一 歩 離 れ た ナ イ ロ ビ


で き あ が っ た 妥 協 案 を 国 連 公 用 語 で あ

か ら 議 論 し 、 ︵ 2 ︶ 議 論 の 結 果 と し て

︵ 1 ︶ 二 〇 〇 ペ ー ジ に 及 ぶ 文 書 を 最 初

︶ ﹂ と い っ た 単 に な さ れ る の で あ ろ う か 。 も ち ろ ん 、

︶ ﹂ 、 ﹁ 色 々 な 課 題 の 中 か ら と け る ﹁ 決 定 ︵

︶ ﹂ は ど の よ う

囲 で ︵

そ れ で は 、 名 古 屋 で の C O P 10 に お

︶ ﹂ 、 ﹁ 金 銭 的 に 許 す 範

程 で C I T E S や I W C の よ う な 緊 迫

に 合 わ せ て ︵ ︶ ﹂ 、 ﹁ そ れ ぞ れ の 国 の 事 情

何名 が古 議屋 論で 対は 象 と な る の か

い も の ︶ で あ る 。 こ の た め 、 議 論 の 課

が あ る 。

ィ ン グ ︵ す な わ ち 法 的 拘 束 力 を 有 さ な

は 、 決 定 事 項 の 性 格 が ノ ン ・ バ イ ン デ

﹁ 国 際 合 意 に 基 づ い た 形 で ︵

﹁ 適 切 な 場 合 に は ︵

類 を 含 め て 二 五 五 ペ ー ジ の ボ リ ュ ー ム

た が 、 事 実 関 係 は 不 明 で あ る 。

い ワ ザ を 使 っ た と 憤 慨 し て い る 人 も い

長 が 示 し 合 わ せ て 提 案 可 決 の た め の 汚

と で あ っ た 。 先 進 国 の 環 境 N G O と 議

人 間 が 投 票 に 間 に 合 わ な か っ た と の こ

わ ら ず 、 こ の た め に 途 上 国 側 の 多 数 の

う と す る 。 具 体 的 に は 、 文 章 中 に ︶ ﹂ 、 、

駆 使 し て 決 定 内 容 を で き る だ け 薄 め よ

自 国 が 不 利 に な ら な い よ う に 、 修 辞 を

要 な 決 定 内 容 に つ い て は 、 各 国 と も 、

あ る 規 制 に 発 展 す る 可 能 性 も あ る 。 重

い え 、 将 来 、 別 の 条 約 で 法 的 拘 束 力 が

で の 決 定 が 法 的 拘 束 力 を 有 さ な い と は

て ゆ く 。 例 え ば 前 回 ド イ ツ で 二 年 前 に

定 を 記 載 す る 文 章 は ど ん ど ん 長 く な っ

と い う 現 象 の 相 乗 効 果 で 、 C O P の 決

対 象 分 野 が 広 が り 、 文 章 が 長 く な る

問 題 が 加 わ り 、 極 め て 多 岐 に わ た る 。

関 す る 問 題 に 、 気 候 変 動 な ど の 新 し い

地 、 森 林 、 乾 燥 地 帯 な ど 様 々 な 場 所 に

話 を C B D に 戻 そ う 。 C B D の 場 合

as appropriate

り わ け ︵

し た 雰 囲 気 が 生 じ る こ と は ま れ で あ る 。

in accor-

る 中 国 語 や ア ラ ビ ア 語 、 ロ シ ア 語 な ど

語 を 各 国 が 次 々 と 提 案 し 挿 入 し て い く 。

決 定 事 項 の 内 容 も 、 C B D の 場 合 、

dance with relevant international

に 翻 訳 し て 会 場 に 配 布 し 、 ︵ 3 ︶ そ の

そ の 結 果 、 文 章 の 量 は 多 く 、 中 身 は ピ

加 盟 国 の 行 動 を ﹁ 促 す ﹂ で あ る と か 、

agreements

妥 協 案 を 確 認 し た 上 で 採 択 す る 、 と い

ン ボ ケ と い っ た 文 章 が で き あ が る 。

﹁ 奨 励 す る ﹂ と い っ た 動 詞 が よ く 使 わ

depending on national

こ れ に 対 抗 し て 、 環 境 N G O や 一 部

れ る 。 自 主 的 な 対 応 を 求 め る 趣 旨 で あ

subject to available financial

の 環 境 先 進 国 な ど は 、 次 々 と 新 し い 課

り 、 加 盟 国 が 強 制 的 な 義 務 を 負 う 趣 旨

circumstances

題 を 提 起 す る 。 そ の 内 容 も 、 海 洋 、 山

で は な い 。

た だ し 、 一 九 三 カ 国 の 締 約 国 ︵ 二 〇

decision

一 〇 年 五 月 時 点 ︶ が コ ン セ ン サ ス で 合

resources

意 す る 決 定 で あ る 。 そ れ な り の 重 み を

among others

持 つ こ と は 間 違 い な い 。 ま た 、 C B D

開 催 さ れ た C O P 9 の 決 定 は 、 付 属 書




が 取 り 付 け ら れ て お り 、 ラ ン プ を 点 灯 時 は 緊 路 上 駐 車 を す る ︵ 図 4 ︶

。 有 料 駐 車 場 が あ っ

る 。 ロ シ ア で は 高 級 官 僚 の 車 に は 青 い ラ ン プ

最 後 に 、 モ ス ク ワ の ド ラ イ バ ー は ど こ で も

い つ に な る か わ か ら な い こ と な ど が 考 え ら れ

一 旦 赤 信 号 で 止 ま っ て し ま う と 次 の 青 信 号 が

に 交 通 警 察 が 予 告 な く 信 号 を 切 り 替 え る た め 、

て も 長 い う え に 、 高 級 官 僚 な ど V I P の た め

も そ も 交 差 点 に お け る 赤 信 号 の 待 ち 時 間 が と

こ の よ う な 行 動 が 起 こ る 原 因 と し て は 、 そ

︵ 3 ︶ 路 上 駐 車 行 動

が 多 い こ と も 挙 げ ら れ よ う 。

左 折 す る の に 何 度 も 赤 信 号 を 待 た さ れ る こ と

交 通 量 を 考 慮 せ ず に 定 め ら れ て い る た め 、 右

る が 、 加 え て 右 左 折 の 青 信 号 の 長 さ が 実 際 の

原 因 は 押 し 寄 せ 行 動 と 基 本 的 に は 同 じ で あ

招 く 、 と い う ケ ー ス が 多 い ︵ 図 2 ︶

為 は 特 に 致 命 的 で あ る 。

交 差 す る 交 通 な ど を 阻 害 し 、 不 必 要 な 渋 滞 を

果 と し て や は り 交 差 点 内 で 止 ま っ て し ま い 、

う と 、 後 先 を 考 え ず に 交 差 点 に 押 し 寄 せ 、 結

じ て い て も 、 ド ラ イ バ ー は 少 し で も 先 に 進 も

し 寄 せ る 傾 向 が あ る 。 交 差 点 に 先 詰 ま り が 生

ま ず 、 モ ス ク ワ の ド ラ イ バ ー は 交 差 点 に 押

が 十 分 で な い よ う な 道 路 に お い て は 、 こ の 行

右 左 折 車 が 動 け な く な る こ と も あ る 。 車 線 数

は 、 直 進 車 が 右 左 折 車 線 か ら 割 り 込 も う と し 、

繋 が る 。 逆 に 、 直 進 車 線 が 渋 滞 し て い る 場 合

長 時 間 ブ ロ ッ ク す る こ と に な る た め 、 渋 滞 に

け ら れ る 。 こ れ ら の ド ラ イ バ ー は 直 進 車 線 を

︵ 1 ︶ 押 し 寄 せ 行 動

原 因 と な る 行 動 に は 、 以 下 の 三 つ が あ る 。

こ と も あ る ほ ど で あ る 。 中 で も 渋 滞 の 直 接 的

た め に 直 進 車 線 で 待 つ ド ラ イ バ ー が 多 く 見 受

動 を 良 く 行 う 。 特 に 、 右 左 折 車 線 に 割 り 込 む

次 に 、 モ ス ク ワ の ド ラ イ バ ー は 割 り 込 み 行

げ て 走 行 し た り 、 反 対 車 線 を 逆 走 し た り す る

っ て い る し 、 ひ ど い ケ ー ス で は 歩 道 に 乗 り 上

い う 行 動 は 、 多 く の ド ラ イ バ ー が 日 常 的 に 行

変 更 し た り 、 直 進 レ ー ン か ら 右 左 折 し た り と

︵ 2 ︶ 割 り 込 み 行 動

こ と が よ く あ る

ズ に 通 行 さ せ る た め に 一 時 的 に 信 号 を い じ る

急 車 両 扱 い と な り 、 交 通 警 察 は 彼 ら を ス ム ー

︵ 図 3 ︶

図 1 モスクワ市内の渋滞の様子. 昼夜を問わず,このような渋滞が頻 発している.なお,渋滞下では車線 は関係なくなることが多い.




海外通信 モスクワの交通渋滞事情と ロシア人の気質 鳩山 紀一郎

はとやま きいちろう

モスクワ大学経営管理学部客員講師 (専門は交通工学)

ち ろ ん 、 そ れ 以 外 の 時 間 帯 で も 多 く の 地 点 で

モ ス ク ワ で は 、 平 日 の 朝 夕 の ピ ー ク 時 は も

そ は 守 る も の の 、 方 向 指 示 器 を 出 さ ず に 車 線

ド ラ イ バ ー の マ ナ ー は 概 し て 悪 い 。 信 号 こ

慢 性 的 な 交 通 渋 滞

て き て い る 。

速 な モ ー タ リ ゼ ー シ ョ ン を 経 て 深 刻 さ を 増 し

交 通 工 学 的 問 題 、 と り わ け 交 通 渋 滞 問 題 が 急

私 の 専 門 は 交 通 工 学 で あ る が 、 こ の 都 市 に は

の に 最 適 な 場 所 で あ る と 考 え た か ら で あ る 。

博 士 号 取 得 後 に 海 外 に お い て 実 務 経 験 を 積 む

ド ラ イ バ ー の 運 転 マ ナ ー

生 原 因 と な っ て い る 。

ラ イ バ ー の 行 動 そ の も の も 交 通 渋 滞 の 主 な 発

言 を 行 っ た と こ ろ で あ る 。 し か し 、 後 者 の ド

つ い て は 昨 年 末 に 既 に モ ス ク ワ 市 に 対 し て 提

が 挙 げ ら れ る 。 こ れ ら の 諸 問 題 の 解 決 方 法 に

回 を さ せ ら れ た り と い っ た 交 通 処 理 上 の 問 題

私 が モ ス ク ワ を 研 究 対 象 と し て 選 ん だ の は 、 不 適 切 で あ っ た り 近 く に 行 く た め に や た ら 迂

一 年 で あ る 程 度 は 理 解 で き る よ う に な っ た 。

が 、 案 外 シ ス テ マ チ ッ ク な 言 語 で あ っ た た め 、

歳 を 過 ぎ て か ら の 新 た な 言 語 の 学 習 で あ っ た

初 の 一 年 は ロ シ ア 語 を 学 ぶ こ と に し た 。 三 〇

る ほ ど に 、 街 角 で は 英 語 が 通 じ な い た め 、 最

る そ ��� 程 度 で あ る と い う 表 現 が 適 当 と 思 わ れ

ロ シ ア に お け る 英 語 の 通 用 度 は わ が 国 に お け

は 無 難 な ド イ ツ 語 を 選 択 し て い た 。 し か し 、

な ど 考 え て も い な か っ た の で 、 第 二 外 国 語 で

が 経 っ た 。 何 し ろ 大 学 で は ロ シ ア に 行 く こ と

い っ た 道 路 構 造 上 の 問 題 や 、 信 号 制 御 方 法 が

に 狭 ま っ た り 複 数 の 交 通 動 線 が 交 錯 し た り と

う こ と で あ る 。 前 者 の 例 と し て は 、 車 線 が 急

ザ ー の 行 動 様 式 も ま だ 発 展 途 上 で あ る 、 と い

が 少 な か っ た 時 代 の も の で あ り 、 ︵ 2 ︶ ユ ー

︵ 1 ︶ 道 路 構 造 も 交 通 制 御 シ ス テ ム も ま だ 車

あ る 。 原 因 は 様 々 で あ る が 、 端 的 に い え ば 、

﹁ 所 要 時 間 の 予 測 が で き な い ﹂ こ と が 特 徴 で

の に 、 渋 滞 で 二 時 間 以 上 か か る こ と も あ り 、

空 い て い れ ば 車 で 一 五 分 で 着 け る 場 所 に 行 く

二 〇 〇 八 年 二 月 に モ ス ク ワ に 来 て も う 二 年 慢 性 的 な 交 通 渋 滞 が 発 生 し て い る ︵ 図 1 ︶




け れ ば 幸 い で あ る 。

ま ず 、 情 報 統 制 の 結 果 と も 思 わ れ る が 、 事 様 に も 少 し で も ロ シ ア に 興 味 を 持 っ て い た だ

シ ア 人 の 気 質 を 強 く 感 じ た 。

事 件 を 通 し て も 、 私 は 先 に 紹 介 し た 二 つ の ロ

た め 、 さ す が に 恐 怖 を 覚 え た 。 一 方 で 、 こ の

い る と 感 じ て い る 。 本 稿 を 通 じ て 、 読 者 の 皆

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 的 研 究 課 題 が 転 が っ て

交 通 渋 滞 問 題 に 限 ら ず 、 ロ シ ア に は 様 々 な

ず か 二 駅 の 場 所 で あ り 、 よ く 使 う 駅 で あ っ た

だ が 、 事 件 の あ っ た 駅 の 一 つ は わ が 家 か ら わ

は 風 邪 で 寝 て い た た め に 巻 き 込 ま れ ず に 済 ん

三 わ 月 り 下 に 旬 に 地 下 鉄 テ ロ 事 件 が 起 こ っ た 。 私

と と も に 戦 略 を 練 っ て い る と こ ろ で あ る 。

道 路 交 通 シ ス テ ム ︶ 推 進 組 織 や 、 モ ス ク ワ 市

対 し て 力 を 注 い で お り 、 現 地 の I T S ︵ 高 度

提 供 の 充 実 化 と 、 ︵ 2 ︶ ド ラ イ バ ー の 啓 発 に

て い く 必 要 が あ る 。 私 と し て は 、 ︵ 1 ︶ 情 報

図 4 路上駐車の例.道の 両端が駐車車両で埋まり, 溢れた車が二重駐車を行っ ている.

図 5 モスクワシティ の 完 成 模 型.60ha にわたる大規模開発プ ロジェクトで,かつて モスクワ川沿岸の採石 場であった.



り 抵 抗 感 が な い の も 、 こ の 影 響 か も し れ な い 。 ま え た 上 で 、 ド ラ イ バ ー の マ ナ ー を 向 上 さ せ

今 後 は 、 以 上 の よ う な ロ シ ア 人 の 気 質 を 踏

人 は 人 を 待 た せ る こ と 、 人 を 待 つ こ と に あ ま

る 価 値 観 に も 影 響 を 与 え 得 る だ ろ う 。 ロ シ ア

が 原 因 の よ う で あ る 。 こ の 気 質 は 時 間 に 対 す

な か っ た こ と で あ る 。

件 の 話 題 で 持 ち 切 り と い う 雰 囲 気 で は 決 し て

日 会 っ た 友 人 も 特 に 変 わ っ た 様 子 は な く 、 事

︵ に よ っ て ︶ 予 的 め な 与 考 え え ら 方 れ を て い す る る ﹂ 人 と が い 多 う い 宿 こ 命 と 論

仰 し て お り 、 そ の 信 仰 心 か ら か 、 ﹁ 結 果 は 神

て い る 。 ロ シ ア 人 は 約 半 数 が ロ シ ア 正 教 を 信

も ﹁ 仕 方 が な い ﹂ と 言 っ て 最 終 的 に 受 け 入 れ

重 駐 車 に よ っ て 内 側 の 車 が 出 ら れ な く な っ て

由 が あ っ て 急 い で い る の だ ろ う ﹂ と 言 い 、 二

︵ 嫌 わ れ て い る わ け で は な い と 思 い た い ︶ 、 翌

た ︶ 。 そ し て 、 安 否 確 認 の 連 絡 は 日 本 人 か ら

を 母 か ら の 携 帯 メ ー ル で 知 っ た ほ ど で あ っ

知 る こ と が で き な か っ た こ と ︵ そ も そ も 事 件

な の か 、 ま だ 危 険 性 が 残 っ て い る の か な ど を

が ほ と ん ど な さ れ て お ら ず 、 被 害 は ど の 程 度

fatalism

件 後 に テ レ ビ を つ け て も 、 事 件 に 関 す る 報 道

ば か り で 、 ロ シ ア 人 の 友 人 か ら は 一 切 な く


そ の た め 、 割 り 込 み を さ れ た 場 合 も ﹁ 何 か 理

ロ シ ア 人 特 有 の 気 質

諦 め て 、 そ の 状 況 を 受 け 入 れ る 傾 向 が あ る 。

辺 道 路 に は 路 上 駐 車 が 溢 れ 返 っ て い る 。

が 降 り か か っ て き た と き 、 ﹁ 仕 方 が な い ﹂ と

ロ シ ア 人 は 、 色 々 な 非 日 常 的 な 状 況 や 災 難

ル に は 充 分 な 駐 車 場 が 備 え ら れ て お ら ず 、 周

ル は 供 用 開 始 し て い る

︵ 2 ︶ 宿 命 論 に 従 い 状 況 を 受 け 入 れ る

た の か も し れ な い 。

︵ 図 5 ︶

。 し か し 、 ビ

降 徐 々 に 建 設 が 進 ん で お り 、 既 に 何 棟 か の ビ

る 計 画 で 、 一 九 九 二 年 に 実 施 が 決 定 さ れ て 以

〇 万 ∼ 三 〇 万 人 規 模 の 国 際 商 業 セ ン タ ー を 作

シ テ ィ と い う 再 開 発 プ ロ ジ ェ ク ト が あ る 。 二

こ こ か ら は あ く ま で 私 見 で あ る が 、 こ れ ら

な い こ と も 問 題 で あ る 。 例 え ば 、 モ ス ク ワ

へ の 駐 車 場 附 置 義 務 が 明 確 に は 設 け ら れ て い

法 駐 車 に 取 り 締 り よ う が な い 。 ま た 、 建 築 物

止 区 域 も 多 々 あ る に は あ る が 、 余 り に 多 い 違

ず 、 整 備 も 進 ん で い な い た め で あ る 。 駐 車 禁

原 因 は 、 都 市 内 で は 駐 車 場 が 根 本 的 に 足 り

き た こ と も 、 こ の 気 質 を 更 に 根 強 い も の に し

金 を そ の 場 で 使 わ な い と 損 を す る 経 験 を し て

連 の 崩 壊 後 も 、 ハ イ パ ー イ ン フ レ で 稼 い だ お

中 で 醸 成 さ れ た 気 質 な の で あ ろ う 。 ま た 、 ソ

日 そ の 日 を 一 所 懸 命 生 き て い か ね ば な ら な い

ず 、 欲 し い も の も 確 実 に は 手 に 入 ら ず 、 そ の

時 代 か ら 、 情 報 が 市 民 に は な か な か 与 え ら れ

る も の と 思 わ れ る 。 恐 ら く 、 ソ ビ エ ト 連 邦 の

行 動 で あ っ た り 、 割 り 込 み 行 動 で あ っ た り す

少 し で も 先 に 進 ん で お こ う ﹂ と い う 押 し 寄 せ

て 道 路 の 容 量 は 明 ら か に 低 下 し て い る 。

車 、 三 重 駐 車 を 行 う こ と も あ り 、 こ れ に よ っ

考 え 方 は 全 く 根 づ い て い な い 。 ま た 、 二 重 駐

す る 傾 向 が あ る 。 そ の 結 果 が 、 ﹁ 今 の う ち に

苦 手 で あ り 、 目 の 前 の 状 況 を 最 適 化 し よ う と

ロ シ ア 人 は 、 長 期 的 に み た 行 動 の 最 適 化 は

が 目 立 つ 状 況 で あ り 、 ﹁ 駐 車 は 有 料 ﹂ と い う

心 部 の 有 料 地 下 駐 車 場 な ど で す ら 、 常 に 空 車

て も ま ず 利 用 し よ う と は せ ず 、 車 の 溢 れ る 中

︵ 1 ︶ 直 近 の 行 動 を 最 適 化 す る

来 し て い る と 考 え て い る 。

の 特 性 は 、 以 下 の よ う な ロ シ ア 人 の 気 質 に 由

図 2 押 し 寄 せ 行 動 の 例.左 折 車たちが先詰まりにもかかわらず 交差点に押し寄せ,直進車の進行 を阻害してしまっている.そもそ も左折車線は 1 車線だけだが, 実際は 3 列になっている. 図 3 高 級 官 僚 の 車.青 い ラ ンプをつけると,優先的に通行 権が与えられる.彼らが渋滞を 理解しないことが一番の問題と する声もある.




追 い 抜 く な ど の 点 も 確 か に 中 国 の 変 化 発 展 を

他 方 、 当 然 激 烈 な 受 験 競 争 と も な っ て い る 。

や 貿 易 、 外 貨 準 備 高 の 増 大 、 G D P が 日 本 を

が 多 い 。 ま た 、 上 海 ・ 北 京 の ビ ル 林 立 、 生 産

所 、 個 別 の 問 題 に ば か り 焦 点 が 当 て ら れ る 事

で あ る と か 、 弊 害 で あ る と か 、 取 り 残 さ れ た

た だ 、 日 本 で は 、 中 国 の 発 展 の ﹁ 陰 ﹂ の 部 分

ニ ュ ー ス で も 様 々 に 日 本 に 伝 え ら れ て い る 。

今 中 国 が 大 き く 変 化 し て い る 事 は 、 日 々 の

を 促 す 事 に な る と 見 ら れ る 。

会 に 出 て 行 く こ と は 、 中 国 社 会 の 大 き な 変 化

年 間 で 六 、 七 〇 〇 〇 万 人 も の 大 学 卒 業 者 が 社

言 う 厳 し い 問 題 に 直 面 し な が ら も 、 今 後 一 〇

と 言 え る 。 そ し て 、 目 前 は 大 卒 者 の 就 職 難 と

の 長 い 歴 史 の 中 で も 画 期 的 な 変 化 が 発 生 し た

い と の 期 待 と 夢 を 抱 け る よ う に な っ た 。 中 国

中 国 の 巨 大 な 変 化

が 自 分 の 子 供 や 孫 が 大 学 へ 行 け る か も 知 れ な

% に 達 す る も の で 、 こ う な る と 国 民 の 大 部 分

関 心 を 持 と う と 訴 え た も の で あ っ た 。

ワ ー ポ イ ン ト で 示 し な が ら 、 市 民 一 人 一 人 が

売 店 に 占 拠 さ れ て い る 様 子 を 写 真 に 集 め 、 パ

至 る 所 で 無 視 さ れ 、 柵 や マ ン ホ ー ル 、 駐 輪 場 、

北 京 市 内 の 歩 道 に 設 置 さ れ た 点 字 ブ ロ ッ ク が 、

の 問 題 ﹂ と の テ ー マ 設 定 で 、 優 勝 し た 学 生 は 、

チ コ ン テ ス ト で 審 査 員 を 務 め た が 、 ﹁ 北 京 市

に 伺 え る 。 昨 年 末 、 一 つ の 学 生 日 本 語 ス ピ ー

年 は 六 五 〇 万 人 と な る 。 同 年 齢 層 の ほ ぼ 三 〇

は 二 二 〇 万 人 、 二 〇 〇 五 年 は 五 〇 四 万 人 、 今

九 九 〇 年 代 末 か ら 急 速 に 増 加 、 二 〇 〇 〇 年 に

夢 に も 考 え ら れ な い 状 況 で あ っ た 。 そ れ が 一

以 下 で 、 大 学 へ 入 る な ど 一 般 庶 民 に と っ て は

う に な っ た が 、 中 国 全 体 で は 同 年 齢 層 の 三 %

者 数 は 六 〇 万 人 、 数 で は 日 本 を や や 上 回 る よ

二 〇 年 前 の 一 九 九 〇 年 、 中 国 で の 大 学 入 学

や 、 関 心 が 静 か に 社 会 に 浸 透 し て 行 っ た よ う

は こ れ を 機 会 に 中 国 で も 障 害 者 に 対 す る 認 識

な 注 目 も 浴 び ず に 過 ぎ て し ま っ た が 、 実 際 に

パ ラ リ ン ピ ッ ク は オ リ ン ピ ッ ク の 影 で 大 き

生 が 急 激 に 増 加 し た 事 で あ る と 言 え る 。

与 え る で あ ろ う 変 化 は 、 こ の 間 中 国 で の 大 学

る 最 も 重 要 な 、 そ し て 将 来 最 も 大 き な 影 響 を

示 し て い る 。 し か し 、 中 国 の 中 で 発 生 し て い

図 1 10 階にある事務所 の窓からの景観. (2008 年 9 月 17 日撮影)




海外通信 「東京大学北京代表所」 です! 宮内雄史

みやうち ゆうじ

東京大学北京代表所所長

三 メ ー ト ル の 店 が ぎ っ し り と 詰 ま っ て い る 電

品 ・ 部 品 ・ 中 古 パ ソ コ ン 等 を 販 売 す る 間 口 二 、

ィ ス で あ る が 、 そ の 下 は 各 階 に 数 百 の 電 子 製

見 え る 幾 つ か の ビ ル は 五 、 六 階 よ り 上 は オ フ

チ ャ ー 企 業 等 が 多 数 設 立 さ れ て い る 。 写 真 に

連 携 の I T 企 業 、 帰 国 し た 留 学 生 に よ る ベ ン

が 集 中 し て お り 、 そ の 周 辺 に 大 学 発 や 産 学 官

多 数 の 有 力 大 学 と 、 中 国 科 学 院 傘 下 の 研 究 所

関 村 ﹂ 地 域 で あ る 。 北 京 大 学 、 清 華 大 学 初 め

に は 北 京 の シ リ コ ン バ レ ー と も 呼 ば れ る ﹁ 中

眺 め で あ る 。 こ の あ た り は 北 京 の 秋 葉 原 、 更

図 1 の 写 真 は 、 事 務 所 の 窓 か ら 見 え る 街 の

が 止 ま っ て い る 光 景 で あ る 。

が 始 ま っ た ば か り で 多 数 の 市 内 へ 向 か う 車 両

タ ジ ア ム に 向 か う も の で あ る 。 丁 度 交 通 規 制

華 大 学 の キ ャ ン パ ス を 抜 け 、 オ リ ン ピ ッ ク ス

か ら 来 て 右 方 向 に 曲 が り 、 北 京 大 学 、 更 に 清

を 出 発 し 、 市 内 か ら こ の 交 差 点 を 写 真 で は 上

ス は 北 京 オ リ ン ピ ッ ク と 同 じ で 、 天 安 門 広 場

ン が 開 催 さ れ た 日 に 撮 っ た か ら で あ る 。 コ ー

八 年 九 月 一 七 日 北 京 パ ラ リ ン ピ ッ ク の マ ラ ソ

も 無 い こ の 写 真 を 選 ん だ の は 、 そ れ が 二 〇 〇

交 通 渋 滞 が 最 も 激 し い 十 字 路 で あ る 。 明 瞭 で

写 真 に 見 え る 交 差 点 は 、 北 京 市 内 で も 朝 晩

を 依 頼 さ れ 、 誠 に 有 難 い と 感 じ た 次 第 。

じ る 瞬 間 で あ る 。 従 い 、 こ の 度 本 誌 へ の 寄 稿

の 知 名 度 で あ る こ と に 内 心 忸 怩 た る も の を 感

月 の 設 立 か ら 五 年 も 経 て い る の に 、 こ の 程 度

い る の で す か ﹂ と 尋 ね て 来 る 。 二 〇 〇 五 年 四

ん ど の 人 が ﹁ 一 体 大 学 の 事 務 所 な ど 何 を し て

し た 上 、 不 躾 と 丁 寧 の 差 は あ る も の の 、 ほ と

京 に 東 大 の 事 務 所 が あ っ た の で す か ﹂ と 反 応

が 多 少 の 驚 き と 怪 訝 な 表 情 を 見 せ な が ら ﹁ 北

グ ル や マ イ ク ロ ソ フ ト の オ フ ィ ス な ど が あ る 。

は 、 最 近 中 国 か ら の 撤 退 で 話 題 を 呼 ん だ グ ー

断 念 し た 経 緯 が あ る 。 そ の 清 華 科 技 園 の 方 に

園 ﹂ も 調 べ た が 、 賃 料 に 倍 近 く の 開 き が あ り 、

テ リ ジ ェ ン ト ビ ル で 構 成 さ れ る ﹁ 清 華 科 技

は 、 清 華 大 学 の 子 会 社 が 設 立 し た 数 棟 の イ ン

ス ビ ル で あ る 。 当 初 入 居 先 の 検 討 に 当 た っ て

大 学 の 出 資 す る 不 動 産 会 社 が 建 設 し た オ フ ィ

事 務 所 の 入 っ て い る ﹁ 資 源 大 廈 ﹂ は 、 北 京

初 対 面 の 人 に 自 己 紹 介 を す る と 、 多 く の 人 気 街 で あ る 。




︵ 以 下 63 ペ ー ジ に 続 く ︶

一 〇 人 の 合 格 者 中 三 分 の 一 程 が 毎 年 東 大 に 入

課 程 奨 学 金 プ ロ グ ラ ム が あ り 、 中 国 全 体 で 一

な ど で 協 力 し て い る 。 ま た 、 日 本 政 府 の 博 士

を 利 用 し た 候 補 学 生 へ の イ ン タ ビ ュ ー の 設 営

生 と の 連 絡 、 代 表 所 に あ る T V 会 議 シ ス テ ム

幾 つ か あ り 、 北 京 代 表 所 で は 、 関 係 大 学 や 学

選 考 の 出 来 る 大 学 院 生 の ��� 学 金 プ ロ グ ラ ム が

に も 、 学 生 が 海 外 渡 航 以 前 に 募 集 を し て 入 学

学 金 の オ ッ フ ァ ー が 殺 到 し て い る 。 東 京 大 学

華 大 学 な ど に は 、 ア メ リ カ の 大 学 を 中 心 に 奨

め の 競 争 的 方 法 と な っ て お り 、 北 京 大 学 や 清

な い が 、 国 際 的 に は 優 秀 な 学 生 を 獲 得 す る た

的 活 動 、 途 上 国 支 援 的 な 位 置 づ け を 脱 し て い

て 、 学 生 達 に 国 際 化 の 重 要 性 を 訴 え て い る 。

六 回 も ﹁ 国 境 無 き 東 大 生 ﹂ と 言 う 言 葉 を 使 っ

が あ り 、 今 年 の 入 学 式 で は 総 長 が 祝 辞 の 中 で

東 大 生 も 積 極 的 に 国 際 的 な 場 へ 出 て 行 く 必 要

し て の 役 割 を 担 っ て い る と 言 え る 。 日 本 人 の

で は 東 大 は 国 際 的 な 頭 脳 を 育 て る 最 高 学 府 と

博 士 課 程 で は 留 学 生 が 二 割 に 近 い 。 そ の 意 味

て い る が 、 留 学 生 は 九 割 が 大 学 院 生 で あ る 。

部 ・ 大 学 院 各 一 万 四 〇 〇 〇 人 余 と 半 々 に な っ

と 修 士 ・ 博 士 の 人 数 が 大 幅 に 増 大 し て 、 学

東 大 は 一 九 八 〇 年 代 に 大 学 院 重 点 化 政 策 の も

中 国 人 学 生 は 三 〇 % の 七 五 〇 人 で 最 も 多 い 。

現 在 東 大 全 学 へ の 留 学 生 は 約 二 四 〇 〇 人 、

と こ ろ で 、 日 本 で は 、 奨 学 金 は 一 般 に 慈 善 を 回 っ て は 東 大 説 明 会 を 開 催 し て い る ︵ 図 2 ︶

ト を 行 っ て い る 。

う し た 活 動 で の 連 絡 や 便 宜 供 与 な ど の サ ポ ー

も 行 わ れ て い る 。 北 京 代 表 所 は 必 要 に 応 じ そ

レ ナ ー プ ロ グ ラ ム 優 秀 チ ー ム に よ る 学 生 交 流

優 れ た も の で あ る 。 ま た 、 両 校 の ア ン ト レ プ

間 で 現 在 行 わ れ て い る 様 々 な 交 流 の 中 で 最 も

語 で 正 面 か ら 徹 底 的 に 討 論 す る も の で 、 日 中

民 族 ・ メ デ ィ ア 等 、 両 国 間 の 深 刻 な 課 題 を 英

を 認 識 し て も ら う べ く 、 全 国 各 地 の 有 力 大 学

学 生 達 に 日 本 留 学 の 意 義 や 、 東 大 留 学 の 価 値

も 代 表 所 の 仕 事 で あ る 。 さ ら に 、 よ り 多 く の

東 大 を 目 指 す 学 生 達 の 質 問 や 相 談 に 応 ず る の

向 か う が 、 東 大 へ も 三 、 四 〇 人 入 学 し て 来 る 。

ロ グ ラ ム も 始 動 し 、 半 分 が ア メ リ カ の 大 学 へ

程 留 学 生 に 対 す る 五 〇 〇 〇 人 規 模 の 奨 学 金 プ

学 す る 。 二 〇 〇 七 年 か ら は 中 国 政 府 の 博 士 課

図 3 総 長 を 迎 え て の 北 京 校 友 会. (2009 年 10 月 17 日撮影)




壇 ﹂ と 言 う 、 学 生 の 自 主 的 活 動 も 五 年 目 に な

の 中 に あ っ て 、 国 際 的 な 人 的 ネ ッ ト ワ ー ク を

は 三 〇 〇 〇 人 に も 及 ぶ 。 世 界 の グ ロ ー バ ル 化

ジ ア で の 大 学 交 流 が 展 開 さ れ て い る 。 ﹁ 京 論

養 教 育 の 各 分 野 で 、 ソ ウ ル 大 学 を 含 め た 東 ア

経 済 学 ・ 法 学 ・ 教 育 学 ・ 人 文 社 会 ・ 哲 学 ・ 教

え ば 清 華 大 学 の シ リ コ ン バ レ ー 同 窓 会 の 会 員

北 京 大 学 と 東 大 の 学 術 交 流 も 増 加 し て い る 。

生 、 日 本 人 は 三 三 〇 人 に 過 ぎ な い 。 ま た 、 例

国 人 一 万 五 〇 〇 〇 中 約 五 〇 〇 〇 人 が 中 国 人 学

ー 。 五 〇 位 ま で に 中 国 の 大 学 が 九 校 入 り 、 外

二 位 が 北 京 大 学 の 五 一 〇 人 、 三 位 が バ ー ク レ

大 学 を 抑 え て ト ッ プ が 清 華 大 学 の 五 七 〇 人 、

を 出 身 大 学 別 に ラ ン キ ン グ す る と ア メ リ カ の

間 に 博 士 号 を 取 得 す る 者 は 五 万 人 お り 、 そ れ

て い る 。 ア メ リ カ で は 外 国 人 留 学 生 も 含 め 年

ら の 優 秀 な 学 生 は 更 に 世 界 へ と 飛 躍 を 目 指 し

学 と さ れ る 三 〇 大 学 で も 一 〇 万 人 程 で 、 こ れ

〇 〇 人 の 入 場 者 が あ っ た 。

生 寮 近 く に 東 大 紹 介 の 展 示 会 も 設 置 し 、 六 五

訪 問 し た 。 そ の 際 清 華 大 学 キ ャ ン パ ス 内 の 学

大 か ら 教 職 員 一 三 〇 人 、 大 学 院 生 一 〇 〇 人 が

て の も の で あ る 。 そ の ﹁ 東 大

年 の 清 華 大 学 に お け る ﹁ 東 大

ー ク シ ョ ッ プ が 実 施 さ れ た 。 こ れ は 二 〇 〇 八

訪 し 、 二 一 の プ ロ グ ラ ム で シ ン ポ ジ ウ ム や ワ

学 か ら 一 五 〇 人 の 教 職 員 と 二 〇 人 の 院 生 が 来

で ﹁ 清 華 大 学

﹂ に は 東

﹂ を 受 け

Week

る 。 こ れ は 両 校 の 学 生 が 北 京 で 一 週 間 、 東 京

形 成 し つ つ あ る と 言 え る 。

Week

で 一 週 間 合 宿 し 、 歴 史 ・ 安 全 ・ 環 境 ・ 食 品 ・

北 京 代 表 所 の 取 り 組 み

Week

そ う し た エ ネ ル ギ ー 溢 れ る 中 国 の 大 学 と 大

﹂ が 開 催 さ れ た 。 清 華 大

学 、 両 校 合 せ て 六 五 〇 〇 人 。 ま た 、 ト ッ プ 大

こ の 五 月 一 二 日 ∼ 一 四 日 、 本 郷 キ ャ ン パ ス

れ た 俊 才 達 が 目 指 す 双 璧 が 清 華 大 学 と 北 京 大

の 二 〇 倍 の 規 模 で あ る 。 そ う し て 選 り す ぐ ら

〇 〇 〇 万 人 が 参 加 す る 。 日 本 の セ ン タ ー 試 験

六 月 に 実 施 さ れ る 国 家 統 一 の 大 学 入 試 に は 一

学 支 援 、 同 窓 会 活 動 へ の 協 力 で あ る 。

優 秀 な 中 国 人 留 学 生 の 確 保 、 東 大 生 の 中 国 留

ッ シ ョ ン は 、 中 国 の ト ッ プ 大 学 と の 交 流 促 進 、

学 生 達 に 向 け て 、 北 京 代 表 所 に 与 え ら れ た ミ

図 2 北京大学の学生団体が開催し た交流イベントに東大紹介ブースを出 展.(2010 年 5 月 8 日撮影)




が 環 境 影 響 が 小 さ い と 思 わ れ る 一 一 事 業 の 継

そ の 後 、 二 〇 〇 九 年 一 二 月 に 最 高 行 政 裁 判 所

目 処 が 立 た な く な っ て し ま っ た か ら で あ る 。

る ま で の 間 、 い つ 事 業 を 再 開 で き る の か 全 く

さ れ て い な か っ た た め 、 政 府 が そ れ を 整 備 す

境 影 響 ・ 健 康 影 響 の 評 価 を 行 う 仕 組 み が 整 備

影 響 を 与 え た の は 、 憲 法 で 求 め ら れ て い る 環

凍 結 の 仮 処 分 を 決 定 し た 。 こ の 判 決 が 大 き な

意 見 聴 取 を 行 わ れ て い な い こ と を 理 由 に 事 業

び 健 康 影 響 評 価 と 公 聴 会 、 第 三 者 機 関 に よ る

年 に 業 政 に 年 業 こ 団 の な れ ︶ つ の 裁 よ ほ 団 ろ 地 事 社 て

憲 法 で 求 め ら れ て い る 環 境 影 響 評 価 お よ

い て 、 仏 歴 二 五 五 〇 年 ︵ 西 暦 二 〇 〇 七

一 時 凍 結 を 命 じ た 。 判 決 で は 、 七 六 事 業

判 所 が 工 業 団 地 で 計 画 さ れ て い た 七 六 事

る 被 害 を 訴 え 、 二 〇 〇 八 年 九 月 、 中 央 行

ど 前 よ り 周 辺 住 民 が 工 業 団 地 の 環 境 汚 染

地 公 社 が 出 資 す る 工 業 団 地 で あ る 。 一 五

ラ ヨ ー ン 県 に 位 置 す る 工 業 団 地 で タ イ 工

識 が 生 ま れ つ つ あ る と 感 じ る 。

い て は そ れ が 企 業 の 利 益 に つ な が る と い う 意

心 で は い ら れ な い 段 階 に な っ て き て お り 、 ひ

想 の よ う に 、 タ イ で も 企 業 は 環 境 に も う 無 関

て い る の で は な い だ ろ う か 。 冒 頭 の 学 生 の 感

全 体 の 環 境 へ の 意 識 の 高 ま り も 後 押 し と な っ

判 所 が こ の よ う な 判 決 を 出 す 背 景 に は 、 社 会

受 け て い る こ と に 対 す る も の で は あ る が 、 裁

き い 。 ま た 、 判 決 自 体 は 実 際 に 住 民 が 被 害 を

の 他 の 企 業 に 対 す る 間 接 的 な 影 響 も 非 常 に 大

の 工 場 へ の 直 接 的 影 響 だ け で な く 、 タ イ 国 内

に 大 き な 意 味 を 持 つ と 考 え ら れ る 。 工 業 団 地

因 と な り う る と い う 認 識 を 広 め た こ と は 非 常

る 配 慮 の 程 度 が 企 業 の 利 益 に と っ て リ ス ク 要

済 へ の 影 響 が 心 配 さ れ て い る が 、 環 境 に 対 す

い 。 こ れ に よ り 外 資 企 業 進 出 の 停 滞 を 含 む 経

も 多 く 進 出 し て お り 、 影 響 を 受 け た 企 業 も 多

マ プ タ プ ッ ト 工 業 団 地 に は 日 本 の 関 連 企 業

図 1 最 近 導 入 さ れ たバンコクの小型バス の新車両.フロントガ ラスに NGV(天然ガ ス車)のステッカーが 見える.後ろの建物は 5 月の騒乱で焼けた デパート. 図 2 節 電 を 呼 び か ける広告.地下鉄駅構 内にて.



は 、 バ ン コ ク の 南 東 二 〇 〇 キ ロ ほ ど の と

業 凍 結 問 題 で あ っ た 。 マ プ タ プ ッ ト 工 業

会 関 心 事 の 一 つ は マ プ タ プ ッ ト 工 業 団 地

し ま っ た が 、 騒 乱 前 の タ イ 国 内 で の 大 き

と こ ろ で あ る 。

告 さ れ た 。 解 決 の 兆 し が 少 し ず つ 見 え 始 め た

価 の ガ イ ド ラ イ ン を 含 む 省 令 が 官 報 に よ り 布

続 を 認 め た ほ か 、 環 境 影 響 評 価 と 健 康 影 響 評


海外通信 タイ王国、 運河のある風景とその未来 本多 了

ほんだ りょう

東京大学環境安全研究センター特任助教 (専門は環境工学)

︵ 兆 考 新 者 と 将 で た た を は 企 ﹁ い 同 環 高微 注 1 月 し え し の だ 来 土 の 彼 卒 と か 業 ま て じ 境 七 ま笑 ︶ 日 が て い 数 っ 環 木 か に 業 い な も だ 尋 学 工 年 るみ

、 私 は 昨 年 よ り 再 び タ イ で の 仕 事 の た

み る と そ の 頃 か ら 環 境 意 識 の 高 ま り の

機 材 を 導 入 す る 予 算 が つ い た り と 、 今

も 増 え 、 私 が お 邪 魔 し て い た 研 究 室 も

た 。 そ の 後 、 環 境 工 学 科 の 大 学 院 進 学

境 が 重 要 な テ ー マ に な る と 感 じ て の こ

工 学 を 学 ん だ が 、 こ れ か ら は タ イ で も

聞 い て み た 。 彼 曰 く 、 稼 業 が 建 設 関 係

、 で は な ぜ 環 境 工 学 を 学 び た い と 思 っ

後 、 環 境 工 学 科 の 修 士 課 程 に や っ て き

う の が 彼 の 答 え で あ っ た 。 土 木 工 学 科

り 低 い よ 。 ﹂

利 益 優 先 で 環 境 へ の 取 り 組 み の 優 先 度

な に も 考 え て い な い 人 が ほ と ん ど で 、

約 を 謳 う 広 告 も 見 る よ う に な っ た

へ の 切 り 替 え が 進 み 、 街 中 に は エ ネ ル ギ ー 節

い た バ ン コ ク の 都 バ ス も 天 然 ガ ス 車 ︵ N G V ︶

ろ う 。 ま た 数 年 前 ま で は 黒 煙 を あ げ て 走 っ て

を 意 識 す る 機 会 が 増 え て い る こ と は 確 か で あ

の を 通 じ て 市 民 が ﹁ 環 境 ﹂ と い う キ ー ワ ー ド

シ ョ ン に 近 い も の だ と 思 う が 、 そ の よ う な も

ャ ツ も 環 境 意 識 の 高 ま り と い う よ り は フ ァ ッ

化 に 貢 献 す る の か は や や 疑 問 で あ る し 、 T シ

無 線 L A N を 利 用 す る こ と が ど れ だ け 都 市 緑

書 い た T シ ャ ツ を 着 て い る 人 を よ く 見 か け る 。

布 し た り 、 ﹁

ほ ど 前 、 私 が タ イ 王 国 カ セ サ ー ト 大 学

環の 境国 意、 識

ペ ー ン を 街 の 至 る 所 で 目 に す る よ う に な ﹂ っ と た

全 く 見 る こ と が な か っ た 環 境 に 関 す る キ ャ ン

ン コ ク に 来 て 気 づ い た の が 、 六 、 七 年 前 に は

科 の 学 生 に タ イ の 人 々 の 環 境 意 識 に つ

銘 打 っ て 無 線 L A N ス ポ ッ ト の 無 料 I D を ﹂ と 配

こ と だ 。 携 帯 電 話 会 社 が 、 ﹁

Green Bangkok

︵ 図 1 、 2 ︶

学 科 に 学 生 と し て お 邪 魔 し て い た と き 、

ね た こ と が あ る 。

SAVE THE WORLD LIFE

見 え て い た と 思 う 。

求 め マら プれ タる プ企 ッ業 トの 工意 業識 団変 地革 問 題

――

赤 シ ャ ツ デ モ に よ る 騒 乱 で す っ か り 影 に 隠

が 流 れ 、 そ の 彼 は 博 士 課 程 に 進 学 し

め に バ ン コ ク に 住 む こ と と な っ た 。 改 め て バ




に 寄 与 す る と 思 わ れ る 。

ず 、 桟 橋 に 立 っ て い る と や や 臭 う 。

や 水 消 費 も 大 き く 、 運 河 へ の 環 境 負 荷 の 増 加 ︵ 注 3 ︶ 運 河 の 水 は お 世 辞 に も き れ い と は い え

が 進 ん で い る 。 こ れ ら の 農 業 は 集 約 的 で 肥 料

な も の を 収 穫 す る 。

ナ ナ や コ コ ナ ツ が 半 ば 自 生 し て 育 っ て い る よ う

園 芸 品 な ど 付 加 価 値 の 高 い 近 郊 農 業 へ の 転 作

ず み ま で 管 理 の 行 き と ど い た 農 園 で は な く 、 バ

た 、 農 地 も 従 来 の 稲 作 や 果 樹 園 か ら 、 野 菜 や ︵ 注 2 ︶ 果 樹 園 と い っ て も 、 日 本 の よ う に す み

と し て は 非 常 に 貧 弱 な も の と 考 え ら れ る 。 ま

了 ま で に 修 士 で 三 年 、 博 士 で 五 年 か か る 。

程 二 年 、 博 士 課 程 三 年 だ が 、 多 く の 学 生 は 、 修

に は 適 切 な 維 持 管 理 が 行 わ れ て お ら ず 、 処 理 ︵ 注 1 ︶ タ イ の 大 学 院 も 、 日 本 と 同 じ く 修 士 課

理 施 設 を 設 置 し て い る と こ ろ も あ る が 、 現 実

大 き な 住 宅 地 で は 酸 化 池 な ど の 簡 易 な 廃 水 処

基 準 の 適 用 を 免 れ る こ と が で き る の だ 。 ま た 、

は 一 〇 〇 戸 を 超 え る 住 宅 地 と な っ て も 、 排 水

接 し て 七 〇 戸 の 宅 地 開 発 を 行 え ば 、 最 終 的 に

に 八 〇 戸 の 宅 地 開 発 と し て 申 請 し 、 そ の 後 隣

一 五 〇 戸 の 新 興 住 宅 地 開 発 を 行 う 際 に 、 最 初

回 避 す る こ と が 可 能 と な っ て い る 。 例 え ば 、

際 に は 開 発 単 位 を 複 数 に 分 け る こ と で 基 準 を

設 を 設 置 す る こ と に な る 。 し か し な が ら 、 実

に は 排 水 基 準 が あ り 、 開 発 業 者 は 廃 水 処 理 施

法 令 で は 、 一 〇 〇 戸 以 上 の 住 宅 を 持 つ 住 宅 地

ま ま 運 河 に 排 出 さ れ て い る

。 タ イ の

住 宅 地 か ら の 生 活 廃 水 の ほ と ん ど は 未 処 理 の

こ と を 私 は 期 待 し た い 。

を 創 造 す る と い う 形 の 人 類 の 進 化 が み ら れ る

れ ぞ れ の 土 地 の 原 風 景 を 生 か し た 都 市 の 未 来

れ て い る 。 技 術 の 進 歩 も さ る こ と な が ら 、 そ

発 途 上 国 で 都 市 ��� が さ ら に 進 行 す る と 予 測 さ

か 。 こ れ か ら ア ジ ア を は じ め と す る 多 く の 開

新 し い 都 市 の 姿 を 描 く こ と は で き な い だ ろ う

原 風 景 と 効 率 的 な 都 市 活 動 が 共 存 す る よ う な 、

の 環 境 意 識 が 高 ま っ て い る 今 、 美 し い 運 河 の

ま 同 じ 道 筋 を 歩 ん で い る よ う に 見 え る 。 人 々

先 進 諸 国 も そ う で あ っ た と 思 う し 、 タ イ も い

不 要 物 を 運 ぶ 静 脈 と な る 。 こ れ は 日 本 や 他 の

水 路 と な り 、 水 辺 は 恵 み を も た ら す 動 脈 か ら

︵ 図 6 ︶

宅 地 の 開 発 が さ か ん に 行 わ れ て い る ︵ 図 5 ︶

都 市 化 に 伴 い 、 河 川 や 農 業 用 水 路 が 生 活 排

図 6 住 宅 地 よ り 運河に流れ出る 生活廃水.




子 供 や 体 を 洗 う 人 も い る 。 開 発 が 進 ん だ バ ン

る 家 が 並 び 、 移 動 す る ボ ー ト 、 水 遊 び を す る

で 見 ら れ る

。 運 河 沿 い に は 桟 橋 の あ

た 。 そ の よ う な 風 景 は 、 今 で も バ ン コ ク 郊 外

増 加 が 郊 外 の 戸 建 住 宅 の 需 要 を 生 み 、 新 興 住

は 変 わ り つ つ あ る 。 バ ン コ ク 都 の 中 産 階 級 の

都 市 の 拡 大 に 伴 い バ ン コ ク 郊 外 で も そ の 風 景

バ ン コ ク で は す で に 失 わ れ た 原 風 景 だ が 、

︵ 図 3 ︶

な く 交 通 路 や 生 活 用 水 と し て も 運 河 を 利 用 し

都 市 開 発 に 伴 う 原 風 景 の 変 化

き な 運 河 沿 い に 人 々 は 居 を 構 え 、 灌 漑 だ け で

果 う 用 基 樹 に 水 調 園 張 路 と ︵ り と す 注 巡 し る 2 ら て 。 ︶ さ 建 運 が れ 設 河 広 、 さ は が そ れ 、 る の た 開 。 後 。 墾 そ 背 運 し の 地 河 た う に は 農 ち は 網 地 比 田 の へ 較 ん 目 の 的 ぼ の 灌 大 や よ 漑 て 大 切 な 足 と な っ て い る ︵ 図 4 ︶ ︵ 注 3 ︶

は 、 渋 滞 の 多 い バ ン コ ク で 一 部 の 市 民 に と っ

と し て 使 わ れ て お り 、 運 河 を 走 る 乗 合 ボ ー ト

市 内 を 流 れ る セ ン セ ー プ 運 河 は 今 で も 交 通 路

チ ャ オ プ ラ ヤ 川 デ ル タ の 原 風 景 は 、 運 河 を

プ ラ ヤ 川 デ ル タ 地 帯 の 原 風 景 を 紹 介 し た い 。

こ こ で は バ ン コ ク を 含 む タ イ 中 央 部 の チ ャ オ

ン ﹂ の つ い た 地 名 が 多 く 残 っ て い る 。 ま た 、

な っ た り し て い る が 、 運 河 を 意 味 す る ﹁ ク ロ

コ ク で は 、 多 く の 運 河 は 埋 め ら れ た り 暗 渠 に

よ っ て 少 し ず つ 異 な っ て い る と 思 わ れ る が 、

風 景 と 言 わ れ る も の が あ る 。 タ イ で も 地 方 に

私 は 思 う 。 日 本 の 里 山 の よ う に 、 タ イ に も 原

も の も 環 境 意 識 に 大 き く 関 係 し て い る よ う に

識 の 中 に あ る い わ ゆ る 地 域 の 原 風 景 の よ う な

の よ う な 地 球 規 模 の 問 題 も あ る が 、 人 々 の 意

環 境 と い う も の を 考 え る と き 、 地 球 温 暖 化

運 河 の あ る 原 風 景

図 3 運河のある風景.タイ王国ノンタ ブリ県にて(2007 年) .奥で水浴をし ている人も見える.

図 4 バ ン コ ク の セ ン セ ープ運河の乗合ボート.平 日の朝夕には通勤通学の市 民で混雑する.

図 5 バ ン コ ク 郊 外 に 建 つ新興住宅地.高級感を醸 し出したものが多い.




高橋良昌

小貫元治

マシュー・ボートン

たかはし よしまさ おぬき もとはる Matthew J. Bouton サステイナビリティ学教育 東京大学大学院特任准教授 サステイナビリティ学教育 プログラム修士 2 年 (専門は環境微生物学・環境工学・ プログラム修士 1 年 環境教育・サステイナビリティ教育)

ん だ 留 学 生 が 受 け に く る こ と が 多 く な

常 入 試 の 方 で も 、 学 部 時 代 に 日 本 で 学

で 小 す  貫 。 国 三 費 七 留 名 学 の 生 う は ち 全 日 て 本 外 人 国 は 人 現 で 在 、 九 通 名

計 画 や 建 築 の デ ザ イ ン を 勉 強 し て い ま

ク ボ 大 ー 学 ト か  ン ら き 私 ま は し ア た メ 。 リ も カ と の も ニ と ュ は ー 都 ヨ 市 ー

る と い う の で 選 び ま し た 。

け で は な く て 包 括 的 な 意 味 で 勉 強 で き

し て み た ら こ こ に 行 き 当 た り 、 環 境 だ



か 環 境 関 連 の 大 学 院 が あ る だ ろ う と 探

は ど の よ う に な っ て い ま す か 。

い う こ と は 特 に 知 ら な く て 、 東 大 も 何

を 探 し ま し た 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と

学 生 さ ん の 、 日 本 人 と 外 国 人 の 比 率

近 い 応 募 が あ り ま す 。

国 費 留 学 生 の 枠 が あ り 、 修 士 で 四 〇 人

の 入 り 口 で す 。 修 士 八 名 、 博 士 二 名 の

つ は 、 留 学 生 を 対 象 と し た 奨 学 金 付 き

五 倍 く ら い の 応 募 が あ り ま す 。 も う 一

ざ っ と 定 員 一 〇 名 と 考 え て い て 、 二 ・

り 小 口  貫 が あ こ り こ ま の す 入 。 試 一 に つ は は 大 通 き 常 く の 二 入 つ 試 の で 入 、

環 境 と い う キ ー ワ ー ド で 日 本 の 大 学 院

に 帰 っ て き た い と い う 希 望 も あ っ て 、

ち ん と 勉 強 し た い と 思 い ま し た 。 日 本

感 じ 、 四 年 間 が 終 わ る と き に も っ と き

し て い た の で す が 、 学 問 と し て 浅 い と

学 に 留 学 し て い て 、 国 際 関 係 学 を 勉 強

受 高 け  橋 ま し 僕 た は 。 二 そ 〇 れ 〇 ま 八 で 年 は 一 ア 〇 メ 月 リ に カ 入 の 試 大 を

く ら い い る の で し ょ う か 。

た の で し ょ う か 。

ど の よ う な 動 機 で 、 こ こ に こ よ う と 思 っ

定 員 二 〇 名 で 応 募 し て く る 人 は ど れ

名 の 修 士 を 出 し た と こ ろ で す 。

――

っ て い る の で 、 結 果 的 に 日 本 人 は 全 体

――

の 四 分 の 一 程 度 と い う こ と に な り ま し

――

た 。 日 本 の 大 学 の 中 で も 比 較 的 珍 し い

現 在 修 士 課 程 で 学 ん で い る お 二 人 は 、

初 の 修 士 を 二 人 、 二 〇 一 〇 年 三 月 に 八

総 数 三 七 名 で 、 二 〇 〇 九 年 一 〇 月 に 最 存 在 だ と 思 い ま す 。


サステナ訪問

東京大学大学院新領域創成科学研究科 サステイナビリティ学教育プログラム と 宣 言 し ま し た 。 東 京 大 学 、 京 都 大 学 、

ビ リ テ ィ 学 を 教 え る 修 士 課 程 を つ く る

し た 。 い ま 博 士 と 修 士 を 合 わ せ て 学 生

九 年 一 〇 月 に 博 士 課 程 を 新 た に 設 け ま

そ の 後 、 内 部 で 議 論 を 進 め 、 二 〇 〇

ス タ ー ト す る に 当 た っ て 、 サ ス テ イ ナ

リ 小 テ  貫 ィ 学 二 連 〇 携 〇 研 六 究 年 機 四 構 月 ︵ に I サ R ス 3 テ S イ ︶ ナ が ビ

行 っ て い ま す 。

特 徴 で 、 す べ て の 講 義 ・ 演 習 を 英 語 で

し た 国 際 的 な プ ロ グ ラ ム で あ る こ と が

い た だ け ま す で し ょ う か 。

リ テ ィ 学 教 育 プ ロ グ ラ ム の 概 略 を ご 紹 介

――

大 阪 大 学 、 北 海 道 大 学 、 茨 城 大 学 の I

貢 献 で き る 人 材 を 養 成 す る こ と を 目 指

実 現 す る た め に 国 際 的 な 視 野 を も っ て

ト し ま し た 。 サ ス テ イ ナ ブ ル な 社 会 を

ま ず 、 小 貫 先 生 か ら 、 サ ス テ イ ナ ビ

生 定 員 二 〇 名 の 修 士 課 程 と し て ス タ ー

ト ン さ ん に 伺 い ま し た 。

修 士 二 年 の 高 橋 さ ん 、 修 士 一 年 の ボ ー

っ た 現 在 の 状 況 を 小 貫 特 任 準 教 授 と 、

院 が こ こ に 誕 生 し ま し た 。 三 年 近 く た

学 を 専 門 的 に 教 え る 日 本 で 最 初 の 大 学

二 〇 〇 七 年 秋 に 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

な る 東 京 大 学 柏 キ ャ ン パ ス が あ り ま す 。

究 所 、 気 候 シ ス テ ム 研 究 セ ン タ ー か ら

成 科 学 研 究 科 、 宇 宙 線 研 究 所 、 物 性 研

千 葉 県 柏 市 北 部 に 、 大 学 院 新 領 域 創

こ と が 決 ま り 、 二 〇 〇 七 年 一 〇 月 、 学

創 生 科 学 研 究 科 に 修 士 課 程 を 設 置 す る

S が 支 援 し て 、 柏 キ ャ ン パ ス の 新 領 域

プ ロ グ ラ ム を も つ の で は な く 、 I R 3

に な り ま し た 。 I R 3 S が 直 属 の 教 育

っ て 教 育 プ ロ グ ラ ム を 立 ち 上 げ る こ と

い か 検 討 を 進 め 、 東 京 大 学 が 先 頭 を 切

の 大 学 院 教 育 を ど の よ う に 行 っ た ら よ

れ ぞ れ の 大 学 が サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学

R 3 S 参 加 五 大 学 が 連 携 し な が ら 、 そ

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 修 士 を 目 指 す 学 生




ア メ リ カ も 多 様 で す が 、 こ こ の 方 が よ

る ボ こ ー と ト に  ン ベ ネ 同 フ じ ィ で ッ す ト 。 を 多 も 様 た 性 ら は し あ ま ら す ゆ 。

か 小 ︵  貫 感 笑



も ら っ て 理 解 す る も の で は な い と い う

し た し 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ は 教 え て

た ︶ 。 私 と は こ 退 ろ 席 は し あ た り 方 ま が す い か 。 い で し ょ う

り ボ に ー く ト い  ン 面 は サ 否 ス め テ ま イ せ ナ ん ビ 。 リ サ テ ス ィ テ が イ わ ナ か

こ と も よ く わ か り ま し た 。

で す 。 多 様 性 は 日 本 の こ こ の 方 が 大 き

ら の 人 が 一 堂 に 集 ま る こ と は な か っ た

逆 に こ こ に き て 期 待 は ず れ だ っ た と

に 何 を や り た い か 考 え る こ と が で き ま

る 高 こ  橋 と は こ 、 れ 今 だ ま け で 大 の 勢 人 の 生 留 で 学 経 生 験 と が 議 な 論 く す

た と き で も 、 こ れ だ け い ろ い ろ な 国 か

て 、 す ご く 刺 激 的 で す 。 ア メ リ カ に い

全 然 違 う タ イ プ な の で す 。

い 高 る  橋 の が ア 、 ジ ア ア メ の リ い カ ろ に い い ろ る な 留 国 学 か 生 ら と き は て ま た 困 っ て し ま い ま し た 。

な と 思 え る よ う に な り ま し た 。 自 発 的

最 近 に な っ て 、 そ れ で よ か っ た の か

常 に よ か っ た と 思 っ て い ま す 。

グ ラ ム に 関 わ れ た の は 、 個 人 的 に も 非

な り つ つ あ る 時 代 に 、 こ の よ う な プ ロ

こ と だ け を み て い る わ け に は い か な く

っ て き た と 思 っ て い ま す 。 日 本 の 中 の

ャ ン パ ス に か な り 実 質 が 伴 う よ う に な

学 し て き て く れ て い ま す の で 、 国 際 キ

て 、 こ れ だ け の 数 の 外 国 人 の 学 生 が 入

ブ ー タ ン 、 バ ン グ ラ デ シ ュ な ど で す 。

リ ピ ン 、 イ ン ド ネ シ ア 、 ス リ ラ ン カ 、

て 、 中 国 、 ベ ト ナ ム 、 モ ン ゴ ル 、 フ ィ

か ら 学 生 が 来 て い ま す 。 ア ジ ア が 多 く

ケ ニ ア 、 ヨ ー ロ ッ パ か ら は ス ロ バ キ ア

ラ ジ ル 、 ア フ リ カ か ら は マ ダ ガ ス カ ル 、

ら は コ ロ ン ビ ア 、 ボ リ ビ ア 、 チ リ 、 ブ

す 小 が  貫 、 中 ア 米 メ か リ ら カ は 人 ジ は ャ ボ マ ー イ ト カ ン 、 君 南 一 米 人 か で

も 研 究 す れ ば い い と い わ れ て 、 そ れ も

悩 み ま し た 。 自 分 が 好 き な こ と を 何 で

す れ ば い い の だ ろ う か と 最 初 の こ ろ は

年 間 や っ て き ま し た か ら 、 こ こ で 何 を

題 を 出 さ れ て こ な す と い う こ と を 十 何

校 教 育 で は 、 何 か を 教 え て も ら い 、 課

よ う な ス タ ン ス で ⋮ ⋮ 。 そ れ ま で の 学

て い た ら 、 そ れ は 自 分 で 考 え ろ と い う

テ ィ と は 何 か を 教 え て も ら え る と 思 っ

ィ 学 教 育 プ ロ グ ラ ム は 英 語 だ け で よ く

――

ビ リ テ ィ は 非 常 に ダ イ ナ ミ ッ ク な も の

く て 、 そ の よ う な 環 境 に 身 を 置 け る の

――

で 高 す  橋 。 と 入 い っ う た の 当 も 初 、 は 何 、 を 不 や 満 っ が て 多 い か る っ か た

が す ご く 幸 せ だ と 感 じ て い ま す 。

国 籍 は そ れ ほ ど 多 様 な の で す か 。

し た 。 こ こ に く れ ば 、 サ ス テ イ ナ ビ リ

状 況 に あ り ま し た 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

生 も 相 当 日 本 語 を 勉 強 し な け れ ば い け

が こ こ に き て 一 番 よ か っ た こ と で す 。

り は っ き り と 多 様 性 が 高 い で す 。 そ れ

イ ナ ビ リ テ ィ っ て 何 だ っ て い う 感 じ で

が よ く わ か ら な く て 、 そ も そ も サ ス テ


英 語 は 私 な ど よ り う ま い 学 生 が た く さ

で 大 学 院 に 進 む 学 生 が い ま は 多 く て 、

よ う に 、 ア メ リ カ で 学 部 を 終 え て 日 本

ま 小 す  貫 。 で 英 す 語 が を 、 学 高 ぶ 橋 ク 君 ラ を ス み も て 用 も 意 わ し か て る い

と い っ て き た の で す が 、 基 本 的 に 留 学

テ い 宿 ム 一 修 テ っ ム た 小 い こ ま イ て し で ∼ 士 ナ た に き  貫 の す で ナ 勉 て す 二 号 ﹄ と 加 っ 柏 。 の ビ 強 英 。 週 が で い わ か 私 キ 間 と も う っ け が 経 リ す 語 世 ャ テ る で 界 程 れ 何 経 た は I 験 ィ 、 サ 中 度 る 回 R ン ら を 学 と ス か の よ か 験 思 、 3 パ で 踏 S ス 教 い テ ら 短 う 紹 い ま 育 う イ 集 期 も 介 す の の は え プ も ナ ま の の さ 。 ほ と 教 国 て ロ の ビ っ 教 で れ か い 育 際 つ グ で リ た 育 は ま お う 担 キ く ラ す テ 学 プ な し は も プ 当 ャ ら ム 。 ィ 生 ロ く た ﹃ し ロ に ン れ は サ に が グ て が サ ろ グ な パ て 、 ス つ 合 ラ 、 、 ス か ラ っ ス

――

ょ ボ う ー か ト 逆 。 ン   に 、 英 語 で の 講 義 で 日 本 の 学 生 が

日 本 に く る 不 安 は な か っ た で す か 。

は と っ て い 五 ま 〇 す パ 。 ー セ ン ト ぐ ら い で し

を も ち ま し た 。

こ の プ ロ グ ラ ム を 見 つ け て 非 常 に 興 味

じ た の で 、 幅 広 く 探 し た 結 果 、 東 大 の

グ ロ ー バ ル な 見 方 が 強 す ぎ る よ う に 感

ア リ ゾ ナ 州 立 大 学 な ど が あ り ま す が 、

た 留 学 生 は か な り の 割 合 で 初 級 ク ラ ス

修 で は あ り ま せ ん が 、 修 士 に 入 っ て き

の ク ラ ス は か な り 充 実 し て い ま す 。 必

教 育 プ ロ グ ラ ム ��� で き る 前 か ら 日 本 語

て 小 い  貫 ま す こ の こ で は 、 国 サ 際 ス キ テ ャ イ ン ナ パ ビ ス リ を テ う ィ た 学 っ

IPoS

IPoS

IPoS

困 っ て い る こ と は な い で し ょ う か 。

特 に 日 本 の 寺 社 建 築 に 興 味 が あ っ て 、

と を お 聞 か せ く だ さ い 。

大 学 院 を 探 し ま し た 。 ア メ リ カ で す と

こ で 学 ぶ よ う に な っ て よ か っ た と 思 う こ

と か ら 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 学 べ る

い る の で し ょ う か 。

て よ か っ た と 思 う こ と 、 学 生 さ ん は 、 こ

ィ が 大 き な テ ー マ に な っ て き て い る こ

日 本 語 を 勉 強 す る 環 境 は 用 意 さ れ て

――

ん い ま す 。 日 本 で 学 部 を 終 え て こ こ に

こ こ で の 講 義 や 演 習 は す べ て 英 語 で

す い ︵ ま 笑 は ︶ 。 も う 非 常 に エ キ サ イ テ ィ ン グ で

――

す か ら 、 そ の 点 は 心 配 な い で す よ ね 。

――

学 小 の  貫 修 士 こ を こ 取 で 得 は す 、 る サ の ス に テ 、 イ 日 ナ 本 ビ 語 リ を テ 使 ィ

――

味 ボ が ー あ ト っ  ン て 、 子 日 ど 本 も は の こ こ れ ろ で か 三 ら 回 日 目 本 で に す 興 。

う 必 要 性 は な い と い っ て い ま す 。 た だ

小 貫 先 生 は 、 こ の プ ロ グ ラ ム を 始 め

に な っ て い た の と 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

て ケ ア し て い な い と こ ろ が あ る の が 気

し た 。 ア メ リ カ で は あ ま り 環 境 に つ い

日 本 語 の 勉 強 は 強 く 推 奨 し て い ま す 。

解 が 大 切 で 理 解 の 基 礎 は 言 葉 で す か ら 、

し 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に は 文 化 の 理

ー ス も あ る よ う で す 。

き た 学 生 の 中 に は や は り 多 少 苦 し む ケ




け で は な い か と い う 印 象 を も つ の で は

し よ う と し た ら 、 彼 ら は 昔 に 戻 っ た だ

学 生 さ ん の 研 究 テ ー マ は み な さ ん 異



お 二 人 は 修 論 の テ ー マ は 決 ま っ て い

提 案 す る 研 究 を し た い と 思 っ て い ま す 。

を 使 っ た ら ど う な る の か と い う こ と を

妹 ボ の ー 世 ト 代  ン よ り 僕 も が 、 思 祖 う 父 に 祖 、 母 僕 た ら ち の の 兄 世 弟 代 姉

は な い か と 思 っ て い ま す 。

と を 、 全 部 引 っ く る め て 考 え る 学 問 で

間 が 生 き な が ら え て い く の か と い う こ

今 後 一 〇 〇 年 、 二 〇 〇 年 ど う や っ て 人

境 小 の  貫 こ と サ を ス ま テ ず イ 思 ナ い ビ 浮 リ か テ べ ィ る と こ 聞 と く が と 多 環

ま し た 。

な の か あ と 、 い ま 非 常 に 面 白 い と 思 い

に は 正 直 な と こ ろ わ か ら な く て 、 そ う

ゃ ん の と き に あ っ た か と い う の は 、 僕

切 に す る 心 が お じ い ち ゃ ん 、 お ば あ ち

特 高 に  橋 感 じ ボ て ー い ト ま ン せ 君 ん が で い し っ た た 。 よ も う の こ を と 大 は

ー を つ く る と い う 考 え 方 が 最 近 出 て き

す ボ 。 ー こ ト れ  ン ま で 僕 自 は 動 自 車 動 は 車 エ に ネ 関 ル 心 ギ が ー あ を り 使 ま

的 に み よ う と 考 え て い ま す 。

社 会 的 、 経 済 的 に ど れ が い い の か 統 合

リ サ イ ク ル で 、 い ろ い ろ 方 法 が あ っ て 、

す 。 テ ー マ と し て は 、 ペ ッ ト ボ ト ル の

ま す 。 そ れ に 対 し て 、 今 は す べ て が お

を 考 え る と い っ た マ イ ン ド を も っ て い

す る と か 、 消 費 に 関 し て 適 正 な あ り 方

代 を 生 き て き た 世 代 は 、 も の を 大 事 に

と い っ て も い い の で す が 、 そ う い う 時

い っ て も い い し 、 第 二 次 世 界 大 戦 の 後

す の か も し れ ま せ ん 。 大 恐 慌 の 時 代 と

ま し た 。

と い う の は 、 私 も 大 変 興 味 深 い と 思 い

っ た い な い と い う 感 覚 の 話 が 出 て く る

メ リ カ で も 、 祖 父 や 祖 母 の 世 代 に は も

う 言 葉 を 出 す こ と が 多 い で す よ ね 。 ア

い の で す が 、 日 本 は も っ た い な い と い

さ な エ ネ ル ギ ー も 回 収 で き る よ う な 車

っ て い る と き に 生 じ る 振 動 の よ う な 小

わ け で す が 、 そ れ を さ ら に 進 め て 、 走

を 回 収 し て 電 気 に 戻 す こ と を し て い る

キ を か け た と き に 余 る 運 動 エ ネ ル ギ ー

て い ま す 。 ハ イ ブ リ ッ ド 車 は 、 ブ レ ー

の 方 が サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 理 解 し や

っ て 走 る も の で し た が 、 車 が エ ネ ル ギ

間 も 変 わ っ て い か な け れ ば い け な い 。

情 報 シ ス テ ム の 研 究 室 に 所 属 し て い ま

境 に も さ ま ざ ま な こ と に も 配 慮 し 、 人

っ ぺ 返 し を 食 ら う こ と に な る の で 、 環

ち ゃ ん た ち と は 違 い を 感 じ ま す か 。

――

――

な っ て い る よ う で す が 、 お 互 い の 議 論 は

金 で す 。 現 代 と は 対 照 的 な 時 代 を 生 き

――

高 橋 る   の 僕 で し は ょ も う と か も 。 と 国 際 関 係 論 で ば り

た 人 た ち に サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 説 明

識 も 身 に 付 け た い と 思 い 、 い ま は 環 境

て も い い と い わ れ た の で 、 理 系 的 な 知

高 橋 さ ん は 、 お じ い ち ゃ ん 、 お ば あ

き 勝 手 を や っ て い て は 、 自 分 自 身 が し な い か と 思 い ま す 。

ば り の 文 系 で し た 。 こ こ で は 何 を や っ


い 。 す で に 飯 の 種 と な る べ き 専 門 分 野

い の か 、 と い う 方 法 論 が 聞 こ え て こ な

ま す 。 し か し 、 具 体 的 に ど う し た ら い

に 学 問 間 の 協 力 と い う こ と を 考 え て い

特 に 若 い 学 生 さ ん た ち は 非 常 に ま じ め

な ら な い と 考 え て い る 人 は 大 勢 い て 、

か ら 、 統 合 し て 問 題 に 当 た ら な け れ ば

て い ま す 。 学 問 が 細 分 化 し て し ま っ た

い る こ と だ と い う 認 識 を 私 た ち も も っ

多 か れ 少 な か れ 学 生 さ ん た ち が 感 じ て

い 小 う  貫 こ と サ が ス わ テ か イ ら ナ な ビ い リ と テ い ィ う と 不 は 満 何 は か 、 と

見 つ か り ま せ ん 。

い る の で 、 あ ま り ネ ガ テ ィ ブ な こ と は

と 思 い ま す 。 僕 は こ こ で 楽 し く や っ て

よ う な 人 が い な い の も 仕 方 が な い か な

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 真 の 専 門 家 と い う

が る の だ と 思 い ま す 。 高 橋 君 は こ れ ま

接 的 に 問 わ れ 、 そ れ ら が 不 満 に も つ な

は 何 な の だ ? と い う こ と が 、 よ り 直

学 間 を 超 え た サ ス テ ィ ナ ビ リ テ ィ 学 と

社 会 に 対 し て 発 し た 形 に な っ て い ま す 。

人 を 育 て ま す よ 、 と い う メ ッ セ ー ジ を

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 を メ イ ン に 学 ぶ

ィ 学 の 修 士 号 を 出 す コ ー ス を つ く り 、

の で す が 、 東 大 で は サ ス テ イ ナ ビ リ テ

で す ね 。 そ の よ う な 場 合 は 、 ま だ い い

よ う に な っ て く れ れ ば い い と い う 格 好

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の こ と も 配 慮 で き る

て い ま す 。 専 門 分 野 が あ っ た 上 で 、 サ

の 能 力 を 身 に つ け さ せ る 教 育 を 志 向 し

て 、 視 野 を 広 げ さ せ 、 い わ ゆ る T 字 型

に 自 分 の 専 門 を 一 つ も っ た 学 生 に 対 し

リ テ ィ 学 教 育 プ ロ グ ラ ム で は 、 基 本 的

す あ る 本 I 。 た の 気 R り か で 3 が も 、 S 、 、 学 不 よ 問 の 満 く の 他 の わ 統 の 原 か 合 大 因 ら を 学 か な や の と い ろ サ 思 。 う ス っ と と テ て い し イ い っ て ナ ま た い ビ

会 の た め で し ょ う 。 今 ま で の よ う に 好

可 能 性 か と い う と 人 間 も し く は 人 間 社

だ と 僕 は 思 っ て い て 、 誰 の た め の 持 続

テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 は 、 人 間 本 位 の 学 問

か り に く く な る か も し れ ま せ ん 。 サ ス

す が ⋮ ⋮ 。 真 剣 に 答 え る と な る と 、 わ

環 境 系 の 勉 強 だ よ と い う く ら い な の で

ゃ 高 ん  橋 と か 難 お し ば い あ で ち す ゃ ね ん 。 に 実 聞 際 か に れ お た じ ら い 、 ち

ま す か 。

い る ん だ と 聞 か れ た ら 、 ど の よ う に 答 え

ゃ ん と か お ば あ ち ゃ ん に 、 何 を 勉 強 し て

悩 ま れ た わ け で す が 、 例 え ば 、 お じ い ち

て 取 り 組 ん で い ま す 。

け れ ば と 、 我 々 は い ま も 懸 命 に 議 論 し

れ ら れ た と 思 っ て も ら え る よ う に し な

――

を も っ て い る 研 究 者 た ち が 、 ど こ ま で

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ は 何 だ ろ う っ て 、

定 義 も 議 論 の 内 容 も さ ま ざ ま で す 。 サ

具 体 的 な 方 法 論 を 示 し 、 深 い も の に 触

も 社 会 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ も あ っ て 、

さ ん に 、 学 問 間 の 協 力 を 進 め る た め の

は な く て 、 経 済 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

こ に き た わ け だ け れ ど 、 そ う い う 学 生

で 、 環 境 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ だ け で

で に 学 ん で き た も の が 浅 い と 感 じ て こ




こ と よ り も 、 背 景 も 含 め て 研 究 の 意 味

と 一 緒 に 働 く こ と が あ る か ら 、 細 か い

表 を し な さ い 、 将 来 必 ず 違 う 分 野 の 人

に は 、 違 う 分 野 の 人 に わ か る よ う に 発

い で す 。

お 互 い に 議 論 し 合 っ て い て 、 結 構 楽 し

に は 、 他 の 国 か ら き た 留 学 生 も い て 、

ま す 。 大 学 が 紹 介 し て く れ た ア パ ー ト

場 ボ で ー も ト 、  ン 留 学 こ 生 こ 同 で 士 は が イ よ ン く フ 話 ォ を ー し マ て ル い な

高 ラ で 橋 ウ 開   ン 発 先 ド が 生 も で へ 生 き の か て 質 せ 、 問 た デ な ら ザ の と イ で 思 ン す っ の が て バ 、 い ッ サ ま ク ス す グ 。

就 職 し た い と 思 っ て い ま す 。 メ ー カ ー

だ と 思 う の で 、 そ れ に 関 連 し た 会 社 に

の ボ 先 ー も ト イ  ン ン パ 僕 ク は ト 自 が 動 非 車 常 を に 研 大 究 き し い て 分 、 野 こ

―― こ こ で 修 士 を 終 え た 後 に は ど の よ う

さ い と 、 い っ て い ま す 。 質 問 す る 側 に

な い も の で 、 こ こ の 心 臓 部 で す 。 学 生

決 ま っ て い ま す 。

ビ 小 リ  貫 テ ィ 金 学 曜 で ゼ あ ミ る は た 、 め こ に こ 絶 が 対 サ に ス 欠 テ か イ せ ナ

出 ま す 。

で す が 、 こ こ で は 思 い が け な い 質 問 が

は な い か と か だ い た い 予 想 で き る も の

か ら 、 質 問 も 、 デ ー タ が お か し い の で

我 慢 し て 、 学 生 に と に か く 話 さ せ る よ

と 我 々 は 反 省 し ま し た 。 教 員 は 最 初 は

な っ て し ま う の で 、 そ れ で は い け な い

に 対 し て 守 る 感 じ の 発 表 を す る よ う に を 探 し て い る 学 生 が 一 人 い ま す 。

う に し よ う と 決 め た の で す 。

来 高 年  橋 四 月 修 か 士 ら の シ 一 ン 年 ク で タ 就 ン 活 ク を へ 普 の 通 就 に 職 し が て 、

い て い ま す か 。

――

を わ か っ て も ら え る よ う な 発 表 を し な

も 、 わ か っ て い な い か ら 質 問 し て は い

お 二 人 は 将 来 像 を ど の よ う に 思 い 描

く さ ん 質 問 が き て 、 い ろ い ろ 面 白 い 意

ラ ウ ン ド が 全 く 違 う 人 か ら 、 す ご く た

な り 活 発 に 議 論 し て い ま す 。 バ ッ ク グ

人 高 ず  橋 つ 研 毎 究 週 の 金 進 曜 捗 日 状 に 況 ゼ を ミ 発 が 表 あ し っ て て 、 、 か 一

て 小 し  貫 ま っ 先 て 学 、 期 そ は う つ す い る つ と い 、 教 学 員 生 が は 質 教 問 員 し

な 高 か  橋 っ た 最 の 初 で は す い が ま 、 ほ 最 ど 近 ア は ク 面 テ 白 ィ い ブ で で す は 。

理 解 す る こ と も 大 切 な 訓 練 で す 。

違 う 分 野 の 人 に 質 問 を し 、 話 を 聞 い て

質 問 に 答 え る こ と も も ち ろ ん で す が 、

ー に 就 職 し た 学 生 が 一 人 と 、 日 本 で 職

生 に な っ た り 、 開 発 銀 行 や 企 業 に 就 職

あ と の 八 人 の う ち 日 本 人 は 企 業 に 就 職

人 が 別 の 専 攻 の 博 士 課 程 に 進 み ま し た 。

て 小 、  貫 一 人 こ が れ こ ま こ で の に 博 一 士 〇 課 人 程 の に 修 、 士 も を う 出 一 し

だ い た い 似 た よ う な テ ー マ の 研 究 で す

し た り で す 。 そ れ か ら 、 日 本 の メ ー カ

見 も も ら え ま す 。 普 通 の 研 究 室 な ら 、

し 、 外 国 人 は 、 本 国 に 帰 っ て 大 学 の 先

の 質 問 を 積 極 的 に し な さ い と い い ま す 。

し て い る の で し ょ う か 。

け な い な ど と 思 わ な い で 、 素 人 と し て

な 進 路 が あ る の で し ょ う か 。




る の で す が ⋮ ⋮ 。

で き る よ う に な っ て ほ し い と 思 っ て い

あ っ た り 、 国 の 政 策 で あ っ た り を 提 案

だ こ と を 生 か し て 、 企 業 の 技 術 戦 略 で

は 、 企 業 や 政 府 へ 行 っ て 、 こ こ で 学 ん

を 小 と  貫 っ て こ 出 こ て は い 教 っ 育 た 機 人 関 た で ち す が か ゆ ら く 、 ゆ 修 く 士

の よ う な も の は あ る の で し ょ う か 。

ど の よ う に 反 映 さ せ て い く の か 、 戦 略

の で す 。 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 社 会 に

終 息 し て い っ て し ま う よ う な 気 が す る

い あ っ て も 、 時 間 と と も に だ ん だ ん と

の 小 さ い サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ が い っ ぱ

社 会 に 僕 ら が 出 て い く と 、 一 人 ひ と り

ィ の 理 解 も 一 人 ひ と り 違 っ て い ま す 。

業 は あ り ま せ ん し 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ

イ ナ ビ リ テ ィ を そ の ま ま 体 現 で き る 職

ど う し た ら い い の で し ょ う か 。 サ ス テ

テ イ ナ ビ リ テ ィ の 学 生 は 、 卒 業 し た ら

合 的 に つ な げ て い く イ ニ シ ア テ ィ ブ を

を 高 も  橋 っ て サ 社 ス 会 テ に イ 出 ナ て ビ い リ っ テ た ィ 人 の た マ ち イ を ン 統 ド

よ う な と こ ろ か な と 思 い ま す 。

ど 、 教 育 機 関 と し て は 目 指 す の は そ の

ま す 。 即 効 性 は な い か も し れ な い け れ

り を つ く っ て い っ て ほ し い と 考 え て い

に 送 り 出 し て 、 出 て い っ た 先 で つ な が

は 、 そ の よ う な 意 識 を も っ た 人 を 社 会

努 力 を し な け れ ば い け ま せ ん 。 大 学 で

て き て い る わ け で す か ら 、 横 に つ な ぐ

果 と し て 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 が 出

ま せ ん 。 統 合 的 で な い と 批 判 さ れ た 結

の 連 携 が 不 十 分 だ と い う こ と か も し れ

が あ っ て 、 個 別 の 影 響 力 は あ っ て も 横

が 官 庁 の 縦 割 り と 連 動 し て い る と こ ろ

な ら 国 交 省 で あ る と か 、 学 問 の 縦 割 り

あ り ま す 。 問 題 は 、 た と え ば 都 市 工 学

会 に 対 し て 決 し て 低 く は な い 影 響 力 が

れ 小 る  貫 こ と 東 が 大 多 の く 先 て 生 、 た 良 ち く は も 官 悪 庁 く か も ら 、 呼 社 ば

る ア プ ロ ー チ は あ る の で し ょ う か 。

本 日 は あ り が と う ご ざ い ま し た 。

に な る こ と を 期 待 し ま す 。

是 非 頑 張 っ て ほ し い と 思 い ま す 。

出 会 う 機 会 は 将 来 ま た あ る と 思 う の で 、

か 、 何 か の プ ロ ジ ェ ク ト で あ る と か 、

い と 考 え て い ま す 。 国 際 会 議 で あ る と

と 頼 ん で い て 、 つ な ぐ サ ポ ー ト は し た

に は メ ー ル ア ド レ ス を 伝 え て く だ さ い

ら 小 と  貫 は 思 大 っ 学 て と い し な て く は て 卒 、 業 送 し り た 出 ら す さ と よ き な

る 高 ボ の  橋 ー ト で し そ  ン ょ れ う で た か こ ぶ 。 の ん 先 。 ど う や っ て つ な が

は ア メ リ カ に 帰 る の ?

だ 高 い  橋 た い な 帰 る り ほ ま ど す 。 よ で ね も 。 、 ボ 留 ー 学 ト 生 ン は く 国 ん に

身 な の で は な い の で し ょ う か 。

ー ト ン さ ん の よ う に こ こ を 出 た 皆 さ ん 自



サ ス テ イ ナ ブ ル な 世 界 を つ く っ て い く 力

皆 さ ん の つ く っ て い く つ な が り が 、

――

で 高 は  橋 、 先 サ 生 ス 方 テ が イ さ ナ ま ビ ざ リ ま テ に ィ 発 学 信 の し 研 て 究 い 面

――

る よ う に 思 い ま す が 、 社 会 に 浸 透 さ せ

そ れ は も し か し た ら 、 高 橋 さ ん や ボ

取 る の は 誰 な の で し ょ う か 。


珠 江 デ ル タ 地 域 ︵ 香 港 や マ カ オ を 含 む 、

今 、 私 が 参 加 し よ う と し て い る 中 国 の

ど の よ う な ア プ ロ ー チ が 可 能 な の か 、

え て い か な け れ ば な ら な い で し ょ う 。

ン 、 収 束 点 を 意 識 す る よ う に 発 想 を 変

す 。 し か し 、 同 時 に 、 持 続 可 能 な ラ イ

T ︵ ② モ ー ダ ル シ フ ト の ︶ 推 や 進 と モ は ノ 、 レ L ー R

滞 の 解 消 ・ 緩 和 を 図 る 施 策 の こ と で す 。

ト ル ネ ッ ク を 解 消 す る こ と に よ っ て 渋

面 ・ ソ フ ト 面 の 両 方 か ら 道 路 交 通 の ボ

消 、 信 号 制 御 の 改 善 な ど の 、 ハ ー ド

交 差 点 や 踏 切 な ど の ボ ト ル ネ ッ ク の 解

① 道 路 利 用 の 円 滑 化 と は 、 例 え ば 、

シ ン グ と い っ た 短 期 的 な 施 策 や 、 都 市

路 利 用 に 対 し て 課 金 す る ロ ー ド プ ラ イ

る も の で あ り 、 例 え ば 、 混 雑 地 区 の 道

に 対 し て 、 需 要 面 の コ ン ト ロ ー ル を 図

通 の 供 給 面 か ら の ア プ ロ ー チ で あ る の

Light Rail Transit 構 造 そ の も の を 発 生 交 通 量 が 少 な い も



④ 交 通 需 要 の 抑 制 と は 、 ① ∼ ③ が 交

も の で す 。

と い う こ と に 目 が 向 い て い る と こ ろ で

を ど こ ま で 豊 か に す る こ と が で き る か

し れ ま せ ん 。 人 々 は 今 、 自 分 の 暮 ら し

共 交 通 を 整 備 し て も 手 遅 れ に な る か も

活 を 始 め る で し ょ う 。 そ う な れ ば 、 公

高 い 都 心 を 離 れ 郊 外 で 自 動 車 中 心 の 生

済 力 が あ る の で す か ら 、 不 便 で 地 価 の

の 都 市 で 暮 ら す 人 々 は 自 動 車 を 持 つ 経

て い る よ う な 状 況 で し た 。 す で に 、 こ

入 る ま で の 間 だ け で も 長 蛇 の 列 が で き

鉄 道 駅 も 人 で ご っ た 返 し て お り 、 駅 に

高 速 道 路 が 渋 滞 し て い る だ け で な く 、

需 要 の 抑 制 で す 。

③ 環 境 技 術 の 開 発 ・ 普 及 促 進 、 ④ 交 通

の 円 滑 化 、 ② モ ー ダ ル シ フ ト の 推 進 、

は 考 え て い ま す 。 そ れ は 、 ① 道 路 利 用

き く 分 け る と 、 四 つ の 方 策 が あ る と 私

能 な 都 市 交 通 を 目 指 す 施 策 と し て 、 大

ス の 排 出 を 抑 制 す る こ と に よ り 持 続 可

い ま す 。 主 に 自 動 車 か ら の 温 室 効 果 ガ

つ い て 、 お 話 を さ せ て い た だ こ う と 思

よ う な 取 り 組 み が な さ れ て い る の か に

に 関 し て 都 市 交 通 分 野 に お い て 、 ど の

次 に 、 環 境 面 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

と つ で す 。

ト を 通 じ て 、 考 え て 行 き た い こ と の ひ

車 両 技 術 面 な ど の 対 策 に よ り 推 進 す る

再 生 エ ネ ル ギ ー な ど の 利 用 へ の 転 換 を

化 石 燃 料 を 用 い た エ ネ ル ギ ー 利 用 か ら 、

す 場 ー ③ 。 の ド 環 整 に 境 備 よ 技 な る 術 ど 移 の に 動 開 よ を 発 っ 専 ・ て 用 普 促 道 及 進 の 促 す 整 進 る 備 と も や は の 駐 で 輪 、

徒 歩 と い っ た 化 石 燃 料 を 消 費 し な い モ

コ ス ト の 軽 減 を 図 る こ と や 、 自 転 車 ・

用 促 進 に よ り 、 旅 客 一 人 当 た り の 環 境

ス テ ム と い っ た 、 公 共 交 通 の 整 備 ・ 利

︵ て の 軌 道 系 の 大 量 輸 ︶ 送 な 機 ど 関 の や 、 バ B ス R シ T

ル 、 地 下 鉄 の よ う な 、 都 市 内 交 通 と し

Bus Rapid Transit

中 国 の 経 済 発 展 の 中 心 的 地 域 の ひ と

つ ︶ の 持 続 可 能 な 発 展 研 究 プ ロ ジ ェ ク

ま 私 す は 。 先 日 、 上 海 を 訪 れ た の で す が 、


北 京 市 民 の 六 〇 % は 毎 日 自 転 車 で 出 か

市 交 通 事 情 は 適 切 な 交 通 政 策 が 不 在 の

す て 環 る 一 伸 〇 え だ 数 で 急 。 い 境 こ 面 び 七 て っ に 減 速 る へ と で の 年 い た つ 少 に と の も は 激 だ ま の い し 発 容 負 で 市 し っ す が て ま 展 易 荷 き 民 さ た ︵ 、 は し を に が ま の が こ 三 現 、 た 遂 想 爆 す 豊 わ と 〇 在 八 。 げ 像 発 し か か を 〇 で 二 一 る す 的 、 さ り 考 万 は 年 方 ア る な 他 が ま え 台 四 当 、 ジ こ 勢 方 向 す る を 〇 時 自 ア と い の 上 ︶ と 超 〇 、 動 諸 も で 面 し 。 、 え 万 一 車 国 で 増 で た こ 近 た 台 三 保 の き 加 は と れ 年 の を 万 有 都 ま し 、 見 は の が 超 台 台 、

変 化 に 間 に 合 わ な い と い う 事 情 が あ り

し て い て は 市 民 生 活 と 交 通 事 情 の 劇 的

部 門 の 統 計 に よ る と 、 一 九 八 六 年 当 時 、

時 間 の か か る イ ン フ ラ 整 備 だ け で 対 応

を 目 に す る こ と が で き ま す 。 中 国 交 通

速 な 発 展 の 最 中 に あ る 地 域 に お い て は 、

え る 道 路 が 自 動 車 で 埋 ま っ て い る 様 子

然 必 要 で す が 、 近 年 の 中 国 の よ う に 急

り 、 例 え ば 北 京 市 で は 片 側 四 車 線 を 越

が 今 で は 、 都 市 の 光 景 は す っ か り 変 わ

け て い ま し た が 、 現 在 で は 二 〇 % に ま

の イ ン フ ラ 整 備 を 進 め て い く こ と は 当

は 、 ハ ー ド 面 か ら 公 共 交 通 支 援 の た め

い る と い う の が あ る と 思 い ま す 。 そ れ

だ あ り ま す 。 そ の よ う な 地 域 に お い て

中 国 の 都 市 で は み ん な 自 転 車 に 乗 っ て

盤 そ の も の が 貧 弱 な 国 や 地 域 が ま だ ま

し 前 の 中 国 の イ メ ー ジ の ひ と つ と し て 、

な 都 市 交 通 手 段 と し て の 公 共 交 通 の 基

ビ リ テ ィ の 話 を し よ う と 思 い ま す 。 少

ア ジ ア の 途 上 国 の 中 に は 、 持 続 可 能

ず 、 中 国 の 都 市 交 通 分 野 の サ ス テ イ ナ

え な け れ ば な ら な い の か も し れ ま せ ん 。

私 は 中 国 出 身 の 研 究 員 で す の で 、 ま

要 で あ り 、 全 く 新 し い ア プ ロ ー チ を 考

︵ 専東 門京 は大 交学 通サ とス 物テ 流イ 計ナ 画ビ ・リ 政テ 策ィ ︶学 連 携 研 究 機 構 特 任 研 究 員

き 得 る の か ど う か と い う の は 議 論 が 必

レ イ ピ ン

に あ る ア ジ ア 諸 国 に 対 し て も 有 効 に 働

楽 奕 平

ま し た が 、 そ れ が 、 ま さ に 発 展 の 最 中

若手の 部屋

中 国 の 都 市 交 通 を サ ス テ イ ナ ブ ル に

と ら れ て き て 、 一 定 の 成 果 を 上 げ て 来

交 通 需 要 面 ・ 供 給 面 か ら 様 々 な 施 策 が

イ ナ ブ ル な 都 市 交 通 を 推 進 す る た め に

す 。 欧 州 の 先 進 国 や 日 本 で は 、 サ ス テ

変 化 し 続 け て い る と い う 実 情 が あ り ま

ま ま 、 も し く は 追 い つ か な い ま ま に 、




浦 東 張 江 で 全 長 九 ・ 二 一 キ ロ の 距 離 で

く 抑 え ら れ る の が 特 徴 で 、 現 在 、 上 海

式 で 走 行 音 が 小 さ く 、 建 設 コ ス ト も 低

次 世 代 型 路 面 電 車 で あ り 、 ゴ ム タ イ ヤ

ル は フ ラ ン ス ・ ロ ー ル 社 が 開 発 し た 、

さ れ て い ま す

。 ト ラ ン ス ロ ー

ゴ ム タ イ ヤ ト ラ ム ︵ 路 面 電 車 ︶ が 注 目

け 入 れ ら れ や す い と い う 事 情 が あ る と

入 な ど 発 展 を 象 徴 す る よ う な 施 策 は 受

よ う に 、 ︵ イ ン フ ラ 整 備 や 新 技 術 の 導

進 ん で き て い る 現 状 が あ り ま す 。 こ の

は じ め と す る 途 上 国 に お い て も 整 備 が

な ど 、 交 通 基 盤 整 備 の 面 で は 、 中 国 を

長 が 四 二 〇 キ ロ を 超 え る 地 下 鉄 路 線 網

こ れ ら の 他 、 上 海 市 内 に お い て 総 延

し て い る 地 域 に お い て は 、 イ ン フ ラ 整

お り 、 近 年 の 中 国 の よ う に 急 速 に 発 展

進 国 が 中 心 に な っ て い ま す 。 前 述 の と

の ア プ ロ ー チ を と る 施 策 は ま だ ま だ 先

整 備 に 熱 心 で す が 、 ④ の よ う に 需 要 面

に あ る 地 域 に お い て は 、 公 共 交 通 網 の

も の が 多 く 、 特 に イ ン フ ラ 整 備 が 途 上

て は 、 実 際 に 途 上 国 で 導 入 さ れ て い る

Translohr

︵ 図 2 ︶

ト ラ ン ス ロ ー ル ︵

︶ と い う

ま た 、 そ の 他 の 上 海 の 交 通 機 関 で は 、

し て い ま す 。

か ら 上 海 の 旧 市 街 地 の 環 状 道 路 で 運 営

間 に 充 電 が で き る も の で 、 二 〇 〇 三 年

ス は 、 バ ス 停 で 乗 客 が 乗 降 車 し て い る

の た 電 い で が 動 る す 、 バ 一 ︵ こ ス 〇 図 れ に 秒 1 は 実 で ︶ 。 ② 際 充 キ と に 電 乗 で ャ ③ を る き パ 組 機 る シ み 会 キ タ 合 が ャ ー わ あ パ 電 せ り シ 動 た ま タ バ も し ー

査 で 訪 れ た 際 に 、 上 海 市 内 で 運 営 し て

げ る と 、 例 え ば 、 先 日 、 私 が 上 海 を 調

れ の 前 ま に 述 す 変 の 。 え 中 て 国 い く の 長 話 期 に 的 戻 な っ 施 て 策 具 が 体 考 例 え を ら 挙

試 運 転 を し て い る と こ ろ で す 。 図 1 10 秒で充電できるキャパシター電動バス.

考 え ら れ ま す が ︶ ① ∼ ③ の 施 策 に つ い

図 2 トランスロール




海外通信 「東京大学北京代表所」 です! (47 ページから続く)

︵ 図 3 ︶

。 忘 年 会 に は 五 十

昨 秋 総 長 が 中 国 来 訪 時 に は そ の 北 京 校 友 会 で

れ 懇 親 会 や 講 演 会 な ど の 活 動 を 行 っ て い る 。

し て 北 京 校 友 会 、 上 海 銀 杏 会 が あ り 、 そ れ ぞ

て い る と 揶 揄 さ れ る 事 の 多 い 中 国 の 青 少 年 達

っ た 。 一 人 っ 子 政 策 で 、 我 が 儘 な 子 供 が 育 っ

ピ ー チ コ ン テ ス ト ﹂ の 審 査 員 で 一 日 仕 事 と な

さ て 、 昨 日 の 土 曜 日 は ﹁ 全 国 高 校 生 日 本 語 ス

行 く 事 へ の 期 待 は 大 き く な っ て お り 、 現 地 で

含 め 同 窓 生 の ネ ッ ト ワ ー ク を 国 際 的 に 作 っ て

東 大 生 の 伝 統 で あ っ た 面 は あ る が 、 留 学 生 も

数 名 の 会 員 が 参 加 し た 。 同 窓 の 群 れ な い の が

講 演 を し て 頂 い た

て 爽 や か で あ っ た 。

た ﹂ と 流 暢 な 日 本 語 で 語 る 高 校 二 年 生 は 、 至 っ

て か ら 日 本 の 事 を 知 る の が 楽 し み に な り ま し

で あ る が 、 ﹁ ち び ま る 子 ち ゃ ん の ア ニ メ を 見

︵ 二 〇 一 〇 年 五 月 三 〇 日 ︶



学 か ら 帰 っ た 中 国 人 が 一 緒 に な っ た 同 窓 会 と の で あ る 。

駐 在 で 中 国 に 来 て い る 東 大 卒 業 者 と 東 大 留 部 局 と も 連 携 し な が ら 種 々 取 り 組 ん で い る も

っ て い る 。

現 地 採 用 の 職 員 二 名 が 一 緒 に 居 り 、 本 部 や 各

学 に 来 る 機 会 を 大 き く 増 や し て 行 き た い と 願

も 良 い の で 、 多 数 の 東 大 生 が 中 国 や 中 国 の 大

人 程 し か い な い 。 例 え ば 短 期 の 中 国 語 研 修 で

残 念 な が ら 中 国 に 留 学 し て い る 東 大 生 は 二 〇

表 所 に は 国 際 本 部 か ら 派 遣 さ れ た 職 員 一 名 と 、

言 の 以 え 同 上 る 窓 、 。 会 大 活 筋 動 紹 を 介 支 し 援 た し よ て う い な く 活 任 動 務 で も 大 、 北 き 京 い 代 と

に い ず れ は 歯 止 め を か け る ︵ と い う と

あ り 、 拡 大 を 続 け る 途 上 国 の 交 通 需 要

る の は 、 ④ の 需 要 面 へ の ア プ ロ ー チ で

ナ ブ ル な 交 通 に 必 要 な 施 策 と 考 え て い

ま せ ん 。 私 が 本 質 的 な 意 味 で サ ス テ イ

備 や 先 進 技 術 の 導 入 だ け で は 間 に 合 い

戻 り が 難 し く な る こ と や 急 速 な 都 市 化

無 秩 序 に 都 市 が 拡 大 し て し ま え ば 、 後

ン パ ク ト シ テ ィ を 目 指 そ ��� と し て も 、

特 に 持 続 可 能 な 都 市 構 造 を 追 及 し た コ

方 策 が 必 要 で は な い か と 考 え て い ま す 。

先 進 国 の エ ゴ な の か も し れ ま せ ん が ︶

ア プ ロ ー チ と な る で し ょ う 。

に あ る 国 に お け る 方 策 と は 全 く 異 な る

そ れ は 、 日 本 の よ う に 、 人 口 減 少 の 中

に よ り 、 早 急 な 対 応 が 求 め ら れ ま す 。

者 、 N P O な ど の 強 い リ ー ダ ー シ ッ プ

に 伴 う 弊 害 が 生 じ る た め 、 行 政 や 研 究


図1 調査打ち上げで肉をさばくチーロ.

図 2 パニーノ (粗 挽 き ソ ー セ ージとししと う).

は か な り の 重 労 働 。 調 査 四 年 目 ぐ ら い

し て 宿 舎 の 二 階 ま で 運 ん で い た 。 こ れ



一 〇 束 ぐ ら い を 購 入 し 、 重 た い 思 い を

暑 い 時 に 行 う た め 、 い つ も ス ー パ ー で

れ だ け で 一 二 キ ロ の 重 さ 。 調 査 は 夏 の

ボ ト ル が 六 本 一 束 で 売 ら れ て い る 。 こ

ル で 買 う の が 常 で あ る 。 2 ℓ の ペ ッ ト

イ タ リ ア で は 、 飲 料 水 は ペ ッ ト ボ ト

計 算 で い い の だ ろ う か 。

て お し な べ て 一 個 二 ・ 五 ユ ー ロ と い う

の 時 も あ る ︵ 図 2 ︶

。 パ ニ ー ノ が す べ

レ ッ ラ と ハ ム の 時 も あ る し 、 焼 い た 肉

ハ ム と チ ー ズ の 時 も あ れ ば 、 モ ッ ツ ァ

る 。 し か し 、 パ ニ ー ノ の 中 身 も 普 通 の

し て も 、 計 算 が 合 わ な い 。 そ の た め 、

た だ 、 海 外 で の 調 子 の 良 い 話 に は 気 を

余 計 警 戒 し た け れ ど 、 や っ ぱ り 計 算 が

の 主 人 が 言 う よ う に な っ た 。 完 全 に

⋮ る 問 支 明 に あ ⋮ 。 い 払 ら ハ る 。 結 た 額 か ム 局 だ は に や 時 こ す 高 昨 チ か っ と い 日 ー ら ち 、 。 の ズ 、 支 が な だ よ が 払 折 ん ま り は は れ だ さ も さ 後 る か れ 質 ん で し ん て 素 で い か だ い 。 あ い な 言 る な る と い っ の の ︶ 肉 の て か に は 屋 か く ? 、 、

に 配 達 代 金 も 考 え れ ば 妥 当 な 金 額 で あ

ー ロ だ か ら 、 飲 み 物 も 合 わ せ て 、 さ ら

た し か に パ ニ ー ノ は 普 通 一 個 二 ・ 五 ユ

ろ も た く さ ん あ っ た 。 会 計 を そ の 都 度

つ け ろ と 思 っ て い た か ら 、 心 配 な と こ

あ わ な い 。 今 日 食 べ た パ ニ ー ノ ︵ パ ン

ロ 。 あ ま り に 計 算 が ア バ ウ ト 過 ぎ る 。

〇 本 、 ワ イ ン 一 五 本 。 合 計 三 〇 〇 ユ ー

書 い て あ る 。 パ ニ ー ノ 一 〇 〇 個 、 水 二

え 、 肉 屋 に 配 達 を 頼 む こ と に な っ た 。

分 な ど を 払 う と 、 紙 切 れ の 端 に 明 細 が

を 勧 め た 。 昼 食 を 買 い に 行 く 手 間 を 考

﹁ つ け 払 い ﹂ で あ る 。 ま と め て 二 週 間


こ と か ら 始 め な け れ ば な ら な か っ た 。

私 は イ タ リ ア 南 部 の 地 域 性 を 理 解 す る

か し 、 一 度 そ の 社 会 に 認 め て も ら え れ

会 に 入 る こ と は 当 然 な が ら 難 し い 。 し 言 動 は な ん と も い か が わ し い 。

二 年 目 の 夏 、 息 子 が ま た 現 れ 、 パ ン

ヴ ェ ス ヴ ィ オ 山 の 麓 に あ る 。

ア 第 三 の 都 市 、 ナ ポ リ か ら 車 で 二 〇 分 、

ソ ン マ ・ ヴ ェ ス ヴ ィ ア ー ナ 市 は イ タ リ

遺 跡 の 調 査 は 、 今 年 で 九 年 目 を 迎 え る 。

ア ー ナ 市 に て 行 っ て い る ロ ー マ 時 代 の

イ タ リ ア 南 部 の ソ ン マ ・ ヴ ェ ス ヴ ィ

調 査 ・ 研 究 を す る 私 に と っ て 、 そ の 社

も の を い う 社 会 で あ る 。 こ う し た 地 で

部 は 、 家 族 や 親 戚 と 言 っ た 血 縁 が 特 に

ュ ニ ケ ー シ ョ ン だ と 思 う 。 イ タ リ ア 南

う か の ポ イ ン ト は 、 地 元 の 人 と の コ ミ

特 に 調 査 以 外 の 場 面 で う ま く い く か ど

住 み 込 ん だ フ ィ ー ル ド 調 査 で 、 諸 事 、

売 り 込 み に や っ て き た 。 息 子 の 風 情 ・

が ﹁ う ち か ら パ ン を 買 わ な い か ? ﹂ と

調 査 も 終 盤 に か か っ た 頃 、 肉 屋 の 息 子

較 的 近 い が 、 毎 日 と な る と 億 劫 で あ る 。

を 買 い に 出 か け て い た 。 ス ー パ ー は 比

ー パ ー に 参 加 者 の パ ン ︵ 一 〇 個 前 後 ︶

調 査 の 初 年 度 、 毎 日 お 昼 に な る と ス

は じ め て こ の 地 を 訪 れ た 二 〇 〇 二 年 、

︵ 専東 門京 は大 考学 古大 学学 ︶院 農 学 生 命 科 学 研 究 科 特 任 研 究 員

な が ら 与 太 話 に 花 が 咲 く 。

杉 山 こ う浩 へ い平 す ぎ や ま

し て く れ る 冷 め 切 っ た コ ー ヒ ー を 飲 み

と 答 え 、 チ ー ロ の 息 子 が 店 の 奥 か ら 出

フ 便ィ りー ル ド

調 査 の ポ イ ン ト は 、 地 元 の 人 と の 交 流

ヒ ー 飲 む か ? ﹂ の 問 い に ﹁ も ち ろ ん ﹂

チ ー ロ ・ ア ウ リ エ ン マ ︵ 図 1 ︶

。 ﹁ コ ー

遺 跡 近 く の 肉 屋 で あ る 。 主 人 の 名 前 は

達 と 挨 拶 を す る 。 そ の あ と 、 寄 る の が

場 に 着 き 、 一 緒 に 作 業 を 行 う お じ さ ん

毎 年 、 発 掘 作 業 開 始 の 初 日 、 調 査 現

届 け て く れ る 肉 屋 の 主 人 で あ っ た 。

鍵 と な る 地 元 の 人 と は 、 現 場 に お 昼 を

に 進 む 。 発 掘 の 調 査 団 に と っ て 、 そ の

ば 、 あ と の こ と は 驚 く ほ ど に ス ム ー ズ




図 3 ビチェ村の子供たちと筆者.

ヨ バ イ は 、 た だ 単 な る 性 的 交 渉 で は う に 思 え て な ら な い 。

か っ た か も し れ な い 、 と 話 す 。

が あ っ た ら 、 嫁 不 足 も 少 子 高 齢 化 も な

も し た 、 も し も 今 で も 若 者 組 や ヨ バ イ

の 仲 を 取 り 持 っ た り 、 ヨ バ イ の 手 伝 い

村 の お じ い さ ん は 、 昔 は 若 者 組 が 男 女

で 五 〇 代 以 上 の 未 婚 男 性 は 珍 し く な い 。

が あ ま り 村 に 残 っ て い な い 。 そ の 一 方

ら な ど と 言 わ れ る 。 そ も そ も 若 者 自 体

普 及 で 外 か ら 雨 戸 を 外 せ な く な っ た か

源 が 、 ﹁ タ テ と ヨ コ ﹂ の 欠 如 に あ る よ

い 、 い ろ ん な 社 会 問 題 が 生 じ て い る 根

の だ ろ う か 。 ム ラ の 嫁 不 足 だ け で は な

に 代 わ る ﹁ タ テ と ヨ コ ﹂ を 生 み 出 せ た

方 が 失 わ れ た 一 方 で 、 私 た ち は ヨ バ イ

て ヨ バ イ を 可 能 に し て い た 社 会 の あ り

い た ﹁ タ テ と ヨ コ ﹂ の つ な が り 、 そ し

い 。 た だ 、 ヨ バ イ に よ っ て 維 持 さ れ て

ヨ バ イ の 復 活 を 叫 び た い わ け で は な



気 が 通 っ た か ら と か 、 ア ル ミ サ ッ シ の が り が 生 ま れ た 。

ヨ バ イ が 廃 れ た 理 由 に つ い て は 、 電 そ れ を 外 に 開 く こ と で 新 た な 人 の つ な

経 験 し て き た ヨ バ イ の 話 を た く さ ん 聞

て い た 。 私 も 六 〇 代 以 上 の 村 人 た ち が

わ 喜 も こ 日 る ぶ あ と 本 。 宴 る が で は 。 で も 、 先 き 新 祖 る 、 か た の 。 つ な 魂 そ て 命 が れ は を 宿 は ヨ 育 る ヨ バ む 陸 バ イ ヨ 稲 イ が バ の の 行 イ 収 誘 わ で 穫 い れ 終 を で

た と の こ と 。

し あ い 、 そ し て や が て 結 婚 に 至 っ て い

知 り 、 ま た そ ん な 情 報 を み ん な で 共 有

き 合 い か ら も 、 そ の 家 や 家 族 の こ と を

暮 ら し だ け で な く 、 ヨ バ イ を 通 し た 付

け ら れ る こ と も あ っ た そ う だ 。 普 段 の

の 了 解 を 得 な か っ た ば か り に 、 追 い か

の 村 の 若 者 た ち の 集 ま り で あ る 若 者 組

か な か ヨ バ イ に 行 け な か っ た り 、 相 手

い た 。 相 手 の 親 に 気 に 入 ら れ な い と な

す る こ と で ヨ バ イ は 可 能 に な り 、 ま た

そ し て そ こ に 暮 ら す 人 々 の 情 報 を 共 有

の 人 付 き 合 い の 濃 厚 さ 、 面 倒 く さ さ 、

を つ な い で き た 。 村 の 当 た り 前 と し て

に ﹁ タ テ ﹂ 、 す な わ ち 魂 を つ な ぎ 、 命

人 々 と を つ な ぎ 、 労 働 を つ な ぎ 、 さ ら

中 の 人 と 人 を つ な ぎ 、 別 の 村 や 島 の

ー ク が あ っ て 、 ﹁ ヨ コ ﹂ 、 す な わ ち 村 の

い 。 そ こ に は ル ー ル や 組 織 、 ネ ッ ト ワ

な い 。 フ リ ー セ ッ ク ス で も 強 姦 で も な


の 手 伝 い を 頼 み や す い の は 、 ヨ バ イ 相

∼ 四 回 ヨ バ イ に 行 く よ う だ 。 焼 畑 な ど

れ る と 、 村 人 た ち の ヨ バ イ 熱 が 一 気 に

年 に 数 回 、 他 島 か ら 合 唱 団 な ど が 訪

自 分 と 向 き 合 っ て 飲 む 男 性 を 指 名 す る

竹 製 ス ト ロ ー が 挿 さ れ て い て 、 女 性 は

す る と 、 初 ヨ バ イ は 一 〇 代 半 ば 、 年 三

代 の 兄 ち ゃ ん た ち か ら 聞 い た 話 を 総 合

チ 一 密 ェ 〇 な ヨ 村 年 付 バ ︵ ほ き イ 図 ど 合 ︵ 3 通 い 夜 ︶ っ の 這 の て な い 一 い か ︶ 〇 る で は 代 ソ 行 、 後 ロ わ 人 半 モ れ と か ン て 人 ら 諸 き と 二 島 た の 〇 ビ 。 濃

が り が 活 き る こ と も あ っ た 。

つ つ あ る ビ チ ェ 村 で は 、 ヨ バ イ の つ な

中 で 、 他 者 に 手 伝 い を 頼 み に く く な り

し て い た 。 雇 用 労 働 も 広 が り つ つ あ る

し つ つ も 、 結 婚 後 も 何 と な く 頼 っ た り

手 で あ っ た 。 あ ま り 目 立 た な い よ う に

る 。 ド ブ ロ ク が 入 っ た 壺 に は 、 二 本 の

る 。 宴 に は ド ブ ロ ク が た く さ ん 出 さ れ

先 祖 に 感 謝 し 、 収 穫 を 祝 う 宴 が 行 わ れ

は 先 祖 の 魂 が 宿 る と 信 じ ら れ て お り 、

村 で は 、 陸 稲 の 収 穫 が 始 ま る 。 稲 穂 に

ー ︶ ラ カ イ ン 山 脈 の サ ラ イ ン チ ン 人 の

東 京 大 学 大 学 院 農 学 生 命 科 学 研 究 科 助 教 ︵ 専 門 は 環 境 社 会 学 ︶

九 月 に な る と 、 ビ ル マ ︵ ミ ャ ン マ

た な か も と む

田 ヨ 目忘 中 バ かれ らら 求 イ ウれ で た つロ コ当 なの が フた り る ィ前 タ ーを テ ル探 と ドす ヨワ コー ク ①

人 の つ な が り が 作 ら れ て い く の だ 。

の 事 前 調 整 も 行 わ れ る 。 そ し て 新 た な

な ら な い よ う に 、 兄 ち ゃ ん た ち の 間 で

れ と な く 合 意 が 交 わ さ れ 、 取 り 合 い に

高 ま る 。 合 唱 団 の 女 の 子 と は 昼 間 に そ

リ レ ー 連 載

一 回 ぐ ら い 、 宿 舎 へ 運 ん で 来 て く れ る 。

な の に 大 量 の 水 を 車 に 乗 せ て 二 週 間 に

も 、 こ っ ち は 助 か る 。 い ま で は 、 肉 屋

る ぞ ! ﹂ と な ん と も 商 売 が 上 手 い 。 で

備 工 な の か は 不 明 ︶ を つ れ て 、 や っ て

い と い う 自 動 車 整 備 工 ︵ ほ ん と う に 整

り あ え ず チ ー ロ に 電 話 す る と 、 知 り 合

車 が 突 然 動 か な く な っ た と き も 、 と

の 関 係 は あ る 意 味 プ ラ イ ス レ ス !

着 を 心 待 ち に し て い て く れ る チ ー ロ と

全 員 の 願 い で あ り 、 毎 年 、 調 査 団 の 到

な い で い て 欲 し い と 思 う の は 、 調 査 団

る の か ? ﹂ と 聞 い て き た 。 ﹁ 運 ん で や

の あ る と き 、 チ ー ロ が ﹁ 水 は 足 り て い

い っ て 帰 っ て 行 く 。

運 び 終 わ る と ﹁ そ れ じ ゃ あ ! ﹂ と だ け

調 査 が 終 了 す る ま で に お 肉 屋 が 潰 れ

き て く れ る 。




こ 0 ど さ も い か サ ら ス の テ ナ

︵ に ま な ぶ ︶

し て い く そ う だ 。

不 安 、 恐 れ 、 喜 び な ど 、 時 間 が た つ に つ れ て 複 雑 に 分 化

赤 ち ゃ ん の 感 情 は 、 ﹁ 快 ﹂ ・ ﹁ 不 快 ﹂ の 単 純 な も の か ら 、

身 に 許 し て あ げ よ う と い う 自 覚 は な い だ ろ う が 。

す ぐ 許 し て 笑 っ て く れ る の で あ る 。 も ち ろ ん 赤 ち ゃ ん 自

が た い 。 何 か 失 敗 し て も イ ヤ な こ と を や っ て し ま っ て も 、

お め で た い 性 格 と い お う か 。 こ ち ら と し て も 非 常 に あ り

赤 ち ゃ ん は ま こ と に ニ ブ イ 。 そ し て 、 す ー ぐ 忘 れ る 。

と 心 の 中 で ツ ッ コ ミ を 入 れ た く な る 。

﹁ さ っ き 痛 い 針 を 刺 し た の は こ い つ な の だ ぞ ! ﹂

に ウ ケ る 。

お 医 者 に む か っ て ニ ー ッ と 笑 い か け た り し て い る 。 非 常

こんな絵本はいかが… こんな絵本はいかが…

︵ こ ど も サ ス テ  ナ 文 ・ 構  成 平 松 あ い ︶

A

い 色 じ 。 々 っ 表 と 情 見 が つ 変 め わ 、 っ 好 た き り な し 絵 て が 、 あ と る て の も か い 、

子 ど も の 反 応 は と い う と 、 意 欲 的 に

コ ン ト ラ ス ト な 絵 で 構 成 さ れ て い る 。

ち ゃ ん の 視 力 に あ わ せ て 、 白 黒 、 ハ イ

認 識 力 な ど を 養 う 効 果 が あ る そ う 。 赤

に 開 発 さ れ 、 視 覚 的 刺 激 か ら 集 中 力 、

型 白 黒 絵 本 。 幼 児 心 理 学 の 研 究 を も と

新 生 児 か ら の た め の ア コ ー デ ィ オ ン

う 感 じ で 泣 き や む 。 そ し て 五 分 も た た な い う ち に 忘 れ て 、


も う 終 わ っ た よ 、 大 丈 夫 だ よ 、 と い う と 、 ア レ ?

ウ 、 と や り だ し 、 針 を 抜 く こ ろ に ウ ァ ー !

て い た ら 、 終 わ り ご ろ に な っ て 口 を へ の 字 に し て ウ 、 ウ 、

と 始 ま と る い 。

く 平 気 な 顔 を し て い た 。 あ れ 、 痛 く な い の か な 、 と 思 っ

予 防 接 種 に 行 っ た と き も 、 チ ク ッ と 刺 さ れ て も し ば ら

日 本 で の 発 売 元 / エ デ ュ テ ︶

ワ赤 イち ルゃ ドん スに トは ーじ リめ ーて ﹄ あ げ る 白 黒 絵 本 ︶  

デ赤 ィち フゃ ァん レに ンは トじ スめ トて ーあ リげ ーる ﹄ 白 黒 絵 本 ︶  

A DIFFERENT STORY

ロ ニ ッ ト ・ タ ル

A WILD STORY

A DIFFERENT STORY, INC.

    ︵ 作 ︵﹃ ︵﹃  

と 笑 っ た り し て い る 。

っ て こ ち ら が ゴ メ ン ! と 顔 を の ぞ き 込 む と 、 ニ タ ー ッ

ち ょ っ と の こ と で は こ た え な く な っ た の か 、 ゴ チ ッ と や

す ぐ 泣 き や ん で 、 あ や す と キ ャ ハ ハ と 笑 う 。 そ の う ち 、 で は ��� い か と 思 う 。

ど し て ギ ャ ー ッ と 泣 く 。 や っ ぱ り 痛 か っ た の か 。 し か し ち ゃ ん の よ う に 、 記 憶 す ら 残 さ な い 。 そ れ が 許 し の 境 地

と し て い る 。 あ 、 大 丈 夫 か な 、 と 思 っ て い る と 、 数 秒 ほ

ち ゴ チ ン 。 し ま っ た ! と 思 っ て 顔 を 見 る と 、 キ ョ ト ン

な か 許 せ な い も の で あ る 。 忘 れ て し ま う の が 一 番 だ 。 赤

と し て 、 浴 槽 に ゴ チ ン 。 寝 か せ よ う と し て 、 頭 が 先 に 落

け 継 が れ て い く 。 刻 ま れ た 記 憶 が 思 い 出 さ れ る と 、 な か

何 か と 許 せ な い 感 情 か ら 対 立 、 断 絶 、 紛 争 が 生 ま れ 受

う と し て 、 窓 枠 に ゴ チ ン 。 お 風 呂 で 体 の 向 き を 変 え よ う

き ど き 赤 ち ゃ ん の 頭 を ぶ つ け て し ま う 。 洗 濯 も の を 干 そ

ゃ ん の 性 質 は 見 習 う べ き も の が あ る 。

と も か く も 、 怒 る こ と 遅 く 、 許 す こ と 早 い 、 こ の 赤 ち

た と え ば 、 だ っ こ し た ま ま 何 か を し よ う と す る と 、 と

赤 ち ゃ ん は ニ ブ イ 。 そ し て す ぐ 忘 れ る 。

な る と 、 そ う も い か な く な っ て く る の だ ろ う か 。

ん と い う 生 き 物 は 、 ま こ と に お も し ろ い 。

学 習 能 力 が つ き 、 脳 に イ ン プ ッ ト さ れ た も の が 消 え な く

我 が 家 に 赤 ち ゃ ん が や っ て き て 、 は や 四 カ 月 。 赤 ち ゃ

発 達 し 、 世 の 中 善 人 ば か り で は な い と 知 る よ う に な り 、

人 を 善 な る 存 在 と し て 認 識 し て い る の で は な い か 。 脳 が

ゆ る し の 境 地

し か し 見 て い て 思 う に 、 ど う や ら 赤 ち ゃ ん は そ も そ も 



第15号