Page 1


中国の山奥のマツタケ

この 2 枚

中国・雲南省の山奥の村にマツタケがおおきな変化をもたらしている.独 特の香りが敬遠され,食材としては見向きもされていなかったマツタケであ るが,今では日本に売れるために片道 2 時間以上かけて採集に向かい,カ サが開かないようにビニールをかぶせ,丁重にあつかわれている. (本文 62 ページ参照)

(山口哲由:京都大学研究員)  

乾燥する熱帯泥炭地 インドネシア中部カリマンタンにおけるメガ・ライス・プロジェクトのた めに熱帯泥炭地に掘削された深さ 3 m,幅 10 m の運河.ここは本来なら地 表まで水がある湿地帯である.エルニーニョの影響で極度に乾燥し,自然林 も焼失し,大気中の二酸化炭素濃度が跳ね上がった.撮影した年には,中部 カリマンタン全域で日中にもかかわらず,煙で薄暗く,涼しかった(2002 年 9 月) . (本文 24 ページ参照)

(大崎 満:北海道大学教授)  


─ ─

3 ?


サステイナビリティ学連携研究機構は, 東京大学,京都大学,大阪大学,北海道大学, 城大学の 参加 5 大学と,東洋大学,国立環境研究所,東北大学,千葉大学の 協力 4 機関が連携して,サステイナビリティ学分野における 世界トップクラスのネットワーク型研究拠点を構築するものである. 『サステナ』第 1 号の特集では,京都大学の取組みを紹介する. 京都大学では,グローバルな視野のもとに未来を志向し, 一方において,京都らしさを打ち出していこうとしている.

行 う こ と が で き る の か 、 と い う こ と で あ り ま す 。

︵ 本 文 に 続 く  ︶

二 番 目 は 、 そ の よ う な 社 会 の 実 現 を 目 指 す と し て 、 ど の よ う な 研 究 を

ど の よ う な 社 会 を 構 想 す べ き と 考 え ら れ る の か 。

一 番 目 は 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 観 点 か ら

パ ネ ラ ー の 先 生 方 に 二 つ の 質 問 を さ せ て い た だ き ま す 。

そ の 締 め く く り の 総 合 討 論 に 入 る に あ た っ て 、

第 一 回 学 内 ワ ー ク シ ョ ッ プ を 開 催 い た し ま し た 。

水 野

今 日 は 、 京 都 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ イ ニ シ ア テ ィ ブ ︵ K S I ︶

社 会 経 済 シ ス テ ム の 改 編 と 技 術 戦 略

京 都 の 挑 戦

特 集


解決のための 治療技術研究へ

巻頭エッセイ

松本 紘

京都大学理事・副学長 (宇宙空間物理学)

の 消 費 必 要 量 は 、 マ ク ロ に 考 え れ ば 地 球 と い

指 す 以 上 、 資 源 、 エ ネ ル ギ ー 、 水 、 空 間 な ど

界 の 民 が 先 進 諸 国 な み の 生 活 水 準 の 向 上 を 目

る か と い う 真 剣 勝 負 の 問 題 だ と 思 い ま す 。 世

可 能 に 限 り な く 見 え る 課 題 を い か に 乗 り 越 え

I R 3 S や K S I が 挑 戦 し て い る 課 題 は 不

て 意 見 を 交 わ そ う と す る 研 究 ス タ イ ル で す 。

見 い だ す ま で 思 想 、 方 法 論 、 研 究 成 果 に つ い

精 神 を 忘 れ ず 、 一 致 点 あ る い は 合 理 的 結 論 を

話 型 研 究 と は 、 徹 底 的 に 激 論 は す る が 互 恵 の

型 研 究 を 通 し て 提 言 し よ う と し て い ま す 。 対

点 か ら 京 都 モ デ ル を 京 都 大 学 の 伝 統 あ る 対 話

経 済 、 人 生 観 、 社 会 価 値 、 社 会 構 造 変 革 の 観

の ﹁ 道 筋 の 提 言 ﹂ で す 。 後 者 は 俯 瞰 的 に 哲 学 、

れ ら を 基 盤 と し て 構 築 す べ き 持 続 可 能 社 会 へ

に 必 要 な ﹁ 科 学 技 術 要 素 研 究 ﹂ の 推 進 と 、 そ

本 的 姿 勢 は 、 持 続 可 能 な 社 会 を 実 現 す る た め

う 仕 組 み を 設 け 活 動 し て い ま す 。 K S I の 基

答 え を 出 し て く れ る と 私 は 期 待 し ま す 。

す る こ の ﹁ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 ﹂ が き っ と

え を 出 し て き た こ と に 鑑 み 、 京 都 大 学 も 参 画

も 科 学 技 術 を 含 む 学 術 が 困 難 を 乗 り 越 え る 答

見 直 し な ど が 重 要 に な り ま す 。 い つ の 時 代 に

向 け て 、 予 算 配 分 、 社 会 構 造 改 革 、 既 得 権 の

的 に 振 り 向 け る べ き で す 。 ま た 、 そ の 実 現 に

か に 解 決 で き る か と 言 う ﹁ 治 療 ﹂ 技 術 に 重 点

限 ら れ た 時 間 、 人 材 、 予 算 を 破 滅 的 事 態 を い

き ま し た 。 今 後 は 診 断 研 究 の 精 緻 化 よ り も 、

研 究 を 通 し て 破 壊 ・ 破 滅 へ の 警 告 は 行 わ れ て

か な り の 経 費 を か け て 我 々 の 母 星 の ﹁ 診 断 ﹂

を く く っ て 取 り 組 ま ね ば な り ま せ ん 。 す で に

か ね な い 近 未 来 の 状 況 を ど う 解 決 す る か 、 腹

絶 対 量 不 足 を 見 越 し て 、 文 明 破 壊 に つ な が り

資 源 、 食 糧 、 水 ︶ 、 エ ネ ル ギ ー な ど の 根 源 的

に な け れ ば な り ま せ ん 。 生 存 必 需 物 資 ︵ 工 業

符 と は 違 う と 断 言 で き る だ け の 覚 悟 が 関 係 者

人 一 人 が 心 す る 必 要 が あ り ま す 。 中 世 の 免 罪

I で ︵ す 京 。 都 京 大 都 学 大 は 学 I で R は 3 複 S 数 に 部 参 局 画 が す 参 る 加 大 ︶ す 学 の と る K 一 い S つ

Kyoto Sustainability Initiative

う 星 で は 絶 対 的 に 不 足 す る か ら で す 。 ﹁ 環 境

で き る と い う 誤 解 を 与 え な い よ う 、 研 究 者 一

の よ う に 唱 え れ ば き っ と 持 続 可 能 社 会 が 構 築

問 題 ﹂ あ る い は 昨 今 の ﹁ 持 続 可 能 性 ﹂ を お 経 


特集 そ こ か ら は ど の よ う な 未 来 社 会 の 構 想 が 生 ま れ 出 て く る の だ ろ う か 。

そ れ が 京 都 大 学 の 目 標 だ 。

社 会 を 構 想 す る の か と い う こ と を 考 え

す 。 そ の た め に 、 私 た ち は ど の よ う な



サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の ﹁ 京 都 モ デ ル ﹂ を 世 界 に 向 け て 発 信 す る こ と 。

こ と を 示 す の が 重 要 な 課 題 だ と 思 い ま

京都の挑戦 サ ス テ イ ナ ブ ル な 開 発 ・ 発 展 を 実 現 す る た め の 技 術 開 発 と

社 会 シ ス テ ム 改 編 の た め の 戦 略 を 、 超 学 的 な 観 点 か ら 考 究 し 、

て 実 社 会 を ど う 変 え て い く の か と い う

か つ 、 現 世 代 の 福 利 を 最 大 限 高 め る よ う な

あ る と 思 い ま す 。 問 題 解 決 型 研 究 と し

地 球 環 境 を 保 全 し 、 将 来 世 代 に つ け を 残 さ ず 、 ︵京 地都 震大 工学 学防 ︶災 研 究 所 教 授

ロ グ ラ ム が あ る か ら こ そ で き る 研 究 も

る わ け で す け れ ど も 、 こ こ に K S I プ

し た し 、 ま た こ れ か ら も 続 け て い か れ

も 、 環 境 問 題 の 研 究 を 続 け て こ ら れ ま

京 都 大 学 の K S I プ ロ グ ラ ム が な く て

︵京 経都 済大 学学 ︶経 済 研 究 所 教 授

井 合 進

  さ て 、 こ こ に お ら れ る 諸 先 生 方 は 、

論 で き た ら と 考 え ま す 。

う 。 本 日 は こ う い う 視 点 も 踏 ま え て 討

一 方 井 誠 治 の 方 策 を 追 究 す る 必 要 が あ る の で し ょ

し 、 ま た お の お の の 社 会 が 解 決 の た め

︵京 宇都 宙大 空学 間生 物存 理圏 学研 ︶究 所 教 授

に そ れ ら の 社 会 が 抱 え る 困 難 さ を 包 摂

︵京 経都K 済大S 学学I 統 ︶経括 済デ 研ィ 究レ 所ク 特タ 任ー 教/ 授

大 村 善 治

ち 向 か お う と す る 社 会 の 多 様 性 、 さ ら

課 題 に 対 す る 考 察 と 同 時 に 、 そ れ に 立

学 は 、 地 球 温 暖 化 な ど の 地 球 的 規 模 の

  私 た ち が 考 え る サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

佐 和 隆 光

解 決 で き な い 問 題 群 で す 。

え ば 環 境 技 術 の 移 転 だ け で は と う て い


社会経済システムの改編と技術戦略

︵ 海城 岸大 工学 学教 、授 環 境 工 学 ︶

然 災 害 な ど が 背 景 に な っ て い て 、 た と

三 ネラ 村ー 信 男

生 、 地 球 規 模 の 環 境 変 化 が も た ら す 自

法 秩 序 の 問 題 、 全 く 新 し い 感 染 症 の 発

生 な ど も あ り ま す 。 こ れ ら の 危 機 は 、

︵京 東都 南大 ア学 ジ東 ア南 地ア 域ジ 研ア 究研 ︶究 所 長

な ど の 大 規 模 な 自 然 災 害 の 連 続 的 な 発

水 ーデ 野 ィネ 広 ーター 祐

発 的 な 発 生 、 さ ら に ス マ ト ラ 沖 の 津 波

消 失 、 あ る い は 鳥 イ ン フ ル エ ン ザ の 突

盗 伐 と 密 輸 、 お よ び こ れ に 伴 う 森 林 の

マ ン タ ン な ど に お け る 大 規 模 な 森 林 の

そ れ に は 、 特 に 通 貨 危 機 後 顕 著 な カ リ

思 わ せ る 、 危 機 的 な 状 況 が あ り ま す 。

な 展 開 が 本 当 に 実 現 す る の か と 疑 問 に

善 さ れ た 、 と い う あ る 種 の 予 定 調 和 的

社目サ 会指ス のすテ 構 イ ナ 想 ビ リ テ ィ 学 が ど か っ た が そ の 後 の 取 り 組 み に よ り 改

か つ て の 日 本 の 高 度 成 長 期 も 公 害 は ひ

  今 日 の 東 南 ア ジ ア を み て い ま す と 、

し た い と 考 え て い ま す 。

よ さ が 生 き る よ う な コ ー デ ィ ネ ー ト を

を 前 に し て 、 私 は 素 人 で す が 、 素 人 の

問 題 を 直 接 に 研 究 し て お ら れ る 先 生 方

ア の 地 域 研 究 を 行 っ て お り ま す 。 環 境

討 論

水 野

私 は 、 東 南 ア ジ ア の イ ン ド ネ シ 


農 村 に 代 表 さ れ る 、 人 が 散 ら ば っ て い

  反 対 に 、 広 が っ て い る 社 会 、 つ ま り

す い の で は な い か と 思 い ま す 。

す が 、 む し ろ 、 技 術 開 発 の 話 は 乗 り や

変 な こ と が 起 き る と い う 予 測 も あ り ま

ど で 、 都 市 に 人 が 集 中 し て こ れ か ら 大

て い け る の で す 。 ア ジ ア 、 特 に 中 国 な

ス テ ム な い し は 社 会 の シ ス テ ム に 入 っ

い ま す 。 新 し い 技 術 が す ん な り 経 済 シ

す い の で は な い か と 、 基 本 的 に 思 っ て

け れ ど も 、 逆 に 、 技 術 は す ご く 生 か し や

社 会 に は 、 脆 弱 性 が 潜 ん で い る の で す

が 集 ま っ て い ま す 。 そ う い う 集 中 型 の

こ は ど ん ど ん 便 利 に な っ て い て 、 お 金

よ う に 都 市 に 人 が 集 ま っ て い ま す 。 そ

型 か 。 例 え ば 、 人 口 問 題 に 代 表 さ れ る

ド と し て は 、 集 中 型 か 、 そ れ と も 分 散

し て い く か と い う こ と で す 。 キ ー ワ ー

  も う 一 つ は 、 ど う い う 技 術 を 生 み 出

構 想 す べ き で あ る と 考 え て い ま す 。

い う の で し ょ う か 、 変 動 に 強 い 社 会 を

コラム 1

イースター文明の盛衰と 環境問題 南米西岸から 3700 キロ離れた絶 海の孤島であるイースター島では, 16 世紀の半ばにかけて独特の巨石 文明が興隆した.しかしながら,人 口の増加に伴い森林が切り尽くされ, 土壌の劣化・流出も起こったため食 料不足となり,島内は恒常的な戦乱 状態に陥り文明は崩壊したものと見 られている.イースター島の事例は, 人間が環境に大きな影響を及ぼし, 自らの存立基盤である環境を損なっ たことが,衰退,滅亡の大きな要因 となった実例の一つであるといわれ ている. 図 1 南太平洋の孤島,イースター島 には,5 世紀に人が住み着き,16 世 紀半ばに巨石文明がピークに達したが, 部族抗争の果て,200 年足らずの間 に 崩 壊 し た. (Mr. な べ さ ん の The MOAI(http://www.asahi-net. or.jp/~yf5f-wtnb/)よ り 許 可 を 得 て 写真を転載)



問 へ の 答 え と し て は 、 危 機 対 応 と で も


の は 、 イ ン ド 洋 大 地 震 で 地 震 動 と 津 波

  最 近 の 地 震 被 害 調 査 で 印 象 的 だ っ た

め て い ま す 。

進 す る た め の コ ー デ ィ ネ ー タ ー 役 を 務

っ て 分 野 横 断 型 の 総 合 ・ 融 合 研 究 を 推

よ う な 限 界 に 達 す る よ り も も っ と ず っ

ん な が 知 っ て い ま す 。 実 際 に は 、 そ の

し た ら 大 変 な こ と に な る と い う の は み

と か 、 そ う し た も の が も し も 限 界 に 達

動 で あ る と か 、 自 然 環 境 の 変 化 で あ る

る の で は な い か と 思 い ま す 。 最 初 の 質

に 対 応 す る 技 術 が す ご く 求 め ら れ て く

も 人 為 的 災 害 も 含 め て 、 そ う し た こ と

化 が 起 き て く る の で あ っ て 、 自 然 災 害

動 と い う か 、 空 間 的 に も 時 間 的 に も 変

学 、 エ ネ ル ギ ー 理 工 学 、 生 存 圏 、 防 災 、

設 立 さ れ 、 そ の ユ ニ ッ ト 長 と し て 、 化

都 大 学 に 生 存 基 盤 科 学 研 究 ユ ニ ッ ト が

究 を し て い ま す 。 ま た 、 今 年 四 月 に 京

一 つ は 、 例 え ば 温 暖 化 に よ る 気 候 変

う こ と を 二 つ 申 し 上 げ た い と 思 い ま す 。

け て 、 ど う い う 技 術 開 発 が 必 要 か と い

ビ リ テ ィ に 向 け て 、 ど う い う 社 会 に 向

研 究 者 と い う 観 点 も 込 め 、 サ ス テ イ ナ

り も 手 前 の と こ ろ で 、 変 動 と い う か 振

際 は そ の オ ー バ ー シ ュ ー ト が 起 き る よ

思 い 描 く 人 が 多 い よ う で す け れ ど 、 実

せ よ う と す る 。 そ う い う 簡 単 な 曲 線 を

か で 調 和 す る よ う な と こ ろ に 落 ち 着 か

東 南 ア ジ ア の 五 つ の 研 究 所 が 一 緒 に な  

理 の 構 築 と 被 害 軽 減 の 対 策 を 中 心 に 研

総 合 的 な 視 点 か ら 、 都 市 施 設 の 災 害 学

地 震 時 の 地 盤 液 状 化 現 象 な ど も 含 め た

お き ま す 。 京 都 大 学 防 災 研 究 所 で は 、

そ の 背 景 と し て 、 私 の 専 門 を 紹 介 し て

こ の よ う な 背 景 の も と 、 自 然 科 学 系

べ き 点 も 多 く あ る よ う に 感 じ ま し た 。

な 道 を た ど っ て い ま す 。 わ が 国 が 学 ぶ

な 兆 し は 見 ら れ ず 、 復 興 に 向 け た 着 実

と 考 え ら れ ま す が 、 実 際 に は こ の よ う

社 会 の シ ス テ ム を 変 え た り し て 、 ど こ

に 、 技 術 開 発 を し て 温 度 を 下 げ た り 、

も な い こ と に な る 、 そ う な ら な い よ う

が っ て 、 つ い に は 上 が り 過 ぎ て と ん で

シ ュ ー ト す る 、 例 え ば 温 度 が ず っ と 上

井 合

パ ネ ラ ー と し て の 発 言 に 先 立 ち 、 震 後 に 発 生 す る 可 能 性 は 十 分 に あ っ た   環 境 問 題 と い う と 、 何 か が オ ー バ ー

変 動 に 強 い 社 会 を

ら い か が で し ょ う か 。

っ た わ け な の で す 。 で は 、 井 合 先 生 か

れ で 、 私 か ら の 冒 頭 の 二 つ の 質 問 と な

る 必 要 が あ る の だ ろ う と 思 い ま す 。 そ

の 崩 壊 に つ な が る よ う な 負 の 循 環 が 地

る と い う 極 限 状 況 の 中 で は 、 社 会 ・ 経 済

け 、 四 人 に 一 人 の 割 合 で 亡 く な っ て い

ら 三 キ ロ ほ ど 内 陸 ま で 甚 大 な 被 害 を 受

ダ ア チ ェ 市 の 被 害 状 況 で す 。 海 岸 線 か

の 両 者 の 直 撃 を 受 け た ス マ ト ラ 島 バ ン

の が 第 一 点 で す 。

っ た 視 点 が 要 る の で は な い か 、 と い う

的 状 況 に な っ て し ま う こ と が あ る と い

ー 島 で 起 き た よ う な

タ の 変 化 に よ っ て 、 例 え ば 、 イ ー ス タ

と 手 前 の と こ ろ で 、 基 本 的 な パ ラ メ ー

︵ コ ラ ム 1 ︶

危 機




題 で 深 い つ な が り が あ り ま す 。 私 が サ

生 が お っ し ゃ っ た よ う な エ ネ ル ギ ー 問

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と は 、 今 、 一 方 井 先

と を 研 究 し て い る の で す け れ ど も 、 サ

大 は ス 村 な テ い ム 私 か を は と つ 地 思 く 球 い っ 物 ま て 理 す い 屋 。 く で の 宇 が 宙 大 空 事 間 な の の こ で

こ の 三 つ を 頭 に 置 き な が ら 好 循 環 の シ

れ か ら は 環 境 と エ ネ ル ギ ー と 経 済 と 、

の 問 題 と 大 き く 関 わ り が あ り ま す 。 こ

コラム 2

宇宙空間に浮かぶ 太陽電池パネル 宇宙空間に太陽電池パネルを並べる と,太陽光を昼夜,天気とは無関係に 利用できるので,非常に効率良く発 電できる.その電力をマイクロ波に 変換して地上や月面基地に送り,そ れをレクテナという整流器付のアン テナで受けて再度電力に変換する. この宇宙太陽発電所は連続的に発電 できるので,将来の基幹電力の一つ として技術検討が進められている.

図 2 宇宙太陽発電所の概念図.



は 、 世 界 の セ キ ュ リ テ ィ の 問 題 、 紛 争

こ ち で 起 こ っ て い ま す 。 石 油 と い う の

ピ ー ク は も う 過 ぎ た と い う 議 論 が あ ち

だ っ た わ け で す 。 肝 心 の 石 油 の 生 産 の

よ う に 、 あ る 意 味 、 石 油 と 電 気 の 時 代

世 紀 は 、 佐 和 先 生 も お っ し ゃ っ て い る

ン ト は エ ネ ル ギ ー だ と 思 い ま す 。 二 〇

け れ ど も 、 こ れ か ら の も う 一 つ の ポ イ

け れ ど も 、 核 融 合 を 専 門 に や っ て い る

ル ギ ー ソ ー ス が 一 つ 考 え ら れ て い ま す

に 重 要 な 問 題 で す 。 核 融 合 と い う エ ネ

の か 。 こ れ か ら の 社 会 を 構 想 す る と き

枯 渇 し た と き に エ ネ ル ギ ー は ど う な る

こ れ か ら 四 〇 年 、 五 〇 年 し て 、 石 油 が

わ っ た こ と に あ り ま す

て 、 生 存 基 盤 科 学 研 究 ユ ニ ッ ト が 京 大

群 と 、 東 南 ア ジ ア 研 究 所 を ベ ー ス と し

都 大 学 の 宇 治 キ ャ ン パ ス に あ る 研 究 所

る だ ろ う と 思 い ま す 。

に 送 る と い う こ と も 、 可 能 に な っ て く

  そ う し た エ ネ ル ギ ー の 絡 み か ら 、 京

一 方 井

よ く 環 境 と 経 済 と い う の で す

エ ネ ル ギ ー に 注 目 す る

く っ て い け れ ば と 思 っ て い ま す 。

に 電 力 を 送 る と い う プ ロ ジ ェ ク ト に 加

ネ ル を 打 ち 上 げ て 、 マ イ ク ロ 波 で 地 上

た き っ か け は 、 宇 宙 空 間 に 太 陽 電 池 パ

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に 関 わ る よ う に な っ

間 で エ ネ ル ギ ー を 発 電 し て そ れ を 地 上

り も 身 近 に な っ て い ま す の で 、 宇 宙 空

〇 年 先 と な り ま す と 、 宇 宙 空 間 は 今 よ

う の が 、 ど う や ら 本 音 ら し い で す 。 五

人 に 聞 く と 、 五 〇 年 先 で も 難 し い と い

︵ コ ラ ム 2 ︶


競 争 力 も 強 ま る 、 そ う い っ た 好 循 環 の 実 の 社 会 は お 金 も う け の 論 理 、 市 場 の ナ ブ ル な イ メ ー ジ と い う も の を ぜ ひ つ

境 が よ く な れ ば な る ほ ど 経 済 的 な 国 際   し か し 、 や は り そ う は い っ て も 、 現 依 拠 し た よ う な 、 ア ジ ア 型 の サ ス テ イ

一 方 井

環経 境済 もが よよ くく なな るれ 社ば 会 を

や や 抽 象 的 な お 話 で 恐 縮 な の で す け

済 的 側 面 に 関 わ る 研 究 を 行 っ て い ま す 。

企 業 の 対 応 の 分 析 な ど 、 環 境 政 策 の 経

し た 。 現 在 、 地 球 温 暖 化 対 策 に 関 わ る

の 先 端 政 策 分 析 研 究 セ ン タ ー に 参 り ま

い た の で す が 、 昨 年 の 夏 に 経 済 研 究 所

環 境 庁 、 環 境 省 を 中 心 に 行 政 の 世 界 に

テ ム 、 技 術 を 追 求 し て い く こ と が 必 要

く の で す 。 そ の よ う な 意 識 、 社 会 シ ス

に し か 一 緒 に い か な い も の だ と し て い

境 と 経 済 は 同 じ 方 向 に 、 よ く な る 方 向

な く て 、 発 想 も 行 動 様 式 も 変 え て 、 環

ら く 無 理 だ ろ う と 思 い ま す 。 そ う で は

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 確 保 す る の は 恐

め て い く ﹁ 規 制 型 の 社 会 ﹂ を つ く っ て 、

け ま せ ん と か 、 そ う い う リ ミ ッ ト を 決

ま す と か 、 こ こ か ら 先 に は い っ て は い

す 。 環 境 の 制 約 か ら こ こ に 限 界 が あ り

日 本 と は 違 う 部 分 も い っ ぱ い あ る よ う

お 話 を 聞 い て い る と 、 中 国 と い う の は

な い か 。 中 国 の 中 央 政 府 の 幹 部 の 方 の

本 や 中 国 、 ア ジ ア 的 な 発 想 が 大 切 で は

る ア メ リ カ 型 の 文 明 観 で は な く て 、 日

メ ー ジ を つ く っ て い く と き に 、 い わ ゆ

ナ ブ ル な の で は な い か と 思 っ て い ま す 。

う シ ス テ ム を つ く れ る 社 会 が サ ス テ イ

テ ム も つ く れ る の で は な い か 。 そ う い

壊 さ れ な い よ う な ル ー ル を 持 っ た シ ス

展 す れ ば す る ほ ど 環 境 が よ く な る 、 環

れ ど も 、 私 の 夢 と い う の は 、 経 済 が 発

で は な い か な と 思 っ て い ま す 。

で す 。 お 金 だ け で は な い 、 自 然 に 深 く

  こ れ か ら サ ス テ イ ナ ブ ル な 社 会 の イ

私 は 、 こ れ ま で 約 三 〇 年 間 、

し い の で は な い で し ょ う か 。

術 を 生 み 出 さ な い と な か な か 対 応 が 難

で う ま く 入 っ て い け る よ う な 新 し い 技

し て い か な い と な ら な い と 思 っ て い ま

う く ら い の 意 識 転 換 を し 、 構 造 転 換 を

ま う わ け で す が 、 そ れ が 夢 で な い と い

み た い な 、 夢 み た い な と 、 い わ れ て し

走 っ て も 環 境 が 壊 れ な い 、 地 球 環 境 が

で は な く て 、 ど ん な に 人 が 金 も う け に

れ 以 外 の 社 会 が な い か と い う と 、 そ う

シ ス テ ム が あ っ た わ け で す 。 で は 、 そ

め て い く の か を 考 え る の は 難 し い 気 が

る 社 会 で は 、 ど う や っ て 技 術 を 当 て は

て 、 個 々 に い ろ い ろ な こ と を や っ て い

こ う い う こ と を い う と 、 そ ん な ば か

ス テ イ ナ ブ ル な 社 会 な の で は な い か 。

と で す 。 そ の よ う な 社 会 が い わ ゆ る サ

シ ス テ ム が 備 わ っ た 社 会 を 実 現 す る こ

を 得 な か っ た と い う 社 会 状 況 、 社 会 的

う と す る と ど う し て も 環 境 を 壊 さ ざ る

成 長 時 代 に は 、 企 業 が 利 潤 を 追 求 し よ

論 理 で 動 い て い る わ け で す 。 高 度 経 済

し ま す 。 ハ イ テ ク で は な く 、 ロ ー テ ク  




K と い う 狭 さ で す 。 休 日 も 子 供 の 受 験

い た 家 は と い う と 、 家 族 四 人 で 二 L D

け て 満 員 電 車 で 通 勤 し 、 深 夜 に 帰 り つ

ー マ ン は 片 道 一 時 間 な い し 一 時 間 半 か

で は な く 、 本 来 の 意 味 で の 知 的 水 準 は

の か 。 大 学 進 学 率 で は か っ た 知 的 水 準

日 本 人 が さ ほ ど 熱 心 で な い の は な ぜ な

ほ ど ま で 高 い の に 、 環 境 問 題 に 対 し て 、

い る の で す 。 人 文 学 の 素 養 が 非 常 に 重

準 の 持 ち 主 に な る の は 当 然 だ と 考 え て

と は 、 大 学 を 卒 業 す れ ば 、 高 い 知 的 水



  そ れ は さ て お き 、 ヨ ー ロ ッ パ の 人 び

レ ベ ル は 決 し て 高 く は な い 。

葉 が あ り ま す が 、 日 本 人 の 生 活 の 質 の

ー ・ オ ブ ・ ラ イ フ

と い う 言

ど こ ろ か 、 む し ろ 貧 し い 。 ク オ リ テ ィ

も 急 上 昇 し て い ま す 。 教 育 水 準 が こ れ

% を 超 え た そ う で す 。 大 学 院 の 進 学 率

や 世 界 で 一 、 二 を 争 う ぐ ら い で 、 五 二

高 い こ と で す 。 日 本 の 大 学 進 学 率 は 今

す る 五 つ の 国 の 共 通 点 は 、 教 育 水 準 が

金 の 獲 得 競 争 が 熾 烈 を 極 め て い ま す 。

う い う 雰 囲 気 が 支 配 的 と な り 、 外 部 資

金 を と れ な い 教 授 は 偉 く な い 教 授 、 そ

お 金 を と っ て く る 教 授 は 偉 い 教 授 、 お

ま す ま す 拍 車 が か か り つ つ あ り ま す 。

確 か に そ う で す よ ね 。 東 京 の サ ラ リ

︵ Q O L ︶

照 ら せ ば 、 決 し て 豊 か だ と は い え な い   も う 一 つ 、 ポ ー ル ・ ケ ネ デ ィ が 指 摘 い う 傾 向 に 、 国 立 大 学 法 人 化 に よ り 、

し ぶ り を 見 る と 、 フ ラ ン ス 人 の 感 覚 に

日 本 は 世 界 一 な の だ が 、 日 本 人 の 暮 ら

つ ま り 、 一 人 当 た り G D P で 見 る 限 り 、

る ほ ど 十 分 豊 か で は な い の で す 。

い 換 え れ ば 、 環 境 の こ と を 考 え る に 足

に 比 べ て 、 Q O L は 圧 倒 的 に 低 い 。 言

身 の 狭 い 思 い を し な け れ ば な ら な い と

研 究 は 、 大 学 の 隅 っ こ に 追 い や ら れ 肩

て い ま す 。 産 業 に と っ て 役 に 立 た な い

が 貧 し い せ い で は あ り ま せ ん か ﹂ と 。   日 本 は 、 北 西 ヨ ー ロ ッ パ の 五 つ の 国 ば な ら な い と い う 趣 旨 の こ と が 書 か れ

﹁ 日 本 と い う 国 が 豊 か な の は 、 日 本 人

二 月 に 日 本 に き て 、 全 国 各 地 を 見 て 歩

ド リ ア ー ル と い う 社 会 学 者 が 、 九 五 年

て い ま し た 。 フ ラ ン ス の ジ ャ ン ・ ボ ー

は 世 界 で 一 、 二 の ﹁ 豊 か さ ﹂ を 享 受 し

ち 込 み ま し た が 、 九 〇 年 代 の 半 ば ご ろ

率 が 鈍 化 し て い ま す の で 一 一 位 ま で 落

っ た の だ と い う わ け で す 。

き た か ら こ そ 、 日 本 は 世 界 一 国 豊 に か な な

い う ﹁ 貧 し い ﹂ 生 活 に 日 本 人 が 耐 え て

何 と 貧 し い 生 活 と 映 る わ け で す 。 そ う

う 暮 ら し ぶ り は 、 フ ラ ン ス 人 の 目 に は 、

し む 機 会 が め っ た に も て な い 。 こ う い

勉 強 の せ い な ど で 、 家 族 で ゆ っ く り 楽

ま す 。 学 術 ・ 科 学 は 産 業 の 僕 で な け れ

︵ 一 九 六 〇 ︶

い う 悪 い く せ が あ り ま す 。 こ う し た 考

の 価 値 を ﹁ 有 用 性 ﹂ の 尺 度 で は か る と

は あ り ま せ ん 。 日 本 で は 、 学 術 ・ 科 学

学 が 法 人 化 さ れ た こ と も こ れ と 無 縁 で

ま だ 低 い と い う こ と な の で す 。 国 立 大

い た の ち 、 次 の よ う に い い ま し た 。 ︵ 一 人 当 た り G D P が 世 界 一 の ︶

の 中 に 明 確 に 書 か れ て い

え 方 は 、 池 田 内 閣 の ﹁ 所 得 倍 増 計 画 ﹂


が 、 K S I で は 東 南 ア ジ ア を 中 心 に 研

オ ラ ン ダ 、 デ ン マ ー ク を 加 え た 五 つ の

い こ と を 指 摘 し て い ま す 。 北 欧 三 国 に

と い う 本 を 書 き 、 そ の 中 で 、 大 変 面 白

九 三 年 に ﹃ 二 一 世 紀 の 難 問 に 備 え て ﹄

に 目 が 向 く こ と は 確 か な の で す 。

人 間 、 豊 か に な っ て 初 め て 環 境 の こ と

本 は 、 今 は 長 い こ と 不 況 が 続 い て 成 長

  一 人 当 た り の G D P で 見 ま す と 、 日

一 つ 、 や や 個 人 的 な 疑 問 に な り ま す

た め の 必 要 条 件 に つ い て 議 論 を 重 ね て

人 類 社 会 が 持 続 可 能 な 発 展 を し て ゆ く

に 刊 行 し て 大 変 な 評 判 に な り ま し た が 、

︶ と い う 本 を 一 九 九 二 年

The Rise and Fall of the

究 し て い こ う と い う 議 論 が 多 い の で す

Great Powers

け れ ど 、 ア フ リ カ に 目 を 向 け る と 、 非

﹃ 大 国 の 興 亡 ︵ ﹄

始 め 、 七 一 年 に 環 境 庁 が 発 足 し ま し た 。

て 、 よ う や く 人 び と の 目 が 環 境 に 向 き

﹁ 衣 食 が 足 り た ﹂ 六 〇 年 代 の 末 に な っ

ゆ く こ と を 計 画 し て い ま す 。

科 学 研 究 ユ ニ ッ ト を 構 成 し て い る 五 つ

リ テ ィ に 関 係 す る デ ー タ を 持 ち 寄 っ て 、

だ き 、 個 々 の 研 究 分 野 で サ ス テ イ ナ ビ

の 有 志 の 方 々 に 定 期 的 に 集 ま っ て い た

の 研 究 所 の 教 員 ・ 研 究 員 ・ 大 学 院 学 生

ア メ リ カ ・ イ ェ ー ル 大 学 の 歴 史 家 が

た だ き ま す 。 ポ ー ル ・ ケ ネ デ ィ と い う

佐 和

皆 様 と は 少 し 違 う 話 を さ せ て い

社十 会分 をな 豊 か さ を 備 え た

水 質 汚 濁 は 目 に 余 る も の が あ り ま し た 。

で す 。 六 〇 年 代 末 の 日 本 の 大 気 汚 染 と

こ と に 目 を 向 け ら れ る よ う に な っ た の

ら こ そ 、 日 本 人 も 日 本 の 政 府 も 環 境 の

が あ り ま す 。 ま さ に 、 衣 食 が 足 り た か

と し て い ま す 。 そ の た め に 、 生 存 基 盤

﹁ 衣 食 足 り て 礼 節 を 知 る ﹂ と い う 格 言

め て 、 デ ー タ ベ ー ス を 構 築 し て い こ う

ナ ブ ル サ イ エ ン ス に 関 す る デ ー タ を 集

す の で 、 環 境 問 題 、 あ る い は サ ス テ イ

が 余 り に も 不 足 し て い る と い う 状 態 で

ッ ト の 中 の 総 合 研 究 と し て 、 今 は 情 報

ば い け な い の だ ろ う と 思 い ま す 。

と も 、 グ ロ ー バ ル な 視 点 で 考 え な け れ

ど う 対 処 し て い く の か と い う よ う な こ

よ く 聞 く わ け で す 。 そ の よ う な 問 題 に

と い う わ け で す 。

び と に 環 境 の こ と を 考 え る 余 裕 は な い

な 大 き さ で 、 世 界 第 二 位 に な り ま し た 。

  日 本 は 一 九 六 八 年 に G D P の 絶 対 的

  具 体 的 に は 、 生 存 基 盤 科 学 研 究 ユ ニ

問 題 も 勉 強 す る よ う に な っ た の で す 。

ー に 加 わ っ て 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の

に で き た と き に 、 そ ち ら の 方 の メ ン バ

こ ろ で 生 き て い る 、 そ う い っ た こ と を

〇 億 の 人 が 下 水 や 衛 生 の 設 備 の な い と

の 人 が き れ い な 水 を 全 く 使 え な い 、 二

な 人 が た く さ ん い ま す 。 一 〇 億 ぐ ら い

常 に 生 活 水 準 の 低 い 、 生 き る の も 困 難

は 豊 か で な い 発 展 途 上 の 国 々 に 住 む 人

な こ と で あ る と い っ て い ま す 。 十 分 に

は 何 な の か と 問 い 、 一 つ は 、 十 分 豊 か

も 熱 心 で す 。 こ れ ら 五 つ の 国 の 共 通 点

北 西 ヨ ー ロ ッ パ 諸 国 は 環 境 保 全 に と て




ン コ ン も 一 位 、 養 豚 が 三 位 で す 。

農 業 県 で す 。 メ ロ ン は 全 国 第 一 位 、 レ

霞 ヶ 浦 が あ っ て 水 は 非 常 に 豊 富 で す 。

い 。 そ れ か ら 、 水 が 多 い 。 水 郷 地 帯 、

平 地 率 は 全 国 で 一 番 。 平 ら な 土 地 が 多

で は な い で し ょ う か 。 し か し 、 県 民 所

く わ か ら な い と い う か 。 そ ん な と こ ろ

か 感 じ ら れ ま せ ん 。 よ そ か ら 見 て も 余

ー ・ オ ブ ・ ラ イ フ と い う も の は な か な

ど 佐 和 先 生 が お っ し ゃ っ た ク オ リ テ ィ

す が 、 し か し 、 住 ん で い ま す と 、 先 ほ

も う 立 、 い 派 う で 城 農 、 と 家 長 い が 屋 う 多 門 の い と は の い 豊 で う か す の な 。 で 地 そ す 域 れ け な を ど の 見 、 で て そ

が た く さ ん あ り ま す 。 門 が 家 み た い に



得 で 見 る と 、 全 国 で 一 〇 番 前 後 で す 。

入 す る の か 、 あ る い は 、 公 共 交 通 機 関

な い と い う か 、 何 を や っ て い る の か よ

  か じ ? な 皆 い さ 東 と ん 京 思 、 の い 近 ま 城 く 県 に す と が は い あ 、 う る ど の が う は 、 で よ 特 し く 徴 ょ 御 の う 存

  城 の 農 村 に 行 き ま す と 、 大 き な 家

が 少 な い と こ ろ で あ り ま す 。

け れ ど 、 他 と 比 べ る と そ れ ぐ ら い 心 配

ま せ ん 。 そ れ は そ れ で 困 っ た こ と で す

S I が 目 標 と す る と こ ろ で す 。

そ の よ う な 技 術 戦 略 を 導 く こ と も 、 K

技 術 と し て 選 択 す る と い う こ と で す 。

ラ ン ス の と れ る も の 、 そ れ を ベ ス ト な

利 用 可 能 な 技 術 か ら 、 コ ス ト 的 に も バ

と は ど う い う こ と を 考 え て い く の か を 、

着 目 し た 場 合 に 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

ま し た の で 、 私 は 、

三 村

城 と い う 地 域 に

全 般 的 な こ と は 皆 さ ん が 話 さ れ

発地 想域 しか てら い く 社 会

は 央 る 、 防 の 災 は 城 会 、 県 議 北 の が 海 海 行 道 岸 っ か 部 た ら は 津 福 計 波 島 算 の ま に 被 で 入 害 で っ 想 す て 定 。 い で 中

地 震 の 巣 が あ っ て 、 津 波 の 影 響 を 受 け

す 。 宮 城 県 沖 か ら 北 海 道 に か け て も 大

具 体 的 に は 、 環 境 税 を ど の よ う に 導 簡 単 に お 話 し し た い と 思 い ま す 。

畿 か ら 関 東 で は 太 平 洋 側 の 千 葉 ま で で

と い う の は 、

受 け る と 想 定 さ れ て い る の は 四 国 、 近

使 え な い と い う も の も あ り ま す 。

は 、 高 価 す ぎ て と て も で は な い け れ ど 考 え て い ま す 。

東 海 地 震 や 東 南 海 地 震 で 津 波 の 影 響 を

私 は 海 岸 の 災 害 を 研 究 し て い ま す が 、

available

M し 池 発 ー 自 普 路 と ︶ て 、 電 の 動 及 面 し の ク ハ 等 効 車 さ 電 て 有 リ イ の 率 の せ 車 、 効 ー ブ 長 的 燃 る の 例 活 リ 期 活 費 か こ え 用 ン ッ 的 用 効 ︵ と ば 、 開 ド 課 、 率 コ を L 住 発 カ 題 核 向 ラ い R 宅 メ ー へ 融 上 ム う T ・ カ な の 合 、 3 ︶ ︵ ︶ 等 低 都 ニ ど 挑 ・ 自 、 市 ズ の 戦 宇 然 さ を 床 の ム 普 、 宙 エ ら ど 型 省 ︵ 及 太 太 ネ に れ の エ C 、 陽 陽 ル は だ 軽 け 量 ネ D そ 電 光 ギ

Best

ル ギ ー 設 計 等 々 。 そ う し た も の の 技 術

Atainable Technology

的 検 討 と 、 法 律 的 な 整 備 を も K S I の

︶ な 技 術 の メ ニ ュ ー の 中 に 視 野 に 入 れ て 研 究 を 進 め て ゆ き た い と

  災 害 が 非 常 に 少 な い の も 特 徴 で す 。


在 は 首 相 ︶

ド ミ ニ ク ・ ド ピ ル パ ン は 、 L を 高 め る こ と が 一 つ で す 。 そ れ か ら 、

行 っ た フ ラ ン ス の 外 務 大 臣

ラ ン ボ ー の 詩 を 引 用 し な が ら 名 演 説 を

︵ 当 時 、 現

べ き か に つ い て で す が 、 日 本 人 の Q O

  で は 、 こ れ か ら ど ん な 社 会 を 構 想 す

が 国 連 安 全 保 障 理 事 会 で 始 ま っ た と き 、 と 思 い ま す 。

Best Attainable Technology

ト と 出 ・ し す ベ て こ ネ 謳 と フ っ を ィ て 目 ッ 指 ト い し の ま て 視 す い 点 。 ま を さ す 重 ら 。 視 に 利 用 を し 、 可 導 つ コ 能 き つ ス 、

  イ ラ ク の 大 量 破 壊 兵 器 を め ぐ る 論 争

う の が 、 ヨ ー ロ ッ パ 式 の 考 え な の で す 。

環 境 問 題 に 対 す る 関 心 が 希 薄 な 理 由 だ

は 高 く て も 、 知 的 水 準 が 低 く 、 ゆ え に

探 る こ と を 、 京 都 大 学 の K S I は 課 題

の へ と 再 編 成 す る た め の 具 体 的 方 策 を

ジ ョ ブ ・ ト レ ー ニ ン グ す れ ば い い と い   日 本 の 実 学 偏 重 こ そ が 、 大 学 進 学 率 も と 、 社 会 シ ス テ ム を 環 境 調 和 型 な も

ら 、 法 律 や 経 済 な ど の 実 学 を オ ン ・ ザ ・

込 む 。 大 学 を 卒 業 し て 官 僚 に な っ て か

る よ り も 、 歴 史 を 徹 底 的 に 頭 に た た き

間 に 、 法 律 や 経 済 な ど の 実 学 を 勉 強 す

者 が 多 い の で す 。 一 八 歳 か ら 二 二 歳 の

虚 学 に 通 じ た 人 が 多 い の で す 。

の 政 治 家 や 経 営 者 に は 、 実 学 な ら ざ る

り ま す 。 外 交 官 に 限 ら ず 、 ヨ ー ロ ッ パ

大 著 を 出 版 し て い ま す し 、 詩 人 で も あ

ナ ポ レ オ ン の 研 究 家 と し て も 有 名 で 、

こ と で す 。

を 尊 敬 す る 風 潮 の み な ぎ る 社 会 に す る

も う 一 つ 、 日 本 を 知 的 に 秀 で た ﹁ 知 ﹂

に つ い て で す 。 文 理 融 合 の 研 究 体 制 の

  次 に 、 ど の よ う な 研 究 が 必 要 な の か

あ り 、 そ の 他 の 官 僚 に も 歴 史 学 科 出 身

外 交 官 の ほ と ん ど が 歴 史 学 科 の 出 身 で

な ぜ そ ん な に 人 気 が あ る の か と い う と 、

  正 解 は 、 歴 史 学 科 で す 。 歴 史 学 科 が

で し ょ う か ?

は い ら っ し ゃ い ま す で し ょ う か 。 ど う

ょ う か 、 と 質 問 し て 、 正 解 を 出 せ る 方

入 学 す る の が 一 番 難 し い 学 科 は 何 で し

大 学 と ケ ン ブ リ ッ ジ 大 学 の 学 科 の う ち

ん じ ら れ て い ま す 。 オ ッ ク ス フ ォ ー ド

コラム 3

都市交通が出す 二酸化炭素 日本の交通政策は,路面電車を 廃止して自動車を走りやすくし, 遠隔地への往復にも,鉄道の代 わりに,高速道路を使って自動 車で移動する,という方向に舵 がとられてきた.物流もまた, 鉄道や船舶から貨物自動車へと シフトした.その結果,二酸化 炭素の総排出量の 20% 強を運 輸部門が占めるようになった. 京都議定書の目標を達成するに あたり,自動車から鉄道や船舶 へのモーダルシフトを促し,た とえば京都のような町に路面電 車を復活させることが望まれる. 人・キロ,トン・キロ当たりの 輸送に伴う二酸化炭素排出量は 鉄道と自動車を比べれば,後者 が前者の約 10 倍にものぼる.




で は な く 、 優 先 順 位 が 違 う の で は な い

し て 宇 宙 開 発 が 嫌 い だ と い っ て い る の

発 を 進 め よ う と か し て い ま す 。 私 は 決

ろ う と し て い る と か 、 あ る い は 宇 宙 開

T や 、 リ ニ ア モ ー タ ー カ ー の 開 発 を や

か に な っ て き た 時 代 に な っ て も 、 S S

れ だ け エ ネ ル ギ ー や 環 境 の 制 約 が 明 ら

さ ん あ り ま す 。 技 術 発 展 の 方 向 で 、 こ

私 の 目 か ら 見 る と お か し な こ と が た く

境 政 策 が 進 ん で い っ た り す る わ け で す

ラ ン ス が あ っ て 、 そ の 中 で 少 し ず つ 環

現 実 の 社 会 の 中 に い ろ い ろ な パ ワ ー バ

か か わ る 政 治 経 済 学 で す 。 日 本 で も 、

だ と 思 う の で す 。 環 境 、 エ ネ ル ギ ー に

て い く に は 、 ど う し て も 政 治 学 が 必 要

ろ う と 思 い ま す 。 そ う い う 社 会 を 変 え

か な か 難 し い と い う こ と が あ る か ら だ

ま っ て 、 そ れ を 変 え る の が 社 会 的 に な

質 問 に み な さ ま 、 要 領 よ く 答 え て い た

の よ う な 研 究 を 行 う の か 、 と い う 私 の

構 想 す べ き 社 会 と 、 そ の 実 現 の た め ど

水 こ 社 野 と 会 の の ど で 構 う き 想 も な と あ い 構 り も 築 が の 。 と だ こ う と れ ご 思 は ざ い 絶 い ま 対 ま す に す 。 欠 く 。

い か と 思 っ て い ま す 。

は あ る の か と い う よ う な 研 究 が で き な



  最 後 に 東 ア ジ ア に お け る 循 環 型 経 済

ま く い っ て い な い と こ ろ が あ り ま す 。

で は あ る の で す け れ ど も 、 な か な か う

正 直 、 政 府 に も っ と 期 待 し た い と こ ろ

る よ う な 力 の あ る グ ル ー プ が で き て し

発 祥 の 地 で あ っ て 、 経 済 発 展 を 優 先 す

き で す 。 そ れ は ア メ リ カ が 石 油 産 業 の

書 で す が 、 ア メ リ カ は 今 す ご く 後 ろ 向

ン ト ロ ー ル の 仕 方 が あ り 、 解 決 の 方 法

の よ う に 社 会 で 形 成 さ れ 、 ど う い う コ

お か し い と 思 う 。 そ う い う 価 値 観 が ど

価 値 観 が あ る 社 会 は 、 や っ ぱ り ど こ か

ま た 、 世 の 中 の 研 究 課 題 優 先 順 位 も 、

を 何 か 出 せ な い だ ろ う か と 思 い ま す 。   そ れ か ら も う 一 つ 、 や は り 京 都 議 定 ガ ン ガ ン 売 れ て い る と い う よ う な 変 な

一 方 井

け 早 く 具 体 的 な 政 策 提 言 み た い な も の

ろ だ と 思 い ま す 。 で き れ ば 、 で き る だ

き わ め て 難 し い と い う の が 正 直 な と こ

都 議 定 書 目 標 の 達 成 が 、 日 本 に と っ て

う か 。 こ れ か ら の 研 究 課 題 で す が 、 京

ち ょ っ と 補 足 し て い い で し ょ

思 っ た り し て い ま す 。

表 で き る よ う な 研 究 が で き な い か な と

っ て い き ま す か ら 、 継 続 的 に 毎 年 、 発

せ な い か 、 し か も 技 術 は ど ん ど ん 変 わ

い う 評 価 ラ ン キ ン グ み た い な も の が 出

ー 、 経 済 に 同 時 に 最 適 な 技 術 は 何 か と

テ ィ リ テ ィ ・ ビ ー ク ル ︶

リ カ の よ う に S U V

か わ か り ま せ ん け れ ど も 、 現 在 の ア メ

研 究 で す 。 こ れ は 学 問 に な じ む か ど う

の よ う な 車 が

︵ ス ポ ー ツ ・ ユ ー

  そ れ と も う 一 つ が 価 値 観 に か か わ る

が で き な い か な と 思 い ま す 。

考技 え術 るの 優 先 順 位 を

  そ う い っ た 意 味 で 、 環 境 、 エ ネ ル ギ か ら し っ か り と 評 価 で き る よ う な 研 究

か と 思 っ て い る の で す 。

け れ ど も 、 そ う い う こ と を 学 問 の 方 向


の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 課 題 を 明 確 に

く わ か り ま せ ん 。 目 標 の 第 一 は 、

つ な が っ て い く の か 。 そ こ が ど う も 城 よ

感 さ れ 、 そ し て サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ に

や っ た ら 本 当 に

て く る ん で す 。

地 域 で ど う い う こ と が あ っ た の か が 出

い る 研 究 者 が い ま す 。 そ こ か ら 、 こ の

て い ま す 。

学 の 研 究 が で き る の で は な い か と 考 え

城 が 豊 か で あ る と 実

て い な い の だ と 思 い ま す 。 で は 、 何 を

豊 か な の に 、 そ の 豊 か さ を 余 り 生 か せ

比 較 的 東 京 に 近 く 、 資 源 や 自 然 環 境 も

水 を た ど っ た り 、 石 碑 の 碑 文 を 読 ん で

生 方 の 力 が 非 常 に 大 き く て 、 過 去 の 用

で す 。 こ れ に は 、 歴 史 学 や 教 育 学 の 先

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 伝 統 の 掘 り 起 こ し

二 番 目 に や ろ う と 思 っ て い る の は 、 サ

ジ ア 各 地 と の 比 較 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 研 究 、 そ れ と ア

城 と い う 一 つ の 地 域 に 焦 点 を 合 わ せ た

ん 。 今 は 最 初 の 入 口 の 段 階 で す が 、

な 答 え が 出 て く る の か ま だ わ か り ま せ

り い い イ メ ー ジ を 持 た れ て い ま せ 城 ん は 。 こ れ は な ぜ な の で し ょ う か 。

が 過 去 に た く さ ん あ り ま す 。 そ れ で 、   こ の 三 つ の ア プ ロ ー チ か ら ど の よ う

図 3 

城の農村風景.

工 夫 が な さ れ て い ま す 。 そ う し た 事 例

た と か 、 水 と の つ き 合 い 方 で い ろ い ろ

水 の 多 い 地 域 だ け あ っ て 、 用 水 を 引 い

と か 、 い ろ い ろ な こ と を し て い ま す 。

の 時 に 蝦 夷 地 の 調 査 や 殖 産 興 業 を し た

え ば 水 戸 黄 門 で す 。 水 戸 黄 門 は 、 藩 主

の が い ろ い ろ あ る の で す ね 。

ナ ビ リ テ ィ に つ な が る 伝 統 の よ 城 う と な い も

が 、 調 べ て み ま す と 、 実 は 、 サ ス テ イ

か と い う こ と を や ろ う と し て い ま す 。

ア ジ ア 各 地 で ど う 共 通 し 、 ど う 違 う の

域 性 が 強 い と 予 想 さ れ ま す が 、 そ れ が

ル の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 課 題 に は 地

究 を 行 う 予 定 で す 。 コ ミ ュ ニ テ ィ レ ベ

ら の 復 興 と い っ た 調 査 を し て 、 比 較 研

ィ の サ イ ト を 決 め 、 災 害 対 策 、 津 波 か

と の つ な が り を 持 ち な が ら 、 ベ ト ナ ム 、

タ イ 、 イ ン ド ネ シ ア 等 で ケ ー ス ス タ デ

  わ か っ て い な い こ と を 強 調 し ま し た ィ を つ く っ て い ま す 。 そ う い う 人 た ち

ら や っ て み た い と 思 っ て い ま す 。

イ ン ト な の か を は っ き り さ せ る こ と か

き て い る 人 が い て 、 小 さ な コ ミ ュ ニ テ

城 県 に も 東 南 ア ジ ア の 各 地 か ら 働 き に

す る こ と だ と 考 え て い ま す 。 ど こ が ポ   三 番 目 は 国 際 的 な 比 較 研 究 で す 。




図 4 比叡山延暦寺.

も よ く な る 、 あ る い は 貧 困 が な く な る 、

し ゃ っ て い た 、 経 済 が よ く な る と 環 境

る い は 、 エ コ ツ ー リ ズ ム の 考 え 方 も ひ

ッ ト が 出 る よ う な 仕 組 み を つ く る 。 あ



  そ れ か ら 、 や は り 一 方 井 先 生 が お っ 止 対 策 を 強 化 す る と 、 企 業 と し て メ リ

の で は な い か と 思 っ て い ま す 。 こ れ か

イ ク ル に 限 定 さ れ て 、 範 囲 が や や 狭 い

﹁ 循 環 型 社 会 ﹂ と い う と 、 資 源 の リ サ

想 だ と 思 う の で す が 、 特 に 日 本 で は 、

要 が あ る の で は な い か と 思 い ま す 。

意 味 で の 循 環 型 社 会 を 議 論 し て い く 必

イ ク ル を 組 み 込 ん で い く よ う な 、 広 い

し て 社 会 の 構 造 の 中 に エ ネ ル ギ ー の サ

ギ ー を 受 け て い る と い う こ と を 前 提 に

性 を 考 え る と 、 地 球 が 太 陽 か ら エ ネ ル

け で す 。 で す か ら 、 エ ネ ル ギ ー の 持 続

限 り は 地 球 資 源 を 消 費 し な く て 済 む わ

た エ ネ ル ギ ー の 範 囲 内 で 使 用 し て い る

の 点 で 、 開 放 系 で す が 、 太 陽 か ら 受 け

の エ ネ ル ギ ー 供 給 を 受 け て い ま す 。 そ

作 っ て い る わ け で は な く て 、 太 陽 か ら

の は 、 排 出 権 取 引 で す 。 企 業 が 汚 染 防

そ の 具 体 的 な ひ と つ の 表 わ れ だ と 思 う

っ て い く の が い い と い っ て い る の で す 。

ず か ら 進 ん で 行 う よ う な 仕 組 み を つ く

が 望 む こ と を 、 事 業 者 な り 企 業 が 、 み

を よ く す る と い う こ と で は な く 、 社 会

つ ま り 、 こ れ か ら は 規 制 に よ っ て 環 境

て い る こ と は な か な か 面 白 い ん で す 。

す が 、 そ う し た こ と は 別 と し て 、 い っ

る と い う よ う な こ と を 現 に や っ て い ま

自 然 公 園 地 区 を ど ん ど ん 民 間 に 開 放 す

優 先 の ネ オ コ ン で 、 石 油 開 発 の た め に

ろ な 方 が お っ し ゃ っ て お ら れ 、 い い 発   エ ネ ル ギ ー に 関 し て 地 球 は 閉 鎖 系 を 関 わ っ た 人 で す 。 思 想 的 に は 市 場 原 理

岡 沢

可環 能境 かと 経 済 の 好 循 環 は

い て 一 言 申 し 上 げ ま す 。 こ れ は い ろ い

て お ら れ た 東 ア ジ ア の 循 環 型 社 会 に つ

で す 。 一 方 井 先 生 が 課 題 の 最 後 に 挙 げ

東 京 大 学 か ら き ま し た 岡 沢 和 好

な い の で は な い か と 考 え ま す 。

の フ ロ ー も 入 れ て 議 論 し な け れ ば い け

い う と き に は 、 そ の 中 に 、 エ ネ ル ギ ー

は 語 れ ま せ ん 。 つ ま り 、 循 環 型 社 会 と

ル ギ ー の 問 題 を 抜 き に し て 社 会 の 構 造

ら の 中 国 や 東 ア ジ ア の 地 域 で は 、 エ ネ

環 境 政 策 の 先 生 と し て キ ャ ン ペ ー ン に

〇 〇 〇 年 に 大 統 領 選 挙 に 出 た と き に 、

女 性 が い ま し て 、 彼 女 は ブ ッ シ ュ が 二

官 を し て い る ゲ イ ル ・ ノ ー ト ン と い う

リ カ の 今 の ブ ッ シ ュ 政 権 に は 、 内 務 長

こ う い う 社 会 が 理 想 な わ け で す 。 ア メ


を ベ ス ト な 技 術 と し て 選 択 す る 研 究 を

ス ト 的 に も 十 分 バ ラ ン ス が と れ る も の

再 編 成 、 さ ら に 利 用 可 能 な 技 術 か ら コ

究 体 制 の も と に お け る 社 会 シ ス テ ム の

持 っ た 社 会 を 構 想 さ れ 、 文 理 融 合 の 研

で き る ク オ リ テ ィ ー ・ オ ブ ・ ラ イ フ を

先 生 は 、 環 境 を ﹁ 真 に ﹂ 考 え る こ と が

た 研 究 を 提 起 さ れ ま し た 。 ま た 、 佐 和

ス の 構 築 、 お よ び ア フ リ カ に 目 を 向 け

ナ ブ ル サ イ エ ン ス に 関 す る デ ー タ ベ ー

エ ネ ル ギ ー 発 電 を 構 想 さ れ 、 サ ス テ イ

か と い う と 、 や は り 京 都 の 地 域 性 み た

都 の ア イ デ ン テ ィ テ ィ を ど こ に 求 め る

捉 え て い ま す 。 そ れ に 対 し ま し て 、 京

に 合 理 的 に う ま く 説 明 し て い る と 私 は

産 業 の 持 続 と 環 境 の 持 続 の 課 題 を 非 常

い わ ゆ る 地 球 持 続 学 を は じ め と し て 、

い ま す 。 東 京 大 学 で は 小 宮 山 宏 先 生 の

い て 、 ひ と つ 私 の 考 え を 述 べ た い と 思

す 。 京 都 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 に つ

京 都 大 学 生 存 圏 研 究 所 の 林 隆 久 で

京 都 ら し さ を 出 す

の 表 現 と な れ ば す ば ら し い で す ね 。

こ れ が 私 た ち K S I 研 究 の 京 都 ら し さ

い う 、 重 要 な 視 角 を 提 起 さ れ ま し た 。

を 組 み 込 ん だ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 と

水 の そ 野 で う は い そ な う う い も で か の す と か ね 考 ら 。 え 出 仏 て 発 教 い す の ま る よ す の う 。 が な 、 哲 い 学 い

ん こ れ は 科 学 に 基 づ い た 思 想 で す け ど 、

と は 不 可 能 で す が 、 ま ず 思 想 、 も ち ろ

う 。 科 学 や 技 術 で 世 界 中 の 人 を 救 う こ

こ れ は す ぐ に 世 界 中 に 行 き 渡 る で し ょ

替 エ ネ ル ギ ー と し て 宇 宙 空 間 に お け る

も し も そ れ を 京 都 か ら 発 信 で き れ ば 、

れ ま し た 。 さ ら に 大 村 先 生 は 、 石 油 代

そ し て 価 値 観 に か か わ る 研 究 を 提 案 さ

作 成 、 環 境 エ ネ ル ギ ー に 関 す る 政 治 学 、

そ の た め 最 適 技 術 の 評 価 ラ ン キ ン グ の

な れ ば 環 境 も よ く な る 社 会 を 構 想 さ れ 、

れ ま し た 。 一 方 井 先 生 は 、 経 済 が よ く

に お け る ロ ー テ ク 技 術 の 研 究 が 提 案 さ

新 し い 技 術 と 、 こ れ に 対 し 、 拡 散 社 会

メ ン ト が あ り ま し た ら ど う ぞ 。

起 さ れ ま し た 。 で は 、 会 場 の 方 か ら コ

わ せ た サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 研 究 を 提

行 う な ど 、 城 と い う 地 域 に 焦 点 を あ

し て 地 域 か ら み た 国 際 的 な 比 較 研 究 を

イ ナ ビ リ テ ィ の 伝 統 の 掘 り 起 こ し 、 そ

テ ィ の 課 題 を 明 確 に す る こ と 、 サ ス テ

会 を 構 想 さ れ 、

ィ 学 が 今 必 要 で は な い か と 思 い ま す 。

想 を 組 み 込 ん だ 形 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ

こ と が あ り ま せ ん 。 そ う い う 仏 教 の 思

は 哲 学 で 、 他 の 宗 教 に 憎 悪 の 念 を 持 つ

こ れ も 宗 教 で す け れ ど も 、 あ る 意 味 で

争 っ て い ま す 。 そ れ に 対 し て 、 仏 教 は 、

を 見 る と 、 イ ス ラ ム 教 と キ リ ス ト 教 が

社 会 を 構 想 さ れ 、 集 中 型 社 会 に お け る

だ き ま し た 。 井 合 先 生 は 、 変 動 に 強 い

城 の サ ス テ イ ナ ビ リ

城 に お け る サ ス テ イ ナ ブ ル な 地 域 社

提 起 さ れ ま し た 。 最 後 に 三 村 先 生 は 、

中 心 地 で あ る こ と を 強 調 し た い 。 世 界

京 都 に は お 寺 が た く さ ん あ り 、 仏 教 の

い な も の に 目 を 向 け た い と 思 い ま す 。




れ ら が ま と ま っ た よ り 高 位 の 目 標 は ど

会 ﹂ を 目 指 す と 書 い て あ る の で す 。 こ

要 す る に 個 々 の 分 野 ご と に ﹁ ○ ○ 社

と い う ビ ジ ョ ン は 示 さ れ て い な く て 、

局 ど う い う 姿 の 未 来 社 会 を 目 指 す の か

は 答 え に な り ま せ か ら 、 そ れ を ど う い

う の で す 。 た く さ ん あ る と い う だ け で

さ ん あ る と い う の が た ぶ ん 正 解 だ と 思

話 も 関 係 し て い て 、 条 件 に よ っ て た く

は 一 つ で は な く 、 実 際 は 生 物 多 様 性 の

題 を 抱 え て い ま す 。 そ れ で も 、 二 〇 年

陸 部 と 沿 海 部 と の 格 差 の 拡 大 と い う 問

い ま す が 、 地 域 間 の 経 済 格 差 、 特 に 内

こ ろ 、 も の す ご い 勢 い で 高 度 成 長 し て

中 国 は ど う な の か と い う と 、 目 下 の と



三 村

描ユ くー のト でピ はア なを い

る と か 、 書 い て あ る わ け で す 。

る と か 、 有 害 物 質 の 管 理 を き ち ん と す

い は 循 環 型 社 会 、 自 然 共 生 社 会 を つ く

あ っ て 、 例 え ば 、 脱 温 暖 化 社 会 、 あ る

研 究 目 的 が 挙 げ ら れ て い ま す 。 そ れ ぞ

エ コ シ ス テ ム の 保 全 と か 、 い ろ い ろ な

フ ロ ー を 改 善 し て 循 環 型 に す る と か 、

野 で は 、 温 暖 化 を 克 服 す る と か 、 資 源

画 い ︵ う 二 要 〇 望 〇 で 六 す 年 。 三 月 第 閣 三 議 期 決 科 定 学 ︶ 技 の 術 環 基 境 本 分 計

う い う こ と を 考 え て い た だ け な い か と

の 先 生 方 あ る い は 学 生 の 方 に 、 ぜ ひ こ

ち ょ っ と 別 の 視 点 で 、 京 都 大 学

と 思 っ て し ま う こ と が あ り ま す 。 答 え

社 会 を 描 く こ と が 求 め ら れ て い る の だ

ば い い と い う 社 会 、 つ ま り ユ ー ト ピ ア

の は 、 答 え は 一 つ と い う か 、 こ う あ れ

井 い 水 合 か 野 が 今 で 井 の す 合 問 か 先 い 。 生 か 、 い け ま で の 割 要 と 望 陥 に り つ や い す て い

な と 思 っ て い る の で す け れ ど も 。

に 研 究 し て い た だ け た ら 、 あ り が た い

合 す る よ う な 大 き な 枠 組 み を 、 先 生 方

な 枠 、 今 出 さ れ て い る 目 標 を さ ら に 統

な い か と 考 え て い ま す 。 そ う い う 大 き

し て い く か た ち の 研 究 が 必 要 な の で は

そ れ に 向 か っ て い ろ い ろ な 分 野 が 合 流

将 来 の 目 指 す べ き 姿 を 明 確 に し な が ら

私 は ビ ジ ョ ン ド リ ブ ン と い い ま す か 、

う い う も の だ ろ う か と い う こ と で す 。

必 要 条 件 を 欠 い て い ま す 。 と こ ろ で 、

条 件 だ と い い ま し た 。 日 本 は ま だ そ の

境 保 全 に 熱 心 で あ る た め の 二 つ の 必 要

る こ と と 、 教 育 水 準 が 高 い こ と が 、 環

佐 う く 和 か ら 。 い さ 先 き の ほ こ ど と 、 だ 国 と 民 考 が え 十 ら 分 れ 豊 る か で で し あ ょ

ま く い け そ う に な る と い う の は 、 ど の

イ フ が う ま く 達 成 さ れ て 環 境 問 題 と う

い る 中 国 で 、 ク オ リ テ ィ ー ・ オ ブ ・ ラ

け ど 、 例 え ば 環 境 で 一 番 問 題 に な っ て

っ か け て 、 佐 和 先 生 に 伺 い た い の で す

で は な い か な と 思 い ま す 。

明 確 化 し て い く よ う な 作 業 が 必 要 な の

う か 、 ど う い う 構 造 と い う か 、 そ れ を

う フ レ ー ム ワ ー ク で 、 ど う い う 形 と い

と こ ろ が 、 そ れ ら を 全 部 ま と め て 結

れ に 将 来 社 会 の ビ ジ ョ ン を 示 す 標 語 が

  そ れ か ら 、 ち ょ っ と 今 の ご 質 問 に ひ


可 能 性 が あ る の で は な い か と い う 印 象

リ テ ィ に つ な が る 政 策 の ベ ー ス と な る

か ら の 社 会 に マ ッ チ し た サ ス テ イ ナ ビ

す が 、 も う 少 し 詰 め て い く と 実 は こ れ

よ う な 省 エ ネ 対 策 で す 。 効 果 は あ っ て

の は 、 比 較 的 短 期 で 投 資 が 回 収 で き る

組 ん で い ま す 。 し か し 、 な さ れ て い る

業 は 温 暖 化 ガ ス の 削 減 に 一 生 懸 命 取 り

こ と を ぜ ひ い っ て お き た い と 思 い ま す 。

企 業 に な る 可 能 性 が あ る の で す 。 そ の

ろ 反 環 境 的 な 形 で あ ら わ れ て い る の で   去 年 私 が 調 べ た 限 り で は 、 日 本 の 企 け で す 。 そ こ で 成 功 す る 企 業 が 、 世 界

ブ ッ シ ュ 政 権 の 現 実 の 政 策 で は 、 む し

手 法 と し て 十 分 詰 め き れ て い な い の で 、

い う 部 分 も あ り ま す 。 そ こ が ま だ 政 策

策 と 経 済 政 策 の あ り 方 に 関 す る 挑 戦 と

え 方 に は 脱 工 業 化 社 会 に お け る 環 境 政

は い え な い と 思 っ て い ま す 。 彼 ら の 考

問 題 が あ る け れ ど も 、 一 概 に 駄 目 だ と

策 と し て 今 や っ て い る こ と は い ろ い ろ

単 純 な 論 理 に な り が ち な の で す 。

効 率 的 で 、 一 番 う ま く い く の だ と い う

が 自 主 的 に 温 暖 化 対 策 を す る の が 一 番

や も す る と 、 産 業 界 で は 、 例 え ば 企 業

つ く る と い う こ と で す 。 と こ ろ が 、 や

環 境 が 壊 れ な い よ う な 社 会 の 仕 組 み を

そ の 上 で 企 業 人 が お 金 も う け を し て も

社 会 の ル ー ル や 価 値 観 を き ち ん と 変 え 、

し い イ ノ ベ ー シ ョ ン が 起 こ っ て く る わ

ん 。 そ の よ う な 一 種 の 制 約 の 中 か ら 新

す け れ ど 、 必 ず し も そ う で は あ り ま せ

の 減 速 に な る と よ く 批 判 さ れ る わ け で

業 に 対 し て コ ス ト 高 に な る の で 、 経 済

を 向 く よ う に な る と 思 う の で す 。

場 の 中 で 企 業 活 動 と 環 境 と が 同 じ 方 向

  そ の と き 、 そ の よ う な ル ー ル 化 は 企

こ と で す 。

の よ う な 仕 組 み を つ く る べ き だ と い う

と い う と こ ろ に 自 然 と な っ て い く 、 そ

て い く こ と で 、 本 来 は こ う あ る べ き だ

と を 事 業 者 が 、 み ず か ら の 意 志 で や っ

っ て い る の で す 。 私 が い い た い の は 、

す 。 ア メ リ カ は ど う も そ っ ち の 方 に 行

ば う ま く い く と い う 話 と は 少 し 違 い ま

し 上 げ た の は 、 企 業 人 の 意 志 に 任 せ れ

変 え て い く と い う 話 で 、 私 が 先 ほ ど 申

一 す 水 を 方 か 野 持 井 。 っ 今 て 環 の い 境 コ ま と メ す 経 ン 。 済 ト を に 好 対 循 し 環 て の い 方 か 向 が に で

な が 一 斉 に 競 争 す る よ う に す る と 、 市

こ に き ち ん と し た ル ー ル を 入 れ 、 み ん

て も 市 場 で 評 価 さ れ な い わ け で す 。 そ

す か ら 、 そ う い う こ と を わ ざ わ ざ や っ

け れ ば 排 出 量 取 引 も 入 っ て い な い 。 で

い な い か ら で す 。 環 境 税 も 入 っ て い な

で す か ら 、 私 は 、 ア メ リ カ が 環 境 政

と で 土 地 の 価 値 が 高 ま る 。 そ う い う こ

る に 二 酸 化 炭 素 の 排 出 に 価 格 が つ い て

ジ ネ ス に つ な が る 。 環 境 を よ く す る こ

れ て い ま せ ん 。 な ぜ か と い う と 、 要 す

と つ の 例 で す が 、 環 境 に い い こ と が ビ

も お 金 の か か る 削 減 対 策 は あ ま り な さ




京 都 に は 哲 学 を は じ め と す る 京 都 学 派

値 観 ・ 意 識 に 関 す る 指 摘 か と 思 い ま す 。

つ こ と が で き る 社 会 と い う こ と で 、 価

会 と い う 構 想 も 、 そ の よ う な 意 識 を 持

排 出 権 取 引 な ど ル ー ル を 入 れ る こ と に

の 研 究 を 提 唱 さ れ ま し た 。 岡 沢 先 生 も 、

る 社 会 を 構 想 さ れ そ の た め の シ ス テ ム

生 は 、 経 済 が よ く な れ ば 環 境 も よ く な

あ り が と う ご ざ い ま す 。

な 発 言 を し て い た だ き ま し て 、 ど う も



  き ょ う は 、 先 生 方 、 い ろ い ろ な 有 益

せ る こ と が で き た ら と 思 い ま す 。

オ リ テ ィ ー ・ オ ブ ・ ラ イ フ を 持 っ た 社   社 会 シ ス テ ム に つ い て は 、 一 方 井 先 ビ リ テ ィ 学 と い う ふ う な も の を 発 展 さ

環 境 を ﹁ 真 に ﹂ 考 え る こ と が で き る ク

性 を 指 摘 く だ さ い ま し た 。 佐 和 先 生 の 、

み 込 ん だ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 の 重 要

と で は 、 林 先 生 が 仏 教 な ど の 哲 学 を 組

が あ っ た と 思 い ま す 。 価 値 観 と い う こ

社 会 シ ス テ ム に つ い て い ろ い ろ な 指 摘

す な わ ち 、 価 値 観 ・ 意 識 、 革 新 的 技 術 、

ゃ る 社 会 経 済 を 変 え る 三 つ の ポ イ ン ト 、

究 が 望 ま れ る わ け で す 。

の プ ロ グ ラ ム に お い て も そ の よ う な 研

あ る ノ ー ベ ル 賞 の 実 績 が あ り 、 K S I

た 。 京 都 に は 、 科 学 技 術 に つ い て 多 々

け る 利 用 と い う 夢 の あ る 話 を さ れ ま し

宇 宙 空 間 に あ る エ ネ ル ギ ー の 地 上 に お

さ れ ま し た 。 あ る い は 、 大 村 先 生 は 、

会 に お け る ロ ー テ ク 技 術 の 研 究 を 提 唱

け る 新 し い 技 術 と こ れ に 対 す る 拡 散 社

ル の 名 に 負 け な い 、 京 都 の サ ス テ イ ナ

展 す る こ と に よ り 、 ぜ ひ 京 都 プ ロ ト コ

K S I プ ロ グ ラ ム に お い て 結 び つ き 発

て の 研 究 が あ り ま す 。 こ れ ら の 研 究 が

た ア ジ ア あ る い は ア フ リ カ 地 域 に つ い

が あ っ て 、 そ う い う ふ う な 研 究 を 通 じ

西 錦 司 以 来 の フ ィ ー ル ド ワ ー ク の 伝 統

究 を 推 進 さ れ て い ま す 。 京 大 に は 、 今

発 想 し て い く サ ス テ イ ナ ブ ル 社 会 の 研

本 日 の お 話 か ら 一 方 井 先 生 の お っ し

容 を 豊 か に し て ゆ き ま し ょ う 。

テ イ ナ ビ リ テ ィ 研 究 の 実 体 を 作 っ て 内

い 社 会 の 実 現 の た め 、 集 中 型 社 会 に お

日 の 議 論 で も 、 井 合 先 生 は 、 変 動 に 強

  三 村 先 生 は 、 城 と い う 地 域 か ら の

摂 す る こ と の 重 要 性 を 指 摘 さ れ ま し た 。

深 め 、 K S I プ ロ グ ラ ム に お け る サ ス

今 日 、 問 題 に さ れ た い ろ い ろ な 論 点 を

ど ん 行 っ て ゆ き ま す 。 こ れ ら に よ っ て 、

れ た ワ ー ク シ ョ ッ プ や セ ミ ナ ー を ど ん

ク シ ョ ッ プ 、 国 内 ・ 国 外 に お け る 開 か

プ は 第 一 回 で す 。 こ れ か ら も 学 内 ワ ー

ま で に す が こ し い 組 。 あ の た え み 例 り よ 。 ば 込 え 、 う 循 ん ば 風 な 環 で 飯 土 科 的 複 沼 に 学 農 合 二 つ 技 業 的 郎 い 術 の 農 は て と 研 業 風 の い 究 、 土 研 う を 今 を 究 点 発 日 農 が で 展 の 業 あ さ 言 研 り 、 本 せ 葉 究 ま 経 済 社 会 論 が 、 エ ネ ル ギ ー の 循 環 も 包

先 生 が 強 調 さ れ ま し た 東 ア ジ ア 循 環 型

ま た 、 岡 沢 先 生 は 、 佐 和 先 生 や 一 方 井

ム を つ く る 重 要 性 を 指 摘 さ れ ま し た 。

業 活 動 と 環 境 の 調 和 を も た ら す シ ス テ

よ り 、 み ん な の 競 争 が 、 市 場 の 中 で 企


流 れ の 中 で 、 大 学 に も 規 制 緩 和 の 波 が

知 的 水 準 の 低 下 の 一 因 は 、 規 制 緩 和 の

て こ な い こ と を 意 味 し ま す 。 日 本 人 の

れ は 、 日 本 人 は 受 験 本 位 の 勉 強 し か し

六 カ 国 中 で 後 ろ か ら 二 番 目 だ っ た 。 こ

を し て み た と こ ろ 、 日 本 は O E C D 一

基 礎 知 識 を 、 そ れ ぞ れ の 母 国 語 で 試 験

す が 、 三 〇 代 の 大 人 た ち の 自 然 科 学 の

韓 国 な ど と 並 ん で 上 位 三 番 目 に 入 り ま

試 験 を す る と 、 日 本 は シ ン ガ ポ ー ル 、

有 様 で す 。 中 学 三 年 生 ぐ ら い で 理 科 の

ト ピ ア は 、 純 粋 な 市 場 主 義 社 会 だ っ た 。

八 〇 年 代 か ら 九 〇 年 代 に か け て の ユ ー

を 目 の 当 た り に す る 。 同 じ よ う に 一 九

さ れ る と 、 理 想 郷 と は か け 離 れ た 現 実

理 想 郷 ﹂ で す か ら 、 実 際 に そ れ が 実 現

ユ ー ト ピ ア と は あ く ま で も ﹁ 想 像 上 の

義 社 会 が ユ ー ト ピ ア だ っ た 。 と こ ろ が 、

で は 、 多 く の 人 び と に と っ て 、 社 会 主

少 な く と も 一 九 七 〇 年 代 の 初 め ご ろ ま

い 求 め て い た 世 紀 だ っ た と 思 い ま す 。

て で す が 、 二 〇 世 紀 は ユ ー ト ピ ア を 追

紀 の 構 図 で は な い で し ょ う か 。

る 人 、 企 業 、 国 が 勝 つ 。 こ れ が 二 一 世

れ へ の 迅 速 か つ 的 確 な ﹁ 適 応 ﹂ の で き

革 す る の で す 。 変 化 を 先 取 り し て 、 そ

﹁ 適 応 ﹂ の 積 み 重 ね の 結 果 が 社 会 を 変

ぐ る し く 変 化 が 起 こ り ま す 。 変 化 へ の

な る と 私 は 考 え て い ま す 。 次 々 と め ま

水 野

今 日 の K S I 学 内 ワ ー ク シ ョ ッ

  二 一 世 紀 は 、 ユ ー ト ピ ア な き 時 代 に

労 働 党 に 政 権 が 移 っ た わ け で す 。

ツ で す 。 日 本 は 、 モ ン ゴ ル 、 北 朝 鮮 、

F L の 成 績 は 、 中 国 が 東 ア ジ ア で 断 ト

す 。 ア メ リ カ に 留 学 す る と き の T O E

先 ほ ど の 三 村 先 生 の コ メ ン ト に 対 し

型 経 済 と い う 言 葉 も 大 流 行 の よ う で す 。

会 ﹂ を 目 指 す と 宣 言 し て い ま す 。 循 環

国 家 主 席 が 、 早 く も 中 国 は ﹁ 調 和 社

ズ ム に 対 し ﹁ ノ ー ﹂ と い い 、 ブ レ ア の

の 総 選 挙 で 、 国 民 の 過 半 が サ ッ チ ャ リ

廃 し た 。 そ の 揺 り 戻 し で 、 一 九 九 七 年

く 拡 大 し 、 公 教 育 や 公 的 医 療 な ど が 荒

カ ン ボ ジ ア と 最 下 位 を 競 り 合 う と い う  

は 比 較 に な ら な い く ら い よ く 勉 強 し ま   二 〇 〇 六 年 三 月 の 全 人 代 で 、 胡 錦 涛 っ た 。 そ の 結 果 、 所 得 格 差 が も の す ご

し て い ま す 。 大 学 生 は 日 本 の 大 学 生 と

く 普 通 の 人 が ﹁ 人 民 日 報 ﹂ を 読 み こ な

よ う に な る と 思 い ま す 。

境 と 経 済 の 調 和 の 必 要 性 が 認 識 さ れ る

年 前 に サ ッ チ ャ ー さ ん が イ ギ リ ス で や

泉 さ ん が や っ た の と 同 じ こ と を 、 二 〇

能 性 が 十 分 に あ り 得 ま す 。

人 当 た り G D P は 、 日 本 に 追 い つ く 可

後 に は 、 購 買 力 平 価 で 測 っ た 中 国 の 一

か ら し て 、 も う 少 し 豊 か に な れ ば 、 環

で し ょ う か 。 中 国 は 、 教 育 水 準 の 高 さ

を す る 機 会 が な く な っ た こ と で は な い

押 し 寄 せ 、 教 養 課 程 で 広 い 範 囲 の 勉 強

極 果 敢 に 推 し 進 め た の で す 。 日 本 で 小

の 緩 和 ・ 撤 廃 、 国 営 企 業 の 民 営 化 を 積

ー が イ ギ リ ス の 首 相 に な り 、 各 種 規 制

一 九 七 九 年 に マ ー ガ レ ッ ト ・ サ ッ チ ャ

中 国 の 教 育 水 準 は 非 常 に 高 く て 、 ご




社 会 経 済 シ ス 城 テ 大 ム 学 の が 行 わ れ た ︵ 本 誌 に 掲 載 ︶



ー ク シ ョ ッ プ の 基 本 テ ー マ に 関 す る 総 合 討 論

経 済 研 究 所 特 任 教 授 に よ る 基 調 講 演 ﹁ 科 学 技

プ で は 、 佐 和 隆 光 K S I 統 括 デ ィ レ ク タ ー ・

関 を 含 め 約 五 〇 人 が 参 加 し た 。 ワ ー ク シ ョ ッ

編 と 技 術 の 役 割 ﹂ で あ り 、 参 加 大 学 、 協 力 機

ジ ア 研 究 所 所 長 を コ ー デ ィ ネ ー タ ー に 、 本 ワ

こ れ ら の 講 演 を 受 け 、 最 後 に 水 野 広 祐 東 南 ア

た 今 後 の 社 会 経 済 と 政 策 的 課 題 ﹂ が 行 わ れ た 。

究 所 教 授 に よ る 講 演 ﹁ 地 球 温 暖 化 問 題 か ら 見

テ ィ の 構 想 と 展 開 社 会 経 済 シ ス テ ム の 改

基 本 テ ー マ は 、 ﹁ グ ロ ー バ ル サ ス テ イ ナ ビ リ

治 キ ャ ン パ ス 木 質 ホ ー ル で 開 催 し た ︵ 。

回 と な る K S I 学 内 ワ ー ク シ ョ ッ プ を 京 大 宇

び つ く ま で の 輸 送 過 程 ﹂ 、 一 方 井 誠 治 経 済 研

に よ る 講 演 ﹁ フ ロ ン ガ ス が オ ゾ ン ホ ー ル に 結

響 評 価 と 適 応 ﹂ 、 塩 谷 雅 人 生 存 圏 研 究 所 教 授

教 授 に よ る 講 演 ﹁ 地 球 温 暖 化 ・ 気 候 変 動 の 影

KSI 機構図

術 と 持 続 可 能 な 社 会

ワークショップ風景

改 編 と 技 術 戦 略 ﹂ の ほ か 、 三 村 信 男

写 真 ︶


特集

京都の挑戦 社会経済システムの改編と技術戦略 紹介

具 体 的 な 研 究 分 野 と し て は 、 ① 最 適 循 環 社

K S I 第 一 回 学 内 ワ ー ク シ ョ ッ プ

持 続 可 能 社 会 実 現 の た め の 政 策 提 言 等 を 行 っ

育 シ ス テ ム を 設 し 、 我 が 国 を 含 む ア ジ ア の に 向 け て 発 信 す る こ と が K S I の 願 い で あ る 。

融 合 を 図 り 、 組 織 の 壁 を 越 え た 柔 軟 な 研 究 教

活 か し 、 既 存 の 社 会 科 学 と 自 然 科 学 と の 文 理

広 い 研 究 教 育 分 野 を 有 す る 京 都 大 学 の 特 徴 を

め 、 参 加 大 学 、 協 力 機 関 と の 連 携 の も と 、 幅

学 い ミ の う ッ 新 ク 成 た な に な 相 取 視 互 り 点 作 組 に 用 む 立 ・ こ っ 相 と て 互 と サ 依 し ス 存 て テ の い イ 関 る ナ 係 。 ビ に そ リ あ の テ る た ィ と

テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 ﹁ 京 都 モ デ ル ﹂ と し て 世 界

社 会 シ ス テ ム 改 編 の た め の 戦 略 を 超 学 的

ル な 開 発 ・ 発 展 を 実 現 す る た め の 技 術 開 発 と

代 の 福 利 を 最 大 限 高 め る よ う な サ ス テ イ ナ ブ

transdisciplinary

京 都 大 学 は 、 二 〇 〇 六 年 六 月 一 二 日 に 第 一

て い く こ と を 目 指 し て い る 。

京都サステイナビリティ・ イニシアティブ(KSI)とは

な 観 点 か ら 考 究 し 、 サ ス

全 し 、 将 来 世 代 に つ け を 残 さ ず 、 か つ 、 現 世

こ う し た 研 究 教 育 を 通 じ て 、 地 球 環 境 を 保

K S I で は 、 環 境 経 済 と 技 術 戦 略 が ダ イ ナ す る こ と と し 、 そ の 準 備 を 進 め て い る 。

所 ︶ で 構 成 さ れ て い る 。

ギ ー 理 工 学 研 究 所 、 生 存 圏 研 究 所 、 防 災 研 究

所 、 東 南 ア ジ ア 研 究 所 、 化 学 研 究 所 、 エ ネ ル

プ ロ ジ ェ ク ト の メ ン バ ー が 多 様 な 講 義 を 提 供

程 に サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 コ ー ス を 設 け 、 本

ま た 、 教 育 分 野 で は 、 地 球 環 境 学 堂 修 士 課

堂 ︶ 、 七 研 究 所 ︵ 経 済 研 究 所 、 人 文 科 学 研 究

︵ 京 K S 京 都 I 都 大 ︶ サ 学

自 然 科 学 分 野 を 含 め た 一 研 究 科 ︵ 地 球 環 境 学

り 組 み 組 織 で あ り 、 人 文 社 会 科 学 分 野 お よ び

究 機 構 の 活 動 を 推 進 す る た め の 京 都 大 学 の 取

は 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 連 携 研

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ・ イ ニ シ ア テ ィ ブ

の 取 り 組 み

げ 、 学 内 ワ ー ク シ ョ ッ プ 、 国 際 シ ン ポ ジ 図 ウ ︶ ム 。

の 実 効 性 向 上 の た め の 環 境 ガ バ ナ ン ス 、 を 掲

内 公 平 の 確 保 、 ④ 環 境 政 策 と 環 境 リ ス ク 管 理

続 可 能 な 発 展 を 実 現 す る た め の 世 代 間 ・ 世 代

済 的 ・ 技 術 的 分 析 に も と づ く 環 境 政 策 、 ③ 持

会 の 構 築 に 向 け た 方 策 、 ② 気 候 変 動 対 策 の 経

等 を 開 催 し つ つ 幅 広 く 研 究 を 進 め て い る ︵




て い ま す が 、 全 世 界 で 削 減 し な け れ ば な ら な

定 書 に は 二 酸 化 炭 素 濃 度 削 減 目 標 が 定 め ら れ

倍 ほ ど に 跳 ね 上 が り ま し た 。 つ ま り 、 京 都 議

の 時 期 に 二 酸 化 炭 素 濃 度 上 昇 速 度 が 通 常 の 二

酸 化 炭 素 濃 度 の 連 続 測 定 値 に よ り ま す と 、 こ

し ま し た 。 ハ ワ イ の マ ウ ナ ロ ア で の 大 気 の 二

八 年 の エ ル ニ ー ニ ョ の 際 に 広 大 な 面 積 が 焼 失

よ っ て 泥 炭 は 燃 え や す く な り 、 一 九 九 七 ∼ 九

ま 発 す す さ 。 熱 。 れ 熱 帯 た 帯 泥 熱 泥 炭 帯 炭 火 泥 は 災 炭 地 は 地 球 毎 は 温 年 燃 暖 え 化 乾 る の 期 大 火 に 地 薬 頻 と 庫 発 化 で し し す て て 。 い い 開 ま

森 林 は 、 も う わ ず か し か 残 っ て い ま せ ん 。

で た 湿 潤 な 自 然 を は ぐ く ん だ 未 開 の 熱 帯 泥 炭

に 見 る 影 も あ り ま せ ん 。 金 子 光 晴 が 隠 棲 し 愛

パ ハ で は ア ブ ラ ヤ シ プ ラ ン テ ー シ ョ ン の た め

ス ハ ル ト の 開 発 の た め に 、 マ レ ー シ ア の バ ト

ア ・ カ リ マ ン タ ン の バ ン ジ ャ ル ・ マ シ ン で は

子 の よ ぼ り ﹂  と 唄 バ わ ト れ パ た ハ ニ 河 ッ を パ く 椰 だ 子 る は 両 、 岸 イ の ン ニ ド ッ ネ パ シ 椰

熱 帯 泥 炭 は 本 来 、 熱 帯 雨 林 の 中 で も ひ と き

噴 出 し た 勘 定 に な り ま す 。

い 量 の 実 に 一 〇 年 分 に 相 当 す る 二 酸 化 炭 素 が

大崎 満 北海道大学大学院教授 (根圏環境制御学/植物栄養学)



た 燥 ︵ し 冷 、 た 微 い 生 燃 物 焼 が と 活 呼 性 ん 化 で い し ま て す 泥 ︶ 炭 。 を ま 分 た 解 乾 し 燥 ま に し と が う か が え ま す 。 ﹁ バ ン ジ ャ ル ・ マ シ ン を

照 荒 暴 す 当 ク 中 政 ︶ 廃 挙 る ︶ タ 部 権 こ

。 森 林 伐 採 と 運 河 掘 削 に よ り 、 泥 炭 が 乾 晴 が 熱 帯 の 隠 微 な 湿 潤 地 に 好 ん で 棲 息 し た こ

地 が 残 り ま し た ︵ 表 紙 裏 カ ラ ー ペ ー ジ 参

で し た 。 政 権 崩 壊 後 に 放 棄 さ れ 、 広 大 な

技 術 は 今 も な く 、 利 権 に 操 ら れ た 全 く の

を 乱 開 発 し ま し た 。 イ ネ を 泥 炭 地 で 栽 培

ー カ が ル リ メ ︵ マ ガ 日 ン ・ 本 タ ラ の ン イ 米 熱 ス 作 帯 ・ 付 泥 プ け 炭 ロ 面 原 ジ 積 生 ェ の 林 ク 五 一 ト 〇 〇 と % 〇 称 に 万 し 相 ヘ て

の 唄 ﹂ は 、 ま さ に 熱 帯 泥 炭 地 の 唄 で 、 金 子 光

子 な が り 茂 ま る す ﹂ 。 で ﹁ 始 赤 ま 鏽 る の 金 水 子 の 光 お 晴 も の て ﹁  に ニ ッ ニ パ ッ 椰 パ 子 椰

ん ど が 熱 帯 泥 炭 地 で 、 私 の 徘 徊 す る 地 域 と 重

た 、 マ レ ー シ ア 、 イ ン ド ネ シ ア の 地 域 の ほ と

渡 航 費 を 稼 ぐ た め に 秘 画 を 売 り な が ら 彷 徨 し

こ の 一 部 で は 、 一 九 九 〇 年 代 に ス ハ ル ト

二 わ 九 湿 ︶ 潤

に よ る と 、 金 子 光 晴 が ヨ ー ロ ッ パ へ の

な 生 態 で す 。 ﹃ マ レ ー 蘭 印 紀 行 ﹄ ︵ 一 九


で て い ま す 。

と 、 泥 炭 が い か に も 厄 介 者 と い う 感 じ が よ く

ア と マ レ ー シ ア の 島 嶼 部 に あ り ま す 。

〇 〇 万 ヘ ク タ ー ル ほ ど で 、 主 に 、 イ ン ド ネ シ

︵ 一 九 二 二 ︶

ざ ま を 見 ろ じ つ に 醜 い 泥 炭 な の だ ぞ

た ゞ 一 か け の 泥 炭 に な つ た

四 角 な 背 囊 ば か り の こ り

ひ か ら び て し ま つ た

ち ゞ ま つ て し ま つ た ち ひ さ く な つ て し ま つ た

て 石 城 狩 地 発 し 六 い い 狩 主 川 開 の た 万 か ゝ 発 重 。 ヘ つ ま 低 、 ﹄ ︵ 明 気 す 位 伊 一 は 点 治 ク て 味 タ 、 。 泥 達 九 難 は だ に ま 炭 邦 九 渋 石 以 ー 大 降 ひ も た 地 直 二 を 狩 、 ル 雪 ど 、 、 と に ︶ 極 地 開 に 山 く 宮 の 率 に め 域 拓 及 に し 沢 辛 い 、 ま に 使 ぶ 源 泥 を 苦 ら し 置 よ 賢 の れ 旧 た か が 炭 発 げ 治 た た 伊 。 れ 札 地 す て の た 士 達 本 ま 幌 が る し ﹁ か 族 藩 庄 し に 分 石 ま 春 い 達 支 睦 た 設 布 狩 つ と が の 藩 夫 が 置 し 川 た さ 修 描 不 岩 の 、 れ て 流 出 ﹃ 泥 、 い 域 羅 か 毛 ﹂ れ な 山 石 炭 開 ま に

ェ ク ト が 始 ま り ま し た 。 熱 帯 泥 炭 面 積 は 四 二

タ ン の 熱 帯 泥 炭 に 関 す る 拠 点 大 学 交 流 プ ロ ジ

興 会 支 援 に よ り 、 イ ン ド ネ シ ア 中 部 カ リ マ ン

と イ ン ド ネ シ ア 科 学 院 と の 間 で 、 日 本 学 術 振

一 九 九 六 年 か ら 一 〇 年 の 計 画 で 、 北 海 道 大 学

る 泥 炭 の 保 全 と 修 復 が 問 題 に な っ て い ま す 。

と こ ろ が 、 現 在 で は 、 寒 帯 と 熱 帯 に 存 在 す

じ 込 め の 手 当 が さ れ た に す ぎ ま せ ん 。

も の で 、 結 局 、 排 水 と 客 土 に よ り 、 消 滅 と 封

た 。 現 在 で も 泥 炭 地 の 利 用 は 困 難 極 ま り な い

生 、 石 塚 喜 明 先 生 に よ り 研 究 が 深 め ら れ ま し

前 身 で あ る 土 壌 肥 料 学 講 座 で も 、 三 宅 康 次 先

理 学 講 座 で 研 究 を 行 い 、 私 が 所 属 す る 講 座 の

を 築 き 、 時 任 一 彦 が 一 九 〇 七 年 新 設 の 農 藝 物

使 命 と さ れ 、 新 渡 戸 稲 造 が 泥 炭 地 研 究 の 基 盤

燃 え る 大 地

札 幌 農 学 校 に お い て 石 狩 低 位 泥 炭 地 開 発 は

連載 エッセイ 


な り の 森 林 を 作 る と 雨 が 降 る よ う に な る と い か っ て い る 。

イ ス ラ エ ル で の 植 林 で 分 か っ た こ と は 、 か る を え な い 。 人 類 の 生 存 は 、 森 林 の 持 続 に か

の で は な い か と 思 う 。

が 、 人 種 間 や 宗 教 間 で の 憎 悪 を 増 幅 し て き た

あ る 。 そ ん な こ と を 聞 く と 、 森 林 の 無 い こ と

木 々 に 想 像 を 巡 ら す よ う に な っ て き た そ う で

も あ り 、 様 々 な 昆 虫 に 驚 い た り 、 神 秘 的 な

近 の ユ ダ ヤ 人 の 子 ど も た ち は 、 森 に 行 く 機 会

工 林 が 見 ら れ る よ う に な っ て き た 。 ま た 、 最

テ ル ア ビ ブ か ら エ ル サ レ ム へ 行 く 途 中 に は 人

が 中 心 に な っ て 植 林 が 進 め ら れ て き た た め に 、

さ え 思 え る よ う な 荒 廃 地 が 続 く 。 近 年 、 政 府

や 森 を と り も ど す こ と が 、 ほ と ん ど 不 可 能 と

る 。 シ ャ ム ロ ン や マ サ ダ の 丘 の 辺 り は 、 も は

み を 識 り 、 生 を 授 か っ た ヒ ト の 使 命 を 考 え ざ

存 を 可 能 に す る 存 在 で あ る 。 多 様 な 生 命 の 営

水 を 与 え 、 多 様 な 生 物 の 棲 家 と な り 、 生 物 共

き は 森 林 に 固 定 さ れ る 。 森 林 は 雨 を 降 ら し て

気 の 二 酸 化 炭 素 と な り 、 海 に も 溶 け 、 あ る と

あ る 。 生 命 を 構 成 す る 炭 素 は 、 あ る と き は 大

く 。 地 球 上 の 炭 素 の シ ン ク と 言 わ れ る 所 以 で

ロ ー ス な ど の 木 質 成 分 と し て 長 い 間 留 め て お

の 二 酸 化 炭 素 を 光 合 成 に よ っ て 固 定 し 、 セ ル

と 同 じ 二 酸 化 炭 素 に な る 。 樹 木 は 全 て の 生 物

じ よ う な 分 子 か ら 構 成 さ れ て い る の で 、 死 ぬ

ヒ ト を 含 む 全 て の 生 物 は 、 炭 素 か ら な る 同

林 隆久 京都大学生存圏研究所助教授 (樹木分子生物学)



材 運 搬 用 の 鉄 道 ま で 施 設 さ れ て い た そ う で あ

一 八 世 紀 に は イ ス ラ エ ル か ら ト ル コ ま で 、 木

ル コ 人 が 木 を 切 っ て ヨ ー ロ ッ パ に 輸 出 し た 。

土 で あ っ た 。 オ ス マ ン ト ル コ 帝 国 の 時 代 に ト

イ ス ラ エ ル は 、 か つ て 森 林 に お お わ れ た 国

る 樹 木 に よ る 森 林 再 生 が 望 ま れ て い る 。

木 、 そ れ も 二 酸 化 炭 素 を 多 く 吸 収 し て 固 定 す

イ エ ン ス が 必 要 と さ れ て い る 。 成 長 の 早 い 樹

物 共 存 を 可 能 に す る 森 林 資 源 持 続 の た め の サ

で き る 。 二 一 世 紀 か ら は 、 森 を 取 り 戻 し て 生

持 続 性 は こ れ か ら の 課 題 で あ る 。

農 作 物 に 近 い 。 産 業 を ベ ー ス に し た 人 工 林 の

林 し て か ら 伐 採 ま で の 期 間 が 七 ∼ 九 年 と 短 く 、

水 は 砂 漠 を 多 様 な 生 物 の 棲 家 に 変 え る こ と が

ム に つ い て は 、 ま だ よ く 分 か っ て い な い が 、

う こ と で あ る 。 森 林 が 雨 を 降 ら せ る メ カ ニ ズ


命 以 降 、 化 石 燃 料 由 来 の 二 酸 化 炭 素 に よ る 地

と が 文 明 で あ る と ヒ ト は 信 じ て き た 。 産 業 革

費 し て き た 。 二 〇 世 紀 ま で 、 森 を 切 り 開 く こ

は 陶 器 を 作 る た め の 薪 と し て 大 量 の 木 材 を 消

建 て 、 木 を 燃 や し て エ ネ ル ギ ー に 変 え 、 更 に

な っ た 。 ヒ ト は 、 森 林 を 伐 採 し 、 木 材 で 家 を

る よ う に な る と 、 も は や 森 林 は 再 生 さ れ な く

て い る 。 都 市 が 形 成 さ れ 、 ヒ ト が 長 く 定 住 す

五 〇 〇 万 人 か ら 五 億 人 に 増 加 し た と 推 測 さ れ

紙 パ ル プ 生 産 の た め の 人 工 林 で あ る た め 、 植

ト ラ 島 で も 、 近 年 、 植 林 が 進 め ら れ つ つ あ る 。

識 に な っ て い る 。 い っ た ん 丸 裸 に な っ た ス マ

業 の オ ー ナ ー や 国 会 議 員 で あ る と い う の も 常

伐 し て い る 組 織 の ボ ス を 手 繰 っ て い く と 大 企

の 盗 伐 材 が 入 っ て い る 。 東 南 ア ジ ア で は 、 盗

は 減 っ て き て い る が 、 そ の 中 に は か な り の 量

る 。 日 本 が 東 南 ア ジ ア か ら 輸 入 し て い る 木 材

わ り 、 あ る い は 加 工 さ れ て 諸 外 国 に 輸 出 さ れ

農 業 の 発 見 は 、 地 球 上 の 人 口 の 増 大 を 招 き 、 他 国 の 港 で 合 法 的 に 伐 採 さ れ た 木 材 に 置 き 換

な 生 物 と の 共 存 が 保 た れ て い た 。

れ ば 良 い だ け だ っ た 。 そ う し て 、 ヒ ト と 多 様

物 は 、 棲 家 を 荒 ら さ れ て も 、 森 の 中 を 移 動 す

と が で き た 。 森 林 の 中 に 棲 ん で い た 多 様 な 生

た た め 、 ヒ ト が 去 っ た 後 、 森 林 は 再 生 す る こ

行 わ れ て い た た め で あ る 。 盗 伐 さ れ た 木 材 が

状 態 に な っ て し ま っ た 。 組 織 的 な 森 林 破 壊 が

の 大 半 を 消 失 し た た め 、 結 果 的 に 丸 裸 に 近 い

と 並 行 し て 、 ス マ ト ラ 島 は 残 存 し て い た 森 林

日 本 の バ ブ ル 期 に 木 材 の 需 要 が 急 増 し た の

て 焼 畑 農 業 を し な が ら 数 年 単 位 で 移 動 し て い

森 林 破 壊 が 始 ま っ た 。 当 初 は 森 林 を 切 り 開 い

の も の で あ る 。

の 一 の 二 酸 化 炭 素 は 、 今 も 続 く 森 林 破 壊 由 来

人 類 が 一 万 年 前 に 農 業 を 発 見 し た と き か ら 、

森 を と り も ど す た め に

球 温 暖 化 が 問 題 に な っ て い る 。 そ の う ち 三 分

連載 エッセイ 


て 、 人 間 も 自 然 も と も に 生 き 生 き と 生 き ら れ

つ 、 し か も す べ て の シ ス テ ム が う ま く 機 能 し

い っ た い 、 他 の 生 命 体 を も 最 大 限 尊 重 し つ

す テ 価 。 ィ 値 へ 観 の も あ 認 る め 一 ら つ れ の る 道 こ の と よ が う 、 に サ 思 ス わ テ れ イ る ナ の ビ で リ

多 彩 な 生 き 方 を 自 ら 選 ぶ 自 由 を 守 り 、 多 様 な

に 、 地 域 と 風 土 に 根 ざ し た 伝 統 文 化 を 尊 重 し 、

の こ と は 、 今 後 、 デ ー タ と 技 術 を 駆 使 し て 、

る に は ど う し て い け ば よ い の で し ょ う か 。 こ

竹村牧男 東洋大学教授 (仏教学)



決 し な い こ と は 、 言 う ま で も な い こ と で す が 。

い の だ と 思 わ れ ま す 。 感 傷 だ け で は 、 何 も 解

そ 、 こ の よ う な 感 性 ・ 視 点 も 忘 れ て は い け な

止 め る わ け に は い か な い で し ょ う 。 だ か ら こ

        も ち 鰮 海 浜 朝 ろ の の は 焼 ん と な 祭 小 人 む か り 焼 間 ら で  の  だ い  は は  よ 大 、 魚 す 何 う 漁 や る 万 だ  だ 動 だ の け ど 大 物 ろ 羽 を う 鰮 食 。 べ  の る 大 こ 漁 と だ を

の し ま し た 。

ロ ー バ ル ・ ス タ ン ダ ー ド が 席

界 が 見 え ま す 。 効 率 と 業 績 の み を 重 視 す る グ

オ ・ リ ー ジ ョ ナ リ ズ ム

っ た か ら な の で し ょ う 。 こ こ に 、 一 つ の バ イ

の 利 益 が 主 た る 目 的 で は な く 、 生 活 が 目 的 だ

バ ラ ン ス の 取 れ た 、 文 化 と し て も 高 度 な 漁 な

法 は あ り え た と 思 い ま す が 、 伝 統 的 な 漁 法 は

し て い る 時 代

︵ 生 命 地 域 主 義 ︶

の 世

の か も し れ ま せ ん 。 伝 統 漁 法 の 節 度 は 、 多 大

鵜 飼 も 、 な に や ら ひ ど く 残 酷 な よ う で 、 実 は

ど こ か 節 度 を 保 っ て い る よ う に 思 わ れ ま す 。

子 み す ゞ は 、 ﹁ 大 漁 ﹂ と 題 し て 、 次 の 詩 を も

海 だ け で な く 川 で も 、 魚 を 大 量 に さ ら う 漁

と っ て は 、 命 の 終 焉 を 意 味 し ま す 。 詩 人 の 金

で あ れ 、 魚 が 捕 ら れ る こ と は 、 そ の 魚 自 身 に

と っ て 好 ま し い こ と で す 。 し か し 一 定 の 割 合

ま の 魚 す が が 。 、 今 捕 日 れ の な く 漁 な 業 ら の ず 世 に 界 す で む あ こ ろ と う は か と 、 人 想 間 わ に れ

も の に な っ て い ま す 。

的 知 見 は 、 わ れ わ れ の 生 き 方 そ の も の を 導 く

ま た 、 地 球 の 現 状 に 関 す る 観 察 や 分 析 の 科 学

論 的 で 、 悪 で あ る と も い え な い と 思 い ま す 。

科 学 で あ る か ら す べ て 要 素 還 元 主 義 的 ・ 機 械

真 剣 に 考 え て い か な け れ ば な り ま せ ん 。 今 や


の と す る わ け で す 。 せ っ か く 捕 っ た 魚 を 食 べ

り ま せ ん 。 人 間 は 、 そ れ を さ ら っ て 自 分 の も

に も か か わ ら ず 、 そ れ を 吐 き 出 さ な け れ ば な

お く こ と に よ っ て 、 鵜 は せ っ か く 獲 物 を 得 た

起 さ れ ま す 。 生 き て い る 鵜 の の ど を く く っ て

も し ろ う て や が て か な し き 鵜 舟 哉 ﹂ の 句 が 想

け れ ど も 、 鵜 飼 と い え ば す ぐ 芭 蕉 の 、 ﹁ お

て 、 さ ら に 人 間 の 要 求 に 答 え て い こ う と い う

を 始 め た り 、 捕 獲 制 限 の ル ー ル を 決 め た り し

は 魚 が 捕 れ な く な る と い う の で 、 近 海 で 養 殖

て 、 大 漁 と 喜 ん で き た の が 人 間 で す 。 そ れ で

て 、 巨 大 な 網 を 作 っ て 、 海 の 中 を か っ さ ら っ

た こ と で し ょ う 。 大 き な 機 動 力 あ る 船 を 作 っ

る よ う な 技 術 を 、 人 間 は ひ た す ら 開 発 し て き

手 綱 さ ば き に 、 魅 せ ら れ る ば か り で し た 。

涼 風 に 、 暑 か っ た 一 日 も 忘 れ 、 鵜 匠 の 巧 み な

ゆ ら ゆ ら 照 ら す か が り 火 。 夕 闇 の 川 に そ よ ぐ

に あ や つ ら れ る 幾 羽 も の 鵜 の 乱 れ 泳 ぐ 姿 を 、

こ と で い え ば 、 お そ ら く よ り 多 く 獲 物 が 捕 れ

お ぼ つ か な く な っ て し ま い ま し た 。 漁 と い う

も し れ ま せ ん 。 そ の は て に 、 地 球 の 持 続 さ え

あ ら ゆ る 自 然 を 利 用 し て き た の が 人 間 な の か

匠 の 伝 統 的 な 装 い や 、 和 船 の 美 学 、 多 く の 綱

考 え て み ま す と 、 た だ 自 分 の 都 合 の た め に 、

の 犬 山 で 、 鵜 飼 を 見 る こ と が で き ま し た 。 鵜

で き る と 聞 き ま す 。 私 は こ の 夏 、 名 古 屋 近 郊

ば 京 都 の 嵐 山 や 宇 治 な ど で も 鑑 賞 す る こ と が

も 有 名 で し ょ う が 、 そ の ほ か の 地 域 、 た と え

で す 。 お そ ら く 岐 阜 ・ 長 良 川 の そ れ が も っ と

鵜 飼 は 、 日 本 の 夏 の 代 表 的 な 風 物 詩 の 一 つ

の あ わ れ が 心 に し み ま す 。

舟 も 人 も 消 え 、 暗 闇 だ け が 残 り 、 い っ そ う 鵜

で す 。 漁 も 終 わ れ ば 、 川 に は か が り 火 も 消 え 、

残 酷 な こ と を 人 間 の 都 合 で 行 な っ て い る わ け

に も か わ い そ う で あ り 、 あ る 意 味 で は と て も

ず に 吐 き 出 さ な け れ ば な ら な い 鵜 は 、 あ ま り

か闇 がの りな 火か の

連載 エッセイ 


は な い か も し れ な い が 。

は も う 数 年 前 の こ と な の で 、 今 は そ ん な こ と

か っ た 。 J R の た め に 弁 護 し て お く と 、 こ れ

で す か ⁉ ﹂ と 体 全 体 で 驚 い て い た の が お か し

し た と き 、 車 掌 さ ん が 先 ほ ど と 同 様 に ﹁ 寒 い

極 端 な お 手 本 に な ら ず に 済 む の に と 思 う 。

う な 社 会 に な る と 、 環 境 省 の 職 員 の 方 た ち も

化 に 富 ん だ 日 本 の 四 季 を も う 少 し 楽 し め る よ

と か 少 し 寒 い 程 度 で 冷 暖 房 を 入 れ な い で 、 変

ク ー ル で も ウ ォ ー ム で も い い が 、 少 し 暑 い

く の 別 の 女 性 が 同 様 の 訴 え を 同 じ 車 掌 さ ん に

さ い ﹂ と い う も の だ っ た 。 し ば ら く し て 、 近

は 、 ﹁ 風 の 当 た ら な い と こ ろ に 移 動 し て く だ

た こ と が あ る 。 親 切 に い た だ い た ア ド バ イ ス

心 か ら 驚 い た 顔 で ﹁ 寒 い で す か ⁉ ﹂ と 聞 か れ

に 寒 い の で 通 り か か っ た 車 掌 さ ん に 訴 え る と 、

ん は 素 敵 な 白 い 長 袖 ス ー ツ 姿 で あ る 。 あ ま り

ツ を 着 込 ん で い る 。 新 幹 線 に 乗 る と 、 車 掌 さ

レ ビ 番 組 で は キ ャ ス タ ー た ち が し っ か り ス ー

い 。 あ ま り に お 気 の 毒 で あ る 。

ィ ス を 思 い 出 し て 身 震 い し て い る か も し れ な

づ く 冬 の 足 音 に 、 今 度 は 昨 年 の 寒 い 寒 い オ フ

の で あ ろ う か 。 環 境 省 の 職 員 の 皆 さ ん は 、 近

る と 、 ﹁ ウ ォ ー ム ビ ズ ﹂ が 話 題 に な っ て い る

も ﹂ と い う く ら い 涼 し い の か も し れ な い 。 す

ろ う 。 い や 、 も し か し た ら ﹁ そ ろ そ ろ 暖 房 で

こ ろ に は も う 冷 房 な ど ど こ も 入 れ て い な い だ

も っ と も 、 こ の エ ッ セ ー が 皆 様 の 目 に 届 く

戸髙恵美子 千葉大学助手 (リスクコミュニケーション)



そ れ に 、 ク ー ル ビ ズ を 話 題 に 取 り 上 げ る テ の か と ま た も や 余 計 な 心 配 を し て し ま う 。

ろ う か と 余 計 な 心 配 を し て し ま う 。

過 剰 冷 房 の コ ス ト は い く ら く ら い に な る の だ

る 。 ど こ も コ ス ト 削 減 で 大 変 な は ず な の に 、

く て も よ い 。 第 一 エ ネ ル ギ ー の 無 駄 遣 い で あ

れ な い が 、 そ れ な ら こ ん な に 冷 房 を 強 く し な

く だ さ い ﹂ と い う 親 切 か ら 来 て い る の か も し

と 思 う 。 ﹁ 冷 房 で 冷 え た 体 を お 尻 か ら 温 め て

ン ピ ュ ー タ ー が 発 火 し て し ま っ た ら ど う す る

が 、 こ れ も ず い ぶ ん 極 端 な 話 で は な い か 。 コ

タ ー な ど の 発 熱 で 、 熱 射 病 状 態 だ と 言 う の だ

二 八 度 を 守 っ て い る の で 、 職 員 は コ ン ピ ュ ー

寒 い 。 う わ さ で は 霞 ヶ 関 の 環 境 省 だ け は 冷 房

体 は 瞬 く 間 に 広 が っ た の に 、 ど こ に 行 っ て も

し か し と に か く 、 ク ー ル ビ ズ と い う 言 葉 自


か し く な る の だ か ら 人 間 と は 勝 手 な も の だ 。

入 っ て い な い 、 自 然 の 風 が 吹 き 込 む 車 両 が 懐

探 し て 乗 車 す る よ う に な っ た 。 以 前 の 冷 房 の

せ 、 長 い 車 両 に 一 両 し か な い ﹁ 弱 冷 房 車 ﹂ を

ー 暖 か い 、 と ほ っ と す る 。 そ し て ﹁ 何 か 変 ﹂

け 込 む と 、 便 座 が 温 め て あ る こ と が あ る 。 あ

ト ラ ン な ど 行 き 、 体 が 冷 え 切 っ て ト イ レ に 駆

と こ ろ が 、 冷 え 冷 え と し た デ パ ー ト や レ ス

夏 に な る と 必 ず バ ッ グ の 中 に シ ョ ー ル を 忍 ば

も 冷 房 は が ん が ん に 利 い て い る 。 今 で は 私 は

房 が 入 り 始 め 、 曇 り 空 で 肌 寒 い く ら い の 日 で

れ た 。 ゴ ー ル デ ン ウ ィ ー ク の 頃 に は 早 々 と 冷

な り 、 い つ の 頃 か ら か ﹁ 弱 冷 房 車 ﹂ が 導 入 さ

入 る よ う に な り 、 さ ら に 強 力 に 冷 え る よ う に

そ の 後 い つ の ま に か 電 車 に は 全 車 両 冷 房 が

雑 な 心 境 に さ せ る 。

リ ン グ ス ト ッ プ バ ス ﹂ と 宣 伝 し て い る の が 複

の 車 内 で ﹁ 人 と 環 境 に や さ し い 低 公 害 ア イ ド

え ら れ な い く ら い 寒 い の で あ る 。 そ ん な バ ス

え 一 〇 分 と い え ど も シ ョ ー ル を 掛 け な い と 耐

市 内 を 走 る バ ス な ど も 強 力 な 冷 房 で 、 た と

経 済 的 な 損 失 を 計 算 し た 人 は い る の だ ろ う か 。

が 耳 に 痛 い く ら い で あ っ た 。

熱 い 風 が 吹 き 込 ん で く る 上 、 車 輪 の き し む 音

房 の 入 っ て い な い 車 両 は 窓 が 開 け ら れ 、 夏 の

喜 ん で 冷 房 車 を 選 ん で 乗 っ た も の で あ る 。 冷

私 は 、 長 い 山 手 線 の 一 部 が 冷 房 車 に な っ た 時 、

前 の こ と で あ ろ う か 。 当 時 短 大 に 通 っ て い た

入 る よ う に な っ た の は 、 今 か ら 二 〇 年 以 上 も

東 京 都 内 を 循 環 す る 山 手 線 の 車 両 に 冷 房 が

房 で 冷 え す ぎ て 人 々 が 体 調 を 壊 す こ と に よ る

経 済 損 失 を 計 算 し て 出 す 人 が い る が 、 夏 の 冷

に は 風 邪 を 引 く こ と も あ る 。 よ く 経 済 効 果 ・

肩 か ら 掛 け て い て も 芯 か ら 体 が 冷 え 、 あ げ く

三 〇 分 も 電 車 に 乗 り つ づ け る と 、 シ ョ ー ル を

プ も あ っ て 、 あ ま り 意 味 が な い 場 合 も 多 い 。

に 、 そ の 前 後 の 車 両 と の 間 に ド ア が な い タ イ

し か し こ の ﹁ 弱 冷 房 車 ﹂ 、 一 両 し か な い 上

ク ー ル ビ ズ

連載 エッセイ 


え よ う と し て い る か ら で あ る 。 こ れ が 動 植 物

ず だ 。 寿 命 が 延 び 、 団 塊 の 世 代 が 老 年 期 を 迎

り の 比 率 は 今 後 し ば ら く 増 加 の 一 途 を

に な る 。 そ れ に 反 し て 、 人 口 に お け る お る 年 は 寄

今 後 、 出 産 数 は い っ そ う 減 少 速 度 を 増 す こ と

女 性 一 人 が 産 む 子 ど も が 減 っ て い る の だ か ら 、

の 深 刻 さ を 実 感 す る こ と に も な っ た 。

き た の だ が 、 そ れ を 機 に 、 日 本 の ﹁ 人 口 問 題 ﹂

で 必 要 な 品 を 入 手 し て 家 に 孫 を 招 く こ と が で

に 出 る た め 生 後 二 ヶ 月 に 満 た な い 孫 を 預 か る

ベ ビ ー 用 品 が 必 要 に な っ た の は 、 娘 が 学 会

た め で あ る 。 結 局 イ ン タ ー ネ ッ ト に よ る 注 文

鷲谷いづみ 東京大学大学院教授 (保全生態学)



い に 一 ・ 二 五 と な っ た 。 若 い 人 の 数 が 減 り 、

一 九 九 〇 年 代 の 半 ば に 一 ・ 五 を 切 り 、 昨 年 つ

の ﹁ 異 常 値 ﹂ 一 ・ 五 八 を 下 回 っ た か と 思 う と

く 割 り 込 む よ う に な っ た 。 一 九 八 九 年 に 丙 午

る が 、 一 九 七 〇 年 代 の 半 ば 以 降 は そ れ を 大 き

︵ 人 口 置 換 水 準 ︶

は 二 ・ 〇 八 前 後 と い わ れ て い

人 口 を 維 持 す る の に 必 要 な 合 計 特 殊 出 生 率

期 に は ほ ぼ 二 を 上 回 る 水 準 を 維 持 し て い た 。

九 六 六 年 の 丙 午 の 年 を 例 外 と し て 、 高 度 成 長

超 え て い た 。 そ の 後 若 干 低 下 し た も の の 、 一

殊 出 生 率 は 、 戦 後 の ベ ビ ー ブ ー ム 期 に は 四 を

女 性 が 一 生 の 間 に 産 む 子 ど も の 数 、 合 計 特

る 条 件 が 整 っ て い な い 。

子 育 て の 支 援 も 薄 く 、 安 心 し て 子 ど も を 産 め

本 で は 、 若 い 世 代 の 雇 用 が 不 安 定 化 し て お り 、

デ ン な ど で は 、 出 生 率 が 持 ち 直 し て い る 。 日

の 社 会 的 な 支 援 制 度 が 充 実 し て い る ス ウ ェ ー

な ど 、 働 き な が ら 子 ど も を 産 み 育 て る こ と へ

育 児 休 暇 制 度 や 児 童 手 当 制 度 、 保 育 所 の 充 実

ヨ ー ロ ッ パ で も 出 生 率 の 低 下 が み ら れ た が 、

が 、 日 本 の 社 会 的 現 状 は そ れ と は ほ ど 遠 い 。

置 換 水 準 程 度 ま で 回 復 す る こ と を 期 待 し た い

現 象 を 回 避 す る た め 、 合 計 特 殊 出 生 率 が 人 口

将 来 に 予 測 さ れ る 極 端 な 人 口 逆 ピ ラ ミ ッ ド

方 が 分 が よ く な っ た よ う だ 。

ん よ り お 年 寄 り や ペ ッ ト を 対 象 と し た 商 売 の

つ の ま に か か つ て と は 大 き く 異 な り 、 赤 ち ゃ

さ ん を 見 か け る こ と は 少 な い 。 人 口 構 成 が い

い っ て も よ い ほ ど だ か ら だ 。

れ ば な ら な い だ ろ う 。 世 代 ご と に 半 減 す る と

ず れ 、 絶 滅 確 率 が 高 い ﹂ と の 判 断 を 下 さ な け

の 個 体 群 動 態 で あ れ ば 、 ﹁ 急 速 に 平 衡 か ら は


も の を 挟 み 取 る 道 具 で あ る 。

て い て 、 ハ ン ド ル を 握 っ て 離 れ た 場 所 に あ る

方 に は ハ ン ド ル 、 も う 一 方 に は 挟 み 口 が つ い

ち な み に 、 マ ジ ッ ク ハ ン ド と は 、 長 い 棒 の 一

商 品 を 含 め て 多 種 多 様 な 品 が 並 べ ら れ て い る 。

ベ ッ ド か ら マ ジ ッ ク ハ ン ド ま で 、 ア イ デ ィ ア

ま ず そ の 辺 り を 探 し た 。 介 護 用 品 は 、 介 護 用

用 品 も そ の 辺 り に 置 い て あ る の で は な い か と 、

護 用 品 の 広 い 売 り 場 ス ペ ー ス が あ る 。 ベ ビ ー

大 な 郊 外 型 の ホ ー ム セ ン タ ー に 出 か け た 。 介

ア ま で 、 あ り と あ ら ゆ る も の を 売 っ て い る 巨

雑 貨 、 電 気 製 品 、 イ ン テ リ ア か ら エ ク ス テ リ

用 品 ベ を ビ ー え ラ る ッ 必 ク 要 や が 哺 生 乳 じ 瓶 た ば 。 さ そ み こ な で ど 、 、 日 新 用 生 品 児 、

に よ く 出 会 う が 、 赤 ち ゃ ん を 抱 い た 若 い お 母

た ペ ッ ト の イ ヌ を 連 れ て 歩 い て い る お 年 寄 り

も 充 実 し て い る 。 そ う い え ば 、 最 近 、 着 飾 っ

な ど 食 品 も 、 お 出 か け 用 の さ ま ざ ま な グ ッ ズ

ペ ッ ト 用 サ プ リ メ ン ト 、 イ ヌ ・ ネ コ の お や つ

い る 。 そ ち ら も 商 品 の 多 様 さ に も 驚 か さ れ る 。

ペ ッ ト 用 品 に も 相 当 広 い 売 り 場 が 用 意 さ れ て

い の だ 。 そ れ に 対 し て 、 介 護 用 品 だ け で な く

に 積 ま れ て い る 紙 お む つ ぐ ら い し か 置 い て な

い な い と い う 。 他 の 紙 製 品 と い っ し ょ に 店 頭

用 の 家 具 と 説 明 す る と 、 ベ ビ ー 用 品 は 扱 っ て

い 。 新 生 児 を 寝 か せ た り 座 ら せ た り す る 育 児

な い 。 店 員 に ベ ビ ー ラ ッ ク と い っ て も 通 じ な

買ベ おビ うー と用 し品 たを ら ⋮ ⋮

探 し て も ベ ビ ー 用 品 は い っ こ う に 見 あ た ら

連載 エッセイ 


う な 徳 を 修 め な け れ ば な ら な い と 主 張 し た の

博 愛 の 心 と し て の 仁 な ど を 説 き 、 人 は こ の よ

親 に 対 す る 孝 、 ま ご こ ろ と し て の 忠 、 信 義 や

ろ に 老 子 の 思 想 の 特 徴 が あ る 。 儒 教 が 祖 先 や

い わ ば 人 為 ・ 作 為 を 排 し 自 然 状 態 に 置 く と こ

る 、 と 統 治 論 的 に 解 釈 さ れ る こ と が 多 い が 、

や が て 気 が つ い た と き に は 誰 も が 帰 服 し て い

● 連載講座 ●  

事 を 行 わ な い 。 自 然 の 流 れ に 沿 っ て 行 え ば 、

し ﹂ と い う 。 道 す な わ ち タ オ は 、 意 図 的 に 物

﹁ 道 は 常 に 無 為 に し て 、 し か も 為 さ ざ る な

意 図 的 に 行 為 し な い 。 ﹃ 老 子 ﹄ 第 三 十 七 章 に

の 言 は 葉 ﹁ と 為な し す て 無な ﹁ し 無 ﹂ 為 と 自 読 然 み ﹂ 、 が 作 あ 為 る の 。 否 無 定 為 で と あ い る う 。

古 代 中 国 の 思 想 の 一 つ に 道 家 思 想 が あ る 。

り 強 い 生 命 活 動 を 促 す こ と に な る 。

あ り 、 自 然 の 循 環 の 法 則 に 委 ね る こ と が 、 よ

こ で は 人 が 手 を 加 え な い 状 態 が 最 上 の 状 態 で

最 も ふ さ わ し い サ イ ク ル と し て 存 在 す る 。 そ

れ て 来 た も の で あ り 、 そ の 土 地 、 そ の 場 所 に

全 と な る 。 こ の 循 環 の 輪 は 自 然 に 作 り 上 げ ら

輪 で あ っ て も 、 そ れ を 欠 く と 全 体 の 機 能 が 不

サステイナビリティと東洋の知

気 は 下 に 沈 ん で 大 地 と な っ た 。 こ こ か ら 有 の

ご 承 知 の よ う に 、 こ の 思 想 を 端 的 に 表 現 す る

か れ 、 軽 い 気 は 上 に 上 が っ て 天 と な り 、 重 い



白 の 世 界 は 軽 く 澄 明 な 気 と 重 く 澱 ん だ 気 に 分

世 界 。 こ れ が 宇 宙 以 前 の 姿 で あ る 。 や が て 乳

ば 、 薄 暗 く ぼ ん や り と し た 濃 霧 の 中 の よ う な

い ﹂ と い う 言 葉 も 概 念 も な い 。 敢 て 表 現 す れ

な く 闇 も な い 、 音 も な く 色 も な い 。 第 一 ﹁ な

1

育 以 と あ こ き ず 章 う る 何 な に ま ん 前 を り の る ﹂ に で 。 。 一 け 対 し つ れ し っ だ か 示 、 一 よ と い は た な ば 、 た 。 ら し い 句 う 。 う 一 く が い な 老 存 た つ は な 道 、 体 何 っ 。 ら 子 在 も の 、 道 を ﹁ 、 道 ﹃ も て こ な は し の 時 は こ 道 道 の い 、 な て 。 代 老 、 う の と を 宇 な い い 、 そ に 子 不 い 道 は 体 宙 ど や 絶 こ れ も ﹄ 変 う と 何 の す 得 は と そ 対 の は 真 の も な す 道 い う 的 天 宇 理 い 道 の べ の る に う で な 地 宙 と う で だ き か こ よ も は 無 を が し 道 は と は 。 と っ の な の 生 生 て が な い 常 ﹃ が て は い 世 み ま 存 永 い っ の 老 肝 支 世 、 界 、 れ 在 遠 、 て 道 子 要 配 の こ 万 る す 不 と 説 に ﹄ 。 と さ 中 う 光 物 遥 る 変 い 明 あ 第 い れ に し も を か こ で う で ら 一


は 植 物 だ け で 形 成 さ れ て い る の で は な く 、 そ

い 木 な り に 森 の 一 部 と し て 機 能 し て い る 。 森

あ ま り 育 た な い が 、 そ れ で も 小 さ い 木 は 小 さ

の 中 で は 、 大 き な 木 の 陰 に な っ た 場 所 の 木 は

た と え ば 大 き な 深 い 森 が あ っ た と す る 。 森

の 後 に 得 た 知 識 で 補 強 し て 記 し て み る 。

覚 え て い る の で あ る 。 う ろ 覚 え の 知 識 を 、 そ

を 、 高 校 生 向 け に 説 明 し て い た の で い ま で も

だ が 、 こ の 解 説 は ま っ た く 知 ら な か っ た こ と

た 。 教 材 で 使 っ た 文 章 な ど 大 方 忘 れ て い る の

き 、 教 科 書 に エ コ ロ ジ ー の 詳 し い 解 説 が あ っ

ル バ イ ト で 都 立 高 校 の 国 語 教 師 を し て い た と

実 は い ま か ら 三 〇 年 ほ ど 前 、 大 学 院 生 の ア

う 説 明 の も の も あ る が 、 こ れ だ と 少 し 分 か る 。

が よ く 分 か ら な い 。 生 物 と 環 境 の 関 係 、 と い

と 学 辞 ぱ あ を 書 ら り 引 を こ い 引 の ︵ ﹃ て け 訳 広 辞 み ば 語 苑 る み と と な し ﹄ ︶ 、 、 そ て あ 生 う 通 と 物 出 行 て し 細 の 生 い て 々 活 る い と に 。 た 説 関 そ 。 明 す こ 少 が る で し あ 科 生 古 る 学 態 い

一 か 昔 環 ほ 境 ど 保 前 護 は と 、 い 生 う 態 訳 学 を と つ い け う る 厳いか 。 しめ と い こ 名 ろ が が も つ っ い

い ま エ コ ロ ジ ー と い う と 、 誰 も が 環 境 学 と

エコロジーと道 山田利明 東洋大学教授 (中国哲学)

活 動 し て い る 。 だ か ら ど ん な に 小 さ な 循 環 の

の 循 環 の 輪 が 存 在 し 、 そ れ に 従 っ て 自 然 界 は

措 く と し て 、 大 自 然 の 中 に は そ れ こ そ 幾 つ も

さ て 、 こ の 生 態 学 の 理 解 が 正 し い か 否 か は

の 基 本 で あ る 。

記 憶 し て い る 。 ま さ し く サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

学 と い う 、 と い う よ う な 説 明 で あ っ た よ う に

以 上 の よ う な 森 を そ の 例 と す る の を 森 林 生 態

物 と 環 境 の 関 係 を 明 ら か に す る の が 生 態 学 。

そ の 森 は 半 永 久 的 に 存 続 し う る 。 こ う し た 生

在 す る 。 こ の サ イ ク ル が 順 調 に 巡 っ て い れ ば 、

の 小 さ な サ イ ク ル に 支 え ら れ る シ ス テ ム が 存

よ っ て 大 き な サ イ ク ル が 作 ら れ 、 さ ら に 無 数

の よ う に 森 の 中 に は 、 そ れ を 構 成 す る 生 物 に

な り 、 昆 虫 や 微 生 物 に よ っ て 土 壌 に 変 る 。 こ

な じ 茂 み が 戻 る 。 倒 れ た 木 は 小 動 物 の 棲 家 と

た 小 さ な 木 が 成 長 し は じ め 、 や が て 以 前 と お

に 日 当 た り が よ く な り 、 い ま ま で 育 た な か っ

台 風 に よ っ て 大 木 が 倒 れ る と 、 そ の 周 囲 は 急

の 動 物 の 糞 や 死 骸 を 分 解 し て 土 壌 を つ く る 。

あ り 、 動 物 が 種 子 を 運 び 、 昆 虫 や 微 生 物 が そ

こ に 集 ま る 動 物 ・ 昆 虫 や 微 生 物 も 森 の 一 部 で




磁 器 の 薪 と 消 え た 。 文 明 と は 斯 く の 如 し と い

焼 か れ た 豪 壮 華 麗 な 宮 殿 や 住 宅 、 今 に 残 る 陶

と 軍 船 に 消 え 、 中 国 の 森 林 は 戦 乱 で し ば し ば

が っ て い た 。 レ バ ノ ン 杉 は 古 代 ロ ー マ の 宮 殿

う る て り か よ し が 。 う ま 突 な う 出 、 よ し も う て う に 、 少 感 自 し じ 然 的 ら 界 確 れ の な る 持 訳 。 つ は 小 サ な 学 イ い 生 ク も に ル の も が だ 分 隠 ろ か れ

ま う と 、 何 か 人 間 を 中 心 に し た 生 活 環 境 ば か

の で あ る が 、 エ コ ロ ジ ー を 環 境 学 と 訳 し て し

ら 自 も い り 点 会 と り な の 原 警 想 も な 然 始 き の に の は 方 人 と 持 始 鐘 家 う い の ま な 人 あ 中 疑 が 為 も つ 状 を た 一 。 循 ら り 為 る に い 環 を あ 危 態 鳴 ち つ 環 な 文 を 。 採 な 境 排 れ う の ら は に い 明 介 現 り い 問 し 、 さ 農 し 、 、 こ 従 し を 在 代 入 。 題 て 自 の 耕 続 そ れ え 、 否 さ 社 れ 問 解 自 然 指 社 け う は る む 定 せ 会 る 題 決 然 の 摘 会 て し 私 社 し す る に こ は の の サ と を き た 自 会 ろ る こ 定 と そ 基 循 イ も 理 た 作 身 を 文 よ と 着 が れ 本 環 ク い 想 と 為 の 構 明 う も さ 出 を 的 に ル え と い 的 言 築 を な 必 せ 来 ど な 従 を る す え な 語 し 享 こ 要 る る れ 理 う 破 。 る な 行 感 の く 為 な 受 と で に か だ 解 、 壊 覚 も も に け し を あ は 、 け で と す に れ な 言 ろ 、 と 現 あ い る 、 な 対 よ 文 い し ば が っ う か い 代 る う よ る 明 。 て な ら て 。 な う 社 こ あ う

し か し も う 一 歩 踏 み 込 ん で み る と 、 道 家 の 思

文 化 を 賛 嘆 し て い る だ け と い う 見 方 も で き る 。



う の で あ る 。 自 然 破 壊 の 結 果 と し て 築 か れ た

れ て い た 。 北 京 郊 外 に は 広 大 な 森 林 地 帯 が 広

て レ バ ノ ン の 山 々 は 巨 大 な レ バ ノ ン 杉 に 覆 わ

自 然 破 壊 の 歴 史 と 位 置 づ け る 人 も い る 。 か つ

る を 得 な い 局 面 が 存 在 す る こ と も 事 実 で あ る 。

明 史 と は 何 だ っ た の か 、 と い う 疑 念 を 持 た ざ

と い う こ と に つ い て 考 え る と 、 一 体 人 類 の 文

す る こ の よ う な 考 え 方 に 由 来 す る 。 た だ 文 明

て 実 用 視 さ れ な か っ た の も 、 放 任 状 態 を 肯 定

う と す る の で あ る 。 道 家 の 思 想 が 統 治 論 と し

の で あ っ た 。 民 を い わ ば ﹁ 無 知 ﹂ の 中 に 置 こ

を 楽 し む 理 想 の ユ ー ト ピ ア を 築 こ う と す る も

か な 民 を 原 始 の 状 態 に 置 く こ と で 、 粗 衣 粗 食

た ﹁ 小 国 寡 民 ﹂ の 思 想 は 、 小 さ な 領 域 と わ ず

定 に つ な が り か ね な い 。 実 際 ﹃ 老 子 ﹄ の 唱 え

そ の 理 念 は 自 然 状 態 。 た だ し こ れ は 文 明 の 否


っ て 運 行 さ れ 、 自 ず か ら 季 節 は 移 り 、 時 は 推

﹁ 自 ず か ら 然 る ﹂ 原 理 を 悟 る 。 宇 宙 は 道 に 則

原 理 に 従 う 限 り 何 事 も う ま く 行 く 。 い ず れ も

﹁ 自 然 の 循 環 ﹂ と い う の は ほ ぼ 均 し い 。 こ の

季 は 巡 り 、 そ れ に 伴 っ て 生 物 は そ の 生 を 営 む 、

循 環 に 注 目 し 、 人 間 が い か に あ が こ う と も 四

に 葉 を 落 と し て 冬 に 枯 れ る 、 と い う 自 然 界 の

然 ﹂ を 基 調 と す る ﹁ 道 ﹂ と 、 生 態 学 で い う

か り で あ ろ う 。 そ う 、 道 家 の い う ﹁ 無 為 自

さ て 、 こ こ ま で 書 け ば も う 私 の 意 図 は お 分

で ウ ル シ の 木 が 春 に 芽 吹 き 、 夏 に 繁 茂 し 、 秋

の 管 理 人 を 置 い て 世 話 を さ せ た 。 荘 子 は こ こ

ち い ら れ た 。 高 級 品 で あ っ た か ら ウ ル シ の 木

理 人 。 紀 元 前 の 頃 か ら ウ ル シ が 塗 料 と し て も

し た と さ れ て い る 。 も と も と は ウ ル シ 園 の 管

に 対 し 、 そ れ よ り 少 し 後 の 荘 子 は 実 際 に 生 存

世 紀 ご ろ の 老 子 が そ の 実 在 を 疑 わ れ て い る の

そ の よ う に な る と い う 意 味 で あ る 。 紀 元 前 五

る ﹂ と 読 む 。 多 く ﹃ 荘 子 ﹄ に 記 さ れ 、 自 然 に

も う 一 つ の ﹁ 自 然 ﹂ 。 こ れ は ﹁ 自 ず か ら 然

ら 然 る ﹁ 道 ﹂ を 見 出 す 。

れ も 大 自 然 の 中 に そ の 自 然 を 支 配 す る 自 ず か

記 す 書 聖 王 羲 之 の ﹁ 蘭 亭 の 序 ﹂ し か り 。 い ず

の 神 秘 的 な 自 然 の 中 で 行 わ れ た 、 曲 水 の 宴 を

と す ﹂ と い う ﹁ 帰 去 来 の 辞 ﹂ し か り 、 会 稽 山

陶 淵 明 の ﹁ 帰 り な ん い ざ 、 田 園 ま さ に 荒 れ ん

自 然 を 愛 で る 思 潮 が 現 わ れ る 。 よ く 知 ら れ る

る が 、 四 世 紀 に な る と 大 自 然 へ の 関 心 が 進 み 、

心 を 清 ら か に し て 静 寂 を 求 め る と い う の で あ

専 ら ﹁ 無 為 清 静 ﹂ と 称 さ れ た 。 作 為 に よ ら ず 、

と い う こ と に な る 。

る 。 し か し 、 無 を 体 得 す れ ば そ の 行 い も 無 為

命 を 得 ら れ る し 、 天 下 に 君 臨 す る こ と も で き

不 変 で あ る か ら 、 こ れ を 体 得 す れ ば 不 朽 の 生

こ そ 道 で あ り 、 宇 宙 不 変 の 原 理 で あ る 。 道 は

万 物 が 生 じ る の で あ る 。 し た が っ て 、 こ の 無

世 界 が 始 ま る 。 無 か ら 天 地 が 生 じ 、 天 地 か ら

道 家 の 思 想 家 た ち が 使 い 始 め た 。 そ れ 以 前 は

子 ﹄ が 書 か れ て 八 〇 〇 年 ほ ど 経 た 四 世 紀 頃 の

﹁ 無 為 自 然 ﹂ と い う 言 葉 は 、 ﹃ 老 子 ﹄ や ﹃ 荘

法 則 に 委 ね た 訳 で あ る 。

定 し た の に 対 し 、 ﹃ 荘 子 ﹄ は 始 め か ら 自 然 の

る 。 ﹃ 老 子 ﹄ が ﹁ 為 す 無 し ﹂ と し て 作 為 を 否

移 し て い く 。 こ の 原 理 、 す な わ ち ﹁ 道 ﹂ で あ




の 六 〇 % く ら い を 占 め て い た の で す が 、 現 在

ょ う 。 一 九 五 〇 年 代 の タ イ の 森 林 面 積 は 国 土

私 の 調 査 経 験 に 即 し て 具 体 的 な 話 を し ま し

森タ 林イ をで め見 ぐた る

い に 他 な ら な い わ け で す か ら 。

﹁ 問 題 ﹂ は 、 過 去 に し て し ま っ た こ と の 尻 拭

も 見 直 さ れ る 必 要 が あ り ま す 。 た い て い の

を 生 か し て 、 余 計 な こ と を し な い こ と の 価 値

行 動 だ け が 評 価 さ れ が ち な 今 日 、 歴 史 の 教 訓

と 考 え る よ う に な り ま し た 。 前 向 き で 目 立 つ

す よ り も 着 実 な 前 進 に つ な が る の で は な い か

が 、 繰 り 返 し 同 じ 角 度 か ら の ﹁ 処 方 箋 ﹂ を 出

る は ず で す 。 そ の 理 由 を 掘 り 下 げ る こ と の 方

ら れ た と し て も 、 そ こ に は 何 ら か の 理 由 が あ

し た 。 だ と す る と 、 一 見 、 不 合 理 な 政 策 が 採

の 解 決 に 過 ぎ な い と い う こ と が わ か っ て き ま

● 連載講座 ●  

進 め る う ち に 、 複 雑 な 社 会 問 題 の ﹁ 解 決 ﹂ は

に 同 じ 質 問 を し て い ま し た 。 し か し 、 勉 強 を

こ と も あ り ま す 。 実 は 私 も 学 生 の 頃 は 、 教 師

の 推 移 を 見 る 限 り 、 タ イ の 森 は サ ス テ イ ナ ブ

は 二 〇 % に 満 た な い と 言 わ れ て い ま す 。 面 積

サステイナビリティと資源の分配

る と き の 日 当 は 、 何 も な い と き の 日 当 の 一 ・

決 し て 普 遍 的 な も の で は な く 、 誰 か に と っ て

て い た そ う で す 。 彼 が 言 う に は 、 山 火 事 が あ



﹁ 消 火 隊 員 ﹂ と し て 日 雇 い の ア ル バ イ ト を し

ー し た あ る 村 人 は 、 か つ て 国 立 公 園 の 中 で

と き に 聞 い て 驚 い た の で す 。 私 が イ ン タ ビ ュ

イ ン タ ビ ュ ー を し た こ と が あ り ま し た 。 そ の

悪 者 に さ れ て い る 村 人 た ち が ど う 考 え る か 、

私 は 以 前 、 政 府 の こ の 公 式 見 解 に つ い て 、

よ る と さ れ て い ま す 。

解 で は 山 火 事 の 多 く は 地 域 住 民 に よ る 焼 畑 に

に つ い て は 諸 説 あ る の で す が 、 政 府 の 公 式 見

に 各 地 で 頻 発 す る 山 火 事 で す 。 山 火 事 の 原 因

大 き な 障 害 の ひ と つ と 言 わ れ て い る の が 乾 季

が お き る の で し ょ う か 。 例 え ば 、 森 林 保 全 の

1

イ ナ ブ ル ﹂ で あ っ た の で す 。 な ぜ こ ん な こ と

り 、 森 林 局 は 組 織 と し て は き わ め て ﹁ サ ス テ

時 期 に 数 倍 に も 膨 れ 上 が っ て い ま し た 。 つ ま

局 の 予 算 と ス タ ッ フ は 、 森 林 が 急 減 し た 同 じ

が 、 森 林 を 統 括 的 に 監 督 す る タ イ 政 府 の 森 林

ル と は い え な い 状 況 だ っ た わ け で す 。 と こ ろ


の か 、 に 深 く 関 係 し て い る の で す 。

は 、 こ れ ま で 何 が で き た の か 、 で き な か っ た

さ れ て い ま す 。 将 来 に 向 け て 何 が で き る の か

こ と で す が 、 将 来 は 過 去 と 現 在 に よ っ て 形 成

高 ら か に 謳 っ て い ま す 。 し か し 、 当 た り 前 の

ラ ン ト 報 告 は 、 将 来 世 代 を 思 い や る 重 要 性 を

な 開 発 ﹂ と 定 義 を し た 一 九 八 七 年 の ブ ル ン ト

こ と な く 、 今 日 の 世 代 の ニ ー ズ を 満 た す よ う

﹁ 将 来 の 世 代 の ニ ー ズ を 満 た す 能 力 を 損 な う

も 多 い で し ょ う 。 サ ス テ イ ナ ブ ル な 開 発 と は 、

対 に 将 来 に つ い て 語 る も の で あ る と 考 え る 人

﹁ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ﹂ と は 、 歴 史 と は 反

え て く れ ま す 。

で も 、 歴 史 は こ の 仕 事 が 簡 単 で な い こ と を 教

性 に 学 ぶ こ と が 重 要 で あ る 。 こ れ だ け で す 。

は 、 歴 史 を 学 ぶ こ と 、 と く に 歴 史 の 中 の 多 様

ビ リ テ ィ を 有 効 な 概 念 に 仕 立 て て い く た め に

わ ん と し て い る こ と は 一 つ で す 。 サ ス テ イ ナ

き た い と 思 い ま す 。 そ の 中 で 、 結 局 、 私 が 言

な タ イ ト ル で 、 み な さ ん に お 付 き 合 い い た だ

テ ィ と 資 源 の 分 配 ﹂ と い う ち ょ っ と 難 し そ う

こ れ か ら し ば ら く の 間 、 ﹁ サ ス テ イ ナ ビ リ

歴史の中に未来を見出す 佐藤 仁 東京大学大学院助教授 (国際協力学)

で は だ め で す よ ﹂ と 、 学 生 に た し な め ら れ る

す 。 ﹁ 解 決 策 は な ん で す か 。 批 判 し て ば か り

の ﹁ 解 決 策 ﹂ か ら は 遠 ざ か る よ う な 気 が し ま

歴 史 に 考 察 の 矛 先 を 向 け る と 、 現 在 の 問 題

き ま し た 。

か ら 目 を 逸 ら し た も の に 他 な ら な い 、 と 気 づ

実 は 自 分 た ち も 問 題 の 一 部 で あ る と い う 事 実

す 。 途 上 国 に 向 け て 発 信 し て い た ﹁ 提 言 ﹂ は 、

を 発 す る 援 助 の 歴 史 を 見 直 す こ と に な る の で

諸 国 の 発 展 の あ り 方 、 そ し て 植 民 地 統 治 に 端

く と 、 世 界 経 済 の 枠 組 み を 規 定 し て き た 先 進

ナ ブ ル で な い 世 界 に 誰 が し た の か を 考 え て い

が 重 要 だ と 思 う よ う に な り ま し た 。 サ ス テ イ

開 発 は ど う あ っ た か 、 を わ き ま え る こ と の 方

﹁ 開 発 は ど う あ る べ き か ﹂ を 論 じ る よ り も 、

発 の 歴 史 を 学 び 、 そ の 実 態 に 触 れ る に つ れ 、

事 だ と 考 え て い ま し た 。 し か し 、 途 上 国 の 開

じ よ う に 、 私 も 過 去 よ り は ﹁ 未 来 ﹂ こ そ が 大

こ れ を 読 ん で く れ て い る 多 く の 学 生 諸 君 と 同

た の は 、 恥 ず か し な が ら 最 近 の こ と な の で す 。

は あ り ま せ ん 。 歴 史 に 関 心 を も つ よ う に な っ

急 い で 白 状 し ま す が 、 私 は 歴 史 の 専 門 家 で




る わ け で は あ り ま せ ん 。 私 た ち は 、 現 場 の

ず し も 現 場 の 人 々 に よ っ て 引 き 起 こ さ れ て い

と い う こ と で す 。 そ し て 、 現 場 の 問 題 は 、 必

で あ る の か は 、 資 源 を 見 る 眼 に よ っ て 異 な る

す 。 森 林 が ど の よ う な 意 味 に お い て ﹁ 資 源 ﹂

え る う え で 大 切 な ヒ ン ト を 教 え て く れ て い ま

タ イ で の 観 察 は 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 考

﹁ 誰 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ か ﹂

ィ を 奪 っ た の は 誰 か 、 と 問 い た く な り ま す 。

る と い う の で す 。 そ も そ も サ ス テ イ ナ ビ リ テ

門 家 が 現 れ て ﹁ 環 境 に や さ し い ﹂ 農 業 を 教 え

金 作 物 栽 培 を 始 め た 彼 ら の 前 に 、 先 進 国 の 専

機 能 し ま せ ん 。 や む を え ず 肥 料 を 入 れ て 、 換

土 地 で は 、 そ れ ま で の よ う な 焼 畑 移 動 耕 作 は

強 引 に 狭 い 土 地 に 押 し 込 め ら れ ま し た 。 狭 い

さ れ た た め に 、 そ こ か ら 追 い 出 さ れ た 彼 ら は

か つ て 暮 ら し て い た 森 が ﹁ 世 界 遺 産 ﹂ に 指 定

保 護 の 時 代 も 同 じ よ う な 構 図 だ っ た の で す 。

と い う 観 点 か ら 見 る と 、 開 発 の 時 代 も 、 環 境

迫 害 ﹂ を 受 け て き ま し た 。 機 会 と 負 担 の 分 配

木 の 持 ち 出 し も 許 さ れ な い 、 い わ ば ﹁ 二 重 の

スマトラ沖地震の津波被災地での 現地調査.右端が筆者.

に 着 目 し て お 話 し ま し ょ う 。



で す 。 そ れ で は 、 次 回 は ﹁ 資 源 ﹂ と い う 概 念

こ の 分 析 を 進 め る う え で と て も 役 に 立 つ も の

こ と で す 。 ﹁ 資 源 の 分 配 ﹂ と い う 切 り 口 は 、

ら 生 じ て く る イ ン セ ン テ ィ ブ を 考 え る と い う

を と り ま く 多 様 な 人 々 の 生 存 原 理 と 、 そ こ か

必 要 で す 。 そ の と き に 重 要 な の は 、 ﹁ 問 題 ﹂

界 に な ぜ 至 っ て し ま っ た の か 、 冷 静 な 分 析 が

ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 論 じ な く て は い け な い 世

か ﹂ を ま ず 問 う こ と が 必 要 で す 。 そ し て 、 サ

か ﹂ だ け で な く 、 ﹁ 誰 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

で あ る た め に は 、 ﹁ 何 の サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を め ぐ る 議 論 が 説 得 的

起 こ っ た も の で は な い と い う こ と で す 。

れ の 問 題 も 、 技 術 や 財 源 が 不 足 し て い る か ら

な こ と が も う 一 点 あ り ま す 。 そ れ は 上 の い ず

ん な 政 策 も う ま く は い き ま せ ん 。 そ し て 重 要

﹁ 問 題 ﹂ が 作 ら れ る 背 景 を 理 解 し な い と 、 ど

か し 、 現 場 を と り ま く 基 本 的 な 利 害 の 構 造 と

援 助 す る と い う 発 想 に 慣 れ き っ て い ま す 。 し

人 々 を 問 題 視 し 、 解 決 策 を 外 か ら も っ て く る 、


の 経 済 価 値 を 上 げ よ 、 と い う 提 案 で す 。 こ の

的 に 高 い か ら で あ る 。 森 を 守 り た け れ ば 、 森

農 地 に 転 換 す る の は 、 農 地 の 経 済 価 値 が 相 対

か ら 提 示 さ れ る こ と が あ り ま す 。 人 々 が 森 を

ば 、 次 の よ う な ﹁ 解 決 策 ﹂ が 一 部 の 経 済 学 者

聞 か な く て は な り ま せ ん 。 森 林 に つ い て 言 え

一 見 、 ﹁ 中 立 的 な ﹂ 学 者 の 提 案 も 注 意 し て

な 利 権 が 生 み 出 さ れ る 場 所 で も あ る の で す 。

要 な 場 所 で は あ り ま せ ん 。 そ こ は 、 さ ま ざ ま

な っ て か ら は 森 の 中 で の 居 住 は お ろ か 小 さ な

で き な か っ た だ け で な く 、 環 境 保 護 の 時 代 に

っ た 大 き な 木 の 伐 採 の 便 益 に あ や か る こ と も

で す 。 と こ ろ が 、 彼 ら は 七 〇 年 代 ま で 盛 ん だ

か け て 、 森 と 密 接 な 関 係 を 構 築 し て い た 人 々

か け て 生 活 し て い る 少 数 民 族 で 、 長 い 時 間 を

カ レ ン と は 、 タ イ の 中 西 部 か ら 北 部 山 岳 部 に

部 に カ レ ン と 呼 ば れ る 人 々 が 暮 ら し て い ま す 。

私 が フ ィ ー ル ド ワ ー ク を し て い た タ イ 中 西

森 林 は 単 に 動 植 物 の 生 息 場 所 と し て 保 護 が 必

続 け て も 、 森 林 保 全 は 遠 ざ か る 一 方 で し ょ う 。

す れ ば 、 そ う し た 組 織 に 技 術 や 資 金 の 援 助 を

っ て 繁 栄 す る よ う な 行 政 組 織 の 構 造 が あ る と

り ま せ ん 。 し か し 、 問 題 を 作 り 出 す こ と に よ

こ の 事 例 が ど れ だ け 一 般 性 を も つ の か は わ か

人 に 知 ら れ る こ と が あ り ま せ ん 。 も ち ろ ん 、

地 の 中 で は 、 ど ん な こ と が 起 こ っ て も 一 般 の

れ ま す 。 そ し て 、 国 立 公 園 と い う 政 府 の 直 轄

増 大 は 、 さ ら な る 予 算 獲 得 の 口 実 と し て 使 わ

て 仕 事 を 作 っ て い る と い う の で し た 。 問 題 の

ち の 給 料 を 増 や す 目 的 で 、 と き ど き 放 火 を し

五 倍 だ と い う の で す 。 そ こ で 、 隊 長 は 隊 員 た

価 値 を 直 接 還 元 す る 制 度 設 計 が 必 要 で す 。

価 値 あ る 資 源 の そ ば に 暮 ら す 人 々 に 、 資 源 の

う ま く 機 能 し た た め し は あ り ま せ ん 。 む し ろ 、

ら 貧 し い 人 々 に 再 分 配 す る と い う ア イ デ ア が

正 で あ る と い う 点 な の で す 。 価 値 を 上 げ て か

な く 、 生 み 出 さ れ る 価 値 の 分 配 が 極 め て 不 公

す 。 問 題 は 森 の 価 値 が 相 対 的 に 低 い こ と で は

っ た 権 力 の 手 に 集 め ら れ て い く と い う こ と で

は 、 そ の 価 値 が 高 ま る ほ ど 、 企 業 や 政 府 と い

は っ き り と 教 え て く れ ま す 。 森 が 生 み 出 す 富

森 の 価 値 が 高 ま る と 何 が 起 こ る の か 、 歴 史 は

具 体 的 な 処 方 箋 を 伴 う の で 魅 力 的 な の で す が 、

提 案 は 、 エ コ ツ ー リ ズ ム や 薬 草 の 発 見 な ど 、




た 者 え 。 を 方 含 と め は た 一 日 線 本 を 側 画 の す 参 る 加 も 者 の に で 強 あ い っ 感 た 銘 点 を で 与 、 え 筆 こ う と し て い る の で あ ろ う か 。 こ れ に つ い て

は 、 そ れ を ど の よ う な 方 策 に よ り 実 現 し て い

さ て 、 こ の よ う な 新 た な 発 展 を 目 指 す 中 国

は 経 済 的 に 先 進 国 に 追 い つ く と い う よ う な 考

循 環 型 経 済 社 会 構 築 の た め の 方 策

サ ス テ ナの眼 

い 概 念 で あ り 、 環 境 問 題 等 を 軽 視 し て も ま ず

指 す サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ の 考 え 方 と 極 め て 近

の 再 構 築 と 相 互 関 係 の 修 復 と い う 、 我 々 が 目

こ れ は 、 ま さ に 地 球 ・ 社 会 ・ 人 間 シ ス テ ム

あ る と の 認 識 を 明 ら か に し た 。

の 国 際 競 争 力 の 向 上 に と っ て 不 可 欠 の 要 素 で

な 柱 の ひ と つ と す る 循 環 型 経 済 の 発 展 が 今 後

役 割 を 果 た す ﹂ と 述 べ 、 環 境 対 策 を そ の 重 要

一 種 の 静 態 経 済 で あ る ﹂ と 述 べ ら れ た 。

物 資 の 不 断 な 循 環 利 用 に 基 づ く 、 本 質 的 に は 、

の 遵 守 、 自 然 資 源 と 環 境 容 量 の 合 理 的 運 用 、

に 従 っ て 運 行 す る 経 済 モ ー ド で 、 生 態 学 規 律

﹁ 循 環 型 経 済 と は 、 自 然 の 生 態 物 質 循 環 方 式

く な る ﹂ と 述 べ 、 さ ら に 、 言 葉 を 変 え て 、

争 力 も 持 続 で き ず 、 国 家 の 安 全 も 保 障 で き な

源 は 維 持 で き ず 、 環 境 も 保 全 で き ず 、 国 の 競

換 し な け れ ば な ら な い 。 そ う で な け れ ば 、 資

た 発 展 を 遂 げ る た め に は 、 経 済 発 展 方 式 を 転

て い る 。 し た が っ て 、 人 間 と 自 然 と が 調 和 し

は こ の よ う な 現 状 と の 間 で 大 き な 矛 盾 を 有 し

を 高 め 、 世 界 進 出 戦 略 を 実 施 す る 上 で 重 要 な

と エ ネ ル ギ ー の 消 費 を 減 少 さ せ 企 業 の 競 争 力

障 害 と な っ て い る 。 循 環 経 済 の 発 展 は 、 資 源

ン 障 害 が 中 国 の 輸 出 拡 大 に お け る 最 も 大 き な

環 境 的 な 要 素 の 役 割 が 明 ら か に な り 、 グ リ ー

る 。 近 年 に お い て は 、 国 際 貿 易 に お け る 資 源

の 世 界 進 出 の ひ と つ の 問 題 点 は 貿 易 障 害 で あ

る と の 議 論 が あ る が 、 馮 教 授 は 、 ﹁ 中 国 企 業

策 は コ ス ト 高 に つ な が り 、 国 際 競 争 力 を 弱 め

途 上 国 に 限 ら ず 我 が 国 に お い て も 、 環 境 対

と つ は 、 国 際 競 争 力 に つ い て の 言 及 で あ る 。

ま た 、 馮 教 授 の 講 演 で 注 目 さ れ た こ と の ひ

意 味 で 、 豊 か な 社 会 の 構 築 と い う 中 国 の 目 標

環 境 対 策 は 国 際 競 争 力 向 上 の 要 素

循環型経済社会の構築へ向け 動き始めた中国


究 和 あ と 機 彦 る の 構 教 。 共 ︵ 授 こ 催 I ほ の で R か シ 行 3 、 ン わ S サ ポ れ ︶ ス ジ た に テ ウ 初 参 イ ム の 加 ナ に 国 し ビ は 際 て リ 東 シ い テ 京 ン る ィ 大 ポ 関 学 学 ジ 係 連 の ウ 大 携 武 ム 学 研 内 で

た 中 国 浦 東 幹 部 学 院 と 、 わ が 国 の 立 命 館 大 学

も 楽 観 で き な い 発 展 途 上 の 大 国 で あ る 。 そ の

馮 教 授 は 、 ま ず 、 中 国 に お い て 循 環 型 経 済

当 た り の 資 源 が 乏 し く 、 環 境 容 量 と い う 点 で

明 快 に 述 べ ら れ た 。 す な わ ち 、 ﹁ 中 国 は 一 人

社 会 の 構 築 が 何 故 必 要 で あ る か と い う 理 由 を

対 象 と し た 国 の 研 修 機 関 と し て 昨 年 開 設 さ れ

議 が 開 催 さ れ た 。 こ れ は 、 中 国 政 府 の 幹 部 を

中 循 環 型 経 済 社 会 の 理 論 と 実 践 ﹂ と 題 す る 会

上 海 に あ る 中 国 浦 東 幹 部 学 院 に お い て 、 ﹁ 日

こ の よ う な 中 で 、 本 年 、 二 〇 〇 六 年 五 月 、

の で あ っ た 。

念 に 近 い も の で あ る こ と を 強 く 認 識 さ せ る も

取 り 組 ん で い る ﹁ サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ ﹂ の 概

か に 広 く 深 い も の で あ り 、 む し ろ 我 々 が 現 在

い っ た 我 々 日 本 人 が 持 つ イ メ ー ジ よ り も は る

的 に も 高 ま っ て き て い る 。

概 念 が 、 資 源 ・ リ サ イ ク ル 問 題 へ の 取 組 み と

化 を す る の で は な い か と 懸 念 す る 声 が 、 国 際

温 暖 化 問 題 を は じ め と す る 環 境 問 題 も 更 に 悪

進 め ば 世 界 の エ ネ ル ギ ー 需 給 は 迫 し 、 地 球

な っ て い る 。 こ の ま ま 中 国 の 高 度 経 済 成 長 が

調 講 演 の 内 容 は 、 中 国 で の 循 環 型 経 済 社 会 の

馮 之 浚 教 授 の ﹁ 循 環 経 済 実 践 中 ﹂ と 題 す る 基

れ た 全 国 人 民 大 会 環 境 資 源 委 員 会 主 任 で あ る

冒 頭 、 日 本 側 の 佐 和 隆 光 教 授 と 並 び 話 を さ

抜 き 、 米 国 に 次 ぐ 第 二 の 二 酸 化 炭 素 排 出 国 と

は 、 中 国 か ら の 二 酸 化 炭 素 の 排 出 量 は 日 本 を

構何 築故 が、 強今 調、 さ中 れ国 るで の循 か環 型 経 済 社 会 の

こ の 動 き は 地 球 環 境 問 題 に も 関 連 し 、 現 在 で

費 も 増 大 し 、 原 油 の 輸 入 量 も 急 増 し て い る 。

い る 。 こ れ に 伴 い 、 中 国 国 内 の エ ネ ル ギ ー 消

こ ろ 年 率 一 〇 % に 迫 る 高 度 経 済 成 長 を 続 け て

中 国 は 、 北 京 オ リ ン ピ ッ ク を 控 え 、 こ の と

の 動 向 を 中 心 に そ の 内 容 を お 伝 え し た い 。

議 が な さ れ た の で 、 こ こ で は 、 関 係 す る 中 国

テ ィ 学 の 観 点 か ら き わ め て 興 味 深 い 報 告 ・ 討

等 か ら 多 く の 参 加 者 が あ り 、 サ ス テ イ ナ ビ リ

一方井 誠治  

京都大学経済研究所教授 (経済学)




て 合 理 的 な 考 え 方 で あ り 共 感 で き る も の で あ

る 道 は な い と 見 極 め た 中 国 の 考 え 方 は 、 極 め

け れ ば 、 現 在 の 先 進 諸 国 に 追 い つ き 追 い 越 せ

エ ネ ル ギ ー 等 の 制 約 に 真 正 面 か ら 向 き 合 わ な

既 に 現 実 問 題 と な っ て き て い る 環 境 、 資 源 、

え な い 事 例 も 見 受 け ら れ る 。 し か し な が ら 、

も 必 ず し も 十 分 な 成 果 が あ が っ て い る と は い

経 済 の 実 践 現 場 と い わ れ る と こ ろ を 視 察 し て

場 合 が 多 い と い わ れ る 。 実 際 、 中 国 の 循 環 型

よ く 、 中 国 は 理 念 先 行 で 、 実 践 が 伴 わ な い

た 次 第 で あ る 。

と な り 得 る の で は な い か と の 期 待 を 強 く 持 っ

イ ナ ブ ル な 文 明 を 生 み 出 す 強 力 な パ ー ト ナ ー

と 技 術 力 そ し て 社 会 シ ス テ ム を 有 す る サ ス テ

文 化 を 有 す る ア ジ ア の 国 と し て 新 た な 価 値 観

が あ る 。 そ の 面 で 、 日 本 と 中 国 は 多 く の 共 通

イ ナ ビ リ テ ィ を リ ー ド す る 大 国 と な る 可 能 性

築 で き た と き 、 中 国 は 一 転 し て 世 界 の サ ス テ

ネ ル ギ ー 消 費 量 が 減 る と い う よ う な 社 会 を 構

さ れ 、 経 済 成 長 す れ ば す る ほ ど 環 境 負 荷 や エ

私 な り の 感 想 を 述 べ て お き た い 。

経 済 成 長 と 環 境 ・ 資 源 問 題 等 が 完 全 に 切 り 離

最 後 に 、 こ の よ う な 中 国 の 動 き に つ い て の 、 こ の よ う な 中 で 、 中 国 の 理 念 を 真 に 体 現 す る 、

上海市街地



新 し い 文 明 構 築 へ の 期 待

の 目 標 達 成 に 苦 慮 し て い る 日 本 も 同 様 で あ る 。

な い こ と で あ る 。 た だ し 、 こ れ は 京 都 議 定 書

を 感 じ た 。

一 致 を し て い た こ と に 、 中 国 政 府 の 強 い 意 志

け れ ば な ら な い と い う 認 識 で は 少 な く と も 皆

こ れ ま で と は 違 う 新 た な 発 展 概 念 に 基 づ か な

取 組 み 等 に つ い て 報 告 が な さ れ た が 、 中 国 が

多 く の 政 府 関 係 者 に よ り 中 国 の 循 環 型 経 済 の

ら 国 家 発 展 改 革 委 員 会 環 境 資 源 司 司 長 は じ め 、

事 実 、 本 国 際 シ ン ポ ジ ウ ム で は 、 中 国 側 か

絶 対 的 な 低 減 を 実 現 す る 方 策 ま で は 有 し て い

歩 に 過 ぎ ず 、 環 境 負 荷 や エ ネ ル ギ ー 消 費 量 の

一 一 次 の 五 ヵ 年 計 画 も 、 新 た な 発 展 へ の 第 一

問 題 は 、 残 念 な が ら 、 現 実 的 に は 中 国 の 第

方 は 国 際 的 に も 高 く 評 価 さ れ る べ き と 考 え る 。

中 国 以 外 の 世 界 の 発 展 に 貢 献 す る と い う 考 え

率 先 し て 変 え て い く 必 要 が あ り 、 そ の こ と は

る 。 そ の た め に は 発 展 概 念 そ の も の を 中 国 が


れ も 現 在 の 中 国 の 社 会 を 大 き く 変 え て い く 上 こ と で あ る 。

た だ し 、 先 に 紹 介 し た 五 つ の 諸 点 は 、 い ず 一 つ と し た こ と は 初 め て の こ と で あ っ た と の

貢 献 す る と の 自 負 を に じ ま せ た 。

め 括 ら れ 、 中 国 の 新 し い 発 展 が 世 界 の 発 展 に

効 率 経 済 、 社 会 協 和 の 構 築 に 貢 献 す る ﹂ と 諦

は 、 全 世 界 に お け る 資 源 節 約 、 環 境 保 全 、 高

国 が 発 展 の 概 念 を 転 換 す る 必 要 が あ り 、 こ れ

文 明 発 展 の 道 に 進 ま せ る こ と が 含 ま れ る 。 中

社 会 全 体 を 生 産 発 展 、 生 活 裕 福 、 生 態 良 好 の

の 明 確 な 向 上 、 人 間 と 自 然 と の 協 調 の 促 進 、

不 断 の 強 化 、 生 態 環 境 の 改 善 、 資 源 利 用 効 率

を 立 て た 。 そ こ に は 、 持 続 可 能 な 発 展 能 力 の

に 重 要 視 し 、 国 民 経 済 と 社 会 発 展 の 総 目 標 の

っ た 経 済 成 長 目 標 と 省 エ ネ の 数 値 目 標 を 同 等

よ る と 、 こ れ ま で 中 国 に お い て 至 上 命 題 で あ

を 明 示 し て い る 。 立 命 館 大 学 の 周 瑋 生 教 授 に

五 ヵ 年 計 画 ﹂ の 期 末 か ら 二 〇 % 削 減 す る こ と

ル ギ ー 消 費 を 、 前 期 の 計 画 で あ る ﹁ 第 一 〇 次

し て 制 約 性 の 非 常 に 高 い G D P 当 た り の エ ネ

を 掲 げ る と 同 時 に 、 投 入 面 で は 生 産 活 動 に 対

出 面 の 指 標 と し て 、 一 人 当 た り の G D P 倍 増

年 一 お 民 展 お に 始 さ で ︶ 一 い 代 へ 一 く 移 ま れ 重

に 端 的 に 示 さ れ て い る 。 こ の 計 画 で は 産

に 全 面 的 に 豊 か な 社 会 を 構 築 す る と い う 目 標

次 五 ヵ 年 計 画 ﹂ ︵ 二 〇 〇 六 年 ∼ 二 〇 一 一

演 の 最 後 を ﹁ 中 国 は 、 今 世 紀 最 初 の 二 〇 年 間

て 批 准 さ れ た ﹁ 国 民 経 済 と 社 会 発 展 の 第

い て 詳 し く は 紹 介 で き な い が 、 馮 教 授 は 、 講

誌 面 の 関 係 で 、 こ こ で は こ れ ら の 諸 点 に つ

⑤ 循 環 経 済 法 を は じ め と す る 立 法 の 制 定  

④ ③ ② ① 自 関 実 意 主 連 践 識 評 深 の 造 価 化 高 型 指 ・ ま の 標 試 り 技 体 験 と 術 系 拠 思 支 の 点 想 援 構 の の 築 拡 統 大 一 、 模 範 工 作  

表 の 方 必 大 決 、 要 会 意 馮 が ︵ は 教 あ 日 、 授 る 本 本 が 。 の 年 述 国 三 べ 会 月 ら に に れ 相 開 た 当 催 中 ︶ さ 国 年 れ の 次 た 新 総 中 し 会 国 い に 人 発

さ れ て い る わ け で は な い こ と は 認 識 し て

っ た ば か り で あ り 、 必 ず し も 十 分 に 実 践

る が 、 一 方 で こ れ ら の 努 力 は 今 、 ま さ に

馮 教 授 は 、 次 の 五 点 を 指 摘 さ れ た 。

要 な 諸 点 で あ り 、 ま た 適 切 な も の と 評 価

中国浦東幹部学院




I P C C の 議 長 で あ り 、 イ ン ド の T

だ と い う 。

の 発 足 を 記 念 す る 式 典 に 出 席 す る た め

で 新 し い エ ネ ル ギ ー ・ イ ニ シ ア テ ィ ブ

帰 る と の こ と 。 翌 日 、 ニ ュ ー デ リ ー 市

演 を 一 つ 終 え た ら 泊 ま ら ず に イ ン ド に

数 時 間 立 ち 寄 っ て か ら 京 都 に 来 て 、 講

な し た あ と 、 マ ニ ラ に 飛 び 、 イ ン ド に

話 さ れ る 。 ノ ル ウ ェ ー で 国 際 会 議 を こ

国 際 派 イ ン ド 人 ら し く 、 明 晰 な 英 語 を

図 1 パチャウリ氏と木内さん(左)と筆者.

図 2 特別講演をするパチャウリ氏.



パ チ ャ ウ リ 氏 は す ら っ と し た 長 身 で 、

パ チ ャ ウ リ 議 長 に お 会 い す る ︵ 図 1 ︶

和 隆 光 教 授 と 昼 食 を す ま せ た ば か り の

熱 気 が あ ふ れ て い た 。

名 以 上 と な り 、 名 実 と も に 世 界 大 会 の

名 、 日 本 の 参 加 者 を 含 め る と 一 〇 〇 〇

た 。 参 加 者 は 海 外 四 七 ヵ 国 か ら 五 三 二

終 え 、 す で に セ ッ シ ョ ン が 始 ま っ て い

秋 篠 宮 殿 下 を 迎 え た 開 会 式 を 前 夜 に

気 を 発 揮 す る と 、 ﹁ そ の 通 り 。 償 い の

排 出 男 で す ね ﹂ と 、 木 内 さ ん が 茶 目 っ

な い で し ょ う ね 。 世 界 一 の 二 酸 化 炭 素

ほ ど 頻 繁 に 飛 行 機 に 乗 る 人 は ほ か に い

を 飛 び 回 っ て い る 。 ﹁ パ チ ャ ウ リ さ ん

ャ ウ リ 氏 は 、 飛 行 機 を 乗 り 継 い で 世 界

影 響 に つ い て 、 と く に ア ジ ア 地 域 に 的

ウ リ 氏 は 、 気 候 変 動 が も た ら す 深 刻 な

な 開 発 へ の 気 候 変 動 の 影 響 ﹂ 。 パ チ ャ

講 演 の タ イ ト ル は ﹁ 公 平 で 持 続 可 能

会 場 に 着 く な り 、 武 内 和 彦 教 授 、 佐

パ チ ャ ウ リ 氏 の 特 別 講 演

園 は 広 々 と し て 気 持 ち が よ い 。

い 山 並 み を 借 景 に し た 噴 水 池 を 囲 む 庭

ネ ル ギ ー 問 題 と 日 夜 格 闘 し て い る パ チ

事 長 と し て 地 球 温 暖 化 や 気 候 変 動 、 エ

E R I

だ ろ う け ど ﹂ と 苦 笑 し た 。

な ら な い 。 そ れ で も 、 と て も 償 え な い

た め も う 一 回 人 生 を 生 き 直 さ な く ち ゃ

︵ エ ネ ル ギ ー 資 源 研 究 所 ︶

の 理


で ま あ た る 、 。 シ ン ポ ジ ウ ム に 先 立 っ て 特 別

と に な り 、 聴 講 の 機 会 を 与 え ら れ た の

際 的 枠 組 み ﹂ を I R 3 S が 共 催 す る こ

シ ン ポ ジ ウ ム ﹁ ポ ス ト 京 都 議 定 書 の 国

︵ 委 員 長 ・ 佐 和 隆 光

﹁ 環 境 経 済 ・ 政 策 学 会 ﹂ を 中 心 と す る

は 初 の 開 催 と な っ た 。 主 催 は 日 本 側 が

リ カ ・ モ ン テ レ ー に つ づ き 、 ア ジ ア で

の イ タ リ ア ・ ヴ ェ ニ ス 、 第 二 回 の ア メ

国 際 学 会 で 、 今 回 の 京 都 大 会 は 第 一 回

環 境 経 済 学 世 界 大 会 は 四 年 に 一 回 の

の 山 々 の 穏 や か な 曲 線 と 対 照 的 だ 。 青

合 わ せ た コ ン ク リ ー ト の 直 線 が 、 周 辺

築 の 威 容 が 目 に 飛 び 込 む 。 台 形 を 組 み

様 式 を と り い れ た 六 〇 年 代 の モ ダ ン 建

議 場 に 着 く 。 神 社 な ど の 伝 統 的 な 建 築

京 都 駅 か ら 地 下 鉄 で 二 〇 分 、 国 際 会

講 演 を す る こ と に な っ た I P 議 C 長 C の ︵ ラ 気 候 変 動 に 関 す る 政 府 間 パ ネ ル ︶

同 大 会 組 織 委 員 会

の 地 球 環 境 政 私 た ち は 、 パ チ ャ ウ リ 氏 に お 会 い し 、

の ジ ャ ー ナ ル の 編 集 に か か わ っ て い る

ー 武 ナ 3 社 内 ビ S ︶ 和 リ 主 へ 彦 テ 宰 の 東 ィ の 寄 大 ・ 国 稿 教 サ 際 を 授 ジ お 。 イ ャ 版 エ 願 元 ー い は ン ナ し シ ス ル て ュ ﹄ ︵ ﹃ い プ 編 サ る リ 集 ス 。 ン 長 テ こ ガ は イ

ジ ェ ン ド ラ ・ パ チ ャ ウ リ 氏 に は 、 I R

四 つ の サ イ ド イ ベ ン ト が 開 催 さ れ た 。

民 公 開 シ ン ポ ジ ウ ム 、 五 回 の 特 別 講 演 、

立 命 館 大 教 授 ・ 京 大 特 任 教 授 ︶

講 演 を 聴 く の も 楽 し み だ っ た 。

七 月 三 ∼ 七 日 ︶

晴 れ あ が っ た 一 日 、 木 内 真 理 子 さ ん

第 三 回 環 境 経 済 学 世 界 大 会

と と も に 京 都 国

世 界 大 会 ︵

二I 酸P 化C 炭C 素議 排長 出は 男世 ?界 一 の

︵ I R 3 S 特 任 専 門 員 ︶

際 会 館 を た ず ね た 。 第 三 回 環 境 経 済 学

策 パ ネ ル と し て お こ な わ れ る 市 民 公 開

わ っ た 。 約 七 〇 〇 の 研 究 報 告 の 他 、 市

二 〇 〇 六 年 七 月 四 日 、 梅 雨 の 最 中 の

カ か ら 各 々 の 環 境 ・ 資 源 経 済 学 会 が 加

ア メ リ カ 、 ヨ ー ロ ッ パ 、 ラ テ ン ア メ リ

サステナ の 眼

。 こ れ に

国﹁ 際ポ ス シト ン京 ポ ジ都 ウ議 ム定 書 の 国 際 的 枠 組 み ﹂ を 考 え る 加賀谷祥子 東京大学サステイナビリティ学 連携研究機構特任専門員




出 の コ ス ト を 払 っ て い な い ア メ リ カ が と を 報 告 し た 。

と く に 共 通 排 出 税 は 、 二 酸 化 炭 素 排 に エ ネ ル ギ ー 政 策 に 取 り く ん で い る こ

ル な 共 通 排 出 税 の 三 つ を 提 言 し た 。

熱 帯 雨 林 イ ニ シ ア テ ィ ブ 、 ③ グ ロ ー バ

組 み の 活 用 、 ② 森 林 破 壊 を 防 ぐ た め の

易 制 裁 措 置 な ど 、 す で に あ る 制 度 的 枠

り 、 今 後 の 方 策 と し て 、 ① W T O の 貿

を か け な か っ た こ と な ど は 失 策 ﹂ と 語

カ が 脱 退 し た こ と 、 森 林 破 壊 に 歯 止 め

最 大 の 二 酸 化 炭 素 排 出 国 で あ る ア メ リ

ウ ン さ せ た こ と は 評 価 で き る 。 し か し 、

に 署 名 し 、 二 酸 化 炭 素 排 出 を ス ロ ー ダ

定 書 を 評 価 し た う え で 、 中 国 が 国 家 的

プ ロ ジ ェ ク ト が 登 録 さ れ た ﹂ と 京 都 議

て い る 。 中 国 で は す で に 一 〇 の C D M

り あ げ ら れ 、 京 都 議 定 書 は 注 目 を 集 め

変 動 に つ い て は 中 国 の 新 聞 な ど で も 取

っ た 。 ﹁ 京 都 議 定 書 は 突 破 口 だ 。 気 候

刻 さ を 語 り 、 I P C C を 支 持 す る と 語

そ れ に よ る 経 済 的 損 失 な ど 、 問 題 の 深

積 の 減 少 、 異 常 気 象 に よ る 災 害 の 増 加 、

姜 氏 は 、 中 国 に お け る 近 年 の 湖 水 面

識 さ れ た こ と 、 多 く の 産 業 国 が 議 定 書

い て 、 ﹁ 地 球 温 暖 化 問 題 の 重 要 性 が 認 を 作 る こ と も 大 切 だ と 語 っ た 。

ス テ ィ グ リ ッ ツ 氏 は 京 都 議 定 書 に つ 権 取 引 な ど の グ ロ ー バ ル ス タ ン ダ ー ド

っ ぱ に ま と め て み よ う 。

五 人 の パ ネ リ ス ト の 意 見 を 、 お お ざ

D の 自 M 国 動 ︵ 際 車 ク 的 の リ 課 排 ー 題 出 ン に 量 開 取 を 発 メ り 減 カ 組 ら ニ む す ズ と こ ム と と ︶ も な や に ど 排 、 共 出 C 通

二京 〇都 一議 三 年定 以書 降の の意 国義 際と 的評 な価 枠、 組 み に つ い て

同 時 に 、 住 居 の 断 熱 技 術 を 高 め る こ と 、

程 度 に 効 果 が あ る は ず 、 と 主 張 し た 。

植 田 和 弘 氏 。

を 作 れ ば 、 京 都 議 定 書 の 削 減 目 標 と 同

参 加 で き る も の で あ り 、 上 手 に 仕 組 み

図 3 市民公開 シンポジウム.




業 を お こ な っ て も 二 割 以 上 が 消 滅 し 、

る と 、 バ ン グ ラ デ シ ュ の 国 土 は 土 木 事

ぼ る と い う 。 海 面 が 一 メ ー ト ル 上 昇 す

も 二 〇 〇 〇 万 人 か ら 六 〇 〇 〇 万 人 に の

な る 専 〇 る か 門 〇 ? に 家 万 上 に 人 イ 回 よ の ン る る 環 ド 数 予 境 洪 の 測 難 水 人 だ 民 流 た 。 が 域 ち 日 出 の が 本 現 難 環 の す 民 境 人 る だ 難 口 と け 民 を い で に は う

っ て 二 〇 五 〇 年 ま で に 世 界 で 一 億 五 〇

変 動 に よ る 海 面 上 昇 と 農 業 の 衰 退 に よ

シ ョ ッ ク だ っ た の は 、 温 暖 化 や 気 候

貧 富 の 差 を 拡 大 さ せ る だ ろ う と い う 。

厳 し い 打 撃 を あ た え 、 国 家 間 や 国 内 の

ン の 脅 威 と あ い ま っ て 、 貧 困 層 に よ り

候 変 動 の 影 響 は 、 グ ロ ー バ リ ゼ ー シ ョ

に 、 安 全 な 水 の 確 保 を 困 難 に す る 。 気

や 旱 魃 は 食 糧 生 産 を 低 下 さ せ る と 同 時

こ の 減 少 に さ ら に 拍 車 を か け る 。 洪 水

な 理 由 で 減 少 し て い る が 、 気 候 変 動 は

の 穀 物 生 産 量 の 伸 び 率 は 近 年 さ ま ざ ま

間 の 生 存 に 欠 か せ な い 貴 重 な 資 源 が 危

れ ば な ら な い と 力 説 し た 。 い ず れ も 人

ご と に 、 戦 略 的 に 取 り 組 ん で い か な け

題 を 解 決 す る た め に 、 国 ご と に 、 地 域

す 土 地 資 源 、 水 資 源 、 食 物 生 産 性 の 問

能 な 経 済 発 展 を 進 め る ⋮ ⋮ と い う 三 点

る 、 ② 食 糧 生 産 を 確 保 す る 、 ③ 持 続 可

態 系 が 気 候 変 動 に 対 し て 自 然 に 順 応 す

早 急 に 求 め ら れ て い る 。 そ の 際 、 ① 生

し 、 気 候 シ ス テ ム を 安 定 さ せ る こ と が

な ら な い 程 度 に 、 温 室 効 果 ガ ス を 減 ら

人 間 活 動 の 自 然 界 へ の 干 渉 が 危 険 に

大 学 教 授 で 環 境 経 済 ・ 政 策 学 会 会 長 の

教 授 の 佐 和 隆 光 氏 。 モ デ レ ー タ は 京 都

か ら は 立 命 館 大 学 教 授 ・ 京 都 大 学 特 任

学 教 授 の カ ル ロ ・ キ ャ ラ ー ロ 氏 、 日 本

の 環 境 政 策 決 定 に か か わ る ベ ネ チ ア 大

パ チ ャ ウ リ 氏 は 、 気 候 変 動 が も た ら ︵ ジ ア ン ・ ケ ジ ュ ン ︶

主 任 研 究 員 、 E U

の こ と を 思 い 、 暗 い 気 持 ち に な る 。

よ う に な っ た 南 海 の 島 々 で 暮 ら す 人 々

の こ と 。 近 年 、 大 潮 の た び に 浸 水 す る

海 面 上 昇 は 数 百 年 間 に わ た っ て 続 く と

大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 は 安 定 す る も の の 、

っ と も 二 酸 化 炭 素 排 出 を 減 ら し て も 、

を 同 時 に 配 慮 し な け れ ば な ら な い 。 も

改 革 委 員 会 エ ネ ル ギ ー 研 究 所 の 姜 克 雋

セ プ タ ・ ダ ス グ プ タ 氏 、 中 国 国 家 発 展

研 究 顧 問 ・ 元 イ ン ド 大 使 の チ ャ ン ド ラ

ツ 氏 、 イ ン ド ・ エ ネ ル ギ ー 資 源 研 究 所

銀 行 副 総 裁 の ジ ョ セ フ ・ ス テ ィ グ リ ッ

受 賞 し た コ ロ ン ビ ア 大 学 教 授 で 元 世 界

満 般 環 公 決 盛 パ 席 の 境 開 の パ 況 ネ 。 観 経 シ 糸 チ の リ 客 済 ン 口 ャ 市 ス も 学 ポ は ウ 民 ト 加 世 ジ あ リ は わ 界 ウ る 氏 公 っ 大 ム の の 開 、 ノ て 会 が だ 投 シ ー 、 参 始 ろ げ ン ベ 広 加 ま う か ポ ル い 者 っ か け ジ 経 会 の た 。 た ウ 済 場 ほ ︵ い 問 ム 学 は か 図 よ 題 賞 ほ に 3 い に ︶ よ 解 を ぼ 一 。

な ら し た ︵ 図 2 ︶

。 た と え ば 、 イ ン ド さ れ る と い う 。

を 絞 り 、 具 体 的 な 数 値 を あ げ て 警 鐘 を 一 五 〇 〇 万 人 の 人 口 が 移 動 を 余 儀 な く 機 に さ ら さ れ よ う と し て い る の だ 。




わ れ わ れ 経 済 学 者 の 役 割 だ ﹂ と 語 っ た 。

を ど う 改 編 す る か 、 そ れ を 考 え る の が

促 進 す る 。 と 同 時 に 社 会 経 済 シ ス テ ム

に 果 敢 に 挑 戦 す る こ と で 、 技 術 開 発 を

二 一 世 紀 の 最 大 の 制 約 で あ る 環 境 問 題

が あ り 、 二 酸 化 炭 素 削 減 の た め に 重 要

都 議 定 書 は 一 般 の ア メ リ カ 人 に は 影 響

の 見 解 と も 共 通 す る 。 い っ ぽ う で ﹁ 京

ャ ラ ー ロ 氏 ︶

た め に 高 い コ ス ト を 払 う べ き だ ﹂ ︵

対 処 す る と き の 障 害 に な り そ う だ 。

期 的 な ビ ジ ョ ン は 、 地 球 温 暖 化 問 題 に

一 国 主 義 、 企 業 利 益 優 先 の 考 え 方 や 短



と い う 意 見 は 、 世 間 一 般 よ う ﹂ と 発 言 す る 人 も い る と の こ と で 、

動 力 に な り 、 そ れ が 経 済 を 発 展 さ せ る 。

﹁ ア メ リ カ は 気 候 変 動 問 題 に 対 処 す キ る

く な る 。 地 球 温 暖 化 の プ ラ ス 面 を 考 え

海 の 氷 が 溶 け た ら 油 田 の 採 掘 が し や す

メ リ カ が 復 帰 す る こ と を 希 望 し た 。

に す る ﹂ こ と を 提 案 し 、 そ れ に よ り ア

こ と で 、 経 済 的 利 益 を 受 け ら れ る よ う

出 権 取 引 市 場 に 売 り 手 と し て 参 加 す る

ア メ リ カ の 積 極 的 関 与 な し に は 、 イ ン

﹁ ア メ リ カ の 復 帰 と 参 加 が 不 可 欠 。

ア メ リ カ の 動 向 に つ い て

ド 、 中 国 を は じ め と す る 途 上 国 の 問 題

カ の 石 油 産 業 関 係 者 の な か に は ﹁ 北 極

ス テ ィ グ リ ッ ツ 氏 に よ れ ば 、 ア メ リ

交 代 す れ ば 、 希 望 が 見 え る の だ ろ う か 。

路 線 を は ば ん で い る と の こ と 。 政 権 が

資 本 は 、 一 国 主 義 を 主 張 し て 国 際 協 調

ま た 、 ﹁ 不 足 や 制 約 は 技 術 開 発 の 原 を 論 じ る こ と も で き な い ﹂ ︵ 佐 和 氏 ︶

力 を す れ ば 達 成 で き る よ う に す る 。 排

て い る 国 防 総 省 と 石 油 資 本 ・ 軍 需 関 連

務 で は な く 抑 制 義 務 を 課 し 、 適 正 な 努

つ ら え る 。 た と え ば 二 酸 化 炭 素 削 減 義

に ﹁ 途 上 国 に 参 加 イ ン セ ン テ ィ ブ を し

け て の 国 際 協 調 体 制 を つ く る ﹂ と と も

合 技 術 な ど の 長 期 的 技 術 開 発 研 究 に 向

し い 。 宇 宙 太 陽 光 発 電 、 次 世 代 の 核 融

定 書 の 五 年 ご と の 短 期 目 標 は あ わ た だ

き る メ カ ニ ズ ム だ ﹂ と 語 り 、 ﹁ 京 都 議

動 向 で あ ろ う 。

で 急 速 な 発 展 を と げ る 中 国 ・ イ ン ド の

は 、 ア メ リ カ の 動 向 、 そ し て 、 ア ジ ア

降 の 国 際 的 枠 組 み を 進 め る 鍵 を 握 る の

加 が 最 大 の 欠 陥 で あ り 、 二 〇 一 三 年 以

れ た 。 な ん と い っ て も ア メ リ カ の 不 参

価 さ れ た が 、 い く つ か の 欠 陥 も 指 摘 さ

京 都 議 定 書 の 意 義 は 基 本 的 に 高 く 評

し た の に 対 し て 、 ブ ッ シ ュ 政 権 を 支 え

省 が 安 定 し た 国 際 秩 序 を 最 優 先 課 題 と

政 権 を 支 え て い た ア メ リ カ 財 務 系 金 融

佐 和 氏 の 解 説 に よ れ ば 、 ク リ ン ト ン

を 披 露 し た 。

い ﹂ と い う ク リ ン ト ン 前 大 統 領 の 意 見

政 権 で あ っ て 、 ア メ リ カ 人 全 体 で は な

都 議 定 書 に 反 対 し て い る の は ブ ッ シ ュ

置 を 提 供 す る も の で 、 途 上 国 も 参 加 で

い コ ス ト で 途 上 国 に 二 酸 化 炭 素 削 減 装

ア鍵 メを リ握 カる ・ 中 国 ・ イ ン ド

氏 な ︶ 活

と い う 認 識 も あ り 、 佐 和 氏 は ﹁ 京

動 が 行 わ れ て い る ﹂ ︵ ダ ス グ プ タ


だ 。 し か し 、 最 強 の 産 業 国 ・ ア メ リ カ

意 義 は 大 き く 、 き わ め て 重 要 な 第 一 歩

は ﹁ 先 進 国 に 初 め て 数 値 目 標 を 与 え た

と 述 べ た う え で 、 京 都 議 定 書 に つ い て

経 済 的 ・ 技 術 的 条 件 も 考 慮 す べ き だ ﹂

識 し た う え で 、 ﹁ 京 都 議 定 書 の 政 治 的

接 的 な 影 響 も 深 刻 に な る だ ろ う ﹂ と 認

が も た ら す 人 々 の 移 動 や 紛 争 な ど 、 間

ド は 予 想 以 上 に 早 い 。 水 や 資 源 の 不 足

キ ャ ラ ー ロ 氏 は ﹁ 気 候 変 動 の ス ピ ー

ズ ム と よ ば れ る C D M は 、 先 進 国 が 安

た の か は 問 題 ﹂ だ と し 、 ﹁ 京 都 メ カ ニ

が フ ェ ア か ど う か 、 ど の よ う に 決 ま っ

ッ パ 8 % 、 東 欧 ・ ソ 連 〇 % と い う 数 字

進 国 の 場 合 と 差 異 が あ っ て し か る べ き 。

途 上 国 は 被 害 者 で あ り 、 そ の 役 割 は 先

一 一 ・ 二 七 ト ン よ り も は る か に 少 な い 。

排 出 量 は 〇 ・ 九 九 ト ン で 先 進 国 平 均 の

だ 。 二 〇 〇 三 年 イ ン ド 人 一 人 あ た り の

あ た り の 排 出 量 と い う 原 則 は 守 る べ き

資 源 に 対 す る 権 利 は 人 類 平 等 で 、 一 人

ダ ス グ プ タ 氏 は ﹁ 大 気 と い う 貴 重 な

ど の 役 割 を 明 記 す べ き 。 ﹂

と る 。 C D M に 積 極 的 に 参 加 す る 、 な

高 め 、 二 酸 化 炭 素 排 出 を 減 ら す 政 策 を

可 能 な 発 展 の た め に エ ネ ル ギ ー 効 率 を

は コ ス ト が 高 す ぎ る 。 ③ 途 上 国 も 持 続

ー 効 率 が 高 い 。 こ れ 以 上 の 排 出 量 削 減

省 エ ネ 技 術 を 開 発 し 、 す で に エ ネ ル ギ

ほ う が 有 効 だ ﹂ と 主 張 し た 。

無 理 。 地 域 ご と の 小 さ な 合 意 を 求 め る

て て 酸 持 な ︶ 差 化 す く 佐

日 本 六 % 、 ア メ リ カ 七 % 、 ヨ ー ロ

異 化 し た こ と 、 ︵ 一 九 九 〇 年 に 比 べ

炭 素 排 出 量 の 削 減 目 標 を 国 に よ っ

る 。 し か し 、 二 〇 一 二 年 ま で の 二

、 予 防 原 則 に 立 つ 京 都 議 定 書 を 支

和 氏 は ﹁ 科 学 的 解 明 を 待 つ の で は

シ ッ プ ︶

P F ︵ C ポ ア C ス ジ C ト ア ︵ 京 ・ 気 都 パ 候 議 シ 定 フ 変 ィ 動 書 ッ 枠 の ク 組 国 ・ 条 際 パ 約 協 ー ︶ 力 ト / は ナ A U ー P N

﹁ ① ア メ リ カ は ま だ 、 京 都 議 定 書 を

れ だ ﹂ と 語 り 、 三 つ の 問 題 を 指 摘 し た 。

値 目 標 に 達 し て い な い こ と は 期 待 は ず

シ ョ ン を と っ て い る に も か か わ ら ず 数

が 離 脱 し た こ と と 、 E U が 大 胆 な ア ク

い て は ﹁ エ ネ ル ギ ー シ ス テ ム を 改 善 し 、

二 〇 一 三 年 以 降 の 国 際 的 な 枠 組 み に つ

室 効 果 ガ ス は 減 少 し て い な い ﹂ と 語 り 、

和 す る 効 果 は そ れ ほ ど 大 き く な い 。 温

な 達 成 は 大 き か っ た が 、 気 候 変 動 を 緩

て ほ し い と 語 っ た 。

強 い の で 、 技 術 移 転 に 積 極 的 に 協 力 し

の た め の 新 し い 技 術 は 公 共 財 的 性 格 が

効 で あ る こ と 、 ク リ ー ン ・ エ ネ ル ギ ー

は 一 九 七 〇 年 の オ イ ル シ ョ ッ ク 以 来 、

現 実 的 な 方 法 を 考 え る べ き だ 。 ② 日 本

公 平 に 負 担 を 分 担 し て も ら う た め に 、

受 け 入 れ る 用 意 が な い 。 ア メ リ カ に も

と し 、 ﹁ グ ロ ー バ ル な 合 意 は 現 実 的 に

目 標 と し 、 そ の た め の 技 術 協 力 を 主 眼

を 排 出 し な い 技 術 を 開 発 す る こ と ﹂ を

新 し い イ ン フ ラ を 整 備 し 、 二 酸 化 炭 素

な ど を 通 し た 多 国 間 協 力 が 有




図 4 モデレータを務めた植田和弘氏.

な け れ ば な ら な い ﹂ と い う キ ャ ラ ー ロ

緩 和 策 か ら 適 応 策 へ と シ フ ト し て い か

て も 気 候 変 動 は 避 け ら れ な い の だ か ら 、

い っ ぽ う 、 ﹁ ど の よ う な 対 策 を 講 じ

の こ と で あ る 。 ︶

中 心 と し た 日 本 語 の 本 を 刊 行 準 備 中 と

録 と 市 民 公 開 シ ン ポ ジ ウ ム の 議 事 録 を



を 実 感 し た 。

会 組 織 委 員 会 は 、 パ チ ャ ウ リ 氏 の 講 演

盤 に 基 づ く 提 案 を も と に 交 流 で き た こ

環 境 経 済 学 世 界 大 会 の 場 で 、 学 問 的 基

学 と い う 学 問 も 問 わ れ て い る 。 第 三 回

技 術 革 新 へ の 期 待 が た い へ ん 高 い こ と

全 で ク リ ー ン な エ ネ ル ギ ー 開 発 な ど 、

省 エ ネ 技 術 や 二 酸 化 炭 素 吸 収 技 術 、 安

ず あ る に ち が い な い 。 日 本 に 対 し て は

さ せ れ ば 袋 小 路 か ら 脱 出 す る 方 法 は 必

界 共 通 の 問 題 な の だ か ら 、 智 慧 を 結 集

が 予 測 さ れ る 。 だ が 、 地 球 温 暖 化 は 世

つ い て は 、 今 後 も 政 府 間 の 困 難 な 交 渉

ポ ス ト 京 都 議 定 書 の 国 際 的 枠 組 み に

し た こ と を 事 務 局 の 方 か ら 聞 い た 。 大

︵ 後 日 、 大 会 が 大 成 功 の う ち に 閉 会

ま り に 期 待 し た い 。

い 。 世 界 的 な 規 模 で の 今 後 の 議 論 の 深

発 な 議 論 が た た か わ さ れ た に ち が い な

て い た か ら 、 こ の シ ン ポ ジ ウ ム 後 も 活

暖 化 と 直 接 関 係 の 深 い テ ー マ も 含 ま れ

収 ﹂ ﹁ 気 候 変 動 と 農 業 ﹂ な ど 、 地 球 温

引 ﹂ ﹁ 中 国 と 日 本 の C D M ﹂ ﹁ 炭 素 吸

っ て 大 事 な 経 済 問 題 で あ り 、 環 境 経 済

外 交 上 の 課 題 で あ る が 、 将 来 世 代 に と

と い う 熱 意 が 共 通 に 感 じ ら れ た 。 政 治

つ く る こ と で 地 球 温 暖 化 を 防 止 し よ う

べ て の 国 が 参 加 で き る よ う な 枠 組 み を

は 見 解 の 違 い は あ る が 、 で き る だ け す

重 要 な 課 題 と な る は ず で あ る 。

ん 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ 学 に と っ て も

こ れ ら の 提 案 は 、 環 境 経 済 学 は も ち ろ

の 討 論 が 展 開 し な か っ た の は 残 念 だ が 、

ろ で 時 間 切 れ に な り 、 各 提 案 に つ い て

パ ネ リ ス ト 全 員 が 提 案 を 終 え た と こ

ョ ン の テ ー マ に は ﹁ ポ ス ト 京 都 ﹂ ﹁ 環

第 三 回 環 境 経 済 学 世 界 大 会 の セ ッ シ

テ ィ グ リ ッ ツ 氏 の 意 見 も 気 に な っ た 。

の 道 を 探 り は じ め る 時 期 だ ﹂ と い う ス

な い 。 グ ロ ー バ ル な 合 意 を め ざ し て 別

境 税 ﹂ ﹁ 経 済 成 長 と 環 境 ﹂ ﹁ 排 出 権 取

京 都 議 定 書 の 評 価 、 提 案 内 容 に つ い て

い て 実 り あ る 議 論 を す る こ と が で き た 。

う れ し い ﹂ と 締 め く く っ た

と 、 そ れ も 京 都 か ら 発 信 で き た こ と が

︵ 図 4 ︶

り に 重 要 で 、 善 意 に 頼 っ て も 解 決 で き

氏 の 発 言 や 、 ﹁ 地 球 温 暖 化 問 題 は あ ま


達 成 す る 。 排 出 量 ト ッ プ 一 〇 〇 〇 の 会

〇 二 〇 年 ま で に 二 〇 % の 省 エ ネ 目 標 を

に よ る 発 電 を 実 現 す る 。 省 エ ネ 法 で 二

可 能 ﹂ と 述 べ た が 、 ス テ ィ グ リ ッ ツ 氏

﹁ 理 論 的 に は 有 効 だ が 、 現 実 的 に は 不

た が 、 氏 が 研 究 顧 問 と し て か か わ る T

化 対 策 に つ い て は と く に 報 告 し な か っ

れ よ ー に 機 や な よ く に め 国 と し 社 ダ な る ダ も 感 旱 ど っ ん よ 中 ざ 内 農 た 会 ス い 効 ー 積 が 魃 の て で っ 国 し と 村 。 の グ 。 果 シ 極 切 な 問 、 い て は て 国 、 経 建 プ が ッ 的 実 ど 題 す る 、 国 い 外 沿 済 設 タ 比 プ だ な の が で よ 温 を る と 海 の を 氏 較 の 。 の 災 生 に う 暖 あ と い 部 成 提 は 的 強 中 だ 害 じ 環 だ 化 げ の う と 長 唱 イ 早 い 国 ろ が て 境 。 問 て こ 五 中 と し く 国 の う 頻 い 汚 急 題 省 と つ 西 社 て ン 現 は よ 。 発 る 染 速 に エ で の 部 会 い ド れ 、 う C し う や な 前 ネ あ 調 、 の る に る 政 に D て え 貧 経 向 に る 和 人 発 こ お の 策 国 M お に 富 済 き 励 。 の と 展 と け か 実 家 の り 、 の 発 に む る 実 自 、 を も 践 の 参 、 洪 拡 展 取 こ 温 現 然 都 紹 し に リ 加 危 水 大 に り と 暖 を 、 市 介

佐 和 氏 は 、 胡 錦 涛 主 席 み ず か ら 調 和

ポ ス ト 京 都 議 定 書 の 国 際 的 枠 組 み に つ

ら 集 ま っ た 五 人 の パ ネ リ ス ト に よ っ て 、

っ た モ デ レ ー タ の 植 田 氏 は ﹁ 世 界 中 か

風 力 、 水 力 、 太 陽 光 、 バ イ オ マ ス な ど

ま と め 、 議 論 の 流 れ に メ リ ハ リ を つ く

年 的 戦 計 に 略 姜 画 乗 白 氏 ︵ り 書 に 二 出 を よ 〇 し 発 る 〇 た 表 と 五 。 し 、 ∼ エ 、 中 一 ネ 省 国 〇 ル エ 政 ︶ ギ ネ 府 を ー 事 は 実 再 業 気 施 生 に 候 し 五 本 変 、 ヵ 格 動

人 が 目 立 っ て い た 。 発 言 ご と に 要 旨 を

真 剣 な 空 気 が 流 れ 、 熱 心 に メ モ を と る

に は 、 パ ネ リ ス ト の 発 言 に 耳 を 傾 け る

か つ て 京 都 議 定 書 が 採 択 さ れ た 会 場

発 展 し つ づ け れ ば 一 挙 に 増 え る だ ろ う 。

い が 、 両 国 の 経 済 が 今 後 も 加 速 度 的 に

へ﹁ のグ 道ロ をー 探バ るル な 合 意 ﹂

一 人 当 た り の 二 酸 化 炭 素 排 出 量 が 少 な

界 人 口 の 四 割 を 占 め て い る 。 今 は ま だ

ら れ て い く の だ ろ う 。

中 国 と イ ン ド の 人 口 だ け で す で に 世

提 言 の 数 々 は 、 今 後 さ ら に 議 論 が 深 め

や ん わ り 反 論 し た 。

中 国 ・ イ ン ド の 動 向 に つ い て

益 を 得 る ﹂ な ど 、 途 上 国 の 参 加 を 促 す

拡 大 す る ﹂ ﹁ 排 出 権 取 引 に 参 加 し て 利

極 的 に 参 加 す る ﹂ ﹁ C D M の 枠 組 み を

例 は 、 ワ シ ン ト ン に い く つ も あ る ﹂ と

出 を 減 ら す 政 策 を と る ﹂ ﹁ C D M に 積

は ﹁ 不 可 能 と い わ れ た 法 案 が 成 立 し た

エ ネ ル ギ ー 効 率 を 高 め 、 二 酸 化 炭 素 排

﹁ 途 上 国 も 持 続 可 能 な 発 展 の た め に

く ん で い る 。

排 出 税 ﹂ に つ い て 、 キ ャ ラ ー ロ 氏 は

ス テ ィ グ リ ッ ツ 氏 の 提 案 す る ﹁ 共 通

⋮ ⋮ な ど が 示 さ れ て い る 。

社 に 、 エ ネ ル ギ ー 制 限 目 標 を 与 え る

ン ド の エ ネ ル ギ ー 問 題 に 積 極 的 に 取 り

E R I ︵ エ ネ ル ギ ー 資 源 研 究 所 ︶

は イ




生 物 多 様 性 の 点 か ら 見 る と 、 単 一 の 木

と こ ろ で 、 木 と 草 は ど こ が 違 う か ご

図1 (上)  イ ン ド ネ シ ア・ス マ ト ラ 島 の の 植林地(2005 年) . 図2 (下)  樹 木 の 断 面の構造.樹皮の内側 の白っぽい部分が辺材, その内側の色の濃い部 分が心材.

図 3 梅澤俊明 京都大学教授.

る と 共 に ほ と ん ど の 細 胞 が 死 ん で し ま



た 辺 材 で は リ グ ニ ン と い う 物 質 が で き

て 形 成 層 帯 の 細 胞 分 裂 に よ っ て 生 成 し

が 生 き て い ま す 。 春 先 か ら 初 夏 に か け

り 内 側 ま で が 辺 材 で 、 一 部 の 細 胞 だ け

ん で い ま す 。 心 材 の 外 側 で 形 成 層 帯 よ

心 材 が あ り ま す 。 こ こ の 細 胞 は 全 部 死

ま す 。 樹 木 の 中 央 に は 、 色 の 濃 い 部 分 、

樹 木 、 一 年 で 活 動 を や め る と 草 に な り

き 年 ご と に 二 次 肥 大 成 長 を 続 け る の が

が 太 り ま す 。 形 成 層 帯 の 細 胞 分 裂 が 続

生 き て い て 、 細 胞 が 増 殖 す る こ と で 木

シ ア の 一 種 の 植 林 地 で 、 一 九 万 ヘ ク タ

し か あ り ま せ ん 。 図 1 は マ メ 科 の ア カ

切 れ な い の な ら 、 使 う 分 の 木 を 育 て る

っ て い る と い わ れ て い ま す 。 天 然 林 が

一 人 年 間 に 約 一 立 方 メ ー ト ル の 木 を 使

と 私 た ち は 生 活 で き ま せ ん 。 日 本 人 は

も う す ぐ で き な く な り ま す 。 木 が な い

林 が 激 減 し 、 今 は ま だ 伐 採 で き て も 、

の 目 標 の 一 つ で す 。

術 で 作 っ て い こ う と い う の が 分 子 育 種

悪 条 件 で も 育 つ 樹 木 を 遺 伝 子 操 作 の 技

を 植 え る の は 条 件 の 悪 い 所 に な り ま す 。

産 に 向 け な け れ ば な り ま せ ん か ら 、 木

増 え る 中 で 、 条 件 の い い 土 地 は 食 糧 生

メ リ ッ ト は あ り ま す 。 こ れ か ら 人 口 が

少 な く と も 伐 採 地 跡 に 植 生 が 回 復 す る

を 植 え る の は よ く な い の で し ょ う が 、

あ り ま す 。 も ち ろ ん 、 こ の 層 の 細 胞 は

内 側 に 形 成 層 帯 と 呼 ば れ る 分 裂 組 織 が

2 の よ う に な っ て い ま す 。 樹 皮 の す ぐ

き 梅 ま  澤 せ ん 実 。 は 一 、 般 木 に と 、 草 木 は の 厳 幹 密 を に 切 は る 区 と 別 図 で

る が 、 草 は 一 、 二 年 で 死 ぬ ⋮ ⋮ 。

硬 く て 草 は 柔 ら か い 。 木 は 何 年 も 生 き

存 知 で 木 す は か 大 。 き く て 草 は 小 さ い 。 木 は

い ま す 。 一 部 の 細 胞 は 生 き 残 り ま す が 、

ー ル 、 大 阪 府 く ら い の 面 積 が あ り ま す 。


研・究・室・探・訪

京都大学生存圏研究所 梅澤研究室の巻

て で き た 研 究 所 で す 。 生 存 圏 の 状 態 を

ン タ ー と が 、 一 昨 年 四 月 に 一 緒 に な っ

の 研 究 を し て き た 宙 空 電 波 科 学 研 究 セ

た 梅 木  澤 質 科 こ 学 こ 研 は 究 、 所 木 と を 、 使 宇 う 宙 研 圏 究 ・ を 大 し 気 て 圏 き

で す 。 カ リ マ ン タ ン な ど で は 近 年 天 然

見 ま し た 。 天 然 林 か ら 切 り 出 し た も の

た 木 を 載 せ て ゆ っ く り 運 ん で い る の を

も の す ご く 大 き な ト ラ ッ ク に 切 り 出 し

昨 年 、 カ リ マ ン タ ン に 行 き ま し て 、

の 課 題 で あ る と 考 え て い ま す 。

的 木 質 生 産 利 用 シ ス テ ム の 構 築 が 緊 急

授 に 、 ま ず そ の あ た り か ら 伺 っ た 。

系 森 林 代 謝 機 能 化 学 分 野 の 梅 澤 俊 明 教

が 湧 い て こ な い 。 生 存 圏 診 断 統 御 研 究

こ が ど の よ う な 研 究 所 な の か イ メ ー ジ

う 。 生 存 圏 と い う 言 葉 は 耳 慣 れ ず 、 こ

月 、 研 究 所 自 体 が ま だ 新 し い か ら だ ろ

と 輝 い て い る の は 、 発 足 し て 二 年 数 カ

り 口 の 木 製 の 看 板 に 、 文 字 が つ や つ や

の 技 術 を

の 一 つ で あ る 人 類 が 生 存 を 続 け る た め

う と し て い ま す 。 生 存 圏 研 究 所 の 使 命

子 育 種 す る 応 用 的 研 究 ま で を つ な げ よ

代 謝 化 学 か ら 、 用 途 に 合 わ せ て 木 を 分

よ 梅 う  澤 に 形 代 成 謝 さ 機 れ 能 る に の 着 か 目 を し 解 て 析 、 す 木 る が 樹 ど 木 の

れ て い る の で す ね 。

成 す る と い う 点 で は 、 持 続

都 大 学 生 存 圏 研 究 所 が あ る 。 建 物 の 入

約 五 分 。 京 都 大 学 宇 治 キ ャ ン パ ス に 京

黄 檗 山 萬 福 寺 に 程 近 い 黄 檗 駅 か ら 徒 歩

隠 元 禅 師 が 開 祖 で あ る こ と で 知 ら れ る

診 断 し 、 生 存 圏 の 現 状 と 将 来 を 理 解 し 、

気 圏 、 宇 宙 空 間 圏 を 合 わ せ た も の で す 。

生 存 圏 と は 、 人 間 生 活 圏 、 森 林 圏 、 大

技 術 を 開 発 す る こ と を 目 指 し て い ま す 。

先 生 は そ の 中 で 森 林 圏 を 研 究 さ

京 都 駅 か ら J R 奈 良 線 で 約 二 〇 分 、 生 存 圏 を 開 拓 ・

人 類 の 生 存 へ の 落 と し ど こ ろ を 探 る

成 す る た め の 先 端 的 


使 う こ と も 考 え ら れ る で し ょ う 。 有 用

め る 性 質 を 強 め て 、 環 境 の 修 復 に 木 を

も 適 す る と 考 え ら れ ま す 。 重 金 属 を 集

の 少 な い 木 は バ イ オ エ タ ノ ー ル 生 産 に

き る か も 知 れ ま せ ん 。 ま た 、 リ グ ニ ン

プ 工 場 で の 石 油 消 費 量 の 削 減 に 貢 献 で

グ ニ ン 量 を む し ろ 増 や す ほ う が 、 パ ル

合 っ て き ま し た 。

に 研 究 し 、 そ れ 以 来 、 木 と ず っ と 付 き

成 分 の 微 生 物 に よ る 分 解 を 有 機 化 学 的

が あ っ た も の で す か ら 、 修 士 は 木 材 の

化 学 の ご 専 門 で 、 私 も 有 機 化 学 に 興 味

接 実 験 を ご 指 導 い た だ い た 先 生 が 有 機

を 梅 受  澤 け ま 林 し 産 た 工 。 学 修 で 士 木 の を 学 使 生 う の た と め き の に 教 直 育

究 を し て こ ら れ た の で す か ?

の だ ろ う と 思 っ て い ま す 。

う い う こ と を 樹 木 に 対 し て 考 え て い く

し て バ イ オ マ ス を 生 産 し て い ま す 。 そ

で す が 、 一 〇 〇 〇 年 以 上 に わ た り 安 定

は 天 然 の 状 態 か ら か け 離 れ た 人 工 環 境

は 、 水 田 を イ メ ー ジ し て い ま す 。 水 田

か を 探 っ て い く の で し ょ う 。 個 人 的 に

う 。 ど こ が い い 落 と し ど こ ろ に な る の

性 は パ ッ チ 状 に 残 し つ つ 、 人 間 が 使 う

遺 伝 子 組 換 え は 社 会 的 に は い ろ

木 は お 好 き で す か ?



分 は 植 林 し て 育 て る こ と に な る で し ょ

除 き や す い も の に 改 変 し て や れ ば 、 リ

い ま す 。 で す か ら 、 リ グ ニ ン の 構 造 を

リ グ ニ ン は パ ル プ 工 場 で 燃 料 に さ れ て

き な 環 境 問 題 と な り ま し た が 、 今 で は

以 前 は リ グ ニ ン が 垂 れ 流 し に さ れ て 大

え て や れ ば パ ル プ 化 が 楽 に な り ま す 。

リ グ ニ ン の 構 造 を 除 き や す い も の に 変

す 。 リ グ ニ ン の 少 な い 木 を 作 る と か 、

は リ グ ニ ン を 溶 か し て 除 く プ ロ セ ス で

は 木 材 を パ ル プ 化 す る の で す が 、 こ れ

く て も す む で し ょ う 。 紙 を 作 る た め に

境 に あ ま り よ く な い 防 腐 剤 を 塗 布 し な

と こ ろ で 、 先 生 は ず っ と 木 の 研

切 る と か 、 注 意 す べ き 点 が あ り ま す 。

と 確 か め ら れ た 期 間 以 上 は 育 て な い で

て る と き に は 、 変 な こ と が 起 こ ら な い

工 夫 が 必 要 で す 。 ま た 、 組 換 え 体 を 育

で 、 三 倍 体 な ど の 不 稔 個 体 を 使 う と か 、

し て い く と 遺 伝 子 を 攪 乱 し て し ま う の

ま す 。 組 換 え 遺 伝 子 が 野 生 種 等 に 拡 散

く 基 礎 を 積 み 上 げ て い く 時 期 だ と 思 い

た 梅 く  澤 さ ん ク あ リ り ア ま し す な 。 い 今 と は な 応 ら 用 な に い 結 問 び 題 つ は

い ろ な 問 題 が あ る と 思 い ま す が ⋮ ⋮ 。

い ま せ ん 。 天 然 林 に 代 表 さ れ る 多 様

し 、 そ れ だ け で は 人 間 に 必 要 な も の が

ょ 梅 う  澤 と い も う と の も は と 重 あ 要 る な 天 研 然 究 林 で を す 守 。 り し ま か し

森 の イ メ ー ジ は ど う い う も の で す か ?

な 生 理 活 性 成 分 を 作 っ て 薬 に す る こ と

も あ り う る で し ょ う 。

木 の 緑 を 見 る と 心 安 ら か に 感 じ ま す 。

け る う ち に 、 本 当 に 好 き に な り 、 今 は

わ け で は な か っ た の で す が 、 研 究 を 続

課 程 の こ ろ は 特 に 木 に 入 れ 込 ん で い た

持 続 可 能 性 の 観 点 か ら 思 い 描 く

す 梅 る  澤 の が こ 好 ど き も だ の っ こ た ろ で は す 植 。 物 大 を 学 育 の て 教 た 養 り


上 げ て や る と 腐 り に く い 木 に な り 、 環

天 然 の 樹 木 が 作 る 防 腐 剤 の 含 有 量 を

が 腐 っ て し ま う の で 、 心 材 は そ こ そ こ

菌 な ど 微 生 物 が 侵 入 し て く る と 木 の 中

た 、 お も に 防 腐 剤 と な り ま す 。 外 か ら

分 は 、 多 く の 場 合 色 が つ い て お り 、 ま

で す が 、 心 材 に な る と き に 作 ら れ る 成

ぬ と い う よ う に 二 回 に 分 か れ て 死 ぬ の

が 死 に 、 残 り が 辺 材 と 心 材 の 境 目 で 死

細 胞 は 、 リ グ ニ ン が 沈 着 し て ほ と ん ど

物 理 的 に 木 を 支 え る わ け で す 。 樹 木 の

樹 体 の 中 心 部 は 死 ん だ 細 胞 で ひ た す ら

層 と 辺 材 の わ ず か な 細 胞 だ け が 生 き 、

の 梅 は  澤 負 担 樹 が 木 大 全 き 部 い を の 生 で き 、 た 形 形 成 で 層 維 帯 持 の す 一 る

部 分 が 死 ん で い る の で す ね 。

い る し く み を 調 べ た い と 思 っ て い ま す 。

⋮ ⋮ 。 そ の よ う な 代 謝 全 体 を 統 御 し て

マ イ ク ロ R N A と い う 因 子 が い る と か

子 で す 。 そ の 黒 幕 を ま た 裏 で あ や つ る

背 後 で 制 御 す る 黒 幕 が い ま す 。 転 写 因

が あ る の で す が 、 そ の と き に 遺 伝 子 を

る 時 期 に 一 緒 に 動 く 遺 伝 子 の グ ル ー プ

ま す 。 ま た 、 代 謝 の 全 体 を 見 る と 、 あ

に ま と め て 面 倒 み る よ う な 研 究 が で き

く 遺 伝 子 全 部 、 た ん ぱ く 全 部 を 、 一 気

ま し た 。 今 で は 、 あ る 特 定 の 時 期 に 働

る 酵 素 を 見 つ け る と い う 研 究 を し て い

前 は 、 生 合 成 の 経 路 の 各 段 階 で 触 媒 す

働 き 生 合 成 が 行 わ れ る わ け で す が 、 以

写 さ れ 、 酵 素 に な り 、 酵 素 が 触 媒 と し て

い ろ い ろ あ り ま す 。

イ オ エ タ ノ ー ル 生 産 に 適 し た 木 と か 、

の 優 れ た 木 、 パ ル プ 化 し や す い 木 、 バ

的 に 強 い 木 、 腐 り に く い 木 、 音 響 効 果

て 梅 条  澤 件 の 耐 悪 寒 い 性 土 、 地 耐 で 乾 も 性 育 、 つ 耐 木 塩 や 性 、 が 力 あ 学 っ

と 考 え て い る の で す か ?

用 性 へ の 展 開 を 考 え る か ら で す 。

草 と は 違 う 木 独 自 の 面 白 い 問 題 や 、 有

い の で す 。 あ え て 木 を 研 究 す る の は 、

代 謝 を 調 べ る の な ら 草 で や っ た 方 が い

だ と 木 は 扱 い に く い 対 象 で す 。 植 物 の

こ そ 応 用 で す し 、 実 は 、 基 礎 研 究 だ け

流 れ が 出 て く る の で す 。 基 礎 が あ っ て

基 礎 を や っ て い る と 、 自 然 と 応 用 へ の

我 々 の 研 究 室 で は 、 こ う し た 樹 木 が

そ う い っ た 基 礎 研 究 と 分 子 育 種

ど の よ う な 木 を 分 子 育 種 し よ う

梅 と  澤 は ど 基 う 礎 結 と び 応 つ 用 く は の 裏 で と し 表 ょ の う 関 か 係 ? で す 。

防 腐 処 理 さ れ て い る の で す 。

作 ら れ る 過 程 で 、 ど の よ う な 生 化 学 反

応 が あ る の か に 着 目 し て い ま す 。 リ グ

た ら せ て 死 に 、 心 材 と な り ま す 。

の 成 分 を 作 り 、 そ れ を ま わ り に ゆ き わ

二 、 三 年 か ら 五 〇 年 ほ ど す る と 抗 菌 性

細 胞 の 核 に あ る D N A が m R N A に 転

そ こ に 関 わ る 遺 伝 子 を 調 べ て い ま す 。

た 物 質 の 代 謝 経 路 を 生 化 学 的 に 解 析 し 、

ニ ン 、 リ グ ナ ン 、 ノ ル リ グ ニ ン と い っ

作 を し た ら 作 れ る の か が 見 え て き ま す 。

物 質 は 、 代 謝 の ど の 時 期 で ど う い う 操

る と 、 例 え ば 、 薬 品 に な る よ う な 有 用

代 謝 全 体 の ネ ッ ト ワ ー ク が わ か っ て く

木 の 幹 と い う の は 、 ほ と ん ど の




保 護 計 画 と い う の が で き ま し て 、 昨 年

あ り ま す 。 二 年 前 に 消 防 庁 な ど の 国 民

ん 。 あ る 時 間 的 制 約 の な か で 、 物 事 を

分 野 の 研 究 と 関 係 が あ る か も 知 れ ま せ

で す 。 私 の や っ て い る 危 機 対 応 と い う



し か し 、 そ れ が 成 し 遂 げ ら れ る か ど う

と を し よ う と い う の で 楽 し い わ け で す 。

化 学 テ ロ 、 生 物 テ ロ に 関 連 す る 研 究 が

災 研 究 所 、 化 学 研 究 所 が 一 緒 に な っ て 、

い ま す 。 私 が 関 わ っ て い る の で は 、 防

と 約 二 〇 の 研 究 課 題 が す で に あ が っ て

浦 い 川 ま す 萌 か 芽 ? 研 究 、 融 合 研 究 、 総 合 研 究

ど う も 私 の 場 合 は 突 発 的 に 決 ま る よ う

来 週 か ら き て く れ み た い に い わ れ て 、

ら で す 。 実 は 京 大 に き た 最 初 の と き も 、

は 京 都 に 残 る 意 味 が 大 き い と 考 え た か

の は 、 研 究 を 継 続 さ せ て や り 遂 げ る に

は 表 裏 一 体 の 関 係 で 、 ゼ ロ か ら 始 ま る

ト で し ょ う 。 た ぶ ん 、 楽 し い と 不 安 と

シ ョ ン の 交 換 が あ り 、 違 う 見 地 が 開 け

先 生 方 の 感 化 を 受 け て 、 イ ン ス ピ レ ー

え る の に 、 志 が 高 い の で す 。 そ う し た

掛 け 持 ち で プ ラ ス ア ル フ ァ の 仕 事 が 増

い ろ い ろ な 先 生 方 が い ら し て 、 皆 さ ん

こ ろ が あ り ま し て 、 分 野 融 合 で す か ら 。

も 知 ら ず に 入 っ て き た の で す ︵ 笑 ︶ 。

は い い 方 向 に な っ て い る の で し ょ う 。

せ な う ん ん に ︵ か な 笑 し る ︶ 。 て と そ い 、 の ら 落 れ ち と な 着 き く い は な て 、 る デ 組 か ス 織 も ク と 知 ワ し れ ー て ま ク

人 が ど ん ど ん 集 ま っ て わ い わ い や る よ

し て い ま す 。 こ れ か ら 成 功 事 例 が 出 て 、

は 隅 の 方 に い て 、 広 い ス ペ ー ス を 確 保

話 し た り す る 場 所 で す 。 わ れ わ れ 助 手

浦 す 川 ね 。 サ ロ ン 的 に 研 究 会 を し た り 、 談

く の が こ こ の 場 だ と 思 っ て い ま す 。

任 が 問 わ れ る と こ ろ だ と 思 っ て い ま す 。

融 合 の 調 整 を し て い る だ け で は 、 次 の

た だ 、 わ れ わ れ 若 手 と し て は 、 分 野

ム を 作 ろ う と し て い ま す 。

そ れ に 対 応 す る の に 役 立 つ 情 報 シ ス テ

の か イ メ ー ジ す る と こ ろ か ら 始 め て 、

違 っ て 、 ま ず は ど う い う 災 害 が 起 こ る

し た 。 過 去 に 経 験 の あ る 自 然 災 害 と は

つ い て 都 道 府 県 ご と の 計 画 が 作 ら れ ま

ど の よ う な 融 合 が 生 ま れ て き て

浦 か 川 ?

こ こ に い る の を 一 〇 分 で 決 め た

ご 自 身 の 研 究 は 進 ん で い ま す

て く る と 感 じ て い ま す 。 そ れ は メ リ ッ

浦 川

組 織 は 面 白 い こ と を し よ う 、 新 し い こ

度 は 、 テ ロ が 起 き た と き の 危 機 管 理 に

分 野 融 合 が 進 む 見 通 し は ?

か わ か ら な い と い う リ ス ク が あ り ま す 。

そ れ ぞ れ に 一 流 の 人 た ち が 自 分

危 機 感 を 持 ち な が ら や っ て い る ⋮ ⋮ 。

た ち の 領 域 を 中 心 に し て 話 を す る の だ

っ た ら う ま く な い で し ょ う 。 ま ず は 話

浦 川

し て 、 面 白 い と 感 じ 、 意 気 投 合 し て い

年 の 時 間 の 過 ご し 方 は 、 か な り 自 己 責

職 場 に 移 っ た と き に 困 る の で 、 こ こ 数

え え 。 異 種 格 闘 技 戦 み た い な と

そ れ で こ こ は 面 白 い で す か ?

こ の 部 屋 は そ の た め に あ る の で


防 災 研 究 所 、 化 学 研 究 所 、 エ ネ ル ギ ー

浦 で で 川 し す ょ が こ う 、 の ? 両 ユ 者 ニ は ッ ど ト う は い 、 う 生 関 存 係 圏 に 研 あ 究 る 所 の 、

ト と は 、 ど こ と な く 名 前 が 似 て い る の

研 究 所 と こ の 生 存 基 盤 科 学 研 究 ユ ニ ッ

で 情 す 報 よ 発 ね 研 信 。 究 、 も ま し あ な ナ が ン ら デ そ モ れ 屋 も さ や ん る で わ す け 。

金 の 確 保 、 場 所 の 確 保 、 企 画 の 立 案 、

務 と す る の が こ の 企 画 戦 略 室 で す 。 資

能 が あ り ま す が 、 事 務 機 能 を 中 心 の 業

一 般 に 研 究 組 織 に は 研 究 機 能 と 事 務 機

で 、 あ と の 先 生 方 は 研 究 所 と 兼 務 で す 。

プ ロ パ ー の 研 究 者 は 若 手 の 五 人 の 助 手

設 定 し て 研 究 に 取 り 組 む の が 目 標 で す 。

す か ら 、 こ こ が 何 を す る 組 織 な の か 何

浦 川

が あ っ た の で 、 そ の 場 で 決 め ま し た 。

し か し 、 京 都 に い て ま だ や り た い こ と

研 究 所 に 移 る こ と が 決 ま っ て い ま し た 。

京 都 に き て 三 年 半 が 経 ち 、 関 東 の あ る

て ⋮ ⋮ 。 実 は 私 は 関 東 に 自 宅 が あ り 、

つ の 研 究 所 の 連 携 組 織 で す 。 既 存 の 専 ―

っ て い ま し た 。 一 〇 分 で 決 め た も の で

タ ー 長 の 林 春 男 教 授 の 下 で 研 究 員 を や

防 災 研 究 所 の 巨 大 災 害 研 究 セ ン

京 都 で は ど こ に い た の で す か ?

広 い テ ー ブ ル で 浦 川 豪 助 手 に お 話 を 聞 き ま し た 。

同 じ キ ャ ン パ ス 内 に あ る 生 存 圏

い わ れ ま し て ︵ 笑 ︶

。 妻 に 電 話 し た り し

話 が あ る が ど う か 、 一 〇 分 で 決 め ろ と

助 手 の 方 々 の デ ス ク が あ り ま す 。

ま し て 、 こ こ で 助 手 を 雇 い た い と い う

そ れ に 追 い や ら れ る か の よ う に 、 左 右 の 壁 際 に 張 り 付 く か た ち で 、

ゆ っ た り と し た ス ペ ー ス を と っ て 置 か れ て い ま す 。

広 い 部 屋 の 中 央 に 、 十 人 は 楽 に 座 れ る 大 き な テ ー ブ ル が 、

京 都 大 学 宇 治 キ ャ ン パ ス に あ る 企 画 戦 略 室 に は 、

本 年 四 月 に 京 都 大 学 生 存 基 盤 科 学 研 究 ユ ニ ッ ト が 発 足 し ま し た 。

ァ レ ン ス の と き で し た 。 教 授 に 呼 ば れ

年 の 阪 神 淡 路 大 震 災 メ モ リ ア ル カ ン フ

な ら な ぜ こ こ に い る の か と い う と 、 去

し て は ト ク で は な い と 思 い ま す 。 そ れ

浦 者 川 と し 単 て 純 メ に リ い ッ う ト と は 、 あ 時 る 間 の の で 使 す い か 方 ? と

若手の 部屋 企生京 画存都 戦基大 略盤学 室科 の学 巻研 究 ユ ニ ッ ト

理 工 学 研 究 所 、 東 南 ア ジ ア 研 究 所 の 五

門 分 野 を 超 え て 、 分 野 横 断 型 の 課 題 を

ナ ン デ モ 屋 さ ん の 仕 事 は 、 研 究

は あ り ま せ ん か ら ︵ 笑 ︶

浦 川

研 究 を し な か っ た ら 、 私 の 将 来




ト の 一 員 と し て 、 お ま え 行 け と 指 令 が



電 子 化 し た 媒 体 で で き る シ ス テ ム を 数

ま す 。 今 ま で は 紙 で や っ て い た も の を 、

明 ﹂ を 発 行 す る 業 務 が 自 治 体 に は あ り

全 壊 、 こ こ は 半 壊 、 と い う ﹁ り 災 証

シ ス テ ム を 作 り ま し た 。 あ な た の 家 は

体 的 に は 、 被 害 建 物 の 調 査 を 支 援 す る

そ の お 手 伝 い を 現 地 で や り ま し た 。 具

か に 迅 速 に 行 え る か に か か っ て い ま す 。

害 現 場 に お い て 自 治 体 が そ の 業 務 を い

で す 。 例 え ば イ ベ ン ト と い う の は さ さ

り 方 を 問 題 解 決 型 に し て お く の も 大 事

大 切 で す 。 そ れ と 、 ふ だ ん の 業 務 の や

ん で し ま う の で 、 一 歩 下 が っ た 構 え が

く な っ て い る の で 、 ぐ う っ と は い り こ

と い う こ と で す 。 被 災 現 場 で は 頭 が 熱

な の は 、 あ る 意 味 、 の ん び り で き る か

要 な の で す 。 危 機 対 応 能 力 と し て 大 切

を ど う 共 有 す る か 、 裏 で 支 え る 人 が 必

し ま す 。 人 を ど う 入 れ 替 え る か 、 情 報

ず 、 何 日 も 徹 夜 と か に な る と 必 ず 破 綻

な か で 、 仕 事 が 集 中 し て 、 脇 目 も ふ ら

浦 川

で は な く て 、 教 授 か ら こ の プ ロ ジ ェ ク

ま す か ら 、 私 一 人 の 意 志 で 決 め る こ と

浦 す 川 ぐ に 一 現 人 場 で に で 行 き き る ま こ す と か は ? 限 ら れ て い

る だ け の こ と で す 。

浦 川

あ せ っ た ら 、 先 き 細 り で す か ら 。

負 と 思 っ て い ま す 。 あ せ り は な い で す 。

現 場 で 仕 事 が で き る の は こ こ 数 年 が 勝

の で 、 将 来 も 予 想 で き ま せ ん 。 た だ 、

ど の よ う な 問 題 が あ り ま す か ?

い ま 地 震 が ど こ か で 起 こ っ た ら 、

い え い え 、 そ う 言 い 聞 か せ て い

な か な か 大 物 で す ね 。

人 は 少 な い 、 時 間 は な い と い う

建 へ の プ ロ セ ス を 作 っ て い く に は 、 災

者 に 必 要 な サ ー ビ ス を 提 供 し 、 生 活 再

対 応 業 務 に 追 わ れ る 人 が い ま す 。 被 災

践 す る こ と に 意 味 が あ る の で す 。

し ま す 。 現 場 の 自 治 体 の 人 と 協 働 で 実

災 害 の 対 応 で 肝 要 な の は ?

  被 災 地 で は 、 被 災 者 と 、 被 災 者 へ の て い て も 実 際 に は 誰 も 使 え な か っ た り

︵ 笑 じ し り 浦 ︶ を て ま 川

。 安 定 す る と こ ろ に 行 か ず に き た

引 い て き た よ う な 気 が し ま す

い ま せ ん で し た 。 い つ も は ず れ く

せ ん 。 一 〇 年 前 に こ の 状 態 は 想 像

こ う な り た い と い う 夢 は 特 に あ

電 で 真 っ 暗 で し た 。

発 生 か ら 一 日 半 後 で し た の で 、 夜 は 停

遠 回 り し な が ら 、 被 災 地 へ 入 り ま し た 。

ス テ ム 屋 さ ん が い い シ ス テ ム だ と 思 っ

の か と い う 全 体 像 の 問 題 で す 。 情 報 シ

や 業 務 の フ ロ ー で 実 行 さ せ る の が よ い

き た ら 、 今 か ら で も 飛 ん で 行 き ま す 。

日 で 作 っ て 提 供 し ま し た 。 そ う す る と 、

や か な 危 機 で 、 普 段 と 違 う 状 態 で 全 体

現 場 で 役 に 立 つ 情 報 シ ス テ ム は 何 で あ

を マ ネ ジ メ ン ト で き 、 そ う い う こ と に

る か わ か っ て く る の で す 。

情 報 シ ス テ ム の 機 能 よ り も 、 人

浦 川

間 が 介 入 す る と き に 、 ど う い う 手 続 き

危 機 に も 強 い で し ょ う 。

役 立 つ 情 報 シ ス テ ム を 持 っ て い れ ば 、

と こ ろ で 、 将 来 の 夢 は ?


そ っ ち に し よ う か と 。 私 の 故 郷 は 長 崎

防 災 を や る 人 が な か っ た の で 、 じ ゃ あ

路 が 寸 断 さ れ て 通 れ な い 状 況 の な か 、

か ら す ぐ に 行 け と 指 令 が き て 、 主 要 道

休 日 に 関 東 の 家 に 帰 っ て い た ら 、 教 授

は 、 発 生 の 直 後 に 現 場 に 入 り ま し た 。

行 く と 、 環 境 を や る 人 は 多 い け れ ど 、

い け な い と ︵ 笑 ︶

。 そ れ で 計 画 の 方 に

ン ス の 限 界 を 感 じ 、 こ の 道 で は 食 っ て

デ ザ イ ン を や ろ う と し た の で す が 、 セ

浦 か 川 ?

も の を 作 る こ と に 興 味 が あ っ て 、

大 学 で は 建 築 を 学 ん だ の で す

観 的 、 ポ ジ テ ィ ブ に 思 考 す る よ う で す 。

決 断 し た り 対 応 し た り す る と き に 、 楽

図 1 浦川豪氏.

で ケ た は に し デ ッ し シ リ 路 浦 私 仙 二 す ー 。 あ 、 て ジ ジ た ス カ 大 川 の 普 〇 。 シ そ っ 日 い タ 地 。 テ の 震 卒 賢 〇 ョ れ た 本 ま ル 震 ア ム 企 災 卒 災 業 岳 四 ン で の に し な の メ の 業 が 論 害 論 の 年 を 、 で も た 情 と リ 技 で あ を が 文 噴 一 作 実 す あ 。 報 き カ 術 G り 書 身 の 火 〇 ろ 際 が る 阪 に に で を I ま い 近 テ が 月 う に 役 程 神 し 、 は 習 S し て に ー あ の と 利 に 度 淡 て 建 九 得 を て い あ マ り 新 研 用 立 の 路 研 物 四 す 使 、 る っ と ま 潟 究 で ち 情 大 究 の 年 る っ 次 と た な し 中 を き ま 報 震 者 被 の 機 た の き の り て 越 始 る せ シ 災 等 害 ノ 会 地 年 に で ま 、 地 め ア ん ス の に 状 ー を 理 に 阪 す し そ 震 た プ で テ と 配 況 ス 得 情 ア 神 ね た れ で の リ し ム き 布 を リ ま 報 メ 淡 。 。 が ―

で 、 小 学 校 の と き に 大 水 害 が あ っ て 、

町 が 水 び た し に な り 、 ず っ と 停 電 が 続

く と い う 経 験 を し ま し た 。 そ の 後 、 雲

図 2 新潟中越地震の被災地と被災調査.




つ き な し に 考 え ら れ ま せ ん 。 雲 南 省 の

食 べ 物 一 つ を と っ て も 、 海 外 と の 結 び

し て い ま す 。 一 方 で 日 本 人 の 生 活 は 、

金 収 入 に お お き く 依 存 す る 形 態 に 変 化

現 在 の 彼 ら の 生 活 は 、 マ ツ タ ケ の 現

考 え さ せ ら れ ま す 。 マ ク ロ な 視 点 で の

ー ル で 理 解 す べ き な の か と い う 問 題 を

は 、 誰 を 主 体 と し て 、 ど の よ う な ス ケ

を み る に つ け 、 サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ と

う 食 べ 物 を 介 し て 日 本 と 結 び つ く 様 子

山 奥 に あ る 村 落 で さ え も マ ツ タ ケ と い

み が 必 要 な の か も 知 れ ま せ ん 。

ら サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 議 論 す る 枠 組

ミ ク ロ な 視 点 で の 具 体 的 な 生 活 環 境 か

サ ス テ イ ナ ビ リ テ ィ を 考 え る と と も に 、

と は あ り ま せ ん 。

図 1 雲南省のチベットの人びとが暮らす村.

図 2 高 山 環 境 に 適応したヤク( ).

研 究 と 実 践 を

こ れ は 、 最 近 出 版 し た 書 籍 ﹃ 躍 動 す



議 論 に 誘 う 。

場 に 学 び た い 人 、 実 践 を 志 す 人 を 熱 い

が 、 七 転 び 八 起 き の 舞 台 裏 を 披 露 。 現

か の 考 。 か え 。 る 開 。 若 発 研 い と 究 フ 環 と ィ 境 実 ー を 践 ル ど を ド う ど ワ 調 う ー 和 橋 カ さ 渡 ー せ し た る す ち の る

る フ ィ ー ル ド ワ ー ク

歩 く 、 見 る 、 聞 く 、 話 す 。 読 む 、 書 く 、

フ ィ ー ル ド ワ ー ク は 総 合 格 闘 技 だ !

東 京 大 学 大 学 院 教 授 ︵ 国 際 森 林 環 境 学 ︶

井 フ越 上ィ 境 真ー

と ル躍 ド動 ワの ー ク ①

リ レ ー 連 載


︵京 生都 態大 人学 類生 学存 ︶基 盤 科 学 研 究 ユ ニ ッ ト 研 究 員

の 酸 素 濃 度 で あ り 、 気 温 に 関 し て は 、

う す く 、 平 地 の 三 分 の 二 か ら 半 分 ほ ど

お き く 変 化 し つ つ あ り ま す 。 こ の 村 落

営 ま れ て き た 人 び と の 生 活 も 、 近 年 お

い 的 が た 畜 に に 例 に に 日 こ ま に も 家 飼 点 適 え 結 暮 も の す 利 た 畜 養 在 し ば び ら 続 よ 。 用 ら 飼 を す た 彼 つ す き う す す 養 お る 家 ら い 人 ま に る 垂 の こ 放 畜 は た び す 地 と 直 形 な 牧 を 、 形 と 。 域 い 的 態 っ 地 引 ヤ 態 の こ の う な も て を き ク で 生 う 営 活 い 自 意 環 、 い 転 連 ︵ 然 味 境 高 ま 々 れ 図 2 ま は っ 環 合 の 山 す と て ︶ れ 、 た 境 い 変 と 。 移 、 と て 環 厳 に を 化 い こ 動 山 い き 境 し 応 も を う う す の う ま と い じ っ 季 環 い る な 高 し 密 地 て て 節 境 っ 家 か 山 た 接 域 。

が や っ と で あ り 、 い ま だ に 見 つ け た こ

て い ま す が 、 採 集 場 所 に た ど り 着 く の

り ま す 。 私 も こ れ ま で に 何 回 も 挑 戦 し

き ま し た 。 高 山 地 域 で は 非 常 に 空 気 が

で あ り 、 往 復 一 〇 キ ロ ほ ど の 行 程 と な

と し た フ ィ ー ル ド ワ ー ク を お こ な っ て

に 帰 る ま で に さ ら に 二 時 間 以 上 が 必 要

の 自 然 資 源 利 用 と そ の 変 化 を 研 究 対 象

で が 二 時 間 、 採 集 の た め に 二 時 間 、 村

置 す る チ ベ ッ ト の 村 ︵ 図 1 ︶

で 、 人 び と

ま す 。 マ ツ タ ケ が 採 れ る 場 所 に 行 く ま

に あ る 標 高 三 〇 〇 〇 メ ー ト ル 付 近 に 位

中 腰 状 態 で 目 を 凝 ら し な が ら 歩 き 回 り

私 は こ れ ま で 、 中 国 ・ 雲 南 省 の 山 奥

雨 の な か で ぬ か る ん だ 急 勾 配 の 斜 面 を

マ ツ タ ケ 採 集 は 過 酷 な 作 業 で あ り 、

フ 便ィ りー ル ド

山 結中 口 哲 ぶ国 由 マの

夏 で あ っ て も 最 高 気 温 一 〇 ℃ を 下 回 る

き 回 る 日 々 が 続 き ま す 。

ツ山 タ奥 ケと 日 本 を

夏 の あ い だ 朝 か ら 晩 ま で 森 の な か を 歩

は 、 こ の 変 な 臭 い が す る キ ノ コ を 求 め 、

で す が 、 日 本 に 売 れ る と わ か っ て か ら

さ れ 、 見 向 き も さ れ な か っ た そ う な の

つ い た め に チ ベ ッ ト の 人 び と か ら 敬 遠

な っ て い ま す 。 マ ツ タ ケ は 、 臭 い が き

が 維 持 さ れ る 森 林 は マ ツ タ ケ の 宝 庫 と

ど 雲 霧 帯 に 位 置 し て お り 、 湿 潤 な 条 件

雲 南 省 北 西 部 の チ ベ ッ ト の 村 は ち ょ う

タ ケ で す ︵ 表 紙 裏 カ ラ ー ペ ー ジ 参 照 ︶

に と っ て 最 も お お き な 変 化 の 波 は マ ツ




サステナ ファミリー

賞味期限切れを 食べる?

第1回

﹁ 何 な の 、 こ れ ! ど う す る の ? ﹂

サ ス テ ナ 父 は レ ジ か ご を 抱 え る 。

か ら ﹂ と 、 サ ス テ ナ 父 の 改 造 を 試 み て い る 。

は 、 人 の 輪 に 入 れ な く て 、 か わ い そ う な ん だ

う に し て 、 実 際 に は 、 な ∼ ん に も で き な い 人

の 会 ﹂ の 手 伝 い を し 、 ﹁ あ な た み た い に 偉 そ

動 に 熱 心 で 、 熟 年 男 性 の 料 理 教 室 ﹁ 厨 房 男 児

受 け て い る 。 サ ス テ ナ 母 は 、 ボ ラ ン テ ィ ア 活

で の 買 い 物 と 夕 食 の 準 備 と い う 特 訓 を 今 日 は

ぐ ら ﹂ と 、 サ ス テ ナ 母 に お ど さ れ 、 ス ー パ ー

に も で き な い で い る と 、 定 年 後 は 離 婚 ま っ し

の 。 さ あ 、 持 っ て ﹂

﹁ 古 い の を 買 う の は 、 お 金 が も っ た い な い

い 豆 腐 だ っ て も っ た い な い よ な あ ﹂

﹁ ス ー パ ー の 、 ま だ 賞 味 期 限 が 切 れ て い な

に 食 べ さ せ る わ ね 。 も っ た い な い も の ﹂

﹁ 臭 い を か い で 腐 っ て い な け れ ば 、 あ な た

腐 が あ っ た ら 、 ど う す る ? ﹂

﹁ う ち の 冷 蔵 庫 に さ 、 賞 味 期 限 を 過 ぎ た 豆

﹁ 当 然 ね 。 明 日 ま で の お 豆 腐 な ん て ﹂



ど こ だ 大 学 教 授 の サ ス テ ナ 父 は 、 ﹁ な ∼ ん ら 、 あ れ は 売 れ な い よ な ﹂

ま さ れ ち ゃ う の よ 。 賢 い 主 夫 に な ら な い と ﹂

﹁ ダ メ ね え 。 ち ゃ ん と 見 な い と 、 お 店 に だ

﹁ ふ む ﹂

の 表 示 を サ ス テ ナ 父 に 見 せ る 。

﹁ お ま え が 戻 し た 豆 腐 。 み ん な が 賢 か っ た

﹁ あ れ っ て ? ﹂

﹁ あ れ は ど う な る の か な あ ﹂

ち ょ う ど 例 の 豆 腐 が レ ジ を 通 過 し て い る 。

サ ス テ ナ 母 は 勝 ち 誇 っ た よ う に 、 賞 味 期 限

サ ス テ ナ 父 は す ご す ご と 棚 に 返 し て く る と 、

﹁ ほ ら 、 こ っ ち の 方 が 三 日 も 長 い じ ゃ な い ﹂

下 か ら 別 の を 掘 り 出 す 。

り 出 し て 棚 に 戻 す 。 奥 に ぐ い と 腕 を 伸 ば し 、

い つ も い っ て い る の は 誰 な の ? ﹂

な た の 後 輩 か ら よ 。 季 節 の も の が 大 事 っ て 、

﹁ 昨 日 、 り ん ご が 一 箱 届 い た じ ゃ な い 。 あ

サ ス テ ナ 母 が レ ジ か ご か ら 豆 腐 パ ッ ク を 取 思 っ て さ ﹂

こ の お 豆 腐 、 明 日 ま で よ ﹂

﹁ う ま そ う だ ろ う 。 デ ザ ー ト に い い か な と

﹁ ダ メ じ ゃ な い 。 よ く 見 て く れ な く ち ゃ 。

こ ん ど は メ ロ ン を つ ま み 出 す 。


な い 様 々 な 刺 激 に 遭 遇 す る ︵ 図 3 、 図

て い る と 、 研 究 室 に い て は 知 る よ し も

を 探 る た め の フ ィ ー ル ド ワ ー ク を や っ

と に 気 付 く 。 む し ろ 現 場 か ら 離 れ る こ

で は わ か ら な い こ と が あ る ﹂ と い う こ

う と し た と た ん に 、 ﹁ 現 場 に い る だ け

治 体 に よ る 資 源 政 策 ︵

若 手 研 究 者 に リ レ ー 執 筆 し て も ら お う 。

す る フ ィ ー ル ド ワ ー ク の 試 行 錯 誤 を 、

の で あ る 。 こ の よ う な 、 ま さ に ﹁ 躍 動 ﹂

人 間 と 森 林 や 野 生 動 物 と の か か わ り

帯 の 宣 伝 文 句 で あ る 。

つ な ぐ ﹄ ︵ 世 界 思 想 社 、 二 〇 〇 六 年 ︶

図 3 マハカム川最上流の村へ向かう.インドネシア・東カリマ ンタン州にて.(2004 年 8 月,井上真撮影)

と 繫 ご

展 の 実 践 活 動 、 あ る い は 国 家 や 地 方 自

そ し て 、 フ ィ ー ル ド 研 究 を 、 地 域 発

か 性 の せ る ﹂ に ﹁ ざ と を 感 知 る 、 謝 ﹂ を お 成 し を 得 の す つ 最 な ず る つ 大 く と こ も 限 な 特 と 、 活 る 定 へ そ 用 。 の の れ す と 学 欲 を る 同 問 求 超 こ 時 分 が え と に 野 高 る の 、 を ま ﹁ 有 既 越 る 何 効 存 境 。

と い う 、 実 に ス リ リ ン グ な 知 的 営 み な

を か け て 培 っ て き た 人 間 力 が 試 さ れ る

ィ ー ル ド ワ ー ク は 、 そ の 人 が 長 い 年 月

境 し 、 そ し て ス ケ ー ル を 越 境 す る 。 フ

環 境 政 策 ︶

問 分 野 を 越 境 し 、 学 問 そ れ 自 体 を も 越

こ う し て 、 フ ィ ー ル ド ワ ー ク は 、 学

と が 有 効 な 場 合 も あ る の だ 。

の も 直 味 引 刺 話 距 妙 4 ︶ 現 か の 接 を き 激 の 離 な 。 場 。 を 見 い 出 か 間 感 表 心 で 、 た か す ら 合 、 情 休 い り に の 、 い ぼ 、 ま こ か 聞 し か い の く 歩 の に い て 。 か 変 と い る よ し た 読 ち に 化 つ て 農 う て り み ょ し 。 と 体 村 な 見 す 取 っ て こ 話 感 の 課 聞 る る と 意 の す し 風 題 き こ の し 味 よ 長 た 景 に す と か た あ う 老 隣 、 直 れ が 。 変 る な の 村 話 面 ば 困 ま 化 情 雑 声 ま 者 し よ 難 た の 報 多 、 で の て い な 、 意 を な 会 の 微 い

図 4 マハカム川上流域のダヤック人の暮らし のひとこま.インドネシア・東カリマンタン州に て.(2004 年 8 月,井上真撮影)




「みんなで エコトレ!」

サステナ 情報室 ウエブサイト訪問

KSI へようこそ!

私たちのサステイナビリティ学連携研究機構 (IR3S)の京都大学における取組み組織は 京都大学サステイナビリティ・イニシアティブ (Kyoto Sustainability Initiative,KSI) です.KSI のウエブサイトは: http://www.kier.kyoto-u.ac.jp/ksi/ ペ ージを開くと, 「サ ステイ ナビリティ学 『京都モデル』を発信」の文字と,京都らし さあふれる KSI のマークが目に飛び込んで きます.サステイナビリティ学にはグローバ ルとローカルの両面性が求められることが, ここからも伝わってくるでしょう.

何でも投稿 大歓迎

募集中

サステナ・キャラを描いた絵,皆に知らせた い「サステナ知恵袋」,聞いてもらいたい 「サステナ・コメント」,感想,要望,意見, どんなことでもお寄せください. 送り先: 〒113-8654 東京都文京区本郷 7-3-1 東京大学サステイナビリティ学連携研究機構 『サステナ』編集部 岸本登志雄 sasutena @ir3s.u-tokyo.ac.jp FAX 03-5841-1545



チャレンジ

環境問題についてクイズで学べる携帯電話 向けサイト「みんなでエコトレ!」がスタート しました.環境にまつわるクイズコーナーの ほかに,環境省協力によるニュース,コラム, 動画配信などが無料(通信料はかかる)で 楽しめます.NTTドコモの「i モード」メニ ューに加えられ,KDDI(au) , ソフトバンク (ボ ーダフォン) でも提供されます. 環境省と東京大学が,イマジニア株式会社 の企画・運営・開発のもと,オープンしたサ イトで,8 月 21 日,環境省の大臣室で記 者発表が行なわれました.写真はそのとき のもの.小池百合子環境大臣(当時) と歌手 の倉木麻衣さんの間に立っているのが,本誌 『サステナ』の編集長,住明正東大教授です (胸の扇子に注目! これをパタパタさせて 語るの が 編 集 長 の 得 意 技) .小 池 大 臣 は 「ゲームを楽しみながら,同時に(環境へ の)危機感を持って欲しい.環境問題は地 球規模なので,ゲームも地球規模へ拡げて いきたい」と語っています. クイズは東大の学生が作成し, 「地球温暖 化」「水・食糧・人口」「エネルギー」「ゴミ 問 題」「汚 染」「生 態 学」「健 康」「技 術」 「文化・社会・商品」など多岐にわたり,チ ームや個人で参加し,ランキング形式で獲 得ポイントを競い合えるようになっています. 「i モード」でのアクセス方法は,公式メニュ ーの「働く / 住む / 学ぶ」→「STUDY/ 資 格」→「みんなでエコトレ!」です.住編集 長の解説もあります.ぜひチャレンジを !


書籍紹介

書籍紹介

佐藤仁著

井上真編

『稀少資源のポリティクス』『躍動するフィールドワーク』 真理は細部に宿る.そのようによく言われま す.ここでしばしば生じる誤りは,すでに「真 理」とみなされている一般論にあてはまる ものを特定の細部に発見し, 「真理」を見出 したと納得してしまうことです.細部の本当 の姿を見損なう恐れが大です. 本書「まえがき」で“Think globally, act locally”という言葉が批評されています. 「国際協力問題にとりくむ場合,……よそ者 の身勝手な振る舞いは現地の人にとっては 単なる押し付けになる」. 「グローバルなロジ ックの画一的な押し付けが,ローカルに多く の不必要な問題を生み出し,しばしば地元 の人々がもともと持っていた問題解決能力 を奪い去ってきた」.ならば,逆にローカル から出発するのがいいのでしょう.ローカル な場は,本書のタイトルにあるよう「ポリテ ィクス」,すなわち,争いの場です.何かが 「問題」として設定されることが,すでに争 いの産物です.本誌の連載講座「サステイ ナビリティと資源の分配」をご覧になった方 は,タイの国立公園で消火隊員がときどき 放火をして仕事を作り出していたという話に 驚かれたことでしょう.なぜそのようなこと が起こるのでしょうか. 本書には,タイ農村という「細部」から,グ ローバルな「真理」を導き出そうとするプ ロセスが熱く語られています.タイ農村に興 味を覚えない人にも強く訴えるものがあり ます.

(東京大学出版会 ) 2002 年刊

フィールドワークは総合格闘技だ! この名 文句を吐いたのがこの本の編者,井上真氏 です.井上氏の名は知らずとも,この言葉を 記憶している人は多いのではないでしょうか. 本質をみごと突いています. もちろん編者はリング上で闘っているわけで はありません(真夏の炎天下に気持ちよさ そうにジョギングする人ではあります) .どこ で格闘するのか? まずは現場.現場に乗り 込んで調査し,研究室に戻って論文を書き, 学界で認められて,しかし,それで現場の人 にとって何の意味があるのか? 「誰のため の調査か」を編者は問い,苦しんだ結果, 実践と研究を並行して行うという答えを得ま した. 「現地の人々のためであり,かつ自分 のため」と明言できるまでに,実践と研究 の両面で格闘するのです.次なる闘いは国 際協力の議論の場.フィールドで得たものを そこに注入するには,政治や経済などさまざ まな分野へと切り込んでいかないとなりま せん.異分野の専門家を相手に闘う異種格 闘技戦です. 本書「あとがき」で編者は「私が一人で熱 く燃えていて,振り向いたらみんながついて こなかった,という経験をこれまで何回か繰 り返してきた」と記しています.本書の執筆 者は,編者を追い越す勢いある猛者 い. その方々は,本誌の「フィールド便り」で順 次紹介していきますが,熱い思いに早く触れ たい人は,本書をぜひ手にして下さい.

(世界思想社 2006 年刊) 


ざまな燃料の良し悪し.ガソリン式エンジン い社会問題を,1 学期間勉強しただけの学 のバイオディーゼル変換法などのスキル. 生数人が期末課題で一挙解決というのはあ 【食組織】地域で売られている野菜や肉な り得ないでしょう.このプログラムの焦点 どの食品が,消費者の手に渡るまでの過程. は,あくまでも大学(そして文化を分かち 【グリーン建築】グリーン建築の原理や種類. 合った同世代の若者)に有形の変化を与え 地域にあるグリーン建築物の見学. るというものです.理論的に問題を学んだ 【パーマカルチャー】校内の菜園・果樹園を 後,その現状をどう改善すべきか考案し, 使用しての実践.菌群を絡ませて一工夫あ (例えばチャリティコンサートを開催した る実地庭園. り,あるいは大掛かりなイベントを催した 【虐殺問題】主にダルフール(スーダン) りして,同じ学校の学生の間に関心や理解 大量虐殺についての資料集めや研究と,対 を深める働きかけをするなど)身近な所か 策に取り込んでいる組織との連携.大衆の ら改善を促す事が第一歩です.一見,効果 意識を高めたり募金活動など,学生という立 的な対策ではないように思えても,何がど 場にあっての解決方策の模索. こでどのような波紋を及ぼすか分かりませ 【核問題】アメリカの核兵器デザイン・生産 ん.ただ論ずるばかりでなく,実際に自ら のほとんどをまかっている 2 カ所の原子核 の手でできる解決策を導きだすというのは 研究所が環境と人々に及ぼす影響の実態を 今の時代に必須の能力ですから,大いに意 調査し,教育機関/軍/企業からなる複合体 義のある訓練だと思います. の在り方について論ずる. 実践型というくらいですから,学生は 学生が何から何までまかなっているた ART で学び得たスキルを披露し,あるい めに,このプログラムには未熟な部分もあ は,研究課題が社会・環境問題である場合 るでしょうが,非実際的な学習から脱却し には実際に問題解決に結びつく行動を実行 て,実践的な学習によって個人の積極的な する形で勉強の成果を示します.例えば, 思考力と行動力を涵養しようという試みは, バイオ燃料 ART は,校内にバイオ燃料組 順調に明るい方向へ進行しているように見 合を設けたり講演会を開いたりし,より多 えます.高等教育機関がサステイナビリテ くの人がガソリンに取って代わる燃料にア ィを奨励するものになれば(初等,中等の クセスできるようにしました.先ほど述べ 時点からしっかり植え付けるに越したこと た,大学の食堂で使われる食材の約 2 割 はない訳ですけれども),次世代の若者達 を有機栽培を行っている農家から取り入れ は持続可能性を念頭においた生活の仕方を るように働きかけたのは食組織 ART です. 身につけることができるでしょう.より多 グリーン建築 ART は,大学が活用できる くの若者がこの概念を心に留め,それの押 ような本格的な建造物の構成を図りました し進める生活のノウハウを知っていれば, が,結局大学本部から許可が下りなかった 自然とサステイナブルな社会が建築されて ために壁だけで実演した他,実際に役に立 ゆくのではないでしょうか.カリフォルニ つものとして漆 小炉(かまど)を完成さ ア州立大学においての ESLP は,学生た せました(付近に住む学生にしばしば使用 ちが自らの手で,自分たちの生活スタイル されている).パーマカルチャーART では と,教育施設と,ひいては未来の社会の改 その収穫が学生に配給されています. 変を推進する機会を与える場となっていま 虐殺問題や核問題など,有形の対策を す. とるのが困難な課題もあります.大の大人 ESLP のウエブサイト が集って何十年もかけて問題を論議し解決 http://www.eslp.net/ ❸ 案を熟考し,それでもまだ解決されていな




『サステコ』が 刊されます 新しい雑誌『サステコ』が 10 月に誕生で す. 「そ れって こ の 雑 誌 の ことで は な い の?」と思った人はもう一度よくご覧になっ てください.いま手に取っているこれは『サ ステナ』,ここで紹介するのは『サステコ』 です. 『サステナ』と『サステコ』? 1 字違いで よく似ています.だけど,中身はかなり違い ます.かなり違うけど,結局は同じかも.や やこしいけどそれがホントです. 『サステナ』はご存知,サステイナビリティ の略. 『サステコ』はサステイナビリティと エコロジーの頭の部分の合成. 『サステコ』編集部がうたうコンセプトはこ うです. 大学生による大学生のための       オシャレな環境系フリーマガジン 『サステコ』

ニュース

表紙のイメージはこんな感じです.モノクロ にしてしまうと地味ですが,もとのカラーで 見れば,なかなかのもの.中身も写真や絵 がいっぱいのビジュアル系です.たしかにコ ンセプトにある通りに「オシャレ」です.こ こが『サステナ』との大きな違いか? 「環 境 系フリーマガジン」ということでは 『サステコ』も『サステナ』も同じですが, 製作費の出所は『サステコ』が広告, 『サ ステナ』は文部科学省の科学技術振興調整 費です. では, 『サステコ』の 刊に込められた思い とは……。

情 報 交 換 にと,8 月 末 に 私 た ち『サ ステ ナ』編集部を訪ねにきてくださった『サス テコ』編集長は末吉剛士さん,立命館大学 経済学部の学生さんです.まさしく「大学 生による」雑誌が『サステコ』なのです. 持続可能な社会を ることは,自分の未来 そして『サステコ』を置くのは大学構内の を ること. 生協や食堂や売店.大学生を読み手とした ファッションや趣味,遊び,家事,恋愛など 「大学生のための」雑誌です. を通じて面白く,楽しく,オシャレに持続可 目標とするのは, 「回覧システム」.読み終わ 能な社会を ることができることを日本全 ったらそれでポイではなく,次の人へと回わ 国の大学を起点として発信します. して,同じ雑誌がぐるぐる回って何人も読む. そのために,書き込みをする欄を設けます. 高らかにうたわれたこの『サステコ』宣言 たとえば,こんな読まれ方です. に共鳴し,自分の大学でみんなで読みたい 食堂でご飯を食べながら『サステコ』を読 と思った方は, 『サステコ』編集部末吉さん む → ファッションの記事が面白かった → 感 へ:E-mail:sueyoshi@recolab.com 想をちょろっと書き込んでみる → 食器を返 『サステコ』は 3 カ月に 1 度の刊行で,そ す際に『サステコ』を棚に戻す → 別の人 の点も『サステナ』と同じです.期せずし が手にして読む → 書いてあった感想につら てほぼ同時スタートとなった 2 つのフリー れて書き込む → 最初の人がそれを見て返 マガジンが,持続可能な未来社会を ると 事を書く → 新しいコミュニケーションの輪 いう大きな目標に向かって,ともに歩んでい が広がる. けるといいですね.




サステナ 情報室

「持続可能な生活の教育学」 @カリフォルニア大学

投 稿

ベナー聖子

私はカリフォルニア在住です. 『サステ ナ』第0号を知り合いが見つけて送ってく ESLP の ゲ ス ト れました.日本でのサステイナビリティ運 スピーカー (ヴァ 動/教育についてはあまり知らなかったの ンダナ・シヴァ氏) による講演風景 で,とても参考になりました.環境問題の 深刻さが認識され,また社会体制の見直し 年 に「持 続 可 能 な 生 活 の 教 育 学」 等に世間の関心が寄せられている現代,サ (Education for Sustainable Living ステイナビリティとは最も画期的な概念だ Program, ESLP)というカリキュラムが と思っています.日本の教育機関が積極的 正式に設けられるようになりました.ほん に乗り出していると知って,とても喜ばし の数人の学生が立ち上げたプログラムが, く思いました. 今や受講希望学生数が 200 人を超える大 この機会に,是非とも紹介したいこと 学もあるまでになりました. があって投稿します.IR 3 S などサステ 現在,このプログラムを実施している イナビリティを取り入れている高等教育機 のは,カリフォルニア州立大学のうちでは, 関にとって何らかの形で参考になれば,と サンタクルース校,サンタバーバラ校,バ 願っています. ークレー校,サンディエゴ校,デイヴィス 校,ロサンゼルス校で,徐々に他校にも導 学生から始まった活動 入される傾向があり,サンタモニカ市立大 私が暮らすカリフォルニア州北部の町 学など他の地域の教育機関にも少しずつ広 でも,反戦や環境保全運動,パーマカルチ まっています.2005 年には oikos 賞を ャー,ファーマーズマーケット,ホームレ 受賞し,国際的にもこれからの成長が期待 ス対策などサステイナブルな社会へ向けて されています(oikos は,持続可能な発展 のさまざまな試みが花開いています.その に関連する教育(とくに高等教育)を推進 なかで,カリフォルニア州の大学で近年発 する組織で,賞金など,さまざまな形で世 展したサステイナビリティ教育を紹介させ 界中の学生活動を支えています). ていただきます. 私は友人に勧められて 2 年前に ESLP 数年前,学生たちによる校内環境運動 を受講しました.ちょうど政治への関心や のもと芽吹いたキャンペーンのひとつに 環境問題への意識が芽生え,学生運動と地 「サステイナビリティをアカデミアに進出 域での活動に力を入れ始めていた頃でした. させよう」というものがありました.その この駆け出しの時期に,サステイナビリテ 結果,それまで草の根色が濃かったサステ ィを知ったのは幸運だったと思います.以 イナビリティ運動は大学本部へと提起され, 後,活動をするにあたって持続可能性を考 ❶ 熱心な学生の働きが認められて,2003 えないことはありませんし,私生活におい




ても非常にプラクティカルな概念なのだと 学びました.ESLP への個人的な関与は, ほんの少しお手伝いをさせていただいたに 過ぎない程度なのですが,同居人が活発に プログラム主催に携わっているので(それ 故 ESLP に従事している他の方々とも仲 良くさせていただいているものですから) 元受講生という立場からの視点を超えた紹 介になればいいなと思います.

学生が主体の活動 私が興味をひかれる ESLP の特色は以 下のようなものです. (1)カリキュラム自体が現役学生と卒 業生らによって企画,( 指導も含めて)実 施されているという点.スポンサーやアド バイザーという形で教授らも多数携わるも のの,受講している学生への指導,その指 導にあたる学生のトレーニング,教科書や シラバス作成,またプログラムの管理はす べて学生と卒業生が行っています.特に企 画を務める学生や社会人らは週末も休めな い過酷なスケジュールを覚悟しなければな りませんが,将来社会活動等に貢献する意 欲のある若者には極めて有益な経験になり ます. 受講学生と同世代の若者が企画・編成 を行うことで,カリキュラムの性格が学生 好みのものになる,というのも利点でしょ う.単位は稼げるものの必須科目でないク ラスをより多くの学生に受講してもらうに は,若者がひきつけられるものでなければ ならないからです. (2)筆記試験が行われない点.いった い何を基準に成績がつけられるのかという と,学生には,習得した知識を実践で表現 することが求められるのです.一番身近な 大学という環境をサステイナブルな施設に 変えてゆくのが ESLP の目的であるため, 「校内に有形の変化をもたらすこと」が期 末課題となります.学生は学校や地域と協 力し合いながら,自らが学んだ社会・環境 問 題 の 解 決 に 行 動 を も っ て 挑 み ま す.

ESLP をきっかけに改善された例として, 校内の食堂やカフェが使用する食品の約 2 割は有機栽培のものが仕入れられるよ うになったというものがあります(アメリ カの大学生は 2 年程は学校の寮で暮らし, 3 食とも食堂で済ませることが多い).

講義と実践 各校それぞれのカラーに合わせてカリ キュラムの詳細は異なりますが,プログラ ムの構成は共通しており,ゲストスピーカ ー に よ る 講 義 と,Action Research Team (ART,「実践型研究チーム」とで も訳せようか)と称される小クラスの2部 から成ります. 講義は週 1 回 2 時間ほどで,プログラ ムに受講していない学生や地域の人々にも 開放されています.ゲストスピーカーは環 境保護主義者や活動家に限らず,思想家や 芸術家,中南米のコーヒー農村で働いた経 験のある学生,菌類学者,アメリカ先住民 の長などさまざまです.そのため,実に多 様な視点から幅広くサステイナビリティに ついて考える絶好の機会となります.例え ば,中南米の農村で働いた学生は現地の実 状をさらし,コーヒーなどの産出物の国際 市場の在り方について問い,菌類学者は菌 群を使用してのバイオレメディエーション について語り,アメリカ先住民の長は,欧 米の影響を強く受けて伝統的な生活スタイ ルや文化が一度は失われかけた彼の村が, 現在いかにして持続可能な社会を再建しよ うと試みているかについて語りました. ART とは少人数での集団学習を行う場 で,学生たちは 10 前後ある研究課題のう ちから自分の興味のあるものを選択します. 研究課題は各校それぞれバリエーションに 富み,同じ学校でも年によって新しい課題 が追加されたり,あるいは人気があれば繰 り返されたりして,学生の関心が反映され ています.今まで行われた ART の研究課 題には下記のようなものがあります. ❷ 【バイオ燃料】植物油やエタノールなどさま




し お り に す る の も い い で す ね 。

2006

sasutena@ir3s.u-tokyo.ac.jp

メ ー ル ︵

︶ に て 。

送 り 方かた は 、 裏うら 表びよ 紙うし の 住じゆ 所うし へよゆ 郵う 便びん か フ ァ ッ ク ス で 。 ま た は

あき   ごう

秋の号

お く

く っ た 俳はい 句く や 短たん 歌か を ﹃ サ ス テ ナ ﹄ ま で 送おく っ て ね !

﹁ 冬ふゆ の サ ス テ ナ ビ リ テ ィ ﹂ を テ ー マ に 、 き み の つ

あ あ き か の き い い ろ  ろ ど り と   ま あ れ あ じ も ゃ み な じ い よ が  り や ま お く の

楽たの し い 思おも い 出で を 、 俳はい 句く や 短たん 歌か で 残のこ す の も い い ね 。

本の紹介

食しよ 芸げ い 欲くよ 術じ く ゆ の つ 秋あき のあ 秋き 、  ス ポ 俳は い ー く ツ 句 の で 秋あき もい 、ど 一つ 読く 句く 書しよ の ⋮ 秋あき ⋮ 、 サ ス テ ナ の 秋あき ⋮ ⋮ 。

ら う か 、 拾ひろ っ て 帰かえ っ て ア ル バ ム に は さ ん だ り 、

ん で ね 。 少すこ し だ け な ら 木き に お 願ねが い し て 葉は を も

っ た り し な い で 、 自し 然ぜん の ま ま の 葉は を 見み て 楽たの し

の で 、 ぶ ど う 狩が り み た い に た く さ ん 葉は を も ぎ

こ れ は ﹁ 紅こう 葉よう を 見み に 出で か け る ﹂ と い う 意い 味み な

ま っ た ら ﹁ 紅もみ 葉じ 狩が り ﹂ に 出で か け ま し ょ う !

教おし え て く れ る 本ほん で す 。

り や す く 絵え で 描か き な が ら 、 地ちき 球ゆう の 内うち 側がわ に つ い て

割わ っ て み る こ と の で き な い 地ちき 球ゆう の 断だん 面めん 図ず を わ か


す 。 渓けい 谷こく は こ の 条じよ 件うけ がん そ ろ っ た 場ば 所しよ 。 秋あき が 深ふか

ん で 栄えい 養よう を あ ま り 使つか わ ず 色しき 素そ に か え る た め で

昼ひる 間ま に た く さ ん 糖とう 分ぶん を つ く り 、 夜よる は 活かつ 動どう を 休やす

の 三みつ つ が 条じよ 件うけ でん す 。 こ れ は 、 葉は が 枯か れ な い で

分ぶん ﹂ ﹁ た っ ぷ り の 太たい 陽よう の 光ひか り ﹂ ﹁ 夜よる の 冷ひ え 込こ み ﹂

美うつ しく い 紅こう 葉よう に な る に は ⋮ ⋮ ﹁ 適てき 度ど な 雨あめ や 水すい

『地球 ― その中をさぐろう』  

文 / 絵・加古 里子 ( かこ さとし ) (福音館)

じ ゃ あ そ の も っ と 下した は ? 地ちき 球ゆう の 中ちゆ 心うし 部んぶ は ?

通とお る 道みち 、 コ ン ク リ ー ト 杭くい ⋮ ⋮ 。

が 住す ん で い る 町まち の 地ち 下か に は 、 水すい 道どう 管かん 、 地ち 下か 鉄てつ の

の 下した に 土つち 、 根ね っ こ 、 ア リ の 巣す 、 石いし ⋮ ⋮ 。 私わた たし ち

の で し ょ う か ?

地ちき 球ゆう の 一いち 番ばん 外そと が わ は 地じ 面めん 、 そ

地ちき 球ゆう の 中なか は い っ た い ど ん な ふ う に な っ て い る

き 出で て 見み え て き ま す 。 こ れ が 紅こう 葉よう で す 。

つ く ら れ る 赤あか い 色しき 素そ ︵ ア ン ト シ ア ニ ン ︶ が 浮う

て 、 黄き 色いろ い 色しき 素そ ︵ カ ロ チ ノ イ ド ︶ や 、 糖とう 分ぶん で

み ま せ ん か ⋮ ⋮ 。

す る と 光こう 合ごう 成せい し て い た 緑みど 色りい のろ 葉よう 緑りよ 素くそ が こ わ れ

り 、 水すい 分ぶん や 糖とう 分ぶん の や り と り を で き な く し ま す 。

神しん 秘ぴ 的てき な 美うつ しく さ を 感かん じ て

団だん 子ご を 食た べ 、 月つき を 眺なが め 、

葉は と 枝えだ の 間あい にだ 離り 層そう と い う 固かた い 細さい 胞ぼう の 壁かべ を つ く

す ね ︵ 光こう 合ごう 成せい ︶ 。 秋あき に な っ て 気き 温おん が 下さ が る と 、

ま す が 、 昔むか はし 星ほし と 月つき が よ く 見み え ま し た 。 お 月つき 見み で は 、 お

    で す ★ ★ 。 十じゆ 十じゆ 今いま 一うい 月うが は 月ちが 六つむ 電でん 三つみ 日いか 気き 日つか ︵ の ︵ 中ちゆ 明あ 後のち 秋うし ゆ か の う り 月つき の 名めい で ・ げ つ 夜よ 旧きゆ 月 空ぞら 9う ・き が / 旧ゆう よ 13 8 / く ︶ 15 見み ︶ え な く な っ て い

浴あ び て デ ン プ ン ︵ 糖とう 分ぶん ︶ を 作つく り 、 枝えだ に 送おく り ま

と す た め の 木き の 準じゆ 備んび 。 ふ つ う 葉は は 太たい 陽よう の 光ひか をり

葉は が 赤あか や 黄き 色いろ に な る の は 、 冬ふゆ を 前まえ に 葉は を 落お

習しゆ 慣うか でん 、 ﹁ち 中ゆう 秋しゆ のう 名めい 月げつ ﹂ ﹁ 十じゆ 五うご 夜や ﹂ と 呼よ ば れ ま す 。 今こ 年とし は 、

秋あき と い え ば 、 お 月つき 見み 。 旧きゆ 暦うれ のき 八はち 月がつ 十じゆ 五うご 日にち に 月つき を 観かん 賞しよ すう る

黄い な 色ろ ぜあ やあ 秋き 赤か に に はは な 葉 る っ の ぱ ? が き

サ ス テ ナ け い じ ば ん




サステナ第1号  

特集:京都の挑戦 社会経済システムの改編と技術戦略