Page 172

れている。作品制作スタイルについては、ワーク・ 間階(1階)に絵画が展示され、0・5階では古代 イン・プログレスと呼ばれるプロジェクトを組み、 エジプト・古代ギリシャ・古代ローマの彫刻等が展 現地で制作されることが特徴。国内でのワーク・イ 示され、2階では貨幣コレクションが展示され、美 ン・プログレス例としてはコールマイン田川(福岡 術館と博物館の側面を持ち合わせている。3階、4 県田川市)、ワーク・イン・プログレス豊田(愛知 階もあるがほとんど事務所。 つまり、美術館としては1階のみの淋しい構成で 県豊田市美術館)、直島スタンダード2や越後妻有 した。しかし、この美術史美術館は美術品の収集に トリエンナーレ等がある。東京藝術大学教授などを 経て、現在、フランス国立高等美術学校教授」だそ おいて、世界で最も豊かで優れている Museum の 一つと評価されています。その中でもデューラー、 うです。 レオポルド美術館は、現代美術館ということで、 ルーベンス、ティティアーノの作品や、世界で最大 また西欧の現代美術と称する酷悪を見せられるかと、 のブリューゲルの作品群が中核をなしています。そ 期待はせずに入りましたが、グスタフ・クリムトと の他、ハプスブルク歴代皇帝が収集した財宝・珍品 エゴン・シーレの(再)発見で、大満足です。オラ コレクション、また古典古代・エジプト・オリエン ンダのゴッホと日本のジャポニスムの大河が、ウィ ト部門の多彩なコレクション等、です。 この美術史美術館は、西欧の著名な美術・博物館 ーンのドナウ川に流れ込んだ感じです。風水土でい である、パリのルーヴル美術館、ロンドンの大英博 うと、どうも、水が合うとでもいいましょうか、そ 物館やベルリンのペルガモン博物館とくらべると、 んな美、芸術がウィーンにはあります。 おおきな違いがあります。この美術史美術館の絵画 コレクションの核は、オーストリア、ドイツ、スペ イン、イタリア、ベルギー、オランダの各地ハプス ブルク家の領土において生み出された作品であるこ とです。先の西欧三派美術館・博物館である、ルー

): ( b) 美術史美術館( Kunsthistorisches Museum 美術史美術館はヨーロッパの三大美術館のひとつと いわれています(以下、美術館のパンフレット等か ら)。美術史美術館の様式はネオ・ルネッサンス様 式で、壮麗。建物は主に3フロアから構成され、中

171

サステナ第47号  

気候変動、持続可能な消費と生産、自然資本と生態系サービス

サステナ第47号  

気候変動、持続可能な消費と生産、自然資本と生態系サービス

Profile for ir3s
Advertisement