Page 1

「京都メディアテーク」 U3:メディアテーク課題  2009 年建築新人戦ファイナリスト 16 作品入選 敷地 ― 京都市左京区北山 用途 ― メディアテーク 期間 ― 2009/06 ∼ 2009/07


Architecture + Information


情報を発信する建築を考える


Project Theme「 京 都 府 立 総 合 資 料 館 の コ ン バ ー ジ ョ ン 」 京都の北に存在感の薄い資料館が建っている。中には膨大な数の資料が収められ、それらが人目に触れることはほとんどなく、建物自体を利用する人は非常に限られている。 この建物 を現代の情報を発信し、様々なメディアに触れることのできる 「きょうとメディアテーク」にコンバージョンを行う。

Site

京都府立総合資料館(1963−) 敷地は京都市北山。北山通りに面し、京都市営地下鉄北山駅の交差点 に隣接する。付近には「陶板名画の庭」、「京都府立植物園」、「京都コ ンサートホール」が立ち並ぶ。コンサートホールとの間には壁が立ち、 コンサートホール前の広場とは完全に分離された状態にある。北山通 り側の敷地内部には駅前にも関わらず広い駐車場が広がり、高い垣根 で囲われることで、完全にヴォイド化している。これらにより、緑あ ふれる北山の駅前一等地に関わらず、資料館を目的に訪れる人以外に は何の建物かも解らない状況を作りだしてしまっている。

「 京 都 メ デ ィ ア テ ー ク」


Concept

街路の延長上にメディアテークを作る

メデ ィ ア テ ー クを 都 市 の 延 長 上 に 作る。既存建物のヴォイド部分にマッシブなヴォリュー ムを 挿 入 し 、 その 内 部 を メ デ ィ ア テークとするのではなく、京都特有の碁盤目状のグリッ トの 延 長 上 に メデ ィ ア テ ー ク が 存 在することが適しているのではないかと考えた。既存の 構造 体 の 間 隔 に合 わ せ た ス ケ ー ル のヴォリュームをオープンスペースに並べ、街の街区の 延長 上 に 建 物 が存 在 す る よ う に 計 画した。新しく建てられたヴォリュームの間にできた道 は人 の 流 れ を 導き 、 既 存 の 建 物 内 部に新しく作られた道と繋がる。

京 都 の 街を構成する碁盤目状 の道。その延長上で情報を発信する場を作る 。

U G CourseProject 2011 / 04 - 2011 / 05 nder

raduate


← 北山通り →

駅を降りて、コンサートホールへ

北山通りから既存内部へ

K

Shed

Restroom

H

D

I

E

A

地下鉄出口から広場へ

F

B

Smoking Room

Shed Entrance

J

Shed Dedital Archive

Children Room

C

G

Office

← 鞍馬街道 →

3

Gallery

Machine Room

2

住宅地からギャラリーを抜ける

コンサートホールから北山通りへ

1

G L±0 P LAN 1 / 4 0 0

既存の構造体

新たに空間の単位を作る

外部にも空間を延長させる

既存の建物の構造体の間隔を元に空間のスケールを決定する。新しく追加されるヴォリュームもそのスケールに よって構成され、既存建物内部と連続するような形で構成される。メディアテークを訪れる人々はこれらのヴォ リュームの間の道を巡る。

A B C

Information

Gallery

Gallery + Image Box

「京 都 メ デ ィ ア テ ーク」

D E F

Gallery

Plant Cage

Gallery

G H I

Image Box +-0

-1040

Gallery

Shop

-2240

J K

Station Entrance

Digital Archive

NEW GALLERY


1

隣接する京都コンサート ホ ー ル の広場と繋がる

2

既 存 建 物 と新しいヴォリューム が 道 を 作 り出す

3

道端のお店に立ち寄るよ う に 展示室に入る

U G CourseProject 2011 / 04 - 2011 / 05 nder

raduate


街路を内部空間にまで延長させる

既存の資料館内部に納められていた資料を情報の BOX としてまとめる。 暗い建物内部に納められていた情報を BOX として視覚化することで情 報を発信する場に転換する。新しいセルの延長上に作ることで、新しい 物と古い物を等価に扱うことができると考えた。

既存の図書館

図書をヴォリューム化する

図書を視覚化する

A-A` Section 1/300

「 京 都 メ デ ィ ア テ ー ク」


P.S S D.

ド ー ヤ ク ッ バ

90

0

1 +9

13

30

0 +1

0

1 +7

50 65 +9

0

0 +1

90

0

+1

09

00

16

50

P.S S D.

A`

P.S S D. E.V

ド ー ヤ ク ッ バ

+

50 1 +7

P.S

P.S

S D.

A`

ッ ウ

P.S

S D.

ド ー ヤ ク ッ バ

庫 倉

A

P.S

+1

0 65 +9

+8

05

0

+7

15

0

ッ デ ド

室 習 自

憩 休

P.S

煙 室 喫

ー ビ ロ

Floor

2nd

Floor ウ

室 務

S

P.S

書 図

吹き抜けのロビーを抜ける D.

館 書 図

A`

ed Sh

ed Sh

m

oo

str Re

ed

Sh

g

in

ok

Sm

om

Ro

n re

ild

Ch

エントランスより内部へ

3rd 渡り廊下を渡る

Floor

A

om

Ro

e nc

tra

En

hi

rc

lA

ta

di

De

ve

ce

ギャラリーの間を抜ける

Offi

北山通りからメディアテークへ

ry le

Ga

hi

ac

M

ne

om

Ro

Library Study Room Cafe Hall Lavoratory

カフェの脇を抜ける

4th

図書のヴォリュームを抜ける

0 +1

ド ー ヤ ク ッ バ

A

最上部のホールへ入る

U G CourseProject 2011 / 04 - 2011 / 05

raduate

nder


視覚化された資料のヴォリューム

中央ロビーの吹き抜け

上部のウッドデッキ


U G CourseProject 2011 / 04 - 2011 / 05 nder

raduate

kyoto media theque  

Under Graduate Project