Page 1

︿バ 総 ︿バ

平 成 25年 度

育友

資料

【日 程】 平成25年 5月 18日 (■) 内

│ペ

大人 (おせ )の 一言

12,50

,友 会筆含 平成 24年 度事業報告 平成 24年 度育友会会計等決算 につ いて

13(30

平成 26年 度育友会活動方針 事 業計画 平成 26年 度育友会 会計等予算について 平成 25年 度育友会役員選出他

︱■︱︱︱︱ ︱︱︱︱■

予定時r・ 5

ージ

^

各教 室

2∼ 3 4∼ 7 8

第 1体 育館

9∼ 10

1 1 ∼1 2

14,15

,1紙

第 1体 育館

(当0)

15,30

り1 紙

∼ 16100

( 当日)

16110 ∼ 17:00

=,紙 (1`])

1年 :第 2体 育鮨 2年 ,柔 道場 3■ t第 1体 市 " 各 クラス

ホテ ル

19:00

セ ン トパ レス倉吉

鳥取県立倉吉東高等学校 この資料 は当 日必ず ご持参 くだ さい。


平成 25年 度

鳥取県 立 倉吉東高等学校

育友 会 総会

平成 25年 5月 18日 (■)焚

(進行 :連 携発信部) 1国

2

会長挨拶

3

学校長模拶

4

議長選 出

5報

告 (1)平成 24年 度 育友会事業報告

( 2 ) その他

6協

議 (1)濶哉 24年 度育友会会計及び生徒会 (クラブ振興費)会計決算について 監査報告 (2)平成 25年 度青友会活動方針 事業計画について (3)平成 25年 度育友会会計及び生徒会 (クラブ振興費)会計予算について )平成 25年 度育友会役員選出並びに承認 について (5)そ “ の他

その他

7

(1)新 伯ヽλ模拶 (2)そ の他

8閉

L

第 1体 育館


平成 24年 度 鳥取県立倉吉東高等学校青友会 事業報告 :,友 会全般 議会議】 第 1回 青友会運営委員会

オ校大会議菫

5月 19ロ

育友会総 会

本校 各会,

5月 17日

第 1回 中部地区高年学校校長 m眺

6月 9日 6月 22日

鳥取丼あ等学校 PIA連 合会総会 辞議員会 中部lu区高等学校 PrA役 員交流会

7月 13日

第 54回 中 四日地区宙等学技 コ腱 連合大会

倉吉体育文イ ヒ会館 徳島県 アステ ィとくしま

第 62回 全国高等学校 PTA導 合大会

和歌 山県和歌 山市

第 2回 ■友会運営委員会

本校大会議童

第 2回 中椰地区高等学校校長 瀾眈 会長会

倉吉ンテ ィホテル

4月

24

8月 22口 ∼ 24日 9月

6ロ

9月 14日 10月

4日

強歩大会支援 前 日潮 議

10月

6日

強歩 大会支援

会長会

"悛 ハワ

中部地区高苺学校 PIA指 導者研修会

11月 14日

育友会 大学見学 /‐

11月 18日

rA指 導者研 修会 鳥 取 県 I●

12月 19ロ

第 3回 菫 友 会運誉 委員会

2月 23日

沐 明荘

調理 室

10月 27日

2月 199

ホテ ル セ ン トパ レス 倉 吉

イ 場 本校 倉吉 ン'広 テ ィホテル 鳥取大学 鳥取環境大学 掟江文化センター

第 3回 中都地区高等学校校長 PTA会 青友会評議員会 会員研修会

長会

本校大会議菫 ホテルセン トパ レスを吉 倉吉 体 青文化 会館

く専日羹員会> 【 健全青威委員会, 6月

15日

7月 ll日 17∼ 13日

9月 5ロ ∼7 日 10月 o日 11月 12日 12月 10日

3月 9日

第 1回 健全育成委員会

本校化学宝

夕方 の 下校指 導 (18:“∼ 191∞)

学校 周辺

朝の 登枝檜導 あい さつ運動 (?:40∼ 8,101

学校周辺 東高llt交 蓬点

第 2回 撻全育成委員会 壼全育成委員会だより発行 ,心 億全育成議演会 「 でつながる子育てJ 講師 進藤 ゆか り民 第 3回 健全育成姜員会

2

東 商前 交菫 点

本校 大会議室

倉肯体育文化会館 倉吉市内


会l :広報 4 月 1`員 9日 第 1回 広 報委 員会 5 月 10 日 第 2回 広報委員会 5月 24日

第 3回 広 報委員会

本校大会議童 本,大 会議菫 本校大会議奎

5月 31日

第 4口 広報委員会

本 校 大会 議 ヨ

『倉東だより』第 120■ 発行

6月 7日

6月 28ロ 7月 12日 7月 15日 7月

第 5回 広報委員会 第 6回 広報委員会 第 7回 広報委員会

倉■だより』第 121,発 『

9日

1

9月 13日 10月

31日

ll月

21ロ

12月

20日

本校大会議室 本校大会議室 慶美印刷

第 8回 広報委員会 第 9回 広報委員会 第 10回 広報委員会

■ 悛大会議 宝

本校大会饉菫 本 校 大会議 菫

F倉東だより』第 122=発 行 本校 大 会議 童

2月 13日

第 ■ 回広報委員会 第 12回 広報委員会

2月 20日

第 13回 広 報 委員会

本校 大会議 室

1月 17日

本校大会議童

r倉東だより』第 123号 発行

3月 1日

1人権教す推進委員会 1 7月 ll日 第 1回 人権教育推進委員会 (年間活動計画) 8月 1 0日 第 2回 人権教育推進委員会 い 演会計画) 9月 7ロ

第 3回 人儀教 育推進 委員会 (LHR

桜J発 行 (LHR案 '秋

謙 演会 の 計画)

本枚大会議宝 本校 大 会議 童 本校 大 会議 童

10月

3日

委員会だより

10月

10日

公 開 LHR参

10月

13ロ

10月

17日

第 4回 人相教育推進委員会 (LHRの まとめ等) 本 校 大鍼 (Lli R報 委員会だより 1秋桜J発 行 告、籠凍会案内)

10月

30日

11月

20日

ll月

26日

3月 21ロ

内)

●教宣 軋IIR参 柳

学年 81懇議 会参加

人権教育藤渡会 研修芸 『 デー トDVを ご存知です力、 ∼カノジョとカ レンのいい関係 ∼J 講師 :粛橘智 氏 (鳥取県福祉I● 餃センター) (講演会のまとめ等) 第 5回 人権漱青推進委員会 “ 委員会だより 「 秋桜J発 行 (議演会報告) 第 6回 人権嗽育推進委員会 (活動の燿=

反省等)

金 吉未 来 ■ いセ ミナ ー ル ーム

本校大会議菫 本校 大会議 室

:HP運 営委員会: 4月 6日 6月 23日 9月 29日 12月

1日

随時

プログを上手に使 う」 委員研修会 「 第 1回H嘩 第 2回 HP路

委員会 (年1嗜 動 計画) 委員会

研修会 「 ,スマホ』を上手に使 うJ(公 開) 育た会行事等の取材 HPの

更新 管理

本校第二選択軟富 本 校 大 会議 室 本校 大会 議 菫

本校大会議菫


平成24年 度 青=会 合計決■■ ■取彙立倉吉菫●●学軟吉よ会 (収入の

(単位 :口)

)

科 “

予 「 饉

8

1● 女 会 ■ 奎日 彙 " 奎 定l l “会費 ● 員会 費

△ 212∞

0067600

3043鰤

△ , ` O O O 当初 4■∞ 円 X`3,人 生崚鴨

1“ `珈

3前 年康●

'3,

針 “

04“ 画

2 t t 収入

●4 8 ' 2 0 0

"1600

■ ■ 錮

収 入贅■

年贖

( ∞0 0 0

△ 7200 当詢 知

3 2 1 ⅨЮ

0

3∞ 1

(281 αЮ

“ 425,“

,

,よるn,4ρ ∞円 によう濾 ア詢 円

円 メ ヽ 人 生籠日

当初 4槍∞ 円 X``人

△ 353 薇,ll忠

38`

,03031

人敗

0

△ 21550

(支出0椰 ) 科

1■

● 彙

予 算 饉

支出書

98■“ 170

1,41Ⅲ

需 用 賣

6αЮ

■ 愴 贅

5画

%0

会 腱 費

5嗜 0"

0940

負 担 奎

326圃

“ 325`10

颯 賦 ll

2“ 画

1980'0

力 贅

13“ r詢

10,3250

2着

研 修 費 姜員会贅 広 薇 彙 3崚 青 攘 ■ 費 崚■輸勁費 檜 尋 費 研 究 費 ll負 担 金

3螂 m

1"ρ “

3● 1勁

メЮ OOO

2∞ 鰤

450m

424620

2∞ '① l ∞ 蜘 全■及び0日 田口地区薔嘔 大会,"

1,``O

6'0

全国及び中ロ ロロ地区吉,違 大会,加 費 会員研●会,

O 彗貫:屋 島 2 6 β8 0

All鰊 冑t逮 ● 員会 懺全 「倉まだよリサL,20∼ h123他

`,3193 23,3“

u ooo 20 αЮ

`,380, ,02102

423m

200回

156230

10Ⅸ Ю 8''OЮ

,94: 県薔後ll●薔遇■会費 中

(ao,9

80鰤

3,340 各種警究 ロヨ会会, 43720 ●■研究籠団体 57140 ■弔贅伯

金 "■

10画

0

0

3572122

支 出 額

収 入 額 425!“

■■■へのllり出し "フ

3'8

差ウ残預 翌年度 導

■6'2餃 2 '

``0326

4

"地

主tnll綺 ョ■スト印■に他

″理

8771XЮ

4281囀

強多大会腱 出し経贅 t慢 6al広 告 ,,P"巳 念島代●

'∞

場 全 計算 薔

晏員会 HP運 営 "咸

,060000

21'2“

ll

メール優代

0"0

′鴫 Ⅲ

消耗品費

彙●贖会ll助抱 ""員 340 萬鱚 負担査 ■彰負担● 崚行管増嬢薔手餞ll 奎吉pヨ■償責任ll●綱慶■奎

学 薔 彙

■ 費

`優 ●会

00,4

12860

5,

1 5 7 全■叫 ●呻

■画

54821

4843

滲 外 員

4総

II

区相●=ヨ 学餃難 I全


平成24年 度 生徒会 〈 クラブ振興費)会II決算書 i取 県ユ會古東 薔■学校 ( 単位 : 円

収入の ll

機予算傾 収入講鶴

当初 予算蜃 補 正 予算額

綸減観

"正

1 会,

6 070 αЮ

92Q5∞

2補 助金

∞OOOO

1118212

311収 入

200543

4繰

鑢金

本 ロ

377● 3

20457

7β970X

当初予 "篠

729Q100

C

1918212

1 910212

0

lЮ77 801

1017107

72Щ

2645,

0

2 916 αЮ

5∞

10310m

当初 癒,0硼 メ 7人 生佳馴 tによる■ “ 26回 B 追加 015∞ メ 1人 “ 円 書 体連 0415∞

高ス連 1148682円 日本構 院 12,m円 同意 会 2co∞ o円 円 n金 利忠 i07円

'2( 青 友会 877¨

21457

103122'│

O

724

支 出の椰 科

補 正 予算ロ ll正後予,饉

1 生掟会活動 補 助 ■

,277 αЮ

2844剛

O遺 勁椰

492,1∞ 0

21755∞

②文 都 `ヒ

22∞ ∞ 0

7570X

◎合宿指導

2生 掟 会 薇興費

195158

7102500

6894α 刃

2035∞

2957QЮ

2953342

△ 88鰤

1 2 0 αЮ

△ 18爾

0

90輌

0

2916QЮ

10013爾

収入薇

支 出l l

菫 ,残 額

10312276

10115092

1965“

ll

615∞

102剛

90剛

75`Ю0

5

中国大会, 2 2 件 奎国大会 8 件

奎 □大 会 5 件

△ lo躙

050

802∞

1800

10115892

19701e

里年康 へ綸 越

158 中 国 近 崚 大会 6 件

101650

'3''1∞

現 奎 II算●

歿ll

,925842

10121m

; ユ輌

3予 慟豪

支 山清 額

50泊

グラウンド保嬢 お祝 い騒 垂幕


青友会 綸会協,内 容 (会計 )の「■ 平成24年壼青友奎会計,● 渫■について ■友全】 【 《決算状況》 旅費は 全国高 P連 大会が和歌口]、中口 四国地区高 P連 大会が徳島で田僣 されたが どちらも,切 バ ス等の利用により執行残額が生 した もの 研修費は 年度 と同様に会員II修事業 としてlTわれた大学見学の貸切バス 凩費負 担 したこと等により勢行残額が生 じた もの. ^を “ 予備費は 24年 度総会で クラブ振興費への繰 り出 しを含む もの として承認 されていた が 遠征費等のクラノ振興貴不足によ り8'7∞ o円を支出 した もの. 【クラフ薇興彙】 諄議員会 (H25 2 23厠

催)に て補正予算を承認

《補正の内容》 育友会鰺会でネ譲 され た とお り予鸞貪か ら877∞ 0円を操 り入れさせていただぃたが

菫 な 倉 信 諄 鵞 attξ 景 奄 完 ふ 宅 籍 采 倉 号 奇 発 ;Tど ::萬 :晟 美 會 R ,急 ふ 濃 ltt彎 な ただいた の も

決算状況》 《 生蕉会活動補勁費は 本枚生徒会で定めている遠征費規建により支出 した颯

平成2 5 年度青友会全I I 専の予算について 青友会】 【 運営資の負担金は 単価は同額であり生徒数減のため減額するが 頸彰負担金の増が見込ま れるためほぼ同額となったもの. 運贅■の保険科は 単価は伺額であり生徒獄減のため減額 活動費の旅費は 全国及び申国 四因地区高 P連 大会の開催地が近県等により減額 活動費の研修資は 大学,l.・ I バス借 り上げ等は県貴支払い とするため減額 子願費は Ill年度 と同様 クラブ姜興贅^の 中国大会等当面の支払に困窮するため操 り 出 しをお願 いするもの.

【 クラフ晨興費】 全 国大会等 へ の参加が 定まって いない ため 滉 と高体連 高文連等の補助全額 を路 まえ は評議員会で薄 る。

6

嘉 繁 遭 機 器 】 曇 50會 倉 量 春 重 !ζ 盲 磐 贅


平成 24年 度 の育友会会計及び生徒会特別会計 (クラブ振興費)の 監査 を行いま したところ、関係諸帳簿及び会計経理は適正かつ正機に処理され

て い るこ とを確認 しま した ので 、報告 い た します 。

平成25年 4月/`日

鳥取県立倉吉東商等学校育友会 監事 氏名

たら

⑬③

略 ^力 ′ l、 水キイ 簿G③ 鳥取県立倉吉東商等学校育友会会長 様

7


平成 25年 度 鳥取 県立倉吉東商等学校青 友会 活動方針 事業針回 (案)

常友 会 は 倉吉東高の教育方針である子 倉吉東高のかたち」 を確 まえ その取組 に対 し積極的 に協力し 保護者と教職員が一体となつて 生徒を学習面 生活面か ら支援するとともに、保護 者一 人一人 が学 び、 参力1交 流できるよう活動を展開していきます 会員 各位 のご理解 とご協力を得て 本年度も前年度と曰様 を委員会を中 心に活甍 「 黒 動を推進し 育え会 の一層 の活 ヒを図っていきま九 │

1● 委員会の活力な活動の晨腑 各委員会は 育友会活動の中 い的な役割を担い 学校側と緊密な連携をと,ながら それぞれの実情に 即した形曖 方法で充実した活動を展開していきまヽ. (1)広颯岩勁0充 実 育友会活動を会員各位が理解し 情報を共有することは 育友会の活性(ヒ につながるものであり 会 報であるf倉束だよりJの発行は重要な役割を担つていま九 広報委員会は 本年度も「 分束だより」 を, 行し 広報活動の一月の充実に努めます.(5月 7月■2月 ■月). (2)人lt教育の推進 人権牧青推進委員会では 保護者 生徒そして教師が率直に意見を出し合い 人権荷層の解決に 向けて共に学智する機会として 開人権教帝LHRJを 実施するなど人権教育活動を通して、人権求育 への理解を深めていきます。 '公 (0)●全育成活ntO催 ■ 餞全育成委員会は 朝夕の街頸指■ あいさつ_●動の活動等を通じて 生徒の規奮ある生活 健全 な成長を推磐 します。 (4)青友会プログによるrel発 信の推進 ホームページ選普委員会では 学校と保撥者との間の情報の共有イ ヒを進めるとともに 学校^の 地域 の理解を深めるため 育友会プログを通して情黎発信していきます また ネットを活かして会員同■の 情報共有 意見交換にも,め ていきま九 事 業81回 生徒を支援 し、全員 の教奏を高め 甍睦を深めるために 本年度 は次のような取り組みを実雄 します )は実施予定時期

① ,友 会総会(5月) ◎ 公開人権教育LHR(10月 ) 0大 学見学会(11月) ⑦ 評議員会 会員研修会(2月) ◎ 運営委員劉 49■ 2月 ) ① PPAE峯 者研修会(年2日 〉

② 人権教育議演会(9∼ll月) 0強 歩大会の支援活動(10月) 0健 全育成議演会 (12月) ③ 倉東だよりの発行(57123月 ) ⑩ 各専門委員会 (饉峙) ⑫ 情摯活用研修会

3「 倉吉鴨ネ館Jの文爆と連携 4月 の開館にあたリ スムーズなスター トと円壁 ●運営に撼力していきます。

R


予 ■ ■ (案)

平成25年 底 青友会会ll

島取 県立倉吉東富■学校青友会

(収入の ) 科

(単位 、 円, 日

千 二 饉

1古 よ 全 費

前 年度,"螢

3259211

348■ 200

2脚

3057鰤

△ 17,α Ю

1珈

定着 劇会 “ 彙

83細

● 員会 費

292β Ю

2織 収 入

;颯 囲

686β25

ll

30471m

21100

321山

975

O ll年底薇館 奎

703

` 800円

人 ‐ 2 880 メ000人 " ‐

∞ 0円

2400円

× 86人

4800円

× 31人 ‐ 292300R

36“

0円

`__23.m 236 △ 100230

,ヽ 4al¨

塑 脚 年■

奎日 崚費

jl二

"l

334m

〈 支出の ) 科

1運

営 費

前 年度予諄傾

"崚

ll菫 颯

1,11瀾 △

:02'lm

141m

骨 用 彙

5Ⅸ Ю

51珈

0

通 信 壼

5α Ю

51珈

0

会 綸 費 彙 鐘 金 保 曖 4 2活

ll 彙

贅 ■

研 =彙 ■■奎賣 広 颯 彙

3鐘 青 嬌 員 費 改■補助■

指 導 費 研 究 費

担全 "渉魚外 彙 学 詈 ■ 4雑

5予 合

Ю

192囲

節・ ●lllX △

lm3`珈

中国 四目 晏菫,■ 研●会,知 奎自 中ロ ロロ 県IP■ 研修会●わ■ 資ll代 金員研修会, 広■■員会 人lla冑 推趙,員 会 ●奎■蔵姜員会 HPE曽 晏員会綸助 Jコ

50 RI

3mm

`迎 353m

53囲

2●1中

2Ю O∞

0

450剛

0

「 會東だより,は,24∼■1127,,刊

‖0画

強歩大会摯を出t経 費 応饉新聞広告 II,tt

mm

20囲 Ю 'Oα 1堕 ¨ ∞ 0刃 2"働

ЮnЮ

翻 m

2mm 7●¨ 280¨

10側

:0画

7701珈

877動

394'1珈

∞ ●00 8代 ,

“ 20囲

II

△ 103面

員会壼麟会●腱他 "“ 捏0(生 籠数による)● 検籠収●●コ彙壼

全 "僣 ,■ 薔●贅●樹■II慶薔奎

13m

250呻

1050囲

"広 ●姜代

10111 手螢 "彙

32●輌

12mm

lltt n籠 呂費

0 0会

鰤 1週

325m

I

0

10m

10回

'Q中

颯■崚ll●連■贅 中椰 椰菫口争崚魚颯会 `口 "導 ●●研究 躊■会会■ ●●研,● 口体負担奎 ●弔贅籠 生筐■饉ll●テスト印■代僣

軋呻 0

△ iO■ m

4231 αЮ △

Ц

クラフ檬興費への中 り出しを合む


平成 25年 度 生徒会 (クラブ振興費)会計予算■ (案) ら取県立倉吉東薔●学校 (収入の部) 科

(単位 で 円) 目

前 年 度 当初 予二 饉

本 年度 予

綸減額

'頷 1会

2補

助金

6000Ю00

△ 3,O OOO 010 αЮ XCOO人

6370m

80 1κ Ю0

0001Ю 0

311収 入

200416

200543

4繰

196504

26457

越金

lt

71971Ю 0

0

高 体蓮 古 文連, 全国大会補助金

△ '27

喘水同 窓会助 咸 預 金利 息

170127

73971Ю 0

△ 2∞ lЮ0

(支出 の 部 ) 目

勁費 洒

生補

麟助

ll

│1年度当初予,螢

,o27つ00

7 277ЮOO

0選 勁椰

4897000

492'

②文{ヒ 椰

20500"

2200000

O合 宿指導 2生 掟会振興彙 3予

本年ま予 '饉

備費 ^●

80Ю00

llコ螢

△ 2“ IЮ0

中口大会 全国大会

△ 300"

X

△ l"Ю OO 中国 近 ●大会 奎目 大会

1501,"

=朝 体■■合宿

△ ,olno

120p00

1201ЮO

0

50,∞0

0

50つ00

7397,y"

7197110

10

△ 20011D


平成25年 度 鳥取県立倉吉東宙等学校青よ会 役員の選 出方法 平成2 5 年 度 の育友会役員の選出方法 については 床のとおりとする ( l , 役員 ( 会長 脚会長 会計 監事) 希望者 を公 表 ( 自薦 他 市を問わなt O す る 公 募期間は 4 月 1 0 日まで。( l B し新 1 年生のI R t 者 にあつては 3 月 1 8 日 ( 合格 者 整校 日) 力ち 4 月 1 0 1 ま で. ) なお 他薦の場合は 本 人に同意 が必要. ( 2 漣 営委 員会を開催 し 役員希望者 を交え協議 の上 役員( 事務局) 実を4 成 . ( 3 浚 員案 を5 月 に開催 する●友会絡会 に諮り 選 出する ‐ ‐‐ ‐ ‐ ‐‐ ‐ ‐‐ ‐ ‐‐ ‐ ‐‐ ‐ ‐ ‐‐ ‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐‐ ‐ ‐ ‐ ―― ―― ― ― ―― ―‐ , 『 I■ ―章 おコ │ │ 1第 1彙 本会は鳥取県ユ倉吉東高年学摯育友会とし 事務局を本校 Iく の の めに 力す と共に の糧 │ 2栞 は 政官 目的 達成 た 協 る 黎應教■及び社会級冑 ネ会 学校 1第 1 興を国ることを目的とする。 │ │ 1第 3彙 本会 は 第2彙 の 目的を達成するために下 の事業を行う。

こ 極JIII攣 た鵡す る と │ “ │よ輔M、 1饂tg棚群警 1 1 1 1

こと こ 3教 崚員の 研究活動 の撮助をする と 4会 員相互の研修■ 崚 麺 ること 5生 徒会活動■ の申接,事 に惚 力すること 6そ の他 必要な事 彙 (13) │

│ │ │ │

1第 二=役 員 │ 1第 5彙 ネ会に次の役員を置く。 長 4名 .紀 ■ 1名 会 lt l名 監● 2名 会 1 亀 11員 l孝 113.言 暑 │ は で のと 書記 会tほ び腱事 ヽ会 承認を,る も する 1 2会 長 副会長 晏員長

靡議 員 常 │ │

役 員の 任期は 1年 とする。ただし 評機 員の 任期 は3年 とする。なお 補 欠 により構任 │ し た 者 の任 前任 者の 残任期間とする。 │ │ "は は次 のとおりとす る。 1第 フ条 役員の 任務 │ 会務を総括する 1 1 会 長 は本 会をt=し │ と の し が 故ある きはそ 代行 │ 会長 事 職務を する 1 2籠 会長は会長を補佐 lg?彙

1111[業 重 〕書鼻雛 霧 会の会計 処理する 本 を 1 5会 ttiま の は本会 会llを 監査する 事 1 0監 │(略 ) 1窮 六=委 員会

│ │ │

ため 次の専 ll委員会 を置 く。 │ ベ 留 議委員会 ホーム ージ通曽委員会 │ 竃 感 譜 il翻 穏 籍 (ホ ベ ーム ー ジ遇替,員 会を除く)は 員又は全員のうちより会長が,■ す │ 1 2を 委員会 る委 員若千名でII咸し 正Il委員長を置く │ '薇 │ ■■ する。 1 0正 副委員■は委員のうちより │ ベ ー ー ム ジ は 会 運営委員会 本 の情報発信をインターネットこおいて行うため 会■の │ 1 4ホ

15脇 │

の ち よ る 委 員 う り 壺す 委 員 長 を 置 ぐ│ 婁 舅 爆 1[亀 11:し 及び副姜員長の任期は1 年とし 再任は妨げな │ 露 舅 ″I『

する い。なお I n 欠により就任し たものの任鶴は前任者の任期と ‐ ‐‐ ‐‐ ‐ _____― ‐ ‐‐‐‐ ‐ ‐‐‐ ‐‐ ‐‐‐‐‐ ‐

11

―――――― ‐―‐

I‐

‐ '


ム会役員 委員会名簿 (奏)

名 資

簿 の詳細 は配布 料 を ご覧下 さ い

12


●取彙立倉吉東喜●学餃■女会会則 平 成 22年

6月 15日 改正

第 一,松 則 第 1条 本会は鳥 取 県 立査昔東高年学校育友

し 事務局を本螢に 曖く ∼ 第 2条 本会 は学校教 育 目的 の達成 のために 螂力すると共に 家庭教育及 び社 会教 育の振興を 図ることを目的とする 第 3条 本会は 第 2条 の 目的を達成するために下記 の事業 を行う 1学 校 と家庭 との連 絡 を図 り て 家庭歌吉及 び社 会教育を政警すること 2学 技施設の 充実 環境節 の "せ援助をすること 3教 職 員の研 究活動 の援助を→ること 4会 員櫂 にの研修規睦を図ること 5生 徒会活動等 の学校FT,に 協力すること 6そ の他 必 要な事 業 第 二章 全員 第4条 本会 の会員 は次 のとII.り とする 1 ,吉 東高年学使生 徒の保護 者 2査 古東高等学校 の教職 員 3本 会の 目的 に賛同するもので総会又は評議員会 の承認 を得 た者 第 二章 役 員 第5条 本会に次の役員 を置く 会長 l名 回会長4名 委員民4名

書.●1名

合計 1名

監■ 2名

評議 員 90名

程度 幹苺 l名 2会 長 副会長 委員長 =記 会計及 び監IIは終会で承認を得るヽ ,のとする 3:V議 員は全員 のうちより互選し会長が 委囀する. ●る 4幹 事は本校職員の ちより会長が委嘱 ・ 第 6条 役員の任期 は 1年とする ただし iV議員 の任期 は3年 とする なお 補人 により就任 した 者 の任期 は前任者 の残任期間とする 第 7条 ■ 員の任務 は次のとおりとする l 会長は本会を代表 し 公務を総括 する 2副 会長 は会長を補佐 し 会長が事 故あるときはその猥 務を代行 する 3=員 長 は委 員会の会 務を行う 4澪 記は 本会の 事務を延理する 5会 ,│は本 会の 会計を処理する 6監 平 は本会の会計を監査する 7評 議員 はいず れかの専門委員会 に属するとともに 本会の 主要用務 を黎議する 3幹 事 は会務を処■ する 千′ を総 会又はi7議員会の決譲 により 委嘱 す ることができる 第8条 │1会 は顧 l.3岩

,3


3臨 時総会を開き難 い場合 は 評議 員会をllぅて絶全 にかえることができる ただし この場合 は 次期絡会 に報告 し 承 認を●│なればならない 第 五章 運営委員会及び評議員会 第 10条 運営委 員会は 会長 期会長 委 員長 書.L会 十 監事 幹事 学校長 副校長 教 頭 及び事 務長 で構成 し 本会 の必 要事 項 を協議 する_ま た 教薇 員は 適宜 協晟 に参加すること ができる. 2評 議 員 会は 平議員及 び会員のうちより会長 が委嘱 す る委 員会の委員で構成 し 粋会にか え て本会 の主 要月務を審議するものとし 必 要 に応 じて 会長が 召集する 3運 営委員会及 び.T議 員会の織事 は 出席者 の道 半数をllって決き 議長が決する.

る 可否F・数 のときは

第六 章 委員会 籠 11条 本会は第 3条 に規定する事業をイ テうため 次の委 員会を置く 広 報委員 会 人権教育推進委員会 健全 育成委員会 ホームペ ー ジ趣営委員会 2各 委員熱 ホームペ ー ジ運営委 員会を除く.口 ま .l議員又は全員のうちより会長 が委 嘱す る 委員若干名 で構成 し 正口1委員長を置く 3正 晨1委員長 は委員のうちより互選する 4ホ ームベ ー ジ運営委 員会は 本 会の情報 発信をインター ネット=お いて行うため

会 員 のうち

より会長 が委嘱する委 員苫千名 でl● 成 し 委員のうちよりヽ選 す る委 員長を置く 6委 員の任期は3年 とする ただし 晏 員長及¨ 委 員長の任期 は1年 とし 百任 は妨げない なお 補欠 により就任 したものの任期は前任 者の任期 とする. 第 七章 会計 第 12条 本 会の経費 は会費 寄仕全 その他 の収入を以ってあてる 2会 費は 総会 の決議 により金額を決定 しこれを徴収 する 3本 会の 会計年度 は毎■4月 11に 始まり 翌年 3月 末 日に終わる ll貝1 1ネ 会則 は ll和28年 4月 l口より施 行 する 2本 会貝│は 平成 6年4サ]1日 よりえ行 する. 3本 会則 は T・ 咸 12年4月 lHよ り施行する 4本 会則 は 平成 18年4月 1日より危行する 5本 会則は 平成2o年 4月 l口より施行■ る 6本 会則 は 平成 22年 4月 1日より施行する.

1イ

﹁︱︱︱︱︱︱︱︱︱︱︱

第四章 総 会 第 9条 総 会は 毎年 5月 に開 催 し 会務 の 報告 会則 の改 正 予算 決算 の決議及 びその他 必要 事項を協議 す る また 必要にl●して臨時総会を開くことができる 2経 奎 の議 ,は 出席 全員の過半数を以 つて決定する ● 暦 日 数のとき議贅 が決する

平成25年度 育友会総会資料  

事前配布された、平成25年度育友会総会資料です。12頁の名簿は加工されています。

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you