Issuu on Google+

 8月8日に開幕した第95回高校野球選手権。29年ぶりの出場を果たした箕島(和歌山)、沖縄水産を2年連続して夏の甲子園 準優勝に導いた栽弘義監督(故人)の息子である赤嶺琢監督が率いる自由ヶ丘(福岡)、さらに青森の三沢高のエースとし て1969年夏の甲子園で準優勝に輝いた太田幸司氏の息子・幸樹がキャプテンを務める福知山成美(京都)など、記念大会を彩る かのようにノスタルジックな話題が多く、それだけに因縁の対決にも注目が集まっている。 元記事はこちら>  今大会、最も話題を呼びそうなのが箕島。1979年に春夏連覇を達成するなど甲子園通算35勝を挙げた尾藤公監督(故人)の 息子・強氏が監督就任わずか5カ月で聖地へと戻ってきた。そして、今でも伝説の一戦として語り継がれている79年夏の延長18 回の対戦相手だった星稜(石川)も6年ぶりに出場。星稜の林和成監督が「ぜひ、箕島とやりたい」と言えば、尾藤監督は「戦 いたいのと、戦いたくないのと半々。だって、強いですから」と謙遜する。箕島は1回戦から、星稜は2回戦からの登場となり 、対戦する可能性があるのは3回戦以降からとなるが、果たして34年ぶりの対戦が実現するのか、期待が高まる。  また星稜といえば、思い出されるのが1992年夏の明徳義塾(高知)戦。当時、星稜の4番だった松井秀喜氏が5打席連続敬遠 された、あの試合だ。これ以降、1998年に両校揃って甲子園に出場を果たしたが、その時は対戦していない。21年ぶりの再戦と なれば大きな注目を集めるに違いない。  常連校同士の対戦に目を向けると、横浜(神奈川)と大阪桐蔭も浅からぬ因縁がある。横浜が春夏連覇を狙った2006年夏、初 戦で対戦したのが大阪桐蔭だった。横浜は大阪桐蔭の4番・中田翔(現・日本ハム)に特大の一発を打たれるなど6−11で大敗 。さらに、2年後の2008年夏も準決勝で対戦し、この時も大阪桐蔭の核弾頭・浅村栄斗(現・西武)らの活躍もあって4−9で 敗れている。横浜は「同じ相手に3度は負けない」というプライドがあり、この夏の神奈川大会では昨夏、今春と連敗を喫して いた松井裕樹を擁する桐光学園を破った。甲子園でも「三度目の正直」なるかに注目したい。  その横浜と甲子園で数々の名勝負を演じてきたのが明徳義塾。横浜の春夏連覇がかかった1998年夏は、準決勝で対戦。この試 合で横浜のエース・松坂大輔(現・インディアンス3A)は前日に延長17回をひとりで投げ抜いた影響で先発せず。試合は8回 表まで明徳義塾が6点のリードを奪うなど一方的な展開となったが、そこから横浜が自力を発揮。8回裏に4点を還されると、 9回裏にも3点を献上し、大逆転負けを喫した。また、2003年の春は2回戦で対戦し、横浜のエース・成瀬善久(現・ロッテ) から4点を奪うも、延長12回の末に4−8で敗れた。さらに2004年夏は3回戦で対戦。明徳義塾は当時・1年生だった中田亮 二(現・中日)が横浜の涌井秀章(現・西武)から本塁打を放つも、5−7で惜敗。明徳義塾の馬淵史朗監督にしてみればいず れも接戦での3連敗だけに、何としても雪辱を果たしたいところだ。  センバツ優勝の浦和学院(埼玉)には、春に敗れた北照(南北海道)、済美(愛媛)が再戦を待ち望んでいる。特に決勝で対 戦した済美のエース・安樂智大は、連投の影響もあって本調子とはほど遠い内容で1−17と屈辱的な敗戦を喫しただけに、「も う一度」との思いが強い。この夏、安樂は最速157キロを投げるまで成長し、変化球も巧みに使うなど、緩急をつける投球がで きるようになった。「打倒・浦学」に向けて準備は整った。  この他、選手に目を向けると、聖光学院(福島)の園部聡と常総学院(茨城)の内田靖人は中学時代、福島・いわき松風クラ ブでクリーンアップを組んでいた仲。高校通算57本塁打の園部に対し、内田は通算33本塁打。ともにプロ注目のスラッガーとし て期待を集めているだけに、対戦が実現すればスカウトたちも熱視線を送るだろう。  また、ともに2年生ながらエースとして活躍する横浜の左腕・伊藤将司と木更津総合の右腕・千葉貴央は、中学時代にKボー ルのオール山武と船橋ポートジュニアのエースとして投げ合っている。その時は伊藤に軍配が上がったが、千葉が甲子園でリベ ンジを果たすことができるのか注目だ。  これ以外にも、かつて甲子園で対戦したり、練習試合で対戦しているチームが多く、見どころはいっぱいある。組み合わせも 、昨年までは3回戦までやぐらが出来上がっていたが、今大会は回戦ごとに次の対戦相手を決める「全試合抽選」が19年ぶりに 復活。これによって2戦目以降は直前まで対戦相手が決まらず、見る側としては楽しみがひとつ増えた。本命なき大混戦が予想 される今夏の甲子園。新たにどんなドラマが生まれるのか楽しみだ。 田尻賢誉●文 text by Tajiri ニューバランスメンズ 574 Masataka


55_