Page 1

ヒルクレスト インターナショナル ラーニング コミュニティ


ビンス・ウェイクフィールド カルチャー・グローバル教育部長 ヒルクレスト・インターナショナル・ラーニング・コミュニティへようこそ。 ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジは2017年度教育者イノベーション学校賞を受賞 し、イノベーションとエクセレンスにおけるリーダー的存在として、オーストラリア国内 トップクラスの私立校としての地位を確立しています。 最近ヒルクレストはケンブリッジ大学(英国)によって、本当の意味での革新的な教 育を実践する特に優れた教育提供者として選ばれ、ケンブリッジ・イノベーティブ800 プログラムの一部となりました。 ヒルクレスト・インターナショナル・ラーニング・コミュニティについて、また私たちが国 内生と留学生の両者へ提供する多くの優れた機会について知って頂けることは、非 常に光栄なことです。ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジはイノベーションと生徒支 援において、高い評判を得ています。本校の目標は、生徒が学習面で優れた結果 を得るため持てる力を最大限努力すること、そして社会面・感情面・精神面における 生徒の成長にあります。 私たちのヒルクレスト・インターナショナル・ラーニング・コミュニティは、カレッジの2 つの重要な方針に基づいて名付けられています。私たちは生徒が自分自身の学習 に積極的に取り組み、自らもまた親切でサポート心あふれるコミュニティの一部であ ることを感じ取ってほしいと願っています。本校の留学生は安全が確保され、幸福 であり、目的意識をしっかり持って学習に取り組めるように、熱心な職員による支援 を受けています。 私は留学生とそのご両親の両者に対して本校が提供する、高い水準のケアとサポ ートに誇りを持っており、みなさんを私たちのコミュニティに歓迎いたします。


目次

ようこそ ............................................................................................................................................................ 2 本校の紹介...................................................................................................................................................... 3

カレッジ

施設

位置 ............................................................................................................................................................ 4

気候

ヒルクレスト・インターナショナル・ラーニング・コミュニティ........................................................... 6

短期留学

ESLプログラム

ジャンプスタート・アカデミック・サクセス・プログラム

放課後学習指導

ジュニア・ラーニング・コミュニティ (プレップ – 6年生).................................................................... 8 シニア・ラーニング・コミュニティ (7 – 12年生)..................................................................................10

7~9年生が進路を選択する際に考慮すべきこと

7 ~ 9年生が学べる科目

10 ~ 12年生が学べる科目

教室を出たら.................................................................................................................................................12

ホームステイ

正課併行プログラム

確実に成功するために.............................................................................................................................13

カレッジでの遵守義務

学習の機会

出願および入学...........................................................................................................................................14

入学手続きのステップ

出願書類チェックリスト

返金に関する方針......................................................................................................................................16 苦情および抗議に関する方針...............................................................................................................18


本校の紹介

ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジは、 クイーンズランド州の一流の私立学校 のひとつであり、その優秀さ、イノベー ション、学習への真剣な取り組み、支 援的な学習コミュニティで定評がありま す。 生徒を育み伸ばす環境で秀でるために努力することで、生徒 は最大限の学びを得ることができます。ヒルクレストの目標 は、生徒が目的意識ある生活を送れるように、勉強、感情、 精神面で生徒の準備を整えることにあります。 過去20年間でヒルクレストのインターナショナル・ラーニング・ コミュニティ(HILC)は世界中から留学生を受け入れ、勉強面 と社会面の両面で秀でることができるように支援してまいりま した。本校の留学生は、私たちのコミュニティに対して多くの 知識や経験を持ち寄ってくれる、カレッジの非常に重要なメン バーです。留学生は学校生活の全ての面にかかわり、本校 が提供する幅広いスポーツや正課併行活動に参加します。

カレッジ ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジは私立の全日制共学校 で、幼稚部より12年生まで、1,400名を超える生徒が学んでい ます。ヒルクレストのキャンパスは、ゴールド・コースト中心地 区の美しい低木林地にあります。金色に輝く砂浜や大規模シ ョッピングセンター、公共交通機関も近くにあります。 カレッジでは質の高い教育を、3つの学習ステージに分けて 提供しています。 • アーリー・ラーニング・コミュニティ (ELC) 3~5歳児 • ジュニア・ラーニング・コミュニティ(JLC) プレップ~6年生 • シニア・ラーニング・コミュニティ (SLC) 7~12年生

ヒルクレストは熱心な教師陣と、思いやりあるコミュニティで知 られています。本校の教師は生徒が最高の学習成果が得ら れるよう、やる気を起こすカリキュラムを開発し、実践していま す。

施設 ヒルクレストは多額の施設投資を行い、最新技術を利用する ことによって生徒たちがその恩恵を受けられるようにしていま す。本校の建物全てにエアコンが設置されており、現代的な デザインを採用しています。 • 協同的な学習の機会を促進する、フレキシブルな学習 スペース • 最先端の科学、技術、工学、数学学習センター • 現実世界で学ぶ場所を提供する、実物大のステージと 260席の観客席を備えた豪華なシアターを誇る、演劇、 ダンス、音楽、映画用のヒルクレスト舞台芸術センター • バスケットボールの標準競技用コート2面、設備を完備し た体育館、テニス・ネットボール・フットサル・バレーボー ル・サッカー用施設を含む、2つのスポーツセンター • 3つの野外多目的スポーツコート • テラス・ホール — 600席を持つ講堂 • 新しい視覚芸術学習用スペースと商業用トレーニング・ キッチン • キャンパス全体で生徒全員が利用できるWiFi アクセス • 生徒全員が利用できる、クラウドベースのコンピュータ ー・ネットワーク • 設計と工学に焦点を当てた、技術学習センター • 様々なメディア利用を通して生徒を支援する、近代的な 図書館 • 室内・屋外での食事が楽しめる、ザ・ハブ・カレッジ・カフ ェ • 生徒用キッチンを備えた、本校留学生のために特に注文 設計されたESL関連設備


位置

ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジは、 オーストラリアで6番目に大きい、国内 で最も急成長している都市の一つであ るゴールド・コースト市(人口56万人)に 位置します。ゴールド・コーストは美しい ビーチ、優れた施設、様々なライフスタ イルで知られており、クイーンズランド 州の州都であるブリスベン市(人口240 万人)からは南へ車でたった1時間の場 所にあります。 ゴールド・コーストは2つの国際空港に近く、公共交通網が発 達しています。 ゴールド・コーストは活気に満ちた便利かつ安全な都市で、 世界中の留学生に理想的な留学先を提供しています。

気候 ゴールド・コーストは心地よい亜熱帯気候に属し、晴 天日数は年間約290日、一年を通した平均気温は 15℃から30℃となっています。 夏季: 12月~2月 気温は21℃~30℃の間です。 (華氏69.8º ~ 86ºF) 秋季: 3月~5月 気温は15℃~25℃の間です。(華氏59º ~ 77ºF) 冬季: 6月~8月 気温は10℃~24℃の間です。(華氏50º ~ 75ºF) 春季: 9月~11月 気温は18℃~27℃の間です。(華氏64º ~ 80ºF)


ヒルクレスト・インターナショナル・ラーニング・コミュニティ

ヒルクレスト・インターナショナル・ラー ニング・コミュニティ(HILC)はデンマー ク、ノルウェー、ベトナム、ニュー・カレド ニア、中国、日本、韓国、香港、台湾、 タイ、マレーシアを含む、幅広い国から の留学生を受け入れています。 長期留学生の生徒数は全校生徒数の5%に留め、留学生が カレッジ・コミュニティに溶け込むために最良の機会を提供し ます。ヒルクレストは他のELICOS校とは異なり、留学生は第 一日目より完全な英語環境に置かれ、生徒のリスニングとス ピーキング能力を他よりもかなりの短期間で上達させます。 本カレッジは各生徒の勉強面での成功、および個人の幸福・ 健康状態に重点を置き、HILCのスタッフは留学生に対して質 の高いケアと勉強でのサポートを提供できるよう、特別に訓 練を受けています。 HILCでは、以下のプログラムをご用意しています。 • 長期留学(学生ビザ) • 1年または1セメスターの留学(学生ビザ) • 短期文化訪問(3~10 週間)(観光ビザ) • 短期学習ツアー(観光ビザ) • 短期交換留学制度(観光ビザ) 本校では、3種類のCRICOS 登録済コースをご用意していま す。 • 初等部: プレップ~6年生(085421J) • 中等部: 7~10年生(085422G) • 高等部: 11~12年生(085423G)

短期留学 ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジは、本校で長期留学を検 討中の留学生に対し、受け入れ数に限りはありますが、短期 留学の機会を提供しています。本プログラムは生徒が留学目 的での渡豪を最終的に決断する前に、ヒルクレストでの生徒 としての生活体験の場を与えることを目的としています。 短期留学の詳細: 初等部3~6年生 • 最高1ターム (10週間) • 観光ビザ • ヒルクレストでの短期留学中、ホームステイはできないた め、生徒は両親や家族と住む必要があります。 • 支援が必要な旨を意思疎通できる、基本的英語能力が 必要です。 • 必要であればESLのサポートも提供されます。 中等・高等部7~11年生 • 最高1ターム(10週間) • 観光ビザ • 希望によりホームステイがご利用いただけます。 • 各レッスンの基本的意図を理解し、他の生徒たちとコミュ ニケーションが取れる程度の十分な英語能力が必要で す。 • 必要であればESL のサポートも提供されます。


ESLプログラム

追加言語としての英語(EAL) 10~12年生のESL生徒は、「追加言語としての英語(EAL)」を 一般英語の代わりに大学入試で選択することができます。学 科は、ESL生徒がオーストラリア標準英語(SAE)の知識、理 解、言語能力やより高次の思考能力を高めることにより、生 徒のアカデミック英語能力が大学進学レベルに確実に到達 するよう、構成されています。

ジャンプスタート

第二言語としての英語教育(ESL)の教師は全員、TESOL訓 練を受けた専門家であり、生徒たちが英語を習得してオース トラリアの教育システムにうまく馴染めるよう、何年にもわたっ て支援してきた豊富な経験があります。 ESLは時間割に基づいて行われ、他の科目と同様の時間数 が当てられています。本校のJLC生徒(プレップ~6年生)は 80分授業を毎週3回、SLC生徒(7~12年生)は40分授業を毎 週5回受講します。留学生はニーズに応じて3つの内の1つの ESLクラスに振り分けられ、最も適したESLの支援が受けられ るようになっています。 • 初級インテグレーションESL プログラム • ジュニア初中級プログラム(ESLA) • 中級プログラム(ESLB) • シニア上級プログラム(ESLC) 本校のESLプログラムの狙いは、できるだけ早期に一般クラ スで成功を収められるように、学生を準備することにありま す。より高度な英語能力を持つ学生は、ESL支援なしに一般 コースで引き続き学習します。そのためにはIELTSの全分野 で最低6以上のスコアを取得したことを証明しなければなりま せん。

アカデミック・サクセス・プログラム 本校は一般科目において、留学生がうまく評価課題を完成さ せられるように追加的支援を行うことについての重要性を理 解しており、追加費用なしでジャンプスタート・アカデミック・サ クセス・プログラムを提供しています。 ジャンプスタートでは7~12年生の留学生に対し、課題、試験 準備に向け、追加援助を行います。ジャンプスタートには次 の内容が含まれます。 • 週2回の出席必須の放課後授業 • 有資格教師へのアクセス • 少人数での個別指導 • 個人的な配慮 • 校正と編集サポート • QCS受験準備と IELTS 受験サポート

放課後個別指導 月曜~金曜の放課後、様々な個別指導が留学生を対象とし て無料で行われます。これらのレッスンへの参加は自由です が、勉強面で成功を収めるためにも参加が特に勧められてい ます。以下のような内容が含まれます。 • コースワークの理解のまとめに役立つ、追加授業 • 数学、科学、英語の少人数での個別指導 • コースワーク上の質問を教師に尋ねられる、形式張らな い集まり


ジュニア・ラーニング・コミュニティ(プレップ~6年生)

ジュニア・ラーニング・コミュニティでは、 子どもはインタラクティブで明確な目的 を持った体験をもとに学ぶことが奨励 されています。教室は刺激的で色鮮や か、そして想像に富んだ環境にありま す。 プレップ 本校のプレップ・コミュニティでは、クラスグループ4つのそれ ぞれに、専用の室内・屋外設備が備えられています。各クラ スには担任、およびフルタイムの教師助手がいます。本校は バランスの取れたプログラムを提供し、子どもの一人ひとりが 読解能力を身に着け、算数の初歩を理解できられるように授 業を行います。 1~6年生 各学年には英語・算数・デジタル技術・歴史・クリスチャン・リ ビングを教える担任と、科学・音楽・フランス語・体育とスポー ツを教える専門の教師が配属されています。 留学生は80分のESL授業(第二言語としての英語)を週3回、 無料で受講できます。ヒルクレストではまた、芸術・チェス・合 唱・ダンス・楽器演奏・スピーチ・演劇、そしてさまざまなスポ ーツを含む、数多くの正課併行のクラブ活動の機会が提供さ れます。4~6年生はキャンプ・プログラムに参加し、また恵ま れない人々のための地域および国際プロジェクトとして募金 活動への参加が推奨されています。


シニア・ラーニング・コミュニティ(7~12年生)

ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジの7 ~12年生は、幅広い選択肢から科目を 選択できます。本校の科目提供の一部 として受講希望人数にかからわず、ど の科目も実施が保証されています。 現在シニア・ラーニング・コミュニティ(SLC)に所属する生徒は もちろんのこと、カレッジに入学したばかりの生徒も、シニア 学年の計画を確実に立てることができます。また学年に関わ らず時間割構成が同じであるため、まだシニアの年齢でなく ても飛び級が可能です。 ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジのプレップ~9年生のカリキ ュラム構成は、オーストラリアのカリキュラムに基づいていま す。本校のカリキュラムでは、生徒は自分自身や自分の世界 について学習し、読み書き計算能力を身に着けることを支援し ます。また生徒が技術、情報、コミュニケーション分野で技能を 身に着けられるよう、構成されています。クリスチャン・リビング はヒルクレスト・クリスチャン・カレッジで学習するカリキュラムで 不可欠な分野であり、聖書の教えとキリスト教に基づく世界観 は本校が提供するカリキュラムの土台となっています。 生徒は学習経験を通して、目標や夢をかなえるための学習 の機会を最大限に生かすことができるコースの計画にあたっ て援助が得られます。これは9年生後半から始まり、生徒が 学習を終える12年生の終了時まで継続します。 ヒルクレストは7~9年生の成績優秀な学生や才能のある学 生に対し、独自のニュー・ホライズン・プログラムとヤング・イノ ベーター・プログラムを行っています。このプログラムは基準 要件を満たし、プログラムの参加に意欲を持つ生徒に対して 提供されます。

7~9年生が進路を選択する際に考慮すべきこと 教育とは一生涯継続するものであり、良い仕事が得られるよ うに資格を得るためだけのものではありません。そのため生 徒は、シニア・ラーニング・コミュニティ(SLC)の始めの数年間 に、幅広い一般教育を受けることが奨励されています。 •

教育の科学的、数学的、技術的なコンポーネントは、技 術重視社会がますます進む中、生徒が機能していくため の準備を行います

舞台芸術および創造芸術では人間の精神を体現するた め、生徒のバランス良い成長にとって非常に重要な一面 を占めます。

余暇が豊富な時代となり、実用科目は生徒の創造性の 表現手段を刺激し、自由時間を有意義に過ごすことを可 能とします。

生徒は8年生または9年生から10、11、12年生へと進級 する際、受講科目を変更することができます。事前経験 なしでも、数多くの大学レベルの科目が受講可能です。 したがって生徒は制限が少ない今こそ、様々な科目やコ ースを経験することが奨励されています。


7 ~ 9年生が学べる科目 7~9年生の主要科目は、以下の通りです。 英語 歴史・地理 数学

科学 学習スキル ライフスキル

7年生はまた、体育とフランス語を受講します。7~9年生のさまざまな段階で選択できる科目としては、次のようなも のがあります。 芸術 ダンス デジタル・メディア 演劇 フランス語

デザイン 食品栄養学 音楽 体育 工学技術

10~ 12年生が学べる科目 会計学 古代史 生物学 ビジネス 化学 ダンス デザイン デジタル技術 演劇 地球と環境学 工学 英語 英文学 英語継続(12年生のみ) 基本英語 追加言語としての英語(EAL)

映画、TV、ニューメディア学 食品栄養学 フランス語 工業技術スキル 法学 基本数学 一般数学 数学的方法 専門数学 近代史 音楽 音楽継続(12年生のみ) 心理学 体育 物理 視覚芸術


滞在施設

ホームステイ オーストラリアの家庭で暮らすことは留学生として大事な一面 であり、本校のホームステイ・プログラムは、形式張らない環 境で英会話が学べる、安全な環境とサポートを提供できる家 族を生徒に紹介します。 本校のホームステイ・プログラムはヒルクレスト・クリスチャン・ カレッジの管理下にあり、本校のホームステイ家庭は生徒受 け入れ前の慎重な選考過程と訓練課程を経ています。HILC はホームステイ家庭をモニターし、生徒が確実に最良のホー ムステイを体験できるようにします。 ホームステイ・ファミリーは生徒のニーズに積極的に関心を寄 せ、オーストラリアの生活を直に体験できるように様々な機会 を提供します。生徒は家族の活動に参加し、ホストファミリー と一生にわたる友情を築くためのまたとないチャンスを得るこ とができます。 本校のホームステイ・ファミリーの多くが現在ヒルクレスト・ク リスチャン・カレッジに通う子どもがいる家庭、またはカレッジ に以前子どもを通わせた経験や地域の教会を通してヒルクレ ストに良く知られた家庭となっています。

ホームステイ体験の主な特徴としては、次のような点が挙げ られます。 • 安全で安定した環境の、英語を話す家庭 • 健康に留意した、一日三回の食事 • 収納スペースがあり、勉強のための静かな環境を提供 する個室 • 家庭の活動への参加 • 学習とコミュニケーションのための、インターネット使用 • 家庭の子どもと同等のレベルの、週日・週末の送迎 • 家族との会話や話し合いを通した、英語上達の支援 • 生活に慣れるまでの感情面でのサポート。 カレッジはホームステイ・ファミリーおよび留学生と緊密に連 絡を取り合い、関わる人々すべてにとって、この体験がよいも のとなるように配慮しています。


確実に成功するために

留学生は教室内外を問わず、ヒルクレスト・ク リスチャン・カレッジが定めた行動規範、価値 観、道徳規範を守らなければなりません。これ らの期待は勉強面、社会面、精神面、人格面 において、生徒が成功への最大のチャンスを 得られるように定められています。

成績および英語能力要件

本カレッジのルールおよび留学生行動規範は、本校の留学 生が成功するためにはどうすべきかを明確に理解し、ヒルク レスト・クリスチャン・カレッジの生徒として安全に暮らすことが できるよう定められています。留学生は入学資料の一部であ る行動規範を、ヒルクレストへ入学する前に読んで理解して いなければなりません。

7~9年生: ほとんどの主要科目においてパスレベルまたは 「C」評価以上

カレッジ・コミュニティでの遵守義務

生徒は出願書に記載した、入学希望学年にふさわしい満足 な成績を収めた証拠を提出するか、カレッジが合格通知書で 代わりの学年として提供する学年に入学することが求められ ます。 プレップ~6年生: 年齢にふさわしい学業成績と勤勉な学習態 度の証明となるもの

10~12年生: 全ての主要科目においてパスレベルまたは「C」 評価以上、英語科目「B」評価以上 学年

NLLIAレベル

IELTS

3~6年生

3~4

4

7~9年生

3.5~4

4~4.5

生徒、教師の全員が、本校のコミュニティ・ガイドライン (SAJO)に従うことが義務付けられています。

10年生

4.5

5

11年生

5

5.5

SAFETY(安全) 安全な行動を取ること。

12年生

5.5

6

ACCEPTANCE(受け入れ) 他人を受け入れ、尊重すること。 JUSTICE(正義) 他人に公正で寛容な態度や行動を取ること。 OPPORTUNITY TO LEARN(学習の機会) あらゆる学習機会から、できるだけ多くのことを学び取ること。 出席と時間厳守 全授業へ出席することは、学習面での成功において欠かすこ とができません。病欠時には親、またはホームステイ・ファミリ ーから欠席理由を説明した手紙の提出が必要となります。2 日以上連続して欠席する場合は、医師による診断書の提出 が必要です。事前に計画して欠席する場合は、HILCによる承 認を欠席する前にあらかじめ取得しておかなければなりませ ん。注意:生徒は全日制課程の最低80%出席しなければなり ません。守らない場合は留学生ビザ要件に違反したこととな り、除籍処分を受ける可能性があります。 制服 ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジでは、生徒全員がフォーマ ルな制服とスポーツユニフォームを着用します。本校の制服 はゴールド・コーストの気候を考慮に入れた上でデザインされ ており、楽な着心地です。ヒルクレストの制服は、キャンパス 内のユニフォーム・ショップより購入できます。 学習態度 生徒には授業課題や課題、評価課題を最大限の努力を払っ て決められた時間までに完成し、真剣かつ根気よく学習に取 り組むことが求められます。


教室を出たら

正課併行活動プログラム

ムがあり、ヒルクレストは毎年州大会レベルで競っています。

ヒルクレストでのスポーツと正課併行活動プログラムは、生 徒の全人教育において重要であり、プレップ~12年生を通し ての時間割に組み込まれています。本プログラムはカレッジ の教育目標と一致しており、あらゆるレベルと能力の生徒を 対象に楽しく支援的で、キリスト教を基盤とした環境で提供さ れます。本校のスポーツと課外活動プログラムの全ては楽し く、興味をそそるように構成されており、生徒がスポーツや運 動を個人的に愛好し、児童青年期、さらには人生を通して活 発で健康に過ごすためのスキルと欲求を身につけさせます。

課外活動の機会

ジュニア・ラーニング・コミュニティ・スポーツ

本校の有名な舞台芸術プログラムには14の合唱団が所属 し、専門のボーカルや合唱の教師による指導を受けていま す。合唱プログラムでは地元、全国、国際レベルでカレッジを 代表し、最近ではホバート、韓国、米国などへ遠征した、3つ の選抜合唱団があります。

JLCでは身体活動への興味を育み、生徒は授業中や放課 後、経験豊かなコーチによる指導でネットボール・バスケッ トボール・テニス・サッカー・陸上など幅広いスポーツに触れ ることができます。生徒はバスケットボール・ネットボール・ サッカー・ラグビーリーグ・ホッケー・OZタグ・タッチフットボー ル・AFLなどの学校対抗のスポーツ競技への参加が可能で す。当校のカリキュラム・スポーツプログラムには3~4年生を 対象としたスポーツ開発プログラム、5~6年生を対象とした 学校対抗スポーツ競技、そして数日にわたって当校のターゲ ット・スポーツであるバスケットボール・ネットボール・AFL・フッ トサルに参加する機会があります。またヒルクレストのバスケ ットボールクラブやネットボールクラブのチームに参加するこ ともできます。 シニア・ラーニング・コミュニティ・スポーツ 本校のSLC生徒はヒルクレストで盛んであるスポーツ文化に 貢献するよう奨励され、様々なチーム、学校対抗競技会、優 秀プログラムや課外活動に参加することができます。水泳・ク ロスカントリー・陸上などのパシュート競技に特に優れた生徒 は、本校の特別トレーニングプログラムに参加し、ヒンターラ ンド地区スポーツ協議会を通して、州や国レベルの大会へ学 校代表として出場することも可能です。 生徒はまた、ヒルクレスト・チームがクイーンズランド州やオー ストラリアでもトップクラスと目される、バスケットボールにお ける本校の優秀プログラムに参加することもできます。他の チームスポーツでもフットサルやネットボールの優秀プログラ

本校のチェス、弁論、スピーチ、討論、芸術クラブプログラム は、生徒の学習での習熟を補完し、正式な大会を通して一般 地域コミュニティとの交流を図ることを可能にします。エジンバ ラ公プログラムはシニア生徒にハイキング・キャンプ・カヌー などの冒険性のある活動を体験する機会を与え、人格面、身 体面、社会面での成長を促します。 合唱プログラム

楽器演奏プログラム 本校の楽器演奏プログラムにはプレップ~12年生を通して 320名の音楽家が参加しています。また4~6年生限定のバン ドや管弦楽プログラムが、全ての生徒に音楽の基本的理解 を与える目的で、一般カリキュラムの一部として運営されてい ます。生徒はまた、非常に熟練した楽器演奏講師陣による個 人レッスンも受講できます。 ダンスプログラム ダンス全般を取り扱い、カランビン舞台芸術アカデミー (CAPA)と共同で運営する、ヒルクレスト・ダンス・アカデミー には、本校のキンディ~12年生の250名が所属しています。


出願および入学

ステップ1 出願書類に記入する 留学生入学願書をwww.hillcrest.qld.edu.auよりダウンロード し、全ての箇所に記入する。

ステップ2 記入した願書を提出する 記入した願書と関連書類を送る。カレッジによる入学許可書 の交付後、200豪ドルの入学申し込み金の支払いが必要と なる。

ステップ3 面接 6~12年生に出願する生徒に対して、グローバル教育部長と オンライン、または対面の面接を行う手配をするための連絡 がくる。

ステップ4 ヒルクレストによる合格通知書の交付 生徒の入学申し込みおよび面接の結果が良好であった場 合、ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジは合格通知書と合意 書を交付する。

ステップ5 合格通知を受け入れ、費用全額を支払う 入学許可を受け入れるには、両親および生徒はヒルクレスト の合意書に署名し、Eメールにてカレッジへ返送しなければな らない。費用はカレッジの銀行口座に4週間以内に送金しな ければならない。支払いが必要な費用は、合格通知書に概 要が記載されている。ヒルクレストへの送金時には全て生徒 の苗字、誕生日、または家族コード(合格通知書に記載)を含 める。今後授業料全額は、6ヶ月の前払いで支払う。

ステップ6 ヒルクレストによる入学確定書の交付

HILC連絡先詳細

カレッジによる費用受取後、電子入学確定書(ECoE)がE メールにて交付される。費用にホームステイが含まれる場 合、ウェルフェア・レター(CAAW)もEメールにて交付され、 適切なホームステイ・ファミリーが選ばれる。学生ビザは ECoE、CAAW、その他参考資料を添えて学生ビザ申請書を 提出すると発給される。申請はオーストラリア内務省(DHA) に対して行う。

電話+61 7 5655 0950

ステップ7 ヒルクレストでの初日

留学生関連Eメール送付先 International@hillcrest.qld.edu.au

ホームステイ関連Eメール送付先 homestay@hillcrest.qld.edu.au

郵送物送付先住所 Head of Culture and Global Education Hillcrest Christian College PO Box 2503 Burleigh Waters Queensland 4220 Australia

ヒルクレストに到着後、留学生は様々なカレッジ・リーダーと 会ったり、ESLクラスのレベル判定のための学内英語力判定 テストを含む、オリエンテーション・プログラムに参加する。生 徒は制服購入、科目選択、時間割の理解、図書館からの教 科書の受取にあたって、サポートを受ける。オリエンテーショ ン・プログラムは次週以降も行われ、必要に応じて最初のス クール・タームを通して引き続き行われる。


出願書類チェックリスト 必要書類が全て、入学申し込み書に添付されて いることをご確認ください。出願書類に不備がある 場合、手続きが行われません。 § 生徒のパスポートのコピー § 生徒のビザのコピー(該当する場合) § 過去2年間の成績表(英語によるもの) § 生徒の語学力を示す英語テスト・IELTSの 結果または語学・ELICOS校からの報告書 § 最終学校の校長による推薦書 § 診断書・医師の報告書 (該当する場合) § 転校許可書 (該当する場合) § 全ての箇所に記入し、両親が署名した 入学願書


REFUND POLICY 返金に関する方針 1. 本方針はカレッジに向けて送金する目的で留学エージェン トに支払うコース費用を含む、カレッジへ支払うコース費用の 返金に関する概要を述べるものである。

授業料以外の費用は、返金不可の費用を除き、生徒のコー ス受講期間に比例した金額が返金される。返金額=毎週の 授業料以外の費用 X 受講不履行の週数。

2. 生徒(生徒が18歳未満の場合は、(両)親/法的保護者)が 第三者へ直接支払ういかなるサービス費用も、この返金方針 の範囲に含まれない。

本規定では、コースに対する受講不履行の週数は、以下の 通りである。

3.入学申し込み金は、返金不可である。 4.コース費用の支払いおよび返金 a) カレッジが発行した請求書・費用明細書に基づいて費用 を支払う。費用は6ヶ月の前払いにて支払う必要がある。 b) カレッジ費用の一覧表がカレッジの合意書に記載されて おり、またカレッジのホームページ上、https://www.hillcrest. qld.edu.au/our-college/international でも閲覧可能である。 金額は事前予告なしに変更されることがある。[NC基準3.3.4 による] c)全ての費用は特に要請がない限り、豪ドルにて支払わなけ ればならない。返金は受け取った際と同じ通貨で行われる。 d)合意書で契約を交わした当該者が、当該者以外の他人に 対して返金を行う旨を、カレッジに対して書面で指示しない限 り、合意書で契約を交わした当該者に対して支払われる。 5.全てのコース受講取消通知または返金請求は、書面に てカルチャー・グローバル教育部長へ提出しなければならな い。(international@hillcrest.qld.edu.au) 6. ビザ発給拒否による生徒の受講不履行 a) ビザ発給拒否の証拠を提出し(またはカレッジに対し、内 務省へビザ発給拒否確認を取る許可を与え)、コースを開始 しなかった場合、または合意した開始日もしくはそれ以前にコ ースの受講を取り消した場合、カレッジは生徒(生徒が18歳 未満の場合は、親/法的保護者)から書面による返金請求を 受け取った日から4週間以内に、生徒の受講不履行日以前 に受領したコース費用全額から500豪ドルを差し引いた金額 を返金する。 b) ビザ発給を拒否された生徒がコース開始後に受講を取り 消す場合、カレッジは生徒が既に受講したコース費用に相当 する授業料を徴収し、生徒の受講不履行日から4週間以内 に、当該生徒の授業料としてカレッジが受領した費用の未受 講金額分*を全額返金する。 *この場合の返金額の計算は、放棄書によって規定されてい る。(2014年留学生への教育サービスに関する規定(返金額 の計算)セクション10) 7. 生徒の受講不履行 本セクションの下、返金義務がある金額については全て、生 徒(生徒が18歳未満の場合は、(両)親/法的保護者)から書 面による請求を受け取ってから4週間以内に支払われる。 a) 授業料以外の費用

i. 登録提供者または生徒による不履行期間、また ii.生徒の授業料以外の費用として提供者が費用を受け取っ た、当該する不履行期間。週数の計算方法は、以下のとおり である。不履行期間週数=[不履行日から費用を受け取った 期間の最終日までの日数] を7で割った数。 b) 受講取消通知なしに受講開始を怠った場合 生徒が書面による取消通知の提出を怠り、合意した開始日 にコースを開始しなかった場合、1ターム分(または10週分) の授業料が、カレッジが受領した授業料から徴収される。 c) 受講取消通知を提出した上で、受講開始を怠った場合 i. カレッジが生徒(生徒が18歳未満の場合は、(両)親/法的 保護者)よりコース開始の4週間以上前に書面による取消通 知を受け取った場合、カレッジは受領済みの授業料から事務 手数料の500豪ドルを差し引いた金額を返金する。 ii. カレッジが生徒(生徒が18歳未満の場合は、(両)親/法的 保護者)よりコース開始の4週間以内に書面による取消通知 を受け取った場合、カレッジは授業料の70%を返金する。 d) コース受講開始後の返金 i) 新入生 – 1学習期間分の授業料が予め支払われており、か つ生徒(生徒が18歳未満の場合は、親/法的保護者)が当該 学習期間を終える前にカレッジに対して取消通知を書面で行 った場合、授業料の返金はない。 ii) 継続生 - 2学習期間分以上の授業料が予め支払われてお り、かつ生徒(生徒が18歳未満の場合は、親/法的保護者)が カレッジに対して取消通知を書面で行った場合、当該取消通 知を最低でも1ターム以上前にカレッジが受領した場合に限 り、カレッジは未受講分の授業料から1ターム分の費用を差し 引いた額を返金する。 注意:取消通知の受け取りが10週間以内の場合、カレッジは 10週間分の授業料を差し引いた残りの未受講分の金額を返 金する。 e) 提供者の都合による受講取消の場合の返金 i) 生徒の受講が以下の理由で取り消された場合、授業料の 返金はない。 • 満足な習熟度が維持できなかった場合(ビザ要件8202)。 習熟度および出席率に関する方針を参照のこと。 • 満足な出席率が維持できなかった場合(ビザ要件8202)。習 熟度および出席率に関する方針を参照のこと。 • 認められた福利および滞在に関する取り決めを守れなかっ


た場合(ビザ要件8532)。滞在および福利に関する方針を参 照のこと。 • 行動管理方針/生徒行動規範が除籍処分相当と規定される 行動を生徒が取った場合。 • コース費用を支払わない場合。 ii) 高度な特別支援やケアを必要とする既往症の情報開示を 怠った場合を含む、生徒の合意書に概要が記載された、ヒル クレスト・クリスチャン・カレッジと合意した登録条件の維持を 怠ったことによって除籍処分となった場合の返金は、カレッジ の自由裁量に任される。 8. 提供者による不履行 カレッジによる不履行は、2000年ESOS法および2001年ESOS 条例の現行規定に準拠する(修正版に従う)。 a) 理由を問わず合意したコース開始日にカレッジがコースを 開講電できない場合、何らかの理由で生徒がコースを受講で きない、またはカレッジが手配した代わりのコースを受講する ことを生徒が拒否する場合、カレッジに前払いされた授業料 の未受講分全額が、合意したコース開始日から14日以内に 返金される。 b) 理由を問わず生徒がコースを開始して以降、カレッジがコ ースの開講を継続できなくなった場合、何らかの理由で生徒 がコースを受講できない、またはカレッジが手配した代わりの コースを受講することを生徒が拒否する場合、カレッジに前払 いされた授業料の未受講分全額が、カレッジの提供不履行 日より14日以内に返金される。 c) カレッジが生徒に対して、同意できる代わりのコースを提 供する義務、または返金の義務を果たすことができない場 合、生徒はオーストラリア政府の学費保護サービスを受け られる。TPSに関する情報は、次のホームページを参照のこ と。https://tps.gov.au/

*この場合の返金額の計算は、放棄書によって規定されて いる。(2014年留学生への教育サービスに関する規定(返金 額の計算)セクション7)。 http://www.comlaw.gov.au/Details/ F2014L00907. 9. 本合意書、およびさまざまなプロセスにおける苦情申し立 ての権利、決定や行動に対して抗議する権利は、オーストラ リア消費者法が適用される場合、生徒がオーストラリア消費 者法に基づいて行動を起こす権利を妨げない。 10.生徒のビザ資格が変更された場合(例:一時滞在者また は永住者)、生徒はその暦年が終了するまで、留学生費用を 支払う。 本方針にて使用されている語句の定義 授業料 – 教科書貸出料や保証金、P & F会費、設備費用を含 む、生徒へのコース提供に直接関連する費用。 授業料以外の費用 – キャンプ費用、バス旅行、QCAA費 用、OSHCを含む、生徒へのコース提供に直接関連しない費 用。 コース費用 - 以下を合計したもの。 (a) 生徒にかかる授業料として、提供者が受領した金額。そ して (b) 生徒にかかる授業料以外の費用(該当する場合)として、 提供者が受領した金額。 学習期間は1セメスター(2ターム)に等しい。


REFUND POLICY 苦情および抗議に関する方針 本方針のコピーを生徒(生徒が18歳未満の場 合は、(両)親/法的保護者)に対して、同意書 に署名する以前の妥当な時間に渡し、生徒が 登録したコースを受講開始した日から7日以 内に再度渡す。

e) 生徒は無料で苦情および抗議処理手続きを利用できる。

1.目的

h) 正式な苦情処理手続きは、カレッジ総長またはグローバ ル教育部長に苦情書または抗議書を提出した日より10労働 日以内に開始され、10日以内または可及的速やかに終了す る。

a) ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジ苦情および抗議に関す る方針の目的は、生徒または(両)親/保護者に対して争いや 苦情の解決を促すための手続きを利用する機会を提供する ことにある。 b) 学内の苦情および抗議処理手続きは融和的であり、非法 律的なものである。 2. 他の生徒に対する苦情 a) 生徒の他の生徒に対する苦情の申し立ては、カレッジの行 動方針/行動規範に基づいて処理が行われる。 3. 非公式な苦情解決方法 a)ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジは、まず最初に仲裁/苦 情の非公式な解決を通して、問題を非公式に解決することを 試みるように要請する。 b) 生徒はまずグローバル教育部長に連絡し、仲裁/苦情の 非公式な解決を試みる。 c) 問題が仲裁によって解決しない場合、カレッジ総長 (Executive Head of College)へ付託され、ヒルクレスト・クリス チャン・カレッジの学内正式苦情および抗議の処理手続きが 行われる。 i. 初等部における勉強、科目、手続きに関する懸念は、 グローバル教育部長またはジュニア・ラーニング・コミュ ニティ校長に連絡する。中等・高等部の場合、グローバ ル教育部長またはシニア・ラーニング・コミュニティ校長 に連絡する。 ii. 初等部における個人的または社会的な懸念は、グロ ーバル教育部長またはJLC副校長に連絡する。中等・高 等部の場合、グローバル教育部長またはSLC副校長-パ ストラルに連絡する。 4. 正式な苦情処理手続き a) 苦情処理手続きの手順においては機密が守られ、苦情ま たは抗議は当事者、および苦情処理手続きに直接かかわる 者との間の問題である。 b) 生徒は苦情または抗議の性質や詳細について、書面にて カレッジに通知しなければならない。

f) 全ての苦情申立人は、カレッジ総長またはグローバル教育 部長に対し、申し開きをする機会を与えられる。 g) 生徒および/またはカレッジは、関連する話し合いの場の 全てにおいて、支援者を一人、同行させてよい。

i) 学内における苦情および抗議処理手続きの期間中、2018 年留学生を対象とした教育訓練提供者に対する国家行動規 約に基づき生徒の学籍は維持され、生徒は授業に出席し続 けなければならない。 しかし生徒の幸福・健康状態、または他人の幸福・健康状態 に危害が及ぶとカレッジ総長が見なす場合、カレッジ総長は 苦情および抗議処理手続きを開始する前、または完全に終 了する前に当該生徒を停学処分や除籍処分にする決定を下 すことができる。そのような場合、生徒は海外にいたとしても 引き続き苦情または抗議を申し立てることができる。 j) カレッジ総長またはグローバル教育部長が苦情または抗 議について決定を下した後、生徒は結果やその理由につい て書面による報告を受け、コピーが生徒のファイルに保管さ れる。 k) 苦情または抗議処理手続きで生徒が有利と判断された場 合、ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジは直ちに決定事項と 必要な是正・予防処置を実施し、生徒にその結果を報告す る。 l) 苦情または抗議処理手続きで生徒が不利と判断された場 合、カレッジは学外の抗議処理手続きを利用するための生徒 の権利に関して学内審理が終了してから10労働日以内に生 徒へ報告する。 しかし問題が習熟度や出席率の違反に関するものである場 合に限り、カレッジは外部の抗議処理手続きの結果を待つ義 務を負う。 その他全ての問題に関して、カレッジは学内抗議処理手続き の結果に基づいて措置を講じる(PRISMSでの生徒の学籍登 録資格変更を含む)。 5. 外部による抗議処理手続き a) 生徒が学内の苦情および抗議処理手続きの方法や結果 に不満である場合、生徒は無料で留学生オンブズマンへ連 絡、および/または救済を求めることができる。詳細について は

c) 書面による苦情又は抗議は、グローバル教育部長に提出 する。

1300 362 072へ電話する、または次のホームページを参照 すること。 http://www.ombudsman.gov.au/about/overseasstudentombudsman-landing-page

d) 不十分な出席率または習熟度、停学処分または除籍処分 の通知をカレッジから受けたことに対して、生徒が学内で苦 情および抗議を申し立てる場合、生徒は通知を受け取って から書面による抗議を提出するまで20労働日の猶予が与え られる。

b)習熟度や出席率の違反(スタンダード8に基づく)により報告 された件に関してヒルクレスト・クリスチャン・カレッジが下した 決定に関して生徒が抗議の申し立てを希望する場合、生徒 は留学生オンブズマン事務局に対して、学内抗議処理手続


きの結果の通知を受けた日から10労働日以内に抗議を申し 立てなければならない。 c) 生徒が次の事項に関してヒルクレスト・クリスチャン・カレッ ジが下した決定に抗議申し立てを希望する場合、 i. 転校申請承認の拒否(スタンダード7に基づく)、または ii. 停学処分または除籍処分(スタンダード9に基づく) 外部留学生オンブズマンへの抗議の申し立ては、生徒の自 由裁量に任される。カレッジには外部抗議申し立ての結果を 待ってから、学内抗議処理手続きの結果を実施する義務は ない。 6. その他の法的救済 a) カレッジの苦情および抗議に関する方針は、留学生がその 他の法的救済を求める権利を一切妨げない。 7. 定義 a) 労働日 – ターム期間中の土曜日、日曜日、祝日を除いた 全ての日。 b) 生徒 – ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジに在籍している 生徒、もしくは生徒が18歳未満の場合、生徒の(両)親/法的 保護者。 c) 支援者 – 苦情申立に関係のない友人、教師、親戚など。


HILLCREST CHRISTIAN COLLEGE 21 Bridgman Drive, Reedy Creek Qld 4227 PO Box 2503, Burleigh Waters Qld 4220 +61 7 5655 0950 | international@hillcrest.qld.edu.au | hillcrest.qld.edu.au ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジはリーディ・クリーク・バプティスト教会の教派に属し、ヒルクレスト・クリスチャン・カレッジ・リミテッドによって運営されています。 CRICOS 番号 01043C. ACN 010381334 ABN 68 947 459 366 PRINTED AUGUST 2018

2018 HILC Prospectus - Japanese  
2018 HILC Prospectus - Japanese