Page 1

︵ 例 ︶ 元 | 浅 野 内 匠 頭 ︽ あ さ の た く み の か み ︾ 家 来

| : ル ビ の 付 く 文 字 列 の 始 ま り を 特 定 す る 記 号

︵ 例 ︶ 障 子 ︽ し ょ う じ ︾

︽ ︾ : ル ビ

︻ テ キ ス ト 中 に 現 れ る 記 号 に つ い て ︼

芥 川 龍 之 介

或 日 の 大 石 内 蔵 助

1

1-88-69 ]

の 面 区 点 番 号 、 ま た は 底 本 の ペ ー ジ と 行 数 ︶

[ # ] : 入 力 者 注   主 に 外 字 の 説 明 や 、 傍 点 の 位 置 の 指 定

-------------------------------------------------------

水 準

      ︵ 数 字 は 、 JIS X 0213

︵ 例 ︶ ※ [ # ﹁ 白 + 轢 の つ く り ﹂ 、 第 3

-------------------------------------------------------

  立 て き っ た 障 子 ︽ し ょ う じ ︾ に は う ら ら か な 日 の 光 が さ し て 、 嵯 峨 ︽ さ が ︾ た


ず 彼 の 身 辺 を 窺 ︽ う か が ︾ っ て い る 。 彼 は 放 埓 ︽ ほ う ら つ ︾ を 装 っ て 、 こ れ ら の

な 骨 折 り で は な い 。 し か も 讐 家 ︽ し ゅ う か ︾ の 放 っ た 細 作 ︽ さ い さ く ︾ は 、 絶 え

て 、 徐 ︽ お も む ろ ︾ に 機 の 熟 す る の を 待 っ た だ け で も 、 並 大 抵 ︽ な み た い て い ︾

︽ や や ︾ も す れ ば は や り 勝 ち な 、 一 党 の 客 気 ︽ か っ き ︾ を 控 制 ︽ こ う せ い ︾ し

焦 慮 と 画 策 ︽ か く さ く ︾ と の 中 ︽ う ち ︾ に 、 費 ︽ つ い や ︾ し た 事 で あ ろ う 。 動

  赤 穂 ︽ あ こ う ︾ の 城 を 退 去 し て 以 来 、 二 年 に 近 い 月 日 を 、 如 何 ︽ い か ︾ に 彼 は

じ た 、 そ の 時 の 満 足 が 帰 っ て 来 た の で あ る 。

か ︾ ら ﹁ あ ら た の し 思 い は は る る 身 は す つ る 、 う き よ の 月 に か か る 雲 な し ﹂ と 詠

亡 君 の 讐 ︽ あ だ ︾ を 復 し て 、 泉 岳 寺 ︽ せ ん が く じ ︾ へ 引 上 げ た 時 、 彼 | 自 ︽ み ず

の 情 が 、 今 更 の よ う に あ ふ れ て 来 た 。 丁 度 、 去 年 の 極 月 ︽ ご く げ つ ︾ 十 五 日 に 、

が り と 灰 を 照 ら し て い る 。 そ の 火 気 を 感 じ る と 、 内 蔵 助 の 心 に は 、 安 ら か な 満 足

み ︾ を か け た 火 鉢 の 中 に は 、 い け て あ る 炭 の 底 に 、 う つ く し い 赤 い も の が 、 か ん

眼 を し な が ら 、 静 に 手 を 傍 ︽ か た わ ら ︾ の 火 鉢 の 上 に か ざ し た 。 金 網 ︽ か な あ

  内 蔵 助 ︽ く ら の す け ︾ は 、 ふ と 眼 を 三 国 誌 か ら は な し て 、 遠 い 所 を 見 る よ う な

よ ︾ っ て い る 墨 の 匂 ︽ に お い ︾ を 動 か す ほ ど の 音 さ え 立 て な い 。

時 た ま 、 し わ ぶ き の 声 を さ せ る も の が あ っ て も 、 そ れ は 、 か す か に 漂 ︽ た だ

た せ い か 、 ま だ 春 の 浅 い 座 敷 の 中 は 、 肌 寒 い ば か り に も の 静 ︽ し ず か ︾ で あ る 。

た た ︾ め た り し て い る 。 そ の 六 人 が 六 人 と も 、 五 十 歳 以 上 の 老 人 ば か り 揃 っ て い

日 影 も 忘 れ た よ う に 、 あ る い は 書 見 に 耽 ︽ ふ け ︾ っ た り 、 あ る い は 消 息 を 認 ︽ し

兵 衛 ︽ ほ り べ や へ え ︾ 、 間 喜 兵 衛 ︽ は ざ ま き へ え ︾ の 六 人 が 、 障 子 に さ し て い る

間 瀬 久 太 夫 ︽ ま せ き ゅ う だ ゆ う ︾ 、 小 野 寺 十 内 ︽ お の で ら じ ゅ う な い ︾ 、 堀 部 弥

は 、 吉 田 忠 左 衛 門 ︽ よ し だ ち ゅ う ざ え も ん ︾ 、 原 惣 右 衛 門 ︽ は ら そ う え も ん ︾ 、

下 ︽ し も ︾ の 間 ︽ ま ︾ へ 話 し に 行 っ て 、 未 ︽ い ま だ ︾ に こ こ へ 帰 ら な い 。 あ と に

は 、 今 し 方 | 厠 ︽ か わ や ︾ へ 立 っ た 。 早 水 藤 左 衛 門 ︽ は や み と う ざ え も ん ︾ は 、

  九 人 一 つ 座 敷 に い る 中 ︽ う ち ︾ で 、 片 岡 源 五 右 衛 門 ︽ か た お か げ ん ご え も ん ︾

く れ た 三 国 誌 の 中 の 一 冊 で あ ろ う 。

ま 、 さ っ き か ら 書 見 に 余 念 が な い 。 書 物 は 恐 ら く 、 細 川 家 の 家 臣 の 一 人 が 借 し て

く ら の す け よ し か つ ︾ は 、 そ の 障 子 を 後 ︽ う し ろ ︾ に し て 、 端 然 と 膝 を 重 ね た ま

み ︾ 家 来 、 当 時 | 細 川 家 ︽ ほ そ か わ け ︾ に 御 預 り 中 の 大 石 内 蔵 助 良 雄 ︽ お お い し

ま で 画 の 如 く 鮮 ︽ あ ざ や か ︾ に 領 し て い る 。 元 | 浅 野 内 匠 頭 ︽ あ さ の た く み の か

る 老 木 の 梅 の 影 が 、 何 間 ︽ な ん げ ん ︾ か の 明 ︽ あ か る ︾ み を 、 右 の 端 か ら 左 の 端

2

細 作 の 眼 を 欺 く と 共 に 、 併 せ て ま た 、 そ の 放 埓 に 欺 か れ た 同 志 の 疑 惑 を も 解 か な


青 く 消 え て し ま う 。

  忠 左 衛 門 は 、 手 も と の 煙 管 ︽ き せ る ︾ を と り 上 げ て 、 つ つ ま し く 一 服 の 煙 を

﹁ さ よ う さ 。 そ れ も あ り ま し ょ う 。 ﹂

﹁ や は り 本 意 を 遂 ︽ と ︾ げ た と 云 う 、 気 の ゆ る み が あ る の で ご ざ い ま し ょ う 。 ﹂

じ て い る 満 足 と 変 り は な い 。

じ た 、 そ の 句 が ふ と 念 頭 に 浮 ん だ か ら で あ る 。 句 意 も 、 良 雄 ︽ よ し か つ ︾ が 今 感

ん ︾ が 、 三 杯 の 屠 蘇 ︽ と そ ︾ に 酔 っ て 、 ﹁ 今 日 も 春 恥 し か ら ぬ 寝 武 士 か な ﹂ と 吟

  内 蔵 助 は 微 笑 し た 。 こ の 正 月 の 元 旦 に 、 富 森 助 右 衛 門 ︽ と み の も り す け え も

で 、 睡 気 ︽ ね む け ︾ が さ し そ う で な り ま せ ん 。 ﹂

﹁ さ よ う で ご ざ い ま す 。 こ う し て 居 り ま し て も 、 ど う か す る と 、 あ ま り 暖 い の

﹁ 今 日 ︽ き ょ う ︾ は 余 程 暖 い よ う で す な 。 ﹂

の こ ち ら か ら 声 を か け た 。

ん だ の か 、 書 物 を 伏 せ た 膝 の 上 へ 、 指 で 手 習 い を し て い た 吉 田 忠 左 衛 門 に 、 火 鉢

  こ う 思 い な が ら 、 内 蔵 助 ︽ く ら の す け ︾ は 眉 を の べ て 、 こ れ も 書 見 に 倦 ︽ う ︾

以 上 の 満 足 が あ り 得 よ う か 。 ⋮ ⋮

考 え て も 、 良 心 の 疚 ︽ や ま ︾ し さ に 曇 ら さ れ る 所 は 少 し も な い 。 彼 と し て 、 こ れ

事 が 出 来 た の で あ る 。 し か も 、 そ の 満 足 は 、 復 讐 の 目 的 か ら 考 え て も 、 手 段 か ら

業 を 完 成 し た 満 足 を 味 っ た ば か り で な く 、 道 徳 を 体 現 し た 満 足 を も 、 同 時 に 味 う

彼 の 道 徳 上 の 要 求 と 、 ほ と ん ど 完 全 に 一 致 す る よ う な 形 式 で 成 就 し た 。 彼 は 、 事

も 単 に 、 復 讐 の 挙 が 成 就 ︽ じ ょ う じ ゅ ︾ し た と 云 う ば か り で は な い 。 す べ て が 、

ず れ 遠 い 事 で は な い の に 違 い な い 。 そ う だ 。 す べ て は 行 く 処 へ 行 き つ い た 。 そ れ

公 儀 ︽ こ う ぎ ︾ の 御 沙 汰 ︽ ご さ た ︾ だ け で あ る 。 が 、 そ の 御 沙 汰 が あ る の も 、 い

  も し 、 ま だ 片 の つ か な い も の が あ る と す れ ば 、 そ れ は 一 党 四 十 七 人 に 対 す る 、

く 処 へ 行 き つ い た 。

せ ば 、 当 時 の 苦 衷 が 再 び 心 の 中 に よ み 返 っ て 来 る 。 ︱ ︱ し か し 、 も う す べ て は 行

け れ ば な ら な か っ た 。 山 科 ︽ や ま し な ︾ や 円 山 ︽ ま る や ま ︾ の 謀 議 の 昔 を 思 い 返

3

味 っ た 。 煙 は 、 早 春 の 午 後 を わ ず か に く ゆ ら せ な が ら 、 明 い 静 か さ の 中 に 、 う す


﹁ 何 か 面 白 い 話 で も あ り ま し た か 。 ﹂

の 妻 女 へ 送 る 消 息 で も 、 認 ︽ し た た ︾ め て い た も の で あ ろ う 。 ︱ ︱ 内 蔵 助 も 、 眦

が 、 す ぐ ま た 眼 を 紙 へ 落 し て 、 せ っ せ と あ と を 書 き 始 め る 。 こ れ は 恐 ら く 、 京 都

ら せ て い た 小 野 寺 十 内 が 、 何 か と 思 っ た 気 色 ︽ け し き ︾ で 、 ち ょ い と 顔 を あ げ た

  忠 左 衛 門 は 、 煙 に む せ て 、 苦 し そ う に 笑 っ た 。 す る と 、 頻 ︽ し き り ︾ に 筆 を 走

﹁ 道 理 こ そ 、 遅 い と 思 い ま し た よ 。 ﹂

た で ﹁ 。 し 今 ﹂ ょ 日 う の 。 当 片 番 岡 は な 、 ど 伝 も 右 、 衛 今 門 し ︽ 方 で あ ん ち え ら も へ ん 参 ︾ っ 殿 て で 、 す そ か の ら ま 、 ま そ 坐 れ り で こ 余 ん 計 で 話 し が ま は い ず ま む し の

  忠 左 衛 門 は 、 こ う 云 い な が ら 、 ま た 煙 草 ︽ た ば こ ︾ を 一 服 吸 い つ け た 。

﹁ 大 分 ︽ だ い ぶ ︾ 下 ︽ し も ︾ の 間 ︽ ま ︾ は 、 賑 か な よ う で す な 。 ﹂

間 へ は い っ て 来 た 。 が 、 彼 等 は 、 勿 論 そ れ に は 気 が つ か な い 。

血 色 の 良 い 藤 左 衛 門 の 両 頬 に 浮 ん で い る 、 ゆ た か な 微 笑 と 共 に 、 遠 慮 な く 二 人 の

を 、 そ の 誇 ら か な 満 足 の 情 と 共 に 、 味 わ う 事 が 出 来 た の で あ ろ う 。 が 、 現 実 は 、

が 、 座 敷 の 中 へ は い っ て 来 な か っ た な ら 、 良 雄 は い つ ま で も 、 快 い 春 の 日 の 暖 さ

手 ︽ ひ き て ︾ へ 手 を か け る と 共 に 消 え て 、 そ の 代 り に 、 早 水 藤 左 衛 門 の 逞 し い 姿

の 障 子 に 、 影 法 師 が 一 つ 映 ら な か っ た な ら 、 そ う し て 、 そ の 影 法 師 が 、 障 子 の 引

  二 人 は 、 満 足 そ う に 、 眼 で 笑 い 合 っ た 。 ︱ ︱ も し こ の 時 、 良 雄 の 後 ︽ う し ろ ︾

﹁ 我 々 は 、 よ く よ く 運 の よ い も の と 見 え ま す な 。 ﹂

で し た 。 ﹂

﹁ さ よ う で ご ざ い ま す 。 手 前 も 二 度 と 、 春 に 逢 お う な ど と は 、 夢 に も 存 じ ま せ ん

ら な 。 ﹂

﹁ こ う 云 う の ど か な 日 を 送 る 事 が あ ろ う と は 、 お 互 に 思 い が け な か っ た 事 で す か

4

︽ ま な じ り ︾ の 皺 ︽ し わ ︾ を 深 く し て 、 笑 い な が ら 、


藤 左 衛 門 と 忠 左 衛 門 と は 、 顔 を 見 合 せ て 、 笑 っ た 。 復 讐 の 挙 が 江 戸 の 人 心 に 与

ん か 。 ﹂

そ う で す 。 そ れ が 皆 、 我 々 の 真 似 だ そ う だ か ら 、 可 笑 ︽ お か ︾ し い じ ゃ あ り ま せ

二 丁 目 に も 一 つ 、 そ れ か ら 、 も う 一 つ は ど こ で し た か な 。 と に か く 、 諸 方 に あ る

か ま だ そ の 通 町 ︽ と お り ち ょ う ︾ 三 丁 目 に も 一 つ 、 新 麹 町 ︽ し ん こ う じ ま ち ︾ の

そ の 丁 稚 ︽ で っ ち ︾ の 方 が 好 ︽ よ ︾ い と 云 う の だ か ら 、 不 思 議 で し ょ う 。 そ の ほ

﹁ 職 人 の 方 は 、 大 怪 我 ︽ お お け が ︾ を し た よ う で す 。 そ れ で も 、 近 所 の 評 判 は 、

﹁ そ れ は ま た 乱 暴 至 極 で す な 。 ﹂

  藤 左 衛 門 は 、 手 真 似 を し な が ら 、 笑 い 笑 い 、 こ う 云 っ た 。

や っ た の だ そ う で す 。 ⋮ ⋮ ﹂

う じ ゃ あ り ま せ ん か 。 そ れ も ﹁ 主 人 の 讐 ︽ か た き ︾ 、 思 い 知 れ ﹂ と 云 い な が ら 、

職 人 の 外 へ 出 る 所 を 待 伏 せ て 、 い き な り 鉤 ︽ か ぎ ︾ を 向 う の 肩 へ 打 ち こ ん だ と 云

と 、 米 屋 の 丁 稚 ︽ で っ ち ︾ が 一 人 、 そ れ を 遺 恨 に 思 っ て 、 暮 方 ︽ く れ が た ︾ そ の

の 亭 主 の 方 が 、 紺 屋 の 職 人 に 桶 で 散 々 | 撲 ︽ な ぐ ︾ ら れ た の だ そ う で す 。 す る

か 云 う 、 つ ま ら な い 事 か ら な の で し ょ う 。 そ う し て 、 そ の 揚 句 ︽ あ げ く ︾ に 米 屋

志 の 紺 屋 の 職 人 と 喧 嘩 を し た の で す な 。 ど う せ 起 り は 、 湯 が は ね か っ た と か 何 と

す 。 何 で も 事 の 起 り は 、 あ の 界 隈 ︽ か い わ い ︾ の 米 屋 の 亭 主 が 、 風 呂 屋 で 、 隣 同

は 、 南 八 丁 堀 ︽ み な み は っ ち ょ う ぼ り ︾ の 湊 町 ︽ み な と ち ょ う ︾ 辺 に あ っ た 話 で

﹁ 今 も 似 よ り の 話 を 二 つ 三 つ 聞 い て 来 ま し た が 、 中 で も 可 笑 ︽ お か ︾ し か っ た の

せ る の が 、 何 故 ︽ な ぜ ︾ か 非 常 に 得 意 ら し い 。

  忠 左 衛 門 は 、 け げ ん な 顔 を し て 、 藤 左 衛 門 を 見 た 。 相 手 は 、 こ の 話 を し て 聞 か

﹁ は は あ 、 そ れ は 思 い も よ り ま せ ん な 。 ﹂

何 か と 仇 討 ︽ あ だ う ち ︾ じ み た 事 が 流 行 ︽ は や ︾ る そ う で ご ざ い ま す 。 ﹂

ば 、 面 白 い 話 が ご ざ い ま し た 。 我 々 が 吉 良 ︽ き ら ︾ 殿 を 討 取 っ て 以 来 、 江 戸 中 に

ぞ も 、 眼 に 涙 を た め て 、 聞 い て 居 ら れ ま し た が 、 そ の ほ か は ︱ ︱ い や 、 そ う 云 え

近 松 ︽ ち か ま つ ︾ が 甚 三 郎 ︽ じ ん ざ ぶ ろ う ︾ の 話 を 致 し た 時 に は 、 伝 右 衛 門 殿 な

﹁ い え 。 不 相 変 ︽ あ い か わ ら ず ︾ の 無 駄 話 ば か り で ご ざ い ま す 。 も っ と も 先 刻 、

5

え た 影 響 を 耳 に す る の は 、 ど ん な 些 事 ︽ さ じ ︾ に し て も 、 快 い に 相 違 な い 。 た だ


で い た か ら で あ る 。

ら こ う 云 っ た 。 伝 右 衛 門 の 素 朴 で 、 真 率 ︽ し ん そ つ ︾ な 性 格 は 、 お 預 け に な っ て

  忠 左 衛 門 は 、 伝 右 衛 門 の 姿 を 見 る と 、 良 雄 ︽ よ し か つ ︾ に 代 っ て 、 微 笑 し な が

﹁ い や 、 こ れ は 、 と ん だ 御 足 労 を 願 っ て 恐 縮 で ご ざ い ま す な 。 ﹂

を た た え な が ら 、 得 々 ︽ と く と く ︾ と し て 帰 っ て 来 た 。

か ら 無 骨 ︽ ぶ こ つ ︾ ら し い 伝 右 衛 門 を 伴 な っ て 、 不 相 変 ︽ あ い か わ ら ず ︾ の 微 笑

す ま ︾ を あ け て 、 気 軽 く 下 の 間 へ 出 向 い て 行 っ た 。 そ う し て 、 ほ ど な く 、 見 た 所

て 、 ﹁ 伝 右 衛 門 殿 を よ ん で 来 ま し ょ う 。 ﹂ と か 何 と か 云 う と 、 早 速 隔 て の 襖 ︽ ふ

な か っ た の に 相 違 な い 。 所 が 、 万 事 に ま め な 彼 は 、 忠 左 衛 門 を 顧 ︽ か え り み ︾

当 直 だ っ た 細 川 家 の 家 来 、 堀 内 伝 右 衛 門 を 、 わ ざ わ ざ こ ち ら へ つ れ て 来 な ど は し

う 。 そ れ で な け れ ば 、 彼 は 、 更 に 自 身 | 下 ︽ し も ︾ の 間 ︽ ま ︾ へ 赴 い て 、 当 日 の

あ る よ う に 、 内 蔵 助 に と っ て も 興 味 が あ る も の と 確 信 し て 疑 わ な か っ た の で あ ろ

か っ た ら し い 。 い や 、 人 の 好 い 藤 左 衛 門 の 如 き は 、 彼 自 身 に と っ て こ の 話 が 興 味

  し か し 、 内 蔵 助 ︽ く ら の す け ︾ の 笑 わ な か っ た の は 、 格 別 二 人 の 注 意 を 惹 か な

何 と な く 不 愉 快 に な っ た だ け で あ る 。

た 。 彼 は た だ 、 春 風 ︽ し ゅ ん ぷ う ︾ の 底 に 一 脈 の 氷 冷 ︽ ひ れ い ︾ の 気 を 感 じ て 、

心 に は 、 こ う 云 う 解 剖 的 ︽ か い ぼ う て き ︾ な 考 え は 、 少 し も は い っ て 来 な か っ

て と を 肯 定 す る ほ ど 、 虫 の 好 い 性 質 を 帯 び て い た か ら で あ ろ う 。 勿 論 当 時 の 彼 の

が 、 暗 々 の 裡 ︽ う ち ︾ に 論 理 と 背 馳 ︽ は い ち ︾ し て 、 彼 の 行 為 と そ の 結 果 の す べ

た 彼 の 心 に は 、 ふ と 不 快 な 種 を 蒔 ︽ ま ︾ く 事 に な っ た 。 こ れ は 恐 ら く 、 彼 の 満 足

左 衛 門 や 忠 左 衛 門 と 共 に 、 笑 っ て す ま せ る 筈 の こ の 事 実 が 、 そ の 時 の 満 足 し き っ

波 動 し た の に 、 聊 ︽ い さ さ ︾ か 驚 い た だ け な の で あ る 。 が 、 ふ だ ん の 彼 な ら 、 藤

  事 実 を 云 え ば 、 そ の 時 の 彼 は 、 単 に 自 分 た ち の し た 事 の 影 響 が 、 意 外 な 所 ま で

幾 分 か 減 却 し た よ う な 感 じ が あ っ た 。

る 。 し か し 、 そ れ に も 関 ら ず 、 彼 の 心 か ら は 、 今 ま で の 春 の 温 ︽ ぬ く ︾ も り が 、

行 し た 所 で 、 そ れ は も と よ り 彼 の 良 心 と 風 馬 牛 ︽ ふ う ば ぎ ゅ う ︾ な の が 当 然 で あ

任 を 持 つ 気 で い た 訳 で は な い 。 彼 等 が 復 讐 の 挙 を 果 し て 以 来 、 江 戸 中 に 仇 討 が 流

な 曇 り を 落 さ せ た 。 と 云 っ て も 、 勿 論 彼 が 、 彼 の し た 行 為 の あ ら ゆ る 結 果 に 、 責

顔 を し て 、 黙 っ て い る 。 ︱ ︱ 藤 左 衛 門 の 話 は 、 彼 の 心 の 満 足 に 、 か す か な が ら 妙

一 人 | 内 蔵 助 ︽ く ら の す け ︾ だ け は 、 僅 に 額 へ 手 を 加 え た ま ま 、 つ ま ら な そ う な

6

以 来 、 夙 ︽ つ と ︾ に 彼 と 彼 等 と の 間 を 、 故 旧 ︽ こ き ゅ う ︾ の よ う な 温 情 で つ な い


ま す 。 ﹂

﹁ 江 戸 中 で 仇 討 ︽ あ だ う ち ︾ の 真 似 事 が 流 行 ︽ は や ︾ る と 云 う 、 あ の 話 で ご ざ い

﹁ 面 白 い 話 ︱ ︱ と 申 し ま す と ⋮ ⋮ ﹂

  忠 左 衛 門 も 、 傍 ︽ か た わ ら ︾ か ら 口 を 挟 ︽ は さ ︾ ん だ 。

な ﹁ 。 今 ﹂ も 承 ︽ う け た ま わ ︾ れ ば 、 大 分 ︽ だ い ぶ ︾ 面 白 い 話 が 出 た よ う で ご ざ い ま す

と め ら れ て 、 つ い そ の ま ま 、 話 し こ ん で し ま う の で ご ざ い ま す 。 ﹂

﹁ い や 、 そ う 云 う 訳 で は ご ざ い ま せ ん が 、 何 か と あ ち ら の 方 々 ︽ か た が た ︾ に 引

か ら で あ ろ う 。

乱 さ れ は し た も の の 、 ま だ 彼 の 胸 底 に は 、 さ っ き の 満 足 の 情 が 、 暖 く 流 れ て い た

  内 蔵 助 は 、 い つ に 似 合 わ な い 、 滑 ︽ な め ら か ︾ な 調 子 で 、 こ う 云 っ た 。 幾 分 か

ま せ ん な 。 ﹂

﹁ 伝 右 衛 門 殿 も 老 人 は お 嫌 い だ と 見 え て 、 と か く こ ち ら へ は お 出 ︽ い で ︾ に な り

た て ︾ の 方 を 向 き な が ら 、 苦 し そ う な 顔 を し て 笑 を こ ら え て い た 。

も 、 よ く よ く 可 笑 ︽ お か ︾ し か っ た も の と 見 え て 、 傍 ︽ か た わ ら ︾ の 衝 立 ︽ つ い

ず し て 、 丁 寧 に 頭 を 下 げ た 容 子 ︽ よ う す ︾ で あ る 。 こ れ に は さ す が な 間 喜 兵 衛

ま 、 居 眠 り を し て い た 堀 部 弥 兵 衛 が 、 眼 を さ ま す が 早 い か 、 慌 て て そ の 眼 鏡 を は

さ ︾ か 滑 稽 の 観 が あ っ た の は 、 読 み か け た 太 平 記 を 前 に 置 い て 、 眼 鏡 を か け た ま

る 。 内 蔵 助 も や は り 、 慇 懃 ︽ い ん ぎ ん ︾ に 会 釈 を し た 。 た だ そ の 中 で 聊 ︽ い さ

を 読 ん で い た の も 、 筆 を 動 か し て い た の も 、 皆 そ れ ぞ れ 挨 拶 ︽ あ い さ つ ︾ を す

今 に も 笑 い 出 し そ う に 動 か し て 、 万 遍 な く 一 座 を 見 廻 し た 。 こ れ に つ れ て 、 書 物

  伝 右 衛 門 は 、 座 に つ く と 、 太 い 眉 毛 を 動 か し な が ら 、 日 に や け た 頬 の 筋 肉 を 、

が ら 、 罷 ︽ ま か ︾ り 出 ま し た 。 ﹂

﹁ 早 水 氏 ︽ は や み う じ ︾ が 是 非 こ ち ら へ 参 れ と 云 わ れ る の で 、 御 邪 魔 と は 思 い な

7

  藤 左 衛 門 は 、 こ う 云 っ て 、 伝 右 衛 門 と 内 蔵 助 ︽ く ら の す け ︾ と を 、 に こ に こ し


て 、 急 に 真 面 目 ︽ ま じ め ︾ な 調 子 を 帯 び た 。 こ の 意 味 で 、 会 話 は 、 彼 の 意 図 通

  一 座 の 空 気 は 、 内 蔵 助 の こ の 語 ︽ こ と ば ︾ と 共 に 、 今 ま で の 陽 気 さ を な く な し

見 れ ば お 恥 し い 気 の す る の も 無 理 は ご ざ い ま す ま い 。 ﹂

く に つ れ て 、 変 心 致 し ま し た 。 そ の 中 に は 、 手 前 の 親 族 の 者 も ご ざ い ま す 。 し て

こ ざ え も ん ︾ な ど も 、 吉 田 忠 左 衛 門 よ り 身 分 は 上 で ご ざ い ま す が 、 皆 一 挙 が 近 づ

ご ざ え も ん ︾ な ど は 、 原 惣 右 衛 門 よ り 上 席 で ご ざ い ま す し 、 佐 々 小 左 衛 門 ︽ さ さ

し ろ う ︾ 、 河 村 伝 兵 衛 ︽ か わ む ら で ん び ょ う え ︾ 、 小 山 源 五 左 衛 門 ︽ こ や ま げ ん

は 、 心 外 と 申 す よ り ほ か は ご ざ い ま せ ん 。 そ の ほ か 、 新 藤 源 四 郎 ︽ し ん ど う げ ん

の っ た も の で ご ざ い ま す が 、 中 ご ろ か ら 量 見 を 変 え 、 つ い に 同 盟 を 脱 し ま し た の

奥 野 将 監 ︽ お く の し ょ う げ ん ︾ な ど と 申 す 番 頭 ︽ ば ん が し ら ︾ も 、 何 か と 相 談 に

も の は 、 皆 | 小 身 者 ︽ し ょ う し ん も の ︾ ば か り で ご ざ い ま す 。 も っ と も 最 初 は 、

﹁ 何 故 か と 申 し ま す と 、 赤 穂 一 藩 に 人 も 多 い 中 で 、 御 覧 の 通 り こ こ に 居 り ま す る

  こ う 云 っ て 、 一 座 を 眺 め な が ら 、

︽ ひ と り ︾ の 量 見 で は 、 お 恥 し い 方 が 先 に 立 ち ま す 。 ﹂

﹁ 手 前 た ち の 忠 義 を お 褒 ︽ ほ ︾ め 下 さ る の は 難 有 ︽ あ り が た ︾ い が 、 手 前 | 一 人

そ の 方 向 を 転 換 し よ う と し た 。

彼 は 、 わ ざ と 重 々 し い 調 子 で 、 卑 下 ︽ ひ げ ︾ の 辞 を 述 べ な が ら 、 巧 ︽ た く み ︾ に

  会 話 の 進 行 は 、 ま た 内 蔵 助 に と っ て 、 面 白 く な い 方 向 へ 進 む ら し い 。 そ こ で 、

う ご ざ い ま す 。 ﹂

た く も な い も の ば か り 流 行 ︽ は や ︾ っ て い る 時 で ご ざ い ま す か ら 、 丁 度 よ ろ し ゅ

が 、 改 ま る か わ か り ま せ ん 。 や れ 浄 瑠 璃 ︽ じ ょ う る り ︾ の 、 や れ 歌 舞 伎 の と 、 見

の で ご ざ い ま し ょ う 。 こ れ で 、 ど の く ら い じ だ ら く な 上 下 ︽ じ ょ う げ ︾ の 風 俗

い ま す 。 御 一 同 の 忠 義 に 感 じ る と 、 町 人 百 姓 ま で そ う 云 う 真 似 が し て 見 た く な る

﹁ は あ 、 い や 、 あ の 話 で ご ざ い ま す か 。 人 情 と 云 う も の は 、 実 に 妙 な も の で ご ざ

な が ら 、 等 分 に 見 比 べ た 。

8

る に り 。 と 、 っ 方 て 向 、 を 愉 転 快 換 な し も た の と だ 云 っ っ た て か も ど 差 う 支 か え は な 、 い 自 。 ︽ が お 、 の 転 ず 換 か し ︾ た ら 方 ま 向 た が 別 、 な 果 問 し 題 て で 内 あ 蔵 助


︽ か つ ︾ は か ね が ね 御 一 同 の 御 憤 ︽ お い き ど お ︾ り も あ る 事 と 申 し 、 さ よ う な 輩

は 、 仇 討 ︽ あ だ う ち ︾ の 真 似 事 を 致 す ほ ど 、 義 に 勇 み や す い 江 戸 の 事 と 申 し 、 且

︽ お ︾ ら れ ま す ま い 。 ま し て 、 余 人 は 猶 更 ︽ な お さ ら ︾ の 事 で ご ざ い ま す 。 こ れ

で な い に し て も 、 か よ う な 場 合 に 立 ち 至 っ て 見 れ ば 、 そ の 汚 名 も 受 け ず に は 居

︽ つ め ば ら ︾ を 斬 ら せ た の だ な ど と 云 う 風 評 が ご ざ い ま し た 。 ま た よ し ん ば そ う

け ︾ 殿 な ど も 、 昨 年 切 腹 こ そ 致 さ れ た が 、 や は り 親 類 縁 者 が 申 し 合 せ て 、 詰 腹

こ う ︾ を 申 し て 居 ︽ お ︾ る よ う で ご ざ い ま す 。 岡 林 杢 之 助 ︽ お か ば や し も く の す

町 人 百 姓 ま で 、 犬 侍 ︽ い ぬ ざ む ら い ︾ の 禄 盗 人 ︽ ろ く ぬ す び と ︾ の と 悪 口 ︽ あ っ

が 居 ︽ お ︾ ろ う と は 、 考 え ら れ も 致 し ま せ ん な 。 さ れ ば こ そ 、 武 士 は も と よ り 、

﹁ 何 に 致 せ 、 御 一 同 の よ う な 忠 臣 と 、 一 つ 御 ︽ ご ︾ 藩 に 、 さ よ う な 輩 ︽ や か ら ︾

見 に 賛 同 の 意 を 表 し た 事 は 、 度 々 ︽ ど ど ︾ あ る 。

喜 兵 衛 で さ え 、 口 こ そ き か な い が 、 白 髪 ︽ し ら が ︾ 頭 を う な ず か せ て 、 一 同 の 意

は り 口 を 斉 ︽ ひ と ︾ し く し て 、 背 盟 ︽ は い め い ︾ の 徒 を 罵 り は じ め た 。 寡 黙 な 間

  間 瀬 久 太 夫 が 、 誰 に 云 う と も な く こ う 云 う と 、 原 惣 右 衛 門 や 小 野 寺 十 内 も 、 や

の な い た わ け 者 じ ゃ 。 ﹂

﹁ 高 田 も 高 田 じ ゃ が 、 小 山 田 庄 左 衛 門 ︽ お や ま だ し ょ う ざ え も ん ︾ な ど も し よ う

御 | 本 望 ︽ ほ ん も う ︾ を 遂 げ ら れ 、 大 慶 の 至 り な ど と 云 う の で す か ら な 。 ﹂

足 ら ぬ と 思 い ま し た 。 何 し ろ の め の め と 我 々 の 前 へ 面 ︽ つ ら ︾ を さ ら し た 上 に 、

﹁ 引 き 上 げ の 朝 、 彼 奴 ︽ き ゃ つ ︾ に 遇 ︽ あ ︾ っ た 時 に は 、 唾 を 吐 き か け て も 飽 き

︽ こ う が い か ︾ の 弥 兵 衛 は 、 も と よ り 黙 っ て い な い 。

  忠 左 衛 門 は 、 眉 を あ げ て 、 賛 同 を 求 め る よ う に 、 堀 部 弥 兵 衛 を 見 た 。 慷 慨 家

て い ま す て 。 ﹂

﹁ さ よ う さ 。 そ れ も 高 田 群 兵 衛 ︽ た か た ぐ ん べ え ︾ な ど に な る と 、 畜 生 よ り 劣 っ

な 。 一 人 と し て 、 武 士 の 風 上 ︽ か ざ か み ︾ に も 置 け る よ う な 奴 は 居 り ま せ ん 。 ﹂

﹁ 彼 奴 等 ︽ き ゃ つ ら ︾ は 皆 、 揃 い も 揃 っ た 人 畜 生 ︽ に ん ち く し ょ う ︾ ば か り で す

つ ︾ を 、 二 三 度 膝 の 上 に こ す り な が ら 、

  彼 の 述 懐 を 聞 く と 、 ま ず 早 水 藤 左 衛 門 は 、 両 手 に こ し ら え て い た 拳 骨 ︽ げ ん こ

9

を 斬 っ て す て る も の が 出 な い と も 、 限 り ま せ ん な 。 ﹂


た 。 そ の 敬 服 さ 加 減 を 披 瀝 ︽ ひ れ き ︾ す る た め に 、 こ の 朴 直 な 肥 後 侍 ︽ ひ ご ざ む

心 も ち の 結 果 と で も 、 推 測 し た の で あ ろ う 。 愈 ︽ い よ い よ ︾ 彼 の 人 柄 に 敬 服 し

  彼 の 無 言 で い る の を 見 た 伝 右 衛 門 は 、 大 方 ︽ お お か た ︾ そ れ を 彼 ら し い 謙 譲 な

い   た し 。 か し 、 内 蔵 助 の 不 快 は 、 ま だ こ の 上 に 、 最 後 の 仕 上 げ を 受 け る 運 命 を 持 っ て

看 取 し た 。 彼 が 苦 い 顔 を し た の も 、 決 し て 偶 然 で は な い 。

度 は 背 盟 の 徒 が 蒙 っ た 影 響 を 、 伝 右 衛 門 に よ っ て 代 表 さ れ た 、 天 下 の 公 論 の 中 に

か ら ず 思 っ た 内 蔵 助 ︽ く ら の す け ︾ は 、 そ れ と は 稍 ︽ や や ︾ ち が っ た 意 味 で 、 今

の 差 は 、 存 外 大 き な も の で は な い 。 ︱ ︱ 江 戸 の 町 人 に 与 え た 妙 な 影 響 を 、 前 に 快

等 を 人 畜 生 ︽ に ん ち く し ょ う ︾ と し な け れ ば な ら な い の で あ ろ う 。 我 々 と 彼 等 と

き 足 ら な い よ う に 、 思 っ て い る ら し い 。 何 故 我 々 を 忠 義 の 士 と す る た め に は 、 彼

た だ 憫 笑 ︽ び ん し ょ う ︾ が 残 っ て い る だ け で あ る 。 そ れ を 世 間 は 、 殺 し て も 猶 飽

か っ た 。 ま し て 、 復 讐 の 事 の 成 っ た 今 に な っ て 見 れ ば 、 彼 等 に 与 う 可 き も の は 、

な く ら い 真 率 で あ っ た 。 従 っ て 、 彼 は 彼 等 に 対 し て も 、 終 始 寛 容 の 態 度 を 改 め な

あ っ た 。 も し 真 率 ︽ し ん そ つ ︾ と 云 う 語 ︽ こ と ば ︾ が 許 さ れ る と す れ ば 、 気 の 毒

来 た 彼 の 眼 ︽ ま な こ ︾ か ら 見 れ ば 、 彼 等 の 変 心 の 多 く は 、 自 然 す ぎ る ほ ど 自 然 で

て い な い 。 人 情 の 向 背 ︽ こ う は い ︾ も 、 世 故 ︽ せ こ ︾ の 転 変 も 、 つ ぶ さ に 味 っ て

と も 思 っ て い た 。 が 、 彼 は そ れ ら の 不 忠 の 侍 を も 、 憐 み こ そ す れ 、 憎 い と は 思 っ

転 じ た か っ た た め ば か り で は な い 、 彼 と し て は 、 実 際 彼 等 の 変 心 を 遺 憾 と も 不 快

く ︾ も り を 減 却 し た 。 勿 論 彼 が 背 盟 の 徒 の た め に 惜 ん だ の は 、 単 に 会 話 の 方 向 を

し た 。 そ う し て 、 そ れ と 共 に 、 彼 の 胸 底 を 吹 い て い た 春 風 は 、 再 び 幾 分 の 温 ︽ ぬ

等 の 忠 義 が 益 ︽ ま す ま す ︾ 褒 ︽ ほ ︾ め そ や さ れ て い る と 云 う 、 新 し い 事 実 を 発 見

  彼 は 、 彼 の 転 換 し た 方 面 へ 会 話 が 進 行 し た 結 果 、 変 心 し た 故 朋 輩 の 代 価 で 、 彼

を へ ら し な が ら 、 ぼ ん や り 火 鉢 の 中 を 眺 め て い る 。

を 膝 の 上 に の せ た ま ま 、 愈 ︽ い よ い よ ︾ つ ま ら な そ う な 顔 を し て 、 だ ん だ ん 口 数

︽ ば さ つ ︾ し に か か っ た 。 ︱ ︱ が 、 そ の 中 に た だ 一 人 、 大 石 内 蔵 助 だ け は 、 両 手

は 、 皆 一 種 の 興 奮 を 感 じ た よ う に 、 愈 ︽ い よ い よ ︾ 手 ひ ど く 、 乱 臣 賊 子 を 罵 殺

兼 ね な い 勢 い で あ る 。 こ れ に 煽 動 ︽ せ ん ど う ︾ さ れ た 吉 田 、 原 、 早 水 、 堀 部 な ど

然 と こ う 云 い 放 っ た 。 こ の 分 で は 、 誰 よ り も 彼 自 身 が 、 そ の 斬 り 捨 て の 任 に 当 り

  伝 右 衛 門 は 、 他 人 事 ︽ ひ と ご と ︾ と は 思 わ れ な い よ う な 容 子 ︽ よ う す ︾ で 、 昂

10

ら い ︾ は 、 無 理 に 話 頭 を 一 転 す る と 、 た ち ま ち 内 蔵 助 の 忠 義 に 対 す る 、 盛 な 歎 賞


す 唄 を 作 っ た 事 も ご ざ い ま し た 。 そ れ が ま た 、 中 々 評 判 で 、 廓 ︽ く る わ ︾ 中 ど こ

﹁ あ の 通 り 真 面 目 な 顔 を し て い る 内 蔵 助 ︽ く ら の す け ︾ が 、 当 時 は 里 げ し き と 申

事 明 細 に 話 し て 聞 か せ た 。

ろ も ︾ を ま と っ て 升 屋 ︽ ま す や ︾ の 夕 霧 ︽ ゆ う ぎ り ︾ の も と へ 通 い つ め た 話 を 、

て 、 当 時 内 蔵 助 が 仇 家 ︽ き ゅ う か ︾ の 細 作 ︽ さ い さ く ︾ を 欺 く た め に 、 法 衣 ︽ こ

愛 ︽ か わ い ︾ か っ た の で あ ろ う 。 彼 は 、 素 直 ︽ す な お ︾ に 伝 右 衛 門 の 意 を む か え

心 さ が 、 一 党 の 中 で も 通 人 の 名 の 高 い 十 内 に は 、 可 笑 ︽ お か ︾ し い と 同 時 に 、 可

と 、 益 ︽ ま す ま す ︾ 、 熱 心 に 推 服 の 意 を 洩 ︽ も ら ︾ し 始 め た 。 そ の 子 供 ら し い 熱

は 、 永 年 京 都 | 勤 番 ︽ き ん ば ん ︾ を つ と め て い た 小 野 寺 十 内 の 方 へ 向 き を 換 え る

に 、 一 層 の 奥 床 し さ を 感 じ さ せ た と 見 え て 、 今 ま で 内 蔵 助 の 方 を 向 い て い た 彼

  そ の 人 に 傲 ︽ た か ぶ ︾ ら な い 態 度 が 、 伝 右 衛 門 に と っ て は 、 物 足 り な い と 同 時

し ょ う ぶ し ょ う ︾ に 答 え た 。

﹁ い や 、 そ れ ほ ど 何 も 、 大 し た 事 で は ご ざ い ま せ ん 。 ﹂ 内 蔵 助 は 、 不 承 不 承 ︽ ふ

い ま す 。 ﹂

︽ あ ま の や ざ え も ん ︾ 様 が 、 沈 勇 だ と 御 賞 美 に な っ た の も 、 至 極 道 理 な 事 で ご ざ

︽ お お ︾ せ る の は 、 よ く よ く の 事 で な け れ ば 出 来 ま す ま い 。 先 頃 | 天 野 弥 左 衛 門

も 、 流 行 ︽ は や ︾ り ま し た 由 を 聞 き 及 び ま し た 。 そ れ ほ ど ま で に 、 天 下 を 欺 き 了

﹁ 承 れ ば 、 そ の 頃 京 都 で は 、 大 石 か る く て 張 抜 石 ︽ は り ぬ き い し ︾ な ど と 申 す 唄

の 計 に 耽 っ て い る 彼 に は 、 苦 し か っ た の に 相 違 な い 。 ⋮ ⋮

た 事 で あ ろ う 。 島 原 ︽ し ま ば ら ︾ や 祇 園 ︽ ぎ お ん ︾ の 花 見 の 宴 ︽ え ん ︾ も 、 苦 肉

愛 宕 ︽ あ た ご ︾ の 紅 葉 狩 も 、 佯 狂 ︽ よ う き ょ う ︾ の 彼 に は 、 ど の く ら い つ ら か っ

尽 し た 一 年 前 の 逸 聞 ︽ い つ ぶ ん ︾ を 、 長 々 と し ゃ べ り 出 し た 。 高 尾 ︽ た か お ︾ や

  伝 右 衛 門 は 、 こ う 云 う 前 置 き を し て 、 そ れ か ら 、 内 蔵 助 が 濫 行 ︽ ら ん こ う ︾ を

つ く さ れ る よ り は 、 ま だ ま だ 苦 し く な い 方 ︽ ほ う ︾ で は ご ざ い ま す ま い か 。 ﹂

ざ い ま す な 。 し か し 、 そ れ は 内 蔵 助 殿 の よ う に 、 心 に も な い 放 埓 ︽ ほ う ら つ ︾ を

炭 を 呑 ん で 唖 ︽ お し ︾ に な っ て ま で も 、 主 人 の 仇 ︽ あ だ ︾ を つ け 狙 っ た そ う で ご

﹁ 過 日 も さ る 物 識 り か ら 承 り ま し た が 、 唐 土 ︽ も ろ こ し ︾ の 何 と や ら 申 す 侍 は 、

の 辞 を な ら べ は じ め た 。

11

で も う た わ な か っ た 所 は 、 な か っ た く ら い で ご ざ い ま す 。 そ こ へ 当 時 の 内 蔵 助 の


︱ ︱ こ う 云 う 不 快 な 事 実 と 向 い あ い な が ら 、 彼 は 火 の 気 の う す く な っ た 火 鉢 に 手

身 も 、 多 分 こ の ま ま 、 勝 手 な 賞 讃 の 声 と 共 に 、 後 代 ま で 伝 え ら れ る 事 で あ ろ う 。

影 を ひ ろ げ て い る ば か り で あ る 。 彼 の 復 讐 の 挙 も 、 彼 の 同 志 も 、 最 後 に ま た 彼 自

る 反 感 と 、 そ の 誤 解 を 予 想 し な か っ た 彼 自 身 の 愚 に 対 す る 反 感 と が 、 う す ら 寒 く

吹 き つ く し て し ま っ た 事 を 意 識 し た 。 あ と に 残 っ て い る の は 、 一 切 の 誤 解 に 対 す

再 度 の 打 撃 を う け て 僅 に 残 っ て い た 胸 間 の 春 風 ︽ し ゅ ん ぷ う ︾ が 、 見 る 見 る 中 に

く ︾ の 計 を 褒 ︽ ほ ︾ め ら れ て 、 苦 ︽ に が ︾ い 顔 を し た の に 不 思 議 は な い 。 彼 は 、

  こ う 考 え て い る 内 蔵 助 が 、 そ の 所 謂 ︽ い わ ゆ る ︾ 佯 狂 苦 肉 ︽ よ う き ょ う く に

さ れ る の は 、 不 快 で あ る と 共 に 、 う し ろ め た い 。

来 な い 所 で あ る 。 従 っ て 、 彼 の 放 埓 の す べ て を 、 彼 の 忠 義 を 尽 す 手 段 と し て 激 賞

の 事 実 が 不 道 徳 な も の だ な ど と 云 う 事 も 、 人 間 性 に 明 な 彼 に と っ て 、 夢 想 さ え 出

の れ ︾ を 欺 い て 、 こ の 事 実 を 否 定 す る に は 、 余 り に 正 直 な 人 間 で あ っ た 。 勿 論 こ

挙 を 全 然 忘 却 し た 駘 蕩 ︽ た い と う ︾ た る 瞬 間 を 、 味 っ た 事 で あ ろ う 。 彼 は 己 ︽ お

用 し た 事 で あ ろ う 。 そ う し て ま た 、 如 何 に 彼 は 、 そ の 放 埓 の 生 活 の 中 に 、 復 讐 の

た 。 如 何 に 彼 は 、 こ の 記 憶 の 中 に 出 没 す る あ ら ゆ る 放 埓 の 生 活 を 、 思 い 切 っ て 受

ぬ け 出 し た よ う な 、 夕 霧 や 浮 橋 の な ま め か し い 姿 と 共 に 、 歴 々 と 心 中 に 浮 ん で 来

に 、 露 の よ す が の う き つ と め ﹂ と 云 う 文 句 さ え 、 春 宮 ︽ し ゅ ん き ゅ う ︾ の 中 か ら

た 。 い や 、 今 十 内 が 云 っ た 里 げ し き の ﹁ さ す が 涙 の ば ら ば ら 袖 に 、 こ ぼ れ て 袖

伽 羅 ︽ き ゃ ら ︾ の 油 の 匂 を 嗅 ぎ 、 加 賀 節 ︽ か が ぶ し ︾ の 三 味 線 の 音 ︽ ね ︾ を 聞 い

か ︾ な 記 憶 で あ る 。 彼 は そ の 思 い 出 の 中 に 、 長 蝋 燭 ︽ な が ろ う そ く ︾ の 光 を 見 、

す と も な く 思 い 出 し た 。 そ れ は 、 彼 に と っ て は 、 不 思 議 な ほ ど 色 彩 の 鮮 ︽ あ ざ や

に が ︾ し く 聞 い て い た 。 と 同 時 に ま た 、 昔 の 放 埓 ︽ ほ う ら つ ︾ の 記 憶 を 、 思 い 出

  内 蔵 助 は 、 こ う 云 う 十 内 の 話 を 、 殆 ど 侮 蔑 さ れ た よ う な 心 も ち で 、 苦 々 ︽ に が

も 置 か ぬ よ う に 扱 う と 云 う 騒 ぎ で ご ざ い ま し た か ら 。 ﹂

木 町 ︽ し ゅ も く ま ち ︾ の 名 高 い 太 夫 ︽ た ゆ う ︾ た ち で も 、 内 蔵 助 と 云 え ば 、 下 に

も 無 理 は ご ざ い ま せ ん 。 何 し ろ 夕 霧 と 云 い 、 浮 橋 ︽ う き は し ︾ と 云 い 、 島 原 や 撞

し き の 唄 が 流 行 ︽ は や ︾ っ た り 、 内 蔵 助 の 濫 行 も 名 高 く な っ た り し た の は 、 少 し

き ︾ さ ま 浮 さ ま と そ や さ れ な が ら 、 酔 っ て 歩 く と 云 う の で ご ざ い ま し ょ う 。 里 げ

風 俗 が 、 墨 染 の 法 衣 姿 ︽ こ ろ も す が た ︾ で 、 あ の 祇 園 の 桜 が ち る 中 を 、 浮 ︽ う

12

を か ざ す と 、 伝 右 衛 門 の 眼 を さ け て 、 情 な さ そ う に た め 息 を し た 。


日 第 1

﹂ ち く ま 文 庫 、 筑 摩 書 房

[ # 地 か ら 1 字 上 げ ] ︵ 大 正 六 年 八 月 十 五 日 ︶

底 へ し み 透 っ て 来 る 寂 し さ は 、 こ の 云 い よ う の な い 寂 し さ は 、 一 体 ど こ か ら 来 る

つ つ ん で 来 る の を 意 識 し た 。 こ の か す か な 梅 の 匂 に つ れ て 、 冴 ︽ さ え ︾ 返 る 心 の

れ を 聞 い て い る 中 に 、 自 ︽ お の ず か ︾ ら な 一 味 の 哀 情 が 、 徐 ︽ お も む ろ ︾ に 彼 を

障 子 の 中 で は 、 不 相 変 ︽ あ い か わ ら ず ︾ 面 白 そ う な 話 声 が つ づ い て い る 。 彼 は そ

み の 竹 の か げ か ら は 、 早 く も 黄 昏 ︽ た そ が れ ︾ が ひ ろ が ろ う と す る ら し い 。 が 、

︽ て き れ き ︾ た る 花 を つ け た の を 眺 め て い た 。 日 の 色 は も う う す れ 切 っ て 、 植 込

庭 の 苔 ︽ こ け ︾ と 石 と の 間 に 、 的 ※ [ # ﹁ 白 + 轢 の つ く り ﹂ 、 第

を は ず し て 来 た 大 石 内 蔵 助 は 、 独 り 縁 側 の 柱 に よ り か か っ て 、 寒 梅 水 の 準 老 木 が 、 ] 古 1-88-69

の で あ ろ う 。 ︱ ︱ 内 蔵 助 は 、 青 空 に 象 嵌 ︽ ぞ う が ん ︾ を し た よ う な 、 堅 く 冷 ︽ つ

3

め た ︾ い 花 を 仰 ぎ な が ら 、 い つ ま で も じ っ と 彳 ︽ た た ず ︾ ん で い た 。

  そ れ か ら 何 分 か の 後 ︽ の ち ︾ で あ る 。 厠 ︽ か わ や ︾ へ 行 く の に か こ つ け て 、 座

              ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱ ︱

13

刷 発 行

底 本 : ﹁ 芥 川 龍 之 介 全 集 2

月 28

刷 発 行

︶ 年 10

日 第

61

11 月

11

46 ︶ 年

︶ 年 15

1971 ︵ 昭 和

︵ 昭 和

7

3 月 ∼

     

︵ 平 成 8

46 ︶ 年

     

1986

︵ 昭 和

底 本 の 親 本 : ﹁ 筑 摩 全 集 類 聚 版 芥 川 龍 之 介 全 集 ﹂ 筑 摩 書 房

1996

1971

入 力 : 野 口 英 司


1997

月 7

月 17

日 修 正

11

3

青 空 文 庫 作 成 フ ァ イ ル :

2004

日 公 開

校 正 : も り み つ じ ゅ ん じ

14

︵ こ の フ ァ イ ル は 、 イ ン タ ー ︶ ネ で ッ 作 ト ら の れ 図 ま 書 し 館 た 、 。 青 入 空 力 文 、 庫 校 正 、 制 作 に あ た っ た の http://www.aozora.gr.jp/

は 、 ボ ラ ン テ ィ ア の 皆 さ ん で す 。

hai  

kokoronokoyo

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you