ハナハナ新聞 vol.44

Page 1

くれる﹂と雅之さん曰く。商品と 考え、積極的にイベントへ参加す

なやり方ができるのではないかと

ら、練り製品なら他にもいろいろ

写し出す鏡である〟という思いか

できるが、水は水である。自分を

理念にある〝水はいろいろと変化

理 念 と の 違 い を 感 じ た そ う で す。

に見えない従業員の姿に、会社の

ける町になる動きを期待してくだ

を結び、地域の暮らしを支えてい

頼らず、色々な分野の人たちが手

なく長所として捉え、行政だけに

れ、少子高齢化をデメリットでは

はとても望ましい姿と思っておら

参加することは地域密着型として

ました。地元の祭りのパレードに

﹁花 の 村﹂に つ い て も お 聞 き し

ハ ナ ノ ヒ ト

今 回は 県 内 外の様々なイベント お金のやり取りだけが商売ではな るようになったそうです。その後、 さっているようです。

さ ん

へ積 極 的に 参 加 さ れ、黒 松 地 区で いという考えと、対面販売が好き 道の駅への

雅 之

活躍されている住京蒲鉾店4代目 ということから考えたことで、お 出店も従業

金 村

代表取締役の金村雅之さんに、家 客 さ ん の 反 応 も よ く、皆 さ ん も、 員とともに と 伺 っ た と こ ろ、﹁夕 日 と 星 空 が

住 京 蒲 鉾 店

業や 地 域についてのお 話 を 伺いま お店に立ち寄った際に聞けるかも 乗 り 越 え、 とてもきれい。自分の中ではナン

最後に﹁江津のいいところは?﹂

した。 しれませんね。 出店してか

今から ること114年前の明 えたそうで

きれいだ﹂この夕日を見るだけで、

バーワン 夕日は5∼6月が一番

んに食べてもらうのは、催事

﹁揚 げ た て、焼 き 立 て を お 子 さ

年を迎

治 年 … 住京蒲鉾店は、雅之さん の曽祖父の代に創業され、現在は

﹁ち ょ っ と し た 知 り 合 い で も 挨 拶

ここに生きていて良かったと、熱

ベント な ) らできる﹂ 県内外のイベントにも積極的に いろいろなイベントへ参加される ができるあったかい町﹂と、江津

す。

之 さ ん は、 ﹁家 業 を 継 ぎ た い!﹂ 参加されるのは、地元スーパーの の は、 ﹁江 津 を 元 気にし た い!地 を誇らしげに、熱い思いを語って

イ (

と高校生の頃にすでに考えておら 店長の依頼から始まったそうで 域を盛り上げたい!﹂という思い くださいました。

4代目となる老舗蒲鉾店です。雅

れ、使命感ではなく﹁商売をして す。その頃の仕事の流れは、納期 の強さから。そこには、〝地域で待っ

く語ってくださいました。そして、

みたい﹂ ﹁黒松へ恩返しをしたい﹂ 重視。一生懸命に出荷作業に追わ さ れたお 客さんが、また地 元で購

﹃ 同 級 生 ﹄ 理事長  相

山  慈

今回のハナノヒトに登場してく れた金村雅之くんは小中学校の同 級生です。取材には私も参加させ てもらい、仕事や地域に対しての 熱い思いをたっぷりと聞かせても らいました。よく知っている友人 の 思 い を 聞 く の は 新 鮮 な 体 験 で、 私自身ももっと地域のことを知 り、そしてもっと地域に貢献でき る仕事をしたい、そんなことをあ らためて考えることのできた時間 でした。 花の村の新しい施設、サービス 付き高齢者向け住宅﹁もりハウス﹂ が ま も な く 完 成 し ま す。 ﹁安 心﹂ と﹁地域との共生﹂をテーマとし た住宅です。 入 居 者の方々 は も ち ろ ん、地 域の方々の安 心 に もつな がる 住 宅 にし、既 存 の 施設と共に地域 の暮らしを支え ていける よ う 運 営していきます。 ( 担当:池村 )

詳しくは こちらから➡

「あさりこども園・さくらこども園」では、 子どもたちが遊べそうな場所や、こんなものが あるけど使ってみる?などの地域に眠っている 資源の情報を求めています。

(0855) 55-1024 あさりこども園

もりハウス みなさんの情報をお待ちしています

!!

と い う 思 い が 強 か っ た そ う で す。 シックにかかり、江津が一番だと 入 してく れ る こ とに 繋 がるか ら、

TEL.0855-55-3131 FAX.0855-55-3535

てく れる 人がいるから 行 く。帰 省

再認識したことから、家業を継ぐ イベントの大 小に 関 係 な く 参 加 す

[発行月] 2021年3月

れて、楽しく仕事をしているよう

決心がより強くなったそうです。 る。黒 松には、江 津 を 盛 り 上 げて

〒699-2841 島根県江津市後地町821番地

進学した北海道で何度もホーム

住京蒲鉾といえば、お店でお釣 元 気にし たいと 思 う 男がいること る熱い思いを話してくれました。

り を も ら う 時 の﹁は い、お 釣 り

[発行元] 社会福祉法人 花の村

高齢者向け・サービス付き住宅

地域で眠っている資源! 集 情報募

10

を伝えたい〟 と、イベントに参加す

今回、住京蒲鉾店の工場にお邪魔しました。私も江東 地区の出身で、小学生の頃、社会科見学で住京さんに行 き、お土産のできたての竹輪を黒松漁港で食べたことを 思い出しました。美味しかったなぁ∼。江津を離れている 我が家の子どもたちに 「住京さんの天ぷら、 いる? 」 と聞く と、 「いる!送ってぇ∼!」 と注文が入ります。住京さんの天ぷ らやす巻きは、 我が家での人気商品です。 (M.O)

人が笑顔で帰って

99

三 百 万 円!﹂と い う フ レ ー ズ。 ﹁1 0 0 人 中

vol.44 / 2021 March

金村さんが撮影した黒松の夕日

40