Page 1


ニ世 紀を超えるウォッチメーカー

独自性に賭ける情 熱

モーザー・シャフハウゼン AG スイス


現在、モーザー・グループ AG の本社はシャフハウ ゼンのライン川の滝に近い場所にあります。ヨーロッ パ最大のこの滝は毎年世界中からの観光客をひき つけています。 毎秒の平均水量は700立方メー卜ルにも及ぶ川の 水が滝となって岩場になだれ落ち、すばらしい光景 が目の前に広がります。


目次

目次

9

10

シャフハウゼンの時 計 師 、モーザー 一族

13

会社の歴史 時計師ハインリッヒ・モーザー 会社とブランド名

24

世紀の変わリ目 ヴィジョン

28

モーザー・パーペチュアル1 パーペチュアル・力レンダーとフラッシュ・力レンダー

36

パーペチュアル・ムーン センターセコンド モーザーデュアル・バレル(2重香箱)

42

モナード

50

モナード・デイ卜 モーザーのビッグ・デイ卜

58

メリディアン 12 時間と 24 時間の表示変更機構 ペラトン式自動巻き機構

66

マユ 歯車、カナ、レバー 秒針停止機構

はじめに

76

ヘンリー・ダブルヘアスプリング シュトラウマン・ダブルヘアスプリング

84

モーザーの限定モデル

90

技術仕様 チームスピリットとスペシャリスト ダブル・プル・クラウン(DPC)機構 シュトラウマン・ヘアスプリング® モジュール型脱進機 クラフトマンシップ 仕上げ

103

年表

108

印刷事項

7


8

14Kゴールドハンターケース懐中時計 ミニッツリピーター、クロノグラフ、1900 年頃


はじ め に

はじめに 新刊となる我々のカタログをもって、親愛なる時計愛

す。なかでも、我々のモーザー・パーペチュアル1が

好家の皆さまに “H. Moser & Cie”(H. モーザー社)の

ジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリに輝い

製品をご紹介できることは私にとって大きな喜びで

たことです。革新的な新しい脱進システムを備えた

す。同社の歴史は 180 年前にまでさかのぼります。

ヘンリー・ダブルヘアスプリングという新しいキャリ

その歴史のなかには、今から 200 年以上も前に生まれ、

バーや、最近ではモーザーでは初めてとなる自動巻き

21 歳のころにはすでに時計師として国際的な名声を

が我々の時計コレクションラインのなかにラインアッ

得ていた私の曾祖父であるハインリッヒ・モーザー

プされました。

の生涯から 2005 年にみごとに再生をとげた H. モー ザー社までが含まれています。

ハインリッヒ・モーザーが仕事をしていた場所に戻り、 著名であり革新的でもあったハインリッヒの名前を冠

21 世紀の初め、シャフハウゼンの時計学者であるラ

した時計をふたたび世に出せるのは、彼のひ孫である

ンゲ博士はその研究調査を行うなかでハインリッヒの

私にとって尽きせぬ誇りであり喜びでもあります。

子孫の一人である私とモーザー・ウォッチの世界に出 会ったのです。その次の瞬間、H. モーザー社の時計 ブランドを再生させたい、という願いが沸き起こりま した。そして、私は対外的に同社を代表するという名 誉ある職務を喜んで引き受けました。今は、長期にわ たって我々に忠実であってくれたモーザー社の友人 たち、とりわけ熱意ある株主と従業員の皆さんに心か らの感謝を捧げたいと思います。皆様の深い関心と熱 意にあふれた協力がなければ、新しいスタートを切 ることはできなかったでしょう。この時期に経験し たことはすベて誇りを持って思い出すことができま

ロジャー・ニコラス・バルジガー モーザー・グループAG名誉会長 シャフハウゼンにて2012年3月

9


10

シャフハウゼンの時計師、モーザー一族 時計製造の重要な町としてシャフハウゼンの評判

17 世紀のシャフハウゼンの町の記録では、このほか

は 16 世紀のなかごろまでさかのぼることができる。

に 30 以上の時計製造者が記されているが、ハイン

1539 年にシャフハウゼンの町の市民権を得たヨア

リッヒ・モーザーの祖父に当たるヨハネス・モーザー

ヒム・ハブレヒトはシャフハウゼンのフロンワーグ・ (1730-1820)ほどの、時の試練に耐えうる仕事をな タワー用に天文時計を製造した。今でもこの時計は

す時計師がこの町に現れることはなかった。町の専属

動き続けている。ヨアヒムのふたりの息子、イザア

時計師として、また治安判事として、ヨハネス・モー

ク(1544-1620) と ヨ シ ア ス(1552-1575) は ス

ザーは尊敬される人物だった。

トラスブールの大聖堂のためにもうひとつの天文時計 を製造し、この時代の有名な時計師に数えられるよう になった。ヴィンタートゥールの産業博物館に展示さ れているイザアク・ハブレヒトによる置き時計は、こ の時代の時計師の技術の高さと洗練された職人芸を物 語っている。 シャフハウゼンの町にはさらに、七宝細工の親方であ り彫板師でもあるゲオルク・ミヒャエル・モーザー (1706-1783)という時計職人が現れ、その名声は町 の外にまで広まることになる。彼が製造した精巧な金 のケースは、多くの時計コレクターのあこがれの的で ある。ゲオルク・ミヒャエル・モーザーはハインリッヒ・ モーザーの遠い親戚であり、のちにはイギリスのロイ ヤル・アカデミー・オブ・アーツを創設した。

置き時計 「ヨハネス・モーザー シャフハウゼン」のサイン入リ 1770年頃、ホムベルゲル・コレクション シャフハウゼン


時計師一族

彼は高い品質とみごとな職人芸をトレードマークにし

2002 年、ついに彼らの先見の明と勇気ある起業家精

て、モーザー時計の世界を築きあげた。エールハルト・

神が、「古い」H. モーザー社を新しい時計工場として

モーザー(1760-1829)も父の仕事を受け継いだほか、

再び立ち上げることになった。

父と同じく町の時計師という職業を超えて、町議会の 議員として、また町の行政官としてよく知られた人物

記録によれば、シャフハウゼンで時計の事業を起こす

であった。彼は 1805 年にシャフハウゼンの「ハウス・

ことは H. モーザーの生涯の夢であった。そして、ハ

ツ ム・ ブ ラ ウ エ ン・ ヒ ン メ ル(Haus zum Blauen

インリッヒ・モーザーの誕生から 200 年以上もたっ

Himmel)」で生まれた息子のハインリッヒ・モーザー

た今、1826 年にサンクト・ぺテルスブルグで最初の

に時計製造を手ほどきした。

一歩を踏み出した事業が H. モーザー社のブランドの 再出発をもって原点に回帰したのだ。

ハインリッヒ・モーザーの製品はその技術力の高さゆ えにたちまち国際的に認められ、尊敬を集めるよう になった。彼はサンクト・ぺテルスブルグやル・ロッ クルなどで事業を興し、シャフハウゼンの時計業界 を代表する存在となった。1853 年にはシャフハウゼ ンで時計ケースを製造するための工房の開設に至っ た。また、1856 年に時計師を養成する学校を設立し、 1868 年には、フロレンタイン・アリオスト・ジョー ンズがインターナショナル・ウォッチ・カンパニー (IWC)を設立する際、土地と機械の動力となる電力 を低コストで供給することによって支援を行なった。 IWC は波乱に富んだ歴史を通して、長い年月シャフ ハウゼンの時計製造の伝統を守ってきた。そして、

縁付き懐中時計、サイン入リ 「エールハルト・モーザー シャフハウゼン」 19世紀初頭

11


会社の歴 史

時計師ハインリッヒ・モーザー ハインリッヒ・モーザーは 1805 年 12 月 12 日にシャ

野心もあり、先見の明もあったハインリッヒ・モーザー

フハウゼンの町の子だくさんの時計師エールハルト・

は遠いロシアで事業を立ち上げることを決意する。こ

モーザーのもとに生まれた。彼は何代にもわたって受

の時代のロシア帝国は労働力が豊富で、商品の需要が

け継がれて 19 世紀に至った時計製造一家の経験と伝

高く、時計のビジネスにとっても優良な市場と考えら

統に囲まれて育った。1820 年から 1824 年まで、彼

れていたからだ。ビジネスを少しでも楽にスタートさ

は家業に加わって働き、父親から伝統的な時計製造の

せるために、ハインリッヒ・モーザーは自由な時間を

技術を学んだ。その後、スイス西部の時計製造の町、

時計と道具の製造にあてた。そして、1827 年の 11 月、

ル・ロックルでさらに知識を深めた。1826 年、ハイ

およそ 2000 スイスフランに相当する資金を持って出

ンリッヒ・モーザーは独立を果たし、ケースや家具に

発した。

収められたクロックを製造して、ドイツの商人に納め るようになった。父親が他界したのち、彼は自分の家

1827 年のサンクト・ぺテルスブルグへの旅は決して

族が二代にわたって保持してきた町の時計師の地位を

快適とは言えなかった。ハインリッヒ・モーザーは馬

受け継ぐことを切望した。しかしながら、シャフハウ

車でカールスルーエとヴァイマールを経由してシュ

ゼンの町議会の妨害で彼の望みは果たされなかった。

テッティーンへと進み、さらに客船でサンクト・ぺテ

以後、ハインリッ匕は権威に対する反感を生涯捨てら

ルスブルグに到着した。

れなかった。

ハインリッヒ・モーザーのパスポート 1872年のもの

13


14

ハインリッヒ・モーザー製作 ゴールド製ミニッツリピーター 19世紀の終わリごろ


会社の歴 史

時計師として何人かの雇い主のもとで働いたのち、

ハインリッヒ・モーザーは、常に品質を高めるために

1828 年に彼は自らの会社をペテルスブルグに設立し

努力することを忘れず、それは成功によって報われた。

た。それが大成功を収めた H. モーザー社のブランド

彼は皇帝の宮廷をはじめ、多数の貴族たちや、ロシア

の第一歩であった。高価な時計や、宝飾品のようにデ

帝国の軍隊にも商品を納めるようになった。ほんの数

ザインされた時計とともに、ハインリッヒ・モーザー

年の間に、彼のビジネスはニューヨークにも、また彼

はシンプルな時計も幅広く販売した。

の弟のゲオルク・モーザーが時計師として仕事をして いたパリにも、 またペルシャや中国、 日本にも拡大した。

取引のネットワークを広げていくうちに、彼は成功し

自らの会社を設立してわずか 15 年後に、ハインリッ

たホールセーラーなら、同時に製造業からも利益を引

ヒ・モーザーはロシアでの時計ビジネスの押しも押さ

き出せることに気がついた。それゆえに、ハインリッ

れもせぬ第一人者になった。そして、1848 年の終わ

ヒ・モーザーは 1829 年にスイスのル・ロックルに時

りころ、彼は故郷の町シャフハウゼンに、成功した時

計工場を設立し、モーザー社専用の時計を製造した。

計師でありホールセーラーとして帰還を果たした。

そのおかげで、彼の名前を冠した製品は高い品質を保 持することができるようになった。のちに、ハインリッ ヒ・モーザーはスイスのジュラ地方にあるこの町への 貢献が認められて、ル・ロックルの名誉市民の称号を 得た。モーザー社の社屋のひとつは今もル・ロックル に残されており、歴史的な建造物に指定されている。 ル・ロックルの工場で製造されたムーブメントのほか に、彼は半製品のムーブメントをウルバン・ヤーゲン センや、ジャガー・ルクルトのような名高い会社から 購入した。これらの会社の記録に はハインリッヒ・モーザーの名前 が 1860 年から常連顧客として記 載されている。

ニューヨークとパリとの取引書類 1867年と1868年

15


会社の歴 史

シャフハウゼンに戻ったのちのハインリッヒ・モー

深い失望が暗い影を落としていた。1850 年の最初の

ザーは、時計製造に加えて、疲れを知らぬ創造力に

妻、シャルロッテ Charlotte(旧姓マユ Mayu)の早

あふれた活動を展開する。旺盛な開拓精神を発揮し

すぎる死は、しばらくの間モーザーから疲れを知らぬ

て、彼は眠ったように静かなシャフハウゼンの町を

はずの創造力を奪い去ったかのようだった。シャル

躍動する工業地帯へと変えることになった。1851

ロッテはシャフハウゼン近くの彼女の名前にちなんだ

年、 ハ イ ン リ ッ ヒ・ モ ー ザ ー は ラ イ ン 川 か ら の 運

大邸宅、シャルロッテンフェルス(Charlottenfels)

河を完成させた。この運河はおよそ 80 馬力の出力

の完成を見ることなく、この世を去った。ハインリッ

でタービンを動かすための水を供給できるように

ヒ・モーザーはまた、一人息子のヘンリー・モーザー

な っ た。 次 い で、1853 年 に は シ ャ フ ハ ウ ゼ ン の

Henri Moser が彼の時計ビジネスを継がなかったとい

他 の 有 力 者 た ち と の 共 同 事 業 で、Schweizerische

う失望から、最後まで立ち直れなかったように思える。

Waggonfabrik bei Schaffhausen( シ ャ フ ハ ウ ゼ ンのスイス鉄道車両製造工場)を設立、この会社は

ハインリッヒ・モーザーは 1874

1863 年 に Schweizerische Industriegesellschaft

年 10 月 23 日に他界した。現在

(SIG)Neuhausen(スイス・インダストリアル・カ

も、シャフハウゼンを訪れる人

ンパニー・ノイハウゼン)と社名を変えた。ハイン

は、ハインリッヒ・モーザーの

リッヒ・モーザーはまた、1853 年にシャフハウゼン

企業家精神に触れることができ

とヴィンタートゥールの間を走る鉄道の共同設立者の

る。旧市街にある彼の生まれた

ひとりとなった。1863 年から 1864 年の冬には、 シャ

家は「ハウス・ツム・ブラウエン・

フハウゼンのライン川に当時ではスイスで最大規模の

ヒン メル 」 (Haus zum Blauen

ダムの建設に乗り出した。このダムが完成すれば、送

Himmel)として知られており、 シャ

電システムを通して低価格のエネルギーを近隣の事業

ルロッテンフェルスの邸宅とともに

者に供給できるからであった。こうして、1865 年に、

今なお残っている。ライン川の歴

Wasserwerk Gesellschaft Schaffhausen(シャフハ

史的なダムの上には、いまでは

ウゼン・ウォーターワーク・カンパニー)が設立されて、

現代的な電力発電所が建ってい

シャフハウゼンの工業化時代が始まった。

る。ハインリッヒ・モーザーの 設立した会社の大半は現在まで繁栄をつづけている。

ハインリッヒ・モーザーの社会的な成功と名声に比べ

シャフハウゼンの住民たちは、モーザー通り、モー

て、そのころの個人的な生活にはまったく対照的に

ザー・ガーデン・パークにある彼のブロンズの胸像、 それにシャルロッテンフェルスを通して、同じ市民の ハインリッヒ・モーザーに敬意を表しているのだ。シャ

シャルロッテンフェルス カントリーマナー

ルロッテンフェルス邸の二階は現在、モーザー博物館

シャフハウゼン近郊

として利用され、ハインリッヒ・モーザーの数々の優

現在、モーザー博物館が置かれている

れた業績を示す歴史の証を見ることができる。

時計職人の仕事場 時計展示室

17


会社の歴 史

会社とブランド名 ハインリッヒ・モーザーが

そのころまでには、およそ 70 種類の異なるキャリバー

1828 年に初めて国際的に

がつくられるようになっていた。モーザーは、ロシア

事業を展開する会社を設立

帝国の宮廷だけでなく、多数の貴族たちにも、また帝

したのはサンクト・ぺテル

国軍隊にも商品を納めるようになった。日本や中国、

スブルグの、H. モーザー社

ペルシャ、さらにはパリとニューヨークにもビジネス

(H. Moser & Co.)であっ

を拡大した。H. モーザー社の

た。この社名をもとに、彼

名前は高品質の象徴であり、

はラテン語とロシア語の文

世界中からの期待を集めるよ

字の活字体で記した社名に会社の印章を添え、それを

うになった。

会社のトレードマークとした。1829 年、彼はル・ロッ クルに時計工場を設立し、その社名を “H.Moser&Cie”

ハインリッヒ・モーザーはま

または “H.Moser & Co.” とした。このふたつのトレー

た他の時計製造会社をも自分

ドマークは、モーザー社のすべての時計に標準的に記

の顧客とした。たとえば、有

されるトレードマークとなり、1918 年ころまで使わ

名なファベルジェの置き時計

れていた。

はほぼ例外なくモーザー社の 供給したムーブメントを搭載

彼の時計は最高の品質を誇り、ハインリッヒ・モー

している。そのころから、偶

ザーは、自らも最高のサプライヤーからのみ仕入れ

然ではあるが、こうした時計

をし、最高品質の製品を製造するよう細心の注意を

には調整されたふたつのスプ

払った。

リ ン グ・ バ レ ル(2 重 香 箱 ) が組み込まれていた。

ファべルジェの置き時計 モーザーのデュアル・バレル・ムーブメン卜(2重香箱)搭載

H.モーザー社(H.M0seR & C ie )の卜レードマーク 1842年のもの

19


会社の歴 史

ハインリッヒ・モーザーの死後、彼の二番目の妻ファ ニーは “H. Moser & Cie” または “Heinrich Moser & Co.” の社名のもとに経営する、という条件をつけて、 亡き夫のふたつのビジネスを売却した。こうした措置 を取ったにもかかわらず、やがて会社名の継続性は崩 れていった。ル・ロックルでは、“Hy Moser & Cie” と いう社名もあからさまに使われるようになった。1979 年には、 時計工場は “Hy Moser & Cie” としてディキシ・ メカニック・グループ(Dixi Méchanique Group)の 傘下に入つた。それ以来、モーザーの時計が取引され

ミニッツリピーター

るのはアンティークの市場だけになった。

永久カレンダーとムーン・フェイズ付き

ロシアでの事業は 10 月革命の余波を受けて、1917 年に補償もないままに奪われた。1920 年頃に、モス クワのモーザーの時計ビジネスの跡地に国有の「中央 時計修理工場」が設立された。さらに、後にはここで 時計の生産も始まったのである。それからも長い間、 モーザーの時計と言えば、最高品質の代名詞とみな されていた。1966 年、当時のソ連政府は、軍のある 高級将校に 18 金のモーザーのオリジナル懐中時計を 贈った。それはモーザーの事業が収用される以前に製 造されたもので、彼が共産主義の定着に貢献した、と いう言葉がエングレービングされていた。この時計は 現在、会社の美術館に戻っている。

H.モーザー社のゴールド製ハンターケース懐中時計 ロシア皇帝の紋章「双頭の鷲」、ゴールド・エナメル

ムーブメント・パーツの箱 1870から1890年頃 ランゲ・コレクション シャフハウゼン

1870年頃

21


会社の歴 史

1923 年にハインリッヒ・モーザーの一人息子が他界し

され、モーザーの時計にのみ搭載されている。創造性

たときには,その子どもたちも残されていなかったため,

と時計製造技術の伝統の組み合わせによって、新しい

モーザー一族の名は彼の代で途絶えてしまった。

モーザーの時計は信頼される製品となり、ブランドと しても高く評価されている。

2002 年、ユルゲン・ランゲ博士と、ハインリッヒ・モー ザーのひ孫にあたるロジャー・ニコラス・バルジガー

ハ イ ン リ ッ ヒ・ モ ー ザ ー の 生 誕 200 年 に あ た る

は、個人出資者たちと共同で、モーザー・シャフハウ

2005 年に、この物語は出発点に戻ることになった。

ゼン・AG ウォッチ・カンパニーを設立する。ランゲ

H. Moser & Cie ブランドがシャフハウゼンに帰ってき

博士はさらに、もとの H. Moser & Cie をブランドとし

たのだ。

て、国際商標登録した。 現在、同社はハインリッヒ・モー ザーの最初の計画どおりに、ライ ン川の滝に近いシャフハウゼンと ノイハウゼンにある。とはいえ、 非常にすぐれたモーザーの時計 は、今もスイスのジュラ地方にお いても製造されている。 新時代のモーザーの時計は、時計 へ の 情 熱 と、 昔 な が ら の 伝 統 の 組 み 合 わ せ か ら 生 ま れ た。 最 高 品質の機械式ムーブメントは、革 新とユーザーの最大限の利便性を 併せ持つことを目的に自社で開発 現在の社屋 ノイハウゼン・アム・ラインファル ライン川の滝に近い

ル・ロックルの工場 1900年ころに建てられた

23


世 紀 の 変わり目


ヴィジョン

ヴィジョン 今世紀の初め、シャフハウゼンの時計学者ユルゲン・

よいものとなった。ふたりは、伝説の H. Moser & Cie

ランゲ博士は、地元で導水工事や発電所建設を行った、

ブランドの時計をよみがえらせることを決意した。そ

工業界のパイオニアとしてよく知られているハイン

して、このブランドは国際商標登録され、モーザー・

リッヒ・モーザーに注意を引かれた。博士はモーザー

シャフハウゼン AG 社が他の出資者たちとの共同経営

の生涯について、とくにモーザーの時計王国と、その

で設立されるに至った。続いて、何社かの時計エンジ

製品について調査を始めた。なかでも、博士が興味を

ニアリング会社との合併の結果、現在の同ブランドの

持ったのは、H. Moser & C ブランドの時計がコレ

所有者であるモーザー・グループ AG となった。ロ

クターの世界では非常に求められているにもかかわ

ジャー・ニコラス・バルジガーは取締役会の名誉会長

らず、アンティーク市場でしか取引されていない理由

のポストに就き、ユルゲン・ランゲ博士はビジネスの

だった。調査を進めるうちに、ランゲ博士は、ハイン

経営面での責任者を務めている。

ie

リッヒ・モーザーのひ孫に当たるロジャー・ニコラス・ バルジガーに出会った。バルジガーは、自分の一族の 歴史に関する書物を何冊も出版しており、すでに家系 歴史家として名前を上げていた。 時計学者のランゲ博士と、国際的に活動する銀行家の ロジャー・ニコラス・バルジガーの出会いは、幸先の

取付け作業場の モナード・ムーブメント

セパレー卜・キャリアー・プレー卜上の

モナード・ムーブメント

モジュール型脱進機

キャリバー HMC 343.505 の製図

27


MOSER PERPE TUAL 1


30

モーザー・パーペチュアル 1 時計史上、他に類を見ない特徴を持った永久カレンダー

時に、リュウズ操作によってカレンダーを逆に送っても

時計、それが「モーザー・パーペチュアル1」です。

問題ありません。

2006 年のジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプ リにおいて、スイス中の時計会社が切望して止まない栄

「ダブル・プル・クラウン」と名付けられた機構は、カレ

誉ある賞、複雑時計部門のグランプリを受賞した事がこ

ンダー調整を行なう1段引いたポジションにリュウズを

のモデルの素晴らしさを物語っています。

確実に導きます。これにより、誤ってリュウズを一番外 まで引いてしまい、思いがけず針を回してしまう、と言

新生モーザーの顔とも言えるこの時計には独自のデュア

う従来起こり得た誤操作を確実に防いでいます。

ル・バレル(2 重香箱)が搭載されており、いっぱいに 巻き上げると最低でも7日間のロング・パワーリサーブ

脱進機を構成する部品は、1枚のプレート上にモジュー

を誇ります。

ル化され、メンテナンスをスピーディかつ容易なものに しました。モーザーによって初めて腕時計に投入された

月の大小と閏年を機械的に判断する永久カレンダー機構

この方式により、技術者がメンテナンスに要する時間は、

ですが、このモデルでは見易さを追求した独自の表示方

格段に短縮されています。

法が際立ちます。大きな日付表示窓と、月を示す中央の 小さな針。そのいずれもが一見すると永久カレンダーと

他の特徴としては、ガンギ車とアンクルに硬化処理を施

は思えない、かつて存在しなかった表示方式としてこの

したゴールドを用いている点が挙げられます。

モデルの特徴となっています。 円 形 の 3 ピ ー ス ケ ー ス の 直 径 は 40.8 mm、 高 さ は またこのモデルは、 「フラッシュ・カレンダー」という特

11.05 mm で、素材には貴金属を用い、側面から見ると

殊な機構を併せ持っています。これは各月の最後の日か

ラグだけが独立して、そこにあるような不思議な印象を

らダイレクトに翌月の1日へとジャンプするもので、従

与えます。表にはドーム型のサファイアクリスタル、そ

来の永久カレンダーの様に一時的にでも、暦上で存在し

して裏ブタにもサファイアクリスタルが用いられ、これ

ない日が表示される事はありません。つまりユーザーに

ら全てがこのモデルの個性を作り出しています。

対して一切の誤認を起させないための機構、と言えます。 日付の調整が必要な場合には、リュウズを前後に回すだ けで簡単に調整ができ、またこの調整はカレンダーが切 り替わる途中であったとしても操作が可能です。独自の 安全機構によって、デリケートな部品に一切負荷を掛け る事はなく、例えカレンダーが切り替わろうとしている インデックスで表す センターの月表示


モ ー ザ ー・パ ー ペ チュアル1

モーザー・パーペチュアル 1 リファレンス 341.501-004 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 341.501 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 パワーリザーブ表示 フラッシュ・力レンダー機構による永久力レンダー ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に日付修正が可能 ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 シルバーメッキ、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製フォールディング・クラスプ

モーザー・パーペチュアル 1 リファレンス 341.501-002 モーザー・ムーブメン卜・キャリバー HMC 341.501 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 パワーリザーブ表示 フラッシュ・力レンダー機構による永久力レンダー ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に日付修正が可能 ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ロジウムメッキ、サンバース卜模様の文字盤 ホワイトゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ホワイ卜ゴールド製フォールディング・クラスプ

31


モ ー ザ ー・パ ー ペ チュアル1

モーザー・パーペチュアル 1 リファレンス 341.501-001 モーザー・ムーブメントキャリバー HMC 341.501 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 パワーリザーブ表示 フラッシュ・力レンダー機構による永久力レンダー ムーブメンの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に日付修正が可能 ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ブラック、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製フォールディング・クラスプ

モーザー・パーペチュアル 1 リファレンス 341.501-006 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 341.501 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 パワーリザーブ表示 フラッシュ・カレンダー機構による永久カレンダー ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に日付修正が可能 ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 スレー卜仕上げ、サンバース卜模様の文字盤 プラチナ製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ

ムーブメント・キャリバー HMC 341.501

プラチナ製フォールディング・クラスプ

33


34

モーザー・パーペチュアル 1 リファレンス 341.101-009 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 341.101 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 パワーリザーブ表示 フラッシュ・力レンダー機構による永久力レンダー ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に日付修正が可能 ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン シュトラウマン・ダブルヘアスプリングを搭載した 独自のモジュール型脱進機 ホワイトゴールドを用いたアンクルとガンギ車 フュメ仕上げ、サンバースト模様の文字盤 パラジウム製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ホワイトゴールド製フォールディング・クラスプ


モ ー ザ ー・パ ー ペ チュアル 1

パーペチュアル・カレンダーと「フラッシュ・カレンダー」機構 「パーペチュアル・カ

日付表示の調整を行なう際には「ダブル・プル・クラ

レンダー」と言う機構

ウン」と言う特許取得の機構により、リュウズを確実

は、4 年ごとに訪れる

なポジションに引き出す事ができます。

閏年を含めて、月の大

暦の上で存在しない日は一切表示されない 「フラッシュ・カレンダー」機構

小を自動的に判別して

シースルーの裏ブタ側を見ると、そこには 4 年間の

正確な日付を表示する

閏年サイクルを示すディスクが見て取れます。これは

ものです。7日間以上

ケースサイドにあるプッシュボタンをピンで操作する

のパワーリザーブを誇

事で、調整できる様になっています。

る手巻きムーブメン ト、キャリバー HMC 341.501 に 搭 載 さ れ

ているパーペチュアル・カレンダー機構では、リュウズ を1段引いた状態で操作する事で、一切の制約無しにカ レンダーを前にも後ろにも調整する事ができます。 モーザーのパーペチュアル・カレンダーは、 「フラッシュ・ カレンダー」と名付けられた機構も併せ持っています。 従来の永久カレンダーでは、ある月の最後の日から翌月 1 日に切り替わる途中で、暦の上では存在しない日付を 表示することがあります。しかし「フラッシュ・カレン

パーペチュアル 1 のケースを側面から見た所。 中央は閏年ディスクを調整するボタン

ダー」機構では 30 日、31 日、28 日または 29 日と言っ た月の長さに関わらず、各月最後の日から翌月の1日へ と日付表示がダイレクトに切り替わります。 「フラッシュ・カレンダー」は複雑な機構でありながら、 確認できるのは文字盤上に表示される大きな日付だけ です。月表示は、時針や分針と共にセンターに配され た小さな針がアワーインデックスを指す形で見ること ができます。

閏年を示すディスク

35


PERPE TUAL MOON


38

ムーンフェイズ( 月相) モーザー・パーペチュアルムーンは 1,027 年を経過

らず、時刻表示を妨げずにムーンフェイズを 9 時位置

するまで1日のくるいもない無類のムーンフェイズ

のピンボタンで修正することもできます。その機能を

(月相)を装備した時計です。北半球から見た月の位

確保するのが、ムーンフェイズ・ディスクに初めて導

相を大型の文字盤ウインドウに表示します。月と太陽

入されたラップスプリング・クラッチで、タイム表示

の相対的位置関係により、種々の月相(ムーンフェイ

中断することなく、ムーンフェイズの調整を可能にし

ズ)を観察することができます。パーペチュアルムー

ます。その際、ムーンフェイズの 8 区分が一つずつ前

ンは月相を独特の方式で表示し、分単位の精度での合

進します。

わせ・読取り・予測が可能です。月が地球を一回公転 し、太陽に対して再び同じ位置になる周期は平均で

更に、昼夜を区別するため、24 時間で1回転する小

29.53059 日、つまり 29 日 12 時間 44 分 2.9 秒です。

針が中央に位置しています。月齢表を参考にし、選択

パーペチュアルムーンの複雑な歯車構造により、一日

したムーンフェイズに対応した時刻を合わせること

のずれは僅か 0.23 秒におさえられます。別な言い方

で、現時点のムーンフェイズを分単位の精度で合わす

をすれば、1,027.30 年後になって初めて 1 日の差が

ことができます。ムーンフェイズ表示の下側に配置さ

生じるのです。

れた目盛りを使うと、次回の満月は何日になるか正確 に予測できます。1目盛りは1日に相当します。

パーペチュアルムーンのムーンフェイズ・ディスクは、 月の照射形状を明るい色でウインドウ内に表示しま

貴金属製3ピースケースの直径は 40.8 mm、高さは

す。暗い部分は月に映る地球の影を表しています。こ

11.05 mm で、側面から見るとラグだけが独立し、ドー

の両者が天体の月相を表し、四区分月を 8 区分で示す

ム型サファイヤクリスタルやサファイヤクリスタルを

ことが国際的に標準化されています。

用いたシースルーの裏ブタがナイトブルーのサファイ ヤ製フュメ仕上げの文字盤と相まって絶妙の観を呈し

高度な表示精度を確保するため、ムーンフェイズ・ディ スクは時針と結合し持続的に連動します。にもかかわ

1

2

3

4

5

6

1 新月

5 満月

2 第一四分月

6 第三四分月

3 上弦半月

7 下弦半月

4 第二四分月

8 最終四分月

7

8

ています。


パ ー ペ チュアルムーン

パーペチュアルムーン リファレンス 348.901-013 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 348.901 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 永久ムーンフェイズ表示 ムーブメントの動作とは無関係に、ピンボタンによって 月相の早送り修正が可能 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ブルーフュメ仕上げ、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製フォールディング・クラスプ

パーペチュアルムーン リファレンス 348.901-015 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 348.901 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 永久ムーンフェイズ表示 ムーブメントの動作とは無関係に、ピンボタンによって 月相の早送り修正が可能 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ブルーフュメ仕上げ、サンバースト模様の文字盤 プラチナ製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ プラチナ製フォールディング・クラスプ

39


パ ー ペ チュアルムーン

センターセコンド

デュアル・バレル(2重香箱) 可能な限りのロング・パワーリザーブを得るため、モー ザーでは 2 重香箱を採用しています。2 つの香箱を直 列に並べる事によって、単一の香箱では不可能な 7 日 間以上のロング・パワーリザーブを実現しています。 香箱の内部には、切れにくく、耐蝕性に優れ、またゼ ンマイ同士の接触部分に注油の必要がないニバフレッ クス・ゼンマイが収められています。

センターのセコンド針と24時間表示

ユーザーがいつでもパワーリザーブの残量を知る事が できるように、特殊なディファレンシャル・ギアが香

パーペチュアルムーンの特徴の一つに、センターセコ

箱に結合しています。時計が動いてゼンマイが解けて

ンドが挙げられるでしょう。通常よりも長めの針によ

いく時にパワーリザーブの針は下降して行き、巻上げ

り、秒単位で正確なタイムを読みとれます。

が行なわれた時は上昇します。こうして、常に正確な ゼンマイの残量が表示されるのです。

また、リュウズを操作して時刻合わせする時には、秒 針停止機構により、正確な時刻合わせが可能となって います。

「ノブレス・オブリージュ(高貴な身分にある者の義 務)」と言えば良いでしょうか。2 つの香箱の軸受け にはゴールドのシャトンを用い、それを 3 本のネジで ブリッジに固定しています。これらのネジはブルース チールではなく、素材の色をそのまま用いています。 これはモーザーの時計全て に共通の仕様です。

デュアル・バレル(2重香箱)を装備した輪列

ムーブメント・キャリバー HMC 348.901

ネジで固定されたゴールドのシャトン

41


MONARD


44

モナード オーソドックスでシンプルな 3 針時計でありながら、

脱進機を構成するガンギ車とアンクルの素材には、硬

そこに搭載されるのはモーザーの革新性、そしてと色

化処理を施したゴールドが用いられています。それら

褪せる事のない美の結晶とも言えるムーブメント。 「モ

の作動面は全て鏡面に磨き上げられ、摩擦を極限にま

ナード」とは、このような時計です。

で減らしています。「special(特別)」を「exceptional (極上)」に昇華させる、と言うモーザーのポリシーの

その魅力はなんと言っても、余計な装飾を一切削ぎ落

具現した機構と言えるでしよう。

としたシンプルの極致と言える外観にあります。し かし時代の嗜好、つまり直径 40.8 mm、高さ 10.85

「モナード」に搭載される自社製の手巻きキャリバー

mm と言う大ぶりなケースがなければ、ここまで注目

HMC 343.505 は、その巻上げ機構に、他に類のな

される事はなかったでしょう。

い傘歯車を用いています。この傘歯車、また輪列に用 いられている独自の歯型によって部品の磨耗を軽減

立体的な針とサンバースト仕上げの文字盤、それらが

し、その結果、時計の長寿命化に成功しているのです。

光を受けてその表情を変えながらも、その優れた視認 性は少しも損なわれる事はありません。センターセコ

全てのムーブメントはそのブリッジにシリアル番号が

ンドが動いていく様は過ぎ行く時間と、時計の鼓動を

打刻され、それはシャフハウゼン本社にある台帳に記

象徴しています。その秒針は、針合せ時の秒針停止機

載されます。ムーブメント上に誇らしげに刻まれたス

構によって正確な時刻合わせが可能となっています。

ぺック、ネジで固定されたゴールドのシャトン、そし てブリッジに施された独自のストライプ模様、これら

「モナード」には、最低でも7日間のロング・パワー リザーブを誇るデュアル・バレル(2 重香箱)が搭載 されています。ゼンマイの残量は、シースルーの裏ブ タ越しに見えるパワーリザーブ表示で確認できます。 さらに特筆すべきは、世界で初めて腕時計に搭載され たモジュール型の脱進機でしょう。この方式によって、 調整やメンテナンス作業に要する時間は格段に短縮さ れました。

全てがモーザーが誇る技術の粋を集約したものです。


モ ナ ード

モナード リファレンス 343.505-013 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 343.505 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワ一リザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 シルバーメッキ、サンバース卜模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製のクラスプ

モナード リファレンス 343.505-012 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 343.505 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン•ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ロジウムメッキ、サンバース卜模様の文字盤 ホワイ卜ゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ホワイトゴールド製のクラスプ

45


モ ナ ード

モナード リファレンス 343.505-017 モーザー・ムーブメン卜・キャリバー HMC 343.505 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ブラック、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製のクラスプ

モナード リファレンス 343.505-015 モーザー・ムーブメン卜・キャリバー HMC 343.505 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメント上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン•ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 スレー卜仕上げ、サンバース卜模様の文字盤 プラチナ製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ムーブメン卜・キャリバー HMC 343.505

プラチナ製のクラスプ

47


48

モナード リファレンス 343.505-018 モーザー・ムーブメン卜・キャリバー HMC 343.505 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ライトブラウン、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製のクラスプ

モナード リファレンス 343.505-019 モーザー・ムーブメン卜・キャリバー HMC 343.505 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメント上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ダークブラウン、サンバース卜模様の文字盤 ホワイトゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ホワイトゴールド製のクラスプ


モ ナ ード

モナード リファレンス 343.506-016 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 343.506 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン シュトラウマン・ダブルヘアスプリングを搭載した 独自のモジュール型脱進機 ホワイトゴールドを用いたアンクルとガンギ車 フュメ仕上げ、サンバース卜模様の文字盤 パラジウム製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ パラジウム製のクラスプ

49


M O N A R D D AT E


52

モナード•デイト センターセコンドと、大振りな日付表示。「モナード・

モジュール化された脱進機は、モーザーによって世界

デイト」の特徴は、これらがエレガントに調和してい

で初めて腕時計に投入されたもので、着脱が容易に

る点でしよう。

なっているため、メンテナンスに要する時間が格段に 短縮されています。

ここでも採用されている「ダブル・プル・クラウン」 機構は、日付調整の際のリュウズ引き出しを容易かつ

さらに、そこに用いられるガンギ車とアンクルの素材

確実なものにしています。これにより、月の初めに調

には硬化処理を施したゴールドが用いられており、そ

整が必要な場合にも誤操作などでストレスを感じる事

の動作に関わる面はすべて鏡面に磨き上げられて、ア

なく、スピーディに操作を行なう事ができます。

ンクル爪石とガンギ車との間に生じる摩擦は極限にま で押さえられています。この事は部品の長寿命化、さ

2つの香箱が連結されたデュアル・バレル(2 重香箱)

らに精度の安定に関わる重要なファクターなのです。

により、ゼンマイが完全に巻き上げられた状態から、 最低でも7日間と言うロング・パワーリザーブを実現

3 ピ ー ス ケ ー ス の 直 径 は 40.8 mm、 高 さ は 10.85

しています。シースルーの裏ブタ側を見ると、ディファ

mm、素材には貴金属を用い、ドーム型サファイヤク

レンシャル・ギアを介してムーブメント上に示される

リスタルがこの特製マニュファクチュール・ムーブメ

パワーリザーブ表示によって、ゼンマイの残量が分か

ントを包んでいます。側面から見るとラグだけが独立

ります。

した形状は、洗練された印象を与えます。シースルー の裏ブタからは丹念に仕上げられたムーブメントを鑑

モーザーの全てのモデルには、独自の設計による歯型

賞する事ができます。裏から見えるムーブメントのブ

が取り入れられています。これは動力の伝達ロスを極

リッジにはモーザー独自のストライプ模様が施され、

限まで減らすためのもので、その結果、長期にわたる

またそこに刻まれたスペックは、この時計の真性と性

安定性を実現しているのです。

能を保証するものです。

香箱の軸を支える軸受けの石(人造ルビー)は、一旦 ゴールドのシャトンに収められてブリッジにネジで固 定されます。この伝統的なスタイルは、モデルの個性 を演出する一役を担つています。


モ ナ ード・デイト

モナード・デイト リファレンス 342.502-003 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 342.502 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 ビッグ・デイト表示 ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に日付修正が可能なカレンダー ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 シルバーメッキ、サンバース卜模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製のクラスプ

モナード・デイト リファレンス 342.502-002 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 342.502 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 ビッグ•デイト表示 ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に修正可能な力レンダー ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ロジウムメッキ、サンバース卜模様の文字盤 ホワイ卜ゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ホワイトゴールド製のクラスプ

53


モ ナ ード・デイト

モナード・デイト リファレンス 342.502-001 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 342.502 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 ビッグ・デイ卜表示 ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に修正可能なカレンダー ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ブラック、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製のクラスプ

モナード・デイト リファレンス 342.502-005 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 342.502 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 ビッグ・デイト表示 ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に修正可能な力レンダー ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 スレー卜仕上げ、サンバースト模様の文字盤 プラチナ製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ

キャリバー HMC 342.502の文字盤側

クロコダイル・レザーストラップ

2枚重なったデイ卜ディスク

プラチナ製のクラスプ

55


56

モナード・デイト リファレンス 342.502-006 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 342.502 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 ビッグ・デイ卜表示 ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に修正可能なカレンダー ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 薄茶色、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製のクラスプ

モナード・デイト リファレンス 342.502-007 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 342.502 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 ビッグ・デイ卜表示 ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に修正可能なカレンダー ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 濃茶色、サンバースト模様の文字盤 ホワイトゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ホワイトゴールド製のクラスプ


モ ナ ード・デイト

モーザーのビッグ・デイト 「モナード • デイト」の

日)の時には、窓の左側に「0」もしくは空白が表示

最たる特徴、それは 6 時

される事になります。通常のビッグ・デイト機構を採

位置の大振りな窓に見

用しなかった理由の一つがここにあります。

える日付表示でしよう。 「パーペチュアル1」と

「モナード・デイト」の日付の切り替わりは、深夜の

同じく、この大きな日付

一瞬の間に完了します。さらに、従来の様に切り替わ

表示は 2 枚の日付ディス

りの時間帯などを一切気にする事なく、リュウズ操作

クを重ねる事で可能とな

によって簡単に日付合わせが可能となっています。

ります。上のディスクに モーザーの

は 1 から 15、下のディスクには 16 か

また、日付を戻すと言う操作が可能なのも、モーザー

ビッグ・デイ卜

ら 31 の数字が記されていて、1 枚のディ

の時計では当然の事で、複雑な形状の部品がそれを可

スクで 31 日分を表すよりも大きな表示

能にしています。日付の調整はムーブメントの動作と

が可能となっているのです。

は完全に切り離された状態で行なわれるので、不慮の 事態が生じるような事は一切ありません。

しかもこれには、通常のビッグ・デイト 方式では不可能な利点もあります。そ れは全ての日付が窓の中央に表示され るという点で、通常のビッグ・デイト では 1 桁目と 2 桁目を分けて表示しま すが、そのために 1 桁の日付(1 から 9

日付の修正はリュウズ操作によって行なう

57


MERIDIAN


60

メリディアン エレガントな自動巻き時計「モーザー・メリディアン」

これによって、遠く離れた世界中の何処からでもいつ

ではモーザー特有の複雑時計装備に加えて、いつも見

でも、午前(AM)または午後(PM)が表示されたホー

慣れた普通の文字盤上で 12 時間表示と 24 時間表示

ムタイムを直接読み取れるのです。

に切り替わる新たな機能を付加しました。 中央からずらして配置された懐中時計式のセコンドは 文字盤上部に配置された特徴的なウィンドウでは、午

モーザーでは典型的なスタイルです。自動巻きムーブ

前中のローカルタイム(ホームタイム)は 12 時間表

メントは、72 時間、つまり3日間という、この市場

示で、午後になると、瞬時に 24 時間表示に変わりま

では長時間のパワーリザーブを確保します。ゴールド

す。ローカルゾーンでは、第二タイムゾーン(目的地

製の振動体の作動エネルギーは、卓越した機能性を誇

タイムゾーン)の表示は、色付きでやや小さめの指針

るペラトン式自動巻き機構に伝わり、大型の香箱と相

が時針の下に配置されて隠れて動きます。別のタイム

まって長時間のパワーリザーブを保持します。モー

ゾーン(目的地タイム)を表示する場合は、リュウズ

ザー独自のモジュール型脱進機が、無比なるこのモー

をセンターポジションに操作して、通常は隠れている

ザー・メリディアンの正確な歩度を保証しています。

色付きの時針を変更できます。モーザー独特のダブル・

もちろん自社製造のシュトラウマン・ヘアスプリング

プル・クラウン機構が可能にしたリュウズの操作ポジ

や巻上げヒゲゼンマイ、硬化ゴールド製のアンクルや

ションにより、正確に合っている時刻を誤って止めた

ガンギ車も搭載されています。

り、変えたりすることはありません。 希望の時間帯に変更する場合は、リュウズを前後に回 します。そうすると、色付き指針が相応の位置に移り ます。ローカルタイムの読み取りはそのままで変わり ません。正午に変わるウィンドウの表示により、ロー カルゾーンが午前か午後かを見ることができます。


メリディア ン

メリディアン リファレンス 346.121-023 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 346.121 第二タイムゾーンの表示 12時間表示と24時間表示 自動巻きムーブメン卜 巻き上げ後、最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 シルバーメッキ、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製のフォールディング・クラスプ

メリディアン リファレンス 346.121-024 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 346.121 第二タイムゾーンの表示 12時間表示と24時間表示 自動巻きムーブメン卜 巻き上げ後、最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 スレート仕上げ、サンバースト模様の文字盤 プラチナ製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ プラチナ製のフォールディング・クラスプ

61


メリディア ン

12 時間と24 時間の表示変更 「モーザー・メリディアン」はこれまでに例のない全

文字盤の配分を変えずに午前の 12 時間と、同数時間

く新規の時間帯表示を実現しました。それが、午前

の午後の時間帯を表示する画期的方法です。一見簡単

(AM)と午後(PM)に区別して表示する 24 時間ア

そうに見える他のソリューションと同様に、この技術

ワースライダーです。スライダーの前後動作を形成す

にも非常に高度で複雑な時計職人芸の粋が文字盤の背

る巧妙なギア装置は十字ネジで固定されます。スライ

後に潜んでいるのです。

ダーには 1、2、4 のインデックスだけが付けられて いて、中央インデックスの2は “12” と “24” 表示の

“12” 時間から “24” 時間への表示が正午に僅か1秒

両方に使われます。

間という瞬時に切り替わることはモーザー時計では 言うまでもないことです。この機構を実現するため、

インデックス 4 が右側にスライドして文字盤の表示

モーザーのウォッチメーカーは、他のムーブメント

ウィンドウから消えると、“12” 表示となり、またス

の動きに影響を与えることなく、約8時間のスプリ

ライダーが左側に移動してインデックス “1” が文字盤

ングの巻上げを成功させたのです。正午にバネの力

の下に隠れると、午後を示す “24” がウィンドウに表

が一瞬にして解放さ

示されることになるメカニズムです。

れ、スライダーを素早 く動かします。

12 時間と24時間表示の メカニズム

ムーブメント・キャリバー HMC 346.121の文字盤

63


メリディア ン

ペラトン式自動巻き機構 「H. Moser & Cie」ブランドを愛好される方からは時

それによって、必要とされるより大きなパワーリザー

折、「自動巻きはいつ発表されるのですか?」と問

ブが時計の着用時に得られるという優れた効果をもた

われます。その問いに答えるのが「メリディアン」

らします。メリディアンに搭載された特に大型の香箱

(Meridian)です。

はリュウズを巻上げた後、最低 72 時間、つまり3日 間パワーリザーブを確保します。停止した状態の後か

モーザー社のウォッチメーカーは5年の歳月をかけ

ら、一日約8時間着用した場合、一般的には4日間巻

て、技術的に余すところなく完成し、且つ全く新規の

上げの必要はありません。

ムーブメントを開発しました。一般公開するにあたっ ては事前に、メリディアンの原理や素材、設計の細部

モーザーのペラトン式自動巻き機構が示すこの高度な

にわたり、詳細ななテストや分析を行いました。

効率性は、ローターの動きによって両方向に巻上げら れることが関わっています。ホイールに取り付けられ

この無比なる時計専用に開発されたマイスターピース

たラッチの一方が引張り、他方が圧縮するメカニズム

の自動巻きムーブメントの特殊性は、一瞥するだけで

です。そのため、巻上げによって生じる大きなパワー

は見えません。サファイヤクリスタルを用いたシース

に対してもラッチは曲がったり折れたりせず、動力伝

ルーの裏ブタからじっくり見ると、大きなゴールド製

達のロスを極限まで減らした安全性が確保されていま

ローターの動きに感嘆されることでしょう。作動エネ

す。ラッチとホイールの素材は相互にマッチングされ、

ルギーはペラトン式自動巻機構によって、回転方向に

摩耗性も最適化されています。

関係なく効率良く香箱に伝達されます。注油フリーの 大型ボールベアリングやメンテナンスフリーのセラ

他 の モ ー ザ ー 時 計 同 様 に、 エ レ ガ ン ト な メ リ

ミックベアリング、フライングマウント・ラチェット

デ ィ ア ン の 仕 様 は そ の 卓 越 性 を 実 証 し て い ま す。

ホイールが摩擦を極限に抑えています。

H. Moser & Cie は量産品でない厳選されたムーブメン

トパーツを使用し、最高度の複雑度と機能性を具現す

る貴重な素材を組み合わせています。量産品は、ロー ターに組み込まれている鋼鉄製の通常型ボールベアリ ングとセラミック製ボールベアリングだけです。

ペラトン式自動巻き機構の ムーブメン卜・キャリバー 346.121

ラッチとホイール

65


M AY U


68

マユ このモデルには「控えめでエレガント」という表現が

文字盤を見ると、アプライド・インデックスはダイヤ

適切でしよう。

モンド・ポリッシュによって仕上げられ、文字盤の表 面はサンバースト模様の筋目が光の反射を受けて、微

このモデル名はハインリッヒ・モーザーの最初の妻、 シャ

妙にその表情を変えます。

ルロッテ・マユの名から取ったものです。モーザー家の 館としてシャフハウゼン近郊に建設されたシャルロッ

立体的な形状の針はモーザーのためだけに製作された

テンフェルス邸も、その名を彼女から取っています。

ものを用い、その長さや形状もモデルによって最適な サイズに仕上げられています。

このエレガントな時計のサイズは高さ 9.3 mm、直 径 38.8  mm ですが、これは現代の感覚では決して大

そしてこのモデルにも、モーザー独自のモジュール型

きいものではないでしょう。モーザーではこのサイズ

脱進機が搭載されています。この腕時計で世界初とな

の時計に対応する大型の香箱を扱った技術的蓄積が無

る機構は、時計の価値とその精度を長年にわたり保証

かったにも関わらず、試行錯誤の結果80時間という

するものです。機械式時計ではおよそ 5 年に1度のメ

パワーリザーブを実現しました。これはつまり3日間

ンテナンスが必要になりますが、この機構によってメ

ゼンマイを巻かなくても時計は止まらない、という事

ンテナンスが容易になり、またそれに要する時間を格

です。

段に短縮する事ができました。さらに世界初の試みと して、ガンギ車とアンクルの素材には硬化処理を施し

均整の取れた文字盤のデザインは、懐中時計の様な大

たゴールドが用いられています。その動作面は全て、

型のスモールセコンド針によって一層引き立てられま

摩擦と磨耗を軽減するために鏡面に磨き上げられてい

す。さらにスモールセコンドのインダイヤルが、周囲

ます。

のインデックスと同様に文字盤の外周にまで達してい るのが分かるでしょう。このレイアウトは、ムーブメ

3 ピースケースの素材には貴金属を用い、文字盤側に

ント枠を用いずに大型の専用ムーブメントを使用して

ドーム型のサファイヤクリスタル、またシースルーの裏

いるからに他なりません。「マユ」に搭載されるキャ

ブタ側にもサファイヤクリスタルが用いられています。

リバー HMC 321.503 は直径 32 mm、専門的な言 い方をすれば 14 ラインに相当します。


マユ

マユ リファレンス 321.503-005 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 321.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 最低3日間のパワーリザープ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 シルバーメッキ、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製のクラスプ

マユ リファレンス 321.503-012 モーザー・ムーブメン卜・キャリバー HMC 321.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ロジウムメッキ、サンバースト模様の文字盤 ホワイ卜ゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ホワイトゴールド製のクラスプ

69


マユ

マユ リファレンス 321.503-007 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 321.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ブラック、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ローズゴールド製のクラスプ

マユ リファレンス 321.503-003 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 321.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメント 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 スレート仕上げ、サンバースト模様の文字盤 プラチナ製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ モーザー・ムーブメント・キャリバーHMC 321.503

プラチナ製のクラスプ

71


72

マユ リファレンス 321.503-015 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 321.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車

リファレンス 321.503-B15 64個のダイヤモンド付けたべゼル

ライトブラウン、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ローズゴールド製のクラスプ

マユ リファレンス 321.503-016 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 321.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 リファレンス 321.503-B16 64個のダイヤモンド付けたべゼル

ダークブラウン、サンバースト模様の文字盤 ホワイトゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ホワイトゴールド製のクラスプ


マユ

マユ リファレンス 321.503-B13 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 321.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 タヒチアン・マザー・オブ・パール製の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース 84個のトップ・ウェッセルトン・ダイヤモンド ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ローズゴールド製のクラスプ

マユ リファレンス 321.503-B14 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 321.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ライ卜ピンク色のマザー・オブ・パール製文字盤 ホワイ卜ゴールド製の3ピースケース 84個のトップ・ウェッセルトン・ダイヤモンド ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ホワイ卜ゴールド製のクラスプ

73


74

マユ リファレンス 321.503-B05 モーザー・ムーブメント・キャリパー HMC 321.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 シルバーメッキ、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース 64個のトップ・ウェッセルトン・ダイヤモンド1.28 Ct ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製のクラスプ

マユ リファレンス 325.503-010 モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 325.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 シュトラウマン・ダブルヘアスプリングを搭載した 独自のモジュール型脱進機 ホワイトゴールドを用いたアンクルとガンギ車 フュメ仕上げ、サンバースト模様の文字盤 パラジウム製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ パラジウム製のクラスプ


マユ

歯車、カナ、レバー 「マユ」に搭載されるキャリバ一の輪列構成は、幾世 紀にわたって発展してきた時計学の原理に基づいて設 計されています。中間伝達車は香箱とその下で回転す る 2 番車との間にあり、対して 3 番車と 4 番車はブリッ ジのすぐ下で、動力を過不足なく次に伝えます。 4 番車の真は文字盤側に伸びて、これにスモールセコ ンド針が取り付けられます。同時に 4 番車は、モジュー ル型脱進機のガンギ車に動力を伝える役割も担ってい ます。

秒 針停止機構 時刻合わせを行うには、リュウズを一番外側のポジ ションまで引き出します。この操作を行うと秒針は停 止し、秒単位の正確な時刻合わせが可能となっていま す。 この機構はリュウズを引いた時に、停止バネがテンプ 側面にあるホワイトゴールド製 のチラネジに接触する事で達成 されます。これによってテンプ つまり時計が停止しますが、そ の時ヒゲゼンマイは収縮の途中 で止められた状態になります。 従って、リュウズを押し込んで 停止バネがテンプから離れた 時、テンプは再び自動的に動き 出すのです。 ゼンマイの残量がいつでも分か るように、「マユ」ではシース ルーの裏ブタ越しに見えるムーブメント上にパワーリ ザーブ表示を設けています。ゼンマイが完全に巻き上 げられた状態では針は「UP」を指し、その後歯車は 3 日以上かけて「DOWN」を示す方向へおよそ 2/3 回 転していきます。

「マユ」の輪列機構

パワーリザーブ表示

75


HENRY DOUBLE HAIRSPRING


78

ヘンリー・ダブルへアスプリング 「シュトラウマン・ダブルへアスプリング」と名付

時計史上類を見ないこの新機構ですが、他のモデル同

けられた 2 つのヒゲゼンマイを持つ異色のトノー型

様にモジュール化されており、そのスタイル及びメ

ウォッチ、それが「ヘンリー・ダブルヘアスプリング」

リットは損なわれていません。

です。搭載されるキャリバーは、モーザーでは唯一の 角型ムーブメン卜です。

「 マ ス タ ー ピ ー ス 」 と 呼 ぶ に ふ さ わ し い、 縦 44.1 mm、横 38.6 mm、高さ 10.4 mm のムーブメントは、

ムーブメントの心臓でもあるテンプに対して行なわれ

均整のとれたトノー型ケースに収められて最低でも 4

たこの画期的な改良は、それだけでこのモデルのカリ

日間というロング・パワーリザーブを実現しています。

スマ性となっています。モーザー伝統のエレガンスと、

また、ここでも硬化処理されたホワイトゴールドのガ

重力の影響によって生じる誤差を排除する特殊機構、

ンギ車とアンクルは健在で、モデルを特徴づける一因

この 2 つのコンビネーションこそ、このモデルの特徴

となっています。

なのです。2 つのシュトラウマン・ヘアスプリングは 最初からペアとして製造されます。これにより一方の 振動に対して他方は全く正反対に振動する、という組 み合わせが可能となり、従来では不可避だった重力の 影響を克服できるのです。また、このヒゲゼンマイは 自己補正、耐磁といった特徴も併せ持っています。こ の機構を製作するには、ヒゲゼンマイ製作に対する熟 練が求められる事になります。つまり素材となる合金 を溶解し、スプリング状に加工する設備とノウハウが 必要になります。モーザーはこの前提を満たすために 最大限の努力をしてきました。


ヘ ン リ ー・ダ ブ ル ヘ ア ス プ リン グ

ヘンリー•ダブルヘアスプリング リファレンス 324.607-004 モーザー・角型ムーブメント・キャリバー HMC 324.607 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 大型の香箱、最低4日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 シュトラウマン・ダプルヘアスプリングを搭載した 独自のモジュール型脱進機 ホワイトゴールドを用いたアンクルとガンギ車 シルバーメッキ、サンバース卜模様の文字盤 ローズゴールド製の卜ノー型3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製のクラスプ

ヘンリー•ダブルヘアスプリング リファレンス 324.607-002 モーザー・角型ムーブメント・キャリバー HMC 324.607 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 大型の香箱、最低4日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 シュトラウマン・ダブルヘアスプリングを搭載した 独自のモジュール型脱進機 ホワイトゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ロジウムメッキ、サンバース卜模様の文字盤 ホワイトゴールド製のトノー型3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ホワイトゴールド製のクラスプ

79


ヘ ン リ ー・ダ ブ ル ヘ ア ス プ リン グ

ヘンリー•ダブルヘアスプリング リファレンス 324.607-005 モーザー・角型ムーブメント・キャリバー HMC 324.607 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 大型の香箱、最低4日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 シュトラウマン・ダプルヘアスプリングを搭載した 独自のモジュール型脱進機 ホワイトゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ブラック、サンバース卜模様の文字盤 レッドゴールド製の卜ノー型3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ レッドゴールド製のクラスプ

ヘンリー•ダブルヘアスプリング リファレンス 324.607-006 モーザー・角型ムーブメント・キャリバー HMC 324.607 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 大型の香箱、最低4日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 シュトラウマン・ダブルヘアスプリングを搭載した 独自のモジュール型脱進機 ホワイトゴールドを用いたアンクルとガンギ車 スレート仕上げ、サンバース卜模様の文字盤 プラチナ製のトノー型3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ムーブメント・キャリバー HMC 324.607

プラチナ製のクラスプ

81


82

ヘンリー•ダブルヘアスプリング リファアレンス 324.607-003 モーザー・角型ムーブメント・キャリバー HMC 324.607 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 大型の香箱、最低4日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 シュトラウマン・ダブルヘアスプリングを搭載した 独自のモジュール型脱進機 ホワイトゴールドを用いたアンクルとガンギ車 フュメ仕上げ、サンバースト模様の文字盤 パラジウム製の卜ノー型3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ パラジウム製のクラスプ


ヘ ン リ ー・ダ ブ ル ヘ ア ス プ リン グ

シュトラウマン・ダブルヘアスプリング モーザーは、シュトラウマン・ダブルヘアスプリング

このような複雑な機構を作るにはヒゲゼンマイ製造に

を搭載したモジュール型脱進機という画期的な改良を

関して精通する必要があり、つまり素材を溶解してスプ

行うことで、重心のずれを発生させない技術を実現し

リング状に成形するまでのノウハウと設備が求められ

ました。これによって時計はいかなる場合も正確な動

ます。モーザーは関係会社であるプレシジョン・エンジ

きを確保します。

ニアリング社(Precision Engineering AG)との共同 開発の末に、 「シュトラウマン・ヘアスプリング ®」の

この機構で使用される 2 つのヒゲゼンマイは、完全に

製造に成功しました。このヒゲゼンマイは、ニバロック

対称的な効果を得るために製造段階からペアとして作

ス・ヒゲゼンマイの発明者、ラインハルト・シュトラウ

られます。一方が外に広がる時に他方は内側に縮むと

マン博士が残したレシピを基に開発されたものです。

いう対称的な動作によって、それぞれに生じた重心の ずれは相殺される事になります。その結果、全体の重

こうして製造されたヒゲゼンマイは均質で機械的特性

心は常に軸中心に位置し、ヒゲゼンマイは重力の影響

にも優れ、温度変化に対しても均一に補正できる柔軟

から解放されるのです。

性を確保します。そのため、重心は軸中心からそれる ことがありません。

チラネジのついたテンプと

シュトラウマン・ダブルヘアスプリングを

シュ卜ラウマン・ダブルヘアスプリング

搭載したモジュール型脱進機

83


LIMITED COLLECTORS EDITIONS


86

モーザーの限 定モデル モーザーでは、特別なイベントに向けたもの、また特

高温でガラス質のエナメルを溶解して金属板に融着さ

別な技法を用いたものなど、限定モデルも製作してい

せるエナメル技法は、現在ではその技術を完全にマス

ます。限定とは言え、これらも真に「モーザーの時計」

ターしている者はいません。このモデルは特別なイベ

である事は言うまでもありません。

ントに対して製作されたものではなく、エナメル技法 の復活を願うモーザーの願いから製作されたものなの

そ の 一 つ が、76 個 の ダ イ ヤ モ ン ド を あ し ら っ た

です。

「パーペチュアル1」です。このモデルは 2005 年、 H. Moser & Cie 社の再生を記念として製作されたもの

「マユ」にはロシア皇帝の紋章にも使われている「双

で、レギュラーモデルとは異なる形状のべゼル全体に

頭の鷲」をモチーフにしたモデルがありますが、これ

ダイヤモンドをあしらっています。「フラッシュ・カ

が製作されたのには特殊な理由があります。一つは

レンダー」も同時に発表されました。

モーザー社の起源が当時のロシア帝国にある事、そし てもう一つはモーザー社が擁する 2 人のエングレー

2011 年に発表された「パーペチュアル1ゴールデン

バー達がその持てる技術を世に知らしめたい、と望ん

エディション」には、モーザー社の熟練時計師達な

だ事にあります。そのために通常ではシースルーに

らではの技が具現されています。ムーブメント全体が

なっている裏ブタを金無垢のものに変更し、そこに皇

18 Kゴールド製で、耐震機構には機能性ダイヤモン

帝のシンボルである双頭の鷲を刻み込み、さらにブリ

ドを採用してます。文字盤を始め、指針、アンクル、

リアント・カット・ダイヤモンドをあしらいました。

ガンギ車まで、全てゴールド製で、まさに最高峰の時 計です。

さらに「マユ」には、イエローゴールドのケースにシャ ンパン・力ラー文字盤、という限定モデルがあります。

「モナード」、「マユ」においては、「グラン・フー」と

「マユ」や「パーペチュアル」に共通の大型スモール

呼ばれる真のエナメル文字盤を用いたモデルがありま

セコンドは、ここでもその個性となっています。その

す。現代では廃れてしまったに等しいエナメル文字盤

スモールセコンドのレイアウトは過去の懐中時計の様

ですが、モーザーは限定モデルという形でこれを蘇ら

に、分インデックスと同じ文字盤外周ぎりぎりにまで

せました。

達しています。これは安易にムーブメント枠を用いる 事なく、モデルに合ったムーブメントを専用に作って いるからこそできる事なのです。


限 定モデル

モーザー・パーペチュアル 1 リファレンス 341.501-B04 200個の限定モデル モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 341.501 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 パワーリザーブ表示 フラッシュ・カレンダー機構による永久カレンダー ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に日付修正が可能 ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 シルバーメッキ、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース 76個のトップウェッセルトン・ブリリアントカッ卜・ダイヤモンド ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ローズゴールド製のフォールディング・クラスプ

モーザー・パーペチュアル 1 ゴールデンエディション リファレンス 341.101-008 100個の限定モデル モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 341.101 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 パワーリザーブ表示 フラッシュ・カレンダー機構による永久カレンダー ムーブメントの動作とは無関係に、リュウズ操作によって 前後に日付修正が可能 ダブル・プル・クラウン機構 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン シュ卜ラウマン・ダブルヘアスプリングを装備した 独自のモジュール型脱進機 18K ローズゴールド製の地板とブリッジ 耐震機構のインカブロックに 2個の機能性ダイヤモンド・キャップジュエル キャップジュエル下の白色サファイヤ製軸石 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 フュメ仕上げ、サンバースト模様のゴールド製文字盤 18Kローズゴールド製の指針とインデックス ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ローズゴールド製のフォールディング・クラスプ

87


88

モナード リファレンス 343.505-L11 200個の限定モデル モーザー・ムーブメン卜・キャリバー HMC 343.505 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメント デュアル・バレル(2重香箱)、最低7日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメント上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 ネジで固定されたゴールドのシャトン 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ブラックエナメル文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ ローズゴールド製のクラスプ 完売

マユ リファレンス 321.503-L02 50個の限定モデル モーザー・ムーブメント・キャリバー HMC 321.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 ホワイトエナメル文字盤 ホワイ卜ゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザース卜ラップ ホワイトゴールド製のクラスプ 完売


限 定モデル

マユ リファレンス 322.504-LB04 50個の限定モデル モーザー・ムーブメン卜・キャリバー HMC 322.504 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメン卜 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュトラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車

ロシア皇帝の紋章、 「双頭の鷲」のエングレービング

ブラック、サンバースト模様の文字盤 ローズゴールド製の3ピースケース 64個のトップ・ウェッセルトン・ブリリアントカッ卜・ダイヤモンド ドーム型サファイヤクリスタル 裏ブタに「双頭の鷲」のエングレービング 25個のトップ・ウェッセル卜ン・ブリリアントカツ卜・ダイヤモンド クロコダイル・レザース卜ラップ ローズゴールド製のクラスプ

マユ リファレンス 321.503-004 50個の限定モデル モーザー・ムーブメン卜・キャリバー HMC 321.503 巻上げ輪列に傘歯車を使用した手巻きムーブメント 最低3日間のパワーリザーブ 輪列の歯車とカナにモーザー独自の歯型を採用 裏ブタ側ムーブメン卜上にパワーリザーブ表示 秒針停止機構 独自のモジュール型脱進機 シュ卜ラウマン・ヘアスプリング® 、巻上げヒゲゼンマイ 硬化ゴールドを用いたアンクルとガンギ車 シャンパン・カラー文字盤 イエローゴールド製の3ピースケース ドーム型サファイヤクリスタル サファイヤクリスタルを用いたシースルーの裏ブタ クロコダイル・レザーストラップ イエローゴールド製のクラスプ 完売

89


技術仕様


92

チームスピリットとスペシャリスト ハインリッヒ・モーザーが残した手紙には、彼が思い

世界初と、そして顧客にとって真に利便性に富んだ機

描いていた様々なアイデア、思想がしたためられてい

構を作り出していくでしよう。

ます。その中には時計製作に関して、今日でも有用と 思える記述もあります。その一つを挙げてみましよう。

モーザーは、いわゆる「マニュファクチュール」を目 指しているわけではありません。しかしモーザー・グ

「最高の時計を作りたいのなら、それぞれの部品につ

ループが擁する時計製作に関わる膨大なノウハウと技

いて最高のサプライヤーを見つけねばならない。彼ら

術、またそれによって製作されるムーブメントは、真

が有する世代を超えた知識と技術、それが個々の部品

の「マニュファクチュール」に匹敵するものである事

に反映されてこそ最高の時計を作り出すことができ

が分かります。ムーブメントだけでなく、時計を構成

る。彼らの仕事場に赴き、時間を共にし、情報を共有し、

する全ての部品にこの水準は維持されており、時計は

彼らの優れた点を知る。そうすれば、彼らの最高の協

ジュラ地方にあるアトリエで人の手によって組み立て

力を得る事ができるだろう。」

られます。

この言葉にこそ、ハインリッヒ・モーザー

個々の部品は、工作機械を駆使して最高レベルの精度

が 1828 年 の 創 業 時、 す で に ル・ ロ ッ

で作り出されます。モーザーは今日可能な最高水準の

クルの地で事業の基盤を確立していた理

技術を駆使し、妥協を許さない強い信念を抱き続けて

由、また新生モーザーがその生産拠点を

いるのです。

ジュラ地方に定めた理由があるのです。 現在でも尚、世界で最高の時計製作技術 軸とカナを装備した2番車

はスイスのこの地方に息づいています。

その一方で、ラインの滝近くに位置するノイハウゼン の本社では機械設備が整えられ、時計製作に関する最 高のノウハウを持ったスペシャリスト達が正確無比な 部品製作を行っています。工具、専用治具、設備さら には製造工程の改善など、多岐にわたって最先端のテ クノロジーを吹き込むという重要な役割を担っていま す。彼らが作り出したノウハウは既存のサプライヤー 達に引き継がれ、それによってシリーズ生産が可能に なるのです。この様に多くのサプライヤーやスペシャ リスト達が、現代に復活したモーザーを支えています。 これからもモーザーは世界中の顧客に向けて、多くの

傘歯車を装備したモーザー独特の巻上げ輪列


技術仕様

ダブル・プル・クラウン(DPC機構)

0

1

2

新生モーザーによる、も

モーザーが考案、特許を取得した「DPC」は、日付表

う一つの世界初の機構が

示を備えたモーザーの全モデルに搭載されています。

「ダブル・プル・クラウン」

この機構では単にリュウズを1回、止まるまで引き出

機構(以下「DPC」)です。

すだけで確実に日付調整のポジションにリュウズが移 動します。そこからもう一度リュウズを止まるまで引

この「DPC」では、リュ

き出すと、時刻合わせのポジションに移動します。

ウズを巻上げのポジショ ンから針合わせのポジ

この機構によって、従来起こり得た誤操作は完全に過

ションにまで引き出すに

去のものとなりました。

は、リュウズを2回引く リュウズの3つのボジション

必要があります。

「DPC」は、その全てがモーザーの熟練技術者によっ て完成されたものです。

従来の時計の場合、その 中間にある日付修正のポ ジションにリュウズを正 確に引き出すには、ある 意味「勘」のようなもの が必要でした。そのため、 誤ってリュウズを時刻合 せのポジションまで引い てしまい、正確に合って いた時刻を変えてしまっ た、と言うケースが多々 あったはずです。

「ダブル・プル・クラウン機構」

93


技術仕様

シュトラウマン・ヘアスプリング ® 時計の精度を決める最大の要因は、ヒゲゼンマイとテ ンプがいかに規則正しく振動するか、にあります。モー ザーの研究開発部門ではその精度追求に余念がありま

pe3000ニバロックスを 溶融する坩堝

せんでしたが、その中でプレシジョン・エンジニアリ ング社とシュトラウマン研究所の協力の下、ニバロッ クス・ヒゲゼンマイの金属配合と製法を吟味し直した のです。ニバロックスという素材を発明したのはライ ンハルト・シュトラウマン博士で、彼は現在のモーザー 社取締役トーマス・シュトラウマン博士の祖父に当た ります。1931 年に特許が取得されたこのニバロック スという素材は 7 つの金属から成る合金で、切れにく い、温度変化の影響が少ない、腐食に強い、磁気を帯 びない、という真に夢のような素材です。特許申請時

真っ赤に熱せられた素材を 鍛造していく

の資料を見ると、その配合と共に時計のヒゲゼンマイ に用いるのに理想的な特性を有している事が記されて います。ニバロックスは少々の改良を加えられながら、 現在でも多くの高級な量産品の機械式時計に使用され ています。長年に渡ってその生産に関しては、品質保 持を目的にシュトラウマン一族によって管理されてい ました。しかし数年前、モーザーの協力会社であるプ レシジョン・エンジニアリング社がその権利を獲得、 現在では素材の溶解から始まる全ての生産設備を整え ています。

ラインハル卜・シュ卜ラウマン博士による ニバロックスの特許申請資料

インゴットの切断

95


96

0.1 µmの精度で行われる PE3000ニバロックスの圧延工程

モーザーのモジュール型脱進機に用 いられているヒ ゲゼンマイは、すべて「シュトラウマン・ヘアスプ リング ®」で す。その名前は発明者に対する賛辞を込 めて名付けられたもので、「Strauman Spirale®(独 語 )」、「Spiral Straumann®( 仏 語 )」、「Straumann Hairspring®(英語)」と言った商標を獲得しており、 国際的にその権利を保護されています。 合金の元となるそれぞれの金属は最高級のものを使用 し、それらを炉の中で溶解して直径約 20 cm 重さ 80

4本の単線から巻上げられる スプリングアッセンブリー

kg のインゴットを製作します。それを最終的に髪の 毛よりも細い、 直径僅か 0.075 mm の線に加工します。 この工程には世代を超えた熟練の技術、そして最高級 の設備が必要になるのは言うまでもありません。そし てこの均質な丸い線を、最後に驚異的とも言える精度 で平らな板状に圧延するのです。こうして温度変化や 磁気の影響を受けない、クロノメーター級の精度を可 能にするヒゲゼンマイ「シュトラウマン・ヘアスプリ ング ®」ができあがります。その最終的な精度は僅か 1/10000 mm という驚異的なものです。 この極細線4本を工具に通してスプリングアッセンブ

仕上げられたシュ卜ラウマン・

リーに巻上げるのは、やはり熟練した時計職人の手先

ヘアスプリング®と

です。その後スプリングアッセンブリーは高圧炉で再

巻上げヒゲゼンマイ

び分離され、ヘアスプリングへと仕上げられます。 その後、モーザー社の調整師が、はめ輪端部の内側を リベット加工し、手作業で非常に精巧なヒゲゼンマイ へとカーブさせ、外側端部を固定します。こうして、 テンプスプリングの数百にも及ぶ工程ステップが完了 します。


技術仕様

交換可能なモジュール型 脱進 機 モーザーでは、技術の発展とはユーザーがその恩恵を

テンプ本体は伝統的なスタイルを踏襲し、その外周の

享受できものでなければならない、と考えます。新

バランス・スクリューにはホワイトゴールド、また振

生モーザーの時計においてその思想を最も如実に示し

り石には人造ルビーが用いられます。これらの加工に

ているのが、即座に交換が可能なモジュール型脱進機

は特殊な技術が必要となります。またテンワとヒゲゼ

でしょう。機械式時計ではおよそ5年に1度のメンテ

ンマイに用いられる素材の組み合わせは、温度変化の

ナンスが要求されますが、この機構はそれを簡便かつ

影響を全くその精度に与えません。

迅速に行なう事ができるように、という視点から考案 されました。時計師はまずモジュールを外し、その他

テンプの総重量は比較的重い

の機構をオーバーホールします。そして最後に、予め

ものになりますが、もちろん

用意された洗浄・注油済みの新しいモジュールを組み

それを衝撃から守るための工

込んで作業は完了します。

夫もなされています。天真の 先端部分は強度を増すため

モジュール内の機構には、最新の知識と技術が投入さ

に円錐型に仕上げられ、さら

れています。例えば、その利便性とは裏腹に歩度を乱

に耐震装置を併用する事であ

す一因でもあった従来の緩急針は排除されています。

らゆる衝撃から守られていま

歩度の調整はテンプ外周にある、十字のスロットが入っ

す。ちなみに、天真先端の太

たスチール製タイミ

さは僅か 0.08 mm しかあり

ング・スクリューで

ません。

行ないます。またテ

テンワ、テンプ シュトラウマン・ヘアスプリング®

ンプの振動中にこの ネジが移動しないよ うに、そのネジ穴に はスロットを設けて います。これは、スロットを入れる事によってネジ穴 周囲の部がバネ性を持つため、ネジがきつく締め付け られるという効果があります。このネジ穴の直径は僅 か 0.35 mm しかありません。そこに正確にスロット を入れるのがいかに困難か想像してそみて下さい。

交換可能な モジュール型脱進機

タイミング・スクリューとそのネジ 穴に切リ込まれたスロット

97


98

ヒゲゼンマイにはブレゲ(巻上げ)ヒゲを採用してい ます。その外端に巻き上げられた曲線は、ヒゲゼンマ イの重心が移動する事による歩度の乱れを防ぐ効果が あります。 ガンギ車とアンクルはゴールドで作られていますが、 その製法にも特許が取得されています。その動作面は 全て鏡面に磨き上げられ、人造ルビーのアンクル爪石 との摩擦は極限にまで抑えられています。モーザーの 過去の時計には、歯車にゴールドを用いたものが何点 もあります。 アンクルの動作を規制するドラゴン・レバー

さらに特筆すべき機構があります。アンクルはガンギ 車と正確に一定の量でかみ合わなければなりません が、そのアンクルの動作を正確に規制する機構として、 モーザーは「ドラゴン・レバー」と言う機構を新たに 開発しました。 このレバーは 2 本の偏心ネジでモジュール・プレー トに固定されます。その偏心ネジを回す事で、アンク ルとガンギ車の嚙み合い量を正確に微調整できるので す。アンクルがゴールド製なのに対してこの「ドラゴ ン・レバー」は真鍮で作られており、アンクルの動作 を確実に受け止めます。この偏心ネジはモジュールの 下面からのみ調整が可能となっており、モジュールを 一旦ムーブメントに組み込んだら調整は不可能なので すが、その必要がないのは言うまでもありません。

ゴールドのガンギ車とスチールのカナ


技術仕様

クラフトマンシップ 時計製作における技術とは、機構の妙やテクニックだけ を表すものではありません。それがいかに美しいかとい う事も同じく重要な点であり、モーザーの時計に用いら れる全ての部品はその微細に渡って細心の注意を払い 仕上げられています。例えば、モーザーのムーブメント 全ての地板にはサンバースト模様の装飾が施されてい ますが、これは時計師しか目にする事ができません。時 計師がムーブメントを完全に分解し終えて、初めて目に する事ができる部分です。 新生モーザーのほとんどのモデルでは、裏ブタがシー スルーになっており、美しいムーブメントを直に見て 取る事ができます。鏡面に磨き上げられたブリッジの エッジや軸受けの石が光を受けて輝く様を目の当たり にする事でしよう。

モーザー・パーペチュアル1

キャリバー HMC 343.505 の文字盤側

ゴールデンエディションのムーブメント

モーザーならではの

ゴールド製ブリッジ、

最高峰のクラフ卜マンシップの証

手作業仕上げのエッジおよび ネジで固定されたゴールドのシャトン

99


100

モーザーは伝統的に 3 番車と 4 番車を同じブリッジにまとめる スタイルを取ります。ブリッジ がそれらの軸受けとなる石をな ぞるような形状になっているの が分かるでしよう。輪列のブリッ モナードの輪列ブリッジに刻印された モーザーの紋章

ジ上にはモーザーの紋章が金色 に刻まれています。これは新旧 に関わらず、モーザーの時計の 真性と品質を保証するものです。

また幅の異なるストライプを交互に重ねたモーザー独 自の装飾法とその上に輝く金文字は、絶え間ないテン プの動きと同じくその存在感に満ち溢れています。

限定コレクションのゴールド製

ゴールド製ケース底面に施された

ケース底面に刻まれたレリーフ

職人技のエングレービング

は、類稀なクラフトマンシップ を誇るモーザー社ウォッチメー カーの証です。この技巧を使い こなせる時計職人はほんのわず かに限られています。

ブリッジの面取リとブリッジ上の金文字


技術仕様

仕上げの工程 仕上げの工程は、伝統に則って手作業により行われま す。機械ではブリッジや地板の面取り部分を完全な鏡 面に仕上げる事はできません。部品の磨き、ケースの サテン仕上げ、香箱の下に隠れた地板のサンバースト 仕上げ、と言った作業は全て人の手によって行います。 ブリッジに施されるモーザー独自のストライプ模様、 これも全て手作業によるものです。モーザーの時計は、 スイスのウォッチメーカーが誇る最高の技術と、完璧 を追求する精神、これらの賜物であると言えます。

モーザー・パーペチュアル1 ゴールデンエディションに取り付けられた ダイヤモンドのキャップジュエル

香箱下側のサンバースト仕上げ

101


年表

年表 1730 ハインリッヒ・モーザーの祖父であるヨハネス・モーザーがシャフハウゼンに生まれる。見習い時計師を経て、 町の専属時計師という名誉ある地位に就く。その後、州議会議員となる。 1760 ハインリッヒ・モーザーの父であるエールハルト・モーザーがシャフハウゼンに生まれる。エールハルトはその 父の跡を継いで町の時計師となり、自身も州議会議員となる。 1805 12月12曰、ヨハン・ハインリッヒ・モーザーが誕生する。1820年から1824年の間、父親から時計製造の伝統 技術を学ぶ。 1824 ハインリッヒ・モーザーはル・ロックルの一流の時計職人の工房でさらに腕を磨く。彼はすぐに優れた時計職人 となり、小規模ながらも部品の供給会社を設立し順調に事業を進める。およそ一年半後モーザーの元には、イ タリアやパリから仕事の注文が殺到する。 1826 モーザーは独立した自分の工房でケースや家具に収められた置時計の製造を始める。 1827 大きなビジネスの機会に惹かれて、モーザーはロシアのサンクト・ぺテルスブルグに向けて出発する。馬車と船 を乗り継いだ危険に満ちた旅を終えて、彼は地元の時計職人として働くことになる。 1828 モーザーはサンクト・ぺテルスブルグに「H. Moser & Co.(H. モーザー社)」という貿易会社を設立する。こ れが後に著名となったブランドの始まりであった。モーザーの時計は全て高品質であったことから、ビジネスは 大成功を収めた。ハインリッヒ自ら、または彼の代理人による品質検査を通らずに時計が店頭に並ぶというこ とは決してなかったのである。 1829 さらに高い品質を追求するために、モーザーはル・ロックルに自社で販売するための時計を製造する工場を開 設する。 1848 裕福な商人であり時計師として活躍していたモーザーは、シャフハウゼンに帰還する。彼は静かなシャフハウゼ ンの町を活気にあふれる工業都市に変えることを生涯の課題とする。同時に、家族のためにシャルロッテンフ ェルスに邸宅を建設する。 1851 モーザーはライン川からの運河の建設を完成させる。この運河の水で80馬力のタービンを動かす。

103


104

1853 シャフハウゼンの有力者たちとの共同事業で「Schweizerische Waggonfabrik bei Schaffhausen(シャ フハウゼンのスイス鉄道車両製造社)」、および「Schweizerische Industriegesellschaft(SIG)Neuhausen(スイス工業 <SIG> ノイハウゼン社)」を設立する。同年、モーザーはシャフハウゼン・ヴィンタートゥー ル鉄道事業の共同設立者となる。さらに、シャフハウゼンに時計ケースを製造する工場を開設する。 1860 モーザーはジャガー・ルクルト社の顧客となる。このころ、彼は24個の複雑時計を含めて、64種類におよぶキ ャリバーを調達するようになる。品質に妥協を許さなかったモーザーの時計は、ロシア宮廷にも貴族にも軍人 にも重宝された。数年を経ずしてモーザーの時計は、日本、中国、ペルシアのみならず、パリやニューヨークの ような欧米の都市でも販売されるようになった。 1863/64 モーザーはライン川の最大級のダムを建設する事業に乗り出した。送電システムを通じて、近隣の事業 会社に低価格のエネルギーを供給するためだった。この水力発電所はシャフハウゼンの町の工業時代への幕 明けを示すものだった。 1868 モーザーはアリオスト・ジョーンズ Ariosto Jones がインターナショナル・ウォッチ・カンパニー(IWC)を設 立する際、土地と機械の動力となる電力を供給することによって支援を行った。 1874 10月23日、ハインリッヒ・モーザー逝去。彼は遺書で、自分の全事業の相続者として二番目の妻、ファニー・モ ーザーを指名していた。 1877 ファニー・モーザーはロシアでの事業とル・ロックルの時計工場をそれぞれのジェネラル・マネージャーに売却 する。売買契約書には、すべての会社の後継者は永久に “H. Moser & Cie” または “Heinrich Moser & Co.” の社名のもとに経営を続ける、という規定がされていた。 1917 ロシアの10月革命によって、スイスの時計製造業者が支配していたロシア国内の時計市場は崩壊してしまっ た。モーザー社の最後の社長はすべてを奪われ1918年の初めにスイスに戻ってきた。ル・ロックルの時計工場 はこの政治的混乱を免れ,操業を継続することができ、ロシア市場が崩壊したことで受けた損失を、ほかの国 々への輸出を増やすことで埋め合わせようとした。 1920 モスクワのモーザーの時計事業の跡地に国営の「中央時計修理工場」が設立される。 1953 ル・ロックルでは腕時計の生 産が 拡 大され 、懐中時計の生 産を占める割合は徐々に減少する。なかに は、1877年の契約に違反するにもかかわらず “Henry Moser” の名前を冠した時計もあった。


年表

1973 H.モーザー社は、精密なレバー脱進機を備えた時計や、主にケースに貴石を配した18Kゴールドの特殊モデル のメーカーとして国際的に認められていた。スイスの時計業界にクォーツ時計の脅威が広がり、ル・ロックルの 事業にもその影響が及んだ。 1979 ル・ロックルの時計工場は「ディキシ・メカニック(Dixi Méchanique)」グループの傘下に入り、 「Hy  Moser  & Cie」として営業を続ける。 2002 創設者のオリジナルのブランドである「H. Moser & Cie」がユルゲン・ランゲ博士によってふたたび国際登録 される。モーザー・シャフハウゼンAGウォッチ・カンパニーはハインリッヒ・モーザーの子孫の協力を得て、も との会社を受け継ぐ形で再出発した。現在はハインリッヒ・モーザーのひ孫のロジャー・ニコラス・バルジガー が取締役会の名誉会長を務める。 2005 ハインリッヒ・モーザーの生誕200年を記念して、モーザー・シャフハウゼン株式会社は H. Moser & Cie のブ ランドのもとに創設の父の貴志に忠実な時計シリーズを国際的な時計市場に向けて再び発表した。 2006 H. Moser & Cie はモーザー・パーペチュアル1(Moser Perpetual 1)、モナード・デイト(Monard Date)、 モナード(Monard)及びマユ(Mayu)の4つのラインを初めてバーゼル・ワールド2006において発表した。 2006 モーザー・パーペチュアル1はウオッチ・オブ・ザ・イヤー(Montre de l’année)2006で第二位となる。時計 専門誌、 「モントル・パッション(Montre Passion)」の専門家の審査員は「モーザー社のパーペチュアル1/ フラッシュ・カレンダーのクラシックなケースのなかには抜群に革新的な機械式ムーブメントが組み込まれてい る」と評価する。 2006 H. Moser & Cie 社は2006年11月、スイスの時計業界で最も注目されるジュネーブ・ウオッチメイキング・グラ ンプリ(Grand Prix d‘Horlogerie de Genève)で複雑時計賞(Prix de la Montre Compliquée)の栄誉 に輝く。モーザー・パーペチュアル1が複雑時計部門で第一位に輝ぃた。 2007 バ-ゼル・フェア2007において、H. Moser & Cie はシャフハウゼンの Precision Engineering AG社との数 年にわたる協力によって開発した「シュトラウマン・ヘアスプリング(Straumann Hairspring ®)」を世界の時 Favourite Watch with Complication • 2006

MOSER PERPETUAL 1

計業界に発表する。

105


106

2007 モーザー社の革新的なダブルヘアスプリング脱進機を搭載したトノー型の時計コレクション、ヘンリー・ダブ ルへアスプリング(Henry Double Hairspring)をバーゼル・ワールド2007において発表する。 2007 H. Moser & Cie 社は、白色光沢を放つ非常に希少な貴金属パラジウムを使用したマユ・パラジウム(Mayu Palladium)のモデルを発表する。 2007 モーザー・シャフハウゼンAG社(Moser Schaffhausen AG)が再編成され、モーザー・グループAGが設立 される。これにより、すべての協力会社がひとつの屋根の下にまとめられた。モーザー・シャフハウゼン AG(Moser Schaffhausen AG)とプレシジョン・エンジニアリングAG(Precision Engineering AG)、 マ ニファクチュアリング・サポート・グループAG(MSG AG Manufacturing Support Group)がー致協力し て、H. Moser & Cie ブランドの独立性と業績の躍進を目指す体制を確立する。 2008 H. Moser & Cieブランドは設立180年を祝う。 2008 マザー・オブ・パールの文字盤と優雅なガルーシャ(アカエイ)およびクロコダイル・ストラップ付きのマユ・ブ ラック・パール(Mayu Black Pearl)と、 マユ・ホワイト・パール(Mayu White Pearl)が発表された。 2008 マユ・パラジウム(Mayu Palladium)は硬化処理を施したホワイトゴールドのアンクルとガンギ車を備えたシ ュトラウマン・ダブルヘアスプリング脱進機を搭載している。文字盤に使われている新しい色がこのモデルの 外装にも使われている。 2009 モーザーグループ株式会社は傘下企業の垂直統合型製造に向けた投資を継続。現在まで約 70 人を新たに採 用した他、独自の製造所を設立。 2009 エレガントなフュメ仕上げ(Fumé)の文字盤に対する大きな需要に応えるため

Henry(ヘンリー)とMo-

nard(モナード)にもこの文字盤を採用。ケースは白色光沢を放つパラジウム、脱進機にはシュトラウマン・ダ ブルヘアスプリングを採用。 2009 1875年に出版されたハインリッヒ・モーザーの生涯に関する伝記原本の複製本を私家版として出す。原本は モーザーの死後まもなく出版されたが現在では入手困難なため、今回ファクシミリ版として、他国語への翻訳 および現代字体による同内容テキスト冊子を添付したケースに収めて提供。


年表

2010 モーザーグループはコアコンピタンス・持続性・成長に向けた数千万フランにおよぶ投資をほぼ完了。国際的 経済危機の中でもモーザーグループは一段と力をつけて発展。H. Moser & Cie は乗馬スポーツの一大イベン ト「CSI バーゼル 2010」に初めてメインスポンサーとして協賛。この4星イベントは際立った国際性とデラッ クスな随行プログラムで華々しいデビューを果たす。 2010 モーザー・パーペチュアルムーン(Moser Perpetual Moon)を発表。分単位の精度を修正なしで 1,000 年 確保するムーンフェイズ表示を装備した最高級時計。 2011 H. Moser & Cie によるスポンサーとしての貢献もあって、賞金額が世界最高のバーゼルで開かれる屋内乗馬 イベントCSI に5 星等級が与えられる。モーザーはこの祝賀記念にモナード・マローネ(Monard Marrone) を発表。 2011 パーペチュアル・ゴールデンエディション(Perpetual Golden Edition)を発表。ゴールド製のフュメ文字盤 や、指針、そしてゴールド製地板やブリッジを装備したムーブメント、交換式シュトラウマン・ダブルヘアスプリ ング脱進機が奏でる歓喜あふれるこの時計にはクライマックスとして、耐震装置に世界で初めて機能性ダイヤ モンド・キャップジュエルが採用された。 2011 パーペチュアル・フュメ・パラジウム(Perpetual Fumé Palladium)は永久カレンダーを装備し、ダブル ヘア スプリング脱進機の長所と、モーザー時計ならではの複雑と洗練美が融合した無比で絶妙の一品。 2012 モーザー社初の自動巻きムーブメントを搭載した「メリディアン) (Meridian)を「バーゼルワールド 2012」発 表。新規の第二タイムゾーン表示機能にモーザーならではの洗練された審美性と “独自性に賭ける情熱” が見 事に融合した。

107


COPYRIGHT 2012 BY MOSER SCHAFFHAUSEN AG このカタログに紹介されているすべての製品デザインは、登録または未登録の商標を含めて、モーザー・シャフハウゼンAG社の独占使用権により保護されて います。このカタログに紹介されているモーザー・シャフハウゼンに属さないブランドについては、それぞれの会社に著作権があります。 また、技術仕様と、すべてのモデルの供給の可能性は変わることがあります。

写真

MANFRED DUBACH, katharina lochs, marcel studer, sammlung homberger, CArl J. Koch, stadtarchiv schaffhausen

アー卜•ディレクション

manfred dubach, K Atharina Lochs

レイアウト

dubach.digital GMBH, GÄCHLINGEN

デジタル処理

dubach.digital GMBH, GÄCHLINGEN

印刷

Sonderegger Druck AG, WEinfelden

製本

SChumacher AG, Schmit ten

モーザー・シャフハウゼンAG モーザー・グループのメンバー RUNDBUCKSTRASSE 10, CH-8212 NEUHAUSEN AM RHEINFALL, SWITZERLAND 電話 +41 52 674 00 50, W W W.H-MOSER.COM

Moser Cataloge III_Japanese_Baselworld 2012_novelties  

Moser Cataloge III_Japanese_Baselworld 2012_novelties