Issuu on Google+

SPECSPECIAL ECorporate

Social Responsibility

DITION 2011

 

SPECIAL EDITION

企業の社会的責任 Corporate Social Responsibility

WWW.CSR.GLOBALNEWSHUB.NET


INFORMATION

is part of GlobalNewsHub of Global Cooperation Council and the Globalom Media group.

The Global Cooperation Council is a membership organization and a think tank devoted to genuine cooperation in the interest of fair globalization as well as the culture of peace, a prerequisite for sustainable global security. The Globalom Media Group is an information, communication and publishing agency committed to social and ethical responsibility. GlobalNewsHub members include

IDN-InDepthNews | Analysis That Matters

South Asian Outlook independent e-Monthly,

The Global South independent e-Journal for global interdependence and the Development Watch monitor for international cooperation.

IMPRINT GLOBAL PERSPECTIVES Magazine for International Cooperation A Production of Global Cooperation Council Asia-Pacific Chapter IDN-InDepthNews Asia-Pacific and IPS Japan | www.ips-j.com 2-14-10-901 Chitose | Sumida-ku | Tokyo 130-0025 | Japan www.global-perspectives.info PERIODICITY: 12 ISSUES A YEAR including one combined issue. E-Mail: kasagiri@gc-council.org Global Editors: Ernest Corea & Ramesh Jaura

Publisher Global Edition: Globalom Media GmbH | Marienstr. 19-20 • D-10117 Berlin Washington Bureau | Mr. Ernest Corea 8512 Forrester Boulevard | Springfield, Virginia 22152 North America Bureau: Globalom Media | Division of 751061 Ontario Inc. 33 Lafferty Street, Toronto, ONT M9C 5B5, CANADA Articles with names of authors do not necessarily reflect the views of the publisher and Editors. Annual Subscription: Asia-Pacific: 14.400 JPY | Postal charges additional.

WWW.CSR.GLOBALNEWSHUB.NET


CONTENTS Editorial

This is the first special edition launched by a German-Japanese media project highlighting the significance of Corporate Social Responsibility (CSR) with particular focus on environment. The venture was conceptualized jointly with Mr Hiroshi Nagai and Mr Katsuhiro Asagiri while brain-storming in a Berlin cafè in November 2009. It was launched in March 2010 by the Berlinbased Global Cooperation Council, IDN-InDepthNews and Global Perspectives together with IPS Japan in Tokyo. This special edition compiles a series of journalistic articles on Transportation and Environment, the first of which was made possible by Tokyo Trucking Association (TTA) Vice President Mr Junichi Nagai's positive response to our request for an interview about the history and CSR initiative of the company he heads. We followed this up with CSR initiatives of other selected TTA affiliated trucking companies. The focus is on Japan because the country on the whole – and Tokyo in particular – has introduced some of the world's most rigorous emission control regulations with a view to cleaning air in the metropolitan area while decreasing traffic accidents. We found that each trucking company has its own unique historical background. All CSR articles in this special edition therefore provide a glimpse of the multifarious aspects of that history, throwing light on problems each company has confronted, and focussing on innovative measures to overcome roadblocks faced by the transportation industry after WWII. In fact the lessons learned by Japanese companies are relevant for transportation industry elsewhere in the world too. Since we started publishing the series on our multilingual platform – English, German, Japanese, and Chinese – we have received valuable feedback from readers, particularly those in transportation industry and administration as well as researchers. As transportation industry occupies a critical position in any industrial society, it is but natural that so many people have shown keen interest in some of the historical similarities and lessons reflected in these CSR articles. Among these first seven CSR features, particularly the one on the Green Eco Project – a six-year old initiative undertaken by the Tokyo Trucking Association (presided by Mr. Kazuo Ohtaka), and referred to as 'Paper and Pencil Project' in the article – evoked rather a profuse response from our readers. It is indeed a unique initiative involving some 16,000 trucks in the Tokyo area. The result has been extremely heartening: collected data shows drastically reduced fuel consumption, diminishing number of traffic accidents, and declining CO2 emissions. The great potential and relevance of this low cost but elaborately construed program with a unique impact on better internal relations between truck drivers and management has drawn attention beyond Tokyo and Japan. TTA has been invited for presentations at international conferences in Bangkok (Thailand) and Dalian (China). We are grateful to Tokyo trucking companies and the TTA for their support. And, we are pleased that with a CSR media project we could make our humble contribution towards bridging this unique initiative and readers around the world through our multilingual platform.

Editorial in Japanese

04

Guarding Environment with a Paper-and-Pencil Project Environmentally friendly driving called Eco-driving is the centrepiece of a project underlining Corporate Social Responsibility of logistic enterprises for environment, explains Tokyo Trucking Association's Keiji Endo. - Japanese A01-A04 -

05-06

When Social Responsibility is Not Just a Buzzword Corporate social responsibility is not just a buzzword for Isao Mizuno. It is a commitment he and his 95 employees translate into practice day in and day out. Mizuno is the president of Chiyoda Unyu, a transportation company in western Tokyo. -Japanese A05-A08 -

07-08

Overcoming Hazards - Striving for greater Safety Azuma Emori explains a long and exciting human story behind today's Gosho Transportation Company. - Japanese A09-A12 -

09-10

Young Tokyo Entrepreneur Looks Beyond Today "No matter how much civilisation has advanced, we cannot move human minds mechanically," says Tsuneyoshi Sakuma, a youthful president of Shoun Service with a tinge of the philosophical. - Japanese A13-A16 -

11-12

Saving Family Business with Employees' Support Now an eminent CEO in Tokyo's Mitaka City, Masashi Takeuchi vividly recalls his days in Brazil's sprawling Sao Paulo, where he worked as a reporter for a newspaper that was rather popular with the Japanese community. Masashi is the third generation president of the Takeuchi Unyu Kogyo (Takeuchi Transportation Industry) and Vice Chairperson, the Tokyo Trucking Association. - Japanese A17-A20 -

13-14

Harmonizing Business with Employees and Society "Everyone but me is my mentor." True to that maxim, constant communication with employees is his tenet. "I feel a sense of gratitude for all those who are working in my company. I want my employees to share with me not only a sense of commitment and responsibility but also a sense of pride and happiness as colleagues," says Masaki Ishihara, president of 'Hinomaru Kyuso' -- the Sun Flag Express -- headquartered in Takamatsu City in Japan's Kagawa Prefecture. - Japanese A21-A24 -

15-16

Trucking Safe with Ecology in the Pouch Like the kangaroo pouch pocket that provides a place of shelter for the young after they are born, the truckers of Tokyo’s legendary Nagai Transportation Company move their cargo with great care. No surprise therefore that the kangaroo is the logo of the company. "What we receive is confidence, what we put on our truck is our gratitude (to clients) and what we transport is safety and future of the planet," says Junichi Nagai, the eldest son of Kazumi Nagai who set up the company after World War II in Tokyo. - Japanese A25-A28 -

17-18

- Ramesh Jaura Editor GlobalNewsHub.Net | The media network of Global Cooperation Council and Globalom Media. SPECIAL EDITION 2011

3


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

社説 本特別号は、企業の社会的責任(CSR)の重要性、とりわけ環境分野における貢献に焦点をあてた日独共同メデ ィアプロジェクトによる特集記事の第一集である。この事業は、2009年11月にベルリンのカフェで、長 井浩氏、浅霧勝浩氏、私で CSR とメディアの持つポテンシャリティーについて協議していた際に構想が浮かん だもので、ベルリンに本拠を置く国際協力評議会(GCC)、IDN-インデプスニュース、及び月刊「グローバルパ スペクティブス」誌が、東京に拠点を置くインタープレスサービスジャパン(IPS Japan)と共同で2010年 3月に開始したものである。 本特別号は、ジャーナリスティックな視点から「輸送と環境」の分野における CSR の実像を分析した記事をま とめたものである。その第一弾は、本プロジェクトの趣旨に賛同頂き、会社の歴史と CSR への取り組みについ て取材に応じてくださった長井純一東京都トラック協会副会長のご協力により実現した。以後同協会のご協力 を得て、会員、関連会社へのプロジェクト取材を進めてきている。従って本号には、いくつかの日本の運送会 社や東京都トラック協会(大髙一夫会長)が取り組んでいる CSR 活動の事例が収録されている。私たちは本事 業の取材対象として、世界でも最も厳しいレベルの排ガス規制法を施行し、首都圏における大気の浄化と交通 事故の減少に成功した日本、とりわけ東京都に着目した。 本特別号では、各々の運送会社が持っている独自のユニークな歴史的背景に触れるとともに、各社の経営者、 従業員が、第二次世界大戦後に発展した運送業界を取り巻く激動の流れのなかで、どのような危機に直面し、 それらをどのような画期的な手段で乗り越えていったかを記録している。事実、こうした日本の運送会社が経 験から学んだ教訓は、世界各地の運送業界にとっても十分参考になるものである。 本 CSR「輸送と環境」特集記事には、多言語プラットフォーム(英語、ドイツ語、日本語、中国語)を通じた 配信開始以来、世界各地の多くの読者、とりわけ各国の運送業界関係者、関係省庁、研究者の方々から大きな 反響があった。運輸産業は、いかなる産業社会においても極めて重要な地位を占めていることから、世界各地 の多くの人々が、これらの CSR 記事の中に、歴史的な類似性や教訓への賛同等、強い関心を示したのはむしろ 自然な反応というべきだろう。 本特別号に収録されている7本の CSR 記事の内、とりわけ東京都トラック協会が6年前に立ち上げた「グリー ン・エコプロジェクト」(記事の中では「紙と鉛筆プロジェクトとして言及」)に対する読者からの反響が大 きかった。本事業は、東京都内の16,000台のトラックが参画している実にユニークなプロジェクトで、 具体的な数値で表される成果(使用燃料量、事故発生件数、二酸化炭素排出量の大幅削減)は、実に関係者の 関心を鼓舞するものである。 この低コストでしかも実に丹念に組まれたプログラムには、実施を通じて運営管理側とトラックドライバー側 の労使関係を好転させるユニークな効果が見られるなど、プログラムのさらなる可能性に対する関心は、今や 東京都や日本を超えて、世界各地の注目を集めている。こうした関心と期待を反映して、東京都トラック協会 は、これまでタイ王国(バンコク)と中華人民共和国(大連)における国際会議から招聘を受け、プロジェク トの紹介を行っている。 本プロジェクトに携わる全ての関係者を代表して、ご協力を頂いている東京都トラック協会並びに各参加運送 会社に対して、心から感謝の気持ちをお伝え申し上げる次第です。そしてなによりも、この CSR 多言語メディ アプロジェクトを通じて、このユニークなイニシアチブ(グリーン・エコプロジェクトをはじめとする各社の 取組み)を、世界の読者と橋渡していくうえで、ささやかなりとも貢献できたことを嬉しく思っています。 グローバル・ニュースハブ・ネット (国際協力評議会とグローバロムメディアのメディアネットワーク) 編集長 ラメシュ・ジャウラ

4

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

Guarding Environment with a Paper-and-Pencil Project By Taro Ichikawa in Bangkok Asia-Pacific already has the largest number of motorized vehicles in the world and if the present trend continues, the region would in the coming years have more automobiles than Europe and North America combined. In Japan alone, the number of vehicles has swelled from 8.12 million in 1966 to 78 million in 2009. Of these 54 percent are passenger vehicles, 34 percent light-duty vehicles, and 8 percent trucks. The rest are motorcycles and buses. At the same time, the number of logistic companies has been rising. "Presently, we have about 60,000 logistic companies, which is a 50 percent increase on the 1990s," said Keiji Endo, General Manager of the Tokyo Trucking Association. He was addressing the Fifth Regional Environmentally Sustainable Transport (EST) Forum in Asia from August 23 to 25 in Bangkok, Thailand. It was attended by senior government officials from 22 Asian countries and international transportation experts. The Forum was organized by the United Nations Centre for Regional Development (UNCRD), Thailand's Ministry of Natural Resources and Environment (MONRE), Japan's Ministry of the Environment, and the United Nations Economic and Social Commission for Asia (UN ESCAP). Endo pointed out that 99 percent of the companies in Japan own less than 100 trucks, and 76 percent of all the companies are small-scale enterprises owning less than 20 vehicles. According to the national Automobile NOx /PM Law, aimed at curbing nitrogen oxide and particulate matter emissions, large trucks that are more than nine years old and small ones older than eight years are not allowed to be on the road since 2003, regardless of how many kilometers they have covered. This is part of a rather stringent law that seeks to control emissions from automobiles operated by small and medium-sized companies. In Tokyo, according to a more stringent regulation, a vehicle older than seven years must either install a diesel particulate matter filter (DPF) or buy a new automobile. Those who violate this regulation are Keiji Endo, General Manager of the Tokyo Trucking Association penalized. As a result of this directive, all measurement stations in addressing Fifth Regional Environmentally Sustainable Transport Tokyo had confirmed that the pollution level had been improved upon (EST) Forum. 2005. The air became cleaner and cleaner, and the sky is looking blue. However, small and medium-sized companies had to pay a heavy price for this regulation. They were forced to buy a costly DPF or a brand new truck. As a result, the membership of the Tokyo Trucking Association suffered a decline of 20 percent. Also the number of trucks had decreased by more than 20 percent since 2003. 'The Revised Energy Conservation Law' is another tool to protect environment. This law obliged trucking companies to regularly report their CO2 emissions. "But small enterprises are not in a position to collect and control such data, particularly as 99 percent of trucking companies are small and medium-sized," said Endo. ECO-DRIVING Against this backdrop, the Tokyo Trucking Association decided to start a new project. Environmentally friendly driving called Eco-driving became the centre-piece of the project underlining Corporate Social Responsibility of logistic enterprises for environment. According to a survey, the practice of Eco-driving resulted in the reduction of nitrogen oxides emissions by 15 percent and CO2 emissions by 20 percent. The Green-Eco project has four key aspects: sustainability; reasonable costs; accuracy of data collected; and, above all, the activities should be such that drivers are kept motivated. The practical tools deployed, surprisingly, are not internet-based: -- Posters and stickers for members to share their motivations with each other. -- Writing data in the check list by hand because it is an economic way of record keeping. -- By keeping track of such sheets, each member can easily see improvements of fuel efficiency and reductions in traffic accidents. -- Eco-driving education -- Giving recognition to good drivers as a means of motivation ďƒœ

SPECIAL EDITION 2011

5


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY -- Involving managers in the project on an equal footing -- Professional handling of the collected data. -- Seminars for managers seven times a year. Endo reported that the project had made great strides: member participation has been on the rise every year. In March 2010, over 500 companies and 11,000 vehicles participated in the Green-Eco project. In addition, fuel consumption was reduced over the past four years -the fuel saved was equivalent to what would have been used by 500 large-sized tank trucks. The savings were worth some about 880 million Japanese Yen (some 9.53 million U.S. dollars). The reduction of fuel consumed implied a reduction in 20,000 tons CO2 emissions. Also the number of traffic accidents declined by 40 percent over a period of four years. "We can say that this Project has made a great achievement not only in terms of national economy but also of the society as a whole," Endo told the Bangkok Forum, adding that the next step would be to benchmark fuel efficiency database for each type of vehicle. "In Japan, we have many advanced devices to support the practice of Endo (left front) and Delegation of Tokyo Trucking Association at Eco-driving, such as Digital Taco-graph or Drive recorders," said. EST Forum Bangkok However, the Green-Eco Project neither requires huge financial investment nor high-tech. All that it needs is a piece of paper called Driving Management Sheet, and a pen to start with -- and all this to protect the environment, reduce fuel costs, bring about a decrease in the number of traffic accidents and foster better communication among company co-workers. Endo is looking forward to expanding this project to cover whole of Japan. In view of the fact that it is a low-budget and paper-penciloriented project, he hopes to find interested parties in other Asian countries too, which might like to gain from Green-Eco experiences in Tokyo. But it would appear that a lot of persuasion is needed in Japan itself, particularly at various government levels. While the country's Ministry of Environment, which encouraged him to present the project at the Bangkok Forum, would appear to be supportive, other relevant government ministries have yet to learn to appreciate the Green-Eco project. 

6

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

When Social Responsibility is Not Just a Buzzword By Taro Ichikawa Corporate social responsibility is not just a buzzword for Isao Mizuno. It is a commitment he and his 95 employees translate into practice day in and day out. Mizuno is the president of Chiyoda Unyu, a transportation company in western Tokyo. Since 2002, they have been supporting a non-governmental organisation (NGO) in Japan, which is engaged in a reforestation project in some 5,100 kilometres away Nepal. Chiyoda Unyu workers collect empty milk packages, considered as recyclable waste in Japan, and bring these to the company. Chiyoda Unyu forwards these to an NGO which sells these to a recycling company, and supports with the proceeds tree planting projects at the feet of the Himalayas. Isao Mizuno took charge of the company at the age of 33 – in the wake of his father Tsutomu Mizuno passing away in 1986. Founded in 1953, the same year as Isao was born, Chiyoda Unyu transports heavy trucks, passenger cars, and household goods. It also manages logistics centres and auto part stores. Before following in his father's footsteps, Isao Mizuno graduated from Keio University in 1975, when Japan was in the throes of an economic depression in the aftermath of oil crisis. He continued his studies at the Keio University business school for another year, before joining Ito Yokado, a major retailer in Japan. He worked there for six years, mostly at the headquarters, also serving as secretary for the company's founder Masatoshi Ito for two years. Isao then moved on to Hino Motors where he learnt for four years all aspects of automobile sales. During this period, he established personal relations with co-workers, which proved to be a great asset for Chiyoda Unyu after he started working for his father in 1986 who asked Isao take care of the company in view of his deteriorating health. Father Tsutomu had entered into an agreement with the Hino Motors group in 1956, three years after he set up Mizuno Rikuso (company name was changed to Chiyoda Unyu with this agreement), which enabled it to consolidate capital in exchange for accepting two board members from Hino Motors. Since then, Chiyoda Unyu has developed into an affiliated company of Hino Motors group. In 1990, Hino Motors, Ltd held a ceremony to present a letter of appreciation to Chiyoda Unyu to commemorate the occasion of Chiyoda Unyu purchasing 500th truck from Hino Motors.

Isao Mizuno, President of Chiyoda Unyu

SAFETY FIRST With the welfare of the company at heart, the prerequisite for which is the welfare of its employees, Isao Mizuno regards 'safety first' for his employees as an essential component of corporate social responsibility. "I believe a company is obliged to undertake every possible effort to help drivers minimize human errors even if those measures may cost a fortune for the company," he tells IDN. He adds: "The behaviour of TEPCO (Tokyo Electric Power Company) in relation to the recent Fukushima nuclear disaster affirms my view that there is no such thing as 'sufficient' when it comes to safety measures. No matter how hard you keep working on safety measures, one accident could ruin your reputation." "We are handling huge and expensive merchandise," he adds. "Although we have insurance for these operations, an accident can cause a huge damage as costs of those vehicles are very high ranging up to 70 million yens (Euro 615,550) per a vehicle. Isao Mizuno recalls that between six and seven years ago, several accidents occurred while transporting merchandise vehicles. Though Chiyoda Unyu trucks carrying cargos such as auto parts were equipped with digital taco graphs allowing the company to grasp driving patterns of its drivers, large vehicles which the company's drivers transport from factory to dealers are clients' vehicles and not equipped with digital taco graphs. 'SATETY RECORDER' "Fortunately, I found a wonderful device called 'safety recorder' by Datatec. Unlike digital taco graph which has to be fixed in a truck, safety recorder is a portable device which can be charged with electricity through cigar lighter socket. It is equipped with five sensors to detect driving pattern as well as GPS, and the installed software would show your driving performance in the form of points (full points: 100) on a pentagonal graph," says Isao Mizuno. Though the device was rather expensive, he purchased 440 pieces and required each driver of the company and of subsidiary companies to use this portable device when they transport merchandized vehicles and cargos (if their vehicles are not equipped with digital taco graphs). He then introduced seven grade evaluation systems (from higher rank to lower rank: A, B, C, D, E, F and N). "We eliminated N about two years ago and have meanwhile almost eliminated F; in other words, the overall driving skills have been improved." ďƒœ SPECIAL EDITION 2011

7


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

Transporting new trucks

Carryiing trucks on super-seized truck

He adds: "Every month, I put up on a wall a list of top 30 drivers who scored highest points and every six months I award best drivers with certificates of commendations and prizes to give them incentives for safer driving. This grade/point system is applied to all subsidiary companies so that I can grasp average points monthly of each company." To begin with, some drivers passively resisted the introduction of 'safety recorders' as they felt uncomfortable to be monitored by a third party on their driving pattern. They would make such excuses as "I forgot to insert a memory card," or "I forgot to plug it in". But Isao Mizuno was convinced that he had to make it a norm to use the device to prevent traffic accidents. The tide turned when some drivers started to score 100 points even on long-distant driving such as between Tokyo and Hiroshima (700km). Other drivers would say "if he can do it, I can do it too". So they started competing for better scores, and for their own safety. Because the device is equipped with GPS so that the record shows where and at what speed the driver was driving. These objective records protect a driver in case of an accident. Isao Mizuno also introduced an alcohol detecting system at five business branches in Japan. The system is connected with a computer with a web camera so that the face of a driver, his name, result of the test as well as his blood pressure is recorded and can be viewed through online connection. This also serves as roll call for all drivers on operation throughout Japan through these five business offices. In this way, the management can grasp the health condition (for example, determine that a driver is not under the influence of alcohol) of drivers on a daily basis. Introduction of the alcohol detecting system also cost the company "a fortune" but "I believe that it is a worthwhile investment to minimize accident which means protecting our drivers as well as reputation of our company," says Isao Mizuno. It is not surprising, therefore, that Chiyoda Unyu obtained ISO 14001 in 2002 and has been awarded three times so far (every three years). "Our company was probably the first trucking company to obtain ISO 14001 in western Tokyo," said Isao Mizuno, apparently filled with pride. Chiyoda Unyu was the first company to carry mass transportation of merchandise trucks and cars on super-seized carriers. From early 1960s, manufacturing of automobiles skyrocketed in Japan and this necessitated transportation system to be greatly upgraded. It was in that period that sizes of super-sized carrier trucks got bigger and bigger and some ground transportation companies including Chiyoda Unyu introduced trailers. Even the Railroad Company newly introduced special double-deck cargo compartment capable of carrying 12 cars in 1965. Some shipping companies also introduced special purpose vessels for cars. In 1972, Chiyoda Unyu found that the volume of middle sized merchandized cars commissioned by Hino Motors would exceed its existing ground transportation capacity and after consulting with them started transporting them by sea. The merit of sea transportation is that Chiyoda Unyu could bring those merchandized cars without driving them for a long distance (thus merchandize value remains high) and those cars were free from risks of road traffic accidents. As of 2011, Chiyoda Unyu has contracts with 15 shipping companies for 25 sea routes and transports about 5,000 vehicles by sea every month. COMMUNICATION Isao Mizuno has not only been attaching priority to safety of his employees but also actively promoting communication with them and the local community. For the former, he organises barbecue parties and year-end feasts inviting also families of employees. For the latter too he has been engaged in multiple activities: Since 1992, Isao has been receiving local students by way of informing them about social aspects of his business. Besides, since 2003, he has been actively involving his company in supporting spring festival held around Hino city central park and city hall by opening a stall to sell shoes, providing a truck as a stage for performance and speeches and making and setting up sign boards, and boxes to collect separated trash – flammable and non-flammable, bottles, cans as well as pet-bottles. Isao also lets his company actively participate in cherry blossom festival held at Hino Motors Hino factory grounds by opening a stall to sell shoes and noodles. 

8

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

Overcoming Hazards - Striving for greater Safety By Taro Ichikawa Nowadays they are trucking hazardous cargo. They carry fine chemicals and ethanols, imported by trading companies, to client factories in Tokyo and surrounding five prefectures, known as the Kanto area. But there is a long and exciting human story behind today's Gosho Transportation Company. The short of the long story is that before Yoshio Emori founded Gosho in 1969, its predecessor Emori Oil Co. Ltd was running 27 gas stations in Saitama and Tokyo. The story that son Azuma Emori -- who now presides over Gosho -- tells, manifests the resilience with which the Japanese citizens helped build up post-war 'Nihon'. The end of the Second World War was only six months away, when in February 1945 father Yoshio –the eldest son in a family that had run a traditional Japanese restaurant in Saitama prefecture (north of Tokyo) since the 12th century -- was drafted by the Japanese army and shipped to Korea. From there he got on a train supposedly bound for 'Manchukuo', a puppet state of Imperial Japan. But after crossing the Korea-China border, the train moved southwards -- instead of northwards where Manchukuo was located -- and eventually reached Guangzhou in Southern China. Yoshio had engaged in three battles, when -- after the atom bombing of Hiroshima and Nagasaki -- Japan surrendered. He was taken a prisoner by the Eighth Route Army, the larger of the two major Chinese communist forces that formed a unit of the National Revolutionary Army of the Republic of China, which fought the Japanese from 1937 to 1945. Son Azuma recalls what his father told him returning home after two years in Chinese captivity: While a prisoner in China, father Yoshio would carefully listen to Japanese army officers. One day he heard one of the officers telling Azuma Emori others: "You know petroleum is the key to modern times . . . Japan has lost the war in a sense because of the paucity of petroleum." something that is linked to a key industry of Japan so that I would Returning to Japan -- devastated by bombings during WWII and be able to make this transportation business more stable," Azuma suffering from acute shortages of food -- father Yoshio was conEmori tells IDN. vinced of the need to start up a new business that would take into That led him to the conviction that the future of the company account the needs of the new times. He decided to go into gas stawould have to rely on fine chemicals and ethanol. So he started retion business instead of rebuilding the family restaurant. And so the Emori Oil Co.Ltd was born. structuring the company's administration. "But in those days, it was Some four years before the 1973 oil crisis started, father Yoshio not yet time for transporting fine chemicals. Tanks on our lorries, came round to the view that the petroleum industry did not offer a then made of steel, would be damaged -- and rubber seals would promising future. He, therefore, decided to break up the lorry tank melt if you put fine chemicals in those tanks. So I gradually redivision from the Emori Oil, setting up the Emori Transportation placed them with new lorries with stainless steel tanks to meet Company in 1969, renamed to Gosho Trasportation Company eight demands of times." years later. As the oil crisis dawned, the gas station business was Azuma Emori goes on: "I was young and reckless so I jumped wound up. around to meet with many people and talked about my ideas. I was lucky enough to be gifted with many senior friends including senior OIL RUMOURS alumni of Takushoku University (currently he serves as a member of the university's Board of Trustees) who gave me good advice and Son Azuma recalls: "Those days there was a rumor that world's oil opportunities." reserves would be dried up in the next 20-30 years. So when I He joined his father's company but he was not ordered by his fagraduated from Takushoku University (a private university in Tother to do so. "In fact, I suspect that he was even thinking of closing kyo) my father had closed gas stations one after the other. The lortransportation business and concentrating on trading division. If he ry tankers were still on the move but no longer transporting petrowould have ordered me to work for this transportation company, I leum of his own company." might have chosen to work in another field. Anyway, I thought that Fortunately, there was a major petro tank station nearby at that it does not matter if it goes bankrupt so I could do daring things to time, so father Yoshio could transport their petroleum. "I had a meet the demands of the time as I saw appropriate. The spirit of sense of crisis and thought that I would have to start dealing with that time was a lucky factor, too." ďƒœ

SPECIAL EDITION 2011

9


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY Having nurtured trusted relations with major two trading companies (ITOCHU Corporation, Mitsubishi Corporation), son Azuma Emori is now exclusively dealing for Kanto Region in cargo related to fine chemicals and ethanol -- substances linked to key industries in Japan now. "Besides cultivating business relationships, you have to keep upgrading your quality standard to meet the demands of cargo owner companies and stay on board," says Gosho president. "I consulted with our partner companies if we should obtain ISO (International Organization for Standardization) status when it was introduced to Japan, but they did not particularly require or recommend pointing out that ISO status involves a lot of money. They said that there are other ways of proving safety standards in Japan." Therefore, Gosho was relatively early among those dealing with hazardous substances to obtain the prestigious G-mark. "As it turned out, if you do not have a G-mark nowadays, you have almost no access to transportation facilities owned by trading companies," says Azuma Emori. "Cargo owner companies are extremely strict about the safety and the required levels of quality are also very high." Gosho first obtained the G-mark, administered by the Japan Trucking Association, in 2005, valid for two years -- and has retained it since. Safety for driving staff is also important. To ensure quality and safety, Gosho has taken to Driving Recorders (DR). The system introduced by Gosho records all aspects of driving such as accelerations, velocity, angular velocity, global position, avoidance maneuvers of the driver. Its CCD (charge-coupled device) camera automatically records at the time of accidents. It is also programmed to evaluate overall performance of a driver. Explains Azuma Emori: "There is nothing special about our serious efforts for the prevention of accidents, but we attach the most importance to 'securing the safety of transportation'. As we deal mainly with hazardous liquids, quality standards required by cargo owner companies are very high. If we spill even one drop of hazardous liquid at a cargo owner's factory compound, we will have to submit a written explanation as penalty." He continues: "Having been accustomed to such strict level of safety and quality control demand, we hardly had any accident even before we introduced DRs." Nevertheless, several reasons prompted Gosho, already very rigorous about maintaining and improving safety standards, to introduce DRs. "Large trailers such as ours tend to be perceived by the public as scary, simply because of their sheer size. I presume that there can be cases in a court where a plaintiff may claim that an accident was caused because a big trailer came too close the his/her car due to his/her visual illusion etc." But DR helps in avoiding unnecessary disputes because it maintains a record of the situation before and when accident takes place. "Green numbered trucks (registered as commercial trucks) which are destined to drive far longer than ordinary vehicles are naturally more likely to get involved in an accident caused by others." Because Gosho deals mainly with hazardous liquids and carries cargos with mostly large trailers, the driving staff is made up of professionals who have obtained various licenses such as those for 10

dealing with hazardous and toxic substances and driving towing vehicles, among others. Our safety measures are without a loophole as these are based on transportation safety management," says Azuma Emori. Nevertheless, while introducing DRs, the company had to take into account several factors. "A most important point in this regard was to install DRs in all vehicles at once," says Manabu Emori, Azuma’s son and executive director of the company, who is in charge of dealing with practical business of the company including safety management issues. "Although financial subsidy was available only for vehicles registered in Tokyo -- and not for vehicles we own outside of Tokyo -we decided to install DRs in all of our vehicles at the same time based on a spirit of fairness to staff derivers. At the beginning, both drivers and management were so to say groping in the dark with some aspects of the device. But both sides proposed points of improvements and now DRs are fully integrated in daily operations. "What I found most difficult in dealing with DRs was 'idling', that is, running the engine while not driving. When unloading liquid cargo, drivers have to use a pump attached to the vehicle. Therefore they cannot stop the engine. Because of unloading activities, DR reports lower points. With this in view, through trial and error, we learned to readjust sensors in DR in such a way that our business associated characteristics such as idling during unloading are now taken into consideration," explains Manabu Emori. Since the company deals mainly with hazardous substances, it has been engaged in various volunteer activities for the Tokyo Fire Department (TFD) for raising awareness of fire safety as well as local police department for raising awareness of traffic safety. Emori senior has served as a board member for Safety Association for Hazardous substances under TFD for many years. The association is made up of transportation companies dealing with hazardous substances, gas stations, and relevant factories. They conduct safety training for employees and cooperate with TFD on public relations activities with the aim of raising awareness about fire safety. Gosho Transportation Company has been actively participating in such public relation activities on 14th of every month, the day of fire safety. In recognition of his long years of contribution, TFD awarded Azuma Emori Fire Service Cooperation Award(Fire Chief’s Award). "While my father is vice chairperson of the traffic safety association of Joto district, I engage in similar activities organizing traffic safety schools for children, distributing traffic safety brochures, and standing at traffic junctions with a flag for pedestrians. We also cooperate with local fire station by driving their information car on every 14th of a month," says Emori junior. Five years ago, Azuma Emori, nearly 60 now, acted on the idea he had cherished for a long time, and stopped showing up at the company. He left it to his son to represent the company at business and public occasions. "I do not know what my son is thinking but he has to cultivate trusted relationship with business partners through his own efforts and this is not something you can have him inherit from me. Time is always changing and there is a possibility that the times of fine chemicals may become outdated. You never know. So he needs to develop his own good judgment to strategize what he should do to make the company respond to the demands of time."  SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

Young Tokyo Entrepreneur Looks Beyond Today IDN-InDepth NewsFeature by Taro Ichikawa "No matter how much civilisation has advanced, we cannot move human minds mechanically," says Tsuneyoshi Sakuma with a tinge of the philosophical, and adds, "I believe that 'moving cargo with our whole heart' is 'moving clients' thoughts safely' and living up to their expectations." Versatile and unorthodox, Sakuma has his feet firmly on the ground but sights set on the future. He presides over Shoun Service, a quality company with a staff of 40 women and men, and 38 vehicles. It transports consumer goods and industrial waste, provides packaging and storage services, and runs a 'vegetable factory'. Sakuma was 22 when father Isamu suddenly fell seriously ill, leaving the company operations in son's hands. Sakuma had some hard nuts to crack before he could assert himself in the 'tough guys' world, a synonym for truck drivers those days. Father Isamu died in 2004 and son Sakuma took over as company president. He wishes, his father -- who would have loved to live longer -- were still alive. But that was not to be. His mother also passed away braving for 14 long years the acute suffering caused by lung cancer. "I consider myself lucky indeed to be able to live in good health, work for the company I inherited from my father, and have wonderful employees I can work with," says Sakuma. Emulating the boss, workers and managerial staff have imbibed a deep sense of belonging and profound commitment to the company and its social ideals. This has enabled him expand and diversify the Tsuneyoshi Sakuma client base that now includes prestigious corporations such as Japan Railroad, Saitama Coop, Ginza Wako department store in Tokyo's posh area of Ginza, and Mon Chou Cho Co., Ltd which is famous for Dojima Roll, winner of grand gold quality award of Monde selection. PRESTIGIOUS 'G MARK' Shoun Service has been awarded since 2008 the prestigious 'G Mark' (renewed every two years) for the quality of its customer services -quality backed by a close rapport between workers and the managerial staff, vigilance in maintaining the safe operation of vehicles and speed limits monitored by tacographs. The company is also a member of the nationwide movers' network with some 430 centres, donning the Pigeon trademark. Environment is close to Sakuma's heart: Shoun Service is partner in the Green Eco project administered by the Tokyo Trucking Association that aims to increase fuel efficiency and lower CO2 emissions. Each driver sets his fuel efficiency goal and verifies the performance with the aid of a non-digital tacograph. The unorthodox in Sakuma comes to the fore when he explains his agenda as Youth Division chief of the Tokyo Trucking Association. In that capacity, he presides over the Youth Division of Kanto Trucking Association -- a regional organisation that covers Tokyo and seven adjacent prefectures including Kanagawa, Chiba, Tochigi, Saitama, Gunma, Ibaraki, and Yamanashi. He also chairs the National Central Training Session for young chief executives of logistics industry -- a nationwide youth organisation made up of regional blocks of Hokkaido, Tohoku, Kanto, Chubu, Hokushinetsu, Kinki, Chugoku, Shikoku, and Kyushu -- affiliated to the Japan Trucking Association. In his three-fold capacity, Sakuma has travelled around the country and found out that despite prolonged economic depression, transportation companies in Tokyo find it easier to do business than their counterparts in other cities and towns in Japan. What worries him is that there are fewer young people employed or heading such companies in cities and towns than in Tokyo. "Very often the average age in local transportation companies is late fifties," Sakuma tells IDN, adding that companies like his in Tokyo are better off in that respect too. His feeling is that members in Tokyo have "rather a feeble sense of the crisis" confronting the national trucking industry. ďƒœ SPECIAL EDITION 2011

11


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY The youth division of the Tokyo Trucking Association has 507 members. But very few take part in social and information events. He has therefore launched a concerted bid to encourage more members join such gatherings -- with increasing success. The core of Sakuma's agenda is to sensitise the younger chief executives that the future of transportation companies lies in their hands. He is optimistic that "with increasing number of senior members of the Tokyo Trucking Association sharing the sense of crisis with us, the future activities of the youth division of the Tokyo Trucking Association will flourish." The three-in-one boss is unrelenting when it comes to achieving social objectives. He has a story to tell: During his tenure as head of the youth division of Nerima, he approached an elementary school and offered to hold a reality near traffic safety class for children. The school principal refused to allow a truck to enter the school ground, arguing that this may be damaged by such a huge vehicle. Sakuma pointed out that the school premises were designed to accommodate a large fire brigade vehicle at a time of emergency. The principal would not give in but agreed to leave the final decision to parents and the teachers association. They endorsed Sakuma's proposal and he could hold the safety lesson, with the backing of the local traffic police. Similar safety classes followed in several other schools, and Shoun Service was awarded a letter of appreciation in November 2009 by the Shakujii Police Department. Encouraged by public appreciation for such lessons, Sakuma is exploring ways of organising countrywide traffic safety lessons by instituting October 9 as the national 'Truck Day' with the support of the trucking association and local police stations. He has set himself yet another ambitious target: to bring the social status of truck drivers on par with that of aeroplane pilots and ship captains. The truck drivers are after all the backbone of road transportation which is critical for sustaining the industrial society. The youth division of the trucking association has a significant role to play in achieving the goal. "Let's go back to the starting point and connect with the future our bonds and determinations" is the slogan the annual meeting of National Central Training Session for young chief executives gave itself in January 2011. "Going back to the starting point" means that "each of us should remember the time when we entered the transportation business with hope and dream," Sakuma explains. "Connecting with the future" means connecting with the next generation. "Our bonds" means that "we must build on precious human relations cherished by our predecessors through the association." "Determination means never giving up and shaping our company so that our children will take pride in it. Under this slogan, I would like to move forward with youth members for the betterment of transportation industry," says Sakuma affirming his agenda. As president of the youth division of Kanto Trucking Association, he was looking for a new sustaining activity as he wanted it to be a leading regional association. "I was looking for low budget projects, which may easily attract supporting members, and help to create some social impact. I was happy to hit upon a project that has acorn (or oak nuts) at its core," Sakuma tells IDN. He explains how it happened: At a cosmetics company in Yamanashi prefecture, which happened to be the venue of an annual event organised by the Youth Division of Kanto Trucking Association, he learned that their employees in cooperation with local 12

residents pick up acorns (or oak nuts), make saplings and plant them. Sakuma's employees have meanwhile collected 1890 pieces of acorns -- a vital food source for squirrels -- and are now growing saplings. He plans to propose this as a sustaining project for the Kanto Trucking Association at the next general assembly. "This is something all association members can do easily throughout the year without incurring any costs …they can pick up acorns when they go to a golf course or mountains and easily grow saplings. As the Kanto Trucking Association, we could present saplings as an environmental CSR project on the 'Truck day' on October 9, for example." Acorns saplings take two years to grow, and as an adage has it, 'great oaks from little acorns grow'. Acorns served an important role in early human history and were a source of food for many cultures around the world. For instance, the poorer Ancient Greeks would eat acorns in their food and in the Jōmon period of Japan, acorns were harvested, peeled and soaked in natural or artificial ponds for several days to remove tannins, then processed to make acorn cakes. But for modern societies acorn is not a significant source of calories. In November 2010, Sakuma embarked on a new business called the 'vegetable factory'. "We set up a factory in Nirasaki City, Yamanashi prefecture, under a partnership contract with Agri Fresh Company, which has developed a cutting edge technology together with Tamagawa University team led by Dr. Hiroyujki Watanabe. We have commissioned our partner to manage the factory and market the products while we carry these to the clients." Sakuma owes his taste for vegetables to his father. And, the vegetable factory allows growing vegetables free from pesticide yearround under eco-friendly conditions. Also, the crop yield per unit square is much bigger than that of outdoor cultivation as vegetables are grown independent of weather, season, and soil conditions. "We are, for example, growing Basil and selling by bulk to markets and growing Malabar Red Spinach (a perennial vine found in the tropics where it is widely used as a leaf vegetable) and distributing it to a large Japanese franchise chain, which serves café and Italian dishes," says Sakuma with visible pride. While Malabar spinach (Basella alba) is high in vitamin A, vitamin C, iron, and calcium content, it is low in calories, but high in protein per calorie. The vegetable factory is important from yet another point of view: it holds the prospect of diversifying business operations and enhancing job security. "If economic situation gets worse and I am forced to reduce the number of (truck) drivers, I will be in a position to offer them jobs at the vegetable factory," explains Sakuma in line with his approach to looking beyond today.  SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

Saving Family Business with Employees' Support By Taro Ichikawa Now an eminent CEO in Tokyo's Mitaka City, Masashi Takeuchi vividly recalls his days in Brazil's sprawling Sao Paulo, where he worked as a reporter for a newspaper that was rather popular with the Japanese community. "My life was exciting because whatever I wrote was published the following day in the newspaper and I experienced a sense of accomplishment. At the same time, I learned a lot about the huge continent and what poverty means," says Masashi, the third generation president of the Takeuchi Unyu Kogyo (Takeuchi Transportation Industry) and Vice Chairperson, the Tokyo Trucking Association. When Masashi returned home from Brazil, he presumed that father would entrust him with important management tasks. That turned out to be wishful thinking. He was assigned a series of menial jobs in different departments where he made boxes, packed at a distribution warehouse, transported cargos, cleaned toilets, and repaired work places. "Life ordained at the bottom of the ladder was hard for me to understand those days," recalls Masashi. Recollecting his feelings some six months later, when he travelled to Brazil again, he says: "Although I was visiting familiar places, I felt a sense of estrangement as a tourist and realised that I belonged to Takeuchi Unyu Kogyo. So I made up my mind to live Masashi Takeuchi with the company," he adds. He has no regrets. In fact, he is convinced that father did the right thing in putting him in all departments of the company because "it is important for a CEO to know all job sites". Masashi Takeuchi was appointed as company president by father Kiyoshi Takeuchi at the age of 45 in the year 2000, who had succeeded his father Seitaro Takeuchi, the company's founder, when he died in 1984. Masashi's appointment came close on the heels of a watershed in Takeuchi Unyu Kogyo's relations with Nissan whose new CEO Carlos Ghosn convened a meeting of suppliers and service providers in 1999 to announce a 'Nissan revival plan' for leading the automaker out of the red, which made snapping business ties with half of them necessary. As a result, Mitaka factory for which the Takeuchi Company provided transport services and installed automatic reeling machines, was demolished after the textile division's transfer of the from Nissan to Toyota Industry Corporation, affiliated with the Toyota Motor company. Also, the Ogikubo factory which housed the Aerospace Department for which the Takeuchi's provided maintenance and repairing facilities was closed as the department was transferred to another location. Further, steps were initiated for the closure of the Murayama Factory in 2001 with which the Takeuchi Company had business transactions since 1961. A miniature model of Nissan Skyline (the last model assembled at Murayama factory) is now displayed at the reception room of Takeuchi Unyu Kogyo. A NEW ERA DAWNS As the Nissan revival plan started unfolding, father Kiyoshi Takeuchi realised that the era in which the Tekeuchi Company and the Nissan were close business partners had come to an end. "My time is over now. A new era has dawned," he told his son and handed him over the presidency in 2000. Masashi Takeuchi says that he learned a lot from the experience of the Nissan revival plan. "I thought that even a small company like ours needs to accept new values and new frameworks under the garb of globalization and reorganize itself so as to survive under the new circumstances." This experience made him reflect not only management but also philosophical themes such as the way of life and how a human being lives life. "I thought that I would not be able to adjust myself to the new circumstances as long as I stick to conventional values. I was made acutely aware of the importance of surviving now. It made me realize anew -- what is otherwise a platitude -- that time is always changing." It was only after April 2000 that the impact of the Nissan revival plan began to be felt by Takeuchi's. Although Masashi was conscious that it would be increasingly difficult to do business with Nissan in the future, he did his best to maintain some business ties with the company by actively participating in bids. (No bid was required before the Nissan revival plan.) He succeeded in some cases. The Takeuchi Company was contracted to transport auto parts from Nissan auto parts warehouse in Sagamihara city, Kanagawa prefecture, to Saitama prefecture. Masashi also succeeded in making a contract for maintenance and repair works at the facility with IHI Aerospace Co. Ltd., which replaced Nissan's aerospace department that used to be Takeuchi's business partner, and opened a new business office near this client company. The IHI Aerspace Co. Lt. had also got involved in the Hayabusa project, named after the Japanese fighter during World War II. Literally meaning 'peregrine falcon', Hayabusa is also the name of an unmanned spacecraft developed by the Japan Aerospace Exploration Agency to return a sample of material from a small near-Earth asteroid named 25143 Itokawa to Earth for further analysis. ďƒœ

SPECIAL EDITION 2011

13


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY NEW CLIENTS Masashi also found new clients in distribution business such as drug companies, which encouraged the Takeuchi Company to undertake a major investment to inaugurate its first logistics centre in 1998 and its second logistics centre in 2001 in Tokorozawa City in Tokyo. The client drug company launched multiple chain stores in Tokyo and surrounding prefectures and requested the Takeuchi's to coordinate their logistics. It was the first time that the Takeuchi Company undertook an overall coordination of logistics -- carrying goods, stock control, inspection, classification, delivery -- commonly called third party logistics or 3PL, which was not yet common in Japan at that time. Takeuchi Unyu Kogyo was convinced that its future survival lies in cultivating new clients other than those from the auto industry, and subsequently focused on distribution business. This paved the way for the Company to start liberating itself from a conventional management style of dependence on Nissan alone. On top of that, the new CEO strengthened the company’s financial standing by attaching importance to cash flow and management by business computing. He was convinced that if there is a way for the Takeuchi's to survive in an era of globalization, he must go back to the basic principles of management Nissan CEO Carlos Ghosn and take a fresh look at all company assets, reassess their efficiency, and carry out drastic reduction of interest-baring debts. Based on this conviction, he decided to scale down the company. "Management is a new way of thinking about the importance of employees. I think that I could attract more support from labour union members by coming up with a policy of making every effort not to lay off employees during the difficult period resulting from the Nissan reform plan. Our new business of running logistical centres grew and I came to feel that it was time to nurture workforces in our company under the new changing environment," says Masashi Takeuchi. Consequently, he applied for ISO9001 and obtained the prestigious certifications. ISO enables employees to understand what others are doing and thinking about their works. Local business offices conduct internal auditing with each other and in this process employees working for different business offices can understand business operations of other offices and what their colleagues are doing. The idea was to adopt a management style where all employees can join in one body. He also made monthly statement of accounts transparent to all employees and applied the same format for monthly reports with check sheets so that employees working for different divisions/business offices can grasp what and how others are doing. Through these exercises, employees developed a sense of ownership. "The most important thing as a transportation company is to avoid a traffic accident. Through consultation with the company's safety and health committee, we equipped all 30 trucks with a back monitor and a drive recorder. The aim of this is to prevent human error with support by that machine equipment and above all to protect lives of our truck drivers. Without safety, a company cannot continue to exist," says Masashi Takeuchi. He adds: "As CEO, I feel that I have been able to do what I have wanted to do. I have been allowed to do so maybe because I like my colleagues and employees. I always feel that an employee comes to work for my company not just as a matter of coincidence; there must be some sort of providence involved. And I have my respect for that." When a driver has an accident, the Takeuchi's tell him that if he is absolutely sure that he is not at fault, the Company would stand 100 percent behind him. In this regard, the drive recorder will protects him with evidences that would validate his A miniature model of Nissan Skyline account. Masashi Takeuchi's advice to the younger generation is: "We should be pleased and thankful to be able to live a normal life. We should not fear change. Fear exists in one's own mind. I admit that I have gone through a state of mind where I was driven to the edge by pressures and stress but I learned that one cannot survive unless one changes. It is important to keep moving forward without fear of change." 

14

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

Harmonizing Business with Employees and Society By Taro Ichikawa "Everyone but me is my mentor." True to that maxim, constant communication with employees is his tenet. "I feel a sense of gratitude for all those who are working in my company. I want my employees to share with me not only a sense of commitment and responsibility but also a sense of pride and happiness as colleagues," says Masaki Ishihara (in picture left). Ishihara is the president of 'Hinomaru Kyuso' -- the Sun Flag Express -- headquartered in Takamatsu City in Japan's Kagawa Prefecture, which deals with transportation of ordinary cargo, logistics of packaging as well as transportation, storage and administration, haulage of foodstuffs, and development of transportation systems. The company was set up in July 1957 and today employs 45 persons in managerial positions, 170 workers and 136 part-time workers. In 2006, it obtained the prestigious G-mark. (As of 2009, 17.9 percent of 63,122 truck companies in Japan had been awarded G-mark.) The company was set up in July 1957 and today employs 45 persons in managerial positions, 170 workers and 136 part-time workers. Masaki Ishihara In 2006, it obtained the prestigious G-mark. (As of 2009, 17.9 Japan treaty. He was taken prisoner and put in a concentration percent of 63,122 truck companies in Japan had been awarded Gcamp in Siberia. Returning home after being released, he resumed his work at the mark.) Ishihara expands upon his tenet in a New Year message: "No company but soon quit the job. He did not like the new working company can survive unless it co-exits and shares its prosperity environment where his former subordinates had become his supewith the society and continues to provide advanced training and riors during his absence from the company. education to its staff. We have to look at ourselves from the perWhile he was having a drink at a bar, he met a friend of his, an spective of a socially accepted idea and common sense." official working for the Ministry of Transportation who recomIshihara sees his corporate social responsibility also towards environment. 'Hinomaru Kyuso' owns ten large trucks, 60 ordinary trucks, 17 small cars, 14 other vehicles and five forklifts. "All our trucks are equipped with digital tacograph. As in the case of other trucking companies which introduced drive recorder, the introduction of digital tacograph had a positive impact on drivers who are making concerted efforts towards eco-friendly and safer driving," Ishihara tells IDN-InDepthNews. "As a result, the number of road accidents has decreased, and fuel consumption has diminished. Digital tacographs are equipped with GPS system so that we can track down entire route of each vehicle and record all aspects of each truck on the road. This makes driving smarter, safer and fuel efficient," he adds. AFTER THE WAR Ishihara was a salaried worker, and when he started working in the trucking business at the behest of his father, he felt that the overall social status of trucking was rather low. "Meanwhile, I believe that the transportation industry sustains a vital part of modern day life. Time is fast changing and we must adapt ourselves to new challenges both as trucking industry on the whole and individual trucking companies in particular." Ishihara fondly recalls his father, and the founder of Hinomaru Kyuso, Shogo, who was born in 1916. He graduated from Japan's Takushoku University located in Tokyo and worked for Mitsubishi Mining Company before being drafted and dispatched to China during World War II. While serving in the army, he was on temporary leave from the company. At the time of Japan’s defeat in August 1945, he was an army lieutenant stationed in north China close to the then Soviet border, and asked the Japanese troops to cross the border hoping that they would have a safe haven there. But he was not aware that the Soviet Union had abandoned its neutrality as agreed in the SovietSPECIAL EDITION 2011

mended that he should start up a new transportation company. In those days, one had to obtain a truck license to start up a new transportation company and the official assured his support. So Ishihara's father started a transportation company with four tricycle motor bikes dealing with construction materials. After graduating from a university in Kyoto, the son Ishihara -the eldest of three brothers and sisters – took to a job at a credit union bank. He explains the reason: "I had watched the transportation industry in the post-war reconstruction phase, when many drivers used to be rather coarse and drank a lot of alcohol), since my childhood. I had, therefore, no intention to join my father’s company in those days." But some 20 years ago, Ishihara was asked to return home as his father got laryngeal cancer and started receiving cobalt-beam therapy. Fortunately, he recovered from cancer but the son ended up working for him.  15


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY CONSTRUCTION BOOM That was still during a period of construction boom. So the company dealt mainly with construction materials. But after the completion of The Great Seto Bridge that connected main lands of Honshu and Shikoku -- one of the four main islands and the smallest one in Japan. The Hinomaru Kyoso Company is located in Kagawa prefecture one the Shikoku side of the bridge – the construction boom subsided. "I developed a sense of crisis about continuing to deal with construction materials but my father did not want me to change his policy. He was then vice president of Kagawa Trucking Association and no longer actively involved in business operations. I respected his wish and the company continued to handle construction materials as long as he was alive. After his death, some ten years ago, I changed the company's policy," says Ishihara. He explains: "While continuing to mainly deal with construction materials, I introduced three vehicles to deal with foodstuffs. But in those days, we were simply transporting goods, let us say, from point A to point B. But one day I attended a seminar in Tokyo about 3PL (third party Logistics) which had become popular in the United States. "As price competition became severe and we needed to distinguish ourselves from other competitors, I was convinced that 3PL would secure our company's future. Initially it was difficult to make our staff understand the need of introducing a new system of operations but fortunately, we soon found out a client, a food company which commissioned us for a job." Another change he made was to abolish long-range transportation and concentrate on operations on the Shikoku Island. The problem of transporting cargo long distance such as Tokyo and Osaka was that we were having hard time finding cargo on our way back. On top of that, transportation companies based in Tokyo and Osaka often carried cargo with dumping prices on their way back from local destination to Tokyo and Osaka. This made local transportation company more difficult to compete with prices. On Shikoku Island, which comprises of four prefectures, we have strong networks including logistics centres with refrigerators so that we can provide efficient transportation service with competitive prices for example by loading different client cargo in one truck instead of running three trucks. But the Hinomaru Kyuso Company continues to handle transportation of newspapers, father Ishihara had started. In fact, transporting newspapers such as Seikyo Shimbun, Komei Shimbun, Shikoku Shimbun, and Ehime Shimbun have become our main operation along with dealing with foodstuffs as well as Third Party Logistics operation.  16

Kagawa Prefecture Office

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

Trucking Safe with Ecology in the Pouch IDN-InDepth NewsFeature* by Taro Ichikawa Like the kangaroo pouch pocket that provides a place of shelter for the young after they are born, the truckers of Tokyo’s legendary Nagai Transportation Company move their cargo with great care. No surprise therefore that the kangaroo is the logo of the company that celebrates “60 years of good faith and gratitude”. “What we receive is confidence, what we put on our truck is our gratitude (to clients) and what we transport is safety and future of the planet”, says Junichi Nagai, the eldest son of Kazumi Nagai who set up the company after World War II (1939-45) in Minato-ku, one of the 23 wards of Tokyo. Minato district is in fact the origin of the truck industry after WWII along with Chiyoda and Chuo wards. “As a former military officer, my father understood the importance of logistics and he chose to start a transportation company in the aftermath of the WWII,” says the elder Nagai. He currently heads Minato district branch – the largest branch of – the Tokyo Truck Association, which in turn is the largest division of the Japan Truck Association. In his younger days, he participated in setting up the youth division within Junichi Nagai | Credit: IDN-InDepth News the Tokyo Truck Association and was its second chief in succession. “Now you will find youth divisions of the Truck Association in other prefectures, but it was the first of its kind. We engaged in various studies in relation to transportation and public safety as well as volunteer work.” When a great earthquake hit the city of Kobe in 1995, Junichi Nagai mobilized the youth division led by him to drive transport emergency supplies – such as water, tents and other basic necessity goods – to the affected areas. Some 15 members drove back and forth five to six times. To begin with, the enterprise headed by Kazumi Nagai handled goods that were popular with the ordinary people in the early post war reconstruction phase: chewing gum, liquors, and candies. In 1953, he obtained a transportation license and established the Nagai Transportation Company (NTC) with three trucks. Four years later, the company began moving the Seikyo newspaper, one of the leading Japanese dailies. In 1961, NTC also began moving the Sports Nippon Newspaper, one of the country’s major daily sports newspapers. A pair of cherry blossom trees named “Nagai Meoto Zakura (Nagai husband and wife cherry blossom trees)” have been planted at the headquarters of the Seikyo Newspaper, a long-time client of Nagai Transportation Company. In 1969, the company – which now has 70 employees between 26 and 70 years, average age being 48 – was incorporated and Junichi Nagai, the current president, joined the company. “Since my father was president, it has been our policy to take care of all employees who have worked for us. All through 60 years, we have never fired any employees. And, if an employee is 70 and would like to continue to work, he can answer phones or do something he easily can.” Though NTC does not have an employees’ union, in conformity with Japan’s labour laws, every year the management makes agreement with a representative of the majority of employees over working conditions and submits the relevant documents to the Labour Standards Inspection Office. Kazumi (Left) and Shizue Nagai (Right) The work accord regulates, for example, cases where employees Credit: Nagai Transportation Company might be asked to work more that eight hours a day and on a holiday. “We take pride in our absolute compliance to laws, which is our company’s tradition,” says NTC president Nagai, “and inform our workers about the company’s financial situation at least twice a year.” There is a legal system to protect the employees’ rights but to what extent a company translates it into practice is a different matter, says Hiroshi Nagai, NTC’s executive director. “In fact it is not common for a transport enterprise like ours to abide by the legal system both in letter and spirit. But we have realized for a long time a 40-hour, five day week.” As part of corporate social responsibility, the Nagai Company also provides unemployment, health and workers’ compensation insurance, in addition to old age pension. In all this, as in Germany and most other European countries, the additional costs are borne 50-50 by the employer and employees.  SPECIAL EDITION 2011

17


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY Strict adherence to prevailing laws has qualified NTC for G-mark and Green Credit: Nagai Transportation Company (NTC) Management Certification. The latter was established for the trucking business in October 2003. Since 2003, the Japan Track Association has been evaluating and making public the safety record of trucking companies. This is intended not only to help make it easier for customers to choose companies with a better safety record, but also to raise awareness among all trucking companies of the need for improving safety. The Nagais have been awarded both the G-Mark and Green Management Certifications, retaining it since 2003. The Green Management Certification is issued by the Foundation for Promoting Personal Mobility and Ecological Transportation (abbreviated as ‘Eco-Mo Foundation’) to encourage people to drive with ecology in mind. Since 2003 it is being given to the transport enterprises such as truckers, and since 2005 to buses and taxies for implementing friendly to environment specific programmes. After 50 years of establishment, Nagai Transportation Company’s high level of service of Safety and Reliability was recognized by the EcoMo Foundation. A 2009 survey covering about 4,000 truck companies that are members of the Tokyo Truck Association and some 400 non-members revealed that that 28 percent of the truckers are not providing social or health insurance to employees. This enables them expand their profit margins – sometime with the connivance of employees who prefer to save their share of social insurance contributions, ignoring their long-term interests. There are 63,122 truck companies in Japan – 55.4 percent own 10 or less trucks and 21.7 percent between 11 and 20. As of 2009, 11,276 truck companies (17.9 percent of the total) had been awarded G-mark. While the elder Nagai is vice chairperson of the traffic safety association of Mita part of the Minato district, the younger Nagai engages in similar activities organizing traffic safety schools for children, distributing traffic safety brochures, and standing at traffic junctions with a flag for pedestrians. Such volunteer activities fetch certificates of merits from police prefectures, each of these Junichi (Left) and Hiroshi Nagai(Righst) Credit: NTC being counted as 2 points in G-mark appraisal. A truck company is required to obtain over 80 points to get a G-mark certificate and Nagai Transportation Company scores 90 to 92 points including two points which comes from certification of merit from police stations. As in Europe, in addition to traffic safety, fuel efficiency and environmental protection linked to that are important issues. The Nagais attach great importance to fuel efficiency. Smart driving such as gentle acceleration and braking has helped improve fuel economy: now 8.3 kilometres per litre of fuel instead of 5 kilometres a litre is a significant advance. Also, all company trucks are now equipped with an aircraft black box style “drive recorder” that collects data on accelerations, velocity, angular velocity, global position, avoidance manoeuvres of the driver and so on. Moreover, these recorders can record a video of the driver's view by means of a CCD camera. The drive-recorder was developed and validated by means of impact tests, driving tests and real crash tests. The drive-recorder is now available for use as an aid in precise accident reconstruction. The Nagai Transportation Company underscored its commitment to Corporate Social Responsibility when it started working on green management in 1998 – a few months after the Kyoto Protocol to combat global warming was adopted in December 1997 at the United Nations climate change conference in the Japanese city of Kyoto. Junichi Nagai recalls that this required a lot of persuasion of the company’s employees, and also some additional work for them and the management. While the drivers were required to record on paper their driving behaviour, the management evaluated the sheets, discussed the results recorded and worked on proposals to further improve. Meanwhile, employees have Drive Recorder System | Credit: NTC got used to this extra effort, and realize how important their contribution is to reducing greenhouse gases that contribute to global warming. 

18

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

|輸送と環境|紙と鉛筆があればできるエコ・プロジェクト 【バンコク IDN=市川太郎 】

アジア・太平洋地域は、すでに世界最大の自動車保有数を誇って いる。現在の流れが続けば、そのうちに欧州と北米の合計台数を 上回るようになるだろう。

日本だけでも、1966年の812万台から2009年には78 00万台にまで急増している。内訳は、自家用車54%、軽自動 車34%、トラック8%である。残りはバイクとバスだ。

同時に、運送会社の数も伸びている。東京都トラック協会(東ト 協)の遠藤啓二環境部長によれば、「現在日本には約6万の運送 会社があり、1990年代からは50%増えた」という。遠藤氏 の発言は、アジア22カ国の政府関係者と交通専門家が集まって 8月23日から25日までバンコクで開催された「環境面から持 第5回 EST フォーラムで発表する 遠藤啓二東京都トラック協会環境部長 資料:IDN-InDepth News

続可能な交通政策に関する第5回地域フォーラム」でなされたも のである。

http://www.totokyo.or.jp/

フォーラムは、国連地域開発センター(UNCRD)、タイの天然資源環境省、日本の環境省、国連アジア経済 社会委員会が開催した。

遠藤氏によれば、日本の運送会社の99%は100台以下の トラックしか保有しておらず、全体の76%は20台以下し か保有しない零細企業であるという。

窒素酸化物と粒子状物質の排出を抑制することを目的とした 日本の「自動車 NOx・PM 法」では、2003年以降、製造 後9年を越した大型トラックと、8年を越した小型トラック

SPECIAL EDITION 2011

バンコクで開催された第5回地域フォーラムにはアジ ア22カ国から政府関係者と交通専門家が集まった。 資料:Karl Fjellstrom

JAPANESE | A-01


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

は(それまでの総走行距離に関わらず)走行してはいけない ことになった。中小運送会社が使う車両からの排出物を抑制 することを目的とした厳しい法律の内容の一部である。

東京都では、この厳しい規制によって、製造後7年以上の車 両はディーゼル粒子状物質フィルターを装着するか、新車両 を購入するかしかなくなった。規制に違反すれば罰則が待っ ている。

この法律施行後、東京都のすべての観測地点において、20 05年以降の大気汚染レベルが下がったという。大気は以前 よりきれいになり、空は青くなった。

日本から参加した東京都トラック協会代表団:(左から)柳 田直伸グリーン・エコプロジェクトエキスパート、遠藤啓二環 境部長、間地寛(株)アスア社長、綿引正明専務理事 IDN-InDepth News

しかし、中小運送会社は大きな代償を払うことになった。値段の高いフィルターを付けるか、新しいトラッ クを買うか。結果として、東ト協の会員企業は20%も減少した。また、トラックの数も2003年以来2 0%以上減少した。

改正省エネ法が環境を守るためのもうひとつの道具である。同法は、運送会社に CO2排出に関する定期的報 告を義務づけている。「しかし、零細企業はそんなデータを集めたり解析したりすることなどできません。 運送会社の99%は中小企業なのですから。」と遠藤氏は語った。

エコドライブ

そこで東ト協は新しいプロジェクトを立ち上げることに した。名づけて「グリーン・エコプロジェクト」である。 運送会社にとっての「CSR:企業の社会的責任」を果 たす中心的なプロジェクトだ。

ある調査によれば、エコドライブ開始後、窒素酸化物の 排出が15%、CO2の排出が20%削減されたという。

JAPANESE | A-02

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

グリーン・エコプロジェクトには4つの側面がある。持続可能性、コスト削減、 収集データの正確性、そして何よりも、ドライバーのやる気を持続する活動で あるということである。

しかし、実際に使われているツールは、インターネットで手に入るようなもの ではない。たとえば以下のようなことだ。

・ポスターやステッカーで相互のやる気を高める ・チェックリストにデータを手で記入(この方が経済的 にも優れたデータ収集の方法) ・こうすることで、省エネと交通事故減少が目に見えて わかるようになる ・エコドライブ教育 ・優良ドライバーの表彰 ・上司も同等の立場でプロジェクトに参加 ・収集データのプロによる解析 ・マネージャーは年7回の研修

遠藤氏は、プロジェクトは大いなる成果を挙げたと胸を張っ た。毎年、参加企業は増加している。今年3月時点で、50 0以上の企業と1万1000台以上の車両がグリーン・エコ プロジェクトに参加している。

加えて、燃料消費もこの4年間で減少した。それは、523 台の大型タンクローリーに積載できる量に匹敵する。金額に して8.37億円分だ。

この省エネで2万トンの CO2排出削減もできた。交通事故 もこの4年間で4割減少している。

SPECIAL EDITION 2011

JAPANESE | A-03


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

「プロジェクトは国民経済の面だけではなく、社会全体に対 しても大きな成果をあげている」と遠藤氏はバンコクのフォ ーラムで語った。次のステップは、各車両タイプごとに省エ ネデータベースを構築することだ。

「日本では、デジタルタコグラフのように、エコドライブを サポートする多くの先進的な装置があります。」と遠藤氏は 言う。

しかし、グリーン・エコプロジェクトは巨額の投資もハイテ

(左)鴨下環境大臣より「環境大臣賞」を授与され る星野東ト協会長。(右)石原東京都知事より「東 京都環境賞」を授与される星野東ト協会長。 資料:東京都トラック協会

クも必要としない。必要なのは、「運転管理シート」と呼ば れる1枚の紙と鉛筆だけだ。これだけで、環境を守り、燃料 コストを削減し、交通事故を減らし、従業員間での意思疎通 の円滑化を図れるのだ。

遠藤氏は、このプロジェクトを日本全国に広げたいと考えて いる。また、低予算で紙と鉛筆さえあればできることから、 東京都での経験に学ぼうという団体が他のアジア諸国で現れ るのではないかと期待している。 IPS Japan/IDN-InDepthNews

JAPANESE | A-04

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY |輸送と環境|企業の社会的責任は単なる宣伝文句ではない

【IDN 東京=市川太郎】 東京都日野市にある千代田運輸株式会社社長の水野功氏にとって、企業の社 会的責任とは単なる宣伝文句ではない。それは水野社長と95名の社員が 日々の業務の中で実践してる公約なのである。 2002年から千代田運輸では、日本から5100キロ離れたネパールのヒ マラヤ山脈の麓で植樹活動を行っている日本の NGO に対する支援活動を行 っている。日本ではミルクパックは資源ごみとしてリサイクル会社で換金が

水野功社長

可能である。そこで、水野社長と千代田運輸の社員は、各家庭からミルクパ

資料:千代田運輸株式会社 http://www.chiyodaunyu.co.jp/

ックを会社に持ち寄り、同 NGO の活動資金の一部として継続的に提供して いるのである。

水野功氏が父で創業者水野勉氏の後を継いで代表取締役社長に就任したのは1986年、33歳の時であっ た。千代田運輸は、功が生まれた1953年に創業、大型車・乗用車の輸送(陸送、海上輸送)、引越業務 のほか、物流センターの運営、車両部品の販売を手掛けてきた。 水野功氏は、日本がオイルショック後の経済不況にみまわれていた1975年に慶應義塾大学を卒業した。 その後、同大学院のビジネススクールで1年修学ののち、小売業大手の株式会社イトーヨーカ堂に就職した。 イトーヨーカ堂では本部を中心に6年勤めたが、その内2年は創業者で名誉会長の伊藤雅俊氏の秘書として 働いた。 功はその後日野自動車販売に入社、自動車販売の全般について学ぶとともに多くの友人知己を得た。そして 1986年、健康に不安を感じていた父勉の要請に従い、千代田運輸に入社した。日野自動車での4年間の 勤務は、その後の両社の関係を円滑にする貴重な経験であった。 父勉は水野陸送創業から3年目となる1956年、日野グループか ら資本参加を受け入れるとともに、役員2名を迎え入れ、日野グル ープ傘下の運輸会社「千代田運輸」として発展していく選択をした。 1990年、日野自動車は、千代田運輸が提携関係開始以来購入し た日野車が500台に達したことを記念して、表彰式を執り行って いる。

千代田運輸本社 資料:千代田運輸株式会社 SPECIAL EDITION 2011

JAPANESE | A-05


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY 安全第一 従業員の福祉こそ会社繁栄の基礎とのモットーか ら、水野社長は従業員の「安全第一」を企業の社 会的責任における最重要の要素と考えている。 「私は、運転手の安全確保の観点から、人的ミス を最小限に抑えるためには、たとえ多額の出費を 強いられたとしても会社は安全対策に万全を期す 義務があると考えています。」と水野社長は IDN の取材に応じて語った。 商品車両の輸送 資料:千代田運輸株式会社 「最近の福島第一原発事故に関わる東京電力の事例 を見ていて、やはり安全対策に関しては、『十分』 というものはないのだということ改めて確信しました。安全対策はどんなに取り組んでも、一つの事故で信 用を失いかねないわけですから。」と水野社長は付加えた。

「私たちが扱う商品車両は大型で高価なものが少なくありません。当然保険をかけていますが、事故がおこ れば、一台当たり最高7千万円にも及ぶ商品を運んでいるわけですから会社の損失は大きなものとなりま す。」と水野社長は付加えた。 水野社長は商品車両の輸送でいくつか事故を経験した6・7年前のことを振り返った。千代田運輸では、早 くから自動車部品など荷物運搬用のトラックには運転手の運行状況を記録するデジタルタコグラフを搭載し ていたが、当時、工場から直接販売店に一台ごとに運転して輸送しなければならない大型商品車両について は、デジタルタコグラフは搭載されていなかった。 「セーフティーレコーダー」 「幸い、私はデータテック社の『セーフティーレコーダー』という素晴らしい機器に巡り合いました。デジ タルタコグラフは特定の車両に固定して使用しなければならないのに対して、セーフティーレコーダーは、 シガーソケットから電源をとれる持ち運び可能なタイプなのであす。また危機にはGPSの他、5つのセン サーとコンピューターソフトウェア―が内臓されており、運転手の運行状況を5角形のグラフに点数(10 0点が満点)で記録していく仕組みになっています。」と水野社長は語った。 この機器は比較的高価なものだが、水野社長は440台を購入し、千 代田運輸及び系列会社の全ての運転手に対して、彼らが商品車両や運 搬車両(もしデジタルタコグラフが搭載されていない車両の場合)を 運転する際には必ず装着することを義務付けた。その上で、新たに7 段階からなる評価システム(高い評価グレード順にA,B,C,D, E,F,N)を導入した。「その後、私たちは2年前までにN評価が セーフティレコーダー 資料:株式会社データ・テック

JAPANESE | A-06

ない状態を達成しました。そして今ではF評価がほとんどない状態に

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY もってきています。つまり、全体的な運転技術はこれにより向上させることが できたのです。」 「私は、運転手の皆さんの安全運転への意欲を高める目的で、毎月、運転評価 システムで最も高いポイントを獲得したトップ30人の運転手のリストを会社 の掲示板に掲載し、また半年毎に最優秀ドライバーに対する表彰を行っていま す。この評価システムは全ての系列会社にも適用しており、そうすることで、 私は毎月各社ごとの運行レベル(評価に基づく平均値)を的確に把握できるの です。」と水野社長は付加えた。 Gマークは、全日本トラック 協会が厳しい評価をし、認定 した事業所で、トラック運送 事業者の安全・安心・信頼の マークです。 資料:全日本トラック協会

しかし「セーフティーレコーダー」を導入した当初、中には第三者に運行状況 を監視されるのを嫌う運転手もおり、「メモリーカードを差し込むのを忘れ た」「電源を入れるのを忘れた」等の言い訳をして使用をためらうものも散見 された。

しかし水野社長は交通事故を防ぐにはこの機器の装着を会社の規範にしなければならないと確信していた。 まもなく、東京-広島間(700km)の長距離輸送でも100点を出す運転手が現れるようになると、 「あいつができるのなら、俺にもできる。」という競争意識が芽生えるようになり、結果的に運転手たちが よりよい点数、すなわち自らにとってより安全な運転を目指して競い合うようになった。こうしてまもなく 状況は好転していった。 これらの機器には GPS が搭載されており常に運転手の所在地と運行スピードを記録するため、もし事故に遭 遇した際、客観的なデータとして運転手の立場を保護してくれる役割が期待できるという側面もある。 また水野社長は、全国に5つある営業所全てにアルコール検知器を設置した。このシステムはコンピュータ 端末・ウェブカメラを経由して本社とつながっており、運転手の顔、名前、アルコールテストの結果、及び 血圧が記録され、本社でデータを確認できるようになっている。 またこのシステムは、本社が全国5つの営業所を通じて全ての運転 手の点呼を行う役割もはたしている。こうすることによって、千代 田運輸の運営側は、運転手の日々の健康状態(例えば、運行時にア ルコールを飲んでいるか否か等)を把握できるのである。「アルコ ールの検知器の導入にはかなりの費用が掛かりましたが、十分価値 のある投資だったと確信しています。なぜなら、事故を最小限に抑 えることは、わが社の信用のみならず、わが社で働いてくれている 運転手を守ることになるのですから。」と水野社長は語った。

ISO14001 登録証交付式 資料:千代田運輸株式会社

SPECIAL EDITION 2011

JAPANESE | A-07


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY 従って、千代田運輸が2002年に ISO14001を取得し、3 度にわたって更新(3年毎)を重ねてきているのは、当然の成り 行きだろう。「おそらくわが社は、運送会社としては西東京では もっとも早い時期に ISO14001を取得しています。」と水野 社長は誇らしげに語った。 千代田運輸は、超大型積載車で商品トラックや乗用車を運搬した 日本で最初の会社である。日本では、1960年代初頭から車の 製造が急増し、それに伴う陸送システムの向上を余儀なくされた。 このころ超大型積載車のサイズもさらに巨大化し、千代田運輸を はじめ、陸送会社の中でもトレーラーを新たに導入する会社が現 れたのもこの時期である。 当時は鉄道会社においても、1965年に12台の自動車の運搬 が可能な2階建て自動車専用貨車が導入されるほどであった。ま 千代田運輸 全国海上輸送ネットワーク 資料:千代田運輸株式会社 た海運業界も、商品車両輸送専用の船舶を新たに就航させた。1 972年、千代田運輸は、日野自動車から委託を受けていた中型車の陸送能力が間もなく限界に達すると判 断、日野自動車側と相談し、新たに海上輸送を開始した。 千代田運輸にとって船舶を利用するメリットは、商品車両を届けるまでに走行メーターをあまり動かさない で納車できるので商品価値が高くなり顧客に喜ばれる点である。また、海上遠距離便には、陸送に伴う交通 事故のリスクを避けれるメリットもある。2011年現在、千代田運輸は、船舶会社15社と25航路を契 約し、全国ネットで月間5000台の海上輸送を実施している。 コミュニケーション 水野社長は、従業員の安全保護を重視する一方、従業員と地域コミュニティーとのコミュニケーションを積 極的に図っている。従業員には家族同伴のバーベキュー大会や忘年会を開催している。また地域コミュニテ ィーに対しては、様々な活動を展開している。1992年以来、水野社長は、地元児童達の社会見学を会社 で受け入れ、運輸業が果たしている社会的な側面について子供たちに話をしている。 また2003年以来、日野中央公園および日野市役所周辺で開催さ れる「“ひの”の春を楽しむ会」に協力し、靴の販売、パフォーマ ンス・スピーチ舞台用のトラックの提供、立て看板及び、分別回収 用のごみ箱(可燃・不燃・ビン・缶・ペットボトル)の制作・設置 を行っている。また、日野自動車日野工場の敷地内で開催される 「さくらまつり」にも靴販売とうどん販売で参加し、積極的に地域 とのコミュニケーションを図っている。

“ひの”の春を楽しむ会 資料:千代田運輸株式会社

JAPANESE | A-08

IPS Japan/IDN-InDepthNews

GLOBAL PERSPECTIVES | JULY-AUGUST 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

危険を克服し、更なる安全輸送を目指す 【東京 IDN=市川太郎】

江商運輸株式会社、今では商社が輸入した危険物-主にファインケミカル と飲料用アルコール-を、港から関東一円(東京都及び隣接5県)の顧客 工場まで輸送しているが、その歴史���紐解くと、そこには長い人間のドラ マを垣間見ることができる。1969年に先代の江森良夫氏が同社の前身 を設立する前は、江森石油株式会社が、東京都、埼玉県で27のガソリン スタンドを経営していた。 息子の江森東氏-現江商運輸社長-が話してくれた同社の歴史は、敗戦か ら驚異の回復力を持って戦後の「日本」を築きあげた日本人の弾力性を体 現したものである。 終戦から6か月前の1945年2月、鎌倉時代(12 世紀)から続く埼玉の 料亭の跡継ぎであった江森社長の父、良夫の元にも召集令状が届き、陸軍 兵士として船で朝鮮に運ばれた。

江森 東 社長 資料:IDN-InDepth News http://goshounyu.com

関東軍勤務を命じられた良夫は、そこから当時日本が実質支配していた「満州国」行きの軍用列車に乗った が、中国・朝鮮国境通過後、列車は南に方向を変え、最終的には中国南部の広州にたどり着いた。 良夫はそこで僅か3つの戦闘に参加したところで、本国日本は広島・長崎に原爆が投下され間もなく降伏、 現地で終戦を迎えることとなった。良夫の部隊は「八路軍」(1937年から1945年まで日本と戦った 「新四軍」と並ぶ中国共産党革命軍)の捕虜となった。 息子の東社長は、2年間の捕虜生活を経て中国から帰国した父が話してくれたことをよく覚えている。父良 夫は捕虜収容所で日本軍士官達の会話に注意深く耳を傾けていた。それは当時、あらゆる情報が軍士官達の もとに集まってくるからであった。彼らは、「石油こそが時代の要請に不可欠なものであり、日本の敗因は、 ある意味で石油不足が原因だ。」と話していた。 戦時中の度重なる爆撃で荒廃し、厳しい食料不足に苦しむ日本に帰国した父 良夫は、新しい時代の要請に対応できる新たなビジネスを始めなければなら ないと確信した。そして、代々続いた実家の料亭を再建するのではなく、代 わりにガソリンスタンド経営のビジネスを始めた。こうして江森石油株式会 社が誕生した。 しかし時代は下って石油ショックが起こる4年前(1973年)頃になると、 父良夫は、石油業界の将来の見通しを憂うようになっていた。そして196 9年、江森石油株式会社のタンクローリー部門を分離独立させ、江森運輸を 設立した。そしてその8年後、会社名を現在の「江商運輸」に変更した。 当時石油危機が囁かれる中、ガソリンスタンド経営にも陰りが見えていた。

資料:江商運輸 SPECIAL EDITION 2011

JAPANESE | A-09


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

石油についての噂 息子の東社長は当時を思い出して、「当時は世界の石油資源が向こう 20 年 から 30 年で枯渇するという噂が実しやかに語られていました。そうした状 況でしたから、私が拓殖大学を卒業した頃には、父は次々とガソリンスタ ンドを閉鎖していました。タンクローリーはまだ稼働していましたが、既 に自社の石油は運んでいませんでした。」と語った。 資料:江商運輸

「幸い、当時近所に大きな石油備蓄施設があり、父はそこの石油を運ぶこ とができたのです。そのような状況を見て、私は危機感を覚えたものです。つまり、運送事業経営の安定化 を確保するには、日本の基幹産業とリンクした荷物を取り扱うようにしていかなければならないと思ったの です。」と、IDN の取材に応じた江森東社長は語った。 こうした危機感から、息子の東社長は、会社の将来はファインケミカルと飲料用アルコールにあると確信し、 それに合わせて会社の運営体制を徐々にシフトしていった。「当初はまだ本格的なファインケミカルの時代 ではありませんでした。当社のタンクも鉄製だったので、ファインケミカルを入れるとタンクは腐食しゴム は溶ける状態でした。ですから私は時代の要請に適応できるよう、少しずつステンレスタンクに代えていっ たのです。」 「私は当時若かったですからどこでも飛び込んで多くの人に会い、自分の考えを聞いてもらいました。幸運 なことに、拓殖大学の先輩方を始め年配の方々に可愛がってもらい、多くの助言やチャンスを得ることがで きたのです。」と江森社長は語った。 江森社長は、当時父親の経営する会社に入社したが、父からそうするように命令されたわけではないという。 「実のところ、当時父は運送ビジネスを閉じて貿易部門に活動を絞ることさえ考えていました。もし当時父 が私にこの運送会社で働くよう命令していたら、多分違った仕事を選んでいたかもしれません。そんな訳で、 当時は時代の要請に応えられない会社なら倒産しても構わないと思っていましたから、思い切ったことがで きました。また当時はそういうことができた古き良き時代であったのかも知れません。」 その後二つの大手商社(伊藤忠商事、三菱商事)との信頼関係を構築した江森社長は、両社が輸入する基幹 産業にリンクした荷物(ファインケミカルと飲料用アルコール)の関東地域における輸送を独占的に手掛け ている。 「私たちは、顧客との人間関係を醸成するのはもちろんのこと、荷主企業の厳しい要求に応えられる高い品 質を常に向上させていく努力を続けなくてはなりません。」と江森社長は言う。「この点について ISO(国 際標準化機構が定めた規格)が日本で導入された際に会社としてどうすべきか取引先に相談しました。その 際の回答は、多額の費用を必要とする ISO を必ずしも要求・推薦はせず、他の方法でも日本における安全基 準を満たしていける方法があるというものだったのです。」

江森東社長は、日本青年会議所(JCI セネタ- 49536)では積極的に国際業務に従事した。また母校拓殖大学の評議員も務めている。 資料:江森 東 JAPANESE | A-10

SPECIAL EDITION 2011


企業の社会的責任

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

そこで江商運輸はトラック運送事業者の安全・安心・信頼の証となる「G マーク (安全性優良事業所)」を危険物輸送の会社としては早い段階で認証を獲得した。 「結果論ですが、今では G マークなしに貿易会社の工場内にトラックが乗り入れる ことは殆ど不可能になっています。荷主企業は安全面に関しては極端と言っていい ほど厳しく、私達危険物を扱う運送業者に対して要求されるレベルはかなり高いも のです。」と江森社長は語った。 江商運輸は全日本トラック協会が実施する G マーク(有効期限 2 年)を 2005 年に 取得し、それ以来認証資格を保持し続けている。

更なる安全輸送を目指して

資料:江商運輸

江商運輸では、安全輸送の品質とともに、運転手の安全確保を重視しており、その観点からドライブレコー ダー(DR)を導入している。(同社が導入した DR は、事故の映像記録も行うが、運転中のデータが全て記 録される仕組みとなっている。さらに点数で総合評価をするようなシステムとなっている。) 「当社が事故防止対策に取組むきっかけは、特別なことではなく、『輸送の安全確保が第一義である』とい うことだと思います。私どもの輸送品目は危険物の液体が中心であることから、荷主企業から求められる品 質基準が非常に高いレベルであることなども影響しています。荷主企業の工場等で積荷の危険物、劇毒物を 一滴でもこぼしてしまったら、それは『始末書』ものなのです。こうした、厳しい安全・品質要求レベルに 慣れているため、当社は DR 導入前も事故はまったくといっていいほどありませんでした。」と江森社長は説 明した。 このように安全基準の維持・向上に厳しく取組んできた江商運輸だが、それでも更に DR 導入を決意させた理 由があった。 「大型トレーラーなどは車体が大きいだけで世間から『怖い』というイメージが持たれています。目の錯覚 で『幅寄せされた』など間違った証言を裁判所でされるときもあるでしょう。その際に、問題となる事故前 後の映像を収録した DR の映像があれば、不必要な争いを避けることができます。」と江森社長は DR が従業 員を守るツールであることを強調した。また続けて、「走行距離が圧倒的に長い営業用の緑ナンバートラッ クは、それだけ『もらい事故』に遭遇する確率も高くなりますから。」とも語った。 江商運輸は、輸送品目が液体の危険物ということと、輸送車種が 大型トレーラーが主力ということもあり、同社の運転手は、危険 物や毒物関係を取扱う資格や牽引免許など、各種資格保持者が揃 うプロ集団である。「これまでの安全対策も運輸安全マネジメン トに基づいてぬかりはありません。」と、江森社長は語った。 そうであっても、DR を導入する際は会社として様々な面で気を 遣ったという。 「一番のポイントは DR を全車に一気に導入することでした。」 と東社長の息子で専務の江森学氏は語った。江森専務は、安全面 をはじめ同社の実務を一手に担当している。 江森 学 専務 資料:江商運輸 SPECIAL EDITION 2011

JAPANESE | A-11


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

「DR 導入に際しては都内に所有する車両のみが助成措置の 対象でしたが、運転手全員に対して公平を期する観点から、 都外に所有する車両も含めて全営業所の全車両への搭載を完 了しました。最初は管理する側もされる側も手探り状態でし たが、双方が改善点を提案し合い、現在では日々の業務に完 全に溶け込み稼働しています。」 「DR の導入で一番苦労したのはアイドリングです。荷卸し 時など液体ポンプを稼働する必要があるため、アイドリング をとめられません。つまり荷卸し作業のせいで DR の点数が 低くなってしまうのです。その後、試行錯誤を経て、最近は 資料:江商運輸 当社の業務特性にセンサー設定を詳細に調整できるようにな り、運転手に不利益な思いをさせないで済むようになりました。」と江森専務(34)は説明した。

地域への貢献活動 江商運輸は主に危険物を取り扱うことから、地元警察署に協力して交通安全活動 を推進するとともに、東京消防庁が主催する様々なボランティア活動にも積極的 に参加している。 江森社長は、長年に亘って東京都消防庁管轄の葛西危険物安全協会の役員を務め てきた。同団体は、危険物を取り扱う運輸会社、ガソリンスタンド、関連工場で 構成されており、職員への安全教育や東京消防庁と協力した防火意識の向上を目 的とした広報活動を展開している。江商運輸は、東京消防庁が毎月 14 日に実施す る防災啓発活動にも積極的に参加している。こうした活動が評価され、2009 年 3 月、東京消防庁は江森東社長に消防行政協力賞(消防総監賞)を授与した。

資料:江商運輸

「父が城東交通安全協会の副会長をつとめる一方で、私は子供向け交通安全教室 の開催や、交通安全チラシの配布、交差点での歩行者誘導など、交通安全活動に 従事しています。また毎月 14 日には地元の消防署に協力して同署の広報車の運転 も担当しております。」と、江森専務は語った。

江森社長は現在 59 歳だが、ずっと以前からの考えに従って、55 歳になったら頃から、会社を代表して前面に でるのは控え、代わりに息子の専務に公的な場に出る機会を譲ってきたという。 「私は息子がどうのように考えているかは分かりませんが、彼には自身の努 力で取引先等との信頼に基づく人間関係を構築していってもらいたいと考え ています。どうしてもそうした人間関係だけは相続させることができるもの ではありませんから。時代は常に刻々と変化しており、ファインケミカルを 取扱うことが時代遅れとなってしまうことだってあり得ます。先のことは分 かりません。だからこそ、息子には会社を時代の要請に適応させるには何を すべきか彼なりのセンスを磨いていく中で、戦略を立てていってもらいたい のです。」と、江森社長は語った。 IPS Japan/IDN-InDepthNews

小学校で交通安全教室を実施 資料:東ト協・城東支部

江商運輸ホームページ http://goshounyu.com/ JAPANESE | A-12

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任 |輸送と環境|若き企業家、輸送業界の明日を見つめる

【東京 IDN=市川太郎】 「いかに文明が進んでも、人の心を機械的に動かすことは出来ません。」と 佐久間恒好氏は自身の哲学的な所見を述べたうえで、「“真心をこめて運 ぶ”ということは、同時に“御客様のこころ(想い)”を運ぶことであり、 それが荷主様の期待にお応えすることと信じています。」と語った。 多才で先取の気概に富む佐久間氏は、しっかりと地に足をつけながら未来を 見据えた若き企業家である。佐久間氏が経営する株式会社商運サービスは、 東京都練馬区に本社を置き、従業員40名、保有車両台数38台の地元の優 良企業で、一般貨物及び産業廃棄物輸送のほか、梱包・荷役、保管・物流管 理、及び「野菜工場」を手掛けている。

佐久間恒好社長 資料:商運サービス http://shoun-s.co.jp/

佐久間氏は大学4年の時、父で創業者の勇が大病で倒れたことから、突然会社の運営を任されることとなっ た。しかし彼が実質的に経営者として手腕を発揮するには、まず「トラック野郎」という言葉に象徴される 当時の雰囲気を改革するという難題を乗り越えなければならなかった。 佐久間氏は2004年に父が他界すると、代表取締役に就任した。彼は、「『もっと生きたい』と願った父 が今も生きてくれていたら…」と、現実を受け入れながらも創業者の無念に想いを馳せている。佐久間氏の 母も、肺がんによる不自由を抱えながらも発病後14年という年月を立派に生き抜いた。 「私はこうして健康に生きていられるということだけで幸せだとつくづく思うのです。しかも私には父が遺 してくれた会社と一緒に働ける素晴らしい従業員がいるのです。」と佐久間氏は語った。 このような社長を得て、商運サービスの従業員・管理職員の間には、共に会社をとおして社会に貢献してい こうという、強い絆で結ばれた共同体意識が根付いている。佐久間氏は、このような社員の協力を得て、 徐々に経営規模と取引先を拡大していった。現在、荷主様企業には、日本旅客鉄道株式会社(JR)、埼玉生 活協同組合(埼玉 COOP)、東京銀座の老舗デパート「銀座和光」、モンドセレクションで2010年最高 金賞を受賞した堂島ロールで有名な株式会社モンシュシュ等がある。 商運サービスは、2008年以来、トラック運送事業者の安全・安心・信頼の証 となる「安全性優良事業所(G マーク)」(2年毎に更新)に認定されている。 同社では、安全運転・法定速度をモニターするタコグラフを導入し、経営者と従 業員が一体となった完全法定遵守に努めている。(2011年3月現在、「G マ ーク」を取得している運送会社は15,197社で全体の18.1%を占めてい る。) また商運サービスは、日本全国に430拠点を有する「ハトの マークの引っ越し専門」で知られる「全国引っ越し共同組合連 合会」に加盟している。

SPECIAL EDITION 2011

JAPANESE | A-13


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

さらに「環境問題」は、佐久間氏が大変重視している分野である。商運サービス は、燃費の向上と CO2 排出量削減を目指すグリーン・エコプロジェクト(東京都 トラック協会が運営)に参加し、ドライバー一人一人が燃費目標をたて、タコグ ラフを活用した運転実績の検証を行うなどの努力を通じて環境への取り組みを推 進している。 今回の取材で佐久間氏は、昨年就任した東京都トラック協会青年部本部長として の取り組みと抱負について語ってくれた。佐久間氏は、同時に、東京都と近隣7 県(神奈川県、千葉県、栃木県、埼玉県、群馬県、茨城県、山梨県)からなる地 域組織「関東トラック協会」の青年部会長、並びに全日本トラック協会傘下の全 国組織「全国物流青年経営者中央研修会」(北海道、東北、関東、中部、北信越、 資料:東京都トラック協会 近畿、中国、四国、九州地区から構成)の代表幹事も務めている。 佐久間氏は、これら3つの立場で全国を回り、会員と協議する中、長引く経済不況の影響が東京よりも地方 の運送会社により深刻に表れている実態を目の当たりにしてきた。とりわけ、地方諸都市の若者人口の減少 と運送業への就職を希望する若者が減ってきている現状を憂慮している。 「地方では運送会社の従業員の平均年齢が50代後半というケースも珍しくありません。地方の深刻な状況 に比べれば、当社も含めて、東京の運送会社は恵まれていると思います。」と佐久間氏は言う。佐久間氏は、 東京の会員にも、国全体として運送業界が直面している厳しい現状について危機感を共有してもらいたいと 考えている。 東京都トラック協会青年部には現在507の会員が加盟しているが、従来青年部主催の交流行事に出席する 会員数はかなり限られたものであった。そこで佐久間氏は青年部本部長就任以来、「まずはこうした交流行 事に顔をだすことから共に活動していこう」と呼びかけてきており、少しずつ参加者が増えてきている。 佐久間氏が青年部の活動を通じて最も重視しているのは、会員である青年経営者たちと、運送業界の将来は 自分たちの双肩にかかっているという意識を共有していくことである。この点について佐久間氏は、「東京 都トラック協会の親組織においても、業界が直面している問題に対する危機感を私たちと共有する先輩方が 増えてきており、今後の青年部の活動に希望を見出しています。」と語った。 また佐久間氏は、3組織のトップとして、運送業の将来を見つめた社会目標の実現に関しては、不動の信念 を貫く覚悟でいる。彼は、東京都トラック協会の練馬支部青年部部長時代、小学生の子ども達を対象とした 大型トラックを使った安全教室(内輪差や死角についての実地研修を含む)を思い立ち、近くの小学校に交 渉に訪れた。ところが対応にでた校長は「大型トラックを入れたら校庭が傷む」として取り合おうとはしな かった。 そこで佐久間氏は、校庭は非常時に大型消防車が入れるように設計されている 点を指摘し、安全教室実施の重要性を訴えた。校長はそれでも納得していなか ったが、判断を PTA に委ねることに同意した。いざ父兄が佐久間氏の提案を知 ると、是非実施してもらいたいということになり、地元警察も後援に入って大 盛況の内に交通安全教室は実現した。その後、この安全教室は様々な学校から の要請で実施され、商運サービスは、2009年11月には石神井警察署から 感謝状を授与された。 安全教室 資料:商運サービス JAPANESE | A-14

SPECIAL EDITION 2011


企業の社会的責任

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

この経験から手応えを感じた佐久間氏は、安全教室を全国のトラック協会と警察署と の協力のもと、10月9日の「トラックの日」に合わせて全国的に実施できないもの か模索している。 また佐久間氏には、自身に課した大きな目標がある。それは、トラック運転手の社会 的な地位を、航空機のパイロットや船舶の船長と同じくらい社会的なステイタスが持 資料:Envolverde

てる職業になってほしいという目標である。確かに、トラック運転手こそが、産業化 社会を維持する上で欠かせない陸上輸送の基幹を担っている存在である。そのことからも、トラック協会の 青年部が、佐久間氏のこうした大望を実現するために果たせる役割は大きい。 このような志を抱いている佐久間氏が、今年1月に開催された「全国物流青年経営者中央研修会」年次会合 において、代表幹事として仲間と共に打ち出したスローガンが、「原点回帰、未来へ繋げ、絆と想い」であ る。 「『原点回帰』とは、私たち一人一人が運輸業界に夢と希望を持って踏み込んだ時の気持ちをもう一度思い 出そうという意味です。『未来へ繋げ』とは、すなわち次世代に繋いでいくこと。そして『絆』とは、先輩 方がトラック協会を通じて育んでこられた貴重な人間関係を大切に継いで育んでいくこと。そして『想い』 には、決して諦めないで、子供たちのために立派な会社を作っていくというメッセージが込められていま す。」 「私は、このスローガンの下で、全国の青年経営者の大切な仲間達とともに、明日の運送業界全体のために 歩んでいきたいと思っています。」と佐久間氏は抱負を語った。 また佐久間氏は、関東トラック協会青年部会長に就任以来、この関東組織には、全国各地の地域組織を牽引 していく存在になってもらいたいとの思いから、新たな継続事業を模索していた。「私は、大きな予算をか けなくても、会員が参画しやすく、しかも社会的なインパクトを生み出せる、そんな事業を探していました。 ですから、どんぐりを使った事業を見出した時は、大変嬉しく思いました。」 「関東トラック協会青年部会の周年行事としてたまたま研修先として訪れた化粧品会社にて、そちらの社員 と地元住民とが連携し、どんぐりを拾い苗木を育て、植樹している活動を知ったのです。」と佐久間氏はそ の時の喜びを振り返って語った。 その後、商運サービスの職員が1890個のどんぐりを拾ってきて、会社で苗木を育 てている。佐久間氏は、関東トラック協会青年部の次回総会で、この「どんぐりの苗 木を作る」計画を同協会の新規事業として提案するつもりである。 「これならば、協会のメンバーがお金をかけることなく、年間を通じて気軽に参加す ることができます…つまり、ゴルフコースや山に出かけた際に、どんぐりを拾って、 簡単に苗木を育てられるのです。そしてそうした苗木を、関東トラック協会として、 例えば、10月9日の『トラックの日』に合わせて環境 CSR(企業の社会的責任)事 業として寄付することもできるのではないでしょうか。」 どんぐりの苗木が育つには2年かかる。まさに「大きな樫(かし)も小粒のどんぐりか ら(偉人も偉業も一夜にしてなったものはないから辛抱が大切である)」という諺 (ことわざ)のとおりである。 資料:商運サービス

SPECIAL EDITION 2011

JAPANESE | A-15


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任 どんぐりは、古代ギリシャで庶民の食卓にのぼったり、日本では縄文 人があく抜きして焼き上げたものを食したりするなど様々な文化にお いて貴重な栄養源であった。しかし現代社会においては、もはや重要 なカロリー源ではなくなっている。 2010年11月、佐久間氏は「野菜工場」という新規ビジネスに乗 り出した。「わが社は、渡辺博之教授を中心とする玉川大学との最先 端の共同研究・開発を行なうアグリフレッシュ株式会社とアライアン ス契約を結び、山梨県韮崎市に完全人工光型植物工場を建設しました。 私たちは、パートナーに野菜工場の運営と営業を委託し、顧客に対し て工場の野菜を搬入しています。」 佐久間氏の野菜好きは父親譲りである。野菜工場は無農薬の理想的に 調整された環境の下で年間を通じた安定的な野菜栽培を可能にしてい る。また、天候・季節・土壌条件を問わず、露地栽培よりはるかに大 きな単位面積当たりの収穫量を実現している。 「現在野菜工場では、例えば、バジルを市場に一括売りしたり、赤茎 ほうれんそうを栽培し、コーヒーとイタリア料理を提供するカフェと して全国展開している有名レストランに出荷しています。」と佐久間 氏は誇らしげに語った。

資料:商運サービス

赤茎ホウレンソウは、ビタミンA、C及び鉄分、カルシウムを豊富に含んでいる。また高タンパク質、低カ ロリーの縁黄野菜である。 また植物工場は、もうひとつの異なった観点か ら重要な会社の資産となっている。それには事 業の多角化と雇用の保障を確保したいという佐 久間氏の狙いが隠されている。「これによって、 もし経済状況が悪化し、やむなく運転手の削減 を迫られる事態になったとしても、『野菜工 場』での仕事を職員に提供できるのです。」と 佐久間氏は説明した。これも、業界の明日を見 つめたうえでの佐久間氏の経営者として一つの 解答である。 IPS Japan/IDN-InDepthNews 資料:商運サービス

JAPANESE | A-16

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

|輸送と環境|従業員に支えられて家業を守る 【東京 IDN=市川太郎】 竹内政司氏は、今は東京三鷹市の著名な経営者であるが、若き頃、南米ブラジ ルのサンパウロで在留邦人向け新聞社「サンパウロ新聞」の記者として過ごし た日々を懐かしそうに振り返った。 「新聞社での日々は刺激的でした。取材をしては記事を書き、翌日には発行さ れて成果がでる。達成感を感じると同時に、大陸のスケールの大きさと貧しさ も知りました。」と竹内運輸工業株式会社の第3代取締役社長で東京都トラッ ク協会副会長の政司は語った。 その後ブラジルから帰国した政司は、竹内運輸工業に入社。当時代表取締役社 長の父喜代司が、自分を重要なマネジメント部門に配属してくれるだろうと思

竹内政司社長 資料:竹内運輸工業 http://www.takeuchi-uk.co.jp/

っていたら、それは希望的観測に過ぎなかったことを思い知らされた。物流倉庫での箱打ちや梱包作業、荷運び、 トイレ掃除、作業場の修理など、一から各部署を回らされたのである。 「若い私には、当時の下積み生活が理解できず釈然としない思いでした。」と政司は 振り返る。6か月後、政司は再びブラジルを訪れた。「かつて住んでいた場所なのに、 観光客としての自分に疎外感を感じ、自分の居場所はここではない、竹内運輸工業な のだと気づきました。それから私は腹をくくりました。」と政司は付け加えた。 政司は今では当時父が会社の全部門を転勤させたこと について正しい判断だったと確信している。「現場を 知ることは経営者として学ぶべきことだったと、今、 思います。」 竹内政太郎(左)、政司(中 央)、喜代司(右) 資料:竹内運輸工業

竹内政司は2000年、45歳の時に、父竹内喜代司 の後を継いで代表取締役社長に就任した。父喜代司は

1984年、竹内運輸工業の創業者である政太郎が亡くなった際に2代目社長に 就任していた。 政司が社長に就任したのは、竹内運輸工業が長年にわたる主要取引先の日産自動 車株式会社との関係が大きな節目を迎えた直後の時期であった。1999年、日 産の経営再建をかけて来日したカルロス・ゴーン氏は、取引業者を集めた「サプ ライヤーズ・ミーティング」を開催し、日産自動車の黒字化のため、取引業者数を

カルロス・ゴーン 資料:Wikimedia Commons

従来の半分にすることを一方的に宣言した。

SPECIAL EDITION 2011

JAPANESE | A-17


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

その結果、竹内運輸工業が自動織機の運搬・据付業務を請け負ってい た日産の繊維事業部が豊田自動織機製作所(トヨタ自動車の関連会 社)に営業譲渡されたことに伴い、三鷹工場は閉鎖・解体された。 また、竹内運輸工業が営繕業務を請け負っていた日産の宇宙航空部門 があった荻窪工場も同部門の移転に伴い閉鎖された。さらに2001 年には、竹内運輸工業が1961年から取引のあった日産村山工場も 閉鎖された。村山工場で組み立てられた最後のスカイラインの模型が、 今も、竹内運輸工業の応接室に飾られている。

村山工場で組み立てられた 最後のスカイラインの模型 資料:竹内運輸工業

日産リバイバルプラン���全容が明らかになる中、竹内喜代司は竹内運 輸工業が日産に支えられていた時代が終わったと実感した。「自分の時代もここで終わりだ。これからはまた別の 時代が始まる。」喜代司は息子にそう語り、2000年に引退した。 政司はリバイバルプランからたくさんのことを学んだという。「私たちのような小さな会社でさえも、グローバリ ズムという新しい価値観、新しい枠組みを受け入れ、そのうえで生き残ることができる会社を作り上げることが求 められるようになったのだと思いました。」 政司はこの経験を通じて会社の経営はもとより、人間の生き方、人の一生のあり方といった極めて哲学的なものま で考えさせられたという。「とにかく、いままでの価値観にとらわれていては、とても対応はできませんでした。 今を生き抜くことがいかに大切かということを思い知らされました。人の世は常に移り変わる、というきわめて当 たり前のことも、改めて認識させられたのです。」 挑戦 実際に日産リバイバルプランが動き始め、影響が竹内運輸工業に及び始め たのは2000年4月に入ってからであった。政司はそうした状況を見て、 今後、日産自動車との取引をこれまでどおり継続していくのは難しくなる だろうと思ったが、それまではなかった入札にも積極的に参加して、仕事 で繋げられるものは、できる限り全て繋いでいくよう努力した。そうした 努力の結果、政司は、日産自動車の相模原部品センターから埼玉への部品 輸送ルートを落札し、その仕事は全面的に請け負えることになった。 また政司は、この時期、かつて竹内運輸工業が取引関係にあった日産自動 車の宇宙航空事業を引き継いだ株式会社 IHI エアロスペースとの間に(日 資料:Envolverde

JAPANESE | A-18

産時代と同様に)営繕作業を請け負う契約をとることに成功し、同社の近 くに新たな営業所を開設した。

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

株式会社 IHI エアロスペースは、第二次世界大戦における日本の名戦闘機「隼」の名にちなんだ「はやぶさ」プロ ジェクトに参画した企業である。また「はやぶさ」は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発し、小惑星「25 143イトカワ」から地球外物質の微粒子を持ち帰った小惑星探査機の名称でもある。

政司はまた、新たに流通業の分野において、製薬会社などの新たな顧客を見出した。1998年、顧客の要請に応 じて所沢市に最初の物流センターを、さらに2001年には第二物流センターを開設した。

当時、顧客の製薬会社は、関東圏でドラッグストアのチェーン展開に乗り出しており、竹内運輸工業に物流の総合 プロデュースを依頼してきたのである。竹内運輸工業としては、商品の搬入、在庫の管理、検品、仕分け、配送と いった物流を総合的かつ全面的に管理する仕事は初めてであった。今日ではこのような物流の外部委託は3PL (サード・パーティー・ロジスティクス)と一般に呼ばれるものだが、当時としてはまだ走りの時期であった。

竹内運輸工業は、将来にわたって会社を存続させていく には、自動車産業以外の業種、とりわけ流通業に新たな 顧客を開拓していくことが重要と確信し、少しずつ旧来 の日産自動車1社との取引に依存する経営体制からの脱 却を図っていった。

さらに政司は、常に計数管理を行い、キャッシュ・フロ ーに重きを置くことで、会社の財務体質強化を図った。 政司は、もしグローバル化の波の中で生き残る唯一の方 法があるとするならば、基本に戻り、会社が所有する全

物流センター 資料:竹内運輸工業

ての資産を見直し、その効率を検証し、さらに有利子負債の大幅な削減を実行しなければならないと確信していた。 そうした考えから、政司は会社の規模を一旦縮小することを決意した。

「マネジメントとは、従業員の意識改革です。日産との関係から事業 が苦しい時期も、従業員を解雇しない方向で対応することで、逆に、 労働組合員からの求心力は強まったと思います。物流センターも大き くなり、新たに移り変わる環境の中で、人を育てる時期にきていると 思いました。」と竹内社長は言う。

ISO9001 認定書 資料:竹内運輸工業 SPECIAL EDITION 2011

JAPANESE | A-19


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

竹内社長は、国際標準化機構による品質マネジメントシステム ISO9001を 申請、認定を受けた。ISO の長所は、従業員がこのシステムを通じてお互いの 仕事内容を理解できるところにある。異なる営業所がお互いに内部監査を実施 することで、従業員は自らの所属部署以外の職場における業務の仕組みや他の 社員の仕事内容を理解できるようになる。こうして竹内社長は、全職員と会社 が一体となったマネジメントを目指した。 竹内社長はまた、月次決算では数字を全社員にオープンにし、異なる部署で働 く職員が互いの業務内を把握できるよう、月次報告書にも同じフォーマットの チェックシートを適用した。こうして竹内運輸工業の従業員には自分たちの会 社であるという意識が芽生えていった。

「運輸業である当社で最も大切なことは、交通事故を避けることです。社内の

資料:Envolverde

安全衛生委員会を通じて話し合い、トラック30台全車両にはバックモニター、 ドライブレコーダーをつけています。その狙いは、機械でサポートしてヒューマンエラーを防ぐこと、とりわけ最 も重要なのは、我が社のドライバーの命を守ることです。安全なくして企業の存続はないですから。」と竹内社長 は言う。 竹内社長はさらに続けて、「社長としては、私は思ったことをやらせてもらえていると思います。今までやってこ られたのは、仲間が好きだからでしょうね。いつも思うのですが、従業員が私の会社で働くようになったのは単な る偶然ではなく、なにかのご縁があるのだと思います。そして私はそうしたご縁を大切にしたいと思うのです。」 と語った。 運転手が事故に遭遇したとき、竹内社長は「もし自分に全く過失がないと確信できるなら、会社は100%支持し ます。」と言うことにしている。こうした際、会社が各車両に設置しているドライブレコーダーが、運転手の主張 を裏づける証拠と提供して身を守ってくれることとなる。 竹内社長の次世代の人へメッセージは以下のようなものである。「当た り前のように生きていることを喜び、感謝することです。そして、変化 に怯えるなということ。恐怖心は自分の心の中にあるのです。私もプレ ッシャーとストレスでぎりぎりの状態になったこともありますが、変わ らなければ生きていけない。変化を恐れずに進むことの大切さを学びま した。」 IPS Japan/IDN-InDepthNews

本社ビル 資料:竹内運輸工業 JAPANESE | A-20

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任 |輸送と環境|社員と共に社会との共存共栄を目指す 【東京 IDN=市川太郎】

「吾以外皆我師(われいがいみなわがし)」この諺の通り、株式会社日ノ 丸急送の石原正貴社長は、社員との日頃からの細やかなコミュニケーショ ンを経営の信条としている。「私は当社で働いてくれている全ての従業員 に感謝の気持ちを持っています。私は仕事への関心や責任感のみならず、 一緒に働く同僚としてのプライドと喜びを全従業員と共に分かち合ってい きたいのです。」と石原社長は語った。

株式会社日ノ丸急送は、香川県高松市に本社 を置き、一般貨物運送のほか、梱包・荷役、 保管・物流管理、食品流通加工、物流システ

石原正貴社長 資料:日ノ丸急送 http://www.hinomaru-k.com/

ム開発を手掛けている。また、2006年以来、「安全性優良事業所(G マーク)」を取 得している。

会社の設立は1957年(昭和32年)。現在役職員45名、現業員170名、パー ト136名が勤務している。 Gマークは、全日本トラック 協会が厳しい評価をし、認定 した事業所で、トラック運送 事業者の安全・安心・信頼の マークです。 資料:全日本トラック協会

石原社長は今年の年頭所感の中でこうした信条を以下のように述べている。「いかな る企業も、社会との共存共栄なくしては生き残れません。そのためには、従業員に先 進的な訓練を提供し常に社員教育を充実させることが肝要です。自らを社会通念や常 識という観点から見直さなければならない時にきています。」 また石原社長は「CSR:企業の社会的責任」として、環境へ の貢献を重視している。日ノ丸急送には、大型車10両、普通 車60両、小型車17両、その他14両、フォークリスト5両 がある。 「我が社では全てのトラックにデジタルタコグラフを装着して います。トライブレコーダーを導入した他社の場合と同様に、 我が社ではデジタルタコグラフを導入した結果、トラック運転 手達がより積極的に、安全運転とともに環境に優しい(省エ ネ)運転に取り組むようになりました。」と石原社長は IDN

従業員に対する、デジタルタコグラフ講習の風景 資料:日ノ丸急送 SPECIAL EDITION 2011

の取材に対して語った。

JAPANESE | A-21


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

石原社長はさらに、「その結果、(それまでも殆どなかった が)物損事故も燃料消費も減りました。デジタルタコグラフ にはGPS(全地球測位システム)が組み込まれており、私 たちは稼働中の全ての車両の運行ルートを把握できるほか、 各車両の走行中における全ての様子を記録することができま す。」と付加えた。

石原社長は、以前はサラリーマンであった。後に先代である 父に請われてトラック業界に転身した際、当時のトラック業 界全体の社会的地位が、不当に低いと感じたと言う。「私は、 運行前にデジタルタコグラフのカードを装着する運転手 流通業界は現代社会の基幹部分を支えている重要な産業であ

資料:日ノ丸急送

ると自負してきました。時代は益々目まぐるしく変化しており、トラック業界全体として、とりわけ個々の運送会 社としても、時代の要請に適応すべく新しい取り組みに積極的に挑戦していかなければなりません。」

石原社長は1916年(大正5年)生まれで日ノ丸急送の創業者である父正吾について、懐かしく振り返って語っ た。正吾は東京の拓殖大学を卒業後、三菱マテリアルに就職したが、太平洋戦争が始まると徴兵され中国大陸に送 られた。そして出征中は会社では休職扱いとされた。

1945年(昭和20年)8月に日本が降伏した時点で、陸軍主計少尉であった正吾率いる部隊は中国北部の旧ソ 連国境にいた。当時ソ連が既に日ソ中立条約を破棄していたことを知らない一行は、中立国のソ連領は安全と思い 国境を越えた。ところが、まもなく全員捕虜となりシベリアの強制収容所に抑留された。

正吾はその後解放され、帰国後三菱マテリアルに復職したが、間もなく辞めてしまう。その理由は、元の職場では 正吾が出征中、会社に残った元部下たちが戦後は上司に昇格しており、新たな環境に馴染めなかったからだった。

こうした折り、酒場で再会した運輸省に勤める旧友との再会が正吾に 新たな転機をもたらすこととなる。その友人は正吾に新たに運送会社 を立ち上げることを勧めたのだ。当時、運送会社を始めるには運送免 許の取得が必須だったが、友人は免許取得を支援することを約束した。 こうして1957年(昭和32年)、正吾は事業用小型3輪自動車4 両で有限会社日ノ丸急送をスタートさせ、主に建築資材の輸送を手掛 けた。 資料:Wikimedia Commons

JAPANESE | A-22

SPECIAL EDITION 2011


企業の社会的責任

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

3人兄弟姉妹の長男として生まれた息子の正貴は、京都の大 学を卒業後、父の家業ではなく、関西で信用金庫に就職した。 正貴はその理由として、「私は子供の頃から戦後復興期の運 送業界を見てきました。今と違って、当時のトラック運転手 は荒っぽい人が多く、お酒もよく飲んでいる印象を持ってい ました。そうしたことから、当時、父の運営する運送会社に 就職する気にはなれなかったのです。」と語った。

しかし約20年前、父正吾が喉頭がんを患いコバルト照射治 療を始めたことから、請われて実家に帰ることとなった。そ の後、幸い正吾はがんから回復したが、結果的に正貴はその まま家業を手伝うこととなった。

瀬戸大橋 資料:Wikimedia Commons

この時期、日本は建築ブームに沸いており、日ノ丸急送では主に建築資材を扱っていた。しかし本州と四国を繋ぐ (日ノ丸急送が本拠をおく香川県は橋の四国側に位置する)瀬戸大橋が完成した頃から、次第に建築ブームは下火 となっていった。

「私は当時、建築資材を扱い続けることに危機感を抱きました。しかし当時父は、私が会社の従来の方針を転換す ることに否定的でした。父は当時、香川県トラック協会の副会長を務めており、実質的な会社の運営にはあまり関 わっていませんでした。しかし私は父の存命中は彼の意向を尊重し、建築資材の運搬を継続しました。そして父が 他界した後、約10年程前から、会社の方針を転換したのです。」と石原社長は語った。

石原社長はさらに続けて、「主に建築資材の運搬 を継続する一方で、新たに食料品を運搬する車両 を3台導入しました。しかし当時はまだ、いわば 『A地点からB地点』というように単純に物資を 輸送していたにすぎませんでした。そうしたある 日、私は東京で参加したセミナーで、米国で新た に注目を集めていた3PL(サード・パーティ ー・ロジスティクス:荷主企業の物流管理の全体 もしくは一部を、受託する物流業務形態のひと つ)について知ったのです。」

香川県の観光マスコット「親切な青鬼くん」車両 資料:日ノ丸急送

SPECIAL EDITION 2011

JAPANESE | A-23


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

「折しも物流業界における価格競争は熾烈になってきており、 他社との区別をどうするかが大きな課題となっていました。 そうした中で、3PLこそが我が社の将来の行く末を確かな ものにすると確信したのです。当初はこの新システムを会社 に導入することについて、社員の理解を得るのに苦労しまし たが、幸いちょうどタイミングよく、当社に物流管理を委託 したいという食料品会社が現れ、導入・実施に踏み切ること ができたのです。」

また石原社長は、従来の長距離輸送を廃止し、事業を四国全

低温物流センターピッキング作業風景 資料:日ノ丸急送

域に集中した。四国から東京、大阪などへの長距離輸送には、 往路はともかく復路に積み荷を見つけることが困難という問題がつきまとっていた。その上、東京や大阪に拠点を もつ運送会社は、地方からの復路に荷台を埋めようとダンピング価格で輸送に応じることが少なくなく、地方の運 送業者にとって一層価格競争を厳しいものにしていた。

一方四国(香川、愛媛、高知、徳島)では、日ノ丸急送は、冷蔵設備を備えた物流センターを含む強固な物流ネッ トワークを有しているため、例えば異なる荷主様の貨物を各々別のトラックではなく、効率よく一台のトラックで 配送するなど、競争力ある価格で輸送サービス営業を展開できる。

このように時代の要請に適応して業務改革を進めてきた石原社長だが、父正吾が始めた新聞輸送については、 聖教新聞、公明新聞、四国新聞、愛媛新聞を引き続き取り扱っている。事実、日ノ丸急送では新聞運搬業務 は食料品輸送業務、3PLによる物流管理業務と並んで同社の主要業務となっている 。

IPS Japan/IDN-InDepthNews

JAPANESE | A-24

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

|輸送と環境|環境意識を抱いて安全運転を推進 【東京 IDN=市川太郎】 母カンガルーが生れた子供を自らのお腹の袋で大切に守るように、 東京の長井運送のトラック運転手たちは、細心の注意を払って荷主 様から委託された荷物を運んでいる。従って、今年「信義と感謝」 で運送業開始60周年を迎える長井運送のトレドマーク「親子カン ガルー」には、創業者のそうした気持ちが込められている。 「私たちが扱うのは『信頼』、当社のトラックに載せるのは『(お 客様への)感謝の気持ち』、そして私たちが運ぶのは『安全と地球 の未来』です。」と代表取締役社長の長井純一氏は言う。彼は、第 二次世界大戦(1939-1945)後間もなく東京都港区に同社 を創立した長井一美氏の長男である。 港区は、千代田区、中央区と並んで日本の戦後トラック産業の発祥 地である。

長井純一社長 資料:IDN-InDepth News http://nagaiunso.com/

「元陸軍士官として兵站(へいたん:Logistics)の大切さを理解していた父は、戦後起業 するにあたり物流業を選びました。」と、長井純一氏は言う。彼は現在、全日本トラック 協会の最大支部である東京都トラック協会の港区支部長を務めている。 彼はまた、若い頃、東京都トラック協会青年部の設立に参加し、第2代青年部本部長に 選ばれた。「現在では他県のトラック協会にも青年部がありますが、当時としては初めて の試みでした。青年部では、輸送と交通安全に関する勉強会を開始したり、様々なボラン ティア活動に従事しました。」 長井純一氏は、1995年に阪神・淡路大震災が勃発した際には、東京都トラック協会青 年部を動員して支援活動に奔走、約15名の青年部メンバーが、水・テント・生活必需物 資を満載したトラックを運転して東京と震災地の間を6往復した。 長井一美氏が1950年に運送業を開始した当初は、戦後復興期に ようやく庶民の手に届くようになったガム、洋酒、キャンディー等 を扱った。

1953年に運送業免許を取得すると、長井一美氏は3台のト ラックで、長井運送を設立した。そして4年後、長井運送は、 今日では主要日刊紙となった聖教新聞の運送を開始した。また、 1961年からスポーツ新聞の大手、スポーツニッポン新聞の 輸送も実施している。

長井一美・静江創業者夫妻 資料:長井運送株式会社 SPECIAL EDITION 2011

そして今日、長井運送の長年に亘る顧客である聖教新聞の本社 には、「長井夫婦桜」と題した2本の桜が植樹されている。

JAPANESE | A-25


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

1969年、長井運送は株式化し、現在の代表取締役社長である長 井純一氏が入社した。今日長井運送には、26歳から70歳までの 70名の従業員が在籍しており、全体の平均年齢は48歳である。 「父が社長の頃から、会社に尽くしてくれている従業員の面倒をみ ることが長井運送の一貫した方針です。会社設立から60年の歴史 の中で、私たちは従業員を解雇したことがありません。たとえば7 0歳を過ぎていても引き続き会社で働きたい従業員には、電話番な ど本人に負担なくできる仕事をしていただいています。」 長井運送には労働組合が組織されていないが、日本の労働基準法に 則って、経営側は毎年、従業員の過半数を代表する職員と労働協定 を結び、労働基準監督署に提出している。

資料:長井運送株式会社

労働協定は、例えば、1日8時間を超える労働や休日出勤を経営側が要請する場合などに事前に協議して合意に至 るものである。「私たちは法令の完全順守を社是としており、誇りに思っています。また、従業員には少なくとも 年に最低2回は会社の財務状況について説明する機会を設けています。」と長井社長は言う。 「日本には従業員の権利を守る法律が整っています。しかし、各会社の経営者がそうした 法律を実際にどの程度順守しているかは別の問題です。」と長井浩専務理事は言う。「実 際のところ、長井運送の規模の会社で、形式精神共に完全法令順守を実施しているところ はむしろまれなほうだと思います。長井運送では既に長年にわたって、週40時間労働を 実施してきました。」 長井運送では、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility: CSR)の一端として、 全ての従業員に厚生年金及び社会保険に加入させている。これらの福利厚生はドイツや欧 州の大半の国々の場合と同様、雇用主と従業員が半分づつ折半して負担する仕組みとなっ ている。 長井運送のこうした完全法令順守の取り組みは、「安全性優良事業所(G マーク)」及び 「グリーン経営認証」の取得という成果につながった。「グリーン経営認証」は、200 3年10月にトラック業界を対象に創設された認証制度である。 全日本トラック協会は2003年以来、トラック運送会社の交通安 全への取り組みを査定し、公表してきた。この取り組みは、荷主が より安全な取り組みを行っている運送会社を選択できるよう客観的 な指標を提供するとともに、トラック業界全体に対して交通安全に 対する意識をさらに向上させる狙いがある。 長井運送は「G マーク」を2003年に取得して以来、「グリーン 経営認証」とともに、今日まで両認証を保持し続けている。 資料:長井運送株式会社

JAPANESE | A-26

SPECIAL EDITION 2011


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

「グリーン経営認証」は、交通エコロジー・モビリティ財団(略称: 交通エコモ財団)が、運転手に対する環境への意識啓発を目的に発行 しているもので、2003年からトラック業界を対象に、そして20 05年からは、バスやタクシー業界の環境への取り組みを対象に実施 されている。 長井運送の交通安全と信頼を目指したハイレベルの取り組みは、創業 から50年を経て、交通エコモ財団より「グリーン経営認証」取得と いう形で認められた。 「安全性優良事業所」「グリーン経営認証」を取得

資料:長井運送株式会社

東京都トラック協会加盟の4000社及び非加盟の400 社を対象とした2009年度の調査によると、全体の28%にあたる運送会社が、従業員 を社会保険及び健康保険に加入させていなかった。こうした会社は未加入によってより多 くの利益幅を確保できる。そして中には、社会保険加入に伴う長期的な利益を無視して、 給与からの保険料負担を嫌う従業員の黙認のもとで、加入手続きを行っていない会社もあ った。 日本には63,122のトラック運送会社があり、その内55.4%が所有トラック数1 0台以下の、そして、21.7%が所有トラック11台から20台の会社が占めている。 2009年現在、「G マーク」を取得している運送会社は11,276社で全体の17. 9%を占めている。 長井運送では、兄の長井純一社長が三田交通安全協会副会長をつとめる一方で、弟の長井 浩専務も、子供向け交通安全教室の開催や、交通安全チラシの配布、交差点での歩行者誘 導など、交通安全活動に貢献している。 警察署はこうしたボランティア活動を評価して長井運送に感謝状を贈呈している。こうし た評価は「G マーク」評定にも2ポイントとして算定されている。運送会社が「G マー ク」を取得するには80ポイント以上を獲得しなければならないが、長井運送の場合、警 察署からの感謝状2ポイントを入れて90から92ポイントを獲得している。 また欧州の場合と同様に、交通安全への取り組みに加えて、それと関連 した形で燃費の向上と環境保護への取り組みは日本のトラック業界にと って重要な課題である。長井運送は、急ブレーキ、急発進を回避する等 の燃費向上を重視したスマートドライビングに力を入れており、1リッ ター当たりの燃費を5キロから8.3キロと大幅に向上することに成功 している。

長井純一社長(左)、長井浩専務(右) 資料:長井運送株式会社 SPECIAL EDITION 2011

また、長井運送の全てのトラックには航空機のブラックボックスのよう な「ドライブレコーダー」が装着されており、運転中の加速、速度、位 置、障害物の回避状況など、ドライバーの運転状況に関するデータが収 集される仕組みとなっている。

JAPANESE | A27


CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

企業の社会的責任

さらにこのシステムは、CCD カメラとしてドライバーの 視点で前方を録画する機能も備えている。ドライブレコ ーダーは、テスト車両のドライブテストや衝撃テスト等 に使用しながら開発・検証を重ねてきたもので、今日で は、交通事故等に際して、CCD カメラの録画機能を使用 した事故再現ツールとして活用できるようになっている。 長井運送は、1997年12月に国連気候変動枠組条約 締約国会議(京都会議)が、地球温暖化問題に対処して いくために京都議定書を採択すると、運送業としての企 業の社会的責任を前面に打ち出し、1998年からグリ ドライブレコーダーシステム 資料:長井運送株式会社

ーン経営に着手した。 長井純一社長は、グリーン経営導入に伴う従業員への説

明や新たな追加作業への対応など、導入当初の苦労を振り返りつつ次のように語った。「グリーン経営の導入で 各々の運転手は自身の業務運転状況について用紙に記録することが新たに義務付けられました。一方、経営側はそ れらの記録を吟味し、結果を運転手と協議するとともに、改善案を提案していきました。そうしているうちに、運 転手達も作業に慣れていき、同時に、地球温暖化に影響を及ぼしている温室効果ガスの削減に自らのこうした取り 組みがいかに重要な役割を果たしているか自覚するようになっていったのです。」 IPS Japan/IDN-InDepthNews

JAPANESE | A-28

SPECIAL EDITION 2011


http://ips-j.com/index.do 

INFORMATION 


Corporate Social Responsibility