Issuu on Google+

GLOBALINX CORP International Training Consultants

Newsletter - Spring 2011

アステラス製薬(株)様でアジア地域マネジャー対象セミナー アステラス製薬株式会社様にお いて、 アジア事業統括本部主催に よるアジア地域のエリアマネジャ ー、 プロダクトマネジャー約50 名を日本に集めての研修が実施 されました。 その中でマネジャーとして所属 するチームやグループをよりリー ダーシップを発揮し活性化させ、 メンバーのモチベーションを向 上させていくという必要性の認

識から、2月15日に半日の「リーダ ーシップ&チームワーク」 ワーク ショップ(英語)を弊社で担当さ せていただきました。 本ワークショップには、インド、イ ンドネシア、 タイ、 フィリピン、香 港、韓国、中国、台湾、 日本から集 まり、小グループに分かれてのケ ース・ディスカッションを通してリ ーダー/マネジャーのあるべき 姿やチームメンバーをどう活性

化させられるか、 といった課題に 取り組んでいただきました。

-I realize team work is very important.

-Good opportunity to communicate with affi liates colleagues.

【アンケートより】

-It is very practical to use in daily work. -As a team member, Iʼve learned a lot of responsibility and role of leadership.

-Valuable chance to learn systematic theory of skills.

-This workshop lets me think about relationship. Group discussion was good.

PMI日本支部公開セミナー「英語プレゼンテーション・スキル」 を開催 さる2月16日にPMI日本支部の公 【アンケートより】 開セミナー「英語プレゼンテーシ • 他で受けた研修よりもリスニングの ョン・スキル」を開催致しました。 量、 スピーキング回数が多かった。 本セミナーでは、効果的なプレゼ • パワーポイントが簡潔で見やすく、 ンテーション作成・発表のための まとまっていた。 スキルやテクニックを英語で学 • 通常2日間のコースを1 日で行っ び、 グローバルな舞台で活かせ たので、詳細までわからなかった ることを目指しました。 が、教材で復習して身につけてい 参加者は異なった業種から集ま きたい。 っていただき、7時間にわたって 積極的な参加をしていただきま した。

※次回は5月25日にプロジェクトマネ ージャーやリーダーを対象とした「英語 で学ぶプロジェクト・ファシリテーション」 を予定しています。 以降も続々と公開セミナーを予定中で す。

www.globalinx.co.jp


GLOBALINX CORP

内定者向け英語教育に イーラーニング講座採用と成果! リアルイングリッシュ社と提携し 大手プラントJ社 た英語E-learning。費用が安い、 【導入事例】 導入が簡単、管理がしやすい、ゲ <<導入講座>> ーム感覚で受講者の興味を引く、 ①「実用英語TOEICテスト対策」コース 通信講座に比べ修了率が極めて ②英語ライティングコース 高い、 さらに導入企業の自社サ イトとしての運営も可能であった 人数:内定者全員59名  り、修了基準を設定でき、モチベ 2010年10月~2011年3月 (6カ ーションの維持にも効果があるこ 月) とから採用内定者向けのコース としても導入する企業が増えてき <<結果>>   修了者:59名 ています。 導入事例と結果です。  修了率:100%

※今年度は例年になく厳しい条件を 課した(従来の修了基準100レッス ン⇒150レッスン)にも関わらず、100 %という素晴らしい修了結果が出ま した。

           

2011年度新入社員研修も続々採用が決定! ! 4月には各社とも新入社員研修に取り組む中、ビジネス英語力の更なる向上や異文化に対するマインドを向上させ、 今後の会社のグローバル化に前向きに関わっていく姿勢作りなどをねらいとして弊社のプログラムをお取り上げい ただき、成功裡に終わりました。以下にその一部を紹介いたします。

【事例1】大手総合商社M社 ◆対象人数:24名 ◆内容:  *英語基本ビジネススキル   (イーメールライティング、   電話会話、 グローバル・コ 【事例2】独立行政法人J社 ◆対象人数:12名 ◆内容:  *異文化認識とコミュニケーション  *英語基本スキル(イーメール  ライティング・電話会話)  *ビジネス・コミュニケーション基礎

【事例3】外資系通信N社 ◆対象人数:10名 ◆内容: *アサーティブ・コミュニケーション・スキル  *英語プレゼンテーション・スキル ◆期間:合計3日間

www.globalinx.co.jp

  ミュニケーション)  *英語プレゼンテーション・   スキル  *英語ミーティング・スキル  *英語ネゴシエーション・ス   キル (アクティブ・リスニング、アサーティブ・コ ミュニケーション) ◆期間:1日間集中 ◆アンケートより (抜粋) : -自分の英語スキル、 スピーチの 問題点を改めて認識できた良い 機会だった

◆アンケートより (抜粋) : -日本語でも利用できるスキルを学 べて役に立った。 -日本語と英語のコミュニケーション の違いに驚き、知ることができ、非 常に充実し、-学びの多いセミナーだ った。 -ミーティングでの会話の進め方をシ ステマティックに教えてもらい有意

◆期間:6日間集中

-効果的な英語ビジネススキルが 学べた -自分の話す姿をビデオで学べ、 課題が浮き彫りになった -自分の苦手な部分、磨かなけれ ばならない部分に気付かされた

義だった。 -コミュニケーションは得意ではない と感じていたが、 こうした手法を覚え ることでよりスムーズにできるもの だと感じた。 -プレゼンテーションには思った以上 にメリハリが必要であることが理解 できた。


International Training Consultants

企業・組織でのコーチング文化への意識・動き高まる! ! 日本では近年コーチングが組織的発展 の効果的手段であるという考えが広く 受け入れられ、理解され始めてきていま す。セールス・チームとカスタマーサービ ス・チームのためのコーチングとして、エ グゼクティブ及びラインマネジメント・コ ーチングといった依頼をいただくことが 多くなってきています。お客様の主たる ねらいとしては: • 最大最良のパフォーマンスがで きること • チームとしてのパフォーマンスを 向上させること • 個々の創造性を引き出すこと • 責任感を引き出すこと などがあります。 加えて、お客様の組織内で「コーチング 文化」 というものを作り上げていく手助 けをして欲しいという要請もいただき始 めています。お客様がコーチング文化を 広めることによって成し遂げられる組織 にとって鍵となる恩恵とは以下のような

ものです: • 戦略的目標のサポートをする • 増大したチームの効果性に貢献 する • チーム内コミュニケーションの向 上・改善をはかる • 文化変容に対する認識と実行を 促す • 構造化プロセスをもたらす • “ラーニング・オーガニゼーショ ン”を推進する お客様のニーズにお応えするために、 私たちはラインマネージャー、エグゼ クティブ、セールス・チーム個々人のた めの教育プログラムとコーチングサー ビスを提供しています。 これらはすべ てお客様の具体的ニーズに基づいて 開発実施され、英語・日本語のどちら でも実施が可能になります。 組織やチームにおけるコーチング文 化を支援実行するために、私たちは

調査と評価のためのしっかりしたチー ムコーチング・システムを確立し、Best Year Yet(BYY)システムが最も効果的 であり、 日本の組織に最もふさわしい ものであることを見出しました。 BYYは、世界12カ国の何百という組織 やチームで実際に稼働しているシステ ムです。その結果は非常に大切で、 ど のケースでも人々の協働とパフォーマ ンスの実質的改善を示しています。 グローバリンクスは、 このBYYシステム を日本に紹介普及を目指すためBYY と協力体制を築いています。現在お客 様と英語によるプログラムの完成を目 指しています。 また近い将来その需要 増が予測される日本語でのプログラ ムでの実施も見据えて開発を進めて おります。 英語でのBYY システムの情報は: http://www.bestyearyet.com/ home/index.cfm

グローバルリーダー、 グローバルビジネスに関する有益書籍 パフォーマンスを生み出す「グローバルリーダーの条件」 (2005年、白桃書房、 グローバルリーダーシップ・コンピテンシー研究会編) 本書はグローバル・ビジネス・パー 築力、 自己を知り自信を持つ、 日 ソンのパフォーマンスを向上させる 本人としてのアイデンティティ、マネジメント コンピテンシーについて調査研究 能力)をまとめています。 さらに するプロジェクトの成果をまとめた グローバル・リーダーシップ・コンピテンシー ものですでに読まれた方も多いかと (GLC)を細分化した尺度を作り、わか 思います。 りやすく解説しています。 企業が求めるグローバル人材像 「簡易版GLCアセスメント質問票」 とはどのようなものかを様々な角 によって高業績者との比較ができ、 度から分析調査した結果これか 自身の弱みが発見できます。 らのグローバルマネジャーに求められる GLCを考える際は、企業のグローバ 9つの要件(英語力、 コミュニケ ル化の度合いや業界・職種、など様 ーション、異文化理解、倫理性、多 々な要因によってその求めるところ 様性の受容、人的ネットワーク構 が異なってくることは当然です。 しか

しながら、本書で示されている内容 は基本的なコンピテンシーとして十分役 立つものだと思います。

海外派遣とグローバル・ビジネス (2001年、白桃書房、白木三秀・永井裕久・梅澤隆監訳) ビジネスの急速なグローバル化の 異文化間におけるビジネスの円滑 進展が企業に及ぼす影響は多大な な遂行のための重要な仕事・生活・ ものがあることは言うまでもありま スタッフとのコミュニケーションに せん。 関する異文化適応についてのアドバ 本書は海外でのビジネスのための イスが多く提供されており非常に有 勤務における、 とりわけ経営に携わ 益です。 る人々の完結的なサイクルの動きと 海外勤務のみならずグローバル取 戦略的役割とはどういうものかを、 引に携わる人的資源がグローバル 問題提起ー検証ー原理ー枠組み作 経済における競争力の源泉である りー再構築、 といった提案を通して ことが改めて浮き彫りにされている 行っているものです。 ようです。 海外勤務者に対して多様な商習慣、 初版は2001年と古いですが、昨今の

ビジネス環境をみると改めて再読す る価値に気付かされる1冊です。

www.globalinx.co.jp


GLOBALINX CORP International Training Consultants

コンサルテイティブ・トレーニング・アプローチ

Develop Externally ~ Grow Internally 人間としてグローバル世界に向けて成長していくことは、取りも直さ ず、その人間の内面を大きく成長させることと密接に関わっていま す。 Globalinxの使命は、教育の場で出会う人々の一人ひとりの意識、情 熱、感性に触れ、数々の教育メソッドを駆使しながら、それらを昂らせ ながら、彼らの内面での質的変化を見届けることです。 その結果として、彼らの総合的な能力が、 グローバル世界に向けて大 きく発展することを願うものです。 Globalinxは1968年の設立以来、一貫してグローバル教育を標榜し、 国際企業人を育ててきました。広範な育成プログラムを用意し、研修 の場だけでなく、実務の場においても継続サポートをしてきました。 これからも、 グローバル・トレーニングのプロフェッショナルとして、企 業の個別、固有の問題に丁寧なコンサルティングを行い、ベストケー スの教育プログラムを提案し実施していきます。

株式会社グローバリンクス 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-23野村第一ビル5階 TEL 03(5297)8243 FAX 03(5297)8689 E-mail info@globalinx.co.jp URL www.globalinx.co.jp


Spring Newsletter