Issuu on Google+


編 集 後 記 ・ 奥 付

寄 稿 者 一 覧

災 害 言 論 イ ン デ ッ

ク ス

福 島 か ら 考 え る 言 葉 の 力

│ 震 災 で ひ と は な に を 語 っ た か

震 災 と 科 学

東 大 病 院 放 射 線 治 療 部 門   中 川 恵 一 氏 イ ン タ ビ ュ ー

私 た ち は ど の よ う な 未 来 を 選 ぶ の か

震 災 と 文 化

﹁ 終 わ り な き 日 常 ﹂ が 終 わ っ た 日

震 災 と 政 治

震 災 復 興 と

G o v 2 0 、 そ

震 災 と 言 葉

し て

プ ラ ッ

ト フ ォ ー

ム 化 す る

世 界

災 害 言 論 調 査 チ ー ム

和 合 亮 一 + 東 浩 紀

中 川 恵 一

八 代 嘉 美

竹 熊 健 太 郎

佐 々 木 俊 尚


仙 台 シ ン ポ ジ ウ ム

大 阪 シ ン ポ ジ ウ ム

災 害 の 時 代 と 思 想 の 言 葉

ル ポ ル タ ー ジ ュ

震 災 と 建 築

断 ち 切 ら れ た 時 間 の 先 へ

復 興 計 画 β

シ ャ ル メ デ ィ ア は

│﹁

東 北

家 長 ﹂ と し て 考 え る

震 災 と 言 葉

詩 の 礫   一 〇

:

震 災 で 言 葉 に な に が で き た か

震 災 と 社 会

雲 の

都 市

再 生 可 能

巻 頭 言

震 災 で ぼ く た ち は ば ら ば ら に な っ て し ま っ た

│ ロ ー

石 垣 の り こ + 鈴 木 謙 介 + 瀬 名 秀 明 + 東 浩 紀

鈴 木 謙 介 + 福 嶋 亮 大 + 浅 子 佳 英 + 東 浩 紀

カ ル コ ミ ュ

ニ テ ィ

の 自 立 と 復 興

猪 瀬 直 樹 + 村 上 隆 + 東 浩 紀

津 田 大 介

  

藤 村 龍 至 + 東 洋 大 学 藤 村 研 究 室

和 合 亮 一

東 浩 紀

編集長|東浩紀    取材写真|新津保建秀

震 災 以 後

特 集


残 酷 さ は 、 多 数 の 人 間 が 殺 さ れ る こ と そ の も の に で は な く 、 あ る ひ と が 殺 さ れ あ る ひ と が た ま た ま 虐 殺

   

た 。 詳 細 は 省 く が 、 そ こ で ぼ く は 、 ア ウ シ ュ ヴ ィ ッ ツ や 旧 ソ 連 の 収 容 所 の 例 を 出 し な が ら 、 大 量 虐 殺 の

ぼ く が そ こ で 論 じ た の は 、 二 〇 世 紀 半 ば の 大 量 虐 殺 の 本 質 は な に か と い う と て も シ リ ア ス な 問 題 だ っ

と 題 さ れ た 、 ぼ く が は じ め て 記 し た 長 い 文 章 だ 。

ぼ く は 震 災 後 、 い ま か ら 二 〇 年 ほ ど 前 に 書 い た エ ッ セ イ を 思 い 出 す こ と が 多 く な っ た 。 ﹁ 確 率 の 手 触 り ﹂

ば ら ば ら に な る と は ど の よ う な 経 験 だ ろ う か 。

裂 い て し ま っ た よ う に 感 じ ら れ る 。

い 若 者 た ち ⋮ ⋮ 。 福 島 原 発 の 事 故 は 、 人 々 の 心 を ま っ た く ひ と つ に し て い な い 、 む し ろ ば ら ば ら に 引 き

ト に 群 が る 、 震 災 は 日 本 を な に も 変 え は し な い 、 こ れ か ら も 同 じ ﹁ 日 常 ﹂ が 続 く は ず だ と 強 弁 す る 貧 し

求 め る 母 親 た ち に 対 し 、 い か な る 共 感 も な く 、 笑 だ け を 向 け る 自 称 ﹁ 理 系 ﹂ の 研 究 者 た ち 。 そ し て ネ ッ

な る 。 放 射 能 で 揺 れ る 福 島 に 対 し 、 嫉 妬 ま じ り の 視 線 を 向 け る 被 災 他 県 民 。 公 共 施 設 の 放 射 線 量 測 定 を

る 。 そ し て そ こ に 追 い 打 ち を か け る か の よ う に 、 地 域 や 家 族 構 成 や 所 得 の 差 異 に よ る 危 機 感 の 落 差 が 重

い ら れ て い る は ず だ 。 自 主 避 難 に 踏 み 切 る 家 庭 も あ れ ば 、 逆 に 子 ど も を 連 れ て 避 難 区 域 に 戻 る 家 庭 も あ

ベ ク レ ル 、 半 減 期 、 除 染 と い っ た 聞 き 慣 れ な い 専 門 用 語 に 囲 ま れ 、 ひ と り ひ と り じ つ に 孤 独 な 決 断 を 強

れ 明 確 な 基 準 は な い 。 だ か ら い ま 福 島 周 辺 の 住 民 、 と り わ け 幼 い 子 ど も を 抱 え る 親 た ち は 、 シ ー ベ ル ト 、

情 報 が ネ ッ ト を 飛 び 交 っ て い る 。 そ も そ も 低 線 量 被 曝 の 健 康 被 害 に つ い て は 、 専 門 家 内 で も 意 見 が 分 か

失 っ た 。 そ の 穴 を 埋 め る か の よ う に 、 さ ま ざ ま な 団 体 が 独 自 基 準 で 放 射 線 量 測 定 を 始 め 、 い ま や 多 様 な

政 治 の 混 乱 だ け が 問 題 で は な い 。 た と え ば 福 島 原 発 。 政 府 と 電 力 会 社 は た び 重 な る 情 報 隠 で 信 頼 を

と て も そ う は 言 え な い 。


れ な い と 夢 を 見 た 。

の 災 害 を 奇 貨 と し て ふ た た び 公 共 の 精 神 を 取 り 戻 し 、 長 い 低 迷 を 抜 け 新 た な 国 に 生 ま れ 変 わ る の か も し

が な ぜ か 英 雄 に な り 、 挙 国 一 致 内 閣 の 結 成 が 囁 か れ た 。 多 く の 人 々 が ︵ ぼ く を 含 め ︶

、 日 本 は こ の 未 曾 有

伸 べ 、 義 援 金 は あ っ と い う ま に 記 録 的 な 金 額 へ 駆 け 上 っ た 。 自 衛 隊 の 迅 速 な 救 援 が 称 賛 さ れ 、 官 房 長 官

の 高 揚 は 記 憶 に 新 し い 。 マ ス コ ミ も ネ ッ ト も 震 災 情 報 で 一 色 に な っ た 。 企 業 は 競 っ て 被 災 者 に 手 を 差 し

た し か に そ の よ う な 側 面 も あ る の か も し れ な い 。 い や 、 あ っ た の か も し れ な い 。 震 災 直 後 の 日 本 社 会

取 り 戻 し た は ず だ と 主 張 す る ひ と が い る だ ろ う か 。

ち が う 、 と 言 う ひ と が い る だ ろ う か 。 震 災 で ぼ く た ち は ﹁ ひ と つ ﹂ に な っ た は ず だ と 、 日 本 は 連 帯 を

震 災 で ぼ く た ち は ば ら ば ら に な っ て し ま っ た 。

震 災 で ぼ く た ち は ば ら ば ら に な っ て し ま っ た

東 浩 紀

The Disaster Broke Us Apart

し か し 、 い ま 、 五 ヶ 月 後 の 現 実 は ど う だ ろ う 。 ぼ く た ち は ﹁ ひ と つ ﹂ に な っ て い る だ ろ う か 。


郊外住宅地の標準である 人 の人口密度を適用すると、 万人が住むためには の敷地が必要であ る。ここでは、埼玉県熊谷市の郊外の平坦な土地に のメガ区画が つ配置された 四方の都市を計 画する。フクシマの方角(東北=丑寅の方角)に軸線が取られた の祈りのための広場「丑寅の森」が配置さ れる。毎年 月 日に、人々は鎮魂のためにこの場所に集まり、故郷に祈りを捧げることができる。 うしとら


震災と建築

復興計画β:雲の都市 Reconstruction Plan Beta: The Cloud City 藤村龍至+東洋大学藤村研究室

フクシマ(福島県大熊町、双葉町)から南西の方角に建設される「リトルフクシマ」 。避難 地域に指定された地域の住民約 万人が再び集まって暮らすための都市を計画する。 ★1

復興計画β:雲の都市 藤村龍至+東洋大学藤村研究室 


キ ャ リ ア 内 に あ る メ ー ル サ ー バ ー で 大 幅 な 混 雑 が 起 き 、 結 果 と し て

の の 、 尋 常 で は な い 数 の 安 否 確 認 メ ー ル が 一 斉 に 送 信 さ れ た こ と で

帯 電 話 の 電 子 メ ー ル だ 。 パ ケ ッ ト 通 信 が で き れ ば 、 送 信 は で き る も

う 実 か ソ の 。 ー シ と ャ こ ル ろ メ 、 デ こ ィ れ ア に が つ 果 い た て し は た 定 も 量 う 的 ひ な と 評 つ 価 の は メ 難 デ し ィ い ア 。 的 と 側 い 面 う は の ど

た 。 し か し 、 落 と し 穴 と な っ た の は 、 各 キ ャ リ ア が 用 意 し て い る 携

て い れ ば 、 パ ケ ッ ト 通 信 は 問 題 な く 使 え る と い う ユ ー ザ ー が 多 か っ

﹁ 救 援 手 段 ﹂ と し て の ソ ー シ ャ ル メ デ ィ ア

今 回 の 震 災 で も つ な が り に く い 状 態 は あ っ た も の の 、 電 波 さ え 届 い

パ ケ ッ ト 通 信 で あ れ ば 使 え る よ う 設 計 さ れ て い る 。 そ の 設 計 通 り 、

に 通 話 網 と パ ケ ッ ト 通 信 網 を 分 け て 制 御 し て お り 、 緊 急 災 害 時 で も

し か し 、 そ の 一 方 で 現 在 の 携 帯 電 話 ネ ッ ト ワ ー ク は 緊 急 災 害 時 用

い だ っ た と 言 え よ う 。

大 き な 情 報 イ ン フ ラ が 安 定 し て 利 用 で き た と い う 意 味 で 不 幸 中 の 幸

る こ と は 予 想 し て い な か っ た だ ろ う が 、 日 本 に と っ て は 、 ひ と つ の

被災地で取材を行う筆者。 岩手県大船渡市 

と い う 位 置 付 け

か ら 数 時 間 は す べ て の 携 帯 電 話 が 通 じ に く い 状 態 が 続 き 、 通 話 網 の

の 携 帯 電 話 が 輻 輳 を 起 こ し 、 通 話 が 不 可 能 に な る 。 実 際 、 震 災 直 後

現 在 の 携 帯 電 話 網 の 仕 組 み で は 、 緊 急 災 害 が 起 き る と そ の 地 域 へ

受 け 、 米 ツ イ ッ タ ー 社 が サ ー バ ー を 強 化 し て い た こ と が 背 景 に あ

運 動 の た め の 情 報 イ ン フ ラ と し て ツ イ ッ タ ー を 利 用 し て い た こ と を

う な こ と は な か っ た 。 こ れ は エ ジ プ ト や リ ビ ア な ど で 民 衆 が 民 主 化

フ ィ ッ ク が 増 え 続 け た が 、 混 雑 に よ っ て サ ー バ ー が 長 時 間 落 ち る よ

の S M S も 輻 輳 の 影 響 を 受 け 、 送 受 信 で き な い 状 態 に 陥 っ た 。

付 加 機 能

る 。 ツ イ ッ タ ー 社 も ま さ か こ れ ほ ど ま で の 大 災 害 が 日 本 で 突 然 起 き

︵ 通 話 帯 域 を 利 用 し て シ ョ ー ト メ ッ セ ー ジ を 送 る ︶

た か ら だ 。

が 緊 急 時 の 連 絡 手 段 と し て 有 効 に 機 能 す る こ と は 、 十 分 に 証 明 さ れ

で 果 た し た 役 割 を 疑 う 人 は 誰 も い な い だ ろ う 。 ソ ー シ ャ ル メ デ ィ ア

機 能 す る 情 報 イ ン フ ラ 的 側 面 が あ る 。 後 者 に つ い て 、 こ の 度 の 震 災

と 、 携 帯 電 話 や フ ァ ク ス 、 電 子 メ ー ル の よ う な ﹁ 連 絡 手 段 ﹂ と し て

ソ ー シ ャ ル メ デ ィ ア に は 、 様 々 な 情 報 を 伝 達 す る メ デ ィ ア 的 側 面

確 保 し て お く こ と の 重 要 性 を 認 識 し た 。 ツ イ ッ タ ー は 震 災 後 ト ラ

日 の 仕 事 の 連 絡 を 行 い 、 い ざ と い う 時 の た め に 複 数 の 連 絡 手 段 を

た た め 、 ツ イ ッ タ ー の ダ イ レ ク ト メ ッ セ ー ジ で 家 族 の 安 否 確 認 や 当

も 震 災 当 日 は 携 帯 電 話 で の 通 話 や 携 帯 メ ー ル が 使 い 物 に な ら な か っ

こ と も な く 、 リ ア ル タ イ ム な 安 否 確 認 手 段 と し て 役 に 立 っ た 。 筆 者

シ ャ ル メ デ ィ ア の メ ッ セ ー ジ 機 能 は 、 携 帯 メ ー ル の よ う に 遅 延 す る

分 析 し た い 。

ま ず は 、 ソ ー シ ャ ル メ デ ィ ア が こ の 震 災 で 果 た し た 役 割 に つ い て

﹁ 連 絡 手 段 ﹂ と し て の ソ ー シ ャ ル メ デ ィ ア

ら ま メ そ な で ー ん い 数 ル な 。 時 の 中 間 受 を 信 、 ツ 要 が し 遅 イ ッ た 延 タ 。 、 ー こ 環 れ 境 、 ミ で に ク は も シ 緊 よ 急 る ィ の が 、 フ 連 、 ェ 絡 送 手 信 イ ス 段 し ブ と た ッ し 携 ク て 帯 は メ と 使 ー い い ル っ 物 が た に 届 ソ な く ー


み た い 。

未 曾 有 の 震 災 か ら 三 ヶ 月 ︵ 執 筆 時 ︶

。 本 稿 で は 被 災 地 に 住 む 人 た ち

せ た か の よ う に 皆 ﹁ 情 報 が 欲 し い ﹂ と つ ぶ や い た 。

は 、 取 材 の 際 、 最 後 に 必 ず 聞 く よ う に し た も の だ 。 彼 ら は 示 し 合 わ

な  地 域 に 三 足 月 を 一 運 一 び 日 、 、 多 東 く 日 の 本 被 大 災 震 者 災 た が ち 起 き の て 声 以 を 降 聞 、 い 東 た 北 。 を 冒 中 頭 心 の に 問 様 い 々

﹁ と に か く ﹃ 情 報 ﹄ だ よ ﹂

﹁ 今 一 番 欲 し い も の は 何 で す か ? ﹂

│ソ ー ロシ ー カャ ルル コメ ミ ュデ ニィ テア ィ のは 自東 立 と北 復を 興再 生 可 能 か

津 田 大 介 Can Social Media Regenerate Tohoku?

が 感 じ て い る ﹁ 情 報 へ の 渇 望 感 ﹂ を 手 が か り に 、 マ ス メ デ ィ ア や

Reconstructing Autonomous Local Communities

ソ ー シ ャ ル メ デ ィ ア が 果 た し た 役 割 と 、 今 後 の 復 興 に つ い て 考 え て

ル ポ ル タ ー ジ ュ


ト 教 授 は 、 私 に ﹁ 今 の 東 京 の 夜 を 見 る と 、 薄 暗 く て 、 統 一 前 の 東 ベ

務 し て い る 東 ド イ ツ 出 身 の 日 本 文 化 研 究 者 、 ジ ャ ク リ ー ヌ ・ ベ ル ン

の 夜 景 は 以 前 に 比 べ て 明 ら か に 暗 く な っ て い る 。 私 と 同 じ 大 学 に 勤

が 半 分 消 え て い る の で 、 い や で も ﹁ 東 に 戻 っ た ﹂ 実 感 が あ る 。 東 京

か ら 東 の 新 横 浜 駅 に 到 着 す る と 、 節 電 の た め に 新 横 浜 駅 構 内 の 電 灯

か な い 。 逃 げ た く と も 逃 げ ら れ な い 人 が 大 多 数 な の で あ る 。

す る こ と で あ り 、 国 家 か ら の 長 期 的 支 援 が な け れ ば 、 路 頭 に 迷 う し

に 従 事 し て い る 。 新 し い 土 地 に 移 る と い う こ と は 生 活 の 基 盤 を 放 棄

除 い て は 避 難 命 令 を 出 し て い な い 。 福 島 県 住 民 の 多 く は 農 林 水 産 業

す な わ ち 疎 開 以 外 に は な い が 、 政 府 は 、 原 発 の 周 辺 ︵ 二 〇 キ ロ 圏 内 ︶

原 発 に 対 す る ﹁ 東 西 の 温 度 差 ﹂ を 実 感 せ ざ る を 得 な い 。 西 の 京 都 駅

働 い て 、 週 末 に 神 奈 川 県 の 自 宅 に 戻 る 生 活 を 続 け て い る と 、 震 災 と

本 が 見 舞 わ れ た 混 乱 と は と り あ え ず 無 縁 で あ る 。 週 の 前 半 は 京 都 で

私 が 勤 務 し て い る の は 日 本 の 西 側 、 京 都 に あ る 大 学 な の で 、 東 日

市 民 が と り う る 唯 一 有 効 な 対 処 法 は 、 危 険 地 域 か ら の 長 期 的 避 難 、

い う こ と が 、 表 面 上 パ ニ ッ ク に な っ て い な い 大 き な 理 由 だ と 思 う 。

か し こ の 異 常 は 遅 効 性 で 、 と り あ え ず 普 通 の 生 活 が で き て し ま う と

今 の 日 本 で 進 行 し て い る 状 況 は 、 極 め て 異 常 で 深 刻 な 事 態 だ 。 し

て い た 我 々 国 民 に も 、 責 任 の 一 端 は あ る 。

が な い 。 皆 ﹁ と り あ え ず 考 え な い こ と に し て い る ﹂ と し か 思 え な い 。

﹁ 国 家 的 自 滅 ﹂ で あ っ て 、 国 策 と し て の 原 子 力 発 電 を 消 極 的 に 支 持 し

の で あ る 。 テ ロ リ ス ト や 外 国 か ら の 攻 撃 な ら と も か く 、 原 発 事 故 は

気 を 使 っ て 生 活 し 、 原 発 推 進 に 加 担 し た 政 治 家 を 選 挙 で 選 ん で い た

ル ー レ ッ ト の よ う に 確 率 的 に 発 生 す る も の な の で 、 差 し 迫 っ た 緊 迫 感

れ る と し て も 、 数 年 か ら 数 十 年 後 の 未 来 で あ り 、 し か も ロ シ ア ン ・

放 射 性 物 質 は 目 に 見 え ず 匂 い も な い 。 癌 や 白 血 病 な ど の 影 響 が 現

て い る わ け だ が 、 デ モ 参 加 者 に し て も 私 に し て も 、 普 段 は 東 電 の 電

今 、 さ か ん に 行 わ れ て い る 街 頭 デ モ の 参 加 者 も 東 電 と 政 府 を 非 難 し

い 身 的 も た 、 ・ な ち 。 原 消 ぜ 発 極 か ろ は 的 ? ん 危 に 直 険 支 そ 接 だ 持 れ の と し は 事 思 て 五 故 い き 〇 責 つ た 年 任 つ の 以 は も が 上 東 、 、 の 京 普 日 間 電 段 本 、 力 は 国 原 と 心 民 発 日 の 自 推 本 隅 身 進 政 に だ と 府 追 か に い ら い あ や で う る っ あ 国 。 て る 策 だ 忘 。 を か れ 私 積 ら て 自 極

は ど う に も な ら な い 事 態 に 突 入 し て い る の だ 。

る と 思 う 。 し か し 、 お そ ら く 事 故 が 発 生 し た 瞬 間 か ら 、 個 人 の 力 で

こ の 事 実 を 前 に 不 安 を 感 じ な い 人 が い る と し た ら 、 ど う か し て い

の 放 射 性 物 質 を 大 気 や 海 洋 に 放 出 し て い る の で あ る 。

だ 。 こ う し て い る 間 に も 、 溶 融 し た ウ ラ ニ ウ ム 燃 料 が 、 刻 々 と 大 量

六 月 初 旬 現 在 、 福 島 第 一 原 発 の 連 続 メ ル ト ダ ウ ン 事 故 は 現 在 進 行 形

人 は 内 心 気 に し て い る の で あ る 。 そ れ も 当 然 で 、 こ れ を 書 い て い る

け で は な 。 い ︵ 六 月 一 四 日 の N H K 世 論 調 査 で は 四 七 パ ー セ ン ト で 、 い ま だ 五 割 に

本 は 六 月 に な っ て も 、 ま だ 反 ・ 脱 原 発 の 世 論 が 大 勢 を 占 め て い る わ

の 会 話 で 話 題 に 上 る こ と が 、 表 面 的 に は 減 っ た 。 し か し 何 か の 拍 子

六 月 に 入 っ て か ら は 、 東 日 本 で も 西 日 本 で も 、 原 発 事 故 が 知 人 と

満 た な い ︶

に そ の 話 題 に な る と 、 互 い の 声 が 暗 い ト ー ン に 変 わ る 。 ほ と ん ど の

超 え る 世 論 を 背 景 に 脱 原 発 を 決 め た イ タ リ ア と は 違 い 、 当 事 国 の 日

ル リ ン に い る か の よ う な 既 視 感 を 覚 え る ﹂ と 印 象 を 述 べ た 。


始 め て い る 。 各 地 で さ か ん に 反 原 発 デ モ が 行 わ れ て い る が 、 九 割 を

羊 の よ う に お と な し い 日 本 国 民 も 、 こ こ に 来 て さ す が に 声 を 上 げ

が 、 原 発 事 故 は 人 災 で あ る 。 も ち ろ ん 事 故 の き っ か け は 天 災 だ っ た

て し ま っ た の だ 。

地 震 と 津 波 は 天 災 だ 。 こ れ 自 体 は ど う す る こ と も で き な い も の だ

地 域 の 住 民 を 国 家 責 任 で 避 難 さ せ る こ と も で き ず 、 事 態 を 悪 化 さ せ

安 と 虚 脱 感 が 、 今 も 心 奥 に 澱 の よ う に 沈 殿 し て い る 。

き な か っ た 。 原 発 周 辺 の わ ず か な 地 域 を 除 け ば 、 深 刻 な 放 射 能 汚 染

の よ う に 目 の 前 の 仕 事 を こ な し て い て も 、 ﹁ 最 悪 の 事 態 ﹂ に 対 す る 不

事 故 が 発 生 し て か ら も 、 こ の 国 は 過 去 の 方 針 を 修 正 す る こ と が で

私 の 精 神 は 二 極 分 化 し て し ま っ た よ う だ 。 普 段 は 何 事 も な か っ た か

で 、 生 活 に 表 面 上 の 変 化 は な い 。 そ れ に も 関 わ ら ず 、 3 ・ 11 以 降 、

勤 務 し て い る 大 学 の 仕 事 を 始 め 、 以 前 か ら の 仕 事 は 継 続 し て い る の

二 〇 一 一 年 三 月 一 一 日 を 境 に 私 の 人 生 は 一 変 し た 。 い や 私 が 現 在

を 、 マ ス コ ミ を 使 っ て プ ロ パ ガ ン ダ し 続 け て き た の だ っ た 。

会 社 は 、 原 発 は 絶 対 に 事 故 が 起 こ ら な い と い う 非 合 理 な ﹁ 安 全 神 話 ﹂

造 を 守 る た め の 隠 れ 蓑 に 過 ぎ な か っ た わ け だ が 。 そ の た め 国 と 電 力

は 、 経 済 発 展 の 名 の も と に 、 政 治 家 ・ 官 僚 ・ 企 業 三 位 一 体 の 利 権 構

不 条 理 な 世 界 の 中 で

五 〇 年 以 上 も の 間 、 原 発 推 進 は 日 本 の ﹁ 国 策 ﹂ だ っ た 。 そ の 正 体

に 減 ら す こ と が で き た は ず な の で あ る 。

﹁ 終 わ り な き 日 常 ﹂ が 終 わ っ た 日

竹 熊 健 太 郎

Kentaro Takekuma

か も し れ な い 。 し か し 事 故 後 の 東 京 電 力 と 日 本 政 府 の 対 応 の ま ず さ

The Day the Endless Everyday Ended

は 犯 罪 的 で あ り 、 早 く 適 切 な 対 応 が と れ て い れ ば 、 被 曝 者 数 を 大 幅

震 災 と 文 化


「災害言論アーカイブス」 上のキーワード関係図

リンク・被リンクの関係にある項目どうしを線で結び、 被リンク項目の側を太くした。 被リンク数の多い項目ほど円が大きく、 かつ中心に近くなるよう描画してある。 (出典:災害言論アーカイブス、 年 月 日現在、図版作成:山本遼)

︵ 東 浩 紀 + 入 江 哲 朗 ︶

掲 載 さ れ た 情 報 は 六 月 末 現 在 の も の で あ る 。

な お 、 本 記 事 は 六 月 下 旬 に 制 作 さ れ て お り 、

と っ て 、 本 企 画 が 少 し で も 助 け に な れ ば 幸 い だ 。

な か 、 信 頼 で き る 言 葉 を 手 探 り で 求 め る 読 者 に

震 災 後 の 混 乱 は い ま だ 続 い て い る 。 こ の 状 況 の

項 目 は 外 し た 。

る 。 公 正 さ を 確 保 す る た め 、 本 誌 編 集 長 の 東 の

あ り 特 定 の 立 場 に 偏 ら な い よ う に 心 が け て い

が 、 こ の 記 事 は あ く ま で も ﹁ イ ン デ ッ ク ス ﹂ で

言 論 に は 実 に さ ま ざ ま な 思 想 の 対 立 が 見 ら れ る

し た 。 原 発 問 題 に 代 表 さ れ る よ う に 、 震 災 後 の

い 現 象 や 活 動 に つ い て の コ ラ ム も い く つ か 用 意

紹 介 す る 。 ま た 、 震 災 に 伴 っ て 見 ら れ た 興 味 深

が 発 信 さ れ た か を 、 三 三 名 の 言 論 人 に 着 目 し て

お い て は 、 震 災 の の ち 具 体 的 に ど の よ う な 言 葉

の 統 計 デ ー タ を も と に 概 観 し て い る 。 後 半 部 に

葉 に ど の よ う な 変 化 を も た ら し た か 、 い く つ か

て お り 、 前 半 部 に お い て は 、 震 災 が 私 た ち の 言

あ る 。 記 事 は お も に 二 つ の コ ン テ ン ツ か ら な っ

た め の 一 種 の 道 し る べ と し て 企 画 さ れ た も の で

ス メ デ ィ ア の 動 向 を 加 え 、 変 化 の 全 貌 を 捉 え る

つ あ る 大 量 の デ ー タ と の 連 携 を 意 識 し つ つ 、 マ

ク ス ﹂ は 、 そ の ﹁ ア ー カ イ ブ ス ﹂ に 蓄 積 さ れ つ

他 方 で 、 こ こ に 掲 載 す る ﹁ 災 害 言 論 イ ン デ ッ

本 サ イ ト は 現 在 も 稼 働 中 だ 。

集 さ れ た 項 目 の 関 係 を 可 視 化 し た も の で あ る 。

さ れ て い る ネ ッ ト ワ ー ク 図 は 、 そ の サ イ ト で 収


震災と言葉

災害言論インデックス  震災でひとはなにを語ったか

災害言論調査チーム(入江哲朗、寺澤勝、徳久倫康、峰尾俊彦、山本遼)   監修:東浩紀

借 り て 深 く 感 謝 し た い 。 こ の 序 文 の 背 景 に 印 刷

力 し て く だ さ っ た 会 員 の み な さ ん に 、 こ の 場 を

れ 、 多 く の 読 者 の 協 力 を 得 る こ と が で き た 。 協

友 の 会 ﹂ 会 員 の み な さ ん に は 編 集 権 限 が 付 与 さ

し た 。 本 サ イ ト は 四 月 二 六 日 に 公 開 さ れ

ト 、 ﹁ 災 害 言 論 ア ー カ イ ブ ス ︶ 、 ﹂ ﹁ を コ 開 ン 設 テ す ク チ ︵ る こ ュ ア と ズ に

る 言 葉 を 集 合 知 を 利 用 し て 収 集 分 析 す る サ イ

成 。 ま ず は 、 ネ ッ ト 上 に 流 通 し た 災 害 に ま つ わ

と と も に 並 行 し て ﹁ 災 害 言 論 調 査 チ ー ム ﹂ を 結

り 動 き 出 し た 。 編 集 部 で は 、 本 誌 の 目 次 を 組 む

プ ロ ジ ェ ク ト は 、 震 災 直 後 に 編 集 長 の 発 案 に よ

企 画 の 経 緯 を 手 短 か に 説 明 し た い 。 こ の 調 査

を 掲 載 す る 。

潔 な 記 録 を 残 し て お く こ と に し た 。 こ こ に そ れ

と 向 き 合 っ た か 、 で き る か ぎ り の 情 報 を 集 め 簡

三 ヶ 月 の あ い だ 、 言 葉 が ど の よ う に 震 災 の 経 験

そ こ で 本 誌 で は 、 震 災 か ら 同 年 六 月 ま で の

に と っ て 、 大 き な 価 値 を も つ も の だ と 思 わ れ る 。

大 な 災 厄 に 直 面 す る か も し れ な い 諸 外 国 の 読 者

の 日 本 の 読 者 に と っ て 、 ま た 、 今 後 同 じ よ う に 巨

求 め ら れ る こ と に な っ た か 。 そ の 記 録 は 、 将 来

出 来 し た 非 日 常 を 前 に ど の よ う な 言 葉 の 創 出 を

よ う に 変 わ っ た か 。 言 論 を 発 信 す る 者 は 、 突 如

の 巨 大 な 災 厄 を 前 に し て 、 私 た ち の 言 葉 が ど の

的 に 言 論 の 大 き な 変 容 を 伴 わ ざ る を え な い 。 こ

お い て 大 き な 区 切 り と な る だ ろ う 。 そ れ は 必 然

三 月 一 一 日 の 東 日 本 大 震 災 は 、 日 本 現 代 史 に


震災以後 思想地図β vol.2