Page 1


天 理 教 校 学 園 高 校 職 員 で レ ス リ ン グ 部 部 長

○ 最 年 少 で 五 輪 審 判 員 に

時 報 ﹄ よ り ︶

本 人 初 の プ レ ー オ フ M V P に 輝 い た 。 ︵ ﹃ 天 理

ー グ 新 記 録 を 樹 立 し た 大 口 選 手 は 、 リ ー グ 日

勝 。 試 合 シ に ー ズ 本 ン の の プ 点 レ シ ー ュ オ ー フ ト を を 制 決 し め て る 初 リ 優

示 唆 し て い る 。

ボ ー ル リ ー グ ﹁ b ・ j リ ー グ ﹂ の

三 河 フ ェ ニ ッ ク ス ﹂ が 、 日 本 プ ロ バ ス ケ ッ ︱ ト

洋 選 手 ︵ 大

後 の 進 む べ き 方 向 に つ い て

本 書 は 、 我 が 国 の 教 育 ︵ 子

育 て ︶ の 現 状 を 紹 介 し 、 今

体 ︶ が 主 将 を 務 め る ﹁ 浜 松 ・ 東

天 理 大 学 バ ス ケ ッ ト ボ ー ル 部 O B の 大 口 真

と で し か 成 し 遂 げ ら れ な い 。

○ b ・ j リ ー グ 初 優 勝 の 立 役 者

育 ︵ 子 育 て ︶ を 推 進 す る こ

め た 。 ︵ ﹃ 天 理 時 報 ﹄ よ り ︶

未 来 は な い 。 国 家 再 生 は 、 時 間 は か か る が 教

申 し 上 げ ま す 。

立 当 初 か ら 着 任 、 計 年 間 に わ た り 校 長 を 務

さ れ て 誕 生 し た 教 校 学 園 高 で は 、 い ず れ も 創

子 ど も た ち が こ の よ う な 状 況 で は 、 我 が 国 に

い 時 代 と 言 わ れ る 。 時 代 を 担 う ﹁ 宝 ﹂ で あ る

い ま は 大 人 も 子 ど も も 夢 や 希 望 の 持 ち に く

月 ま で 勤 め ら れ ま し た 。 衷 心 よ り お 悔 や み

享 天 年 平 理 成 大 歳 学 。 年 名 母 誉 校 月 教 で 昭 日 授 和 に お 桑 年 出 山 直 龍 月 し か に 平 ら な 先 平 り 生 成 ま し 年 た 。

新 設 さ れ た 同 親 里 高 校 と 、 年 に 両 校 が 統 合

社 会 の 変 化 を 感 じ 続 け て き た 。

の 英 語 教 師 と し て 計

理 教 校 附 属 高 校 へ 赴 任 し て 以 来 、 管 内

中 村 さ ん は 昭 和

年 年 、 間 開 奉 校 職 。 年 平 目 成 と 元 な 年 高 る に 校 天

学 校 の 教 員 と し て 校 長 と し て 、 生 徒 を 通 し て

著 者 の 竹 井 繁 氏 ︵ 大

力 を 入 れ る ﹄ 竹 井 繁

体 ︶ は 著 、 /

年 風 間 書 、 房 中

訃 報

大 臣 教 育 者 表 彰 ﹂ を 受 け た 。

志 さ ん ︵ 大

○ ﹃ 国 家 再 生 へ の 子 育 て ︱ 永 久 な る 世 に 、

会 員 が 本 を 執 筆

︵ ﹃ 天 理 時 報 ﹄ よ り ︶

た 功 績 が 認 め ら れ 、 藍 綬 褒 章 を 受 章 し た 。

英 ︶ は 、 平 成 年 度 ﹁ 文 部 科 学

天 理 教 校 学 園 高 校 の 校 長 を 務 め る 中 村 三 藤

文 科 大 臣 教 育 者 表 彰

と な る 。 ︵ ﹃ 天 理 時 報 ﹄ よ り ︶

○ 感 謝 の 心 で 生 徒 と 向 き 合 い

ー ﹂ を 取 得 し た 。 日 本 人 で は 、 人 目 の 快 挙

に わ た り 地 域 の 更 生 保 護 活 動 に 取 り 組 ん で き

本 会 会 員 の 玉 置 寛 さ ん ︵ 大 宗 ︶ は 、

藍 綬 褒 章 を 受 章

拍 手 を 受 け た 。 ︵ ﹃ 天 理 時 報 ﹄ よ り ︶

国 際 審 判 員 の 資 格 ﹁ オ リ ン ピ ッ ク カ テ ゴ リ

の 小 池 邦 徳 さ ん ︵ 大 体 ︶ は 、 レ ス リ ン グ の

○ 褒 四 半 章 世 紀 の 保 護 司 活 動 に

ふるさと会報 第 号


輸 入 し 現 地 の 製 薬 会 社 、 配 合 飼 料 会 社 に 卸 し

か ら 食 品 お よ び 配 合 飼 料 添 加 物 、 動 物 薬 品 を

し い 医 薬 品 を 、 同 国 の 厚 生 省 へ 市 販 登 録 許 可

務 し 、 営 業 部 長 と し て 、 日 本 で 開 発 さ れ た 新

共 同 組 合 の 会 員 を 対 象 に 輸 出 セ ミ ナ ー を 開 き 、

を 行 い ま し た 。 特 産 物 の ゴ マ に 注 目 し 、 生 産

ア で 海 外 シ ニ ア ボ ラ ン テ ィ ア と し て 貿 易 指 導

役 さ ま 立 れ ず ち て ま 仕 し 事 た を 。 す 年 る か に ら も 、 年 ス 間 ペ 、 イ 中 ン 米 語 ニ の カ 武 ラ 器 グ は

い ま す 。 こ の 採 用 試 験 に 合 格 す る に も 、 派 遣

中 南 米 に は 多 数 の ボ ラ ン テ ィ ア が 派 遣 さ れ て

I C A の シ ニ ア ボ ラ ン テ ィ ア を 知 り ま し た 。

っ て か ら い つ も 考 え て い ま し た 。 そ の 後 、 J

い と 信 じ ま す 。

生 か す こ と が 最 も 有 意 義 で 、 か つ 手 っ 取 り 早

雄 飛 し 、 そ こ で 何 か を つ か み 、 そ れ を 日 本 で

か も 、 楽 し く 送 れ ま す 。 そ の た め に は 海 外 に

と い う こ と で す 。 今 の 若 者 に は 、 私 に 似 た 性

こ と に 注 力 し ま し た 。 つ ま り 、 わ が 道 を 行 く

評 価 は 気 に せ ず 、 誰 に も 負 け な い 武 器 を 持 つ

い つ も 自 分 の 好 き な こ と し か や ら ず 、 世 間 の

い 何 か を 持 て ば 、 そ の 後 の 人 生 を 自 由 に 、 し

格 の 方 が 多 い よ う に 感 じ ま す 。 他 人 に 負 け な

そ 年 こ 間 で 、 、 ア ル ゼ ン チ 年 ン か へ ら 渡 り 現 地 企 年 業 ま に で 勤 の

転 職 し ま し た が 、 同 様 で し た 。

る ﹂ と い う レ ッ テ ル を 貼 ら れ 、 そ の 後 、 二 度

付 き 合 わ な か っ た た め に ﹁ 調 和 の 精 神 に 欠 け

不 幸 か 私 は こ れ ら に 興 味 が な く 、 飲 み 会 に も

会 、 ゴ ル フ が 出 世 の 必 須 条 件 で し た が 、 幸 か

合 い が 重 要 視 さ れ て お り 、 マ ー ジ ャ ン 、 飲 み

し ま し た 。 当 時 は 仕 事 以 外 の 社 員 同 士 の 付 き

さ て 、 私 は 大 学 卒 業 後 、 日 本 の 会 社 に 入 社

象 に 輸 出 の コ ン サ ル タ ン ト を 行 っ て い ま す 。

E T R O 同 様 の 組 織 で 、 こ こ で 業 者 の 方 々 対

何 と か 定 年 ま で 勤 め 上 げ る こ と が で き 歳 ま に し な た 。

売 の 実 績 を 上 げ て い っ た こ と で カ バ ー さ れ 、

さ せ て も ら い ま し た 。 付 き 合 い の 悪 さ も 、 販

で き る の は 私 だ け で し た の で 、 自 由 に 仕 事 を

へ の 販 売 シ ェ ア は 高 く 、 し か も ス ペ イ ン 語 が

ら ア ル ゼ ン チ ン ま で で す 。 こ の 会 社 の 同 地 域

し た 。 販 売 地 域 は ス ペ イ ン 語 圏 の メ キ シ コ か

日 本 向 け 輸 出 実 績 を 上 げ る こ と が で き ま し た 。

ー を 成 功 さ せ ま し た 。 こ れ ら の 活 動 を 通 し て

者 や 外 務 省 の 職 員 を 招 待 し て 輸 出 促 進 セ ミ ナ

し た 。 ま た 、 大 手 ワ イ ン メ ー カ ー の 輸 出 担 当

各 国 で 開 か れ る 展 示 会 へ の 出 展 を 呼 び か け ま

売 促 進 の た め 、 日 本 を は じ め 他 の 東 南 ア ジ ア

指 導 を 行 い ま し た 。 特 産 物 で あ る ワ イ ン の 販

定 年 後 の 人 生 を ど う 構 築 す る か を 、

私 の 人 生 も い ま や 引 き 算 の 人 生 で す 。 私 は

︵ け 輸 出 促 進 業 務 で す 。 配 ︶ 属 で 先 、 は 日 本 の J

し て 働 い て い ま す 。 仕 事 は 、 特 産 物 の 日 本 向

構 J I C A の 度 目 の シ ニ ア ボ ラ ン テ ィ ア と

現 在 私 は 、 中 米 の グ ア テ マ ラ で 国 際 協 力 機

ト 。 精 密 化 学 品 の メ ー カ ー で 輸 出 を 担 当 し ま

日 本 で の サ ラ リ ー マ ン 生 活 は す ん な り ス タ ー

発 し ま し た 。

教 育 し た い と 考 え 家 族 で 帰 国 し 、 日 本 で 再 出

活 を 楽 し ん で い ま し た が 、 娘 を 日 本 人 と し て

で 、 同 じ く 海 外 シ ニ ア ボ ラ ン テ ィ ア と し て 貿 易

こ は 具 日 さ と ゴ 体 本 ら が マ 的 市 に で の に 場 き 新 説 に ま 規 明 対 し 輸 し し た 出 ま て 年 。 し い か た か ら 。 に ト 結 輸 年 ン 果 出 間 の と 促 ア 実 し 進 ル 績 て を ゼ を 図 ン 上 年 る チ げ 後 か ン る に を

Agexport

た り し ま し た 。 ま た 、 ア ル ゼ ン チ ン の 農 産 物 、

WWW.EXPORT.COM.GT

を 申 請 し 、 現 地 の 製 薬 会 社 に 卸 し た り 、 日 本

民 芸 品 、 水 産 物 の 対 日 輸 出 も 手 が け ま し た 。

幸 い に も ア ル ゼ ン チ ン で の 経 験 が 認 め ら れ 、

イ ス パ ニ ア 学 科 大 回 卒 業 真ま 下し も 益 す す む

で は 、 す っ か り ア ル ゼ ン チ ン に 溶 け 込 み 、 生

に 人 の 娘 を 授 か り ま し た 。 子 供 を 授 か る ま

ス ペ イ ン 語 を 生 か し た 人 生 年

ま た 私 生 活 で は 、 現 在 の 日 本 人 の 妻 と の 間

上 で も 書 く 上 で も 、 大 き な 武 器 と な り ま し た 。

た 。 特 に 文 法 を し っ か り や っ た こ と は 、 話 す

大 学 で 学 ん だ ス ペ イ ン 語 は 大 い に 役 立 ち ま し

ふるさと会報 第 号

ア ル ゼ ン チ ン は 母 国 語 が ス ペ イ ン 語 で す 。


中 で も 千 葉

が 来 場 し た 。

で 八 十 余 名

と 会 の 関 係

け 、 ふ る さ

賞 を 働 き か

人 友 人 に 鑑

気 持 ち で 知

楽 部 応 援 の

て 、 ま た 雅

の 一 環 と し

と 会 の 活 動

り 、 ふ る さ

の 各 支 部 よ

な し の 心 の 本

期 一 会 の も て

の 美 し さ 、 一

ま さ に 茶 の 湯

す る ば か り 。

し 、 唯 々 感 動

だ さ る 姿 に 接

も て な し て く

か け な が ら 、

と り に 言 葉 を

先 生 が 一 人 ひ

お 席 入 り に 、

間 の お 客 様 の

た る 女 溪 当 。 さ 学 園 と 院 鶴 日 会 翔 は 関 中 閣 長 東 ︶ に 時 各 主 於 支 催 い 部 に て よ よ 松 り る 風 出 お 会 席 茶 永 さ 会 田 せ が 静 て 催 好 い さ 先 た れ 生 だ 、 ︵ い ふ 天

︵ ブ レ イ ブ ・ ナ イ ツ ︶ ﹂ は 、 出 場 全 校 中 、 最

中 学 校 ブ ラ ス バ ン ド 部 ﹁

BRAVE KNIGHTS

少 の メ ン バ ー で 臨 み 、 会 場 か ら 大 き な 称 賛 の

た 。 長 崎 市 の 北 村 さ ん が 指 導 す る 同 市 立 横 尾

部 員 を 率 い て 出 場 し 、 初 の 金 賞 獲 得 へ と 導 い

グ 全 国 大 会 ﹂ の 中 学 生 の 部 に 、 わ ず か

回 ﹁ マ ー チ ン グ バ ン ド ・ バ ト ン ト ワ ー 人 リ の ン

○ 部 中 員 学 生 人 バ で ン ﹁ ド 全 の 国 指 大 導 会 始 ﹂ め 初 て 英 の ︶ 金 年 は 賞

本 会 会 員 の 北 村 公 児 さ ん ︵ 大

、 第

ふるさと会報 第 号

手 権 連 覇 を 目 指 す 。

界 選 手 権 の 出 場 権 を 得 た 穴 井 選 手 は 、 世 界 選

今 大 会 の 優 勝 で 、 月 に パ リ で 行 わ れ る 世

千 葉 、 茨 城

川 、 埼 玉 、

東 京 、 神 奈

見 会 が 事 員 、 で 月 ︵ 年 学 日 連 ︶ 福 続 天 岡 理 国 回 大 際 目 学 セ の 職 ン 優 員 タ 勝 の ー を 穴 で 果 井 行 た 隆 わ し 将 れ た さ 、 。 ん 本 が 会

演 が 行 わ れ 、

全 日 本 選 抜 体 重 別 柔 道 選 手 権 の

○ 校 関 回 母 生 東 東 月 校 ら 圏 と の 京 公 日 雅 の 各 、 楽 交 支 浅 部 流 部 草 東 な で 公 京 ど は 会 公 を 、 堂 演 行 本 っ 年 に て 鑑 た も 母 賞 。 連 携 校 し 雅 て 楽 母 部 校 の 在 第

桜 の 花 が 綻 び は じ め の 月 日 、 横 浜 市 三

○ 穴 井 隆 将 選 手 、 全 日 本 選 抜 体 重 別

連 ㎏ 覇 級 !

○ 和 み の ひ と と き ︵ 永 田 静 好 先 生 の お 茶 会 ︶

関 東 圏 各 支 部 の 連 携

会 員 会か 員ら へ のの 情情 報報

評 い 雅 謝 議 、 楽 を 員 充 部 こ 実 全 め 中 し 員 て 平 た と 、 ︶ 鑑 ふ 金 賞 る 一 会 さ 封 は と 、 終 会 花 了 員 束 し と 、 た の 記 記 念 。 ︵ 念 品 東 撮 を 京 影 贈 支 を 呈 部 行 し 、 城 な の め 戸 が ま て ︶ ら す 一 三 ま 同 溪 す よ 園 の り を ご 花 後 活 束 に 躍 を し と 贈 た 、 呈 末 し 。 ︵ 永 、 東 い 先 京 ご 生 支 健 の 部 康 こ 評 を れ 議 念 か 員 じ ら

豊 か な お 心 と 長 寿 の 片 鱗 に ふ れ た い 思 い を 込

最 後 に 関 東 地 域 ふ る さ と 会 よ り お 祝 い と 感

く 、 お 元 気 で 笑 顔 い っ ぱ い で 卒 寿 を 迎 え ら れ 、

場 さ れ た 。

支 部 の 長 田 様 ︵ 大 西 ︶ の 勧 誘 で 多 数 の 方 が 来

永 田 先 生 は 、 姿 勢 は 美 し く 、 お 言 葉 は 優 し

質 を 感 じ さ せ て い た だ け る 一 時 と な っ た 。


翌 年 の 国 交 正 常 化 後 、 に わ か に 起 こ っ た 中

や 諸 先 生 方 か ら の 学 恩 に 、 僅 か な り と も 報 え

○ 馴 れ 狎 れ ず 慣 れ て 努 め た 春 も あ り

居 る の だ な あ 、 と い う 感 慨 と と も に 、 高 老 師

新 卒 初 任 給 が 五 万 円 前 後 の 時 代 の こ と で す 。

免 除 を し て く れ る と い う お 土 産 付 き で し た 。

し て い る 貧 乏 学 生 の 為 に 、 中 国 国 内 分 の 費 用

ケ で し た 。 更 に 、 二 十 万 円 の 旅 費 工 面 に 苦 労

と の 延 々 六 時 間 の 交 流 は 、 と ん で も な い オ マ

連 れ て 行 か れ ま し た 。 周 恩 来 首 相 や 郭 沫 若 氏

全 て 汽 車 の 旅 。 三 月 三 日 、 人 民 大 会 堂 に 急 遽

に し て 、 自 分 は 確 か に 、 日 中 最 前 線 の 一 点 に

た 。 日 中 各 十 名 の 元 気 な マ ネ ー ジ ャ ー 達 を 前

目 の 今 年 の 三 月 三 日 、 上 海 で 会 議 が あ り ま し

す 。 北 京 で の ﹁ あ の 日 ﹂ か ら ち ょ う ど 四 十 年

が ら 、 二 〇 〇 人 余 り の 仲 間 と 汗 を 流 し て い ま

港 ・ 台 北 ま で 、 中 国 圏 の 拠 点 を 飛 び 回 り な

返 し て い ま す 。 上 海 を 根 城 に 、 大 連 か ら 香

現 在 は 、 中 国 総 代 表 と し て 日 中 往 還 を 繰 り

恩 返 し に 繋 が れ ば 幸 い だ と 思 っ て い ま す 。

し て そ の さ さ や か な 試 み が 、 母 校 や 恩 師 へ の

も 始 ま ら な い 、 と 自 ら を 励 ま す 毎 日 で す 。 そ

の 力 は 小 さ い け れ ど 、 個 人 か ら 動 か な い と 何

だ や る べ き こ と は 山 積 み し て お り ま す 。 個 人

み て い ま す 。 日 本 と 中 国 と の 間 に は 、 ま だ ま

る だ け 系 統 立 て て 、 後 輩 た ち に 伝 え よ う と 試

中 講 座 の 場 で も 実 体 験 に 基 づ く こ と を 、 出 来

ふるさと会報 第 号

広 州 、 長 沙 、 南 昌 、 上 海 、 南 京 そ し て 北 京 へ 、

で 、 農 耕 用 の 水 牛 が い た こ と を 憶 え て い ま す 。

歩 い て 渡 っ て 深 圳 へ 。 当 時 の 深 圳 駅 前 は 水 田

か る よ う な 時 代 で し た 。 香 港 か ら 国 境 の 橋 を

て 、 就 職 で き な く さ せ る ﹂ と い っ た 圧 力 が 掛

﹁ ど う し て も 行 く な ら ブ ラ ッ ク リ ス ト に 載 せ

常 化 前 で も あ り 、 噂 を 聞 い た 公 安 警 察 か ら

月 間 の 中 国 訪 問 の 運 び と な り ま し た 。 国 交 正

嶌 さ ん と と も に 加 え て 貰 う こ と に な り 、 一 ヶ

○ 空 を 飛 ぶ

ク ー ル ビ ズ

普 通 の 評 価 に 変 化 し て き た よ う で す 。

け の 見 方 か ら 、 ﹁ 中 国 語 も で き る の か ﹂ と い う

げ た 頃 に は 、 ﹁ 彼 は 中 国 語 が で き る ﹂ と い う だ

事 業 や 中 南 米 と 中 国 を 繋 ぐ 機 械 事 業 を 立 ち 上

を 続 け ま し た 。 欧 米 中 心 の ラ イ フ サ イ エ ン ス

発 を し て い く こ と で 、 ウ イ ン グ を 広 げ る 努 力

次 に 担 当 業 務 を 引 継 ぐ だ け で な く 、 新 た な 開

的 に 業 務 を 会 得 す る し か な い 修 行 時 代 で し た 。

文 研 究 室 に て 毎 月 掲 示 願 っ て い ま す 。 ま た 集

る 雑 感 文 を 綴 っ て い ま す 。 拙 き 文 で す が 、 中

け の 咀 嚼 を 試 み な が ら 、 ﹃ 上 海 た よ り ﹄ と 称 す

国 人 と 接 す る 生 活 体 験 か ら 抽 出 し 、 出 来 る だ

と 流 行 ﹂ の よ う な も の を 、 中 国 に 暮 ら し 、 中

っ て い る よ う に 感 じ ま す 。 こ の 中 国 の ﹁ 不 易

か ら の 意 識 構 造 や 政 治 体 制 は 存 外 に 根 強 く 残

貌 を 遂 げ た と 思 い ま す 。 反 面 に お い て 、 従 来

と り わ け 、 中 国 は 経 済 的 に 肥 大 し 、 社 会 も 変

遣 唐 使 わ れ

一 九 七 一 年 初 め 、 関 西 学 生 友 好 訪 中 団 に 中

○ 毛 語 録

の 自 覚 が 強 く な っ て い き ま し た 。

指 導 や 啓 発 の お 陰 で 、 中 国 を 専 攻 す る こ と へ

ま す 。 そ ん な 大 学 内 外 の 恩 師 学 友 先 輩 た ち の

ア 図 書 館 設 立 を 目 標 に 粘 り 強 く 活 動 中 ︶ が い

︵ ア ジ ア セ ン タ ー

初 は 、 ま さ に 通 訳 技 能 だ け を 期 待 さ れ 、 自 主

年 来 堅 実 に 成 長 を し て い ま す 。 営 業 部 配 属 当

中 国 貿 易 部 門 は 生 き 残 り 、 会 社 全 体 も こ の 数

再 な ら ず 、 人 員 削 減 も 度 々 あ り ま し た 。 た だ 、

に 世 界 の 枠 組 み や 思 考 は 随 分 変 わ り ま し た 。

し た 年 月 の よ う に 感 じ ま す 。 し か し 、 そ の 間

に と っ て は 変 化 や 、 ま し て や 進 歩 も な く 過 ご

日 本 と 中 国 の こ と を 考 え る 毎 日 で し た 。 自 ら

十 九 の 春 の 大 博 打

の 事 務 局 長 と し て 、 ア ジ

K 中 国 語 講 師 な ど を 歴 任 ︶ 、 坂 口 勝 春 さ ん

か に は 、 荒 川 清 秀 さ ん ︵ 愛 知 大 学 教 授 。 N H

て い き ま し た 。 そ の 頃 に 知 り 合 っ た 先 達 の な

就 職 し ま し た 。 爾 来 三 十 七 年 、 経 営 危 機 は 一

以 前 か ら 志 望 し て い た 日 中 友 好 商 社 の 蝶 理 に

し か し 、 そ の 声 も 空 疎 に 聞 こ え る な か 、 そ れ

た と 褒 め て く れ る 人 が に わ か に 増 え ま し た 。

国 ブ ー ム の 雰 囲 気 の な か 、 ﹁ 先 見 の 明 ﹂ が あ っ

こ の 四 十 年 、 濃 淡 は あ っ て も 何 ら か の 形 で

お の れ の 次 に

○ 真 水 も て

た 借 り は 返 せ た か な ?

て い る か な ? ﹁ あ の 日 ﹂ の 周 恩 来 首 相 に 受 け

熱 帯 中 魚 国 飼 を う 愛 し セ て オ ︵ リ 岡 ス 井 ト 隆 ︶

と 自 問 自 答 し ま し た 。


十 五 周 年 記 念 ・ 中 文 同 窓 会 が 開 か れ ま し た 。

神 的 社 会 的 な 衝 撃 ︶ が 続 く 四 月 半 ば 、 開 講 八

か ら の ア フ タ ー シ ョ ッ ク ︵ 余 震 に 加 え て 、 精

い 八 月 十 五 日 で し ょ う か 。 今 回 の ﹁ あ の 日 ﹂

一 日 が そ う で し た 。 そ の 前 は 、 日 本 の 一 番 長

揃 え て く れ る 日 が あ り ま す 。 十 年 前 の 九 月 十

﹁ あ の 日 ﹂ と 言 え ば 、 多 く の 人 が 時 間 軸 を

博 景 気 に 沸 く 大 阪 に 再 転 居 し た 後 、 父 妹 の 病

北 京 放 送 を 聴 き 始 め た 早 熟 の 中 学 生 時 代 。 万

小 学 四 年 生 の 終 わ り 。 そ の 地 に 大 陸 か ら 届 く

逃 げ 出 す よ う に 山 口 県 徳 山 市 へ 移 住 し た の が

さ れ て い た よ う な 故 郷 の 大 分 県 中 津 市 か ら 、

あ と か ら 思 え ば 、 高 度 成 長 の 時 代 に 取 り 残

○ 返 程 ま 雀 る や し 鮨 良 、 た い 大 。 丸 き 学 お い っ そ 陰 話 か し で を け て 入 に 中 学 角 な 国 前 張 り と か ら ま の ら せ し ご 今 た 縁 に 。 に 至 つ る い ま て で 振 の り 道

ど に 出 掛 け て 、 リ ア ル な 中 国 へ の 視 界 を 広 げ

強 し ま し た 。 ま た 大 阪 で の ア ジ ア 市 民 講 座 な

葵 ﹄ を 立 上 げ 、 社 会 学 ・ 政 治 学 の 初 歩 か ら 勉

中 嶌 和 人 さ ん や 曹 正 幸 さ ん と は 同 人 誌 ﹃ 向 日

ら は 、 自 主 文 学 ゼ ミ の 仲 間 と し て 啓 発 を 受 け 、

か せ て 頂 き ま し た 。 同 級 の 下 村 作 次 郎 さ ん か

生 に は 、 日 本 と 中 国 と の 歴 史 に つ い て 眼 を 開

○ あ の 日 か ら 胸 の 振 り 子 は

井 上 邦 久 氏

朱 夏 を 指 し

し て 頂 き ま し た 。 後 に 着 任 さ れ た 中 井 英 基 先

平 先 生 と 塚 本 照 和 先 生 に は 文 学 の 手 ほ ど き を

と は 嬉 し く て 仕 方 の な い こ と で し た 。 桑 山 龍

卒 業 生 代 表 と し て 、 お 話 し を す る 機 会 を 頂 き

長 と 同 級 と い う 誼 み も あ り 、 お こ が ま し く も

準 備 に 尽 力 さ れ た 下 村 教 授 や 山 澤 国 際 交 流 部

学 生 で も あ り ま し た 。 高 先 生 に 直 接 教 わ る こ

し た が 、 真 面 目 に 予 習 復 習 を 欠 か さ な い 新 入

し た 。 馬 の 臭 い で ク ラ ス 仲 間 の 顰 蹙 も 買 い ま

プ ロ 年 フ 年 年 年 ィ を 本 上 青 天 学 府 ー 立 ル 担 学 海 島 理 当 集 中 講 義 ﹁ ビ ジ ネ ス 中 国 語 ﹂

刈 餌 作 り を し て か ら 教 室 へ と い う 日 も あ り ま

通 学 。 ま た 馬 術 部 厩 舎 に 泊 り 込 み 、 早 朝 の 草

墳 群 や 二 上 山 を 見 な が ら サ イ ク リ ン グ 気 分 で

四 条 畷 高 校 卒 業 、 天 理 大 学 入

駐 ・ 大 在 北 学 京 卒 現 駐 業 在 在 蝶 に 理 至 ㈱ る 入 社

○ ﹁ し か し 、 そ れ だ け で は な い ﹂ と 鳩 は 呟 古 い 柳 本 の 農 家 に 下 宿 し ︵ 三 畳 で 三 千 円 ︶ 、

そ し て 翌 春 の 受 験 に 繋 が り ま し た 。

中 国 語 の 音 の 響 き に す っ か り 魅 了 さ れ ま し た 。

ま し た 。 画 面 か ら 伝 わ る 高 維 先 先 生 の 温 顔 と

う よ う に な っ た 頃 、 N H K 中 国 語 講 座 を 知 り

と す る だ け で な く 、 現 代 中 国 に 接 し た い と 思

に ﹁ 中 国 ﹂ が 現 れ ま し た 。 漢 和 辞 典 を 愛 読 書

な 黒 い 緞 帳 に 塞 が れ た 処 に 、 一 条 の 光 の よ う

ン ・ マ キ や 藤 圭 子 の 退 嬰 的 な 唄 で し た 。 そ ん

的 に も 衰 弱 し た 、 高 校 時 代 の B G M は カ ル メ

ふるさと会報 第 号

や 離 散 と い う 流 れ の な か で 、 精 神 的 に も 経 済


い ま す 。

し ょ う か 。 今 一 度 考 え て み る 必 要 が あ る と 思

ず に 失 っ て い る も の が 沢 山 あ る の で は な い で

で あ る か の よ う に 生 活 し て い ま す が 、 気 付 か

最 後 に 、 こ の 豊 か で 便 利 な こ と が 当 た り 前

の で す 。 漁 業 も 同 じ で す 。

機 械 と 化 学 肥 料 と 石 油 な く し て 成 り 立 た な い

ー を 消 費 し て 生 産 さ れ て い ま す 。 今 の 農 業 は

ふるさと会報 第 号

ま た 、 生 命 を 支 え る 食 糧 も 物 質 と エ ネ ル ギ

よ う に 思 い ま す 。

起 し て い る と 同 時 に 一 つ の 答 え を 出 し て い る

間 活 動 と エ ネ ル ギ ー に つ い て 種 々 の 問 題 を 提

で し ょ う か 。 今 回 の 原 子 力 発 電 所 の 事 故 は 人

子 力 エ ネ ル ギ ー は 工 業 製 品 の 原 料 に 出 来 る の

ト な の で し ょ う か 。 さ ら に 付 け 加 え れ ば 、 原

ム の 分 裂 で 発 生 す る 放 射 性 物 質 は 環 境 に ソ フ

電 単 独 で 賄 え る の で し ょ う か 。 ま た ウ ラ ニ ウ

に 付 随 し て 消 費 さ れ る エ ネ ル ギ ー は 原 子 力 発

設 、 さ ら に は 使 用 済 み 核 燃 料 の 長 期 間 の 保 存

の 製 造 、 原 子 炉 の 製 造 、 頑 強 な 発 電 施 設 の 建

て み ま し ょ う 。 例 え ば 燃 料 と な る ウ ラ ニ ウ ム

の 負 荷 が 少 な い の で し ょ う か 。 ち ょ っ と 考 え

か の ご と く 宣 伝 さ れ て い ま す 。 本 当 に 環 境 へ

れ か ら の 人 類 の エ ネ ル ギ ー 不 足 を 解 決 出 来 る

を 出 さ な い の で 地 球 環 境 に 優 し い う え に 、 こ

子 力 か ら 得 ら れ た 電 気 エ ネ ル ギ ー は 炭 酸 ガ ス

が 大 き い で す 。 一 方 原 子 力 エ ネ ル ギ ー は 、 原

温 暖 化 を 引 き 起 こ す と 同 時 に 、 環 境 へ の 負 担


を 担 当 い た し ま し た 。 そ の 間 多 く の 学 生 が 私

年 以 上 も の 間 、 教 養 の 化 学

て お ら れ る こ と 、 何 よ り 喜 ば し い こ と で す 。

さ て 、 ふ る さ と 会 の 皆 さ ん 、 元 気 に 活 躍 し

エ ネ ル ギ ー 問 題 ﹄ と 深 く 関 わ っ て い ま す 。 そ こ

に な っ て い ま し た 。 こ の 事 故 は ﹃ 人 間 活 動 と

っ た 福 島 原 子 力 発 電 所 の 事 故 は 、 四 六 時 中 気

ル ギ ー と し て 用 い る と 炭 酸 ガ ス を 放 出 し 地 球

原 料 と し て も 必 須 の 資 源 で あ り ま す 。 熱 エ ネ

で あ り 、 量 的 に 有 限 で あ り ま す 。 さ ら に 工 業

振 り 返 る と 、

て 力 を 合 わ せ ま し ょ う 。

人 間 の 知 恵 で す 。 す べ て の 人 々 が 復 興 に 向 け

災 難 を 解 決 す る の も や は り 科 学 技 術 で あ り 、

無 力 で あ る か を 知 ら さ れ ま し た 。 し か し こ の

進 ん だ と い っ て も 、 自 然 の 前 で は 人 は い か に

を 心 か ら 祈 念 い た し ま す 。 科 学 技 術 が い か に

た 方 々 に お 見 舞 い 申 し 上 げ 、 一 日 も 早 い 復 活

こ の た び の 未 曾 有 の 大 災 害 で 被 害 に 遭 わ れ

報 道 さ れ る こ の た び の 大 災 害 に 連 動 し て 起 こ

話 し た こ と を 思 い 出 し た り し て い ま す 。 連 日

こ う か と 途 方 に く れ て い ま し た 。 講 義 の 中 で

あ の 苦 し み を 思 い 出 し ま し た 。 さ ∼ て 何 を 書

た 。 ﹁ は い 分 か り ま し た ﹂ と 言 っ た と 同 時 に 、

畠 先 生 か ら 会 報 に 寄 稿 す る よ う に 言 わ れ ま し

送 っ て い た の で す が 、 ど ん な は ず み か 突 然 小

物 の 成 長 を 見 守 り な が ら 毎 日 の ん び り 日 々 を

今 で は あ の 苦 し み か ら 解 放 さ れ 、 畑 で 農 作

石 炭 ・ 石 油 な ど の 化 石 エ ネ ル ギ ー は 地 下 資 源

ル ギ ー は 安 定 的 に 得 る こ と が 困 難 で あ り ま す 。

原 子 力 エ ネ ル ギ ー な ど が あ り ま す 。 自 然 エ ネ

ー 、 石 炭 ・ 石 油 な ど の 化 石 エ ネ ル ギ ー そ し て

水 力 、 潮 力 、 地 熱 、 風 力 な ど の 自 然 エ ネ ル ギ

に 求 め る の で し ょ う か 。 エ ネ ル ギ ー に は 太 陽 、

り ま す 。 ま た 増 産 に 必 要 な エ ネ ル ギ ー 源 を 何

次 世 代 の 人 類 の 利 用 に 制 約 を 加 え る こ と に な

工 業 製 品 の 増 産 は 地 下 資 源 の 枯 渇 を 加 速 し 、

て も す む こ と で し た 。

活 か し て く れ る だ ろ う か と い う 自 問 を し な く

う す れ ば 受 講 生 が 知 識 だ け で な く 知 恵 と し て

準 備 を し な く て い い ん だ 、 そ し て 何 よ り も ど

は っ き り と 覚 え て い ま す 。 あ あ こ れ で 講 義 の

て 、 そ れ を 終 え た と き の あ の 解 放 感 を 今 で も

し い も の で し た 。 今 日 が 最 後 の 講 義 だ と 思 っ

と っ て 、 講 義 は 試 行 錯 誤 の 連 続 で 、 本 当 に 苦

だ さ っ て い る だ ろ う か と 心 が 痛 み ま す 。 私 に

た し て 今 、 生 活 の 中 で 知 恵 と し て 活 か し て く

の 講 義 を 受 け て く だ さ っ た と 思 い ま す が 、 果

返 さ れ ま す 。 一 方 地 下 資 源 の 量 は 有 限 で す 。

ら な く な り 、 物 質 と エ ネ ル ギ ー の 消 費 が 繰 り

え ま す 。 そ し て 工 業 製 品 を 増 産 し な け れ ば な

し よ う と す れ ば 、 当 然 、 工 業 製 品 の 消 費 が 増

物 質 的 に 豊 か で 、 苦 痛 を 伴 わ ず に 便 利 に 生 活

学 技 術 を 用 い て 、 大 量 に 生 産 さ れ て い ま す 。

資 源 と エ ネ ル ギ ー を 使 っ て 高 度 に 進 歩 し た 科

か ﹄ と 問 い か け た い 。 種 々 の 工 業 製 品 が 地 下

う か 。 他 人 の 生 命 を 犠 牲 に し て い な い だ ろ う

す 。 ﹃ 人 類 と し て 本 当 に こ れ で い い の で あ ろ

く 使 う ほ ど 豊 か さ と 便 利 さ を 享 受 出 来 る の で

再 び 考 え る 機 会 を 得 て

﹁ 旧 師 か ら ﹂

吉 井 恒 雄

消 費 し て 生 活 を 維 持 し て い ま す 。 こ れ ら を 多

言 う ま で も な く 人 類 は 物 質 と エ ネ ル ギ ー を

い て 再 度 考 え 、 そ の 責 を 果 た す こ と に し ま す 。

上 で 出 来 る だ け 永 く 繁 栄 す る た め に は ﹄ に つ

ふるさと会報 第 号

で か つ て 取 り 上 げ た テ ー マ ﹃ 人 類 が こ の 地 球


所 属 愛 知 支 部

・ ・ ■ 天 平 西 理 成 教 初 島 年 晴 台 ︵ 分 月 大 教 よ ・ 会 り ・ 長 大 宗 阪 ︶ 中 支 部 長

③ ② ① 臨 講 人 床 師 間 心 関 理 係 学 学 、 科 心 理 臨 療 床 法 心 理 専 攻

③ 日 本 語 学 、 日 本 語 教 育

② 准 教 授

・ 会 長 推 薦 所 属 大 阪 中 支 部

高 嶋 雄 介

① 外 国 語 学 科

天理大学 ホームカミングデー 日(土)

ぜひお帰りください!

天理大学祭も開催!







教 員 紹 介

③ 菊 学 韓 池 国 ・ 律 朝 之 鮮 語 学 、 日 韓 対 照 言 語

日 本 語 専 攻

① 所 属 ② 職 名 ③ 専 門 分 野



ふるさと会報 第 号

保 健 体 育 科 指 導 法

② 准 教 授

天 理 大 学 平 成 年 度 着 任

① 外 国 語 学 科 韓 国 ・ 朝 鮮 語 専 攻

③ ② ① ス 教 体 ポ 授 育 ー 学 ツ 科 教 育 学 、 学 校 体 育 特 論 、

・ ■ て 現 北 勤 在 浦 務 は 株 德 式 次 会 ︵ 社 大 コ ・ マ ツ ・ 宗 製 ︶ 作 所 に ・ 天 理 教 新 津 分 教 会 長

・ ・ 平 赤 近 成 松 畿 稔 地 年 常 区 任 定 月 理 数 よ 事 枠 り の 大 後 阪 任 北 支 部 長

所 属 大 阪 北 支 部

・ ・ 平 会 成 長 推 年 薦 月 よ り 新 潟 支 部 長

所 属 新 潟 支 部

金 イ ユ 善 の 美 思 ︵ 想 キ ム ソ ン ミ ︶

教 育 的 関 係 論 、 シ モ ー ヌ ・ ヴ ェ

③ ② ① 臨 講 教 総 床 師 職 合 課 教 教 程 育 育 学 研 の 究 方 セ 法 ン の タ 探 ー 究 、 臨 床

③ 池 東 文 田 南 化 ア 人 憲 ジ 類 昭 ア 学 島 、 嶼 イ 部 ン ド ネ シ ア な ど

② ① 准 ア 地 教 ジ 域 授 ア 文 ・ 化 オ 学 セ 科 ア ニ ア 研 究 コ ー ス

■ 新天 小 常理 倉 任大 理学 正 事ふ る 司 ︵ 紹さ 大 介と ・ 会 ︵ ・ 同 朝 窓 ︶ 会 ︶

・ ・ ■ 天 平 故 吉 理 成 田 澤 教 邊 東 年 敬 讓 愛 善 ︵ 大 月 常 大 教 よ 任 ・ 会 り 理 ・ 長 愛 事 宗 知 の ︶ 支 後 部 任 長

・ 北 陸 ・ 中 部 地 区 定 数 枠

池 田 華 子

奥 島 美 夏


ま ず 、 入 学 時 に は 新 入 生 全 員 に ﹁ キ ャ リ ア

い ま し た 。

職 情 報 交 換 会 ﹂ を

回 開 催 し

そ の 他 、 教 員 と の 連 携 を 深 め る た め 、 ﹁ 就

援 に 精 一 杯 取 り 組 ん で ま い り た い と 思 い ま す 。

を 増 す 状 況 と な り ま し た が 、 先 輩 諸 氏 の ご 支

び の 東 日 本 大 震 災 の 影 響 に よ り 、 一 層 厳 し さ

援 と ご 協 力 を 切 に お 願 い し つ つ 、 進 路 就 職 支

月 と 月 の 年

生 の み な ら ず 、 低 年 次 の 段 階 か ら 進 路 に 対 す

ロ オ 平 ジ シ 成 ェ ス ク テ 年 ト ム 度 を の も 立 導 、 ち 入 就 上 な 職 げ ど 活 ま を 動 し 取 を た り 行 。 入 う れ た 、 新 た 年 な 次 プ

力 育 成 支 援 事 業 ﹂ に 選 定 さ れ 、 ポ ー ト フ ォ リ

談 に 応 じ て い ま す 。

ン パ ス で も 今 年 度 か ら 新 た に 週

ス で は 昨 年 通 り 週

成 り 組 年 み 度 も か 行 ら っ ﹁ て キ い ャ ま リ す ア 。 支 そ 援 の ル 一 ー 環 ム と ﹂ し を て 開 、 設 平

回 、 個 別 相

就 職 環 境 の 厳 し い 社 会 情 勢 の な か 、 こ の た

日 体 制 で 、 体 育 学 部 キ ャ

就 職 相 談 を 実 施 し て い ま す 。 杣 之 内 キ ャ ン パ

し 、 キ ャ リ ア ア ド バ イ ザ ー を 学 外 か ら 迎 え て

献 身 ﹄ プ ロ グ ラ ム ﹂ が 同 省 の ﹁ 大 学 生 の 就 業

平 年 タ 成 計 ル 画 サ 年 事 ポ 度 業 ー に の ト は 学 ﹁ 年 生 天 目 支 理 を 援 ス 無 プ ピ 事 ロ リ 終 グ ッ え ラ ト ま ム ﹃ し ﹂ 他 た は 者 。 、 へ ま の た カ 、 な 支 援 と と も に 、 個 別 的 に 丁 寧 に 支 援 す る 取

さ ら に 、 多 様 化 し た 学 生 に 対 し て 、 体 系 的

援 推 進 事 業 ﹂ に 採 択 さ れ た ﹁ キ ャ リ ア & メ ン

年 度 に 、 文 部 科 学 省 の ﹁ 大 学 教 育 ・ 学 生 支

前 号 で も ご 紹 介 い た し ま し た よ う に 、 平 成

約 催 し 人 、 と 盛 日 会 間 裏 で に 参 終 加 え 企 る 業 こ は と が 社 で 、 き 参 ま 加 し 学 た 生 。 は

用 担 当 者 を 大 学 に 招 い て 学 内 企 業 説 明 会 を 開

て い ま す 。 ま た 、 月 に は 、 企 業 の 人 事 ・ 採

進 路 就 職 支 援

者 ・ の 割 % 合 減 は の 、 就 職 ・ 率 に % な で り 、 ま 昨 し 年 た と 。 比 較 す る と

年 行 い 月 、 ま で 年 全 次 生 回 に の 対 進 し 路 て ガ は イ 、 ダ ン 月 ス 中 を 旬 実 か 施 ら し 翌

年 次 生 対 象 の 進 路 ガ イ ダ ン ス や セ ミ ナ ー を

こ の 他 に も 、 学 外 か ら 講 師 を 迎 え て 、



語学講座秋期(

℡ は ホ ー ム ペ ︵ ー ジ で ︶

詳 細 ・ 申 込 は 天 理 大 学 進 路 部 も し く

∼ 月)受講生募集

場 も い 所 に ず ︵ 中 れ 天 分 も 級 ︶ 理 間 大 、 月 毎 学 全 開 週 火 サ 講 テ 回 予 曜 ラ 、 定 日 イ 三 で ト 万 、 午 オ 円 各 後 フ 講 時 ィ 座 ∼ ス と

︵ 初 級 ︶ 毎 週 土 曜 日

︵ 初 級 ︶ 毎 週 金 曜 日

︵ 初 級 ︶ 毎 週 水 曜 日

韓 国 語 講 座

︵ 中 級 ︶ 毎 週 木 曜 日

︵ 初 級 ︶ 毎 週 月 曜 日

午 午 午 後 後 後

午 午 後 後

時 時 時 ∼ ∼ ∼

時 時 ∼ ∼

中 国 語 講 座

と な り ま し た 。 就 職 希 望 者 に 対 す る 就 職 決 定

企 業 ・ 教 員 ・ 公 務 員 な ど に 就 職 し た 者 は

内 就 職 を 希 望 し ﹁ 求 職 登 録 ﹂ し た 者 が

卒 平 業 成 生 進 年 路 状 月 況 の 学 部 卒 業 生 は

す る 意 識 を 高 め て い ま す 。

学 中 に 就 業 体 験 を す る こ と に よ り 、 職 業 に 対

イ ン タ ー ン シ ッ プ 制 度 ﹂ に 参 加 さ せ 、 大 学 在

さ ら に 、



数 ま し 人 た の 。 学 ま 生 た が 、 受 就 講 職 し 支 ま 援 し ・ た 資 。 格 取 得 講 座 は 総

る 意 識 を 高 め ら れ る よ う 様 々 な サ ポ ー ト を 行



デ ザ イ ン シ ー ト ﹂ ︵ 総 合 適 性 検 査 ︶ を 実 施 し 、



自 己 の 適 性 を 把 握 さ せ 、 在 学 中 の 明 確 な 目 標

施 し て い ま す 。

平 成 年 度 進 路 状 況 と 進 路 就 職 支 援

人 で 、 人 そ 人 、 の

月 か ら は 、 中 国 語 や 韓 国 語 の 語 学 講 座 を 実

年 次 生 に は 、 ﹁ 奈 良 県 大 学 連 合

ン ︱ 人 生 と 職 業 ︱ ﹂ の 科 目 を 開 講 し ま し た 。

す る 卒 業 生 を 講 師 に 迎 え 、 ﹁ キ ャ リ ア デ ザ イ

生 観 ・ 職 業 観 を 育 成 す る た め 、 実 業 界 で 活 躍

の み な ら ず 周 辺 企 業 の 採 用 担 当 者 の 来 訪 も 年 増

生 の 就 職 支 援 の 拠 点 と し て 、 在 学 生 ・ 卒 業 生

テ ラ イ ト オ フ ィ ス ﹂ ︵ 大 阪 ・ 梅 田 ︶ は 、 本 学 学

天 平 理 成 大 学 年 サ 度 テ か ラ ら イ ス ト タ オ ー フ ト ィ し ス た ﹁ 天 理 大 学 サ

え 、 順 調 に 機 能 し て い ま す 。 ま た 、 平 成

ふるさと会報 第 号

を 設 定 さ せ る 一 助 と し て い ま す 。 そ し て 、 人


▲ラグビー部、 年ぶり関西V 月、近鉄花園ラグビー場で行われた関西大学Aリーグ最終戦で関西学院大学を 破り、 戦全勝で 年ぶりの優勝を果たし、伝統の黒ジャージが復活した。

▲柔道 全日本ジュニア キロ級制覇 月、埼玉県立武道館で行われた平成 年度全日本ジュニア柔道体重別選手権で、 体育学科 年・西尾享祐君が キロ級で 全国大会初優勝を果たした。

が ド ラ フ ト で 指 名 さ れ た の は 今 回 が 初 め て 。

小 山 雄 輝 君 が 巨 人 に

月 、 プ ロ 野 球 ド ラ フ ト 会 議 で 野 球 部 の 体 育 学 科

位 で 指 名 さ れ た 。 野 球 部 の 選年 手・

の 料 理 販 売 、 民 族 楽 器 演 奏 、 宮 廷 舞 踊 の 披 露 な ど

ン ド ネ シ ア ︵ イ ン ド ネ シ ア 祭 り ︶ ﹂ 、 イ ン ド ネ シ ア

月 、 て ん だ り ー

colors

多 彩 な プ ロ グ ラ ム で 催 さ れ 、 終 日 賑 わ っ た 。

で 開 催 さ れ た ﹁ ペ ス タ ・ イ

︵ イ ン ド ネ シ ア 祭 り ︶ ﹂ 開 催

 商 店 街 活 性 化 イ ベ ン ト ﹁ ペ ス タ ・ イ ン ド ネ シ ア

 野 球 部 小 山 雄 輝 君 巨 人 ド ラ フ ト 位 に ▲香港政府主催のコンサートに招待されトランペット演奏! ▲サハリン国立大学と学術交流協定締結 月、香港政府主催の「Swing for All 搖擺爵士大樂隊 月、サハリン国立大学(ロシア連邦サハリン州)との間で、2011 之 歌舞明星夜」に軽音楽部トランペット奏者の宗教学 年度から留学生の相互受け入れなどを行う学術交流協定を締結。ロ 科 年・長澤真衣子さんが招待され、演奏を披露した。 シアにおける学術交流協定校は 校となった。

▼バスケットボール部男子、初の 冠達成 2010年度関西学生バスケットボールリーグ戦で、バスケットボール部男子が 年連続優勝を果たし、春の関西学生選手権、西日本学生選手権と合わせて、シー ズン 冠を達成

▲中西さん ジャパンパラリンピック 連覇 月、埼玉県障害者交流センターで行わ れた2010ジャパンパラリンピックアー チェリー競技大会の女子W リカーブ部 門で中西彩さん(天理大学職員)が 連 覇を果たした。

▼五外大スピーチコンテストで団体賞を獲得 月、 「第 回五外大スピーチコンテスト」団体賞で、ESS 部の地域文化学科 年・大川ヘナン君、英米語専攻 年・ 友利恵理子さん、内山正喜君が活躍し、 連覇を達成した。

▲JICA「草の根技術協力事業」に採択 地域文化研究センターは 月より 年半、JICA「草の根技術協 力事業」として、ケニア共和国北東州ガリッサ県における女子 高生の中退率を減少させるプロジェクトに着手している。


頁 右 下 よ り

年度関西学生バスケットボールリーグ戦 部) ( 月 日∼ 月 日) 位 勝 敗 第 回全日本学生バスケットボール選手権大会 ( 月 日∼ 日) 位 (

バドミントン部 (男子)

回西日本学生バドミントン選手権大会 ( 月 日∼ 月 日) 団体 ベスト シングルス ベスト 湊 勝仁(欧米 ) 平成22年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦 ( 部) ( 月 日∼ 日) 位 勝 敗 部残留(入替戦)

バドミントン部 (女子)

回西日本学生バドミントン選手権大会 ( 月 日∼ 月 日) 団体 ベスト 平成 年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦 ( 部) ( 月 日∼ 日) 位 勝 部昇格(入替戦) 秩父宮杯・秩父宮妃杯争奪第 回全日本学生バド ミントン選手権大会 ( 月 日∼ 日) 団体 ベスト 平成 年度関西学生バドミントン新人戦大会 ( 月 日∼ 月 日) ダブルス ベスト 吉村柚香 (体 ) ・樋口菜々実 (体 )

ハンドボール部 (男子)

平成 年度関西学生ハンドボール秋季リーグ戦 ( 部) ( 月 日∼ 月 日) 位 勝 敗 部残留(入替戦)

ハンドボール部 (女子)

平成 年度関西学生ハンドボール秋季リーグ戦 ( 部) ( 月 日∼ 月 日) 位 勝 敗 分

平成 戦( 位

平成 戦( 位

バレーボール部 (男子)

年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ 部) ( 月 日∼ 月 日) 勝 敗( 部自動昇格)

バレーボール部 (女子)

年度関西大学バレーボール連盟秋季リーグ 部) ( 月 日∼ 月 日) 勝 敗 部残留(入替戦)

英国 カ国国際トーナメント( 月 日∼ 日) 位 日本代表 穴井善博(体 ) 、坂本博紀(体 ) 、 三谷元騎(体 ) 第 回西日本学生ホッケー選手権大会 ( 月 日・ 日) 位 年関西学生ホッケー秋季リーグ ( 月 日∼ 月 日) 位 第 回男子全日本学生ホッケー選手権大会 ( 月 日∼ 月 日) 位 第 回東アジア競技大会( 月 日∼ 日) 位 日本代表 穴井善博(体 ) 、坂本博紀(体 ) 、 三谷元騎(体 ) 回全日本大学ホッケー王座決定戦 ( 月 日∼ 日) 位 最敢闘選手 小櫻千奈美(体 ) 第 回アジアチャンピオンズトロフィー大会 ( 月 日∼ 日) 位 日本代表 新井麻月 (体 ) 、大塚志穂(体 ) 、 遠藤里菜 (体 ) 第 回ワールドカップ大会 ( 月 日∼ 月 日) 位 日本代表 新井麻月(体 ) 、大塚志穂(体 ) 第 回西日本学生ホッケー選手権大会 ( 月 日∼ 日) 優勝 年連続 度目 平成 年度関西学生ホッケー秋季リーグ ( 月 日・ 日) 優勝 季連続 度目 第 回女子全日本学生ホッケー選手権大会 ( 月 日∼ 月 日) 位 優秀選手 及川 栞 (体 ) 、新井麻月 (体 ) 、 柴田あかね(体 ) 第 回アジア競技大会( 月 日∼ 日) 位 日本代表 新井麻月(体 ) 、大塚志穂(体 ) 第 回女子全日本ホッケー選手権大会 ( 月 日∼ 日) 位 高円宮牌

ホッケー部 (男子)

回全日本大学ホッケー王座決定戦 ( 月 日∼ 日) 位 BDOハンブルグマスターズ ( 月 日∼ 日) 位 日本代表 穴井善博(体 ) 、坂本博紀(体 ) 、 三谷元騎(体 )

ふるさと会報 第 号

ホッケー部 (女子)

位 平成 位

ホッケー日本リーグ ( 月 日∼

日)

日)

ラグビー部

年度関西大学Aリーグ戦 ( 月 勝

日∼

陸上競技部 (男子)

回関西学生学年別選手権大会兼第37回混成選

手権大会 年 m mハードル 走幅跳 ハンマー投げ 年 円盤投げ 槍投げ ・ 年 m mハードル mSC 走高跳 棒高跳 走幅跳

日∼

日)

位 位 位 位 位

松吉修平(体 桐生大輝(体 長田有司(地 田中亮介(地 植原久貴(体

) ) ) ) )

位 位

堀田悠貴(体 橋本悠平(体

) )

位 位 位 位 位 位 位 位 位

西尾太一(欧米 ) 山中 昇(体 ) 岡本和樹(体 ) 福田貫浩(体 ) 廣瀬智之(体 ) 阪下直樹(体 ) 東 孝一(体 ) 長尾慎祐(体 ) 西守貴弘(体 )

砲丸投 共通の部 種競技 位 井口雅仁(体 ) × mリレー 位 土谷雄真(欧米 ) 、松吉修平(体 ) 、 長岡健太郎(体 ) 、衣笠広祐(体 )

陸上競技部 (女子)

第 回関西学生学年別選手権大会兼第37回混成選 手権大会 ( 月 日∼ 日) 女子 ・ 年 ハードル 位 西川佳那(体 ) 走幅跳 位 柳 依里(体 ) 段跳 位 吉田裕美(地1) 槍投げ 位 小田 茜(地1) ・ 年 走幅跳 位 板垣瑛子(体 ) 段跳 位 梅本菜未(体 ) 円盤投げ 位 上坂真代(体 ) 位 中田奈都子(体 ) ハンマー投げ 位 細田 彩(体 ) 槍投げ 位 吉川麻里(体 ) 共通の部 種競技 位 狭川綾幸(体 ) 第

体操競技部

回全日本学生体操選手権大会 ( 月 日∼ 日) 男子 部 団体 総合 位 個人総合 位 森井裕樹(体 ) 位 山川純平(体 ) 位 久保田正也(欧米 ) 位 石橋裕也(体 ) 女子 部 団体 総合 位 個人総合 位 中森理子(体 ) 位 木下万梨子(体 ) 第 回関西学生体操新人選手権大会 ( 月 ・ 日)

男子 新人戦個人総合

女子 新人戦個人総合 平成

優勝 位 位 位 位

森井裕樹(体 石橋裕也(体 香川成人(体 関本崇真(体

) ) ) )

中川

恵(地

レスリング部

年度西日本学生選手権大会 ( 月 日∼ グレコローマン ㎏級 位 矢形仙明(亜 ) ㎏級 位 福井裕士(体 ) フリースタイル ㎏級 位 松崎浩二(欧米 ) ㎏級 優勝 福井裕士(体 ) 平成 年度西日本学生秋季リーグ戦 ( 月 日・ 部 位

日)

日)

サッカー部

年度第 回関西学生サッカーリーグ(後期 部Bブロック) ( 月 日∼ 月 日) 位 勝 敗 分

平成 男子 女子 平成 男子 女子

年度秋季関西学生卓球リーグ戦 ( 月 日∼ 月 日) 部 位 勝 敗 部 位 勝 敗 年度秋季奈良県学生大会( 月 日) 団体 優勝 シングルス 位 丸山明彦(地 ) 団体 優勝 シングルス 位 西村香里(歴 )

ソフトボール部

回秋季関西学生ソフトボールリーグ ( 月 日∼ 月 部 位

日)

創作ダンス部

nd All Japan Dance Festival Kobe ( 月 日∼ 日) 神戸市長賞 作品名「and one native spirit∼」 アーティスティック・ムーブメント・イン・トヤ マ ( 月 日∼ 日) 特別賞 作品名 「フツーの定義」 内村香菜(体 ) 、濱村真衣(体 ) 、 吉川由希子(体 ) 特別賞 作品名「はつがしら」 加藤 愛(体 ) 、井手麻子(体 ) 、 鈴木瑠璃子(体 ) 、棟久瑠衣(体 )

軟式野球部

西都大学軟式野球連盟秋季リーグ戦 ( 月 日∼ 部 位 勝 敗

日)

ふるさと会報 第 号


女子

平成

月∼平成

第 回関西合気道競技大会( 月 日) 種目別混合団体戦 安倍杯 優勝 男子演武競技有段の部 位 水畑智晴(体 ) 演武競技中上級の部 位 我妻百香(人 ) 小川理香(人 ) 第30回関西学生合気道新人競技大会( 月 日) 女子乱取り競技 優勝 高矢裕貴(英 ) 位 我妻百香(人 ) 女子演武競技対徒手 優勝 小川理香(人 ) 高矢裕貴(英 )

アメリカンフットボール部

2010年度関西学生アメリカンフットボール秋季リ ーグ戦(Division Cブロック) ( 月 日∼ 月 日) 位 勝 敗

回関西学生空手道オープントーナメント ( 月 日) 男子シニアクラス 優勝 砂田圭太(体 ) 男子団体組手 ベスト 女子団体組手 位 男子団体形 位 上野祐樹(体 ) 、坂本真哉(体 ) 、 横田成紀(体 ) 第53回全関西大学空手道選手権記念大会 ( 月 日) 男子団体組手 ベスト 女子団体組手 位 男子団体形 位 第54回全日本大学空手道選手権大会( 月 日) 男子団体組手 ベスト

平成 年度男子リーグ戦( 月 日∼ 月 日) 部リーグA 優勝 勝 敗 部昇格 (入替戦) 平成 年度男子リーグ戦( 月 日∼ 月 日) 部リーグA 位 勝 敗

第23回関西学生剣道新人大会( 男子団体 ベスト

平成 部

平成 男子

日)

硬式野球部

年度阪神大学野球連盟秋季リーグ戦 ( 月 日∼ 月 位 勝ち点 部残留(入替戦)

テニス部

日)

年度関西大学対抗テニスリーグ戦 ( 月 日∼ 日、 月 日) 部 勝 敗 位 部残留(入替戦)

ふるさと会報 第 号

平成

柔道部 (男子)

回近畿ジュニア柔道体重別選手権大会 ( 月 日) ㎏以下級 優勝 西尾享祐(体 ) ㎏以下級 優勝 大野将平(体 ) ㎏超級 優勝 西田勇生(体 ) 韓国ジュニア(7月12日) ㎏以下級 優勝 西尾享祐(体 ) 第 回関西学生柔道体重別団体優勝大会 ( 月 日) 優勝 第 回関西学生柔道体重別団体優勝大会 ( 月 日) ㎏以下級 優勝 矢野大地(体 ) 位 西尾享祐(体 ) 位 宇城裕二(体 ) ㎏以下級 優勝 大野将平(体 ) ㎏以下級 優勝 内角卓也(体 ) 位 世古大和(体 ) ㎏以下級 位 中村宏也(体 ) 位 村岡大潤(体 ) ㎏以下級 位 高木悠祐(体 ) 位 小林督之(体 ) ㎏超級 優勝 津田賢一(体 ) 平成22年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会 ( 月 ・ 日) ㎏以下級 優勝 西尾享祐(体 ) 平成 年度 回全日本学生柔道体重別選手権大会 ( 月 ・ 日) ㎏以下級 ベスト 矢野大地(体 ) ㎏以下級 ベスト 世古大和(体 ) 世界ジュニア柔道選手権大会( 月 ∼ 日) ㎏以下級 位 西尾享祐(体 ) 第 回全日本学生体重別団体優勝大会 ( 月 ・ 日) ベスト

柔道部 (女子)

回関西学生女子柔道体重別選手権大会 ( 月 ㎏級 ベスト 鴨川裕衣(欧米 ) ㎏級 位 江藤聖佳(体 ) ベスト 福原亜莉沙(体 ) ㎏級 優勝 大川 愛(体 ) ベスト 宮城奈央(地 ) ㎏級 優勝 高畑叔美(体 ) ベスト 小寺那奈(体 ) ベスト 平岡瑞樹(体 ) ㎏級 優勝 佐藤 愛(体 ) ベスト 羽根田玲奈(亜 )

回全日本学生体重別選手権大会 ( 月 日∼ ㎏級 ベスト 大川 愛(体 ) 第 回全日本学生柔道体重別団体優勝大会 ( 月 日∼ ベスト

日)

日)

日)

年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 ( 月 日∼ 日) ㎏級 ベスト 大川 愛(体 )

泳 (競泳)

回関西学生選手権水泳競技大会 ( 月 日∼ 月 日) 男子 部 総合 位 m自由形 位 川口侑太(体 ) 位 関口剛史(体 ) m自由形 位 山本誠一郎(体 ) 位 関口剛史(体 ) m自由形 位 品川拓也(体 ) m自由形 位 谷口大侑(体 ) mバタフライ 位 岩城晃一朗(体 ) m平泳ぎ 位 長田優豪(体 ) m個人メドレー 優勝 長田優豪(体 ) mリレー 位 関口剛史(体 ) 、上田一布(体 ) 、 長田優豪(体 ) 、川口侑太(体 ) mメドレーリレー 位 北村 崚(体 ) 、長田優豪(体 ) 、 岩城晃一朗(体 ) 、川口侑太(体 ) m個人メドレー 位 品川拓也(体 ) mリレー 位 関口剛史(体 ) 、山本誠一郎(体 ) 、 長田優豪(体 ) 、品川拓也(体 ) 女子 部 総合 位 m自由形 位 槇村征美(体 ) m背泳ぎ 優勝 大原 彩(体 ) m平泳ぎ 位 伊谷温子(体 ) mリレー 位 槇村征美(体 ) 、灰田佳恵(体 ) 、 永峰麻美(体 ) 、木下麻未(体 ) 、 mメドレーリレー 位 鈴木亜由美 (体 ) 、伊谷温子 (体 ) 、 中嶋萌子(欧米 ) 、槇村征美(体 ) 第 回関西学生春季室内選手権水泳競技大会 ( 月 日) 男子 m自由形 位 関口剛史(体 ) m自由形 位 柴田翔汰(体 ) m自由形 位 藤田紀良(体 ) m自由形 優勝 山本誠一郎(体 ) m自由形 優勝 山本誠一郎(体 ) m個人メドレー 位 関口剛史(体 ) m平泳ぎ 優勝 関口剛史(体 ) m平泳ぎ 位 篠原大輝(体 ) 女子 m自由形 優勝 槇村征美(体 ) m自由形 優勝 槇村征美(体 ) m自由形 位 灰田佳恵(体 ) m自由形 位 永峰麻美(体 ) m自由形 位 灰田佳恵(体 ) m背泳ぎ 優勝 大原 彩(体 ) m背泳ぎ 位 鈴木亜由美(体 ) m平泳ぎ 位 西田菜紗(人 ) m平泳ぎ 位 西田菜紗(人 )

泳 (飛び込み)

回日本学生選手権水泳競技大会(飛込競技) ( 月 日・ 日) 男子 総合 位 m飛板飛込 位 森岡大成(体 ) 位 田谷野敏典(体 ) 高飛込 位 森岡大成(体 ) 位 田谷野敏典(体 ) 女子 総合 位 m飛板飛込 位 伊藤理子(体 ) 高飛込 位 伊藤理子(体 )

ソフトテニス部 (男子)

第64回西日本ソフトテニス選手権大会 ( 月 日・ 日) 個人 ベスト 南本昭紀(体 ) ・小山 悠(体 ) 第 回文部科学大臣杯全日本大学対抗ソフトテニ ス選手権大会 ( 月 日∼ 日) ベスト 第 回三笠宮賜杯全日本学生ソフトテニス選手権 大会 ( 月 日∼ 日) ベスト 南本昭紀(体 ) ・小山 悠(体 ) 第 回全日本学生ソフトテニスシングルス選手権 大会 ( 月 日) ベスト 吉川浩平(欧米 ) 平成22年度関西学生ソフトテニス秋季リーグ戦 ( 部) ( 月 日・ 日) 位( 勝 敗) 関西学生選抜インドア・ソフトテニス選手権大会 ( 月 日) 個人 ベスト 南本昭紀(体 ) ・小山 悠(体 )

ソフトテニス部 (女子)

第 回三笠宮賜杯全日本学生ソフトテニス選手権 大会 ( 月 日∼ 日) ベスト 服部求実子 (体 ) ・東口明香 (体 ) 平成 年度関西学生ソフトテニス秋季リーグ戦 ( 月 日・ 日) 位 勝 敗 平成 年度大阪学生ソフトテニス優勝大会 ( 月 日・ 日) 優勝 中田彩子(体 ) ・畑 理沙(欧米 )

バスケットボール部 (男子)

年度関西学生バスケットボールリーグ戦 ( 部) ( 月 日∼ 月 日) 優勝 勝 敗( 年連続 度目) 平成 年度関西学生バスケットボール新人戦 ( 月 日∼ 日) 優勝 勝( 年連続)

バスケットボール部 (女子)

回日本女子学生選抜バスケットボール大会 ( 月 日∼ 日) 関西女子学生選抜選手 汪 怡(亜 )

ふるさと会報 第 号

頁 左 上 へ


一般の出版社刊行のものはお近くの書店やネット書店でお求めください。 それ以外のものは、広報部へお問い合わせください。 (学) 天理大学広報部 0743−63−8420 or 0743−63−9006

出 版 物 の 紹 介 母校教員が刊行や編纂した本を紹介します。

天理大学・天理参考館教職員 人執筆 『東大寺山古墳と謎の鉄刀』 雄山閣 定価(本体 , 円+税)

山本和行 分担執筆 『続・近代日本教育会史研究』 学術出版会 定価(本体 , 円+税)

山本忠尚 著 『高松塚・キトラ古墳の謎』 吉川弘文館 定価(本体 , 円+税)

藤田明良 分担執筆 『東アジアを結ぶモノ・場』

藤田明良 分担執筆 『舟山普陀与東亞海域的文化交流』

藤田明良 分担執筆 『倭寇と「日本国王」 』

齋藤 純、安井眞奈美 分担執筆 『妖怪文化の伝統と創造』

安井眞奈美 分担執筆 『世界の出産』

早田一郎 著 『天理教文献余話』

近藤 豊、片倉充造 分担執筆 『スペイン語は、今(Español,hoy)』

山倉明弘、吉川敏博、木下民生 分担翻訳 『アメリカ合衆国の歴史』

角 知行 分担執筆 『識字の社会言語学』

勉誠出版 定価( , 円+税)

せりか書房 定価(本体 , 円+税)

同学社 定価(本体 , 円+税)

ふるさと会報 第 号

浙江大学出版社(中国) 定価( 元)

勉誠出版 定価(本体 , 円+税)

明石書店 定価(本体 , 円+税)

仲 淳 著 『こどものこころが見えてくる本』 あいり出版 定価(本体 , 円+税)

山田 明 分担執筆 『障害と福祉』

日本図書センター 定価(本体 , 円+税)

井上久光 編集長、船渡泰成 分担執筆、 谷山正道 歴史考証 『結び会 もうひとつの奈良観光』 ビレッジプレス 定価(本体 , 円+税)

吉川弘文館 定価( , 円+税)

おやさと研究所 発行 定価(本体 円+税)

生活書院 定価(本体 , 円+税)

ふるさと会報 第 号


月 、 留 学 生 ・ 武 靖 文

位 を 獲 得 し た 。

会 ﹂ の ﹁ 外 国 人 の 部 ﹂ で

の 装 い コ ン テ ス ト 関 西 大

ト 大 学 ︶ が 、 ﹁ 全 日 本 き も

と 文 化 資 源 研 究 ﹂

ェ ン マ イ ・ ラ ー チ ャ パ ッ

蔵 資 料 を 中 心 と し た 台 湾 原 住 民 平 埔 族 の 古 文 書 研 究

▽ 天 理 参 考 館 ・ 吉 田 裕 彦 学 芸 員 他

統 領 制 下 の 政 党 に 関 す る 理 論 的 ・ 実 証 的 研 究 ﹂

▽ 国 際 学 部 ・ 松 本 充 豊 准 教 授

イ ・ ウ タ パ ノ ム さ ん ︵ チ

▽ た 。 月 、 留 学 生 ・ ア ム パ

が 出 場 し 、

﹁ 天 理 参 考 館 収

人 が 入 賞 し

業 ﹁ 身 近 な こ と か ら 部 落 問 題 を 考 え る ﹂ が 開 催 さ れ 、

月 、 四 条 畷 市 市 民 総 合 体 育 館 で 人 権 週 間 記 念 事

人 権 週 間 記 念 事 業

☆ 人 権 啓 発 関 連

業 企 と 業 説 明 会 人 ﹂ ︵ の 官 学 公 生 庁 が を 参 含 加 む し ︶ た が 。 開 催 さ れ 、

月 、

年 次 生 を 対 象 に し た 進 路 部 主 催 の 社 ﹁ の 学 企 内

ふるさと会報 第 号

秀 教 授

践 モ デ ル の 開 発 ﹂

成 教 育 に お け る カ リ キ ュ ラ ム マ ッ プ に 基 づ く 教 育 実

▽ 各 種 月 コ 、 ン ﹁ テ 第 ス ト 回 で 全 活 日 躍 本 中 国 語 ス ピ ー チ コ ン テ ス 人 ト

大 学 で 、 中 国 語 語 劇 台 湾 公 演 を 開 催 し た 。

学 内 企 業 説 明 会

& ウ ィ ン タ ー セ ミ ナ ー ラ イ ブ ﹂ を 開 催 。 同 セ ミ ナ ー

奈 良 県 大 会 ﹂ で 、 中 国 語 専 攻 ・ コ ー ス の 学 生 ら

行 っ た 。

で は 、 学 校 法 人 天 理 大 学 理 事 の 塩 澤 好 久 氏 が 講 演 を

▽ 人 間 学 部 ・ 南 彩 子 教 授 他 ﹁ 社 会 福 祉 専 門 職 養

月 、 中 国 語 専 攻 ・ コ ー ス の 学 生

︹ 務 ︱ 、 大 一 学 般 活 学 動 術 全 ・ 般 研 の 究 コ ・ ア 教 た 育 る 活 精 動 神 助 と 成 職 ︺ 員 の 意 識 ︱ ﹂

▽ 学 長 室 ・ 小 島

中 国 語 語 劇 台 湾 公 演 を 開 催

な ケ ル ン 体 育 大 学 の 教 員 と 学 生 を 招 き 、 公 開 授 業 な

人 が 中 国 文 化

月 、 学 生 自 治 会 主 催 の ﹁ 就 職 活 動 支 援 セ ミ ナ ー

就 職 支 援 セ ミ ナ ー

ど が 行 わ れ た 。

洋 主 事 他 ﹁ ﹃ 建 学 の 精 神 ﹄ と 業

☆ 教 育 、 進 路 支 援 等

﹃ 精 神 性 ﹄ の 価 値 、 そ の 評 価 に 関 す る 国 際 比 較 ﹂

月 、 ド イ ツ 唯 一 の 体 育 大 学 で 、 世 界 的 に も 有 名 一 歩 と し て ﹁ 天 理 わ く わ く シ ョ ッ プ ﹂ を 開 催 し た 。

▽ 体 育 学 部 ・ 正 木 嘉 美 教 授 他 ﹁ 近 代 柔 道 に お け る

︹ 天 理 大 、 ﹁ 学 建 学 学 術 の ・ 精 研 神 究 ﹂ ・ 育 教 成 育 活 活 動 動 特 助 別 成 助 成 ︺

︹ 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 ﹂ 備 費 等 補 助 金 ︺

☆ 国 際 化 ・ 交 流 関 係

備 ▽ 文 ﹁ 管 部 理 科 責 学 任 省 者 関 係 国 際 学 部 ・ 東 馬 場 郁 生 教 授

ケ ル ン 体 育 大 学 と の 公 開 授 業 開 催

英 語 技 能 検 定 ︶ 級 に 合 格 し た 。

年 の 吉 田 初 穂 さ ん が 、 英 検 ︵ 実 用

支 援 ネ ッ ト ワ ー ク 構 築 の 第

市 内 に お け る 障 害 者 の 就 労

を ﹁ だ 理 開 天 り 市 ー 自 月 催 理 わ 立 、 く 支 社 わ 援 会 く 協 福 に 議 祉 シ て 会 専 ョ 、 が 攻 ッ 天 て と プ 理 ん 天 ﹂

英 米 語 コ ー ス

colors

母 校 学 生 が ﹁ も の の け 姫 か ら み る 部 落 差 別 ﹂ と 題 し

▽ 文 学 部 ・ 浜 田

﹁ 文 体 分 析 の 基 礎 と な る

﹁ 台 湾 に お け る 半 大

中国語スピーチコンテストで活躍した学生たち

た ワ ー ク シ ョ ッ プ を 担 当 し た 。

文 学 コ ー パ ス の 構 築 ﹂

Papers of the American Board of Commis-

☆ 社 会 還 元

sioners for Foreign Missions. Unit 3: Missions

年  の 統 一 テ ー マ で 奈 良 県 中 小 企 業 会

公 開 月 講 か 座 ら ﹁ 月 大 に 和 か 学 け ﹂ て へ ﹁ ﹃ の 大 招 和 待 学 ﹄ へ の 招 待 ﹂ を  な

to Asia, 18271919.

ら の

年 連 続 、 英 検 1 級 合 格 者 を 輩 出

学 の 教 員 や 学 生 が 研 究 会 に 参 加 し た 。

※ 職 名 は 今 年 度 の も の

な ど 、 母 校 教 職 員 分 ︿ 研 究 代 表 者 名 ﹀ は 以 下 の 通 り 。

英 語 教 育 研 究 会

館 に て 開 講 し た ︵ 全

研 究 設 育 研 究 会 ﹂ が 行 わ れ 、 約

人 の 小 ・ 中 ・ 高 ・ 大

月 、 英 米 語 専 攻 主 催 の ﹁ 第 回 天 理 大 学 英 語 教

☆ 地 域 連 携

天理わくわくショップ

回 ︶ 。

ー チ 大 会 ﹂ で 位 を 獲 得 し た 。

さ ん ︵ 北 京 師 範 大 学 ︶ が 、 ﹁ 第 回 外 国 人 留 学 生 ス ピ


賑 わ っ た 。

介 。 大 勢 の 人 が 訪 れ

﹁ 森 に 生 き る ﹂ を 紹

に 出 展 し 、 育 林 実 習

メ ッ セ 大 和 郡 山 ∼ ﹂

気 城 下 町 ∼ P I C A

究 セ ン タ ー は ﹁

月 、 総 合 教 育 元 研

I C A メ ッ セ で 紹 介

﹁ 森 に 生 き る ﹂ を P

を 受 賞 。

ス ポ ー ツ 功 労 者 顕 彰

ニューヨーク天理文化協会との学術交流協定調印式

部 門 に 分 か れ 研 究 発 表 を 実 施 。

文 部 科 学 省 の 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金

総 会 と 公 開 講 演 、 翌 日 は 語 学 分 野 、 文 学 分 野 な ど

朝 鮮 学 会 が 月 、 第 回 朝 鮮 学 会 を 開 催 。 初 日 は

☆ 学 術 助 成 関 連

朝 鮮 学 会 、 開 催

☆ 研 究 関 連

励 ん で い る こ と を ア ピ ー ル し た 。

ダ ン ス 部 が 出 演 し 、 夏 の 全 国 大 会 な ど に 向 け 練 習 に

ビ ﹂ の ﹁ ネ ク ジ ェ ネ ば ん ざ い ! ﹂ の コ ー ナ ー に 創 作

を ▽ 発 と ▽ ﹁ ﹃ 表 韓 創 映 る 月 を 国 月 像 ! 、 行 ﹂ 、 で 天 っ に 日 み 天 理 た お 韓 る 理 ス 。 い 共 ︿ て 同 わ ポ 、 ワ が 障 ー 母 ー 国 害 ツ 校 ク の 者 シ の シ ﹀ ス ン 教 ョ 国 ポ ポ 員 ッ 境 ー ジ ら プ 問 ツ ウ が ﹁ 題 ﹂ ム 基 道 ﹄ を 調 と ﹂ 開 講 歴 を 催 演 史 開 。 や ︱ 催 ﹁ 研 日 。 未 究 本 来

月 、 N H K 奈 良 放 送 局 の テ レ ビ 番 組 ﹁ な ら ナ

N H K に 生 出 演

▽ 究 コ 月 ー 、 ス ヨ 開 ー 設 ロ 記 ッ 念 パ 行 ・ 事 ア を メ 開 リ 催 カ 。 学 科 主 催 の 講 演 会

ン グ へ の 応 用 ﹂ が 、

年 度 の 学 会 賞 を 受 賞 。

を 受 賞 。 穴 井 隆 将 さ ん ︵ 学 校 法 人 天 理 大 学 職 員 ︶ も 運 動 で 用 い る 自 覚 的 疲 労 ス ケ ー ル の 開 発 と ト レ ー ニ

▽ 月 、 ア メ リ カ ス 研 究 コ ー ス 主 催 の ア メ リ カ ス 研

周 年 記 念 行 事 を 開 催 。

月 、 学 校 法 人 天 理 大 学 が ス ポ ー ツ 功 労 団 体 表 彰 執 筆 し た 論 文 ﹁ 筋 力

ス ポ ー ツ 功 労 団 体 表 彰 受 賞

キ ャ ン ペ ー ン ﹂ な ど を 行 う 。

組 織 さ れ 、 防 犯 ボ ラ ン テ ィ ア や ﹁ 自 転 車 盗 難 ﹃

月 、 ﹁ 天 理 大 学 防 犯 パ ト ロ ー ズ 隊 ﹂ が 学 生

晃 准 教 授 、 寺 田 和 史

中 谷 敏 昭 教 授 、 白 石

天 理 大 学 防 犯 パ ト ロ ー ズ 隊 発 足

ク キ ャ ン パ ス ﹂ が 誕 生 。

人 ﹄ で 本 雅 一 主 事 ら が 共 同

講 師 、 法 人 職 員 の 灘

月 、 体 育 学 部 の

会 で 学 会 賞 受 賞

を 締 結 し 、 ニ ュ ー ヨ ー ク 分 校 ﹁ 天 理 大 学 ニ ュ ー ヨ ー 日 本 体 育 測 定 評 価 学

月 、 ニ ュ ー ヨ ー ク 天 理 文 化 協 会 と 学 術 交 流 協 定 が 発 表 を 行 っ た 。

周 年 ・ 革 命

▽ を 開 月 催 、 。 イ ス パ ニ ア 語 コ ー ス / ブ ラ ジ ル ・ ポ ル ト ガ

﹁ ド イ ツ 統 一 周 年 と E U に お け る ド イ ツ の 役 割 ﹂

▽ ツ 移 月 住 、 と E ド U イ 研 ツ 究 の 会 政 主 策 催 ︱ の 歴 ド 史 イ 的 ツ 考 統 察 一 ﹂ を 周 開 年 催 講 。 演 会

▽ テ ィ 月 ッ 、 ク E に U 触 研 れ 究 る 会 ﹂ 例 を 会 開 ﹁ 催 ロ 。 シ ア ・ ド イ ツ 人 の ド イ

回 東 南 ア ジ ア 研 究 特 別 講 義 ﹁ 世 界 無 形 文 化 遺 産 バ

☆ ト ピ ッ ク ス

※ 新 し い 情 報 は 母 校 ホ ー ム ペ ー ジ で

︵ 平 成 年 月 ∼ 平 成

母 校 ニ ュ ー ス

年 月 ︶ 表 ﹂ で 、 体 育 学 科 年 の 小 山 悠 君 と 中 西 み な み さ ん

日本体育測定評価学会 学会賞受賞メンバー

ル 語 コ ー ス 主 催 の メ キ シ コ 独 立

天 理 大 学 ニ ュ ー ヨ ー ク キ ャ ン パ ス 誕 生

れ た 日 本 女 子 体 育 連 盟 主 催 の ﹁ 未 来 世 代 の 研 究 発

▽ 会 ﹁ 月 海 、 人 イ 與 ン 海 ド 洋 ネ 文 シ 學 ア ︵ 語 海 コ 人 ー と ス 海 主 洋 催 文 の 学 平 ︶ ﹂ 成 を 開 年 催 度 。 第

日 本 青 少 年 オ リ ン ピ ッ ク セ ン タ ー で 研 究 発 表

母 校 女 子 学 生

▽ 各 種 月 シ 、 ン 中 ポ 国 ジ 文 ウ 化 ム 研 や 究 講 会 演 会 が 開 催 年 さ 第 れ る 回 公 開 研 究

リ ス ト を つ と め た 。

月 、 日 本 青 少 年 オ リ ン ピ ッ ク セ ン タ ー で 開 催 さ

人 が 活 躍 し 、 位 に 入 賞 し た 。

開 催 さ れ た タ ッ チ フ ッ ト ボ ー ル 秋 季 m i x 公 式 戦 で シ コ ﹂ が 開 催 さ れ 、 母 校 の 教 員 ら が 研 究 発 表 や パ ネ

タ ッ チ フ ッ ト ボ ー ル で

月 、 関 西 学 院 大 学 三 田 位 キ 入 ャ 賞 ン パ ス グ ラ ウ ン ド で

月 、 第 回 大 会 ﹁ ア メ リ カ ス 世 界 の な か の メ キ

ふるさと会報 第 号

天 理 大 学 ア メ リ カ ス 学 会 年 次 大 会


忙 で あ る に も か か わ ら ず 、 快 く 協 力 を し て く

年 次 生 研 矢 修 ヶ 先 部

国 際 文 化 学 部

英 米 ア 語 メ 正 コ リ ー カ ス

年 度 天 理 大 学 ふ る さ と 会 海 外 研

ヨ ー ロ ッ パ ・ ア メ リ カ 学 科

ビ ュ ー を さ せ て い た だ い た 教 会 長 の 方 々 は 多

は 極 め て 重 要 な 経 験 だ っ た か ら で す 。 イ ン タ

れ た こ と は ﹁ ア メ リ カ 布 教 の 元 ﹂ を 知 る 上 で

立 さ れ た 天 理 教 教 会 で あ っ た た め 、 そ こ を 訪



私 は 平 成

サ ン フ ラ ン シ ス コ 教 会 は ア メ リ カ で 最 初 に 設

ま し た 。

る 上 で は 欠 か せ な い 場 所 で あ り 、 そ こ に あ る

ら 感 謝 し た い と 思 い ま す 。 あ り が と う ご ざ い

際 交 流 部 の 方 々 、 そ し て 家 族 に 、 改 め て 心 か

障 が い 者 支 援

ぜ な ら 、 西 海 岸 は 天 理 教 の ア メ リ カ 布 教 を 語

験 は 非 常 に 役 立 つ も の に な る と 思 い ま す 。 な

あ お ぞ ら 倶 楽 部 ﹂ の 皆 様 、 国

く れ た 北 林 さ ん 、 ホ ス ト フ ァ ミ リ ー 、 ﹁ 知 的

の ナ ー サ リ ー の 皆 様 、 英 国 で の 生 活 を 支 え て

マ ー ク の エ グ モ ン ト ・ ホ イ ス コ ー レ ン と 英 国

論 を 書 く 上 で こ の 研 修 で 得 た 資 料 、 或 い は 経

体 験 の 事 例 を 中 心 と し て ︱ ﹂ で あ り 、 こ の 卒

系 人 の 強 制 収 容 の 研 究 ︱ 天 理 教 布 教 師 の 抑 留

私 の 卒 論 の テ ー マ は ﹁ ア メ リ カ に お け る 日

ご ざ い ま し た 。

ふるさと会報 第 号

の 手 続 き や 審 査 な し に 受 け 入 れ て く れ た デ ン

と 会 の 皆 様 に 心 よ り お 礼 を 申 し 上 げ ま す 。 何

き 、 こ の よ う な 機 会 を 与 え て 下 さ っ た ふ る さ

国 を 跨 ぎ つ の テ ー マ で の 研 修 に ご 理 解 頂

き た い 、 と い う 思 い が 強 く な り ま し た 。

も 達 の 明 る い 未 来 、 そ の 実 現 の た め に 私 は 働

、 、 、 、 教 し 信 天 天 会 ん 者 理 理 周 さ 教 教 辺 ん 行 教 を と 事 会 探 教 へ 史 索 会 の に 及 参 関 び 加 す 教 及 る 会 び 資 周 葬 料 辺 儀 集 で に め ひ 参 の 列 き

う な 貴 重 な 機 会 を い た だ き 本 当 に あ り が と う

目 指 し て い こ う と 思 い ま す 。 こ の 度 は こ の よ

得 た 経 験 と 知 識 を 取 り 入 れ て よ り 良 い 卒 論 を

私 は 卒 論 を 完 成 さ せ る た め に 、 こ の 研 修 で

中 に 見 い だ せ た よ う に 思 い ま し た 。

て い た だ き 、 海 外 布 教 の 新 し い 可 能 性 を そ の

択 し て い く 未 来 、 愛 情 い っ ぱ い に 育 っ た 子 ど

て い ま す 。 障 が い 者 が 主 体 的 に 生 き 、 自 ら 選

げ て き た 政 治 や 社 会 の 在 り 方 と 強 く 結 び つ い

英 国 の 幼 児 教 育 は 、 長 年 こ れ ら 国 が つ く り 上

す 。 デ ン マ ー ク の ﹁ ノ ー マ ラ イ ゼ ー シ ョ ン ﹂ 、

ー の 実 施

理 教 の 信 者 さ ん の 方 々 へ の イ ン タ ビ ュ

、 、 各 拝 ア 天 メ 理 リ 教 カ 教 に 会 あ 長 る 、 天 そ 理 こ 教 の 教 後 会 継 訪 者 問 及 及 び び 天 参

う な 教 会 を 訪 れ 、 普 段 の 取 り 組 み を 拝 見 さ せ

本 で も 同 じ こ と が い え る の で す が ︶ 、 そ の よ

後 継 者 問 題 が 深 刻 な 状 態 に あ り ︵ も ち ろ ん 日

ま た 、 現 在 ア メ リ カ に あ る 天 理 教 教 会 で は

だ さ い ま し た 。

ら の 人 生 に 持 っ て 挑 め る こ と を 誇 り に 思 い ま

っ て 帰 っ て 来 ら れ た こ と 、 ま た そ れ を こ れ か

今 回 、 研 修 か ら た く さ ん の 経 験 と 学 び を 持

し た 。 研 修 内 容 と し て は 以 下 の 通 り で す 。

海 岸 ︵ ニ ュ ー ヨ ー ク ︶ に 行 か せ て い た だ き ま

ス 、 サ ン フ ラ ン シ ス コ 、 サ ク ラ メ ン ト ︶ と 東

修 生 と し て 、 ア メ リ カ の 西 海 岸 ︵ ロ サ ン ゼ ル

世 が そ の 時 の 体 験 を よ り 具 体 的 に 説 明 し て く

ら れ て い ま し た が 、 そ の 御 子 息 、 い わ ゆ る 二

天 理 教 教 会 長 や 信 者 の 方 々 は ほ と ん ど 亡 く な

れ ま し た 。 実 際 に 強 制 収 容 を 体 験 さ れ て い る

幼 児 教 育 を 観 察 さ せ て 頂 き ま し た 。


が 出 来 ま し た 。 こ の よ う な 素 晴 ら し い 機 会 を

ん の 方 に お 世 話 に な り 、 こ の 研 修 を 行 う こ と

人 生 に 活 か し て い き た い で す 。 ま た 、 た く さ

得 る も の が 多 か っ た で す 。 こ の 経 験 を 今 後 の

私 に と っ て こ の 研 修 は 発 見 の 連 続 で あ り 、

生 活 を 障 が い の な い 人 の 生 活 に 近 づ け る と い

マ ラ イ ゼ ー シ ョ ン ﹂ は 単 に 障 が い を 持 つ 人 の

場 合 も あ る と い う こ と も 知 り ま し た 。 ﹁ ノ ー

い 者 へ 過 度 の 社 会 へ の 参 加 を 要 求 し て し ま う

マ ラ イ ゼ ー シ ョ ン ﹂ を 推 し 進 め た 結 果 、 障 が

施 設 の バ リ ア フ リ ー が 不 十 分 な ま ま で ﹁ ノ ー

先 生 方 の 話 か ら 、 人 々 の 知 識 不 足 や 偏 見 や

日 々 の 教 育 が 行 わ れ て い ま す 。 多 様 な 英 国 の

っ て 子 ど も を 預 か る 家 庭 保 育 の プ ロ に よ っ て 、

イ ル ド マ イ ン ダ ー と 呼 ば れ る 忙 し い 親 に 代 わ

た 。 ま た 、 家 庭 内 で の し つ け や 教 育 や 、 チ ャ

よ ﹂ と い う 意 思 表 示 し て い た の が 印 象 的 で し

見 て 、 ﹁ 私 は あ な た が 大 切 だ か ら 怒 っ た の

先 生 は 怒 っ た 後 に は し っ か り 子 ど も 達 の 目 を

ン は 私 に と っ て と て も 興 味 深 か っ た で す 。

こ の 多 民 族 国 家 な ら で は の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ

語 で 話 し て い た 人 が 突 然 中 国 語 を 話 し 始 め 、

ル 語 等 が 聞 こ え 、 現 地 の 人 と 話 し て い る と 英

し た 。 言 葉 も 英 語 、 中 国 語 、 マ レ ー 語 、 タ ミ

見 る こ と の で き な い 光 景 を 見 る こ と が 出 来 ま

集 ま っ て い る 町 を た く さ ん ま わ り 、 日 本 で は

系 、 イ ン ド 系 、 マ レ ー 系 等 の 人 々 が そ れ ぞ れ

で ら や 本 学 る と や ま 聞 理 ま ま し 説 す 語 習 こ は は し き 大 た た た 明 い を 者 と 違 り た し 学 マ 現 。 を よ 教 の は い 海 。 、 の レ 地 し う え ニ 難 、 外 そ い 先 ー の 、 に て ー し 普 と れ く 輩 シ 文 工 、 お ズ い 段 い ぞ つ を ア 化 夫 時 ら や そ の う れ か 訪 で の を 々 れ レ う 生 こ に の ね 日 多 さ 中 ま ベ で 活 と 特 ク 、 本 様 れ 国 し ル す か で 徴 ラ 日 語 性 て 語 た に 。 ら 、 が ス 本 を に い や 。 合 授 日 日 あ を 語 教 つ た 英 学 わ 業 本 本 る 見 教 え い こ 語 習 せ を 語 国 学 学 育 て て と を 者 て 見 を 内 校 さ の お は も 使 に 楽 学 定 で で せ 現 ら 、 印 い 分 し す 着 の し て 状 れ 中 象 な か く る さ 学 た 頂 を る 国 的 が り 日 と せ 習 が き お 天 、

自 由 に 移 動 し て い ま し た 。

呼 ば れ る だ ろ う 人 も 、 ヘ ル パ ー の 力 を 借 り て

共 有 し て い ま し た 。 日 本 で は ﹁ 寝 た き り ﹂ と

み ん な と 同 じ よ う に 授 業 を 受 け 、 同 じ 時 間 を

に 乗 っ た 人 や 特 別 な 機 械 を 使 う 人 な ど が い て 、

ク で 生 ま れ た 基 本 理 念 で す 。 学 校 で は 車 い す

同 等 に な る よ う な 社 会 を 目 標 と す る デ ン マ ー

あ る 人 の 生 活 状 況 が 障 が い の な い 人 の そ れ と

と し て 地 域 社 会 の 中 に 共 に 暮 ら し 、 障 が い の

ゼ ー シ ョ ン ﹂ と は 、 障 が い の あ る 人 が 一 市 民

る ﹂ と い う 愛 情 表 現 が 基 本 に な っ て い ま す 。

た 。 英 国 で の 教 育 は 、 ﹁ 褒 め る ﹂ ﹁

ナ ー サ リ ー で 見 学 ・ 研 修 を 行 わ せ て 頂 き ま し

現 さ れ て い る と い え ま す 。

源 と し て 考 え る 政 策 理 念 に 基 づ き 、 そ れ が 実

こ と だ と 思 い ま す 。 デ ン マ ー ク は ﹁ 人 ﹂ を 資

が 出 来 る 社 会 を 社 会 全 体 で つ く り 上 げ て い く

自 分 で 自 分 の 人 生 を つ く り 上 げ て い く 、 そ れ

う こ と で は な く 、 今 持 っ て い る 能 力 を 生 か し

抱 き し め

デ ン マ ー ク で 研 修 を 終 え た 後 、 英 国 へ 渡 り 、

寄 宿 制 の 学 校 に 滞 在 し ま し た 。 ﹁ ノ ー マ ラ イ

い の あ る 人 と な い 人 が 同 じ よ う に 生 活 を す る

ー シ ョ ン ﹂ に つ い て 理 解 し た い と 思 い 、 障 が

福 祉 の 基 本 的 な 考 え 方 で あ る ﹁ ノ ー マ ラ イ ゼ

ま ず 、 デ ン マ ー ク に お い て こ の 国 の 障 が い 者

ン マ ー ク と 英 国 へ 研 修 に 行 か せ て 頂 き ま し た 。

こ の 度 、 ふ る さ と 会 か ら の 支 援 を 受 け 、 デ

研 修 年 先 次 生 デ ン 上 マ ー 田 ク ・ 彩 イ ギ 加 リ ス



与 え て 頂 き 、 本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た 。

ヨ ー ロ ッ パ ・ ア メ リ カ 学 科 英 米 語 コ ー ス

ふるさと会報 第 号

国 際 文 化 学 部


IKOMA LANGUAGE SCHOOL

本 語 教 室 、

育 の 現 状 、 ま た 現 地 に お け る 文 化 の 多 様 性 に

研 修 の 目 的 は 天 理 教 の 布 教 の 実 態 、 日 本 語 教

シ ン ガ ポ ー ル で 研 修 を 行 わ せ て 頂 き ま し た 。

平 成 私 は 年 天 理 月 大 学 日 ふ か る ら さ と 月 会 海 日 外 ま 研 で 修 の 生 と 日 し 間 て

そ し て 私 は 天 理 教 シ ン ガ ポ ー ル 出 張 所 の 日

関 わ る こ と の 大 切 さ を 改 め て 実 感 し ま し た 。

だ と 教 え て 頂 き ま し た 。 い つ で も 誠 実 に 人 と

は 現 地 の 方 と 信 頼 関 係 を 築 く こ と が 大 切 な の

本 語 教 室 や 様 々 な 行 事 を 企 画 す る 中 で 、 ま ず

研 修 河 先 井 シ ン 春 ガ ポ 香 ー ル

ヨ ー ロ ッ パ ・ ア メ リ カ 学 科 英 米 語 コ ー ス

理 教 に つ い て 伝 え て い く そ う で す 。 日 々 の 日

し た 。 シ ン ガ ポ ー ル で は 、 日 本 語 教 室 を 通 し

年 次 生

つ い て 調 査 を す る こ と で す 。

て シ ン ガ ポ ー ル の 方 と 出 会 い 、 時 間 を か け 天

ふるさと会報 第 号

国 際 文 化 学 部

室 や 文 化 教 室 の 大 切 さ を 感 じ る こ と が で き ま

す 。 こ の 仕 事 の 目 標 は 高 齢 者 の 生 活 か ら 絶 望

ル ・ セ ラ ピ ス ト ︵ D T ︶ と い う 職 業 が あ り ま

の 高 齢 者 介 護 の 特 徴 の



感 ・ 孤 独 感 を 取 り 除 き 、 そ の 人 ら し い 生 活 で

ま す 。 本 当 に あ り が と う ご ざ い ま し た 。

て 知 り 、 海 外 の 天 理 教 拠 点 に お け る 日 本 語 教

し 、 そ の お か げ で シ ン ガ ポ ー ル の 布 教 に つ い

つ に ダ イ バ ー ジ ョ ナ

を 過 ご す こ と が 出 来 ま し た 。 オ ー ス ト ラ リ ア

方 々 も と て も 優 し く 、 楽 し く 充 実 し た

苦 労 し ま し た 。 し か し 職 員 の 方 々 も 入 居 週 者 間 の

う ち は う ま く コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が と れ ず 、

の 英 語 に は 独 特 の な ま り が あ り ま す 。 最 初 の

し い の で す が 、 そ れ に 加 え て オ ー ス ト ラ リ ア

会 話 は 内 容 や 声 の 大 き さ な ど 、 や り と り が 難

会 を 与 え て く だ さ っ た 皆 様 に 心 か ら 感 謝 致 し

大 き く 成 長 さ せ て 頂 き ま し た 。 こ の 貴 重 な 機

り ま し た が 、 た く さ ん の 人 々 の 優 し さ に 触 れ 、

究 に 大 い に 活 か し て い き た い と 思 い ま す 。 ま

い き っ か け に な り ま し た 。 私 の こ れ か ら の 研

分 の 将 来 に 役 立 つ ﹁ 介 護 ﹂ に つ い て 考 え る 良

こ れ ら の オ ー ス ト ラ リ ア で の 体 験 は 必 ず 自

期 間 中 は 天 理 教 シ ン ガ ポ ー ル 出 張 所 に 滞 在

た 、 初 め て 単 独 で の 海 外 渡 航 と い う 不 安 も あ

利 用 者 の 方 が 多 い 施 設 で し た 。 高 齢 の 方 と の

リ ス ベ ン の 都 市 部 に あ る 比 較 的 介 護 度 の 高 い

た の た え た 私 。 書 。 て 。 が 物 し お 私 ボ か か り は ラ ら し 、 卒 ン も 実 渡 業 テ 得 際 航 論 ィ ら に 以 文 ア れ 体 前 の を て 験 か テ さ い し ら ー せ な た 研 マ て い こ 究 も 頂 も と を 同 い の は 進 様 た ば そ め の 施 か れ て 内 設 り ま い 容 は で で ま で ブ し ど し 考

い る こ と に 大 変 驚 き ま し た 。

を 尊 重 す る と い う こ と が こ こ ま で 徹 底 で き て

職 業 は 本 当 に 素 晴 ら し い と 感 じ ま し た 。 個 人

リ エ ー シ ョ ン を し ま し た 。 日 本 に は な い こ の

た り 、 買 い 物 へ 行 っ た り 、 ゲ ー ム な ど の レ ク

の 仕 事 を さ せ て 頂 き ま し た 。 一 緒 に 散 歩 を し

ィ ネ ー ト を し て い く こ と で す 。 私 は 主 に D T

き る よ う に 一 人 ひ と り に 対 し 精 神 的 な コ ー デ


週 間 オ ー ス ト ラ リ ア で 研 修 を さ せ て 頂 き ま し

持 つ 人 の 施 設 な ど 約 箇 所 あ り ま す 。

も の 施 設 や 、 ハ ン セ ン 病 患 者 の 施 設 、 障 害 を

待 つ 人 の 家 ﹂ が 最 初 に 開 設 さ れ 、 今 で は 子 ど

私 は

年 の 研 修 月 先 か ら オ ー 月 ス に ト か ラ け リ て ア

年 次 生 大 家 桃 子

死 に そ う な 人 を 最 期 ま で 看 取 る た め の ﹁ 死 を

ヨ ー ロ ッ パ ・ ア メ リ カ 学 科 英 米 語 コ ー ス

︶ が 運 営 す る 施 設 は 、

国 際 文 化 学 部

た て 子 に の マ 。 、 ど 行 コ 今 約 も か ル 回 ザ 達 せ カ 、 ー 週 の て タ ふ テ 間 心 頂 の る レ の に き マ さ サ ボ つ 、 ザ と 年 が ラ い 様 ー 会 次 設 ン て 々 テ 海 生 立 テ 考 な レ 外 し ィ え 問 サ 研 堤 た ア る 題 が 修 研 神 活 こ を 設 生 修 の 動 と 抱 立 と 先 な 愛 を を え し し つ 宣 行 目 生 た て イ こ 教 い 的 活 孤 イ ン 者 ま と す 児 ン ド し し る 院 ド 会

人 人 間 間 学 関 部 係 学 科 臨 床 心 理 専 攻

た 。 今 回 研 修 の 課 題 を ﹁ オ ー ス ト ラ リ ア に お

私 が ボ ラ ン テ ィ ア 登 録 し た 孤 児 が 生 活 す る



け る 高 齢 者 介 護 の 実 態 ﹂ と 設 定 し 、 高 齢 者 介

﹁ シ ュ シ ュ バ バ ン ﹂ は 、 身 体 障 害 、 知 能 障 害 、

護 施 設 で の ボ ラ ン テ ィ ア を 中 心 に 活 動 し ま し

自 閉 症 、 ダ ウ ン 症 な ど の ハ ン デ ィ キ ャ ッ プ を

Missionaries of Charity

持 つ 路 上 に 棄 て ら れ た 子 ど も や 、 貧 困 で 親 が

ざ い ま し た 。

大 変 感 謝 し て お り ま す 。 本 当 に あ り が と う ご

海 外 研 修 報 告

天 平 理 成 大 学 年 ふ 度 る さ と 会 海 外 研 修 基 金

な ど の 心 理 療 法 の 技 術 も 進 ん で い な い そ う で

ン ド で は そ ん な 子 ど も 達 へ の カ ウ ン セ リ ン グ

て い く の に 精 一 杯 と い う 人 が た く さ ん い る イ

も の 心 は 正 常 に 発 達 し ま せ ん 。 貧 し く て 生 き

成 さ れ ま す が 、 親 の 愛 情 を 受 け ず に 育 つ 子 ど

子 ど も の 心 に 信 頼 関 係 を 築 く た め の 基 礎 が 形

よ う な 貴 重 な 機 会 を 与 え て く だ さ っ た 皆 様 に

な こ と を 学 ぶ こ と が で き た と 思 い ま す 。 こ の

自 身 の 視 野 が 大 き く 広 が り 、 人 間 と し て 大 切

本 で は 経 験 で き な い 貴 重 な も の ば か り で し た 。

状 を 見 て 大 き な 衝 撃 も 受 け ま し た が 、 全 て 日

た 情 信 し れ え 顔 以 す 今 。 を し た 合 て を し 上 。 回 持 て 。 い い 見 か の 施 の っ い 子 を て せ し ケ 設 海 て る ど 通 も て 施 ア で 外 接 の も し 、 く 設 は は 研 す で 達 て シ れ の 難 衣 修 る す は た ス る 子 し 食 で こ 。 愛 く タ の ど い 住 は と 私 さ さ ー で も と が 貧 を も れ ん や す 達 い 与 困 心 現 、 の ボ 。 は う え に が 地 愛 愛 ラ 親 、 現 ら 苦 け で さ 情 ン か い 状 れ し て 子 れ を テ ら つ で ま む 過 ど て 受 ィ の も し す 人 ご も い け ア 愛 元 た が 々 し 達 る て と 情 気 。 、 の ま に と い の に な そ 現 し 愛 確 ま 触 飢 笑 れ

幼 児 期 に は 親 か ら の 養 育 や 、 接 触 に よ っ て

養 え な い 子 ど も 達 が 生 活 し て い ま し た 。

☆インド ☆オーストラリア ☆シンガポール ☆デンマーク・ イギリス ☆アメリカ

ふるさと会報 第 号


『奨学金・奨励金制度』の概要

大学改組 年目の入試をふりかえって 入試部長

西 川 秀 二(大

中)

歳人口の急激な減少を背景に、入学志願者環境は 厳しさを増すばかりです。そんな中、大幅改正 年目 を迎えた入試制度のもと、 (平成 )年度入学者 選抜は実施されました。その結果は、総志願者数が初 年度に引き続き 年連続で増加し( 年間で約 % 増) 、入学者も 年連続で総入学定員を上まわること ができました。ただし、一部の学科・専攻において定 員割れを解消できなかったこともまた事実であり、依 然として厳しい状況が続いているといわざるをえませ ん。さらに、ふるさと会員の親族を対象にする「ふる さと会(同窓会)選抜」の志願者についても、初年度 に比べ若干増加したとはいうものの、未だに募集人員 を満たすことができていないことは非常に残念でなり ません。ふるさと会員皆様の支援のもと、今後の大き な飛躍を期待しているところであります。 本学の入学試験は、下記一覧表のとおり多岐にわた

2012(平成24)年度 天理大学入試部

る入試種別を設け、受験機会の増大につとめています。 また、入学者選抜試験等の成績優秀者を対象にする奨 学金・奨励金制度を導入し、優秀な学生の確保ならび にその修学支援の充実を図っています。 (奨学金制度 については前ページを参照ください。 ) また、キャンパスライフを実体験できるオープンキ ャンパスを開催し、情報提供にもつとめています。今 年度は 月 日に第 回目を実施しましたが、このあ と 月 日と 月 日に第 ・第 回目を開催します。 ミニ講義や在学生が案内するキャンパスツアーなど盛 りだくさんのプログラムを準備していますので、お知 り合いの方々に参加をお勧めいただければ幸甚です。 さらに、 月 日には大学祭の中で入試相談会を実施 します(ホームカミングデーも同日に開催予定) 。 最後に、入試のあり方とともに、学部・学科・専攻 のさらなる内容充実のもと、魅力ある大学づくりに邁 進する所存です。今後とも、ふるさと会員皆様の絶大 なるお力添えを切にお願い申しあげる次第です。

入学試験実施学部・学科一覧 学部

学校推薦型

推 公募推薦 自己推薦型 薦 入 天理高等学校・教校学園高等学校選抜 学 指定校推薦

試験日 / ・

合格発表

入学定員

詳細は入試部にお問い合わせください。

〈前期〉 選択型 一 般 入 学

一般選抜

大学入試 センター 利用選抜

〈前期〉 教科型

個別試験は ありません。

〈前期〉 教科型

/ / /

国文学 国語学科 名

名)

国際学部(

歴史文化学科 歴史学 専攻 名

考古学・ 民俗学 専攻 名

名)

体育学部

英米語 専攻 名

中国語 専攻 名

韓国・ 朝鮮語 専攻 名

入学初年度納付金

外国語学科 日本語 専攻 名

地域文化 学科 名

体育学科 名

●※1

詳細は入試部にお問い合わせください。

〈後期〉

天理アスリート選抜

1年度入学生参考)

入学金 + 春学期納付金 + 秋学期納付金 ・宗教学科 ・国文学国語学科 1,058,000円 ・人間関係学科 ・歴史文化学科 ・国際学部全学科 1,048,000円 ・体育学科 1,118,000円 ・大学院 950,000円

伝道者選抜

ふるさと会(同窓会)選抜

帰国生徒選抜

大学院

臨床人間学研究科

詳細は入試部にお問い合わせください。

特 別 社会人選抜 入 〈国内在留〉 第 学 〈国外在住〉 日本語専攻 留学生選抜 〈国内在留〉 第 〈指定校〉

書類選考 期

外国人留学生選抜 編入学 編入学選抜 大学院入学者選抜 ※

〈前期〉 特技能力型 〈後期〉

文学部(

人間関係学科

専攻 宗教学科 臨床心理 生涯教育 社会福祉 専攻 専攻 専攻

〈前期〉 基礎運動能力型

−−−−−−−− −−−−− 詳細は必ず入試部でご確認ください。

人間学部(130名)

学科

.「私費外国人留学生特別」 年間(毎年出願可)月額 万円。 ∼ 年次生対象。 名。 天理大学銀行融資奨学金 教育ローン(借入金)の当該年度に負担した利息合計額を対象とす る。(上限年間 万円)。単年度(毎年出願可)。 ∼ 年次生対象。 原則として毎年 名。 天理大学修学援助奨学金 経済的に修学が特に困難な者。年額 万円。 ∼ 年次生対象。 名。 天理大学後援会奨学金 「 年次生」 (春学期学業成績優秀者を対象とする)単年度 万円。 名。 「 年次生」(学業成績優秀者を対象とする)単年度 万円。 名。 「保証人が死亡したことによる特別奨学金給付」次学期∼4年次終 了までの授業料相当額。 奨励金 .「伝道者選抜」「天理高等学校・天理教校学園高等学校選抜」の 合格者に対して学力評価テストを実施し、その成績により、 万円または 万円を給付。 .「ふるさと会選抜」同選抜入学者に対して、入学祝金として 万 円をふるさと会から給付。

〒 ‐ 天理市杣之内町 TEL − − ・ − − FAX − − (FAX専用) E-mail nyushi@sta.tenri-u.ac.jp 携帯サイト http://tenri-u.mobi/

修学支援のための制度として、本学独自の奨学金・奨励金制度が あります。以下に紹介する奨学金は、すべて給付で返還する必要が ありません。詳細は本学の入試部または学生部にお問い合わせ下さ い。 天理大学入学者選抜奨学金 .「一般選抜前期」 年間の授業料半額相当額。 年次生対象。 名。 .「大学入試センター利用選抜前期〈 教科型〉」 年間の授業料 半額相当額。 年次生対象。 名。 天理大学奨学金 単年度(毎年出願可)の単年度年額 万円。 ・ 年次生対象。 名。 天理大学留学生奨学金 .「交換留学生」交換留学生として派遣される者。単年度年額34万 円。 ∼ 年次生対象。全員。 .「認定留学生」認定留学する者。単年度留学先授業料相当分(上 限 万円)。 ∼ 年次生対象。全員。 .「留学生」留学する者(交換・認定)で特に学業成績及び人物優 秀者。 年間月額 万円。 ∼ 年次生対象。 名以内。 .「私費外国人留学生」単年度(毎年出願可)年額 万円。全学年 対象。各学年 名。

〈秋期〉

〈春期〉 体育学科の試験日は、 月

ふるさと会報 第 号

上記納付金のほか、学 科専攻等によっては実 習費等が必要になる場 合があります。

臨床心理学専攻

日のみです。

ふるさと会報 第 号


ふるさと会報 第 号


ふ る さ と 会 ︵ 同 窓 会 ︶ 選 抜 合 格 者 に お 渡 し

の プ ロ グ ラ ム な ど を 通 じ て 、 ぜ ひ 、 後 輩 の 進

後 述 の 日 程 で 開 催 さ れ る 予 定 。 学 科 ・ 専 攻 別

路 ・ 就 職 に つ い て も 、 支 援 を 検 討 い た だ け れ

寄 せ て い き ま し ょ う 。

青 春 を 過 ご し た 母 校 に 、 今 後 一 層 気 持 ち を

る の は 、 卒 業 生 で あ る 私 た ち で あ る 。

■ ふ る さ と 会 奨 学 基 金 募 金

で 、 ﹁ 毎 年 開 催 し て い く ﹂ こ と が 話 し 合 わ れ 、

社 会 に あ っ て 、 母 校 を 一 番 身 近 に 感 じ て い

い と ! 会 詳 ︵ し 同 く 窓 は 会 天 ︶ 理 選 大 抜 学 ﹂ ホ の ー ペ ム ー ペ ジ ー を ジ ご の 覧 ﹁ く ふ だ る さ さ

れ 生 催 そ た と で 回 母 し 。 交 、 ホ 校 て 流 大 ー 創 今 や 勢 ム 立 年 懇 の カ 、 親 卒 ミ 周 母 を 業 ン 年 校 し 生 グ の と 、 が デ 平 ふ し お ー 成 る ば と 。 さ し ず 大 年 と 母 れ 学 に 会 校 、 祭 開 の で 教 期 催 話 く 職 間 さ し つ 員 中 れ 合 ろ ・ の た い が 学 開 第

の ホ ー ム ペ ー ジ で ご 確 認 い た だ き た い 。

い る が 、 最 新 情 報 は 、 天 理 大 学 と ふ る さ と 会

同 封 の パ ン フ レ ッ ト に は 若 干 詳 細 を 載 せ て

で 、 こ ち ら に も ぜ ひ 、 お 足 運 び い た だ き た い 。

ふるさと会報 第 号

る 発 表 や 展 示 、 ま た 模 擬 店 も 開 か れ て い る の

同 時 開 催 の 大 学 祭 で は 、 各 学 科 ・ 専 攻 に よ

せ て お 勧 め い た だ き た い 。

■ ホ ー ム カ ミ ン グ デ ー

ば と 思 う 。

も ち ろ ん 、 他 の 選 抜 や 他 学 部 で の 受 験 も 併

了 生 ︶ 、 ま た は 在 学 生 で あ る 者 ﹂ と な っ て い る 。

http://www.furusatokai.gr.jp/fund/index.html

す る お 祝 い 金 を 拠 出 す る 基 金 を 設 け よ 年 う と 月 取

http://www.tenri­u.ac.jp/ent/dv457k000000k72w.html

り 組 ん で い る の が 、 こ の 募 金 。 平 成

学 ︵ 前 身 校 を 含 む ︶ お よ び 大 学 院 の 卒 業 生 ︵ 修

の ご 案 内 ﹂ の ペ ー ジ を ご 覧 く だ さ い !

に 、 ﹁ 志 願 者 本 人 の 親 等 以 内 の 血 族 が 本 大

詳 し く は ふ る さ と 会 ホ ー ム ペ ー ジ の ﹁ 募 金

受 験 資 格 は 他 の 選 抜 と 共 通 す る 内 容 の ほ か

課 題 小 論 文 と 面 接 と な っ て い る 。

寄 せ て い き ま し ょ う 。

同 選 抜 は ﹁ 国 際 学 部 ﹂ の 専 願 制 で 、 試 験 は 、

ら な る 受 験 の 呼 び か け を 、 ぜ ひ お 願 い し た い 。

に 、 卒 業 生 で あ る 私 た ち が 、 さ ら に 気 持 ち を

を お 寄 せ い た だ い て い る が 、 母 校 支 援 の た め

る さ と 会 双 方 、 深 く 感 謝 し て い 人 る な 。 の で 、 さ

た だ 、 同 選 抜 の 募 集 人 員 は

こ れ ま で も 大 勢 の 方 に 、 少 な か ら ぬ ご 芳 志

に 会 員 の み な さ ま の ご 尽 力 の 賜 と 、 母 校 ・ ふ

な っ た 今 年 度 は

か げ さ ま で 、 初 年 人 度 が は 入 学 人 し が た 入 。 学 こ 、 れ 次 も 年 一 度 重 と

平 成 年 度 入 試 か ら 導 入 さ れ た 同 選 抜 は お

■ ふ る さ と 会 ︵ 同 窓 会 ︶ 選 抜

月 ﹁ で 割 で 呼 海 運 を 丸 び 外 用 超 か 研 し え 万 年 け 修 よ た 開 基 経 始 金 う 。 過 が ﹂ と 計 し 平 と 画 円 た 成 同 と が 様 し 、 、 年 の て よ 形 お う 月 月 態 り や で と 、 く 日 、 な ふ 目 今 る る 標 現 年 。 さ と 額 在 の の で 会

ま で の 年 間 で 総 額 億 円 を 集 め 、 そ の 果 実


ミ ニ 講 義 な ど を 通 じ た 各 学 科 ・ 専 攻 の 紹 介 、 だ け れ ば 幸 い で あ る 。

プ ロ グ ラ ム を 通 し て 母 校 の 魅 力 を 伝 え て い る 。 子 さ ん や お 孫 さ ん な ど に 、 広 く お 声 が け い た

一 丸 と な っ て 、 訪 れ た 高 校 生 ら に さ ま ざ ま な

て い 月 る の 。 入 試 説 明 会 以 外 は 、 教 職 員 ・ 学 生 が

ず れ た 高 校 生 や 保 護 者 の 方 々 か ら 好 評 を 博 し

今 年 度 の 予 定 は 次 の 通 り と な っ て い る 。 お

ス ラ ン チ ⋮ と 、 そ の 魅 力 は 枚 挙 に 暇 が な い 。

奏 、 そ し て 、 高 校 生 が 最 も 喜 ぶ ?

ズ ・ 赤 本 な ど の プ レ ゼ ン ト や 選 べ る キ ャ ン パ

大 学 グ ッ

近 年 は 月 か ら 月 に か け 回 開 催 。 お と

ン パ ス ツ ア ー 、 ク ラ ブ に よ る ジ ャ ズ や 琴 の 演

■ オ ー プ ン キ ャ ン パ ス

コ ー ナ ー 、 学 生 が キ ャ ン パ ス を 案 内 す る キ ャ

入 試 や 学 生 生 活 な ど 何 で も た ず ね ら れ る 相 談

ぜ ひ 、 お 子 さ ん や お 孫 さ ん 、 ま た 周 り の 方 に 、 お 声 が け い た だ き た い 。

ホ ー ム カ ミ ン グ デ ー な ど に つ い て 簡 単 に 紹 介 し 、 続 け て 入 試 情 報 を 掲 載 し て い る 。

今 号 で は 、 本 特 集 で 、 オ ー プ ン キ ャ ン パ ス 、 ふ る さ と 会 ︵ 同 窓 会 ︶ 選 抜 、 そ し て

基 金 を 設 け よ う と 現 在 進 め て い る の が ﹁ 奨 学 基 金 募 金 ﹂ で あ る 。

受 け 、 協 議 の 上 で 導 入 さ れ た 。 そ し て 、 同 選 抜 合 格 者 へ の お 祝 い 金 を 拠 出 し て い く

母 校 の 入 試 と し て 設 け ら れ た ﹁ ふ る さ と 会 ︵ 同 窓 会 ︶ 選 抜 ﹂ は 、 母 校 か ら 要 請 を

試 や オ ー プ ン キ ャ ン パ ス の 情 報 も 会 員 の み な さ ま に 活 用 し て も ら え る よ う に な っ た 。

ち が 行 え る 大 き な 母 校 支 援 で あ ろ う 月 。 下 旬 発 行 に な っ た こ と で 、 年 内 に 行 わ れ る 入 今 年 度 か ら ﹃ ふ る さ と 会 報 ﹄ が

http://www.tenri­u.ac.jp/ent/opencampus.html#cap3

の 入 り 口 で あ る 入 試 、 出 口 で あ る 就 職 へ の 支 援 は 、 同 窓 会 そ し て 卒 業 生 で あ る 私 た

ふ る さ と 会 は 、 天 理 大 学 の 同 窓 会 と し て 母 校 へ の 支 援 に 取 り 組 ん で い る が 、 大 学

プ ン キ ャ ン パ ス ﹂ の ペ ー ジ を ご 覧 く だ さ い !

詳 し く は 、 天 理 大 学 ホ ー ム ペ ー ジ の ﹁ オ ー

気 持 ち を 寄 せ よ う !

特 集

母 校 へ ! 祭 会 場 で の 入 試 説 明 会 。

※ 月 は 体 育 学 部 以 外 の 学 部 。 月 は 大 学

﹁ 月 月 キ ャ 日 日 ン ︵ ︵ パ 土 日 ス ︶ 、 ︶ 、 ラ イ 月 月 フ を 日 日 体 ︵ ︵ 感 土 土 、 ︶ ︶ 実 、 感 ﹂

ふるさと会報 第 号


っ た 。 そ こ で 、 宮 城 県 宗 教 法 人 連 絡 協 議 会

ど は 身 元 不 明 の た め お 経 も あ げ て こ ら れ な か

ま た 、 今 日 の 理 事 会 ・ 評 議 員 会 で も 、 み な

い て お ら れ る 。 そ の 熱 い 友 情 に 感 謝 し た い 。

ふ る さ と 会 も 母 校 も 、 い ろ ん な 面 で 早 速 動

な 、 母 校 と 本 会 の 連 携 や 、 支 援 活 動 の さ ら な

今 後 、 齊 藤 支 部 長 も 期 待 し て お ら れ る よ う

る 充 実 を 期 待 し た い 。

日 体 ほ ど 遺 体 が 運 ば れ て く る が 、 内 体 ほ

仙 台 市 で も 大 勢 亡 く な ら れ 、 火 葬 場 に は 毎

○ 熱 い 友 情 に 感 謝 !

な ど を 行 っ て き て い る 。

○ 火 葬 場 の 建 物 で 心 の 相 談 を 実 施 中

布 し て い る 。

嚆 矢 に 、 そ の 後 も 台 風 被 災 地 で の ひ の き し ん

︵ 理 事 会 ・ 評 議 員 会 の 際 に イ ン タ ビ ュ ー ︶

齊 藤 軍 記 支 部 長

っ た の で 、 市 役 所 に 相 談 し 、 物 資 を 預 か り 配

資 は 届 く が 独 居 老 人 宅 に は 届 け ら れ て い な か

っ た ︵ ﹃ 天 理 大 学

義 捐 品 の 運 搬 や 被 災 地 の 整 備 ・ 清 掃 な ど を 行

年 の 軌 跡 ﹄ よ り ︶ 。 こ れ を

■ 被 災 地 か ら の 声

宮 城 支 部

町 内 会 長 も や っ て い て 、 避 難 所 へ は 救 援 物

臨 時 休 校 し 、 男 子 学 生 ら 約

○ 町 内 会 長 と し て

︵ 兵 庫 県 北 部 な ど で ︶ 発 生 後 、 学 校 を

窓 口 と し た 支 援 も 検 討 さ れ て い る と の こ と 。

の の 一 万 部 円 を 万 手 円 渡 と し 、 た O 。 B G 交 流 会  絆  か ら

理 事 会 ・ 評 議 員 会 の 懇 親 会 を 自 粛 し た 費 用

ュ ー ヨ ー ク と 日 本 支 部 の 方 々 が 取 材 に こ ら れ 、

こ れ ら の 動 き を 、 世 界 宗 教 者 平 和 会 議 の ニ

世 界 に 発 信 さ れ た 。 今 後 、 私 た ち の 協 議 会 を

し の 月 て 母 声 、 産 校 な 約 声 は ど を 、 を あ そ 紹 げ の 介 人 た 前 し の 年 身 て 死 、 で き 者 大 あ た を 正 る 。 出 天 人 し ︵ 理 が た 外 被 北 国 災 但 語 地 馬 学 に 日 地 ︶ 校 て 間 震 年 と

ふるさと会報 第 号

学 長 を た ず ね 、 罹 災 学 生 の 支 援 金 と し て 、

代 で 詰 め て い る 。

日 吉 川 萬 太 郎 ふ る さ と 会 長 が 飯 降

い て い る 。 毎 日 い ろ ん な 宗 教 者 が 人 ず つ 交

災 地 復 興 支 援 の 取 り 組 み 、 そ し て 被 災 地 か ら

寄 託 し た 。

今 次 大 震 災 に 関 す る 母 校 と 本 会 に お け る 被

在 、 火 葬 場 の 階 を 使 い ﹁ 心 の 相 談 室 ﹂ を 開

ま た 、 ﹁ 宗 教 者 と し て の 支 援 ﹂ を 話 し 合 い 現

■ 今 後 の 取 り 組 み

願 い し 、 お 経 を 唱 え て も ら っ て い る 。

を 持 つ ︶ の 会 長 と し て 、 近 隣 の 仏 教 教 団 に お

︵ 県 内 の

ア ピ ー ル し て ほ し い 。

界 だ す け に 向 け て 取 り 組 み 、 社 会 に 、 世 界 に

円 を 、 そ れ ぞ れ N H K 奈 良 放 送 局 に 持 参 し 、

団 体 で 組 織 。 約 年 の 歴 史

齊藤支部長

と 会 が タ イ ア ッ プ し て 、 震 災 復 興 を 通 じ て 世

世 界 だ す け の 好 機 だ と 思 う 。 母 校 と ふ る さ

○ ふ る さ と 会 、 天 理 大 学 に 期 待 す る こ と

募 金 へ の 協 力 は 厳 し い か も し れ な い 。

て い き た い が 、 現 在 進 め ら れ て い る 奨 学 基 金

ふ る さ と 会 の 支 部 活 動 も こ れ ま で 同 様 に や っ

私 も 、 宮 城 支 部 の 会 員 も 全 員 無 事 だ っ た 。

さ ん の 熱 い 思 い が 伝 わ っ て き た 。


○ ○ を 広 に エ 月 募 月 ン 月 天 場 理 な 金 テ 日 活 ・ ー 日 市 ど 動 シ ∼ 防 で 雅 ︵ ・ ョ 災 チ 楽 ン 日 課 ャ 部 日 で に リ が 募 学 寄 テ ペ 学 金 生 託 ィ ル 円 生 活 自 。 ー ラ シ ︶ 自 動 治 。 イ ャ 治 ︵ 会 ブ 古 会 が 。 典 が ク 約 音 献 ラ 楽 血 ブ 万 演 の 円 オ 円 奏 際 ︶ リ 。

て き た 方 々 用 に 届 け る 。

被 災 地 か ら 市 内 の 天 理 教 信 者 詰 所 へ 避 難 し

シ ア 語 の 関 東 ・ 関 西 ド リ ア ン 会 は

自 粛 し た 費 用 の 一 部 の

万 円 を 、 イ 万 ン ド 千 ネ

月 日 に 、 大 小

本 以 上 の タ オ ル を 、

ま た 、 お や さ と 支 部 大 学 部 会 は 懇 親 旅 行 を

校 の P T A ︵ O B を 含 む ︶ 有 志 。

業 祝 賀 会 の 費 用 の 一 部 で あ る

活 動 の 主 体 は 、 天 理 幼 稚 園 、 小 学 校 、 中 学

○ 月 日

ふ る さ と 会 と し て は 自 粛 万 し 円 た を 卒 、

支 援 物 資 ︵ 新 品 タ オ ル ︶ の 提 供 を 呼 び か け 。

義 援 金 の 金 額 と 寄 託 先 を 決 定 す る 。

○ 地 域 文 化 研 究 セ ン タ ー 長 の 住 原 則 也 教 授

︵ 奈 良 県 ハ ン ド ボ ー ル 連 盟 主 催 ︶ に 参 加 。

﹁ チ ャ リ テ ィ ー ハ ン ド ボ ー ル 教 室 と 募 金

箱 ン な 箱 ど 分 の を 提 同 供 市 を 社 学 会 内 福 に 祉 呼 協 び 議 か 会 け に 、 送 段 付 ボ 。 ー ル

南 相 馬 市 か ら の 救 援 要 請 に 応 え 、 ボ ー ル ペ

月 日 軽 音 楽 部 ︵ ア ル ス ︶ が 天 理 駅 前

を 月 配 布 日 す る ふ 。 る さ と 会 常 任 理 事 会

恒 例 の 卒 業 祝 賀 会 を 自 粛 し 、 代 わ り に 弁 当

○ 月 日 ハ ン ド ボ ー ル 部 女 子 が 生 駒 市 で

○ 考 古 学 ・ 民 俗 学 専 攻 の 安 井 眞 奈 美 教 授

ン パ ス 内 で 募 金 活 動 ︵ 万

円 ︶ 。

○ 月 日 卒 業 式 当 日 、 学 生 自 治 会 が キ ャ

を 学 生 自 治 会 へ 寄 託 ︵ 万

円 ︶ 。

で 募 金 活 動 。 同 日 ま で に 寄 せ ら れ た ご 芳 志

月 日 に は 生 駒 駅 前 で 行 っ た 卒 業 ラ イ ブ

天 理 駅 前 広 場 な ど で 募 金 活 動 。

○ 月 日 ∼ 日 フ ォ ー ク ソ ン グ 同 好 会 が

め る な ど 、 祈 り の 輪 は 全 国 に 広 が っ た 。

地 で 思 い を 一 つ に ﹁ お 願 い づ と め ﹂ を つ と

○ ︿ ま め の 神 会 に 学 た た 救 殿 ﹂ 信 月 生 、 。 済 に の 仰 や 天 を 集 学 サ 日 教 理 祈 合 生 ー 夜 員 か 願 。 ら ク な ら し 地 約 携 ど ル 帯 の 離 て 震 ﹁ メ 取 れ ﹁ の よ ー り た お 治 学 願 ま 人 ふ ル 組 生 い り が ぼ な み ら づ と 天 く ど ﹀ も と 被 理 会 で 同 め 災 教 ﹂ の 時 ﹂ 地 教 や 呼 刻 を の 会 ﹁ び に つ 人 本 成 か 各 と 々 部 人 け

○ 金 会 活 月 ︵ 動 天 ︵ 日 理 市 万 ホ 文 ッ 化 ケ ホ ー ー 部 ル 円 が ︶ ︶ 。 天 で 理 募 駅 金 前 活 広 動 場 。 で 募

る そ す 月 。 の る 後 こ 日 、 と 大 を 卒 学 検 業 側 討 式 と す 相 る 談 。 。 自 粛 す る こ と と な

祝 賀 会 の 自 粛 と そ の 費 用 の 一 部 を 義 援 金 と

○ 月 日 ふ る さ と 会 事 務 局 会 議 で 、 卒 業

詳 細 は 以 下 の 通 り 。

支 援 金 に し て い く 予 定 。

る が 、 こ れ ら の ご 芳 志 は 、 母 校 罹 災 学 生 へ の

ま た 、 支 部 な ど か ら 義 援 金 が 寄 せ ら れ て い

す る な ど の 取 り 組 み を 行 っ て き て い る 。

一 部 を 義 援 金 と し て N H K 奈 良 放 送 局 に 寄 託

本 会 で は 、 各 種 会 合 を 自 粛 し 、 そ の 費 用 の

迅 速 な 取 り 組 み

■ 天 理 大 学 ふ る さ と 会 ︵ 同 窓 会 ︶

地 へ の 支 援 物 資 の 一 部 と し て 活 用 予 定 。

ふるさと会報 第 号

そ の 他 、 各 大 教 会 が 支 援 を 行 っ て い る 被 災


︵ そ の 後 、 掲 載 ︶ 。

報 告 と ホ ー ム ペ ー ジ に 掲 載 す る 内 容 を 検 討

援 チ ー ム ﹂ と 略 ︶ 。

ク ト チ ー ム 発 足 の 準 備 会 合 ︵ 以 下 、 ﹁ 復 興 支

今 月 後 の 日 予 定 第 確 認 回 緊 急 対 策 本 部 会 議

動 内 容 発 信 に つ い て 協 議 。

月 日 教 職 員 に よ る 罹 災 学 生 支 援 の 募

山 田 常 則 副 学 長 を 座 長 に 、 各 学 部 選 出 の 教

在 学 生 、 入 学 予 定 者 、 保 証 人 の 安 否 確 認 の

○ 月 日 東 日 本 大 震 災 復 興 支 援 プ ロ ジ ェ

広 報 部 と の 連 携 、 大 学 ホ ー ム ペ ー ジ で の 活

○ ︿ 天 月 理 大 日 学 の 第 取 り 回 組 緊 み 急 ﹀ 対 策 本 部 会 議

の 設 置 が 提 案 ・ 了 承 さ れ る 。

東 日 本 大 震 災 復 興 支 援 プ ロ ジ ェ ク ト チ ー ム

○ 月 日 第 回 緊 急 対 策 本 部 会 議

以 月 万 下 教 日 職 員 第 円 人 回 を 、 ﹁ 日 総 復 本 勢 興 赤 支 十 人 援 字 が チ 社 参 ー へ 加 ム 。 。 ﹂ 会 議

生 や 教 員 な ど の 取 り 組 み の 順 に 紹 介 し た い 。

ま ず は 、 母 校 の 取 り 組 み 、 次 い で 母 校 の 学

者 へ の お 悔 や み と お 見 舞 い の 言 葉 を 述 べ る 。

○ ﹁ ふ 月 る さ 日 と 会 入 ﹂ 学 の 式 取 。 り 式 組 辞 み で ・ 飯 降 ペ 学 ー 長 ジ が を 被 参 災 照 ︶ 。

恒 例 の 卒 業 祝 賀 会 は 自 粛 と な る ︵ 詳 細 は

︵ 天 理 駅 前 広 場 ︶ 。 学 生 人 、 山 田 副 学 長

ふるさと会報 第 号

月 日 ﹁ 復 興 支 援 チ ー ム ﹂ 募 金 活 動

で は 、 さ ま ざ ま な 取 り 組 み が 行 わ れ て い る 。

天 理 駅 前 広 場 で の 募 金 活 動 を 検 討 。

東 日 本 大 震 災 の 被 災 地 復 興 支 援 へ 向 け 母 校

学 内 に と ど ま ら な い 支 援 活 動

学 長 が 弔 意 と 、 お 見 舞 い の 言 葉 を 述 べ る 。

メ 月 ン バ 日 ー で 第 構 成 回 。 ﹁ 復 興 支 援 チ ー ム ﹂ 会 議

■ 母 校 ・ 天 理 大 学

金 月 開 始 日 ︵ 卒 業 式 で 黙 祷 。 式 辞 で 飯 降 政 彦

員 や 職 員 、 そ れ に 学 生 自 治 会 学 生 を 加 え た

月 日 ま で ︶ 。

が 、 紹 介 し た い 。

本 会 の 宮 城 支 部 長 へ の イ ン タ ビ ュ ー も 掲 載 し た 。 月 末 現 在 の 内 容 と な る

興 支 援 に 向 け た 取 り 組 み を 展 開 し て い る 。 ま た 、 被 災 地 か ら の 声 と し て 、

さ て 、 未 曾 有 の 大 災 害 発 生 を 受 け 、 母 校 と 本 会 は そ れ ぞ れ に 、 被 災 地 復

方 々 に 、 衷 心 よ り 、 お 悔 や み と お 見 舞 い を 申 し 上 げ た い 。

月 に 発 生 し た 東 日 本 大 震 災 。 お 亡 く な り に な ら れ た 方 々 、 被 災 さ れ た

︱ 母 校 と 、 本 会 と ︱

東 日 本 大 震 災 復 興 支 援 の 取 り 組 み

特 集


移 そ う と し て い ま す 。

何 か さ せ て い た だ き た い と の 思 い を 抱 き 、 行 動 に

て い ま す 。 多 く の 学 生 が 被 災 地 で 役 に 立 ち た い 、

け る ボ ラ ン テ ィ ア 活 動 に つ い て も 検 討 が 進 め ら れ

く 御 礼 申 し 上 げ ま す 。 本 学 で は 目 下 、 被 災 地 に お

災 し た 学 生 に 対 す る 義 援 金 を お 届 け い た だ き 、 厚

磨 く こ と で あ り ま し ょ う 。 そ の う え で 、 自 分 と は

世 界 は 一 つ で あ る と の 認 識 を 持 ち 、 そ の セ ン ス を

改 め て 考 え さ せ ら れ ま し た 。 大 切 な こ と は 先 ず 、

り 方 、 人 間 一 人 ひ と り の 生 き 方 や 特 性 に つ い て 、

け め ぐ る 現 代 社 会 に あ っ て 必 要 と さ れ る 組 織 の あ

今 回 の 震 災 に よ っ て 、 情 報 が 地 球 上 を 瞬 時 に か

募 金 活 動 な ど を 行 い ま し た 。 ふ る さ と 会 か ら も 被

員 の 安 否 の 確 認 と 情 報 収 集 に 努 め 、 被 災 者 支 援 の

急 対 策 本 部 を 設 置 し 、 留 学 生 を 含 め 、 学 生 、 教 職

し を と と 本 ま 申 と 会 去 学 す し 存 員 る に 。 上 じ の げ ま 中 月 お 、 す に い 被 。 も 日 て 災 被 被 の は 地 災 害 東 、 の さ を 日 こ 一 れ 受 本 の 日 た け 大 た も 皆 ら 震 び 早 様 れ 災 の い に た に 大 復 心 方 よ 震 旧 よ が っ 災 を り お て に 祈 お ら 、 対 念 見 れ ふ す い 舞 る る る た い こ さ 緊

救 援 物 資 が 被 災 地 に 素 早 く 到 着 し ま し た 。

韓 国 、 台 湾 な ど と 並 ん で 、 ロ シ ア か ら の 救 助 隊 や

あ り ま し ょ う 。 そ の 後 、 被 災 地 に は 、 ア メ リ カ や

に 、 ロ シ ア 大 使 館 等 か ら 緊 急 情 報 を 得 て い た の で

印 式 の 間 は 詳 し い 情 報 を 得 る こ と が 出 来 ま せ ん で

り 大 き な 地 震 で あ っ た こ と は 承 知 し な が ら も 、 調

の 学 術 交 流 協 定 の 調 印 を 行 っ て お り ま し た 。 か な

︵ ロ シ ア ︶ の 学 長 一 行 を 本 学 に 迎 え て 、 両 大 学 間

私 は 、 地 震 が 発 生 し た 直 後 、 サ ハ リ ン 国 立 大 学

際 性 ﹂ と ﹁ 宗 教 性 ﹂ 、 そ し て ﹁ 貢 献 性 ﹂ に 他 な ら ぬ

す 。 こ れ ら は ま さ に 、 本 学 が 教 育 軸 に 掲 げ る ﹁ 国

世 界 に 貢 献 で き る 行 動 力 を 併 せ 持 つ こ と で あ り ま

に 相 手 の 立 場 を 重 ん じ 、 他 者 に 、 地 域 に 、 そ し て

違 う 価 値 観 や 文 化 を 理 解 す る 心 を 磨 く こ と 。 さ ら

い う こ と を 実 感 し た の は 、 調 印 式 の 後 の 記 念 レ セ

し た 。 東 北 ・ 関 東 地 方 が 未 曾 有 の 被 害 を 受 け た と

て 、 一 層 ご 活 躍 く だ さ る こ と を 期 待 し て い ま す 。

の 名 を 背 負 う 卒 業 生 と し て の 誇 り と 使 命 感 を も っ

り く 人 の に 師 学 イ ー と フ さ 東 る と 今 ま ふ 材 発 よ を 教 ナ ク 会 ラ ら 京 姿 交 私 後 す る 育 足 り 務 員 の の 員 ン に 、 に 流 は も 。 さ 成 を 、 め の 本 構 の ス 海 横 接 さ 学 と を 目 元 る イ 学 築 連 、 外 浜 し せ 長 、 会 進 の 交 本 ワ 協 を 携 イ の 、 ま て 就 ふ 員 め 当 換 学 ン 定 見 を ギ 出 埼 し い 任 る の る た 留 卒 ・ 校 ま 基 リ 張 玉 た た 以 さ 存 う り 学 業 ボ ・ し 盤 ス 先 等 。 だ 来 と 会 在 え に 生 生 ン キ た に 、 で の 国 き 、 の を に し ら の ダ エ 。 し ロ は 総 内 、 国 会 非 、 ま が 片 レ フ 昨 た シ 、 会 で 本 内 員 常 世 し 集 岡 ン 大 年 天 ア 韓 や は 学 外 一 に 界 た う 浩 コ 学 末 理 等 国 役 大 卒 の 人 頼 各 。 ﹁ 史 教 に に 関 に 、 員 阪 業 ふ ひ も 地 本 天 氏 授 お 訪 係 お 台 会 、 生 る と し で 学 理 ら や い 問 者 い 湾 合 京 の さ り く キ が キ の 、 て し の て 、 に 都 意 と が 感 ラ 標 エ 世 同 は た ネ 、 ス 出 、 気 会 、 じ リ 榜 フ 話 大 、 ウ ッ ふ ペ 席 さ 軒 の 天 て と す 会 取 学 元 ク ト る イ し ら 昂 方 理 お 輝 る ﹂ り 講 本 ラ ワ さ ン 、 に な 々 、

こ と を 再 確 認 い た し ま し た 。

を 受 け た 時 で あ り ま し た 。 彼 は 、 私 た ち よ り も 先

り ﹁ 日 本 国 民 に お 見 舞 い 申 し 上 げ た い ﹂ と の 挨 拶

プ シ ョ ン の 冒 頭 に お い て 、 サ ハ リ ン 国 立 大 学 長 よ

学 長

飯 降 政 彦

本 学 に お け る 人 材 育 成 の 特 性 に 思 う

ふるさと会報 第 号


昨 年 度 の 改 革 で 設 置 さ れ た 全 学 部 必 修 で

ま た 、 今 年 度 、 母 校 に お い て 注 目 す べ き 年 こ 次 と 生 は 、

さ ら に 、 宗 教 学 科 を 擁 す る 母 校 が ﹁ 宗 教 文 化

会 活 動 の 充 実 と 母 校 発 展 に 資 し た い と 思 い ま す 。

生 の や る 気 を 引 き 出 し た と 聞 い て お り ま す 。

と 会 員 、 ま た 、 母 校 と の つ な が り を よ り 密 に し 、

ふ 月 る さ 日 と に 会 お ︵ 祝 同 い 窓 金 会 を ︶ 贈 選 呈 抜 し に ま よ し る た 新 。 入 生

新 入 生 を 迎 え 、 改 革

年 目 が ス タ ー ト し 、 人 う に ち は 、

に 予 て さ N 定 、 て H し 卒 、 K て 業 奈 い 生 月 良 た 、 放 費 教 日 送 用 職 の 局 の 員 入 へ 一 に 学 寄 部 は 式 託 を 心 で い 義 ば 母 た 援 か 校 し 金 り は ま と の 、 し し 弁 た て 当 を 。 月 準 備 人 日 し の 、

る 橋 教 月 と 本 員 、 伺 前 が 第 っ 学 中 て 長 心 回 お の と 目 り 三 な の 、 氏 り 授 そ も ま 業 の 特 す に 姿 別 が 飯 勢 講 、 降 に 師 安 学 感 と 野 長 激 し 理 が し て 事 さ て 教 長 っ お 壇 、 そ り に 飯 人 く ま 立 降 の 登 す た 学 学 壇 。 れ 長 、 さ れ 、 熱 く 語 ら れ た 講 義 は 受 講 し た

努 力 の 結 果 実 現 で き た の は 嬉 し い 限 り で す 。 本 会

母 校 と の 絆 を 強 め た い と の 思 い か ら 、 編 集 委 員 の

や オ ー プ ン キ ャ ン パ ス 情 報 も お 知 ら せ す る な ど 、

月 に 繰 り 上 げ 、 従 来 の 報 告 主 体 の 内 容 か ら 、 入 試

最 後 に 、 ふ る さ と 会 報 は 今 号 か ら 発 行 時 期 を

で す 。 こ の 科 目 は 、 宗 教 学 科 と お や さ と 研 究 所 の

し い 一 時 を お 過 ご し 下 さ い 。

ふるさと会報 第 号

を 生 か し 社 会 に 役 立 つ 人 材 に 育 つ こ と を 願 う も の

現 在 の 母 校 を 体 感 い た だ き 、 青 春 時 代 に 帰 り 、 楽

が 例 年 開 催 し て き た 祝 賀 会 を 自 粛 し ま し た 。 そ し

情 報 を 得 、 大 学 側 の 意 向 を 勘 案 し た う え で 、 本 会

の 状 況 が 判 り 、 う ち

な ど に つ い て も 理 解 を 一 層 深 め 、 そ れ ぞ れ の 徳 分

た う え で 、 大 学 の 歩 み を た ど り 、 文 化 ・ ス ポ ー ツ

の 思 い が 込 め ら れ た こ の 建 学 の 精 神 を よ く 理 解 し

で も 多 く 母 校 へ お 帰 り い た だ い て 、 旧 交 を 温 め 、

人 は 卒 業 式 に 出 席 す る と の

人 の 卒 業 生 を 新 た に

れ り 去 ま 越 る す え よ ら 月 う れ 心 、 日 か 一 、 ら 日 母 お も 校 祈 早 卒 り く 業 申 元 式 し の が 上 平 厳 げ 穏 粛 ま な な す 日 中 。 々 を に 迎 も え 盛 ら 大

心 よ り お 見 舞 い 申 し 上 げ ま す と と も に 、 苦 難 を 乗

こ の た び 東 日 本 大 震 災 で 被 災 さ れ た 皆 様 方 に 衷

﹁ 国 際 性 ﹂ さ ら に は ﹁ 貢 献 性 ﹂ の 三 本 柱 を 掲 げ 、

人 材 の 養 成 を 使 命 と す る ﹂ に 基 づ き 、 ﹁ 宗 教 性 ﹂ と

当 た る も の で 、 母 校 の 建 学 の 精 神 で あ る ﹁ 教 祖 の

期 か ら 開 講 さ れ た こ と で す 。 必 修 増 単 位 相 当 分 に

以 上 対 象 の 科 目 ﹁ 建 学 の 精 神 と 現 代 社 会 ﹂ が 春 学

ま し た 。 一 方 、 直 前 に 起 き た 未 曾 有 の 大 震 災 に 人 よ

ふ る さ と 会 の 正 会 員 と し て お 迎 え す る こ と が で き

に 執 り 行 わ れ 、 晴 れ て

ん と す る 意 気 込 み の 現 れ で あ る と 申 せ ま し ょ う 。

建 学 の 精 神 の 具 現 化 に 向 け 人 材 の 育 成 に 取 り 組 ま

る 被 災 状 況 を 把 握 し か ね る 中 、 被 災 し た 学 生

母 校 の 創 設 者 で あ る 中 山 正 善 ・ 天 理 教 二 代 真 柱

特 に 集 ホ ま ー た と ム 、 同 カ 本 封 ミ 年 パ ン ン グ 月 フ デ レ ー 日 ッ が 、 ト 開 大 を 催 学 ご さ 祭 覧 れ 期 い ま 間 た す 中 だ 。 に き 詳 、 し 年 一 く ぶ 人 は り

今 後 宗 教 学 科 に 大 き な 期 待 を 寄 せ た い と 思 い ま す 。

の 認 定 試 験 に 合 格 す れ ば 宗 教 文 化 士 と な り ま す 。

ン タ ー ﹂ が 定 め た 関 連 科 目 を 履 修 し 、 同 セ ン タ ー

大 、 北 海 道 大 ︵ 計 校 ︶ で 、 ﹁ 宗 教 文 化 教 育 推 進 セ

教 え に 基 づ い て 、 陽 気 ぐ ら し 世 界 建 設 に 寄 与 す る

大 、 皇 學 館 大 、 国 学 院 大 、 大 正 大 、 筑 波 大 、 東 北

喜 ば し い こ と で あ り ま す 。 母 校 以 外 に 、 関 西 学 院

る パ イ ロ ッ ト 校 に 指 定 さ れ た こ と は 大 変 な 名 誉 で

士 ﹂ の 資 格 取 得 に 必 要 な 関 連 科 目 単 位 を 付 与 で き

会 長

吉 川 萬 太 郎

母 校 と の 絆 を さ ら に 強 く 結 ぶ


旧 ふ 師 天 る 平 か 理 さ 成 ら 大 と 2 2 学 会 年 再 平 新 度 び 成 常 進 考 2 3 任 路 え 年 理 状 る 度 事 況 機 着 紹 と 会 任 介 進 を 教 、 路 得 員 就 て 紹 職 介 支 ⋮ 援 ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ 吉 ⋮ ⋮ 井 ⋮ ⋮ 恒 ⋮ ⋮ 雄 ⋮ ⋮ 28 2 7

表 紙 題 字 故 中 山 為 信 氏

ふ る さ と 会 海 外 研 修 基 金

母 校 ニ ュ ー ス

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

平 成 22 年 度 海 外 研 修 報 告

2 62 4 20 1 8 16

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

会 計 報 告 、 編 集 後 記 ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

体 育 系 ク ラ ブ の 活 躍

母 校 の 動 き

出 版 物 の 紹 介

支 部 一 覧

グ ラ ビ ア

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

本 部 役 員 名 簿 ・ 本 部 日 誌 ・ 新 支 部 長 紹 介

﹁ 天 理 大 学 ふ る さ と 会 ﹂ の 個 人 情 報 に 関 す る 基 本 方 針 及 び 細 則

ふ る さ と 会 会 則

ふ る さ と 会 選 抜 入 学 者 へ の お 祝 い 金 授 与 、 ふ る さ と 会 選 抜 日 程

平 成 2 3 年 度 ふ る さ と 会 理 事 会 ・ 評 議 員 会 報 告

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

﹁ 奨 学 金 ・ 奨 励 金 制 度 ﹂ の 概 要

2 0 1 2 ︵ 平 成 24 ︶ 年 度 入 学 試 験 、

特 集 2

特 集 1

気 持 ち を 寄 せ よ う !

東 日 本 大 震 災 復 興 支 援 の 取 り 組 み

︱ 母 校 と 、 本 会 と ︱

母 校 へ !

⋮ ⋮ ⋮ ⋮

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

⋮ ⋮ ⋮ ⋮

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

12

10

ふ る さ と 会 奨 学 基 金 募 金 者 芳 名 録

ふ る さ と 会 奨 学 基 金

支 部 別 募 金 状 ⋮ 況 ⋮ 一 ⋮ 覧 ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

ふ る さ と 会 館 利 用 内 規 ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

住 所 不 明 者 一 覧 ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

4 5 5 5 3 6 5 6 4 5 7 5 7 4 8 4 0 4 2 5 3 5

本 学 に お け る 人 材 育 成 の 特 性 に 思 う ⋮ ⋮ ⋮

飯 吉 降 川 萬 政 太 彦 郎 2 1

会 員 ク ロ ー ズ ア ッ プ

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

益 氏 ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

37 35 33

32

30

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

支 部 だ よ り ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

⋮ ⋮ ⋮ ⋮ ⋮

学 会 長 長

会 員 か ら の 情 報 、 会 員 へ の 情 報

ク ラ ス 会 だ よ り

母 校 と の 絆 を さ ら に 強 く 結 ぶ

真 下

井界 上で 活 邦躍 久す る 氏会 員

目 次 C O N T E N T S


天理大学ふるさと会(同窓会) 昭和2 9年1月1日創刊号 毎年夏季1回発行 第5 8号

第 5 8 号

2 0 1 1

伝統の語学を支える“見る、聞く、話す、書く、読む”を駆使できるCALL教室 CALL (コール) =Computer-Assisted Language Learning

特集1 東日本大震災復興支援の取り組み ―母校と、本会と― 特集2 気持ちを寄せよう! 母校へ!

☆各界で活躍する会員 井上 ☆母校ニュース

邦久 氏

天理大学ニューヨークキャンパス誕生

furusatokai058  

this is furusatokaiho.

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you