Issuu on Google+


トランジション(移行) ―― ! あるいは「カメラと握手」! ルート・ファン・ヴェルデンブルク 作家! たまたまの偶然から、著者はあるピリッとしたパフォーマンスに参列する ことになった。「トランジション(移行)」で、日本人アーティストのタ ケシ・フルヤは、ダンスと音楽とヴィデオ映像とで、持続する感動の糸を 紡ぎあげた。! ! 「トランジション」は、共同作業というより、一つの出会いだ。日本の写真家、 カメラマンのタケシ・フルヤは、カメラを瞬間映像から解放した。! サッカーファンの間で言う、「ボールに効果を込める」 ― キックと足首の くう

ひねりの間の「コントロールされた空」・・・。これは、習って覚えられるこ とではない。あるとき偶然に起こり、それが身体と精神に深く浸みいって残る。 もう一度できたらという欲求が巣食い、そしてあるとき同じことがまた起こる。 それを求めて、また練習。練習につぐ練習が人を名人にする。! サッカーでは、ボールにほとんどあり得ないようなひねりがかかる。それによ って、訓練した者は、確実に思う場所へシュートを決める。観客にとっては、 これは美しく、エキサイティングな瞬間だー 実のところ、これは予測するこ とのできない武器なのだけれど。! 痛みと希望とが交差する地点で、タケシの写真は演戯にいくつものラインを追 加する。引き延ばされた色の線を。! 英語の "#$%(揺れ)という言葉をここで使うことにしよう。つまるところ、国 際的アーティストについての話なのだから。! 文字通り、息を飲むようなパフォーマンスだった。ソニャ・ロスベルゲンは、 動きの合間合間に静止しつつ、えも言えぬ震えを流れ出させ、輝かせ、突き出 させることができるダンサーなのだ。実態をむき出しにしていくプロセス。そ れが、表情としぐさにまとまった統一感を与える。牡蠣や貝のように ‐ ベ ース・ギターが、汐の満ち引きの合間に、幅広い色のパレットを出して見せる。! 創造されたものは、だから、まだそのエレメントに留まったままで、市場に「出 され」てはいない。音楽とダンスとヴィデオ撮影+同時上映のつながりであり 続けるゆえに、「トランジション(移行)」は、内に閉じこもっている。この 内省と最終的な表現との間の領域で、ロスベルゲンはそれを、動きの静寂をさ らに強く感じ取り、それを生き、その中に死ぬことである、と考えている・・・。!


完成品というよりは、移行。! 常に進み続ける行為というよりは、過程。! 上演の内容というよりは、大海へ至る水門。! "!#$%&'(!')!*%+,-&*&',(移行の時)というタイトルの歌がある。ヴァン・モリソ ンが ./00 年に出したLPに入っている曲だ。聞き手も新聞雑誌もこの曲をどう 受け取っていいのかわからなかったが、生身の人間であるシンガーソングライ ター自身が一番わかっていなかったかもしれない。ジャケットには、すばやく 次々と撮られた .1 枚の写真が載っているが、その中の彼は、何だかわけがわか らずポカンとしたような顔をしている。このレコードは、ブルースとポップか ら、後に成功を収める彼の超越的な作品への移行だったのだ。「もし君にでき るなら、君は世界で成功を収め始めたんだ」! ロスベルゲンとフルヤは、創造の時期としての「トランジション(移行)」の 現象に恋している。! ただ、微細に動く内なる絹糸のようなつながりだけがある:! タケシは、それを目に見えるものにする。! ソニャは、それを感じられるものにして示して見せる。! アンドレアス・クランプルは、その糸を想像できるように演奏してみせる。! 画家は、それを手ごたえのあるものにする。! カメラと握手!! 海岸にいながら海の最深の部分を経験することへの招待。これを想像すること ができない人は、ウィリアム・ブレイクの「蚤のゴースト」をよくよく見ると いいだろう。! たまたまの偶然から、私はこのピリッとしたパフォーマンスを経験するここと なった。「トランジション(移行)」は、サンクト・アンドレー教会で、一回 限り上演された。建物の内装の金が、ダンサーそしてタケシの「-2+3(揺れ)」 による再生映像のまわりに、レンブラント風の雰囲気を織り出していた。! ! ! !


SHAKE HANDS WITH CAMERA