Page 1

学校建築研究

古谷誠章研究室

「複合化された小学校における、管理運営上の問題と交流実態に関する研究」東京 23 区を事例として -

1X07A040-5 長 侑希

"The possibility of complexed buildingtype, especially elementary school" ■目次 第 一 章:序  1.1 調査背景  1.2 統計データ  1.3 研究目的 第 二 章:研 究 内 容 2.1 対象事例 2.2 研究方法 2.3 データシート 第 三 章:研 究 事 例 集 3.1 ■千代田区  1和泉小学校  2昌平小学校  3千代田小学校  4麹町小学校 3.2 ■足立区  5千寿双葉小学校 3.3 ■中央区     6月島第三小学校     7晴海中学校     8日本橋小学校 3.4 ■新宿区     9牛込仲之小学校     10四谷小学校 3.5 ■台東区     11上野小学校     12千束小学校 3.6 ■大田区     13久原小学校 3.7 ■文京区     14昭和小学校 3.8 ■品川区     15第一日野小学校     16伊藤学園 第 四 章:考 察     カテゴライズ     区ごとの分類     図面パターン     個別エピソード     総合的結果     結果からのヒント 第 五 章:展 望     可能性について     継続調査の必要性 第 六 章:参 考 文 献     参考既往研究・ 第 七 章:謝 辞

1.1 調査背景 - 複合化に求められるもの -  人口の自然減への転向、少子高齢化、人口動態の変化に 伴う社会構造の変化、または情報機器の発達による生活 パターンの変化、都市の高密度化、それらの変化は既存 の概念に対して変革を要求する。古くから存在した学校 もまた、近代に入って国家事業として整備・管理される ようになってから、全国一様に配置されるようになった が、社会の変化に伴い施設そのものが固定的に存在し続 けることが難しくなってきた。それは学校が、共有財産 であり皆に開かれるべきものだという市民意識の変化な どが理由の一つに挙げられる。このような意識変化など 質的な変化が伴って学校で行われる機能そのものも、見 直される局面にきている。 *複合化された小学校の数

1.4既往研究 -Recent Research

2.2研究方法 -Research method

郡司洋介著「学校建築研究∼余裕教室転用による機能複合化に関する研究∼」 13 校増加

2000 年度時点調査で計 17 校 (余裕教室転用型機能複合化のみ)

2010 年電話による調査 計 30 校 (余裕教室転用型機能複合化のみ)

斉藤潔著「東京都における公立小中学校と地域公共施設との複合化事例にお ける建築概要に関する実態調査」 2003 年時点調査で計 55 校 (複合化された小学校)

25 校増加

2010 年電話による調査 計 80 校(幼稚園との複合を除く)

2.1 対象事例 - 選定方法 - Choose exapmples

367 校 [ 1.51] % ]

<各階平面図>

<動線/ Circulation> 複合施設利用者 小学校 区民図書室

幼稚園

まちかど図書館

図書館入り口↑

多目的ホール

○○課の人 :学校と複合化した経緯/現状/展望

幼稚園

エントランス

ヒアリング調査 現地調査 ( 動線、交流実態 )

デイケア担当の人 図書館担当の人 社会教育館担当の人 幼稚園担当の人

Scale: 1/700 0

3.5

7

14m

図書館と小学校の接続部↑ 職員室

幼稚園

小学校

:なぜ結成したのか・当時の状況/現状/展望

職員室

6,7F へ行く為のエレベーター↑ Ground Level

地上2階平面図 Scale: 1/700 0

文教施設と複合化している学校数

他施設と複合化している学校数

(文部科学省最新調査 H8/05/01) (*全国学校複合施設 469 校中)

]

施設種類:社会教育

施設種類:児童福祉

236校 [ 50.3 % ]

97校 [ 20.7 % ] 174 校

372 校 施設種類:社会体育

施設種類:高齢者福祉

88校 [ 18.3 % ]

施設種類:その他文教施設等 49校 [ 10.4 % ]

13校 [ 2.8 % ] 施設種類:行政機関 45校 [ 9.6 % ] 施設種類:その他 20校 [ 4.3 % ]

1.3 研究目的 Purpose of investigation  本研究は複合化された小学校もしくは小学校と 共に複合化された施設の間で行われている連携活 動や交流の実態を明らかにし、同時に複合化され た小学校がどのように計画されたかを分析し、複 合施設の空間性と交流との関係性を明らかにする ことを目的とする。

↓ 合計17 校(23 区内)の小 学校に決定。

7

プール

14m

平面分析シートサンプル

管理職の先生(校長/教頭) :背景/現状・交流頻度/展望・今後の希望 :プログラム的にくまれた交流を聞き出す。(七夕会/老人感謝デー)

:背景/現状・交流頻度/展望・今後の希望 :プログラム的にくまれた交流を聞き出す。(七夕会/老人感謝デー) :偶発的におこっている交流を聞き出す。  (どこで/いつ/だれが/何人くらい)

ヒアリング・データシート(教育委員会向け)

*学校と複合化した機能種別

3.5

区名称

小学校名称

複合化している機能

ヒアリング・データシート(他部署向け) (        課         さん)

複合化の際いっしょになる 施設を担当された方

Qa1. 複合化された、それぞれの小学校について、複合化した経緯をお話ください。 (例: 区役所内での方針決め、住民とのやり取りなど・・)

Qb1. 複合化された、それぞれの小学校に併設された施設ついて、複合化した経緯をお話ください。 (例: 部署間を超えたチームが結成されたなど・・)

Qa2. 複合化された、それぞれの小学校について、現状をどう捉えているかお話しください。 (例: 他施設との複合によって齎されたメリット、もしくは問題点など・・)

Qb2. 複合化された、それぞれの小学校に併設された施設について、現状をどう捉えていますか? (例: 小学校との併設されたことによって齎されたメリット、もしくは問題点など・・)

Qa3. その(Qa2 から引き続き)現状は当初の計画通りですか?予想外なこと、いいこと、悪いこと

Qb3. その(Qb2 から引き続き)現状は当初の計画通りですか?予想外なこと、いいこと、悪いこと

   含めて教えてください。

   含めて教えてください。

Qa4. 複合化小学校が誕生した経緯を振り返って、いま、あなたが思う複合化小学校が児童に与える

Qb4. 小学校に併設された複合化施設が誕生した経緯を振り返って、いま、あなたが思う複合化小学校が

   良い影響とは何だと思いますか?

   施設利用者(    )に与える良い影響とは何だと思いますか?

Qa5. 今後に対する展望をお聞かせください。 (例: 新築、余裕教室利用含め今後、小学校複合化は増えるか、また、その場合は現状を踏まえ     どう変化を加えたいなど・・)

Qb5. 今後に対する展望をお聞かせください。 (例: その施設(    )と小学校との複合化は増えるか、また、その場合に既存事例を踏まえた     希望など・・)

他 . 教育委員会は、複合化された学校の先生や、施設の人から現状を聞いたりするのか?(頻度も)

ヒアリングシートサンプル

3.1 調査集成 -Data base

01 和泉小学校Izumi Elemenntary School

01 和泉小学校Izumi Elemenntary School

<まとめ(複合形態/管理運営/交流実態) > 複合化した理由

<周辺地域>

文部科学省の「インテリジェント・スクール構想」→*「高度の情報通信機能と快適な学習・生活空間を備えた本格的な環境として 施設を整備するとともに , 地域共通の生涯学習 , 情報活動の拠点として , その

幼稚園の統廃合が重なった

機能を最大限有効に活用する方策を , 地域の状況や施設の特性に応じて進め (↑文部科学省 HP より ) ていく」

複合化した際の特徴的な計画 インテリジェント・スクール構想による地域生涯施設との複合化

プログラム的な交流実態

和泉小学校

自然発生的な交流実態

こども園と小学校→年間 10-15 時間の割合で交流 (読み聞かせなど) 交流給食も実施 行事にこども園も参加

管理者同士の連絡頻度

同じこども園を卒業した児童が園の先生に 会いにくることがある

JR 秋葉原駅

図書館では、一般の人が子供に声をかける等

交流の発生場所

こども園の先生と小学校の先生→適宜相互連絡 (交流授業や防災関係) 特に校長と園長の関係が良 校庭利用のスケジュール 教員同士バレーボールなど で交流をしている。

小学校

幼稚園

こども園の職員室 図書館のロビー

区民図書室

複合化のメリット 次年度に小学生にあがる 子供を介して地域と繋が 年下の園児との交流で 年長にとって交流は経験 っていると感じる事がで 世話をする大切さを学ぶ となる きる 小1プロブレムの解消 小学校の先生にも小さい * (小1に挙るときのギャップ) 子供の事を知ってもらえる 複合化のデメリット

校庭利用時に小学生の投 げるボールを気をつけな 敷地が狭く校庭などを クラブ活動で分けて使う ければならない など不便が多い

今後の展望(交流に対する意識) 特に新しいことは考えて いない(今の状態に満足)

(↑Google Earth より)

[Page. 043]

建築の基礎情報シートサンプル

[Page. 044]

[Page. 065]

先生(なるべく長くいる先生にインタビュー)

(        課         さん)

複合形態:同一建物内 複合形態:余裕教室の転用 151校 [ 32.2 % ] 58校

こども園

校庭(中二階)

○○運営者 (なるべく長くいる人にヒアリング)

交流できると予測される場所

 まず東京23 区役所全て に電話による予備調査を 行い、都内の複合化された 小学校の母数を悉皆的に 調査した。 その結果2010 年時点で115 校の複合化 小学校が確認された。 その 後、直接区役所に行き、115 校分ほぼ全ての図面を入 手した。  115 校中30 校が余裕教 室転用による機能複合化 された小学校である。 (2000 年時点より13 校増 加) ↓ その為、予め、23 区内の複 合化小学校の図面を手に 入れて、その上で、複合化 内部での交流がある程度 意識された空間が、図面に 現れているものに限って、 事例を選定した。

幼稚園と小学校を繋ぐ廊下↑

校庭

こども園職員室

現場の先生 :背景/現状・交流頻度/展望・今後の希望 :偶発的におこっている交流を聞き出す。  (どこで/いつ/だれが/何人くらい)

(全国;中学校数 10,537 校)

(*全国学校複合施設 469 校中)

図書館↑

入り口

2.3 データシート−Hearing Sheet

469 校 [ 1.35 % ]

屋外

01 和泉小学校Izumi Elemenntary School

Chiyoda Elemenntary School

6,7F への入り口↑

Example “how to choose”

合計;複合施設となっている公立小中学校数

複合形態:同一敷地内建物 260 校 [ 55.4 % ]

区役所 :複合化の経緯と狙いを聞く。 問題点 教育委員会 :複合化に至る背景/現状/展望 今後も増? プロセス (住民との議論?) 問題に対する策?

部署間チーム

複合施設 (全国;小学校数 24,235 校)

複合施設廊下 複合施設諸室

屋外

6 月上旬 6日間

9 月上旬∼10 月上旬 29日間

複合施設となっている公立中学校数 ] 102 校 [ 0.97 %

EV

複合施設諸室

スロ ープ

内訳文教施設以外の施設との複合施設

複合施設となっている公立小学校数

階段

EV

予備調査 115 校  電話ヒアリング、平面図分析

本調査 17 校

74 市町村 [ 2.29 % ]

管理諸室

階段

地上1階平面図

(全国市町村数 3,234 市町村)

195 市町村 [ 6.03 % ]

小学校廊下

管理諸室

現地の人 :施設・学校間の交流を聞き出す。

学校施設以外の施設との複合施設

小学校諸室

小学校廊下

複合施設廊下

(文部科学省最新調査 H8/05/01)

*複合形態

小学校諸室

[Page. 045]

周辺環境シートサンプル

動線についてのシート

4.1 分析 - カテゴライズ Analysis categorize 5 つの項目について文責を行った。 ■建築の基本的情報 ■空間的な事に関する項目 ■利用状況などソフト面に関する項目 ■複合施設内、施設間交流に関する項目 ■立地に関する項目 □複合用途 幼稚園 / こども園 / アフタースクール / 児童館 中学校 / 図書館 / 社会教育施設 / 文化センター 区民館 / 総合体育館 / プール貸し出し / 教育研 修所 / 教育センター / 障害者施設 / 高齢者施設 出張所 / 家庭支援センター ■基本的な建築に関する項目 05. 複合施設の利用者層 A) 地域の高齢者 /B) 親 /C) 会社員 /D) 中高生 E) 小学生でも利用可能 /F) 教師職員 G) 限定利用者(幼児など)/H) 地域以外の人 06. 複合施設の利用率 A) 良好に利用されている。 B) あまり利用されていない。 C) 限定的な利用がされている。 D) 全く利用されていない。 07. 複合施設の利用時間帯 A) 小学校の運営時間帯と同時間帯 B) 小学校の放課後時間帯 C) 小学校終了時間以降 D) 土日祝日 ■利用状況などソフト面に関する項目 08. 交流場所 A) 校庭 /B) 廊下 /C) 共用スペース(内部) D) 共用スペース(外部) 09. 交流場所の視線共有について A) あり /B) なし 10. 動線分離 A) 入り口が別であることにより動線が分離さ れている。 B) 入り口が一緒であるが、内部の動線が分離 されている。 C) 入り口が別であるが、内部の動線が一緒に なる場所がある。 D) 入り口が一緒であり、内部の動線も一緒で ある。 ■空間的な事に関する項目 11. 施設間交流について A) プログラム的な交流が盛んに行われている。 B) 自然な交流が盛んに行われている。 C) プログラム的交流且つ自然な交流、両方が 行われている。 D) 交流はあまり行われていない。 12. プログラム的な交流について

A) 小学校の行事や授業として実行される。 B) 複合施設の企画やイベントとして実行され る。 C) 区役所の企画やイベントとして実行される。 13. プログラム的な交流の企画方法 A) 双方職員の打ち合わせにより企画 B) 片方の企画イベントの告知のみ(ポスター等) 14. プログラム的な交流の目的 A) 教育目的のため B) 文化活動のため 15. 職員同士の関係について A) 盛んな情報共有が行われている。B) 必要に応 じた情報共有が行われている。 C) 年に一回のみ情報を連絡している。 D) 全く連絡は取っていない。 ■複合施設内、施設間交流に関する 16. 周辺環境 A) 住宅街 /B) 高層マンション街 /C) 繁華街 D) ビジネス街 / 17. 地域住民の小学校に対する愛着 A) あり /B) なし 18. 地域住民の属性 A) 祖父母世代・父母世代両方が住んでいる。 B) 父母世代のみ住んでいる。 C) 小学校に関係のない人たちが多い。 19. 地域住民同士の関係 A) 絆が強い。 B) まあまあ関係がある。 C) 全く関係を保っていない。 ■立地に関する項目 A) 住宅街 /B) 高層マンション街 C) 繁華街 /D) ビジネス街 17. 地域住民の小学校に対する愛着 A) あり /B) なし 18. 地域住民の属性 A) 祖父母世代・父母世代両方が住んでいる。 B) 父母世代のみ住んでいる。 C) 小学校に関係のない人たちが多い。 19. 地域住民同士の関係 A) 絆が強い。 B) まあまあ関係がある。


5. 考察 Anaryze [ 考察 1] 自然発生型の交流の発生に必要な共用空間 ・交流はプログラム型交流と自然 発生型交流の 2 種類に分けられる。 ・共通の校庭や中庭といった空間 を介して自然発生的な交流を促し ていると言える。  設計時の共用空間の工夫によっ て交流を活発化させることが可能 と考えられる。 事例:新宿区立四谷小学校。 10 年前複合された時には、交流が出来ていたが、特養ホームの

同じ園を卒業した児童がいるから既に知り合い 。

住人が高齢化した為に、交流が難しくなった 。

周辺地域にサラリーマンが多く 、 自分たちの子供の世代ということで 優しく接しているようだ

屋内の共用スペース

①和泉

2.1 自然発生的な交流

②昌平

③千代田

④麹町

⑤千寿双葉

屋内の共用スペース 共通の校庭 ⑥月島第三

空間

空間

⑦晴海

中学生と小学生は女の子同士の交流はあるが 、 男同士の学年を超えた交流はあまりない 。

小学校とは別の、図書館スペースでの交流(読み聞かせ

校庭に面した保育室前のテラス

⑧日本橋

⑨牛込仲之

空間

) 地域の特色(祖父母世代が住んでいる 。 )

視線を共有する中庭 中庭にある円形ベンチ

⑩四谷

空間

⑪上野

共通の校庭 地域を巻き込んだイベントの企画 共通の校庭 ⑫千束

空間

⑬久原

⑭昭和

⑮第一日野

[ 考察 3] 管理の課題点 近年施設運営者は防犯の強化が求 められる傾向にある。 それにより調査事例の中にはオー プンな学校として計画されたにも 関わらず、一般利用者に動線を確 保できないためにオープン化を中 止した事例があった。 交流が制限され、複合化された学 校の持つ相乗効果を十分に得られ ていない。 事例 : 千代田区立昌平小学校

⑯伊藤

空間

2 交流実態 2.2 プログラム的な交流

[ 考察 2] 複合化学校で作られる関係性が地域へと展開する ・異世代間の交流や、お互いの施設を上 手に利用しているなど、複合化による互 恵性が得られている地域では、交流が学 校内に留まらず地域との連携が進んだ り、町中での自然な会話を産んだり、と 活動が地域へと展開されている。 事例 : 台東区立上野小学校

6 結論 Conclusion ・自然発生型交流には施設をつなぐ共通の空間が必要と言える。 ・複合化学校で作られる関係性が地域へと展開する可能性を持つ。 ・よりよい管理動線は設計時に、時間帯別利用も含め、深く考慮される べきである。 7. 展望 Prospsct 管理動線について、今後、さらに詳しい複合化計画時の動線配置や共 通空間に関する意図を、設計者にヒアリングすることができれば、本 研究で調査した交流実態と比較することが可能となる。

学校建築研究「複合化された小学校における、管理運営上の問題と交流実態に関する研究」東京23 区を事例として」  

The possibility of complexed buildingtype, especially elementary school 本研究は複合化された小学校もしくは小学校と共に複合化された施設の間で行われている連携活動や交流の実態を明らかにし、同時に複合化された小学...

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you