Issuu on Google+

シンガポール国際エネルギー週間

-

Suntec Singapore

www.singapore.iew.com.sg


気候変動との戦いと持続可能な開発の実現 経 済 発 展と気 候 変 動 は 密 接 に 関 係しており、よりクリーンでスマートな エ ネ ル ギ ー の 開 発 を実 現 する政 治 行 動 の 必 要 性 が 高まっています。 エ ネル ギ ー市 場 局 ( E M A ) とエ ネル ギ ー 調 査 研 究 所 ( E S I ) は 、スマートエ ネル ギ ー に 関 する実りの あ る討 論と政 治 行 動 を推 進 する立 場 から 、今 年 の シン ガ ポール 国 際 エ ネル ギ ー 週 間 ( S I E W ) の テ ーマを「スマートエ ネル ギ ー 経 済 の 推 進 」といたしました 。 S I E W は 、政 治 家 、ビ ジネスリー ダー 、学 識 者を 一 堂 に 集 め 、戦 略 的 な 討 論 、展 示 会 、ネッ トワ ー クセッションを 満 載したプ ログ ラムで、2 0 1 0 年 1 0 月2 7日 か ら11月 4 日まで サン テッ クシンガ ポール にて 開 催され ます。

シンガポール国際エネルギー週間への参加対象者 • • • • • •

国 内 外 の 政 策 立 案 者、政 府 機 関 国 内 外 のエ ネル ギ ー 機 関と学 識 者 エ ネル ギ ー 関 連 会 社 サービ スとインフラのプ ロ バイダ 投資家 業 界アナリスト専 門 家


ご挨拶

エネルギーの状況は、刻々と変化しています。都市化と経済成長はエネルギーの需要をさ らに高めていますが、一方で安価な化石燃料の急速な枯渇、気候変動の高まる脅威によって、 政治家や各企業は経済成長と、エネルギーの安全確保、そして環境の持続可能性の間のバラ ンスを取るために新たな解決策を見出すことを余儀なくされています。エネルギー問題を解決 するための特効薬はありませんが、全世界で研究開発、技術革新、テクノロジーを一層重要視 することが、私たちの将来を支える新たな突破口となる可能性があります。 今年のシンガポール国際エネルギー週間 (SIEW) では、テーマを「スマートエネルギー経 済の推進」に定め、エネルギーの専門家の方々を各方面から招いて業界の動向やベストプラク ティスを共有し、エネルギー関連の協議事項を話し合いから行動に移すための独自のプラット フォームを提供いたします。 エネルギー週間のハイライトは、シンガポール首相リー・シェンロンが開催する「シンガポール・エネルギー・レクチャ ー」と、スマートエネルギー経済への移行に関して省庁と企業のトップレベルで対談を行う「シンガポール・エネルギー・ サミット」です。こうしたセッションを通じ、新たな、そして持続可能なエネルギー技術の開発に関して、実りのある議論や 協調を生み出せるものと期待しています。 また、持続可能な事業の成長のためのクリーンで、経済競争力があり、かつ信頼性の高いエネルギーの供給を確実に するために、公共部門や民間のパートナーシップはどのようにエネルギー政策に影響を及ぼしていくべきか、その果たす 重要な役割についても見直していきます。 毎年開催されるシンガポール国際エネルギー週間は、アジアの視点からエネルギー問題について協議する独自のプラ ットフォームです。また国際社会にとっては、持続可能な発展を推進し、活力あるエネルギーエコシステムを推進するシン ガポールの政策について理解を深めていただくまたとない機会でもあります。 ぜひSIEW 2010 に参加していただき、スマートエネルギー経済の実現に向かって、一緒に大胆で確実な一歩を踏み 出していきましょう。

Mr Lawrence Wong Shyun Tsai エネルギ ー市場 局 局長


2010年10月27日 (水)

2010年10月28日 (木)

シンガポール国際 2010年10月29日 (金)

ネットワーキング

カンファレンスと展示会

カーボンフォーラム アジア 会場:ラッフルズシティ コンベンションセンター 主催:国際排出量取引協会 ケルンメッセ 時間:午前8:.00 - 午後6:00 ダウンストリーム アジア 会場:サンテック シンガポール 主催:世界精製協会 時間:午前9:00-午後6:00 国際電力エネルギー カンファレンス 会場:サンテック シンガポール 主催:ナンヤン工科大学 IEEE電力エネルギー部門シンガポール支部  IETシンガポールネットワーク シンガポール工学会 時間:午前9:00-午後5:30 シンガポール電気会議 会場:サンテック シンガポール 主催:エネルギーマーケットカンパニー    時間:午前9:00-午後5:30

SIEWネットワーキング レセプション 会場:ラッフルズシティ コンベンションセンター 主催:エネルギー市場局 時間:午後6:00-午後8:00

シンガポール電気会議 会場:サンテック シンガポール 主催:エネルギーマーケットカンパニー    開催刻時間:午前9:00-午後2:00


エネルギー週間 2010 プログラム 2010年11月1日 (月)

2010年11月2日 (火)

2010年11月3日 (水)

シンガポール エネルギー レクチャー 会場:サンテック シンガポール 主催:エネルギー市場局       時間:午前9:30 ‒ 10:30

クリーン エネルギー エキスポ アジア 会場 : サンテック シンガポール 主催 : ケルンメッセ シンガポール持続可能エネルギー協会 時間:午前9:00 - 午後6:00

シンガポール エネルギー サミット &ガラディナー 会場:サンテック シンガポール 主催:エネルギー市場局       時間:午前11:00-午後9:30

アジア動力関連見本市 会場:マリーナベイサンズ  主催:ペンウェル 時間:午前9:00-午後6:00

   

今後の低炭素社会におけるエネルギー 業界 会場:サンテック シンガポール 主催:エネルギー調査研究所 シェル 時間:午前9:00-午後12:30 気候変動とエネルギー効率に関する インド/中国/米国会議 会場:サンテック シンガポール 主催:エネルギー調査研究所  時間:午後2:00-午後5:00 プラッツ世界エネルギー企業250社 アジアアワードディナー 会場:マリーナベイ サンズリゾート 主催:プラッツ 時間:午後6:30 ‒午後10:30 ブルームバーグNEFエグゼクティブ ディナー(招待者のみ) 会場:サンテック シンガポール 主催:ブルームバーグ NEF 時間:午後7:00-午後10:30 SIEWネットワーキング レセプション 会場:サンテック シンガポール 主催:エネルギー市場局        時間:午後6:00-午後8:00

SIEWネットワーキング レセプション 会場:マリーナベイ サンズリゾート 主催:エネルギー市場局        時間:午後6:00-午後8:00

2010年11月4日 (木)


イベント シン ガ ポ ー ル エ ネ ル ギ ー レ ク チ ャ ー リー・シェン ロン 首 相 が 、毎 年 開 催 され るシン ガ ポ ール エ ネ ル ギ ー レ クチ ャ ーで、エ ネ ル ギ ーと 気 候 変 動 問 題 に 関 する 戦 略 的 展 望 に つ いて 講 演 を 行 います。 シン ガ ポ ー ル エ ネ ル ギ ー サミット 政 府 関 係 者 、政 治 家 、ビ ジネスリー ダー 、学 識 者 が 一 堂 に 会 するトップ レ ベ ル のフォー ラム 。アジ ア パ シフ ィック 地 域 の エ ネ ル ギ ー 状 況 に つ いて考 察し 、エ ネ ル ギ ー の 安 全 性 、環 境 的 な 持 続 可 能 性 、経 済 的 競 争 力 の バ ランスを 取るため に 必 要 な 解 決 策 を 議 論します。

今 後 の 低 炭 素 社 会 に お ける エ ネ ル ギ ー 業 界 気 候 変 動 政 策 の 枠 組 み の 変 更 、企 業 の 役 割 、主 要 テ クノロ ジ ーとプ ロ セ ス 、競 争 戦 略 、エ ネ ル ギ ー 商 品 取 引 へ の 影 響 に つ いて パ ネ ル ディス カッションを 行 います。 National University of Singapore

気 候 変 動 と エ ネ ル ギ ー 効 率 に 関 す る インド/ 中 国 / 米 国 会 議 気 候 変 動とエ ネ ル ギ ー 効 率 に 関して、中 国 、インド、米 国 代 表 に より行 わ れ る パ ネ ル ディス カッション。

カ ー ボ ン フォ ー ラム ア ジ ア アジ アパ シフィック 地 域 最 大 級 の「カ ー ボ ンマー ケット・トレ ードフェア」お よび 年 次 カンファレンス 。炭 素 排 出 枠 とC D M プ ロジェクト関 連 の 資 金 調 達 の 機 会 が 豊 富 に ありま す。炭 素 市 場 の 専 門 家 や 政 府 関 係 者 が グ ロ ー バ ル 市 場 の 発 展 段 階 を 正 確 に 把 握 し 、ア 場 ジ アパ シ フィック 地 域 や そ の 他 の 地 域 で の 炭 素 取 引 や C D M 市 場 の 主 要 な 動 向 や 問 題 点 に つ いて 協 議 するで す。

クリ ーン エ ネ ル ギ ー エ キス ポ ア ジ ア クリーン エ ネ ル ギ ー エキス ポ アジ アは 、テ クノロジ ー 、サ ー ビ ス 、資 金 提 供 お よび 政 府 の 主 要 メンバ ー を 一 堂 に 集 め 、アジ アパ シフィック 地 域 の 再 生 可 能 エ ネ ル ギ ー 、エ ネ ル ギ ー 効 率 、持 続 可 能 な 開 発 の た め の 題 点 課 題 解 決 に 取り組 む 主 要 な 展 示 会 で す。


ハイライト アジア 動 力 関 連 見 本 市 アジ アパ シフィック 地 区 の 発 電 、送 電 、配 電 業 界 向 け の 一 流 展 示 会 & カンファレンスであり、年 に一 度 業 界 関 係 者を 結 集し、今 日 の 戦 略 的 お よび 技 術 的 な テ ーマや 問 題 点 に つ いて 協 議 する主 要 な プ ラット フォ ームで す。ま た 、世 界 の 主 要 な 出 展 者 に よる 最 新 の 製 品 、サ ー ビ ス 、テ クノロ ジ ー 、開 発 の 所 産を 見 学 する 機 会 をご 提 供 します。

ダ ウ ンストリ ーム ア ジ ア アジ アの 第 一 級 の 精 錬 、石 油 化 学 、燃 料 関 連 の 会 議 で は 、全 世 界 の 川 下( ダ ウンストリーム )業 界 か ら リー ダー を 迎 え 、生 産 高 の 向 上 、資 産 の 最 適 化 、エ ネ ル ギ ー 効 率 の 向 上 に 関 する 展 望 を 共 有 しま す。 ダ ウンストリーム アジ アは 、精 錬 、石 油 化 学 業 界 の 動 向 に 特 化し、燃 料 に 焦 点 をあてます。

国 際 電 力 エ ネ ル ギ ー カン ファレンス 第 9 回 国 際 電 力 エ ネ ル ギ ーカンファレンスと 展 示 会 で は 、電 力 工 学 、パ ワ ーエ レ クトロ ニクス 、エ ネ ル ギ ー システムを テ ーマとして います。

プ ラッツ 世 界 エ ネ ル ギ ー 企 業 2 5 0 社 ア ジ ア ア ワ ード ディナ ー 今 年 5 回 目を 迎 えるプ ラッツ 世 界 エ ネ ル ギ ー 企 業 2 5 0 社 のアジ ア ア ワ ード ディナ ー に 参 加 し、アジ ア で 最 も 影 響 力 を 持 つエ ネ ル ギ ー 業 界 の 要 人とネットワ ー クを 築 き 、受 賞 企 業 を 祝 福 しましょう。カ レン ダー の 2 0 1 0 年 11月 2 日 に 印 を つ け、マリー ナ ベ イサ ンズ で 午 後 6 : 3 0 か ら 開 催 され る 、業 界 で 最 も エキサイティング なイベ ントに 是 非 ご 参 加ください 。

シン ガ ポ ー ル 電 気 会 議 2 0 1 0 シン ガ ポ ール 電 気 会 議 で は 、シン ガ ポ ール お よ び 全 世 界 か ら エ ネ ル ギ ー 、電 気 、そ の 他 関 連 企 業 のリ ー ダー や 経 営 者 が 結 集し、世 界 の 電 気 業 界 が 抱 える 課 題 や 問 題 に つ いて 協 議します。


シンガポール国際エネルギー週間2010に参加する主な業界関係者 と政治家

リー・シェンロン 氏 は 、2 0 0 4 年 、シン ガ ポール の 第 3 代 首 相 に 就 任 。国 会 議 員 初 当 選 は テックギ ー 選 挙 区で人 民 行 動 党 ( P A P ) か ら立 候 補 した1 9 8 4 年 、以 降 2 0 0 6 年 まで 5 回 連 続 して 当 選 。首 相 に 就 任 するま で 、貿 易 工 業 大 臣 、防 衛 大 臣 、国 防 大 臣を 歴 任し、また 副 首 相として、経 済と行 政 を 14 年 間 担 当した 。


Michael Liebreich 氏は、投資家に向けてクリーンエネルギーと炭素市場の情報と調査を提供す る独立系プロバイダーBloomberg New Energy Finance社の最高経営責任者です。また、世界経済 フォーラムの代替エネルギー世界政策協議会のメンバーおよびクリントン・グローバル・イニシアチブ の諮問委員会のメンバーでもあります。

田中伸男氏は、国際エネルギー機関 (IEA) の事務局長です。IEAは加盟国が国民に安価で安定したク リーンなエネルギーを供給するための政策提言を行なっていますが、1980年代後半に日本がIEAに加 盟するにあたり田中氏は責任者を務め、日本の総合的なエネルギー政策の確立に寄与しました。さら に、日本の国際的な原子力エネルギー政策を管轄し、他国との原子力協定の交渉にあたりました。

Dr. Peter Taylor はIEAの部局長であり、エネルギー安全保障、経済成長、環境保全というIEAの3 つの目標を達成ために、エネルギー技術の役割を分析・推進しています。IEAに勤務する前は、英国の 著名なエネルギー・環境コンサルタント会社Future Energy Solutions (AEA Technology plc の 関連会社)の技術ディレクターを務め、国内外のエネルギーと気候変動政策に関する調査とコンサルテ ィング業務を15年にわたって担当しました。インペリアル・カレッジ・ロンドンからエネルギー経済学 の博士号を授与されています。

Tomas Nauclér 氏は、McKinsey & Company ストックホルム支社に1992年に入社し、現在 はディレクターを務めています。またMcKinseyの持続可能性および資源生産性実践チームの共 同主幹事も務めています。以前はMcKinseyエネルギー効率性サービスのグローバル責任者を務 め、McKinsey の限界費用曲線および10カ国費用曲線を創始しました。


シンガポール国際エネルギー週間 2010にご参加ください 世界は、エネルギーの新しい未来を待ち望んでいます。 御社のビジョンとソリューションを共有してください。 シンガポール国際エネルギー週間とパートナーイベントの登録は、 www.singapore.iew.com.sg にアクセスしてください。

連絡先

Singapore International Energy Week (シンガポール国際エネルギー週間)  991 G Alexandra Road #01-29 Singapore 119975 電話

以下のメディアでもSIEW2010の情報を発信しています。

: +65 6835 8000

ファックス: +65 6835 8020 電子メール: ema_siew@ema.gov.sg

http://twitter.com/siew2010

http://www.flickr.com/photos/singaporeinternationalenergyweek

http://www.youtube.com/user/SIEW2009


団体を支援


主催者

Energy Market Authority (エネルギー市場局) 991G Alexandra Road #01-29 Singapore 119975 電話 : (65) 6835 8000 ファックス : (65) 6835 8020 ウェブサイトホームペー���: www.ema.gov.sg

Energy Studies Institute     (エネルギー調査研究所) 29 Heng Mui Keng Terrace Block A #10-01 Singapore 119620 電話 : (65) 6516 2000 ファックス : (65) 6775 1831 ウェブサイトホームページ: www.esi.nus.edu.sg

協力

開催

当パンフレットに掲載されている情報の正確性につきましては、パンフレット発行時点で万全を尽くしております(2010年5月)。


SIEW A5 Brochure_Japanese_Version