Page 1

CCD

MV1-D2080(IE) シリーズ

38×60×60mm (L×W×H)

Cーマウント / F- マウント / M42

※突起部を含みません。

質量 222g

CMOS

可視・近赤外線感度 ワイドダイナミックレンジ120dB フルフレーム最大51fps フィルファクター50%、 フルウェル90Ke-

紫外線

MROI(部分読み取り:最大512) グローバルシャッタ センサガラスなし *各機能についてはP91 94を参照ください。

LinLogは、photonfocus社の登録商標です。

Photonfocus社MV1-D2080シリーズ、MV1-D2080IEシリーズ(2080×2080ピクセル/400万画素)は、 フルフレーム最大51fpsを提供、 フィルファクター 50%、 フルウェル90Ke-を実現した高感度高速カメラです。CMOSの画質向上機能として、オフセット補正(コラムストライプの平滑化)、LUT(Look Up Table)高速カメラに必要なグローバルシャッター、ROI(部分読み取り)機能、3×3フィルタ機能等を備え、近赤外感度900nmまでカバー。 ウェハー検査、 レーザーでの3D計測、半導体チップ、動体分析、バイオメトリクス等、様々なアプリケーションに最適です。

LinLog® (P93参照)

photonfocus社独自の技術 LinLog®は、低輝度領域では直線的なレスポ ンスカーブ、高輝度領域では対数特性を持た せ、パラメータの設定を行うことができる。 対数特性を持たせるポイントと圧縮の強さを 調節することで、輝度差の激しい対象におい てもコントラストの取れた画像の取得が可能 である。

画素欠陥補正

アプリケーション

黒参照画像内で、ある閾値を越えるすべての 画素は画素欠陥(ホットピクセル)としてマ ークされます。画素欠陥補正機能を使用する と、欠陥画素を隣接する画素の平均で置き換 えます。

‒ 食物検査

3×3コンボルバ 3×3の2Dフィルタです。ユーザー用途に合わ せて数値を入力できます。このフィルタを有 効にした場合、カメラからは処理結果が出力 されPC負荷を低減できます。

‒ ウェハー検査 ‒ NIR LED 照明を使用する監視 (880 nm / 950 nm) ‒ スペクトロスコピー ‒ 多光子励起 (MPE) 顕微鏡 ‒ Nd:YAG レーザーアプリケーション ‒ 溶接や光熱を放つアプリケーション ‒ 表面に凹凸、又は輝度差のある物体計測 ‒ 車載カメラ

2つのリードアウト ①順次読み出し(Sequential readout): フレーム時間は露光時間と読み出し時間の合 計です。現在の画像の読み出し時間終了後次 の画像の露光時間が始まります。

LinLog Off/ On 諧調を崩さず、高輝度エリアの可視化が可能

MROI (Multiple Region of Interest) 同時に最大512でのROI設定が可能ですのでフ レーム内に設定した512箇所で同時に異なる ものを捕らえることができ、取り込むピクセ ルを削減することでフレームレートを増加す ることが可能です。 また、photonfocus社センサは、x/y方向どち らのピクセルを減少させてもフレームレート 増加に繋がります。

PFRemote: コンボルバ設定画面

fps=1/ 読み出し時間

オフセット補正 黒リファレンスイメージを使用してオフセッ ト補正を行うことが出来ます。カメラにレン ズキャップをかぶせ、光を遮断するなどの方 法で簡単に出来ます。黒リファレンスイメー ジは、FPN (FixedPatterNoise) も含み、セン サー特有の固定パターンノイズも補正によっ て減少させることが可能です。

②同時読み出し(Simultaneous readout): フレーム時間は露光時間あるいは読み出し時間 の長い方によって決定します。画像の読み出 し時間中に次の画像の露光時間が始めることが 可能です。

フレームレート (fps)→

可視 ハードウェア処理 画像処理ライブラリ

機能

フレームグラバー モジュール

赤外線

近赤外線

特徴

USB3.0 その他 IF ソフトウェア FPGA 開発 アプリケーション例 各種アクセサリ

RoHS

COMPLIANT 2002/95/EC

2080×2080ピクセル(CMOS)

CoaXPress CLHS

CameraLink IEEE1394

GiGE

photonfocus 可視・近赤外線感度 高速 CMOS カメラ

同時読み出しモード fps=1/ 露光時間

順次読み出しモード fps=1/(読み出し時間 + 露光時間) 露光時間 < 読み出し時間

3×3コンボルバ出力例

- 77 -

露光時間 = 読み出し時間

露光時間→


MV1-D2080(IE)-240

23.5mm diagonal アクティブプログレッシブCMOS

画素サイズ

8×8µm 0.65fA/pixel ∼90 ke-(Max SNR > 300:1)

読み出しモード

10µs∼0.279s  / 16.67nsステップ

34

最大 fps

51 80MHz

2

3

Base 8bit/ 10bit/12bit

Base 8bit

タップ データ出力 ゲイン

0.1 … 15.9 / 0.001 steps

コンフィグレーション

CL SERIAL (最大1.5Mbaud)

機能

ROI、512xMROI、LinLog®、画素欠陥補正、ストロボ出力、3×3コンボルバ、2LUT、クロスヘア、 温度表示、Yサンプリング、バルクトリガー、コンスタントフレームレート、イメージインフォ <5.2W

動作温度

その他

0∼+50℃

※製品仕様は予告なく変更する場合がありますことご了承下さい。

画像処理ライブラリ

分光感度 MV1-D2080

電源供給(7ピン12V) Cマウントレンズ

※photonfocus 社 CMOS カメラ

0.6

0.6

0.5

0.5

0.4

0.3

0.3

0.2

0.2

0.1

0.1

0.0

0.0 200

シリーズ一覧は P90、

0.4

赤外線

BASE対応 フレームグラバー

Quantum Efficiency

接続例

Quantum Efficiency vs Wavelength

Quantum Efficiency

P117 ∼ 120 参照

カメラリンクケーブル

MV1-D2080IE

Quantum Efficiency vs Wavelength

300

400

500

600 700 Wavelength / nm

800

900

1000

1100

200

300

400

500

600 700 Wavelength / nm

800

900

1000

1100

各機能については、 P91 ∼ 94 を参照ください。

60 36.8

38.1

15

M4

3.4

38.3

F-Mount

36.8

4

M42

Left: M42, Middle: F-Mount, Right: C-Mount

5

75.1

C-Mount

-78 -

10.95

10.95

38.1

2

5

30

60

44 4

44

8

8

USB3.0

+12VDC±10% <3.3W

消費電力

CoaXPress CLHS

P99 ∼ 104 参照

可視

電源

microEnable IV

紫外線

ピクセルクロック

近赤外線

CameraLink フレームグラバー

順次読み出し/同時読出し 10µs∼0.41s /25 nsステップ

シャッタースピード

40.8 36.8

31.2 60

3.4

フレームグラバー モジュール

その他周辺機器

その他 IF

120 dB (LinLog®)

ソフトウェア

>50%

ダイナミックレンジ

FPGA 開発

<370 nm∼ 1000 nm / IE:<370 nm∼ 1050 nm

量子効率

CMOS

分光領域

アプリケーション例

フルウェルキャパシティ

各種アクセサリ

暗電流

CameraLink IEEE1394

2080×2080

解像度(ピクセル)

P29 参照

CCD

MV1-D2080(IE)-160 センサ

GiGE

スペック表

機能

ギガビットイーサネット

ハードウェア処理 画像処理ライブラリ

関連製品

12.6p77-78D2080  

http://www.aprolink.jp/doc/dldata/catalog/2012.6AproLink_Catalog/12.6p77-78D2080.pdf

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you