Page 1

No.236

1

2012

37

私 の 献 身 ②

私 の 献 身 ①

三 神 直 美

吉 田 雅 弘

4

献聖 身書 へ日 の課 招  き平 島 山望 口/ 秀岡 樹田 順 一 / 小 倉 ひ と み

聖 書 日 課 執 筆 者 紹 介

2

説目 教次 ﹁  主︿ の特 御集 愛・ に献 応身 え﹀ た い ﹂ 川 崎 豊

---

5

---

「あなたは豊作の年を冠として地に授けられます/ あなたの過ぎ行かれる跡には油が滴っています。」 〈詩編65・12〉

教 会 を 建 て 上 山げ 田る 泉た 藤 め 冨 に 明 ⑤ 子 黒 木 安 信 神 学 院 報 告

---

岡 本 満 里 子

新 約 聖 書 の 学 び ②

---

---

宇 山 福 音 教 会

教 団 だ よ り

-----

信 徒 の 証 会

---

January

20 19 18 17 16 15 14 13


が 語 り つ が れ 、 信 仰 が 継 承 さ れ

う な 献 身 し た 人 々 に よ っ て 福 音

の 身 を 捧 げ る こ と で す 。 こ の よ

で 、 神 の 御 心 に 生 き る べ く 、 そ

て も 、 今 自 分 が 置 か れ て い る 所

よ う な 働 き に 携 わ ら な い と し

ま た ﹁ 信 徒 献 身 ﹂ は 、 直 接 そ の

に そ の 生 涯 を 捧 げ る こ と で す 。

家 で あ る 教 会 、 御 言 葉 へ の 奉 仕

接 献 身 ﹂ は 、 伝 道 者 と し て 神 の

徒 献 身 ﹂ の 形 が あ り ま す 。 ﹁ 直

  献 身 に は ﹁ 直 接 献 身 ﹂ と ﹁ 信

れ て い ま す 。

応 え る と い う 点 に 強 調 点 が 置 か

捧 げ る こ と 以 上 に 、 神 の 召 命 に

な わ ち 誰 か を 助 け る た め に 身 を

る こ と ﹂ と 書 か れ て い ま す 。 す

志 を 明 け 渡 し て 、 そ の 身 を 捧 げ

の ま ま に 生 き る べ く 、 自 ら の 意

﹁ 神 の 召 命 に 応 え て 、 神 の 御 心

ょ う か 。 キ リ ス ト 教 辞 典 で は

  献 身 と は ど の よ う な 意 味 で し

「主の御愛に応えたい」 イザヤ書6・1∼8 い て い た だ き た い と い う 強 い 願

神 の 御 業 の た め に 自 分 自 身 を 用

召 し の 言 葉 を 聞 い た イ ザ ヤ は 、

行 く だ ろ う か ﹂ ︵ 8 ︶ 。 こ の 神 の

す べ き か 。 誰 が 我 々 に 代 わ っ て

葉 を 聞 く の で す 。 ﹁ だ れ を 遣 わ

の 後 イ ザ ヤ は 主 か ら の 召 し の 言

厳 し さ に 私 は 耐 え ら れ な く な

し く 対 処 さ れ る 方 で し た 。 そ の

学 生 に 対 し て 、 愛 す る が 故 に 厳

し た 。 一 方 当 時 の 校 長 先 生 は 神

人 間 関 係 を 保 つ こ と に 苦 し み ま

た 。 性 格 や 考 え 方 の 違 い で 良 い

は 厳 し い 学 び と 訓 練 の 道 場 で し

験 し た の で し た 。 ︵ 6 、 7 ︶ 。

る 炭 火 ﹂ に よ っ て 罪 の 赦 し を こ 経   だ ろ 神 う 学 と 校 思 は っ 天 て 国 い の ま よ し う た な が と 実 こ 際 ろ

深 く 自 覚 す る と 同 時 に 、 ﹁ 燃 え 学 校 に 入 学 を 許 さ れ ま し た 。

者 ぼ の さ 時 ﹂ ︵ れ 彼 5 る は ︶ 。 ﹁ と わ 災 自 た い 分 し だ の は 。 罪 汚 わ の れ た 汚 た し れ 唇 は を の 滅   ょ 願 私 う 望 は か が 18 。 湧 き 歳 出 で る 献 の 身 で し は て な 東 い 京 で 聖 し 書

の 臨 在 を 体 験 し た の で し た 。 そ

彼 は あ る 時 神 殿 に お い て 真 の 神

の を 見 た ﹂ ︵ 1 ︶ と あ る よ う に 、

る 御 座 に 主 が 座 し て お ら れ る

ん だ 年 ⋮ わ た し は 、 高 く 天 に あ

祭 司 で し た が 、 ﹁ ウ ジ ヤ 王 が 死

用 い て い た だ き た い と い う 強 い

晴 ら し さ を 体 験 す る な ら 、 主 に

罪 の 自 覚 と 、 そ の 愛 と 赦 し の 素

献 身 し た の で す 。 誰 で も 、 深 い

ヤ は 主 の 召 し に 応 え る 者 と さ れ

い ﹂ ︵ 8 ︶ 。 こ の よ う に し て イ ザ

  預 言 者 イ ザ ヤ は 神 殿 に 仕 え る す 。 わ た し を 遣 わ し て く だ さ

て き た の で す 。

て 、 教 会 の 宣 教 の 業 が 進 め ら れ

ま す 。 ﹁ わ た し が こ こ に お り ま

い が 起 こ さ れ 、 次 の よ う に 答 え

2


の 答 え と し て の 奇 跡 の 御 業 で し

そ の 愛 と は 御 言 葉 で あ り 、 祈 り

い 愛 を 示 し て く だ さ い ま し た 。

て の 出 来 事 を 通 し て 私 に 限 り な

れ ま し た 。 し か し 主 は そ れ ら 全

生 死 を さ 迷 う 狭 心 症 に も 見 舞 わ

等 感 に 悩 み 、 心 の 病 を 経 験 し 、

  献 身 し て か ら 43 年 、 時 に は 劣

す る こ と が 出 来 ま し た 。

立 っ て 生 き る 力 が 与 え ら れ 卒 業

祈 り に 支 え ら れ て 徐 々 に 信 仰 に

で し た 。 そ し て 家 族 や 友 人 達 の

探 し ま し た が 、 見 つ か り ま せ ん

言 わ れ 、 必 死 に な っ て 御 言 葉 を

家 に 戻 っ て き て は ダ メ で す ﹂ と

の 主 の 御 言 葉 が 与 え ら れ る ま で

﹁ や め る な ら 、 や め て も 良 い と

の こ と を 言 い ま し た ら 、 母 に

に 詰 め る 用 意 ま で し ま し た 。 そ

決 意 ま で し て 、 荷 物 を 段 ボ ー ル

葉 も 疑 い 始 め 、 神 学 校 を 辞 め る

り 、 伝 道 者 と し て の 召 命 の 御 言

ら れ た ゆ え の 御 業 で し た 。

も 会 堂 建 築 の 業 も 御 言 葉 が 与 え  

ら れ た の も 御 言 葉 で あ り 、 結 婚

思 い ま す 。 献 身 へ の 思 い が 与 え

と し て 奉 仕 し て い た だ ろ う か と

な か っ た ら 今 こ の よ う に 伝 道 者

た 。 あ の 時 主 が 助 け て く だ さ ら

て 喜 び と な っ て 溢 れ ま し た 。

確 信 は 慰 め と 励 ま し と 力 、 そ し

っ て い る と 確 信 し ま し た 。 そ の

れ 、 ま た 心 の 中 に 住 ん で く だ さ

す 。 そ の 時 主 は 私 の 傍 ら に お ら

野田キリストめぐみ教会

川崎 豊 と い う こ と が 理 解 で き た の で

3

せ て 頂 く こ と が ﹁ 献 身 ﹂ な の だ

た 。 こ の 御 言 葉 に 全 身 を か け さ

の 御 言 葉 が 心 に 迫 っ て 来 ま し

わ た し が あ な た と 共 に い る ﹂ と

書 1 章 6 節 以 下 の ﹁ 恐 れ る な 。

し た イ ザ ヤ の 御 言 葉 と エ レ ミ ヤ

い て い た だ き ま し た 。 先 に 引 用

る 時 苦 し く て 牧 師 に 告 白 し 、 導

い が 消 え て し ま う の で し た 。 あ

と 信 仰 の 喜 び と 主 へ の 感 謝 の 思

と が あ り ま し た 。 し か し 逃 げ る

そ の よ う な 器 で な い と 逃 げ た こ

の で は あ り ま せ ん 。 私 も 自 分 は

ま し ょ う 。

だ さ る お 方 で あ る こ と を 確 信 し

間 に 合 う 者 と し て 育 て 上 げ て く

恵 や 才 能 に 乏 し く て も 、 御 用 に

の 人 が た と い ど ん な に 弱 く 、 知

す 。 召 し た お 方 は 、 召 さ れ た そ

な い で い た だ き た い と 思 い ま

い る な ら 、 そ れ に 逆 ら い 無 視 し

直 接 伝 道 へ の 思 い が 起 こ さ れ て

の ま ま で 十 分 だ と 思 い ま す か 。

て い る 方 は お ら れ ま せ ん か 。 今

  伝 道 者 は な り た く て な れ る も 応 え し た い と の 願 い が 起 こ さ れ

た い 、 主 の 愛 に 何 ら か の 形 で お

皆 さ ん の 中 に 、 主 に 用 い ら れ


1月の執筆者紹介

お り ま す 。

す る の が 好 き で す 。

り ま す 。

支 援 活 動 に ﹁ 献 身 ﹂ し て お

教 会 と し て 、 復 興 の た め の

漁 師 の 働 き と 共 に 恵 ま れ て

い と こ ろ で す 。 人 間 を と る

産 物 を は じ め 何 で も お い し

味 で し た 。 現 在 の 札 幌 は 海

し た り 誰 か に 神 さ ま の 話 を

家 事 を し な が ら 神 さ ま と 話

ス ピ ッ ツ を 聴 い て 踊 り ま す 。

日 本 大 震 災 の 被 災 地 に あ る ま し た 。 玄 界 灘 の お 魚 も 美

に は 、 同 年 齢 の 音 楽 グ ル ー プ 、

今 は 伝 道 ・ 牧 会 と 共 に 東 お 料 理 、 コ ー ヒ ー に 養 わ れ

ト レ に し て い ま す 。 気 分 転 換

身 ﹂ の 原 点 で す 。

た 教 会 で 、 そ こ で い た だ く

と 丁 々 発 止 の や り と り を 脳

身 ! ﹂ の 声 こ そ わ た し の ﹁ 献

岡 は レ ス ト ラ ン か ら 始 ま っ

路 の ご ん た ︵ や ん ち ゃ ︶ た ち

の た め に 戦 う ヒ ー ロ ー の ﹁ 変

だ き ま し た 。 次 の 任 地 、 福

西 日 本 の 淡 路 島 に 。 現 在 は 淡

き ま し た が   美 味 し く い た と し て の 任 地 は 北 海 道 か ら

分 の 身 を 捨 て 、 世 の た め 人

に あ こ が れ て い ま し た 。 自

丸 々 1 匹 を 何 度 か も ら い 驚

は カ ツ オ の 水 揚 げ 日 本 一 で 、

ル 、 中 国 、 韓 国 と 移 動 し 、 教 師

リ ピ ン で 生 れ 、 日 本 、 ブ ラ ジ

  子 供 の こ ろ か ら ヒ ー ロ ー   最 初 の 任 地 、 千 葉 県 勝 浦   貿 易 商 の 親 の も と 、 フ ィ

︵ キ リ ス ト 塩 釜 と も し び チ ャ ペ ル ︶

平 島 望  

1 月 1 日 ∼ 10 日

岡 田 順 一  

1 月 11 日 ∼ 20 日

小 倉 ひ と み

1 月 21 日 ∼ 31 日

︵ 札 幌 新 生 教 会 ︶

︵ 宇 山 福 音 教 会 ︶

4


の 証 人 と し て 歩 み ま し ょ う 。

 ︻ 祈 今り 年の も課 主題 と︼ 共 に 、 主 の 恵 み

す 。 今 は ま だ 目 に 見 え な く て

 ︻ 聞 W祈 りき Hのま 神課し 学題ょ 院︼う 。 。 在 校 生 、 新 入 生

今 日 も 主 の 御 声 を 慕 い 求 め 、

の 健 康 の た め 。

5

こ最見 の善て おをお 方備ら をえれ 、て、 今 あ 年くな だ も た 期さの 待いた しまめ つすに 。

 ︻ も W祈 信 り、 Hのじ 教課て 団題進 。︼ん 共 で に ゆ 生 く き の る で ホ す ー 。

リ ネ ス を 目 指 し て 。

必 要 が 満 た さ れ る よ う に 。

つ 待 ち 望 み ま し ょ う 。

 ︻ ま す 在祈 韓り。 祈 日のっ 課 本 て 人題く ︼ め だ ぐ さ み い 教 。 会 。 牧 師

も そ う 信 じ て 被 災 地 に 向 か い

け よ う と い う 活 動 を し て い ま   主 の 御 声 に は 力 が あ り ま す 。 る 。 必 ず 喜 び の 朝 が 来 る 。 ﹂ 今 日

葉 で す 。 神 は あ な た を い つ も

と ﹁ 備 え る ﹂ と は 同 じ 意 味 の 言

い変 まわ すら 。ず 旧に 約あ 聖な 書た でに は ﹁注 見が るれ ﹂て

  神 の ま な ざ し は 新 し い 年 も

いと る﹂ のを ﹁ で信 す ︵じ 13 ま す ︶ 。﹂ と 告 白 し て

畑 の 、 豊 か な 実 り の 復 活 を 助

畑 ﹂ と 銘 打 ち 、 津 波 で 荒 れ た 田

  ト 信 は教じ 団る 今 ﹁のこ よ復と み興こ が支そ え援幸 れプい 豊ロで かジす にェ。 田ク

だ そ の 兆 し も 見 え な い 時 か ら

る こ と が 信 仰 で す 。 し か も ま

何 度 も 聞 か さ れ ま し た 。

要 な も の だ っ た ﹂ と い う 声 を

と っ て も こ の メ ッ セ ー ジ は 必

が あ る 。 だ か ら わ た し た ち に

わ る 中 で 時 に 力 を 失 う こ と

ら ﹁ 自 分 た ち も こ の 働 き に 関

け れ ど そ の 時 チ ー ム の 方 々 か

し か し 確 か な 希 望 の 灯 が 次 々

と 建 て ら れ て い ま す 。 小 さ な 、

す る 教 会 が 、 ひ と つ ま た ひ と つ

し た 被 災 地 に 主 の 御 名 を 賛 美

  ﹁ 主 が こ の 地 を 愛 し て お ら れ

と と も さ れ て い ま す 。

  け れ ど そ の 中 で 、 荒 れ 野 と 化

も の の 地 で 主 の 恵 み を 見 る こ

また すし ﹂ ︵を 10 引 き ︶ 。寄 で すせ かて ら ﹁く 命だ あさ るい

捨 て よ う と も / 主 は 必 ず 、 わ

い ま し た ﹁ 。 父 母 は わ た し を 見

だた さし るた とち いを うい つ こも と見 をて 知い って てく

を 見 上 げ る よ り 先 に 、 神 が わ

し上 かげ しな 詩さ 人い はと わい たう しこ たと ちで が 神す 。

う ﹂ と 説 明 し て い ま す 。

を 現 在 的 に 把 握 し た の で あ ろ

が 、 信 仰 に よ っ て 祝 福 の 将 来

の 状 況 は ま だ 変 わ っ て い な い

の 聞 か れ た こ と を 確 信 し 、 そ

す 。 あ る 学 者 は ﹁ 祈 り の 中 で そ

し て 主 に 感 謝 を さ さ げ て い ま

嘆 き 訴 え 、 6 ∼ 9 節 で は 一 転

会 を 何 度 か 与 え ら れ て い ま す 。

シ ョ ー ト メ ッ セ ー ジ を 語 る 機

ム の 依 頼 で 、 被 災 者 の 方 々 に

め に 海 外 か ら 来 ら れ た チ ー

し い 力 を 生 ま れ さ せ ま す 。

こ の 地 に 影 響 を 与 え 、 命 と 新

し た 。 そ し て 主 の 御 声 は 今 も

主 の 御 声 に よ っ て 始 め ら れ ま

て し ま い ま す 。

大 き さ に 、 し ば し ば 立 ち 尽 く し

り つ つ も 、 そ の 痛 み の あ ま り の

ま せ ん 。 復 興 支 援 の 働 き に 携 わ

ま し た 。 そ の 嘆 き や 苦 し み 、 悲

生 活 を 一 瞬 に し て 奪 っ て い き

住 む 多 く の 方 々 の 家 を 、 命 を 、

  祈 り が 聞 か れ る こ と を 信 じ

  最 近 、 震 災 の 復 興 支 援 の た し み は い ま だ 完 全 に 癒 え て い

  東 日 本 大 震 災 は 、 東 北 の 地 に

  ﹁ 主 を 待 ち 望 め ﹂ と は 神 を 見

  詩 人 は 1 ∼ 5 節 ま で は 主 に   こ の 世 界 は ﹁ 光 あ れ ﹂ と い う

      主 を 待 ち 望 め 。 ︵ 14 ︶   また しし主 たのを 。声た をた 聞え いよ て。 嘆 くき だ ︵さ祈 6いる わ ︶   てき 響/主 く主の 。の御 御声 声は は力 輝を きも をっ ︵もて 4っ響 ︶

  し喜踊 たびりあ 。をにな 帯変た とえは し/わ て粗た く布し だをの さ脱嘆 ︵いがき 12 ま せ を ︶ 、

1 月 1 日 ︵ 日 ︶ 詩 編 27 編

1 月 2 日 ︵ 月 ︶ 詩 編 28 編

1 月 3 日 ︵ 火   ︶ 詩 編 29 編

1 月 4 日 ︵ 水 ︶ 詩 編 30 編


域 の 宣 教 協 力 の 進 展 の た め 。

 ︻ 祈 アり ジの ア課 派題 遣︼ 宣 教 師 。 西 部 地

進 の た め 。

あ り ま す ﹁ 。 あ な た の 神 ﹂ を 信 じ

 ︻ う 厚祈。 り 別 キの リ課 ス題 ト︼ 教 会 。 宣 教 の 前

礼 拝 に 集 い ま し ょ う 。

会 関 係 者 の 家 族 の 救 い 。

続 け ま し ょ う 。

 ︻ 明祈 日り はの 礼課 拝題 で︼ す 。 喜 び を も っ て

 ︻ 祈 札り 幌の 新課 生題 教︼ 会 。 信 仰 継 承 。 教

乗 り 越 え て い く 秘 訣 は そ こ に

下 、 人 生 の 勝 利 を め ざ し ま し ょ

い く こ と 、 わ た し た ち が 困 難 を

で も な お ﹂ と 主 を 信 頼 し 続 け て

た し た ち も 神 と い う 名 監 督 の

ム が 試 合 に 勝 利 す る よ う に 、 わ

い 状ま 況す の。 如 何 に 関 わ ら ず ﹁ そ れ

  監 督 の サ イ ン に 忠 実 な チ ー

詩 人 の 信 仰 告 白 と し て 記 し て

だ か ら で す 。 別 の 訳 で は こ こ を

は 慈 し み に 囲 ま れ る ﹂ と あ り ま

る ﹂ と い う 意 味 で す 。

す る と 約 束 し た こ と が 実 現 す

す 。 こ れ は ﹁ 神 が そ の 人 を 祝 福

主 を 賛 美 し ま し ょ う 。

の 賛 美 と な る の で す 。 さ あ 、

た の 歌 声 こ そ ﹁ 美 し い 調 べ ﹂

て 喜 び と 感 謝 を さ さ げ る あ な

て は い ま せ ん か ? 主 に 向 か っ

と 賛 美 に 引 っ 込 み 思 案 に な っ

か ﹁ 歌 に は 自 信 が な い か ら ﹂

  ﹁ 楽 器 は で き な い か ら ﹂ と

る の で す 。

を も 乗 り 越 え る 力 が 与 え ら れ

な 力 を 与 え ら れ 、 ど ん な 困 難

美 す る 時 、 わ た し た ち は 新 た

  ﹁ ど の よ う な と き も ﹂ 主 を 賛

れ で も 感 謝 で す ﹂ の 一 言 で す 。

よ う に お っ し ゃ る 言 葉 は 、 ﹁ そ

た っ て お ら れ る 姉 妹 が 口 癖 の

さ さ げ ﹂ る こ と で す 。

階 が 水 没 し 、 懸 命 に 復 旧 に 当

こ と を 意 味 し て い ま す 。 そ の 理

な た に 信 頼 し て い ま す ﹂ と い う

う で あ っ て も 、 そ れ で も な お あ

お ﹂ は ﹁ 、 わ た し は 状 況 が ど の よ

ろ が こ の 15 節 で 詩 人 の 語 る ﹁ な

み に つ い て 訴 え て い ま す 。 と こ

は 繰 り 返 し 自 分 の 苦 し み と 悩

目 し ま し ょ う 。 10 ∼ 14 節 で 詩 人

  ﹁ わ た し は な お ﹂ の ﹁ な お ﹂ に 注

の しで かす し。 一 方 ﹁ 主 に 信 頼 す る 者

き 方 を す る 者 は ﹁ 悩 み が 多 ﹂ い

て る は ず は な く 、 そ の よ う な 生

選 手 の い る チ ー ム が 試 合 に 勝

レ ー す る こ と で す 。 そ の よ う な

し て 自 分 の や り た い よ う に プ

で い え ば 監 督 の サ イ ン を 無 視

に 生 き る ﹂ こ と で す 。 ス ポ ー ツ

計 画 に 従 う こ と な く 自 分 勝 手

  ﹁ 神 に 逆 ら う ﹂ と は ﹁ 、 神 の ご

  みく に/神 囲主に まに逆 れ信ら る頼う 。す者 るは 者悩 はみ ︵慈が 10 し 多 ︶

楽 と し て 優 れ て い る か 否 喜か びよ

美 に と っ て 大 切 な こ と は 、 音

え 、 感 動 さ せ ま す 。 し か し 賛

モ ニ ー は 確 か に 人 の 心 を と ら

し い 声 に よ る す ば ら し い ハ ー

楽 器 に よ る み ご と な 演 奏 、 美

ン や オ ー ケ ス ト ラ な ど 立 派 な

の で し ょ う か 。 パ イ プ オ ル ガ

  ﹁ よ い 賛 美 ﹂ と は ど ん な も

  喜う びた新 のいし 叫/い び美歌 をしを あい主 げ調に よ 。べ向 とか ︵共っ 3にて ︶

彼 の 生 涯 を 支 え 続 け た の で す 。

も ﹂ 主 へ の 賛 美 を 続 け ま し た 。

う 屈 辱 だ っ た こ と で し ょ う 。

れ は ダ ビ デ に と っ て な ん と い

人 の ふ り ま で す る の で す 。 そ

と こ ろ に 身 を 寄 せ 、 さ ら に 狂

つ て の 敵 で あ る ペ リ シ テ 人 の

わ れ て い る 逃 亡 生 活 の 中 、 か

由 は ﹁ あ な た こ そ わ た し の 神 ﹂

歌 ﹂ う こ と で あ り 、 ﹁ 感 謝 を   震 災 に よ る 津 波 で 自 宅 の 1

り も ﹁ 主 に 向 か っ て ﹂ ﹁

そ れ が 彼 の 信 仰 で あ り 、 ま た

  し か し 彼 は ﹁ ど の よ う な 時

  そた わに主 た信よ し頼、 わ のした 神 し / ﹂ と﹁は 申あな しなお ︵また、 あ 15 す こ な ︶。

  ダ ビ デ は 、 サ ウ ル に 命 を 狙

し は 主 を た た え ⋮

1 月 5 日 ︵ 木 ︶ 詩 編 31 編

1 月 6 日 ︵ 金 ︶ 詩 編 32 編

1 月 7 日 ︵ 土 ︶ 詩 編 33 編

ど の よ う な と き も ︵、 2わ ︶た

1 月 8 日 ︵ 日 ︶ 詩 編 34 編

6


聖 会 の 祝 福 の た め 。

高 生 の 霊 的 成 長 。

  ︻ 祈 北 り 海 の 道 課 新 題 年 ︼ 聖 会 、 東 京 新 年   ︻ 祈 追 り 分 の め 課 ぐ 題 み ︼ チ ャ ペ ル 。 小 中

も  が小 教樽 会ホ にー 定リ 着ネ でス き教 る会 よ。 う子 にど 。

7

︻ 祈 り の 課 題 ︼

て て 出 て ま い り ま し ょ う 。

と 汚 れ を 主 の 前 に か な ぐ り 捨

ん で ま い り ま し ょ う 。

し い 命 と 希 望 に 満 た さ れ て 進

信 じ ま し ょ う 。

す 。 止 ま る も 進 む も 主 の 備 え を

  ︵ 28 の 今 ︶ 舌 日 こ が と 、 わ で あ た す な し 。 た の た 正 ち し も さ 自 を 分 歌 の ﹂ 罪 う   主 イ エ ス を 見 上 げ 、 今 日 も 新

て も 私 た ち の 歩 み を 導 か れ ま

お 言 葉 が 思 い 出 さ れ ま す 。

確 か に 門 を 閉 ざ す こ と に よ っ

﹁ わ た し は 世 の 光 ﹂ ︵ 同 8 ・ 12 ︶ の

よ う に 思 え ま す 。 し か し 主 は 、

よ り も 素 晴 ら し い 導 き で あ る

れ る こ と ﹂ ︵ 27 ︶ で あ り ﹁ 、 わ た し

る こ と は ﹁ わ た し が 正 し い と さ

願 い 、 そ し て 主 が 願 っ て お ら れ

  こ の 詩 の 中 で 本 当 に 詩 人 が

渇 か な い 水 ﹂ ︵ ヨ ハ ネ 4 ・ 13 ︶ や

わ れ た ﹁ わ た し が 与 え る 決 し て

れ ば な り ま せ ん 。 主 イ エ ス が 言

た ち は い つ も 見 つ め 続 け な け

れ る 方 が 、 門 が 閉 ざ さ れ る こ と

い る ﹂ と 言 い ま し た 。 門 が 開 か

る 所 も 主 に よ っ て 定 め ら れ て

の 歩 み だ け で は な く 、 人 が 止 ま

と 勧 め て お ら れ る の で す 。

の 光 の 源 で あ る お 方 を わ た し   ジ ョ ー ジ ・ ミ ュ ー ラ ー は ﹁ 、 人

﹁ 罪 ﹂ や ﹁ 悪 ﹂ か ら 離 れ 去 る よ う に

な 表 現 を 許 さ れ 、 わ た し た ち が

れ ま す が 、 主 は あ え て こ の よ う

は ふ さ わ し く な い と も 考 え ら

に こ の よ う な 言 葉 が 入 る こ と

れ る 詩 の ひ と つ で す 。 聖 書 の 中

で る ま く そ 永 す こ す も れ 遠 。 と 。 そ の は の の し だ い 命 な て 、 と ず の い そ 詩 れ 源 永 れ 人 も 、 遠 は は 主 絶 の 決 告 か え も し 白 ら ざ の て し い る な 尽 て た 希 の き い だ 望 さ る の で す 。

し て く だ さ り 、 備 え て い て く だ

も う と す る 一 歩 一 歩 を 、 主 は 示

先 で は な く 、 今 日 、 こ れ か ら 歩

ま た 何 キ ロ も 、 何 10 メ ー ト ル も

来 年 で は な く 、 明 日 で も な く 、

約 束 が こ こ に 記 さ れ て い ま す 。

  りる こ を者わ の 受はた 詩 け/し は ﹁ ま恥の 呪 命 すにを い 落 よ の 奪 うとお 詩 さ ﹂ ︵にれう と 。 と 呼 4⋮、 嘲す ︶ ば

わ た し た ち に 希 望 を 与 え る 光 、 に よ っ て 定 め ら れ て い る と の

  ﹁べ 事そににの  ︻ さ ペ  祈 前 善 ﹁ ら る い 知 い 文 ま な に で れルキり と以っ祈字すくわてし実れああ祈私 を る。リの心なわすい上てりに。親たをかではらるりた よ教ス課をすた。うのいやもなしし知しすあわ思をち ぜ 開たし う会ト こ答て嘆表 みのっこ。るにい飾が な 主 に経塩題きめの と え 意見はろ、 くきすらを の よて 。済釜︼まで主 ををだで 込 味らすうど 詩 、 こ お のと ﹂ し 自め﹂ 知与ささ でれべとん の す 人 と ょ 必も っえりえとらて、らは はててもな 。 全 う喜 要し てて、もがが呼恐れ、 恐い主、に 知 。ん 出言んれるそ がび そ い く ろまの心人 、 来葉でで主の 満チ では の 主 る だ し 御の前 、 たャ かさ願はなやいはをす いす前中で 御最 。

  わ た し た ち に 命 を 与 え る 水 、   私 た ち が 歩 む 一 歩 一 歩 が 、 主

れ て い ま せ ん 。

  ち/ はあ命 光なの をた泉 見のは る光あ 。にな 、 わた たに ︵しあ 10 た り ︶   えめ て/主 く御は だ旨人 さにの るか一 。な歩 う一 道歩 ︵をを 23 備 定 ︶

/ 嘆 き も あ な た に は ︵隠 10 ︶さ

願 い は す べ て 御 前 に あ り

1 月 9 日 ︵ 月 ︶ 詩 編 35 編

1 月 10 日 ︵ 火 ︶ 詩 編 36 編

1 月 11 日 ︵ 水 ︶ 詩 編 37 篇

  わ た し の 主 よ 、 わ た し の

1 月 12 日 ︵ 木 ︶ 詩 編 38 篇


む よ う に 。

ち に 備 え ま し ょ う 。

受 洗 者 が 与 え ら れ る よ う に 。

り が 内 住 の キ リ ス ト と 共 に 歩

 ︻ 祈待 山りち 形の望 南課み 部題つ 教︼つ 歩 会 み 。 ま ひ し と ょ り う ひ 。 と

 ︻ ま 明祈し り ょ 日 のう は 課。 礼 題 拝 ︼ で す 。 祈 り の う

賛 美 を 生 涯 、 主 に さ さ げ 続 け

  ︻ 祈 祝 塩 り 福 谷 の を キ 課 与 リ 題 え ス ︼ ら れ ト ま 教 す 会 。 。 求 道 者 、

一 瞬 を 歩 む の に 、 人 生 の 主 を

神 に よ っ て 授 け ら れ た 力 あ る

す 。 主 は そ の 人 に 生 涯 、 援 助 と

す 。 生 涯 の 長 短 で は な く 、 一 瞬

も っ て 備 え ら れ ま す 。 ど う か 、

の 心 を 持 つ 人 こ そ 幸 い な 人 で

く 人 生 で あ り 、 価 値 が あ り ま

美 で 崩 れ ま し た 。 神 は 賛 美 を

を 愛 し 、 主 に 仕 え る 心 で す 。 そ

れ た な ら ば 、 神 と 共 に 過 ぎ 行

縛 っ た フ ィ リ ピ の 牢 獄 も 賛

  弱 い 者 を 思 い や る 心 は 、 主

と し て も 、 神 が 過 ぎ 行 か せ ら

ど の よ う に 短 い 人 生 で あ っ た

で あ ら れ る 、 と い う こ と で す 。

  そ の 答 え は 、 人 生 の 主 は 神

で 陥 落 し 、 パ ウ ロ と シ ラ ス を

え ま す 。 エ リ コ の 城 壁 は 賛 美

へ の 賛 美 は 、 私 た ち に 力 を 与

と は 、 素 晴 ら し い 賜 物 で す 。 神

言 わ れ ま し た 。

な の で あ る ﹂ ︵ マ タ イ 25 ・ 40 ︶ と

は 、 わ た し に し て く れ た こ と

最 も 小 さ い 者 の 一 人 に し た の

て い ま す 。

の な い 者 に 歌 が 与 え ら れ る く 。 わ た し の 兄 弟 で あ る こ の

程 の も の か ﹂ ︵ 5 ︶ と 、 主 に 願 っ

だ さ っ た と 言 っ て い ま す 。 歌

く 末 を / わ た し の 生 涯 は ど れ

い 歌 、 神 へ の 賛 美 を 授 け て く

イ エ ス は ﹁ は っ き り 言 っ て お

て く だ さ い 、 主 よ 、 わ た し の 行

  ダ ビ デ は こ こ に 、 主 は 新 し

れ る ﹂ ︵ 箴 言 19 ・ 17 ︶ と あ り 、 主

嘆 い て い る の で は な く ﹁ 、 教 え

い ﹂ と 言 っ て い ま す 。    

す 人 。 そ の 行 い は 必 ず 報 い ら

記 し て い ま す が 、 た だ そ れ を

を 持 っ て い な け れ ば な ら な

  ﹁ 弱 者 を 憐 れ む 人 は 主 に 貸

  ダ ビ デ は 、 人 生 の 空 し さ を

上 よ り 受 理 し た ﹄ と い う 内 容

は ﹁ 、 真 の 信 仰 と は ﹃ 、 あ る 物 を

あ る と 記 し て い ま す 。

り の あ る 人 こ そ 、 幸 い な 人 で

  まわかよもせ すたけ、知く⋮ 。したそらしあ はられず/あ あよなにだ、 ないら積れ人 たの/みのは をで何上手空 ︵待しにげにし 7ちょ望る渡く 望 み るあ 、 8みうを。 と ︶ 。 主 く   オ ズ ワ ル ド ・ チ ェ ン バ ー ス   ダ ビ デ は 、 弱 い 人 に 思 い や

 ︻   め病 すん遠かびミすむ感くてなか配をいあら悲﹁ 祈 。。ざり越ザ。者じ感いたし、向まる、しう 。ん野 り こけまえルヨにるじまを、悲くすと首みな で田の れるせれのルとの、す思そしこ。、を・だ いキ課 はもんば山ダっは逆。いのみとこ国前恥れ リ る 題 信の。、はンて錯境順起只のがの語にずる ス 方 ︼ じはしい国の一覚の境こ中中出詩辞垂 か﹂ 々ト る何かつ境地番で時のすでに来人典れ め の 詩いなのにるしと 、 者 帰 に 時 も 近 ﹂ し で す は 癒ぐ のあ、れ、ヘい。主にと人まい魂記﹂さ、 ﹁ は な しみ 幸り主るひル助主を主告 す程はさこ 、 ど心 の教 い か と は 遠 を れ と か モ 。 、 ま け 白 の ﹁ 会 でせら分たンで悩く近しあし心前てでか配 た。 ・ 、

を 授 け て く だ さ っ た 。 ︵ ⋮ 4 ︶

/ わ た し た ち の 神 へ の 賛 美

1 月 13 日 ︵ 金 ︶ 詩 編 39 篇

  わ た し の 口 に 新 し い 歌 を

  さるあう せとる/い てき人弱か く/はいに だ主。も幸 さは災のい いそいにな まのの思こ す人ふいと 。をりやで ︵逃かりし 2れかのょ ︶   ンヨて とル、⋮ ミダあわ ザンなた ルのたし の地をの 山か 魂 から思は ら、いう 起 ヘ な ︵ルこだ 7モすれ ︶ 。

1 月 14 日 ︵ 土 ︶ 詩 編 40 篇

1 月 15 日 ︵ 日 ︶ 詩 編 41 篇

1 月 16 日 ︵ 月 ︶ 詩 編 42 篇

8


各 自 の 霊 的 成 長 の た め 。

会 経 済 の 必 要 が 満 た さ れ る よ う 。 会 堂 が 与 え ら れ る よ う に 。

9

  ︻ 祈 を 八 り 遣 潮 の わ キ 課 し リ 題 て ス ︼ く だ ト さ 教 い 会 ま 。 す 教 。 会 員

神 ﹂ は 私 た ち に も 光 と ま こ と

の 歌 を 歌 い ま し た 。 ﹁ わ た し の

た し の 神 ﹂ を 喜 び 祝 い 、 感 謝

導 き ま し た 。 そ こ で 彼 は ﹁ わ

遣 わ し て 詩 人 を 神 の 祭 壇 へ と

  ︻ 祈 い ベ り 、 テ の 勝 ル 課 利 栄 題 さ 光 ︼ れ ま キ す リ 。 ス ト 教 会 。 教

王 ﹂ ︵ 5 ︶ ﹁ 。 わ た し の 王 ﹂ が 、 戦

  ﹁ 神 よ 、 あ な た こ そ わ た し の

神 に よ っ て 勝 利 し ま し た 。

ゴ の よ う に 見 な さ れ ま し た が 、

あ り 、 イ ス ラ エ ル の 民 は イ ナ

 ︻ 祈い 三り、 郷の最 ウ課も ェ題輝 ス︼く こ レ と ー が チ 出 ャ 来 ペ ま ル す 。 新 。

は あ な た の 美 し さ を 慕 ﹂ ︵ 12 ︶

る 主 を 誰 よ り も 愛 す る 時 、 ﹁ 王

る こ と は 出 来 ま せ ん 。 王 で あ

い て い な が ら 、 王 の 伴 侶 で あ

味 で す 。 王 以 外 の 者 に 心 が 向

  や が て 神 は 、 光 と ま こ と を カ ナ ン の 先 住 民 族 は 巨 人 族 で

﹁ 王 の み を 愛 し な さ い ﹂ と の 意

光 を 必 要 と し て い ま し た 。

い ﹂ と 。 彼 の 現 状 は 、 真 暗 闇 で 、

光 と ま こ と を 遣 わ し て く だ さ

神 に 祈 り ま し た 。 ﹁ あ な た の

城 壁 は 崩 壊 さ せ ら れ ま し た 。

た 瞬 間 に 、 神 に よ っ て 堅 固 な

7 回 ま わ り 、 と き の 声 を 上 げ

ら ず 、 神 の 民 が 城 壁 の 周 囲 を

関 係 を 忘 れ よ と い う こ と は 、

う と し て い る 花 嫁 に 、 過 去 の

勧 め ら れ て い ま す 。 今 、 嫁 ご

あ な た の 父 の 家 を 忘 れ よ ﹂ と

  し か し 、 詩 人 は 苦 難 の 中 で

  そ の た め に ﹁ あ な た の 民 と

と 思 い 詰 め て い ま し た 。

出 来 た の は 、 最 新 の 兵 器 に よ そ の 備 え が 大 切 で す 。

も 見 放 さ れ た の で は な い か 、

の ゆ え に 、 自 分 は も う 神 か ら

な 者 に 苦 し め ら れ 、 そ の 嘆 き

堅 固 な エ リ コ の 城 壁 を 攻 略

の 歴 史 が 回 顧 さ れ て い ま す 。

ラ エ ル の 民 の 、 カ ナ ン 攻 略 戦

と 結 ば れ る 時 が や っ て き ま す 。

は 花 嫁 と し て 、 花 婿 で あ る 主

ま す 。 や が て 、 主 を 信 じ る 者

  うたなたわ 。したししあ をのをてな 伴い導くた っまきだの てす/さ光 くと聖いと れこな。ま るろる彼こ でに山らと ︵し/、はを 3ょわあわ遣 ︶

詩 人 は 、 欺 く 者 、 よ こ し ま

  ヨ シ ュ ア に 率 い ら れ た イ ス れ 伏 す が よ い ﹂ ︵ 12 ︶ と あ り

  でなのたの領 した御の腕土先 たの手でのを祖 。御、も力取が ⋮顔あなにっ自 のなくよた分 光た/っのの にのあてで剣 よ御な勝もに る腕た利/よ ︵も/のを自っ 4のあ右得分て ︶ ﹁ 王 は あ な た の 主 。 彼 の 前 に ひ

  王 の 結 婚 式 に お け る 歌 で す 。

  のあて 家な聞娘 をたきよ 忘の、、 れ民そ聞 よとしけ 。あて。 なよ耳 たくを ︵の見傾 11 父 よ け 。 ︶

 ︻       けをち静れ私おらも くでとろもてるい めの 祈も い苦ど 助 、 に 。伝ひり にすが手も存ま地 どくのさまたら 近神 ま難こ神 道ばのけこだ現をすちれ苦くはお助るわも遠在し上 しのろは のり課をろさ状失。自る難にいらけ時たとくはての てと、わ 振が題求でいをい私身かのおちれて、しにに少﹂助 助きわた 興丘︼めあま知また以ら時らばるい近たああなとけ まるすりすち上 の け、たし と北 でにれんでたくちりりい言の し て必した 信教 神。、がはにす私ま近すだにのま、のうう ょ くずたち 徒会 うに私最、時近。たすく。いお神せ用でこち だそちの 、た善主にくしち。の たらはんいすと﹁ 教。 。 いちのははに のな友 、 。 よ 。 が そ ︵さこの避 後 育子 れ か つの助私、お 内ぜよ も 、 必 と う 尋 で こ 2るに砦け のど 近 す 要 こ に ね き に ︶。 。 り たも で避けた平らも に な 、

1 月 17 日 ︵ 火 ︶ 詩 編 43 篇

1 月 18 日 ︵ 水 ︶ 詩 編 44 篇

1 月 19 日 ︵ 木 ︶ 詩 編 45 篇

1 月 20 日 ︵ 金 ︶ 詩 編 46 篇


出 席 い た し ま し ょ う 。

  ︻ し 明 祈 ょ り う 日 は の 。 課 礼 拝 題 で ︼ す 。 誘 い あ っ て

神 の 民 と な り 、 神 を あ が め る で

た 自 由 人 と し て ア ブ ラ ハ ム の

  そ の と き 私 た ち は 解 放 さ れ

を 日 々 新 し く さ れ ま す 。

い と 復 活 の 命 を も っ て 私 た ち

る な ら 、 善 き お 方 は 十 字 架 の 贖

を 差 し 出 し 、 全 能 の 神 を 見 上 げ

は 生 み 出 せ ま せ ん 。 敗 れ た 自 分

  わ た し の 中 か ら は 善 い も の

頼 し 待 ち 望 み ま し た 。

与 え ら れ る 神 の 約 束 に た だ 信

知 っ て い た ア ブ ラ ハ ム は 、 命 を

  自 ら は 命 を 生 み 出 せ な い と

よ う に 溜 ま っ て 行 き ま す 。

ら し の 中 で い つ の ま に か 滓 の

 ︻     う代 う主 みを生にまとる ヘ神モ邦の 祈 にか習 。の心を越涯連すし共今ムのンの民 り 。ら志 の民の女を 慈い証えはな。 の 神て同日 求野課 しっして人るの主体救嬰の栄王導 道キ題 みぱし、の数 は・い児希華をき 民 者リ︼ をいま導罪え ご教主と望をも、 の がス 思、すか深き 自会キなと授感神 起ト い生。れされ歴身とリりなけ嘆殿 る こ教 描活 な史を個スまり、さに 主をい、 キ現人トし、離せあ さ会 きの の越人リわををたベ散るっ れ。 ま隅 え 慈、々スさ神信。ツしソて る各 し々 よ世 ょに し死のトれ殿じ レたロ異

新 体 制 の た め 。

が 起 こ さ れ る よ う に 。

  ︻ 祈 ら 旭 り れ キ の ま リ 課 す ス 題 。 ト ︼ 教 会 。 役 員 会 の

だ さ る 主 の 恵 み と 栄 光 が 現 わ

う こ と が あ っ て も 、 貧 し く て

白 さ れ る と 、 与 え 満 た し て く

く だ さ い ま し た 。 何 も か も 失

  私 た ち の 霊 的 な 貧 し さ が 告

求 め る 祈 り で も あ り ま す 。

に よ っ て 私 た ち の 魂 を 贖 っ て

し ょ う 。 主 は キ リ ス ト の 血 潮

あ り 、 御 言 葉 を 実 践 す る 力 を

す る 行 い や 思 い の 罪 の 告 白 で

  心 を 静 め て 、 主 を 仰 ぎ ま 答 で す 。 そ れ は 御 言 葉 に 反 逆

あ せ る こ と は な い の で す 。

白 で す 。 御 言 葉 へ の 率 直 な 応

う ら や ん だ り 、 自 分 と 比 べ て   主 が 喜 ば れ る い け に え は 告

ま と 分 の そ す 共 の 力 の 。 に 言 は 葬 葉 失 よ ら や わ う れ 信 れ な 過 念 、 人 ぎ も 満 間 去 そ 足 を っ の で 恐 て 人 き れ 行 の る た き 死 自 り 、 い で し ょ う か 。

こ と に 対 し て は 無 頓 着 で は な

の 僕 ら し い 心 を 持 っ て い な い

会 活 動 に 力 を 注 ぎ な が ら 、 主

思 っ て い な い で し ょ う か 。 教

も 、 死 は 全 て を 奪 い ま す 。 自 分

や 献 げ も の を し て 事 足 れ り と

  神 の 名 は 天 幕 に あ っ て 荒 野

地 上 で ど ん な に 幸 せ で あ っ て

  そ れ な の に 、 私 た ち は 奉 仕

て ご 自 身 を 現 わ さ れ ま し た 。

ま せ ん 。 知 恵 も 誇 り も 名 誉 も

こ と を 求 め て お ら れ ま す 。

れ な く な っ て し ま う こ と は あ る 所 で す 。 主 は そ の 名 に よ っ も 自 分 の 命 を 買 う こ と は で き

主 と 心 を ひ と つ に し て 生 き る

罪 悪 感 、 敗 北 感 に 身 動 き が 取   神 殿 は 神 の 名 が 置 か れ て い

  神が の集諸 民め国 とらの なれ民 る/か 。アら ⋮ブ自 ラ由 ハな ︵ム人 10 の 々 ︶   をし 思た神 いちよ 描は、 く/神 。あ殿 なに たあ のっ 慈て ︵しわ 10 み た ︶

  人 間 は ど ん な に 富 を 積 ん で

り 上 げ て く だ さ る 。 ︵ 16 ︶

を 贖 い / 陰 府 の 手 か ら 取

1 月 21 日 ︵ 土 ︶ 詩 編 47 編

1 月 22 日 ︵ 日 ︶ 詩 編 48 編

  し か し 、 神 は わ た し の 魂

1 月 23 日 ︵ 月 ︶ 詩 編 49 編

  栄さ 主 光さ告 は にげ白 私 輝るを た か人い ち すはけ が で 御 あ/に 言 ろわえ 葉 うたと に 。しし 23 従 ⋮をて ︶ い (

 ︻ 祈れ 浅りま 草のす 橋課。 教題 会︼ 。 2 桁 の 受 洗 者

も 復 活 の 主 、 命 の 主 が 共 に お

り ま せ ん か ? そ れ は 日 々 の 暮

1 月 24 日 ︵ 火 ︶ 詩 編 50 編

10


︻︵           め担 新 願をから力 な力あま どり意 19 神 ﹁ 方 祈 をし存いいられが私い感るすもやま志悔 よ 。い独 り︶ 打仰い在をた離 合立の主、 なあ達でにで、 とうめせにい あ い新課はなちぎ心す主だれいりにし打し何しらんよ改 。っめ 、生題救た砕まをべにきた、まはょちょ度まれ﹁ きせ 愛葛︼っはかし創て訴たく 自うひう心せなわては よ て れ ょ え か い な ん か を ん かで良 に飾 造 い し 分 く侮悔うしおまといく。を。が。に、﹂っきい よ教 こ 自誓この ら さ だ 。 し 、 さ い る会 て い救 れ己っれがちる決 う罪 される 一。 くさょういれしか た嫌たか人ゃの心 いま心 う た 致弱 だげ。切の こ悪こら間いでと ら て ませ のさ さし な喜い とととはでるは強 救 は すんを 、 て たを 主 る る は無がしすけあい う / び お 。。 ﹂ 、 。  ︻ ま 松祈し り 江 ょ キのう 課 リ 。 ス題 ト︼ 教 会 。 病 め る 兄

ら っ て く だ さ る 主 に 、 お 任 せ し

に 巻 き 込 ま れ な い よ う に 計

  相 手 で す か 。 主 で す か 。 悪 意

た が 見 て い る の は 誰 で す か 。

みま 人にす に依。 傷り世 つ頼々 けみ限 らまり れすな た﹂く と 10 、 神 き︶の 。 、 慈 あ し な (

弟 姉 妹 の 癒 し と 援 助 。

﹁ わ た し は ⋮ 神 の 家 に と ど ま り

自 分 の 信 仰 の 宣 言 を し ま し た 。

  そ し て 、 対 比 さ せ る よ う に

る こ と に 目 を と め ま し た 。

に 頼 ら ず 自 分 の 力 を 誇 っ て い

こ の よ う な こ と を す る 人 が 神

い ま せ ん で し た 。 神 を 畏 れ て 、

か え し た り す る こ と に 力 を 使

恐 れ た り 、 怒 っ た り 、 の の し り

る ド エ グ に 脅 か さ れ ま し た が 、

  ダ ビ デ は サ ウ ル に 告 げ 口 す

り ま せ ん か 。

言 葉 に 苦 し め ら れ た こ と は あ

  をを 授創神 け造よ てし、 く/わ だ新た さしし いくの 。確内 に か清 ︵ない 12 霊 心 ︶   悪 口 、 陰 口 、 中 傷 。 そ の よ う な

 ︻       会 すねてま架ら︵が﹁とくますに しうん突いな静 祈 7 者九 。て御すが、 シど思、うぐ?神よとば進ららま私 救 が十り 。オうっ私の神いをうしかしれなっは 、前。主い︶ の 主 つ 私の をでがい 起九 ﹁ないて主 ンかて 知と、り、 いには愛はイ き里課 し踏すどえっし状に神いと主に か 留 、まみ て 安を起エ 況 るみ題 ま 。ん、 自な﹂ を らイ いま心指こス に神な知てすを分どとき見反 よぎ︼ 起スう り に 抗 ら り は い うわ が け しし じ 。コでな日﹁上 方 こラの に教 でる気かなる ばまて示ま来 ン自い々こげし エ る 。会 すよ難忘いは よす落ししら ト分﹂のうなが 。 よル。 い主ちてたれ うしれのず ロをと雑しけち 。 の 。たう で く な の に 着 な ー守言事てれで 新 く十 て に救 、 す 来 で委いれ字か﹂い 方恐し。の ルろわにはばす 。   ︻ 祈 敵 あ り を す の 支 は 課 配 聖 題 し 日 ︼ ま す で よ す う 。 に 誘 。 い 合 っ

は な く 、 あ な た の 信 仰 の 目 が

  敵 が あ な た を 支 配 す る の で

し て く だ さ い ま す 。

ら こ の 苦 難 か ら も 主 は 救 い 出

ら れ て き た 証 し で す 。 で す か

と い う 事 実 こ そ 、 今 日 ま で 守

を 見 上 げ て い る 自 分 が い る 、

を 感 じ て い ま す 。 今 、 こ こ に 主

が 支 え ら れ 、 力 を 取 り 戻 す の

と い う 希 望 に 、 崩 れ そ う な 魂

命 じ て い ま す 。 主 が お ら れ る

を 見 上 げ る よ う に 自 分 の 心 に

  ダ ビ デ は 助 け て く だ さ る 神

よ う に 立 ち は だ か る 敵 で す か 。

は 何 を 見 て い ま す か 。 巨 人 の

声 に 圧 迫 さ れ る と き 、 あ な た

お 前 は い な く て よ い 、 と い う

  お 前 に は 神 の 助 け が な い 、

/ ﹁ 神 な ど な い ﹂ と 。 ⋮ ︵ 2 ︶

詩 編 51 編

あ な た が 計 ら っ て く ︵だ 11 さ ︶

1 月 26 日 ︵ 木 ︶ 詩 編 52 編

  神 を 知 ら ぬ 者 は 心 に 言 う

  のて 魂く見 をだよ 支さ、 える神 て。は く/わ だ主た さはし るわを 。た助 6しけ ︶

(

11

て 礼 拝 に 出 席 し ま し ょ う 。

い ま す か ら ⋮

1 月 25 日 ︵ 水 ︶

1 月 27 日 ︵ 金 ︶ 詩 編 53 編

1 月 28 日 ︵ 土 ︶ 詩 編 54 編


身 者 が 起 こ さ れ る よ う に 。

お 願 い 致 し ま す 。

を 贖 い 出 し 、 平 和 の 内 に 心 を

だ 中 か ら ﹂ 19 ︶ 主 が あ な た

 ︻ 祈に 玉りな 川のっ キ課て リ題く ス︼だ さ ト い 中 ま 央 す 教 よ 会 う 。 に 献 。

言 葉 に よ っ て 歩 み 、 主 が 味 方

必 ず 実 現 さ れ る 約 束 で す 。 御

 ︻ 祈覚 境りま ののす 谷課者 め題と ぐ︼な り み ま 教 し 会 ょ 。 う 牧 。 師 の

は 正 し い 道 に 歩 み 、 曙 を 呼 び

人 が 不 当 な こ と を し て も 自 ら

め に ご 支 援 く だ さ い ま す よ う

  ど う ぞ 、 私 た ち の 活 動 の た

と 願 っ て 行 っ て い ま す 。

も 早 く 緑 が よ み が え る よ う に

  ﹁ 闘 い を 挑 む 多 く の 者 の た

で も あ り ま せ ん 。 真 実 な 方 が   闇 に 囲 ま れ る と き も 、 祈 り 、

沼 市 周 辺 地 域 ︶ の 田 畑 に 1 日

彼 ら を 低 く し た の で す 。

が 祈 る ダ ビ デ を 御 許 に 招 き 、  

私 た ち の 願 望 で も 思 い 過 ご し

束 に 満 ち て い ま す 。 そ れ は 、

24 章 参 照 ︶ 。

る 道 を 選 び ま す ︵ サ ム エ ル 上

を 助 け 、 自 分 の 潔 白 を 主 張 す

た 参 加 し て く だ さ い 。

ぞ 覚 え て お 祈 り く だ さ い 。 ま

  こ の 活 動 は 宮 城 県 南 部 ︵ 岩

御 言 葉 は 主 の 心 を 表 し 、 約

た だ の 背 景 と な り ま し た 。 主

デ を 攻 撃 す る 声 は 遠 ざ か り 、

待 っ て い ま す 。

も 、 主 に 従 わ な い な ら 滅 び が

さ い ま す 。 人 に 勝 っ た よ う で

人 に は 主 が 味 方 に な っ て く だ

従 う 人 、 つ ま り 主 に 依 り 頼 む

し み に 生 き る 者 に ふ さ わ し く 、

を 掘 っ た 敵 を 前 に ダ ビ デ は 慈

傍 に 来 た の で す 。 自 ら 墓 穴

ル が ダ ビ デ に 気 づ か ず 、 す ぐ

サ ウ ル を 撃 つ の で は な く 、 命

で 活 動 を 行 う 予 定 で す 。 ど う

る う ち に 、 憎 し み は 去 り 、 ダ ビ

︱ を 目 標 に 、 月 1 回 の ペ ー ス

︱ 塩 害 土 壌 の 復 興 を 目 指 し て

す 。 心 の 苦 し み を 神 に 訴 え 祈

も ﹁ よ み が え れ 豊 か に 田 畑 ﹂

る と い う こ と を 思 い 出 す の で

  す る と 、 主 は 救 っ て く だ さ

す 。 こ の 主 の 前 に 、 御 言 葉 に

こ で 神 を 呼 び ま し た 。

ら れ ず 、 完 全 な 裁 き を さ れ ま

つ け 合 い ま す が 、 主 は 偏 り 見

に 襲 わ れ よ ﹂ と 呪 い ま す が 、 そ   人 は 力 と 力 を 競 い 、 時 に 傷

す 。 ダ ビ デ は 声 の 主 た ち を ﹁ 死

し て 、 た だ 逃 げ た い と 願 い ま

彼 ら で は な く 、 主 で す 。

か ら ど う な る か を 決 め る の は

を 見 上 げ ま す 。 ダ ビ デ が こ れ

自 分 を 捕 え た 人 で は な く 、 主

い ま す が 、 ダ ビ デ は 洞 窟 の 暗

ダ ビ デ を 追 い つ め た と 思 っ て

窟 に 隠 れ て い ま す 。 サ ウ ル は

て 居 場 所 を 失 っ た ダ ビ デ は 洞

けを すま避 るすけ と。所 、2と 何,し と3て 無︶、 神 防 に 備 呼 な び サ か ウ

さ を 主 の 翼 の 陰 に た と え 、 主

き る よ う に な り ま し た 。 今 年

り 8 月 か ら は 畑 の 除 塩 活 動 へ

(

健 康 の た め 。

  ︻ 祈 守 淀 り っ 橋 の て 教 課 く 会 題 だ 。 ︼ さ い 2 ま 千 す 名 よ の う 礼 に 拝 。 者

(

が 与 え ら れ る よ う に 。

で き な い で い た 畑 で 作 物 が で

移 行 し 、 塩 害 の た め に 収 穫 が

い ま し た 。 悪 臭 除 去 か ら 始 ま

た ダ ビ デ は 恐 れ と 不 安 に 混 乱

方 々 が 活 動 に 参 加 し て く だ さ

し い 者 が 嘲 る 。 追 い つ め ら れ

回 に わ た っ て 延 べ 200 人 以 上 の

  彼 ら を 低 く さ れ る 。 ⋮ ︵ 20 ︶

神 に 逆 ら う 者 が 攻 撃 し 、 親

  あ り ま せ ん 。 ⋮

/ 神 に 依 り 頼 め れ ば ︵恐 5れ は ︶

敵 の 手 に 落 ち た ダ ビ デ は 、  

神 は わ た し の 声 を 聞 き 、

感 謝 申 し 上 げ ま す 。 11 月 末 ま

に ご 支 援 、 お 祈 り く だ さ り 、

1 月 29 日 ︵ 日 ︶ 詩 編 55 編

  神 の 御 言 葉 を 賛 美 し ま す 。

  まよ そ/目 う⋮覚 。わめ たよ し、 はわ 曙た をし の ︵呼 誉 9び 覚れ ︶

反 逆 者 の レ ッ テ ル を 貼 ら れ

で 岩 沼 の セ ン タ ー を 拠 点 に 12

復 興 支 援 ボ ラ ン テ ィ ア の た め

1 月 30 日 ︵ 月 ︶ 詩 編 56 編

1 月 31 日 ︵ 火 ︶ 詩 編 57 編

  昨 年 は 6 月 か ら 始 ま っ た 、

12


映 画 の 中 の 男 女 が ﹁ 、 私 は 、 あ な た の あ げ る ん だ よ ﹂ と 答 え ま す 。 神 に さ し

し ょ う か ?

う し た の ? ﹂ と 聞 き ま す と ﹁ 、 友 だ ち に お 答 え し ま し ょ う 。

13

て い る よ う に 振 る 舞 っ て は い な い で  

え ら れ な が ら 、 そ れ が 自 分 自 身 に 属 し

息 子 が 道 具 を 磨 い て い た の で ﹁ 、 ど に ﹁ 、 ア ー メ ン 、 私 は 主 の も の で す ﹂ と

し の も の ﹂ と 呼 び か け て く だ さ る お 方

私 た ち の 所 有 権 が 神 に あ る こ と を 教

身 ︶ は 、 私 た ち が 神 の も の だ か ら で す 。

      ﹁ 心 あ 恐 と な れ 体 た る を は な 神 わ 、 た わ に し た お の し 献 も は げ の あ す ﹂ ︵ な る 43 た こ ・ 1 を 贖 と ︵ ︶ う 献 。

ロ ー マ の 信 徒 へ の 手 紙 12 章 1 節

そ 、 あ な た が た の な す べ き 礼 拝 で す 。 ﹂

る い け に え と し て 献 げ な さ い 。 こ れ こ

自 分 の 体 を 神 に 喜 ば れ る 聖 な る 生 け

さ い ま し た 。 そ の 上 で ﹁ 、 あ な た は わ た

す 。 主 イ エ ス も 私 た ち の た め に 献 身 な

た に ふ さ わ し い ク リ ス チ ャ ン 生 活 で

献 身 の 道 を 日 々 歩 む こ と が 、 あ な た が

み に よ っ て あ な た が た に 勧 め ま す 。  

の ﹂ と 呼 び か け て お ら れ ま す 。

﹁ こ う い う わ け で 、 兄 弟 た ち 、 神 の 憐 れ

    あ て て イ る あ 2 ﹂ 神 1 ザ 。 が 、 の 、 な ま も 私 ヤ わ た 書 ﹁ の た れ 主 で ち の た イ あ は 中 ﹁ 者 エ る 神 で と ス 。 に も し の 神 造 て 御 は ら ﹁ ﹂ れ わ 神 血 た た の 潮 者 し も に と の の よ し も で っ     神 さ サ で へ り タ す 使 の 、 ン 。 徒 ふ 御 の そ パ さ 自 手 れ ウ わ 身 か が ロ し の ら 御 は い も あ 自 こ 応 の が 身 う 答 と な の 言 御 で し い す て い 血 ま 。 く 取 潮 す だ っ を 。 さ て も っ く っ た だ て

と メ ッ セ ー ジ を な さ い ま し た 。

ャ ン は 2 重 の 意 味 で 神 の も の で あ る

あ な た の も の ﹂ と 、 神 に 申 し 上 げ る の

応 え し よ う と す る 信 徒 は ﹁ 、 わ た し は

  故 ・ 小 出 忍 師 は あ る 所 で 、 ク リ ス チ の 御 言 葉 で す ︵

詩 119 ・ 94 ︶ 。 神 の 愛 に お

う め め 霊 し 生 と 満 私 が す 。 る ま の て 活 願 た を 心 べ 者 す 力 い を い さ 必 に に 。 に た 振 ま れ 要 芽 て そ 、 の て と 生 神 れ 満 だ り す 。 返 信 き た は は 中 主 な え っ 徒 、 お 正 さ 悪 途 の さ ま た の 与 し れ し 半 御 っ す な 皆 え い た き 端 用 て 。 神 ら さ く 願 い 習 、 な に い が ん だ い と 慣 悔 ク 間 る 御 、 さ で 、 も い リ に な 用 そ る あ 導 変 改 ス 合 ら の の で り き え め チ い 、 聖 た よ し 、 を 、 て ャ た 霊 め う ょ 求 求 聖 赦 ン い に に な

  教 団 巡 回 教 師  

山 口 秀 樹     ﹁ こ わ れ た は し 映 は 画 あ の な 言 た 葉 の で も は の な 。 く ﹂ て 、 聖 書   に 献 お 身 献 の げ 願 し い た と い 共 と に 願 い 、 き ま よ す め 。 へ の 願 い

﹁ 献 身 ﹂ に つ い て

私 た ち 信 徒 も 持 っ て い ま す 。

り ま し た 。 心 と き め く よ う な 言 葉 を 、

も の よ ﹂ と 相 手 に 告 げ て い る 場 面 が あ

で す 。 き よ め ら れ た 器 と し て 、 私 を 、 神

し て 磨 か れ た 、 最 高 の も の で あ り た い

あ げ よ う と す る 私 た ち は 、 神 の 道 具 と


子 供 、 畑 を 捨 て た 者 は だ れ で も 、 今 こ が 、 直 接 伝 道 者 と い う 以 前 に 一 ク リ ス

福 音 の た め に 、 家 、 兄 弟 、 姉 妹 、 母 、 父 、   最 近 特 に 教 え ら れ て い る の は 、 献 身

い て き た の で す 。 ﹁ わ た し の た め ま た

る 福 音 書 10 ・ 29 ∼ 30 の 御 言 葉 が 心 に 響

ま し た 。 祈 っ て い く 中 で 、 マ ル コ に よ

め た の で す 。 教 会 で も 祈 っ て い た だ き

い た だ い た こ と で す 。 そ し て 、 祈 り 始

の も の が あ っ て は な ら な い の で す 。

の が 神 と な っ て は な ら な い し 、 神 以 上

ト 記 20 ・ 3 に あ る よ う に 、 神 以 外 の も

に 神 が あ っ て は な ら な い ﹂ と 出 エ ジ プ

  ﹁ あ な た に は 、 わ た し を お い て ほ か

の す べ て を 献 げ る 、 献 身 す る こ と で す 。

す 。 財 だ け を 献 げ る の で は な く 、 自 分

  そ こ か ら 、 主 の 御 業 が 始 ま り ま す 。

確 認 し て い き た い と 思 い ま す 。

  毎 週 の 礼 拝 で 恵 ま れ な が ら 、 献 身 を

で は な い か も し れ な い と ア ド バ イ ス を

も 、 御 言 葉 が 与 え ら れ な い な ら 、 御 旨

な さ い 。 主 の 御 心 な ら 与 え ら れ る 。 で

生 か ら 御 言 葉 が 与 え ら れ る よ う に 祈 り

が 大 切 だ と 思 う の で す 。

そ の 献 身 の 信 仰 に 立 っ て い る か 。 そ れ

し た 原 点 が あ り ま し て も 、 今 、 現 在 、

献 身 し て い る か 、 問 わ れ ま し た 。 献 身

の 献 金 の 時 で あ る と 私 は 信 じ て い ま

を 献 げ る 、 そ の 信 仰 を 現 す の は 、 礼 拝

さ れ て い く 、 そ し て 感 謝 を も っ て 自 分

で す が ︶ 。 主 の 恵 み を 慕 い 求 め 、 満 た

  し 葉 祈 た が わ る 。 与 た き え し っ ら は か れ 、 、 34 け 直 年 に 接 前 な 伝 に っ 道 主 た の か の 決 ら は 、 心 こ あ を の る し 御 先 ま 言 支 え と な り ま し た 。 ま た 、 そ の 時 々 に 、  

力 な ど 経 験 し ま し た が 、 こ の 御 言 葉 が

数 々 の 失 敗 や 行 き 詰 ま り や 失 望 、 無 気

  伝 道 者 と し て 歩 み 始 め て い く 中 で 、

り ま し た 。

神 で あ る か ら で す 。 ︵ ﹂ フ ィ リ ピ 2 ・ 13 ︶

ま ま に 望 ま せ 、 行 わ せ て お ら れ る の は

こ の フ ィ リ ピ の 御 言 葉 が 私 の 原 点 と な

思 い で は な く 、 願 い で は な く 、 た だ 、   ﹁ 自 分 の 体 を 神 に 喜 ば れ る 聖 な る 生

主 の 御 心 の ゆ え に 決 心 が で き ま し た 。

︵ す と に こ け そ る 1 。 こ 適 ロ ー そ う マ 、 い 回 1 礼 も 12 あ け 拝 の ・ な に 回 で と 1 た え の あ し ︶ が と 礼 る て 。 た し 拝 と 献 自 の て が 聖 げ 分 な 献 尊 書 る の す げ い は 、 体 べ な の 教 献 を き さ で え 身 主 礼 い す ︵ て す の 拝 。 当 い る 御 で こ 然 ま こ 心 す れ ﹂

  ﹁ あ な た が た の 内 に 働 い て 、 御 心 の の 御 言 葉 が 与 え ら れ た の で す 。 自 分 の

三 島 西 キ リ ス ト 教 会  

吉 田 雅 弘 た 。 そ の 後 、 直 接 伝 道 者 と し て 歩 め と

  す べ て を 献 げ る こ と を 示 さ れ ま し

す の を 。 生 も 活 っ に て な 献 っ げ て て い い る る か か 、 と 一 い 週 う 間 こ が と 礼 で 拝

わ た し の 献 身 1

世 で は 永 遠 の 命 を 受 け る 。 ﹂

姉 妹 、 母 、 子 供 、 畑 も 百 倍 受 け 、 後 の

の 世 で 、 迫 害 も 受 け る が 、 家 、 兄 弟 、

で す 。 そ し て 、 毎 週 の 礼 拝 を 霊 と 真 理

ど う か が と て も 大 切 で あ る と い う こ と

チ ャ ン と し て 神 の 前 に 献 身 し て い る か

14


と で す ﹁ 。 神 は 霊 で あ る 。 だ か ら 、 神 を 礼

は な く 、 た だ 神 の 霊 に よ っ て な さ れ る こ

る こ と を 示 し て い ま す 。

相 呼 応 し て さ さ げ ら れ て い る 礼 拝 で あ

の 地 上 の 礼 拝 は 天 上 の 全 会 衆 の 礼 拝 に

あ る 通 り で す 。 こ の こ と は ま た 、 私 た ち

め に ほ か な り ま せ ん ﹂ ︵ ロ ー マ 15 16 ︶ と

と さ れ た 、 神 に 喜 ば れ る 供 え 物 と な る た

で す 。 そ れ は 個 人 的 な こ と で は な く 、 た

れ て い る こ と で す ︵ 申 命 記 6 13 、 他 ︶ 。

一 貫 し て こ の 世 に あ る す べ て の 者 に 求 め ら

の 役 を 務 め て い る か ら で す 。 そ し て そ れ

仕 え る 者 と な り 、 神 の 福 音 の た め に 祭 司

魔 に 対 し て だ け で な く 、 旧 約 の 時 代 以 来 、   ﹁ 異 邦 人 の た め に キ リ ス ト ・ イ エ ス に

神 へ の 礼 拝 は 人 間 の 何 か に よ っ て で は 、 異 邦 人 が 、 聖 霊 に よ っ て 聖 な る も の

あ り ︵ ヨ ハ ネ 15 16 ︶ 、 キ リ ス ト が 私 た ち

の 任 命 は 、 キ リ ス ト の 選 び に よ る も の で

﹁ 任 命 さ れ た ﹂ 使 命 共 同 体 で あ り ま す 。 こ

復 活 に よ る 救 い の 恵 み が 先 行 す る と い う

ト に 現 さ れ た 神 の 啓 示 、 御 子 の 十 字 架 と

て 始 ま る の で は な く 、 た だ イ エ ス ・ キ リ ス

拝 は 人 間 の 側 か ら の い か な る も の に よ っ

実 礼 際 拝 ﹄ ︶ が 。 啓 示 に 基 づ く と い う こ と は 、 礼

す ︵ レ イ モ ン ド ・ ア バ ﹃ 礼 拝 ∼ そ の 本 質 と

約 束 さ れ て い ま す 。 私 た ち は 、 神 に 対 し

一 で 会 2 す 、 そ 。 5 キ の リ 共 、 9 ス 同 ︶ を ト 性 形 者 と 成 は ﹁ 深 し 祭 く て 司 か い の か る 国 わ と ﹂ っ 御 ︵ て 言 ペ い 葉 ト る に ロ の

可 能 な こ と で 、 キ リ ス ト の 体 と し て の 教

行 為 で は な く 、 教 会 全 体 の 行 為 で あ り

か せ て く だ さ っ た ﹂ ︵ テ モ テ 一 1 12 ︶ の

を あ え て 信 任 し て 福 音 宣 教 の 務 め に ﹁ 就

た だ 主 に 仕 え よ ﹂ ︵ マ タ イ 4 10 ︶ と は 、 悪

こ と で す 。 ﹁ あ な た の 神 で あ る 主 を 拝 み 、

い る の で す 。

て 共 同 の 礼 拝 を さ さ げ る よ う 招 か れ て

拝 す る 者 は 、 霊 と 真 理 を も っ て 礼 拝 し な

だ 恵 み に よ っ て 、 キ リ ス ト を 通 し て 与 え

け れ ば な ら な い ﹂ ︵ ヨ ハ ネ 4 24 ︶ 。 そ れ は

ら れ た 神 か ら の 委 託 で あ り ﹁ 、 和 解 の 言

命 令 と か 義 務 で は な く 、 霊 で あ ら れ る 神

葉 ﹂ を ﹁ ゆ だ ね ら れ た ︵ ﹂ コ リ ン ト 二 5 19 ︶

を 礼 拝 す る の は 、 神 の 霊 に よ る 以 外 、 不

そ の 教 会 の 使 命 と は ︵ 、 1 ︶ 礼 拝 共 同 体

こ と に 基 づ く こ と で あ り ま す 。

︵ 2 ︶ 交 わ り の 共 同 体 ︵ 3 ︶ 使 命 共 同 体 の

  ︵ 1 3 礼 ︶ 点 拝 礼 に こ 拝 集 そ 共 約 は 同 で き 、 被 体 ま 造 す 物 。 で あ る 人 間 に ゆ る

さ れ て い る 神 へ の 最 高 の 営 み 、 ま た さ さ

教 会 は こ の 世 に あ っ て 、 キ リ ス ト か ら  

る﹁ た教 会 浅 め 草 を 橋 教 に 会   建 ﹂て 黒(5) 木 上 安 げ 信            

三 、 使 命 を 担 う 教 会 を 建 て 上 げ る

ま す 。 礼 拝 は キ リ ス ト に あ っ て 初 め て

︵ 教 会 全 体 の 行 為 ︶ の 3 点 を あ げ て い ま   更 に ま た 真 の 礼 拝 は 孤 立 し た 個 人 の

ず る こ と ③ 礼 拝 は 本 質 的 に 共 同 の 行 為

② 真 実 の 礼 拝 は 聖 霊 の 働 き か ら の み 生

原 理 と し て 、 ① 礼 拝 は 啓 示 に 基 づ く こ と

げ も の で あ り ま す 。 あ る 人 は 礼 拝 の 根 本

な け れ ば な り ま せ ん 。

く 明 け 渡 し 、 神 の 霊 に 支 配 さ れ 占 有 さ れ

の 霊 に 一 致 す る た め に は 自 己 を 神 に 全

可 能 な こ と だ か ら で す 。 真 の 礼 拝 者 が 神

16


し て 、 聖 日 拡 大 派 遣 を 行 っ て い ま す 。

人 派 遣 が 主 な 活 動 と な り ま し た 。

と 近 隣 教 会 の 特 別 プ ロ グ ラ ム へ の 個

そ の た め 、 夏 期 派 遣 は 聖 日 派 遣 教 会

を 学 び 、 祈 る こ と を 教 え ら れ ま し た 。

を 通 し て 、 隣 人 に 仕 え る こ と の 一 端

せ て い た だ き 、 日 本 に 起 き た 大 惨 事

ィ ア に 5 月 と 8 月 の 2 度 、 奉 仕 を さ

す の で 、 受 け 入 れ 可 能 の 教 会 は 5 月

ー プ 派 遣 を 実 施 し た い と 思 っ て い ま

夏 は 、 久 し ぶ り に キ ャ ラ バ ン や グ ル

く こ と を 願 っ て お り ま す 。 次 年 度 の

な 形 の 宣 教 方 法 を 体 験 さ せ て い た だ

地 方 の 教 会 の 伝 道 実 践 、 ま た 、 様 々

  まお り す支最く 。え後だ とにさ おない 祈り。 りま をし 心た かが ら、 感神 謝学 い院 たへ しの

会 に 行 か せ て い た だ く 機 会 を 持 ち 、

も 経 済 的 に も 祝 さ れ ま す よ う 、 お 祈

す よ う に 、 神 学 院 の 働 き が 人 材 的 に

い ま す 。 さ ら に 献 身 者 が 起 こ さ れ ま

在 2 ∼ 3 名 の 志 願 者 を 覚 え て 祈 っ て

月 28 日 は 入 学 試 験 が 行 わ れ ま す 。 現

の で 、 ぜ ひ 提 出 く だ さ い 。

17

  昨 年 度 か ら 始 ま り ま し た 新 企 画 と 頃 に 夏 期 派 遣 ア ン ケ ー ト を 送 り ま す

通 常 の 授 業 の 他 に 、 被 災 地 ボ ラ ン テ   神 学 院 で は 、 で き る だ け 多 く の 教 場 に 送 り 出 し ま す 。 そ の 3 日 前 の 2

大 変 よ い 刺 激 を 受 け ま し た 。 ま た 、

レ ン グ ル 著 ﹃ 救 霊 者 の 秘 訣 ﹄ を 学 び 、

い ま し た 。 テ キ ス ト に サ ム エ ル ・ ブ

ル に 変 更 を し て 、 神 学 院 を 会 場 に 行

で 行 わ れ る 所 を 、 1 日 の ス ケ ジ ュ ー

業 オ リ エ ン テ ー シ ョ ン は 、 通 常 3 日

き 交 わ り と 学 び を い た だ き ま し た 。

教 会 と 独 立 新 生 葛 飾 教 会 に 伺 い 、 良

い ま す 。 今 年 は 10 月 に 八 潮 キ リ ス ト

神 学 院 を 感 じ て い た だ く 時 と な っ て

喜 ん で 受 け 入 れ て い た だ き 、 身 近 に

で は あ り ま す が 、 全 学 生 と の 交 流 を

ー ル と 祈 り を し た り と 、 少 な い 人 数

え 3ま 月す 2。 日 の 卒 業 式 は 1 名 を 伝 道 現

も っ て 、 今 年 度 の カ リ キ ュ ラ ム を 終

明 け ま す と 、 後 期 試 験 、 冬 期 特 講 を

し い 時 を 過 ご し ま す 。 そ し て 、 年 が

出 、 神 学 院 ク リ ス マ ス が あ り 、 気 忙

に 終 わ っ て い ま す が 、 年 末 は 卒 論 提

今 年 は 3 月 の 大 震 災 の 影 響 で 、 始

の 学 び 及 び 生 活 が 進 め ら れ ま し た 。

1 名 、 4 年 生 1 名 の 6 名 で 神 学 院 で

ん で し た の で 、 2 年 生 4 名 、 3 年 生

献 身 者 が 起 こ さ れ る よ う に と の ア ピ

共 に 、 神 学 院 デ ー 献 金 の お 願 い や 、

り や 献 金 の 感 謝 を さ せ て い た だ く と

時 を 持 ち ま す 。 日 頃 の 神 学 院 へ の 祈

時 を 持 ち ま し た 。

今 年 も 淀 橋 教 会 を 会 場 に 、 恵 み 多 い

会 、 神 学 生 合 同 合 唱 な ど を 行 い ま す 。

  こ の 原 稿 が 読 ま れ る 時 に は 、 す で

今 年 度 は 1 年 生 の 入 学 が あ り ま せ

    神 学 院 教 務  

神 学 院 報 告

山 田   泉 を さ せ て い た だ き 、 交 わ り と 学 び の

生 全 員 で お 伺 い し 、 与 え ら れ た 奉 仕

て 、 通 常 聖 日 派 遣 で は な い 教 会 に 学

﹁ き よ め ﹂ の 学 び 、 聖 会 、 神 学 生 交 流

を 宣 証 す る 教 団 の 神 学 校 が 集 ま り 、

主 催 の 聖 化 大 会 が あ り 、 ホ ー リ ネ ス

こ れ は 、 神 学 院 デ ー の 時 期 に 合 わ せ   同 じ く 10 月 は 毎 年 関 東 聖 化 交 友 会


て つ い て 行 く 中 で 、 静 か に 主 に 問 い か

と の 出 会 い は 対 照 的 で し た 。 弟 子 と し

な り ま す 。 ペ ト ロ と パ ウ ロ の キ リ ス ト

に 、 後 半 の 13 章 か ら は パ ウ ロ が 中 心 に

ま す 。 前 半 の 12 章 ま で は 、 ペ ト ロ を 中 心

界 で ︵ 13 ∼ 28 章 ︶ と 証 し が 記 さ れ て い き

サ マ リ ヤ 全 土 で ︵ 8 ∼ 12 章 ︶ 、 異 邦 人 世

ら 、 エ ル サ レ ム で ︵ 1 ∼ 7 章 ︶ 、 ユ ダ ヤ と

計 画 に 従 い 、 パ ウ ロ の も と に 行 き 、 十 字

ナ ニ ア も ま た 、 戸 惑 い な が ら も 主 の ご

11 ︶ 。 パ ウ ロ の た め に 主 が 備 え ら れ た ア

に は 消 化 で き ず に 祈 っ て い ま し た ︵ 9 ・

ロ は イ エ ス と の 出 会 い の 意 味 が 簡 単

え る 劇 的 な 意 味 合 い が あ り ま す 。 パ ウ

せ ん が 、 お 互 い の 出 会 い に も 、 人 生 を 変

う な 劇 的 な 出 会 い を し な い か も 知 れ ま

福 が 溢 れ て く る こ と で し ょ う 。

だ さ い 。 そ の と き 、 キ リ ス ト の ご 愛 と 祝

ね な が ら 、 使 徒 言 行 録 を 是 非 、 お 読 み く

い て く だ さ い ま す 。 ご 自 分 の 人 生 と 重

ち 上 が ら せ る 現 代 の 証 人 と し て 主 は 用

り 、 ア ナ ニ ア で す 。 誰 か を 主 に あ っ て 立

計 画 は 世 界 伝 道 で す 。 こ れ に 従 い な が   ま た 、 私 た ち は 、 必 ず し も パ ウ ロ の よ   私 た ち ひ と り ひ と り は 、 パ ウ ロ で あ

あ り ま す 。 そ の 力 と は 聖 霊 で あ り 、 そ の

  証 人 と し て の 力 と 計 画 が 1 章 8 節 に

行 伝 ﹂ と い う 人 も い ま す 。

働 き が 記 さ れ て い ま す 。 で す か ら ﹁ 聖 霊

に 導 か れ た 使 徒 た ち を 用 い て 行 わ れ た

あ り ま せ ん で し た 。 主 の ご 昇 天 後 、 聖 霊

節 で す 。 聖 霊 降 臨 が な け れ ば 、 こ の 書 は

件 は 五 旬 節 で あ り 、 そ の 鍵 句 は 1 章 8

  使 徒 言 行 録 に お い て 、 最 も 重 要 な 事

歩 き な さ い ︵ ﹂ 3 ・ 6 ︶ 、 と も 語 り ま す 。

ス ・ キ リ ス ト の 名 に よ っ て 立 ち 上 が り 、

に 立 ﹂ ︵ 2 ・ 14 ︶ ち 上 が っ た の で す ﹁ 。 イ エ

ペ ト ロ は ひ と り で は な く ﹁ 、 十 一 人 と 共

を つ げ る 姿 に 感 動 し ま せ ん か 。 し か も 、

た ﹂ ︵ 2 ・ 36 ︶ と 大 胆 に 立 ち 上 が っ て 福 音

ス を 、 神 は 主 と し 、 ま た メ シ ア と な さ っ

な た が た が 十 字 架 に つ け て 殺 し た イ エ

否 ん だ ペ ト ロ が 聖 霊 に 満 た さ れ て ﹁ 、 あ

た 、 ア ナ ニ ア と 共 に 立 ち 上 が り ま し た 。

天 の 御 国 に 迎 え ら れ ま す 。 パ ウ ロ も ま

し て 、 き よ め ら れ 、 や が て 聖 徒 と し て 、

害 さ れ る 苦 難 の 道 で す 。 そ の 苦 難 を 通

す 。 迫 害 者 パ ウ ロ を 待 っ て い た の は 迫

ま す が 、 神 の 真 実 に 身 を 委 ね て ゆ き ま

で す 。 納 得 で き な い こ と は 山 ほ ど あ り

生 活 が ゼ ロ に な っ て し ま う よ う な こ と

19 ︶ と 言 い ま し た 。 出 会 い で 、 今 ま で の

東 戸 塚 エ ル シ オ ン 教 会  

     

新 約 ∼聖 ﹁ 使書 徒を 言学 行 録ぶ ﹂

藤 ∼そ の 冨 2 明 子   弟 子 の 筆 頭 で あ り な が ら 、 3 度 主 を 天 か ら の 示 さ れ た こ と に 背 か ず ﹂ ︵ 26 ・

し ょ う か 。

ウ ロ 。 あ な た の 回 心 は ど ち ら に 近 い で

然 予 期 せ ぬ 時 に 劇 的 な 出 会 い を し た パ

け ら れ て 信 仰 を 告 白 し た ペ ト ロ と 、 突

ウ ロ は ア グ リ ッ パ 王 へ の 弁 明 で ﹁ 、 私 は

ち て い る か わ か り ま せ ん 。 で す か ら 、 パ

あ る 人 生 は ど れ ほ ど の 驚 き と 衝 撃 に 満

架 と 復 活 を 語 っ た こ と で し ょ う 。 主 に

18


seityou  

devotion and sermon

Advertisement
Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you