Page 1

日文版 9号

2011/3/1

―台湾の員生消費合作社―

資本主義社会 の 中 の ミニ 資本主義社会の 理想社会主義(一) 理想社会主義(

こ の で 委 の い の の 売 よ を 徒た ム 残 多く く、 屏 学校 こ て 作 四 協 動 達 ず、 作社 在 く 動」 て 、 屏 「 託 って 買っ ち が鳴 って の 学 内 とに 代 社 十 同 」を が「 今年 る 場 場 す 場 感 味 送 を 屏 東 そう を と 合 い 。 合 る 合 し で が っ 東 の あ える を終 数年 組合 屏 二 も 販 行っ 東 高 感 応 溢 作 る 、 も 調 は て て 台 校 い 悪 て も 人 の く く 、 理 売 あ あ は 合 い 混 と る 湾 内 高校 伝 る つ 了 の ) 展開 東 月 社 校 援 れ 高 もなる毎もしるる、作たみ、。人のの統 。もし歴。し高初 たも 校 の生 じて する る の あい場日すてししお社。合発授の合生的 りて史そた校め 食 人 合 っけ合熱るい、、じ形学う育業学作徒な が、がの(合に い のの 作 徒達 た 生徒 情 べ た 物 々 若 さ 態 校の 合作 期の が終 生時 社 達 合作 あ コン あ 理由 *合 作社 屏 るバ が ど も 味 社 。 イ の 、 、 、学 保 がよ だろ 達は が に ん は異 経 社 ひ わ 代 ( だ 社 ると ビ る屏 は 作 保 東高 食 あ 味時る食現べトい ・ は 女 あ は に 。 べ 地 物 の 性 お な 営 で も る の 生協 け が危 発 ニ 東 学 社 存 校 う 生存 地 少 く っ とは食物業は学・ばる方食じチ記)で機 表に高校=署の 邱 投票 署 も油べを者、生男さ。針べいャ憶 は 名 頑張 。 なか た。 味 な した 取っ 校合 側 生活 名運 生徒 奕菲 の 運 っ ら 合 存 か っ 物 車 に そ も 性 ん 販 に 物 生 イ に は、 な が りのの違社 ろ ら げ で 校 派 コ 社」 が わ 十 よ 福 的 魅 る 集 る な 徒 こ と 結 かて積局て識社は 、 当命管いと学う 不 に ら の て し の の ン と 未 っ 年 台 く混 利社 な合 力 こ め と 商 達 と な 果、 い 極 も お にだっコ て令理は合校。来な的合り足つ一 い か買 合作 推進 ビニ 呼 だ てい 前か 湾の 同 か 作 を持 とな ると もら 品 部誤 、 よ っ た。 ン ら に 人 、福 作 内 て い に 作 、 解 い か る た。 あ ビ れ よ は 社 の い と 推 制 学 ら て は や る。 えな 社が 理由 派の んで に「 った ら相 学校 され 、そ 社は つ。 ど、 人形 える セ と、 コ ま ニ たり上利と福 るこ進度校生の合文こいプの論い合が次内るれ 色そ若と点ッ 福割司社の利 だろしを当じ知作句れとリ一争る作、いの間と 褪れ者無数ト 割コンり推 い ペ つ で 。合 社 多 で 福 違い も合 せて に を 料 シ 引 ン ビ に 進 ビニも派 う イ に 、 作 」を く 合 利 作 見 対 引 交 ー ・ 不ド、コ 「の作社 社 えしき換ル買ニ推予が 便カ多ン社福人社は か たてつがをいは進想過 をーくビ派 たに、 ? 。伝けで何物多派外半 挙ド学ニと利ち代数 統るき枚す様生の数 給委 づい 亂時 と共 的条 員・ て来 と、 合 合作 え 員( 者) 決 員 合 員 の 祉用 提 利 教員 品 供 品を 員會 て「 期臨 産党 件の 教師 た国 一九 作社 社と ない。 会員 、営 めて( )投票 作社 ) に ・販 、 な ・ ) の 」を 公教 時條 の内 不足 など 民党 五二 と福 福利 )配 業余 しか など 経 れ 学生 。合 売 教員 る すを 成立 人員 款』 戦時 のた の収 政府 年に 利社 社の 当金 剰は も学 を通 営方 法 達 作 る( 主 社 人 全 した 生活 特殊 期の めに 入低 が、 台湾 の歴 歴史 とし 共同 長は して 式は 組 員が とは *福 要対 織 必需 條例 『動 、国 下や 台湾 に移 史を in台 てし 募金 監督 みん 社員 で 社員 学校 利品 象と 軍人・退役軍人(栄民)またその親族ための「福利 こ と あ 站」は、今まだ50軒近く残っている。この写真は福 に 品 に 員 民 物 公 動 遡 湾 か ・ 義 な ( る ( 全 = し 利站の店内(画像:「台灣國防部福利事業管理處北 始 配 基 戡 党 質 務 し る 使社務で会。会体福て 西站」ホームページより)

EaphetNo.9N

#1/18

Eaphet

18

C ▽▽- C ▽■(―想▲ 「▽ 福サ▽ 発 ▲「 話 ▲ 活 ▲ ― 人 ▲ ~ ▲ 村 ■ 国 ▲ 頁 ▲ 3 ai 資 【 1 台 社 資 o 「 奇 黄 爾 」 楽 そ 「 動 Ea 」 の 「 二 Ea へ フ 13頁 ― 「 ) 「 r ザシ頁p 「 V p 二 S 会本 聊 -2 湾 蹟o ・ッ ( う Ea ( ph ( 健 す 月 ph の ィ ) 南 東 〇 金 B 摩 ) tali 本 l 沙フ背r の 主主 聊 の 1 ( a ココ 観 ア き e 支リ 康 コ o 主 頁 t N ph 6 et t o 一代d (ォ 員 義義 映 後 18 s i ー リジ 頁 でき o.0 et 頁) 一二 14-1 チェ まを 14 が見 援報 ピ ) m o S 義 ( ( ポ iC : 生 (社 画 償 アア 二 i 5ル5n ) な 04 說 月 6頁 ッ 援 頁 た 告 ン a :館 n - モ 年 消 一会 」 K と レ 編 ・ ) l あレ t 6サ頁4ーO 費 )の ( o ( い 」( 中文 ~ ) ク 助 出 ( パ ア 会 h 頁 v ) e る 合 ビ 7 e 5 4 中 台 中 二 無 す 来 13 マ 覚 メ 員 シ ▽ 福 ) 作 - M s 恋ュ 頁 頁 o 湾 17頁 国 月 料 る 事 頁 カ 書 リ 大 ョ フ 爾 b 会8 社 の ) ン ) tory の ー i カ 原 ) 語 の 相― 一)パ 」 ォ 摩 頁 l 」 物】 ― ミ e ニ ル T 発 主 談会 外 二 カ (9 合 ( ( 沙 ) 」 理 2語 開 で な 国 月 ン - 衆 6 / 對 モ he

第九号目次

■頁■ お)こ 知 れ ら か せ ら ( の 18 頁 活 ) 動 予 定 (

ニ ュ ー ズ レ タ ー


The Rochdale Society of Equitable Pioneers

い生 「 『 湾く親株しもが教教の格各利称華台に總 よ職へでな員ま 員 人のと式物よ、師員よ日地中:民湾変處一り公業、ど會る 台 一九 法』が によ れた 校に 作 事 学 い 消 のが一会をくあの証う用方心全國は更の九法教務一の」。 、 灣 校生 消 共一緒社買知ま証(な品に」聯消高さ軍七制人移九生の「 一費 省 八十 指導 り『學 。一 設置 業 管 内 合 費 通九にとっ人り明軍全を相と社費度れ公五化員行六活業公 各年方校九が理九 作の 合 記八「なたか厳 五 處 七 級 人聯売次呼、合経た教年さ生、八 務教 推 合 社 作 憶十軍り。らし書・社るいぶ一作済。福配れ活一年必は人 學 には 針 員生 四 進 に 五 作 」 社 に・公民一借く)公はスで)般社成一利給た必九に需公員 校 台 と 消 年、 さ よ 年 社 ( 」 な九教営九りなが務、ー成と市全長九品業。需七行品教生 か っ し 員 れ 略 の 灣 っ 生 省 て 費 内政 、 て ら 称 正 っ 十 福 化 九 た く ない 員・ 原 パ 立 いう 民 國 期 七 供 務 品 二 政 を配 人 活必 て た 消 員に 需 年利さ八証、 則ーし は聯を十給は 配年院 な 。代中れ年明一と公的マた施「合迎年と國 給 台台 員式 灣: 費 政府 発布 合作 部と 次々 全 人 名 給 の 合にさ社教と湾省生称に 生 心 た 全 書 般 入れ 立学 に ー 。 設が 軍公 社 え 代 い 防 辦 『 事 する 対 品配 ? 政社は 作よれ推育設各 ま 」 が 聯 で 市 な 校 は ケ 超 台 教 」 、 後 う形 部福 法 中 行 こ し 給 級 入民 ッ低 府 立 進 「 ) た 社 央 局 と て米 委 れ 改り。辦部さ学合と員 行、 両 社は 店 で い の 軍公 ト 価 湾 福 (略 「中 半、 式 利 』に 文 政 台へ た て 作 員 義 ス 組 資 まを員市て員ら自宣た計か学策き に た。 労働 と、 劇 産 た こせ校進 消 る 社 と と 合 で 合 、 。 本 っ得生立いでに分伝め算買校決、員と、の要 的 主 たた社第るし一の不だしえの定教生を福合點 費 、 を し し 作 欧 資本 者に 機械 に 業革 ( 成 義 だ疑が一例か部権足っやな員権員社目利作』 つ 営 て て ( 立 者 米 変 ) ま み の 推 協 し で 技 の 主 対 命 化 の は た あ り 、 小 進 同 社会 ろう 惑 、高 女子 もあ なく の学 益に のゆ たの すく いと 生社 や配 ・学 は 的と 社と 社 が発 術 義 す 労 しあ 初 ロる社利規さ)の 。は価高る、校つえだしいが当生合し混に布 働 が る の た。 と め ッ 。 員 潤 模 れ 制 中 合作 制 級 。 権 で い に 。 、 う プ 金 達 作 た 同 つい さ 組 勃 搾 進 て チ 一 達 は 生 て 度 の 思 服 中 以 益 は て た し 会 の リ 受 が (協 も し て れ 興 合 取 歩 、 大 の デ八が社産いはミ 想を學前を学あくか計はペ給社同のなのた と し は と 人 規 ニ 経 員 者 た 当 ー 四 合 始め 酷く 共に 模 間の 合 に 通し )な 、北 有名 生は まり さん し、 コス 、実 イド 権を 員と )思 だっ いよ 概 が、 理 作 営 全 達 。 初 ル 四 作 工生 組 公年者体は合理想 逆てど一無た知の合トはカもし たう念こ 社 た な 、 社 行不の女実だら生作ダ売ーつて想。にをれ で に 一 作 想 正 に 十九 って 資本 場の 活様 織 が 会 に 強 し で 先 あ 割 緒 社 社 イ 流 登 式 あ 駆 ギ り り に の 会 主義 て 当利 学校 (臺 化さ 予備 ず、 徒達 思想 ウン 上高 ドで 。多 その 基 させ 化 は諸 家 世 い 行 し得の北せ社さはののをしく方づ るさ学 し紀っの場は っ 者リま当合社主 うし九米の 台 あ 組 一 し、 府 組 た の 「 す中て府十づ四た葉のしマ「もマ主中義 動た 湾 る・、が五い十国を重てル民のル義華」中とこ の 欧 っ合般こは織め機信制、 は 〇 。高台合条て二民使視、ク生だク」民( 、 米の たは民れ『で相能用 度そ 華 言え とは 〇合 合 民 日 や 学 湾 の 即 「 主 作 の 一衆は臺あ互が・ ス ス が 国 作 っ 条 資 政 だ 年思本合作 校で事私本「府たとはの義がのちの族民よ、 販を 後 、 扶 時 あ に る 灣 取 国う資 当的宣地産。助り売り台に の 様 業 有 を 国 が の 考 り 論 」 、孫 資 「 創 ・ 統作運 潮 『 動 に 文 本 社 立 民 の立 。 本 初に伝方業一の、・ 社 員 財 民 治 に 制 点 々 湾 を 『 だ 節 え 産 入 の 投盛さ官組九精中購れも業従時度盛 生な扶産制経中。、会の取が論会者権 国 主義 票りれ員合十神間買た「組っ代が衰 消合助をす済華台「の色り「を主孫・ 民 精神 社 制 上 た ・郷 規 三 を 搾 ・ 問 換 費 制 湾 が 産 て 台 々 も 民 か 民 文 作 す 義 る と 社 。 合 度が。紳則年生取利産業法日ら湾新 合社る限」民國に生題なえ会と」に生 会 は ) はっ台 』、かを用 に を 作 の 移 生 で 」 本 へ 欠 た に 」 、 組 だ 、 憲 よ 業合』国っ伝方 「 主 で 、 と 一た湾をを台す防」 人 社 に た 動 ま 主 点 発 理 特 る 法 向 組」を内た播 三 対す こ あ い 人時の通制湾と止の 民 を 基 め し た 義 を 想 由 』 「 に 義 一期産し 総いす四合と発は。し 推小づで百に第てう生指は」しれ民る民 る 票が業て定督うるつはい布一欧た 進・い政四基百来言活摘、をたが生。主 反 る 市 湾 百 作 を 生・ る 台 が次 問 得 ど 学 で、 商 の は ト ら まっ は い に だ 家を 若 が は す 売 り 。 、 知 者 の 五 社 除 軍 と 湾 々 題 の の 校、 近 品 一 人 が 逃 現 た ま う よ っ っ る っ 目指 が て 識 人 て 定 自 集 中十がく公、内とに疑員例年をつ事高げ在。た制った 」 人 フ が い き 然 と 期 万 圧 )の 教 い 政 解 直 い 生社 え の 学 は会 費 い ら 台湾 地 度 て一 の す場 ェ て か た る 市 栽 い 年 層 人 倒 中 人 ま 部 散 面 が に ば 政 校 社 に ので れ の 元 に 人 に 。 ら ア と 的 員台合ししあは政府へや回、な員 の変の対 く い 培 う の 合も ー て 段 さ 値 形 の 新 若 以 な で を 湾 作 て て、 っ 協 治 調 運 販 さ ほ い。 生 郷 更 も し、 上 段 々 ト 、 者 ん だ 小 合 層 が 多数 は信 含 の 事 し た た。 力 大 査 び 売 れる と 員 社 紳 され つ 後 ある レ 高 一 い は 式 規作の、を用む合業まくこ過学に込者。ん生も の、票期 多で 般 る 運中こ占(消作處っされ程・よん達員ど社資 手結数に 野 。( ード 等 教市。少菜模 農 民応高 家動 こ め 金 費類 社組 の統 た。 んの らの での 海洋 ると で売 と協 生社 の営 の人 本の に落 局、 が変 は持 続く の小 育 風に をに援いや 数 、社 融) 合 計 員 様 不 大 多 る 力 の 業 事 問 ち 支 わ ち は 潮 果 が す が 受 ま 規 「 )模けでる応物集が農年 員 類 作 織( に 生 々 当 学 く こ し 業 利 コ 題 て 配 る 株 、 農た広人援をまあ民台は合社学よ 社な利なのとて務益スか し権と数 EaphetNo.9N #2/18


聊聊映画館レビュー

義:あ る 恋 の 物 語 資 本 主 義: Capitalism: :a love story

う国政一れ生ほ済とにム千金世て しが激始格た から か い 史、 中 聊」 毎 治九て活とにをなや万の界中「 し経にめ差。 こへ ら る。 社 心 で 週 戦 大 と か は ん 八 的 と 産 地 を か済裕てがエ 高 可 い と い 二 こ 会 に、 は 水 後 戦 い っ 驚 ど 十 に 成 階 方 送 向的福い急コ 騰 能 た が長中年とりのくにたのうはの級の く 月の、映ド曜 上 に に た。 拡 ノ 徐し道代い、アほし快貧ア、開のア つ に「 コ 人 像 キ 日 しはな少大ミ 々 か 物 私 ス でにえ質メどた適困メ 始社メ て ま っ 数 して ト に て 紹介 聊 ー 々 を ュ の 中入る的リの。なかリのと会リ いったのいた明い 聊」 ナ につ 通し メン 夜 産る。にカ均・生らカ両とでカ なた一アるちらく し ーいてタ七 活救人親もあは 階と・も人質・ かく方メこ かの よ し でて語リ時 ・ で 級 ア ・ は 性 ア を い を も に っ 、何 っ か、 で、 リ と は う た に は、 議 ら ー か ・ 非 始 都 享 似 が は 、 、 が メ 含 た ほ ほ カ を 不 な な 支 リ と 常 た 生 メ 受 そ 市 ま た。 に 。 作 ら のんと人指平っい配カこによまリすれのめっ第も阿 品 一 論 作 れ だ。 の ん が 摘 等 て と 的 は ろ 恵 う れ カ る ま ス て、 た 二 ま 川 の二しる品の 「 中月て歴を聊 」少ど急しときいな、がまな、経こでラ何賃次し ね あなに た代 質」 かし マン 造さ 長期 その 朝鮮 は、 実” だ。 きて 質的 “皆 う 質」 言 ど) (ア ( う感ま時二十くね 、 ) 後 そ なと葉でメ私 か覚た期〇年こ、 お あ れ 格、し、 も 半 う と ら の れ ” 延 戦 東 じ し に が 気いか生リと は を 、同 を 〇 代 と と た 社 に い い あ 場 て の 長 争 芝 ゃ ま 中 貧 ち 分抱じ迎年にに初 て 不 み 会 り な う う っ 合 い 波 に や の な ろ う 産 し がす う ら始 き カ 同じ かく え代生なめ差 平るをのっ感“てにっにあベ企いん気階かる“めて合年 らのよるにまるて拡 覚が 感覚 の上 も、 たの 乗っ った トナ 業城 だろ 、 分は 級化 った 。 感覚 よ きた 衆国 、 なかう人同れ。気大等と感時て “ い ど な も じ 、 八 づ だ だ 、 じ 期 社 八 ” で そ だ て 冷 ム 下 う しか 、 し ” 私の ” う。 人 の 同じ 会 十年 なの の「 のよ と思 そう 戦時 戦争 町と 。私 し 何と た” のが 育 は、 「 、ク どこ 時 人 ” 代以 だろ 驚く うな う。 いう 代の の特 いう の町 、そ なく よう 、徐 った 私も 驚く ルー か知 間を を れ 分 に 々 東京 分 ほど グ ら 違う 少 降 う ほ 条 ク 感 “ 需 性 の し (二 。 どに 件が ルー 覚が 高度 景気 質上 場合 は“ かる 回想 に“ で かる に マン ない 場 や っ十 均何グ醸成、、に事ので均もよ均のけ所) て 宅 や か。 者 神 に そ ら る ― る、 と の 守 ル 何 ぜ の同 四 け 高ロ信サ にでとれなの恋とり呆派ーらこ私年年れ い ー 用 ブ な も っ と い か。 物 読 あ れ が グ か う も 代 生 ど 金 ン 度 プ っ あ て も の 実 語」 め え た ア マ の な ク だ ま 。マ のラ たるはキだはで ず戦メン答っル。れ 利で 低 イ 富 よ ア リ が 私 誰 る。 責 略 リ の え ち ー ) イ が、 い ム 裕 う メ ス 、 に を ム 任 』 カ 本 を ゃ グ も、 ケ 適プ 個ロ 層だリト“は責ーはとをに出っマ 私ル 用ラ 人 ー と )を カ 教 企 は め “ 付 支 は し た ン や ・ さイ ア ム れム ロ を対 ン( 政治 忘 合衆 の精 業” っ よ は 保守 けら 配し 副題 たい の? もム クル ー る ー象低 れ国 だきう「 続 ) で ン に 所 家だ て 建 神( ろ り と 資本 派” れて け とし の に対 ーア ー ア( 購にし得 ろ金国ムうとし にいるてだしも グ一 入比た者 ののーか分て主 るた『。て、 マ九 しべ住層 う亡精ア、かい義あ。め保ク、な ン五 は、 で き い 理 き と カ に か も 理 る 応 レ の な 政 ニ メ し か が を ア も 受 か れ た き 。 、 私 、「 し 振 想 方 し ッ 緊 影 策 ュ リ ま し 目 見 は 一 け け る 家 ン 想どて そ 甘っ 蛇 る ム ・ の日、り主向なド張響とーカっむ指せぶセ取る家を も き の 足 。 れ ド ー ( 場本本ま義転が・がをいデンた。しつっンり企族差 で : 力 たる で ウ ( 自 リ 瞬 所 」 国 い の 換 ら パ 高 与 う ィ ・ド ” 一 た け た ト な 業 、従 し き ア を 了 体 ー 間 な に過的いムか で たの 甘 をす 「逆 ージ ま えた 形 ール リ のか 体、 社会 なが くり も がら (死 業 押さ くて エン ッ ) で は ら デ 分 と 小 に が に 見 も の だ い香 る コ ( る 。 で、 は ー … ど 主 ら 資 出さ 見 ん 員 え いた ディ ィ か っ 評 ) 、 共 れ 叩き 場 ろ り ま ー 赤 中 そ 「 、 ム と こ 義 ニ 本 な 舞 だ に ら て価輝歴感ば潰合うをでス狩でれ日戦な。で的ュ主いい際多れ だけ ング ・ グ り もき史すこさとと「、」り、が本後の彼“なー義!にに額、 やの ス 理 しをのるのれ同思日あと)本朝」のだな間方デの)も保の追 ない にな リ す 想 見 中 こ ア た じよ う 本 る 呼 と 国で 鮮 に G ろ り 違 向 ィ 悲 、 葬 険 保 い くのた ー く せでとメ 種ばも 半大H のっをー惨ム式金険出 。 るの の 共 感 輝 な る と は リ 。 う 。し 」に の れ 呼 の 島 き Q う。 ア て 懐 ル さ ー に を を さ Paul Krugman The Conscience of a Liberal 2007 W.W.Norton & Company

Jesus Christ

EaphetNo.9N #3/18


シッコ SiCKO

SiCKO

術 を病 とし 九 否し さま ない た、 リカ ム街 に病 ため 治せ が高 しま あ リー 医 『 か 条 と に 九 マ 件 支 言 「 ・ もんて・よざ。保にの院入なすうるだ療シ ッ 払 が っ 英 一 保 な 一一 う ま 保 険 は 路 か 院 か ぎ 。 人は 。 険 コ イケ 参 だ 雄 わ 厳 て 一 い れ し い 」 の 。ア が、 加し の とす な手 険会 に加 国民 上に ら強 が必 った 払え 二本 仕 制 ル て す る で ボ 救援 る を 社 入 健 置 制 要 。 な の 事中 度に 』 ムー た 多 い ぎ が あ ラ メ な る 、 り ン リ 額の 人は 作 から 使い は極 して 康保 き去 的に だが また いた 指を に 関 。 ア い 為 治 治 テ カ医、業だ保端い険り追、あめ治指 すア、 。 、 療 療 ィ 政療瓦に。険なて制にい治る、すを るメ二 反 限 費 費 ア 府費礫ボ 金利も度さ出療人結に二 ドリ〇 対 ら を を は にをのラ 支益安がれさ費は果は本 キカ〇 に れ 受 全 死 と 前 影 ン 払 主 心 な る れ が 、 一 手 切 ュ 合 七 Ar 、 た け 額 者 っ に 響 テ い 義 は い 。 、 払 骨 本 術 断 メ 衆 年 is テ 人 取 支 と ン国 a ィ ロ に れ 払 同 リ し る う 様 て、 成す で肺 ア を拒 で、 でき 。ま アメ スラ えず 折の しか 費用 して タ の 作 境 ジマれ 「 に聞 に 会 で て に 浮 し の 状 する が の 中 ス へ ェーた ザ 対主良ア扱きい対況ア。キ人でト こ の ド も、 十 達は する 義” い メ うと 彫 人が 比 が メリ ュ ク ニ ) ・ 籍 を な 能」 続 「他 顔 れ 低 る え 負 ー キ 分キ あ の り リ の ・ フ 。 コ 。 た た 賃 精 企 を 的 ア を 担 バ カ い い マ ュ なュ 中 に カ る か 使 ア ァ 映ークメ)ー 。 とな人し製金途 神 業 メ 極 を で 。 合 か う イ 医ー で さ 」 に っ 画・バン」ポ ( 医 の リ こ 端 無 は 衆 に 医 ― ケ 療を バ ア れ は い 対人 への てい 品を ・長 上 て のアータはレ 了 学 活 カ の に 視 無 国 守 療 ― ル メ て 無 う関配る売時国 評 二ー )ム嫌こい制いらリ映で 料で受国 の動し中 リ 項係慮アり間の ( 価 ボ 〇 で 子 チ て ぶ ー うア の 。 度 る れ カ 画 現 で は高 け 内 ー 目のがパ出のどすェり暴はッ 映〇シ アか メ 映 「こ が他 。人 てい 国 で にこ 受 てい にあ に構欠レし労もるッを走、ト 画四ョ 額 け は 民 画 あ築如ルて働た場ク、す人( 。年ン ら リカ は んな 国 々を な 、 、各 の ら の治 る る てが」業平でち面リ標る間 監発( の問 国 、 国 にあ 平 いか 特 国 よう れ 。一 牢屋 は不「界気作をがス準多や 督行 純 療 た に “ ま可持はなら超あト的国環 )はさ い民社家っ等が貧とな り費般の エ た “カ ペ の た 覆 ア 禁 パ そ に ん 果 問題 巨 描 に 込 略 を ニ デ ク 挙 上 診 業 だ。 つ 「利 カ 販 ル 康 せ る。 大か特みに解ュィタを記断は き ー売モにる ネ米ーッ見製しルじーうあだ ”たの多れ許、よ雇ーアー告のさ「診続益はしンダ一牛 る や は ルギ イ ペ ト 直 品リ た カ る 重大 国 る で 解 る さ ズ 王 二 発 農 れ 精 断 け の 「 続 剤 メ 方 乳 ボタよ飲なの企し て ー ンタ ッ メー しに サ リ の う 食 ら だ 業 さに 籍企 。観 抑え 読さ 子ど れた ・コ ルパ 人が した 薬化 た。 神を の結 る」 ため 他人 ける を「 ージ で様 の生 た、 チ 事業 ー ト カ よ イク ビ 住 求 ろ な 私圧業てられもこーーF番学こ病果とにの農安を々産 めェいうち 民 た倒のいれるたとポドO組メれん、い絶安業全与な量 ーかかと を フェ リー ー って ル ア 発た の ちさ影るて遺ちやレ・Xをー以でこっえ全化」え形を 心 ン カ 。 世界 イ ス” か 世 とビ 住 議 も はれ響とい伝へ、ーマニ制カ外いう ずを とるでア 中 リ 、 店 も し 民 ス こ る 力 、 る 子情 の 巧み シ ー ュ 作 ー に る し た ウ 無 学 評 成 牛 ッ し の フ し 的に 社、 会社 ら世 界最 ジネ 運 水 れ て 道 ォ 新 か な 動 。 の大 “病 現状 報 製品 な ョン ドッ ー した の暴 も、 」と た企 具合 ソを 視」 メー して 長ホ の健 プさ いの ま す 規 ル 展 再生 に変 界最 大の ス 、 民 い きさ ん など が次 の売 広告 傘 ク ス ディ るく 開し 可 身 大 カ モデ 徹 営 運ま ア出 店。 化ニ 下 ( と “ ス 底 て 能 し の ー ル し を 州 を ー 、 命 病 と だ” が 々 り 戦 ) の メ レ の り、 ばい ちだ ら大 に、 が 考 活 が 在 人 に 段 を閉 と心 画館 ア氏 は、 萌芽 や市 悲劇 ダッ “脱 こ だ 見 え も あ 世 々 は ” の ろ 訴え いだ 。本 丈夫 ”今 え 方 い れ 界 は 我 当 じる から を出 の「 ご存 の数 民の 的な チ・ 石 ド ば う な だ い 中 ” 々 た 油” キ か た ろ 当 だ “ い 。 生 景 の 利 が り 。 知 思 た こ 々 間 運 シ ュ ? りす うか に病 とい はま 汚 が 活 気 政 益 見 前 う」 後か の映 映画 が紹 に生 命を ェル 戦 メ や 染 、 に が 治 “ え “ 略 ン は る ? 気 う だ や 本 な 良 も し な と 介 と ら 画 監 ま 跳 社 を タ り の そ に 甘 問 災 当 る く そ か い 思 い 何 を 督 さ れ ね 。 進 リ 害 ” は の な い 題 は だ な う 見 汚 う う か 見 の れ つ 返 映 ー 染 コ 手遅 時か った 考え が起 が 利 ろ る だ え こ メッ 行動 た人 マイ る。 つあ そう 画の める で ー 潜 益 う 。 と に が と ロ 、 ポ れ ら ら 方 き ん の と そ 思 く あ が セ し た ケ そ る と 終 初 ージ て欲 ちが ル・ して 希望 する 盤に イヤ レ では 抗議 どう にな てな で 裏 一 し う い る 、 め ー い に 般 て 。 が 。 実 シ 普 で幕 しい 、映 ムー 最後 的な 企業 は、 ル・ ョ ない した すれ りが いか る のは 人的 な、 生利 益、 現今 、は 裏て The

Mark Achbar Jennifer

ザ・コーポレーション The Corporation

Corporation

Abbott

EaphetNo.9N #4/18


奇蹟背後

し 術 第 業 い 領 一 基金 監 当に も 作 傷 位 本 と え 金 伴 存 う せ、 ま い。 な を だ” う ン“ 、 発 三 に 国 う 蒋 日 資 世 家 政 経 九 會( 行 督: 幸せ しれ った つけ など 当に いう ない を目 うの 在し いう 外 だ起 ど いふ そら 我 影響 や” 本 金 界 へ 策 国 六 二 :財 蔡 なの ない 汚染 てい 、す 大事 のは 汚染 的に は環 てい 問題 国だ きて うせ りの すか 々“ は大 お やをとのはが十 〇 團 崇 ア導言転、推・ かな のに によ るの べて なの 一体 があ 働く 境へ るか は実 しと ない ”今 態度 もし とは き 金“ メ 入 わ 化 台 進 七 〇六 法人 隆/ “は を れ 関 い や” リしれで湾し十 ) 陸 、 手 い っ は か な っ と の も か ? に カてたあをた年 公 凱 そて、に?んたき影しすいらそ取な係だい か、台っ農「代 共 聲 ( 了) んな 病気 自 入れ 名誉 だろ 。私 に、 響だ れな ごく なが 大丈 う る い。 ない ろう い 電 ら加湾た業十、 分てやうが実。い身ら夫いかみか。生 視 の工が。国大当 人 に は、お?思は企。近、だうもんら正活 文 邱 投業、そ家建時 生 か 資を産のか設の 化 奕 っ か 自分 地 金 そ う 目 業 経 な で 。 問 しれ な と 直 “と 大 を重業当ら」 事 てる 球やれ裕には済所もど題 見、、 歓視技時工と統 業 菲 本かがを地は福見おににそうがなえ目まい 働者 か た 払 の 社) 転 年 支 一 て 働 場 工 方 一 産 よ 二 とで く 労 う 資 だ ンと は 養 等、 ア 湾 の 略 社」 ア 迎し き っ 要 っ 者 で場で位量る〇もな働の本が言台成台メの桃称(メて ま 部 ・ し が に対 た 、 て 求 。一 フ た で が 九 た ) 働の、 と の と 〇 あ る 力 は、 を 、 え 湾 を 湾 リ 中 園・ : リ い 。 も 。 、 一 九 地 で い 地 の 汚 こ 間 一 二 癌 て 下 九 なっ 七十 台湾 年 っ アメ を求 安 海外 よ の工 行っ の カの 央研 新 カ た して そ 染 下 こ 九 ラ )が の 。 ンと た う 、 九 し の 価 九 竹 水 の 業 へ 本 リ た い 水 究 に め 九 年 六 の た 状 が の ・ の補 て 況 汚 二 六 ス あ 二 八 に 罹 た 汚 四 。 ・ 台 。 カ る か 移 四 。 発 。 半 部 院 で 一 「 六 閉 患 労 染 年 こ 八 加 湾工 の こ つ し 十 展 導 へ と 工 九 ア 回 償を この があ 染の つの 年、 の っ 年 鎖 な 働 事 か の % 工・ 業 環 と 利 て 年 史 台 体 送 協 場 六 メ 、 た 台 二 他 かさ ど者件らよを製技 境や口い代 の湾エっ力を九 リ 修 会 拒否 つ まり 復 社 湾 ( 社 ( が うな 占 造 術 法を 、段 な若 った か マイ 支 ン て見 し、 設 年 カ・ れ 健 アにら 環 の 特 康 一 工 が め、 が 研 避 々 い 実 ら ル 部 ジ 学 研 立 か ラ た した 会 変 事 約 境 株 メ 資 九 問 に 浮 台 奇 しら ジ 上 わ リ 徐 の 湾 ニ 世 世 究 保 社 女 女 修 産 百 題 跡 と を 二 情 さ け ス し 。 も ら や 億 護 式 カ を 八 台 が 性 、 桃 の 界 界 院 る 厳 性 と 々 ト 設 ア せ 者 た。 台 オ 労なっ元署会の移八湾 出労工園一第総に こしのいに ー立のるを台湾、会 をチにリ府慶〇引とる はし者 プ 代、 年 こ ては 品、 衣 のだ た 題 地 も補 で、 と 示 化 い 、 作ッよカ特は八し言。 た た ラ 無 台 王 ス 「台 湾 の 、石 食 類 ろう 台湾 はそ 下 償が 労 の関 して 学 るクっの許一年てわ王 品 環 時、 台 い ド 水 器 働 工原て経を九没きれ永と境永 の は の な チ 、 か? 、 ま 汚 得ら 者 係が い 有 廃 湾桃 塑 公視 キ 油製 ― 文 場料プ済得五)たる慶会汚慶 ッ 關のュ品私具 水園 をのラ援、四。(人と見染が ク (了 これ ま残 染と れな 達が 疫学 こと 害 の工 係番メだ達、 建P 助ア年王二物言すに自 性 ・ ン 労 の か 抗 設 VC ス 金 メ 政 永 〇 で う る 対 分 企 に グ り は シ で 認 つ 不法 場 組 。 ) い タ 働 の 日 ら 議 、 、 業 人 し ル ャ 台はと 企 ー (フ で、 リ 常 ン ど 産 者 。 団 証明 め い 投 がま て こ 湾「ろ、業プ 一ー 用プ う業の 体でたて棄だ の経かそが)ォ九は 品ー 村 な奇健 をきがはや稼 産営らん引」ル七二 の、 上 っ跡康 組な、っ工動 業の始なきのモ〇〇 ほ化 生 てを被 織い癌き場し を神 も起創サ 一 ぼ 紗 い作害 し 発り內 牽」まのこ設・年〇 全粧 くっ問 ての生表のて と て 環 に 汚 け フ (麗 こ 名大 プ し 然時 持だ と 【風 かも は簡 環境 れだ 産 、 ! 、 産 捉 境 見 染 て、 ォ し 企 ラ た。 と 業 確 ち そ しれ 単 を け 発 否 事 も そ 業 え 汚 え の対 美 ルモ き の 業 ス 「 か う う 化 定実 る 染 る。 峙 し サ 島 番 で チ 台 が な に対 守る 後押 展 あ思に 問 と 中 と産をいと) 組あッ湾 で を 、 る 吹い比事し求きし。う環い心べ き と は る ク」 プ く。でとしめるて汚が境てのでい 自 業 い 中 う と き 便 た る 会 あ 染 、 を い ど は 問 の 心 然 う 呼ば 、イ 。 と ラ 便壊る ち な 題 発展 に描 と企 大企 れ ラ 言う スチ 社る き】 るこ 利さ だろ 空 よ 利 汚が ら は 側 気 る・ とッ 発さすうをい 過 業 染 業 い 、 か を ( とで を求 うか 、 な に 選 、 反 程 て に を 島、 フォ 、 ク を 雰、に見 求ん 省にいよ天台ル 非」 世つさ ぶ自 はめ。囲 て見 え め 点 伴 る る 秤 湾 モ 常 「南 然 のいれ べ ない るこ 実 気 たるだる に とっよ環に 保 き て が中 は の と 、 ど の 平 当 気 め 。 か 護 し た う 境 か と、 サ 有 亜 GE

RCA

RCA

Radio Corporation of America RCA

IC

RCA

IC

RCA

Thomson

RCA

フォルモサVS フォルモサVSフォルモサ VSフォルモサ 福爾摩沙對福爾摩沙

When The

EaphetNo.9N #5/18


Briggs

Wind Blows

の 婦 迫 思 な は“ に 気 来 お に レ す る。 を タ レ 策 ジ き 作 ギ イ お の っ っ く 万 能 に て も 紙 ッ 事 妻 作 ー ッ に オ る。 品 リ モ 粗 や て て と 全 天 し も し 袋 ト に は っ ”( ト つ の 夫 だ ス ) ン 末 り も は も 気 、「 、つ ろ を の 気 い た 壁 に い ニ は 。世 の の ド な取そい命ななケけさか通をつりに従てュ一界あ作・ 対 り れ な の 対 セ ー っ に ぶ り と も 、保 板 い 政 ー 家 情 る 品 ブ )と 核をにい危策リキぱ笑っにらの存を、府スの勢老をリい 攻 続 気 。夫 険 ”を フ な う て 、核 れ よ 食 た 家 が に 長 は 夫 少 ッ 撃 け 付 婦 に を が し 妻 み 爆 て う を て の 発 注 と 悪 婦 し う、 パるかは晒し連この。る弾いに確 中行意し化の紹グイ ン。ず さな発げ 妻夫 る 掛にすし 日介ズギ フ実、身れがするオは。の。家保け“る、てし常し(リ 呑こ府認程台そ 存 ギ 頃 年 一 レ際普にるらる」ー、そ熱パ事したシパ核新戦をた ス う と の 識 度 風 在 リ ま 代 九 段危とも。とブ爆の線ンをただェン兵聞争描い に みを言での対だしスで初八ッ 器やがい の ト の険 彼非ン風姿対 こり 、 に 鵜 う 政 核 策 。 た で イ め 〇 は こ 夫 が は 、少 ら 常 を が の 策 フ な す け) ル フ 対 ラ 起 た 。イ レ を 合わ 専 い む を た も イ 催 と こと 否” 実 るこ いく いる とも べき 何が 中の た こと 企業 核と それ に真 向け この 言い し、 。 迎 用 ベ 二 に 語 よ り 晴 ま 今 はとこと世か良空だだやかに面、夫たこ せは マ す う っ 、今 今 ン 過 年 え 〇 れ で し 私にと言の、い気、と学、資目或のいの 去もま 一 ト グ。にた後後 て あ て にもはえ中私のと日思者戦本にいよわ夫 し 二 一 カ今確りのの を 、 る い もなまるののか関常うが争主働はうけ婦 た 年 ッ年実し活イ 報 年 と く 告 。 一 も言 こと 選択 る。 た世 だろ 雰囲 日常 悪い 係し の行 。 ごち とか 義と く、 妻の に新 では は「 まで プで のサ に執 まし 動 ベ 月 ン し の の七 へ 、 ト 行 す た プ える も私 可能 そう の中 う。 気に の評 のか てい 為が ゃご 、な か、 これ よう 聞を ない 愚か 。。ラし。のに参が台 三 日 中 年連 大イて新アつ加主 。( に許 で、 考え の雰 それ よっ 価基 、ど るの 少な ちゃ んだ 環境 が日 に、 読み 。基 者」 事 目続 好ズい年ドいし催 務 のの 評はき度バてたし 了) され 何か てみ 囲気 を遂 て作 準は う行 は確 から やっ か政 汚染 常で 家族 社会 本的 だと 所 会雨 で たにイ話会た に 員がT お い取スし員数 てい を“ ると を支 行し られ 少な 動す かだ ず世 てい 府や とか ある のた に目 に人 、そ 問 とりな合と々て 大やY いの思込どっとの開 会っ る拒、えててくる。の る大、。めをはう 昨 待 の やっ 感 ま ま と だ 活 司 は す。 に 少 で 日 思 の 員 か の 湾 ンばをし い事語合場者 る 、 進新て謝ししめけ動会事本心なくのいががせ会だ ト か事る理でに今の い 高 年し 積 行 し く し た。 た。 て ど 映 し、 務 強 く れ た ま す こ な 員 け 施 に情こ的し日回で ま つ め 十 極 をいれなス続い、像古長日いなためすごのい様での 設 つをとでた常のぜ す で ま 月 的 。 の い 共 に は 。自 生 大 ひ ス る が タ い て感 か 川 の の サ い 会 に 。 く 日 で の は も す かまス に ム 利 て有よな分活会ご タ鄭らッて動 らち游会ポの員足で難にす支な会 。 宿 ら 協 た 会 ー 用 さしりいがでの利 ッ純、フ趙の一始か重員ーでさをもし集がえく員 泊 吉 、 会 ズ を 員 まなおこ感感注用 施 田 協 に フの 如 会計 た 庭 雰 年 まり し 器 大 ト 本 ん 運 こ い ま 、 も 海 は 事 申 の ざが互とじじ目く 設 藍会行加を事ち妤囲のまがが会で当もんのとる全欠外台 務 し ま ら い 、頭 た た イ だ 方 、 と事え入紹 に理気活し編 込会々所 な 、ど の に ち 不 ベ さ 村務るに介務一事が動た集 い 提う日きょ満ン!む議は空 所 よ よ しま をこ 年 長 会 を見 。 し 間上 案 常 をト こ施、 生 う り し れ の が 場 事 短い た をし生たっ発は と設用 紗の 管 がの に 苦挨に 一 使 出た活こと散、 が、 し ら や と で す 参 で イ あ 用 に 理 と 、活 た。 か 労 拶 漂 に 映 年 合い仕をもる加 きベれ率託は期動 らをしいま像の 会 ま の な 協 ニ し バ 食 会 化を い ごど会テたイ事議与 す し 。 参 な の ィ 。イ ス し の え ま 来 加ど宣ーンなな後る し 年 を 。皆 伝 に タ ど が 、 こ ち ょ の マグカップ お 様 活 よ ー も ら 参 と の で え で 正Eaphet 国 と をいるたのそい う 会 楽 動 気 、 り 。 員 し の を 、 ネ 楽 新 加 がで 周り き た も 義 際 え 向 大 社 ち 些 れ ま 大 み 今 行 も ッ に 年 者た き へ た りす 違う なこ 交流 ば資 け 切な 会で が生 細な に し 会 に 後 い っ ト 話 度 ち ま 少 ら、 る 立 と な 本 ま 議 気 活 こ よ た で し の ま と の し へ は す し 自 こ 場 が ど 社 し 題 づ し と り 。ま 、 まて活し有コ合の 。ず分 た お 動 ょ 効 ミ い ア つ と で 少 で 会 た。 に か て で 日 た おりへうにュまドで 変たが考し不やた目ない私常、 おいしいBBQ~ Raymond

Eaphet会員大会 Eaphet会員大会

Eaphet

Eaphet Eaphet

Eaphet

Eaphet

Eaphet

Eaphet

BBQ

EaphetNo.9N #6/18


Karl Marx

Blood in the Mobile /黄金の 黄金の代償

企をタとか 活私携告を手 索 利 だ し 自 数 ど と サ て 企 か 使い も は、 よ 巨 は カ 。 みし 業 は リ て 分 の う 正 ービ い 業に ら生 私た に はや 自 う 大な かつ ー 通 をた帯げ呼段 潤ろ こ た と ー ん 何 買の人か義スる勤産ち似制分に生てル し う し ちは を る ぶ、 、 を い の 人 に な な う 必 は、 ま の を 。 め さ の て 御 で 忽 産 言 ・ 李 て か て 携 さま 最後 ま お 。と、描の世追 。 が の要商で両提企、れ生いで呼然手っマ 國 い帯ざのたし 企 ゃ持 のこかだ界求 る す 業 だ。 に合 品 問う 方に 供 業が 隅 た 活 る き び と出 段 た ル 基 か ま シ は愛 べ つ 新 の れ ろ に 。 問るう対れ は 企 う の 人 配 する 私 々ま 商品 は、 。」 なく 出し 現 と交 。「 クス (翻 し 人らなョすり 携 ば 業か品は慮とたでがど なたさ通”( 訳 い題企かす 々逃用ーる、 帯 良や る のど質少し同ち企あこ っ地せ手資 ・ を り 共 業 。 。 のれ途ト人緊 人 存共文ド企い 道う及なて時に業りに た下た段本 村 た 大 られ で メ に 急 と のに化キ業の 徳 び い 半な使ー別時 に の 形 考 の ュ の だ 放 と かを 価 い。 いる に、 日常 が浸 、人 でも あの の悪 近代 を魔 主義 上生 用 ル は い れ助連 を 容メ責ろ題は考格大の道品透々企 魔霊社法…) 紗 、 、貌ン任う、何慮が多か徳やしは業 法を会の…彼 ) あ 生 し、 等、 を け 絡 模 え 内 出 ち に 物 独 は 一) 内 ゴ 一 セン い て る 戦現か鉱資立第の部民つ( だ携国 をしら物源し二こに主の 」ろ帯か も 、こ 鉱 産 が た 次 と 含 共 文 を う が ら たれ物出豊森世をま和章 撮。作取 らはの地富林界知れ国を っ記られ し 政 転売 域 だ 面 大 る る か 通し た 録 れて る金 た。 府 利 が 。二 積 戦 。 重 ら て フ 映 い 属 こ ・反 益 発見 〇 の大 後、 コン 要な 採取 ア ラ 画「 る 鉱 の政をさ〇き一ゴ紛さフ ン こ物 内 狙れ二い九民争れリ ク とを 乱 府 う 、 年 国 六 主 鉱 る カ ) ・プ を 原 で組勢あ、で〇共物、の、 知料 既織力ち東、年和( 携コ彼ー らに にのがこ部鉱に国※ 帯ンはル なし 敵 収 所 活 な 採 採 コ れ 紛 カ を し か を 携帯 採鉱 険 取 の 強 五 者、 情 あ の 企 プ ク そ 没 き待る か 。 得 し 環 鉱 掘 ン る 争 ー( 理 て っ 訪 電 監 し な れ 多 姦 百 を の 遠 る ラ 埋 っ し 人 業 す あ知いは、イる行い。めて彼勢 、 力 る っ は 、 消 チ 。 為 世 か い ら に 児 の少 てい 境下 場で 現場 ゴま 。監 鉱物 ※二 由に も、 た。 問す 話メ 督は てい 方法 ず、 くは され 万人 いて金す費ェ軍は界 、るに狙童なるではので督は) 、企上るー数るで生極たが はいのべ者ー閥悪の 或のはわ労い。労、一飛は使のサ業層がカ回。生計めと命 何 て た て 、こ ン か に 一 は は 未 れ 働 労 軍 働 労 つ び 鉱 用 名 プ 間 部 、 ー に 命 の て 言 を ももめはのメら満角 流、来なも働がし働を、物し簿ラのの責”わ のた少わ落 知成だ鉱ラー、ちで れ次はいさ者採、者カおのて公イ競担任ノた 危めなれと らすと物イカ採た携 弾のなよせか掘劣はメび出い表チ争当者キり 険にいてし な術言のンー鉱血帯 に崩いうてら場悪原ラた所なをェと者にア、 を原給い、 いがうた上、労とを よ落。警い重をな始にだにい拒ー安には(当 冒始料る三 消な。めの携働汗買 るに彼戒るい管環的収し注と否ン全会会 時 し的し。十 税理境で い目告 なえ 最 なかか作万 費 い こ 、携 全 帯 者 へ う 無 よ ら し 。 リ 時 名 る て 常 を し で 危 めた 数 し げ され メ 商 た え ) 大 が つ 受 業 人 者 消費 の事 帯 て 製造 、 サン、 戦生をいに徴、生険。の、ら、ー業とな の ら危け員が はな か? 問 に で な 令 う て 袋 は 事 家 人 と呼 始ま る。 る。 る。 る も エ に 地 部 ド の テ に を 監 るの 戦 ど とおを急態にがばる映 人金地まリ対区トネ避ーなア督クだ争ん いだ あ いた 沈ん きな った が あ 彼 け 結 い に 帰 大 れ 。 画 は 、 域 た ー し の カ・ シ け マ る ク の レ 。 や な る ばびで遭る金る「は そそで恨はて漁テアらと過セ「ア 強消 が り で い ろう い い。 し 。 、 、 は 金つ、 思 遇 と を 物 ” 錬金 れ れ は み 毒 反 業 ィ の れ する 程で サ 黄金 ・ 姦に 費者 金 海 腰 は 結 は こ稼語 師 を 鉱をを対のンスな。のリ モ つ っ け ま 彼 か? 金 は っ 局 が の た 落 た の す ろぎ る ラス が 愛 は 物 伴っ 大量 をし 保護 ダ ラ い影 金 金 ーに の代 ロ な もみ が 重 中 ベ が 彼 ち 、 。 。 で 。 た 」 彼 本当 。 は す に 船 る き ル 船 、 そ あ キ こ し 邪悪 が階 た に て を ン ウェ 響 の 採 し 償 ー( が な を に こ 、金 ぎ 飛 長 こ ち ト が 思 れ る。 ン う 、ま で 級 商 産 い 提 ( シ を 採 掘 、 」 る 搾 支 金 の と て び か と ん に 沈 い を の 話 た 人 闘 品 出 る 唱 ( 探 掘 と 金 は、 共 取 配のこ 泳込らはと金むも持以矛す を争でし。し 求と環が人 犯者 し持ととぐむのな結がのよっ前盾場 恨魅にあ、金、 し環境金類 関と たちをもここ脱いび入だらて、理面 み了関りこや金 、境保融が 係し の 私にとと出だつっ。な船あ論か も 、れジ採 ) イ汚護商 に で 主 は 海 が に 命 ろ け た 彼 い で る “ ら す す わ あ ら ュ 掘 ) 北 ン 染 を 品 金 ) あ て、 Mobile

Blood in the

Frank Piasecki Poulsen

Nokia

ClaireMoreau

Sulawesi TokaTindung

EaphetNo.9N #7/18


Blood in the Mobile

Sulawesi Toka Tindung

価を勢投らもる躙奪映「言 売 を 落 造 を 装飾 は、 転 王 ち 金 が難 法 府 界 ( ( す と か で し、 国 格得力機れた尊すに画 え ら 手 と 作 利 を ユ 々 の 帰 銀 十 し な 高 の る し、 し 世 金 際 金 な のてを家なら厳るよで れ に す 業 用 押 ダ と 金 り、 を 六 い 手 官 金 影 廃 錬 界 価 的 に い 高労間はいさ及所っ、 入 人 を し、 収 ヤ し 装 帝 ほ 世 状 段 の 価 ) 響 棄 金 中 格 に 対 。る びとてコ 騰 働 接的 金 こ れ れ も さ 奴 し 人 て 飾 国 しい 紀、 況 等 不正 格 北 が 物 には の は 金 す 金 豊な引ン す者に銭とる 身いせ が 隷 た。 の きた へと 主 ま 植 にあ によ や の急 ) 部の 大 は 猛 鉱物 持 を必 る需 富りきゴ 、 るを利的がは た を “ 人毒 続 そや 荷 義ま民 国 起民 な、 市圧用利把ず 飾。 主 き 消 の 罪 金の 物 。ナ 、金 者 に 者 る。 って 内 騰だ 地区 トカ きい の と 量は 的 要と 要が こ 鉱独 れ 場迫し益握の る 費作人可かチはか略た 、のけの・。健大減にす減 さ共 物立 下すてので裕 が 康量 上 和」 い 者業に ら ら奪ち 抗財 れ 資国 、 な で、 る。 不 た き 福 な 源 家 る 国 、 金 そ は 過 収 鍛性 も ス収 人々 ス し は 議 閥 では 住 ティ スラ や の り続 昇 る力 らな め た イそ当に。生にが戦はこ ”の金程容( 多容のペ自中 すにな民ンウ環水けすはい ンれに、西活よ持争鉱の だよ装で所※ く所間イ国南 るよくはダェ境をるる増た ドに利軍洋がっちの物記 とう飾命で三 の ンへ米 こる、、 に必。一 め ネ金益閥の得て得蹂争録 はに品を鍛) 金でを女持の と不政世ンシ対要し方大、 ち は (な ン とだ 変 あ た 要 ち、 合 し リ な 二 ま る。 壊 シ 弱私境企をら買どし る、 カ (※ るだ 費者 な 、 消 な ぜ ド こ 。 動 り、 ち な 社 を て の い つ う 投 さ ア た い こ に 守 す い 活 業 等 環 ろ 立 ち に の 方 押 る と 動 が 一 タ の ) う し 向 場 は し 外 バ か は あ 境 費者 いの な や金 の二 の機 チ に教 のは 会 組織 いた ある 。「 の国 ため 機 れ、 ) の ン紛「 。てへの消つ部ラ。、るににだらをつ 会リ育、保し。鉱黄家、家将地ト タ争紛 (継向人費け費ンまどの配気か絶購の がの機親障、そ物金のコが来区カ ル 地帯 争 了 続 か の と る 用 ス た の だ 慮 付 ら 対 入 記 訪 鉱 会 の も 運 れ 場 の 人 ン 鉱 的 の ・ 鉱に鉱 )的っ命同の( は生よろしか)にす録 れ山が功あ営はの代びゴ物に住テ 石・ お 物」 な て や 時 は ※ 取 産 う う た せ と ” る 映 る の 与 績 る に 、労 生 償 と と 利 汚 民 ィ にか企ていきべ画 可次えのと対働産」はイ益染もン 権 に 間 四) れ 者 金・ いて と 実践 、 業 の こ 、 利 。 違 て くれ うこ れい き は、 能性 世代 られ おか いう して 者 モデ の中 利益 ンド を獲 の ま ダ をい尊環 世 や の は 日 境 を の っ す採、 必世犠界て国 被 常 商 る と な では ダ が に る げ 形 責 が協 ル で を ネ 得 問題 た家 ン る厳 害的品 を イ は で 任 のい家 や し 牲 の ず・ 掘さ アフ 要が 代 の に 他 る や か 利 を な と 。し 私 金“で ない ヤモ ある 階 こと 子 だ。 を 同 に言 は、 得ら シア て も が ( こ級で供重持組及チれ、しあ破 タれリ あ消しの。環。益減購はかた た 部 種 作 第 (※ こと (※ る。 合 と。 ジ サ を 材 (※ て内 れ と ン 2011 年活動報告ビデオ 年活動報告 ビデオが ビデオ が Eaphet ホーム 負 担 しな め、 費用 の費 用を 三者 四) なく 三) 的な メ ネス ービ 経て 料の 二) 戦を ら鉱 って グス ページから ページから見 から見られます。 られます。 普と用与にあ 変外 物ー諸ス最調サ 長物貴テ 2011 年の Eaphet…どうぞご覧下さい。み い 言 と え 心 る 形 力 流 カー 活 提 終 達 プ 引 は、 重 ン なさまの暖かいご協力に感謝致します。 。 通 は 今年もEaphetをよろしくお願いします。 積 う。 みな るこ 理的 生産 でき によ シス は 動の 供の 需要 から ライ かせ 紛 な外 等を 極企せとなや るっ テ複一た者生チ て争貨言 的業る。い消 性て ム数連めに産ェ いの獲う Eaphet HP⇒ http:// にはここし費 質固 をののに至・ー る資得。 eaphet.myweb.hinet.net/ こ利との物を 。体 作企流行る販ン 。金源産 の益か負理通 が っ業れわ、売と 源で出 Eaphet Blog⇒ http:// 費優ら担的し 壊 て間のれ製・は とあ国 eaphet.blogspot.com/ 用先、がなて れ なる で る品物 FacebookはEaphetで検 を の 外 一 副 、 る い 総 こ ビ ・ 流 、原 っ こ に Tindung

Toka

索してください。

ベランダの ハーブ達!

EaphetNo.9N #8/18


アジアとアメリカ合衆国 アメリカ合衆国 東アジアと コリア編 覚書 ―南コリア編

現い の 澤 し 示 さ 野 普 る 会 う 時 る て 巨 縄 る。 と る。 た 制 を デ 軍事 たなメ滑走る る 巨でか唆れ古天こで強代こ基額タ二 が以平移再ィ二都 もいー走路。 在 よ 額 は し し る 移 間 と 上 い 錯 と 地 の イ 月 決 前 澤 住 訪 ・ツ 〇 市 うそト路を( 一 う が ま 、 た 可 設 基 を が 声 誤 に を 金 ム 四 ま の 。工 に し ア 一 化 一うルの擁規 本 だ 本だほ間す定 だ さ こ 。 能 が 地 報 っ が だ 対 建 を ズ 日 っ 三 事 あっ た。 ー 二年 す 。基 地 の―どはる通 け にこが性断のじて米とし設投はの て倍はてテで二る 拡 滑そ離米余り の そ平、を念辺、い議いてすじ、沖 い以着かッ平月平 張 走れれ軍裕に 滑 上々らチ澤七澤 工 路をて規は作 走 にと約ュ(日 ア を無い定なる 路 事 拡 進 六 里 ピ 、 ウイ に 作視なでいな 張め年のョ標 ・ 投 ろしくは―らを さらが人ン記 カ じ うてて三滑二二 れれ経々テの ズ ら と隣は百走本本 拡張地域 るて過がクス オ し接な五路のに れ こいし強)タ てしら十と滑す て ろ る。 層 基 米 軍 ン 設 (現 置 い 現在の 現在のK-55 う 基 住 地 軍 犯 と 置 地 い る。 と 地 宅を 内の は兵 罪が 見ま した の たり ) の の るこ 企 市。 ル、 施 して 内 建 住 士 メ が り 集 、 危 だ発パと業アな設いに設宅とデうす落基険 が、 射 ト に が メ ん 、シ る ま し に そ ィ ば る の 地 な 防 台( リオ なる ここ リ で ョ 。学 さに てい 住ま の家 アに かり 一方 間に 外に 弾薬 御実ッ。でカもッ校軍るわ族報の、)土庫 壁はト も合あピ、事)せをじ米高弾地は と移・ ぼ衆りン病都をる基ら軍層薬を基 い動ミ ろ国のグ院市建べ本れ住マ庫確地 う可サ 儲の軍・、をてく的る宅ンだ保の か能イ け兵事モ文つて、に中(シけし端 コなル す站都ー化くい高は、米ョをてに 基地内に 基地内に建設中の 建設中の高層住宅 い 表 習 る) ン 境イわ邪る 工し 根 発 と言 て 事 も 。 て け ル 魔 ア の着頻う市が、 事 ま 示を に使 が クリ 戦 行 に 発 セ 瓦だ の 繁 。 民 行 一 だ を す 体見わ 闘 。 ス 見 っ 並ぶ で格 な 射 わ 側 衝 な 、 れ 機 水 メ け 撃 、そ )に れ ど ると て 川 納 台 る み 張 て な 鳥 。 ン でな ( し は て の いる 岸 容 の た り だ ど の 場続い 、 ト 音 移 い い害。で器 か の 殺 な く 波 て低 まっ る 所 け る 動 。ど工害ら離こ 屋根 と 空 た の で と 鳥駆 川岸 は、 を作 て 着 、 害 に の 事 衝 か い 手にし鳥陸が除に水っ その 撃 での く分 、 何 のる 時書 続 だ て 市 し 波 か にご 建て 鳥を て設 現 に 、 き も ) ヘリ から 側 た も て 地 も、と水れ協ら射置 のも で の な (そ め のの を 無 ミい鳥て力れ撃さ 、 環サうがい願た練れ 吹屋離 いし工人 視、 に 平澤 れ ア と る 軍 に 動 近 の 駐 ハ 部 箇 し す き 基地外に 基地外に作られた弾薬庫 られた弾薬庫 言 平澤 の てい 内で きの のだ と韓 はオ する く、 人物 韓米 ンフ は平 所以 てい 米軍 ぐ脇 飛ん う“ の た る は “ ろ 国 サ と 陸 が 軍 リ 澤 上 る 再 に だ 平 闘争 たか 。 逆に 米軍 う。 軍の ン空 いう 軍か 韓国 の司 ー陸 にな ある )に 編( ある とい 和はい 基の東司軍話ら軍令軍り駐よ韓。う 活終は 地分ア令基も空の官基、韓っ国 村 動 わ 終わ の 散 ジ 権 地 あ 軍 司 と 地 平 米 て で は 家” っ っ 集 化 ア を の る に 令 な の 澤 軍 、 は 、 も た… た? 中化 ”は 全体 もつ 司令 が、 、指 官で るわ 陸軍 のキ 施設 南コ 米軍 ヘリ いそ と 、南 か こ が そ 揮 も け 指 ャ の リ 移 ポ るん し らと駐の権あだ令ン総ア設 ー らな てコ見に韓場がる。がプ司にと ト し風 現リたな米合移。こ、・令百称 の EaphetNo.9N #9/18


Yankee Princess"

業た と澤 てい 基 米軍 な 動 う リ の く の た 工 だ 事 も) だ、 合( の 普 地 い。 て て 通り 地根 う) い( 祉 あ きこ 。 で るとだー選の知く事ろ的 ” いで の っ と も 分天闘 者 い 止 を 。し。ダ挙から違がうな平とフ、間争今 健の” 地 る な 性と 。冷 と た ら も か 南 て う め 康 め、 そう 村で 引き ても そう ー で も な っ 行 。 機 澤 い ィ グ の だ は な し の基 不浄 化 女る 的 地 いコ リ のかも 言っ 戦時 地域 に い た け な 法 ” を 村 だ 働 止 こ で が出 “ しれ いと た軍 われ まだ 能が が担 う リピ アム 辺野 、と (例 行 性 で ア めれ遊行の何の。 くめ こあて骨なこ事、ま拡わ可ンが古いえ た てし 代か の活 っ ! し で にど興動意度”議な女た かれくまいろ基当だ大な能だ吸移うば た ち 」 れ も 行、場を味も浄政ど性い らばるで。で地初知すく性、収設わ) の と な まえ ら続 動 わ 「 取はや化府とた政 正、可親南出都のらるてがオでがけ済 い け 権 米 米 ” い 家で利っ り女っ運で称ち府 念市能米コ来市約さ可はあーきなだ州 た う ば く 軍 を 。 軍 は の 場民性”リ上が束れ能なっスなく。島 勢、日そ植 はや を作除性て動もさは に活はでアが市とて性らたトかなしの 力出本の民言な福で引るいやき”平れ” 薄 はな の っ や は い は な とし ラ っ り か 海 い 次て市まなあい リた、し軍 カン・ カン・ソンウォン所長 ソンウォン所長 よい回い民っいる軍てア場そ、基 な ち し と 「海 の名 見 ぶ エ わ い な! ど、 そ は ん の て 手 軍 目 逃 る。 コ け う 払 そ う 権 て 軍 も 持 で す。 ロ だ。 米 う す 力 水隊らち基米巨 ジか軍もれるの 向のえな地軍額 ーくのんなと奥 け基なくほにのも無て要はり「底 ら 地 い て、 し 「 補 拡 視で 正 求に ち の い に れ っ か そ ん 貢 助 大解 工 規 擦 ゃ 負 て 根 た て な? っ だ ぐ 金 釈 事 の り ん 担 や 強 ら、 こ ち け 」 を で し 手 寄 は っ く な とに 名 で どさ 。 あ 米 て 続 っ と払 覚悟 ても 残っ りし目ど、 り兵もきてえしいて ふてはうち っ犯目をもよろいい りさそにょ た罪を経い」 る か」っかっ けをつずくとよけ。 ら 強 支 こ を 昇 持 平和 カ る も は い 終 が 社 平 な た まわ 百 も た 真、 の さ や る。 ン 平 万 た ぼ 、 。 ” れ 制 払 の 強 し ち 平 セ ン・ 。 、今 い る 結 っ 会 澤 ぜ め 北 ず 強 人 補 を 澤 タ か っ ん 所 一長。てつ ー平基償と六ほ制土 に 朝鮮 が る。 収 う 値 制収 た 上 澤で ン ソ 、 なく の して て の に こ 百ど収地 ん 番 を 現在 き て で 和 金 金 い が そ 上 補 容 拠 い だ 中 点 な 米軍 の ん タン 認 取 う五の用は 、 は 用 償 一 と い な っ う が 後 セ る 左) 務め は たと は労 は にをには脅ば ーウ り 名坪人にも 戦 、 、 。 二 さ 金 億 し な る て り ン だ 識 も移三い威っ ォ 補 に だのがなう 朝 争 〇 れ 二 て い ― 。 の 。 る この い 働運 基 か は タ を そす十たかち ン し 償 行 っ土土る戻 鮮 状 〇 る 千 二 か そ ら 関 額 ー 二平う動 地 新 んの八はらゃ っ さ か 金 っ 地 た 戦 態 二 、 人 は 前 地 万 〇 ら う 係 を 児澤カの を ら て て は 一 が た し 地 年 ん た 思 が 米 争 な疑 か 度 ず 南 う。 に を ウ 〇 は が 立 ツ のパ 平 ン・ た 見 こ も行 裁判 定 な ち 、国 価が に と に っ 終わ 軍 が停 問 … 線 だ コ 、 ” 一 買 ォ 七 ち な アパ和ソめ 張 平 国 り っ 坪 年 ン だ い にと 家 五 移設 ピョ し て れ が 戦 の 南 か 、 リ 上 ー(センに 続げのかに和て運い 所 か なア の 上 ン ウ 平 け た 十 ら と の 抵 動 。 な に から 。国 っ に 割 計 ン つつ いた ば 駐屯 状 声が コ ら の を守 離 案のタォ澤 て。月八ら田抗で く預だ家て土も画 テ れ リ 態 米 し 人 内 写 ー ン に い セ に 千 れ ん し 六 て け 。 が は 地 上 が ク あ 々 軍 て で あ ア た に、 る 女 州 ンさ 済州 と う や を 役 なて王てた なて だで い 性 道 カ ん 島 話す …」 っ 残 に 朝 女 ぜく ミ島二。。 い 済 セカンのの 。ソぱしな 時 性 これのジ特〇 そ る 州代。の ン ン ・ミ た 肝 ン り て っ うるツョ産一 れ 島 タジ たっ ウこやて 先 に た いこアンの二 が に ーョジか玉 ォのれく 祖 反 め うとーさ柿年 六 流 とンョい母 仕るれ 体 の めにでん染二 百 は 刑制(シ ン い ン 事かた ぐな済とめ月 年 ( に的ごェ さ さ う さ 江 続っ。 りっ州初の八 ほ ん なな本ル 、 ん け て 「子 合て島め衣日 ど ん 汀 ― は ) な考供 言 人 タ わいのて装、 前っ 五 カ 村 静 くえ 論 ー せた案会に済 のた 曰 被 十 ン で か ち た が を にか っ身州 おの 害 く 五 ・ ハ歳 ミ にゃたち 原 運 なら内 を島 話だ ) に っだをた包空 らそ因朝営 あン、 ジ 淡とらに っビ済 ョ 々思、何 た。し。ん港 しうし鮮し カン・ カン・ミジョンさん ミジョンさん SOFA

Eaphet

Eaphet

DV

EaphetNo.9N #10/18


設 “海 運 に や だ め あ ん 人 だ のだ い の し 因 強 か 現 動降りんたる自がっミその出てだいと 場上をっなな経と身今たジうミ身いっ協言 の 担 精 て が や 緯 い も で 。島 ョ だ ジ で た た 力 う グ 当 力 涌 ら 職 は う 海 も に ン 。 ョ 、そ 在 。彼 者 と ロ ”で 的 い 、カ 員 聞 。女 女 少 は さ ン の 日 が で 、ツ ン、にたンとか性のな海ん さおの故あア ビカ続海ジ一なの訓く女の んばお郷るー 岩ヌけ軍ョ緒かシ練なでお をちばの村の まーて基ンにっェをい生母 紹ゃち川山南 でにい地 シた 受。 さ 介 ゃ 一 渡乗る建村ェがルけミ計ん しんん崎兵コ っっ。設にル、タたジをは てががでさリ て 彼の五タ現ーこョ立海 く知済親んア 抗て女反年ー在をとンて れり州しがで 議建は対前をは始がさる女 た合島く原の

そら封えビ前活 の 億 構 「民 部、 一 し ジ カ ン れア鎖る。方動 敷ウ想軍国九済ま 海 ョ 平和フォーラム はクさ。そにな 地ォさ 土九州っ ン軍ジ ョ 不セれ去の見ど 作成 に、 ン れ 複 海 三 海 た 基 村 ン 法スて年手 の 合 軍 ( 地 に た も 村 侵すし暮前えし 十 約七 と 型 洋 年に 基 か や は る 入 れに黒て 五百い観部作地。っ、海 るま と に工いい 万 億 う 光 、済 ら 計 て ど 軍 っ し さ 事海る ト円。美州 画 きの基 た かの陸 の岸。 路 ン ) 建 港 道 れ、 は た よ 地 れ な ク線( が 級、設」政当冷 、う て で い レが左 フ の五費事 戦 やに い 今 。 ーグの ェ ク 十 九 業 府 時、 終 っ し る は し ン 写 ン ル二七とに国了 てて 。 海 か ー万七しよ 後 きカ )し上スがロ真 、かで見ン、 ズ㎡六てる防の てン 味 表 に メ カ 日 れ 人 拍 ろ ち の は の 長」 ア 候補 の 〇 反 ミ は 〇一 用 ど 力 船 が 反 当 退陣 ポ だ た 手 く 八 か 直 集 に 海 二 地 村、 七 対 が ソ 建 四 港 二 潜 二 新対時二要市そ。をを参デン後が 「 ち で」 な 十 かっ 前 会 海 軍 〇 と カ 年、 運 指 ギ 設 年 とい 十隻 水 隻、 に ジ ィ 加 こ 聞 村のの〇求長 知 満 ョ い は ア し か 会立村〇運、 り 場 は何 と村 説明 七人 た にな を開 軍基 が当 〇七 なっ ン 人口 動に 定さ ポ市 候補 とさ う が 艦二 ある ン て 済 に て ら 長場会七動カ 、 だ 会 も だけ 海女 っ 催 地 時 年 た ジョ 千 よ れ の 地 れ 触れ 同時 隻、 い 州一 い発村 村 び初 にの長年がン へ め 致 道 た 民 なっ カン を解 八月 始 ジ 表 っ て 人 。 の 知 で か分 長 ない が さ て出 させ 建 のカ 四月 。 ン 八 って たが ファ とし た 込 に さ は ョ に く二も村誘事賛かがま集んさた設ン二 (百計、スて。み接ら空 よ た。 ・ド 任 十 まっ ン り日含民致が成ら促ままのれ。のジ十 江人画両ン、 で岸に母 村 る し 日 た 知事 ンギ 、基 、投 。 会 道 仰 、 たが 」 ずに し、 「賛 った 集団 、村 集会 是非 ョン 七日 汀) の農 は頓 方と 、そ 二〇 完成 でき イー 二隻 め 天前 海 決 の 長 と ち て 知 やュ地票 の事 し 集)は定軍 さ 拍 集ま 成の そう や漁 会長 の知 を問 村「 、南 が新 業と 挫。 も住 の後 〇二 予定 る軍 ジス と、 基 市ン建に 解、 た し ( こ 会 手。 っ 方 だ 師 の ら う 村 コ た 漁 二 民 ウ 年 は 民 艦 原 長さ設よ 任ソ そのの集た地れ 、 のんにり ・ギ う意発会との二そたは。た息せ村会リ な業〇のィに 二共な子 グ 祈る いる 以 結 美 事 日、 れ れ 「満 に 政 を、 る 十 を 海 実 解 ロ カ 。 来、 し 港) が「 国 な を と 府 し こ と、 実 軍 現 任 ンン ず 、建 建設 済州 防 いの くつ 場一 って も認 か とが 九 施し 基地 しな は村 ビ ・ミ っ設に海部だが致はめし明十、建か民 岩ジ と 事 関 軍 、国 。 え 」 四 る 、済 ら 四 賛 設 っ の をョ 反業す基土二すが月こ州か%成のた意 望ン 対にる地海〇よ既二と道にが三是。志 むさ 運着基( 洋〇う成十は政な計十非八だ 埠ん 動手本民部九な事七な府っ画六を月け 頭は を し 協 ・ と 年 投 実 日 か も た に 、反 問 二 で に 続た約軍 四票でのっ 。反 う十は 出毎 け。書複済月はあ集た南こ対対住日な て朝 て村」合州二認り会。コのし六民にら お七 祈時 き民を観道十め、で彼リ結て百投はず りに ては締光知七らそのらア果い八票、、 http:// www.peaceforum.com/pda/110930.html

EaphetNo.9N #11/18


か たか 闘 ジ べ そ さ る り に じよ し ろ な も て の し ― 立 を し 非 い 家 ョ き の ん 人 で は た う て う 理 い 基 が て こ ち、 す な 暴 に ( ン も 背 た た 武 フ た に い 。村 由 る 地 日 も れ ま る い 力 暴 ?) さ の 景 ち ち 力 ァ か 祈 る の で だ は 課 両 を た 。膝 とと力だんがに非が闘スいる場人祈ろ出だ手百膝 いははがはあは暴い争ンが。所 っうて。を回をを う 、合 必 、 カ る 祈 力 た す や 始 で 々 て が 行 神 合 や つ 突 こ 法 要 「 ン の り 派 が る ウ ま 、あ は、 い 、そ か 頼 わ る き き、 と 的 な 平 フ か の が 、結 し ィ っ る そ る の な み せ 。四 頭 頭 をない和ーも文主局かミて いれのよいかて方をを 意 た と の もた し 化と 流 は ない のよ か は ぞ では う よ よ、 祈 の地地 味 た 考 し れ で と ミ と う ら 道 れ な な 、と 祈 り 自にに し か え 島」 な な も な ジ 主 に 、村 端 が い 功 言 っ を 然つつ ないるのむい呼っョ張竹の で生の利うた捧 げにけけ い 。 た 。 。し た武ミぶ。ンすや中 同活だ的人っる対る、 政 開 よ、 学 = 学 ク ンも なく け だ。 フ 違 ミ い 振が ( ) 。 権し軍生チ駐生 り す るしェ法ジ 社 も も 、 、 時た事運ョ韓運 上 る でかンだョ ち や 入 そ 。 代学独動ン米動 げ もしスしン ろ ダ ち っ れ 基 に生裁のさ軍か て な、の、さ ん ー ろ て を 地 こ運政延ん犯ら 抗 “ く、 中 内 海 んが リ んン建合 祈 守 れ動権長は罪市 議 下(設法 るの 何 に 側に 上に 建 に の へ 線 「韓 根 民 もる 運 請大ゼ的 か 入っ 入 張 設 反。の上国絶動 す警 だ ネ をてるら地 対」反にの運へ る官 な 林 け)コ 。 破爆これに すと あ 動 が隊 範 社 ン 壊 とた入 る言対る市本 手に業 囲 の の す弾もオる 運う運ん民部 はこ者 ” ト で サ るを違イこ 動。動で運の 出ぶだ を独を 動パ でし と さしろラム抗 す裁展すはク パク=チョン・ チョン・キョンスさん キョンスさん( さん(右) もか法ルは な を う ッ ソ 議 パク= 権 軍 の え 権 か る。 な な ヒ な の 七 コ 言 が模 は 動 応 ま 法 権 る にうるよらきいリ必を 深 事 軍 な 力 っ だ く い ー り、 舞 年 リ う 日 索 違 が“ の“ た だ 力 こ つ存こうなたはスず学台い 。力 ( 政 い。 をに てき か と が民 ロー 大 台に の) ア レ 本 さ って 大 民 非 っ に逆 と 独 湾 生 し ト 二 本 る に と 在 い 裁 てでも汚全土二者も運で 軍 時 日 な た ら も 主 と 学 も い で ッ で れ 合 衆 主 合 た ら は、 時 日もな名体化八や主動も 産 から う す 本 っ 人 と言 表向 化 ま の あ わ は学 テル は学 つつ 法 化 化” 法 共代代 、 民 事 を 韓 が 導 労 運 の い な だ 時 て た っ き を で 先 る ゆ 生 と 生 あ 的 ”し が っ 、 こ べ 台いが着一動件働的担主 同をイ ・ 抗とて 通 体 化 か を 。市 、民 せ 部 、 っ な 運 ス 代、 いる ちが て、 は認 勝ち はい 生な 程度 る民 運動 とも 運動 りま な抵 て な た ) 原 し 運 ら ら 比 た も 動 分 。 の て ン ア な 今 学 め 取 か ど 登 主 世 に は す 抗 い さ 「 議や はそ が非 動 、 く 較 民運 主化 れ だ 住 が の 肥作マメどの生 らっなに場化代葬“。やまれそ抵れ合 民す日 、 し 溜らンリと南運 れたいもす以がら過」抗すてれ抗自法 その 本で 重 ぶ な 動の の功 て葬 った 運 は 民 の体だ カ 時なの要 め れに り があ績り。動 始 合 は到 コリ 動を ては 功績 かも なっ るよ 降、 (一 れた 激派 議の 。以 主 が 手がっ な続代く役な の て 日 去 ら 段非 今りをら本どけあ、割部 底きま衆底アた いをしたう政九。” 方前化今 、 後 方 担 れ の か て る キ は 分 は た る 国 言 の た 少 れ 。 に 治 八 南 と 法 と 運 一 も 合 た。 警察

警察

か い う く はな い い う め、 か リ た 主 裁 化 ら 放 に な 米 さ ね、 る。 と 逆 し、 カ め 化 社 し、 朝 な題米っ軍そ米たしにそ合にを会東鮮 い―軍てがう軍だて利の衆利遅とア戦 か 基 は も、 出 だ は 単 き 用 東 国 用 ら 軍 ジ 争 ら 地 フ 例 て 。 出 に た し ア の し せ、 産 ア を お の建 ィリ え 行 て ア 勢力 て ジ 中 よう 今 共 に 契機 得設ピばっ 行メが既アにとで同たと よ、 費 ン フ て、 け リ や 得 の 巣 す も 体 く し と も 軍 ィ 米 と カ は 権 中 食っ る 自 を作 さ て い維のリ軍 い合りをにて勢らりん極 う持施ピ基 う衆巣拡そい力の出の度 こ費設ン地 問国食大れるが利し軍に ともをのが 題がっしを。ア益、事右 にか使よな で悪てよ求しメの民独傾

うこ の とも あり 必要 様を なの 模索 かも して しれ いく ない 、な 。 んて い

EaphetNo.9N #12/18


20121.1

Eaphet

Pedrin

真) 命 警 笑 端 ら 着 ろ 役 加 る。 物 制 とい 顔 と 物 ま 体 なる な市だ 。彼 令に 察の 顔で に押 抗議 せら いの 中の した カ に奉 度を 南コ った で現 きに はと で 浸 の民け ン 顔 者 警 は き 透 応 し 初 と 通 リ れ れ 仕 ら 従お 色 え 出 た 、 察 々 き ジ す し ア 顔で 、 サ に し だろ 運動 だ。 はうをるしち警のし、ョるてで現とムはようの 一と伺青たを察ウい最ンこ、はれきソ政うが相 般しい年光人にイ顔も村と若、るにン府と、手 庶てなも景間“ンの気でをい例。はととしこは 民いがい。の指ド青にの覚男え 軍いいてれや のたらた話盾導ブ年な抗え性ば 隊っういがは 家 ( 押 が し よ ”さ レ た っ 議 さ 達 兵 、 た 顔 る 社 り 庭前し、かろ ーちた活せは役 ま企で。会軍 か頁黙多けしれカがの動らこと た業現この産 カン・ドンキュン村会長と ら っくるくなー、はに のい 警体れの隅共 陸地から来たキム・ドンファさん 出 写 て は と 道 が を そ 兵 参 れ 怪 う 察 の 、 怪 々 同 家が キ す こ か。 て 動 「私 “島 う 扇 島 が、 ち る。 動 鮮 をす 青 の か 人 て 待 の ジ ミ い た。 挙 す 党 四 す 月 ( る が 族 ョ 十 こ る で ョ の る。 をつ 連 いる する た の な 動さ の住 政 も若 南 家 半島 カン る 年た 最前 しく たち きて しはンン。大公と海七に ケの基ュ ン て 、 村 バ こ 統 約 を 軍 日 向 ー 中 地 さ 現 き 帯 馬 の ち 住 言説 れ 民 府 干 コ が来 を ジ 。 ち 線 な の 、 いとにクの領に、基、け スで賛ん村崩は鹿にな民も利がやいリてこョ のにい孫こ る カと勢国選掲今地南て が も 成 も 会 せ 市 だ 、 ら自 ” 聞 用 一 メ る ア以 、 う ン 後 立 子 や こ 。 あ コ 年 も ン に 政 っ 口と「 長 ば運 民運 」と 彼ら 分 を愚 か され 部の ディ 。沖 外 寝 呼ぶ 村に ろに たさ 供た 息子 で抵 台 ・ て 力が ・ 同 げ る リ 最 四 つ を 反 で 動 動 で は の 弄 れ て 職 ア 縄 か 食を ) は 立 れ ち や 抗 こ 湾ミも後大時る ア 月 も い 聞 対 方 と 統 期 針 の て 野 だ か に 酷 ある は の も 扇 意 す るが い 業 か で ら と か 陸 っ て だ 弟 ・ 事 とジ 退 態 す 領 に を 国 全 党 」 な ) い カ 弱 要 言 動 志 る 、 る 的 ら も 来 も ら 地 て い 。 で 抗議 同ョ ン 面 の と く 分 こ 体 で う ・利 を 言 そ 」 な は そ て に も ( 指 く そ あ し じ さ が好 れ 選挙 予定 打 会 民 言 な 断 と ン・ 化 あ の も 説 も と 活 「 う い し 応 島 導 。 れ っ 議 よん転ばでさち員的 に っさはドしりだ用っ そい動素だるて援で 、警がてて うはすカイれ出総見主 統 う た 村 崩、ろさてだ う家朴っ人 のは 指察敵もい 、民ン壊そうれ行。もよになたたい活朝 揮は対おる に期るン・てし選直合 。りれ ンに ハピ 謝い す。 り を 二 一 た か た い。 動 こ る リ ど、 合 と 経 す はま た。 百 続 い 共 か ( 。 総 け 見 次 送 月 二 ン 村 州 たし み 第 り 九 年 額 を み へ 舞 」 を 、 (了 を盛 れを 勢力 ア議 アメ 衆国 南コ 済優 る日 去年 た手 第 六十 投の よう 同体 ろう なのわと襲ルは 四 ます なさ 送る まし 日に 三月 は四 行 さ 支 れ 「 っ ソ 二 支 ) り上 後押 が出 会の リ … リア 先政 本、 の震 痛い 原 三億 結果 、私 代表 じて の っ ま援たクたン〇 援 げ しす てき 中に カ合 状況 、そ 策に そし 災に 打 発建 元 がす も祈 が続 勝利 総選 。 まの とい た。 食料 一日 万六 た に 島 、 と タ をフィダ中一 マ てるても衆はのよてよ撃設追でり投し挙 お うこ 今後 ( 現 千 こ 募 一 いグい軍国楽背っなっを地加にたとたで ブ 一 ィエ カ 金 部 気 と も 缶 在) 九百 ろ 〇 か ロ る 産 議 観 後 て り て 受 、 」と 「 い い ) 馬 ル ル台の年 パ ・ リ 持 を 支 詰・ と 四 、 月 なーこ共会 に右ふ右け貢 第。う経英 カ 支かピ 風ヌ九 ち、 や 援 麺 な 十 こ くバと同のであ傾り傾て寮い四台事済九 ン 月 れ援 ン エ ら てルも体中きる化か化いのう原湾態優と 「 末 村 物始タ」 ヴ ご って 物質 類) りま 一 ま ペ は な 事 を に な ア す ま ・ る。 市 形 発 で に 先 国 に 資めマで ァ 協 い が や し 元( で ド な市実牽もいメるわ閉 民で予はなの民 、 フ の カ 集 力、 き 集 衣 た 二 ま 呼 ま パ 水 リ ・ ら民だ制南けリ台な塞 運現算こら軍党 エィ な運。すコれカ湾い化 動れ五のな産が 感まま類。〇っびしカ害ンシリ 連絡 戸名 郵便 いき え す。 設 画、 レ E も、 新 して 座 年 の 先 : 振込 まし てい Eap 備の 各 ター aphe メー し 頂い にお 会費 方は 更新 ea EA 帳郵台 み ょ ま he 利 種 の t ル く て 振 五 Ea 手 ph PH 號局灣 口 う す t 用 活 送 会 に Ea も 込 百 ph 続 et ET :代東 座 。 。 の の 動 付 員 て ph 構 み 元 et き 是 運営 特 へ 、 に ご et い い は ま はお @g ma 00 號亞 非は典のプな連会また下で済 ma il 21 :歴 一会利参ロる絡員せだ記ごみ il 44 70 史 緒員用加ジとくにんくの一で .c 1- 0 資 に費なおェ…だな。か台報す om 04 源 48 交 盛 ど よ ク 、ニ さ り 、 湾 く か 92 流 りにがびトュいた 後郵だ? 7 協 上支あ宿の 。い 日便さ 會 パマクパカン村から、感謝のスカイプ通話があり 納局 ま げえり泊 ー ました。村の人たちがAさんの家に集まって て ら ま や 企 ズ 方 金 口 い。 だ Quiel

EaphetNo.9N #13/18

【本年度会員更新手続き 本年度会員更新手続き】

に手を振ってくれました(二月十九日)

webcam


Eaphet が見た出来事

ECFA

十二月~二月 十二月~

に一十なけ四の一裁を灣不ド一が抗チ【 定十 死 十 輸【 て、 二月 うだ に 動 く、 旧 れ 炎 一 月再月四る百百新月判言外払二月、議ベ二 」二 去 二 出二 に 敵 瓶 た 日 最近 活 ッ 〇 に 月 。 月 三 〇 一・。八三た一所い交い人 選 成 ア 。な が 関 母 本 。 を 一 四 五 。 裁 そ 六 カ 日 長 メ に い 与 方の 軍 「 十 に台 定 渡 官 で に ン の 動 ト自 十二 合意 二五 十七 原則 一一 投日二日% れ十 六 促リや心し曽の韓 七 湾 台 ) さ 、ジ 一 対 ザ 暴 と 治 年 。 日 日 」 年 げ が 期 に 品 品か湾 れャ一すス動チ区】 進カらを拷祖慰国 つ 免 現 ソ目 よ 目 剤「 政 や 持 問 父 安 人 目、 ら 中 た( ク 年一 る監 市 で ベ で 一 日 北 の緩 】十 け 税 職 を ウ り だ が っ で た と 馬 勤 国 ア リ 一 禁 で 数百 ット の 月 中 朝 和に 二月 両 中 っ“ル ラ 府 らせ て 死 も 婦 関 の な に 英 め 国 税 国 中 間の メ ー 月 労 フ 人 僧 中 昨 政 鮮金 踏 ク は台 く い 亡 韓 な た 中 の っ 九 日る の 引 大 国 リ ン に 働 ィ が の 国 年 府「 正 み 日 ト湾さたし国っ母 国 た 。氏 き 陸か 大 カ 劉 逮 お リ 拘 焼 政 か 日 日 切 本 パ政い」た人た方人本 。貿 大 が 易 下 陸 合が捕よピ束身府ら 中 総 る政 ” ミ 府 … と言 た で だ の が使 台 げら向に 衆強さびンさ自に相 金 書 府 品 ン」 に 。 っ め、 、独 け 祖 湾 逮 館 対台けよ 国制れ賃人れ殺対次 融 目 母 。 「武 象 湾 輸 っ の す 記 が対 た日立でが捕に 総 金 メ 送 た 連 残 し そ 本 運 な 、 さ 火 統 九 と 向 出 て 邦 還 台 の イ た。 だ る ぐ 協 が 器 全 元 の 二一員地済じ境ち江大(出地二でがい替普省二たリ二要留 う 英九 とす 千三 利子 国 業 遅 月時会)州失破ゃ)河約し建月き、た施天が月なー月求し 開 設 が 第 か 輸 れ 十中でだ道敗壊く再川二た設一な移こ設間米四原マ 。 たア 備 認 四 … が れ 百 も 出 始 る 七断の。(ををち生(兆。の七い転と建飛議日子イア 可 原 。 再選 ば世 億元 莫大 入 が と を 日し検現西やもゃ事漢千「全日。断が設行会 炉建 ル事 メ メリ さ 発 延 い 追 沖 念 在 、 れ ) され 界一 とな にな 銀 行 期 う 加 三 を 場 と 億 面 た に ら 証 帰 ( 業 リ カ 江 報 民 縄 設 故 円 見 な 日 断 の の ら す か 全 が 行 浦 た に か さ の し 政 を カ 産 ・ 道 主 タ を わ 面 。 追 た代 高価 り、 る。 ら れ が た の 、 念 名 水 以 ) 直 し る そ 終 市 府 洛 進 に 統合 か 分 す 護 面 イ 認 来 原子 牛 以 し て と う 的 わ れ ) 福 加 借 る そ た が め 東 よ に 島 予 価の な原 無事 これ り 分 の め る てい 江汀 とし いる とも 、 江 上の ) 求め 党 どう かっ る意 市辺 下の ムズ めた 三十 力 肉の る 見 事 算 入 、 主 に ま 国 ・ 借 三十 る 、 か た 向 野 交 は 。 四 規 輸 と て る 村 直 故 五 一つ 発と に操 で総 れ ア た 工 に が で 核 国会 (の いる 、 、 の経 錦江 金を 兆 方針 済州 、 」 を伝 古沖 渉 「米 年ぶ 制委 入す す を 百 メ る 事 は 四 べ 経 六 なの なる 業で 経費 て い リ 理 が まだ と伝 達 へ で、 国 り 員 る さ大 、 由 る カ 39 て 十 ( き 工 検 海 の ら き 済 ・ し ウ を 海 台 事証軍がになを栄てォ打軍 楽えしの米防 に会 よ だろ 。馬 きた は三 金 安三 億湾だ 」を委基、同環め山四ンち基 観たて代軍総 新ス う の合 衆。 操ヶ 月、 は な う れ 間 所 多 愛 の の ざ か 者 出 ル 集 う。 メ る。 め 愛 前置 で で 人 が、 授 瀬 行 国 北 る 。 、 、 やが言知壁ア何らが身出ま多ー名重知き は 場る 戸 な 人 東 二 業 働 日い近瀬に市っの部〇 悩余 。 裕 合 系 て 隣 戸 入 は た 健 に 一 み を 、 特 情報 少な 語の 県で に真 クセ か起 ない 大勢 の研 身の って く ジが 古 要な 県 人いの市れ、。康あ二 を持持に 提 く 相 は 正 ス き ま い 修 日 い の自 強 屋市 工 では がる豊内ら陶陶チる年 抱っ続、 供 な 談 外 面 な た ま る ・実 系 る 動 い は 業 、 一よ田にれ器磁ェ瀬二 えて的病 の い 窓 国 に ど 時 に 。ほ 習 人 た 車 の 工 地 ト 続なに院 限。口人ぶのに暮と生やめ部も業域ヨ 番 う 市 在住 て の作 器 ッ 戸 月 けい通や 界 し を が つ 問 、行 ら ん な 中 、ブ 品 そ 都 と タ 多でとすいりの ク 市 五 る外訳弁 がか設多か題政しどど国ラなの市し自 いあ名るる方町 無 で 日 の国を護 し し け い っ が 資 て 日 外 ・東 ジ ど た と て 動 、 の る 古屋 多 と も と 料 四 士 し 名 が 雇 人 で 相 年 聞 。そ 市 く い 小 て 談 目 古 現 に う な ばし 、行 てい 地域 てし 生じ 源 いる 本 国 南 ル の め し 知ら 車 張 、 当 の の の た 学 有 会 の 屋 状 と 金 ど ば 政 る に ま 、 や が 語 人 ア や 工 であ て れ を 雅 日 工外。校名」「市 でっ銭に見の市はう言情、が労ジペ場 のては 婷 の中場国だのなを外の あて的通ら時役、。葉報い分働アーがろイいじ あ ら も 説明 た 相 り に 年 た を リ 目 方 き 登 で く て ち の す に が 康 二 一. 会に て、 女 象 ほ の「 る テ ペ 相 振 ハ は 針 の 録 賄 な 始 モ 事 る 不 言 相談 〇 四 つ 少 性 と と お の ィ イ 談 る。 れ う も な 談 し入かめ 、 、 っ ら ビ 尿 が 健 証、 う っ ま リコ 業 た 安 葉 会 〇 年 い し を な ん 客 は ア ン 会 た 在 て 警 い 一 加え 留 行 。 て 昼 毎 り 返 検続診 報るつた制政そ歯食年っリ 保 こと たが った ロ は南 めに を抱 や制 は、 八 目に て主 の 一人 り、 どゼ 様 二回 通訳 語二 にも を け 等 査 器 。 、予 。 度 書 の 科 の は て が 、 ら 受 険 が 、 。 基 生 年 え 度 瀬 年 入 催 合 ず 日 ロ 」が 目 と 名 ポ の 「 想 ( 士 他 と 提 若 よ あ 血 れ け 証 で 団 二 金」 協 に る の 戸 か る 側 間 つ 本 だ い と し を ル 種火外 今にに体供干りる圧てるはき地〇( 病一同問市ら挑 にを案人が なて配ト 類災の 年よ、 脂 を の 快 。 測 き こ 不 た の住 一〇 注 院 度 市 題 の スタ 戦 お 見 内 おば 、今 つも っ こ 置 ガ が警コ 七る弁 肪 は 調 適 ま 定 た と 要 。当 民 年 一 の 活 内 な ー 話 て し あ 年 た の し ル 違報 月ビ護 、無 、 少 、 た じ整な 初 自 に の) 賛同 動し の外 どで 法 ト を伺 こ ま さ は な が、 相談 た。 語通 内。 こが う器ー かザ士測 、 環 で 定 を め こ」ナ らのにをた行境前科れき料か治補助でて国健人し っのしん日い中会私訳 と の ー 実 相 よ 増 り な を 回 の ま る で ら 会 助 成 、 い 人 康 た た 健 た と 本 。去 国 に が 三 に 説 も 施 談 る や 、 う 整 の 問 で と 通 外 の 金 を 「 る を 、 こ 。 康 。そ 中 人 語 参 ボ 名 相 国も年話加ラと よ明設 )・法し今。え反診のい訳国加が受あ。支医 の っでけ の新律た年去る省、項う付人入なけいこ援療 健 談し人対は者すンス すきまを援助する すきまを援助 援助する

―外国人の健康チェック 無料相談会―

NPO M to M

EaphetNo.9N #14/18


の 遣 は、 最 二. う に も 合 い 断 は る 的 各 り マ え 掠 れ な た 千 か 分 テ の 齢 対 した 足 命 る た そ て、 、 」 、 。 れ鳴 の 扱 イ る め っ? か と 円 と け ィ は 者 象 私 。 り に と ら の し っ を で と 留 活 あ 初 ボラ ど れ て 高 み 主 は 福 マ 、 な 関 以 合 に の に と ノ の た う イ い っ い 思 、 学 動 る に ン ま な も 齢 な 催 な 祉 ノ べ リ に 。 !」 た う 上 う う 視 こ 向 し と か わ う す ぞれ る 生を日ボテ らいら者ら者いはリきテ。外と方枠の。可点れけたっ っる。ば違音 た参本ラィ ず。うとず側ともテでィも国真もを診事能にかてこて た些今やうや ち加人ンア 、この外、か考っィはとし人っ当設察前性根ら、と一 と細まくし止 がし友テ通 今れは国受らえとのな見高の先日け費予がざの同で番 私なで避、め 有 た 人 ィ 訳 後 は 重 人 付 の 込 社 能 い 做 齢 方 の 受 た を 約 見 し 社 じ あ 特 が こ 、日 難 万 方 すたがア 一ん会力かせ者が疑付(四制えた会健ろ別 通と常すが( 要にや の四 るめ行通 的にとばとた問でし百、て連で康うな 訳に生る一料 年 診 な お 課目課互察方 だ の理 言でな訳 的 応 思い 、平 外国 だで が き か 二十 五十 くる 帯 は 相談 。同 のは しな 対す 活 よ 題に題い費な。正 う 葉あっを 義 し や じ る と 入 に に な 好 こ に る つ 等 人 診 私 ) 、 円 名 で 、 マ が 市 日 が る の に 火災 時の のるた始 もるな理ど意れ適「つ的をての。予に定は資イで内本 ら配中心が煙 資。通め な挑る解のやか合分もに同も頭「約下員な源ノきの人 実慮で掛起) 源彼訳た を女派の ろ戦かし違判らす配、取じらをあしげ、いをリる高を 感が生けきが 配 当 とが やは 緊張 した 最 で 日 通 れ 災害 一大 り力 自治 要性 実は 要性 山の ある 発展 ラン 方、 緯を 違う ラン が実 護士 こと して ま の ど の 伝う 生か で す あ 本 訳 る で が 初 こ こ プ 来 る でき り終 と不 。私 に り 語 の 。 対策 震災 を入 体が が徐 一昨 と必 こと 。自 して ティ いつ 繰り 人を ティ 状で と労 で、 きた 主 目 か の レ 理念 して た 中 、 と 専 今 的 シ 案 不 健 に が 国 なか わる 安が が口 内 ャ 主 中 門 回 の通 を機 れて 医療 々に 年か 要性 を勉 分が しま ア通 も同 返し 派遣 ア団 ある 働組 事件 。工 中 だ 安 康 にす 、同 ー 、 人 催 国 か の 国 と し を 相 「 女 った まで すご 下手 た 側 語 ら 健 訳を に、 いる 通訳 広く ら医 を実 強し 同行 うと 訳を じの 説明 すれ 体を 。そ 合な を解 場の 人 伝 も 感 談 ごく じ言 康 つ 性 か を 一 女 え な の じ 会 い は と反 彼女 く伝 なの は ら 使 段 相 取り 地域 。去 の研 認識 療通 感し たと 通訳 いう 越え 人で する ば、 利用 して どを 決す 機械 性 ら い て に 共感 語の 二 で 、 も っ と 談 れ 「 日 い 来 省し を安 わっ か、 本 に 最 通 て 離 会 組む ごと 年、 修と され 訳の た。 同時 して 難し る友 あれ こと 改め する 、行 何回 るま で事 人 た 交 る る する 在住 」 初 訳 協 れ の 。 流 の 人 の の ビ は た。 心さ てき お婆 お た 力 て 通 動き にそ 起き 養成 て、 必要 に、 いる いと 人関 ば、 にな て事 には 政支 もま で病 故に 同 」 で は 。私 外国 ザ 健 ち す 、 訳 を 行 婆 あ 、 更 康 私が せる たが さん さ に る 自 は が見 れぞ た三 にか 各地 性と その 間、 ころ 係ま また る。 情・ 、毎 援や わる 院、 遭っ 通 求 ろ 本 は、 人を 新 の も 分 医 ん め 、 う 人 訳 の心担こ、ので。が る何のの療られ一な方重 重沢がでボ一経回ボの弁たを今手 .

皆 た 外 些 こ で、 の と で た、 に 当 婆 を ま た。 時 最 裕 も す 書 な 今 相 管 ら な い し、 が 康 活 催 た な 三 め 国 細 と お 気 コ ん 台 暗 し、 さ 見 た、 は 後、 を 言 る 士 笑 ま 談 や の い う。 そ で が を 側 ど ぜ . 共 に人なだで温ーや所記隣んせこ す彼持えのな顔でや 警不こしのき一安にんこ外 通 し 何 に 自 。こ ん は ヒ 炊 で す の と た の で 女 っ よ は ど を の 消 察信とか「る番心聞なの国 て か寄分のを五ーきはるコおこ相 にとてうこ時見疑防 の を は、 し す こ 大 さ い 困 活 人 い やせの活頂℃ま飯、様ピじと談 一一説。の間せ問装 人招真、きと事せた難動と る るで くぐで、自子ーいに会 時緒明同相をたに置 に 向 が い っ 外 ま がと だ る 。 。り た 思 き 動 の ら 入 汁 治 を 機 さ 感 を 間 に す 時 談 掛 。お 答 の ぶがき そた先国」てとた最 い い る に は い れ を 体 見 の ん 動 通 半 お る に、 会 け 医 え 説 始合 こ 。も に 人 を も 思 め 初 つ と をこ携なのて作のて使たしし をでこ通のて者て明 かまう は に 外登援限いに こ 、 い っ と わ ん 寒 く っ 人 感 い ちが た て すぎ ん と 訳 ユニ 、丁 さ くれ ま っ いし国録助ら付、 外たたと う含 め る 。 るか人証しれい何 よ国のの 気 て を通 人 と さの れた たり た 動し 方 受 元 地 て を がで 自 ー 寧 ん た で聞 のしのがたてた り人か 持地し々幸な。、ちたを付気域 し食き身クにや満い か、 て、 方 い い い 。 ち域てがせ 室おが。懸をなの まべるもさ説行足た 行ものをか 、 がの、、なか外茶おま命担お力 っる。余と明政げ。 無入からとる政健生主ま う 同 い 人 の ち い を ん 色 は の か 反 は た げ を 健 あ 回 放 で い が し くれ た や 大 団 年 で を か か、 料 こ士なと空ょ。設と々い不っ省こ人ら行康まは送近秋やかるち出変地目の行っそで と の連 い 日本 間 っ け 検 と い 安 た 会 れ も れ な 相 り 寒 し くの に は し の など 張し 助 の の時 費 な た 診て で こ 人 で と る 査 思 わ な の の か い た。 う 談 効果 いの た 団 行 り 、 で が て か 住民 に 用 う と の も 、 帯 らる今時会 の な少相あ っ がにい信 のい」表は 時 よ と とで 高 健診 残念 の 、 も の 回 に が が で で 地を っ な 談 る 交通 きた た。 自 補助 百 は、 う 頼 らえ は 目 巡 情 に りしあ齢をだ 一的らと や 必 で、 は は、 終 な 皆 数 回 た い。 会 ) 費 お ( 治 金 万 準 。 で 関る ま 良てろ者受と つをし検 は、 た か 窓 が 会 円 っ 要 あ 査 自 に 。 の 医 ボ が が も 備 た 係を の 前 い こ 新 法 り が っ お っ を と の け め う て 少 た 説 っ 分 を 社 互 。 ほ る 思 方 明 。 拒 た 日 が さ し 律 の 、 た 閉 し て 、 回 くる お 者 ラ 協 無 近 か 、 築 はあ 一 う は ら マ 当 会 簡 ン 問 い 相 事 本 と い 四 く 支 さ 法 よ め 力 れ も 増 い 。 し くり 福をイんのの かて前絶 項 談 題 単 う て え カ 日 九 外国 払 ん テ し な も 実 回 人一 な る のえ 番 し 祉理ノどのは も、的たぜお気と目だもにでいた国宣月人 をとィてっの行の は や 解 リ 接 、 、共 し 選 に か 「 婆 に 思 と け 取 反 あ る が 言 伝 頃 の 賄 看 ア く た で す 相 政 し テ し 外 れ 択 ち そ さ う し に り 省 る し 、 語 カ 涼 数 っ 護 通 れ 時 、 る 談 難 ない 策合ィて国同 な肢ゃとれん掛。て来上会。、今でーし て師訳、に三ま会しと

EaphetNo.9N #15/18


NPO

morikorokikin.jp/

Eaphet

Corporation

RCA Eaphet

http://

Blood in the

十二月~二月の 二月の主な活動 十二月~

Into Eternity

Mobile

Up the Yangtze

違 し、 な を ら、 う 要外さ少反て労を稼たあ「る続違年済て省に 四 もがら「ででに っ 入 ど 取 雇 普 。 と 国 ん な 映 い 働 越 ぎ 。台 」と 台 か さ い は の 頑 を 参 二 .台 なっ 、私 の や も はな 向か っ い 年 さ 労 人 せ 変 踏 加 る 者 え の る が 張 て い な 湾 可 さ ら 段 用 、 れ 向 大 く れ 労 、 た 働 湾 去 で こ た い つ 化 っ ま し 連 湾を た。 に 能 て ある い う 、 必 た 国 深す要め主被 てけ勢なて働工と者で年こそい。もなてえて続振 と性み かた 夜る性かが雇 いのいいい者場いがはかれ四」何新どいてきでり っもたがとめ 労際が、ま用 る無る。なのやう去東らが年とよしのる、た瀬返 て見」。、に 働に見台ず者 で料。まいみ現。年南ずあ目いりい要。良。戸っ はせかし私手 う いい 一 かのを 住 ア や 健 え 湾で 斡旋 が は 健 瀬 非な場 で み まで ジ っと った にも 皆 も、 問題 因に 無論 方 つ 市の て 番 てく ら 、 長康に 何 な康戸た こ し 一方 組 正 ら 外規ず長込はア思ら入の活に伴、向も健 よ 時 診 く は医 業者 か い 相 市 、こ 的 んで い れる そ 期み四出いいっ思動出っ社に前康 、 滞 間断い あ か談の国 、 い 会 会向回相 勉こここな行 よ人在数間の十身 労 と 。し 療通 に連 っ と 会 強 れ 思け が う 花 者 字 働 介 万 の 続 い た が を「 う て、 や か の 談 働 ととかでいる 、はか訳絡た 思必な嫁ががい護人出けな。あ持に毎経っ反会 れ制とすがるら ザ ろ 向 も 切 を 山 と か 形 と 本 こ あと べき に な を 留 険 科 い。 と、 一 気 精 に れ 仕 、 けのな振のでらで思にのが でもど生学性をも治旦づ神任が事 な度思る届権、 国う にうこか利一 台 り 勉 、自 な こ い い ボ き は 広 の か 生 を 含 っ 療 、症 か 的 さ あ 内 の い 。 人籍しる 、 。 。 忘 な 差 と が 返 強 分 い。 れ な る ラ な げ 協 し や 生 め、 と が 状 な な れ る 容 皆れいがい保のなか別多湾 人 が も 同 を持 が か ン い る健 力 て、 外国 む 言 も 手 が い ス て 職種 など 人どし的くとる は つ ら す ト ま 可 ら で で 証 こ で いのに ら か 、 、 間 の 弁 言 遅 現 葉 病 テ か れ き な し 続 、 レ 人 、 康 ま 能 き さ と き る多よ こ の 。 いる、れまれと外、 日 人 護 語 台 わ を れ 院 さ ィ 視 て さ ス 配 相 に 性 も た のくる そ つ存どばをるし部年 常 は 士 の 湾 と れ 介 の ら 線 誇 せ ア が 偶 談 溜 が で ほ 、 では健 か在こ、自べて要齢 生 外 や 話 に は さ な 参 に を り る よ 者 会 で 通 ま あ き か あ外康 外とか幸分き良素、 活 国 病 者 帰 じ る な 加 地 否 を の く の が 、 き 訳 っ る た ろ国を 国なでせのだきを肌 の 人 台 院 を っ め か い や 域 め 持 か 本 言 期 。 て で る が 人る私な力し生外のな労ち情湾な手はてこ「 の 地 葉 あ 医 中 も た し 人 う。 人 損 待 にかもこで、をし色い働続熱のど伝まどと私 さ高方のろ療でしりま自ま労な なもそと援制生 、で者けや社でうだん」が れ齢団資うがのれすう身た働う っしのだ助度きたビあにる親会沢こ分なだ日 る者体源。危歯なる。も、者恐 ます 大 編集 二二(二二コタ二二 一爾一一一遠 十 シコ 十 を され 年 注 て 月月 学 月摩月月月( 二 リー 二 月月リデ月月 一 、 「 部 広 月 二二 ー 。 ポ 月 十沙十七四 に 二十アィ三一 「あ いつ た、 愛 か 七 十十 ズ レ 二 く 留 十五編ー日日》八》一日日 ・ ら 九七 ーシ 日~ 日▼▼ 十 支 日 学 二日」ツ~▼ いち か高 市 ― 地 日日 十 ア 二 ▼ 随 随 ▼ 八 ▼ 中 援 日 民の 球 日邊 ■ ▼随 ー 〇邊 ▼ 齢者 日 ョン 二十 随 随 で 張雅 す 「■聊 モ 博 一 随 邊 聊 ▼ 邊 ) 事務 》 随 聊 東 随 聊 邊 聊 二 聊 ) 随 ( 一 る自」リ に 婷 邊 聊 ア 》 基発のコ な 邊 さ 日 聊 邊 聊年《 邊 《 活 聊 金的収ロ っ ん ▼ 聊 所庭 聊聊 聊《 ジ 走 聊 ア走黄 動 《 は 基金 て 随 で な社 益 《 聊 金 掃 《 野 と に 福 現 邊 を あ 。( の 奇 除・ 《 蛮 ア 南 代 沈 関 爾 《 在 」 聊 会 も る 会 跡 没 メ 沿 遊戯 リ コ 償 わ、 摩員背 核 ) 聊 は二 了 。 貢献 と 畑 之 江 っ 你 沙 名 に 》 リ ) 後 到 三 《ザ カア》 島 て古 對大 千 活 設 会》 》 作り 而上 》 : 福 い屋 永 週・ 動立五 南ス

庭にひまわりが 咲きました!!

EaphetNo.9N #16/18


Eaphet 說中文!! 說中文!! 中国語で話そう No.004 2012年台湾総統選挙で、現職の馬英九氏が再選を果たしました。再選した途端浮上してきた、ア メリカ産牛肉輸入の規制緩和問題。台湾では規制されている成長促進剤の一つ、ラクトパミンが使 用されている牛肉を輸入するように、アメリカは台湾に圧力をかけている。連日テレビでは日系タ レント、MAKIYOのタクシー運転手に対する傷害事件が報道された。まるでアメリカ産牛肉問題に市 民の目を向けさせないかのように。 2012

年台灣總統選舉,現任總統馬英九再次當選。當選後逐漸浮上檯面的是美國牛肉進口管制鬆綁 問題。美國牛肉使用在台灣被管制的動物生長用藥瘦肉精,為了能讓牛肉順利輸出至台灣,美方不斷 對台灣施加壓力。連日來新聞不斷持續大量播報日籍藝人MAKIYO等毆傷計程車司機事件,美國牛肉的 相關議題被淹沒,可以說有蓄意轉移民眾注意焦點的嫌疑。 村上:最近看電視,怎麼看都是MAKIYO的新聞。 村上:最近どのチャンネルを見ても、MAKIYOってタレントのニュースばかりだね。

趙:真的是有點太過火,現在應該有更需要討論的重大新聞才是,電視的報導太偏頗了。 趙:確かに酷いことをしたと思うけど、報道の仕方はちょっと偏りすぎていると思う。 今もっとみんなで討論すべき、重要な問題があると思うけど。

村上:不過到底什麼是「瘦肉精」啊?最近看到獨立報紙常常在講,到底是什麼?

村上:それって「瘦肉精」のこと?独立系新聞等で話題になっていたけど、何のこと?

趙:啊,那是指用來增加動物身體紅肉部份的生長用藥,如「萊克多巴胺」(Ractopamine)等。雖 然目前台灣已認可部份美國牛肉進口,但最近再次當選的馬總統提出要再開放殘留有瘦肉精的美國牛 肉進口,有人說這與當初美國支持馬總統當選有關。

趙:あぁ、それは肉の赤身を増やすための成長促進剤「ラクトパミン」のこと。台湾はアメリカ産 牛肉輸入を部分的に認めてきたけど、再選された馬総統にアメリカは「瘦肉精」が残留している牛 肉も輸入するように要求してきたの。そのためにアメリカ政府は馬総統の当選を支援したんじゃな いか、という人もいるよ。

村上:這可是關係到健康的大問題耶。為什麼沒有其他更大的反對動作呢?

村上:えっ、それって健康に関わる大きな問題だよね。何でもっと大きな反対運動とか起こらない んだろう?

趙:上次政府打算放寬管制部份的時候,由於民眾的反對聲浪不斷,結果又大幅縮小開放空間,但這 次就沒看到了。

趙:前回部分的に輸入を緩和したとき、市民からの大きな反対があって、結局大幅に輸入が縮小さ れたことがあったんだよ。今回は全然ないね。

村上:原來如此,所以這次利用大家感興趣的影視新聞來覆蓋、轉移注目焦點也說不定。唉,以後就 不能安心地大口吃台灣有名的牛肉麵了。 村上:そっか、それで今回はみんなが興味あるいろんな芸能ニュースを流して、関心を逸らしてい る可能性があるね。台湾名物「牛肉麺」が安心して食べれないなんてことにならないようにしな きゃ!!

頗 Pā ō 到底 Dà dǐ 為什麼~呢 Wè s é ~ ほ

~ 指 ~

単語;過火(Guòhuǒ・やり過ぎ)、偏 ( i np ・偏る)、 ( o ・つまり )、 ( h ・ を す)、進 ( n ǒu輸入)、 ?( i h me ne・どうして です か?)、 (Yu n i c ・なる ど、そっか)

Zǐ ~ 指 口 Jì k 原來如此 á lá rú ǐ

EaphetNo.9N #17/18


楽観できない台湾原発開発 楽観できない できない台湾原発開発

なは九る 金 し か 衆 原 利 由 た てい が な を 迫 上 で 加 力 設 そす福も建四の ら 。 のる島言設つ同去捻 る ヶ 明 の て な 国 発 子」 時 め 行 る で る 承 り が 核 予 発 中 二 今 詳た事わ中が様年出 利 月 確 利 電 っ の 同 と 報 の 政 の き の 認 つ り、 四 算 電 の 月 ま 細め故れの台にのさ 子 と で 子 力 て 輸出 様、 報 は 追 委員 に あが か( して つ 台 の総 を 所 台 一 で がとをた核湾危福れ は 今 は は 収 い 入 建 道 当 加 長 ) る 結 い あ 湾 経 組 (核 湾 七 、 の 発 い 教 。追 四 に 険 島 る は な 国 入 る 銀 設 し 初 予 は 分 の 果 け る 新 費 ん 四 発 日、 表う訓 のあな第。今 工 言 が が、 行 費 た こ 算 三 か か と ば が、 幹 は だ ) の 行 い 庫 さ説と加耐る原一 回 ) ( っ 事 得原か用。のと九らどし最こ線三こ」日政 遅 税 れ明し予震と発原 の て ら発らはこ追説ヶなうて後のの三とにの院 の てもて算性指一発 よ れ 金 い れがの主れ加明月いか使に調四〇を五丸院 遅 、 ) おあ安のは摘四事 う る れ か るま 完 借 に ま 予算 して の 。 も 用 一 子 六 〇 発表 六 原発 長 らる全理福さ箇故 にそ が 、 成 アで 工 疑可体で〇億 三 は ずよ対由島れ所後 国こ 、 ら 支 で、 し り入 メ の を「 いる 事 問 能 い 追 〇 元 した 億 「第 貢 公う策とにてのに 家にそ今 後 共 だ 工 し 劣 き う 、 予 必 の の 払 こ て れ リ 三 借 が 延 視 な く 加 億 に 。 元 四 寮 阿川 のが事てるたち世 算要根(わの稼でカつ金、長 さもら予元跳この原に 場、を、と。、界 かに拠三れ借動ま合のの自の れのに算にねれ追子建 放 て い… 処 の 策 と さ て し 執 府 え こ 棄) あ そ 物 な 悪 日、 福隆 し く 後 会 う で き の れ で 射いそが貯の工ら場てせも問な で を っ ち 処 建 霊」 蘭 関 駅 てい た の を 印象 は、 た 依 た 馬 の議 能 る。 の 立 蔵 た 期 認 が し ざ 巨 題 く 終 延 た ら 理 設 デ 嶼 連 前 る め 追 訪 を 公 。再 存 が 英 論 九に 漏蘭場つ期めをめあまる額はな わ長がに場がモでし集。に加問で免約選は、 選 近 予 ほ 、 が 徐 総は し れ嶼しま間で延るりっをのおっ り 移 た 合 れ は ( が 挙 第 が す 台 後 日 算 ぼ 長わまた得借そた で 々 て がでのでをす に 動 。 な る 電 す き 決 行 四 ニュ 。) 四 中 と お 去 ない 空 、 に 運 統は 供さ し せ な 金 検 は ぎ で 延長 、 け 。 ら ま に ん 危 い を く る と は る た 定 わ 回 ー 月二 に 工 話 年の 。 疎な すぐ 縮 動 一れ 出 す の す、 し ち ょ ―険状し簡 の発蘭とらしれ目ス 十再事を八 もに小の 月て さでた安まっす い 中 そで況て単 か表嶼い蘭てたので 一度延聞 す の れにわ心すとが か ん す を 核 。 、 。こ へ う 嶼 い 。台 「二 、 日 の 長 い 月、 の この る で 選 いな てゴごしが危そ な だ とは挙 訪の な、 自四台 ま のる いミとてそ険れ い こ ゴ ら 完 電 っ ち の貯 話( 貯 原 東 二 二月 午後 問 状 たが 貢寮 っ 追 約 原 で い。 。 る。 か を く れ な は を況、 た加束子再 安ちとミ作成も たら 蔵発に〇 貢 ら 並 だ も ゴ 全 ょ を の り に 馬 く も 蔵( 噂) 物 廃 新 駆 二 時 企 を 選 自 と 予 し 力 選 寮のべさ目ミ対っ今捨出固政 見ど投もは棄た逐〇 、画聞挙救 い算てへさ こま 湾 は 皆 と 釈 よ」 「没 が して で 問し名メ▽ま書▼ ▼な機▼ た▼す▼ さつ伝 の ▽ い た 、連 ー 以 す 籍 協 定 食 代 在 す 資 。 滞 い い い 活 台 島貢でんさと た一いは 合 い 絡 ル 下 。 等 会 員 費 、交 住 人 格 在 。 て を 動 湾 れ が寮声でれい問わ月な作 わこ先での へは =は通地 = 期 学 し 内国 て 全とをもてう題ごのいっ せ と( 、 お 内 の 宿 三 自 費 か 次 間 び な 容 籍 し 部蘭出ないお、と選。た く千簡申容 ア泊 名費、ら の = た が を を ま 底嶼さいる墨たを挙 装 だ 字 単 し を ク 、イ ま お 台 ① 三 い ら 理 持 う なだな誤の付わ並結 置 さ以な込添 セン ででよ中 ② ヶ 人 、 解 た 。 い内履みえ スタ おびま の 月 、 台 し な (了 し泥 けで いと 解( だろ き ごと べる 果は が思 。)歴くて はー 願滞で 条 を 是 湾 、 い 沼 な 、こ 曲 う を与 を 政 、投 う の協人 ) 。詳 ②台 ださ Ea 無料 ネ い 在中 の往 件を 単 非 にく 解か 続府 よ 会 ご歴 で ひ小の)。えけと票 う 業 史 応 、 し 湾 い。 phet で提 ット しま の 復の とも 位 と きさまだそたて企者 に 務 資 当 募 基 くで① ずなま、れと 業た 作 は 勉 ま 供 環境 す 本 飛 に し く 源 の 協 お強氏で し、 。的行 満 ま だ に 手 会 り台でとは解 にち 動 リ 聊 ▼毎 ▼餃 だ て読 シ▼ 会 い。 は 見 続 午 ▼ ▼目 ▼い す ち 行イしえめ「 ま 隨核 デ り 子 。 東 毎 。 、 む 標 三 毎 三 ン て う ー聊 に投 た と ベ 後 も モ月作 か す 週水 し 現 週 現 調 に 邊 週 月 … ア 、 等 い を… 行、 い し ン り い 。 て 金 し 走 一 金 三 い 参 核 在 貢 在 べ ジ の く 見 き こ て ト … まま四寮走 一大 い ( て 、 ろ (十 加( は、 は ア 形をこと、 た 読 会日 話 十 十 ま ( い 日 です予自… 発 者九すニむさ七 りい九 を開とを私 と、 十 ( ま お。算救四 表 ス 各~。ュこな~ 、ろ~ た 、 作 ア を い 一 二 す 問参増会月 タ し 自二 ーとく十 討な二 身 ち っ メ 考 た 時 ~ 。 い加額訪二 デ た が十 スだて九 論ド十 の が て え リ り ~ 十 合希後問十 ィ り テ一 記けも時 しキ一 回 得 い 、 て カ ) 五 わ望の。一 ー し ー 事の聞) たュ時 り た 展 く 」 い 三 時 せの状馬日 を け英 りメ) こ示まにこのツてマ時 一 ) ( 下 方 況 政 土 一 新 と会す発とまアいを) 読勉な語 しン隨 ネ さ は を 権 ) 反 春 をを。信伝とーま持ッ ん強くで てタ邊 Eaphet

2

OK

インターン 募集しています インターン募集 募集 しています― しています ―

【これからの これからの活動予定 これからの活動予定】 活動予定

OK

Eaphet

EaphetNo.9N #18/18

NL No.9 日文版  

台湾東亜歴史資源交流協会 East Asia Popular History Exchange, Taiwan のニューズレター第9号日文版です。