Page 1

蒼穹号 Discovery Series ーとことんアンコール3− 天空の神殿

Amazing Travel ーピュアな旅3− 自然派宣言


Issue #3 Discovery View

P. 6

Discovery series

P. 22

Amazing Travel

P. 78

とことんアンコール3  「天空の神殿」

ピュアな旅3.自然派宣言Ⅱ

Travel Triangle 定点観察 ・シェムリアップ        P. 43 ・プノンペン P. 77 ・シアヌークビル P.109

現代史の旅 No2.

P. 44

風便り No1.

P. 89

屋台散策      

P.131

一期一語      

P.132

カンボジア若者図鑑 

P.133

村便り No3.     

P.134

折込地図 ・全国図            P. 17 ・アンコール遺跡群       P. 38 ・シェムリアップ市街図     P. 59 ・プノンペン市街図       P.100 ・シアヌーク・シーサイド地図  P.125

旅の基本情報      P.136

断崖絶壁の上にプリアヴィヘア寺院が築かれた この近辺の地雷撤去作業は終わっていない、道 路以外は歩くべきではない。

・カンボジアの概要 ・トラベルインフォメーション ・3国出入国カード・税関申告書 ・事故報告書 ・エア・ライン時刻表 ・空港案内図


王道の果てに 4

自然派宣言Ⅲ な行動は一生を棒に振るか、 家族、そして各機関にも多大

No3 Discovery Series No3 で 特集している「天空の神殿・ プリアヴィヘア寺院遺跡」は 本編でも述べている通り、ク メール人にとってはまさに伝 説にも似た「憧れの地」です。 我々が始めてプリアヴィヘア を見たのは何時のことだった か、英語の書に載っていた鳥 諏図によるものでした。最初 の印象は「何て場所に寺院を 建てているんだ」と思ったも のです。それから 10 年以上 の月日が経ち、当時はポル・ ポト派が難攻不落を誇ってい たカンボジアで最も危険な場 所の一つにあげられていまし たが、今年、プリアヴィヘア 寺院山頂にも無理すればカン ボジア領から行けるようにな りました。読者からの投稿に もあるように「なぜ、カンボ ジアにある遺跡にタイから行 かなければいけないのか」と いう疑問、同じ思いから編集 部も今回特集をすることにな りました。しかし、良いこと ばかりではありません。本編 にも書かれている通り、現地 事情を把握していなければ危 険どころか、各自の軽はずみ

な迷惑をかける危険性があり ます。 プリアヴィヘアへの観光は すでに日本出発でパッケージ ツアーも販売されており、実 は手軽に無理をしなくてもタ イ名「カオ・プラヴィハーン」 には訪れる事ができます。カ ンボジア領から「プリアヴィ ヘア」に行くにはそれ相応の 準備と情報、資金も必要です し、旅行計画をたて、ゆとり ある旅をする必要があります。 * 今回投稿していただいた本 橋さんには編集部よりガイド 付きでカンボジアから一泊二 日、「天空の神殿への旅」を プレゼント致します。思いっ きり優越感に浸っていただき ましょう。

そうきゅう

ー蒼穹ー  乾季から雨季にかけて、青 空が 360°に広がる。まさに 蒼穹の下、人はすくっと立つ。  D.A.C. では、読者の方々か らのご意見を募集しています。  dac_info@online.com.kh

2007 年5月号  (ISSUE.3) 2007 年5月 1 日発行 (Publisher) (Editing/Product) 写真 :G,戸村 廣 ,Chor Sokunthea/Reuters

( Cooperation: Ministry of Turism) カンボジア国立資料館

(National Archives of cambodia) 上智大学アジア文化研究所 (The Asia culture research institute of Sophia University) CJS inc. 協力者 Mr.Lim Sokharaksmey (Cooperator)

Contact

Mr.Youk Rith Mr.Owari Kouichi

Unauthorized copying of this magazine is strictly prohibited


左手はコーン島、この辺一帯はダイビング・スポット

ファンダイブを楽しむ西洋人とインストラクター

シアヌークビルの駅、いつの日にか再開が待たれる 現在は貨物の運搬のみ


ルン・サムレン島は港よりボートで1時間45分の距離

世界遺産の街、シュムリアップからPMTairが週4便運行している


ケップ


将来はクラチェからラオス国境までの200kmは漁網のない地域にする計画もある。 イルカ保護については漁師の仕掛ける網が大きなカギを握っているようだ。 写真のような投網には影響は少ない。


またたく

巨大なナーガに星々が瞬く 中央南南西の十字に見える1等星は竜骨座、 左・南南東の天の川に浮かぶのが南十字星 ー2007年4月12日9:30 p.m. プリア・ヴィヘアから南南西を望むー


歳・時・季

新年

祝日

4月14・15・16日 お正月 5月 1日    メーディ   5日

農耕祭

  13・14・15日 シアモニ王誕生日 6月18日     モニク前王妃誕生日  

正月(     チョール・チュナム・トマイ=新年)   カ ン ボ ジ ア の お 正 月 は 4 月 、 乾 季 の 真 っ 盛 り で 最 も 暑 い 季 節( 暑 季 ) で あ る 。 晩 々 稲 の 刈入れがなければ、3月からはほとんど農作業も行なわれず、人々は無理をせずにゆった りと過ごす。  4月に入るや人々はお正月気分、正月1週間前ほどから夜になるとそこかしこから音楽 が流れてくる。田舎なら集落ごとに、街なら路地々で、道に大きなスピカーを出すか、ラ ジ カ セ を 最 大 音 量 に し て 輪 踊 り( ロ ア ム・ バ ン ) や ゲ ー ム に 興 じ る 。 街 で も 田 舎 で も ス テ レオやラジカセのある家なら無料提供は当然のこと、そこに夕涼みを兼ねて人々が集まる。 ロ ア ム・ バ ン や ゲ ー ム の 主 役 は 1 0 代 の 若 者 た ち 、 こ の 時 期 だ け は 公 認 の 男 女 交 際 。 踊 り も ゲームも他愛もないものだが、実に楽しそうである。普段は9時頃までに就寝につく田舎 の人々も、この時だけは毎夜11時頃まで集いが続く。正月が近づくにつれ、踊りの輪が広 がる。出稼ぎから帰郷した若者たちにとって、正月は恋の季節であるとともに次の仕事の ための重要な情報交換の時でもある。   正 月 に 入 る と 初 詣 や 年 始 回 り が 始 ま る 。「 正 月 料 理 」 と い う の は な い よ う だ が 、 人 々 は 朝早くから御馳走をつくり、着飾って寺へ向かう。7ヵ所巡りといった話も聞くが定かで はない。寺に参ると、人々は御馳走を捧げ,本堂や祠の仏に祈り、僧侶の前に静かに額ず く。僧侶の読経を聞きながら、僧侶の打ち水に清められる時、人々は心の平穏を取り戻す。


正月、パウダーをかけあって はしゃぐ若者たち

ワット・プノン (プノンペン)

正月前、夜毎、路地々で 輪踊り、ゲームに興じる

花の季節

トンレサップ河畔(プノンペン)

火炎樹の花 独立記念塔近く (プノンペン)

 乾季は花の季節です。カン ボジアで最もよく見られる花 と言えば、当地で「紙の花」 と呼ばれるブーゲンビリア、 これは年中見られる。赤、紫、 黄色、白といった様々な種類 があり、挿し木で増えて樹勢 が強い。農家やお店の傍らに 屋根のように覆いかぶさる見 事なブーゲンビリアを見るこ とがある。一方、ハイビスカ スの花はそれほど多くない。 また、かつて日本の農家で秋 によく見られたカンナ、白粉 花もカンボジアの農家でよく 見かける。が、季節で咲く花 ゴールデンシャワー がやはり印象強い。  涼季から暑季に入ると次々に豪華な花々が咲き乱れ る。開花の期間が驚くほど長く、数ヶ月も同種の花が 見られる。春爛漫の桜のような花、南国ならではの火 炎樹の燃えるような真紅、そしてタイの国花である ゴールデン・シャワーの黄色の花房も見事なもので ある。


びょう

アンコール・ワットの北東はるか、タイ国境に屏 ぶ 風のように立ちはだかるダンレック山脈の一角に 天空の神殿がある。 それは、長きにわたって伝説にも似た憧れの地。 カンボジアにあって、カンボジアからたどれな へきえん い僻遠の地であった。それが古くから「聖なる 寺院」とよばれたプリア・ヴィヘア遺跡である。 土埃を舞い上げ、大きく左右に揺れる四輪駆動 に乗り6時間余、一気に駆け上るバイクにしが みつき、私たちはようやく天空の神殿に到った。


Discovery series

天空の神殿 とことんアンコール 第3弾

 谷は風の道、見上げれば     そこに天空の神殿が在り  谷は風の通り道、風に導かれて古より人は獣を         追い、あるいは谷の向うに憧れの平原を夢見て、 森に分け入った。そうして道が創られた。  アンコールの北東、プノン・クーレン丘陵の背 後には、高度50mから300mにかけてゆるやかな高 原状の地形がタイ国境に屏風のように立ちはだか るダンレック山脈に向けてせりあがっている。そ そりん

こは今でも熱帯性の疎林が広がる地である。近年、 赤茶けた埃を舞い上げる道の両側で盛んに森が焼 かれているが、古代には、この地にも多くの寺院 が建立され、王道が走っていた。王道は、西にバ ンテアイ・チュマール寺院、南にコーケー、大プ リアカーン寺院、南西にアンコールを結び、北は 高度657mの山上に位置するプリア・ヴィへア寺院 しゅうれん

が見下ろす谷に収斂していた。  疎林の向うにテーブル状の山塊が東西に展がる ダンレック山脈、なかでもひと際目立つのが、一 気に数百mの急峻な断崖をせり上げた姿を見せ、 南のカンボジア平原に槍の穂先のように突き出た プリア・ヴィヘアの山塊である。山塊の東に回り 込めば、ゆるやかな傾斜のある深い森ながら、そ こだけは西に開けた谷があった。谷の森を辿れば、 コラート平原に続いていた。ここは、人を拒む事 のない谷だったのだ。


遥 か 昔 、海 が 盛り上 がった  カンボジアは極めて自然災害の少ない地である。 かんばつ 台風が襲うことは稀であり、時折旱魃のニュース もあるが、雨季の降水や河川の増水を基準とする ききん 稲作が主であるため飢饉と言われるようなことは 起きない。また、洪水も河川の増水によるもので、 日本の集中豪雨のような鉄砲水による被害も少な い。メコン川の増水平均もここ100年、ほとんど ちかく 変化がないと言われている。また、地殻が安定し ているため、地震が起こることは極めて少ない。  カンボジアの大地は海底でスンダ列島(スマト たてじょうち ラ・ジャワ島)につながっている楯状地で、山脈 しゅうきょく は褶曲作用によってできたものである。楯状地の 基盤はプノンペンでは地下20mほどである。一方、 トンレサップ湖は断層によってできた陥没地であ ちゅうせきど る。楯状地や陥没地は沖積土に覆われ、平野部の ひれき さ がん 島状の丘は被覆砂岩が失われ、花崗岩や流紋岩が 見られる。こうした平野に散在する小丘にはかな らず寺院が見られる。古くは神の降臨する所であ り、やがてクメール民族がインド的世界観を受け 入れると、そうした所にヒンドウ寺院が造られ、 アンコール王朝が消滅すると南伝仏教(上座部仏 *造山運動:褶曲作用や断層作用などによって山脈を形成する 地殻運動。マントル対流説とプレートテクニックス理論によっ て地球各地の造山運動の仕組みを明らかにしようとしているの が現代地学である。*褶曲作用:地層や岩体が力を受けて変形 し、湾曲したとき、その構造を褶曲といい、褶曲をつくる変形 作用を褶曲作用という。(「世界大百科事典」・平凡社参照)Bir

教)の寺院に変わっていった。 造山運動の褶曲作用によって形成されたダンレッ ク山脈は、南のクラバン山地と同様に被覆砂岩か らできている。つまり山全体が砂岩の塊なのであ る。加工・切り出しが比較的容易な砂岩が神の降 おお 臨する山塊を覆っているならば、クメールの造形 傑作が砂岩に集中するのも故あることで、天上へ おそ の人々の畏れと憧れが砂岩に息吹を与え、神の形 を現出した。その頂点が、アンコールワットとこ こプリア・ヴィヘアである。  ダンレックの山々は、あたかも日本の屋島(香 川県)の地形のように山上がテーブル状で数百メー きつりつ トルの断崖で屹立するといった特異な山容を示す。 プリア・ヴィヘア神殿のある山の西方に地元の人 が「天秤山」と呼ぶ美しいテーブル状の山塊があ り、楯状地が褶曲作用によって盛り上がり、断崖 が形成されるという「地球の歴史」が一目瞭然で ある。地図を立体化するとダンレック山脈のカン ボジア側は屏風のように断崖が立ちはだかり、タ イ側は浸食作用によって皴状に小さな谷が入り組 んでいることがわかる。

タイ

ダンレック山脈 プリア・ヴィヘア

アンコールワット アンコールワット

麓近くの池より

カンボジア

Birds Eyes


中央祠堂にて

リンガ石塔の先の建物 は「遺跡付近図」参照

中央祠堂東側は絶壁に

異 郷との 出 会 い、    そこに神々が 降 臨 する  プリア・ヴィヘア神殿(ヒンドウ寺院)を頂に置く 山は、南の平原に向って槍の穂先のように突き出し、 南・東・西の三方は急峻な崖になっている。北側だけ が他の山々と尾根をつなげ、多くの谷を入込ませなが ら、ゆるやかにコラート平原へ至る。  山は、北のタイ側の谷からゆやかな傾斜で高度を上 あんぶ

げ、一度、砂岩が剥き出しとなった鞍部に下がり、再 び急な崖を昇って、テーブル状の砂岩が広がる台地に 出る。ここに山上の大神殿、プリア・ヴィヘアが築か れたのだ。現在、カンボジア・タイの国境は、一続き の山の鞍部に引かれている。が、往時、プリア・ヴィ ヘア神殿(寺院)は、現在のカンボジア領に属してい る参道入口から最奥の中央神殿の領域を超えてタイ側 にまでその神域を広げていたようである。それは、今 まがい

もタイ領側の山上に残るクメール遺跡(祠堂跡、磨崖 の神像群)からも想定できる。  *タイ側からの観光については unseen Thailand 参照

 想えば、アンコール・ワットを造営したスーリアヴァ ルマン二世の12世紀の頃、王朝の威光は遠くコラート 平原を越えてスコータイにまで、また、平原を東にた しんろう

どってアンコール王朝につながる「真臘(漢文資料・

第三塔門西側

チェンラ王国)」の発祥地チャン・パサック地方(現・ ラオス南部)に及んでいた。それ故、往時、プリア・ ヴィヘアのあるこの地は、王城の地・アンコールとス コータイ、チャン・パサックに通じる王道の中継点に 当たる事になる。 タイ領に入ってわずか200mほど、東側の急峻な崖 の上部に彫られた三体の神像がある。それは明らかに クメール民族の造形によるもので、肉付きのよい、ゆっ たりとした姿態、厚めの唇、口元の穏やかな微笑み、 伏し目がちな視線の先には、眼下数百メートルにゆる やかな傾斜でコラート高原に続く広い谷に注がれてい る。時に、アンコール王朝の威光を背にした軍の行進 は遥か山上の神殿に神の栄光を祈り、荷物を背負った 旅人は神の加護を求めて、磨崖の神像の慈愛に浴した に違いない。それ故にこそ、ここは「聖なる神殿 (寺院)」(プリア・ヴィヘアの意味)と呼ばれた のである。往時、この地はけして辺境ではなく、行き 交う人々は仰ぎ見るにふさわしい憧れの「天空の神殿」 であった。 *楯状地:先カンブリア時代(5億9000万年以前)に成立した安定地殻 で、地形的には楯を伏せたような形に見えるため、この名称が生まれた。 最古の大陸地殻であって、激しい変形・断裂を受けた結晶片岩、片麻岩、 花崗岩などで構成されるが、古生代以後はまったく安定し、わずかに堆 積岩類を載せている場合もあるが、その構造はほとんど水平でまったく 乱されていない。カンボジアの場合、楯状地の地殻の上に披歴砂岩体が 見られる。 (平凡社版:世界大百科事典を参照)


一歩一歩が、神への歩み

第三参道テラスにて、リンガの石塔 は残念ながら殆ど残っていない

中央祠堂から望むサンセット

 シンメトリー(均整美)を嫌い、「移ろい」に美を見

あたかも「天空の神殿」夢の跡地

 報道で「崩壊著しい遺跡」と伝えられているわりに、

がん

出す特異性は、日本文化のみに固有なのであろうか。雁

きちんと歩を進められる石段が数十m先の大きな2対の

こう

行の書院造に安らぎを見出す日本人は、大仏殿の巨大さ

ナーガ像の見える高みまで続いている事に驚く。カンボ

に驚いても美を感じることは少ない。平等院・鳳凰堂も

ジア国内でこれほど見事な石段が山上の寺院(神殿)に

水に映る影の移ろいがなければ、感興は半減する。権威

向けて残っているのは稀で、他を知らない。 

を誇示する城郭建築にしてもその興隆期の天守はけして

 石段を一歩一歩進む者に第一塔門ははるか高みにある。

シンメトリーではない。

石段上部には、基盤の砂岩石そのものを彫って石段にし

 アンコール期の遺跡に私たちが感じるのは、先ずはそ

た所もある。それは、第一塔門手前の両側のナーガに縁

の異質性への驚きではないだろうか。そこには、均整美、

取られた参道テラス自体が表土から3・4m突き出た砂

ふち

けんろう

堅牢な精神、神々への憧れの強さ、高みへの飽くことな

岩の上に位置し、テラスはさらに石積みで築かれている

き挑戦がある。これもまた、確かに美なのである。

からである。参道テラスで一息入れると両側のナーガの

王たちの巡礼の地

巨大さとその異様さに気づく。素朴というか、荒っぽい

 600mを超える崖上に建つプリア・ヴィヘアは、10世

というのか、その胴体はあたかも大蛇のような丸彫りで

紀末のヤショヴァルマン1世以来、12世紀初めのスール

装飾一つ無く、後端は尾を立て、先端の七つの蛇頭も大

ヤヴァルマン2世にかけて何度も増築・修復を重ねてい

きな口を開けた荒々しさで、一つの砂岩を丸彫りしたも

る。ここは、プノン・クーレンと並ぶ聖山で多くの王た

のである。これも他に例を知らない。テラスに昇ると、

ちが巡礼した。

ようやく第一塔門の全身を視る。

均整・堅牢・壮大そして神々への憧れ 人々の天空への憧れが、神に近づく造形を生んだ。こ れがプリア・ヴィヘアである。アンコール・ワットは意 せい ち

原型をとどめない第一塔門  第一塔門もまた砂岩の切石で築かれた基壇の上にある。 歩む者はもう一歩高みに昇るのである。この塔門は崩壊

識した視覚効果を取り入れた造形とその精緻な彫刻群で

著しく、遺跡内で最も原型をとどめていない。崩壊した

知られているが、ここプリア・ヴィヘアも山上の砂岩台

塔門の上に翩翻とひるがえるカンボジア国旗、その姿は、

地という特異な地形を生かした視覚効果を随所に取り入

長きにわたって戦火に荒れたカンボジアの悲劇を象徴す

れている。均整・堅牢な造形、そして神々への憧れの強

るものであった。現に今なお、石段脇には髑髏マークの

さが、類を見ない壮大な「天空の神殿」を現出させた。

シンハ像が両側に並ぶ石段

へんぽん

どくろ

地雷注意を示す看板が立てられている。   長い参道テラスと深い聖池

 先ず、崖上の台地に南北を軸とし、南端の槍先に当た

 第一塔門を過ぎると広い砂岩の台地に出る。そこから

る最も奥まった所に中央祠堂(最奥の神殿)を築き、山

最奥の中央祠堂まで約600m弱。300m弱のゆるやかな傾

あん ぶ

の鞍部を参道の入口にした。参道入口は、山上の鞍部で

斜を伴った切石で敷き詰められた幅広の参道テラスが第

最も低い平地(雨季には水の流れる小川もある)から始

二塔門に延びる。参道両側には、リンガの石塔が列をな

まる。両側にシンハ像が段々に置かれ、幅7・8m程、

していたが、その多くは倒壊、破損している。タイのパ

砂岩の切石で162段の階段が造られている。

ノム・ルン遺跡のように修復がなされていれば、列をな


第一塔門石段脇の髑髏マーク(ドクロ)

朝の陽射しを受けるシンハ象

れんじ

連子状窓のぶっ太さ、ベンメリアよりでかい

すリンガは、参道越しの雄大なダンレックの山並みの景

参道テラスは基壇を高くし、外側にナーガの欄干、内側

観と併せて実に壮観な眺めだったのではないか。

にリンガ石塔の列で飾られる。テラスの先、三段の基壇

 ゆるやかな傾斜の参道も、中途で息が荒くなってくる。

上に中央神殿が建つ。今は、崩壊してるが、第四塔門越

いまだ、神々は遠い。第二塔門は第一塔門よりも基壇も

しに中央祠堂の尖塔が見えていたはずである。一段高く

高く規模も大きい。また、保存状態も良い。第二塔門手

なった参道テラスは、神々の世界に通ずる橋であり、装

前の参道北側に見事な深みのある聖池が見られる。ここの

飾性を重視し、視覚効果を高め、後のアンコール・ワッ

水は、今でも山上で暮らす人々の貴重な用水となっている。

トの参道やプリア・カーンのテラスの多用に通じるもの

見事な視覚効果

である。

 第二塔門に入るや第三塔門に向ってせり上がるような

閉ざされた神域に聳える中央祠堂

傾斜の参道が望める。あたかも天上へ誘うような視覚効

 第四塔門を持つ中央神殿は二つの神域を連結した形で

果である。いやがうえにも気持ちが高ぶる。塔門を覆う

回廊によってその周囲を囲んでいる。塔門のある前方部

屋根は失われているが、柱は大ぶりな砂岩で全体的に堂

は三方を広い回廊が囲み、連子窓も見られるが、装飾的

々たるもの、左右に延びる回廊の内側の壁は窓もなく、

な効果が強く、回廊は密閉性が高い。前柱殿の左右に小

そび

し どう

ぜんちゅうでん

は  ふ

堅牢な印象を与える。破風の部分には、「横たわるビシ にゅうかいかくはん

ぶりな経蔵を置く。

ュヌ神」や「乳海攪拌」をモチーフとした浮彫が見られ

 後方部の境内が最奥の神域で、北側に三方に入口を開

る。彫は深いが技巧的には素朴である。少し赤みを帯び

いた十字形の堂を付けた中央祠堂は高く聳える尖塔であっ

た砂岩は、朝・夕の陽射しにいっそう輝きを増す。

た。尖塔部分は崩壊しているが、おそらく中央部にシバ

  一気に規模を拡げる第三塔門

神の象徴であるヨニに組み込まれたリンガが祀られてい

 第三塔門への参道テラスは第二塔門への参道の半分ほ

たのでないか。後方部の回廊は、外側に窓一つない壁の

どの距離である。両側に列をなすリンガの石塔は丈の短

連なりで、内側は連子窓という構造のため外側からの景

いもので、その多くは失われている。第三塔門の基壇は

観は密閉性が高く、回廊内は暗い。ここまで来ると、崖

五段の石積みで、その上に塔門と左右につながる大きな

上は狭まり、北側回廊や回廊外の祠堂はまさに断崖絶壁

翼室を持ち、一気にその規模を拡げる。特に西側の崖淵

の上に建てられている。

まつ

れん じ まど

に張り出されたピラミッド状の石組みは見事である。左 さえぎ

神々の威光が大地を照らす

右を遮るように延びた翼室の長い壁は、閉ざされた神域

 中央神殿の回廊の外、さらに南側にも砂岩の切石が見

の崇高性をいやがうえにも高める。

られるので、そこに祠堂跡があっても不思議ではないが、 まびさし

 第三塔門の屋根は崩れたままだが、破風、眉庇には見

資料もなく定かでない。岩頭に到れば、この先、崖下・

事な浮彫が見られ、保存状態も良い。「雄牛に乗るシバ

数百m、トンレサップ湖まで続くカンボジアの大平原が

神と妻パ-ルヴァティ、傘を捧げる従者」などは、アンコー

拡がる。

ほうふつ

いにしえ

ル朝の王の巡礼を髣髴とさせる。

 古の人々はこの地に立って、神々の威光があまねく大

装飾性を高めたテラス

地を照らす、と感じたに違いない。

 第三塔門を過ぎると長さ20m程の参道テラスに至る。 


第三塔門

第四塔門

中央祠堂 祠堂 経蔵 前柱殿 経蔵

第三参道 テラス

西翼室

第二 第二参道 テラス

祠堂 東翼室

中央祠堂

第四塔門 第三参道 前柱殿 テラス

聖池 第三塔門 第二参道 テラス

第二塔門

約6

約8

第三塔門シバ神とその妻 パールヴァティ

第三参道のナーガ、残念ながら原型 をとどめていない

第二塔門のヴィシュヌ神

乳海攪拌のレリーフ 第二塔門にて


プリア・ヴィヘア寺院遺跡鳥瞰図・3D

二塔門 第一参道 テラス

第一塔門 ナーガ(蛇神)の欄干 参道(石の階段)

聖池

第一参道 テラス

第一塔門

ナーガ(蛇神)の欄干 参道(石の階段) シンハ像

650m

850m

Produced by: G-Production

聖池は今でも貴重な 生活用水として活躍

巨大ナーガは砂岩の丸彫り 尻尾まで残っているのは珍しい

基盤の砂岩石をそのまま彫り込む 何て大胆な発想だろうか

参道のシンハ像当時は両側にシ ンハ像が並んでいたのだろうか


プリア・ヴィヘア寺院遺跡付近図

ここまでは、カンボジア側から ノー・チェックで入国可能 市場 1

1

2 タイ領にあるソッカー市場入口

4 5

1

タイ側チェックポイント

ビジターセンター (資料館)

遺跡入場チケット 売り場

6

展望台 3

7

土産物・食堂 ゲストハウス カンボジア 領バイク・ 車到着 地点

ソッカー市場内、米ドルは受け 付けてくれなかった。事前に タイバーツへの両替が必要

カンボジア国境ゲート

プラサット・サントップ

3

磨崖神像 Low Relief Sculpture  ロー•レリーフ•スクラプチャー (Unseen Thailand参照)

(ダブル・ストゥパー) (Unseen Thailand参照)

8

タイ側にある展望台

2

10

9

プリア・ヴィヘア寺院遺跡 タイ側にある資料館

9 第一塔門はカンボジアの国 旗が目印になる、よく雑誌 等でも見かけるポイント。 カンボジア領から入った場 合はここから見学すること になる。参道入口から順を 追って見学する場合には参 道を下って更に中央祠堂ま で登らなければならない。

4

タイ側チェックポイント、ここ ではタイの軍人が常駐していた

6

プリアヴィヘア寺院入口、ここから参道 入口になっている。タイ領から見学する 場合は参道から中央祠堂まで登って行く ことになる * 本編の情報は流動的です。常に現地事情を確認する必要があります。 カンボジア国境ゲート

中央祠堂で は携帯の電 波はカンボ ジアの電話 会社の電波 が100%受信 された。

9

8

巨大ナーガ背面


麓から山頂へ!  先にも述べている通り山頂までは地 元の慣れたドライバー以外は危険であ る。山の麓に到着すれば客引きが近づ いて来るので無理せずに乗り換えよう。 選択肢はピックアップかバイクのいず れか。  今回はよりスリルを味わうため、あ えて“マゾ”的にバイクで登る事にし た。料金は往復で$5だった。景色は最 高の一言で、これだけでも$5以上の価 値があると言える。途中、地雷に注意 の看板が見えたりもするが、それ以上 に回りの景色が素晴らしい。まさに天 然ジェット・コースターと言える。坂 はかなりの急斜面なので高い所が苦手 な方や年配の方はどうしても同行者に 迷惑を掛けてしまうだろうから無理せ ずタイ側から見学するべきだろう。し かしさすがに砂岩の上がルートになっ ている場所をバイクで通るのは始めて の体験だった。いやいや驚きである。 [1] 麓から山上へはバイク便か写真のようなピックアップト

[1]

[2]

ラックに乗り換えます。少数だが客引きがいます。が、 夕暮れ前に麓に到着すると誰も行きたがらないので日が 沈む1時間前には麓に到着するべきである [2] しかし、この景色は最高だね~ こりゃ素晴しい! [3] 砂岩の上をバイクで移動するのは何ともいえない気分だ った。本当に山全体が砂岩の塊の様だ

[4] すごい急斜面、バイクのギアは無論一速発進! [5] 道は所によっては舗装されているが砂、砂利と舗装され ていない所も多い

[6] この日は道の真ん中に木が倒れていて道をふさいでいた

[4]

[5]

[3]

[6]


タイ領から見るカオ・プラヴィハーン寺院 (プリア・ヴィへア)いつかはカンボジア領から !  「え、国境は閉鎖されてしまっているんですか!?」 タイ側からしか行くことの出来ないカンボジア領土内の遺跡で、 幻の遺跡と呼ばれるプリア・ヴィヘアに行けると意気込んでいた矢先の知らせだった。すでにシェムリアップでの観光を終 え、タイのバンコクに飛び、タイ側からいよいよプリア・ヴィへアに行けるとわくわくしていた時だった。ほんの二週間ほ ど前に閉鎖されてしまったとのことで、もしかしたらすぐに開かれるのではという淡い期待を抱いていたが、やはり国境 というのはそう簡単に開閉するものではなかった。タイに点在するクメールの遺跡群を観光し、「この道がプリア・ヴィ へアに続く道ですよ」とガイドに言われ、後ろ髪を引かれる思いでその場を後にしてから約一年後、ついにプリア・ヴィ へアに訪れることのできる日が来た。アンコール・ワットを初めて目にしたその日から、私はクメールの遺跡にのめりこん でしまった。年に一度は、アンコール・ワットを訪れては一人で感慨にふけっていた。いろいろな書物を読んだり、講演 を聞きに行ったりする中で、幻の遺跡と呼ばれるプリア・ヴィへアの存在を知った。まだ、地雷の除去も進んでおらず、観 光客はまず行くことのない場所だという。いつか行きたい・・・そう思い始めて数年。後ろ髪を引かれて一年。プリア・ ヴィへアに向かう前に訪れた遺跡をほとんど覚えていないほど、気持ちはプリア・ヴィへアに向いていた。 きれいに舗装 された道路を車は走り続け、まずはタイ側の国境でパスポートチェックを受けた。そして、カンボジア側のチェック。どう してもカンボジア贔屓になってしまう私には、カンボジア領土内にあるカンボジアの遺跡になぜタイから行かなければいけ ないのか、という一抹の悲しみがある。しかし、プリア・ヴィへアに続く大きな階段を登りきったと ころにある堂々としたナーガを目にした瞬間、そんな気持ちも吹っ飛んでしまった。階段を登ると ナーガがさらに大きくなる。階段を登りきり、その先の視界が開けてくると、もう心臓 はばくばくである。参道を歩き、さらに階段を登り、少しずつ中央祠堂に向かって歩い ていく。建物全体の形やレリーフはまさにクメールの遺跡であることを示している。 当たり前なのだが、クメールの遺跡であるということに、ただそれだけのことに 感動してしまった。今にも崩れ落ちてしまいそうな破風にもクメールならで はの繊細なレリーフが施されている。観光客も想像していた以上にたくさん いたのだが、今となってはどんな観光客だったのかまったく記憶がない。 なんとなくタイ人の観光客が多かったような気もするが、覚えているの は遺跡の形とレリーフ、そして崖の上から見渡せるカンボジアの大地だ けである。 いくつかのゴプラを抜け、登りきったところに中央祠堂があるのだが、 その先はまさに崖である。そして、そこから見渡すことのできる大地は圧 巻だった。私はカンボジアの大地を山(丘?)の上から眺めるのが大好き である。もちろん部分的にしか見たことはないが、水田と砂糖椰子やココ ナッツの木、森の中の村、そして密林。プリア・ヴィへアのある崖の上 からみたカンボジアの大地はまさにそれだった。密林に覆われた大地、 所々に見える水田と砂糖椰子と村。そのまま崖を下り、カンボジアに向 かいたかった。岩の上に腰をおろし、涼しい風に吹かれながら、しばら くの間この広がる大地に見入っていた。*ゴプラ=楼門 こういうとき、時間が過ぎるのはあっという間である。もっともっと眺めていたか ったが、この後の予定もありプリア・ヴィへアをあとにすることになった。途中、 回廊を覗いてみると、カンボジア人の幼い姉弟が回廊の床に涼しそうに寝ていた。私の 視線を感じたのか姉が目を覚まし、私と目が合うと照れくさそうに笑った。世界遺産にも なろうかという遺跡の中で、ごく普通の地元の人たちが憩う。アンコール・ワットでは観光化が 進み、地元の人たちがのんびりと憩う場所ではなくなってしまったが、そうなる前の姿を見られるの はやはり幸せだと思う。観光客のエゴだと思うのだが、あまり観光化される前の状態を見ることができる のはちょっとした優越感を与えてくれる。  私は初めての遺跡を見学するとき、気持ちがどうしても逸ってしまい、足がどんどん前に進んでしまう。 日本に帰ってきてから、もっとよく見ておけばよかったとか、この部分もチェックすればよかったというよ うな思いをいつも持つのだが、今回も足が自然と早くなってしまった。もっとじっくり一つ一つの建物や レリーフを見ればよかったと、今さらながら後悔するのだが、その時はとにかく全体を早く見たくて、ど んどん先に進んでしまうのだ。また今度じっくり見においで、ということなのかもしれない。次回、機 会があるときにはじっくりと遺跡を堪能しよう。そして次回訪れる時はぜひカンボジア側から行こう。(本橋 真紀子)


Unseen Thailand —まだ見ぬカンボジアとタイの魅力ー

2

カンボジアとタイの国境に位置し、長年の領 土紛争の種ともなったタイ名、カオ•プラヴィ ハーン遺跡、カンボジアからのアクセスは悪 路が続く上、傾斜面を登り、道の回りは地雷 だらけで、現地事情を把握していなければと ても未だに勧められるのもではなく、全ての 行動を自己責任として考えられない「者」に はカンボジアからの遺跡見学は絶対に止める べきである。 その分現在は無理に危険を冒さなくてもタイ 側からは簡単に見学が可能な上、タイ領から カンボジア国境に向かう前の入口に資料館が あり、(「PHA MO EE DAENG VISITOR  CENTER」)、ここではカオ•プラヴィハーン 国立公園内に点在するクメール遺跡や滝など の写真、プリア•ヴィへア遺跡のジオラマなど もあり、中々興味深く、カンボジア領から入 っただけでは「見られない」遺跡もタイ領側 に小さいながらに存在しているのでクメール 遺跡マニアの方々にはついでにちょっと寄っ てみて見る価値は十分にある。(この辺一帯 はカンボジア側からは未開発な地域だがタイ からするとこの一帯は国立公園になっており 管理も行き届いており、エコ•ツーリズムなど も楽しめる) Double Sutpas ダブル•ストゥーパー カンボジア領から入国した場合には見学する 事はできない。カンボジア領から見たい場合 には一度タイ側に入る必要があるが、常に国 境を行きき出来るかどうかは現地に行ってか らでないと解らない。取材時にはタイ側の兵 士に一言掛けて通してもらった。ちなみに費 用は掛からなかったが状況は常に変わる可能 性はあるので事前に情報収集することが必要 になる。遺跡自体は名前の取りストゥーパー が二つ並んでいるがレリーフなどは一切ない。 資料館より徒歩圏内。(写真参照1)

1 写真はタイ領から望むプ リアヴィヒア寺院全体像、 手前右横のふたつの祠堂 はタイ領側にあるアンコ ール期の遺跡である。 (ダブル・ストゥパー)

4

写真右の少年はタイ領に 買物をしてカンボジアに 戻って来た所。当然パス ポート提示などない上、 奥にはタイ語で書かれた 「地雷に注意」の看板が 見える。

3

1

Pha Moh-EE-Daeng ファ•モー-イーデン 資料館のすぐ近くにある絶壁沿いにある見晴 らし場所。ここからタイ、カンボジア、ラオ スの国境が見渡せる。景色は雄大だ。 (写真参照2) Low Relief Sculpture ロー•レリーフ•スク ラプチャーPha Moh-E-Daeng Cliffの下に鉄 製の階段があり、階段を降りると絶壁の壁に レリーフが彫られている。こういうレリーフ などを見ていると「他にも見つかっていない レリーフが他にもあるだろうな」と考えてし まうが、何カ所もカンボジア領で様々な寺院 、レリーフなどを見ていると、実際に見ると ちょっと物足りない印象は否めない。が、折 角ここまで来たらぜひ見学するべきだろう。 ここからの景色もすばらしい。 (写真参照3) Prasat Don Tuan プラサット•ドン•トゥアン 9世紀中頃から11中頃にかけて建てられたクメ ール建築、プリアヴィヘアの直ぐ手前にある。 東正面の四角い平面形を持ち、ラテライト、 レンガ、砂岩が使用されている。完全にタイ 側の観光地である。


уБЩр╗нуТКуСЗуКзсеИуВ╝ргФрв╣ргЭргнрвергорвл

A B ┼│╟л╚│╚Ь╟╕╟всЩ▒╥Есв┐╞╕┼┤сзИ╞НсзУ┼┤╧ЛрзЖ╞╖рвискк╞░сЕ╝тАлрзв╪╛тАм╞Н╞░╞а╞и┼╡р╢ЩтАл▄дтАм┼┤ свКсЯВ╧Г╞┤╥псиЦ╞░рмДсШН╟Л╟З╟З╞│╟Т╞│╞Н╞▒╞Н╞П╞╖╞Х┼┤▄▒рд┤╞░╞а╞и┼╡╞Х┼┤╞Ь ╞Ьрлара░┼┤╩Щрд┤╞╕тАлрав┘╗тАм╞┤рлЛ╒о╞Ю╟Х╞п╞Н╟З╞в┼╡рмП╞┤╚Щ╚│╚б╚к╟в╟З╞░╞╕сСДсШ║ Pra Khon Chai ╞Ю╟Х┼┤╞Ю╟Т╞┤╚Щ╚│╚б╚к╟в╞╖╥д═и╟Ысбл╞м╞п┼┤╟│╚╕╚╖╟▒╚╕╟З╞░сбл╞б╟ФсвК╟Л Ban Kantuat Ban Kuan ргВрвбрвФргЭрге Ramuan Ban Manu тАлрж║▄жтАм╞а╞п╞Н╟Ф┼╡╟│╚╕╚╖╟▒╚╕свбсЮ╜╞╕╟в╚Ч╟╡╚йр│Юр▓и╞╖сИер╛╕╞в╟Ф╞▒╞Ь╟Ц╞│╞м ╞псвбсЮ╜╘ЧсбА╞╖тАл╫втАмсйСркЧ╙К╟Лсб╢╟И┼┤╚Д╟в╚╕▄▓╟ЛсЪз╟Х╟Ф╟С╞П╞┤╞│╞м╞п╞Н╟З╞в┼╡ 1 ┼│┼│┼│┼│┼│┼│┼│┼│┼│┼│┼│┼│┼│с▓д&#%0Q┼╛ра╢╞╖сгГ╚╖╟│╚╕╟▒╚╕┼┐╙Лр╝А ргТрвЪргергнрв▒ргТ Kho Klang Prasat Mueng Tam ┼│╞Ю╟Т╞┤╟│╚╕╚╖╟▒╚╕свбсЮ╜╞Ф╟Т╚Ч╚к╟в╚╖╚┤╟г╚Ш╟всвбсЮ╜╞┤╨Я╟ФсвК╟ЛриШрвМ▀╗ Ban Non Charoon ╩Щ╞ХтАл┌╝тАм╟З╞м╞п╞Н╟З╞в┼╡╞Ь╞Ь╞┤╟в╚│╟│╚╕╚лроЦ╞╖╔д╞н╞╖тАл┘╗тАмсвбсЮ╜╟ЫсК╜╞╝╞н╞Ъ Ban Naengmut Ban Ta Miang Ban Kruat ╞исЪЗ╬о╞Хр╛╡▄▒╘Ы╟ЫраШ╞╝╞п╞Ц╟З╞а╞и┼╡ 415m ┼│╔Ярл╛┼┤╚Р╚│╚Ж╟д╟╣╚м╟дсвбсЮ╜╞Ф╟Т╥Есб╢╞в╟ФсвК╞░╞Ф╞н╞п╚Э╚л╚╖╚Э╚Ир╖Й╞╖ 4 рв│рвЩргнрв║ргТ риЧр╗Ь╚╖╟в╚│╚Щ╚│╚н╚│╞Ф╟Т╚Ч╚к╟в╚╖╚┤╟г╚Ш╟в╞┤сШН╞Ш╞Ь╞▒╟Л╙зсПб╞┤╞│╟У╟З Prasat Tueh Thom рвФргергЯргергЛрге 459m ╞а╞и┼╡╟┐╟дтАл╪╛╫ОтАм╞Ф╟Т╟в╚│╚Щ╚│╚н╚│╟З╞░сЗМр╖Й╞│сСДсШ║свКсЯВ╞ХтАлрж║▄жтАм╞а┼┤╩╗┼┤ Phaang ╟╖╟з╚а╚к╟в╚Г╚Ч╞┤╙╝╞Ъ╞псСДсШ║свКсЯВрблсЪи╞╖▀╗╩Щ╞ХтАл┌╝тАм╟З╞м╞п╞Н╟З╞в┼╡╞Ь╞╖ Ban Kdol 600m свК╞╕ра░тАлрж║▄жтАм╩ЦтАл▄нтАм╞░╞в╞Х┼┤тАлрж║▄жтАм╞в╟Х╞╣┼┤╟┐╟дтАл╪╛╫ОтАм╞Ф╟ТсЯ╗╞░сКЦрм║сзУ╞╖ Tnaol Phum Ku сЮ╗сйЙ╞┤╞│╟У┼┤тАл╪╛╫ОтАмсЭ╡рмд╞╖сМЫрп┐╞▒╧Г╞┤сиХсЯВ╞░╞╖сЪЗ╬о▄▓╞Хр║ЩтАл┘БтАм╞в╟Ф╞Ь╞▒╞╕ Khtom Kouk Khpuos ╟З╞к╞Х╞Н╞│╞Н╟С╞П╞┤ргм╞С╟З╞в┼╡╟З╞и┼┤тАл╫Л╫втАм╞░сЩ╕╟Т╟Х╟Ф╟С╞П╞┤╟│╚╕╟▒╚╕┼┤ O D D A R ╟в╚│╚н╚│╚Щ╚│┼┤╚Ч╚к╟в╚╖╚┤╟г╚Ш╟в╟ЫсК╜╞┐╟и╚к╟в╞┤╞╕┼┤тАл┘╢тАм╞Ш╞╖╙Ю╦КсвбсЮ╜ Samraong ╞ХрлЭтАл╫атАм╞а╞п╞Н╟З╞в┼╡╞Ь╞П╞а╞исвбсЮ╜╞Хрлв═│╞Ю╟Х╞псЪЗ╬о╞Х╙зсПб╞┤╞│╟Х╞╣┼┤ M E A N C H E Y Phum Kouk Lok Phum Bak Noem рвФргервбргЯрге ╟╖╟з╚а╚к╟в╚Г╚ЧтАл╪П╫втАм╞┤р┤П╞ЩсвбсЮ╜сЪЗ╬отАл╫ЧтАм╞▒╞а╞псПй╬о╟Ыр╖Ш╞╝╟Ф╞Ь╞▒╞┤╞│╟Ф 2 Phum Krasang ╞Ь╞▒╟ЛсОЛ╞С╟Т╟Х╟З╞в┼╡ ргФрв╣ргЭрвергорвл Banteay Chhmar ргВргерв╕рвФрвЦргнрв│ргЧргРргоргЭ Phum Rolum Poul Banteay Chhmar рвйрвЩргТргЬрвФрв╡ргЙргнргЙргЬрвФргжрвХргКрвФуЫлраКсбдтПЭслмуЫлу╕жргЭргорв║ргнрвФргергЯргергЛргетдТтПду╕з 08:00раЙ ╨НрвйрвЩргТргЬрвФрв╡ргЙсХ╖р╖Жр╕ЯтУО 08:50раЙ ╨НргВргерв╕рвФрвЦрвлргЮрвЦуП╗уРграЙ 09:25раЙ ╨НрвбргВргЭрвлргЖрвФргеуП╗уРграЙ 216m 11:30 ╨НрвФргергЯргергЛргербЯрбЪслиугЧу╕жр╢ЦргПргЭргПрв║с╜┤синуУДсЖЕсЗжу╕зраЙ Thnong Khang Cheung 12:30 ╨НрвФргергЯргергЛргер╕ЯтУОраЙ 13:20 ╨НргВрвбрвФргЭргеуП╗уРг Thmoi Kouk Kakthon 15:50 ╨НсТгрбвупДр╕┐тХФ 16:00 ╨НраЙраЙуМ┤роМрб╛сеора╝раКсТгубмрбм 199m Thma Koul Phukoam Prei Nam Tau 16:30 ╨НраЙраЙтЮирозсИкуЫЫрбмраКрбСрбЛрбЪсКдскеуБ╗уИ╣рбм Ponloy Cheung 120m Tram Sasar Prei у╕и уСЗуКзуБ╗р╢ЬрбгсТгрнЦра┐упДрбЯрбЪрнНс╝йрбНрб┐сЪ▓уБЫсн╖рб╛ Paoy Char Kampong Puoy

Ta Phou

Sarong

Phum Ta Pen

Romiet

Chong Kai Cheung Tien

ргЛргергУргЬрвФ Chrouy Neang Nguon Srei Snam

Ponley

Moung

Srae Khvav

рвйрвЩргТргЬрвФрв╡ргЙргнргЙргЬрвФргжрвХргКрвФу╕жргЭргорв║ргнрвергорвгрготдТтПду╕з Svay Sa Rumdeng Srah Chik Koui Boeng Veaeng 07:00 ╨Н рвйрвЩргТргЬрвФрв╡ргЙсХ╖р╖Жр╕ЯтУО 3 Tcan Kam Doung Peaeng Spean Sroeng Saen Sokh 08:25 ╨Н тЦ╝р╕йсИЩуП╗уРграЙ ргЛргергУргЬрвФу╕з Char Chhuk Krouch Kandaol Chob Yean 10:00 ╨Н рвергорвгргоуСЗуКзтйМр╕┐тХФ Kor Ta Saom раЙрвергорвгрго 109m Nokor Pho Chhnuor Tuek Chour Meanchey 11:35 ╨Н слиугЧ Ta An Chanloas Dai Bos Sbov Snuol Khum Tix 15:00 ╨Н рвФргервбргЯргер╕исТ▒тЕмуП╗уРг Kdei Run Chou Preah Net Preah Kralanh 17:30 ╨Н сТгрбвупДр╕┐тХФ 6 Preah Net Preah Phnum Lieb Trei N Kralanh у╕и уСЗуКзуБ╗р╢ЬрбгсТгрнЦра┐упДрбЯрбЪрнНс╝йрбНрб┐сЪ▓уБЫсн╖рб╛ Tro Louk Thoung раЙрвергорвгргораКргЙргЬрвФргнргжрвХргКрвФуСЗуКзрбЫрбвсЖЕуЮ╛ Samraong Sisophon Yeang у╕ирвФргергЯргергЛргербЯрбШра╕рбЪрбгр╕╣ргМргорвкрбвтМзрпжр╛РрбмрбвскСрвЖрбИуБ┤рбГрбФрбЙра╕ Sranal Prey Chruk сзФр╜дрбАуРНрвЗрбФрбЬрбгра╕ра╝раКрбСрбвр┐ШуО╢рбЯрб▓рбФраКсКи Prasat

Ta Lam Srah Reang Kouk Ballang Ou Prasat

Sranal Sambuor

5

4

Phnum Touch Boong Pring

Chrouy Sdau Ta Meun Ta Pung Praey Samraong

5 Anlong Run

Ou Ta Ki

Reul

Sasar рбГрбвсЖЕуЮ╛рбАрбврбЗрбЙрвАрбЪра╕рб┐раЛ Sdam Sambuor раЙуБЩр╗нуТКсЖЕсЗжрбвскСт╛ЬрбЯрбграКр▓ЩувЧрбЫрбБрб┐тМзсЖЕскС Kampream 6 Mukh Paen т╛Ьр░НтЩлрбЯтФжуДпрбЛраКуБ╗р╢ЬрбЯрбгскСт╛Ьр░НтЩлрвЖуП╗рбМрбЪ уМ┤рбвргЮргерв▒ргЭу╕жуРауМ┐сбнрпЬу╕зраКрвЮрвЦрв╗рвЖр╛ат╛ЬрбЙ Puok K рбПрб┐рбврбАргЛрвлрв║рбЫрбНраЛтЙЙрбЯргЙргЬрвФргжрвХргКрвФуСЗSamraong Yea уКзрбЫрбграКупДра┐рб╜сТгрнЦрб▓рбЫрбгргВрвЦрвбрбЯроМрб╛сеора╝ Kaev Poar K Peam Solma рбЪтУПсЖПрбНрб┐рожрбЯрбЮрб╛раЛтМзтЙзрбЫрбграКтомсХлуИРрп╡рбв Pou Treay скСрвЖуБмсЭЕрбНрб┐сЪ▓уБЫрбАра╢рб╛рб▓рбНраЛ Prey Chas раЙу╕иргЛргергУргЬрвФраКрвергорвгргораКргЙргЬрвФргжрвХргКрвФ уСЗуКзр╜мрбзрвФргергЯргергЛргескЙуаГрбвуБ╗р╢ЬрбЯрбграК Thvang рнЧуВ░рвЖсЪЪр╕╝тПЭрбГрбФрбЙра╕раЛ Kaoh Chiveang

Floating Villag

Proack Norint Peam Ack Preaek Luong Boeng рв╢рвФргорбвра╛тПжрбЛуО╕рб│раКрбИуЙБсБербгрнЧуВ░рб▓рбЫу╕Я Tum ргбрв╡рв║ргнрвЪрв╡рвбргн Tonle Sap ргЙргАрге скесоПрпЗтФдуП╗рв▓рвЦргЦргЭраЙ Preaek Khob Biosphere Reserve Wat Ack Sa Samraong Knong Svay раЙ012-1795924раЙраЙdac_info@onlinn.com.kh E


‫ټ‬ᆰƷᅕോȸȗȪǢȷȴǣȘǢǁȸ C

D

Khok Than

Ban That

Ban Bak Khong

Ban Ta Phram

Ban Ta Thaen Ban Rsmat Kho

Ban San San

Knat

Ban Charat

599m

Ban Ta Tum

694m 663m

671m

ࣉࣜ࢔࣭ࣦ࢕࣊࢔ Parsat Preah Vihea

677m

îȸ᲼

483m

࢔ࣥࢡࣟࣥ

Phum Phaav

Phum Chning Trapeang Tou

Angkrong

ࣂࢡ࢔ࣝࣥ

࢔࣭ࣥࣟࣥ࣋ࣥ Anglong Veng

Phum Be

Bak Anlung

Phum Tradev

Kantuot Samraong

P R E A H

Prey Phdeu

126m

Kamprak

Rum Chek

V I H E A

Samrang

Kulen Prum Tep

Char

Choam Sre

Anhcheang

448m Sre Kandal

122m

Skov

Phum Thmei

Prey Veng

Kh

177m

207m

Varin

Lvea Krang

Kouk Kandal

Sen Chet

298m 325m

394m

S I E M

385m ࢡࣂ࣮࣭ࣝࢫࣆ࢔ࣥ ࢳࢣࢵࢺ࣭ Kbal Spean ࢳ࢙ࢵࢡ 275m

Banteay Srei

ࣂࣥࢸ࢖࣭ࢫࣛ࢖ Banteay Srei Peak Snaeng

272m

ࣉࣀ࣭ࣥࢡ࣮ࣞࣥ

ࣉࣀ࣭ࣥ࣎ࢵࢡ Phnum Bak

Khnau Pou

ࣂࢥࣥ

Chrong khneas Floating Village

Floating Village

To Battambang

ᐱ⇽⇴∙∀∙

To Phnom Penh

Prey Chhkar

Ta Yaek

6 6

ᅜቃ 㐨㊰㸦ᅜ㐨㸧 㐨㊰

ᕷ⾤ᆅ

Ruessei Lok Toap Siem Sangvaeuy

Thnal Dach Peak Spea

6

Kouk Thlok Leu

Pongro Kraom

Pou

ୣ㝠࣭ᒣ † 㞵ᏘᾐỈᆅᖏ ᾏᢤ㹫௨ୗ

Dam Daek

Kien Sangkae

Ta Seng

373m

Pongro Leu

Bat Dangkao Dan Run

኱ࣉࣜ࢔࣭࣮࢝ࣥ Prasat Kham

Khvav

Pou Ring Samraong

257m

249m

Koul

Popet

kampong khleang Floating Village

ᐱ⇶⇩⇥∙⇶∙

443m 226m

Rovieng

Chan Sar

Thlat

Kampong Phluk

454m

࣭࣓࣋ࣥࣜ࢔

Prasat Boeng Mearea

183m

6

ࣉࣀ࣭ࣥࢡ࣒ࣟ Phnum Kraom

456m

Sdau

Trayang

Trapeang Rou

Damrei Koun

Kantreang

Chreav Wat Bakong Roluos

Phnum Kraom

Svay Leu

Boeng Mealea ࢳࢣࢵࢺ࣭ࢳ࢙ࢵࢡ Koul Thmei

Preah Dak Trach ࢔ࣥࢥ࣮࣭ࣝ࣡ࢵࢺ

Phum Boeng

487m

110m

482m

435m

Anglong Thum

Tbaeng Rumchek Run Ta Aek

Sambuor

kdak

Ta Siem

Khnang Phnum

Khnar Sanday

すࣂࣛ࢖

501m

454m

ࢳࢣࢵࢺ࣭309m ࢳ࢙ࢵࢡ

Leang Dai

Moreal

Phnum ‫׎‬ᇌπ‫ט‬ Kulen National Park

Chob Ta Trav

Nhong

Samlanh

R E Kantout A P

327m

࢔ࣥࢥ࣮࣭ࣝࢺ࣒ Angkor Thum

533m Chhok

Khna Krau

404m

Svay Chek

Kulen

Kaoh Ker ࢥ࣮ࢣ࣮ Prasat Kaoh ker

Se Noy

ࢳࢣࢵࢺ࣭ ANKOR WAT Krabei Fiet ࢳ࢙ࢵࢡ ࢩ࢙࣒ࣜ࢔ࢵࣉ Srangae Siem Reap

ge

Ban Don Ao

Thailand ࢱ࢖

Ban Lantoe

g

Nhoar

Ban Chamnan

Khun Han

447m

oes

Kan Tha Ra Lak

Ban Rho Kasang

Phu Sing

Ban Changrong

E

㸨Dam Daek

⛣ືୖࠊ┠Ᏻ ࡜࡞ࡿᆅྡ

ᮧⴠ Sambuor 㑇㊧

ᾏᢤ㹫௨ୗ ᾏᢤ㹫௨ୗ ୣ㝠࣭㐃ᒣ Sakran

ᅜቃ௜㏆ࡢ⃰⥳ ࡣᓴ࣭ᛴᩳ㠃 Chitang

ᐱ⇽⇴∙∀∙ To Phnom Penh

Produced by: G-Production

Phnum De


プリアヴィへアでの宿泊  カンボジア領にも一応宿泊先はあります。と、言ってもいわゆるゲスト・ハウスですが、 カオサン・ロードやシェムリアップにあるようなゲスト・ハウスを想像して行くと、とんで もない目にあいますので、宿泊される方は、旅慣れしている方以外にはお勧めしません。宿 主は「当然」英語は話せませんのでドライバーや旅の同行者(ガイド等)に通訳してもらうか、 筆記でコミュニケーションを取る覚悟が必要です。まあ、山小屋に泊まるようなものですが、 最初から覚悟して行けば意外に清潔感があり、夜は「寝る」だけですのでこれで十分な気にさ せてくれます。宿泊する場合にはツー・パターンあり、 山頂のタイとの国境入口近くと山の麓にゲスト・ハウス があります。しかし、先にも述べている通り山小屋のよ うなゲスト・ハウスですので両方ともシャワーなども当 然ありません。写真のような大きなプラスチックの容器 に水が溜められておりそれを使って水を浴びる事になり ますので不潔な環境が苦手な方には耐えられないと思わ れます。ちなみに今回、山頂のGHに泊まりましたが、宿 主から「水は貴重だからあまり使わないで」と言われま した。道中の写真を見ていただければ お分かりの通り、カンボジア側から山 頂に物資を運ぶのは至難の業です。 (これも山頂にタイ製品が多い理由の ひとつです、タイの製品自体も質がカ ンボジアの物より良いので当然ではありますが…)料金は麓が安くて$5程、 山頂は一泊$10で当然朝食は付きません。山頂は部屋数が少ないため、行か れる場合には事前に予約する事をお勧めします。

食事について  国境が開かれているのであれば、朝食、昼食とどちらでもタイ側の市場で一度は食べる事 をお勧めします。タイ側での支払いは殆どタイ・バーツになります。ドルは取り扱ってくれ ませんので、事前にカンボジア側の両替所でタイ・バーツに両替する事をお勧めします。こ こではタイ風焼きそばや様々なタイ料理が食べられる上、市 場にはタイ製品が売られており、品数は少ないが見ていると それなりに楽しいものです。近くでマッサージの看板もあり ました。(タイ・バーツへの両替は遺跡付近図⑦の土産屋で 可能です)  カンボジア側ではお土産屋やGH側の屋台で地元のカンボジ ア料理を楽しむ以外にありません。と、言ってもチャーハン や鳥の唐揚げなどの食べ慣れた料理もあるので問題ないと思 われます。気になる人はシュムリアップからパンでも持参し て対応すしかありません。ビール、コーラなどの飲料水は豊 富に売られているので心配ありません。兎に角、国境線なだ けにタイバーツが日常的に使用されており米ドルは分が悪く、 屋台のタイ人のお姉さんに聞いても米ドルならカンボジアの リエルの方が良いという事でした。この辺ではクメール語が堪能なタイ人、そして、タイ語 が堪能なクメール人も当然いて、些細な事でも「国境」を感じさせてくれ、やっぱり国境越 えは楽しいと思わせてくれます、カンボジア側から入るならやはり一度はタイ料理を食べて みるべきでしょう。 山頂GH PONLEU PECH MEANLEAB GUEST HOUSE

TEL;012-472795、012-1915850 ADD;KOR1 VILLAGE KHAN DITRICT PREAVIHEA  PROVINCE

麓GH PHNOM PROP GUEST HOUSE(写真参照) TEL;なし ADD;なし

注意点;さすがに国境と言う事もあり携帯電話の電波 は繋がりにくく、急にタイ側の電波かカンボジア側の 電波しか受信できなくなり電波が混線することがよく あります。ちなみに山頂のGHにいる時は、3機中、2 機はカンボジア側の電波は入らず、表示がタイの電話 会社のものでした。 しかし、遺跡内、特に中央祠堂付近では全ての電波は カンボジア側のものでした。


シェムリアップ

SIEM REAP

Travel Triangle トラベル トライアングル 現代史の旅 No2    「もはや戦後ではない」 ヘッドラインニュース 信頼の ホテル・レストラン・お店・会社 D.A.C. お勧めアフタヌーンティー 市場案内図

www.discovery-asia.com


-現代史の旅2- もはや戦後ではない

タ・モック邸からの眺め、何とも言えない幻想的な空間が広がっていた。

「彼等は何も知らない」

美しくも荒んだ風景

 2階のバルコニー付の広間に

 タ・モックの邸宅・2階のバルコニーからは、蓮

掲げてある大きなカンボジア全

の花が咲く湖沼が見渡せる。邸宅はアンベンロンの

土の地図を見ながら、「ここは

街のロータリーから北に向かって車で5分ほど、湖

バッタンバン、こっちはポーサッ

沼の散在する湿地に岬のように突き出た低い丘の上

ト」と語りあっていた一団の若

にある。邸は二棟・二階で、ともに出入口側は石積

者たちが去った後、同行の若い

みの壁で、窓はなく、2階だけが背後の湖沼に向かつ

カンボジア人が呟いた。「彼等

て大きく開けている。蓮田の向うに葉を落とした枯

は、何も知らない。」ここは、

れ木のような樹木が立ちつくす、美しくも荒んだ風

ポル・ポト派軍司令官で、その

景が広がる。模範とした中国の自力更生よりも速く、

残忍さで知られていたタ・モッ

一躍、「階級なき平等な社会(共産制)」に移行する

クの邸宅。ポル・ポト政権下、

と豪語したポル・ポトの夢、それは悲劇のあふれる

人々はタ・モック(モックおじ

現世からの跳躍を誘う美しい夢であっても、そこに

いさん)ではなく、ア・モック

人間の姿を見ることはなかった。晩年、ポル・ポト

(悪魔のモック)と秘かに呼ん

は隠者のような生活をおくっていたという。彼の無

で恐れていたという。

残な夢が、眼前の風景に重なってくる。

旧ポルポト派支配地を行く タ・モックの家に書か

 1999年8月、プノン・クーレンに行ったことがあ

れていたプリアヴィヘ

る。当時はクーレン山に関するガイドブックもなく、

アの絵。彼等にとって

小滝とプリア・アントンという涅槃仏を訪ねるだけ

も「聖なる寺院」はアン コール・ワットと同等の

ねはん

だった。周辺に地雷が残っていると言われ、恐る々

価値があったのだろうか?

の旅だったが、多くのカンボジア人が参詣している

写真の若者はカンボジア

のに驚いた。山麓の政府軍検問所で入山料を取られ、

人観光客。

山上の駐車地では自動小銃を肩に下げたポル・ポト 派の少年兵の検問を受けた。当時、プノム・クロム


まさに殺伐とした風景である、蝶々を追って行けばそこ は地雷原かも知れない。絶対に行ってはいけない。

 堕ちたユートピア  タ・モック邸に一体のアンコール

素晴しい山岳道路。道の先はアンロンベンの街。この道路はタイの支援で開通した。

期と見られる像があった。知るとこ ろによれば、ポル・ポト派の軍司令

の中腹には高射機銃、プノン・ボック麓には政府軍 駐屯地があり、野砲が据え付けられ、ソ連製の戦車 が数台あった。地元の人から「けして一人で行かな いように」と注意された。  1999年と言えば、ポル・ポトを火葬する衝撃的な 映像が世界に流れた翌年である。あれから7年、私 たちが向かったアンロンベンは、南西部の街・パイ リンと共にポル・ポト派最後の拠点であった。  バンテアイ・スレイ遺跡から先は、赤茶けた土埃 を舞い上げる未舗装の道で、周囲は森を焼いて畑地 にした荒涼たる風景が続く。途中、熱帯樹の覆い茂 る深い森に入る。赤茶けた焼畑開拓地と背後の疎林 を見慣れた眼には緑が沁みる。森を流れる小川には はね 蝶の乱舞が見られた。翅を閉じると焦げ茶に白い斑 紋の見られる蝶だが、舞い上がるや、宝石のような る り 瑠璃色に輝く。オオムラサキほどの大きさだが、輝 く瑠璃は光沢がある。 きら  道は真直ぐ森を横切り、両側から森の樹木が迫る。 光沢のある瑠璃色に煌く蝶たち ここは、プノン・クーレンとクバール・スピアンを 結ぶ線がアンロンベン防衛の最前線とすれば、格好 の第二防衛線となっていたと思われる。『蝶を追っ て森のなかへ』と、牧歌的な気持ちになれないのは、 標識はなくとも道沿いの森に地雷が残されているに 違いない、と思うからである。  シェムリアップから四輪駆動車に乗ること約3時 間、アンロンベンに着く。昼下がりの街は静かな田 舎町で、ロータリを中心に東は遠くメコン河港へ、 北はタイ国境へ道が向かっている。 旧ポルポト派支配地を行く

官タ・モックの家から60点余の文 化財が見つかった、とのことである。 政府軍によるタ・モック逮捕は、ダ ンレック山中で、1999年である。お そらく文化財の発見は、前年にタ・ モック等の指導部へ反乱した部隊に 呼応した政府軍がアンベンロンを占 領した時ではないかと思われる。タ・ モック邸に残されている像はその内 の一体ではないか。ポル・ポト派の 資金源としてパイリンの宝石採掘と 材木密輸が知られていたが、この発 見によって同派がアンコール期の古 美術品の密輸にも組織的に関わって いたのでは、と疑われるようになっ た。  ポル・ポト政権時代(1975~79年)、 遺跡の破壊や文化財の略奪は少なか ったが、その後の内戦時代に遺跡の 多くが人為的に破壊・略奪された。 政権時代に貨幣を廃止し、都市住民 を追い出し、強制労働や餓死・殺戮 を引き起こしたポル・ポト派であっ たが、汚職・蓄財には無縁であった。 だが、内戦期には指導部にも腐敗が ひろがっていたように思える。依っ て立つ理想を失った姿である。


真直ぐ北に向う舗装道路、10分

末、三人はポル・ポトを拘束する。

森で、積み上げられた薪の上に

ほどでタイと国境を分かつダンレ

4月16日、タイ軍情報として、

横たわるポル・ポトの遺体の背

ク山脈へ。ゆるやかなカーブを描

「ポル・ポトの死」のニュース

後に数人の少年兵がいたように

く登坂道で眺望がよい。山上の平

が世界を駆け巡った。

憶えている。20世紀後半の最大

坦地に入り、真直ぐ進むと国境の

 一枚の写真を見ながら、はっと

殺戮と言われたポル・ポト時代、

ゲートに到る。この間、わずか15

した。その写真は紛れもない、あ

その代名詞の死であった。三人

分。既に道路の両側の開墾地は国

の「タ・モック邸の2階」で写され

の幹部の誰一人参列しなかった。

境貿易を睨んで買い占められ、柵

たものだ。若者グループが談笑し

 舗装道路から外れて、右折す

がいたるところに見られる。街の

ながら指差していたカンボジア全

ると誰もが予想外に戸惑った。

雑貨屋にもタイ製品があふれてい

土の地図、その右側に描かれた稚

埋葬地は森どころか、道路から

た。

拙なアンコールワットの絵、1階

も見渡せる。直ぐ近くには住宅

一枚の写真

会議室と名付けられた部屋には、

さえあるではないか。暗い森の

 ここに一枚の写真がある。大き

同じ描き手の「プリア・ヴィヘア」

埋葬地は、或る意味で神秘的で

なテーブルに果物を盛り付けた皿

の絵があった。

すらあった絶対の指導者ポル・

とティッシュの箱、小型カセット

 2006年7月、タ・モックが死ん

ポト(彼が本名サロト・サルで

録音機、テーブルの向こう側の籐

だ。それを待つかのように国際法

あることさえ、長い間知られな

椅子に腰掛けている三人の初老の

廷の準備がプノンペンで始まった。

かった)の死に重なる。火葬後、

男たち。左からキュー・サムパン、

覆いをかけた木の葉屋根は、トタ

ヌオン・チア、タ・モック、ポル・

ポル・ポトは ネアック・ターになった?

ポト派の大幹部たちである。1997

 タイ国境カンボジアゲートから、

柵が設けられ、傍らに木製のネアッ

年、インタビューを受けていた時

150mほど手前、舗装道路から右

クターの祠が建っていた。それは

の写真であろう。

手・東20mほどの所にポル・ポト

何とも言えぬ白々しい光景であっ

 翌年、アンロンベンで指導部に

の埋葬地がある。1998年4月18日、

た。国土の半分は強制収容所、残

対する反乱が起こり、呼応する政

ポル・ポトの遺体が火葬された。

り半分は殺戮の地とさえ言われた

府軍に追われ、三人の幹部は北の

記憶を確かめるに、白黒のニュー

ポル・ポト時代、謳われた美しい

タイ国境の山岳部に逃れた。3月

ス動画では、辺りは鬱蒼とした

うっそう

さつりく

ンに替えられ、周囲に粗末ながら ほこら

夢は白骨に敷き詰められた。それ

わずか15分でタイ国境

サワディー カップ、アー・ユー・ ニホンジン? カッポン、 アイアム・ジャパニーズ

「え、この先がタイですか?」「そうだよ。入ってみないか?」 「え、いいんすか?」道の行き先の建物は、入管事務所。何時国境 が開かれても不思議はない。タイ人はどこへ行ってもうれしい事に 親日だった。

タイ人は嬉しい事にどこへ行っても親日だった

国境に向かう山岳道路の途中にポル・ ポト派の造った記念像が3体ある。 2体は首が故意に落とされている。 それらもネアックターになった?


は人間性への暴虐な嵐の跡にひろ

メコン河港に向う道の両側にも続

がる荒んだ白々しさである。

いている。

もはや戦後ではない

 「もはや戦後ではない」と謳っ

 「死者に鞭打つ」ことは湿潤

た1955年の経済白書、その後の日

(モンスーン)アジアの風土には

本は高度成長へ突き進んだ。今、

適さないとはいえ、それでも彼の

私たちの眼前に立ち昇る森を焼く

名で語られる時代の暴虐は、長く

煙。ついこの間まで辺境であった

カンボジアの人々の心に残るだろ

この地も、市場経済に向って大き

う。立て札にカンボジア語で書か

く変わろうとしている。

もはや戦後ではない

れた悪戯を禁ずる「歴史的な場」 という言葉と中途半端に残された ポル・ポトの火葬の場のちぐはぐ な光景、そこにいまだ重たい過去 への戸惑いをみせるカンボジアの 人々の歴史への無力感を見るよう な思いがした。同行のカンボジア 人は言葉少なくなり、ただ見つめ るだけでけして手を合わせること はなかった。  私たちは、再び舗装道路に戻り アンロンベンへの帰路についた。 既に国境近くには小奇麗なレスト ランが建設中で、山岳道路から見 渡すアンロンベンの高原の各所に 森を焼く煙が立ち昇っている。そ れはアンロンベンの街を越えて、

観光省から発行されている入場券 *ネアック・ター せいは  ヒンドウ・仏教的な世界観が制覇し た東南アジア世界にも人々の心にはそ れ以前の精霊信仰が色濃く残っている。 ネアック・ターは、タイではピー、ミャ ンマーではナッと呼ばれるもので、言 れいらく わば零落した神々で、村や家の守護神 として祀られている。

現代史の旅(旧ポル•ポト派支配地を行く) 08;00 シェムリアップ市内出発 11;00 アンロンベン到着、 11;05 タ•モック邸見学 11;35 ポル•ポト終焉の地へ 11;45 カンボジアとタイ国境を見学 12;10 タ•モック邸にて昼食(ランチ•ボックス) 15;00 バンテアイスレイ遺跡観光 16;30 ホテル到着 * タ•モック邸、ポルポト終焉の地を見学される 場合は入場料が$2掛かります。 * 遺跡観光をする場合には遺跡入場料が必要に なります。バンテアイスレイ以外の遺跡も観光 されたい方はガイドにご相談下さい。 ツアーのお申し込み、ご質問は下記まで! 日本人直通ダイヤル  E  012-1795924  dac_info@onlinn.com.kh

ロケット・ランチャー?

ジャングルを駆け回った ゲリラサンダル

ポル・ポト終焉の地

何気ない道がポル・ポトの墓へ

-看板表示Polpot was cremated  here、please  help to preserve this historical site 歴史的な記憶の跡地 ポル・ポトの火葬地 (観光省) *近辺にはポル・ポトの家もありますが 周辺には未だに地雷が埋まっており危険 です。現地事情に精通した者に案内して もらう必要があります。


D.A.C. シェムリアップ ヘッドラインニュース シェムリアップ空港、爆弾騒ぎで騒然! 「観光客を乗せたバスの中から爆弾が見 つかった!」 1月19日、シェムリァップ州国際空港の警備員 が<爆弾発見>後、当局は直ちに対策本部が置 かれた。発見の経緯は、観光客を空港に送り届 けた後、運転手とガイドが置き忘れの客の荷物を 開けたところ、爆弾が出てきたということ。驚い た2人は警備員に通報し、騒動となった。が、 この爆弾?、調べてみると木製で信管もなく火 薬の詰め物もない模造品であることがわかり、 ようやく一件落着。問題の発端は、観光客(44歳・男性)が「アキラ地雷博物館」  (アキラセンターⅢ)で購入した模造爆弾の土産物、「空港で没収されるかも」と 他の人から聞き、バスに置き去りにした物であった。地元では、「紛らわしいものを 販売するのは問題だ!」という批判がでている。それにしても、とんだ物騒な問題 が起こっ たものだ。

ポル・ポト居住の家近くで地雷炸裂で負傷。  バンテアイミァンチャイ州トゥモープーク郡のタイ 国境に近いダムレック山麓の村で起きた。 ここは、 1998-91年頃、ポル・ポトが居住した家があり、1993 年頃にはポル・ポト派の大幹部も居住していた。負傷 した43歳の男性は、仲間4-5人とポル・ポト居住の家近 くに薪を取りに来て、地雷を踏みつけてしまった。シェ ムリアップ地方のクーレン山より北方のカンボジア西 北部は1999年のポル・ポト派自壊までは多くの地域が 地雷地帯で、今でも地雷撤去作業が行なわれているが、 タケオ州にあるタ・モック邸 記事との関係はございません その多くは幹線道路沿いや人家・農地、遺跡周辺に限 られている。そのため、カンボジア西南部とともに西北部ではいつこうした悲劇 が起きてもおかしくない状況である。今だ、数十万個の地雷が放置されているの が現状である。

アジアン・スパより表彰された シェムリアップのお勧めスパ・シンタマニ  市内の中心部に位置しながら静かな環境と全18室と言うプライベートな空間のミニリ ゾートホテル。足を一歩踏み入れるとそこは木のぬくもり、水面の輝き、そして太陽の 優しい光に包まれます。こちらのス                      パでは厳選されたタイのプロダクツ 「YTSARA(イッサラ)」を使っており、 力強く、そしてスムースにあなたを 癒しへと導きます。海外からセラピ ストの指導者を招きスタッフ指導し ているだけあり、施術の技術は確か。 宿泊客のみならず、現地在住者にも 人気のあるこちらのスパで、暑い日 差しから抜け出してひとときの贅沢 な時間を体験してみてください。


シュムリアップについに 総合病院がオープン!

KODAK

KODAK

 世界遺産の町、シェムリアップに新たにインターナ ショナルスタンダートを目指す、総合病院がオープン しました。外科、内科、耳鼻科、眼科、整形外科、婦 人科、産婦人科、歯科と、受診できる上、現在会議室 も建設中で、今後医療会議なども行えるようになる予 定。タイのバンコク病院とも提携している関係上、緊 急移送上の手続きにも抜かりはなく、シェムリアッ プでは何かあった場合には旅行者にはお勧めの病院で す。海外保険のキャッシュレスサービスも可能な上、 日本人スタッフも常駐している。保険は左記が対応可、 AIU、JI、あいおい、損保、東京海上、ニッセイ同和 *連絡先は本書トラベルインフォメーション参照

アンコール・ナショナル・ミュージアム 度重なる延期のお知らせ  シェムリアップ市内にオープン予定のナショナル・ ミュージアムは工事が思うように進んでいないようで、 度重なる延期で夏までにオープンできるかどうかとい う状況のようです。博物館については次号で詳しくお 知らせ致します。

<藤井秀 樹 写真展「愛と友情の  アンコール小児病院」>が  シェムリアップで開催  日本の写真界の第一人者・藤井秀樹氏は、アン コール小児病院が開設された1999年からカンボジ ア取材を始め、その成果は2004年出版の「カン ボジアと子供達の戦後」(丹精社)に結実してい る。このほどカンボジア伝統菓子「ノム・ノム・ トーン」を販売する<Cambodia Tea Time カンボジ ア・ティー・タイム>(日本人オーナー)で藤井 氏が過去20回に及ぶ取材のなかから20点程を厳選 した作品が展示されます。なお、展示会場では、 藤井氏撮影の写真やポストカードの販売も行なっ ており、収益金は地雷被害者の自立への取り組 みに充てられます。   日時:2007年4月24日(火)~5月23日(水) 10:00~17:00   会場:Cambodia Tea Time 入場:無料

カンボジアでお菓子作りに挑戦   ノム・トム・ムーンはカンボジアに古くから伝 わるお菓子です。一本、一本炭火を使って焼き上 げる伝統的な製法は一人で一日約280本しか焼くこ とができませんが、興味のある方には実際にお菓 子作りにも挑戦させてもらえる上、ご来店してい ただいた方には何とは無料のドリンクサービスま であります。フリードリンクには何とアサヒビー ルまで含まれているのでこれは行くっきゃない。


D.A.C.お勧めアフタヌーンティー 暑いシュムリアップの観光の合間にはアフタヌーンティーがお勧め! デラックスホテルでリーズナブルに豪華に楽しもう!

Heritage Suites Hotel シェムリアップでも隠れ家的存在のホテル、「ヘリ テージ スィート ホテル」。レセプションも兼ねら れたレストラン棟はビクトリア調の木の造り。1階 はロビー兼バー。2階が吹き抜けの開放感があるレ ストラン。モダンで上品な家具やインテリアはここが カンボジアであることを忘れてしまいそう。スィーツ が4品。スナックが4品。それぞれの味がコンパクト にそれでいてバランスよく盛り付けられている。全て が一口サイズで、いろいろ楽しめるのが嬉しい。チョ コレートムースは格別。木漏れ日が差し込む午後の昼 下がりをぜひこのヘリテージでお過ごしください。 SWEETS/チョコレートムース、マンゴームース ラズベリーソースがけ、クレープ シュゼット SNACKS / ガスパッチョスープ、スモークサーモンのカナッペ、えびのクレープ包み上げ DRINK / コーヒー、セレクションオブティー、またはホットチョコレート Address: Wat Polanka, Slorkram Village, Siem Reap 料金USD$10 Tel: (855-63) 969 100, Fax: (855-63) 969 103 (税込) Website: www.heritage.com.kh, Email: info@heritage.com.kh アフタヌーンティー営業時間 14:00~17:00

Victoria Angkor Resort & Spa フレンチコロニアル様式の素敵なホテル。インテリアの 細部までこだわっており、ホテルの中庭は青々と水を称 えたプール、そして南国の緑が目にあざやか。プールサイ ドのテラスかホテルのラウンジで頂くアフタヌーンティー は英国式とクメール式の融合で、どちらも味わえ一挙両得。 味も上品な上、雰囲気も申し分なし。午後の 暑い日ざしがウソのような静かで、心地よ い贅沢な空間と時間を味わえる 「ビクトリアホテル」。ぜひこのタイムス リップ感を体感してみて下さい。 SWEETS/クメール&イングリッシュスィーツ 各2種 クッキー  SNACKS/サンドイッチ、揚げ春巻き、 DRINK/コーヒー、紅茶、またはホットチョコレート1杯、 オレンジジュース1杯 Address:Central Park, Siem Reap,Kingdom of Cambodia TEL:(855-63) 760 428 Fax: (855-63) 760 350 Website: www.victoriahotels-asia.com, Email: angkor@victoriahotels-asia.com

料金USD$10 (+10%税)

アフタヌーンティー営業時間 14:00~17:00

Raff les Grand Hotel D’Angkor 午後のひとときを優雅に過ごすには!創業1932年とシェムリア ップ老舗のラッフルズ・グランドホテルでのアフタヌーンティーが おすすめ。英国式の3段トレーでサーブされる本格的なアフタヌー ンティーには、サンドイッチからスコーン・プチケーキと味覚だけ でなく視覚も楽しませてくれる。贅沢な午後のひとときをこのラッ フルズ・グランドホテルで過ごしてみるのはいかかでしょうか。 Address:Vithei Charles De Gaulle, Khum Svay Dang Kum, Siem Reap Tel:(855-63) 963 888, Fax:(855-63) 963 168 Website:www.raffles.com, Email:reservations.grandhotel@raffles.com アフタヌーンティー営業時間 15:00~17:30

料金USD$12 (+10%税)


プノンペン

PHNOM PENH

Travel Triangle ピュアな旅3 自然派宣言Ⅱ

トラベル トライアングル

ヘッドラインニュース

D.A.C. お勧めの一冊 風便り No1 信頼の ホテル・レストラン・お店・会社

市場案内図 寄稿:「ミャンマー旅行のススメ」 ローカル乗り物料金表

www.discovery-asia.com


ピュアな旅 No.3

自然派宣言・クラチェ編 こ いるか

 小海豚の群が水面を掠めたり、鼻を ぺりかん つきだして泳いだり、伽藍鳥が深いや こく 流れの上に羽搏いたり、鵠や鷺が人影 を見て音もなく葦の間に逃げ込んだり する・・・ *鵠(意味:白い鳥) (アンリ・ムオ著「インドシナ王国遍歴記」)

ファーム・トリップに参加  D.A.C.編修部は、カンボジア・観光省主催 のファーム・トリップに参加する機会を得た。 日程は、2007年2月24-27日の5日間。観光省 の方々の案内で、クラチェ・ウドンを訪問し た。アンコール地域だけではない、カンボジ アの魅力をもっと知ってもらおうという企画 だ。そのメインがエコ・ツーリズムに焦点を 当てた「ドルフィン・ウオチングと保護活動」 である。参加者は「観光省日本地区」代表の K氏、トラベルWebサイト経営・代表のT氏、 トラベル・ガイドの老舗出版社の編修部・ プロデューサーのT氏にD.A.C.編修部からの 計4名である。御三方はいずれも、日本にお ける旅の情報発信の最前線にいる方々である。 Webサイト経営のT氏は、大学に講座を持つエ コ・ツーリズムの専門家、出版社のT氏はそ の守備範囲が10カ国余に及ぶという旅のベテ ラン、そして観光省の先達の御三方が案内と いう願ってもない旅に編修部が同行する栄に 浴しました。


さながら遭遇戦  初めは飛沫と黒い影を追うのに精一杯であった。 み 予想を立てて波間に消えた黒い影の先、数mを凝 視め、持つこと10分。照りつける陽射しにくらく らしてくる。肌がじりじりと焼ける暑さに苛立っ てくる。と、突然、あらぬ方角に飛沫があがる。 イルカとの出会いは、さながら遭遇戦。「あっ、 出た!」今度ははっきり尾びれが見えた。尾びれ で豪快に水面を打つ。や、次は丸い身体をしなら せて、背びれがはっきりと見える。望遠レンズで 狙い定めても気持ちが焦り、一押しも二押しも遅 くなる。映る画像は、背びれか飛沫。が、ファイ ンダー越しにはっきりとイルカの胴体は捉えた。 わずかながら腹の白色も見分けがついた。ここま で来ると暑さもさほど気にならなくなる。勝手に 知恵比べと、川面に当たりをつけている。が、相 手は生き物、ここと想えば、あちらと現れる。

メコンイルカは絶滅稀少種 カワゴンドウ (和名:河巨頭。英名:Irawagi dolphin) 丸い大きな頭部 (この部分がカワゴンドウの特色) 背びれ 尾びれ

胸びれ

ふん

吻(この部分がカワゴンドウの特色)

虚心が一番 やがて、眼が慣れてくるのか。眼に身体が反応 し、手が動く。連写のシャッター音が小気味いい。 しならせた丸い胴体にぬめりを帯びた灰黒背びれ、 波間に隠れた頭部にあがる飛沫、背から尾にかけ て残る水滴のひとつひとつさえ見えてくる。ここ まで来るば、快感!である。「あっ、今度はあそこ だ。少し遠い。」見れば3・4匹の群れだ。少し小 さいのは子どもだろうか。次はどこだ!?もはや み 予想ではない。凝視める先の視界を広げればいい ざる のだ。「出た!」笊を被ったような特徴ある頭部 を確かに撮った。いつしか虚心になっていた。今、 エコ・ツーリズムの醍醐味を味わっている。  ここは、メコン河港・クラチェの街からメコン 川東岸の道を車で北上して30分、カンピ・イルカ 保護区。カンボジアではエコ・ツーリズム草分け の地である。

イルカの生息は、大陸の大河川 では一般的であった   イルカ(海豚)といえば、海に棲むものと日本 人は思いがちですが、昔から大陸部の海につなが る大きな河川ではイルカの生息はけして珍しいも のでは、ありませんでした。 河川や沿岸部に生 ふん 息する吻の長い原始的な特徴を残したカワイルカ (river dolphin)は、古生代には南北アメリカの東 西海岸や日本にも生息していたが、現在は地方種 4種(ガンジス、ヨウスコウ、アマゾン、オリノコ・ カワイルカ)が生き残っている。一方、アジアに は河川に生息する別系統に属するイルカであるカ ワゴンドウ(河巨頭、学名:Orcaella blevirostris) も知られている。カワゴンドウは、19世紀半ば、新 種として報告された種で、外観がシロイルカに似 ているが、マイルカ科に分類されている。

メコン・イルカはカワゴンドウ メコン・イルカはカワゴンドウ  揚子江やガンジス川生息のカワイルカが知られ かわいるか ており、その和名:河海豚からメコン・イルカも カワイルカと誤解しがちであるが、種はカワゴン ドウである。それは、学名:brevirostris が「短い ふん 吻」を意味しているように、長い吻を特徴とするカ ワイルカとは明らかに形態を異にしている。メコ ざる ン・イルカは、掲載写真のように笊をかぶったよ うな大きな頭部、短い吻である。  カワゴンドウは英名:Irawaddy Dolphinという ようにガンジス、エーヤワディー(旧名:イラワ ジ)、メコン川など東南アジアの河川や沿岸部に 生息してる。特に大河川では、 河口から1000㌔ 近くの上流まで分布しており、それぞれの生息域 *参照 でその一生を終える。

信仰がイルカを守ってきた 信仰がイルカを守ってきた イルカの人なつこさはよく知られている。海洋 で船と伴走するように泳ぐ群れも見かける。古代 ギリシアでは、神々の供であったり、人間の救い 主でもあった。原始キリスト教時代にも預言者ヨ ナはイルカに救われた。  カワゴンドウの英名由来のイラワジ川の漁民は、 「イルカが漁を助ける」と信じ、殺すことはなかっ た。また、ラオスでも民俗信仰によって保護され てきたという。ならば、ラオス南部のチャン・パ しんろう サック地方を発祥とする「真臘(漢文資料 チェ ンラ王国)」を創始したクメール民族もまた、同 様の信仰を保持していたように思える。 *メコン・イルカを海に運んでも死んでしまう。逆もまた同じ。  長い進化の過程でそうなった。


保護活動は豊かさへの復活  環境保護にとって最も危惧されるのは、生息 数と棲息範囲である。河口から約500㌔でラオス と国境を接するカンボジア領メコン川で生息が 確認されている地域は、ほぼ2ヶ所。いぜん、保 護対象としては危機的である。

荒んだ心がイルカを追い詰めた

ボートの先端には白イルカが描かれている

荒んだ心が、イルカを追いつめた。僧侶を強 制還俗させ、寺をあえて処刑場にしたポル・ポ ト時代、イルカと共棲する信仰も失われてしま った。内戦終結から10年、ようやく国も落ち着 きを取り戻し、人々も心にゆとりを持てるよう になった。

保護活動は多岐にわたる

街中ではどこかしらイルカの看板等を見かける、やはりここはイルカの街だ

クラチェ近郊の古寺を訪ねているとムオの描いた150年前に迷い込んだようである

 1996年、日本のNGOがいち早くクラチェの将 来との関わりでイルカの存在が重要であること を訴え、クラチェ州もまた保護区を設けた。が、 保護区を設けてもイルカへの脅威が絶無になっ たわけではない。保護区をネットで仕切るわけ にいかない。事実、現在の脅威の第一は、魚網 にかかって溺死することである。そこで、州で は、大型魚網の使用を禁止し、そのための監視 活動も行なっている。また、生息域の保護・拡大 には、生態系を維持する環境保護が欠かせない。 それは、漁業のような直接的な脅威の他、ダム かんがい や灌漑水路の造成、森林破壊や採鉱、舟運や無 秩序な観光等、地域開発と関わるものである。 2005年、「メコン川イルカ保存プロジェクト」 (CMDCP)が世界自然保護基金(WWF)との協力の 下に活動を始め、カンボジア政府もまた野生生 物保護協会(WSC)と連携してメコン川イルカ保 護戦略を実施することになった。私たちFAM トリップ一行が訪れた州・漁業局にはかつて JICAの専門家が指導に当たっていた。そこには 啓発用のパンフ類や写真・ポスターが掲示され、 日本語の資料も見られた。

エコ・ツーリズムは参加型の旅  州当局はイルカとの共生による地域活性とし てエコ・ツーリズムに本腰を入れている。公園 整備と啓発看板、観察ボートの料金統一と安全 対策等で、2007年現在、1日平均40人余の観光 客を迎えている。「100%見える」を謳い文句 にした旅行社のHPもあるが、確かに私たちも 1時間ほどで、10数回のイルカの浮上を目撃し た。私たちがイルカに魅入る時、自ずと保護活 動に参加する仕組みがエコ・ツーリズムなので ある。

民俗の心の復活が豊かさへ 啓発活動に「絵」は欠かせない、それが地元の人への配慮となる

だが、エコ・ツーリズムがマス・ツーリズムの まん 代替ならば、お金持ちのお遊びで拝金主義を蔓 えん 延させるだけである。行政主導や旅行社主導の


環境保護は、ともすれば、地域住民から浮き上 がる。ここイルカ保護区で配布されている啓発 パンフ(英文)に重要の一項が記載されている。 「環境教育に僧侶を参加させること」  カンボジアの人々にとって公共的な活動やその 指導において僧侶の役割は決定的である。村は 寺単位のまとまりがあって、初めて存在する。 イルカの保護は、地域の人々の慣習や意識とい う民俗の心=信仰に根付いてこそ、初めて立す る。それが、長い歴史のなかで、カンボジアの 人々が守り抜いた豊かさでもあるのだ。

中世幻想行  クラチェは、プノンペンから北上すること 330㌔、メコンの河港都市である。メコン川東 岸に沿って南北に街が拡がり、整然と区画され、 緑につつまれたこの街は、さながら庭園都市の 趣をもつ。もともとは、南北の道沿いの街村が 河港と結びつき、物資の集積場となって発展し たきたのであるが、フランス統治時代に州都と して河港近くに官庁街が造られ、都市としての 面影を見せるようになった。 官庁街は、メコ しょうしゃ ン川沿いの景勝地に立地し、広い敷地に瀟洒な しっくい か き 白漆喰の建物、熱帯樹の古木と芝生に花卉の植 樹で明るい雰囲気をつくりだしている。官庁街 から一歩奥まった所を走る道沿いには、緑豊か な熱帯果樹の農家が整然と並び、所々に寺々が いらか 甍を競う。農家の多くは、カンボジアでは旧家 とも呼ぶべき築年を誇っている。緑に埋もれる ような農家の佇まいと昼下がりの静寂さ、人々 のゆったりした動作は、あたかも中世カンボジ アの幻をみるかのようである。 街の佇まいと人々の営みの堅実さは、他に見ら れない豊かさがある。この街の近郊にメコン・ イルカの貴重な生息地が保たれたのは、けして 偶然とは思えない。 クラチェ近郊の寺々もまたよい。近年まで そ その多くは木造で、太い丸柱にタイ様式の反 りのきつい屋根を載せてはいるが、その重な きりづま りに古式の優美さが残る。切妻の屋根の下に よせむね いりも や 寄棟を付けて入母屋としたのは、クメール様 式の古風であろうか。ムオのデッサンにはタ イ様式の本堂の横に古風な僧院が描かれている。 は ふ 切妻の破風には仏伝の見事な木彫、屋根の軒 には独特の竜神(ナーガ)の木彫の飾りをつ ける。境内には、大きな広間を持つ木造の僧 院が残っている。  木陰に佇む長老の僧やかいがいしく庭掃除 わいざつ をする少年僧、都市部の寺に見られる猥雑さ がない。ここには、穏やか人々の篤い信仰心 に包まれた深みがある。 お詫び;今号で紹介する予定だった水上生活者の集落コンポン・クーレン、 コンポン・プルックと遺跡見学については次号で取り上げます。今回は観光 省との取材のため時間調整ができませんでした。どうか、ご了承下さい。

ワット・ロカ・カンダ―ルにて

現在は色が塗り替えられ、ゴールデンスゥーパーに、 数年前は見事な白色だった。ここにもシンハ像や碑文が少し残っていた

百柱寺にて 百柱寺にて ビニール袋を捨てるとイルカは餌だと思い食べてしまうが、 当然消化出来ずにそれが原因で死に至る。ゴミはゴミ箱へ!


クラチェ・ドルフィン・ウオッチング豆知識  クラチェでのドルフィン・ウオッチングは、クラチェの街から車で30分の距離にある「カンピイルカ保護 区」でボートに乗り換えてすることになる。基本的にドルフィン・ウオッチングは早朝と夕方にするのがベ スト、日中は暑い上にイルカも頻繁に水面に長時間顔出すことも少ないようである。イルカは哺乳類なので 必ず数分間に一度は呼吸をするために水面に上がってくる クラチェ周辺図 Circuit Around Kampi Area のでそのタイミングを見計らってドルフィン・ウオッチン グをすることになる。ベストシーズンはずばり乾季の12~5月 まで。特に水かさが少なくなればその分イルカも見つけや ⑥・⑦ すくなる上、雨に悩まされることもないので写真撮影をす サンボ・百柱寺 36km Temple of 100 Columns of Sambo 至ストゥン・トレン To Stung Treng るならこの時期がベスト。この時期であればイルカも殆ど 100%見ることができるだろう。が、それでは雨季には見る Sangkum 13km ことができないのかと言えばそうでもなく、雨季でも高い 確率で見ることができるので乾季中にスケジュールが合わ 24km サンダン村 なければ雨季に訪れても良い、ただしベストな時期では無 Sandan Village  プラサット・プラム いだけ、ベストでなくてもグッドな日は多い。 メコン川 R I V E R

ー観光についてー

ひんざつ

⑤ ④

カンピ・リゾート

Prasat Pram (Ruin of 7th Century)

Kampi Rezort

カンピ・イルカ 保護区

7

スヌールへ    84㌔ Snoul District (84km) コンポンチャム 220㌔ Kampong Cham Province (220km) プノンペンへ  330㌔ Phnom Penh City (340km) J 高校

7

ロカーカンダール寺へ パチャ寺

州役所 小学校 A G 銀行 D B 市場 E C 観光事務所 R F G 郵便局 R G G OTEL AP H uk G PHE H R Preach Sihano R NTE クラチェ寺 SA H mrit G 船着場 ora H HPreach S DOCK GG G 児童公園・博物棺 St. H ホテル I G ゲストハウス カンピ・イルカ  15㌔ To Kampi Dolphins (15km) サムボ地区    35㌔ Sambo District (35km) R レストラン Stung Treng Province (141km) ストゥン・トレン 141㌔ R

30km

7

New NHW

ークラチェ博物館ー

クラチェ市内 国道7号線

Old NHW 7

いや

G M E K O N

 クラチェでは朝、夕、以外の空いた時間には何ができる Kampi Dolphin のか?クラチェはイルカの街、イルカ以外には何かあるのか? プノン・ソムボク イルカ以外に何かあるかと言えば、イルカ程のインパクト Phnom Sambok ③ を与えてくれる観光場所は残念ながらありません。と、言 いますか、クラチェの「街」自体がのどかで貴重な「癒し カポ村至スヌール、プノンペン 6km Kapo Village To Snuol and Phnom Penh の空間」なのかもしれません。街中やちょっと郊外に出れば NHW 7 ①クラチェ市街 KRATIE TOWN 築50-100年の木造家屋も多い上、植民地時代の建物も残って ② チュロン地区 いて何だかのどかで味のある街です。この街で気軽に訪ね 至チュロン 120年前に造られた民家 られるお寺を紹介します。中には10世紀の起源を持ち、ポ To Chhlong (32km) が残る ル・ポト時代に破壊され、再建されたお寺などもあります。 クラチェの街から Distance from Kratie Town ③ プノン・ソムボク   Phnom Sambok  10km ⑥ 百柱寺;10世紀の起源を持つお寺、敷地内にはゴールデ ④ カンピ・イルカ保護区 Kampi Dolphin 15km  ン・ストゥパーなどもあり、アンコール朝時代のシンハ ⑤ カンピ・リゾート    Kampi Rezort 16km  像や碑文などが残っている。 ☆ サンダン村     Sandan Village 24km ⑥・⑦ 百柱寺   Temple of 100 Columns 36km ② ワット・ロカ・カンダール;古寺はクラフト・センター ☆ プラサット・プラム Prasat Pram 22km   (7世紀起源の寺)  に衣替え。メコン川沿いに宿泊施設もある。            (by New Road)  プノム・サンボク;丘の上に僧院がありメコン川が見渡 ③  せる。カンピに行く前でも帰りでも寄りやすく、ツアー  に組み込みやすい。 ⑤ カンピ・リゾート;河を堰き止めた天然プール。泳ぐのに抵抗がある人は川辺でハンモックに揺られて  夕方までのんびりするのも良い。カンピ保護区からすぐ近く。

R

Reah Sangkum

Niyum

少しマニアックなネタになりますが、ク ラチェ市内にも実は小さいながらドイツ 人の援助で設立された博物館があります。 まつ 展示物はイルカに纏わる物が展示されて いるわけではなく、この近辺で発掘され たアンコール朝時代のレリーフなどが展 示されており、遺跡好きには良い時間つ ぶしになり興味深い。しかし、この博物 館は常に見学が可能というわけではなく、 事前に担当者に連絡を入れて予約をする 必要があります。関係者が不在なことも 多くタイミングを外すと見学する事が出 来ません。興味がある方は事前にプノン ペンの観光省に問い合わせるか、NEW  SAIトラベルに確認して予約することをお 勧めします。ちなみに博物館の規模は大 きくありませんし、電話番号等も公表さ れておりません。展示物も少ないので20 分もあれば充分でしょう。


6

クラチェ北方36キロ、百柱寺にて

6

眼を凝らせばイルカが見える

4

5

河を堰き止めた天然プール

シンハ像、かなりの年代物

博物館にあったリンテル

じゃれあう三頭のイルカ達

10世紀起源を持つ寺、ポル・ポト時代に破壊されたが再建


静かなメコン河の流れを見下ろすように佇 む「レ・ルレイ・ドゥ・チュロン」。ここは プノンペンから車で4時間半。このホテルが建 つ「チュロン」という町はガイドブックに名 前すらのっていない小さい田舎町だ。クラチェ へと伸びる国道7号線からメコン河沿いに入っ しょう た小道を進むとフランス統治時代の名残の瀟 しゃ 洒なコロニアル調の建物が現われる。この建 物は1916年に建てられ、幾人かのオーナーを 経て、今年の1月、フランス人オーナーの手に よりホテルへと改装された。 客室は白を基調にナチュラルな家具と時代 を感じさせるアンティークな装飾品。エアコ ンなどは無用。窓を開け放ち、太陽の光を客 室に招き入れ、バルコニーに立ってメコン河 からの涼やかな風を胸いっぱい吸い込んでみ よう。バルコニーからはホテル内に設けられ たプールと、水面をゆらす太陽の光まばゆい メコン河が望むことが出来る。ここ「レ・ル レイ・ドゥ・チュロン」はエコツーリズムと して有名なイルカの町「クラチエ」までは車 で約40分と隠れ家的なプチ・ホテル、カンボ ジアのホテル事情もだんだんと面白くなって きた。


Le Relais de Chhlong

ADD : Mekong River side, 100m from the Pagoda Chhrong Kratie Province Tel : 012-501-742, 012-617-586 Email :champeyinn@mobitel.com.kh Web : www.champeyinn.com

客室数6室    タイプ:DLX 2室(DBLのみ)/$100 エアコン、   ホットシャワー(R/V)  セミDLX 2室(DBL/TWN)/$80 エアコン、 ホットシャワー   STD 2室(DBL/TWN)/$40 ファン、 ホットシャワー 施設;プール、レストラン クレジットカード;不可

し にせ

クラチェ市内にある老舗的 なホテル。立地も川沿いで 回りにはレストランも多く お勧め。改装工事を得て部 屋数も60室に増えた。早朝 にリバーサイドを散歩する そうかい だけでも気分は爽快。館内 のレストランは質素だがこ の辺りだとレベルは悪くない。

SANTEPHEAP HOTEL Address: River side Road, Kratie Province. (20mn to Kampi, dolphin wacthing place) Tel: 016 703 580 Tel/Fax: 072 971 537 客室数60室 (エアコン、ホットシャワー 40 室:ファン20 室) 施設: レストラン 宿泊料;USD$5~$20 クレジットカード: 不可


D.A.C. プノンペンヘッドラインニュース いまだ、海外旅行は高嶺の花 2006年、カンボジアからの海外旅行者が30万近くになったという。また、 国内行楽地を訪れたカンボジア人は延べ500万人を超えている。一方、 海外からのカンボジア観光に訪れた人は約170万人と、年々増加している。 海外旅行に出かけるカンボジア人の出費が一人当たり平均700ドル近くとなっ ているが、一人当りの国民所得が年400ドル前後であることから、多く の人々にとっては、いまだ高嶺の花である。

観光立国はサービスの質を高めることから トン・コン観光次官は1月12日に行 われたパイリンスーベニアショップの パーティーに出席し、外国人観光客は 旅行中の出費の20%をおみやげ物の購 入に充てていると述べた。2006年の統 計によると、カンボジアを訪れた外国 人は170万人で、2005年度比35%増であっ た。3日3晩の旅行の場合、観光客は1人 平均700ドルを使っており、2006年度 の観光分野からの歳入は15億ドルで あった。また観光分野に従事する労働者の数は20万人である。トン・コン次官は、「縫 製産業は縫製技術者だけを養成することで成り立つが、観光産業はホテル、レストラ ン、タクシー、ガイド、販売などの様々なサービス業から成る分野である。よってサー ビスの質を高める努力が必要である」と述べた。

サンボー・プレイクック遺跡の早大遺跡調査、5年間延長  サンボー・プレイクック遺跡は、ガイドブックでも紹介されている寺院地区の 遺跡の西部に大規模な都城の跡が残っていることは、ランドサッドの映像から も見ることができる。1998年、早稲田大学遺跡調査チームは、都城地区で祠 堂跡のいくつかを確認している。遺跡の保存・管理は古くから神聖な地として 周囲の村人たちによって行なわれてきており、早大チームもこうした村人の自 治組織の協力を得ながら、調査活動を行なってきました。このほど、早大遺跡 調査チームは文化芸術省との間で、さらに5年間(2007-12年)遺跡調査を継 続することに合意しました。サンボー・プレイクック遺跡は8世紀の遺跡で、寺 院地区と都城、さらに周辺地区に大小280余の遺跡があると言われている。 カンボジア政府は2007年度、アンコール遺跡群に続いてプリアヴィヘア遺跡 を世界遺産に登録されることを願っており、サンボー・プレイクックも第三の候補 として遺跡の重要性に着目している。そのためにも詳しい調査が望まれている。  


秘境ラタナキリ・観光客が増加。  2007年1月「野生の娘・発見!?」で世界の耳目を集めたカンボジア・ラタナ キリ州、手つかずの自然や少数民族の生活を求めて、観光客が増加している。 2005年度5万人を超え、2006年度には7万になり、そのうち外国人観光客は1万人 近くとなった。 ラタナキリへの陸路ルートは大幅に改善されてきた。現在、 コンポンチャムからクラチェの国道7号線は完全舗装化され、途中のスクン の街までの沿線では、ゴムや根菜類のプランテーション(熱帯作物農園) の開発が一段と進み、商品農業化が著しい。プランテーションでは、農地 開発と管理は地元農家、作業は雇用労働者という企業化が進んでいる。ま た、国道7号線はモンドリキリ州に大きく迂回しており、最も近い所では ベトナム国境数キロという所を走っている。また、クラチェとストゥン・ トレインの悪路(以前は7時間余)も改装され、残りはバンルンまでの道の 改装を残すのみとなった。こうしたことが、観光客の増加につながった。

ベトナムからも観光客の誘致を強化したい カンボジア観光省はこのほどベトナムのホーチミン市 で開かれた「INTERNATIONALTRAVEL EXPO HO CHI  MINH CITY」に参加し、カンボジア観光をPRした。 カンボジアとベトナムの政治・経済面で協力は進んでい るが、相方の観光誘致という面では立ち遅れがあった。 カンボジアは、空路・陸路(国境開放2ヶ所)・水路とも に開放の幅を広げているが、ベトナムから観光客の誘致 活動は充分でなかった。今回のEXPOを機会にPR活動 を拡げ、国境を接するラタナキリ州の観光開発を進めて、 ベトナムから観光客の誘致を強化したいと考えている。                 (観光省担当の談話)

ベトナム自転車レース大会にカンボジアの協力を要請  4月10-30日に行なわれる自転車レース大会に関して、ベトナムの自転車 レース準備委員会は、カンボジア当局に対してレースコースを確保とカン ボジア人選手参加に関する協力要請を行なった。競技はホーチミン市-カ ンボジア国境間の往復コースで行なわれ、参加選手はベトナム人はもとよ り、欧米人だけでなく近隣アジア諸国から選手参加のための招待枠を設け、 カンボジアから選手参加を募っている。 *左記の写真は本編とは「まったく」関係ございません。

アンコール・エアウェイズ就航路線拡大のお知らせ  日本からのチャーター便で日に々存在感を増しているアンコール・エア ウェーズが新たに5月8日より就航路線を一気に4箇所拡大しました。  拡大されたのは、次の路線です。  プノンペン~昆明、プノンペン~高雄、シェムリアップ~昆明、  シェムリアップ~成都便。                  (別ページタイムテーブール参照)


D.A.C. お勧めの一冊

 カンボジア

ージャン・デルヴェール著ー

 ーかつてカンボジアを訪れた人々は、この国に生きるよろこびが満ちている   のを感じてきた。貧しいのになぜなのか。これは人々の心がみたされてい   るからにほかならない。ー(本書・冒頭の言葉) へんさん

 冒頭の言葉を受けて、身体が震 「歴史」・「地理」の編纂が多くの えほどの感動を覚えたことがある。 国で行なわれてきた。日本では、 訳者:石澤良昭氏が「あとがき」 その初めは『風土記』の名で知ら で述べるように小冊子(新書版) れているように、「地誌」は風土 ながら、著者の<万感を込めた書> と伝説、世態・人情からその地の である。カンボジアに生きる人々 産物等との関わりが記されている。 に愛情を抱く者ならば、この学術 本書もまた、カンボジアの「自然」 小冊子は深い味わいを持って胸に から「アンコール王朝の歴史」、 迫ると言っても、けして過言では 「1970 年代以前の農業生活」、「社 会」、「現代史(1953 ~ 1991 年」 ない。 を順に扱い、結びに「未来に希望  著者は、『カンボジアの農業』 という大著をもって知られるフラ を」という章立てをしている。と ンスの地理学者である。上記の書 もすれば、アンコールの栄光と戦 は漸く近年邦訳され、今なお、農 争の悲劇で語られるカンボジアで   、 民が8割近くを占めるカンボジア はあるが(それも一面では正しい) で、研究に携わる者にとって必読 そこに暮らす人々の喜びや魂の在 り様に眼を向けることは少なかっ の書となっている。  地理は「地誌」に極まると言わ た。本書は、人々の営みが長い歴 れるように、古代から統一国家の 史の歩みを継承しながら現在に至っ 完成期には、国家的な事業として ていることを地誌の記述を通じて

明快に語ってくれている。  1996 年、本書は白水社の<文 庫クセジュ>の一冊として刊行さ れた。クセジュという名は、フラ ンスの原出版社が掲げる「人間精 こうまい 神のもっとも高邁な働きによびか ける」という刊行意図で知られて いる。まさに、著者が序文で述べ る「貧しいけれど、仏教を拠りど ころに精神の平安を得た民族。そ の『生きる術』とは何か、その答 えこそがこのカンボジアにある。 」と いう本書記述の意図に重なるのです。

カワイルカが帰ってきた? エミリー・ロディッシュ著  政府筋によれば、絶滅が危惧されているイラワジカワイルカの個体数 がある程度回復の兆しを見せているとのことです。カンボジア政府のイ ルカ保護委員会の責任者、トウチ・セアング・タナ(Touch Seang Tana) によれば、現在カンボジアのメコン川に残されたイルカの個体数は150 頭~160頭。これは2005年に実施されたWWF(世界自然保護基金)の調査で 確認された個体数、100頭から増加しています。今年は20頭以上の赤ちゃ んイルカの誕生が確認されていますが、うち少なくとも6頭が死亡して しまいました。ちなみに保護委員会の調査がスタートした昨年の調査で は、20頭の新生児のうち17頭は死亡してしまったそうです。WWFのイラワ ジ保護プロジェクトリーダー、リチャード・ザンレ(Richard Zanre)によれ ば、現在のところ、イラワジイルカの個体数調査が実施できるのは4月の み。この時期は「一年で最も河水面が下がり、イルカの個体群が水深のある淵に集まるためその個体数が確 認しやすい」のだそうです。本年度のWWFの個体数調査の結果は6月頃には明らかになるそうです。カンボジ ア政府は、イラワジイルカの生息が確認されているメコン川流域およそ200kmにわたって実施された高効率の 刺し網漁の規制によって、イルカの成体個体数の死亡率を劇的に減らすことができたと考えています。一方、 専門家はこの見方に疑問を投げかけます。野生動物の個体群が短期間でそんなに大幅に増加するとは考えに くいといいます。 オーストラリアの大学院博士課程でイルカの研究をしているイザベル・ビーズリー (Isabel Beasley)は、今月初めのナショナル・ジオグラフィック・ニュースの取材に対して、イルカの妊娠 期間が11ヶ月ということを考慮すると、たった一年で劇的な個体数増加につながることは到底考えられない と述べています。  むしろ子イルカの死亡原因の方がはるかに深刻でまた謎に満ちていると、ザンレ(Zanre)は言います。そし て赤ちゃんイルカが無事に成長しきるまでは、個体群全体は重大な脅威に晒され続ける、と最後に警告をし てくれました。                                             翻訳;T.W


「カンボジア・竹と風の学校」

本校はプノンペン郊外に位 置し、日本のNGOが支援し、 カンボジア人と協力して運 営する<小学校>です。 「竹」はすくすく伸びる子 どもたち、「風」は日本と の交流を意味しています。 カンボジアの小学校課程の 教科だけでなく、英語・音 楽・図工を実施し、日本語 特別クラスを設けています。 2007年1月現在: 児童・生徒85名。教職員6名。

学校へ行かなくても

カンボジア・竹と風の学校

風たより 1

 「カンボジア・竹と風の学校」で先

 「学校に行かなくても・・・」日

ず始めたのがゴミ箱の設置でした。日

本では、<大学>をイメージする人が

本のポリバケツ程度のゴミ箱は午前中

「カンボジア・竹と風の学校を           支援する会」    本会は、公立小学校・中学校の教職 員や会社員、お母さん方の参加する日 本のNGO(民間国際支援団体)です。  本会の代表が、2003年以来「カンボ ジア・竹と風の学校」の校長を兼ねて います。      (本会創立:2001年11月)  2002年から支援を始め、本会代表が 学校に赴任するが、2004年、管理者の 閉鎖によって場所を移動し、2005年に 同じ地域で小学校部を再開する。

駄菓子屋は夢のある所だが・・・

多いと思いますが、カンボジアでは、 で一杯になってしまいます。それは、 当地の庶民の家庭の多くが、朝食をつ <小学校>を思い浮べてしまいます。 小学校 6 年間修了者が同年齢 20%を

くる習慣がないからです。主婦は、買

ようやく超えるという教育事情です。

い物がてらに市場での食事を楽しみに

識字率統計は、小学校3・4 年生で脱

しています。ですから本校の児童で朝

落した子どもたちをも換算しているの

食を済ませて登校するものは皆無です。

ですから、日本人がイメージする「読

皆、数百リエルを持って登校してきま

み・書き」と当地の実態は、大きく異

す。それでお腹を満たしなさい、とい

なります。かほどの中退者が出ること

うことですが、子どもですからお菓子

くく

を「貧困」の名で括りがちですが、一

や飲み物に使ってしまいます。本校の

概にそうとは言い切れない面が多々あ

ような小さな学校でも、学校再開して

ります。そうした面もこの「風たより」

数日なのに休み時間になるといつの間

でおいおい触れていきたいと思ってい

にか、駄菓子売りのおばちゃんが校内

ます。

で店を展げています。以前に学校があっ

ゴミはゴミ箱に

休み時間は楽しい

できたよ~

た場所では眼をつぶっていましたが、

の子どもの体格の貧弱さの所以がわか

再開後の場所ではいっさいの物売りの

ります。

 カンボジアでは、ゴミ箱を見ること

立ち入りを禁じています。他の学校で

は稀れです。先日、ホーチミン市を訪

は、そうした物売りから場所代の収入

 「ゴミ箱にゴミを捨てる」という教

れ、道路に公共のゴミ箱が設置されて

を得ており、公立学校ならなおさらで

育効果は抜群で、校内からゴミはなく

いるのを見て感激しました。一昔前の

す。

なりました。一度きれいになると、そ

ベトナム旅行記には地元食堂でのゴミ

 休み時間になると、子どもたちは一

の快適さによって、無造作にゴミ捨て

の散乱が書かれていましたが、今は、

斉に道路を挟んだ駄菓子屋に向かいま

る子は他の子から注意されるようにな

都市部や舗装道路でゴミが散乱してい

す。朝食を済ませていないですから、

りました。が、校門前からはゴミだら

る光景は稀です。カンボジアに戻るな

「買い食い」の禁止まではできません。

けです。特に駄菓子屋での買い物ゴミ

り、先ず眼についてしまうのがゴミの

初め、様子を見ていたところ、子ども

がほとんど。そこでゴミ箱を駄菓子屋

散乱です。道路事情はもとより、人が

たちの多くはアイスや飲み物にお金を

に寄贈してゴミの管理をお願いし、子

集まる所はゴミの散乱とその臭気です。

費やします。よくて菓子類です。当地

どもたちには買い食いは1回だけ、ゴミ

次はゴミの減量へ

学校も例外ではありません。プノンペ

は校内に持ち込まない、その他のゴミ

ンにある国立大学の構内もゴミだらけ

は持ち帰り指導を始めました。

です。高等教育を受ける数少ない大学

 或る日、突然、大家さんにゴミ収集

生が、平然とゴミを池や溝に投げ捨て

会社から教育施設だからと月15$の請

る姿に驚きます。まさに「食い散らか

求書。翌日、さっそく張り紙しました。

し」です。国立大学がこれですから、

『本校は環境教育を実施しており、ゴ

他はおして知るべしです。校庭に飲食

 ミは各自家庭に持ち帰っているため、

店があったり、校門前に物売りが集ま

 学校から出るゴミはありません。』

って、「買い食い」が問題ならないの

 請求書が来て3ヶ月になるが、会社

ですから、ゴミだらけになるのです。

から音沙汰 がありません。 ゴミはゴミ箱へ


ミャンマー旅行のススメ 「バガン的 素朴さ について」  唐突ですが、「ミャンマー」という国を知っていますか?御存知の方にも ミャンマーは軍事政権、スーチー女史の問題・・・などのイメージが強く、閉鎖 的で危険な国という印象をもった人が多いのではないでしょうか。それを払 拭するためにもこのコラムでは、あまり伝えられていない「ミャンマー」の 素顔や魅力を、エピソードも交えてお伝えしていきたいと思います。  ミャンマーに来られる観光客とお話すると、決まって次のような印象をお 持ちのようです。 「ミャンマーは遠い昔の日本のようだ-」。 昔の日本のイメージは人によって違うものの、アジア特有の“素朴さ”が、 そのような印象を与えているようです。もちろんこれらは、どの東南アジア の国にとってもごく当たり前の風景であり、特別ミャンマーが醸し出すもの ではありません。ただ違う点は、ミャンマー観光をする上で、“素朴さ”を 見たり感じる場面が非常に多い事だと考えられます。

漆屋で働くバガンの女の子

ミャンマーには世界三大仏教遺跡のひとつに数えられる「バガン」があります。この街は3000ものパゴダ(仏塔) が林立し、幻想めいた空間を作り出しています。建設されたのは11~13世紀と言われていますが、今もバガンの人々 の生活と密接につながっています。パゴダの周辺で牛や山羊を放牧する人、寝起きする人、炊き出しなどの生活臭に 溢れ、観光客の見世物として残っているだけではありません。言い換えれば、今も生きている仏教遺産と言えるで しょう。 バガンにある遺跡にそのような役割がある一方、未だ世界遺産に登録されない理由もまた、基本は同じと考えられ ます。恐らくユネスコが設定する遺跡保存の考え方を適用した場合、そこに暮らす人々はどうなるでしょう?どちら が良いのか分かりませんが、少なくとも彼らにとっては、決して過去の遺産ではない様です。遺跡群内に一般人も昇 れる「シュエサンドーパゴダ」があります。夕暮れ時はサンセットを見るため大勢の観光客が訪れますが、それ以外 の時間帯に昇ってみて下さい。昼でも夜中のような静寂。遠くの方で遊んでいるはずの子供の声が、すぐ近くで聞こ えてきます。小鳥のさえずりや山羊の鳴き声など、無駄 な音が一切無く、自然・遺跡・人間が一体化した、貴重 な遺跡観光が堪能できます。 バガンに関するエピソードをひとつ。数年前、ある日 本人観光客がバガンで財布を落とされました。警察に届 け出、住民も手伝って探したところ、あるミャンマー人 が保管していることが分かり、無事持ち主に返されまし た。そのミャンマー人は外貨など見たことも無く、どう すべきか迷っていたそうです。恐らく彼には、その財布 の中身の価値すら分からなかったのでしょう。自分の年 収以上も入っていた事など・・・。 パゴタ上から望むバガン遺跡

 今後はこれら魅力的な町や人々を紹介致します。ご意 見、ご質問などがありましたら、メールでお問い合わせ 下さい。 ota@saitravel.com.mm サイトラベルサービス・ミャンマー支店 太田 勝也

バガンを代表するバゴタ・アーナンダ寺院が夕日に染まる

ミラガラゼディパゴタ、痛みがひどく現在は登れない。 修復が待たれる。


R5000/1.5h

R7500/3h

R12000/5h *発着:セントラルマーケット傍ら

$4/4h カ

R16000/6h R15000/4h

ピックアップトラック

R7500/2h R40000

バス          $16/10h 豪華乗り合いタクシー   $19/ 毎日 /6:30 発 エクスプレス・バス

*時刻・発着場所等は全国地図・裏を参照

トランスポ-ト

: ① セントラル・マーケット北西側 ② デムコー・マーケット(インターコンチネンタル・ホテル傍ら)

☆青字:2007 年新着情報 列車:駅

*お問い合わせ  ニュー・サイ・トラベルまで


シアヌークビル

SIHANOUK VILLE

Travel Triangle トラベル トライアングル

D.A.C. HOTEL FRONTIER ヘッドラインニュース 旅案内 海からの便り 信頼の ホテル・レストラン・お店・会社

www.discovery-asia.com


開放感のあるエントランス、その奥はロビーにレストラン


デラックス•シーヴュー、充分な間取りで清潔感があってよい、 蚊が気になる人はテラスに出ている時は戸締まりに気をつけたい 蚊はけっこう多い。

クラブ•スゥィート

アプサラ •スゥィ−トのリビング、広さは家族ずれでもミーティン グをするにも申し分ない、フロントに頼めば無料でコーヒー、テ ィーセットも人数分用意してくれる

生まれ変わったカンボジアの魅力 かつては内戦、地雷、麻薬、売春と世界有数 のダウナーゾーンの代名詞だったカンボジア、 首都プノンペンから車で4時間の距離にあるシ アヌークビルは、プノンペン在住者の気軽な週 末リゾート地として親しまれ、カンボジア人を 始め、欧米人の間でひそかに人気が高まってき た秘密のアジアン・リゾートである。  地元の人に愛されてきたシアヌークビルにも 近年ホテル建設ラッシュが進み、今後はリゾー ト・ホテルが続々と登場してきそうである。そ んな状況の中、他に先駆けて2004年にオープン した「Sokha Beach Resorts  & Spa 」はDAC 編集部がお勧めできる数少ないリゾート・ホテ ルである。2007年1月よりシェムリアップからの 直行便も運行され、いよいよアンコールワット 以外の魅力がカンボジアにも加わり、今年は世 界中のトラベラーが注目しているカンボジアも いよいよ生まれ変わりそうな気配が漂ってきた。

テニスコートもヤシの木に囲まれて二面ある


真っ青な空と蒼い海、そして花咲き乱れ るガーデンにココナッツの木に覆われた23 ヘクタールの敷地に1500mものプライベー ト・ビーチがリゾート気分を高めてくれる。 エネルギッシュな街プノンペンや世界遺産 の街シェムリアップとは別世界の静けさに、 心がやわらぐ。  客室は大きく分けて166室の本館に加え、 10棟のビラタイプの二種類からなり、各部 屋の内装に派手さはなく、いたってシンプ ルで清潔感があり使いやすい。シアヌーク ビルでは唯一豪華なフィットネス・ジムも 有り、サウナ、ジャグジー、プール、テニ スコートにマリンスポーツでジェット・ス キーなどが楽しめる上、2006年には待望の 「ジャスミン」スパも登場した。 海側にサンセットを望めるLe Chantouレストランのサ  その一方ではレストランやロビー、バー ンセット、その雄大な光景にしばし見とれてしまう… ではワイヤレスブロードバンドが使える上、 ホテル敷地内にはビューティーサロンやク 最新リゾート•シアヌークビルへ! リニックなども運営されており、レジャー 以外の設備にも抜かりはない。更にオープ ン時には別の建物にあったシーフード・レ ストラン「LE CHANTHOU」は現在、海に面 して建てられており、雰囲気も良いので滞 在中に一度は足を運んでみたい。 2004年のオープン以来、シアヌークビルの 新しいリゾートとして欧米駐在員の間に噂 が口コミで広がり今では地元の人々の憧れ のリゾートである。

浜風が苦手な人は室内で も食べられるのが嬉しい

どこのビーチベッドよりも倍率 が高い海辺の席、部屋の予約時 に一緒に予約するのがベスト

新鮮な食材でいただくアジア創作料理


基 本 は や っ ぱ り 何 も し な い

1500mもあるプライベート・ビーチ、ここまで贅沢なプライベートビーチはなかなか無い。 ビーチ・ベッドが見つからない場合には係員に相談してみよう。ベッドを用意してくれるか、 空いているベッドの場所を教えてくれる。1500mはかなり広い。

プライベート•ビラの外観、ツータイプあるビラはプライバシー重視派には結構お勧め。 車ごとチェック•インできる。

通常のビラのリ ヴィング•ルーム

本館からレストランの間にはシャトルバスが無料 で運行されている23ヘクタールはかなり広い DATA Address: St.2, Thnou, Sangkat 4, Mittapheap District, Sihanouk Ville Tel: (855-34) 935 999 Email: info@sokhahotels.com Website: www.sokhahotels.com 客室数;全客室数176室、タイプ;SUP67室、 DLX79室、クラブ•スイート10室、エグゼクテ ィブ•スイート8室、ロイヤル•ソカー•スイー ト1室、アプサラ•スイート1室、ビラ10棟 USD $160~$1,000 カード;VISA、MC、AMEX、JCB サービス;送迎、各種マリンスポーツなど

ビーチにはサラが完備されていてタイ•マッサージが受けられる

トップ・シーズンは11~4月!!! お申し込み•お問い合わせは下記まで! 日本人直通ダイヤルTEL;012-1795924 EMAIL;dac_info@online.com.kh 今なら6月まで何と一泊USD$89!!


D.A.C.シーサイドヘッドラインニュース MANGROVE VIEW TOWER (マングローブ・ビュー・タワー)完成のお知らせ レアム国立公園のマングローブ遊歩道の先に高さ12mの展望 台が作られました。この手作りの展望台はJICAシニアボランティ アの支援により作られたもので、展望台の上からはマングロー ブ林が見渡せ、山並みも眺められて景色が良いので、レアム国 立公園に訪れたら折にぜひ登ってみてください。この日は海鷲 が空を飛び交っていてなかなか良かった。登ってみると結構高 いので、足場には気をつけて下さいね。

ターキゥ島をマレーシア系会社に 30億ドルで観光投資を許可か!?  シアヌークビル市沖合いのタ・キュ島。99年契約30億ドルで、 マレーシア企業(KSKW社)による投資開発が認可された。 (2月26日発表)KSWK社は、ホテル・娯楽施設の建設を計画 している。が、同島は、シアヌークビル市を含む半島部に近く、 美しい自然の残る観光資源として潜在的価値も高い島である。関 係者によると、投資許可の最終決定に関する調印はまだとのこと。 環境保護や今後の観光政策によって、開発に関しては今後も紆余 曲折があるかもしれない。

視界良好

人数制限あります

カーンケーン空港再開のお知らせ

空港外観

 シアヌークビルの空港が無事再開され、世界遺産の町・ シェムリアップからは現在週4便運行されています。 この日、編集部はシェムリアップより搭乗しましたが飛 行時間は何と35分でした。(予定搭乗時刻は1時間) カーンケーン空港は丁度5、6年前のシェムリアップ空港 程の規模と現在は小さい空港ですが、新しいだけに空港 内は清潔感があり、年内にはさらに滑走路を2000mに延 ばしてボーイングやエアバスもランディングできるように なる上、数年内には滑走路を4000mまで延ばして国際線 も受け入れる計画もあります。今後は首都プノンペンか らも運行が予定されてます。 (時刻表についてはタイムテーブル参照)

エックス線チェック

待合室にはレストランはなくドリンク の注文だけ可能

NyoNyumの表紙でもおなじみのステフの絵が壁一面に描か れている。お坊さんが海辺を歩いている姿は何だかホノボ ノしていていいですね。

とうちゃく~

by PMTair!


インディペンデンス・ホテル近況報告  「新春号」で軽く紹介させていただいたインディ ペンデンスホテルのリニューアルオープンが真近 に迫っており、本書が発行されている頃にはリニ ューアルオープンを果たしていると思われます。 インデペンデンス・ホテルは、フランスの建築家 M.MondetがLeroyの協力を得て設計されました。  この二人は1950年代、60年代を代表する建築家 で、他にもプノンペンはじめ多くの地域で重要な 建築物を設計しました。更に本館は元々1963年に ノロドム・シアヌーク国王がインテリアデザイン した事でも知られています。編集部がチェックし たところ全52室の客室は全て海側に面しています が、庭園には多くの木が茂っている関係上、2,3 階の部屋からは海が隙間からしか見えません。が、 各部屋の窓は大きくアルミフレームのガラスを使 用しておりデザインも良く、開放感があり快適そ うです。ホテル事情に乏しいシアヌークビルにこ のようなホテルが増えれば、ますます滞在が楽し くなりそう。インディペンデンスホテルについて は次号でも近況を報告致します。

外観は白が基調

窓が大きく開放感がありそう

完成が待ち遠しい、エントランスにて

国立公園・ケップの観光開発が進む  タイ湾に面する国立公園・ケップはその風光明媚で古くから保養地として知られていた。 かつて植民地時代、ドムレイ山脈のボコール高原とここケップは、植民地行政官僚であっ たフランス人の別荘が建てられた保養地である。  独立、その後の内戦で、ボコールの建物は廃墟 となり、海の保養地のケップも寂れてしまった感 があった。近年、道路整備も進み、在住者や欧米系 観光客が気軽に出かける観光地となってきた。そ のため、ケップでは、ホテル・ゲストハウスの建 築ブームとなっている。ちなみにホテルのオーナー にはフランス人が多いとのこと。州当局もこうし た流れを見て、観光及び投資の誘致のため、イン フラ整備を積極的に進める構えである。 お問い合わせ、ご質問はDACツアーデスクまで!  023-362590鷲田、ナック E  dac_info@online.com.kh


旅案内

カンボジアのビーチリーゾートと言えばまず思い出されるのが、シアヌークビル。近年、 道路も整備され始め、漸く旅行者を受け入れる態勢が整ってきた。年内には一番大きなコ・ ルン島にスピード・ボートが運行を始める話もあり、今までいくつかの狭いビーチに溜まっ ていた旅行者がいよいよタイへの観光客のように島へ移動しそうである。町中では現在、国 道4号線からゴールデン・ライオンまで道路を結ぶ工事も行われており、年内にはビーチ事 情も様変わりする可能性がある。カンボジアのビーチもいよいよ目が離せなくなってきた。

写真提供:ソッカーホテル

ソッカービーチ ここは、ソッカーホテルのプライベートビー チが大部分を占めている。ホテルのカフェテ リアを抜けるとプールがあり、その先の公園 のように手入れの行き届いた庭先にきれいな ビーチがひろがる。 ソカーホテルのプライベートビーチの敷地は 何と1500m、ソカーホテルの敷地外にも狭い がビーチがあり近くにはバンガローが数軒あ り眺めも良い。

レアム国立公園

オーチティールビーチ カンボジア人・欧米系旅行者に人気のビーチ。 白砂の浜が3キロ余も続く。デッキを借りて、 休んでいれば、イカの炭火焼や海老、新鮮な フルーツ、菓子類からネイル・マニキュアま で様々な人が来る。近年、浜辺近くに多くの ゲストハウスやレストランが立地している。

街から車で20分ほど国道四号線を戻った、空 港の北側の丘凌・海岸、島が国立公園。総面 積2万1千ha、トゥーク・サーブ川の6キロも続 くマングローブ林や大型の爬虫類の蛇、1m近 い水トカゲ、サイ鳥類、水鳥、虎などの野生 動物が生息している上、海岸ではピンクドル フィンを見る事もある。公園内にはマングロ ーブ遊歩道がJICAシニアボランティアの支援 により作られていたがその先に新たに高さ12m の展望台も完成した。

インデペンデンスビーチ 白砂が1㌔ほど続くビーチ。いかにも南国ら しい趣がある。数件の海の家以外は近くに宿 泊施設や旅行者向けのレストランがないため、 地元の人が中心、静けさと素朴さを求めるな ら、ここがお勧め。


オートレスビーチ オートレスビーチはオーチティールの南東に 隣接し、長さ3kmにわたって広がる白砂のビ ーチが魅力。またオーチティールのように、 観光客で混雑することもない。市街地から丘 を越えてビーチに至る道は最近開通したばか りで、ビーチもまだほとんど開発されていな い。所々にビーチパラソルと、屋台風のバー が並でいるがまさにこれからのビーチだ。現 在ビーチには続々とバンガロー、海の家が建 設されておりDAC編集部お勧めのビーチである。

ビクトリービーチ 波打ち際に大型ホテルや海鮮レストラン が立地し、大型船が停泊する港に最も近 いビーチ。また、ホテルやゲストハウス が集中する「気象台」から最も近いビー チである。

デポット•ビーチ(フンセン•ビーチ) ハワイ•ビーチ ビクトリー•ビーチの南に隣接するビーチ。 現在大型ホテルの建設が行われており,かつ ての美しさが失われてしまった。海岸から 一番近いポス島も近く、アイランド•トリッ プ用の船や釣り船を手配するにはここからが 一般的。試みる価値はある。

コッコン行きの船着場を10分程越えたところ にあるまだ手つかずで、遠浅なビーチが魅力 のデポット•ビーチ。まだ知られていない分、 静かで魅力的なビーチだが、その分売店も何 もないので行く前には飲み物くらいは持って いく方がよい。今後注目のビーチだ。


海からの便り 初ダイブ編 " ダイビングをするとどんなに楽しいですか?" " ダイビングって怖くないですか?"  という質問には、非常に困ります。それほど、 このスポーツはやってみなくてはわからない。 また、 1`回でも潜れば、その楽しさは、明確です。 もちろん、空気のない海の中という、陸上とはまっ たく違う環境に、特殊な機材を用いて、過ごそう とするのだから、初めは違和感があるのは仕方 ありません。 ダイブ前には念入りにチェック

大橋代表からレクチャーを受けるD.A.C.読者モデル、瀬川さん

実際、かくいう私も、初めて、レギュレー ターで呼吸したとき、あまりの息苦しさに半 泣きでした。ただ、そのとき私は、はじめの オープンウォーターというコースどころか、 インストラクターコース(1年かかる !)に 何十万かけて申し込んでいたので、ここで、 辞めてはすべてが台無し、というプレッシャー だけで乗り切った記憶があります。ただ、そ んな違和感ははじめの 5分だけ。深呼吸しな がら、そっとそっとゆっくり海の中を泳ぎ出 せば、そこは、完全なる別世界。マリン・ブ ルー、無音の世界。そして我が物顔で泳ぎ回る、 今まで見たこともない魚たち。

 魚だけではない、陸上では想 像もつかない、色と形をした生 き物たちが、目に飛び込んでき ます。色とりどりの、繊細なガ ラス細工のような珊瑚を触らな いように気をつけて、泳げば、 体験ダイブの 30分は、まさにあっ という間の出来事。あなたが今 まで、世界の一部分しか知らな かったことを実感するでしょう。 準備OK!


ただし気をつけてください ね。ダイビングは麻薬的です。 いっぺんこの味を覚えると、 病み付きになってしまいます。 海から帰るとすぐにまた潜り たくなる。インストラクター の私がそのわかりやすい証拠 です。ちょっとでも海の中に 興味があるのなら、あんまり 深く考えず、お手軽に、ダイ ビングを楽しめる、 "体験ダ イブ " にチャレンジしてみ てください。 エコシーダイブ代表 大橋 恭子 記念すべき初ダイブ!

トライ・ダイブ&ファン・ダイブに兆戦! 何と!カンボジアでも日本人インストラクター 付で手軽に気楽にダイビングを楽しめるように なりました。コースは4時間コースから1泊2日 までお好みに合わせて設定が可能な上、カンボ ジアの海はまだまだ汚染されていませんので、 ダイビングスポットも近くて便利です。 (ダイビング・スポットは地図参照)

「体験ダイブ」 カンボジアの観光はもう遺跡観光だけじゃない! あなたもこの機会を見逃すな! トライ・ダイブUSD$50 ファン・ダイブUSD$59


シ ュ ノ

カオンカン島へのアイランド•トリップ•モデル•コース

08:00 ハワイ•ビーチ出港 08:25 ポス島を右手にカオンカン島へ 09:00 カオンカオ島到着     シュノーケリング開始 10:30 帰路ハワイ•ビーチへ 11:10 デクトール島を右手にハワイ•ビーチへ 11:40 ハワイ•ビーチ到着 12:00 ビクトリー•ビーチで海鮮料理

ケ リ ン グ

アイランドトリップと言ってもダイビングショッ プで船を手配してもらう場合を除いて、シュノーケ リングセットはボートに積まれていないと考えた方 が良い。カンボジアの海はまだまだ汚染されていな い分、近場の島でも珊瑚礁もきれいな上、魚影も濃 く潜りがいがあります。が、シアヌークビルでまと もなシュノーケリング・セットはダイビングショッ プでしか買う事はできません。町の市場で売られて いる物はすぐに水が入ってきてしまうような安物ば かりですぐに壊れてしまいますので、本編をプノン ペンで読まれている方は町中で水中眼鏡位は買って から行かれる事をお勧めします。$5-10払って潜れ ばまさに別世界ですのでケチらずに買って行く事を お勧めします。

ア イ ラ ン ド ・ ト リ ッ プ

* シュノーケリング•セットはシアヌークビルではEco Sea Diveで も販売しています。プノンペンでは中央市場近くの「ソリヤ百貨店」 のスポーツコーナーでマスク、フィンと何でも揃ってますので時間の ある方はシアヌークビルに行く前に軽く覗いてみましょう。

夜釣りモデル•コース 20:00 ハワイ•ビーチ出港 20:25 ポス島近辺でイカリを下ろし釣り開始 21:30 ポイントを移動 23:00 ハワイ•ビーチ帰路

ボート会社連絡先 Fisherman’s Den ジョンさんまで 012-702-478 E nzbrian@camintel.com

注意点;ハワイ•ビーチは夜、真っ暗です。     信用できるドライバーを待機させる必要が     あります。心配な方は早朝から釣りに出か     けましょう。

クバールチャイ 当地の人たちは、シアヌークビルへ 行くとは言わず、「コンポンソム」 へ行くと言う。海のある憧れの地で す。遠出して海で遊んだら、かなら ず寄る所がクバールチャイです。小 さな川が赤茶の岩の割れ目にいく筋 も滝をつくり、最後に大きな段差の 滝となる。雨季は水量も多く、豪快 な眺めである。 *シアヌークビル全体図参照


屋台散策

ー クラチェ・特別編 ー

 「クラチェは、イルカだけでは、ありませんよ。 村がきれいですよ。それにあそこで売っている 小豆入りのもち米は美味しいですよ。」と知人の カンボジア人に言われました。確かに旧家のよう な古い大型の農家を残すクラチェ近郊の村は美し い。FAM・トリップの参加で 3 度目のクラチェ訪 問、クロランと呼ばれる「小豆入りのもち米」も 楽しみにしていた。これは、竹筒に入った携帯用 のご飯で、その甘みと手軽な食事からお菓子と言っ てもいいものである。試食された参加者の方にも 好評で、1 ㌔=1㌦(竹筒4~5本)の安価であ るため、お土産として購入された。日持ちもよく 20 日間ほど持つそうである。実は、タイのコラー トやラオス南部のチャン・パサック地方(クメー ル民族の最初の王国「真臘」の発祥地)にもこれ とまったく同じの「カオラム」と呼ばれるものが 残っている。となると、この食は、そのルーツが 1400 年余を超える可能性がある。ココナツ汁で味 付けされた小豆入り携帯用ご飯は、農作業や行軍 ほしい の食事として実に便利なもので、日本の糒にあた るものだったのではないだろうか。が、もち米の やわらかさと程好い甘みは、糒よりも優れている 携帯ご飯である。携帯用の軽さ、安価、そして味 の上品さからお茶請けに格好のものである。見た 目も竹筒を割って取り出したものであるから、竹 の内側の薄幕がご飯を包むという天然包装で、き れいなものである。

クラチェの街からイルカ保護区に向う 途中の村にクロランを売る何軒もの屋 台を見かける。先ずは御試食を!

Ⅰ 先ずは長さを整えた竹筒を切る ことから始まる。これは、男性 の仕事。 Ⅱ 携帯用に軽くするため、竹の皮 を剥ぐ。子どもたちの仕事。

Ⅲ もち米に小豆を混ぜてココナツ 汁と共に煮る。それを竹筒に入 れて炊く。煮る・炊くという部 門は女性の仕事。 Ⅳ 焼けた竹筒の中から、白いココ ナツ汁が噴出した頃、火から竹 筒を取り出す。中では程好くご 飯が炊けている。


一期一語

・ (カンニャー)

(ボン)

当地でも「携帯」は若い女性の必需品

呼びかけ(二人称)  次は「オ・クン(ありがとう)ですか。」と一読 者から尋ねられました。彼は、日本留学経験のカン ボジア人。こういう方も読者か、と思うと、ちょっ と気持ちが引き締まります。  1・2回は、「出会いと別れの挨拶」でした。今 回は、二人称の呼びかけです。これは、日本語の日 常生活でもなかなか難しい。相手の名前が解ってい る時は、 「名前」 (カンボジアでは、一般に呼び捨て) でいいのですが、そうでない時は、どうするか。  先ずは、< オタク > 考から始てみます。「オタク」

提供:「カンボジア・    竹と風の学校」    を支援する会

と言えば、マニアックな方たちが交わす「オタクは」 という 2 人称で知られています。元々は、「お宅様 は」とか、「うちの宅は」などと使われていた言葉

けに変わります。が、実の兄・姉は「   ボン

だと思います。この「お宅」が「オタク」に変わる

プロ、    ボンスレイ」と言います。

走りは、2 人称として若者たちが使い始めた頃かと

 明らかに年下には「   クメング(若い) 」を

思います。筆者も大学入学の頃、初めて聞いた言葉

よく使います。さらに年少なら「クメング・クメン

で、相手にちょっと距離をとって少し大人びた表現

グ」で大丈夫。そして子どもなら「    コーン

として使っていた憶えがあります。それがいつしか、

(子ども)」、さらに「コーン・プロ(男の子)」

趣味の世界に閉ざされた人たちの間で使われるよう

「コーン・スライ(女の子)」となり、日本語と同

になったようです。それは、あなたとの関係も趣味 だけのことですよ、というバーリアを使う側が設け ているような語感があります。それだけ、コミュニ ケーションに戸惑いがあるのでしょう。確かに二人

じでようで、使い易いです。 (カンニャー)

 年下の若い女の呼び方には、何処であれ、気を使 うものです。当地では、Lady に当たる言葉として、

称の言い方は難しい。日本語でも「あなた」と言う

「カンニャー(お嬢さん) 」があります。が、若くて

事は滅多になく、英語の You のように気楽に使えま

も結婚されている女性に使うのには、躊躇がありま

せん。湿った情感を持つ日本、同じモンスーン・ア

す。そんな時「   ネアックニエン」という言葉

ジアのカンボジアも似ています。辞書に「あなた=ネ

がよい。必ずしも「奥様」という意味ではないよう

アック」とあるからといっても、ちょっと当地に滞

ですが、丁寧語の響きがあり、無難に使えます。そ

在すると、使うには失礼ではないか、と躊躇してし

こで筆者もこれらの言葉を愛用しています。何処で

まいます。もちろん、 「ローク(男性敬称) ・ローク

も若い女性を怒らせては、真のコミュニケーション

スライ(女性敬称) 」もありますが、いつも改まって

は始まりません。

いては、コミュニケーションも滞ります。

 日本語と使用法が似ている事もあって、悲喜劇も

ボーン

起こります。或る日本語学生が日本の若い女性に「

 これは、便利な二人称でよく耳にします。当地で

お姉さん」という呼び方を連発していたところ、彼

は、年上か、同世代の男女に呼びかける時に使いま

女は本気で怒り出しました。 「私はあなたの姉でも、

す。「お兄さん、お姉さん」といった語感の呼びか

またお仕事?している女性ではないのよ」と。文化

けです。年齢の離れた男女になると、「オム、プー

的な背景なしに外国語を教えることの危うさを物語

(おじさん)」「ミン(おばさん)」といった呼びか

っています。 


カンボジア

若者図鑑 ラン・コーンさんのお店は この旗の近辺

(アイラウ・チョン・アオイ・ケーター・スアーツ)

 今は、きれい   と言われたい

 長い間、カンボジア人にとって プリア・ヴィヘア遺跡は、幻の天 空の神殿でした。それは切り立っ

=戦争なんて知らない= 

た断崖の高みにあるが故ではあり ませんでした。周辺に埋められた

 私の名前はラン・コーンは、19

無数の地雷、道路の未整備のため、

82 年生まれの 25 歳。プリア・ヴィ

カンボジア領の遺跡でありながら、

ヘアでお店を開いている。この 5

 私の家は、参道入口のプラサッ

月に結婚するの。今は、毎日がとっ

ト村にある。村には、地元の人は

ても楽しい。 「ウ・フ・フ・・ (笑) 、

ほとんどいない。私も生まれはプ

ここに手伝っているのが私の彼。

レヴェン州(*全国地図参照)で、

彼 21 歳は、ここで観光客相手のカ

2 年前に国境警備隊の叔父さんを

メラマンをしている。えっ、彼が

頼ってここに来たの。だから叔母

若いって。ウ・フ・フ・・・ (笑) 。

さんと暮らしている。父母は元々

ここで毎日会っているの。彼は、

プレヴェンの農民だが、プノンペ

暇な時に私の店を手伝ってくれる

ン郊外に土地を買って引っ越して

の。そう、毎日よ。2 人で働ける

来た。そこは、プノンペンの不法

から、何とかなるわ。安心よ。」

住居を強制的移住された人が住ん

 ここ 1・2 年、タイから観光客

でいる所。安かったのよ。私は、

がたくさん来る。タイ人が一番多

学校は中学 2 年まで、それから街

いが、日本人も来るわ。日本人は

のカフェで 10 年働いていた。プリ

ツアーの人がほとんどで、若い人

ア・ヴィヘアに行けば、お金にな

は少ない。お店の品物はお菓子や

る、と聞いてここに来たの。私は

飲み物、そしてお土産が少し。飲

3 人姉妹の長女、下の妹は 18 歳に

料はカンボジア、お菓子はタイ製

なったから家族の心配も少なくなっ

あまり考えないことにしている。

で、カンボジア人の卸し屋から仕

た。結婚したら、彼の家に住むの。

戦争?まだ、山には地雷があるわ。

入れてる。売り上げは1日に 3 ~

彼の家は、5 人兄弟の男、けっこ

でも、戦争があったこと、よく知

4 万リエル(*1$=4000 リエル)

う大変(笑)。

らない。

ほど、土日は 5 ~ 6 万リエルほど

 ここに来てよかったと思ってい

 結婚後のことは、よく考えるわ。

になる。でも、月 7 万リエルを場

る。どうにか食べていけるし、彼

<楽しい家族>が一番。旦那さん

所・警備代に支払い、仕入れもあ

もいるわ。

が浮気をしないで、生活に困らな

るから、やっと食べていけるぐら

 遺跡も好き。だって、観光客が

い事。

い。それにお店を出す時の借金も

たくさん来てくれる。でも、遺跡

 好きな言葉? ウゥーン・・・。

ある。楽じゃないけど、彼が品物

のことはあまり知らない。壊れて

彼が私をきれいだ!と言ってくれ

を並べやお客さんに売る時も手伝

いる所も多いけど、私一人の小さ

ってくれるから、とっても幸せ。

な力ではどうにもならい。だから

タイ側からしか入れない故でした。  プリア・ヴィヘア遺跡は、カン ボジア北西部平原に突き出た山塊 の上に位置していたため、内戦時、 ポル・ポト派の天然の要害として 難攻不落を誇っていました。  現在は、カンボジア側からの遺 跡へのアクセスは可能となったが、 シェムリアップから四輪駆動を走 らせて、乾季でさえ 5 時間余もか かって遺跡のある山の麓に着く状 態である。山麓から遺跡のある山 頂へは、車 1 台幅の 30 度近い傾 斜の道があるのみで、慣れた地元 のドライバー以外の車・バイクで の登坂は危険である。 

ることかな。 『今は、きれい、と言われたい!。 』


3 プライバシー

私生活がない

おしゃべりは尽きない

ければならないことは、時

 村に日本人女性が一人で長期ホー

にハードに感じることもあ

ムステイをする。となれば、村人の

る。その問題の一つが、ゴ

注目を集めるのは当然だ。どこへ行

ミである。サンボー村には

くにも、何をするにも、その行動は

ゴミ箱が無い。ゴミはその

村人のチェックに遭ってしまう。

辺の草むらに捨てるか、庭

 ぶらぶらと当て所も無く、村を見

に掘ってある大きな穴に投

て回っているとき、「タウ ナー

げ入れるか、はたまた焚き

(どこ行くの)?」と聞かれ、「タウ ダウレーン

火をして一緒に燃やすかだ。サンボー・プレイ・クッ

(散歩)。」と答えれば、「ダウレーン タウ ナー

クにはゴミ箱があるのだが、これとて村の人に開け

(どこへ散歩に行くの)?」と聞かれる。散歩に行

られ、使えるものが無いか(例えば 500ml ペットボ

き先があるんか、とツッコミたくなるが、サンボー

トル)チェックされてから、朝方、掃き集めた葉っ

村では、「目的地があって、そこまで歩いていくこ

ぱと一緒に焚き火にされたりする。つまり、どうし

と=ダウレーン」なのだから、しょうがない。

ても人目に晒されるのだ。黒いビニール袋にゴミを

 また、「タウ ナー(どこへ行くの)?」と聞か

詰めて捨てようものなら、確実に中を開けられてし

れ、「プサー(市場)。」と答えれば、「何買うの?」

まう。

とさらに聞いてくる。ウインドウショッピングなん

 去年、サンボー村のプレ調査に来たとき、一番の

てどう説明したらいいんだろうか。サンボー村では、

悩みの種となったのが、生理用品の処理だった(男

散歩と同様、目的となるものがあって市場に行くの

性の方、微妙な話題でスイマセン)。一ヶ月に一度、

が普通だから、何とも説明しがたい。そこで例えば、

まとまった量のゴミをどのように人に見られず処理

「コンデンスミルクを買うの。」と答えるとする。こ れで質問が終わると思ったら甘い。甘いぞ。 「何に使うの?」「何作るの?」「誰に作ってあげる

するか。一人でこっそり焚き火して燃やすか(家族 の人にびっくりされて止められそうだ)、庭に穴掘っ て埋めるか( 発掘されたら嫌だなぁ)、どれも無理

の?」とさらにまた質問される。なんでそこまで申

があった。だが、コペルニクス的転回で、ゴミ自体

告せにゃならんのだ。しかもそうした問答は、たち

を出さずに済むスーパーアイテム、「洗える生理ナ

まち近くの女性たち全員に大声で伝達される。「キ

プキン」を日本の通販でゲットし、この問題は解決

リがサンボー・プレイ・クックの子どもたちにボン

した。布製のナプキンで、経血を手洗いで落として

アエム(デザート)を作るために、市場にコンデン

干せば、何度でも使える。画期的。

スミルクを買いに行くんだってー。」という感じに。

 ただ、洗濯物を干していて、これって自分がいま

 常に自分の言動が周囲の目に晒され、また、聞い

生理中であることを晒しているよなぁ、と考えると、

てくる人がいる度に自分の情報を自ら晒していかな

やっぱり多少恥ずかしい。

 


y

併 塔門跡

1998 年度早稲田大学研究チームの調 サンボープレイクック遺跡

道及び道跡 河川 堀・運河跡 台地の縁 溜池及び堤防 寺院遺跡 サンボー村

チャンネット

スラスラン

*「アンコールワットとクメール美術の 1000 年展」及び  「早稲田大学研究チームの調査報告書」を参照

ーケ

ロバンロメアス ークロ オ

アンロンチャムボーク

チャ

ンネ

ット

北寺院グループ コンポンチューフェル

都城跡

中央寺院 グループ 南寺院グループ

参道

セン川

お問い合わせ:D.A.C. ツアーデスク 電話:023 - 991 - 651 鷲田(わしだ)、ナック E - mail:dac_info@online.com.kh


カンボジアの概況 1. 国名  カンボジア王国 2. 国旗  トンチェイ(旗)でトンチェイ・チェッツ(国旗)と呼ばれる。 3. 面積  18 万 1035k ㎡(日本の国土の 1/2 弱) 4. 人口  1407 万1千人 *1995 年:人口の半分以上を 15 歳以下が占める。 50 歳以上は 10%前後。              * 人口増加率 2000 ~ 03 年 1.9(日本 :0.2) * 人口密度 78 人 /k ㎡ 5. 首都  プノンペン 6. 民族

クメール民族(モン・クメール語族)ー約 90%ー

       国土全域に分布。

先住民

   構成  チャム族(マラヨ・ポリネシア語族ーチャンパ王国 の末裔)-トンレサップ・メコン流域に分布。        都市部:華人・ベトナム系ー約6%。        高原・山地部:モン・クメール語族の先住民が散在。 クメール・ルー(高地人)と呼ばれる。        東北部のラタナキリには、ラオ族や中国国民党末裔

クメール族(左)とチャム族

(ラタナキリ)

の村がある。        * クメール民族は、カンボジア国土以外、タイに約 55 万人、ベトナムに約 50 万人ーカンプチア・ク ロームと呼ばれるー、ラオスに数千人が居住。 7. 言語  クメール語 8. 宗教  仏教(上座部派・南伝仏教)約 95%、 チャム族ーイスラム教。先住民に精霊信仰が残る。

南十字星

プノンペン付近 カンボジア国土 トンレサップ湖 <風土>         1. 地理  ・ モンスーン(季節風)帯に属し、国土は北緯 10 度~ 15 度の亜熱帯圏に属する。        * 南十字星は、地上からの最高度 15 度ほどに見える。       ・「森の国」と言えるが、平野部が国土の約 40%で人口の 87%が集住する。 ・ 地形上、隣国からの侵略を受け易く、国土は「巾着型」をしており、タイ・べ       

シェムリアップ (2007 年 2 月1日 3 時 51 分)

トナム両国から歴史的侵食が激しかったことを物語っている。

      ・ 水系はトンレサップ、メコンの両水系によって2分され、プノンペンで合流・分岐する。( 写真:プノンペン付近)       

トンレサップ湖は東南アジア最大の広さの湖で雨季には、メコン川からトンレサップ川に流れ込む流量で湖に

      

向かって逆流し、湖の面積を大きく広げる。湖は淡水魚の宝庫で生息種類数は世界一、また、漁獲量は 10kg/

      

10K ㎡で世界一を誇る。トンレサップ川の水位は最低1m、最高9mを繰り返し、70 年間ほとんど変わらない。

      

メコン川は、チベット高原に源を発し、中国・ラオス・カンボジア・ベトナムを通って、南シナ海に入る。

      

メコン航路はプノンペンまで公海の扱いである。タイ湾に面するシアヌーク・ビルが唯一の外港である。

      ・ カンボジアの平野部はトンレサップ盆地とメコン・デルタから成り立っている。クメール人の意識では、国土 はスロック・スラエ(直訳:水田地域、「田舎・故郷」という意味がある)とスロック・チョムカー(直訳: 畑作地域)とに 2 分される。メコン・トンレサップ川沿いには氾濫によて堆積する肥沃な粘土質土壌があるが、 土は重く、乾季には水がないと耕作不能である。南西部のバッタンバン州に粘土質泥炭土壌があり、規模の大 きな耕作が可能である。ここの米が一番美味しいと人々は言う。が、国土全体では概して肥沃な土壌は少ない。       ・ カンボジア南西部のタイ国境からタイ湾にかけてクラヴァーン山脈、南部にダムレイ山脈(最高峰プノン・アゥ       

ラル 1764m)がある。北西部のタイ国境にドンレク山脈がある。メコン川より東側のラタナキリ、モンドルキ リ州には丘陵、高原が広がる。


      ・ クメール人の一般的住居である高床式住居(地面か ら 2m 程のところに床がある)は 雨季の洪水対策い うより、森で暮らしていた頃の生活を引き継いだも の、というのが一般的な説である。       ・ 1994 年のメコン委員会の人工衛星による調査によれ ば、森林が 20 年間で 10%減少、洪水埋没林の伐採 で 31%(約 110 万 k ㎡ ) 減少した。水田は 1985-92     年で約 40 万 k ㎡増加する。一方、その内の 69%が

築 50 年以上は稀である  (クラチェにて)

       耕作放棄地である。       ・ ポルポト政権(1975-1979 年)時の水利事業は、改 修に値しないものがほとんどである。  2.気候  ・ 気温:平野部では年平均 27℃前後。最高気温は年中 30℃を超える。12 月~ 1 月の数週間は最低気温 20℃ 以下になることがある。 3.季節と ・ 同じ田を利用した 2 期作はほとんど見られない。   稲作  ・ 季節を利用した作付けが一般的である。        「早生稲」:灌漑設備を持つ乾季作。「中生、晩生、晩 晩生稲」の雨季作。「浮稲」等       ・ 田植え(6~7月)、稲刈(12 ~ 2 月)、浮稲は直播で穂だけ刈る。

      ・ 1992-3 年:雨季作 79%、乾季作 19%、浮稲 7%。米はインデイカ品種米である。 4.農業の ・「農民の国」:農村人口は全体の 85%。都市に居住する者も農村からの季節労働者や兼業者が多い。 もみ

  現状  ・ ポルポト政権時代(1975-1979 年):一枚の田に生長の異なる籾を混入させて蒔く。生産量の低下、        強制労働、家族の解体によって労働意欲の減退、強制徴発の米を武器と引き換えに中国に輸出する        等で「飢え」を発生させる。田圃を元の状態に戻すのに 10 年かかった。       ・ 1998 年作付け面積、籾生産量、役牛数が 1970 年以前にやっと回復する。       ・ 農家の役牛は水牛や食肉となる牛が一般的である。また、豚、鶏、家鴨等を飼育する。       ・ 住居は、居住棟と台所・トイレ等を分離するのが一般的である。       ・ 農具の種類は江戸期の日本の農家と比較しても驚くほど少ない。アンコール王朝期に見られる無輪 犂、2頭引牛車を使用。脱穀は唐箕や足で踏む跳ね上げ式である。 5.漁業  ・トンレサップの漁獲高:年間平均 12 万~ 14 万トン=網元取分 6 ~ 7 万トン+家族 5 万トン。       ・ 洪水埋没林に産卵(5 ~ 11 月)、乾季にエリや網を仕掛け、生長した魚を取る。       ・トンレサップや海岸部で漁業が見られるが、家族主体の小型船。       ・ 漁業従事者の多くが、チャム族、水田のない農民や季節雇用労働者でその多くは貧困層に属する。 あつれき

      ・ ベトナム漁民の進出が見られ、地元民との軋轢を生む。   <政治> 1.政体  立憲君主制 2.元首  ノロドム・シハモニ国王(2004 年 10 月即位) 3.首相  フン・セン 4.国会  二院制 5.政府  2003 年 7 月の総選挙にてフン・セン首相を首班候補とする第一党の人民党は議席を伸ばしたが、憲法 上内閣信任に必要な下院全議席の3分の2に届かず、他党との連立が不可避となった。政党間の駆け 引きが長期化、ようやく 04 年 7 月、人民党・フンシンペック党(王党派)との連立政権(首相:フン・ セン)が発足した。 (「日本ー外務省 HP・各国情報」より) 6.予算  ・ 国家予算の1/3を外国からの援助儀で補填。       ・ 1993 年 : 予算の 40%近くが国防費、8.3%が教育       *1966 年:予算のうち、国防費19%、教育 21%。   <経済> 1.GDP  約 39.3 億ドル。農林水産:GDP の 33.4%。工業:GDP の 26.3%。(02 年「計画省資料」より) 2.一人当りの GDP 291 ドル(年) (02 年「計画省資料」より) 3.物価上昇率 3.3%(02 年「計画省資料」より)  


Profile for Discover New Asia

D.A.C. NO.3  

D.A.C. NO.3  

Advertisement

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded

Recommendations could not be loaded