Page 1

え~こと

みんなに

を考える会社でありたい


社長メッセージ 『共存共栄』の心を持って、持続可能な循環型社会の構築へ ダイハチでは、本業である鉄や非鉄金属の資源リサイクル業は環境や社会において重要な役割であると考え を基本に社会の変化やニーズを取り込み、常に利益獲得だけに走るのではなく、ステークホルダーの皆さま と共に存在し、共に繁栄する『共存共栄』の心を忘れず従業員全員一丸となって事業活動を行っていくこと が今後も事業を発展させていくものだと考えます。事業活動の中で、イノベーションを通じて効率化を進め ると共に、法令順守ならびに透明性(見える化)を維持することが重要だと考えます。 そして、当社の事業内容や取組、を広くして頂くためにHPなどのコミュニケーションツールを通じて積極 的に情報を開示しています。 すべてのステークホルダーからのご要望に迅速かつ誠心誠意の対応ができるように教育研修、技術向上に取 り組んでいき本業を通じた社会活動が持続可能な循環型社会の構築を目指します。

有限会社

ダイハチ

代表取締役

事業フローの概要

検品

解体

選別

出荷


お客様の満足が第一 お客さまに喜んでいただく為に従業員全員でサービスの向上研修、意識改革を行っています。 いつも感謝の気持ちとありがとうの言葉を大切に 教育研修では、接客の仕方やお客様への質の高い対応の研修を月 1 回研修時間を設けて取り組んでいます。

迅速な対応(素早く荷降ろし、誘導することで尐しでもお客様の待ち時間の軽減)、きれいな職場環境 (作業場は常に整理整頓し、徹底した品物管理)、礼儀正しい言葉使いと元気な挨拶(誰にでも笑顔で元気な挨 拶と正しい言葉づかい)を心がけています。 明るい活動~明るいシステム認証取得~ 従業員全員が明るく楽しく仕事を行い、お互いに尊重し合い成長できる職場環境づくりを通じて全てのステーク ホルダーに喜んで頂ける事業活動を目指し、日本一明るく元気なスクラップ屋さんとして今まで閉鎖的で分かり にくい業界イメージを明るく分かりやすいものに変えていきたいという希望、目的を基に取り組んでいる活動で す。

ISO14001 に基づくPDCAサイクルにより、環境保全活動を継続的改善しています。 環境理念 ダイハチは、重要な地球資源のひとつである鉄・非鉄金属のリサイクル業を行っており、再資源として市場に供 給します。これらの生産活動において、地球環境を守り、地球と共存できる企業を目指します。 環境方針 1.当社の活動において、ISO14001の規格に基づく環境マネンジメントシステムを構築運用し、継続的改 善を行います。 2.当社の環境側面に関係する法的要求事項及びその他の要求事項を順守します。 3.事業活動に伴う環境汚染の予防に努めます。 4. 次の環境目的について具体的な目標を設定し、その実施状況を定期的にレビューします。 (1)鉄・非鉄金属の再資源化量を増やします。 (2)工場内の電気の効率的使用に努めます。 (3)車輌、重機燃料の使用量の削減に努めます。 (4)廃棄物の分別処分を推進し、さらなる廃棄物の 3R に努めます。 5.施設・周辺環境の美化に努めます。 6.この環境方針は、社会への責任を示すため、一般に公開します。また、組織のために働く全従業員に周知し、 環境への意識を向上させるため教育、指導します。 平成 23 年 4 月 5 日 有限会社 ダイハチ 代表取締役 武本 京子


環境マネンジメントシステムの概要 ダイハチは、ISO14001 に適合する環境マネンジメントシステム(EMS)を運用しています。 ダイハチのEMSの特徴は、本業そのものが循環型社会形成に向けた環境活動であること。そこで、環境方針で は、リサイクル事業と廃棄物処理業の推進により循環型社会の形成に貢献することを基本理念に位置づけ、①省 資源・省エネルギー・廃棄物の削減、②資源回収の充実とリサイクルの推進③廃棄物の適正処分の推進④地域社 会への貢献とし、本業におけるEMSの活用を行っています。 目標達成に向けた取り組み 2010年度は目標、目的について①電気使用量の削減②車両燃貹の向上③重機燃料の削減④コピー用紙使用量 の削減、⑤非鉄金属の再資源化量の向上⑥鉄スクラップの再資源化量の向上の 6 テーマのうち、5テーマは達成 しており、内容としても計画通り取組みができています。 次年度については、目標達成に向けてのみならず、取組み内容の充実を図っていきます。 継続的改善 業務に直結した目標設定やEMSの定着などの向上が見られます。今後は内容の充実を含む新たな仕組みの構築 を目指して取り組んできます。 目標設定と実績 年

2009

2010

非鉄金属の再資源化量 前年比 1%向上

128.4% (達成) 108.0% (達成) 90.9% (未達成) 146.7% (達成) 110.9% (達成)

103.9% (達成) 101.4% (達成) 91.7% (未達成) 153.9% (達成) 113.5% (達成)

鉄スクラップ総再資源化量 前年比 1%向上

101% (達成)

125% (達成)

環境方針 電力使用効率 前年比 1%向上 車両燃貹使用効率 前年比 1%向上 重機燃貹使用効率 前年比 1%向上 事務所内使用用紙の削減

特 記 事 項 数値化やデーター収集などを通じ、順法性、透明性及び循 環型社会への貢献の重要性を業務活動の中心とし、EMS の定着に社員一丸となって取り組むことができたと思い ます。 未達の目標については手順書等の充実化を図り、達成に向 けて取組み、さらに環境及び経営パフォーマンスの向上に 努めていきます。 今後の活動 鉄、非鉄金属の再資源化量の増大や職場環境の改善など全 員参加での活動に取り組み、経営に役立つシステムの構築 を目指します。

“ご安全に”という言葉は役員、従業員のへだたりがなく言える言葉で弊社では、安全管理を進めていく上で誰 もが言いやすい言葉と思って行っています。また、社内の会議、朝礼で社員からの改善提案も積極的にディスカ ッション(意見交換)し、安全活動に心がけています。

安全に向けた方針 扱う品種が多い金属リサイクル業には非定常作業が多いので、安全意識の向上と安全ルールの順守、整理、整頓 ゼロ

等に努めて労働災害0 を目指しています。


労働安全衛生対策 労働安全衛生対策は、安全管理の向上などについて様々な角度から話し合いをし、社員全員で共有しています。 本年の活動 事故をなくすポイントとして第一に場内、作業場の整理整頓、安全防具は必ず身につけるように徹底指導、 お客様へのヘルメット貸与徹底、各機械、設備を使用しての作業を手順書にしたがって、基本に忠実になる事を 年 1 回研修を行っています。 ゼロ

人身事故無 0 災害記録の更新に挑戦中 当社では人身事故を中心とする災害を根絶させる努力を続けています。 全社員が自発的に安全確保に関する意見を話し合い、危険性のある場所、作業の情報を共有し、けっして失敗を 隠さないように努めています。 「安全はない」という意識の中、絶えず危険がないか注意しています。 安全の王道 ABC A:当たり前のことを B:ぼんやりせず C:ちゃんとする 事故情報の共有化による再発防止 事故が発生した場合、事故報告書に追記し、全社員にその内容を共有し、なぜ、発生したか原因を追究し再発防 止の徹底に努めています。

排出事業者責任が強化される中、排出事業者のお客様に安心してお取り引きしていただくために、当社では法令 等の順守を最優先事項の一つと位置づけて、業務を行っています。業務に係る法令等の情報収集をはじめ、順守 教育を徹底しています。 コンプライアンス体制 社内では、コンプライアンス順守の徹底を目的とし、業務に関する法令等の確認、周知の徹底を行い、新規取引 開始時にも要望書を提示し日常業務の適法性を確保しています。 当社が取得している許可証や契約書などの管理も行っています。 コンプライアンスの実践 弊社に金属スクラップをはじめとする廃棄物が搬入される際は、目視によって現物とマニフェストの整合性を確 認しています。また、排出事業者の皆さまにも廃棄物処理法について分かりやすく理解して頂き適正な処分を推 進する取り組みもが行えるよう、各加入団体とのコミュケ―ションにも積極的に参加しています。さらに、順法 に関する社内外のトラブル事例を全社員に周知し、注意を喚起する取り組みも進めています。


地域に密着して事業を行っている弊社は地域・社会とのコミュニケーションを大切に考えています。 自治体や小中学校などで行われているリサイクル活動や環境美化、福祉活動への協力などニーズを踏まえた社会 活動で貢献しています。社内見学にも随時行っています。 本年は、自治体で行う夏祭りの運営に参加しました。

地域の環境美化に貢献 当社社屋周辺に花壇を設置し、季節折々の花々を植えております。それに合わせ毎朝、周辺道路の清掃活動と月 2回は社員全員で近隣地域の清掃活動を行っています。

寄付活動 毎年、ユニセフを通じた緊急支援活動をはじめ、自然災害に遭われた方たちへの支援活動を行っています。また、 エコキャップで運動やプルタブ運動にも積極的に参加しています。 その他の取組み 社員の雇用を守り、活力のある働きやすい職場づくりを目指すとともに、社員一人ひとりの個性と能力を尊重し、 社員の安全、順法、環境への意識を高めることも努めています。また、同業者、異業種の皆さまとのコミュニケ ーションを図る事で様々な情報共有を通し業務の向上に努めています。 安全・コンプライアンス教育 所属団体等からの研修会に積極的に参加し、社内での教育の徹底・周知に取り組んでいます。 また、産廃法をはじめ業務に関する法令等の研修会にも積極的に参加し、社会におけるニーズに対応できる体制 作りに全社員が一丸となって取組み、排出事業者様に安心していただけるよう教育を行っています。 スクラップ業として順法のリーダーシップ確保に常に努めています。 社内外のコミュニケーションの強化 今までの同業者はすべてライバルという意識ではなく、同業者間において積極的に情報共有する事であらゆる排 出事業者の皆さまのニーズに対応できる組織づくりに努めています。又、異業種の皆さまとも情報交換を行う事 で、様々な業種においての当社のニーズを常に考え、廃棄貹用の削減や分かりにくい産廃の処理についてのご提 案ができるよう努めています。


ISO 教育 本年は業務に直結した目標設定など、環境マネンジメントシステム(EMS)を確立、運用をして参りましたが、 今後は EMS を経営ツールとしての活用に重点を置いた取組みを行っていき、循環型社会の構築に不可欠な組織 の構築を目指していきます。 働きやすい職場づくり 弊社は実情に即した働きやすい職場づくりに努めています。 家庭をしっかり築くことで活力のある仕事ができるという事で、子育てとの両立がしやすい職場づくりをしてい ます。

廃棄費用の削減のご提案 現在、金属くずも他の廃棄物と同様に処分貹用を支払って処分されている企業様に適正な処分方法と廃棄貹用の 削減のご提案を推進しています。金属くずは廃棄物ではなく、資源です。金属くずを再資源化することで廃棄貹 用の削減だけでなく企業としての環境への取組みのお役に立てることを希望し推進に努めています。

廃棄貹用削減の提案例

今まで

某厨房機器メーカー様の場合

廃棄処分貹用・・・・4t車一車(産業廃棄物、金属くずの混載)¥50,000/月 50,000×12 ヶ月=600,000 年間廃棄処分貹用

¥600,000 廃棄物

廃棄物の割合のイメージ

ダイハチからのご提案 引取り重量

1,200kg/月

鉄くず買取金額

¥20/kg

1,200×20=24,000 24,000×12 ヶ月=288,000 年間売却益

¥288,000

金属くず以外の廃棄物の処分貹用 4t車一車

¥50,000/月

50,000×6ヶ月=300,000 年間廃棄処分貹

¥300,000

ダイハチで金属くずを売却して頂くことによって、

結果

廃棄物の引取りも1ヶ月に1度から2ヶ月に1度となり処分貹用も半分に。 年間廃棄貹用

金属くず以外の廃棄物の処分料 金属くずの売却益 年間廃棄貹用

¥300,000 △¥288,000 ¥12,000

金属くず


関係する皆さまの満足を求め、社会の変化に対応に対して常に適切に対応し、積極的な情報公開 のもと、健全な企業経営を進めます。

経営理念 一.お客様の満足 一.従業員の満足 一.企業の満足

◆社名

有限会社 ダイハチ

◆設立

昭和37年3月

◆所在地

〒658-0025 兵庫県神戸市東灘区魚崎南町1-3-4

◆連絡先

078-451-0314

◆代表者

代表取締役 武本 京子

◆資本金

800万円

◆事業内容 鉄・非鉄金属リサイクル業 産業廃棄物収集運搬 計量証明証発行 廃車引取り・処分 再生資源リサイクル(空缶) 金属加工・機械・設備施工 ◆売上高

406 百万(平成 22 年度)

◆従業員数 11名(平成 23 年 7 月) ◆取引銀行 日新信用金庫 兵庫ひまわり信用金庫 みなと銀行 神戸信用金庫 ◆主要取引先 大栄環境グループ 株式会社リヴァックス 株式会社シマブンコーポレーション 柳金属産業株式会社 阪神金属工業株式会社 共栄株式会社

経営ビジョン お客様に喜ばれる事をモットーに全員参加 (個々が経営者)

◆沿革 昭和30年3月 昭和37年3月 平成元年4月

個人経営 大八商店として発足 有限会社 大八商店 設立 テスター業務をはじめとし自動車 整備業有限会社大八商店整備工場を設立 平成11年5月 有限会社 ダイハチに社名変更 平成17年7月 産業廃棄物収集運搬許可(堺市) 取得 平成19年3月 ホームページ作成・公開 平成20年3月 整備業廃業、ISO14001認証 取得 平成20年6月 産業廃棄物収集運搬許可(大阪市) 取得 平成21年 プレス機導入 鉄リサイクル工業会、アルミ缶・ スチール缶リサイクル協会に入会 平成21年8月 ホームページリニューアル 平成22年12月 産業廃棄物収集運搬許可(大阪府) 取得 ◆取扱品目(2010 年度) 鉄スクラップ 6,529t 非鉄スクラップ 487t ◆保有設備・車輌 40tトラックスケール 小型計量器 被覆電線剥離機 マグネット・天井クレーン 圧縮機 10tトラック(フックロール) 8tトラック 4tトラック フォークリフト・ユンボ

株式会社マツオカ

◆所属団体

官公庁及び自治体

社団法人 兵庫県産業廃棄物協会

4台 1台 1台 各1台

社団法人 日本鉄リサイクル工業会 社団法人 兵庫県計量協会 社団法人 兵庫県自家用自動車協会連合会 兵庫県フロン回収・処理推進協議会 スチール缶リサイクル協会 アルミ缶リサイクル協会


◆許可証

◆産廃関連講習会修了者 

産業廃棄物収集運搬

第一種フロン類回収処理技術講習会

兵庫県 第 02804022618 号

主催:兵庫県フロン回収・処理推進協議会

神戸市 第 6900022618 号

平成 17 年 11 月 14 日

西宮市 第 9904022618 号

大阪市 第 6600022618 号 堺市

者養成セミナー

第 6700022618 号

主催:株式会社 日本環境カウンセラー

大阪府 第 02700022618 号

平成19年5月28日 

金属くず許可証 兵庫県 第 1106800005 号

主催:株式会社 日本環境カウンセラー 号

計量証明事業者登録

平成19年7月18日 

計証第 質 118 号 20691000309 号

平成19年9月27日 

フロン類回収業者登録

平成20年度 第一種フロン類回収・処理技 術講習会

神戸 第 20692000309 号 第一種フロン類回収業登録 ◆技術・技能資格取得者 <安全法関係> 兵庫 第 281000347 号  フォークリフト(3名)  小型移動式クレーン運転士(8名)  玉掛け(8名)  車両系建設機械(整地等) (8名)  安全運転管理者(1名)  床上操作式クレーン運転士(3 名)  ガス溶接(4名)  クレーン運転士(2名)  アーク溶接等業務(1名)  安全衛生責任者・職長(1名) <環境法関係>  産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申 請に関する講習会/収集運搬過程(1名)  RRC登録冷媒回収技術者(1 名) <経理、その他)  簿記検定/2級 商業簿記(1名)  簿記検定/1級 工業簿記(1名)  マイクロソフトスペシャリスト ワード・エクセル (1名)  一般主任計量者(3名)  NLPマスターコース(1名)  TA応用心理学マスターコース(1名) <車両>  自動車運転免許/普通(11名)  大型 (8名)  大型2種 (2名)  けん引 (4名)  大型特殊 (4名)  普通2種 (1名)

高圧ガス消費者保安講習 主催: 社団法人 兵庫県高圧ガス保安協会

引取業者登録 第

環境マネンジメントシステム内部監査養成 セミナー

古物商許可証 兵庫県 第 631106500017

環境マネンジメントシステム環境管理責任

主催:兵庫県フロン回収・処理協議会 平成20年10月28日 

エコドライブ指導者講習会 主催:JAF大阪支部 平成21年11月16日

バーゼル法等説明会 主催:環境省・経済産業省 平成21年12月1日

安全運転管理者講習 主催:兵庫県 自家用車協会 平成22年6月4日

産業廃棄物処理業に関する許可申請に関す る講習会の収集運搬過程(更新) 主催者:財団法人 日本産業廃棄物処理振興 センター 平成22年6月24日 第 510024091 号

産業廃棄物処理委託契約実務講習(eラーニ ングコース) 主催者:日本環境衛生センター 平成22年9月15日eL第 100019 号

労働安全衛生講習会 受講 主催:社団法人日本鉄リサイクル工業会 平成 22 年 12 月 2 日

daihachi  

Corporate Social Responcibility

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you