Page 9

学 生 のうちは 失Make 敗しても、 まだまだ a World Travel やり直 せる! OB/OG no.5

松田 歩弓  2012年大学院修

  / 空 間 構 造 デ ザ イン 研 究 室 →確認申請機関勤務

 そんなある日、建築学科教室事務の方か ら求人のメールが届き、それまで就職先と して考えていなかった民間の確認申請機関

!""&

での構造審査補助員という業種に興味がわ き、会社説明を聞きに行きました。正直な ところ、このような業種があることもほと んど知らなかったので、説明を聞いた時に はとても新鮮な気持ちになり、また、建築

    部のころから構造の授業が好きで

技術者としてのキャリアを積めることや、

    自然と構造の研究室に進もうと決

数多くの物件に関われることにも魅力を感

めていました。空間構造デザイン研究室を

じました。

選んだのは、先輩や先生の気さくさや、授 業の楽しさに惹かれたからです。構造から

 今、私は確認申請機関の構造審査補助員

デザインを考えるという、通常とは逆のよ

として働いています。学生の皆さんにとっ

うに感じるプロセスにも関心がありました

てはなじみのない特殊な仕事のように感じ

 今は補助員という立場ですが、資格取得

し、校外の活動や、下級生を集めて幅広く

ると思いますが、実際に建物を建てる時に

を頑張って、いずれは一人で審査できるよ

活 動 し て い る こ と、卒 業 生 の 方 が 多 く、

はほとんどの物件で構造の審査を通ること

うになることが一番の目標です。審査以上

色々なお話を聞けそうなことも魅力に感じ

になります。申請された物件が建築基準法

に、設計者の方に難しい判断を要する物件

ました。

に適合しているかを確認することが主な仕

について、構造審査の視点から相談にのれ

事ですが、それまで基準法に触れたことが

るようになりたいと思います。

M 1 のとき、 実 験 室 に て。

 学部3、4年生の頃は、大学院へ進学す

ほとんどなかったため、最初はどこにどの

ると決意はしていたものの、周囲の友人た

ような内容が書いてあるのか、どのように

 後輩の皆さんに言えることがあるとした

ちが就職活動をしている中で、自分は何も

法律を読んでいくべきなのかが全くわから

ら、とりあえず気になったら動いてみるこ

しなくてよいのか、大学院でやっていける

ず、とても苦労しました。また、知識が少

とだと思います。また、勉強でも、バイト

のか、と不安に思っていました。そこで、

ないと必要であるはずの検討が足りないこ

でも、サークルでも今やっていることを、

大学院在籍時の就職活動の参考になれば

となどにも気付けないため、構造計算に必

自信を持って、こんなに目標に向かって頑

と、エントリーシートを友達と一緒に考え

要な知識を身に付けるために毎日勉強しま

張ってる!!と言えるようになるまでやっ

させてもらったり、会社説明会にも参加し

した。

てみることがとても大切だと思います。そ

てみました。おかげで、大学院生での就職

の時にプロセスを考えながら頑張れば、社

活動の時は、考えが分散したり、情報が錯

 今では、少しずつですが実際に審査する

会に出ても役に立つ!学生のうちは失敗し

綜してしまうこともなく、集中して行うこ

ようになり、足りない検討や間違った計算

ても、思ってたことと違っても、まだまだ

とができました。

に気づき、設計者の方にお知らせすること

やり直せます。自信を持ってこんなに目標

ができるようになりました。建物の安全性

にむかって頑張ってる!!と言えるなら失

を保つことに少しでも役に立てているのか

敗しても成功です、成功経験を積んでくだ

なと思うとやりがいを感じています。

さい!

 ただ大学院での就職活動は、学部の頃の

2

就職活動とは進め方が違い、研究活動と並 行して行わなくてはならず、多くの会社に はエントリーすることができませんでし た。また、その時行っている研究や勉強が、 実務においてどのように関わるのか見当も つかず、就職してから技術者として活躍で きるのかという不安が常にありました。

since I graduated.

!"$% 松 田 さ ん は い つ もこ の 机 で 、 設 計 者 と の 打 ち 合 わ せ や 、 普 段 の 審 査 業 務 を 行っ て い る 。

09

years

日本大学理工学部建築学科学内誌「駿建」2014年4月号  

「駿建」2014年4月号 特集:あれから○年 卒業生たちの今

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you