Issuu on Google+

Vol. 12/ 2011 winter

St.Cousair little press Since you were precious in My sight, You have been honored,And I have loved you - Isaiah 43:4


特集

旬のジャム “ラ・フランス” 文 / 西村友行(商品購買課商品開発)

Couleur 2


12月に入り、飯綱の地にも雪がぱらぱらと降り始め てきた頃、一台のトラックがサンクゼールにやって 来ました。その荷台に積まれているのは、今回の主 役「ラ・フランス」です。

ラ・フランスは西洋なしの代表的な品種で、長野県 は生産量全国第2位を誇っています。寒冷地での栽 培が適しているといわれ、長野の冷涼な気候が国内 屈指の生産量を支えています。

Couleur 3


今回のラ・フランスは地元長野県産で、

口の中に広がります。

10月初旬に収穫したものを2ヶ月かけて

を活かせるようジャムの糖度を低く抑 え、適度に果肉が残るように煮込み時間

ゆっくりと追熟させ、最適な頃合いを見

サンクゼールでは、おいしいラ・フラン

にも気を配り作っています。

計らい運ばれてきました。小振りではあ

スをたっぷりと使ったジャムを、毎年こ

ジャム作りは、普段事務所で働いている

るものの、その実を割ると透き通る果汁

の季節に作っています。「旬のラ・フラ

スタッフも応援に加わり始まります。水

とともに魅力的な白い果肉が顔を出しま

ンス(長野県産)のおいしさをお客さま

洗いしたラ・フランスから皮と芯を取り

す。食べてみると、なめらかな果肉から

に味わっていただきたい」という想い

除いて、痛んでいる箇所がないかひとつ

あふれ出てくる甘味とさわやかな香りが

で、果物本来の持つ甘味や香り、果肉感

ひとつチェックしていきます。使用する

Couleur 4


果実が大量なだけに根気のいる作業です

がら加熱されていくラ・フランスは沸々

今回のラ・フランスジャムは、長野の豊

が、おいしいジャムを作るためだけでな

と音をたてながら徐々に柔らかくなり、

かな大地があるからこそ作ることができ

くその鮮やかな色をすばやくジャムに閉

湯気と共に立ち上る甘い香りはジャムの

るジャムです。そのことに感謝すると共

じ込めるためにも、ここで手を抜くわけ

完成を待ち遠しくさせます。煮込むこと

に、旬の果実のおいしさをお客さまに届

にはいきません。丁寧にチェックされた

数十分、目標とする果肉の煮え具合、甘

けたいという想いを込めて、ひとつひと

実は大きなスライサーでスライスされ、

味と酸味などのバランスに達すると、つ

つの瓶に詰め込めました。飯綱からお客

ジャム製造の最終段階、大きな釜で煮込

いに待ちに待ったジャムの完成!すぐに

さまへ、サンクゼールからの季節の便り

んでいきます。釜の中でかき混ぜられな

瓶に詰められ殺菌されます。

をぜひお楽しみください。

Couleur 5


もっとおいしいイタリア

宮永侑佳の

幸せ料理生活 文・レシピ・料理 / 宮永侑佳 【料理演出家】 国籍にとらわれず、主婦が家庭のキッ チ ン で 作 る こ と が で き る、 ワ ン ラ ン クアップの料理を提案する。「料理は 楽しく美しい」がモットー。 【ブログ】世田谷おしゃれ食堂 http://kusoucafe.exblog.jp/

映画『マーサの幸せレシピ』は、完璧

今回は手軽にできるイタリアンのコー

主義の天才女性シェフがヒロイン。屈

スを作ってみました。時には、イタリ

託のないイタリア人コックとの出会い

アの街角の笑顔溢れるレストランに思

から、孤独でかたくなな心は少しずつ

いをめぐらせ、心も体も緩むようなお

雪解けを迎えます。また、スクリーン

おらかな明るさで、カラフルな食卓を

の暗いドイツの冬景色と、陽光きらめ

演 出 し て み て は い か が で し ょ う。 定

くイタリアとの対比は、ふたりの内面

番 料 理 に ア レ ン ジ を 加 え た レ シ ピ は、

をも現しているようでした。

ちょっと特別な日やホームパーティで

長い冬が続くと、マーサならずともふ

も活躍してくれるはずです。

と陽だまりや、たっぷりの解放感が恋 し く な る こ と が あ り ま す ね。 そ こ で、

宮永侑佳の本、好評発売中!

シアワセノカケラ

著者 宮永侑佳 出版社 文芸社

―食と旅といつもの暮らしー

定価(1,400 円+税)

手 軽 だ け ど き ち ん と お い し い、 普 通 な の に ち よ っ ぴ り オ シ ャ レ。 で し ゃ ば ら ず、 邪魔にならず、ホッとする―ちょっとしたくふうを無理なく楽しむことがおいしさ の秘訣。毎日を豊かな気持ちで過ごすために…。 ※サンクゼールの各ショップでもお買い求めいただけます。

Couleur 6


■材料(4 人分)

白いミネストローネ

玉ねぎ 1/2個 人参 1/2本 セロリ 1本 じゃがいも 1個 ミックスビーンズ(水煮) 100g ベーコン 50g ローリエ 1枚 ショートパスタ 20g 生クリーム 30cc パセリのみじん切り 少々 固形コンソメ 2個 塩、こしょう 各適量 ★グレープシードオイル/ハーブ 適量 ■作り方 ① 野菜は全てさいの目切り。ベー コンは細切りにする。 ② 鍋にグレープシードオイルを熱 し、 玉 ね ぎ、 ベ ー コ ン、 人 参、 セロリの順で炒め合わせ、水 5 カップと固形コンソメ、ローリ エを入れて煮込む。 ③ 人参が柔らかくなったら、じゃ がいも、ミックスビーンズ、最 後にショートパスタを加え、火 が 通 っ た ら、 生 ク リ ー ム、 塩、 こしょうで調味する。 ④ ③を器に注ぎ、パセリを散らす。 ★印はサンクゼールオリジナル商品

Couleur 7


イタリアの国旗のような

サラダ カプレーゼ

た かっ いし お せて 酒は 合わ お air u ous Yuz St.C

Crè

me

de

■材料(4人分) トマト モッツアレッラチーズ バジル、オリーブ油 ★イタリア七味

2個 2個 各適量 適量

■作り方 ① ト マ ト と チ ー ズ は、 同 じ 厚 さ に 切 り 揃 え て ボ ー ル に 入 れ、 オ リ ー ブ 油 と イ タ リ ア 七 味 を 加 え、 味 が 馴 染 む ま で冷蔵庫で休ませる。 ② 皿に①のトマトとチーズを交互に並 べ、バジルの葉を飾る。 ★印はサンクゼールオリジナル商品

Couleur 8


黒には赤のアクセント

いかすみのペペロンチーノ

合わ

せて

おい ワイ しかっ ンは た S t.C Shin ano ousair R

iesl

ing

'09

■材料(2 人分) ★パスタソース イカスミ&トマト 1瓶 (220g) ★国産小麦にこだわったスパゲッティ 160g 赤唐辛子 2本 オリーブ油、塩、こしょう 各適量 パセリのみじん切り 少々 ■作り方 ① 塩を加えた湯でスパゲッティを茹で る。 フ ラ イ パ ン に イ カ ス ミ & ト マ ト と、 種 を 取 り 除 い た 赤 唐 辛 子 を 入 れ 火 に か け、 茹 で た て の ス パ ゲ ッ テ ィ を加えてさっと混ぜ合わせる。 ② ①を皿に盛り付け、パセリを散らす。 ★印はサンクゼールオリジナル商品

Couleur 9


鶏のカチャ ト ー ラ ■材料(4人分) 鶏肉(骨付きぶつ切り) 700g マッシュルーム、まいたけ 各100g ブラックオリーブ 12個 ★ドライトマト入りトマトソース 1瓶(220g) 塩、こしょう、オリーブ油 各適量 パセリのみじん切り 少々 ■作り方 ① マッシュルームは石づきを落と し薄切り。まいたけも同様に石 づきを落とし、一口大にする。 ② 鶏肉に塩、こしょうをし、オリー ブ油を熱したフライパンで表面 に焼き色をつける。 ③ ② に ① を 入 れ 軽 く 炒 め、 水 3 カップとトマトソース、ブラッ クオリーブを加え煮込む。 ④ 鶏が柔らかくなったら、塩、こ しょうで味を調え、皿に盛りパ セリを散らす。 ★印はサンクゼールオリジナル商品

Couleur 10

合わ

せて おい ワイ しかった St.C ンは ou En sair

a'09


レアチーズケーキ 旬のジャムを添えて ラ・フランスジャムの代わりに、 りんごやブルーベリーのジャムな どでもおいしくできます。

た かっ いし お は せて 合わ ワイン sair l u o ona St.C diti

re Cid

Tra

■材料(グラス 4 ~ 6 個分) 卵黄 2個 グラニュー糖 60g 牛乳 100cc クリームチーズ 250g ヨーグルト 100cc レモン汁 30cc 生クリーム 200cc ゼラチン 9g 水 45cc ★旬のラ・フランスジャム 1/2瓶(90g) 白ワインまたは水 大さじ2~3

■作り方 【準備】 クリームチーズは室温に戻し、柔らかくしておく。 ゼラチンは、30 分前に水にふり入れふやかしておく。 ① ボールに卵黄、グラニュー糖を入れ、白っぽくなるまで泡だて器 でかくはんする。 ② 沸かした牛乳を①に少しずつ加え混ぜ合わせ、ゼラチンを入れて 溶かす。 ③ 別のボールにクリームチーズを入れ、泡だて器でなめらかになる まで混ぜ、②の 1/3 量を加え混ぜ合わせ、さらに残り 2/3 を入れ よく合わせる。 ④ ③にヨーグルト、レモン汁、生クリームを入れ、グラスに流し冷 蔵庫で冷やし固める。 ⑤ ジャムに白ワインを混ぜソースを作り表面に流し、お好みでミン トを添えて。 ★印はサンクゼールオリジナル商品

Couleur 11


Vineya r d s & W i n e r y ヴィンヤード & ワイナリー

Couleur 12

大 入 ヴ ィ ン ヤ ー ド に 建 設 中 の「 シ ロ アムの家」。 こ の バ ル コ ニ ー か ら の 景 色 は 、 私 たちでさえ 息 を の む ほ ど の 絶 景 が 広 が っ て い ました。


の小屋は小屋というには立派で、2

ません。

階に休憩所やベランダを備えた快

聖書の中の物語で盲人の方が目が

適な空間が畑の中に出来るのです。

見えるようになるお話があるので

ここは、少し空に近い丘陵の上。

12 月 26 日。 そ れ は 前 日 雪 が 降

すが、そこにシロアム(遣 わされ

野 沢 ス キ ー 場、 志 賀 高 原、 菅 平、

り寒い 1 日でした。私たちワイナ

た者という意味)の池が出てきま

浅 間 山、 冬 の 澄 ん だ 空 気 は そ ん

リースタッフもサーバント・オブ・

す。それを小屋の名前に頂き、 「シ

な山並みも近く感じさせる。大入

ロード(建築課)の皆さんに加勢

ロアムの家」と名付けました。こ

ヴィンヤードの冬は厳しさと美し

して無事棟上が終了し、大きな骨

れからは大入ヴィンヤードのシン

さが共存する私たちだけの知る所

組みが畑に現れたのです。自分た

ボルになることでしょう。

です。そんな畑の、今は一番奥に

ちの使う小屋を自分たちで作れる

畑を訪れてくださった皆さんと一

素敵な農機小屋が建つことになり

のが何か誇らしく思え、いとおし

緒に 2 階のバルコニーからこの景

ました。春の完成が待ち遠しいこ

くなるのは当たり前の事かも知れ

色を展望する日が楽しみです。

手作りの農機小屋 文 / 丸山和子

つか

Couleur 13


Life St.Cousair Style

コルクを

打栓して あっという間に

ワイ ヤー を巻 きま す

イタリアから海を渡ってきた機械 文 / 三浦秀一

Couleur 14

でき上がり


ついにシードル

機械に投資することができました。

率 が 3 ~ 4 倍 に な り、 今 ま で つ く り た

のコルク打ち作

手造り→装置化すると、何かシードルの

くてもつくれなかったハーフボトルもで

業が機械化され

味わいがひとつ変わるのではと思われる

き る よ う に な り ま し た! こ の 田 舎 的 な

ました。

かもしれませんが、そんなことはありま

シードルというりんごのお酒が、ちょっ

スティルワイン

せん。サンクゼールのシードルのこだわ

とした手土産としてより多くの皆さまに

(非発泡性ワイ

りは、瓶内二次発酵により炭酸ガスを得

愛され、飲んだ方が長野の産地に想いを

ン)のコルク打

ていることにあります(シャンパンと同

馳せてもらえるような、また、これから

栓はもちろん既

じ方式)。人工的にガスを加えるのでは

お 酒 を 飲 ま れ る 世 代 の 方 が、 こ の ア ル

に機械化されて

なく、酵母がつくった自然の炭酸ガスだ

コール 7%の飲みやすいシードルをきっ

いましたが、比較的最近始めた発泡性ワ

からおいしいのです。シードルの濁りは

かけに、楽しいお酒の世界に入ってもら

イ ン の コ ル ク は 特 殊 な た め、 今 ま で は

酵母でして、そこから旨みが出ます。こ

えるような、そのようなことを願ってお

手 打ちでした。一本ずつ台座にのせ、φ

の神秘的な工程は、人間があまり関与で

ります。

30mm の コ ル ク を 17mm ま で 圧 縮 し、

きない、装置化できない部分であり、味

レバーを押し下げて打ちこむこの作業

わいの肝です。この発酵に関して私たち

は、 味 の あ る 楽 し い 作 業 な 反 面、 筋 肉

ができることは、冬の寒さが酵母にとっ

痛 の 原 因 で も あ り ま し た。 こ の 手 造 り

て厳しすぎないように、部屋の暖をとる

感たっぷりに始めたシードルが年々生産

ことぐらいでしょうか。それでも、飯綱

量が伸び、皆さま

町の蔵の中では 8 ~ 12℃でゆっくりと

にたくさん買って

瓶内発酵がすすみ、例えば 25℃の環境

いただけたおかげ

に比べると、繊細な香りに仕上がります。

以前のコルク打栓の様子

で、今回全自動の

ワイヤー巻きも手作業でした

さて、コルク打栓の機械化により生産効

地元の飯綱町産リンゴを 使ったシードル 長野県産リンゴを使った シードル・トラディショナル

Couleur 15


Vigneron

ヴィニュロン

Couleur 16

フランス語で、ぶどうを育ててワインを造る人のことをヴィニュロンといいます。 サンクゼールにとって、ワインが生まれるこの地を愛するすべての仲間がヴィニュロンです。


おろし

卸営業部のおしごと 文 / 石川陽子

観光の帰りにぶらっとのぞいた長野のお

国 34 店舗ある直販店や自社通信販売と

展開中のパン屋さんのオリジナルジャ

土産物屋さん、休憩ついでに車を停めた

は別に、全国と一部海外に商品を流通さ

ム、バター、そしてオイル、または各地

サービスエリア、いつも立ち寄る近所の

せているのです。

でがんばる生協さんのオリジナルジャム

ス ー パ ー。 皆 さ ん、 こ ん な 場 所 で「 お

サンクゼール商品はテレビにも登場して

やパスタソース、これらも私たちがパン

やっ?なんだか見覚えがあ���…」なんて

います。例えばタルタルソースが人気の、

屋さんや生協さんといっしょに開発して

形 で、 サ ン ク ゼ ー ル の ジ ャ ム を 発 見 し

とあるテレビショッピング番組。海を渡

作っている商品です。

た こ と は あ り ま せ ん か? ま た は、 結 婚

れば中国には直営店があるのでもちろん

式の引き出物カタログやお取り寄せカ

のこと、台湾のスーパー「祐毛屋」さん

一般のお客さまと直接触れ合う機会は少

タログの中にサンクゼールのギフトを

や、香港で人気の「city super」さんでも、

ないのですが、サンクゼールが心をこめ

見つけたり。

サンクゼールの商品を見つけることがで

てお届けする商品がひとりでも多くの方

そ う、 そ こ で 私 た ち 卸 営 業 部 の 出 番 で

きます。

の元 に 無 事 届 く よ う、 こ れ か ら も 私 た

す。お客さまに、より手軽にサンクゼー

そして、私たちの扱う商品はサンクゼー

ちはバリバリ働いていきます。

ル商品を手にとっていただけるよう、全

ルオリジナルだけではありません。全国

Couleur 17


Around

ご近所さん紹介

こしょう漬け サンクゼールの本社がある長野県飯綱町や隣 の 信 濃 町 で、 昔 か ら 食 べ ら れ て き た 漬 物 の ひ と つ に「 こ し ょ う 漬 け 」 が あ り ま す。 野 菜 が 採れない冬の間の大切な食料として食べられ て き た も の だ そ う で、 そ の 味 は ほ ど よ い 辛 さ で、 ご 飯 の お か ず に す れ ば 箸 が ど ん ど ん 進 ん で し ま し そ う。 ま た、 お 茶 請 け に も 最 適。 ご 家 庭 に よ っ て 味 も 様 々 で、 食 べ 比 べ を し て 秘 伝の技を教え合ったり。そんな「こしょう漬け」 の 材 料 は、 き ゅ う り や 大 根 な ど そ の 季 節 ご と に 収 穫 さ れ る 野 菜 と「 ぼ た ご し ょ」 と 呼 ば れ る こ し ょ う( ピ ー マ ン に 似 た 形 で 柔 ら か な 辛 み の 青 こ し ょ う で、 こ の 辺 で し か 作 ら れ て い ない)、しその実、そして塩と、とてもシンプル。 し か し、 材 料 の シ ン プ ル さ と は う ら は ら に 作 る過程はとても大変なんです。

小口さんのこしょう漬け 今回は四季おりおりの野菜を使った、北信の郷土食「こしょう 漬け」の紹介。一度食べたらやみつきになりそうなこしょう漬 け、一度試してみたくなる一品です。

手間と時間をかけじっくりと 7 月くらいから採れ始める季節の野菜(なす、 きゅうり、うり、みょうが、若いズッキーニ等) と ぼ た ご し ょ を、 種 類 ご と 別 々 に 塩 で し ょ っ ぱ く 漬 け は じ め ま す。 次 々 と 採 れ る 野 菜 は、

写真:上の皿「こしょう漬け」、下の皿「大根のビール漬け」「野沢菜漬け」

Couleur 18


先に漬けておいたところに追加します。 その際、まず漬けているうちに出てきた 水分を取り除き、漬物を端に寄せ中央部 分に穴を作り、そこに新しい野菜を足し 塩をして重しをします。野菜を追加する たびにこの作業を繰り返し行っていきま す。秋になると採れるしその実も、同じ ように漬けておきます。 そうこうしていくうちに野菜の収穫も落

をのせます。ここが「こしょう漬け」の

れます。その “ おいしい ” の一言で “ よし、

出来を決める最大の難関で、それは大根

がんばって作ろう ” と思うんです。こう

と塩漬けした野菜の分量比。この比率に

した郷土料理はそれぞれのご家庭の味が

よって味わいがしょっぱくなり過ぎてし

あって、まさに “ おふくろの味 ” これから

まったり、逆に薄くなってしまったりと、

も伝えていけたらと思っています」

長年の勘だけがたよりなのです。まさに

取材時にいただいた小 口さんの「こしょ

おふくろの味、伝統の技で、こうした手

う漬け」は、食べる人の笑顔を大切に思

間と時間をかけ「こしょう漬け」は作ら

いながら作っている、やさしい人柄を感

れていくのです。

じられる味わいでした。

冬でもスーパーに行けば様々な野菜が買 える今、野菜を保存しておく必要性が薄 れ、核家族化により作り方を受け継がれ ていくことも少なくなり、さらにこの塩 加減の難しさもあってか、最近では「こ しょう漬け」を作るご家庭が少なくなっ ているようです。

ち着き、晩秋の頃、収穫時期を迎えた大

郷土料理の誇りと家庭の味

根をきれいに洗い、両端を落とし、今ま

今回「こしょう漬け」の作り方を教えて

で別々に漬けてきた野菜たちと合わせて 一 緒 に 樽 に 漬 け 込 ん で い き ま す。 大 根、

おぐち

いただいた小口さんは言います。 「私が作るこしょう漬けを子どもがとても

塩 漬 け し た 野 菜 た ち、 大 根 … と い う ふ

喜んでくれるんです。子どもだけでなく、

うに交互に積み重ねていき、最後に重し

友人や近所の仲間もおいしいと言ってく

Couleur 19


a ce

of

t e ac

F

サンクゼール・ファクトリーアウトレット

鳥栖店 九州唯一の店舗が佐賀県鳥栖にある、サンクゼール・ファク トリーアウトレット鳥栖店です。 長野に本社をもつ私たちにとってまったく土地勘がない場所、 お 客 さ ま の 評 価 は? 駐 車 場 が す ぐ 近 く で し た の で、 ご 試 食、 ご試飲後は「帰りに寄るわね!」とモール内へ。そして帰り にちゃんと寄ってくださいました。(ありがとうございます。) 思えば、アウトレットから帰る間際にご購入いただく、とい うパターンができたのが鳥栖店からだったような・・・。 カフェも併設、メインはソーセージドッグとフルーツをその 場で搾るフレッシュジュース。季節ごとに変わる味はすべて オリジナルです。 モール内でも一、二を誇る笑顔の接客が自慢です。ぜひ、ご 来店ください。

Couleur 20


店長のコラム

七人の女侍? サンクゼール・ ファクトリーアウトレット 鳥栖店 店長 谷山純子

ア ウ ト レ ッ ト と い う、 集 客 力 あ

が 持 つ 豊 か な 個 性 が、 鳥 栖 店 の

るロケーションにピッタリのパ

運営にバランス良く活かされて

ワフルな女性たちは、サンクゼー

います。

ルいちと思しき接客力№1ス

今、 日 本 の 市 場 に お け る 購 買 動

タッフや販売に欠かせないアイ

向を握っているのはまさしく女

デ ア や セ ン ス に 溢 れ る 人、 管 理

性 た ち。 あ る 意 味、 サ ン ク ゼ ー

私がここ鳥栖店に異動してから

能力抜群の方や沈着冷静なしっ

ルの未来を握っているのも女性

1 年近くになります。

か り 者 さ ん、 そ し て 今 年 成 人 式

パワーかもしれません。

こ こ へ 来 て 驚 い た の は、 と に か

を 迎 え た ば か り の、 今 ま さ に 伸

そ ん な 彼 女 た ち と 一 緒 に、 今 日

く個性的な 7 人の女性スタッフ。

び 盛 り の 女 の 子 た ち。 そ れ ぞ れ

も鳥栖店で頑張っています。

サンクゼール・ファクトリーアウトレット 鳥栖店 open/10:00 close/20:00 address/ 佐賀県鳥栖市弥生が丘 8-1 鳥栖プレミアム・アウトレット区画 No.1140 TEL/0942-87-8577 Couleur 21


ナパバレー研修記 Vol.04 ―最終回― 文・写真 / 吉田慶子

ロバート・モンダビ ロバート・モンダビに着いたのは、日が沈む 少し前、太 陽 の光 がちょうどオレンジ色に変 わりはじめた頃。アーチをくぐると、きれいな 芝 生と、夕日を背にしたぶどう畑。畑の土は 石灰 がまかれているのか白く、 そこにオレン ジ色の光が反 射し、まるで宝石がちりばめら れたように一面がキラキラと輝いていて「きれ い…なんてきれいな…」と思わず目をうばわれ てしまうほど、きれいな景 色が 私たちを出迎 えてくれました。

店内を見渡すと木の棚や机が多くあり、とて もシックな雰囲気でありながら、木の温かみ

Couleur 22


を感じられ、ゆっくりのんびり買い物 を楽しめる場所でした。そして、たく さんのワインが整然と並び、試飲カウ ンターには多くの人が楽しそうにワイ ンについて語り合っていました。もう すぐ夕飯時、きっと今日の料理を考え ながらワインを選 んでいるのだろう、 それを囲む人たちの 笑 顔を思い浮か べながら。

「いつかサンクゼールのワインやジャム で、食卓を笑 顔にしたい」。夢をはせ

想いをつなげる 「創始 者が 抱いた想いを感じ、受け継ぎ、 繋げていくのは自分たちなんだ」

ながらこの 地に訪れ、 そん な 想いを

このような機 会を与えてくださった多くの 皆さまに心から感 謝の 気 持ちでいっぱ い です。

抱 いた 創 始 者である久世と同じ場 所

そんな役 割を再 確 認するための 研 修だっ

に私はいる。そう思うとなんだか胸が

たのかもしれないと思うと、気持ちが引き

この経 験 が 受け継 がれ 紡がれて、やがて

あつくなりました。

締まりました。それだけでなく、人の優し

大きな実ができますように。

さやあたたかさに触れ、相手を思う気持ち など、日々の仕事の中、忙しさのあまりど

「I am the vine,you are the branches.

こかに置き忘れてしまったものを思い出さ

John 15:5」

せてくれた、 そんな研 修 でもありました。

~主はぶどうの木、私は枝です~

1 年の長い連載を読んでくださった皆さま、心からありがとうございました。

Couleur 23


S anctuary サンクチュアリー

Vol.12 2011.01.25 第 1 版発行

冬の静かで真白な景色にまっ青な澄んだ青空が、大好きです。

発行人 編集人

久世良三 山川誠一

締まった雪質のバーンを心から楽しみ、心も体も喜びで一杯でした。

発行所

サンクゼール・パブリッシング 〒 389-1201 長野県上水内郡飯綱町芋川 1260 TEL026-253-7002 FAX026-253-8861

大自然に体を委ねる幸せを感じました。

http://www.stcousair.co.jp 印刷製本 株式会社イシワタグラフィックス

もともと、アルペンスキー競技の選手でしたが、久々に戸隠スキー場 で滑ってきました。

日常に埋没し、心が疲れたと感じたら貴方も一度冬の信州にサンクゼー ルに遊びにお越しください。特に日曜日は午後 2 時から丘の上のワイ ナリーレストラン隣のチャペルで礼拝に参加していますので、気軽に お立ち寄り下さい。

サンクゼール 久世良三

ⓒ 2011 St.Cousair CO.,LTD

■サンクゼール・ワイナリー 本店  営業時間 9:00~17:00  Tel.026-253-8002 ■ワイナリーレストラン・サンクゼール  営業時間 11:30~16:30  Tel.026-253-8070(要予約)

Printed in Japan 本書掲載の記事、写真、イラスト等の無断複 写(コピー)、複製(転載)を禁じます。 R本書からの複写を希望される場合には、株 式 会 社サンクゼール(TEL026-253-7002) にご連絡ください。 ●落丁、乱丁、その他不良品がありましたら、 お取り替えいたします。株式会社サンクゼール (TEL026-253-7002)へご連絡ください。

【表紙】 ワイナリーレストラン・サンクゼールとチャペルの 間から、旧三水村を望む。

募金¥100

募金にご協力ください。 (100 円は目安です)

この冊子はサンクゼール・スタッフである小林フィデア が活動しているエイズ孤児を支援するボランティア、タ ンザニアの S.W.A.C.C.O.(ソンゲア女性と子供の支援団 体)へ協力しており、お客さまから頂いた100円は全て S.W.A.C.C.O. へ寄付されます。 詳しくは、下記をご覧ください。 URL http://www.sotesawasawa.jp/ 2009年5月から2011年12月までに772,303円の募金をい ただきました。皆さまのご協力を、心より感謝いたします。

couleur [kulœ:r]   Couleur【クルール】は「色」を表すフランス語です。四季の色やサンクゼールのこだわり、スタッフの人柄などをお伝えします。

http://www.stcousair.co.jp

Staff Director/Photo Editer/Recipe

山川誠一 宮永侑佳

Text 久世良三・石川陽子・神田秀仁・ 谷山純子・西村友行・丸山和子・ 三浦秀一・吉田慶子


Couleur Vol.12