Issuu on Google+

田村博文 TAMURAhirofumi STONE+SABI

plantation


鷲峰庵 京都・ 宇治田原町

国道307号信楽と城陽の間に 位置し、かって林業と茶の町とし て栄え、緑茶を広めた永谷宗園 の生誕地である。


田村博文

TAMURA hirofumi

1945年 生まれ

1969年 京都市立美術大学 ( 現芸大)工芸科卒 1969~2002年

インテリア・デザイン事務所にて デザイナーとして商業施設設計 2002年 工房開設


数年来、木彫りによる 石をつづけている。


幾十、幾百という石をつく りつづけるうち、どんなも のがあっていい、どんな風 につくってもいい創りつづ ける事に意味があると思え てくる。


自由、きまま、のびのび、楽しい 。

積み上げたり、崩したり、並べたり並び変えたり。

すべりそうな石があれば助けてやる。


先人は樹・石・ 金属と時をかけて、その利用 すべき術を手に入れた。

樹は削り出すことでその樹が所有した時間を剥

き出しにされる。有機物としての樹、それと対峙

する側にある石や金属。


樹で石をつくり、その石にメタリックな 表皮を装着する 。


樹で石をつくり、その石に メタリックな表皮を装着する 。


樹で石をつくり、 その石にメタリックな表皮を装着する。 時と共に SABI が出る。 原風景に存在するか否か不確かな時間。 樹が所有した時間。 そして今、樹から磨き出した石に施した

と時間を共有する 。 SABI

メタリックなフィルターと それから発生する


樹 が所有した時間 。

樹から磨き出した 石

と時間を共有する 。 SABI

樹から磨き出した石に メタリック な表皮を装着 それから発生する

原風景に存在するか否か不確かな時間 増殖 粘菌?

私はまだ樹で石を削り出し続けている。


STONE+SABI


plantation


ほらっ!


N 石 0石


浮く?


並んで!


遊ぶ?


どこっ?


並んだ?


これ?

・・・?


ぽん!


STONE+SABI

plantation


tamura hirofumi stone+sabi plantation