Issuu on Google+

この旅行ガイド

音楽のモスクワ

モスクワは、音楽文化の 中心地です。 民族音楽 クラシック音楽 オペレッタとミュージカル ジャズ 軽音楽 ロック 作者の唄 美術館

2 8 16 28 32 36 38 42 46


音楽のモスクワ

モスクワは、音楽文 化の中心地です。

民族音楽は、今でも残っていて、伝

音楽の歴史は12世紀、モスクワが創

歌舞団などがあります。 また、民族音

統的な楽器を使いながら、古い歌を 歌う、民族楽器のオーケストラ、民族

設された時から始まります。

楽は、現代的なアレンジを加えなが

異教儀式の時にすでに始まってい

ら、他の楽器で演奏されたりもして

た、すべてのスラブ人に共通のロシ

います。

アの歌には、 さまざまなジャンルがあ

昔のモスクワっ子の生活には、讃美

りました。それは、ホロヴォード(輪に

歌や鐘の音が欠かせませんでした。

なって歌って踊る輪舞)や、 グースリ (

正教会には、合唱団や聖詠経誦経者

古い多弦楽器で、 グースリの弾き手

のための、特別な聖歌隊席がありま

が膝の上にのせて演奏した)を奏で

す。聖歌隊席では、子供や声の美し

ながらの調子の美しい物語などとと

い大人が歌っています。有名なA.V.ス

もに流れる、生き生きとした陽気なメ

ヴォロフ大元帥、偉大な歌手のF.I.シ

ロディーや、情緒的な歌などです。

ャリャピン、有名な作家兼劇作家の

2


旅行ガイド

A.P.チェーホフは、子供の頃、聖歌隊 で歌っていました。 また、ピョートル1 世も教会で歌を歌っていました。 17世紀まで、モスクワには教会音楽 と民族音楽しかなく、現在クラシック 音楽と呼ばれているものは、ロシアに 徐々に伝わってきたのです。ピョート ル1世の父である、 アレクセイ・ミハイ ロヴィチ皇帝の時代、音楽を使った 初の演劇が披露されましたが、 これ は今とは少し異なるものの、オペラと 呼ぶことができます。 この演劇には、 聖書の物語が選ばれ、10時間続けら れました。演劇の監督はヨハン・ゴッ トフリード・グレゴリー(1631~1675 )が務めました。あとは、牧師とルーテ ル小学校の教師と生徒が参加しまし た。 ヨハン・グレゴリーが、ロシアの演 劇の先人と考えられています。最初の 演劇が行われた場所は、皇帝令によ って建てられた、 プレオブラジェン スコエ村の「木造住宅」 でした。 ピョートル1世の時代に、モスク ワに公共劇場が建設された のです。ペテルブルクに遷 都した後、主な音楽活動 はそこで行われるよう になりましたが、モス クワにも独自の有名 な劇団はありまし た。外国人の劇 団、ロシアのプ ロの劇団、農奴 劇団などです。

3


音楽のモスクワ

ニコライ・ペトロヴィッチ・シェレメチ ェフ伯爵(1751~1809)が、農奴劇団 の女優である、 プラスコヴィヤ・コヴァ リョワ・ジェムチュゴワ (1768~1803) をとても愛していたことは、ロシアで 有名な話です。才能豊かな他の農奴 劇団の子どもたちとともに、 プラスコ ヴィヤは、小さい頃から、モスクワ郊 外に位置する、 クスコヴォと呼ばれる シェレメチェフ邸で歌、楽器の演奏、 演技の手法を教育されました。 プラ スコヴィヤの美しい声で、劇団は有 名になり、 シェレメチェフ伯爵をも夢 中にさせたのです。当時は身分の違 う者の恋愛はタブーとされていたた め、伯爵が農奴の娘を愛し、結婚する などということは、考えることすらでき ませんでした。それでも愛は勝り、二 人の結婚式は行われることとなった のです。残念ながら、二人の幸せな生

4


旅行ガイド

したり、歴史的建築を楽しんだり、博 物館を見学したりと、 さまざまに時間 を過ごせる場所になっています。 クス コヴォ宮殿(地下鉄「ヴィヒノ」駅、 「 リャザン大通り」駅、ユーノスチ通り 2)は、美しい建築物と公園がひとつ になった、モスクワでもっとも美しい 場所のひとつです。博物館では、 ガイ ドの案内が行われています。モスク ワ博物館・オスタンキノ宮殿(地下鉄 「VDNH」駅、 「アレクセエフ」駅、オス タンキノ通り5)には、豪華な宮殿、歓 楽的な庭園、 また17世紀後半の歴史 的建造物である、オスタンキノのニ 活は長くは続きませんでした。 プラス

キチンキの施生命至聖三者教会が

コヴィヤは体が弱く、息子のドミトリ

あります。

ーを出産すると、 まもなく亡くなって

さて、音楽の話に戻りましょう。ロシ

しまいました。

ア語のオペラが登場したのは、18世

慰めようのない悲しみにふさがれた

紀後半です。1812年祖国戦争の時

伯爵は、喪失感からなかなか立ち直

には、愛国的な作品が大人気となり

ることができませんでした。 プラスコ

ました。

ヴィヤを追悼する目的で、伯爵は貧し

ロシアで最初の作曲家は、後世のロ

い人のための病院、 シェレメチェフ伯

シアのすべての作曲家に多大な影

養老院を建設しました。長年、 この建

響を与えた、 ミハイル・イヴァノヴィッ

物は、貴族と高潔さをほうふつとさせ

チ・グリンカ(1804~1857) と考える

る、モスクワを飾る美しい建物のひと

のが一般的です。イワン・スサニンの

つとなっています。現在ここには、ロ

偉業に関する、 グリンカのオペラ 「皇

シアでもっとも有名な医療機関のひ

帝に捧げた命」は、事実上最初のクラ

とつ、 スクリフォソフスキー救急研究

シック民族オペラとなりました。

所(地下鉄「スハレフ」駅、ボリシャヤ・

それから2世紀の間に、ロシアのクラ

スハレフスカヤ広場3)があります。

シック音楽は、独自の特色を持つよう

すでにモスクワ市に含まれている、 シ

になり、 さまざまなジャンルの作品が

ェレメチェフ伯爵の演劇屋敷のクス

多くつくられました。ロシアの作曲家

コヴォとオスタンキノは、公園を散歩

は、世界のクラシック音楽で、独自の

5


音楽のモスクワ

6


旅行ガイド

領域をつくっています。その作品は、

モスクワの音楽的生活は多様性に満

世界中のオーケストラによって演奏

ちているために、 どのような音楽が一

され、各地の劇場の舞台から鳴り響

番聴かれているかといった質問に答

きます。

えるのはとても難しいのです。モスク

20世紀になると、 クラシックの他に、

ワの現代音楽は、聴く人それぞれの

ジャズやポップスといった、 さまざま

好みによって異なり、音楽好きな人な

な軽音楽が生まれます。 また、 ソ連時

ら誰でも、お気に入りの音楽を聴け

代ロシアでは、作者の唄や吟遊詩人

る場所がきっとモスクワで見つかり

音楽と呼ばれる、独特なジャンルが

ます。 クラブ、劇場、 コンサート・ホー

現れます。 このジャンルの歌手は、 自

ル、 スタジアム、公園などは、あらゆる

分でギターをひいて歌いながら、詩

ジャンルの音楽を演奏するあらゆる

を強調するため、大きな舞台や難し

国の音楽家にとって、 ステージとなる

い音楽設備がいらないのです。 この

のです。モスクワでは、毎年フェスティ

ジャンルでもっとも有名な歌手は、 ブ

バルが数十本開催されていて、世界

ラト・オクジャワとウラジーミル・ヴィ

中から音楽家が出演のために訪れま

ソツキーで、その歌の中には2人の

す。みなさまもご自身の音楽のモスク

出身地であるモスクワが、何度も登

ワを見つけてみませんか。がっかりす

場します。

ることは決してないでしょう。

7


音楽のモスクワ

民族音楽

3 4

6

1 2

5

8


旅行ガイド

歴史

た、 ジャレイカ(牛のつのやニレの木

どの国にも、世界でその国をイメー

でつくられる管楽器)、 クギクルィ (長

ジさせるような、独特の音楽楽器が

さの異なる細い筒が並べられた管楽

あり、ロシアのシンボルとなっている

器)、笛などの吹奏楽器もあります。

のは、三角形の三弦楽器、バラライカ

特別につくられ、家庭用品から発展し

です。バラライカという名前は、 どこ

た、 これらの楽器や他のさまざまな

か軽い響きがあるものの、名演奏家

楽器のおかげで、昔の人々は、喜び、

の手に収まると、複雑で多種多様な

楽しい気分、沈思黙考、悲しみ、愛の

メロディーを奏でます。民族楽器の

苦悩など、 さまざまな感情を表現で

オーケストラでは、5種類ものバララ

きるメロディーをつくることができた

イカが使われます。通常、歌を歌う時

のです。民族音楽は、後世の作曲家

や、4行からなる情緒的また風刺的な

が難しいシンフォニーや室内楽の作

民衆歌謡の、チャストゥーシカまたは

品を作るの、インスピレーションにな

時事小唄を歌う時に、バラライカを

りました。ロシアの優れた作曲家で

ひきます。

あるM.I.グリンカが、 「民は音楽をつ

チャストゥーシカとは、ロシアの民族

くり、我々作曲家はアレンジをするだ

音楽の代表的な歌で、短い歌に、鋭

けなのだ」 と言ったのも、偶然ではあ

く、情報豊かで、感情的な表現が込め

りません。

られています。風刺歌と呼ばれるだけ あって、 日常、家族、愛、政治などをテ

アーティスト

ーマにしています。 この歌は、ロシア

ロシアの民族音楽は、民族楽器オー

に広く普及していながら、ロシア固有

ケストラ、ポピュラー民族音楽、民族

の楽器ではない、 ガルモニ(アコーデ

音楽のカテゴリーにわけることがで

ィオン)のメロディーとあわせて歌わ

きます。

れることもあります。

民族楽器オーケストラは、通常、 クラ

民族楽器の中には、 トレシチョートカ

シック音楽の場所で演奏されます。

(短冊板が何枚も並べられた体鳴打

例えばP.I.チャイコ 1 モスクワでは、

楽器)や、ルベリ (細い洗濯板のよう

フスキー・コンサートホール(地下鉄「

な形をしているこのルベリは、 アイロ

マヤコフスキー」駅、凱旋広場4/31

ンのような服のシワを伸ばす器具と

)などです。 もっとも有名なモスクワ

して使われていました)があります。

の楽団のひとつは、N.P.オシポフ・ロ

木製のスプーンでリズムが奏でられ

シア民族楽器民族アカデミー・オー

ますが、名人になると、 スプーンだけ

ケストラです。 このオーケストラの

でソロ演奏を行うことができます。 ま

詳細な説明や歴史、公演日程など

9


音楽のモスクワ

1

2

は、ossipovorchestra.ruのサイトで

大切に、愛情深く守りながら、民族音

ご覧いただけます。 もうひとつの楽団

楽を聴衆に贈り続けています。

は、全ロシア国営テレビ・ラジオ放送

イーゴリ・モイセエフ国立民族舞踊

会社ロシア民族楽器アカデミー・オ

アカデミー舞踊団は、世界の民族舞

ーケストラ (aorni-vgtrk.ucoz.ru) で

踊をプロの高いレベルで見事に演出

す。 このオーケストラの演奏は、テレ

する、独特な舞踊芸術の団体で、 「イ

ビやラジオで聴くことができます。

ーゴリ・モイセエフ・バレエ」 (moi-

M.E.ピャトニツキー国立アカデミー・

seyev.ru) という名前で呼ばれ、 とて

ロシア民族合唱団(pyatnitsky.ru) も

も有名です。

有名で、100年以上も、民族の伝統を

人気の民族音楽は、 さまざまなジャ

10


旅行ガイド

ヤ・ヴォロタ」駅、サドヴォ・チェルノグ

3

リャスカヤ5/3、2号館、babkina.ru) や、民族歌舞団「ゾロトエ・ 3 コリツ ォ (黄金の環)」座(地下鉄「ティミリャ ゼフスカヤ」駅、ティミリャゼフスカヤ 通り17、golden-ring.ru) です。 「ロメン」 ジプシ 4 モスクワ音楽演劇 「ベラル ー座(地下鉄「ディナモ」駅、 ーシ」駅、 レニングラード大通り32/2

ンルの演奏家を集めたコンサート

、teatr-romen.ru) も人気があります。

で、 よく聴くことができます。軽音楽の

ジプシーの歌は、昔から世界中で知

歌手、 グループ、オーケストラなどが、

られています。

演目に民族音楽を加えることが多い

民族音楽に対する関心が弱まること

です。モスクワには、本物の、生き生

はありません。それは、 「ユーロビジ

きとした、陽気なロシアの歌が歌わ

ョン」に出場し、世界中で有名になっ

れている、特別な場所もあります。 こ

た「ブラノフ村のおばあちゃん」 も証

のジャンルで有名なのは、 ナデジダ・

明しています。多くの若い音楽家も、

2

バプキナの「ルースカヤ・ペスニャ

(ロシアの歌) 」座(地下鉄「クラスナ

民族を作品のモチーフにしていま す。モスクワのクラブでは、 「イワン・

11


4

音楽のモスクワ

6

クパラ」 、 「カリノフ・メスト」、 「メリニ ツァ」などのグループや、インナ・ジェ ランナヤ、ペラガヤなど、 さまざまな 歌手が民族的なステージを披露して います。

12

場所

屋外で音楽を聴いて、散策をしたい という希望は、 5 「コロメンスコエ」 ( 博物館・自然公園(地下鉄「コロムナ コロメンスカヤ)」駅、 「カシラ」駅) で


旅行ガイド 5

かなえられます。表門のアーチには、 古い民謡を歌うグースリの弾き手が、 しばしば演奏を行っています。 また「コロメンスコエ」を訪れる人々 に感動を与えるのが、ビラの演奏で す。 この楽器について聞いたことが なくても、それは普通のことです。ビ ラは、一言で平らな鐘と表現できる、 類例のない楽器です。 さまざまな大 きさの金属板が、木枠の中に並べら れています。 この板を特別な棒でた たくと、鐘のような長く響く音が出て、

あるアレクサンドル・ジハレフに関す

連続してたたけば、 メロディーが生ま

る話は、bila.dxi.ruのサイトに記され

れるのです。かつて田舎では、ビラが

ています。

本物の鐘の代わりとして使われてい

モスクワの民族音楽は、耳で楽しむ

た、 という意見もあります。ひとりまた

だけでなく、目でも楽しめるものなの

は複数の音楽家が、毎週末に「コロ

です。 6 M.I.グリンカ中央音楽文化

メンスコエ」 でビラを演奏���ています

博物館(地下鉄「マヤコフスキー」駅、

が、不思議な夢のような鐘の音が空

ファデエフ通り4)に行くと、 とても楽

気中に伝わり、胸が喜びとハーモニ

しい音楽の時間を過ごすことができ

ーに満たされるのです。 この楽器に

ます。 この、 グリンカというロシアの有

ついての詳細な説明や、生みの親で

名な作曲家の名前がつけられた博物

13


音楽のモスクワ

館では、 さまざまな民族の歴史的な

奏されました。昔の日常、生活様式、

楽器が展示されています。 これら珍し

軍事的活動などを詳細に再現する

い楽器の演奏はすべて録音されてい

人々が、大きなスケールのイベント

るので、聴くこともできるようになっ

に仕上げました。子供から大人まで

ています。

の、 フェスティバルの来場者は、豪 華な演出を見て、音楽を楽しんで、

行事

ゲームや大会、民族工芸のマスタ

モスクワの音楽生活では、数多くの

ークラスに参加して、中世の世界に

さまざまな行事が企画されているの

どっぷりとつかることができるので

で、いつでもおもしろい演奏会を見

す。 フェスティバルは、 「コロメンス

つけることができますし、いろいろな

コエ」博物館・自然公園で夏に開催

場所から人が集まってくる、年中行事

されます。開催済みのフェスティバ

などもあります。中でも、民族音楽に

ルについてや、今後の開催について

関係のある行事をご紹介します。

は、временаиэпохи.

まず、最近始まったばかりにもかかわ らず、大人気となっているフェスティ

рфのサイトにてご覧いただけます。 「コロメンスコエ」に来た人々を喜

バル「時間と時代」があります。2012

ばせたのは、同時に開催された、年

年に2回目が開催されましたが、音

中行事になる予定の、別のフェステ

楽フェスティバルに限られた行事

ィバルです。それは、国際スラブ芸術

ではないものの、音楽がたくさん演

創作フェスティバル「ロシアの草原」

14


旅行ガイド

(рполе.рф) です。 プログラム には、芸術団の公演、エンターテーメ ント・イベント、 「チャストゥーシカ・ト ーナメント」大会、 プロの音楽家や聴 衆を集めた大ロシア合唱団など、 さ まざまな催しがありました。 9月第1週には、毎年恒例のモスクワ 音楽フェスティバル「豊作」が開催さ れ、ロシアやヨーロッパの国々の民謡 を、昔風の本物の演出、 または現代風 にアレンジした演出で披露するグル ープが出演します。来場者は音楽を 聴いて、戦いを見て、踊りを学んで、手 工芸を覚えて、民族料理を味見して、 土産物を買うなど、 さまざまに楽しん で気分を高揚させることができます。 もうひとつの夏の行事は、2008年か ら開催されている、民族ロック音楽 のフェスティバル、 「ShadeLynx Fest(

shadelynx.com) です。中 7 央芸術 家会館のムゼオン芸術公園(地下鉄「 パルク・クリトゥルイ」駅、 「オクチャブ リ」駅、 クルィムスキー・ヴァル通り10 ) で開催され、有名なグループを招い ています。 また、 「FolkDay(フォーク・デー)」 とい うフェスティバルも秋に開催されて いますので、詳細な情報をfolkday.ru にてご覧ください。 この行事には、民 族音楽のスターが参加しており、 この ジャンルのファンなら、大好きな歌手 を一日ですべて見ることができます。 フェスティバル「エトノプラネタ (民族 惑星)」 (etnoplaneta.ru) も恒例のイ ベントで、ロシアや他の国のアーティ ストの公演を見ることができます。

シェイドリンクス・フェスト)」 (fest.

15


音楽のモスクワ

クラシック音楽

7

2

14

3

12

1 5

13

6

9

3а 16

4 15

10

8

11 17

16


旅行ガイド

歴史

ロシアのクラシック音楽は、ロシアの 首都がサンクトペテルブルクに遷都 した時代に生まれたので、 クラシック に関するさまざまなできごとがサン クトペテルブルクで起こっていること は、自然なことです。M.I.グリンカの継 承者である、M.A.バラキレフ(1837 ~1910)、A.P.ボロディン(1833 ~1887)、M.P.ムソルグスキー(1839 ~1881) 、N.A.リムスキー・コルサコフ (1844~1908) といった「ロシア5人 組」などが、サンクトペテルブルクで 作品をつくりました。そんな中でも、

になるモスクワに導かなければ、私

モスクワと自分の作品を関連づけた

が成し遂げたことは、成し遂げられ

作曲家もいました。 まず、モスクワで

なかっただろう」 と言っています。

暮らし、仕事をしていた、ロシアの偉

晩年はモスクワ県クリン市で過ごし

大な作曲家であるP.I.チャイコフスキ

ましたが、 この場所には現在、国立

ー(1840~1893)です。P.I.チャイコフ

P.I.チャイコフスキー家・博物館(モス

スキーがとても仲良くしていた「ロシ

クワ州クリン市チャイコフスキー通

ア5人組」 とは異なり、ロシアのクラシ

り18)があります。モスクワのP.I.チャ

ック音楽のモスクワ派を代表してい

イコフスキー文化センターの建物内

ます。 「運命が私を、12年過ごすこと

にも、当時の内装や部屋を復元し、

17


音楽のモスクワ

1

個人所有物を保存している、博物館 1 「P.I.チャイコフスキーとモスクワ」

クドリン広 (地下鉄「バリカーダ」駅、 場46/54)があります。 この家の2階に は、チャイコフスキー自身が1年生活 していたため、直接的な関係のある 場所なのです。 この場所で、多くの作 品を生み出しました。 チャイコフスキーが、ロシアや世界 の音楽に遺産を残した功績は、評価 しきれません。もっとも人気のある 作品は、バレエの「白鳥の湖」や「くる み割り人形」、オペラの「エヴゲーニ イ・オネーギン」や「スペードの女王」 )で、モスクワで、チャイコフスキーの などです。

愛弟子で、個人的に良く知っていた

モスクワ派とサンクトペテルブルク

S.I.タネエフのもとに弟子入りしてい

派を、作品の中でひとつにしたのが、 ます。チャイコフスキーは試験で、19 優れた作曲家、ピアノ奏者、指揮者で

歳のラフマニノフに5+++という評

ある、S.V.ラフマニノフ(1873~1943

価を行い、作曲家としての才能を最

18


旅行ガイド

4

大限に評価しました。10月革命後、 ラ フマニノフはロシアを去りましたが、 もっともロシア的な音楽家のひとり として、長きにわたり愛され続けまし た。モスクワのストラストノイ並木道 には、 2 ラフマニノフの銅像が立っ ています。 1918年、モスクワは再び首都となっ たため、次の作曲家や音楽家の世 代は、主にここで暮らし、仕事をしま した。秀でた20世紀のロシアの作曲 家であるS.S.プロコフィエフ(1891 ~1953)は、モスクワで人生の多くの 時間を過ごしました。 プロコフィエフ

は、モスクワ市立第1児童音楽学校

に小さい頃から音楽を覚えさせた母

のプロコフィエフの名のついた施設

親は、最高の音楽で有名になった、

で、ふたつ目は、 プロコフィエフが生

農奴劇団シェレメチェフの百姓の出

活し、 4 働いた家(地下鉄「テアト

プロコフィエ です。 3 モスクワには、

ル」駅、 「オホトヌイ・リャド」駅、カメ

フの博物館が2館あります。ひとつ目

ルゲル小路6)です。

19


音楽のモスクワ

5

モスクワは、20世紀のさまざまな

)はモスクワ高等音楽院で学び、教

作曲家と関係があります。1943年か

え、最後には運営し、R.K.シチェドリン

らD.D.ショスタコーヴィッチ(1906

(1932)はここで生まれました。 これ

~1975) 4 が生活し、A.I.ハチャト

らの作曲家やその他の多くの作曲家

ゥリャン(1903~1978)はグネシン

が、ロシアのあらゆる世代が知って

音楽学校とその後高等音楽院で学

いる音楽をつくったのです。

び、A.G.シュニトケ(1934~1998)は 10年以上モスクワ高等音楽院で教鞭

有名なクラシック音楽の演奏家や歌

を取り、V.Y.シェバリン(1902~1963

手も、モスクワと緊密な関係にありま

20


旅行ガイド

6

6

す。有名なオペラ歌手のフョードル・

(地下鉄「プーシキン」 記念アパート

シャリャピンは、モスクワに長期暮ら

駅、 「トヴェリ」駅、 「アルバート」駅、ボ

していました。1988年、 5 モスクワ

リシャヤ・ブロンナヤ通り2/6アパー

でF.I.シャリャピン家・博物館(ノヴィ

ト58号室)は、国立プーシキン造形

ン並木道25)が開業しました。

美術館の一部となっています。

世界的に有名なピアノ奏者のスヴ

秀でたバイオリン奏者のダヴィッド・

ャトスラフ・リヒテル(1915~1997)

オイストラフ(1908~1974)も、モ

も、モスクワで暮らし、仕事をしてい

スクワで暮らし、活動していました。

ました。 6 スヴャトスラフ・リヒテル

7 M.I.グリンカ中央音楽文化博物館

21


音楽のモスクワ

8

(地下鉄「マヤコフスキー」駅、 ファ

家、音楽家、歌手、演奏者をすべてあ

デエフ通り4)には、オイストラフに関

げることは不可能です。独特な公演、

する展示があります。

プレミア、 フェスティバル、 コンクー

世界で有名な、チェロ奏者で指揮者

ル、有名な劇場、 コンサート・ホール

のムスティスラフ・ロストロポーヴィ

などだけでもモスクワは十分に楽し

チ(1927~2007)も、モスクワと関

むことができます。 より有名な演奏家

連性があり、妻で有名なオペラ歌手

や歌手、 クラシック音楽を聴ける場所

のガリーナ・ヴィシュネフスカヤは、

などについてご紹介します。

モスクワに、ロシアや外国でプロの 教育を受けたオペラ歌手の研修を 行う、ガリーナ・ 2 ヴィシュネフスカ

ヤ・オペラ歌唱センター(地下鉄「クロ

モスクワには、大きなオーケストラ、

ポトキン」駅、 「パルク・クリトゥルイ」

カルテット、 トリオなど、 レベルの高

駅、オストジエ通り25、1号館、opera-

いプロの音楽家をひとつにする、 ク

centre.ru)を開設しました。 ここに

ラシック音楽の演奏グループがとて

は、オペラ座があります。

もたくさんあります。ロシアや外国

モスクワで生活し、仕事をし、上演を

で有名なのは、1930年設立のP.I.チ

行っていた、 また現在でも耳を楽し

ャイコフスキー大交響楽団(bso.ru)

ませてくれる、 クラシック音楽の作曲

、1924年設立のロシア国立映画交響

22


旅行ガイド

9

楽団(meloman.ru)、1936年設立の

ド」駅、劇場広場1、bolshoi.ru)は、

ロシア連邦国立エヴゲニー・スヴェ

ずっとモスクワのシンボルとなり続

トラノフ・アカデミー交響楽団(gaso.

けています。18世紀末に建てられた

ru)、1943年設立のパーヴェル・コ

ボリショイ劇場の建物は、 クレムリ

ガン指揮モスクワ国立アカデミー交

ンに近い、街の中心部に位置してい

響楽団(msso-kogan.ru)、1951年

ます。1812年祖国戦争の後、焼け野

設立のモスクワ・フィルハーモニー・

原となったモスクワを元の姿に再建

アカデミー交響楽団(meloman.ru)

しようと、さまざまな人が努力しまし

、1979年設立の国立重奏団「モスク

た。そのため、O.I.ボヴェーが少し手

ワの巨匠」 (mvco.ru)などです。 これ

を加えた、A.ミハイロフの設計にも

らの楽団は世界中で公演していま

とづいて街の一部が再建された時、

すが、モスクワでもよく公演があり

新しい劇場が建設されたのです。残

ます。

場所 9

ボリショイ劇場

念ながら、それから30年もたたない うちに、1825年に建てられたこの建 物は焼失しました。設計の壁、円柱、 前廊が残っている場所に、建築家ア リベルト・カヴォスの設計にもとづい

国立アカデミー・ボリショイ劇場(地

て、新しい劇場が建設され、彫刻家

下鉄「テアトル」駅、 「オホトヌイ・リャ

P.K.クロドトは、芸術の庇護者アポロ

23


音楽のモスクワ

11

ンのクアドリガを再建しました。擬古

ロの演出と舞台への愛情をひとつに

典主義、古典主義、折衷主義という異

まとめ、観客を感動の渦に導きます。

なる様式が、劇場の外装と内装にと

国立クレムリン宮殿には、1990年に

りいれられているものの、建物は全

つくられた独自のバレエ団、 「クレム

体的にとても調和が取れています。

リン・バレエ」劇団があります。

ボリショイ劇場では、オペラやバレエ

また、冬になると、 この宮殿では、ロ

などのクラシック作品が演出されて

シアでもっとも大切な子供の祭り 「ク

いて、最高レベルのプロが、豪華で優

レムリンのクリスマス・ツリー」が行

美な舞台を見せてくれます。

われます。

10

国立クレムリン宮殿

11

ナタリヤ・サッツ劇場

もう1ヶ所、 クラシック演目が常に上

子供のクラシック演目と言えば、モ

演されている場所があります。それ

スクワ国立N.I.サッツ・アカデミー児

は、 ソ連時代にクレムリン大会宮殿

童音楽劇場(地下鉄「ウニヴェルシ

と呼ばれていた、国立クレムリン宮

チェト」駅、ヴェルナツキー大通り5

殿(kremlinpalace.org)です。 この建

、teatr-sats.ru)に勝る場所はありま

物は歴史が浅く、古い建物が多く立

せん。すべてが子供向けにつくられ

ち並ぶモスクワ・クレムリンの敷地内

ているこの劇場では、子供たちは劇

では、 とても 「若く」見えます。宮殿の

場の中に入った途端、お祭りのよう

舞台では、さまざまなジャンルから

なわくわくした気分になれるのです。

集まった演奏家や歌手が、最高のプ

オペラやバレエのスターが劇を演

24


旅行ガイド

12

じ、劇場の豊富な演目のおかげで、3

slavskymusic.ru)には、世界で有名

歳の子供でもクラシックの世界に吸

な、2人の偉大な舞台芸術改革者の

い込まれて行きます。さまざまな年

名前がついています。2人の貢献によ

齢層のグループに向けた劇もあり、

り、オペラが最高の音楽的演出とし

モーツァルト、チャイコフスキー、 プ

て認識されるようになりました。最高

ロコフィエフ、ショスタコーヴィッチ、

レベルの音楽演奏家と演劇用絵画

その他のさまざまな作曲家の不滅

をひとつにするよう努力したため、演

の音楽が魅了し、物語の流れはいつ

奏がまったく新しい高い質のものに

もリアルで道徳的で、大人でも退屈

変わったのです。

しません。 この劇場は感動を与え続 け、思い出は子供たちの心に長く残

これに関連して、13 K.S.スタニスラ

ります。

フスキー家・博物館(地下鉄「プーシ

K.S.スタニスラフスキ ー&V.I.ネミロヴィチ・ダンチェ ンコ・モスクワ・アカデミー音 楽劇場 12

90年以上も観客を楽しませているこ

キン」駅、 「トヴェリ」駅、 レオンチエフ 小路6)について触れないわけには いきません。 この博物館の展示品は、 世界的に有名なK.S.スタニスラフス キー監督の生活と、劇の世界につい て紹介しています。オネーギン・ホー

の音楽劇場(地下鉄「プーシキン」駅、 ルでは、 クラシック音楽を聴くことも 「チェーホフ」駅、 「トヴェリ」駅、ボリ

できます。

シャヤ・ドミトロフカ通り17、stani-

25


音楽のモスクワ

15

ボリシャヤ・ニキチンスカヤ通り13 )は、その優れた音響で、他を圧倒し ています。19世紀から20世紀への変 わり目に建てられた建物に入ってい て、最高の音楽家の演奏の場となっ ています。1シーズンで300以上もの、 世界的に意義の高い演奏会が行わ れています。 音楽院の小ホール、 ラフマニノフ・ホ

チャイコフスキー・コンサ ート・ホール 14

モスクワでもっとも有名なコンサー

ール、その他のホールは、音楽愛好 家の間でとても有名です。ホールに ついては、mosconsv.ruのサイトに て詳細にご覧いただけます。

ト・ホールのひとつとなっているの が、モスクワ・フィルハーモニーの主

16

同盟の家円柱ホール

な活動場所である、P.I.チャイコフス

モスクワでもっとも古い音楽堂

キー・コンサート・ホール(地下鉄「マ

は、18世紀に建設された貴族集会

ヤコフスキー」駅、凱旋広場4/31) で

の豪華な屋敷で、後に同盟の家(地

す。 このホールのプログラムには、世

下鉄「テアトル」駅、ボリシャヤ・ドミ

界的なクラシック音楽のスターの名

トロフカ通り1、domsojuzov.ru) と

前が数多く記され、名前をあげること

呼ばれる建物の中にあります。 ここ

が不可能です。音楽行事、 プレミア、 コ

は、A.S.プーシキンの「エヴゲーニ

ンクール、 フェスティバルなど、すべ

イ・オネーギン」に記載があるなど、

てをこの名高い舞台で見ることがで

多くの文学作品のページに登場して

きます。

います。

モスクワ・フィルハーモニーは、 ここ 以外にも、他の音楽堂で演奏を行っ

17

モスクワ音楽堂

ています。公演日程やプログラムは、

モスクワ川河岸に2000年から2002

公式サイトmeloman.ruにてご覧い

年にかけて建設された、現代的な9

ただけます。

階建てのモスクワ国際音楽堂(地下

15

音楽院大ホール

鉄「タガン」駅、 「パヴェレツ」駅、 コス モダミナンスカヤ海岸通り52、8号

モスクワ音楽院大ホール(地下鉄「レ

館、mmdm.ru)の建物は、 とても目を

ーニン図書館」駅、 「アルバート」駅、

ひきます。建物の中には、3つのコン

26


旅行ガイド

14

の冬」 (meloman.ru)が開催され、有 名なロシアのグループや、外国から のゲストが出演します。 もうひとつの有名なフェスティバル 「12月の夕べ」は、A.S.プーシキン国 立造形美術館で行われます。 このフ ェスティバルを始めたのは、ピアノ奏 者のスヴャトスラフ・リヒテルで、現 在はフェスティバルにリヒテルの名

サート・ホール(スヴェトラノフスキ

前がついています。 この行事の特徴

ー、カメルヌイ、テアトラリヌイ)、夏

は、共通のテーマの下、音楽のコン

の音楽テラス、展示用ギャラリー、録

サートと展示会が美術館内でひとつ

音スタジオ、視聴覚室、楽器サロン、

になることです。

レストランなどがあります。

行事

2003年から、春と夏に、P.I.チャイコフ スキー・モスクワ高等音楽院が、国際 音楽フェスティバル「音の宇宙」を開

モスクワの音楽の年中行事は、 プレ

催しています。 この行事の目的は、他

ミア、巡業、 コンクール、 フェスティバ

の国の独自に発展した文化に対する

ルなどが豊富にあります。世界各地

敬意を持つ心を育て、国際関係を強

からクラシック音楽の愛好家が集ま

化するものです。

る、特別な年中行事について、 ここで

モスクワでは毎年夏に、 フェスティバ

ご紹介しなければなりません。

ル「世界交響楽団」 (symphonyfest.

ロシアの冬は、その寒さで世界に知

ru)が開催されます。毎年フェスティ

られていますが、寒い時こそ陽気な

バルの中で、特別なプロジェクトを

お祭りを楽しみたくなるもので、特に

実現し、長く記憶に残る行事にして

新年とクリスマスという、誰もが好き

います。

な、おとぎ話の世界のような特別な

モスクワの音楽生活は、子供から大

お祭りが冬に祝われるのですから、

人まで、 プロから普通の人まで、ロシ

首を長くして待ってしまいます。ボリ

ア人から外国人旅行客まで、誰でも

ショイ劇場はバレエ「くるみ割り人

楽しめる行事が開催されていて、 クラ

形」を、 クレムリンやさまざまな劇場

シック音楽に満ちています。

や博物館は、子供たちにクリスマス・

入場券や定期入場券などは、劇場や

ツリーを、用意します。12月から1月

音楽堂の販売窓口か、特別なサイト

には、有名なフェスティバル「ロシア

で事前にご購入いただけます。

27


音楽のモスクワ

オペレッタとミュージカル

1

2

3

4

28


旅行ガイド

1

歴史

ミュージカルの多くが伝説となりまし

を抱えています。音楽、踊り、陽気な

し、世界中で巡業が成功します。

オペレッタは世界中に多くのファン 筋書きは、気分を高揚させる、最高の 組み合わせでしょう。ロシアの舞台で は、音楽の専門家がオペレッタの現 代版と考える、 ミュージカルも上演さ れています。完全にミュージカルとい うよりも、それに近いかほぼ同義で、 ソ連時代に一般的だった音楽コメデ ィーのジャンルです。オペレッタ、 ミュ ージカル、ロック・オペラなど、 どうい った名前が正しいかということはそ れほど重要ではありません。 プロの 俳優が独特な舞台装置の中で行う鮮 明なショーは、観客をひきつけます。

た。そのような公演は、座席を満席に

多くの有名な外国のミュージカルは ロシア語に訳され、ロシア人の俳優 によって、モスクワの舞台で上演され ています。ロシアにも独自の伝説的 な舞台があります。 まず、1981年にマ ルク・ザハロフが、旧モスクワ・レーニ ン共産主義青年同盟劇場、現在国立 「レンコム」 (地下鉄 1 モスクワ劇場 「チェーホフ」駅、マラヤ・ドミトロフ カ通り6、lenkom.ru) で初めて上演し た、有名な演劇「ユノナとアヴォシ」 で

29


音楽のモスクワ

2

す。 この演劇(音楽アレクセイ・ルィブ ニコフ、台本アンドレイ・ヴォズネセ

チン)は大人気となり、 ミュージカル版 「ブレーメンの音楽隊」の音楽にも

ンスキー)の歌はヒットし、当時はビ

なりました。 このミュージカルの詳細

ニール盤、後にCDで販売され、現在

な情報や、入場券のご購入について

でも演劇の入場券売り切れの掲示が

は、bremenskie.comのサイトをご覧

変わらずに出ています。

ください。

もうひとつ、一風変わったミュージ カル作品があります。 グリム童話を もとに情緒的な要素を加えてつくら れ、1969年に公開された、 ミュージ カル・アニメ映画「ブレーメンの音楽 隊」は、瞬く間に子供から大人までを

場所

多くのモスクワの劇場が、子供や大 人向けの音楽劇を上演しています。 2

国立オペレッタ・アカデミー劇場

(地下鉄「テアトル」駅、 「クズネツク

夢中にさせ、その後40年以上たって

橋」駅、ボリシャヤ・ドミトロフカ通り

も、多くの人のお気に入りのアニメと

6、mosoperetta.ru)は、 このジャンル

なりつづけています。1973年には続

専門の劇場です。 この人気の高い劇

編の「ブレーメンの音楽隊を追って」

場は1927年に開業し、 これまでに、 ク

が公開され、同じぐらい人気になり

ラシックや現代のロシアの作曲家の

ました。 このアニメの歌(音楽ゲナデ

作品を、上演してきました。現代の趣

ィー・グラトコフ、歌詞ユーリー・エン

向にも合っています。伝統的な良く知

30


旅行ガイド 4

られたオペレッタとともに、舞台では

ーが組み合わせられたミュージカル「

Y.ストクリュスのミュージカル「地下

三銃士」は、 とても豪華な演劇です。

鉄」、R.コッシアンテの「ノートル・ダ

詳細な情報や入場券のご予約につい

ム・ド・パリ」、J.プレスギュルヴィック

ては、stage-musical.ruのサイトでご

の「ロミオとジュリエット」などが上演

覧ください。

されました。劇場の演目は、全世代の 観客に合わせられています。

行事

2012年2月には、ロシア初のミュージ

モスクワでは、若手オペレッタ俳優国

カル 3 専用劇場(地下鉄「バグラチ オン」駅、 ノヴォザヴォツカヤ通り27)

際コンクール「オペレッタランド」が 開催されています。2012年10月末に

が開業しました。 この劇場は、伝説的

は第5回目が開催され、 カールマー

な「ゴルブシュカ」 (S.P.ゴルブノワ文

ン・イムレ生誕130周年記念が祝わ

化会館)の建物の中にあります。

れます。

伝説的なミュージカルを見れるもう ひとつの場所は、 4 モスクワ青年会

A.P.チェーホフ国際演劇フェスティ

コムソモリ 館(地下鉄「フルンゼ」駅、

バル(chekhovfest.ru)は、モスクワ

スク大通り28、mdmpalace.ru) です。

の一大行事です。 プログラムには、 さ

スポーツ会館「ルジュニキ」の舞台で

まざまなジャンルの演劇が含まれて

行われる、音楽、歌、踊り、 アイス・ショ

います。

31


音楽のモスクワ

ジャズ

3

1

2

32


旅行ガイド

ジャズ

この音楽は、19世紀のアメリカで生 まれ、1920年代に勢い良く広がりま

した。 ソ連に登場したのもその時で す。 ソ連時代はジャズが許可された り、禁止されたりと、措置が流動的で した。正式に承認されることはありま せんでしたが、 ファンは現れました。 ジャズやジャズ風音楽についての映 画もつくられ、大ヒットとなったもの もあります。例えば、 ミュージカル・コ メディー「ジャズメン」は、多くの人に

1998年11月、 ジャズ楽団としては初

愛されました。

めて、モスクワ高等音楽院大ホール

っと人気を保ち続けています。 この

ロシアでもっとも有名なジャズ楽団

楽団の公演についての詳細な情報

のひとつが、オレグ・ルンドストレム

は、lundstrem-jazz.ruのサイトでご

国立ジャズ音楽室内管弦楽団(芸術

覧いただけます。

で演奏を行いました。現在、楽団はず

監督ボリス・フルムキン) です。オレ グ・ルンドストレム(1916~2005)が、 中国のハルビン市で、後に大人気と なるビッグ・バンドをつくった1934年 に、活動が開始されました。楽団の 演目には、 ジャズのアレンジを加え た、ロシアやソ連の歌も含まれてい ました。 楽団やロシアのジャズの転換点とな ったのは、活動の場所を中国からソ 連に変えた時です。 カザンを拠点と し、多くの音楽家がカザン高等音楽 学院で学びました。 ジャズは国で承 認されていなかったものの、楽団は 公演、録音、 またレコードを発売する ことができました。

33


音楽のモスクワ

2

さまざまな音楽家がこの楽団に加わ

場所

り、後に独立したジャズや軽音楽の

ジャズ音楽について語る時、サック

奏者となっていきました。中には、 ジ

ス奏者で、現在モスクワジャズ管弦

ャズ管弦アンサンブル「メロディー」

楽団を率いている、 イーゴリ・ブトマ

を率いて広く有名になった、ゲオル

ン (igorbutman.com) を忘れること

ギー・ガラニャン(1934~2010)がい

はできません。 ジャズの生演奏が聴

ます。 このアンサンブルは、多くのソ

ける、2つのジャズ・クラブ(butman-

ロレコードをつくり、 また、 ソ連で人

club.ru)の創設者でもあります。

気のあった歌手とコラボレーション

も、人気の 1 「クラブ作曲家同盟」

してスタジオ録音したこともありまし

高いジャズ・クラブ(地下鉄「トヴェ

た。現在、 この優れた音楽家の名前

リ」駅、 「テアトル」駅、 「オホトヌイ・

は、 アンサンブルの名前に変わり、 「

リャド」駅、 ブリュース小路8/10、2号

ゲオルギー・ガラニャン・ビッグ・バ

館、ucclub.ru) です。 ここでは、 ロシア

ンド」 (garanian.ru) として活動して

のスターや外国のゲストが演奏して

います。

います。 大きな音楽堂でジャズを聴くことが好 きな方には、 「モスクワ国立フィルハー

34


旅行ガイド

4

3

モニー (meloman.ru) や、 2 モスクワ のジャズ・コンサー 音楽堂 (mmdm.ru) トに行くことをおすすめします。

行事

モスクワでは、いくつかのジャズ・フェ スティバルが開催されます。 もっとも 人気があるのは、国際屋外フェスティ バル「ジャズ屋敷」 (usadba-jazz.ru) でしょう。2004年に、博物館屋敷「ア

もうひとつ、モスクワ国際フェスティ

ルハンゲリスコエ」 (arkhangelskoe.

バル「エルミタージュ庭園でジャズ」

ru) で最初のフェスティバルが行わ

があります。夏の終わりに、有名なモ

れて以来、人気が続いています。 これ

スクワの「エルミター 3 「ジュ」庭園

は、 ジャズのファンとさまざまな方向

で開催されます。 ま (mosgorsad.ru)

性をもった音楽家が集まる、屋外フ ェスティバルとしては最大規模の行 事です。

た、国際フェスティバル「ジャズ凱旋」 (jazztriumph.com) もあり、1999年 2月から毎年冬に開催されています。

35


音楽のモスクワ

軽音楽 No

v

ot us hin sk

yp ros p.

MKAD

MITINO

Volo kolam skoe shos se

3

ul. I sa

ul. M a a ov tuk Ka ala rsh

ul. K ulako va

Pa

MKAD

o og vsk ko

vshin sky bul var

Kras nog orsk y bu lv a r

MYAKININO

ск

ая

STROGINO

ш.

ин ул. Талл

е ко нс ни и к Мя

1

2

36

TUSHINSKAYA


旅行ガイド

軽音楽とは、 一般的に、 軽いポピュラ

ています。 コンサートの会場に訪れ

ー・ミュージックですが、 美しい声や

た人は、お祭りのような気分を味わう

歌で、 長く人々の記憶に残り続けるア

ことができるのです。

ーティストもたくさんいます。 軽音楽

モスクワはロシアの首都として、 ロシ

は、 20世紀半ばに生まれたジャンルで

アの現代ショービジネスの中心地とな

す。 この音楽について明確に語るのは

っているため、 より大型のスターを集

とても難しいです。 例えば、 自作の歌

めたコンサートや、 ソロコンサート、 興

を歌う歌手アレクサンドル・ヴェルティ

行、 リサイタルなどが行われます。

ンスキーの作品は、 ロシアや海外でと ても人気があり、 作者の唄の生みの親

であると考えられていますし、 レオニ

もっとも有名な軽音楽の歌手は、 アー

ード・ウテソフはジャズの歌手、 ムスリ

ラ・プガチョワ、 ヨシフ・コブゾン、 フィ

ム・マゴマエフはオペラの歌手でもあ

リップ・キルコロフ、 ソフィヤ・ロタル、

りましたし、 リュボフィ・オルロワとリュ

ヴァレリー・レオンチエフ、 レフ・レシ

ドミラ・グルチェンコは歌手としてもア

ェンコ、エディタ・ピエハ、 クリスチー

ーティストとしても有名です。 このよう

ナ・オルバカイチェ、 ウラジーミル・プ

な線引きの難しい歌手は他にもたく

レスニャコフ、 ヴァレリヤなどです。 よ

さんいるのです。 慈善コンサートや重

り若い世代では、国際コンクール「ユ

要なできごとに合わせたコンサートな

ーロヴィジョン2008」の優勝者のジ

ど、 多くの歌手を一堂に集める軽音楽

ーマ・ビラン、 ヴェラ・ブレジュネワ、テ

の音楽祭には、 ロック・ミュージシャン

レビのスター発掘番組「ファブリカ・

や吟遊詩人が参加し、 また少し時間を

ズヴョズド(スター工場)」から生まれ

変えて、 オペラやバレエのアーティスト

たグループ「コルニ」 、 ヴィクトリヤ・ダ

が出演します。 これらすべてを一言で

イネコ、ニューシャ、 ダン・バラン、セ

軽音楽と呼べるのです。

ルゲイ・ラザレフなどです。 これらの

ソ連時代、ポピュラー音楽のレベル

歌手のポスターやサイトを確認して、

はとても高かったため、多くの歌が現

好みに合いそうなコンサートを選ん

在でも広く知られ、現代音楽の歌手

で行くことができます。

も作品に取り入れたりしています。現 在、ロシアの軽音楽は多様性を増し、 ソ連時代に人気のあった歌手が活動 を続けていたり、新しいミュージシャ

場所

人気歌手のソロやグループのコンサ ートは、 1 国立クレムリン宮殿、 2

ンが現れたり、 スタイルの幅が広がっ

エストラーダ劇場、 3 クロクス・シテ

たり、 また最新の特殊効果で、 コンサ

ィー・ホールなどの大きな会場で行

ートが目で楽しめるようになったりし

われます。

37


音楽のモスクワ

ロック

4

3

2

1 4

38


旅行ガイド

歴史

1950年代にアメリカとイギリスで誕生 したロックは、多くのスタイルやジャン ルを生み、サブカルチャー現象を起し、 たくさんの論争を巻き起こしてきまし た。多くの世代で、ロックは反抗、異議、 何かを変えたいという願いのシンボル となりました。 ロシアでは前世期末、 ソ連システムの 厳しい弊害があったにもかかわらず、 独自のロック・グループがつくられ、 レ コードを販売したり、公式に巡業を行 ったりすることはできず、 またテレビで もラジオでも流されることはなかった のに、 とても有名で愛されていました。 1980年代に、社会的機関やロック・ク ラブがいくつかつくられ、 ミュージシャ ンが合法的に活動できるようになりま した。中でもレニングラード・ロック・ク ラブは代表格ですが、モスクワのグル ープを集めたモスクワ・ロック・ラボラ トリーも、音楽愛好家の間では有名 でした。 現在の音楽家は、作品でより自由に 自己表現できるようになり、ロシア 国内のスタジアムやクラブを巡業 し、CDを販売し、インターネット でファンに情報発信をしていま す。多くのグループは、聴く人 に考えてもらうためのテーマ を設定しながら、歌詞に叙情 詩や哲学を加えました。

39


音楽のモスクワ

現在、ロック・ミュージシャンはどこで も演奏することができ、ロシアには世 界のロックスターがツアーに訪れて いるので、モスクワのロックを個別に 語ることは難しいです。 アルバム制作 も、モスクワのスタジオのみならず、 外国でも行われています。ただ、モス クワをテーマとした作品をつくって いるグループがあり、 グループ「ブリ ガーダS」 と 「ネプリカサエムィエ」の リーダーであるイーゴリ・スカチョフ、 「ヴァ・バンク」のアレクサンドルF.ス クリャル、 「ブラヴォー」のリーダーで グループの作詞家であるエヴゲーニ ー・ハヴタンなどは、 自分の街につい ての優しい歌をつくりました。

40


旅行ガイド

場所

ロック・ミュージシャンは他のジャン ルの音楽家が使うステージで公演し ますが、 ゴーリキー公園の 1 「緑 また の劇場」、 2 中央芸術家会館、 3

B2、 4 16トンといったクラブ

ロック重視の場所もありま 5 など、 す。公演スケジュールは、インターネ ットのサイトや特別な刊行物、 または ロシアのロック専門ラジオ・ステーシ ョンの「ナーシェ・ラジオ」などで、 ご 確認いただけます。

行事

ロック・フェスティバルは、大きなステ ージとたくさんの人々を収容できる

あります。例えば、 ラジオ・ステーション 「マクシムム」が主催する、国際年中

会場を必要とするイベントなので、通

フェスティバル「マクシドロム」は有

常は土地の広い郊外で行われます

名です。 ここには、世界中のロック・ミ

が、モスクワで開催されるものも一部

ュージシャンが集まります。

41


音楽のモスクワ

作者の唄 1 5 7

2 4

3

42

8


旅行ガイド

歴史

楽器を弾きながら自分の歌を歌う詩

2

人は、世界中のどんな場所でも、何時 でもいました。中世の吟遊詩人が、 自 作曲の歌手を意味したのもそんな背 景があるからです。昔も今も吟遊詩 人は、変わることなく、誇り、忠誠、友 情、愛について歌詞を書きました。歌 の中には、陽気なもの、ユーモアのあ

7

るものなどの他に、政権を批判する 鋭い風刺のものもありました。 このよ うな作詞家の歌手が必ず携帯した楽 器は、巡業に持って行きやすい、軽く て便利なギターです。 学生の間でも作者の唄は生まれまし たが、歌手と聴衆とともに徐々に「成 長」 していきました。その発展を後押 ししたのが、 ブラト・オクジャワ、 ウラ ジーミル・ヴィソツキー、 アレクサンド ル・ガリチ、ユーリー・ヴィズボル、ユ ーリー・キム、ニキチン夫妻、オレグ・ ミチャエフなどです。 このジャンルは 当時、 ソ連のみならず、他の国々にも 存在していました。 現在、作者の唄は、ロシアの音楽界の 一部分を占めています。大会やフェス ティバルなどが開催され、歌手はCD を出して、国内を巡業しています。

場所

吟遊詩人はさまざまな場所で公演し ているため、特定の誰かの歌を聴き に行きたい場合には、 まずその巡業 日程を見るとわかりやすいです。モス

クワで作者の唄を聴く場合は、専用 のクラブがあるので、そこに行けば、 好きな音楽を聴いて、同じファンの仲 間に会うことができます。例えば、吟 遊詩人カフェ 1 「グネズド・グルハリ (地下鉄「アルバート」駅、ボリシャ ャ」 ヤ・ニキーツカヤ通り22)、吟遊詩人 (地下鉄「 クラブ 2 「アリマ・マテル」 タガン」駅、 タガン広場12)、 3 「クラ ( ブ「カント」の吟遊詩人クラブ「シャレ」 地下鉄「ナゴルナヤ」駅、エレクトロリ トヌイ通り7B)、 4 作者の唄センター

43


音楽のモスクワ 5

(地下鉄「ノヴォクズネツク」駅、ボリ

る 「シーニー・トロレイブス(青いトロ

ショイ・オフチンニコフスキー小路24

リーバス)」が運行しています。

、5号館)、作者の唄の家 5 「レスプ

モスクワには、 ブラト・オクジャワの

(地下鉄「VDNH」駅、 「 ブリカ・ペスニ」

銅像(地下鉄「スモレンスク」駅、 アル

ボタニチェスキー・サド」駅、VVTsパ

バート通り)や、 6 ウラジーミル・ヴ

ビリオンNO.62)などです。サドーヴォ

ィソツキーの銅像(地下鉄「チェーホ

エ環状道路では、交通機関としての

フ」駅、 「トルバ」駅、 ストラストノイ並

みならず、音楽観光コースとなってい

木道)があることも大切なポイントで

44


旅行ガイド

6

す。 また、 7 「V.S.ヴィソツキー 8 「国立文化センター博物館「タガンカ のヴィソツキーの家」 も見逃せない場 所です。

行事

外で開催されますが、モスクワでも 2002年から、博物館・自然公園「コロ メンスコエ」にて、モスクワ作者の唄 屋外全国フェスティバル(kolfest.ru) が行われているなど、独自の音楽祭 があります。

もっとも有名な作者の唄のフェスティ バル「グルシンスキー」は、サマラ郊

45


音楽のモスクワ

美術館 “ロシアの歌”劇場

“楼門モスクワ音楽 - ドラマジプシー

モスクワ、Sadovo-Tchernogryaz-

一座 (“Romen”)

skaya ul.、5月9日、2号館

地下鉄駅:Byelorusskaya、Dinamo

すべてのコンサートや公演のチケッ

バス停:“Sovietskaya”ホテル

トは “ロシアの歌”劇場のチケットオ

“Romen”シアター

フィスでご利用いただけます。

電話でのチケット:7(499)251-85-22

電話:+7(926)221-72-84

、+7(499)250-99-80、+7(495)614-

切符売り場の営業時間:火 - 金11か

58-15

ら午後7時まで、午前12時〜4時から

11日からチケットオフィスのオープン

土曜

は午後3時まで、4〜21:00

www.babkina.ru

www.teatr-romen.ru

“ゴールデンリングシアター

オペラを歌うためのガリーナ·ビシネフ

モスクワ、Timitryazevskaya ul.、17 地下鉄駅:Timitryazevskaya

スカヤセンター (物理的に障害者のためのアクセ

切符売り場:+7(495)611-48-00

ス可能)

チケットオフィスは、午前10時から午

モスクワ、ul.Ostozhenka、25、

後8時まで開いている

ビル1

www.golden-ring.ru

地下鉄駅:Kropotkinskaya、Park Kultury 劇場電話:+7(495)637-43-78 www.opera-centre.ru/index

ボリショイ劇場 モスクワ、Teatralnaya広場、1 地下鉄駅:Theatralnaya、Okhotny Ryad チケットオフィス:+7 (495) 455-55-55 www.bolshoi.ru

46


旅行ガイド

議会のクレムリン宮殿

クスコヴォエステート

モスクワ、ul.Vozdvizhenka、1

モスクワ、ul. Yunosti、2

チケットオフィスは正午から午後2時

博物館の営業時間:

30分まで毎日開いていて、3.30から

10月14日から4月15日まで:10時から

午後8.00

午後6時(午後5時まで、チケットオフ

www.kremlinpalace.org

ィス)午前 4月14日から10月15日まで:10時から 午後6時(午後5時まで、チケットオフ

ナタリヤ・サッツ劇場

ィス)午前

モスクワ、Prospekt Vernadskogo、5

+7 (495) 375-31-31:ガイド付きツアー

地下鉄駅:Universitet

www.kuskovo.ru

チケットオフィス:+7(495)930-7021

オスタンキノエステート

www.teatr-sats.ru

モスクワ、Pervaya Ostankinskaya ulitsa、5 地下鉄駅:VDNH、Alexeevskaya

M.I.グリンカ中央音楽文化博物館

電話:+7(495)683-46-45

モスクワ、ulitsa Fadeyeva、4

博物館(月曜と火曜を除く)毎日オー

地下鉄駅:Mayakovskaya

プン:10〜10月-4月は午後4時まで、

チケットオフィス:+7(495)739-39-

午前10時から3月までの午後6時、11

85

月に美術館が清掃のため閉鎖されて

午前10.30から午後6.30に開く

いる月の最後の水曜日です。

www.glinka.museum

www.ostankino-museum.ru

クリンでチャイコフスキー博物館

S.S.プロコフィエフ博物館

クリン、モスクワ地域、ul. Tchakovs-

モスクワ、Kamergerski pereulok、6

kogo、48

地下鉄駅:Okhotny Ryad

電話:+7(496)245-81-96

電話:+7(495)692-79-59

月の水曜日、木曜日、前月曜日を除

時間オープニング:11から、 日曜日に

く、午後6時(午後5時までオープン

Wendesdayを午後5時まで

のチケットオフィス)午前10時から毎 日営業 www.cbook.ru/tchaikovsky/index/ index.shtml

47


音楽のモスクワ

S.S.プロコフィエフ人民博物館

スヴャトスラフ・リヒテル記念アパート

モスクワ、Tokmakov pereulok、8

モスクワ、Bolshaya Bronnayaは、d。

地下鉄駅:Baumanskaya

2月6日、 アプト。58(16階)

電話番号:+7(919)721-01-12、

スヴャトスラフ・リヒテル記念アパー

7(903)153-84-76

トは、木曜日、火曜日に訪問者を取る そして、毎月第三土曜日に、12〜14 時間から、必須の事前に録音してい

シャリアピン博物館

ます。

モスクワ、Novinskiブールバード、25

電話:+7(495)695-83-46、

Openning時間:

+7(495)697-72-05

火曜日 - 午前10時から午後6時まで

www.sviatoslav-richter.ru

水曜日 - 午前11時から午後7時まで 木曜日 - 午前11.30から午後7時まで 土曜日 - 午前10時から午後6時まで 日曜日 - 午前10時から午後4.30 切符売り場には、博物館の終業時間 前に1時間を閉じます。 休みの日:月曜日、金曜日。 クリーニン グ日:毎月最後の営業日。 電話:+7(495)605-62-36、 +7(495)252-25-30 www.shalyapin-museum.org

48


音楽のモスクワ