Page 1

八丈井 訪れる 2 0 1 6 HangZhou 03 -05 .

陳 瑞 王一鶴

浙 江 大 学 @環境設計系 卒業デザイン


はじめに

○生活 

 1 記実写真

 2 語録

○調査

 1 位置と歴史 

 2 基本情報

 3 図と地

 4 建築分析

 5 道路と活動

○設計の試み

 1 平面図 

 2 計画思考  3 立面図

 4 活動計画

 5 空間計画

 5 植物を選ぶ

 6 細部設計

 7 模型

○その他

 1 展覧会  2 宣伝用もの設計

 3 指導先生の評語

 


はじめに

  陳 瑞 Chen Rui

王一鶴 Yihe Wang

「城中村」という言葉は他の国でスラムや貧民街に似って中国の特別な 総合的な社会問題です。都市発展が不平衡のため、耕地が徴用された 住民の住宅地が新興都市の発展で囲まれてしまいました。耕地が失った 原住民は自分の建築を改めて内装して、出来るだけ多くの部屋を手に入 れがって外来出稼ぎ労働者にリースしようとしています。そんな特別なモ ードで政府、開発業者、原住民、テナント間様々な利益の矛盾が起こら れています。    設計の角度だけからこの社会問題を解決するのは難しいと思うので、 始めた時城中村を卒業デザインテーマを選択したくなかった。自分のち っぽけな力でそんな複雑な体系をぐらつかせることはできないと思います。 しかし、城中村問題はすごく研究の甲斐がありますし、特に、2016 年夏 季に行われる G20 国際会議のもとで、全杭州で開かれた持久深遠な都 市美化運動の影響で「八丈井城中村」とも例外ではなく、取り壊されてし まいました。     調査が深く従って、最初から劣悪な生活環境を抵抗した私は最後まで 八丈井に対して言葉には言えない感情が生み出しました。私はそこに発 散されて生活属性に感染されています。城中村は出稼ぎ農民の「楽土」 でもあり、都市建設の推進ともって、ますます多くの安い賃貸住宅消えさ れています。高い家賃を耐えられない貧乏の人々は「楽土」を失ってしま った。彼達はこれからどこへ行くのかまた分かりません。    わずか 2 ヵ月で、私と王一鶴さん二人で、調査から設計まで、最後の 設計試みはロジックが足りないと思います。城中村現状に回避されない 核心問題の利害関係に対しても正面的に答えられなかった。しかし、今 回の卒業デザインは、敷地と人々の生活や環境状態をを深く調査した点 では良い実践だと信じています。大学の最后で力を尽くす、一つのことを やり遂げるのは非常に光栄だと思います。最後に、私たちに助けてくれた 皆様へ、お礼を申し上げます。


04


○ 記実写真

○ 語録記録 05


○ 調 査 部 分 

06


○ 位置分析

   八丈井、浙江省杭州市の城北区、上塘路以西、北には香積寺の西路を界として、南は 八丈井支路を界として敷地面積約 3 万 7000 平方メートルです。また、隣接上塘高架高速道

○ 歴史分析

路は往来車量が巨大。周辺には建華新村、大関南苑、八丈井新村などの大量の住宅街が あリます。近くに通信市場、万达水晶城、衣類皮革城などビジネス設施が配しています。八丈 井以南 250 メートルには人気がある勝利川通り、西南 730 メートルに歴史大運河があリます。

07


○ 人口関係

○ 商業分布

○ 原住民

○ 流動人口

○ 敷地内植物分析

○ 敷地内植物分析

○ 敷地内植物分析

08

○ 周辺設施統計


図地関係

車行道

入室線路

塀と正門の位置

○ 歴史上建築の変化

庭の空間

分区番号

この分析図は敷地の図と地関係を解読する。政府の相関 部門の資料請求を行った後、敷地内建築の歴史変化が ほぼわかります。

09


○ 日光分析

○ スカイライン

○ 敷地内建築様式統計

10


○ 建築成長

○ 建築違反

○ 建築間連接

○ 特別な例の分析

○ 敷地内建築様式統計

11


○ 敷地内主要街道立面の様子

12


○ 街道分析から活動分析へ

   この分析図は下から上に解読するくださ い。敷地内の道路以外のオープンスペースが とっても少なくて道路システムと人間の活動が 強い関係があるため。二つの要素を同一の分 析にすると思います。   一番下のは敷地道路の現存問題を具体 的に分析して、それから三つのレベルの道路 システムを作り出しました。そして Jan Gehl の 『OpeningSpace』の理論を利用して、主の道 路を分析する、調査と自ら観察の上で人間が よく使うと滞在区域を確認しました。敷地内重 要の道路と活躍区域を抽出しました。

13


○ 設 計 試 み 

14


平面図

○ 建築の思考

15


○ 計画の思考

調査の上で、敷地には最も重要な道が十字型のような存在するのが分かりました。高密度の住宅のため、 公共的な OpenSpace はほとんどなくて、道と一体になってしまいました。「街道分析から活動分析へ」という ページで敷地に最活躍の地域が発見されました。この計画思考は元本の十字型街道構成を保存しようと 考えました。そして、建築の立面で道路とコミュニケーション空間を生み出す、敷地と外部空間の関係を明 るくします。ここに住み人間だけではなく通行人などの人間はこの敷地に対してほぼの認識をやすく建立さ せようにして功夫します。 OpenSpace ともいくつのレベルを設計しており、开放程度高低い、可达性、整合程度の原则で考慮して いる。重要な街角にも建築の退让することにして、人々の滞在空間を創り出します。

16


○ 立面図

17


○ 入り口商業広場

18


○ ニーズ分析

○ 建築一番下の階空間の利用

  一番下の階空間の使用属性を強制的に制限しません、人びの参加性活動 を重視し人間の自発性を尊敬します。

19


○ 滞在小空間

○ 景観の人工性と自然性

20


○ 屋上食用植物栽培

  屋上には成長周期が短く、根系が不発達の管理易く、土壤に 対する要求が低い食用植物を選びます。建築平台とベランダに は多年生常见的に花壇、花钵で育てられた植物が用意します。

21


○ 雨の回収

○ 架空建築と植物を楽しむ

22

○ 渗水の構造

○ 天井空間と日光


○ 模 型

23


○ 歩く商業道

24


○ そ の 他 

25


○ 展覧会写真

26


○ 宣伝用 ポースタなど

キーワード:杭州八丈井調査のドキュメンタリー

https://youtu.be/RdzNu2yEqh8

○ 空撮現場

○ 私と敷地いるおじいさん

○ 手作り模型

27


評 語  この卒業デザイン作品は、ただデザインスキルを展示するものではあり ません。この作品に通じて、生徒は二つ深刻な質問を答えてみました。 一つは、この社会でデザインナーはどんな役割を担ぐべきか。一つは、 作品の中でデザインナーはどんなキャラを演じるべきか。現代社会の都 市環境デザインは単なる美しい環境を創り出すではありません、そしてデ ザインナーもただ技術や専門の後ろに隠して命令を出すにはなりません。 デザインナー達は設計室から出て、社会をよく観察して、人々の日常生 活に踏み入れて、新たの責任を持ち始めたのです。  今回のこの作品は、設計だけを目指したものではなく、新たの道を示し てくれたものです。新しい世代のデザインナー達が専門知識と技術を利 用して現実的な問題を探索、分析、研究、理解、そして解決することを期 待できると思います。 最後、私たちは理想を抱きながら、微かな明かりをつけたいと思います。 下層人民たちの空間権利は政治、経済、文化などに制限されていると承 知しています。デザインナー達は必ず自分を権力の道具から解き放して、 新しい役目を自分で定義しなければなりません。今日の私たちはあの果 てのない暗闇にほんの少しな星を届いただけかもしれませんが、明日に は太陽の光をあげたいと心から願っています。

指導先生  章 屹

28


Landscape architecture portfolio- 卒業デザイン  

中国 杭州 八丈井 城中村 2016年4月から5月まで。 短い時間で八丈井城中村問題を調査して設計を試みました。未成熟なものですから、ご覧になって、どうもありがとう。

Landscape architecture portfolio- 卒業デザイン  

中国 杭州 八丈井 城中村 2016年4月から5月まで。 短い時間で八丈井城中村問題を調査して設計を試みました。未成熟なものですから、ご覧になって、どうもありがとう。

Advertisement