Page 1

canyon

magazine

伊豆シーサイド クラウストラル渓谷 水上 はなげキャニオン ペルツのピラナ Izu Seaside Claustral Canyon Minakami Hanage Canyon Petzl Pirana

Issue

00


canyon |kanj e n| noun a deep gorge, typically one with a river flowing through it.

canyoning |kanj e n’n, | noun [ mass noun ] the sport of traveling in canyons using a variety of techniques that may include activities such as walking, scrambling, climbing, jumping, abseiling, sliding and swimming.

キャニオン 峡谷。大峡谷。

キャニオニング 〔峡谷の意のキャニオン(canyon)から〕 渓流を歩いたり泳いだりしながら下るスポーツ。 ウエット-スーツライフ-ジャケットヘルメットなど を装備し,急流に身を任せたり,滝壺(たきつ ぼ)に飛び込んだりしながら川下りを楽しむ。


canyon magazine May 2013

Visit us online canyonmag.jp facebook.com/canyonmag twitter.com/canyonmag

Canyon Magazine is published every 2nd month. Publisher InSideOut Media KK 5-12-27 Shirokane, Minato-Ku, Tokyo, Japan 108-0072 http://insideout-media.jp Founders Phillip Mills & Tomoe Mills Design & Layout InSideOut Media KK 5-12-27 Shirokane, Minato-Ku, Tokyo, Japan 108-0072 http://insideout-media.jp Editor Phillip Mills phillip.mills@canyonmag.jp PR & Marketing Tomoe Mills tomoe.mills@canyonmag.jp Sales advertising@canyonmag.jp English Editor Kif Champ Sant English Proof Nicholas Greene Japanese Editor & Proof Rin Osu Translation Tomoe Mills Photography Phillip Mills, Canyons Minakami, Alteria (Petzl) Cover Photo Back flip at Oodaru Waterfall in Izu. Credit Photo Floating around Hebidaru Waterfall in Izu. Contents Photo On the way into Claustral Canyon. Betalogue Photo Looking up at Kamadaru Waterfall in Izu. Thanks Alteria Japan, Canyons Minakami, Canyons Akagi, Saikaya Sports, Suzumori no yu, Nature Navigator Warning & Disclaimer Canyoning and other activities described in this magazine can cause injury or death. Only participate in canyoning or other outdoor activities with proper instruction, supervision, equipment and training. The publisher, writers and photographers have taken all reasonable care to ensure the accuracy of the information contained in this publication based on the expertise of its writers. Any person attempting any of the activities described in this magazine does so at their own risk. The publisher or any of the contributors will not be held liable for any loss or injury or damage resulting from any attempt to perform any of the activities described in this publication. All descriptive and visual directions are a general guide only and not to be used as a sole source of information. Enjoy canyoning safely and responsibly. Š Copyright 2013 - InSideOut Media KK


キャニオンマガジン

2013年5月創刊号

オンラインはコチラ canyonmag.jp facebook.com/canyonmag twitter.com/canyonmag

キャニオンマガジンの発行サイクルは隔月(2ヶ月ごと) 出版社 インサイドアウトメディア株式会社 〒108-0072東京都港区白金5-12-27 http://insideout-media.jp 創立者 フィリップ・ミルズ、ミルズ 知枝 デザイン/レイアウト インサイドアウトメディア株式会社 〒108-0072東京都港区白金5-12-27 http://insideout-media.jp 編集者 フィリップ・ミルズ PR・マーケティング ミルズ 知枝 tomoe.mills@canyonmag.jp セールス advertising@canyonmag.jp 英語編集者 キフ・チャンプ・セイント 英語校正 ニコラス・グリーン 日本語編集・校正 大寿 凛 翻訳 ミルズ 知枝 写真提供 フィリップ・ミルズ、キャニオンズ水上、アルテリア(ペツル) カバーフォト 伊豆の大滝でバックフリップ クレディットフォト 伊豆の蛇滝(へびだる)から飛び降りたあとの浮遊 目次フォト クラウスタル渓谷へむかう ベータログフォト 伊豆の釜滝(かまだる)を見上げる ご協力 アルテリア ジャパン、キャニオンズ水上、キャニオンズ赤城、 さいかやスポーツ、仏岩温泉鈴森の湯、ネイチャーナビゲーター 免責事項 当誌及びWEBサイトに記載されているキャニオニング(その他の活 動も含む)には、ケガまたは死亡を引き起こす危険性があります。また、キ ャニオニングやその他の野外活動は、適切な指示と監督のもと、整った機材・ トレーニングをもってご参加ください。出版社・ライター・フォトグラファー は、出来うる限りの専門知識に基づき、当誌及びWEBサイトに含まれる情報の 正確さを確保するよう努めます。この雑誌に記載されている活動のいずれかを 試みる、すべての人は、自己責任のもと、行って下さい。出版社や協力提供者 は、当誌及びWEBサイトの掲載情報や、記事に起因するあらゆる損害・損失・ 事故などに対して一切の責任を負いません。当誌及びWEB掲載の情報は一般的 なガイドとして利用し、当誌及びWEBサイトの情報のみではなく必ず他の情報 も参照し、十分な確認を行った上、計画的に行動しをしてください。 © Copyright 2013 - InSideOut Media 株式会社


Contents

TABLE OF C

6

32 Okutama Canyon

42 Onsen

You’re here already! You’re on this

Contents

Okutama Canyon is also a favourite

There is nothing better than a long

page now.

sawanobori route.

soak. We visit Suzumori no Yu.

8

34 Minakami

46 Fox Canyon

From the publishers desk on the

Betalogue

Only 2 hours from Tokyo, this is the

If you’ve ever on a packed train in

craziness of starting a magazine.

cities adventure playground.

Japan than Fox Canyon feels like this.

10 Izu Canyon

36 Hanage Canyon

48 Headshot

Sliding the famous Nanadaru Waterfalls

Hanage is one the easiest courses

For our very first edition we have Mike

in Shizuoka Prefecture and watching

around and Nature Navigator in

Harris from Canyons in Minakami.

the camera float on by.

Minakami takes us on a tour.

18 Claustral Canyon

40 Maple Canyon

Claustrophobia never felt this good.

Through the maple trees is one of

Descending one of Australia’s most

Minakami’s most relaxed canyons.

famous canyons.

54 Equipment This issue we focus on the Petzl Pirana.

59 Directory Canyon comanies in Japan.


CONTENTS 6

32 奥多摩キャニオン

42 源泉かけ流しの湯

このページです!

コンテンツ

沢登りでも有名な渓谷のある奥多摩。

あたたかい湯につかる。鈴森の湯を訪れる。

8

34 水上

46 フォックスキャニオン

東京から2時間のアドベンチャーフィールド。

水上の渋谷と呼ばれる人気スポット。

10 伊豆キャニオン

36 ハナゲキャニオン(華下)

48 ヘッドショット

静岡県にある有名な七滝をスライドし、カメラ

ハナゲは初心者やファミリーも楽しめるコース

創刊号にキャニオンズ水上のマイク・ハリスを

をぷかぷか浮かばせる。

で、ネイチャーナビゲーターが案内。

迎える。

18 クラウストラル渓谷

40 メープルキャニオン

54 ギア

閉所恐怖症からの脱出!?オーストラリアで最

水上でヒーリング度が高いメープルコース。

ペツルのピラナに焦点をあてる。

ベータログ

編集長デスクからマガジンのいきさつ、毎日の クレージな日々を綴っています。

も有名な渓谷を下る。

54 ディレクトリキャニオニングツアー会社リスト。


Betalogue...

Starting an independent magazine is never an easy

自費出版の雑誌をスタートする、それはたやすい事ではありません

thing to do. The endless days and nights often merg-

でした。昼も夜もなく、締め切りに追われて働き続ける日々。情報

ing into one; the punishing deadlines that loom every

量が少なすぎないか、または多すぎないか、間違いがないかなど、

second of the day; the worry that you haven’t written

悩みながら締切に追われる。もちろんどの出版社でも創刊時に経験

enough, too much or that it’s incorrect. I’m sure every

することだと思います。創刊号が世の中に送りだされた後は一息つ

publisher goes through this when it’s their first ever is-

いて、冷えたビールでリフレッシュさえすれば、再び長い旅を続け

sue. But when it’s all over you can sit back, have that

られます。そしてようやくここに、私達の総力を注ぎ込んだ、キャ

nice cold beer and relish that you have completed a

ニオンマガジンの創刊号を皆様にお届けする、記念すべきその日を

small step in the journey, ready to start all over again.

迎えることができました。

So, with all that work and worry done for now, welcome to the first issue of Canyon Magazine!

ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドのよう なキャニオニング先進国ではなく、日本でキャニオニング専門誌を

Many people were surprised when I told them I would

発行すると伝えると、大抵の人が驚きました。しかし日本国内での

be making a magazine about canyoning in Japan, when

キャニオニング需要は急成長しており、北海道から沖縄まで 60 社

other areas like Europe, America, Australia, New Zealand

以上の会社がツアーを提供しています。今後はコーマーシャルツアー

have had many more years than Japan. Canyoning in

だけでなく、キャニオニングを個人で楽しむ人達も徐々に増えてい

Japan is rapidly growing with over 60 companies offer-

くことでしょう。日本は、私が何年も前に虜になり、移住を決意し

ing tours from Okinawa to Hokkaido. It is also starting

た美しい国です。また、日本には壮大な渓谷の数々が存在し、発見

to take off as a personal recreational sport. Japan is a

されていない渓谷もまだまだ存在することでしょう。世界的に見て

country that I fell in love with many years ago when I first

も、日本のキャニオニングがユニークである理由は、深いゴルジュ

arrived and is home to some spectacular canyons, many

と勢い良く流れる滝の存在だと思います。この景観を是非、多くの

yet to be descended. With an amazing environment of

皆さんに見て頂き、その感動を共有していきたいのです。この雑誌は、

deep gorges and rapidly flowing waterfalls, canyoning in

日本国内で運営されているキャニオニングツアーや個人で行く渓谷

Japan is unique compared with other parts of the world.

コースを、各地の情報も含めてお伝えし、同様に海外の渓谷も紹介

We want to share this with you. This magazine features

していきます。世界には、まだまだ発見されていない未踏の渓谷が

a range of canyons that are run by companies as well

あるはずです。

as recreational courses, and highlighting the local areas found here. We will also be showcasing international

キャニオンマガジン WEB サイト(β 版)は最近公開したばかり

canyons for people in Japan to experience. There’s a

ですが、これからも定期的に情報を更新していきます。もし、共

whole world out there to be discovered.

有したい情報やストーリー、写真、ビデオなどがありましたら、 editor@canyonmag.jp までお送り下さい。日本語、英語、どち

Our BETA website that was just recently launched will

らでも大丈夫です。また、皆さんにこの創刊号を楽しんで頂ければ、

be updated constantly with new information. If you have

嬉しい限りです。私達にフィードバックやアドバイスを下さった皆

any stories, photographs or videos that you’d like to

様、そしてご支援、サポートして下さったキャニオニング関連業界

share, we would love to hear from you. You can contact

の皆様に、この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。本誌発行

us via email either in English or Japanese at: editor@

のため出来る限りのサポートをしてくれた、キャニオンズ水上のマ

canyonmag.jp We hope you enjoy the first issue. Our

イク・ハリス。ここでお名前を挙げていない多くの方々からも、公

thanks to everyone in the Canyoning Industry in Japan

私ともにアドバイスを頂いたおかげで今の私達があります。また、

who are supporting us, given us feedback and have

ボランティアや手伝いをしてくれた多くの友人の尽力には、感謝し

helped out in various ways. Thanks to Mike Harris from

てもしきれません。そして最後に、この正気とは思えないキャニオ

Canyons in Minakami, for all the support he has given

ンマガジンのアイディアを支え、スタートアップと構築を手伝って

us whilst building the magazine, to all our friends who

くれた私の妻・知枝に最大の感謝の気持ちを伝えたい。

have helped us in so many ways we cannot express our gratitude enough and last but most important of all, my entire thanks goes to my wife Tomoe, who put up with this crazy idea of starting a magazine and helped build this into something we love. Phillip Mills


Izu Seaside A special canyon course in the middle of a small onsen town in Shizuoka Prefecture. 静岡県の小さい温泉街の中心にキャニオニングのスペシャルコースがある。 Story & Photography Phillip Mills


IZU, SHIZUOKA

Sliding your way along the tourist trail 土曜の早朝 5 時半きっかりに、出発を知らせるアラームが鳴りだした。

It’s 5:30am on a Saturday morning and the alarm to leave our

いつもならまだ寝ている時間だ。暗いうちから起きだして準備を始めたが、

house is going off. It’s too early. We have already been awake

空はもうだいぶ明るい。眠い目をこすりながら、取材用のキャニオニング

for the past hour and the sun is just starting to rise. We are

ギアやカメラ一式を車に詰め込む。荷物がすべて揃っているかを確認し(前

slowly packing the car with our canyoning gear and camera

回はキャニオニングシューズを忘れるところだった)、ツアーコースを取

equipment, ready for another canyon course. A final quick

材すべく 170 キロのドライブへと出発した。このコースはかなりユニー

check to make sure we have everything (we nearly forgot the

クである。これが伊豆シーサイドキャニオンだ。

shoes last time) and we’re off. It’s a 170 kilometre drive to join and photograph today’s course. But this course is unique and

伊豆半島の南東部に河津と呼ばれる海辺の小さな町があり、そこから 1.5

special. This is Izu Seaside Canyon.

キロほど続く河津川を進むと、その途中にまるで山脈に隠されるかのよう に有名な伊豆の七滝がある。東京から電車で約 2 時間半。ユニークな滝

In the south-eastern area of the Izu Peninsula lies a small sea-

があることから主要な観光地として知られ、年間を通じ多くの観光客が訪

side town called Kawazu. It’s home to the famous group of

れる、国内でも有数のリゾートエリアである。

seven waterfalls hidden in the mountains along a 1.5 kilometre stretch of the Kawazu River. Approximately two and a half

伊豆シーサイドキャニオンは、キャニオンズ赤城が運営している。同社は

hours from Tokyo by train it is one of the famous resort areas

このツアーコースを長年開催しており、美しい天城荘を、ベース基地とし

of Japan due to its unique waterfalls which are a ma jor tourist

てまた、ツアーの出発地として参加者に提供できる幸運にも恵まれている。

sight throughout the year.

老舗である天城荘の歴史は長く、ツアー後の宿泊や休息に最高のロケー

Izu Seaside is operated by Canyon’s Akagi branch. They have

ションだ。

been running this course for many years and are lucky to be provided base at the very beautiful Amagisou Onsen to run the

このコースは通常 5 月に開催、また特別にリクエストがある場合のみ 10

tours from. Amagisou Onsen has been in operation for quite a

月にも実施している。ツアーコースは、半日コースと1日コースの2種類。

long time and offers the perfect location to stay and relax after

1日コースは、河津川上流の旧天城トンネル近くからスタート。 続いて、

doing this course.

半日コースの河津七滝のうち、4 つが含まれているコースへと続いていく。 この、滝を渡り歩くツアーが特に忘れがたい経験になる。たまたま居合わ

The courses are run during May, October and by special re-

せた観光客が、コース最終地点にある滝を滑り降りてくる人達を目撃し、

quest and there are two options. The full day course starts

楽しそうにカメラに納めている。こうやって自然に人が集まり注目される

along the upper Kawazu River near the old Amagi Tunnel,

のは、素直にうれしい。伊豆シーサイドキャニオンに、愉快さと楽しさが

followed by the standard half day course which encompass-

加わる理由のひとつだろう。

es four of the Seven Waterfalls (Known as Nanadaru in Japanese). Traversing these waterfalls is an experience you never

日本中どこにいっても渋滞に巻き込まれるものだが、今回もばっちり渋滞

forget. Everywhere there are people enjoying themselves,tak-

にはまっている。渋滞 15 キロではさすがに遅れそうだ。渋滞で遅れる旨

ing photographs watching others sliding over the final water-

を連絡すると、ツアー参加者とガイドは先に出発し、私達は、到着次第ツ

fall, simply enjoying the natural surrounds. This is what makes Izu Seaside canyon so enjoyable and interesting.


前ページ:風景を楽しみながら浮き流れる。 Previous Page: Floating around taking in the scenery.

釜滝のアブセイリングダウン。 Abseiling down Kamadaru.


IZU, SHIZUOKA

釜滝の滝壺へジャンプ。 Jumping into the basin of Kamadaru.

最後のスライダーは初景滝をすべり降りる。 The final slide over Shokeidaru Waterfall.

2つのスライダーを楽しめるエビ滝。 Double slide over Ebidaru Waterfall.


キャニオンズのガイドシゲが蛇滝で、仰向けのヘッドスライダー。 Shige from Canyons does a backwards slide over Hebidaru Waterfall.

アーの途中から参加することになった。交通規則を守ること数時間。。。私

As usual, when you drive anywhere in Japan, you inevitably

達は先発のツアーが出発した 5 分後に天城荘へと到着し、駐車場で私達

get stuck in a traffic jam and do we get stuck. A fifteen kilo-

を待っていてくれたキャニオンズのガイド、シゲと合流した。急いでウェッ

metre jam slows us down considerably. We make a quick call

トスーツに着替えて撮影機材をかき集め、観光用のルートを早足で登り始

to tell our guides that we’ll be running late and we’ll catch up

める。

with them along the course. Following all the road rules… we finally make it to Amagisou, five minutes after the tour has left

同じ頃参加者たちは、既にコースのスタート地点である釜滝 ( かまだる )

for the first section. We catch up with Shige one of the guides

に到着していた。釜滝は高さ 20 メートル、幅 2 メートル、水の流れ出

from Canyons, who is waiting for us. After a quick change into

る音と水圧が凄まじく、滝壺では水が渦巻いている。かなり迫力のある滝

our gear we then collect all our photography equipment and

だ。ここにある柱の形をした岩は、太古の昔に谷底から流れ出た溶岩によっ

rush off along the tourist trail to the start.

て生み出されたため、複雑な形状をしている。峡谷の岩壁に刻み込まれた ようなこの岩が、滝の景観にさらなる荘厳さを加えている。

The rest of the course participants have already been driven up to the beginning of the course which is Kamadaru Water-

さて、私達が到着したのは、先に出発していた参加者たちが飛び込みジャ

fall. Kamadaru is 20 meters in height and 2 metres in width

ンプをするために、岩をよじ上っている頃だった。観光用の歩道に人だか

and the pressure and sound of the flowing water is immense,

りができている。岩をよじ登りその縁から飛び込む姿を、観光客がカメラ

ending up in a basin of swirling water. This waterfall is a truly

におさめ、わいわい話しながら見物している。そしてガイド達が岩棚から

overwhelming sight. The columns of rock have intricate shapes

バックフリップして、豪快に飛び込んでみせた。これはほんの始まりであ

made from lava which flowed through the bottom of the val-

る。私達が観光客に紛れて、ツアーを楽しんでいる参加者たちを遠くから

ley eons ago. These shapes forged into the walls of this gorge

撮影している間に、ガイドのシゲがツアーに合流した。何度かめのジャン

definitely add to the awe- inspiring sight of the waterfall.

プを楽しんだのもほんの束の間、参加者は陸へあがり次のセクションへ移 動を始めた。

We arrive just as everyone is climbing down to their first jump. The crowd on the tourist trail is gathering to take photos and

ときに手で体を支えながら歩いたり、短めのスライダーをこなしたりしな

chat about how amazed they are to see people climbing and

がら、全員で 2 番目の滝にあたる、えび滝(えびだる)に到着すること

jumping off the edge of the waterfall. Some of the guides are

ができた。参加者は滝の上の崖っぷちに集まり、次のチャレンジを待つ。

back-flipping off the rock ledges, this is just the start of some-

ここ、えび滝には2つの滝があり、どちらもスライダーをして遊べる。最

thing special. Shige runs off to join the rest of the tour while we

初のスライダーは1メートル程だが、すぐに 5 メートルの滝が続く。参

hang around on the sidelines photographing people as they

加者の何人かには緊張な面持ちで滝の下を見つめている者もいたが、ひと

enjoy the moment. After several jumps, we all make our way

り、そしてまたひとりと、天然のプールに飛び込んでいく。そして水面か

out of the water for a brief second and make our way to the

ら顔を出したときには、みんな必ず満面の笑みで泳いでくるから不思議だ。

next section.


IZU, SHIZUOKA

その後少し歩くと、3番目の滝であるへび滝(へびだる)に到着した。こ

A small amount of scrambling with a quick slide, everyone

こは、高さ2メートルほどの滝で、まず頭から仰向けで滑りおりる。水し

makes it to the second waterfall along the course: Ebidaru.

ぶきをあげて着水した後、川から這い上がり、元の位置に戻ってジャンプ

Everyone gathers on one of the boulders next to the drop wait-

に備える。滝壺に飛び込むのは、見ていると難しそうに見えるものだが実

ing for the next challenge. There are two waterfalls in one at

はさほど難しくなく、誰でもトライできる。このツアーを見学しようと集

Ebidaru and both are sliders. The first slider is only about 1

まってきた観光客が、好意的な声援を送っている。何度かジャンプで遊ん

meter long but it throws you quickly into the second slider of

だ後、皆で集合し最後の飛び込みポイントへ向かうべく石の上を歩いて行

five meters. You can see the nervousness on some of the par-

く。時にはおしりを滑り止めにしながら前進した。

ticipants but one by one, as soon as they slide over the edge that forces you down, they come back up floating with smiles

最後の飛び込みポイントは、初景滝(しょけいだる)として知られている。

from side to side.

高さおよそ 10 メートル、幅およそ 7 メートルほどの滝がある観光名所だ。 もちろん撮影スポットとしても有名である。滝の上にいる私達は、滝の左

A short distance we make it to the third waterfall called

側に移動して見下ろし、このツアーがもうすぐ終わりに近づいていること

Hebidaru. This is only 2 meters in height and here everyone

を察した。位置につき、水に押し流されるままに大量の水と滝壺に流れ落

slides down backwards head first. After splashing down we all

ち、浮き上がって水面から顔を出す。すると、滝を滑りおりる姿を見て驚

crawl out of the river back along the track ready to jump again.

愕している見物客がいたので笑顔を返す。参加者が次々と滝を滑り始める

Jumping off waterfalls seems perfectly natural to do. The tour-

と、また人だかりが出来てきて、驚きを隠せない様子で見つめていた。こ

ists who have gathered around watching us on the trail love

こが伊豆シーサイドキャニオンのツアーの終着地だ。

this and are cheering everyone on. Several jumps later we all gather and slide and rock hop our way to the last plunge.

最後の滝壷から這い上がり、いよいよベース基地への帰路についた。ウェッ トスーツとヘルメットを着たまま、ぶら下げたカラビナがシャラシャラと

The final waterfall is known as Shokeidaru. This waterfall is

鳴るのを聞きながら歩くと、何か特別なことをやり遂げた達成感がこみ上

approximately 10 metres high and 7 metres wide and at the

げてきた。この達成感こそが、まさにキャニオニングの醍醐味。ツアーを

tourist viewing area. It’s a well-known place for people to take

終えると必ず、またツアーに参加してもう一度遊びたい、と思うのだ。さ

photographs. Making our way to the left hand side of the drop

て今日のところはこのへんで、心地よい疲労感を味わいつつ、天城荘でゆっ

there’s a sense that the journey is just about over. Position-

くりリラックスするとしよう。

ing yourself and the letting the water push you over, sliding down in a torrent of water only to come up and smile at all

撮影協力:キャニオンズ赤城のダイスケ、シゲ、ランディー、ガイ、大滝

the tourists looking on in amazement of people sliding off

温泉天城荘、当日撮影ご協力頂いたツアー参加の皆様ありがとうございま

the waterfall. The crowd is gathering once again watching in

した。運営 : ワンピースインクジャパン

amazement and bewilderment as everyone slides on over. Izu Seaside Canyon is now over. As we walk from the final descent, dressed in wetsuits and helmets, with carabiners clanging away, we feel you have completed something that only a small number of people have done and want to do it all over again. But at least there is the bonus of a leisurely soak at Amagisou Onsen Resort to wind down. Our thanks to Canyons Akagi crew of Daisuke, Shige, Randy and Guy, Amagisou Onsen and the participants who we photographed for the day. Managed by: One Piece Inc Japan

Information Canyon Company

Course Details

Where to stay

Canyons Akagi

キャニオンズあかぎ

Tel Email Web

料金 ¥8,000 〜¥18,000 ツアー時間 半日 、 1日コース 開催日 5月と10月

Price ¥8,000 ~ ¥18,000 Tour Time Half day & Full Day Dates Held during May, October

大滝温泉 天城荘 静岡県賀茂郡河津町梨本359

Oodaru Onsen Amagiso 359 Nashimoto, Kawazucho, Kamo-gun, Shizuoka Ken

Tel 0557-35-7711 Web http://www.amagisou.jp/

Tel 0557-35-7711 Web http://www.amagisou.jp/

0278 21 1377 akagi@canyons.jp http://canyons.jp


2つのスライダーを楽しめるエビ滝。 Double slide over Ebi Daru Waterfall.


CLAUSTRAL CANYON Descending into one of Australia’ s most famous canyons. オーストラリアでもっとも有名な渓谷へ。 Story & Photography Phillip Mills


SYDNEY, AUSTRALIA

クラウストラル渓谷の中心部にあるくびれた谷 The central constrcition of Claustral Canyon.


Claustraphopia has never felt this beautiful

Canyoning has a long history in Australia, starting in the

オーストラリアのキャニオニングの歴史は意外に長く、始まりは 1960

early 1960’s. My father used to take me on bush walks

年代頃と言われています。父が私をアウトドアへ連れて行ってくれた当時、

through the country side and we would abseil down the

ブッシュをかきわけて山の斜面をアブセイリングしたり、沢歩きもよくし

side of mountains and wander along river beds. This was

ていました。 「キャニオニング」という名前がでてくるずっと以前の事です。

long before I had ever heard the term“canyoning”. These days, thousands of Australians go bush walking and de-

近頃では、何千人ものオーストラリア人がブッシュウォーキングに出かけ、

scend into the canyons during the warmer periods, com-

暖かい時期には渓谷を下ります。引っかき傷や皮剥けをつくりながらでも、

ing out with scratches and scrapes, experiencing a world

夢でしか出会えない美しい風景を一目見ようと渓谷を目指すのです。オー

of beauty that others only dream of.

ストラリアの景観は壮大。また長い間、外界から隔離されていたこともあ り、世界的に見ても非常に興味深く、最も壮観を誇る渓谷と言えるでしょ

With the Australian landscape being so isolated and vast, it

う。

holds some of the most interesting and spectacular canyons anywhere in the world. Claustral Canyon is one of them lo-

クラウストラル渓谷は、シドニーの郊外にある渓谷の一つで、オーストラ

cated just outside of Sydney, the Blue Mountains National

リアで最も有名なブルーマウンテン国立公園内に位置しています。珍しい

Park, is one of the most well known parks in Australia. Herit-

地形と植物、またその文化的重要性から、世界遺産として登録されていま

age listed for its remarkable geographic, botanical and cul-

す。また広域に渡り点在する全ての渓谷を包容する存在でもあり、まだ発

tural significance, it is also home to other canyons dotted

見されていない数多くの秘境も存在しています。

over a wide area with possibly more yet to be discovered. 撮影用にどの渓谷が良いかリサーチしている間も、クラウストラル渓谷は While researching which canyon I wanted to photograph

常に頭の中でトップを占めていました。壮観な峡谷、苔、シダ、水の流れ

while in Sydney during the summer holidays, Claustral was

が織りなすその素晴らしい風景から、ニューサウスウェールズのキャニオ

always at the top of my list. It is classed as one of the top ten

ニアー達によって選ばれ、常にトップ10に入るほどです。カルカッタの

by most canyoners in New South Wales due to the spectac-

ブラックホールと呼ばれる狭い渓谷は、3連続のアブセイリングがありま

ular canyon walls, moss, ferns and water flow. It’s a techni-

す。技術的にもかなり難しく、その難易度は経験を積んだグループでもゴー

cally difficult canyon with three successive abseils in a nar-

ルするまでに少なくとも8時間はかかるほどです。また渓谷から道なき道

row section of the canyon called the Blackhole of Calcutta

を這うように進むため、オーストラリアのブッシュに慣れていないとかな

usually taking an experienced party at least eight hours to

り大変です。

complete. The scramble out of the canyon through the new route is quite strenuous and challenging for anyone not used to the Australian bush.


SYDNEY, AUSTRALIA

Before I arrived in Sydney with just my basic gear, harness,

私は、日本から基本装備(カラビナ、ハーネス、専用靴)だけを備えて

boots and few carabiners, I had to find someone to take me

シドニーに到着。商業目的のプロガイドはクラウストラル渓谷への立入

through the canyon. At that time Claustral was closed to all

りを禁止しされていたので、私は渓谷へ案内してくれる人を探しまし

the commercial operators. I had come across the OzCan-

た。そうするうちに、旅行記を投稿したり情報交換が出来るサイトで

yons Group where a lot of Australian canyoners chat about

OzCanyons というグループに出会い、彼らにメッセージを送りました。

the various places they have found and post trip reports. 数日後、数人から渓谷に同行してくれると連絡が入り、最初に連絡をくれ A couple of days later after sending a message to the Oz-

たのはレス・マシュー氏。レスは国内外で25年ものキャニオニング歴の

Canyon group a few people contacted me offering to take

持ち主。何度かメールで連絡を取り合った後、いよいよ 1 月の第1週目

me through some canyons. The first person to contact me

にクラウストラル渓谷へ挑戦する事に決めたのです。偶然にも私達のキャ

was Les Matthews. Les, who was celebrating his birthday on

ニオニングに同行してくれた日は、ちょうど彼の誕生日でもありました。

the same day we went, has been canyoning for 25 years in Australia and around the world. After a few emails we organised to hit Claustral in the second week of January.

A few days before descending into the canyon Sydney reached 45° C!

私達が渓谷へ向かう数日前、 シドニーは気温45度! 私達が渓谷へ向かう数日前、シドニーは気温45度に達し、国立公園内の 火気禁止令が出され全面立ち入り禁止となりました。しかしラッキーな事 に、私達の入渓予定日には涼しさを取り戻し、全面立ち入り禁止は解除さ れました。トレッキングルートがふたたびオープンになったのです。

A few days before descending into the canyon Sydney

早朝にシドニー中心部にあるレス宅を出発。3人目のメンバーである

reached 45°C!

Everywhere had a total fire ban and park

ジャック・スコットと合流。彼にとっても初めてのクラウストラル渓谷で

access was closed to everyone. Luckily on the day we de-

した。スズキの4WD に全てのギアを詰め込み、目的地のマウントベル(ベ

scended in to Claustral, it was cooler and the tracks were

ル山)に到着するまでの1時間半、レスのアンタークティカ(南極)への

opened.

旅の話や、私がキャニオンマガジンをはじる経緯、その他にも海外での旅 にまつわる話など、車内での楽しいおしゃべりが続きました。道の端に車

We left from Les’s home, in the inner part of Sydney, in the

を寄せたら、すべてのギアをダブルチェック。私達はトレッキングルート

early morning to pick up our third member for the trip, Jack

の出発点を探すべく、道なりに歩き始めました。

Scott. It’s his first time as well to see Claustral Canyon. With all of our gear firmly packed in to the Suzuki 4WD we zoom

昔は私有地でありながら通行が許され、もっと簡単だった渓谷へのアクセ

along the freeway chatting about Les’s trip through Ant-

スも、今では現地主の意向により通行が許可されていません。今、歩いて

arctica, why I wanted to start Canyon Magazine, and other

いるトレッキングルートは新しいもので、渓谷への入口に目印が設置され

trips around the world for the hour and half to our destina-

ていますが、出口ルートの目印は全て撤去されてます。いよいよクラウス

tion, Mount Bell. Parking on the roadside clearing, we double

トラル渓谷への入り口です。

check and gather all our gear and make off back along the road to find the entry point to the track.

マウントベル側周ルートを行き、ブルーマウンテンの下の階層に入る前に、 もう一度山を見上げました。倒木の上をよじ上り、滑リ越えると、徐々に

There used to be an easier access to the canyon but that

緑も濃くなり鬱蒼と生い茂ってきます。

was through private land is now no longer possible to use due to the current land owners denying access. The track

車を離れてから約1時間。徐々に渓谷が囲うように迫ってきたところで、

which we are following is fairly new and there are markers to

ウェットスーツに着替えるポイントへ到着。オーストラリアでも体験した

show the way down into the canyon but the markers on the

事のないような猛暑が続いたこともあり、渓谷は私達にひとときの安らぎ

new exit have all been removed.

を、涼を与えてくれました。いくつか岩をよじ降りて、渓谷の入り口に到 着。冷たい水にシャプンと飛び込んでリフレッシュしたら、いよいよメイ

We follow the track around the side of Mount Bell and take a

ンコースへの進入です。

final look across the Blue Mountains before descending into the lower section. Scrambling, slipping and sliding over fallen

このアドベンチャーの全行程の1/3 程度すすんだ所に、「カルカッタのブ

trees, the flora starts getting darker and denser. We have

ラックホール」があります。ここには渓谷へ行くには必ず通らなくてはな

reached the entrance to Claustral Canyon.

らない、3段階のアブセイリングが必要な崖があります。最初のアブセイ リングは約10メートル。まず太い木にテープアンカーをしました。大き


キャニオニアー必須の撮影ポイント(クラウストラル渓谷中心部)。 The classic shot in the main part of Claustral that everyone canyoner takes.


SYDNEY, AUSTRALIA

ハイスピードで渓谷のエントリーポイントへ下り進むジャック。 Jack speeds on down into the entry point.

The canyon starts to envelop us about an hour after leav-

な岩と地面の間の小さい穴をかいくぐるように這い抜けてから、アブセイ

ing the car and have now reached the point to change into

リングで滝を降下、最初の滝壺に入ります。今日は滝の水量が少ない方で

our wetsuits. Despite the extreme weather that Australia is

すが、時には大量の水が流れることもあるそうです。

experiencing the canyon provides relief from the heat. A few down climbs and we reach the first section. An easy jump in

2 番目のアブセイリングには、谷の壁にアンカーボルトされたものを利用。

to the cool water wakes us all up and we are ready for the

最初のアブセイリングと同じぐらい楽に降りられました。降りた後に周り

main descent.

を見渡してみると、岩の形や景観に見とれるとともに、センターに向かう につれて辺りが暗くなってきていることに気づきました。

The Black Hole of Calcutta is three abseils about a third of the way in, which you must go through to reach the main

そして3番目、いよいよ最後のアブセイリング。岩でできた自然のアーチ

canyon. The first abseil of about ten meters is two tape an-

にテープを巻き、暗闇の中をわずかな光をたよりに進みます。終わりのほ

chors which are tied around a thick log. We climb through

うではかなり滑りやすい所もありましたが、無事に通過。ジャックと私は

a small hole, underneath a large boulder and abseil down a

岩に腰掛け、自分たちのアブセイリングルートを見上げました。さほど大

waterfall into the first pool. Today the waterfall is flowing but

きくはありませんでしたが、それぞれに美しさがありました。

クラウストラル渓谷に向かう途中、シダ植物の壁をくぐり抜ける。 The wall of ferns heading into Claustral.


第一弾目のアブセイリング中に見上げるレズ氏。 Les looking up from the first abseil.

not very much. On some days, I was told, the water can be

足だけ水に浸かっている状態から水中に押し入り、今まで見たことのない

flowing quite rapidly.

一番暗いセクションへと泳ぎ始めました。閉ざされたような渓谷を出ると、 クラウストラルとラノンキャニオンの合流地点に到達。ここで目にしたの

The second abseil, anchored from a bolt on the side of the

は、壁面のシダ群生と緑深い苔が全面を覆い尽くした美しい光景。そこへ

canyon wall, is just as easy as the first abseil. I look up and

上から降り注ぐ陽射しが反射し、幽玄的で冷やりとした色相を奏でていま

around and am amazed at the formations around me and the

した。

blackness that has started to surround us all as we travel deeper in to the heart..

長い間雨が降ってないにもかかわらず、ここには緑が多く茂っています。

The third and final abseil is done in just about complete dark-

レスは、数年前にこの渓谷で彼の 友人が事故で亡くなったという場 所(以前は事故があったことを刻 印している金属版が設置されてい たが、現在は撤去されている)に 私とジャックをと引っ張っていき ました。

ness with only a sliver of light showing where the tapes are wrapped around a natural arch. At the end of the final slippery abseil, both Jack and I take a minute to sit down on the rock ledge and take in the abseils we just did. Although only small in size, they have their own beauty about them. Leaving the ledge we jump into the pool and begin to swim our way through some of the darkest sections we’ ve seen so far. Upon exiting the enclosed canyon, we reach the junction of Claustral and Ranon Canyon. Here we face for the first time a world of overgrowing ferns which line the walls, deep green moss over everything giving an eerily cooling hue to the sunshine making its way through the thin slots.

雨が降って水が落ち着けば、もっとも美しい渓谷のひとつになるでしょう。 私がこの渓谷を訪れたかった理由はここにあります。このシンプルな美し さ。手つかずの自然には、本当に純粋に驚かされます。そして次に水を足


SYDNEY, AUSTRALIA

Although it had not rained in quite some time, it was still very

でかき分けながら、この地球上で最も壮大で美しく、広くて深い谷間へと

lush and green down here. After a good rainfall and some

歩みはじめました。

time to let the water pass down, this would have to be one of the most beautiful canyons around. This is why I wanted to

この美しい光景を、長い時間をかけて撮影しながら通り抜けました。ここ

do this canyon. This simple beauty of a place untouched and

がクラウストラル渓谷で一番の撮影ポイント。実際、多くの人がここへ訪

allowed to grow in its natural state simply floored me. Next

れるためにキャニオニングに挑戦します。渓谷の撮影は困難でした。毎回、

we walk and wade our way through the wide deep crevice in

防水バッグからカメラを取り出すたびレンズが一瞬で曇り、納得のいく写

the earth, taking in the majestic beauty within.

真が撮れるようになるまで、クリーニング・撮影・画像の確認というステッ

レスとジャックが「カルカッタのブラックホール」を下り終える。 Les & Jack at the finish of Blackhole of Calcutta.

I spend quite some time taking photographs and going

プを何度も繰り返すことになりました。私ができるだけこの風景を撮影し

through the sections. This is where some of the classic pic-

ようとスピードをゆるめると、レスとジャックは岩の端に腰掛けて待って

tures of Claustral have been taken and one of the reasons

いてくれました。

why some people do canyoning. It proves to be quite difficult today to photograph the canyon. Every time I take the

レスは、数年前にこの渓谷で彼の友人が事故で亡くなったという場所(以

camera out of it’s waterproof case the lens fog up instantly,

前は事故があったことを刻印している金属版が設置されていたが、現在は

resulting in repeated steps of cleaning, shooting, reviewing

撤去されている)に私とジャックを引っ張っていきました。

over and over again until there is a shot worth keeping. Les and Jack are cracking on at a great pace while I’m slowing

さて、まだまだ冒険は続きます。この頃には全員が空腹に。クラウストラ

down trying to photograph as much as possible.

ル渓谷の中心部から出て、サンダージャンクションにあるビーチで日光を 浴びながらランチにすることにしました。クラウストラル渓谷を出てすぐ

Continuing on, we are all now getting quite hungry and de-

に見えるのがサンダー渓谷。ここにはツチボタルで有名な洞窟があります。

cide to have lunch in the sun at Thunder Junction, on the

寄り道することもできましたが、今回は立ち寄らずに先に進むことにしま

beach exiting the main section of Claustral. Thunder Can-

した。

yon, which comes off Claustral has a special detour to a glow worm cave but this time we decide to continue on.

澄んだ水で遊んでいる川エビを見ながらランチをほおばった後、荷物を詰 め込み、旅の最終地へ。渓谷の狭い部分から少し開けた沢へ出ると、大き

After several bites of food while watching yabbies play in the

な岩が渓谷の一部と化している最後のトンネルです。トンネルを泳ぎくぐ

clear water we finally pack up and continue down on to the

ると、出口の直前にルートが2つ現れました。昔ながらのハンドロープで

final section. Coming into a river style system and climbing

おりるか、または、5メートルのアブセイリングで降下するかです。

over a rocky outcrop of boulders which transform back into


レスが大きな岩が所々に散らばる足場をやすやすと進む。 Les smoothly moves around the boulders that litter the canyon floor.


SYDNEY, AUSTRALIA

a canyon, we reach the final tunnel swim before our exit; A

私はレスが準備をしている側に行き、レスとアブセイリングで降りること

choice of either an old hand line or a short five metre abseil.

にしました。そしてジャックは古いロープが設置されている側から、ハン ドロープで降りました。最後の泳ぎを終え、動きのない静寂な水面をゆっ

Les pulls Jack and I up at one point, and goes to show us where a plaque used to be, where one of his friends died in the canyon in an accident a few years before.

くりとかきわけるように進んでいきます。 開始から5時間後、ようやく出口まで到着。レインボーラビンから這い出 るために、ハイキング用の服に着替えました。 レスとジャックがロープを回収してきてくれるのを少しだけ待ち、荷造り をして渓谷から進み出ました。以前私は、渓谷からのハイキングについて の記事を読んだことがありましたが、現実に失望させられることはありま せんでした。どの岩肌も露出しておらず比較的安全でしたが、どれも集中 力を要する難しいものばかりでした。

Les rigs up a short abseil down his side which we both take while Jack uses the old hand line which is already in place.

出口ルートも意外に長く、この頃には心身ともに疲れがでてきました。平

We complete a swim and a final wade through still water. Five

均で3時間ほどかかるルートです。

hours after starting we had finally reached the exit point and changed back into our hiking clothes for the scramble out of

途中、これまで一度も起こった事のないことが起こりました。私の足の筋

Rainbow Ravine.

肉が引き攣れ、動かなくなったのです。これはまずい。10分ごとに足の 筋肉をストレッチしなくてはならず、かなりの時間を取られました。残り

After a brief wait for Les and Jack to retrieve a stuck rope

少ない時間を、1時間以上も引き延ばしていたのです。

from a previous trip, we pack up and make our way out of the canyon. I had read about the hike out of the canyon and the

レインボーラビンを登り終えた後、キャメルズハンプへ出ることができま

reality did not disappoint. Although none of the climbs were

した。以前なら、ここからもっと簡単なルートをとることができたのです

exposed, they were difficult enough to require concentration.

が、今は立ち入りができない状態。新しいルートをしかもブッシュの中を

The exit route is pretty long and exhausting. On average it

かきわけながら、そして疲労困憊した体に枝や草木で傷をつくりながら進

takes about three hours.

みました。

簡単な昼食をクラウスタル中心部にあるビーチで。 Quick lunch on the beach in the middle of Claustral.

On the way, something occurred which had never happened

渓谷に戻ってから初めてのアブセイルポイントで、他の誰かが残して

before. My leg muscles cramped savagely. This was not good.

行った黄色い吊りヒモを見つけ正しいルートだと確信しました。アブ

Stopping every ten minutes to stretch and get the muscles

セイリングでもう一段下のセクションへ降りた私達は(きっとこの

working again was slowing us down considerably. This was

ルートであっていると信じながら)、2つめの小さな崖を降りて渓谷

going to add at least an extra hour to our exit time. Time we

へと再び入って行きました。

didn’t have.


After the climb up Rainbow Ravine we make our way to the

レスは何か変だと察し始めていました。GPS 機能を使い地図を確認した

exit at Camels Hump. Traditionally this is where we would

ところ、私達は 300 メートルも離れたクラウストラルブルックに入り込

have taken the easy way out along the old path but now,

んでしまったことに気がつきました。これがまさに、オーストラリアのブッ

we had to bush bash our way out along the supposedly new

シュが時に危険でトリッキーになりうるところです。

path, the brush scratching and scraping our tired bodies. 状況を理解した私達は、素早く U ターンしてクラウストラルブルックの At the first abseil we find a sling already in place confirming

中へと戻りました。最後のディズマルディングルへは泳いで進み、ようや

we are on the right track back into the canyon. This drops

く渓谷の出口に到着したら、あとはハイクするのみです。私の足はまだひ

us down to another section which feels to be correct and we

きつっていました。すでに日も陰り始めていました。時間がかがりすぎて

continue on to a small, second drop back in to the canyon.

いたのです。

Les was feeling that something was different here. A quick

最後のハイクは私の足の不調によって、予想以上に時間を要しました。日

consult with the map and GPS confirmed the fact that we

没が近くなった頃にようやく、マウントベルの岩が積み重なっているとこ

had indeed dropped into the Claustral Brook about 300 me-

ろに到着しました。車が通リ過ぎる音が聞こえてきて、車を停めた場所ま

ters from where were supposed to be. This is where the Aus-

で戻ってこれたとわかりました。ついに私達は、クラウストラル渓谷を制

tralian bush can be tricky, and dangerous.

覇したのです。

Realising what happened, we make a quick U-turn and head

通常新しい入口経路を使った場合、8.5 時間ほどかかります。私達はな

back along Claustral Brook for our final two swims to the

んとか10時間で終えることとなりました(ロープ回収時間と U ターン、

section of Dismal Dingle where we were supposed to be.

もちろん私の足が動かなくなった時間を含めて)。

Reaching the exit we finally hiked our way out of the canyon. My legs are still cramping and the sun is setting, this was taking too long.

昼休憩をとった場所からクラウスタルをみあげた風景。 Looking back up Claustral.from our lunch spot.


SYDNEY, AUSTRALIA

The final hike out is taking much longer than anticipated the

クラウストラル渓谷は、驚くほど美しい渓谷です。キャニオニングが好き

ascent being hampered by all the stops to stretch my leg mus-

な方になら、どんな方にもオススメです。私はこのツアーを楽しめました

cles. As the sun was setting, we finally reach the rocky outcrop

し、もう一度トライしたい思っています。

on Mount Bell. We could hear the passing of cars and trucks on the road where we left the car. We had completed Claustral.

このツアーに協力してくれたすべての方々に、心より最大の感謝の意を表 します。案内、企画、運転のほか、その他全てに尽力してくれたレス・マ

It usually takes approximately 8.5 hours using the new entry

シュー。私の足が動かなくなった時、バッグを背負ってくれたジャック・

and exit points. We managed to complete it in just over 10

スコット。

hours but this included a short side trip to retrieve a rope and a missed entry point back to the exit and of course the issues

そして最後に、オーストラリアの地でこの素晴らしい人たちと引き合わせ

with my legs locking on the climb out.

くれたオズキャニオングループに、心からの感謝の気持ちを送ります。

Claustral Canyon is an amazingly beautiful canyon. I highly recommend it to anyone who loves canyoning. I thoroughly enjoyed it and would quite happily do again. Many thanks to the following people who made this possible. First and foremost, my sincere gratitude goes to Les Matthews for being the guide, organiser, driver and everything else. Special thanks to Jack Scott who helped me out by carrying my pack after my legs failed on the way out. Konrad from Bushsports who rented me the wetsuit. Last but not least, the OzCanyon Group for putting me in touch with some truly great people to chat about canyoning in Australia.

クラウスタルへの渓谷入口。 Walk on in to the start of Claustral.


クラウスタルの中心地。 In the central section of Claustral.


Okutama

There are several courses run by Canyons, Big Wave and Grandex in Okutama, which is only

a short distance from Tokyo. During spring, summer and autumn the canyon areas are covered with lush green trees and moss adding a sense of beauty to the course.s. With different routes and abseils of up to 30 meters in height makes it an magical full day. There is also talk of new Okutama courses coming up as well later on this year. Some of these courses are also popular sawanobori routes so watch out for people coming up while you are going down. More information is available on the Canyon Magazine website. 東京からほど近い奥多摩にキャニオンズ、ビッグウェーブ、グランデックスが運営するキャニオニングコー スがいくつかあります。特に春・夏・秋のこの渓谷エリアは、豊富な緑と苔で覆われ美しさが増します。そ れぞれ違うルートと、懸垂降下(30 メートルまでの)があり、すばらしい体験となるでしょう。また今年、 新奥多摩コースが登場する予定です。いくつかのコースは沢登りでも人気の高いルートなので、キャニオニ ングで下る際は、登ってくる人にも注意しましょう。続きは、キャニオンマガジン WEB で。。。


Minakami canyoning playground

Minakami has traditionally been an Onsen (hot spring) resort town but has become a very popular destination for outdoor adventure seekers. Easily accessed from Tokyo in under 2 hours by train or 3 hours by car, it’s one of the central spots for anyone to learn about canyoning. With several canyoning companies located in the area and several courses it makes the perfect location for anyone learning for the first time or who want to take their skills to the next level. In this next section, we focus on canyon course for beginners, a drinkable onsen and an overview of some other courses available. 水上はれっきとした温泉地ですが、現在ではアウトドア・アドベンチャーを求める人達のメッカとなっています。 東京からも新幹線などを利用すれば2時間、車では 3 時間ほどで簡単にアクセスでき、キャニオニングの人気ス

ポットのひとつとなっています。ここ水上にはキャニオニングツアーを運営している会社がいくつもあり、また、 いろいろなコースも豊富にあることから、初めて体験する人や次のスキルアップを考えている人にも完璧なロ ケーションと言えるでしょう。ここより先は、「初心者向けキャニオニングコース」、「飲める温泉」、そして、そ の他のキャニオニングコースを写真でご紹介します。


MINAKAMI, GUNMA

Hanage Canyon Canyoning can be a sport of extremes but there are times

キャニオニングは過激なスポーツですが、それほど絶叫体験をしなくても

when you don’t need to have the extreme situations to

できるキャニオニングがあります。今回は、水上のネイチャーナビゲーター

experience it. Today we are focusing on a beginner’ s

の協力のもと、ビギナーコースに注目して取材することにしました。ハナ

course with Nature Navigator in Minakami. Hanage Can-

ゲコースは簡単なスライダー中心の、子供から大人まで家族全員で楽しめ

yon is a simple sliding course down the main waterfall

るコースです。

which is enjoyable for the whole family, from young to old. まずは、夏には特にその美しさを堪能できる、緑豊かな森を通り抜けコー Hanage Canyon, during the summer months, is beautiful. You

スに入っていきます。キャニオニングをするには少しばかり時期が早すぎ

walk to the start of the course through the woodlands. While

たのですが 、木々や花々が暖かい季節への準備をはじめているのを見る

we are a bit early in the season we can still see all the flo-

ことができました。もともと沢登りのルートであったこのコースは、リバー

ra blooming, getting ready for the warmer months ahead. A

ウォーク、スライディングができ、またコースの初めにはちょっとしたク

traditional sawanobori course for many years, Hanage is a

ライミングもあります。

river-walking, sliding course with a few simple climbs to the main starting area.

通常シーズン(6月)前でまだ雪の残る時期でしたが、ネイチャーナビゲー ターのガイドであるレオさんがハナゲコースを案内してくれました。今年

Our guide today is Reo who is taking us along Hanage ahead

の春は特に暖かいという話をよく耳にしますが、それでもここハナゲコー

of the standard opening schedule in June. We all comment

スにおいては、雪解けの水が流れ込み、川の水はきりりと冷えています。

on how warm it is this early in the season, but with the snow

ウォームアップとストレッチをした後、川の脇のハイキングトレイルを歩

still melting the water is a bit cold. After a quick warm up and

き始めました。この日は雪解け水が流れ込んでいるためにかなり増水して

stretch we make our way along the hiking trail on the side of

いましたが、夏になれば穏やかな川の流れに変わりファミリーで楽しめる

the river. The flow is quite strong today but in summer time

ようになります。

it flows smoothly and gently, allowing all the family to enjoy. 川を渡る途中の安全地帯で集合し、安全説明とサインを教えてもらいます。 Crossing the river we stop in the middle to go through the

安全に関する基本的なサインやガイドラインは、キャニオニアーやガイド

safety options and signals. The same simple guidelines ap-

達の間でもほぼ共通しています。ちょっとした岩を登ったところに、最初

ply to all canyoners and canyoning companies. After a small

のスライダーがあります。冬期休業中に障害物ができていないか、スライ

climb up over the boulders, we make it to one of the first

ダーの着地点あたりをレオさんがすばやくチェックしています。まずレオ

sliding sections. Reo does a quick check for any new ob-

さんが、スライダーの正しいやり方を教えてくれました。スライダーをす

stacles at the end of the slide that might have appeared

る際の一番大切なポイントは、腕を体の前にもっていくこと。そしてさら

during the winter break. He gives a quick instruction on how

に腕が体の外にはみ出さないように脇をしめて、きっちりしまっておくこ

to slide correctly. When sliding, one of the most important

とです。こうすることによって、腕がどこかに引っかかったり、もってい

points to remember is to keep your arms in front and your

かれるのを防ぐことができます。

elbows tucked in. This way it gives your body a clean line when sliding.

小さめのスライダーで数回遊んだあと、メインのハナゲの滝へ向かいまし た。ハナゲの滝は落差 30 メートル、幅 7 メートルほどのなだらかな傾斜。

After a couple of practice drops, we move on to the main

滝の上部にはスライダーできるポイントがいくつかありますが、この日は

section which is Hanage Waterfall. It’s a long, gentle slop-

水の流れが早すぎました。レオさんは私達を端に連れて行き、少し上の方

ing waterfall about thirty metres in length and seven meters

まで登り、ジャンプして水の流れる滝を渡りました。ハナゲコースの帰り

wide is is one of the main attractions of this canyon. Today,

道は、行きに比べて少し楽になります。途中で、岩に打込まれた古くて錆 びたピトンを見つけました。どうやら沢登り全盛期から放置されていると


ガイドのレオさんがハナゲの滝を飛び越える。 Our guide, Reo takes a leap across Hanage Waterfall.


MINAKAMI, GUNMA

岩をよじ上り越える。

最初のスライディング。

Climbing up and over.

Sliding down the first waterfall.

ポイントを迂回しながらの下り。 Climbing around one of the sections.

冷水の中の撮影が終了して皆でピース。 Everyone’ s happy to finally get out of the cold water.


Hanage is flowing too fast to attempt. Reo takes us up an

ても古いもののようでした。駐車場へ戻る手前に3段のスライダーがあり

edge and then climbs up a little bit higher and jumps across

ます。この時点で水は既にかなり冷たくなってきていたため、出来るだけ

the water. Walking back down Hanage is an easy affair. Along

早く取材を進めました。カメラマンがポジションにつくのを待ってから、

the way we come across an old rusted piton hammered into

スライダーを開始。ようやく最後のクイック撮影をして、冷たい水から体

the rock. They seem to be littered across this canyon from

を引き上げます。

the sawanobori (river climbing) days. 車に向かう途中の帰りの登山道で、つぼみがふっくらし始めた花を観察し Further back towards the car park is the final section of

ました。レオさんが樹皮を少し削り、香りをかがせてくれました。その香

three slides which come together in quick succession. The

りに疲れも癒されて、とてもリフレッシュできました。素晴らしいアウト

water is getting quite cold now so we need to complete

ドアガイドは、このように渓谷へのガイドだけでなく渓谷周辺の自然も見

these as quickly as possible. There is a bit of a wait for the

せてくれるのです。

photographer to get into position and then we stream down. One last quick photo and we flee the cold water.

17 年間連続で無事故証明書を取得し続けるネイチャーナビゲーターの案 内でした。

On the trail back to the car we stop to appreciate the blossoming flora. Morimoto scrapes the bark off some of the trees so we can smell it. The bark has a refreshing pungency. A good guide not only knowledgeable about the canyon, but also natural surrounds as well. Our thanks to Nature Navigator which has an impeccable safety record for 17 continuous years, tooks us on this course.

Basic canyoning gear for beginners in Japan.

ビギナーの方でも安心してお使い頂ける、基本的な装備をご紹介します。

Although each canyon company may use different brands

キャニオニングツアー会社やツアーコースによってブランドや装備が異な

and styles of equipment depending on the canyon, the basic

る場合もありますが、基本的なものは、ほぼ同じです。ここでご紹介する

gear is much the same. For Hanage Canyon the following

のは、ネイチャーナビゲーターが提供している、ハナゲコースで使用され

equipment was supplied by Nature Navigator.

ているものです。

Slider Pants

Canyoning Shoes

PFD

Helmet

Although there are different

Life jackets available in all

Protecting your head is im-

These go over your wetsuit to

types of shoes, the felt soles

sizes

portant.

allow easy sliding

are ideal for tracing along the

buoyancy and protection.

helmet!

キャニオニングシューズ

ライフジャケット

ヘルメット

スライダーパンツ

靴にはいろいろな種類がありますが、

ライフジャケットは色々なサイズが

頭を守るのは最も重要です。ヘルメッ

このパンツはウェットスーツの上に

川底の歩行時などにグリップが効き、

用意されており、体を守るほか、浮

トは必ず着用しましょう。

着用することで、よりスライダーし

たいへん優れています。

き具としても活躍します。

are essential for both

Always

wear

your

river.

やすくなります。

Information Canyon Company

Nature Navigator

Tel Email Web

Course Details

料金 ¥8,000 ツアー時間 9:00 & 13:00 開催日 6月 〜 10月

Price ¥8,000 Tour Time 9:00 & 13:00 Dates June 〜 October

0278 72 5923 info@nnraft.com http://www.nnraft.com


MINAKAMI, GUNMA

MAPLE CANYON Maple Canyon in the forest area of Minakami takes you to an area rich in maple trees from where this course takes its name. The water is pristine clean. Mainly a sliding canyon of various heights and sizes and also a couple jumps as well. Maple is perfect for beginners or water lovers. More information is available on the Canyon Magazine website. 水上の森林地帯にあるメープルキャニオンは、このコース名の由来となるメープルの木々が生い茂るエリア から始まります。ここの水は、フレッシュでクリーン。主にメープルキャニオンには、色々なサイズと高さ のスライダーがあり、そしてジャンプもいくつかあります。メープルは、水遊びが大好きな人や、初心者に ピッタリのコースです。詳しくは、キャニオンマガジン WEB サイトへ。


Photo by Canyons, Minakami


MINAKAMI, GUNMA

仏岩温泉鈴森の湯


キャニオニングでの疲れを癒すため、源泉かけ流し温泉「鈴森の湯」 を訪れた。 ここ「鈴森の湯」は、木の香りで癒される内装と浴槽。清潔なつくり でありながら、浴場に入ると窓から木立が見え、秘湯の雰囲気も少し 味わえるすばらしい湯処だ。なんといってもすべての風呂が源泉かけ 流し、湯口までは空気が触れずフレッシュさを保てる様に工夫がなさ れてる。温泉ファンにはたまらない。効能は、美肌、神経痛、疲労回復。 まず内風呂にゆっくりとつかる。体がじわじわと温められる。隣りに もうひとつ内風呂があるので入って見ると「おっと水風呂?」と一瞬 思うほどのぬるま湯だ。寒くはなく、むしろ長湯できる。どうやら初 めに入った風呂は加温してあり、こちらは源泉温度そのままのお湯ら しい。とても興味深い。もうすでに肌がつるつるしてきている。ふと 窓の外を眺めると、外に階段があるのに気がついた。「露天風呂があ る!」とワクワクしながら外に出て階段を下りると、丸い露天の岩風 呂がお湯をなみなみと蓄えて迎えてくれた。この露天のすばらしいと ころは、木々と小さい滝を眺めながら、のんびりと浸かれることだ。 先客も湯船につかりながら、川の見える縁でゆっくりと景色を眺めて いる。私もそうしよう。先客に「こんにちは」と挨拶し、川の流れる 音を聞きながら、滝のマイナスイオンを浴びる。渓谷沿いの露天風呂 に身も心もほぐれてきた。 もっとゆっくりできる人には源泉温泉のミストサウナ。源泉のミスト サウナというのは珍しい。これは美肌効果が期待できる。この素晴ら しいお湯を色々な角度から楽しんで欲しいという、ご主人の想いを感 じる。 さて、風呂上がりにコーヒー牛乳をチョイスする人は多いだろう。と ころがこちらでは、なんと「飲める温泉」を湯上がりにサービスして くれる。温泉水でつくった麦茶を提供してくれているのだ。しかも美 味しい。内から外からと温泉効果を実感でき、アウトドアで疲れた体 も明日には元気にしてくれる、そんなすごい温泉だ。次は誰を連れて こよう。きっと喜んでくれるに違いない。

Data 温泉の効能

美肌効果、神経痛、疲労回復

泉質

カルシウム硫酸塩泉(弱アルカリ性・低張 性温泉)

風呂

露天風呂、内風呂(加温風呂、温泉ミスト サウナ、源泉温度のままのぬるま湯「深さ 110cm」)

特徴

薄い紫色、わずかな硫黄の匂い、源泉温度 は35度

鈴森の湯のお食事度処では、新鮮な岩魚のお刺身や塩焼、オリジナル の「源泉うどん」(源泉のみで打ったコシのある美味しいうどん)を いただける。併設のグリーンハウスでは岩魚釣りとバーベキューも楽 しめ、お土産に鈴森の湯の「飲める温泉」SPA Water を購入するこ とも可能。老廃物を排出する作用があるため、ダイエットや二日酔い によく、高血圧や糖尿病、便秘、骨粗しょう症の方々にも喜ばれる。


MINAKAMI, GUNMA

To refresh a tired body after canyoning, I headed for “Suzumori no Yu”, a natural hot spring that flows straight from the source. The fragrance of the wooden interior and bathtubs at Suzumori no Yu is very healing, the place is clean and you can look out through windows onto a copse of trees from the baths. It’s a really splendid bathing spot, and you feel a bit like you’re in a secret hot spring. More than anything else though, all the baths flow directly from the source, and are designed so the water maintains its freshness from source to spout without coming into contact with the air. For fans of hot springs, it is simply out of this world. It is renowned for assisting the treatment of nerve pains, recovery from fatigue and the promotion of beautiful skin. First, I have a slow soak in the indoor bath. My body slowly warms up. Then I decide to try getting into the other indoor bath next to it, which is lukewarm but cool enough to make me think I’ve stepped into the cold water bath for a second. But it isn’t, and actually I can have a long soak. It seems that in the first bath I got into, the water is heated, and in this one it’s the natural temperature of the water from the hot spring. It’s very interesting. Soon my skin becomes smooth. Absentmindedly gazing out of the window, I notice that there are stairs outside. “An outdoor bath!” I think excitedly and go outside and down the steps to where I’m met by the sight of a round stone bath, full to the brim. The great thing about this outdoor bath is the fact that you can gaze out on to the trees and a small waterfall while you leisurely soak in the water. There is another bather there at the edge of the bath where you can see a stream. She too is enjoying the scenery I decide to do that too. I say hello, and listen to the sound of the river while I bask in the minus ions from the waterfall. The outdoor baths along the canyon relax both the body and the mind. For people with even more time, there’s the mist sauna, also fed with water from the source. It is unusual and rare. You can expect this to make your skin more beautiful. You can really feel the spirit of the owner, who wants this wonderful water to be enjoyed in many different ways. After getting out of the bath, many people choose to drink coffee milk. They also provide a “drinkable hot spring” service. They offer barley tea made with water from the spring. This tea is the best! This is a wonderful onsen, where you can feel the benefits of the water,inside and out giving your tired body back some energy while enjoying the outdoors. Who shall I bring next time? They’ll definitely enjoy it.


Information Address

〒379-1618 群馬県利根郡みなかみ町阿能川1009-2 Tel

Price 2時間・入湯税込

0278-72-4696

大人 小学生 幼児(3才以上)

650円 500円 400円

〒379-1618 1009-2 Anogawa Minakami Machi, Tone Gun, Gunma Ken Tel 0278-72-4696 Adult Student Child (3Y)

650円 500円 400円


MINAKAMI, GUNMA

fox canyon Fox Canyon in Minakami would have to be one of the busiest commercial canyons anywhere in the world. It is estimated that during the summer holidays there could be up to 400 people a day go through Fox Canyon with one of the several canyon companies in the area. With a simple 15 meter abseil or assisted slide, followed by a section of jumps, this canyon located in the middle of town makes an enjoyable day that most people experience as their first ever canyon. 水上にあるフォックスキャニオンは、世界でも有数のキャニオニングを楽しむ人で混雑している渓谷のひと つです。夏休みの一番忙しい時期にはツアー客が 400 名以上にのぼることもある程です。15 メートルの 懸垂降下(またはロープで下ろしてもらうことも可能)や飛び込みジャンプもあり、街の中心地に位置する 渓谷であることから、多くの人が刺激的なキャニオニングの初体験を楽しむことができます。


HEADSHOT


Interviews with people in the canyoning industry. For our very first issue we are pleased to have Mike Harris from Canyons in Minakami. One of the more famous foreigners in Minakami with his strong New Zealand accent and the bright red dreadlocks. Mike speaks fluent Japanese and has appeared on several television shows promoting canyoning. We did this interview with him just as he is getting ready for the 2013 summer season. Mike first came to Japan from New Zealand on an exchange program to study Japanese in 1992 while at university. After short time here working in gas stations in Shikoku he then returned to New Zealand to finish university. Forward a few year to 1994, Mike returned to Japan and headed up to the ski fields of Hakuba and heard about Minakami for the first time. After a brief jaunt to Tokyo, Mike came up to Minakami in spring 1995 to start rafting with one of the first New Zealand rafting companies in the area. Mike was trained by some of the top New Zealand rafting guides and kept on learning rafting both back in New Zealand and Australia to gain an ever better experience from different river types. From here, he has pretty much stayed ever since. While working for the rafting company and building the business there were times during the low river season when rafting was not possible. Mike started to offer some basic technical canyoning courses with him and his mates for the first time to test the market. One of the first canyon routes was Nishi Kuro and Tengoku in Fujiwara. The reaction of the customers was amazing. There was a potential for canyoning to increase in Japan so one of the most important things was to get certification. Looking around on the Internet in those days, I came across Rich Carlson from the American Canyoneers Association. Spending a month in the Arizona desert I went through all the training that was on offer. Returning from America I soon started the Kusatsu canyon course with a new partner.

創刊号に、水上にあるキャニオンズのマイク・ハリスを迎えられて大変嬉しく思う。明るいドレッドヘアーと強いニュージーランドアクセントのマイクは、 ここ水上で最も有名な外国人の 1 人であろう。マイクは流暢な日本語を話し、キャニオニング関連でテレビなどのメディアにも幾度となく登場している。 このインタビューは 2013 年の夏、今シーズンの準備で忙しい最中に行われた。 マイクが初めて日本に訪れたのは 1992 年、ニュージーランドの大学在学中に日本語を勉強するため交換留学プログラムに参加した時だった。勉強しなが ら四国のガソリンスタンドで働き、その後大学を卒業するためにニュージーランドへと帰国。その後 1994 年、マイクは日本に戻り日本有数のスキーリゾー トである白馬へ、そこで初めて「水上」の名を耳にする。東京で短期ステイの後、1995 年の夏に水上へ赴いた。当時このエリアで新鋭だったニュージー ランドラフティング会社にて、ラフティングガイドを始める。マイクはここ水上で、ニュージーランドでもトップクラスのラフティングガイドからトレー ニングを受けたのだ。ニュージーランドに帰国後もラフティングについて学び続け、 またオーストラリアでは色々なタイプの渓流で経験を積んだ。その後は、 ここ水上に定住している。 ラフティング会社で働きながら、ラフティングができないオフシーズンにはビジネス構築を続けた。マイクは友人と共に、いくつかのベーシックなキャニ オニングコースを日本国内で受け入れてもらえるか、テストマーケティングを続ける。水上の「西黒」と藤原の「天国」は、そのなかでも初めてのキャニ オンコースだ。その時のツアー客の反応は素晴らしかった。


HEADSHOT

During this time, myself and another partner were pretty

キャニオニングが日本でも伸びる可能性がみえた今、重要になってきたの

much managing all the canyoning in Minakami. We were run-

は認定資格 ( 日本国内にはまだ資格制度が確立していない ) の取得だった。

ning this all out of a small garage but it was just getting too

インターネットで調べるうちに、アメリカキャニオニアー協会 (ACA) の

much to handle, so after some time I made the decision to

リッチ・カールソンとの出会う。アリゾナ砂漠滞在中に受けられるだけの

move to a new base in the mountains and consolidated all

トレーニングをすべて受講。アメリカから戻ってすぐに草津で新しいパー

the canyoning. Canyons officially started in 1997 and was

トナーとキャニオンコースをスタート。ほぼ同時期、マイクと彼のパート

then incorporated in 2003.

ナーは水上の全てのキャニオニングツアーをマネージメントし運営していた。

The current base of canyons is an old company recrea-

当初は小さなガレージを拠点とし運営していたが、事業の拡大に伴い山中

tion house for Bosch power tools. Acquired back in 2007

にある新しいベースに引越を決意、新たにキャニオニングをビジネスとし

it formed the ideal location and perfect space for hosting

てスタートする。1997 年に「キャニオンズ」として正式に運営を開始、

Canyons in. Initially the building was more like a hospital with

その後 2003 年に法人化している。

green tiles, but with help from a few friends they milled down some local trees and reshaped the building in to what it is

現在の「キャニオンズ」の建物は、もともと電動工具で有名な Bosch の

today. Being in nature and in water has been a part of Mikes

古いレクリエーション施設だった。ここはキャニオンズにとって理想的な

life ever since he was a kid. Although originally a rafting guide

ロケーションと完璧な空間が用意されており、2007 年に購入。当時の

canyoning is something that is more special to him.

建物はもっと病院のような冷たい緑色のタイルであったが、友人の助けを 借り地元の木を利用して立て直したのが、現在のキャニオンズである。

How did you discover Canyoning?

キャニオニングとの出会いは?

In 1996, I went to Nepal as an expedition raft guide and first

1996 年にライフティングガイドとしてネパール遠征時に、キャニオニ

discovered canyoning. They started the first ever canyon

ングと初めて出会いました。そして初めてネパール人のクライミングガイ

trips around Nepal by Nepalese climbing guides and then

ドとネパール中の渓谷を初めて巡りました。その後、フランス人のキャニ

with the French canyoners later on. Over time on each can-

オニアーも参加し共に渓谷を巡っています。

yoning trip I learnt the tools of the trade and bolting various courses. When I realised that there must be canyons like this

いろいろな渓谷めぐりを経験するうちにギアの使い方、様々なコースで

in Japan that would make a great summer time adventure

のボルティングを学びました。このような渓谷が日本にもあるに違いない、

sport, in 1997 I returned to Minakami to seek out canyons

そして最高のサマーアドベンチャースポーツになると考え、1997 年キャ

and areas to apply this new craft.

ニオニングができる渓谷を開拓するとともに、ここで学び得た技術を実践 するため、ここ水上に戻りました。

What is the state of Canyoning in Japan and its future? There has been increase in the number companies offering

日本でのキャニオニングの将来性は?

canyoning in Japan and whether this is sustainable remains

日本でキャニオニングツアーを提供している会社は増加していて、このま

to be seen. One of the problems with canyoning is over

まで継続可能なのか見守る必要があります。キャニオニングの問題のひと

crowding of areas as some other companies have offered

つに「混雑」があり、他社と同じルートを提供するばかりでなく、自社で

the same routes as everyone else without finding new routes

も積極的に新ルートを開拓したほうがいいでしょう。もし、新しいエリア

for themselves. If people create new courses in new are-

で新ルートを開拓していく人がもっとでてくるならば、キャニオニングの

as then that will be sustainable. If everyone does the same

存続性は高まるはずです。もし誰もが同じルートを使い続けた場合、環境

routes as everyone else, then this will put more stress on the

はもちろんのこと地域社会にも大きな負荷がかかってしまいます。例え

environment as well as the community.

ば、水上でもっとも混雑している「フォックスキャニオン」の場合、1日 に 400 人がこの渓谷を下ることがあります。もっとなんらかのルールが

For example Fox Canyon in Minakami, which is busiest can-

必要でしょう。クオリティーだけでなく、安全面に関する課題もあります。

yon in the world, about 400 people a day go down this can-

町の中心部にある「フォックスキャニオン」に関しては環境に大きく影響


yon. There needs to some more rules. Not only related to

が出ることはないかもしれませんが、他の地域も考慮し、自然環境が守ら

quality issues but more often safety issues needs to be ad-

れ存続できるようになんらかのガイドラインが必要です。

dressed. Some areas like Fox which is in the middle of the town, there is very little environmental impact but in some

資格はキャニオニング業界にとってどのくらい重要なものですか?

other areas, there needs to be some guidelines placed to

業界全体の成長のためにも全てのガイドが資格を取得していた方が良い。

make sure the environment is protected and sustained.

それにも増して重要なのがガイドが継続的なトレーニングを受け続ける ことです。業界を守るためにも、業界の存続の為にも資格制度は必須で

How important is Certification in Canyoning Industry?

す。もちろん避けられない事故はあるし、人間いつ事故に遭うかわからな

For the growth of the industry, it is very important to have

い。そのような状況下で我々ガイドをバックアップしてくれるものが必要

all the guides certified but even more important to constant

なのです。もし、我々ガイドが公式トレーニングを受けていて認証資格を

and consistent training. For the protection of the industry

保持し、毎年きちんと更新されていれば、法的観点からも社会的観点から

and sustainability of the industry certification is a necessary

も信頼性の証となると言えるでしょう。資格認証は業界成長を後押ししま

requirement. Inevitable people will have accidents, and peo-

す。日本政府当局へも、資格取得者は正しい行動をとるプロのガイドであ

ple can have accidents any time but you need something to

るという証明になります。そしてその資格は、海外でも通用する世界規格

back you up. If you have had official training and certification

であるべきです。資格認定は個人の経験に基づくものであってはいけませ

and its kept up to date if gives you from both a legal stand-

ん。その資格は、世界でも受け入れられ、世界各国の団体からも承認され

point and a social standpoint of showing of credibility. For the

るものでなくてはならないのです。

growth of industry, certification is a way forwards. For governmental officials in Japan, having certification proves that you are a professional operator and have acted in the cor-

国内のセルフキャニオニングはまだ海外と比べると認知されていません

rect manner. The certification should be world recognised. A

が、これから広まって行くと思いますか?

certification shouldn’t be a based on personal experience.

それは海外でもそうであったように、大きな波がくるのは時間の問題だと

You should be able to show that your certification is accept-

思います。まだヒットしていない理由のひとつに、さほどコースが多くな

ed around the world and is endorsed by many organisations

い事や情報の少なさがあるでしょう。しかしここで、キャニオンマガジン

around the world.

のような情報誌の存在が国内での伸びを手助けしてくれる思います。たく さんいるリピーターにもっとキャニオニングについて教えれば、近い将来

Recreational canyoning has not really taking off like in

彼らだけでも渓谷に入って行けるくらいになるでしょう。今後数年はその

other parts of the world. Will it ever?

プラス面もマイナス面を、もっと見ることになると思います。

It’s only a matter of time before it hits big like it has overseas. One of things that is holding it off is that there isn’t

プラス面はこのスポーツについてもっと学んでもらえること、マイナス面

many courses or information out there at the moment and

は必要なトレーニングを受けずに入渓することや、事故、マナー・エチケッ

this is where Canyon Magazine will help grow the sport in

トの面、特に許可なく渓谷へ進入するのは地方自治団体とのトラブルの元

Japan. There are many repeaters so teaching these people

になる場合があります。例えば、日本のケービングは(キャニオニングは

more about canyoning will able them to enter the canyons

ケービングがルーツです)国内でとても人気の高かったにもかかわらず、

themselves. Over the next years we will see more positive

80% の洞窟が過去にあった事故の為に封鎖されています。しかしながら

and negative issues.

これらを統制し、マナー・エチケット面においてもルールを守っていける ようになれば、セルフキャニオニアーはキャニオニングの楽しさをより多

The positive is that more people come aware of aware of the

くの人に広めてくれる存在になってくれるでしょう。

sport and learn more about it but the negative side is that without some sort of training, there could be issue with ac-

私が渓谷に入ると時々キャニオニングをしている人たちを見かけることが

cidents or more importantly canyon manners and etiquette

あります。大抵が、変わった道具(ホームセンターで購入したようなトラ

where descending a canyon or access a canyon without per-

ロープ)を使っていたり、時には奇妙なテクニックを見かけることもある

mission could cause problems with the local councils. For ex-

んです。しかしわかりやすいきちんとした情報が一般に公開されていけば、

ample, Caving in Japan, where canyoning has its roots from,

キャニオニングをより正しく理解して安全に楽しんでもらえるよい機会に

used to be very popular in Japan some time ago, but with

なると思います。

access issues and accidents caused the local councils to close over 80% of the caves without access. But with good

この業界がどのように変化していくことがよい思いますか?

regulations and good etiquette this should help promote

一番の課題は、「規則やルールなどを統制すること」と「キャニオニング

canyoning as good recreational sport.

を行う際に各方面への承認を得る」ことです。もし、ある地域でキャニオ ニングツアーを運営するならば、まずそのコースを使用していいか承認を

When going through canyons and canyon areas sometime I

得た方が良いでしょう。でないと負荷がかかってしまうし、人が多すぎて

have come across people doing canyoning but usually with

しまいます。ひとつのコースを 50 社で使用すべきではないのです。今後

strange techniques or some strange items such as trailer

キャニオニングツアーを取り入れたい会社は、新しいコースの開拓が必須

rope they bought from the local hardware store. With better

になってくると思います。

information out there available to public it can only help improve the understanding of canyoning.

「安全・クオリティー・ 自然への配慮」の3点が統制と承認に盛り込まれ るべき要素です。


HEADSHOT

What would you like to see changed in the industry?

それと同時に、ガイド資格制度とその資格の更新も必須です。継続的なト

The biggest thing is definitely regulation but also resource

レーニング、情報交換、キャニオニングツアー会社のガイドライン、会社

approval as well. If you are using an area for canyoning you

とガイドが適切なプロセスを確立し、チェックと検証を行うこと。そうす

should seek approval so that an area does not come over

ることによって予期しない問題の発生を軽減し望ましい結果が得られるよ

populated or over run.. There shouldn’ t be 50 companies

うにすれば、この産業の安全基準が上がり、ツアーに訪れるお客様の安全

just using one course. If a company wants to come in and do

を確保出来ます。

canyoning they should look at finding a new course. 海外では入渓の規制がいくつかありますが、国内ではどうですか? Safety, Quality & Nature are the 3 points that regulation

まずは、滝でしょうね。滝は観光名所であったり、日本では神聖な場所で

and approval should cover.

あったりするからです。各々の地域で滝への想いに違いがあり(場合によっ ては恐ろしい伝説の残るものも)、立ち入って良いか、アブセイリングや

As well as this guide certification and keeping up with cer-

滝壺へのジャンプをしても良いか、必ず地域住民の方々に聞いて確認して

tification is essential. Having consistent training, knowledge

からではないといけません。

transfer, operational guidelines as well as best practice for both guides and operators so that the industry can have a

地方自治団体は、いろいろなリスクを考慮しキャニオニングツアーの実施

good standard that protects the public.

を恐れる傾向にがあり、ある意味厳しいやりとりになります。しかしよく 話をして、このスポーツの安全性やリスクについて理解してもらうよう努

Canyon areas around the world sometimes have restric-

めることです。このような地方団体にとって「必ずしも 100%安全では

tions. What are some of the issues here?

ない」スポーツを受入れるのは非常に難しいことだからです。ですが、そ

Firstly it would be Waterfalls. Waterfalls sometimes have sig-

の他のスポーツや日常生活でさえも 100%の安全の保障ができないのも

nificant features such as a tourist attraction or they could

事実です。

have a spiritual meaning associated with them. Each area has their own understanding about waterfalls and some also

公有地や私有地へのアクセス申請は必ず行い、また尊重しなければなりま

have bad connotations associated with them. So you must

せん。露天風呂から眺められる滝をアブセイリングで降りて行ってしまっ

confirm with the local people if it is acceptable to abseil or

ては、せっかくの情景が台無しになってしまいます。こういった事には常

jump of a waterfall. City councils are risk averse so with any

識をわきまえる必要があります。海外に比べるとまだ国内は比較的寛容で

new area is going to be and uphill battle to convince people

すが、渓谷と地域の住民の方々への配慮に欠けるとすべてがアクセス禁止

in what you are doing is reasonably safe. It’s hard for au-

になってしまう可能性も考慮しましょう。

thorities to hear that what you are doing is not 100% but in the majority of things we do, you can never guarantee

国内の渓谷以外で、お気に入りの渓谷はどこですか?

100%. Public access rights and private land access should

ニュージーランドでしょうね。インド洋にあるレユニオン島にも行ってみ

be sought and respected. Abseiling down a waterfall next to

たいです。ニュージーランドにはすばらしい渓谷があり、行って見てみた

an outdoor bath is not a good look so some common sense

い所はいくつもあります。島の北部にビーチが出口になっているセミトロ

is required. Compared to overseas, it is fairly open at the

ピカルな渓谷があります。また島の南部には、これから探検したい大きく

moment but as before if you don’t respect the canyons and

て気温の低い渓谷があります。火山でできた渓谷があり、全く違うもので

the locals it could get all closed off.

す。これらがニュージーランドのキャニオニングがユニークな理由です。 小さい島に違うタイプの渓谷がいくつも存在するからです。

You’ve been canyoning around the world, apart from Japan where about are you favourite canyons?

好きな食べ物のと飲み物は?

New Zealand of course. Other places are the Reunion Islands

ちょうど1ヶ月前からベジタリアンダイエットをはじめたところです。

in the Indian Ocean, I would love to do. But generally New

ちょっと前は、BBQ でしたけど。BBQ ならチキン、リブ、なんでも好

Zealand still holds some amazing canyons to go and see. In

きです。好きな飲み物はパワーシェイクで、スピルリナ、バナナ、豆乳と

the North Part of the island, there are semi tropical canyons

蜂蜜入り。あとはビール。

that end up on beaches. Then down on the South Island you have the big and cold canyons which still have more to be

キャニオニング以外でオフの日は何をしていますか?

discovered. You also have access to volcanic canyons which

子供たちと過ごします。子供たちをマウンテンバイクやロッククライミン

are completely different. This is what makes New Zealand

グ、あともちろんキャニオニングにも連れて行きます。アウトドア全般し

unique for canyoning. Different types over small area.

ますよ。

Favourite Food and Drink? Just started a vegetarian diet about a month before this interview so looking back, its would be BBQ. Anything that goes on a BBQ be it Ribs, Chicken etc. Favourite Drink a

So apart from Canyoning what do you get up to on the

power shake , spirulina, bananas, soy milk and honey. Apart

weekends or time off?

from that it would be beer.

Spend time with my kids. I take my kids mountain biking, rock climbing and of course canyoning. Anything outdoors.


EQUIPMENT

Petzl Pirana The Petzl Pirana is a one of the first descenders specif-

ペルツのピラナはキャニオニング用にデザインされた最初のディセン

ically designed for canyoning. Although many more have

ダーのひとつである。ピラナが登場してから、他社からも色々なディ

come onto the market since the Pirana was

センダーが発売されているが、キャニオニング業界では最高のディセ

in-

troduced, the Piranha still remains one of

ンダーのひとつ

と し て、 現 在 も 君 臨 し て い る。 な ぜ ピ ラ ナ と 呼

the best descenders on the market for

ば れ て い る の か、 横 置 き に し て 見 る と、

canyoning. It’s fairly obvious why it’s

とてもわかりやすい。

called Piranha when you turn it on 個人的にピラナを愛用してしばらく経

its side.

ち、エイト環や ATC より好んで使っ I have been using the Piranha

ている理由は、複数のブレーキオプ

for some time now and is my

ションとハーネスから外すことな

a

くロープをセットできるからだ。

standard figure of eight or an

また、懸垂下降をはじめる前に、

ATC due to the multiple brak-

最適なプレーキポジションを選

ing options and can be installed

ぶことができる。ピラナには3

on the rope without removing

つのブレーキポジションがあり、

it from the harness. There are

体 重、 ロ ー プ の 太 さ と タ イ プ、

preferred

descender

over

経験値、ルートの状況を考慮し、

three different braking positions

どのくらいの早さで降りたいかも

to select from before beginning

含めブレーキのセッティングをす

a descent which you can choose.

ることができる。

Depending on the different factors such as the rope you have chosen,

ピラナと相性抜群のカラビナといえば、

the weight you are, how fast you want to descend based on experience and the terrain will depend on which brake setting you want to employ.

ペルツのアタッシュとウィリアムの2つ だ。スクリューロックタイプのものと、セル フロッキングタイプのカラビナのどちらを使うか は、皆それぞれ好みで選ぶことが多く、おのおので使い勝

There are two recommended carabiners that fit the Piranha. These are the Petzl Attache and Petzl William. You can either use the Screw Lock or Self locking carabiners and

as everyone

does have their own prefer-

ence

on what they like so choose

手がよいと感じるもを選ぶことが一番であろう。もちろん他 社のカラビナの使用も可能だが、個人的には一貫して同じブラ ンドを使用した方がいいと思っている。 ピラナには、平行ビレイループ付 属のペツルのキャニオンハーネ スを使用するのが最適である。

the one you feel the most comfortable

with.

You

なぜかというと、カラビナと

can

ピラナをセットしたとき、き

use other 3rd party carbines with the Pirana but I believe you are better off staying within the same family. The Pirana is also best used with the Petzl Canyon Harness which has horizontal belay loop. This way when you attach the carabiner and Pirana to the belay loop it lies flat. If you are going to be using a rock climbing harness with a vertical belay loop, it will work better if you attach a Mallion Rapide link to the belay loop and as this will change the orientation not introduce a twist in the belay loop.

ちんとまっすぐネジれることな く取付けができる。もし、ロッ ククライミング用の垂直ビレイ ループ付きのハーネスをお使いの 場合は、マイロンをビレイループ に取付ければビレイループがネジれずに余分な負荷がかから ずに使用することができる。


1

Pirana Parts / ピラナのパーツ 0 Eye (Anchor / アンカー)

0

1 Fin (First cleat / 1番目の滑り止め) 2 Hook (Second cleat / 2番目の滑り止め)

5

3 Mouth (Third cleat / 3番目の滑り止め)

4

6

4 Rubber Positioner (Carabiner Guide / カラビナガイド) 5 Carabiner Attachment (Attachment Hole / アタッチメントホール) 6 Body (Rope path hole / ロープパス)

3

2

Rope recommendations Petzl recommends a rope diameter of 9 mm to 13 mm in

ロープサイズ

size. A 9 mm rope will provide a very quick descent com-

ペルツは直径 9mm 〜 13mm をお勧めしています。より細いサイズ

pared to a 12 mm ~ 13 mm static rope.

9mm ロープを選ぶ事で、12mm 〜 13mm 使用時よりも素早く降りる ことが可能です。

Rigging the Piranha There are three main positions for running the rope that give

ピラナへのセット方法

its unique braking.

ピラナには3つのブレーキポジションがあります。

Anchor

Anchor

Anchor

Position 1 - Minimum braking

Position 2 - Medium braking

Position 3 - Maximum braking

Position 1 is through the Rope Path

Position 2 is through the Rope Path

Position 3 is through the Rope Path

Hole, through the carabiner and placed

Hole, through the carabiner and half of

Hole, through the carabiner and then

on the top side of the Pirana. This is

the rope is under the first cleat. This is

under both the first cleat and the sec-

used for a quick descent and also for

used for an average speed descent.

ond cleat. This is used for a slow descent. You can use a smaller diameter

thicker rope up to 13 mm in size.

rope when using this position.

ポジション2ーブレーキー中 ポジション1ーブレーキ小

ポジション2はロープパス(6)にロープを入れ、

ポジション3ーブレーキ大

ポジション1はロープパス(6)にロープを入

カラビナに通してから、片方のロープだけをピ

ポジション3はロープパス(6)にロープを入れ、

れ、カラビナに通してから、ピラナの上にロー

ラナの1の滑り止め (1) の下から通す。

カラビナに通してから、ピラナの1と2の滑り

プがくるようにセットする。太いロープ(13mm

標準的なスピードで降りたいときに使用します。

止め (1)(2) の下からロープを通す。これは、ゆっ

まで)を使用する場合や、早く降下したいとき

くり降下したいときに使用する。またこのポジ

に使います。

ションの場合は、細いロープを使用することが できます。

Running the rope under the carabiner helps prevent the for-

カラビナにロープを通すことによって、従来のエイト環でおこりやすい

mation of a lark’s head hitch around the body which can

ラークス・ヘッド(ひばり結び)のトラブルを防ぐことができます。

happening using a traditional figure of eight.


EQUIPMENT

Weight Recommendations

体重別ブレーキポジション

Weight plays an important part in deciding on which breaking

体重は、どのブレーキポジションを使うか判断する、重要なキーポイント

position you want to use. As a recommendation this is what

のひとつです。この方法は実際に試して一番良いと思われる方法を記載し

we have tried and found that works best.

ています。

Position 1 40 kg - 50 kg

ポジション 1 40 キロ - 50 キロ

Position 2 50 kg - 70 kg

ポジション 2 50 キロ - 70 キロ

Position 3 70 kg - 90 kg

ポジション 3 70 キロ - 90 キロ

Again, you also have to factor in your rope. If the rope is wet

もちろん、使用するロープも考慮する必要があります。

or dry as that too can change the way the braking speed

ロープが濡れているか乾いているかでもブレーキのかかり方が違ってきま

handles.

す。

Additional Breaking

追加のブレーキング

There are times when you need additional braking and to do

追加のブレーキが必要な場合、ピラナでは2つの方法があり、下記で説明

this with the Piranha you have 2 options shown below.

します。

Anchor

Anchor

The first method of hooking it over the second cleat is quite

The second method is warp it around the second and third

tricky to do when you are in the middle of descent as you can

cleat. This provides a lot of friction and be quite difficult to

move into a path of less resistance. It is ideal to start this

move smoothly. I tend to use this when I know I am going to

way or wait until you get to a ledge to adjust.

be stopping off halfway in an abseil to take photographs.

1つ目は、2 番目の滑り止め (2) にロープをかけることです。降下途中で

2 つ目は、2 番目と 3 番目の滑り止め (2)(3) にロープを巻き付けます。

の操作はかなり難しく、うまくセット出来なかった場合、降下の速度が早

この方法はかなり摩擦がかかるのでスムーズに動作はではなくなります

まってしまうので注意が必要です。できれば、足をついて体重を預けられ

が、個人的には、アブセイリングの途中で撮影のために一時停止するとわ

る所まで移動しセットし直してから、再度降下するほうが安全です。

かっているときにこの方法を使います。

Locking off the Pirana You can apply a temporary stop with the Pirana by wrapping your rope around the second and third cleats twice. Under this configuration, you still must hold onto the belay end of the rope. 一時停止したいとき ピラナでは2番目と 3 番目の滑り止め (2)(3) にロープを2度巻きするこ とによって一時停止が可能です。ただし、この状態ではまだビレイ側のロー プを離さないでください。

Anchor


To do a hard stop there are numerous ways to do this. The

完全停止をおこなうのは、いろいろな方法が存在します。今回は、ペツル

two recommended ways from Petzl to lock off the Pirana

が推薦する状況に応じて使い分ける2つの方法を紹介します。

depend on certain situations.

Anchor

Anchor

Anchor

The first method is to slide the rope be-

The second method requires you to do a temporary stop, but instead of pulling the

tween the anchor rope and the “rope

belay rope back towards you, apply a mule hitch to the anchor rope. To do this pull

path hole”. This effectively locks off the

the up, and make a small loop in the rope behind the anchor rope and then feed a

device for gentle declines allowing both

bight through the loop and tighten. This effectively locks off device. You do get a bit

hands to be free. We would not recom-

of slippage when you first apply this but once it is done you can use both hands.

mend this position for anything more than a 60 degree decline.

To lock it off further if you are going to be in a position for a long time, we recommend in doing another overhand knot using the hitch.

1つ目は、ビレイ側のロープをアンカーロープ

2 つ目は、足場を一時確保する必要がありますが、ビレイ側のロープを2度巻きするかわりに、一度巻

とロープパースの間にすべりこませます。この

きした後、アンカーロープにミュールヒッチ(アンカーロープの後ろに小さなループをつくりさらにルー

方法はゆるやかな傾斜地向きです。きっちりロッ

プを通して締める)をします。これでロープをロックすることができます。ロープがきっちり締め付け

クされれば両手を離すことができますが、傾斜

固定されるまでは、体重をかけると多少動いてしまいますが、いちどきっちりロックされれば両手を離

角度が 60 度以上あるフィールドでの使用はお

すことができます。

勧めできません。

もし、停止した状態が長く続くようであれば、さらにオーバーハンドノットをして固定することをお勧 めします。

Recommendations

推薦

Position 1 For a quick descent that you have done before

ポジション1 以前、経験したことがある渓谷や滝をシングルロープ

and just want to get down on a single rope.

で 素早くおりたい場合。

Using double ropes from 9 mm to 11 mm in

ダ ブ ル ロ ー プ を 使 用 す る 場 合 は、9mm 〜 11mm の

size.

ロープを使用。

Position 2 Don’t need fast or slow this is where you need

ポジション2 早くもなく、遅くもない標準的なスピードで降下する場

to be. Long abseil over 20 meters.

合。30 メートルなどの長い懸垂降下する場合。

Position 3 For a first descent you have never done before

ポジション 3 初めての渓谷や滝で降下するまたは、ゆっくり一定のス

and want to take it slow and steady. Lock off

ピードを保ちたい場合。懸垂降下の途中で、ロープをロッ

the device halfway through an abseil for pho-

クし写真撮影やボルティングをする場合。疲れや、寒さ、

tography or bolting. Tired, cold and unsure.

または不安感がある場合。

Replacement

点検と交換

When you have used the Pirana for some time you will notice

ピラナをある程度使用しているとロープとの摩擦で、溝ができてしまいま

the grooves where the rope runs. Our advice is that when

す。一部でもボディーが 1/3 〜 1/4 減っていれば、新しいものに交換す

you have reached around about a quarter to a third of the

ることをお勧めします。

way through the metal it would be time to replace the Pirana. Thanks

ありがとう

Our thanks to Alteria Japan who is Petzl’s distributor for

ペツルの代理店である株式会社アルテリアのご協力で記事内容正確さを

checking the accuracy of the documentation.

チェックをして頂きました。


Canyon Company Directory ĺŒ—ćľˇé “ - Hokkaido FUN Outdoor Activities HOAĺŒ—ćľˇé “ă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒźă‚ş NOASC Adventure Tours ăƒ•ăƒŠă‚¤ăƒłă‚°ăƒ‰ăƒŤăƒ•ă‚Łăƒłă‚şă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒźă‚ľăƒźăƒ“ă‚š ĺŻŒč‰Żé‡ŽăƒŞă‚žăƒźăƒˆčˆˆç”Łć Şĺź?䟚礞

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0167-57-3535

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0287-74-2548

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0278-72-2811

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0428-85-9210

0145-76-2668 0136-23-1688 0167-23-1421 0167-22-0534

î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś

http://www.tomamu.jp

î?ś î?ś î?ś

http://www.ittan.co.jp

î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś

http://www.canyons.jp

î?ś î?ś î?ś î?ś

http://winds-rafting.jp

http://www.rafting-hoa.co.jp http://www.noasc.com http://www.dolphins.gr.jp http://www.asobiya.jp

ć ƒćœ¨çœŒ - Tochigi ITTAN ă‚­ăƒŁăƒ‹ă‚Şăƒ‹ăƒłă‚°ďź†ă‚˛ă‚šăƒˆăƒ?ă‚Śă‚š in é‚Łé ˆ ćœ‰é™?䟚礞 ă‚¨ăƒ ăƒťă‚˘ăƒźăƒŤăƒťăƒ”ăƒź ć Şĺź?䟚礞ZACK

0288-70-1181 0287-48-7539

http://www.naoc-jp.com http://shiobara-zack.net

çž¤éŚŹçœŒ - Gunma Canyons I Love Outdoors Japan ă‚Ťăƒƒăƒ‘CLUB ă‚°ăƒŞăƒźăƒłăƒ‡ă‚Łă‚šă‚Ťăƒ?ăƒŞăƒź ă‚¸ăƒŁă‚°ă‚šăƒ?ăƒźăƒ„ ăƒˆăƒƒăƒ—ć°´ä¸Šă‚Ťăƒłăƒ‘ăƒ‹ăƒź ăƒ?ă‚¤ăƒ ăƒŁăƒźăƒťăƒŠăƒ“ă‚˛ăƒźă‚żăƒź ăƒ?ăƒƒăƒ”ăƒźă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ ăƒ‘ăƒŽăƒŠăƒžă‚˘ăƒ‰ăƒ´ă‚§ăƒłăƒ ăƒŁăƒźă‚ş 冒険ĺ°?ĺą‹ ćœ‰é™?䟚礞 ăƒ“ăƒƒă‚° ă‚Śă‚§ăƒźăƒ– ćœ‰é™?䟚礞 ăƒ•ă‚ŠăƒŹă‚šăƒˆďź†ă‚Śă‚Šăƒźă‚żăƒź ćœ‰é™?䟚礞 ăƒžăƒƒă‚Żă‚š ć Şĺź?äźšç¤žă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ăƒťă‚˘ăƒźă‚š

0278-72-1337 0278-72-1372 0279-56-3999 0278-72-3372 0278-72-5086 0278-72-8118 0278-64-2151 0278-72-2435 0278-72-3744 0278-20-4116 0278-72-8017 0278-72-4844 027-387-0370

http://www.iloveoutdoors.jp http://www.kappa-club.com http://www.greendiscoveryjapan.com http://www.j-canyoning.net http://topminakami.com http://www.nnraft.com http://www.happy-canyoning.com http://panorama-advs.com http://www.boukengoya.com http://bigwaverafting.com http://www.fw-jp.com http://www.max-raft.com http://www.outdoor-earth.com

ć?ąäşŹéƒ˝ ďźˆĺĽĽĺ¤šć‘Šďź‰- Tokyo (Okutama) 多摊ĺˇ?ăƒŠăƒ•ăƒ†ă‚Łăƒłă‚°ă‚Śă‚Łăƒłă‚ş ćœ‰é™?䟚礞 ăƒ“ăƒƒă‚° ă‚Śă‚§ăƒźăƒ– ă‚°ăƒŠăƒłăƒ‡ăƒƒă‚Żă‚šĺžĄĺ˛łăƒ™ăƒźă‚š Canyons

0428-74-9100 03-5283-3870 0278-25-3199

http://www.bigwave-okutama.com http://gdexr.com/mitake http://www.canyons.jp


çĽžĺĽˆĺˇ? - Kanagawa Kintoun ă‚ťăƒ–ăƒłăƒ’ăƒŤă‚şă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒź

đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0467-85-5282

î?ś î?ś

http://kintoun.jp

044-833-3060

đ&#x;“ž

090-1637-6280

î?ś

http://www.j-wet.com

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0261-72-5150

î?ś î?ś î?ś

http://www.evergreen-hakuba.com

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

052-453-5775

î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś

http://www.tst-j.com/asobiya

đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0539-62-1772

î?ś î?ś

http://www.creeksound.com

0544-65-1123

đ&#x;“ž

052-788-7575

î?ś

http://www.powerzone.co.jp/

http://www.sevenhills.jp

ĺŻŒĺąąçœŒ - Toyama J-WET ă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒźă‚ş

é•ˇé‡ŽçœŒ - Nagano Evergreen Outdoor Center ODSSäš—éž?ä¸ŠéŤ˜ĺœ°ăƒ–ăƒŠăƒłăƒ ç™˝éŚŹăƒŠă‚¤ă‚Şăƒłă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒź

0263-93-1243 0261-72-5061

http://www.odss-norikura.jp http://hakuba.lion-adventure.com

ĺ˛?阜県 - Gifu ă ‚ă ?ă łĺą‹ ăƒˆăƒŞăƒƒăƒ‘ăƒźĺ?ˆĺ?Œäźšç¤ž ăƒ•ă‚Łăƒƒă‚ˇăƒłă‚°ă‚ťăƒłă‚żăƒźć°´čžşă Žé¤¨ ćœ‰é™?䟚礞  ć Şĺź?äźšç¤žă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ă‚ľăƒ?ăƒźăƒˆă‚ˇă‚šăƒ†ăƒ 

0581-58-2400 0576-47-2841 0575-79-4070 0575-79-9038

http://www.canyoning-jp.com http://mazegawa.com http://www.earth-ship.jp http://www.odss.co.jp

é?™ĺ˛ĄçœŒ - Shizuoka ă‚ŻăƒŞăƒźă‚Żă‚ľă‚Śăƒłăƒ‰ Natural Action Outdoor Tours

http://www.naturalaction.co.jp

ć„›ç&#x;ĽçœŒ - Aichi Powerzone


äşŹéƒ˝ĺşœ - Kyoto ă‚źăƒ­ă‚°ăƒŠăƒ“ăƒ†ă‚Ł ć Şĺź?䟚礞 ăƒŻă‚¤ăƒŤăƒ‰ă‚Śă‚¤ăƒłăƒ‰ ç”°ć­ŒčˆŽ č‡Şç„ść´žäź ç”ť

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

075-702-9330

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0726-32-0923

đ&#x;“ž đ&#x;“ž

078-360-1830

đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0735-49-2233

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0883-76-0125

075-777-2597 0771-77-0509 075-492-1798

î?ś î?ś î?ś î?ś

http://www.zero-gra.com

î?ś î?ś î?ś

http://hodugawa.com

î?ś î?ś

http://www.taoadventure.com

î?ś î?ś

http://oc-iceman.com

î?ś î?ś î?ś î?ś

http://www.odss-shikoku.jp

http://www.wild-wind.org http://www.tautasya.com http://www.shizenha.sakura.ne.jp

ĺ¤§é˜Şĺşœ - Osaka ă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ă‚ŻăƒŠăƒ–ďźŽď˝•ď˝”s ćœ‰é™?䟚礞 ăƒ•ă‚ŁăƒźăƒŤăƒ‰ă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒź ć Şĺź?䟚礞 ă‚łă‚łăƒ­

06-6100-5950 06-6292-1123

http://www.fa2003.co.jp http://nature-cocoro.com

ĺ…ľĺşŤçœŒ - Nara ă‚żă‚Şă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒź é?’çŠşăƒ•ă‚Ąăƒł

0798-48-3750

http://www.alpine-river.com

ĺ’Œć­ŒĺąąçœŒ - Wakayama ă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ă‚ŻăƒŠăƒ– ă‚˘ă‚¤ă‚šăƒžăƒł ćœ‰é™?䟚礞 棎㠎国 / 熊野ăƒ?ă‚¤ăƒ ăƒŁăƒźă‚šă‚ŻăƒźăƒŤ

050-7001-7419

http://www.kumano-ns.com

ĺžłĺłśçœŒ - Tokushima ODSS ĺ››ĺ›˝ăƒ–ăƒŠăƒłăƒ ăƒťăƒŞăƒ?ăƒźăƒ™ăƒźă‚šĺ?‰é‡Žĺˇ? ă‚šăƒ˘ăƒłă‚­ăƒź ćœ‰é™?䟚礞 GPS ă‚żă‚Şă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒź 四国ĺ°?ć­Šĺ?ąăƒ™ăƒźă‚š ćœ‰é™?䟚礞 ă‚ľăƒ•ă‚ĄăƒŞ



090-6287-5253 0883-76-6030 0883-76-0745

http://www.smonkey.jp http://www.taoadventure.com http://www.safari-g.com


ć„›ĺŞ›çœŒ - Ehime ăƒ•ă‚ŠăƒŹă‚šăƒˆă‚­ăƒŁăƒ‹ă‚Şăƒł

đ&#x;“ž

0895-42-0063

î?ś

http://nametoko.net

đ&#x;“ž

0887-75-0500

î?ś

http://www.happyraft.com

đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0966-34-7222

î?ś î?ś

http://www.landearth.co.jp

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0997-46-3738

http://tetec.jp

0997-49-4191

î?ś î?ś î?ś

đ&#x;“ž

0980-85-5628

î?ś

http://www3.ocn.ne.jp/~nobus/

éŤ˜ç&#x;ĽçœŒ - Kochi ăƒ?ăƒƒăƒ”ăƒźăƒŠăƒ•ăƒˆ

ç†ŠćœŹçœŒ - Kumamoto LANDEARTH ć Şĺź?䟚礞 Happy Surprise

0966-22-7699

http://www.kumagawa-rafting.com

éšżĺ…?ĺłśçœŒ - Kagoshima (Yakushima) Earthly Company 幋䚅峜野外洝動çˇ?ĺ?ˆă‚ťăƒłă‚żăƒź ć Şĺź?䟚礞 ĺą‹äš…ĺłśă‚Źă‚¤ăƒ‰ĺ?”äźš

0997-42-0944

http://www.ynac.com http://www.yakushima-guide.com

ć˛–ç¸„çœŒ - Okinawa 輿襨峜 ă Žă śă š

芳㠗ă ?ă Ż http://canyonmag.jp/present/


NEXT ISSUE

Canyons

We go through some of the canyons in West Japan.

DIY

Exploring canyons in Kanagawa.

Safety

Canyon Safety Training Course

Equipment

Shoe Review

Plus More!


 http://canyonmag.jp  http://facebook.com/canyonmag  http://twitter.com/canyonmag

canyon

magazine

Canyon Magazine Issue00  

Canyon Magazine is a bilingual publication about canyoning in Japan. キャニオンマガジンは日英バイリンガルのキャニオニング専門誌です。

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you