Page 1

canyon

magazine

沖縄 ディアキャニオン キャニオントレーニング エビラ沢 沢登りシューズ Okinakwa Deer Canyon Canyon Training Ebira Sawa Sawa Shoes

Issue

01


canyon magazine July 2013

Visit us online canyonmag.jp facebook.com/canyonmag twitter.com/canyonmag Publisher InSideOut Media KK 5-12-27 Shirokane, Minato-Ku, Tokyo, Japan 108-0072 http://insideout-media.jp Founders Phillip Mills & Tomoe Mills Design & Layout InSideOut Media KK 5-12-27 Shirokane, Minato-Ku, Tokyo, Japan 108-0072 http://insideout-media.jp Editor Phillip Mills phillip.mills@canyonmag.jp PR & Marketing Tomoe Mills tomoe.mills@canyonmag.jp Sales advertising@canyonmag.jp English Editor Kif Champ Saint English Proof Nicholas Greene Japanese Editor & Proof Rin Osu Translation Tomoe Mills Photography Phillip Mills, Cover Photo Stepping off at Fox Canyon during Training. Credit Photo Photographing Hira Falls in Okinawa. Contents Photo Hanging on the final abseil in Deer Canyon. Betalogue Photo Abseiling an unnamed waterfall in Okinawa. Back Cover Photo Walking back from Training in Minakami. Thanks Alteria Japan, Okinawa Produce Kamada, Canyons Minakami, Canyons Akagi, Lincoln Taylor, Randy Reese, Samuel Dean, Vade Retro, MontBell and Caravan. Warning & Disclaimer Canyoning and other activities described in this magazine can cause injury or death. Only participate in canyoning or other outdoor activities with proper instruction, supervision, equipment and training. The publisher, writers and photographers have taken all reasonable care to ensure the accuracy of the information contained in this publication based on the expertise of its writers. Any person attempting any of the activities described in this magazine does so at their own risk. The publisher or any of the contributors will not be held liable for any loss or injury or damage resulting from any attempt to perform any of the activities described in this publication. All descriptive and visual directions are a general guide only and not to be used as a sole source of information. Enjoy canyoning safely and responsibly. Š Copyright 2013 - InSideOut Media KK


キャニオンマガジン

2013年7月創刊号

オンラインはコチラ canyonmag.jp facebook.com/canyonmag twitter.com/canyonmag 出版社 インサイドアウトメディア株式会社 〒108-0072東京都港区白金5-12-27 http://insideout-media.jp 創立者 フィリップ・ミルズ、ミルズ 知枝 デザイン/レイアウト インサイドアウトメディア株式会社 〒108-0072東京都港区白金5-12-27 http://insideout-media.jp 編集者 フィリップ・ミルズ PR・マーケティング ミルズ 知枝 tomoe.mills@canyonmag.jp セールス advertising@canyonmag.jp 英語編集者 キフ・チャンプ・セイント 英語校正 ニコラス・グリーン 日本語編集・校正  大寿 凛 翻訳 ミルズ 知枝 写真提供 フィリップ・ミルズ カバーフォトー フォックスキャニオンでのトレーニング中の1コマ クレジットフォトー 沖縄のヒラ滝を撮影 コンテンツーフォトー ディアキャニオンの最後のアブセイリングを撮影 ベータログーフォトー 沖縄の名のない滝を下っている写真 バックカバーフォトー 水上でのトレーニングから歩いて帰る1コマ ご協力 アルテリアジャパン、沖縄プロデュースカマダ、キャニオンズ水上、 キャニオンズ赤城、 リンカーンテイラー、 ランディーリース、サミュエルディーン、 ヴァーデレトロ 、モンベル & キャラバン 免責事項

当誌及びWEBサイトに記載されているキャニオニング(その他の活

動も含む)には、ケガまたは死亡を引き起こす危険性があります。また、キ ャニオニングやその他の野外活動は、適切な指示と監督のもと、整った機材・ トレーニングをもってご参加ください。出版社・ライター・フォトグラファー は、出来うる限りの専門知識に基づき、当誌及びWEBサイトに含まれる情報の 正確さを確保するよう努めます。この雑誌に記載されている活動のいずれかを 試みる、すべての人は、自己責任のもと、行って下さい。出版社や協力提供者 は、当誌及びWEBサイトの掲載情報や、記事に起因するあらゆる損害・損失・ 事故などに対して一切の責任を負いません。当誌及びWEB掲載の情報は一般的 なガイドとして利用し、当誌及びWEBサイトの情報のみではなく必ず他の情報 も参照し、十分な確認を行った上、計画的に行動しをしてください。 © Copyright 2013 - InSideOut Media 株式会社


Contents 4

24 Ebira Sawa

4

You’re here already! You’re on this

Contents

DIY canyoning. Following the

このページです!

page now.

sawanobori routes.

6

28 Training.

Betalogue

From the publishers desk on the craziness of starting a magazine.

8

Okinawa

A jungle paradise and a day out with Okinawa Produce Kamada.

16 Deer Canyon

6

コンテンツ ベータログ

編集長デスクからマガジンのいきさつ、毎日のクレ

3 day guide training overview.

ージな日々を綴っています。

34 Food

8

Okinawan Soba!

亜熱帯の森パラダイスにて沖縄プロデュースカマ

36 Equipment We look at sawa and canyon shoes.

Seven waterfalls in one day near an

41 Directory

onsen town.

Canyon comanies in Japan.

沖縄

ダとツアー。

16 ディアキャニオン 7つの滝を一日で下る有名温泉街近くのキャニオ ニングコース


24 エビラ沢

DIY キャニオニング。沢登りルートを辿る

28 トレーニング 3日間のトレーニング総集編

34 グルメ 沖縄そば

36 ギア特集 沢登りシューズとキャニオニングシューズをお 試し。

41 ディレクトリー キャニオニングツアー会社リスト。


Betalogue...

Welcome to Issue01 of Canyon Magazine! It’s been two months since launching our very first issue and the response has been overwhelming! We posted the Issue late on a Thursday night and woke up the following morning with our inbox full of messages from around the world. Just goes to show how powerful the social network is. In the past two months we’ ve had approximately 7000 people view the magazine and over 1000 downloads of the PDF versions. This exceeded even our most optimistic expectations.. As a husband and wife team who do all the sales, marketing, design, photography and programming for the magazine and website, we cannot express our gratitude enough to everyone who has supported us, read the magazine and left us comments and messages. We are truly thankful. In this edition of the magazine we have tweaked the format slightly. We want it to be less wordy but show even more photographs of the canyons. We visit Okinawa for a week to discover what was down there and we were well surprised. We also went to Deer Canyon in the onsen area of Agatsuma where it’s just waterfall after waterfall in some of the most scenic canyons around. We do a DIY course where three of us take a sawanobori (river climbing) course and do it in reverse only to be left hanging off pitons in the wall. We go on a three day training course for new guides in Minakami and last but not least we review some of the more popular Japanese river-walking/ canyoning shoes. We hope you enjoy Issue01 and look forward to reading the next.

キャニオンマガジン 01 号をご購読頂きありがとうございます!キャニオンマガジン創刊号(キャニオンマガジン 00 号) を出版したのは今から約2ヶ月前のこと。創刊直後には皆様から多くの温かいメッセージを頂き、感謝の気持ちで一杯で す。夜遅くに創刊号をリリースし、その翌朝には世界中からたくさんのメッセージが届いており、ソーシャルネットワー クのパワフルさを実感する一日となりました。 創刊から約2ヶ月後、電子書籍版で約 7,000 件の閲覧数を記録。さらに PDF ダウンロード数は 1000 回を上回り、 私達の予想を遥かに超える反響となりました。雑誌の営業、マーケティング、広告、デザインから撮影及び取材、また WEB サイト制作に至るまでをたった2人のファミリーチームでこなしているため、キャニオンマガジンを応援してくだ さる読者の皆様をはじめ、コメントやメッセージお送り頂いた方々には感謝の気持ちをお伝えしきれません。本当にあり がとうございます! 今回の 01 号はほんの少しフォーマットを変更し、言葉を少なめに写真で渓谷を語っていきます。今回は沖縄に1週間の 滞在。台風が接近している中、亜熱帯の密林を探検しながらの取材となりましたが、滝や清流の美しさに終始魅了される ことに。吾妻の著名な温泉エリアに位置するディアキャニオンは、多くの美しい滝が混在する明るく美しい渓谷で、本当 に素晴らしい一日になりました。男3人で挑んだ DIY コースでは、沢登りコースをリバース(登らずに下る)することに。 水上でのガイド育成を目的とした3日間のキャニオニングトレーニングコース では、その模様をお伝えし、また沢登り シューズとキャニオニングシューズの使用レビューをお届けします。今号も皆様に喜んで頂ければ嬉しい限りです。それ ではまた、次号でお会いしましょう。

Phillip Mills


Okinawa> Tropical Island Jungle canyoning series 亜熱帯の密林探検シリーズ


OKINAWA, JAPAN

Warm weather and tropical waters Okinawa is an island paradise more renowned for Japa-

沖縄と言えば、リバースポーツのキャニオニングよりも美しい海とビーチ

nese holidays on the beach and drinking cocktails than for

と泡盛で酔いしれるリゾートアイランドとして有名だろう。沖縄でのほん

canyoning. In our a brief week on the main island, discov-

の短い滞在期間にジャングルの中に分け入り、沢を探索することで本土で

ering new locations and exploring the jungle river systems

は出会えないユニークな体験ができたのは、とても幸運だったと思う。

to we were truly lucky to find such area that provides a unique experience and an alternative to the mainland of

本土の大部分がそうであるように沖縄の山岳マップも充実しているのは勿

Japan.

論であるが、ジャングルの中となれば容易にはアクセス出来ない滝やエリ アが所々に存在している。川を渡るようにはり巡らされたクモの巣、ヘビ

Like most of Japan, Okinawa has been mapped out very well

や大きなアブがいるジャングルに入って行ったことはとても得難い体験

but in the jungle there are still areas to discover and wa-

で、これからもっと探検していきたいという気持ちにさせられた。

terfalls to descend that are hidden away from easy access. Mixed with snakes, spider webs that span the river and flies

東京から那覇までは約二時間半。到着するとすぐに南国の熱気に包まれる。

as big as houses, this was an experience we won’t forget and

今回の狙いは、探検はもちろんのこと、それに加え新たな発掘をすること。

that left us wanting to come back again to discover more.

情報をインターネットで収集するうちに、多くはなかったが記事やブログ を見つけることができた。沖縄の沢については、沢登りが本土で最盛期と

Flying from Tokyo to Naha only takes 2 hours and as soon as

言える時期でさえも、あまり書かれていないのが現状なので、得た情報は

you step off the plane you can feel the heat. While searching

とても貴重なものだった。

the net for information, we found that there is little written about the jungles and river systems. Even with sawanobori

そうして、少ない情報を頼りに探検を始めた。沖縄の大部分は米軍敷地内

being a huge activity in Japan, Okinawa appears to be almost

であるため、ジャングルを歩いているうちに間違えて基地内に迷い込んで

virgin territory.

しまうといった危険性もある。そう考えると、密林の中がどうなっている のか好奇心をそそられる。この続きは次号のキャニオンマガジンで。

Not only is there a lack of information, sections of Okinawa are still off limits to the general public as they are part of

沖縄に着いてまず最初に連絡をとったのが、沖縄プロデューズカマダの新

US Military training areas and you could easily wander into

垣さん。ヤンバルの森で、「のんびりゆっくり沖縄自然体験エコツアー」

some jungle warfare exercise. But one can’ t help but wonder

を開催されている新垣さんは、長年に渡り様々なコースを案内されていて、

what could

まださほど知られていない滝にも私達を連れて行ってくれた。コンビニで 待合せをした後、新垣さんの車について、ヤンバルの奥地にあるスタート

be in that area. Armed with only a little information and our

ポイントまで移動。カーブに揺られながら目的地に到着し、キャニオニン

gear, we make our way in the jungle to discover what is there.

グギアに着替える。いつもの相棒のキャニオニングスーツはここではぶ厚

In following Issues, we will share more of our escapes into the

すぎて、すでに 30 度を超えていた沖縄では、スーツの中はまるでサウナ

Okinawan Jungle.

状態だった。

Our first port of call is to meet up with Arakaki-san, from

川の主流に沿って歩き、それから枝分かれしている川を選び、密林の中へ

Okinawa Produce, who does half-day, shower climbing trips

と入って行く。このあたりから、植物や生き物、川の雰囲気も変化してき

in the Yanbaru Forest. Arakaki-san has been running these

た。小さな岩が滝の周りを囲い込み、ジャングルが徐々に深くなってくる。

treksup various rivers for many years now and is taking us

各コーナーを曲がるごとに、ジャングルの密度も増していくような感じだ。

to a multiple waterfall course that has yet not been discov-

ちょうど半分ぐらいの距離を進んだ所に、小さな5メートルほどの滝があ

ered by many people. After arranging to meet up at the local

り、そこをよじ上った。さらに歩き続けていき、やっとメインの滝に到着

convenience store, we both drive to the starting point at the edge of the Yanbaru Forest. Weaving along a small road we finally park and grab all our gear. Our standard canyoning wetsuits are going to be a bit thick and hot today as the temperature has already reached 30 degrees.


OKINAWA, JAPAN


We all make our way along the main river and then move into

した。この名もないすばらしい滝は、約 10 メートルの高さで双子の滝。

one of the side rivers and begin our walk in to the Jungle. Here

皆で岩によじ上り、滝の上からジャンプした。

the flora and river start to change. With some small climbs along the edge of a waterfall the jungle keeps on taking over

沖縄は、絶対にまた戻って探検を続けたい場所だ。沖縄の美しいジャング

and getting thickerat each turn. Halfway in we make it to one

ルや景色をたくさん紹介して下さった、沖縄プロデュースカマダのお2人

of the waterfalls, about five metres, and climb over it. We

に心から感謝の気持ちを送りたい。

continu on and finally reach the main waterfall of this course which is unnamed but is a wonderful ten meter high double waterfall. Everyone climbs up and dives off. We all break for a quick lunch of Okinawan style noodles, prepared by Arakaki-san, before heading further down the river. Stopping off at one of the waterfalls we end up sliding down and jumping down instead of climbing. At the exit more people have come along to soak in the water. After finishing the half day tour, we moved on to another area to take a look.. The area known as Ta Taki is a waterfall which is fifteen metres high with a high volume of water flowing of the edge. This is now a quite popular area due to being advertised on television and is busy with people climbing up the river to see the falls. It was an amazing site and an amazing day. Okinawa is one of the places we will definitely be heading back to for further exploration. Thanks to Okinawa Produce Kamada for showing us some amazing sites and taking us through some beautiful places in the Okinawan jungle.


OKINAWA, JAPAN


Information Tour Company

Course Details

Discount

Okinamwa Produce Kamada 沖縄プロデュースカマダ

Tel Email Web

料金 ¥10,000 ツアー時間 3時間30分 開催月 通年

Price ¥10,000 Tour Time 3 Hours 30 Minutes Open All Year

098-936-1879 arakaki@arakakikamada.com http://www.arakakikamada.com

キャニオンマガジン読者特典!!キャニオンマガジンWEBサイトからお申込頂くと割引特典があります。Special for Canyon Magazine Readers. Book this course through our website and receive a discount on the tour price. http://canyonmag.jp/canyon-tours/


DEER CANYON, AGATSUMA

Deer Canyon A special course near an onsen town in the mountains 山中にある有名温泉街近くスペシャルコース


AGATSUMA, JAPAN


Seven waterfalls in one day 草津温泉近くの山の裾野に、群馬県内でも特に興味をそそられるキャニオ

Situated in the foothills of Kusatsu Onsen, in the Gunma Dis-

ニングコースのひとつがここにある。7つのユニークな滝が続くこのコー

trict, lies one of the most intriguing canyon courses around.

スは、1番高い滝で高さ 20 メートルあり、アブセイリング、ジャンプ、

We spent a day of sliding, jumping and abseiling down seven

スライダーありの冷たい水でリフレッシュできる1日コース。ここは真夏

unique waterfalls up to twenty meters in height in refreshing,

の避暑地としても、また仲間と共に過ごす場所としても最適である。

cool water; the perfect escape for the summer weather and a great way to spend aday with friends.

今回の集合場所は「キャニオンズ吾妻ベース」で、キャニオニングのスター ト地点はここから徒歩5分ほどの距離だ。着替えて安全チェックをし、一

The meeting point for this course is Canyons’ Agatsuma

行は新緑の森の中を歩いて行く。1つ目の滝(殺人の滝:さつうぜんと読

Base, located just five minutes’walk away from the starting

む)は高さ 20 メーターで、ピンと張られたロープを使い、ジップライン

point. A quick change into our gear, some safety checks and

で滝の上から下まへ一気に滑り降りる。

we’re off through the forest. The first waterfall (Satsuuzen no Taki) is a twenty metre drop and is rigged as a zip line

日本国内のキャニオニングコース周辺に観光用の歩道を見かけるのは珍し

from top to bottom.

くないが、人影のない渓谷で人に出会うことは少なく、偶然にも滝を撮影 している観光客2名を見かけ驚いた。彼らにとっても人間ひとりが滝をア

As with some courses in Japan, they are located near tour-

ブセイリングで降下したり、ジップラインで滑り降りてくる様子を見かけ

ist trails and we surprise two people taking photographs of

るのは衝撃的だろう。全員が無事に降り終えると、ロープをバックパック

the waterfall. It still amazes onlookers as they watch people

に詰込み、次の滝へと向かった。

abseil or slide down the waterfalls. After all the team membershave managed to slide on down we pack up the rope

2つ目の滝(井戸の滝)は、ジャンプやスライダーの両方が楽しめる2段

and move onwards along the canyon to the next waterfall.

の滝に到着した。全員が滝の下にある大きな岩のてっぺんまで降ろされ、 その岩からプールへ飛び込むのだ。一歩前に踏み出すだけのジャンプだが、

Ido no Taki is a double waterfall which has both a jump and

滝から降ろされて続いてジャンプするのは経験が少ない人にとってはスリ

slide. Everyone gets lowered down to the ledge below before

リングである。冷たい水に全員が浸かったところで、2つめのセクション

jumping into the middle pool. It’s only a small jump but for

である滝に移動し、ここでは岩肌を滑るようにロープで降ろしてもらう。

people who haven’t much experience it can be exhilarating.

すでに出発から2時間が経っていたが、まだコースの半分しか進んでいな

After plunging into the cool water, everyone makes their way

い。

over to the next section of the waterfall and where it is an assisted slide down the face. It’s already been two hours

短い休憩で軽食を口にし、渓谷を抜けてあとに続く滝に向かう。渓谷の外

since we started and we’re only halfway through.

の気温は上昇しているようだが、渓谷の中ではウェットスーツを着用して いても涼しいくらいだ。最後の4つの滝は、思った以上にテンポよく早く

After a quick break and a bite to eat, it’s onto the last re-

すすんだ。

maining falls through the canyon. The heat outside the canyon must be getting warm but down here, even with wetsuits on, everyone is feeling refreshed. The last four waterfalls happen in a pretty quick succession.


AGATSUMA, JAPAN


AGATSUMA, JAPAN

最初のアブセイリングで下ったのは、3つめの滝(不思議の滝)だ。ほん

The first abseiling section is down the third waterfall (Fushigi

の5メーターほどの高さで、全員がアブセイリングに挑戦できるのを楽し

no Taki). It’s only small in size at 5 metres and everyone

みにしていた。滝を下り終えると、すぐに4つ目の滝(久内の滝)が待ち

is eager to abseil down. Upon reaching the bottom it goes

構えている。少し歩いたところに5つ目の滝(箱の滝)があり、全員が深

straight into the fourth waterfall (Kyunai no Taki). A short

い緑色の滝壺に飛び込んだ。

walk away we are at the fifth ledge(Hako no Taki) where everybody jumps off into the deep, green water below.

残る滝はあと2つ。特にこの2つが最高だ。この2段の滝(段々の滝)で は、滝の半分くらいまでスライドしながらロープで降ろしてもらう。階段

We’re coming up to the final drops and the last two are the

状になっている滝のひとつ目を下り終え、残り半分の位置で崖っぷちに立

best. The double waterfall (Data no Taki) starts with a nice

ち、皆がセーフティーをつけてアブセイリングの準備に入る。これで6つ

assisted sliding section. Standing on the edge of the sec-

の滝を乗越え、最後で最高の滝に挑む。

ond half of the falls, everyone has their safety lines firmly attached and move to the abseil section of the falls. Six falls

最後の滝(大仙の滝)は15メートルの高さを一気にアブセイリングする。

done, one more to go and it’s the best.

全員がセーフティーを確保し、岩壁をセーフティーラインにぶら下がるよ うにスライドしながら滝の方へ進む。ちょっとした岩山をよじ越えると、

The final waterfall (Oozen no Taki) is a fifteen meter abseil

水が勢い良く流れる滝の端からアブセイリングで下りはじる。そして徐々

straight over and down. Everyone is clipped in to the secured

に流れる落ちる滝の水の中に入って行き、水に打たれながら滝壺まで降り

line as we all edge our way along the side of the cliff wall. A

て行く。これで7つの滝をわずか1日で制覇したことになる。

quick up and over and we abseil down on the edge of the racing water only to make our way back into it, to finally end

ディアキャニオンはすばらしいコースであるとともに、経験により3つの

up in the bottom pool. And there it is,seven waterfalls in just

コースから選べる。撮影取材に協力してくれたキャニオンズ水上クルー、

one day.

参加者の皆様に感謝します。 Deer Canyon is an amazing course and can be split up three different ways depending on experience. Thanks to Canyons Minakami and the participants for allowing us to tag along and document the journey.


Information Canyons

キャニオンズ

Tel Email Web

Course Details

料金 ¥9,000 〜¥15,000 ツアー時間 半日 、 1日コース 開催日 6月と9月

Price ¥9,000 ~ ¥15,000 Tour Time Half day & Full Day Dates June to September

Meeting Point

キャニオンズ吾妻ベース 群馬県吾妻郡六合村入山2293

Canyons Agatsuma Base 2293 Iriyama, Kuni-mura, Agatsuma-gun Gunma-ken

Canyon Company

0278 21 1377 info@canyons.jp http://canyons.jp


Randy Reese - Samuel Dean - Phillip Mills

Ebi r a Saw a KANAGAWA, JAPAN


Finding canyons to explore is one of the best adventures to have and Japan has plenty of places to explore. With a long history of sawanobori (river climbing), Japan has been well mapped and using some of these maps is a good way to find a canyon course for yourself. But picking the right one is always part of the fun. Ebira Sawa was found during one of the never ending quest for canyons and in late spring three of us went off to explore this area. In the research there were mentions of large waterfalls and some good canyon areas so we went on in with a day of investigation. Hiking through the canyon after climbing up crumbling slate hills and questionable anchors, Ebira turned out to be a small but nice half day canyon for exploration, with some smaller falls and a lot of rocky outcrop sections. The final two waterfalls where the most exciting section had us hanging off rusted pitons placed many years ago as we couldn’t find any natural anchor points. Exploring Ebira Sawa was good day out and we look forward to the next time.


KANAGAWA, JAPAN


渓谷を探検に行くのは最高のアドベンチャーであり、国内にはまだたく さんの渓谷が存在する。古くから沢登りの文化があったことで日本国内 の渓谷は正確に地図化されており、自身でキャニオニングコースを探す のに大変便利である。その中でどの沢を選ぶかも楽しみの一つだ。 飽くなき渓谷探しの中でエビラ沢に行きつき、春の終わりに3人でこの エリアを探検することに決めた。事前のリサーチによると大きな滝や良 い渓谷もいくつかあるとのことだったが、実際に確かめてみようと調査 に入った。 本当に安全なのかわからないようなアンカーを使ってスレート状の丘を クライミングし、渓谷を通り抜けようやく着いたエビラは、小さい滝と 岩壁に囲まれている美しい沢。ちょうど半日で周れるくらいのキャニオ ニングコースである。最後の2つの滝では、他にアンカーポイントとし て使える物がなかった為、どれぐらい古いかもわからない錆びたピトン を頼りに滝を降りたのが、今回のツアーで一番面白い体験となった。 エビラ沢での探検は充実した一日で、私達は次回を楽しみに渓谷を離れ たのだった。

Information Canyon Name

Ebira Sawa エビラ沢

Location

Longitude 139.10667954633 Latitude 35.524155840822

Rating

v3a2 II ★


TRAINING


TRAINING トレーニングはキャニオニングにおいて最も重要で、時として、きち

Training is very important for canyoning and it is some-

んと理解しているか確認するためにも繰り返し練習が必要です。今回

thing that needs to be practiced over and over again

キャニオンマガジンは、3日間のリンカーン・テイラー(ビッグウェー

to make sure you get it right. We spent three days with

ブラフティング)主催、新人ガイドトレーニング総集編ともいうべき

Lincoln Taylor from Big Wave Rafting in Minakami for an

ワークショップに参加しました。年々キャニオニング人口が増えて行

overview of the training for new guides. With more people

く中、あらゆる場面でどのように考え行動し、先導するかがカギとな

coming into the sport, learning what to do in a potentially

るガイド業。このトレーニングではそれらを重点的に学んでいきます。

dangerous situation is essential, and education provides this.

1 日目は、装備、ベーシックなロープワークや渓谷に関する情報に フォーカスされた。どのカラビナがどのシチュエーションで利用され

The first day of training is focused on equipment, basic

るか、シャントの機能、スタティックロープとダイナミックロープの

rope techniques and canyon information. Learning which

違いについてなどを学ぶ。基礎的なノット(結び目)の作り方は必須

carabiner is used for what, how shunts work and the dif-

の知識で、オーバーハンド、フィギュアオブエイト、ダブルフィッ

ference between dynamic and static rope is required in-

シャーマンズ、クローブフィッチなどがある。午後には、全員が土手

dustry knowledge. There is also a segment on basic knots

でアブセイリングの練習に集中。本日のトレーニングはこれで終了。

that everyone should know such as the overhand, figure

あと残るは2日間。

of eight, double fishermen’ s loop, clove hitch etc. These knots are essential to learn. During the afternoon every-

2日目は、もう少し上級向けのテクニックにうつり、キャニオニング

one is drilled in abseiling techniques on the river side. One

ツアーガイドが使用するロープブロックを学ぶ。ブロックテクニック

day down, two more to go.

のなかでもフィギュアオブエイト、カラビナブロック、ミッキーマウ スなどがレスキュー時にどのように働きをするのか、また2ラインを

The second day moved onto slightly more advanced

利用することでより早く大人数のグループを下に降ろすことができる

techniques and blocks which are used when guiding in

などを習得。その一方で、マンタヒッチ、マンタミュウなどのシング

canyons. Blocks such as figure of eight, biner block and

ルロープテクニックの利便性についても学ぶ。講習の間、特に安全性

Mickey Mouse are taught to illustratehow rescues can be

について参加者全員が理解出来る様、度々説明された。午後の部では、

performed as well as how to usetwo lines to allow large

シャントを利用したアセンディングと、昇りながらノットをパスする

groups to descend quickly. Other techniques such as

方法を練習。この日は、体力的にも全員に疲労感をみせた。

the Munter hitch and the Munter Mule combination hitch were taught to show the benefits of single rope tech-

18 時間のシナリオトレーニングの後、最終講習日を迎えた。午前中

nique. At every point, safety is discussed to make sure

の渓谷へ向かう前にオートブロックのセット方法学ぶ。オートブロッ

that everyone understands the importance and utility of

クは、ジップライン(落差のある 2 点をワイヤーやロープで結び装置

these skills. The afternoon is focused on rope ascension

を付けて一気に滑り降りる豪快な遊びがある)のシステムを作るとき

using shunts as well as knot passing using the Valdotain

に活用されるテクニックである。このブロックはなかなかユニークで

Tresse. It’s a long day and everyoneis exhausted.

簡単にピンと張ったテンションロープをセットすることができる。滝 から勢い良くに滑り降りるのに最適。ようやくこれから渓谷入り。

After eighteen hours of going through various scenarios we move onto the final day of training. To start off the morning, before heading into the canyon, everyone learns to make the Edi or Lorenzi autoblock which is used for


TRAINING

C

Simulations are an important part of training and it is essential to repeat these situations to learn what should happen so you are ready to handle them when the occasion arises. In this photograph we have two people abseiling who cannot move any more. It is the role of the rescuer in Position A to get down to Position B and find out what is wrong and the lower them to safety and then move to the person in Position C whose abseil rope is too short to complete and then lower them to safety. Practice makes perfect. シュミレーションは重要なトレーニングの一部であり、繰り返すことで起こり得るあらゆる問題にどんな場面でも的 確に対応できるようになります。この写真は、2名がアブセイリングの途中で動けなくなったという場面を想定し たものです。このレスキューミッションでは、まずポジション A からポジション B へ下り、次に何が問題なのかを 確認してから安全確保をし、最後に動けなくなった人を降ろしていきます。それからポジション C に移動し、今度 はアブセイル用のロープが短すぎて下に降りられなくなった人を、安全に下に降ろします。「習うより慣れろ」がこ のトレーニングの基本です。


A

B


TRAINING


これが、ここ数日で習ったことをテストできる総集編。練習してきたブロッ

making zip lines. This block is quite unique but very easy to

ク、シングルロープテクニック、リリーサブルアンカーを本番さながらに

make and creates tension in the line; perfect for flying down

試すことができる。

over a waterfall.

午後のシチュエーションレッスンでは、それぞれが役割を与えられ、ここ

The final part of the day is in the canyon. This is where we

で一番の学びは渓谷内で問題に直面したときのチームワーク重要さだ。長

put all the previous days’practice to the test. All the blocks,

い3日間となったが全てのトレーニングに受講すべき価値がある。参加者

single rope techniques and releasable anchors come in to

達は、しっかりとした基礎ができ、さらに上達していくのみ。

play. Throughout the afternoon simulation sessions, everyone has their turn and one of the most important lessons is

トレーニングを受けることはとても大切で、練習を重ねることはもっと重

teamwork when dealing with issues inside a canyon. It has

要である。テクニックを繰り返し練習することで、余分な動きをそぎ落

been a long three days but the overview has been worth it.

とし、本番でも迷わずに済む。全般的なテクニックが学べるこのような

The new guides now have a good solid base to build on.

コースに参加することは、さらに多くのコースをこなしたり、上級コース (ICOPro、CIC、ACA などのプロ向けのコース)で学ぶための第一歩と

Training is essential and practice even more. Technique

なる。このトレーニングを運営、指導してくれたリンカーンと撮影協力頂

should be reviewed and repeated all the time and refined

いた参加者全員に感謝します。このようなトレーニングに関するインフォ

so you know what to do. Doing a general overview course

メーションをご希望の方は、キャニオンマガジンまでご連絡ください。

like this is an ideal stepping stone into doing more advanced courses and acquiring greater knowledge with associations like ICO Pro, CIC or ACA. Our special thanks to Lincoln who ran this training course. If you would like to know when the next round of training is please contact us.


FOOD

沖縄県南城市にあるひと味違う沖縄ソバ「玉 家」、名護市にも「玉家ジュニア」としてオー プンしていると聞きつけ、今回はこちらにお 邪魔した。鰹ベースでさっぱりなのにコクの ある絶品スープ、ソバは細麺、平麺から選べ る上にコシがあえいスープとマッチする。今 回は、細麺をチョイス。ソーキや三枚肉にも しっかりとした味に仕上がりでヤンバルでの アドベンチャーの帰りに立ち寄れる絶品の沖 縄ソバをご褒美にいかが?

玉家 Jr 名護店 住所

沖縄県名護市宇茂佐 1411

TEL 0980-54-0243 営業

10:30 ~ 18:30


EQUIPMENT

Shoes are one of the most important pieces of equipment a

キャニオニアー(キャニオニングをする人)にとって、キャニオニングシューズ

canyoneer can have and there are many ideas and styles on

は最も重要とされる物の一つです。何を以って最適のシューズとするかはロケー

what is considered a good shoe. Canyoning requires a good

ションなどによっても変わってくるため、色々な考え方があります。キャニオニ

grip for sticking to slippery rocks and walls, comfort for long

ングシューズに求められることは主に、滑りやすい岩や壁でもグリップの強さを

days walking and durability for last an entire season.

発揮できるか、長い歩行でも快適に歩けるか、またワンシーズンを通して使える 耐久性があるか、の三点です。

There are many brands available around the world and Japan has quite a lot to offer. As a sport growing every year,

キャニオニングシューズには国内外に数多くのブランドが存在します。日本では、

the main style of shoe available to buy is the felt soled sawa-

もともと渓谷を登る伝統的なスポーツである沢登りがあったことから、沢登りに

nobori shoes from several manufactures. The canyoning

適したスタイルである、靴底がフェルトやラバーでできているものがあります。

standard Five Ten Canyoneer shoe is also available here but

最も人気があるのがフェルト底タイプです。キャニオニングのスタンダードシュー

in limited quantity and other shoes like the Bestard Canyon

ズである「ファイブテンキャニオニアー」は、日本国内でも購入可能ですが数に

Guide or Adidas Hydro Pro are not yet available.

限りがあります。また「バスタードキャニオンガイド」やアディダスの「ハイド ロプロ」は、日本未上陸です。

In this short spread we review 2 shoes from Montbell, a Japanese manufacture with many years of experience in

今回は、沢登りシューズの2タイプをモンベル(日本の大手アウトドアブランド。

outdoor equipment who make several styles of Sawanobori

豊富なアウトドア経験に基づき、沢登りシューズも数多く展開。)からと、キャニ

shoes. We also compare these to the Five Ten Canyoneers.

オニングのスタンダードシューズであるキャニオニアーをキャラバン(ファイブ テンなどを輸入販売)について実際に試用したテストしたレビューをお届けしま

During our photoshoot we only had available the Canyoneer

す。

SAR shoes which we use for our own canyoning but essentially the sole and boot are the same as the standard Can-

撮影期間中にテストできたのは自前のキャニオニアー SAR のみでしたが、スタン

yoneer (only main difference is the hard plastic toe cap and

ダードのキャニオニアーとは、(ハードプラスチックの足指ガードとソールの柔軟

the flexability).

性以外)は、キャニオニアーと大きな違いはありません。


Five Ten Canyoneer The Five Ten Canyoneer 2 is the standard shoe for canyoning. With its specialised rubber sole which practically grips to anything and built strong enough to last an entire season of hard core canyoning, this is the shoe to buy.

ファイブテンキャニオニアー

ファイブテンキャニオニアーはキャニオニングにスタンダードシューズ。ラバー靴底が どんな場所でもグリップ力を発揮し、ハードコアなキャニオニングでもひとシーズン持 ちこたえる耐久性があり、キャニオニアにおすすめのシューズ。

Montbell Sawar Shoes Long The Montbell Sawa Shoe is a lightweight felt sole neoprene boot. Specifically made for river trekking, it is ideal as a basic beginners boot for walking up or down a gentle river system. For the occasional sawanobori person or someone just getting into canyoning for the first time this would be an ideal shoe.

モンベル サワーシューズロング

モンベルのサワーシューズロングは非常に軽くフェルト底でネオプレン素材(ウェット スーツと同じ素材)のシューズです。リバートレッキングに適した作りなっており、流 れの緩やかな沢で初心者でも安心して沢の往復ができます。沢登りを時々楽しむ人、キャ ニオニングをはじめたばかりの人に向いていると言えます。

Montbell Sawa Trekker The Montbell Sawa Trekker is a sturdier felt sole boot with a soft neoprene liner. Ideal for someone with more experience this is good shoe for going up or down the canyons. With a full lacing systems up to the ankle it provides better support.

モンベル サワートレッカー

モンベルのサワートレッカーは、少し固めのフェルト底で、内側がネオプレン素材でで きている。もっとキャニオニングの経験がる人向き。靴ひもタイプで、足首までひも調 整出来るのでよりサポート力がある。


EQUIPMENT Comfort Fairly comfortable but this is a big and heavy boot. The plastic buckles on to tie up the shoe can be difficult to make your feet feel snug. Durability Has survived everything we have thrown at it. It’s built to last and entire season of canyoning and trekking without any issues.

快適性 快適と言えるが、大きく重い。プラスティック製のバックルで調整するため快適なフィッ ト感を得るのが難しい。 耐久性 どんな取材にも耐え抜いてきた。問題なくキャニオニングやトレッキングのひとシーズ ンを乗越えられるつくりになっている。

Comfort Very soft and comfortable. Head is very wide. Inside the head of the shoe, the tabi toes make it feel nice to grip. Ankle support is low but this does allow you to climb easier up walls. Durability Being a lightweight neoprene boot the durability would easily last a season of low activity canyoning. Being a felt sole it can degrade and there are no drainage holes. 快適 とてもやわらく履き心地がいい。足の甲部分がワイド。つま先内部は足袋のようになっ ていて、より足全体で川底を感じ、グリップ感も抜群。足首を固定するサポート力はほ ぼないが、クライミング時には足首が固定されていない分、より登りやすいと言えます。 耐久性 ライトなネオプレン素材のシューズは、頻繁でないキャニオニングなら楽にひとシーズ ン耐えてくれます。フェルトシューズは消耗が早いが張替えが可能(安全面で言うと買 換えがオススメ)。水はけ穴がないので水分が内側にたまりやすいが、体温で内部の水が 温まれば体温保持が可能です。

Comfort Comfortable and feel like a boot. Ankle support is good and the lacing allows you to get the boot nice a tight around your foot. We did have some issues with pinching at the ankle but this could have been associated with the size. Durability Similar to the Sawa Shoes Long, they have felt sole which can degrade and there are no drainage holes so you can slosh around a boot full of water. 快適性 快適で、ブーツをはいているような感覚。足首のサポートは十分にあり、靴ひもで足にぴっ たりとサイズをあわせることができる。足首部分がよれてくるぶしに食い込んでくるこ とがあったが、やや大きめのサイズであったからかもしれない。 耐久性 フェルト底はすり減るのが早いが張替えが可能。水はけ用の穴がないので、水分がシュー ズ内にたまりやすい。


Performance Stiff but flexible. Grips on practically everything. Has drainage holes so you’re not carrying extra water around. Good warmth as well when your feet are always in water. Overall As said before this is the standard. It’s used by professional and recreational canyoners around the world. The grip, comfort and performance is second to none. パフォーマンス 頑丈に出来ているが、柔軟性もある。グリップ力がどこでも効きやすいが、苔でぬめっ た所はすべる。水はけ穴があり排水する為、靴が重くならない。足の体温をしっかりキープ。 まとめ 前項で述べたようにこれはスタンダードシューズである、プロや DIY キャニオニングを 楽しむ世界中の人に愛用されている。頑丈な作りで安心感がありハードコアキャニオニ ングに最適である。

Performance Very flexible. Easy to tell where you are on the rocks. Does grip to the rock fairly well. Still slips on moss like most shoes. Overall The shoe is comfortable and nice to wear. You can feel everything through the sole and the felt sole was gripping enough for basic walking around. The lack of ankle support for long days could be a problem though. パフォーマンス とてもフレキシブル。足の裏で岩の形などを把握しやすい。岩の上でもグリップがよく 効く。他のシューズでも同じだが苔などで滑りやすい所では滑る。 まとめ このシューズは、かなり履き心地がよくオススメしたいシューズ。足の裏で川底を感じ ることができる上に十分なグリップ力があり、靴底が川底に接する面積も広いのでバラ ンスもとても取りやすい。長時間の歩く場合はより足首サポートの強いシューズがおす すめ。

Performance Not as easy to tell where you are on the rocks. Does grip the same as the Sawa shoe. Still slips on moss like most shoes. Overall The shoe is comfortable and feels like you are wearing a normal boot. You can feel everything through the sole and the felt sole was gripped enough for walking around. The ankle support was good but we did have issues with it.

パフォーマンス サワーシューズロングと比較するとやや川底を足の裏で把握しにくくなる。グリップの 効きはほぼ同じ。他の靴と同じで、苔のある岩場では滑りやすい。 まとめ この靴は快適で、普通の登山靴を履いているかのような感覚。足の裏で川底を把握でき、 グリップもよく効くため沢歩きに最適。足首のサポートがあるが、テスト時は食い込み の問題があった。


Canyon Company Directory ĺŒ—ćľˇé “ - Hokkaido FUN Outdoor Activities HOAĺŒ—ćľˇé “ă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒźă‚ş NOASC Adventure Tours ăƒ•ăƒŠă‚¤ăƒłă‚°ăƒ‰ăƒŤăƒ•ă‚Łăƒłă‚şă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒźă‚ľăƒźăƒ“ă‚š ĺŻŒč‰Żé‡ŽăƒŞă‚žăƒźăƒˆčˆˆç”Łć Şĺź?䟚礞

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0167-57-3535

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0287-74-2548

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0278-72-2811

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0428-85-9210

0145-76-2668 0136-23-1688 0167-23-1421 0167-22-0534

î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś

http://www.tomamu.jp

î?ś î?ś î?ś

http://www.ittan.co.jp

î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś

http://www.canyons.jp

î?ś î?ś î?ś î?ś

http://winds-rafting.jp

http://www.rafting-hoa.co.jp http://www.noasc.com http://www.dolphins.gr.jp http://www.asobiya.jp

ć ƒćœ¨çœŒ - Tochigi ITTAN ă‚­ăƒŁăƒ‹ă‚Şăƒ‹ăƒłă‚°ďź†ă‚˛ă‚šăƒˆăƒ?ă‚Śă‚š in é‚Łé ˆ ćœ‰é™?䟚礞 ă‚¨ăƒ ăƒťă‚˘ăƒźăƒŤăƒťăƒ”ăƒź ć Şĺź?䟚礞ZACK

0288-70-1181 0287-48-7539

http://www.naoc-jp.com http://shiobara-zack.net

çž¤éŚŹçœŒ - Gunma Canyons I Love Outdoors Japan ă‚Ťăƒƒăƒ‘CLUB ă‚°ăƒŞăƒźăƒłăƒ‡ă‚Łă‚šă‚Ťăƒ?ăƒŞăƒź ă‚¸ăƒŁă‚°ă‚šăƒ?ăƒźăƒ„ ăƒˆăƒƒăƒ—ć°´ä¸Šă‚Ťăƒłăƒ‘ăƒ‹ăƒź ăƒ?ă‚¤ăƒ ăƒŁăƒźăƒťăƒŠăƒ“ă‚˛ăƒźă‚żăƒź ăƒ?ăƒƒăƒ”ăƒźă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ ăƒ‘ăƒŽăƒŠăƒžă‚˘ăƒ‰ăƒ´ă‚§ăƒłăƒ ăƒŁăƒźă‚ş 冒険ĺ°?ĺą‹ ćœ‰é™?䟚礞 ăƒ“ăƒƒă‚° ă‚Śă‚§ăƒźăƒ– ćœ‰é™?䟚礞 ăƒ•ă‚ŠăƒŹă‚šăƒˆďź†ă‚Śă‚Šăƒźă‚żăƒź ćœ‰é™?䟚礞 ăƒžăƒƒă‚Żă‚š ć Şĺź?äźšç¤žă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ăƒťă‚˘ăƒźă‚š

0278-72-1337 0278-72-1372 0279-56-3999 0278-72-3372 0278-72-5086 0278-72-8118 0278-64-2151 0278-72-2435 0278-72-3744 0278-20-4116 0278-72-8017 0278-72-4844 027-387-0370

http://www.iloveoutdoors.jp http://www.kappa-club.com http://www.greendiscoveryjapan.com http://www.j-canyoning.net http://topminakami.com http://www.nnraft.com http://www.happy-canyoning.com http://panorama-advs.com http://www.boukengoya.com http://bigwaverafting.com http://www.fw-jp.com http://www.max-raft.com http://www.outdoor-earth.com

ć?ąäşŹéƒ˝ ďźˆĺĽĽĺ¤šć‘Šďź‰- Tokyo (Okutama) 多摊ĺˇ?ăƒŠăƒ•ăƒ†ă‚Łăƒłă‚°ă‚Śă‚Łăƒłă‚ş ćœ‰é™?䟚礞 ăƒ“ăƒƒă‚° ă‚Śă‚§ăƒźăƒ– ă‚°ăƒŠăƒłăƒ‡ăƒƒă‚Żă‚šĺžĄĺ˛łăƒ™ăƒźă‚š Canyons

0428-74-9100 03-5283-3870 0278-72-2811

http://www.bigwave-okutama.com http://gdexr.com/mitake http://www.canyons.jp

INSIDEOUTMEDIA Bilingual Service Design - Illustration - Web Site - Production

InSideOut Media 株�䟚礞 +81 (0)3 6277 0055 studio@insideout-media.jp http://insideout-media.jp

白錏 ă‚­ăƒŁăƒ‹ă‚Şăƒ‹ăƒłă‚°ăƒ„ă‚˘ăƒź


çĽžĺĽˆĺˇ? - Kanagawa Kintoun ă‚ťăƒ–ăƒłăƒ’ăƒŤă‚şă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒź

đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0467-85-5282

î?ś î?ś

http://kintoun.jp

044-833-3060

đ&#x;“ž

090-1637-6280

î?ś

http://www.j-wet.com

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0261-72-5150

î?ś î?ś î?ś

http://www.evergreen-hakuba.com

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

052-453-5775

î?ś î?ś î?ś î?ś î?ś

http://www.tst-j.com/asobiya

đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0539-62-1772

î?ś î?ś

http://www.creeksound.com

0544-65-1123

đ&#x;“ž

052-788-7575

î?ś

http://www.powerzone.co.jp/

http://www.sevenhills.jp

ĺŻŒĺąąçœŒ - Toyama J-WET ă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒźă‚ş

é•ˇé‡ŽçœŒ - Nagano Evergreen Outdoor Center ODSSäš—éž?ä¸ŠéŤ˜ĺœ°ăƒ–ăƒŠăƒłăƒ ç™˝éŚŹăƒŠă‚¤ă‚Şăƒłă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒź

0263-93-1243 0261-72-5061

http://www.odss-norikura.jp http://hakuba.lion-adventure.com

ĺ˛?阜県 - Gifu ă ‚ă ?ă łĺą‹ ăƒˆăƒŞăƒƒăƒ‘ăƒźĺ?ˆĺ?Œäźšç¤ž ăƒ•ă‚Łăƒƒă‚ˇăƒłă‚°ă‚ťăƒłă‚żăƒźć°´čžşă Žé¤¨ ćœ‰é™?䟚礞  ć Şĺź?äźšç¤žă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ă‚ľăƒ?ăƒźăƒˆă‚ˇă‚šăƒ†ăƒ 

0581-58-2400 0576-47-2841 0575-79-4070 0575-79-9038

http://www.canyoning-jp.com http://mazegawa.com http://www.earth-ship.jp http://www.odss.co.jp

é?™ĺ˛ĄçœŒ - Shizuoka ă‚ŻăƒŞăƒźă‚Żă‚ľă‚Śăƒłăƒ‰ Natural Action Outdoor Tours

http://www.naturalaction.co.jp

ć„›ç&#x;ĽçœŒ - Aichi Powerzone


äşŹéƒ˝ĺşœ - Kyoto ă‚źăƒ­ă‚°ăƒŠăƒ“ăƒ†ă‚Ł ć Şĺź?䟚礞 ăƒŻă‚¤ăƒŤăƒ‰ă‚Śă‚¤ăƒłăƒ‰ ç”°ć­ŒčˆŽ č‡Şç„ść´žäź ç”ť

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

075-702-9330

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0726-32-0923

đ&#x;“ž đ&#x;“ž

078-360-1830

đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0735-49-2233

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0883-76-0125

075-777-2597 0771-77-0509 075-492-1798

î?ś î?ś î?ś î?ś

http://www.zero-gra.com

î?ś î?ś î?ś

http://hodugawa.com

î?ś î?ś

http://www.taoadventure.com

î?ś î?ś

http://oc-iceman.com

î?ś î?ś î?ś î?ś

http://www.odss-shikoku.jp

http://www.wild-wind.org http://www.tautasya.com http://www.shizenha.sakura.ne.jp

ĺ¤§é˜Şĺşœ - Osaka ă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ă‚ŻăƒŠăƒ–ďźŽď˝•ď˝”s ćœ‰é™?䟚礞 ăƒ•ă‚ŁăƒźăƒŤăƒ‰ă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒź ć Şĺź?䟚礞 ă‚łă‚łăƒ­

06-6100-5950 06-6292-1123

http://www.fa2003.co.jp http://nature-cocoro.com

ĺ…ľĺşŤçœŒ - Nara ă‚żă‚Şă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒź é?’çŠşăƒ•ă‚Ąăƒł

0798-48-3750

http://www.alpine-river.com

ĺ’Œć­ŒĺąąçœŒ - Wakayama ă‚˘ă‚Śăƒˆăƒ‰ă‚˘ă‚ŻăƒŠăƒ– ă‚˘ă‚¤ă‚šăƒžăƒł ćœ‰é™?䟚礞 棎㠎国 / 熊野ăƒ?ă‚¤ăƒ ăƒŁăƒźă‚šă‚ŻăƒźăƒŤ

050-7001-7419

http://www.kumano-ns.com

ĺžłĺłśçœŒ - Tokushima ODSS ĺ››ĺ›˝ăƒ–ăƒŠăƒłăƒ ăƒťăƒŞăƒ?ăƒźăƒ™ăƒźă‚šĺ?‰é‡Žĺˇ? ă‚šăƒ˘ăƒłă‚­ăƒź ćœ‰é™?䟚礞 GPS ă‚żă‚Şă‚˘ăƒ‰ăƒ™ăƒłăƒ ăƒŁăƒź 四国ĺ°?ć­Šĺ?ąăƒ™ăƒźă‚š ćœ‰é™?䟚礞 ă‚ľăƒ•ă‚ĄăƒŞ



090-6287-5253 0883-76-6030 0883-76-0745

http://www.smonkey.jp http://www.taoadventure.com http://www.safari-g.com


ć„›ĺŞ›çœŒ - Ehime ăƒ•ă‚ŠăƒŹă‚šăƒˆă‚­ăƒŁăƒ‹ă‚Şăƒł

đ&#x;“ž

0895-42-0063

î?ś

http://nametoko.net

đ&#x;“ž

0887-75-0500

î?ś

http://www.happyraft.com

đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0966-34-7222

î?ś î?ś

http://www.landearth.co.jp

đ&#x;“ž đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0997-46-3738

î?ś î?ś î?ś

http://tetec.jp

đ&#x;“ž đ&#x;“ž

0980-85-5628

î?ś î?ś

http://www3.ocn.ne.jp/~nobus/

éŤ˜ç&#x;ĽçœŒ - Kochi ăƒ?ăƒƒăƒ”ăƒźăƒŠăƒ•ăƒˆ

ç†ŠćœŹçœŒ - Kumamoto LANDEARTH ć Şĺź?䟚礞 Happy Surprise

0966-22-7699

http://www.kumagawa-rafting.com

éšżĺ…?ĺłśçœŒ - Kagoshima (Yakushima) Earthly Company 幋䚅峜野外洝動çˇ?ĺ?ˆă‚ťăƒłă‚żăƒź ć Şĺź?䟚礞 ĺą‹äš…ĺłśă‚Źă‚¤ăƒ‰ĺ?”äźš

0997-42-0944 0997-49-4191

http://www.ynac.com http://www.yakushima-guide.com

ć˛–ç¸„çœŒ - Okinawa 輿襨峜 ă Žă śă š ć˛–ç¸„ăƒ—ăƒ­ăƒ‡ăƒĽăƒźă‚šă‚Ťăƒžăƒ€

098-936-1879

http://www.arakakikamada.com


 http://canyonmag.jp  http://facebook.com/canyonmag  http://twitter.com/canyonmag

canyon

magazine


Canyon Magazine Issue01  

Canyon Magazine is a bilingual publication about canyoning in Japan. キャニオンマガジンは日英バイリンガルのキャニオニング専門誌です。

Advertisement
Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you