志津ビブリオ通信Vol.06/Shizu Biblio Journal vol.06

Page 1


—読み聞かせが育む子どもの未来 一

人は 、 誰 かに 教え て も ら わ な け れ ば 文 字 を読めるようにはなりません。「誰 か」が 最愛 の お 母 さ ん で あ つ ても 、 優し い お ば あ

先生 で あ っ て も 、 ひ と つ ひ と つ の 音 が 字 と

ち ゃ ん で あ っ て も 、 お 世 話 に な っ た 学校 の つながり、字 が単語を作り、単語が集まつ

文字を読めるようになります。子ども時代

て文になることを教え てもらつてはじめて

のかをいつしか忘れてしまったとしても、

に文字を教え てくれた「誰 か」が誰 だった

同 じ よ う に 「 誰 か 」 が 本 棚 か ら 一冊 の 本

心の奥に深く刻まれます 。

に出して子どもに読んであげることで、子

を と り だ し 、 表 紙 を 開 い て 最 初 の 一行 を 声

)佐倉市・七井戸公園 ( 2021年6月27

日 日 緒にずっと記憶に残りそう。 『BOOK&PARK』は、自然の中で本を通じた交流が 生まれる貴重な機会。臼井公民館図書室の司書さん によるとまだ実験的な運営とのことですが、これからの拡 がりを期待したくなるイベントでした。 (及)

緑あふれる公園で「本活(本の活用)」体験をする 『BOOK&PARK』が6月27日、佐倉市染井野の七 井戸公園で開催されました。地元産の野菜や加工品 が集まる「ソメイノファ ー マ ー ズマ ー ケット」と同時開催さ れ、朝採り野菜やはちみつなどのお買い物やキッチン カ ー での食事など、美味しい体験もできる「公園X図書 館」コラボ企画です。 イベント内企画くえほんパ ー ク>には、ファ ー マ ー ズ マ ー ケットにちなんだ野菜や草花の本のほか、カエルやカ タッムリ、アリなど、公園に暮らす生き物たちが活躍する 絵本でいっぱい。梅雨時だけに雲や空の不思議につい て謎解きする本も並んでいました。開放的な空間での 読み聞かせは、マスク越しでも笑顔いっぱいに全身で絵 本の世界を表現してくれます。 <漂流する図鑑ライブラリ ー>は、図鑑をこよなく愛す るオ ー ナ ー が木箱いっぱいに図鑑を詰めてやってきた小 さな図書館。公園で出会った草花や昆虫のことが気に なったら、すぐに図鑑で調べられます。検索エンジンで 「ググる」ことが日常となる中、親子や友だち同士で紙の 図鑑を広げてワイワイ調べた知識は、楽しい思い出と 一

どもたちは本を読むことを知ります。本を に 入 り の 一 冊 と 出 会 い 、 そこ に 見 た り 聞 い

読めるようになった子どもは、ある日お気 たり触れたりする世界と同じ読書の世界が あ る こ と を 発 見 し ま す 。 そう し て 、 子 ど も は 読 書 の 世 界 に 入 っ て い き 、 それ は 一 生 の 私たちが今、こ うし て読書 の世界にひ た

宝も の と な る で し ょ う 。 っていられるのは、文字を読むことを教え て く れ 最 初 の 一冊 の 最 初 の 一行 を 読 ん で く 今 号 では 、 私た ち の 地域 に 住 む 子 ど も た

れた「誰 か」のおかげです。 ちを、読書の世界へ導き入れる「誰 か」の

ープ の 活 動 な ど を ご 紹 介 し ま す 。

役割 を 果 た し て く れ て い る 読 み 聞 か せ グ ル

02

二J BOOK&PARK 緑あふれる公園で「本活」体験

ーー

誠因の世界の扉をひらく


ところで、 0歳 児のお母さ んにとって赤ちゃんを抱つこ しての図書館デビュ —は ちょっとハ—ドルが高いかも しれない。例えば、ユ—カリ 文庫では集会室の_角 にちょ うどつかまり立ちする高さで 本棚が並び 、「本を読む」と いうよりも「本と遊ぶ 」とい う感じ で赤ちゃんが本に触れ ることができる。床暖房も完

地域文庫はお母さん の応撲団

たちは、子どもの成長などで 家庭では読まれなくなった本 が寄贈されたいわゆる古本で はなく、すべて会員の努力で 集められたものだ。「家庭で 読まれた絵本や童話 は、 大切 な思い出が詰まった宝物とし て取って置いてほしい」、 そ して「子供、とくに赤ちゃん には新しいきれいな本を触ら せて読ませてあげたい」とい う内藤さんの言葉に、文庫連 絡会メンバ—の 優しく細やか な心遣いを感じた。

ー 佐倉地域文庫運絡会 の40年の歩 み— 様の 縁日には佐倉 市立美術館 で文庫の メンバ—が集まり 「金毘羅おはなし会」を開催 している。当初は、本の 貸し 出しから始まった活動だが、 現在では読み聞かせやおはな し会などへと多様に発展して いる。

自分 で本棚から本を取り出し て読む子に

代表の内藤達子さんは「_ 人でも本の好きな子を増やし たい」思いから二十年以上も 文庫連絡会の活動を続けてき た。 最近はゲ—ムばかりに夢 中で本を読まない子が増える 中、連絡会の 読み聞かせ活動 を体 験した子どもたちから 「自分で本棚から本を取り出 し 本を開く子」が育つてい る。「文庫の活動はすぐに結 果の出ることではないが、本 を通じて子どもたちも私たち も成長するはず」と自信を持 つ。 文庫にあるたくさんの絵本

コロナ禍前の金毘羅おはなし会の 様子( 佐倉市立美術館ホール)

備で、赤ちゃんがゴロ ンと寝 転んでも心地よい。五番町ハ イ ツの住民でなくても利用可 能で、借りることもできる。 「赤ちゃんに読み聞かせをし たいがどうしていいかわから ない」時も、近くの地域文庫 をのぞいてみてはどうだろう か? 地域文庫は、新米お母 さんたちの 応援 団でもある。 ( 文 ・ビ ブリオじいさん)

「 本と遊ぶ、 ま ちのミニ図書館」 四十年 の軌跡

ユ—カリが丘五丁 目にある 「五番町ハイ ツ」の 集会所で _ ― 十七年前に産声をあげた小 さな文庫「ユ—カリ文庫」 は、子どもたちに良い本を読 ませたいという親たちの切実 な願いの結晶 だった。当時、 佐倉 市内に図書館は_力 所だ け。親たちは行政 へ新図書館 建設を働きかける_方 で、有 志が本を持ち寄ったり、自治 会の 支援 や助成金による図書 購入、図書館からの団体 貸出 などの自分たちの努力で文庫 を充実させてきた。 各地の 小さな文庫が集まつ て_九 七八年に「佐倉 地域文 庫連絡会」が発足し、 現在は 「ユ—カリ文庫」、「さくら 文庫」(さくら幼稚 園)、 「グリ—ン文庫」(臼井グ リ—ンハイ ツ)、「おひさま 文庫」(京成佐倉 北口)、 「めるへん文庫」(佐倉 城南 幼稚 園)と五つの文庫が参加 している。毎月十日の金毘羅

◆日時:毎月10日10:30~/11:15~ ◆会場:佐倉市立美術館4階 ◆料金:入場無料 ◆お問い合わせ:佐倉地域文庫連絡会TEL:043-461-5559(会長内藤達子さん)

【金毘羅おはなし会】

03


「 はじめての読み聞かせはおけさんの声で」

( 文 ・ビ ブリ オじ いさん)

という。そんな時、守田さん は「読ませていただきありが とう」と思うそうだ。それが 二十 年にわたつて読み聞かせ を続けてきた理由 なのだろ う。子どもたちが「読んでく れてありがとう」と感謝し、 _方で「読ませてくれてあり がとう」と感じるとは、本も 神様の幸せにみちた贈り物に ちがいない。

ー臼井小学校の説み聞かせ活動ー み聞かせの時間を心待ちにし てハイ タッ チで迎えてくれる こともあるそうだ。大きくな った卒業生から読み聞かせが 楽しかったという感謝の言葉 もあったという。臼井小の読 み聞かせは子どもたちの心に 着実に根を張り、成長して読 み聞かせ活動に参加するメン バ—もいるそうだ。

本がある」環境を作りたいと いうのが、守田さんたちの願 い だ。 守田さんの読み聞かせは子 どもたちに向けてだけではな い。 例えば絵本「かみさまか らのおくりもの」を読む時に はほんとうは_緒にいるお母 さん方に向かつて読み聞かせ している。それは「うちの子 はよその子と違つている」と 不安に思つてしまうお母さん への「神様 のからのおくりも のは子ども一人_人違ってい るんだよ。違つていていいん だよ」という守田さんからの メッ セー ジでもある。

04

読み闘かせが楽し いから 守田さんは「読み聞かせは 自分も楽しいからおこなう」 と語る。読み聞かせをしてい ると「子どもたちも聞いてい る大人も_緒になつて」守田 さんの声に聞き入り、読み聞 かせの空間がまるでひとつに なるように感じる瞬間がある

【NPO法人佐倉こどもステ ー ション】

神様からの贈り物 守田さんは佐倉 地域文庫連 絡会のメン バ—として就学前 の小さな子どもたちへの読み 聞かせもおこなつているが、 最近の若いお母さんの中に は、「私は本読むのが苦手だ から」と、いきなり絵本の読 み聞かせにお子さんをつれて 来られる方もいて戸惑うこと もあるという。守田さんは 「最初の本はお母さんのお膝 の上で、お母さんの声で読ん であげてほしい」と話す。子 育てに迷う新米お母さんをサ ポ—卜して「身近なところに

◆〒285-0837イ左倉市王子台1-20-11 ◆TEL : 043-487-1655 ◆mail : sks@catv296.ne.jp◆開局時間:火、木10:00~15:00

読み闘かせはバフォー マンス 守田泰子さんの読み聞かせ は楽しい見事なパフォ—マン スだ。絵本、声、歌、身振り 手振りが_体となり、子ども たちをどんどんと引き込んで いく。後ろから見ていると最 初はゆらゆらと動いていた子 どもの頭が読み聞かせが進む につれてじっと動かなくな り、子どもたちが読み聞かせ の世界に入り込まれていくの がわかる。 守田さんはもともとNPo 「佐倉 こどもステ—ション 」 で子どもたちによるミュー ジ カルや、 ソ—ラン 、「こども まつり」などの上演や開催運 営に携わってきた。 二十 年ほ ど前、子供が通つていた臼井 小学校の先生から読み聞かせ をしてほしいとの依頼があ り、以来、毎月_年S六年生 までの全十 _ ― クラスで朝の読 書の時間に有志 のお母さん方 と読み聞かせをおこなつてい る。生徒たちも守田さんの読

守田さんの読み聞かせを瞳を輝かせながら楽しむ子どもたち


-- 7

-門・再入門す

「絵本を開く楽しい時間をわかちあうブックスタ

‘‘

て)

くるそうだ。 アメリカの研究ではゼロ歳から読み聞かせを おこなった子供は語彙が豊富で、成長してか ら高いコミュニケ ー ション能力を持つという報告 もある。つまり音としての言葉を繰り返し聞いて いるうちに意味を理解する素地が自然に作ら れるというのだ。 千葉県内では、すべての自治体でゼロ歳児 検診の際に絵本の配布、絵本の紹介リスト配 付、読み聞かせ等の実施している。※ もしも周りに育児に悩む新人ママがいたら、ブ ックスタ ー トを紹介してあけてはどうだろうか? あっというまに子供は大きくなり親から離れてい く。そんな時に親として子供に何が残せたのか わからなくなる時がある。しかし、子供と 一 緒に 絵本を開いた時間はかけがえのない想い出とし て残るはずだ。 (熊) ※出展:『千葉県子どもの読書活動推進計画(第四 次)』(令和2年2月)

生まれたばかりの赤ちゃんに絵本の読み聞か せをおこなう「ブックスタ ー ト」をご存知だろう か?もともと1992年に英国・バ ー ミンガムで始 まった子育て支援•読書推進プログラムで、日 本では2000年の「子ども読書年」を機に全 国自治体に拡がった。また、NPOブックスタ ー トが自治体への情報提供や研修などサポ ー ト活動をしている。同団体のシンボルである本 を手にする親子ラッコのマ ー クを見たことのある 方もいるだろう。 「言葉もしゃべれない、首もまだ据わっていな いゼロ歳児に絵本を読み聞かせて役に立つの か?」と思うかもしれない。しかし、読み聞かせ をおこなっているお母さんたちによると、生後3 ~4ヶ月の赤ちゃんでもお母さんが本を読み始 めると声に聞き入り、絵をじっと見つめているそ うだ。また、二歳のお姉ちゃんがゼロ歳児の妹 にお母さんの読み聞かせの真似をして、二人 でキャッキャッと笑っていたこともあるという。それ を見たお母さんも自然に暖かい気持ちになって

ート

【 絵 本 再 入 門 のた め の本 】

著/柳田邦男 出版社/岩波書店

『 砂漠 で見 つけ た 一冊 の絵本』

幼い頃読んだ絵本がいつまでも心に残って、 その絵本の意味が長い間たってやっと解つてく ることがある。長年探し続けて来たものが、昔 母に読んでもらった絵本の中にあったりする。 例えば、著者 が十歳 の頃に読んだ「フ ランダ— スの犬」。ル—ベンスの名画の前で「ああ、神 さま、これでじゅうぶんでござ います」とつぶ やきながら死んでゆくネルロ少年の姿に、今 「自分の人生に納得 しよ うとする」自らを重ね あわせている。 著者 は絵本との出会いは人生で三度あるとい う。幼い頃の出会 い、親になつてからの子供に 読むための出会 い、そして、子育てを終え人生 を振り返る時の出会い。この本はそうした絵本 との三度自の出会いを感動的 なエピソ ードとと もに紹介してくれる。 著者 が紹介する絵本は、いつのまにか心が乾 いてしまった大人たちにうるおいをくれる。そ れが今までの人生を見直すきっかけとなるかも しれない。絵本は字が大きくて字数も少なく老 眼にやさしい。「大人こそ絵本を読むべきだ。 」という著者 の言葉に深く感ずるところがある はずだ。 ( 文 ・ビ ブリオじいさん)

’“”” ..、しn •

05


大人こそもう 一度絵本を読もう。子供の頃に読んだ絵本、子供に読ん であげる絵本、そしてもう 一度絵本の深い意味をあじわうために。

Column

こころに響く絵本の棋界

r

昔 、 こどもだったあなたへ …

おおきなかふ'’

著者/Aトルストイ絵/佐藤忠良出版社/福音館 店 書

『おおきなかぶ』

思い出す 方もいるかもしれない。

る。佐藤忠良は女優・佐藤オリエのお父さん。懐かしく

きなカブ」 の絵にもそうした生き方がど こかうかがえ

の香りとロシアの人々への思いを運んでくれる。 晩年、忠良は芸術院会 員や文化功労者の候補に選ば れたが、「 職 人に勲章 はいらいない」 と固 辞したという。 自分を「 彫刻職 人」 と呼んだ一徹さがしのばれる。「 おお

た。そして、それがど こかなつかしいロシアの大地の土

の思い出を素朴 で美 しくユーモ ラスな童話 に仕上げ

八千代市の新川にかかる村上橋 に彫刻家・佐藤忠良 の彫刻がある。忠良は戦争中に徴兵され、終戦後=_ 年 間シベリアで抑 留生活を送った。忠 良が挿 絵を描いた トルストイの原作 「 おおきなかぶ」 のおじいさんやお ばあさんは、ロシアで出会 った人々や風 景そのままな のだ。苦しくつらい体験であったはず なのに、忠 良はそ

厄つかしい絵本

書 チ胎 ら ず 犀直 た片 ん いの 込 が絵 、 雅 こ き像 書の 光 51 可〗 五 直

『旅の絵本1|』

著/安野光雅(文・絵)出版社/福音館書店

の姿をしめした。「 あら本当、気がつかなかったわ」 そう 言って、またにっこりとその人は微笑んだ。絵本が繋ぐ 奇跡のような瞬間だった。

す よ」 と言って馬 小屋で生まれたばかりの幼いキリスト

うな老婦 人は嬉しそうに語りかけた。それは絵本の片 隅に描きこまれた受胎告知のミニチ ュア画だった。 私も子ど もたちとこの絵本を見たことがあったので、 次のページを開いて「 ここにイエス様がいらっしゃいま

設の食堂で、ぽつんと一人で旅の絵本に見入る人がい ねぇ、ご覧になって。 た。私と目があうとにっこりと笑い「 ここにマリア様がいらっしゃるのよ」 と、その品の良さそ

る。この「 旅の絵本11 」 はイタリアの旅だ。 この絵本には忘れられない思い出がある。母がまだ介 護施設で元 気に暮 らしていた頃、母を見舞った帰り、施

てヨーロッパの街や森や野原に空からつれていってくれ

ドローンなんてなかった頃、安野光雅は鳥の翼に載せ

絵本が紡く出会い


【PROFILE】 ビブリオじいさん/生きるために本がいる。賢く生きるためには活字がいる。今生きるためには情報がいる。 好きなゲ ー ムはビブリオバトル。やりたい仕事は本のソムリエ。師と仰ぐのは松岡正剛と井筒俊彦。佐倉市在住。

こ 100万回生きだね 蝙’’..+ fr•

『100万回生きたねこ』

猫は死んでも死んでも生き返る。王様の猫に、船乗り

た生き返るといわれてきた。このちょっと無 頼な ドラ の猫に、サーカスの手品師の猫に、次々と生まれては死 んでまた生き返る。しかし、ある時きれいな 白猫に出 会って恋におちる。仲良く平 和に暮らし、添い遂 げて白 もう生き返 らな い。でもよかったな と感じてしまう。

猫を看取った後にドラ猫は号泣しな がら死んでいく。 実は『100万 回生きたねこ』には仏教の輪廻( りんね) と解脱( げだつ)のプロセ スが表現されている。仏教に よると、猫も人間も生まれては死んでまた生まれかわ る。その繰り返しを輪廻転生と呼ぶ。しかし生まれる たびに生きる苦労はつきまとう。その繰り返しから脱 を終わらせる仏( ほとけ) の化身として現れたに違いな

することを解脱というそうだ。白い猫はその繰り返し い。『100万 回生きたねこ』は、大人こそ読むべき深い絵 本だ。

•9:· • 9 · •

気づきと勇気を与天てくれる絵本

あ1)がとう、 フォルカ ー せんせい

『ありがとう、フォルカ ー 先生』

著者/パトリシアポラッコ(文・絵) 出版社/岩崎書店

るようにな り、そして本を書くようにな った少女の感 動的な 物語だ。

本は、先生や親の気づきの大切さを教えてくれる。そ んな 先生との出会いによって障害を克服し、本を読め

先生や親が注意して見守っていな いと、単に学習意欲 が低いとか知的障害があるとみな されがちだ。この絵

言う「トリシ ャ 、 君 な らできると思っていたよ」。 エジ ソンやダ・ ビ ンチも読字障害だった。読字障害は

ォルカー先生と感激の再会をする。フォルカー先生は

えていく。やがて成人したトリシャは作家とな って、フ

シャの「読字障害」に気づき、それを―つの個性としてと らえトリシャに自信を与えゆっくりと字の読み方 を教

ファベットも数字も、トリシャにはくねくねとした線に しか見えな い。友達はすらすら本を読めるのに、クラス でトリシャはいつも一人ぼっち。いじめられ、からかわ れる。しかし、転校先で出会ったフォルカー先生はトリ

がある。 小学生の女の子トリシャは「読字障害」だった。アル

一人の先生との出会いで、人生が大きく変わること

•9,

出版社/講談社

著者/佐野洋子(文・絵)

昔から「猫に七生あり」と言われて、猫は死んでもま

大人のための深い絵本


色んな本に登場するお料理を、 簡単なレシピにアレンジしてご紹介します。 本日のお品書き

ショウガの砂糖漬け 異色の絵本作家、 エドワ ー ド ・ ゴ ー リ ー の全盛期の 一 冊「思い出した訪問」から ’ ’'ショウガの砂糖漬け 'をご紹介。 和やかなお茶会の場面で登場するこの お菓子は、 原文では、'’crystallized ginger"(結晶化したショウガ)という 輝くような名前で呼ばれています。 なるべく簡単に、 そしてヘルシ ー に! (文とレシピ:ユ

【材料】 (作りやすい分量) ショウが••7 0 9 砂糖(種類は何でもよい)…大さじ1 粉砂糖(またはグラニュ ー 糖)…中さじ1 ※甘さひかえめの味付けです。 砂糖はお好みで調節してください。

ソギョン)

【作り方】 ①ショウがは3rnrnほどの厚さに切り、中火 で10分煮る。 ®ショウがを取り出し、ペーパー タオルで 水気をふき取る(やけど注意!) ③フライパンにショウがと砂糖を入れ、 ‘ 混ぜながらご く弱火でゆっくり温める。 ` ④溶けた砂糖がショウガ に十分からんだらi バットに上げて粗熱をとる。 ®冷めたら粉砂精をまぶす。

少女ドゥルシラは、スクリム=ショ ー 嬢と共 出典 「思い出した訪問」 に老人クレイグ氏を訪ね、お茶とショウガの エドワ ー ド ・ ゴー リ ー /作砂糖漬けをふるまわれます。ドゥルシラは、 柴田元幸/訳 クレイグ氏とある約束をしますが、果たされ ぬまま時は過ぎていき ・ ・ ・ 。



Shall we take a break? ちょっと、ひとやすみしませんか?

地元半径3キロ以内を基本に する「新しい生活」もそろそろ 限界だ。新鮮な空気を吸いた< なって顔に張り付いているマス クを外すように、表紙のいかに も英国な風景に誘われて、思わ ずこの本を手に取った。 ピーターラビットの舞台であ るピルトップ農場、「ナルニア国 物語」のケア・バラベル城のモデ ルになった城跡、「長くつ下の ピッピ」に出てくるレモネード の木のモデルの、幹にうろのあ るニレの老樹 …次々に現れるお なじみの本のタイトルと美しい 景色。行ったことがないのに何 故か懐かしい。 著者の池田正孝さんの肩書を 見て驚いた。ご本業は大学名誉 教授で、専門は中小企業論だそ うだ。児童文学とは真逆のバリ 硬ではないか。40 年以上趣味で 独自に児童文学を研究され、物 語の舞台を訪れて写真に収めて こられた。建物や自然だけが静 謡に切り取られている写真から は、物語が生まれたその土地や

自然が醸し出す空気そのものが 伝わってくる。 子どもの頃、名作そんなに読 まなかった …という人も大丈 夫。 作品の かく言う私も、掲載全26 半分も知らず、「ハイジ」にい たっては本ではなくテレビアニ メで内容を知っている(読んだ 気になっていた)程度だった。地 図帳を引っ張り出して、場所を 突き合せたり、作品の時代背景 が気になって調べ始めたり、果 てはもう一度児童書を開いてみ たり。読み終えるまでたっぷり 時間をかけた。楽しかった。 池田さんはまえがきで「子ど もにとって、児童文学は宝物探 し」と書かれている。では、そん な児童文学の背景を探るこの本 は、大人にとってもまさに宝物 探しとなる一冊ではないか。 ページをめくつていくうちに、物 語に胸を躍らせていた子供時代 の自分に会えるかもしれない。 そして間違いなく旅に出たくな る。かなわぬなら、ちょうど 「ピーターラビット2」が上映中。 映画館に行こう。

10

翌 目恨界の児童文学をめぐる旅

『世界の児童文学をめぐる旅』 著 者池田正孝 出版社株式会社エクスナレッジ

文•Tom.K/本・コ ー ヒー ・ラブラドールレドJ ーバー ・空・地図・江戸

隅で読み聞かせボランティアとちびっ子達の英語の先生やってます。

時代の庶民・忍者・路地・ゆるゆるサイクリソ入が好き。佐倉市の片


□(

. . 5 ( .

人を通して本を知る

本を通して人を知る ‘‘

知的書評合戦ヒ ブリオバトルを楽しもう!!

«ビブリオバトル公式ルー ル» 1. 2. 3. 4.

発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。 順番に一 人 5分間で本を紹介する。 それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。 全ての発表力陥冬了した後に「どの本が 一 番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い、 最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

2021年4~6月発表本リスト 闘催日

テー マ

第41回 4/25 <オンライン>

内藤龍

創元社

②ぼくがぼくであること

山中恒

岩波書店

③ムー ミン谷のクリスマス

ト ー ベヤンソン

筑摩書房

ダルトン ・ トランボ

フォ ー インスクリ ーンプレイ事業部

神林長平

早川書房

第42回 5/ 15 く対面>

第43回 5/22 くオンライン>

①あなたの魂に安らぎあれ く第2ゲ ム> 自由

く第1ゲ ー ム> 「実」

く第2 ゲ ー ム> 自由 く第1ゲ ー ム> 「酒」

く第2ゲ ー ム> 自由

*②陽だまりの彼女 ③Me-Timeひとりの時間は大切。 *④戦争は女の顔をしていない

く第1ゲ ー ム> 「家」 ※1ゲ ー ムのみ

く第1ゲ ー ム> 「菌」 第45回 6/27 くオンライン>

く第2ゲ ー ム> 自由

越谷オサム

新潮社

&Premium特別編集

マガジンハウス

スヴェトラ ー ナアレクシェー ビッチ 岩波書店

⑤利休にたずねよ

山本兼一

PHP研究所

①源実朝

吉本隆明

筑摩書房

②うちカラスいるんだけど来る?

柴田佳秀

実業之日本社

*③発達障害で普通に生きられなかったわたしが 安藤まな 交際0日で結婚するまで

晶文社

①ふなふな船橋

吉本ばなな

②たとえる技術

せきしろ

新潮社

大塚敦子

講談社

①酒とバラの日々 一俺のJAZZ人生50年

尾田悟

エフエ ー 出版

②失踪日記

吾妻ひでお

イ ー スト ・ プレス

レイ ・ ブラッドヽリ

晶文社

*③ギブ ・ ミ ー・ア・チャンス

*③たんぽぽのお酒

朝日新聞出版

①むらさきのスカー トの女

今村夏子

朝日新聞出版

②彗星の木犀衝突を追って

渡部潤 一

誠文堂新光社

*③ハリネズミの願い ④THEやんごとなき雑談

第44回 6/ 19 く対面>

出版社

①関西ミュ ジアムマップ

*④ロ ー マの休日

著者

発表本 ー

く第 1 ゲ ー ム> 「休」

――

ト ー ン ・ テレヘン

新潮社

中村倫也

KADOKAWA

*①1000%の建築僕は勘違いしながら生きてき 谷尻誠

エクスナレッジ

②寺内貫太郎 一家

向田邦子

新潮社

③ド ー ルハウスの人々

=宮敦人

TOブックス

④百花

川村元気

文藝春秋

①イケメン隔離法

相羽鈴

集英社

②カビの不思議

椿啓介

筑摩書房

蛇蔵

講談社

④生きることと考えること

森 有正

講談社

①はたらく細胞

清水茜

講談社

②生きることと考えること

森有正

講談社

*③決してマネしないでください

*③ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた

青山通

新潮社

④そもそも島に進化あり

JII上和人

技術評論社

⑤親から始まるひきこもり回復 心理学が導く奇跡を起こす5つのプロセス

桝田智彦

ハ ー ト出版

※<対面>とあるのはすべて西志津ふれあいセンタ ー

11