志津ビブリオ通信Vol.10/Shizu Biblio Journal Vol.10

Page 1

Shizu Biblio Journal vol.10

10 TAKE FREE

特集

眠れぬ夜の怪しい話

◆ 特別企画 : 夏空に平和を想う。 ◆ インタビュー 『ひぐらし日記』日暮えむさん& どん太さん ◆大学ビブリオバトル優勝者が選ぶ「真夏に読むべきこわい本」 ◆ ぶんこれんの絵本箱 1

✿『志津ビブリオ通信』は佐倉市市民公益活動団体・志津ビブリオが発行する地域の交流誌です✿


特集

眠れぬ夜の怪しい話 怪談は日本の夏の風物詩。暑い季節に怖い話が好まれるのは、お盆の時期にご 先祖様の霊をお迎えするからとか、江戸時代に歌舞伎が夏になると幽霊や残忍 な殺しが登場する作品を「涼み芝居」と称して上演したからとか諸説あるそう です。今号では、寝苦しい夜をすこしだけ涼しくしてくれる本をご紹介します。

志津ビブリオの仲間たちが選んだ

「私の好きな 1 冊」。 菊地良一

出版社/講談社

出版社/タソガレ文庫

廃校寸前の小学校で行われた同窓会。しか しそれは、狂気のゲームの始まりだった。 『殺しあいをしてください。十分以内にひと りも死ななければ、十五年前のぼくが校舎内 の生き残りを減らしていきます』 仮面の巨漢により殺されていく同級生。そ の恐怖に躍らされ、殺しあいが始まる。 これはいじめられた山路君の復讐なのか。 そして十五年前のぼくとは何者なのか。 絶望のパニックホラー。本を開いたとき、 残酷な殺人劇が開幕します。

(岩手県奥州市)

著/オキシタケヒコ

著/笹原せつ

『十五年前のぼく』

( 千葉県佐倉市)

『おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱』

佐久間みほ子

山の中にある屋敷。 そこの座敷牢に幽閉されてい る下半身不随の美少女ツナ。 この設定だけで、 も う妖しすぎる。 土の匂い、 まとわりつく空気感、 座 敷牢の薄暗さ、 そこで暮らすツナの正体とは? ミミズクこと逸見瑞樹は両親を失い、 叔母夫婦 のいる田舎に越してきた。 そして 10 年前からずっと 週に一度その座敷牢に通い、 彼女の望むままに蒐 集してきた怪談を話して聞かせている。 胃潰瘍にな りながら、 おかしな夢をみるようなりながらも、 ひた すら彼女のために怖い話を求めていた瑞樹の前に、 拝み屋を名乗る不思議な男が現れる…。 ホラーで、 伝奇系ファンタジーで、 少しSFテイス トのあるボーイミーツガールの物語。 雑誌の記事の 体裁で、 実話系ホラー話が挟まれる。 これが、 ま た怖かったりする。

01


アメージング太郎

文芸出版 PHP

著/小野不由美 出版社/新潮社

著/吉 田 悠 軌 出 版 社 /

『一行怪談』

(千葉県君津市)

1 ページに 1 つづつ、1 ~ 3 行の短いお話が 書いてあるという、SNS 時代にはピッタリの 本です。短い文章から情景や人物の心理を読 み取るには想像力を働かせねばならず、まる で自由律俳句のように、恐さがジワジワきま す。「なぜそうなった?この後どうなる?」な どと、イメージを膨らませる読み方は、上級 者向け。もちろん、読書初心者の方や、怪談 に挑戦したいけど尻込みしている方にも、ラ イト感覚で楽しく読めます。

人口 300 名程度の外場村。夏の季節に腐 乱死体発見と共に謎めいた家族が引っ越して くる。やがて外場村で住人が不審死する事態 が相次ぐが…スティーブン・キングのモダン ホラー「呪われた町」 をオマージュしたホラー 小説で閉鎖的で古くからの因習が残る村を舞 台に吸血鬼の忍び寄る恐怖を書いている。終 盤の陰惨な殺戮では本当に怖い存在はどちら なのだろうか?と考えされて、ヒンヤリした 気分を味わいたいにはうってつけの一冊。

Tom.K

出版社/新潮社

出版社/青林堂

頭が弱いが絵を描くのが好きな蔵六は、 全身が 吹き出物で覆われる謎の奇病にかかり、 村はずれ の小屋に隔離される。 激痛に苦しみながらも、 皮 膚から吹き出す七色の膿を絵の具代わして、 色で 表現する悦びに夢中になって絵を描き続ける。 腐り 爛れた蔵六が発する腐臭が村に届くころ、 唯一の 味方だった母親も周囲の目を恐れ小屋に足を運ば なくなる。 そして、 ついに村人たちは 「怪物」 を殺 すために竹槍を手に小屋を囲む。 その画風ゆえに読む人を選ぶのは否めないが、 異 質を恐れ排除する共同社会の闇、 異形者の孤独 と慟哭、 創作への希求…それは怖く哀しく醜く清い 物語だ。

( 千葉県佐倉市)

著/宮部みゆき

著/日野日出志

『蔵六の奇病 』

( 千葉県佐倉市)

『あかんべえ』

及川洋子

02

『屍鬼』

愛蔵風斗

(千葉県佐倉市)

短編から長編まで様々ある宮部みゆきの江 戸物ホラーの中からご紹介するのは「あかん べえ」 。何といっても亡者がたくさん出てく る。彼らに対峙するのは「ふね屋」の12歳 の一人娘おりん。父と母が料理屋をひらいた 川沿いのお店に居つく亡者達が、成仏できず にさまよう謎を解いていくミステリーでもあ り、亡者を心の闇の隙間に呼び込んでしまう 人間の性が描かれる哀しい物語でもある。最 後に本を閉じた後は自然と合掌していた。


こわい絵 本 佐倉地域で心を込めて選んだ絵本を子どもたちに読み聞かせる活動をしている 佐倉地域文庫連絡会がおすすめする絵本をどうぞ。

『めっきらもっきら どおんどん』

『ちいさい ちいさい おばあさん』

作/長谷川摂子 絵/ふりやなな 福音館書店 (1985 年発行)

絵/ポール ・ ガルトン 訳/はるみこうへい 童話館出版 (2001 年発行)

ひとりぼっちの夏休み。 かんたはお宮の大木の根の穴に吸いこまれ て、 落ちた所は夜の山、 へんてこりんな妖怪もんもんびゃっこ ・ しっ かかもっかか ・ おたからまんちんに出会う。 おっかない顔の3人組 だが、 かんたと遊びたくてたまらない。 仲良くなって夢中に遊ぶうち に….。 愉快な和のあやかしが登場する日本の夏の絵本決定版。

題名からは、 どんなに可愛らしいお話なのかしらと思いますが、 表紙の主人公と窓の外のお月さまは、 不穏な表情をしています。 「昔々、 小さい小さい村の小さい小さい家に、 小さい小さいおばあ さんが住んでいました」 とはじまり、 小さい小さいを繰り返し恐怖の クライマックスへと。 小さい小さい怖い体験をどうぞ。

『おばけやしきへようこそ!』

『しゃっくりがいこつ』

作/キッキ ・ ストリード 絵/エヴァ ・ エリクソン 訳/オスターグレン晴子 偕成社 (1996 年発行)

作/マージェリー ・ カイラー 絵/ S ・ D ・ シンドラー 訳/黒宮純子 らんか社 (2004 年発行)

森の奥深く道に迷った女の子 が 怪しいお屋敷の扉を叩く と、 出てきたのは魔女! 久々に訪れた人間を脅かそう とおばけ達は大はりきりなので すが、 女の子は冷静そのもの。 おびえるどころか魔女も怪物も 従えて…。 次々と現れる北欧 のおばけたちのこわーい姿にド キドキ、 彼らを賢くあしらう主 人公にワクワク。

がいこつが目を覚ますと、 しゃっ くりがヒックヒックヒック、 止まりま せん。 歯みがきをすると下あご が外れ、 骨のお手入れをすると 腕が取れてしまって大変。 友だ ちのオバケが薦める “しゃっくりの 止め方” を片っ端からやってみ ますが…。 かなりユニークなその 方法や必死(?)になってい るがいこつの描写がおもしろい。

文庫連は、 乳幼児期から本に親しむ機会がさまざまな場で用意されていることを望みます。 おはなし会に興味のある方、 文庫を開きたい方等々、 絵本 ・ 本を学びながら活動しませんか。 会員を募集しています。 定例会は毎月第2水曜日。 毎月 10 日は<金毘羅おはなし会> 場所:佐倉市立美術館4F ホール ◆日

程:8/10( 水 )、 9/10( 土 )、 10/10( 月 ・ 祝 )、 11/10( 木 ) (10/10 は、 いつもとちょっと違う 「おとなもいっしょのおはなし会) ◆時間帯:① 10:30 ~② 11:15 ~(各回約 30 分)

☆読み聞かせ講座を開催します☆

◆日 時: 8 月 25 日 ( 木 ) 初心者 10:00 ~ 12:00 中級者 14:00 ~ 16:00 ◆場 所: 臼井公民館集会室

◎お問合せ:☎ 043-461-5559(内藤)

03


大学ビブリオバトル全国大会 優勝者が選ぶ

真夏に読むべきこわい本 大学生ビブリオバトラーの頂点を決める 「大学ビブリオバトル ・ オンライン 2021」 で、 最高賞のグランドチャンプ本を 獲得した長谷川凜太郎さん(人間環境大学大学院)。 数々のホラー作品も読破してきた長谷川さんに、 真夏に 読むべき選りすぐりのこわい本を紹介していただきました。

『いるのいないの』 文/京極夏彦 絵/町田尚子 編/東雅夫 出版社/岩崎書店

日本を代表する怪談文 芸や怪奇幻想文学のプ ロフェッショナルが、 「こわ い」 を描く 「怪談えほん」 シリーズの 1 冊。

『残穢』

著/小野不由美 出版社/新潮社 この家は、 どこか可怪し い。 転居したばかりの部 屋で、 何かが畳を擦る 音 が 聞 こ え、 背 後 に は 気 配 が …。 山 本 周 五 郎賞受賞作。

初めまして。昨年、大学のビブリオバトル全国大会で優勝した長谷川です。私が一番好きなジャンル はホラー。というわけで、私が出会った数々の「こわい本」の中からとっておきを 2 冊、ご紹介します。 まず一冊目。 『いるのいないの』。絵本です。なんだ絵本か、と思った方、お気を付けください。凡百 のホラー小説を凌ぐ切れ味です。作者はあの京極夏彦。 ある少年が、一人暮らしの祖母の家へ泊りにくるところから物語は始まります。祖母の暮らす古い日 本家屋。その暗い天井の梁の上に、「なにか」がいる気配を少年は感じるのです。 < 以下、本文から引用> でも。みちゃう。いるかもなとおもうとみちゃう。 みたら。みたらみたら。 「みたらこわいさ」 ——————いるからね。 <引用おわり> 天井になにが「いた」のか、興味と勇気のある人だけ、読んで確かめてください。絵本ですが、お子 さんが読むとトラウマになる恐れがあります。ご注意ください。 二冊目。 『残穢』。今までも、そしてこれからも、間違いなく私の人生で「一番怖い」物語。相応の覚 悟をして読んでください。この小説の怖さを一言で表すなら、「現実を侵食する恐怖」です。 この本を読んだ友人たちから「部屋の中で物音がするようになった」と報告を受けています。もし貴 方が読んでいる最中に、サッ…サッ…と箒を掃くような音が聞こえたら、必ず読むのを中断してくださ い。その場合、もう、手遅れだとは思いますが。 一緒に祟られましょう。

04

文:長谷川凜太郎(はせがわ ・ りんたろう) 高校では俳句甲子園、 大学ではビブリオバトルでそれぞれ全国優勝する。 最近の悩みは友達に 「ビブリオバトルで日本一になった!」 と 報告したら 「いぶりがっこで日本一!?」 と聞き返されたこと。 現在は大学院で心理学を学びながら、 大会史上初の大学ビブリオバトル 二年連続日本一を狙う。 来年から臨床心理士 ・ 公認心理師。


ビブリオじいさんの本棚

ビブリオ オ ビ ブ リ じい いさ さん んの の じ 本棚 棚 本

BOOK REVIEW

Ghosts and Sprits beside You

いさん」の本棚もとっておきの怖い話、不思議な話を紹介しよう。読み始める前に後ろ

志津ビブリオ通信第 10 号の特集は暑い季節にぴったりの「怪」 。そこで「ビブリオじ

に誰か立っていないか確かめてね。でも、読み終わると後ろに誰かいるかもしれないよ。

『死の海 「中河原海岸水難事故」 の真相と漂泊の亡霊たち』 作/後藤宏行 出版社/洋泉社

ものかもしれない。

識の鎮魂の思いがあるのだろう。そうした思いこそが霊と言われる

れた。そこには集団としての戦争の記憶と亡くなった人々への無意

そして戦争の犠牲者が楽しそうに泳ぐ女生徒を誘いに来たと感じら

つき、空襲で焼死した犠牲者から着ていた防空頭巾につながった。

多数の女生徒が溺死した事件が七月二十八日の空襲の記憶に結び

記憶が呼び起され、話に尾ひれがついて広まったものだった。

た。偶然にも事故の起きた日付が空襲の日と同じだったため人々の

時の新聞報道とその後のオカルトブームに便乗した雑誌記事だっ

そこから浮かびあがるのは水難事故と空襲の犠牲者を結びつけた当

んに調べ現存する関係者に聞き取りをおこなってこの本を書いた。

著者は事故を心霊的に取り上げるのでなく、当時の記録をたんね

言われていた。

事故の起きた中河原海岸は焼死した人々の遺体を処理した場所だと

二十年七月二十八日津市は空襲を受け、 たくさんの犠牲者を出した。

話が広がった。それを聞いた津市の人々は驚愕した。十年前の昭和

たちはもんぺをはいて防空頭巾のようなものを被っていた」という

くさん現れてひっぱりにきた」と語ったと報道され、 「その女の人

だ っ た。 溺 れ か け て 助 け ら れ た 女 生 徒 が「 海 の 底 か ら 女 の 人 が た

惨 事 が 起 き た。 当 日 は よ く 晴 れ て 波 も 穏 や か で 絶 好 の 海 水 浴 日 和

来ていた中学生が海にのまれ三十六名の女生徒が水死するという大

昭和三十年七月二十八日、 三重県津市中河原海岸で臨海学校に

これは本当にあった話だ。

夏の海の怪談

上下』

二十世紀初頭、シベリアの片田舎の農民出身のロシア正教の修道

ることがある。私たちはオウム真理教の「麻原彰晃」にそれを見た。

僧にすぎなかったラスプーチンもその不思議な力でロシア皇帝夫妻

に取り入り歴史すら変えてしまう。ラスプーチンはその病気を治癒

する力で皇太子アレクセイの血友病を治し、皇后アレキサンドラの

信頼を得ることにより宮廷の女性達の心を捉えていく。予知の力を

持ち日露戦争でのロシアの敗北や自分の死も予言する。最後にはラ

スプーチンの宮廷への影響を懸念する貴族によって暗殺されるが、

青酸カリをもられ銃弾を浴びても死なず、氷結した河に沈められて

著者はラスプーチンについての俗説や風聞にとらわれず関係者の

やっと息絶えたという驚異的な生命力の持ち主だった。

日記や手紙などの一次資料を調べてその姿をドラマチックに描き出

す。同時に皇帝から庶民までロシア正教とその神秘性に抗いがたく

惹かれ救いを求めようとするロシア人の魂の奥底を見ることにな

утин」、 最初の三文字を取ると「Путин」 (プーチン)となる。

後の皇帝となった。ところでラスプーチンはロシア語で「Расп

との関係にそっくりなのが不気味だ。ニコライ二世はロシア帝国最

彼の精神的なバックボーンである現在のロシア正教のキリル総主教

ラスプーチンと皇帝ニコライ二世の家族との関係が、プーチンと

る。

05

著/エドワード・ラジンスキー 訳/沼野 充義、望月 哲男 出版社/ NHK 出版

『真説ラスプーチン

宗教者の持つ不思議なパワーに普通の人々が魅了されとりこにな

怪僧ラスプーチンは蘇る


<文 ・ ビブリオじいさん> 本を読める時間は短くなっていくのに、 読みたい本はどんどん増えていく。 書棚に本が溢れているのに、 今日も図書館 ・ 書店 ・ 古本屋通い。 それでもまだまだビブリオバトルに参戦するは、 「あっ」 と驚く本に出合い たいから、 そして忘れられた昔の本を紹介して 「へぇ~そんな本があった んだ」 と言ってもらいたいから。

『仙境異聞 勝五郎再生記聞』

著/谷川健一 出版社/講談社学術文庫

『魔の系譜』

に戻ってきた寅吉という少年が江戸の街に現れ大きな話題となった。

超えた鬼や魔ものに私たちは怖がりながらも、なぜ心を惹かれるの

の状も見えず、なほ上るまゝに段々小さくなりて、星のある辺まで

見えて、広く丸く見ゆるが、漸々に上り見れば、段々に海川、野山

問に、 「やや飛び上がりて見れば、海川、野山、人の行き来ふ状まで

例えば寅吉は「大空よりこの国土を見たる状はいかに」という質

めるために勅使を使わして霊を祀ることだった。また、 「バスチャン

ましてきた。明治天皇が即位して最初に行ったのは上皇の怨霊を鎮

た崇徳上皇はその地で無念の最期を遂げた。その霊は代々皇室を悩

たのかもしれない。例えば、平安末期に陰謀によって讃岐に流され

私たちが時として抱く恐れや不安も遠い昔の人の思いが伝わって来

の魔が歴史の魔と合体する時、それは繰り返し再生する」と言う。

著者は「魔」とは個人の中にひそむ怨念や呪詛などであり「個人

昇りて国土を見れば、光りて月よりは余程大きく見ゆる物なり」と

顧り見れば、本の如く星にて有りしなり。然れば星は気の凝りたる

きくぼうと為たる気に見えたる、その中を通り抜けて遠くに行きて

殊に大きく見ゆる星を目ざして連れ上がりしが、近くに寄るほど大

星を見たいと言ったところ、天狗は「見すべしとて此の土より見て

また、 「星はいかなる物か?」という質問に答えて、師匠の天狗に

残して処刑された。その思いは後に生きる誰かに蘇っているかもし

りは成仏しない祈りだ。悪鬼になれるよう祈っているのだ」と書き

を守ったのか? 最近では二・二六事件の首謀者磯部浅一は「余の祈

からとられた洗礼名だった。遠い昔の殉教者の霊が隠れキリシタン

きたと説く。バスチャンとはローマ時代の殉教者サンセバスチャン

信仰のよりどころになって禁教が解かれるまで信仰を守ることがで

がさまざまに形を変えながら潜伏キリシタンの精神的な支えとなり

考」では隠れキリシタンとして処刑された信徒「バスチャン」の霊

物かと思わるゝなり」と星がガスの塊であると答えている。太陽系

著者は「死者は、生者が考えるほど忘れっぽくない」と言う。確

れない。

かに今の私たちが抱くさまざまな思いは、実は遠い昔に先祖たちの

願いや恨みなどの思いが私たちの心に流れ着いて蘇ったのかもしれ

科 学 技 術 の 水 準 も ま だ ま だ 天 狗 の 域 に は 達 し て い な い。 こ の 本 は

ない。

昔 か ら 天 狗 は 宇 宙 空 間 を 自 在 に 行 き 来 し て い た よ う だ。 現 在 の

だ。

惑星最大の星、木星がガス惑星だとわかったのは最近になってから

ことのできない地球の光景だ。

答えている。これはロケットで宇宙空間に行ったのでなければ見る

き取りをおこないその驚くべき天狗の世界での見聞を記録した。

だろうか?

漫画の世界では『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』が大流行だ。理屈を

心にひそむ魔物

不思議大好きの神道学者の平田篤胤が門人や知人とともに寅吉に聞

文政三年(1820年) 、幼少期に天狗の世界に入り再び人間界

作/平田篤胤 出版社/岩波書店

で話題になったことがきっかけで再刊された。SNSにはこ Twitter んな効用もある。

06

SNS で再発見、 江戸の異界探訪


ビブリオじいさんの本棚

霊界の楽聖たちが私に授けてくれたもの

著/ローズマリー・ブラウン 出版社/国書刊行会

』 『詩的で超常的な調べ

ジャーなものから初めて聞く珍しい幽霊まで、ロンドンの至る所に

正規の音楽教育は受けずピアノが少し弾ける程度だったが、ある時

ベルト、ベートーベン、バッハが次々と彼女を訪ねてくる。彼女は

幽霊を見ることはできなくて、チャーチル愛用の葉巻の香りで現れ

だ。ホワイトホールの近くではチャーチルの幽霊がいる。ただし、

いる。著者自身も訪ねた時に黒い僧服の男性に話しかけられたそう

ター寺院では神父姿の幽霊が現れ訪問者と言葉を交わすと言われて

例えば、ウィリアム王子の結婚式がおこなわれたウェストミンス

ある心霊スポットとともに紹介してくれる。

ピアノを弾いていると突然彼女の指が自然に動きだして聞いたこと

たことがわかるとか。ドルアリー・レーンという劇場には瘦身の美

れるそうだ。セザンヌやゴーギャンなどの印象派絵画で有名なコー

オン劇場の楽屋にはフレディ・マーキュリーの幽霊が舞台衣装で現

といわれ関係者はその出現を待ち望んでいる。劇場と言えばドミニ

青年の幽霊が現れる。この幽霊が初演直前に現れると大ヒットする

のない曲を弾き始める。それは霊界の音楽家から託された曲だった。

で検 Rosemary Brown

トルド・ギャラリーはネルソン提督やクロムウェルと歴史的な人物

1789年開業のレストラン「ルールズ」だ。ここにはチャールズ・

ぜ ひ 訪 れ て み た い の が、 ロ ン ド ン 最 古 の レ ス ト ラ ン と 言 わ れ る

の幽霊で有名。 村紘子さんが訪れた時、初対面のブラウンさんから「あら、ショパ

値段もそれなりに張るようだ

だし、ドレスコードは厳しくてネクタイとジャケットが必要だ。お

ウェルズ、グレアム・グリー ディケンズ、コナン・ドイル、 G.H. ンの文豪の幽霊が出る。お会いしてサインをもらいたいものだ。た ( 「ピアニストという蛮族がいる」より)

村さんはショパンに会える機会を逃したと残念な思いをしたそうだ。

ンに会わなかった?ついさっきまでここにいたのよ」と言われ、中

ジに行く前に買い物の金額を教えてくれた。また、ピアニストの中

ちなみにリストは暗算が上手でブラウンさんが買い物に行くとレ

で聴くこともできる。試しに聴いてみてはどうだ 索すれば YouTube ろうか? どこかで聞いたことがあるような気するかもしれない。

にもなって発売されている。その一部は CD

こんな話を聞くと胡散臭いと思うかもしれないが、それらの曲は

うさん

て彼女が楽譜におこした曲は四百曲以上にのぼる。

これらのゴースト・コンポーザー(幽霊作曲家)からの霊感をうけ

現れて親友と呼べる間柄となる。リストの紹介でショパン、シュー

彼女が七歳の時にフランツ・リストの霊が現れる。以来たびたび

本だ。

次もイギリス。怖い話が大好きならコロナ後の海外旅行はロンド

著/平井杏子 出版社/大修館書店

ンがいいかもしれない。この本が大英博物館や国会議事堂などのメ

『ゴーストを訪ねるロンドンの旅』

島では「いたこ」と呼ばれる。英国には音楽家専門の霊媒師がいて、

幽霊に会いにロンドンへ!

その霊媒師自身があの世から現れた音楽家との交流を綴ったがこの

霊媒師とは死者の霊を呼び出すことができる人のことだ。下北半

聴いてみませんか? あの世からの名曲

07


著/ウンベルト・エーコ 訳/橋本 勝雄 出版社/東京創元社

ユダヤ人の長老が集まりユダヤ人による世界征服の密謀を図ったと

紀末ユダヤ人がまだ国を持たず世界中に散らばっていた頃、各国の

書)で、後のナチズムやホロコーストの原因になったと言われる史

江戸中期の旗本で勘定奉行も勤めた根岸鎮衛は無類の話し好き

さず」と書き記したのが、この「耳袋」だ。

この「シオン賢者の議定書」は実際に存在するが、それが出来上

上最悪の偽書と呼ばれている。

に い た 鳩 を 捉 え よ う と 狙 っ て い た。 和 尚 が 声 を か け 鳩 を 逃 が し て

の言葉をしゃべるという話もある。牛込の寺で飼われていた猫が庭

で現れたが、昔のことは何一つ覚えていなかったという。猫が人間

夜、厠に立ったきり姿を消した。二十年後に再び同じ厠から同じ姿

巧みさに注意して読まないと実際にあったことかと錯覚するほど

論の要素もちりばめられ史実とフィクションを織り交ぜる語り口の

件を背景に展開する。しかもイエズス会やフリーメーソンなど陰謀

争、普仏戦争、ドレフェス事件など十九世紀後半の実際の歴史的事

ルディ、フロイトなど実在の多くの人物が登場し、イタリア統一戦

だ。ここにはアレキサンドル・デュマ、ドストエフスキー、ガリバ

が る ま で を 架 空 の 人 物 を 主 人 公 に し た 小 説 が こ の「 プ ラ ハ の 墓 場 」

やった。すると猫が「残念なり」と言った。驚いた和尚が尋ねると、

かわや

猫は「猫も十歳をすぎれば人語を話すようになる」と答えたとか。

て来た狐です。あなたの望みをかなえ、 困った時にはお助けします」

た本書、手のこんだいたずらが好きだったエーコは 「私の手にかかっ

てしまう。 「バラの名前」のウンベルト・エーコの最期の作品となっ

にもなっている。うっかり読むとこの作品の持つ強烈な毒に当たっ

本書はフェイク情報の作り方そして本当だと思わせ方法の指南書

だ。

と言い残して去った。しばらくして道益は長崎奉行の腫物を治した

んでるかもしれない。フェイク情報の恐ろしさは、何も知らない人

たら、陰謀史観なんで簡単にでっち上げられるのだよ」とほそく笑

を本当だと信じこませたり、嘘と解かっている人も引っかかってし まうことだ。

「耳袋」は妖怪譚というだけでなく、江戸の人々の暮らしや気持

八百近くある。

のが縁で念願だった江戸に移りそこで医業は繁盛した。こんな話が

を治療したが代金は取らなかった。旅人が「実は私は江戸からやっ

狐が恩返しした話。長崎に道益という医者がいた。ある日旅人の傷

かわや

こんな不思議な話もある。近江八幡の豊かな商家の主人が、ある

怪ばかりではない。

耳袋というと妖怪譚の代名詞のようになっているが出てくるのは妖

されるのがこの「議定書」の内容だ。荒唐無稽の偽書(フェイク文

十九世

『プラハの墓場』

「シオン賢者の議定書」を聞いたことがあるだろうか?

フェイク情報の恐怖

だった。鎮衛が三十年あまりに渡って書き留めた江戸の街の怪談、

著/根岸鎮衛 出版社/平凡社・東洋文庫

奇談、逸話などを「世の人に見すべきにあらねど、聞きし儘に洩ら

『耳袋』

ちをリアルに知ることができるため多くの時代小説の題材として取 り上げられ落語のタネ本にもなっている。

08

江戸の都市伝説


~地元できらり、地域の人が憩う場所~

ぼ り が は た め い て い ま す。 ブ ッ ク カ フ ェ

か っ た 線 路 沿 い の 一 軒 家 に、 葡 萄 色 の の

JR佐倉駅から少し四街道方面に向

か。 親 子 三 代 が 食 で つ な が る 温 か い お 店

やケーキのチェックに協力してくれると

立しコックとして働く娘さんもメニュー

く つ ろ ぎ ス ペ ー ス と、 楽 に 読 書 が で き る

し た。 奥 の 小 上 が り 和 室 に は 座 卓 の あ る

橋敦子さんが優しい笑顔で迎えてくれま

を 開 け る と、 カ ウ ン タ ー 越 し に 店 主 の 高

お 客 様 も い ら っ し ゃ る そ う で す。 引 き 戸

達 成 感 で と て も 感 動 し ま し た。 誰 か に お

か な と 不 安 で。 だ か ら 読 み 切 っ た 時 に は

た も の の、 最 初 は こ ん な 分 厚 い 本 読 め る

集 』。「『 遠 藤 周 作 集 』 は 、 人 に 勧 め ら れ

そ し て、 も う 1 冊 は 分 厚 い 『 遠 藤 周 作

1 冊 は 、 外 函 入 り の 『 星 の 王 子 さ ま 』。

物 と い う 二 冊 を 見 せ て く だ さ い ま し た。

高 橋 さ ん に オ ス ス メ の 本 を 伺 う と、 宝

ように椅子のスペースが仕切ってありま

勧めされた作品を読むことの楽しさを教

6.

で す。

す。 壁 際 の 本 棚 に は お 客 様 か ら 寄 贈 さ れ

え て も ら っ た 本 」 だ そ う で す 。「 で も 、

5.

る の ぼ り が 気 に な っ て」 と、 来 店 さ れ る

た と い う 重 厚 な 『徳 川 家 康 集』 か ら、 全

実 は 一 番 好 き な 本 は『ち び ま る こ ち ゃ

E RV I E NT

多 い で す が、 し お り 堂 さ ん は 土 日 も 営 業

4.

「 し お り 堂 」 さ ん で す 。「 電 車 か ら 見 え

巻 そ ろ っ た『 鬼 滅 の 刃 』ま で 。 小 さ な キ ッ

ん』 な ん で す。 さ く ら も も こ さ ん の 世 界 観 が 大 好 き で …」 と、 話 し て く だ さ い ま しおり堂のお客様は近隣にお住いの方

し た。 が 多 く、 カ ウ ン タ ー で 高 橋 さ ん に 話 を 聞

さ れ て い ま す。 地 元 に 愛 さ れ る 素 敵 な

3.

そとばこ

ズ ス ペ ー ス も あ っ て、 子 連 れ で も 座 敷 で 看板メニューは高橋さんのご自宅で収

ほ っ と 一 息 で き ま す。 穫 し た ゆ ず を 使 っ た ド リ ン ク や、 秋 か ら 冬にかけて地元佐倉のレモン農家さんか

い て も ら っ た り、 本 を 手 に 邪 魔 さ れ な い

ら仕入れる無農薬レモンで作るレモネー

ひ と り 時 間 を 過 ご し た り、 お 友 達 同 士 で

た 沢 山 の 本 を 置 い て、 カ フ ェ と し て リ

JR佐倉駅周辺は土日お休みのお店が

ち 寄 れ る 憩 い の 場 で す。

お 茶 を 飲 ん だ り と、 地 域 の 方 が 気 軽 に 立

ド。 手 作 り の 優 し い 味 の シ フ ォ ン ケ ー キ も と も と こ の 場 所 で、 高 橋 さ ん の お 母

や チ ー ズ ケ ー キ も 人 気 で す。 様が日本舞踊の披露を兼ねて和食のお店

ニ ュ ー ア ル オ ー プ ン。 一 度 は 引 退 さ れ た

(取 材 と 文

ブ ッ ク カ フ ェ 、ぜ ひ お 立 ち 寄 り く だ さ い 。

を さ れ て い ま し た。 五 年 前、 自 宅 に あ っ

お 母 様 も、 ま だ 現 役 で 週 に 一 度 の ラ ン チ

川 口 知 子) に 一 品 腕 を 振 る っ て い ま す。 そ し て、 独

2.

09

1. のぼりが目印のしおり堂。本 好き家族のお店だから「しおり」 と命名 2. 入口近くの棚にも佐倉 で話題の本が並ぶ 3.子ども連 れでもくつろげる小上がり和室 4. 本はお客様からの寄贈もあっ て増えたそう 5. 毎週金曜日の数 量限定おまかせランチ定食。こ れでなんと550円 6. 自家製の ホットゆず茶とケーキ

1.

ブックカフェ&雑貨 しおり堂 (佐倉)

本には人と人をつなげて交流を促す不思議な力があるようです。 本を介して出会った素敵な人やお店を紹介します。

◆営業時間:10:00~17:00 定休日:月/火/水 ◆木~日(ドリンク&スイーツ) 金曜おまかせランチ 11:30~13:30

I

W

ほんとひと 住所:佐倉市表町 1-12-1(P有) 電話:043―371―0027

I

W

URL www.facebook.com/sioridou/ Twitter @ sioridou2017

E RV I E NT 雑貨 しおり堂 ブックカフェ&


My Dear Hometown 『私の好きな佐倉の風景』

冴えない天気の続いた今年の GW。後半の貴重

な晴れ間、新緑を求めて川村記念美術館へ。駅か

ライフクオリティの高さは、その社会が持つ社

らバスに揺られ到着した庭園入口から、緑生い茂

会資本の豊かさに大きく関わるとか。それは経済

連休限定のキッチンカーで昼食を入手し、まず

ども含めての話らしい。欧州の人たちのライフク

る散策路を抜け、奥に広がる広大な広場を目指す。 は腹ごしらえ。地元の食材満載のランチがお腹も 心も満たしてくれた。余韻を楽しみつつ、子供た ちの走り回る姿に心が和んだところで、さていよ いよ散策開始。眩しいほどの新緑と木漏れ日、池

を優雅に泳ぐ白鳥、日傘をさして歩く女性たち。 それは正にスーラの絵の世界そのもの。こんな素 晴らしい空間を身近に無料で楽しめるこの贅沢た

10

るや!

面のみならず、美しい街並みや公園、文化施設な オリティが高いのは、その恩恵を誰もが簡単に享 受できる環境に寄るところが大きいのかもしれな い。転じてわが街佐倉はどうだろう。豊かな自然 や文化施設、地産地消のレストラン…。決して引 けを取らないのではないだろうか。帰りのバスの 車窓に広がる里山の風景を眺めながら、改めて佐 倉に住む幸せを噛み締めた。

<プロフィール> 伊藤健司:佐倉市在住。色々な画材を用いて、様々なジャンルの絵を、気の向くままに描いています。 音楽・建築・旅・本・珈琲・器を愛好する。好きなミュージシャンはキケ ・ シネシ、ラーシュ・ヤンソン ・ トリオ、 A ・ C ・ ジョビン。好きな建築家は吉村順三、アルヴァ ・ アアルト。好きな旅先は沖縄、京都、長野。


訪ねて来られました。その女性は満州からの引揚者で、「自

ています。そのアルバムには、陸軍からの『私物許ス』と

を自分のカメラで写したアルバムを2冊も持ち帰ってくれ

ません。ただ、母の祖父、つまり私の曾祖父が満州の様子

れています。このアルバムがマンガの背景の元になってい

分の戦争体験をどうしても伝えておきたい」 と仰るのです。

ます。アルバムにない背景は、文献を読んでそこから想像

いう検印が押されています。曾祖父は背中を槍で刺され、

で 連 載 し て い る『 新 ひ ―― コ ン テ ン ツ 配 信 サ イ ト cakes ぐらし日記』では、2021年5月から「祖父と戦争」を

を膨らませて描いています。そこは人々が厳しい現実を生

その方が話してくださったのは、戦時中の満州での生活や

テーマにされていますね。

きていた場であるのですが、それも含めてやりがいを感じ

重傷を負いながらも、この2冊のアルバムだけはしっかり

えむ 祖父は戦争中に徴兵されて軍人として満州に出征し

ています。

敗戦後の苦難の旅です。その体験は「春子さんから聞いた

ました。帰還後、戦場での出来事を子供だった私にぽつり

――これからも、こうした戦争体験を語り継ぐ作品を描い

と胸に抱えて帰国したそうです。ページをめくると、満州

ぽつりと話してくれました。当時、私は幼過ぎて感情も今

ていこうと思われますか。

満 州 の 話 」 と し て、 『新ひぐらし日記』の中で描かせてい

ほど豊かではなかったので、祖父が「鉄砲を撃っても全然

の風景、陸軍兵舎、戦友たち…貴重な写真がたくさん貼ら

敵に当たらなくて、刀を抜いてやり合った」などと話すの

は えむ 現在、 『新ひぐらし日記』を連載している cakes 本年8月末日でのサイト閉鎖が決定しています。その後は

れた方がいらっしゃいましたし、成田山の門前では傷痍軍

私が子供だった昭和の終わりごろは身近に戦争を体験さ

す。祖父や春子さんたちが私に話してくれたことを、マン

著/柳瀬 博一 絵/日暮えむ 幻冬舎

『親父の納棺』

『ひぐらし日記』 著/日暮えむ KADOKAWA

大賞」で審査員特別賞を受賞。

ただいています。

を聞いても「そうだったんだ」と思うだけでした。今だっ たらその凄惨さに身が縮む思いがするでしょう。

てくれなかったから」というので驚きました。母に戦争の

人の方を見掛けることもありました。先日、私の母校でマ

というサイトの中の〝紋白蝶〟というプラットフォー note ムで『新ひぐらし日記』の連載を続けていく予定です。皆

話をするには傷口が生々しすぎたのかもしれません。孫の

ンガ教室をしたのですが、先生方が「今の子供たちは文章

祖父は戦争の話を、私にだけしてくれていたようです。

私が小学生になる頃には、その傷にようやく瘡蓋ができた

で読むより、パッと目から入ってくるマンガの方が興味を

今回、連載を始めるにあたって母に「じいちゃん、満州に

のかもしれません。読者の方から「うちの祖父も出征経験

持ってくれるし、理解もしやすいようです」と話してくだ

さんにもぜひまた読んでいただけたらと思います。

がありますが、戦場でのことは一切話しませんでした」と

行ってたんでしょ」と確認したら、 「知らない。何も話し

いうメッセージをいただくことがあります。過酷な経験を

さいました。

らない世代にも祖父や春子さんの体験から、戦争というも

子供たちが未来を担うわけですから、戦争をまったく知

口にすれば思い出す、それが辛かったのではないでしょう

のを知って欲しいと思います。もうすぐ戦後

か。 ――どん太さんは「祖父と戦争」編の背景を描くとき、ど

年を迎えま

んな思いがありますか。 どん太 満州からの引揚者は帰還時に写真や本、自分で書

及川洋子)

ガを通じて読者に伝えていけたらと思っています。 (取材・文

いた物でさえ持ち帰ることができなかったそうです。だか ら、いま現在ネット等で公に見られる写真はほとんどあり

など、失われた時代の原風景が綴られている。2019

年幻冬舎×テレビ東京× note「# コミックエッセイ

日暮えむ ( 漫画家 ) 成田市在住、成田高等学校卒業。 利根川沿いの田 園風景が広がる豊住地区に生まれ育つ。小 3 の時、 担任の先生からすすめられて日記を書きはじめ、 以来 1 日もかかさず書いてきた。 その日記をもと に、昭和・平成・令和へとまたがるエッセイ漫画「ひ ぐらし日記」、 「新ひぐらし日記」を執筆。2019 年、 「コミックエッセイ大賞」で審査員特別賞を受賞。

日暮えむ先生が挿絵を担当した 『親父の納棺』 が、 幻冬舎から 8 月 3 日に発売されます。 『国道 16 号線』 などの著作もある東 京工業大学教授の柳瀬博一氏が、 突然、 父親の 「おくりびと」 になった体験から綴った家族への想い。 「死者へのケア、 死者 からのケア」 についての論考など。 『バカの壁』 の養老孟司氏イ ンタビューも収録されています。

どん太(イラストレーター ) 成田市在住。 成田高等学校、武蔵野美術大学を卒 業したのち 作品の背景を担当している。 日暮え む氏の息子であり仕事の良きパートナー。

12

80

としょさんと過ごした優しい日々

利根川沿いの成田の農村生まれの著者が 40 年に渡る

日記の記録と記憶をもとに描いた昭和への郷愁を覚

えるコミックエッセイ。忙しい家族に代わり洗濯や

食事の支度などを担った明治生まれの曾祖母との想

い出を軸に、昭和の終わりごろの普通の人々の普通

の生活をマンガ化した。89 歳で亡くなった曾祖母を、

故人が生前から希望していた昔ながらの土葬で弔う


イラストレーター

マンガで語り継ぐ 未来への想い

しょさん(曾祖母) 」と暮らした日々を軸に描かれてい

――『ひぐらし日記』では、 成田市の懐かしい情景を「と

ンガを描きたい気持ちがどんどん募っていき、作品を描

い方を教えてもらっているうちに楽しくなってきて、マ

Twitter

が主催するコミックエッセイ大賞が開催される note ことを知ったのですが、 応募方法は「#(ハッシュタグ) 」

マ ン ガ を 描 き 始 め て 1 年 ほ ど 経 っ た あ る 日、

いては漫画投稿サイトにアップしていきました。

小学校3年生の時に担任の先生が日記を書くこと 年以上欠かさず日記を書いてい

ますね。 えむ を勧めてくれてから、

を付けるだけというものでした。数ヶ月後、審査員特別

たが、としょさんは忙しい家族に代わり家事を担ってい

としょさん」と呼んでいました。我が家は7人家族でし

先生が審査員だったのですが、ご夫婦で『ひぐらし日記』

どん太 『あたしンち』で知られる漫画家のけらえいこ

休み中で、にわかには信じられませんでした。

賞を受賞したことを知ったのは当時勤めていた会社の昼

て、幼かった私たち姉弟を優しく見守ってくれていまし

いました。成田市でも数年ぶりに行われ、それが市内最

とを望んでいたので、市に特別に申請して「土葬」で弔

りませんでした。そして、生前から土に埋めてくれるこ

耐える日々でしたが最後までわがままをいうことはあ

にあるイメージと実際の風景とをすり合わせながら絵を

しょっちゅうですが、一緒に取材に行って母の記憶の中

て い る と、 ど う し て も 遠 慮 が な く て ケ ン カ す る こ と も

いの得意分野を合わせて制作しています。親子で活動し

のは好きだけど景色や風景を描くのは苦手なので、お互

の美術的な表現が得意。母はストーリーを考えたりする

私はマンガのストーリーを考えることよりも背景など

を推薦して下さったそうです。

後の土葬となりました。

描いています。 少女時代から本やマンガが好きで、 「あしながお

えむ

マンガは成田市役所の職員さんも注目されて ―― Web いたそうですね。 読していました。マンガでは大島弓子先生や岩館真理子 先生の作品などが好きでした。中学生の頃には、プロの 漫画家に憧れてコマを割ったマンガを描き始めたのです が、将来の仕事にするとなると堅実な母は「マンガで生 万人に1人」とか、どこで知った

暮えむ展」を開催していただきました。原画展示のほか

けては成田市文化芸術センターで、成田市さん主催で 「日

さんとご縁がつなが こ と を き っ か け に、 KADOKAWA り書籍化に結び付きました。2021年4月~5月にか のかわからない情報を持ってきて大反対してきました。

にトークイベントや4コマ漫画教室のワークショップ、

歳の女性が、遠方から娘さんの運転で展示会場に私を

新聞社に取材されました。その取材記事を読んだという

どん太のライブペインティングなどを行い、その模様は

結局、夢は封印して普通に大学英文科に進学して就職、

子育てがようやくひと段落したころ、美大を卒業した どん太が液晶タブレットでマンガを描き始めました。使

91

日でした。

結婚後は仕事と家事と二人の子供を育てるのに必死の毎

計を立てられるのは

連載作品を成田市役所の職員さんが成田市 えむ Web 立図書館の伊藤照枝館長(当時)に紹介してくださった

じさん」や「若草物語」 「赤毛のアン」などの小説を愛

――漫画家になったきっかけを教えてください。

嫌いで自宅で闘病していました。末期がんの辛い痛みに

た。晩年はがんを患いましたが、としょさんは病院が大

生まれ育った村では曾祖父母のことを「年寄りさん=

し日記』の物語のベースです。

ます。日記の記録とたくさんの思い出の記憶が『ひぐら

40

10

日暮えむ さん どん太 さん 漫画家

Special Interview

利根川沿いの農村で生まれ育った女性が、明治生まれの曾祖母と暮らした幼い日々を 綴ったコミックエッセイが話題を呼んでいる。昭和の成田市の田園風景を丁寧に描いた 『ひぐらし日記』の著者の漫画家・日暮えむさんと、背景を担当する息子のイラストレー ター・どん太(Dounta)さんにお話を伺った。(文中敬称略)

11


8 月 15 日がまたやって来る。しかし、今年の 8 月 15 日は特別だ。今年ほど戦争が現実なも もろ

のに感じられ、私達があたりまえと思っていた平和が脆いものだった思った年はないだろう。 安倍晋三元首相が、原敬や犬養毅と並んで暗殺された政治家と称されるようになったこの夏、 時計が逆回りしないことをひたすら祈りながらの特集になった。

米軍が残した太平洋戦争末期の日本の姿 文・鈴木慎悟(大阪府堺市)

平洋戦争時、日本全国の都市は空襲に

るなどが、不気味な恐怖感を覚えさせたため

より大半が焼失しました。米軍は戦果

ではないかと指摘しています。日本でも鬼畜

分析のため、空襲前後の詳細な撮影記録を残

米英と叫んだように、集団同士の争いが、相

しています。この本にはその写真と解説が記

手の冷静な分析を困難にさせることでさらに

されています。私の住所は堺空襲の中心地

悪化する悪循環があるように思えます。

で、以前住んだ神戸市も同様でした。それを

『米軍が記録した日本空襲』 編/平塚柾緒 出版社/思想社

人類が農耕社会を築き、土地資源に縛られ

思い起こさせる痕跡はありませんが、今ここ

て以来、戦争は絶えませんが、100 年以上

に爆撃があったら何が起こるかを想像する力

の長いスパンでは、大戦による揺り戻しこそ

は必要と思います。

あれ、 全体的に戦争は減少傾向です。それは、

当初空襲は、軍需施設を狙った精密爆撃で

現代経済における土地資源の相対的重要性が

したが、やがて都市部の無差別爆撃、最終的

低下し、さらに国同士の強い相互依存により

に原爆投下となります。無差別爆撃になった

戦争が割に合わなくなったためという見方が

のは、日本の軍需産業が大工場より家内工業

ありますが、今後はどうなるでしょうか。平

に依存していたためともされますが、深い理

和のためには、地球市民全員が空気に流され

由として、日本軍による理解不能な行動、即

ず、 冷静に「考える」ことが大切と感じます。

ち徒手空拳であっても自殺的な攻撃を決行す

引き継ぐ平和への祈り 文・Tom.K(千葉県佐倉市)

か小学生の時の教科書に載っていた

ンネ=フランク」(1979 年 )、「屋根裏部屋

の だ と 思 う。 初 め て「 戦 争 」 と い

の秘密」(1988 年 )、 「あの世からの火」(1993

う も の を 意 識 し た。 小 さ な 椅 子 が、 い な

年 ) まで、あしかけ 24 年かけて完成させた

い、 い な い ど こ に も い な い と つ ぶ や き な

のだ。原爆、公害問題、第二次世界大戦、日

が ら 森 の 中 の 洋 館 に 入 っ て い く の だ。 ち

中戦争下の731部隊、朝鮮からの引き上げ

ょっとミステリアスな話を怖いと思っ

体験。被害者としてだけでなく、戦時下で同

た。 椅 子 の 執 着 が、 そ し て 椅 子 の 悲 し み

時に加害者ともなった日本人の歴史。児童書

の 大 き さ が 怖 い。 喪 失 感 の 大 き さ が 本 来

という形で、時にはファンタジーをまぶした

そこにあるべき命と生活の存在を際立た

お話で、松谷みよこさんの平和への強い願い

せ、 「悲しくて怖い」それが戦争なのだと子

が、 子供達に手渡されるべき作品集となった。

供だった自分に教えてくれた物語である。 『ふたりのイーダ』 著/松谷みよこ 出版社/集英社

14

戦 争 が「 奪 う も の 」 で あ る こ と は 子 供

この本が「直樹とゆう子の物語」全 5 部

に だ っ て わ か る。 奪 わ れ る こ と の 悲 し

作の 1 作品だということはずっと後、大人

さ が わ か る。 悪 い こ と は 悪 い、 と 思 え

になって知った。著者の松谷みよこさんは「ふ

る。 大 人 の 方 こ そ、 こ ん な 単 純 な こ と が

たりのイーダ」(1969 年 ) に始まるこの 5

わ か ら な い よ う だ。 い つ だ っ て 戦 争 を 始

部作を、 「死のバトン」(1976 年)、 「私のア

め る の は 大 人 だ。 過 去 も、 現 在 で さ え も。


夏空に平和を想う。 ほんとうに 「風が吹く」 かもしれない今読む本 文・ビブリオじいさん(千葉県佐倉市)

『風の吹くとき』

著/レイモンド ブリッグズ /さくまゆみこ 出版社/あすなろ書房

い昔の話が今現実となるかも知れな

道ミサイル)の発射準備が完了していた。ま

い。

もなく臨時ニュースが三分以内に核ミサイル

この本が出版されたのは東西冷戦のさなか

が着弾すると告げ、二人はシェルターに逃げ

1987 年だ。この頃は核戦争が起こるかも知

込む。

れないという危機感があった。それが現実と

そして爆発。せん光が走り家の中はメチャ

なった時の恐怖を描いたのがこの大人向けの

メチャになるが、シェルターに逃げ込んでい

漫画だ。

た二人は無事だった。外に出ると庭のリンゴ

英国の片田舎に老夫婦が静かに暮らしてい

の木は焼けただれ、あたりは物音ひとつしな

た。ある日二人が朝食をとっていた時、突然

い沈黙の世界となっていた。次の日、その次

ラジオから核戦争が迫っているという臨時

の日と時間がたつにつれて二人の体は核が残

ニュースが流れる。すぐに事態を把握した夫

した残留放射能に蝕まれ、いつ来るかわから

は役所から配られていたガイドブックを見て

ない救援を待ちながら息絶える。

シェルターを作る。シェルターといっても部

この本を読むと私たちはどうしても福島原

屋の片隅にドアを外してたてかけた簡易的な

発事故と重ねあわせてしまい、ウクライナの

避難場所だ。ラジオからは次々と緊迫した事

戦争は遠いかなたの戦争だと思ってしまう。

態が告げられ、夫は食料の買い出しに走るが

しかし、この本に描かれているように私たち

もうスーパーの棚には何も残っていない。そ

自身の戦争となるかもしれないのだ。

の頃、遠く離れた平原では ICBM(大陸間弾

戦争が終わっても続く憎しみ 文・ビブリオじいさん(千葉県佐倉市)

二次世界大戦末期の 1944 年夏、ドイ

二人はたちまち恋に落ち結婚の約束をする。

ツアルプスの谷間の村々を回る郵便配

夢のような二週間が過ぎ、再会を約束しイル

達人がいた。 十七歳のヨハンだ。ヨハンは左手を東部戦

『片手の郵便配達人』

著 / グ ー ド ル ン・ パ ウ ゼ ヴ ァ ン グ 訳/高田 ゆみ子 出版社/ みすず書房

メラは両親の元に旅立っていった。 5 月、村に平和が訪れる。郵便局は閉鎖さ

線で失い傷痍軍人として帰還した。それでも

れロシア兵が村に現れ家々を略奪して回っ

彼は生きて故郷に帰り出征前の郵便配達の仕

た。静けさを取り戻した村に目つきの鋭い男

事に戻ることができたので幸福だった。のど

たちが現れる。彼らはナチへの復讐に燃え密

かな山間の村に戦争の影は重苦しく迫ってい

告者を探し回るナチの残党狩りだった。偶然

た。ヨハンは、戦地から便りを待ちわびる出

と運命のいたずらによってヨハンはナチスの

征兵士の家族、軍からの戦死の知らせに悲鳴

残党と誤解され、 「違う。違うんだ」と叫び

をあげ泣き崩れる母親や妻、遠くフランスや

ながら残党狩りの男たちによって道端のマロ

ポーランドやウクライナなどから労働力とし

ニエに吊るされる。

て強制的に徴用され村に送られてきた占領地

読み終わった後、結末の皮肉な救いようの

の人々に手紙を配り続ける。

なさと虚しさに圧倒される。この作品ほど戦

誰もが敗戦を確信するようになった 45 年 3

争の残酷さと馬鹿馬鹿しさを描いたものはな

月、ヨハンは同じ歳の娘と出会う。彼女の名

い。

前はイルメラ、リンツからの避難民だった。

13


<夏空に平和を想う。 >

『マンガの中の戦争』

『ペリリュー - 楽園のゲルニカ-』(全11 巻) 作/武田一義 原案協力/平塚柾緒(太平洋戦争研究会) 出版社/白泉社 〇第 46 回日本漫画家協会賞優秀賞受賞。

‐楽園のゲルニカ‐

『ペリリュー 楽園のゲルニカ』は、太平洋戦争末期の 激戦地ペリリュー島で行われた日本軍守備隊と米軍との 壮絶な地上戦を描き、戦争マンガとして異例のヒットと なった作品だ。 主人公の田丸一等兵は、ちょっと気弱な漫画家志望の 青年。配属されたペリリュー島の南国の風景に「ロマン あふれる冒険にぴったり」とマンガの構想を練ったりす る。同僚の小山一等兵が空襲警報に驚き転倒して死亡す ると、田丸は上官に呼ばれ「功績係」を拝命する。功績 係は「隊員の最期の勇姿を手紙で遺族に知らせる」のが 仕事。田丸の漫画家として「実際にない物語を作る」資 質を見込まれてのものだが、その初仕事は小山が「いか に勇猛果敢に闘ったか」を創作して遺族に手紙を送るこ とだった。そして、一九四四年九月、米軍がペリリュー 島に上陸する。 愛らしい三頭身キャラたちが「徹底持久」することを 命じられ、残酷な選択をしながら狂気の戦闘に駆り立て られる姿は胸に迫る。作者は、ペリリュー戦の生還者か ら「実際に体験したことがない人が戦争を描けるのか」 と拒絶されたこともあるそうだが、史実に寄り添いなが ら、ゆるキャラたちの極限下での日常風景を描くことで 「普通の若者が体験したほんの 年前の出来事」である ことを伝える試みをしているようだ。 70

ペリリュー

戦争マンガは作者自らの戦争体験をもとに戦場のリアルを描いたり、戦後世代の作家であれば 史実と向き合いながら想像力と共感力で戦時下の人々の姿に迫ったりと多様な作品がある。 今号では、漫画ならではの表現で戦争を伝えてくれる作品を紹介する。 (文・及川洋子)

<あらすじ> 昭和 19 年(1944 年)、夏。 太平洋戦争末期のペリリュー島に漫画家志望の兵士、田丸はいた。 そこはサンゴ礁の海に囲まれ、美しい森に覆われた楽園。 そして日米合わせて 5 万人の兵士が殺し合う狂気の戦場。 当時、東洋一と謳われた飛行場奪取を目的に襲い掛かる米軍の精鋭 4 万。 迎え撃つは『徹 底持久』 を命じられた日本軍守備隊 1 万。 祖国から遠く離れた小さな島で、 彼らは何のために戦い、 何を思い生きたのか。(書誌情報より) ペリリューの戦い……1944 年 9 月~ 11 月にかけて、 パラオ諸島ペリリュー島で行われた日本軍守備隊と米軍の陸上戦。 日本軍は海軍部隊も含め 約1万人だったのに対し、 米軍は約 4 倍の4万 2000 人、 小銃 8 倍、 戦車 10 倍と圧倒的な戦力が投入された。 米軍は当初 3 日で制圧できると 見込んだ戦闘は日本軍の徹底抗戦によって 2 ヶ月半におよんだ。 日本軍の最終的な生存者はわずか 34 名とほぼ全滅。 一方、 米軍の損害率も米軍 上陸戦史上最大の 40%に達した。

『東京零度』 作/木村直巳

東京大空襲のさなか言問橋から 男の子を抱き、炎に身を包まれ たまま隅田川に身を投げた女性 の姿があった──現代、上野仲 町通りでは銃乱射事件がテレビ を騒がせていた。ちょうどその 頃、くさかべ小児科内科医院を 営む日下部鶴也のもとに、隅田 川に身を投げた2人が運ばれて くるのだが…。

『夕凪の街 桜の国』 作/こうの史代

広島市への原爆投下から 10 年 後、40 年後、60 年後を舞台に、 ほのぼのした戦後の日常生活の 中にふとよぎる原爆投下の光景 や、心の中に残る生き残ったこ との負い目、いつまでも消えな い後遺症への恐怖と周囲からの 偏見などをリアリティ豊かに描 く。最もか弱き者たちにとって、 戦争とは、原爆とは…

『虹色のトロツキー』 作/安彦良和

『総員玉砕せよ !』 作/水木しげる

1938 年、日蒙ハーフの青年 ウムボルトが日本軍統治下の

太平洋戦争末期の南方戦線 ニューブリテン島バイエン。

満州に五族協和の理想の下に 見学された「建国大学」に編 入することから始まる。当時 メキシコに亡命していたレ フ・ ト ロ ツ キーを満州に招 く「トロツキー計画」に関わ り、紆余曲折を経ながら自身 のルーツや民族的なアイデン ティティへと迫っていく。

米軍の猛攻で圧倒的劣勢の 中、 日本軍将校は玉砕を決断。 無血上陸した兵士 500 人は、 敵の攻撃以外でも伝染病にか かったり、ワニに喰われたり して命を落とす。水木しげる が自らの従軍体験をもとに兵 隊たちの生々しい姿を描き、 戦争の不条理さを暴く。

15


Shall we take a break ? ちょっと、ひとやすみしませんか?

ともに距離をとるようになってし

でいた。いつからだろうか、年齢と

話や日本の怪談話などは熱心に読ん

だろう。図書室にある世界のこわい

対する純粋な好奇心に溢れていたの

そ れ で も 子 供 の 頃 は、 「不思議」に

ら 怖 い の か。 私 は ホ ラ ー が 苦 手 だ。

見えるから怖いのか、見えないか

もない。物が見えぬからこそ、他愛

「 人 の 思 い 込 み た る や、 ど う し よ う

ら自身にも切ない物語がある。

応する全ての章をなぞりながら、彼

り た 大 妖 )。 ベ ー ス の 雨 月 物 語 に 対

名のしゃべる兎(実は子兎の体を借

で気のいい秋成、そして遊戯という

誘うのは、美しく儚げな雨月、鈍感

古典の案内人のごとく読者を物語に

の優美な怪異物語を仕立てあげた。

ととき。

りふらり逃避する朧月夜の読書のひ

現実のニュースに心が疲れて、ふら

ら流れてくる人間の起こす恐ろしい

ページをめくる。それは、テレビか

するような魅力に惹きつけられて

思議」がきらきらと闇の中で手招き

深さが身近にあったのだろうな。「不

目に見えないものを感じる夜の闇の

る物語の空気を美しく感じる。昔は、

人間の怖さに慄く一方で、妖のい

た言葉。

紙の向こうから今の私達に向けられ

な い、 人 間 よ。」 雨 月 の つ ぶ や き は

る。本当に恐ろしいのは妖なぞでは

な く 幻 に も 騙 さ れ、 噂 に も 流 さ れ

まった。スタンバイミーとグリーン

書書 評

マイル以外のスティーブン・キング 作品にも手を出せずにいる。 ところが不思議なことに、妖(あ やかし)や、怨念あふれる幽霊が出 てくる日本の古典的な怪奇譚にはな ぜか惹きつけられるのだ。私がその 美しい題名にうっとりして手にとっ たのは「雨上がり月霞む夜」著者: 西条奈加。雨月物語をモチーフにし た小説である。 雨月物語は江戸時代後期の読本 (よみほん)として文学史上有名な 古典作品で、上田秋成によって書か れた九編の怪異譚集だ。西条奈加さ んはこの元々の雨月物語と雨月物語 ができるに至った物語と、ファンタ ジーを巧みにミックスさせて、一つ

文・Tom.K /本・コーヒー・ラブラドールレトリーバー・空・ 地図・江戸時代の庶民・忍者・路地・ゆるゆるサイクリング、 が好き。佐倉市の片隅で読み聞かせボランティアとちびっ子達 の英語の先生やってます。

16

月夜に一冊

『雨上がり月霞む夜』

著/西条奈加

出版社/中央公論社


オムニバス版ファンブックは、 まさに「贅沢すぎる同人誌」

『アリス幻想』 編:高橋康也 すばる書房

一九七六年刊行の本書は、まことに 豪 華。 英 文 学 者・ 高 橋 康 也 を 中 心 に、 当時を代表する学者、作家、翻訳家と いった錚々たる面々が参加していま す。アリス作品への独自の考察を綴っ た、興味深いコラムの数々。さらには、 こちらも有名な写真家、イラストレー ター、画家たちの、思いの詰まった画 が色を添えます。今で言う公式ファン ブック、あるいは考察本のようなもの ですが、どの文、絵からもアリス作品 への愛情があふれており、いわば贅沢

な同人誌です。多くの作品が寄せられ ている中、個人的にお気に入りなのは、 寺山修司のオリジナル作品「影の国の アリス」 、本のタイトルにもなってい

る 別 役 実 の コ ラ ム「 ア リ ス 幻 想 」 、そ してハンス・ベルメールの人形を彷彿 とさせる建石修志のイラスト等です。 前回紹介した「アリスの国の鏡」は、

どちらかというと幾何学的に、自然科 学からのアプローチで、パズルのよう な謎解きゲームの面白さを伝えていま

した。それに対し、本書は文学、美学 などからの考察が多く、そのような人 文科学的な光を当てた途端、アリスの

物語は一気に大人っぽい、ダークでデ

カダンスな雰囲気に包まれます。アリ ス作品が持つ、ホラー性や淫靡さに気

づかせてくれる、マニア垂涎の一冊で す。

構成と文:猿洲堂慈尊(さるすどうじそん) 50 年来「不思議の国のアリス」ファンの、三月うさぎ(♂) 。集めに集めた、100 冊近いアリス 関連書籍のコレクションの中から、選りすぐりの作品をご紹介します。

17


ミステリ好きの つぶやき

『営繕かるかや怪異譚』 文 ・ yuka(佐倉市)

怪異譚…というと、怖い話(しかも小野不由美

さん!)かなと想像します。確かに色々な怖いも の…異形のものを見てしまったり、目に見えない 誰かが住んでいる座敷があったり、雨の中に影の

確かに怪異は怖いもの…でも、その理由に向き

合い、良い落としどころを見極めてくれる尾端さ ん。

「家は本来、自分を守って包み込んでくれる場

ような女の人が佇んでいたり…そんな怖いものが

所ですから」

どが祓ってしまうヒーローもの?と思いきや…

そんな怪異譚です。

出てきます。そして、それらをいわゆる陰陽師な 「私は営繕屋ですから」障りになる疵は障りに

怖い話だけれど、ちょっと読んでみたくなる、

ならないように直す、残していい疵はそれ以上傷 まないように手当して残す。それが仕事という大

工の尾端さんが主人公。彼が直してくれるのは家。 家を直して、怪異が絡んだ出来事に折り合いをつ けたり、解消してくれたりするのです。少し手を 入れて共存、あるいはうまく収めてくれます。そ

れはとても優しくて、なんだかほっとするのです。

ice of The Vo ookss the B

『営繕かるかや怪異譚』 著/小野不由美 出版社/ KADOKAWA

『細部に宿るのは神か』 文 ・ ShoZo(兵庫県西脇市)

現在、ジュール・ヴェルヌの『海底二万里』を

ささか退屈だったかもしれないと納得しつつ、当

小学 4 年生の時に挫折して以来未読だったの

乗せている。 細部の豊かさは、ある程度大人に

全編連続朗読中。

を、この際だから朗読で読んでしまおうと、毎日

一章ずつ、毎回約 30 分間のペースで、深く静か に進行中。全 47 回予定。

時の自分が乗り損なった言葉をいま、自分の口に なってからの方が、味わい深く楽しめるのかもし れない。

さて、改めて読んでみて印象的なのが、その圧

倒的な描写の細かさ。正体不明の海洋生物(実は 潜水艦)の目撃談、怪物に接触した船舶の被害状 況、主人公が書いた論文の引用、水圧の計算等の 正確なデータ、色彩豊かな海底世界等々の、徹底 した詳細な描写に、今更ながらに本書が「科学小 説」なのだと実感。

一方で、過剰とも言える込み入った描写は、物

語の展開を早く追いたい子供だった自分には、い

『海底二万里』 著/ジュール ヴェルヌ 出版社/偕成社 ◆プロフィール◆ 地元、西脇市図書館の市民ボランティアとして、朗読、 ビブリオバトルや読書会開催のお手伝いをしています。 時節柄、朗読は主にインターネット経由で活動中。

18


Column ーコラムー ~ライブラリアンの日常~

積読上等! つんどく

じょうとう

小廣 早苗(図書館司書)

平和とは?定義は人それぞれでしょうが、不肖図書

『あの図書館の彼女たち』(東京創元社)は史実をもとに

館員「安心して本を読むことに没頭できる時間を持て

しています。 『疎開した 40 万冊の図書』(幻戯書房)は

る社会」 であることが平和だと思っています。アンドレ・

日本のドキュメンタリーでDVDも図書館にあります。

ケルテス『読む時間』 (創元社)を開くと、本当にうっ

ぜひ。

とりします。ケルテス(1894 ~ 1985)はハンガリー に生まれ、20 代でパリへ、40 代でニューヨークに渡 り活動、20 世紀の偉大な写真家の一人です。彼のカメ ラが捉えた「本を読む」人々の、静かで孤独な姿の瞬 間からは、普遍的で永遠の平和が感じられ、本当にぞ 本や図書館をテーマにした本、 そして平和を考える本、 他にも たくさんあります、 ぜひ見つけて みてください

くぞくします。同じく『ぼくは、図書館がすき』(漆原 宏、日本図書館協会)の、図書館に集う人々の姿は平 和そのものです。この光景こそ、本の中だけのフィク ションにするのではなく、リアルな日常として永遠に 守っていきたい。戦時中の図書館を描いた絵本『バス ラの図書館員―イラクで本当にあった話』 (晶文社)や、

◆プロフィール◆ 群馬県出身。大学で図書館情報学を学び、図書館司書(ライブラリ アン)として佐倉市内の図書館で働きはじめて、いつのまにかもう 25 年以上!になりました。

♪音楽が聞こえるマンガたちをご紹介するコーナーです♪

『まぶしくて眩しくて まぶしくてくらい』全 1 巻 作:あんかけ豆腐 ゆるいこコミックス

の才能の高さが、そのバンドでは収まりきらない と気づいて苦しんだり。 ましてや、その相手が恋人で あった時の葛藤は、どれだけつらいことでしょう。本 作はそんな不安定な心情を描いた、短編の秀作です。 恋人のなつと一緒に、4 人組の女子高生バンド に所属する主人公のきいは、なつの勧めで初めて 作曲をします。きいの曲は、なつをはじめ他のメ ンバーたちから高く評価されますが、それに反し てきいの心はどんどんバンドから離れていきます。

ロックバンドというのは、特殊かつ微妙な人間 関係が現れる場でもあります。高いスキルを持つ 人と一緒にやりたいと思う反面、自分よりも優れ ているプレイヤーに出会ってしまうと、それはそ れで複雑な感情が湧いてきたり。逆に、自分自身

そこには、きいのどんな思いが疼いているのか。 そしてなつとの関係はどうなっていくのか。目の 離せないスピード感と、細やかな心理描写が、大 胆な筆致で紙面に奏でられています。 (文:喜多惰郎)

19


column ーコラムー

徳島への旅 徳島は初めてだったので、地図を見て、眉山の麓、

小さなブックカフェ スローダウン

店長 西野博雄

本が「孤愁〜サウダーデ」 。

寺町に向かって歩いてみた。

黄花亜麻は、モラエスさんが植えたらしい。

寺町の「滝の焼餅」と書かれた茶屋の看板に惹かれた。

モラエスさんは焼餅食べたのかなぁ。

おや、営業中。 餅があぶられる香りを楽しみながら、糸のように細 い滝のある黄色い花が咲き乱れたお庭を眺める。 席に「モラエスさんの花、黄花亜麻。 」と書かれた写真 立てがある。誰なんだろう?モラエスさんって? 黄花亜麻。あ、あの花がそうなのか。 と、その横にカバーがかけられて「孤愁〜サウダーデ」 とだけ書かれた本が置かれている。うん?知らない。 帰って調べると、モラエスさんは明治末のポルトガル の外交官。神戸在住。日本人女性を妻とし、妻の死後、 妻の故郷、徳島に移り住んだそうな。 彼に興味を持った新田次郎さんは彼のことを執筆途 中で死去。息子の藤原さんがあとを引き継いだ。その

小さなブックカフェ スローダウン 住所:千葉県成田市囲護台 1105-8 (JR 成田駅徒歩 5 分 ) 問い合わせ :070-5081-8141( 西野 ) URL http://toritorinarita.com/

絵本で涼しく過ごしましょう 今年の夏も暑くなりそうですね。 今号の特集は、夏の風物詩でもある「怖い話」 。絵本 日和からは絵本ならではの絵の魅力が際立つ 1 冊をご紹 介します。 その名は『てがみがきたな きしししし』なんだか気

Twitter:@SlowdownNarita

絵本日和

まで見応え満載です。 異世界への扉を開いて網代劇場を存分にお楽しみあれ! 店では可愛いおばけや楽しいおばけの絵本もご用意して いますので、怖いのは苦手な方もどうぞ涼しく過ごせる ような絵本に出会いにいらしてください!

になるタイトルのこの絵本 ... 不気味な洋館に手紙を届けにきた郵便屋さん、待ちうけ るのはお化けたち。さぁ無事に配達できるのでしょう か? 本作の作家網代幸介さんは、空想や夢でみた幻想的な 世界観を表現する画家。 ページを捲ると靄がかった館の中、手紙がきたと沸き立 つお化けたちの渦にあっという間に飲み込まれていきま す。 表紙には切手や消印、怪しく光る金のタイトル。本文は 活版活字をスタンプしたような味わいある文字で、細部

20

『てがみがきたな きしししし』 網代 幸介 ミシマ社 2021 年 6 月

絵本日和の本棚@文光堂 住所:千葉県佐倉市王子台 1-27-22 文光堂内 ( 京成臼井駅徒歩 2 分 ) 営業時間:10:00 ~ 17:30 定休日:毎週日曜日 問い合わせ :070-6520-9021( 佐藤 ) Twitter:@ehonbiyori7


書紀行 世界読

アフリカ最古の誇り高き独立国

「エチオピアを知ろう」

皆さんは、エチオピアと聞くと何を連想しますか。エチオピアは世 界のコーヒー生産の 7 割を占める「アラビカ種」の原産地で、日 本の茶道に似た伝統儀礼「コーヒーセレモニー」で客人をもてなし ます。頭を下げる挨拶や敬語を使う点など日本と共通点が多くあり ます。また、アムハラ語はアフリカ諸国の中で唯一文字を持つ言語 で、紀元前からの歴史を文字で記録してきました。今回はエチオピ アの奥深い言語文化と、食文化を知ることが出来るレストランを紹 介します。(取材・文 川上万里乃)

エチオピア連邦民主共和国/

Federal Democratic Republic of Ethiopia 面積 :109.7 万平方キロメートル 人口 : 約 1 億 1,496 万人 (2020 世銀 ) 首都 : アディスアベバ 言語 : アムハラ語 ( 公用語) 、 オロモ語、 英語 等 宗教 : キリスト教、 イスラム教

「蝋」 の中に 「金」 を隠した詩 ・ クーネ 1.

東京・葛飾区で在日エチオピア人の生活や就労支援などを行っている NPO 法人 アデイアベバ・エチオピア協会の理事アベベ・サレシラシェ・アマレさんに、エチ オピアの言語文化について伺いました。 エチオピアには本音 ( 金 ) を建前 ( 蝋 ) の中に隠すため、1 つの文に 2 つの意味 を持たせる「クーネ」と言う詩の形態があります。 これは、冠婚葬祭や宗教儀式、酒場等で歌う職能者「アズマリ」が支配者を讃え るとともに、市民の意見を代弁し抵抗する隠語として使われたり、一般人が SNS で政治的発言をする際に検閲を逃れるためにも使われたりします。 例えば、紛争が起きた村の惨状を隠して伝える際に、表面上は「村は畑を耕さな

2.

かった。( なぜなら、畑を耕す ) 雄牛を見ずにずっと通ってきた。 」とある文の「雄 牛を見ずに」に隠されたポイントがあり、アムハラ語では「遺体の上を」と読み換 えることが出来るため、本当の意味は「道中で遺体を多く目にし、紛争で多くの犠 1. エチオピアの文化を紹介してくれるアベベさん 2. アムハラ語で書かれた詩 「クーネ」。 穏やかな村の日常 を伝える「蝋」の言葉に、凄惨な闘いの様子を知らせる「金」 の秘密が隠されている

牲者が出たこと」を伝える文となります。 夏目漱石の「こころ」や「坊ちゃん」を愛読するなど読書好きなアべべさんは、 「エ チオピア文学の奥深さは日本文学の重厚さに似ている」と話してくださいました。

日本の茶道にも通じるコーヒーセレモニー

<アフリカ料理・リトルエチオピア> 京成・四ツ木駅近くのレストラン「リトルエチオピア」で はエチオピアの伝統料理やお酒、コーヒーセレモニーを楽 しむ事が出来ます。 主食のインジュラはテフと言うスーパーフードの穀物を3 日間発酵させて作る少し酸味のあるクレープ状の生地。そ れをちぎって、チキン・ラム・レンズ豆のカレーや牛のハチ ノスの炒め物を挟んで食べます。 コーヒーセレモニーは、結婚前の女性が身につける作法 として客人をもてなす際や家庭でも簡易的に行われ、煎っ たコーヒー豆を目の前に持ってきて嗅がせてくれたり、お 香が焚かれたり、香りから楽しみます。粘土の茶器でゆっ くり煮出されたコーヒーにテナ・アダムと言うハーブを浸し ながら飲むと、柔らかな甘みと爽やかな味わいを堪能出来 ます。 皆さんも、歴史あるエチオピア文化に触れてみませんか。

住所:東京都葛飾区東四つ木 3 丁目 23-6 (京成・四ツ木徒歩1分) TEL:03-6323-3983 営業時間 : ランチ 11:00 ~ 14:00 /ディナー 17:00 ~ 23:00 ※土日祝はランチ休み 定休日:月曜日 URL:https://little-ethiopia.net/

21


2022年3~6月発表本リスト 開催日 第 62 回 3/19 < 対面>

テーマ 第 1 ゲーム 「さくら」 第 2 ゲーム 自由

第 1 ゲーム 第 63 回

「SF」

3/27 < オンライン>

第 2 ゲーム 自由 第 1 ゲーム

第 64 回 4/17 < 対面>

第 65 回 4/24 < オンライン>

「嘘」 第 2 ゲーム 自由

第 1 ゲーム 「道」 第 2 ゲーム 自由 第 1 ゲーム

第 66 回

「山」

5/21 < 対面>

第 2 ゲーム 自由

①さくらん

発表本

②夕凪の街 桜の国

第 67 回 5/29 < オンライン>

「茶」 第 2 ゲーム 自由 第 1 ゲーム

第 68 回

「茶」

6/18 < 対面>

第 2 ゲーム 自由

第 69 回 6/26

第 1 ゲーム 「書」

< オンライン> 第 2 ゲーム

22

自由

著者

こうの史代

講談社

出版社

双葉社

★③西行花伝

辻 邦生

新潮社

★①ひぐらし日記

日暮えむ

KADOKAWA

②イブの息子たち

青池保子

秋田書店

③悲しみの収穫―ウクライナ大飢饉

ロバート ・ コンクエスト

恵雅堂出版

①彼方のアストラ

篠原健太

集英社

②サマータイムレンダ

田中靖規

集英社

③鋼鉄都市

アイザック ・ アシモフ

早川書房

いすかり ・ ゆば

早川書房

⑤太陽の簒奪者

野尻抱介

早川書房

⑥司政官

眉村卓

東京創元社

①悪魔の選択

フレデリック ・ フォーサイス

角川書店

②ライフ

くすのきしげのり

瑞雲社

③はじめての<超ひも理論>

川合光

講談社

④自炊力 料理以前の食生活改善スキル

白央篤司

光文社

①五十四万石の嘘

松本清張

中央公論社

②もう逃げない。 いままで黙っていた 「家族」 のこと

林眞須美死刑囚長男

★④人間たちの話

★③ブラック校則-理不尽な苦しみの現実

ビジネス社

荻上チキ、 内田良

東洋館出版社

アレクサンドラ&ダニエル ミジェリンスカ

徳間書店

中公新書編

中央公論社

③コロナの世界を照らす 50 のやさしい物語

片野優、 須貝典子

宝島社

④創造された 「故郷」 ケーニヒスベルクからカリーニングラードへ

ユーリー ・ コスチャシェーフ

岩波書店

①魔道書ネクロノミコン

ジョージ ・ ヘイ編

学研プラス

① MAPS ★②教科書名短篇科学随筆集

★②廃道をゆく

イカロス出版

③御師弥五郎 お伊勢参り道中記

西條奈加

祥伝社

④定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?

三戸裕子

新潮社

⑤ほんとうの道徳

苫野一徳

トランスビュー

ジャック ・ ロンドン

光文社

②フランス組曲

イレーヌ ・ ネミロフスキー

白水社

③りんごかもしれない

ヨシタケシンスケ

ブロンズ新社

田嶋 雅已

築地書館

②鳥葬の山

夢枕獏

文藝春秋

③ラブクラフト全集6

H ・ P ・ ラヴクラフト

東京創元社

④みんないってしまう

山本 文緒

KADOKAWA

①ワスプ

作ジェレミー ・ ウィットレー , 画グリヒル

ヴィレッジブックス

★①野生の呼び声

★①炭坑美人―闇を灯す女たち

②ヨシタケシンスケ展図録 ③ゼレンスキー大統領、 世界に向けた魂の演説集 ★④目の見えない白鳥さんとアートを見にいく ⑤アカガミ

第 1 ゲーム

安野モヨコ

ウクライナ侵攻分析班

扶桑社

川内有緒

‎集英社インターナショナル

窪 美澄

河出書房新社

森下典子

新潮社

②緑茶の事典

日本茶業中央会

柴田書店

③アリスのティーパーティ

桑原茂夫

河出書房新社

河崎実

メディアワークス

②春の軍隊

小松左京

新潮社

③はじまりが見える世界の神話

植朗子

東京創元社

①沖縄 「戦争マラリア」 ―強制疎開死 3600 人の真相に迫る

大矢英代

あけび書房

②地域医療と暮らしのゆくえ : 超高齢社会をともに生きる

高山義浩

医学書院

③日本を守る沖縄の戦い 日本のジャンヌダルクかく語りき

我那覇真子

アイバス出版

★①日日是好日― 「お茶」 が教えてくれた 15 のしあわせ

★①ウルトラマンはなぜシュワッチと叫ぶのか

★④辺野古ー海と森がつなぐ命

中村卓哉

クレヴィス

①一〇三歳になってわかったことー人生は一人でも面白い

篠田桃紅

講談社

②山之口貘詩文集

山之口貘

講談社

③ボクと、 正義と、 アンパンマン

やなせたかし

PHP 研究所

★④ 10 分後にうんこが出ます : 排泄予知デバイス開発物語

中西敦士

新潮社

①椿井文書―日本最大級の偽文書

馬部隆弘

中央公論社

②図書館の大魔術師

泉光

講談社

③月 人 石

谷川俊太郎 ・ 乾千恵 ・ 川島敏生

福音館書店

★④書を捨てよ、 町に出よう

寺山修司

★①五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後

三浦英之

集英社

②一行怪談

吉田悠軌

PHP 研究所

③ソーニャ、 ゾルゲが愛した工作員―愛人、 母親、 戦士にしてスパイ

ベン ・ マッキンタイアー

中央公論新社


ビブリオバトル&読書会…

志津ビブリオ

志津ビブリオは、千葉県佐倉市を拠点に知的書評ゲーム 「ビブリオバトル」や 「読書会」などを楽しんでいる地域コミ ュニティです。 「本」 を通して未知の考えや知識、多様な感性 を共有し、 まちの人が緩やかにつながる活動をしています。

<ビブリオバトル>

■オフライン 日 時:毎月第3土曜日10時~12時 場 所:西志津ふれあいセンター (佐倉市西志津4丁目1-2/志津図書館2階) 参加費:300円(学生無料) ※事情により開催場所が変更となることもあります。 サイトやSNSでご確認ください。

■オンライン(Zoom) 日 時:毎月第4日曜日14時~16時 場 所:オンライン会議システム「Zoom」 参加費:無料

<ビブリオトーク (読書会)> 不定期開催

※詳細は、公式サイトやSNSでご確認ください。

志津ビブリオ通信 vol.10

発行日 2022 年7月 15 日 発 行 佐倉市市民公益活動団体 志津ビブリオ 編集人 及川 洋子 編集部 田熊博志、松宮豊、川口知子 公式サイト htps://biblioshizu.club E-mail biblioshizu@gmail.com 〔表紙の絵〕 宇津木麻里:八千代市在住。佐倉市で働いてます。銅版画のエッチングとアクアチントという技法を使って、刷りまし た。怖いながらも、少し可愛らしさのある「怪し」を自分なりに表現してみました。今年の夏は京極夏彦さんや小野不 由美さんの怖い小説を読み直してみようと思います。

◆志津ビブリオ通信の表紙は、 佐倉市にゆかりのあるアーティストの皆さんに描いていただいています◆

23