Page 1

Education UKラウンジは、

ヤングプロフェッショナルである あなたを待っています。 ヤングプロフェッショナル。それは年齢的な意味での若い人ではありません。年齢に関係なく精神的な若さを持つすべての人のこと。 高校生や大学生はもちろん、たとえば英国留学を経験したことのある中高年の方、 また英国の知性に触れたいと考えている社会人の方、 今後英国留学を予定しているすべての方、英国の英知を体感したい人であれば、文字通り老若男女の方が対象です。

□ Education UK ラウンジは全 6 回シリーズのイベントです。

□ 日英両国から様々なスピーカーの方々を招聘していきます。

日 英 の 知 性 が 触 れ 合 う場 、Ed u c a t i o n U K ラ ウン ジ は 、定 期 的 に 開 催

たとえば 、日 本 人 の 英 国 留 学 経 験 者 、日 本 在 住 の 英 国 人 、英 国 で 仕 事 の

されます 。シリーズ 化 することで 、より沢 山 の 人 たちに 参 加を呼 びかけて

実 務 経 験がある方など 、ヤングプロフェッショナル であるあなたの 知 性を

い きま す 。そ の イベ ント内 容 は 、講 演 、質 疑 応 答 、交 流 を 深 め る 軽 食 と

刺激する様々なスピーカーのみなさまをEducation UKラウンジに招聘します。

ドリンクタイム へという流 れ 。自 由 な雰 囲 気 の 中 で 、様 々 な人 たちと語り 合える場です。また、留 学について相 談したいという方は、ブリティッシュ・ カウンシ ル の 留 学 専 門 スタッフに 直 接 、相 談 することができます 。

Education UK Lounge Schedule 第4回

1/16

19:30 – 21:15 開場 19:15

そこは英知が生まれる場所。 Education UKラウンジが始まっています。 ブ リ ティッシ ュ・カ ウ ン シ ル は 、英 国 公 的 な 国 際 文 化 交 流

第5回

2/13

19:30 – 21:15 開場 19:15

機 関 で す 。英 国 と い う国 家 は 伝 統 が あ るとよく言 わ れ ま す 。 在り方を考えて いる人 。そして 国 境を超えて 、世 界と自 分との 関 係 を 築 き た い と 思 う人 。留 学 経 験 者 や 、将 来 留 学 を 希 望

い つ の 時 代 も革 新 性を尊 重してきた 歴 史 が あります 。他 国 の

す る 人 。ラ ウ ン ジ の 公 用 語 は 英 語 と な る から 、す で に あ る

人 間 と 積 極 的 に 出 会ってき た から英 国 は 英 国 で 在り続 け る

程 度 の 英 語 コミュニ ケ ー ション 能 力 を 有 す る 人 。そういった

ことができた 。思 想 や 文 化に 革 新 的な変 化を生 み 出 すことで 、

知 的 で 前 向 き な 人 た ち の こ と を 、私 た ち は ヤ ン グ プ ロ

い つし か 伝 統 と い うもの が カタチ となって いった 。

フェッショナ ル と 呼 ん で い ま す 。そ れ は 実 年 齢 の 若 さという

英 国 の 流 儀 を シ ン プ ル に 具 現 化 し た い と 考 え ま す 。人 が

サイモン・バターズ

テーマ: 持続可能な未来の確保に向けて

世 界 13 0 カ 国 で 企 業 の 審 査 登 録 業 務を 行う

いるバターズさんから、母体である世界的に名高い

LRQAのサイモン・バターズさん。日本と韓国での

ロイド・レジスターにおけるLRQA の役割、企業の

業務を統括し、温暖効果ガスの排出権取引制度や

環境に対するリスク管理にLRQAがどう貢献して

気候変動リーダーに関わるプロジェクトを担当されて

いるか、 さらに監査業務の未来についてお聞きします。

ダイソン株式会社 マーケティング・ディレクター

ジョン・フラナガン テーマ: ダイソン−日本におけるブランディングとマーケティング

英国の代表的なハイテク企業ダイソンの日本での

Century Fox Japanを経て、ダイソンでマーケ

マーケティング・ディレクター、 ジョン・フラナガンさん。

ティングやメディアプラニング等の要 職を担 当 。

学生時代には早稲田大学へ短期留学したことも

ダイソン・ブランドや日本での最新のマーケティング

あるフラナガンさんは、iTunes Japan や 20th

キャンペーンについてお聞きします。

参 加 条 件 は 、真 剣 に こ れ か ら の 日 本 の ビ ジ ネ ス や 教 育 の

け れ ど そ れ は 閉 鎖 的 と い うこ と で は あ りま せ ん 。英 国 は

私 た ちブリティッシュ・カウンシ ル は いま、革 新 性を 重 んじる

LRQA Korea & Japan ヴァイス・プレジデント

第6回

3/26

19:30 – 21:15 開場 19:15

意 味 で は ありま せ ん 。感 性 が 若 く鋭 く、世 界 に 目 を 向 け て

The Guardian 東京特派員

ジャスティン・マッカリー テーマ: 福島第一原発事故後とデジタルメディア時代の日本報道

英国の代表的な新聞の一つ、 ガーディアン紙東京

マッカリーさんからは、英国メディアにおける日本に

特派員のジャスティン・マッカリーさん。LSE 卒業後、

ついての報道のあり方が中国の台頭に伴いどう変化し、

SOASにて日本学修士号を修得し、大阪のデイリーヨミ ウリ記者を経て2003年からガーディアン紙で活躍中の

さらに3.11がどう影響したのか。またデジタルメディア 時代のジャーナリストの姿についてお聞きします。

い る 。そ れ が ヤ ン グ プ ロフェッショナ ル の 定 義 。 あなた がどこで 生まれ たとして も。ど ん な 夢を 描 い て い て も。

お申し込み方法

参加費

会場

学 生 で あ っ た とし て も 。社 会 人 で あ っ た とし て も 。将 来 、

3000 円( 2 回目以 降の参 加 費 1000 円 割 引)。

深 め て いく場 所を つくる。人 の 英 知 が 集まるい わば 社 交 場 の

英 国 で 仕 事した い 人 も。日 本 で 英 国 の 現 在を 学 び た い 人 も。

各 回 先 着 5 0 名 。参 加ご 希 望 の 方 は 、E d u c a t i o n U K イベント情報欄でご案内するオンライン登録フォームから 事前にご予約ください( http://www.educationuk.org/ Japan/Events )。 ご予約後にキャンセルをご希望の方は、必ず前日までに ブリティッシュ・カウンシルにメールにてご連絡ください。

ブリティッシュ・カウンシル 東京センター 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂 1-2

ようなものを 提 案しま す 。そ の 名 は 、Education UKラ ウンジ 。 ヤ ング プ ロフェッショナ ル で あ れ ば 、誰 で もこ の ラ ウン ジ に 歓 迎します 。こ の ラウンジ から、いった いど ん なア イディア が 生 まれ るの か 。ど ん な 革 新 的 な 展 開 が 起 きるの か 。私 た ち は

Education UKラウンジを大きな期待感を胸にスタートさせています。

参 加 費には軽 食と飲 物 代が含まれます。

ブリティッシュ・カウンシル

使用言語

東京理科大学

英 語( 通 訳なし)

お問い合わせ先

外堀通り

educationuk@britishcouncil.or.jp

堀 ←至 市ヶ谷

神楽坂通り

人と会 い 、話し 、意 見を 交 わ す 。そういった 原 初 的 なコミュニ ケ ー ション の 場 を つくる 。国 境 線 を 超 え て 、人 が 人 と 交 流 を

B3 出口 東京メトロ飯田橋駅

西口

JR 飯田橋駅

www.educationuk.jp ブリティッシュ・カウンシル 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂 1-2

www.educationuk.jp   www.britishcouncil.or.jp

Education UK Lounge  

Education UK Lounge