Page 1

タイポグラフィマニフェスト

今日明日の昨 日は

today is tomorrow’s yesterday typographic manifestos


‘The typographic sculpture, through its optical effect, should achieve what the voice of the speaker does through his thoughts.’ El Lissitzky, 1925

Today, we are visually polluted. Nobody will notice or read the quiet and beautiful message amongst all the others. It therefore needs its interpretation. But not interpretation as a masquerade of typefaces but interpretation as an evaluation of content. Interpretation in the sense of discovering the message which has been broken up into essential, minor and insignificant thoughts. Interpretation not only in advertising but also in literature, and ideally a close collaboration between writer and designer.

Visual interpretation today is more important than ever because a message should not just be transmitted, it should be read.

Typography is visually interpreted verbal communication. Typography is not just for reading, the printed message is visual.

Typography, seen and read. Helmut Schmid

タイポグ ラフィ は、アク セスして くださ い。 ヘルムー トシュミ ット タイポグラフィは、視覚的言語的コミュニケーションを解釈されま

す。タイポグラフィは、読書だけではないが、印刷したメッセージ

は、ビジュアルです。

視覚解釈が現在ではメッセージだけ送信すべきではない今からも重

要ですが、それが受信される必要があります。

今日では、視覚的に汚染されます。誰もが気づくでしょうか、他の

すべての中で、静かで美しいメッセージをお読みください。したが

って、その解釈が必要です。

コンテンツの評価として、書体が解釈の仮装としてではなく、解

釈。

通訳不可欠であり、マイナーと取るに足りない思考に分割されたメ

ッセージを発見感です。

広告だけでなく、文学の解釈だけでなく、と理想的な形式と内容の

間の緊密な協力。

タイポグラフィ彫刻は、その光学効果を通じて、彼の考えどのよう

なスピーカーの声はを通じて達成してください。

エルリシツキー、1925。

と怒鳴るささやくには、すぐにゆっくりとするには、これらすべて

の言語コミュニケーションの表現があります。

読書問題も叫ぶとささやくし、実行するために散歩する必要があり

ます、静かに浮上し、愛情を込めてエステ体験などがあります必要

があります。

新聞は異なる本に比べて読み込まれます。ポスター異なる広告。


く、1つは見られるように。それはターン増加型の意識の図形。

化話すことです。 1つ私は同じ利点と、‘見て元に設計さ日本音節の。

してください。美しさは情報ですので、注文のエミールルーダーの 日本語のテキストは、主に見られている。表意文字は、視覚的に読

タイポグラフィーは、細部の彼のタイポグラフィ不朽のです。 みやすいメッセージを含んでいます。

形式と盗作と剛性となっているために新しい生命を置くことがで タイポグラフィは表示され、読みやすいものである必要はありま

きます。 せん。

タイポグラフィを感じたする必要があります。

んでいる、メッセージのタイポグラフィ。 タイポグラフィを経験する必要があります。

いないように文字が注文メッセージを伝えるために並んでいる。 タイポグラフィは今日、今日、タイポグラフィを配置するわけでは

とすぐに私達は外国語を読んで、または不慣れな書体で我々は図形 ない描写を意味します。

Typography today does not mean to place, typography today means to portray.

タイポグラフィは、独自の審美生活を機能タイポグラフィの隣に住

Typography need not only be visible and legible. Typography needs to be audible. Typography needs to be felt. Typography needs to be experienced.

Japanese text is primarily seen. The ideograms contain the visually legible messages. In contrast, letters have only a formal existence.

Adrian Frutiger designed the Devanagari New Style (an indian typeface), free of inhibitions. Rather like the pioneers of modern typography who, devoid of traditions, exceeded the rigid vocabulary of typography. I myself work with type I cannot read. Japanese text for me is not a message to be read but one to be seen. That in turn increases the awareness of the type shapes. One of the Japanese syllabaries I designed originated with the same advantages of ‚seeing’. Formal criteria are universal.

Typography lives its own esthetic life next to the functional typography, the typography of messages. We read words and sentences but are not aware of the formal qualities of typefaces as long as letters are lined up in order to convey a message. As soon as we read a foreign language or look at an unfamiliar typeface we begin to read the shapes. We suddenly read round and straight, inner and outer shapes. We do not read, we see.

We cannot substitute an order for a new order but we can put new life into an order which has become rigid with formalism and plagiarism.

To evaluate the message does not mean to discard the functional typography. Emil Ruder’s typography of order, his typography of small details is timeless because beauty is information.

To bawl and to whisper, quickly and slowly, all these are expressions of verbal communication. Reading matter will also have to bawl and whisper, will have to run and to stroll, will have to emerge quietly and lovingly as esthetic experiences. A newspaper will be read differently than a book. A advertisement differently than a poster. The demands of the visual presentation are, so to speak, already embodied in the content. 視覚的なプレゼンテーションの要求ので、すでにコンテンツで具体 正式な基準は普遍的です。

メッセージを評価する機能タイポグラフィを破棄してわけではない

対照的に、文字だけで正式な存在している。

我々は新しい秩序の注文を置き換えることはできません私たちは

タイポグラフィが聞こえるする必要があります。

我々は、単語や文章を読んでも書体の正式な資質の限りに気づいて

を読み取りを開始するおります。我々は、突然、丸と直線を読む

内側と外側の形状。我々は読んでいない、我々が参照してくださ

い。

アドリアンフルティガー)は、抑制の無料デーヴァナーガリー新

しいスタイルを(インド書体デザイン。の先駆者ではなくのよう

な現代

伝統を欠いて、タイポグラフィーの厳格な語彙を超えたタイポグラ

フィ。私は私が読み取ることができないタイプで動作します。

読み取ることが私のために日本語のテキストは、メッセージではな


私は哲学を書くことが嫌いだ。私は仕事が大好き、私はそれについ てダウン好きに書いて、それを作るというと話をするよりも。

冷ヘッドのみ手の心ではなく、労働者。

私はすべてをやりたい 大好きな私の私がフィールドです。

わずかなタイポグラフィの要素 は、それはタイポグラフィのだ私。

私にとってタイポグラフィは何ですか?すべて

4

7

Wolfgang Weingart ヴォルフガン グウェインガ ート What is Typography for me? Everything. Only a small typographic element, it’s for me typography.

And what is wrong for other people, for me it can be right. I like to do everything in my field which I love very much. Hand-workers with heart and not only with cold heads.

I hate to write philosophies. I love to work, I love to make it rather than to speak and write down about it.


私は哲学を書くことが嫌いだ。私は仕事が大好き、私はそれについ てダウン好きに書いて、それを作るというと話をするよりも。

冷ヘッドのみ手の心ではなく、労働者。

私はすべてをやりたい 大好きな私の私がフィールドです。

わずかなタイポグラフィの要素 は、それはタイポグラフィのだ私。

私にとってタイポグラフィは何ですか?すべて

4

7

Wolfgang Weingart ヴォルフガン グウェインガ ート What is Typography for me? Everything. Only a small typographic element, it’s for me typography.

And what is wrong for other people, for me it can be right. I like to do everything in my field which I love very much. Hand-workers with heart and not only with cold heads.

I hate to write philosophies. I love to work, I love to make it rather than to speak and write down about it.


また式は-実験は常に必要のある研究だけで、自己いつものようにで すが、必要性を誇張、誇張し。

特定の問題解決の結果実験タイポグラフィことはありません。実験 タイポグラフィの表現純粋 な手段の一つです。

実験タイポグラフィ機能タイポグラフィーのポイントは、特定の最 大は、他の各相手 の。

タイポグラフィは、印刷された単語のフォームの、ですの1つの車両 で最も重要な機能 多くのアイデアとそのパターンです一般的な文化 は、常に明確に反映。

多くは、タイポグラフィのいわゆる実験的 傾向のある現代的な枠組 みの中で運動さだけ別のフォーム。

8

11

Wim Crouwel ヴィムクロー ウェル Much of the so-called experimental typography is just another form exercise within the framework of a certain modern trend. Typography, the form of the printed word, is one of the most important and most functional vehicles for ideas, and therefore is always a clear reflexion of the general cultural pattern.

Experimental typography and functional typography are, up to a certain point, opponents of each other. Experimental typography never results in a solution for a certain problem. Experimental typography is a pure means of expression.

There is always need for

experiment and research, just as there is always a need for overstatement, exaggeration and self-expression.


また式は-実験は常に必要のある研究だけで、自己いつものようにで すが、必要性を誇張、誇張し。

特定の問題解決の結果実験タイポグラフィことはありません。実験 タイポグラフィの表現純粋 な手段の一つです。

実験タイポグラフィ機能タイポグラフィーのポイントは、特定の最 大は、他の各相手 の。

タイポグラフィは、印刷された単語のフォームの、ですの1つの車両 で最も重要な機能 多くのアイデアとそのパターンです一般的な文化 は、常に明確に反映。

多くは、タイポグラフィのいわゆる実験的 傾向のある現代的な枠組 みの中で運動さだけ別のフォーム。

8

11

Wim Crouwel ヴィムクロー ウェル Much of the so-called experimental typography is just another form exercise within the framework of a certain modern trend. Typography, the form of the printed word, is one of the most important and most functional vehicles for ideas, and therefore is always a clear reflexion of the general cultural pattern.

Experimental typography and functional typography are, up to a certain point, opponents of each other. Experimental typography never results in a solution for a certain problem. Experimental typography is a pure means of expression.

There is always need for

experiment and research, just as there is always a need for overstatement, exaggeration and self-expression.


手紙は、速度が自分 の。

 手紙の声を持って自分の。

3

4

数字の強力な持って、元の文字をバッ クに自分たち。

 柔軟な焦点調整と眼筋の動き。いくつかの異なる読み取り距離。 2

 交換とフィット広場に同じです。別のシェーディング、別の意 味。 1

二重書き込みのシステムの タイプ可動の設立ニーズに以来の観点か らさまざまなことから観察文化の中で、欧州地面がされて。

漢字は、元の中国のピクトグラムの先進フォーム、およびかな、簡 略化のための音声漢字の形と日本語 化式共存が混在と。

12

Kanji, Kana,

15

Kohei Sugiura 康平杉浦

the developed form of original Chinese pictograms, and a simplified and Japanized form of Kanji for phonetic expressions, are mixed and coexist. The dualistic writing system needs to be observed from a viewpoint different from that which has been ground in European culture since the establishement of movable type.

1. 2. 3. 4.

Interchangeable and fit in the same square. Different shading, different meaning. Flexible focal adjustment and ocular muscle movements. Several different reading distances. Letters have their own speed. Letters have their own voices.

Bring letters back to their original powerful figures.


手紙は、速度が自分 の。

 手紙の声を持って自分の。

3

4

数字の強力な持って、元の文字をバッ クに自分たち。

 柔軟な焦点調整と眼筋の動き。いくつかの異なる読み取り距離。 2

 交換とフィット広場に同じです。別のシェーディング、別の意 味。 1

二重書き込みのシステムの タイプ可動の設立ニーズに以来の観点か らさまざまなことから観察文化の中で、欧州地面がされて。

漢字は、元の中国のピクトグラムの先進フォーム、およびかな、簡 略化のための音声漢字の形と日本語 化式共存が混在と。

12

Kanji, Kana,

15

Kohei Sugiura 康平杉浦

the developed form of original Chinese pictograms, and a simplified and Japanized form of Kanji for phonetic expressions, are mixed and coexist. The dualistic writing system needs to be observed from a viewpoint different from that which has been ground in European culture since the establishement of movable type.

1. 2. 3. 4.

Interchangeable and fit in the same square. Different shading, different meaning. Flexible focal adjustment and ocular muscle movements. Several different reading distances. Letters have their own speed. Letters have their own voices.

Bring letters back to their original powerful figures.


16

17

活 版


実質的な拡張の可能性をさらにフォーム現代に加えて歴史的なデザ インの印刷の種類の空室発生から。

フォームがプレハブされ、それが仕事ですタイ ポグラファーのそれ らをアセンブルする義務が正しく、各有意義です。

アー セナルのフォーム広範なタイポグラフィですのニーズにご利用 いただけます。

最高の本のデザインが注目されているほとんど確かな。

タイポグラフィの時間私たちの視覚イメージ の所属する。

さ読むことができない印刷用デザインはゴミ薄い。

通信は、タイポグラフィー、適 切な目的の一つです。

Emil Ruder エミールルー ダー

Communication is the proper purpose of typography. A design for print which cannot be read is sheer rubbish. The best book design is certainly the kind which is

hardly noticed. An extensive arsenal of forms is available for the needs of typography. The forms are prefabricated and it is the typographer’s duty to assemble them correctly and meaningfully for each job.

Ornamental types had their heyday in the past.

white space not be ignored.

The use of in typography should


印刷作業はインスピレーション芸術自然やされていない製造された 無料の芸術活動。

タイポグラフィ、アート無料の演習ではない。

誤字 活性値は黒と白の必要着実に判断比率法の光学知識を深く。

正式な品質との関係に依存しています部品印刷して印刷され。

21

幅の広い言葉がリードする深い間隔と一致します。

適切な言葉が、間隔の画像の短い単語と強化リズムを長い。

言葉の間隔は審美的 には機能的。

文 字黒の領域の白い額を減少するとの割合建設的な関係のに入る白 残り。

正式な問題の知識は、タスクは、これらの真の優越欠かせない。

タイポグラファー の方法プロである非の打ちどころが技術的に訓練 などのリソースを使用して、これらのことができる方法は、彼が。

色の要素を重要な強調するために使 用することができますがありま す。

のタイポグラフィス ペースの白い使用は無視すべきではない。

装飾の種類は、過去に全盛期を迎えた彼ら。

18

Color can be used to emphasize important elements. The typographer should be technically trained in such a way that he can use these resources in an impeccably professional way. A knowledge of formal problems is essential for the true mastery of these tasks.

The formal quality is dependent on the relationship between the printed and the unprinted parts. Word spacing is functionally and aesthetically. Wide word-spacing matches with deep leading.

Typography is not an exercise in free art. The printed work is not produced by free artistic activity or spontaneous artistic inspiration. Typography belongs to the visual image of our time. Typographical activity requires a steady judgement of black and white proportions and a deep knowledge of the laws of

optical values. A further substantial extension of possibilities arises from the availability of printing types of historic design in addition to modern forms.


印刷作業はインスピレーション芸術自然やされていない製造された 無料の芸術活動。

タイポグラフィ、アート無料の演習ではない。

誤字 活性値は黒と白の必要着実に判断比率法の光学知識を深く。

正式な品質との関係に依存しています部品印刷して印刷され。

21

幅の広い言葉がリードする深い間隔と一致します。

適切な言葉が、間隔の画像の短い単語と強化リズムを長い。

言葉の間隔は審美的 には機能的。

文 字黒の領域の白い額を減少するとの割合建設的な関係のに入る白 残り。

正式な問題の知識は、タスクは、これらの真の優越欠かせない。

タイポグラファー の方法プロである非の打ちどころが技術的に訓練 などのリソースを使用して、これらのことができる方法は、彼が。

色の要素を重要な強調するために使 用することができますがありま す。

のタイポグラフィス ペースの白い使用は無視すべきではない。

装飾の種類は、過去に全盛期を迎えた彼ら。

18

Color can be used to emphasize important elements. The typographer should be technically trained in such a way that he can use these resources in an impeccably professional way. A knowledge of formal problems is essential for the true mastery of these tasks.

The formal quality is dependent on the relationship between the printed and the unprinted parts. Word spacing is functionally and aesthetically. Wide word-spacing matches with deep leading.

Typography is not an exercise in free art. The printed work is not produced by free artistic activity or spontaneous artistic inspiration. Typography belongs to the visual image of our time. Typographical activity requires a steady judgement of black and white proportions and a deep knowledge of the laws of

optical values. A further substantial extension of possibilities arises from the availability of printing types of historic design in addition to modern forms.


印刷されたページは、時間と空間ではない条件。

誤植力学の法則によってレイアウトが支配ページ上のテキスト、コ ンテンツリズムの必要が反映されま す。

概念は、経済の最大のとすることを 表明した。

とプリント見られている言葉は聞いたことがない。

22

25

El Lissitzky エルリシツキ ー

Printed words are seen and not heard. The layout of the text on the page governed by the laws of typographical mechanics,

must reflect a rhythm of the content. The printed page is not conditioned by space and time.

Concepts should be expressed with the greatest

economy.


印刷されたページは、時間と空間ではない条件。

誤植力学の法則によってレイアウトが支配ページ上のテキスト、コ ンテンツリズムの必要が反映されま す。

概念は、経済の最大のとすることを 表明した。

とプリント見られている言葉は聞いたことがない。

22

25

El Lissitzky エルリシツキ ー

Printed words are seen and not heard. The layout of the text on the page governed by the laws of typographical mechanics,

must reflect a rhythm of the content. The printed page is not conditioned by space and time.

Concepts should be expressed with the greatest

economy.


もっと文字を面白くないタイポグラフィている自体ではありません が便利です。

新しいタイポグラフィは、書体を最も満足したすることが簡単に、 少なくとも最も華やかかつ合理 的。

26

29

Piet Zwart ピエトズワル ト The new typography has to be content with the

most simple, least-ornate and most rational typefaces.

The more uninteresting a letter is in itself the more useful it is in typography.


もっと文字を面白くないタイポグラフィている自体ではありません が便利です。

新しいタイポグラフィは、書体を最も満足したすることが簡単に、 少なくとも最も華やかかつ合理 的。

26

29

Piet Zwart ピエトズワル ト The new typography has to be content with the

most simple, least-ornate and most rational typefaces.

The more uninteresting a letter is in itself the more useful it is in typography.


進 Pro


Lead was supplied in “pigs” which were long ingots of lead weighing about 22 pounds each. They had an eye

ライノタイプ ライノタイプの主要な機能は、長い(スペースバンド) くさびを スライドさせていた特殊な単語のスペーサーの連続でした。タイプ 自体は真鍮の雑誌からマシンの上部にあるドロッ プシリーズ負型 (マトリックス)であった。これらの雑誌のいくつかはできるよう に読み込むことが できる複数の型のサイズとスタイルに演算子に アクセスできます。 キーは金型を雑誌から解放されるだろうと““ホルダー のような 棒に組み立てるために落ちるが押された インジケータは、行がキャプチャ範囲内、つまり、それ が十分な タイプに含まれていた演算子を語った。あまりにも少ないタイプで は、そこにくさびスペーサー が多すぎる空白動作するようになる と、彼らはロックだ。あまりタイプでは、スペーサーは部屋で作 業する必要は ない。行の化粧がかなり仕様“スプラッシュ“また は“ホヤ“ がリードして適切にシールに失敗するライン型、注入 されたが起こるかは、機械の領域の前面を包むされた場合リード。 これは、いくつかの時間をクリーンアップすると組版の 流れを中 断した。これは非常に悪いフォームスプラッシュやホヤを生成す

History Phototypesetting (sometimes referred to as “cold type”) dates back to the 1940s, but the technology became popular in the early 1970s when it replaced hot metal typesetting as offset lithography printing grew in popularity. A number of hot-metal equipment manufacturers (Mergenthaler Linotype, and the Monotype Corporation for example) began adapting their technology, while other companies like Alphatype and Varityper formed as a

Phototypesetting is a method of setting type, rendered obsolete with the popularity of the personal computer and desktop publishing software, that uses a photographic process to generate columns of type on a scroll of photographic paper. Typesetters used a machine called a phototypesetter, which would quickly project light through a film negative image of an individual character in a font, through a lens that would magnify or reduce the size of the character onto film, which would collect on a spool in a light-tight canister. The film would then be fed into a processor, a machine that would pull the film through two or three baths of chemicals, where it would emerge ready for paste up.

Phototypesetting

type used for hand setting of loose letters. This allowed reasonable print runs or conversion to stereotypes for longer print runs. The used type, like the slugs from line casters, was re-melted when no longer needed. The Monotype Corporation survived the demise of the hot metal typesetting era by selling digital type. 組版の種類 2つの異なるアプローチが独立して世紀後半に開発 された組版を機 械化する。 1つは、移動したモノタイプ システムとして知 られて いる団体、個々のタイプの文字を生成;、ライノタイプ、作成ナメ クジ、他の通常のテキストの行全体を含む。両方のシステムがさま ざまな分野で成功を収めて:移動 したモノタイプ キャスターは書 類仕事とライノタイプシステムの人気があった新聞の生産に成功を 発見した。

As a key was pressed a mold would be released from the magazine and fall down to assemble into a “stick” like holder. The assembly box could be adjusted depending on the length of line required (in picas). Each time the

The line of brass molds were lifted by a second elevator which lifted them back to the top of the machine held by a series of ledges on the “V” shaped notch on the top of each individual brass mold. As the machine slid the line of type across a special “V” shaped bar at the very top, patterns of notches in this bar would allow the brass molds to release at the right moment to fall back into the correct slot in the magazine. This automatic replacement kept the magazine filled. The entire action of a Linotype kept in constant motion by a well trained operator was quite a mechanical ballet. An expression often used between Linotype operators to boast their speed at typesetting, was to “hang” a line of type before the previous line had been ejected.

be introduced with special molds containing no type high symbols. The mould wheel then rotated and the solid line would be ejected on to a “galley” next to the operator. Depending on the model of machine, the mould wheel either had two or four moulds, allowing a maximum of four different line lengths and typesize. These moulds were all interchangeable so as to allow numerous combinations. Linespaces were created manually by closing the jaws and initiating a cycle of the process. 印刷とタイポグラフィ、溶銑植字(また、機械的な組 版、ホット リード組版、ホット金属と呼ばれるタイプ)ホットは19世紀の技術 に活版印刷のテキストを組版するための参照します。このメソッド は、1つまたは複数のグリフの形をして金 型に型金属を溶融挿入し ます。鋳物要素は、後で紙にインクを押して使用されます。

Linotype The key feature of the Linotype was a series of special word spacers which were long sliding wedges (spacebands). The type itself was a series of brass negative molds (matrixes) that dropped from a magazine at the top of the machine. Several of these magazines could be loaded to allow the operator access to several type sizes and styles.

Types of typesetting Two different approaches to mechanising typesetting were independently developed in the late 19th century. One produced characters on individual type bodies, known as the Monotype system; the other, Linotype, created slugs, usually comprising a whole line of text. Both systems met with success in different fields: the Monotype caster was more popular for bookwork and the Linotype system found success in newspaper production.

In printing and typography, hot metal typesetting (also called mechanical typesetting, hot lead typesetting, hot metal, and hot type) refers to 19th-century technologies for typesetting text in letterpress printing. This method injects molten type metal into a mold that has the shape of one or more glyphs. The cast metal elements are later used to press ink onto paper.

Hot metal typesetting

ホット金属組版

ると考えられた。 として。アセンブリボックスがイカの行の長さ が必要(に応じ て)調整することができます。たびにはスペース バーを1つのスペースバンドの押され たが追加された。 時行が組み立てられた、それはレバーを開く最初のエレ ベーター に、アセンブリのボックスと同じ幅に設定されていたジョーに転 送で解除された。正当な理由のバーが強制的になる棒にすべての 領域のバ ンドはすべてしっかりと左右に(各単語の間に間隔を増 やすことによって型金型詰まったまで)と棒を封印した。また、機 械の安全性の行が短すぎるされた場合、溶融金 属を充填から金型 を防ぐために停止されたが、これは時には失敗する場合、行列や 顎のねじれスペースバンド。この素晴らしいデザインの結末は、各 ラインの自動正当 均等に各単語の間に空白を調整することによっ てだった。タイプが使用されるので、比例だったの幅で修正しな い 場合、この正当化の問題を解決する機械は非常に重要でした。 また、いずれかの左、右、または中心に配置を設定する ことでし た。追加の空白は特殊な型は型高のシンボルを含む導入され るこ とができます。金ホイールは、回転し実線は、“厨房“演算子の横 にあ る上に排出される。マシンのモデルに応じて、金型ホイール のいずれか、で きるように2つまたは4つの金型をした4つのライン の長さと型のサイズの最大値。これらの鋳型は、すべての交換よう に多くの組み合わせ を可能にするでした。ラインスペースが手動 であごを閉じて、プロセスのサイ クルを開始することによって作 成された。 真鍮金型のラインが戻ってマシン個々の真鍮製の金型の 上に“V“ の字型ノッチで棚一連の開催の上にそれらを解除2番目のエレベー ターで解除された。マシンは特別な“V“の字型のバーで、非常に 上部にあ る、このバーではノッチのパターンは真鍮の型が適切な タイミングで戻って雑誌の正しいスロットに陥る解放できるように なるタイプの行をスライドとして。この自動交換は雑誌がいっぱい いた。ライノタイプの全アクションは、一定の動きでよく訓練 さ れた演算子によってかなり機械バレエれた続けた。式がよくライノ タイプの演算子の間の組版では速度を自 慢する“、“前の行の前 に排出されていたタイプのラインがハングアップするが使われま した。 鉛は約22ポンド、各計量リードの長いインゴットされ た“豚“に


When the line was assembled, it was lifted by lever up into the first elevator and transferred into the jaws which had been set to the same width as the assembly box. The justification bar would force all the spacebands into the stick until they all jammed the type molds tightly from side to side (by increasing the spacing between each word) and sealed the stick. There were mechanical safety stops to prevent a mould from filling with molten metal if a line was too short, but this would sometimes fail if a matrix or spaceband twisted in the jaws. An upshot of this brilliant design was automatic justification of each line by equally adjusting the white space bet ween each word. Since the type used was proportio nal and not fixed in width, solving this justification problem mechanically was very important. It was also possible to set the alignment to either left, right or centred. Additional white space could

space bar was pressed one of the spacebands was inserted. An indicator told the operator when a line was within a capture range, that is, when it contained enough type. With too little type, there would be too much white space for the wedge spacers to work, and they would lock up. With too much type, the spacers would not have room to work. If the make-up of a line was too far out of specifications a “splash” or “squirt” would happen when the lead was injected into the line mold, which would then fail to seal properly, encasing the front of that area of the machine in lead. This took some time to clean up and interrupted the flow of typesetting. It was considered very bad form to generate a splash or squirt.

写植

写植、パソコンやデスクトップパブリッシングソフト ウェアの人 気を廃止、その印画紙のスクロールに型の列を生成するために写真

In 1975, the Compuwriter IV, as well as the Compuwriter 88, a stripped down version, held two filmstrips, each holding four fonts. (Usually a Roman, italic, bold, and bold italic font). It also had a lens turret which had eight lenses giving different point sizes from the font, generally 8 or 12 sizes, depending on the model. The low-end offered

Compugraphic produced phototypesetting machines in the 1970s made it economically feasible for a number of small publications to set their own type professionally. One model, the Compugraphic Compuwriter, used a filmstrip wrapped around a drum that rotated at several hundred revolutions per minute. The filmstrip contained two fonts (a Roman and a bold or a Roman and an italic) in one point size. To get different sized fonts, the typesetter loaded a different font strip or used a 2× magnifying lens built into the machine, which doubled the size of font. The CompuWriter II automated the lens switch and let the operator use multiple settings. Other manufacturers of photo compositing machines included Alphatype, Varityper and Mergenthaler, not to forget the ATF (American Type Founders) Phototypesetters model “A”, “B” and “B-8”.

result of new printing technology demand. In Europe, the company of Berthold had no experience in developing hotmetal typesetting equipment, but being one of the largest German type foundries, they knew everything about type. [citation needed] Berthold successfully developed its Diatype (1960), Diatronic (1967), and ads (1977) machines, which led the European high-end typesetting market for decades. モノタイプ これは別の方向溶銑能力紙テープを使用して緩やかなタ イプをキ ャストすると撮影された自動鋳造機を運営。紙テープは、最初の キーボードで生成される入力をキャ ストして使用すると、テープ は、後続のエディションの将来の鋳造保存ことができます。この本 は、仕事のため人気のあるシステムでした。修正と複雑な作業は、 手作業でテキスト上のテキストの 一括後にマシンで設定されてい た行うことができる。このタイプの合金少し難しいライン鋳造合金 よりもなさ れたが、と鋳造型の手緩い文字の設定で使用されるハ ードではなかった。これは、合理的な印刷の実行以上の印刷の実行 のための ステレオタイプへの変換を許可。使用タイプ、ラインキ ャスターからナメクジのように、 再必要なくなり溶融した。移動 したモノタイプ法人は、溶銑デジタルタイプを販売して時代を組版 の崩壊を生き残った。

Monotype This was a different direction taken in hot metal with the ability to cast loose type using a paper tape operated automatic casting machine. The paper tape would be first generated on a keyboard and then used to cast the type, the tape could be stored for future casting for subsequent editions. This was a popular system for book work. Corrections and complex work could be done on the text by hand after the bulk of the text had been set by machine. This type was made of an alloy slightly harder than the line casting alloys but was not as hard as the foundry

The typeset line slugs were recovered after printing and tossed into a “Hell Box” for recycling. At intervals the lead would be remelted and a bit of “plus metal” to replace the type alloy metals that evaporated or oxidized during the remelt process. This plus metal came in small one pound ingots. The lead was then poured into pig molds with particular care given to the eye of the pig. If defective it would break when the typesetter hung the pig and molten lead would splash around, and often on the operator.

in one end from which they were suspended by a hook and chain above the melting pot. As the level in the pot went down, the pig would be lowered a bit by the chain to keep the level of molten lead constant. The eyes had a gap in them. When the pig went all the way into the lead and the eye melted at the bottom, the two sides would fall into the pot and the chain would rapidly zip up to the top on a counterweight letting the operator know it was time to hang another pig. 指定されました。彼らはそこからは、フックと人種のるつぼ、上記 の チェーンによって中断された一方の端に目を離さなかった。ポ ットのレベルとして下、ブタは、チェーン定数溶融鉛 のレベルを 維持するビットを低下させると思ってた。目はそれらのギャップが あった。とき豚は、鉛、目下、2つの側面で鍋に、チェーン急速 先 頭へ対抗演算子をさせる上圧縮と下落するだろうと溶融にすべての 方法を行ったのは時間別の豚がハングした知っている。 組版ラインナメクジは、印刷後に回収されたと“地獄 ボックスに 投げ“リサイクルのために。間隔でリードし、少しの再溶融され る“プラスの金属“ 蒸発または再び溶かす過程で酸化型合金の金 属を交換する。このプラスの金属は小さな1ポンドのインゴットに 来 た。鉛は、特定の医療豚の目に与えられた豚の型に注がれ た。 それは、植字の周りスプラッシュと豚と溶融鉛を掛け、 壊す欠陥 場合、頻繁に演算子に。 プロセスを使用してレンダリングのタイプを設定する方法です。セ ッターは、拡大する、またはスプール上で収集する映 画、上の文 字のサイズを縮小するレンズを介して迅速映画フォントで個々の文 字の負のイメージを介して光を投影するマシンを写真植字機と呼ば れる、使用され る光タイトなキャニスター。映画は、プロセッサ には、貼り付けの準備を出て化学物 質の2つまたは3つのバスルー ムで映画を引っ張ってマシンを供給される。

歴史 (時には“コールドタイプ“と呼ばれる)写真植字 1940年代に は、しかし、日付技術が普及した年代初頭にそれが人気に生えてい たホット金属オフセット印刷印刷と植字に置き換えとなった。 の とような他の 企業が新しい印刷技術の需要の結果として形成され ながらホット金属機器メーカー(メルゲンターラーライノタイプ の数、および移動したは、例えば)の技術、適応を始めた。成功 した、 開発、ヨーロッパでは、ベルトルトの会社が、ホット金属 植字装置の開発経験がなかったドイツ最大の活字鋳造所の1つは、 彼ら はタイプすべてを知っていた。[編集は]ベルトルトが必要) と、広告マシンでは、どの欧州ハイエン ド年の市場を組版した。 年代に生産写植機 は、経済的に小さな物の数可能なプロ自分のタ イプを設定するにはした。 1つのモデルではその1分あたり数百回 転で回転ドラムに巻きフィルムストリップを使用。フィルムストリ ップは、1つのポイントサイズの2つの フォントを(ローマ、太字 やローマやイタリック)に含まれる。異なるサイズのフォントを取 得するには、植字工は、別 のフォントストリップをロードまたは2 倍拡大レンズをフォントのサイズを2倍にマシンに組み込まれて使 用されます。はスイッチレンズを自動化し、演算子は、複数の設定 を使用できます。写真の他のメーカーのマシンを合成、およ びに を(アメリカのタイプファウンダース)写植モデルを忘れてのを、 とメルゲンターラーではなく、含まれま す。 1975年、と同様、バージョンダウンし、削除の2つのフィルムスト リップ、それぞれが4つのフォントを持って開催した。 (通常はロ ーマ、太字斜体、および太字斜体のフォン ト)。また、つのレン ズをモデルに応じてフォントから別の ポイントサイズを、一般的 にまたはサイズ、与えていたレンズ砲塔があった。ハイエンドモデ


Some later phototypesetters utilized a CRT to project the image of letters onto the photographic paper. This created a sharper image, added some flexibility in manipulating the type, and created the ability to offer a continuous range of point sizes by eliminating film media and lenses. The Compugraphic MCS (Modular Composition System) with the 8400 typesetter is an example of the

Because early generations of phototypesetters couldn’t change text size and font easily, many composing rooms and print shops had special machines designed to set display type or headlines. One such model was the PhotoTypositor, manufactured by Visual Graphics Corporation, which let the user position each letter visually and thus retain complete control over kerning. Compugraphic’s model 7200 used the “strobethrough-a-filmstrip-througha-lens” technology to expose letters and characters onto a thin strip of phototypesetting paper that was then developed by photo-processor.

sizes from 6 to 36 point, while the high-end models went to 72 point. The Compugraphic EditWriter series took the Compuwriter IV configuration and added floppy disk storage on an 8-inch, 320K disk. This allowed the typesetter to make changes and corrections without rekeying. A Cathode ray tube (CRT) screen let the user view typesetting codes and text.

Letraset saw a decline in the sales of their materials in the early 1990s so moved into the desktop publishing industry,

The name Letraset comes from the lettering application, once ubiquitous but now rarely used, although still available. Currently, Letraset’s line of print patterns and textures are more commonly used than its lettering.

Before computer techniques, when artwork was prepared by hand, Letraset sheets were available with letters in a large range of typefaces, styles, and sizes, symbols, and other graphic elements. The letters could be transferred one by one to artwork being prepared. This was always a tedious job, but the alternative, to do the lettering by hand, was also tedious and required graphic artist skills.

Letraset is a company that manufactures sheets of artwork elements which can be transferred to artwork being prepared. The name Letraset was often used to refer generically to sheets of dry transferrable lettering of any brand. This technique was very widespread for lettering and other elements before the advent of the computer techniques of word processing and desktop publishing.

This article is about the company named Letraset.

Letraset

With the start of desktop publishing software, Trout Computing in California introduced VepSet, which allowed Xerox Ventura Publisher to be used as a front end and wrote a Compugraphic MCS disk with typesetting codes to reproduce the page layout.

The ability to create WYSIWYG page layouts on screen and then print pages at crisp 300 dpi resolution was revolutionary for both the typesetting industry and the personal computer industry. Newspapers and other print publications made the move to DTP-based programs

The first known publication to use ‚desktop publishing’ for a mass produced and sold publication is the Barter Book in Campbell River British Columbia which started publishing in October 1984. The Barter Book purchased a Macintosh Computer and an Apple imagewriter in February 1985. Using MacPublisher I, II and III which repeatedly crashed. Later trying Pagemaker II with the same result. The first software that worked flawlessly was Ready,Set,Go.

History Desktop publishing began in 1985 with the introduction of MacPublisher, the first WYSIWYG layout program, which ran on the original 128K Macintosh computer. (Desktop typesetting, with only limited page makeup facilities, had arrived in 1978–9 with the introduction of TeX, and was extended in the early 1980s by LaTeX.) The DTP market exploded in 1985 with the introduction in January of the Apple LaserWriter printer, and later in July with the introduction of PageMaker software from Aldus which rapidly became the DTP industry standard software.

publishing. The same skills and software are often used to create graphics for point of sale displays, promotional items, trade show exhibits, retail package designs and outdoor signs. In very simple words, it could be said that it is a page maker application.

ルは72ポイントに行きましたが、ロー エンドはからポイントに、 サイズを提供した。シリーズはの構成を取り、フロッピーディスク ストレージを追加インチ、万、ディスク上の。これは植字鍵の再生 成せずに変更および修正を行うこと ができました。カソード線管 はの画面を聞かせユーザ表示 コードとテキストを組版。 写植の初期世代を簡単にテキストのサイズとフォントを 変更する ことができませんでしたので、多くの作曲部屋と印刷のお店は、特 別なマシンをディスプレイのタイプや見出しを設定するように設計 した。そのようなモデルはは、グラフィックスコーポレーション、 聞かせて製造されたユーザーの位置の各文字を視覚的、したがって カーニングを完全に制御を保持します。のモデルは技術を 写真プ ロセッサによって開発された紙を写植の薄いストリップに文字と文 字を公開する“ストローブスルー-フィルムストリップスルーレン ズを使用した。 いくつかの後に写植は印画紙に文字のイメージを投影す るを利用 した。これは、シャープな画像を作成タイプを操作するいくつ か の柔軟性を追加し、能力を映画のメディアやレンズを排除すること によってポイントサイズの連続した範囲を提供するために作成。は (モジュール構成のシステム)タイプセッタとの写真植字機の例で す。このマシンはメモリに8インチフロッピーからのデジタ ルフォ ントを読み込まれます。また、はポイントの間で1 / ポイント単位 でポイントサイズの種類を設定することができた。それは非常に高 速され、1つの最初の出力システムの だった(もマシンであり、他 の)は、出力カメラレディ出力することができるインチの最大幅と なった。 初期のマシンは、テキストストレージ機能していた。い くつかの マシンにのみ大文字で小さなスクリーンとスペルチェックでは利用 できませんでした文字を表示されます。 組版ガレー船を校正フォ トペーパーを開発した重要な一 歩だった。修正は単語または型の ラインとガレー船の後ろをワック スで組版によって作ることがで きる修正は、X -アクトナイフでカットできる、任意のミスの上に 貼り付けられます。 最も初期の写真植字機は型、型ガレー船のつ の列を作成できます ので、レイアウトのボードにするための雑誌やニュースレターのテ キストの完全なページを作成するには、貼り付けていた。 [貼り付 け]を開くアーティストは、生産アートを作成 するに重要な役割を 果たした。その後写植は植字を貼り付けるを開く時間を節約できる 複数の列の機能していた。 初期の電子組版プログラムが写植を駆動するように設計 された、 最も有名なグラフィックシステムズの写真植字機は、のは、入力を 提供するために設計されました。このようなプログラムはまだ存在 が、その出力は、もは やハードウェアの特定の形式でターゲット です。 デスクトップパブリッシングソフトウェア、トラウトコ ンピュー ティングカリフォルニア州の開始に伴いフロントエンドとして使用 するとコードを組版とのディスクを書き込みページのレイアウトを 再現するを、ゼロックスベンチュラ出版社を認めてきた。

レトラセット

この資料では、会社についてレトラセットという名前で す。

レトラセットのアートワークに転送することができます アートの 要素のシートを製造する会社準備中です。名前レトラセットは、し ばしば一般的にどのブランドの 乾燥譲渡文字のシートを参照して 使用されました。この手法は非常にワープロやデスクトップパブリ ッシン グのコンピュータ技術の出現する前に文字や他の要素のた めの普及した。 コンピュータ技術の前に、ときにアートワークを手で作 成され た、レトラセットシートが使用可能書体、スタイルの大規模な範囲 の文字とされ、サイズ、シンボル、および他のグラフィック要素 が。文字は1つのアートワークに用意されて1つを転送する ことが できます。これは常に退屈な仕事だったが、代わりに、手で文字 を 行うには、また、退屈で、必要なグラフィックアーティストの スキルだった。 名前レトラセットは文字のアプリケーションから、1回 ユビキタス が来る今はほとんど使用すると、まだ利用が。現在、印刷パターン とテクスチャのレトラセットのライ ンはより一般的に、その文字 よりも使用されます。


The “desktop publishing” is commonly used to describe page layout skills. However, the skills and software are not limited to paper and book

歴史 デスクトップパブリッシングは、年に 、何を参照してください最

Desktop publishing (also known as DTP) combines a personal computer and WYSIWYG page layout software to create publication documents on a computer for either large scale publishing or small scale local multifunction peripheral output and distribution.

デスクトップパブリッシング(また、のように知 られている)パ ソコンを組み合わせて、何を参照してくださいです何をページレイ アウトソフトウェアのいずれかの大規模な公開または小規模ローカ ル多機能周 辺機器の出力と配布のためのコンピュータ上の文書の 文書を作成する情報をゲット。 "デスクトップパブリッシングは、“一般的にページの レイアウト のスキルを記述するために使用されます。しかし、スキルやソフト ウェアは紙や本の出版に限定さ れていません。同じスキルとソフ トウェアは頻繁に販売されます、プロ モーションアイテム、トレ ードショーの展示、リテールパッケージのデザインや屋外サインの ポイントのグラフィックを作成するために使用されます。非常に簡 単な言葉で、それはそれは、ページメーカーの アプリケーション だといえるでしょう。

Behind-the-scenes technologies developed by Adobe Systems set the foundation for professional desktop publishing applications. The LaserWriter and LaserWriter Plus printers included high quality, scalable Adobe PostScript-fonts built into their ROM memory. The LaserWriter’s PostScript capability allowed publication designers to proof files on a local printer then print the same file at DTP service bureaus using optical resolution 600+ ppi PostScript-printers such as those from Linotronic. Later, the Macintosh II was released which was much more suitable for desktop publishing because

By the standards of today, early desktop publishing was a primitive affair. Users of the PageMaker-LaserWriter-Macintosh 512K system endured frequent software crashes, the Mac’s tiny 512×342 1-bit black and white screen, the inability to control letter spacing, kerning (the addition or removal of space between individual characters in a piece of typeset text to improve its appearance or alter its fit) and other typographic features, and discrepancies between the screen display and printed output. However, it was a revolutionary combination at the time, and was received with considerable acclaim.

from older layout systems like Atex and other such programs in the early 1980s. The term “desktop publishing” is attributed to Aldus Corporation founder Paul Brainerd, who sought a marketing catch-phrase to describe the small size and relative affordability of this suite of products in contrast to the expensive commercial phototypesetting equipment of the day.

デスクトップパブリッシング

Desktop publishing

In popular culture Letraset is referred to in the Arctic Monkeys song Cornerstone with the line, “And she wrote it out in Letraset”.

Letraset is the maker of the Pantone Tria Markers which have been renamed to Letraset Tria Markers since the new range.

Letraset is based on the Kingsnorth Industrial Estate in Ashford, Kent, UK.

releasing software packages for the Macintosh such as ImageStudio and ColorStudio. These never saw widespread success. However, as Letraset held the rights to their fonts that had been popular on the dry transfer sheets, it made sense to enter the digital font market. Letraset thus began releasing many fonts in formats such as PostScript. 大衆文化に レトラセットはにアークティックモンキーズの曲コー ナーでライ ンで呼ばれ、彼女はレトラセットでそれを書いた。

Early electronic typesetting programs were designed to drive phototypesetters, most notably the Graphic Systems CAT phototypesetter that troff was designed to provide input for. Though such programs still exist, their output is no longer targeted at any specific form of hardware.

Since most early phototypesetting machines could only create one column of type, long galleys of type were pasted onto layout boards in order to create a full page of text for magazines and newsletters. Paste-up artists played an important role in creating production art. Later phototypesetters had multiple column features that allowed the typesetter to save paste-up time.

Proofing typeset galleys was an important step after developing the photo paper. Corrections could be made by typesetting a word or line of type and by waxing the back of the galleys, and corrections could be cut out with an XActo knife and pasted on top of any mistakes.

Early machines had no text storage capability; some machines only displayed 32 characters in uppercase on a small LED screen and spellchecking was not available.

CRT phototypesetter. This machine loaded digital fonts into memory from an 8-inch floppy. Additionally, the 8400 was able to set type in point sizes between 5 and 120 point in ½-point increments. It was extremely fast and was one of the first output systems (the other was also a Compugraphic machine, the 8600) that was able to output camera-ready output with a maximum width of 12 inches. レトラセットは、ソフトウェアパッケージをリリース年代初頭にそ の材料の売上高は減少して、デスクトップ、出版業界に移動見たイ メージおよびカラースタジオなど。これらは、広範な成功を見たこ とがない。レトラセット人気の乾式転写シートにされていた彼らの フォントの権利を保持しかし、それはデジタルフォント市場に参入 する意味があった。レトラセットはこのように形式でポストスクリ プトのよ うな多くのフォントをリリースした。 レトラセットはキングスノース工業団地にアシュフォー ド、ケン ト、イギリスに基づいています。 レトラセットはレトラセットトリアマーカーに新しい範 囲から変 更されているパントントリアマーカーのメーカーです。

初の導入で始まった何を元ののコンピュータ上で実行レイアウトプ ログラムを 入手してください。限られたページ化粧設備(デスク トップの組版では、 からでの導入と到着していた、とで年代初め に拡張されました。)の市場年1月にプリンタの導入で爆発、およ びそれ以降の7月にアルダスから のソフトウェアの急速業界標準の ソフトウェアとなった導入。 最初の知られている出版物は‘大量生産のためのデスク トップパ ブリッシングを使用し、文書を販売バーター予約キャンベルリバー ブリティッシュコロンビア州で年月の公開を開始されます。バー ター予約は年月コン ピュータとのを購入しました。私をを使用し て、と は、繰り返しに墜落した。後で同じ結果をページメーカー をしようとして。完璧に、セット、ゴーレディとして働いた最初の ソフト ウェア。 能力何を見たままを作成するにはどうする画面上のペー ジレイア ウトを取得して鮮明な解像度で印刷ページは、革新的両方組版業界 やパソコン業界だった。新聞や他の印刷出版物は、アテックスと年 代初 頭に、他のそのようなプログラムのような古いレイアウトシ ステムからのベースのプログラムへの移行を行った。 この法律において“デスクトップパブリッシングは、“ アルダス 株式会社創業者のポールブレイナード、キャッチフレーズ小型、一 日の高価な商用写植装置は対照的に製品のこのスイートの手頃な価 格の相対を記述す るためのマーケティングを求めたに起因する。 今日の基準では、初期のデスクトップパブリッシング は、原始的 な事件だった。ののマッキントッシュのシステムは頻繁にソフトウ ェアがクラッシュしたの小さなビット黒と白の画面に耐えのユーザ ーは、できない文字の間隔を制御するために、カーニング(追加ま たは個々の文字の間にスペースを除去するタイプセット の一部で テキストは、その外観を改善したり、フィットを変更) やその他 のタイポグラフィ機能、画面の表示と印刷の不一致を出力。しか し、それは同時に革命の組み合わせであり、かなり 高い評価を受 けました。 舞台裏の技術は、によって開発されたプロフェッショナルデスクト ップパブリッシングアプリケーションの基盤を設定します。にとの プラスプリンタは、高品質でスケーラブルなのフォントを自分たち のメモリに組み込まれて含まれます。のの機能 は、ローカルプリ


During these early years, desktop publishing acquired a bad reputation from untrained users who created poorly-organized ransom note effect layouts — criticisms that would be levied again against early web publishers a decade later. However, some were able to realize truly professional results. For example, .info magazine became the very first desktop-published, full-color, newsstand magazine in the last quarter of 1986, using a combination of Commodore Amiga computers, Professional Page desktop publi-

Although Macintosh-based systems would continue to dominate the market, in 1986, the GEM-based Ventura Publisher was introduced for MS-DOS computers. While PageMaker’s pasteboard metaphor closely simulated the process of creating layouts manually, Ventura Publisher automated the layout process through its use of tags/style sheets and automatically generated indices and other body matter. This made it suitable for manuals and other long-format documents. Desktop publishing moved into the home market in 1986 with Professional Page for the Amiga, Publishing Partner (now PageStream) for the Atari ST, GST’s Timeworks Publisher on the PC and Atari ST and Calamus for the Atari TT030. Even for 8-bit computers like the Apple II and Commodore 64 software was published: Home Publisher, The Newsroom and geoPublish.

of its larger, color screen, support for multiple displays, greater RAM capacity and its SCSI storage interface which allowed fast, high-capacity hard drives to be attached to the system.

Page layout is the process by which the elements are laid on the page orderly, aesthetically, and precisely. Main types of components to be laid out on a page include text, linked images that can only be modified as an external source, and embedded images that may be modified with the layout application software. Some embedded

Master pages are templates used to automatically copy or link elements and graphic design styles to some or all the pages of a multipage document. Linked elements can be modified without having to change each instance of an element on pages that use the same element. Master pages can also be used to apply graphic design styles to automatic page numbering.

A web page is an example of an electronic page that is not constrained by virtual paper parameters. Most electronic pages may be dynamically re-sized, causing either the content to scale in size with the page or causing the content to re-flow.

show displays. A virtual page for printing has a predesignated size of virtual printing material and can be viewed on a monitor in WYSIWYG format. Each page for printing has trim sizes (edge of paper) and a printable area if bleed printing is not possible as is the case with most desktop printers. ンタの証明ファイルに文書の設計者はそれらのからのようなサービ ス局で同じファイルをベースのプリンタを光学解像度を使用して印 刷できる。その後は、はどのはるかに適しているため、その拡大の デスクトップパブリッシング用に公開された、カラー画面で、複数 のディスプレイを、より大きな容量、 高速、ハードドライブが接 続される大容量の許可のストレージインタフェースのサポートシス テムです。 ベースのシステムでは、年 に市場を支配し続けるだろうが、はベ ースのは、コンピュータに導入されました。 、ベンチュラは/スタ イルシートタ グを使うことにより、レイアウトのプロセスを自動 化ののボードのメタファーは密接に手動でレイアウトを作成するプ ロセスをシミュレート が自動的にインデックスや身体の他の物質 を生成します。これは、適切なマニュアルやその他の長い形式のド キュ メントのためにした。デスクトップパブリッシングは、国内 市場に年 にプロページとアミ、出版社のパートナー(現在)アタ リは、のとキャラマスアタリの上に移動。アップルII、コモドール のソフトウェアが公開さ れてのページ:ホーム出版社、ニュース やのようにビットのコンピュータであっても。 これらの初期の年間、デスクトップパブリッシングが不 十分組織 身代金要求の効果のレイアウト - もう一度初期のサイト運営者に 対して年後に課税される批判を作成未熟なユーザーからの悪い評 判を得た。ただし、一部の真にプロフェッショナルな結果を実現 す ることができた。たとえば、。情報誌は非常にデスクトップ公 開され、フ ルカラーは、年第4四半期の雑誌スタンド、コモドール のコンピュータでは、ページデスクトップパブリッシング ソフト ウェアの組み合わせを使用し、アグフアグラフィックスタイプセッ タは最初の[になった2]。最初の知られている“デスクトップ出版 物は“バーター 予約キャンベルリバーブリティッシュコロンビア 州、カナダで公開されている。および年月脂肪を使用します。 多くの場合、主なスキルと見なさより使いやすいソフトへのアクセ シビリティを向上、芸術の方向に、グラフィックデザイン、マルチ メディアの開発、マーケティングコミュニケーション、管理キャリ アと繁栄 の経済の高度な高校リテラシー二次スキルのした。のス キルレベルは、数時間(その単語のプロセッ サでクリップのアー トを置く)に何大学の教育と広告代理店の位置など長年の経験を( 必要学習例えばl学習される可能性がありますかから)範囲。のス キルの規律は技術的なスキルプリプレス生産 と創造的な技術、プ ログラミングなどのコミュニケーションデザイン、グラフィックイ メージの開発などからの範囲です。

用語 またデスクトップパブリッシング、電子ページと仮想紙 のページ のページの2種類が物理的な紙のページに印刷される。すべてのコ ンピュータの文書は技術的には電子、どのサ イズのコンピュータ のメモリやコンピュータのデータ記憶領域によってのみ制限されて います。 仮想紙のページは最終的には、印刷されるので、必要な 紙のパラ メータは、国際標準の物理的な用紙サイズで“A4サイズ“、“手 紙“などなど、一致する場合トリミングではないカスタムサイズ。 いくつかのデスクトップパブリッシングプログラムは、 カスタム サイズが大判印刷ポスターで使用される、看板やトレードショーが 表示されます指定できます。印刷用の仮想ページでは、仮想印刷材 料の事前に決めた 大きさを持って何を参照してくださいですモニ ター画面で見ることができる何を形式を取得します。印刷の各ペー ジ)と印刷可能領域の印刷を出血する場合 トリムサイズ(用紙の 端を持って可能な限りほとんどのデスクトッププリンタの場合では ない。 ページは、仮想紙のパラメータによって制約され ていません電子 のページの例です。ほとんどの電子ページを動的に再サイズ、サイ ズのペー ジまたは再フローにコンテンツを原因とスケールのいず れかのコンテンツを引き起こしている可能性があります。 マスタページは、自動的にコピーしたり、一部または複 数ページ のドキュメントのすべてのページに要素とグラフィックデザインの スタイルをリンクするためのテンプレートです。リンクされた要素 は同じ要素を使用するページ上の要素 の各インスタンスを変更す ることなく変更することができます。マスタページは、自動ページ 番号、グラフィックデザイ ンスタイルを適用するために使用する ことができます。 ページのレイアウトとは、要素が置かれているプロセス ですペー ジ、美的、整然とした正確。コンポーネントの主な種類は、ページ


Virtual paper pages will ultimately be printed, and therefore require paper parameters that coincide with international standard physical paper sizes such as “A4”, “letter”, etc., if not custom sizes for trimming. Some desktop publishing programs allow custom sizes designated for large format printing used in posters, billboards and trade

Terminology There are two types of pages in desktop publishing, electronic pages and virtual paper pages to be printed on physical paper pages. All computerized documents are technically electronic, which are limited in size only by computer memory or computer data storage space.

Often considered a primary skill, increased accessibility to more user-friendly DTP software has made DTP a secondary skill to art direction, graphic design, multimedia development, marketing communications, administrative careers and advanced high school literacy in thriving economies. DTP skill levels range from what may be learned in a few hours (e.g. learning how to put clip art in a word processor) to what requires a college education and years of experience (e.g. advertising agency positions). The discipline of DTP skills range from technical skills such as prepress production and programming to creative skills such as communication design and graphic image development.

shing software, and an Agfa Graphics typesetter. The first known “desktop publication” is the Barter Book which was published in Campbell River British Columbia Canada. Using a 512K Fat Mac and an imagewriter in February 1985.

Graphic design styles such as color, transparency, and filters, may also be applied to layout elements. Typography styles may be applied to text automatically with style sheets. Some layout programs include style sheets for images in addition to text. Graphic styles for images may be border shapes, colors, transparency, filters, and a parameter designating the way text flows around the object called “wraparound” or “runaround”.

images are rendered in the application software, while others can be placed from an external source image file. Text may be keyed into the layout, placed, or (with database publishing applications) linked to an external source of text which allows multiple editors to develop a document at the same time. 上にレイアウトさ れる、唯一の外部ソースのように変更すること ができますリンクされた画像、レイアウトのアプリケーションソフ トウェアを変更することが埋め込まれた画像、 テキストを含んで いる。他の外部ソースのイメージファイルから配置することが で きますがいくつか埋め込まれた画像は、アプリケーションソフトウ ェアで、表示されます。テキストがレイアウト、配置、に、または (データベー ス公開アプリケーションとの)複数のテキストエデ ィタが同時に文書を開発することにより、外部ソースへのリンクキ ーを設定することがあります。 色、透明などのグラフィックデザインスタイルは、フィ ルタも、 レイアウト要素に適用されることがあります。タイポグラフィのス タイルは、テキストに自動的にスタ イルシートを適用されること があります。いくつかのレイアウトのプログラムは、テキストに加 え て、画像のスタイルシートが含まれます。画像のグラフィック のスタイルは境界線の形状、色、透 明度、フィルタ、および可能 性がありますパラメータは、オブジェクト“ラップアラウンド“ または“言い逃れ“と呼ばれる回避する方法のテキストフローを 指 定する。


ć­Š gress


サイエンスフィクション‘:ハード、ソフト、社会、サイバーパン ク、時間旅行、代替の歴史、軍事サイエンスフィクション、超人的 な、終末、宇宙オペラ、宇 宙西、スーパーヒーロー、受賞歴、ファ ンジンとオンラインフィクション、等のグラフィックデザインとサ イエンスフィクション。それが今日のと同じこと。

40

43

François Rappo フランソワハ ードコア ‘Science Fiction’: Hard, Soft and Social, Cyberpunk, Time Travel, Alternate History, Military Science Fiction, Superhuman, Apocalyptic, Space Opera, Space Western, Superhero, Awards, Fanzines and Online Fiction.

Graphic Design and Science Fiction; it’s the same thing today.


NA KIM Title Starting from Zero Client Werkplaats Typografie (NL), Zero One Design Center (KR)


サイエンスフィクション‘:ハード、ソフト、社会、サイバーパン ク、時間旅行、代替の歴史、軍事サイエンスフィクション、超人的 な、終末、宇宙オペラ、宇 宙西、スーパーヒーロー、受賞歴、ファ ンジンとオンラインフィクション、等のグラフィックデザインとサ イエンスフィクション。それが今日のと同じこと。

40

43

François Rappo フランソワハ ードコア ‘Science Fiction’: Hard, Soft and Social, Cyberpunk, Time Travel, Alternate History, Military Science Fiction, Superhuman, Apocalyptic, Space Opera, Space Western, Superhero, Awards, Fanzines and Online Fiction.

Graphic Design and Science Fiction; it’s the same thing today.


NA KIM Title Starting from Zero Client Werkplaats Typografie (NL), Zero One Design Center (KR)


47

はそれはハードコア

グラフィックデザインは、時代のテーマに受容ているされて:大衆 文化、サブカルチャー、コンテキスト、接続と美学のレセプショ ン。グラフィックデザインについての議論は、ツァイトガイストさ れたこれに特に透過。

44

Graphic design has been receptive to the themes of the period:

mass culture, sub-culture, context, aesthetics of reception, connection. The discussion on graphic design were particularly permeable to this Zeitgeist.

Is it ‘hardcore’?


BRICE DOMINGUES

Title

Area17 Client Area17 / Arnaud Mercier


47

はそれはハードコア

グラフィックデザインは、時代のテーマに受容ているされて:大衆 文化、サブカルチャー、コンテキスト、接続と美学のレセプショ ン。グラフィックデザインについての議論は、ツァイトガイストさ れたこれに特に透過。

44

Graphic design has been receptive to the themes of the period:

mass culture, sub-culture, context, aesthetics of reception, connection. The discussion on graphic design were particularly permeable to this Zeitgeist.

Is it ‘hardcore’?


BRICE DOMINGUES

Title

Area17 Client Area17 / Arnaud Mercier


51

イミディエイトの経験と日常の自発性。

大衆文化は文化の高されていない以上トートロジーも少ない。

グラフィックデザインは、断片化さまだ。

48

Graphic design is still

too fragmented.

Mass culture is not any less tautological than high culture.

Immediate experience and spontaneity of the everyday.


NEPOMUK

Title

Artists in film Client Cinema Babylon, Berlin Publisher Kunsthochschule Berlin Weissensee Credits Fonts by Berlin Park Display by Daniel Dolz / Nepomuk and Thesis Sans / Serif


51

イミディエイトの経験と日常の自発性。

大衆文化は文化の高されていない以上トートロジーも少ない。

グラフィックデザインは、断片化さまだ。

48

Graphic design is still

too fragmented.

Mass culture is not any less tautological than high culture.

Immediate experience and spontaneity of the everyday.


NEPOMUK

Title

Artists in film Client Cinema Babylon, Berlin Publisher Kunsthochschule Berlin Weissensee Credits Fonts by Berlin Park Display by Daniel Dolz / Nepomuk and Thesis Sans / Serif


55

が重ね層は、グラフィカル、レズビアンの研究と層のポストモダン 美学、文化研究、ゲイ、ポスト構造主義、政治的層を、新自由主義 と新しい主観性社会層の教育の進歩、設計、達成デザインの学校を 達成。

花嫁も取り除か彼女の裸で独身、

52

The bride stripped naked by her bachelors, even? Three graphical layers that are superimposed;

a layer of postmodern aesthetics, cultural studies, gay and lesbian studies, poststructuralism; a political layer, neo-liberalism and a new subjectivities; a sociological layer, the advancement of education, the achievement of design, the achievement of schools of design.


ASYLUM Chris Lee & Edwin Tan Title À quoi bon?


55

が重ね層は、グラフィカル、レズビアンの研究と層のポストモダン 美学、文化研究、ゲイ、ポスト構造主義、政治的層を、新自由主義 と新しい主観性社会層の教育の進歩、設計、達成デザインの学校を 達成。

花嫁も取り除か彼女の裸で独身、

52

The bride stripped naked by her bachelors, even? Three graphical layers that are superimposed;

a layer of postmodern aesthetics, cultural studies, gay and lesbian studies, poststructuralism; a political layer, neo-liberalism and a new subjectivities; a sociological layer, the advancement of education, the achievement of design, the achievement of schools of design.


ASYLUM Chris Lee & Edwin Tan Title À quoi bon?


59

モーターの研究の精神

柔軟な行列は言語、グラフィカル固有のこれらの変数を横断しよう とする。

のデザイン関連が成功し、その。

の大衆ツアーグランド。

56

The grand tour for the masses.

The relevance of design is its success. A flexible matrix to try to cross these variables with specific graphical languages.

Motor of mental research.


TOBIAS Rテ傍TGER Title

Shopi Client Shopi


59

モーターの研究の精神

柔軟な行列は言語、グラフィカル固有のこれらの変数を横断しよう とする。

のデザイン関連が成功し、その。

の大衆ツアーグランド。

56

The grand tour for the masses.

The relevance of design is its success. A flexible matrix to try to cross these variables with specific graphical languages.

Motor of mental research.


TOBIAS Rテ傍TGER Title

Shopi Client Shopi


63

それは完了だ、私は図書館を私パックを開く。

雑誌は年間媒体のこれらの過去のグラフィックがリアル。

グロテスクファンは:見て、おじいちゃんとおばあちゃんのメトリ ックを開くか、それをのようなこと、ひげをそるの博学と話題の。

60

Grotesque Fandom:

look, grampa and grandma did it like that,

‘shave-up-metrics’, the buzz of Helvetica and of erudition. It’s done, I pack up my library.

The magazine is the real graphic medium of these past years.


FRĂ„CK Title

Comba poster Client University of Art and Design Helsinki


63

それは完了だ、私は図書館を私パックを開く。

雑誌は年間媒体のこれらの過去のグラフィックがリアル。

グロテスクファンは:見て、おじいちゃんとおばあちゃんのメトリ ックを開くか、それをのようなこと、ひげをそるの博学と話題の。

60

Grotesque Fandom:

look, grampa and grandma did it like that,

‘shave-up-metrics’, the buzz of Helvetica and of erudition. It’s done, I pack up my library.

The magazine is the real graphic medium of these past years.


FRĂ„CK Title

Comba poster Client University of Art and Design Helsinki


ある実験観測動きが向かっている、解体、分裂と破壊。

現行のトレンドは、装飾効果を拒否常に活気に余計な透明性を味方 落ち着いた。

タイポグラフィ、レイアウト全体のタイポグラフィの関係の両方を 作成し、コンテキストのタイプのアプリケーションとのテキストの フォントそのものです。

64

67

Roanne Bell ロアンヌベル

Typography involves both the creation of text fonts itself and the application of type in the context of an overall typographic layout. The prevailing trend rejects ornamental effects and always favours sober clarity over superfluous exuberance.

There is an observable movement towards experimentation, deconstruction, disruption and destruction.


RAF VANCAMPENHOUDT & JORIS VAN AKEN Title

Le Locataire Client Wim Lambrecht, Ghent, Belgium


ある実験観測動きが向かっている、解体、分裂と破壊。

現行のトレンドは、装飾効果を拒否常に活気に余計な透明性を味方 落ち着いた。

タイポグラフィ、レイアウト全体のタイポグラフィの関係の両方を 作成し、コンテキストのタイプのアプリケーションとのテキストの フォントそのものです。

64

67

Roanne Bell ロアンヌベル

Typography involves both the creation of text fonts itself and the application of type in the context of an overall typographic layout. The prevailing trend rejects ornamental effects and always favours sober clarity over superfluous exuberance.

There is an observable movement towards experimentation, deconstruction, disruption and destruction.


RAF VANCAMPENHOUDT & JORIS VAN AKEN Title

Le Locataire Client Wim Lambrecht, Ghent, Belgium


ふざける次元文字モデル。

71

触覚要素はファッショナブルなことを続行します。

実験のフォントが読みやすいか認識ほとんど彼らがているされて歪 んに抽象的な範囲内のフォームなど。

ストロークと符号メーカーのフォントが頻繁に詳細を再度使用する ことです開始する。

ネオ保守の作品は、コンテキストまたはでは珍しいフューチュラ、 採用基準サンセリフ体のフォントなどのユニバースタイプライタ ー、。

68

Neo-conservative works employ standard sans serif fonts such as

Futura, Typewriter, Univers or Helvetica in unusual contexts. Stroke and sign maker fonts are beginning to be used again more frequently.

Experimental fonts are being distorted into abstract forms to such an extent that they are

barely recognisable or legible. Tactile elements continue to be fashionable.

Playful three-dimensional letter models.


LESLEY MOORE Title Standpoints Client Centraal Museum Utrecht


ふざける次元文字モデル。

71

触覚要素はファッショナブルなことを続行します。

実験のフォントが読みやすいか認識ほとんど彼らがているされて歪 んに抽象的な範囲内のフォームなど。

ストロークと符号メーカーのフォントが頻繁に詳細を再度使用する ことです開始する。

ネオ保守の作品は、コンテキストまたはでは珍しいフューチュラ、 採用基準サンセリフ体のフォントなどのユニバースタイプライタ ー、。

68

Neo-conservative works employ standard sans serif fonts such as

Futura, Typewriter, Univers or Helvetica in unusual contexts. Stroke and sign maker fonts are beginning to be used again more frequently.

Experimental fonts are being distorted into abstract forms to such an extent that they are

barely recognisable or legible. Tactile elements continue to be fashionable.

Playful three-dimensional letter models.


LESLEY MOORE Title Standpoints Client Centraal Museum Utrecht


Helmut Schmid

Regular graphic design today Cover and Layout by Adeline Mollard for Gestalten Edited by Robert Klanten, Sven Ehmann & Adeline Mollard Preface by François Rappo Introduction by Robert Klanten Profile Texts by Roanne Bell Published by Gestalten, Berlin 2009 Texts English ISBN 987-3-89955-253-9

Published by

Seibundo Shinkosha, Tokyo 2003 Texts English und Japanese ISBN 4-416-60302-9

Contribution by Wolfgang Weingart

Concept and design by

Typography today

REFERENCE MATERIAL

Today is tomorrow’s yesterday Cover and Layout by Cedric Neuhaus and Sabrina Uebersax Module Layout Basics Tutor Kurt Eckert Assistance Maria Rosa Jehle Visual Communication Zurich University of the Arts 2010

IMPRESSUM

奥付 参考資料

今日明日の昨日は 表紙とレイアウトセドリックノイウハウスによって サブリナオーヴァーストーン モジュールのレイアウトの基本 同い年の家庭教師のクルトイカート 援助マリアローザジェエレ ビジュアルコミュニケーション アート2010年のチューリッヒ大学 タイポグラフィ今日 コンセプトとデザインヘルムートシュミット ウェインガートヴォルフガングで貢献 誠文堂の新光、東京2003年公開 テキストは、ウント日本語英語 ISBNコード4-416-60302-9

定期的に、グラフィックデザイン、今日 表紙とレイアウトアデラインモラードでのゲシュタル テン ロバート寒天、スヴェンエーマン&アデラインでモラ ードを編集 はじめにフランソワハードコアで ロバート寒天で紹介 ロアンベルプロフィールテキスト ゲシュタルテン、ベルリン2009年発行 テキスト英語 ISBNコード987-3-89955-253-9


Today Is Tomorrow's Yesterday  

Typographic Manifestos

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you