Issuu on Google+

ド 夫 人

ヘマ イス グ ダレ ウイ ンブ を ち ら り と 見 ま し た

た だ け

に お 城 が あ り ま す

ダ ウド ンベ リ

口 に 出 し て 言 え な か

ヘあ イり が ダと ウう ンご ざ い ま す

あ な た と 一 緒 に 眠 り ま す

こ の 話 を 聞 き つ け ま し た

2

朝 の 祈 り と ミ サ に 出 か け ま す 一 人 はヘ きイ ら きダ らウ 光ン る 服 を 着 て

奥 様 の 心 は い た だ き た だ

小 姓 が

今 夜 は

そ の 日一 年 若に い祝 男日 女は は数 連あ れり 添ま す てが

マ ス グ 神 レ 父 さヘイ まイブ が は ダ 独ウ教 りン会 の ミ 戸 サ 口 の に 最 や 中 で て し き た ま し た

け れ 美ど しも い彼 マは リ アき 様れ にい はな 目ご が婦 ゆ人 きが ま気 せに んか か り

一 人 は 緑 の 服 を 着 て

そ こ みに ん なバ の 中ナ で ド いの ち奥 ば様 んが きや れ いて なき 方ま でし した た

奥 様 は

す る と夏 の マ太 ス陽 グの レよ イう ブに は輝 心く の目 中を でし にて ん ま り と マ 奥 ス 様今 グ ま わでヘレ たずイイ ブ し もとダ あ ウお な長ンま え たい を をこ 愛 愛と し し て て い い た ま の し で た す バ ク ル ヘズ イフ

も し ひも と き 晩おれ 中まい えに わが飾 たそ しこた のまお 腕で部 に行屋 眠くが らのあ せなり まらま し す

泣 く も 笑 身 う に も 余 身 る の こ 運さ の だ 命め お 優 し さ

奥 様

1

あ る 祝 日 ヘの イこ と ダで ウし ンた

リ ト ル ・ マ ス グ レ イ ブ と バ

3

4

5

6

7

8


に 出 陣 だ

ド ベ リ

歌 う た い

ダ ウ ン

ヘ イ

ナの 逃 ん げドき ろのに 角言 マ笛う スが者 グ鳴も レるお イたり ブびま にし さ た あ 逃 げ ろ

お 目 覚 め で す か う

お ま え に 与 え よ う ダ家 ウ来 ンの 者 を 皆 起 こ し

お ま え の 首 を 吊 る し て く れ よ う

家 来 の 中 に は 口 笛 を 吹 き

い あ や れ だい は やそ た れヘ らバとイツ グ も すナ ダミ ぐ カウの にドケン鳴 き も様ス 声 逃のの で げ角鳴 し 出笛き さで声 う なはで か く し て は う か

ダ ウ ン や

お 永 眠 で は な い で し

も し も そ れ が 本 当 な ら ば

も し も そ れ が 嘘 な ら ば

く り

ヘド イは

ヘ イ

奥 ご様奥 主の様 人小の 様姓馬 にの車 も身の 仕で脇 えはに るあつ 身るけ けて れい どる と き

何 が なヘ んイ で もダ ウ おン 知 ら せ す る の だ

ま さ か

9

10

ご 主 人 様 に 知 ら せ な く て は

橋 が 泳落 いち でて 川い をる 渡と りこ まろ しで たは ご 主 人 ヘ様 イ お ダ休 ウみ ンで す か

マ ス 奥グ 様レ とイ ブ ひが と つバ ベク ル ドズ でフ お 楽 しド みベ リ

小 姓 よ

バ ク ル今 ズ言 フ ヘ たイ そ ドのダ ベこウ リとン が の本 土当 地な をら ば

今 宵 今い ままわ でかし にらの な 馬 いバに 火ク鞍 急ルを のズお 用フけ で

バ ク ル ズ今 フ言ヘ イ た ドそダ ベのウ リこン と のが い嘘 ちな ばら んば 高 い 木 に

で も

11 12 13 14 15


わ と た しヘお をイや す 抱 いダみ てウ 暖ンじ め と て し て

ダ ウ ン ま ぐ さ

ヘ イ

お ま え の 馬 も

奥 様 の お 味 は

ド が 到 着 し

気 に い

た か い

ど うシ だ いツ も どま うく だり いあ げ マま スし グた レ イ ブ

さ や

裸 の 男 を 殺 し た な ど と

う ぶ ん

の が

服 を 着ヘ るイ起 き の だダろ ウ ンマ ス グ レ イ ブ

よ け ろ む こ こ こ んで う でもヘう の イな お 丘 三こ に 百れダ味 ポ以ウで 逃 ン上ンす し ドは て 差胃 い しが た 上痛 だ げむ け ま る し の な う ら

起 き ろ

国 中 の う わ さ の 種 は 願 い 下 げ

お 二 ま 本 こえい の のにず わはれ ヘ刀 し も イが 鞘 は上 等大 ダの 切の金 ウ中 れ刀叩 ン 味をい わ持て るた買 いせ 刀よた でうも じ の

マ ス グ レ ヘイ イブ が ダ繰 ウり ン出 し た 一 撃 で

は た

石 段 のヘ うイ え にダ 降ウ りン 立 ち ま し た

お ま そえ れは な のき にれ い 退な 散女 しを よ腕 うに と抱 いき う の で す か

そ の と き

三 本 三の 重銀 のの 扉鍵 をを 取 ひり と出 つし ひて と つ 開 け ま し た

掛 け ブ ト ヘン イを は ダね ウあ ンげ て

麦 と 秣 を 食 ん で ま す

あ れ 囲は い の羊 中飼 にい の 羊少 を年 追の 笛 て い る の で す お ま え の 鷹 は 止 ま り 木 で す よ

16

17

18

19

20

21 22

23


た の に

ダ ウ ン つ わ も の

ヘ イ

山 中 光 義 訳

で も

膝 に し た た り 落 ち た の で し た

頭 にわ 血し がの の手 ぼを る止 とめ 知て りは なく がれ らぬ

女 の 鑑 で あ

か が み

た と え お ま え が 死 ん だ と し て も

あ な た の 妻 だ け ど

奥 様 の見 心る 臓も の哀 血れ がな こ ぽと たで ぽし たた と

馬 鹿 お 者 ま えヘめ らイ 馬 は ダ鹿 何ウ者 のンど も 役 め に も 皆 立 の ち 者 は せ ぬ

な ぜ

こ の 世 で い ち ば ん 勇 敢 な 騎 士 を 殺 し て し ま

こ の 世馬 でに いま ちた ばが んる き猛 れ者 いだ な 女た をの 殺に し て し ま

墓 の 奥 準 様奥二 の様人ヘ備 出はのイを が上恋 の人ダ墓 上方同ウの な 士ン準 備 の 入 を だ れ か て と ら や 大 る 声 の で だ

き れ い な 奥 様 が 言 い ま し た

ドヘ にイ 横 にダ なウ ン た ま ま

わ た し は

で も バわ た ナし の ド命 が ああ なる た限 のり た め に は 祈 り ま せ ん よ

奥 様 の 両 ヘの イ乳 房 ダは ウ切 ンり 取 ら れ

ドナ が 繰ド りは 出深 し傷 たを 一負 撃い でま し た

ナバ

マ ス グ レ イ ブ は お ま え の た め に は 祈 り ま す

マ ス グ レ イ ブ

も う そ れ 以 上 撃 て ま せ ん

そ の と き

魂 が 救 ヘわ イれ る ダよ ウう ンに と 祈 り ま す

24 25 26 27 28

29


Little Musgrave and Lady Barnard, a Translation