Issuu on Google+

リ ツ ア の ム 心 地 ベ は い ド か の が 心 で 地 す は い か が で す

こ こ ち

こ こ ち

リ ア ム の 足 元 に 立 ち ま し た

不 機 嫌 そ う な マ ガ レ ト の 亡 霊 が す べ り こ み

一 日 人が が過 皆ぎ 寝夜 静が ま来 て た と き

6 マ 二ガ髪 度レを と か 戻トき はあ て部げ き屋 まか せら ん出 でて しい た て

象 牙 の 櫛 を 投 げ 捨 て て

5 ウ 教リ 会ア にム むと か栗 う色 姿の が花 見嫁 えが ま し た

マ 髪 を 梳 い て い る と き に

ガ レ す

ト が 部 屋 の 窓 辺 で

4 明 日 別の のち 花 嫁う をど お今 目頃 にま かで けに ま す

彼 彼女 女の もこ と わな たど し知 のり こま とせ なん ど 知 り ま せ ん

娘 と お ま え は ど ん な 仲

そ の 青と リいき アガ ムウ父 よン親 をが そ身起 もにき そまて もとき いいま し た た い ウ

2 マ

ウガ扉 レを リ た アトた ムがく を と 中誰 によ 入り れ早 まく し起 たき だ し て

ガ レ ト の 屋 敷 に や て き て

1 マ ほ か で は 見 つ け ら れ ま せ ん

ガ見リ レ事ア なム ト葦は ほ毛求 どの愛 に馬に 色で出 白行か のきけ 女まま はしし たた

マ ガ レ ト と ウ リ ア ム


15 壁 ぎ わ に 置 か れ て い る

大 広 間 で も あ り ま せ ん

マ ガ レ ト は 居 間 に は い ま せ ん

14 そ れ マ 細とそ 長もれ ガ い と レ お侍も 部女 ト 屋た大 は のち広 居 ほに間 間 う囲 で でま す すれ か かて

13 兄 弟 ウた ち リが ア ム誰 をよ 中り に早 入く れ起 まき しだ たし て

マ 扉 を た た く と

ガ レ ト の 屋 敷 に や て き て

12 花 マ嫁 様 ガの レお 許 トし のを 屋え 敷て に 行 く の だ

ウ 家 来 の 者 を 呼 び 起 こ し

リ ア ム は 一 人 二 人 三 人 と

11 部 屋 に は 白 豚 が い

花 新 と 婿 床 て 様 が も 血 不 夢 の 吉 を 海 な み な 夢 ま の ぱで し で いし た す でた に い ど こ

10 花 嫁 花も人 婿眠が にり皆 むか から目 覚覚 てめめ 言 た い と ま き に し た

夜 が 過 ぎ 朝 が 来 て

色 白 の お 方 の ほ う が も

で も ベ

ガ ツ レ ドの の心 ト 足地 元も ベ にけ 立 ド こ の てう 心 とおで 地 よいす は いで け の こ う で す こ こ ち

こ こ ち

栗 色 の 奥 様 は い か が で す

腕 に 抱 か れ て ぐ す り お や す み に な て い る


18

こ う し て 二 人 は

山 中 光 義 訳

死 ん で 結 ば れ た の で し た

バ ラ と イ バ ラ は 大 き く の び て 恋 結 び を 結 い ま し た

17

ウ ガ レ リ ア ト ム の の 墓 墓 の の う う え え に に は は バ イ ラ バ が ラ 生 が え 生 え て

ウガ レ リ アト ムは は 清 悲ら しか みな の愛 たの めた にめ 息に 絶 え ま し た

ウ ガ レ リ ア ト ム は は 昨 そ 夜 の の 日 う の ち う に ち に 息 絶 え ま し た

16

い つ も あ ん な に 赤 か た の に

青 白 く亡 血く のな 気 のた 失人 せに た 唇く にち づ け し た い

経 帷 子 を ほ ど い て く だ さ い

き う か た び ら

細 長 い お 棺 の 中 に 彼 女 は い ま す

へ や


Fair Margaret and Sweet William