Issuu on Google+

ジ ひ ざ の 上 ま で た く し 上 げ

ネ ト は 緑 の ス カ ト を

カ 誰 の 許 し も 要 り ま せ ん

タお 父 ホ様 が へ私 くに るく たれ めた にの で す

カ タ ホ は 私 の も の よ

カ タ ホ に や て き た

ど う ジ しど てうネ 僕し のてト 許バ しラ なの く花 を 摘 む

5 タ ム 摘・ んリ でン はが い けも なう いそ れ と以 い上 いは ま し た

ジ ほネ ん のト 二が 輪バ もラ 摘の ま花 ぬを う ち

け れ ど も タ ム ・ リ ン の 姿 は 見 え ま せ ん

泉 の そ ば に タ ム ・ リ ン の 馬 が 見 え ま し た

ジ タネ ム ・ト リが ンカ は 泉タ の そホ ば にに いつ まい した たと き

3 ジ カネき り タトり はと ホ急む いす へでび 行急ま きいし までた し た

金 髪 を お で こ で

ジ ひ ざ の 上 ま で た く し 上 げ

ネ ト は 緑 の ス カ ト を

奪 わ れ ず に す む も の は な い

そ う で金 なの け指 れ輪 ばか 乙 女緑 のの 純マ 潔ン をト

に 行

に 行

て は な り ま せ ん

若 い タ ム ・ リ ン が い る

娘 さ ん 方

金 の 飾 り を 髪 に つ け た

タ ム ・ リ ン


1 5 本 当 愛 のた す 愛と る をえ 人 愛 は す 灰 る 色 人 の が 妖 人 精 間 で で す も が

1 4 お な おか 城の の子 中ど にも はの い父 な親 いは の で す

す べ て は 覚 悟 の 上 の こ と

お な か に 子 ど も が い る と し て も

1 3

お な か に 子 ど も が い る の で は

あ あ静 か かに わや いさ いし ジく い ネい ま トし た

1 2

ジ ネ ト の 立 派 な 父 親 が 口 を 開 い て

あ な た に は 何 の 関 係 も な い

誰 の 子く 供た をば 産 んて だし ま てえ ば い い

お だ ま り な さ い 老 い ぼ れ め

1 1 ジ

わ しネ ら 皆ト がよ 責 めお らま れえ るの せ い で

白 髪 頭 の 老 騎 士 が い い ま し た

城 壁 の 上 に 寝 転 ん で い た

1 0 美 青しチ いい 顔ジス で やネを し てトて きがい ま ま し し た た

二 十 四 人 の き れ い な ご 婦 人 が

美 し い ジ ネ ト が や て き ま し た

か つ てボ は みル ん遊 なび のを 花し だて い たま し た

二 十 四 人 の き れ い な ご 婦 人 が

ジ 父ネ の 城ト へは 行急 きい まで し急 たい で

き り り と む す び ま し た

金 髪 を お で こ で


2 2

こ の 身 に 禍 が 降 り か か た

け れ ど も あ る 日

僕 を 引 き 取 り 一 緒 に 暮 ら し た

僕 の 祖 父 の ロ ク ス バ ラ は

2 1

あ な た は キ リ ス ト 教 徒 な の で す か

答 え て く だ さ い

2 0

ジ キ リ ス ト に か け て

ネ ト は い い ま し た

殺 す こ と に な る と い う の に

僕 た ちど 二う 人し のて かバ わラ いの い花 子を を摘 む

ジ ネ ト こ ん な に き れ い な 緑 の 森 で

1 9

摘 ん で は い け な い と い い ま し た

タ ム ・ほ リん ンの が二 輪 もも う摘 そま れぬ 以う 上ち は

ジ ネ ト が バ ラ の 花 を

1 8 泉 の けそ れば どに もタ タム ム・ ・リ リン ンの の馬 姿は は見 見え えま まし せた ん

ジ タ ム ・ リ ン は 泉 の そ ば に い ま し た

ネ ト が カ タ ホ に つ い た と き

1 7 ジ カネき り タトり はと ホ急む いす へでび 行急ま きいし までた し た

金 髪 を お で こ で

1 6

ジ ひ ざ の 上 ま で た く し 上 げ

ネ ト は 緑 の ス カ ト を

後 足 に は 燃 え る よ う な 金 の 蹄

あ と

ひ づ め

前 足 に は 銀 の 蹄 を つ け て

ま え

ひ づ め

風 よ り も 軽 く

愛 す る 人 の 乗 る 馬 は

あ な た の 騎 士 に は さ さ げ ま せ ん


2 9 僕 は 地町 上の の一 騎番 士近 だく を た通 のる では ず

僕 は 白 い 馬 に 乗 て い る

2 8

乗 り 手 を ひ き ず り お ろ す ん だ

白 い 馬 に は 急 い で 駆 け よ り

茶 色 の 馬 も や り 過 ご し

黒 い 馬 は や り 過 ご し

2 7

ど う や て 恋 人 を 見 分 け る の

た く さ今 んま ので 見見 知た らこ ぬと 騎も 士な のい 中よ かう らな

ど う し て あ な た を 見 分 け る の

2 6

マ イ ル ズ ・ ク ロ ス で 待 て い て く れ

僕 を 救馬 いに 出乗 し てて く出 れか るけ なる らは ず だ

妖 精 た ち は 真 夜 中 に

2 5 僕 を 君救 にい は出 勇し 気て がく あれ るる はか ずい だ

今 夜 は ハ ロ ウ

明 日 が 万 聖 節 だ ン

2 4

い け に え は 僕 に 違 い な い

僕 七 は 年 色地ごけ も獄とれ 白へにど も くい 気 てけ 味 肉に の 付え 悪 きを い も捧 こ 良げ と いる に の だ

妖 精 の 国 は 心 地 よ い と こ ろ

2 3 緑 の 妖丘 精で の暮 女ら 王そ がう 僕と を つ か ま え た

僕 は 馬 か ら 落 ち て し ま た

狩 り か身 らを 帰刺 す て日 く る 途 中

厳 し い 寒 さ が


3 6 ジ マ イ ル ズ ・ ク ロ ス へ 行 き ま し た

ネ薄 気 ト味 は悪 緑い の道 マで ンし トた に 身 を 包 み

暗 く て 陰 気 な 夜 で し た

3 5 そ し 僕た をら 見 え君 なの い緑 よの うマ にン くト るで ん で お く れ

裸 の 騎 士 に 変 わ る だ ろ う

そ う す れ ば 僕 は 君 の 恋 人 に

3 4 そ し 泉た のら 水僕 のを 中 に 投 げ 込 ん で お く れ

僕 を 真 赤 に 燃 え る 石 炭 に 変 え る だ ろ う

最 後 に 妖 精 た ち は 君 の 腕 の 中 で

3 3 そ れ 決で しも てし 君 をか 傷り つ抱 けい なて い怖 かが らら な い で

妖 僕 精 を た 真 ち は 赤 に 君 燃 の え 腕 る の 鉄 中 の で 棒 に 変 え る だ ろ う

3 2

君 が 子 ど も を 愛 し て い る な ら

そ れ で恐 もろ しし い か熊 りや 抱強 いい て獅 怖子 がに ら変 なえ いる でだ ろ う

妖 精 た ち は 僕 の 姿 を

3 1 そ れ 僕で僕 はもを おしイ モ な かかリ のりや 子抱マ どいム もてシ の怖に 父が変 親らえ だなる いだ でろ う

妖 精 た ち は 君 の 腕 の 中 で

3 0

必 ず 現 れ る か ら 信 じ て お く れ

そ れ か髪 らは 愛前 のに 契垂 りら のし 品て をお あこ げう よ う

帽 子 は 上 に ず ら し て お こ う

左 の 手 袋 は は ず し て お こ う

右 の 手 袋 は は め て お こ う

妖 精 た ち は そ の 名 誉 な 場 所 を 与 え て く れ た


4 2

鎌 田 明 子 訳

木 玉 を か わ り に 入 れ れ ば よ か た

お ま えこ のう 灰な 色る のこ 両と 目が をわ くか り ぬて いい てた ら

タ ム ・ リ ン よ

4 1 私 の 一家 番来 きの れ中 いで な 騎 士 を 奪 い 去 た か ら

非 業 の 死 を 遂 げ る が い い

あ ん怒 なり 醜狂 い 顔て はい 呪い わま れし るた が い い

妖 精 の 女 王 は い い ま し た

4 0 タ 立ム 派・ なリ 花ン 婿を を救 手い に出 入し れた たあ の 娘 は

エ ニ シ ダ の 茂 み の 中 か ら い い ま し た

妖 精 の 女 王 が

3 9

春 の 小 鳥 の よ う に 楽 し げ で し た

恋 人 をタ 緑ム の・ マリ ンン トは で救 くわ るれ みま まし した た

3 8

ジ ネ ト は 言 わ れ た 通 り に や り ま し た

乗 り 手 を ひ き ず り お ろ し ま し た

白 い 馬 に は 急 い で 駆 け よ り

茶 色 の 馬 を や り 過 ご し

黒 い 馬 を や り 過 ご し

3 7 手 綱 有の 頂音 天を に聞 ない て て 喜ジ び まネ し たト は

真 夜 手 中 綱 に の な 音 が た 聞 こ こ ろ え て き ま し た


Tam Lin