Issuu on Google+

8 二 人 の 坊 や お 別 れ よ

女 は 頬 ほほ 子 と 供 顎 あご を に 抱 接 き 吻 あ を げ し て ま し た

み ん な そ れ ぞ れ 鳴 り も の 入 り で

い か つ い 水 夫 た ち が 二 十 四 人

八 隻 目 の 船 に 乗

せ き

て や て き た

七 隻 せき の 船 を 浮 か ば せ て

あ な た に つ い て 行 く な ら ば

一 体 わ ど二た こ人し へのが 連子夫 れ供を ても捨 行捨て てて てた くな れら る の で す

5 あ な わた たは し王 のの こ娘 とと な添 どえ 忘た れで てし い たう か ら

そ れ は あ な た が 悪 い の で す

あ な た が 王 の 娘 と 添 う て い た ら

お ま え の こ と が な か た ら

王 の 娘海 との 添向 えう たの の遠 にい 国 で

王 の 娘 と 添そ え た の に

3 お ま え の こ と が な か

二 涙 度 が と 流 こ れ の て 地 眼 を が 踏 み ま え なたま からせ ん た の に

男 は く る り と 背 を 向 け ま し た

2 誓 い わの たこ しと はは もい うわ 人な 妻い だで も の

け ん か の も と に な る だ け よ

誓 い の こ と は い わ な い で

1 昔 誓お七 いま年 がえ以 ほが上 しおと くれい てにう 帰く間 れ てた き た

何 処 へ 行

ど こ

て い た の い と し い 恋 人

魔 性 の 恋 人


15

海 の 底 へ 沈 め ま し た

薮 下 卓 郎 訳

豪 ごう 華か な 前 船 の を マ 真 ス 二 ト つ を 膝 で う ち

男 は ト ブ マ ス ト を 手 で う ち く だ き

14

お ま え と お れ が 行 く と こ ろ

お お霜 と あ雪 ちと らで に物 見 凄 すご えい る の は 地 獄 の 山

あ あ あ ち ら に 見 え る の は 何 の お 山

13

お ま え が 決 し て 行 け な い と こ ろ

お おお 天 あ道 ち様 らが に笑 見 えて るい のる はお 天山 国 の 山

あ あ あ ち ら に 見 え る き れ い な お 山 は 何 の お 山

12 イ タ 百リ 合ア を海 お岸 まに え咲 にい 見て せい てる や る

お 泣 お く こ 泣 と く は の な は ら よ ぬ し な

11 男 の 女割 はれ ひた ど足 くの 泣爪 きが まみ しえ たま し た

一 リ

ま た グ 一 リ 一 リ グ グ 三 リ グ も 行 か ぬ う ち

眼 は 険 し く な り ま し た

け わ

男 の 顔 は か き く も り

10

一 リ

け 女 れ は マ ど 水船 ス も 夫に ト 帆 は乗 は は 一り 金 きん 琥 こは 人 込 箔 ぱく 珀 くお も み に 織り お ま お りし お また わ せ れ ん て い ま し た

ま た グ 一 リ 一 リ グ グ 三 リ グ も 行 か ぬ う ち

お ま え た ち に は も う 会 え な い の


The Daemon Lover