Page 1

フ イ ヴ

の 門 に は 花 が 咲 い て い る

ア ン ド ル ・ ラ ミ

と 名 づ け ら れ て

そ の 真た んく 中さ にん ヒ綺 ナ麗 ギに ク咲 がい あて りい まる し た

・ ラ ミ

ア ン ド ル

た の は

の 森 の 中 で し た

あ ああ の 花あ をの 胸人 にへ 抱の け想 れい ばの 代 わ り に

イ ヴ

そ の ア花 ンび ドら ルに 口 ・づ ラけ ミを し のて 代 わ愛 り撫 にし 抱て き た い

初 め て 私 が 愛 す る 人 と 出 会

ン バ ラ に 行 か ね ば な ら ぬ

彼 は い私 つの で唇 もに 私何 を千 か回 わも い口 いづ とけ 言を し てて く れ ま し た

私 は エ デ

そ の 私 時 の の う 麗 るわ 私 し の の 返 ア 事 ン は ド い ル つ も ・ ラ ミ

愛 す る 人

本 あ当あ あにな つた あらの なくも たてと と言を 一葉去 緒がら にでね いなば れいな た ら ら ぬ い い の に

で 君す のが ア ン私 ドの ルこ と ・を ラ信 ミじ て なく のだ ださ かい ら

あ な 決た しの ても ほと かに の戻 女 にて 口く づる けま はで い た し ま せ ん

私 の こ と を 信 じ て く だ さ い

イ 彼 ヴ は エ の デ 丘 へ ン 戻 バ ラ て か き ら た

あ な 決たあ し様な てがた ほ戻の か テ のて 殿くフ 方るテ とま 口での ア づ け ニ は い な た の し で ま す せ か ん ら

う る わ

麗 し の フ

し ば ら く し て

を 探 し ま し た

ン バ ラ で も 恋 人 が

ス で も 恋 人 が

北 東 テへ と フ顔 テを む のけ ア ニ

エ リデ

モ ン ダト ルロ キ ズ スで でも も恋 恋人 人が が い つ も 側 に い た の で す


の 名

・ ラ ミ

と の 恋 ゆ え に

あ ざ け

愛 が こ の 体 を 滅 ぼ し て し ま う

は 悲て しお そく うれ によ 溜 息ア をニ つ きよ ・ ラ ミ

ど ん な ペ ン で も 彼 女 の こ と は 綴 れ な い 彼 女 の よ う な 人 は つ い ぞ 見 た こ と が な い 片て や彼 女 私は は財 文産 無も しち だで あ あ 言 た だ 口 に す る の は ア ン ド ル 母 親 も 同 じ よ う に 叩 き ま し た や め て お 兄 様

東 も 西 も ど こ に い て も

東 や 愛西愛 すにす る行る 恋こ恋 人う人 はとは フも私 の イ 胸 ヴ に

愛 す る 人 は い つ も 私 の 胸 の 中 彼 女 は い つ で も 品 に 満 ち 満 ち て

で 私 も と の 彼 結 女 婚 の を 父 許 親 さ テ な い フ の テ で す は

愛 が こ の 体 を や つ れ 衰 え さ せ あ な さた よへ うの な愛 らゆ え かに わ死 いな いね アば ニな ら ぬ

母 親 侍 は 女 ベ た ち ド を か 呼 ら び 起 ま き し 上 た が り

お あ前 あを ア苦 ニし め て おる 前の はは 夢何 をな 見の て るア のニ か

ど ん な 悲 し い 事 が お 前 の 眠 り を 邪 魔 し て る の か

ア ニ

父 親 は 娘 を ひ ど く 叩 き ま し た 姉 妹 一は 番ひ ひど どく か嘲 り たま のし はた 兄

兄 は 妹 を ひ ど く 叩 き ま し た

兄 は 妹何 を度 倒も し何 て度 も わ叩 きき 腹ま をし 叩た き ま し た

ま あ

ア ン ド ル

10 11 12 13 1 4

15 16 17


て と

・ ラ ミ

が た め 死 ん で し ま

・ ラ ミ

ア ン ド ル お 前 は 同 意 し て

様 は 二 度 目 の 手 紙 を ぱ 見 い て

を 想

鳴 い て る わ

フ テ

う る わ

・ ラ ミ

そ ん な 事 を 言 妹 よ て 私 を 悲 し ま せ な い で

トイ ラヴ ン ペの 牛 トの の鳴 音き 色声 をよ 聴り きも た い さ よ う な ら イ ヴ

と て も 悲 し い 気 持 ち で い ア ン ド ル

麗 し ア の ン フ ド ル イ ヴ ・ ラ 家 ミ の 屋 は 根 に 登 り

様 は 私 に キ ス を し て 抱 き し め て

そ れ は ア ン ド ル 嘲 り の 言 葉 で 姉 を 深 く 悲 し ま せ ま し た

あ ざ け

姉 妹 た ち は 扉 の 前 に 立 ち ふ さ が り ま し た あ 牛あ も おお 姉姉 ささ まま の こほ とら で モ

ま あ や め て フ

愛 が こ の 体 を や つ れ 衰 え さ せ あ な たあ へあ の 愛愛 ゆが えこ にの 死体 なを ね滅 ばぼ なし らて ぬし ま う

自 彼 分 女 アのフ の ン娘 父 ドがイ 親 ルフヴ は 長 ・イ様 い ラ ヴ に 咎 とが ミ 送 め 様り の にのつ 手 魔家け 紙 術来ま を を し か た け ら れ た と

と トん若 ラで者 ンもを ペな結 い婚 ト さ 吹私せ きはて と許や のしら 結まね 婚せば なんな んぞら ぞ ぬ

こ の 土 地 一 番 の か わ い い 娘 が

あ あ

る の

紳 士 方 に 軽 蔑 さ れ ま す わ 私イ にヴ 会 いの に地 来主 ら様 れが るい のら イ ヴ

フ そ う し私 たを ら苦 私し はめ 答て える まも しの が う何 か 問 わ れ る で し

18 19 20 21 22 23 24 25


ト を 吹 き ま し た

伊 藤 真 紀 訳

様 の 土 地 一 帯 に 広 が り ま し た

か わ い い ア ニ

イ ヴ

疲 れ る こ と は 決 し て な か

音 は フ

大 き く 高 い 音 で ト ラ ン ペ

今 ま で 幾 度 も 夜 道 を 歩 い た が で も 決今 しで ては 愛 す悲 るし あみ のを 人連 にれ はて 会歩 えい なて いい のる だ

愛 が こ の 体 を や つ れ 衰 え さ せ あ な たあ へあ の 愛愛 ゆが えこ にの 死体 なを ね滅 ばぼ なし らて ぬし ま う 私 も 参 る

26 27

Andrew Lammie, a translation  

a Japanese translation of a British traditional ballad